Miracle奇跡

General Information 総合情報

A miracle is an event occurring within human experience in which the hitherto observed operations of nature appear to be overruled or suspended; such events are usually ascribed to the intervention of divine power. In Judaism and Islam miracles are regarded as signs of the omnipotence of God. Many events are recorded in the Old Testament that are considered miraculous. 奇跡は、イベントの発生に人間の経験では、これまでの自然観察の操作や停止表示される却下;このようなイベントは、通常の介入生得的に神の力です。 、ユダヤ教とイスラムと見なされて奇跡は、神の全能の徴候をするです。 多くのイベントが記録され、旧約聖書の奇跡とみなされる。 Two of these, in particular the Exodus from Egypt and the division of the waters of the Red Sea, became the symbols of all God's deliverances in history, the theme of much Jewish literature, and the hope of the Jewish future. これらの2つの、特に出エジプト記よりエジプトと水の部が実施して紅海になったのシンボルのすべての神のdeliverances 、歴史、文学をテーマに多くのユダヤ人、ユダヤ人の将来の夢を与えてくれる。

The New Testament records numerous miracles, frequently acts of healing, performed by Jesus Christ. They are presented by the gospel writers as gesta Christi, the works of the Messiah, and were regarded as part of the proclamation of the kingdom of God, designed to awaken repentance and turn people toward God rather than to provoke mere wonder. The supreme miracles of Christianity are the Incarnation (God becoming man) and the Resurrection (the raising of Jesus Christ from the dead). 新約聖書のレコードの数多くの奇跡、癒しの行為を頻繁に、イエスキリストによって実行されます。彼らは作家として提出されたゴスペルgestaクリスティ、メシアの作品を、と見なされる部分は、神の王国を宣言、設計され目を覚まさせると電源の人々に向かっ悔い改め、神ではなく、単なるワンダーを刺激します。 、最高の奇跡をキリスト教の化身(神になる男)との復活(イエスキリストの死人の中から引き上げ) 。 On these two miracles rests the historic faith of the Christian church. これらの2つの奇跡を休符は、キリスト教の歴史的な信仰の教会です。

Rationalist philosophers, most notably David Hume, have attacked the concept of miracle; Hume argued that a miracle would be a violation of the common course of nature and, therefore, cannot happen.合理主義哲学者、特にヒューム、攻撃の概念が奇跡;ヒュームと主張して奇跡に違反するのは、共通科目の自然と、そのため、起こることはできません。 One response to Hume's argument is that it presupposes that human knowledge of "nature's laws" is complete. Saint Augustine defined a miracle not as something "opposed to nature" but as something opposed only to "what is known of nature."ヒューム対応して1つの引数のは、それが人間の知識を前提"自然の法則"が完了します。 セントオーガスティンとして定義されていない何か奇跡"に反対して自然の"しかし、何かに反対だけに"何が知られ、自然です。 "

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Roman Catholic orthodoxy teaches that miracles still take place, as in every previous century. ローマカトリックの正統性を教えてまだ行われる奇跡のようにすべての前世紀です。 Certain places, such as Lourdes, are associated with miraculous healings.特定の場所など、ルルド、奇跡の治癒に関連付けられています。 The Roman Catholic church also requires attestation of miracles as a basic condition for Canonization.ローマカトリック教会も必要な基本的な認証のための条件として列聖奇跡です。 In the Protestant churches and in the Charismatic Movement there has been a recent revival of interest in divine healing.は、プロテスタント教会とは、カリスマ運動の最近の復活にされ神に関心を治癒します。

Charles W. RansonチャールズWランソン

Bibliography: 書誌事項:
Moule, Charles F., ed., Miracles: Cambridge Studies in Their Philosophy and History (1965); Swinburne, Richard, The Concept of Miracle (1971).マウル、チャールズ女性、エド。 、奇跡:ケンブリッジ研究でその哲学や歴史( 1965 ) ;スウィンバーン、リチャード、というコンセプトの奇跡( 1971 ) 。


A List of Miracles Mentioned in the Bibleリストに記載されて聖書の奇跡

General Information 総合情報

An event in the external world brought about by the immediate agency or the simple volition of God, operating without the use of means capable of being discerned by the senses, and designed to authenticate the divine commission of a religious teacher and the truth of his message (John 2:18; Matt. 12:38).イベントは、外部の世界のもたらされる即時代理店、または単純な神の意志、手段を使用せずに動作する能力の感覚が識別され、神の設計と開発委員会を認証するため、宗教上の教師との真実性を彼のメッセージが表示さ(ヨハネ2:18 ;マットです。 12:38 )です。 It is an occurrence at once above nature and above man.これは上記の発症を一度に自然と上記の男です。 It shows the intervention of a power that is not limited by the laws either of matter or of mind, a power interrupting the fixed laws which govern their movements, a supernatural power.これは、権力の介入に限定されていないの法律のいずれかの心の問題や、電源を中断する動きの固定法の支配には、超自然的な力です。 "The suspension or violation of the laws of nature involved in miracles is nothing more than is constantly taking place around us. One force counteracts another: vital force keeps the chemical laws of matter in abeyance; and muscular force can control the action of physical force. When a man raises a weight from the ground, the law of gravity is neither suspended nor violated, but counteracted by a stronger force. The same is true as to the walking of Christ on the water and the swimming of iron at the command of the prophet. The simple and grand truth that the universe is not under the exclusive control of physical forces, but that everywhere and always there is above, separate from and superior to all else, an infinite personal will, not superseding, but directing and controlling all physical causes, acting with or without them." "懸濁液または違反の自然の法則に関与するのは何も奇跡は常に起きて周りを超える問い合わせください。 counteracts別の1つの力:極めて重要な法律により強制的に保つため、化学物質を見合わせる;と筋肉の力を制御するアクションの物理的な力です。際の重量の男を地上から引き上げ、同法違反の重力のは、どちらも停止、しかし、 counteractedされた強力な力です。と同じにするのは事実上のキリストのウォーキング水と鉄のスイミングするには、コマンドの預言者ムハンマドのシンプルかつグランド真理は、宇宙ではないの下に排他制御の物理的な勢力が、その上には常にどこと、別のものであり、すべてに優れているほか、個人は無限ではなく、置き換え、しかし、監督と制御すべての物理的な原因は、演技の有無に関係なくている。 "

God ordinarily effects his purpose through the agency of second causes; but he has the power also of effecting his purpose immediately and without the intervention of second causes, ie, of invading the fixed order, and thus of working miracles.彼の目的のため、通常の効果神の代理店を通じて2番目の原因;しかし、彼には、彼の影響力もなく、すぐに目的の2番目の介入が原因で、すなわち、固定するために侵攻すること、およびそのための作業奇跡です。 Thus we affirm the possibility of miracles, the possibility of a higher hand intervening to control or reverse nature's ordinary movements.このようにわれ奇跡の可能性を断言する、介入する可能性が高い手を自然の普通の動きを制御する、または逆です。

In the New Testament these four Greek words are principally used to designate miracles:新約聖書は、ギリシャ語の単語は、主に使用されるこれらの4つの奇跡を指定:

Miracles are seals of a divine mission.アザラシの奇跡は、神の使命です。 The sacred writers appealed to them as proofs that they were messengers of God.神聖な作家の証拠としてアピールして神の使徒していた。 Our Lord also appealed to miracles as a conclusive proof of his divine mission (John 5:20, 36; 10:25, 38).奇跡の訴えを、わたしたちの主も彼の神という決定的な証拠としての使命(ヨハネ5:20 、 36 ; 10:25 、 38 ) 。 Thus, being out of the common course of nature and beyond the power of man, they are fitted to convey the impression of the presence and power of God.したがって、共通のコースがなくなるのを自然と人間の力を超え、彼らは適合との印象を伝えると力は、神が存在するのです。 Where miracles are there certainly God is.ここで神の奇跡があるのは確かです。 The man, therefore, who works a miracle affords thereby clear proof that he comes with the authority of God; they are his credentials that he is God's messenger.その男は、そのため、 whoの作品が奇跡の明確な証拠を手に入れるために支払う付属している彼は神の権威;彼らは彼の資格情報を彼は神のメッセンジャーです。 The teacher points to these credentials, and they are a proof that he speaks with the authority of God.その教師を指して、これらの資格情報を、かれらは、証拠を手に、神の権威を彼に話す。 He boldly says, "God bears me witness, both with signs and wonders, and with diverse miracles."彼は大胆には、 "神のクマは私の目撃者は、奇跡の両方で、多様な奇跡です。 "

The credibility of miracles is established by the evidence of the senses on the part of those who are witnesses of them, and to all others by the testimony of such witnesses.奇跡の信頼性が確立されたの感覚の上の部分の証拠をwhoは、それらの目撃者には、およびをすべての人にこのような目撃者の証言です。 The witnesses were competent, and their testimony is trustworthy.目撃者が、有能な、およびそれらの証言は信頼できる。 Unbelievers, following Hume, deny that any testimony can prove a miracle, because they say miracles are impossible.不信心者は、次のヒューム、任意の証言を拒否することを証明することの奇跡、奇跡が不可能なため、かれらは言う。 We have shown that miracles are possible, and surely they can be borne witness to.私たちによると、奇跡が可能、との目撃者が負担することができます確かです。 Surely they are credible when we have abundant and trustworthy evidence of their occurrence.確かに彼らは私たちが豊富で信頼できる確かなときに彼らの証拠を発症します。 They are credible just as any facts of history well authenticated are credible.彼らは同じように任意の信憑性の認証は、信頼できる歴史的事実をよくします。 Miracles, it is said, are contrary to experience.奇跡、それはによると、経験に反しては。 Of course they are contrary to our experience, but that does not prove that they were contrary to the experience of those who witnessed them.もちろん、彼らは我々の経験に反して、しかし、立証されていない経験をしていたに反してこれらのwhoを目撃している。 We believe a thousand facts, both of history and of science, that are contrary to our experience, but we believe them on the ground of competent testimony.私たちは1000事実を、科学の両方の歴史と、それは我々の経験に反して、しかし、私たちの有能な証言をして、地面にします。 An atheist or a pantheist must, as a matter of course, deny the possibility of miracles; but to one who believes in a personal God, who in his wisdom may see fit to interfere with the ordinary processes of nature, miracles are not impossible, nor are they incredible.汎神論、無神論者、またはしなければ、当然のことながら、奇跡の可能性を否定する;しかし、個人的な信条としてwhoを1つの神、 who彼の知恵がありますが、通常のプロセスに干渉するフィットの自然、奇跡は不可能とは言えない、彼らもが信じられないほどです。

Miracles Recorded in the Old Testament奇跡に記録され、旧約聖書の

Miracles Recorded in the Gospels奇跡の福音書に記録されて

Peculiar to Matthewに特有のマシュー

Peculiar to Mark特有のマーク

Peculiar to Lukeに特有のルーク

Peculiar to Johnジョンに特有の

Common to Matthew and Mark共通してマシューとマーク

Common to Matthew and Luke共通してマシューとルーク

Common to Mark and Luke共通してマークとルーク

Common to Matthew, Mark and Lukeマシューに共通し、マークとルーク

Common to Matthew, Mark and John共通してマシュー、マークとジョン

Common to all the evangelists共通してすべての伝道者

In addition to the above miracles wrought by Christ, there are four miraculous events connected with his life -上記に加えて、イエスキリストの奇跡によってもたらされた、奇跡的には4つの接続が彼の人生のイベント-

(Eastman's Bible Dictionary) (イーストの聖書辞書をダウンロードする)

Editor's Note: This listing contains either 35 or 39 distinct Miracles performed by Jesus and witnessed by apparently credible witnesses.エディタの注:このリストに含ま35又は第39条のいずれかはっきりとイエスキリストの奇跡実行されると明らかに信憑性の目撃者に目撃される。 Some critics of Christianity suggest that Jesus was merely a Prophet, similar to a number of others throughout history; however, there does not seem to be credible evidence that any of those Prophets were involved with more than one or two Miracles, and in those cases, it seems reasonable that the Lord actually performed such Miracles for specific purposes.いくつかの批評家は単にイエスキリスト教の預言者示唆して、他人のように、いくつかの歴史を通して;しかし、確かな証拠はありませんように見えることがありますがかかわって預言者のいずれか1つまたは2つ以上の奇跡、とではこれらのケース、それが妥当なところは、主奇跡のような特定の目的のため、実際に実行します。 The large number of Miracles associated with Jesus seems to give evidence toward regarding Jesus as Divine, and not just a Prophet.奇跡の数が多いの証拠を与えるように関連付けられてイエスキリストイエスキリストとして神に向かっについてだけではなく、預言者です。

In the thousands of years of the Old Testament, around 55 Miracles were witnessed and described.は、数千年、旧約聖書の、約55の奇跡が目撃したと説明します。 In His three-year public Ministry, and specifically during the final months of it, witnesses saw and recorded at least 35 Miracles He performed.彼の3年間の公共省、との最後の月間の中に具体的には、少なくとも35人の証人を記録した奇跡見た彼は行われている。 This seems significant.このよう重要です。


Miracle奇跡

Advanced Information 高度な情報

It is sometimes claimed that the culture of the late twentieth century is "post-Christian."と主張していることが20世紀後半の文化は、 "ポスト-キリスト教のです。 " Those who put forward this claim point out that while the presuppositions and concepts of the historic Christian faith remain intelligible to modern man, they are no longer foundational to our world view.これらのwhoに進むと指摘しているが、この主張の概念をpresuppositionsとキリスト教の歴史に残る分かりやすい現代人、彼らはもはや我々の世界の根本を表示します。 They claim that man has now "come of age," that we now have a scientific and empirical world view that is obviously linked up with reality and which cannot take miracles seriously.男は彼ら主張して今すぐ確認する"成人してから、 "今すぐに私たちは、科学的実証的な世界観とリンクすることは、明らかに現実と真剣に奇跡を取ることはできません。 In fact, this perspective finds the biblical emphasis on miracles to be somewhat offensive.実際には、このような観点から、聖書に重点を置いて発見される奇跡多少不快なものだった。

It is clear that orthodox Christians cannot accept this world view with its suspicion of miracles.正統派キリスト教徒ことが明らかに、この世界観を受け入れることはできないの疑いで奇跡です。 Belief in miracles lies at the heart of authentic Christian faith.奇跡の信仰を本物の嘘は、キリスト教の信仰の中心部です。 Without the miracle of the first Easter, Christianity would no doubt long since have passed from the scene, and would certainly not be around to offend the "modern" man.復活祭の最初の奇跡を、キリスト教は間違いないの現場から渡さて久しいが、周りには確かに気分を害するは、 "現代"男です。

It should be equally clear, however, that this world view is a part of the cultural milieu in which modern Christians find themselves.同様に明確にすべきであること、しかし、この部分の世界観は、現代の文化的な環境ではキリスト教徒甘んじざるを得ない。 Understanding the role of miracles in the genesis and spread of our faith is therefore an imperative for today's Christian.奇跡の役割を理解することは、創世記とのまん延を我々の信仰は、キリスト教のために、今日の命令をします。

Unlike the modern world, the ancient world was not suspicious of miracles.現代の世界とは異なり、古代の世界は不審なのは奇跡です。 They were regarded as a normal, if somewhat extraordinary, part of life.彼らは、通常のと見なされて、やや臨時の場合、生活の一部となっています。 Ancient people typically believed not only that supernatural powers existed, but also that they intervened in human affairs.古代の人々は通常考えられて神通力があるだけでなく、その存在だけでなく、人間の諸事に介入している。 Miracles, then, did not present a problem to the early Christians as they attempted to explain and relate their faith to the culture around them.奇跡、その後、問題を提示するしなかった初期のキリスト教徒として彼らをしようとした関係を説明し、自分たちの信仰の文化を周りにします。

In understanding miracles it is important to bear in mind that the biblical concept of a miracle is that of an event which runs counter to the observed processes of nature.奇跡を理解することが重要さを心に留めるの概念は、聖書の奇跡のイベントはこれに逆行して、自然観察のプロセスです。 The word "observed" is particularly important here.という言葉"観測"ここでは特に重要です。 This was emphasized as early as Augustine, who stated in his City of God that Christians must not teach that miracles are events which run counter to nature, but rather that they are events which run counter to what is known of nature.これは強調し、早ければアウグスティヌスは、彼のシティオブゴッドwho記載されてはならないことを教えること奇跡のキリスト教徒はこれに反する行動をする性質のイベントではなく、むしろ彼らはイベントがこれに反する行動をする自然の何が知られています。 Our knowledge of nature is a limited knowledge.自然の知識を私たちは、限られている。 Clearly there may be higher laws which remain unknown to man.法律で明確に高いれる場合があります依然として不明の男性です。 In any case, miracles are not correctly conceived of as irrational disruptions of the pattern of nature, but as only the known part of that pattern.いずれにせよ、奇跡が正しく構想としては、パターンの自然の非合理的な混乱ではなく、そのパターンを部分のみが知られています。 This understanding of the biblical conception may well erode some of contemporary man's objections to miracles.この概念の理解を、聖書を失墜させるかもしれない現代人の異議申し立てを行ういくつかの奇跡です。 It is purely a corrective to the erroneous view that miracles are complete violations of nature.これは純粋に誤った見解を是正して自然の奇跡は完全に違反します。

Biblical miracles have a clear objective: they are intended to bring the glory and love of God into bold relief.聖書の奇跡を明確に目標:意図を持って彼らは神の栄光と愛をくっきりと浮き上がっています。 They are intended, among other things, to draw man's attention away from the mundane events of everyday life and direct it toward the mighty acts of God.彼らは意図は、他のもののうち、男性の関心を引くのイベントから、平凡な日常生活と直接それに向かって神の偉大な行為です。

In the context of the OT, miracles are viewed as the direct intervention of God in human affairs, and they are unquestionably linked to his redemptive activity on behalf of man.のコンテキストでは、 ot 、奇跡の人気としては、神が人間の諸事に直接介入し、彼らは紛れもなく彼の贖いのリンクして男に代わって活動します。 They help to demonstrate that biblical religion is not concerned with abstract theories about God's power, but with actual historical manifestations and experiences of that power.彼らヘルプ聖書の宗教ではないことを証明し抽象的理論について気に神の力ではなく、実際の歴史的な症状を呈して、その力と経験をします。 The most significant miracle of the OT is God's action on behalf of the Hebrews in opening up the Red Sea as they escaped the Egyptians. otの最も重要なのは、神様が奇跡の行動に代わって、へブル人への開放紅海のエジプト人として彼らのエスケープ処理します。 This miracle is the centerpiece of Hebrew history and of OT religion.この奇跡の中心部は、ヘブライ語の歴史と宗教のotです。 It is a demonstration of God's power and love in action.これは神の力を実証すると愛のアクションです。 And this action became the theme of much of the Hebrew religion and literature which came after it.このアクションをテーマとなった多くの宗教とヘブライ語文学に来た後にしてください。 It was the Hebrew view that man does not know the being of God so much as he knows the acts of God.それは、ヘブライ語対象あの男はありませんが、神を知っているほどで彼は神の行為を知っているのです。 God is therefore known as he acts on man's behalf, and the miracle at the Red Sea is the paradigm of God's acting.神はそのためな行為をする男として知られて彼に代わって、紅海の奇跡は、神の演技は、パラダイムのです。

This emphasis on miracles as the redemptive activity of God is continued in the NT, where they are a part of the proclamation of the good news that God has acted ultimately on man's behalf in the coming of Jesus Christ into history.この奇跡に重点を置いて、神の贖いの活動を継続的にはNTは、それがどこに宣言するのは、良いニュースで、神が人間に代わって行動を最終的にイエスキリストを、今後の歴史です。 Miracles are a manifestation of the power that God will use to restore all of creation ot its proper order, to restore the image of God in man to its full expression, and to destroy death.奇跡は、神の現れの電源が使用さを復元することのすべての創造ot 、正しい順序で、神のイメージを復元するには男を完全に表現し、死を破壊する。 Again we see the theme of biblical religion as centered not on theory but on action.聖書のテーマの詳細については、再び私たちの宗教を中心として理論ていないが、アクションです。

The central miracle of the NT, indeed of the Judeo-Christian Scriptures, is the resurrection of Christ.奇跡の中央のNT 、実際には、ユダヤキリスト教の経典は、キリストの復活です。 Every book in the NT canon either proclaims or assumes the resurrection of Christ on the third day after his crucifixion.すべての書籍は、 NTのキヤノンproclaimsのいずれかまたは上のキリストの復活を仮定して3日目後、彼のはりつけのです。 It is discussed thoroughly in each Gospel and is declared by Paul in I Cor.これは徹底的に議論が宣言され、各福音書とポールが私コーです。 15 to be the keystone of Christian faith. 15日の要は、キリスト教の信仰があります。 The reference to it in I Corinthians is much earlier (in date) than those of the Gospels.コリント人への参照をしてはかなり早い時期に(日)に比べて、福音書です。

When the ancient acceptance of miracles is considered along with the wholly depressing circumstances surrounding the ending of Jesus' mission on the first Good Friday, it can be seen that the best evidence for the resurrection is the existence, energy, and growth of the early church itself.奇跡の古代の受け入れ時には完全に気のめいるとともに、イエスキリストを取り巻く状況の終結を促進する'グッドフライデーの最初のミッションをすることが可能で見たことがあるの復活は最も信頼できる証拠が存在するため、エネルギー、と成長の初期の教会自分自身です。 After the crucifixion the apostles were utterly defeated persons, and their movement was sputtering to a humiliating stop.はりつけの後に人の使徒が惨敗すると、その動きは屈辱的なスパッタリングして停止します。 They were completely without hope after watching Jesus die as a criminal.彼らはイエスキリストを完全に希望を見た後、犯罪者として死ぬ。 Yet within a few weeks these same men were boldly proclaiming Christ's resurrection to the very people who had brought about the condemnation of Christ.数週間はまだありませんに臆することなく、これらの同じ人がキリストの復活を宣言who非常に人々がイエスキリストの非難をもたらしたのです。 They were preaching that Jesus was the risen Lord to any and to all.彼らは説教では、上昇の主イエスキリストをすべて任意とします。 And these apostles were normal, rational, sane men.通常、これらの使徒は、合理的、思慮分別の男性です。 Individually and corporately they had undergone a dramatic change after the crucifixion, from depressed, insecure, and despairing men to confident and bold preachers. corporately個別に劇的な変化を受けていたはりつけの後に、より抑うつ、不安、と絶望的な男性に自信と大胆な説教師です。 Surely it is reasonable, on almost any criterion of reasonableness, to consider that witnessing the risen Christ was what brought about this dramatic change.確かに合理的なことは、ほぼすべての基準は道理にかなって、上昇を考慮して、イエスキリストは、どのような目撃この劇的な変化をもたらした。 It should also be noted that one of the earliest acts of Christian worship was the breaking of bread with its attendant symbolism of Christ's broken body.それはまた、最古の1つに注意してキリスト教の礼拝は、破壊行為をしたパンのアテンダントの象徴的な意義が壊れてキリストの体です。 This phenomenon would be unexplainable without the knowledge of the risen Christ, unless, that is, one wishes to dismiss the early apostles as irrational masochists, which they clearly were not.この現象は説明のつかないの知識がなくイエスキリストの上昇しない限り、それは、 1つの願いをクリックして早期masochists非合理的な使徒として、これを明確に彼らはいなかった。

It should be clear then that the central miracle of NT religion is the resurrection of Christ.明確にすべきであることは、中央の奇跡を入力し、 NTの宗教は、イエスキリストの復活です。 Without this miracle the early church would not have come into being, and we who live in the twentieth century would no doubt never have heard of the other NT miracles.この奇跡の早期に入るには教会はない、と私たちwhoのは、 20世紀に住んでいると聞いたのは間違いない決して、他のNTの奇跡です。 Indeed, we would probably never have heard of Jesus of Nazareth, who would have been forgotten along with hundreds of other obscure preachers and miracle workers who wandered about the ancient Middle East.確かに、私たちは決していると聞いたのは、おそらくナザレのイエス、 whoは忘れても他の無名の説教師と一緒に数百人の労働者との奇跡については、古代middle east whoさまよいました。

The Gospels teach that the significance of all the miracles of Christ is that they are the prophesied works of the Messiah.福音書の重要性を教えるのは、イエスキリストのすべての奇跡は、彼らの作品は、予言は、メシアです。 The miracles are signs rather than merely wonderful works.奇跡いることを示す兆候ではなく、単に素晴らしい作品です。 They are, however, signs only to those who have the spiritual discernment to recognize them as such.彼らは、しかし、それらの兆候だけにwhoは、このように精神的な見識を認識することです。 Without the enlightenment that accompanies Christian commitment they are only "wonders," or wonderful works, and their true theological significance cannot be recognized.キリスト教のコミットメントに伴う啓発にのみ彼らは"不思議" 、または素晴らしい作品、およびそれらの真の神学的意義が認識することはできません。

Belief in the biblical miracles has always been a central feature of Christian faith, and this remains the case in the twentieth century.信念は、聖書の奇跡は常にキリスト教の信仰の中心機能、およびこの遺跡の場合は、 20世紀です。 Christian faith is informed by the revelation of God to man in Scripture and in the mighty acts recorded there.キリスト教の信仰は、神の啓示を通知された男が啓典とは、偉大な行為を記録した。 Christian faith is not to be conformed to the culture around it but is intended to be a transforming influence in the midst of its cultural milieu.キリスト教の信仰ではない周りの文化に適合されることを意図してしかし、形質転換に影響を与えるのは、その文化的な環境の真っただ中にいる。 The continuing work of the church in the world may itself be viewed as evidence for the truth of the biblical concept of miracle.教会での作業が続いて5月の世界自体に人気が真実であることの証拠として、聖書の奇跡の概念です。 Certainly the Christian's experience of God as Redeemer and Sustainer is the experience of miracle.確かに、キリスト教の神としての経験は、経験を救い主と持続させる奇跡です。 It renders the posture of skepticism untenable.懐疑的な姿勢をレンダリングすることに理不尽です。

JD Spiceland米国JD spiceland
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
CS Lewis, Miracles; CFD Moule, Miracles; HH Farmer, Are Miracles Possible?継続後誌ルイス氏は、奇跡; CFD社マウル、奇跡; hh農夫は、奇跡の可能ですか? HS Box, Miracles and Critics; AC Headlam, The Miracles of the NT; EML Keller, Miracles in Dispute; RM Burns, The Great Debate on Miracles; JB Mozley, Eight Lectures on Miracles. hsボックスで、奇跡と批評家;のAC headlamは、奇跡のNT ; emlのケラーは、奇跡の紛争; rm火傷、奇跡の大討論を行う; jb mozley 、 8つの講義を奇跡です。


Mir'acle mir'acle

Advanced Information 高度情報

A miracle is an event in the external world brought about by the immediate agency or the simple volition of God, operating without the use of means capable of being discerned by the senses, and designed to authenticate the divine commission of a religious teacher and the truth of his message (John 2:18; Matt. 12:38).奇跡は、外部の世界イベントを即座にもたらされる神の意志のシンプルな代理店または、動作可能な手段を使用せずに感覚が識別され、神の設計と開発委員会を認証するため、宗教上の教師との真実彼のメッセージが表示さ(ヨハネ2:18 ;マットです。 12:38 )です。 It is an occurrence at once above nature and above man.これは上記の発症を一度に自然と上記の男です。 It shows the intervention of a power that is not limited by the laws either of matter or of mind, a power interrupting the fixed laws which govern their movements, a supernatural power.これは、権力の介入に限定されていないの法律のいずれかの心の問題や、電源を中断する動きの固定法の支配には、超自然的な力です。 "The suspension or violation of the laws of nature involved in miracles is nothing more than is constantly taking place around us. One force counteracts another: vital force keeps the chemical laws of matter in abeyance; and muscular force can control the action of physical force. "懸濁液または違反の自然の法則に関与するのは何も奇跡は常に起きて周りを超える問い合わせください。 counteracts別の1つの力:極めて重要な法律により強制的に保つため、化学物質を見合わせる;と筋肉の力を制御するアクションの物理的な力です。

When a man raises a weight from the ground, the law of gravity is neither suspended nor violated, but counteracted by a stronger force.男提起するときに、地上からの重量は、重力の法則は、どちらも停止違反、しかし、 counteractedされた強力な力です。 The same is true as to the walking of Christ on the water and the swimming of iron at the command of the prophet.同じことが言えるのは、ウォーキングとして上のキリストの水と鉄のスイミングするには、コマンドは、預言者です。 The simple and grand truth that the universe is not under the exclusive control of physical forces, but that everywhere and always there is above, separate from and superior to all else, an infinite personal will, not superseding, but directing and controlling all physical causes, acting with or without them." God ordinarily effects his purpose through the agency of second causes; but he has the power also of effecting his purpose immediately and without the intervention of second causes, ie, of invading the fixed order, and thus of working miracles. Thus we affirm the possibility of miracles, the possibility of a higher hand intervening to control or reverse nature's ordinary movements.シンプルでグランドのは、宇宙の真理ではないの下に排他制御の物理的な勢力が、その上には常にどこと、別のものであり、すべてに優れているほか、個人は無限ではなく、置き換え、監督およびそれを統括ししかし、すべての物理的な原因、演技の有無に関係なくている。 "神の影響彼の目的のため、通常の代理店を通じて2番目の原因;しかし、彼には、彼の影響力もなく、すぐに目的の2番目の介入が原因で、すなわち、固定するために侵攻すること、およびそのための作業奇跡です。このようにわれ奇跡の可能性を断言する、介入する可能性が高い手を自然の普通の動きを制御する、または逆です。

In the New Testament these four Greek words are principally used to designate miracles:, (1.) Semeion, a "sign", ie, an evidence of a divine commission; an attestation of a divine message (Matt. 12:38, 39; 16:1, 4; Mark 8:11; Luke 11:16; 23:8; John 2:11, 18, 23; Acts 6:8, etc.); a token of the presence and working of God; the seal of a higher power.新約聖書は、ギリシャ語の単語は、主に使用されるこれらの4つの奇跡を指定する: 、 ( 1 。 ) semeionは、 "サイン" 、つまり、神の委員会の証拠を;の認証は、神のメッセージが表示さ( matt. 12:38 、 39 ; 16:1 、 4 ;マーク8時11分;ルーク11:16 ;午前23時08分;ジョン2:11 、 18 、 23 ;行為6時08分、等) ;するトークンの神が存在すると作業し、シールの高い電源です。 (2.) Terata, "wonders;" wonder-causing events; portents; producing astonishment in the beholder (Acts 2:19). ( 2 ) 。 terata 、 "驚異; "ワンダーの原因となるイベント;徴;生産驚きは、ビホルダー(行為2:19 ) 。 (3.) Dunameis, "might works;" works of superhuman power (Acts 2:22; Rom. 15:19; 2 Thess. 2:9); of a new and higher power. ( 3 。 ) dunameis 、 "かもしれない作品; "作品を超人的な力(行為2:22 ; ROMから起動します。 15:19 、 2 thessです。 2時09分) ;は、新しいと高い電源です。 (4.) Erga, "works;" the works of Him who is "wonderful in working" (John 5: 20, 36). ( 4 ) 。 erga 、 "作品; "彼の作品のwhoは、 "素晴らしいで働く" (ヨハネ5 : 20 、 36 ) 。 Miracles are seals of a divine mission.アザラシの奇跡は、神の使命です。 The sacred writers appealed to them as proofs that they were messengers of God.神聖な作家の証拠としてアピールして神の使徒していた。 Our Lord also appealed to miracles as a conclusive proof of his divine mission (John 5:20, 36; 10:25, 38).奇跡の訴えを、わたしたちの主も彼の神という決定的な証拠としての使命(ヨハネ5:20 、 36 ; 10:25 、 38 ) 。

Thus, being out of the common course of nature and beyond the power of man, they are fitted to convey the impression of the presence and power of God.したがって、共通のコースがなくなるのを自然と人間の力を超え、彼らは適合との印象を伝えると力は、神が存在するのです。 Where miracles are there certainly God is.ここで神の奇跡があるのは確かです。 The man, therefore, who works a miracle affords thereby clear proof that he comes with the authority of God; they are his credentials that he is God's messenger.その男は、そのため、 whoの作品が奇跡の明確な証拠を手に入れるために支払う付属している彼は神の権威;彼らは彼の資格情報を彼は神のメッセンジャーです。 The teacher points to these credentials, and they are a proof that he speaks with the authority of God.その教師を指して、これらの資格情報を、かれらは、証拠を手に、神の権威を彼に話す。 He boldly says, "God bears me witness, both with signs and wonders, and with divers miracles."彼は大胆には、 "神のクマは私の目撃者は、奇跡の両方を、ダイバーの奇跡とします。 " The credibility of miracles is established by the evidence of the senses on the part of those who are witnesses of them, and to all others by the testimony of such witnesses.奇跡の信頼性が確立されたの感覚の上の部分の証拠をwhoは、それらの目撃者には、およびをすべての人にこのような目撃者の証言です。 The witnesses were competent, and their testimony is trustworthy.目撃者が、有能な、およびそれらの証言は信頼できる。

Unbelievers, following Hume, deny that any testimony can prove a miracle, because they say miracles are impossible.不信心者は、次のヒューム、任意の証言を拒否することを証明することの奇跡、奇跡が不可能なため、かれらは言う。 We have shown that miracles are possible, and surely they can be borne witness to.私たちによると、奇跡が可能、との目撃者が負担することができます確かです。 Surely they are credible when we have abundant and trustworthy evidence of their occurrence.確かに彼らは私たちが豊富で信頼できる確かなときに彼らの証拠を発症します。 They are credible just as any facts of history well authenticated are credible.彼らは同じように任意の信憑性の認証は、信頼できる歴史的事実をよくします。 Miracles, it is said, are contrary to experience.奇跡、それはによると、経験に反しては。 Of course they are contrary to our experience, but that does not prove that they were contrary to the experience of those who witnessed them.もちろん、彼らは我々の経験に反して、しかし、立証されていない経験をしていたに反してこれらのwhoを目撃している。 We believe a thousand facts, both of history and of science, that are contrary to our experience, but we believe them on the ground of competent testimony.私たちは1000事実を、科学の両方の歴史と、それは我々の経験に反して、しかし、私たちの有能な証言をして、地面にします。 An atheist or a pantheist must, as a matter of course, deny the possibility of miracles; but to one who believes in a personal God, who in his wisdom may see fit to interfere with the ordinary processes of nature, miracles are not impossible, nor are they incredible.汎神論、無神論者、またはしなければ、当然のことながら、奇跡の可能性を否定する;しかし、個人的な信条としてwhoを1つの神、 who彼の知恵がありますが、通常のプロセスに干渉するフィットの自然、奇跡は不可能とは言えない、彼らもが信じられないほどです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Miracle奇跡

Catholic Information カトリックの情報

(Latin miraculum, from mirari, "to wonder"). (ラテンmiraculum 、よりmirari 、 "ワンダー" ) 。

In general, a wonderful thing, the word being so used in classical Latin; in a specific sense, the Latin Vulgate designates by miracula wonders of a peculiar kind, expressed more clearly in the Greek text by the terms terata, dynameis, semeia, ie, wonders performed by supernatural power as signs of some special mission or gift and explicitly ascribed to God.一般的には、すてきなことを、という言葉が使用されて古典ラテン語ので;は、特定の意味では、ラテン語ウルガタ聖書の指定され、珍しい種類の驚異miracula 、より明確に表現された用語は、ギリシャ語のテキストterata 、 dynameis 、 semeia 、すなわち、超自然的な力として実行される驚異の徴候を明示的に、いくつか特別なミッションや生得的に神の贈り物とします。

These terms are used habitually in the New Testament and express the meaning of miraculum of the Vulgate.これらの用語が使用され、常習的には、新約聖書の意味を表現して、ウルガタ聖書のmiraculumです。 Thus St. Peter in his first sermon speaks of Christ as approved of God, dynamesin, kai terasin kai semeiois (Acts 2:22) and St. Paul says that the signs of his Apostleship were wrought, semeiois te kai terasin kai dynamesin (2 Corinthians 12:12).サンピエトロ大聖堂でこのように話す彼の最初の説教キリストの神として承認、 dynamesin 、 terasin甲斐甲斐semeiois (行為2:22 )と聖パウロ使徒の職によると、彼の兆候が鍛造、 semeiois te terasin甲斐甲斐dynamesin ( 2コリンチャンス12:12 )です。 Their united meaning is found in the term erga ie, works, the word constantly employed in the Gospels to designate the miracles of Christ.彼らが発見し、その用語の意味するUnited ergaすなわち、作品、という言葉を常に福音書で採用され、イエスキリストの奇跡を指定してください。 The analysis of these terms therefore gives the nature and scope of the miracle.したがって、これらの用語の分析により、自然との奇跡の範囲です。

I. NATURE i.自然

(1) The word terata literally means "wonders", in reference to feelings of amazement excited by their occurrence, hence effects produced in the material creation appealing to, and grasped by, the senses, usually by the sense of sight, at times by hearing, eg, the baptism of Jesus, the conversion of St. Paul. ( 1 )という言葉terataの文字通りの意味は"驚異"は、驚きの参照を励起される感情に発症、それゆえの影響で生産さの素材の創作に魅力を、と把握され、感覚、 24時間の感覚な光景は、回聴聞会で、例えば、イエスキリストの洗礼、聖パウロへの変換のです。 Thus, though the works of Divine grace, such as the Sacramental Presence, are above the power of nature, and due to God alone, they may be called miraculous only in the wide meaning of the term, ie, as supernatural effects, but they are not miracles in the sense here understood, for miracles in the strict sense are apparent.このように、神の恵みの作品をかかわらず、このような神聖な存在として、自然の力の上には、神のためにだけでも、彼らがあります奇跡と呼ばれる広いだけでその単語の意味を、すなわち、超自然的効果として、かれらここではないという意味に理解奇跡、奇跡は、厳密な意味では、明らかにします。 The miracle falls under the grasp of the senses, either in the work itself (eg raising the dead to life) or in its effects (eg, the gifts of infused knowledge with the Apostles).滝の奇跡の感覚をつかむの下に、その作品自体のどちらか(例:引き上げは死者を甦らせ) 、またはその影響(例えば、知識を注入するギフトの使徒) 。 In like manner the justification of a soul in itself is miraculous, but is not a miracle properly so called, unless it takes place in a sensible manner, as, eg, in the case of St. Paul.同じように、正当な理由は、それ自体が奇跡の魂が、奇跡適切ではないいわゆるしない限り、それは賢明な方法で行われる、として、例えば、聖パウロは、例です。

The wonder of the miracle is due to the fact that its cause is hidden, and an effect is expected other than what actually takes place.の驚異の奇跡という事実のためには、その原因は隠されており、実際にどのような効果が期待さ以外は行われません。 Hence, by comparison with the ordinary course of things, the miracle is called extraordinary.それゆえ、普通のコースのものと比較して、臨時の奇跡と呼ばれます。 In analyzing the difference between the extraordinary character of the miracle and the ordinary course of nature, the Fathers of the Church and theologians employ the terms above, contrary to, and outside nature.を分析し、臨時の文字の違いは、自然の奇跡と、通常のコースは、父親は、教会と神学を採用上記の条件に反して、自然と外です。 These terms express the manner in which the miracle is extraordinary.これらの用語は、奇跡の態度を表現しては、臨時です。

A miracle is said to be above nature when the effect produced is above the native powers and forces in creatures of which the known laws of nature are the expression, as raising a dead man to life, eg, Lazarus (John 11), the widow's son (1 Kings 17).奇跡は、上記の性質によるとされるときには、生産への影響力の上に、強制的にネイティブの生き物のは、既知の自然法則の表現は、死んだ男が人生の引き上げは、例えば、ラザロ(ヨハネの福音11 )は、寡婦息子( 1キングス17 ) 。 A miracle is said to be outside, or beside, nature when natural forces may have the power to produce the effect, at least in part, but could not of themselves alone have produced it in the way it was actually brought about.奇跡が外部によるとされるか、または横に、自然に自然の力は、電力を生産する5月の効果は、少なくとも部分的に、自分自身だけではできませんでしたが制作して実際にもたらさ在りし日の姿です。 Thus the effect in abundance far exceeds the power of natural forces, or it takes place instantaneously without the means or processes which nature employs.したがって、効果を豊富に自然の力を遥かに軍、またはそれが行わ瞬時にせずに自然の手段やプロセスを採用します。 In illustration we have the multiplication of loaves by Jesus (John 6), the changing of water into wine at Cana (John 2) -- for the moisture of the air by natural and artificial processes is changed into wine -- or the sudden healing of a large extent of diseased tissue by a draught of water.のイラストloafの複数形で私たちは、イエスキリストの乗算(ジョン6 ) 、水をワインの変化にはカナ(ジョン2 ) -は、水分の空気を自然と人工のプロセスが変更さをワイン-またはの突然の治癒病気の程度に大規模組織されたドラフトの水をします。 A miracle is said to be contrary to nature when the effect produced is contrary to the natural course of things.奇跡だとされるときに自然に反して生産への影響は、事物の自然の流れに反しています。

The term miracle here implies the direct opposition of the effect actually produced to the natural causes at work, and its imperfect understanding has given rise to much confusion in modern thought.奇跡という用語は、ここに反対の意味の直接の生産への影響を実際に職場での自然の原因、およびその不完全な理解には多くの混乱を与えられた近代思想に上昇する。 Thus Spinoza calls a miracle a violation of the order of nature (proeverti, "Tract. Theol. Polit.", vi).したがってスピノザに違反して奇跡をコールするための自然( proeverti 、 "路です。 theol 。 polit 。 " 、 6 ) 。 Hume says it is a "violation" or an "infraction", and many writers -- eg, Martensen, Hodge, Baden-Powell, Theodore Parker -- use the term for miracles as a whole.ヒュームは言うことは、 "違反"または"違反"と多くの作家-例えば、マルテンセン、ホッジ、バーデンパウエル、セオドアパーカー-奇跡的な用語を使用して全体のです。 But every miracle is not of necessity contrary to nature, for there are miracles above or outside nature.しかし、すべての必要に迫られ奇跡ではない自然に反して、自然には、奇跡の上または外です。

Again, the term contrary to nature does not mean "unnatural" in the sense of producing discord and confusion.繰り返しになりますが、自然に反して任期わけではありません"不自然な"という意味の不和と混乱を生産します。 The forces of nature differ in power and are in constant interaction.自然の力を権力の座に異なるのは、定数との相互作用します。 This produces interferences and counteractions of forces.このcounteractions勢力の干渉などを生成します。 This is true of mechanical, chemical, and biological forces.これは本当の機械、化学、生物学的勢力とします。 So, also, at every moment of the day I interfere with and counteract natural forces about me.そのため、また、その日は刻一刻と私に干渉する自然の対抗勢力については私です。 I study the properties of natural forces with a view to obtain conscious control by intelligent counteractions of one force against another.私のプロパティを研究して自然の力と意識的な制御を取得する対象を1つのインテリジェントcounteractionsの武力行使を別のです。 Intelligent counteraction marks progress in chemistry, in physics -- eg, steam locomotion, aviation -- and in the prescriptions of the physician.インテリジェント反作用マルクの進展を化学、物理学-例えば、スチーム歩行、航空-とは、医師の処方箋のです。 Man controls nature, nay, can live only by the counteraction of natural forces.男のコントロール自然、いや、反作用て生きることができる自然の力によってのみです。 Though all this goes on around us, we never speak of natural forces violated.これは周りのすべての問い合わせにかかわらず、私達は決して話すの自然軍に違反します。 These forces are still working after their kind, and no force is destroyed, nor is any law broken, nor does confusion result.作業後に、これらの勢力は依然として種類、および強制力は破壊され、任意の法が壊れても、また結果が混乱します。 The introduction of human will may bring about a displacement of the physical forces, but no infraction of physical processes.人間は、 5月の導入をもたらすの物理的な強制変位が、違反の物理的なプロセスです。 Now in a miracle God's action relative to its bearing on natural forces is analogous to the action of human personality.今すぐに奇跡を神のアクション相対的にその影響を及ぼす自然軍は、人間の人格の作用に類似しています。 Thus, eg, it is against the nature of iron to float, but the action of Eliseus in raising the axe-head to the surface of the water (2 Kings 6) is no more a violation, or a transgression, or an infraction of natural laws than if he raised it with his hand.したがって、例えば、それは反対の性質の鉄をfloat型、しかし、アクションの斧- eliseusで頭を上げて水面( 2キングス6 )ではないに違反するか、または、違反、または違反の自然法則を提起してもし彼よりも彼の手です。 Again, it is of the nature of fire to burn, but when, eg, the Three Children were preserved untouched in the fiery furnace (Daniel 3) there was nothing unnatural in the act, as these writers use the word, any more than there would be in erecting a dwelling absolutely fireproof.再び、それは火を燃やすの性質上、しかしときに、例えば、の3つの子供たちが手つかずの保持は、燃え盛る炉(ダニエル3 )何も不自然さがあったという行為は、作家として、これらの単語を使用して、任意に超える住居を立てては確実に耐火です。 In the one case, as in the other, there was no paralysis of natural forces and no consequent disorder.は、 1つのケースのように、他の、自然の力はないとの帰結麻痺性疾患です。 The extraordinary element in the miracle -- ie an event apart from the ordinary course of things; enables us to understand the teaching of theologians that events which ordinarily take place in the natural or supernatural course of Divine Providence are not miracles, although they are beyond the efficiency of natural forces.臨時の要素の奇跡-つまり、通常のイベントコースのことを離れ;有効に問い合わせを理解し、教育の神学者が通常のイベントが開催さコースの自然や超自然的奇跡を神の摂理はないが、彼らは超え自然の力の効率性をします。 Thus, eg, the creation of the soul is not a miracle, for it takes place in the ordinary course of nature.したがって、例えば、魂の創造の奇跡ではない、普通の場所にかかる自然のコースです。 Again, the justification of the sinner, the Eucharistic Presence, the sacramental effects, are not miracles for two reasons: they are beyond the grasp of the senses and they have place in the ordinary course of God's supernatural Providence.繰り返しになりますが、正当な理由は、罪人は、 eucharisticプレゼンスは、聖礼典の効果、奇跡の2つの理由はない:彼らは理解を超えて感覚や場所に、彼らは神の超自然の摂理の普通の過程です。

(2) The word dynamis, "power" is used in the New Testament to signify: ( 2 )という言葉ダイナミス、 "パワー"が使用されている新約聖書を示す:

the power of working miracles, (en dymamei semeion -- Romans 15:19); mighty works as the effects of this power, ie, miracles themselves (al pleistai dynameis autou -- Matthew 11:20) and expresses the efficient cause of the miracle, ie, Divine power.作業奇跡のパワーを、 (アンdymamei semeion -ローマ人への手紙1 5:19) ;偉大な作品としての効果は、次の電力、すなわち、自身の奇跡(アルp leistaid ynameisa utou-マタイ11 :20)と表現して効率的なのが原因で発生する奇跡、すなわち、神の力です。

Hence the miracle is called supernatural, because the effect is beyond the productive power of nature and implies supernatural agency.それゆえ、超自然の奇跡が呼び出されるため、生産への影響は、自然の力を超え、超自然的な力と意味します。 Thus St. Thomas teaches: "Those effects are rightly to be termed miracles which are wrought by Divine power apart from the order usually observed in nature" (Contra Gent., III, cii), and they are apart from the natural order because they are "beyond the order or laws of the whole created nature" (ST I:102:4).したがってセントトーマス教える: "これらの効果が正しく表現される神の力によってもたらされた奇跡が離れ自然の順序に通常見られる" (コントラゲント。 、 3世、 cii ) 、と彼らは、自然界の秩序のため離れては、 "超えて全体のために作成または自然の法則" (セント私: 102:4 ) 。 Hence dynamis adds to the meaning of terata by pointing out the efficient cause.それゆえダイナミスterataの意味を追加さを指摘するための効率的な原因です。 For this reason miracles in Scripture are called "the finger of God" (Exodus 8:19, Luke 11:20), "the hand of the Lord" (1 Samuel 5:6), "the hand of our God" (Ezra 8:31).この理由から奇跡の啓典と呼ばれ、 "神の指" (出エジプト記第8時19分、ルカ11:20 ) 、 "主の手を" ( 1サミュエル5時06分) 、 "私たちの神の手" (エズラ8時31分) 。 In referring the miracle to God as its efficient cause the answer is given to the objection that the miracle is unnatural, ie, an uncaused event without meaning or place in nature.を参照して効率的な原因の奇跡を神としてその答えは、異議申立は、奇跡を与えられたが不自然な、つまり、 uncausedイベントや場所に自然を意味します。 With God as the cause, the miracle has a place in the designs of God's Providence (Contra Gent. III, xcviii).神の原因としては、奇跡には、デザインの場所に、神の摂理(コントラゲントします。 3世、 98 ) 。 In this sense -- ie, relatively to God -- St. Augustine speaks of the miracle as natural (De Civit. Dei, XXI, viii, n. 2).この意味で-すなわち、相対的に神-聖アウグスティヌスの奇跡として話すの自然(デc i vit。デイ、x x i、v i ii、名2 ) 。

An event is above the course of nature and beyond its productive powers: with regard to its substantial nature, ie, when the effect is of such a kind that no natural power could bring it to pass in any manner or form whatsoever, as eg, the raising to life of the widow's son (Luke 7), or the cure of the man born blind (John 9).コースの上にあるイベントが自然とその生産性を超えパワーズ:に関しては、実質的性質、すなわち、そのようなときに効果がないように、自然の力がどのような形に持ってきてパスまたはフォームのもの、例えば、の引き上げを生活の未亡人の息子(ルーク7 ) 、またはその男の治療のため生まれつき目が見えない(ジョン9 ) 。 These miracles are called miracles as to substance (quoad substantiam).これらの奇跡を奇跡と呼ばれる物質( quoad substantiam ) 。

With regard to the manner in which the effect is produced ie, where there may be forces in nature fitted and capable of producing the effect considered in itself, yet the effect is produced in a manner wholly different from the manner in which it should naturally be performed, ie, instantaneously, by a word, eg, the cure of the leper (Luke 5).に関しては、以下の方法では生産への影響はすなわち、自然に適合される場合があります軍の効果と生産能力が考慮さ自体は、まだその効果は完全に異なる方法で生産された方法では当然のことばならない実行、すなわち、瞬時に、一言で言えば、例えば、ハンセン病患者の治療法は、 (ルカ5 ) 。 These are called miracles as to the manner of their production (quoad modum).これらは奇跡と呼ばれるのを生産する方法( quoad modum ) 。

God's power is shown in the miracle:神の力が示されているの奇跡:

directly through His own immediate action or mediately through creatures as means or instruments.緊急行動を経由して直接またはmediatelyを通じて自分自身の手段や楽器としての生き物です。

In the latter case the effects must be ascribed to God, for He works in and through the instruments; "Ipso Deo in illis operante" (Augustine, "De Civit. Dei", X, xii).後者の場合は生得的に神の影響しなければならない、と彼の作品は、楽器を通して; "イプソ、 illis deo operante " (アウグスティヌス、 "デcivit 。デイ" 、 x 、 12 ) 。 Hence God works miracles through the instrumentalityそれゆえ、神の助けを通じて作品の奇跡

of angels, eg, the Three Children in the fiery furnace (Daniel 3), the deliverance of St. Peter from prison (Acts 12); of men, eg, Moses and Aaron (Exodus 7), Elias (1 Kings 17), Eliseus (2 Kings 5), the Apostles (Acts 2:43), St. Peter (Acts 3:9), St. Paul (Acts 19), the early Christians (Galatians 3:5).天使たちは、例えば、の3つの子供たちは、燃え盛る炉(ダニエル3 ) 、サンピエトロ大聖堂からの救出の刑務所(行為12 ) ;の男性は、例えば、ムーサー、ハールーン(出エジプト記第7 ) 、エリアス( 1キングス17 ) 、 eliseus ( 2キングス5 )は、使徒(行為2:43 ) 、サンピエトロ大聖堂(行為3時09分) 、セントポール(行為19 )は、初期のキリスト教徒(ガラテヤ人への手紙3時05分) 。 In the Bible also, as in church history, we learn that animate things are instruments of Divine power, not because they have any excellence in themselves, but through a special relation to God.聖書はまた、教会の歴史のように、私たちを活気づけることが楽器を学ぶ神の力ではなく、任意の優秀ため、彼らはそれ自体もさることながら、特別な関連して、神です。 Thus we distinguish holy relics, eg, the mantle of Elias (2 Kings 2), the body of Eliseus (2 Kings 13), the hem of Christ's garment (Matthew 9), the handkerchiefs of St. Paul (Acts 19:12); holy images, eg, the brazen serpent (Numbers 21) holy things, eg, the Ark of the Covenant, the sacred vessels of the Temple (Daniel 5); holy places, eg, the Temple of Jerusalem (2 Chronicles 6:7), the waters of the Jordan (2 Kings 5), the Pool of Bethsaida (John 5).このように私たちを区別する聖遺物は、例えば、マントルのエリアス( 2キングス2 ) 、体のeliseus ( 2キングス13 )は、キリストの衣服のすそ(マタイ9 )は、ハンカチのセントポール(行為19:12 ) ;神聖なイメージは、例えば、ヘビの厚かましい(数字21 )神聖なもの、例えば、契約の箱は、神聖なの船に寺(ダニエル5 ) ;神聖な場所、例えば、同寺のエルサレム( 2クロニクル6時07分) 、人のために尽くす、ヨルダン( 2キングス5 ) 、プールのbethsaida (ジョン5 ) 。

Hence the contention of some modern writers, that a miracle requires an immediate action of Divine power, is not true.それゆえ、競合のいくつかの現代作家、奇跡は、神の力に即座に行動する必要がある、は事実ではない。 It is sufficient that the miracle be due to the intervention of God, and its nature is revealed by the utter lack of proportion between the effect and what are called means or instruments.これは十分には、奇跡が神のために介入し、その性質の欠如が明らかにされた全く効果の割合との間にどのような手段や楽器と呼ばれています。 The word semeion means "sign", an appeal to intelligence, and expresses the purpose or final cause of the miracle. semeionを意味する言葉"署名"は、知能の訴えを込めて、と表現して目的や最終的な原因は、奇跡です。 A miracle is a factor in the Providence of God over men.奇跡は、神の摂理を重視されるのは男性です。 Hence the glory of God and the good of men are the primary or supreme ends of every miracle.それゆえ、神の栄光の男性との良い最高は、プライマリまたはエンドのすべての奇跡です。 This is clearly expressed by Christ in the raising of Lazarus (John 11), and the Evangelist says that Jesus, in working His first miracle at Cana, "manifested his glory" (John 2:11).これは、イエスキリストは、引き上げを明確に表明したのラザロ(ヨハネ11 ) 、イエスキリストの伝道者によると、カナで働く彼の最初の奇跡を、 "明らかに彼の栄光" (ヨハネ2:11 ) 。 Therefore the miracle must be worthy the holiness, goodness, and justice of God, and conducive to the true good of men.したがって、立派な奇跡をしなければならないのホーリネス、善良、と正義の神となり、男性を助長するための真の良いです。 Hence they are not performed by God to repair physical defects in His creation, nor are they intended to produce, nor do they produce, disorder or discord; do they contain any element which is wicked, ridiculous, useless, or unmeaning.それゆえ、神によって実行さされていない物理的な欠陥を修復する彼の創造、また生産は、彼らを目的とし、また彼らを生産、障害または不和;かれらは邪悪な任意の要素が含まれ、ばかげて、役に立たないか、または故意ではない。 Hence they are not on the same plane with mere wonders, tricks works of ingenuity, or magic.それゆえにされていない同一平面上に単なる不思議、トリックの作品の創意工夫、またはマジックです。 The efficacy, usefulness, purpose of the work and the manner of performing it clearly show that it must be ascribed to Divine power.の有効性、有用性、目的は、仕事との態度を実行しなければならないことを端的に示す生得的に神の力です。 This high standing and dignity of the miracle is shown, eg, in the miracles of Moses (Exodus 7-10), of Elias (1 Kings 18:21-38), of Eliseus (2 Kings 5).この高い地位と尊厳は、奇跡が表示され、例えば、モーゼの奇跡(出エジプト記7-10 ) 、エリアス( 1王18:21-38 ) 、 eliseus ( 2キングス5 ) 。 The multitudes glorified God at the cure of the paralytic (Matthew 9:8), of the blind man (Luke 18:43), at the miracles of Christ in general (Matthew 15:31, Luke 19:37), as at the cure of the lame man by St. Peter (Acts 4:21).治療法は、神を讃えるの数多くの麻痺(マタイ9時08分) 、めくらの男(ルカ18:43 ) 、一般的には、キリストの奇跡(マタイ15:31 、ルカ19:37 ) 、としては、治療法は、ラメ男をサンピエトロ大聖堂(行為4:21 ) 。 Hence miracles are signs of the supernatural world and our connection with it.それゆえ、超自然的奇跡は、世界と私たちの徴候を接続してください。 In miracles we can always distinguish secondary ends, subordinate, however, to the primary ends.インミラクルズを区別することは常にセカンダリが終了すると、下位の、しかし、原発を終了します。 Thusそれ故に

they are evidences attesting and confirming the truth of a Divine mission, or of a doctrine of faith or morals, eg, Moses (Exodus 4), Elias (1 Kings 17:24).彼らは証拠attestingと、神の使命の真実性を確認するか、または信仰や道徳を排斥するのは、例えば、モーゼ(出エジプト記第4 ) 、エリアス( 1キングス17:24 )です。 For this reason the Jews see in Christ "the prophet" (John 6:14), in whom "God hath visited his people" (Luke 7:16).この理由から、ユダヤ人に表示さイエスキリスト"預言者" (ヨハネ6:14 )は、誰"神かれらを訪れた彼の人々 " (ルーク7時16分) 。 Hence the disciples believed in Him (John 2:11) and Nicodemus (John 3:2) and the man born blind (John 9:38), and the many who had seen the raising of Lazarus (John 11:45).それゆえ、彼の弟子を信じて(ヨハネ2:11 )とニコデモ(ヨハネ3:2 )と生まれつき目が見えないの男(ジョン9時38分) 、および多くのwhoの引き上げを見たラザロ(ヨハネ11:45 ) 。 Jesus constantly appealed to His "works" to prove that He was sent by God and that He is the Son of God, eg, to the Disciples of John (Matthew 11:4), to the Jews (John 10:37).イエスキリスト控訴を常に彼の"作品"を証明して送信された彼は、神と神の息子である彼は、例えば、弟子たちは、ジョン(マシュー11時04分) 、ユダヤ人を(ヨハネ10:37 ) 。 He claims that His miracles are a greater testimony than the testimony of John (John 5:36), condemns those who will not believe (John 15:24), as He praises those who do (John 17:8), and exhibits miracles as the signs of the True Faith (Mark 16:17).彼は彼の奇跡と主張し証言よりも大きいの証言は、ジョン(ヨハネ5:36 ) 、非難それらのwhoはないと信じ(ヨハネ15:24 ) 、それらの賛辞として彼who行う(ヨハネの福音17時08分) 、および展示会の奇跡の兆候としての真の信仰(マーク16:17 )です。 The Apostles appeal to miracles as the confirmation of Christ's Divinity and mission (John 20:31; Acts 10:38), and St. Paul counts them as the signs of his Apostleship (2 Corinthians 12:12).奇跡の使徒としての確認の訴えをキリストの神性と使命(ヨハネ20:31 ;行為10:38 ) 、および聖パウロの兆候としてカウントして彼の使徒の職( 2コリント書12:12 ) 。 Miracles are wrought to attest true sanctity.奇跡は鍛造真の神聖さを証明します。 Thus, eg, God defends Moses (Numbers 12), Elias (2 Kings 1), Eliseus (2 Kings 13).したがって、例えば、神の擁護モーゼス(番号12 ) 、エリアス( 2キングス1 ) 、 eliseus ( 2キングス13 ) 。 Hence the testimony of the man born blind (John 9:30 sqq.) and the official processes in the canonization of saints.それゆえ、男の証言は生まれつき目が見えない(ヨハネ9:30 sqq 。 )との公式のプロセスは、列聖聖者のです。

As benefits either spiritual or temporal.精神的または時間のいずれかとしての利点です。 The temporal favours are always subordinate to spiritual ends, for they are a reward or a pledge of virtue, eg the widow of Sarephta (1 Kings 17), the Three Children in the fiery furnace (Daniel 3), the preservation of Daniel (Daniel 5), the deliverance of St. Peter from prison (Acts 12), of St. Paul from shipwreck (Acts 27).時間的に従属しては、常に精神的な恩恵が終了すると、かれらの約束を取り付けたりすることへの報酬は美徳だが、例の未亡人のsarephta ( 1キングス17 ) 、の3つの子供たちは、燃え盛る炉(ダニエル3 ) 、の保存のダニエル(ダニエル5 ) 、サンピエトロ大聖堂からの救出の刑務所(行為12 ) 、難破船からのセントポール(行為27 ) 。 Thus semeion, ie, "sign", completes the meaning of dynamis, ie, "[Divine] power".したがってsemeion 、すなわち、 "署名"は、ダイナミスの意味が完了して、すなわち、 " [神]パワー"です。 It reveals the miracle as an act of God's supernatural Providence over men.それには、奇跡として、行動しなければ、神の超自然の摂理以上の男性です。 It gives a positive content to teras, ie, "wonder", for, whereas the wonder shows the miracle as a deviation from the ordinary course of nature, the sign gives the purpose of the deviation.これにより、積極的にコンテンツをteras 、すなわち、 "ワンダー"を、奇跡を示していますが、ワンダー、通常のコースとしての自然からの逸脱は、メンバーの目的は、偏移与える。

This analysis shows thatこの分析によると

the miracle is essentially an appeal to knowledge.奇跡は本質的に、知識の訴えを込めて。 Therefore miracles can be distinguished from purely natural occurrences.したがって奇跡の純粋な自然の出現と区別することです。 A miracle is a fact in material creation, and falls under the observation of the senses or comes to us through testimony, like any natural fact.奇跡は、事実を素材の作成、および滝の下になるとの観測や問い合わせの感覚の証言を通じて、任意の自然のような事実です。 Its miraculous character is known:その奇跡の文字が知られ:

from positive knowledge of natural forces, eg, the law of gravity, the law that fire burns.自然の力の知識をより積極的、例えば、重力の法則は、消防法に火傷を起こす。 To say that we do not know all the laws of nature, and therefore cannot know a miracle (Rousseau, "Lett. de la Mont.", let. iii), is beside the question, for it would make the miracle an appeal to ignorance.はないということを言ってやるのすべてのは、自然法則を知って、それゆえの奇跡を知っていることはできません(ルソー、 " lett 。デラモンです。 " 、邪魔まで入る。 iii ) 、第質問の横にあるが、それは奇跡の訴えを込めて作る無知です。 I may not know all the laws of the penal code, but I can know with certainty that in a particular instance a person violates one definite law.私のすべての法律に基づいて知ることができない、刑法の、しかし、私は確信を持って知ってして、特定のインスタンスを1つの明確な法律違反の人です。

From our positive knowledge of the limits of natural forces.私たちの知識をより積極的自然の力の限界をします。 Thus, eg, we may not know the strength of a man, but we do know that he cannot by himself move a mountain.したがって、例えば、私たちの強さを知っていることができない男、私たちは知っている彼は自分自身に移動することはできません。られた山です。 In enlarging our knowledge of natural forces, the progress of science has curtailed their sphere and defined their limits, as in the law of abiogenesis.私たちの知識を自然の力の拡大、科学の進歩と定義されては、削減には限界が球のように、法の自然発生します。 Hence, as soon as we have reason to suspect that any event, however uncommon or rare it appear, may arise from natural causes or be conformable to the usual course of nature, we immediately lose the conviction of its being a miracle.それゆえ、私たちは理由があるとすぐに容疑者が任意のイベントでは、珍しいことしかし珍しいまたは表示され、より自然な原因が発生するかは、いつものコースは自然の言いなりになる、私たちの信念を失うがすぐに奇跡のようだ。 A miracle is a manifestation of God's power; so long as this is not clear, we hould reject it as such.奇跡は、神の力の現れ;これをクリアしない限り、これは、私たちhouldとして拒否するようなことです。

Miracles are signs of God's Providence over men, hence they are of high moral character, simple and obvious in the forces at work, in the circumstances of their working, and in their aim and purpose.奇跡は、神の摂理以上の男性の徴候を、彼らはそれゆえの高い道徳的なキャラクター、シンプルかつ明白な職場での勢力は、自分の作業の状況を、またかれらの狙いと目的です。 Now philosophy indicates the possibility, and Revelation teaches the fact, that spiritual beings, both good and bad, exist, and possess greater power than man possesses.今すぐ哲学の可能性を示す、との啓示教えて実際には、その精神的な生き物は、善と悪の両方に存在しますが、男性よりも大きな権限を保有し、保有します。 Apart from the speculative question as to the native power of these beings, we are certain投機筋の質問は別にネイティブの電源として、これらの生き物を、我々は、特定の

that God alone can perform those effects which are called substantial miracles, eg, raising the dead to life, that miracles performed by the angels, as recorded in the Bible, are always ascribed to God, and Holy Scripture gives Divine authority to no miracles less than Divine; that Holy Scripture shows the power of evil spirits as strictly conditioned, eg, testimony of the Egyptian magicians (Exodus 8:19), the story of Job, evil spirits acknowledging the power of Christ (Matthew 8:31), the express testimony of Christ himself (Matthew 24:24) and of the Apocalypse (Revelation 9:14).これらの効果を実行するだけでは、神が実質的奇跡と呼ばれる、例えば、引き上げは死者を甦らせ、その奇跡によって実行された天使、聖書に記録され、生得的には、常に神となり、神の権限を与える教典少ないの奇跡より神;は教典の力を示して厳密に悪霊を退散させる条件として、例えば、エジプトの手品師の証拠を提出する(出エジプト記第8時19分) 、仕事の話を、イエスキリストの力を認め悪霊を退散させる(マタイ8時31分)は、イエスキリスト自身エクスプレスの証拠を提出する(マタイ24:24 )との黙示録(啓示9:14 ) 。 Granting that these spirits may perform prodigies -- ie, works of skill and ingenuity which, relatively to our powers, may seem to be miraculous -- yet these works lack the meaning and purpose which would stamp them as the language of God to men.スピリッツ年5月に付与して実行するprodigies -すなわち、作品の技と創意工夫が、相対的に私たちの力、奇跡のように思えるかもしれませんが-これらの作品はまだありませんが不足してそれらの意味と目的としての言語には神のスタンプを贈るのです。

II. Ⅱ 。 ERRORSエラー

Deists reject miracles, for they deny the Providence of God.奇跡を拒否deists 、かれらを否定する神の摂理です。 Agnostics also, and Positivists reject them: Comte regarded miracles as the fruit of the theological imagination. agnosticsまた、拒否したり、実証主義:コント考え奇跡の果実としての神学的想像力です。 Modern Pantheism has no place for miracles.現代の奇跡汎神論がない場所です。 Thus Spinoza held creation to be the aspect of the one substance, ie, God, and, as he taught that miracles were a violation of nature, they would therefore be a violation of God.このように作成される開かれたスピノザのアスペクトは、 1つの物質、すなわち、神、そして、彼は教えに違反することは自然の奇跡、かれらはそのために神に違反する。 The answer is, first that Spinoza's conception of God and nature is false and, secondly, that in fact miracles are not a violation of nature.その答えは、最初に神や自然スピノザの概念はfalseと、第二に、それが実際に違反する自然の奇跡はない。 To Hegel creation is the evolutive manifestation of the one Absolute Idea, ie, God, and to the neo-Hegelians (eg, Thos. Green) consciousness is identified with God; therefore to both a miracle has no meaning.ヘーゲルの作成には、進化の現れの1つの絶対的な考え方、すなわち、神となり、ネオをhegelians (例えば、 thos 。緑)の意識が発見神;そのために奇跡がないの両方を意味します。

Erroneous definitions of the supernatural lead to erroneous definitions of the miracle.誤った定義は、超自然の奇跡につながる誤った定義します。 Thusそれ故に

Bushnell defines the natural to be what is necessary, the supernatural to be what is free; therefore the material world is what we call nature, the world of man's life is supernatural.ブッシュネルを定義して自然に何が必要に応じて、超自然的には何が無料;したがって、世界はどのような私たちは自然の素材は、世界の人の人生は超自然的です。 So also Dr. Strong ("Baptist Rev.", vol. I, 1879), Rev. CA Row ("Supernat. in the New Test.", London, 1875).これも先生の強い( "バプテスト派の牧師"第します。私は、 1879 ) 、改訂カリフォルニア行( " supernatですが、新しいテストです。 " 、ロンドン、 1875 ) 。 In this sense every free volition of man is a supernatural act and a miracle.この意味ですべての自由意志の男は、超自然的行為と奇跡のようだ。 The natural supernaturalism proposed by Carlyle, Theodore Parker, Prof. Pfleiderer, and, more recently, Prof. Everett ("The Psychologic Elem. of Relig. Faith", London and New York, 1902), Prof. Bowne ("Immanence of God", Boston and New York, 1905), Hastings ("Diction. of Christ and the Gospels", sv "Miracles").超自然の自然で提案さカーライル、セオドアパーカー教授プフライデラー、および、最近では、教授エベレット( "心理的elem 。のrelig 。信仰" 、ロンドン、ニューヨーク、 1902 ) 、教授bowne ( "神の内在" 、ボストン、ニューヨーク、 1905 ) 、ヘイスティングス( "言葉遣いです。キリストの福音書" 、 sv文書"奇跡" ) 。 Thus the natural and the supernatural are in reality one: the natural is its aspect to man, the supernatural is its aspect to God.したがって、自然と超現実には、 1つ:自然は、人間的側面には、超自然的側面には、神です。 The "Immediate theory", that God acts immediately without second causes, or that second causes, or laws of nature, must be defined as the regular methods of God's acting. "当面の理論"は、すぐに2番目の原因は神の行為、またはその2番目の原因か、または法律の自然、しなければならない、通常のメソッドとして定義されて、神の演技です。 This teaching is combined with the doctrine of evolution.この授業は、組み合わせることで進化論です。 The "relative" theory of miracles is by far the most popular with non-Catholic writers. "相対的"理論の奇跡は、これまでで最も人気の、非カトリック作家です。 This view was originally proposed to hold Christian miracles and at the same time hold belief in the uniformity of nature.このビューは、もともとキリスト教の奇跡を保持する提案すると同時に、均一な自然の信仰を保持します。 Its main forms are three.その主なフォームは、 3つです。

(1) The mechanical view of Babbage (Bridgewater Treatises) ( 1 )の機械的な対象のバベッジ(ブリッジウォーター論文)

In Babbage's view, which was later advanced by the Duke of Argyll (Reign of Law), nature is presented as a vast mechanism wound up in the beginning and containing in itself the capacity to deviate at stated times from its ordinary course.バベッジの見解で、これはその後、高度されたデュークオブアーガイル(法の支配) 、広大な自然のメカニズムとして提示さ傷口にはそれ自体を含む始めとする能力を記載倍からの逸脱は普通のコースです。 The theory is ingenious, but it makes the miracle a natural event.その理論が独創的な、それにより、奇跡の自然なイベントです。 It admits the assumption of opponents of miracles, viz., that physical effects must have physical causes, but this assumption is contradicted by common facts of experience, eg, will acts on matter.それを認めるの仮定は、反対派の奇跡、 viz 。 、物理的な原因が身体的な効果もいる必要がありますが、この仮定は、共通の基本矛盾の経験を、例えば、問題はな行為をする。

(2) The "unknown" law of Spinoza ( 2 ) "不明"の法則スピノザ

Spinoza taught that the term miracle should be understood with reference to the opinions of men, and that it means simply an event which we are unable to explain by other events familiar to our experience.スピノザ奇跡の教えは、用語を理解すべきであるの人々の意見を参照しており、そのことを意味することはできませんが、単にイベントを説明する我々の経験を身近に他のイベントです。 Locke, Kant, Eichhorn, Paulus Renan hold the same view.ロック、カント、アイヒホルン、パウルスルナン同じ見解を保持する。 Thus Prof. Cooper writes "The miracle of one age becomes the ordinary working of nature in the next" ("Ref. Ch. R.", July, 1900).したがって教授の書き込みクーパー"奇跡の1つの年齢が、通常の勤務の自然は、次の" ( "リファレンスです。あなたのです。 r. " 、 7月、 1900 ) 。 Hence a miracle never happened in fact, and is only a name to cover our ignorance.奇跡が起きた決してそれゆえ実際には、とは私たちの無知をカバーするだけの名前です。 Thus Matthew Arnold could claim that all Biblical miracles will disappear with the progress of science (Lit. and Bible) and M. Muller that "the miraculous is reduced to mere seeming" (in Rel., pref., p. 10).マシューアーノルドがこのように主張して聖書の奇跡のすべての科学の進展が表示されなく( lit.と聖書)と男性ミュラーは、 "単なる見せかけの奇跡は減少して" (バージョンです。 、リラックスしてください。 、 p. 10学)です。 The advocates of this theory assume that miracles are an appeal to ignorance.この理論の権利の擁護者と仮定しての訴えを込めて奇跡は無知です。

(3) The "higher law" theory of Argyll of "Unseen Universe" ( 3 ) 、 "より高い法"の理論アーガイルの"目に見えない宇宙"

Trench, Lange (on Matt., p. 153), Gore (Bampton Lect, p. 36) proposed to refute Spinoza's claim that miracles are unnatural and productive of disorder.トレンチ、ランゲ(上マットです。 、 p. 153 ) 、ゴア(バンプトンlect 、 p. 36 )スピノザの主張に異議を唱える提案しては不自然な奇跡と生産性の疾患です。 Thus with them the miracle is quite natural because it takes place in accordance with laws of a higher nature.したがって、それらの奇跡は当然行われるため、高い自然の法則に基づいています。 Others -- eg, Schleiermacher and Ritschl -- mean by higher law, subjective religious feeling.その他-例えば、シュライエルマッハーとリッチュル-意味して高い法では、主観的宗教的な感じです。 Thus, to them a miracle is not different from any other natural event; it becomes a miracle by relation to the religious feeling.したがって、奇跡ではないにして他の異なる自然イベント;ことが奇跡に関連して、宗教的な感じです。 A writer in "The Biblical World" (Oct., 1908) holds that the miracle consists in the religious significance of the natural event in its relation to the religious appreciation as a sign of Divine favour.作家は"聖書の世界" ( 10月、 1908 )を保持して奇跡の構成は、宗教的な意義を自然のイベント、その関連して、宗教的な感謝の印として神の恩恵です。 Others explain higher law as a moral law, or law of the spirit.他の説明として高い道徳律法、あるいは法の精神にします。 Thus the miracles of Christ are understood as illustrations of a higher, grander, more comprehensive law than men had yet known, the incoming of a new life, of higher forces acting according to higher laws as manifestations of the spirit in the higher stages of its development.したがって、イエスキリストの奇跡を理解としては、イラストの高い、 grander 、他の男性よりも包括的な法律はまだ知られ、着信は、新たな命を、演技力の高い高の法律によると、精神症状としては、より高い段階の開発。 The criticism of this theory is that miracles would cease to be miracles: they would not be extraordinary, for they would take place under the same conditions.この理論の批判は、奇跡が中止される奇跡:臨時ようなことはしないが、かれらは同じ条件の下に行われる。 To bring miracles under a law not yet understood is to deny their existence.奇跡をもたらす法の下ではまだ理解され、その存在を否定する。 Thus, when Trench defines a miracle as "an extraordinary event which beholders can reduce to no law with which they are acquainted", the definition includes hypnotism and clairvoyance.したがって、トレンチを定義するときの奇跡"の臨時イベントを減少させることをnoにbeholders法とされている知り合い" 、催眠術や千里眼の定義に含まれています。 If by higher law we mean the high law of God's holiness, then a miracle can be referred to this law, but the higher law in this case is God Himself and the use of the term is apt to create confusion.もし私たちを意味する高さより高い法の法則神の神聖、奇跡を入力し、この法律に関連して、より高い法が、この場合は、自分自身と神という用語の使用を混乱にaptを作成しています。

III. Ⅲ 。 ANTECEDENT IMPROBABILITY先行improbability

The great problem of modern theology is the place and value of miracles.現代神学の大問題は、場所や値の奇跡です。 In the opinion of certain writers, their antecedent improbability, based on the universal reign of law is so great that they are not worthy of serious consideration.は、特定の作家の意見を、彼らの先行improbabilityに基づいて、法の支配の普遍的には非常に大きな価値が真剣に検討されていない。 Thus his conviction of the uniformity of nature led Hume to deny testimony for miracles in general, as it led Baur, Strauss, and Renan to explain the miracles of Christ on natural grounds.このように彼の有罪判決は、自然の均一性を否定する証言を主導ヒュームの奇跡一般的には、バウアーにつながったとして、シュトラウス、ルナンを説明すると、イエスキリストの奇跡を根拠に自然です。 The fundamental principle is that whatever happens is natural, and what is not natural does not happen.の基本的な原理は、どんなことが起こっては、当然、およびどのように起こりはしませんが自然ではない。 On belief in the uniformity of nature is based the profound conviction of the organic unity of the universe, a characteristic trait of nineteenth-century thought.上の信念は、自然の均一性の有罪判決を基に、深遠な宇宙の有機的統一のは、 19世紀の特徴は思いました。 It has dominated a certain school of literature, and, with George Eliot, Hall Came, and Thomas Hardy, the natural agencies of heredity, environment, and necessary law rule the world of human life.支配ことが、特定の学校の文学、および、ジョージエリオット、ホールがやって来て、トマスハーディ、遺伝機関の自然、環境、および必要な法律の世界を支配する人間の生活です。 It is the basic principle in modern treatises on sociology.これは現代の論文の基本的な原理を社会学です。

Its chief exponent is science philosophy, a continuation of the Deism of the eighteenth century without the idea of God, and the view herein presented, of an evolving universe working out its own destiny under the rigid sway of inherent natural laws, finds but a thin disguise in the Pantheistic conception, so prevalent among non-Catholic theologians, of an immanent God, who is the active ground of the world-development according to natural law -- ie, Monism of mind or will.そのチーフ指数は、科学哲学、理神の継続を、 18世紀なしのアイデアの神となり、ここに提示する対象は、宇宙の進化の下にワークアウト、独自の運命を左右の硬直化した固有の自然法則は、検出さではなく、薄い変装は、汎神論の概念、これ以外のカトリック神学者間で流行して、神の内在、 whoは、アクティブな地盤のは世界的に開発によると、自然の法則-すなわち、一元論は心のか。 This belief is the gulf between the old and the modern school of theology.この信念は、湾岸の間に古いものと現代の学校の神学です。 Max Muller finds the kernel of the modern conception of the world in the idea that "there is a law and order in everything, and that an unbroken chain of causes and effects holds the whole universe together" ("Anthrop. Relig.", pref., p. 10).マックスミュラー見つかったのカーネルは、現代の世界での構想を立てるという考えを"法と秩序には、何事においても、その効果の切れ目のない鎖の原因と一緒に宇宙全体を保持して" ( " anthrop 。 relig 。 " 、県です。 、 p. 10学)です。 Throughout the universe there is a mechanism of nature and of human life, presenting a necessary chain, or sequence, of cause and effect, which is not, and cannot be, broken by an interference from without, as is assumed in the case of a miracle.宇宙全体のメカニズムには、自然と人間の生命、提示に必要なホテルチェーン、またはシーケンスは、原因と結果を、ではない、とすることはできませんが、壊れてからの干渉なしに、現状のままと仮定した場合は、奇跡です。 This view is the ground of modern objections to Christianity, the source of modern scepticism, and the reason for a prevailing disposition among Christian thinkers to deny miracles a place in Christian evidences and to base the proof for Christianity on internal evidences alone.このビューは、地上のモダンな異議申し立てをキリスト教に、現代のソースをscepticism 、との理由をキリスト教思想家のうち優勢な処分する場所がキリスト教の奇跡を否定する証拠と証拠に基づいて、キリスト教を内部証拠だけです。

Criticism批判

(1) This view ultimately rests upon the assumption that the material universe alone exists. ( 1 )このビューを表示すると仮定して最終的に休息時の素材だけで宇宙に存在します。 It is refuted:これは反論:

by proving that in man there is a spiritual soul totally distinct from organic and inorganic existence, and that this soul reveals an intellectual and moral order totally distinct from the physical order; by inferring the existence of God from the phenomena of the intellectual, the moral, and the physical order.男を証明して精神的な魂には、有機無機から完全に別個の存在、と明らかにして知的と道徳的な魂のために完全に別個の物理的な注文から;され、神の存在を推察する現象から、知的、道徳的、との物理的な注文です。

(2) This view is also based on an erroneous meaning of the term nature. ( 2 )このビューを基にしてもその単語の意味を誤った自然です。 Kant made a distinction between the noumenon and the phenomenon of a thing, he denied that we can know the noumenon, ie, the thing in itself; all we know is the phenomenon, ie, the appearance of the thing.カントは、本体との間の区別の現象のこと、彼は否定して本体を知っていること、すなわち、自分自身のことをすべて知っては、私たちの現象、すなわち、外観のことです。 This distinction has profoundly influenced modern thought.この区別は近代思想に深く影響を受けた。 As a Transcendental Idealist, Kant denied that we know the real phenomenon; to him only the ideal appearance is the object of the mind.超越論的な理想主義者として、カント否定して私たちを知っている実質的現象;を彼は、理想的な外観は、オブジェクトの心です。 Thus knowledge is a succession of ideal appearances, and a miracle would be an interruption of that succession.そのための知識は、後継者の理想的な外見をし、奇跡の中断は、その後継者です。 Others, ie, the Sense-School (Hume, Mill, Bain, Spencer, and others), teach that, while we cannot know the substance or essences of things, we can and do grasp the real phenomena.その他、すなわち、という意味-学校(ヒューム、ミル、ベイン、スペンサー、およびその他) 、教えること、知っていることはできない物質やエッセンスのことを、私たちにできることと把握し、実際の現象です。 To them the world is a phenomenal world and is a pure coexistence and succession of phenomena, the antecedent determines the consequent.して、世界は、驚異的世界との共存を承継は、純粋な現象は、先行詞を決定します。帰結です。 In this view a miracle would be an unexplained break in the (so-called) invariable law of sequence, on which law Mill based his Logic.このビューを表示するには、原因不明の休憩奇跡は、 (いわゆる)不変の法則のシーケンスは、法律上でミルベースの彼のロジックです。 Now we reply that the real meaning of the word nature includes both the phenomenon and the noumenon.今すぐ私たちの返信は、自然という言葉の本当の意味の両方の現象と本体が含まれています。 We have the idea of substance with an objective content.我々は考えを客観的物質を含有量です。 In reality the progress of science consists in the observation of, and experimentation upon, things with a view to find out their properties or potencies, which in turn enable us to know the physical essences of the various substances.現実には科学の進歩は、観察し、実験時、物事を見ることを確認するには、そのプロパティやpotencies 、それが有効に問い合わせを知って、様々な物質の物理的なエッセンスです。

(3) Through the erroneous conception of nature, the principle of causality is confounded with the law of the uniformity of nature. ( 3 )を通じて自然の誤った概念は、因果関係の原則を混乱には、均一の自然の法則です。 But they are absolutely different things.しかし、彼らは確実に違うことです。 The former is a primary conviction which has its source in our inner consciousness.前者は、プライマリの有罪判決を内側には、ソースに私たちの意識です。 The latter is an induction based upon a long and careful observation of facts: it is not a self-evident truth, nor is it a universal and necessary principle, as Mill himself has shown (Logic, IV, xxi).後者は帰納法に基づいて、長い、注意深い観察の事実:それは自明の理ではない、普遍的かつ必要もなければ、原則として、自分自身がブランドとしてミル(ロジック、四、 xxi ) 。 In fact uniformity of nature is the result of the principle of causation.実際に自然の均一性の原則には、因果関係の結果です。

(4) The main contention, that the uniformity of nature rules miracles out of consideration, because they would imply a break in the uniformity and a violation of natural law, is not true. ( 4 )の主な競合は、自然のルールは、奇跡の均一性を考慮するため、彼らは休憩は、均一性を意味する自然の法則に違反すると、は事実ではない。 The laws of nature are the observed modes or processes in which natural forces act.自然の法則には、自然観察のモードでは軍の行動やプロセスです。 These forces are the properties or potencies of the essences of natural things.これらのプロパティやpotencies軍は、エッセンスの天然ものです。 Our experience of causation is not the experience of a mere sequence but of a sequence due to the necessary operation of essences viewed as principles or sources of action.我々の経験の因果関係ではないの経験を、単なるシーケンスしかし、シーケンスのために運用するために必要なエッセンスを閲覧または情報源としての行動原則です。

Now essences are necessarily what they are and unchangeable, therefore their properties, or potencies, or forces, under given circumstances, act in the same way.今すぐ、彼らはどのようなエッセンスが必ずしも不変、したがって、そのプロパティ、またはpotenciesか、または軍は、与えられた状況の下、法と同じ方法です。 On this, Scholastic philosophy bases the truth that nature is uniform in its action, yet holds that constancy of succession is not an absolute law for the succession is only constant so long as the noumenal relations remain the same.これを背景に、自然の真理をスコラ哲学基地の制服、そのアクションは、まだありませんの恒常性の後継者によるとということではないの後継者の絶対的な法の定数は実体の関係が続く限りは同じ状態のままです。 Thus Scholastic philosophy, in defending miracles, accepts the universal reign of law in this sense, and its teaching is in absolute accord with the methods actually pursued by modern science in scientific investigations.したがってスコラ哲学は、前回の奇跡は、法の支配普遍的に受け入れていくその意味では、とその指導は、絶対的な協定にする方法を、実際に現代科学の科学的な捜査に追われています。 Hence it teaches the order of nature and the reign of law, and openly declares that, if there were no order, there would be no miracle.それゆえに自然との順序を教えて、法の支配、と公然と宣言して、注文がない場合、奇跡れることがなくなる。

It is significant that the Bible appeals constantly to the reign of law in nature, while it attests the actual occurrence of miracles.聖書の控訴は、重要なことは絶えず自然の法の支配して、中には奇跡attests 、実際の出来事です。 Now human will, in acting on material forces, interferes with the regular sequences, but does not paralyze the natural forces or destroy their innate tendency to act in a uniform manner.今すぐ人間の意志は、強制的に作用する物質、干渉は、通常のおシーケンスは、自然の力を麻痺させることはできませんが生得的な傾向を破壊する行為、または同様の形で。 Thus a boy, by throwing a stone into the air, does not disarrange the order of nature or do away with the law of gravity.このように、少年は、石を空中に投げて、自然の順序を乱すはありませんか、重力の法則を廃止する。 A new force only is brought in and counteracts the tendencies of the natural forces, just as the natural forces interact and counteract among themselves, as is shown in the well-known truths of the parallelogram of forces and the distinction between kinetic and potential energy.新しい力のcounteractsのみが持ち込まれると、自然の力の傾向と同様、軍の自然の間の対話と対抗し、表示されるにはよく知られて、力の平行四辺形の真理との区別は、運動とポテンシャルエネルギーです。 The analogy from man's act to God's act is complete as far as concerns a break in the uniformity of nature or a violation of its laws.男の行動からの類推法を神の懸念が完了する限りでは、均一の自然の休憩または法令に違反するのです。 The extent of the power exerted does not affect the point at issue.の力の範囲を行使に影響を及ぼす問題点はありません。 Hence physical nature is presented as a system of physical causes producing uniform results, and yet permits the interposition of personal agency without affecting its stability.それゆえ物理的な性質として提示さが原因で生産するシステムの物理的な制服結果、および個人代理店はまだありません介入を使用すると、その安定性に影響を与えずにします。

(5) The truth of this position is so manifest that Mill admits Hume's argument against miracles to be valid only on the supposition that God does not exist for, he says, "a miracle is a new effect supposed to be produced by the introduction of a new cause . . . of the adequacy of that cause, if present, there can be no doubt" (Logic, III, xxv). ( 5 )の真実性をこのポジションは非常にマニフェストが認めミルヒュームの引数の奇跡を有効にすると仮定して、神のみが存在しないため、彼の言う、 "奇跡は、新しい効果を導入することによって引き起こされる新たな原因。 。 。 。 。は、妥当性、その原因は、存在する場合、疑いの余地はない" (ロジック、 3世、 25 ) 。 Hence, admitting the existence of God, Hume's "uniform sequence" does not hold as an objection to miracles.それゆえ、神の存在を認め、ヒュームの"統一シーケンス"として保持されない奇跡に異議をします。 Huxley also denies that physicists withhold belief in miracles because miracles are in violation of natural laws and he rejects the whole of this line of argument ("Some Controverted questions", 209; "Life of Hume", 132), and holds that a miracle is a question of evidence pure and simple.ハクスリーも奇跡の信仰を否定することを差し控える物理学者に違反するため、奇跡は、自然法則と彼は、次の行全体を拒否するの引数( "いくつかのcontroverted質問" 、 209 ; "生活のヒューム" 、 132 ) 、および保持しての奇跡質問の証拠は、純粋で単純です。 Hence the objection to miracles on the ground of their antecedent improbability has been abandoned.それゆえ、異議申立を地面に奇跡を先行されimprobability放棄します。 "The Biblical World" (Oct., 1908) says "The old rigid system of 'Laws of Nature' is being broken up by modern science. There are many events which scientists recognize to be inexplicable by any known law. But this inability to furnish a scientific explanation is no reason for denying the existence of any event, if it is adequately attested. Thus the old a priori argument against miracles is gone." "聖書の世界" ( 10月、 1908 )は言う"昔の硬直化したシステムの'は、自然法則を'現代科学が壊れてアップされています。には多くのイベントが認識される不可解な科学者によって任意の既知の法則です。しかし、これができないこと科学的な説明を提出する理由はない任意のイベントの存在を否定している場合、それが十分に証言します。したがって、旧奇跡先験的な反対論が切れてしまった。 " Thus in modern thought the question of the miracle is simply a question of fact.したがって、現代思想の問題を、奇跡の問題は、単に事実です。

IV. Ⅳ 。 PLACE AND VALUE OF MIRACLES IN THE CHRISTIAN VIEW OF THE WORLD場所と値の奇跡では、キリスト教の世界観

As the great objection to miracles really rests on narrow and false philosophical views of the universe, so the true world-view is necessary to grasp their place and value.本当に偉大な奇跡として異議を哲学的に依拠狭いとfalse宇宙の再生回数のための真の世界観が必要な場所とその値を把握する。

Christianity teaches that God created and governs the world.キリスト教の教えを作成し、支配する神の世界です。 This government is His Providence.この政府は、彼のプロビデンスです。 It is shown in the delicate adjustment and subordination of the tendencies proper to material things, resulting in the marvellous stability and harmony which prevail throughout the physical creation, and in the moral order, which through conscience, is to guide and control the tendencies of man's nature to a complete harmony in human life.ことが示されている微妙な調整や従属は、適切な傾向の素材のもの、その結果、調和が素晴らしいと安定性を実現して物理的な創作を説得し、道徳的なため、これを通じて良心は、制御する傾向をガイドとの男の自然の人間の生活が完全に調和しています。 Man is a personal being, with intelligence and free-will, capable of knowing and serving God, and created for that purpose.男は、個人的に、知性と自由意志で、神の能力を知ると検索、および作成することができます。 To him nature is the book of God's work revealing the Creator through the design visible in the material order and through conscience, the voice of the moral order based in the very constitution of his own being.自然に彼の仕事は、予約の神の創造を通じて明らかにされている資料のデザインに見えるを通じて秩序と良心の声を、道徳的な秩序を拠点に、彼自身が非常に憲法のです。 Hence the relation of man to God is a personal one.それゆえに神は、人間の関係を個人的な1つです。 God's Providence is not confined to the revelation of Himself through His works.プロビデンス、神の啓示に限局しているのではない彼の作品を通して自分自身です。 He has manifested Himself in a supernatural manner throwing a flood of light on the relations which should exist between man and Himself.彼は超自然的な態度を明らかに自分自身での洪水の中に光を投げるの関係では、男と自分の間に存在します。 The Bible contains this revelation, and is called the Book of God's Word.この聖書の啓示が含まれ、その本のと呼ばれる神の言葉です。 It gives the record of God's supernatural Providence leading up to the Redemption and the founding of the Christian Church.これにより、超自然の記録を神の摂理に至るまでの償還とは、キリスト教の教会の創設にします。 Here we are told that beyond the sphere of nature there is another realm of existence -- the supernatural, peopled by spiritual beings and departed souls.ここでは我々は自然の球を超えて別の領域には存在する-の超自然的、精神的な存在とディパーテッドに誰かが住んでいます。 Both spheres, the natural and the supernatural, are under the overruling Providence of God.両方の分野では、超自然とは、神の摂理の下にoverrulingです。 Thus God and man are two great facts.このように、神と人間には2つの大きな事実です。 The relation of the soul to its Maker is religion.の関係は、そのメーカーは宗教に魂をします。

Religion is the knowledge, love, and service of God; its expression is called worship, and the essence of worship is prayer.宗教は、知識、愛、およびサービスの神;その表現と呼ば崇拝し、礼拝堂は祈りの本質です。 Thus between man and God there is constant intercourse, and in God's Providence the appointed means of this intercourse is prayer.このように、神には定数の間に男と性交し、神の摂理の任命は、次の性交は、祈りを意味します。 By prayer man speaks to God in acts of faith, hope, love, and contrition and implores His aid.祈りの男を話す行為で神を信仰し、希望を、愛、 implores痛恨と彼の援助します。 In answer to prayer God acts on the soul by His grace and, in special circumstances, by working miracles.祈りに答えて、神の魂な行為をする彼の恵みとは、特別の事情、作業奇跡です。 Hence the great fact of prayer, as the connecting link of man to God, implies a constant interference of God in the life of man.それゆえ偉大な事実を祈り、神への接続に男のリンクを、意味を干渉神の定数は、生活の男です。 Therefore in the Christian view of the world, miracles have a place and a meaning.そのためには、キリスト教の世界観が、奇跡の意味を持っているとします。 They arise out of the personal relation between God and man.彼らの間に発生する、神と人間の個人的な関係です。 The conviction that the pure of heart are pleasing to God, in some mysterious way, is worldwide; even among the heathens pure offerings only are prepared for the sacrifice.という信念に基づいて、純粋な心を神は喜ばせる、いくつかの神秘的な方法は、ワールドワイド;もheathens間の純粋な提供のみのいけにえの準備をします。

This intimate sense of God's presence may account for the universal tendency to refer all striking phenomena to supernatural causes.この親密な神の存在感のアカウントを5月の普遍的な傾向を参照するすべての超自然現象が原因で目を見張る。 Error and exaggeration do not change the nature of the belief founded in the abiding conviction of the Providence of God.エラーが発生していないの性質を変えて言っても過言という信念に設立されたのは、神の摂理確信します。 To this belief St. Paul appealed in his discourse to the Athenians (Acts 17).聖パウロの信念を訴え、この彼の談話をアテネ(行為17 ) 。 In the miracle, therefore, God subordinates physical nature to a higher purpose, and this higher purpose is identical with the highest moral aims of existence.は、ミラクル、したがって、神の部下の物理的な性質をより高い目的のために、この崇高な目的は同じで、最高の道徳的な存在を目指しています。 The mechanical view of the world is in harmony with the teleological, and when purpose exists, no event is isolated or unmeaning.機械的な世界観と調和して目的論は、目的が存在するとき、またはうつろなイベントが孤立した。 Man is created for God, and a miracle is the proof and pledge of His supernatural Providence.人間は神の作成、および証明奇跡は、彼の超自然の摂理との約束を取り付けています。 Hence we can understand how, in devout minds, there is even a presumption for and an expectation of miracles.それゆえ私たちが理解できる方法については、敬けんな心では、推定でさえ奇跡と期待しています。 They show the subordination of the lower world to the higher, they are the breaking in of the higher world on the lower ("C. Gent.", III, xcviii, xcix; Benedict XIV, 1,c,1,IV,plcI).彼らの詳細は下の世界を従属高く、彼らは、破壊さを世界に向けての下が高い( " c.ゲントです。 " 、 3 、 98 、 99 ;ベネディクト14世は、 1や、 C 、 1 、 4 、 plci ) 。

Some writers -- eg, Paley, Mansel, Mozley, Dr. George Fisher -- push the Christian view to the extreme, and say that miracles are necessary to attest revelation.いくつかの作家-例えば、ペーリー、マンセル、 m ozley、ドクタージョージフィッシャー-プッシュは、キリスト教の表示をしている、と言うことを証明する必要が奇跡の啓示です。 Catholic theologians, however, take a broader view.カトリック神学者、しかし、より広範な対象を取る。 They hold彼らホールド

that the great primary ends of miracles are the manifestation of God's glory and the good of men; that the particular or secondary ends, subordinate to the former, are to confirm the truth of a mission or a doctrine of faith or morals, to attest the sanctity of God's servants, to confer benefits and vindicate Divine justice.その偉大な一次エンドの奇跡は、神の栄光の現れと良いの男性;は、特定のサーバーまたはセカンダリが終了すると、前者に従属し、真実であることを確認するには、ミッションや教義を信仰や道徳を証明する神の召使の神聖さを、神の裁きを授与する利点と正当性を立証する。

Hence they teach that the attestation of Revelation is not the primary end of the miracle, but its main secondary end, though not the only one.したがって彼らは、認証を教えるの啓示ではないのプライマリ最後に奇跡が、その主な二次エンドの1つだけではありません。

They say that the miracles of Christ were not necessary but "most fitting and altogether in accord with His mission" (decentissimum et maximopere conveniens) -- Benedict XIV, IV, p.かれらは言うのは、イエスキリストが奇跡は必要ありませんが、 "最もふさわしいとの合意を完全に自分の使命" ( decentissimum et maximopere conveniens ) -ベネディクト1 4世、 4世、 p . 1, c. 1 、 c. 2, n. 2 、名 3; ST III:43) as a means to attest its truth. 3 ;セント3世: 43 )を証明する手段として、その真理です。 At the same time they place miracles among the strongest and most certain evidences of Divine revelation.同じ時間と場所は、奇跡の中で最も特定の証拠の最も強力な神の啓示です。

Yet they teach that, as evidences, miracles have not a physical force, ie, absolutely compelling assent, but only a moral force, ie they do no violence to free will, though their appeal to the assent is of the strongest kind.だがかれらを教えることは、証拠として、奇跡がない物理的な力は、すなわち、確実に説得力の同意を、道義的な力にすぎないことを、つまり彼らに暴力を無料ではないが、かれらの同意が国会を解散して最強のようです。 That, as evidences, they are not wrought to show the internal truth of the doctrines, but only to give manifest reasons why we should accept the doctrines.が、証拠として、鍛造されていない内部の真理を表示するには、教説は、マニフェストを与えるだけの理由がしなければならないの教説を受け入れる。 Hence the distinction: not evidenter vera, but evidenter credibilia.それゆえの区別:特定evidenterベラ、しかしevidenter credibiliaです。 For the Revelation, which miracles attest, contains supernatural doctrines above the comprehension of the mind and positive institutions in God's supernatural Providence over men.は、啓示、奇跡の証言で、超自然的教説の上に理解が含まれ、心と肯定的機関では、神の超自然の摂理以上の男性です。 Thus the opinion of Locke, Trench, Mill, Mozley, and Cox, that the doctrine proves the miracle not the miracle the doctrine, is not true.したがって、ロックの意見を、トレンチ、ミル、 mozley 、およびコックス、教義を証明していないの奇跡の奇跡の教義ではない真のです。

Finally, they maintain that the miracles of Scripture and the power in the Church of working miracles are of Divine faith, not, however the miracles of church history themselves.最後に、彼らの奇跡を維持して啓典と作業のパワーは、教会の奇跡は神の信仰ではなく、しかし、奇跡の教会の歴史そのものです。 Hence they teach that the former are both evidences of faith and objects of faith, that the latter are evidences of the purpose for which they are wrought, not, however, objects of Divine faith.したがって彼らはいずれも証拠を教えるのは、元のオブジェクトを信じる信仰と、それが証拠に、後者の目的をされている鍛造ではなく、しかし、神の信仰のオブジェクトのです。 Hence this teaching guards against the other exaggerated view recently proposed by non-Catholic writers, who hold that miracles are now considered not as evidences but as objects of faith.それゆえ、この警備員に対する教育、他の誇張された非カトリック教徒で提案さビュー最近作家、 whoホールド奇跡は、今すぐにでも証拠として見なさ特定のオブジェクトを信仰します。

V. TESTIMONY v.証言

A miracle, like any natural event, is known either from personal observation or from the testimony of others.奇跡のような任意の自然のイベントでは、個人的な観測からは、既知のいずれかまたはその他の証拠を提出するからです。 In the miracle we have the fact itself as an external occurrence and its miraculous character.奇跡は、事実それ自体として我々は、外付けの発生とその奇跡の文字です。 The miraculous character of the fact consists in this: that its nature and the surrounding circumstances are of such a kind that we are forced to admit natural forces alone could not have produced it, and the only rational explanation is to be had in the interference of Divine agency.奇跡の文字を構成するという事実があります:それは自然と周囲の状況がこのような種類を認めざるを強制することはできませんでしたが自然の力だけで生産し、合理的な説明だけでは、干渉されるのは神の代理店です。 The perception of its miraculous character is a rational act of the mind, and is simply the application of the principle of causality with the methods of induction.奇跡の文字の認識の心は、合理的な行為とは、単にアプリケーションの因果関係の原則を誘導する方法です。 The general rules governing the acceptance of testimony apply to miracles as to other facts of history.全般のルールを支配するの受け入れを他の証言として適用される歴史的事実を奇跡です。 If we have certain evidence for the fact, we are bound to accept it.特定の証拠があれば、実際には、我々は受け入れることにバインドされています。 The evidence for miracles, as for historical facts in general, depends on the knowledge and veracity of the narrators, ie, they who testify to the occurrence of the events must know what they tell and tell the truth.奇跡の証拠を、歴史的事実としては一般的には、信ぴょう性に依存しての知識と、 narrators 、すなわち、彼らwho証言して、イベントの発生を知る必要があります彼らは本当のことを言うとします。 The extraordinary nature of the miracle requires more complete and accurate investigation.臨時の性質の奇跡の他の完全かつ正確な調査が必要です。 Such testimony we are not free to reject; otherwise we must deny all history whatsoever.このような証言を拒否する私たちは無料、それ以外のすべての歴史を否定しなければならないものとします。 We have no more rational warrant for rejecting miracles than for rejecting accounts of stellar eclipses.行っておらず、他の合理的令状を拒否奇跡の恒星よりもeclipsisの複数のアカウントを拒否します。 Hence, they who deny miracles have concentrated their efforts with the purpose of destroying the historical evidence for all miracles whatsoever and especially the evidence for the miracles of the Gospel.したがって、彼らの奇跡whoを否定する彼らの取り組みに集中することを目的として、歴史的証拠のすべての奇跡を破壊して、特に何の証拠は、奇跡の福音です。

Hume held that no testimony could prove miracles, for it is more probable that the testimony is false than that the miracles are true.ヒューム行われた証言が証明することは絶対にありません奇跡は、これは他の予想は、証言がfalseに比べて、奇跡に該当します。 Butしかし

his contention that "a uniform experience", which is "a direct and full proof", is against miracles, is denied by Mill, provided an adequate cause -- ie, God -- exists.彼の主張だ。 "制服体験" 、これは"直接の証拠とフル" 、反対の奇跡は、ミルが拒否され、提供する十分な原因-すなわち、神-が存在します。

Hume's "experience" may mean: (a) the experience of the individual, and his argument is made absurd (eg, historic doubts about Napoleon) or (b) the experience of the race, which has become common property and the type of what may be expected.ヒュームの"体験"を意味があります: ( a )は、個々の経験を、と彼のばかげた議論が行われる(例えば、歴史的な疑問を抱いナポレオン)または( b )のレースの経験を、共通の財産になったとのタイプをどのような5月が見込まれること。 Now in fact we get this by testimony; many supernatural facts are part of this race experience; this supernatural part Hume prejudges, arbitrarily declares it untrue, which is the point to be proved and assumes that miraculous is synonymous with absurd.今すぐ入手するには、実際に私たちの証言;超自然的事実は多くの部分は、次のレースの経験;この超ヒュームprejudges部分は、任意の宣言が真実ではない、これは、をポイントしては奇跡的であることが立証と同義と不条理を前提としています。 The past, so expurgated, is made the test of the future, and should prevent the consistent advocates of Hume from accepting the discoveries of science.編集して項目をので、削除修正は、テストは、将来的には、権利の擁護者とは整合性を防止するヒュームの受入れの発見から科学します。

Hard-pressed, Hume is forced to make the distinction between testimony contrary to experience and testimony not conformable to experience, and holds that the latter may be accepted -- eg, testimony of ice to the Indian prince.ハード-押されると、ヒュームが強制的に証言を区別するの証言に反していないの経験と整合を体験し、後者によるとということがあります可-例えば、氷の証拠を提出してインドの王子です。 But this admission is fatal to his position.しかし、この入場料は致命的に自分の立場です。

Hume proceeds on the supposition that, for practical purposes, all the laws of nature are known, yet experience shows that this is not true.ヒューム収入と仮定して、実用的な目的のため、すべての法律に基づいて自然のことが知られ、まだ経験によるとこれは事実ではない。

His whole argument rests upon the rejected philosophical principle that external experience is the sole source of knowledge, rests upon the discredited basis that miracles are opposed to the uniformity of nature as violations of natural laws and was advanced through prejudice against Christianity.彼の全体の引数休符哲学的原理を拒否された時、外付けの唯一のソースの知識経験は、休符が奇跡的に信用するのは自然に反対して均一に違反したとして自然法則とは、高度なを通してキリスト教に対する偏見です。 Hence later sceptics have receded from Hume's extreme position and teach, not that miracles cannot be proved, but that as a matter of fact they are not proved.それゆえへヒュームの懐疑的な人たちが極端な位置から後退したと教えるではなく、その奇跡を証明することはできませんが、その事実として立証されていない。

The attack by Hume on miracles in general has been applied to the miracles of the Bible, and has received added weight from the denial of Divine inspiration.ヒュームの攻撃を受けて、一般的に奇跡が適用された聖書の奇跡をして、追加の重量とは、受信拒否の神からのインスピレーションです。 Varying in form, its basic principle is the same, viz., the humanism of the Renaissance applied to theology.さまざまな形で、その基本的な原理は同じ、 viz 。 、ルネッサンスのヒューマニズムの神学に適用されます。 Thus we have:このようにわれは:

(1) The interpretation theory ( 1 )の解釈理論

The old rationalism of Semler Eichhorn, de Wette, and Paulus, who held the credibility of the Bible records, but contended that they were a collection of writings composed by natural intelligence alone, and to be treated on the same plane with other natural productions of the human mind.旧合理主義のゼムラーアイヒホルン、デwette 、およびパウルス、 who開かれた聖書の信頼性を記録によりますと、しかし、に対しのコレクションを記述していた自然知能だけで構成される、と同一平面上に扱われることを、他の自然プロダクションの人間の精神のです。 They got rid of the supernatural by a bold interpretation of miracles as purely natural facts.彼らは処分され、超自然的奇跡の大胆な解釈を事実として純粋な自然です。 This is called the "interpretation" theory, and appears today under two forms: Modified rationalism, which teaches that we are warranted in accepting a very considerable portion of the Gospel narratives as substantially historical, without being compelled to believe in any miracles.これはと呼ばれる"解釈"理論的には、今日とされて2つのフォームが表示されたら:更新合理、保証さを教えることは非常にかなりの部分を受け入れるの福音物語として実質的、歴史的、している任意の奇跡を信じるせざるを得ない。 Hence they give credence to the accounts of the demoniacs and healings, but allege that these wonders were wrought by, or in accordance with, natural law.それゆえに信憑性を与えると治癒のアカウントをdemoniacsが、主張は、これらの驚異がもたらされたか、またはに応じて、自然の法則です。 Thus we have the electric theory of M. Corelli, the appeal to "moral therapeutics" by Matthew Arnold, and the psychological theory advanced by Prof. Bousset of Gottingen, in which he claims that Christ performed miracles by natural mental powers of a superior kind (cf. "N. World", March 1896).こうして私たちは、電気理論の男性コレッリは、上訴を"道徳的治療"をマシューアーノルド、心理的な理論と高度な教授ゲッティンゲンboussetのではと主張し彼はイエスキリストの奇跡を自然の精神的な力を演じ、優れた種( cf. "名世界" 、 1896年3月) 。 But the attempt to explain the miracles of the Gospel either by the natural powers of Christ, ie, mental or moral superiority, or by peculiar states of the recipient, faith cure, and allied psychic phenomena, is arbitrary and not true to facts.しかし、奇跡の試みを説明して、自然の力の福音キリストのいずれかを、すなわち、精神的または道徳的優位性、または特異な状態は、受信者は、信仰の治療法、および連合心霊現象は、任意のではなく、 trueを事実です。 In many of the miracles faith is not required, and is in fact absent this is shown, in the miracles of power, by the expressed fear of the Apostles, eg, at Christ stilling the tempest (Mark 4:40), at Christ on the waters (Mark 6:51), at the draught of fishes (Luke 5:8), and in the miracles of expelling demons.奇跡の多くは、信仰には必須ではありませんし、実際にはこの不在が表示され、奇跡は、電力、使徒への恐怖を表明される、例えば、イエスキリストシュティリングザテンペスト(マーク4:40 )は、イエスキリストを人のために尽くす(マーク6:51 ) 、通風のは、魚(ルーク5時08分) 、とは、悪魔の奇跡を射出します。 In some miracles Christ requires faith, but the faith is not the cause of the miracle, only the condition of His exercising the power.必要ないくつかの奇跡イエスキリストの信仰は、信仰ではないが、奇跡の原因を、彼の行使の条件のみの電源です。

Others, like Holstein, Renan, and Huxley, follow de Wette, who explains the miracles as the emotional interpretation of commonplace events.その他、のようなホルスタイン、ルナン、とハクスリーは、次デwette 、 who説明して奇跡のイベントとして当たり前の感情の解釈です。 They claim that the facts which occurred were substantially historical, but in the narrating were covered over with the interpretations of the writers.彼らと主張している事実が実質的に発生した歴史的な、しかし、語りとの解釈を覆い隠された作家です。 Hence, they say that, in studying the Gospels, we must distinguish between the facts as they actually took place and the subjective emotions of those who witnessed them, their strong excitement, tendency to exaggeration, and vivid imagination.それゆえ、かれらは言うが、福音書を検討して、事実として区別しなければならない彼らは実際に行われたとそれらの主観的な感情who目撃して、彼らの強力な興奮、傾向を言っても過言し、鮮やかな想像力です。 Thus they appeal not to the "fallacies of testimony" so much as to the "fallacies of the senses".したがって、控訴しないように、 "誤りの証言"ほどでは、 "誤りの感覚を"です。 But this attempt to transform the Apostles into nervous visionaries cannot be held by an unbiased mind.しかし、この試みを変換する神経の使徒を夢想することはできません。先入観のない心で開かれる。 St. Peter clearly distinguished between a vision (Acts 10:17) and a reality (Acts 12), and St. Paul mentions two cases of visions (Acts 22:17; 2 Corinthians 12), the latter by way of contrast with his ordinary missionary life of labours and sufferings (2 Corinthians 11).サンピエトロ大聖堂の間でのビジョンを明確に識別(行為10:17 )と現実( 12行為) 、および聖パウロのビジョン言及2例(行為22:17 ; 2コリンチャンス12 ) 、後者は対照的に彼の方法普通の宣教師の生活と労働の苦しみ( 2コリンチャンス11 ) 。 Renan even goes so far as to present the glaring inconsistency of a Christ remarkable, as he says, for moral beauty of life and doctrine, who nevertheless is guilty of conscious deception, as, eg, in the make-believe raising of Lazarus.ルナンがこれまでのところとしても明白な矛盾を提示し、イエスキリスト注目すべき、と彼は言います、人生の美しさと道徳的な教義、 who有罪を宣告したにもかかわらず意識はごまかし、として、例えば、偽りの引き上げは、ラザロです。 This teaching is in reality a denial of testimony.この授業は、実際に証言を拒否します。 The miracles of Christ must be taken as a whole; and in the Gospel setting where they are presented as a part of his teaching and his life.イエスキリストの奇跡を、全体としてしなければならない;と福音の設定で、それがどこに提示彼の授業の一環として、彼の人生とします。 On the ground of evidence there is no reason to make a distinction among them or to interpret them so that they become other than they are.地面の上の証拠を作る理由は全くないとを区別したり、それらを解釈するようになっている以外のです。 The real reason is prejudgment on false philosophical grounds with a view to get rid of the supernatural element.本当の理由は予断を哲学的な根拠が虚偽の表示をなくす、超自然的要素を作成します。 In fact the conjectures and hypotheses proposed are far more improbable than the miracles themselves.実際には推測、仮説の提案は、奇跡そのものよりもはるかにありそうにないです。 Again, how thus explain the great miracle that the hero of a baseless legend, the impotent and deceitful Christ, could be come the founder of the Christian Church and of Christian civilization?繰り返しますが、このように説明して素晴らしい奇跡の方法については、英雄伝説を根拠に、無力とうそをつくイエスキリストの創始者が来るのは、キリスト教の教会とキリスト教文明ですか? Finally, this method violates the first principles of interpretation; for the New Testament writers are not allowed to speak their own language.最後に、このメソッドの第一原理に違反して解釈;は、新約聖書作家は使用できません自分の言語を話すようにします。

(2) The theory of Biblical Humanism ( 2 )の理論の聖書のヒューマニズム

The fundamental idea of Hegel's metaphysic (viz., that existing things are the progressive manifestation of the idea, ie, the absolute) gave a philosophical basis for the organic conception of the universe, ie, the Divine as organic to the human.ヘーゲルの基本的な考え方のmetaphysic ( viz. 、その症状の進行は、既存のものの考え方、すなわち、絶対)は、哲学に基づいて、宇宙の有機概念、すなわち、神として有機的に、人間のです。 Thus revelation is presented as a human process, and history -- eg, the Bible -- is a record of human experience, the product of a human life.このように啓示として提示さ、人間のプロセス、および履歴-例えば、聖書-を記録するのは人間の経験は、この製品は、人間の生活です。 This philosophy of history was applied to explain the miraculous in the Gospels and appears under two forms: the Tübingen School and the "Mystical" School.この哲学の歴史を説明して奇跡的には、適用される福音書と表示され、 2つのフォーム:テュービンゲン学校や、 "神秘的な"学校です。

(a) the Tübingen School ( a )はテュービンゲン学校

Baur regards the Hegelian process in its objective aspect, ie, the facts as things.バウアーヘーゲルのプロセスについては、その客観的側面、すなわち、現状の事実です。 He held the books of the New Testament to be states through which the human life and thought of early Christianity had passed.彼の書籍を開催し、新約聖書には国を通じて、人間の生命と思ったの早期キリスト教が渡されます。 He attempted to do with reference to the origin what Gibbon tried with reference to the spread of Christianity -- ie, get rid of the supernatural by the tacit assumption that there were no miracles and by the enumeration of natural causes, chief of which was the Messianic idea to which Jesus accommodated Himself.彼の参照をしようとしてギボンの起源は何を参考にしようとキリスト教の普及-すなわち、超自然的に取り除くことが暗黙の了解がないと仮定し奇跡の列挙を自然な原因とされる、チーフには、救世主イエスキリスト収容アイデアを自分自身です。 The evolution element in Baur's Humanism, however, constrained him to deny that we possess contemporaneous documents of our Lord's life, to hold that the New Testament literature was the result of warring factions among the early Christians, and therefore of a much later date than tradition ascribes to it, and that Christ was only the occasional cause of Christianity.バウアーの進化の要素のヒューマニズム、しかし、彼を否定することに制約を持つ同時期に、わたしたちの主の人生のドキュメントを、新約聖書を保持して文学の結果をいがみあっているのは、派閥間の初期のキリスト教徒、およびそのための日付よりもはるかに伝統へascribesしており、その時々は、イエスキリストは、キリスト教が原因で発生します。 He accepted as genuine only the Epistles to the Galatians, Romans, 1 and 2 Corinthians, and the Apocalypse.彼は受け入れられ、正規のは、ガラテヤ人への手紙の書簡を、ローマ人への手紙、 1と2のコリンチャンス、とアポカリプスです。 But the Epistles admitted by Baur show that St. Paul believed in miracles and asserted the actual occurrence of them as well-known facts both in regard to Christ and in regard to himself and the other Apostles (eg, Romans 15:18; 1 Corinthians 1:22; 12:10, 2 Corinthians 12:12, Galatians 3:5, especially his repeated references to the Resurrection of Christ, 1 Corinthians 15).バウアーの書簡を認めたが、詳細は聖パウロの奇跡を信じて、実際の発生と主張してとしてよく知られた事実に関しては、キリストとの両方で自分自身を表明すると、他の使徒(例えば、ローマ人への手紙15:18 ; 1コリンチャンス1:22 ; 12:10 、 2コリンチャンス12:12 、ガラテヤ人への手紙3:5 、特に彼の繰り返されるイエスキリストの復活を参照して、 1コリンチャンス15 ) 。 The basis on which the Tübingen School rests, viz., that we possess no contemporaneous records of Christ's life, and that the New Testament writings belong to the second century, has been proved to be false by the higher criticisms.テュービンゲンの根拠には、学校の休符、 viz 。 、その私たちの同時期の記録を持つイエスキリストの生涯は、新約聖書の記述と2番目の世紀に属して、立証されて批判の声が高いことが分かるされています。 Hence Huxley admits that this position is no longer tenable (The Nineteenth Century, Feb., 1889), and in fact there is no longer a Tübingen School at Tübingen.ハクスリーことがあると認めしたがってこのポジションは、もはや批判に耐えられる( 19世紀、 2月、 1889 ) 、および実際にはもはやテュービンゲンテュービンゲン学校です。 Harnack says: "As regards the criticisms of the sources of Christianity, we stand unquestionably in a movement of return to tradition. The chronological framework in which tradition set the earliest documents is to be henceforth accepted in its main outlines" (The Nineteenth Cent., Oct., 1899).ハルナックは言う: "として批判については、キリスト教の源は、紛れもなく私たちスタンドで伝統回帰の動きをする。の年代の枠組みでは最古の伝統を設定して今後ご利用される書類は、その主な概要" ( 19セントです。 、 10月、 1899 ) 。 Hence Romanes said that the outcome of the battle on the Bible documents is a signal victory for Christianity (Thoughts on Religion, p. 165).それゆえローマーネズの結果によると、聖書の書類上の戦いは、信号の勝利をキリスト教(宗教の考えを、 p. 165 ) 。 Dr. Emil Reich speaks of the bankruptcy of the higher criticism ("Contemp. Rev.", April, 1905).エミールライヒ博士の破産のうわさを批判が高い( " contemp 。改訂" 、 4月、 1905 ) 。

(b) The "Mythical" School ( b )は"神話"学校

Strauss regarded the Hegelian process in its subjective aspect.シュトラウスのヘーゲルのプロセスと考え、その主観的側面です。 The facts as matters of consciousness with the early Christians concerned him exclusively.事実としての問題意識を排他的に彼の初期のキリスト教徒心配です。 Hence he regarded Christ within the Christian consciousness of the time, and held that Christ of the New Testament was the outcome of this consciousness.したがって彼はイエスキリストには、キリスト教の意識向上を考え、時刻、および開かれたイエスキリストは、新約聖書には、この意識の結果です。 He did not deny a relatively small nucleus of historical reality, but contended that the Gospels, as we possess them, are mythical inventions or fabulous and fanciful embellishments and are to be regarded only as symbols for spiritual ideas, eg, the Messianic idea.彼は比較的小規模な核の歴史を否定する現実には、しかしは、福音書に対し、保有して私たちは、素晴らしいと架空の架空の発明品や装飾とは見なさとしてのみを精神的なアイデアのシンボルを、例えば、救世主的な考えですね。 Strauss thus attempted to remove the miraculous -- or what he considered the unhistorical matter -- from the text.このように奇跡を削除するにシュトラウスを試みた-あるいはどのような問題だと考え、歴史的でない-よりのテキストです。 But this view was too fanciful long to hold currency after a careful study of the truthful, matter-of-fact character of the New Testament writings, and a comparison of them with the Apocrypha.しかし、このビューは、あまりにも長いを保持する架空の通貨を慎重に検討した後、真実は、当然のことのように実際に新約聖書の文字を記述し、それらを比較するの外典。 Hence it has been rejected, and Strauss himself confessed to disappointment at the result of his labours (The Old and New Faith).それゆえ拒否され、自白を失望とシュトラウス自身は、彼の仕事の結果(古いものと新しいものの信仰) 。

(3) The Critical Agnostic School ( 3 )学校の重要な不可知論

Its basis is the organic idea of the universe, but it views the world process apart from God, because reason cannot prove the existence of God, and therefore, to the Agnostic, He does not exist (eg, Huxley); or to the Christian Agnostic, His existence is accepted on Faith (sg, Baden-Powell).そのアイデアを有機的には宇宙、それは別にプロセスの再生回数の世界神のため、理由の存在を証明することはできないの神となり、したがって、不可知論して、彼が存在しない場合は(例えば、ハクスリー) ;またはには、キリスト教不可知論、彼の存在が受け入れをうのみに( 5月16日、バーデンパウエル) 。 To both there is no miracle, for we have no way of knowing it.奇跡がないの両方に、私たちを知る術がないことです。 Thus Huxley admits the facts of miracles in the New Testament, but says that the testimony as to their miraculous character may be worthless, and strives to explain it by the subjective mental conditions of the writers ("The Nineteenth Cent.", Mar., 1889).こうしてハクスリーの事実を認めるの奇跡は、新約聖書、しかしとしての証言によると、 5月にして奇跡の文字worthless 、と努力を説明することによって、主観的精神的な条件は、作家( " 19セントです。 " 、 3月、 1889 ) 。 Baden-Powell (in "Essays and Reviews"), Holtzmann (Die synoptischen Evangelien), and Harnack (The Essence of Christianity) admit the miracles as recorded in the Gospels, but hold that their miraculous character is beyond the scope of historical proof, and depends on the mental assumptions of the readers.バーデンパウエル( "エッセイとレビュー" ) 、ホルツマン(死ぬsynoptischen evangelien ) 、およびハルナック(キリスト教の本質)の奇跡として認める福音書に記録されて、しかし、その奇跡を保持する文字は歴史的な証拠の範囲を超えて、との精神的な仮定に依存して、読者のです。

Criticism批判

The real problem of the historian is to state well-authenticated facts and give an explanation of the testimony.本当の問題は、歴史学者の状態は十分に認証を与える事実との証言を説明した。 He should show how such events must have taken place and how such a theory only can explain them.彼はこのようなイベントをどのように配置する必要がこのような理論だけでなく、どのように説明します。 He takes cognizance of all that is said about these events by competent witnesses, and from their testimony he draws the conclusion.彼は認識の範囲内のすべての会社では、これらのイベントを有能な目撃者によると、彼らの証言から彼の結論を描画します。 To admit the facts and to deny an explanation is to furnish very great evidence for their historical truth, and to show qualities not consistent with the scientific historian.の事実を認めるとの説明を拒否するには非常に大きいの証拠を提出するために歴史の真実との整合性がない性質を示す科学的な歴史学者です。

(4) The theory of liberal Protestantism ( 4 )の理論のリベラルなプロテスタント

(a) Older form (ア)古いフォーム

In its older form, this was advocated by Carlyle (Froude's "Life of Carlyle"), Martineau (Seal of Authority in Religion), Rathbone Greg (Creed of Christendom), Prof. Wm.その古い形式で、これは提唱カーライル(フルードの"生活のカーライル" ) 、マーティノー(シールの宗教的権威) 、ラスボーングレッグ(信条のキリスト教) 、教授ウインドウマネージャです。 H. Green (Works, III pp. 230, 253), proposed as a religious creed under the title of the "new Reformation" ("The Nineteenth Cent.", Mar., 1889) and popularized by Mrs. Humphry Ward in "Robert Elsmere."笠原緑(作品、三pp 。 230 、 253 ) 、宗教的信条として提案されてのタイトルは、 "新たな改革" ( " 19セントです。 " 、 3月、 1889 )と大衆化され病棟でミセスハンフリー"ロバートelsmere 。 " As the old Reformation was a movement to destroy the Divine authority of the Church by exalting the supernatural character of the Bible, so the new Reformation aimed at removing the supernatural element from the Bible and resting faith in Christianity on the high moral character of Jesus and the excellence of His moral teaching.旧改革としては、運動を破壊するのは神の権威を高揚する教会聖書の超自然の文字を、新たな改革を目指すため、超自然的要素を削除して、聖書とキリスト教の信仰を安静時の高さと道徳的な性格をイエスキリスト彼の道徳的な教育の素晴らしさです。 It is in close sympathy with some writers on the science of religion who see in Christianity a natural religion, though superior to other forms.これはいくつかの作家と緊密に同情の科学の宗教をキリスト教に表示さwho自然な宗教が、他のフォームに優れている。 In describing their position as "a revolt against miraculous belief", its adherents yet profess great reverence for Jesus as "that friend of God and Man, in whom, through all human frailty and necessary imperfection, they see the natural head of their inmost life, the symbol of those religious forces in man which are primitive, essential and universal" ("The Nineteenth Cent.", Mar., 1889).で、自分の位置を記述を"奇跡の信念に反乱を起こす" 、その支持者としてイエスキリストはまだありません公言大きな畏敬の念を抱く" 、その友人が神と人間は、誰、すべての人間のもろさと必要な欠陥を通じて、彼らの心の奥に頭を参照して自然な生活は、これらの宗教勢力は男のシンボルは原始的、欠かせないとユニバーサル" ( " 19セントです。 " 、 3月、 1889 ) 。 By way of criticism it may be said that this school has its source in the philosophical assumption that the uniformity of nature has made the miracle unthinkable -- an assumption now discarded.道の批判を浴びることによってかもしれないが、そのソースによると、この学校は、自然の哲学と仮定し、均一の奇跡は思いも寄らぬ-仮定今すぐに破棄されます。 Again, it has its basis in the Tübingen School which has been proved false, and it requires a mutilation of the Gospels so radical and wholesale that nearly every sentence has to be excised or rewritten.再び、それには根拠が立証してきた偽テュービンゲン学校、およびそれには、切除のための福音書と卸売業を抜本的にはほぼすべての文章や書き換えを切除します。 The miracles of Jesus are too essential a part of His life and teaching to be thus removed.イエスキリストの奇跡をする部分があまりにも彼の人生に欠かせないと教育されるこのように削除されます。 We might as well expurgate the records of military achievements from the lives of Alexander or of Caesar.私たちも同様だexpurgateのレコードの軍事的成果からアレクサンダーやシーザーの命をします。 Strauss exposed the inconsistencies of this position, which he once held (Old Faith and the New), and von Hartmann considered the Liberal theologians as causing the disintegration of Christianity ("Selbstersetzung des Christ", 1888).シュトラウスの不整合は、次の位置にさらさ、彼は一度に開かれた(古信仰と、新しい) 、およびフォンハルトマンリベラルな神学者として見なされ、キリスト教の崩壊を引き起こして( " selbstersetzungデイエスキリスト" 、 1888 ) 。

(b) Newer form (イ)新しいフォーム

In its recent form, it has been advocated by the exponents of the psychological theory.で、最近のフォームに、それが提唱され、指数は、心理的な理論です。 Hence, where the old school followed an objective, this pursues a subjective method.それゆえ、オールドスクールの後は、客観的、主観的志向する場合、このメソッドを使用します。 This theory combines the basic teaching of Hegel, Schleiermacher, and Ritschl.この理論の基本的な教育を組み合わせたヘーゲル、シュライエルマッハー、およびリッチュルです。 Hegel taught that religious truths are the figurative representation of rational ideas; Schleiermacher taught that propositions of faith are the pious states of the heart expressed in language; Ritschl, that the evidence of Christian doctrine is in the "value judgment", ie, the religious effect on the mind; on this basis Prof. Gardner ("A Historical View of the New Test.", London, 1904) holds that no reasonable man would profess to disprove the Christian miracles historically; that in historical studies we must accept the principle of continuity as set forth by evolution, that the statements of the New Testament are based mainly on Christian experience, in which there is always an element of false theory; that we must distinguish between the true underlying fact and its defective outward expression; that this expression is conditioned by the intellectual atmosphere of the time, and passes away to give place to a higher and better expression.ヘーゲル宗教的な教えを合理的真理は、比喩的表現したアイデア;シュライエルマッハー命題の教えを信仰の中心は、信心深い国の言語で表現さ;リッチュル、証拠は、キリスト教の教義は、 "価値判断" 、すなわち、宗教的な影響を及ぼすの心;その上でガードナー教授( "歴史的な対象は、新しいテストです。 " 、ロンドン、 1904 )を保持することは絶対にありません公言道理をわきまえた人は歴史的に反証は、キリスト教の奇跡;して歴史的な研究しなければならないの原則を受け入れる進化連続で定められたとして、新約聖書は、ステートメントは、キリスト教の経験を基を中心に、その虚偽の要素には、常に理論;を区別しなければならないの真の根底に事実とその欠陥の外側に表現して条件式は、知的な雰囲気が時間と場所を逝去を与える表現が高いと良いです。 Hence the outward expression of Christianity should be different now from what it was in other days.それゆえ、キリスト教の外側に表現する必要が異なる他の日中にはどんな感じだったからです。 Hence, while miracles may have had their value for the early Christians, they have no value for us, for our experience is different from theirs.したがって、彼らが奇跡の年5月には初期のキリスト教徒の値を、彼らがないの値を問い合わせ、我々の経験をかれらは異なる。 Thus M. Réville ("Liberal Christianity", London, 1903) says: "The faith of a liberal Protestant does not depend upon the solution of a problem of historical criticism. It is founded upon his own experience of the value and power of the Gospel of Christ", and "The Gospel of Jesus is independent of its local and temporary forms" (pp. 54, 58).したがって男性réville ( "リベラル派キリスト教" 、ロンドン、 1903 )は言う: "リベラルなプロテスタントの信仰に依存して解決策はありません問題の歴史的な批判をする。これは彼自身の経験を設立時の値とパワーは、キリストの福音書" 、および"イエスキリストの福音とは独立したローカルおよび一時的なフォーム" ( pp. 54 、 58 ) 。 All this, however, is philosophy, not history, it is not Christianity, but Rationalism.すべては、しかし、哲学ではなく、歴史、キリスト教ではないが、合理主義です。 So it inverts the true standard of historical criticism -- viz., we should study past events in the light of their own surroundings, and not from the subjective feeling on the part of the historian of what might, could, or would have occurred.反転の真の標準ので、歴史的な批判-v iz。 、過去のイベント勉強しなければならない自分の周辺に照らして、主観的感情からではなく、歴史学者の上の部分は何かもしれない可能性、またはが発生しました。 There is no reason to restrict these principles to questions of religious history; and if extended to embrace the whole of past history, they would lead to absolute scepticism.を制限する理由はない、これらの原則をご質問の宗教の歴史、および拡張している場合、全体の過去の歴史を受け入れる、かれらは絶対scepticismにつながる。

VI. Ⅵ 。 THE FACTという事実

The Bible shows that at all times God has wrought miracles to attest the Revelation of His will.すべてのタイムズによると、聖書は神の啓示は、鍛造奇跡の意志を証明します。

(1) The miracles of the Old Testament reveal the Providence of God over His chosen people. ( 1 )旧約聖書の奇跡を神の摂理を明らかにする人々が彼の選択です。 They are convincing proof for the commission of Moses (Exodus 3:4), manifest to the people that Jehovah is Sovereign Lord (Exodus 10:2, Deuteronomy 5:25), and are represented as the "finger of God" and "the hand of God."彼らは説得力の証明は、委員会のムーサー(出エジプト記第3時04分) 、マニフェストをエホバの人々には今上(出エジプト記第10時02分、申命記5:25 )と表されるが、 "神の指"と"神の手です。 " God punishes Pharaoh for refusing to obey His commands given by Moses and attested by miracles, and is displeased with the infidelity of the Jews for whom He worked many miracles (Numbers 14).フィルアウンを罰する神に従う彼のコマンドを拒否して、ムーサーと証言によって与えられた奇跡、との不倫の不満には、ユダヤ人の心に適う働い多くの奇跡(数字14 ) 。 Miracles convinced the widow of Sarephta that Elias was "a man of God" (1 Kings 17:24), made the people cry out in the dispute between Elias and the prophets of Baal, "the Lord he is God" (1 Kings 18:39), caused Naaman to confess that "there is no other God in all the earth, but only in Israel" (2 Kings 5:15), led Nabuchodonosor to issue a public decree in honour of God upon the escape of the Three Children from the fiery furnace (Daniel 3), and Darius to issue a like decree on the escape of Daniel (Daniel 5).奇跡の未亡人の確信をsarephtaエリアスは"神の男" ( 1王17:24 ) 、は、人々の悲鳴を上げるエリアスとは、預言者間の紛争のバール、 "主彼は神の" ( 1王18 : 39 ) 、原因を告白ネイアマンは、 "他の神ではない地球のすべてのが、イスラエルだけで" ( 2王5:15 ) 、主導nabuchodonosor公共令で名誉を発行する神の時の3つのエスケープ子供たちからの熱烈な炉(ダニエル3 ) 、およびダライアスを発行する法令上のようなエスケープのダニエル(ダニエル5 ) 。 The ethical element is conspicuous in the miracles and is in consonance with the exalted ethical character of Jehovah, "a king of absolute justice, whose love for his people was conditioned by a law of absolute righteousness, as foreign to Semitic as to Aryan tradition", writes Dr. Robertson Smith ("Religion of the Semites", p. 74, cf. Kuenen, Hibbert Lect., p. 124).顕著なのは、倫理的な要素が共鳴して、奇跡とは、高貴な倫理的な性格をエホバは、 "キングオブ絶対的な正義、その愛を彼の人々は、絶対的な正義の法則された条件は、外国人のユダヤ人としての伝統をアーリア人" 、書き込みロバートソンスミス博士( "宗教は、 semites " 、 p. 74 、継続前誌です。キューネン、ヒバートlect 。 、 p. 124 ) 。 Hence the tendency among recent writers on the history of religion to postulate the direct intervention of God through revelation as the only explanation for the exalted conception of the Deity set forth by Moses and the prophets.したがって、最近の傾向の間の宗教の歴史作家の直接の介入を公準を通して神の啓示を説明するだけの高貴な神の概念は、預言者ムーサーと定められた。

(2) The Old Testament reveals a high ethical conception of God who works miracles for high ethical purposes, and unfolds a dispensation of prophecy leading up to Christ. ( 2 ) 、旧約聖書の神の構想を明らかに高い倫理高い倫理who作品奇跡を目的に、神の摂理の予言と展開に至るまで、イエスキリストです。 In fulfillment of this prophecy Christ works miracles.イエスキリストの充足感は、次の予言奇跡の作品です。 His answer to the messengers of John the Baptist was that they should go and tell John what they had seen (Luke 7:22; cf. Isaiah 35:5).彼の答えを、使徒の洗礼者ヨハネはして行くべきと言うジョンは何見ていた(ルーク7 : 22 ;継続前誌です。イザヤ書35:5 ) 。 Thus the Fathers of the Church, in proving the truth of the Christian religion from the miracles of Christ, join them with prophecy (Origen, "C. Celsum" I, ii, Irenaeus, Adv. haer. L, ii, 32; St. Augustine, "C. Faustum", XII).このように、父親のは、教会は、真実を証明するのは、キリスト教の宗教からキリストの奇跡を、コミュニティに参加して予言(原産地、 " c. celsum "私は、 2世、エイレナイオス、前売します。 haer 。左、 2世、 32 ;セントです。アウグスティヌス、 " c. faustum " 、 12 ) 。 Jesus openly professed to work miracles.奇跡を行うイエスキリストを公然と公言した。 He appeals repeatedly to His "works" as most authentic and decisive proof of His Divine Sonship (John 5:18-36; 10:24-37) and of His mission (John 14:12), and for this reason condemns the obstinacy of the Jews as inexcusable (John 15:22, 24).彼は控訴を繰り返し彼の"作品"として最も本物の決定的な証拠と彼の神の息子であること(ジョン5:18-36 ; 10:24-37 )と彼のミッション(ヨハネ14:12 ) 、およびこの理由から非難して頑固ユダヤ人としての許し難い(ヨハネ15:22 、 24 ) 。 He worked miracles to establish the Kingdom of God (Matthew 12; Luke 11), gave to the Apostles (Matthew 10:8) and disciples (Luke 10:9, 19) the power of working miracles, thereby instructing them to follow the same method, and promised that the gift of miracles should persist in the Church (Mark 16:17).彼は神の王国を確立するの奇跡(マタイ12 ;ルーク11 ) 、に渡したの使徒(マタイ10 : 08 )と弟子(ルーク10 : 09 、 19 )のパワーを作業ミラクルズ、その指示に従うことと同じメソッド、と約束して奇跡の贈り物に固執するのは、教会(マーク16:17 )です。 At the sight of His marvellous works, the Jews (Matthew 9:8), Nicodemus (John 3:2), and the man born blind (John 9:33) confess that they must be ascribed to Divine power.彼の素晴らしい作品を見て、ユダヤ人(マタイ9時08分) 、ニコデモ(ヨハネ3:2 ) 、およびその男生まれつき目が見えない(ジョン9時33分)を告白して生得的に神の力しなければならない。

Pfleiderer accepts the second Gospel as the authentic work of St. Mark, and this Gospel is a compact account of miracles wrought by Christ. 2番目の福音書として受け入れるプフライデラー本物の仕事を聖マルコ、この福音書は、コンパクトなアカウントの奇跡イエスキリストによってもたらされた。 Ewald and Weiss speak of the miracles of Christ as a daily task.ワイスエーヴァルトと話すのは、イエスキリストの奇跡を毎日の仕事です。 Miracles are not accidental or external to the Christ of the Gospels; they are inseparably bound up with His supernatural doctrine and supernatural life -- a life and doctrine which is the fulfillment of prophecy and the source of Christian civilization.奇跡はない偶発的または外付けして、イエスキリストの福音書;彼らは密接に打ち込んでいる彼の超自然的教義や超自然的生活-生活との原則を履行するためにこれは予言とキリスト教文明の源です。 Miracles form the very substance of the Gospel narratives, so that, if removed, there would remain no recognizable plan of work and no intelligent portrait of the worker.奇跡を形成する物質の非常に物語の福音ように、もし削除されると、すぐに見分けの計画がないの仕事にとどまるとのインテリジェントな肖像画は、労働者です。 We have the same evidence for miracles that we have for Christ.私たちは、同じ証拠を私たちは、イエスキリストの奇跡です。 Dr. Holtzmann says that the very traits whose astonishing combination in one person presents the highest kind of historical evidence for His existence are indissolubly connected with miracles.ホルツマン博士によると、非常に驚くべき特徴の1つの人の組み合わせ最高のプレゼントのような歴史的証拠不可分につながって彼の存在は奇跡です。 Unless we accept miracles, we have no Gospel history.奇跡を受け入れるしない限り、私たちは、私たちゴスペルの歴史がない。 Admit that Christ wrought many miracles, or confess that we do not know Him at all -- in fact, that He never existed.鍛造の多くがイエスキリストの奇跡を認めるか、または告白していない彼のことをすべて知って-実際には、その彼は決して存在しています。 The historical Christ of the Gospels stands before us remarkable in the charm of personality, extraordinary in the elevation of life and beauty of doctrine, strikingly consistent in tenor of life, exercising Divine power in varied ways and at every turn.イエスキリストの福音書の歴史のスタンドを前に問い合わせ顕著な人格の魅力を、臨時の生活の昇格さと美しさの教義を、整合性が際立ってテナーの生活、神の力を行使し、事あるごとにさまざまな方法があります。 He rises supreme over, and apart from, His surroundings and cannot be regarded as the fruit of individual invention or as the product of the age.彼は最高の上昇とは別に、彼の周辺とすることはできません果物と見なされるの個々の発明や製品としての年齢です。 The simplest clearest, only explanation is that the testimony is true.最も単純な明白な、唯一の説明は、証言は本当です。 They who deny have yet to offer an explanation strong enough to withstand the criticism of the sceptics themselves. whoを否定する彼らの説明を提供するにはまだ十分に強い批判に耐えるものは、懐疑的な人たちだ。

(3) The testimony of the Apostles to miracles is twofold: ( 3 )の証言は、使徒に奇跡は、二重:

They preached the miracles of Christ, especially the Resurrection.彼らの説教イエスキリストの奇跡を、特に復活します。 Thus St. Peter speaks of the "miracles, and wonders, and signs" which Jesus did as a fact well-known to the Jews (Acts 2:22), and as published through Galilee and Judea (Acts 10:37).このように話すのサンピエトロ大聖堂の"奇跡、と不思議、との兆候"がイエスキリストは参考としてよく知られた事実を、ユダヤ人(行為2:22 ) 、およびとして公開を通じてガリラヤとユダヤ(行為10:37 ) 。 The Apostles profess themselves witnesses of the Resurrection (Acts 2:32), they say that the characteristic of an Apostle is that he be a witness of the Resurrection (Acts 1:22), and upon the Resurrection base their preaching in Jerusalem (Acts 3:15; 4:10; 5:30, 10:40), at Antioch (Acts 13:30 sqq.), at Athens (Acts 17:31), at Corinth (1 Corinthians 15), at Rome (Romans 6:1), and in Thessalonica (1 Thessalonians 1:10).目撃者の告白自身の使徒の復活(行為2:32 ) 、かれらは言うには、使徒の特徴は、彼の復活の目撃者は、 (行為1:22 ) 、および時の復活基地に説教、エルサレム(行為3:15 ; 4:10 ; 5:30 、 10:40 ) 、アンティオキア(行為13:30 sqq 。 ) 、アテネ(行為17:31 ) 、コリント( 1コリンチャンス15 ) 、ローマ(ローマ人への手紙6 : 1 ) 、およびテサロニカ( 1 thessalonians 1:10 ) 。

They worked miracles themselves, wonders and signs in Jerusalem (Acts 2:43), cure the lame (Acts 3:14), heal the sick, and drive out demons (Acts 8:7-8), raise the dead (Acts 20:10 sqq.).彼ら自身は奇跡、驚異との兆候はエルサレム(行為2:43 ) 、治療法のラメ(行為3:14 ) 、病人を治す、およびドライブアウト悪魔(行為8:7-8 ) 、死者(行為20 : 10 sqq 。 ) 。 St. Paul calls the attention of the Christians at Rome to his own miracles (Romans 15:18-19), refers to the well-known miracles performed in Galatia (Galatians 3:5), calls the Christians of Corinth to witness the miracles he worked among them as the signs of his apostleship (2 Corinthians 12:12), and gives to the working of miracles a place in the economy of the Christian Faith (1 Corinthians 12).聖パウロのキリスト教徒で注目されることを呼び出して、ローマを自分自身の奇跡(ローマ人への手紙15:18-19 ) 、奇跡を参照して、よく知られて実行さgalatia (ガラテヤ人への手紙3時05分) 、呼び出して、コリントのキリスト教徒の奇跡を目の当たりにする彼はそのうちの兆候としての彼の使徒の職( 2コリント書12:12 )とに約束をする場所での作業の奇跡の経済には、キリスト教信仰( 1コリンチャンス12 ) 。 Thus the Apostles worked miracles in their missionary journeys in virtue of the power given them by Christ (Mark 3:15) and confirmed after His Resurrection (Mark 16:17).したがって、使徒で働いて布教の旅奇跡のパワーを与えられたことが美徳のイエスキリスト(マーク3:15 )と彼の復活を確認した後(マーク16:17 )です。

(4) Dr. Middleton holds that all miracles ceased with the Apostles. ( 4 )博士によるとということミドルトンの使徒のすべての奇跡を停止します。 Mozley and Milman ascribe later miracles to pious myths, fraud, and forgery.ミリマンmozleyと信心深いものとみなすへの奇跡の神話を、詐欺、偽造です。 Trench admits that few points present greater difficulty than the attempt to determine the exact period when the power of working miracles was withdrawn from the Church.海溝より困難なことがあると認めいくつかのポイントをプレゼントするという試みがより正確な期間を決定するときに働く力の奇跡の教会からは取り下げられた。 This position is one of polemical bias against the Catholic Church, just as presumptions of various kinds are behind all attacks on the miracles of scripture.このポジションは1つの偏見を、カトリック教会の論争と同様、 presumptionsの様々な種類のすべての攻撃の背後には、啓典の奇跡です。

Now we are not obliged to accept every miracle alleged as such.今すぐ私たちすべての奇跡を受け入れる義務はないとしてこのような疑惑です。 The evidence of testimony is our warrant, and for miracles of church history we have testimony of the most complete kind.令状が私たちの証言の証拠を、奇跡の教会の歴史と私たちは、最も完全な種類の証拠を提出する。 If it should happen that, after careful investigation, a supposed miracle should turn out to be no miracle at all, a distinct service to truth would be rendered.もしそれをすればいいのは、後に慎重に捜査中に、あるはずの奇跡は奇跡ではないと判明するすべてのは、真実がはっきりしたサービスをレンダリングします。 Throughout the course of church history there are miracles so well authenticated that their truth cannot be denied.教会の歴史を通してコースには認証が奇跡のように真実をよくすることはできませんが拒否されました。

Thus St. Clement of Rome and St. Ignatius of Antioch speak of the miracles wrought in their time.こうしてローマの聖クレメントと聖イグナチオのアンティオキア鍛造で話すのは時間の奇跡です。

Origen says he has seen examples of demons expelled, many cures effected, and prophecies fulfilled ("C. Celsum", I, II, III, VII).原産地は言う彼は悪魔追放の例を見、多くの治療法の影響、および予言果たされる( " c. celsum " 、私は、 2世、 3世、 7世) 。

Irenaeus taunts the magic-workers of his day that "they cannot give sight to the blind nor hearing to the deaf, nor put to flight demons; and they are so far from raising the dead as Our Lord did, and the Apostles, by prayer, and as is most frequently done among the brethren, that they even think it impossible" (Adv. haer., II).労働者のマジック-エイレナイオスtaunts彼の日に"彼ら光景を与えることはできません。聴覚、視覚障害者も聴覚障害者を、また置くを飛行悪魔;と彼らはこれまでのところ、死んでから引き上げ、わたしたちの主は、使徒と、祈り、およびとしては、最も頻繁に行わ間の兄弟、しても不可能だと思う" ( adv. haer 。 、 2 )です。

St. Athanasius writes the life of St. Anthony from what he himself saw and heard from one who had long been in attendance on the saint.聖アタナシウスの書き込みからの人生の聖アンソニーと聞いたから見た彼自身は何1つwhoはこれまでに随行して、サンです。 St. Justin in his second apology to the Roman Senate appeals to miracles wrought in Rome and well attested.セントジャスティン彼の2番目に謝罪して元老院の訴えを鍛造ローマの奇跡とも証言します。

Tertullian challenges the heathen magistrates to work the miracles which the Christians perform (Apol., xxiii);異教徒magistratesテルトゥリアヌスの課題は、キリスト教徒を実行する作業の奇跡( apol. 、 23 ) ;

St. Paulinus, in the life of St. Ambrose, narrates what he has seen.聖パウリヌスは、生命の聖アンブローズ、ナレーションどのような彼は見ています。

St. Augustine gives a long list of extraordinary miracles wrought before his own eyes, mentions names and particulars, describes them as well known, and says they happened within two years before he published the written account (De civit. Dei., XXII, viii; Retract., I, xiii).聖アウグスティヌスは異常に長いのリストを自分自身の目の前に奇跡の鍛造、明細書の名前と言及し、それらを説明周知のように、彼らが起こったと言う彼は公開して2年前に書かれたアカウント(デcivit 。デイです。 、 xxii 、 viii ;撤回します。 、私は、 13 ) 。

St. Jerome wrote a book to confute Vigilantius and prove that relics should be venerated, by citing miracles wrought through them.聖ジェローム書いた本を論破するvigilantius尊敬すべきであると証明して遺物、奇跡の鍛造を理由にしてください。

Theodoret published the life of St. Simon Stylites while the saint was living, and thousands were alive who had been eyewitnesses of what had happened.生命の聖サイモンtheodoret公開してstylitesが、サンは、リビング、 whoと数千人が生きていた目撃者の何が起こったのです。 St. Victor, Bishop of Vita, wrote the history of the African confessors whose tongues had been cut out by command of Hunneric, and who yet retained the power of speech, and challenges the reader to go to Reparatus, one of them then living at the palace of the Emperor Zeno.聖ビクター、司教の生命、アフリカの歴史を書いた告白カットアウトされていた、その舌のhunnericコマンド、およびwhoはまだありません演説の力を保持し、読者への行き方reparatusの課題は、 1つ入力し、住んでいる天皇の宮殿のゼノンです。

From his own experience Sulpicius Severus wrote the life of St. Martin of Tours.自分自身の経験からスルピキウスセウェルスの生活を書いた聖マルティンのツアーです。

St. Gregory the Great writes to St. Augustine of Canterbury not to be elated by the many miracles God was pleased to work through his hands for the conversion of the people of Britain.聖グレゴリーの大の書き込みを特定される聖アウグスティヌスのカンタベリー大喜びされた多くの奇跡の神は彼の手を喜んで仕事を通じての人々は英国への変換のです。

Hence Gibbon says, "The Christian Church, from the time of the Apostles and their disciples, has claimed an uninterrupted succession of miraculous powers, the gift of tongues, of visions and of prophecy, the power of expelling demons, of healing the sick and of raising the dead" (Decline and Fall, I, pp. 264, 288), thus miracles are so interwoven with our religion, so connected with its origin, its promulgation its progress and whole history, that it is impossible to separate them from it.それゆえギボンさんは、 "キリスト教の教会、使徒からの時間とその弟子たちが、奇跡の連続が中断されないと主張する権限は、語学の才能、ビジョンとの予言は、悪魔の力を射出、病人や治癒の引き上げザデッド" (衰退と秋、私、 pp 。 264 、 288 ) 、このように奇跡を織り交ぜることは非常に我々の宗教、その起源はつながって、その施行その全体の歴史の進歩と、それを分割することは不可能であることからそれ。 The existence of the Church, the kingdom of God on earth, in which Christ and His Holy Spirit abide, rendered illustrious by the miraculous lives of saints of all countries and all times, is a perpetual standing witness for the reality of miracles (Bellarmine, "De notis eccl.", LIV, xiv).教会の存在を、神の王国を地球上で、彼のでは、キリストと聖霊に従う、レンダリングされた著名な聖人の奇跡の命を、すべての国とすべての回、常任側の証人は、絶え間ないのが現実の奇跡(ベラルミーノ、 "デノーティスeccl 。 " 、リヴ、 14 ) 。 The well-attested records are to be found in the official Processes for the canonization of saints.レコードは、十分に証明される発見された公式プロセスを列聖聖者のです。 Mozley held that an enormous distinction exists between the miracles of the Gospel and those of church history, through the false notion that the sole purpose of miracles was the attestation of revealed truth: Newman denies the contention and shows that both are of the same type and as well-authenticated by historical evidence. mozley行われたことに大きな違いが存在するとの間にこれらの奇跡の福音教会の歴史を通して、偽の概念は、唯一の目的は明らかに奇跡は、認証の真実:競合とニューマン氏によると否定して、両方とも同じ型、同じ歴史的な証拠として十分に認証される。

VII. Ⅶ 。 PLACE AND VALUE OF THE GOSPEL MIRACLES場所と値の奇跡の福音

In studying the Gospel miracles we are impressed by the accounts given of their multitude, and by the fact that only a very small proportion of them is related by the Evangelists in detail; the Gospels speak only in the most general terms of the miracles Christ performed in the great missionary journeys through Galilee and Judea.奇跡の福音書を検討して私たちは感銘を受けて多数のアカウントを与えられた、とされた事実では、ごく少ない割合には、伝道者を詳細に関連し、福音書話すだけで、最も一般的な用語は、イエスキリストの奇跡実行偉大な布教の旅を通じて、ガリラヤとユダヤのです。 We read that the people, seeing the things which He did, followed Him in crowds (Matthew 4:25), to the number of 5000 (Luke 9:14) so that He could not enter the cities, and His fame spread from Jerusalem through Syria (Matthew 4:24).私たちは、人々を読む、物事を見て彼は、それに続く彼の群衆(マタイ4:25 )をの数を5000 (ルーク9:14 )ように彼は都市を入力して、彼の名声とエルサレムから広がるを通じてシリア(マタイ4:24 ) 。 His reputation was so great that the chief priests in council speak of Him as one who "doth many miracles" (John 11:47), the disciples at Emmaus as the "prophet, mighty in work and word before God and all the people" (Luke 24:19), and St. Peter describes Him to Cornelius as the wonder-working preacher (Acts 10:38).彼の評判はとても素晴らしい会議は、主任司祭に話す彼の1つとwho " doth多くの奇跡" (ヨハネ11:47 ) 、エマオの弟子としては、 "預言者、偉大な言葉を仕事とする前に、神とのすべての人々 " (ルカ24:19 ) 、と彼に説明コルネリウスサンピエトロ大聖堂の霊験あらたかな説教師(行為10:38 ) 。 Out of the great mass of miraculous events surrounding our Lord's person, the Evangelists made a selection.アウトは、大部分の周囲の奇跡のイベント、わたしたちの主の人のために、伝道者は、選択します。 True, it was impossible to narrate all (John 20:30). trueの場合、すべてのナレーションをすることは不可能に(ヨハネ20:30 ) 。 Yet we can see in the narrated miracles a twofold reason for the selection.ナレーションはまだありません私たちは奇跡を二重に表示されて理由を選択します。

(1) The great purpose of the Redemption was the manifestation of God's glory in the salvation of man through the life and work of His Incarnate Son. ( 1 )大の目的は、特典交換は、神の栄光の現れは、救いの男の人生と仕事を通じて彼の化身の息子がいます。 Thus it ranks supreme among the works of God's Providence over men.階段を上るために最高の作品のうち、神の摂理以上の男性です。 This explains the life and teaching of Christ; it enables us to grasp the scope and plan of His miracles.この説明して生命とキリストの教え;問い合わせを把握することにより、彼の奇跡計画の範囲内とします。 They can be considered in relation to the office and person of Christ as Redeemer.彼らと考えることができますに関連して、オフィスや人としての救い主イエスキリストです。 Thusそれ故に

they have their source in the hypostatic union and follow on the relation of Christ to men as Redeemer.沈下性の情報源を持っていれば次を検索する労働組合との関係をイエスキリストを救い主として男性です。 In them we can see references to the great redemption work He came to accomplish.を参照し、それらを見ることはできます彼は偉大な特典交換作業を達成する。 Hence the Evangelists conceive Christ's miraculous power as an influence radiating from Him (Mark 5:30; Luke 6:19), and theologians call the miracles of Christ theandrical works.それゆえ、キリストの奇跡的な力の伝道者としての構想に影響を与える放射から、彼(マーク5:30 ;ルーク6時19分) 、および神学イエスキリストの奇跡を呼び出してtheandrical作品です。 Their aim is the glory of God in the manifestation of Christ's glory and in the salvation of men, as eg in the miracle of Cana (John 2:11), in the Transfiguration (Matthew 17), the Resurrection of Lazarus (John 11:15), Christ's last prayer for the Apostles (John 17), the Resurrection of Christ (Acts 10:40).彼らは、神の栄光の目的は、イエスキリストの栄光の現れとは、救いの男性は、例としては、カナの奇跡(ヨハネ2:11 )は、変貌(マタイ17 )は、復活のラザロ(ヨハネ11 : 15日) 、イエスキリストの最後の祈りは、使徒(ヨハネの福音17 )は、イエスキリストの復活(行為10:40 ) 。 St. John opens his Gospel with the Incarnation of the Eternal Word and adds, "we saw his glory" (John 1:14).聖ヨハネの福音書ポップアップ彼の化身の永遠の言葉を追加、 "我々は彼の栄光" (ヨハネ1:14 ) 。 Hence Irenaeus (Adv. haer., V) and Athanasius (Incarn.) teach that the works of Christ were the manifestations of the Divine Word who in the beginning made all things and who in the Incarnation displayed His power over nature and man, as a manifestation of the new life imparted to man and a revelation of the character and purposes of God.それゆえエイレナイオス( adv. haer 。 、 V )とアタナシウス( incarn. )の作品を教えることは、イエスキリストは神の言葉の症状を呈してwhoでの始まりとwhoは、すべてのものが表示される彼のパワーの化身自然と人間、として症状は、新しい人生を付与する男と啓示を目的とした神の文字とします。 The repeated references in the Acts and in the Epistles to the "glory of Christ" have relation to His miracles.参考文献は、行為の繰り返しとは、同書簡は、 "キリストの栄光"に関連して彼の奇跡です。 The source and purpose of the miracles of Christ is the reason for their intimate connection with His life and teaching.ソースとの目的は、イエスキリストの奇跡を理由には、彼の人生と親密な接続を教えています。 A saving and redeeming mission was the purpose of the miracles, as it was of the doctrine and life of the eternal Son of God.節約と欠点を補うの目的は、奇跡の使命は、それは、教義や生命は、神の永遠の息子です。 Their motive was mercy.彼らの動機は、慈悲です。 Most of Christ's miracles were works of mercy.キリストの奇跡の大部分は慈悲の作品です。 They were performed not with a view to awe men by the feeling of omnipotence, but to show compassion for sinful and suffering humanity.彼らが行われるわけでは男性を対象に畏怖の念を全能された感が、罪深いと苦痛を表示する人類への思いやりです。 They are not to be regarded as isolated or transitory acts of sympathy, but as prompted by a deep and abiding mercy which characterizes the office of Saviour.彼らは孤立しないようにと見なされる行為や一過性の同情ではなく、求められた慈悲深いし、遵守の事務所を救い主特徴です。 The Redemption is a work of mercy, and the miracles reveal the mercy of God in the works of His Incarnate Son (Acts 10:38).慈悲の償還は、仕事をし、神の慈悲を明らかにする奇跡の作品に彼の化身の息子(行為10:38 ) 。

Hence we can see in them a symbolical character.それゆえ、かれらに象徴を見ることはできます文字です。 They were signs, and in a special sense they signified by the typical language of external facts, the inward renewal of the soul.彼らは標識とするために特別な意味で彼らの典型的な言語の外部シニフィエを基本に、内側の魂の更新です。 Thus, in commenting on the miracle of the widow's son at Naim, St. Augustine says that Christ raised three from the death of the body, but thousands from the death of sin to the life of Divine grace (Serm. de verbis Dom., xcviii, al. xliv).したがって、驚異的なコメントをナイムの未亡人の息子で、聖アウグスティヌスによると、イエスキリストの死を提起3つのボディから、しかし、数千人が死亡した者の生活の罪を神の恵み( serm.デの言葉でDOMです。 、 98 、アルです。 44 ) 。

The relief which Christ brought to the body represented the deliverance He was working on souls.イエスキリストの救済を表現するのボディを救出brought彼は魂に取り組んでいます。 His miracles of cures and healings were the visible picture of His spiritual work in the warfare with evil.彼の治療法や治癒の奇跡を次の画像は、彼の精神的な仕事は、戦争を悪のです。 These miracles, summarized in the answer of Jesus to the messengers of John (Matthew 11:5), are explained by the Fathers of the Church with reference to the ills of the soul (ST III:44).これらの奇跡は、イエスキリストの回答を要約して、使徒のジョン(マシュー11時05分) 、が、父親の説明を参照して、教会の苦しみの魂(セント3世: 44 ) 。 The motive and meaning of the miracles explain the moderation Christ showed in the use of His infinite power.の動機と中庸の意味を説明してイエスキリストの奇跡を示し、彼の無限のパワーを使用します。 Repose in strength is a sublime trait in the character of Jesus; it comes from the conscious possession of power to be used for the good of men.休息の強さは、崇高な形質は、イエスキリストの文字を;ことから来て意識の電源を所持の男性に使用されるの良いです。 Rousseau confesses "All the miracles of Jesus were useful without pomp or display, but simple as His words, His life, His whole conduct" (Lettr. de la Montag., pt. I, lett. iii).ルソー告白"のすべてのイエスキリストの奇跡をなし華やかさやディスプレイは役に立つが、彼の言葉な簡単なもので、彼の人生は、彼の全体を行う" ( lettr.デラ日Montag 。 、 pt 。私は、 lett 。 ⅲ )です。 He does not perform them for the sake of being a mere worker of miracles.彼はそれらのために実行されませんが、単なる労働者の奇跡です。 Everything He does has a meaning when viewed in the relation Christ holds to men.彼はすべての意味には、イエスキリストの関係を保持するときに表示さを贈るのです。 In the class known as miracles of power Jesus does not show a mere mental and moral superiority over ordinary men.クラスでの奇跡の力として知られてイエスキリストが表示されない精神的、道徳的優位を単なる普通の男性です。 In virtue of His redeeming mission He proves that He is Lord and Master of the forces of nature.自分の欠点を補うのが美徳の使命と彼は主の証明がなさ彼は、自然の力をマスターします。 Thus by a word He stills the tempest, by a word He multiplied a few loaves and fishes so that thousands feasted and were filled, by a word He healed lepers, drove out demons, raised the dead to life, and finally set the great seal upon His mission by rising from death, as He had explicitly foretold.こうして彼はスチールザテンペストされた言葉は、彼の言葉を掛け、数千人feasted一身の利益とは満たされたように、ハンセン病患者治癒された単語彼は、運転する悪魔、引き上げは死者を甦らせ、そして最後に設定して国璽彼のミッションは上昇から死の時、彼は明示的に前から予報です。 Thus Renan admits that "even the marvellous in the Gospels is but sober good sense compared with that which we meet in the Jewish apocryphal writings or the Hindu or European mythologies" (Stud. in Hist. of Relig., pp. 177 203).こうしてルナンことがあると認め"でさえ、素晴らしい良識の福音書は、しかし、冷静に比べると会うことを私たちは、ユダヤ人の作り話の記述や、ヒンドゥー教やヨーロッパの神話" ( stud.の履歴です。のrelig 。 、 pp 。 177 203 ) 。

Hence the miracles of Christ have a doctrinal import.それゆえ、教義は、イエスキリストの奇跡をインポートします。 They have a vital connection with His teaching and mission, illustrate the nature and purpose of His kingdom, and show a connection with some of the greatest doctrines and principles of His Church.彼らは彼の教育との接続を非常に重要な使命は、自然と目的を明らかにする彼の王国、および詳細との接続をいくつかの最大の教説と原則を彼の教会です。 Its catholicity is shown in the miracles of the centurion's servant (Matthew 8) and the Syro-phoenician woman (Mark 7).その普遍性が示されているの奇跡を、センチュリオンの使用人(マタイ8 )とsyro -フェニキア人の女性(マーク7 )です。 The Sabbatical miracles reveal its purpose, ie, the salvation of men, and show that Christ's kingdom marks the passing of the Old Dispensation.奇跡の有給休暇を明らかにその目的、すなわち、救世の男性、および詳細はイエスキリストの王国マルクの逝去の報、古い神の摂理です。 His miracles teach the power of faith and the answer given to prayer.彼の奇跡のパワーを教える信仰と祈りの答えを与えられた。 The central truth of His teaching was life.彼の指導の中心は、人生の真理です。 He came to give life to men, and this teaching is emphasized by raising the dead to life, especially in the case of Lazarus and His own Resurrection.彼の人生を与える男性来て、この教えは、死者にものを生活の向上を図ることを強調、特にラザロと彼自身の復活の例です。 The sacramental teaching of the miracles is manifested in the miracle of Cana (John 2), in the cure of the paralytic, to show he had the power to forgive sins [and he used this power (Matthew 9) and gave it to the Apostles (John 20:23) ], in the multiplication of the loaves (John 6) and in raising the dead.聖礼典の教育のマニフェストには、奇跡の奇跡のカナ(ヨハネの第2 )は、麻痺の治療法を、彼は権力を表示する罪を許して[使用されると彼はこのパワー(マタイ9 )とは、それを使徒(ヨハネ20:23 ) ] 、 [乗算は、 loafの複数形(ヨハネ6 )と引き上げて死んでしまいました。 Finally, the prophetic element of the fortunes of the individual and of the Church is shown in the miracles of stilling the tempest, of Christ on the waters, of the draught of fishes, of the didrachma and the barren fig tree.最後に、予言の要素は、個々の運命とは、教会は示されているシュティリングザテンペストの奇跡を、上のキリストの水、魚、通風のは、不毛のイチジクの木のdidrachmaとします。 Jesus makes the miracle of Lazarus the type of the General Resurrection, just as the Apostles take the Resurrection of Christ to signify the rising of the soul from the death of sin to the life of grace, and to be a pledge and prophecy of the victory over sin and death and of the final resurrection (1 Thessalonians 4).イエスキリストの種類により、ラザロの奇跡の復活の総括と同様、イエスキリストの使徒の復活を意味するの立ち上がりの死を、魂からの人生の恵みを受けて罪を、とされるとの約束を取り付けて、勝利を予言以上の罪と死との最後の復活( 1 thessalonians 4 ) 。

(2) The miracles of Christ have an evidential value. ( 2 )イエスキリストの奇跡を証拠価値がある。 This aspect naturally follows from the above considerations.このような点から、当然、上記の考慮事項以下の通りです。 In the first miracle at Cana He "manifested His glory", therefore the disciples "believed in Him" (John 2:11).カナ彼の最初の奇跡は"明らかに彼の栄光" 、したがって、弟子"彼を信じて" (ヨハネ2:11 ) 。 Jesus constantly appealed to His "works" as evidences of His mission and His divinity.イエスキリスト控訴を常に彼の"作品"として彼の使命と彼の神性証拠です。 He declares that His miracles have greater evidential value than the testimony of John the Baptist (John 5:36); their logical and theological force as evidences is expressed by Nicodemus (John 3:2).彼は彼の奇跡を宣言してより大きい値の証言を証拠洗礼者ヨハネ(ヨハネ5:36 ) ;彼らの論理と神学的な力として表現される証拠はニコデモ(ヨハネ3:2 ) 。 And to the miracles Jesus adds the evidence of prophecy (John 5:31).イエスキリストの奇跡と予言の証拠を追加します(ヨハネ17:31 ) 。 Now their value as evidences for the people then living is found not only in the display of omnipotence in His redeeming mission but also in the multitude of His works.今すぐに値を入力し、生活の人々の証拠が見つかっただけでなく、全能の表示にするには彼の欠点を補うだけでなく、多数のミッション彼の作品です。 Thus the unrecorded miracles had an evidential bearing on His mission.したがって、記録されていない奇跡の証拠を有していた彼の使命です。 So we can see an evidential reason for the selection of the miracles as narrated in the Gospels.証拠を見ることはできますので、選択する理由としてナレーションは、福音書の奇跡です。

This selection was guided by a purpose to make clear the main events in Christ's life leading up to the Crucifixion and to show that certain definite miracles (eg, the cure of the lepers, the casting out of demons in a manner marvelously superior to the exorcisms of the Jews, the Sabbatical miracles, the raising of Lazarus) caused the rulers of the Synagogue to conspire and put Him to death.この選択は、目的のために導かれ、メインイベントをクリアして、キリストの生活に至るまでのはりつけと明確に表示することは、特定の奇跡(例えば、ハンセン病患者の治療法を、悪魔の鋳造する方法を見事に優れているのexorcismsは、ユダヤ人は、有給休暇の奇跡は、引き上げのLazarus )の原因と支配者と共謀、シナゴーグを彼に死を置く。 A second reason for the selection was the expressed purpose to prove that Jesus was the Son of God (John 20:31). 2番目の理由は、表現の選択を証明する目的のためにイエスキリストは神の息子(ヨハネ20:31 ) 。

Thus, for us, who depend on the Gospel narratives, the evidential value of Christ's miracles comes from a comparatively small number related in detail, though of a most stupendous and clearly supernatural kind, some of which were performed almost in private and followed by the strictest injunctions not to publish them.したがって、私たちは、 whoに依存して福音の物語は、証拠の値をキリストの奇跡は比較的小さなコード関連を詳細に、かかわらず、ほとんどの膨大な種類と明らかに超自然的、実行されたいくつかの民間部門とのほぼに続いて厳しい命令して公開していません。 In considering them as evidences in relation to us now living, we may add to them the constant reference to the multitude of miracles unrecorded in detail, their intimate connection with our Lord's teaching and life, their relation to the prophecies of the Old Testament, their own prophetic character as fulfilled in the development of His kingdom on earth.を考慮して証拠としての生活に関連して問い合わせ今すぐ追加することがあります定数の参照をして、多数の奇跡を詳細に記録されていない、彼らの親密な接続を、わたしたちの主の教育と生活、その関連して、予言は、旧約聖書の、彼らの自身の予言的なキャラクターとしての開発に果たされる地球上で彼の王国です。

VIII. Ⅷ 。 SPECIAL PROVIDENCES特別providences

Prayer is a great fact, which finds expression in a persistent manner and enters intimately into the life of humanity.祈りは、大きな実際には、持続的な態度で表現を見つけると人類の生活に密接に入る。 So universal is the act of prayer that it seems an instinct and part of our being.ユニバーサルは、法のための祈りを本能とパートのように我々がします。 It is the fundamental fact of religion, and religion is a universal phenomenon of the human race.これは宗教の基本的な事実を、と宗教は、人類の普遍的な現象である。 Christian philosophy teaches that in his spiritual nature man is made to the image and likeness of God, therefore his soul instinctively turns to his Maker in aspirations of worship, of hope, and of intercession.キリスト教の教えが彼の精神的な自然哲学の男が行われるように、神のイメージと似ている、したがって彼の魂が本能的に自分の願望を崇拝するメーカーが、希望、との執り成しです。

The real value of prayer has been a vital subject for discussion in modern times.祈りの真の価値は非常に重要なの件名を議論され、近代回クリックします。 Some hold that its value lies only in its being a factor in the culture of the moral life, by giving tone and strength to character.いくつかの値を保持することがあるだけでその文化を重視されるのは、道徳的な生活、トーンと強さを与える文字です。 Thus Professor Tyndall, in his famous Belfast address, proposed this view, maintaining that modern science has proved the physical value of prayer to be unbelievable (Fragments of Science).チンダル教授はこのように、彼の有名なベルファスト住所、このビューを表示する提案は、近代科学を維持したが証明されるの祈りの物理的な価値を信じられない(断片化した科学) 。 He based his contention on the uniformity of nature.彼は彼の競合をベースに、自然の均一です。 But this basis is now no longer held as an obstacle to prayer for physical benefits.しかし、この根拠としては、現在、もはや開かれた物理的な障害になって祈りをささげるの利点があります。 Others, like Baden-Powell (Order of Nature) admit that God answers prayer for spiritual favours, but denies its value for physical effects.その他、のようなベーデンポーエル(自然の理法)を認めるための祈りを神の精神的な恩恵の回答が、その値を物理的な効果を否定します。 But his basis is the same as that of Tyndall, and besides an answer for spiritual benefits is in fact an interference on the part of God in nature.しかし、彼の根拠は、チンダル同じですが、それに精神的に返事をするメリットは実際に干渉し、自然の神の部分です。

Now Christian philosophy teaches that God, in answer to prayer confers not only spiritual favours but at times interferes with the ordinary course of physical phenomena, so that, as a result, particular events happen otherwise than they should.今すぐキリスト教の神の哲学を教え、祈りに答えてconfers回だけでなく、精神的な恩恵干渉するしかし、通常のコースの物理現象のように、その結果、他よりも彼らは、特定のイベントが発生します。 This interference takes place in miracles and special providences.この干渉が行わ奇跡や特別なprovidencesです。 When we kneel to pray we do not always beg God to work miracles or that our lives shall be constant prodigies of His power.ときに私たちの前にひざまずくを祈ってほしいと懇願わけではありませんので、神が私たちの生活に奇跡をもたらすまたは定数prodigies彼のパワーしなければならない。 The sense of our littleness gives an humble and reverential spirit to our prayer.弊社の小さいという意味では謙虚と畏敬の念を精神を私たちの祈りです。 We trust that God, through His Infinite knowledge and power, will in some way best known to Him bring about what we ask.私たちの神で信頼性の高い、彼の無限の知識と電源を通して、いくつかの方法が最もよく知られて彼は何をもたらすいただきますようお願いします。 Hence, by special providences we mean events which happen in the course of nature and of life through the instrumentality of natural laws.それゆえ、私たちは特別な意味providencesの過程で起こる出来事を自然との生活を通して自然法則の尽力します。 We cannot discern either in the event itself or in the manner of its happening any deviation from the known course of things.のいずれかを識別することはできませんされた方法で、イベント自体またはその起きて任意の既知のコースからの逸脱のことをします。 What we do know, however, is that events shape themselves in response to our prayer.私たちの仕事知って、しかし、イベントの形状自体は、私たちの祈りに対応しています。 The laws of nature are invariable, yet one important factor must not be forgotten: that the laws of nature may produce an effect, the same conditions must be present.不変の自然の法則には、まだ1つの重要なファクターを忘れてはならない:それは、自然法則を生産する効果があります、同じ条件が存在しなければならない。 If the conditions vary, then the effects also vary.の場合、条件によっては、その後の影響も異なる場合があります。 By altering the conditions, other tendencies of nature are made predominant, and the forces which otherwise would work out their effects yield to stronger forces.条件を変更し、他の自然の傾向が優勢、および他の勢力が収率はうまくいくの影響力を強くします。 In this way our will interferes with the workings of natural forces and with human tendencies, as is shown in our intercourse with men and in the science of government.このように私たちは自然の働きを妨害する勢力と人間の傾向は、私たちには示されて男性との関係にある政府の科学です。

Now, if such power rests with men, can God do less?さて、もしこのような力は、男性は、神のことは少ないですか? Can we not believe that, at our prayer, God may cause the conditions of natural phenomena so to combine that, through His special agency, we may obtain our heart's desire and yet so that, to the ordinary observer, the event happens in its ordinary place and time.私たちいないと思われることは、私たちの祈りは、神が原因で、自然現象のための条件を組み合わせることで、彼の特別な代理店を通じて、入手することがあります私たちの心の欲望とはまだありませんので、普通のオブザーバーして、イベントが起こったのは、普通の場所と時間をします。 To the devout soul, however, all is different.敬けんな魂を、しかし、すべてが異なっています。 He recognizes God's favour and is devoutly thankful for the fatherly care.彼は神の恩恵とは、熱心に認識し、父親らしい心遣いに感謝します。 He knows that God has brought the event about in some way.彼を知って、神のおかげで、イベントについては、いくつかの方法です。 When, therefore, we pray for rain or to avert a calamity, or to prevent the ravages of plague, we beg not so much for miracles or signs of omnipotence: we ask that He who holds the heavens in His hands and who searches the abyss will listen to our petitions and, in His own good way, bring about the answer we need.ときに、従って、我々のための祈りを雨や災難を避けるか、または鳳燎原疫病を防ぐには、それほど多くの奇跡や物ごいの徴候を全能:ようお願いして彼は自分の手で天who保持して検索するとwhoジアビス私たちは、嘆願書に耳をしたり、自分自身の良い方法は、その答えをもたらすが必要です。

Publication information Written by John T. Driscoll.出版物の情報執筆者ジョンtドリスコルです。 Transcribed by Don Ross.ドンロス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.のは、カトリックの百科事典、ボリュームXの公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.公認、 1911年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです