Comparing The Bible's Old Testament With The Talmud聖書の旧約聖書と比較して、タルムード

Advanced Information 高度情報

Rabbinic Theology and Literatureラビ神学と文学

(From Appendix 5 of Life and Times of Jesus the Messiah (付録5の人生と時代の救世主イエスキリスト
by Alfred Edersheim, 1886)アルフレッドedersheimされ、 1886 )

1. 1 。 The Traditional Law伝統的な法

The brief account given in vol. !簡単なアカウントを与えられるのです。 ip 100, of the character and authority claimed for the traditional law may here be supplemented by a chronological arrangement of the Halakhoth in the order of their supposed introduction or promulgation. IPの100 、文字や権威を主張したのは、伝統的な法の5月、ここに補足された年代順に配列されている順にhalakhothはずの導入や施行する。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In the first class, or 'Halakhoth of Moses from Sinai,' tradition enumerates 55, [The numbers given by Maimonides, in his Preface to the Mishnah, and their arrangement, are somewhat different, but I prefer the more critical (sometimes even hypercritical) enumeration of Herzfeld.で、最初のクラスか、または' halakhothのムーサーからシナイ半島、 '伝統を列挙55 、 [ maimonides与えられたの数字は、彼の序文で、ミシュナー、およびそれらの配置は、若干異なるが、私の方がもっと重要な(時には酷評)の列挙をヘルツフェルトです。 They are also enumerated in Peiser's Nachlath Shimoni, Part I. pp.彼らはまたpeiserのnachlathに列挙さshimoni 、パートI. pp 。 47 - 49 b.] which may be thus designaterd: 47 -4 9b .]が5月にこのようにd esignaterd:
18 ordinances are ascribed to Joshua, of which only one is ritual, the other 17 being agrarian and police regulations. 18条例は、生得的にジョシュア、そのうちの儀式では1つだけ、他の17の農民と警察の規制です。 [Baba K 81a; Tos. [馬場k 81a ;利用規約です。 Baba M 11; Jer.馬場メートル11 ; jerです。 Baba K 3:2.馬場k 3:2です。

Among the police regulations is this curious one, that all were allowed to fish in the Lake of Galilee, but not to lay down nets, so as not to impede the navigation.] The other traditions can only be briefly noted.警察はこの規制は、好奇心のうち1つ、そのすべてが許されるようにガリラヤ湖で釣りをする、ネットの下に置くではなく、邪魔をしないように、ナビゲーションします。 ]のみで、他の伝統を簡潔に記載します。 Boaz, or else 'the tribunal of Samuel,' fixed, that Deut.ボアズか、または他の' 、法廷のサミュエル、 '固定、そのdeutです。 23:3 did not apply to alliances with Ammonite and Moabite women. 23時03分アンモナイト提携を参考には適用されないとモアブ人女性です。 Two ordinances are ascribed to David, two to Solomon, one to Jehoshaphat, and one to Jehoida.生得的に2つの条例は、デビッド、ソロモンの2つを、 1つをjehoshaphat 、および1つをjehoidaです。

The period of Isaiah and of Hezekiah is described as of immense Rabbinic activity.イザヤ書の期間と記述さは計り知れないほどhezekiahラビの活動です。 To the prophets at Jerusalem three ritual ordinances are ascribed.儀式は、預言者をエルサレムに3つの条例は、生得的です。 Daniel is represented as having prohibited the bread, wine and oil of the heathen (Dan. 1:5).ダニエル表されることは禁止されて、パン、ワインと油は、異教徒( dan. 1:5 ) 。 Two ritual determinations are ascribed to the prophets of the Exile.生得的に2つの儀式は、預言者の決定は、亡命者です。

After the return from Babylon traditionalism rapidly expanded, and its peculiar character more and more clearly developed.伝統バビロンからの帰還後、急速に拡大し、ますます多くの特異な性格を明確に開発された。 No fewer than 12 traditions are traced back to the three prophets who flourished at that period, while four other important legal determinations are attributed to the prophet Haggai individually.伝統がない12人未満の3つの預言者をさかのぼるwho開花は、この期間中の4つの重要な法的判断は、預言者ハガイ個別に起因する。 It will readily be understood that Ezra occupied a high place in tradition.エズラことは容易に理解され占領伝統の高い場所にします。 15 ordinances are ascribed to him, of which some are ritual. 15条例生得的に彼は、そのうちのいくつかの儀式です。

Three of his supposed ordinances have a general interest.彼の3つの条例は、一般の興味を引くはずです。 They enjoin the general education of children, and the exclusion of Samaritans from admission into the Synagogue and from social intercourse.彼ら全般子供の教育を禁止し、サマリア人からの除外の入場料をシナゴーグと社会的性交からです。 If only one legal determination is assigned to Nehemiah, 'the men of the great Synagogue' are credited with 15, of which 6 bear on important critical and exegetical points connected with the text of the Scriptures, the others chiefly on questions connected with ritual and worship.法律を決定するのが1つしかない場合に割り当てられているニーアマイア、 ' 、男性の偉大なシナゴーグ'は功績があると15日、クマが6と解釈上の重要な重要なポイントに接続してのテキストを、聖書は、主に、他の質問の儀式とつながって崇拝される。 Among the 'pairs' (Zugoth) which succeeded the 'Great Synagogue,' three 'alleviating' ordinances (of a very punctilious character) are ascribed to Jose, the son of Joezer, [According to tradition (Sot. 47a, b) the Eshkoloth, or 'bunches of grapes,' ceased with Jose.間の'ペア' ( zugoth )が成功したの'大きなシナゴーグ、 ' 3 '緩和'条例(非常に堅苦しい文字)は、生得的にホセは、息子のjoezer 、 [によると、伝統( sot. 47a 、 b )本eshkolothか、または'房のぶどう、 'やんだとホセです。

The expression refers to the Rabbis, and Herzfield ingeniously suggests this explanation of the designation, that after Jose they were no longer undivided in their opinions.という表現を参照して、律法学者、およびこのherzfield巧妙な説明を示唆種別、ホセした後、彼らはもはや自分の意見を非分です。 For other explanations comp.他の説明会COMPです。 Deren'ourg, us pp. deren'ourg 、問い合わせpp 。 88, 456 - 458.] and two, intended render all contact with heathens impossible, to him and his colleague. 88 、 456 -4 58。 ]と2つの、すべての連絡先を意図したレンダリングh eathens不可能な、彼と彼の同僚です。 Under the Maccabees the feast of the dedication of the Temple was introduced. maccabeesてのごちそうの下に、同寺の落成式が導入されました。 To Joshua the son of Perachya, one punctilious legal determination is ascribed.ジョシュアの息子のperachyaを、 1つの堅苦しい法律を決定するのが生得的です。 Of the decrees of the Maccabean High - Priest Jochanan we have already spoken in another place; similarly, of those of Simon the son of Shetach and of his learned colleague.は、政令をmaccabean高-司祭j ochanan私たちはすでに別の場所で話されて;同様に、これらのサイモンs hetachと彼の息子の同僚を学んだ。 Four legal determinations of their successors Shemayah and Abhtalion are mentioned.その後継者の法的判断の4つのshemayahとabhtalionに記載します。 Next in order comes the prohibition of Greek during the war between the Maccabean brothers Hyrcanus and Aristobulus.次のためには、ギリシャ語の禁止maccabean兄弟の間の戦争中にhyrcanusとアリストブロス。 This brings us to the time of Hillel and Shammai, that is, to the period of Jesus, to which further reference will have to be made in another place.これにより、問い合わせして時間をshammaiヒレルと、それは、イエスキリストの期間を、より詳細なリファレンスには、別の場所に請求することはします。

2. 2 。 The Canon of Scriptureキヤノンの啓典

Reference has been made in the text (vol. ip 107) to the position taken by Traditionalism in reference to the written as compared with what was regarded as the oral Revelation.参照され表示されたテキスト(日本語のIP 107 )の位置を取らされ、伝統を参考に比べて何が書かれていると見なされる経口暴露します。 Still, nominally, the Scriptures were appealed to by the Palestinians as of supreme authority.とはいえ、名目上は、経典が控訴をされたパレスチナ人としての最高権力機関です。 The views which Josephus expresses in this respect, although in a popular and Grecianised form, were substantially those entertained by the Rabbis and by his countrymen generally (comp. Ag. Apion, i. 7, 8).表現の再生回数をヨセフスこの点で、このフォームでgrecianisedに人気のと、それらが大幅に楽しまされた彼の同胞律法学者や一般( comp. AGに帰属します。 apion 、 i. 7日、 8 ) 。 [For a detailed account of the views of Josephus on the Canon and on Inspiration, refer to the article in 'Smith's Dictionary of Christian Biography,' vol. [ための詳細な説明をヨセフスの再生回数のインスピレーションを検索するキヤノンとし、この資料を参照して、 'スミスの辞書キリスト教のバイオグラフィー、 ' !です。 iii pp 453, 454.] A sharp distinction was made between canonical and non canonical books.三pp 453 、 454 。 ]が大幅に区別が行われたとの間に正規以外の正規の書籍です。

The test of the former was inspiration, which had ceased in the time of Artaxerxes, that is, with the prophet Malachi.テストのインスピレーションの元は、停止していたの時間のアルタクセルクセス、それは、預言者マラキです。 Accordingly, the work of the elder Jesus the son of Sirach (Jeshua ben Sira, ben Eliezer) was excluded from the Canon, although it is not unfrequently referred to by Rabbinic authorities in terms with which ordinarily only Biblical quotations are introduced.したがって、高齢者の仕事は、イエスキリストの息子のシラク( jeshuaベン欠陥、ベンエリエゼル)は、キヤノンから除外するが、これによって参照されるunfrequentlyではない間柄であるラビ当局は聖書を引用通常のみをご紹介します。 [Comp. [のCOMPです。 Zunz, Gottesd Vortr.ツンツ、 gottesd vortrです。 pp. pp 。 101, 102, and c. 101 、 102 、とC. Seligmann, d Buch d Weish d. seligmann 、 dブーフd weish d. Jesus Sirach.イエスキリストシラクです。 The Talmudic quotations from the work of the elder Jesus have been repeatedly collated.仕事からの引用のtalmudicエルダーイエスキリストの照合も繰り返しています。 Refer to the collection translation of them in Append.コレクションを参照して翻訳して追加します。 II. Ⅱ 。 to the 'History of the Jewish Nation.'] According to the view propounded by Josephus, not only were the very words inspired in which a prediction was uttered, but the prophets were unconscious and passive vehicles of the Divine message (Ant. iv. 6. 5, comp generally, Ant ii. 8. 1; vi. 8, 2; viii. 13, 3; ix. 3, 2, 8, 6; x. 2, 2; 4, 3).して'の歴史を、ユダヤ人の国です。 ' ]ヨセフスによると、対象提唱されただけでなく、インスピレーションは、非常に言葉を口では、と予測していたが、預言者は、受動的無意識の車両は、神のメッセージが表示さ( ant. Ⅳ 。 6 。 5日のCOMP通常、 Antの2世です。 8 。 1 ; Ⅵ 。 8日、 2 ; Ⅷ 。 13日、 3 ; Ⅸ 。 3 、 2 、 8日、 6 ; Xの2 、 2 、 4 、 3 ) 。

Although pre eminence in this respect was assigned to Moses (Ant. iv. 8, 49), yet Divine authority equally attached to the sayings of the prophets, and even, though perhaps in a still inferior degree, to the 'Hymns,' as the Hagiographa generally were called from the circumstance that the Psalter stood at the head of them (comp. Philo, De Vita contempl., ed. Mangey, voi. ii. p. 475; Luke 24:44).この点では、隆起は事前に割り当てられているモーゼス( ant. Ⅳ 。 8日、 49 )は、まだありません神の権威に接続されてことわざを均等にして預言者、さらには、多分にかかわらず、まだ下度、して'賛美歌、 'としてhagiographaが呼ばれ、通常の状況からは、それらの頭のpsalterに立っている( comp.フィロ、デ生命contempl 。 、エドです。 mangey 、ボイです。 Ⅱ 。 p. 475 ;ルーク24:44 ) 。 Thus the division of the Bible into three sections, the Law, the Prophets, and the other 'Writings', which already occurs in the prologue to the work of Jesus the son of Sirach, [Comp.したがって、 3つのセクション部が実施して聖書を、同法は、預言者、および、他の'文章' 、されているのプロローグが発生する仕事をしてイエスキリストの息子のシラク、 [のCOMPです。 also Macc.またmaccです。 2:13, 14.] seems to have been current at the time. 2:13 、 14 。 ]が現在のようにしていた。 And here it is of great interest, in connection with modern controversies, that Josephus seems to attach special importance to the prophecies of Daniel as still awaiting fulfillment (Ant. x 10. 4; 11. 7).そしてここでの大きな関心ことは、現代の論争に関連して、特別に添付するようにヨセフスの予言ダニエルとしての重要性をまだ待って履行( ant. × 10 。 4 ; 11 。 7 ) 。

That the Rabbis entertained the same views of inspiration, appears not only from the distinctive name of 'Holy Writings' given to the Scriptures, but also from the directions that their touch defiled the hands, [The general statement that this decree was intended to prevent a common or profane use of the Scripture does not explain its origin.ラビは、同じ再生回数のインスピレーションを楽しませ、表示されるだけでなく、独特の名前を'神聖な文章'与えられ、聖書は、その方向からだけでなく、彼らの手にタッチdefiled 、 [全般声明を防ぐことを目的とし、この判決は、不敬使用するか、共通の啓典はありません起源を説明します。 The latter seems to have been as follows: At first the priests in the Temple were wont to deposit the Terumah near the copy of the Law there kept (Shabb 14a).後者のようにも以下のとおり:司祭は、最初のうち、預金のterumah寺がいつも近くにある同法のコピーを保管( shabb 14a ) 。 But as mice were thereby attracted, and damage to the Sacred roll was apprehended, it was enacted that the Sacred Roll in the Temple rendered all meat that touched it unclean.しかし、マウスに惹かれた、との損傷を逮捕神聖なロールは、それが成立した同寺では、神聖なロール肉に触れたことのすべての不浄なレンダリングします。 This decree gave rise to another, by way of further precaution, that even the hands which touched the Sacred Roll, or any other part of the Bible became unclean (so that, having touched the latter they could not touch the Terumah).この判決は上昇を別の、より詳細な予防手段として、それも神聖なロールの手に触れたのか、または任意の他の部分を、聖書が汚れた(ように、彼らに触れ、後者にタッチするterumahできませんでした) 。

Then followed (in the course of development) a third decree, that such touch defiled also outside the Temple.入力し、その後(開発の過程で) 3番目の命令は、そのようなタッチdefiledも外の寺です。 Finally, the first decree was modified to the effect that the Sacred Roll in the Temple did not defile the hands., while all other Scriptures (anywhere else) defiled them (Chel 15:6) The explanation offered to the Sadducees by R Jochanan b.最後に、変更され、最初の命令は、その効果は、神聖なロールを冒とくする同寺の手にしなかった。 、中のすべての経典(どこ) defiledして( chel 15時06分)の説明を提供するサドカイ派を研究jochanan bです。 Zakkai is evidently intended to mislead (Yad iv. 6), Comp. zakkaiは明らかに意図を誤解させる( yad Ⅳ 。 6 ) 、のCOMPです。 Levy, Neuhebr Worterb.レビー、 neuhebr worterbです。 vol. !です。 ii. Ⅱ 。 pp. pp 。 163, 164.] and that it was duty on the Sabbath to save them from conflagration, and to gather them up if accidentally scattered, and that it was not lawful for heirs to make division of a sacred roll (Comp. Shabb. 16:1; Erub. 10:3; Kel. 15:6; Yad. 3:2 - 5; 4:5 [where special reference is made to Daniel] 6). 163 、 164 。 ]で、それは安息日を保存する義務を課することから、火災、およびそれらを収集するに散在する場合に、誤っており、その合法的なことはないの相続人を作る課は、神聖なロール( comp. shabb 。 16 : 1 ; erubです。 10 : 03 ;ケルです。 15 : 06 ; yadします。 3:2 -5 ;午前4時0 5分[ここで特別に言及がなされダニエル] 6 ) 。

From what we know of the state of feeling, we might have inferred, even if direct evidence had not existed that a distinctive and superior place would be ascribed to the Books of Moses.知ってから私たちの状態を感じて、私たちかもしれない推論、たとえ直接の証拠が存在していなかったと優れた特徴が生得的に配置する書籍のムーサーです。 In point of fact, no amount of ingenuity can conciliate the Maccabean application of Da.をポイントのところ、なだめることのない量の創意工夫maccabeanアプリケーションのダ。 9:24 - 27 with the chronology of that period, [This is admitted even by Mr. Drummond ('Jewish Messiah,' pp. 246, 245 - 257, 260). 9時24 -2 7年代の、その期間内に、 [これは認めてもドラモンド氏( 'ユダヤ人のメシア、 ' p p。 2 46、 2 45- 25 7、2 6 0)。 Mr. Drummond's book is quoted as representing the advocacy by a distinguished English scholar of Maccabean theory of the authorship of Daniel.] while the messianic interpretation fits in with it, [Drummond, usp 261.] other, and seemingly insuperable difficulties are in the way of the theory impugned.ドラモンド氏の本は引用として識別される権利擁護を表す英語maccabean学者の理論の原作者のダニエル。 ]が、救世主に収まると解釈し、 [ドラモンド、 USPの261 。 ]その他、と一見克服できない困難は、 impugnedの理論の方法です。

It implies, that the Book of Daniel was not an Apocryphal, but a Pseudepigraphic work; that of all such works it alone has come down to us in its Hebrews or Chaldee original; that a Pseudepigraphic work, nearly contemporary with the oldest portion of the Book of Enoch, should not only be so different from it, but that it should find admission into the Canon, while Enoch was excluded; that a Pseudepigraphon younger that Jesus the Son of Sirach should have been on the Khethubhim; and, finally, that it should have passed the repeated revision of different Rabbinic 'Colleges', and that at times of considerable theological activity, without the suspicion being even raised that its authorship dated from so late a periods as a century an a half before Christ.それが示すように、ダニエルは、この本ではない作り話ではなく、仕事pseudepigraphic ;ことのすべてのような作品にはそれだけで、その先に降りてくるchaldeeヘブル人への手紙やオリジナル; pseudepigraphic仕事して、ほぼ現代で最も古い部分は、予約のイノックは、これと異なるのみではないが、入場料を検索しなければならない、キヤノン、中イノックは除外; pseudepigraphon若いことは、イエスキリストの息子のシラク必要がされてkhethubhim ;と、最後に、その繰り返されることには合格してリビジョンの異なるラビ'カレッジ'ており、その時のかなりの神学的な活動もなく、疑惑が持ち上がっているので、後半から原作者日付期間として、半世紀前に、イエスキリストです。 And we have evidence that since the Babylonish exile, at least four revisions of the Canon took place within periods sufficiently distant from each other.またわれはbabylonish以来、亡命者という証拠は、少なくとも4つの改正が行わキヤノンは、遠くからお互いに十分な期間です。

The question hitherto treated has been exclusively of the date of the composition of the Book of Daniel, without reference to who may have been its author, whether its present it exactly the same as its original form, and finally, whether it ever belonged to those books whose right to canonicity, though not their age, was in controversy; that is, whether it belonged, so to speak, to the Old Testament.これまでの質問を排他的に処理され、この評価をする書籍のダニエルの組成、 who年5月を参照することも、著者は、現在のそれとまったく同じかどうか、元の形として、そして最後に、それまでに属しているかどうか書籍の権利を規範は、自分の年齢ではありませんが、論争;それは、かどうかに属し、いわば、旧約聖書にします。 As this is not the place for a detailed discussion of the canonicity of the Book of Daniel, or, indeed, of any other in the Old Testament canon, we shall only add, to prevent misunderstanding, that no opinion is here expressed as to possible, greater or less, interpolations on the Book of Daniel, or in any other part of the Old Testament.この場所ではないとしての規範を詳細に議論は、その本のダニエルか、または、実際のところ、他のは、旧約聖書の、キヤノン、わたしたちはのみの追加、誤解を防ぐため、意見がここに表現されることは絶対にありませんの可能性、それ以上少ない、ダニエルinterpolations上の書籍、または任意の他の部分を、旧約聖書のです。

We must here bear in mind that the moral view taken of such interpolations, as we would call them, was entirely different in those times from ours; and it may perhaps be an historically and critically unwarranted proposition, that such interpolations were, to speak moderately, not all unusual in ancient documents.ここにしなければならない道徳的な負担を念頭に置いては、このようなinterpolations対象に、我々が望むコールして、全く別ではこれらの回からは、私たちの、そしておそらくことがありますが、歴史的、批判的に不当な命題は、そのようなinterpolationsは、適度に話すではなく、すべての古文書は珍しい。 In each case the question must be separately critically examined in the light of internal and (if possible) external evidence.それぞれの場合は、個別に批判的に検討しなければならない問題は、光の内部と(可能ならば)外付けの証拠です。 But it would be a very different thing to suggest that there may be an interpolation, or, it may be, a rearrangement in a document (althoug at present we make no assertions on the subject, one way or the other), and to pronounce a whole document a fabrication dating from a much later period.しかしすれば、非常に異なることを示唆して補間することがありますか、または、それ年5月には、転位は、ドキュメント( althoug 、現在私たちの主張をテーマに、 1つの方法や、他の)と発音文書全体を製作するよりはるかにデートへ期間です。 The one would, at any rate, be quite in the spirit of those times; the other implies, beside insuperable critical difficulties, a deliberate religious fraud, to which no unprejudiced student could seriously regard the so called Pseudepigrapha as forming any real analog on.の1つは、いずれにせよ、それらが非常に時代の精神にのっとり、他のが示すように、重大な困難を克服できないの横に、故意に宗教的な詐欺、偏見のない学生をされていない点が真剣にいわゆる偽典として任意の本当のアナログを形成します。

But as regards the Book of Daniel, it is an important fact that the right of the Book of Daniel to canonicity was never called in question in the ancient Synagogue.しかし、ダニエル書については、これは重要な事実の右側にその本を規範ダニエル、問題はなかったと呼ばれる古代のシナゴーグです。 The fact that it was distinguished as 'versions' (Chezyonoth) from the other 'prophecies' has, of course, no bearing on the question, any more than the circumstance that later Rabbinism, which, naturally enough, could not find its way through the Messianic prophecies of the book, declare that even Daniel was mistaken in, and could not make anything of the predictions concerning the 'latter days' (Ber. R 98).が識別されていることを'バージョン' ( chezyonoth )より、他の'予言'は、もちろん、問題は何ら関係のない、すべての状況を超えることへのラビの教義、これは、自然に十分な、その方法が見つかりませんでしたを通じてその本の救世主予言、ダニエルは間違っても宣言をし、何かを作ることが出来ませんでした予測に関する'後者の日中に' ( ber.研究98 ) 。 [And yet there are frequent indications that Rabbinism sought guidance on these very subjects in the prophecies of Daniel. [兆候が現れているとはまだありませんラビの教義には、頻繁に指導を求め、これらの非常に科目は、ダニエル予言。

Thus, in the Pirqe de R Eliezer there are repeated references to the four monarchies, the Persian, Median, Macedonian, and Roman, when, in the time of the fifth monarchy, that of the children of Ishmael, after a terrible war against Rome, the Messiah would come (comp. Pirqe de R El. 19, and especially 28, 30, and 48).] On the other hand, Daniel was elevated to almost the same pinnacle as Moses, while it was said that, as compared with heathen sages, if they were all placed in one scale, and Daniel in the other, he would outweigh them all.したがって、 pirqeデ研究のエリエゼルには、繰り返し参照しての4つの君主は、ペルシャ語、正中、マケドニア語、とロマンを、いつ、 5番目のときには君主制、イスマーイールしている子供たちは、恐ろしい戦争の後にローマは、メシアが来( comp. pirqeデ研究エルです。 19日、 、特に28日、 30日、および48 ) 。 ]その一方で、ダニエルは、高架を頂点としてほぼ同じムーサーよ、中には、によると、に比べて異教徒の賢と、 1つの場合に置かれていたすべての規模、とダニエルは、他のは、彼はそれらのすべてを上回る。 We can readily understand that, in times of national sorrow or excitement, these prophecies would be eagerly resorted to, as pointing to a glorious future.私たちは容易に理解して、国民の悲しみや興奮時には、これらの予言がresortedに躍起になって、将来を指して、栄光にします。

But although the Book of Daniel was not among the Antilegomena, doubts were raised, not indeed about the age, but about the right to canonicity of certain other portions of the Bible.しかし、ダニエルはないが、予約の間のantilegomena 、疑問が提起ではなく、実際については、年齢、しかし、規範については、権利を聖書の特定の他の部分です。

Thus, certain expressions in the prophecies of Ezekiel were questioned as apparently incompatible with statements in the Pentateuch [Among them the following may be mentioned (Chull. 37b): Ezek.したがって、特定の表現は、エゼキエルが予言のステートメントと互換性が明らかに疑問としては、五[その中には、次の5月に言及( chull. 37b ) : ezekです。 4:14 etc., and (Mop 45a), Ezek. 4:14等、および(モップでふく45a ) 、 ezekです。 14:31 were regarded as suggesting that these prohibitions applied only to priests; (Moed. K 5a) Ezek. 14:31と見なされるということを示唆するが、これらの禁止事項にのみ適用さ司祭; ( moed. k 5aの) ezekです。 44:19, seemed to imply that an ordinary Israelite might perform sacrifical service, while Ezek. 44:19 、ふつうのように意味するものではイスラエルsacrificalサービスを行うかもしれないし、 ezekです。 14:18 appeared to enjoin a sacrifice nowhere mentioned in the Pentateuch.] (Men. 45a), and although a celebrated Rabbi, Chananyah, the son of Chizkuyah, the son of Garon (about the time of Christ), with immense labour, sought to conciliate them, and thus preserved the Book of Ezekiel (or, at least, part of it) from being relegated among the Apocrypha, it was deemed safest to leave the final exposition of the meaning of Ezekiel, 'till Elijah come,' as the restorer of all things. 14:18出演を禁止を犠牲に五どこに記載されています。 ] ( men. 45a ) 、および多くの人が祝わラビ、 chananyah 、 chizkuyahの息子のは、息子のgaron (時間については、キリスト)は、莫大な労働、調停を模索してきたし、このように保持するエゼキエル書(あるいは、少なくとも、パートのこと)よりに降格間の外典、安全なものを残しておくことは、最終的に付随するエゼキエル書の意味を、 'イライジャ来るまで、 '修復家としてのすべてのものです。

The other objections to canonicity apply exculsively to the third division of the Old Testament, the Kethubhim of Hagiorgrapha. exculsively反対して、他の規範を適用する第三部が実施して旧約聖書は、 kethubhimのhagiorgraphaです。 Here even the Book of Proverbs seems at one time to have been called in question (Ab. R Nathan 1), partly on the ground of its secular contents, and partly as containing 'supposed contradictory statements' [For ex.ここでも、書籍のようで、 1つのことわざを呼んで質問された時間( ab.研究ネイサン1 ) 、部分的に、地上の世俗的内容、および部分を含むものであるとして'はず矛盾ステートメント' [例です。 Prov.地方です。 26:4, 5] (Shabb. 30b). 26:4 、 5 ] ( shabb. 30b ) 。 Very strong doubts were raised on the Book of Ecclesiates (Yad. 3:5; Eduy. 5:3), first, on that ground ot its contradiction of some of the Psalms [As for ex.非常に強い疑問が提起上の書籍のecclesiates ( yad. 3 : 05 ; eduyです。 5時03分) 、第一に、その矛盾ot 、その地面にいくつかの詩篇を授けた[としては例です。 Ps. psのです。 115:17 compared with Eccl. 115:17に比べてeccl 。 4:2 and 9:4.] (Sabb. 30a); secondly, on that of its inconsistencies [For Eccl. 4時02分、 9時04分です。 ] ( sabb. 30Aの) ;第二に、その上に不整合[ eccl 。 2:2 comp. 2:2のCOMPです。 with 7:3; and again, 7:15, or 4:2 comp.と7時03分、および再度、 7:15か、または4時02分のCOMPです。 with 9:4] (Shabb. 30b); and thirdly, because it seemed to countenance the denial of another life, and, as in Eccl.と9時04分] ( shabb. 30b ) 、および第三に、顔のため、拒否のように別の生命、および、 ecclのようにします。 11:1, 3, 9, other heretical views (Vayyikra R 28, at the beginning). 11:1 、 3 、 9日、他の異端の再生回数( vayyikra研究28日、の冒頭に) 。 [The school of Shammai was against, that of Hillel in favour of the Canonicity of Ecclesiastes (Eduy. 5:3). [ shammaiは、学校の反対、ヒレルに賛成だが、正規の伝道の書( eduy. 5時03分) 。

In Tos.の利用規約です。 Yad. yadです。 ii. Ⅱ 。 Ecclesiates is said to be uninspirited, and to contain only the wisdon of Solomon.] But these objections were finally answered by great ingenuity, while an appeal to Eccl. ecclesiatesといわれてuninspirited 、およびwisdonのみを含んでソロモンのです。 ]しかし、これらの異議申し立ては偉大な発明の才能を最後に答えながらの訴えを込めてeccl 。 12: 12, 13, was regarded as removing the difficulty about another life and future rewards and punishments. 12 : 12 、 13 、難易度については、と見なされて削除して別の生活や将来の報酬と処罰します。 And as the contradictions in Ecclesiastes had been conciliated, it hopefully argued deeper study would equally remove those in the Book of Proverbs (Shabb. 30b).伝道の書とは矛盾していたconciliated 、それより深い勉強が均等に削除するうまくいけばそれらの主張は、予約の諺( shabb. 30b ) 。 [But it must be admitted that some of these conciliations are sufficiently curious.] Still, the controversy about the canonicity of Ecclesiastes continued so late as the second century of our era (comp. Yad. 3:5). [しかし、しなければならないことを認めているいくつかの好奇心が十分にconciliations 。 ]とはいえ、その論争については、正規の伝道の書こんな遅い時間に続き2番目の世紀に私たちの時代( comp. yadです。 3時05分) 。 That grave doubts also existed about the Song of Solomon, appears even from the terms in which its canonicity is insisted upon (Yad. us), not to speak of express statements in opposition to it (Ab. de. R Nathan 1).その重大な疑問については、ソロモンの歌も存在し、表示されるよりも正規の条件ではその主張には( yad.問い合わせ)ではなく、取り立てて言うほどのことに反対してエキスプレスステートメント( ab.デです。研究ネイサン1 ) 。

Even when by an allegorical interpretation, it was shown to be the 'wisdom of all wisdom, the most precious gem, the holy of holies, tradition still ascribed its composition to the early years of Solomon (Shir haSh. R 1).寓話にも解釈されるときに、それが表示されるの知恵のすべての知恵を、最も貴重な宝石は、聖なる場所、その組成を生得的伝統まだ初期の年間のソロモン( shirハッシュです。研究1 ) 。 It had been his first work, and was followed by Proverbs, and finally by Ecclesiastes.彼の最初の仕事ていた、と諺が続いて、伝道の書そして最後にされています。 [But on this subject opinion differs very widely (see Shir haSh. R 1, ed Warshan 3b, 4a) the only point on which all are agreed being that he wrote Ecclesiastes last, Rabbi Jonathan irreverently remarking that when a man is old he utters dibhre hadhalim, vain words!] [しかし、このアジ研の意見の違いは非常に広く( shirハッシュを参照する。 R 1 、エドwarshan 3B面、 4A面)上でのみポイントが合意されているすべての伝道の書を書いた最後に、ラビのジョナサンremarking不敬にしたときの男が古い彼utters dibhre hadhalim 、無駄な言葉! ]

But perhaps the greatest objections were those taken to the Book of Esther (Meg. 7a).しかし、おそらくそれらの最大の異議申し立てが撮影して予約のエスター( meg. 7aの)です。 It excited the enmity of other nations against Israel, and it was outside the canon.興奮して他の国の反イスラエル間の憎しみ、それが外のキヤノンです。 Grave doubts prevailed whether it was canonical or inspired by the Holy Spirit (Meg. us; Yoma 29a).重大な疑問が勝っていたのかどうかは、正規または触発された聖霊( meg.問い合わせ; yoma 29a ) 。 The books of Ezra and Nehemiah were anciently regarded as one, the name of the latter author being kept back on account of his tendency to self exaltation (Shanh. 93b).この書籍のエズラと見なされてancientlyニーアマイアが1つに、後者の著者の名前をアカウントがkept backさを彼の傾向を自己高揚( shanh. 93b ) 。 Lastly, the genealogical parts of the Book of Chronicles were made the subject of very elaborate secret commentation (Pes. 62b).最後に、この本の家系の部分クロニクルが行われた秘密の件名の非常に精巧な注釈を付ける( pes. 62b ) 。

Two points still require brief mention. 2つのポイントまだ簡単な言及を必要とします。 Even from a comparison of the LXX Version with our Hebrew text, it is evident that there were not only many variations, but that spurious additions (as Daniel) were eliminated. 70から比較しても、私たちヘブライ語版のテキスト、それは明らかなだけでなく、多くのバリエーションがあったが、そのスプリアスの追加(ダニエル)が除去されます。 This critical activity, which commenced with Ezra, whose copy of the Pentateuch was, according to tradition, placed in the Temple, that the people might correct their copies by it, must have continued for many centuries.この重要な活動を開始、エズラ、そのコピーを五は、伝統によると、同寺に配置さは、人々は、そのコピーを正しいかもしれないし、必要がありますが続いて何世紀にもわたっています。 [In Jer. [でjerです。 Tann. tannです。 68a we read three codices of the Pentateuch, respectively named after one word in each codex, the reading of which was either rejected or adopted on comparison with the others.] There is abundant evidence of frequent divergences, though perhaps minute, and although later Rabbinism laid down the most painfully minute directions about the mode of writing and copying the rolls of the Law, there is such discrepancy, even where least it might be expected. 68aを読む3つのCODECは、五、それぞれ名前の1つの単語の各コーデックスした後、読書するのが拒否されたのいずれかまたは他と比較して採択さです。 ]には豊富な証拠を頻繁にdivergencesが、おそらく分、およびもののへラビの教義最も骨を折って敷設分の方向については、モードの書き込みとロールにコピーして、法では、このような矛盾には、最低でもどこかもしれませんが見込まれること。

[ Thus, we have different notices about the number of verses in the Bible, the arrangement of the psalter, the medial letter and medial word in the Pentateuch, and the number of its sections and chapters (Kidd. 30a; Yalkut i 855). [ それゆえ、私たちが異なって注意事項については、多くの詩は、聖書の手配をしたことpsalter 、内側の内側の単語の文字と、五、およびそのセクションやチャプターの数 ( kidd. 30Aの; yalkut私855 ) 。 But the sum total of verses in the Bible (23,199) differs by 99 from that in our present text. Similarity, one of the most learned Rabbinic critics of the third century declares himself at a loss about the exact medial letter, word, and verse of the Pentateuch, while in Palestine that Pentateuch seems to have been arranged into 1,085, in Babylonia into 378 chapters (comp. Furst, Kultur - u. Liter. Gesch. p. 62)] as to show that the purification of the text was by no means settled.しかし、金額の合計は、聖書の詩( 23199 )異なっていることが私たちの現在の99から本文です。相似、ラビの1つに批判的な人で最も学んだ3番目の世紀に途方に暮れる自分自身を宣言については、正確な内側の手紙と、 Word 、および詩は、五、五中にパレスチナのように配置されて1085は、バビロニアに378支部( comp.フュルスト、ゲーム-米リットルです。 g esch。 p .6 2学) ]としての浄化に表示することは、テキストは、定住ではない。 Considering the want of exegetical knowledge and historical conscientiousness, and keeping in view how often the Rabbis, for Haggadic purposes, alter letters, and thus change the meaning of words, we may well doubt the satisfactory character of their critical labours.検討して解釈したいの誠実な知識や歴史、および維持し、多くの場合、ラビの表示方法については、 haggadicの目的で、文字を変更し、このように言葉の意味を変更して、満足のいくものを疑うことがありますの文字をよく彼らの重要な仕事です。

Lastly, as certain omissions were made, and as the Canon underwent (as will be shown) repeated revision, it may have been certain portions were added as well as left out, and words changed as well as restored.最後に、特定の不作為が行われたとして、キヤノンとされ(として表示される)を繰り返しリビジョンことも、特定の部分を追加するだけでなく左を抜くと、言葉を変更するだけでなく復元されます。

For, ancient tradition ascribes a peculiar activity to certain 'College', as they are termed, in regard to the Canon.は、古代からの伝統ascribes奇妙な活動を特定の'カレッジ' 、と呼ばれる彼らは、これと関連し、キヤノンです。 In general, the well known Baraita (Baba B 14b, 15a) bears, that:一般的には、よく知られ、バーライター(馬場b 14b 、 15a )のクマは、その:

['History of the Jewish Nation,' p. [ 'の歴史を、ユダヤ民族、 ' p. 418.] 418 。 ]

Loose and uncritical as these statements may appear, they so far help our investigations as to show that, according to tradition, certain portions of Scripture were compiled or edited by one or another Rabbinic 'College,' and that there were several 'College' which successively busied themselves with the codification and revision of the Canon.ゆるいといいかげんなこれらのステートメントが表示されるとして、彼らの調査として、これまでのヘルプに表示することは、伝統によると、啓典の特定の部分をコンパイルまたは編集された1つまたは別のラビ'カレッジ、 'とがあったいくつかの'カレッジ'に忙しい中で相次いで法典化とリビジョンは、キヤノンです。 By these 'College,' we are not to understand gatherings of certain members, who discussed and decided a question at one or more of their meetings.これらの'カレッジ、 '我々は特定の特定のメンバーの集まりを理解し、問題を解決who審議、決定して1つまたは複数のミーティングです。 They rather indicate the learned activity of the authorities during a certain period, which are respectively designated by the generic names of 'the Sanhedrin of Hezekiah,' 'The men of the Synagogue,' the 'Legal Court of the Maccabees,' and finally, 'Chananayah and his College.'彼らの活動を学んだという示す特定の期間中に当局にはそれぞれの名前を指定された汎用的な'のサンヘドリンのhezekiah 、 ' ' 、男性は、シナゴーグ、 ' 、 '法律上の裁判所は、 maccabees 、 'そして最後に、 ' chananayahと彼の大学です。 '

We have thus somewhat firmer historical ground.こうして私たちは歴史的な地面にやや堅調です。 If in Prov.地方の場合があります。 25: 1, we read of the activity about the Canon of 'the Men of Hezekiah,' and bear in mind the Scriptural account of the religious revival of that reign (for ex. 2 Chron. 29: 25 - 30; 2 Chron. 30:1), we scarely required the frequent and elaborate glorification of tradition to lead us to infer that, if the collection of the Book of Proverbs was due to their activity, they must have equally collated the other protions of Scripture then existing, and fixed the Canon at their time. 25 : 1 、私たちの活動の読み込みについては、キヤノンの'の男性のhezekiah 、 'とクマを念頭に置いて、聖書のアカウントは、宗教的な復活に君臨する(例です。 2 chron 。 29 : 25 -3 0; 2 c hron。 30:1 ) 、私たちが必要となります。 scarelyの頻繁な賛美の伝統と緻密な推測をリード問い合わせには、書籍の場合は、コレクションの諺は、彼らの活動のために、均等に照合しなければならないが、他の既存のprotionsの啓典を入力し、その時、キヤノンを固定します。 Again, if we are to credit the statement that they equally collected and edited the Prophecies of Isaiah, we are obliged to infer that the contiuance of that College was not limited to the life of Hezekiah, since the latter died before Isaiah (Tos. Baba Bathra; Yeb. 49b).再び、もし我々は彼らを信用するステートメントで、予言を平等に収集し、イザヤ書の編集、我々は義務付けられてcontiuance推測して、その大学はないhezekiahの生活を制限され、以来、後者が死亡する前にイザヤ書( tos.ババbathra ; yebです。 49b ) 。

What has just been indicated is fully confirmated by what we know of the activity of Ezra (Ezra 7:6, 10), and of his successors in the great Synagogue.何が示されただけでは完全にconfirmated私たちの活動を知ってエズラ(エズラ7時06分、 10 ) 、および彼の後継者は、大きなシナゴーグです。 If we are to attach credit to the notice in 2 Macc.に添付する場合には、著作者のクレジットをその通知を2 maccです。 2:13, [The expression 'the epistles of the kings concerning the holy gifts' must refer ot the official Persian documents concerning gifts to the Temple, etc.] it points to such literary activity as tradition indicates. 2:13 、 [という表現'の書簡は、王の神聖なギフト'必要があります。 otの公式ペルシャ語のドキュメントを参照して寺に関するギフト等]ことを指してこのような文学的活動としての伝統を示しています。 That the revision and determination of the Canon must have been among the main occupations of Ezra and his successors of 'the Great Synagogue', whatever precise meaning may be attached to that institution, seems scarcely to require proof.リビジョンと決意している必要がありますが、キヤノンの間の主な職業と彼の後継者のエズラのザグレートシナゴーグ' 、どんな正確な意味があります機関に添付して、証拠を要求するようほとんどです。

The same remark applies to another period of religious reformation, that of the so called Asmonaean College.同じ発言を別の期間に適用宗教改革、いわゆるasmonaeanカレッジしている。 Even if we had not the evidence of their exclusion of such works as those of Ben Sirach and others, there could be no rational doubt that in their time the Canon, as presently existing, was firmly fixed, and that no work of comparatively late date could have found admission into it.もし私たちがその証拠もないような作品に除外されたのベンシラクおよびその他、合理的疑いがあるかもしれないして彼らの時間を、キヤノン、既存の現在としてはしっかりと固定し、仕事のことは絶対にありません比較的遅く日付入場料が発見されます。 The period of their activity is sufficiently known, and too near what may be called the historical times of Rabbinism, for any attempt in that direction, without leaving traces of it.その活動の期間が十分に知られ、 5月とあまりにも近くにどのような歴史的な時代のラビの教義と呼ばれる、いかなる試みにその方向に、痕跡を残さずしてください。 Lastly, we come to the indications of a critical revision of the text by 'Chananyah and his College,' [Shabb.最後に、私たちの兆候来て、重要な改正のテキストは' chananyahと彼の大学、 ' [ shabbです。 13b; Chag. 13b ; chagです。 13a; Men. 13a ;男性です。 45a.] shortly before the time of our Lord. 45a 。 ]時の直前に、わたしたちの主です。 Thus we have, in all, a record of four critical revisions of the Canon up to time of Christ.こうして私たちは、すべて、の4つの重要な改訂を記録するキヤノンは、キリストの最大時間です。

3. Any attempt to set forth in this place a detailed exposition of the Exegetical Canon of the Rabbis, or of their application, would manifestly be impossible. It would require almost a treatise of its own; and a cursory survey would neither be satisfactory nor instructive. 3 。 いかなる試みにこの場所を詳細に規定され解釈に付随するキヤノンは、ラビか、またはそのアプリケーションでは、と明らかに実現不可能です。ことが必要との論文のほとんどを、独自の;と大まかな調査ではどちらもが満足のいく有益です。 Besides, on all subjects connected with Rabbinic exegesis, a sufficient number of learned treatises exists, which are easily accessible to students, while the general reader can only be interested in such general results as have been frequently indicated throughtout these volumes.また、接続するすべての科目ラビ釈義、学習するための十分な数の論文が存在する場合、これは簡単にアクセスできるように学生、一般読者が、このようなことだけに興味がある一般的な結果が示さthroughtoutも頻繁にこれらのボリュームです。

Lastly, the treatment of certain branches of the subject, such as a criticism of the Targumim, really belongs to what is known as the science of 'Introduction,' either to the Old Testament, in manuals of which, as well as in special treatises, all such subjects are fully discussed.最後に、治療の特定の枝の件名は、このような批判をtargumimとして、実際に属して何が知られて科学の'はじめに、 'のいずれかを、旧約聖書のは、取扱説明書にだけでなく、特別な論文は、すべてこのような科目が完全に説明します。 Besides these the student may be referred, for a general summary, to the labours of Dr. Hamburger (Real - Encycl.). 5月に、学生のほか、これらの規定は、一般的な要約すると、博士は、労働ハンバーガー(リアル-e ncyclです。 ) 。 Special works on various branches of the subject cannot here be named, since this would involve an analysis and critical disquisition.特別に取り組んで様々な枝、ここに名前の件名ことはできませんので、これは重要な論文を伴うの分析とします。 But for a knowledge of the Rabbinic statements in regard to the Codices and the text of the Old Testement, reference may here be made to the short but masterly analysis of Professor Strack (Prolegomena Critica), in which, first, the various codices of the Old Testament, and then the text and existing in Talmudical times, are discussed, and the literature of the subject fully and critically given.しかし、これについての知識をステートメントのラビのCODECとのテキストをして、古いtestement 、リファレンス年5月、ここで行われた短いしかし、見事な分析教授シュトラック( prolegomenonの複数critica ) 、では、まず第一に、様々なのCODECは、旧約聖書、と入力し、既存のテキストとtalmudical回には、議論し、文学の件名を全面的に批判的に与えられたのです。

The various passages are also mentioned in which the Biblical quotations in the Mishnah and Gemara differ from our present text. 様々な通路にも記載されミシュナーは、聖書の引用は、私たちの現在のテキストと異なるgemaraです。

[there are in the Mishnah 16 variations: Lev. [は、ミシュナーには16のパターン:レフです。 11:33; 25:36; Numb. 11:33 ; 25:36 ;感覚を失った。 28:5; 32:22; Deut. 28:5 ; 32:22 ; deutです。 24:19; Josh. 24:19 ;ジョシュです。 8:33; 2 Sam. 8時33分、 2サムです。 15:6; Isa. 15 : 06 ; ISAのです。 10:13; Ezek. 10:13 ; ezekです。 46:21; Amos 9:14: Mal. 46:21 ;アモス9:14 : MALは。 3:16, 23; Ps. 3:16 、 23 ; psのです。 68:27; Job 1:1; Prov. 68:27 ;仕事1:1 ;地方です。 22:28; 2 Chron. 22:28 ; 2 chron 。 28:15. 28:15です。

In the Talmud 105 such variations occur, viz., 105タルムードは、このようなパターンが発生すると、 viz 。 、

Gen. 7:8, 23; 15:2; 25:6, 35:18; Gen 。と7:8 、 23 ;午前15時02分; 25:6 、 35:18 ;

Ex.例です。 12:3, 6; 13:16; 24:5; 25:13; 31:1; 12時03分、 6 ; 13:16 ; 24:5 ; 25:13 ; 31:1 ;

Lev.レフです。 4:25, 30, 34; 10:12; 15:10; 18:18; 4:25 、 30 、 34 ; 10:12 ; 15:10 ; 18:18 ;

Numb.感覚を失った。 5:19; 18:16; 5:19 ; 18:16 ;

Deut. deutです。 6:7, 9, 20; 23:1; 25:7; 33:27; 34:6; 6時07分、 9日、 20 ;午前23時01分; 25:7 ; 33:27 ; 34:6 ;

Josh.ジョシュです。 3:17; 10:11; 14:7, 10; 16:6; 23:15; 3:17 ; 10:11 ;午前14時07分、 10 ;午前16時06分; 23:15 ;

Judg. judgです。 15:20; 16:31; 1Sam. 15:20 ; 16:31 ; 1samです。 2:24; 2 Sam. 2:24 ; 2サムです。 3:25; 24:15; 3:25 ; 24:15 ;

2 Kings 17:31; 23:17; Is 2:3; 38:16; 42:5; 68:7; 2王17:31 ; 23:17 ;は2:3 ; 38:16 ; 42:5 ; 68:7 ;

Jer. jer 。 3:22; 29:11; Ezek. 3:22 ; 29:11 ; ezekです。 11:48; 44:9; 47:1; Hos. 11:48 ; 44:9 ; 47:1 ; hosです。 4:11; 4:11 ;

Amos.アモスです。 4:6; 8:11; 9:14; Hag. 4 : 06 ;午前8時11分; 9:14 ;くそばばあです。 2:8; Mich. 4:2; Zech. 2 : 08 ; Mich 。 4 : 02 ;ツェッヒです。 12:10; 12:10 ;

Mal. malです。 2:12; Ps. 2:12 ; psのです。 5:5; 16:10 (where the difference is important); 5時05分; 16:10 (ここでの違いが重要な) ;

26:5, 6; 37:32; 56:11; 62:12; 68:21; 95:5; 97:7; 127:5; 139:5; 26:5 、 6 ; 37:32 、 56:11 、 62:12 、 68:21 ; 95:5 ; 97:7 ; 127:5 ; 139:5 ;

6; 8; 13:4; 14:16; 36:5, 11; Ruth, 3:15; 4:11; 6 ; 8 ;午前13時04分; 14:16 ; 36:5 、 11 ;ルース、 3:15 ; 4:11 ;

Eccl. eccl 。 9:14, 15; 10:5; Dan. 9:14 、 15 ;午前10時05分;ダンです。 2:29; 4:14; 6:18; 10:13; 2:29 ; 4:14 ; 6:18 ; 10:13 ;

Ezr. ezrです。 4:3; Neh. 4:3 ; nehです。 4:16; 8:8 (bis), 15, 17; 4:16 ;午前8時08分( BIS )は、 15日、 17 ;

1 Chron. 1 chron 。 3:17; 4:10; 5:24; 16:5; 17:9; 26:8, 23; 27:34; 3:17 ; 4:10 ; 5:24 ;午前16時05分、 17時09分; 26:8 、 23 ; 27:34 ;

2 Chron. 2 chron 。 26:2; 31:5, 13] 26:2 ; 31:5 、 13 ]

Most of them are, however, of no exegetical importance.かれらの多くはは、しかし、解釈の重要性がない。 On the exegesis of the Rabbis generally, refer to the sketch of it given in the 'History of the Jewish Nation,' ch.上の解釈は、ラビ通常、スケッチを参照して、指定されたこと' 、ユダヤ民族の歴史を、あなたのです。 xi., and especially in App. XI 。の、特にアプリケーションです。 V, on 'Rabbinical Exegesis,' where all its canons are enumerated. V電源、上'ラビ釈義、 'ここですべての参事が列挙されます。 Some brief notices connected with Rabbinic Commentaries quoted in this work will be found at the beginning of vol.いくつかの簡単な解説を引用通知ラビつながってこの作品の冒頭に発見される!です。 i.わたし。

4. Somewhat similar observations must be made in regard to the mystical Theology of the Synagogue, or the so called Kabbalah. Its commencement must certainly be traced to, and before, the times described in these volumes. 4 。 やや似て観察しなければならないと関連し、シナゴーグの神秘的な神学か、またはいわゆるカバラで 、確実にトレースを開始しなければ、と前に、これらのボリュームの倍に記載されています。 For a discussion of its origin and doctrines, refer to the account given in the 'History of the Jewish Nation' (pp. 435, etc.).議論を起源とする説は、そのアカウントを参照して指定された'の歴史を、ユダヤ人の国' ( pp. 435 、等) 。 The whole modern literature of the subject, besides much illustrative matter, is given in the Italian text annexed to David Castelli's edition of Sabbatai Donnolo's Hebrew Commentary on the Book Yetsirah, or the Book of Creation.全体の近代文学は、アジ研は、多く例示問題のほか、イタリア語のテキストは、指定されたデビッドカステッリの併合をsabbatai donnoloのヘブライ語版の解説を予約yetsirahか、またはその本創作のです。 For, the Kabbalah busies itself with these two subjects: the History of the Creation (Yetsirah, perhaps rather 'formation' than Creation), and the 'Merkabhah,' or the Divine apparition as described by Ezekiel.ために、これらの2つの科目をカバラ自体busies :の歴史の創造( yetsirah 、おそらくという'形成'より作成) 、および、 ' merkabhah 、 'または、神の幻影エゼキエル書に記載されています。

Both refer to the great question, underlying all theosophic speculation: that of God's connection with His creatures.両方の偉大な質問を参照して、すべての接神論の根底に投機:神の接続が彼の生き物です。 They treat of the mystery of Nature and of Providence, with especial bearing on Revelation; and the question, how the Infinite God can have any connection or intercourse with finite creatures, is attempted to be answered.彼らの治療は、自然の神秘とプロビデンス、特別な軸受を啓示;とという質問に、どのように無限の神と交際することが任意の接続または有限の生き物は、しようとしたが答えた。 Of the two points raised, that of Creation is of course the first in the order of thinking as well as of time, and the book Yetsirah is the oldest Kabbalistic document.の、 2つのポイント引き上げ、それはもちろん、最初の創造されている順番の思考の時間だけでなく、およびその本は日本で最も古いkabbalisticドキュメントyetsirahです。

The Sepher Yetsirah is properly a monologue on the part of Abraham, in which, by the contemplation of all that is around him, he ultimately arrives at the conviction of the Unity of God. sepher yetsirahの上の部分が適切にするアブラハムの独白では、熟考されたのすべての周囲には、彼の有罪判決を最終的に到着するの結束は、神のです。

We distinguish the substance and the form of creation; that which is, and the mode in which it is.私たちの物質と明確に区別して、フォームの作成;そしてそれは、とのモードではそうです。 We have already indicated that the original of all that exists is Divine.私たちはすでに、元のすべてのことを示している神が存在する場合があります。 1st, We have God; 2nd, God manifest, or the Divine entering into form; 3rd, That Divine in its form, from which in turn all original realities are afterwards derived. 1日、私たちが神; 2日、神のマニフェストか、または、神に入るフォーム; 3日、その神は、フォームになるよりは、その後のすべての派生元の現実です。 In the Sepher Yetsirah, these Divine realities (the substance) are represented by the 10 numerals, and their form by the 22 letters which constitute the Hebrew alphabet, language being viewed as the medium of connection between the spiritual and the material; as the form in which the spiritual appears.は、 sepher yetsirah 、これらの神の現実(物質)は、 10桁の数字で表されると、そのフォームされたヘブライ語のアルファベット22文字を構成し、言語が人気の間の接続媒体としての精神的な面と物質;としてのフォームで、精神的なが表示されます。

At the same time, number and language indicate also the arrangement and the mode of creation, and, in general, its boundaries.それと同時に、コードと言語を示すとの配置もモードの作成、および、一般的には、その境界線です。 "By 32 wonderful paths," so begins the Sepher Yetsirah, "the Eternal, the Lord of Hosts, the God of Israel, the Living God, the King of the World, the merciful and gracious God, the glorious One, He that inhabiteth eternity, Whose Name is high and holy, has created the world." "素晴らしいパスを32 、 "だからsepher yetsirahを開始し、 "永遠のは、主のホストは、イスラエルの神の、神の生活、ザキングオブの世界にして慈悲深く、優雅な神の栄光の1つ、彼がinhabiteth永遠で、その名が高く、神聖な、世界には作成しています。 " But these 10 numerals are in reality the 10 Sephiroth, or Divine emanations, arranged in triads, each triad consisting of two opposites (flowing or emanating from a superior triad until the Divine Unity is reached), and being reconciled in a middle point of connection.しかし、これらの10の数字が現実には10セフィロスか、または神のemanations 、命に配置され、各三和音で構成さの2つの反対(流れるや、優れた三つ組から発せられるまで、神の結束に達した時点で) 、との和解の中間点に接続するです。 These ten Sephiroth, in the above arrangement, recur everywhere, and the sacred number 10 is that of perfection.これらの10セフィロスは、上記の取り決めは、どこに再発すると、神聖な数の10が完成します。 Each of these Sephiroth flows from its predecessor, and in this manner the Divine gradually evolves.それぞれの前身セフィロスの流れから、このように、神と徐々に進化します。

This emanation of the 10 Sephiroth then constitutes the substance of word; we may add, it constitutes everything else.この放射能は、 10セフィロス入力し、構成する物質のWord ;追加することがあります、他のすべての構成です。 In God, in the world, in man, everywhere we meet these 10 Sephiroth, at the head of which is God manifest, or the Memra (Logos, the Word).に、神の存在は、世界のは、男は、どこに満たし、これらの10セフィロス、これは神の頭のマニフェストか、または、 memra (ロゴ、という言葉) 。 If the ten Sephiroth give the Substance, the 22 letters are the form of creation and of revelation. 10セフィロス与える場合は、その物質は、 22文字は、フォームの作成との啓示です。 "By giving them form and shape,. and by interchanging them, God has made the soul of everything that has been made, or shall be made." "を提供してフォームや形、です。と交流し、魂は、神がすべてのことが行われたか、または行わなければならない。 " "Upon those letters, also, has the Holy One, Whose Name be praised, founded His holy and glorious Name." "これらの手紙に、また、神聖には、 1つで、その名が称賛に、彼の設立と栄光の聖なる名を入力します。 " These letters are next subdivided, and their application in all the departments of nature is shown.これらの文字は、次の細分化、およびそれらのアプリケーションでのすべての部門の自然が表示されます。 In the unit creation, the triad; world, time and man are found.は、ユニットの作成は、三つ組;世界は、時間と男は見つかりませんでした。 Above all these is the Lord.これらのは、上記のすべての主です。 Such is a very brief outline of the rational exposition of the Creation, attempted by the Sepher Yetsirah.'これは非常に簡単な概略を説明する合理的に付随する作成、試行されたsepher yetsirahします。 ['History of the Jewish Nation,' pp. [ 'の歴史を、ユダヤ民族、 ' pp 。 435, 436.] 435 、 436 。 ]


Author Edersheim refers to MANY reference sources in his works.著者edersheim多くのリファレンスを参照してソースに彼の作品です。 As a Bibliography resource, we have created a separate Edersheim References list.書誌事項のリソースとして、当社は、別の作成edersheim参考文献リストです。 All of his bracketed references indicate the page numbers in the works referenced.彼のすべての括弧内の参考文献を示すの作品のページ番号を参照している。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです