Jewish Genesis - (Bereshit)ユダヤ人の創世記-( b ereshit)

(Editor's Note: There are a number of subtle differences from Christian versions. This seems interesting, since they are both based on the exact same original source texts. The variations are therefore because of the differing perspectives of the scholars in the two religions who translated the texts. A reader might also want to look at a Literal Translation of the Christian Genesis, to see the original word sequences, as understood from the Christian perspective.) (編集者注:には、いくつかの微妙な違いからキリスト教のバージョンがあります。これは面白いので、彼らは両方に基づいて、正確に同じ元のソーステキストです。のパターンが異なるため、そのための視点の2つの宗教学者、 who翻訳のテキストです。リーダーを見てもいいかもしれないリテラル翻訳は、キリスト教の創世記、シーケンスを参照して元の単語としては、キリスト教の視点から理解されています。 )

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Bereshit (Genesis) 1 bereshit (創世記) 1

1. 1 。 When God began to create the heaven and the earth -神が始まったときに、天と大地を作成する-

2. 2 。 the earth being unformed and void, with darkness over the surface of the deep and a wind from God sweeping over the water -地球が形成されていないと無効、深い闇の表面全体に風と水の神からの抜本-

3. 3 。 God said, "Let there be light"; and there was light.神によると、 "光あれ" ;と光があった。

4. 4 。 God saw that the light was good, and God separated the light from the darkness.神は、その光が良い、と神の闇からの光に分離します。

5. 5 。 God called the light Day, and the darkness He called Night.神と呼ばれる光の日、夜の闇の彼と呼ばれる。 And there was evening and there was morning, a first day.とがあったがあった夜と朝のは、最初の日です。

6. 6 。 God said, "Let there be an expanse in the midst of the water, that it may separate water from water."神によると、 "あれは水の真っただ中に広がり、水から水を別々のことがあります。 "

7. 7 。 God made the expanse, and it separated the water which was below the expanse from the water which was above the expanse.神は広がり、それが区切りの下に広がり、水からの水の上に広がりがします。 And it was so.とそれはとてもです。

8. 8 。 God called the expanse Sky.神と呼ばれる空の広がりです。 And there was evening and there was morning, a second day.とがあったがあった夜と朝、 2番目の日です。

9. 9 。 God said, "Let the water below the sky be gathered into one area, that the dry land may appear."神によると、 "スカイて、水の下にあるようなところから集めを1つのエリア、乾燥した土地は、 5月が表示されます。 " And it was so.とそれはとてもです。

10. 10 。 God called the dry land Earth, and the gathering of waters He called Seas.神と呼ばれる乾燥した土地の地、そして彼と呼ばれる海の水の集まりです。 And God saw that this was good.これは良いと見た神です。

11. 11 。 And God said, "Let the earth sprout vegetation; seed - bearing plants, fruit trees of every kind on earth that bear fruit with the seed in it."そして神によると、 "もやして、地球の植生;種子-軸受工場は、地球上であらゆる種類の果物の木の種子を実らせることにしてください。 " And it was so.とそれはとてもです。

12. 12 。 The earth brought forth vegetation: seed - bearing plants of every kind, and trees of every kind bearing fruit with the seed in it.地球甦ら植生:種子-軸受工場のすべての種類、およびあらゆる種類の木の種子を結実しています。 And God saw that this was good.これは良いと見た神です。

13. 13 。 And there was evening and there was morning, a third day.とがあったがあった夜と朝は、 3日目です。

14. 14 。 God said, "Let there be lights in the expanse of the sky to separate day from night; they shall serve as signs for the set times - the days and the years;神によると、 "あれ、スカイライトは、広々とした部屋から別の日に、かれらは標識としてのセット倍-の日で終了し、年間;

15. 15 。 and they shall serve as light in the expanse of the sky to shine upon the earth." And it was so.とかれらは広々としたとして立ちくらみがして、地球の空を磨き時です。 "とそれはとてもです。

16. 16 。 God made the two great lights, the greater light to dominate the day and the lesser to dominate the night, and the stars.神は、二つの大きなライトは、大きな光を支配して昼と夜の小を支配する、との星印です。

17. 17 。 And God set them in the expanse of the sky to shine upon the earth,そして神に設定して、広々とした時、地球の空を磨き、

18. 18 。 to dominate the day and the night, and to separate light from darkness.昼と夜を支配して、暗闇からの光を分離します。 And God saw that this was good.これは良いと見た神です。

19. 19 。 And there was evening and there was morning, a fourth day.とがあったがあった夜と朝は、 4日目です。

20. 20 。 God said, "Let the waters bring forth swarms of living creatures, and birds that fly above the earth across the expanse of the sky."神によると、 "ウォーターズて、生き物の大群を生み出すし、地球全体の上を飛ぶ鳥を、広々とした空です。 "

21. 21 。 God created the great sea monsters, and all the living creatures of every kind that creep, which the waters brought forth in swarms; and all the winged birds of every kind.神の偉大な海の怪物に作成し、あらゆる種類のすべての生き物がクリープ、これのために尽くす甦らわんさと、あらゆる種類のすべての鳥の翼です。 And God saw that this was good.これは良いと見た神です。

22. 22 。 God blessed them saying, "Be fertile and increase, fill the waters in the seas, and let the birds increase on the earth.神の祝福と言って、 "肥沃を向上させるには、水をいっぱいにするの海、をご存知でしたら、鳥たちは、地球上に増加します。

23. 23 。 And there was evening and there was morning, a fifth day.とがあったがあった夜と朝は、 5日目です。

24. 24 。 God said, "Let the earth bring forth every kind of living creature: cattle, creeping things, and wild beasts of every kind."神によると、 "て、地球のあらゆる種類の生き物を生み出す:牛、徐々に進行すること、およびあらゆる種類の野生動物たちです。 " And it was so.とそれはとてもです。

25. 25 。 God made wild beasts of every kind and cattle of every kind, and all kinds of creeping things of the earth.神はあらゆる種類および牛の野生動物たちのすべての種類、およびすべての種類のものを徐々に進行する地球です。 And God saw that this was good.これは良いと見た神です。

26. 26 。 And God said, "Let us make man in our image, after our likeness. They shall rule the fish of the sea, the birds of the sky, the cattle, the whole earth, and all the creeping things.そして神によると、 "男が私たちのイメージをご連絡後、私たち似ている。かれらは、海の魚を支配して、鳥たちの空のは、牛、地球全体、およびすべての忍び寄るものです。

Footnotes:脚注:

1. 1 。 Rashi said that that the text would have been written slightly differently if its primary purpose had been to teach the order in which creation took place. rashiによると、テキストは、若干異なる場合が書き込まれ、その主な目的を教えていた作成された順序で行われた。 Later authors used the translation "In the beginning" as proof that God created out of nothing (ex nihilo), but it is not likely that the biblical author was concerned with this problem.への作家使用して翻訳"で始まり"として作成した証拠を手に入れるの神は振れない(無から) 、しかし、そうではない気には、聖書の著者は、この問題を回避します。

2. 2 。 (The deep) echoes the Mesopotamian creation story where it is told that heaven and earth were formed from the carcass of the sea dragon, Tiamat. (深)エコーのメソポタミアの創作物語ではそのことは天と地が形成からの枝肉は、海のドラゴン、ティアマトです。 (wind from God) (ruach) can mean both wind and spirit. (風より神) ( ruach )は、風と精神の両方を意味します。 Wind provides a closer parallel to Babylonian texts than the traditional "spirit of God."バビロニア風の文章では、より緊密に平行に、従来の"スピリットオブゴッド。 "

More Footnotes他の脚注

6.(an expanse) (rakia) suggests a firm vault or dome over the earth. 6 。 (の広がり) ( rakia )の提案を企業やドームボールトの地球です。

21. 21 。 (the great sea monsters) As elsewhere in the Bible, enemy forces against God in the sea. (偉大な海の怪物)としての別の場所で聖書の、神の敵軍を海に反対します。 Variously named Nahar, Yam, Leviathan, Rahab.さまざまな名前nahar 、ヤム、リバイアサン、ラハブです。

26. 26 。 (Let us make man) Either a majestic plural or spoken to an angelic court. (ご連絡makeのman )のいずれかを話さ雄大な複数形や天使の裁判所にします。 (Christian theology takes this to indicate the triune nature of God.) (キリスト教神学はこの性質を示す三位一体の神です。 )


Book of Genesis or Bereshit創世記またはbereshit

Jewish Viewpoint Informationユダヤ人の視点情報

§ 1. § 1 。 -Biblical Data: -聖書のデータ:

The first book of the Torah, and therefore of the whole Bible, is called by the Jews "Bereshit," after the initial word; by the Septuagint and by Philo it is called Γύνεσις (κόσμου) = "origin" (of the world), after the contents, and hence "Genesis" has become the usual non-Hebrew designation for it.律法の最初の本は、全体のための聖書は、ユダヤ人と呼ばれる" bereshit 、 "後の最初の言葉;されたセプトゥアギンタとフィロとも呼ばれγύνεσις ( κόσμου ) = "起源" (世界の) 、後の内容、およびそれゆえ"創世記"はヘブライ語以外の種別になるため、いつものことです。 According to the Masorah, it is divided into ninety-one sections ("parashiyyot"), forty-three of which have open or broken lines ("petuḥot"), and forty-eight closed lines ("setumot"); or into forty-three chapters ("sedarim") and twenty-nine sections ("pisḳot"); for reading on the Sabbath, into twelve lessons; according to the division adopted from the Vulgate, into fifty chapters with 1,543 verses.によると、 masorah 、それは91のセクションに分かれて( " parashiyyot " ) 、 43の行が壊れて開いたり( " petuḥot " ) 、および48クローズライン( " setumot " ) ;またはを40 - 3つの章( " sederの複数形"を参照) 、 29セクション( " pisḳot " ) ;を読む上の安息日、レッスンを12 ;課によると、ウルガタ聖書の採択から、 1543の詩を50章にします。

§ 2. § 2 。 Nature and Plan.自然との計画です。

Genesis is a historical work.ジェネシスは、歴史的な仕事です。 Beginning with the creation of the world, it recounts the primal history of humanity and the early history of the people of Israel as exemplified in the lives of its patriarchs, Abraham, Isaac, and Jacob, and their families.世界の創造を始めとした、それプライマルの歴史を再集計すると、初期の人類の歴史を例示としてイスラエルの人々はそのpatriarchsでの生活を、イブラーヒーム、イスハーク、とジェイコブ、とその家族です。 It contains the historical presupposition and basis of the national religious ideas and institutions of Israel, and serves as an introduction to its history and legislation.それには、歴史的な基礎を前提とする国家機関の宗教的なアイデアやイスラエル、日本、およびサービスとして、その歴史と立法の紹介をします。 It is a well-planned and well-executed composition of a single writer, who has recounted the traditions of his people with masterly skill, combining them into a uniform work, without contradictions or useless repetitions, but preserving the textual and formal peculiarities incident to their difference in origin and mode of transmission.これはよくよく計画と実行の組成を、 1つの作家、 who recountedの伝統は、彼の見事な腕前の人々に、制服作業を組み合わせて、矛盾や無駄なく繰り返し、しかし、事件の特殊性を維持することを正式なテキストとその違いが起源とモードを伝送します。

§ 3. § 3 。 The author has treated the story as a series of ten "generations" ("toledot"); namely, (1) of heaven and earth, ch.治療の物語としての著者は、一連の10個の"世代" ( " toledot " ) ;すなわち、 ( 1 )の天と地、あなたのです。 ii. Ⅱ 。 4-iv.; (2) of Adam, v.-vi. 4 - Ⅳ 。 ; ( 2 )のアダム、 v.-vi. 8; (3) of Noah, vi. 8 ; ( 3 )のノア、 Ⅵ 。 9-ix.; (4) of Noah's sons, x.-xi. 9 - 9 。 ; ( 4 )のノアの息子、 x.-xi. 9; (5) of Shem, xi. 9 ; ( 5 )のshem 、西です。 10-26; (6) of Terah, xi. 10月26日、 ( 6 )のテラ、西です。 27-xxv. 27 - 25 。 11; (7) of Ishmael, xxv. 11 ; ( 7 )のイスマーイール、 25です。 12-18; (8) of Isaac, xxv. 12-18 ; ( 8 )のアイザックは、 25です。 19-xxxv.; (9) of Esau, xxxvi.; (10) of Jacob, xxxvii.-1. 19 - 35 。 ; ( 9 )のエサウ、 36 。 ; ( 10 )のジェイコブ、 xxxvii. - 1です。

§ 4. § 4 。 Contents.内容です。

In the beginning God created heaven and earth (i. 1), and set them in order in six days.はじめに神は天と地作成( i. 1 ) 、および設定するために、 6日の間です。 He spoke, and on the first day there appeared the light; on the second, the firmament of heaven; on the third, the separation between water and land, with vegetation upon the latter; on the fourth, sun, moon, and stars; on the fifth, the marine animals and birds; on the sixth, the land animals; and, finally, God created man in His image, man and woman together, blessing them and giving them dominion over all beings.彼は、との最初の日の光が登場;で2番目に、大空の天国;上の3つ目は、水と大地の間の分離、後者の植生時;上の第四に、太陽、月、および星印;第5は、海洋動物や鳥;は6番目は、その土地の動物;と、最後に、神の作成の男のイメージは、男と女一緒に、祝福し、すべての支配権を与えている。 On the seventh day God rested, and blessed and sanctified the day (i. 2-ii. 3).七日目の休息を神と祝福と聖別の日( i. 2 - Ⅱ 。 3 ) 。 As regards the creation and subsequent story of man (Adam), God forms him out of earth ("adama"), and breathes into him the breath of life.この点に関しての創出とその後の話の男(アダム) 、神のフォーム彼を地球( " adama " ) 、および、彼は息を吸い込んだの生活をします。 Then He sets him in a pleasure-garden (Eden), to cultivate and watch over it.それから彼は、彼は喜びセット-庭園(エデン) 、および監視を厳重にする能力を養うことです。 Adam is allowed to eat of all the fruit therein except that of the "tree of the knowledge of good and evil."アダムは許さのすべての果物を食べるのを除いてそこには、 "カテゴリは、善と悪の知識をします。 " God then brings all the animals to Adam, to serve as company for and to receive names from him.神のすべての動物をもたらすアダム入力し、会社として名を受信すると、彼からもらった。 When Adam can find no being like himself among all these creatures, God puts him into a deep sleep, takes a rib from his side, and forms a woman (called later "Eve"), to be a companion to him.アダムは見つからないときに自分自身の中のすべての生き物のように、神によって彼に、深い睡眠、彼の側からでは、肋骨、およびフォームの女性(と呼ばれるへ"イヴ" ) 、には、コンパニオンしている。 The woman is seduced by the artful serpent to eat of the forbidden fruit, and the man also partakes of the same.その女性は巧妙な誘惑されたヘビは、禁断の果実を食べると、男もpartakesと同じです。 As punishment they are driven out of Eden (ii. 4-iii.).罰として追い出さ彼らはエデンの( ii. 4 - Ⅲ 。 ) 。 Adam and Eve have two sons, Cain and Abel.アダムとイブが2人の息子、カインとアベルです。 Cain grows envious of the favor found by his brother before God, and slays him; he then wanders over the earth as a fugitive, and finally settles in the land of Nod.カインの成長の恩恵うらやましく前に発見された弟の神となり、 slays彼の地球ワンダースとして入力し、逃亡中の、そして最後に和解は、ノドの地です。 Enoch, one of his sons, builds the first city, and Lamech takes two wives, whose sons are the first dwellers in tents and owners of herds and the earliest inventors of musical instruments and workers in brass and iron.イノック、彼の息子たちの1つ、ビルドの最初の都市、およびレメクは、 2つの妻、その人の息子に住む人々は、最初のテントや発明家の所有者の群れと最古の楽器と真鍮と鉄の労働者です。 Cain's descendants know nothing about God (iv.).カインの子孫のことは全然知らない神( iv. ) 。 Another son, Seth, has in the meantime been born to Adam and Eve in place of the slain Abel.別の息子、セスはそれまでの間に生まれてアダムとイブをつくられ、殺害されたアベルの代わりにします。 Seth's descendants never lose thought of God.セスの子孫決して神の考えを失う。 The tenth in regular descent is the pious Noah (v.).第10回の定期的な降下は、信心深いノア(動)です。

§ 5. § 5 。 As mankind has become wicked, indulging in cruelties and excesses, God determines to destroy it entirely.邪悪な人間になったとして、そして過剰な残虐行為と、神がわたしたちを破壊することを完全に決定します。 Noah only, on account of his piety, will escape the general ruin; and God commands him to build a large ark, since the work of destruction is to be accomplished by means of a great flood.ノアのみで、 [アカウントの彼の信心深さは、全般にエスケープ破滅させる;と彼に神のコマンドを構築する大規模なアーク、以来、仕事の破壊が達成されるという手段によって大洪水です。 Noah obeys the command, entering the ark together with his wife, his three sons, Shem, Ham, and Japheth, their wives, and, by God's instructions, with one couple of each kind of animal on the earth.ノアのコマンドに従う、彼の妻と一緒に箱舟入力して、彼の3人の息子、 shem 、ハム、とジェイフェス、その妻、そして、神の指示に従って、 1つのカップルの各種類の動物は、地球上にします。 Then the flood comes, destroying all living beings save those in the ark.その後、洪水になれば、それらを破壊するすべての生物の箱舟に保存します。 When it has subsided, the latter leave the ark, and God enters into a covenant with Noah and his descendants.ときには少なく、後者のままの箱舟、と神の約束に入って、ノアと彼の子孫です。 Noah begins to cultivate the field that has been cursed during Adam's lifetime (iii. 17-19; v. 29), and plants a vineyard (ix. 20).ノアのフィールドを育てて開始されてきたアダムの生涯の中にのろわ( iii. 17-19 ; v. 29 ) 、および植物のぶどう畑( ix. 20 ) 。 When, in a fit of intoxication, Noah is shamelessly treated by his son Ham, he curses the latter in the person of Ham's son Canaan, while the reverential Shem and Japheth are blessed (ix. 21-27).ときに、中毒に駆られ、治療される臆面もなく息子ノアは、ハム、彼は後者の呪いは、ハムの息子カナンの人が、畏敬の念をshemとジェイフェスが祝福( ix. 21-27 ) 。 Ch.あなたのです。 x. Xで contains a review of the peoples that are descended fromJapheth, Ham, and Shem (down to the chief branch of the last-named), and are living dispersed over the whole earth.には、子孫のレビューをfromjaphethの人々には、ハム、とshem (ダウンして、最後に支店長の名前)とは、地球全体の生活に分散します。 The dispersion was due to the "confusion of tongues," which God brought about when men attempted to build a tower that should reach up to heaven (xi. 1-9).の分散のためには、 "言葉の混乱"は、神の男性をもたらしたしようとしたときにタワーを建設することを天国に達する( xi. 1-9 ) 。 A genealogy is given of Shem's descendants in regular line, the tenth generation of whom is represented by Terah (xi. 10-25).を与えられたの系譜は、定期的に行shemの子孫で、第10回世代の人が表されるテラ( xi. 10-25 ) 。

§ 6. § 6 。 Terah, who lives at Ur of the Chaldees, has three sons, Abram, Nahor, and Haran.テラ、 who命を出典のchaldees 、 3人の息子は、エイブラム、 nahor 、およびハランです。 Haran's son is Lot.ハランの息子がたくさんです。 Nahor is married to Milcah, and Abram to Sarai, who has no children (xi. 26-32). nahorは、結婚してmilcah 、とエイブラムをサライ、 whoがない子供たち( xi. 26-32 ) 。 God directs Abram to leave his home and kindred because He intends to bless him.神の指示エイブラムの自宅や親族を残すため、彼は彼を祝福する意向です。 Abram obeys, emigrating with his entire household and Lot, his brother's son, to the land of Canaan.エイブラムに従う、彼の全世帯に移住と多く、彼の弟の息子、カナンの地をします。 Here God appears to him and promises that the land shall become the property of his descendants.ここで彼との約束を、神が表示されたら、その土地は、彼の子孫の財産になる。 Abram is forced by a famine to leave the country and go to Egypt.エイブラムは、強制された国や飢饉を残しておくようにエジプトに行く。 The King of Egypt takes possession of the beautiful Sarai (whom Abram has represented as his sister), but, smitten by God, is compelled to restore her (xii.).ザキングオブエジプトは、所持の美しいサライ(誰エイブラムは彼のお姉さんとして表現され) 、しかし、神の心を打つ、彼女は強制を復元する( xii. ) 。 Abram returns to Canaan, and separates from Lot in order to put an end to disputes about pasturage, leaving to Lot the beautiful country in the valley of the Jordan near Sodom.エイブラムカナンの地に戻り、および分離より多くの紛争に終止符を打つために放牧については、残してたくさんの美しい国で、ヨルダンの谷のソドムの近くです。 God thereupon again appears to Abram, and again promises him the whole country (xiii.).そこで神を再度表示さAbramに代わって、国全体と、彼は約束を再度( xiii. ) 。 Lot is taken prisoner during a war between Amraphel, King of Shinar, and Bera, King of Sodom, with their respective allies, whereupon Abram pursues the victors with his armed servants, liberates Lot, and seizes the booty, refusing his share of the same (xiv.).多くは戦争中に捕虜の間にamraphel 、キングオブシャイナー、およびリック、キングオブソドム、それぞれの同盟国、エイブラムすると彼の勝利を得るの追求武装召使、 liberates多くし、戦利品を押収し、彼のシェアを拒否したのと同じ( xiv. ) 。 After this exploit God again appears to Abram and promises him protection, a rich reward, and, in spite of the fact that Abram still has no children, a numerous progeny.この脆弱性をした後エイブラムが表示されたら、神との約束を再度彼の保護、豊かな報酬、および、にもかかわらず、エイブラムいるわけではないという事実を子供たちは、数多くの子孫です。 These descendants must pass four hundred years in servitude in a strange land; but after God has judged their oppressors they, in the possession of great wealth, shall leave the land of their affliction, and the fourth generation shall return to the same land (xv.).これらの子孫に服することを通過しなければならないが、 400年の奇妙な土地;しかし、神が判断した後、抑圧者彼らは、偉大な富の所有者は、その土地のままに苦悩し、第4世代は、同じ土地に戻って( 15 。 ) 。

Sarai being still childless, Abram gets a son, Ishmael, by her Egyptian handmaid, Hagar (xvi.).サライはまだ子供が、エイブラムを取得する息子、イスマーイール、彼女のエジプトのお手伝いさん、 hagar ( xvi. ) 。 God again appears to Abram, and enters into a personal covenant with him securing Abram's future: God promises him a numerous progeny, changes his name to "Abraham" and that of Sarai to "Sarah," and institutes the circumcision of all males as an eternal sign of the covenant.神を再度表示さAbramに代わって、個人的な約束と入って彼の将来の確保エイブラム:神の約束を彼は数々の子孫は、自分の名前を変更" Abraham "とのサライを"サラ"と機関としての割礼のすべての男性に永遠のサインを誓約します。 Abraham, together with his whole house, immediately fulfils the rite (xvii.).アブラハムは、彼の家全体と一緒に、すぐになすの儀式( xvii. ) 。 God once more appears to Abraham in the person of three messengers, whom Abraham receives hospitably, and who announce to him that he will have a son within a year, although he and his wife are already very old.アブラハムの神を一度に表示されたら、他の人の3つの使徒、誰hospitablyアブラハムを受信し、 who発表を彼には彼の息子には、一年以内に、彼と彼の妻はすでに非常に古い。 Abraham also hears that God's messengers intend to execute judgment upon the wicked inhabitants of Sodom and Gomorrah, whereupon he intercedes for the sinners, and endeavors to have their fate set aside (xviii.).アブラハムも、神の使徒たちの声を耳に下された邪悪な意図を実行するソドムとゴモラの住民たちは、 intercedesすると彼は罪を犯した者を、彼らの運命と努力して取っておく( xviii. ) 。 Two of the messengers go to Sodom, where they are hospitably received by Lot.ソドムの2つの使徒に行く、それがどこに受信さhospitablyたくさんです。 The men of the city wish to lay shameless hands upon them, and, having thus shown that they have deserved their fate, Sodom and Gomorrah are destroyed by fire and brimstone, only Lot and his two daughters being saved.男たちの願いをレイアウトするシティ恥知らずかれらの手と、当然のことこのように示されている彼らは彼らの運命は、ソドムとゴモラは地獄の責め苦によって破壊される、と彼の2人の娘がたくさんのみ保存されます。 The circumstances of the birth of Ammon and Moab are set forth (xix.).アモンにして生まれたかの状況を定めるとモアブは( xix. ) 。 Abraham journeys to Gerar, the country of Abimelech.アブラハムの旅をゲラル、その国のabimelechです。 Here also he represents Sarah as his sister, and Abimelech plans to gain possession of her, but desists on being warned by God (xx.).ここで彼のお姉さんとしても彼はサラを表し、およびabimelech利得を計画して彼女の所持が、 desistsで備えていると警告され、神( xx. ) 。 At last the long-expected son is born, and receives the name of "Isaac."最後に息子が生まれたの長期見通し、および受信するの名前を"アイザック。 " At the instance of Sarah, the boy Ishmael, together with his mother, Hagar, is driven out of the house, but they also have a great future promised to them.は、サラのインスタンスを、その少年イスマーイール、彼の母親と一緒に、 hagarは、駆動外出して、かれらも偉大な未来を有することを約束しています。 Abraham, during the banquet that he gives in honor of Isaac's birth, enters into a covenant with Abimelech, who confirms his right to the well Beer-sheba (xxi.).アブラハム、中にパーティを彼に敬意を表してアイザックの誕生により、入力をお約束abimelech 、 who確認自分の権利を井戸のビール-シバ( xxi. ) 。 Now that Abraham seems to have all his desires fulfilled, having even provided for the future of his son, God subjects him to the greatest trial of his faith by demanding Isaac as a sacrifice.アブラハム今すぐに彼の欲望がすべて果たされるように、提供にも、彼の息子の未来のために、神がわたしたちの最大の課題彼を求めて裁判アイザックとしての彼の信念を犠牲にされています。 Abraham obeys; but, as he is about to lay the knife upon his son, God restrains him, promising him numberless descendants.アブラハムに従う;しかし、彼はナイフの下準備をする時に、彼の息子、神の抑制彼は、無数の有望な彼の子孫です。 On the death of Sarah Abraham acquires Machpelah for a family tomb (xxiii.).アブラハムサラの死を取得し、ご家族の墓machpelah ( xxiii. ) 。 Then he sends his servant to Mesopotamia, Nahor's home, to find among his relations a wife for Isaac; and Rebekah, Nahor's granddaughter, is chosen (xxiv.).彼は彼の使用人を入力し、送信するメソポタミア、 nahorのホームページに、彼の関係の中には妻を見つけるのアイザック;とれたRebekah 、 nahorの孫娘が選ばれた( xxiv. ) 。 Other children are born to Abraham by another wife, Keturah, among whose descendants are the Midianites; and he dies in a prosperous old age (xxv. 1-18).他のアブラハムの元に生まれた子供たちは別の妻、 keturah 、その中の子孫は、 midianites ;と彼は死ぬが、豊かな老後( xxv. 1-18 ) 。

§ 7. § 7 。 After being married for twenty years Rebekah has twins by Isaac: Esau, who becomes a hunter, and Jacob, who becomes a herdsman. 20年に結婚した後は、双子されたRebekahアイザック:エサウ、 whoなるハンター、とジェイコブ、 whoが、牛飼いです。 Jacob persuades Esau to sell him his birthright, for which the latter does not care (xxv. 19-34); notwithstanding this bargain, God appears to Isaac and repeats the promises given to Abraham.ジェイコブpersuadesエサウ彼に相続権を販売する上では、後者のケアはありません( xxv. 19-34 ) ;にもかかわらず、このバーゲン、神様が表示されたらを繰り返しアイザックとアブラハムの約束を与えられた。 His wife, whom he represents as his sister, is endangered in the country of the Philistines, but King Abimelech himself averts disaster.彼の妻、御心に適うとしては彼のお姉さんは、その国の絶滅危ぐphilistines 、しかし、自分自身abimelechキングaverts災害です。 In spite of the hostility of Abimelech's people, Isaac is fortunate in all his undertakings in that country, especially in digging wells.にもかかわらず、敵意のabimelechの人々は、彼の事業のすべてのアイザックは、幸いにその国、特に井戸掘りします。 God appears to him at Beer-sheba, encourages him, and promises him blessings and numerous descendants; and Abimelech enters into a covenant with him at the same place.彼は神のように見えるビール-シバ、奨励彼は、数多くの祝福と彼の子孫と約束; abimelechを入力すると約束彼は、同じ場所です。 Esau marries Canaanite women, to the regret of his parents (xxvi.).エサウカナンの女性と結婚、遺憾の意をして彼の両親( xxvi. ) 。 Rebekah persuades Jacob to dress himself as Esau, and thus obtain from his senile father the blessing intended for Esau (xxvii.).ジェイコブれたRebekah persuadesエサウを着て自分自身としては、こうして彼の老人の父親からの祝福を得る意図エサウ( xxvii. ) 。 To escape his brother's vengeance, Jacob is sent to relations in Haran, being charged by Isaac to find a wife there.兄の復讐をエスケープ、ジェイコブが送られるとの関係でハラン、アイザックが課金さを見つけるの妻がある。 On the way God appears to him at night, promising protection and aid for himself and the land for his numerous descendants (xxviii.).彼の道を神のように見える夜、有望な保護及び援助を自分自身と彼の数多くの子孫の土地( xxviii. ) 。 Arrived at Haran, Jacob hires himself to Laban, his mother's brother, on condition that, after having served for seven years as herdsman, he shall have for wife the younger daughter, Rachel, with whom he is in love.ハランに到着、ジェイコブ社員に対して自分自身を、彼の母親の弟のことを条件に、後に牛飼いとして提供を7年間、彼は、妻が、若い娘、レイチェルは、彼は誰に恋します。 At the end of this period Laban gives him the elder daughter, Leah; Jacob therefore serves another seven years for Rachel, and after that six years more for cattle.この期間の終わりに、彼は姉娘に対しては、リア;ジェイコブしたがって別の7年間のレイチェルは、 6年後に他の牛です。 In the meantime Leah bears him Reuben, Simeon, Levi, and Judah; by Rachel's maid Bilhah he has Dan and Naphtali; by Zilpah, Leah's maid, Gad and Asher; then, by Leah again, Issachar, Zebulun, and Dinah; and finally, by Rachel, Joseph.その一方で彼のクマリアルーベン、シメオン、レビ、およびユダ;られたレイチェルのメイドbilhah彼はダンとナフタリ;さzilpah 、リアのメイド、ほっつき歩くと洗浄器;入力し、リアを再度、 issachar 、 zebulun 、およびダイナ;そして最後に、レイチェル、ジョセフです。 He also acquires much wealth in flocks (xxix.-xxx.).彼はまた多くの富を取得群れ( xxix. - xxxにします。 ) 。

In fear of Laban, Jacob flees with his family and all his possessions, but becomes reconciled with Laban, who overtakes him (xxxi.).対の恐怖の中、ジェイコブ逃げると、彼の家族と全財産を、和解となる対しかし、 whoやって来た彼( xxxi. ) 。 On approaching his home he is in fear of Esau, to whom he sends presents; and with the worst apprehensions he turns at night to God in prayer.彼は彼の家に近づいてエサウの恐怖の中、御心に適う送信をプレゼント;やapprehensions 、最悪の夜に彼が神に祈りをします。 An angel of God appears to Jacob, is vanquished in wrestling, and announces to him that he shall bear the name "Israel," ie, "the combatant of God" (xxxii.).神のように見える天使のジェイコブは、打ち負かさ、レスリング、と発表クマを彼には彼の名前は"イスラエル、日本、 "すなわち、 "神の戦闘員" ( xxxii. ) 。 The meeting with Esau proves a friendly one, and the brothers separate reconciled.エサウとの会見を証明フレンドリーな1つ、別の兄弟と仲直りです。 Jacob settles at Shalem (xxxiii.).ジェイコブが和解にshalem ( xxxiii. ) 。 His sons Simeon and Levi take bloody vengeance on the city of Shechem, whose prince has dishonored their sister Dinah (xxxiv.).彼の息子たちシメオンとレビ取る流血の復しゅうを検索するシティのシケム、その王子の妹が不渡りにダイナ( xxxiv. ) 。 Jacob moves to Beth-el, where God bestows upon him the promised name of "Israel," and repeats His other promises.ジェイコブの動きをベス-エル、ここで神bestows時、彼は約束の名前を"イスラエル、日本、 "と彼の他の約束を繰り返しています。 On the road from Beth-el Rachel gives birth to a son, Benjamin, and dies (xxxv.).上の道路からベス-エルレイチェル出産して息子、ベンジャミン、およびダイス( xxxv. ) 。 A genealogy of Esau and the inhabitants and rulers of his country, Edom, is given in ch.エサウの系図の支配者と彼の国の住人たちと、エドム、与えられたのはあなたです。 xxxvi. 36 。

§ 8. § 8 。 Joseph, Jacob's favorite, is hated by his brothers on account of his dreams prognosticating his future dominion, and on the advice of Judah is secretly sold to a caravan of Ishmaelitic merchants going to Egypt.ジョセフ、ジェイコブのお気に入りの、彼の兄弟は嫌わアカウントの自分の夢を、彼の将来prognosticatingドミニオン、との忠告を無視して販売しているユダは、ひそかにishmaeliticキャラバンの商人エジプトに行くのです。 His brothers tell their father that a wild animal has devoured Joseph (xxxvii.).彼の兄弟が、父親に伝える弊社は、野生動物はdevouredジョセフ( xxxvii. ) 。 Joseph, carried to Egypt, is there sold as a slave to Potiphar, one of Pharaoh's officials.ジョセフ、運ばにエジプトでは、スレーブがあるとして販売をポテパル、フィルアウンの当局者の1つです。 He gains his master's confidence; but when the latter's wife, unable to seduce him, accuses him falsely, he is cast into prison (xxxix.).彼は主人の信頼感の上昇;しかし、後者の妻のときに、誘惑できませんでした彼は、彼を非難偽って、彼はキャストに刑務所に入れられる( xxxix. ) 。 Here he correctly interprets the dreams of two of his fellow prisoners, the king's butler and baker (xl.).ここで彼の2つの夢を正しく解釈され、彼の仲間の囚人は、王の執事とベイカー( xl. ) 。 When Pharaoh is troubled by dreams that no one is able to interpret, the butler draws attention to Joseph.夢のときに悩まされることは絶対にありませんフィルアウンは、 1つの解釈ができるように、ユースフに執事の引き分けに注意をします。 The latter is thereupon brought before Pharaoh, whose dreams he interprets to mean that seven years of abundance will be followed by seven years of famine.そこでフィルアウンは、後者の訴えを、その夢を解釈するということで彼は7年間の豊富される7年間の飢饉に続いています。 He advises the king to make provision accordingly, and is empowered to take the necessary steps, being appointed second in the kingdom.彼はアドバイスの提供を作るザキングしたがって、との手順を実行するために必要な権限を取る、 2番目で指名の王国です。 Joseph marries Asenath, the daughter of the priest Poti-pherah, by whom he has two sons, Manasseh and Ephraim (xli.).ジョセフ結婚アセナスは、司祭の娘は拒否- pherah 、御心に適うには2人の息子、マナセとエフライム( xli. ) 。

When the famine comes it is felt even in Canaan; and Jacob sends his sons to Egypt to buy corn.飢饉時にはカナンの地でも感じたことは、彼の息子たちにエジプトにジェイコブ送信を購入するトウモロコシのです。 The brothers appear before Joseph, who recognizes them, but does not discover himself.ジョセフはライト兄弟が表示される前に、 who認識し、自ら発見することはできません。 After having proved them on this and on a second journey, and they having shown themselves so fearful and penitent that Judah even offers himself as slave, Joseph reveals his identity, forgives his brothers the wrong they did him, and promises to settle in Egypt both them and his father (xlii.-xlv.).このことを証明して、後は、 2番目の旅は、かれら自身が示すようにユダ恐ろしいと後悔しても自分自身としては、スレーブ、ジョセフ明らかに彼のアイデンティティーは、彼の兄弟を許して、誤った彼らは彼と約束して、エジプトの両方を解決し、彼の父親( xlii. - 45です。 ) 。 Jacob brings his whole family, numbering 66 persons, to Egypt, this making, inclusive of Joseph and his sons and himself, 70 persons.ジェイコブ全体をもたらす彼のご家族、ナンバリング66人、エジプト、このメーカーは、包括のジョゼフとその息子たちと自分自身、 70人です。 Pharaoh receives them amicably and assigns to them the land of Goshen (xlvi.-xlvii.).フィルアウンを受信して友好的に代入してその土地のゴセン( xlvi. - 47です。 ) 。 When Jacob feels the approach of death he sends for Joseph and his sons, and receives Ephraim and Manasseh among his own sons (xlviii.).ジェイコブ死が迫るのを感じるとき彼と彼の息子たちはユースフの送信と受信の間、自分の息子エフライムとマナセ( xlviii. ) 。 Then he calls his sons to his bedside and reveals their future to them (xlix.).それから彼は彼の息子たちの呼び出しと明らかに付き添われて将来をして( xlix. ) 。 Jacob dies, and is solemnly interred in the family tomb at Machpelah.ジェイコブが死ねば、とは、厳粛には、ご家族の墓にmachpelah interredです。 Joseph lives to see his great-grandchildren, and on his death-bed he exhorts his brethren, if God should remember them and lead them out of the country, to take his bones with them (1.).ジョセフの生活を見彼の偉大-孫、そして彼の死-ベッドexhorts彼は彼の兄弟、もし神が覚えてリードし、それらに出ている、彼の骨を取るにして( 1 。 ) 。

§ 9. § 9 。 Aim of Work.目的の仕事です。

In the choice, connection, and presentation of his material the narrator has followed certain principles incident to the purpose and scope of his work.での選択、接続、および彼のプレゼンテーション資料の語り手は、事件の後、特定の原則を目的として彼の仕事の範囲です。 Although he adopts the universal view-point of history, beginning with the Creation and giving a review of the entire human race, he yet intends to deal particularly with Israel, the people subsequently chosen by God, and to give an account of its origin and of its election, which is based on its religious and moral character.ユニバーサル採用して彼の視点の歴史を、創造と提供を始めとした人類全体の見直しを、彼はまだありません意向への対応特に、イスラエル、続いて選ばれた人々の神となり、その起源を持つアカウントを与えるとその選挙で、これは宗教的、道徳的なキャラクターに基づいて決定されます。 His chief point of view, therefore, is that of narrator of tribal and religious history; and only the details that bear on this history are reported.彼のチーフ観点から、したがって、語り手のは、部族や宗教の歴史、および詳細は、この歴史上にクマが報告されます。

§ 10. § 10 。 It is his primary intention to show that the people of Israel are descended in a direct line from Adam, the first man created by God, through legitimate marriages in conformity with Israelitish moral ideals, ie, monandric marriages.これは彼の主な意図に表示することは、イスラエルの人々からは、アダム直系の子孫で、作成された神の最初の男は、結婚を合法的な適合性israelitishを通じて道徳的な理念、すなわち、 monandric結婚します。 Offshoots branch from this main line at central points represented by Adam, Noah, Shem, Eber, Abraham, and Isaac, though their subsequent legitimacy can not be guaranteed.このメインラインから分岐offshoots中央ポイントで表されるアダム、ノア、 shem 、のEber 、イブラーヒーム、イスハーク、かれらのその後の正当性がないことを保証することはできません。 Linguistically the descent from the main line is always indicated by the word , vouching for the paternity; while descent in a branch line is indicated by .言葉の降下からのメインラインは常に表示されているWord 、 vouchingは、父親;ながら降下し、枝線が表示されます。 This is the explanation of the interchange of these two words, a phenomenon which has never yet been correctly interpreted.これは、これらの2つのインターチェンジで説明した言葉は、まだ現象は決して正しく解釈します。 The line branching off at any one central point is always fully treated before the next member of the main line is mentioned.いずれか1つの行に分岐する中心点は、常に完全に治療する前に、次のメンバーは、メインラインに記載します。 Only such matters are related in regard to the branch lines as are important for the history of humanity or that of Israel.このような事柄に関連しただけの枝のラインとしてこれについては、重要な人類の歴史やイスラエルのことです。 No fact is ever introduced merely on account of its historical or antiquarian value.実際にはないだけにアカウントを導入までの歴史や古物収集値です。 In the main line the interest is concentrated upon the promised, long-expected generations of Isaac-Jacob, his sons and grandsons-who safely pass through all dangers and tribulations, emphasis being laid on their religious and moral character.は、メインラインの関心が集中すると約束した時、長期的見通しの世代のアイザック-ジェイコブ、彼の息子や孫- whoを安全に通過するすべての危険と苦難、彼らに敷か強調が、宗教と道徳的なキャラクターです。

§ 11. § 11 。 The events are related in definite chronological order, the chief dates being as follows:明確なイベントが関連して、年代順に、最高の日付が以下のとおり:

see table

The year of the Creation is the year 3949 before the common era.ザイヤー3949年に作成する前には、共通の時代です。 The ten generations before the Flood attain to ages varying between 777 years (Lamech) and 969 years (Methuselah), with the exception of Enoch (365 years).洪水を達成する前に、 10代さまざまな年齢層の間に777年(レメク)と969年(メトセラ)を除いて、イノック( 365歳)です。 Those of the ten generations after the Flood vary between 600 years (Shem) and 148 (Nahor).これらの洪水の後に、 10代600年の間に、変化( shem )と148 ( nahor ) 。 All the reasons for the details of this chronology have not yet been discovered.のすべての理由としては、次の年表の詳細はまだ発見されています。 Oppert has declared (in "REJ" 1895, and in Chronology) that the figures are connected with ancient Babylonian chronological systems.オペールを宣言( " rej " 1895年、および年表)は、数字は、古代バビロニア年代のシステムに接続します。 The variations found in the Septuagint and in the Samaritan Pentateuch were introduced for certain purposes (see Jacob in "JQR" xii. 434 et seq.).発見されたセプトゥアギンタのパターンとは、サマリア五書を導入し、特定の目的のため(ジェイコブは" jqr " 12 。 434頁以降を参照。 ) 。 The correctness of the Masoretic figures, however, is evident from the context. masoreticの正しさは、フィギュア、しかし、文脈からは明らかです。

§ 12. § 12 。 Anachronisms such as various critics allege are found in Genesis do not in reality exist; and their assumption is based on a misunderstanding of the historiographic principles of the book.時代遅れのような様々な批評家の主張が見つかりました創世記現実に存在していない;とその仮定は誤解に基づいて、史料編纂の原則を予約します。 Thus the history of a generation no longer of importance is closed and the death of its last member noted, although it may not be contemporaneous with the next succeeding generation, to which the attention is then exclusively directed.したがって、一世代の歴史を閉じ、もはや重要なのはその最後のメンバーのメモが死亡したことがありますが、同時期には成功し、次の世代にして、関心が集まって入力し、排他的に指示します。 This view explains the apparent contradictions between xi.このビューを表示する見掛け上の矛盾の間に説明してⅩ Ⅰ 。 32 and xi. 32およびXiです。 26, xii. 26日、 12 。 4; also between xxv. 4 ;もの間に25です。 7 and xxv. 7日と25です。 26; xxi. 26 ; xxi 。 5 and xxv. 5と25です。 20; xxxv. 20 ; 35 。 28 (Jacob was at that time 120 years old) and xlvii. 28日(ジェイコブはその時120歳)と47です。 9; xxxvii. 9 ;参拾です。 2, xli. 2 、第41回です。 46; etc. In ch. 46 ;等のあなたのです。 xxxiv. 34 。 Dinah is not six to seven years old, nor Simeon and Levi eleven and ten respectively, but (xxxv. 27, xxxvii. 1 et seq., xxxiii. 17) each is ten years older.ダイナではない6から7歳の時、シメオンとレビもそれぞれ11と10 、しかし、 ( xxxv. 27日、 37 。 1頁以降を参照。 、 33 。 17 )の各10年間は古いです。 The events in ch.あなたのイベントにします。 xxxviii. 38 。 do not cover twenty-three years-from the sale of Joseph in his seventeenth year to the arrival of Judah's grandsons in Egypt (xlvi. 12) in Joseph's fortieth year-but thirty-three years, as the words (elsewhere only in xxi. 22 and I Kings xi. 29) refer back in this case to xxxiii.カバーはありません- 23年の販売をジョゼフから彼の17年にユダの孫が到着すると、エジプト( xlvi. 12 )のジョセフの40年-しかし、 33年間、としての言葉(ほかの場所でのみxxi 。 22と私の王XI 。の29 )を参照に戻ってこの事件を33します。 17. 17 。 The story is introduced at this point to provide a pause after ch.この時点での物語が導入さを提供することを一時停止した後あなたのです。 xxxvii. 37 。

§ 13. § 13 。 Nor are there any repetitions or unnecessary doublets.またdoubletsまたは不必要があるの任意の繰り返しです。 If ch.もしあなたのです。 ii. Ⅱ 。 were an account of the Creation differing from that found in ch.アカウントの作成が異なるのが発見さからあなたのです。 i., nearly all the events would have been omitted; it is, however, the story in detail of the creation of man, introduced by a summary of what preceded. i. 、ほぼすべてのイベントが省略された場合も;ことが、しかし、その話を詳細には、人間の創造、導入されたの概要をどのような先行。 Neither are there two accounts of the Flood in ch.どちらも2つのアカウントがあるの水害で、あなたのです。 vi.-ix., in which no detail is superfluous. vi.-ix.ではないの詳細は余計です。 The three accounts of the danger of Sarah and Rebekah, ch.の3つのアカウントのサラとれたRebekahの危険性を、あなたのです。 xii., xx., and xxvi., are not repetitions, as the circumstances are different in each case; and ch. 12 。 、イグゼクス。 、および26 。 、繰り返しはない、との事情が異なるなかで、それぞれのケース;とあなたのです。 xxvi. 26 。 refers expressly to ch.明示的にあなたを指します。 xx.イグゼクスです。 The account in xix.しているアカウントの19です。 29 of the destruction of Sodom and Gomorrah and the rescue of Lot, is but a summary introducing the story that follows, which would not be comprehensible without xix. 29日は、ソドムとゴモラの破壊や救援の場ではなく、概要は以下の通り紹介して話をするのが、これは理解できませんなし19 。 14, 23, 28. 14日、 23日、 28 。 Repeated references to the same place (Beth-el, xxviii. 19, xxxv. 15), or renewed attempts to explain the same name (Beer-sheba, xxi. 31, xxvi. 33; comp. xxx. 20 et seq.), or several names for the same person (xxvi. 34, xxvii. 46-xxxvi. 2 for Esau's wives) are not contradictions.繰り返し参照しても同じ場所(ベス-エル、 28 。 19 、 35 。 15 )か、または、同じ名前の新たな試みを説明する(ビール-シバ、 xxi 。 31 、 26 。 33 ;のCOMPです。 xxx 。 20頁以降を参照。 )か、またはいくつかの名前を同じ人( xxvi. 、 34 、 27 。 46 - 36 。 2エサウの妻)は矛盾しない。 The change of Jacob's name into that of "Israel" is not narrated twice; for xxxii.ジェイコブの名前の変更をするにして"イスラエル"ではないナレーションの2倍;は32です。 29 contains only the announcement by the messenger of God.発表された29日には、神のメッセンジャーです。

Apparently no exegete has noted that is a parenthesis often found in prophetic speeches ("Not Jacob-thus it will be said [ie, in xxxv. 10]-shall be thy name"); is an impossible construction in Hebrew; xxxii.どうやらないexegeteは注意しては、括弧にしばしば見られると予言スピーチ( "特定ジェイコブ-そのため、これによるとされる[すなわち、で35 。 10 ] -しなければならないなたの名" ) ;は、不可能な建設inヘブライ語;参拾です。 4 et seq. 4頁以降を参照。 and xxxiii.と33 。 1 et seq. 1頁以降を参照。 do not prove, contrary to xxxvi.証明はありません、 36に反しています。 6-7, that Esau was living at Seir before Jacob's return. 6-7 、そのseir前に住んでいるエサウは、ジェイコブ氏の復帰します。 The account of the sale of Joseph as found in xxxvii.ジョセフのアカウントの販売を37として発見さです。 1-25, 28, 29-36; xl. 1-25 、 28 、 29-36 ; xl 。 1 et seq. 1頁以降を参照。 does not contradict xxxvii. 37矛盾はありません。 25-27, 28; xxxix. 25-27 、 28 ;参拾です。 ; forthe Midianites were the middlemen between the brothers and the Ishmaelites, on the one hand, and between the latter and Potiphar, on the other. ; forthe midianitesは、兄弟との間の中間ishmaelites 、 1つの手を検索する、との間に後者とポテパルは、他のです。 Potiphar is a different person from the overseer of the prison; and Joseph could very well say that he had been stolen, ie, that he had been put out of the way (xl. 15).ポテパルは、別の人からの監督は、刑務所;とヨセフが非常によく言ってやるがしていた盗まれた、すなわち、していたのも出すの道( xl. 15 ) 。

§ 14. § 14 。 It is the purpose of the book, on its religious as well as its historic side, to portray the relation of God to humanity and the behavior of the latter toward Him; His gracious guidance of the history of the Patriarchs, and the promises given to them; their faith in Him in spite of all dangers, tribulations, and temptations; and, finally, the religious and moral contrasts with Hamitic (Egyptian and Canaanite) behavior.これはその本の目的は、その歴史的、宗教的な側面だけでなく、神の関係を描く人間と、後者の動作を彼に向かっ;彼の優雅な指導の歴史を、 patriarchs 、との約束を与えられたかれらは彼を信じているにもかかわらず彼らのすべての危険性、苦難、および誘惑;と、最後に、道徳的、宗教と対照的にハム(エジプトとカナン)現象が発生します。

§ 15. § 15 。 Religion of Genesis.宗教の創世記です。

Being a historical narrative, no formal explanations of its religious views are found in Genesis; but the stories it contains are founded on such views, and the author furthermore looks upon history as a means of teaching religion.歴史的な物語が、正式な説明のない宗教上の再生回数が見つかりました創世記;が、ストーリーに設立さは、このような再生回数が含まれ、さらには時とし、著者の歴史教育の手段として、宗教です。 He is a historian only in virtue of being a theologian.彼は、歴史学者の美徳であることだけで神学者です。 He inculcates religious doctrines in the form of stories.彼は宗教的な教説の形でinculcatesの物語です。 Instead of propounding a system he describes the religious life. propoundingの代わりに説明して彼は宗教的な生活するシステムです。 The book therefore contains an inexhaustible fund of ideas.そのためには、尽きることのない本ファンドのアイデアです。 The most important among these, regarding God, the Creation, humanity, and Israel's Patriarchs, may be mentioned here.最も重要なこのうち、神については、創造、人間性、およびイスラエルのpatriarchs 、 5月に、ここに記載します。

§ 16. § 16 。 There is only one God, who has created heaven and earth (that is, the world), and has called all objects and living beings into existence by His word.神には1つだけ、 whoが作成天と地(つまり、世界の)と呼ばれるすべてのオブジェクトが存在すると生活をされている彼の言葉です。 The most important point of the theology of Genesis, after this fundamental fact, is the intentional variation in the name of God.最も重要な点は、創世記の神学は、この基本的な事実した後、意図的な変化は、神の名の下です。 It is the most striking point of the book that the same God is now called "Elohim" and now "Yhwh."これは最も著しい点は、今すぐ予約して同じと呼ばれる神は"エロヒム"と今すぐ確認する" yhwh 。 " In this variation is found the key to the whole book and even to the whole Pentateuch.この変化が見つかったのカギを握って全体を予約しても全体の五します。 It is not accidental; nor are the names used indifferently by the author, though the principle he follows can not be reduced to a simple formula, nor the special intention in each case be made evident.偶然ではない;もの名前が使われ無頓着された著者は、原則としてかかわらず、彼は次のようにすることはできません減少して、簡単な数式は、いずれの場合も、特別な意図が明らかになった。

§ 17. § 17 。 "Yhwh" is the proper name of God (= "the Almighty"; see Ex. iii. 12 et seq., vi. 2), used wherever the personality of God is to be emphasized. " yhwh "には、固有の名前を神( = "して偉力ならびなき" ;参照例です。 Ⅲ 。 12頁以降を参照。 、 Ⅵ 。 2 ) 、どこに使われるの人格神が強調されるべきです。 Hence only such expressions are used in connection with "Yhwh" as convey the impression of personality, ie, anthropomorphisms.したがってこのような表現のみで使用されて接続を" yhwh "としての性格の印象を伝える、すなわち、 anthropomorphismsです。 Eyes, ears, nose, mouth, face, hand, heart are ascribed only to "Yhwh," never to "Elohim."目、耳、鼻、口、顔、手、心臓が生得的にのみ" yhwh 、 "絶対に"エロヒム。 " These anthropomorphisms are used merely to suggest the personal life and activity of God, and are not literal personifications, as is conclusively proved by the fact that phrases which would be actual anthropomorphisms-eg, "God sees with His eyes"; "He hears with His ears"; "one sees God's face" ("head," "body," etc.)-never occur.これらのanthropomorphismsだけが使用され、個人の生活や活動を提示する神の、リテラルpersonificationsにはなっていないと同じように、決定的な事実を立証される実際の表現となるanthropomorphisms -例えば、 "神は彼の目に" ; "と聞くと彼の耳に" ; " 1つの神の顔を見た" ( "頭" 、 "体、 "等) -決して発生します。 The expression "Yhwh's eyes" indicates divine knowledge of what may be seen through personal apperception; "Yhwh's ears," what may be heard; = "God's anger" indicates the reaction of God's moral nature against evil; "Yhwh's mouth" indicates the utterances of the God who speaks personally; "Yhwh's face" indicates immediate personal intercourse with the God who is felt to be present; "Yhwh's hand" indicates His sensible manifestations of power; "Yhwh's heart" indicates His thoughts and designs.の表現" yhwhの目の"神の知識を示しを通して見たときは何年5月に個人的な統覚; " yhwhの耳に、 "何年5月に聞いた; = "神の怒り"の反応を示して、神の自然に対する道徳的な悪; " yhwhの口"を示して発言個人的に話すの神のwho ; " yhwhの顔"を示し即時whoは、個人的な関係にあるの神の存在を感じた; " yhwhの手"の力を示す彼の賢明な症状を呈して; " yhwhの心の"自分の考えやデザインを示しています。 The phrase "Yhwh, a personal God," characterizes fully the use of this name.のフレーズ" yhwh 、個人的な神、 "この名前の使用を完全に特徴です。 A person or a nation can have personal relations with the personal Yhwh only; and only He can plan and guide the fate of either with a personal interest.ある人、または個人的な国家との関係を個人的なことがyhwhのみ;と彼は計画とガイドのみの運命のいずれかの個人的な関心とします。 Yhwh is the God of history and of the education of the human race. yhwhは、神の歴史とは、教育、人間のレースです。 Only Yhwh can exact a positive attitude toward Himself, and make demands upon man that are adequate, ie, moral: Yhwh is the God of positive morality. yhwhのみ自分自身への前向きな姿勢を強要すること、および要求時に男には十分な、すなわち、道徳的な: yhwhは、神の積極的な道徳です。 A personal, inner life longing for expression can be organized into definite form and find response only if Yhwh be a personal, living God.に、個人的、精神生活あこがれを表現できる明確な形で整理されている場合にのみ、検索応答yhwhは、個人的な、生活の神です。 Yhwh is the God of ritual, worship, aspiration, and love. yhwhは、神の儀式、礼拝、誤嚥、と愛です。

§ 18. § 18 。 "Elohim" is an appellative, and the general name for the divinity, the superhuman, extramundane being, whose existence is felt by all men-a being that possesses intelligence and will, exists in the world and beyond human power, and is the final cause of all that exists and happens. "エロヒム"は普通名詞、および全般の名前を、神性は、超人的な、地球外のが、その存在が感じられた保有れているすべての人にインテリジェンスとは、世界で存在して人力では及ばない、とは、ファイナルが原因で発生するすべてのことが存在し、起こりません。 "Yhwh" is concrete; "Elohim" is abstract. " yhwh "とは具体的な; "エロヒム"は、抽象的です。 "Yhwh" is the special," Elohim" the general, God. " yhwh "には、特別な、 "エロヒム"全般、神様です。 "Yhwh" is personal; "Elohim." " yhwh "は個人的な; "エロヒム。 " impersonal.人間味のないです。 Yet there is no other Elohim but Yhwh, who is "ha-Elohim" (the Elohim).しかし、他のエロヒムはまだありませんがないyhwh 、 whoは、 "ハ-エロヒム" (エロヒム) 。

The following points may be observed in particular: 5月で観察されるポイントは、次の特定:

(a) "Elohim," as genitive of a person, indicates that the latter has superhuman relations (xxiii. 6; similarly of an object, xxviii. 17, 22). (ア) "エロヒム、 "として属格のある人、後者は、超人的な関係を示して( xxiii. 6 ;同様のオブジェクトの、二十八です。 17 、 22 ) 。

(b) It also indicates ideal humanity (xxxiii. 10; comp. xxxii. 29).結果( b )にも理想的な人間性を示す( xxxiii. 10 ;のCOMPです。 32 。 29 ) 。

(c) "Elohim" expresses the fate imposed by a higher power. ( c ) "エロヒム"課せられた運命を表現して力を高くします。 The statement "A person is prosperous" is paraphrased by "Elohim is with him," which is distinctly different from "Yhwh is with him."その声明"を人が繁栄している"とはparaphrased "エロヒムは、彼は、 "これは明らかに異なる" yhwhは、なんですよ" While the former indicates objectively a person's prosperity with regard to a single event, the latter expresses the higher intentions and consecutive plans of the personal God in regard to the person in question.客観的に前者の人の繁栄を示しに関しては、 1つのイベントでは、後者の意図を表現して高いとの個人的は神の連続計画と関連し、人に質問します。 Abimelech says to Abraham, "Elohim is with thee in all that thou doest" (xxi. 22), while he says to Isaac, "Yhwh is with thee," and "thou art now the blessed of Yhwh" (xxvi. 28, 29).アブラハムabimelechは言うには、 "エロヒムは、すべてのことなたなたdoest " ( xxi. 22 ) 、中にアイザックと彼は言います、 " yhwhは、なた、 "と"神の祝福を今すぐなたのyhwh " ( xxvi. 28日、 29 ) 。 For Abimelech had at first tried in vain to injure Isaac; but later he convinced himself () that evidently () it was the Yhwh worshiped by Isaac that designedly protected and blessed the latter. abimelechを試みたが最初にけがを負わせるには至りませんでしたアイザック;しかし、その後彼は、自分自身を確信( )が明らかに( )それは、アイザックがyhwh worshiped designedly保護され、祝福され、後者です。 Again, in xxi.また、 xxi 。 20: "And Elohim was with the lad"; for Ishmael did not belong to the chosen line, concerning which God had special plans. 20 : "とエロヒムの若者は、 " ;をイスマーイールは、選択しなかった行に属して、神は特別な計画に関するこれです。 Yhwh, however, is always with Israel and its heroes (xxvi. 3, 28; xxviii. 15 [xxxii. 10, 13]; xlvi. 4; Ex. iii. 12; Num. xxiii. 21; Deut. ii. 7; xx. 1; xxxi. 8, 23; Josh. i. 5, 9, 17; iii. 7; Judges ii. 18; vi. 12, 16; I Sam. iii. 19; xvi. 18; xviii. 12, 14; xx. 13; II Sam. vii. 3, v. 10; I Kings i. 37; II Kings xviii. 7). yhwh 、しかし、イスラエルとそのヒーローはいつも( xxvi. 3 、 28 ;二十八です。 15 [ 32 。 10 、 13 ] ;四拾六です。 4 ;例です。 Ⅲ 。 12 ; NUM件です。 23 。 21 ; deut 。 Ⅱ 。 7 ;イグゼクスです。 1 ; 31 。 8日、 23 ;ジョシュします。 i. 5 、 9 、 17 ; Ⅲ 。 7 ;裁判官Ⅱ 。 18 ; Ⅵ 。 12 、 16 ;私サムです。 Ⅲ 。 19 ; 16 。 18 ; 18 。 12 、 14 ;イグゼクスです。 13 ;二サムです。 Ⅶ 。 3 、 v. 10 ;私キングスi. 37 ;二キングス18 。 7 ) 。 Particularly instructive is Jacob's vow, xxviii.特に有益ジェイコブの誓いは、二十八です。 20 et seq., "If Elohim will be with me . . . then shall Yhwh be my Elohim." 20頁以降を参照。 、 "もしエロヒムされると思います。 。 。 。 。 yhwhに入力し、マイエロヒムものです。 " Adverse fate especially is, out of fear, euphemistically ascribed to the general Elohim, the impersonal God, rather than to Yhwh xlii.特に不利な運命は、恐怖心から、全般エロヒムeuphemistically生得的には、物的神ではなく、 42をyhwhです。 28). 28 ) 。

(d) As "Elohim" designates the universal ruler of the world, that term is used in ch. (エ)として"エロヒム"指定の普遍の世界の支配者は、その用語が使用されてあなたのです。 i.わたし。 in the story of the Creation; but in order to designate this Elohim as the true God the word "Yhwh" is always addedin the following chapters (ii., iii.).は、物語の創造;しかし、このエロヒムとして指定するために、神の言葉の真の" yhwh "は、常にaddedinは、次の章( ii. 、 Ⅲ 。 ) 。 (e) In so far as man feels himself dependent upon Elohim, whom he needs, the latter becomes his Elohim. (メール)をこれまでのところ感じて自分自身として男に依存してエロヒム、御心に適うのニーズ、後者が彼のエロヒムです。 As the term "Elohim" includes the idea of beneficent power, this relation becomes, on the part of God, that of the omnipotent patron, and, on the part of man, that of the protégé, the one who needs protection and offers respect and obedience (xvii. 7, xxviii. 22).という用語として"エロヒム"が含まれてアイデアを慈悲深きパワーは、この関係になればなるほど、上の部分の神、全能の守護していると、上の部分の男、それは、プロテジェは、 1つのパッケージwho必要な保護と尊重と服従( xvii. 7日、 28 。 22 ) 。 The same interpretation applies to "Elohim" followed by the genitive of a person.同じ解釈が適用さ"エロヒム"に続いて属格のある人です。 (f) Elohim is the religious meeting-ground between the believer in Yhwh and persons of a different faith (xiv. 22; xx. 13; xxi. 23; xxxix. 9; xli. 16, 25, 28, 32, 38). (女)エロヒムは、宗教的な会議室-地上yhwh信奉者との間に、別の人の信仰( xiv. 22 ;イグゼクスです。 13 ; xxi 。 23 ;参拾です。 9 ;第41回です。 16 、 25 、 28 、 32 、 38 )です。 (g) "Elohim" is the appellation of God used in connection with the person who is inclined toward Yhwh, but whose faith is not yet fully developed; for the one who is on the way to religion, as Melchizedek (ch. xiv.) and Abraham's servant (ch. xxiv.; comp. Jethro in Exodus and Balaam in Numbers; see §§ 28, 31). (グラム) "エロヒム"には、神の名称で使用され接続をその人に向かっyhwh whoは傾斜が、その信仰がまだ完全に開発;は、 1つのwhoは、宗教への道を、メルキゼデク(第14世です。 )とアブラハムの使用人(第二十四します。 ;のCOMPです。ジェスロ数の上での、出エジプト記と埋め草;参照§ § 28 、 31 ) 。

(h) "Elohim" represents God for those whose moral perception has been blunted by sin (iii. 3, 5); from the mouths of the serpent and the woman instead of "Jahweh" is heard "Elohim"; they desire to change the idea of a living God, who says, "Thou shalt," into a blurred concept of an impersonal and indefinite God. (高さ) "エロヒム"は神の人を対象に道徳的な知覚鈍化されてきた罪( iii. 3 、 5 ) ;者の口には、蛇と、女性の代わりに" jahweh "は聞いた"エロヒム" ;かれらの望むものを変更する神に生活のアイデア、 whoは、 "なたshalt 、 "ぼけの概念を神に物的と不定です。 But the God who pronounces judgment is Yhwh (ch. ii., iii.; on Cain, ch. iv.; in connection with the Flood, vi. 3-8; the tower of Babel, xi. 5 et seq.; Sodom and Gomorrah, xviii. 19; Er and Onan, xxxviii. 7, 10).しかし、神の判断は、 who pronounces yhwh (第2世、 3世です。 ;上カイン、あなたのです。 Ⅳ 。 ;に関連して洪水、 Ⅵ 。 3-8 ;のバベルの塔、 XI 。の5頁以降を参照。 ;ソドムとゴモラ、 18 。 19 ; erとオナン、 38 。 7日、 10 ) 。 (i) Although the personality of Elohim is indistinct, he yet is felt to be a moral power making moral demands. (私)は、人格のエロヒムがはっきりしない、彼はまだありませんが感じたのは、道徳的な道徳的なパワーを要求します。 The moral obligation toward him is the negative virtue of the "fear of God," the fear of murder (xx. 11), unchastity (xxxix. 9), injustice (xlii. 18), and renunciation (xxii. 12).彼に向かって道徳的義務の負の美徳は、 "神への恐怖は、 "恐怖の殺人事件( xx. 11 ) 、不貞( xxxix. 9 ) 、不公平( xlii. 18 ) 、および放棄( xxii. 12 ) 。 (k) "Elohim" also means the appearance of the Deity, and hence may be synonymous with "mal'ak." ( k ) "エロヒム"の神の外観をも意味し、それゆえ年5月にと同義で" mal'ak 。 " It may also designate an object of the ritual representing or symbolizing the Deity (xxxv. 2).のオブジェクトを指定することがありますまた、儀式を表す象徴するかの神( xxxv. 2 ) 。

§ 19. § 19 。 "Elohim" is more explicitly defined by the article; "ha-Elohim," ie, "the Elohim" or "of the Elohim," is sometimes used to identify an "Elohim" previously mentioned (xvii. 18; comp. verse 17; xx. 6, 17; comp. verse 3). "エロヒム"は明示的に定義された他の記事索引; "ハ-エロヒム、 "すなわち、 "エロヒム"または"は、エロヒム、 "は、時には使用して識別する"エロヒム"以前は次の言及( xvii. 18 ;のCOMPです。詩17 ;イグゼクスします。 6 、 17 ;のCOMPです。韻文3 ) 。 The single, definite, previously mentioned appearance of an Elohim is called "ha-Elohim," being as such synonymous with "Mal'ak Yhwh" (xxii. 1, 3, 9, 11, 15), both speaking for Yhwh (verse 16; comp. xlviii. 15).シングル、はっきりした、前述の外観と呼ばれるエロヒムは"ハ-エロヒム、 "と同義ではこのように" mal'ak yhwh " ( xxii. 1 、 3 、 9日、 11日、 15日) 、両方のスピーキングをyhwh (詩16 ;のCOMPです。 48 。 15 ) 。 "Ha-Elohim," when derived from "Elohim," is a preparation for "Yhwh"; when derived from "Yhwh" it is a weakening of the idea of God (see §§ 31 et seq.). "ハ-エロヒム、 "いつから派生した"エロヒム、 "は、準備中の" yhwh " ;ときから派生した" yhwh "それは、神の弱体化のアイデア( § § 31頁以降を参照。 ) 。 Although these examples do not exhaust the different uses of these two names, they are sufficient to show the author's intentions.これらの例はありません排気の異なるこれらの2つの名前を使用して、彼らは著者の意図を十分に表示する。

§ 20. § 20 。 A rare term for "God" is "El Shaddai" (xvii. 1, xxviii. 3, xxxv. 11, xliii. 13, xlviii. 13; "Shaddai" in xlix. 25).まれな用語を"神"は"エルshaddai " ( xvii. 1 、 28 。 3 、 35 。 11 、 43 。 13 、 48 。 13 ; " shaddai "が49 。 25 ) 。 The usual translation and interpretation, "Almighty," is entirely unsupported. 、通常の翻訳と解釈、 "全能の神"を完全にサポートされていない。 The term, when closely examined, means "the God of faith," ie, the God who faithfully fulfils His promises.という用語は、ときに綿密に調査、手段"の神の信仰、 "つまり、彼の神の約束who忠実になす。 Perhaps it also means a God of love who is inclined to show abundant love.おそらく、神の愛を意味することもwhoは、傾斜を表示する豊富な愛です。

§ 21. § 21 。 God as a personal being is not only referred to in anthropomorphistic and anthropopathic terms, but He also appears to man and speaks with him.個人的に神として参照されてanthropomorphisticだけではないとanthropopathic的には、しかし、彼はまた男と話すように見えると思う。 Thus He speaks with Adam and Eve, Cain, Noah, Abraham, Hagar, Abimelech, Isaac, Jacob, and Laban.このように話すと彼はアダムとイブ、カイン、ノア、イブラーヒーム、 hagar 、 abimelech 、イスハーク、ヤアコーブ、および催す。 But He appears only from the time of Abraham, and in different ways.しかし彼のアブラハムの時からのみが表示されたら、とさまざまな方法があります。 An Elohim "appears" to Abimelech and Laban in a dream at night (xx. 3, xxxi. 24); a mal'ak Yhwh appears to Hagar (xvi. 7 et seq.), being called in verse 13 simply "Yhwh."にエロヒム"が表示されたら"を催すabimelechと夜の夢( xx. 3 、 31 。 24 ) ;をmal'ak yhwhが表示さhagar ( xvi. 7頁以降を参照。 ) 、 13日に詩を呼んで、単に" yhwhです。 " Yhwh appears to Abram (xii. 7, xv. 1); in a vision (xii. 1, 7) apparently accompanied by darkness, a pillar of smoke, and fire; in xvii.エイブラムが表示さyhwh ( xii. 7日、 15 。 1 ) ;のビジョン( xii. 1 、 7 )明らかに伴う闇は、煙の柱、および火災;は17です。 Yhwh, who is subsequently called "Elohim" (verses 9, 15, 19), appears, and then ascends (verse 22); in xviii. yhwh 、 whoは、その後と呼ばれる"エロヒム" (詩9日、 15日、 19 ) 、が表示されたら、と入力し、上昇(詩22 ) ;は18です。 Yhwh appears in the form of three men who visit Abraham, but these speak as one Yhwh in verses 13, 17, 20, 26, and 33, who then leaves, while the two messengers go to Sodom. yhwhのフォームが表示されるの3つの男性who訪問イブラーヒーム、 yhwhしかし、これらの話として、 1つの詩13日、 17日、 20日、 26日、および33 、 who入力し、葉、ソドムが、 2つの使徒に行く。 Yhwh appears to Isaac on a certain day (xxvi. 2), and again that night (verse 24). yhwhが表示さアイザックは、特定の日( xxvi. 2 ) 、および再度その夜(詩24 ) 。 Jacob is addressed in a dream by Yhwh (xxviii. 12 et seq.).ジェイコブは夢で取り組まれるyhwh ( xxviii. 12頁以降を参照。 ) 。 In xxxi.で31回です。 3 Yhwh speaks to Jacob; Jacob says (verse 11) that a mal'ak of Elohim appeared to him in a dream. 3 yhwh話すのジェイコブ;ジェイコブは言う(詩11 )は、エロヒムmal'akの夢の中で彼が登場します。 In xxxv.は35です。 9 Elohim again appears to him, in reference to the nocturnal encounter with a "man" (xxxii. 14 et seq.), and ascends (xxxv. 13). 9エロヒム再び表示さをしてしまったら、夜行性の出会いを参考に、 "男" ( xxxii. 14頁以降を参照。 ) 、および上昇( xxxv. 13 ) 。 In xlvi.は46です。 2 Elohim speaks to him in a vision of the night. 2エロヒムを話すの夜、彼はビジョンを示す。

Hence, the appearance of God means either a dream-vision, or the appearance of a messenger sent by God, who speaks in His name, and may therefore himself be called "Elohim of Yhwh."それゆえ、神の手段の外観のいずれかを夢のビジョンか、または送信されたの外観を神に一人の使徒、 who話す彼の名、および5月したがって自分自身と呼ばれる"エロヒムのyhwh 。 "

§ 22. § 22 。 "Mal'ak of God" signifies, in the first place, the fortunate disposition of circumstances (xxiv. 7, 40; comp. xlviii. 16), in which case it is parallel to "ha-Elohim," the divine guidance of human life; more often, however, it denotes the "angels" ("mal'akim"), messengers of God in human shape who carry His behests to men and who seem to enter and leave heaven through a gate (xxviii. 11); eg, "Yhwh's messenger" (xvi. 7, 11; xxii. 11, 15); "Elohim's messenger" (xxi. 17; in the plural, xix. 1, 15; xxviii. 12; xxxii. 2); or "ha-Elohim's messenger" (xxxi. 11). "神のmal'ak "を意味する、まず第一に、幸運の処分状況( xxiv. 7日、 40 ;のCOMPです。 48 。 16 )を指定した場合、これは平行して"ハ-エロヒムは、 "神の導きの人間の生命;をより頻繁に、しかし、それは、 "天使たち" ( " mal'akim " ) 、人間の姿を神の使徒who behestsを運ぶ男性と彼のようにwhoを入力して、休暇を介して天国の門( xxviii. 11 ) ;例えば、 " yhwhの使徒" ( xvi. 7日、 11 ; xxii 。 11 、 15 ) ; "エロヒムのメッセンジャー" ( xxi. 17 ;は、複数のは、 19です。 1 、 15 ;二十八です。 12 ;参拾です。 2 ) ;または"ハ-エロヒムのメッセンジャー" ( xxxi. 11 ) 。 The "man" who wrestled with Jacob likewise seems to have been a mal'ak (xxxii. 25, 29, 31), and the men whom Abraham entertained and who saved Lot were also mal'akim (xviii., xix.). "男" whoに取り組んだようにも同様に、ジェイコブmal'ak ( xxxii. 25日、 29日、 31 ) 、アブラハムの男性を楽しま誰ともたくさんwho保存mal'akim ( xviii. 、 19 。 ) 。 According to the popular belief, it is disastrous to meet them (xvi. 13, xxxii. 31).によると、人気の信念、それは悲惨を満たすこと( xvi. 13日、 32 。 31 ) 。 On this point, more than on any other, the author seems to have followed popular ideas.この点については、他に比べて、その他のは、著者が続くように人気のアイデアです。

§ 23. § 23 。 It appears from the foregoing that the conception of God found in Genesis is throughout a practical, religious one.前述のように見えるから神の概念は、創世記が発見さを通して、実用的、宗教的な1つです。 God is treated exclusively with reference to His dealings with the world and with man, and to the interest that He takes in man's fate and behavior.排他的に扱われる神は彼を参考に、男の世界とのかかわりがある、として興味を持って彼は、人間の運命と現象が発生します。 He guides, educates, and punishes.彼はガイド、教育、および罰する。 He assigns to the first of mankind a habitation in Eden, sets them a task, and commands them not to do a certain thing.彼の最初の人類に割り当てられてエデンの住まいで、セットして、タスク、およびそれらのコマンドこれを行うには、特定のことです。 When they break this command He punishes them; but even after that He cares for them.彼はこのコマンドを罰するときに休憩して;しかし、彼は苦労をした後にします。 Although punishing the murderer Cain, He affords him protection; the cruelties and unnatural sins of the generation of the Flood arouse His sorrow and anger; He humiliates the pride of the men who are planning to build a tower that shall reach to heaven; He utterly destroys with fire and brimstone the sinful generation of Sodom and Gomorrah.カインの中に殺人犯処罰ものの、彼は彼の保護に支払う;の残虐行為と不自然な罪の洪水の世代は、彼の悲しみと怒りをかき立てる;彼の男性who humiliatesのプライドは塔を建てることを計画して天国へはアクセス;彼は全く地獄の責め苦を破壊するの罪深い世代のソドムとゴモラです。 The punishments are either the natural consequences of sin-the first of mankind haverobbed the earth, which had willingly offered the fruit of its trees, hence it is cursed and paralyzed, and can no longer give its fruit freely, so long as Adam is living; Eve has succumbed to desire, hence she has become the slave of desire; Cain has defiled the earth by murder, hence he has deprived it of its strength-or they correspond exactly to the sins; eg, men build a tower in order to remain united, hence they are dispersed; Jacob wishes to rule his brother, therefore he must humiliate himself before that brother; he deceives, and is deceived in return; he dresses up in a goatskin in order to obtain a blessing fraudulently, therefore he is terribly deceived and plunged in sorrow through a goatskin; Judah advises the sale of Joseph as a slave, therefore he himself is forced to offer himself as a slave.のいずれかの処分は自然の成り行きでの最初の人類の罪- haverobbed 、地球、喜んで提供していた果物の木々 、それゆえに麻痺することがのろわれたとし、その果実を自由に与えることはできませんので、アダムが生きていれば;前夜はsuccumbedを願い、それゆえ彼女は欲望の奴隷になる;カインは、地球をdefiled殺人、それゆえ彼はその強さ-奪われたことに正確に対応したり、罪;例えば、男性のために塔を建てる残るユナイテッド、それゆえ彼らは分散;ジェイコブ統治をするための弟の願い、そのため彼自身その前に恥をかかせる必要があります。兄;彼は人を欺いた、とはだまさを返す;彼ドレスアップさヤギを祝福するために不正に入手するには、そのため彼はひどくだまされると悲しみを介しての急落で、ヤギ;ユダの販売をアドバイスジョセフスレーブとして、したがって彼自身は自身のことを強制スレーブを提供する。

God, on the other hand, is pleased with the pious, with Enoch and Noah, and especially with Abraham's unshakable faith (xv. 6); his righteousness and justice, which he recommends to his children and household (xviii. 19); his implicit obedience, which is ready to make the supreme sacrifice (xxii. 12, 16).神は、その一方で、信心深い満足しては、イノックとヌーフ、そして特にアブラハムの不動の信念( xv. 6 ) ;彼の正義と正義、これをお勧めする彼は自分の子供たちと家庭( xviii. 19 ) ;彼の暗黙的な服従、これは準備が完了して、最高の犠牲( xxii. 12日、 16 ) 。 For Abraham's sake God saves Lot (xix. 19); blesses Abraham's son Isaac (xxvi. 5), his children, and his children's children; protects them through all dangers; prevents others from doing evil to them (xii. 17, xiv., xv., xx. 3, xxvi., xxxi. 24); and leads them in a marvelous manner.アブラハムのために多くの神セーブ( xix. 19 ) ; blessesアブラハムの息子のアイザック( xxvi. 5 ) 、自分の子供たち、そして自分の子供たちの子供たち;保護してからのすべての危険性;悪事を働くのを防止して、他のユーザー( xii. 17日、 14 。 、 15 。 、イグゼクスします。 3 、 26 、 31 、 24 ) ;とリードして素晴らしい方法です。 He gives commands to men, and binds them to Himself by covenants and promises.彼は男性のコマンドを与える、と自分自身にバインドして約款と約束されています。 They are the objects of His designs, as they are His work.彼らは、彼のデザインのオブジェクトを、彼らは彼の仕事です。

§ 24. § 24 。 The Creation.の創出します。

The entire universe is the work of God; this proposition is the necessary consequence of the idea of God as found in Genesis and the Pentateuch and in the whole Bible generally.宇宙全体の神の仕事は、この命題が帰結するために必要なアイデアを、神として発見さ五創世記と、通常とは、全体のバイブルです。 From this arises doubtless the author's belief that God created the world out of nothing.この疑いがあれば、作者の信念を作成して世界の神は振れない。 He does not say how this primal act of creation was accomplished.彼は言ってやるがこのプライマル法の作成方法については、熟達した。 In the beginning the earth was a desolate watery chaos ("tohu wa bohu"), over which the spirit of God brooded, and which God divided into heaven and earth and arranged and peopled in six days.地球の初めには、荒涼たる水っぽいカオス( " tohuワシントンbohu " ) 、以上は、神の精神をbrooded 、およびこれに分かれて天と地と神と人が住んで、 6日の間に配置します。 The living beings are created in an orderly sequence, proceeding from the inorganic to the organic, from the incomplete to the complete, man being the crown.生き物の生活で作成された順序立てて、続行してからの無機有機、不完全してから完了すると、男が、クラウンです。 In the beginning God creates light together with time and the day.はじめに神は、光と一緒に作成時間とがわかります。 The outer firmament separates the waters above and below it; then when the lower waters recede the land appears; the earth produces grass and trees; and plants and animals are created, each "after its kind," and endowed with the faculty of propagating within their kind in their respective elements.大空の外側の上下分離のために尽くすことが後退している場合は下の水の土地が表示されたら、地球の生成草や木、および植物や動物が作成され、それぞれの"その種した後、 "と、教員の伝播に恵まれているその種類、それぞれの要素です。 Every organic being, therefore, is endowed with a nature of its own, which the Creator intends it to keep by pairing only with its own kind.すべての有機が、そのため、自然に恵まれているのは、独自のは、それを維持する意図は、創作され、独自の種類の組み合わせでのみです。 The lights that God has fixed in the firmament serve to separate the day from the night; they shall be for "signs, periods, seasons, and years," and shall give light to the earth.で固定されるの明かりで、神が天からの提供を分離する1日の夜;かれらは、 "標識、ピリオド、シーズンズ、および年間、 "地球の光を与えるものです。 The sun is the greater light, that rules the day; the moon is the lesser light, that rules the night.太陽の光は、大きく、そのルールがわかりますし、ムーンは、小光、そのルールの夜です。

§ 25. § 25 。 The Creation is, in the judgment of God, good in particular, and very good in general, ie, fit for life, commensurate to its purpose, salutary, harmonic, and pleasing.の創造は、神の判断に、良い特に、非常に良いと一般的には、すなわち、フィットの生命、相応にその目的のために、有益な、高調波、および人好きのです。 The book expresses an optimistic satisfaction and pleasure in the world, a lively veneration for God's arrangements and the peculiar dignity of each being as determined by God.その本に喜びを表現すると楽観的に満足の世界、神の取り決め尊敬の念を生き生きとそれぞれの固有の尊厳が神として決定される。 The simplicity, sublimity, depth, and moral grandeur of this story of the Creation and its superiority to every other story dealing with the subject are universally recognized.のシンプルさ、崇高、深さと道徳的な素晴らしさを、この物語の創造とその優位性に対処するごとに他の物語の件名は、普遍的認識されません。

§ 26. § 26 。 Humanity.人類のです。

Man, the crown of Creation, as a pair including man and woman, has been made in God's image.男は、クラウンの創造、男性と女性のペアを含む、神のイメージされています。 God forms the first man, Adam, out of earth ("adamah").神のフォームの最初の男、アダム、アウトの地球( " adamah " ) 。 This indicates his relation to it in a manner that is fundamental for many later laws.これは彼のような方法で関連してそれをするためには欠かせない多くのへの法律です。 Man is a child of the earth, from which he has been taken, and to which he shall return.男は、地球の子からは彼がとられている、と彼を返す。 It possesses for him a certain moral grandeur: he serves it; it does not serve him.彼が保有し、特定の道徳的な威厳:彼はそれのものではありません奉仕ていた。 He must include God's creatures in the respect that it demands in general, by not exploiting them for his own selfish uses.彼は神の生き物を含める必要がありますが、要求を尊重して一般的には、それらを悪用されないよう自分自身の利己的な使用しています。 Unlawful robbery of its gifts (as in paradise), murder, and unchastity anger it, paralyze its power and delight in producing, and defile it.非合法的な強盗のギフト(楽園のように) 、殺人、と不貞の怒りには、その力を麻痺さと喜びを生産し、冒とくしてください。 God breathed the breath of life into the nostrils of man, whom He formed out of earth.神の息のブレスオブライフを鼻の穴の男は、御心に適う地球形成する。 Therefore that part of him that is contrasted with his corporeal nature or supplements it-his life, soul, spirit, and reason-is not, as with the animals, of earthly origin, existing in consequence of the body, but is of divine, heavenly origin.そのため彼のその部分を彼の肉体は対照的に自然やサプリメントこと-彼の人生は、魂、精神、および合理的ではない、動物と同じように、この世の起源は、既存の結果としての身体の、しかし、神は、天国の起源です。 Man is "toledot" (ii. 4) of heaven and earth.男は" toledot " ( ii. 4 )の天と地です。 The creation of man also is good, in the judgment of God; the book, therefore, is cognizant of nothing that is naturally evil, within man or outside of him.の創出にも良い男は、神の判断をし、予約、したがって、認識するのは何も悪いことは当然、彼に男または外です。 After God has created man, He says: "It is not good that the man should be alone; I will make him an help meet for him" (ii. 18).神が人間に作成した後、彼は言う: "それは良いことではない一人の男すべきである;私は彼に会う彼のヘルプ" ( ii. 18 ) 。 In order that man may convince himself that there is no being similar to him among all the creatures that have been made, God brings all the animals unto Adam, that he may name them, ie, make clear to himself their different characteristics.自分自身が納得するためにあの男がないことが類似して彼のすべての生き物の間で行われてきた、神のすべての動物をもたらすかれアダム、その彼の名前がありますし、つまり、自分自身に異なる特徴を明確にします。 Hence man, looking for a being like unto himself among the animals, finds language.それゆえ男は、自分自身を探して、かれらの中の動物のように、検出言語です。 God thereupon creates woman out of the rib of man, who gladly recognizes her as bone of his bone and flesh of his flesh.そこで神の肋骨を作成する人間の女性、彼女として認識さwho喜んで彼の骨と肉の骨彼の体を引き裂いた。 "Therefore shall a man leave his father and his mother, and shall cleave unto his wife: and they shall be one flesh"; meaning that the mature man may and shall leave the paternal house, where he has been merely a dependent member of the family, and, urged by the longing for a sympathetic being that will supplement him, shall live with the woman of his choice, and found with her a family of his own, where the two shall be combined in an actual and a spiritual unity. "したがって彼の父親は男のままと彼の母親は、彼の妻と、かれは開裂: 1つの肉にしなければならない" ;を意味して、中高年男性5月とは、父方の家のまま、ここで彼は単なる依存のメンバであるご家族、および、あこがれをするよう要請されている交感神経補足彼は、永遠に住む女性が彼の選択、およびが見つかりましたが、彼女にご家族、自分自身の、ここで2つの組み合わせをしなければならないと、実際の精神的な団結です。 In this passage the relation between man and woman is expressed, and also the nature of marriage, which is a life partnership in which one helps and supplements the other.この通路は男性と女性の間の関係を表明し、また、自然の結婚生活の、これは1つの人生に役立ちますとのパートナーシップでは、他のサプリメントです。 Procreation is not its purpose, but its consequence.その目的産み出すことではないが、その帰結です。 God has given to man, as to all living beings, the faculty of multiplying.神が与えられた男は、すべての生物としては、教員の乗算します。

§ 27. § 27 。 God gives to man dominion over the earth and over all living beings.神に約束をする男を支配し、地球と生きとし生けるれている。 The food of the first man consists solely of the fruits of the field, that of the animals being grass (i. 29).食品の最初の男は、果実のみで構成されたフィールド、それは、動物が草( i. 29 ) 。 His occupation is to cultivate and watch over the Garden of Eden (ii. 15), the only restriction placed upon its enjoymentbeing that he shall not eat of the fruit of the tree of the knowledge of good and evil.彼の職業は時計を育成すると、エデンの園( ii. 15日) 、そのenjoymentbeing唯一の制限が課さ彼は、特定のカテゴリの果実を食べるのは、善と悪の知識をします。 In the Garden of Eden men go naked and know no shame; this feeling is aroused only after they have broken God's command, and then He makes them garments of skins to cover their nakedness.エデンの園の男性は、裸でいるととどまるところを知らない恥;この感覚は壊れて興奮した後にのみ彼らは神のコマンドを入力し、彼の服のスキンをカバーするためにヌードです。

§ 28. § 28 。 All men on earth are descended from the first pair, Adam and Eve, and are therefore also of the image of God.地球上ですべての人の子孫の最初のペアは、アダムとイブ、とは、神のためのイメージもします。 This statement expresses the unity of the whole human race.このステートメントを表現して人類全体の結束をします。 Man is a created being, made in the image of God, and all men are related: these doctrines are among the most fundamental and weighty of the whole Bible.男は、作成したが、神の作られたイメージ、およびすべての人に関連:これらの教説の中で最も基本的かつ重要なのは全体のバイブルです。

The branch descended from Cain, the fratricide, the eldest son of the first pair, is the founder of civic and nomadic culture.カインの枝の子孫からは、兄弟殺し、長男の最初のペアは、市民と遊牧文化の創始者です。 The branch descended from Seth develops along religious lines: from Elohim (Seth, in iv. 25) through ha-Elohim (Enoch, in v. 22) to Yhwh (Noah, in vi. 8).セスの開発者の子孫の枝の宗教的な線に沿っ:エロヒム(セスは、 Ⅳ 。 25 )を通じてハ-エロヒム(イノックは、 v. 22 )をyhwh (ノア、 viのです。 8 ) 。 But punishment has been made necessary on account of Adam's sin; the human race must be destroyed on account of its cruelties and excesses.しかし、処罰されてアカウントに必要なアダムの罪; 、人間のレースでアカウントを破壊しなければならないの残虐行為と行き過ぎです。 A new race begins with Noah and his sons, and God promises that He will neither curse the earth again, nor destroy all living beings, but that, on the contrary, "seed-time and harvest, and cold and heat, and summer and winter, and day and night shall not cease" (viii. 22).新しいレースが始まるとノアとその息子たち、そして神の約束を再び彼はどちらも地球の呪い、またすべての生物を破壊するが、それは、その反対に、 "種子-時間と収穫し、寒さと暑さと夏と冬、と昼と夜は中止しない" ( viii. 22 ) 。 He blesses Noah and his family, that they may multiply and fill the earth and be spiritually above the animals.ノアblesses彼と彼の家族は、恐らくかれらは多重とし、地球とは精神的に記入の上にある動物です。 He permits men to eat meat, but forbids them to eat blood, or meat with the blood thereof.彼は許可証の肉を食べる男性が、禁止して血液を食べるか、または肉を血液中のものです。 God will demand the blood (life) of every man or animal that spills it.神は、血液中の需要(生活)のすべての人間や動物が流出してください。 "Whoso sheddeth man's blood, by man shall his blood be shed" (ix. 6). "誰でもsheddeth男の血液、男は自分の血が小屋" ( ix. 6 ) 。 God enters into a covenant with Noah and his descendants, promising them that He will not again send a general flood upon the earth, and instituting the rainbow as a token thereof (ch. ix.).神の約束に入って、ノアと彼の子孫は、有望なことを再度送信することはない一般的な洪水時、地球、およびinstitutingザレインボーとしてトークンのもの(第9世です。 ) 。 The God whom all the Noachidæ worship is Elohim (ix. 1, 7, 8, 12, 16, 17), Yhwh being worshiped by Shem and his descendants. noachidæの神を崇拝のすべての人がエロヒム( ix. 1 、 7 、 8 、 12 、 16 、 17 ) 、 yhwh shemと彼の子孫がworshipedされています。 All the peoples dispersed over the earth are grouped as descendants of Shem, Ham, and Japheth.地球のすべての人々に分散したのはグループとしての子孫をshem 、ハム、とジェイフェスです。 The genealogy of these peoples which the author draws up in ch.これらの人々の系譜は、著者があなたを描画する。 x. Xで according to the ethnographic knowledge of his time, finds no parallel in its universality, which includes all men in one bond of brotherhood.によると、民族学の知識を自分の時間、見つかったのパラレル、その普遍性、 1つのすべての人が含まれて兄弟のきずなです。 In this way have originated the peoples that shall be blessed in Abraham.このようにしなければならないことが起源の人々がアブラハムを祝福します。

§ 29. § 29 。 Israel's Patriarchs.イスラエルのpatriarchs 。

Terah, the descendant of Shem and Eber, has three sons, one of whom, Abraham, is destined by God for momentous events.テラは、 shem 、エベルの子孫である、 3人の息子には、一人、アブラハムは、神に運命づけられた重大なイベントです。 He shall leave his home; and God says to him: "I will make of thee a great nation, and I will bless thee and make thy name great; and thou shalt be a blessing: And I will bless them that bless thee, and curse him that curseth thee; and in thee shall all families of the earth be blessed" (xii. 2-3).彼は彼の家は残す;と神に彼は言う: "私は、なたの偉大な国家を作る、と私は祝福してなたなたの名大;となたshaltは、祝福:と私は祝福して、なたを祝福し、彼には呪いcursethなた;となたは、すべてのご家族に、地球に祝福" ( xii. 2-3 ) 。 God often repeats the promise that Abraham's descendants shall be as numerous as the stars in heaven and as the sand on the seashore (xv. 5, xxii. 17); that He will make him a father of many nations, and cause him to be exceedingly fruitful; that kings and nations shall be descendants of him and Sarah (xvii. 5, 6, 16); that he shall become a great people; that all nations of the earth shall be blessed in him (xviii. 18, xxii. 18); and that his descendants shall receive the entire land of Canaan as a hereditary possession (xiii. 14 et seq., xv. 7, xvii. 18).頻繁に繰り返される神の約束をしなければならないアブラハムの子孫のようにおびただしい数の星印で天国と海岸の砂の上( xv. 5 、 xxii 。 17 ) ;は彼の父親は彼に多くの国、および原因彼を非常に実りの多い;その国の王と彼の子孫をしなければならないとサラ( xvii. 5 、 6 、 16 ) ;ことになる彼は偉大な人々に、地球のすべての国は彼を祝福しなければならない( xviii. 18日、 xxii 。 18 ) ;とその子孫は、カナンの地とすると、全体として遺伝所持( xiii. 14頁以降を参照。 、 15 。 7日、 17 。 18 ) 。 But before all this comes to pass Israel shall be sorely oppressed for four hundred years as servants in a strange land, after which they shall go out with rich possessions, and God shall judge their oppressors (xv. 13 et seq.).しかし、これはすべての前を通過しなければならないイスラエル痛んで虐げられた400年間のしもべとして見知らぬ土地で、その後かれらは豊かな財産を出て行く、と判断し、神は彼ら抑圧者( xv. 13頁以降を参照。 ) 。 In confirmation of these promises God enters twice into a covenant with Abraham: the first time (xv. 18 et seq.) as an assurance that his descendants shall possess Canaan; and the second time, before Isaac's birth, as a sign that He will be their God.これらの約束を確認する神の約束を2回に入るとアブラハム:最初の時間( xv. 18頁以降を参照。 )を保証して彼の子孫としては、保有カナン、および2番目のタイムは、アイザックの誕生前に、彼はそのメンバーとして彼らの神にします。 In token thereof God changes Abram's and Sarai's names into "Abraham" and "Sarah" (), combining His own name with theirs, and institutes the circumcision of all the men of Abraham's household and their male descendants as an eternal sign of the covenant between Himself and Abraham.トークンに変更したことを神とエイブラムのサライの名前を" Abraham "と"サラ" ( ) 、彼自身の名をかれらの組み合わせ、および機関の割礼のすべてのアブラハムの家庭の男性とその男性の子孫として永遠のメンバー間での約束アブラハムは自分自身とします。 Abraham acknowledges Yhwh (xiv. 22), builds altars to Him (xii. 7, 8; xiii. 18); calls upon His name (xii. 8, xiii. 4, xxi. 33); shows an invincible faith in His promises, whatever present circumstances may be; is ready for the greatest sacrifice; and proves himself, by his human virtues-his helpfulness, unselfishness, hospitality, humanity, uprightness, dignity, and love of peace-worthy of divine guidance.アブラハムを認めyhwh ( xiv. 22 ) 、ビルドの祭壇に彼( xii. 7日、 8 ; 13 。 。 。 18 ) ;の呼び出し時、彼の名前( xii. 8日、 13 。 4 、 xxi 。 33 ) ;無敵の信仰を示す彼の約束など、自分の現在の状況があります;は準備の最大の犠牲;と証明自分自身、彼の人間の美徳-彼のhelpfulness 、 unselfishness 、親切なおもてなし、人類は、垂直、尊厳、平和と愛の神の導きに値する。

§ 30. § 30 。 Of Abraham's two sons Ishmael shall be blessed, and become the father of twelve princes and the progenitor of a great people (xvi. 10, xvii. 20, xxi. 18).アブラハムの2人の息子イスマーイールを祝福しなければならない、となるとの父親の12の君主は、偉大な人々に前駆( xvi. 10 、 17 。 20日、 xxi 。 。 。 18 ) 。 Ishmael himself becomes an archer, lives in the wilderness, and marries an Egyptian woman (xxi. 20 et seq.).イスマーイール自身が、アーチャー、荒野に住んでいるのは、エジプトの女性と結婚( xxi. 20頁以降を参照。 ) 。 But the one to inherit the promises and the land is Isaac (xvii. 21, xxi. 12), Sarah's son.しかし、 1つの土地を相続するとの約束は、アイザック( xvii. 21日、 xxi 。 12 ) 、サラの息子がいます。 Therefore his father chooses for him a wife from among his own relations (ch. xxiv.).したがって彼の妻が父親の中から選択を自分自身の関係(第24です。 ) 。 God renews to him the promises given to Abraham (xxvi. 3, 24).更新を、彼は与えられた神の約束をアブラハム( xxvi. 3 、 24 ) 。 Isaac is truly the son of his great father, though he has a somewhat passive nature.アイザックは本当に彼の偉大な父の息子であるが、彼には、やや消極的な性質です。 He also builds an altar to Yhwh, and calls upon His name (xxvi. 2).彼はまた祭壇をビルドyhwh 、および呼び出し時、彼の名前( xxvi. 2 ) 。

§ 31. § 31 。 Isaac's sons are twins; Esau, the elder, scorns the rights of the first-born, leaving them to Jacob (xxv. 34).アイザックの息子は双子;エサウは、高齢者、 scornsの権利を、最初の生まれ、それらを残しジェイコブ( xxv. 34 ) 。 Esau is a hunter, whose fate it is to live by the sword and be subject to his brother, though in time he will throw off his yoke (xxvii. 40).エサウは、ハンター、その運命に住んされることは剣と弟の対象になるが、時間彼は彼のくびきを捨て去る( xxvii. 40 ) 。 He is also called "Edom," and subsequently lives in the land of that name in the mountainous region of Seir.彼とも呼ばれる"エドム、 "その土地に住んでいるし、その後、その名の山岳地域のseirです。 He is loved by his father, but Rebekah loves Jacob; and when Esau marries a Canaanite woman, Isaac, deceived by a trick, blesses Jacob, who, before he sets out for Haran, receives from his father Abraham's blessing also (xxviii. 4).彼は彼の父親に愛され、しかし、ジェイコブが大好きれたRebekah ;カナンの女性と結婚するときにエサウ、イスハーク、だまされるなトリックを、 blessesジェイコブ、 who 、前に彼はハランセットして、彼の父アブラハムの祝福を受け取るよりも( xxviii. 4 ) 。 Jacobattains to right relations with God only after mistakes, trials, and struggles.神へ右の関係をjacobattainsミスをした後にのみ、臨床試験、および闘争です。 He knows Yhwh, whose hand he has seen in his father's life (xxvii. 20); he recognizes Him in the divine appearance (xxviii. 16); but he has not experienced God in his own life.彼は知ってyhwh 、その手の彼は彼の父の人生に見られる( xxvii. 20 ) ;彼は神の認識は彼の外観( xxviii. 16 ) ;しかし、彼は特定の神は、自分自身の人生経験豊富です。 God has not yet become his God; hence he avoids the name of Yhwh so long as he is in a strange country (xxx. 2; xxxi. 7, 9, 42, 53; xxxii. 3); but the narrator does not hesitate to say "Yhwh" (xxix. 31; xxxi. 3; xxxviii. 7, 10), that name being also known to Laban (xxx. 27, 30) and his daughters (xxix. 32 et seq., xxx. 24).神はまだ彼の神になる; yhwhしたがって彼の名前を回避するために限り、彼は不思議の国( xxx. 2 ; 31 。 7 、 9 、 42 、 53 ;参拾です。 3 ) ;しかし、語り手はありませんためらうを言う" yhwh " ( xxix. 31 ;参拾壱です。 3 ;参拾です。 7日、 10 ) 、その名前が知られても催す( xxx. 27日、 30 )と彼の娘( xxix. 32頁以降を参照。 、 xxx 。 24 )です。 Not until a time of dire distress does Jacob find Yhwh, who becomes for him Elohim when the vow turns to a prayer.四苦八苦して特定するまで、時間を見つけyhwhはジェイコブ、 whoエロヒムときに彼がターンして祈りを誓う。 He has overcome Elohim, and himself receives another name after he hasamended his ways (ie, has gained another God), namely, "Israel," ie, "warrior of God."彼はエロヒムを克服し、別の名前を受信後、彼は自分自身hasamended自分のやり方(すなわち、別の神が得) 、すなわち、 "イスラエル、日本、 "すなわち、 "神の戦士。 " God now gives him the same promises that were given to Abraham and Isaac (xxxv. 11 et seq.), and Jacob builds an altar to God ("El"), on which he pours a drink-offering.今すぐに、彼は同じ神の約束を与えられていたイブラーヒームやイスハーク( xxxv. 11頁以降を参照。 )とジェイコブのビルド祭壇に神( "エル" ) 、けったりする上で彼は酒に提供している。 Similarly he brings offerings to the God of his father when he leaves Canaan to go with his family to Egypt, God promising to accompany him and to lead his descendants back in due time.同様にもたらす製品を提供する彼は父親の神のカナンの地に行くときに彼と彼の家族の葉にエジプトでは、神の約束して同行をリード彼と彼の子孫のために戻って時間です。 Jacob finds the name of Yhwh again only on his death-bed (xlix. 18).ジェイコブyhwhの名前を見つけるだけで再び彼の死-ベッド( xlix. 18 ) 。

§ 32. § 32 。 With Jacob and his twelve sons the history of the Patriarchs is closed; for the seventy persons with whom Jacob enters Egypt are the origin of the future people of Israel. 12人の息子、ジェイコブと彼の歴史が閉じ、 patriarchs ;は、ジェイコブに入るエジプト人70人は、イスラエルの人々の将来の起源です。 God does not appear to Jacob's sons, nor does he address them.神の息子ジェイコブが表示されない場合にも、彼のアドレスがします。 Joseph designedly avoids the appellation "Yhwh"; he uses "Elohim" (xxxix. 9; xl. 8; xli. 16, 51, 53; xlv. 5, 9; xlviii. 9; 1. 25; "ha-Elohim," xli. 25, 28, 32; xlii. 18 [xliv. 16]; xlv. 9; and the Elohim of his father," xliii. 23). The narrator, on the other hand, has no reason for avoiding the word "Yhwh," which he uses intentionally (xxxix. 2, 3, 5). Yhwh takes a secondary place in the consciousness of Israel while in Egypt, but becomes all-important again in the theophany of the burning bush. The book prescribes no regulations for the religious life. The Patriarchs are represented in their family relations. Their history is a family history. The relations between husband and wife, parents and children, brother and sister, are displayed in pictures of typical truthfulness, psychologic delicacy, inimitable grace and loveliness, with an inexhaustible wealth of edifying and instructive scenes.ジョセフdesignedly回避する名称" yhwh " ;彼は"エロヒム" ( xxxix. 9 ; xl 。 8 ;第41回です。 16 、 51 、 53 ;拾伍です。 5 、 9 ;四拾です。 9 ; 1 。 25 ; "ハ-エロヒム、 "第41回です。 25日、 28日、 32 ;拾弐。 。 。 18 [ 44 。 16 ] ;拾伍です。 9 ;とエロヒムの父親、 " 43 。 23 ) 。 、語り手、その一方で、理由はないという言葉を避けるために" yhwh "と彼は意図的に( xxxix. 2 、 3 、 5 ) 。 yhwhでは、第二位にイスラエルの意識の中にエジプトでは、しかし、すべてが重要な神の顕現には、ブッシュ大統領が燃えています。その本の中の規制のための宗教的生活。 patriarchsその家族の関係が表現されています。その歴史は、ご家族の歴史です。間の関係に夫と妻、親と子、兄と妹は、典型的な真実の写真が表示され、心理的な繊細さ、独特の猶予と愛らしさで、尽きることのない豊富な啓発と有益なシーンです。

§ 33. § 33 。 Scientific Criticism.科学的な批判です。

Since the time of Astruc (1753) modern criticism has held that Genesis is not a uniform work by one author, but was combined by successive editors from several sources that are themselves partly composite, and has received its present form only in the course of centuries; its composition from various sources being proved by its repetitions, contradictions, and differences in conception, representation, and language.以来、時間をastruc ( 1753 )で開かれた現代的な批判は創世記ではない制服作業を1つの著者、しかし、組み合わせによっては、いくつかのソースから連続エディター部分には自身コンポジット、および現在の形だけでは、そのコースの世紀;その組成はさまざまなソースからの繰り返しが立証され、矛盾、と相違点を、概念、表現、および言語です。 According to this view, three chief sources must be distinguished, namely, J, E, and P. (1) J, the Jahvist, is so called because he speaks of God as "Yhwh" In his work (chiefly in the primal history, ch. i.-xi., as has been asserted since Budde) several strata must be distinguished, J1, J2, J3, etc. (2) E, the Elohist, is so named because down to Ex.このビューを表示するによると、 3つのチーフソースの識別しなければならない、すなわち、無し、メール、とP. ( 1 )無しに、 jahvistは、いわゆる話すため、彼は神として" yhwh "に仕事に取り組んで(主に、プライマルの歴史は、あなたのです。 i.-xi. 、アサートされて以来バッド)いくつかの地層の識別しなければならない、 j1 、 j2 、 、 J3 、等( 2 )メールは、エロヒスト、ダウンするため、元の名前は非常にします。 iii. Ⅲ 。 he calls God "Elohim."彼は神の呼び出し"エロヒム。 " A redactor (RJE) at an early date combined and fused J and E, so that these two sources can not always be definitely separated; and the critics therefore differ greatly in regard to the details of this question.をredactor ( rje )を早期に融合Jと組み合わせるとメールするように、これらの2つのソースを分離することはできません常にdefinitely ;との批判が大幅に異なるため、詳細については、次の質問です。 (3) P, or the Priestly Codex, is so called on account of the priestly manner and tendencies of the author, who also calls God "Elohim." ( 3 ) P 、または、聖職者のコーデックスは、いわゆるアカウントには、聖職者の態度や傾向は、著者、 whoも通話神"エロヒム。 " Here again several strata must be distinguished, P1, P2, P3, etc., though only P2 is found in Genesis.ここで再びいくつかの地層の識別しなければならない、 P1をPicasa 2の、 p3 、等が、 Picasa 2のが発見さ創世記のみです。 After another redactor, D, had combined Deuteronomy with JE, the work so composed was united with P by a final redactor, who then enlarged the whole (the sequence J, E, D, P is, however, not generally accepted).別のredactorした後、 d 、申命記には組み合わせは、その仕事が一体になるよう構成され、最終p redactor 、 who入力し、全体の拡大(のシーケンス無し、メール、 d 、 pは、しかし、一般に認められていない) 。 Hence the present Book of Genesis is the work of this last redactor, and was compiled more than one hundred years after Ezra.したがって、現在の創世記redactorは、この最後の仕事をし、 100年以上がコンパイルした後エズラです。 The works of J, E, and P furnished material for the entire Pentateuch (and later books), on whose origin, scope, time, and place of composition see Pentateuch.無しの作品を、メール、およびp家具付きの資料を全体の五(およびそれ以降の図書)は、その起源は、スコープと、時間と場所五組成を参照します。

As it would take too much space to give an account of all the attempts made to separate the sources, the analysis of only the last commentator, namely, of Holzinger, who has made a special study of this question, will be noted.あまりにも大きな領域としてはかかるだろうを与えるのアカウントのすべてのソースを分離する試みは、分析しただけの最後のコメンテーター、すなわち、 holzinger 、 whoは、この質問は、特別な勉強をされるメモです。 In his "Einleitung zum Hexateuch" he has given a full account of the labors of his predecessors, presenting in the "Tabellen" to his work the separation into sources laid down by Dillmann, Wellhausen, Kuenen, Budde, and Cornill.彼の" einleitung zum六書"彼は与えられた労働者の完全なアカウントは、彼の前任者、提示する" tabellen "彼の仕事の分離をソースに敷設されディルマン、ヴェルハウゼン、キューネン、バッド、およびコルニルです。 The commentary by Gunkel (1901) is not original as regards the sources.解説は、グンケル( 1901 )に関してはオリジナルのソースではない。

§ 34. § 34 。 see Analysis of the Sources.分析を参照している。 "a" and "b" denote respectively the first and second half of the verse; α, β, γ, etc., the smaller parts; * ="worked over"; "s" added to a letter means that the matter contains elements belonging to R or J or E or to the latter two ; "f" = " and the following verse " or "verses." " a "や" b "の意味の半分を、それぞれの最初と2番目の詩; α 、 β 、 γ 、等を使用して小型部品; * = "働い以上" ; "秒"に追加されましたつまり、物質を含む一通の手紙要素に所属するRまたはJまたはメールまたはを後者の2つの; " f "を= "とは、次の詩"または"詩。 "

§ 35. § 35 。 Objections.反対です。

Serious objection may be brought to this analysis of sources on the following grounds: (1) It is unsupported by any external proof whatever; there is no authentic information showing that the Pentateuch, or Genesis in particular, was compiled from various sources, much less have any such sources been preserved in their original form.深刻な異議申立年5月のソースによってもたらさこの分析には、以下の理由: ( 1 )任意の外部の証拠によってサポートされていないことは何;はない、本物の情報が表示さ五、または創世記特に、さまざまなソースからのコンパイルは、はるかに少ないそのようなソースが保存されているが、独自のフォームです。 (2) Hence the critics must rely solely upon so-called internal evidence. ( 2 )それゆえ、批評家だけに信頼しなければいわゆる内部の証拠です。 But the subjective state of mind with which the final decision rests is unstable and deceptive.しかし、主観的な心の状態を最終決定は、休符が不安定になり、不正です。 It is hazardous to apply modern criteria and rules of composition and style to such anancient and peculiar work, whose origin is entirely unknown.これは現代の基準やルールを適用する危険性の組成とanancient 、独特のスタイルをこのような作業で、その起源は全く不明です。 (3) Even if it be demonstrated that Genesis has been compiled from various sources, yet the attempt to trace the origin of each verse and of each part of a verse will never meet with success; the critics themselves confess that the process of combination was a most complicated one. ( 3 )創世記たとえそれが実証してさまざまなソースからコンパイルされた、まだありませんの起源をトレースするという試みがそれぞれの詩や詩の各パートに会っては決して成功し、批評家自身告白は、プロセスの組み合わせは、 1つのに非常に複雑です。 (4) If the contradictions and repetitions said to be found in the book really existed, this would not necessarily prove that there had been more than one author; for the literatures of the world furnish numerous similar examples. ( 4 )の場合、矛盾と繰り返しといわれて発見された予約本当に存在し、これとは限らないと証明して1つ以上の著者があった;を提供する数多くの文学の世界のような例を紹介します。 The existence of such repetitions and contradictions, however, has never been demonstrated.このような矛盾が存在すると繰り返し、しかし、デモは一度もします。

(5) The theory of sources is at best a hypothesis that is not even necessary; for it is based on a total misconception of the dominant ideas, tendencies, and plan of the book. ( 5 )の理論のソースは、最良の仮説されていないにも必要な;のことは誤解に基づいて、合計は、支配的なアイデア、傾向、および計画の本です。 Its upholders have totally misconceived the theology of Genesis; transforming the interchange of the name of God, which is the soul of the book, into an external criterion for distinguishing the different authors.そのupholders創世記の神学は全くの誤解;形質転換の交流の神の名を、これは、書籍の魂を、区別する基準を、外付けの別の作者に帰属します。 They have not understood the reason for the variation in the use of and , which in itself is a proof of uniform composition; and they have, therefore, missed a second fundamental idea, namely, that implied in the genealogies and their intimate relation to the Israelitic concept of the family.理由を理解していないの変動は、使用すると、それ自体は、証拠の制服組成;と彼らは、したがって、失敗2番目の基本的な考え方、すなわち、その暗黙のは、 genealogiesとその親密な関連して、 israelitic 、ご家族の概念です。 In criticizing the unequal treatment of the various portions of the material, the theory misconceives the different degrees of their importance for the author.不平等な待遇を批判して様々な部分の素材、その理論misconceives度の異なる重要なのは彼らの著者です。 Difference in treatment is proof, not of different authors, but of different subjects and of the different points of view in one author.治療法の違いは、証拠ではなく、さまざまな作家、しかし、さまざまな話題と表示して、それぞれのポイントの1つの著者です。 (6) This would also explain the variations in the language of different passages. ( 6 )このパターンで説明しても、言語の異なる通路です。 But criticism on this point runs in a circle, diversity of sources being proved by differences of language, and vice versa.しかし、この時点で実行さを批判してサークル、多様な言語のソースの違いが証明されると、逆にします。 (7) The separation into sources in particular is based on numberless exegetic errors, often of the most obvious kind, showing not only a misconception of the scope and spirit of the book, and of its mode of narration, but even of the laws of language; and this separation is in itself the greatest barrier to a correct insight into the book, in that it encourages the student to analyze difficult passages into their sources instead of endeavoring to discover their meaning. ( 7 )特定のソースからの分離には無数の解釈の誤りに基づいて、多くの場合、最も明らかなように、表示中の範囲内というだけではなく、誤解の精神を予約し、そのモードのナレーション、それでものの法律に基づいて言語、およびこの分離それ自体の最大の障壁は正しい洞察して予約して、その学生を分析することを奨励してソースを困難な通路を発見する努力の代わりにその意味を持つ。

§ 36. § 36 。 Notwithstanding all these objections, however, it can not be denied that various portions of Genesis palpably convey the impression of difference in origin and a corresponding difference in conception; but as the impression that the work gives of having been uniformly planned in every detail is still stronger, the explanation given in § 2 is here repeated; namely, Genesis has not been compiled from several sources by one redactor or by several redactors, but is the work of one author, who has recorded the traditions of his people with due reverence but independently and according to a uniform plan.これらすべての反対にもかかわらず、しかし、それを否定することはできませんが明らかに創世記の部分を伝える様々な印象を起源との違いは、対応する概念の違い;しかし、との印象を与えるの仕事を持つ一様に計画されたすべての詳細はまだ強く、与えられたの説明を繰り返したがここに§ 2 ;すなわち、創世記のいくつかのソースからコンパイルされていないredactorを1つまたは複数のredactorsされ、これは1つの仕事を著者は、 whoは、彼の人々の伝統を記録して畏敬の念のためしかし、計画によると、統一独立しています。 Genesis was not compiled from various books.創世記から様々な書籍がコンパイルします。

§ 37. § 37 。 Historical Criticism.歴史的な批判です。

The historicity of the Book of Genesis is more or less denied, except by the representatives of a strict inspiration theory.創世記の史実を否定は、多かれ少なかれ、代表者を除いて、厳密なインスピレーションされた理論です。 Genesis recounts myths and legends.創世神話や伝説の再集計します。 It is generally admitted that the primal story is not historical (ch. i.-xi.); but critics vary in ascribing to the stories of the Patriarchs more or less of a historical foundation.プライマルは一般的に認めたことは、歴史的な話ではない(第i.-xi. ) ;しかし、批評家の物語をascribingによって異なりますが、多かれ少なかれpatriarchsの歴史的な基盤です。 For details see the articles under their respective names; here only a summary can be given:詳しくは、それぞれの詳細については、記事の下の名前;ここだけが与えられたの概要:

(a) The story of the Creation can not be historically true, for the reasons (ア)の物語は、歴史的に作成することはできませんtrueの場合、その理由を

(1) that there can be no human traditions of these events; ( 1 )人間の伝統があることではないこれらのイベントの;

(2) its assumption of a creation in six days, with the sequence of events as recounted, contradicts the theories of modern science regarding the formation of the heavenly bodies during vast periods of time, especially that of the earth, its organisms, and its position in the universe. ( 2 )その前提は、創造を6日の間、 recountedのシーケンスのイベントとして、現代科学の理論に矛盾するの形成については広大な天体の期間中、特にしている地球、その生物、およびその宇宙の位置を表示しています。 The popular view of Genesis can not be reconciled with modern science.対象の創世記の人気を近代科学の和解することはできません。 The story is a religio-scientific speculation on the origin of the world, analogous to the creation-myths found among many peoples.その物語は、宗教の科学技術の世界の投機の起源は、類似して、多くの人々の間の創作-神話が見つかりました。 The similarities to the Babylonian creation-myth are most numerous and most striking.バビロニアの類似点を創出-神話が最も多く、最も印象的です。 The extent of its dependence on other myths, the mode of transmission, and the age and history of the tradition and its adaptation are still matters of dispute.その依存性の度合いは、他の神話は、伝送モード、および、年齢や歴史の伝統とその適応の問題は依然として紛争です。

(b) The story of the Garden of Eden (ch. ii., iii.) is a myth, invented in order to answer certain questions of religion, philosophy, and cultural history. ( b )はエデンの園の物語(第2世、 3世です。 )は、神話、特定の質問に答えるために発明さ宗教、哲学、歴史と文化です。 Its origin can not be ascertained, as no parallel to it has so far been found.判然とすることはできません。起源としては、これまでにないことに平行に見つかっていない。

(c) The stories of Cain and Abel and the genealogies of the Cainites and Sethites are reminiscences of legends, the historical basis for which can no longer be ascertained. (ウ)カインとアベルの物語と、 genealogies of Legendsのcainitesとsethitesは、回顧録は、歴史的な根拠が確認されなくなります。 Their historical truth is excluded by the great age assigned to the Sethites, which contradicts all human experience.その歴史的な真実は除外されたsethites偉大な年齢に割り当てられているのは、すべての人間の経験に矛盾します。 A parallel is found in the ten antediluvian primal kings of Babylonian chronology, where the figures are considerably greater.並列が発見された10時代遅れのプライマルバビロニア王の年表、ここで、この数字はかなり大きい。

(d) The story of the Flood is a legend that is found among many peoples. (エ)の物語は、伝説の洪水の中では多くの人々が見つかりました。 It is traced back to a Babylonian prototype, still extant.バビロニアさかのぼることが試作して、まだ現存します。 It is perhaps founded on reminiscences of a great seismic-cyclonic event that actually occurred, but could have been only partial, as a general flood of the whole earth, covering even the highest mountains, is not conceivable.回顧録に設立されましたことは、おそらく、実際に大地震が発生した低気圧のイベントが、しかしが部分のみが、全般として地球全体の洪水の中、カバーも最も高い山、考えではない。

(e) The genealogy of peoples is a learned attempt to determine genealogically the relation of peoples known to the author, but by no means including the entire human race; this point of view was current in antiquity, although it does not correspond to the actual facts. (オ)の家系の人々は、系統的に学んだの関係を判断する試みの人々に知られている著者ではなく、人類全体の意味を含む;この時点での対象は、現在の古代のが、これに対応して、実際のはありません事実です。

(f) The stories of the Patriarchs are national legends. (女)の物語は、 patriarchsは、国家の伝説です。 Abraham, Isaac, and Jacob and his sons are idealized personifications of the people, its tribes, and families; and it can not now be ascertained whether or not these are based on more or less obscure reminiscences of real personages.イブラーヒーム、イスハーク、ヤアコーブとその息子たちが理想とpersonificationsの人々 、その部族、およびご家族;とすることはできませんかどうかを確認することがこれらは、多かれ少なかれ無名の回顧録に基づいて実際の人物です。 In any case, these legends furnish no historically definite or even valuable information regarding the primal history of the people of Israel.いずれにせよ、これらの伝説提出もない歴史的に確定またはプライマルの歴史を貴重な情報については、イスラエルの人々です。 The whole conception of the descent of one people from one family and one ancestor is unhistorical; for a people originates through the combination of different families.全体の構想を立てる人々からの降下の1つ1つの家族と1つの祖先は、歴史的でない;発信を通じて、人々のさまざまなご家族の組み合わせです。 It has also been maintained that the stories of the Patriarchs are pale reflections of mythology or nature-myths.それにもストーリーを維持してpatriarchs of Mythologyの反射や自然が青白い-神話です。

Bibliography:書誌事項:

Commentaries: Calvin, In Librum Geneseos Commentarius, ed.論評:カルバンは、 librum geneseos commentarius 、エドです。 Hengstenberg, Berlin, 1838; J. Gerhard, Commentarius Super Genesin, Jena, 1637; Von Bohlen, Die Genesis Historisch-Kritisch Erläutert, Königsberg, 1832; Friedrich Tuch, Halle, 1838; 2d ed.ヘングステンベルク、ベルリン、 1838 ; j.ゲルハルト、 commentariusスーパーgenesin 、イエナ、 1637 ;フォンボーレン、死ぬ創世記historisch - kritisch erläutert 、 königsberg 、 1832 ;フリードリヒtuch 、ハレ、 1838 ;二次元エドです。 (Arnold and Merx), 1871; CF Keil, Leipsic, 1878; Franz Delitzsch, Neuer Commentar zur Genesis, 1887; M. Kalisch, 1858; A. Knobel, revised by Dillmann 1892; JP Lange, 2d ed., 1877; E. Reuss, La Bible, pt. (アーノルドとmerx ) 、 1871 ;継続前誌keil 、リプシック、 1878 ;フランツデリッチ、 neuer commentar zur創世記、 1887 ;男性カリッシュ、 1858 ; a. knobel 、改正されディルマン1892 ; jpランゲ、 2次元エド。 、 1877 ;メールです。ロイス、ラ聖書、 pt 。 iii., 1897; EH Brown, 1871 (Speaker's Commentary); R. Payne Smith (Ellicot's Commentary, 1882); GI Spurrell, Notes on the Hebrew Text of the Book of Genesis, 1887; M. Dods, The Book of Genesis, 4th ed., 1890; A. Tappehorn, Erklärung der Genesis (Roman Catholic), 1888; Strack, in Kurzgefasster Commentar (Strack-Zöckler), 1894; Holzinger, in Kurzer Handcommentar, ed. Ⅲ 。 、 1897 ;ええブラウン、 1871 (スピーカーの解説) ; r.ペインスミス( ellicotの解説、 1882 ) ;胃腸spurrell 、メモを検索する創世記のヘブライ語のテキストを、 1887 ;男性ドッズは、創世記、第4エド。 、 1890 ; a. tappehorn 、 erklärung der創世記(ローマカトリック) 、 1888 ;シュトラックは、 kurzgefasster commentar (シュトラック- zöckler ) 、 1894 ; holzingerは、 kurzer handcommentar 、エドです。 Marti, 1898; H. Gunkel, in Handkommentar zum AT ed.マーティ、 1898 ;笠原グンケルは、 handkommentar zumでエドです。 Nowack, 1901.ノバック、 1901 。 Criticism: Astruc, Conjectures surles Mémoires Originaux Dontil Paroitque Moyses' Est Servi pour Composer le Livre de la Gènèse, Brussels, 1753; Karl David Ilgen, Die Urkunden des Jerusalemischen Tempelarchivs, etc.: I. Urkunden des Ersten Buches von Moses, Halle, 1798; F. Bleek, De Libri Geneseos Origine Atque Indole Historica, Bonn, 1836;批判: astruc 、推測surles mémoires originaux dontil paroitque moyses 'はセルヴィpour作曲家ルリーヴルデラgènèse 、ブリュッセル、 1753 ;カールデイヴィッドilgen 、死ぬurkundenデjerusalemischen tempelarchivs等: i. urkundenデersten buchesフォンムーサーよ、ハレ、 1798 ;女性bleek 、デ本geneseos atque origineインドールhistorica 、ボン、 1836 ;

I. Stähelin, Kritische Untersuchungen über die Genesis, Basel, 1830; H. Hupfeld, Die Quellen der Genesis und die Art Ihrer Zusammensetzung, Berlin, 1853 (this work laid the foundation for the modern theory of sources, ie, the compilation of Genesis from three independent works); i. stähelin 、 über kritische untersuchungen死ぬ創世記、バーゼル、 1830 ;笠原hupfeld 、死ぬquellen der創世記und死ぬアートihrer zusammensetzung 、ベルリン、 1853年(この作品は、現代の家の基礎理論のソース、すなわち、コンパイルの創世記より3つの独立した作品) ;

E. Böhmer, Liber Geneseos Pentateuchicus, Halle, 1860 (first graphical distinction of the sources by means of different type); idem, Das Erste Buch der Thora, Uebersetzung Seiner Drei Quellenschriften und Redactionszusätze mit Kritischen, Exegetischen, und Historischen Erörterungen, ib. e.ベーマー、独立したgeneseos pentateuchicus 、ハレ、 1860 (最初のグラフィカルな手段を区別さの異なるタイプのソース) ;同じ、 das ersteブーフderソラ、 uebersetzung地引き網漁師redactionszusätze drei quellenschriften und mit kritischen 、 exegetischen 、 und historischen erörterungen 、 ① -イ。 1862; T. Nöldeke, Untersuchungen zur Kritik des AT Kiel, 1809; J. Wellhausen, Die Composition des Hexateuchs, in Jahrbücher für Deutsche Theologie, xxi., xxii., reprinted 1885, 1889, 1893; Karl Budde, Die Biblische Urgeschichte, Giessen 1883; Kautzsch and Socin, Die Genesis mit Aeusserer Unterscheidung der Quellen, Freiburg-in-Breisgau, 1888, 1891; DW Bacon, Pentateuchical Analysis, in Hebraica, iv. 1862 ; t. nöldeke 、 untersuchungen zur kritikデはキール、 1809 ; j.ヴェルハウゼン、死ぬ組成デhexateuchsは、ドイチェjahrbücher für theologie 、 xxi 。 、 xxii 。 、転載1885 、 1889 、 1893 ;カールバッド、死ぬbiblische urgeschichte 、ギーセン1883 ; socinカウチと、死ぬ創世記aeusserer unterscheidung mit der quellen 、フライブルク-さ-ブライスガウ、 1888 、 1891 ;社殿向ベーコン、 pentateuchical分析は、 hebraica 、 Ⅳ 。 216- 243, v. 7-17: The Genesis of Genesis, Hartford, 1892; EC Bissell, Genesis Printed in Colors (transl. from Kautzsch-Socm), Hartford, 1892; EI Fripp, The Composition of the Book of Genesis, 1892; CI Ball, Genesis, 1896 (critical text in colors in SBOT ed. Haupt). 216 -2 43、 v .7 -17:創世記の創世記、ハートフォード、 1 892; E Cのビッセル、創世記の色で印刷さ(石油よりカウチ- s ocm) 、ハートフォード、 1 892; e if ripp、創世記の組成を、 1892 ; ciボール、創世記、 1896 (重要なのテキストの色をsbotエドです。ハウプト) 。

Compare also the introductions to the Old Testament by Kuenen, Cornill, Strack, Driver, and König, and to the Hexateuch by Holzinger, 1893, and Steuernagel, 1901; A. Westphal, Les Sources du Pentateuque, Paris, 1888, 1892; WE Addis, The Documents of the, Hexateuch Translated and Arranged in Chronological Order, 1893, 1898; IE Carpenter and G. Hartford Battersby, The Hexateuch, 1900.また、比較され、旧約聖書のキューネンを紹介して、コルニル、シュトラック、ドライバ、およびケーニッヒ、としてholzinger六書され、 1893 、およびsteuernagel 、 1901 ; a.ウェストファール、レソースデュpentateuque 、パリ、 1888 、 1892 ;私たちaddisは、ドキュメントを、年代順に並べ六書の翻訳と、 1893 、 1898 ;すなわち大工とbattersby g.ハートフォードは、六書、 1900 。 Anti-Criticism: CH Sack, De Usu Nominum, Dei et in Libro Geneseos, Bonn, 1821; H. Ewald, Die Composition der Genesis Kritisch Untersucht, Brunswick, 1823 (subsequently retracted for the greater part by the author);反批判:あなたの袋、デ有珠nominum 、デイetでリブロgeneseos 、ボン、 1821 ;笠原エーヴァルト、死ぬ組成der創世記kritisch untersucht 、ブランズウィック、 1823 (その後の大部分を撤回された著者) ;

EW Hengstenberg, Die Authentie des Pentateuchs, Berlin, 1836, 1839 (i. 181-414 contains an epoch-making proof of the meaning and intentional use of the names of God); M. Drechsler, Die Einheit und Echtheit der Genesis, 1838 (including Nachweis der Einheit und Planmässigkeit der Genesis); FH Ranke, Untersuchungen über den Pentateuch, Erlangen, 1834-40; IH Kurtz, Die Einheit der Genesis, 1846; C. Keil, Ueber die Gottesnamen im Pentateuch, in Zeitschrift für Lutherische Theologie und Kirche, 1851, pp.ニューヘングステンベルク、死ぬauthentieデpentateuchs 、ベルリン、 1836 、 1839 ( i.百八十一から四百十四に含まれる画期的な証明書の意味と神の名前を意図的に使用) ;男性ドレシュラー、死ぬeinheit und der創世記echtheit 、 1838 ( planmässigkeitを含むnachweis der einheit und der創世記) ; fhランケ、 untersuchungen überデン五、エルランゲン、 1834年から1840年;資料クルツ、死ぬeinheit der創世記、 1846 ; c. keil 、 ueber死ぬgottesnamenイム五は、 zeitschrift für lutherische theologie und kirche 、 1851 、 pp 。 215-280; J. Halévy, Recherches Bibliques, i.二一五から二八〇まで; j.アレヴィ、 recherches bibliques 、 i. 1895; WH Green, criticism of Harper, in Hebraica, v., vi., vii.; idem, The Unity of Genesis; EC Bissell, The Pentateuch, Its Origin and Structure, pp. 1895 ; wh緑、批判のハーパーは、 hebraica 、 v. 、 Ⅵ 。 、 Ⅶ 。 ;同上、創世記の団結; ECのビッセルは、五、その起源と構造、 pp 。 410-475, New York, 1885 (includes a voluminous bibliography on the Pentateuch).四百十〜四百七十五、ニューヨーク、 1885年(書誌事項を検索するには、膨大な数の五) 。 BJベナン

-Critical View:クリティカルな対象:

Genesis forms part of the Hexateuch.創世記の六書の一部を形成する。 As such it is regarded by the critical schools as a composite work, containing data from P and JE, the latter a history which, itself a combination of two distinct compilations-one, northern or Israelitish, E; the other, southern or Judean, J-tells in detail and in popular style the story of Israel from the beginning of things to the completed conquest of Canaan.このように重要なことは学校として認識される複合作業は、データを含むpとは、後者の歴史を、自分自身を組み合わせての2つの明確なオムニバス- 1つは、北部やisraelitish 、メール; 、他のは、南部やjudean 、のJ -指示を詳細に人気のスタイルと、イスラエルの物語のことを最初からカナン征服を完了します。 In addition to these elements, some independent material is distinguished from that ascribed to the sources named; and editorial comments (R) and changes have been separated in the critical analysis.これらの要素に加えて、いくつかの独立した物質は区別している名前が生得的、および編集コメント数( R )および変更が分離され、重要な分析です。 There is practical unanimity among critics with regard to the character of P and what must be assigned to him.批評家の間には実用的な全会一致に関しては、以下の文字のPと彼は何に割り当てられている必要があります。 Elements.要素です。

The P elements in Genesis consist of a series of interconnected genealogies, uniform in plan, and always prefaced by the introductory phrase "These are the generations of."ジェネシスは、 Pの要素で構成さgenealogies 、一連の相互接続、制服、計画、導入されると、常に接頭辞フレーズ"これらの世代のです。 " Connected with them is a scheme of Chronology around which a few historical glosses are grouped.計画の概要を接続することは、そこを中心に、いくつかの歴史的な注釈年表はグループです。 In fuller detail the stories of Abraham's covenant and his purchase of a burialplace at Hebron are elaborated.もっと詳しくアブラハムの契約の話をすると彼の購入依頼burialplaceでヘブロンは、精緻化します。 The accounts of Creation (see Cosmogony) and of the Flood are also given fuller treatment.アカウントの作成(宇宙進化)とフラーの治療の洪水にも与えられた。 It would thus seem that P presupposes acquaintance with and the existence of a history or histories of the Patriarchs and of the times preceding theirs.それがこのような面識がないように見えるが前提とpの歴史が存在するかの履歴は、前述のpatriarchsとかれらの倍です。 P is thus a work of a student aiming to present certain ideas and emphasizing certain conclusions. pはこのように、現在の仕事をする学生を目指して、特定のアイデアや、特定の結論を強調します。 He traces the origin of Israel and his descendants as the one family chosen from among all the children of Adam.彼の痕跡の起源は、イスラエルと彼の子孫の中から選ばれた一つの家族としてのすべての子供たちのアダムです。 He lays particular stress on the religious institutions; eg, the Sabbath ordained by God Himself at the completion of the week of Creation; the command to abstain from partaking of blood; the covenant of circumcision; and the purity of the Israelitish stock (contrast Esau's marriages with Jacob's).彼はストレスを産む特定の宗教機関;例えば、自分自身の安息日は、神の制定され、週間以内に完了した創作;のコマンドを参加者の血液を棄権し、約束の割礼;とisraelitish純度の株式(コントラストエサウの結婚とジェイコブ氏の)です。

The theory has been advanced that P is based on J, his story of Creation presupposing the use of historical and traditional material collected in J. On the whole, this may be admitted; but it is also plain that for the P account of the Creation and the Flood Babylonian sources and information were drawn upon.その理論てきた高度なことpは無しに基づいて、彼の話presupposing創作の歴史と伝統的な素材を使用上で収集さj. 、全体的には、この5月に認め;ながら、それはまたして平原は、 Pアカウントの作成バビロニア人や情報源との洪水が描画される。 The theology of P is of a high order. pは、神学の高い順です。 God is One; He is supramundane.神は1つ;彼は霊界のです。 Creation is a transcendental, free act of the Absolute Creator (hence ).創作は、超越、無料法律は、絶対的な創作(それゆえ) 。 In history are revealed a divine plan and purpose.歴史上、神の計画と目的が明らかにします。 God communicates His decrees directly without the intervention of angels or dreams, and without recourse to theophanies.神の介入なしに直接通信する彼の政令の天使や夢、および遡求をtheophaniesです。 He is Elohim for Noah, El Shaddai for Abraham, and Yhwh for Israel.彼はエロヒムのノア、エルshaddaiをアブラハムは、イスラエルとのyhwhです。 Anthropomorphisms are few and inoffensive. anthropomorphismsが少ないと不快感を与えない。 This theology reveals the convictions and reflections of a late epoch in Israel's religious and historical development.この神学には、信念と反射を送信する前に、イスラエルの宗教的、歴史的な時期を開発します。 JE, after the elimination of P, presents an almost unbroken narrative.は、 pの除去した後、プレゼントにほぼ切れ目のない物語です。 In the earlier chapters J alone has been incorporated; E begins abruptly in Gen. xx.無しだけで、以前の章に組み込まされ;メールが開始さGen 。と突然のXXです。 It is a moot point whether E contained originally a primeval history parallel to that now preserved in Genesis from J. That of the latter, as incorporated in the pre-Abrahamic chapters, is not consistent throughout; especially do the account of the Flood, the fragments of a genealogy of Seth, and other portions suggest the use of traditions, probably Babylonian, which did not originally form part of J.これはメールに含まれるかどうか、議論の余地がポイントもともと原始の歴史を平行して今すぐに保存されj.が後者の創世記から、事前に組み込まれてアブラハムの章ではない整合性を通じて;特に、洪水には、アカウントは、断片化したの家系のセス、およびその他の部分の伝統を示唆して使用し、おそらくバビロニア、これはもともとフォーム部分オブJ

Legends.伝説です。

JE, as far as Genesis is concerned, must be regarded as compilations of stories which long before their reduction to written form had been current orally among the people.は、創世記限りでは、しなければならないのオムニバスストーリーが長いと見なされる前に書かれたフォームの削減を現在の経口ていたとして、人々のです。 These stories in part were not of Canaanitish-Hebrew origin.これらのストーリーの一部が特定のcanaanitish -ヘブライ語起源です。 They represent Semitic and perhaps other cycles of popular and religious tales ("Sagen") which antedate the differentiation of the Semitic family into Hebrews, Arabs, etc., or, migrating from one to the other of the Semitic groups after their separation, came to the Hebrews from non- Semitic peoples; hence the traces of Babylonian, Egyptian, Phenician, Aramaic, and Ishmaelitish influence.おそらく他のサイクルを表すものとユダヤ人の人気と宗教の物語( " sagen " )を見越すの分化のご家族にヘブル人への手紙のユダヤ人、アラブ人等、または、 1つの移行は、ユダヤ人を、他のグループに分離した後、来たヘブル人への手紙からして非ユダヤ人々 ;それゆえ、トレースのバビロニア、エジプト、 phenician 、アラム語、およびishmaelitishに影響を与える。 Some of the narratives preserve ancient local traditions, centered in an ancient religious sanctuary; others reflect the temper and exhibit thecoloring of folk-tales, stories in which the rise and development of civilization and the transition from pastoral to agricultural life are represented as the growth and development of individuals.いくつかの物語古代の地方の伝統を維持、古代の宗教的な聖域の中央に表示さ;他の気性を反映して、展示thecoloringの民俗-物語は、ストーリーでは、上昇と文明の発展と生活への移行がより牧歌的に農業の成長として表現さ個人と発展します。 Others, again, personify and typify the great migratory movements of clans and tribes, while still others are the precipitate of great religious changes (eg, human sacrifices are supplanted by animal ones).その他、再度、擬人化すると類型化する渡り鳥の大氏族と部族の運動をしながら、他の人の偉大な宗教的な変化の沈殿物(例えば、人間の犠牲は動物supplantedられたもの)です。 The relations and interrelations of the tribes, septs, and families, based upon racial kinship or geographical position, and sometimes expressive of racial and tribal animosities and antipathies, are also concreted in individual events.相関関係は、部族の関係や、 septs 、およびご家族、親族や地理的な位置に基づいて人種差別であり、時として、表現力豊かな人種や部族の憎しみとantipathies 、個々のイベントにもconcretedです。 In all this there is not the slightest trace of artificiality.この中にはすべてのトレースを人工的には少しもない。 This process is the spontaneous assertion of the folk-soul ("Volksseele").このプロセスは、自発的主張は、民俗-魂( " volksseele " ) 。 These traditions are the spontaneous creation of popular interpretation of natural and historical sentiments and recollections of remote happenings.これらの伝統は、自発的に解釈する人気の創造自然や歴史的感情や思い出のリモートの出来事です。 The historical and theological interpretations of life, law, custom, and religion in its institutions have among all men at one time taken this form.の生活の歴史的、神学的解釈、法律、カスタム、と宗教、そのすべての人の間で1つの機関が、このフォームに要する時間です。 The mythopeic tendency and faculty are universal. mythopeicは普遍的な傾向や教職員のです。 The explanations of names which exhibit signs of being the result of intentional reflection, are, perhaps, alone artificial.展示の説明の名前の兆候を意図的に反射の結果を、には、おそらく、人工だけです。

Compilation.コンパイルしている。

Naturally, in the course of oral transmission these traditions were modified in keeping with the altered conditions and religious convictions of the narrators.当然のことながら、口承の過程で修正され、これらの伝統が維持条件の変更や宗教上の信念は、 narrators 。 Compiled at a time when literary skill had only begun to assert itself, many cycles of patriarchal histories must have been current in written form prior to the collections now distinguished by critics as E and J. Criticism has to a great extent overlooked the character of both of these sources as compilations.コンパイルしているときにしか文学のスキルを主張自体を開始するまでを、多くのサイクルの家父長の履歴必要があります。書面形式でも現在のコレクションをする前に、批評家として区別されるメールおよびJ.批判が見落とさして大部分の文字の両方のこれらの消息筋の話として、オムニバスです。 It has been too free in looking upon them as works of a discriminating litterateur and historian. lookingされても無料でかれらの作品は、差別の歴史学者文人とします。 P may be of this nature, but not J and E. Hence any theory on the literary method and character of either is forced to admit so many exceptions as to vitiate the fundamental assumption. p年5月には、次の自然、しかし、特定のJ and e.したがって理論上の任意の文字のいずれかの方法と文学が強制的に非常に多くの例外として認めるの基本的な仮定を無効です。 In E are found traits (elaborations, personal sentiment) ascribed exclusively to J; while J, in turn, is not free from the idiosyncrasies of E.のメールが見つかりました形質(エラボレーション、個人的な感情)生得するだけのために無し;ながら無しは、順番に、には自由がないからの特異性のe.

Nor did R (the editor, editors, or diaskeuasts) proceed mechanically, though the purely literary dissection on anatomical lines affected by the higher criticism would lead one to believe he did.また参考研究(のエディタで、編集者、またはdiaskeuasts )続行を機械的には、純粋にかかわらず、文学的解剖学的解離上行の批判が高いほど影響を受けて1つにつながると信じていた。 He, too, had a soul.彼は、あまりにも、魂がします。 He recast his material in the molds of his own religious convictions.彼は彼の素材は、金型の改鋳彼自身の宗教上の信念です。 The Midrashic method antedates the rabbinical age. midrashic法antedatesのラビの年齢です。 This injection of life into old traditional material unified the compilation.この注射液の生命を吹き込む古い伝統的な素材の統一、コンパイルしている。 P's method, rightly regarded as under theological intention ("Tendenz"), was also that of R. Hence Genesis, notwithstanding the compilatory character of its sources, the many repetitions and divergent versions of one and the same event, the duplications and digressions, makes on the whole the impression of a coherent work, aiming at the presentation of a well-defined view of history, viz., the selection of the sons of Israel as the representative exponents of Yhwh's relations to the sons of Adam, a selection gradually brought about by the elimination of side lines descended, like Israel, from the common progenitor Adam, the line running from Adam to Noah-to Abraham-to Jacob = Israel. Pのメソッドは、神学的意図されて当然と見なされて( " tendenz " ) 、 r.したがって創世記にも、そのソースの文字をcompilatoryの規定にかかわらず、多くの繰り返しと発散のバージョンの1つのと同じイベントでは、脱線の重複や、全体の印象では、コヒーレント仕事、プレゼンテーションを目指して、適切に定義される対象の歴史を、 viz 。 、人の息子の選択は、指数の代表としてのイスラエルとの関係をyhwhアダムの子孫は、徐々に選択もたらされる側の行の子孫を排除するように、イスラエル、共通の祖先からのアダム、ノアの行を実行してからアダムをアブラハムのジェイコブ=イスラエルです。

Later Additions.へ追加します。

Chapter xiv.第14世です。 has been held to be a later addition, unhistorical and belonging to none of the sources.毎年開催され、後にはまた、歴史的でないと、ソースなしに属しています。 Yet the story contains old historical material.その話はまだありません古い歴史的な素材が含まれています。 The information must be based on Babylonian accounts (Hommel, "Alt-Israelitische Ueberlieferung," p. 153, speaks of an old Jerusalem tradition, and Dillmann, in his commentary, of a Canaanitish tradition; see Eliezer); the literary style is exact, giving accurate chronological data, as would a professional historian.バビロニアの情報に基づいてしなければならないアカウント(ホンメル、 " alt - israelitische ueberlieferung 、 " p. 153 、エルサレムの古い伝統を話すとディルマン、彼の解説は、伝統的にcanaanitish ;参照エリエゼル) ; 、文学のスタイルは、正確なは、正確な時系列データを与え、歴史の専門家するようにします。 The purpose of the account is to glorify Abraham.の目的は、アカウントではアブラハムを賛美します。 Hence it has been argued that this chapter betrays the spirit of the later Judaism.それゆえ、この章されてと主張して、後のユダヤ教の精神を裏切っています。 Chapter xlix., the blessing by Jacob, is also an addition; but it dates from the latter half of the period of the Judges (K. Kohler, "Der Segen Jacob's").第四十九。 、ジェイコブの祝福され、加えても;しかし後半からの日程の期間は、審査員( k.ケーラー、 " der segenジェイコブ氏の" ) 。 The theory that the Patriarchs especially, and the other personages of Genesis, represent old, astral deities, though again advanced in a very learned exposition by Stucken ("Astral Mythen"), has now been generally abandoned.EGHその理論は、 patriarchs特に、と、他の人物の創世記、代表古、アストラルの神々が、再び非常に高度で博覧会を学んだシュトゥッケン( "アストラルミーテン" ) 、一般的には解決されましたabandoned.egh

Benno Jacob, Emil G. Hirsch bennoジェイコブ、エミールハーシュg.

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901から1906の間で公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです