Bar Mitzvah or Bar Miẓwahバーミツバーやバーmiẓwah

General Information 総合情報

A bar mitzvah ("son of the commandment") is a male Jew who has reached his 13th birthday and is recognized as fully responsible for his own religious and moral actions.バーミツバー( "風の息子の戒め" )は、男性のユダヤ人whoに達して彼の誕生日と13日には完全に責任を負うとして認識され、自分の宗教や道徳的な行動です。 A bat mitzvah is the corresponding female Jew.バートミツバーに対応するには、ユダヤ人の女性です。 A rite in the synagogue, which is also commonly referred to as bar mitzvah, marks the attainment of the status of bar mitzvah.儀式は、ユダヤ教の礼拝堂に、これはバルミツバーを行うと呼ばれることもよく、マルクの状態を達成バルミツバーを行う。 In Conservative and Reform Judaism, a similar rite is used for the bat mitzvah as well.ユダヤ教の保守派と改革は、似たような儀式はバートミツバーとしてよく使われている。 When reaching puberty, a young man or woman is called upon to read a prophetic passage from Scripture to the synagogue congregation.思春期に達するときには、若い男や女が呼び出された時の一節を読んだのは、啓典を予言シナゴーグ集会です。

Thereupon, he or she is recognized as a full member of the congregation, able to count as a member of the required quorum of ten.そこで、彼または彼女は完全なメンバーとして認識され、集会、メンバーとしてカウントできるように、必要な定足数の10人です。 On that occasion the parents say a blessing: "Blessed is God who has now freed me from bearing full responsibility for this person."その際、親と言うのを祝福: "祝福は、神様が私から解放さwhoは、今すぐこの人軸受全責任を負う。 " In the 19th century, Reform Judaism created the rite of confirmation, either instead of, or in addition to, the bar mitzvah celebration.は19世紀には、改革のユダヤ教の儀式を作成して確認、のいずれかの代わりに、またはに加えて、お祝いのバルミツバーを行う。 It is held on the festival of Shavuoth, or Pentecost, which marks the revelation of the Torah.この祭りが開催されたことがshavuothか、または聖霊降臨日、マルクは、律法の啓示です。 This rite is now common in Reform and Conservative synagogues.この儀式は、今では普通に改革と保守派のシナゴーグです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Jacob Neusnerジェイコブニューズナー

Bibliography: 書誌事項:
AI Katsh, ed., Bar Mitzvah (1955); S Schoenfeld, et al., Bar Mitzvah (1985).愛katsh 、エド。 、バーミツバー( 1955 ) ;秒ショーンフェルド、他アルです。 、バーミツバー( 1985 ) 。


Bar Miẓwahバーmiẓwah

Jewish Viewpoint Information ユダヤ人の視点情報

Religious Maturity.宗教的な成熟です。

Hebrew term applied to a boy on completing his thirteenth year, who has then reached the age of religious duty and responsibility.ヘブライ語の少年が完了用語に適用するための彼の13年、 whoには達したの年齢を入力し、宗教的義務と責任です。 The name "Bar Miẓwah" occurs in BM 96a, where it is applied to every grown Israelite; but in the sense now used it can not be clearly traced earlier than the fourteenth century, the older rabbinical term being "gadol" (adult) or "bar 'onshin" (son of punishment); that is, liable to punishment for his own misdoings; see Rashi Nid.の名前を"バーmiẓwah "が発生するバミューダ諸島96a 、ここで適用されるごとに成長したことがイスラエル;しかし、今すぐという意味で使われることを明確にすることはできません14世紀の追跡よりも早く、以前のラビ用語が" gadol " (成人向け) 、または"バー' onshin " (息子の罰) ;それは、彼自身の責任者の処罰をmisdoings ; rashi間接参照しています。 45b, on the word . 45b 、された単語です。 The age of puberty being attained at about the fourteenth year, the boy that is over thirteen years of age has the power of making vows or of consecrating property to holy purposes (Nid. v. 6); he is held to account for his own sins, whereas a child before that age may die on account of his father's sins (Midrash Zuṭṭa, Ruth, ed. Buber, p. 47; Yalḳ., Ruth, 600); and, according to some, the father's merit confers benefits upon the son only until he has reached his "pereḳ"; that is, the age of maturity (Tosef., 'Eduy. i. 14).の年齢を達成思春期には約14年、 13歳以上の少年には年齢には、電源のプロパティをconsecratingメーカーの契りを結ぶかの神聖な目的のため( nid. v. 6 ) ;彼は彼自身を説明するために開かれた罪は、その前に年齢の子供が、 5月に死ぬアカウントの彼の父の罪(ミドラーシュzuṭṭa 、ルース、エドです。ブーバー、 p. 47学; yalḳ 。 、ルース、 600 ) ;と、いくつかによると、父親のメリットを与える彼の息子だけまでに達して彼の" pereḳ " ;これは、成熟の年齢( tosef. 、 ' eduy 。 i. 14 ) 。

The solemnization of the attainment of the age of religious maturity takes place on the first Sabbath of the fourteenth year, when the Bar Miẓwah is called up (see 'Aliyah) to read a chapter from the weekly portion of the Law, either as one of the seven men or as the eighth, where it is customary to read the closing chapter and the Hafṭarah; and if he be unable to read, to recite at least the benediction before and after the reading, while the father offers silently the rather strange benediction: "Blessed be He who has taken the responsibility for this child's doing from me" (see Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, ccxxv. 2, note of Isserles, and "Magen Abraham," cclxxxii., note 18).挙式を達成するの年齢を宗教的な成熟が行われるのは、 14年の最初の安息日、バーmiẓwahが呼び出されたときにアップ(参照' aliyah )を読んだのは、章の部分からの週の法では、どちらかの一つとして7つの男性または8番目として、ここでの閉会を読むことが慣習とhafṭarah章;を読むことができないとすれば、少なくとも祝祷を暗唱する前と後の読書、というが、父親は、サイレントモードでの奇妙な祝祷: "祝福される彼の責任を取って、このwhoは、子供のことより私" ( shulḥan ' aruk 、 oraḥ ḥayyim 、 ccxxvです。 2 、の注意事項をisserles 、および" magenアブラハム、 " cclxxxii 。 、注18 ) 。

Celebration of Event.お祝いのイベントです。

This event is celebrated by joyous festivity, the Bar Miẓwah boy delivering on this occasion a learned discourse or oration at the table before the invited guests, who offer him presents, while the rabbi or teacher gives him his blessing, accompanying it at times with an address (see Solomon Luria, "Yam Shel Shelomoh" to B. Ḳ. vii. 37, and other authorities in "Magen Abraham," lc; Löw's "Lebensalter," pp. 210-217, 410-412).このイベントは楽しいお祭りを祝うは、この機会を提供するバーmiẓwahボーイを学んだ談話や演説は、テーブルの招待客の前に、彼who提供するプレゼント、ラビや教師が、彼の祝福を与えて、それを倍に添付アドレス(参照ソロモンルリア、 "ヤムSHELをshelomoh "からB ḳ 。 Ⅶ 。 37 、およびその他の当局に" magenアブラハムは、 "液晶; löwの" lebensalter 、 " pp 。二一〇から二一七まで、四百十から四百十二まで) 。 Henceforth he is reckoned among the adults to fill the Minyan, or required number of ten (Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, lv. 9 et seq.).今後彼は無視の中にいる大人たちの礼拝定足数をいっぱいにするか、または必要な数の10 ( shulḥan ' aruk 、 oraḥ ḥayyim 、左心室です。 9頁以降を参照。 ) 。 Regarding the time when the boy's initiation into his religious duties is to commence, when he is to begin putting on the tefillin, or when to fast on the Day of Atonement, see Yoma 82a; Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, xxxvii.また、少年の時に開始時間を自分の宗教的義務を開始するが、パットを開始するときに彼はテフィリンを検索するか、または高速を検索するときに贖罪の日を参照してくださいyoma 82a ; shulḥan ' aruk 、 oraḥ ḥayyim 、 37です。 3, cxvi. 3 、 ) CXVI 。 2). 2 ) 。 Leopold Löw (lc) has shown that the Bar Miẓwah rite had become a fixed custom only in the fourteenth century in Germany.レオポルトlöw (液晶)が示すように、バーのカスタムmiẓwahの儀式が固定になるだけで、 14世紀でドイツ語をします。

How It Originated.どのように発信します。

Nevertheless there are many indications, overlooked by Löw, that its origin must be sought in remote antiquity.にもかかわらずには多くの指摘を受けて、見落としがちlöw 、その起源が求められて大昔しなければならない。 Samuel ha-Kaṭan, at the close of the first century, gives in his saying on the Ages of Man in the Baraita attached to Abot v. 21 (see Maḥzor Vitry, p. 549) the completion of the thirteenth year as the age for the commandments ("le-miẓwot"); and the commentary to the passage refers to Levi, the son of Jacob, who, at thirteen, is called "ish" (= man; Gen. xxxiv. 25).サミュエルハ- kaṭan 、世紀の最初の終了時、彼の言っては、歳の男が、バーライターに添付さabot v. 21 ( maḥzorヴィトリー、 p. 549 )が完了したとして13年の年齢をの戒め( "ル- miẓwot " ) ;と解説を参照してレヴィの通過には、息子のジェイコブ、 who 、 13 、が呼び出される" ish " ( =男; Gen 。と34 。 25 ) 。 Simon Ẓemaḥ Duran, in his "Magen Abot" to the Baraita, quotes a Midrash interpreting the Hebrew word (= "this") in Isa.サイモンẓemaḥデュランは、彼の" magen abot "をバーライター、引用符をミドラーシュヘブライ語通訳の言葉( = "この" ) ISAのです。 xliii. 43 。 21-"This people have I formed for myself, they shall pronounce [AV "set forth"] my praise"-as referring by its numerical value to those that have reached the age of thirteen. 21 -"この人々が私に形成さぼく自身のための、かれらは発音[ a v"に定める" ]私の褒め言葉"の値を数値として参照され、それらが1 3歳に達しています。 This seems to imply that at the time the Midrash was composed the Bar Miẓwah publicly pronounced a benediction on the occasion of his entrance upon maturity.このように意味するもので構成される時点では、バーミドラーシュmiẓwah祝祷を公然と発音する彼の外観に成熟の機会です。 This is confirmed by the Midrash Hashkem (see Grünhut's "Sefer ha-Liḳḳuṭim," i. 3a): "The heathen when he begets a son consecrates him to idolatrous practises; the Israelite has his son circumcised and the rite of 'pidyon ha-ben' performed; and as soon as he becomes of age he brings him into the synagogue and school ('bet ha-keneset' and 'bet ha-midrash'),in order that henceforth he may praise the name of God, reciting the 'Bareku' (Benediction) preceding the reading from the Law."このことが確認されたミドラーシュhashkem ( grünhutの" seferハ- liḳḳuṭim 、 "の経験I.クリチバ3a )を: "異教徒のときに彼の息子begets consecrates彼を偶像崇拝することで、イスラエルは、彼の息子との儀式の割礼' pidyonハ-ベン'実行、および年齢となるとすぐに彼は彼をもたらすシナゴーグや学校( 'ベットハ- keneset 'と'ベットハ-ミドラーシュ' ) 、今後のために彼の名前を称賛する5月の神、暗唱する' bareku ' (祝祷)に先行し、読書をしている。 " Masseket Soferim xviii. 18 masseket soferimです。 5 is even more explicit: "In Jerusalem they are accustomed to initiate their children to fast on the Atonement Day, a year or two before their maturity; and then, when the age has arrived, to bring the Bar Miẓwah before the priest or elder for blessing, encouragement, and prayer, that he may be granted a portion in the Law and in the doing of good works. Whosoever is of superiority in the town is expected to pray for him as he bows down to him to receive his blessing."明示的には、さらに5 : "エルサレムを開始する彼らはその子供たちを高速に慣れて償いをする日、 1年か2年前に満期;と入力して、年齢が到着したときに、バーを持って僧侶や高齢者の前にmiẓwahを祝福、激励、と祈り、その部分を彼は5月に付与することは、法とは、良い作品です。誰でも優れていることが予想される町は彼のための祈りとして彼は彼を受信する弓ダウンを祝福します。 "

This then helps to illustrate the Midrash (Gen. R. lxiii.), which, in commenting upon the passage (Gen. xxv. 27), "and the boys grew," says: "Up to thirteen years Esau and Jacob went together to the primary school and back home; after the thirteen years were over, the one went to the bet ha-midrash for the study of the Law, the other to the house of idols. With reference to this, R. Eleazar remarks, 'Until the thirteenth year it is the father's duty to train his boy; after this he must say: "Blessed be He who has taken from me the responsibility [the punishment] for this boy!"'" "Why is the evil desire ('yeẓer hara'') personified as the great king? (Eccl. ix. 14). Because it is thirteen years older than the good desire ('yeẓer haṭob')."この入力し、助けを明らかにするミドラーシュ( Gen 。とr. 63 。 ) 、これは、コメント時の通過( Gen 。と25 。 27 ) 、 "と、男の子が成長すると、 "は言う: " 13年間、最大エサウとジェイコブが一緒に小学校として家に帰る;した後、 13年が終了すると、 1つの賭け行ったハ-ミドラーシュ法の研究のために、他の家のアイドルにします。を参照して、 r. eleazar備考、 ' 13年までは、彼の父親の義務を負う列車ボーイ;した後、この彼は言ってやる必要があります: "祝福される彼whoさんが私の責任から[罰]このボーイ! " ' " "理由は、邪悪な欲望( '原yeẓer '' )偉大な王として化身のような人ですか? ( eccl. 9 。 14 ) 。ため、これは13歳年上の良い欲望( ' yeẓer haṭob ' ) 。 " That is to say, the latter comes only with the initiation into duty (Ab. RN, A. xvi., B. xxx.; Midr. Teh. ix. 2; Eccl. R. ix. 15).つまり、後者の開始を義務だけでは( ab. rn 、 a. 16 。 、 b. xxx 。 ; midrれています。 Ⅸ 。 2 ; eccl 。 r. 9 。 15 ) 。 According to Pirḳe R. El. r. pirḳeによると、エルです。 xxvi., Abraham rejected the idolatry of his father and became a worshiper of God when he was thirteen years old. 26 。 、アブラハムの偶像崇拝を拒否し、彼の父親となったときに、神のしもべ彼は13歳です。 In the light of these facts the story related in Luke ii.これらの事実に照らして関連のルーク2世の物語です。 42-49, as observed by the elder Lightfoot, Wetstein, and Holtzmann in their commentaries to the passage, finds its true significance: The child Jesus when only twelve years of age, having not yet attained the religious maturity, joined, of his own accord, the teachers of the Law, and astonished all by his understanding and his answers, being, as he said, concerned only about the things of his Father in heaven (, "Wist ye not that I must be about my Father's business?"). 42から49 、年長者として観察されたライトフット、 wetstein 、とホルツマンの論評を通過して、見つかったその真の意義:その子イエスキリストの12歳のときにのみ、宗教的な成熟が、まだ達成し、メンバー登録は、自分自身の協定は、教師は、法では、とびっくりした彼のすべてを理解し、彼の答えは、現在、彼によると、関係者のみのものについては、天国の父親( 、 " witの過去過去分詞なたがたは、わたししなければならないのビジネスについては私の父ですか? " ) 。 Compare with this what Josephus writes of himself: "When I was a child about fourteen years old, I was commended by all for the love I had for learning, on which account the high priest and principal men of the city came to me in order to know my opinion regarding the accurate understanding of points of the Law" ("Vita," 2).この比較してどのような書き込みをすることはないヨセフス: "子供のころ約14年前、私は表彰さ私はすべてのための愛は学問のため、上でアカウントの高い司祭と主要都市の人々が私のために私の意見を知って正確に理解するポイントについては、法" ( "生命、 " 2 ) 。

In Morocco the boy becomes Bar Miẓwah when he has passed the age of twelve years.モロッコの少年がバーにmiẓwah歳のときに彼は合格して12年。 He usually learns one of the Talmudical treatises by heart, and after he has passed an examination, the rabbis and the parnasim of the congregation, together with his relatives and friends, are invited to a dinner the Wednesday before the Sabbath on which he is to be "called up" to the Law.彼は通常学ぶtalmudicalのいずれかの論文を暗記し、試験に合格した後彼は、律法学者や信徒のparnasimを、自分の親戚や友人と一緒に、夕食に招待しての水曜日までに上で彼は安息日にに"と呼ばれる登録"をしている。 The following morning (Thursday), at the service which takes place in the boy's house, the chief rabbi puts the tefillin upon his arm, and his father those upon his head, while the choir accompanies the initiation rite with a hymn.は、次の朝(木曜日)は、本サービスでは、少年の家の場所には、チーフラビテフィリンにより、彼の腕に、その時彼の頭と彼の父親が、聖歌隊の賛美歌の伴奏への入会の儀式となっています。 He is then "called up" to the Law; and before the close of the service he delivers a discourse, partly in the vernacular, for the benefit of the women who are present.彼はその後"と呼ばれるアップ"を、法律、および本サービスを閉じる前に彼につながる可能性の談話は、お国言葉で書かれた部分では、女性の利益のためにwhoが存在します。 The rabbis follow with a discussion, and the Bar Miẓwah is then blessed aloud by the whole assembly.次のラビのディスカッションでは、とのバーmiẓwahは、アセンブリ全体を入力し、祝福された声を出しています。 After this he goes around with his tefillinbag, and first the men, then the women, and finally his parents throw silver coins into the bag, which he then presents to his teacher.この後、彼が彼の周りにtefillinbag 、および最初に、男性の場合、女性、そして最後に彼の両親銀のコインを投げ、袋に入れ、これ彼にプレゼントを入力し、彼の教師です。 A breakfast follows, in which all take part.朝食次のように、そのすべてに参加する。 On the next Sabbath, the Bar Miẓwah reads the "Hafṭarah."内容は次の安息日に、バーmiẓwahを読み取ります" hafṭarah 。 " When he is called up to the Law, a piyyuṭ is recited, the text of which is given in the "Allgemeine Zeitung des Judenthums," 1839, p.彼が呼び出されたときに、法では、読誦piyyuṭが、これは与えられたのテキストを、 "アルゲマイネツァイトゥンクデjudenthums 、 " 1839年、 p. 278, whence the above account has been taken. 278 、そこから、上記のアカウントがとられている。 See also Banquets.バンケットも参照ください。

Regarding a strange custom of cutting a boy's hair when he became Bar Miẓwah, see Abrahams' "Jewish Life in the Middle Ages," p.奇妙なカスタムについては、少年の髪をカットするときに彼はバーmiẓwahを参照してくださいエイブラハムズ' "ユダヤ人の生活中世には、 " p. 144, note 2. 144 、注2 。 For Bar Miẓwah in modern times, see Confirmation.現代ではmiẓwahのバーを参照してください確認します。

Marcus Jastrow, Kaufmann Kohlerマーカスジャストロウ、カウフマンコーラー
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 書誌事項:
Leopold Löw, Die Lebensalter, in Jüdische Literatur, pp.レオポルトlöw 、死ぬlebensalterは、 jüdische literatur 、 pp 。 210-217, Szegedin, 1875; JCG Bodenschatz, Kirchliche Verfassung der Heutigen Juden, iv.二百十から二百十七まで、 szegedin 、 1875 ;海保bodenschatz 、 kirchliche verfassung der heutigen juden 、 Ⅳ 。 94, 95, Erlangen, 1748; Güdemann, Geschichte des Erziehungswesens und der Cultur der Juden in Deutschland, p. 94 、 95 、エルランゲン、 1748 ; güdemann 、 cultur der geschichteデerziehungswesens und der judenはドイツ、 p. 111, Vienna, 1888; idem, Quellenschriften zur Geschichte des Unterrichts und der Erziehung bei den Deutschen Juden, p. 111 、ウィーン、 1888 ;同じ、 quellenschriften zur geschichteデerziehungバイデンドイツunterrichts und der juden 、 p. 143, Berlin, 1891, where R. Jair Ḥaim Bacharach's Rules of Study for the Bar Mizwah boy are given; Hamburger, RBT sv Miẓwah; Schürer, Gesch. 143 、ベルリン、 1891年、ここでのルールr.ジェイルḥaim bacharach弁護士の勉強をする少年は、与えられたmizwah ;ハンバーガー、 rbt sv文書miẓwah ; schürer 、 gesch 。 des Jüdischen Volkes, ii.デjüdischen volkes 、 Ⅱ 。 426; Ch. 426 ;あなたのです。 Taylor, Sayings of the Jewish Fathers, 1897, pp.テイラー、ことわざは、ユダヤ人の祖先は、 1897 、 pp 。 97, 98; I. Abrahams, as above.J. 97 、 98 ; i.エイブラハムズ、 above.jです。 Sr. K.シニアk.


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです