Rosicrucians rosicrucians

General Information 総合情報

Rosicrucians are members of a worldwide esoteric society whose official emblem combines a rose and a cross. rosicrucians難解な社会は、世界中のメンバーの公式エンブレムには、バラとクロスします。 The society was apparently founded in Europe in medieval times and was given impetus by the publication of Fama fraternitatis (Account of the Brotherhood, 1614) and the Confessio fraternitatis (Confession of the Brotherhood, 1615).その社会は明らかに設立された中世ヨーロッパでは、与えられたとされる出版物のファマ弾みfraternitatis (アカウントは、同胞団は、 1614 )とconfessio fraternitatis (自白は、同胞団は、 1615 ) 。 These pamphlets were probably written by the Lutheran pastor Johan Valentin Andrea (1586 - 1654).これらのパンフレットに裏切られ、ルター派教会の牧師が、おそらくヨハンヴァレンティンアンドレア( 1586 -1 654) 。 They describe the initiation into the mysteries of the east (particularly of ancient Egypt) of Christian Rosenkreuz, who was allegedly born in 1378 but is presumed to be an allegorical figure.彼らの謎を探るイニシエーションを説明して、東(特に古代エジプトの王)キリスト教rosenkreuz 、 whoは、容疑者が生まれ、 1378寓意図に推定される。 In the 18th century several Rosicrucian groups were active in Russia, Poland, and Germany.バラ十字会は18世紀にいくつかのグループが積極的にロシア、ポーランド、ドイツです。 The movement has close links with Freemasonry.フリーメイソンの動きは、密接なつながりを持っています。

The first Rosicrucian society in the United States was founded in Pennsylvania in 1694.社会の最初のバラ十字会は、米国ペンシルベニア州では1694に設立された。 The Ancient Mystical Order Rosae Crucis has headquarters in San Jose, Calif. Founded in 1909 by H Spencer Lewis, AMORC is an international fraternal order that operates through a system of lodges and fosters the Rosicrucian philosophy of developing humankind's highest potentialities and psychic powers.古代の神秘的なルックス注文rosae本部ではカリフォルニア州サンノゼに設立された1909年をhスペンサールイス、 amorcは、国際友好交流を介してシステムを運営するために育てるのロッジやバラ十字の哲学最高の潜在的可能性と人類の発展途上念力です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography: 書誌事項:
HS Lewis, Rosicrucian Questions and Answers with a Complete History (1984); R Lewis, Mental Alchemy (1984); AE Waite, The Brotherhood of the Rosy Cross (1924); FA Yates, The Rosicrucian Enlightenment (1972). hsルイス氏は、バラ十字会に質問と回答の完全な履歴( 1984 ) ;研究ルイス氏は、精神的なアルケミー( 1984 ) ; aeウェイトは、同胞団は、バラ色のクロス( 1924 ) ; faイエーツは、バラ十字啓蒙( 1972 ) 。


Rosicrucians rosicrucians

Catholic Information カトリックの情報

The original appelation of the alleged members of the occult-cabalistic-theosophic "Rosicrucian Brotherhood", described in the pamphlet "Fama Fraternitatis RC" (Rosae crucis), which was circulated in manuscript As early as 1610 and first appeared in print in 1614 at Cassel. appelationは、疑惑の元メンバー、オカルト-カバラ-接神論"バラ十字同胞団" 、パンフレットに記載されて"ファマfraternitatis rc " ( rosaeルックス) 、これは、原稿を循環させ、早ければ1610と1614を最初に掲載されて印刷するカッセルです。 To the first two additions were prefixed the tract "Allgemeine und Generalreforation der ganzen weiten Welt", a translation of Fr.最初の2つの接頭辞を追加するが路" generalreforationアルゲマイネund der ganzen weitenみみず腫れ"は、フランス語の翻訳です。 Boccalini's "Dei Ragguagli di Parnasso", 1612. boccaliniの"デイragguagliディparnasso " 、 1612 。 Beginning with the fourth edition in 1615, the third Rosicrucian rudiment, "Confessio der Fraternitat", was added to the "Fama".第4版で1615を始めとした、 3番目のバラ十字原基、 " confessio der fraternitat "が追加された"ファマ"です。 According to these, the Rosicrucian brotherhood was founded in 1408 by a German nobleman, Christian Rosenkreuz (1378-1484), a former monk, who while travelling through Damascus, Jerusalem and Fez had been initiated into Arabian learning (magic), and who considered an antipapal Christianity, tinged with theosophy, his ideal of a religion.によると、これらのうち、バラ十字された同胞団は1408に設立されたドイツ語の貴族、キリスト教rosenkreuz ( 1378-1484 ) 、元僧侶、ダマスカスwho中を旅し、エルサレムを開始していたアラビアフェズ学習(マジック) 、およびwho見なさキリスト教のantipapal 、枯れ葉神智学協会、彼の理想的な宗教です。 Concerned above all else that their names should appear in the Book of Life, the brothers were to consider the making of gold as unimportant-although for the true philosophers (Occultists) this was an easy matter and a parergon.上記のすべての関係者以外に自分の名前が表示されます本の生活は、兄弟はメイキングオブゴールドを考慮するに足りないものとして捨て去る-もののための真の哲学者( occultists )これは簡単な問題と副業です。 They must apply themselves zealously and in the deepest secrecy to the study of Nature in her hidden forces, and to making their discoveries and inventions known to the order and profitable to the needs of humanity.熱狂的に適用しなければならないとは、自身のことを勉強し極秘のうちに彼女の隠された自然の力、そして彼らの発見や発明品を作るために知られていると、利益のニーズに合わせて人類のです。 And to further the object of the said order they must assemble annually at the "Edifice of the Holy Spirit", the secret head-quarters of the order, cure the sick gratuitously, and whilst each one procured himself a successor they must provide for the continuance of their order.とをより詳細によると、オブジェクトを組み立てるためにしなければならない年間は、 "建物の聖霊" 、 4分のの秘密の頭の順序は、病気の治療法の根拠もなく、それぞれ1つの調達とながら、自らを後継者に提供しなければならないそのために継続します。 Free from illness and pain, these "Invisibles", as they were called in the vernacular, were supposed to be yearning for the time when the church should be "purified".無料から病気や痛み、これらの"特殊記号"としては、方言と呼ばれる彼らは、懐かしされたはずの時間を教会のときにすべきである"精製"です。 For two hundred years, while the world never had the least suspicion of their existence, the brotherhood transmitted by these means the wisdom of "Father" Rosenkreuz, one hundred and twenty years after the latter's burial, until about 1604 they finally became known.の200年間、世界が、決してその存在は、最低の疑いでは、これらの手段によって伝播さ同胞団の英知を結集する"父" rosenkreuz 、 120年後の埋葬後者は、最後まで、約1604彼らが知られている。 The "Fama", which effected this, invited "all of the scholars and rulers of Europe" openly to favour the cause, and eventually to sue for entrance into the fraternity, to which, nevertheless, only chosen souls would be admitted. "ファマ" 、これに影響は、招待"のすべての学者やヨーロッパの支配"の原因を偏重する傾向が公然とし、最終的に入るの友愛を訴えるためには、にもかかわらず、選ばれた魂だけは認めています。 The morbid propensity of the age for esoterism, magic, and confederacies caused the "Fama" to raise a feverish excitement in men's minds, expressed in a flood of writings for and against the brotherhood, and in passionate efforts to win admission to the order, or at least to discover who were its members.病的な性向のesoterism 、年齢、マジック、およびconfederaciesの原因"ファマ"を高めるために、男性の心を熱気のこもった、洪水の文章で表現されるし、反対する同胞団は、情熱と、入場料を払っての努力を勝つために、あるいは、少なくともwhoがそのメンバーを発見する。 All of these endeavours, even by scholars of real repute like Descartes and Leibniz, were without results.これらのすべての努力は、実際の評判のような学者でさえデカルトとライプニッツ、結果はなし。 From the manifestly fabulous and impossible "History" of the brotherhood, it was apparent that it depended upon a "mystification".素晴らしいと明らかに不可能だから"履歴"は、兄弟愛、それは明らかに依存して、 "神秘"です。 This mystification was directly explained by an investigation by the author, who appears unquestionable to have been the Lutheran theologian of Würtemberg, John Valentin Andrea (1586-1654).この神秘は、直接説明された調査された著者、 whoが表示され、議論の余地のwürtembergルター派の神学者、ジョンヴァレンティンアンドレア( 1586年から1654年) 。 According to his own admission, Andrea composed in 1602 or 1603 the Rosicrucian book, "Chymische Hochzeit Christiani Rosenkreuz 1459", which appeared in 1616.彼自身の入場料によると、アンドレア構成で1602または1603本のバラ十字、 " chymische hochzeit christiani rosenkreuz 1459 " 、 1616に掲載されます。 This book, called by Andrea himself a youthful literary trifle in which he intended to ridicule the mania of the times for occult marvels (Life, p. 10), bears the closest intrinsic relation to the "Fama", which, in the light of this, is undoubtedly a later work of Andreä's or at least of one of the circle of friends inspired by him.この本は、アンドレアと呼ばれるささいなことで、自らを若々しい文学では彼は冷笑を目的とし、マニアのオカルトの倍の驚異(生命、 p. 10学) 、クマは本質的に最も近い関連して、 "ファマ" 、これは、光のこれは、間違いなく、後の仕事をandreäのか、少なくとも1つの友達の輪を触発さだ。 Alchemistic occultism is mocked at in these works and in the "General-Reformation", the follies of the then untimely reformers of the world are openly ridiculed.神秘alchemisticモックでは、これらの作品とは、 "全般-改革" 、改革派の愚行を入力し、折悪しく、世界が公然と笑わです。 The fantastic form of the tracts is borrowed from contemporary romances of knighthood and travel.幻想の形式の路は、現代の恋愛小説の爵位から借りたと旅行です。 The "Rosy Cross" was chosen for the symbol of the order because, first, the rose and cross were ancient symbols of occultism and, secondly, occur in the family arms of Andrea. "バラ色のクロス"が選ばれたのは、シンボルの順序なぜなら、まず第一に、バラとクロスが古代の神秘の象徴であると、第二に、家族の腕の中で起こるアンドレアです。 It recalls Luther's motto: "Des Christen Hertz auf Rosen geht, wenn's mitten unter'm Kreuze steht" (Hossback, 121).それリコールルーサーのモットー: "デクリステンヘルツaufローゼンのgeht 、 wennのミトンunter'm kreuze steht " ( hossback 、 121 ) 。 As a result of his satirically meant but seriously accepted works, which soon gave rise to occult humbuggery (opposed by him) in new Rosicrucian raiment, Andrea openly renounced Rosicrucianism and frequently referred to it as a ridiculous comedy and folly.風刺的に意味の結果として、彼の作品が真剣に受け入れ、これはすぐに上昇するオカルトいんちき(反対され彼)に新しいバラ十字衣服、アンドレア放棄を公然とバラ十字とそれを頻繁に参照さと愚かさばかげたコメディーです。 In spite of this, the Rosicrucian fraud, which served in many ways as a model for the anti-Masonic Taxil-Schwindel, has continued effective until the present day.にもかかわらず、これは、バラ十字、詐欺、どのサービスをモデルとして、多くの点での反フリーメーソンtaxil - schwindel 、続けて、現在の日まで有効です。 In the seventeenth century Michael Maier and Robert Fludd were its champions.マイヤーは、 17世紀のマイケルとロバートフラッドは、チャンピオンズします。

Psuedo-Rosicrucian societies arose, falsely claiming descent from the genuine fraternity of the "Fama". psuedo -バラ十字社会が生じた、虚偽の申請を降下から、正規の友愛は、 "ファマ"です。 After 1750 occult Rosicrucianism was propagated by Freemasonry, where it led to endless extravagant manifestations (St. Germain, Cagliostro, Schropfer, Wollner etc.).バラ十字運動した後は、 1750オカルトフリーメイソン伝播され、ここで法外な症状を呈して無限につながった(サンジェルマン、カリオストロ、 schropfer 、ウェルナー等)です。 In the system of high degrees in "Scottish" Freemasonry, especially in the Rosendruez degree, the Rosicrucian symbols are still retained with a Masonic interpretation.度の高い、システムの"スコットランド"フリーメイソン、特にrosendruez度は、バラ十字、フリーメーソンのシンボルが未だに解釈します。 Finally, since about 1866 there have existed in England and Scotland (London, Newcastle, York, Glasgow) and in the United States (Boston, Philadelphia) "colleges" of a Masonic Rosicrucian society, whose members claim to be direct descendants of the brotherhood founded in 1408.最後に、約1866年以降に存在してあるイングランドとスコットランド(ロンドン、ニューカッスル、ニューヨーク、グラスゴー)と、米国(ボストン、フィラデルフィア) "大学"は、フリーメーソンのバラ十字会、そのメンバーが直接の子孫であると主張し、同胞団1408に設立された。 Only Master Masons are eligible for membership.マスターmasonsは会員のみを対象とします。 According to the definition of the president of the London branch (Supreme Magus), Brother Dr. Wm.の定義によると、盧大統領は、ロンドン支店(最高ゾロアスター教の司祭) 、弟博士ウインドウマネージャです。 Wynn Westcott, MB, PZ, it is "the aim of the Society to afford mutual aid and encouragement in working out the great problems of life and in searching out the secrets of nature; to facilitate the study of philosophy founded upon the Kabbalah and the doctrines of Hermes Trismegistus, which was inculcated by the original Fratres Roseae Crucis of Germany, AD 1450; and to investigate the meaning and symbolism of all that now remains of the wisdom, art, and literature of the ancient world".ウィンウェストコット、 MBの、 pz 、それは"社会の目的は、相互扶助と激励を支払うことで作業して人生の大きな問題が発生して検索すると、自然の神秘;を容易にするために設立時の哲学の研究とカバラ教説のエルメスtrismegistus 、これは、元のfratres roseaeルックスinculcatedされ、ドイツ、広告の掲載1450 ;との意味と象徴性を調査するようになったのすべての遺跡の英知を結集する、芸術、と文学は、古代の世界"です。 The view which has been lately revived, especially by Katsch and Pike, that Rosicrucianism definitely or even perceptibly cooperated in the foundation of modern Freemasonry in 1717, is contradicted by well-known historical facts.最近、復活の対象にされ、特にkatschとパイク、そのバラ十字definitelyまたは協力しても、認識の基礎を近代フリーメイソンは1717は、歴史的事実の矛盾をよく知られています。

Publication information Written by Hermann Gruber.出版物の情報執筆者のヘルマングルーバーです。 Transcribed by John Looby.ジョンlooby転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.のは、カトリックの百科事典、第20巻13 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.公認、 1912年2月1日です。 Remy Lafort, DD, Censor.レミlafort 、 DDの、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

ARNOLD, "Unparteiische Kirchen u. Ketzerhistorie", II (Frankfort, 1699), 640 sq.; HERDER, "Samtl. Werke" (Berlin, 1888), XV, 82 sq.; XVI, 596 sq.; BUHLE, "ursprung ud vornehmsten Schicksale der Rosenkreuzer u Freimaurer" (Gottingen, 1804); NIKOLAI, Einige Bemerkungen uber den Ursprung ud Gesach.アーノルド、 " unparteiische kirchen米ketzerhistorie " 、 2世(フランクフォート、 1699 ) 、 640平方;ヘルダー、 " samtlです。 werke " (ベルリン、 1888 ) 、 15 、 82平方; 16 、 596平方; buhle 、 "ウルスプルングユニバーサルデザインvornehmsten schicksale der rosenkreuzer u freimaurer " (ゲッティンゲン、 1804 ) ;ニコライ、 einige bemerkungenユニバーサルデザインのプロダクトデンウルスプルングgesachです。 D. Rosendreuzer u. d.米rosendreuzer Freimaurer" (Berlin, 1806); HOSSBACH, JU. W. "Andrea u. freimaurer " (ベルリン、 1806 ) ; hossbach 、チュです。ワット"アンドレア米 sein zeitalter" (Berlin, 1819); GUHRAUER, "Zeitschr. sein zeitalter " (ベルリン、 1819 ) ; guhrauer 、 " zeitschrです。 F. hist.女性履歴です。 Theol. theol 。 (1852), 298 sq.; SIERKE, "Schwarmer u. Schwinder zu Ende d. 18 Jahrh. " (Leipzig, 1874); KOPP, "Die Alchemie", II (Heidelberg, 1886); WAITE, "The real History of the Rosicrucians" (London, 1887), needs revision; KATSCH, "Die Entstehung ud wahre Endzweck d. Freimaurerei" (Berlin, 1897); HEFELE [RAICH] in "Kirchenlex.", sv "Rosendreuzer"; HERMELINK in "Realencyk." ( 1852 ) 、 298平方; sierke 、 "エンデschwarmer米schwinder zu d. 18 jahrhです。 " (ライプチヒ、 1874 ) ;コップ、 "死ぬalchemie " 、 2世(ハイデルべルグ、 1886 ) ;ウェイトは、 "本当の歴史をのrosicrucians " (ロンドン、 1887 ) 、ニーズにリビジョン; katsch 、 "死ぬendzweck d. freimaurerei wahre entstehungユニバーサルデザイン" (ベルリン、 1897 ) ;ヘーフェレ[ raich ]で" kirchenlexです。 " 、 sv文書" rosendreuzer " ; hermelinkは" realencykです。 " F. prot.女性のprotのです。 Theol., sv "Rosenkreuzer"; "Allg. Handbuch d. Freimaurerei", II (3rd ed., 1900), 259-63; BEGMANN, "Monatshefte d. Comenius-Gesellschaft" (Berlin), V (1896), 212 sq.,; VI (1897), 204 sq.; VIII (1899), 145 sq.; "Zirkelkorrespondenz" (Berlin, 1896), 212; "Vorgessch. U. Anfange d. Freimaurerei in England", I (1909), II (1910), 16, 384; GOULD, Hist of Freemasonry", II (London, 1884), 60 sq.; "Concise Hist. theol 。 、 sv文書" rosenkreuzer " ; " allg 。 handbuch d. freimaurerei " 、 2世(第3版、 1900 ) 、二五九から六三まで; begmann 、 " monatshefte d. comenius -社会" (ベルリン) 、 v ( 1896 ) 、 212平方、 ;六( 1897 ) 、 204平方; viii ( 1899 ) 、 145平方; " zirkelkorrespondenz " (ベルリン、 1896 ) 、 212 ; " vorgesschです。 freimaurereiは、英国の米anfange d. " 、私( 1909 ) 、 2世( 1910 ) 、 16 、 384 ;グールド、履歴のフリーメイソン" 、 2世(ロンドン、 1884 ) 、 60平方; "簡潔な履歴です。 Of Freemasonry" (London, 1903), 61-93; "Ars Quatuor Coronatorum", transactions (London), I (1888), 28, 54; V (1892), 67; VI (1893), 202 sq.,; VII (1894), 36 sq., 83; VIII (1895), 46; "The Theosophist" (Madras, 1886), VII, 451 sq., VIII, IX, X; "Rosicrucian Society of England: rules and Ordinances" (London, 1881); revised 1882); Transacations, etc" (1879-91); "The Rosicrucian: A Quarterly Record" (1868-79); KLOSS, "Bibliog. D. Freimaurerei, etc."のフリーメイソン" (ロンドン、 1903 ) 、 61から93まで; "アルスquatuor coronatorum " 、トランザクション数(ロンドン) 、私( 1888 ) 、 28 、 54 ; v ( 1892 ) 、 67 ;六( 1893 ) 、 202平方、 ; 7 ( 1894 ) 、 36平方、 83 ; viii ( 1895 ) 、 46 ; "の神智論者" (マドラス、 1886 ) 、 7 、 451平方、 viii 、 9世、 x ; "バラ十字会イングランド:ルールや条例" (ロンドン、 1881 ) ;改正1882 ) ; transacations 、等" ( 1879年から1891年) ; "バラ十字:四半期の記録" ( 1868年から1879年) ;クロッス、 " bibliogします。 d. freimaurerei等"といいます。 (Frandfort, 1844), 174-201, gives 274 works on the subject; GARDNER, "Bibliotheca Rosicruciana": I, catalogue (London, privately printed, 1903), gives a list of 604 works on the subject. ( frandfort 、 1844 ) 、 174から201まで、 274作品を与えるの件名;ガードナー、 "蔵書rosicruciana " :私は、カタログ(ロンドン、個人的に印刷、 1903 ) 、 604のリストを与えるの件名に取り組んでいます。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです