Marrow Controversy, Marrow Men骨髄論争は、骨髄の男性

Advanced Information 高度情報

Between approximately 1717 and 1722 the Church of Scotland was agitated by a controversy between evangelicals, known as "Marrow Men," and moderates, or "neonomians," over the relationship between law and gospel in salvation.の間に約1717および1722を、スコットランド教会の間に論争がかくはんされたevangelicalsとして知られる"骨髄提供者の男性は、 "と穏健派か、または" neonomians 、 "法と福音間の関係以上に救いです。 Prominent evangelical ministers such as Thomas Boston and Ralph and Ebenezer Erskine had reprinted The Marrow of Modern Divinity (ascribed by some to Edward Fisher of London in 1645), which maintained an immediate, free offer of salvation by looking to Christ in faith.トーマスといった著名な福音派の閣僚とエベネザアボストンとラルフアースキンは、骨髄転載近代神性(生得的にいくつかのエドワードフィッシャーのロンドンで1645 ) 、これを維持、即時、無料提供をイエスキリストの救いに信仰されています。

This raised the opposition of the controlling party of the church, who as neonomians held that the gospel is a "new law" (neonomos), replacing the OT law with the legal conditions of faith and repentance needing to be met before salvation can be offered.この提起した野党の党の制御は、教会、 who neonomians開かれたとしては、福音書は、 "新しい法律" ( neonomos ) 、 ot法に置き換えるの法的条件を満たし信仰と後悔する前に必要とされる救世提供できるです。 They maintained the necessity of forsaking sin before Christ can be received, whereas the Marrow Men replied that only union to Christ can give us power to be holy.彼らforsaking罪の必要性を維持して前にイエスキリストが受信されると、骨髄提供者の男性はこう答えただけが、イエスキリストの労働組合の問い合わせの電源を与えることが神聖です。 Hence the neonomians considered the call to immediate trust in Christ and to full assurance to be dangerously antinomian.それゆえ、 neonomiansへの呼び出しを即座に考え、キリストとの信頼を完全に保証される危険な律法主義者です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Led by Principal Haddow of St. Andrews, the church condemned The Marrow of Modern Divinity in 1720.校長haddow主導の栄光のセントアンドリュース、現代の教会の教理に非難の骨髄1720 。 The evangelicals protested this action without avail.このアクションなしに抗議のevangelicalsのでご了承願います。 They were formally rebuked by the church's General Assembly in 1722 but not removed from their ministries.彼らは正式に叱責された教会の総会で1722しかし、特定の省庁から削除します。 Nevertheless, the writings of the Marrow Men (such as Boston's Fourfold State of Human Nature) were as influential in the popular piety of Scotland for the next two centuries as was Bunyan's Pilgrim's Progress in English and American piety.にもかかわらず、文章は、骨髄の男性(例えば、ボストンの4倍の状態を人間の本性)が有力とされ人気をスコットランドの信心深さを次の2つの世紀には、バニヤンの巡礼者としての英語とアメリカの信心深さの進展をします。

DF Kelly dfケリー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography: 書誌事項:
D Beaton, The Marrow of Modern Divinity and the Marrow Controversy; WM Hetherington, History of the Church of Scotland; J MacLeod, Scottish Theology. d beatonは、骨髄の骨髄近代的神性と論争;ウインドウマネージャヘザリントン、スコットランド教会の歴史;無しマクラウド、スコットランドの神学です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです