Atheism無神論

General Information 総合情報

Atheism, from the Greek a ("without") and theos ("deity"), commonly and loosely refers to the theoretical or practical denial of the existence of a deity.無神論は、ギリシャ語、 ( "なし" )とtheos ( "神" ) 、共通化と疎を参照して、理論的または実用的な神の存在を否定します。 The concrete meaning of atheism has varied considerably in history: even the earliest Christians were labeled "atheists" because they denied the existence of the Roman deities.無神論の意味を具体的にはさまざまなかなりの歴史:キリスト教徒たちさえ、最古ラベル"無神論者"のために、ローマの神々の存在を否定しています。 In Western culture, where monotheism has been the dominant mode of religious belief, atheism has generally referred to the denial of the existence of a transcendent, perfect, personal creator of the universe.欧米の文化、どこ一神教され、支配的なモードの宗教的信念、無神論には言及しており、通常の存在を否定する並外れた、完璧な、個人の創造の宇宙です。 To be an atheist need not mean that one is nonreligious, for there are "high" religions, such as Buddhism and Taoism, that do not postulate the existence of a supernatural being. Atheism should be distinguished from Agnosticism, which means that one does not know whether or not a deity exists.無神論者で、宗教とは関係する必要はないということで1つは、には、 "高"宗教、仏教や道教など、されていない、超自然的存在の公準が存在する。 無神論不可知論区別すべきである、つまり、 1つはありません神が存在するかどうかを知っています。

Monotheism has been so basic to and compounded with Western moral and philosophical beliefs as well as political institutions that until recently atheism has been widely believed to be both immoral and dangerous to society.一神教と配合され、欧米のように基本的な道徳的かつ哲学的信念だけでなく政治的な機関が最近、無神論まで広く信じられてきたとされる危険な不道徳な社会への貢献の両方です。 Plato not only viewed atheism as irrational but argued that certain atheists deserved the death penalty.プラトンの人気無神論としてだけでなく、不合理なしかし、特定の無神論者と主張して死刑に値する。 When Christianity finally became the dominant religion in the West, atheism and heresy were thought to be worthy of exile or death because, as Thomas Aquinas argued, it was a much more serious matter to corrupt the soul than to damage the body.最後になったときに支配的で宗教をキリスト教の西、無神論と異端の亡命者がふさわしいと考えられているか死ぬかのため、トマスアクィナス主張したとして、それは、はるかに深刻な問題をより腐敗の魂のボディに損傷を与える。 Atheism was also dangerous to the political authority of Western monarchies that claimed to rest upon divine right.無神論も危険な政治的権威を西洋の君主を主張して残りの時神授です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Even during the Enlightenment when the divine right of kings was challenged and religious toleration defended, John Locke, a staunch advocate of toleration, denied free speech to atheists on the grounds that they undermined and destroyed religion.中にも啓発神授王権ときには、障害者や宗教的寛容擁護、ジョンロックは、寛容の頑強な支持者は、言論の自由を否定して損なわしているという理由無神論者と宗教を破壊します。 It was not until 1869 that atheists were permitted to give evidence in an English court of law, largely as a result of the efforts of Charles Bradlaugh, who for a long time had not been permitted to take his seat in the House of Commons because of his beliefs. 1869年までにはないことを許可する無神論者は、英語で証言するの裁判所が、大部分の努力の結果として、チャールズブラッドロー、 whoために長い時間が許可されていない彼の席を取るためには、ハウスオブコモンズ彼の信念です。

The believability of atheism seems directly proportionate to the growth of the sciences and the emergence of humanism since the Renaissance. In the 19th century the biological sciences seemed to make theological explanations of the origins of the universe and of the emergence of humankind unnecessary. 無神論の信憑性の成長に比例するように直接、科学とヒューマニズムの出現以来、ルネッサンスのですが、 19世紀の古生物学の神学的な説明をするように、宇宙の起源と人類の出現不要です。 Particularly important were the writings of David Hume and Immanuel Kant, which established that attempts to prove the existence of God from the world order were invalid.特に重要なのは、文章とイマヌエルカントヒューム、これを確立しようと神の存在を証明してからの世界秩序が無効です。 In the mid 19th century, explicitly atheistic and humanistic systems of philosophy appeared. 19世紀の半ばに、明示的に無神論の哲学と人間のシステムが登場します。 Ludwig Feuerbach, Karl Marx, Arthur Schopenhauer, and Friedrich Nietzsche were not only atheists but also militant critics of religion generally and of Christianity particularly.ルートヴィヒフォイエルバッハ、カールマルクス、アルトゥルショーペンハウアー、およびフリードリヒニーチェは無神論だけでなく、過激派の批評家だけでなく、通常とキリスト教の宗教、特にです。 In the 20th century there have been influential atheistic thinkers who were Marxists, existentialists, Freudians, and logical positivists, although one may be any of these and not necessarily also an atheist.は、 20世紀の思想家無神論の影響力があったがmarxists who 、 existentialists 、 freudians 、および論理実証主義が、 5月に1つのいずれかの無神論者もあるとは限りません。

Modern philosophical atheism is based on both theoretical and practical reasons.現代哲学無神論は、両方の理論に基づいて、実用的な理由からです。 Theoretically, atheists argue either that there are no good arguments for believing in the existence of a personal deity, whether this deity be conceived of anthropomorphically or metaphysically, or that the statement God exists is incoherent or meaningless.理論的には、無神論を主張のいずれかの引数がないことを信じて良い個人的な神の存在を、神になのかどうか、このanthropomorphicallyまたはmetaphysicallyか、またはステートメントは、神が存在するかは支離滅裂な意味します。 The last type of logical criticism of theism is characteristic of logical positivism and analytic and linguistic philosophy.の最後のタイプの論理の批判を有神論の特徴であると言語論理実証主義と分析哲学です。 Practically, some atheists have argued, as did Nietzsche, that belief in a supernatural and supreme being requires a devaluation of this life; or, as Freud did, that the belief is an expression of infantile helplessness.実際に、いくつかの無神論者が主張した、ニーチェとしては、その信念は、超自然的と至高の存在は、次の人生には、平価切下げ;または、フロイトは参考として、その信念は、乳児の表情を無力です。

Van A Harveyヴァン、ハーベイ

Bibliography: 書誌事項:
D Berman, A History of Atheism in Britain (1987); MJ Buckley, At the Origins of Modern Atheism (1987); L Feuerbach, The Essence of Christianity (1957); A Flew, God and Philosophy (1966); S Freud, The Future of an Illusion (1964); F Nietzsche, The Gay Science (1974); J Turner, Without God, Without Creed: the Origins of Unbelief in America (1986). dバーマン、無神論の歴史を、英国( 1987 ) ; mjバックリー、起源は、現代の無神論( 1987 ) ;左フォイエルバッハ、キリスト教の本質( 1957 ) ;を飛び、神と哲学( 1966 ) ;秒フロイトは、錯覚の未来を( 1964 ) ; fニーチェは、ゲイサイエンス( 1974 ) ;無しターナー、神は、なし信条:アメリカの不信仰の起源( 1986 ) 。


Atheism無神論

Advanced Information 高度情報

The Greek word atheos, "without God," is found only once in the NT (Eph. 2:12).ギリシャ語のatheos 、 "なしの神、 "一度だけが見つかったのNT ( eph. 2:12 ) 。 There it is used in the plural form to designate the condition of being without the true God.で使用されることがあるの複数形の条件を指定なしの真の神である。 It refers to the deepest state of heathen misery (cf. Rom. 1:28).それを参照して異教徒の最深の状態を不幸( cf. ROMから起動します。 1:28 ) 。 It is not found in either the LXX or the Apocrypha.それが見つからない場合、または70のいずれかで外典です。 Both the OT and NT begin with or assume the reality of God, not as some speculative premise, but as universally manifest in nature, man's reason and conscience, and divine revelation. otとNTの両方の仮定から始めるのが現実または神のではなく、いくつかの投機的な前提としてではなく、自然界に普遍的マニフェストは、人間の理性と良心と神の啓示です。 The normal human state includes the knowledge of God; atheism is thus viewed as abnormal.人間の通常の状態には、知識の神;無神論としては、このように異常な人気です。 Hebrew has no equivalent word for atheism.無神論はない言葉をヘブライ語に相当します。 In the OT the form of atheism that one encounters is practical atheism, human conduct that is carried out without consideration of God (Pss. 10:4; 14;1; 53:1; cf. Isa. 31:1; Jer. 2:13, 17 - 18; 5:12; 18:13 - 15). otは、無神論を1つのフォームの遭遇は、実用的な無神論、人間の行為が行われることを考慮せず、神( pss. 10 : 04 ; 14 ; 1 ; 53:1 ;継続前誌です。 ISAのです。 31:1 ; jer 。 2 : 13日、 17 -1 8; 5 :12; 1 8:13- 15 )。

The Greeks used "atheism" in three senses: (1) impious or godless; (2) without supernatural help; (3) not believing in any god or the Greek conception of god.ギリシア使われる"無神論"の3つの感覚: ( 1 )神を恐れぬ不敬または、 ( 2 )に超自然的ヘルプ; ( 3 )任意の神を信じていないか、ギリシャの神の概念です。 Because Christians denied the popular gods of the day, they were often accused of atheism by the pagans.人気のため、キリスト教の神々の日を否定して、彼らはしばしば無神論された被告人の多神教徒です。 Protestants at times have been called atheists because of their refusal to deify Mary and to worship saints.プロテスタントの時代は無神論者と呼ばれ神格化するためにそれを拒否メアリーと聖人崇拝します。 More and more in speculative circles the term came to mean a denial of God or the negation of the spiritual idea.他の投機界の他の用語と来て、神の否定を意味するかの符号を反転し、精神的な考えですね。

Just as the first century introduced a devotion to theism unique in its scope and depth, so the twentieth century has produced a somewhat parallel commitment to atheism.同じように、最初の世紀の献身的な愛情を導入し、その範囲と深さ有神論ユニークなので、多少のは、 20世紀にはパラレルコミットメントを生産する無神論です。 This century has seen the development of communism with its devotion to atheism, as well as the establishment in 1925 of the American Association for the Advancement of Atheism.この世紀は、共産主義の発展に見られるの無神論的な献身を、 1925年の設立だけでなく、米国振興協会無神論です。 The latter organization was formed to attack all religions through the distribution of atheistic literature.後者のすべての宗教組織が結成さを攻撃する無神論の文学を通じて配布します。 In 1929 its successor was formed, the League of Militant Atheists, with goals of the undermining of the religious foundations of Western society, the establishment of centers for atheistic lectures, the placement of atheistic professors, and the sponsorship of lectureships.その後継者が結成は1929年には、過激派リーグの無神論者、宗教的な目標の基盤の弱体化は、西欧社会は、センターの設立無神論の講義は、無神論者の配置を教授、とのスポンサーシップのlectureshipsです。 By 1932 this organization claimed a membership of five and a half million.この組織は1932人の会員が5つの主張と、半分万ドルだった。

Twentieth century atheism may be contrasted with older forms in two ways. 20世紀の無神論年5月以前のフォームに対照的には2つの方法です。 (1) Today atheism is claimed to be the logical consequence of a rational system that accounts for all human experience without the need to appeal to God. ( 1 )今日の無神論が主張されるのが合理的な仕組みを論理的帰結として、アカウントのすべての人間の経験を必要とせず、神にアピールする。 Communism is such an organized and integrated system.共産主義は、このような組織的かつ統合されたシステムです。 At its heart is a materialistic view of history and the complete secularization of life.その心は、唯物史観との完全な世俗の生活です。 (2) Earlier atheists were thought to be vulgar and depraved. ( 2 )以前の無神論者は低俗と堕落したと考えられている。 Today many serve on the faculties of the most prestigious universities, and more often than not the theist seems to be the obscurantist.今日では、多く使用して、最も有名な大学の学部、および他の多くの有神論はないと思われるの蒙昧主義です。

Thus, in modern usage four senses of "atheism" may be identified: (1) Classical atheism.したがって、現代の利用方法の4つの感覚を"無神論" 5月に発見: ( 1 )古典的無神論です。 This is not a general denial of God's existence but the rejection of the god of a particular nation.一般的な拒否のではないが、神の存在の拒絶反応を、特定の国の神のです。 Christians were repeatedly called atheists in this sense because they refused to acknowledge heathen gods.キリスト教徒は無神論者と呼ばれるこの意味で繰り返しを拒否して彼らを認めるためのむすこです。 It was also in this sense that Cicero called Socrates and Diagoras of Athens atheists.に意識していることも、このソクラテスとRhodes - Diagorasシセロと呼ばれるアテネの無神論者です。 (2) Philosophical atheism. ( 2 )無神論哲学です。 This position may be contrasted with theism, which affirms a personal, self conscious deity (not a principle, first cause, or force).このポジションがあります有神論対照的に、これ肯定に、個人的、自己意識の神(特定の原則として、第一の原因か、または強制的)です。 (3) Dogmatic atheism. ( 3 )独断的な無神論です。 This is the absolute denial of God's existence.これは、絶対的な神の存在を否定します。 This position is more rare than one might think, as people have more often declared themselves agnostics or secularists.このポジションは1つよりももっと珍しいかもしれないが思うに、人々がより頻繁に宣言自体としてagnosticsまたはsecularists 。 There have, however, been those who claimed to hold this view (the eighteenth century French atheists).が、しかし、それらがこのビューを表示するwho主張を保持する( 18世紀語スペイン語無神論) 。 (4) Practical atheism. ( 4 )実用的な無神論です。 While God is not denied, life is lived as if there is no God.神ではないが拒否されましたが、日本での生活が住んでいたがない場合は神様です。 There is complete indifference to his claims, and often there is outspoken and defiant wickedness (Ps. 14:1).彼の主張には完全な無関心さを、積極的に発言すると、しばしば反抗的には邪悪( ps. 14時01分) 。 This form of atheism is widely prevalent, as can be seen from the Scriptures cited above.このフォームの無神論が広く普及し、図に示すように、聖書から引用します。

Numerous arguments for atheism have been given.与えられていた多くの無神論の引数を指定します。 Some of the more important are: (1) The onus of proof is on the theist, since atheism is prima facie a more reasonable position.いくつかの他の重要なのは: ( 1 )挙証責任は、有神論、無神論が自明て以来、より合理的な位置します。 (2) Closely related is the belief that theistic proofs are inadequate. ( 2 )は密接に関連した証拠が不十分な有神論という信念を持っています。 (3) Theism is harmful to society, as it leads to intolerance and persecution. ( 3 )有神論は、有害な社会への貢献、不寛容と迫害につながる。 (4) With the advances in modern science there is no need for God as an explanatory hypothesis. ( 4 )現代科学の進歩に神の必要はない仮説として説明します。 The supernatural is unneeded.超自然的に不必要なのです。 (5) Belief in God is psychologically explainable. ( 5 )は心理的に神への信仰を説明します。 (6) The logical positivists argue that theism is neither true nor false because it is unverifiable (eg, nothing counts for or against it) by public sense experience. ( 6 )の論理実証主義は、どちらも該当すると主張しても偽有神論ことが立証不可能なため、 (例えば、何もカウントしたりすることもできます)を公共の意味での経験です。 (7) Classical theism is logically contradictory or incoherent. ( 7 )は、論理的矛盾や支離滅裂な古典的有神論です。

For instance, it has been claimed that the notion of necessary existence is incoherent and that the existence of an omnipotent, perfectly good God is inconsistent with the presence of evil in the world.たとえば、と主張していることが必要な概念が存在する支離滅裂とは、全能の神の存在を、神は完全に矛盾して良いの存在を世界には邪悪なのです。 Finally, objections have been raised to atheism in its theoretical form: (1) It is against reason.最後に、異議を提起無神論も、その理論的なフォーム: ( 1 )これは反対の理由です。 The existence of something rather than nothing requires God.何かが存在するのではなく、神の何も必要です。 (2) It is contrary to human experience, where some knowledge of God, no matter how suppressed and distorted, has universally existed. ( 2 )これは人間の経験に反して、ここでいくつかの知識を神に関係なく、どのように抑制と歪曲が普遍的に存在します。 (3) Atheism cannot account for design, order, and regularity in the universe. ( 3 )無神論アカウントを設計することはできません、注文、および規則的には、宇宙です。 (4) It cannot explain the existence of man and mind. ( 4 )することはできません男と心の存在を説明しています。

PD Feinberg pdフェインバーグ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
E Borne, Atheism; A Flew, God and Philosophy and The Presumption of Atheism; J Lacroix, Meaning of Modern Atheism; A MacIntyre and P Ricoeur, Religious Significance of Atheism; I Lepp, Atheism in Our Time; C Fabro, God in Exile.メール負担、無神論;を飛び、神と無神論哲学と推定;無しラクロワ、の意味を現代の無神論;をマッキンタイアーとPリクール、宗教的意義を無神論;私レップ、無神論が私たちの時代; cファブロ、神に亡命です。


Atheism無神論

Catholic Information カトリックの情報

(a privative, and theos, God, ie without God). (欠如し、 theos 、神、すなわち、神) 。

Atheism is that system of thought which is formally opposed to theism.無神論は、これは正式には、システムの考えに反対して有神論です。 Since its first coming into use the term atheism has been very vaguely employed, generally as an epithet of accusation against any system that called in question the popular gods of the day.以来、最初の無神論に入ってくる用語を使用して非常に漠然とした雇用され、通常として告発する小名の任意のシステムを問題にして人気を呼んでの神々がわかります。 Thus while Socrates was accused of atheism (Plato, Apol., 26,c.) and Diagoras called an atheist by Cicero (Nat. Deor., I, 23), Democritus and Epicurus were styled in the same sense impious (without respect for the gods) on account of their trend of their new atomistic philosophy.このように非難を受けながらソクラテスは無神論(プラトン、 apol 。 、 26日、世紀)とされRhodes - Diagoras無神論者と呼ばれるシセロ( nat. deor 。 、私は、 23 ) 、デモクリトスとエピクロスは同じ意味で不敬なスタイル(なしの尊重を神々の)上のアカウントの新しい原子論哲学の傾向です。 In this sense too, the early Christians were known to the pagans as atheists, because they denied the heathen gods; while, from time to time, various religious and philisophical systems have, for similar reasons, been deemed atheistic.この意味でも、初期のキリスト教徒は多神教徒として無神論者に知られているため、彼らを否定してむすこ;ながら、時間をして、様々な宗教や哲学的システムは、同様の理由から、無神論者と見なされています。

Though atheism, historically considered, has meant no more in the past critical or sceptical denial of the theology of those who have employed the term as one of reproach, and has consquently no one strict philisophical meaning; though there is no one consistent system in the exposition of which it has a definite place; yet, if we consider it in its broad meaning as merely the opposite of theism, we will be able to frame such divisions as will make possible a grouping of definite systems under this head.無神論かかわらず、歴史的に考えれば、これ以上の意味を編集して項目には批判的あるいは懐疑的神学の否定をそれらの用語を使用してwhoが非難の一つとして、および1つの厳格な哲学的な意味はないconsquently ;かかわらず1つの整合性がないシステムは、それには、明確な博覧会の開催地;しかし、それを考慮すれば、その部分だけの反対の意味として有神論、我々はできるようにフレームのような部門としてグループ化させることが可能とするこの頭の下に明確なシステムです。 And in so doing so we shall at once be adopting both the historical and the philosophical view.そうすることによって、わたしたちはこれを一度に採用の哲学の両方の歴史と表示します。 For the common basis of all systems of theism as well as the cardinal tenet of all popular religion at the present day is indubitably a belief in the existence of a personal God, and to deny this tenet is to invite the popular reproach of atheism.ための共通基盤のすべてのシステムの枢機卿有神論だけでなく、人気の教義のすべての宗教はindubitably現今では、個人的な信念は、神の存在を、この教義を拒否すると、人気の非難を招待するのは無神論です。 The need of some such definition as this was felt by Mr. Gladstone when he wrote (Contemporary Review, June 1876):いくつかのような定義の必要性として、このときは、フェルト氏が書いたグラッドストーン(コンテンポラリー日、 2005年6 1876 ) :

By the Atheist I understand the man who not only holds off, like the sceptic, from the affirmative, but who drives himself, or is driven, to the negative assertion in regard to the whole unseen, or to the existence of God.無神論者はよく分かりますが、男はwhoを保持するだけでなく、懐疑論のように、からの肯定的、しかし、 whoドライブ自身か、またはは駆動には負の主張と関連し、全体の目に見えないか、または神が存在するからです。

Moreover, the breadth of comprehension in such a use of the term admits of divisions and cross-divisions being framed under it; and at the same time limits the number of systems of thought to which, with any propriety, it might otherwise be extended.また、そのような理解の幅という用語の使用を認めるクロス部門の部門とされてそれがフレーム;すると同時に思考の数を制限してシステムを、任意の妥当性、他のことかもしれないが拡張します。 Also, if the term is thus taken, in strict contradistinction to theism, and a plan of its possible modes of acceptance made, these systems of thought will naturally appear in clearer proportion and relationship.また、撮影の場合、任期は、このようには、厳格な有神論対比して、その可能性との計画を受け入れモードは、これらのシステムを考えるのは当然の割合との関係明確に表示されます。

Thus, defined as a doctrine, or theory, or philosophy formally opposed to theism, atheism can only signify the teaching of those schools, whether cosmological or moral, which do not include God either as a principle or as a conclusion of their reasoning.したがって、教義として定義されてか、または理論か、または哲学を正式に反対して有神論、無神論は、これらの学校教育にのみ意味を、宇宙論や道徳的かどうか、これを含むことはできません原則として、神のいずれか、または推論で結論を出すのです。

The most trenchant form which atheism could take would be the positive and dogmatic denial existence of any spiritual and extra-mundane First Cause.無神論が最も効果的なフォームを取るのは任意の存在を積極的かつ精神的な独断的な拒否や余分な-平凡な第一の原因です。 This is sometimes known as dogmatic, or positive theoretic, atheism; though it may be doubted whether such a system has ever been, or could ever possibly be seriously maintained.これは、独断的とも呼ばれますか、または肯定的理論的、無神論;かどうか疑問に思えるかもしれないが、このようなシステムが上演されたか、またはまでの可能性がありますが真剣に維持します。 Certainly Bacon and Dr. Arnold voice the common judgment of thinking men when they express a doubt as to the existence of an atheist belonging to such a school.確かにベーコンとアーノルド博士の思考の男性の声の共通の判断を表明するときに疑問が生じているの無神論者が存在するような学校に所属する。 Still, there are certain advanced phases of materialistic philosophy that, perhaps, should rightly be included under this head.とはいえ、特定の高度な段階には、唯物論の哲学を、おそらく、この頭の下には、当然に含まれるものです。 Materialism, which professes to find in matter its own cause and explanation, may go farther, and positively exclude the existence of any spiritual cause.唯物論は、問題を公言し、独自の原因を見つけると説明、 5月にいってみれば、任意の存在を除外すると積極的に精神的な原因です。 That such a dogmatic assertion is both unreasonable and illogical needs no demonstration, for it is an inference not warranted by the facts nor justified by the laws of thought.そのような独断的な主張は筋が通らないする必要がないと両方の不当なデモは、これは基本的推論は保証された思想の法律に基づいても正当化される。 But the fact that certain individuals have left the sphere of exact scientific observation for speculation, and have thus dogmatized negatively, calls for their inclusion in this specific type.しかし、特定の個人が左という事実の範囲を厳密な科学的観測を憶測し、否定的なdogmatizedがこのように、この呼び出しに含まれる特定のタイプです。 Materialism is the one dogmatic explanation of the universe which could in any sense justify an atheistic position.唯物論は、宇宙の1つの独断的な説明ができるいかなる意味において無神論の立場を正当化する。 But even materialism, however its advocated might dogmatize, could do no more than provide an inadequate theoretic basis for a negative form of atheism.しかし唯物論、独断的に主張するかもしれないしかしその主張は、以上のことはしないが不十分な理論的根拠を提供する形の無神論に否定的です。 Pantheism, which must not be confused with materialism, in some of its forms can be placed also in this division, as categorically denying the existence of a spiritual First Cause above or outside the world.汎神論、唯物論を混同してはならない、いくつかのフォームに置かれることも、この部門は、断固としての存在を否定して精神的な第一原因の上または外部の世界です。

A second form in which atheism may be held and taught, as indeed it has been, is based either upon the lack of physical data for theism or upon the limited nature of the intelligence of man. 2番目のフォームでは無神論年5月に行われたと教え、実際にされては、ベースのいずれかのデータを物理的には有神論の欠如や、限られた自然の時の知能の男です。 This second form may be described as a negative theoretic atheism; and may be furthur viewed as cosmological or psychological, according as it is motived, on the one hand, by a consideration of the paucity of actual data available for the arguments proving the existence of a super-sensible and spiritual God, or, what amounts to the same thing, the attributing of all cosmic change and development to the self-contained potentialities of an eternal matter; or, on the other hand, by an empiric or theoretic estimate of the powers of reason working upon the data furnished by sense-perception.この2番目のフォームを5月に記述さ負の理論的無神論、および5月に宇宙論や心理学としての人気furthur 、これはmotivedによると、 1つの手の上に、不足を考慮してご利用いただけます。の引数の実際のデータの存在を証明するスーパー-賢明かつ精神的な神のか、または、どのような金額を、同じことは、宇宙のすべての変更と発展に関連付けして自己完結型の永遠の問題の潜在的可能性、または、その一方で、経験的または理論的に見積もる作業時の権限を理由に提供された感覚知覚のデータです。 From whichever cause this negative form of atheism proceeds, it issues in agnosticism or materialism; although the agnostic is, perhaps, better classed under this head than the materialist.のいずれかの原因この負のフォームから収益無神論、それに関する問題や唯物論不可知論;は、不可知論者は、おそらく、この頭よりも良い唯物分類されています。 For the former, professing a state of nescience, more properly belongs to a category under which those are placed who neglect, rather than explain, nature without a God.前者は、不可知論professingな状態で、他の適切なカテゴリに属しているが配置されてwho怠慢ではなく、説明し、自然に神です。 Moreover, the agnostic may be a theist, if he admits the existence of a being behind and beyond nature, even while he asserts that such a being is both unprovable and unknowable.また、 5月の不可知論者は、有神論、もし彼の存在を認めて以降、自然の背後にも、彼がそのような主張は、両方の確証のないと不可知のです。 The materialist belongs to this type so long as he merely neglects, and does not exclude from his system, the existence of God.このタイプの唯物論に属している限り彼は単にneglectsので、彼のシステムから除外するものではありません、神が存在する。 So, too, does the positivist, regarding theological and metaphysical speculation as mere passing stages of thought through which the human mind has been journeying towards positive, or related empirical, knowledge.そのため、あまりにも、実証主義は、神学と形而上学的思索について単なる通過段階として考えてきたを通じて、人間の心の旅を肯定的か、または関連した経験、知識です。 Indeed, any system of thought or school of philosophy that simply omits the existence of God from the sum total of natural knowledge, whether the individual as a matter of fact believes in Him or not, can be classed in this division of atheism, in which, strictly speaking, no positive assertion or denial is made as to the ultimate fact of His being.確かに、任意のシステムや学校の哲学思想を省略されているだけの存在を神からの合計の自然の知識、かどうかの問題として、個々の考えになる素質が事実かどうか、この部門では無神論分類では、厳密に言えば、アサーションまたは拒否が行われるの肯定的に彼のが、究極の事実です。 There are two systems of practical or moral atheism which call for attention.には2つのシステムのための実用的な道徳的な無神論を求めるか注目です。 They are based upon the theoretic systems just expounded.彼らは理論的なシステムに基づいてexpoundedだけです。 One system of positive moral atheism, in which human actions would neither be right nor wrong, good nor evil, with reference to God, would naturally follow from the profession of positive theoretic atheism; and it is significant of those to whom such a form of theoretic atheism is sometimes attributed, that for the sanctions of moral actions they introduce such abstract ideas as those of duty, the social instinct, or humanity. 1つのシステムの積極的な道徳的な無神論ではどちらが正しい人間の行動は間違っても、良いも悪い、神を参考に、次からの職業は当然の積極的な理論的無神論、およびそれらの重要なことは誰にこのような形の無神論は理論的に帰さ時には、彼らの行動は、道徳的な制裁のような抽象的な概念を導入するこれらの義務として、社会の本能か、または人間です。 There seems to be no particular reason why they should have recourse to such sanctions, since the morality of an action can hardly be derived from its performance as a duty, which in turn can be called and known as a "duty" only because it refers to an action that is morally good.特にこれといった理由もあると思われるなぜ彼らはこのような制裁措置の頼みの綱、以来、道徳性を持つアクションのことは到底として、その性能に由来する義務が、これを順番を呼び出すことができますと呼ばれる"義務"のためだけのことを指すを持つアクションには道徳的に良いです。 Indeed an analysis of the idea of duty leads to a refutation of the principle in whose support it is invoked, and points to the necessity of a theisitic interpretation of nature for its own justification.実際に義務を分析したという考えをリードして、その反論の原則をサポートすることが呼び出されると、およびポイントをtheisiticの必要性を、自然を独自の解釈を正当化します。

The second system of negative practical or moral atheism may be referred to the second type of theoretic atheism. 2番目のシステムの負の実用的または道徳的な無神論年5月に関連して2番目のタイプの理論的無神論です。 It is like the first in not relating human actions to an extra-mundane, spiritual, and personal lawgiver; but that, not because such a lawgiver does not exist, but because the human intelligence is incapable of so relating them.これは人間関係のように特定のアクションを最初にエキストラ-ありふれた、精神的、および個人的な立法者;しかし、ことではなく、立法者が存在しないため、このような、しかし、人間の知能ができないため、これに関連している。 It must not be forgotten, however, that either negative theoretic atheism or negative practical atheism is, as a system, strictly speaking compatible with belief in a God; and much confusion is often caused by the inaccurate use of the terms, belief, knowledge, opinion, etc. Lastly, a third type is generally, though perhaps wrongly, included in moral atheism.それを忘れてはならない、しかし、理論的に否定的な無神論のいずれかまたは負の実用的な無神論は、一つのシステムとして、厳密に言えば、神の信仰をと互換性、およびかなりの混乱は、しばしば不正確な使用が原因で発生する条件は、信念、知識、意見によれば、等の最後に、 3番目のタイプは通常、おそらくかかわらず誤って、道徳的な無神論に含まれています。 "Practical atheism is not a kind of thought or opinion, but a mode of life" (R. Flint, Anti-theisitc Theories, Lect. I). "実用的な無神論ではない、一種の考えや意見によれば、生活様式ではなく、 " ( r.フリント、反theisitc理論、 lect 。私) 。 This is more correctly called, as it is described, godlessness in conduct, quite irrespective of any theory of philosophy, or morals, or of religious faith.これは、もっと正確に呼ばれ、これは説明として、 godlessnessを行う、非常に関係なくすべての理論の哲学、あるいは道徳的、あるいは宗教的な信仰です。 It will be noticed that, although we have included agnosticism, materialism, and pantheism, among the types of atheism, strictly speaking this latter does not necessarily include any one of the former.それは気づいたことが、私たちが含まれて不可知論、唯物論、および汎神論、無神論の種類の間の、厳密に言えば、この後者は必ずしも前者のいずれかの含まれています。 A man may be an agnostic simply, or an agnostic who is also an atheist.不可知論者の男性5月には、単に、または不可知論who無神論者もいる。 He may be a scientific materialist and no more, or he may combine atheism with his materialism.彼は5月は、唯物論的科学者でもないか、または彼は5月に彼の無神論的唯物論を組み合わせています。 It does not necessarilly follow, because the natural cognoscibility of a personal First Cause is denied, that His existence is called in question: nor, when matter is called upon to explain itself, that God is critically denied. necessarilly従うことはありませんので、自然cognoscibilityの個人的な第一の原因が拒否されました、その彼の存在が疑問視さ:も、問題が呼び出されたときに自分自身を説明する時、その神は批判的に拒否されました。 On the other hand, pantheism, while destroying the extra-mundane character of God, does not necessarily deny the existence of a supreme entity, but rather affirms such as the sum of all existence and the cause of all phenomena whether of thought or of matter.その一方で、汎神論、余分な-世俗の文字を破壊して神の存在を否定するのは必ずしも最高エンティティのではなく、むしろ肯定の合計などのすべての存在とその原因のすべての現象かどうかの思考や物質です。 Consequently, while it would be unjust to class agnostics, materialists, or pantheists as necessarily also atheists, it cannot be denied that atheism is clearly perceived to be implied in certain phases of all these systems.その結果、クラスの中に不当なことがagnostics 、 materialistsか、または必然的にもpantheists無神論者として、それを否定することはできませんが暗黙の無神論は明らかに知覚される特定のフェーズのすべてのこれらのシステムです。 There are so many shades and gradations of thought by which one form of a philosophy merges into another, so much that is opinionative and personal woven into the various individual expositions of systems, that, to be impartially fair, each individual must be classed by himself as atheist or theist.影とグラデーションが非常にたくさんの思想を1つのマージを別の形式で、哲学、これくらいには織り込まれ、様々な意見や個人のシステムの個々の展示、それは、公平で公正な、個々の分類を自らしなければならない無神論者や有神論としてします。 Indeed, more upon his own assertion or direct teaching than by reason of any supposed implication in the system he advocated must this classification be made.確かに、他の時よりも自分自身の主張または直接指導的意義を理由に、システムのあらゆるものを提唱必要があります。彼はこの分類ことが可能です。 And if it is correct to consider the subject from this point of view, it is surprising to find to what an exceedingly small number the supposed atheistic ranks dwindle.もしそれが正しいことを考慮すると、アジ研から、この観点から見ると、驚くべきことを見つけることは非常に少ない数をどのようにランク付けする無神論先細りになるはずです。 In company with Socrates, nearly all the reputed Greek atheists strenuously repudiated the charge of teaching that there were no gods.ソクラテスの会社で、ほぼすべての有名なギリシア無神論強く否定するものは何もない授業料の神々です。 Even Bion, who, according to Diogenes Laertius (Life of Aristippus, XIII, Bohn's tr.), adopted the scandalous moral teaching of the atheist Theodorus, turned again to the gods whom he had insulted, and when he came to die demonstrated in practice what he had denied in theory.さらにバイオン、 whoによると、ディオゲネスlaertius (生活のaristippus 、 13 、ボーンのtr 。 ) 、スキャンダラスな道徳的な教育を採用して、無神論者theodorus 、再度有効にしていた神々の人を侮辱し、死ぬときに来て練習するデモを行いました。彼は理論的には何が拒否されました。 As Laertius says in his "Life of Bion", he "who never once said, `I have sinned but spare me -- laertiusは言うとして彼の"生活のバイオン" 、彼は" who決して一度によると、 `私は罪を犯しましたしかし、勘弁してよ-

Then did this atheist shrink and give his neck無神論者はこのシュリンクと入力し、彼の首を与える

To an old woman to hang charms upon;老婦人に魅力がハングアップする時;

And bound his arms with magic amulets;と彼の腕にバインドさマジック守り袋;

With laurel branches blocked his doors and windows,ローレル枝ブロックと彼のドアと窓、

Ready to do and venture anythingベンチャー何も準備しているのか

Rather than die."というより死ぬ。 "

Epicurus, the founder of that school of physics which limited all causes to purely natural ones and consequently implied, if he did not actually assert, atheism, is spoken of as a man whose "piety towards the gods and (whose) affection for his country was quite unspeakable" (ib., Life of Epicurus, V).エピクロスは、あの学校に通って物理学の創始者がすべての原因を限定し、結果として純粋な自然の黙示的なものは、実際に彼は主張する場合、無神論、話さの男としては、その"信心深さに向かって神々と(の)愛情を彼の国は、非常に言葉では表せない" ( ib. 、日本での生活のエピクロス、 v )を使います。 And though Lucretius Carus speaks of the downfall of popular religion which he wished to bring about (De Rerum natura, I, 79-80), yet, in his own letter to Henaeceus (Laert., Life of Epicurus, XXVII), he states plainly a true theistic position: "For there are gods: for our knowledge of them is indistinct. But they are not of the character which people in general attribute to them."と話すのはルクレティウスカルスの人気の崩壊をもたらす宗教にして欲しいと(デrerum natura 、私、 79-80 ) 、しかし、彼自身の手紙をhenaeceus ( laert. 、日本での生活のエピクロス、 27 ) 、彼は州端的に、真の有神論の位置: "には、神々 :私たちの知識をしてははっきりしない。しかし、彼らは特定の属性は一般の人々の性格をしています。 " Indeed, this one citation perfectly illustrates the fundamental historic meaning of the term, atheism.確かに、この1つの基本的な歴史的な文献を示して完全にその単語の意味を、無神論です。

The naturalistic pantheism of the Italian Giordano Bruno (1548-1600) comes near to, if it is not actually a profession of, atheism; while Tomaso Campanella (1568-1639), on the contrary, in his nature-philosophy finds in atheism the one impossibility of thought, Spinoza (1632-77), while defending the doctrine that God certainly exists, so identifies Him with finite existence that it is difficult to see how he can be defended against the charge of atheism even of the first type.自然主義的汎神論は、イタリア語、ジョルダーノブルーノ( 1548-1600 )が近くには、職業されていない場合は、実際には、無神論;ながらトマソカンパネッラ( 1568-1639 ) 、逆に、彼の自然哲学の無神論検出さ不可能なことの1つの思想、スピノザ( 1632年から1677年) 、神の中に確かに存在する教義を守るため、彼に有限の存在を識別することは難しいことを確認するに反対する彼は弁護を担当できるの無神論も、最初のタイプです。 In the eighteenth century, and especially in France, the doctrines of materialism were spread broadcast by the Encyclopedists.は、 18世紀、特にフランスでは、唯物論が広がり、教説のencyclopedistsで放映されたのです。 La Mettrie, Holbach, Fererbach, and Fleurens are usually classed among the foremost materialistic atheists of the period.ラメトリ、 holbach 、 fererbach 、およびfleurensは、通常学級唯物無神論者の間の第一の期間です。 Voltaire, on the contrary, while undoubtedly helping on the cause of practical atheism, distinctly held its theoretic contrary.ヴォルテール、逆に、疑いの余地を助けるための実用的な無神論の原因を、はっきりとその理論的に反し開かれた。 He, as well as Rousseau, was a deist.彼だけでなく、ルソー、は、 deistです。 Comte, it will be remembered, refused to be called an atheist.コント、それは覚えて、無神論者を拒否しても呼ばれる。 In the last century Thomas Huxley, Charles Darwin, and Herbert Spencer, with others of the evolutionistic school of philosophy, were, quite erroneously, charged with positive atheism.トーマスハクスリーの最後の世紀に、チャールズダーウィン、ハーバートスペンサー、その他の学校の進化論哲学が、非常に誤って、罪に肯定的無神論です。 It is a charge which can in no way be substantiated; and the invention andonism of Ernst Hackel, goes far towards forming an atheistic system of philosophy.それは、チャージをどうしようもないことが裏付け; andonismのエルンストhackelの発明と、はるかに向け無神論哲学体系を形成する。 But even the last named admits that there may be a God, though so limited and so foreign to the deity of theists that his admission can hardly remove the system from the first category of theoretic atheism.しかし名前の最後の神ことがあると認めれる場合がありますが、これ限られており、外国人を神のように彼の入場料theistsシステムから削除することは到底第一のカテゴリーは無神論の理論的です。

Among the unscientific and unphilosophical there have from time to time been found dogmatic atheists of the first type. unphilosophical間の非科学的と時間が見つかってからの時間を独断的な無神論者の最初のタイプです。 Here again, however, many of those popularly styled atheists are more correctly described by some other title.ここで再び、しかし、それらの多くは無神論が盛んにスタイルの他のいくつかの他のタイトルが正しく記述されています。 There is a somewhat rare tract, "Atheism Refuted in a Discourse to prove the Existence of God by TP" -- British Museum Catalogue, "Tom Paine", who was at one time popularly called an atheist.路には、やや珍しい、 "無神論に反論する談話を神の存在を証明するTp学" -大英博物館のカタログ、 "トムペイン" 、 w hoは、一度に盛んに無神論者と呼ばれる。 And perhaps, of the few who have upheld an indubitable form of positive theoretic atheism, none has been taken seriously enough to hav exerted any influence upon the trend of philosophic or scientific thought.そしておそらく、 who 、いくつかの間違いのない形で積極的に支持する理論的無神論、なしには十分にとられている深刻な影響を及ぼすすべてのhavの動向を行使哲学や科学思想です。 Robert Ingersoll might be instanced, but though popular speakers and writers of this type may create a certain amount of unlearned disturbance, they are not treated seriously by thinking men, and it is extremely doubtful whether they deserve a place in any historical or philosophical exposition of atheism.ロバートインガーソルinstancedかもしれないが、人気のスピーカーや作家かかわらず、このタイプの5月ある程度の無学な障害を作成する、真剣に考えて処理されていない男に、またそれを受けるに値するかどうかは非常に疑わしい任意の場所に博覧会の歴史や哲学無神論です。

Publication information Written by Francis Aveling.出版物の情報執筆者フランシスavelingです。 Transcribed by Beth Ste-Marie.サント=マリーベス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.のは、カトリックの百科事典、第Ⅱ巻です。 Published 1907. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

REIMMAN, Historia atheismi et atheorum . reimman 、歴史atheismi et atheorumです。 .です。 .です。 (Hildesheim, 1725); TOUSSAINT in Dict. (ヒルデスハイム、 1725 ) ;トゥーサンのdictのです。 de theologie, sv ( a good bibliography); JANET AND SEAILLES, History of the Problems of Philosophy (tr.,London, 1902), II; HETTINGER, Natural Religion (tr., New York, 1890); FLINT, Anti-theistic Theories (New York, 1894); LILLY, The Great Enigma (New York, 1892); DAURELLE, L Atheisme devant la raison humaine (Paris, 1883); WARD, Naturalism and Agnosticism (New York, 1899); LADD, Philosophy of Religion (New York, 1905); II; BOEDDER, Natural Theologh (New York, 1891); BLACKIE, Natural History of Atheism (New York, 1878); The Catholic World, XXVII, 471: BARRY, The End of Atheism in the Catholic World, LX, 333; SHEA, Steps to Atheism in The Am, Cath.デtheologie 、 sv文書(良い構造) ;ジャネットとセアイユ、歴史、哲学の問題を( tr. 、ロンドン、 1902 ) 、 2世; hettinger 、自然宗教( tr. 、ニューヨーク、 1890 ) ;フリント、反有神論理論(ニューヨーク、 1894 ) ;リリーにして至大エニグマ(ニューヨーク、 1892 ) ; daurelle 、左atheismeデヴァントラレゾン人間(パリ、 1883 ) ;区、自然主義と不可知論(ニューヨーク、 1899 ) ;ラッド、哲学の宗教(ニューヨーク、 1905 ) ;二; boedder 、自然theologh (ニューヨーク、 1891 ) ;黒、自然史博物館の無神論(ニューヨーク、 1878 ) ;のは、カトリックの世界、 27 、 471 :バリー、無神論の終わりには、カトリックの世界、 lx 、 333 ;シェイ、無神論は、 AMの手順を実行して、猫です。 Quart.クオートします。 Rev., 1879, 305; POHLE, lehrbuck d.改訂、 1879 、 305 ; pohle 、 lehrbuck d. Dogmatik (Paderborn, 1907) I; BAUR in Kirchliches Handlexikon (Munich, 1907), sv See also bibliography under AGNOSTICISM, MATERIALISM, PANTHEISM, and THEISM. dogmatik (パーダーボルン、 1907 )私;バウアーでkirchliches handlexikon (ミュンヘン、 1907 ) 、 sv文書構造されても参照ください不可知論、唯物論、汎神論、および有神論です。 For the refuation of ATHEISM see the article GOD.) refuationの無神論は、神の記事を参照してください。 )


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです