The Law Of The Sabbath From The Mishnah And The Jerusalem Talmud同法は、安息日のエルサレムからのミシュナーとタルムード

Advanced Information 高度情報

(From Life and Times of Jesus the Messiah人生と時代からの救世主イエスキリスト
by Alfred Edersheim, 1886, Appendix XVII)アルフレッドedersheimされ、 1886年、付録17 )

The terribly exaggerated views of the Rabbis, and their endless, burdensome rules about the Sabbath may best be learned from a brief analysis of the Mishnah, as further explained and enlarged in the Jerusalem Talmud.ひどく誇張されたの再生回数は、律法学者、およびそれらの果てしない、負担のルールについては、安息日年5月から学んでベストを簡単に分析したが、ミシュナー、より詳細な説明としては、エルサレムタルムードと拡大します。 [The Jerusalem Talmud is not only the older and the shorter of the two Gemaras, but would represent most fully the Palestinian ideas.] For this purpose a brief analysis of what is, confessedly, one of the most difficult tractates may here be given. [エルサレムタルムードではないと短いのは、 2つの古いgemarasが、それはほとんど完全に、パレスチナのアイデアを表す。 ]この目的のためにどのような分析を簡単には、疑う余地も、 1つの最も困難なtractates年5月、ここが与えられる。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Mishnic tractate Sabbath stands at the head of 12 tractates which together form the second of the 6 sections into which the Mishnah is divided, and which treats of Festive Seasons (Seder Moed).スタンドmishnic安息日の論文は、頭の12 tractatesを一緒に形成して、 6番目のセクションには、ミシュナーが分かれ、どの扱わのお祭りシーズン(セダーmoed ) 。 Properly to understand the Sabbath regulations, it is, however, necessary also to take into account the second tractate in that section, which treats of what are called 'commixtures' or 'connections' (Erubin).安息日の規制に適切に理解して、それは、しかし、アカウントを考慮に入れる必要も2番目の論文このセクションには、どのように扱うのが呼ばれる' commixtures 'または'接続' ( erubin ) 。 Its object is to make the Sabbath Laws more bearable.そのオブジェクトは安息日の法律を作るもっと我慢できる。 For this purpose, it is explained how places, beyond which it would otherwise have been unlawful to carry things, may be connected together, so as, by a legal fiction, to convert them into a sort of private dwelling.この目的のために、それは場所の説明方法については、を超えて他のことは違法を運ぶことも、一緒に接続することも可能ので、として、法的なフィクション、並べ替えのものにするに変換する民間住宅です。

Thus, supposing a number of small private houses to open into a common court, it would have been unlawful on the Sabbath to carry anthing from one of these houses into the other.したがって、 supposing 、いくつかの小さな民家を開いて、共通の裁判所、これは違法でも、安息日を運ぶanthingから、これらの住宅にはもう一つの1つです。 This difficulty is removed if all the families deposit before the Sabbath sone food in the common court, when 'a connection' is established between the various houses, which makes them one dwelling.この困難なご家族のすべての預金の場合は削除する前には、共通の安息日曽根フードコート、ときに'接続'が確立さの間に様々な住宅で、これにより1つの居住しています。 This was called the 'Erubh of Courts.'これはと呼ばれる' erubhのコートです。 ' Similarly, an extension of what was allowed as a 'Sabbath journey' might be secured by another 'commixture,' the 'Erubh' or 'connection of boundaries.'同様に、何を拡張したものとして許されていた'安息日の旅'かもしれないで保護された別の'混合、 ' 、 ' erubh 'または'境界線の接続をクリックします。 An ordinary Sabbath day's journey extended 2,000 cubits beyond one's dwelling.ふつうの安息日の旅の延長2000腕尺の1つの住居を超えています。 [On the Sabbath journey, and the reason for fixing it at a distance of 2,000 cubits, see Kitto's Cyclop. [上の安息日の旅、およびその理由2000年の固定腕尺のある距離を置いてそれを参照してくださいcyclopきっとのです。 (last ed.) 'Sabbath way,' and 'The Temple and its Services,' p. (最終版) '安息日のように、 'と'同寺とそのサービス、 ' p. 148.] 148 。 ]

But if at the boundary of that 'journey' a man deposited on the Friday food for two meals, he thereby constituted it his dwelling, and hence might go on for another 2,000 cubits.しかし、その場合の境界に'旅'を男に蒸着さ食品の2つの食事の金曜日、彼と彼の住居に構成し、それゆえに出掛ける別の2000腕尺のかもしれない。 Lastly, there was another 'Erubh,' when narrow streets or blind alleys were connected into 'a private dwelling' by laying a beam over the entrance, or extending a wire or rope along such streets and allwys.最後に、実際にはもう一' erubh 、 'ときに盲目の狭い路地や路地が接続された民間住宅の入り口の上のビームを敷設するか、または拡張するような街やワイヤーやロープに沿っallwysです。 This, by a legal fiction, made them 'a private dwelling,' so that everything was lawful there which a man might do on the Sabbath in his own house.この、法的なフィクション、はかれら' 、民間住宅、 'すべては、合法的にどのように行うかもしれないことを、安息日の男は、自分の家です。

Without discussing the possible and impossible questions about these Erubin raised by the most ingenious casuistry, let us see how Rabbinism taught Israel to observe its Sabbath.不可能を可能と議論して、これらの質問について、最も独創的な詭弁erubin提起された、ラビ特有の指導方法について見てみましイスラエルの安息日を観察します。 In not less than 24 chapters, [In the Jerusalem Talmud a Gemara is attached only to the first 20 chapters of the Mishnic tractate Shabbath; in the Babylon Talmud to all the 24 chapters.] matters are seriously discussed as of vital religious importance, which one would scarcely imagine a sane intellect would seriously entertain. 24未満の章では、 [は、エルサレムタルムードgemaraを添付するだけに、最初の20の支部をmishnic論文のshabbath ;は、タルムードをバビロンのすべての24章。 ]真剣に議論としての重要な事柄は、宗教的に重要な、これ1つの思慮分別の知性を想像するのはほとんどが真剣に楽しませる。 Through 64.5 folio columns in the Jerusalem, and 156 double pages of folio in the Babylon Talmud does the enumeration and discussion of possible cases, drag on, almost unrelieved even by Haggadah.二つ折りの列が64.5を通じて、エルサレム、および156ダブル、バビロンのページを二つ折りにタルムードは、列挙となり、議論が可能な場合は、ドラッグし、 haggadahでさえ、ほとんど救われない。 [I have counted about 33 Haggadic pieces in the tractate.] [私はカウントさ約33 haggadic作品は、論文です。 ]

The Talmud itself bears witness to this, when it speaks (no doubt exaggeratedly) of a certain Rabbi who had spent no less than two and a half years in the study of only one of those 24 chapters!タルムード自体のクマの目撃者には、話すときに(間違いないexaggeratedly )を、特定のラビwhoいた使用済みの2年半未満の研究の1つだけでそれらの24章! And it further bears testimony to the unprofitableness of these endless discussions and determinations.より詳細な証言をするとunprofitablenessクマは、これらの果てしない議論と決定します。 The occasion of this is so curious and characteristic, that it might here find mention.この行事は、次の特性は非常に好奇心と、ここで見つけることに言及かもしれない。 The discussion was concerning a beast of burden.ビーストに関するディスカッションが負担する。 An ass might not be led out on the road with its covering on, unless such had been put on the animal previous to the Sabbath, but it was lawful to lead the animal about in this fashion in one's courtyard.ロバ主導するかもしれないの道のカバーをしない限り、このようにしていた動物の前に、安息日、それについては、合法的な動物をリードして、この方法では1つの中庭です。 [In the former case it might be a burden or be lead to work, while in the latter case the covering was presumably for warmth.] The same rule applied to a packsaddle, provided it were not fastened on by girth and backstrap. [前者の場合の負担となるかもしれないまたはに鉛を行うには、中には、後者の場合は、おそらくの暖かさをカバーします。 ]荷鞍に載せて運ぶのと同じルールを適用して、しっかりと固定さを提供周囲の長さがなかったら、 backstrapです。

Upon this one of the Rabbis is reported as bursting into the declaration that this formed part of those Sabbath Laws (comp. Chag. i. 8) which were like mountains suspended by a hair' (Jer. Shabb. 7b).この時のいずれかのラビが破裂として報告さを宣言してそれらの部分に形成さ安息日の法律( comp. chag 。 i. 8 )中断されたが山のような髪' ( jer. shabb 。 7B面) 。 And yet in all these wearisome details there is not a single trace of anything spiritual, not a word even to suggest higher thoughts of God's holy day and its observance,と、これらの退屈なすべての詳細はまだありませんが、 1つのトレースではない何か精神的ではなく、思考の高い単語を提示するも、神の神聖な日とその遵守、

The tractate on the Sabbath begins with regulations extending its provisions to the close of the Friday afternoon, so as to prevent the possiblity of infringing on the Sabbath itself, which commenced on the Friday evening.安息日の始まりの論文を検索する規制の規定を拡大し、金曜日の午後に近いので、可能性として、著作権侵害を防ぐには上の安息日自体、これは、金曜日の夜を開始します。 As the most common kind of labour would be that of carrying, this is the first point discussed.労働として、最も普通の種類の帳簿として、これは議論の最初のポイントです。 The Biblical Law forbade such labour in simple terms (Ex. 36:6; comp. Jer. 17:22).このような労働を禁じ、聖書の法則簡単に言えば(例: 36:6 ;のCOMPです。 jer 。 17:22 )です。 But Rabbinism developed the prohibition into 8 special ordinances, by first dividing 'the bearing of a burden' into two separate acts, lifting it up and putting it down, and then arguing that it might be lifted up or put down from two different places, from a public into a private, or from a private into a public place.しかし、ラビの教義を開発して8特別な条例の禁止、最初の分割' 、軸受の負担'を2つの別々の行為は、それを持ち上げるとパットダウンする、と入力し、解除するかもしれないと主張して恥をかかせるまたは2つの別々の場所から、公共を民間からか、またはプライベートには公共の場所からです。

Here, of course, there are discussions as to what constituted a 'private place' and 'a public place'; 'a wide space,' which belongs neither to a special individual or to a community, such as the sea, a deep wide valley, or else the corner of a property leading out on the road or fields, and, lastly, a 'legally free place.'ここでは、もちろん、議論にどのような構成には、 '私的な場所'と'を公共の場で' ; '広いスペース、 'どちらに属するかして、特別な個々のコミュニティのような海、深い広い谷か、または他の隅にリードアウトのプロパティの道やフィールド、および、最後には、 '合法的に無料です。 ' [Such a free place must cover less than four square cubits, for ex., a pillar would be such. [このような無料の場所必要があります。カバー未満の腕尺の4つの広場、例は、このような柱がします。 To this no legal determination would apply.これに対する法的判断が適用されます。 The 'wide space' is called Karmelith. '広い空間'と呼ばkarmelithです。 The Mishnah, however, expressly mentions only the 'private' and the 'public' place (or 'enclosed' and 'open'), although the Karmeilth was in certain circumstances treated as 'public,' in others as 'private' property.のミシュナー、しかし、明示的に言及は、 'プライベート'と'公共の場所(または'同封'と'オープン' ) 、 karmeilthは、ある特定の状況では、扱われる'公共、 ' 、その他の'プライベート'プロパティです。 The explanation of the terms and legal definitions is in Jer.規約の条項の説明や法的定義は、 jerです。 Shabb. shabbです。 12d; 13a; Shabb. 12d ; 13a ; shabbです。 6a, b; Toseft. 6a以降、 b ; toseftです。 Shabb. shabbです。 1.] Again, a 'burden' meant, as the lowest standard of it, the weight of 'a dried fig.' 1 。 ]再び、 '負担'意味、最低基準として、それは、重量の'を干しイチジクです。 '

But if 'half a fig' were carried at two different times, lifted or deposited from a private into a public place, or vice versa, were these two actions to be combined into one so as to constitute the sin of Sabbath desecration?しかし、もし'の半分を図'を行った2つの異なった回、民間からの入金を解除またはを公共の場で、あるいはその逆に、が、これら2つのアクションを一つにまとめて1つの罪を構成するために安息日の冒とくですか? And if so, under what conditions as to state of mind, locality, etc.?ともしそうならば、どのような条件の下に心の状態を、地域、などですか? And, lastly, how many different sins might one such act involve?と、最後に、 1つの方法について多くの異なるこのような行為の罪を伴うかもしれないですか?

To give an instance of the kind of questions that were generally discussed: the standard measure for forbidden food was the size of an olive, just as that for carrying burdens was the weight of a fig.を与えるのインスタンスを通常の種類の質問をされた議論:食品は禁止されて、標準の手段としてのオリーブのサイズは、ちょうどその負担は、重量を運搬するために、図です。 If a man swallowed forbidden food of the size of half an olive, rejected it, and again eaten of the size of half an olive, he would be guilty, because the palate had altogether tasted food to the size of a whole olive; but if one had deposited in another locality a burden of the weight of a half a fig, and removed it again, it involved no guilt, becuause the burden was altogether only of half a fig, nor even if the first half fig's burden had been burnt and then a second half fig introduced.食品の場合は禁じられて飲み込んだ男のサイズを半分にオリーブ、拒否されたこと、および再度のサイズの半分食べて、オリーブ、彼が有罪、口蓋いたため、味の食べ物を完全に全体のサイズは、オリーブ;しかし、もし1つの堆積を別の場所にいたの負担を半分の重量を図、および削除してください、それは含まれていない罪悪感、 becuauseの負担は、完全に半分だけの図も、たとえ図の最初の半分の負担を軽くすると燃えていた図2番目の半分を紹介します。 Similarly, if an object that was intended to be worn or carried in front had slipped behind it involved no guilt, but if it had been intended to be worn or carried behind, and it slipped forward, this involved guilt, as involving labor.同様に、意図された場合は、オブジェクトまたは実行の前には身につけるの背後には含まれていない罪悪感がすべって、でも、もしそれを目的としていた運ば背後には身につけるのか、口が滑って進むと、この関係の罪悪感、労働者として関与します。

Similar difficulties were discussed as to the reverse.同様の困難が議論には逆のです。 Whether, if an object were thrown from a private into a public place, or the reverse.かどうか、もし民間からのオブジェクトがスローさを公共の場で、またはその逆です。 Whether, if an object was thrown into the air with the left, and caught again in the right hand, this involved sin, was a nice question, though there could be no doubt a man incurred guilt if he caught it with the same hand which it had been thrown, but he was not guilty if he caught it in his mouth, since, after being eaten, the object no longer existed, and hence catching with the mouth was as if it had been done by a second person.かどうか、もしオブジェクトが左に投げ出された空気をし、再び摘発し、右側の手は、この関係罪、質問は、ニース、かかわらず間違いないがあるかもしれない罪悪感を被ったもし彼がそれをとった男と同じ手で投げていたが、彼は、もし彼がそれをとった無罪を口にくわえて、以来、食べた後に、もはやそのオブジェクトが存在し、それゆえに、口の中が引くように行われていた2番目の人です。

Again, if it rained, and the water which fell from the sky were carried, there was no sin in it; but if the rain had run down from a wall it would involve sin.再び、もし雨が降って、空から落ち、水が行った、罪ではないこと;しかし、ダウンから実行する場合は、壁に雨が伴うことは罪です。 If a person were in one place, and his hand filled with fruit, he would have to drop the fruit, since if he withdrew his full hand from one locality into another, he would be carrying a burden on the Sabbath.もしある人が1つの場所で、彼の手でいっぱいの果物と、彼は、果物をドロップするので、もし彼の手から完全撤退彼の1つの場所を別のは、彼が安息日の帳簿に負担をかけるのです。 It is needless to continue the analysis of this casuistry.これは不必要な分析を続行するには、次の詭弁です。 All discussions to which we have referred turn only on the first of the legal canons in the tractate 'Sabbath.'すべての議論をしていきたいと考えて、最初の参照のみ有効な法的参事は、論文'安息日します。

They will show what a complicated machinery of merely external ordinances traditionalism set in motion; how utterly unspritual the whole system was, and how it required no small amount of learning and ingenuity to avoid commiting grevious sin.かれらは、複雑な機械の詳細どのような伝統単に外部の条例で設定さモーション; unspritual全く全体のシステムがどのよう、必要なないとどのように少量の学習と創意工夫grevious罪を避けるためにコミットします。 In what follows we shall only attmept to indicate the leading points in the Sabbath legislation of the Rabbis.次のように、わたしたちはどのようなことを示すのみattmeptの主要ポイントは、立法の安息日のラビです。 Shortly before the commencement of the Sabbath (late on Friday afternoon) nothing new was to begun; [Here such questions are raised as what constitutes the beginning, for ex., of shaving or a bath] the tailor might no longer go out with his needle, nor the scribe with his pen; nor were clothes to be examined by lamp light.開始の直前に、安息日(金曜日の午後遅くに)何も新しいのを始め、 [ここにこのような質問が提起としてどのような構成の初め、例です。 、ひげそり、またはバス]の仕立て屋に行くかもしれないが、もはや彼の注射針、筆記体でも、彼のペン;もが検証される服をランプが点灯します。 A teacher might not allow his pupils to read, if he himself looked on the book.教師のかもしれない彼の生徒を特定できるように読み取り、もし彼自身の顔を予約します。 All these are pracautionary measures.これらはすべてpracautionary措置です。

The tailor or scribe carrying his ordinary means of employment, might forget the advent of the holy day; the person examining a dress might kill insects, [To kill such vermin is, of course, strictly forbidden (to kill a flea is like a camel).テーラーまたは普通の筆記体の運搬手段として彼の雇用、かもしれないが出現したの神聖な日を忘れるし、人を殺すかもしれないドレスの調査を飼育、 [このような害虫を殺すのは、もちろん、厳しく禁じられて(ノミを殺すのは、ラクダのように) 。 Rules are given how to dispose of such insects.ルールは、このような昆虫を処分する方法を与えられた。 On the same occasion some curious ideas are broached as to the transformation of animals, one into another.] which is strictly forbidden on the Sabbath, and the teacher might move the lamp to see better, while the pupils were supposed to be so zealous as to also do this.機会が同じbroachedとしていくつかのアイデアは好奇心の動物変換して、 1つを別のです。 ]これは厳しく禁じられて安息日を検索すると、先生移動してランプを見良いかもしれないが、生徒は熱心にしているとしてにも必要です。

These latter rules, we are reminded, were passed at a certain celebrated discussion between the schools of Hillel and Shammai, when the latter were in the majority.これらの後者のルールを、我々は思い出し、著名な議論が渡されるの間にある学校のshammaiヒレルと、後者の場合が多数を占めています。 On that occasion also opposition to the Gentiles was carried to its farthest length, and their food, their language, their testimony, their presence, their intercourse, in short, all connection with them denounced.その際にも、反対の立場を運ばgentilesは最果ての長さを、およびそれらの食品、彼らの言語、彼らの証言を、彼らの存在、彼らの性交、手短に言えば、すべての接続をして非難します。 The school of Shammai also forbade to make any mixture, the ingredients of which would not be wholly dissolved and assimilated before the Sabbath.その学校の任意の混合液を作るshammaiも禁じ、うちの材料はないが完全に同化する前に解散し、安息日のです。 Nay, the Sabbath law was declared to apply even to lifeless objects.いや、この法は安息日にも精彩を適用するオブジェクトを宣言します。 Thus, wool might not be dyed if the process was not completed before the Sabbath.したがって、染めた羊毛かもしれない場合は、プロセスが完了する前には安息日のです。 Nor was it even lawful to sell anything to a heathen unless the object would reach its destination before the Sabbath, nor to give to a heathen workman anything to do which might involve him in Sabbath work.また何でも販売することは、合法的なことさえしていない限り、オブジェクトの異教徒の目的地に到達する前には安息日、また何かを与えるこれを行うにして異教徒の職人を伴うかもしれない彼の安息日の仕事です。

Thus, Rabbi Gamialiel was careful to send his linen to be washed three days before Sabbath.それゆえ、彼のラビgamialielは、慎重なリネンを送信する前に3日間の安息日を洗っています。 But it was lawful to leave olives or grapes in the olive or wine press.しかし、それは合法的でオリーブやブドウを残すオリーブやワインの記者です。 Both schools were agreed that, in roasting or baking, a crust must have been formed before the Sabbath, except in case of the Passover lamb.両方の学校が合意しては、焙煎や焼き付けは、地殻必要があります安息日の前に形成され、過ぎ越しの子羊の例を除いて。 The Jerusalem Talmud, however, modifies certain of these rules.エルサレムタルムードは、しかし、特定のこれらのルールを変更します。 Thus the prohibition of work by a heathen only applies if they work in the house of the Jew, or at least in the same town with him.したがって、作業の禁止異教徒にのみ適用される場合には、ユダヤ人の家で働くか、または少なくとも彼と同じ町にします。 The school of Shammai, however, went so far as to forbid sending a letter by a heathen, not only on a Friday or on a Thursday, but even sending it on a Wednesday, or to embark on the sea on these days.その学校のshammai 、しかし、これまでのところとしては手紙を送信することを禁止し、異教徒のではなく、金曜日のみ表示されますかは、木曜日、しかし、それは、水曜日にも送信する、またはこれらの日中に、海に乗り出す。

It being assumed that the lighting of the Sabbath lamp was a law given to Moses on Mount Sinai, the Mishnah proceeds, in the second chapter of the tractate on the Sabbath, to discuss the substances of which respectively the wick and the oil may be composed, provided always that oil which feeds the wick is not put in a seperate vessel, since the removal of that vessel would cause the extinction of tha lamp, which would involve a breach of the Sabbath law.それが安息日と仮定して、ランプが点灯する法律がムーサーに与えられたマウントサイナイは、ミシュナー収益は、 2番目の論文を検索する安息日の章を、それぞれを議論する物質のうち、 5月の石油芯とで構成されるは、フィードの提供は常に芯に油を入れ、別の容器ではない、その船から外して以来、絶滅の原因thaランプは、これに伴う法に違反するの安息日です。 But if the light were extinguished from fear of the Gentiles, of robbers, or of an evil spirit, or in order that one dangerously ill might go to sleep, it involved no guilt.しかし、光が消滅する場合は、恐怖からのgentiles 、強盗か、または、邪悪な霊か、または1つの危篤のためかもしれないがスリープ状態に入るまで、罪悪感は含まれていないことです。 Here, many points in casuistry are discussed, such as whether twofold guilt is incurred if in blowing out a candle its flame lights another.ここでは、多くの点で議論詭弁は、二重の罪悪感かどうかなどが発生する場合はろうそくの火を吹いて、別の火炎灯です。

The Mishnah here diverges to discuss the other commandments, which, like that of lighting the Sabbath lamp, specially devolve on women, on which occasion the Talmud broaches some curious statements about the heavenly Sanhedrin and Satan, such as that it is in moments of danger that the Great Enemy brings accusations against us, in order to ensure our ruin; or this, that on three occasions he specially lies in ambush: when one travel after the fast (Day of Atonement), that the Jewish proverb had it: 'When you bind your Lulabh [The Lulabh consisted of a palm with myrtle and willow branch tied on either side of it, which every worshipper carried on the Feast of Tabernacles ('Temple and its Services,' p. 238).] (at the Feast of Tabernacles) bind also your feet', as regards a sea voyage (Jer. Shabb. 5b, Ber.R 6).ここでのミシュナーdiverges 、他の戒めを話し合う、これは、照明の安息日のようなランプ、特別に委譲する女性は、機会の上でいくつかの好奇心タルムードブローチサンヘドリンステートメントについては、天と悪魔のようなことは、危険な瞬間その偉大な敵をもたらす告訴問い合わせは、当社破滅を確保するために、または、それはそれで彼は特別なうそで待ち伏せ3回:時に1つの旅行した後、高速(贖罪の日) 、ことわざは、ユダヤ人はそれ: '時lulabhにバインドして[ lulabhの内訳と柳の枝を手のひらにマートルの両側に縛られて、すべてのworshipperに乗って運ばれるのごちそうのtabernacles ( '寺とそのサービス、 ' p. 238 ) 。 ] (の饗宴のtabernacles )にバインドしても足' 、この点に関して、海の航海( jer. shabb 。 5B面、 ber.r 6 ) 。

The next two chapters in the tractate on the Sabbath discuss the manner in which food may be kept warm for the Sabbath, since no fire might be lighted.次の2つの論文を検索する安息日の章を参照して議論する態度では食品は、安息日の保温年5月に、火災のかもしれないので、点灯します。 If the food had been partially cooked, or was such as would improve by increased heat, there would be temptation to attend to the fire, and this must be avoided.調理済み食品の場合、部分ていたか、またはは、熱の増加などが改善され、誘惑には、火災の世話をする、これは避けなければならない。 Hence the oven immediately before the Sabbath only to be heated with straw or chaff; if otherwise, the coals were to be removed or covered with ashes.それゆえにのみ安息日の直前にオーブンで加熱するとわらやもみ殻を;もしそうでなければ、削除された、またはされるが、石炭灰で覆われています。 Clothes ought not to be dried by the hot air of a stove.服をしないようにするべき熱風で乾燥された、ストーブです。 At any rate, care must be taken that neighbours do not see it.いずれにせよ、注意しなければなりませんが表示されていない隣人です。 An egg may not be boiled by putting it near a hot kettle, nor in a cloth, nor sand heated by the sun.ゆで卵を入れれないことがありますホットやかんのそばにあること、また、布、また、太陽によって加熱された砂です。 Cold water might be poured on warm, but not the reverse (at least such was the opinion of the school of Shammai), nor was it lawful to prepare either cold or warm compresses.冷たい水を注ぎ暖かいかもしれないが、その逆は(少なくともこのような意見は、その学校のshammai ) 、またそれを準備する合法的な寒さのいずれかまたは暖かい圧縮します。

'Nay, a Rabbi went so far as to forbid throwing hot water over one's self, for fear of spreading the vapour, or of cleaning the floor thereby! 'いや、これまでのところ、ラビは投げを禁止し、 1つ以上の自己給湯、蒸気まき散らさないようにするのを恐れてか、または、床の掃除が! A vessel might be put under a lamp to catch the falling sparks, but no water might be put into it, because it was not lawful to extinguish a light.船の下に置くかもしれないランプを捕まえる落下してくる火花、水がないかもしれない投入さには、合法的にはないので、光を消滅する。 Nor would it have been allowed on the Sabbath to put a vessel to receive the drops of oil that might fall from the lamp.またそれが安息日で許可されて血管を入れるには油滴を受信するには、ランプから落ちることがあります。 Amomg many other questions raised was this: whether a parent might take his child in his arms.数多くの問題提起は、このamomg :親がかかる場合がありますかどうかを自分の子供を抱いています。 Happily, Rabbinic literally went so far as not only to allow this, but even, in the supposed case that the child might happen to have a stone in its hands, although this would involve the labour of carrying that stone!幸い、ラビ、文字通りこれまでのところはこれを許可するだけではないが、さらには、子供のいる場合は、石には起こるかもしれない、その手が、これに関連して労働を持ち歩くことは石! Similarly, it was declared lawful to lift seats, provided they had not, as it were, four steps, when they must be considered as ladders.同様に、合法的な宣言を解除することが議席、提供彼らはない、ということになった、 4つのステップ、はしごときにしなければならないと考えられています。

But it was not allowed to draw along chairs, as this might produce a rut of cavity, although a little carriage might be moved, since the wheels would only compress the soil but not produce a cavity (comp. on the Bab. Talmud, Shabb. 22a;46; and Bets. 23b).しかし、それはご遠慮を描くに沿っ椅子、これを制作するかもしれないわだち掘れの空洞は、多くの人がほとんどかもしれない乗物移動すると、圧縮して以来、車輪だけを制作する土壌はできません空洞( comp.を検索するバブ。タルムード、 shabbです。 22a ; 46 ;とベットです。 23b ) 。 Again, the question is discussed, whether it is lawful to keep the food warm by wrapping around a vessel certain substances.繰り返しになりますが、問題は、議論は、合法的かどうかを維持することが暖をとる食品容器包装の周りに、特定の物質です。 here the general canon is, that all must be avoided which would increase the heat: since this would be to produce some outward effect, which would be equivalent to work.ここでは総合キヤノンは、そのすべてが増加するのは避けなければならないの熱:以来これはいくつかの外側に効果を生産する、これに相当するが仕事です。

In the fifth chapter of the tractate we are supposed to begin the Sabbath morning.第5章の論文を開始するに我々は安息日の朝のはずです。 Ordinarily, the first business of the morning would, of course, have been to take out the cattle.通常、午前中の最初の事業は、もちろん、しても牛を取る。 Accordingly, the laws are now laid down for ensuring Sabbath rest to the animals.したがって、現在の法律を守るための安息日の休息を敷設の動物です。 The principle underlying these is, that only what serves as ornament, or is absolutely necessary for leading out or bringing back animals, or for safety, may be worn by them; all else is regarded as a burden.これらの原則に根底には、それだけは何の飾りとして、またはリードアウトになるかは確実にもたらす先頭に必要な動物か、または安全のため、 5月に装着されて;すべての他のユーザーが負担と見なされる。 Even such things as might be put on to prevent the rubbing of a wound, on other possible harm, or to distinguish an animal, must be left aside on the day of rest.としてもこのようなことをつけるかもしれないの摩擦を防ぐには傷がもとで、他の可能性に悪影響を与えるか、または動物を区別するには、左にしなければならないのはさておき残りの日です。

Next, certain regulations are laid down to guide the Jew when dressing on the Sabbath morning, so as to prevent his breaking its rest.次に、特定の規制が敷設のユダヤ人をガイドドレッシングを検索するときに安息日の朝、彼の破壊を防止するために、残りのです。 Hence he must be careful not to put on any dress which might become burdensome, nor to wear any ornament which be might put off and carry in his hand, for this would be a 'burden.'したがって彼はしないように注意しなければならない任意のドレスをつける足手まといになるかもしれないが、また任意の飾りを着用するのが先送りにするかもしれないし、実行を手に、これは、 '負担します。 A woman must not wear such headgear as would require unloosing before taking a bath, nor go out with such ornaments as could be taken off in the street, such as a frontlet, unless it is attached to the cap, nor with a gold crown, nor with a necklace or nose ring, nor with rings, nor have a pin [Literally, a needle which has not an eylet.ある女性はならないようなヘッドギア着用が必要としてunloosing前に撮影したバス、また出て行くような装飾品としての通りがオフにならないように前額部、添付してキャップを除いては、また、ゴールドクラウン、また、鼻のネックレスやリング、リングの元に、または、ピン[文字通り、針のeyletしていない。 Of course, it would not be lawful for a modern Jew, if he observe the Rabbinic Law, to carry a stick or a pencil on the Sabbath, to drive, or even to smoke.] in her dress.もちろん、合法的なことはないが、現代のユダヤ人は、もし彼を観察するラビ法では、スティックや鉛筆を持って上の安息日、ドライブ、またはたばこの煙にさえします。 ]で彼女のドレスです。 The reason for this prohibition of ornaments was, that in their vanity women might take them off to show them to their companions, and then, forgetful to the day, carry them, which would be a 'burden.'その理由の装飾品の禁止は、女性かもしれないして虚栄心を持っていってオフにして仲間を表示する]をクリックし、物忘れをこの日、実行して、これは'負担します。

Women are also forbidden to look in the glass on the Sabbath, because they might discover a white hair and attempt to pull it out, which would be a grievous sin; but men ought not to use lookingglasses even on weekdays, because it was undignified.女性にもするには、ガラスの上を禁じられているの安息日は、白い毛を発見するかもしれないため、彼らを引っぱってくるのを試みて、これは痛ましい罪;しかし、男性を使用しないようにしたい場合に使います。 lookingglasses平日でも、それは、みっともないです。 A woman may walk about her own court, but not in the streets, with false hair.女性5月徒歩約彼女自身のコート、通りではなく、虚偽の髪です。 Similarly, a man was forbidden to wear on the Sabbath wooden shoes studded with nails, or only one shoe, as this would involve labour; nor was he to wear phylacteries nor amulets, unless, indeed, they had been made by competent persons (since they might lift them off in order to show the novelty).同様に、男は禁じられて靴を着用するにちりばめられて、安息日の木製の釘か、または1つだけ靴、これに伴う労働; phylacteriesもまた彼は守り袋を着用する、しない限り、実際のところ、彼らがなされたことを有能な人(以降彼らかもしれないリフトを表示するためにオフにしてノベルティ)です。 Similarly, it was forbidden to wear any part of a suit of armour.同様に、それは禁じられてスーツを着用するの武具のいかなる部分です。 it was not lawful to scrape shoes, escept perhaps with the back of a knife, but they might be touched with oil or water.合法的な靴をこすり取ることはない、おそらくesceptの後ろにナイフ、かれらに油や水に触れたかもしれない。

Nor should sandals be softened with oil, because that would improve them.サンダルも必要に油を軟化されるので、それは向上させることです。 It was a very serious question, which led to much discussion, what should be done if the tie of a sandal had broken on the Sabbath.それは、非常に深刻な問題は、多くの議論を主導し、何が行われるべきか引き分けの場合は、上の安息日にサンダルが壊れた。 A plaster might be worn, provided its object was to prevent the wound from getting worse, not to heal it, for that would have been a work.しっくい着用するかもしれない、そのオブジェクトが提供傷口からの悪化を防ぐには、自然治癒しないようにし、その仕事も変わっていた。 Ornaments which could not easily be taken off might be worn in one's courtyard.装飾品を簡単に撮影できませんでした1つのオフ着用の中庭かもしれない。 Similarly, a person might go about with wadding in his ear, but not with false teeth nor with a gold plug in the tooth.同様に、ある人については、詰め物に行くかもしれない彼の耳に、しかし、入れ歯ではなく、金色のプラグインも歯のです。 If the wadding fell out of the ear, it could not be replaced.詰め物の場合、下落するのに耳を傾けて、に置き換えることができなかった。 Some indeed, thought that its healing virtues lay in the oil in which it had been soaked, and which had dried up, but others ascribed them to the wrath of the wadding itself.いくつかの実際のところ、その癒しの美徳レイアウトを考えて、石油ではずぶぬれていたし、干していた、しかし、他の生得して詰め物自体の怒りを買うのです。 In either case there was danger of healing, of doing anything for the purpose of a cure, and hence wadding might not be put into the ear on the Sabbath, although if worn before it might be continued.どちらの場合で治癒の危険性があった、何も治療を目的にし、それゆえの詰め物の耳に入れられたかもしれないし、安息日が、前にいる場合は外すかもしれない続いている。

Again, as regarded false teeth: they might fall out, and the wearee might then lift and carry them, which would be sinful on the Sabbath.繰り返しますが、入れ歯として考え:彼らから落ちるかもしれない、と入力し、リフトと運ぶweareeかもしれないし、罪深い上の安息日となる。 But anything which formed part of the ordinary dress of a person might be worn also on the Sabbath, and children whose ears were being bored might have a plug put into the hole.しかし、何かを形成する部分のドレスを着て、普通の人かもしれない安息日の上にも着用し、子供たちの耳には退屈かもしれないが、プラグの穴に入れています。 It was also allowed to go about on crutches, or with a wooden leg and children might have bells on their dresses; but it was prohibited to walk on stilts, or to carry any heathen amulet.会社に行くことも可松葉杖を突いて、または子供たちは木製の脚として鐘かもしれないドレス;しかし、それは禁止されて竹馬に乗って歩くか、または任意の異教のお守りを持っています。 The seventh chapter of the tractate contains the most important part of the whole.第7章の論文には、全体の最も重要な部分です。 It opens by laying down the principle that, if a person has either not known, or forgotten, the whole Sabbath law, all the breaches of it which he has committed during ever so many weeks are to be considered as only one error or one sin.それポップアップを敷設するという原則の下で、もしある人には知られていないか、または忘れて、全体の安息日法は、すべての違反の中にまでそれを彼は非常に多く週間以内にコミットは1つだけであるとみなされます。エラーが発生または1つの罪です。

If he has broken the Sabbath law by mistaking the day, every Sabbath thus profaned must be atoned for; but he has broken the law because he thought that what he did was permissible, then every separate infringement constitutes a separate sin, although labors which stand related as species to the genus are regarded as only one work.もし彼が壊れて、安息日の日mistaking法によって、すべての安息日atonedをしなければならないためprofaned ;しかし、彼はこの法律が壊れていたため、彼は考えていることが許される、次に別の罪を構成する要素ごとに個別の著作権侵害が、労働者のスタンド関連した種を属としては、仕事と見なされて1つだけです。

It follows, that guilt attaches to the state of mind rather than to the outward deed. Next, 39 chief or 'fathers' of work (Aboth) are enumerated, all of which are supposed to be forbidden in the Bible.それ以下のように、その心の状態を罪悪感にアタッチして、外面的な行為ではなくします。 次のページ、 39チーフまたは'父親'の仕事( aboth )が列挙さ、すべてが聖書に禁じられてはずです。 They are: sowing, ploughing, reaping, binding sheaves, threshing, winnowing, sifting (selecting), grinding, sifting in a seive, kneading, baking; shearing the wool, washing it, beating it, dyeing it, spinning, putting it on the weaver's beam, making a knot, undoing a knot, sewing two stitches, tearing in order to sew two stitches; catching deer, killing, skinning, salting it preparing its skin, scraping off its hair, cutting it up, writing two letters, scraping in order to write two letters; building, pulling down, extinguishing fire, lighting fire, beating with the hammer, and carrying from one possession into the other. 彼らは:まき、除雪、刈り取り、結合sheafの複数形、脱穀、 winnowing 、ふるいかす(選択) 、粉砕、ふるいかすは、 seive 、混練、ベーキング;せん断、羊毛、洗濯し、殴打し、染色し、紡績、パットしてウィーバーのビームは、メーカーを結び、結び目をほどくことを、 2つのミシン針縫う、涙を流して縫うのために2つの針縫う;引く鹿、殺人、スキニング、塩蔵ての準備の皮膚、スクレーピングオフの髪、切削て、ライティング2つの文字、 2つの文字を書くためにスクレーピング;ビル、引っ張っダウン、火災の消火、照明火災、ハンマーで殴打し、 1つの所持にはもう一つの帳簿からです。

The number 39 is said to represent the number of times that the word 'labour' occurs in the Bibical text, and all these Aboth or 'fathers of work are supposed to be connected with some work that had been done about the Tabernacle, or to be kindred to such work. 39の数は数回によるとを代表してその言葉で'労働'が発生するbibicalテキスト、およびすべてのabothまたは'父親の仕事にいるはずの接続を完了されていたいくつかの仕事については、幕屋か、またはをこのような仕事に同種のです。 Again, each of these principal works involved the prohibition of a number of others which were derived from them, and hence called their 'descendants' (toledoth).繰り返しますが、それぞれの主要な作品関わって、いくつかの他の禁止されたから派生し、それゆえと呼ばれる彼ら'子孫' ( toledoth ) 。 The 39 principal works have been arranged in four groups: the first (1 - 11) referring to the preparation of bread; the second (12 - 24) all connected with dress; the third (25 - 33) all connected with writing; and the last (34 - 39) to all the work necessary for a private house.元金の39作品の中には4つのグループに配置され:最初の( 1 -1 1)を参照して準備中のパンを、 2番目( 1 2- 24 )に接続されたすべてのドレス;の第3 ( 2 5 -3 3)に接続されたすべての書き込み、およびの最後の( 34 -3 9)を、すべての作業に必要なの民家です。

Another Rabbi derives the number 39 (of these Aboth) from the numerical value of the initial word in Exod.別のラビ派生の数第39条(これらのaboth )からの単語の最初の数値の値をexodです。 35:1, although in so doing he has to change the last letter 'the' into 'a' to make 39). 35:1が、そうすることによって彼の最後の文字を変更するには' 、 'をの' a 'を作る39 )です。 [The Rabbis contend for the lawfulness of changing 'the' into 'a' for the sake of an interpretation. [合法性を争うのラビの変更' 、 'をの' a 'を期すために解釈します。 Sop expressly here (Jer. Shabb. 9b) and in Jer. sop明示的に、ここ( jer. shabb 。 9b )とjerです。 Peah 20b into Lev. 20bをpeahレフです。 19:24).] Further explanations must here be added. 19:24 )です。 ]より詳細な説明をしなければ、ここに追加されました。 If you scatter two seeds, you have been sowing. 2つの種を散布する場合、あなたは播種します。 In general, the priciple is laid down, that anything by which the ground may be benefited is to be considered a 'work' or 'labour,' even if it were to sweep away or to break up a clod of earth.一般的には、敷設の原則には、それは、地面に何をされる5月に恩恵を受けては考えられている'仕事'または'労働、 'がたとえそれを払しょくするにうすのろや地球を破る。 Nay, to pluck a blade of grass was a sin.いや、草の葉を摘むのは、罪です。 Similarly, it was sinful labour to do anything that would promote the ripening of fruits, such as to water, or even to remove a withered leaf.同様に、罪を犯すことは、労働には、何もそれは果実の熟成を促進するなど、水、あるいは枯れ葉を削除するにします。

To pick fruit, or even to lift it from the ground, would be like reaping.果物を選ぶか、またはさえを解除することを確認して地面に、刈り取りだろうか。 If for example, a mushroom were cut, there would be twofold sin, since by the act of cutting, a new one would spring in its place.場合の例では、キノコは、切り取り、二重の罪があるため、切断された行為に、新しい1つの春にはその場所です。 According to the Rabbis of Caesarea, fishing, and all that put an end to life, must be ranked with harvesting.によると、ラビのcaesarea 、釣り、およびすべての生活に終止符を打つことは、ランク付けが収穫しなければならない。 In connection with the conduct of the disciples in rubbing the ears of corn on the Sabbath, it is interesting to know that all work connected with food would be classed as one of the toledoth, of binding into sheaves.に関連して摩擦を行うの弟子たちの耳のトウモロコシの上での安息日、それは興味深いことを知ってすべての作業がつながって食品として分類されるのいずれかのtoledoth 、結合をsheafの複数形です。 If a woman were to roll wheat to take away these husks, she would be guilty of sifting with a sieve.女性の場合は小麦をロールは、これらのもみ殻をテイクアウト、彼女には有罪判決をふるいかすをふるいにかける。 If she were rubbing the ends of the stalks, she would be guilty of threshing.もし彼女が彼の茎の両端の摩擦、彼女が有罪判決を脱穀します。 Is she were cleaning what adheres to the side of a stalk, she would be guilty of sifting.クリーニングは、彼女がどのようなガイドラインを遵守して、茎の側面に、彼女に有罪判決をふるいかすがします。 If she were brushing the stalk, she would be guilty fo grinding.もし彼女がブラッシングの茎、彼女が有罪を研削します。 If she were throwing it up in her hands, seh would be guilty of winnowing.もし彼女が彼女の手投げて、 seh winnowingが有罪を宣告した。 Distinctions like the following are made: A radish may be dipped into salt, but not left in it too long, since this would be to make pickle.は、次のような区別が行わ: 5月に浸した大根を塩、しかし、あまりにも長いこと残っていないので、これは漬物を作る。

A new dress might be put on, irrespective of the danger that in so doing it might be torn.新しいドレスをつけるかもしれない、関係なくそうすることの危険性が引き裂かれたかもしれない。 Mud on the dress might be crushed in the hand and shaken off, but the dress must not be rubbed (for fear of affecting the material).泥のドレスに押しつぶされるかもしれないとの手ぶれ補正、でも、そのドレスはならないこすり(に影響を及ぼす恐れの素材)です。 If a person took a bath, opinions are divided, whether the whole body should be dried at once, or limb after limb.もし人が、バス、意見は分かれて、乾燥したかどうか全身を一度にすべきであるか、または四肢四肢した後です。 If water had fallen on the dress, some allowed the dress to be shaken but not wrung; other, to be wrung but not shaken.水が落ちている場合、ドレス、いくつかのおかげで、ドレスをwringの過去過去分詞に動揺はできません;他、動揺されるwringの過去過去分詞はできません。 One Rabbi allowed to spit into the handkerchief, and that although it may necessitate the compressing of what had been wetted; but there is a grave discussion whether it was lawful to spit on the ground, and then to rub it with the foot, because thereby the earth may be scratched. 1つのラビのハンカチを認められて唾を吐きており、その圧縮することがありますが何を必要としていたぬれ;しかし、重大な議論には、合法的なのかどうかは、地面に唾を吐くと入力し、足をこすって、ために地球の5月に傷が付いています。 It may, however, be done on stones.ことがあります、しかし、ストーンズが実行されています。 In the labour of grinding would be included such an act as crushing salt.労働の研削は、このような行為が含まれるものとして粉砕塩です。

To sweep, or to water the ground, would involve the same sin as beating out the corn.を掃引か、または水を地面に、同じ罪を侵すとしては、トウモロコシを打ち負かしています。 to lay on a plaster would be a grievous sin; to scratch out a big letter, leaving room for two small ones, would be a sin, but to write one big letter occupying the room of two small letters was no sin.しっくいを自分のものにするには痛ましい罪;を大きな文字を消す、 2つの余地小さいもの、の罪を犯すことは、一つの大きな文字を書くしかし、占領の朝食の2つの罪小さな文字はない。 To change one letter into another might imply a double sin.手紙を別の1つを変更するダブル罪を意味するかもしれない。 And so on through endless details!終わりのないようにするとの内容!

The Mishnah continues to explain that, in order to involve guilt, the thing carried from one locality to another must be sufficient to be entrusted for safekeeping.ミシュナー継続を説明するのは、罪の意識に関与するために、 1つの地域からのものを別の実行を十分にしなければならない安全に保管するために委託します。 The quantity is regulated: as regards the food of animals, to the capacity of their mouth; as regards man, a dried fig is the standard.数量は、規制:食品の動物については、彼らの能力を口;として男に関しては、干しイチジクは、標準のです。 As regards fluids, the measure is as much wine as is used for one cup, that is, the measure of the cup being a quarter of a log, and wine being mixed with water in the proportion of three parts water to one of wine, 1 / 16 of a log.流体に関しては、この措置は、できるだけ多くのワインに使用される1つのカップには、それは、この措置は、 4分の1カップに、ログ、およびワインが水の割合で混合の3つの部分に水を1つのワイン、 1 / 16にログに記録します。 [It has been calculated by Herzfeld that a log = 0.36 of a litre; '6 hen's eggs'.] As regards milk, a mouthful; of honey, sufficient to lay on a wound; of oil, sufficient to anoint the smallest member; of water, sufficient to wet eye salve; and of all other fluids, a quarter of a log. [ヘルツフェルトされて計算さには、ログ= 0.36リットル; '6鶏の卵' 。 ]に関して牛乳、で口をいっぱいに;の蜂蜜、傷口を十分に自分のものにする;の石油、最小のメンバを十分に塗る;の水を、十分にぬれた眼軟膏、および他のすべての水分、 4分の1をログに記録します。

As regarded other substances, the standard as to what constituted a burden was whether the thing could be turned to any practical use, however trifling.他の物質と考えとしては、標準の負担にどのような構成のものが有効かどうかは任意の実用的な使用、しかし些細な。 Thus, two horse's hairs might be made into a birdtrap; a scrap of clean paper into a custom house notice; a small piece of paper written upon might be converted into a wrapper for a small flagon.したがって、 2つのかもしれないが馬の毛をbirdtrap ;にスクラップをきれいな紙を、カスタムハウス通知;小さな紙切れに書かれた時に変換されるかもしれないのラッパーが小さい細口瓶です。 In all these cases, therefore, transport would involve sin.いずれの場合も、そのため、交通機関が関与罪です。 Similarly, ink sufficient to write two letters, wax enough to fill up a small hole, even a pebble with which you might aim at a little bird, or a small piece of broken earthenware with which you might stir the coals, would be 'burdens!'同様に、 2つの文字を書くに十分なインク、ワックスを十分に小さな穴を埋める、小石にさえを目指すかもしれないアリトルバード、または、壊れた土器の小片を、石炭をかき混ぜるかもしれない、が'負担! '

Passing to another aspect of the subject, the Mishnah lays it down that, in order to constitute sin, a thing must have been carried from one locality into another entirely and immediately, and that it must have been done in the way in which things are ordinarily carried.通過を別の側面の件名は、ミシュナーダウンを産むことは、罪を構成するために、運ばれている必要がありますから1つのものを別の場所を完全に、すぐに、行われていないとしている必要がありますする方法では物事が普通に運ばれる。 If an object which one person could carry is caried by two, they are not guilty.オブジェクトを1つの場合にはcariedを運ぶ人が2つ、彼らは無罪とします。 Finally, like all labour on the Sabbath, that of cutting one's nails or hair involves moral sin, but only if it is done in the ordinary way, otherwise only the lesser sin of the breach of the Sabbath rest.最後に、すべての労働上の安息日のような、その1つの爪切りや髪には道徳的な罪だけで行われる場合には普通のやり方は、他のは、小違反の罪を、残りの安息日です。 A very interesting notice in connection with St. John 5, is that in which it is explained how it would not involve sin to carry a living person on a pallet, the pallet being regarded only as an accessory to the man; while to carry a dead body in such manner, or even the smallest part of a dead body, would involve guilt.通知を接続するのがとても面白いと聖ヨハネ5日は説明してそれがどのように罪はない関係を持って生きている人間は、パレットは、パレットが付属品としてのみ考えの男;中を持ってこのような方法で死体、あるいは最小の死体の一部を、罪悪感が伴う。

From this the Mishnah proceeds to discuss what is analogous to carrying, such as drawing or throwing.このミシュナーからの収益に類似して何が帳簿を話し合うなど、図面や投げです。 Other 'labours' are similarly made the subject of inquiry, and it is shown how any approach to them involves guilt.他の'労働'がアジ研のお問い合わせは、同様に、それを示すことは、どのようなアプローチを任意の罪悪感です。 The rule here is, that anything that might prove of lasting character must not be done on the Sabbath.ここでのルールは、永続的に何かを証明することが実行されてはならない文字の安息日です。 The same rule applies to what might prove the beginning of work, such as letting the hammer fall on the anvil; or to anything that might contribute to improve a place, to gathering as much wood as would boil an egg, to uprooting weeds, to writing two letters of a word, in short, to anything that might be helpful in, or contribute towards, some future work.同じルールが適用さを証明するかもしれない初めは何の作業の後、最初にハンマーなどにかかっているアンビル;かに何かを改善することに貢献するかもしれない場所、木材をできるだけ多く収集卵をゆでるとしては、雑草を抜根、 2つの文字は、単語の書き込みは、手短に言えば、何をするのに役立つかもしれないし、あるいは貢献、いくつかの将来の作業です。

The Mishnah next passes to such work in which not quantity, but quality, is in question, such as catching deer.このような作業のミシュナー次のパスを数量ではないが、品質が問われ、鹿などのキャッチします。 Here it is explained that anything by which an animal might be caught is included in the prohibition.ここでは説明して何が行われた動物に襲われるかもしれないが含まれている禁止します。 So far is this carried that, if a deer had run into a house, and the door were shut upon it, it would involve guilt, and this, even if, without closing the door, persons seated themselves at the entry to prevent the exit of the animal.これまでのところはこの運ばは、鹿が実行する場合、ハウス、とのドアがシャットすること、それに伴う罪悪感から、この、たとえ、ドアを閉じずに、人着席自体は、エントリを防ぐための出口は、動物です。

Passing over the other chapters, which similarly illustrate what are supposed to be Biblical prohibitions of labour as defined in the 39 Aboth and their toledoth, we come, in the 16th chapter of the tractate, to one of the most intersting parts, containing such Sabbath laws as, by their own admission, were imposed only by the Rabbis.通過、他の章で、これと同様にいるはずの聖書の説明の禁止どのような労働として定義されている39 abothとそのtoledoth 、私たちは、この論文は、 16日の章を、 1つの部品で最もintersting 、このような安息日を含む法律として、独自の入場料が課せられたのラビだけです。 These embrace: 1.これらの抱擁: 1 。 Things forbidden, because they might lead to a transgression of the Biblical commune; 2.物事禁止されて、罪につながるかもしれないため、彼らは、聖書のコミューン; 2 。 Such as are like the kind of labour supposed to be forbidden in the Bible; 3.このような種類の労働としては、のように禁じられて聖書はず3 。 Such as are regarded as incompatible with the honour due to the Sabbath.このような互換性がないとしては見なされて、安息日の名誉のために。 In the first class are included a number of regulations in case of a fire: All portions of Holy Scripture, whether in the original or translated, and the case in which they are laid; the phylacteries and their case, might be rescued from the flames.で、最初のクラスが含まれるもの、いくつかの規制が発生した場合は火災:教典のすべての部分を、翻訳かどうかは、元のか、とのケースでは彼らを並べ;のphylacteriesとその場合は、炎から救われたかもしれないです。

Of food or drink only what was needful for the Sabbath might be rescued; but if the food were in a cupbord or basket the whole might be carried out.食べ物や飲み物は何が必要なだけかもしれないが安息日に救出;しかし、食品の場合、またはバスケットcupbordが、全体に行われるかもしれない。 Similarly, all utensils needed for the Sabbath meal, but of dress only what was absolutely necessary, might be saved, it being, however, provided, that a person might put on a dress, save it, to go back and put on another, and so on.同様に、すべての道具安息日の食事をする必要があるが、何が絶対に必要なだけのドレス、保存するかもしれない、それが、しかし、提供してドレスを着る人かもしれない、保存すると、上に置くに戻って、別の、している。 Again, anything in the house might be covered with skin so as to save it from the flames, or the spread of the flames might be areested by piling up vessels.繰り返しますが、何かに覆われて、家中のかもしれないために皮膚炎を保存することを確認してか、または炎のまん延をareestedかもしれないが山積して血管をします。 It was not lawful to ask a Gentile to extinguish the flame, but not duty to hinder him, if he did so.合法的に要求することはないの火炎ジェンティーレを消滅させるが、彼の妨げとなる義務がある、もし彼はこれです。 It was lawful to put a vessel over a lamp, to prevent the ceiling from catching fire; similarly, to throw a vessel over a scorpion, although on that point there is doubt.それ以上は、合法的な船を入れるにはランプ、火災を防ぐには天井から引く;同様に、血管を投げるときにするサソリが、その点には疑問です。 On the other hand, it is allowed, if a Gentile has lighted a lamp on the Sabbath, to make use of it, the fiction being, however, kept up that he did it for himself, and not for the Jew.その一方で、それは可、ジェンティーレ場合はランプが点灯し、安息日にするために、使用すると、小説が、しかし、彼はそれを維持すること自身ではなく、ユダヤ人である。 By the same fiction the cattle may be watered, or, in fact, any other use made of his services.同じフィクションされた牛の5月に水増しするか、または、実際には、これ以外の使用は彼のサービスです。

Before passing from this, we should point out that it was directed that the Hagiographa should not be read except in the evening, since the daytime was to be devoted to more doctrinal studies.これより前に合格しなければならないと指摘していることが監督して読むことはできませんhagiographaを除いて夜になると、以来、昼間は、他の教義を研究に専念する。 In the same connection it is added, that the study of the Mishnah is more important than that of the Bible, that of the Talmud being considered the most meritorious of all, as enabling one to understand all questions of right and wrong.同じ接続することが追加されましたが、研究は、もっと重要なのミシュナーは聖書に比べて、検討しているタルムードで最も称賛に値するのは、すべての質問を理解するとして1つの有効正邪のです。 Liturgical pieces, though containing the Name of God, might not be rescued from the flames.典礼作品が、神の名を含む、炎から救われたかもしれない。

The Gospels, and the writings of Christians, or of heretics, might not be rescued.の福音書、および、文章のキリスト教徒、あるいは異端、救出かもしれない。 If it be asked what should be done with them on weekdays, the answer is, that the Names of God which they contain ought to be cut out, and then the books themselves burned.もしそれがどのような質問をして平日で行われなければならない、その答えは、神の名前が含まれて切り抜いたれるべきだ、と入力して、書籍自体がやけどを負った。 One of the Rabbis, however, would have had them burnt at once, indeed, he would rather have fled into an idolatrous temple than into a Christian church: 'for the idolators deny God because they have not known Him, but the apostates are worse.'ラビのいずれかの、しかし、一度に焼けていたし、実際のところ、彼は寺というよりは逃走を偶像崇拝をキリスト教の教会: 'は、神を否定するidolators知られていないため、彼は、しかし、背教者はさらに悪化です。 ' To them applied Ps. psの適用しています。 139:21, and, if it was lawful to wash out in the waters of jealousy the Divine Name in order to restore peace, much more would it be lawful to burn such books, even though they contained the Divine Name, because they led to enmity between Israel and their Heavenly Father. 139:21 、および、それを洗うのは、合法的なしっとするのは、水の神の名を復元するために平和、はるかには合法的なことにこのような書籍への書き込みにもかかわらず、彼らは神の名に含まれるため、彼らのLEDを天国の父の間に、イスラエルとの間の憎しみです。

Another chapter of the tractate deals with the question of the various pieces of furniture, how far they may be moved and used.別の章では、論文の問題を扱うの様々な作品の家具は、 5月にどの程度まで彼らを移動して使用します。 Thus, curtains, or a lid, may be regarded as furniture, and hence used.したがって、カーテン、または、ふたを、 5月と見なされるの家具、およびそれゆえ使われています。 More intersting is the next chapter (18), which deals with things forbidden by the Rabbis because they resemble those kinds of labour supposed to be interdicted in the Bible.他のinterstingは、次の章に( 18 ) 、を扱うもので禁止されてラビに似ているため、彼らの種類の労働は、聖書に遮断されるはずです。 Here it is declared lawful, for example, to remove quantities of straw or corn in order to make room for guests, or for an assembly of students, but the whole barn must not be emptied, because in so doing the floor might be injured.ここに宣言することは合法的な、例えば、トウモロコシを削除するために大量の藁やゲストのスペースを確保するか、またはアセンブリの学生に、しかし、全体の納屋の空にはならないので、そうすることによって、床かもしれないが負傷した。 Again, as regards animals, some assistance might be given if an animal was about to have its young, though not to the same amount as to a woman in childbrith, for whose sake the Ssabbath might be desecrated.繰り返しますが、動物に関して、いくつかのアシスタンスかもしれない与えられた場合は、動物は約には、若年ではありませんが、同じ金額を参照して下さいchildbrithの女性が、そのためにdesecratedのssabbathかもしれない。

Lastly, all might be done on the holy day needful for circumcision.最後に、すべてのかもしれないニードフルをやって割礼の神聖な日です。 At the same time, every preparation possible for the service should be made the day before.それと同時に、すべての可能性が準備中のサービスの前日にすべきである。 The Mishnah proceeds to enter here on details not necessarily connected with the Sabbath law.ミシュナー収益の詳細を入力し、ここで安息日に接続して、必ずしも法です。

In the following chapter (20) the tractate goes on to indicate such things as are only allowed on the Sabbath on condition that they are done differently from ordinary days.は、次の章( 20 )の論文が起こってこのようなことを示すものとしては安息日を条件にのみ許可されて異なることが普通の日中に完了します。 Thus, for example, certain solutions ordinarily made in water should be made in vinegar.したがって、たとえば、特定のソリューションで、通常は酢水にすべきである。 The food for horses or cattle must not be taken out of the manger, unless it is immediately given to some other animal.馬や牛の食べ物を取る必要がありますマンガーアウトをしない限り、それがすぐに与えられたいくつかの他の動物です。 The bedding straw must not be turned with hand, but with other part of the body.わらの寝具を有効にはならないの手ではなく、体の他の部分をします。 A press in which linen is smoothed may be opened to take out napkins, but must not be screwed down again, etc.の記者では5月にオープンしたリネンは、平滑化用ナプキンを出すが、再びダウンねじ込みてはならないなど

The next chapter proceeds upon the principle that, although everything is to be avoided which resembles the labours referred to in the Bible, the same prohibition does not apply to such labours as resemble those interdicted by the Rabbis.調達時の原則に、次の章には、このすべてが似て労働を避けるべきで参照されて聖書の、同じような労働の禁止は適用されません。遮断されたとしてこれらのラビに似ています。 The application of this principle is not, however, of interest to general readers.アプリケーションは、次の原則ではない、しかし、一般の読者の関心を持つ。

In the 22nd chapter the Mishnah proceeds to show that all the precautions of the Rabbis had only this object: to prevent an ultimate breach of a Biblical prohibition.ミシュナー収益は、 22日の章のすべての注意事項に表示することは、このオブジェクトにしかラビ:究極の違反を防止するには、聖書の禁止します。 Hence, where such was not to be feared, an act might be done.したがって、このような場所はないのではないかと懸念、完了する行為かもしれない。 For example, a person might bathe in mineral waters, but not carry home the linen with which he had dried himself.たとえば、ある人入浴のミネラルウォーターかもしれないが、持って帰ると、リネンの乾燥を彼は自分自身です。 He might anoint and rub the body, but not to the degree of making himself tired; but he might not use any artifical remedial measures, such as taking a shower bath.彼の体をこすりかもしれない塗ると、ある程度のメーカーではなく、自分自身の疲れ;しかし、彼はいないかもしれない人工的救済措置を使用し、シャワー室など、撮影した。 Bones might not be set, nor emetics given, nor any medical or surgical operation performed.骨を設定するかもしれない、またemetics与えられた場合、任意の医療や外科手術も行われている。

In the last two chapter the Mishnah points out those things which are unlawful as derogatory to the dignity of the Sabbath.最後の2つの章でミシュナー指摘するのは違法として、そういうことを軽蔑の安息日の尊厳をします。 Certain things are here of interest as bearing on the question of purchasing things for the feast day.特定のものとしては、ここでの関心の問題に関係してのごちそうの日のことを購買します。 Thus, it is expressly allowed to borrow wine, or oil, or bread on the Sabbath, and to ieave one's upper garment in pledge, though one should not express it in such manner as to imply it was a loan.したがって、これは明示的に許可を借りてワインか、または油か、またはパンの上の安息日、および1つのアッパーieave衣服を質に入れるが、 1つの表現はないことを意味するようにこのようなことは、ローンです。

Moreover, it is expressly added that if the day before the Passover falls on a Sabbath, one may in this manner purchase a Paschal lamb, and, presumably, all else that is needful for the feast.また、これは明示的に追加しているときは1日過ぎ越しの滝は、安息日の前に、このような方法で5月に1つの過ぎ越しの小羊を購入すると、おそらく、すべての必要な他のでは、ごちそうになる。 This shows how Judas might have been sent on the eve of the Passover to purchase what was needful, for the law applying to a feast day was much less strict than that of the Sabbath.この番組ユダのかもしれないどのように送信され過ぎを購入するの前夜に何が必要な、法の適用をごちそうして厳格に比べてはるかに少ない日は、安息日です。 Again, to avoid the possibility of affecting anything written, it was forbidden to read from a tablet the names of one's guests, or the menu.繰り返しますが、何かに影響を与える可能性を避けるために書かれた、それは禁じられて読むより、タブレットの名前を1つのゲストか、または、メニューをクリックします。 It was lawful for children to cast lots for their portions at table, but not with strangers, for this might lead to a breach of the Sabbath, and to games of chance.合法的なことは、子供たちがくじを引くためにテーブルの部分は、しかし、見知らぬ人ではなく、これに違反するかもしれないの安息日につながる、とのゲームのチャンスです。 Similarly, it was improper on the Sabbath to engage workmen for the following week, nor should one be on the watch for the close of that day to begin one's ordinary work.同様に、不適切なことは安息日を検索するには、次の週に従事する労働者を、また必要に時計を1つに、その日の終わりを1つの普通の作業を開始する。 It was otherwise if religious obligations awaited one at the close of the Sabbath such as attending to a bride, or making preparation for a funeral.それは他の宗教的義務待たれていた場合は、 1つの安息日に近いの花嫁などに出席して、準備をしたり、葬式に出席します。

[It is curious as bearing upon a recent controversy, to note that on this occasion it is said that an Israelite may be buried in the coffin and grave originally destined for a Gentile, but not vice versi.] On the Sabbath itself it was lawful to do all that was absolutely necessary connected with the dead, such as to anoint or wash the body, although without moving the limbs, nor might the eyes of the dying be closed, a practice which, indeed, was generally denounced. [これは好奇心に軸受の最近の論争として、この機会に注意してすることはイスラエルによると、 5月の棺と墓に埋葬される運命にあるのジェンティーレ当初、担当副バージョンはできません。 ]を検索すること自体は合法的な安息日これを行うには、絶対に必要なすべてのことに接続して死んで、聖職者に任命するかのように体を洗って、手足がなく移動しても、死にかけているかもしれないが、目を閉じて、練習で、実際のところ、は一般的に非難します。

In the last chapter of the tractate the Mishnah returns to the discussion of punctilious details.論文の最後の章では、戻り値のミシュナー堅苦しい議論をしてください。 Supposing a traveller to arrive in a place just as the Sabbath commenced, he must only take from his beast of burden such objects are are allowed to be handled on the Sabbath. supposingを旅行者に着くことに安息日を開始する場所のように、彼は彼のビーストを取る必要があります。のみ負担が認められているようなオブジェクトは安息日で処理される。 As for the rest, he may loosen the ropes and let them fall down of themselves.として残り、彼は5月のロープをご存知でしたら、それらを緩める落ちるのです。 Further, it is declared lawful to unloose bundles of straw, or to rub up what can only be eaten in that condition; but care must be taken that nothing is done which is not absolutely necessary.さらに、これは合法的に宣言さわらのバンドルを外すか、またはどのようなことに磨きをかけるのみで食べて、その条件;しかし、注意しなければならないことではないままでは確実に必要です。 On the other hand, cooking would not be allowed, in short, nothing must be done but what was absolutely necessary to satisfy the cravings of hunger or thirst.その一方で、料理は使用できません、手短に言えば、何もしなければならないかしかし、何が欲しくなることを確実にする必要が飢えやのどの渇きを満たす。 Finally, it was declared lawful on the Sabbath to absolve from vows, and to attend to similiar religious calls.最後に、合法的に宣言することは安息日に無罪を言い渡すからの誓い、および同様の宗教的な呼び出しの世話をする。

Detailed as this analysis of the Sabbath law is, we have not by any means exhausted the subject.詳細な分析を安息日として、この法律は、あらゆる手段ではなく、私たちは疲れきってのアジ研です。 Thus, one of the most curious provisions of the Sabbath law was, that on the Sabbath only such things to be touched or eaten as had been expressly prepared on a weekday with a view to the Sabbath (Bez. 2b).したがって、ほとんどの好奇心のいずれかの安息日法の規定は、安息日にすると、このようなことだけを食べに触れたまたは明示的に用意されていたとは、平日のビューを安息日( bez. 2b )で。 [This destination or preparation is called Hachanah.] Anything not so destined was forbidden, as the expression is 'on account of Muqtsah' ie as not having been the 'intention.' [この目的地または準備中と呼ばhachanah 。 ]何か運命は禁止されていないので、表現としては'上のアカウントのmuqtsah 'つまりではないことから、 '意図します。 Jewish dogmatists enumerate nearly 50 cases in which that theological term finds its application. 50人近くのユダヤ人を列挙dogmatists神学的用語が見つかった場合にはそのアプリケーションを作成します。

Thus, if a hen had laid on the Sabbath, the egg was forbidden, because, evidently, it could not have been destined on a weekday for eating, since it was not yet laid, and did not exist; while if the hen had been kept, not for laying but for fattening, the egg might be eaten as forming a part of the hen that had fallen off!したがって、この場合は安息日に敷か編は、卵は禁止されて、なぜなら、明らかに、それもできませんでしたは、平日の運命を食べて、まだlaidて以来、とは存在しなかった;ながら編ていた場合は、保管のためではなく、肥育敷設しかし、卵を形成するかもしれないとして食べていた部分は、倒れたオフ編! But when the principle of Muqtsah is applied to the touching of things which are not used because they have become ugly (and hence are not in one's mind).しかし、 muqtsahの原則を適用して使用される感動のことをされていないとなるため、彼らは醜い(と、それゆえに焼き付いているが) 。 so that, for example, an old lamp may not be touched, or raisins during the process of drying them (because they are not eatable then), it will be seen how complicated such a law must have been.して、たとえば、古いランプに触れたことができないか、または過程で乾燥してレーズン(入力し、食べられるためではない) 、それはどのように見られるような複雑な法律も必要があります。

Chiefly from other tractates of the Talmud the following may here be added.主に、他のtractatesは、タルムードは、次の5月、ここに追加されました。 It would break the Sabbath rest to climb a tree, to ride, to swim, to clap one's hands, to strike one's side, or to dance.残りは安息日を破ることに木登りをするには、に乗って、を泳いで、自分の手に拍手を自分の側のストライキか、またはを踊る。 All judicial acts, vows, and tilling were also prohibited on that day (Bez. 5:2).すべての司法行為、誓いを立てる、と耕起は禁止されても、その日( bez. 5時02分) 。 It has already been noted that aid might be given or promised for a woman in her bed.それはすでに指摘されて与えられたかの援助を約束するかもしれないの女性が彼女のベッドです。 But the Law went further.しかし、法がより詳細です。 While it prohibited the application or use on the Sabbath of any remedies that would bring improvement or cure to the sick, 'all actual danger to life,' (Yoma 7:6) superseded the Sabbath law, but nothing short of that.中に禁止されて、アプリケーションや安息日の上での使用が任意の救済をもたらす病気の治療法の改善や、 'すべての生命に危険性を実際に、 ' ( yoma 7時06分)に置き換え、安息日法では、しかし、何も短いのです。

Thus, to state an extreme case, if on the Sabbath a wall had fallen on a person, and it were doubtful whether he was under the ruins or not, whether he was alive or dead, a Jew or Gentile, it would be duty to clear away the rubbish sufficiently to find the body.このように、極端な場合に状態は、安息日を検索する場合は、人の壁が落ちた、とされていたことが遺跡かどうか疑わしいかどうか、彼は生きているのか死んでかどうかは、ユダヤ人やジェンティーレ、それは義務を負うごみを片付ける体を見つけるには十分です。 If life were not extinct the labour would have to be continued; but if the person were dead nothing further should be done to extricate the body.生命が絶滅した場合、労働が継続しなければならない;しかし、人が死んだ場合は、何もより詳細で行われなければならないのボディを解放します。 Similarly, a Rabbi allowed the use of remedies on the Sabbath in throat diseases, on the express ground that he regarded them as endangering life.同様に、救済策の使用を許可するラビの安息日にのどの病気は、彼の考えを表明して地上の生活を危険にさらすことです。 On a similar principle a woman with child or a sick person was allowed to break even the fast of the Day of Atonement, while one who had a maniacal attack of morbid craving for food might on that sacred day have even unlawful food (Yoma 8:5, 6).女性で、同様の原理を子供や病人の高速とんとん許されていたの贖罪の日、 whoながら1つの攻撃は病的な狂気の食品への渇望かもしれないが、その神聖な日にも違法な食品( yoma 8 : 5 、 6 ) 。

Such are the leading provisions by which Rabbinism enlarged the simple Sabbath law as expressed in the Bible, [Ex.このようなラビの教義は、大手の規定が拡大され、簡単な聖書の安息日法として表現され、 [例です。 20: 8 - 11; 23:12 - 17; 34:1 - 3; Deut. 20 : 8 -1 1; 2 3:12- 17 ;3 4 :1-3 ;d e u tです。 12 - 15.] and, in its anxiety to ensure its most exact observance, changed the spiritual import of its rest into a complicated code of external and burdensome ordinances. 12 -1 5。 ]と、その不安、最も正確な順守を確保するため、精神的な変更して、残りのインポートを外付けと複雑なコードを負担条例です。 Shall we then wonder at Christ's opposition to the Sabbath ordinances of the Synagogue, or, on the other hand, at the teaching of Christ on this subject, and that of his most learned and most advanced contemporaries?わたしたちはイエスキリストへの反対を入力し、ワンダーの安息日の条例は、シナゴーグか、または、その一方で、キリストの教えは、このテーマに、日本がそのほとんどを学んだと彼の最も先進的コンテンポラリーですか? And whence this difference unless Christ was the 'Teacher come from God,' Who spake as never before man had spoken.イエスキリストとしない限り、そこからこの違いは、 '教師来るから、神、 ' who speakの過去形として決して前に男は話さです。


Author Edersheim refers to MANY reference sources in his works.著者edersheim多くのリファレンスを参照してソースに彼の作品です。 As a Bibliography resource, we have created a separate Edersheim References list.書誌事項のリソースとして、当社は、別の作成edersheim参考文献リストです。 All of his bracketed references indicate the page numbers in the works referenced.彼のすべての括弧内の参考文献を示すの作品のページ番号を参照している。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです