Hinduism - Brahmanismヒンドゥー教-バラモン教

General Information 総合情報

Developed in northern India about 950 BCインド北部で開発された約950紀元前

The Four Vedas are the sacred books of the Hindiの4つのヴェーダは、神聖な書籍は、ヒンディー語

Hinduism emphasizes the necessity of escaping from material life and of extinguishing desire.ヒンドゥー教のエスケープ処理の必要性を強調してから材料の寿命や消火願望です。 Hinduism is very ritualistic and includes extreme self denial and self punishment.ヒンドゥー教は非常に儀式的な、極端な自己否定と自己処罰が含まれています。 Cows are considered sacred as are rivers.牛には神聖な考えとしては、河川です。 Most Hindus believe in the transmigration of souls (reincarnation), where when a person dies, his soul enters the body of a newborn child or even the body of an animal.ほとんどのヒンズー教徒の存在を信じる輪廻(生まれ変わり) 、どこにある人が死ねば、彼の魂に入っても体は、生まれたばかりの子供や動物の体です。 Over and over.何度も繰り返しています。 Therefore, devout Hindus will not kill even a fly.したがって、敬けんなヒンズー教徒を殺すも、フライはない。 They are vegetarians, lest by eating meat they become cannibals.彼らは菜食主義者、しないように肉を食べることによって人食いになる。

The caste system in India is directly related to their religious beliefs.インドのカースト制度では、宗教的信念に直接関係するものです。 About 2500 years before Christ, a white people called the Aryans came to India (probably from Persia.)約2500年前にイエスキリストは、白と呼ばれる人々 aryans来てインド(おそらくペルシャからです。 )

The Aryans formed a caste system in order to maintain the purity of their blood and to maintain white supremacy.カースト制度のaryans形成するの純度を維持するために血とを維持するの白色の覇権を握る。 Originally, they recognized only four castes:もともと、これら4つのカーストのみ認識さ:

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Later, these four castes multiplied until today where there are thousands of castes in India.その後、これらの4つのカーストを掛け、今日まで何千ものカーストがいるところにはインドのです。 Only Hindus practice the caste system; it is abandoned if a Hindu becomes a Mohammedan or a Christian.ヒンズー教徒の練習をするだけカースト制度;ことが捨てられた場合、ヒンドゥー教、キリスト教がmohammedanか。

The castes became hereditary which meant that all sons are necessarily members of the same caste as their fathers and that he has to follow his father's occupation.遺伝性のカーストになったことは、必ずしもすべての人の息子と同じカーストのメンバーとして、自分の父親とその彼は父親の職業に従う。 The 7000 modern castes even include a caste of thieves!現代のカーストにも、 7000には、カーストの泥棒!

If someone is expelled from his caste or has no caste by birth, he is known as an Untouchable, a pariah, and such a person is in a hopeless and pitiable condition. There are currently more than 60,000,000 untouchables in India.もし誰かが彼のカーストから追放されたりカーストはない誕生日、彼は触れてはならないとして知られては、社会ののけ者、およびそのような人は、絶望的と哀れな状態です。 60000000アンタッチャブルには、現在のところ、インドを超える。

Hinduism teaches that anyone born into a lower caste or an Untouchable is being punished for the sins committed in his past life.ヒンドゥー教の教えを誰に生まれる下層カーストのか、触れてはならないことで罰を受けるのは、彼の過去の人生で犯した罪です。 If such a person is calmly resigned to his fate and lives rightly, he will be elevated in caste in his next life. This premise tends to make the members of the lower castes and the untouchables submissive to the terrible economic and social conditions under which they live.もしそのような人は彼の運命や生活を冷静に辞任を当然、彼は彼の次の人生カースト上昇しています。 この傾向を作る前提の下カーストのメンバーと恐ろしいアンタッチャブル従順な経済的、社会的条件にされて生活する。

Brahma is the chief god, the omnipresent one who is father of the Brahman Trinity.梵天は、最高神は、 1つの遍在するトリニティwhoは父のブラフマンです。 He has four heads, three of which (representing their Trinity) can be seen from any point of view.彼は4つの頭を、 3つのうち(そのトリニティを表す)は、任意の時点から見られるが表示されます。


Hinduismヒンドゥー教

Advanced Information 高度情報

Hinduism, one of the great religions of the world, is the major religion of India, where nearly 85 percent of the population is classified as Hindu.ヒンドゥー教、 1つの世界の偉大な宗教は、インドの主要な宗教を、ここでの人口のほぼ85 %のヒンドゥー教に分類されています。 Hinduism has developed over about 4,000 years and has no single founder or creed; rather, it consists of a vast variety of beliefs and practices. Organization is minimal and hierarchy nonexistent.ヒンドゥー教が発達して約4000年には1つの創始者や信条ではなく、 それは、広大な様々な信念や慣行です。階層組織は存在しない、最小とします。 In its diversity, Hinduism hardly fits most Western definitions of religion; rather, it suggests commitment to or respect for an ideal way of life, known as Dharma.は、多様性、ヒンドゥー教の宗教ほとんど収まるほとんどの欧米の定義ではなく、コミットメントを示唆または理想的な生き方を尊重し、ダーマとして知られています。

Beliefs and Practices信念や慣行

Caste Systemカースト制度

The ideal way of life is sometimes referred to in classical sources and by Hindus as the "duties of one's class and station" (varnasramadharma).人生は時に、理想的な方法で参照されて古典的なソースとされヒンズー教徒としての"職務の1つのクラスや駅" ( varnasramadharma ) 。 The term "class" (varna) is one of the words connoting the Caste system peculiar to India. The ancient texts suggest four great classes, or castes: the Brahmins, or priests; the Ksatriyas, or warriors and rulers; the Vaisyas, or merchants and farmers; and the Sudras, or peasants and laborers.この法律において"クラス" (バルナ)は、 1つの単語をconnotingに特有のインドのカースト制度で、古代の文章を提案四大クラスまたはカースト: brahminsか、または司祭;のksatriyasか、または戦士と支配し、 vaisyasか、または商人や農民;とsudrasか、または農民や労働者です。 A fifth class, Panchamas, or Untouchables, includes those whose occupations require them to handle unclean objects. 5番目のクラス、 panchamasか、またはアンタッチャブル、職業人を対象に含まれて不浄のオブジェクトを処理することが必要です。 It is speculated that the Untouchables were originally assigned such lowly tasks because of their non Aryan origins.これは推測して卑しいアンタッチャブルはもともとこのようなタスクに割り当てられた以外のアーリア人のためにその起源です。 This classification system hardly does justice to the modern complexity of the caste system, however.この分類システムのほとんどが正義を現代の複雑なカースト制度は、しかし。 The classical works on dharma specify distinct duties for different classes, in keeping with the distinct roles each is expected to play in the ideal society.古典的に取り組んで明確な任務を別のクラスを指定ダーマは、それぞれの足並みをそろえて、独特の役割が期待される理想的な社会の中で遊ぶ。

Stages of Life段階での生活

The classical works also outline four ideal stages (asrama), or stations of life, each with its own duties.古典作品も4つの理想的な段階の概要( asrama ) 、または駅の生活、それぞれに独自の義務です。 The first of these is studentship (brahmacarya), from initiation at 5 to 8 years of age until marriage; the second, householdership (grihasthya), when one marries, raises a family, and takes part in society; the third, forest dwelling (vanaprasthya), after one's children have grown; and the fourth, renunciation (samnyasa), when one gives up attachment to all worldly things and seeks spiritual liberation.これらのは、学生の身分の最初の( brahmacarya ) 、 5 - 8月より開始歳で結婚するまで、 2番目、 householdership ( grihasthya ) 、 1つの結婚するときは、提起するご家族、および社会に参加し、第三に、森の住居( vanaprasthya ) 、自分の子供たちが成長した後、および、第四に、放棄( samnyasa ) 、ときに1つの添付ファイルをあきらめないすべての世俗的精神的な解放求めるものとします。 Besides the duties that are derived from an individual's class and station, general duties (sanatanadharma) are also incumbent on all moral beings.に加えて、職務には、個々ののクラスから派生したと駅、一般的な義務( sanatanadharma )にも現職のすべての道徳的な生き物です。 These include honesty, courage, service, faith, self control, purity, and nonviolence.これらのは、正直さ、勇気、サービス、信仰、自己制御、純度、および非暴力です。

These ideal classes and stations encompass males only.これらの理想的なクラスと駅取り囲む男性のみです。 The position of women in Hinduism has always been ambiguous; they are, on the one hand, venerated as a symbol of the divine, on the other, treated as inferior beings.ヒンドゥー教における女性の位置は常にあいまいな;彼らは、上の1つの手は、神の崇拝の象徴として、上、他の、下として扱われている。 Women were traditionally expected to serve their husbands and to have no independent interests.女性は伝統的に予想されると奉仕、夫の独立の利益がない。 Recent movements within Hinduism, however, such as the Brahmo Samaj, have succeeded in altering this situation.最近の動きにヒンドゥー教、しかし、 brahmoなどのサマージ、このような状況を変えるに成功しています。

Aims of Life人生の目的

Dharma is only one of the four aims of life (purusartha) distinguished within Hinduism. ダーマは1つだけの4つの人生の目的( purusartha )ヒンドゥー教の識別にします。 It is thought of as superior to two others - kama, or enjoyment of desires, and artha, or material prosperity.に優れていることが考えられる2つのその他-カーマかたは喜びの欲望、およびa rthaかたは材料繁栄に貢献します。 These three constitute the aims of those in the world (pravritti).それらを構成するこれら3つの目的は、世界( pravritti ) 。 The fourth aim is liberation (moksa), the aim of those who renounce the world (nivritti), and this is classically viewed as the supreme end of man. 4番目の目標は解放( moksa )これらの目標を放棄する世界who ( nivritti ) 、およびこれは、古典的人気男としての最高の終わりです。

Karma and Rebirthカルマと復活を

A widespread feature of classical Hinduism is the belief in Transmigration of Souls, or samsara, the passage of a soul from body to body as determined by the force of one's actions, or Karma.古典的に広範な機能は、ヒンドゥー教の信仰を輪廻か、または輪廻は、魂の通過によって決定さから体を体としての力を1つの行動か、またはカルマです。 The strict karma theory specifies that one's type of birth, length of life, and kinds of experiences are determined by one's previous acts.理論の厳格なカルマのタイプの1つの誕生日を指定して、人生の長さ、および1つの種類の経験に基づいて決定さの以前の行為です。 This is modified in popular understanding, but it probably has remained a strong influence on most Hindus throughout history.この人気の理解が変更されて、しかし、これはおそらくほとんどのヒンズー教徒に強い影響力は依然として歴史を通してです。 Liberation is release from this cycle of rebirth.このサイクルは、発売から解放リバースです。 It is typically to be achieved by working out those karmic residues which have already begun to mature, as well as by following certain practices to ensure that no further residues are produced to cause future rebirths.これは通常の作業に達成すべき目標をアウトにはすでにそれらのカルマの残渣を開始するまでを中高年だけでなく、特定の慣行を確保するために次のことは絶対にありません将来のより詳細な残基が生産を引き起こすrebirths 。 The practices by which one can achieve this are frequently termed Yoga, and the theory of liberation is the core of Indian philosophy. 1つのことを達成するのが慣行され、この用語が頻繁にヨガ、と解放の理論の中核は、インド哲学です。

Philosophy哲学

Hinduism is usually said to include six philosophical systems.ヒンドゥー教は、通常6つの哲学体系を含めると述べた。 The systems called Nyaya, Vaisheshika, Samkhya, and Yoga emphasize yogic practices coupled with an understanding of basic principles of metaphysics and epistemology. nyayaのシステムと呼ばれる、ヴァイシェーシカ学派、サーンキヤ学派、ヨーガ哲学の慣行に結合さを強調するとヨガの基本的な原理を理解する形而上学と認識論です。 Nyaya, in addition, includes an analysis of logic. nyaya 、加えて、ロジックを分析したが含まれています。 The systems called Mimamsa identify the performance of ritual - the Vedic sacrifice, or actions performed in that spirit - as the means to liberation.ミーマーンサー学派識別するためのシステムのパフォーマンスと呼ばれる儀式-ヴェーダを犠牲にするか、またはアクションが実行される精神-としての手段を解放します。 The many Vedanta systems, taking their inspiration from the Upanishads, tend to emphasize understanding of the relationship between the self (Atman) and ultimate reality (Brahman) as the critical aspect of any path to liberation.多くのvedantaシステムでは、撮影にインスピレーションupanishadsから、理解との関係を強調する傾向の間の自己(個我)と究極の現実(ブラフマン)の重要な側面として任意のパスを解放します。 Philosophies associated with sectarian movements, such as the Bhakti cults, frequently localized in a linguistic or cultural area within the subcontinent, emphasize the path of theistic devotion.宗派間の理念に関連付けられて動き、信愛などのカルト、頻繁に局在して、言語や文化エリア内の亜大陸、有神論的な献身のパスを強調しています。

Hindu Deitiesヒンドゥー教の神々

The two great theistic movements within Hinduism are Vaishnavism, the cult of Vishnu, and Shaivism, the cult of Shiva. 2つの動きに大きな有神論vaishnavismヒンドゥー教は教団のビシュヌ神、およびshaivism 、教団のシヴァです。 Hindu belief, however, usually holds that the universe is populated by a multitude of gods.ヒンドゥー教の信仰は、しかし、 24時間によるとということになって、宇宙は、多数の神々です。 These gods share to some extent the features of the Godhead but are seen as behaving much as humans do and as being related to each other as humans are.これらの神々を共有するのにある程度の機能を神格行動が見られるとされても、人間は、人間はお互いに関連しています。

This view is similar to that of the ancient Greeks.このビューを表示するには、古代ギリシアのようにします。 For example, the supreme gods Brahma, Vishnu, and Shiva and some of the other gods are often viewed as activated through their relationships with female deities.たとえば、最高神梵天、ビシュヌ神、およびシヴァと神々はしばしば、他のいくつかの人気女性としての関係を活性化を通じての神々です。 These female consorts to the deities are called Shakti.これらの女性の神々と呼ばれるシャクティconsortsしています。 Other well known gods are said to be relatives of a supreme god, such as Ganesha, the elephant - headed god, a son of Shiva and Parvati.他のよく知られていると思われる神々の最高神の親戚など、ガネーシャは、象-頭の神は、シヴァとパールヴァティーの息子です。 Kali, or Durga, the consort of Shiva, is worshiped widely throughout India in the autumn.カーリーか、またはドゥルガーは、シヴァコンソートのは、インドで、秋のworshipedを通じて広くします。 Hanuman, the monkey - faced god, is depicted in many shrines, and along with Lakshmi, Vishnu's wife, is among the most important deities associated with Vaishnavism. hanuman 、サル-直面神は、多くの神社が描かれ、ラクシュミと一緒に、ビシュヌ神の妻は、最も重要な神々の間に関連付けられてv aishnavismです。 The sets of gods recognized by different sects are by no means mutually exclusive, however.神々のセットを認識され、さまざまな宗派が相互に排他的ではない、しかしです。

Forms of Worshipフォームの礼拝

Hindu worship takes many forms.さまざまな形でヒンドゥー教の礼拝堂です。 One of the least frequent is the congregational form so familiar in the West. 1つのフォームに最も頻繁には、会衆にはおなじみの西です。 Vedic sacrifices were conducted in any open place properly consecrated. Typical Hindu daily worship (puja) includes a stop at several shrines, a visit to a temple, and home worship. A Hindu may be devoted to several gods: the image of one god, frequently a family deity, is commonly installed in a small shrine in the home; a second god, worshiped at a nearby temple, may be the divinity to which the person's caste is committed; and still another may be the god to whom the individual makes obeisance as his Guru (teacher) or his guru's tutor.ヴェーダの犠牲が適切に実施された任意の場所聖体拝領を開きます。 毎日の典型的なヒンドゥー教の礼拝堂(祭式)を停止するには、いくつかの神社、寺を訪問して、およびホーム崇拝して5月に専念するいくつかのヒンドゥー教の神々 : 1つの神のイメージを、頻繁に神のご家族は、普通にインストールされ小さな神社で、ホーム、 2番目の神、 worshiped近所の寺に、 5月に、神性にして、人のカーストでは、まだ別のかもしれないが、個々の神を約するおじぎとして彼の達人(教師) 、または彼の達人の家庭教師です。 Because everything is sacred in a Hindu's eyes, almost anything may be considered worthy of devotion; rivers, cowpens, and the retreats of holy men are among the holy places frequented by the devout.神聖にするため、すべてがヒンドゥー教の目は、ほとんど何も5月に値すると見なさ献身;河川、カウペンス、との間のリトリートの神聖な男性が多いの敬けんな聖地です。

Home Worshipホーム崇拝

Home worship typically involves purification of the area through fire, water, and the drawing of symbolic diagrams.ホーム崇拝の事項を通じて、通常は、精製の火、水、図面やダイアグラムの象徴です。 Depending on one's class and station, the frequency with which a Hindu is expected to perform the rites, and the role performed in them, will differ. 1つのクラスに応じて、駅は、周波数とは、ヒンドゥー教の儀式を行うには、と予想し、それらの役割を実行される、とは異なります。 The rites involve offering food, flowers, or incense to the deity, together with appropriate recitations of sacred words or texts.関与の儀式を提供する食品、花、または線香を神、と一緒に適切なrecitationsの神聖な単語や文章です。 An especially important ritual is known as sraddha, in which Hindu males symbolically support their father, grandfathers, and great - grandfathers in other worlds by offering water and balls of rice; this ritual dates from Vedic times.に特に重要な儀式として知られてsraddha 、象徴的な意味ではヒンドゥー教の男性が、父親のサポート、 grandfathers 、および大-g randfathersを提供する他の世界の水とボールのコメ;この儀式の日付よりヴェーダ回クリックします。 The worshiper requires the services of a priest on this occasion, as for other life cycle ceremonies such as birth, initiation, marriage, and death.サービスのしもべは、司祭を使用するには、この機会に、他のライフサイクルの儀式などの誕生日、開始、結婚、と死のです。

Temple Worship寺の崇拝

The priests also carry out temple worship, although the devotee may participate in the reading of certain hymns or prayers and may give flowers or money to the god directly.また礼拝を行う寺の僧侶、信者は、 5月参加して読書の特定の賛美歌や祈りと5月にお金を与える花や直接の神です。 The image of a god is believed to be the god, and the cycle of worship in a temple centers on the daily life of the god, involving preparation of the god for worship - waking him up with bells, purifying him with incense, bathing him, dressing him, and feeding him.のイメージを、神は神とみられる、とのサイクルを中心にして寺参りをするの神の日常生活を巻き込まれている、準備中の神を崇拝する-起きている彼に鐘は、彼を浄化線香、彼の入浴、ドレッシング彼は、彼と摂食します。 The worshiper comes to the temple to view (darshana) the god and to receive the food (prasada) that the god has touched.寺のしもべを表示するには( darshana )を受信するには、神と食品( prasada )は、神が触れています。 As in the cycle of an ordinary person, special days occur in the cycle of the god of the temple, and on these days special ceremonies are held.サイクルのように、普通の人に、特別な日中に発生する可能性は、同寺の神のサイクル、およびこれらの日中に特別な式典が開かれた。 These are frequently the times of festivals and may involve elaborate ceremonies: pilgrimages of vast numbers of devotees, processions bearing the god's image throughout the city or countryside, and special music, plays, and dances for the occasion.これらのザタイムズが頻繁に伴う5月のフェスティバルや手の込んだ儀式:巡礼の膨大な数の信者は、軸受の神のイメージを通して行列して、市や都市郊外、および特別な音楽、演劇、その時のためにと踊りです。

Sacred Cities and Festivals神聖な都市と祭り

The seven sacred cities of Hinduism are the following: Varanasi (Benares), Hardwar, Ayodhya, Dwarka, Mathura, Kanchipuram (Conjeeveram), and Ujjain.ヒンドゥー教の7つの神聖な都市は以下の通りです:バラナシ(ベナレス) 、ハルドワール、アヨージャ、ドワールカ、マトゥラ、カーンチプラム(コンジーバラム) 、およびウジャインです。 Other important pilgrimage spots include Madurai, Gaya, Prayaga (Allahabad), Tirupati, and Puri.その他の重要な聖地巡礼の観光スポット含まれてマドゥライ、伽耶、 prayaga (アラハバード) 、ティルパティ、およびプーリーです。

Each of these places has one or more temples where annual festivals are celebrated that attract large numbers of pilgrims.それぞれの場所は、 1つまたは複数の有名な寺院で毎年恒例のお祭りは、多数の巡礼者を引き付ける。

Certain festival days are celebrated throughout India on a day fixed according to the Hindu lunisolar calendar.特定の祭りの日は一日に祝わを通してインドのヒンズー教の太陰太陽暦によると、固定します。 Prominent among these is Dipavali, the "Festival of Lights," occurring in October and November, at which lamps are placed around the house to welcome Lakshmi, the goddess of prosperity.これらの間では著名なdipavaliは、 "灯明祭、 " 10月と11月に発生する、その家の周りのランプが置かを歓迎ラクシュミの女神の繁栄に貢献します。 Holi, a spring festival in February or March, is a day of riotous funmaking; this frequently involves temporary suspension of caste and social distinctions, and practical jokes are the order of the day. holi 、 2月または3月の春祭りは、騒々しい一日funmaking ;この頻繁には、一時的な懸濁液のカーストと社会の区別、および実用的なジョークは、その日の順序をします。 In the fall (September and October) a ten day period is set aside to honor the Mother Goddess, culminating in Dashara, the tenth day, a day of processions and celebrations.の秋に( 9月と10月) 、 10日の期間が設定さに敬意を払うための母の女神はさておき、 dashara最高潮に達するのは、 10日、一日の行列とお祝いします。 This festival is extremely important in Bengal, where it is known as Durga Puja.このお祭りは非常に重要なベンガルが、ここは、ドゥルガープージャとして知られています。

History and Literature歴史と文学

Scholars sometimes distinguish Vedism, the religion of ancient India based on the Vedas, from Hinduism, although it is difficult to pinpoint a time that demarcates them.時には区別する学者ベーダ教の宗教古代インドのヴェーダに基づいて、よりヒンドゥー教が、時間を特定することは困難であることをdemarcatesします。 The Vedas were hymns of the Aryans, who invaded in the 2d millennium BC.賛美歌のヴェーダが、 aryans 、 who侵略は、 2次元千年紀です。

Vedism stressed hope for a future existence in heaven and lacked the concepts of karma and rebirth; Hinduism characteristically includes karma and rebirth, and the greatest hope is for eventual release from their sway.ベーダ教の存在を強調することを期待する将来の概念を、天国と不足してカルマと復活を;特徴が含まれヒンドゥー教のカルマと復活を、との最大の希望は、最終的に影響を与えるから解放されています。

The Vedic deities were somewhat different from those which dominate in Hinduism, although scholars have traced the origins of Vishnu and Shiva back to Vedic counterparts.よりはヴェーダの神々が若干異なるもので優位を占めるヒンドゥー教が、学者たちの起源をたどるとシヴァビシュヌ神ヴェーダ省略している。 Later Vedism is sometimes called Brahmanism because of the authority accorded the Brahmins, or priests, who performed the ritual Vedic sacrifice.へベーダ教はバラモン教のための権威とも呼ばれるまた、 brahminsか、または司祭、 whoを実行してヴェーダの儀式を犠牲にします。 However, the challenge of non - Vedic religions, notably Buddhism and Jainism, led to the replacement of the rigid Brahmanical rules by more relaxed and varied forms of worship.しかし、以外への挑戦-ヴェーダの宗教、特に仏教やジャイナ教、主導して置換され、硬直化したバラモンのルールをもっとリラックスしてさまざまな形での礼拝です。

Although the Vedas continue to be spoken of as the final authority in Hinduism, other texts of equal importance exist.ヴェーダは、継続して話さのヒンドゥー教の最終的な権限を、他のテキストの平等の重要性が存在します。 Thus, a literature was developed for each of the four aims of life: various Dharmasastras, such as the Code of Manu, which detail the duties of class and station; Kamasastras, such as the Kamasutras of Vatsyayana, handbooks of pleasure, erotic and otherwise; the Arthasastra, attributed to Kautilya (fl. 300 BC), which, like Machiavelli's The Prince, offers advice to a ruler as to how to keep the throne; and the philosophical literature of the various systems, which deals with liberation and how to achieve it.このように、文学は、それぞれの4つの目的のために開発さの生活:様々なdharmasastras 、マヌーなどのコードを詳細に次のような任務のクラスと駅; kamasastrasなど kamasutrasのvatsyayana 、ハンドブックの喜び、および他のアダルト;のarthasastra 、 kautilyaに起因する(紀元前300 fl. ) 、これは、マキャベリのような王子、オファーの支配者としてのアドバイスをして王座を維持する方法、および文学哲学、様々なシステムには、解放を扱う、どのように達成してください。

In addition, certain collections of tales came to be widely known in popular life, especially the two great epics, the Mahabarata and the Ramayana.加えて、物語のコレクションを特定の話をして広く知られて人気の生活、特に2つの大叙事詩、ラーマーヤナmahabarataとします。 The Mahabharata tells of five princes who were cheated out of their kingdom and who, after a period of banishment in the forest, returned to fight a victorious and righteous war to regain it.マハーバーラタに指示する5つの君主whoがだまさアウトの王国とwhoは、期間を追放した後で、森の、返されると戦う正義の戦争に勝利を回復することとします。 An especially beloved portion of this epic is the section called the Bhagavad Gita, in which Arjuna, one of the brothers, is counseled by his charioteer Krishna, an incarnation of Lord Vishnu.最愛の部分に、特にこの叙事詩は、セクションと呼ばれるバガヴァッドギーター、アルジュナでは、兄弟の1つは、彼のchariotの御者をcounseledクリシュナ、ビシュヌ神の化身の主です。 The Ramayana tells the story of the ideal Hindu man, Rama, whose wife Sita is abducted by a demon, and of Rama's journey to Sri Lanka to recapture her.ラーマーヤナの物語に指示し、理想的なヒンドゥー教の男、ラーマ、その妻は、拉致被害者は悪魔のジタ、ラーマとスリランカへの旅を彼女を奪回する。 Both epics are filled with didactic tales, edifying poems, and fables. It is probably through their constant retelling in the village that Hinduism is most efficiently disseminated from generation to generation. Another source of Hindu lore is the Puranas, collections of legends and myths.両方の叙事詩の物語がいっぱいの教則、啓発的な詩と寓話です。 それは恐らく定数に満ちた改作を通じてヒンドゥー教の村では、世代から世代へと播種性の最も効率的です。別のソースのヒンドゥー教の言い伝えは、プラーナ文献、伝説と神話のコレクションです。

The period from roughly 500 BC to 1000 AD is sometimes spoken of as that of classical Hinduism.約500紀元前からの期間を1000広告は、時には話さヒンドゥー教の古典である。 It was during this period that the major literature was composed, the great philosophical systems developed, and the basic Vaishnava and Shaiva sects organized.それは、この期間中は、主要な文学は、作曲、偉大な哲学的システムの開発、および組織の基本的なvaishnavaとshaiva宗派です。 After 1000, beginning in south India somewhat earlier, a spirit of devotional fervor coupled with social reform swept through India, and the period from that time until near the present is known as the bhakti period. 1000した後、最初に南インドのややこれに先立って、信心の熱気に包まれる結合性の精神をもって社会改革掃引を通じてインド、およびその時点までの期間の近くから、現在の信愛期間として広く知られています。 During this time the forms of religious worship changed and diversified further.この時間の間に、宗教上の礼拝の形態のより詳細な変更を加えたり、多様化しています。 Singing of devotional songs and poems in the vernacular rather than in Sanskrit, the language in which practically all classical Hindu literature was written, is one example.祈りの歌と歌のお国言葉で書かれた詩は、サンスクリット語ではなく、実質的にすべての言語ではヒンドゥー教の古典文学が書かは、 1つの例です。 Direct approach to the god was emphasized, and the mediating role of the priest somewhat curtailed.神は直接的なアプローチを強調し、司祭の調停の役割をやや縮小します。 Love, a sentiment common to all but particularly to the most ordinary villager, is now celebrated as the way to the highest end; some bhakti philosophies hold that liberation is not the supreme goal and that loving service to God is a higher one.愛は、すべての感情が共通して、特に、最も普通の村人には、今すぐとして祝わへの道を最高の終わり;いくつかのホールドを解放信愛哲学ではないが、目標と愛情のこもった最高のサービスを1つの神は高いです。

Recent developments in Hinduism are indicative of a movement away from certain aspects of classical practice, such as Suttee, a widow's suicide at her husband's funeral; caste distinctions; and even karma and rebirth.ヒンドゥー教の最近の発展に説法をする動きは、特定の側面からクラシックの練習など、夫に殉死する妻は、未亡人の自殺は彼女の夫の葬儀;カーストの区別;ともカルマと復活をします。

Karl H Potterカールhポッター

Bibliography: 書誌事項:
AL Basham, The Origins and Development of Classical Hinduism (1989); S Chennakesavan, A Critical Study of Hinduism (1980); TJ Hopkins, The Hindu Religion Tradition (1971); D Kinsley, Hinduism (1982); KK Klostermaier, A Survey of Hinduism (1988); R Lannoy, The Speaking Tree (1974); WD O'Flaherty, Dreams, Illusions and Other Realities (1984); LSS O'Malley, Popular Hinduism (1935); KM Sen, Hinduism (1961); P Thomas, Hindu Religion, Customs and Manners (1981); RC Zaehner, Hinduism (1962).アルbasham 、ヒンドゥー教の起源とその発展の古典( 1989 ) ;秒chennakesavan 、ヒンドゥー教の重要な研究( 1980 ) ; TJのホプキンスは、ヒンドゥー教の宗教伝統( 1971 ) ; d kinsley 、ヒンドゥー教( 1982 ) ;株式会社klostermaier 、ある調査によるとのヒンドゥー教( 1988 ) ;研究lannoyは、スピーキングカテゴリ( 1974 ) ; WDへのお問い合わせオフラハティ、夢、幻想やその他の現実( 1984 ) ;ディスパージョン関数オマリー、人気のヒンドゥー教( 1935 ) ;キロセン、ヒンドゥー教( 1961 ) ; pトーマス、ヒンドゥー教の宗教、風習や礼儀作法( 1981 ) ; rc zaehner 、ヒンドゥー教( 1962 ) 。


Shivaシヴァ

General Information 総合情報

Shiva (Sanskrit for "auspicious one"), also called Siva, is the Hindu god who personifies both the destructive and the procreative forces of the universe.シヴァ(サンスクリット語で"幸先の良い1つ" ) 、 sivaとも呼ばれ、ヒンズー教の神様は、 who personifiesの両方の破壊と生殖の力を宇宙のです。 As the destroyer, he is represented wearing a necklace of skulls and surrounded by demons.駆逐艦として、彼は表現の頭蓋骨のネックレスを着て悪魔に囲まれています。 His reproductive aspect is symbolized by the lingam, a phallic emblem.彼の生殖的側面が象徴されるリンガは、男根の紋章です。 Shiva is also the god of asceticism and of art, especially dancing.シバ神はまた、禁欲主義や芸術、特に踊りです。 He rides on the bull Nandi, and his consort is the mother goddess Uma, or Kali.彼は雄牛ナンディを検索する乗り物、と彼は、母親の女神コンソートumaのか、またはカーリーです。 Some Hindus worship Shiva as the supreme deity and consider him a benevolent god of salvation as well as a god of destruction.いくつかのヒンズー教徒の最高神として崇拝するシヴァと彼は慈悲深い神の救いを検討するだけでなく、破壊の神です。


Some Important Hindu Religious Documents Follow:ヒンドゥー教の宗教的ないくつかの重要な書類以下:


The Laws of Manuマヌーの法律に基づいて

1500 BC紀元前1500

translated by G Buhler訳グラムビューラー

Chapter I第1章

1. 1 。 The great sages approached Manu, who was seated with a collected mind, and, having duly worshipped him, spoke as follows:偉大な賢近づいマヌー、 whoは、心の収集着席すると、彼が正式に崇拝、スポーク以下のとおり:
2. 2 。 'Deign, divine one, to declare to us precisely and in due order the sacred laws of each of the (four chief) castes (varna) and of the intermediate ones. ' deign 、神の1つ、正確とは問い合わせを宣言するために注文する神聖な法律のそれぞれの( 4つのチーフ)カースト(ヴァルナ) 、中間のものとします。
3. 3 。 'For thou, O Lord, alone knowest the purport, (ie) the rites, and the knowledge of the soul, (taught) in this whole ordinance of the Self existent (Svayambhu), which is unknowable and unfathomable.' 'をなたは、主よ、知っての趣旨だけで、 ( IE )での儀式、との魂の知識を、 (教え)この条例は、全体の自己存在しない( svayambhu ) 、これは不可知と計り知れない。 '
4. 4 。 He, whose power is measureless, being thus asked by the high minded great sages, duly honoured them, and answered, 'Listen!'彼は、そのパワーは測り知れない、このように求められたが大きな関心の高賢、正式に光栄し、答え、 '聞いてよ! '
5. 5 。 This (universe) existed in the shape of Darkness, unperceived, destitute of distinctive marks, unattainable by reasoning, unknowable, wholly immersed, as it were, in deep sleep.この(宇宙)の形の闇が存在して、人目に付かない、極貧の独特のマーク、達成不可能な推論され、不可知のは、完全に浸漬、言ってみれば、深い眠りにします。

6. 6 。 Then the divine Self existent (Svayambhu, himself) indiscernible, (but) making (all) this, the great elements and the rest, discernible, appeared with irresistible (creative) power, dispelling the darkness.その後、神の自己存在しない( svayambhu 、自分自身)聞き取りにくい、 (しかし)メーカー(すべて)には、偉大な要素と、残りは、識別、登場が非常に魅力的(クリエイティブ)電力、覆う闇のです。
7. 7 。 He who can be perceived by the internal organ (alone), who is subtile, indiscernible, and eternal, who contains all created beings and is inconceivable, shone forth of his own (will).彼はwhoの内部器官が感知できる(単独) 、 whoはsubtile 、聞き取りにくい、と永遠、 whoが含まれているとは信じられないのすべての作成、記載の輝いていた彼自身の(は)です。
8. 8 。 He, desiring to produce beings of many kinds from his own body, first with a thought created the waters, and placed his seed in them.彼は、数多くの種類の生き物を生産する望む自分自身の体から、最初に作成した人のために尽くすことを考え、そして彼の種子に置かれている。
9. 9 。 That (seed) became a golden egg, in brilliancy equal to the sun; in that (egg) he himself was born as Brahman, the progenitor of the whole world.その(種子)が黄金の卵は、太陽の輝きに等しい;では、 (卵)ブラフマン彼自身が生まれたとして、全世界の前駆のです。
10. 10 。 The waters are called narah, (for) the waters are, indeed, the offspring of Nara; as they were his first residence (ayana), he thence is named Narayana. narahと呼ばれる人のために尽くすが、 ( )のために尽くすには、実際のところ、奈良の子孫;として彼らは彼の最初のレジデンス(彩名) 、彼の名前はそこからnarayanaです。

11. 11 。 From that (first) cause, which is indiscernible, eternal, and both real and unreal, was produced that male (Purusha), who is famed in this world (under the appellation of) Brahman.よりは、 (最初の)原因、これは聞き取りにくい、永遠の、両方の実や、 Unreal 、その男性は、生産(プルシャ) 、 whoは、この世界で有名な(下の名称)ブラフマンです。
12. 12 。 The divine one resided in that egg during a whole year, then he himself by his thought (alone) divided it into two halves;神の1つの卵の中に住んで一年に、彼の思想を入力し、彼自身(だけ)分けて2つの半分;
13. 13 。 And out of those two halves he formed heaven and earth, between them the middle sphere, the eight points of the horizon, and the eternal abode of the waters.これらの2つの半分にして彼は天と地に形成さは、それらの間の球の真ん中に、 8つのポイントは、地平線、との永遠の住まいの人のために尽くす。
14. 14 。 From himself (atmanah) he also drew forth the mind, which is both real and unreal, likewise from the mind egoism, which possesses the function of self consciousness (and is) lordly;より自分自身( atmanah )彼の心にも記載ドリュー、これは両方のリアルや、 Unreal 、同様に利己主義の精神から、これの機能を持って自己意識(とが)堂々と;
15. 15 。 Moreover, the great one, the soul, and all (products) affected by the three qualities, and, in their order, the five organs which perceive the objects of sensation.また、偉大な1つは、魂、およびすべての(製品)の影響を受けるの3つの資質、および、そのために、の5つの感覚器官のオブジェクトを認識します。

16. 16 。 But, joining minute particles even of those six, which possess measureless power, with particles of himself, he created all beings.しかし、これらの6つの参加分間の粒子も、これを持つ測り知れないパワーは、粒子の自分自身、彼のすべての生き物に作成します。
17. 17 。 Because those six (kinds of) minute particles, which form the (creator's) frame, enter (a - sri) these (creatures), therefore the wise call his frame sarira, (the body.)というのも、それらの6つ(の種類の)分の粒子を形成して(創作の)フレーム、入力(に-S RI)への(生物) 、したがって彼のフレームを請求して英明でられるs arira、 (体のです。 )
18. 18 。 That the great elements enter, together with their functions and the mind, through its minute parts the framer of all beings, the imperishable one.その偉大な要素を入力し、その機能との心と一緒に、その分の部品のフレーマのすべての生き物は、不滅の1つです。
19. 19 。 But from minute body ( - framing) particles of these seven very powerful Purushas springs this (world), the perishable from the imperishable.しかし、より分体( -フレーミング) 、これらの7つの非常に強力な粒子p urushasスプリングス、この(世界)は、不滅の傷みやすいからです。
20. 20 。 Among them each succeeding (element) acquires the quality of the preceding one, and whatever place (in the sequence) each of them occupies, even so many qualities it is declared to possess.このうち、各承継(要素)を取得の品質を、上記の1つ、およびどんな開催地(シーケンス)にそれらのそれぞれを占め、たとえそうであって多くの資質を持つことが宣言されています。

21. 21 。 But in the beginning he assigned their several names, actions, and conditions to all (created beings), even according to the words of the Veda.しかし、彼に割り当てられたの初めに、いくつかの名前、アクション、および条件をすべて(作成生き物) 、さらには、ヴェーダの言葉によるとします。
22. 22 。 He, the Lord, also created the class of the gods, who are endowed with life, and whose nature is action; and the subtile class of the Sadhyas, and the eternal sacrifice.彼は、主よ、神々のクラスを作成しても、 whoは、恵まれて生活し、その自然はアクション;とsadhyas subtileクラスを、永遠の犠牲とします。
23. 23 。 But from fire, wind, and the sun he drew forth the threefold eternal Veda, called Rik, Yagus, and Saman, for the due performance of the sacrifice.しかし、より火、風、と太陽の3倍に記載彼は永遠のドリューヴェーダと呼ばれるrik 、 yagus 、および樹、パフォーマンスを犠牲にするためです。
24. 24 。 Time and the divisions of time, the lunar mansions and the planets, the rivers, the oceans, the mountains, plains, and uneven ground.時間との部分の時間は、月面や惑星の邸宅は、河川、海、山、平野、およびでこぼこの地面です。
25. 25 。 Austerity, speech, pleasure, desire, and anger, this whole creation he likewise produced, as he desired to call these beings into existence.緊縮、音声、喜び、欲望、と怒りを、この全体の創造と同様に作られた、これらの生き物として彼に希望を呼び出すに存在します。

26. 26 。 Moreover, in order to distinguish actions, he separated merit from demerit, and he caused the creatures to be affected by the pairs (of opposites), such as pain and pleasure.また、行動を区別するために、彼からの分離のメリットデメリット、および彼の影響を受けるの原因とされる生き物のペア(反対)などの痛みや喜びです。
27. 27 。 But with the minute perishable particles of the five (elements) which have been mentioned, this whole (world) is framed in due orderしかし、生鮮分の、 5つの粒子(要素)に記載されてきた、この全体(世界)は枠順を追って
28. 28 。 But to whatever course of action the Lord at first appointed each (kind of beings), that alone it has spontaneously adopted in each succeeding creation.しかし、どのような行動を、主にそれぞれの最初の任命(種の生き物) 、それだけが自発的に採択さそれぞれの後任の創作です。
29. 29 。 Whatever he assigned to each at the (first) creation, noxiousness or harmlessness, gentleness or ferocity, virtue or sin, truth or falsehood, that clung (afterwards) spontaneously to it.彼は、それぞれどのように割り当てられている(第一)の作成、有毒性や無害、優しさや残忍な行為、または罪の美徳は、真実か否か、そのくっついた(その後)自発的にしてください。
30. 30 。 As at the change of the seasons each season of its own accord assumes its distinctive marks, even so corporeal beings (resume in new births) their (appointed) course of action.季節の変化としては、季節ごとに独自の合意を前提とその独特なマーク、たとえそうであって肉体生き物(再開される新しい出生)かれらの(任命)コースのアクションです。

31. 31 。 But for the sake of the prosperity of the worlds he caused the Brahmana, the Kshatriya, the Vaisya, and the Sudra to proceed from his mouth, his arms, his thighs, and his feet.しかしのための世界の繁栄のために彼の原因とbrahmanaは、クシャトリヤは、バイシャ、スードラを進めてからの彼の口からは、彼の腕に、彼の太ももの太さ、と彼の足です。
32. 32 。 Dividing his own body, the Lord became half male and half female; with that (female) he produced Virag.自分自身の体の分割は、主が半分半分男性と女性;には、 (女性) viragプロデュースします。
33. 33 。 But know me, O most holy among the twice born, to be the creator of this whole (world), whom that male, Virag, himself produced, having performed austerities.しかし、私のこと知ってる、または最も神聖な間の2倍に生まれる、創造されるのは、次の全体(世界) 、誰が男性、 virag 、自分自身に作られた、耐乏生活を実行します。
34. 34 。 Then I, desiring to produce created beings, performed very difficult austerities, and (thereby) called into existence ten great sages, lords of created beings,それから、ご希望の作成を生産する生き物は、非常に困難な禁欲実行、および(それ)と呼ばれる10大賢さの存在、領主の作成生き物、
35. 35 。 Mariki, Atri, Angiras, Pulastya, Pulaha, Kratu, Praketas, Vasishtha, Bhrigu, and Narada. mariki 、 atri 、 angiras 、 pulastya 、 pulaha 、 kratu 、 praketas 、 vasishtha 、 bhrigu 、およびナラダです。

36. 36 。 They created seven other Manus possessing great brilliancy, gods and classes of gods and great sages of measureless power,彼らの他の手で作成7所持素晴らしい輝き、神と神とのクラスの大賢の測り知れないパワー、
37. 37 。 Yakshas (the servants of Kubera, the demons called) Rakshasas and Pisakas, Gandharvas (or musicians of the gods), Apsarases (the dancers of the gods), Asuras, (the snake deities called) Nagas and Sarpas, (the bird deities called) Suparnas and the several classes of the manes, yakshas (クベーラ召使のは、悪魔と呼ばれる) rakshasasとpisakas 、 gandharvas (または、ミュージシャンの神々 ) 、 apsarases (ダンサーの神々 ) 、 asuras 、 (蛇の神々と呼ばれる)神の蛇とsarpas 、 (その鳥の神々と呼ばれる) suparnasと、いくつかのクラスは、マーネス、
38. 38 。 Lightnings, thunderbolts and clouds, imperfect (rohita) and perfect rainbows, falling meteors, supernatural noises, comets, and heavenly lights of many kinds, lightnings 、 thunderboltsと雲、不完全( rohita )と完璧な虹、落下流星、超自然の音、彗星、と天灯の数多くの種類、
39. 39 。 (Horse faced) Kinnaras, monkeys, fishes, birds of many kinds, cattle, deer, men, and carnivorous beasts with two rows of teeth, (馬に直面) kinnaras 、猿、魚、鳥の数多くの種類、牛、鹿、男性は、肉食獣と歯の2つの行に、
40. 40 。 Small and large worms and beetles, moths, lice, flies, bugs, all stinging and biting insects and the several kinds of immovable things.大小のワームや甲虫、蛾、シラミ、ハエ、バグ、すべての刺と痛烈な昆虫や、いくつかの種類の不動のものです。

41. 41 。 Thus was this whole (creation), both the immovable and the movable, produced by those high minded ones by means of austerities and at my command, (each being) according to (the results of) its actions.このようには、この全体(創造) 、可動式の両方の不動と、高い関心を上げることによって制作されたこれらの耐乏生活の手段と私のコマンドを、 (それぞれが)によると、 (その結果) 、その動作します。
42. 42 。 But whatever act is stated (to belong) to (each of) those creatures here below, that I will truly declare to you, as well as their order in respect to birth.しかし、どんな行為が記載(に属する)から(それぞれの)ここでそれらの生き物の下、それを私は本当に宣言するだけでなく、彼らの誕生の順序を尊重します。
43. 43 。 Cattle, deer, carnivorous beasts with two rows of teeth, Rakshasas, Pisakas, and men are born from the womb.牛、鹿、肉食獣の歯の2つの行に、 rakshasas 、 pisakas 、と人間は生まれながらに子宮からです。
44. 44 。 From eggs are born birds, snakes, crocodiles, fishes, tortoises, as well as similar terrestrial and aquatic (animals).鳥から卵が生まれ、ヘビ、ワニ、魚、亀だけでなく、地上波と同じような水生(動物)です。
45. 45 。 From hot moisture spring stinging and biting insects, lice, flies, bugs, and all other (creatures) of that kind which are produced by heat.春からホット水分刺と痛烈な飼育、シラミ、ハエ、バグ、およびその他のすべての(生物)のそのような暑さが生成される。

46. 46 。 All plants, propagated by seed or by slips, grow from shoots; annual plants (are those) which, bearing many flowers and fruits, perish after the ripening of their fruit;すべての植物、種子、または伝票伝播され、成長より若芽;毎年恒例の植物(はあくまでも)は、軸受多くの花や果物、熟成した後に死ぬの果物;
47. 47 。 (Those trees) which bear fruit without flowers are called vanaspati (lords of the forest); but those which bear both flowers and fruit are called vriksha. (それらの木)と呼ばれるのを実らせるには花がバナスパチ(領主の森) ;しかし、それらの花や果実の両方がクマと呼ばれるvrikshaです。
48. 48 。 But the various plants with many stalks, growing from one or several roots, the different kinds of grasses, the climbing plants and the creepers spring all from seed or from slips.しかし、多くの様々な植物の茎、成長より、 1つまたは複数のルーツは、さまざまな種類の草は、つる性植物で、春からすべてcreepersから種子や伝票です。
49. 49 。 These (plants) which are surrounded by multiform Darkness, the result of their acts (in former existences), possess internal consciousness and experience pleasure and pain.これらの(植物)が多暗闇に囲まれて、その行為の結果を(元存在) 、所有する喜びを経験すると内部の意識と痛みです。
50. 50 。 The (various) conditions in this always terrible and constantly changing circle of births and deaths to which created beings are subject, are stated to begin with (that of) Brahman, and to end with (that of) these (just mentioned immovable creatures). (様々な)条件を常にひどいと絶えず変化するこのサークルの出生、死亡生き物は予告なしに作成、記載を開始するには(これを)ブラフマン、そして最後に(これは)これらの(だけ言及不動の生き物)です。

51. 51 。 When he whose power is incomprehensible, had thus produced the universe and men, he disappeared in himself, repeatedly suppressing one period by means of the other.彼は理解できないときに、そのパワーは、男性は、こんな風に制作し、宇宙と、彼は自分自身で行方不明に、繰り返しを抑制する手段の1つの期間を、他のです。
52. 52 。 When that divine one wakes, then this world stirs; when he slumbers tranquilly, then the universe sinks to sleep.神の際に、それを1つの解除は、この世界入力し、かき混ぜる; tranquillyときに彼は眠って、宇宙のシンクを入力し、睡眠です。
53. 53 。 But when he reposes in calm sleep, the corporeal beings whose nature is action, desist from their actions and mind becomes inert.だがかれreposesで穏やかな睡眠は、肉体の自然の生き物は、アクション、彼らの行動を求めると心が不活性します。
54. 54 。 When they are absorbed all at once in that great soul, then he who is the soul of all beings sweetly slumbers, free from all care and occupation.すべてを一度に吸収された場合には、その偉大な魂を持った、それから彼の魂のすべての生き物whoは、甘くて眠って、すべてのケアと占領から無料です。
55. 55 。 When this (soul) has entered darkness, it remains for a long time united with the organs (of sensation), but performs not its functions; it then leaves the corporeal frame.ときに、この(魂)は、暗闇の入力、それが残るのに長い時間するUnited器官(感覚) 、しかし、その機能を実行しない;て入力し、葉の肉体フレームです。

56. 56 。 When, being clothed with minute particles (only), it enters into vegetable or animal seed, it then assumes, united (with the fine body), a (new) corporeal frame.ときに、粒子が服を着たお分(のみ) 、野菜や動物の種子が入って、それを想定し、ユナイテッド(体の罰金)は、 (新)肉体フレームです。
57. 57 。 Thus he, the imperishable one, by (alternately) waking and slumbering, incessantly revivifies and destroys this whole movable and immovable (creation).こうして彼は、不滅の1つ、 (交互に)起きているとまどろんでいる、絶え間なく破壊revivifiesと、この全体の可動と不動(創作)です。
58. 58 。 But he having composed these Institutes (of the sacred law), himself taught them, according to the rule, to me alone in the beginning; next I (taught them) to Mariki and the other sages.しかし彼が作曲、これらの機関(聖なる法)は、自ら教えて、ルールによると、私一人での始まり;次の私(教えて)をmarikiと、他の賢です。
59. 59 。 Bhrigu, here, will fully recite to you these Institutes; for that sage learned the whole in its entirety from me. bhrigu 、ここでは、これらの機関は完全に暗唱をするために必要な、全体をそっくりそのままセージを学んだからね。
60. 60 。 Then that great sage Bhrigu, being thus addressed by Manu, spoke, pleased in his heart, to all the sages, 'Listen!'セージ入力し、その素晴らしいbhrigu 、マヌーが危惧されるため、スポーク、喜んで彼の心は、すべての賢さ、 '聞いてよ! '

61. 61 。 Six other high minded, very powerful Manus, who belong to the race of this Manu, the descendant of the Self existent (Svayambhu), and who have severally produced created beings, 6つの関心の高い、非常に強力な手、 whoに所属し、レースは、次のマヌー、自己の子孫の存在しない( svayambhu ) 、および個別生産が作成whoている、
62. 62 。 (Are) Svarokisha, Auttami, Tamasa, Raivata, Kakshusha, possessing great lustre, and the son of Vivasvat. (は) svarokisha 、 auttami 、 tamasa 、 raivata 、 kakshusha 、所持素晴らしい光沢、およびヴィヴァスヴァットの息子のです。
63. 63 。 These seven very glorious Manus, the first among whom is Svayambhuva, produced and protected this whole movable and immovable (creation), each during the period (allotted to him).これらの7つの非常に栄光の手、最初のうち誰がsvayambhuva 、この全体の生産と保護可動と不動(創造) 、それぞれの期間中に(彼に割り当てられる) 。
64. 64 。 Eighteen nimeshas (twinklings of the eye, are one kashtha), thirty kashthas one kala, thirty kalas one muhurta, and as many (muhurtas) one day and night. 18 nimeshas ( twinklingsの眼は、 1つのkashtha ) 、 30 kala kashthas 1つ、 1つのカラス30 muhurtaし、できるだけ多くの( muhurtas )昼と夜の1つです。
65. 65 。 The sun divides days and nights, both human and divine, the night (being intended) for the repose of created beings and the day for exertion.太陽の分割昼と夜、両方の人間と神の部屋(の意図)を作成していると休息日の労作です。

66. 66 。 A month is a day and a night of the manes, but the division is according to fortnights. 1カ月は、昼と夜のマーネス、しかし、課はfortnightsによるとします。 The dark (fortnight) is their day for active exertion, the bright (fortnight) their night for sleep.ザダーク( 2週間)は、その日にアクティブな労作、明るい( 2週間)に部屋を睡眠です。
67. 67 。 A year is a day and a night of the gods; their division is (as follows): the half year during which the sun progresses to the north will be the day, that during which it goes southwards night.一年は、昼と夜の神々 、彼らの部門は(以下のとおり) :年の半分は、太陽の進行中に、北朝鮮はこの日、その中でそれは南方部屋です。
68. 68 。 But hear now the brief (description of) the duration of a night and a day of Brahman and of the several ages (of the world, yuga) according to their order.しかし、今すぐ聞くの簡単な(説明書)の存続期間は、夜と1日のブラフマンと、いくつかの年齢層(の世界、ユガ)によると、そのためです。
69. 69 。 They declare that the Krita age (consists of) four thousand years (of the gods); the twilight preceding it consists of as many hundreds, and the twilight following it of the same number.彼らの宣言は、 krita年齢(構成) 4000年(神々 ) ;のたそがれどきには、できるだけ多くの何百も前のこと、とのたそがれどきに次のことと同じ番号です。
70. 70 。 In the other three ages with their twilights preceding and following, the thousands and hundreds are diminished by one.その他の3つの年齢層には前述twilightsと次のように、数千、数百人が1つの減退されています。

71. 71 。 These twelve thousand (years) which thus have been just mentioned as the total of four (human) ages, are called one age of the gods.これらの12000 (年)がこのように取り上げられているだけの合計の4つの(人間の)年齢、 1つの時代の神々と呼ばれています。
72. 72 。 But know that the sum of one thousand ages of the gods (makes) one day of Brahman, and that his night has the same length.しかし、知っているの合計は、 1000歳の神々 (に) 1つの日のブラフマンており、その彼の部屋には、同じ長さです。
73. 73 。 Those (only, who) know that the holy day of Brahman, indeed, ends after (the completion of) one thousand ages (of the gods) and that his night lasts as long, (are really) men acquainted with (the length of) days and nights.それらの(のみ、 who )知っているの神聖な日のブラフマン、実際のところ、終了した後(完了) 1000年齢(神々 )と彼の部屋が続く限り、 (が実際に)男性の知り合いに(の長さを)昼と夜です。
74. 74 。 At the end of that day and night he who was asleep, awakes and, after awaking, creates mind, which is both real and unreal.その日の終わりに、夜、彼はwhoは、眠っている、 awakesと、 awakingした後、心を作成、これは両方の現実的かつ非現実的です。
75. 75 。 Mind, impelled by (Brahman's) desire to create, performs the work of creation by modifying itself, thence ether is produced; they declare that sound is the quality of the latter.心、 impelledさ(ブラフマン)の欲望を作成し、実行し、創作の設定を編集作業自体は、そこからエーテルが生成;彼らを申告し、後者の質の音がします。

76. 76 。 But from ether, modifying itself, springs the pure, powerful wind, the vehicle of all perfumes; that is held to possess the quality of touch.しかし、よりエーテル、変更自体、バネの純粋な、強力な風、車両のすべての香水;ことが開かれるの質のタッチを所有しています。
77. 77 。 Next from wind modifying itself, proceeds the brilliant light, which illuminates and dispels darkness; that is declared to possess the quality of colour;横からの風の変更自体は、収益の輝かしい光、闇の点灯とdispels ;では色の質の保有宣言して;
78. 78 。 And from light, modifying itself, (is produced) water, possessing the quality of taste, from water earth which has the quality of smell; such is the creation in the beginning.とより軽く、変更自体、 (が現れます)水、所持の質の味は、地球からの水の質のにおいが;などでは、創作の始まりです。
79. 79 。 The before mentioned age of the gods, (or) twelve thousand (of their years), being multiplied by seventy one, (constitutes what) is here named the period of a Manu (Manvantara).神々の時代に言及する前に、 (または) 12000 (その年) 、 71を掛けたが、 (どのような構成)がここに名前の期間は、マヌー( manvantara ) 。
80. 80 。 The Manvantaras, the creations and destructions (of the world, are) numberless; sporting, as it were, Brahman repeats this again and again.のmanvantarasは、創造と破壊(は、世界では)無数;スポーツ、言ってみれば、何度も繰り返して、このブラフマンを繰り返しています。

81. 81 。 In the Krita age Dharma is four footed and entire, and (so is) Truth; nor does any gain accrue to men by unrighteousness.ダーマはkrita年齢は、全体の4つの足と、および(これは)真理;こともありません男性は邪悪を任意の利得が発生します。
82. 82 。 In the other (three ages), by reason of (unjust) gains (agama), Dharma is deprived successively of one foot, and through (the prevalence of) theft, falsehood, and fraud the merit (gained by men) is diminished by one fourth (in each).は、他の( 3歳) 、を理由に、 (不当な)利益(アガマトカゲ) 、ダーマは、 1つの足を奪われた連続、およびを通じて(有)盗難、虚偽、不正行為のメリット(得られる人)が減少した4分の1 (それぞれの)です。
83. 83 。 (Men are) free from disease, accomplish all their aims, and live four hundred years in the Krita age, but in the Treta and (in each of) the succeeding (ages) their life is lessened by one quarter (男性は)病気にかからない、すべての目標を達成し、 400年のライブのkrita年齢、しかし、 tretaと(それぞれの)の後任(歳)の人生は軽減さの4分の1
84. 84 。 The life of mortals, mentioned in the Veda, the desired results of sacrificial rites and the (supernatural) power of embodied (spirits) are fruits proportioned among men according to (the character of) the age.人間の生活を、ヴェーダに記載されて、希望の結果をいけにえの儀式や、 (超)消費電力の原単位(スピリッツ)は、果実の中の男によると、均整の取れた(の文字)の年齢です。
85. 85 。 One set of duties (is prescribed) for men in the Krita age, different ones in the Treta and in the Dvapara, and (again) another (set) in the Kali, in a proportion as those ages decrease in length. 1つのセットの任務(が所定の) krita男性は、年齢、異なるものは、 tretaとは、 dvaparaし、 (再び)別の(設定)は、カーリーは、これらの年齢層の割合としての長さは減少します。

86. 86 。 In the Krita age the chief (virtue) is declared to be (the performance of) austerities, in the Treta (divine) knowledge, in the Dvapara (performance of) sacrifices, in the Kali liberality alone.年齢の長さのkrita (美徳)が宣言している(のパフォーマンス)のような厳格さは、 treta (神の)知識、 dvaparaは、 (パフォーマンスを)犠牲、気前のよさだけでは、カーリーです。
87. 87 。 But in order to protect this universe He, the most resplendent one, assigned separate (duties and) occupations to those who sprang from his mouth, arms, thighs, and feet.しかし、彼を保護するために、この宇宙で最も輝く1つは、割り当てられた別の(任務と) who springの過去からそれらの職業を彼の口から、腕、太ももの太さ、と足をします。
88. 88 。 To Brahmanas he assigned teaching and studying (the Veda), sacrificing for their own benefit and for others, giving and accepting (of alms).彼に割り当てられた教育と研究をbrahmanas (ヴェーダ) 、自分の利益を犠牲にすることなく他人と、受け入れてあげたり(慈善) 。
89. 89 。 The Kshatriya he commanded to protect the people, to bestow gifts, to offer sacrifices, to study (the Veda), and to abstain from attaching himself to sensual pleasures;彼のクシャトリヤの人々を保護するよう命じ、ギフトを贈る、犠牲を提供する、を勉強する(ヴェーダ) 、および自分自身の添付を慎むことにふける;
90. 90 。 The Vaisya to tend cattle, to bestow gifts, to offer sacrifices, to study (the Veda), to trade, to lend money, and to cultivate land.バイシャをする傾向牛、ギフトを贈る、犠牲を提供する、を勉強する(ヴェーダ) 、貿易、お金を貸して、土地を育成するとします。

91. 91 。 One occupation only the lord prescribed to the Sudra, to serve meekly even these (other) three castes. 1つの職業は、主に規定してスードラ、素直にも、これらの(その他) 3つのカーストです。
92. 92 。 Man is stated to be purer above the navel (than below); hence the Self existent (Svayambhu) has declared the purest (part) of him (to be) his mouth.男はへその上に記載されるpurer (より下) ;それゆえ、自己存在しない( svayambhu )が宣言し、純粋な(部分)の彼(される)彼の口からです。
93. 93 。 As the Brahmana sprang from (Brahman's) mouth, as he was the first born, and as he possesses the Veda, he is by right the lord of this whole creation. springの過去からのbrahmana (ブラフマン)の口から、彼は、最初の生まれ、そして彼のヴェーダ保有し、彼は当然の権利で、主は、次の全体を創造します。
94. 94 。 For the Self existent (Svayambhu), having performed austerities, produced him first from his own mouth, in order that the offerings might be conveyed to the gods and manes and that this universe might be preserved.自己の存在しない( svayambhu ) 、耐乏生活を演じ、最初に作ら彼自身の口から、提供するためには、神々に伝えられるかもしれないとマーネスと、この宇宙のかもしれない保持されます。
95. 95 。 What created being can surpass him, through whose mouth the作成を上回ることは何が彼の口を通して、

(contimues . . . ) ( contimues 。 。 。 。 。 )



The Song Celestialその歌天体

400 BC紀元前400

orまたは

Bhagavad - Gitaバガヴァッド-ギーター

translated by Sir Edwin Arnoldサーエドウィンアーノルド訳

Chapter I第1章

Dhritirashtra. dhritirashtraです。 Ranged thus for battle on the sacred plain -レンジの戦いを検索するための神聖な平原-
On Kurukshetra - say, Sanjaya!上クルクシェトラ-言ってやるが、 s anjaya! say言う
What wrought my people, and the Pandavas?どのような鍛造わたしの人びとよ、とpandavasですか?
Sanjaya. sanjayaです。 When he beheld the host of Pandavas, beholdの過去過去分詞pandavasを主催したときに彼は、
Raja Duryodhana to Drona drew,ラジャduryodhanaをdronaドリュー、
And spake these words: "Ah, Guru! see this line,これらの言葉とspeakの過去形: "ああ、達人!この行を参照し、
How vast it is of Pandu fighting men,広大なことがどのようpanduファイティング男性、
Embattled by the son of Drupada,四面楚歌された息子のdrupada 、
Thy scholar in the war!なたの学者は、戦争! Therein stand rankedそこにスタンドのランク付け
Chiefs like Arjuna, like to Bhima chiefs,参謀本部のようなアルジュナ、ビーマ川のように参謀本部、
Benders of bows; Virata, Yuyudhan,ベンダースの弓; virata 、 yuyudhan 、
Drupada, eminent upon his car, drupada 、著名な時彼の車は、
Dhrishtaket, Chekitan, Kasi's stout lord, dhrishtaket 、 chekitan 、どっしりとしたkasiの主よ、
Purujit, Kuntibhoj, and Saivya, purujit 、 kuntibhoj 、およびsaivya 、
With Yudhamanyu, and Uttamaujおyudhamanyu 、およびuttamauj
Subhadra's child; and Drupadi's; - all famed! subhadraの子供;とdrupadiの; -全ての有名な!

All mounted on their shining chariots!すべての戦車にマウントしてシャイニング!
On our side, too, - thou best of Brahmans!当方としては、あまりにも、 -なたベストオブb rahmans! see見る
Excellent chiefs, commanders of my line,優れた参謀本部は、指揮官のマイライン、
Whose names I joy to count: thyself the first,その名前私の喜びを数:自分自身の最初の、
Then Bhishma, Karna, Kripa fierce in fight, bhishma入力し、カーナ、 kripa激しいで戦う、
Vikarna, Aswatthaman; next to these vikarna 、 aswatthaman ;の横にあるこれらの
Strong Saumadatti, with full many more強いsaumadatti 、を完全に多くの
Valiant and tried, ready this day to dieヴァリアントと、試され、この日の準備に死ぬ
For me their king, each with his weapon grasped,キングをメインに、それぞれに自分の武器をつかんで、
Each skilful in the field.熟練は、各フィールドに入力します。 Weakest - meseems -弱い-私が思うに〜である-
Our battle shows where Bhishma holds command,私たちの戦いを保持場所を示してbhishmaコマンドで、
And Bhima, fronting him, something too strong!とビーマ川に面した、彼は、何かあまりにも強い!
Have care our captains nigh to Bhishma's ranks船長が近付いて私たちをケアbhishmaの階段を上る
Prepare what help they may!ヘルプ彼らは何の準備があります! Now, blow my shell!"今すぐ、打撃マイシェル! "

Then, at the signal of the aged king,次に、高齢者は、信号の王、
With blare to wake the blood, rolling around目を覚ますと大声で叫ぶ、血液、ローリング策
Like to a lion's roar, the trumpeterライオンのようにして轟音は、トランペット奏者
Blew the great Conch; and, at the noise of it,ものすごく大きなコンク;と、それは、騒音、
Trumpets and drums, cymbals and gongs and hornsトランペットや太鼓、シンバル、ゴングと角
Burst into sudden clamour; as the blastsワッと突然のclamour ;としての爆発
Of loosened tempest, such the tumult seemed!テンペストの緩み、このような騒動ように!
Then might be seen, upon their car of gold次に見られるかもしれない、かれらのカーオブゴールド
Yoked with white steeds, blowing their battle shells, yokedに白いsteeds 、吹いて彼らの戦いシェル、
Krishna the God, Arjuna at his side:クリシュナの神、彼の側アルジュナ:
Krishna, with knotted locks, blew his great conchクリシュナは、こぶのロック、ものすごく彼の偉大なコンク
Carved of the "Giant's bone;" Arjuna blew彫刻は、 "巨人の骨; "アルジュナはものすごく
Indra's loud gift; Bhima the terrible -インドラの大きな贈り物;ビーマ川の恐ろしい-
Wolf - bellied Bhima - blew a long reed - conch;オオカミ-膨らんだビーマ川-ものすごく長いリード-コンク;
And Yudhisthira, Kunti's blameless son,とyudhisthira 、清廉潔白クンティーの息子、
Winded a mighty shell, "Victory's Voice;"息切れした偉大なシェル、 "勝利の声; "
And Nakula blew shrill upon his conchと甲高いnakula時彼はものすごくコンク

Named the "Sweet sounding," Sahadev on his名前の"甘い響き、 "彼のsahadev上
Called "Gem bedecked," and Kasi's Prince on his.と呼ばれる"宝石飾られた"とkasiの王子は彼のです。
Sikhandi on his car, Dhrishtadyumn,彼の車をsikhandi 、 dhrishtadyumn 、
Virata, Satyaki the Unsubdued, virata 、 satyaki 、制圧されていない、
Drupada, with his sons, (O Lord of Earth!) drupada 、彼の息子たち、 (地球の主よ! )
Long armed Subhadra's children, all blew loud,長い武装subhadraの子供たちは、すべてはものすごく大きな、
So that the clangour shook their foemen's hearts,カーンカーンと首を横にして、彼らの心のfoemanの複数形、
With quaking earth and thundering heav'n.地球と雷鳴のようなheav'nに震えている。
Then 'twas -入力し、 'からTwas -
Beholding Dhritirashtra's battle set, beholding dhritirashtraのバトル設定すると、
Weapons unsheathing, bows drawn forth, the war兵器unsheathing 、弓描か記載、その戦争
Instant to break - Arjun, whose ensign badgeインスタントを破る-a rjun、その旗のバッジ
Was Hanuman the monkey, spake this thing hanumanのサルは、このことspeakの過去形
To Krishna the Divine, his charioteer:クリシュナ神を、彼のchariotの御者:
"Drive, Dauntless One! to yonder open ground "ドライブ、不屈の1つ!をあそこのグランドオープン
Betwixt the armies; I would see more nigh中間の軍隊;私が近付いてみる

These who will fight with us, those we must slayこれらのwhoと戦う私たちは、これらの私たちを殺す必要があります。
Today, in war's arbitrament; for, sure,今日、戦争の仲裁;は、確かに、
On bloodshed all are bent who throng this plain,流血who群衆をすべての人はこの平原を曲げ、
Obeying Dhritirashtra's sinful son." dhritirashtraの罪深いに従うの息子がいます。 "

Thus, by Arjuna prayed, (O Bharata!)したがって、アルジュナ祈ったされ、 ( ○バラタ族! )
Between the hosts that heavenly Charioteer天の間のホストをchariotの御者
Drove the bright car, reining its milk white steeds車の運転の明るい、ライニング、ミルクホワイトsteeds
Where Bhishma led, and Drona, and their Lords.どこbhishma主導し、 drona 、およびそれらの領主です。
"See!" "ごらん! " spake he to Arjuna, "where they stand, speakの過去をアルジュナ彼は、 "どこにスタンド、
Thy kindred of the Kurus:" and the Princeなたの親族は、クルーシュ: "と、王子
Marked on each hand the kinsmen of his house,スパムをそれぞれの手の近親の彼の家は、
Grandsires and sires, uncles and brothers and sons, grandsiresとsires 、叔父と兄弟の息子、
Cousins and sons - in - law and nephews, mixedいとこと息子-に-法と甥、混合
With friends and honoured elders; some this side,お友達と、光栄の長老;いくつかのこの側では、
Some that side ranged: and, seeing those opposed,いくつかのこと側のレンジ:と、見て反対の方は、
Such kith grown enemies - Arjuna's heartこのような知人に成長敵-アルジュナの心の
Melted with pity, while he uttered this:溶けたと残念ながら彼は口この:
Arjuna.アルジュナです。 Krishna!クリシュナ! as I behold, come here to shed私見よ、ここに来るからの脱却を
Their common blood, yon concourse of our kin,その共通の血液は、弊社の金武ヨンコンコース、
My members fail, my tongue dries in my mouth,私のメンバーが失敗した場合、私の舌を私の口の中が乾く、
A shudder thrills my body, and my hair私の体に身震いするスリルと私の髪

Bristles with horror; from my weak hand slips毛がホラー;から私の弱い手伝票
Gandiv, the goodly bow; a fever burns gandivは、かなりの弓;熱バーンズ
My skin to parching; hardly may I stand;私の肌を乾ききら;ほとんど年5月私スタンド;
The life within me seems to swim and faint;私の人生に泳ぐように、かすかな;
Nothing do I foresee save woe and wail!何も予測を保存すればよいと悲痛な声を上げて泣く!
It is not good, O Keshav!良いことではない、またはkeshav ! nought of goodゼロの良い
Can spring from mutual slaughter!春からは、相互の食肉処理! Lo, I hate見よ、嫌い
Triumph and domination, wealth and ease,勝利と支配、富と使いやすさは、
Thus sadly won!このように悲しそうにウォン! Aho!アホ! what victoryどのような勝利
Can bring delight, Govinda!喜びをもたらす、 govinda ! what rich spoilsどのような豊かな戦利品
Could profit; what rule recompense; what spanが利益;どのようなルールの報奨;どのようなスパン
Of life itself seem sweet, bought with such blood?甘い人生そのもののように見える、買ったような血のですか?
Seeing that these stand here, ready to die,これらのスタンドを見てここでは、準備を死なせ、
For whose sake life was fair, and pleasure pleased,人生は公平なため、そのために、満足と喜び、
And power grew precious: - grandsires, sires, and sons,貴重な成長とパワー: -g randsires、 s ires、および人の息子、
Brothers, and fathers - in - law, and sons - in - law,兄弟と父親-に-法では、と息子-に-法では、
Elders and friends!年長者や友人と! Shall I deal death on theseこれらの取引をわたしの死

Even though they seek to slay us?にもかかわらず彼らを殺すことを求める問い合わせですか? Not one blow, 1つの打撃は、
O Madhusudan!またはmadhusudan ! will I strike to gainは、私のストライキに利得
The rule of all Three Worlds; then, how much lessルールのすべての3つの世界;入力し、どのようはるかに少ない
To seize an earthly kingdom!この世の王国を強制する! Killing theseこれらの殺害
Must breed but anguish, Krishna!しかし、苦悩する必要があります。繁殖、クリシュナ! If they beもし彼らが
Guilty, we shall grow guilty by their deaths;有罪、わたしたちは彼らの死によって成長有罪;
Their sins will light on us, if we shall slay彼らの罪は、光を問い合わせ、もしわたしたちは殺す
Those sons of Dhritirashtra, and our kin;これらの人の息子のdhritirashtra 、および当社金武;
What peace could come of that, O Madhava?どのような平和が来るのを、またはmadhavaですか?
For if indeed, blinded by lust and wrath,もし実際に、目がくらんでの欲望と怒り、
These cannot see, or will not see, the sinこれらを参照することはできませんか、またはが表示されません、の罪
Of kingly lines o'erthrown and kinsmen slain,堂々と殺害された行の近親o'erthrownと、
How should not we, who see, shun such a crime -私たちはどのようにすれば、 who参照し、このような犯罪を避ける-
We who perceive the guilt and feel the shame -私たちの罪悪感を感じるwho知覚の恥-
O thou Delight of Men, Janardana?またはなた喜びの男性、 janardanaですか?
By overthrow of houses perisheth転覆の家屋をperisheth

Their sweet continuous household piety,その甘い連続家計の信心深さ、
And - rites neglected, piety extinct -と-儀式おろそかに、信心深さ絶滅-
Enters impiety upon that home;不信心に入る時はホーム;
Its women grow unwomaned, whence there springその女性の成長unwomaned 、そこに春
Mad passions, and the mingling up of castes,マッド熱中している、とのカーストが入り交じった、
Sending a Hellward road that family,ご家族hellward道路を送信すること、
And whoso wrought its doom by wicked wrath.ドゥームされ、誰でもその邪悪な怒り鍛造です。
Nay, and the souls of honoured ancestorsいや、光栄との魂の先祖
Fall from their place of peace, being bereftその場所から落ちるの平和が奪われた
Of funeral cakes and the wan death water.ワンの死の葬儀のケーキと水です。
So teach our holy hymns.私たちは神聖な賛美歌を教える。 Thus, if we slay従って、もし私たちを殺す
Kinsfolk and friends for love of earthly power,近親や友人との愛を地上の電力、
Ahovat! ahovat ! what an evil fault it were!どのような邪悪な断層ことが!
Better I deem it, if my kinsmen strike,より良い私と判断し、近親すればよいのストライキ、
To face them weaponless, and bare my breastに直面して非武装のは、私の胸とベア
To shaft and spear, than answer blow with blow.を軸と槍、打撃、打撃よりも答えています。

So speaking, in the face of those two hosts,これに言えば、これらの2つのホストに直面し、
Arjuna sank upon his chariot seat,彼の戦車の座席アルジュナ沈没時、
And let fall bow and arrows, sick at heart.弓と矢をご存知でしたら、秋、病気の中心部にします。

Here Endeth Chapter I of theここでは、第1章endeth

Bhagavad-Gita,バガヴァッド-ギーター、

Entitled "Arjun - Vishad,"権利" arjun -v ishad、 "

Or "The Book of the Distress of Arjuna."または"この本は、遭難のアルジュナ。 "

Chapter II第2章

Sanjaya. sanjayaです。 Him, filled with such compassion and such grief,彼は、このような悲しみ満ちているような思いやりと、
With eyes tear dimmed, despondent, in stern words目に涙淡色表示、に落ちこんでは、船尾の言葉
The Driver, Madhusudan, thus addressed:このドライバは、 madhusudan 、このように対処:
Krishna.クリシュナです。 How hath this weakness taken thee?この弱点をどのようかれらなたですか?
Whence springsそこからスプリングス
The inglorious trouble, shameful to the brave,不名誉なトラブルは、恥ずべきして勇敢な、
Barring the path of virtue? 〜がなければ美徳のパスですか? Nay, Arjun!いや、 arjun !
Forbid thyself to feebleness!自分自身の弱さを禁じる! it marsそれ火星
Thy warrior name!なたの戦士の名前! cast off the coward - fit!出演する憶病者-フィット!
Wake! wake ! Be thyself!自分自身に! Arise, Scourge of thy Foes!があれば、なたの惨劇の敵!
Arjuna.アルジュナです。 How can I, in the battle, shoot with shaftsどうすればよい、での戦い、シュートをシャフト
On Bhishma, or on Drona - O thou Chief!上bhishma 、またはdrona -○なたは最高! -
Both worshipful, both honourable men?両方の高名、両方の立派な男性ですか?

Better to live on beggar's breadこじきに住んで良いのパン
With those we love alive,愛に生きている私たちは、
Than taste their blood in rich feasts spread,より豊かなお祭りの血が混じって味が広がり、
And guiltily survive!と罪を犯して生き残る!
Ah!ああ! were it worse - who knows?それが悪い-w ho知っですか? - to be -される
Victor or vanquished here,ビクターや打ち負かさここでは、
When those confront us angrily問い合わせ時にそれらの怒りをあらわに立ち向かう
Whose death leaves living drear?その死の葉の生活drearですか?
In pity lost, by doubtings tossed, 〜を気の毒に思っ失われ、翻弄さをdoubtings 、
My thoughts - distracted - turn私の考え-に気を取ら-電源
To Thee, the Guide I reverence most,をなたには、ほとんどのガイドi畏敬の念、
That I may counsel learn:私の助言を学ぶことがあります:
I know not what would heal the grief私の知らないことを知って何が悲しみを癒す
Burned into soul and sense,脳裏に魂とセンス、
If I were earth's unchallenged chief -もし私が比類のない地球のチーフ-
A god - and these gone thence!神-そしてそこから、これらのg one!

Sanjaya. sanjayaです。 So spake Arjuna to the Lord of Hearts, speakの過去アルジュナので、主の心を、
And sighing, "I will not fight!"とため息、 "私は戦わない! " held silence then.開かれた沈黙している。
To whom, with tender smile, (O Bharata!)誰に、優しい微笑、 ( ○バラタ族! )
While the Prince wept despairing 'twixt those hosts,涙ながらのプリンス絶望的な'に挟まこれらのホストは、
Krishna made answer in divinest verse:クリシュナは回答をdivinest詩:
Krishna.クリシュナです。 Thou grievest where no grief should be!なたgrievestどこない悲しみすべきである! thou speak'stなたspeak'st
Words lacking wisdom!言葉不足の知恵! for the wise in heart心臓のためにして英明でられる
Mourn not for those that live, nor those that die.喪に服すために生きる者にとっては、またそれらのために死ぬ。
Nor I, nor thou, nor any one of these,私も、またなたは、また、これらのいずれか1つ、
Ever was not, nor ever will not be,まではない、とまではないが、
For ever and for ever afterwards.その後いつまでも永遠とします。
All, that doth live, lives always!すべて、そのdothライブは、いつもの生活! To man's frame男のフレームに
As there come infancy and youth and age,乳児期に来ると、老いも若きも、
So come there raisings - up and layings - downこれはあるraisings -アップとl ayings-ダウン
Of other and of other life - abodes,の他のとの他の生活-a bodes、
Which the wise know, and fear not.にして英明で知って、恐れることはないとします。 This that irks -このことirks -

Thy sense - life, thrilling to the elements -なたのセンス-人生、スリル満点の要素を-
Bringing thee heat and cold, sorrows and joys,もたらすなた暑さと寒さ、悲しみ、喜び、
'Tis brief and mutable! 'のTISと簡単な変更! Bear with it, Prince!クマには、プリンス!
As the wise bear.クマにして英明でられる。 The soul which is not moved,移動の魂ではない、
The soul that with a strong and constant calm魂を定数とは、強力なと穏やかな
Takes sorrow and takes joy indifferently,無頓着には、悲しみと喜びは、
Lives in the life undying!永遠の命に住んでいる! That which isそしてそれは
Can never cease to be; that which is not中止されることは;ことではない
Will not exist.は存在しません。 To see this truth of bothこの真理の両方を表示
Is theirs who part essence from accident, who部分の本質は、かれらから、事故、
Substance from shadow.影の物質からです。 Indestructible,不滅のは、
Learn thou!なたを学ぶ! the Life is, spreading life through all;の生活は、人生を通じて広がってすべての;
It cannot anywhere, by any means,することはできません。どこからでも、石にかじりついて、
Be anywise diminished, stayed, or changed.どんな場合でも減少したが、宿泊したか、または変更されました。
But for these fleeting frames which it informsしかし、これらのつかの間のフレームにそれを通知
With spirit deathless, endless, infinite,と精神不死、無限、無限、

They perish.彼ら死ぬ。 Let them perish, Prince!死ぬせて、プリンス! and fight!とファイト!
He who shall say, "Lo! I have slain a man!"彼whoは言ってやるが、 "本当にわたしが殺害された男! "
He who shall think, "Lo! I am slain!" whoは、彼が思うに、 "本当に私は殺される! " those bothこれらの両方
Know naught!知って滅びた! Life cannot slay.生命を殺すことはできません。 Life is not slain!殺害された生活ではない!
Never the spirit was born; the spirit shall cease to be never;絶対の精神が生まれた;の精神に限りがないのをやめる;
Never was time it was not; End and Beginning are dreams!決してそれは、時間はない;終わりと始まりは夢!
Birthless and deathless and changeless remaineth the spirit for ever;卑しい家系と不死と永遠不変の精神にremaineth ;
Death hath not touched it at all, dead though the house of it seems!かれらは死に触れたことはすべて、死者の家のようかかわらず!
Who knoweth it exhaustless, self sustained, whoは知っておられること尽きることのない、自己の持続的、
Immortal, indestructible, - shall such不滅の、不滅、 -は、このような
Say, "I have killed a man, or caused to kill?"言ってやるが、 "私は男性を殺害したか、または原因を殺すですか? "

Nay, but as when one layethいや、しかし、 1つのときにlayeth
His worn out robes away,彼の疲れきってローブaway 、
And, taking new ones, sayeth,とし、新しいもの、 sayeth 、
"These will I wear today!" "これらは今日着て行く! "
So putteth by the spirit puttethされるための精神
Lightly its garb of flesh,その服を着ての肉を軽く、
And passeth to inheritとpassethを継承する
A residence afresh.住居今さらのようにします。

I say to thee weapons reach not the Life;言ってやるが私の人生は、なたの武器に達する;
Flame burns it not, waters cannot o'erwhelm,火炎バーンズことは、領海ことはできません。 o'erwhelm 、
Nor dry winds wither it.また乾燥した風がしおれています。 Impenetrable,不可解な、
Unentered, unassailed, unharmed, untouched, unentered 、攻撃を受けていない、無傷で、手つかずの、
Immortal, all - arriving, stable, sure,不滅のは、すべて-到着、安定した、確かに、
Invisible, ineffable, by word目に見えない、言いようのない、単語
And thought uncompassed, ever all itself,と思ったuncompassed 、までのすべての自体、
Thus is the Soul declared!このようには、魂宣言! How wilt thou, then, -どのようなたは、その後、 -
Knowing it so, - grieve when thou shouldst not grieve?知ることは、 -悲嘆に暮れるなたs hallの二人称単数は悲嘆に暮れる時ですか?
How, if thou hearest that the man new - deadどのように、もしあなたがその男の新しいhearest -死んだ
Is, like the man new - born, still living man -は、男のように新しい-生まれ、ある日、生き男-
One same, existent Spirit - wilt thou weep? 1つのと同じ、既存の精神-なたは泣くですか?
The end of birth is death; the end of death誕生日の最後には死;の最後に死
Is birth: this is ordained!は、出生地:これは命じられる! and mournest thou,とmournestなたは、
Chief of the stalwart arm!腕の長の重鎮! for what befalls何befalls
Which could not otherwise befall?他のどの覆ったできませんでしたか? The birthにして生まれた

Of living things comes unperceived; the deathの生き物が人目に付かない;の死
Comes unperceived; between them, beings perceive:人目に付かないが、それらの間の、生き物知覚:
What is there sorrowful herein, dear Prince?そこに何がある悲嘆に暮れて、ここで王子ですか?

Wonderful, wistful, to contemplate!素晴らしい、物言いたげな、沈思黙考する!
Difficult, doubtful, to speak upon!困難な場合、疑わしい、を話す時!
Strange and great for tongue to relate,奇妙で素晴らしい関係を舌には、
Mystical hearing for every one!神秘的な公聴会ごとに1つ!
Nor wotteth man this, what a marvel it is,このwotteth男も、何をマーベルことが、
When seeing, and saying, and hearing are done!ときに見て、と言うと、公聴会で完了です!

This Life within all living things, my Prince!この人生に生きとし生けるもの、私のプリンス!
Hides beyond harm; scorn thou to suffer, then,非表示に危害を超え;軽蔑なたに苦しむ、その後、
For that which cannot suffer.そのこれに苦しむことはできません。 Do thy part!なたの部分は!
Be mindful of thy name, and tremble not!なたの名に留意し、震えるない!
Nought better can betide a martial soulゼロより良いことが起ころうとも、マーシャルの魂
Than lawful war; happy the warriorより合法的な戦争;幸せなの戦士
To whom comes joy of battle - comes, as now,誰には喜びの戦い-になれば、今すぐとして、
Glorious and fair, unsought; opening for him輝かしいかつ公正な、余計な;オープニング彼
A gateway unto Heav'n.かれがゲートウェイのheav'nです。 But, if thou shunn'stしかし、もしあなたshunn'st
This honourable field - a Kshattriya -この名誉あるフィールド-k shattriya-
If, knowing thy duty and thy task, thou bidd'stもし、なたの義務であり、なたのタスクを知って、なたbidd'st
Duty and task go by - that shall be sin!義務とタスクで行く-をしなければならない罪!
And those to come shall speak thee infamyなたに来るとは話す汚名

From age to age; but infamy is worseより年齢を年齢;しかし、汚名が悪い
For men of noble blood to bear than death!クマは男性よりも高貴な死に血液を!
The chiefs upon their battle chariotsかれらの戦い戦車の長老
Will deem 'twas fear that drove thee from the fray.があると判断'からTwasことを恐れる運転なたからの乱闘です。
Of those who held thee mighty souled the scornなたwho開かれた巨大な〜な精神を持った人の軽蔑
Thou must abide, while all thine enemiesなたに従わなければなりませんし、すべての御身の敵

(continues . . . ) (続いている。 。 。 。 。 )


Hinduismヒンドゥー教

Catholic Information カトリックの情報

Hinduism in its narrower sense, is the conglomeration of religious beliefs and practices existing in India that have grown out of ancient Brahminism, and which stand in sharp contrast to orthodox, traditional Brahminism today.ヒンドゥー教は、狭い意味では、利益のは、既存の宗教的信念と実践して成長するインドの古代のバラモン教、および正統派のスタンドで際立って対照的に、伝統的なバラモン教です。 Hinduism is the popular, distorted, corrupted side of Brahminism.ヒンドゥー教は、人気の、ゆがんだ、破損した側のバラモン教です。 In its broad sense, it comprises those phases of religous, social, and intellectual life that are generally recognized in India today as the legitimate outgrowth of ancient Brahmin institutions, and hence are tolerated by the Brahmin priests as compatible with Brahmin traditions.は、広い意味で、それは、これらの段階の宗教的、社会的、および知的生活を送って今日としては一般的に認識され、合法的な伸長インド古代のバラモン機関、およびそれゆえに容認されたバラモンバラモン司祭としての伝統と互換性があります。 Far from being a uniform system of worship, Hinduism, in this large sense, comprises, besides orthodox Brahminism, the numerous sectarian developments of cult in honour of Vishnu, Siva, and their associates, in which for centuries the great mass of the people have found satisfaction for their religious cravings.システムの完成には程遠い制服崇拝、ヒンドゥー教、この大規模な意味では、構成、正統派のバラモン教のほか、教団の動向を、多くの宗派間のビシュヌ神に捧げ、 siva 、およびそれらのアソシエイツでは何世紀もの人々の大質量宗教的な満足度の禁断症状が見つかりました。 In Hinduism, as distinguished from the heretical sects of India, it is of minor importance what sort of worship is adopted, provided one recognizes the supremacy of the Brahmins and the sacredness of Brahmin customs and traditions.はヒンドゥー教、異端として著名な宗派のインドから、それはどのような枝葉の礼拝を採用し、提供さを認識して1つの覇権を握るのは、神聖brahminsとバラモンの風習や伝統します。 In the pantheistic all-god Brahma, the whole world of deities, spirits, and other objects of worship is contained, so that Hinduism adapts itself to every form of religion, from the lofty monotheism of the cultivated Brahmin to the degraded nature-worship of the ignorant, half savage peasant.汎神論は、すべて神の梵天は、全世界の神々 、スピリッツ、およびその他のオブジェクトが含ま崇拝するように、すべてのフォームに自分自身を適応ヒンドゥー教の宗教、一神教からの高尚な劣化を栽培してバラモンの自然崇拝の無知、野蛮な農民の半分です。 Hinduism, to quote Monier Williams, "has something to offer which is suited to all minds. Its very strength lies in its infinite adaptability to the infinite diversity of human characters and human tendencies. It has its highly spiritual and abstract side suited to the metaphysical philosopher151its practical and concrete side suited to the man of affairs and the man of the world-its esthetic and ceremonial side suited to the man of poetic feeling and imagination-its quiescent and contemplative side suited to the man of peace and lover of seclusion. Nay, it holds out the right hand of brotherhood to nature-worshippers, demon-worshippers,ヒンドゥー教、 monierウィリアムズを引用し、 "何かを提供するにはこれはすべての心に適しています。その無限の強みは、非常に適応して人間の文字と人間の無限の多様性の傾向です。それは、非常に精神的、抽象的側面に適して、形而上現実的かつ具体philosopher151its側に適してその男の情勢とその男のエステと、世界的にその儀式の側に向いて、男の詩的な感覚と想像力-その自己と観想側に適してその男の平和と恋人の隔離します。いや、それを保持して兄弟の右手を自然崇拝、悪魔の崇拝者、

animal-worshippers, tree-worshippers, fetish-worshippers.動物の参拝は、カテゴリ-崇拝、フェチ-崇拝者です。 It does not scruple to permit the most grotesque forms of idolatry, and the most degrading varieties of superstition.気がとがめるを許可することはありません、最もグロテスクな形の偶像崇拝し、ほとんどの種類の迷信を分解します。 And it is to this latter fact that yet another remarkable peculiarity of Hinduism is mainly due-namely, that in no other system in the world is the chasm more vast which separates the religion of the higher, cultured, and thoughtful classes from that of the lower, uncultured, and unthinking masses" (Brahmanism and Hinduism, 1891, p. 11). Hinduism is thus a national, not a world religion, it has never made any serious effort to proselytize in countries outside of India. The occasional visits of Brahmins to countries of Europe and America, and their lectures on religious metaphysics are not to be mistaken for genuine missionary enterprises. Not to speak of its grosser phases, Hinduism, even in its highest form known as Brahminism, could not take root and flourish in countries where the caste system and the intricate network of social and domestic customs it implies do not prevail. Nor has Hinduism exercised any notable influence on European thought and culture. The pessimism of Schopenhauer and his school is indeed very like the pessimism of Buddhism and of the Vedanta system of philosophy, and seems to have been derived from one of these sources. But apart from this unimportant line of modern speculation, and from the abortive theosophic movement of more recent times, one finds no trace of Hindu influence on Western civilization. We have nothing to learn from India that makes for higher culture. On the other hand, India has much of value to learn from Christian civilization.後者のことが、この事実を別の顕著な特徴はまだありませんヒンドゥー教が主な要因-すなわち、他のシステムではないが、世界の他の広大なの溝を深くするの宗教を分かつが高いほど、培養し、思いやりのクラスからしている低く、 uncultured 、と軽率な大衆" (バラモン教やヒンドゥー教、 1891 、 p. 11学)です。ヒンドゥー教は、このように、国家ではなく、世界の宗教、それは一度も深刻な努力をするインド以外の国々の改宗をします。 、たまに訪問brahminsを国のヨーロッパやアメリカ、およびそれらの講義を行う宗教的な形而上学は、正規の宣教師しないように誤解される企業です。グロッサーしないように話すの段階で、ヒンドゥー教でもバラモン教の最高の形として知られ、ルートと頭角を現すことができませんでしたが国は、カースト制度とネットワークの複雑な社会や国内の税関に勝つ意味はありません。も顕著な影響を及ぼすすべての行使はヒンドゥー教の思想と文化の欧州の悲観論のショーペンハウアーと彼の学校は確かに非常に仏教との悲観論のようにvedantaシステムの哲学、と思わされ、これらのソースから派生したの1つです。しかし、この取るに足りないラインを離れモダンな投機は、失敗に終わったとの接神論者の動きを他の最近の回、 1つの検出された形跡がない西洋文明ヒンドゥー教の影響を及ぼす。私たちは何もないよりインドを学ぶことにより、より高い文化です。その一方で、インドは多くの価値をキリスト教文明から学ぶ。

According to the census of 1901, the total population of India is a little more than 294,000,000 souls, of which 207,000,000 are adherents of Hinduism.センサスによると、 1901年の総人口はインドでは、ほとんどの魂を超える294000000 、 207000000アール支持者のヒンズー教のです。 The provinces in which they are most numerous are Assam, Bengal, Bombay, Berrar, Madras, Agra, and Oudh, and the Central Provinces.彼らはほとんどの州では多数のは、アッサム、ベンガル、ボンベイ、 berrar 、マドラス、アグラ、およびアウド、および、中央地方です。 Of foreign religions, Mohammedanism has, by dint of long domination, made the deepest impression on the natives, numbering in India today nearly 62,500,000 adherents.外国人の宗教、宗教イスラム教には、勤勉な長い支配され、深い印象を与えるのは、先住民、インドのナンバリング62500000今日ほぼ支持します。 Christianity, considering the length of time it has been operative in India, has converted but an insignificant fraction of the people from Hinduism.キリスト教、時間の長さを考慮して手術されインドでは、取るに足りない分画は、変換ではなく、ヒンドゥー教の人々からです。 The Christians of all sects, foreign officials included, number but 2,664,000, nearly one-half being Catholics.キリスト教徒のすべての宗派、外国人職員含まれるもの、 2664000号しかし、 1つの半分近くがカトリック教徒です。

It was not till towards the end of the eighteenth century that Europeans-excepting Father de Nobili and a few other early missionaries-acquired any knowledge of Sanskrit and allied tongues in which the sacred literature of India was preserved.それまでは、 18世紀の終わりに向かってその父デノビリとヨーロッパ-除いて、他に数人の早期宣教師-サンスクリット語の知識を獲得すると舌では、神聖な文学同盟のインドは保持されます。 The extensive commerce which the English developed in Bombay and other parts of India gave occasion to English scholars to make extensive studies in this new field of Oriental research.の大規模な商取引は、英語の他の部分に開発されたボンベイとインドは英語学者を作る機会を利用してこの新しい分野の広範な研究オリエンタル研究します。 Sir William Jones was one of the first European scholars to master Sanskrit and to give translations of Sanskrit texts.サーウィリアムジョーンズは、 1つのサンスクリット語をマスターするの最初の欧州の学者やテキストを与えるサンスクリット語の翻訳をします。 He translated in 1789 one of Kalidasa's classic dramas, the "Sakuntalã", and in 1794 published a translation of the "Ordinances of Manu".彼は1789年に翻訳kalidasaのクラシックドラマの1つは、 " sakuntalã " 、および1794で公開するの翻訳は、 "条例のマヌー"です。 He founded, in 1784, the Royal Asiatic Society, destined to prove a powerful means of diffusing the knowledge of Indian literature and institutions.彼に設立、 1784年、ロイヤルアジア社会、運命を証明する強力な手段の拡散の知識を、インドの文学と機関です。 An able, but less famous, contemporary was the Portuguese missionary, Father Paulinus a Sancto Bartholomeo, to whom belongs the honour of composing the first European grammar of the Sanskrit tongue, published at Rome in 1790.すること、しかし、あまり有名な、現代の宣教師は、ポルトガル語、父親パウリヌスをsancto bartholomeo 、誰に属するの名誉の作曲の最初の欧州のサンスクリット語の文法の舌は、 1790年ローマで公開されます。 The first important study of Indian literature and rites was made by Henry T. Colebrooke.インドの研究の最初の重要な儀式が行われた文学とヘンリーt.コールブルックされています。 His "Miscellaneous Essays on the Sacred Writings and Religion of the Hindus", first published in 1805, became a classic in this new field of research.彼の"上の随筆は、ヒンズー教徒と宗教の聖典" 、最初に発行さ1805 、クラシックでは、この新しい分野の研究です。 The collection was reedited in 1873 by Professor EB Cowell, and is still a work of great value to the student of Hinduism. 1873年のコレクションreedited教授は言ったカウエル、とはまだ大きな仕事をするの値をヒンドゥー教の学生です。 Other distinguished scholars of England who contributed to the knowledge of Brahminism and Hinduism were Horace H. Wilson, author of a Sanskrit dictionary and of a translation of the Vishnu Purana (1840) and other Hindu texts; John Muir, author of the great work "Original Sanskrit Texts on the Origin and History of the People of India, their Religions and Institutions" (5 vols., London, 1858-70), and Sir Monier Williams, whose work "Brahmanism and Hinduism, Religious Thought and Life in India" (4th ed., London, 1891), is a masterly exposition of Hinduism.他の著名な学者のイングランドwhoに貢献してバラモン教やヒンドゥー教の知識を笠原ホーレスウィルソンが、著者は、サンスクリット語の翻訳辞書をダウンロードすると、ビシュヌ神プラーナ( 1840 )や他のヒンドゥー教のテキスト;ジョンミューア、著者は、偉大な作品"オリジナルのサンスクリット語のテキストの起源と歴史のインドの人々は、彼らの宗教と文化機関" ( 5 vols学です。 、ロンドン、 1858年から1870年) 、およびmonierウィリアムズ卿、その作品"バラモン教やヒンドゥー教、インドの宗教思想や生活" (第4エド。 、ロンドン、 1891 ) 、ヒンドゥー教は、見事な博覧会です。 With these may be associated Professor Max Müller, though whose exertions the most important sacred texts of India as well as of other Oriental lands have been made accessible to English readers in the well-known collection, "The Sacred Books of the East".これらの5月に関連付けられた教授マックスミュラー、かかわらず、その努力の最も重要な神聖なテキストのインドの土地だけでなく、他のオリエンタルされてアクセスできるように英語の読者は、よく知られてコレクションは、 "神聖な書籍の東"です。 In America Professor William D. Whitney made valuable contributions to the understanding of the Atharva Veda and other Brahmin texts.アメリカで教授のウィリアムd.ホイットニーの理解を深めては、貴重な貢献をすると他のバラモンヴェーダatharvaテキストです。 His labours have been ably supplemented by the studies of Professors CR Lanman, M. Bloomfield, and EW Hopkins.彼の仕事が行き届いても補足された研究教授cr lanman 、男性ブルームフィールド、およびニューホプキンスです。 The contributions of Continental scholars to the knowledge of the literature and religions of India are of the very greatest importance.大陸の学者、知識への貢献は、文学と宗教のインドは、非常に最も重要なのです。 The distinguished Orientalist Eugène Burnouf, in the midst of his studies on Buddhism and Zoroastrianism, found time to translate in part the "Bhagavata Purana" (Paris, 1840).東洋の識別ウジェーヌburnoufは、彼の研究の真っただ中には、仏教やゾロアスター教、発見時刻の部分を翻訳する" bhagavataプラーナ" (パリ、 1840 ) 。 R. Roth and F. Kuhn made valuable studies on the early Vedic texts, while Chr. r.ロートと女性クーンはヴェーダの初期の貴重な研究をテキスト、 chrです。 Lassen produced his "Indische Alterthumskunde" in four volumes (Bonn, 1844-61), a monument of erudition.ラッセン生産彼の"インドalterthumskunde "の4つの巻号(ボン、 1844年から1861年)は、記念碑の博学です。 A. Weber, among other works in this field, published a "History of Indian Literature" (English translation, London, 1892). a.ウェーバーは、この分野で他の作品のうち、公開する"の歴史をインドの文学" (英語の翻訳、ロンドン、 1892 ) 。 Eminent modern Indianists are A. Barth, author of the excellent "Religions of India" (London, 1882), H. Oldenberg, and G. Bühler, whose valuable translations of sacred texts may be found in the "Sacred Books of the East".著名な現代indianists範囲は、 a. 、著者は、優れた"宗教のインド" (ロンドン、 1882 ) 、笠原オルデンベルク、およびg. bühler 、その貴重な技術情報の翻訳の神聖なテキストが見つかることがありますは、 "神聖な書籍は、東"です。 Among those who have made valuable contributions to the study of Hinduism are a number of Catholic priests. whoが作らうちの研究の貴重な貢献をするヒンドゥー教は、数多くのカトリックの司祭です。 Besides Father Paulinus, already mentioned, are the Abbé Roussel, who was chosen to assist in completing the translation of the voluminous "Bhagavata Purana", begun by Burnouf, and who has besides published interesting studies on Hinduism; the Abbé Dubois, who published a masterly exposition of Modern Hinduism under the title "Hindu Manners, Customs and Ceremonies" (Oxford, 1897); and Father J. Dahlmann, SJ Finally, it is but fair to note that considerable excellent work is being done by native Hindu scholars in translating and interpreting sacred Hindu texts.父パウリヌスのほか、前述のように、ルーセルは、 abbé 、 whoが選ばれたの完成を支援するの翻訳は、膨大な" bhagavataプラーナ" 、 burnouf開始され、興味深い研究をwhoにはヒンドゥー教のほかで公開し、 abbéデュボア、 whoで公開する見事な博覧会のタイトルの下に近代ヒンドゥー教"ヒンドゥー教の礼儀作法、風習や儀式" (オックスフォード大学、 1897 ) ;と父親j.ダールマン、 sj最後に、これはしかし、かなりの公正さに注意して素晴らしい仕事をされて行われるヒンドゥー教の学者でネイティブの翻訳ヒンドゥー教の神聖なテキストと解釈します。 One of the most diligent is Nath Dutt, author of the following works: "The Mahabharata, Translated Literally from the Sanskrit Text", Parts I-XI (Calcutta, 1895-99); "The Bhagavadgita" (Calcutta, 1893); "The Vishnu Purana Translated into English Prose" (Calcutta, 1896).ナスの1つで最も勤勉はダット、著者には、次の作品: "マハーバーラタ、文字通りからのサンスクリット語のテキスト翻訳" 、部品私-字傳(カルカッタ、 1895年から1899年) ; " bhagavadgita " (カルカッタ、 1893 ) ; "英語に翻訳され散文のビシュヌ神プラーナ" (カルカッタ、 1896 ) 。 FB Pargiter has translated into English the "Markandeya Purana", Fasc.フライングブルーpargiterは英語に翻訳され、 " markandeyaプラーナ" 、 fasc 。 i-vi (Calcutta, 1888-99), and EPC Roy, besides giving an English translation of the Mahabharata (Calcutta. 1883-96), has published the "Sree Krishna" (Calcutta, 1901).私- 6 (カルカッタ、 1888年から1899年) 、およびサービスEPCロイは、英語の翻訳は、するだけでなく、マハーバーラタ( calcutta. 1883年から1896年)には、公開の" sreeクリシュナ" (カルカッタ、 1901 ) 。 M. Battacharya has published an interesting work entitled "Hindu Castes and Sects" (Calcutta, 1896).男性battacharyaは、公開の興味深い作品権利"カーストとヒンドゥー教の宗派" (カルカッタ、 1896 ) 。

Publication information Written by Charles F. Aiken.出版物の情報執筆者チャールズ女性エーケンです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume VII.専用のは、イエスキリストの神聖なのは、カトリックの中心部に百科事典、第20巻Ⅶ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.公認、 1910年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Ann.アンです。 du Musée Guimet (Paris, 1885); HOPKINS, The Grand Epic of India, its Character and Origin (New York, 1901); India Old and New (New York, 1901); Religions of India (Boston, 1895); MITCHELL, The Great Religions of india (New York, 1906); WILLIAMS, Hinduism (New York, 1897); DAHLMANN, Das Mahabharata als Epos und Rechtsbuch (Berlin, 1895); IDEM, Genesis des Mahabharata (Berlin, 1899); ROUSSEL, Légendes morales de l'Inde empruntées au Bhagavata Purana et au Mahabharata (2 vols., Paris, 1900-01); IDEM, Cosmologie hindoue d'après le Bhagavata Purana (Paris, 1898); DE TASSY, Histoire de la littérature hindoue et hindoustanie (3 vols., Paris, 1870-71); WILKINS, Modern Hinduism (2nd ed., London, 1887); COLINET, Les Doctrines philosophiques et religieuses de La Bhagavadgita (Paris, 1884).デュミュゼギメ(パリ、 1885 ) ;ホプキンス、インドの大叙事詩は、その性格と起源(ニューヨーク、 1901 ) ;インド古いものと新しいもの(ニューヨーク、 1901 ) ;宗教オブインディア(ボストン、 1895 ) ;ミッチェル、偉大な宗教のインド(ニューヨーク、 1906 ) ;ウィリアムズ、ヒンドゥー教(ニューヨーク、 1897 ) ;ダールマン、叙事詩und dasマハーバーラタals rechtsbuch (ベルリン、 1895 ) ;同じ、創世記デマハーバーラタ(ベルリン、 1899 ) ;ルーセル、 légendesモラレスデbhagavataプラーナet l'インデックスempruntées au auマハーバーラタ( 2 vols学です。 、パリ、 1900-01 ) ;同じ、 cosmologie hindoue d' apr鑚ルbhagavataプラーナ(パリ、 1898 ) ;ドタシー、 histoireデラlittérature hindoue et hindoustanie ( 3 vols学です。 、パリ、 1870-71 ) ;ウィルキンス、モダンなヒンドゥー教(第2版、ロンドン、 1887 ) ; colinet 、レ教説philosophiques et religieusesデラbhagavadgita (パリ、 1884 ) 。


Brahminismバラモン教

Catholic Information カトリックの情報

By Brahminism is meant the complex religion and social system which grew out of the polytheistic nature-worship of the ancient Aryan conquerors of northern India, and came, with the spread of their dominion, to be extended over the whole country, maintaining itself, not without profound modifications, down to the present day.バラモン教の複雑な意味では、宗教や社会システムに生えていたの自然崇拝の多神教の古代インド北部のアーリア人の征服者、およびがやってきて、彼らのドミニオンのまん延を、国全体に拡張し、維持自体ではなく、深遠な変更せず、下に、現在の日です。 In its intricate modern phases it is generally known as Hinduism.段階的には、複雑な近代ヒンドゥー教は一般的に知られています。

I. BRAHMIN TEXTS i.バラモンテキスト

Our knowledge of Brahminism in its earlier stages is derived from its primitive sacred books, originally oral compositions, belonging to the period between 1500-400 BCバラモン教の知識を私たちは、それ以前の段階ではその原始から派生した神聖な書籍、もともと経口組成、紀元前一五〇 〇から四〇 〇までの間の時間に属して

First of all, there are four Vedas (veda means wisdom) dating from 1500 to 800 BC, and consistingまず第一に、次の4つのヴェーダ(ヴェーダ手段の知恵)出会い系千五百〜八百紀元前、および構成

of a collection of ancient hymns (riks),the so-called Rig-Veda, in praise of the many gods;古代の賛美歌のコレクション( riks ) 、いわゆるリグヴェーダは、褒め言葉に多くの神々 ;

of the Sama-veda, compiled from parts of the Rig-Veda as a song-service for the soma-sacrifice;ヴェーダの病気、コンパイルからの部品は、リグヴェーダ歌としてサービスを相馬-犠牲;

of the Yajur-Veda, a liturgy composed partly of ancient hymns and partly of other prayers and benedictions to be used in the various forms of sacrifice; yajur -ヴェーダのは、古代の部分で構成さ典礼部分の他の祈りと賛美歌とされるbenedictionsの犠牲を伴う様々な形で使用されて;

and of the Atharva-Veda, a collection of popular exorcisms and magical incantations largely inherited from primitive Aryan days.とは、 atharva -ヴェーダ、人気のコレクションを大きくexorcismsと魔法の呪文原始的アーリア人から継承した日後終了。

Next in order are the Brahmanas (about 1000-600 BC).次のためには、 brahmanas (約紀元前千から六百) 。 They are a series of verbose and miscellaneous explanations of the texts, rites, and customs found in each of the four Vedas, composed expressly for the use of the Brahmins, or priests.彼らは、一連の詳細およびその他の説明は、テキスト、儀式、および各税関発見さの4つのヴェーダ、明示的には、使用する構成brahminsか、または司祭です。 They are followed (800-500 BC) by the so-called Upanishads, concerned chiefly with pantheistic speculations on the nature of deity and the end of man; and lastly, by the Sutras (600-400 BC), which are compendious guides to the proper observance of the rites and customs.彼らはその後(紀元前八〇 〇 〜五〇 〇 )されたいわゆるupanishads 、主に汎神論の関係の性質を推測するの最後に神と人間の、そして最後に、された経文(六〇 〇 〜四〇 〇紀元前)には簡潔なガイドを適切な遵守の儀式や習慣のです。 The most important are the Grhya-Sutras, or house-guides, treating of domestic rites, and the Dharma-sutras, or law-guides, which were manuals of religious and social customs.最も重要なのgrhya -経文か、または家のガイド、国内の治療の儀式、と戒律-経文か、または法-ガイド、これは宗教的、社会的慣習のマニュアルをします。 Being meant for layman as well as priest, they reflect the popular, practical side of Brahminism, whereas the Brahmanas and Upanishads show us the religion on its priestly, speculative side.素人が意味を司祭だけでなく、それらを反映して人気の、実用的な側面をバラモン教、 brahmanasとupanishadsが、詳細問い合わせの宗教上の聖職者、投機筋の側です。 Closely related to the law-guides is the justly famed metrical treatise, Manava-Dharma-Sastra, known in English as the Laws of Manu.密接に関係して同法-ガイドは、当然の有名な韻律論文、 manava -ダーマ- sastra 、英語として知られてマヌーの法律に基づいています。 It belongs probably to the fifth century BC These, together with the two sacred epics of a later age, the "Ramayana," and the "Mahabharata," embrace what is most important in sacred Brahmin literature.に属し、おそらく紀元前5世紀して、これらの、 2つの神聖な叙事詩と一緒に、後の時代のは、 "ラーマーヤナ"と"マハーバーラタ、 "抱擁何が最も重要な神聖なバラモン文学です。

II. Ⅱ 。 EARLY BRAHMINISM OR VEDISM初期のバラモン教やベーダ教

The religion of the Vedic period proper was comparatively simple.ヴェーダの宗教は、適切な期間は比較的簡単です。 It consisted in the worship of many deities, great and small, the personified forces of nature.崇拝することで構成は、多くの神々 、大と小は、自然の力を権化のような人です。 Prominent among these wereこれらの間では著名な

Varuna, the all-embracing heaven, maker and lord of all things and upholder of the moral law;水天は、天国の丸抱え、メーカーとの主のすべてのものと支持者は、道徳律;

the sun-god, variously known as太陽の神として知られてさまざま

Surya, the enemy of darkness and bringer of blessings; asスールヤは、暗闇の敵と女の祝福;として

Pushan the nourisher;プーシャンのnourisher ;

Mitra, the omniscient friends of the good, and the avenger of deceit; asミトラは、友達との全知の良い、とアベンジャーのペテン;として

Savitar the enlightener, arousing men to daily activity, and as Vishnu, said to have measured the earth in three great strides and savitarのenlightener 、官能的な男性の日常活動、およびビシュヌ神として、測定値によると、地球には3つの長足の進歩と

to have given the rich pastures to mortals;には豊かな牧草地を与えられた人間;

the god of the air, Indra, like Mars, also, the mighty god of war, who set free from the cloud-serpent Ahi (or Vritra), the quickening rain; Rudra, later known as Siva, the blessed one, the god of the destructive thunderstorm, an object of dread to evil-doers, but a friend to the good; Agni, the fire-god, the friend and benefactor of man, dwelling on their hearths, and bearing to the gods their prayers and sacrificial offerings; Soma, the god of that mysterious plant whose inebriating juice was so dear to the gods and to man, warding off disease, imparting strength and securing immortality.の神の空気、インドラ、火星のような、また、偉大なゴッドオブウォー、 whoセット無料からの雲-ヘビキハダマグロ(またはvritra )は、高まる雨;ルドラ、へsivaとして知られ、神の祝福を1つの神雷雨の破壊、恐怖のオブジェクトを邪悪なる者を駆逐するのではなく、友達にして良い;アグニ、火の神は、男友達との恩人、居住してhearths 、および軸受の神々に祈りと犠牲を提供;相馬、その神秘的な植物の神のinebriatingジュースはとても親愛なるを神とは人間に、 wardingオフ疾患、流動性を確保する強さと不滅です。

There were no temples in this early period.この初期の寺院ではない期間です。 On a small mound of earth or of stones the offering was made to the gods, often by the head of the family, but in the more important and complicated sacrifices by the priest, or Brahmin, in union with the householder.地球のマウンドには、小さな石の提供が行われたかの神々を、ご家族の頭の部分を頻繁にされ、しかし、もっと重要なの司祭とされる複雑な犠牲を払うか、またはバラモンは、労働組合の持ち家のです。 The object of every sacrifice was to supply strengthening food to the gods and to secure blessings in return.そのオブジェクトのすべての犠牲は、神々に食糧を供給の強化をセキュリティで保護するとの幸運を返します。 Human victims, though rare, were not wholly unknown, but animal victims were at this period in daily use.人間の犠牲者が、貴重なもので、完全には不明ですが、しかし、動物のこの時期に犠牲者が日常的に使用しています。 First in importance was the horse, then the ox or cow, the sheep, and the goat.最初は馬の重要性は、その後、牛や牛、羊、ヤギとします。 Offerings of clarified butter, rice, wheat, and other kinds of grain were also very common.澄ましバターの提供、コメ、小麦、および他の種類の穀物にも非常に共通です。 But dearer to the gods than any of these gifts, and rivaling the horse-sacrifice in solemnity, was the offering of the inebriating juice of the Soma-plant, the so-called Soma-sacrifice.しかし、神々をよりdearerのいずれかのギフト、と厳粛さを犠牲に匹敵する馬に、 inebriatingは、ジュースを提供し、相馬工場は、いわゆる相馬-犠牲にします。 Hymns of praise and petitions, chiefly for the good things of life, children, health, wealth, and success in undertakings, accompanied these sacrificial offerings.賛美歌の褒め言葉と嘆願書は、主には、良いものの生活、子供たち、健康、富、および事業の成功は、これらのいけにえの同行提供します。 But the higher needs of the soul were not forgotten.しかし、より高いニーズを忘れてしまったの魂がない。 In hymns of Varuna, Mitra, and the other gods there are striking texts expressing a sense of guilt and asking for forgiveness.賛美歌の水天で、ミトラ、および、他の神々を文章には目を見張る罪悪感を表現すると許しを求める。 At a time when the earlier Hebrew scriptures were silent as to the rewards and punishments awaiting man in the future life, we find the ancient rik-bards giving repeated expression to their belief in a heaven of endless bliss for the just, and in an abyss of darkness for the wicked.しているときにはサイレントでしたが、以前のヘブライ語の経典としての報酬と処罰を待って男が、将来の生活は、私たちの古代rik - bards与え繰り返されるの信仰を表現して、天国の無限のブリスは、わずか、および奈落の底へ邪悪な闇をします。

Devotion to the Pitris (Fathers), or dead relatives, was also a prominent element in their religion.献身的な愛情をpitris (父親) 、または死んだ親戚、著名な要素には、自分たちの宗教もある。 Although the Pitris mounted to the heavenly abode of bliss, their happiness was not altogether independent of the acts of devotion shown them by the living. pitrisは、天の住まいのブリスマウントして、彼らの幸せはない献身的な愛情行為を完全に独立して表示された生活しています。 It could be greatly increased by offerings of Soma, rice, and water; for like the gods they were thought to have bodies of air-like texture, and to enjoy the subtile essence of food.それが大幅に増加し、サービスの相馬、コメ、と水;を神のように考えられていたが遺体の空気のようなテクスチャで、食品の本質を楽しむのsubtileです。 Hence, the surviving children felt it a sacred duty to make feast-offerings, called Sraddhas, at stated times to their departed Pitris.それゆえ、残された子供たちの神聖な義務を作ることを感じた饗宴-提供と呼ばれるsraddhas 、記載してディパーテッドpitris回です。 In return for these acts of filial piety, the grateful Pitris protected them from harm and promoted their welfare.見返りのために、これらの行為の親孝行は、 pitris感謝してから保護に悪影響を与えると福祉を推進します。 Lower forms of nature-worship also obtained.下等な自然崇拝も得られます。 The cow was held in reverence.畏敬の念が開催された牛です。 Worship was given to trees and serpents.木々やヘビを崇拝するが与えられた。 Formulae abounded for healing the diseased, driving off demons, and averting evil omens.式aboundedための病気の治癒、運転オフ悪魔は、邪悪なomensと回避します。 Witchcraft was dreaded, and recourse to ordeals was common for the detection of guilt.魔術は恐ろしい、との頼みの綱には、共通の試練の罪悪感に、検出します。

III. Ⅲ 。 POPULAR BRAHMINISM人気のバラモン教

In the period that saw the production of the Brahmanas and the Upanishads, the Vedic religion underwent a twofold change.は、期間を見たの生産をbrahmanasとupanishadsは、ヴェーダの宗教を二重に変更されています。 On the practical side there was an exuberant growth of religious rites and of social restrictions and duties, while on the theoretical side, Vedic belief in the efficacy of personal deities was subordinated to a pantheistic scheme of salvation.上の実用的な面があったの宗教的な儀式に熱狂的な成長と社会的規制と義務、上の理論上の側では、ヴェーダの神々の信仰を個人の効果は汎神論のスキームを救いに従属しています。 Thus the earlier religion developed on the one hand into popular, exoteric Brahminism, and on the other hand into priestly, esoteric Brahminism.そのため、以前の宗教の1つの手で開発さを人気の、平凡なバラモン教の上でも、他の聖職者の手を、難解なバラモン教です。 The former is reflected in the Brahmanas and the Sutras; the latter in the Upanishads.前者は反映されてbrahmanasと経文; upanishadsは、後者です。

The transformation to popular Brahminism was largely due to the influence of the Brahmins, or priests.バラモン教の転換を人気のためにはほとんどの影響を受けてbrahminsか、または司祭です。 Owing to their excessive fondness for symbolic words and forms, the details of ritual became more and more intricate, some assuming so elaborate a character as to require the services of sixteen priests.彼らのために過剰な思い入れが象徴する言葉とフォームの詳細をますます多くの複雑な儀式は、手の込んだ文字としていくつかの仮定を要求するためのサービスを16司祭です。 The sacrifice partook of the nature of a sacramental rite, the due performance of which was sure to produce the desired end, and thus became an all-important center around which the visible and invisible world revolved. partakeの過去のいけにえの性質は、神聖な儀式のためのパフォーマンスが終わり、目的の確認を生産する、とこのように重要なすべての中心となったのは、目に見えない世界に見えるとの要因の1つです。 Hence it merited liberal fees to the officiating priests.それゆえに見合った手数料をリベラルな司祭の司会です。 Still it was not a mere perfunctory rite, for if performed by an unworthy priest it was accounted as both useless and sacrilegious.静止していましたが、単なる通り一遍の儀式は、実行された場合に値しないことは、全体としての両方の司祭冒とく役に立たないとします。 In keeping with this complicated liturgy was the multitude of prayers and rites which entered into the daily life of both priest and layman.に沿って、この複雑な典礼は、多くの祈りと日常生活の儀式を入力すると素人の両方の司祭です。 The daily recitation of parts of the Vedas, now venerated as divine revelation, was of first importance, especially for the Brahmins.毎日の部分を暗唱するヴェーダ、今すぐ神の啓示として尊敬さが第一の重要性、特に、 brahminsです。 It was a sacred duty for every individual to recite, morning and evening, the Savitri, a short prayer in honor of the vivifying sun.それは個々の神聖な義務を暗唱するごとに、朝と夜になると、サーヴィトリー、短い祈りvivifying太陽に敬意を表しています。 A scrupulous regard for ceremonial purity, surpassing even that of the Jewish Pharisee, gave rise to an endless succession of purifactory rites, such as baths, sprinkling with water, smearing with ashes or cow-dung, sippings of water, suppressions of breath--all sacramental in character and efficacious for the remission of sin.実直な儀式の純度を払うべき注意を払って、 1,551億さえしているユダヤ人のパリサイ人、後継者は無限に上昇するのpurifactoryの儀式など、風呂、散水に水を、 smearingに灰や牛の糞、 sippingsの水を、 suppressions息-すべての聖礼典の性格と効果的な罪を寛解します。 There is reason to believe that the consciousness of guilt for sin committed was keen and vivid, and that in the performance of these rites, so liable to abuse, a penitential disposition of soul was largely cultivated.には理由があると確信して罪の意識の罪悪感を鮮やかにコミットは、鋭いとし、これらの儀式のパフォーマンスにして、虐待の責任を負いませんので、魂をざんげの処分はほとんど栽培です。

In popular Brahminism of this period the idea of retribution for sin was made to embrace the most rigorous and far-reaching consequences, from which, save by timely penance, there was no escape.この期間に人気のバラモン教の報復という考えを受け入れるために作られた罪最も厳格な遠大な結果となっており、タイムリーな苦行後のために保存され、エスケープはなかった。 As every good action was certain of future recompense, so every evil one was destined to bear its fruit of misery in time to come.すべての良いアクションが実行されたとして、特定のは未来の報酬は、すべての悪の1つは、その果実をする運命にあるクマの不幸に間に合うように来ています。 This was the doctrine of karma (action) with which the new idea of rebirth was closely connected.これは、教義のカルマ(アクション)には、新しいアイデアをリバースは密接につながっています。 While the lasting bliss of heaven was still held out to the just, different fates after death were reserved for the wicked, varying, according to the nature and amount of guilt, from long periods of torture in a graded series of hells, to a more or less extensive series of rebirths in the forms of plants, animals, and men.が、永続的ブリス天国はまだ行われただけアウトして、別の運命のために予約した後、邪悪な死は、さまざまな、自然との量によると、罪悪感は、より長い期間のグラデーションシリーズの地獄の拷問をする、して他の以下のフォームで大規模なシリーズのrebirthsの植物、動物、と男性です。 From the grade to which the culprit was condemned, he had to pass by slow transition through the rest of the ascending scale till his rebirth as a man of honorable estate was attained.学年からの非難にして、原因は、彼を通過しなければならなかったの残りの部分は徐々に移行するまでの彼のリバース昇順規模の立派な男としての不動産は達成します。 This doctrine gave rise to restrictive rules of conduct that bordered on the absurd.この学説は制限的に上昇するルールを境に、不合理な行動をします。 Insects, however repulsive and noxious, might not be killed; water might not be drunk till it was first strained, lest minute forms of life be destroyed; carpentry, basket-making, working in leather, and other similar occupations were held in disrepute, because they could not be carried on without a certain loss of animal and plant life.飼育、反発や有害しかし、特定に殺されるかもしれない;水のことかもしれないが最初に緊張まで酔って、フォームの生活を破壊しないように分;大工、かご作り、働いてレザー、およびその他の同様の職業が開催さdisrepute 、乗って運ばれるのでできませんでしたが、特定の動物や植物の生命の損失です。 Some zealots went so far as to question the blamelessness of tilling the ground on account of the unavoidable injury done to worms and insects.いくつかのzealotsとしては、これまでの耕起を問題にして地面をblamelessnessアカウントは、避けられないことをワームや昆虫の損傷します。 But on the other hand, the Brahmin ethical teaching in the legitimate sphere of right conduct is remarkably high.しかし他方では、バラモンは、倫理的な教育を行う正当な権利の球は非常に高い。 Truthfulness, obedience to parents and superiors, temperance, chastity, and almsgiving were strongly inculcated.正直、両親や上司の服従を、禁酒、貞操を守る、とalmsgivingが強くinculcatedです。 Though allowing, like other religions of antiquity, polygamy and divorce, it strongly forbade adultery and all forms of unchastity.かかわらずできるように、他の宗教のような古代、一夫多妻と離婚、それを強く姦通およびすべての形態の不貞を禁じています。 It also reprobated suicide, abortion, perjury, slander, drunkenness, gambling, oppressive usury, and wanton cruelty to animals.また、 reprobated自殺、妊娠中絶、偽証罪、誹謗中傷、酩酊、賭博、過酷な高利貸し、と理不尽な動物虐待をします。 Its Christianlike aim to soften the hard side of human nature is seen in its many lessons of mildness, charity towards the sick, feeble, and aged, and in its insistence on the duty of forgiving injuries and returning good for evil.そのchristianlike目指して柔らかく、ハード側の人間の本性は、多くの教訓を温厚に見られる、病気の慈善団体に向かって、弱々しい、および高齢者、および、その主張してけがをする義務が寛容とリピート悪良いです。 Nor did this high standard of right conduct apply simply to external acts.また右行為は、このハイスタンダードな行為を外部に適用するだけです。 The threefold division of good and bad acts into thought, words, and deeds finds frequent expression in Brahmánic teaching.善と悪の3倍課の行為を考え、言葉、および教育brahmánic式を行い頻繁に検出します。

Intimately bound up in the religious teaching of Brahminism was the division of society into rigidly defined castes.密接に結合した上でのバラモン教の宗教的指導部は、カースト社会を堅く定義されています。 In the earlier, Vedic period there had been class distinctions according to which the warrior class (Kshatriyas, or Rajanas) stood first in dignity and importance, next the priestly class (Brahmins), then the farmer class (Vaisyas), and last of all, the servile class of conquered natives (Sudras).で、以前の、ヴェーダ期のクラスの区別があったにして、武士階級による( kshatriyasか、またはrajanas )最初に立っていたの尊厳と重要性を、次の聖職者のクラス( brahmins ) 、その後、農夫のクラス( vaisyas ) 、および最終更新のすべてのは、卑屈なクラスの征服先住民( sudras ) 。 With the development of Brahminism, these four divisions of society became stereotyped into exclusive castes, the highest place of dignity being usurped by the Brahmins.バラモン教の開発、これらの4つの部門が紋切り型の社会を排他的なカースト、尊厳に最高の場所usurpedされたbrahminsです。 As teachers of the sacred Vedas, and as priests of the all-important sacrifices, they professed to be the very representatives of the gods and the peerage of the human race.教師としては、神聖なヴェーダ、およびとして司祭たちは、そのすべての重要な犠牲を払う、彼らは非常に代表される本職の神々と人間の貴族階級のレースです。 No honor was too great for them, and to lay hands on them was a sacrilege.かれらの名誉はあまりにも大きい、として敷設設計を冒とくを手にしていました。 One of their chief sources of power and influence lay in their exclusive privilege to teach the youth of the three upper castes, for education then consisted largely in the acquisition of Vedic lore, which only priests could teach. 1つのソースを最高権力と影響力のレイアウトに排他的な特権を教えるの若者の3つの上位カーストは、教育の大部分は、買収を入力し、構成ヴェーダ伝承、司祭が教えるだけです。 Thus the three upper castes alone had the right to know the Vedas and to take part in the sacrifices, and Brahminism, far from being a religion open to all, was exclusively a privilege of birth, from which the despised caste of Sudras was excluded.このように上位カーストの3つの権利を知っているだけでは、ヴェーダと犠牲に参加するために、とバラモン教、完成には程遠いすべての宗教を開いて、出生地は、排他的特権を、侮蔑されたのは、カーストのsudrasは除外されます。

The rite of initiation into Brahminism was conferred on male children only, when they began their studies under a Brahmin teacher, which took place generally in the eighth year of the Brahmin, and in the eleventh and twelfth years for the Kshatriya and the Vaisya respectively.バラモン教の儀式の開始を授与する男性は、子供たちにのみ、その研究が始まったときにバラモンの先生の下で、第8回が行われ、通常のイヤーオブザバラモン、および第11回と12年間、それぞれバイシャクシャトリヤとします。 It consisted in the investiture of the sacred cord, a string of white cotton yarn tired together at the ends, and worn like a deacon's stole, suspended on the left shoulder.叙任を構成することは、神聖なコードは、疲れの文字列を一緒に白い綿の糸の両端、および助祭の着用を盗んだのように、左の肩を停止します。 The investiture was a sort of sacrament in virtue of which the youth was freed from guilt contracted from his parents and became Dvi-ja, twice-born, with the right to learn the sacred Vedic texts and to take part in the sacrifices.の叙任は、並べ替えの聖餐式では、若者の美徳は罪悪感から解放さ彼の両親からの契約となったのDVI - jaに、 2回生まれで、右側のテキストを学習し、神聖なヴェーダに参加するために犠牲とします。 The period of studentship was not long for members of the warrior and farmer castes, but for the young Brahmin, who had to learn all the Vedas by heart, it consumed nine years or more.学生の身分はないの期間の長い会員は、武士や農民カースト、しかし、若いバラモン、 whoいたのすべてのヴェーダを学ぶを暗記し、それ以上の9年間消費します。 During this period, the student was subjected to severe moral discipline.この期間中は、生徒は重度の道徳的な規律を受ける。 He had to rise before the sun, and was not allow to recline until after sunset.太陽が上昇していたの前に、許可を倒すことはないとした後、日没までです。 He was denied rich and dainty foods, and what he ate at his two daily meals he had to beg.彼は金持ちときゃしゃな食品を否定し、どのような彼は彼の2つの毎日の食事を食べていたしてほしいと懇願します。 He was expected to observe the strictest chastity.彼は厳しい貞操を観察すると予想されます。 He was bound to avoid music, dancing, gambling, falsehood, disrespect to superiors and to the aged, covetousness, anger, and injury to animals.束縛を避けるために彼は音楽、ダンス、ギャンブル、虚偽、失礼なことを上司や高齢者、どん欲、怒り、動物やけがをします。

Marriage was held to be a religious duty for every twice-born.結婚が行われた宗教的義務をごとに2回は、生まれています。 It was generally entered upon early in life, not long after the completion of the time of studentship.これは、入力時の早い段階で、通常の生活ではなく、長い時間をした後、学生の身分の完成です。 Like the initiation rite, it was a solemn sacramental ceremony.加入儀礼のように、それは、聖礼典の厳粛な式典に参加します。 It was an imperative law that the bride and groom should be of the same caste in the principal marriage; for, as polygamy was tolerated, a man might take one or more secondary wives from the lower castes.それは、命令法は、新郎新婦にすべきであると同じカーストの主な結婚生活;ため、一夫多妻は容認では、男性がかかる場合があります1つまたは複数のセカンダリ妻からの低いカーストです。 For certain grave reasons, the household might repudiate his wife and marry another, but a wife on her part had no corresponding right of divorce.特定の墓上の理由から、彼の妻と、結婚し家庭を拒むかもしれない別のではなく、自分の妻を離婚の右側に対応する部分はない。 If her husband died, she was expected to remain for the rest of her life in chaste widowhood, if she would be honored on earth, and happy with him in heaven.彼女の夫が死亡した場合、予想を維持するため、彼女は彼女の人生の残りの部分で貞淑な配偶者の死亡、もし彼女が地球上で名誉ある、と彼は天国に満足しています。 The later Hindu practice known as the Suttee, in which the bereaved wife threw herself on the funeral pyre of her husband, seems at this period to have been unknown.ヒンドゥー教、後の夫に殉死する妻として知られて練習されるのは、遺族の妻の葬儀火葬を投げた自分の夫のようで、この期間にはなっていませんでした。 All knowledge of the Vedic texts was withheld from woman, but she had the right to participate with her husband in the sacrifices performed for him by some officiating priest.ヴェーダの知識をすべてのテキストの源泉からは女性だけど、彼女は彼女の夫の右側に参加するには、彼のことをいくつかの司会を犠牲司祭実行します。 One important sacrifice remained in his own hands--the morning and evening offering of hot milk, butter, and grain to the fire on the hearth, which was sacred to Agni, and was kept always burning. 1つの重要な犠牲に残って自分自身の手-の朝と夕方に提供し、ホットミルクやバターや火災に穀物を暖炉の上に、これをアグニは、神聖な、とは、常に燃えて保管します。

A strong tendency to asceticism asserted itself in the Brahminism of this period.禁欲主義を主張する傾向が強くなるこの期間自体は、バラモン教のです。 It found expression in the fasts preceding the great sacrifices, in the severe penances prescribed for various kinds of sin, in the austere life exacted of the student, in the conjugal abstinence to be observed for the first three days following marriage and on certain specified days of the month, but, above all, in the rigorous life of retirement and privation to which not a few devoted their declining years.それが見つかりました発現させた後、断食に先行し、大きな犠牲を払うは、重度のpenances所定のための様々な種類の罪は、質素な生活のexactedは、学生は、観測される禁断の夫婦の最初の3日間の結婚と次のように特定の指定日間今月の、しかし、なによりも、退職後の生活は、厳密な不自由をしないと、数年献身的に低下しています。 An ever increasing number of householders, chiefly Brahmins, when their sons had grown to man's estate, abandoned their homes and spent the rest of their lives as ascetics, living apart from the villages in rude huts, or under the shelter of trees, eating only the simplest kinds of food, which they obtained by begging, and subjecting themselves to extraordinary fasts and mortifications.ますます増加数の住宅は、主にbrahmins 、ときにその人の息子が成長して男の不動産、捨てられた自分の家で過ごした彼らの生活の残りの部分としてascetics 、生活の村では別に失礼な小屋か、または避難所の木々の下に、食べるだけ最も単純な種類の料理を、物ごいをして得られた、として臨時の対象とmortifications断食です。 They were known as Sannyasis, or Yogis, and their severity of life was not so much a penitential life for past offenses as a means of acquiring abundant religious merits and superhuman powers. sannyasisとして知られていたか、またはyogis 、およびそれらの重症度の人生はざんげの生活というより、過去の犯罪を取得する手段として、豊富な宗教的なメリットと、超人的な力です。 Coupled with these mortifications was the practice of Yogi (union).結合の実践は、これらのmortificationsは、ヨギ(労働組合) 。 They would sit motionless with legs crossed, and, fixing their gaze intently on an object before them, would concentrate their thought on some abstract subject until they lapsed into a trance.彼らはじっと座って脚を交差すると、固定にしてじっと見詰める上でオブジェクトの前に、いくつかの抽象的思考が集中してアジ研まで彼らをトランス失効します。 In this state they fancied they were united with the deity, and the fruit of these contemplations was the pantheistic view of religion which found expression in the Upanishads, and left a permanent impress on the Brahmin mind.架空の彼らは、このような状態にするUnitedの神、およびこれらの果物contemplations汎神論の対象は、宗教を発現させた後、 upanishadsが見つかりましたし、恒久的な印象を残して心のバラモンです。

IV. Ⅳ 。 PANTHEISTIC BRAHMINISM汎神論のバラモン教

The marked monotheistic tendency in the later Vedic hymns had made itself more and more keenly felt in the higher Brahmin circles till it gave rise to a new deity, a creation of Brahmin priests.へのスパム一神教的な傾向は、ヴェーダていた賛美歌そのものをもっともっと切実に感じられるが高いとバラモン円まで上昇することは、新しい神は、バラモン司祭を作成します。 This was Prabjapati, lord of creatures, omnipotent and supreme, later known as Brahmá, the personal creator of all things. prabjapatiこれは、主の生き物、全能の神と最高、へbrahmáとして知られては、個人的な創作者のすべてのものです。 But in thus looking up to a supreme lord and creator, they were far removed from Christian monotheism.しかし、このように最高のルックアップして創造主と、彼らはキリスト教の一神教から懸け離れている。 The gods of the ancient pantheon were not repudiated, but were worshipped still as the various manifestations of Brahmá.古代の神々のパンテオンは否定しないですが、まだとして崇拝のbrahmáの様々な症状を呈している。 It was an axiom then, as it has been ever since with the Hindu mind, that creation out of nothing is impossible.それは、公理入力し、されて以来、ヒンドゥー教の精神、その創造は振れないことは不可能です。 Another Brahmin principle is that every form of conscious individuality, whether human or Divine, implies a union of spirit and matter.別のバラモンの原則は、あらゆる形の個性を意識し、人間や神のかどうか、労働組合の精神と物質を意味します。 And so, outside the small school of thinkers who held matter to be eternal, those who stood for the supreme personal god explained the world of visible things and invisible gods as the emanations of Brahmá.そこで、外部の小さな学校の思想家who開催される永遠の問題は、これらの個人的な神の最高who立っていたため説明して神々の世界に見えるものと見えないbrahmáとしてemanationsのです。 They arrived at a personal pantheism.個人的な汎神論彼らに到着します。 But speculation did not end here.しかし、ここで投機終了しなかった。 To the prevailing school of dreamy Brahmin ascetics, whose teachings are found in the Upanishads, the ultimate source of all things was not the personal Brahmá, but the formless, characterless, unconscious spirit known at Atman (self), or, more commonly Brahmâ.夢のような有力な学校をバラモンascetics 、その教えは、発見されたupanishads 、究極のソースのすべてのものは、特定の個人的はbrahmá 、しかし、雑然として、個性のない、無意識の精神で知られ個我(自己) 、あるいは、もっとよくbrahmâです。 (Brahmâ is neuter, whereas Brahmá, personal god, is masculine.) The heavens and the earth, men and gods, even the personal deity, Brahmá, were but transitory emanations of Brahmâ, destined in time to lose their individuality and be absorbed into the great, all-pervading, impersonal spirit. ( brahmâは中性で、 brahmá 、個人の神は、男性です。 )は、天と地、男性との神々も、神の個人的は、 brahmá 、 emanationsが一過性のbrahmâしかし、運命の個性や時間を失うことに吸収される偉大な、すべてに広がって、人間味のない精神です。 The manifold external world thus had no real existence.このように多種多様な外部世界の実在していたのです。 It was Maya, illusion.それは、マヤ、錯覚します。 Brahmâ alone existed. brahmâだけ存在します。 It alone was eternal, imperishable.それだけでは、永遠の、不滅のです。

This impersonal pantheism of the Brahmin ascetics led to a new conception of the end of man and of the way of salvation.この物的汎神論バラモンascetics主導して、新しい概念の終わりに救いの邪魔をする男とします。 The old way was to escape rebirths and their attendant misery by storing up merits of good deeds so as to obtain an eternal life of conscious bliss in heaven.旧rebirthsから逃れる方法は、アテンダントの悲惨さとそのメリットを保管するために善行を入手して天国の永遠の命を意識ブリスです。 This was a mistake.これは間違いです。 For so long as man was ignorant of his identity with Brahmá and did not see that his true end consisted in being absorbed into the impersonal all-god from which he sprang; so long as he set his heart on a merely personal existence, no amount of good works would secure his freedom from rebirth.男は無知として、あまりにも長い間彼のアイデンティティーをbrahmáとああなるとは思わなかった彼の真のエンドで構成されて吸収されるから人間味のない彼は神のすべて- springの過去形;ので限り、彼は、自分の心臓は、単に個人的な存在、金額彼の自由を確保するのがより良い作品復活です。 By virtue of his good deeds he would, indeed, mount to heaven, perhaps win a place among the gods.彼の善行を美徳彼は、実際のところ、マウントを天国、おそらく神々の間を獲得する場所です。 but after a while his store of merits would give out like oil in a lamp, and he would have to return once more to life to taste in a new birth the bitterness of earthly existence.しかし、しばらくすると、自分の店のメリットはランプに油を出すように、と彼は、一度に戻すの人生をもっと新しい出生の味が現世の生活の苦味のです。 The only way to escape this misery was through the saving recognition of one's identity with Brahmâ.この不幸から脱出する唯一の方法は、節約を通して1つのアイデンティティを認識brahmâです。 As so as one could say from conviction, "I am Brahmâ," the bonds were broken that held him fast to the illusion of personal immortality and consequently to rebirth.としてよりも言えるように1つの信念を持って、 "私はbrahmâは、 "債券が壊れて高速で開かれた彼の個人的な不朽の名声と錯覚してその結果をリバースします。 Thus, cultivating, by a mortified life, freedom form all desires, man spent his years in peaceful contemplation till death put an end to the seeming duality and he was absorbed in Brahmâ like a raindrop in the ocean.したがって、栽培、屈辱された生命、自由フォームの全ての欲望は、男を過ごした年の平和的な死を熟考するまでの見せかけの二重性に終止符を打つことに夢中になって、彼はbrahmâ雨滴は、海のようにします。

V. EARLY HINDUISM v.早期ヒンドゥー教

The pantheistic scheme of salvation just described, generally known as the Vedanta teaching, found great favor with the Brahmins and has been maintained as orthodox Brahmin doctrine down to the present day.汎神論の救済計画の概要を説明するだけ、一般的に知られてvedanta教育、大賛成が見つかりましたbrahminsとされ、正統派のバラモン教義としてダウンを維持し、現在の日です。 But it made little progress outside the Brahmin caste.しかし、それはほとんど進展が見られないのバラモンカースト外です。 The mass of the people had little interest in an impersonal Brahmâ who was incapable of hearing their prayers, nor had they any relish for a final end which meant the loss forever of conscious existence.の質量はほとんどの人々に物的に関心をbrahmâ whoは、無能なの聴聞会に祈り、また面白がっていた彼らは、最後の最後に任意の損失永遠の意識の存在を意味します。 And so, while the priestly ascetic was chiefly concerned with meditation on his identity with Brahmâ, and with the practice of mortification to secure freedom from all desires, the popular mind was still bent on prayer, sacrifices, and other good works in honor of the Vedic deities.とは、主が、聖職者の苦行者は、自分のアイデンティティに関心がある瞑想をbrahmâ 、および苦行の実践は、すべての欲望からの自由を確保するのに熱中して人気の心はまだ祈り、犠牲、およびその他の良い作品に敬意を表してヴェーダの神々です。 But at the same time, their faith in the efficacy of these traditional gods could not be but weakened by the Brahmin teaching that freedom from rebirth was not to be obtained by acts of worship to personal deities who were powerless to secure even for themselves eternal conscious bliss.しかしそれと同時に、自分たちの信仰は、これらの伝統的な神々の効果を弱体化されたできませんでしたしかし、より自由にカリキュラムがバラモンリバースはしないようにすることによって得られる個人的な神々を崇拝する行為を無力whoは永遠の意識そのものを確保するためにも無上の喜びです。 The result was popular development of special cults of two of the old gods, now raised to the position of supreme deity, and credited with the power to secure a lasting life of happiness in heaven.その結果は、人気の開発の2つの特別なカルト、古い神々は、今すぐに引き上げられたときの位置を最高の神、および功績があるとの電源を永続的生活を確保する天国のような幸せです。

It was in the priestly conception of the supreme personal Brahmá that the popular mind found its model for its new deities.それは最高の聖職者の個人的な概念は、人々の心が見つかりましたbrahmáそのモデルを、新しい神々です。 Brahmá was not a traditional god, and seems never to have been a favorite object of cult with the people.伝統的な神brahmáはない、と思わ決してをお気に入りに追加された教団のオブジェクトを対象とする人々です。 Even today, there are but two temples to Brahmá in all India.今日でも、 2つの寺院には、しかし、すべてのインドをbrahmáです。 His subordination to the great impersonal all-god did not help to recommend him to the popular mind.彼の従属してすべて神の偉大な物的支援をしなかった彼に、人々の心を推奨します。 Instead we find two of the traditional gods honored with special cults, which seem to have taken rise independently in two different parts of the country and, after acquiring a local celebrity, to have spread in rivalry over the whole land.代わりに私たちの神々を見つけるの栄誉を、従来の2つの特別なカルト、撮影の上昇にはどのように見える二つの異なる部分を独立さとする国や、地元の有名人を取得した後、普及に対抗して全体の土地です。 One of these gods was the ancient storm-god Rudra, destructive in tempest and lightning, renewing life in the showers of rain, sweeping in lonely solitude over mountain and barren waste.のいずれかの古代の神々は、嵐のように、神ルドラ、テンペスト破壊されることと雷、にわか雨更新での生活、抜本的に孤独な孤独の山と不毛の廃棄物です。 As the destroyer, the reproducer, and the type of the lonely ascetic, this deity rapidly rose in popular esteem under the name of Siva, the blessed.駆逐艦としては、拡声器、とのタイプの孤独な禁欲主義者は、この神のバラで急速に人気の尊敬sivaの名の下に、神の祝福をします。 The other was Vishnu, originally one of the forms of the son-god, a mild beneficent deity, whose genial rays brought gladness and growth to living creatures.ビシュヌ神、他のは、もともとのいずれかの形式の息子-神は、軽度の慈悲深い神で、その温和な光線brought生き物の成長を喜びとします。 His solar origin was lost sight of as he was raised to the position of supreme deity, but one of his symbols, the discus, points to his earlier character.彼の太陽起源の光景が失われていたとして最高の位置を神に引き上げられたとき、しかし彼のシンボルの1つは、円盤投げ、彼の以前の文字を指しています。

These two rival cults seem to have arisen in the fourth or fifth century BC As in the case of the personal god Brahmá, neither the worship of Siva nor of Vishnu did away with the honoring of the traditional gods and goddesses, spirits, heroes, sacred rivers and mountains and trees, serpents, earth, heaven, sun, moon, and stars.カルトように、これら2つのライバルが生じて、第4または紀元前5世紀の例のように、神の個人的はbrahmá 、いずれもsivaのビシュヌ神の崇拝の座を奪うに敬意を表するのは、従来の神と女神たち、スピリッツ、英雄、神聖な川や山や木、ヘビ、地球、天国、太陽、月、および星印です。 The pantheism in which the Hindu mind is inevitably cast saw in all these things emanations of the supreme deity, Siva or Vishnu.ヒンドゥー教の汎神論では、必然的には気持ちに余裕が出演emanationsのこぎりでこれらすべてのことは、最高の神、ビシュヌ神sivaたりします。 In worshiping any or all, he was but honoring his supreme god. worshipingのいずれかまたはすべてが、彼はしかし、彼の最高神に敬意を表する。 Each deity was credited with a special heaven, where his devotees would find after death an unending life of conscious happiness.各天の神は、特別な功績があると、ここで彼の信者が死亡した後、果てしのない生活を見つける意識幸せです。 The rapid rise in popular esteem of these cults, tending more and more to thrust Brahminism proper in to the background, was viewed by the priestly caste with no little concern.人気の尊敬の急速な上昇は、これらのカルト、ますます多くの世話をして適切な推力バラモン教の背景、聖職者のカーストを閲覧したユーザーはほとんど関心がない。 To quench these cults was out of the question; and so, in order to hold them iN at least nominal allegiance to Brahminism, the supreme god Brahmá was associated with Vishnu and Siva as a triad of equal and more or less interchangeable deities in which Brahmá held the office of creator, or rather evolver, Vishnu of preserver, and Siva of dissolver.これらのカルトをクエンチは論外、およびそのため、それらを保持するためには、少なくとも名目に忠誠をバラモン教の最高神に関連付けられてbrahmáはビシュヌ神と同等とsivaとして三つ組の神々交換では多かれ少なかれbrahmá開催し、オフィスの創作、というかむしろevolver 、ビシュヌ神の禁猟区、およびsivaの溶解します。 This is the so-called Tri-murti (tri-form), or trinity, altogether different from the Christian concept of three eternally distinct persons in one Godhead, and hence offering no legitimate ground for suggesting a Hindu origin for the Christian doctrine.これは、いわゆるトライmurti (トリ-フォーム) 、またはトリニティ、全然違うから永遠には、キリスト教の概念の3つの明確な人で1つの神性、正当な根拠がないとそれゆえ提供を提案するヒンドゥー教、キリスト教の教義の起源です。

More remarkable was the intimate association of other new deities--the creations of the religious fancies of the common people--with the gods Siva and Vishnu.他の注目すべきは、親密な協会の他の新たな神々 -この作品は、宗教的な妄想を、一般の人々 - si vaとビシュヌ神の神々です。 With Siva two popular gods came to be associated as sons. siva 2つの神々と話をして関連付けられたとして人気の息子です。 One was Ganesha, lord of troops and mischievous imps, who has remained ever since a favorite object of worship and is invoked at the beginning of every undertaking to ensure success.ガネーシャ1つは、主の軍隊といたずらIMPS ] 、 whoが残って以来のお気に入りのオブジェクトが呼び出されるとの冒頭に崇拝のすべての事業の成功を確保するためです。 The other was Scanda, who seems in great measure to have replaced Indra as the god of battle.は、他のscanda 、 whoように大きな測定にはインドラとしての神の戦いに置き換えています。 Beyond the doubtful derivation of the name Scanda from Alexander, there is nothing to indicate that either of these reputed sons of Siva had ever lived the lives of men.疑わしい超えてscandaの名前から導出アレクサンダーでは、のいずれかのないことを示すために、これらの評判まで住んでいた人の息子のsivaの人々の生活にします。 NoT so the gods that enlarged the sphere of Vishnu's influence.神々がないので、ビシュヌ神の影響力の範囲を拡大します。 In keeping with Vishnu's position as god of the people, two of the legendary heroes of the remote past, Rama and Krishna, whom popular enthusiasm had raised to the rank of gods, came to be associated with him not as sons, but as his very incarnations. 〜と足並みをそろえビシュヌ神としての地位の人々の神、の2つの伝説的英雄して、リモート過去、ラーマとクリシュナ、誰人気の熱意を提起していた神々のランクは、関連付けられて話をしていないとして彼の息子、しかし、彼の非常に化身です。 The incarnation of a god descending from heaven to assume a human of animal form as a sort of savior, and to achieve some signal benefit for mankind, is known as an avatar.降順に神の化身天国からの動物、人間の形を想定並べ替えの救世主として、人類にとっての利益を達成するためにいくつかの信号は、アバターとして知られています。 The idea antedates Buddhism and, while applied to Siva and other gods, became above all a characteristic of Vishnu. antedatesのアイデア、仏教や、他の神々の間に適用さsivaと、上記のすべてになったビシュヌ神の特徴です。 Popular fancy loved to dwell on his avatar as a fish to save Manu from the devastating flood, as a tortoise to recover from the depths of the sea precious possessions for gods and men, as a boar to raise the submerged earth above the surface of the waters, but most of all as the god-men Rama and Krishna, each of whom delivered the people from the yoke of a tyrant.人気の空想にこだわる自分のアバターを愛し、魚を保存するマヌーからの壊滅的な洪水、カメを回復するとして深海からの貴重な財産を神と人間、イノシシを高めるために、地球上の表面の浸水水が、ほとんどのすべての人の神としてクリシュナラーマと、それぞれの人の人々からのくびきを配信する暴君です。 So popular became the cults of Rama and Krishna that Vishnu himself was largely lost sight of.非常に人気となったカルトのラーマクリシュナはビシュヌ神自身が大きく失われた光景です。 In time the Vishnuites became divided into two rival schisms:the Ramaites, who worshipped Rama as supreme deity, and the Krishnaites, who gave this honor rather to Krishna, a division that has persisted down to the present day. vishnuitesになった時に分けて2つのライバルschisms : ramaites 、 who最高神として崇拝ラーマ、とkrishnaites 、 whoはこの名誉というにクリシュナ、ダウンを永続化の一部門では、現在の日です。 The evidence of the early existence of these innovations on Brahmin belief is to be found in the two great epics known as the "Ramayana" and the "Mahabharata."その証拠に、これらの技術革新をバラモンの存在を早期信念を発見されたと呼ばれる2つの大叙事詩"ラーマーヤナ"と"マハーバーラタ。 " Both are revered by Brahmins, Sivaites and Vishnuites alike, particularly the latter poem, which is held to be directly revealed.両方ともbrahmins崇敬され、 sivaitesと似vishnuites 、特に後者の詩、これは明らかに直接開催しています。 In the "Ramayana," which belongs to the period 400-300 BC, the legendary tales of the trials and the triumphs of the hero Rama and his faithful wife Sita were worked into a highly artificial romanbtic poem, largely in the interests of Vishnu worship.は、 "ラーマーヤナ"は、紀元前400から300までの期間に属して、伝説のテイルズオブザトライアルや功績の数々の英雄ラーマと彼の忠実な妻が働いて、高度に人工ジタromanbtic詩、大部分は、ビシュヌ神の利益を崇拝です。 The "Mahabharata," the work of many hands, was begun about the fifth century BC under Brahmin influence, and in the folowing centuries received additions and modifications, in the interests now of Vishnuism now of Sivaism, till it assumed its final shape in the sixth century of the Christian Era. "マハーバーラタ、 "多くの仕事を手に、紀元前5世紀に着手されてバラモンについては、影響力、および受信のfolowing世紀の追加や変更は、今すぐのvishnuismの利益にするのsivaism 、それまでの最終的な形での想定6世紀のは、キリスト教の時代です。 It is a huge conglomeration of stirring adventure, popular legend, myth, and religious speculation.これは巨大な利益の感動的なアドベンチャー、人気の伝説、神話、および宗教的な投機です。 The myth centers chiefly around the many-sided struggle for supremacy between the evil tyrants of the land and the hero Arjuna, aided by his four brothers.主にセンターの神話的な闘争を周りの多くの邪悪な専制君主の覇権を握るの間に、土地との英雄アルジュナ、彼の4つの兄弟の支援を受けています。 The role that Krishna plays is not an integral part of the story and seems to have been interpolated after the substance of the epic had been written.クリシュナの役割を果たしているの不可欠な部分ではないの再生の物語と思わ補間され、物質の後に書かれた叙事詩ていた。 He is the charioteer of Arjuna and at the same time acts as his religious advisor.彼は、 chariotの御者のアルジュナすると同時に彼の宗教的な行為にご相談ください。 Of his numerous religious instructions, the most important is his metrical treatise known as the "Bhagavad-gita," the Song of the Blessed One, a writing that has exercised a profound influence on religious thought in India.彼の数多くの宗教的な手順については、論文の最も重要なのは彼の韻律として知られ、 "バガヴァッド-ギーター、 "神の祝福の歌の1つは、書面では深遠な影響力を行使するインドの宗教思想です。 It dates from the second or third century of the Christian era, being a poetic version of a late Upanishad, with its pantheistic doctrine so modified as to pass for a personal revelation of Krishna.それからの2番目または3番目の日付は、キリスト教の世紀の時代を迎え、詩的なのバージョンのを遅れが、ウパニシャッド、その汎神論の教義を渡すように改変さクリシュナは、個人的な打ち明け話をします。 While embodying the noblest features of Brahmin ethics, and insisting on the faithful performance of caste-duties, it proclaims Krishna to be the superior personal all-god who, by the bestowal of special grace helps on his votaries to the attainment of eternal bliss.バラモンの特徴を具現最も気高い倫理、と主張してカースト-義務の忠実な性能、それproclaimsされるクリシュナ神の優れた個人のすべて- whoは、特別な恩恵授与された彼の助けをvotaries永遠の至福を達成します。 As an important means to this end, it inculcates the virtue of Bhakti, that is a loving devotion to the deity, analogous to the Christian virtue of charity.そのためには重要な手段として、それinculcatesの美徳の信愛、それは神を愛する献身して、チャリティーの美徳は、キリスト教に類似しています。 Unhappily for the later development of Vishnuism, the Krishna of the "Bhagavad-gita" was not the popular conception.不幸をvishnuismへの発展は、クリシュナは、 "バガヴァッド-ギーター"の人気の概念はない。 Like most legendary heroes of folk-lore, his character was in keeping with the crude morals of the primitive age that first sounded his praises.伝説の英雄のようなほとんどの民俗-伝承、彼の性格は、原油のモラルを守りながら、プリミティブな音を最初に彼の年齢称賛します。 The narrative portions of the epic show him to have been sly and unscrupulous, guilty in word and deed of acts which the higher Brahmin conscience would reprove.物語の部分を、彼の叙事詩詳細ちゃめっ気たっぷりと不謹慎なされ、有罪を言葉と行動の行為を非難は、高いバラモン良心がします。 But it is in the fuller legendary story of his life as given in the so-called "Hari-vansa," a later supplement to the epic, and also in some of the Puranas of the ninth and tenth centuries of our era, that the character of the popular Krishna appears in its true light.しかし、これは伝説のフラーは、彼の人生の物語として与えられる、いわゆる"ハリ- vansa 、 "補完して、後の叙事詩し、また、いくつかのプラーナ文献の第9と10世紀の私たちの時代は、の文字が表示され、人気のクリシュナその真の光です。 Here we learn that Krishna was one of eight sons of noble birth, whom a Herod-like tyrant was bent on destroying.ここで1つのことが判明した8つのクリシュナは、高貴な人の息子の誕生日、ヘロデ王のような暴君は誰の破壊に熱中しています。 The infant god was saved from the wicked designs of the king by being secretly substituted for a herdsman's babe.神の乳児からの邪悪な陰謀が保存されひそかには、王の牛飼いのベーブに置換します。 Krishna grew up among the simple country-people, performing prodigies of valor, and engaging in many amorous adventures with the Gopis, the wives and daughters of the herdsmen.クリシュナ間の単純な国で育った人々 、舞台prodigiesの値を、多くの魅力的な恋をしているとの冒険のgopisは、妻と娘は、 herdsmanの複数形です。 Eight of these were his favorites, but one he loved best of all, Radha.これらの8つのが彼のお気に入りは、しかし、彼は最良のすべての1つ、ラダです。 Krishna finally succeeded in killing the king, and brought peace to the kingdom.ザキングクリシュナ最後に成功して殺害し、王国に平和をbroughtします。

Between this deified Hindu Hercules and Our Divine Lord, there is no ground for comparison, one only for contrast.このdeifiedヘラクレスと私たちの間にヒンドゥー教の神の主よ、比較のために地面がない、コントラストを1つのみです。 That the idea of incarnate deity should be found in pre-Christian Hindu thought is not so remarkable when we consider that it answers to the yearning of the human heart for union with God.神の化身をすべきであるという考えを事前に発見さキリスト教のヒンドゥー教の思想ではないことに注目すべきときに私たちの質問へのあこがれを考慮して人間の心のための労働組合との神です。 But what is at first sight astonishing is to find in the religious writings subsequent to the "Mahabharata" legendary tales of Krishna that are almost identical with the stories of Christ in the canonical and apocryphal Gospels.しかし、驚くべきは、どのような光景は初めてでは、宗教的な記述をして後続の"マハーバーラタ"テイルズオブクリシュナ伝説ではイエスキリストの物語をほぼ同じには、正規と作り話の福音書です。 From the birth of Krishna in a stable, and his adoration by shepherds and magi, the leader is led on through a series of events the exact counterparts of those related of Our Divine Lord.クリシュナにして生まれたのがより安定した、と彼は羊飼いと東方の三博士礼拝の指導者が主導し、一連のイベントを通じてこれらの関連の正確なカウンターの神の主です。 Writers hostile to Christianity seized on this chain or resemblances, too close to be mere coincidence, in order to convict the Gospel writers of plagiarism from Hindu originals.キリスト教に敵対する作家を押収したこのホテルチェーンやresemblances 、単なる偶然にあまりにも近くには、受刑者の福音のために盗作作家のヒンドゥー教の原本からです。 But the very opposite resulted.しかし、非常に反対の結果です。 All Indianists of authority are agreed that these Krishna legends are not earlier than the seventh century of the Christian Era, and must have been borrowed from Christian sources.すべてのindianistsの権限が合意されていないよりも早く、これらのクリシュナ伝説の7世紀の時代には、キリスト教とキリスト教のソースから借りている必要があります。

VI. Ⅵ 。 LATER, OR SECTARIAN HINDUISMそれ以降、あるいはヒンドゥー教宗派

The steady weakening of Brahmin influence, in consequence of the successive waves of foreign conquest, made it possible for the religious preferences of the huge, heterogeneous population of India to assert themselves more strongly.バラモンの着実な影響力の弱体化、結果としては、次々と押し寄せる外国人征服、宗教的な環境設定をすることが可能には、巨大な、異種の人口はインドをもっと強く主張しています。 Both Sivaism and Vishnuism departed more and more strongly from traditional Brahminism, and assumed a decidedly sectarian character towards the older religion and also towards each other.両方のvishnuismディパーテッドsivaismと伝統的なバラモン教からますます強く、きっぱりと仮定する古い宗教や宗派間の文字に向かってお互いにも向けです。 With this weakening of Brahmin influence they absorbed the grosser elements of low-grade popular worship, and became abused by the accretion of immoral rites and groveling superstitions.このバラモンの影響力の弱体化グロッサー彼らの要素を吸収する低悪性度の人気の崇拝、虐待された降着となったの不道徳な儀式や卑俗な迷信です。 While, on the one hand, the practice of asceticism was pushed to its utmost extremes of fanaticism, on the other the doctrine of bhakti was perverted into a system of gross sexual indulgence, for which the amours of Krishna and the Gopis served as the model and sanction. while文、上の1つの手は、禁欲主義の実践は、その最大限にプッシュさは、極端な狂信は、 [その他の教義を信愛は、システムの総性的倒錯インダルジェンス、 amoursのは、クリシュナとのモデルとしてgopisと制裁です。 The Brahmin-caste distinctions were broken down, and an equality of all men and women was asserted, at least during the ceremonies of public worship.カーストのバラモンの区別が壊れてダウンして、男性と女性の平等のすべての主張は、少なくとも公共の礼拝中に儀式です。 The Brahmin rites were in great measure replaced by others particular to each cult and held to be all-sufficient for salvation.のバラモンの儀式は、大きな測定に置き換えられて行われた他の特定を各教団とされるすべて-十分な救いです。 Everywhere splendid temples arose to Siva, Vishnu, and his two human avatars; idols and phallic symbols innumerable filled the land; and each rival cult lauded its own special deity as supreme, subordinating all others to it, and looking down with more or less contempt on forms of worship other than its own.どこに素晴らしい寺院が生じたsiva 、ビシュヌ神は、人間と彼の2つの表示;アイドルと土地を埋め尽くした無数の男根のシンボルと褒めたたえそれぞれ独自の特別なライバル教団最高神として、他のユーザーがすべての従属して、多かれ少なかれ軽蔑を見下ろし上の形態の崇拝するものではありません。 One factor which contributed strongly to the degradation of these sectarian forms of religion was the veneration of the Sakti, or female side, of these deities. 1つの要因が寄与して劣化に強く、これらの宗派間の形態の宗教は、尊敬のsaktiか、または女性の側では、これらの神々です。 Popular theology would not rest until each deity was supplemented with a wife, in whom the active nature of the god was personified.人気の神学それぞれの神はないが補足されるまでに残りの妻は、誰が為には、アクティブな自然の神の化身のような人です。 With Brahmá was associated an ancient river-goddess, Sarasvati, honored as the patroness of letters.に関連付けられたbrahmáは、古代の川の女神、弁財天、 patronの女性の手紙として光栄です。 Vishnu's Sakti was Sri, or Lakshmi, patroness of good fortune.ビシュヌ神のsaktiは、スリか、またはラクシュミ、 patronの女性の幸運です。 With Siva the destroyer there was associated the terrible, blood-thirsty, magical goddess Durga, or Kali, formerly delighting in human victims, now appeased with sacrifices of goats and buffaloes. sivaの駆逐艦があったと関連付けられた恐ろしい、血に飢えた、魔法の女神ドゥルガーか、またはカーリーは、以前delighting人間の犠牲者は、今すぐにappeasedヤギ、およびバファローズの犠牲です。 Rama had his consort, Sita, and Krishna his favorite Gopi, Radha.ラーマは彼のコンソート、ジタ、およびクリシュナ彼のお気に入りのgopi 、ラダです。 The worship of these Saktis, particularly Siva's consort Durga-Kali, degenerated into shocking orgies of drunkenness and sexual immorality, which even today are the crying scandal of Hinduism.これらのsaktisの崇拝、特にコンソートドゥルガー- sivaのカーリーは、衝撃的な変性をorgiesの酩酊や性的な不道徳、今日でさえ泣いているのは、ヒンドゥー教のスキャンダルのです。

Such were the sectarian developments of post-epic times.このようなポストは、宗派間の発展を叙事詩回クリックします。 They found expression in the inferior, quasi-historic Puranas, of the seventh and following centuries, and in the Tantras, which are more modern still, and teach the symbolic magic of Sakti-worship.彼らが見つかりました発現させた後、下、準歴史的なプラーナ文献は、次の世紀の7番目とし、 tantras 、これは他の近代的とはいえ、マジックの象徴と教えるsakti -崇拝される。 Neither of these classes of writings is regarded by orthodox Brahmin as canonical.どちらも、これらのクラスの記述は、正統派のバラモンとして考えられた標準です。

Of the two hundred million adherents of Hinduism today, only a few hundred thousand can be called orthodox Brahmin worshipers.は、支持者のヒンドゥー教200000000今日、ほんの数100000バラモン正統派のしもべを呼び出すことができます。 Sivaism and Vishnuism have overshadowed the older religion like a rank growth of poisonous weeds. sivaismとvishnuismが覆い、古い宗教のように有毒な雑草の成長をランク付けします。 In their main outlines, these two great sects have retained the characteristics of the Purana period, but differences of view on minor points have lead to a multiplication of schismatic divisions, especially among Vishnu-worshipers.その主な概要は、これら2つの大きな宗派の特性を保持してプラーナ期間中、しかし、マイナーなポイントの相違を対象にして乗算が鉛部門の分離、特にビシュヌ神のしもべです。 Both sects, which today are fairly tolerant of each other, have a number of devotional and liturgical practices that are alike in kind, though marked by differences in sectarian belief.両方の宗派、これは非常に寛大にお互いに今日、典礼は、いくつかの祈りと似ている限って適用されるよう、宗派間の違いにかかわらず信念スパムされています。 Both Sivaite and Vishnuite lay great stress on the frequent recital of the numerous names of their respective supreme gods, and to facilitate this piety, each carries with him, often about his neck, a rosary, varying in material and the number of beads according as it is dedicated to Siva or Vishnu.大いにsivaiteとビシュヌ神信仰者の両方のストレスを頻繁にリサイタルを、多くの名前は、それぞれの最高の神々を、この信心深さを促進すると、各運ぶ彼は、彼の首をしばしばについては、ロザリオ、さまざまなビーズを素材によると、数としてこれは専用sivaやビシュヌ神です。 Each sect has an initiation rites, which is conferred upon the young at the age of reason and in which the officiating guru puts a rosary around the neck of the applicant and whispers into his ear the mantra, or sacred motto, the recital of which serves as a profession of faith and is of daily obligation.各宗派には、入会の儀式、これは授与歳の時に、若い時の理由とは歌い方には、司会達人ロザリオの首の周りの出願人とのささやきを自分の耳を唱えるか、または神聖なのモットーは、リサイタルを提供職業としての生活の信仰とは義務です。 Another rite common to both is that in which the presiding officer brands on the body of the worshiper with hot metal stamps the sacred symbols of his sect, the trident and the linga of Siva, or the discus and conch-shell (or lotus) of Vishnu.別の儀式では両者に共通の担当官は、ブランドのボディを溶銑のしもべと切手の神聖なシンボル彼の宗派は、トライデントとsivaリンガのか、または、円盤投げとコンク-シェル(またはロータス)ビシュヌ神です。

But in their highest act of ceremonial worship the two sects differ radically.しかし、その最高の儀式を崇拝する行為を根本的に違う2つの宗派です。 The Sivaite takes his white stone pebble, the conventional phallic emblem which he always carries with him, and while muttering his mantra, sprinkles it with water and applies to it cooling Bilva leaves. sivaiteまでの彼の白い石の小石、男根、従来の紋章を運ぶ彼はいつも彼は、彼のモットーとつぶやきながら、 sprinklesそれを適用して冷却水とbilva葉です。 Owing to its simplicity and cheapness, this rite is much in vogue with the ignorant lower classes.そのシンプルさと安っぽさのために、この儀式は、多くの無知な下層階級の流行です。 The Vishnu rite is less degrading but more childish.分解のビシュヌ神の儀式が少ないしかし、他の子供っぽいです。 It consists of an elaborate and costly worship of the temple image of Vishnu, or more often of Rama, or Krishna.手の込んだと高価で構成する同寺のイメージ画像ビシュヌ神崇拝か、またはより多くのランデヴーか、またはクリシュナです。 The image is daily awakened, undressed, bathed, decked with rich robes and adorned with necklaces, bracelets, crowns of gold and precious stones, fed with choice kinds of food, honored with flowers, lights, an incense, and then entertained with vocal and instrumental music, and with dancing by the temple girls of doubtful virtue, consecrated to this service.目を覚ますのイメージは毎日、手入れしていない、浴、リッチローブと飾られて飾らネックレス、ブレスレット、クラウンの金と貴重な石、栄養を選択な種類の食品を、光栄を花で、ライト、線香、と入力し、楽しまとボーカルとインストゥルメンタル音楽、ダンスや疑わしいされた寺の少女たちの美徳は、このサービスの聖体拝領をします。 As Krishna is generally worshipped in the form of a child-image, his diversion consists largely in the swinging of his image, the spinning of tops, and other games dear to the heart of the child.クリシュナとして崇拝さは、通常の形式で、子供のイメージを、彼の転換は、大部分は、軽快な彼のイメージは、紡績のトップ、およびその他のゲームの中心部にその子を愛する。

Siva, too, has his temples, vying in magnificence with those of Vishnu, but in all these, the holy place is the linga-shrine, and the temple worship consists in the application of water and Bilva leaves to the stone symbol. siva 、あまりにも、彼の寺院には、これらの素晴らしさを競うのビシュヌ神は、しかし、これらすべてのは、神聖な場所は、リンガ-神社、と同寺の水を崇拝すると、アプリケーションで構成さbilvaの葉を石のシンボルとします。 The interior walls of these, and of Vishnu temples as well, are covered with shocking representations of sexual passion.これらの壁のインテリアとのビシュヌ神の寺院でも、性的表現は、衝撃的な情熱で覆われています。 and yet, strange to say, these forms of religion, while giving a sanction to the indulgence of the lowest passions, at the same time inspire other devotees to the practice of the severest asceticism.にもかかわらず、妙な話だが、これらの形態の宗教、制裁を与えながら、最も安いインダルジェンスオブ熱中して、それと同時に他の信者を抱か最も厳しい禁欲主義を実践します。 They wander about in lonely silence, naked and filthy, their hair matted from long neglect, their bodies reduced to mere skin and bones by dint of incredible fasts.彼らは孤独な沈黙をぶらつく、裸で不潔な、彼らの長い髪を怠るもつれたから、自分の体に減少して皮膚と骨を単なる断食によって信じられない。 They will stand motionless for hours under the blazing son, with their emaciated arms uplifted toward heaven.かれらは何時間もじっと立って燃えるような息子の下に、その腕を高く掲げてやせ衰えて天に向かっています。 Some go about with face ever turned upwards.いくつかの会社に行くより顔まで有効です。 Some are known to have kept their fists tightly clenched until their growing nails protruded through the backs of their hands.いくつかのことが知られて拳にはしっかりと保管されるまでに成長し食いしばった爪の背中に手を突き出した。

VII. Ⅶ 。 REFORM MOVEMENTS改革の動き

Enlightened Hindus of modern times have made attempts to institute a reform in Hinduism by rejecting all idolatrous and immoral rites, and by setting up a purely monotheistic form of worship.悟りを開いた近代回ヒンズー教徒が研究所を改革しようと、すべての偶像崇拝と不道徳なヒンドゥー教の儀式を拒否し、一神教の純粋さを設定する形で崇拝される。 Of these, the earliest and most noted was the so-called Brahmá Samaj (Congregation of Brahmá), founded in Calcutta in 1828, by the learned Rammohun Roy.これらのうち、最古で最も有名なのは、いわゆるbrahmáサマージ(集会のbrahmá ) 、 1828年に設立されたカルカッタ、 rammohunされたロイを学んだ。 He tried to combine a Unitarian form of Christianity with the Brahmin conception of the supreme personal God.彼はユニテリアンフォームを組み合わせることをキリスト教の最高のバラモン個人的な神の概念です。 After his death in 1833, differences of view as to the nature of God, the authority of the Vedas, and the obligation of caste-customs caused the society to split up into a number of small congregations.彼の死で1833した後、その性質の相違を神の対象として、ヴェーダの権威を、カースト-税関の義務と社会を分裂させる原因をいくつかの小集会です。 At present there are more than a hundred independent theistic congregations in India.現在100を超えるには、インドの独立有神論集会です。 Some, like the Arya Samaj, rest on the sole authority of the Vedas.いくつかのように、 aryaサマージ、残り上の独占的な権限は、ヴェーダです。 Others are eclectic, even to the extent of choosing for devotional reading in their public services passages from the Avesta, Koran, and Bible.他の人の折衷的な、の範囲を選択するためにも祈りを読んで、公共サービスの通路からのアベスタ、コーラン、および聖書です。 Few of them are altogether free from the taint of pantheism, and, being more like clubs for intellectual and moral improvement than for ritualistic forms of worship, they make but little progress in the way of conversion.いくつかのことは完全に無料汎神論からの汚点と、他のようなクラブが知的と道徳的な儀式的な形態の改善を崇拝するよりも、彼らにはほとんどの邪魔をするの進展を変換します。

In short, Brahminism cannot succeed in reforming itself.手短に言えば、バラモン教自体の改革に成功することはできません。 Its earlier sacred books are steeped in the polytheism out of which it grew, and the pantheistic view of the world, to which it was afterwards committed, has been like a dead weight dragging it hopelessly into the stagnant pool of superstition, pessimism, and immorality.その以前の神聖な書籍が染み込んでいるうちに、多神教が成長すると、汎神論の世界観と、その後にコミットされていた、載貨重量のようにされ絶望をドラッグして停滞のプールを迷信、悲観論、および不道徳です。 In virtue of its pantheistic attitude, there is no form of religion, high or low, that cannot be tolerated and incorporated into its capacious system.その汎神論的な態度を美徳では、フォームのない宗教、高いまたは低い場合、容認することはできませんが、その容量の大きいシステムに組み込まれています。 The indifference of Brahminism to the gross buses of Hinduism is, after all, but a reflex of the indifference of its supreme god.バラモン教の無関心さを、バスのヒンドゥー教総は、結局のところ、反射、無関心ではなく、神の最高です。 Sin loses most of its hideousness when it can be traced ultimately to the great impersonal Brahmâ. hideousnessときにほとんどの罪を失うことが最終的に偉大な物的brahmâトレースします。 There is but one form of religion that has any prospect of reforming the religious life of India, and that is the Roman Catholic.しかし、 1つの形態の宗教には任意の見通しでは宗教的な生活の改革は、インド、それはローマカトリックです。 For the shadow, pantheistic deity it can set form the One, Eternal, Personal Spirit and creator; for the crude Tri-murti, the sublime Trinity; and for the coarse and degrading avatars of Vishnu, the incarnation of the Son of God.は、シャドウ、汎神論の神を形成することができます1つのセットは、永遠の、個人の精神と創造;は、原油トライmurtiは、崇高なトリニティ;とは、粗と分解の表示のビシュヌ神は、神の化身の息子です。 It can replace the idolatrous and immoral Hindu rites with its own imposing liturgy, and substitute the Cross for the abominable linga.偶像崇拝と置き換えることができます不道徳なヒンドゥー教の儀式に独自の印象的な典礼、およびクロスに置き換えて、極悪非道なリンガです。

Brahminism, being a natural religion and a privilege of Hindu birth, has never made any concerted attempt at proselytizing in foreign lands.バラモン教は、自然な宗教に特権をヒンドゥー教の誕生と、協調の試みは一度も外国人の土地に転向しています。 But some years ago steps were taken by a few individuals of England to foist upon English-speaking people a new religious system embodying the pantheistic belief and magical superstition of the Vedanta school of Brahminism.しかし、いくつかの手順を実行年前に実施されたいくつかの個人のイングランドを押し付けるに英語を話す人々に提供するシステムを具現する新しい宗教的信念と汎神論vedanta魔法学校のバラモン教の迷信です。 This new system, known as Theosophy, was to embrace within its fold members of every form of religion, reconciling all differences of creed in the pantheistic view that all deities, high and low, are but transitory emanations of the supreme, incomprehensible Reality, devotion to which was the highest religion.この新しいシステムは、神智学として知られ、その省略には、メンバーを受け入れる形でのすべての宗教、すべての相違を調整する対象のすべての信条は、汎神論の神々は、高温や低温は、一過性emanationsしかし、最高は、理解し難い現実には、献身的な愛情宗教を最も高かった。 This quasi-cult, which also made pretensions to the exercise of magical powers, soon met the ridicule and obloquy it deserved.この準カルト、これもpretensions魔法の力を行使して、すぐに会い、および不面目冷笑当然のことです。 It is practically obsolete at the present day.旧版は実際には、現在の日です。

Publication information Written by Charles F. Aiken.出版物の情報執筆者チャールズ女性エーケンです。 Transcribed by M. Donahue.男性ドナヒュー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.のは、カトリックの百科事典、第Ⅱ巻です。 Published 1907. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Texts.-- Muir, Original Sanskrit Texts, 5 vols.テキスト.--ミューアは、オリジナルのサンスクリット語のテキスト、 5 vols学です。 (London, 1868-70); Mueller, Vedic Hymns in Sacred Books of the East, XXXII; Oldenberg, Vedic Hymns, op. (ロンドン、 1868年から1870年) ;ミューラー、賛美歌は神聖な書籍のヴェーダの東、 32 ;オルデンベルク、ヴェーダ賛美歌、営業です。 cit.千葉工大です。 XLVI; Bloomfield, The Atharva Veda, op. 46 ;ブルームフィールドは、 atharvaヴェーダ、営業です。 cit., XLII; Eggeling, The Satapatha Brahmana. 〜 Cit 。 、 42 ;エゲリングは、 satapatha brahmanaです。 op. cit., XII, XXVI, XLI; Mueller, The Upanishads, op. 〜 Cit 。 、 12 、 26 、 41 ;ミューラーは、 upanishads 、営業です。 cit., XV; Oldenberg and Mueller, The Grihya-Sutras, op. 〜 Cit 。 、 15 ;オルデンベルクとミューラーは、 grihya -経文、営業です。 cit., XXIX, XXX; Buehler, The Sacred Laws of the Aryas, op. 〜 Cit 。 、 29 、 xxx ; buehlerは、神聖な法律をaryas 、営業です。 cit., II, XIV; idem, The Laws of Manu, op. 〜 Cit 。 、 2世、 14 ;同上、マヌーの法律に基づいて、営業です。 cit., XXV; Thibaut, The Vedanta-Sutra, op. 〜 Cit 。 、 25 ;ティボーは、 vedanta -経、営業です。 cit.千葉工大です。 XXXIV, XXXVIII; Telang, The Bhagavad-Gita, op. 34 、 38 ;テーラングは、バガヴァッド-ギーター、営業です。 cit VIII; Bournouf-Roussel, Le Bhagavata Purana, 5 vols. 〜 Cit viii ; bournouf -ルーセル、ルbhagavataプラーナ、 5 vols学です。 (Paris, 1898). (パリ、 1898 ) 。

General Treatises.--Barth, The religions of India (London, 1882); Monier-Williams, Brahminism and Hinduism, or Religious Thought and Life in India (London, 1891); Idem, Hinduism (London, 1897); Idem, Indian Wisdom (London, 1876); Hopkins, The Religions of India (Boston, 1895); Dubois, Hindu Manners, Customs, and Ceremonies (Oxford, 1897); Gough, The Philosophy of the Upanishads and Ancient Indian Metaphysics (London, 1882); Deussen, Das System des Vedanta (Leipzig, 1883); Idem, Der Philosophie der Upanishads (Leipzig, 1899); Kaegi, The Rig-Veda (Boston, 1886); Oldenberg, Die religion des Veda (Berlin, 1894); Colebrooke, Miscellaneous Essays, 2 vols.一般的な論文.--範囲は、宗教のインド(ロンドン、 1882 ) ;モニエルウィリアムズ、バラモン教やヒンドゥー教、または宗教思想や生活にインド(ロンドン、 1891 ) ;同じ、ヒンドゥー教(ロンドン、 1897 ) ;同じ、インド知恵(ロンドン、 1876 ) ;ホプキンスは、宗教のインド(ボストン、 1895 ) ;デュボア、ヒンドゥー教の礼儀作法、税関、および儀式(オックスフォード、 1897 ) ;ゴフ、 upanishadsと古代の哲学は、インドの形而上学(ロンドン、 1882 ) ;ドイッセン、 dasシステムデvedanta (ライプチヒ、 1883 ) ;同じ、 der哲学der upanishads (ライプチヒ、 1899 ) ;ケーギは、リグヴェーダ(ボストン、 1886 ) ;オルデンベルク、死ぬの宗教デヴェーダ(ベルリン、 1894 ) ;コールブルック、随筆、 2 vols学です。 (London, 1873); Weber, The History of Indian Literature (London, 1892); Dahlman, das Mahabharata (Berlin, 1895); Shoebel, Las Ramayana in Annales du musee Guimet (Paris, 1888), XIII; de la Saussaye, Lehb. (ロンドン、 1873 ) ;ウェーバーは、インドの歴史の文学(ロンドン、 1892 ) ; dahlman 、 dasマハーバーラタ(ベルリン、 1895 ) ; shoebel 、ラスラーマーヤナの学派デュミュゼギメ(パリ、 1888 ) 、 13 ;ドラソセー、 lehbです。 der Religionsgesch. der religionsgeschです。 (Freiburg, 1905), II. (フライブルク、 1905 ) 、 Ⅱ 。


The Laws of Manuマヌーの法律に基づいて

Catholic Information カトリックの情報

"The Laws of Manu" is the English designation commonly applied to the "Manava Dharma-sastra", a metrical Sanskrit compendium of ancient sacred laws and customs held in the highest reverence by the orthodox adherents of Brahminism. "マヌの法典"には、英語の指定よく適用される" manava戒律- sastra "は、古代の韻律サンスクリット語関する法律や税関で開催された神聖な畏敬の念を最高のバラモン教の正統的な支持者です。 The Brahmins themselves credit the work with a divine origin and a remote antiquity. brahmins自身の信用と仕事をするの起源とする神の大昔です。 Its reputed author is Manu, the mythical survivor of the Flood and father of the human race, the primitive teacher of sacred rites and laws now enjoying in heaven the dignity of an omniscient deity.その有名な著者はマヌーは、架空の父を克服した人は、洪水と、人間のレースでは、原始的教師の神聖な儀式や法律、今すぐに楽しんで天国の尊厳を全知の神です。 The opening verses of the work tell how Manu was reverently approached in ancient times by the ten great sages and asked to declare to them the sacred laws of the castes and how he graciously acceded to their request by having the learned sage Bhrigu, whom he had carefully taught the metrical institutes of the sacred law, deliver to them this precious instruction.オープニングの詩の仕事をどのように伝える弊社のマヌーは、古代にうやうやしく近づいの10大賢さを宣言し、承認を求め、神聖な法律をして、どのようカースト彼は優雅に同意してリクエストを持ったことで、セージを学んだbhrigu 、彼は誰慎重に教え、神聖な機関の韻律法では、この貴重な命令を提供しています。 The work thus pretends to be the dictation of Manu through the agency of Bhrigu; and as Manu learned it himself from the self-existent Brahma, its authorship purport to be divine.ふりをするための作業の口述筆記の代理店を通じてマヌーbhrigu ;マヌー学んだことと自分自身の自己存在しないと思うbrahmaから、その趣旨を神の原作者です。 This pious Brahmin belief regarding the divine origin of the "Laws of Manu" is naturally not shared by the Oriental scholars of the western world.この信心深いバラモン神の信仰の起源については、 "マヌの法典"は、自然に共有される特定の東洋学者は、欧米の世界です。 Even the rather remote date assigned to the work by Sir William Jones, 1200-500 BC, has been very generally abandoned.リモート日にも、むしろその仕事に割り当てられているサーウィリアムジョーンズは、紀元前一二〇 〇 〜五〇 〇 、非常に一般的に放棄されています。 The weight of authority today is in favour of the view that the work in its present metrical form dates probably from the first or second century of the Christian era, though it may possibly be a century or two older.今日は権限の重量に賛成だとの見解を韻律フォームの仕事は現在の日付から、おそらく2番目の世紀の最初のかは、キリスト教の時代、一世紀に思えるかもしれないまたは2つの古い可能性があります。 Most of its contents, however, may be safely given a much greater antiquity.ほとんどは、その内容は、しかし、 5月に安全に与えられた古代はるかに大きい。 Scholars are now pretty well agreed that the work is an amplified recast in verse of a "Dharma-sutra", no longer extant, that may have been in existence as early as 500 BC学者は今の仕事かなりよく合意して計算し直すのは、詩を増幅する"ダーマ-経" 、もはや現存して、存在していることがありますが、早ければ500紀元前

The sutras were manuals composed by the teachers of the Vedic schools for the guidance of their pupils.マニュアルで構成され、経文は、ヴェーダの学校の教師が生徒の指導をします。 They summed up in aphorisms, more or less methodically arranged, the enormously complicated mass of rules, laws customs, rites, that the Brahmin student had to know by heart.要約すると、彼らaphorisms 、多かれ少なかれ整然と配列は、非常に複雑な質量のルールは、法令関税、儀式、それを知っていたのバラモンの学生を暗記しています。 Every Vedic school of importance had its appropriate sutras, among which were the "Grihya-sutras", dealing with domestic ceremonies, and the "Dharma-sutras", treating of the sacred customs and laws.すべてのヴェーダ学校の重要性は、適切な経文おり、その中では、 " grihya -経文"は、国内の式典対処する、と"ダーマ-経文" 、治療は、神聖な風習や法律です。 A fair number of these have been preserved, and form part of the sacred Brahmin literature.これらの公正なコードが保存されている、およびフォーム部分の神聖なバラモン文学です。 In course of time, some of the more ancient and popular "Dharma-sutras" were enlarged in their scope and thrown into metrical form constituting the so-called "Dharma-sastras".時がたつにつれて、いくつかの他の古代と人気の"ダーマ-経文"を業務範囲が拡大したと韻律フォームに投げ出さ構成、いわゆる"ダーマ- sastras "です。 Of these the most ancient and most famous is the "Laws of Manu", the "Manava Dharma-sastra", so called as scholars think, because based on a "Dharma-sutra" of the ancient Manava school.これらの最も古く、最も有名なのは、 "マヌの法典" 、 " manava戒律- sastra " 、いわゆる学者として考えに基づいているため、 "ダーマ-経"は、古代のmanava学校です。 The association of the original sutra with the name Manava seems to have suggested the myth that Manu was its author, and this myth, incorporated in the metrical "Dharma-sastra", probably availed to secure the new work universal acceptance as a divinely revealed book.同協会は、元の経manavaの名前が提案したようにマヌーの神話には、その著者は、この神話に組み込まれて韻律"ダーマ- sastra " 、おそらくavailed 、新しい仕事を確保する神の力で普遍的に受け入れられることを明らかに予約です。

The "Laws of Manu" consists of 2684 verses, divided into twelve chapters. "マヌの法典"の詩は、 2684年、 12章に分かれています。 In the first chapter is related the creation of the world by a series of emanations from the self-existent deity, the mythical origin of the book itself, and the great spiritual advantage to be gained by the devout study of its contents.第一章では関連して、世界の創造されたシリーズのemanationsからの自己存在しない神は、神話上の起源はその本自体、および偉大な精神的な優位性を得られるが、その内容の熱心な研究です。 Chapters two to six inclusive set forth the manner of life and regulation of conduct proper to the members of the three upper castes, who have been initiated into the Brahmin religion by the sin-removing ceremony known as the investiture with the sacred cord. 5時58章包括的に規定する方法の人生と適切な規制を行うの3つの上位カーストのメンバー、 whoバラモンの宗教も開始する罪-削除されたとして知られて叙任式の神聖なコードです。 First is described the period of studentship, a time of ascetic discipline devoted to the study of the Vedas under a Brahmin teacher.最初は、学生の身分期間を記述して、一度の苦行者のことを勉強し、献身的な規律の下でヴェーダバラモン教師です。 Then the chief duties of the householder are rehearsed, his choice of a wife, marriage, maintenance of the sacred hearth-fire, sacrifices to the gods, feasts to his departed relatives exercise of hospitality.長の職務を入力し、戸主は、リハーサルをし、彼の選択には妻と結婚、メンテナンスは、神聖な炉辺での火災、神々を犠牲にして、彼の出発を親戚のお祭りのようなおもてなしを行使します。 The numerous restrictions also, regulating his daily conduct, are discussed in detail especially in regard to his dress, food, conjugal relations, and ceremonial cleanness. 、多くの制約も、彼の毎日の行動を規制は、議論を詳細につきまして、特に彼の服装、食品、夫婦関係、および儀式の清浄度です。 After this comes the description of the kind of life exacted of those who choose to spend their declining years as hermits and ascetics.これはの説明をした後、これらの種類の生活who exacted低下周年を選択して過ごすことにascetics隠修士とします。 The seventh chapter sets forth the divine dignity and the manifold duties and responsibilities of kings, offering on the whole a high ideal of the kingly office.第7章で送付し、多種多様な神の尊厳と王の職務と責任を、高い理想的な全体を提供し、堂々と事務所です。 The eighth chapter treats of procedure in civil and criminal lawsuits and of the proper punishments to be meted out to different classes of criminals.第8章の手順を扱う民事および刑事訴訟との適切な処罰される別のクラスの犯罪者を割り当てられる。 The next two chapters make known the customs and laws governing divorce, inheritance, the rights of property, the occupations lawful for each caste.次の2つの章統治に知られ、税関や法律、離婚、相続、財産の権利を、合法的な各カーストの職業です。 Chapter eleven is chiefly occupied with the various kinds of penance to be undergone by those who would rid themselves of the evil consequences of their misdeeds. 11章では、主に占領される様々な種類の大苦行者をなくすwhoは彼ら自身の不正行為とする邪悪な結果をもたらす。 The last chapter expounds the doctrine of karma, involving rebirths in the ascending or descending scale, according to the merits or demerits of the present life.解説の最後の章のカルマの教義巻き込まれている、 rebirthsは、昇順または降順規模のメリットやデメリットによると、現在の生活です。 The closing verses are devoted to the pantheistic scheme of salvation leading to absorption into the all-embracing, impersonal deity.閉会の詩は、献身的なスキームを救いにつながる汎神論の吸収を丸抱え、非人格的な神です。

The "Laws of Manu" thus offers an interesting ideal picture of dornestic, social, and religious life in India under ancient Brahmin influence. "マヌの法典"このように理想的な画像を提供興味深いdornestic 、社会的、宗教的な生活とされて古代インドのバラモンに影響を与える。 The picture has its shadows.画像には、影です。 The dignity of the Brahmin caste was greatly exaggerated, while the Sudra caste was so far despised as to be excluded under pain of death from participation in the Brahmin religion.カーストのバラモンの尊厳を大幅に誇張されたが、これまでの間、スードラカーストは除外されるとして軽蔑されてからの痛みを死の参加は、バラモンの宗教です。 Punishments for crimes and misdemeanours were lightest when applied to offenders of the Brahmin caste, and increased in severity for the guilty members of the warrior, farmer, and serf caste respectively. misdemeanours罰則が適用される犯罪や犯罪者が軽いときに適用され、バラモンカースト、および重大度を増加し、罪を犯した人の戦士、農民、および農奴カーストです。 Most forms of industry and practice of medicine were held in contempt, and were forbidden to both Brahmins and warriors.ほとんどの形態の産業との練習の薬が開催さ軽蔑し、 brahminsと戦士の両方が禁じられている。 The mind of woman was held to br fickle, sensual, and incapable of proper self-direction.女性の心の中にbrが開かれた気まぐれな、官能的、および適切な自己無能な方向です。 Hence it was laid down that women were to be held in strict subjection to the end of their lives.そのためには敷設で開催される女性は厳格な服従を彼らの生活の終わりにします。 They were not allowed to learn any of the Vedic texts, and their participation in religious rites was limited to a few insignificant acts.彼らはご遠慮のいずれかのヴェーダを学ぶテキスト、およびそれらの宗教的な儀式に参加していくつかの軽微な行為は限られています。 Guilt involving penances was attributed to unintentional transgressions of law, and there was a hopeless confusion of duties of conscience with traditional customs and restrictions in large part superstitious and absurd.罪悪感に起因する意図的ではないが関与penances transgressions法、および義務があったの施しようがないの呵責に混乱を伝統的な風習や迷信や不合理な制約が大部分です。 Yet, with all this, the ethical teachings of the "Laws of Manu" is very high, embracing almost every form of moral obligation recognized in the Christian religion.しかし、すべてには、倫理的な教えは、 "マヌの法典"が非常に高く、ほぼすべての形で受け入れる道徳的義務は、キリスト教の宗教認識されています。

The "Laws of Manu" is accessible to modern readers in a number of good translations. "マヌの法典"は、現代の読者がアクセスできるように、いくつかの良い技術情報の翻訳です。 It was published in English dress finder the title, "The Institutes of Manu", by Sir William Jones in 1794, being the first Sanskrit work to be translated into a European tongue.それが公開さ英語ドレスファインダーのタイトルは、 "機関のマヌー" 、 1794年にサーウィリアムジョーンズは、サンスクリット語の最初の仕事をする欧州の舌に翻訳される。 This version is still recognized as a work of great merit.このバージョンはまだ仕事をする大きなメリットとして認識されています。 In 1884 a very excellent translation, begun by AC Burnell and completed by Professor EW Hopkins, was published in London with the title, "The Ordinances of Manu". 1884年、大変優れた翻訳、開始され、完了するのAC burnellニューホプキンス教授は、ロンドンでのタイトルが公開さでは、 "条例のマヌー"です。 Two years later appeared Professor George Buhler's able version with a lengthy introduction, constituting volume xxv of the "Sacred Books of the East". 2年後のバージョンが登場教授のジョージビューラーの長期にわたる導入できるよう、ボリュームを構成する25の"神聖な書籍の東"です。 In 1893 Professor G. Strehly published in Paris a very elegant French translation, "Les Lois de Manou" forming one of the volumes of the "Annales du Musée Guimet". g.教授が1893年にパリで公開strehly非常にエレガントなフランス語の翻訳、 "レロイスデmanou "形成の1つのボリュームは、 "学派デュミュゼギメ"です。

Publication information Written by Charles F. Aiken.出版物の情報執筆者チャールズ女性エーケンです。 Transcribed by Joseph P. Thomas.ジョセフPトーマス転写されています。 Dedicated to the memory of Mr. PR Kutty The Catholic Encyclopedia, Volume IX.専用のメモリを広報kutty氏のは、カトリックの百科事典、第20巻9世です。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

MACDONELL, Sanskrit Literature (New York, 1900); FRAZER, A Literary History of India (New York, (1898); MONIER WILLIAMS, Indian Wisdom (4th ed. London, 1803); JOHANTGEN, Ueber das Gesetzbuch des Manu (Leipzig, 1863).マクドネル、サンスクリット語文学(ニューヨーク、 1900 ) ;フレーザーは、文学史のインド(ニューヨーク、 ( 1898 ) ; monierウィリアムズ、インドの知恵(第4エド。ロンドン、 1803 ) ; johantgen 、 ueber das gesetzbuchデマヌー(ライプチヒ、 1863 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです