Prophet預言者

General Information 総合情報

In the Old Testament of the Bible the prophets were a succession of men whose inspired utterances molded the shape of Israelite history.聖書は、旧約聖書の預言者の後継者の男性が実に見事な言葉がイスラエルの歴史の形に成形します。 The customary classification of the prophetical books of the Bible into Major Prophets (Isaiah, Jeremiah, and Ezekiel) and Minor Prophets (Hosea, Joel, Amos, Obadiah, Jonah, Micah, Nahum, Habakkuk, Zephaniah, Haggai, Zechariah, and Malachi) is based on the length of the books.机上の書籍の慣習の分類は、聖書の預言者を主な(イザヤ書、エレミヤ、エゼキエル書)と小預言者(ホセア書、ジョエル、アモス、オバデヤ、ヨナ、ミカ、ナホム、ハバクク、ゼパニヤ、ハガイ、ゼカリヤ、マラキ)は、書籍の長さに基づいています。

Chronologically, the prophets may be divided into four groups: (1) Amos, Hosea, Micah, and Isaiah, active in the 8th century BC; (2) Nahum, Zephaniah, Habakkuk, and Jeremiah, immediately preexilic (late 7th to early 6th century); (3) Ezekiel and Second Isaiah, exilic period; (4) the postexilic prophets.年代順に、 5月は、預言者の4つのグループに分けられる: ( 1 )アモス、ホセア書、ミカ、イザヤ書は、紀元前8世紀で活躍している、 ( 2 )ナホム、ゼパニヤ、ハバクク、およびジェレマイアは、直ちにバビロン捕囚以前の( 7日から早期後半6日世紀) 、 ( 3 )エゼキエルと2番目イザヤ書は、追放された期間、 ( 4 ) 、バビロン捕囚後の預言者です。 The prophetic tradition, however, goes back at least as far as Samuel and includes such early figures as Elijah and Elisha.伝統の予言は、しかし、少なくともまでさかのぼるサミュエルし、このような限り早期フィギュアとしてイライジャとエリシャです。

All together the Old Testament prophets voiced a particular way of looking at history and world events.全部で、旧約聖書の預言者の声を見て、特定の道の歴史と世界の出来事です。 They spoke as the mouthpieces of God, addressing his people and revealing to them his divine plan.彼らが話として神のmouthpieces 、アドレッシング彼の人々と明らかにして彼の神の計画です。 They relate the address of God to his people through the processes of history.彼ら関連のアドレスを神に彼のプロセスを通じて人々の歴史をします。 In admonishing the Israelites, calling them to repentance and redemption, the prophets stressed monotheism, morality, and messianism--themes carried forward into Christianity.イスラエルでadmonishing 、良心の呵責を呼び出すと交換して、一神教を強調して預言者、道徳性、およびメシア信仰-キリスト教をテーマに繰り越しです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Old Testament prophets are similar to figures in other cultures of the ancient Near East. 、旧約聖書の預言者が他の人物に似て、古代の文化を近東です。 In the earlier texts, figures such as Samuel are called not only prophet but seer.で、以前の文字、数字などだけでなく、預言者と呼ばれるサミュエルしかし、先見者です。 The seer knew the technical skills of divination and could predict the course of future events; the trade appears in various surrounding cultures.技術的なスキルを知っていたして凡てを見透さ占いやコースを予測するのが将来の出来事;の貿易を取り巻く様々な文化が表示されています。

The prophets of the other nations were on occasion ecstatic figures--persons who performed their tasks by whipping themselves into a state of ecstatic frenzy.預言者は、他の国々に機会が熱狂的なフィギュア-人のタスクを実行w hoホイッピング自身熱狂的な狂乱状態になる。 Whether the Israelite prophets were influenced by or even participants in ecstatic prophecy is a subject of scholarly debate.イスラエル預言者が影響を受けるかどうかも参加者や熱狂的な予言は、アジ研の学術討論会です。 Another facet of the same debate concerns the relationship of the Old Testament prophets to official institutions within the fabric of Israelite society.別の面と同じ議論の関心事は、旧約聖書の預言者の関係機関を公式にイスラエルの織物の社会です。 Some Old Testament prophets may have been cultic functionaries, and others, members of the royal court.旧約聖書の預言者かもしれないいくつかのcultic functionaries 、およびその他、ロイヤルコートのメンバーです。 Or they may have remained aloof from the institutional forms within which their counterparts in other cultures worked, free to develop criticism of cult or court according to the perception of the moment.超然としているか、 5月からの制度が残ってフォームに他の文化に働いている、無料またはを開発する教団の批判を裁判所によると、知覚の瞬間です。

Old Testament prophets expressed their perception in a number of stereotyped forms of speech.旧約聖書の預言者では、多くの知覚表明して紋切り型の形態の演説です。 One of the most common forms defines the prophetic message not simply as a word but also as an event: "The Word of the Lord came to me. . . ."ほとんどの共通のフォームのいずれかのメッセージが表示さ予言定義していないとして単に言葉だけでなく、イベント: "という言葉は、私の主来て。 。 。 。 。 。 。 。 " Also common to the prophets is their ability to intercede for their people.また、預言者に共通するのは、その能力を仲裁人々です。 The prophets report their experiences of the call to action in a stereotyped form: commission, objection, reassurance.報告書は、預言者、自分の体験談を紋切り型の行動を促す内容にするフォーム:委員会は、異議申立、安心です。 A typical form of prophetic speech is the oracle, or word from God, in which the expression of divine judgment is prefixed by an indictment that the prophet understands as his own explanation of cause for the divine judgment.典型的な形の予言演説は、 Oracleのか、または神の言葉よりされるのは、神の裁きの発現が起訴された接頭辞は、預言者として自分自身の説明を理解し、神の裁きの原因です。 In addition to the oracle of judgment, the prophet employs a divine promise for deliverance.に加えて、オラクルの判断では、預言者ムハンマドの従業員を救出、神の約束をします。

In Christian belief the Holy Spirit "spake through the {Old Testament} prophets."キリスト教の信仰は聖霊に感じ、 "旧約聖書) ( speakの過去形を通じて預言者です。 " In the New Testament, prophesying, or ecstatic utterance, was regarded as a special gift bestowed on a select number of men and women.は、新約聖書、 prophesyingか、または熱狂的な発言は、特別な贈り物と見なされるが授与は、男性と女性の数を選択します。 It was accorded great respect until the rise of Montanism in the 2d century AD discredited it in the eyes of the orthodox. 〜にふさわしいことは、大いに尊敬されるまでの上昇世紀のモンタヌスは、 2次元の目には広告を信用して、正統派です。 Thereafter, it was associated primarily with mystics and millenarians, people and sects that were often (but by no means always) labeled as heretical. Among Protestants the Anabaptists and Quakers stress the gift of prophecy. In Islam, Muhammad is believed to be "the Seal of the Prophets," the last and greatest of God's human messengers.その後、主に関連付けられたことは、神秘主義者とmillenarians 、人々と宗派がしばしば(しかし常にではない)異端のレッテルを貼られる。 anabaptists間のプロテスタントのクエーカー教徒のストレスと予言の才能がある。 、イスラム、ムハンマドは見られている"シールは、預言者、 "の最後の、人間の最大の神の使徒です。

George W. CoatsジョージW.コート

Bibliography 書誌事項
Beauchamp, Evode, Prophetic Intervention in the History of Man (1970); Koch, K., The Prophets (1984); Kraeling, EG, The Prophets (1969); Kuhl, Curt, The Prophets of Israel, trans. - Beauchamp 、 evode 、予言した人類の歴史の介入( 1970 ) ;コッホ、 k. 、預言者( 1984 ) ; kraeling 、例えば、預言者( 1969 ) ;クール、素っ気ないは、預言者のイスラエル、日本、トランスです。 by RJ Ehrlich and JP Smith (1960); Robinson, TH, Prophecy and Prophets in Ancient Israel, 2d ed.エールリッヒとJPでのRJスミス( 1960 ) ;ロビンソン、日、古代イスラエルの予言や預言者で、 2次元エドです。 (1978); Sawyer, F., Prophecy and Prophets of the Old Testament (1987). ( 1978 ) ;ソイヤー、女性、予言と、旧約聖書の預言者( 1987 ) 。


Prophet預言者

General Information 総合情報

A prophet is a spokesman for God.預言者の広報担当者は、神です。 Old Testament prophets were not interpreters of God's will; they uttered the actual words which God gave them.旧約聖書の預言者が神のご意志のない通訳;彼らの実際の言葉を口に神は彼らです。 There are two main aspects to their work, forthtelling and foretelling. 2つの主要な側面には、仕事して、 forthtellingとforetellingです。

There were schools of the prophets, but little is known of them (1Sam. 19:19,20; 2Kings 2:3,5; 4:38; 6:1).学校は、預言者があったが、ほとんどわかっていない人( 1sam. 19:19,20 ; 2kings 2:3,5 ; 4:38 ; 6:1 ) 。 There were true and false prophets (Jer. 28:1ff). trueとfalseがあった預言者( jer. : 1 FF )をします。

The prophets of the Old Testament were of two kinds.旧約聖書の預言者の2つの種類があります。 The former, who wrote an interpretative history of the background of the period in which the great writing prophets lived and worked.元、 who書いたの解釈の歴史を、時代を背景にして偉大な書き込みでは預言者を住まいと仕事です。 The latter, also called writing prophets, were Isaiah, Jeremiah, Ezekiel, Daniel and the Twelve Minor Prophets.後者は、預言者とも呼ばれる書き込みがイザヤ書、エレミヤ、エゼキエル、ダニエルとは、 12小預言者です。


Prophecy, Prophet予言は、預言者

Advanced Information 高度情報

The word "prophet" comes from the Greek prophetes, from pro ("before" or "for") and phemi ("to speak").という言葉"預言者" prophetesギリシャ語から来て、よりプロ( "前"または" " )とphemi ( "を話す" ) 。 The prophet is thus the one who speaks before in the sense of proclaim, or the one who speaks for, ie, in the name of (God).したがって、 1つの預言者ムハンマドは、ある意味でwho話す前に宣言するか、またはwho話すための1つ、すなわち、の名の下(神)です。

In the OT there are three terms for the prophet: ro'eh, nabi', and hozeh.は、 otには3つの条件を預言者ムハンマド: ro'eh 、ナビ' 、およびhozehです。 The first and last are distinguished by nuances bearing on the habitual or temporary character of the vision.区別されるが、最初と最後のニュアンスを検索する軸受の文字を常習的または臨時のビジョンです。 Nabi' (he who witnesses or testifies) is best adapted to characterize the prophetic mission.ナビ' (彼who証人や証言)がベスト適応してミッションを特徴付ける予言します。

Prophetic Inspiration予言インスピレーション

The originality of biblical prophecy derives from the phenomenon of inspiration.独自の聖書の予言の現象のインスピレーションに由来します。 As distinct from the sacral figures of pagan antiquity the biblical prophet is not a magician.仙骨からの明確な数字としての異教の古代の聖書の預言者ではないの魔術師です。 He does not force God.彼は神の力はありません。 On the contrary, he is under divine constraint.それどころか、彼は神の制約されています。 It is God who invites, summons, and impels him, eg, Jer.それは、神様がwho招待状、召喚状、およびimpels彼は、例えば、 jerです。 20:7. 20時07分です。

By inspiration God speaks to the nabi', who has to transmit exactly what he receives.神にインスピレーションを話すナビ' 、 whoを送信するには、まさに彼を受信します。 The mode of inspiration is verbal.インスピレーションは口頭でのモードです。 The Bible depicts the mechanism of inspiration as the act by which God puts words (verba) in the mouth of the sacred writers.聖書のメカニズムを描いてインスピレーションを神としての行為によって言葉を(バーバ)は、口の中は、神聖な作家です。 God said to Moses: "I will raise them up a prophet from among their brethren, like unto thee, and will put my words (verba) in his mouth" (Deut. 18:18).神によるとムーサー: "私がこれを甦らせ預言者の中からその兄弟、なたのような、かれは、私の言葉を置く(バーバ)を口にくわえて" ( deut. 18:18 )です。 Similarly to Jeremiah: "I have put my words in thy mouth" (Jer. 1:9).同様にジェレマイア: "私はなたの口の中の単語を入れて" ( jer. 1時09分) 。 The NT confirms the verbal nature of prophetic inspiration (cf. Gal. 1:11-12; I Cor. 15:1-4; I Thess. 2:13; 4:8).口頭でのNTに確認して性質を予言インスピレーション( cf.ギャルです。 1:11-12 ;私コーです。 15:1-4 ;私thess 。 2:13 ;午前4時08分) 。

Yet inspiration does not suppress individuality.まだありませんインスピレーションを抑制する個性はありません。 It is the miracle of theopneustia (II Tim. 3:16).それは、奇跡のtheopneustia ( 2ティム。 3:16 ) 。 To communicate his thoughts to men, God uses men of different culture, character, and status in order that his word might be accessible to all men.彼の考えを人に通信、神では、男性の異なる文化、文字、およびステータスにアクセスするために彼の言葉をすべての人かもしれない。 Inspiration safeguards individuality (cf. Moses in Exod. 3-4; Jeremiah in Jer. 20:14-18, etc.).インスピレーションセーフガードの個性( cf. exodムーサーにします。 3-4 ; jerジェレマイアにします。 20:14-18 、等) 。

The Prophets預言者

The writing prophets of the OT are well known.預言者の書き込みは、 otはよく知られています。 They are usually divided into the four major (Isaiah, Jeremiah, Ezekiel, and Daniel) and the twelve minor (Hosea, Joel, Amos, Obadiah, Jonah, Micah, Nahum, Habakkuk, Zephaniah, Haggai, Zechariah, and Malachi) according to the length of their writings.彼らは通常に分かれての4つの主要な(イザヤ書、エレミヤ、エゼキエル、ダニエル)とは、 12小(ホセア書、ジョエル、アモス、オバデヤ、ヨナ、ミカ、ナホム、ハバクク、ゼパニヤ、ハガイ、ゼカリヤ、マラキ書)によると、彼らの長さの作品を紹介します。

In addition there were many other prophets.加えて数多くの預言者があった。 Moses, who wrote the law of God, was regarded as a nabi' without equal (Deut. 34:10-12).ムーサーよ、神の法who書いたのはナビと見なされる'に等しい( deut. 34:10-12 ) 。 Prophetic voices were also raised in the days of the judges (Judg. 2:1-5; 3:9-11; 4:4; 6:8; I Sam. 3:1).予言の声も提起さの日中には、審査員( judg. 2:1-5 ; 3:9-11 ;午前4時04分;午前6時08分;私サムです。 3:1 ) 。 Samuel came as a second Moses (Jer. 15:1; Ps. 99:6), and his work was continued by Gad and Nathan (II Sam. 12 and 24; I Kings 1).サミュエル来たとして2番目のムーサー( jer. 15:1 ; psのです。 99:6 ) 、および彼の作品は、継続的に出歩き、ネイサン( 2サムです。 12 、 24 ;私キングス1 ) 。 After the separation of the ten tribes Ahijah (I Kings 2), Elijah, and Elisha (I Kings 18-19; II Kings 5ff.) call for particular mention.分離した後、 10部族ahijah (私の王2 ) 、イライジャ、およびエリシャ(私キングス18-19 ; 5ff 2世の王です。 )特定の言及を求める。

After four centuries of prophetic silence John the Baptist is the last of the prophets of the old covenant and the precursor of Jesus (Matt. 19:1; cf. Matt. 3:7ff.; Luke 3:16ff.; John 1:23, 29).沈黙の後、 4世紀の予言は、最後の洗礼者ヨハネは、預言者の前駆体を誓約し、古いイエスキリスト( matt. 19 : 01 ;継続前誌です。マットです。 3時07 FFを指定します。 ;ルーク3:16 FFを指定します。 ;ジョン1:23 、 29 ) 。 In addition to the Baptist, the NT also refers to a prophetic ministry exercised by both men and women.に加えて、バプテストは、 NTの予言を参照しても両方の男性と女性部行使されています。 After Pentecost, mention is made of Agabus (Acts 2:28; 21:10), Jude and Silas (Acts 15:32), and the four daughters of Philip (Acts 21:8-10).聖霊降臨した後、言及が行われるのagabus (行為2:28 ; 21:10 ) 、ジュードとサイラス(行為15:32 )との4つの娘のフィリップ(行為21:8-10 ) 。 We might also cite Anna the daughter of Phanuel (Luke 2:36).私たちの娘のアンナを挙げることもphanuel (ルカ2:36 )です。

The Prophetic Messageの予言的なメッセージが表示さ

The prophecies of the writing prophets of the OT may be divided into three main groups: (1) Prophecies concerning the internal destiny of Israel.預言者の予言は、書面ot年5月の3つの主要なグループに分けられる: ( 1 )内部の運命を予言イスラエルのです。 These declare the judgment of God on the unbelief and iniquities of the people, but promise restoration after the testing period of the Exile.これらの神の判断を宣言してiniquitiesの不信仰の人々と、しかし、約束を修復した後、テスト期間は、亡命者です。 (2) Messianic prophecies. ( 2 )救世主予言します。 These point to the coming Redeemer of Israel and the world.これらをポイントして、今後、イスラエルと、世界の救い主です。 They attain an astonishing clarity and precision in the case of Micah (5:1) and especially Isaiah.驚くほどの明快さと高精度を達成するには、例ミカ( 5:1 )と、特にイザヤ書です。 The latter gives us a striking summary of the saving life and work of Christ (52:13-53).後者は私たちに目を見張るの概要を、イエスキリストの生涯と業績を保存する( 52:13-53 ) 。 (3) Eschatological prophecies. ( 3 )終末論予言します。 These refer to the last days when the kingdom of God will be set up on earth.を参照して、これらのときの最後の日中に神の王国を地球上でセットアップされる。

From a different standpoint we might adopt the following classification.違う視点から私たちは、次の分類を採用するかもしれない。 (1) Prophecies already fulfilled. ( 1 )予言は既に実現します。 Two examples are the Exile, announced by Hosea, Amos, and Micah in the case of northern Israel (deported to Assyria in 722 BC) and Isaiah, Jeremiah, Ezekiel, Hosea, Amos, and Micah in the case of Judah (exiled in Babylon in 586 BC), and of course the coming of Christ himself. 2つの例としては、亡命者、ホセア書を発表した、アモス、ミカは、イスラエル北部の例(アッシリアに強制送還さ紀元前722 )とイザヤ書、エレミヤ、エゼキエル、ホセア書、アモス、ミカはユダの例(亡命中のバビロンは紀元前586 ) 、そしてもちろん、イエスキリストの到来だ。 (2) Prophecies in process of fulfillment. ( 2 )プロセスの充実感を予言しています。 A good case in point is the restoration of the modern state of israel.良いケースでは、復元ポイントは、近代国家のイスラエルです。 The prophecy of Jer. jerの予言のです。 31:31 (cf. Isa. 27:12-13; Ezek. 37:21) found miraculous fulfillment on May 15, 1948, and the physical resurrection of the Israelite nation, as yet incomplete, is a new and up-to-date guarantee that other prophecies will come to realization. 31:31 ( cf. ISAのです。 27:12-13 ; ezekです。 37:21 )見つかりました奇跡の履行を1948年5月15日、イスラエルとの物理的な国の復活を、まだ不完全な、とまでは、新規に日付の他の予言が来る保証することを実現します。 (3) Prophecies not yet fulfilled. ( 3 )予言、まだ実現します。 We may refer to four.を参照して4つのことがあります。 The first is the total recovery of Palestine by all the tribes of Israel (Isa. 27:12-13; Ezek. 37:11-14; Jer. 31:1-5, 31; etc.).トータルの回復を第一に、パレスチナのすべての部族のイスラエル( isa. 27:12-13 ; ezekです。 37:11-14 ; jer 。 31:1-5 、 31 ;等)です。 The second is the destruction of Israel's enemies (Jer. 30:11; Isa. 17:1-3; Ezek. 38-39). 2番目の破壊は、イスラエルの敵( jer. 30:11 ; ISAのです。 17:1-3 ; ezek 。 38-39 ) 。 The third is the collective conversion of Israel (Ezek. 37:6b, 10; Zech. 14:4-5; 12:10). 3番目は、イスラエルの変換を集団( ezek. 37:6 b 、 10 ;ツェッヒ。 14:4-5 ; 12:10 )です。 The fourth is the establishment of the kingdom of God on earth. 4番目の設立は、地球上で神の王国です。 Many prophecies describe the coming of the Messiah, the King of Israel, and the restoration of humanity to righteousness, peace, and happiness under his rule (cf. Isa. 2:4; 11:1-10; 65:19-23), the reconstitution of nature (Ezek. 47:13a; 48:1-35; cf. Rom. 8:19-21), and the reestablishment of converted Israel in the prerogatives of its original vocation (cf. Isa. 49:6; Rom. 11:15; Joel 2:28-32; Hab. 2:14; Isa. 55:4-5; Zech. 8:23).多くの予言のメシア到来したことを説明する、ザキングオブイスラエル、日本、および修復を人類の正義、平和、と幸福を彼に支配されて( cf. ISAのです。 2時04分; 11:1-10 ; 65:19-23 )は、自然の再構成( 47:13をezek. ; 48:1-35 ;継続前誌です。 ROMから起動します。 8:19-21 ) 、およびイスラエルの回復の変換は、元の職業の特権( cf. ISAのです。 49:6 ; ROMから起動します。 11:15 ;ジョエル2:28-32 ; habです。 2時14 ; ISAのです。 55:4-5 ;ツェッヒ。 8時23分) 。 Before the kingdom of God is set up, the earth will be the scene of the return and temporary reign of the Messiah (cf. Rev. 20:2b-3, 4b) and Israel will be God's instrument (Zech. 8:13) for the conversion of the nations.神の前に王国を設定すると、地球のシーンは、一時的な支配の返還と、メシア( cf.改訂20時02 b - 3 、 4b )とイスラエルは神の音源( zech. 8:13 )への変換のための国です。

Prophets and Prophecy of the NT Period NTの期間は、預言者と予言

The names of early Christian prophets are few (Acts 11:27-28; 15:30-32; 21:10; Martyrdom of Polycarp 12:3; 16:2), yet these prophets were nonetheless powerful persons within the church who spoke the word of the risen Lord with authority: (1) Their presence and activity were widespread (cf. Acts 20:23 with 21:10-11).キリスト教の預言者の名前を初めには、いくつかの(行為11:27-28 ; 15:30-32 ; 21:10 ;殉教のpolycarp 12時03分、 16時02分) 、まだありませんがそれにもかかわらず、これらの預言者の強力な人に教会whoスポークという言葉の権威をもって、上昇の主: ( 1 )自分の存在と活動が広範囲( cf. 20:23行為を21:10-11 ) 。 (2) They worked within the framework of the church, perhaps becoming active only when Christians were at worship (Hermas, Mandate 11:9; Acts 13:1-2). ( 2 )彼らは教会の枠組みの中に、おそらくアクティブになるときにのみキリスト教徒たちは礼拝( hermas 、委任11 : 09 ;行為13:1-2 ) 。 (3) They ranked in importance second only to the apostles (I Cor. 12:28-31; Eph. 4:11), and with them they were considered the foundation upon which the church was built (Eph. 2:20). ( 3 )彼らが上位に入って2番目に重要なだけに、使徒(私コーです。 12:28-31 ; eph 。 4:11 ) 、および、それらの基盤と考えていた時は、教会が建て( eph. 2:20 )です。 (4) They belonged to and worked out from bands or brotherhoods which could be considered exclusive groups of charismatics (Acts 11:27; 13:1; Rev. 19:10; 22:9; I Cor. 12:29; cf. Barnabas 16:9). ( 4 )に属して彼らと仕事ができるからバンドやエルマンダー排他的なグループと見なさcharismatics (行為11:27 ;午前13時01分;改訂19:10 ;午前22時09分;私コーです。 12:29 ;継続前誌です。バルナバ16:9 ) 。 (5) They were people whose minds were saturated with the OT Scriptures. ( 5 )彼らは人々の心が飽和ot経典です。 Their prophetic utterances thus were influenced by and couched in the language of the Bible (Acts 7; cf. Rom. 11:27 with Isa. 27:9; I Cor. 15:51, 54-55, with Isa. 25:8; Hos. 13:14).その予言的な発言が影響を受けて、このように表現された言語の聖書(行為7 ;継続前誌です。 ROMから起動します。 11:27 、 ISAのです。 27:9 ;私コーです。 15:51 、五十四から五十五まで、 ISAのです。 25:8 ; hosします。 13:14 )です。 (6) Their ministry was distinguished from that of apostle, miracle worker, etc. (I Cor. 12:28-29), but closely associated with that of teacher (Acts 13:1; Rev. 2:20). ( 6 )の区別が使徒部は、奇跡の人、等(私コーです。 12:28-29 ) 、しかし、密接に関連付けられているの教師(行為13 : 01 ;改訂2:20 ) 。 Their ministry also included prediction, revelation, identifying specific persons for specific Christian tasks and even equipping them with the spiritual gifts necessary to carry out these tasks (Acts 11:27-28; 13:1-2; I Tim. 4:14).その省の予測も含まれるもの、啓示、キリスト教の特定のタスクを識別する特定の人との精神的なギフトも装備して、これらのタスクを実行する必要(行為11:27-28 ; 13:1-2 ;私ティムです。 4:14 )です。 (7) They were people whose words and actions were especially prompted by the Spirit (Acts 11:27-28; 21:11; Hermas, Mandate 11:8-9; Didache 11:7). ( 7 )彼らは人々の言葉と行動が特に求められたの精神(行為11:27-28 ; 21:11 ; hermas 、委任11:8-9 ;新約聖書の11時07分) 。

NT prophecy, therefore, was of more than one kind. NTの予言は、したがって、 1つ以上の種類があります。 It included prophetic words given for the improvement, encouragement, consolation, and general benefit of the Christian community (I Cor. 14:3-4).予言の言葉に含まれるものを与えられたの改善に、励まし、慰め、および一般的な利益のためにキリスト教共同体(私コーです。 14:3-4 ) 。 But it also included another dimension, related directly to a special work of the Spirit upon the prophet by which the Spirit revealed to the prophet a word from the risen and exalted Christ (cf. John 16:12-14; Rev. 1:10 with 4:1-2a).しかし、また別の次元に含まれるものは、特別な仕事に直接関係して預言者ムハンマドの精神に明らかにされ、預言者の精神にどの単語からの上昇と高貴なイエスキリスト( cf.ジョン16:12-14 ;改訂1:10 4:1 - 2Aの)です。 When the prophet thus spoke, his word became the command of the Lord (I Cor. 14: 29-30, 37).預言者スポークときにこのように、彼の言葉は、コマンドの主(私コーです。 14 : 29-30 、 37 ) 。 This part of the prophet's ministry was the result of a direct revelation of an aspect of the divine mind hitherto unknown (Eph. 3:5; Rev. 10:7; 22:6).この部分は、預言者の部は、結果としての側面に直接神の啓示は、これまで未知の心( eph. 3 : 05 ;改訂10時07分、 22時06分) 。 Like OT prophecy, this new prophetic message was an immediate communication of God's (Christ's) word to his people through human lips (cf. Rev. 16:15; 22:7; see also Rev. 2-3). otを頂く予言、予言的なメッセージが表示さは、すぐにこの新しいコミュニケーションの神の(キリストの)人々を通して人間の言葉を彼の唇( cf.改訂16:15 ;午前22時07分;改訂2-3参照) 。

Since the prophet was such an authoritative figure and was held in such high regard by the people, abuses were bound to set in. Christ himself predicted that such abuses would arise (Matt. 24:11, 24).以来、預言者は、このような権限が開催されたこのような図と高く評価された人々は、イエスキリストの乱用が自分自身にバインドを設定する。このような侵害が発生すると予測され( matt. 24:11 、 24 ) 。 Eventually it became necessary for the church to establish regulations that would control not only the prophet's dress and teaching (I Cor. 11:4; 14:29-30), but also how long he could stay in any one place without being judged a false prophet (Hermas, Mandate 11:1-21; Didache 11).最終的には教会を確立するために必要な規制が制御だけでなく、預言者の服装と教育(私コーです。 11 : 04 ; 14:29-30 ) 、どのくらい時間だけでなく、任意の1つの場所で彼が滞在していると判断する偽預言者ムハンマド( hermas 、委任11:1-21 ;新約聖書の11 ) 。

A Lamorte and GF Hawthorneガラス繊維をlamorteとホーソーン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
M. Buber, The Prophetic Faith; AB Davidson, OT Prophecy; A. Guillaume, Prophecy and Divination Among the Hebrews and Other Semites; J. Lindblom, Prophecy in Ancient Israel; J. Skinner, Prophecy and Religion; WR Smith, The Prophets of Israel; AC Welch, Prophet and Priest in Old Israel; LJ Wood, The Prophets of Israel; E. Boring, "How May We Identify Oracles of Christian Prophets in the Synoptic Tradition?"男性ブーバー、信仰の予言;アルバータデビッドソン、 ot予言; a.ギヨーム、予言と占いの中のヘブル人への手紙やその他のsemites ; j.リンドブロム、予言、古代イスラエル; j.スキナー、予言と宗教; wrスミスは、預言者イスラエルの;のACウェルチ、預言者と司祭は古いイスラエル; lj木材は、イスラエルの預言者; e.退屈な、 " 5月に識別する方法については、総観oraclesキリスト教の預言者の伝統ですか? " JBL 91:501-21, and "The Influence of Christian Prophecy," NTS 25:113-23; WD Davies, Paul and Rabbinic Judaism; JDG Dunn, Jesus and the Spirit and "Prophetic 'I' Sayings and the Jesus of Tradition," NTS 24:175-98; EE Ellis, "Luke 11:49-51: An Oracle of a Christian Prophet?" jbl 91:501-21 、および"キリスト教の予言の影響を受けて、 "国税庁25:113-23 ; WDへのお問い合わせデイビス、ポールとラビユダヤ教; jdgダン、イエスキリストとの精神と"予言' i 'にことわざやイエスキリストの伝統、 "国税庁24:175-98 ; EEのエリス、 "ルーク11:49-51 :するOracleは、キリスト教の預言者ですか? " ExpT 74:157, Prophecy and Hermeneutic in Early Christianity, "The Role of the Christian Prophet in Acts," in Apostolic History of the Gospel, ed. expt 74:157 、予言と解釈学の初め、キリスト教、 "預言者の行為は、キリスト教の役割を、 "福音の使徒の歴史を、エドです。 WW Gasque and RP Martin, and "'Spiritual' Gifts in the Pauline Community," NTS 20:128-44; E. Fascher, TDNT, VI, 828-61; GF Hawthorne, "Christian Prophecy and the Sayings of Jesus," SBL Seminar Papers, II, 105-24: D. Hill, NT Prophecy and "On the Evidence for the Creative Role of Christian Prophets," NTS 20:262-74; JM Meyers and ED Freed, "Is Paul Also Among the Prophets?"見てなかったgasqueとフィリピンマーティン、および" '精神的'ギフトは、ポーリーンコミュニティ、 "国税庁20:128-44 ; e. fascher 、 tdnt 、六、八二八〜六一; gfのホーソーン、 "イエスキリスト教の予言とことわざ、 " sblセミナー論文、 2世、 105から24まで: Dヒル、 NTの予言と"上の証拠は、キリスト教の預言者の役割をクリエイティブ、 "国税庁20:262-74 ; jmマイヤーズおよびED解放されると、 "はポールの間は、預言者もですか? " Int 20: 40-53. int 20 : 40-53 。


Pro'phet pro'phet

Advanced Information 高度情報

(Heb. nabi, from a root meaning "to bubble forth, as from a fountain," hence "to utter", comp. Ps. 45:1). ( heb.ナビは、ルートの意味から"バブル記載し、噴水から、 "それゆえ"を全く" 、のCOMPです。 psのです。 45:1 ) 。 This Hebrew word is the first and the most generally used for a prophet.この言葉はヘブライ語との最初の預言者の最も一般的に使われています。 In the time of Samuel another word, ro'eh, "seer", began to be used (1 Sam. 9:9).サミュエルは、時間を別の言葉をro'eh 、 "先見者" 、開始される使用される( 1サムです。 9時09分) 。 It occurs seven times in reference to Samuel.それが発生した7回を参考にサミュエルです。 Afterwards another word, hozeh, "seer" (2 Sam. 24:11), was employed.その後別の言葉をhozeh 、 "先見者" ( 2サムです。 24:11 )が採用されます。 In 1 Ch.あなたは1です。 29:29 all these three words are used: "Samuel the seer (ro'eh), Nathan the prophet (nabi'), Gad the seer" (hozeh). 29:29すべてこれらの3つの言葉が使われ: "サミュエルして凡てを見透さ( ro'eh ) 、ネイサンの預言者ムハンマド(ナビ' ) 、出歩きして凡てを見透さ" ( hozeh ) 。 In Josh.のジョシュです。 13:22 Balaam is called (Heb.) a kosem= "diviner," a word used only of a false prophet.埋め草と呼ば13:22 ( heb. ) kosem = "予言者は、 "偽預言者にのみ使用される単語です。

The "prophet" proclaimed the message given to him, as the "seer" beheld the vision of God. "預言者"のメッセージが表示さ与えられた宣言をしてしまったら、として、 "先見者"神のビジョンbeholdの過去過去分詞です。 (See Num. 12:6, 8.) Thus a prophet was a spokesman for God; he spake in God's name and by his authority (Ex. 7:1). ( NUM件です。 12時06分、 8 。 )のスポークスマンは、このように預言者は、神;彼は神の名前とspeakの過去形で彼の権限(例: 7時01分) 。 He is the mouth by which God speaks to men (Jer. 1:9; Isa. 51:16), and hence what the prophet says is not of man but of God (2 Pet. 1:20, 21; comp. Heb. 3:7; Acts 4:25; 28:25).彼は神の口で話すのを男性( jer. 1 : 09 ; ISAのです。 51:16 ) 、およびそれゆえ預言者は言うどのような人間ではないしかし、神の( 2ペットです。 1:20 、 21 ;のCOMPです。なしでです。 3 : 07 ;行為4:25 ; 28:25 )です。 Prophets were the immediate organs of God for the communication of his mind and will to men (Deut. 18:18, 19).預言者は、神のための通信器官の即時彼の心と意志を男性( deut. 18:18 、 19 ) 。 The whole Word of God may in this general sense be spoken of as prophetic, inasmuch as it was written by men who received the revelation they communicated from God, no matter what its nature might be.全体の神の言葉が話さ年5月、この一般的な意味での予言として、それが書かれた男性who伝達から受け取った神の啓示に関係なく、その性質は何かもしれない。 The foretelling of future events was not a necessary but only an incidental part of the prophetic office. foretellingは未来のイベントはないのに必要な付随的な部分だけを予言する事務所です。

The great task assigned to the prophets whom God raised up among the people was "to correct moral and religious abuses, to proclaim the great moral and religious truths which are connected with the character of God, and which lie at the foundation of his government."偉大なタスクに割り当てられている神は、預言者として、人々の甦らは、 "道徳的、宗教的な虐待を修正する、偉大な道徳的、宗教的真理を宣言が神の文字を接続して、うそをつくとこれは、彼の政府財団です。 " Any one being a spokesman for God to man might thus be called a prophet.いずれか1つが神に男のスポークスマンは、預言者と呼ばれるかもしれないしなければなりません。 Thus Enoch, Abraham, and the patriarchs, as bearers of God's message (Gen. 20:7; Ex. 7:1; Ps. 105:15), as also Moses (Deut. 18: 15; 34:10; Hos. 12:13), are ranked among the prophets.こうしてイノック、イブラーヒーム、とpatriarchs 、神のメッセージが表示さを担う人々 ( Gen 。と20 : 07 ;例です。 7時01分; psのです。 105:15 ) 、と同様に、ムーサー( deut. 18 : 15 ; 34:10 ; hosです。 12:13 ) 、預言者の間のランク付けします。 The seventy elders of Israel (Num. 11:16-29), "when the spirit rested upon them, prophesied;" Asaph and Jeduthun "prophesied with a harp" (1 Chr. 25:3).イスラエルの年長者の70 ( num. 11:16-29 ) 、 "時の精神に休息をかれらは、予言; "アサフとjeduthun "予言とハープ" ( 1 chrです。 25:3 ) 。 Miriam and Deborah were prophetesses (Ex. 15:20; Judg. 4:4).ミリアムとデボラがprophetesses (例: 15:20 ; judgです。 4時04分) 。

The title thus has a general application to all who have messages from God to men.そのためには、一般的なアプリケーションのタイトルをすべてwhoは神からのメッセージを贈るのです。 But while the prophetic gift was thus exercised from the beginning, the prophetical order as such began with Samuel.しかし、このように行使するが、予言的な贈り物は、最初から、このように、机上のためにサミュエルが始まった。 Colleges, "schools of the prophets", were instituted for the training of prophets, who were constituted, a distinct order (1 Sam. 19:18-24; 2 Kings 2:3, 15; 4:38), which continued to the close of the Old Testament.カレッジは、 "学校は、預言者"が設置は、訓練の預言者、 whoが構成は、はっきりと注文( 1サムです。 19:18-24 ; 2王2:3 、 15 ; 4:38 )を継続的に旧約聖書の終わり頃にします。 Such "schools" were established at Ramah, Bethel, Gilgal, Gibeah, and Jericho.このような"学校"が設立さramah 、ベテル、ギルガル、ギベア、およびエリコです。 The "sons" or "disciples" of the prophets were young men (2 Kings 5: 22; 9:1, 4) who lived together at these different "schools" (4:38-41). "息子"または"弟子"は、預言者が若い男性( 2王5 : 22 ;午前9時01分、 4 ) who一緒に住んでこれらの異なる"学校" ( 4:38-41 ) 。 These young men were taught not only the rudiments of secular knowledge, but they were brought up to exercise the office of prophet, "to preach pure morality and the heart-felt worship of Jehovah, and to act along and co-ordinately with the priesthood and monarchy in guiding the state aright and checking all attempts at illegality and tyranny."これらの若い男性が教えだけでなく、世俗の基礎知識、しかし、彼らは育つの事務所を行使する預言者、 "純粋な道徳性を説く-フェルト崇拝の中心とエホバとの共同行動に沿っordinatelyの聖職に就く君主制を基本とし、国家のすべてのチェックをきちんとすると違法と暴政の試みです。 "

In New Testament times the prophetical office was continued.新約聖書倍の机上の事務所では、継続します。 Our Lord is frequently spoken of as a prophet (Luke 13:33; 24:19).わたしたちの主は頻繁に話さの預言者ムハンマド(ルーク13:33 ; 24:19 )です。 He was and is the great Prophet of the Church.彼は偉大な預言者と教会です。 There was also in the Church a distinct order of prophets (1 Cor. 12:28; Eph. 2:20; 3:5), who made new revelations from God.また、教会があったの順序をはっきりと預言者( 1コーです。 12:28 ; eph 。 2:20 ;午前3時05分) 、 whoは神からの新たな真相解明です。 They differed from the "teacher," whose office it was to impart truths already revealed.彼らは異なる"先生、 "その事務所を伝えることは、すでに真理を明らかにした。 Of the Old Testament prophets there are sixteen, whose prophecies form part of the inspired canon.旧約聖書の預言者には16人で、その予言フォーム部分のインスピレーションキヤノンします。 These are divided into four groups: (1.) The prophets of the northern kingdom (Israel), viz., Hosea, Amos, Joel, Jonah.これらの4つのグループに分けられる: ( 1 )は、預言者は、北部の王国(イスラエル) 、 viz 。 、ホセア書、アモス、ジョエル、ユーヌスです。 (2.) The prophets of Judah, viz., Isaiah, Jeremiah, Obadiah, Micah, Nahum, Habakkuk, Zephaniah. ( 2 )は、預言者のユダ、 viz 。 、イザヤ書、エレミヤ、オバデヤ、ミカ、ナホム、ハバクク、ゼパニヤです。 (3.) The prophets of Captivity, viz., Ezekiel and Daniel. ( 3 )は、預言者を監禁、 viz 。 、エゼキエルとダニエルです。 (4.) The prophets of the Restoration, viz., Haggai, Zechariah, and Malachi. ( 4 )は、預言者の復元、 viz 。 、ハガイ、ゼカリヤ、マラキです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Prophecy予言

General Information 総合情報

Prophecy is a religious phenomenon in which a message is sent by God (or by a god) to human beings through an intermediary, or prophet.予言は、宗教的な現象では、メッセージが送信され、神(またはされた神)を人間の仲介者を通じて、または預言者です。 The message may contain a reference to future events, but it is often simply a warning, encouragement, or piece of information.のメッセージが表示さ年5月には、今後のイベントの参照を、それだけでは、しばしば、警告、励まし、または作品の情報です。 Prophecy in its fullest sense thus includes augury, divination, and oracles, which are techniques by which, it is believed, the will of the gods can be learned.したがって、その真の意味が含まれ予言占い、占い、およびoracles 、これはテクニックでは、と考えられて、神の意志が分かった。 Prophets have often spoken in ecstasy, a state that may be induced by various methods, including dance or music.預言者が語られてエクスタシー、州の様々な方法によって誘発されることがあります、ダンスや音楽を含めています。 The emphasis of the prophetic message has varied, some prophets stressing the cultic, others the moral, and still others the missionary aspect of religious life.予言に重点が置かは、様々なメッセージが表示さは、いくつかの預言者culticを強調して、他の道徳的、宗教的な側面も他の宣教師の生活です。 Prophets have appeared throughout history and in virtually all societies.預言者が現れて、事実上すべての社会全体の歴史とします。

Eastern Religions東部宗教

The scriptures of Hinduism contain several prophetic messages.ヒンドゥー教の経典のいくつかの予言的なメッセージが含まれています。 The Buddha's advent on earth is said to have been predicted long before his birth (see Buddhism).地球上で、仏陀の出現は、ずっと前によると予測され彼の誕生(仏教を参照) 。 In China, prophecy, particularly the use of divination, was a common religious practice.中国では、予言、特に使用する占いは、共通の宗教的な練習です。 The use of the I Ching, or Book of Changes, remained popular among all classes of Chinese society, even though the classical Confucian state religion (see Confucianism) stressed the superiority of reason to inspiration and divination.易経を使用するか、または予約の変更は、すべてのクラスの間で人気は依然として中国の社会、儒教の状態にもかかわらず、古典的宗教(儒教)の優位性を強調し、理由があるのひらめきと占いです。

Judaism and Christianityユダヤ教とキリスト教

Prophecy was elevated to an unprecedented religious significance in Judaism and Christianity.予言は、前例のない高架をユダヤ教とキリスト教の宗教的な意義がある。 According to Judaism, the prophet is an individual chosen by God, often against his will, to reveal God's intentions and plans to the people.ユダヤ教によると、預言者ムハンマドは、個々の選ばれた神は、しばしば反対彼は、神の意思を明らかにし、人々を計画しています。 As a bearer of divine revelation, he often experiences God's overwhelming presence and receives the strength to communicate to others what God has said, even though this may lead to persecution, suffering, and death.無記名の託宣として、彼はしばしば神の圧倒的な存在感と経験を受け取ると通信の強さを他の神がどのようによると、この5月につながるの迫害にもかかわらず、苦しみ、および死に至る。

Christianity inherited the idea of prophecy from Judaism, and Christians interpret Hebrew writings in light of the teachings of Christ, who is considered the prophet promised in Deuteronomy.キリスト教の予言からアイデアを継承してユダヤ教、ヘブライ語文章に照らして解釈するとキリスト教徒のイエスキリストの教えを、預言者と見なさwho申命記を約束しています。 Indeed, in many respects Jesus was a typical Judaic prophet.実際、多くの点でイエスキリストは、典型的なユダヤ人の預言者です。 Prophecy was recognized as a gift in apostolic times, but it gradually disappeared as the hierarchical structure of the church began to develop toward the end of the 1st century, discouraging individual inspiration.予言は、ローマ教皇の回の贈り物として認識され、それを徐々に姿を消したとしての階層構造を開発するの教会が始まった第1世紀の終わりに向かって、個々のインスピレーション落胆させる。 Christian visionaries throughout the ages have often been called prophetic, but they never achieved the status of the great prophets.キリスト教の夢想していると呼ばれる年齢層がしばしば予言だけど、絶対偉大な預言者の状態を達成しています。

Islamイスラム教

Islam accepts in principle the prophetic tradition of Judaism and regards Muhammad as the final prophet, the seal, or culmination, of a line of prophets running from Adam through Christ.イスラムの受け入れを原則とするユダヤ教の伝統を予言としての最後の預言者ムハンマドに関しては、シールか、または南中、預言者を実行してから、行のアダムイエスキリストを通してです。 Despite this belief, followers of the Islamic mystical movement called Sufism have at times assumed a prophetic role.にもかかわらず、この信念、信者は、イスラムスーフィズムと呼ばれる神秘的な動きが時々予言の役割を想定します。

Explanations of Prophecy説明を予言

Prophecy has been the subject of much debate among scholars, whose discussion has often centered on the question of whether or not prophecy derives from some force external to the prophet.予言され、アジ研の多くの学者の議論の中で、その議論がしばしば問題を中心に予言するかどうかを強制的に外付けすることに由来するいくつかの預言者です。 One tendency is to view prophecy as an essentially subconscious psychological phenomenon, involving hallucination, wishful thinking, guesswork, and sometimes forgery. 1つの予言を表示する傾向が潜在意識の心理的な現象として本質的に巻き込まれている、幻覚、希望的観測、当て推量、時には偽造します。 Another theory also relates prophecy to the subconscious mind, but ultimately traces it to the workings of God.別の説も予言して潜在意識に関係が、最終的にトレース、それを神の働きをします。 Some historians of religion regard the true prophet as one who, like the mystic, is raised to a supranormal psychological state by divine intervention.いくつかの宗教の歴史についての真の預言者として1つのwhoのように、神秘的、心理的な状態が発生して神の過剰介入です。

John A Salibaジョンをsaliba


Pro'phecy pro'phecy

Advanced Information 高度情報

Prophecy, or prediction, was one of the functions of the prophet.予言か、または予測は預言者ムハンマドの機能の1つです。 It has been defined as a "miracle of knowledge, a declaration or description or representation of something future, beyond the power of human sagacity to foresee, discern, or conjecture."それが定義されて、 "奇跡の知識は、何か表現を宣言または説明書または将来的には、人間の力を超えて聡明さを予測する、識別するか、または推測します。 " (See Prophet, above.) The great prediction which runs like a golden thread through the whole contents of the Old Testament is that regarding the coming and work of the Messiah; and the great use of prophecy was to perpetuate faith in his coming, and to prepare the world for that event. (預言者は、上記のです。 )偉大な予測を実行黄金のように糸を通すの内容を、旧約聖書の全体は、来ると仕事については、メシア、および使用の大予言は、彼の今後の信仰を永続させる、とそのイベントを準備するための世界です。 But there are many subordinate and intermediate prophecies also which hold an important place in the great chain of events which illustrate the sovereignty and all-wise overruling providence of God.しかし、下位との中間には多くの予言を保持する重要な場所にも偉大なホテルチェーンのイベントを明らかにする-賢明なoverrulingすべての主権と神の摂理です。

Then there are many prophecies regarding the Jewish nation, its founder Abraham (Gen. 12:1-3; 13:16; 15:5; 17:2, 4-6, etc.), and his posterity, Isaac and Jacob and their descendants (12:7; 13: 14, 15, 17; 15:18-21; Ex. 3:8, 17), which have all been fulfilled. 入力し、予言には多くのユダヤ人の国については、その創始者アブラハム( Gen 。と12:1-3 ; 13:16 ;午前15時05分、 17時02分、 4-6 、等) 、および彼の子孫、イスハーク、ヤアコーブおよびその子孫( 12時07分; 13 : 14 、 15 、 17 ; 15:18-21 ;例です。 3時08分、 17 ) 、これがすべて満たされています。 The twenty-eighth chapter of Deuteronomy contains a series of predictions which are even now in the present day being fulfilled. 21 - 8番目の章を申命記には、シリーズの予測では今でさえ、現在の1日が果たされる。 In the writings of the prophets Isaiah (2:18-21), Jeremiah (27:3-7; 29:11-14), Ezekiel (5:12; 8), Daniel (8; 9:26, 27), Hosea (9:17), there are also many prophecies regarding the events which were to befall that people.は、文章のは、預言者イザヤ書( 2:18-21 ) 、ジェレマイア( 27:3-7 ; 29:11-14 ) 、エゼキエル( 5:12 ; 8 ) 、ダニエル( 8 ;午前9時26分、 27 ) 、ホセア書( 9時17分)には、イベントについても多くの予言をされた人々を覆った。

There is in like manner a large number of prophecies relating to those nations with which the Jews came into contact, as Tyre (Ezek. 26:3-5, 14-21), Egypt (Ezek. 29:10, 15; 30:6, 12, 13), Ethiopia (Nahum 3:8-10), Nineveh (Nahum 1:10; 2:8-13; 3:17-19), Babylon (Isa. 13:4; Jer. 51:7; Isa. 44:27; Jer. 50:38; 51:36, 39, 57), the land of the Philistines (Jer. 47:4-7; Ezek. 25:15-17; Amos 1:6-8; Zeph. 2: 4-7; Zech. 9:5-8), and of the four great monarchies (Dan. 2:39, 40; 7-17:24; 8; 9). には同じように、多数の予言に関連するこれらの国では、ユダヤ人に入って連絡先、タイヤ( ezek. 26:3-5 、 14-21 ) 、エジプト( ezek. 29:10 、 15 ; 30 : 6 、 12 、 13 ) 、エチオピア(ナホム3:8-10 ) 、ニネベ(ナホム1:10 ; 2:8-13 ; 3:17-19 ) 、バビロン( isa. 13 : 04 ; jer 。 51:7 ; ISAのです。 44:27 ; jer 。 50:38 、 51:36 、 39 、 57 ) 、その土地をphilistines ( jer. 47:4-7 ; ezekです。 25:15-17 ;アモス1:6-8 ; zephです。 2 : 4-7 ;ツェッヒ。 9:5-8 ) 、との4つの大君主( dan. 2:39 、 40 ; 7-17:24 ; 8 ; 9 ) 。

But the great body of Old Testament prophecy relates directly to the advent of the Messiah, beginning with Gen. 3:15, the first great promise, and extending in ever-increasing fulness and clearness all through to the very close of the canon. The Messianic prophecies are too numerous to be quoted. "To him gave all the prophets witness." しかし、大きな体に直接関係旧約聖書の予言は、メシアの出現を初めとする3:15 Gen 。と、最初の大きな約束は、増え続けると拡張さと透明性のすべてのfulnessを通じて、キヤノンは、非常に近い。救世主のような予言があまりにも多くの引用される。 "彼はすべての預言者を証人です。 " (Comp. Micah 5:2; Hag. 2:6-9; Isa. 7:14; 9:6, 7; 11:1, 2; 53; 60:10, 13; Ps. 16:11; 68:18.) ( comp.ミカ5 : 02 ;くそばばあです。 2:6-9 ; ISAのです。 7:14 ;午前9時06分、 7 ; 11:1 、 2 ; 53 ; 60:10 、 13 ; psのです。 16:11 ; 68 : 18 。 )

Many predictions also were delivered by Jesus and his apostles.多くの予測も配信されるイエスキリストとその使徒です。 Those of Christ were very numerous.これらのイエスキリストが非常に多くのです。 (Comp. Matt. 10: 23:24; 11:23; 19:28; 21:43, 44;24; 25: 31-46; 26:17-35, 46, 64; Mark 9:1; 10: 30; 13; 11:1-6, 14; 14:12-31, 42, 62; 16: 17, etc.) ( comp.マットです。 10 : 23:24 、 11:23 、 19:28 、 21:43 、 44 、 24 、 25 : 31-46 ; 26:17-35 、 46 、 64 ;マーク9時01分; 10 : 30 ; 13 ; 11:1-6 、 14 ; 14:12-31 、 42 、 62 、 16 : 17日、等)

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Prophecy予言

Catholic Information カトリックの情報

As the term is used in mystical theology, it applies both to the prophecies of canonical Scripture and to private prophecies.として神秘的な神学という用語が使用されて、それが適用の正規の両方に啓典との予言を民間予言します。 Understood in its strict sense, it means the foreknowledge of future events, though it may sometimes apply to past events of which there is no memory, and to present hidden things which cannot be known by the natural light of reason.その厳密な意味で解釈され、将来のことを意味する先見のイベントが、時には適用されることがあります過去のイベントの余地のないメモリ、および隠されたものを提示することはできません自然光を理由に知られています。 St. Paul, speaking of prophecy in 1 Corinthians 14, does not confine its meaning to predictions of future events, but includes under it Divine inspirations concerning what is secret, whether future or not.セントポール、スピーキングの予言が1コリンチャンス14日、拘束されないのは未来のイベントの意味を予測、しかし、神が含まれて着想されて秘密に就いては、将来のかどうかかどうかです。 As, however, the manifestation of hidden present mysteries or past events comes under revelation, we have here to understand by prophecy what is in its strict and proper sense, namely the revelation of future events.として、しかし、現在の症状の隠された謎や過去のイベントが啓示されて、私たちがここを理解するには、厳格な予言とは何です適切な意味で、つまり、今後のイベントの啓示です。 Prophecy consists in knowledge and in the manifestation of what is known.予言の知識を深めて構成さの現れとは、何が知られている。 The knowledge must be supernatural and infused by God because it concerns things beyond the natural power of created intelligence; and the knowledge must be manifested either by words or signs, because the gift of prophecy is given primarily for the good of others, and hence needs to be manifested.超自然の知識を注入しなければならないので、神の懸念自然の力を超えて作成したもの知能;との知識のいずれかを明らかにしなければならない単語や標識、予言の才能があるため、主には、与えられた他人のために、およびそれゆえのニーズ明らかにされる。 It is a Divine light by which God reveals things concerning the unknown future and by which these things are in some way represented to the mind of the prophet, whose duty it is to manifest them to others.これは明らかに、神の光が神の未知の将来に関するものとされ、これらのものはいくつかの方法で表現を預言者ムハンマドの心の中で、その義務を明らかにして他のことはします。

DIVISION

Writers on mystical theology consider prophecies with reference to the illumination of the mind, to the objects revealed, and to the means by which the knowledge is conveyed to the human mind.神秘的な神学を検討する作家予言を参照して照明は、心のオブジェクトを明らかにし、手段をして、知識は、人間の心を伝えています。 By reason of the illumination of the mind prophecy may be either perfect or imperfect.を理由には、照明の完璧な心の予言年5月のいずれかまたは不完全です。 It is called perfect when not only the thing revealed, but the revelation itself, is made known -- that is, when the prophet knows that it is God who speaks.と呼ばれることが明らかに完璧なもののみを使用していない場合、しかし、啓示自体は知られ-それは、預言者が知っているときに話すことは、神様がw hoです。 The prophecy is imperfect when the recipient does not know clearly or sufficiently from whom the revelation proceeds, or whether it is the prophetic or individual spirit that speaks.不完全なときには、受信者の予言ははっきり分かっていない者または十分な収入の啓示か、またはかどうかは、予言または個々の精神を話す。 This is called the prophetic instinct, wherein it is possible that a man may be deceived, as it happened in the case of Nathan who said to David when he was thinking of building the Temple of God: "Go, do all that is in thy heart, because the Lord is with thee" (2 Samuel 7:3).これは予言的な本能と呼ばれる、そこには男5月にだまされる可能性がある、それが起こったとしては、例によるとネイサンwhoデビッドときに彼は神の思考のビルの寺: "前に、なたの行う凡てのものは心臓には、なたの主は、 " ( 2サミュエル7時03分) 。 But that very night the Lord commanded the Prophet to return to the king and say that the glory of the building of the temple was reserved, not for him, but for his son.しかし、非常に部屋の主が命じられた預言者ムハンマドに戻るには、王の栄光と言うのは、同寺の建物は、予約のためではなく、彼は、しかし、彼の息子です。 St. Gregory, as quoted by Benedict XIV, explains that some holy prophets, through the frequent practice of prophesying, have of themselves predicted some things, believing that therein they were influenced by the spirit of prophecy.聖グレゴリー、ベネディクト14世として引用される、と説明していくつかの神聖な預言者、実践を通じて頻繁にprophesying 、自分自身の予測はいくつかの点、と信じてそこに影響を受けていたの精神を予言します。 By reason of the object there are three kinds of prophecy according to St. Thomas (Summa II-II:174:1): prophecy of denunciation, of foreknowledge, and of predestination.を理由に、そのオブジェクトには、 3つの種類の予言によると、セントトーマス(総合的研究論文2世- Ⅱ : 174:1 ) :予言の非難は、先見、との宿命です。

In the first kind God reveals future events according to the order of secondary causes, which may be hindered from taking effect by other causes which would require a miraculous power to prevent, and these may or may not happen, though the prophets do not express it but seem to speak absolutely.第一種未来の出来事を明らかによると、神の順序をセカンダリが原因で、妨げに左右される可能性の効果を他の原因では奇跡的な力を必要とするのを防ぐ、およびこれらの5月か5月ではないが、エクスプレスにかかわらず、預言者はありませんしかし、確実に話すようにします。 Isaias spoke thus when he said to Ezechias: "Take order with thy house, for thou shalt die, and not live" (Isaiah 38:1).このように言ったとき、 isaiasスポークをezechias : "注文を取るとなたの家は、なたshalt死ぬとは生きていけない" (イザヤ書38:1 ) 。 To this kind belongs the prophecy of promise, as that mentioned in 1 Kings, ii,30: "I said indeed that thy house, and the house of thy father should minister in my sight, forever", which was not fulfilled.この種の予言をする約束に属し、王としては1に記載され、 2世、 30 : "私が本当になたの家によると、なたの家の父と私の光景部長官は、永遠に" 、これが実現します。 It was a conditional promise made to Heli which was dependent upon other causes which prevented its fulfilment.それは条件付きの約束をヘリが他の原因に依存してその達成を阻止します。

The second, that of foreknowledge, takes place when God reveals future events which depend upon created free will and which he sees present from eternity. 2番目の、先見が、今後のイベント開催時に明らかに依存する神の自由意志で、どの作成から現在の彼は永遠です。 They have reference to life and death, to wars and dynasties, to the affairs of Church and State, as well as to the affairs of individual life.彼らは生と死の参照を、戦争や王朝、教会と国家の事務だけでなく、個々の生活を担当します。 The third kind, the prophecy of predestination, takes place when God reveals what He alone will do, and what he sees present in eternity and in His absolute decree. 3番目のように、宿命の予言は、神が行わ明らかにどのようなときに彼だけでは、永遠に存在すると、彼は彼の絶対的な命令です。 This includes not only the secret of predestination to grace and to glory, but also those things which God has absolutely decreed to do by His own supreme power, and which will infallibly come to pass.これには、宿命の秘密を知ってからだけでなく、優雅さとに引導を渡すだけでなく、神が確実に定められた越えるものは、これを行うには彼自身の最高権力、およびパスを完ぺきに来ています。

The objects of prophecy may also be viewed in respect to human knowledge:予言のオブジェクトを表示されることもあります人間の知識を尊重する:

when an event may be beyond the possible natural knowledge of the prophet, but may be within the range of human knowledge and known to others who witness the occurrence, as, for instance, the result of the battle of Lepanto revealed to St. Pius V;イベントのときに可能性があります自然の知識を超えて預言者ムハンマドが、 5月に人間の知識の範囲内と既知の発症を他のwho目の当たりにすると、例えば、レパントの戦いの結果を明らかに聖ピウスv ;

when the object surpasses the knowledge of all men, not that it is unknowable but that the human mind cannot naturally receive the knowledge, such as the mystery of the Holy Trinity, or the mystery of predestination;オブジェクトの知識を凌駕するときに、すべての男性ではなく、不可知のことは、人間の心が自然に受け取ることはできませんの知識などの謎を三位一体のか、またはの謎を宿命;

when the things that are beyond the power of the human mind to know are not in themselves knowable because their truth is not yet determined, such as future contingent things which depend upon free will.時のものは人間の精神の力を超えてもないことを知って真実を知り得るためには、まだ決定は、将来の不測のようなものを自由意志に依存します。 This is regarded as the most perfect object of prophecy, because it is the most general and embraces all events that are in themselves unknowable.これは、最も完璧なオブジェクトと見なされるの予言は、それが最も一般的と抱擁すべてのイベントにはそれ自体不可知のです。

God can enlighten the human mind in any way he pleases.神は人間の精神の啓発に彼は喜ばせるいかなる方法です。 He often makes use of angelic ministry in prophetic communications, or He Himself may speak to the prophet and illuminate his mind.彼はよく天使を利用した通信省に予言か、または彼自身が預言者に話をすると彼の心を照らし出す。 Again the supernatural light of prophecy may be conveyed to the intellect or through the senses or the imagination.再び予言年5月に超自然の光の知性やを通じて伝えられるか、想像力の感覚です。 Prophecy may take place even when the senses are suspended in ecstasy, but this in mystical terminology is called rapture.予言がかかる場合がありますたとえ場所が中断さの感覚は、エクスタシーが、これで神秘的な用語は、歓喜と呼ばれる。 St. Thomas teaches that there is no suspension of the sense activities when anything is presented to the mind of the prophet through impressions of the senses, nor is it necessary when the mind is immediately enlightened that activity of the senses should be suspended; but it is necessary that this should be the case when the manifestation is made by imaginative forms, at least at the moment of the vision or of the hearing of the revelation, because the mind is then abstracted from external things in order to fix itself entirely on the object manifested to the imagination.セントトーマス懸濁液を教えることがないという意味での活動時に何かが提示さ預言者ムハンマドの心の中の感覚の印象を経由でもなければ、すぐに必要なときには気持ちに余裕が賢明な感覚での活動を停止すべきである;しかしが必要だとすれば、この症状が作られるときに想像力のフォームは、少なくとも現時点では、ビジョンや、聴聞会の啓示は、抽象化のための心は、外部から入力し、物事を解決するために全面的に自分自身のオブジェクトを明らかにして想像力です。 In such a case a perfect judgment cannot be formed of the prophetic vision during the transport of the soul, because then the senses which are necessary for a right understanding of things cannot act, and it is only when a man comes to himself and awakens from the ecstasy that he can properly know and discern the nature of his vision.そのような場合、完璧な判断を形成することはできませんが、交通機関の中に予言のビジョンの魂は、その後の感覚のために必要なのことを正しく理解することはできません。行為であり、これは男性にのみ発生するとなると自分自身起こしから彼は正しく、エクスタシーを知っていて彼のビジョンの性質を識別します。

RECIPIENT OF PROPHECY受信者の予言

The gift of prophecy is an extraordinary grace bestowed by God.予言の才能があるの臨時は、神の恵みに授与されています。 It has never been confined to any particular tribe, family, or class of persons.それは一度も任意の特定の部族に限局し、ご家族、またはクラスの人です。 There is no distinct faculty in human nature by which any normal or abnormal person can prophesy, neither is any special preparation required beforehand for the reception of this gift.教員にはない独特の任意の正常な人間の本性を予言するかの異常な人が、いずれは、事前には、任意の特別な準備が必要となります。レセプションは、次の贈り物です。 Hence Cornely remarks: "Modern authors speak inaccurately of 'schools of prophets', an expression never found in the Scriptures or the Fathers" (Comp. Introduct. in NT, n. 463).それゆえcornely備考: "現代の作家が間違って話すの'学校の預言者'は、決して発見されたという表現や、父親の経典" ( comp. introduct 。のnt 、 463名) 。 Neither was there ever any external rite by which the office of prophet was inaugurated; its exercise was always extraordinary and depended on the immediate call of God.どちらがそこまでは、外付けの儀式では、オフィスの預言者が発足;その運動は常に臨時の即時通話と神に依存しています。 The prophetic light, according to St. Thomas, is in the soul of the prophet not as a permanent form or habit, but after the manner of a passion or passing impression (Summa II-II:171:2).光の予言によると、セントトーマス、魂は、預言者としてではなく、恒久的なフォームや習慣、しかし、後に合格したような印象を与えるの情熱または( 2世- IIの総合的研究論文: 171:2 ) 。 Hence the ancient prophets by their prayers petitioned for this Divine light (1 Kings 8:6; Jeremiah 32:16; 23:2 sq.; 42:4 sq.), and they were liable to error if they gave an answer before invoking God (2 Samuel 7:2,3).それゆえ、古代の預言者はその祈りの請願この神の光( 1王8 : 06 ;エレミヤ32:16 ;午前23時02平方;平方42:4 ) 、と彼らは責任を負いませんエラーが発生する場合には答えを呼び出す前に神( 2サミュエル7:2,3 ) 。

Writing on the recipients of prophecy, Benedict XIV (Heroic Virtue, III, 144, 150) says: "The recipients of prophecy may be angels, devils, men, women, children, heathens, or gentiles; nor is it necessary that a man should be gifted with any particular disposition in order to receive the light of prophecy provided his intellect and senses be adapted for making manifest the things which God reveals to him. Though moral goodness is most profitable to a prophet, yet it is not necessary in order to obtain the gift of prophecy."書面上の受信者の予言は、ベネディクト14世(英雄的美徳だが、 3世、 144 、 150 )は言う: "受信者の予言年5月に天使は、悪魔は、男性、女性、子供、 heathensか、またはgentiles ;もなければ必要なことを男天賦の才能をすべきである、特定の処分を受信するために提供さの光を予言彼の知性と感覚を作るマニフェストに適応することが明らかに神している。かかわらず道徳的な善は最も収益して預言者は、まだありませんするために必要はありません。を入手する予言の才能がある。 " He also tells us that the angels by their own natural penetration cannot know future events whch are undermined and contingent or uncertain, neither can they know the secrets of the heart of another, whether man or angel.彼はまた、天使たちに教えてくれることは自分の自然な浸透whch未来の出来事を知ることはできませんが、偶発的または不確実損なわ、いずれの秘密を知っていることは別の中心部に、男や天使かどうかです。 When therefore God reveals to an angel as the medium through which the future is made known to man, the angel also becomes a prophet.したがって明らかにするときに、神の天使を通じて、将来の媒体として知られて男は、預言者の天使にもなる。 As to the Devil, the same author tells us that he cannot of his own natural knowledge foretell future events which are the proper objects of prophecy, yet God may make use of him for this purpose.悪魔には、同じ著者を教えてくれるのは彼自身の自然な知識をすることはできません将来の出来事を予言のオブジェクトを、適切な予言が、彼はまだありません神年5月、この目的のために使用します。 Thus we read in the Gospel of St. Luke that when the Devil saw Jesus he fell down before Him and, crying out with a loud voice, said: "What have I to do with thee, Jesus, Son of the most high God?"こうして私たちの続きを読む聖ルカによる福音書はイエスキリストが、悪魔が倒れた前に彼と彼は、大きな声で泣いて、言った: "私がこれを行うにはどのようななた、イエスキリストは、神の息子で最も高いですか? " (Luke 8:28). (ルーク8時28分) 。 There are instances of women and children prophesying in Holy Scripture.には、女性と子供のインスタンスをprophesyingの教典です。 Mary, the sister of Moses, is called a prophetess; Anna, the mother of Samuel, prophesied; Elizabeth, the mother of John the Baptist, by a Divine revelation recognized and confessed Mary as the Mother of God.メアリーは、ムーサーの姉は、女性予言者と呼ばれる;アンナは、母親のサミュエル、予言;エリザベスは、洗礼者ヨハネの母、神の啓示された自白メアリーとして認識され、神の母です。 Samuel and Daniel as boys prophesied; Balaam, a Gentile, foretold the advent of the Messias and the devastation of Assyria and Palestine.サミュエルとダニエルとして男の子予言;埋め草は、ジェンティーレ、 messias foretellの過去過去分詞の出現は、アッシリアとパレスチナの荒廃とします。 St. Thomas, in order to prove that the heathens were capable of prophecy, refers to the instance of the Sybils, who make clear mention of the mysteries of the Trinity, of the Incarnation of the Word, of the Life, Passion, and Resurrection of Christ.セントトーマス、を証明するためには、可能な予言heathensが、そのインスタンスを参照して、 sybils 、 whoを明確に言及したのトリニティの謎を探る、という言葉の化身、生命、情熱、と復活キリストです。 It is true that the Sybilline poems now extant became in course of time interpolated; but, as Benedict XIV remarks, this does not hinder much of them, especially what the early Fathers referred to, from being genuine and in no wise apocryphal.それは事実だが、今すぐ詩sybilline現存なった時がたつにつれて補間;しかし、ベネディクト14世の発言は、このくらいのを妨げることはありません、特に言及は何の初期の祖先を、より賢明な作り話はないが、正規のとします。

That the gift of private prophecy exists in the Church is clear from Scripture and the acts of canonization of the saints in every age.贈り物の民間予言して存在して教会は啓典とする行為をより明確に列聖は、聖人のすべての年齢です。 To the question, what credence is to be given to these private prophecies, Cardinal Cajetan answers, as stated by Benedict XIV: "Human actions are of two kinds, one of which relates to public duties, and especially to ecclesiastical affairs, such as preaching, celebrating Mass, pronouncing judicial decisions, and the like; with respect to these the question is settled in the canon law, where it is said that no credence is to be publicly given to him who says he has privately received a mission from God, unless he confirms it by a miracle or a special testimony of Holy Scripture. The other class of human actions consists of those of private persons, and speaking of these, he distinguishes between a prophet who enjoins or advises them, according to the universal laws of the Church, and a prophet who does the same without reference to those laws. In the first case every man may abound in his own sense whether or not to direct his actions according to the will of the prophet; in the second case a prophet is not to be listened to" (Heroic Virtue, III, 192).という質問に、どのような信憑性が与えられ、これらの民間予言される、枢機卿cajetan回答は、ベネディクト14世に記載され: "人間の行動の2つの種類は、 1つの公務に関係し、特に問題を教会のような説教、記念質量、発音司法の意思決定など;性を尊重し、これらの問題は、解決法は、キヤノン、ここで信憑性がないと言われていることを公に与えられた彼は個人的に彼は言うwho受け取って神から与えられた使命は、彼はそれを確認しない限り、奇跡の教典や、特別な証言します。 、他のクラスの人間の行動は、これらの民間人、と言えば、これらの、彼は預言者の間で区別who enjoinsまたは勧告し、普遍的法則によると、その教会は、預言者とwhoは、これらの法律を参照することと同じですが、最初のケースは、自分自身のすべての人がたくさんある意味で彼の行動するかどうかを直接の意志によると、預言者ムハンマド;で2番目のケースは、預言者話を聞いていない" (英雄的美徳、 3 、 192 ) 。

It is also important that those who have to teach and direct others should have rules for their guidance to enable them to distinguish true from false prophets.それらのことも重要なことを教えるとwhoは他の必要のためのルールが直接指導を有効にしてその真偽を識別する預言者です。 A summary of those prescribed by theologians for our guidance may be useful to show practically how the doctrine is to be applied to devout souls in order to save them from errors or diabolical delusions:それらの概要を処方して神学を私たちの指導を表示する場合などに便利に実質的にどのように適用されるのは、敬けんな教義の魂のために保存してからエラーが発生したり極悪非道な妄想:

the recipient of the gift of prophecy should, as a rule, be good and virtuous, for all mystical writers agree that for the most part this gift is granted by God to holy persons.予言の才能があるのは、受信者は、原則として高潔が良いと、すべての神秘的な作家に同意し、ほとんどの部分を、この贈り物は神に与えられた神聖な人です。 The disposition or temperament of the person should also be considered, as well as the state of health and of the brain;その人の性格や気質を考慮しなければならないだけでなく、脳の健康状態や;

the prophecy must be conformable to Christian truth and piety, because if it propose anything against faith or morals it cannot proceed from the Spirit od Truth;言いなりになるの予言をしなければならないとキリスト教の真実を告白するため、何もない場合は信仰や道徳を提案することはできませんから続行真実の精神に外径;

the prediction should concern things outside the reach of all natural knowledge, and have for its object future contingent things or those things which God alone knows;物事の予測は、外部の懸念に達するのすべての自然な知識、およびそのオブジェクトが将来の不測の神だけで物事またはそれらのものを知って;

it should also concern something of a grave and important nature, that is something for the good of the Church or the good of souls.それはまた何かの重大な懸念との重要な自然、それは何かのために、教会や魂の良いのです。 This and the preceding rule will help to distinguish true prophecies from the puerile, senseless, and useless predictions of fortune-tellers, crystal-gazers, spiritualists, and charlatans.これと、上記のルールはヘルプを区別する真の予言からのたわいもない、無意味な、と無駄な予測の占い師、結晶- gazers 、 spiritualists 、およびcharlatansです。 These may tell things beyond human knowledge and yet within the scope of the natural knowledge of demons, but not those things that are strictly speaking the objects of prophecy;これらの5月に伝える弊社の知識と人知を超えたものはまだありませんの範囲内では、自然の知識を悪魔が、厳密に言えば、そういうことには、オブジェクトの予言;

prophecies or revelations which make known the sins of others, or which announce the predestination or reprobation of souls are to be suspected.予言や啓示の罪を他人に知られ、またはこれを発表する予定説や非難される容疑者の魂です。 Three special secrets of God have always to be deeply respected as they are very rarely revealed, namely: the state of conscience in this life, the state of souls after death unless canonized by the Church, and the mystery of predestination.神は常に3つの特別な秘密を深く尊敬される明らかに彼らは非常にまれ、すなわち:良心の状態を、この人生は、死後の魂の状態をcanonizedされていない限り、教会、との謎を宿命です。 The secret of predestination has been revealed only in exceptional cases, but that of reprobation has never been revealed, because so long as the soul is in this life, its salvation is possible.宿命の秘密を知って例外的な場合のみで明らかにされ、それを非難は一度も明らかに、魂のためが続く限りは、この生活は、その救いを受けることは可能です。 The day of General Judgment is also a secret which has never been revealed;この日の総合判断にも秘密には一度も明らかに;

we have afterwards to ascertain whether the prophecy has been fulfilled in the way foretold.私たちがその後を確実に果たされるかどうかを予言する方法前から予報されています。 There are some limitations to this rule: (1) if the prophecy was not absolute, but containing threats only, and tempered by conditions expressed or understood, as exemplified in the prophecy of Jonas to the Ninivites, and that of Isaias to King Ezechias; (2) it may sometimes happen that the prophecy is true and from God, and the human interpretation of it is false, as men may interpret it otherwise than God intended.には、いくつかの制限がこのルール: ( 1 )の場合、絶対的な予言はないが、脅威のみを含む、と鍛えられた条件を表明または理解し、例示としては、ジョナスの予言をninivitesており、その王のisaiasをezechias ; ( 2 )時に起きることがありますが真実であり、予言者は、神となり、人間の解釈の場合はfalseを返します、他の男性よりも神の意図解釈することがあります。

It is by these limitations we have to explain the prophecy of St. Bernard regarding the success of the Second Crusade, and that of St. Vincent Ferrer regarding the near approach of the General Judgment in his day.これは私たちがこれらの制限を予言を説明するのセントバーナードについての成功の2番目の十字軍ており、その近くのセントビンセントフェレルのアプローチについては彼の1日の総括判断します。

CHIEF PARTICULAR PROPHECIESチーフ特定の予言

The last prophetic work which the Church acknowledges as Divinely inspired is the Apocalypse.予言の最後の仕事としては、教会の神のインスピレーションは、アポカリプスを認めています。 The prophetic spirit did not disappear with the Apostolic times, but the Church has not pronounced any work prophetic since then, though she has canonized numberless saints who were more or less endowed with the gift of prophecy.精神の予言が消えるの使徒回しなかったが、教会にはどんな仕事もはっきりしない予言以来、無数の聖人canonizedかかわらず彼女は多かれ少なかれwhoは恵まれている予言の才能がある。 The Church allows freedom in accepting or rejecting particular or private prophecies according to the evidence for or against them.教会により、特定の自由を承認するか拒否またはプライベート予言によると、賛成か反対かの証拠です。 We should be slow to admit and slow to reject them, and in either case treat them with respect when they come to us from trustworthy sources, and are in accordance with Catholic doctrine and the rules of Catholic morality.を認めざるをしなければならないが遅いとスローを拒否し、それらを尊重するどちらの場合で治療するときに来て信頼できるソースからの問い合わせ、とは、カトリック教義に基づき、カトリックの道徳性のルールです。 The real test of these predictions is their fulfilment; they may be only pious anticipations of the ways of Providence, and they may sometimes be fulfilled in part and in part contradicted by events.実際にテストし、これらの予測は、その履行;年5月に彼らだけの信心深いプロビデンスの方法を期待し、彼らの一部が果たされることが、ときには部分的矛盾をイベントとします。 The minatory prophecies which announce calamities, being for the most part conditional, may or may not be fulfilled.脅迫的な予言を発表する災害は、条件付きで、ほとんどの部分は、 5月または満たされないことがあります。 Many private prophecies have been verified by subsequent events, some have not; others have given rise to a good deal of discussion as to their genuineness.多くの私立予言後発事象が確認され、いくつかのれていない;他人に上昇するが与えられたとして、かなりの議論して純粋です。 Most of the private prophecies of the saints and servants of God were concerned with individuals, their death, recovery from illness, or vocations.ほとんどの民間予言は、聖人と神の召使が関係する個人、彼らの死、病気からの回復か、または職業です。 Some foretold things which would affect the fate of nations, as France, England, and Ireland.いくつかのforetellの過去過去分詞の命運を左右するものは国としてフランス、イギリス、アイルランドです。 A great number have reference to popes and to the papacy; and finally we have many such prophecies relating to the end of the world and the approach of the Day of Judgment.非常に多くの参照を教皇としてはローマ教皇の;そして最後に私たちは多くのこのような予言に関連すると、世界の終わりには復活の日にアプローチします。

The more noteworthy of the prophecies bearing upon "latter times" seem to have one common end, to announce great calamities impending over mankind, the triumph of the Church, and the renovation of the world.軸受予言する時、他の注目に値する"後者回"ように見えるには1つの共通終わり、間近に迫った以上を発表する大災害人類は、教会の勝利と、世界の改築などをします。 All the seers agree in two leading features as outlined by EH Thompson in his "Life of Anna Maria Taigi" (ch. 18): "First they all point to some terrible convulsion, to a revolution springing from most deep-rooted impiety, consisting in a formal opposition to God and His truth, and resulting in the most formidable persecution to which the Church has ever been subject. Secondly, they all promise for the Church a victory more splendid than she has ever achieved here below. We may add another point in which there is a remarkable agreement in the catena of modern prophecies, and that is the peculiar connection between the fortunes of France and those of the Church and the Holy See, and also the large part which that country has still to play in the history of the Church and of the world, and will continue to play to the end of time."すべてのゼールスに同意され、 2つの主要機能を概説ええトンプソン彼の"生活のアンナマリアtaigi " (第18 ) : "まず、彼らのすべてのいくつかのひどいけいれんをポイントして、革命してから湧き最も根深い不信心、構成を正式に反対の立場を、神と神の真理、およびその結果、最も恐るべき迫害にして、教会が上演されたアジ研です。第二に、彼らのすべての約束は、教会の他の素晴らしい勝利達成までよりも彼女はここでは以下のとおり。もう1つ追加することがありますポイントでは契約書には、注目すべきは、カテナのモダンな予言、それは、奇妙な運命のフランスとの間の接続は、これらの教会と神聖を参照し、また、その国の大部分はまだを再生するには、の歴史を、世界の教会とし、今後の最後の時間を再生するにします。 "

Some prophetic spirits were prolific in the forecasts of the future.多作のは、いくつかの予言スピリッツは将来の予測です。 The biographer of St. Philip Neri states that if all the prophecies attributed to this saint were narrated, they alone would fill entire volumes.聖フィリップネリ州の伝記作家のすべての予言した場合、このサンがナレーションに起因する、彼らだけでは全体のボリュームいっぱいです。 It is sufficient to give the following as examples of private prophecies.を十分に与えることが民間の例としては、次の予言です。

(1) Prophecy of St. Edward the Confessor ( 1 )予言の聖エドワード懺悔

Ambrose Lisle Philipps in a letter to the Earl of Shrewsbury dated 28 October, 1850, in giving a sketch of English Catholic history, relates the following vision or prophecy made by St. Edward: "During the month of January, 1066, the holy King of England St. Edward the Confessor was confined to his bed by his last illness in his royal Westminster Palace. St. Ælred, Abbott of Rievaulx, in Yorkshire, relates that a short time before his happy death, this holy king was wrapt in ecstasy, when two pious Benedictine monks of Normandy, whom he had known in his youth, during his exile in that country, appeared to him, and revealed to him what was to happen to England in future centuries, and the cause of the terrible punishment. They said: 'The extreme corruption and wickedness of the English nation has provoked the just anger of God. When malice shall have reached the fullness of its measure, God will, in His wrath, send to the English people wicked spirits, who will punish and afflict them with great severity, by separating the green tree from its parent stem the length of three furlongs. But at last this same tree, through the compassionate mercy of God, and without any national (governmental) assistance, shall return to its original root, reflourish and bear abundant fruit.'ライル糸のアンブローズに一通の手紙をphilippsシュルーズベリー伯爵日付1850年10月28日、英語での提供をスケッチするカトリックの歴史、関係は、次のビジョンや予言作られる聖エドワード: " 1月中に、 1066は、神聖な王聖エドワード懺悔のイングランドは、自分のベッドに閉じ込められた彼の最後の病気を彼のロイヤルウェストミンスター宮殿です。聖ælred 、アボットのrievaulxは、ヨークシャー、短い時間に関連して彼の幸せな死を前に、この神聖な王様は有頂天になってwrapの過去過去分詞は、信心深いベネディクト修道僧のときに2つのノルマンディー、御心に適う知られていた彼の若者は、その国の亡命中に彼の出演をしてしまったら、と明らかに彼に何が起こるのは、イングランドの今後の世紀には、その過酷な罰が原因で発生するとします。かれらは言った: ' 、極度の腐敗と邪悪は、英語の国には神の怒りを挑発されたばかりです。膨満に到達するときには、悪意の測定、神は、彼の怒りは、邪悪な霊に送信する人々の英語、 whoは、罰する非常に重要度を苦しめることと、その親から分離して緑の木の幹の長さの3つのfurlongs 。しかし、最後にこれと同じツリーで、神の慈悲を通して思いやりのある、となく国家(政府)の支援者は、リターンを元のルートは、クマreflourishと豊富な果実です。 ' After having heard these prophetic words, the saintly King Edward opened his eyes, returned to his senses, and the vision vanished. He immediately related all he had seen and heard to his virgin spouse, Edgitha, to Stigand, Archbishop of Canterbury, and to Harold, his successor to the throne, who were in his chamber praying around his bed."これらの予言の言葉が耳にした後、彼の目の聖人のようなキングエドワード開いて、返さを覚ますと、ビジョンが消えた。彼はすぐに関連したすべて見られると聞いていた彼の処女を配偶者、 edgitha 、 stigand 、カンタベリー大主教、およびハロルド、彼の王位継承者、 whoが彼の箱の周りのベッドを祈っています。 " (See "Vita beati Edwardi regis et confessoris", from manuscript Selden 55 in Bodleian Library, Oxford.) (詳細については、 "生命beati edwardiレジスet confessoris " 、原稿のセルデンから55にbodleian図書館、オックスフォード大学。 )

The interpretation given to this prophecy is remarkable when applied to the events which have happened.この予言の解釈を与えられたときに適用されるイベントは、注目すべきが起こった。 The spirits mentioned in it were the Protestant innovators who pretended, in the sixteenth century, to reform the Catholic Church in England.の魂に記載されては、プロテスタントのイノベーターwhoふりは、 16世紀、カトリック教会の改革を実行には、英国のです。 The severance of the green tree from its trunk signifies the separation of the English Church from the root of the Catholic Church, from the Roman See.退職金は、緑の木の幹からの分離を意味する英語のルートからの教会のは、カトリックの教会、ローマからの参照です。 This tree, however, was to be separated from its life-giving root the distance of "three furlongs".このツリーは、しかし、その生活からは分離されるルートの距離を与える" 3つのfurlongs "です。 These three furlongs are understood to signify three centuries, at the end of which England would again be reunited to the Catholic Church, and bring forth flowers of virtue and fruits of sanctity.これらの3つのfurlongsは理解を示す3つの世紀末に再びイングランドはカトリック教会に再会して、美徳を生み出すの花や果物の神聖です。 The prophecy was quoted by Ambrose Lisle Philipps on the occasion of the reestablishment of the Catholic hierarchy in England by Pope Pius IX in 1850.ライル糸のアンブローズの予言が引用される機会をphilippsを検索するのは、カトリックの階層は、英国の回復のピウス9世は1850年にします。

(2) Prophecies of St. Malachy ( 2 )予言の聖マラキ

Concerning Irelandアイルランドに関する

This prophecy, which is distinct from the prophecies attributed to St. Malachy concerning the popes, is to the effect that his beloved native isle would undergo at the hands of England oppression, persecution, and calamities of every kind, during a week of centuries; but that she would preserve her fidelity to God and to His Church amidst all her trials.この予言、これはより明確に起因する聖マラキの予言の教皇は、彼の最愛のネイティブへの影響を受けるの島ではイングランドの手に弾圧、迫害し、あらゆる種類の災害の中の一週間の世紀;しかし、彼女の忠実度を維持すると彼女は彼の教会の中に、神とのすべての彼女の試験です。 At the end of seven centuries she would be delivered from her oppressors (or oppressions), who in their turn would be subjected to dreadful chastisements, and Catholic Ireland would be instrumental in bringing back the British nation to that Divine Faith which Protestant England had, during three hundred years, so rudely endeavoured to wrest from her. 7世紀末から彼女は彼女の抑圧者に配信(またはoppressions ) 、 who 、自分の順番が恐ろしいchastisementsにさらされる、とカトリックのアイルランドインストゥルメンタルをもたらすが、英国民を先頭に神の信仰をプロテスタントのイングランドは、 300年の間、彼女のようぶしつけにendeavouredを奪い取るからです。 This prophecy is said to have been copied by the learned Dom Mabillon from an ancient manuscript preserved at Clairvaux, and transmitted by him to the martyred successor of Oliver Plunkett.この予言は、コピーされたと伝えられているから、古代の原稿を学んだDOMのマビヨンクレールボー保存され、彼に伝播されると、殉教の後継者のオリバープラケットです。

Concerning the Popes教皇に関する

The most famous and best known prophecies about the popes are those attributed to St. Malachy.最も有名で最も有名な予言については、教皇は、聖マラキそれらに起因する。 In 1139 he went to Rome to give an account of the affairs of his diocese to the pope, Innocent II, who promised him two palliums for the metropolitan Sees of Armagh and Cashel.彼はローマで1139を与える問題を持つアカウントは、彼の教区に、法王は、罪のない2世、 who palliumsは、首都圏を約束した彼は2つのアーマとCashelのです。 While at Rome, he received (according to the Abbé Cucherat) the strange vision of the future wherein was unfolded before his mind the long list of illustrious pontiffs who were to rule the Church until the end of time.ローマ中に、彼は受け取った( abbéによると、 cucherat )の奇妙なビジョンを展開する前に、将来そこが彼の心の長いリストを輝かしいwho pontiffsが終了するまで、教会を支配する時間です。 The same author tells us that St. Malachy gave his manuscript to Innocent II to console him in the midst of his tribulations, and that the document remained unknown in the Roman Archives until its discovery in 1590 (Cucherat, "Proph. de la succession des papes", ch. xv).同じ著者を教えてくれること聖マラキは彼の原稿を罪のない2世をコンソールに彼が彼の苦難の真っただ中にいること、およびドキュメントは依然不明で、発見されるまで、ローマのアーカイブ1590 ( cucherat 、 " prophです。デラ承継デpapes " 、あなたのです。 15 ) 。 They were first published by Arnold de Wyon, and ever since there has been much discussion as to whether they are genuine predictions of St. Malachy or forgeries.最初に公開されていたアーノルドデwyon 、とされて以来、多くの議論が正規品かどうかを予測または偽造聖マラキです。 The silence of 400 years on the part of so many learned authors who had written about the popes, and the silence of St. Bernard especially, who wrote the "Life of St. Malachy", is a strong argument against their authenticity, but it is not conclusive if we adopt Cucherat's theory that they were hidden in the Archives during those 400 years. 400年以上の沈黙を非常に多くを学んだの部分については、教皇の作家whoが書かれた、との沈黙のセントバーナード特に、 who書いた、 "人生の聖マラキ"は、その真正性の強い反対論、それcucheratすれば決定的ではないの理論を採用していたアーカイブの中に隠されているそれらの400年です。

These short prophetical announcements, in number 112, indicate some noticeable trait of all future popes from Celestine II, who was elected in the year 1143, until the end of the world.これらの短い机上のお知らせ、の数は112 、顕著な特徴を示すいくつかのセレスティン2世のすべての将来の教皇から、 whoは、 1143年に選出されるまで、世界の終わりにします。 They are enunciated under mystical titles.彼らは神秘的なタイトルenunciatedされています。 Those who have undertaken to interpret and explain these symbolical prophecies have succeeded in discovering some trait, allusion, point, or similitude in their application to the individual popes, either as to their country, their name, their coat of arms or insignia, their birth-place, their talent or learning, the title of their cardinalate, the dignities which they held etc. For example, the prophecy concerning Urban VIII is Lilium et Rosa (the lily and the rose); he was a native of Florence and on the arms of Florence figured a fleur-de-lis; he had three bees emblazoned on his escutcheon, and the bees gather honey from the lilies and roses.これらのwhoが実施予言を解釈すると説明し、これらの象徴の発見に成功していくつかの形質、ほのめかし、ポイントか、または類似のアプリケーションを、個々の教皇のいずれであっても、自分たちの国を、自分の名前、彼らの紋章や記章、彼らの誕生-位、彼らの才能や学習は、彼らのタイトルを枢機卿は、これが開催されたdignities等の例では、都市viiiに関する予言はユリetロサ(リリーとローズ) ;彼はフィレンツェとその上に自生する植物の腕のフィレンツェ-デ- LISの模様をフルール;彼は彼の盾に飾られた3つの蜂や蜂ユリやバラの花から蜜を集める。 Again, the name accords often with some remarkable and rare circumstance in the pope's career; thus Peregrinus apostolicus (pilgrim pope), which designates Pius VI, appears to be verified by his journey when pope into Germany, by his long career as pope, and by his expatriation from Rome at the end of his pontificate.繰り返しになりますが、頻繁に名前をいくつかの注目すべきと合意まれな状況で、法王の経歴;したがってperegrinus apostolicus (ローマ教皇の巡礼者)を指定ピウス六、表示されるときに確認された彼のローマ法王にドイツの旅は、彼の長い経歴を持つローマ法王、およびローマ彼の国外移住者の最後に彼の司教職をします。 Those who have lived and followed the course of events in an intelligent manner during the pontificates of Pius IX, Leo XIII, and Pius X cannot fail to be impressed with the titles given to each by the prophecies of St. Malachy and their wonderful appropriateness: Crux de Cruce (Cross from a Cross) Pius IX; Lumen in caelo (Light in the Sky) Leo XIII; Ignis ardens (Burning Fire) Pius X. There is something more than coincidence in the designations given to these three popes so many hundred years before their time.これらのwhoに住んだことがあるとその後の成り行きをpontificates中には、インテリジェントな態度のピウス9世、レオ13世とピウスXは失敗することがないに感銘を与えられたのタイトルを各予言された素晴らしい聖マラキとその妥当性:最も重要なデcruce (クロスからのクロス)ピウス9世;内腔が隔たって(ライトインザスカイ)レオ13世;イグニスardens (燃える火)ピウスXの何かを超えるには偶然でこれらの3つの教皇の称号を与えられた非常に多く100何年も前の時間です。 We need not have recourse either to the family names, armorial bearings or cardinalatial titles, to see the fitness of their designations as given in the prophecies.私たちの頼みの綱のいずれかをする必要はありませんが、ご家族の名前、紋章cardinalatialベアリングや、タイトル、詳細については、フィットネスの称号を与えられたとしては、予言します。 The afflictions and crosses of Pius IX were more than fell to the lot of his predecessors; and the more aggravating of these crosses were brought on by the House of Savoy whose emblem was a cross.十字架のピウス9世の試練とは以上に下落し、多くの彼の前任者、およびこれらのクロスが、他の悪化によってもたらされたサヴォイア家の紋章は、クロスです。 Leo XIII was a veritable luminary of the papacy.レオ13世は、著名なのは真のローマ教皇のです。 The present pope is truly a burning fire of zeal for the restoration of all things to Christ.法王は、まさに、現在の熱意に燃える火の中のすべてのものをキリストの復元します。

The last of these prophecies concerns the end of the world and is as follows: "In the final persecution of the Holy Roman Church there will reign Peter the Roman, who will feed his flock amid many tribulations, after which the seven-hilled city will be destroyed and the dreadful Judge will judge the people. The End."最後の最後に、これらの予言の世界との懸念は以下のとおりです: "神聖ローマ帝国の最後の迫害を治世ピーターローマ教会が、 whoは、フィードの彼の群れの中で多くの苦難、後は、 7市はhilled恐ろしい破壊されると人々の裁判官が判断する。の最後にします。 " It has been noticed concerning Petrus Romanus, who according to St. Malachy's list is to be the last pope, that the prophecy does not say that no popes will intervene between him and his predecessor designated Gloria olivæ.ペトリュスに関するされて気づいたromanus 、 whoによるとされる聖マラキのリストの最後の法王は、予言は、教皇はありません言うことは絶対にありませんが彼と彼の前任者の間にグロリアolivæ指定します。 It merely says that he is to be the last, so that we may suppose as many popes as we please before "Peter the Roman".それによると、彼は単に、最終更新されるように、できるだけ多くの教皇として仮定することがあります私たちを前に"ピーターのロマン"です。 Cornelius a Lapide refers to this prophecy in his commentary "On the Gospel of St. John" (C. xvi) and "On the Apocalypse" (cc. xvii-xx), and he endeavours to calculate according to it the remaining years of time.コルネリウスをラピデ彼の解説を参照して、この予言"を検索するの聖ヨハネの福音書" ( c. 16 )と"を検索するアポカリプス" ( cc. 17 -イグゼクス) 、と彼は努力してそれを計算によると、残りの年間の時間。

(3) Prophecy of St. Paul of the Cross ( 3 )予言の聖パウロの十字架

During more than fifty years St. Paul of the Cross was accustomed to pray for the return of England to the Catholic Faith, and on several occasions had visions and revelations about its re-conversion. 50年を超える中、クロスは聖パウロのに慣れてイングランドに帰還のために祈るのは、カトリックの信仰し、幾度もいたについて暴露するビジョンとその再変換します。 In spirit he saw the Passionists established in England and labouring there for the conversion and sanctification of souls.心の中で彼を見たpassionists labouringあるために設立されたイングランドとの魂のコンバージョン、および清浄化します。 It is well known that several leaders of the Oxford Movement, including Cardinal Newman, and thousands of converts have been received into the Church in England by the Passionist missionaries.いくつかのことはよく知られているのオックスフォード運動の指導者など、ニューマン枢機卿は、変換すると数千人の教会にも受信されたパッショニストは、英国の宣教師です。 There are many other private prophecies concerning the remote and proximate signs which will precede the General Judgment and concerning Antichrist, such as those attributed to St. Hildegarde, St. Bridget of Sweden, Blessed Anna Maria Taigi (the "three days' darkness"), the Curé d'Ars, and many others.その他にも多くの民間予言に関する兆候は、リモートと近接が先行する反キリストに関する一般的な判断力と、それらに起因するといったセントヒルデガード、聖ブリジットのスウェーデン、祝福アンナマリアtaigi (以下、 " 3日間の闇" )は、 curé d'アルス、 、その他さまざまです。 These do not enlighten us any more than do the Scriptural prophecies as to the day and the hour of that judgment, which still remains a Divine secret.これらの情報はありません啓発聖書には、任意の予言を超えるの日と時間を、その判断、これは依然として、神の秘密です。

Publication information Written by Arthur Devine.出版物の情報執筆者アーサーディバインです。 Transcribed by Marie Jutras.マリーjutras転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XII.のは、カトリックの百科事典、第20巻12 。 Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認、 1911年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです