Rosh Hashanahロッシュhashanah

General Information 総合情報

Rosh Hashanah (Hebrew for "head of the year") is the Jewish New Year, commemorating the creation of the world.ロッシュhashanah (ヘブライ語で"ヘッドオブザイヤー" )は、ユダヤ暦新年、記念の創造の世界です。 It is celebrated in early fall, Tishri 1 by the Jewish calendar.初秋ことが祝われ、 1月1されたユダヤ人のカレンダーです。 Rosh Hashanah is a solemn occasion, the Day of Judgment, ushering in the penitential season that culminates ten days later on Yom Kippur.ロッシュhashanahは、荘厳な儀式、審判の日に、シーズンがculminatesざんげの案内は、 10日間後に贖罪の日です。

The distinctive feature of the synagogue service is the blowing of a ram's horn (Shofar).の独特の機能を吹いては、シナゴーグサービスは、ラムの角(ショファル) 。 The liturgy of the day stresses the sovereignty of God and the hope that all humans will at last recognize him as Father and King.その日の典礼の主権を強調して、神と期待して、すべての人間としては、最後に彼の父とキングを認識します。

The festival is celebrated for two days by the traditionally observant, whereas Reform Jews keep it for one day, in accord with biblical law. 2日間の祭りが有名な伝統的に観察されたが、ユダヤ人を維持して改革の一日は、協定に聖書の法です。 On the afternoon of the first day it is customary to go to a river or pond and recite tashlich, scriptural verses on repentance and forgiveness of sin.午後の最初の日にすることが習慣に移動するには川や池や暗唱tashlich 、聖書の詩を後悔と罪の赦しです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bernard J Bambergerバーナード無しバンバーガー

Bibliography: 書誌事項:
H Schauss, Jewish Festivals (1969). h schauss 、ユダヤ教の祭り( 1969 ) 。


Rosh Hashanahロッシュhashanah

General Information 総合情報

Rosh Hashanah (Hebrew, "beginning of the year") is the Jewish New Year, celebrated on the first and second days of the Jewish month of Tishri (falling in September or October) by Orthodox and Conservative Jews and on the first day alone by Reform Jews.ロッシュhashanah (ヘブライ語、 "初めオブザイヤー" )は、ユダヤ暦新年、最初と2番目に祝われ、日中には、ユダヤ人の月日の1月( 9月または10月の下落)を正統派と保守派のユダヤ人との最初の1日だけで改革のユダヤ人です。 It begins the observance of the Ten Penitential Days, a period ending with Yom Kippur that is the most solemn of the Jewish calendar.それを開始し、 10ざんげの遵守の日中には、贖罪の日を期に、ユダヤ人は、最も厳粛なカレンダーです。 Rosh Hashanah and Yom Kippur are known as the High Holy Days.ロッシュhashanahと贖罪の日高は、神聖な日中に知られています。

In the Bible, Rosh Hashanah is mentioned only as a day of remembrance and of the sounding of the ram's horn.聖書は、ロッシュに記載hashanah一日だけの水深を訓戒とするのRAMの角です。 These two characteristics of the day, interwoven with the theme of the proclamation of God's kingship, became the major components of the New Year's observance in later Judaism.これらの2つの特徴がわかります、織り交ぜることをテーマに、神の王を宣言、主要なコンポーネントが、それ以降のユダヤ教の新年の儀式です。 They are emphasized in the liturgy by the repetition of "verses of remembrance","verses that mention the ram's horn," and "sovereignty verses."彼らは典礼を繰り返すことによって強調して"詩の英霊" 、 "詩のRAMの角に言及し、 "や"主権の詩です。 " The first of these is important because it represents the sense of continuing creation and development of the world that Judaism emphasizes on this anniversary of creation.これらの最初の感覚が重要なため、継続することは、世界の創造と発展に重点を置いて、このユダヤ教周年記念の創作です。 Because good and evil actions greatly influence the future, it is emphasized that God "remembers," and mention is made of the meritorious acts of the Hebrew patriarchs Abraham, Isaac, and Jacob to urge emulation of their holiness as the path to redemption.善と悪の行動に大きな影響を与えるため、将来的には、これは神と強調して"記憶"と言及するには称賛に値する行為は、ヘブライ語patriarchsイブラーヒーム、イスハーク、とジェイコブのエミュレーションを促すとして神聖へのパスを交換します。

Indeed, the most prominent scriptural passage in the Rosh Hashanah liturgy is that of the binding of Isaac (see Genesis 22), which forms the portion from the Torah designated for reading on that day.確かに、聖書の一節で、最も顕著なのはロッシュ典礼hashanahしている結合のアイザック(創世記22を参照) 、どのような形式の部分からの律法を読んでその日に指定します。 This passage leads into the theme of the ram's horn; in the service in the synagogue the shofar, a wind instrument made of ram's horn to represent the horn of the animal sacrificed in Isaac's stead, is blown.この通路のRAMのリードをテーマの角;でのサービスは、シナゴーグのショファルは、管楽器のRAMの角製のホーンを代表して、その動物の犠牲アイザックの代わりに、が吹かれる。 Early peoples often made noise at the New Year to drive away demons; the Jews transformed this practice into a blowing of the horn to prefigure the moment when God would destroy the evil in the world, "blow the ram's horn, and come with the whirlwinds."早期の人々はしばしばノイズは、新しい年に悪魔ですし、ユダヤ人の形質転換を吹いてこのような行為は、ホーンを予想するときの瞬間、神が世界には邪悪を台無しにする、 "ラムの角を台無しにする、と来るの旋風。 " At that moment, it is held in the "sovereignty verses," God will be king over all the earth, as he is now king over those who accept him in a renewal of commitment on Rosh Hashanah.その瞬間、それはで開催された"国家主権の詩、 "神王以上のすべての地球は、今すぐに彼はそれらのキング以上who受入彼には、更新のコミットメントをロッシュhashanahです。


Rosh Ha-Shanahロッシュハ- shanah

Jewish Viewpoint Informationユダヤ人の視点情報

Eighth treatise of the order Mo'ed; it contains (1) the most important rules concerning the calendar year together with a description of the inauguration of the months by the nasi and ab bet din; (2) laws on the form and use of the shofar and on the service during the Rosh ha-Shanah feast. 8番目の論文は、注文mo'ed ;それは( 1 )の最も重要なルールを構築するカレンダーの年と一緒にして説明して発足された鼻やアルバータか月ベットまた、 ( 2 )法律上のフォームを使用するの中に、サービス上でショファルおよびロッシュハ- shanahごちそうになる。

Contents.内容です。

The old numerical Mishnah commences with an account of the four beginnings of the religious and the civil year (i. 1); it speaks of the four judgment-days of the pilgrim festivals and Rosh ha-Shanah (i. 2); of the six months in which the messengers of the Sanhedrin announce the month (i. 3); of the two months the beginnings of which witnesses announce to the Sanhedrin even on the Sabbath (i. 4), and even if the moon is visible to every one (i. 5); Gamaliel even sent on the Sabbath for forty pairs of witnesses from a distance (i. 6); when father and son (who as relatives may otherwise not witness together) behold the new moon they must set out for the bet din (i. 7), since they do not absolutely belong to those that are legally unfit for this purpose (i. 8).ミシュナー、古い数値を持つアカウントの開始の4つの始まりは、宗教と市民年( i. 1 ) ;て話すの4つの判断-日間の巡礼祭やロッシュハ- shanah ( i. 2 ) ;は、 6ヶ月間では、使徒の月日を発表するのサンヘドリン( i. 3 ) ;のが始まりカ月の間に、 2つの目撃者を発表してサンヘドリンでも、安息日( i. 4 ) 、そしてすべての場合は、ムーンが見える1つ( i. 5 ) ; gamalielの安息日のために送信さも40組の目撃者からの距離( i. 6 ) ;ときに父親と息子( who特定の目撃者として一緒に他の親族5月)見よ、新しいムーン彼らを設定する必要があります。また、ベット( i. 7 ) 、以来確実に所属していないものが法的に適さないこの目的のために( i. 8 ) 。 The weak and sick are borne on litters, and are protected against the attacks of the Sadducees; they must be provided with food, for witnesses are bound to journey even on the Sabbath (i. 9).病気に弱いとリットルが負担し、攻撃が保護さと、サドカイ派;彼らに食糧を提供しなければならない、目撃者は旅にバインドされても、安息日( i. 9 ) 。 Others went along to identify the unknown (ii. 1).その他に沿っを識別するには未知の( ii. 1 ) 。 In olden times bonfire-signals on the mountains announced to all as far as Babylon that the month had been sanctified.たき火-信号をオンに昔の山限りで発表されたすべてのバビロンは、月日が神聖化されています。 The custom of having witnesses and messengers was introduced after the Sadducees had attempted to practise deception (ii. 2, 3, 4).目撃者と使徒を持つカスタムが導入しようと練習した後、サドカイ派は欺瞞( ii. 2 、 3 、 4 ) 。

The large court called "Bet Ya'azeḳ" was the assembly-place for the witnesses (ii. 5); bountiful repasts awaited them, and dispensations from the Law were granted to them (ii. 6); the first pair of witnesses was questioned separately concerning the appearance of the moon, and other witnesses cursorily (ii. 7).大法廷と呼ばれる"賭けya'azeḳ "は、アセンブリの場所を指定する目撃者( ii. 5 ) ;豊かなrepasts待たれていたし、分配法が付与してから( ii. 6 ) ;の最初のペアの目撃者は、外観は、個別に事情聴取に関するムーン、およびその他の目撃者cursorily ( ii. 7 ) 。 Then the ab bet din called out to a large assembly, "Sanctified!"またその後、アルバータベットと呼ばれる大規模なアセンブリアウトして、 "神聖化さ! " all the people crying out aloud after him (ii. 8).すべての人々に大声を出して泣いているの後、彼( ii. 8 ) 。 Gamaliel II. gamaliel Ⅱ 。 had representations of the moon which he showed to the witnesses.ムーンが、彼は表現して目撃者を示しています。 Once there arose a dispute between him and Joshua regarding the Tishri moon; the latter, in obedience to the nasi, came on foot to Jamnia on the day which he had calculated to be the Day of Atonement, and the two scholars made peace (iii.).一度、かれとの間に紛争が生じたジョシュアについては1月ムーン; 、後者は、鼻の服従をし、徒歩で来たjamniaていたその日の贖罪の日に計算される、と2つの学者は平和( ⅲ 。 ) 。 There were various obstacles to the sanctification of the months, as when time was lacking for the ceremony, or when there were no witnesses present before the bet din.神聖化して様々な障害があったのか月のときなど、式典の時間が足りないか、または目撃者がないときに提示する前にまたベットです。 In the first case the following day became the new moon; in the second case the bet din alone performed the sanctification.前者の場合は、次の日は新月;で2番目の場合は、賭け金はまた神聖化だけを実行してください。

The Shofar.のショファルです。

The Mishnah treats also of the shofar (iii. 2); the horn of the cow may not be used (iii. 3); the form of the trumpet for Rosh ha-Shanah, the fast-day, and Yobel is determined (iii. 5); injuries to the shofar and the remedies are indicated (iii. 6); in times of danger the people that pray assemble in pits and caves (iii. 7); they pass the house of worship only on the outside while the trumpets sound (iii. 8); they are exhorted to be firm by being reminded of Moses' uplifted hands in the war with the Amalekites.ミシュナー扱わするのもショファル( iii. 2 ) ;牛の角に使われることはできません( iii. 3 ) ;のフォームは、トランペットをロッシュハ- shanahは、急速に1日、およびyobelが決定( ⅲ 。 5 ) ;けがをしショファルとする救済策が示さ( iii. 6 ) ;で倍の人々を危険に祈りを組み立てるピットと洞窟( iii. 7 ) ;彼らの家の礼拝だけでパスの外側が、トランペット音( iii. 8 ) ;彼らはexhortedされる企業を思い出すモーゼの手を高く掲げて、戦争をamalekitesです。 In such times the deaf-mutes, insane, and children are legally unfit for blowing the trumpets.このような倍の聾唖者、非常識な、と子供たちが合法的に吹いて、トランペットに向いていない。

Even if the festival fell on the Sabbath, Johanan ben Zakkai had the trumpets blown at Jamnia, while at one time this was done only in the Temple and the surrounding places (iv. 1); he also fixed the lulab outside of the Temple for seven days, and forbade the eating of new grain on the second day of Passover (iv. 2); he extended the time for examining witnesses until the evening, and had them come to Jamnia even in the absence of the ab bet din (iv. 3).祭りも下落を検索する場合は、安息日、 johananベンzakkaiでは、トランペット吹きjamnia 、これは時間中に1つだけで同寺とその周辺の場所( iv. 1 ) ;彼はまた、寺の外に固定するためlulab 7日間、および新たな穀物を食べることを禁じ、 2番目の日の過越( iv. 2 ) ;彼は目撃者の審査の時間を延長するまで、夜になると、として来ていたjamniaの欠如も、また、アルバータベット( 4世です。 3 ) 。 The Mishnah then treats of the order of the prayers (iv. 4), of the succession of the Malkuyot, Zikronot, and Shoferot, of the Bible sentences concerning the kingdom of God, Providence, and the trumpet-call of the future (iv. 5), and of the leader in prayer and his relation to the teki'ah (iv. 6); descriptions of the festival are given in reference to the shofar (iv. 7); then follows the order of the traditional trumpet-sounds (iv. 8); and remarks on the duties of the leader in prayer and of the congregation close the treatise (iv. 9).ミシュナー入力し、処理をするためには、祈り( iv. 4 ) 、後継者を、 malkuyot 、 zikronot 、およびshoferot 、聖書の神の王国に関する文章、プロビデンス、そしてラッパ-コールオブの未来( 4世。 5 ) 、そして彼の指導者の祈りと関連して、 teki'ah ( iv. 6 ) ;の説明を参考に与えられるこの祭りは、ショファル( iv. 7 ) ;入力し、以下の通りの順序を、従来のトランペット-サウンド( iv. 8 ) ;との発言を次のような任務のリーダーで、集会を閉じて祈りと論文( iv. 9 ) 。

The Tosefta.のtoseftaです。

Curious as is the order of subjects followed in this treatise, in which several mishnaic sources have been combined, the Tosefta follows it, adding comments that form the basis of the Gemara in both Talmuds.好奇心のための科目を後には、この論文ではいくつかの組み合わせがmishnaicソースは、以下の通りtoseftaは、コメントの追加、 gemaraの基盤を形成することの両方でtalmudsです。 The contents of the Mishnah with the corresponding sections of the Tosefta are as follows: General calendar for the year, i.その内容は、ミシュナーと、それに対応するのセクションにはtoseftaは以下のとおり:一般的なカレンダーをザイヤー、 i. 1-4 = Tosef. 1-4 = tosefです。 i.わたし。 1-13. 1-13 。 Regulations concerning the months' witnesses, i.規制のカ月分の目撃者は、 i. 5-ii. 5 - Ⅱ 。 1 (connecting with i. 4) = Tosef. 1 (接続i. 4 ) = tosefです。 i.わたし。 15-ii. 15 - Ⅱ 。 1 (abbreviated). 1 (省略) 。 Historical matter regarding fire-signals and messengers and their reception on the Sabbath, ii.歴史的な問題について火災信号と使徒とそのレセプションでの安息日、 Ⅱ 。 2-6 = Tosef. 2-6 = tosefです。 ii. Ⅱ 。 2 (abbreviated). 2 (省略) 。 The continuation of the laws of ii. 2世の法律に基づいて、継続します。 1 concerning witnesses (ii. 7, 8), and the questioning of witnesses, and the sanctification of the months are entirely lacking in the Tosefta. 1に関する目撃者( ii. 7日、 8 ) 、との証人尋問し、清浄化をtoseftaか月は、完全に欠けているのです。 Historical data concerning Gamaliel and the disputewith Joshua, ii.歴史に関するデータdisputewithジョシュアgamalielと、 Ⅱ 。 8-9 = Tosef. 8-9 = tosefです。 ii. Ⅱ 。 3 (a mere final sentence). 3 (単なる最終判決) 。 Continuation of the laws of ii. 2世の法律に基づいて継続します。 7 concerning witnesses, iii. 7に関する目撃者、 Ⅲ 。 1 = Tosef. 1 = tosefです。 iii. Ⅲ 。 1, 2. 1 、 2 。 Regulations regarding the shofar and its use, iii.ショファルおよびその使用の規制については、 Ⅲ 。 2-5 = Tosef. 2-5 = tosefです。 iii. Ⅲ 。 3-6a. 3 - 6aが必要です。 Haggadic sentence on devotion = Tosef. tosef献身= haggadic判決を下す。 iii. Ⅲ 。 6b. 6B面です。 Final remarks on the shofar and on its obligations, iii.最後の発言を検索すると、その義務ショファル、 Ⅲ 。 6-end = Tosef. 6 -エンド= tosefです。 iv. Ⅳ 。 1. 1 。 Ordinances of Johanan ben Zakkai concerning Rosh ha-Shanah and the Sabbath, and other matters = Tosef.ロッシュzakkaiに関する条例のjohananベンハ- shanahと安息日、およびその他の事項= tosefです。 iv. Ⅳ 。 2. 2 。 Order of worship, iv.礼拝の順序を、 Ⅳ 。 5-end = Tosef. 5 -完= tosefです。 iv. Ⅳ 。 4-end. 4 -終了します。 Mishnah ii.ミシュナーⅡ 。 7 seems to have been transposed according to Tosef. 7ようtosefによると、転置されています。 iv. Ⅳ 。 3, but it belongs there according to its contents. 3 、それに属するが、その内容によるとします。

In quoting many of Gamaliel's ordinances the Mishnah emphasizes the authority of the patriarchal house by recounting the dispute between the patriarch and his deputy Joshua and showing how the latter was forced to yield.の言葉を引用する条例の多くはミシュナーgamalielの権威を強調して事実関係の家父長の家の間の紛争の家長と彼の副ジョシュアと表示方法については、強制的に後者の収率です。 The Tosefta omits the ordinances of Gamaliel and of Johanan ben Zakhai, and the dispute of the two leaders of the school-house, nor does it mention anything of the power of any tannaitic dignitary; the Tosefta is here a product of the time of the Amoraim. toseftaを省略するとgamalielの条例のjohananベンzakhai 、との紛争は、 2つの学校の指導者の家、またそれが何かを言及するのパワーをtannaitic高官; toseftaはこちらの製品は、時間は、 amoraimです。 The dignity of the nasi is not emphasized, because acumen and scholarship prevailed in the schoolhouse, and there was no desire to let old precedences (see 'Eduyot) come to the fore again.鼻ではないの尊厳を強調するため、洞察力と奨学金が勝っていたのは、校舎、欲望はないとさせて旧precedences ( ' eduyot )を前面に来てください。 Even the Mishnah contains some additions from the time of the Amoraim (see, for example, iv. 2, where a gap must be filled from the Tosefta).ミシュナーさえ、いくつかの追加機能が含まれてからの時間をamoraim (参照、例えば、 Ⅳ 。 2 、どこから塗りつぶしのギャップtoseftaしなければならない) 。

Wilhelm Bacher, Ludwig A. Rosenthalヴィルヘルムbacher 、ルートヴィヒa.ローゼンタール
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 書誌事項:
Bibliography: M. Rawiez, Rosh Hashana (transl.), Frankfort-on-the-Main, 1886; JH Gummin, Rosh Hashana (Theologische Studien), pp.書誌事項:男性rawiez 、ロッシュHashana ) (神戸市) 、フランクフォート-オンザメイン、 1886 ;公団gummin 、ロッシュHashana ) ( theologische studien ) 、日本。 31-74, 179-200, Utrecht, 1890; Zuckermann, Materialien zum Entwurf der Altjüdischen Zeitrechnung, Breslau, 1882; Rosenthal, Ueber den Zusammenhang der Mischna, i.三十一から七十四まで、 179〜200 、ユトレヒト、 1890 ; zuckermann 、 materialien zum entwurf der altjüdischen zeitrechnung 、ブレスラウ、 1882 ;ローゼンタール、 ueberデンzusammenhang der mischna 、 i. 26-28, 70-71; Scheinin, Die Schule in Jamnia, Leipsic, 1879. 26-28 、 70〜71 ; scheinin 、シューレで死ぬjamnia 、リプシック、 1879 。


New-Year新しい年

Jewish Viewpoint Informationユダヤ人の視点情報

-Biblical Data: -聖書のデータ:

In the earliest times the Hebrew year began in autumn with the opening of the economic year.ヘブライ語で最古の倍の年の秋から始まった年の経済開放します。 There followed in regular succession the seasons of seed-sowing, growth and ripening of the corn under the influence of the former and the latter rains, harvest and ingathering of the fruits.定期的に承継さが続く季節の種子まき、成長と熟成され、トウモロコシの影響を受けて、旧後者の雨が降ると、収穫の果実との集合です。 In harmony with this was the order of the great agricultural festivals, according to the oldest legislation, namely, the feast of unleavened bread at the beginning of the barley harvest, in the month of Abib; the feast of harvest, seven weeks later; and the feast of ingathering at the going out or turn of the year (; see Ex. xxiii. 14-17; xxxiv. 18, 22-23; Deut. xvi. 1-16).これは、注文の調和の偉大な農業フェスティバルによると、最も古い、立法、すなわち、イースト菌を入れないパンの祭りの冒頭には、大麦の収穫は、今月のabib ;てのごちそうの収穫は、 7週間後、および宴の集合は、外出または有効オブザイヤー( ;参照例です。 XXIII近くにございます。 14-17 ;参拾。 。 。 18 、 22-23 ; deut 。 16 。 1-16 ) 。 This system of dating the New-Year is that which was adopted by the Semites generally, while other peoples, as the Greeks and Persians, began the year in spring, both methods of reckoning being primarily agricultural and based on the seasons of seed-time and harvest.このシステムのデートは、新しい年が採択されたsemites通常、他の人々は、ギリシア人やペルシャ人として、年が始まった春になると、両方の方法が主に農業と清算に基づいて、季節の種子時間との収穫です。

The Regnal Year.年の治世のです。

The regnal year was evidently reckoned in the same way as late as the end of the seventh century BC This is evident from the account of the eighteenth year of King Josiah, in which only by such a reckoning can sufficient time be allowed for the events of that year which precede the celebration of the Passover, assuming, of course, that the Passover was celebrated at the usual time in the spring (II Kings xxii. 3, xxiii. 21-23).即位紀元は明らかに無視するのと同じ方法遅ければ紀元前7世紀の終わりに、これは明らかからのアカウントは、 18年のキングジョサイアは、このような清算だけでは十分な時間が許されるイベントのその年にこれを記念して過ぎ越しの前には、仮定は、もちろん、その過ぎ越しのは、いつもの時間にお祝いの春に( 2世王xxii 。 3 、 23 。 21-23 ) 。 Only in the same way can the fourth year of Jehoiakim be made to synchronize with the twenty-first year of Nabopolassar, in which the battle of Carchemish was fought, and also with the first year of Nebuchadrezzar, the Babylonian year having been reckoned from the spring (Jer. xxv. 1, xlvi. 2).だけで同じようにすることができますjehoiakim 4年目の同期を取ることは最初の年に、 21ナボポラッサルされるのは、カルケミシュの戦いが戦った、との最初の年もnebuchadrezzarは、現時点から起算していることバビロニア年春( 25 jer.です。 1 、 46 。 2 ) 。 The second half of the Hebrew year would thus correspond to the first half of the Babylonian year. 2番目の年の半分をこのように対応して、ヘブライ語の最初の年の半分をバビロニアです。 In Ezek.でezekです。 xl. xl 。 1 the prophet has his vision at the beginning of the year, apparently in the month of Tishri. 1預言者ムハンマドの冒頭には、彼のビジョンオブザイヤー、 1月の1か月間について明らかにしています。 The Levitical law places the beginning of the Sabbatical year in the autumn, on the tenth day of the seventh month, according to the later reckoning (Lev. xxv. 9).法の場所levitical年の初めに、有給休暇の秋には、 7カ月の10日までによると、後の清算( 25 lev.です。 9 ) 。 It has been pointed out also that the story of the Flood places the beginning of the deluge on the seventeenth day of the second month, which would, on an autumn reckoning, coincide with the beginning of the rainy season (Gen. vii. 11; Josephus, "Ant." i. 3, § 3).指摘されても、洪水の場所は、物語の初めに殺到し、 17日の2番目の月日、これは、秋の清算上で、同じくして雨季の初めに( Gen 。とⅦ 。 11 ;ヨセフス、 " Antのです。 "の経験I.クリチバ3 、 § 3 ) 。

Possibly Two Modes of Reckoning. 2つのモードの可能性がでる。

There is much difference of opinion as to whether or not there was in preexilic times a second mode of reckoning from the vernal equinox.の意見には大きな違いがあったかどうかをバビロン捕囚以前の回で2番目のモードを清算春分からです。 This inference has been drawn from such passages as II Sam.このような通路から引き出される推論され、 2サムです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 1, I Kings xx. 1 、私の王のXXです。 22, 26, and II Chron. 22日、 26日、 、およびii chron 。 xxxvi. 36 。 10. 10 。 The expression used here, "at the return of the year," is, however, sufficiently explained as "the time when kings go out"; that is to say, the usual time for opening a military campaign.ここで使われる表現、 "は、リターンオブザイヤー"は、しかし、十分な説明を"王の時間に出掛けるときに" ;つまり、時間を、通常の軍事作戦を開放します。 Of course if the law of the Passover (Ex. xii. 1; Lev. xxiii. 5; Num. ix. 1-5, xxviii. 16-17) is pre-exilic, the question admits of no further argument.もちろん、過ぎ越しの場合は、法律(例: 12 。 1 ;レフです。 23 。 5 ; NUM件です。 Ⅸ 。 1-5 、 28 。 16-17 )は、事前に追放された、より詳細な議論の問題はないと認めています。 It seems, however, to be now very generally accepted that this law in its present form is not earlier than the sixth century and that it represents post-exilic practise.どうやら、しかし、今すぐに非常に一般的に認められているこの法律は現在のフォームではない、 6世紀よりも早くていることを表し追放された後の練習です。 According to this legislation, which henceforth prevailed, the month Abib, or Nisan (March-April), became the first of the year.この法律によると、今後が勝っていたが、今月のabibか、またはニッサン( 3 - 4月) 、オブザイヤーのは初めてです。 It is possible that this change was due, in part at least, to the influence of the Babylonian sacred year, which likewise began with the month Nisan.この変更は、これは可能性があるため、少なくとも部分的に神聖な年バビロニアの影響を受けて、これと同様の月日が始まったニッサンです。 It appears, however, that the festival of the New-Year continued to be observed in the autumn, perhaps originally on the tenth, and later on the first day of the seventh month, Tishri.それが表示されたら、しかし、この祭りを継続し、新しい年の秋で観察される、おそらくの元の10番目、およびそれ以降の最初の日は7月、 1月です。 Josephus asserts (lci 3, § 3) that while Moses appointed Nisan to be the first month for the sacred festivals and other solemnities, he preserved the original order of the months for buying and selling and for the transaction of other business.ヨセフスアサート( LCIの3 、 § 3 )しながら、ムーサーに任命されるニッサン、最初の1か月は、神聖な祭りやその他のsolemnities 、彼の順序を保持するカ月、元の売りと買いとでは、トランザクションの他のビジネスです。 The Seleucidan calendar, from 312 BC, placed the beginning of the year in the autumn; but it appears that the Palestinian Jews still reckoned from the spring and dated the Seleucidan era according to that reckoning (see Schürer, "The Jewish People in the Time of Jesus Christ," 2d ed., Eng. transl., I. i 36-46, on the dates in the Books of Maccabees; comp. Esth. iii. 7).カレンダーのseleucidan 、紀元前312から、年の初めに置かは97年秋、 ;しかし、パレスチナのユダヤ人が表示さまだ現時点から起算して、春と日付のseleucidan時代によると、その評価に基づいて( schürerは、 "ユダヤ人の人々の時間イエスキリストは、 "二次元エド。 、工学transl 。 、 i.私36から46まで、上のため、ご希望された書籍のmaccabees ;のCOMPです。 esth 。 Ⅲ 。 7 ) 。

How Celebrated.どのようお祝いします。

It is altogether probable that the beginning of the year was celebrated from ancient times in some special way, like the New Moon festival.これは全く予想して始まりオブザイヤーは、古代から有名ないくつかの特別な方法で、新月祭のようにします。 The earliest reference, however, to such a custom is, probably, in the account of the vision of Ezekiel (Ezek. xl. 1) which, as stated above, took place at the beginning of the year, on the tenth day of the month (Tishri ?).最古の参考までに、しかし、そのようなカスタムは、おそらく、このため、アカウントは、ビジョンをエゼキエル( ezek. xl 。 1 )は、前述のように、開催オブザイヤーの冒頭に、上の10日は、月日( 1月ですか? )です。 On the same day the beginning of the year of jubilee was to be proclaimed by the blowing of trumpets (Lev. xxv. 9).初めは同日オブザイヤーのジュビリーが宣言されるのトランペットを吹く( 25 lev.です。 9 ) 。 According to the Septuagint rendering of Ezek. ezekによると、セプトゥアギンタのレンダリングをします。 xlv. 45 。 20, special sacrifices were to be offered on the first day of the seventh month as well as on the first day of the first month. 20日、特別な犠牲が提供されるのは7月の最初の日だけでなく、最初の1か月の最初の日です。 This first day of the seventh month was appointed by the Law to be "a day of blowing of trumpets" ().この最初の日は7月に任命された法に基づいて"一日のトランペットを吹く" ( ) 。 There was to be a holy convocation; no servile work was to be done; and special sacrifices were to be offered (Lev. xxiii. 23-25; Num. xxix. 1-6; comp. ib. x. 1-10).神聖な招集されるがあった;卑屈な作品はないがあること、および特別な犠牲が提供される( lev. XXIII近くにございます。 23-25 ; NUM件です。 29 。 1-6 ;のCOMPです。 ① -イ。 Xの1 -10)です。 This day was not expressly called New-Year's Day, but it was evidently so regarded by the Jews at a very early period (see RH i. 1).この日は明示しないと呼ばれる新しい年の日に、それは明らかにされたユダヤ人の考えを非常に初期の時代( rh i. 1を参照) 。

Bibliography: Hastings, Dict.書誌事項:ヘイスティングス、 dictのです。 Bibl. bibl 。 sv Time; Cheyne and Black, Encyc. sv文書時間;チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl. bibl 。 sv Year and New Year; Benzinger, Arch.; Dillmann, Monatsberichte, Societas Regia Scientiarum, Berlin, 1881.SJF McL. sv文書年と新しい年; benzinger 、アーチです。 ;ディルマン、 monatsberichte 、 societasレジアscientiarum 、ベルリン、 1881.sjf " MCLです。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

The Rabbis recognize four beginnings of the year from different standpoints: (1) the 1st of Nisan for regnal dating; it was based on the Exodus (comp. I Kings vi. 1); (2) the 1st of Tishri, as, agricultural New-Year the beginning of the harvest (Ex. xxiii. 16, xxxiv. 22); (3) the 1st of Elul for reckoning tithes of cattle (R. Eleazer, however, would reckon these from the 1st of Tishri); and (4) the 1st, or, according to Bet Hillel, the 15th of Shebaṭ, the New-Year for Trees.ラビを認識する4つの異なった視点から始まりオブザイヤー: ( 1 )第1回のニッサンの治世のデート;それに基づいて、出エジプト記( comp.私の王Ⅵ 。 1 ) 、 ( 2 ) 1月1日、として、農業新しい年の初めに収穫(例: 23 。 16 、 34 。 22 ) 、 ( 3 ) 12月の第1回の清算十分の一の牛( r.エリエザー、しかし、これらの者はレコン1月1日) 、および( 4 )第1回か、または、ベットヒレルによると、 15日shebaṭは、新しい年の木です。

According to the Talmud, servants were formally freed on the 1st of Tishri, but were allowed to remain on the homesteads of their former masters and to enjoy themselves for ten days, until Yom Kippur, when the trumpet was blown (Lev. xxv. 9) as a signal for their departure, and for the restoration of the fields to their original owners (RH 8b).によると、タルムード、召使が1月1日に正式に解放さが、家に残っているが許されるようにその自体を楽しむ元マスターズと10日間、贖罪の日まで、トランペットが吹き飛ばされたときに( 25 lev.です。 9 )を信号に出発し、修復のためのフィールドを元の所有者( rh 8b ) 。 This is cited to explain the passage in Ezek.これは指摘ezekを説明するの通過にします。 xl. xl 。 1; "the beginning of the year in the tenth day of the month," which refers to the jubilee year that occurred on the twenty-fifth anniversary of the Exile ('Ar. 12a). 1 ; "の始まりオブザイヤーは、今月の10日、 "これは、ジュビリーを参照して、 21年に発生して5周年を記念した亡命者( 'アーカンソーです。 12a ) 。

Rosh ha-Shanah.ロッシュハ- shanahです。

The observance of the 1st of Tishri as Rosh ha-Shanah, the most solemn day next to Yom Kippur, is based principally on the traditional law to which the mention of "Zikkaron" (= "memorial day"; Lev. xxiii. 24) and the reference of Ezra to the day as one "holy to the Lord" (Neh. viii. 9) seem to point. 1月1日の遵守のロッシュハ- shanahとして、最も厳粛な日の横にある贖罪の日は、主に、従来の法律をベースにして、言及した" zikkaron " ( = "メモリアルデー" ;レフです。 23 。 24 )エズラとリファレンスの日の1つとして"聖なる、主に" ( neh. Ⅷ 。 9 )を指すように見える。 The passage in Psalms (lxxxi. 5) referring to the solemn feast which is held on New Moon Day, when the shofar is sounded, as a day of "mishpaṭ" (judgment) of "the God of Jacob" is taken to indicate the character of Rosh ha-Shanah.の通過には詩篇を授けた( lxxxi. 5 )を参照して厳粛な祭りが開催された新月の日に、ショファルがなりひびき、一日として" mishpaṭ " (審判に) "の神のジェイコブ"が撮影を示すロッシュの文字をハ- shanahです。 Rosh ha-Shanah is the most important judgment-day, on which all the inhabitants of the world pass for judgment before the Creator, as sheep pass for examination before the shepherd (RH i. 2; See Day of Judgment).ロッシュハ- shanahは、最も重要な判断-日、上でのすべての住民の判断をする前に、世界で通用するクリエーター、審査を通過する前に羊の羊飼い( rh i. 2 ;日の判決を参照) 。 Three books of account are opened on Rosh ha-Shanah wherein the fate of the wicked, the righteous, and those of an intermediate class (not utterly wicked) are recorded. 3つの書籍のアカウントが開設さロッシュハ- shanahそこは、邪悪なの運命は、正義、およびそれらの中間クラス(全くない邪悪な)が記録されます。 The names of the righteous are immediately inscribed, and they are sealed "to live."の名前を畏れるはすぐに内接する、と彼らは密閉型"が住んでいます。 " The middle class are allowed a respite of ten days till Yom Kippur, to repent and become righteous (RH 16b); the wicked are "blotted out of the book of the living" (Ps. lxix. 28).中産階級が許可さを贖罪の日まで10日間の猶予を悔い改めるとなる正義( rh 16b ) ;の邪悪なは、 "その本ブロットアウトオブザリビング" ( ps. 69 。 28 ) 。

The zodiac sign of the balance for Tishri is claimed to indicate the scales of judgment, balancing the meritorious against the wicked acts of the person judged.ゾディアックのサインには、 1月のバランスをはかりの判断を示すと主張し、反対にバランスのとれた称賛に値すると判断している個人の邪悪な行為です。 The taking of an annual inventory of accounts on Rosh ha-Shanah is adduced by R. Naḥman b.毎年恒例の棚卸資産の服用をロッシュの[アカウント]をshanahハ- naḥman b.都市はadduced Isaac from the passage in Deut.アイザックからの通路にdeutです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 12, which says that the care of God is directed from "the beginning of the year even unto the end of the year" (RH 8a). 12日、これによると、監督からの注意をもって神は"年の初めにも、かれの最後にオブザイヤー" ( rh 8a ) 。 The 1st of Tishri was considered by the best authorities as the beginning of Creation; eg, by R. Eliezer, against the opinion of R. Joshua, however, who held the 1st of Nisan as the first day of Creation (RH 11a; Targ. Jonathan on Gen. vii. 11, counts the second month as Marḥeshwan). 1月1日の最高の当局として考えられて創作の始まり;例えば、都市、エリエゼル、反対の意見をr.ジョシュア、しかし、 who開かれた第1回のニッサンとしての最初の日の創造( rh 11a ;ターグです。ジョナサンをGen 。とⅦ 。 11日、 2番目の月としてカウントmarḥeshwan ) 。 On Rosh ha-Shanah the means of sustenance of every person are apportioned for the ensuing year (BB 10a); so also are his destined losses.ロッシュハ- shanahを扶養する手段のためのすべての人は、その翌年に配賦( bb 10 Aまで) ;ので損失もが彼の運命です。 The indications of the weather prognostications, according to R. Zebid, may likewise be ascertained on Rosh ha-Shanah: If the day be warm, it indicates a warm year; if cold, it foretells generally a cold year (ib. 147a).予想の兆候があり、天気予報によるzebidをRには、同様に5月にはつかめるロッシュハ- shanah :暖かいの場合、 1日に、それを示して暖かい年;場合寒さ、それforetells 、一般的に寒い年( ib. 147a ) 。

Omens of Good Luck. omensの幸運を祈ってます。

As an omen of good luck for the New-Year, Abaye said one should eat on Rosh ha-Shanah pumpkins, fenugreeks, leeks, beets, and dates (Hor. 12a), because they all grow quickly and because, it is declared, their names in Aramaic mean "plentiful" or "forgiveness."幸運の前兆としては、新しい年、 abayeによると1つのハ- shanahロッシュは、カボチャを食べ、 fenugreeks 、ネギ、ビート、と日程( hor. 12a ) 、すべての成長のために迅速かつなぜなら、これは宣言し、自分の名前がアラム語を意味"豊かな"または"寛容です。 " Ezra told the people on Rosh ha-Shanah (the first of the seventh month) to "eat the fat, and drink the sweet" (Neh. viii. 10).エズラ氏は人々をロッシュハ- shanah (最初の7カ月)を"食べて脂肪、と飲み物の甘い" ( neh. Ⅷ 。 10 ) 。 The prevailing custom was to partake of some specially palatable meal on New-Year's eve.に参加するいくつかの有力なカスタムは、特別においしい食事を新大晦日です。 "In France in the twelfth century the custom was to supply the table with red apples; in Provence, with grapes, figs, and a calf's head, or anything new, easily digested, and tasty, as an omen of good luck to all Israel" (Maḥzor Vitry, p. 362). " 12世紀にフランスでは、カスタムを供給するのは、テーブルに赤いリンゴ;はプロヴァンスは、ブドウ、イチジク、およびふくらはぎのの頭のか、または何か新しい、簡単に消化し、おいしい、幸運の前兆として、すべてのイスラエル" ( maḥzorヴィトリー、 p. 362 ) 。 R. Jacob Mölln (14th cent.) in his "Maharil" mentions the custom of eating apples with honey and a deer's head in remembrance of the 'Aḳedah incident. r.ジェイコブメルン( 14セントです。 )彼の" maharil "を食べる習慣には、リンゴとハチミツと鹿の頭のを記憶に留めては、 ' aḳedah事件です。 Another reason for eating an animal's head is to presage that the consumer will be "ahead" and not backward in his undertakings during the ensuing year.もう一つの理由ですを食べる動物の頭のは、プレサージュは、消費者は"前方"と彼の事業を後方にはその翌年中です。 But one may not eat nuts on Rosh ha-Shanah, as the numerical value of the letters in the Hebrew term for nut, , is equivalent to that of the letters = "sin" ("ḥet, minus the vowel = 17), and also for the more plausible reason that nuts stimulate saliva and consequently distract one's mind from his prayers on the solemn day.しかし、 1つのナッツ類を食べることはできません。ロッシュハ- shanah 、数値としては、ヘブライ語の文字の用語ナット、 、がしているに相当する文字= "罪" ( " ḥet 、マイナスの母音= 17 ) 、およびまた、ナッツ類の他のもっともらしい理由で唾液を刺激し、結果をそらすの心のより彼の祈りを1つの厳粛な日です。

In modern times the table is served with grapes, other fruits, and honey.現代では、テーブルは、ブドウ、他の果実とはちみつです。 After the benediction of "Ha-Moẓeh" the bread is dipped in the honey, when the following benediction is recited: "May it please the Lord our God and God of our fathers to renew for us a good and sweet year."祝祷の後に"ハ- moẓeh "にはハチミツに浸したパンは、ときには、次の祝福が読誦: " 5月に私たちの主を、神と神のわたしたちの祖先を更新すると甘い良い年を問い合わせています。 " The feasting is in anticipation that the prayers will be acceptable, and in reliance on the goodness of God.のごちそうを期待しての祈りは、許容される、および依存して、神の善良さです。 In ancient times the Jews on Rosh ha-Shanah were dressed in white.古代にユダヤ人をロッシュハ- shanahが白い服を着ています。 "Unlike the accused who is dressed in black before the tribunal, the Jews are dressed in white on the Day of Judgment" (Yer. RH i. 3). "被告人とは異なり、 whoは、法廷の前に黒ずくめの服装で、白い服を着て、ユダヤ人は、この日の審判の" ( yer. rh i. 3 ) 。 The idea of a good omen probably introduced the custom in the Middle Ages of greeting one another on New-Year's eve with "Le shanah ṭobah tikkateb" = "Mayest thou be inscribed for a good year," with reference to the book of life of the righteous.という考えを導入しては良い兆しだね、おそらくカスタムで、中世のあいさつを1つの別の大晦日に新しい"ルshanah ṭobah tikkateb " = " mayestなたは良い年に内接する"を参照し、予約の生活の正しいです。

The Second Day. 2番目の日です。

Only the 1st of Tishri was celebrated as New-Year's Day in Palestine prior to the time of R. Johanan b. 1月1日のみのお祝いとしては、新しい年の日、パレスチナの前に、時間をr. b. johanan Zakkai; but ever since, Palestine, like other countries, observes Rosh ha-Shanah for two days (see Palestine, Laws Relating to). zakkai ;しかし、それ以来、パレスチナ、他の国のような、観察ロッシュハ- shanah 2日間(パレスチナ、法律に関連する) 。 The Zohar lays stress on the universal observance of two days, and claims that the two passages in Job (i. 6 and ii. 1), "when the sons of God came to present themselves before the Lord," refer to the first and second days of Rosh ha-Shanah, observed by the Heavenly Court before the Almighty (Zohar, Pineḥas, p. 231a).ユニバーサルzoharストレスを産むの遵守の2つの日中に、と主張して2つの通路の仕事( i. 6 、およびii 。 1 ) 、 "神の息子のときに来て主の前に提示し、 "を参照して、最初のと第2日間のロッシュハ- shanah 、観測された裁判所の前にして偉力ならびなき天( zohar 、 pineḥas 、 p. 231a ) 。

For the services on Rosh ha-Shanah, see Prayer; for the ceremony and significance of the shofar-calls, see Shofar; and for the ceremony of "tashlik" on the first day of Rosh ha-Shanah, see Tashlik; see, also, Day of Judgment; Greeting, Forms of; Month; Seliḥot.ロッシュの上のサービスが、ハ- shanahを参照してください祈り;ための儀式と意義をショファル-呼び出しを参照してくださいショファル;とは、式の" tashlik "ロッシュの最初の日のハ- shanahを参照してくださいtashlik ;参照し、また、断末魔の叫び;あいさつ、フォームの;月日; seliḥotです。

Isidore Singer, JF McLaughlin, Wilhelm Bacher, Judah David Eisenstein ISIDOREに歌手、 jfマクラフリン、ヴィルヘルムbacher 、ユダデビッドアイゼンシュタイン
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 書誌事項:
Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 581-603; Carl Rehfuss, Sermon for Rosh ha-Shanah, 1839, in Kayserling, Bibliothek Jüdischer Kanzelredner, pp. shulḥan ' aruk 、 oraḥ ḥayyim 、五百八十一から六百三まで;カールレーフス、説教をロッシュハ- shanah 、 1839年は、 kayserling 、文庫jüdischer kanzelredner 、 pp 。 359-368, Addresses to Young Children, xxii.三五九から三六八、アドレスを若い子供たちは、 xxii 。 202-212, London, 1858; Schwab, Contribution to the History of Reform of the Jewish Ritual, i., St. Joseph, Mo., 1904; idem, in Jewish Messenger, Oct. 3, 10, 1902; Some New Year's Cards, in Jew. 202から212まで、ロンドン、 1858 ;シュワブ、改革への貢献は、ユダヤ教の儀式の歴史を、 i. 、聖ヨセフ、 Mo 。 、 1904 ;同上は、ユダヤ人のメッセンジャー、 10月3日、 10 、 1902 ;いくつかの新年のカードのは、ユダヤ人である。 Chron. chron 。 Sept. 18, 1903. 1903年9月18日です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです