The Occultオカルト

Advanced Information 高度情報

The term refers to "hidden" or "secret" wisdom; to that which is beyond the range of ordinary human knowledge; to mysterious or concealed phenomena; to inexplicable events.の項を参照して"非表示"または"秘密"の知恵;してこれは普通の人間の知識の範囲を超え、または隠匿を神秘的な現象;に不可解な出来事です。 It is frequently used in reference to certain practices (occult "arts") which include divination, fortune telling, spiritism (necromancy), and magic.頻繁に使用されることは、特定の事例を参考に(オカルト"芸術" )が含まれ占い、占い、交霊術(降霊術) 、および魔法のようだ。

Those phenomena collectively known as "the occult" may be said to have the following distinct characteristics: (1) the disclosure and communication of information unavailable to humans through normal means (beyond the five senses); (2) the placing of persons in contact with supernatural powers, paranormal energies, or demonic forces; (3) the acquisition and mastery of power in order to manipulate or influence other people into certain actions.これらの現象の総称として知られて"オカルト" 5月によるとを明確には、以下の特徴: ( 1 )の開示とコミュニケーションの情報をご利用いただけませんが人間に正常な手段を通じて(超えて五感) ; ( 2 )連絡先の人物の配置神通力があると、超常現象のエネルギーか、または悪魔軍、 ( 3 )は、取得とパワーを自分のものにするために他の人々に影響を与えるの操作や、特定の行動をします。

In an attempt to achieve legitimization and acceptance from the larger society, advocates of occultism have in recent years portrayed the occult as basically amenable to scientific investigation.正当化する試みを達成するために、より大きな社会から受け入れ、擁護派の神秘が、近年のオカルトとして描かを伴わずに、基本的に科学的な調査ができませんでした。 Parapsychology and graphology are two fields in which the claim to scientific status is often advanced.超心理学や筆跡には2つのフィールドには、科学的な状態は、しばしば高度な主張しています。 There is considerable disagreement in both the academic world and the religious world as to whether parapsychology, for example, is the "scientific" study of occult phenomena.には、学問の世界の両方でかなりの意見の相違や超心理学、宗教的な世界とするかどうか、たとえば、のは、 "科学技術"の研究オカルト現象です。 It would appear that the very character of the occult indicates that it deals with contradictory or dissonant knowledge claims that are difficult, if not impossible, to investigate or validate.それが表示されるのは、非常にオカルトの文字を扱うことを示して矛盾や不協和音の知識は難しいと主張し、そうでない場合は不可能な、を調査するかを検証します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
However, recent developments not only in science but in the arts, politics, psychology, and religion indicate a broad shift in Western culture to increased acceptance of a common set of presuppositions that parallel the occult mystical world view, which is in stark contrast to the biblical world view of historic Christianity.しかし、最近の動向だけでなく、科学しかし、芸術、政治、心理学、及び宗教の広範な変化を示す欧米の文化を受け入れ、共通のセットの増加presuppositionsオカルト神秘的な世界観を平行して、これは全く対照的に、キリスト教の聖書の歴史的な世界観です。 The classical systems of occult philosophy and their more recent "new age" variants are fundamentally identical with the "cosmic humanism" that characterizes much of the contemporary world.古典的システムのオカルト哲学とそのほかの最近の"ニューエージ"とは根本的に同一種の"宇宙ヒューマニズム"という現代世界の多くの特徴です。 Likewise, these ideas can be linked with such Eastern religious practices as yoga and meditation and an accompanying philosophy which asserts a definition of reality that ultimately denies the personal God of the Bible, promotes the essential divinity of man, and rejects any absolute statement of moral values.同様に、これらのアイデアにリンクできるような宗教的な慣行として東部とヨガと瞑想の定義を添付の哲学をアサートする現実を踏まえて最終的に否定して個人的な神の聖書の、人間の神性推進して欠かせない、との声明を拒否する任意の絶対的な道徳的な値です。

The occult mystical world view and its associated religious expression, especially in the Eastern cults presently active in the West, can be analyzed in terms of the following components:オカルト神秘的な世界観とそれに関連付けられた宗教的な表現、特にカルトの東部西部で活躍している現在、分析に利用できるのは、次のコンポーネント:

(1) The promise of godhood, man is a divine being. ( 1 )の約束を神格、人間は神ている。 All forms of occult philosophy proclaim that the true or "real" self of man is synonymous with God.すべての形態のことを宣言するオカルトの真の理念や"本物の"自己の人間は神と同義です。 Such views are all patterned after the archetypal lie of the serpent in Gen. 3:4, "You will be as gods."このような再生回数はすべてうそをつくの典型的パターン化した後、午前3時04 Gen 。と、ヘビは、 "神として表示される。 "

(2) The notion that "all is one", God is everything (pantheism). ( 2 )の概念は、 "すべては1つ" 、神はすべて(汎神論)です。 There is only one reality in existence (monism), and therefore everyone and everything in the material world is part of the Divine.現実には1つしか存在している(一元論) 、およびそのための素材のすべてのみんなと世界は神の部分です。 It follows that there is no distinction between supernatural and natural, between good and evil, between God and Satan.それ以下の通りの区別がないこと超自然と自然、善と悪の間に、神と悪魔の間です。

(3) Life's purpose is to achieve awareness of the Divine within, self realization. ( 3 )人生の目的を達成するためには、神の意識に、自己実現します。 The path to salvation ("illumination," "enlightenment," "union") is an experiential one.へのパスを救い( "照明" 、 "啓発" 、 "連合" )は、 1つの経験です。 It is the path to gnosis, the seeking of experiential "knowledge" through metaphysical insight.これは霊知へのパスを、経験を求めるの"知識"を通して形而上学的洞察力です。

(4) Humankind is basically good, evil is an illusion or imperfection. ( 4 )人類は基本的に良い、悪いのは妄想や欠陥です。 Ignorance, not sin, is at the root of the human dilemma.無知ではなく、罪は、人間のジレンマのルートにします。 An "enlightened" person will transcend moral distinctions. "賢明な"人は、道徳的な区別を超越する。 There is no need of redemption or forgiveness, only self realization.特典交換する必要はないのか許し、自己実現のみです。

(5) Self realization via spiritual technique leads to power, the God - man is in charge. ( 5 )自己実現につながる経由で精神的な技術力は、神-男性が担当しています。 By employing spiritual technology such as meditation, chanting, and yoga, and through the application of universal laws, the realized being becomes master of his own reality.精神的な技術を採用するなど、瞑想、詠唱、およびヨガ、およびを通じて、アプリケーションの普遍的法則は、マスターの実現が自分自身の現実になる。 He attains the status of guru, or "light bearer," and can influence the lives of others.彼は達人の状態を実現するか、または"光無記名、 "他人の生活に影響を与えることです。

With this broad occult mystical framework in mind, it can be said that the ultimate objective of psychic occult power is to validate the lie of Satan, that man is God and that death is an illusion.この広範なオカルト神秘的なフレームワークを念頭に置いて、それが精神的によると、オカルトパワーの究極の目的は、悪魔がうそを検証するため、あの男は、その死は、神と錯覚します。 In the deceptive quest for godhood and power of men and women are brought under the power of Satan himself.は、不正なクエストを神格と力は、男性と女性は、自分自身悪魔の力を鎮火する。 They are able to manifest a degree of counterfeit power by engaging in occult experiences.彼らは偽造できるように力をマニフェストにある程度の経験をオカルトに従事する。 Such paranormal manifestations represent an imitation of authentic spirituality and demonstrate Satan's true nature as the arch deceiver.超常現象を表すような症状を呈して本格的に模倣して、デモスピリチュアリティサタンの真の性質を欺くのアーチです。

Both the OT and the NT proscribe such spiritually impure occultic activities as sorcery, mediumship, divination, and magic. NTの禁止の両方のotとoccultic活動としてこのような精神的に不純な魔術、霊媒、占い、と魔法のです。 In the OT they are referred to as the "abominable practices" of the pagan cultures which coexisted with the Israelites.は、 otと呼ばれる彼らは、 "極悪非道な行為"は、異教の文化をcoexisted 、イスラエルです。 Involvement with the occult arts was frequently compared to adultery.秘術の関与を姦通は、頻繁に比較している。 Jesus and the NT writers also described the dynamic of Satan's counterfeit spirituality and call for discernment of spiritist activity.イエスキリストと記述して動的NTの作家も偽造の悪魔の精神と見識のspiritist活動を求める。

While Scripture acknowledges both the reality and the power of occultic practices, it proclaims that God through Christ has disarmed the principalities and powers.啓典を認めながら現実との両方のocculticのパワーを慣行、それは、イエスキリストを通して神proclaimsが武装勢力の君主とします。 At the cross of Calvary the works of the devil were destroyed and the powers of darkness were conquered in an ultimate sense.は、クロスのカルヴァリーの作品を、悪魔が破壊された闇の力を征服とは、究極の意味です。

RM Enroth rm enroth
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography: 書誌事項:
B Alexander, Occult Philosophy and Mystical Experience; KE Koch, Between Christ and Satan and Satan's Devices; JS Wright, Christianity and the Occult; SCPJ, Winter 1980 - 81. bアレクサンダー、オカルト哲学と神秘的な体験;集コッホ、悪魔との間に、キリストと悪魔のデバイス; jsライト、キリスト教とオカルト; scpj 、 1980年冬-8 1。


Occult Art, Occultismオカルト芸術、オカルティズム

Catholic Information カトリックの情報

Under this general term are included various practices to which special articles of the Encyclopedia are devoted: ANIMISM; ASTROLOGY; DIVINATION; FETISHISM.されて、この一般的な用語が含まれる様々な慣行は、百科事典には、献身的な特集記事:アニミズム;占星術;占い;フェチです。 The present article deals with the form of Occultism known as "Magic".現在のフォームを扱った記事として知られてオカルティズム"マジック"です。

The English word magic is derived through the Latin, Greek, Persian, Assyrian from the Sumerian or Turanian word imga or emga ("deep", "profound"), a designation for the Proto-Chaldean priests or wizards.派生を通じて、英語の単語マジックはラテン語、ギリシャ語、ペルシャ語、アッシリアからのシュメールまたはimgaトゥラン語族単語またはemga ( "深い" 、 "深い" )は、種別は、プロト-カルデア司祭や魔術師です。 Magi became a standard term for the later Zoroastrian, or Persian, priesthood through whom Eastern occult arts were made known to the Greeks; hence, magos (as also the kindred words magikos, mageia, a magician or a person endowed with secret knowledge and power like a Persian magus.東方の三博士は、標準の用語を、後のゾロアスター教か、またはペルシャ語、聖職に就くを通じて秘術が行われた東部人に知られているギリシア;したがって、 magos (親族の言葉としてもmagikos 、 mageiaは、魔術師や知識人に恵まれているとパワーの秘密ペルシャのゾロアスター教の司祭のようにします。

In a restricted sense magic is understood to be an interference with the usual course of physical nature by apparently inadequate means (recitation of formularies, gestures, mixing of incongruous elements, and other mysterious actions), the knowledge of which is obtained through secret communication with the force underlying the universe (God, the Devil, the soul of the world, etc.); it is the attempt to work miracles not by the power of God, gratuitously communicated to man, but by the use of hidden forces beyond man's control.狭義にはマジックでは理解されるの干渉を起こすことなく、いつものコースの物理的な性質を明らかに不十分な手段(暗唱のformularies 、ジェスチャー、ミキシングのちぐはぐな要素、およびその他の神秘的な行動)は、秘密の知識をこれはコミュニケーションを通じて得られた根底に、宇宙の力(神、悪魔は、魂の世界、等) ;ことが奇跡の試みを仕事に神の力を特定され、不当に伝達される男が、軍の使用によって、隠された男の制御を超えです。 Its advocates, despairing to move the Deity by supplication, seek the desired result by evoking powers ordinarily reserved to the Deity.その擁護派は、絶望的に移動するに神を懇願、 evokingを求める権限を、目的の結果を予約して、通常の神です。 It is a corruption of religion, not a preliminary stage of it as Rationalists maintain, and it appears as an accompaniment of decadent rather than of rising civilization.それは、腐敗の宗教ではなく、予備段階の合理を維持することとして、それを伴奏として表示されるの上昇ではなく、文明の退廃的です。 There is nothing to show that in Babylon, Greece, and Rome the use of magic decreased as these nations progressed; on the contrary, it increased as they declined.を表示するには何もしてバビロン、ギリシャ、ローマの使用を魔法の減少と、これらの国として進んで;それどころか、彼らが増加したとして承認されませんでした。 It is not true that "religion is the despair of magic"; in reality, magic is but a disease of religion.それは事実ではないが"宗教は、絶望の魔法" ;現実には、マジックは宗教ではなく、病気です。

The disease has been widespread; but if one land may be designated as the home of magic it is Chaldea, or Southern Babylonia.その病気され広範な;しかし、 5月に指定される場合に1つの土地のホームの魔法のことは新バビロニアか、または南部のバビロニアです。 The earliest written records of magic are found in the cuneiform incantation inscriptions which Assyrian scribes in 800 BC copied from Babylonian originals.最古の記録を書かれたのが発見された魔法の呪文くさび形文字の碑文は紀元前800アッシリアscribesでバビロニアの原本からコピーします。 Although the earliest religious tablets refer to divination and in the latest Chaldean period, astrology proper absorbed the energy of the Babylonian hierarchy, medicinal magic and nature magic were largely practiced.最古の錠は、宗教や占いを参照して、最新のカルデア期間中、占星術のエネルギーを吸収するバビロニアの適切な階層では、魔法の薬と自然と魔法の練習がほとんどです。 The Barupriest as the diviner seems to have held the foremost rank, but hardly inferior was the Ashipu-priest, the priest of incantations, who recited the magical formularies of the "Shurpu", "Maklu", and "Utukku".予言者のようにbarupriestとして一流が開かれたが、ほとんどは、下ashipu -司祭は、司祭の魔法の呪文、 who読誦formulariesの魔法は、 " shurpu " 、 " maklu " 、および" utukku "です。 "Shurpu" (burning) was a spell to remove a curse due to legal uncleanness; "Maklu" (consuming) was a counter-spell against wizards and witches; "Utukki limmuti" (evil spirits) was a series of sixteen formulae against ghosts and demons. " shurpu " (書き込み)は、スペルを削除するに呪いのために法的uncleanness ; " maklu " (消費)は、カウンタ-スペル反対ウィザードと魔女; " utukki limmuti " (悪霊を退散させる)が、一連の16式対幽霊と悪魔です。 The "Asaski marsuti" was a series of twelve formulae against fevers and sickness. " asaski marsuti "は、シリーズの12式対発熱と病気です。 In this case the evil influence was first transferred to a wax figure representing the patient or an animal carcass, and the formulae were recited over the substitute.この例では、悪の影響力が最初に転送して患者のろう人形や、動物の死体を代表する、との代用式が読誦します。 Ti'i tablets, nine in number, give recipes against headache. ti'i錠、 9人の数は、レシピを与えるの頭痛の種です。 The "Labartu" incantations repeated over little figures were supposed to drive away the ogres and witches from children. " labartu "魔法の呪文を繰り返し数字は以上ですほとんどの子供たちから鬼と呼び、魔女です。 All these formulae pronounced over the figures were accompanied by an elaborate ritual, eg,以上のすべての式発音での数値は、同行された精巧な儀式、例えば、

A table thou shalt place behind the censer which is before the Sun-God (Statue of Shamash), thou shalt place thereon 4 jugs of sesame wine, thou shalt set thereon 3 x 12 loaves of wheat, thou shalt add a mixture of honey and butter and sprinkle with salt: a table thou shalt place behind the censer which is before the Storm-God (Statue of Adad) and behind the censer which is before Merodach.なたの背後にあるテーブル香炉shalt場所が太陽の前に、神(像のシャマシュ) 、なたshalt 4位のパブリック用ジャグのゴマワイン、なたのパブリックshaltセット3 × 12 loafの複数の小麦、なたshaltハチミツとの混合物を追加するバターと塩を振りかける:なたshalt場所の背後にあるテーブルは嵐の前の香炉-神(像アダド)との背後に香炉これは前にmerodachです。

The magicians mentioned above were authorized and practiced "white", or benevolent, magic; the "Kashshapi", or unauthorized practitioners, employed "black" magic against mankind.上述の手品師が認可と実践"白"か、または慈善、マジック;の" kashshapi " 、または不正な開業医、雇用"黒"マジックに対する人類のです。 That the latter had preternatural powers to do harm no one doubted; hence the severe punishment meted out to them.後者は、超自然の力がこれを行うに悪影響を与えるの1つの疑問;それゆえに厳しい刑罰の割り当てアウトしています。 The Code of Hammurabi (c. 2000 BC) appointed the ordeal by water for one who was accused of being a sorcerer and for his accuser.のハムラビ法典(紀元前2000年c. )に任命され、水を1つの試練whoは、魔術師と非難されている彼の告発をします。 If the accused was drowned, his property went to the accuser; if he was saved, the accuser was put to death and his property went to the accused.溺死した場合は、被告人は、彼の財産はして告発;もし彼が保存すると、告発は死刑を行った被告人と彼の財産です。 This of course took place only if the accusation could not be satisfactorily proven otherwise.これは当然非難行われた場合にのみ、他の実証満足できませんでした。 The principal god invoked in Chaldean Magic were Ea, source of all wisdom, and Marduk (Merodach) his son, who had inherited his father's knowledge.カルデアの主要な神のマジックが呼び出さEAでは、ソースのすべての知恵、およびマルドゥク( merodach ) 、彼の息子、 whoいた彼の父の知識を継承します。 A curiously naive scene was supposed to be enacted before the application of a medicinal spell: Marduk went to Ea's house and said: "Father, headache from the underworld hath gone forth. The patient does not know the reason; whereby may he be relieved?"素朴なシーンは、不思議なはずの前に制定されたアプリケーションは、薬効のスペル:マルドゥク行ったEAの家とによると: "父よ、かれらの頭痛の種からの地下goneいます。その患者を知っている理由はありません;です年5月彼が安心ですか? " Ea answered: "O Marduk, my son, what can I add to thy knowledge? What I know thou knowest also. Go, my son Marduk"; and then follows the prescription. EA本文の答え: "ああ、マルドゥク、私の息子は、どうすればカートになたの知識ですか?なたは知っても私が知っている。行く、私の息子マルドゥク" ;と入力し、次のように、処方します。 This tale was regularly repeated before use of the recipe.この物語は、使用する前に、レシピを定期的に繰り返される。

Without suggesting the dependence of one national system of magic upon another, the similarity of some ideas and practices in the magic of all peoples must be noted. 1つの依存性を示唆して全国的なシステムの魔法が他人には、いくつかの類似の思想と実践を、すべての人々の魔法を留意しなければならない。 All rely on the power of words, the utterance of a hidden name, or the mere existence of the name on an amulet or stone.言葉の力に依存してすべての発言は、隠し名、または、単なるの存在をお守りや石の上での名前です。 Magic was supposed to be the triumph of intellect over matter, the word being the key to the mysteries of the physical world: utter the name of a malignant influence and its power is undone; utter the name of a benevolent deity and force goes out to destroy the adversary.マジックは知性の勝利をはずの問題、という言葉がの鍵を握るの物理的な世界の謎を探る:悪性の名前を口に影響を与えるとそのパワーがほどけて;全くの名前を、慈悲深い神と強制的に古くなってしまう敵を破壊する。 The repeated naming of Gibel-Nusku and his attributes destroyed the evil influence in the wax figure representing the person concerned.命名の繰り返される属性のフナ- nuskuと彼の影響力を破壊する邪悪な人間関係を表すのろう人形です。 The force of the Gnostic Iota-Alpha-Omega was notorious.グノーシス主義の力をイオタ- α -オメガは、悪名高いです。 In Egyptian magic a mere agglomeration of vowels or of meaningless syllables was supposed to work good or evil.エジプトのマジックは、単なる集積の母音や音節の無意味な仕事がいいか悪いはずです。 Their barbarous sounds were the object of ridicule to the man of common sense.その野蛮なサウンドは、物笑いの種にその男の常識です。 In many cases they were of Jewish, or Babylonian, or Aramaic origin and because unintelligible to Egyptians, the words were generally corrupted beyond recognition.多くの場合、彼らは、ユダヤ人か、またはバビロニアか、またはアラム語を起源とエジプト人のため判読できない、という言葉が一般的に破損し原形をとどめないほどにします。 Thus on a demotic papyrus is found the prescription: "in time of storm and danger of shipwreck cry Anuk Adonai and the disaster will be averted"; on a Greek papyrus the name of the Assyrian Ereskihal is found as Eresgichal.パピルスは、民衆のための処方箋が見つかった: "の時の嵐と難破船の危険性や災害泣くanuk上帝回避される" ;は、ギリシャ語の名前をパピルスereskihalが見つかったとしては、アッシリアeresgichalです。 So potent is a name that if an inscribed amulet be washed and the water drunk or the charm written on papyrus be soaked in water and this taken, or if the word be written on hard-boiled eggs without shell and these eaten, preternatural powers come into play.これは、名前を強力なお守りに内接場合に洗って、水の飲酒やパピルスの魅力書いて水に浸したこの取られるか、または上に書き込まれる単語の場合、ハードシェルや、これらのゆで卵を食べて、超自然の力来るを再生します。 Another prevalent idea in magic is that of substitution: the person or thing to be affected by the spell is replaced by his image, or, like the "ushabtiu" figures in Egyptian tombs, images replace the protective powers invoked, or lastly some part (hair, nailparings, garments, etc.) take the place of the whole person.魔法のアイデアでは、別の流行の交代:ことをしている個人またはスペルによって影響を受けることは、彼のイメージに置き換えられてか、または、のように" ushabtiu "フィギュアにエジプトの墓は、画像を交換して呼び出される保護パワーズか、または最後にいくつかの部分(髪、 nailparings 、服装、等)取って代わるの全体の人です。 The almost universal "magic circle" is only a mimic wall against the wicked spirits outside and goes back to Chaldean magic under the name of usurtu, made with a sprinkling of lime and flour.ほぼ全世界の"マジックサークル"は模倣のみを壁に反対する邪悪な霊の外にまでさかのぼるとカルデアの名の下にマジックusurtu 、石灰が混ざって作られ、小麦粉です。 If the medical wizard or the Indian sorcerer surrounds himself or others with a rampart of little stones, this is again but the make-believe of a wall.インドの場合は、医療の作成ウィザードまたは自分自身や他人魔術師の周囲を巡らすの小さな石、これは、再びしかし、メイクの壁と信じています。 After Babylonia, Egypt was foremost in magic; the medieval practice of alchemy shows by its name its Egyptian origin.バビロニアした後、エジプトは、第一にマジック;は中世の錬金術の実践をその名前で、エジプトの起源を示しています。 Coptic exorcisms against all sorts of diseases abound amongst the papyri pertaining to magic, and magic claims a great part of ancient Egyptian literature.コプト語反対exorcismsたくさんの中のあらゆる種類の病気に係るマジックpapyrusの複数形、と魔法の主張の大部分の古代エジプトの文学です。 Unlike Babylonian magic however, it seems to have retained to the last its medicinal and preventive character; it rarely indulged in astrology or prediction.マジックとは異なり、バビロニアしかし、それが保持するようにその薬や予防の最後の文字;甘やかされたことはほとんど星占いや予測します。 Egyptian legend spoke of a magician Teta who worked miracles before Khufu (Cheops) (c. 3800 BC), and Greek tradition tells of Nectanebus, last native King of Egypt (358 BC), as the greatest of magicians.エジプトの伝説のスポークwho働い奇跡の前に、手品師のTetaクフ王( cheops ) ( c.紀元前3800 ) 、および、ギリシャ語の伝統の指示nectanebus 、最終ネイティブキングオブエジプト(紀元前358 ) 、手品師としての最大ののです。

That the Jews were prone to magic is evidenced by the strict laws against it and the warnings of the Prophets (Exodus 22:18; Deuteronomy 18:10; Isaiah 3:18, 20; 57:3; Micah 5:11; cf. 2 Kings 21:6).は、ユダヤ人はマジックする傾向が見られるのは、厳格な法律に反対し、警告して預言者(出エジプト記22:18 ;申命記18:10 ;イザヤ書3:18 、 20 ; 57:3 ;ミカ5:11 ;継続前誌です。 2キングス21時06分) 。 Nevertheless, Jewish magic flourished, especially just before the birth of Christ, as appears from the Book of Enoch, the Testament of the Twelve Patriarchs, and the Testament of Solomon.にもかかわらず、ユダヤ人の魔法の開花、特にイエスキリストの誕生の直前に、この本のイノックとして表示されるよりは、遺言のは、 12 patriarchs 、ソロモンの遺言とします。 Origen testifies that in his day to adjure demons was looked upon as specifically "Jewish", that these adjurations had to be made in Hebrew and from Solomon's books (In Math., xxvi, 63, PG, XIII, 1757).原産地証明して1日を命じる悪魔は、彼の顔として具体的に"ユダヤ人"は、これらadjurationsしなければなりませんからメイドインヘブライ語とソロモンの書籍(数学。 、 26 、 63 、 pg 、 13 、 1757 ) 。 The frequency of Jewish magic is also corroborated by Talmudic lore.ユダヤ人の魔法の周波数をtalmudicもそれを裏付けて伝承されています。

The Aryan races of Asia seem somewhat less addicted to magic than the Semitic or Turanian races.アーリア人のアジアのレースにはまって魔法のように見えるよりもやや少ないトゥラン語族のユダヤ人やレースに出場します。 The Medes and the Persians, in the earlier and purer period of their Avesta religion, or Zoroastrianism, seem to have a horror of magic.メデスと、ペルシャ人は、その期間を、以前のとpurerアベスタ宗教か、またはゾロアスター教、ホラーのは、魔法のようにします。 When the Persians after their conquest of the Chaldean Empire, finally absorbed Chaldean characteristics, the magi had become more or less scientific astronomers rather than sorcerers.ペルシャ人のときに、カルデア帝国征服後に、最後に吸収さカルデアの特徴は、東方の三博士は多かれ少なかれ科学的な天文学者になるというより魔術師です。 The Indians, likewise, to judge from the Rigveda, were originally free from this superstition.インディアンは、同様に、リグヴェーダを判断するから、この迷信は、当初から無料です。 In the Yajurveda, however, their liturgical functions are practically magic performances; and the Atharvaveda contains little else than magical recitations against every ill and for every happening.は、ヤジュルヴェーダ、しかし、彼らの典礼関数は、実質的に魔法の公演;とatharvavedaが含まれ以外のほとんどすべての病気と魔法のrecitationsごとに起きて反対です。 The Sutras, finally, especially those of the Grihya and Sautra ritual, show how the higher aspects of religion had been overgrown by magical ceremonies.の経文、最後に、特にgrihyaとsautraの儀式は、宗教的側面をどのように高い草に覆われたされていた魔法の儀式です。 Against this degeneration the Vedanta makes a vigorous stand and attempts to bring the Indian mind back to earlier simplicity and purity.この変性症のvedantaに対して積極的なスタンドとの試みは、インドの心を持って先頭を以前のシンプルさと純度のです。 Buddhism, which at first disregarded magic, fell a prey to the universal contagion, especially in China and Tibet.仏教、これを最初に無視マジック、下落を食い物には、共通伝染、特に、中国とチベットのです。

The Aryans of Europe, Greeks, Romans, Teutons, and Celts were never so deeply infected as the Asiatics. aryansは、ヨーロッパ、ギリシア、ローマ、 teutons 、およびケルトがないので感染したとして深くasiaticsです。 The Romans were too self-reliant and W practical to be terrified by magic.ローマがあまりにも自立的な恐怖に襲われたとW実用的な魔法があります。 Their practice of divination and auguries seems to have been borrowed from the Etruscans and the Marsi; the latter were considered experts in magic even during the empire (Verg., "Æn.", VII, 750, sqq.; Pliny, VII, ii; XXI, xii).彼らの練習のようauguries占いとされ、エトルリア人から借りたとマルシ;後者の魔法の専門家が検討中の帝国( verg. 、 " ænです。 " 、 7 、 750 、 sqq 。 ;プリニウス、 7世、 2世; xxi 、 12 ) 。 The Dii Aurunci, to avert calamities, used magical power, but they were not native Roman deities. dii aurunciし、災害を回避する、不思議な力が使われ、かれらの神々がネイティブのロマンです。 The Romans were conscious of their common sense in these matters and felt themselves superior to the Greeks.ローマ人への手紙が彼らの常識を意識し、これらの問題に優れていると感じたし、ギリシア人です。 In the first century of our era Oriental magic invaded the Roman Empire.私たちの最初の世紀のローマ帝国時代のオリエンタルマジック侵攻しています。 Pliny in his "Natural History" (AD 77) in the opening chapters of Bk.彼のプリニウス"自然史" (広告77 )は、オープニングの支部をbk 。 XXX, gives the most important extant discussion on magic by any ancient writer, only to brand all magic as imposture. xxxとは、現存する最も重要な議論をするMagicを任意の古代の作家、すべてのマジックとしてのブランドだけに詐欺です。 None the less his book is a storehouse of magic recipes, eg: "Wear as an amulet the carcass of a frog minus the claws and wrapped in a piece of russet-coloured cloth and it will cure fever" (Bk. XXXII, xxxviii).それにもかかわらず彼の本は、雑学の魔法のレシピ、例: "着るの枝肉としては、カエルのお守りの爪とマイナス包まれている作品のあずき色の布と熱硬化ことは" ( bk. 32 、 38 )です。 Such advice argues at least a belief in medicinal magic.このようなアドバイスを主張する信念で、少なくとも魔法の薬です。 But among the Romans it may be said that magic was condemned in every age by many of the best spirits of their day: Tacitus, Favorinus, Sextus Empiricus, and Cicero who even demurred against divination.しかし、ローマ人への手紙の中によると、魔法のかもしれないが非難され、あらゆる年齢の多くは、その日のベストスピリッツ:タキトゥス、 favorinus 、 6番目empiricus 、およびシセロwho demurredに対しても占いです。 Officially by many laws of the empire against "malefic" and "mathematici" magic was forbidden under Augustus, Tiberius, Claudius, and even Caracalla; unofficially, however, even the emperors sometimes dabbled in magic.多くの法律を正式に反対の帝国" malefic "と" mathematici "が禁止されてマジックアウグストゥス、ティベリウス、クラウディウス、さらにカラカラ;非公式に、しかし、時には皇帝はねかけでさえ、魔法のようだ。 Nero is said to have studied it; but failing to work miracles, he abandoned it in disgust.それによるとNeroは当社には勉強;しかし、奇跡の仕事に失敗し、彼は見捨てられたことが嫌気がさしてです。 Soon after the magicians found an imperial supporter in Otho, and tolerance under Vespasian, Hadrian, and M. Aurelius, and even financial aid under Alexander Severus.すぐにした後、手品師の支持者を発見する皇室オト、と寛容されてvespasian 、ハドリアヌス、および男性アウレリウス、アレクサンドルセウェルスも資金援助されています。

The Greeks regarded Thessaly and Thrace as the countries especially addicted to magic.テッサリア、トラキア、ギリシアと考えている国として、特にマジックにはまっています。 The goddess Hecate, who was thought to preside over magical functions, was originally a foreign deity and was probably introduced into Greek mythology by Hesiod.の女神ヘカテ、 whoは、魔法の機能を主宰すると考えられて、外国人の神とは、もともとはギリシア神話には、おそらく導入さヘシオドスです。 She is not mentioned in the Iliad or Odyssey though magic was rife in Homeric times.彼女は記載されていないイリアッドやマジックがはびこって、ホメロスのオデッセイかかわらず回クリックします。 The great mythical sorceress of the Odyssey is Circe, famous for the well-known trick of changing men into beasts (Od., X-XII).神話上の魔術師の偉大な魔法使いのオデッセイは、有名なトリックの変更はよく知られて男性に獣( od. 、 - 12 ) 。 In later times the foremost magician was Medea, priestess of Hecate; but the gruesome tales told of her express the Greek horror for, as well as belief in, black magic.それ以降の倍の第一の魔術師は、メデア、尼僧のヘカテ;しかし、物語は彼女の身の毛もよだつホラーを表現してギリシャ語だけでなく、信念には、黒魔術です。 Curse formulae or magic spells against the lives of one's enemies seem to have found no mightier name than Hermes Chthonios.魔法の呪文式または反対する呪いの命を1つの敵には見つかっていないように見えるmightyの比較級よりもエルメスchthonios名です。 As earth-god he was a manifestation of the world-soul and controlled nature's powers.彼は神として地球に現れ、世界的に魂と自然の権限を制御します。 In Egypt he was identified with Thoth, the god of hidden wisdom, became the keeper of magic secrets and gave his name to Trismegistic literature.エジプトで識別トート彼は、隠された知恵の神の、魔法の秘密となったキーパーは自分の名前をtrismegistic文学です。 Greece, moreover, welcomed and honoured foreign magicians.ギリシャ、また、外国人のマジシャン歓迎と光栄です。 Apuleius, by education an Athenian, in his "Golden Ass" (c. AD 150), satirized the frauds of contemporary wonder-workers but praised the genuine magi from Persia.アプレイウス、教育、アテナイのは、彼の"黄金のロバ" ( c.広告150 ) 、現代ワンダー- satirized 、詐欺の労働者が、正規の魔術師から賞賛ペルシャです。 When accused of magic, he defended himself in his "Apology" which shows clearly the public attitude towards magic in his day.魔法の罪に問われるときに、彼は自分自身を守って彼の"謝罪"を示し、国民的な態度を明確にマジックで彼の日です。 He quoted Plato and Aristotle who gave credence to true magic St. Hippolytus of Rome (A Refutation of All Heresies, Bk. IV) gives a sketch of the wizardry practiced in the Greek-speaking world.彼は引用符でプラトンやアリストテレスwhoは信憑性をtrueに魔法の聖ヒッポリュトスのローマ(反論のすべてのheresies 、 bk 。 4 )では、ウィザードリィの練習をスケッチするのは、ギリシャ語圏の世界です。

Teutons and Celts also had their magic though less is known of it.ケルトteutonsと少ないにもかかわらず、マジックのことが知られています。 The magical element in the First Edda and in the Beowulf is simple and closely connected with nature phenomena.魔法の要素には、ベオウルフの最初のエッダと密接に繋がっては簡単で、自然現象です。 Woden (Wodan) who invented the runes, was the god for healing and good charms.ウドゥン( wodan ) whoルーン文字が発明したのは、神を癒しと良いの魅力です。 Loki was a malignant spirit who harassed mankind and with the witch Thoeck caused the death of Baldur (Balder).ロキは、悪性の精神who嫌がらせを受けると、人類の死の原因とthoeck魔女baldur ( balder ) 。 The magic of the mistletoe seems to be an heirloom from earliest Teutonic times.ヤドリギのマジックは、最古と思われるから、先祖伝来のゲルマン回クリックします。 The magic of the Celts seems to have been in the hands of the druids, who, though perhaps mainly diviners, appear also as magicians in Celtic heroic literature.魔法のように、ケルトの手にも、 druids 、 whoは、おそらく、主divinersかかわらず、表示されるケルトの英雄でも手品師として文学です。 As they wrote nothing, little is known of their magical lore.何も書いて、魔法の伝承のほとんどが知られています。 For modern magic amongst uncivilized races consult especially Skeat's "Malay Magic" (London, 1900).未開のレースの中でモダンなマジックスキートの相談、特に"マレー語マジック" (ロンドン、 1900 ) 。 Magic as a practice finds no place in Christianity, though the belief in the reality of magical powers has been held by Christians and individual Christians have been given to the practice.魔法のない場所に見つかったの練習として、キリスト教、かかわらず、信念は、魔法の力を現実には毎年開催されて個々のキリスト教徒とキリスト教徒を与えられていたの練習をします。 Two main reasons account for the belief: first, ignorance of physical laws.アカウントを2つの主な理由という信念:第一に、無知の物理的な法律です。 When the boundary between the physically possible and impossible was uncertain, some individuals were supposed to have gained almost limitless control over nature.時の境界との間に物理的に不可能である可能性が不透明な、いくつかの個人が得たものにはほぼ無限の性質を制御します。 Their souls were attuned to the symphony of the universe; they knew the mystery of numbers and in consequence their powers exceeded the common understanding.自分の魂を滅ぼし、交響楽団にうまくなじんでは、宇宙;彼らの謎を知っていた数字とその結果としての権限を超えて共通の理解です。 This, however, was natural magic.これは、しかしながら、マジックのは当然です。 But, secondly, belief in the frequency of diabolical interference with the forces of nature led easily to belief in real magic.しかし、第二に、極悪非道な信念では、周波数の干渉を起こすことなく、自然の力を信じて本物の魔法のLEDを容易にします。 The early Christians were emphatically warned against the practice of it in the "Didache" (v, 1) and the letter of Barnabas (xx, 1).初期のキリスト教徒がきっぱりと警鐘を鳴らしてきたの実践は、それを"新約聖書" ( V電源、 1 )との手紙をバルナバ(イグゼクス、 1 ) 。 In fact it was condemned as a heinous crime.実際に凶悪犯罪としてはそれを非難します。 The danger, however, came not only from the pagan world but also from the pseudo-Christian Gnostics.の危険性は、しかし、異教の世界から来ただけでなくだけでなく、キリスト教から疑似gnosticsです。 Although Simon Magus and Elymas, that child of the devil (Acts 13:6 sqq.) served as deterrent examples for all Christians, it took centuries to eradicate the propensity to magic.ゾロアスター教の司祭とサイモンelymasものの、その子悪魔( 13時06 sqq行為です。 )抑止力の例としてのすべてのキリスト教徒は、何世紀かかった魔法の性向を根絶することです。 St. Gregory the Great, St. Augustine, St. Chrysostom, and St. Ephraem inveighed against it.聖グレゴリーの大、聖アウグスティヌス、聖クリュソストモス、と聖ephraem inveighedすることもできます。 A more rational view of religion and nature had hardly gained ground, when the Germanic nations entered the Church and brought with them the inclination for magic inherited from centuries of paganism.合理的対象を他の宗教と自然がほとんど得地面に、ゲルマン国のときに教会と入力してそれらの傾斜によって生じたマジック世紀のペイガニズムから継承した。 No wonder that during the Middle Ages wizardry was secretly practiced in many places notwithstanding innumerable decrees of the Church on the subject.中世の間にも不思議でひそかに練習ウィザードリィは数えきれないほど多くの場所で令にもかかわらず、教会で、被写体です。 Belief in the frequency of magic finally led to stringent measures taken against witchcraft.信念では、周波数の魔法の最後に厳しい措置をとる魔法のLEDです。

Catholic theology defines magic as the art of performing actions beyond the power of man with the aid of powers other than the Divine, and condemns it and any attempt at it as a grievous sin against the virtue of religion, because all magical performances, if undertaken seriously, are based on the expectation of interference by demons or lost souls.カトリック神学として定義されてマジックを超えて、アートが舞台のアクションの力を借りて人間の力以外の神の力、と非難し、任意の試みとしての美徳の罪に、痛ましい宗教、すべての魔法の公演のため、もし実施真剣に、期待に基づいて、干渉されたり、失われたり悪魔の魂です。 Even if undertaken out of curiosity the performance of a magical ceremony is sinful as it either proves a lack of faith or is a vain superstition.たとえ好奇心からのパフォーマンスを実施する魔法の授賞式のいずれかを証明することは罪深いとしての欠如は、無駄な信仰や迷信です。 The Catholic Church admits in principle the possibility of interference in the course of nature by spirits other than God, whether good or evil, but never without God's permission.原則として認め、カトリック教会の干渉の可能性を自然の成り行きでスピリッツ以外の神を、いいか悪いかどうか、決して神の許可なしです。 As to the frequency of such interference especially by malignant agencies at the request of man, she observes the utmost reserve.このような干渉の周波数を特に人間の悪性機関の要請に応じて、彼女は、最大限の準備を観察します。

Publication information Written by JP Arendzen.出版物の情報執筆者jp arendzenです。 Transcribed by Matthew Daniel Eddy.マシューダニエル渦転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XI.のは、カトリックの百科事典、第20巻XI 。の Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認、 1911年2月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

R. CAMPBELL THOMPSON, Semitic Magic (London, 1908); THORNDYKE, The Place of Magic in the intellectual history of Europe in Stud. r.キャンベルトンプソン、ユダヤマジック(ロンドン、 1908 ) ;ソーンダイクは、開催地の魔法は、知的の歴史をヨーロッパで種付け用の雄です。 Hist.履歴です。 Econom. economです。 of Columbia University XXIV (New York, 1905); BUDGE, Egyptian Magic (London, 1899), SCHERMAN Griechische Zauberpapyri (Leipzig, 1909): KIESEWETTER Gesch.二十四のコロンビア大学(ニューヨーク、 1905 ) ;バッジ、エジプトのマジック(ロンドン、 1899 ) 、シャーマンgriechische zauberpapyri (ライプチヒ、 1909 ) :キーゼベッターgesch 。 des neuren Okkultismus (Leipzig, 1891); WIEDEMANN Magic und Zauberei im alten Egypten (Leipzig, 1905), LANG, Magic and Religion (London 1910), HABERT, La religion des peuples non cirilises (Paris, 1907 IDEM, La Magic (Paris, 1908); ABT, Die Apologie des Apulejus ud antike Zauberei (1908), WEINEL, Die Wirkung des Geistes . . . bis auf Irendus (Freiburg, 1899); DU PREL, Magic ale Naturewissenshaft (2 vole., 1899); MATHERS, The Book of Sacred Magic (1458), reprinted (London, 1898); FRASER, The Golden Bough: a Study in Magic and Religion (3 volt., London, 1900). This last-mentioned work is indeed a storehouse of curious information, but is to be used with the utmost caution as it is vitiated by the author's prejudices. Readers are warned against the following works, which are either books on oonjuring or produotions of the RATIONALIST PRESS AGENCY CONYBEARE Myth, Magic and Morals; EVANS, The Old and New Magic; THOMPSON, Magic and Mystery.デneuren okkultismus (ライプチヒ、 1891 ) ;ウィーデマンマジックund zaubereiイムアルテンエジプト(ライプチヒ、 1905 ) 、ラング、マジックと宗教(ロンドン1910 ) 、 habert 、ラ宗教デpeuples以外のcirilises (パリ、 1907年に同じ、ラマジック(パリ、 1908 ) ;アプト、死ぬzauberei antike apologieデapulejusユニバーサルデザイン( 1908 ) 、ワイネルは、死ぬwirkungデgeistes 。 。 。 。 。 bis auf irendus (フライブルク、 1899 ) ;デュプレル、魔法のエールnaturewissenshaft ( 2ハタネズミ。 、 1899 ) ;マザーズ、その本の神聖なマジック( 1458 ) 、転載(ロンドン、 1898 ) ;フレイザーは、黄金の枝:マジックと宗教の研究で( 3ボルトです。 、ロンドン、 1900 ) 。この最後の仕事は確かに言及するの好奇心旺盛な倉庫情報については、されるが、最大限の注意事項として使用されることが汚染された著者の偏見です。読者は、次の作品警鐘を鳴らしてきたが、これは、どちらかの書籍をoonjuringまたは代理店produotionsは、合理プレスコニビア神話、魔法と道徳;エバンス、古さと新しさのマジック;トンプソン、マジックと謎のままです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです