Saint Maryセントメアリー

Virgin Mary聖母マリア

General Information 総合情報

Mary, the mother of Jesus Christ, has been accorded a special place of devotion especially in the Roman Catholic and Eastern Orthodox churches. The New Testament records that she was the cousin of Elizabeth, mother of John the Baptist, and that she was betrothed and, later, married to Joseph. メアリーは、イエスキリストの母は特別な場所の献身がなされ、特にローマカトリック教会と東方正教会のレコードを、彼女は新約聖書のいとこのエリザベス、洗礼者ヨハネの母、とは彼女が婚約したと、その後、ジョセフと結婚している。 After giving birth to Jesus in a stable at Bethlehem, where she had gone with Joseph to register for a government census, Mary returned to Nazareth to live quietly and humbly with her family (Luke 2:1-20).を出産する時にイエスキリストをした後に、安定したベツレヘム、ここで彼女が行ってしまうと、政府の国勢調査ジョセフを登録するため、メアリーに返さナザレスと謙虚に静かに暮らす彼女の家族(ルーク2:1-20 ) 。 At his crucifixion Jesus asked his beloved disciple, John, to look after his mother.彼の最愛の要請で彼のはりつけのイエスキリストの弟子、ジョン、彼の母親の世話をします。 Little is known about Mary after this, although Acts 1:14, the last reference to her in the New Testament, places her among the disciples.メアリーについてはほとんどが知られ、この後、 1:14ものの行為は、最後の参照を彼女は、新約聖書、彼女の間の弟子の場所です。

The New Testament states that Mary conceived Jesus by the Holy Spirit and thus without losing her virginity (Matt. 1:18, 20; Luke 1:35).新約聖書の構想ではメアリーは聖霊とイエスキリストをこのように処女を失うことなく( matt. 1:18 、 20 ;ルーク1:35 ) 。 Despite biblical references to Jesus' "brothers," the idea of Mary's perpetual virginity appeared in the early church.にもかかわらず、聖書を参照しイエスの"兄弟"という考えを永久処女メアリーの初期の教会が掲載されています。 Saint Athanasius used the term "ever virgin" to refer to Mary, and this view was apparently accepted by the Fathers of the Church from the 5th century on.聖アタナシウス使用される用語"までヴァージン"を参照するにはメアリー、このビューを表示すると明らかに受け入れられたのは、父親の5世紀の教会からです。 It was formally established as a doctrine at the church's Lateran Council in 649.それが正式に設立さは、教会の教義のラテラン会議で649です。 Although the Virgin Birth is a tenet of virtually all Christian churches, modern biblical criticism has questioned the authenticity of the accounts in Matthew and Luke.は、処女懐胎は、キリスト教の教義のほぼすべての教会、聖書の批判が現代の信ぴょう性に疑問のアカウントをマシューとルークです。 The doctrine of Mary's perpetual virginity is taught principally by the Roman Catholic and Orthodox churches.メアリーの永久の教義を教え処女は主として、正統派ローマカトリック教会です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Marian teachings received considerable impetus at the councils of Ephesus (431) and Chalcedon (451), both of which upheld the title theotokos ("God-bearer," or Mother of God) as descriptive of Mary.マリアンの教えを受けた協議会は、かなりの弾みエフェソス( 431 )とchalcedon ( 451 ) 、神の母の両方のタイトルを支持( "神-無記名、 "又は母神)のメアリーとして記述します。 The doctrine of Mary's bodily assumption into heaven can be traced to apocryphal documents dating from the 4th century, but this doctrine was not officially formulated and defined for Roman Catholics until 1950 (see Assumption of Mary).その教義を天国のメアリーの肉体的な仮定を追跡できるうその書類を4世紀からのデート、しかし、この学説はないと定義されて正式に策定されるまで1950年にローマカトリック教徒(仮定のメアリーを参照) 。 The doctrine of Mary's Immaculate Conception was a matter of dispute throughout the Middle Ages.無原罪懐胎の教義のメアリーの紛争の問題は、中世にしています。 In 1854, however, Pope Pius IX declared that Mary was freed from original sin by a special act of grace the moment she was conceived in the womb of Saint Anne. 1854年、しかし、メアリーはピウス9世を宣言して原罪から解放された特別法の恵みを受けての瞬間、彼女は子宮の構想は、サンアンヌです。 (Tradition names Saint Anne and Saint Joachim as Mary's parents.) (伝統の名前としてセントジョアキムサンアンヌとメアリーの両親です。 )

Pope Pius XII strongly promoted Marian piety during his reign (1939-58).ピウス12マリアン信心深さを強く推進する彼の治世中( 1939年から1958年) 。 Because Roman Catholic teaching holds that Mary is deserving of the "highest veneration," the church observes 17 Marian festivals each year, 5 of which are major: Immaculate Conception, Dec. 8; Purification, Feb. 2; Annunciation, Mar. 25; Assumption, Aug. 15; and Birth, Sept. 8.ローマカトリック教育のためによるとということに値するメアリーは、 "最高の尊敬、 "教会の観察17マリアン祭りは毎年、 5には、主要:無原罪懐胎の祝日、 12月8日;精製、 2月2 ;受胎告知、 3月25日;仮定、 8月15日、誕生日、 9月8日です。 The Rosary contains 50 Ave Marias ("hail Marys"), and devotion to the "immaculate heart" of Mary is popular in some circles.ロザリオが含まれ、 50 aveアライアス( "雹メアリー" ) 、と献身を"無原罪心臓"のメアリーはいくつかのサークルに人気があります。

Protestant bodies have always reacted strongly against excessive devotion to Mary.プロテスタントの遺体は常に過度の献身的な愛情をメアリー反応強く反対します。 In recent years, however, Protestant, Anglican, and Roman Catholic scholars have held discussions in which substantive agreements regarding the place of Mary in Christian theology and practice have been reached.近年では、しかし、プロテスタント、聖公会、ローマカトリックの学者との議論では実質的な合意が行われた場所についてはメアリーがキリスト教神学と実践に達している。 The Second Vatican Council (1962-65) included a chapter on Mary in the Constitution of the Church that emphasizes Mary's complete dependence on her Son. 2番目のバチカン公会議( 1962年から1965年)に含まれるもので、チャプタメアリー教会は、憲法の全面的な依存を強調メアリーの息子です。

Harold W. Rastハロルドワットラスト

Bibliography: 書誌事項:
Brown, Raymond E., The Birth of the Messiah (1977); Brown, Raymond E., et al., eds., Mary in the New Testament (1978); Graef, Hilda C., Mary: A History of Doctrine and Devotion, 2 vols.ブラウン、レイモンドe. 、にして生まれたか、メシア( 1977 ) ;ブラウン、レイモンドe. 、その他、のEDS 。 、メアリーは、新約聖書( 1978 ) ;グレーフ、ヒルダ通性、メアリー:教義の歴史を、献身的な愛情、 2 vols学です。 (1963-65); McHugh, John, The Mother of Jesus in the New Testament (1975); Miegge, Giovanni, The Virgin Mary: The Roman Catholic Marian Doctrine, trans. ( 1963年から1965年) ;マッキュー、ジョンは、イエスキリストは、新約聖書の母( 1975 ) ; miegge 、ジョバンニは、聖母マリア:マリアンローマカトリック教義、トランスです。 by W. Smith (1955); Ruether, Rosemary R., Mary--The Feminine Face of the Church (1977); Warner, Marina, Alone of All Her Sex: The Myth and the Cult of the Virgin Mary (1976).さワットスミス( 1955 ) ;リューサー、ローズマリーr. 、メアリー-教会の女性の顔( 1 977) ;ワーナー、マリーナ、一人のすべての彼女の性別:カルトの神話と、聖母マリア( 1 976) 。


Maryメアリー

General Information 総合情報

INTRODUCTION

Mary, also the Virgin Mary, the mother of Jesus Christ, has been venerated by Christians since apostolic times (1st century).メアリー、また、聖母マリアの母、イエスキリストは、キリスト教徒され尊敬されて以来ローマ教皇の回(第1世紀)です。 The Gospels give only a fragmentary account of Mary's life, mentioning her chiefly in connection with the beginning and the end of Jesus' life.途切れ途切れのアカウントのみを与えるの福音書のメアリーの人生を、主に言及彼女の接続を始めとイエスキリストの最後に'生活です。 Matthew speaks of Mary as Joseph's wife, who was "with child of the Holy Spirit" before they "came together" as husband and wife (Matthew 1:18).メアリーとして話すのジョセフマシューさんの妻、 whoは、 "聖霊の子"前に"一緒に来た"と夫と妻(マタイ1:18 ) 。 After the birth of Jesus, she was present at the visit of the Magi (Matthew 2:11), fled with Joseph to Egypt (Matthew 2:14), and returned to Nazareth (Matthew 2:23).イエスキリストの誕生の後に、彼女は出席しての訪問の東方の賢者(マタイ2:11 ) 、ジョゼフにエジプトに逃げたと(マタイ2時14分) 、および返さナザレス(マタイ2:23 ) 。 Mark simply refers to Jesus as the son of Mary (Mark 6:3).マークだけを参照してマルヤムの子イエスキリストとして(マーク6時03分) 。 Luke's narrative of the nativity includes the angel Gabriel's announcement to Mary foretelling the birth of Jesus (Luke 1:27-38); her visit to her kinswoman Elizabeth, mother of John the Baptist, and Mary's hymn, the Magnificat (Luke 1:39-56); and the shepherds' visit to the manger (Luke 2:1-20).ルカの物語は、キリスト降誕の発表には、天使ガブリエルイエスキリストの誕生をメアリーforetelling (ルーク1:27-38 ) ;彼女の訪問を彼女のkinswomanエリザベス、洗礼者ヨハネの母、とメアリーの賛美歌は、 magnificat (ルーク1:39 -56 ) ;とヒツジ飼'訪問してマンガー(ルーク2:1-20 ) 。 Luke also tells of Mary's perplexity at finding Jesus in the Temple questioning the teachers when he was 12 years old.ルークもメアリーの当惑を見つけるのは、イエスキリストは、寺の尋問の教師とき彼は12歳です。 The Gospel of John contains no infancy narrative, nor does it mention Mary's name; she is referred to as "the mother of Jesus" (John 2:1-5; 19:25-27).ジョンが含まれていない乳児期の福音の物語も、メアリーの名前はこれに言及;と呼ばれる彼女は"イエスキリストの母" (ヨハネ2:1-5 ; 19:25-27 ) 。 According to John, she was present at the first of Jesus' miracles at the wedding feast of Cana and at his death.ジョンによると、彼女は最初の提示は、イエスキリストの奇跡は、カナの結婚披露宴での彼の死です。 Mary is also mentioned as being present in the upper room at Olivet with the apostles and with Jesus' brothers before Pentecost (Acts 1:14).メアリーは存在しても言及されてオリヴェアッパールームでの使徒とイエスの兄弟の前に聖霊降臨祭(行為1:14 ) 。

The Early Church初期の教会

As early as the 2nd century, Christians venerated Mary by calling her Mother of God, a title that primarily stresses the divinity of Jesus.早ければ2世紀、キリスト教徒尊敬彼女の母親のメアリーを呼び出すことによって、神は、タイトルを強調して、主イエスの神性です。 During the controversies of the 4th century concerning the divine and human natures of Jesus, the Greek title theotókos (Mother of God) came to be used for Mary in devotional and theological writing. 4世紀の論争の中に神と人間の性質に関するイエスキリストは、ギリシャ語タイトルtheotókos (母神の)話をしてメアリーの祈りと神学的に使用される書面です。 Nestorius, patriarch of Constantinople (present-day Ýstanbul), contested this usage, insisting that Mary was mother of Christ, not of God. nestorius 、家長のコンスタンティノープル(現イスタンブール) 、激戦と、この利用方法は、主張しての母親のメアリーは、イエスキリストではなく、神のです。 In 431, the Council of Ephesus condemned Nestorianism and solemnly affirmed that Mary is to be called theotókos, a title that has been used since that time in the Orthodox and Roman Catholic churches. 、 431 、エフェソスの評議会ネストリウス派と非難を厳粛に確認されると呼ばれるtheotókosメアリーは、タイトルがその時点では使用されて以来、ローマカトリック教会の正統派です。

Closely related to the title Mother of God is the title Virgin Mary, affirming the virginal conception of Jesus (Luke 1:35).密接に関係して、タイトルの母親の神は聖母マリアのタイトルは、イエスキリストの構想を肯定のバージナル(ルカ1:35 )です。 Initially, this title stressed the belief that God, not Joseph, was the true father of Jesus.当初、このタイトルの信念を強調して、神ではなく、ジョゼフ、イエスキリストは、真の父です。 In the Marian devotion that developed in the East in the 4th century, Mary was venerated not only in the conception but also in the birth of Jesus.マリアンは、献身的な愛情に開発されたが、東は、 4世紀、メアリーは、尊敬するだけでなく、概念だけでなく、イエスキリストが誕生した。 This conviction was expressed clearly in the 4th century, baptismal creeds of Cyprus, Syria, Palestine, and Armenia.この信念を明確に表明したのは4世紀、洗礼信条のキプロス、シリア、パレスチナ、およびアルメニアです。 The title used was aieiparthenos (ever-virgin), and by the middle of the 7th century the understanding of the title came to include the conviction that Mary remained a virgin for the whole of her life.のタイトルが使われaieiparthenos (刻々とバージン) 、とされた7世紀半ばの理解を深めて来たのタイトルを含めるという信念に基づいて、聖母マリアは依然、全体の彼女の人生です。 The passages in the New Testament referring to the brothers of Jesus (for instance, Mark 6:3, which also mentions sisters; see 1 Corinthians 9:5; Galatians 1:19) have been accordingly explained as references to relatives of Jesus or to children of Joseph by a previous marriage, although there is no historical evidence for this interpretation.新約聖書の通路は、イエスキリストの兄弟を参照する(例えば、マーク6時03分、姉妹にも言及し;参照1コリンチャンス9時05分;ガラテヤ人への手紙1:19 )これを説明したとしてもイエスキリストや親戚を参照してジョゼフされ、以前の結婚生活の子供たちは、歴史的な証拠がない場合でも、この解釈します。

In the 2nd and 3rd centuries, various Christian writers began to express the belief that, because of her intimate union with God through the Holy Spirit in the conception of Jesus (Luke 1:35), Mary was completely free from any taint of sin.は、第2及び第3世紀に、様々なキリスト教を表現する作家が始まったという信念を持って、彼女の親密な労働組合のために聖霊を通して神の概念は、イエスキリスト(ルーク1:35 ) 、メアリーは、任意の汚点の罪から完全に無料です。 In 680 a Roman Council spoke of her as the "blessed, immaculate ever-virgin." 680のスポークにはローマの会議で、彼女を"祝福、無原罪ますますヴァージン。 "

In both the Eastern and Western churches, feast days in honor of the events of Mary's life came into existence between the 4th and 7th centuries.東洋と西洋の両方の教会、ごちそう日間のイベントに敬意を表してメアリーの人生に入って4日から7世紀の間に存在します。 They celebrate her miraculous conception and her birth, narrated in the apocryphal "Infancy Gospel" of James (September 8); the Annunciation (March 25); her purification in the Temple (February 2); and her death (called the Dormition in the Eastern church) and bodily Assumption into heaven (August 15; see Assumption of the Virgin).彼ら彼女の奇跡的概念と彼女の誕生を祝う、ナレーションは、真偽の怪しい"幼年期の福音書"のジェームズ( 2003年9月8 ) ;の受胎告知( 3月25日) ;彼女の浄化は、寺( 2007年2月2 ) ;と彼女の死(と呼ばれるdormitionは、東方教会)と身体的な仮定を天国( 8月15日;童貞マリア被昇天を参照) 。

The Middle Ages中世の時代に

During the late Middle Ages (13th century to 15th century), devotion to Mary grew dramatically.中に中世後期( 13世紀から15世紀) 、メアリー献身的な愛情を劇的に成長します。 One of the principal reasons was the image of Christ that developed in the missionary efforts of the early Middle Ages. 1つのイメージを主な理由は、イエスキリストが開発された初期の中世の宣教師の努力をします。 To the extent that the Goths and other tribes of central and northern Europe were Christian, they remained strongly influenced by Arianism, a teaching that denied the divinity of Christ.その範囲は、ゴート族や他の部族の中央と北ヨーロッパがキリスト教、彼らはアリウス主義に強く影響され、神性、キリストの教えを否定しています。 In response, preaching and the arts of this period particularly stressed Christ's divinity, as in the Byzantine depictions of Christ as Pantokrator (universal and all-powerful ruler) and in the western images of Christ as the supreme and universal judge.これを受けて、説教と芸術のこの時期、特に強調したキリストの神性、キリストのように描写し、ビザンチンとしてpantokrator (普遍的かつ全権力を握って定規)とイエスキリストの目的は、西部のイメージを判断するとして、最高で普遍的です。 As Christ became an awe-inspiring, judgmental figure, Mary came to be depicted as the one who interceded for sinners.イエスキリストは、畏怖の念を抱かせるとして、断定的な図、メアリー話をして描かれて罪人として、 1つwho準備をします。 As the fear of death and the Last Judgment intensified following the Black Plague in the 14th century, Mary was increasingly venerated in popular piety as mediator of the mercy of Christ. Her prayers and pleas were seen as theagency that tempered the stern justice of Christ. Among the popular devotions that came into being at this time were the rosary (a chaplet originally consisting of 150 Hail Marys in imitation of the 150 Psalms in the psalter, later augmented by 15 interspersed Our Fathers as penance for daily sins); the angelus recited at sunrise, noon, and sunset; and litanies (invocations of Mary using such biblical titles as Mystical Rose, Tower of David, and Refuge of Sinners).死の恐怖として、次の激化の最後の判断は、 14世紀のペスト、メアリーは、ますます尊敬の調停者としての人気の信心深さのなすがままにキリストのです。 彼女の祈りと訴えが見られてtheagency正義の船尾にイエスキリストを鍛えています。その中に入って、人気の祈りがこの時点では、 ロザリオ (ビーズ状のもともとの模造品で構成さ150雹メアリー150詩篇を授けたのは、 psalter 、 15日へ増強されており、日常わたしたちの祖先の罪をざんげ) ;のお告げの読誦日の出、正午、および日没;とlitanies ( Maryの呼び出しを使用してこのような神秘的なバラ聖書のタイトルとして、タワーオブデビッド、および避難所の罪人)です。 Hymns, psalms, and prayers were incorporated into the Little Office of the Blessed Virgin, in imitation of the longer divine office recited or chanted by monks and priests.賛美歌、詩篇を授けた、との祈りが組み込まれて、聖母の小さな事務所は、神の事務所の模造品は、長い詠唱を読誦または司祭修道僧とします。

Doctrine of Immaculate Conception教義の無原罪懐胎の祝日

The principal theological development concerning Mary in the Middle Ages was the doctrine of the Immaculate Conception.メアリーで神学の主要な開発に関する教義は、中世の時代には、無原罪懐胎の祝日です。 This doctrine, defended and preached by the Franciscan friars under the inspiration of the 13th-century Scottish theologian John Duns Scotus, maintains that Mary was conceived without original sin.この学説は、弁護と説教されたフランシスコ会の下にインスピレーションfriars 、 13世紀のスコットランドの神学者ジョンドゥンススコトゥス、メアリーは、構想を維持し原罪です。 Dominican teachers and preachers vigorously opposed the doctrine, maintaining that it detracted from Christ's role as universal savior.ドミニカ教義に反対して精力的に教師や説教師は、イエスキリストを維持してdetractedより普遍的救世主としての役割をします。 Pope Sixtus IV, a Franciscan, defended it, establishing in 1477 a feast of the Immaculate Conception with a proper mass and office to be celebrated on December 8.シクストゥス4世は、フランシスコ、擁護し、 1477の確立では、無原罪懐胎の祝日にはごちそうに適切な質量と事務所を12月8日に祝われています。 This feast was extended to the whole Western church by Pope Clement XI in 1708.この祭りは、欧米の教会を拡張して全体で1708 xiクレメンスです。 In 1854 Pope Pius IX issued a solemn decree defining the Immaculate Conception for all Roman Catholics, but the doctrine has not been accepted by Protestants or by the Orthodox churches. 1854年発行のピウス9世令を定義して厳粛な無原罪懐胎の祝日のすべてのローマカトリック教徒は、教義されていないが、受け入れられるか、正統派のプロテスタント教会です。 In 1950 Pope Pius XII solemnly defined as an article of faith for all Roman Catholics the doctrine of the bodily assumption of Mary into heaven. 1950年ピウス12厳粛に記事として定義されて信仰の教義のすべてのローマカトリック教徒のメアリーは、肉体的な仮定を天国です。

Shrines神社

Marian shrines and places of pilgrimage are found throughout the world.マリアン神社や近くの巡礼者が発見しています。 At Montserrat in Spain the Black Virgin has been venerated since the 12th century.モントセラト、スペイン領バージン 12世紀以来、尊敬されています。 The icon of Our Lady of Czêstochowa has been venerated in Poland since the early 14th century. 聖母のアイコンをczêstochowa尊敬され、 14世紀初頭以来ポーランドです。 The picture of Our Lady of Guadalupe commemorates an alleged apparition of Mary to Native American Juan Diego in Mexico in 1531. 聖母マリアの写真を記念するのメアリー疑惑の幻影をネイティブアメリカンのフアンディエゴメキシコでの1531です。 In the 19th century a number of apparitions of Mary were reported that inspired the development of shrines, devotions, and pilgrimages - for instance, in Paris (1830, Our Lady of the Miraculous Medal ); Lourdes (1858, Our Lady of Lourdes ); Knock, in Ireland (1879, Our Lady of Knock ); and Fatima, in Portugal (1917, Our Lady of Fatima ). 、 19世紀に、いくつかのapparitionsのメアリーが神社によると、今回の開発は、祈り、および巡礼-たとえば、パリ( 1 830、聖母の奇跡のメダル) ;ルルド( 1 858、ルルドの聖母) ;ノックは、アイルランド( 1879 、 聖母ノック ) ;とファティマは、ポルトガル( 1917 、 聖母ファティマ )です。


Mary, the Blessed Virginメアリーは、聖母

Advanced Information 高度情報

Except for the Gospels, the Scriptures make little explicit reference to Mary.福音書を除いて、ほとんどの明示の参照を、聖書は、メアリーです。 Certain OT prophecies have been thought to refer to her (Gen. 3:15; Jer. 31:22; Mic. 5:2-3; and, most clearly, Isa. 7:14).特定のot予言されてきた彼女を参照するには( Gen 。と3:15 ; jer 。 31:22 ;マイクです。 5:2-3 ;と、ほとんど明らかに、 ISAのです。 7:14 ) 。 The symbolic drama of Rev. 12 has often been similarly interpreted.牧師の象徴のドラマを12には多くの場合同様に解釈されています。 Paul mentions Mary specifically once (Gal. 4:4).ポール言及メアリー具体的一度(ガロン4時04分) 。 For anything more, we must inquire of the Gospel writers.何も、私たちの福音作家に問い合わせる必要があります。 Luke presents the most detailed portrait.ルークプレゼンツ、最も詳細な肖像画です。 While Matthew also tells the nativity story, his references to Mary are brief, even though he strongly stresses her virginity (Matt. 1:18-25).マシューもキリスト降誕の物語の中では、彼の参照をメアリーは、簡単に言うと、彼女のストレスにもかかわらず、彼を強く処女( matt. 1:18-25 ) 。 Luke, however, vividly describes her encounter with the angel, her visit to Elizabeth, her beautiful "Magnificat," the birth of Jesus, and her trips to Jerusalem with the infant and the twelve-year-old Jesus (Luke 1:26-2:51).ルーク、しかし、彼女の出会いの天使ありありと説明し、彼女の訪問をエリザベス、彼女の美しい" magnificat 、 "イエスキリストにして生まれたか、と彼女の旅行にエルサレムの幼児と12歳のイエスキリスト(ルーク1:26 - 2:51 ) 。 Mary appears humbly obedient in the face of her great task (Luke 1:38), yet deeply thoughtful and somewhat perplexed as to its significance (Luke 1:29; 2:29, 35, 50-51).メアリーが表示されたら謙虚に素直な彼女の大きな課題に直面し(ルカ1:38 ) 、まだ深く思慮深いとやや当惑したとして、その意義を(ルーク1:29 ; 2:29 、 35 、 50-51 ) 。

According to an episode recounted by Matthew, Mark, and Luke, Jesus' mother and his "brothers" stand outside the early circle of disciples (Matt. 12:46-50; Mark 3:19b-21, 31-35; Luke 8:19-21; cf. Luke 11:27-28).マシューによると、エピソードrecountedされ、マークし、ルークは、イエスの母親と彼の"兄弟"スタンドの外の早期サークルの弟子( matt. 12:46-50 ;マーク3:19 b - 21 、 31-35 ;ルーク8 :19 - 21 ;継続前誌です。ルーク11:27-28 ) 。 Elsewhere Jesus complains that he is not without honor save "among his own kin, and in his own house" (Mark 6:4; cf. Matt. 13:53-58; Luke 4: 16-30).他のイエスキリストの不満がないわけでは彼は名誉を保存"の間自分自身の金武、とは、自分の家" (マーク6時04分;継続前誌です。マットです。 13:53-58 ;ルーク4 : 16-30 ) 。 John apparently recounts some misunderstanding between Jesus and Mary at the wedding feast in Cana (John 2:1-12).ジョン明らかにイエスキリストの再集計の間にいくつかの誤解とメアリーは、結婚披露宴でカナ(ヨハネ2:1-12 ) 。 Yet John pictures Mary remaining faithful beside the cross, while Jesus commends her to his "beloved disciple's" care (John 19:25-27).メアリーはまだありませんジョンの写真の横にある残りの忠実なクロスで、イエス会彼女に彼の"最愛の弟子の"ケア(ジョン19:25-27 ) 。

Finally, Luke lists Mary among the earliest post-Easter Christians (Acts 1:14). Traditionally, Catholics have venerated Mary as entirely sinless and as the most glorious of God's creatures. Feeling that this detracts from the centrality of Christ, Protestants have often neglected her unduly.最後に、ルカによるリストメアリー復活祭のキリスト教徒のうち最古のポスト(行為1:14 ) 。 伝統的に、カトリック教徒としては完全に尊敬sinlessとメアリーが最も輝かしいの神の生き物です。損ねからこのような感じがイエスキリストの中心部、プロテスタントがしばしば彼女の不当に無視された。 Radical biblical criticism in doubting the infancy narratives' historicity often furthered this neglect.急進的な批判を疑うの初期に聖書の物語'史実多くの場合、この進展を無視します。 However, the increasing importance of women's issues has spurred new interests in Mary among both Protestants and Catholics alike.しかし、女性の問題の重要性の高まりを新たな関心を駆り立てメアリーはプロテスタントとカトリック教徒の間の両方似ています。

TN Fingerテネシー指
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
RE Brown et al., eds., Mary in the NT; RE Brown, "The Meaning of Modern NT Studies for an Ecumenical Understanding of Mary," in Biblical Reflection on Crises Facing the Church; WJ Cole, "Scripture and the Current Understanding of Mary among American Protestants," Maria in Sacra Scriptura, VI; A. Greeley, The Mary Myth; JG Machen, The Virgin Birth of Christ; J. McHugh, The Mother of Jesus in the NT; HA Oberman, The Virgin Mary in Evangelical Perspective; R. Ruether, Mary: The Feminine Face of the Church.再ブラウンら、のEDS 。 、メアリーは、 NTの;再ブラウンは、 "現代のNTの研究の意味を理解するのエキュメニカルメアリー、 "教会聖書の反射を危機に直面して; wjコール、 "啓典と、現在の理解メアリーの中のアメリカのプロテスタント、 "聖マリアのscriptura 、六; a.グリーリーは、メアリー神話; jgマッケンは、キリストの処女懐胎; j.マッキューは、イエスキリストの母は、 NTの;ハオバーマンは、聖母マリアに福音主義の観点; r.リューサー、メアリー:教会の女性の顔をします。


Ma'ry ma'ry

Advanced Information 高度情報

Mary, Hebrew Miriam.メアリー、ヘブライ語ミリアムです。

(1.) The wife of Joseph, the mother of Jesus, called the "Virgin Mary," though never so designated in Scripture (Matt. 2:11; Acts 1:14). ( 1 。 ) の妻のジョゼフ、イエスキリストの母と呼ばれる"聖母マリア"は決してために指定さ啓典( matt. 2:11 ;行為1:14 ) 。 Little is known of her personal history.リトル彼女の個人的な歴史が知られています。 Her genealogy is given in Luke 3.彼女の系譜が与えられ、ルーク3 。 She was of the tribe of Judah and the lineage of David (Ps. 132:11; Luke 1:32).彼女は、ユダ族の系統のデビッド( ps. 132:11 ;ルーク1:32 ) 。 She was connected by marriage with Elisabeth, who was of the lineage of Aaron (Luke 1:36).彼女は結婚に接続されエリザベート、 whoは、系統のアーロン(ルカ1:36 )です。

While she resided at Nazareth with her parents, before she became the wife of Joseph, the angel Gabriel announced to her that she was to be the mother of the promised Messiah (Luke 1:35).ナザレスに住んでいる間、彼女は彼女の両親は、前の妻のジョセフ彼女は、彼女の天使ガブリエル発表されるが、彼女は約束のメシアの母(ルカ1:35 )です。 After this she went to visit her cousin Elisabeth, who was living with her husband Zacharias (probably at Juttah, Josh. 15:55; 21:16, in the neighbourhood of Maon), at a considerable distance, about 100 miles, from Nazareth.この訪問した後、彼女はすぐに彼女のいとこエリザベート、 whoが住んでいる彼女の夫ツァハリアス(おそらくjuttah 、ジョシュします。 15:55 、 21:16 、は、近隣のmaon )するには、相当な距離を、約100マイル、よりNazarethです。 Immediately on entering the house she was saluted by Elisabeth as the mother of her Lord, and then forthwith gave utterance to her hymn of thanksgiving (Luke 1:46-56; comp. 1 Sam. 2: 1-10).すぐにあいさつを入力してハウスエリザベート彼女は彼女の母親としての主よ、と入力し、速やかには彼女の発言を賛美歌の感謝祭(ルーク1:46-56 ;のCOMPです。 1サムです。 2 : 1-10 ) 。

After three months Mary returned to Nazareth to her own home.メアリー戻ってから3か月後にナザレスを自分のホームです。 Joseph was supernaturally made aware (Matt. 1: 18-25) of her condition, and took her to his own home.ジョセフは神業のは承知( matt. 1 : 18-25 )彼女の条件、と、彼女を自分のホームです。 Soon after this the decree of Augustus (Luke 2:1) required that they should proceed to Bethlehem (Micah 5:2), some 80 or 90 miles from Nazareth; and while they were there they found shelter in the inn or khan provided for strangers (Luke 2:6, 7).この後すぐに、令のAugustus (ルーク2:1 )の手順を必要としてもらいたいのベツレヘム(ミカ5時02分) 、いくつかの80または90マイルよりNazareth ;とかれらがかれらに避難所が見つかりましたインまたはハーン提供見知らぬ人(ルーク2時06分、 7 ) 。 But as the inn was crowded, Mary had to retire to a place among the cattle, and there she brought forth her son, who was called Jesus (Matt. 1:21), because he was to save his people from their sins.しかし、インは混んで、メアリーに引退していた場所間の牛、と彼女の息子が彼女甦ら、 whoは、イエスキリストと呼ばれる( matt. 1:21 ) 、彼の人々を保存するため、彼はその罪からです。

This was followed by the presentation in the temple, the flight into Egypt, and their return in the following year and residence at Nazareth (Matt. 2). There for thirty years Mary, the wife of Joseph the carpenter, resides, filling her own humble sphere, and pondering over the strange things that had happened to her.これは同寺のプレゼンテーションに続いて、エジプトのフライトを、およびそれらのリターンは、次の年及び居住先ナザレス( matt. 2 ) 。 そこに30年間メアリー、ヨセフの大工の妻が、置かれ、彼女自身の充てん謙虚な球し、熟考の奇妙なことが起きたかを彼女のです。

During these years only one event in the history of Jesus is recorded, viz., his going up to Jerusalem when twelve years of age, and his being found among the doctors in the temple (Luke 2:41-52). 中にこれらの年間の歴史の1つのイベントのみが記録さイエスキリスト、 viz 。 、彼をエルサレム上がって12歳のときに、と彼が見つかりました間の医師は、寺 (ルーク2:41-52 ) 。 Probably also during this period Joseph died, for he is not again mentioned.ジョゼフが死亡したもこの期間中、おそらく、彼は再び言及ではない。

After the commencement of our Lord's public ministry little notice is taken of Mary.わたしたちの主を開始した後、ほとんどの公共省の通知は、メアリーです。 She was present at the marriage in Cana.彼女は現在の結婚は、カナです。 A year and a half after this we find her at Capernaum (Matt. 12:46, 48, 49), where Christ uttered the memorable words, "Who is my mother? and who are my brethren? And he stretched forth his hand toward his disciples, and said, Behold my mother and my brethren!"この1年半後、彼女は私たちを検索カペナウム( matt. 12:46 、 48 、 49 ) 、ここでイエスキリストの記憶に残る言葉を口、 " whoは、私の母ですか?とwhoは私の兄弟ですか?と彼は自分の手に向かっ延伸弟子たちは、とによると、見よ、母と私の兄弟! "

The next time we find her is at the cross along with her sister Mary, and Mary Magdalene, and Salome, and other women (John 19:26).彼女は、私たちは、次回は、クロス見つけると一緒に彼女の妹のメアリー、とメアリーモードリン、およびサロメ、およびその他の女性(ヨハネ19:26 ) 。 From that hour John took her to his own abode.その時からジョンは彼女を自分自身の住まいです。 She was with the little company in the upper room after the Ascension (Acts 1:14).彼女はお部屋の上の小さな会社で昇天した後、 (行為1:14 ) 。 From this time she wholly disappears from public notice.この時点で彼女から完全に消えてから公共ご了承ください。 The time and manner of her death are unknown.彼女の死の時間や方法は不明です。

(2.) Mary Magdalene, ie, Mary of Magdala, a town on the western shore of the Lake of Tiberias. ( 2 ) メアリーモードリン、すなわち、メアリーを運ぶ、町の西側海岸のティベリアス湖です。 She is for the first time noticed in Luke 8:3 as one of the women who "ministered to Christ of their substance."彼女はルークの最初の時間午前8時03分に気づいた女性の1つとしてwho " ministeredをイエスキリストの物質です。 " Their motive was that of gratitude for deliverances he had wrought for them.彼らの動機は、感謝の気持ちをdeliverances彼は鍛造ています。

Out of Mary were cast seven demons.メアリーが出演する7つの悪魔です。 Gratitude to her great Deliverer prompted her to become his follower.彼女の大きな感謝の意をれたら、彼女の救世主になる彼の信奉者です。 These women accompanied him also on his last journey to Jerusalem (Matt. 27:55; Mark 15:41; Luke 23:55).これらの女性の同伴彼も彼の最後の旅をする上エルサレム( matt. 27:55 ;マーク15:41 ;ルーク23:55 ) 。 They stood near the cross.近くのクロスに立っていた。 There Mary remained till all was over, and the body was taken down and laid in Joseph's tomb.メアリーは依然までにすべてが終わると、撮影の遺体がダウンして、 laid 、ヨセフの墓です。

Again, in the earliest dawn of the first day of the week she, with Salome and Mary the mother of James (Matt. 28:1; Mark 16:2), came to the sepulchre, bringing with them sweet spices, that they might anoint the body of Jesus.また、最古の夜明けの最初の曜日彼女は、サロメとメアリーの母のジェームズ( matt. : 1 ;マーク16時02分) 、墓が来て、甘いスパイスをもたらすとし、かれらかもしれないイエスキリストのボディを塗る。 They found the sepulchre empty, but saw the "vision of angels" (Matt. 28:5).彼らの墓が見つかりました空の場合、しかし、のこぎりの"天使たちのビジョン" ( matt. 28:5 ) 。 She hastens to tell Peter and John, who were probably living together at this time (John 20:1, 2), and again immediately returns to the sepulchre.彼女hastensを伝えるピーターとジョン、 whoは、おそらくこの時点で同居(ヨハネ20:1 、 2 ) 、および再度の墓をすぐに戻り値です。 There she lingers thoughtfully, weeping at the door of the tomb.彼女は考え込むように消え、ドアの墓は、涙を流しています。 The risen Lord appears to her, but at first she knows him not.上昇の主が表示されたら、彼女は、しかし、彼は最初は彼女を知っています。 His utterance of her name "Mary" recalls her to consciousness, and she utters the joyful, reverent cry, "Rabboni."彼の発言の彼女の名前"メアリー"リコール彼女を意識し、 uttersのうれしそうな彼女は、敬けんな叫び、 " rabboni 。 "

She would fain cling to him, but he forbids her, saying, "Touch me not; for I am not yet ascended to my Father."彼女は彼に固執する進んで、しかし、彼は彼女を禁じる、と述べ、 "タッチミーテンダー;を昇って私は私の父はまだありません。 " This is the last record regarding Mary of Magdala, who now returned to Jerusalem. The idea that this Mary was "the woman who was a sinner," or that she was unchaste, is altogether groundless.これはメアリーを運ぶの最後のレコードについて、エルサレムwho今すぐに返されます。 という考えを、このメアリーは、 " whoは、罪人の女性" 、またはその彼女は不貞は、全く根拠がない。

(3.) Mary the sister of Lazarus is brought to our notice in connection with the visits of our Lord to Bethany. ( 3 。 ) メアリーの妹のLazarusを吸わ通知を私たちの訪問に関連して、わたしたちの主をベサニーです。 She is contrasted with her sister Martha, who was "cumbered about many things" while Jesus was their guest, while Mary had chosen "the good part."彼女は対照的に、彼女の妹マーサ、 whoは"多くのことcumberedについては"イエスキリストは、そのユーザーの間、メアリーが選んだ"の良い部分です。 " Her character also appears in connection with the death of her brother (John 11:20,31,33).彼女の文字が表示され接続も彼女の兄の死を(ヨハネ11:20,31,33 ) 。 On the occasion of our Lord's last visit to Bethany, Mary brought "a pound of ointment of spikenard, very costly, and anointed the feet of Jesus" as he reclined at table in the house of one Simon, who had been a leper (Matt.26:6; Mark 14:3; John 12:2,3).わたしたちの主の席上での最後の訪問をベサニー、メアリーbrought " 1ポンドの軟膏のスパイクナード、非常に高価であり、聖なるイエスキリストの足"として彼をテーブルに横臥の家の1つのサイモン、 whoていた、ハンセン病患者(マット.26:6 ;マーク14 : 03 ;ジョン12:2,3 ) 。 This was an evidence of her overflowing love to the Lord.これは彼女の証拠をあふれている愛を、主です。 Nothing is known of her subsequent history.彼女のその後の歴史は何も知られています。 It would appear from this act of Mary's, and from the circumstance that they possessed a family vault (11:38), and that a large number of Jews from Jerusalem came to condole with them on the death of Lazarus (11:19), that this family at Bethany belonged to the wealthier class of the people.が表示されることから、この法律のメアリー、および所有してからの状況をご家族ボールト( 11:38 ) 、および多数のユダヤ人は、エルサレムから来てcondoleにして、死亡したラザロ( 11:19 )ベサニーしてご家族でのクラスに属して、裕福な人々です。

(4.) Mary the wife of Cleopas is mentioned (John 19:25) as standing at the cross in company with Mary of Magdala and Mary the mother of Jesus. ( 4 ) 。 cleopasに記載の妻メアリー (ヨハネ19:25 )として企業に立ってクロスを運ぶとメアリーメアリーオブイエスキリストの母です。 By comparing Matt.マットを比較します。 27:56 and Mark 15:40, we find that this Mary and "Mary the mother of James the little" are one and the same person, and that she was the sister of our Lord's mother. 27:56とマーク15:40 、このメアリーことが判明したと"メアリーの母のジェームズリトル"は、 1つのと同じ人物ており、その彼女はわたしたちの主の母親の妹のです。 She was that "other Mary" who was present with Mary of Magdala at the burial of our Lord (Matt. 27:61; Mark 15:47); and she was one of those who went early in the morning of the first day of the week to anoint the body, and thus became one of the first witnesses of the resurrection (Matt. 28:1; Mark 16: 1; Luke 24:1).彼女は、 "他のメアリー"メアリーオブ運ぶwhoは、現在では、埋葬のわたしたちの主( matt. 27:61 ;マーク15:47 ) ;と、彼女は1つの早い段階ではこれらのwhoの最初の日の朝に1週間のボディを塗るのは、このようになったとの最初の目撃者の1つの復活( matt. : 1 ;マーク16 : 1 ;ルーク24:1 ) 。

(5.) Mary the mother of John Mark was one of the earliest of our Lord's disciples. ( 5 。 ) メアリーの母のいずれかのジョンマークは、わたしたちの主の弟子最古のです。 She was the sister of Barnabas (Col. 4:10), and joined with him in disposing of their land and giving the proceeds of the sale into the treasury of the Church (Acts 4:37; 12:12).彼女は、妹のバルナバ( Col 。 4:10 ) 、およびメンバー登録がその土地と彼の処分を与えているの売却代金を国庫に教会(行為4:37 ; 12:12 )です。 Her house in Jerusalem was the common meeting-place for the disciples there.彼女の家、エルサレムは、共通の会議室に場所を指定するの弟子にします。

(6.) A Christian at Rome who treated Paul with special kindness (Rom. 16:6). ( 6 ) 、キリスト教でローマ who扱わポールに特別な優しさ(ローマ16時06分) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


The Blessed Virgin Mary聖母マリアの

Catholic Information カトリックの情報

The Blessed Virgin Mary is the mother of Jesus Christ, the mother of God.聖母マリアの母親は、イエスキリストは、神の母です。 In general, the theology and history of Mary the Mother of God follow the chronological order of their respective sources, ie the Old Testament, the New Testament, the early Christian and Jewish witnesses.一般的には、神学と神の母メアリーの歴史を年代順には、それぞれの次のソース、つまり、旧約聖書は、新約聖書、キリスト教とユダヤ人の目撃者の早期です。

I. MARY PROPHESIED IN THE OLD TESTAMENT i.メアリーは、旧約聖書の予言

The Old Testament refers to Our Blessed Lady both in its prophecies and its types or figures.旧約聖書を参照して私たちを祝福レディーの両方でその予言とその種類または数字です。

Genesis 3:15創世記3:15

The first prophecy referring to Mary is found in the very opening chapters of the Book of Genesis (3:15): "I will put enmities between thee and the woman, and thy seed and her seed; she shall crush thy head, and thou shalt lie in wait for her heel."メアリーは、最初の予言を参照するの支部を発見された非常に開会の創世記( 3:15 ) : "私は、なたと女性の間に置くenmities 、となたの種子と彼女の種子;彼女は、なたの頭を粉砕し、なたshalt彼女のかかとを虎視眈々と狙う。 " This rendering appears to differ in two respects from the original Hebrew text:このレンダリングが表示さの点で異なる2つの点で、元のヘブライ語テキスト:

(1) First, the Hebrew text employs the same verb for the two renderings "she shall crush" and "thou shalt lie in wait"; the Septuagint renders the verb both times by terein, to lie in wait; Aquila, Symmachus, the Syriac and the Samaritan translators, interpret the Hebrew verb by expressions which mean to crush, to bruise; the Itala renders the terein employed in the Septuagint by the Latin "servare", to guard; St. Jerome [1] maintains that the Hebrew verb has the meaning of "crushing" or "bruising" rather than of "lying in wait", "guarding". ( 1 )まず第一に、ヘブライ語のテキストと同じ動詞を採用して2つのレンダリング"と、彼女は、ときめき"と"なたshalt虎視眈々と狙う" ;のセプトゥアギンタ動詞の両方のレンダリング回tereinを虎視眈々と狙う;アクイラ、シンマクスは、シリアとサマリア人の翻訳者、ヘブライ語動詞を解釈するという意味の表現をつぶす、あざ; tereinで採用され、リストのセプトゥアギンタのレンダリングされたラテン語" servare " 、を保護する;聖ジェローム[ 1 ]維持は、ヘブライ語動詞には、の意味を"粉砕"または"あざ"ではなく"待ち伏せをしている" 、 "警護"です。 Still in his own work, which became the Latin Vulgate, the saint employs the verb "to crush" (conterere) in the first place, and "to lie in wait" (insidiari) in the second.まだは、自分自身の仕事は、ラテン語ウルガタ聖書になったのは、サンの従業員の動詞"をつぶす" ( conterere )での最初の場所、および"を虎視眈々と狙う" ( insidiari )で2番目のです。 Hence the punishment inflicted on the serpent and the serpent's retaliation are expressed by the same verb: but the wound of the serpent is mortal, since it affects his head, while the wound inflicted by the serpent is not mortal, being inflicted on the heel.それゆえの罰を与えたのヘビとヘビの報復が表明され、同じ動詞:しかし、人間の傷は、ヘビは、彼の頭影響を及ぼすので、傷を負わされたが、ヘビではない人間は、かかとの上に招いた。

(2) The second point of difference between the Hebrew text and our version concerns the agent who is to inflict the mortal wound on the serpent: our version agrees with the present Vulgate text in reading "she" (ipsa) which refers to the woman, while the Hebrew text reads hu' (autos, ipse) which refers to the seed of the woman. ( 2 ) 2番目のポイントのヘブライ語テキストとの違いは私たちの関心事はエージェントのバージョンwhoは致命傷を負わせるのは、ヘビ:私達のバージョンに同意ウルガタ聖書のテキストを読むと、現在の"彼女" ( ipsa )を参照してその女性には、ヘブライ語のテキストの読み取りが、胡錦' (自動車、証拠)が、女性の種を参照してください。 According to our version, and the Vulgate reading, the woman herself will win the victory; according to the Hebrew text, she will be victorious through her seed.私たちのバージョンによると、ウルガタ聖書を読むと、女性は自分が勝つの勝利;によると、ヘブライ語のテキスト、彼女を通じて彼女の種子は勝利する。 In this sense does the Bull "Ineffabilis" ascribe the victory to Our Blessed Lady.この意味では、雄牛" ineffabilis "ものとみなす私たちの勝利を祝福レディです。 The reading "she" (ipsa) is neither an intentional corruption of the original text, nor is it an accidental error; it is rather an explanatory version expressing explicitly the fact of Our Lady's part in the victory over the serpent, which is contained implicitly in the Hebrew original.読書する"彼女" ( ipsa )はどちらも、意図的な不正腐敗、元のテキストでもなければ、不慮のエラーが発生;ことが明示的に表現するというのバージョンで説明したという事実を私たちの女性の部分は、勝利を収めるのヘビ、これは暗黙のうちに含まれるは、ヘブライ語オリジナルです。 The strength of the Christian tradition as to Mary's share in this victory may be inferred from the retention of "she" in St. Jerome's version in spite of his acquaintance with the original text and with the reading "he" (ipse) in the old Latin version.の強さをメアリーは、キリスト教の伝統としてのシェアはこの日の勝利がありますから推測さの保持"彼女"に聖ジェロームのバージョンにもかかわらず、彼の知人に、元のテキストとの読書"彼" (証拠)は、旧ラテンバージョンです。

As it is quite commonly admitted that the Divine judgment is directed not so much against the serpent as against the originator of sin, the seed of the serpent denotes the followers of the serpent, the "brood of vipers", the "generation of vipers", those whose father is the Devil, the children of evil, imitando, non nascendo (Augustine).として認めたことは非常によく監督は、神の裁きは反対するというより、ヘビの生みの親として反対する罪は、種子は、それは、信者のヘビのヘビは、 "毒蛇の群れ"は、 "世代のvipers " 、それらの父は悪魔の子供たちは、悪の、 imitando 、 nascendo (アウグスティヌス) 。 [2] One may be tempted to understand the seed of the woman in a similar collective sense, embracing all who are born of God. [ 2 ] 5月に1つの種子の誘惑に理解して、集団の女性が、同様の意味では、すべてのwhoは生まれながらに神の受け入れです。 But seed not only may denote a particular person, but has such a meaning usually, if the context allows it.しかし、種子示すだけでなく、特定の人物がありますが、そのような意味通常、コンテキストの場合、使用してください。 St. Paul (Galatians 3:16) gives this explanation of the word "seed" as it occurs in the patriarchal promises: "To Abraham were the promises made and to his seed. He saith not, and to his seeds, as of many; but as of one, and to his seed, which is Christ".聖パウロ(ガラテヤ人への手紙3:16 )という言葉は、この説明は"シード"として家父長が発生することを約束: "をアブラハムは、彼の種子を約束したとします。かれは、彼の種子と、多くの;しかし、 1つ、および彼の種子を、これはイエスキリスト"です。 Finally the expression "the woman" in the clause "I will put enmities between thee and the woman" is a literal version of the Hebrew text.最後に、表現の"女性"という句"わたしは、なたとの間に置くenmitiesの女性"は、リテラルのバージョンのヘブライ語のテキストです。 The Hebrew Grammar of Gesenius-Kautzsch [3] establishes the rule: Peculiar to the Hebrew is the use of the article in order to indicate a person or thing, not yet known and not yet to be more clearly described, either as present or as to be taken into account under the contextual conditions.ヘブライ語の文法ゲゼーニウス-カウチ[ 3 ]のルールを確立:ヘブライ語に特有の資料は、使用することを示すために、人やもの、まだ知られ、まだ明確に記載される他のいずれであっても、存在しないか、またはとしてすることが考慮されるべき条件の下にコンテンツです。 Since our indefinite article serves this purpose, we may translate: "I will put enmities between you and a woman".私たちはこの目的のために不定の記事以来、翻訳することがあります: "私はあなたとひとりの女との間に置くenmities "です。 Hence the prophecy promises a woman, Our Blessed Lady, who will be the enemy of the serpent to a marked degree; besides, the same woman will be victorious over the Devil, at least through her offspring.それゆえ、予言約束の女性、私たちを祝福レディー、 whoされる敵は、ヘビしてスパム度;それに、同じ女性の悪魔は勝利する、少なくともを通じて彼女の子孫です。 The completeness of the victory is emphasized by the contextual phrase "earth shall thou eat", which is according to Winckler [4] a common old-oriental expression denoting the deepest humiliation [5].の完全性を強調してコンテンツの勝利のフレーズは、 "地球は、なたを食べる" 、これはウィンクラーによると、 [ 4 ] 、共通の古-東洋の発現を示す最も深い屈辱[ 5 ]です。

Isaias 7:1-17 isaias 7:1-17

The second prophecy referring to Mary is found in Isaias 7:1-17. 2番目の予言を参照するisaiasメアリーは発見さ7:1-17です。 Critics have endeavoured to represent this passage as a combination of occurrences and sayings from the life of the prophet written down by an unknown hand [6].批評家では、この通路を表すの組み合わせとしての生活をよりことわざの出現と書かれたダウンされる未知の預言者ムハンマドの手[ 6 ] 。 The credibility of the contents is not necessarily affected by this theory, since prophetic traditions may be recorded by any writer without losing their credibility.信頼性の内容は、必ずしもこの理論に影響を受けて、 5月に記録されて以来の伝統予言任意の作家の信頼を失いつつある。 But even Duhm considers the theory as an apparent attempt on the part of the critics to find out what the readers are willing to bear patiently; he believes it is a real misfortune for criticism itself that it has found a mere compilation in a passage which so graphically describes the birth-hour of faith.しかし、考えてもドゥームの理論上の試みとして明らかにするためにどのような読者の批評家を確認するには喜んでクマ辛抱強く;と彼は考えては本当の不幸を批判すること自体が見つかりました、単なる通過をするためのコンパイルグラフィカルに説明して誕生時間の信仰です。

According to 2 Kings 16:1-4, and 2 Chronicles 27:1-8, Achaz, who began his reign 736 BC, openly professed idolatry, so that God gave him into the hands of the kings of Syria and Israel. 16:1-4によると、 2キングスと2クロニクル27:1-8 、 achaz 、 who始めた彼の治世紀元前736 、偶像崇拝を公然と公言したように、神は彼の手にし、シリアとイスラエルの王です。 It appears that an alliance had been concluded between Phacee, King of Israel, and Rasin, King of Damascus, for the purpose of opposing a barrier to the Assyrian aggressions.それが表示さ同盟の間で締結さphaceeていた、キングオブイスラエル、日本、およびラシーン、キングオブダマスカス、反対のためにaggressionsでは、アッシリアへの障壁となる。 Achaz, who cherished Assyrian proclivities, did not join the coalition; the allies invaded his territory, intending to substitute for Achaz a more subservient ruler, a certain son of Tabeel. achaz 、アッシリアwho大切な性癖を、連立与党に参加するしなかったし、彼の同盟国の領土を侵略、他の意図を代用する卑屈achaz定規、 tabeel 、特定の息子である。 While Rasin was occupied in reconquering the maritime city Elath, Phacee alone proceeded against Juda, "but they could not prevail".ラシーンreconqueringを継いでいる間は、海上都市エラト、反対juda進めphaceeだけで、 "しかし、彼らを説得できませんでした" 。 After Elath had fallen, Rasin joined his forces with those of Phacee; "Syria hath rested upon Ephraim", whereupon "his (Achaz') heart was moved, and the heart of his people, as the trees of the woods are moved with the wind".エラトが低下した後、彼の軍のものとラシーンメンバー登録phacee ; "休息時かれらシリアエフライム" 、すると"彼( achaz ' )心臓が移動すると、彼の人々との中心部に、森の木に移動する風"です。 Immediate preparations must be made for a protracted siege, and Achaz is busily engaged near the upper pool from which the city received the greater part of its water supply.当面の準備をしなければならない、長引く包囲し、近くに奔走するachazはプールの上部からは、市街地の大部分を受け、水の供給します。 Hence the Lord says to Isaias: "Go forth to meet Achaz. . .at the end of the conduit of the upper pool".それゆえに、主は言うisaias : "出て行くachazを満たす。 。 。 。 。末の導管の上部にプール"です。 The prophet's commission is of an extremely consoling nature: "See thou be quiet; hear not, and let not thy heart be afraid of the two tails of these firebrands".預言者ムハンマドの委員会は、非常にconsolingの自然環境: "を参照静かになた;聞こうとはしない、なたの心をご存知でしたら、ないのではないかと心配firebrands 、これらの2つのしっぽ"です。 The scheme of the enemies shall not succeed: "it shall not stand, and this shall not be."敵のスキームは、成功者は: "それはないスタンドは、この限りでは決してない。 " What is to be the particular fate of the enemies?何がされる、特定の運命の敵ですか?

Syria will gain nothing, it will remain as it has been in the past: "the head of Syria is Damascus, and the head of Damascus is Rasin".シリアは、何も得ることがままにされて編集して項目: "の頭のシリアはダマスカス、との頭のダマスカスはラシーン"です。

Ephraim too will remain in the immediate future as it has been hitherto: "the head of Ephraim is Samaria, and the head of Samaria the son of Romelia"; but after sixty-five years it will be destroyed, "within threescore and five years Ephraim shall cease to be a people".エフライムあまりにも近い将来に残っているのは、このように、これまで: "サマリアの頭のエフライムは、との頭のサマリアの息子のromelia " ;しかし、 65年後に破壊される、 " 5年間に60歳とエフライムものは、人々のをやめる"です。

Achaz had abandoned the Lord for Moloch, and put his trust in an alliance with Assyria; hence the conditional prophecy concerning Juda, "if you will not believe, you shall not continue".捨てられたのは、主achaz molochし、彼の信頼を置くと同盟関係にアッシリア;ための条件に関する予言juda 、 "もしそれが信じられない、あなたは続ける"です。 The test of belief follows immediately: "ask thee a sign of the Lord thy God, either unto the depth of hell or unto the height above".すぐに次のように、テストの信念: "まず聞いて、なたの兆候をなたの神、主は、かれらの深さを地獄のいずれかまたは上記のかれらの高さ"です。 Achaz hypocritically answers: "I will not ask, and I will not tempt the Lord", thus refusing to express his belief in God, and preferring his Assyrian policy.猫をかぶってachaz回答: "私はありませんが要請すれば、と私は、主誘惑" 、これを拒否して神への信仰を表明し、彼のアッシリア政策を好む。 The king prefers Assyria to God, and Assyria will come: "the Lord shall bring upon thee and upon thy people, and upon the house of thy father, days that have not come since the time of the separation of Ephraim from Juda with the king of the Assyrians."ザキングを好んでアッシリアの神となり、アッシリアが来る: "主は、なたの人々にもたらすになたとし、なたの父の家の時、日中にされていない時に来て以来、エフライムからの分離をjudaザキングは、 assyrians 。 " The house of David has been grievous not merely to men, but to God also by its unbelief; hence it "shall not continue", and, by an irony of Divine punishment, it will be destroyed by those very men whom it preferred to God.痛ましいの家のデビッドされていない男性だけではなく、神もその不信心;それゆえに"ものはない"と、神の罰の皮肉で、それは誰によって破壊されることを好まれる方がこれらの非常に男性の神です。

Still the general Messianic promises made to the house of David cannot be frustrated: "The Lord Himself shall give you a sign. Behold a virgin shall conceive, and bear a son, and his name shall be called Emmanuel. He shall eat butter and honey, that he may know to refuse the evil and to choose the good. For before the child know to refuse the evil, and to choose the good, the land which thou abhorrest shall be forsaken of the face of her two kings."まだ全般を公約に救世主の家のデビッドすることはできません欲求不満: " 、主ご自身のサインを与えるものです。見よ、処女思い付く限り、息子を負担するとし、エマニュエルと呼ばれる彼の名前をしなければならない。彼は、バターとはちみつを食べる、それを拒否することを知る彼は、悪を選択すると良いです。子供の前に知って悪を拒否すると良い選択して、その土地abhorrestなたの顔をしなければならないの見捨てられた彼女の2つの王です。 " Without answering a number of questions connected with the explanation of the prophecy, we must confine ourselves here to the bare proof that the virgin mentioned by the prophet is Mary the Mother of Christ.いくつかの質問に答える説明を予言に接続して、自分はここを拘束しなければならないのむき出しの証拠を手に入れるに記載された預言者は、聖母マリアがイエスキリストの母です。 The argument is based on the premises that the prophet's virgin is the mother of Emmanuel, and that Emmanuel is Christ.引数が前提に基づいて、ヴァージンは、預言者の母は、エマニュエルており、そのエマニュエルは、イエスキリストです。 The relation of the virgin to Emmanuel is clearly expressed in the inspired words; the same indicate also the identity of Emmanuel with the Christ.エマニュエルの関係は明らかに処女を言葉で表現さのインスピレーション;と同じエマニュエルのアイデンティティを示しても、イエスキリストです。

The connection of Emmanuel with the extraordinary Divine sign which was to be given to Achaz predisposes one to see in the child more than a common boy.エマニュエルとの臨時の接続が神のサインをachaz predisposesを与えられた1つ以上の子供に表示されてから、共通の少年です。 In 8:8, the prophet ascribes to him the ownership of the land of Juda: "the stretching out of his wings shall fill the breadth of thy land, O Emmanuel".の午前8時08分、 ascribesを、彼は預言者ムハンマドの土地の所有権をjuda : "のストレッチングを取り出しました翼幅いっぱいにするのは、なたの土地、またはエマニュエル"です。 In 9:6, the government of the house of David is said to be upon his shoulders, and he is described as being endowed with more than human qualities: "a child is born to us, and a son is given to us, and the government is upon his shoulders, and his name shall be called Wonderful, Counsellor, God the Mighty, the Father of the World to Come, and the Prince of Peace".は9時06分、政府はその家のデビッドは彼の肩によるとされる、と彼は説明されて資質に恵まれている人間を超える: "子供が生まれる参考にさせて、息子は与えられた参考にさせて政府は、彼の肩に、彼の名前をしなければならないと素晴らしいと呼ばれる、カウンセラー、神の偉力ならびなくの父の世界に来ると、王子の平和"です。 Finally, the prophet calls Emmanuel "a rod out of the root of Jesse" endowed with "the spirit of the Lord. . .the spirit of wisdom and of understanding, the spirit of counsel, and of fortitude, the spirit of knowledge and of godliness"; his advent shall be followed by the general signs of the Messianic era, and the remnant of the chosen people shall be again the people of God (11:1-16).最後に、預言者ムハンマドの呼び出しエマニュエル"ジェシーロッドのルートにする"に恵まれている"の精神を、主。 。 。 。 。の精神を理解の知恵と、弁護人の精神を、との不屈の精神は、知識と精神の神を敬う" ;彼の出現しなければならないのに続いて救世主のような時代の徴候を総合し、人々は、選択したの残留を再度しなければならないの人々は神( 11:1-16 ) 。

Whatever obscurity or ambiguity there may be in the prophetic text itself is removed by St. Matthew (1:18-25).何かのあいまいさ、あいまいされる場合があります予言は、マタイのテキスト自体は削除される( 1:18-25 ) 。 After narrating the doubt of St. Joseph and the angel's assurance, "that which is conceived in her is of the Holy Ghost", the Evangelist proceeds: "now all this was done that it might be fulfilled which the Lord spoke by the prophet, saying: Behold a virgin shall be with child, and bring forth a son, and they shall call his name Emmanuel."後に語り、疑いの聖ヨセフと天使の保証、 "それが彼女の考えは、聖霊"の場合、収益の伝道者: "今すぐこれはすべてのかもしれないが果たされることは、主スポークされた預言者、と言っ:見よ、処女しなければならないと子供と、生み出すの息子、エマニュエルとかれらは彼の名前をコールします。 " We need not repeat the exposition of the passage given by Catholic commentators who answer the exceptions raised against the obvious meaning of the Evangelist.私たちに付随する必要はないの通過を繰り返す与えられたカトリックのコメンテーターwho提起に対する答えの例外のエバンジェリストの意味を明らかにします。 We may infer from all this that Mary is mentioned in the prophecy of Isaias as mother of Jesus Christ; in the light of St. Matthew's reference to the prophecy, we may add that the prophecy predicted also Mary's virginity untarnished by the conception of the Emmanuel [7].すべてを推測することがありますから、このことメアリーは予言のisaiasに記載されてイエスキリストの母として;は、光の聖マタイの予言の参照を追加することがあります予言は、メアリーの処女も変色していないと予測される概念は、エマニュエル[ 7 ] 。

Micheas 5:2-3 micheas 5:2-3

A third prophecy referring to Our Blessed Lady is contained in Micah 5:2-3: "And thou, Bethlehem, Ephrata, art a little one among the thousands of Juda: out of thee shall be come forth unto me that is to be the ruler in Israel, and his going forth is from the beginning, from the days of eternity. Therefore will he give them up till the time wherein she that travaileth shall bring forth, and the remnant of his brethren shall be converted to the children of Israel." 3番目の予言を参照して私たちを祝福ミカレディは含まれて5:2-3 : "となた、ベツレヘム、エフラタ、アート少しの間、数千人の1つのjuda :アウトをしなければならない、罷り出る時、なたは、かれらをメインに、定規で、イスラエル、と彼の記載は、最初から行くから、日中に永遠です。したがって与えることは、彼は彼女がそこまでの時間を生み出すtravailethは、彼の兄弟としなければならないの残骸を、イスラエルの子孫に変換される。 " Though the prophet (about 750-660 BC) was a contemporary of Isaias, his prophetic activity began a little later and ended a little earlier than that of Isaias.かかわらず、預言者ムハンマド(約750から660まで紀元前)は、現代のisaias 、彼の予言的な活動が始まった少し後に、以前に比べて少し終了isaiasです。 There can be no doubt that the Jews regarded the foregoing prediction as referring to the Messias.疑いの余地はないと考え、前述の予測は、ユダヤ人としてmessiasを参照してください。 According to St. Matthew (2:6) the chief priests and scribes, when asked where the Messias was to be born, answered Herod in the words of the prophecy, "And thou Bethlehem the land of Juda. . ."マタイによると、 ( 2時06分)の主任司祭とscribes 、と尋ねられるとは、 messiasを持って生まれるが、回答は、ヘロデ王の予言の言葉を、 "ベツレヘムの土地のjudaとなた。 。 。 。 。 " According to St. John (7:42), the Jewish populace gathered at Jerusalem for the celebration of the feast asked the rhetorical question: "Doth not the Scripture say that Christ cometh of the seed of David, and from Bethlehem, the town where David was?"によると、聖ヨハネ( 7:42 ) 、エルサレムのユダヤ人が集まった。民衆を記念して祝宴を要請して修辞的質問: " doth啓典は、イエスキリストが来ることを言ってやるの種子のデビッド、およびよりBethlehem 、どこの町デビッドはですか? " The Chaldee paraphrase of Micah 5:2, confirms the same view: "Out of thee shall come forth unto me the Messias, that he may exercise dominion in Israel".ミカのchaldee言い換えの午前5時02分、同じに確認して表示: "アウトオブなたは、かれ私に罷り出るmessias 、その彼は5月、イスラエル運動ドミニオン"です。 The very words of the prophecy admit of hardly any other explanation; for "his going forth is from the beginning, from the days of eternity".予言の言葉を認めるのは非常に他のほとんどの説明;は"彼の記載は、最初から行くから、日中に永遠"です。

But how does the prophecy refer to the Virgin Mary?しかし、どのようにして予言を参照して、聖母マリアですか? Our Blessed Lady is denoted by the phrase, "till the time wherein she that travaileth shall bring forth".私たちを祝福の言葉で表さレディ、 "彼女はそこまでの時間を生み出すものtravaileth "です。 It is true that "she that travaileth" has been referred to the Church (St. Jerome, Theodoret), or to the collection of the Gentiles united with Christ (Ribera, Mariana), or again to Babylon (Calmet); but, on the one hand, there is hardly a sufficient connection between any of these events and the promised redeemer, on the other hand, the passage ought to read "till the time wherein she that is barren shall bring forth" if any of these events were referred to by the prophet.それは事実だが、 "彼女がtravaileth "が言及している教会(聖ジェローム、 theodoret ) 、またはしてコレクションに加え、 gentilesするUnitedとイエスキリスト(リベラ、マリアナ) 、または再びバビロン(カルメ) ;しかし、上の1つの手では、ほとんどのいずれかの間の接続をするための十分なイベントや約束の救い主、その一方で、読むの通過にしたい場合に使います。 "彼女はそこまでの時間を生み出すものでは不毛の地"もしあれば、これらのイベントは言及預言者ムハンマドをされています。 Nor can "she that travaileth" be referred to Sion: Sion is spoken of without figure before and after the present passage so that we cannot expect the prophet to lapse suddenly into figurative language.また、 "彼女がtravaileth "に関連してシオン:シオンが話され、図の前と後に、現在のように通過することはできません預言者を期待して経過を比喩的な言葉が突然です。 Moreover, the prophecy thus explained would not give a satisfactory sense.また、このように、予言納得のいく説明を与える意味ではない。 The contextual phrases "the ruler in Israel", "his going forth", which in Hebrew implies birth, and "his brethren" denote an individual, not a nation; hence we infer that the bringing forth must refer to the same person.慣用句の文脈"がイスラエルの支配" 、 "彼の行くいる" 、これはヘブライ語意味誕生し、 "彼の兄弟"示す、個々のではなく、国家;それゆえ私たちもたらす推測して同じ人を参照している必要があります。 It has been shown that the person of the ruler is the Messias; hence "she that travaileth" must denote the mother of Christ, or Our Blessed Lady.それは、人が示されているルーラは、 messias ;それゆえ"彼女がtravaileth "キリストの母示す必要がありますか、または私たちを祝福レディです。 Thus explained the whole passage becomes clear: the Messias must be born in Bethlehem, an insignificant village in Juda: his family must be reduced to poverty and obscurity before the time of his birth; as this cannot happen if the theocracy remains intact, if David's house continues to flourish, "therefore will he give them up till the time wherein she that travaileth shall bring forth" the Messias.このように説明して全体の通過が明らかに:ベツレヘムに生まれるmessiasしなければならない、取るに足りない村でjuda :彼の家族しなければならない無名のまま減少して、貧困と時間の前に彼の誕生;として、この神権政治の場合、発生することはできないまま、デビッドの場合家に繁栄し続けて、 "そのために彼にして彼女はそこまでの時間を生み出すものtravaileth " messiasです。 [8] [ 8 ]

Jeremias 31:22イェレミアス31:22

A fourth prophecy referring to Mary is found in Jeremias 31:22; "The Lord has created a new thing upon the earth: A woman shall compass a man".メアリーは4番目の予言を参照して発見さイェレミアス31:22 ; "主は、新しいものを作成した時、地球:ある女性は、コンパスの男"です。 The text of the prophet Jeremias offers no small difficulties for the scientific interpreter; we shall follow the Vulgate version of the Hebrew original.預言者ムハンマドのテキストを提供イェレミアス少なからぬ困難を、科学の通訳;我々は次のウルガタ聖書のヘブライ語版のオリジナルです。 But even this rendering has been explained in several different ways: Rosenmuller and several conservative Protestant interpreters defend the meaning, "a woman shall protect a man"; but such a motive would hardly induce the men of Israel to return to God.しかし、このレンダリングされ、いくつかの異なる方法で説明さ:ローゼンミュラーといくつかの保守的プロテスタントの通訳を擁護する意味は、 "女は男を保護する" ;しかし、このような動機を誘発するほとんどの男性はイスラエルに戻るには神です。 The explanation "a woman shall seek a man" hardly agrees with the text; besides, such an inversion of the natural order is presented in Isaias 4:1, as a sign of the greatest calamity.の説明"を模索する女性は、男性"ほとんど同意は、テキスト;それに、このような反転は、自然界の秩序が提示さisaias 4:1 、としての最大の災難のサインです。 Ewald's rendering, "a woman shall change into a man", is hardly faithful to the original text.エバルトのレンダリングは、 "女性は男性に変更する" 、原作に忠実なテキストがほとんどです。 Other commentators see in the woman a type of the Synagogue or of the Church, in man the type of God, so that they explain the prophecy as meaning, "God will dwell again in the midst of the Synagogue (of the people of Israel)" or "the Church will protect the earth with its valiant men".他のコメンテーターに表示されて女性のタイプは、シナゴーグや教会は、神の男性のタイプ、それでかれら予言として意味を説明して、 "神は再び住むの真っただ中にあるシナゴーグ(イスラエルの人々は) "または"地球を保護するための教会はその勇敢な男"です。 But the Hebrew text hardly suggests such a meaning; besides, such an explanation renders the passage tautological: "Israel shall return to its God, for Israel will love its God".しかし、ヘブライ語のテキストはほとんどそのような意味を示唆;それに、そのような説明の通過にレンダリングtautological : "イスラエルは戻ってその神は、イスラエルは、神の愛"です。 Some recent writers render the Hebrew original: "God creates a new thing upon the earth: the woman (wife) returns to the man (her husband)".最近の作家レンダリングするいくつかのヘブライ語オリジナル: "神の新しいものを作成する時、地球:その女性(妻)戻り値をその男(夫) "です。 According to the old law (Deuteronomy 24:1-4; Jeremiah 3:1) the husband could not take back the wife once repudiated by him; but the Lord will do something new by allowing the faithless wife, ie the guilty nation, to return to the friendship of God.によると、古法(申命記24:1-4 ;エレミヤ3:1 )の夫ことができませんでした。先頭否定され彼の妻が一度;しかし、主は、何か新しいことを許可して不貞の妻、すなわち、罪を犯した国、神の友情に復帰する。 This explanation rests upon a conjectural correction of the text; besides, it does not necessarily bear the Messianic meaning which we expect in the passage.休符を推測するこの説明のテキストの補正;それに、クマの救世主とは限りませんの意味での通過を期待します。

The Greek Fathers generally follow the Septuagint version, "The Lord has created salvation in a new plantation, men shall go about in safety"; but St. Athanasius twice [9] combines Aquila's version "God has created a new thing in woman" with that of the Septuagint, saying that the new plantation is Jesus Christ, and that the new thing created in woman is the body of the Lord, conceived within the virgin without the co-operation of man.一般的に以下のセプトゥアギンタ、ギリシャの父親のバージョン、 "主には、新しいプランテーション作成救いは、男性は行くの安全性について" ;しかし、聖アタナシウスの2倍[ 9 ]組み合わせたaquilaさんのバージョン"神が作成したもので、新しい女性"しているセプトゥアギンタ、新しいプランテーションと言っているのは、イエスキリストは、新しいものを発明したとして作成された女性の体は、主よ、考えなしに、聖母の共同作戦の男です。 St. Jerome too [10] understands the prophetic text of the virgin conceiving the Messias.聖ジェロームあまりにも[ 10 ]予言のテキストを理解して理解するのバージンmessiasです。 This meaning of the passage satisfies the text and the context.このテキストの意味を満たしているとの通過のコンテキストです。 As the Word Incarnate possessed from the first moment of His conception all His perfections excepting those connected with His bodily development, His mother is rightly said to "compass a man".所有という言葉の化身としての最初の瞬間から彼の概念それらの接続を除いてすべて彼の完成彼の身体の開発、当然によると彼の母親は"コンパスの男"です。 No need to point out that such a condition of a newly conceived child is rightly called "a new thing upon earth".する必要がないと指摘しているような状態なの子供は当然と呼ばれる、新たに"新しいことに地球"です。 The context of the prophecy describes after a short general introduction (30:1-3) Israel's future freedom and restoration in four stanzas: 30:4-11, 12-22; 30:23; 31:14, 15-26; the first three stanzas end with the hope of the Messianic time.予言のコンテキストでは、説明の後に短い一般的な紹介( 30:1-3 )イスラエルの将来の自由と修復、 4つの節: 30:4-11 、 12-22 ; 30:23 、 31:14 、 15-26 ;の最初の3つの行の最後に夢を与えてくれる救世主のような時間です。 The fourth stanza, too, must be expected to have a similar ending.第4 stanza 、あまりにも、しなければならないと予想さは、同じような結末です。 Moreover, the prophecy of Jeremias, uttered about 589 BC and understood in the sense just explained, agrees with the contemporary Messianic expectations based on Isaias 7:14; 9:6; Micah 5:3.また、イェレミアスの予言を、約589口の感覚だけで解釈されてBCと説明し、同意に基づいて、現代の救世主の期待isaias 7:14 ;午前9時06分;ミカ5時03分です。 According to Jeremias, the mother of Christ is to differ from other mothers in this, that her child, even while within her womb, shall possess all those properties which constitute real manhood [11].イェレミアスによると、イエスキリストの母は、他の母親と異なるのは、彼女の子供にも、彼女の子宮中に、これらのプロパティを構成するすべてのものを持つ真の男らしさ[ 11 ]です。 The Old Testament refers indirectly to Mary in those prophecies which predict the Incarnation of the Word of God.メアリーは、間接的に、旧約聖書の予言ではこれらの単語を予測するのは、神の化身です。

II. Ⅱ 。 OLD TESTAMENT TYPES AND FIGURES OF MARY旧約聖書の種類とフィギュアのメアリー

In order to be sure of the typical sense, it must be revealed, ie it must come down to us through Scripture or tradition.いることを確認するために、典型的な意味では、明らかにしなければならないこと、つまり先に降りてくる必要があります。啓典や伝統を介しています。 Individual pious writers have developed copious analogies between certain data of the Old Testament and corresponding data of the New; however ingenious these developments may be, they do not prove that God really intended to convey the corresponding truths in the inspired text of the Old Testament.個々の敬けんな作家が開発した類似の間に多量のデータを特定のデータを、旧約聖書のとそれに対応する新しい;しかし、これらの独創的な発展5月に、彼らはありません証明して伝えることを目的とし、対応する本当に神の真理は、旧約聖書のテキストを刺激します。 On the other hand, it must be kept in mind that not all truths contained in either Scripture or tradition have been explicitly proposed to the faithful as matters of belief by the explicit definition of the Church.その一方で、それを念頭に置いて保管しなければならないすべての真理に含まれているわけではない啓典のいずれかまたは明示的に提案しても伝統に忠実としての信念の問題の教会の定義を明示される。

According to the principle "Lex orandi est lex credenti" we must treat at least with reverence the numberless suggestions contained in the official prayers and liturgies of the Church.原則によれば、 "法律orandiは法律credenti "少なくとも敬意をもって治療しなければならないの無数の提案に含まれている公式liturgiesは、教会の祈りとします。 In this sense we must regard many of the titles bestowed on Our Blessed Lady in her litany and in the "Ave maris stella".この意味でのタイトルしなければならない点の多くは、私たちを祝福女の人に授与さ彼女の嫌になるほどとは、 "アヴェマリスステラ"です。 The Antiphons and Responses found in the Offices recited on the various feasts of Our Blessed Lady suggest a number of types of Mary that hardly could have been brought so vividly to the notice of the Church's ministers in any other way. antiphonsとレスポンスの読誦を発見されたオフィスの様々なお祭りの祝福を示唆する多くの女性がほとんどの種類のメアリーむけさせがありありとして通知するので、教会の閣僚が他の方法です。 The third antiphon of Lauds of the Feast of the Circumcision sees in "the bush that was not burnt" (Exodus 3:2) a figure of Mary conceiving her Son without the loss of her virginity. 3番目のlaudsアンティフォンのごちそうは、割礼を追っている"とブッシュ大統領ではない焼き" (出エジプト記3:2 )を図のメアリー理解彼女の息子に処女を喪失します。 The second antiphon of Lauds of the same Office sees in Gideon's fleece wet with dew while all the ground beside had remained dry (Judges 6:37-38) a type of Mary receiving in her womb the Word Incarnate [12]. 2番目のアンティフォンのlaudsと同じ事務所を追っているギデオンのフリースでぬれていた露中のすべての地面に横には依然乾燥(裁判官6:37-38 )を受信するタイプのメアリー彼女の子宮という言葉の化身[ 12 ]です。 The Office of the Blessed Virgin applies to Mary many passages concerning the spouse in the Canticle of Canticles [13] and also concerning Wisdom in the Book of Proverbs 8:22-31 [14].事務所は、聖母マリアが適用さ通路に関する多くのの配偶者は、賛美歌のソロモンの歌[ 13 ]とも知恵は、予約の諺に関する8:22-31 [ 14 ]です。 The application to Mary of a "garden enclosed, a fountain sealed up" mentioned in Canticles 4:12 is only a particular instance of what has been said above.して、アプリケーションをメアリーは、 "庭同封のは、密閉型の泉"に記載され4:12ソロモンの歌は、特定のインスタンスのみによるとされてきたことです。 [15] Besides, Sara, Debbora, Judith, and Esther are variously used as figures of Mary; the ark of the Covenant, over which the presence of God manifested itself, is used as the figure of Mary carrying God Incarnate within her womb. [ 15 ]のほか、サラ、 debbora 、ジュディス、および使用されてエスターは、さまざまなフィギュアのメアリー;の契約の箱、神の存在を明らかにする自体、図のメアリーとして使用されて彼女の子宮に運ぶ神の化身です。 But especially Eve, the mother of all the living (Genesis 3:20), is considered as a type of Mary who is the mother of all the living in the order of grace [16].しかし、特に前夜、母親の生活のすべての(創世記3:20 )は、一種であると考えられwhoは、母親のメアリーに住んでのすべての注文の恵みを受けて[ 16 ]です。

III. Ⅲ 。 MARY IN THE GOSPELSメアリーは、福音書

The reader of the Gospels is at first surprised to find so little about Mary; but this obscurity of Mary in the Gospels has been studied at length by Blessed Peter Canisius [17], Auguste Nicolas [18], Cardinal Newman [19], and Very Rev. J. Spencer Northcote [20].読者は、福音書は、最初の驚きを見つけるためリトル約メアリー;しかし、この無名のメアリーは、福音書で長さを勉強され祝福ピーターカニシウス[ 17 ] 、オーギュストニコラス[ 18 ] 、カーディナルニューマン[ 19 ] 、および非常に改訂j.スペンサーノースコート[ 20 ]です。 In the commentary on the "Magnificat", published 1518, even Luther expresses the belief that the Gospels praise Mary sufficiently by calling her (eight times) the Mother of Jesus.は、論評で、 " magnificat " 、公開1518 、ルーサー表現しても信念は、福音書を呼び出すことによって彼女の称賛を十分にメアリー( 8回)の母、イエスキリストです。 In the following paragraphs we shall briefly group together what we know of Our Blessed Lady's life before the birth of her Divine Son, during the hidden life of Our Lord, during His public life and after His resurrection.わたしたちは簡単には、次の段落で一つのグループにまとめる私たちの人生を知って私たちを祝福レディ彼女の前にして生まれた神の息子、生活の中に隠し、わたしたちの主は、市民生活の中に彼と彼の後に復活します。

Mary's Davidic ancestryメアリーのdavidic覇王

St. Luke (2:4) says that St. Joseph went from Nazareth to Bethlehem to be enrolled, "because he was of the house and family of David".聖ルカ( 2時04分)によると、聖ヨセフはベツレヘムよりNazarethに登録される、 "なぜなら彼はその家や家族とのデイビッド"です。 As if to exclude all doubt concerning the Davidic descent of Mary, the Evangelist (1:32, 69) states that the child born of Mary without the intervention of man shall be given "the throne of David His father", and that the Lord God has "raised up a horn of salvation to us in the house of David his servant".すべてのを除外する場合に、疑いを抱いてdavidic降下のメアリーは、エバンジェリスト( 1:32 、 69 )のメアリーで生まれた子供には、人間の介入なしに与えられたしなければならない"彼の父の玉座のデビッド"とは、主神は"ホーンの救いを提起するに問い合わせて、家中のデビッド彼の使用人"です。 [21] St. Paul too testifies that Jesus Christ "was made to him [God] of the seed of David, according to the flesh" (Romans 1:3). [ 21 ]聖パウロの証言があまりにもイエスキリスト"が行われた彼[神]は、種子のデビッド、肉によれば、 " (ローマ人への手紙1:3 ) 。 If Mary were not of Davidic descent, her Son conceived by the Holy Ghost could not be said to be "of the seed of David".メアリーdavidic降下の場合は、彼女の息子聖霊構想されたといわれてできませんでした"は、種子のデビッド"です。 Hence commentators tell us that in the text "in the sixth month the angel Gabriel was sent from God. . .to a virgin espoused to a man whose name was Joseph, of the house of David" (Luke 1:26-27); the last clause "of the house of David" does not refer to Joseph, but to the virgin who is the principal person in the narrative; thus we have a direct inspired testimony to Mary's Davidic descent.そのためには、テキストの解説を教えて下さい"と、 6月の天使ガブリエルは神から送られる。 。 。 。 。してバージンespousedして男の名前は、ジョセフ、その家のデビッド" (ルカ1:26-27 ) ;の最後の句"は、ハウスオブデイビッド"を参照してジョセフはありませんが、 whoは、校長をバージン人は、物語;こうして私たちは、直接の証拠を提出メアリーインスピレーションdavidic降下します。 [22] [ 22 ]

While commentators generally agree that the genealogy found at the beginning of the first Gospel is that of St. Joseph, Annius of Viterbo proposes the opinion, already alluded to by St. Augustine, that St. Luke's genealogy gives the pedigree of Mary.一般的に同意するものとしながらコメンテーターが見つかりました家系の最初の福音書の冒頭には、聖ヨセフ、ヴィテルボ提案してanniusの意見によれば、すでに聖アウグスティヌスをそれとなく触れられたように、その聖ルカの系譜により、血統のメアリーです。 The text of the third Gospel (3:23) may be explained so as to make Heli the father of Mary: "Jesus. . .being the son (as it was supposed of Joseph) of Heli", or "Jesus. . .being the son of Joseph, as it was supposed, the son of Heli" (Lightfoot, Bengel, etc.), or again "Jesus. . .being as it was supposed the son of Joseph, who was [the son-in-law] of Heli" [23]. 3番目の福音書のテキストを( 3:23 )年5月に説明を作るためにヘリの父親のメアリー: "イエスキリスト。 。 。 。 。の息子(としてのことだったジョセフ)のヘリ" 、または"イエスキリスト。 。 。 。 。ジョセフの息子であるが、それは仮定の息子のヘリ" (ライトフット、ベンゲル、等) 、または再び"イエスキリスト。 。 。 。 。が、それは仮定の息子のジョセフ、 whoは、 [の息子-さ-法]のヘリ" [ 23 ]です。 In these explanations the name of Mary is not mentioned explicitly, but it is implied; for Jesus is the Son of Heli through Mary.これらの説明に記載の名前を明示的にメアリーではない、それは黙示的な;はイエスキリストを通してメアリーは、息子のヘリです。

Her parents彼女の両親

Though few commentators adhere to this view of St. Luke's genealogy, the name of Mary's father, Heli, agrees with the name given to Our Lady's father in a tradition founded upon the report of the Protoevangelium of James, an apocryphal Gospel which dates from the end of the second century.いくつかのコメンテーターかかわらずこのビューを表示するに従っているの聖ルカの系譜は、メアリーの父の名前を、ヘリ、同意を私たちに与えられた名前の女性の父親に伝統の設立に提出した報告書をprotoevangeliumのジェームズは、ゴスペルの日程からの作り話2番目の世紀の終わりです。 According to this document the parents of Mary are Joachim and Anna.この文書によると、親のメアリーは、ヨアヒムとアンナです。 Now, the name Joachim is only a variation of Heli or Eliachim, substituting one Divine name (Yahweh) for the other (Eli, Elohim).今すぐ、ヨアヒムの名前が変化したもののみeliachimヘリまたは、代わりに1つの神の名(ヤハウェ)を、他の(イーライ、エロヒム) 。 The tradition as to the parents of Mary, found in the Gospel of James, is reproduced by St. John Damascene [24], St. Gregory of Nyssa [25], St. Germanus of Constantinople [26], pseudo-Epiphanius [27], pseudo-Hilarius [28], and St. Fulbert of Chartres [29].親としての伝統をメアリー、発見されたジェームズによる福音書は、再現され聖ヨハネダマシン[ 24 ] 、聖グレゴリーのnyssa [ 25 ] 、聖germanusのコンスタンティノープル[ 26 ] 、擬似-聖エピファニオス[ 27 ] 、擬似-ヒラリウス[ 28 ] 、および聖fulbertのシャルトル[ 29 ]です。 Some of these writers add that the birth of Mary was obtained by the fervent prayers of Joachim and Anna in their advanced age.いくつかの作家の誕生を追加して得られたメアリーは、ヨアヒムとアンナの熱心な祈りに高度な年齢です。 As Joachim belonged to the royal family of David, so Anna is supposed to have been a descendant of the priestly family of Aaron; thus Christ the Eternal King and Priest sprang from both a royal and priestly family [30].ヨアヒムに属して王室としてのデビッドので、アンナは仮定され、聖職者のご家族の子孫であるアーロン;このようにイエスキリストspringの過去から永遠の王と僧侶の両方をロイヤルと聖職者のご家族[ 30 ]です。

The hometown of Mary's parentsメアリーの両親の故郷

According to Luke 1:26, Mary lived in Nazareth, a city in Galilee, at the time of the Annunciation.ルーク1:26によると、メアリーに住んでナザレスは、ガリラヤ市で、発表するものであり、受胎告知します。 A certain tradition maintains that she was conceived and born in the same house in which the Word became flesh [31].その彼女は、特定の伝統を維持する考えと同じ家に生まれるという言葉が肉[ 31 ]です。 Another tradition based on the Gospel of James regards Sephoris as the earliest home of Joachim and Anna, though they are said to have lived later on in Jerusalem, in a house called by St. Sophronius of Jerusalem [32] Probatica.別の伝統に基づいて、福音書として最古のジェームズに関してsephorisホームのヨアヒムとアンナ、かれらによると、エルサレムに住んだことがあるの後半では、家と呼ばれる聖ソフロニオスのエルサレム[ 32 ] probaticaです。 Probatica, a name probably derived from the sanctuary's nearness to the pond called Probatica or Bethsaida in John 5:2. probatica 、聖域の名前の由来して、おそらく近いbethsaidaして池と呼ばれる、ジョンprobaticaまたは5時02分です。 It was here that Mary was born.それをここでは、メアリーが生まれた。 About a century later, about AD 750, St. John Damascene [33] repeats the statement that Mary was born in the Probatica.約1世紀後、約広告750 、聖ヨハネダマシン[ 33 ]が繰り返し表示するステートメントで、メアリー生まれ、 probaticaです。

It is said that, as early as in the fifth century the empress Eudoxia built a church over the place where Mary was born, and where her parents lived in their old age.によると、これは、早ければ5世紀は、教会を建て、皇后両eudoxiaれた場所にメアリーが産まれてから、彼女のご両親とどこに住んで、老後です。 The present Church of St. Anna stands at a distance of only about 100 Feet from the pool Probatica.聖アンナ教会、現在のスタンドとは距離をわずか約100フィートのプールprobaticaです。 In 1889, 18 March, was discovered the crypt which encloses the supposed burying-place of St. Anna. 1889年、 18年3月の暗号化を囲むのが発見さ埋設場所の聖アンナはずです。 Probably this place was originally a garden in which both Joachim and Anna were laid to rest.おそらくこの場所は、もともとは庭では両方のヨアヒムとアンナは休ませる。 At their time it was still outside of the city walls, about 400 feet north of the Temple.先にはまだ時間が、城壁の外側、約四〇 〇フィート北の寺です。 Another crypt near St. Anna's tomb is the supposed birthplace of the Blessed Virgin; hence it is that in early times the church was called St. Mary of the Nativity [34].聖アンナの墓の近くに別の暗号化は、聖母はずの発祥の地;したがってそれは初めに倍の聖母教会は、キリスト降誕と呼ばれる[ 34 ]です。 In the Cedron Valley, near the road leading to the Church of the Assumption, is a little sanctuary containing two altars which are said to stand over the burying-places of Sts.は、 cedron谷、近くの道路につながるという想定の下の教会のは、少しは聖域を含む2つの祭壇に立つによると、埋葬のSTS -近くのです。 Joachim and Anna; but these graves belong to the time of the Crusades [35].ヨアヒムとアンナ;しかし、これらの墓は、十字軍の時間に属して[ 35 ]です。 In Sephoris too the Crusaders replaced by a large church an ancient sanctuary which stood over the legendary house of Sts. sephorisザクルセイダーズはあまりにも大きな教会に置き換えられて立っていた古代の聖域に、伝説のハウスオブ以上のSTSです。 Joachim and Anna.ヨアヒムとアンナです。 After 1788 part of this church was restored by the Franciscan Fathers.この教会は1788部した後に復元されたフランシスコの父親です。

Her Immaculate Conception彼女の無原罪懐胎の祝日

The Immaculate Conception of Our Blessed Lady has been treated in a SPECIAL ARTICLE.レディーの無原罪懐胎の祝日の祝福され治療を受けて、特別なサポートします。

The birth of Maryメアリーにして生まれたか

As to the place of the birth of Our Blessed Lady, there are three different traditions to be considered.また、弊社の祝福の代わりにして生まれた女性には、 3つの異なった伝統とみなされる。

First, the event has been placed in Bethlehem.まず第一に、イベントがベツレヘムに配置されています。 This opinion rests on the authority of the following witnesses: it is expressed in a writing entitled "De nativ. S. Mariae" [36] inserted after the works of St. Jerome; it is more or less vaguely supposed by the Pilgrim of Piacenza, erroneously called Antoninus Martyr, who wrote about AD 580 [37]; finally the popes Paul II (1471), Julius II (1507), Leo X (1519), Paul III (1535), Pius IV (1565), Sixtus V (1586), and Innocent XII (1698) in their Bulls concerning the Holy House of Loreto say that the Blessed Virgin was born, educated, and greeted by the angel in the Holy House.この意見に依拠する権限には、次の証人:これは書面で表現される権利"デnativ米mariae " [ 36 ]挿入した後、作品の聖ジェローム;ことは多かれ少なかれ漠然としたはずの巡礼者のピアチェンツァ、誤ってアントニヌス殉教者と呼ばれる、広告who書いた約580 [ 37 ] ;最後に、教皇パウロ2世( 1471 ) 、ユリウス二世( 1507 ) 、レオ× ( 1519 ) 、ポール3世( 1535 ) 、ピオ4世( 1565 ) 、シクストゥス5世( 1586 ) 、および無邪気な12 ( 1698 )で彼らの聖なる家のロレトブルズたちは、聖母マリアが産まれてから、教育を受けた、と迎えられるの天使は、聖なる家です。 But these pontiffs hardly wish to decide an historical question; they merely express the opinion of their respective times.しかし、これらの願いを決定するpontiffsほとんどの歴史的な質問;彼らだけの意見を表現して、それぞれの回クリックします。

A second tradition placed the birth of Our Blessed Lady in Sephoris, about three miles north of Bethlehem, the Roman Diocaesarea, and the residence of Herod Antipas till late in the life of Our Lord. 2番目の伝統的配置にして生まれたの女の人に祝福さsephoris 、約3マイル北のベツレヘムは、ローマンdiocaesarea 、ヘロデ王の住居での生活をアンティパス遅くまで、わたしたちの主です。 The antiquity of this opinion may be inferred from the fact that under Constantine a church was erected in Sephoris to commemorate the residence of Joachim and Anna in that place [38]. 5月には、次の意見の古代という事実から推測されて建立さsephorisコンスタンティンは教会に住居を記念して、そのような場所にヨアヒムとアンナ[ 38 ]です。 St. Epiphanius speaks of this sanctuary [39].聖聖エピファニオス話すは、次のサンクチュアリ[ 39 ]です。 But this merely shows that Our Blessed Lady may have lived in Sephoris for a time with her parents, without forcing us to believe that she had been born there.しかし、これだけ女性によると5月に住んでいる私たちを祝福する時間をsephoris彼女の両親は、強制的に問い合わせをすると考えている彼女は生まれていた。

The third tradition, that Mary was born in Jerusalem, is the most probable one. 3番目の伝統、そのメアリーエルサレム生まれの、 1つは、最も確からしいです。 We have seen that it rests upon the testimony of St. Sophronius, St. John Damascene, and upon the evidence of the recent finds in the Probatica.私たちが休息時の証言で見たことがあること聖ソフロニオス、聖ヨハネダマシン、との証拠を、最近の時のprobatica検出された。 The Feast of Our Lady's Nativity was not celebrated in Rome till toward the end of the seventh century; but two sermons found among the writings of St. Andrew of Crete (d. 680) suppose the existence of this feat, and lead one to suspect that it was introduced at an earlier date into some other churches [40].弊社の女性のキリスト降誕のごちそうはない祝われてローマまでの7世紀の終わりに向かって;しかし、 2つの説教の中の記述が見つかりましたクレタ島の聖アンドリュー(民主党680 )の存在を仮定し、この偉業は、容疑者と鉛の1つにが導入することで、以前の日付をいくつかの他の教会[ 40 ]です。 In 799 the 10th canon of the Synod of Salzburg prescribes four feasts in honour of the Mother of God: the Purification, 2 February; the Annunciation, 25 March; the Assumption, 15 August; the Nativity, 8 September.キヤノン、 799の10のザルツブルクは、会議の中のお祭りに敬意を表して4つの神の母:精製、 2月2 ;の受胎告知、 3月25日;という想定の下、 8月15日;のキリスト降誕、 9月8日です。

The Presentation of Maryプレゼンテーションのメアリー

According to Exodus 13:2 and 13:12, all the Hebrew first-born male children had to be presented in the Temple.出エジプト記13:12によると、午前13時02分、最初のヘブライ語のすべての子供たち生まれの男性は、寺提示しなければなりません。 Such a law would lead pious Jewish parents to observe the same religious rite with regard to other favourite children.このような法につながる信心深いユダヤ人の親と同じ宗教上の儀式を観察するために他の好きな子供たちについてです。 This inclines one to believe that Joachim and Anna presented in the Temple their child, which they had obtained by their long, fervent prayers.この傾斜1つのことを信じるだけのヨアヒムとアンナ提示して、子供のうちに寺、これによって得られた彼らはその長い、熱烈な祈りです。

As to Mary, St. Luke (1:34) tells us that she answered the angel announcing the birth of Jesus Christ: "how shall this be done, because I know not man".メアリーに、聖ルカ( 1:34 )を教えてくれると彼女は答えたの天使がイエスキリストの降誕を発表: "方法については、このようなことに完了すると、わたしは知らない人のため"です。 These words can hardly be understood, unless we assume that Mary had made a vow of virginity; for, when she spoke them, she was betrothed to St. Joseph.これらの言葉のことは到底理解がない限り、私たちの誓いを立てると仮定していたメアリーのような純粋無垢;ため、彼女はそれらとき、彼女は婚約をセントジョセフです。 [41] The most opportune occasion for such a vow was her presentation in the Temple. [ 41 ] 、最も時宜を得たが彼女の誓いを立てるような機会でプレゼンテーションをしている。 As some of the Fathers admit that the faculties of St. John the Baptist were prematurely developed by a special intervention of God's power, we may admit a similar grace for the child of Joachim and Anna.としては、いくつかの能力を認めるには、父の聖ヨハネにバプテスマを受けたが、特別な介入を途中で開発された、神の力、私たち年5月、同様の猶予を認めるヨアヒムとアンナの子です。 [42] [ 42 ]

But what has been said does not exceed the certainty of antecedently probable pious conjectures.しかし、どのようによるとされていない予想を超えて信心深いantecedentlyの確信を推測します。 The consideration that Our Lord could not have refused His Blessed Mother any favours which depended merely on His munificence does not exceed the value of an a priori argument.わたしたちの主の配慮ができませんでしたが彼の祝福を拒否した母親を任意の恩恵が彼の気前の良さに依存するだけの価値を超えることはありません演繹的論法で。 Certainty in this question must depend on external testimony and the teaching of the Church.この質問に依存する必要があります。確実に外付けの証言や教育の教会です。

Now, the Protoevangelium of James (7-8), and the writing entitled "De nativit. Mariae" (7-8), [43] state that Joachim and Anna, faithful to a vow they had made, presented the child Mary in the Temple when she was three years old; that the child herself mounted the Temple steps, and that she made her vow of virginity on this occasion.今のところ、 protoevangeliumのジェームズ( 7-8 ) 、との書き込み権利"デnativit 。 mariae " ( 7-8 ) 、 [ 43 ]の状態にヨアヒムとアンナ、彼らは誓いの言葉を忠実に行われると、子供のメアリーを提示して同寺歳のときに、彼女は3つ;は、自分の子供をマウントして寺の手順を実行し、その彼女は彼女の誓いのような純粋無垢この時に当たっています。 St. Gregory of Nyssa [44] and St. Germanus of Constantinople [45] adopt this report; it is also followed by pseudo-Gregory of Nazianzus in his "Christus patiens".聖グレゴリーのnyssa [ 44 ]と聖germanusのコンスタンティノープル[ 45 ]この報告書を採択;ことも続いて疑似ナジアンゾスの聖グレゴリオ彼の"クリストゥス患者"です。 [46] Moreover, the Church celebrates the Feast of the Presentation, though it does not specify at what age the child Mary was presented in the Temple, when she made her vow of virginity, and what were the special natural and supernatural gifts with which God endowed her. [ 46 ]また、教会の饗宴を祝うすると、プレゼンテーション、それは指定されないのは何歳の子供のメアリーは、提示さ寺、彼女は彼女の誓いを立てるときのような純粋無垢、およびどのようなギフトは、特別な自然と神秘性を神与えていた。 The feast is mentioned for the first time in a document of Manuel Commenus, in 1166; from Constantinople the feast must have been introduced into the western Church, where we find it at the papal court at Avignon in 1371; about a century later, Pope Sixtus IV introduced the Office of the Presentation, and in 1585 Pope Sixtus V extended the Feast of the Presentation to the whole Church.宴に記載するにして初めてのドキュメントをマヌエルcommenusは、 1166 ;からコンスタンティノープルてのごちそうをしなければ、欧米の教会が導入されて、ここで私たちは、ローマ法王のコートを見つけることがアヴィニョン1371 ;約1世紀後、ローマ教皇シクストゥス4世のオフィスに導入すると、プレゼンテーション、および拡張の饗宴1585シクストゥス5世法王は、教会全体のプレゼンテーションをします。 Her betrothal to Joseph彼女の婚約をジョセフ

The apocryphal writings to which we referred in the last paragraph state that Mary remained in the Temple after her presentation in order to be educated with other Jewish children.うその記述を、私たちの最後の段落で言及状態にメアリー残って彼女の後に同寺でプレゼンテーションをするために、他のユダヤ人の子供たちに教育を受けています。 There she enjoyed ecstatic visions and daily visits of the holy angels.熱狂的なビジョンとenjoyedある彼女は毎日の訪問は、神聖な天使たちです。

When she was fourteen, the high priest wished to send her home for marriage. 14時、彼女は、大祭司の結婚を希望して彼女の家を送信します。 Mary reminded him of her vow of virginity, and in his embarrassment the high priest consulted the Lord.メアリー思い出して彼の彼女の誓いのような純粋無垢、彼の恥ずかしさと相談の高い司祭の主です。 Then he called all the young men of the family of David, and promised Mary in marriage to him whose rod should sprout and become the resting place of the Holy Ghost in form of a dove.それから彼のすべての若い男性と呼ばれる、ご家族のデビッド、メアリーに結婚を約束した彼のロッドを必要となるもやしの休憩所は、聖霊の形式で、鳩です。 It was Joseph who was privileged in this extraordinary way.それは、この臨時ジョセフwhoは、特権です。

We have already seen that St. Gregory of Nyssa, St. Germanus of Constantinople, and pseudo-Gregory Nazianzen seem to adopt these legends.私たちはすでに聖グレゴリーのnyssaで見たことがある、聖germanusのコンスタンティノープル、および擬似グレゴリーnazianzenこれらの伝説を採用するように見える。 Besides, the emperor Justinian allowed a basilica to be built on the platform of the former Temple in memory of Our Lady's stay in the sanctuary; the church was called the New St. Mary's so as to distinguish it from the Church of the Nativity.また、皇帝ユスティニアヌス許可するのは、プラットフォームを構築する寺院は、元のメモリの聖母寺での滞在は、聖域;の教会はと呼ばれる新しい聖メリーのために区別するために、聖誕教会です。 It seems to be the modern mosque el-Aksa.と思われる現代のモスクエル- aksaです。 [47] [ 47 ]

On the other hand, the Church is silent as to Mary's stay in the Temple.その一方で、教会は、メアリーのご滞在をサイレントとしては、寺です。 St. Ambrose [48], describing Mary's life before the Annunciation, supposes expressly that she lived in the house of her parents.聖アンブローズ[ 48 ] 、メアリーの人生を記述する前に受胎告知、 supposes明示的に彼女は彼女の両親の家に住んでいます。 All the descriptions of the Jewish Temple which can claim any scientific value leave us in ignorance as to any localities in which young girls might have been educated.寺の説明を、ユダヤ人のすべての主張が科学的な値を任意の問い合わせに無知のままに任意の自治体では教育を受けた若い女の子かもしれない。 Joas's stay in the Temple till the age of seven does not favour the supposition that young girls were educated within the sacred precincts; for Joas was king, and was forced by circumstances to remain in the Temple (cf. 2 Kings 11:3). joas寺までの滞在は、 7歳の賛成されないと仮定して若い女性が教育を受けて、神聖な境内;をjoasは、キング、とせざるを得ない状況を維持するには同寺( cf. 2キングス11時03分) 。 What 2 Maccabees 3:19, says about "the virgins also that were shut up" does not show that any of them were kept in the Temple buildings.どのような2 maccabees 3:19 、言うについては、 "処女も黙っていた"が表示されませんが、それらの任意の建物が同寺に保存されています。 If the prophetess Anna is said (Luke 2:37) not to have "departed from the temple, by fastings and prayer serving night and day", we do not suppose that she actually lived in one of he temple rooms.の場合、女性予言者によるとアンナは(ルーク2:37 )れないようにする"同寺を出発、夜と昼の配信fastingsと祈り" 、私たちていないと仮定して、実際に住んで彼女は彼寺の部屋の1つです。 [49] As the house of Joachim and Anna was not far distant from the Temple, we may supposed that the holy child Mary was often allowed to visit the sacred buildings in order to satisfy her devotion. [ 49 ]としての家のヨアヒムとアンナはないから遠い寺は、仮定することがありますメアリーは、神聖な子供はしばしば認められて神聖な建物にアクセスして彼女を満足させるために献身します。

Jewish maidens were considered marriageable at the age of twelve years and six months, though the actual age of the bride varied with circumstances.ユダヤ人の少女が12歳の時に結婚見なさ年6ヵ月、かかわらず、実際の年齢と、花嫁が様々な状況です。 The marriage was preceded by the betrothal, after which the bride legally belonged to the bridegroom, though she did not live with him till about a year later, when the marriage used to be celebrated.先行されたのは、婚約結婚した後は、合法的に属して花嫁花婿が、彼女は彼なしでは生活できないまで約1年後、結婚使用されるときに祝われる。 All this agrees well with the language of the Evangelists.この同意するすべての言語とよく合うの伝道者です。 St. Luke (1:27) calls Mary "a virgin espoused to a man whose name was Joseph"; St. Matthew (1:18) says, when as his mother Mary was espoused to Joseph, before they came together, she was found with child, of the Holy Ghost". As we know of no brother of Mary, we must suppose that she was an heiress, and was obliged by the law of Numbers 36:6 to marry a member of her tribe. The Law itself prohibited marriage within certain degrees of relationship, so that the marriage of even an heiress was left more or less to choice.聖ルカ( 1:27 )呼び出しメアリー"ヴァージンespousedして男の名前は、ジョセフ" ;聖マシュー( 1:18 )は、ときとして彼の母親メアリーは、ジョセフespousedを前に、彼らが集まり、彼女は子供が見つかりましたが、聖霊の"知ってのとおりのない弟のメアリー、しなければならないと仮定して、彼女は、女性の遺産相続人とは、同法の義務を36:6の数字を目当てに結婚する彼女の部族のメンバーです。同法自体特定の程度の関係に禁止されて結婚、結婚して、左にも、女性の遺産相続人は、多かれ少なかれを選択します。

According to Jewish custom, the union between Joseph and Mary had to be arranged by the parents of St. Joseph.カスタムによると、ユダヤ人は、労働組合の間に配置しなければなりませんジョセフとメアリー聖ヨセフの両親です。 One might ask why Mary consented to her betrothal, though she was bound by her vow of virginity.メアリーはなぜ同意を1つのよう頼むかもしれない彼女の婚約、かかわらず、彼女は彼女の誓いのような純粋無垢拘束されています。 As she had obeyed God's inspiration in making her vow, so she obeyed God's inspiration in becoming the affianced bride of Joseph.彼女は神のインスピレーションに従ったとして製作に彼女の誓いを立てるので、彼女は言われたとおり、神のインスピレーションになるの婚約中の花嫁のジョセフです。 Besides, it would have been singular among the Jews to refuse betrothal or marriage; for all the Jewish maidens aspired after marriage as the accomplishment of a natural duty.それに、これは、ユダヤ人の間も特異婚約や結婚を拒否する;ためのすべてのユダヤ人の乙女の嗜みとしてaspired結婚した後は、自然の義務です。 Mary trusted the Divine guidance implicitly, and thus was certain that her vow would be kept even in her married state.メアリー信頼しても暗黙のうちに神の導き、とこのように彼女の誓いは確信しても、彼女は結婚した状態で保管します。

The Annunciation受胎告知

The Annunciation has been treated in a SPECIAL ARTICLE.受胎告知され治療を受けて、特別なサポートします。

The Visitationの面会

According to Luke 1:36, the angel Gabriel told Mary at the time of the annunciation, "behold, thy cousin Elizabeth, she also hath conceived a son in her old age, and this is the sixth month with her that was called barren".ルーク1:36によると、メアリーは、天使ガブリエル時点で、受胎告知、 "見よ、なたのいとこエリザベス、彼女の息子が彼女の考えもかれら老い、およびこれは、 6月に彼女には不毛の地と呼ばれる"です。 Without doubting the truth of the angel's words, Mary determined at once to add to the pleasure of her pious relative.なしの真実性を疑うの天使の言葉を、メアリー決定を一度に追加するには相対的信心深い彼女の喜びです。 [50] Hence the Evangelist continues (1:39): "And Mary, rising up in those days, went into the hill country with haste into a city of Juda. And she entered into the house of Zachary, and saluted Elizabeth." [ 50 ]したがって、このエバンジェリスト続けて( 1:39 ) : "とメアリーは、立ち上がりではこれらの日中には、国の丘に入った市のjudaを急いでいる。と彼女の家のザカリーを入力すると、エリザベスとあいさつ。 " Though Mary must have told Joseph of her intended visit, it is hard to determine whether he accompanied her; if the time of the journey happened to coincide with one of the festal seasons at which the Israelites had to go to the Temple, there would be little difficulty about companionship.メアリー必要があります。かかわらず彼女の意図はジョセフ訪問かどうかを判断することは難しい彼は彼女の同行;場合は、時間の旅が起こった時を同じくして、 1つの祝祭の季節では、イスラエルに行かなくてはならなかった寺がある交際についてはほとんど困難です。 The place of Elizabeth's home has been variously located by different writers: it has been placed in Machaerus, over ten miles east of the Dead Sea, or in Hebron, or again in the ancient sacerdotal city of Jutta, about seven miles south of Hebron, or finally in Ain-Karim, the traditional St. John-in-the Mountain, nearly four miles west of Jerusalem.エリザベスのホームの場所に位置されてきたの異なるさまざまな作家: machaerusされて配置され、 10マイル以上の死海の東、またはヘブロンか、または聖職には、古代の都市ユッタ、約700マイル南のヘブロン、または最後にアイン-カリム、聖ヨハネの伝統的な山、エルサレムの西約4マイルです。 [51] But the first three places possess no traditional memorial of the birth or life of St. John; besides, Machaerus was not situated in the mountains of Juda; Hebron and Jutta belonged after the Babylonian captivity to Idumea, while Ain-Karim lies in the "hill country" [52] mentioned in the inspired text of St. Luke. [ 51 ]しかし、最初の3つの場所を持つ伝統的な記念碑のない生活にして生まれたかの聖ヨハネ;それに、 machaerusはないが、山のように位置juda ;ヘブロンとバビロン捕囚をした後、ユッタidumeaに属し、アイン-カリムうそは、 "ヒルカントリー" [ 52 ]に記載されて聖ルカのテキストを刺激します。

After her journey of about thirty hours, Mary "entered into the house of Zachary, and saluted Elizabeth" (Luke 1:40).彼女の旅は約30時間後に、メアリー"に入力された家のザカリー、とあいさつエリザベス" (ルカ1:40 )です。 According to tradition, Elizabeth lived at the time of the visitation not in her city home, but in her villa, about ten minutes distant from the city; formerly this place was marked by an upper and lower church.伝統によると、エリザベス住んでいない時点で、彼女の市の面会ホーム、しかし、彼女のヴィラで、約10分、市街地から遠い;かつてこの場所は、スパムされた上側と下側の教会です。 In 1861 the present small Church of the Visitation was erected on the ancient foundations. 1861年、現在の小さな教会の面会を建立古代の基盤です。

"And it came to pass that, when Elizabeth heard the salutation of Mary, the infant leaped in her womb." "と来たを渡すことで、ご挨拶を聞いたときのメアリーエリザベスは、彼女の子宮乳児成功しています。 " It was at this moment that God fulfilled the promise made by the angel to Zachary (Luke 1:15), "and he shall be filled with the Holy Ghost, even from his mother's womb"; in other words, the infant in Elizabeth's womb was cleansed from the stain of original sin.それは、今この瞬間に、神の約束は果たされるの天使をザカリー(ルーク1:15 ) 、 "と彼は聖霊に満ちているのも、彼の母親の胎内から" ;言い換えれば、エリザベスの胎内での乳児染みが原罪から清めています。 The fullness of the Holy Ghost in the infant overflowed, as it were, into the soul of his mother: "and Elizabeth was filled with the Holy Ghost" (Luke 1:41).聖霊の充満は、乳児があふれて、言ってみれば、彼の母親の魂: "とエリザベスは、聖霊の満ちている" (ルカ1:41 )です。 Thus both child and mother were sanctified by the presence of Mary and the Word Incarnate [53]; filled as she was with the Holy Ghost, Elizabeth "cried out with a loud voice, and said: Blessed art thou among women, and blessed is the fruit of thy womb. And whence is this to me, that the mother of my Lord should come to me? For behold, as soon as the voice of thy salutation sounded in my ears, the infant in my womb leaped for joy. And blessed art thou that hast believed, because those things shall be accomplished that were spoken to thee by the Lord" (Luke 1:42-45).このように両方の子供と母親が神聖化された単語の存在をメアリーとの化身[ 53 ] ;満たされたとして、彼女は聖霊、エリザベス"と大声で叫んだする、と述べた:アートなた女性の間で祝福し、祝福さは、なたの子宮の果物です。とそこからは、これを私は、母は、わたしの主に来ていただけませんか?を見よ、とすぐになたのあいさつの声を私の耳に音は、私の子宮乳児の成功を喜びです。とアートなたを祝福hastと考え、達成しなければならないため、そのようなことが主に話し掛けたことがなたされる" (ルカ1:42-45 ) 。 Leaving to commentators the full explanation of the preceding passage, we draw attention only to two points:コメンテーターの完全な説明を残して、上記の通路は、私たちだけに注目2つのポイント:

Elizabeth begins her greeting with the words with which the angel had finished his salutation, thus showing that both spoke in the same Holy Spirit; Elizabeth is the first to call Mary by her most honourable title "Mother of God".エリザベス彼女のあいさつで始まる単語を彼の挨拶は、天使が完了したら、このようにスポークの両方が表示さ聖霊と同じ;エリザベスはメアリーをコールされ、最初の彼女の最も名誉あるタイトル"母神"です。

Mary's answer is the canticle of praise commonly called "Magnificat" from the first word of its Latin text; the "Magnificat" has been treated in a SEPARATE ARTICLE.メアリーの答えは称賛の賛美歌の通称" magnificat "からの最初の単語のラテン語のテキスト;の" magnificat "され治療を受けて、別の記事です。

The Evangelist closes his account of the Visitation with the words: "And Mary abode with her about three months; and she returned to her own house" (Luke 1:56).明日の伝道者は、面接で自分のアカウントの言葉: "とメアリーの住まいと彼女の約3カ月間、および返された彼女を自分の家" (ルカ1:56 )です。 Many see in this brief statement of the third gospel an implied hint that Mary remained in the house of Zachary till the birth of John the Baptist, while others deny such an implication.多く表示され、この短い声明の3番目の福音書は黙示のヒントが残ってメアリーの家のザカリー洗礼者ヨハネまでにして生まれたか、それ以外を否定するような意味です。 As the Feast of the Visitation was placed by the 43rd canon of the Council of Basle (AD 1441) on 2 July, the day following the Octave of the Feast of St. John Baptist, it has been inferred that Mary may have remained with Elizabeth until after the child's circumcision; but there is no further proof for this supposition.ごちそうとして配置され、面会は、キヤノンは、評議会第43回バーゼル(広告の1441 )を7月2日は、次の日のごちそうのオクターブの聖ヨハネバプテスト、それは5月が残っていると推定さメアリーエリザベスまでした後、子供の割礼;しかし、より詳細な証拠がないため、この仮定します。 Though the visitation is so accurately described in the third Gospel, its feast does not appear to have been kept till the thirteenth century, when it was introduced through the influence of the Franciscans; in 1389 it was officially instituted by Urban VI.面接は非常に正確にかかわらず、 3番目の福音書に記載され、その宴が表示されない場合保管され、 13世紀まで、導入されたときにはを通しての影響を受けてfranciscans ;は1389都市の六ことが正式に設置されています。

Mary's pregnancy becomes known to Josephメアリーの妊娠が判明してジョセフ

After her return from Elizabeth, Mary "was found with child, of the Holy Ghost" (Matthew 1:18).彼女の復帰後からエリザベス、メアリー"が見つかったと子、聖霊の" (マシュー1:18 ) 。 As among the Jews, betrothal was a real marriage, the use of marriage after the time of espousals presented nothing unusual among them.として、ユダヤ人のうち、結納は、実際の結婚生活は、時間を使うの結婚生活のespousals提示した後、このうち何も珍しい。 Hence Mary's pregnancy could not astonish anyone except St. Joseph.それゆえメアリーの妊娠を驚かせる以外に誰もセントジョセフできませんでした。 As he did not know the mystery of the Incarnation, the situation must have been extremely painful both to him and to Mary.彼は知らなかったとしての化身の謎を、状況は非常に痛みを伴う必要がありますが彼との両方に、メアリーです。 The Evangelist says: "Whereupon Joseph her husband being a just man, and not willing publicly to expose her, was minded to put her away privately" (Matthew 1:19).の伝道者は言う: "するとジョセフ彼女の夫が男にだけではなく、彼女の意思を公開する公然と、彼女のaway個人的には、熱心な" (マタイ1:19 ) 。 Mary left the solution of the difficulty to God, and God informed the perplexed spouse in His own time of the true condition of Mary.左の解決策をメアリーの難しさを神と神のインフォームドコンセントの配偶者は、自分自身の時間を当惑の真の条件を、メアリーです。 While Joseph "thought on these things, behold the angel of the Lord appeared to him in his sleep, saying: Joseph, son of David, fear not to take unto thee Mary thy wife, for that which is conceived in her is of the Holy Ghost. And she shall bring forth a son, and thou shalt call his name Jesus. For He shall save His people from their sins" (Matthew 1:20-21).ジョセフながら"これらのことを考えると、見よ、主の天使が登場してかれに自分の睡眠、と言っ:ジョセフは、息子のデビッド、恐れることはない、かれを取るなたなたの妻メアリー、そしてそれは彼女の考えは、神聖なゴーストです。生み出すと彼女の息子は、イエスキリストとなたshalt彼の名前をコールします。ために彼の人々は彼の罪を保存" (マタイ1:20-21 ) 。

Not long after this revelation, Joseph concluded the ritual marriage contract with Mary.この啓示は長いした後、ジョセフ契約を締結メアリー結婚の儀式です。 The Gospel simply says: "Joseph rising up from sleep did as the angel of the Lord had commanded him, and took unto him his wife" (Matthew 1:24).福音の単純に言う: "ジョセフ眠りから立ち上がり、天使の参考として、主が命じられた彼と彼の妻はかれに" (マタイ1:24 ) 。 While it is certain that between the betrothal and the marriage at least three months must have elapsed, during which Mary stayed with Elizabeth, it is impossible to determine the exact length of time between the two ceremonies.中には確信して結納と結婚の間に少なくとも3ヶ月が経過する必要があります、中に宿泊したとメアリーエリザベス、それは不可能であることを正確に判断する時間の長さの間に2つの儀式です。 We do not know how long after the betrothal the angel announced to Mary the mystery of the Incarnation, nor do we know how long the doubt of Joseph lasted, before he was enlightened by the visit of the angel.私たちはどのくらいか分からないの天使婚約発表をした後、メアリーの化身の謎を、またやって知るのはどのくらいの疑いジョセフ続いた前に、彼は、天使の訪問で悟りを開いた。 From the age at which Hebrew maidens became marriageable, it is possible that Mary gave birth to her Son when she was about thirteen or fourteen years of age.ヘブライ語からの年齢が若い娘は結婚、出産することが可能にメアリーときに、彼女は彼女の息子を約13または14歳以上です。 No historical document tells us how old she actually was at the time of the Nativity.の歴史的な文書を教えてくれる彼女は実際には何歳の時点で、キリスト降誕です。

The journey to Bethlehemベツレヘムへ旅をする

St. Luke (2:1-5) explains how Joseph and Mary journeyed from Nazareth to Bethlehem in obedience to a decree of Caesar Augustus which prescribed a general enrolment.聖ルカ( 2:1-5 )ジョセフとメアリー旅する方法について説明をよりNazareth令ベツレヘムに服従して所定のシーザーアウグストゥスが一般的な入学します。 The questions connected with this decree have been considered in the article BIBLICAL CHRONOLOGY.の質問に接続されているが、この判決は、記事は聖書の年表です。 There are various reasons why Mary should have accompanied Joseph on this journey; she may not wished to lose Joseph's protection during the critical time of her pregnancy, or she may have followed a special Divine inspiration impelling her to go in order to fulfil the prophecies concerning her Divine Son, or again she may have been compelled to go by the civil law either as an heiress or to settle the personal tax payable by women over twelve years of age.メアリーには様々な理由は、この旅に同行ジョセフ;彼女を失うことができないジョゼフの保護を希望して重要な時間の中に彼女の妊娠中か、または彼女は5月に続いて特別な天来の霊感を推進するために彼女に行くの履行に関する予言彼女の神の息子か、または再び彼女は5月に行くが強制された女性の遺産相続人として民法上のいずれかまたは個人所得税を支払うことが解決する12歳以上の女性です。 [54] [ 54 ]

As the enrolment had brought a multitude of strangers to Bethlehem, Mary and Joseph found no room in the caravansary and had to take lodging in a grotto which served as a shelter for animals.入学ていたとして、多数の見知らぬ人をベツレヘム、マリアとヨセフ見つかっていないルームは、隊商宿を取るとは、洞窟を蓄えることを動物の避難所として提供します。 [55] [ 55 ]

Mary gives birth to Our Lordわたしたちの主メアリー出産

"And it came to pass, that when they were there, her days were accomplished, that she should be delivered" (Luke 2:6); this language leaves it uncertain whether the birth of Our Lord took place immediately after Joseph and Mary had taken lodging in the grotto, or several days later. "とそれが下った時、それがあるときに、彼女の日中には成し遂げ、その彼女に配信すべきである" (ルカ2時06分) ;この言語を残すようにして生まれたのかどうか不確かな行われた直後に、わたしたちの主はジョセフとメアリー撮影蓄えることの石窟か、または数日後です。 What is said about the shepherds "keeping the night watches over their flock" (Luke 2:8) shows that Christ was born in the night time.羊飼いによるとは何ですについては、 "部屋の時計以上に維持するの群れ" (ルカ2時08分)によると、イエスキリストが生まれた夜の時間です。

After bringing forth her Son, Mary "wrapped Him up in swaddling clothes, and laid Him in a manger" (Luke 2:7), a sign that she did not suffer from the pain and weakness of childbirth.彼女の息子もたらす記載した後、メアリー"彼をおくるみに包ま、およびlaid 、彼はマンガー" (ルーク2時07分) 、彼女のサインをしなかったの弱さに苦しむと出産の痛みです。 This inference agrees with the teaching of some of the principal Fathers and theologians: St. Ambrose [56], St. Gregory of Nyssa [57], St. John Damascene [58], the author of Christus patiens [59], St. Thomas [60], etc. It was not becoming that the mother of God should be subject to the punishment pronounced in Genesis 3:16, against Eve and her sinful daughters.この推論に同意の授業のいくつかの主要な父親と神学:聖アンブローズ[ 56 ] 、聖グレゴリーのnyssa [ 57 ] 、聖ヨハネダマシン[ 58 ]は、患者の著者のクリストゥス[ 59 ] 、聖トーマス[ 60 ]などは、母親になることはない神の罰すべきであるアジ研をはっきりと創世記3:16 、反対前夜の娘と彼女の罪深い。 Shortly after the birth of the child, the shepherds, obedient to the angelic invitation, arrived in the grotto, "and they found Mary and Joseph, and the infant lying in the manger" (Luke 2:16).その子が誕生した直後に、羊飼い、天使の招待状の崇敬の誠を、洞窟に到着し、 "彼らが見つかりましたマリアとヨセフ、とうそをついては、乳児マンガー" (ルカ2:16 )です。 We may suppose that the shepherds spread the glad tidings they had received during the night among their friends in Bethlehem, and that the Holy Family was received by one of its pious inhabitants into more suitable lodgings.羊飼いが普及することがありますと仮定しての吉報を受け取った時に彼らの友達にベツレヘムの夜のうちに、神聖なご家族が受信され、その信心深い人のうちのどれかを他の適当な宿です。

The Circumcision of Our Lordわたしたちの主の割礼の

"And after eight days were accomplished, that the child should be circumcised, his name was called Jesus" (Luke 2:21). "と8日間が達成した後、子供は、割礼をすべきである、と呼ばれる彼の名前はイエスキリスト" (ルカ2:21 )です。 The rite of circumcision was performed either in the synagogue or in the home of the Child; it is impossible to determine where Our Lord's Circumcision took place.割礼の儀式が行われたのは、シナゴーグのいずれか、またはその子供のホーム;場所を決定することは不可能である、わたしたちの主の割礼が行われた。 At any rate, His Blessed Mother must have been present at the ceremony.いずれにせよ、彼の母親を祝福式に出席している必要があります。

The Presentationプレゼンテーション

According to the law of Leviticus 12:2-8, the Jewish mother of a male child had to present herself forty days after his birth for legal purification; according to Exodus 13:2, and Numbers 18:15, the first-born son had to be presented on the same occasion.の法則によると、レビ記12:2-8は、ユダヤ人の母親の男性の子供は自分を提示した後、 40日中に彼の誕生を法的精製;出エジプト記によると、午前13時02分、 18:15と数字の最初の長男提示しなければなりませんが同じ機会です。 Whatever reasons Mary and the Infant might have for claiming an exemption, they complied with the law.どんな理由で乳児メアリーと主張するかもしれないの免除を、彼らの法遵守します。 But, instead of offering a lamb, they presented the sacrifice of the poor, consisting of a pair of turtle-doves or two young pigeons.しかし、子羊の提供する代わりに、彼らの貧しい人々を犠牲に提示して、構成の一組の二人の若いカメのようにハトやハトです。 In 2 Corinthians 8:9, St. Paul informs the Corinthians that Jesus Christ "being rich. . .became poor, for your sakes, that through his poverty you might be rich". 2コリンチャンスで8時09分、聖パウロ通知のコリンチャンスにイエスキリスト"金持ちになることを。 。 。 。 。が非常に悪い、お客様のsakes 、貧困を通してそのことを彼の豊かな場合があります" 。 Even more acceptable to God than Mary's poverty was the readiness with which she surrendered her Divine Son to the good pleasure of His Heavenly Father.メアリーよりももっと神に通用する即応性の貧困は、神の息子が彼女は彼女の降伏を天の父の良い彼の喜びです。

After the ceremonial rites had been complied with, holy Simeon took the Child in his arms, and thanked God for the fulfilment of his promises; he drew attention to the universality of the salvation that was to come through Messianic redemption "prepared before the face of all peoples: a light to the revelation of the Gentiles, and the glory of thy people Israel" (Luke 2:31 sq.).儀式の後に遵守いたの儀式は、神聖なシメオンはその子を抱いて、神に感謝すると彼の約束を履行;彼は世間の関心を呼んだの救いの普遍性に来ることは、救世主のような特典交換を通じて"顔の前に準備すべての人々 :啓示を軽くして、 gentiles 、イスラエルの人々となたの栄光" (ルカ2:31平方)です。 Mary and Joseph now began to know their Divine Child more fully; they "were wondering at those things which were spoken concerning him" (Luke 2:33).マリアとヨセフ今すぐに神の子を知って始めたの他の完全;彼ら"はそのようなことが不思議で話さに関する彼" (ルカ2:33 )です。 As if to prepare Our Blessed Mother for the mystery of the cross, holy Simeon said to her: "Behold this child is set for the fall, and for the resurrection of many in Israel, and for a sign which shall be contradicted. And thy own soul a sword shall pierce, that, out of many hearts, thoughts may be revealed" (Luke 2:34-35).祝福を準備するように私たちの母を十字架の謎を、彼女によると聖シメオン: "見よ、この子は設定して下落し、多くの人々は、イスラエルの復活、と矛盾するサインをしなければならない。となた自身の魂は刀ピアース、それは、多くの心を、考え年5月に明らかに" (ルカ2:34-35 ) 。 Mary had suffered her first great sorrow at the time when Joseph was hesitating about taking her for his wife; she experienced her second great sorrow when she heard the words of holy Simeon.メアリーは彼女の最初の大きな悲しみに苦しん実行の時に撮影ジョセフは、彼女と彼の妻が引っかかって約;彼女は2つ目の大きな悲しみを経験豊富な彼女の言葉を聞いたときに彼女は神聖なシメオンです。

Though the incident of the prophetess Anna had a more general bearing, for she "spoke of him (the Child) to all that looked for the redemption of Israel" (Luke 2:38), it must have added greatly to the wonder of Joseph and Mary.女性予言者アンナかかわらず、事件は、他の一般的な軸受は、彼女は"彼のスポーク(の子)をすべての交換についてはイスラエルを探して" (ルカ2:38 ) 、それを大幅に追加している必要がありますジョセフの驚異とメアリー。 The Evangelist's concluding remark, "after they had performed all things according to the law of the Lord, they returned into Galilee, to their city Nazareth" (Luke 2:39), has been variously interpreted by commentators; as to the order of events, see the article CHRONOLOGY OF THE LIFE OF JESUS CHRIST.伝道者の発言を締結し、 "実行後、彼らはすべてのものによると、同法は、主よ、彼らを返さガリラヤ、ナザレスして市" (ルカ2:39 ) 、さまざまな解釈されてきたコメンテーター;としては、オーダーのイベントは、サポート技術情報を参照してイエスキリストの生涯を年表です。

The visit of the Magi東方の賢者の訪問

After the Presentation, the Holy Family either returned to Bethlehem directly, or went first to Nazareth, and then moved into the city of David.プレゼンテーションの後に、ご家族のいずれかに返さベツレヘムの聖直接、または最初にナザレスは、と入力し、市のデビッドに移動してください。 At any rate, after the "wise men from the east" had followed the Divine guidance to Bethlehem, "entering into the house, they found the child with Mary his mother, and falling down they adored him; and opening their treasures, they offered him gifts; gold, frankincense, and myrrh" (Matthew 2:11).いずれにせよ、後に"賢い者からの東"は、神の導きをベツレヘムの後、 "家に入るのは、彼らが見つかりましたメアリー彼の母親の子供がいるし、尊敬されて落ちてくる彼ら彼;と開放の宝物館、彼ら提供彼ギフト;ゴールド、フランキンセンス、および没薬" (マシュー2:11 ) 。 The Evangelist does not mention Joseph; not that he was not present, but because Mary occupies the principal place near the Child.ジョセフの伝道者に言及はありません;特定していた存在しない場合は、主たるしかし、メアリー占拠して近くの子供です。 How Mary and Joseph disposed of the presents offered by their wealthy visitors has not been told us by the Evangelists.マリアとヨセフどのようにプレゼントを提供されて処分されていない富裕層の来場者は問い合わせされた伝道者です。

The flight to Egyptエジプトの便は、

Soon after the departure of the wise men Joseph received the message from the angel of the Lord to fly into Egypt with the Child and His mother on account of the evil designs of Herod; the holy man's ready obedience is briefly described by the Evangelist in the words: "who arose, and took the child and his mother by night, and retired into Egypt" (Matthew 2:14).すぐにして英明で出発した後、男性からのメッセージを受け取ったジョセフ天使のフライを、主にエジプトの子供と彼の母親をアカウントとする邪悪なデザインのヘロデ王;の神聖な男の準備は簡単に説明して服従させる伝道者は、言葉: " whoが発生し、その子と彼の母親は夜、および退職者をエジプト" (マシュー2時14分) 。 Persecuted Jews had ever sought a refuge in Egypt (cf. 1 Kings 11:40; 2 Kings 25:26); about the time of Christ Jewish colonists were especially numerous in the land of the Nile [61]; according to Philo [62] they numbered at least a million.ユダヤ人迫害を求められていた避難所まで、エジプト( cf. 1王11:40 ; 2キングス25:26 ) ;については、キリストの時代のユダヤ人入植者が特に多くの土地で、ナイル川の[ 61 ] ;によると、フィロ[ 62 ]彼ら番号、少なくとも万ドルだった。 In Leontopolis, in the district of Heliopolis, the Jews had a temple (160 BC-AD 73) which rivalled in splendour the temple in Jerusalem.でleontopolisは、ヘリオポリス地区は、ユダヤ人は寺(紀元前160 -広告73 )が、エルサレムの寺rivalledに豪華です。 [63] The Holy Family might therefore expect to find in Egypt a certain amount of help and protection. [ 63 ]ご家族の神聖な期待を見つけるかもしれないしたがって、エジプト、ある程度の助けと保護します。

On the other hand, it required a journey of at least ten days from Bethlehem to reach the nearest habitable districts of Egypt.その一方で、それが必要となりますが、少なくとも10日間の旅ベツレヘムに達するから最寄りの居住地区のエジプトです。 We do not know by what road the Holy Family effected its flight; they may have followed the ordinary road through Hebron; or they may have gone by way of Eleutheropolis and Gaza, or again they may have passed west of Jerusalem towards the great military road of Joppe.私たちは何か分からない道路の神聖なご家族に影響され、飛行;彼らはその後、通常の道路を通じて5月ヘブロン;またはそれらの方法がありますが経ったeleutheropolisとガザか、または再び彼らに渡さ年5月にエルサレムの西に向かって強大な軍事道路のjoppeです。

There is hardly any historical document which will assist us in determining where the Holy Family lived in Egypt, nor do we know how long the enforced exile lasted.歴史的なドキュメントにはほとんどないが支援先が決定さは、神聖なご家族に住んでエジプト、やっても、強制追放さはどのくらい知って続いた。 [64] [ 64 ]

When Joseph received from the angel the news of Herod's death and the command to return into the land of Israel, he "arose, and took the child and his mother, and came into the land of Israel" (Matthew 2:21).ジョセフから受信したときにそのニュースのヘロデ王の死の天使のコマンドを返すと、イスラエルの土地を、彼は"が発生し、その子と彼の母親は、イスラエルの土地に出演して" (マタイ2:21 ) 。 The news that Archelaus ruled in Judea prevented Joseph from settling in Bethlehem, as had been his intention; "warned in sleep [by the angel, he] retired into the quarters of Galilee. And coming he dwelt in a city called Nazareth" (Matthew 2:22-23).アルケラオスのニュースがユダヤ支配を阻止しベツレヘムのセトリングジョセフから、彼の意図されていた; "と警告睡眠の[された天使、彼]退職者の4分のガリラヤをします。と力説に来るの都市と呼ばれる彼はナザレス" (マシュー2:22-23 ) 。 In all these details Mary simply followed the guidance of Joseph, who in his turn received the Divine manifestations as head of the Holy Family.その後、これらの詳細すべてのメアリーだけの指導のジョセフ、 who 、彼の頭に受け取ったとして、神聖な症状を呈して神のご家族です。 There is no need to point out the intense sorrow which Mary suffered on account of the early persecution of the Child.を指摘する必要はない、激しい悲しみに苦しんでアカウントをメアリーは、早期の迫害は、子供です。

The Holy Family in Nazareth神聖なご家族でのナザレス

The life of the Holy Family in Nazareth was that of the ordinary poor tradesman.神聖なご家族での生活をしている普通のナザレスは非常に悪い商人です。 According to Matthew 13:55, the townsfolk asked "Is not this the carpenter's son?"; the question, as expressed in the second Gospel (Mark 6:3), shows a slight variation, "Is not this the carpenter?"マタイ13:55によると、この町の住民は"この大工の息子ではないですか? " ;という質問に、 2番目の福音書として表現され(マーク6時03分) 、若干の変動を示し、 "これは大工ではないですか? " While Joseph gained the livelihood for the Holy Family by his daily work, Mary attended to the various duties of housekeeper.ジョセフ得ながら神聖なご家族の生活を彼の毎日の仕事、メアリーの様々な職務を家政婦が出席します。 St. Luke (2:40) briefly says of Jesus: "And the child grew, and waxed strong, full of wisdom; and the grace of God was in him".聖ルカ( 2:40 )簡単に言うイエスキリスト: "と、子供の成長率、およびワックスを塗った強い、フルの知恵;と神の恩寵はしていた" 。 The weekly Sabbath and the annual great feasts interrupted the daily routine of life in Nazareth.安息日と、 1週間の中断毎年恒例の大きなお祭りのナザレスの生活の日課です。

The finding of Our Lord in the Temple今回の発見は、わたしたちの主は、寺

According to the law of Exodus 23:17, only the men were obliged to visit the Temple on the three solemn feasts of the year; but the women often joined the men to satisfy their devotion. 23:17の法則によると、出エジプト記では、男性が義務付けられている上にアクセスして寺の3つの厳粛なお祭りオブザイヤー;しかし、女性はよく男性を満たすために献身的な愛情に参加しています。 St. Luke (2:41) informs us that "his [the child's] parents went every year to Jerusalem, at the solemn day of the pasch".聖ルカ( 2:41 )通知先は、 "彼の[子供の]エルサレムの両親は毎年、厳粛な日には、 pasch "です。 Probably the Child Jesus was left in the home of friends or relatives during the days of Mary's absence.おそらくその子イエスキリストが残っているホームの友人や親戚の中に日中のメアリーが不在のときにします。 According to the opinion of some writers, the Child did not give any sign of His Divinity during the years of His infancy, so as to increase the merits of Joseph's and Mary's faith based on what they had seen and heard at the time of the Incarnation and the birth of Jesus.いくつかの意見によると、作家は、子供のいかなる兆候も明らかにしなかった彼の神性乳児期中に年間の彼のために、メリットを増やすにはジョセフとメアリーの信仰に基づいてどのような見ていたと聞いている時点の化身イエスキリストの誕生です。 Jewish Doctors of the Law maintained that a boy became a son of the law at the age of twelve years and one day; after that he was bound by the legal precepts.ユダヤ人の医師は、少年法を維持して同法になった息子の12歳の時に年と1日;後にしていた戒律の法的な拘束されています。

The evangelist supplies us here with the information that, "when he was twelve years old, they going up into Jerusalem, according to the custom of the feast, and having fulfilled the days, when they returned, the child Jesus remained in Jerusalem, and his parents knew it not" (Luke 2:42-43).こちらの伝道者に次の情報を供給し、 "彼は12歳のときに、彼らをエルサレム上がって、カスタムによると、宴会を催して、日中が果たされるのは、ときに返された場合、その子イエスキリストは依然、エルサレム、および彼の両親には分かっていない" (ルカ2:42-43 ) 。 Probably it was after the second festal day that Joseph and Mary returned with the other Galilean pilgrims; the law did not require a longer sojourn in the Holy City.おそらくそれは後に2番目の祝祭の日に返されると、他のジョセフとメアリーガリラヤ巡礼;この法律を必要とする長く滞在しなかったの聖地です。 On the first day the caravan usually made a four hours' journey, and rested for the night in Beroth on the northern boundary of the former Kingdom of Juda.キャラバンの最初の日は、通常は、 4つの時間の行程、およびberoth休んで、部屋の北部の境界を元キングダムオブjudaです。 The crusaders built in this place a beautiful Gothic church to commemorate Our Lady's sorrow when she "sought him [her child] among their kinsfolks and acquaintance, and not finding him,. . .returned into Jerusalem, seeking him" (Luke 2:44-45).ザクルセイダーズこの場所に建設さを記念し、美しいゴシック調の教会の聖母の悲しみの時に彼女は"求められて彼[彼女の子供] kinsfolksや知人の間に、彼を見つけるではなく、 。 。 。 。 。返さをエルサレム、彼を求める" (ルカ2:44 -45 ) 。 The Child was not found among the pilgrims who had come to Beroth on their first day's journey; nor was He found on the second day, when Joseph and Mary returned to Jerusalem; it was only on the third day that they "found him [Jesus] in the temple, sitting in the midst of the doctors, hearing them, and asking them questions. . .And seeing him, they wondered. And his mother said to him: Son, why hast thou done so to us? behold thy father and I have sought thee sorrowing" (Luke 2:40-48).その子が見つかりませんでしたwho間の巡礼者が来たのをberothして最初の日の旅;も発見さ彼は2番目の日、ジョセフとメアリーときに返さエルサレム;ことは、 3日目のみにして"が見つかりました彼[イエスキリスト]は、寺、医師の真っただ中に座って、聴覚し、それらの質問を要求。 。 。 。 。と見て彼は、彼ら不思議です。と彼の母親は言った:息子、なぜこれをなた問い合わせですか?見よなたの父と私は求められて、なた悲しみ" (ルーク2:40-48 ) 。 Mary's faith did not allow her to fear a mere accident for her Divine Son; but she felt that His behaviour had changed entirely from His customary exhibition of docility and subjection.メアリーの信仰を彼女に恐怖心を許可しなかったため、単なる事故で彼女の神の息子;しかし、彼女は自分の行動が変わって感じた彼の慣習から完全に従順と服従の展示会です。 The feeling caused the question, why Jesus had treated His parents in such a way.の感情が原因という質問に、イエスキリストがなぜ彼の両親に扱われるようにします。 Jesus simply answered: "How is it that you sought me? did you not know, that I must be about my father's business?"イエスキリストだけ答え: "はどのようにすることが求められてもらえますか?参考には分からない、それについては私の父しなければならないのビジネスですか? " (Luke 2:49). (ルカ2:49 )です。 Neither Joseph nor Mary understood these words as a rebuke; "they understood not the word that he spoke to them" (Luke 2:50).どちらもメアリージョセフこれらの言葉として理解され非難; "彼らの言葉を理解しないと話をして" (ルカ2:50 )です。 It has been suggested by a recent writer that the last clause may be understood as meaning, "they [ie, the bystanders] understood not the word he spoke unto them [ie, to Mary and Joseph]".によって提案されたことが最近の作家は、 5月の最後の節の意味が理解される、 "彼ら[すなわち、 bystanders ]という言葉を理解しない彼はかれらの[すなわち、マリアとヨセフ] " 。

The remainder of Our Lord's youthわたしたちの主の残りの部分の若者

After this, Jesus "went down with them, and came to Nazareth" where He began a life of work and poverty, eighteen years of which are summed up by the Evangelist in the few words, and he "was subject to them, and. . .advanced in wisdom, and age, and grace with God and men" (Luke 2:51-52).この後、イエスキリスト"がダウンし、ナザレス来て"ここで彼は人生の仕事を始めたと貧困、 18年間の総括されたエバンジェリストには、いくつかの言葉を、と彼は"がアジ研して、と。 。 。 。 。高度の知恵、および年齢、神と人間とグレース" (ルーク2:51-52 ) 。 The interior life of Mary is briefly indicated by the inspired writer in the expression, "and his mother kept all these words in her heart" (Luke 2:51).インテリア生活のメアリーは簡潔に示されるという表現に触発された作家、 "これらの言葉と彼の母親が彼女の心をすべて保管" (ルカ2:51 )です。 A similar expression had been used in 2:19, "Mary kept all these words, pondering them in her heart". 、同様の表現で使用されていた2:19 、 "これらの言葉をすべて保管メアリー、考えることで彼女の心"です。 Thus Mary observed the daily life of her Divine Son, and grew in His knowledge and love by meditating on what she saw and heard.このように彼女の日常生活を観察メアリー神の息子、彼の知識と愛と成長瞑想をどのような彼女を見たと聞いた。 It has been pointed out by certain writers that the Evangelist here indicates the last source from which he derived the material contained in his first two chapters.指摘されて、特定の作家は、エバンジェリストの最後のソースを示し、ここから派生する材料に含まれて彼は彼の最初の2つの章で述べます。

Mary's perpetual virginityメリーの永遠の処女

In connection with the study of Mary during Our Lord's hidden life, we meet the questions of her perpetual virginity, of her Divine motherhood, and of her personal sanctity.メアリーの研究に関連して、わたしたちの主の中に隠された生活は、私たちの質問を満たして彼女の永遠の処女、神の彼女の母親は、彼女の個人の尊厳とします。 Her spotless virginity has been sufficiently considered in the article on the Virgin Birth.彼女spotless処女を十分に考慮されてきたの処女懐胎の記事があります。 The authorities there cited maintain that Mary remained a virgin when she conceived and gave birth to her Divine Son, as well as after the birth of Jesus.当局に引用さを維持することは依然、バージンメアリー出産時に彼女は彼女の考えと神の息子だけでなく、イエスキリストの誕生の後にします。 Mary's question (Luke 1:34), the angel's answer (Luke 1:35, 37), Joseph's way of behaving in his doubt (Matthew 1:19-25), Christ's words addressed to the Jews (John 8:19) show that Mary retained her virginity during the conception of her Divine Son.メアリーの質問(ルカ1:34 )は、天使の答え(ルーク1:35 、 37 ) 、ジョセフの道の彼の行動に疑念(マタイ1:19-25 ) 、イエスキリストの言葉を宛てに、ユダヤ人(ジョン8時19分)詳細メアリー保持し処女受胎彼女の中に神の息子がいます。 [65] [ 65 ]

As to Mary's virginity after her childbirth, it is not denied by St. Matthew's expressions "before they came together" (1:18), "her firstborn son" (1:25), nor by the fact that the New Testament books repeatedly refer to the "brothers of Jesus".彼女のメアリーの処女を出産した後、マタイではないが拒否さの表現"前に一緒に来た" ( 1:18 ) 、 "彼女の長男" ( 1:25 ) 、またされた事実は、新約聖書の書籍を繰り返し"を参照してイエスキリストの兄弟"です。 [66] The words "before they came together" mean probably, "before they lived in the same house", referring to the time when they were merely betrothed; but even if the words be understood of marital intercourse, they only state that the Incarnation took place before any such intercourse had intervened, without implying that it did occur after the Incarnation of the Son of God. [ 66 ]の言葉"前に来た一緒に"の意味は、おそらく、 "前に同じ家に住んで"に言及し、彼らは単に時期に婚約;しかし、たとえ夫婦の言葉も理解の性交、彼らだけの状態は、そのような性交が行わ化身が介入する前に、発生する可能性を示唆した後、それは神の化身の息子です。 [67] [ 67 ]

The same must be said of the expression, "and he knew her not till she brought forth her firstborn son" (Matthew 1:25); the Evangelist tells us what did not happen before the birth of Jesus, without suggesting that it happened after his birth.と同じによると、表現しなければならない"と彼は知っていた彼女は引き出されるまで彼女は彼女の長男" (マタイ1:25 ) ;の伝道者は何を教えてくれるのではないがイエスキリストの誕生前に、それが起こったということを示唆した後に彼の誕生です。 [68] The name "firstborn" applies to Jesus whether his mother remained a virgin or gave birth to other children after Jesus; among the Jews it was a legal name [69], so that its occurrence in the Gospel cannot astonish us. [ 68 ]の名前を"家族の絆"が適用さイエスキリストが処女であるかどうかは依然、母親や出産後にイエスキリストを他の子供たち;間のユダヤ人のことは、法律上の名前[ 69 ] 、このような福音書が発生するのを驚かせることはできません。問い合わせください。

Finally, the "brothers of Jesus" are neither the sons of Mary, nor the brothers of Our Lord in the proper sense of the word, but they are His cousins or the more or less near relatives.最後に、 "イエスキリストの兄弟"のどちらの息子のメアリーは、わたしたちの主でも、兄弟の意味での適切な言葉が、彼らは多かれ少なかれ、彼のいとこや親戚の近くです。 [70] The Church insists that in His birth the Son of God did not lessen but consecrate the virginal integrity of His mother (Secret in Mass of Purification). [ 70 ]の教会と主張して彼の誕生の息子の神にささげるのバージナルしなかったの整合性を減らすしかし、彼の母親(秘密に大量の浄化) 。 The Fathers express themselves in similar language concerning this privilege of Mary.父親と同様にそれ自身を表現する言語に関するこの特権のメアリーです。 [71] [ 71 ]

Mary's Divine motherhoodメアリーの神の母親

Mary's Divine motherhood is based on the teaching of the Gospels, on the writings of the Fathers, and on the express definition of the Church.メアリーの母親は神の教えは、福音書に基づいて、上の文章には、父の、そして教会のエキスプレスの定義をします。 St. Matthew (1:25) testifies that Mary "brought forth her first-born son" and that He was called Jesus.聖マシュー( 1:25 )メアリーの証言を"甦ら生まれの彼女の最初の息子"としていたイエスキリストと呼ばれる。 According to St. John (1:15) Jesus is the Word made flesh, the Word Who assumed human nature in the womb of Mary.によると、聖ヨハネ( 1:15 )イエスキリストは、言葉は肉、 who想定人間の本性という言葉は、子宮のメアリーです。 As Mary was truly the mother of Jesus, and as Jesus was truly God from the first moment of His conception, Mary is truly the mother of God.メアリーは、母親として真にイエス、イエスキリストは本当に神としての最初の瞬間から彼の概念、メアリーは本当に神の母です。 Even the earliest Fathers did not hesitate to draw this conclusion as may be seen in the writings of St. Ignatius [72], St. Irenaeus [73], and Tertullian [74].最古の祖先も、この結論を描く躊躇しなかったれることがあります見られる文章の聖イグナチオ[ 72 ] 、聖エイレナイオス[ 73 ] 、およびテルトゥリアヌス[ 74 ]です。 The contention of Nestorius denying to Mary the title "Mother of God" [75] was followed by the teaching of the Council of Ephesus proclaiming Mary to be Theotokos in the true sense of the word. nestoriusの競合を否定メアリーのタイトルを"神の母" [ 75 ]は、教育に続いて、評議会エフェソス神の母で宣言されるメアリーの真の意味での言葉です。 [76] [ 76 ]

Mary's perfect sanctityメアリーの完璧な神聖

Some few patristic writers expressed their doubts as to the presence of minor moral defects in Our Blessed Lady.いくつかのいくつかの疑問を表明してpatristic作家としてマイナーな道徳的な欠陥が存在するには私たちを祝福レディです。 [77] St. Basil, eg, suggests that Mary yielded to doubt on hearing the words of holy Simeon and on witnessing the crucifixion. [ 77 ]聖バジル、例えば、メアリーに屈したに疑問を示唆しての言葉を聞いて聖シメオンを目の当たりにするとはりつけています。 [78] St. John Chrysostom is of opinion that Mary would have felt fear and trouble, unless the angel had explained the mystery of the Incarnation to her, and that she showed some vainglory at the marriage feast in Cana and on visiting her Son during His public life together with the brothers of the Lord. [ 78 ]聖ヨハネクリュソストモスは、メアリーの意見が感じた恐怖やトラブルがない限り、謎の天使の化身説明していた彼女は、彼女によるといくつかの虚飾の結婚披露宴では、カナと彼女の息子を訪問中国民の生活と一緒に彼の兄弟は、主です。 [79] St. Cyril of Alexandria [80] speaks of Mary's doubt and discouragement at the foot of the cross. [ 79 ]アレクサンドリアの聖シリル[ 80 ]メアリーの疑問やうわさをがっかりさせるの麓には、クロスです。 But these Greek writers cannot be said to express an Apostolic tradition, when they express their private and singular opinions.しかし、これらのギリシャの作家を表明することはできません使徒伝承によると、かれらが意見を表明するための民間部門と特異です。 Scripture and tradition agree in ascribing to Mary the greatest personal sanctity; She is conceived without the stain of original sin; she shows the greatest humility and patience in her daily life (Luke 1:38, 48); she exhibits an heroic patience under the most trying circumstances (Luke 2:7, 35, 48; John 19:25-27).伝統的に同意する啓典とメアリーの最大の個人の尊厳ascribing ;彼女は考えなしの原罪の染色;彼女の最大の謙虚さと忍耐を示し彼女の日常生活(ルーク1:38 、 48 ) ;彼女は英雄的忍耐力の下に展示するほとんどの試み事情(ルーク2 : 07 、 35 、 48 ;ジョン19:25-27 ) 。 When there is question of sin, Mary must always be excepted.罪の問題がある場合は、メアリーを除き、常に必要があります。 [81] Mary's complete exemption from actual sin is confirmed by the Council of Trent (Session VI, Canon 23): "If any one say that man once justified can during his whole life avoid all sins, even venial ones, as the Church holds that the Blessed Virgin did by special privilege of God, let him be anathema." [ 81 ]メアリー実際の罪からの完全な免除が確認された評議会トレント(セッション六、キヤノン23 ) : "もしあれば1つの正当なこと言ってやるがあの男一度全体の中に彼の人生のすべての罪を避けるためにも、ささいなもの、教会の保持聖母は、神の特権によっては、彼には受け入れ難い。 " Theologians assert that Mary was impeccable, not by the essential perfection of her nature, but by a special Divine privilege.メアリーは、非の打ちどころの神学者と主張し、特定された彼女の自然欠かせない完ぺきではなく、特別な神の権限が必要です。 Moreover, the Fathers, at least since the fifth century, almost unanimously maintain that the Blessed Virgin never experienced the motions of concupiscence.また、 、父親の、少なくとも5世紀以来、ほぼ満場一致で維持するのは、経験豊富な運動の聖母決して強欲です。

The miracle in Canaカナの奇跡で

The evangelists connect Mary's name with three different events in Our Lord's public life: with the miracle in Cana, with His preaching, and with His passion.メアリーの名前の伝道者に接続するさまざまなイベントがわたしたちの主に3つの公共ライフ:カナの奇跡で、彼の説教は、彼の情熱とします。 The first of these incidents is related in John 2:1-10.これらの事件の最初の関連ではジョン2:1-10 。

There was a marriage feast in Cana of Galilee.カナがあったの結婚披露宴でのガリラヤです。 .です。 .and the mother of Jesus was there.です。との母親のイエスキリストがそこです。 And Jesus also was invited, and his disciples, to the marriage.とイエスキリストも招待し、弟子たちは、結婚している。 And the wine failing, the mother of Jesus saith to him: They have no wine.ワインと失敗は、彼の母親のイエスキリストsayの三人称単数直説法現在形:彼らがないワインです。 And Jesus saith to her: Woman, what is that to me and to thee?とイエスキリストを彼女のsayの三人称単数直説法現在形:女性、何がしてくれて、なたをですか? my hour is not yet come.私の時間はまだ来ています。

One naturally supposes that one of the contracting parties was related to Mary, and that Jesus had been invited on account of his mother's relationship. supposes当然のことの1つ1つの契約当事者は、メアリーに関連しており、そのイエスキリストに招待していたアカウントの彼の母親との関係です。 The couple must have been rather poor, since the wine was actually failing.非常に悪いがそこそこのカップル必要がありますので、このワインは、実際に失敗します。 Mary wishes to save her friends from the shame of not being able to provide properly for the guests, and has recourse to her Divine Son.メアリーの願いを保存する彼女の友達からの恥を適切に提供することができなくて、ゲストは、彼女の頼みの綱とは神の息子がいます。 She merely states their need, without adding any further petition.彼女は単に国に必要な、すべてのより詳細な請願書を追加します。 In addressing women, Jesus uniformly employs the word "woman" (Matthew 15:28; Luke 13:12; John 4:21; 8:10; 19:26; 20:15), an expression used by classical writers as a respectful and honourable address.に取り組む女性は、イエスキリストの言葉の従業員を一様に"女性" (マタイ15:28 ;ルーク13:12 ;ジョン4:21 ;午前8時10分; 19:26 ; 20:15 ) 、古典作家の表現として使用されて敬意を表すると名誉あるアドレスを入力します。 [82] The above cited passages show that in the language of Jesus the address "woman" has a most respectful meaning. [ 82 ] 、上記の引用文章を表示してイエスキリストのアドレスの言語を"女性"には、ほとんどの敬意を表する意味します。 The clause "what is that to me and to thee" renders the Greek ti emoi kai soi, which in its turn corresponds to the Hebrew phrase mah li walakh.この条項"は、どのようになたてくれて、 "レンダリング、ギリシャのti emoi甲斐のSOI 、これは、電源に対応して、ヘブライ語mah李walakhフレーズです。 This latter occurs in Judges 11:12; 2 Samuel 16:10; 19:23; 1 Kings 17:18; 2 Kings 3:13; 9:18; 2 Chronicles 35:21.この後者の裁判官が発生11:12 ; 2サミュエル16:10 ; 19:23 ; 1王17:18 ; 2王3:13 ;午前9時18分、 2クロニクル35:21です。 The New Testament shows equivalent expressions in Matthew 8:29; Mark 1:24; Luke 4:34; 8:28; Matthew 27:19.同等の表現で示して新約聖書のマシュー8時29分;マーク1:24 ;ルーク4:34 ;午前8時28分;マタイ27:19です。 The meaning of the phrase varies according to the character of the speakers, ranging from a most pronounced opposition to a courteous compliance.変化という言葉の意味の文字によると、スピーカーに至るまで、丁寧に最も顕著に反対の立場を遵守します。 Such a variable meaning makes it hard for the translator to find an equally variable equivalent.このような変数を意味することは難しい翻訳を検索するに等しく変数に相当します。 "What have I to do with thee", "this is neither your nor my business", "why art thou troublesome to me", "allow me to attend to this", are some of the renderings suggested. "何が私にこれを行うになた" 、 "これはどちらもしても自分のビジネス" 、 "なぜアートなた面倒を私" 、 "許可の世話をする私に、この" 、いくつかのレンダリングはお勧めします。 In general, the words seem to refer to well or ill-meant importunity which they endeavour to remove.一般的には、このように言葉を参照してimportunityよくまたは悪い意味で彼らを削除するよう努力します。 The last part of Our Lord's answer presents less difficulty to the interpreter: "my hour is not yet come", cannot refer to the precise moment at which the need of wine will require the miraculous intervention of Jesus; for in the language of St. John "my hour" or "the hour" denotes the time preordained for some important event (John 4:21, 23; 5:25, 28; 7:30; 8:29; 12:23; 13:1; 16:21; 17:1).わたしたちの主の最後の部分を以下の回答困難をプレゼント通訳: "私の時間はまだ来" 、ことはできないの正確な瞬間を参照して必要なワインでは、奇跡的介入の場合には、イエスキリスト;ための言語での聖ジョン"私の時間"や"時間"を示すいくつかの重要なイベントの時間preordained (ヨハネ4:21 、 23 ; 5:25 、 28 ; 7:30 ;午前8時29分; 12:23 ;午前13時01分; 16 : 21 ;午前17時01分) 。 Hence the meaning of Our Lord's answer is: "Why are you troubling me by asking me for such an intervention? The divinely appointed time for such a manifestation has not yet come"; or, "why are you worrying? has not the time of manifesting my power come?"それゆえの意味を、わたしたちの主の答えは: "なぜあなたが私に尋ねて私を悩ませるような介入ですか?の神の約束の時間をこのような症状がまだ来" ;または、 "なぜあなたが心配ですか?は、特定の時間の私のパワーは、相手方ですか? " The former of these meanings implies that on account of the intercession of Mary Jesus anticipated the time set for the manifestation of His miraculous power [83]; the second meaning is obtained by understanding the last part of Our Lord's words as a question, as was done by St. Gregory of Nyssa [84], and by the Arabic version of Tatian's "Diatessaron" (Rome, 1888).これらの意味を元にアカウントを意味してメアリーは、イエスキリストの執り成し予想の時間設定して彼の奇跡的な力の現れ[ 83 ] ; 2番目の意味は理解を得られたの最後の部分を、わたしたちの主の言葉としての問題としては、グレゴリーの通り行われるnyssa [ 84 ] 、およびされたアラビア語のバージョンのtatianの" diatessaron " (ローマ、 1888 ) 。 [85] Mary understood her Son's words in their proper sense; she merely warned the waiters, "Whatsoever he shall say to you, do ye" (John 2:5). [ 85 ]メアリー理解彼女の息子の言葉を各々の適切感覚;彼女は単に警告のウェイター、 "彼は何を言ってやるが、なたがた" (ヨハネ2時05分) 。 There can be no question of explaining Jesus' answer in the sense of a refusal.疑問の余地はない説明イエスの答えを拒否するという意味です。

Mary during the apostolic life of Our Lordメアリーローマ教皇の生活の中に、わたしたちの主

During the apostolic life of Jesus, Mary effaced herself almost completely.イエスキリストの使徒の生活の中に、メアリーeffacedほぼ完全につぶやきました。 Not being called to aid her Son directly in His ministry, she did not wish to interfere with His work by her untimely presence.彼女の息子を支援するがないと呼ばれる彼の直接部によると、彼女は彼の仕事をしたい彼女の季節外れのを妨げる存在します。 In Nazareth she was regarded as a common Jewish mother; St. Matthew (3:55-56; cf. Mark 6:3) introduces the people of the town as saying: "Is not this the carpenter's son? Is not his mother called Mary, and his brethren James, and Joseph, and Simon, and Jude: and his sisters, are they not all with us?"ナザレスと見なされて、彼女は、共通のユダヤ人の母;聖マシュー( 3:55-56 ;継続前誌です。マーク6時03分)では、町の人々の話として、 : "この大工の息子ではないですか?ではないと呼ばれる彼の母親メアリー、と彼の兄弟ジェームズ、とヨセフ、およびサイモン、およびジュード:や妹たちは、かれらはすべてのお問い合わせですか? " Since the people wish to lower Our Lord's esteem by their language, we must infer that Mary belonged to the lower social order of townspeople.以来、人々の尊敬を希望され、わたしたちの主を下げる彼らの言語、推論をしなければならないメアリー社会秩序の下に属してお楽しみください。 The parallel passage of St. Mark reads, "Is not this the carpenter?"聖マルコの並列の通過を読み込み、 "この大工ではないですか? " instead of, "Is not this the carpenter's son?"代わりに、 "これは大工の息子ではないですか? " Since both evangelists omit the name of St. Joseph, we may infer that he had died before this episode took place.両方の名前を省略して以来の伝道者聖ヨセフ、推測していたことがありますが死亡する前に、このエピソードが行われた。

At first sight, it seems that Jesus Himself depreciated the dignity of His Blessed Mother.一見すると、イエスキリストとみられる彼自身の尊厳を祝福償却の母親です。 When He was told: "Behold thy mother and thy brethren stand without, seeking thee", He answered: "Who is my mother, and who are my brethren? And stretching forth his hand towards his disciples, he said: Behold my mother and my brethren. For whosoever shall do the will of my Father, that is in heaven, he is my brother, and my sister, and my mother" (Matthew 12:47-50; cf. Mark 3:31-35; Luke 8:19-21).彼はときには: "見よなたの母親となたの同胞のスタンドに、なたを求める" 、彼は答えた: " whoは、私の母、とwhoは私の兄弟ですか?とストレッチングの手を自分の弟子たちは、彼によると:見よ、母と私の兄弟です。ためには、誰でもが私の父のもの、それは天国に、彼は私の兄と妹と私の母" (マタイ12:47-50 ;継続前誌です。マルク3:31-35 ;ルーク8 :19 - 21 ) 。 On another occasion, "a certain woman from the crowd, lifting up her voice, said to him: Blessed is the womb that bore thee, and the paps that gave thee suck. But he said: Yea rather, blessed are they who hear the word of God, and keep it" (Luke 11:27-28).別の機会に、 "ある特定の女性からの群衆は、彼女の声を持ち上げるのを、こう言った:祝福は、子宮に穴なた、なた吸うとpapsを与えました。しかし、彼によると:いやむしろ、祝福さは、彼らwho耳にする神の言葉は、保管して" (ルカ11:27-28 ) 。

In reality, Jesus in both these passages places the bond that unites the soul with God above the natural bond of parentage which unites the Mother of God with her Divine Son.現実には、イエスキリストの債券の両方で、これらの通路の場所に神の魂を統合の上に自然に統合親子のきずなを神の母と彼女の神の息子がいます。 The latter dignity is not belittled; as men naturally appreciate it more easily, it is employed by Our Lord as a means to make known the real value of holiness.後者ではない尊厳を軽く見;として自然に感謝している男性をより簡単に、それはわたしたちの主で雇用さの一つの手段としての真の価値を作るのホーリネス知られています。 Jesus, therefore, really, praises His mother in a most emphatic way; for she excelled the rest of men in holiness not less than in dignity.イエスキリストは、したがって、本当に、彼の母親に賛辞を最も強調方法;は彼女の男性の残りの部分ホーリネス傑出未満の尊厳を持っていない。 [86] Most probably, Mary was found also among the holy women who ministered to Jesus and His apostles during their ministry in Galilee (cf. Luke 8:2-3); the Evangelists do not mention any other public appearance of Mary during the time of Jesus's journeys through Galilee or Judea. [ 86 ]最もおそらく、メアリーが見つかったも神聖な女性の間のイエスキリストとその使徒をwho ministered省の中にガリラヤ( cf.ルーク8:2-3 ) ;の伝道者に言及はありませんその他の公共の場に現れたの中にメアリー時間の旅を通してイエスキリストのガリラヤやユダヤです。 But we must remember that when the sun appears, even the brightest stars become invisible.しかし、しなければならないときに注意して、太陽が表示されたら、最も明るい星も見えなくなる。

Mary during the Passion of Our Lordメアリー中の情熱を、わたしたちの主

Since the Passion of Jesus Christ occurred during the paschal week, we naturally expect to find Mary at Jerusalem.以来、イエスキリストの情熱を復活祭の週間以内に発生して、私たちは自然にメアリーエルサレムを期待しています。 Simeon's prophecy found its fulfilment principally during the time of Our Lord's suffering.シメオンの予言が見つかりました主としてその履行の時間の中に、わたしたちの主の苦しみです。 According to a tradition, His Blessed Mother met Jesus as He was carrying His cross to Golgotha.伝統によると、彼の祝福イエスキリストの母親として会った彼は自分の十字架をゴルゴタの帳簿です。 The Itinerarium of the Pilgrim of Bordeaux describes the memorable sites which the writer visited AD 333, but it does not mention any locality sacred to this meeting of Mary and her Divine Son.ボルドーのitinerariumは、巡礼者の記憶に残る説明しているサイトを訪れた作家は、広告333 、言及することはできません神聖な場所をこの会議室のメアリーと彼女の神の息子がいます。 [87] The same silence prevails in the so-called Peregrinatio Silviae which used to be assigned to AD 385, but has lately been placed in AD 533-540. [ 87 ]と同じ沈黙が優勢で、いわゆるperegrinatio silviaeを使用して広告が385に割り当てられているが、最近に配置された広告533から540です。 [88] But a plan of Jerusalem, dating from the year 1308, shows a Church of St. John the Baptist with the inscription "Pasm. Vgis.", Spasmus Virginis, the swoon of the Virgin. [ 88 ]ではなく、計画のエルサレム、 1308年からのデート、ショーの聖ヨハネのバプテスト教会の碑文" pasmです。 vgisです。 " 、痙縮virginisは、気絶は、ヴァージンです。 During the course of the fourteenth century Christians began to locate the spots consecrated by the Passion of Christ, and among these was the place was the place where Mary is said to have fainted at the sight of her suffering Son.コース期間中のキリスト教徒が始まったのは14世紀の観光スポットを見つけるにはキリストの受難聖体拝領された、とのうち、これらの場所は、開催地は、メアリーとも言われて気を失った苦しみをする光景を見て彼女の息子がいます。 [89] Since the fifteenth century one finds always "Sancta Maria de Spasmo" among the Stations of the Way of the Cross, erected in various parts of Europe in imitation of the Via Dolorosa in Jerusalem. [ 89 ] 1つ見つかった15世紀以来、常に" sanctaマリアデspasmo "駅の間の十字架の道のため、ヨーロッパでのさまざまな部分に設置し、経由ドロローサ、エルサレムの模造品です。 [90] That Our Blessed Lady should have fainted at the sight of her Son's sufferings, hardly agrees with her heroic behaviour under the cross; still, we may consider her woman and mother in her meeting with her Son on the way to Golgotha, while she is the Mother of God at the foot of the cross. [ 90 ]が私たち女性には気を失って祝福する光景を見て彼女の息子の苦しみ、彼女の英雄的行動にほとんど同意の下にクロス;それでも、検討することがあります彼女の女性と彼女の母親と彼女の息子を会議室への道をゴルゴタ、彼女は神の母の麓には、クロスです。

Mary's spiritual motherhoodメアリーの精神的な母性

While Jesus was hanging on the cross, "there stood by the cross of Jesus, his mother, and his mother's sister, Mary Cleophas, and Mary Magdalen. When Jesus therefore had seen his mother and the disciple standing whom he loved, he saith to his mother: Woman, behold thy son. After that, he saith to the disciple: Behold thy mother. And from that hour, the disciple took her to his own" (John 19:25-27).イエスキリストが十字架に掛かっているが、 "イエスキリストの十字架立っていたのは、彼の母親、と彼の母親の妹、メアリーcleophas 、とメアリーマグダレンです。したがって見たときにイエスキリストの弟子立って彼の母親と心に適う愛し、かれに彼の母親:女性と、見よなたの息子がいます。した後に、かれの弟子:見よなたの母です。と、その時間は、彼女を自分の弟子" (ヨハネ19:25-27 ) 。 The darkening of the sun and the other extraordinary phenomena in nature must have frightened the enemies of Our Lord sufficiently so as not to interfere with His mother and His few friends standing at the foot of the cross.は暗く、太陽やその他の異常な自然現象を怖がっている必要がありますし、わたしたちの主敵であることを十分に干渉をしないように数人の友人と彼の母親の麓に立って、クロスです。 In the meantime, Jesus had prayed for His enemies, and had promised pardon to the penitent thief; now, He took compassion on His desolate mother, and provided for her future.それまでの間、イエスキリストが彼の敵を祈った、恩赦を約束したと後悔していた泥棒;今すぐ、彼は彼の荒涼たるに同情を寄せる母親は、彼女の将来を提供します。 If St. Joseph had been still alive, or if Mary had been the mother of those who are called Our Lord's brethren or sisters in the gospels, such a provision would not have been necessary.もしセントジョセフまだ生きていたか、またはそれらのメアリーwhoていたの母と呼ばれ、わたしたちの主の兄弟や姉妹は、福音書は、このような規定はないが必要です。 Jesus uses the same respectful title with which he had addressed his mother at the marriage feast in Cana.イエスキリストを使用して同じタイトルに敬意を表する対処ていた母親の結婚披露宴では、カナです。 Then he commits Mary to John as his mother, and wishes Mary to consider John as her son.ジョンとして入力し、彼は彼の母親をコミットメアリー、メアリーを検討するとの願いジョンとして彼女の息子です。

Among the early writers, Origen is the only one who considers Mary's motherhood of all the faithful in this connection.初期の作家のうち、原産地は、 1つしかwho考慮メアリーの母親のすべての忠実な、この接続します。 According to him, Christ lives in his perfect followers, and as Mary is the Mother of Christ, so she is mother of him in whom Christ lives.彼によると、イエスキリストに住んでいる彼の完璧な信奉者、およびとしてメアリーは、イエスキリストの母親のため、彼女は彼が誰イエスキリストの母親の命です。 Hence, according to Origen, man has an indirect right to claim Mary as his mother, in so far as he identifies himself with Jesus by the life of grace.したがって、原産地によると、男は間接的権利を主張する彼の母親メアリーとしては、これまでのところ、彼は自分自身で識別されたイエスキリストの恵みを受けて生活します。 [91] In the ninth century, George of Nicomedia [92] explains Our Lord's words on the cross in such a way as to entrust John to Mary, and in John all the disciples, making her the mother and mistress of all John's companions. [ 91 ]は、 9世紀、ジョージのニコメディア[ 92 ]説明し、わたしたちの主の言葉十字架上のような方法でジョンをメアリーに委託し、ジョンのすべての弟子たちが、自分の母親と愛人のすべてのジョンの仲間です。 In the twelfth century Rupert of Deutz explained Our Lord's words as establishing Mary's spiritual motherhood of men, though St. Bernard, Rupert's illustrious contemporary, does not enumerate this privilege among Our Lady's numerous titles.は、 12世紀のルパートの説明Deutz (わたしたちの主の言葉として確立メアリーの精神的な母親の男性が、セントバーナード、ルパートの著名な現代、この権限は列挙されません私たちの女性の間で数多くのタイトルです。 [93] After this time Rupert's explanation of Our Lord's words on the cross became more and more common, so that in our day it has found its way into practically all books of piety. [ 93 ]ルパートこの時点での説明をした後、わたしたちの主の十字架上の言葉がますます多くの共通のように、私たちの日に入り込むことが、事実上すべての書籍が見つかりましたの信心深さです。 [94] [ 94 ]

The doctrine of Mary's spiritual motherhood of men is contained in the fact that she is the antitype of Eve: Eve is our natural mother because she is the origin of our natural life; so Mary is our spiritual mother because she is the origin of our spiritual life.メアリーの精神的な教義の母親の男性が含まれている事実を彼女は、対の前夜:イヴが私たちの自然な母親のため、彼女は私たちの自然生命の起源;のでメアリーの母が私たちの精神的なため、彼女は私たちの起源は精神的な生活。 Again, Mary's spiritual motherhood rests on the fact that Christ is our brother, being "the firstborn among many brethren" (Romans 8:29).再度、メアリーの精神的な母性という事実に依拠イエスキリストは私たちの兄弟は、 "多くの同胞の間、家族の絆" (ローマ人への手紙8時29分) 。 She became our mother at the moment she consent to the Incarnation of the Word, the Head of the mystical body whose members we are; and she sealed her motherhood by consenting to the bloody sacrifice on the cross which is the source of our supernatural life.彼女は私たちの母親の同意を現時点では彼女の化身という言葉は、神秘的なボディの頭の部分を、その構成員我々は、彼女は彼女の母親を密封同意を犠牲にして流血の十字架上の超これは、私たちの生活の源です。 Mary and the holy women (Matthew 17:56; Mark 15:40; Luke 23:49; John 19:25) assisted at the death of Jesus on the cross; she probably remained during the taking down of His sacred body and during His funeral.メアリーと神聖な女性(マタイ17:56 ;マーク15:40 ;ルーク23:49 ;ジョン19:25 )アシストは、イエスキリストの十字架上の死;彼女は撮影中には依然、おそらく彼の神聖な体の動きとの間の内訳は、彼の葬式に出席します。 The following Sabbath was for her a time of grief and hope.彼女は、次の安息日は、一度の悲しみと希望します。 The eleventh canon of a council held in Cologne, in 1423, instituted against the Hussites the feast of the Dolours of Our Blessed Lady, placing it on the Friday following the third Sunday after Easter.キヤノンは、第11回会議開催されたケルンは、 1423 、設置に反対するhussitesてのごちそうdolours弊社の祝福レディーは、次のように配置して、金曜日復活祭の後の第3日曜日です。 In 1725 Benedict XIV extended the feast to the whole Church, and placed it on the Friday in Passion Week.ベネディクト14世は1725宴を拡大して全体の教会、および配置して、受難週の金曜日です。 "And from that hour, the disciple took her to his own" (John 19:27). "と、その時間は、彼女を自分の弟子" (ヨハネ19:27 ) 。 Whether they lived in the city of Jerusalem or elsewhere, cannot be determined from the Gospels.市に住んでいるかどうかにエルサレムやほかのどこか、福音書から判断することはできません。

Mary and Our Lord's Resurrectionメアリーとわたしたちの主の復活

The inspired record of the incidents connected with Christ's Resurrection do not mention Mary; but neither do they pretend to give a complete account of all that Jesus did or said.インスピレーションの記録に接続すると、これらの事件に言及メアリーキリストの復活はありません;しかし、どちらのふりをする彼らのすべてのアカウントを完全にイエスキリストは、と述べた。 The Fathers too are silent as to Mary's share in the joys of her Son's triumph over death.あまりにも、父親のサイレントにはメアリーの喜びを分かち合うに克つ彼女の息子の死に至る。 Still, St. Ambrose [95] states expressly: "Mary therefore saw the Resurrection of the Lord; she was the first who saw it and believed. Mary Magdalen too saw it, though she still wavered".それでも、聖アンブローズ[ 95 ]州明示: "メアリーしたがって、主の復活を見た;彼女は、最初のwhoを見てと考えられています。メアリーマグダレンあまりにも見たことが、彼女はまだwavered "です。 George of Nicomedia [96] infers from Mary's share in Our Lord's sufferings that before all others and more than all she must have shared in the triumph of her Son.ジョージのニコメディア[ 96 ]推測よりメアリーのシェアをされる前に、わたしたちの主の苦しみを超えるすべての他人と共有する必要がありますが、すべての彼女は彼女の息子の勝利です。 In the twelfth century, an apparition of the risen Saviour to His Blessed Mother is admitted by Rupert of Deutz [97], and also by Eadmer [98] St. Bernardin of Siena [99], St. Ignatius of Loyola [100], Suarez [101], Maldonado [102], etc. [103] That the risen Christ should have appeared first to His Blessed Mother, agrees at least with our pious expectations.は、 12世紀には、彼の幻影を祝福救い主の上昇が認められたルパートの母親Deutz ( [ 97 ] 、およびもeadmer [ 98 ]セントバーナーディンのシエナ[ 99 ] 、聖イグナチオロヨラ[ 100 ] 、スアレス[ 101 ] 、マルドナド[ 102 ] 、等[ 103 ]は、最初に上昇し、キリストは、彼の祝福の母親が現れて、同意すると、少なくとも私たち信心深い期待します。

Though the Gospels do not expressly tell us so, we may suppose that Mary was present when Jesus showed himself to a number of disciples in Galilee and at the time of His Ascension (cf. Matthew 28:7, 10, 16; Mark 16:7).福音書かかわらず、明示的に教えていないので、メアリーが存在することがありますと仮定して自分自身を見せた時にイエスキリストの弟子に、いくつかの時点で、彼のガリラヤとアセンション( cf.マシュー28:7 、 10 、 16 ;マーク16 : 7 ) 。 Moreover, it is not improbable that Jesus visited His Blessed Mother repeatedly during the forty days after His Resurrection.また、ありそうにないことではない彼の祝福がイエスキリストを訪問中の母親を繰り返し、 40日後に彼の復活します。

IV. Ⅳ 。 MARY IN OTHER BOOKS OF THE NEW TESTAMENTメアリー、他の書籍は、新約聖書

Acts 1:14-2:4行為1:14-2:4

According to the Book of Acts (1:14), after Christ's Ascension into Heaven the apostles "went up into an upper room", and: "all these were persevering with one mind in prayer with the women, and Mary the mother of Jesus, and with his brethren".によると、予約の行為( 1:14 ) 、キリストの昇天した後に天の使徒"を立ち上げたアッパールーム" 、および: "すべてのが忍耐心を1つの女性の祈りは、イエスキリストの母とメアリー、およびその兄弟"です。 In spite of her exalted dignity it was not Mary, but Peter who acted as head of the assembly (1:15).にもかかわらず、彼女の高貴な尊厳メアリーことはないが、頭のピーターwho行動として、国会( 1:15 ) 。 Mary behaved in the upper room in Jerusalem as she had behaved in the grotto at Bethlehem; in Bethlehem she had carried for the Infant Jesus, in Jerusalem she nurtured the infant Church.メアリーの取った行動は、エルサレムの上部ルームとしてのふるまいは、洞窟で彼女はベツレヘム;に運ばベツレヘム彼女はイエスキリストは、乳児、幼児の教会、エルサレム彼女育てたのです。 The friends of Jesus remained in the upper room till "the days of the Pentecost", when with "a sound from heaven, as of a mighty wind coming. . .there appeared to them parted tongues as it were of fire, and it sat upon every one of them, and they were all filled with the Holy Ghost" (Acts 2:1-4).イエスキリストに、友達の上の部屋までの容体は"日中には、聖霊降臨" 、ときに"天国からサウンドを、非常に大きな風に来る。 。 。 。 。 partedの舌が登場しているということになったの火災、およびそれ土時ごとに1つ、と彼らはすべての聖霊の満ちている" (行為2:1-4 ) 。 Though the Holy Ghost had descended upon Mary in a special way at the time of the Incarnation, He now communicated to her a new degree of grace.聖霊の子孫にかかわらず、メアリーには特別な方法では、時間の化身、彼は今、彼女に伝達される新しい度の恵みを受けています。 Perhaps, this Pentecostal grace gave to Mary the strength of properly fulfilling her duties to the nascent Church and to her spiritual children.おそらく、このペンテコステ派の猶予をメアリーは彼女の強さをきちんと履行する義務を負う新生教会と彼女の精神的な子供たちです。

Galatians 4:4ガラテヤ人への手紙4時04分

As to the Epistles, the only direct reference to Mary is found in Galatians 4:4: "But when the fulness of time was come, God sent his Son, made of a woman, made under the law".また、同書簡の唯一の直接の参照をメアリーは発見さガラテヤ人への手紙4時04分: "しかし、 fulnessの時間が来るときに、神送られる彼の息子、作られた女性、は、法の下に"です。 Some Greek and Latin manuscripts, followed by several Fathers, read gennomenon ek gynaikos instead of genomenon ek gynaikos, "born of a woman" instead of "made of a woman".いくつかのギリシャ語とラテン語原稿、続いて、いくつかの祖先、 gennomenon ek gynaikosを読むgenomenon ek gynaikosの代わりに、 "生まれながらの女性"の代わりに"作られた女性"です。 But this variant reading cannot be accepted.しかし、このその他の読書することはできません受け付けています。 For gennomenon is the present participle, and must be rendered, "being born of a woman", so that it does not fit into the context.をgennomenonは、現在分詞、およびレンダリングしなければならない"が生まれるのある女性" 、されないようにコンテキストに適合する。 [104] though the Latin variant rendering "natum" is the perfect participle, and does not imply the inconveniences of its Greek original, St. Bede [105] rejects it, on account of its less appropriate sense. [ 104 ]かかわらず、ラテン語その他のレンダリング" natum "には、完璧な分詞、不便を意味するものではありません、ギリシャ語オリジナル、聖ビード[ 105 ]を拒否することで、 [アカウントの少ない適切な感覚です。 In Romans 1:3, which is to a certain extent a parallel of Galatians 4:4, St. Paul writes genomenos ek stermatos Daveid kata sarka, ie "made of the seed of David, according to the flesh".ローマ人への手紙1:3で、これはある程度の並行して、ガラテヤ人への手紙4時04分、聖パウロの書き込みgenomenos ek stermatos daveid型sarka 、すなわち"作られた種子のデビッド、によると、肉"です。 Tertullian [106] points out that the word "made" implies more than the word "born"; for it calls to mind the "Word made flesh", and establishes the reality of the flesh made of the Virgin.テルトゥリアヌス[ 106 ]という言葉に指摘して"メイド"という言葉以上の意味"に生まれる" ;のことの呼び出しを注意して"言葉は肉"と定めて作られたのが現実の肉のバージンです。

Furthermore, the Apostle employs the word "woman" in the phrase under consideration, because he wishes to indicate merely the sex, without any ulterior connotation.また、従業員の使徒の言葉"女性"というフレーズを検討されて、彼の願いを示すため、単に、性別、隠された言外の意味なしです。 In reality, however, the idea of a man made of a woman alone, suggests the virginal conception of the Son of God.現実には、しかし、男のアイデアは、女性だけで作られ、処女の構想を示唆して神の息子です。 St. Paul seems to emphasize the true idea of the Incarnation of the Word; a true understanding of this mystery safeguards both the Divinity and the real humanity of Jesus Christ.聖パウロの真の考えを強調するようにという言葉の化身; 、真の理解は、次の謎のセーフガードと現実と人間の両方の神性イエスキリストです。 [107] [ 107 ]

The Apostle St. John never uses the name Mary when speaking of Our Blessed Lady; he always refers to her as Mother of Jesus (John 2:1, 3; 19:25-26).使徒聖ヨハネ決して名を使用して私たちを祝福レディーメアリーときに言えば、彼はいつも彼女を参照してイエスキリストの母として(ヨハネ2:1 、 3 ; 19:25-26 ) 。 In his last hour, Jesus had established the relation of mother and son between Mary and John, and a child does not usually address his mother by her first name.彼の最後の時間に、イエスキリストは母親と息子の関係を設立し、メアリーとジョンの間に、通常のアドレスと彼の母親の子供はありません彼女の最初の名を入力します。

Apocalypse 12:1-6黙示録12:1-6

In the Apocalypse (12:1-16) occurs a passage singularly applicable to Our Blessed Mother:は、アポカリプス( 12:1-16 )が発生するの通路に適用される非常に私たちを祝福お母さん:

And a great sign appeared in heaven: A woman clothed with the sun, and the moon under her feet, and on her head a crown of twelve stars; and being with child, she cried travailing in birth, and was in pain to be delivered.天国と偉大なメンバーが掲載され:女性の服を着て、太陽と月の彼女の足の下に、彼女の頭を冠とする12星印;と、子供が、彼女は叫んだ。 travailingで誕生し、痛みでは、配信されるです。 And there was seen another sign in heaven: and behold a great red dragon, having seven heads, and ten horns, and on his heads seven diadems; and his tail drew the third part of the stars of heaven; and cast them to the earth; and the dragon stood before the woman who was ready to be delivered; that when she should be delivered, he might devour her son.と見られるがあった別のサインインヘブン:見よ、大きなレッドドラゴンと、頭が7 、および10の角、および彼の頭を7つのdiadems ;とドリューしっぽ3番目の部分の星印の天国;と出演して、地球;と龍whoは、女性の前に立っていたの準備ができて配信;したときに配信すべきである彼女は、彼は彼女の息子むさぼり食うかもしれない。 And she brought forth a man child, who was to rule all nations with an iron rod; and her son was taken up to God, and to his throne.と彼女は男の子供を甦ら、 whoは、すべての国を統治するに鉄の棒;と彼女の息子は最大の神となり、彼の王座をします。 And the woman fled into the wilderness, where she had a place prepared by God, that there they should feed her a thousand two hundred sixty days.逃走すると、女性の荒野、ここで彼女は神の用意した場所、そのフィードの彼女を、かれらは、日中に260万人です。

The applicability of this passage to Mary is based on the following considerations:の適用は、次の通路には、次の考慮事項に基づいてメアリーは:

At least part of the verses refer to the mother whose son is to rule all the nations with a rod of iron; according to Psalm 2:9, this is the Son of God, Jesus Christ, Whose mother is Mary.少なくとも、詩の一部を参照して、息子は母親のすべての国を統治すると鉄の棒;によると、詩篇第2時09分、これは神の息子、イエスキリスト、その母親は、メアリーです。

It was Mary's son that "was taken up to God, and to his throne" at the time of His Ascension into heaven.それは、メアリーの息子のこと"は最大の神となり、彼の王座"は、彼の昇天を天国の時間です。

The dragon, or the devil of the earthly paradise (cf. Apocalypse 12:9; 20:2), endeavoured to devour Mary's Son from the first moments of His birth, by stirring up the jealousy of Herod and, later on, the enmities of the Jews.龍か、または、悪魔は、地上の楽園( cf.アポカリプス12時09分、 20時02分) 、 endeavouredを食い入るようにメアリーの息子の最初の瞬間から彼の誕生日、ヘロデ王しっとをかくはんすると、後には、 enmitiesユダヤ人のです。 Owing to her unspeakable privileges, Mary may well be described as "clothed with the sun, and the moon under her feet, and on her head a crown of twelve stars".彼女の言葉では表せない権限のために、メアリー記述されかもしれない"太陽と同調して服を着て、彼女の足のムンされて、彼女の頭を冠とする12星"です。

It is true that commentators generally understand the whole passage as applying literally to the Church, and that part of the verses is better suited to the Church than to Mary.それは事実だが、コメンテーターとして一般的に理解して全体を通過して、文字通り教会を適用し、その部分の詩が良いよりもメアリー教会に適しています。 But it must be kept in mind that Mary is both a figure of the Church, and its most prominent member.しかし、それを念頭に置いて保管しなければならないことの両方を図メアリーは、教会、およびその最も顕著なメンバーです。 What is said of the Church, is in its own way true of Mary.何が、教会によると、独自の方法は、真のメアリーです。 Hence the passage of the Apocalypse (12:5-6) does not refer to Mary merely by way of accommodation [108], but applies to her in a truly literal sense which appears to be partly limited to her, and partly extended to the whole Church.それゆえの通過には、アポカリプス( 12:5-6 )を参照してメアリーだけではありません道の宿泊施設[ 108 ] 、しかし、彼女を真にが適用さ文字どおりの意味で表示される彼女の部分に限定さ、および拡張して、部分全体の教会です。 Mary's relation to the Church is well summed up in the expression "collum corporis mystici" applied to Our Lady by St. Bernardin of Siena.メアリーの教会関連して、要約すると、という表現はよく"頸脳mystici "を適用される聖母セントバーナーディンのシエナです。 [109] [ 109 ]

Cardinal Newman [110] considers two difficulties against the foregoing interpretation of the vision of the woman and child: first, it is said to be poorly supported by the Fathers; secondly, it is an anachronism to ascribe such a picture of the Madonna to the apostolic age.カーディナルニューマン[ 110 ]は前述の2つの解釈を困難に反対するビジョンを持って女性と子供:第一に、不十分だといわれ、父親のサポートされ;第二に、時代錯誤のものとみなすことは、このような画像は、マドンナをローマ教皇の年齢です。 As to the first exception, the eminent writer says:としての最初の例外には、著名な作家は言う:

Christians have never gone to Scripture for proof of their doctrines, till there was actual need, from the pressure of controversy; if in those times the Blessed Virgin's dignity was unchallenged on all hands, as a matter of doctrine, Scripture, as far as its argumentative matter was concerned, was likely to remain a sealed book to them.キリスト教徒がないへ行ってその教説の証拠啓典を、実際の必要性までがあったからの圧力の論争;場合ではこれらの倍の比類のない聖母の尊厳は、すべての手を、教義の問題として、啓典、その限りで議論をふっかけてくる問題は懸念が残るように密閉された予約しています。

After developing this answer at length, the cardinal continues:この回答した後で発展途上の長さは、枢機卿続く:

As to the second objection which I have supposed, so far from allowing it, I consider that it is built upon a mere imaginary fact, and that the truth of the matter lies in the very contrary direction. 2番目の異議申立を仮定を私は、これまでのところからできるように、私を考慮して建設することは、単なる架空の事実、真理とは、この問題は、非常に逆方向に嘘です。 The Virgin and Child is not a mere modern idea; on the contrary, it is represented again and again, as every visitor to Rome is aware, in the paintings of the Catacombs.ヴァージンと子の近代的ではない、単なるアイデア;それとは逆、それは表現何度も繰り返して、すべての訪問者がローマとしてはご承知の通り、カタコンベは、絵画のです。 Mary is there drawn with the Divine Infant in her lap, she with hands extended in prayer, he with his hand in the attitude of blessing.メアリーは、神の乳児に描か彼女のラップ、彼女の祈りで両手を拡張し、彼と彼の手は、姿勢を祝福します。

V. MARY IN THE EARLY CHRISTIAN DOCUMENTS v.メアリーは、初期キリスト教のドキュメント

Thus far we have appealed to the writings or the remains of the early Christian era in as far as they explain or illustrate the teaching of the Old Testament or the New, concerning the Blessed Virgin.これまで私たちが控訴して文章や、初期キリスト教時代の遺跡〜する限りでは彼らの説明や、旧約聖書の教え明らかにするか、新しい、聖母マリアのです。 In the few following paragraphs we shall have to draw attention to the fact that these same sources, to a certain extent, supplement the Scriptural doctrine.わたしたちは次の段落は、いくつかに注目を集めるのは、これらの事実を同じによると、ある程度までして、聖書の原則を補完する。 In this respect they are the basis of tradition; whether the evidence they supply suffices, in any given case, to guarantee their contents as a genuine part of Divine revelation, must be determined according to the ordinary scientific criteria followed by theologians.この点で彼らは、根拠の伝統;電源が足りるかどうかの証拠彼らは、どの与えられた場合、その内容を保証する純正部品の託宣として、決定しなければならない普通の科学的な基準によれば、続いて神学者です。 Without entering on these purely theological questions, we shall present this traditional material, first, in as far as it throws light on the life of Mary after the day of Pentecost; secondly, in as far as it gives evidence of the early Christian attitude to the Mother of God.これらの純粋な神学的な質問を入力し、わたしたちは現在この伝統的な素材、第一に、今のところは例外に光をメアリーの生活をした後、 1日の聖霊降臨;第二に、 〜する限りではこれにより、初期キリスト教的な姿勢を示す証拠を提出する神の母です。

VI. Ⅵ 。 POST-PENTECOSTAL LIFE OF MARYペンテコステ派の生活をポストメアリー

On the day of Pentecost, the Holy Ghost had descended on Mary as He came on the Apostles and Disciples gathered together in the upper room at Jerusalem.聖霊降臨祭の日に、聖霊の子孫にメアリーとしては、使徒と弟子たちに彼が集まるところにエルサレムの上部部屋です。 No doubt, the words of St. John (19:27), "and from that hour the disciple took her to his own", refer not merely to the time between Easter and Pentecost, but they extend to the whole of Mary's later life.間違いない、という言葉の聖ヨハネの( 19:27 ) 、 "その時から、彼女を自分の弟子"を参照して単に時間の間に復活祭と聖霊降臨日、かれらを延長して全体のメアリーのその後の生活です。 Still, the care of Mary did not interfere with John's Apostolic ministry.それでも、メアリーの注意をもってジョンの使徒を妨げるしなかった部です。 Even the inspired records (Acts 8:14-17; Galatians 1:18-19; Acts 21:18) show that the apostle was absent from Jerusalem on several occasions, though he must have taken part in the Council of Jerusalem, AD 51 or 52.インスピレーションさえ、レコード(行為8:14-17 ;ガラテヤ人への手紙1:18-19 ;行為21:18 )詳細は、使徒は、エルサレムを数回欠席、かかわらず、彼必要があります。エルサレム評議会に参加し、広告の掲載51または52 。 We may also suppose that in Mary especially were verified the words of Acts 2:42: "And they were persevering in the doctrine of the apostles, and in the communication of the breaking of bread, and in prayers".と仮定しても、メアリーすることがありますが、特に行為の言葉を実証して2:42 : "と彼らは、使徒の原則は、忍耐強い、とは、通信を遮断したパンの、そして祈り"です。 Thus Mary was an example and a source of encouragement to the early Christian community.このようにメアリーは、一例と励ましの言葉を、初期キリスト教のソースコミュニティです。 At the same time, it must be confessed that we do not possess any authentic documents bearing directly on Mary's post-Pentecostal life.それと同時に、それはないということを告白しなければならない本物のドキュメントを持つ任意のメアリーのポストに直接軸受ペンテコステ派の人生です。

Place of her life, death, and burial彼女の人生の代わりに、死、と埋葬

As to tradition, there is some testimony for Mary's temporary residence in or near Ephesus, but the evidence for her permanent home in Jerusalem is much stronger.としての伝統では、いくつかの証言をメアリーの臨時居住し、またはそれに近いエフェソス、しかし、彼女の恒久的なホーム、エルサレムの証拠がはるかに強い。

Arguments for Ephesusエフェソスの引数を指定

Mary's Ephesian residence rests on the following evidence:メアリーは、次の証拠に依拠ephesianレジデンス:

(1) A passage in the synodal letter of the Council of Ephesus [111] reads: "Wherefore also Nestorius, the instigator of the impious heresy, when he had come to the city of the Ephesians, where John the Theologian and the Virgin Mother of God St. Mary, estranging himself of his own accord from the gathering of the holy Fathers and Bishops. . ." ( 1 )の手紙を通過し、評議会の宗教会議のエフェソス[ 111 ]読み: "何のためにもnestorius 、異端の扇動者は、不敬な、彼が来たときに、エペソ人への手紙を検索するシティ、ここでジョンの神学者と母親の処女神の聖マリアは、自分自身、自分自身の合意からestrangingザギャザリングは、聖なる父と司教。 。 。 。 。 " Since St. John had lived in Ephesus and had been buried there [112], it has been inferred that the ellipsis of the synodal letter means either, "where John. . .and the Virgin. . .Mary lived", or, "where John. . .and the Virgin. . .Mary lived and are buried".聖ヨハネ以来エフェソスに住んでいたと埋められていたある[ 112 ] 、推論は、省略され、宗教会議の手紙のいずれかの手段は、 "どこのジョン。 。 。 。 。とヴァージン。 。 。 。 。メアリー暮らし"か、または、 "どこのジョン。 。 。 。 。とヴァージン。 。 。 。 。メアリーに住んで葬られた" 。

(2) Bar-Hebraeus or Abulpharagius, a Jacobite bishop of the thirteenth century, relates that St. John took the Blessed Virgin with him to Patmos, then founded the Church of Ephesus, and buried Mary no one knows where. ( 2 )バーhebraeusまたはabulpharagiusは、 13世紀の司教ジャコバイト、関係が聖ヨハネは、聖母マリアが彼にパトモス島、エフェソスの教会を設立し、誰も知らない場所に埋葬メアリーです。 [113] [ 113 ]

(3) Benedict XIV [114] states that Mary followed St. John to Ephesus and died there. ( 3 )ベネディクト14世[ 114 ]メアリーの後には聖ヨハネをエフェソスと死亡した。 He intended also to remove from the Breviary those lessons which mention Mary's death in Jerusalem, but died before carrying out his intention.彼からの聖務日課書を削除する意図もこれらのレッスンをメアリーの死に言及、エルサレム、彼の意向を遂行する前に死んでしまいました。 [115] [ 115 ]

(4) Mary's temporary residence and death in Ephesus are upheld by such writers as Tillemont [116], Calmet [117], etc. ( 4 )メアリーの一時的な住居と死のエフェソスは、このような作家として支持されティユモン[ 116 ] 、カルメ[ 117 ] 、等

(5) In Panaghia Kapoli, on a hill about nine or ten miles distant from Ephesus, was discovered a house, or rather its remains, in which Mary is supposed to have lived. ( 5 ) panaghia kapoli 、丘の上に約9または10マイル遠くからエフェソス、家が発見した、というかむしろその残骸ではメアリーに住んだことがあるの動作をします。 The house was found, as it had been sought, according to the indications given by Catherine Emmerich in her life of the Blessed Virgin.その家が見つかった、求められていたとして、表示によれば、彼女の人生に与えられたカトリーヌエメリッヒの聖母です。

Arguments against Ephesus引数反対エフェソス

On closer inspection these arguments for Mary's residence or burial in Ephesus are not unanswerable.これらの引数をさらに詳しく調べてみるメアリーまたは埋葬さ公邸反論の余地のないエフェソスはない。

(1) The ellipsis in the synodal letter of the Council of Ephesus may be filled out in such a way as not to imply the assumption that Our Blessed Lady either lived or died in Ephesus. ( 1 )し、省略記号は、宗教会議のエフェソスの手紙を5月の評議会で記入することが意味するような方法ではないと仮定して私たちを祝福レディエフェソスのいずれかに住んまたは死亡した。 As there was in the city a double church dedicated to the Virgin Mary and to St. John, the incomplete clause of the synodal letter may be completed so as to read, "where John the Theologian and the Virgin. . .Mary have a sanctuary".として市にあった教会をダブル専用に、聖母マリアと聖ヨハネは、不完全な条項は、宗教会議の手紙を読ん年5月に完了するために、 "どこのジョンの神学者とヴァージン。 。 。 。 。メアリーは、聖域"です。 This explanation of the ambiguous phrase is one of the two suggested in the margin in Labbe's Collect.この説明は、あいまいなフレーズは、 1つまたは2つの余白には提案されラベー静脈の集金のです。 Concil. concilです。 (lc) [118] (液晶) [ 118 ]

(2) The words of Bar-Hebraeus contain two inaccurate statements; for St. John did not found the Church of Ephesus, nor did he take Mary with him to Patmos. ( 2 )の言葉を2つの不正確なステートメントを含むバーhebraeus ;の聖ヨハネ教会が見つかりましたしなかったエフェソス、また彼はメアリーを取る彼にパトモス島です。 St. Paul founded the Ephesian Church, and Mary was dead before John's exile in Patmos.聖パウロ教会ephesian設立した、とメアリーは、ジョンの亡命者の前で死んでパトモス島です。 It would not be surprising, therefore, if the writer were wrong in what he says about Mary's burial.意外なことはないが、そのため、間違っている場合は、作家が何と言おうとメアリーの埋葬します。 Besides, Bar-Hebraeus belongs to the thirteenth century; the earlier writers had been most anxious about the sacred places in Ephesus; they mention the tomb of St. John and of a daughter of Philip [119], but they say nothing about Mary's burying place.また、バー- hebraeusに属して13世紀;最も心配していた、以前の作家については、神聖な場所でエフェソス;彼らの墓の聖ヨハネの言及と娘のフィリップ[ 119 ]が、それらについては何も言わないメアリーの埋設場所。

(3) As to Benedict XIV, this great pontiff is not so emphatic about Mary's death and burial in Ephesus, when he speaks about her Assumption in heaven. ( 3 )としてのベネディクト14世は、この偉大な法王ではないので断固たるメアリーの死と埋葬さ約エフェソス、彼女の仮定について話すとき、彼は天国です。

(4) Neither Benedict XIV nor the other authorities who uphold the Ephesian claims, advance any argument that has not been found inconclusive by other scientific students of this question. ( 4 )どちらのベネディクト14世も、他の当局ephesian whoを維持する主張は、事前に任意の引数が発見されていない他の科学的な結論の出ない生徒は、次の質問です。

(5) The house found in Panaghia-Kapouli is of any weight only in so far as it is connected with the visions of Catherine Emmerich. ( 5 )の家panaghia - kapouliが発見さだけで、これまでの任意の重量に接続してビジョンのことはカトリーヌエメリッヒです。 Its distance from the city of Ephesus creates a presumption against its being the home of the Apostle St. John.そのエフェソスの都市からの距離の推定を作成するのに反対のホームは、使徒聖ヨハネです。 The historical value of Catherine's visions is not universally admitted.キャサリンの歴史的価値を認めたの普遍的なビジョンではない。 Mgr. mgrです。 Timoni, Archbishop of Smyrna, writes concerning Panaghia-Kapouli: "Every one is entire free to keep his personal opinion". timoni 、大司教のスマーナ、書き込みに関するpanaghia - kapouli : "すべての全体の1つは彼の個人的な意見を自由に保つ"です。 Finally the agreement of the condition of the ruined house in Panaghia-Kapouli with Catherine's description does not necessarily prove the truth of her statement as to the history of the building.最後に、契約書は廃墟になったの家の状態をpanaghia - kapouliとキャサリンの説明は必ずしも真実を証明して彼女の声明として、建物の歴史をしています。 [120] [ 120 ]

Arguments against Jerusalem引数反対エルサレム

Two considerations militate against a permanent residence of Our Lady in Jerusalem: first, it has already been pointed out that St. John did not permanently remain in the Holy City; secondly, the Jewish Christians are said to have left Jerusalem during the periods of Jewish persecution (cf. Acts 8:1; 12:1).永住権の考慮事項に対して2つの影響を及ぼす弊社のレディインエルサレム:第一に、それがすでに指摘されて聖ヨハネしなかった永久に残っているの聖地;第二に、キリスト教徒はユダヤ人によると、期間中には左のエルサレムのユダヤ人迫害( cf.行為8:1 ;午前12時01分) 。 But as St. John cannot be supposed to have taken Our Lady with him on his apostolic expeditions, we may suppose that he left her in the care of his friends or relatives during the periods of his absence.しかし、聖ヨハネ仮定して撮影することはできませんが、彼に彼のローマ教皇の聖母遠征、左にすることがありますと仮定して彼は彼女を自分の友人や親戚の注意をもって彼の不在の期間です。 And there is little doubt that many of the Christians returned to Jerusalem, after the storms of persecution had abated.疑いの余地はほとんどないとの多くは、キリスト教徒がエルサレムに返さ、迫害の嵐の後には排除します。

Arguments for Jerusalemエルサレムの引数を指定

Independently of these considerations, we may appeal to the following reasons in favour of Mary's death and burial in Jerusalem:独立し、これらの考慮事項は、以下の理由に上訴することがありますに賛成だとメアリーの死のエルサレム埋葬さ:

(1) In 451 Juvenal, Bishop of Jerusalem, testified to the presence of Mary's tomb in Jerusalem. ( 1 ) 451幼、エルサレムの司教、メアリーの存在を証言して、エルサレムの墓のです。 It is strange that neither St. Jerome, nor the Pilgrim of Bordeaux, nor again pseudo-Silvia give any evidence of such a sacred place.これはどちらの聖ジェローム奇妙なことに、巡礼者のボルドーも、また再び疑似シルビア任意の証拠を与えるような神聖な場所です。 But when the Emperor Marcion and the Empress Pulcheria asked Juvenal to send the sacred remains of the Virgin Mary from their tomb in Gethsemani to Constantinople, where they intended to dedicate a new church to Our Lady, the bishop cited an ancient tradition saying that the sacred body had been assumed into heaven, and sent to Constantinople only the coffin and the winding sheet.しかし、天皇皇后両プルケリアmarcionと幼要請を送信して神聖な遺跡の墓から、聖母マリアにgethsemaniをコンスタンティノープル、どこにささげるを目的とし、新しい教会を聖母は、司教引用、古代の伝統と言っているの神聖な天国と想定していた体、および送信された棺とコンスタンティノープル巻きシートのみです。 This narrative rests on the authority of a certain Euthymius whose report was inserted into a homily of St. John Damascene [121] now read in the second Nocturn of the fourth day within the octave of the Assumption.この物語に依拠する権限を、特定のeuthymiusが挿入された報告書は説教の聖ヨハネのダマシン[ 121 ]今すぐ続きを読む2番目の夜課は、 4日目に、オクターブを想定します。 Scheeben [122] is of opinion that Euthymius's words are a later interpolation: they do not fit into the context; they contain an appeal to pseudo-Dionysius [123] which are not otherwise cited before the sixth century; and they are suspicious in their connection with the name of Bishop Juvenal, who was charged with forging documents by Pope St. Leo.シェーベン[ 122 ]が意見をeuthymiusの言葉は、後の補間:彼らはありません収まらないのコンテキスト;彼らの訴えを込めて含んで偽ディオニシウス[ 123 ]に引用されていない他の6世紀の前に、彼らは不審にの接続を司教の名前を幼、 whoは、書類を偽造罪でローマ教皇聖レオです。 [124] In his letter the pontiff reminds the bishop of the holy places which he has under his very eyes, but does not mention the tomb of Mary. [ 124 ]彼の手紙の司教の司教を連想させる聖地で彼は彼の非常に目されて、しかし、メアリーの墓の言及はありません。 [125] Allowing that this silence is purely incidental, the main question remains, how much historic truth underlies the Euthymian account of the words of Juvenal? [ 125 ]できるようにして沈黙は、純粋に付随的に、主要な疑問は残る、歴史的な真実underliesどのくらいの言葉を、幼euthymianアカウントのですか?

(2) Here must be mentioned too the apocryphal "Historia dormitionis et assumptionis BMV", which claims St. John for its author. ( 2 )あまりにも、ここに記載しなければならないの作り話"歴史dormitionis et assumptionis bmv " 、聖ヨハネはその著者の主張です。 [126] Tischendorf believes that the substantial parts of the work go back to the fourth, perhaps even to the second, century. [ 126 ]ティッシェンドルフと考えており、かなりの部分で仕事に戻っての第四に、おそらく2番目にも、世紀のです。 [127] Variations of the original text appeared in Arabic and Syriac, and in other languages; among these must be noted a work called "De transitu Mariae Virg.", which appeared under the name of St. Melito of Sardes. [ 127 ]のパターンは、元のテキストが掲載されアラビア語とシリア語、および他の言語で;の間に働くと呼ばれるこれらの留意しなければならない"デtransitu mariae virgです。 " 、通りの名の下に載ったsardesメリートのです。 [128] Pope Gelasius enumerates this work among the forbidden books. [ 128 ]ローマ法王gelasiusこの作品のうち、禁止されて書籍を列挙します。 [129] The extraordinary incidents which these works connect with the death of Mary do not concern us here; but they place her last moments and her burial in or near Jerusalem. [ 129 ]これらの作品の臨時事件を接続していない懸念が死亡したメアリーはこちら;しかし、彼ら彼女の最後の瞬間、彼女の場所またはその近くのエルサレム埋葬さです。

(3) Another witness for the existence of a tradition placing the tomb of Mary in Gethsemani is the basilica erected above the sacred spot, about the end of the fourth or the beginning of the fifth century. ( 3 )別の目撃者が存在する伝統の墓のメアリーに配置さgethsemaniの上に建てられた教会は、神聖な場所、については、最後の第4または5世紀の初めにします。 The present church was built by the Latins in the same place in which the old edifice had stood.建てられた教会は、現在のラテン系でも同じ場所では、古い建物が立っていた。 [130] [ 130 ]

(4) In the early part of the seventh century, Modestus, Bishop of Jerusalem, located the passing of Our Lady on Mount Sion, in the house which contained the Cenacle and the upper room of Pentecost. ( 4 ) 、 7世紀の前半に、 modestus 、エルサレムの司教は、聖母の逝去の報にマウントシオン、家の中での晩餐の部屋が含まアッパールームの聖霊降臨日とします。 [131] At that time, a single church covered the localities consecrated by these various mysteries. [ 131 ]その時、自治体、 1つの教会の聖体拝領を覆って、これらの様々な謎です。 One must wonder at the late evidence for a tradition which became so general since the seventh century. 1つは、後半必要があります。ワンダーの伝統になったような証拠を総合以来、 7世紀です。

(5) Another tradition is preserved in the "Commemoratorium de Casis Dei" addressed to Charlemagne. ( 5 )別の伝統は保存されている" commemoratoriumデcasisデイ"宛てにシャルルマーニュです。 [132] It places the death of Mary on Mt. [ 132 ]メアリーが死亡したことをモンタナの場所です。 Olivet where a church is said to commemorate this event.オリヴェどこによると、教会はこれを記念してイベントです。 Perhaps the writer tried to connect Mary's passing with the Church of the Assumption as the sister tradition connected it with the cenacle.おそらくその作家を通過しようとメアリーに接続するという想定の下の教会の伝統としての妹の晩餐の部屋に接続しています。 At any rate, we may conclude that about the beginning of the fifth century there existed a fairly general tradition that Mary had died in Jerusalem, and had been buried in Gethsemani.いずれにせよ、との結論を下すことがありますについては、 5世紀の初めに、かなり一般的な伝統が存在し、エルサレムメアリちゃんは死亡した、とgethsemani埋設されていた。 This tradition appears to rest on a more solid basis than the report that Our Lady died and was buried in or near Ephesus.この伝統が表示さは、他の強固な基盤を休ませるよりも、報告書には聖母が死亡し、またはその近くに埋葬さエフェソスです。 As thus far historical documents are wanting, it would be hard to establish the connection of either tradition with apostolic times.として、これまで歴史的なドキュメントが欠け、それはハードの接続を確立するのいずれかの伝統とローマ教皇の回クリックします。 [133] [ 133 ]

Conclusion結論

It has been seen that we have no absolute certainty as to the place in which Mary lived after the day of Pentecost.で見たことがあることが絶対に確実なことがない私たちの場所に住んではメアリー聖霊降臨祭の日の後にします。 Though it is more probable that she remained uninterruptedly in or near Jerusalem, she may have resided for a while in the vicinity of Ephesus, and this may have given rise to the tradition of her Ephesian death and burial.他の予想をすることも途切れずに彼女は依然、またはそれに近いエルサレムで、彼女が住ん年5月にあり、近くにしばらくエフェソスし、この5月に上昇するの伝統が与えられた彼女の死と埋葬ephesianです。 There is still less historical information concerning the particular incidents of her life.歴史的な情報については、まだ少ないが、特定の事件の彼女の人生です。 St. Epiphanius [134] doubts even the reality of Mary's death; but the universal belief of the Church does not agree with the private opinion of St. Epiphanius.聖聖エピファニオス[ 134 ]疑問さえ、メアリーの死の現実;が、普遍的信念は、教会はありません個人の意見に同意する聖聖エピファニオスです。 Mary's death was not necessarily the effect of violence; it was undergone neither as an expiation or penalty, nor as the effect of disease from which, like her Divine Son, she was exempt.メアリーの死は、必ずしもその効果の暴力;ことは、大どちらの罪の償いやペナルティーとして、また病気からの影響としては、神のような彼女の息子、彼女は免除されます。 Since the Middle Ages the view prevails that she died of love, her great desire to be united to her Son either dissolving the ties of body and soul, or prevailing on God to dissolve them.中世以来、死亡したの見方が広がっている彼女の愛、彼女の切なる願いを団結して彼女の息子のいずれかの結び付きを体と心を解散するか、または支配する神を解消します。 Her passing away is a sacrifice of love completing the dolorous sacrifice of her life.彼女の逝去を犠牲には完了する愛の悲しそうな彼女の人生を犠牲にします。 It is the death in the kiss of the Lord (in osculo Domini), of which the just die.これは、主の死のキスをする( osculoドメイン) 、死ぬのは、わずかです。 There is no certain tradition as to the year of Mary's death.特定の伝統がないとして、メアリーの死の年です。 Baronius in his Annals relies on a passage in the Chronicon of Eusebius for his assumption that Mary died AD 48.彼の科学Annalsバロニウスを通過さに依存して彼のユーセビアスすると仮定しchroniconの死亡広告メアリー48 。 It is now believed that the passage of the Chronicon is a later interpolation.これは今すぐに通過すると信じてchroniconは、後の補間します。 [135] Nirschl relies on a tradition found in Clement of Alexandria [136] and Apollonius [137] which refers to a command of Our Lord that the Apostles were to preach twelve years in Jerusalem and Palestine before going among the nations of the world; hence he too arrives at the conclusion that Mary died AD 48. [ 135 ] nirschlクレメント発見さに依存してアレクサンドリアの伝統[ 136 ]とアポロニオス[ 137 ]のコマンドを参照してわたしたちの主の使徒が説教して12年、エルサレムとパレスチナ間の国行く前に、世界;したがって彼はあまりにも到着の広告が死亡した、という結論にメアリー48 。 Her assumption into heaven彼女の仮定を天国

The Assumption of Our Lady into heaven has been treated in a SPECIAL ARTICLE.天国の仮定は、私たち女性を治療するために特別なサポートされています。

[138] The feast of the Assumption is most probably the oldest among all the feasts of Mary properly so called. [ 138 ]てのごちそうのは、おそらく最も古いという想定の下のすべてのお祭りの間で適切にメアリーいわゆるします。 [139] As to art, the assumption was a favourite subject of the school of Siena which generally represents Mary as being carried to heaven in a mandorla. [ 139 ]としての芸術、という想定の下は、お気に入りのアジ研は、学校のシエナを運ばされ、通常はメアリーマンドルラ天国にする。

VII. Ⅶ 。 EARLY CHRISTIAN ATTITUDE TO THE MOTHER OF GOD早期キリスト教の神の母な態度を取る

Her image and her name彼女のイメージと彼女の名前

Depictions of her image彼女のイメージを描写

No picture has preserved for us the true likeness of Mary.保存先の画像はメアリーの真の似ているのです。 The Byzantine representations, said to be painted by St. Luke, belong only to the sixth century, and reproduce a conventional type.表現し、ビザンチン、聖ルカによるとされる塗装され、 6世紀に属するのみを適用すると、従来のタイプを再現します。 There are twenty-seven copies in existence, ten of which are in Rome. 2007年には、コピーが存在する、 10のはローマのです。 [140] Even St. Augustine expresses the opinion that the real external appearance of Mary is unknown to us, and that in this regard we know and believe nothing. [ 140 ]さえ聖アウグスティヌスの意見を表現して外部の外観は、本物のメアリーは未知の参考にさせて私たちはこの点について何も知っていると信じています。 [141] The earliest picture of Mary is that found in the cemetery of Priscilla; it represents the Virgin as if about to nurse the Infant Jesus, and near her is the image of a prophet, Isaias or perhaps Micheas. [ 141 ]の最古の画像が発見されたメアリーは墓地のプリシラ;ことは、ヴァージンの看護師としての乳児の場合についてはイエスキリストを、と近くに彼女は、預言者のイメージを、おそらくisaiasまたはmicheasです。 The picture belongs to the beginning of the second century, and compares favourably with the works of art found in Pompeii.画像に属して2番目の世紀の初めに、 favourablyと比較すると、ポンペイの芸術作品が見つかりました。 From the third century we possess pictures of Our Lady present at the adoration of the Magi; they are found in the cemeteries of Domitilla and Calixtus. 3世紀からの聖母の写真を所有する現在の私たちは、東方の三博士礼拝は、それらが発見された墓地のカリクストゥスドミティッラとします。 Pictures belonging to the fourth century are found in the cemetery of Saints Peter and Marcellinus; in one of these she appears with her head uncovered, in another with her arms half extended as if in supplication, and with the Infant standing before her. 4世紀に所属する写真の墓地が発見された聖者のピーターとマルケリヌス;のいずれかの彼女は彼女の頭が表示されカバーされていない、と彼女の腕の半分を別の拡張としての場合に懇願し、彼女の前に立って、幼児のです。 On the graves of the early Christians, the saints figured as intercessors for their souls, and among these saints Mary always held the place of honour.初期のキリスト教徒の墓の上に、自分の魂を滅ぼし、 intercessors聖人として計算し、これらの聖人の間で行われたメアリーの代わりに、常に名誉です。 Besides the paintings on the walls and on the sarcophagi, the Catacombs furnish also pictures of Mary painted on gilt glass disks and sealed up by means of another glass disk welded to the former.絵画の壁に加えて、 sarcophagusの複数形を検索すると、メアリーのカタコンベの写真を提出も描かれ金箔ガラスディスクや別の手段を密封したガラスディスク溶接して元です。 [142] Generally these pictures belong to the third or fourth century. [ 142 ]一般的にこれらの写真の第3または4世紀に属しています。 Quite frequently the legend MARIA or MARA accompanies these pictures.かなり頻繁にマラの伝説マリアまたはこれらの写真が添付されます。

Use of her name彼女の名前を使用

Towards the end of the fourth century, the name Mary becomes rather frequent among Christians; this serves as another sign of the veneration they had for the Mother of God.第4世紀の終わりに向かって、メアリーの名前がかなり頻繁にキリスト教徒の間、この別のメンバーとして、尊敬していたため、神の母です。 [143] [ 143 ]

Conclusion結論

No one will suspect the early Christians of idolatry, as if they had paid supreme worship to Mary's pictures or name; but how are we to explain the phenomena enumerated, unless we suppose that the early Christians venerated Mary in a special way?容疑者の1つは、初期のキリスト教徒の偶像崇拝、もしかれらが礼拝にメアリー有料最高の写真や名前;しかし、私たちはどのように列挙の現象を説明する、と仮定して、初期のキリスト教徒しない限り、私たちメアリー尊敬するために特別な方法ですか? [144] [ 144 ]

Nor can this veneration be said to be a corruption introduced in later times.また、この尊敬に導入されたといわれている腐敗へ回クリックします。 It has been seen that the earliest picture dates from the beginning of the second century, so that within the first fifty years after the death of St. John the veneration of Mary is proved to have flourished in the Church of Rome.されて画像で見たことがある最古の日付から2番目の世紀の初めに、にして、最初の50年間の死亡後、聖ヨハネの尊敬のメアリーは立証さにはローマの教会の開花です。

Early writings初期の作品

For the attitude of the Churches of Asia Minor and of Lyons we may appeal to the words of St. Irenaeus, a pupil of St. John's disciple Polycarp [145]; he calls Mary our most eminent advocate.態度は、小アジアの教会のリヨンとの言葉をアピールすることがあります聖エイレナイオスは、瞳孔の弟子の聖ヨハネのpolycarp [ 145 ] ;彼は私たちの最も著名な擁護者メアリーの呼び出しです。 St. Ignatius of Antioch, part of whose life reached back into apostolic times, wrote to the Ephesians (c. 18-19) in such a way as to connect the mysteries of Our Lord's life more closely with those of the Virgin Mary.聖イグナチオのアンティオキア、生活の一部に達し、その先頭にローマ教皇の回、エペソ人への手紙を書いた( c. 18-19 )に接続するような方法として、わたしたちの主の人生の謎を探るとより密接にそれらは、聖母マリアです。 For instance, the virginity of Mary, and her childbirth, are enumerated with Christ's death, as forming three mysteries unknown to the devil.たとえば、処女のメアリー、と彼女の出産は、イエスキリストの死が列挙さに、 3つの謎知られていないとして、悪魔を形成します。 The sub-apostolic author of the Epistle to Diognetus, writing to a pagan inquirer concerning the Christian mysteries, describes Mary as the great antithesis of Eve, and this idea of Our Lady occurs repeatedly in other writers even before the Council of Ephesus.サブdiognetusの信徒への使徒の著者、書き込みしてキリスト教の謎に関する異教のインクワイアラーは、偉大なアンチテーゼとしての説明メアリー前夜、聖母マリアが発生すると、このアイデアを繰り返し、他の作家にも評議会の前にエフェソスです。 We have repeatedly appealed to the words of St. Justin and Tertullian, both of whom wrote before the end of the second century.私たちは聖の言葉を繰り返しアピールしてテルトゥリアヌスジャスティンと、書いた人の両方の2番目の前世紀の終わりにします。

As it is admitted that the praises of Mary grow with the growth of the Christian community, we may conclude in brief that the veneration of and devotion to Mary began even in the time of the Apostles.としての賛辞を認めていることはメアリーを成長させるのは、キリスト教社会の成長を、結論を簡潔にすることがありますは、尊敬のメアリーと献身を始めたのも、時間の使徒です。

Publication information Written by AJ Maas.出版物の情報執筆者のAJマース。 Transcribed by Michael T. Barrett.マイケルバレットt.転写されています。 Dedicated to the Immaculate Heart of Mary The Catholic Encyclopedia, Volume XV.メアリーは、専用の無原罪のは、カトリックの中心部に百科事典、第20巻15 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1912.公認、 1912年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

[1] Quaest. [ 1 ] quaestです。 hebr. hebrです。 in Gen., PL, XXIII, col. 、 Gen 。と、ポーランド語、 23 、列です。 943 [2] cf. 943 [ 2 ]継続前誌です。 Wis., ii, 25; Matt., iii, 7; xxiii, 33; John, viii, 44; I, John, iii, 8-12. Wis 。 、 2世、 25 ;マットです。 、 3 、 7 、 23 、 33 ;ジョン、 viii 、 44 ;私、ジョン、 3世、 8-12 。 [3] Hebräische Grammatik, 26th edit., 402 [4] Der alte Orient und die Geschichtsforschung, 30 [5] cf. [ 3 ] hebräische文法、 26日に編集します。 、 402 [ 4 ] derアルテオリエントund死ぬgeschichtsforschung 、 30 [ 5 ]継続前誌です。 Jeremias, Das Alte Testament im Lichte des alten Orients, 2nd ed., Leipzig, 1906, 216; Himpel, Messianische Weissagungen im Pentateuch, Tubinger theologische Quartalschrift, 1859; Maas, Christ in Type and Prophecy, I, 199 sqq., New York, 1893; Flunck, Zeitschrift für katholische Theologie, 1904, 641 sqq.; St. Justin, dial.イェレミアス、 dasアルテ遺言イムlichteデアルテンorients 、第2版です。 、ライプチヒ、 1906 、 216 ; himpel 、 messianische weissagungenイム五、 tubinger theologische quartalschrift 、 1859 ;マース、イエスキリストのタイプと予言、私、 199 sqq 。 、ニューヨーク、 1893 ; flunck 、 zeitschrift für katholische theologie 、 1904 、 641 sqq 。 ;セントジャスティン、ダイヤルします。 c. Tryph., 100 (PG, VI, 712); St. Iren., adv. tryph 。 、 100 (結果を、 6 、 712 ) ;聖イレーンです。 、前売します。 haer., III, 23 (PG, VII, 964); St. Cypr., test. haer 。 、 3世、 23 (結果は、 7 、 964 ) ;聖cypr 。 、テストします。 c. Jud., II, 9 (PL, IV, 704); St. Epiph., haer., III, ii, 18 (PG, XLII, 729).ユート。 、 2世、 9日(ポーランド語、四、 704 ) ;聖epiph 。 、 haer 。 、 3世、 2世、 18 (結果、 42 、 729 ) 。 [6] Lagarde, Guthe, Giesebrecht, Cheyne, Wilke. [ 6 ]ラガルド、 guthe 、ギーゼブレヒト、チェーンストークス、ウィルケです。

[7] cf. [ 7 ]継続前誌です。 Knabenbauer, Comment. knabenbauer 、コメントは得られなかった。 in Isaiam, Paris, 1887; Schegg, Der Prophet Isaias, Munchen, 1850; Rohling, Der Prophet Isaia, Munster, 1872; Neteler, Das Bush Isaias, Munster, 1876; Condamin, Le livre d'Isaie, Paris, 1905; Maas, Christ in Type and Prophecy, New York, 1893, I, 333 sqq.; Lagrange, La Vierge et Emmaneul, in Revue biblique, Paris, 1892, pp.でisaiam 、パリ、 1887 ; schegg 、 der預言者isaias 、ミュンヘン、 1850 ; rohling 、 der預言者イザイア、マンステール、 1872 ; Netelerが、ブッシュ大統領das isaias 、マンステール、 1876 ; condamin 、ルリーヴルd' isaie 、パリ、 1905 ;マース、イエスキリストのタイプと予言、ニューヨーク、 1893年、私、 333 sqq 。 ;ラグランジュ、ラビエルヘet emmaneulは、レヴューbiblique 、パリ、 1892 、 pp 。 481-497; Lémann, La Vierge et l'Emmanuel, Paris, 1904; St. Ignat., ad Eph., cc. 481から497 ; lémann 、ラビエルヘet l'エマニュエル、パリ、 1904 ;聖ignat 。 、広告の掲載eph 。 、電流条件 7, 19, 19; St. Justin, Dial., PG, VI, 144, 195; St. Iren., adv. 7日、 19日、 19 ;セントジャスティン、ダイヤルします。 、 pg 、 6 、 144 、 195 ;聖イレーンです。 、前売します。 haer., IV, xxxiii, 11. haer 。 、 4 、 33 、 11 。 [8] Cf. [ 8 ]継続前誌です。 the principal Catholic commentaries on Micheas; also Maas, "Christ in Type and Prophecy, New York, 1893, I, pp. 271 sqq.カトリックの主に解説するmicheas ;もマース、 "イエスキリストのタイプと予言、ニューヨーク、 1893年、私、 pp 。 271 sqq 。

[9] PG, XXV, col. [ 9 ] pg 、 25 、列です。 205; XXVI, 12 76 [10] In Jer., PL, XXIV, 880 [11] cf. 205 ;二十六、 12 76 [ 10 ]でjer 。 、ポーランド語、 24 、 880 [ 11 ]継続前誌です。 Scholz, Kommentar zum Propheten Jeremias, Würzburg, 1880; Knabenbauer, Das Buch Jeremias, des Propheten Klagelieder, und das Buch Baruch, Vienna, 1903; Conamin, Le texte de Jeremie, xxxi, 22, est-il messianique?ショルツ、 kommentar zum prophetenイェレミアス、ヴュルツブルク、 1880 ; knabenbauer 、 dasブーフイェレミアス、デpropheten klagelieder 、 und dasブーフバルーク、ウィーン、 1903 ; conamin 、ルtexteデジェレミ、 31 、 22 、次のとおりである-イリノイmessianiqueですか? in Revue biblique, 1897, 393-404; Maas, Christ in Type and Prophecy, New York, 1893, I, 378 sqq..でレヴューbiblique 、 1897 、三百九十三〜四百四;マース、イエスキリストのタイプと予言、ニューヨーク、 1893年、私、 378 sqq .. [12] cf. [ 12 ]継続前誌です。 St. Ambrose, de Spirit.聖アンブローズ、デ精神です。 Sanct., I, 8-9, PL, XVI, 705; St. Jerome, Epist., cviii, 10; PL, XXII, 886. sanct 。 、私、 8-9 、ポーランド語、 16 、 705 ;聖ジェローム、 epist 。 、 cviii 、 10 ;ポーランド語、 xxii 、 886です。

[13] cf. [ 13 ]継続前誌です。 Gietmann, In Eccles. gietmannは、エクルズです。 et Cant. etできない。 cant., Paris, 1890, 417 sq. [14] cf.できない。 、パリ、 1890年、 417平方[ 14 ]継続前誌です。 Bull "Ineffabilis", fourth Lesson of the Office for 10 Dec..雄牛" ineffabilis " 、 4番目の教訓12月10日の事務所です。 [15] Response of seventh Nocturn in the Office of the Immaculate Conception. [ 15 ]の応答七夜課は、事務所の無原罪懐胎の祝日です。

[16] cf. [ 16 ]継続前誌です。 St. Justin, dial.聖ジャスティン、ダイヤルします。 c. Tryph., 100; PG, VI, 709-711; St. Iren., adv. tryph 。 、 100 ; pg 、六、七〇九から七一一;聖イレーンです。 、前売します。 haer., III, 22; V, 19; PG, VII, 958, 1175; Tert., de carne Christi, 17; PL, II, 782; St. Cyril., catech., XII, 15; PG, XXXIII, 741; St. Jerome, ep. haer 。 、 3世、 22 ; V電源、 19 ; pg 、 7 、 958 、 1175 ; tertします。 、デカルネクリスティ、 17 ;ポーランド語、 2世、 782 ;聖シリルします。 、 catech 。 、 12 、 15 ; pg 、 33 、 741 ;聖ジェローム、 epです。 XXII ad Eustoch., 21; PL, XXII, 408; St. Augustine, de agone Christi, 22; PL, XL, 303; Terrien, La Mère de Dien et la mère des hommes, Paris, 1902, I, 120-121; II, 117-118; III, pp. xxii広告eustoch 。 、 21 ;ポーランド語、 xxii 、 408 ;聖アウグスティヌス、デagoneクリスティ、 22 ;ポーランド語、 xl 、 303 ;テリエン、ラmèreデディーンとラmèreデHommes 〜 、パリ、 1902年に、私は、百二十から百二十一まで;二、 117から118まで;三、 pp 。 8-13; Newman, Anglican Difficulties, London, 1885, II, pp. 8-13 ;ニューマン、聖公会の困難、ロンドン、 1885年、 2世、 pp 。 26 sqq.; Lecanu, Histoire de la Sainte Vierge, Paris, 1860, pp. 26 sqq 。 ; lecanu 、 histoireデラサントビエルヘ、パリ、 1860 、 pp 。 51-82.五一から八二までです。

[17] de B. Virg., l. [ 17 ]デb. virg 。 、 l. IV, c.四、 c. 24 [18] La Vierge Marie d'apres l'Evangile et dans l'Eglise [19] Letter to Dr. Pusey [20] Mary in the Gospels, London and New York, 1885, Lecture I. [21] cf. 24 [ 18 ]ラビエルヘマリーd' apres l' evangile et dansレグリーズ[ 19 ]に手紙を博士ピュージー[ 20 ]メアリーは、福音書、ロンドン、ニューヨーク、 1885年、第一講義i. [ 21 ]継続前誌です。 Tertullian, de carne Christi, 22; PL, II, 789; St. Aug., de cons.テルトゥリアヌス、デカルネクリスティ、 22 ;ポーランド語、 2世、 789 ;聖8月、デ短所です。 Evang., II, 2, 4; PL, XXXIV, 1072. evang 。 、 2世、 2 、 4 ;ポーランド語、 34 、 1072 。 [22] Cf. [ 22 ]継続前誌です。 St. Ignat., ad Ephes, 187; St. Justin, c.聖ignat 。 、広告の掲載ephes 、 187 ;セントジャスティン、 c. Taryph., 100; St. Aug., c. taryph 。 、 100 ;聖8月、 c. Faust, xxiii, 5-9; Bardenhewer, Maria Verkundigung, Freiburg, 1896, 74-82; Friedrich, Die Mariologie des hl.ファウスト、 23 、 5-9 ; bardenhewer 、マリアverkundigung 、フライブルクは、 1896年、七十四から八十二まで;フリードリヒ、死ぬmariologieデhlします。 Augustinus, Cöln, 1907, 19 sqq. augustinus 、 cöln 、 1907 、 19 sqq 。 [23] Jans., Hardin., etc. [24] hom. [ 23 ]ヤンス。 、ハーディン。 、等[ 24 ]ハオマ汁です。 I. de nativ. i.デnativです。 BV, 2, PG, XCVI, 664 [25] PG, XLVII, 1137 bv 、 2 、 pg 、 96 、 664 [ 25 ] pg 、 47 、 1137

[26] de praesent., 2, PG, XCVIII, 313 [27] de laud. [ 26 ]デ[編集] 。 、 2 、 pg 、 98 、 313 [ 27 ]デ賛美します。 Deipar., PG, XLIII, 488 [28] PL, XCVI, 278 [29] in Nativit. deipar 。 、 pg 、 43 、 488 [ 28 ]ポーランド語、 96 、 278 [ 29 ]でnativitです。 Deipar., PL, CLI, 324 [30] cf. deipar 。 、ポーランド語、 CLIの、 324 [ 30 ]継続前誌です。 Aug., Consens. 8月、 consensです。 Evang., l. evang 。 、 l. II, c. 2世、 c. 2 [31] Schuster and Holzammer, Handbuch zur biblischen Geschichte, Freiburg, 1910, II, 87, note 6 [32] Anacreont., XX, 81-94, PG, LXXXVII, 3822 [33] hom. 2 [ 31 ]シュスターとholzammer 、 handbuch zur biblischen geschichte 、フライブルク、 1910 、 2世、 87 、注6 [ 32 ] anacreont 。 、イグゼクス、 81から94 、 pg 、 87 、 3822 [ 33 ]ハオマ汁です。 I in Nativ.私はnativです。 BMV, 6, II, PG, CCXVI, 670, 678 [34] cf. bmv 、 6 、 2世、 pg 、 ccxvi 、 670 、 678 [ 34 ]継続前誌です。 Guérin, Jérusalem, Paris, 1889, pp. guérin 、 jérusalem 、パリ、 1889 、 pp 。 284, 351-357, 430; Socin-Benzinger, Palästina und Syrien, Leipzig, 1891, p. 284 、 351から357 、 430 ; socin - benzinger 、 palästina und syrien 、ライプチヒ、 1891 、 p. 80; Revue biblique, 1893, pp. 80 ;レヴューbiblique 、 1893 、 pp 。 245 sqq.; 1904, pp. 245 sqq 。 ; 1904 、 pp 。 228 sqq.; Gariador, Les Bénédictins, I, Abbaye de Ste-Anne, V, 1908, 49 sq. 228 sqq 。 ; gariador 、レbénédictins 、私は、 abbayeデサント-アンヌ、 V電源、 1908年、 49平方

[35] cf. [ 35 ]継続前誌です。 de Vogue, Les églises de la Terre-Sainte, Paris, 1850, p.デヴォーグ、レéglisesデラテリコ-サント、パリ、 1850 、 p. 310 [36] 2, 4, PL, XXX, 298, 301 [37] Itiner., 5, PL, LXXII, 901 [38] cf. 310 [ 36 ] 2 、 4 、ポーランド語、 xxxと298 、 301 [ 37 ] itiner 。 、 5 、ポーランド語、 72 、 901 [ 38 ]継続前誌です。 Lievin de Hamme, Guide de la Terre-Sainte, Jerusalem, 1887, III, 183 [39] haer., XXX, iv, II, PG, XLI, 410, 426 [40] PG, XCVII, 806 [41] cf. lievinデハンメ、ガイドデラテリコ-サント、エルサレム、 1887 、 3 、 183 [ 39 ] haer 。 、 xxxと4世、 2世、 pg 、 41 、 410 、 426 [ 40 ] pg 、 97 、 806 [ 41 ]継続前誌です。 Aug., de santa virginit., I, 4, PL, XL, 398 [42] cf. 8月、デサンタvirginit 。 、私、 4 、ポーランド語、 xl 、 398 [ 42 ]継続前誌です。 Luke, i, 41; Tertullian, de carne Christi, 21, PL, II, 788; St. Ambr., de fide, IV, 9, 113, PL, XVI, 639; St. Cyril of Jerus., Catech., III, 6, PG, XXXIII, 436 [43] Tischendorf, Evangelia apocraphya, 2nd ed., Leipzig, 1876, pp.ルーク、私は、 41 ;テルトゥリアヌス、デカルネクリスティ、 21日、ポーランド語、 2世、 788 ;聖ambr 。 、デfide 、 4 、 9 、 113 、ポーランド語、 16 、 639 ;聖シリルのjerus 。 、 catech 。 、 3 、 6 、 pg 、 33 、 436 [ 43 ]ティッシェンドルフ、 evangelia apocraphya 、第2版です。 、ライプチヒ、 1876 、 pp 。 14-17, 117-179 [44] PG, XLVII, 1137 [45] PG, XCVIII, 313 [46] PG, XXXVCIII, 244 14-17 、一一七から一七九[ 44 ] pg 、 47 、 1137 [ 45 ] pg 、 98 、 313 [ 46 ] pg 、 xxxvciii 、 244

[47] cf. [ 47 ]継続前誌です。 Guérin, Jerusalem, 362; Liévin, Guide de la Terre-Sainte, I, 447 [48] de virgin., II, ii, 9, 10, PL, XVI, 209 sq. [49] cf. guérin 、エルサレム、 362 ; liévin 、ガイドデラテリコ-サント、私、 447 [ 48 ]デヴァージンします。 、 2世、 2世、 9 、 10 、ポーランド語、 16 、 209平方[ 49 ]継続前誌です。 Corn.トウモロコシのです。 Jans., Tetrateuch.ヤンス。 、 tetrateuchです。 in Evang., Louvain, 1699, p.でevang 。 、ルーベン、 1699 、 p. 484; Knabenbauer, Evang. 484 ; knabenbauer 、 evang 。 sec.秒です。 Luc., Paris, 1896, p.リュック。 、パリ、 1896 、 p. 138 [50] cf. 138 [ 50 ]継続前誌です。 St. Ambrose, Expos.聖アンブローズ、エクスポズします。 Evang. evang 。 sec.秒です。 Luc., II, 19, PL, XV, 1560 [51] cf.リュック。 、 2世、 19日、ポーランド語、 15 、 1560 [ 51 ]継続前誌です。 Schick, Der Geburtsort Johannes' des Täufers, Zeitschrift des Deutschen Palästina-Vereins, 1809, 81; Barnabé Meistermann, La patrie de saint Jean-Baptiste, Paris, 1904; Idem, Noveau Guide de Terre-Sainte, Paris, 1907, 294 sqq.シック、 der geburtsortヨハネス'デtäufers 、 palästina - zeitschriftデドイツvereins 、 1809 、 81 ; barnabé meistermann 、ラpatrieドサンジャン=バティスト、パリ、 1904 ;同じ、ヌーボーガイドデテリコ-サント、パリ、 1907年、 294 sqqです。

[52] cf. [ 52 ]継続前誌です。 Plinius, Histor.プリニウス、 histor 。 natural., V, 14, 70 [53] cf.自然します。 、 V電源、 14日、 70 [ 53 ]継続前誌です。 Aug., ep. 8月、 epです。 XLCCCVII, ad Dardan., VII, 23 sq., PL, XXXIII, 840; Ambr. xlcccvii 、広告の掲載dardan 。 、 7 、 23平方、ポーランド語、 33 、 840 ; ambrです。 Expos.エクスポズします。 Evang. evang 。 sec.秒です。 Luc., II, 23, PL, XV, 1561 [54] cf.リュック。 、 2世、 23日、ポーランド語、 15 、 1561 [ 54 ]継続前誌です。 Knabenbauer, Evang. knabenbauer 、 evang 。 sec.秒です。 Luc., Paris, 1896, 104-114; Schürer, Geschichte des Jüdischen Volkes im Zeitalter Jesu Christi, 4th edit., I, 508 sqq.; Pfaffrath, Theologie und Glaube, 1905, 119 [55] cf.リュック。 、パリ、 1896年、百四から百十四まで; schürer 、 geschichteデjüdischen volkesイムzeitalter主イエスキリストは、第4回編集します。 、私、 508 sqq 。 ; pfaffrath 、 theologie und glaube 、 1905 、 119 [ 55 ]継続前誌です。 St. Justin, dial.聖ジャスティン、ダイヤルします。 c. Tryph., 78, PG, VI, 657; Orig., c. tryph 。 、 78 、 pg 、 6 、 657 ;最古です。 、 c. Cels., I, 51, PG, XI, 756; Euseb., vita Constant., III, 43; Demonstr.設定資料集。 、私、 51 、 pg 、西、 756 ; euseb 。 、生命定数を指定します。 、 3世、 43 ; demonstrです。 evang., VII, 2, PG, XX, 1101; St. Jerome, ep. evang 。 、七、 2 、 pg 、イグゼクス、 1101 ;聖ジェローム、 epです。 ad Marcell., XLVI [al.広告marcell 。 、 46 [アルです。 XVII]. 17 ] 。 12; ad Eustoch., XVCIII [al. 12 ;広告eustoch 。 、 xvciii [アルです。 XXVII], 10, PL, XXII, 490, 884 27 ] 、 10 、ポーランド語、 xxii 、 490 、 884

[56] in Ps. [ 56 ]でpsのです。 XLVII, II, PL, XIV, 1150; [57] orat.四十七、二、ポーランド語、 14 、 1150 ; [ 57 ] oratです。 I, de resurrect., PG, XLVI, 604; [58] de fide orth., IV, 14, PG, XLIV, 1160; Fortun., VIII, 7, PL, LXXXVIII, 282; [59] 63, 64, 70, PL, XXXVIII, 142; [60] Summa theol., III, q.私は、デ復活します。 、 pg 、 46 、 604 ; [ 58 ]デfideオルト。 、 4 、 14 、 pg 、 44 、 1160 ; fortun 。 、 viii 、 7日、ポーランド語、 88 、 282 ; [ 59 ] 63 、 64 、 70 、ポーランド語、 38 、 142 ; [ 60 ]総合的研究論文theol 。 、三、問 35, a. 35 、 a. 6; [61] cf. 6 ; [ 61 ]継続前誌です。 Joseph., Bell.ジョセフです。 、ベルです。 Jud., II, xviii, 8 [62] In Flaccum, 6, Mangey's edit., II, p.ユート。 、 2世、 18 、 8 [ 62 ]でflaccum 、 6 、 mangeyの編集です。 、 2世、 p. 523 [63] cf. 523 [ 63 ]継続前誌です。 Schurer, Geschichte des Judischen Volkes im Zeitalter Jesu Christi, Leipzig, 1898, III, 19-25, 99 [64] The legends and traditions concerning these points may be found in Jullien's "L'Egypte" (Lille, 1891), pp.シューラー、 geschichteデjudischen volkesイムzeitalter主イエスキリスト、ライプチヒ、 1898 、 3 、 19-25 、 99 [ 64 ] 、これらの点に関する伝説や伝統をjullienのが見つかることがあります" egypte " (リール、 1891 ) 、 pp 。 241-251, and in the same author's work entitled "L'arbre de la Vierge a Matarich", 4th edit.二四一から二五一まで、および著者の仕事と同じ権利"をツリーのデラビエルヘmatarich " 、第4回編集します。 (Cairo, 1904). (カイロ、 1904 ) 。

[65] As to Mary's virginity in her childbirth we may consult St. Iren., haer. [ 65 ]として彼女の出産をメアリーの処女聖イレーンに相談することがあります。 、 haerです。 IV, 33, PG, VII, 1080; St. Ambr., ep. 4 、 33 、 pg 、 7 、 1080 ;聖ambr 。 、 epです。 XLII, 5, PL, XVI, 1125; St. Aug., ep CXXXVII, 8, PL, XXXIII, 519; serm. 42 、 5 、ポーランド語、 16 、 1125 ;聖8月、 ep cxxxvii 、 8日、ポーランド語、 33 、 519 ; sermです。 LI, 18, PL, XXXVIII, 343; Enchir.李は、 18日、ポーランド語、 38 、 343 ; enchirです。 34, PL, XL, 249; St. Leo, serm., XXI, 2, PL, LIV, 192; St. Fulgent., de fide ad Petr., 17, PL, XL, 758; Gennad., de eccl. 、 34 、ポーランド語、 xl 、 249 ;セントレオ、 serm 。 、 xxi 、 2 、ポーランド語、リヴ、 192 ;聖燦爛たる。 、デfide広告ペトルします。 、 17日、ポーランド語、 xl 、 758 ; gennad 。 、デeccl 。 dogm., 36, PG, XLII, 1219; St. Cyril of Alex., hom. dogm 。 、 36 、 pg 、 42 、 1219 ;聖シリルのアレックス。 、ハオマ汁です。 XI, PG, LXXVII, 1021; St. John Damasc., de fide orthod., IV, 14, PG, XCIV, 1161; Pasch. xi 、 pg 、 77 、 1021 ;聖ヨハネdamasc 。 、デfide orthod 。 、 4 、 14 、 pg 、 94 、 1161 ; paschです。 Radb., de partu Virg., PL, CXX, 1367; etc. As to the passing doubts concerning Mary's virginity during her childbirth, see Orig., in Luc., hom. radb 。 、デpartu virg 。 、ポーランド語、にCXX 、 1367 ;等に関する疑問を通過中に彼女の処女メアリーの出産を参照してください最古です。は、リュックです。 、ハオマ汁です。 XIV, PG, XIII, 1834; Tertullian, adv. 14 、 pg 、 13 、 1834 ;テルトゥリアヌス、前売します。 Marc., III, 11, PL, IV, 21; de carne Christi, 23, PL, II, 336, 411, 412, 790.マルク。 、 3世、 11日、ポーランド語、 4世、 21 ;デカルネクリスティ、 23日、ポーランド語、 2世、 336 、 411 、 412 、 790 。

[66] Matt., xii, 46-47; xiii, 55-56; Mark, iii, 31-32; iii, 3; Luke, viii, 19-20; John, ii, 12; vii, 3, 5, 10; Acts, i, 14; I Cor., ix, 5; Gal., i, 19; Jude, 1 [67] cf. [ 66 ]マットです。 、 12 、 46-47 、 13 、 55-56 ;マーク、 3 、 31-32 ; 3世、 3 ;ルーク、 viii 、 19-20 ;ジョン、 2世、 12 ;七、 3 、 5 、 10 ;行為を、私は、 14 ;私コー。 、 9世、 5 ;ギャル。 、私は、 19 ;ジュード、 1 [ 67 ]継続前誌です。 St. Jerome, in Matt., i, 2 (PL, XXVI, 24-25) [68] cf.聖ジェロームは、マットです。 、私は、 2 (ポーランド語、 26 、 24-25 ) [ 68 ]継続前誌です。 St. John Chrys., in Matt., v, 3, PG, LVII, 58; St. Jerome, de perpetua virgin.聖ヨハネchrysです。は、マットです。 、 V電源、 3 、 pg 、 57 、 58 ;聖ジェローム、デペルペツアヴァージンです。 BM, 6, PL, XXIII, 183-206; St. Ambrose, de institut.バミューダ諸島、 6 、ポーランド語、 23 、 183-206 ;セントアンブローズ、デ研究所です。 virgin., 38, 43, PL, XVI, 315, 317; St. Thomas, Summa theol., III, q.ヴァージンします。 、 38 、 43 、ポーランド語、 16 、 315 、 317 ;セントトーマス、総合的研究論文theol 。 、三、問 28, a. 28日、 a. 3; Petav., de incarn., XIC, iii, 11; etc. [69] cf. 3 ; petav 。 、デincarn 。 、 xic 、 3世、 11 ;等[ 69 ]継続前誌です。 Exod., xxxiv, 19; Num., xciii, 15; St. Epiphan., haer. exod 。 、 34 、 19 ; NUM件です。 、 93 、 15 ;聖epiphan 。 、 haerです。 lxxcviii, 17, PG, XLII, 728 lxxcviii 、 17日、 pg 、 42 、 728

[70] cf. [ 70 ]継続前誌です。 Revue biblique, 1895, pp.レヴューbiblique 、 1895 、 pp 。 173-183 [71] St. Peter Chrysol., serm., CXLII, in Annunt. 173〜183 [ 71 ]サンピエトロ大聖堂、 chrysol 。 、 serm 。 、 cxliiは、 annuntです。 BMV, PG, LII, 581; Hesych., hom. bmv 、 pg 、 52 、 581 ; hesych 。 、ハオマ汁です。 V de SM Deip., PG, XCIII, 1461; St. Ildeph., de virgin. vデ小deip 。 、 pg 、 93 、 1461 ;聖ildeph 。 、デヴァージンです。 perpet. perpetです。 SM, PL, XCVI, 95; St. Bernard, de XII praer.小、ポーランド語、 96 、 95 ;セントバーナード、デ12 praerです。 BVM, 9, PL, CLXXXIII, 434, etc. [72] ad Ephes., 7, PG, V, 652 [73] adv. BVMシステムは、 9日、ポーランド語、 clxxxiii 、 434 、等[ 72 ]広告ephes 。 、 7日、 pg 、 V電源、 652 [ 73 ]前売します。 haer., III, 19, PG, VIII, 940, 941 [74] adv. haer 。 、 3世、 19日、 pg 、 viii 、 940 、 941 [ 74 ]前売します。 Prax. praxです。 27, PL, II, 190 [75] Serm. 27日、ポーランド語、 2世、 190 [ 75 ] sermです。 I, 6, 7, PG, XLVIII, 760-761私、 6 、 7 、 pg 、 48 、七百六十から七百六十一

[76] Cf. [ 76 ]継続前誌です。 Ambr., in Luc. ambrです。は、リュックです。 II, 25, PL, XV, 1521; St. Cyril of Alex., Apol. 2世、 25日、ポーランド語、 15 、 1521 ;聖シリルのアレックス。 、 apolです。 pro XII cap.; c.プロ12キャップです。 ; c. Julian., VIII; ep.ユリウス暦のです。 、 viii ; epです。 ad Acac., 14; PG, LXXVI, 320, 901; LXXVII, 97; John of Antioch, ep.広告acac 。 、 14 ; pg 、 76 、 320 、 901 、 77 、 97 ;ジョンのアンティオキア、 epです。 ad Nestor., 4, PG, LXXVII, 1456; Theodoret, haer.広告ネストールです。 、 4 、 pg 、 77 、 1456 ; theodoret 、 haerです。 fab., IV, 2, PG, LXXXIII, 436; St. Gregory Nazianzen, ep.工場です。 、 4 、 2 、 pg 、 83 、 436 ;セントグレゴリーnazianzen 、 epです。 ad Cledon., I, PG, XXXVII, 177; Proclus, hom.広告cledon 。 、私、 pg 、 37 、 177 ; proclus 、ハオマ汁です。 de Matre Dei, PG, LXV, 680; etc. Among recent writers must be noticed Terrien, La mère de Dieu et la mere des hommes, Paris, 1902, I, 3-14; Turnel, Histoire de la théologie positive, Paris, 1904, 210-211.デmatreデイ、 pg 、 65 、 680 ;等の間で最近の作家しなければならない気づいたテリエン、ラmèreデdieuとラ単なるデHommes 〜 、パリ、 1902年に、私は、 3-14 ; turnel 、 histoireデラthéologie正、パリ、 1904年、二百十から二百十一です。

[77] cf. [ 77 ]継続前誌です。 Petav., de incarnat., XIV, i, 3-7 [78] ep. petav 。 、デincarnat 。 、 14 、私、 3-7 [ 78 ] epです。 CCLX, PG, XXXII, 965-968 [79] hom. cclx 、 pg 、 32 、九百六十五から九百六十八まで[ 79 ]ハオマ汁です。 IV, in Matt., PG, LVII, 45; hom. 4世は、マットです。 、 pg 、 57 、 45 ;ハオマ汁です。 XLIV, in Matt. 44は、マットです。 PG, XLVII, 464 sq.; hom. pg 、 47 、 464平方;ハオマ汁です。 XXI, in Jo., PG, LIX, 130 [80] in Jo., PG, LXXIV, 661-664 xxiは、チョです。 、 pg 、 59 、 130 [ 80 ]でチョ。 、 pg 、 74 、 661から664

[81] St. Ambrose, in Luc. [ 81 ]聖アンブローズは、リュックです。 II, 16-22; PL, XV, 1558-1560; de virgin. 2世、 16-22 ;ポーランド語、 15 、 1558-1560 ;デヴァージンです。 I, 15; ep.私は、 15 ; epです。 LXIII, 110; de obit. 63 、 110 ;デ命日です。 Val., 39, PL, XVI, 210, 1218, 1371; St. Augustin, de nat. valにする。 、 39 、ポーランド語、 16 、 210 、 1218 、 1371 ; St 。 Augustinに、デNATのです。 et grat., XXXVI, 42, PL, XLIV, 267; St. Bede, in Luc. et素晴らしいです。 、 36 、 42 、ポーランド語、 44 、 267 ;聖ビードは、リュックです。 II, 35, PL, XCII, 346; St. Thomas, Summa theol., III. 2世、 35 、ポーランド語、 92 、 346 ;セントトーマス、総合的研究論文theol 。 、 Ⅲ 。 Q. XXVII, a.問27 、 a. 4; Terrien, La mere de Dieu et la mere des hommes, Paris, 1902, I, 3-14; II, 67-84; Turmel, Histoire de la théologie positive, Paris, 1904, 72-77; Newman, Anglican Difficulties, II, 128-152, London, 1885 4 ;テリエン、ラ単なるデdieuとラ単なるデHommes 〜 、パリ、 1902年に、私は、 3-14 ;二、六七から八四; turmel 、 histoireデラthéologie正、パリ、 1904年、七十二〜七十七;ニューマン、聖公会の困難、 2世、一二八から一五二まで、ロンドン、 1885

[82] cf. [ 82 ]継続前誌です。 Iliad, III, 204; Xenoph., Cyrop., V, I, 6; Dio Cassius, Hist., LI, 12; etc. [83] cf.イリアッド、 3 、 204 ; xenoph 。 、 cyrop 。 、 V電源、私は、 6 ;ディオカシウス、履歴です。 、李は、 12 ;等[ 83 ]継続前誌です。 St. Irenaeus, c.聖エイレナイオス、 c. haer., III, xvi, 7, PG, VII, 926 [84] PG, XLIV, 1308 [85] See Knabenbauer, Evang. haer 。 、 3 、 16 、 7 、 pg 、 7 、 926 [ 84 ] pg 、 44 、 1308 [ 85 ]を参照knabenbauer 、 evang 。 sec.秒です。 Joan., Paris, 1898, pp.ジョーン。 、パリ、 1898 、 pp 。 118-122; Hoberg, Jesus Christus.一一八から一二二; hoberg 、イエスキリストクリストゥスです。 Vorträge, Freiburg, 1908, 31, Anm. vorträge 、フライブルク、 1908 、 31 、 anmです。 2; Theologie und Glaube, 1909, 564, 808. 2 ; theologie und glaube 、 1909 、 564 、 808 。 [86] cf. [ 86 ]継続前誌です。 St. Augustin, de virgin., 3, PL, XL, 398; pseudo-Justin, quaest. St 。 Augustinに、デヴァージンします。 、 3 、ポーランド語、 xl 、 398 ;疑似-ジャスティン、 quaestです。 et respons. et responsです。 ad orthod., I, q.広告orthod 。 、私は、問 136, PG, VI, 1389 [87] cf. 136 、 pg 、六、 1389 [ 87 ]継続前誌です。 Geyer, Itinera Hiersolymitana saeculi IV-VIII, Vienna, 1898, 1-33; Mommert, Das Jerusalem des Pilgers von Bordeaux, Leipzig, 1907 [88] Meister, Rhein. Geyerと、 itinera hiersolymitana saeculi 4 - viii 、ウィーン、 1898 、 1-33 ; mommert 、 dasエルサレムデpilgersフォンボルドー、ライプチヒ、 1907 [ 88 ]マイスター、ラインです。 Mus., 1909, LXIV, 337-392; Bludau, Katholik, 1904, 61 sqq., 81 sqq., 164 sqq.; Revue Bénédictine, 1908, 458; Geyer, lc; Cabrol, Etude sur la Peregrinatio Silviae, Paris, 1895保管庫です。 、 1909 、 64 、 337から392まで; bludau 、 katholik 、 1904 、 61 sqq 。 、 81 sqq 。 、 164 sqq 。 ;レヴューベネディクティン、 1908 、 458 ; Geyerと、液晶;カブロル、練習曲シュールラperegrinatio silviae 、パリ、 1895年

[89] cf. [ 89 ]継続前誌です。 de Vogüé, Les Eglises de la Terre-Sainte, Paris, 1869, p.デvogüé 、レEGLISESにデラテリコ-サント、パリ、 1869 、 p. 438; Liévin, Guide de la Terre-Sainte, Jerusalem, 1887, I, 175 [90] cf. 438 ; liévin 、ガイドデラテリコ-サント、エルサレム、 1887年、私、 175 [ 90 ]継続前誌です。 Thurston, in The Month for 1900, July-September, pp.サーストンは、 1900年の月日を、 7 - 9月、 pp 。 1-12; 153-166; 282-293; Boudinhon in Revue du clergé français, Nov. 1, 1901, 449-463 [91] Praef. 1-12 ; 153から166 ;二百八十二から二百九十三; boudinhonのレヴューデュclergé français 、 1901年11月1日、四四九から四六三まで[ 91 ] praefです。 in Jo., 6, PG, XIV, 32 [92] Orat.でチョ。 、 6 、 pg 、 14 、 32 [ 92 ] oratです。 VIII in Mar. assist. viii 、 3月を支援します。 cruci, PG, C, 1476 [93] cf. cruci 、 pgや、 C 、 1476 [ 93 ]継続前誌です。 Sermo dom. DOMの議論です。 infr. infrです。 oct. 10月です。 Assumpt., 15, PL, XLXXXIII, 438 [94] cf. assumpt 。 、 15日、ポーランド語、 xlxxxiii 、 438 [ 94 ]継続前誌です。 Terrien, La mere de Dieu et la mere des hommes, Paris, 1902, III, 247-274; Knabenbauer, Evang.テリエン、ラ単なるデdieuとラ単なるデHommes 〜 、パリ、 1902年、 3世、二百四十七〜二百七十四; knabenbauer 、 evang 。 sec.秒です。 Joan., Paris, 1898, 544-547; Bellarmin, de sept.ジョーン。 、パリ、 1898 、五四四から五四七まで; bellarmin 、デ9月です。 verb.動詞です。 Christi, I, 12, Cologne, 1618, 105-113 [95] de Virginit., III, 14, PL, XVI, 283クリスティ、私は、 12日、ケルン、 1618 、一〇五〜一一三[ 95 ]デvirginit 。 、 3世、 14日、ポーランド語、 16 、 283

[96] Or. [ 96 ]または。 IX, PG, C, 1500 [97] de div. 9世、 pgや、 C 、 1500 [ 97 ]デ部です。 offic., VII, 25, PL, CLIX, 306 [98] de excell. offic 。 、 7 、 25 、ポーランド語、 clix 、 306 [ 98 ]デExcelを終了します。 VM, 6, PL, CLIX, 568 [99] Quadrages. VMを、 6 、ポーランド語、 clix 、 568 [ 99 ] quadragesです。 I, in Resurrect., serm.私は、復活します。 、 sermです。 LII, 3 [100] Exercit. 52 、 3 [ 100 ] exercitです。 spirit.精神です。 de resurrect., I apparit.デ復活します。 、私apparitです。 [101] de myster. [ 101 ]デmysterです。 vit.ヴィトです。 Christi, XLIX, I [102] In IV Evang., ad XXVIII Matth.クリスティ、 49 、私[ 102 ]で四evang 。 、広告の掲載28 matthです。 [103] See Terrien, La mere de Dieu et la mere des hommes, Paris, 1902, I, 322-325. [ 103 ]を参照テリエン、ラ単なるデdieuとラ単なるデHommes 〜 、パリ、 1902年に、私は、三百二十二〜三百二十五です。 [104] cf. [ 104 ]継続前誌です。 Photius, ad Amphiloch., q. photius 、広告の掲載amphiloch 。 、問 228, PG, CI, 1024 [105] in Luc. 228 、 pg 、 ci 、 1024 [ 105 ] 、リュックです。 XI, 27, PL, XCII, 408 [106] de carne Christi, 20, PL, II, 786 xi 、 27日、ポーランド語、 92 、 408 [ 106 ]デカルネクリスティ、 20日、ポーランド語、 2世、 786

[107] Cf. [ 107 ]継続前誌です。 Tertullian, de virgin.テルトゥリアヌス、デヴァージンです。 vel., 6, PL, II, 897; St. Cyril of Jerus., Catech., XII, 31, PG, XXXIII, 766; St. Jerome, in ep.か。 、 6 、ポーランド語、 2世、 897 ;聖シリルのjerus 。 、 catech 。 、 12 、 31 、 pg 、 33 、 766 ;聖ジェロームは、 epです。 ad Gal.広告のギャルです。 II, 4, PL, XXVI, 372. 2世、 4 、ポーランド語、 26 、 372 。 [108] cf. [ 108 ]継続前誌です。 Drach, Apcal., Pris, 1873, 114 [109] Cf.ドラッハ、 apcal 。 、 pris 、 1873 、 114 [ 109 ]継続前誌です。 pseudo-Augustin, serm.疑似オーギュスタン、 sermです。 IV de symbol.四デシンボルです。 ad catechum., I, PL, XL, 661; pseudo-Ambrose, expos, in Apoc., PL, XVII, 876; Haymo of Halberstadt, in Apoc.広告catechum 。 、私は、ポーランド語、 xl 、 661 ;疑似-アンブローズ、エクスポズは、 apocです。 、ポーランド語、 17 、 876 ; haymoのハルバーシュタットは、 apocです。 III, 12, PL, CXVII, 1080; Alcuin, Comment. 3世、 12日、ポーランド語、 cxvii 、 1080 ; alcuin 、コメントは得られなかった。 in Apoc., V, 12, PL, C, 1152; Casssiodor., Complexion.でapocです。 、 V電源、 12日、ポーランド語や、 C 、 1152 ; casssiodor 。 、顔色です。 in Apoc., ad XII, 7, PL, LXX, 1411; Richard of St. Victor, Explic.でapocです。 、広告の掲載12 、 7日、ポーランド語、 70 、 1411 ;サンヴィクトルのリシャール、 explicです。 in Cant., 39, PL, VII, 12, PL, CLXIX, 1039; St. Bernard, serm.ができない。 、 39 、ポーランド語、 7 、 12 、ポーランド語、 clxix 、 1039 ;セントバーナード、 sermです。 de XII praerog.デ12 praerogです。 BVM, 3, PL, CLXXXIII, 430; de la Broise, Mulier amicta sole,in Etudes, April-June, 1897; Terrien, La mère de Dieu et la mere des hommes, Paris, 1902, IV, 59-84. BVMシステム、 3 、ポーランド語、 clxxxiii 、 430 ;デラbroise 、単独の女性amictaは、宇宙、 4 - 6月、 1897 ;テリエン、ラmèreデdieuとラ単なるデHommes 〜 、パリ、 1902 、 4 、 59-84 。

[110] Anglican Difficulties, London, 1885, II, 54 sqq. [ 110 ]聖公会の困難、ロンドン、 1885年、 2世、 54 sqq 。 [111] Labbe, Collect. [ 111 ]ラベー静脈、収集します。 Concilior., III, 573 [112] Eusebius, Hist. concilior 。 、 3 、 573 [ 112 ]ユーセビアス、履歴です。 Eccl., III, 31; V, 24, PG, XX, 280, 493 [113] cf. eccl 。 、 3世、 31 ; V電源、 24日、 pg 、イグゼクス、 280 、 493 [ 113 ]継続前誌です。 Assemani, Biblioth.アッセマーニ、 bibliothです。 orient., Rome, 1719-1728, III, 318 [114] de fest.オリエントします。 、ローマ、 1719-1728 、 3世、 318 [ 114 ]デフェストです。 DNJX, I, vii, 101 [115] cf. dnjx 、私は、七、 101 [ 115 ]継続前誌です。 Arnaldi, super transitu BMV, Genes 1879, I, c. arnaldi 、スーパーtransitu bmv 、遺伝子の1879年、私は、 c. I [116] Mém.私[ 116 ] mémです。 pour servir à l'histoire ecclés., I, 467-471 [117] Dict. pour à l' histoire ecclésをサポートします。 、私は、四六七から四七一まで[ 117 ] dictのです。 de la Bible, art.デラ聖書、芸術です。 Jean, Marie, Paris, 1846, II, 902; III, 975-976 [118] cf.ジャン、 Marie 、パリ、 1846年、 2世、 902 ;三、 975から976 [ 118 ]継続前誌です。 Le Camus, Les sept Eglises de l'Apocalypse, Paris, 1896, 131-133.ルカミュ、レ9月EGLISESにデl'アポカリプス、パリ、 1896年、 131から133です。 [119] cf. [ 119 ]継続前誌です。 Polycrates, in Eusebius's Hist. polycratesは、ユーセビアスの履歴です。 Eccl., XIII, 31, PG, XX, 280 [120] In connection with this controversy, see Le Camus, Les sept Eglises de l'Apocalypse, Paris, 1896, pp. eccl 。 、 13 、 31 、 pg 、イグゼクス、 280 [ 120 ]に関連して、この論争を参照してくださいルカミュ、レ9月EGLISESにデl'アポカリプス、パリ、 1896 、 pp 。 133-135; Nirschl, Das Grab der hl.百三十三〜百三十五; nirschl 、 dasグラブder hl 。 Jungfrau, Mainz, 1900; P. Barnabé, Le tombeau de la Sainte Vierge a Jérusalem, Jerusalem, 1903; Gabriélovich, Le tombeau de la Sainte Vierge à Ephése, réponse au P. Barnabé, Paris, 1905.ユングフラウ、マインツ、 1900 ; p. barnabé 、ルtombeauデラサントビエルヘをjérusalem 、エルサレム、 1903 ; gabriélovich 、ルtombeauデラサントビエルヘà ephése 、 réponse au p. barnabé 、パリ、 1905 。

[121] hom. [ 121 ]ハオマ汁です。 II in dormit. 2世のdormit 。 BVM, 18 PG, XCVI, 748 [122] Handb. BVMシステム、 18 pg 、 96 、 748 [ 122 ] handbです。 der Kath. der kath 。 Dogmat., Freiburg, 1875, III, 572 [123] de divinis Nomin., III, 2, PG, III, 690 [124] et. dogmat 。 、フライブルクは、 1875年、 3世、 572 [ 123 ]デdivinis nomin 。 、 3 、 2 、 pg 、 3世、 690 [ 124 ]参考文献。 XXIX, 4, PL, LIV, 1044 [125] ep.二十九、 4 、ポーランド語、リヴ、 1044 [ 125 ] epです。 CXXXIX, 1, 2, PL, LIV, 1103, 1105 [126] cf. cxxxix 、 1 、 2 、ポーランド語、リヴ、 1103 、 1105 [ 126 ]継続前誌です。 Assemani, Biblioth.アッセマーニ、 bibliothです。 orient., III, 287 [127] Apoc.オリエントします。 、 3 、 287 [ 127 ] apocです。 apocr., Mariae dormitio, Leipzig, 1856, p. apocr 。 、 mariae dormitio 、ライプチヒ、 1856 、 p. XXXIV [128] PG, V, 1231-1240; cf. 34 [ 128 ] pg 、 V電源、 1231-1240 ;継続前誌です。 Le Hir, Etudes bibliques, Paris, 1869, LI, 131-185 [129] PL, LIX, 152 [130] Guerin, Jerusalem, Paris, 1889, 346-350; Socin-Benzinger, Palastina und Syrien, Leipzig, 1891, pp.ルhir 、宇宙bibliques 、パリ、 1869年、李、 131〜185 [ 129 ]ポーランド語、 59 、 152 [ 130 ]ゲリン、エルサレム、パリ、 1889年、三百四十六から三百五十; socin - benzinger 、 palastina und syrien 、ライプチヒ、 1891 、 pp 。 90-91; Le Camus, Notre voyage aux pays bibliqes, Paris, 1894, I, 253 [131] PG, LXXXVI, 3288-3300九十から九十一;ルカミュを除く配当は航海補助bibliqes 、パリ、 1894年、私、 253 [ 131 ] pg 、 86 、 3288-3300

[132] Tobler, Itiner, Terr. [ 132 ]トブラー、 itiner 、 terr 。 sanct., Leipzig, 1867, I, 302 [133] Cf. sanct 。 、ライプチヒ、 1867年、私、 302 [ 133 ]継続前誌です。 Zahn, Die Dormitio Sanctae Virginis und das Haus des Johannes Marcus, in Neue Kirchl.ザーン、死ぬdormitio sanctae virginis und das hausデヨハネスマルクスは、ノイエkirchlです。 Zeitschr., Leipzig, 1898, X, 5; Mommert, Die Dormitio, Leipzig, 1899; Séjourné, Le lieu de la dormition de la TS Vierge, in Revue biblique, 1899, pp.141-144; Lagrange, La dormition de la Sainte Vierge et la maison de Jean Marc, ibid., pp. zeitschr 。 、ライプチヒ、 1898 、 x 、 5 ; mommert 、死ぬdormitio 、ライプチヒ、 1899 ; s駛、ルの代わりデラdormitionデラ0ビエルヘは、レヴューbiblique 、 1899 、 pp.141 - 144 ;ラグランジュ、ラdormitionデラサントビエルヘとラメゾンドジャンマルク、同上、 pp 。 589, 600. 589 、 600 。 [134] haer. [ 134 ] haerです。 LXXVIII, 11, PG, XL, 716 [135] cf. 78 、 11 、 pg 、 xl 、 716 [ 135 ]継続前誌です。 Nirschl, Das Grab der hl. nirschl 、 dasグラブder hl 。 Jungfrau Maria, Mainz, 1896, 48 [136] Stromat.ユングフラウマリア、マインツ、 1896年、 48 [ 136 ] stromatです。 vi, 5 [137] in Eus., Hist.六、 5 [ 137 ]の百科事典です。 、履歴です。 eccl., I, 21 [138] The reader may consult also an article in the "Zeitschrift fur katholische Theologie", 1906, pp. eccl 。 、私、 21 [ 138 ] 5月に相談にも、読者に記事は、 "毛皮zeitschrift katholische theologie " 、 1906 、 pp 。 201 sqq. 201 sqq 。

[139] ; cf. [ 139 ] ;継続前誌です。 "Zeitschrift fur katholische Theologie", 1878, 213. " zeitschrift毛皮katholische theologie " 、 1878 、 213 。 [140] cf. [ 140 ]継続前誌です。 Martigny, Dict.マルチニー、 dictのです。 des antiq.デantiq 。 chrét., Paris, 1877, p. chrét 。 、パリ、 1877 、 p. 792 [141] de Trinit. 792 [ 141 ]デtrinitです。 VIII, 5, PL, XLII, 952 [142] cf. viii 、 5 、ポーランド語、 42 、 952 [ 142 ]継続前誌です。 Garucci, Vetri ornati di figure in oro, Rome, 1858 [143] cf. garucci 、 vetri oro ornatiディ図に、ローマ、 1858 [ 143 ]継続前誌です。 Martigny, Dict.マルチニー、 dictのです。 das antiq. das antiq 。 chret., Paris, 1877, p. chret 。 、パリ、 1877 、 p. 515 [144] cf. 515 [ 144 ]継続前誌です。 Marucchi, Elem. marucchi 、 elemです。 d'archaeol. d' archaeol 。 chret., Paris and Rome, 1899, I, 321; De Rossi, Imagini scelte della BV Maria, tratte dalle Catacombe Romane, Rome, 1863 [145] adv. chret 。 、パリ、ローマ、 1899年、私、 321 ;デロッシ、 imagini過分デッラbvマリア、 tratte dalle catacombe romane 、ローマ、 1863 [ 145 ]前売します。 haer., V, 17, PG VIII, 1175 haer 。 、 V電源、 17日、 pg viii 、 1175

The works treating the various questions concerning the name, the birth, the life, and the death of Mary, have been cited in the corresponding parts of this article.治療に関する様々な質問の作品の名前は、にして生まれたの生命、メアリーが死亡したとされて引用され、対応する部品は、次の資料です。 We add here only a few names of writers, or of collectors of works of a more general character: BOURASSE, Summa aurea de laudibus B. Mariae Virginis, omnia complectens quae de gloriosa Virgine Deipara reperiuntur (13 vols., Paris, 1866); KURZ, Mariologie oder Lehre der katholischen Kirche uber die allerseligste Jungfrau Maria (Ratisbon, 1881); MARACCI, Bibliotheca Mariana (Rome, 1648); IDEM, Polyanthea Mariana, republished in Summa Aurea, vols IX and X; LEHNER, Die Marienerehrung in den ersten Jahrhunderten (2nd ed., Stuttgart, 1886).私たちの名前を追加ここでほんの数作家、あるいはコレクターの作品を、もっと一般的な文字: bourasse 、総合的研究論文アウレアデlaudibus b. mariae virginis 、愛はすべてcomplectens quaeデキツネvirgine deipara reperiuntur ( 13 vols学です。 、パリ、 1866 ) ;クルツ、 mariologieオーデルlehre der katholischen kircheプロダクト死ぬallerseligsteユングフラウマリア( ratisbon 、 1881 ) ; maracci 、蔵書マリアナ(ローマ、 1648 ) ;同じ、 polyantheaマリアナ、復刻の総合的研究論文アウレア、 vols学9世とx ;レーナー、死ぬmarienerehrungにデンersten jahrhunderten (第2版です。 、シュトゥットガルト、 1886 ) 。


Mary Magdalene, Magdalaメアリーモードリン、運ぶ

General Information 総合情報

Saint Mary Magdalene, in the New Testament, is a woman so named from Magdala, a town near Tiberias (now in Israel).セントメアリーモードリンは、新約聖書のは、女性の名前から運ぶため、近くの町ティベリア(現在はイスラエル) 。 Jesus healed her of evil spirits (see Luke 8:2) and, following her vigil at the foot of the cross (see Mark 15:40), he appeared to her after his resurrection (see Matthew 28:9).イエスキリストの治癒彼女の悪霊を退散させる(ルーク8時02分)と、次の彼女の徹夜の祈りの麓には、クロス(参照マーク15:40 ) 、彼は彼女の出演した後に彼の復活(マタイ28:9 ) 。 Mary Magdalene was identified by Pope Gregory I with a sinful woman described as having anointed the Lord's feet (see Luke 7:37-38) and with Mary the sister of Martha, who also anointed Jesus (see John 12:3), although the Gospels support neither tradition. The Eastern church maintains the distinction between the three. The feast day of Mary Magdalene is July 22.メアリーモードリングレゴリウスによって識別さは、罪深い私に記載されている聖なる女性の足の裏の主(ルーク7:37-38 )と、メアリーの妹のマーサ、 whoも聖なるイエスキリスト(ジョン12 : 03 ) 、は、どちらの福音書の伝統をサポートします。 の区別は、東部の3つの教会を維持します。てのごちそうは、 7月22日のメアリーモードリンです。


Also, see:また、参照してください:
Mariology マリア
Assumption 仮定
Immaculate Conception 無原罪懐胎の祝日
Virgin Birth 処女懐胎

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです