Neo - Thomismネオ-t homism

General Information 総合情報

Early in the 19th century in Italy certain Catholic professors of philosophy began to see in Thomas Aquinas's teaching basic principles that might resolve the problems associated with Kantian and Hegelian Idealism, British Empiricism, current Rationalism, Skepticism, and Liberalism. By 1850, neo Thomism or neoscholasticism began to be heard through the writings of Gaetano Sanseverino in Naples, Matteo Liberatore in Rome, and the Jesuit periodical Civilita Cattolica founded in Naples in 1850. 19世紀の早い段階で特定のカトリック大学教授 、イタリアの哲学が始まったのトマスアクィナスに表示さを教えることが基本的な原則の問題を解決するに関連付けられてカント哲学とヘーゲル観念論、イギリス経験主義、現在の合理主義、懐疑的な態度、および自由主義です。られた1850年、ネオthomismまたはneoscholasticismが始まったの文章を聞いたのガエターノsanseverinoにはナポリ、ローマのマッテオリベラトーレ、およびcivilitaカットーリカのイエズス会の定期的なナポリは1850年に設立された。 These efforts were brought to a head by Josef Kleutgen in Germany, Henri LaCordaire in France, Zeferino Gonzales in the Philippines and Spain, and Tommaso Zigliara and Pope Leo XIII in Italy.これらの努力が連れて来らヨーゼフクロイトゲンして頭をドイツでは、アンリラコルデールフランスでは、ゴンザレスzeferino 、フィリピン、スペイン、およびトンマーゾzigliaraと教皇レオ13世はイタリアです。 The charter of this neo Thomism was Leo's Aeterni Patris (1879).憲章は、次のネオthomismは、レオのaeterni patris ( 1879 ) 。 Through subsequent encyclicals, Leo exemplified the applicability of Thomistic ideas to contemporary problems. All subsequent popes, including John Paul II, reiterated the need for a Christian philosophy based on Thomistic principles.後続のencyclicalsを通じて、 レオの適用を例示thomisticのアイデアを現代の問題が発生します。それ以降のすべての教皇、ヨハネパウロ2世を含め、キリスト教の必要性を改めて強調哲学thomisticの原則に基づいています。

The rise of Modernism in the Roman Catholic church after 1900, however, resulted in a multiplicity of ecclesiastical condemnations, a legislated Thomism, and a failure to realize the hopes of Leo XIII.モダニズムの台頭は、ローマカトリック教会の後、 1900年、しかし、多様な結果に教会の非難は、法制化thomism 、との期待を実現するのに失敗したレオ13世です。 Despite this and two world wars, much fruitful work was accomplished by outstanding scholars, numerous periodicals, and editors of historical texts, including the critical edition of the works of Aquinas (the Leonine Edition).にもかかわらず、この2つの世界大戦と、多くの学者実りある優秀な仕事が達成され、数多くの定期刊行物、との歴史的なテキストエディターなどの重要な版の作品をアクィナス(レオニー版)です。 Among the great number of modern scholars who called themselves Thomists (but not neo Thomists or neoscholastics) were Jacques Maritain, Etienne Gilson, Martin Grabmann, and Yves Congar.うちの大多数は現代の学者と呼ばれる自身who thomists (ネオthomistsまたはneoscholasticsはできません)がジャックマリ、エティエンヌジルソン、マーティングラープマン、とイヴコンガールです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
For reasons still not fully understood, a decided reaction against Aquinas and neoscholasticism occurred in the 1960s.まだ完全には理解を理由に、反対することを決めたアクィナスとneoscholasticism反応が発生したのは1960年代です。 Some have erroneously associated this with the Second Vatican Council, which turned people's minds toward social rather than doctrinal issues.これは、いくつかの関連が誤って第二バチカン公会議、これが人々の心教義上の問題ではなく、社会に向かっています。 Aquinas was, however, the only scholastic doctor mentioned by name in all the conciliar documents.アクィナスは、しかし、唯一の修学医師の名前を記載した書類のすべてのconciliarです。 The real reasons for the decline of neoscholasticism must be sought in the wider sociological and psychological concerns of contemporary society.本当の理由をneoscholasticismしなければならないの衰退を求められて広く社会学や心理学、現代社会の懸念をします。

Bibliography: 書誌事項:
Y Congar, A History of Theology (1968); E Gilson, The Christian Philosophy of Saint Thomas Aquinas (1957); RM McInerny, ed., New Themes in Christian Philosophy (1968); B Smalley, The Becket Conflict and the Schools: A Study of Intellectuals in Politics (1973) yコンガールは、歴史の神学( 1968 ) ;メールジルソン、聖トマスアクィナスは、キリスト教の哲学( 1957 ) ; rm mcinerny 、エド。 、新しいテーマをキリスト教哲学( 1968 ) ; bスモーリーは、紛争や学校ベケット:知識人の政治を研究( 1973 )


Neo - Thomismネオ-t homism

Advanced Information 高度情報

Neo-Thomism is a twentieth century revival of the thought of Thomas Aquinas.ネオthomismは、 20世紀のトマスアクィナスの復活という考えです。 Thomism had been the dominant philosophy undergirding Roman Catholic theology from the fifteenth century. thomismていたローマカトリック神学の支配的な哲学undergirding 15世紀からです。 Under the pace setting interpretations of such thinkers as Cajetan in the early sixteenth century a complex system which spoke to the needs of both theology and contemporary philosophical questions developed.のペースに設定されてこのような思想家としての解釈をcajetan 16世紀の初めに、複雑なシステムのニーズに合わせてスポークの両方の神学と現代哲学的な質問を開発します。 Thomism appeared to have triumphed in 1880 when Pope Leo XIII declared it to be the official (though not exclusive) philosophy of Catholic schools. 1880年に登場thomism triumphedときには教皇レオ13世の公式に宣言して(排他的ではありません)の哲学のカトリック系の学校です。

However, at the same time it became clear that Thomism's posture was threatened by the increasing popularity of Kantian philosophical principles.しかし、それと同時にことが明らかにthomismの姿勢に脅かされているの人気の高まりは、カント哲学の原則です。 In the twentieth century the movement bifurcated.分岐のは、 20世紀の動きをします。 Transcendental Thomism, represented by Joseph Marechal, Bernard Lonergan, and Karl Rahner, self consciously adapted itself to Kantian thought.超越thomism 、ジョセフマレシャル表され、バーナードロナガン、およびカールラーナー、自己意識的に自分自身をカントの思想に適応します。 But another wing, under the leadership of Etienne Gilson and Jacques Maritain, sought to recover a pure version of the teachings of Aquinas himself.しかし、別の翼、テティエンヌのリーダーシップの下でジルソンとジャックマリ、純粋な回復を模索してきたのバージョンのアクィナスの教えを自分自身です。 Eventually this understanding crossed confessional boundaries to include such Protestants as EL Mascall.結局、このような理解を含める交差告白プロテスタントの境界としてエルマスカルです。 This article will concentrate on this latter movement.この記事は、この後者の運動に専念する。

The metaphysical distinctive of neo Thomism may be found in its insistence on the maxim that "existence precedes essence."独特のネオ形而上学thomismのが見つかることがありますが、その主張して、マキシム"の前に本質的に存在します。 " For that reason Maritain has claimed that Thomism is the original existentialism.そのためにマリはthomismは、オリジナルの実存主義と主張しています。 Put simply, this means that one has to know that something exists before one knows what it is, and before one knows that something exists, one has to accept that anything exists.置くだけで、つまり、 1つは、 1つのことを知って何かが存在する前に知ってどのようなことは、何かを知っていると前に1つ存在する場合は、 1つのことを受け入れることは何も存在しています。 This latter conviction is not the result of a rational deduction; it is an immediate awareness.この後者の有罪判決に合理的ではないの結果を控除;ことは即座に認識します。 Thus the act of being, apprehended in a direct intuition, precedes its various modalities.したがって、法のが、逮捕に直接直観、その前に様々な様式です。

This apprehension of being leads the Thomist to posit the existence of God via the cosmological argument.この不安をthomistが置かれているものをリードして、神の存在を引数を経由して宇宙論です。 For even though the reality of being is an inescapable fact, it is not a logically necessary truth.にもかかわらず、現実には避けられないが実際には、論理的に必要な真実ではないのです。 Being exists, but need not exist.が存在する場合は、しかし、存在する必要はありません。 Thus being is inherently contingent, and its contingency makes it finite.そのためには本質的に付随し、有事すること有限です。 If it exists in view of having no inherent necessity to do so, it must be caused to exist.が存在する場合は、対象の固有の必要性がないこれを行うには、原因が存在しなければなりません。 Also, the very forms which being assumes are due to the interplay of various causes; and the fact of change, so characteristic of being, must be the result of causal actions as well.また、これは非常にフォームが前提との相互作用のためには様々な原因;としたという事実を変更するので、特性が、因果関係の結果を操作しなければならないです。 Thus being is bounded by causes wherever it appears.そのためにはどこに囲まれたことが原因で表示されます。

However, since it is a logical absurdity for anything to cause itself, there must be an external cause of being.しかし、これは何かを起こすための論理のばかばかしさ自体、存在しなければなりませんが、外付けが原因で発生します。 Now if that cause is also finite, we have not grounded finite being yet, and it still should not exist.今すぐの原因となる場合も有限、有限接地されていない私たちはまだありませんが、それはないまだ存在します。 A chain of finite causes would carry the same problem with it.鎖の有限性が原因では同じ問題を抱えて運ぶことです。 Hence the Thomist posits an original uncaused cause of all being, viz.それゆえ、オリジナルのthomist posits uncausedが原因で発生するすべてのが、 viz 。 God.神。 It must be noted that this argument is based on the metaphysical necessity for a cause of being, not on a need for explanation, as would be the case with Leibniz's principle of sufficient reason.この引数を指摘しなければならない必要性に基づいて、形而上が大義のために、説明する必要がない上、ケースとしてのはライプニッツの原理の十分な理由です。

The understanding of God as unconditioned necessary existence goes far in providing the basis for Thomistic natural theology.神の理解を深めて無条件に必要な存在として、遠くまでいけるのthomistic自然神学の基礎を提供しています。 For if God is uncaused, he is unlimited.もし、神様がuncaused 、彼に制限はありません。 Then he contains all perfections infinitely; eg, he is all - good, omnipresent, omniscient, all - loving, perfect person, etc. There can be only one such God, since a God who possesses all perfections cannot differ from any other God who would also possess all the identical possessions.無限に入力し、彼を含むすべての完成;例えば、彼はすべてを表示-良い、遍在、全知、すべての-愛する、完璧な人など1つだけすることもでき、このような神よ、神w h o保有して以来、すべて完成することはできません異なる他の神w h oもまた同一のすべての財産を保有します。 Thus Thomists feel confident that their philosophical arguments concern the same God whom they worship in church.したがってthomists哲学の引数に懸念を感じる確信してかれらの神と同じでは教会の礼拝です。

Thomism understands the relationship between God the Creator and the created order to be analogical. thomismの間の関係を理解して、神の創造と類推するためには、作成する。 God is the source of all being, and finitude participates in his being, but only with limitations.神は、ソースのすべてのが、彼が有限に参加して、制限がある場合だけです。 In the matter of applying language to God, predication proceeds analogically as well.問題は、神の言語を適用し、収益の叙述類推されます。 Language is derived from the finite world.有限世界の言語に由来しています。 But then it is applied to God with the understanding that he is the source of all named properties and that he posseses all those properties without limitation.しかし、神を入力して適用されることは理解して彼は、ソースのすべての名前付きプロパティとその彼はこれらのプロパティを持つすべての制限があります。 For example, one may apply the word "love" to God, even though it is a word learned within human finite relationships, because God is pure love and the originator of all human love.たとえば、 1つの単語がかかる場合があります"愛"を神にもかかわらず、言葉を学んだことは人間の有限の関係に、神は純粋な愛とするため、発信者のすべての人間愛です。

The insistence on being over essence also makes itself felt in Thomism's understanding of the human person.以上のエッセンスが主張しても作ってthomism自体への理解を感じられる人間です。 Thomism avoids both a Platonic mind - body dualism and a reductive materialism.プラトニックな心の両方を避けてthomism -体の二元論と還元的唯物論です。 With the understanding of the soul as the form of the body, the human is seen as a unit, composed of soul and body in mutual dependence.との魂の理解を深めて体の形として、人間のを一つのユニットと見られて、魂と体を構成相互依存します。 Thus, for instance, cognition combines both the physical / empirical (sensation) and the spiritual (abstraction).したがって、例えば、認知組み合わせたの両方の物理的/経験的(感覚)との精神的(抽象化) 。 Thomistic writings have consistently defended the dignity and integrity of human personhood, particularly against totalitarian ideologies.文章は一貫thomisticの整合性を擁護する人間の尊厳と人間性、特に全体主義的イデオロギー反対です。

In theology Thomism has usually been linked to conservative expressions of orthodox doctrines, partially due to the close dependence on Aquinas's own formulations.神学thomismでは、通常の保守を表現したものをリンクして正統派の教説は、部分的アクィナスのために依存して、独自の配合に近いです。 Since the Second Vatican Council it has lost much ground in Catholic circles to philosophies of more recent origin, eg, phenomenology or process thought, due to a certain impatience with Thomism's supposedly outmoded Aristotelianism.第二バチカン公会議以来、失われることが多く地面にカトリック界の他の最近の哲学の起源を、例えば、現象やプロセス思考のために、特定の焦燥をthomismのaristotelianismたぶん時代遅れのです。 At the same time there has been some movement in evangelical Protestantism to adopt Thomistic philosophical principles for purposes of apologetics and theological enhancement, eg, by Norman L Geisler.それと同時にいくつかの運動をされプロテスタント福音主義の原則を採用するthomistic哲学と神学の強化弁証の目的のために、例えば、ノーマン左ガイスラーされています。

W Corduanワットcorduan
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
NL Geisler, Philosophy of Religion; E Gilson, The Christian Philosophy of St. Thomas Aquinas; J Maritain, The Degrees of Knowledge and Scholasticism and Politics; EL Mascall, Existence and Analogy. nlガイスラー、宗教哲学;メールジルソン、哲学は、キリスト教の聖トマスアクィナス;無しマリ、この程度の知識とスコラ学と政治;エルマスカル、存在と類推します。


Also, see:また、参照してください:
Thomism thomism

Summa Theologiae 総合的研究論文theologiae


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです