Saint Joachimサンヨアヒム

General Information 総合情報

Saint Joachim was the husband of Saint Anne and the father of the Virgin Mary. He is not mentioned in the Bible. The nonbiblical Gospel of James, an apocryphal book, is the only source of information about him. Feast day (shared with Saint Anne): July 26 (Western); Sept. 9 (Eastern). サンヨアヒムは、夫のサンアンヌと、聖母マリアの父です。彼は聖書に記載されていない。 nonbiblicalジェームズによる福音書は、偽書、ソースの情報を参照するだけだ。饗宴日(共有サンアンヌ) : 2007年7月26日(欧米) ; 9月9日(東部)です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Saint Joachimサンヨアヒム

Advanced Information 高度情報

(Catholic Perspective) (カトリックの視点等)

(First Century BC) (第一世紀)

In the opinion of St Peter Damian it is unnecessary and blameworthy curiosity to inquire into those things that the evangelists did not tell us, and he specifies the parentage of the Blessed Virgin Mary as an example.セントピーターは、ダミアンの意見を非難に値することは、不必要と好奇心に問い合わせて、そういうことは、伝道者を教えて下さいしなかった、と彼は親子の関係を指定します。聖母マリアとしては、その一例です。 In this matter, those who judge differently can receive little satisfaction for their "curiosity ".この問題は、これらのほとんどを受けることができるの満足度が異なるwho裁判官に"好奇心"です。 An apocryphal work, the Protevangelium of James , which, in spite of its name, has none of the authenticity of Holy Scripture, is with other similar apocryphal works the only source of information we have about the parents of Mary ; even their traditional names, Joachim and Anne, must ultimately be traced to them. Of St. Joachim, as of St Anne, we know absolutely nothing with certainty; but we are at liberty to retain as pious beliefs anything in an uncanonical book that does not conflict with the teaching of the Church or with other certain truths, and it is a widely held tradition that our Lady was a child of promise as related in the so-called Gospel of James.作り話の仕事には、 protevangeliumのジェームズ 、これは、その名前にもかかわらず、信ぴょう性はなしの教典は、他の同様の作り話の作品の唯一の情報源については、私たちは親のメアリー;も彼らの伝統的な名前は、ヨアヒムとアンヌ、最終的にトレースする必要がありますしています。 の聖ヨアヒム、としての聖アンナ、私たちは全く知らないと確信;しかし、我々は自由を保持する信心深い信念何かは、教会法に従わないとして予約されていないと競合する可能性教育は、教会や、他の特定の真理、それは、広く開かれた伝統を約束聖母の子としては、関連して、いわゆるジェームズによる福音書です。 This has been referred to herein under St Anne, on July 26.これをここに言及されてきた聖アンナは、 7月26日です。

The feast of both parents of the all-holy Mother of God has been observed in the East, on September 9, from early times, but in the West not till much later.宴の両方の親は、すべて神の聖母の東に観察され、 9月9日からの早期回、しかし、西まではかなり後にします。 That of St Joachim is not heard of before the fifteenth century, and its present date was fixed only in 1913.セントヨアヒムではないが、 15世紀前に聞いたこと、およびその現在の日付は1913年だけで固定します。 The Benedictines, as well as some Eastern Catholics, celebrate Joachim and Anne together, on July 26.のbenedictinesだけでなく、いくつかの東部カトリック教徒、一緒に祝うヨアヒムとアンヌは、 7月26日です。

See the bibliographical note under St Anne.詳細については、書誌注記されて聖アンナです。


St. Joachim聖ヨアヒム

Catholic Information カトリックの情報

Joachim (whose name means Yahweh prepares), was the father of the Blessed Virgin Mary.ヨアヒム(その名の意味ヤハウェの準備)は、聖母マリアの父親です。

If we were to obey the warning of St. Peter Damian, we should consider it a blameable and needless curiosity to inquire about those things that the Evangelists did not deem it advisable to relate, and, in particular, about the parents of the Blessed Virgin (Serm. iii de Nativ. BMV).もし我々の警告を発するに従うのサンピエトロ大聖堂、ダミアン、 blameableしなければならないことを考慮すると無駄な好奇心に問い合わせて、そういうことについては、伝道者と判断しなかったことをお勧めいたしません関連、および、特に、聖母マリアの両親については、 ( serm. 3世デnativです。 bmv ) 。 Tradition nevertheless, grounded on very old testimonies, very early hailed Saints Joachim and Anne as the father and mother of the Mother of God.伝統にもかかわらず、非常に古い証言接地上、非常に初期の歓迎聖人としてヨアヒムとアンネの父と母の母神です。 True, this tradition seems to rest ultimately on the so-called "Gospel of James", the "Gospel of the Nativity of the Blessed Mary", and the Pseudo-Matthew, or "Book of the Nativity of the Blessed Virgin Mary and of the Childhood of the Saviour"; and this origin is likely to rouse well-founded suspicions. trueの場合、最終的にこの伝統を休ませるように、いわゆる"ジェームズによる福音書"は、 "キリスト降誕の福音は、神の祝福をメアリー"との疑似マシューか、または"予約は、聖母マリアとキリスト降誕のは、子供のころは、救い主の" ;と、この起源は、根拠の十分な疑惑奮起させるようにします。 It should be borne in mind, however, that the apocryphal character of these writings, that is to say, their rejection from the canon, and their ungenuineness do not imply that no heed whatever should be taken of some of their assertions; side by side, indeed, with unwarranted and legendary facts, they contain some historical data borrowed from reliable traditions or documents; and difficult though it is to distinguish in them the wheat from the tares, it would be unwise and uncritical indiscriminately to reject the whole.負担すべきであることを念頭に置いて、しかし、これらの記述は、作り話の文字を、つまり、彼らの拒絶反応から、キヤノン、 ungenuinenessていないとその意味することは絶対にありませんどのように留意しなければならないのいくつかのアサーション;並んで、実際には、伝説の不当な事実と、彼らから借りた過去のデータが含まれている信頼性の伝統やドキュメント;とを区別することは困難にしては、小麦からtares 、いいかげんなことが浅はかな無差別を拒否すると全体のです。 Some commentators, who believe that the genealogy given by St. Luke is that of the Blessed Virgin, find the mention of Joachim in Heli (Luke 3:23; Eliachim, ie Jeho-achim), and explain that Joseph had, in the eyes of the law, become by his marriage the son of Joachim.いくつかのコメンテーター、 whoと確信して与えられた聖ルカ系譜は、聖母マリア、ヨアヒムを見つけるのに言及したヘリ(ルーク3:23 ; eliachim 、すなわちjeho - achim ) 、と説明していたジョゼフは、目は、法では、彼の結婚生活になるの息子のヨアヒムです。 That such is the purpose and the meaning of the Evangelist is very doubtful, and so is the identification proposed between the two names Heli and Joachim.そのような意味は、目的とするのは非常に疑わしいエバンジェリストなどの身分証明書は、 2つの名前を提案したヘリとの間のヨアヒムです。 Neither can it be asserted with certainty, in spite of the authority of the Bollandists, that Joachim was Heli's son and Joseph's brother; nor, as is sometimes affirmed, from sources of very doubtful value, that he had large possessions in herds and flocks.どちらの主張できることに確信を持って、にもかかわらず、 bollandistsの権威を、そのヨアヒムは、ヘリの息子とヨセフの弟;も、時にはアファームドには、ソースからの非常に疑わしい値は、大規模な財産をしていたの群れと群れています。 Much more interesting are the beautiful lines in which the "Gospel of James" describes how, in their old age, Joachim and Anne received the reward of their prayers to obtain issue.はるかに興味深いのは、美しいラインでは"ジェームズによる福音書"する方法について説明し、その古い年齢、ヨアヒムとアンヌの報奨金を受け取った彼らの祈りを入手する問題です。 Tradition has it that the parents of the Blessed Virgin, who, apparently, first lived in Galilee, came later on to settle in Jerusalem; there the Blessed Virgin was born and reared; there also they died and were buried.伝統によれば、聖母マリアの両親、 who 、どうやら、最初に住んでガリラヤ、エルサレムに定住して来たへ;ある、聖母マリアが生まれたと飼育;が死亡し、また彼らが埋められている。 A church, known at various epochs as St. Mary, St. Mary ubi nata est, St. Mary in Probatica, Holy Probatica, St. Anne, was built during the fourth century, possibly by St. Helena, on the site of the house of St. Joachim and St. Anne, and their tombs were there honoured until the close of the ninth century, when the church was converted into a Moslem school.教会で、様々な時代として知られ聖マリア、聖マリアubiときには、聖マリアのprobatica 、神聖なprobatica 、聖アン、 4世紀に建立されたが、可能性をセントヘレナ、上のサイトは、ハウスオブセントヨアヒムと聖アン、およびそれらの墓がある光栄九世紀の終わり頃になるまでに、教会はイスラム教の学校に変換されます。 The crypt which formerly contained the holy tombs was rediscovered on 18 March, 1889.以前の暗号化が含まれて再発見されました神聖な墓は、 1889年3月18日です。

St. Joachim was honoured very early by the Greeks, who celebrate his feast on the day following the Blessed Virgin's birthday; the Latins were slow to admit it to their calendar, where it found place sometimes on 16 Sept. and sometimes on 9 Dec. Assigned by Julius II to 20 March, the solemnity was suppressed some fifty years later, restored by Gregory XV (1622), fixed by Clement XII (1738) on the Sunday after the Assumption, and finally raised to the rank of double of the second class by Leo XIII (1 Aug., 1879).聖ヨアヒムは非常に光栄された初期のギリシア、 who彼のごちそうの日を祝う聖母マリアの誕生日を次のようにし、ラテン系が遅いことを認めざるをカレンダーにして、どこにあることを発見場所は9月16日、時には12月9日ユリウス二世に割り当てられた3月20日、 50年の厳粛さは、いくつかの抑制へ、グレゴリーによって復元さ15 ( 1622 ) 、修正されたクレメント12 ( 1738 )を仮定した後の日曜日、そして最後に提起して二重の2番目のランククラスでレオ13世( 1879年8月1日) 。

Publication information Written by Charles L. Souvay.出版物の情報執筆者チャールズl. souvayです。 Transcribed by Paul T. Crowley.ポールt.クロウリー転写されています。 In Memoriam, Mr. Francis Crowley & Mr. Francis McHugh The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.インメモリアム、ミスタークロウリー&ミスターフランシスフランシスマッキューのは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Saint Anne サンアンヌ


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです