Saintサン

General Information 総合情報

A saint is a holy person, as the Latin origin of the word indicates (sanctus, "holy").サンは、神聖な人は、ラテン語起源の単語を示します(サンクトゥス、 "神聖な" ) 。 Although the word saint is part of the vocabulary of Christianity, the concept of holy persons--those who are unusually empowered by divine forces--is common to many religions.サンは、部分は、単語の語彙を、キリスト教の概念を神聖な人-それらのw hoはいつも以上にするE mpowerdb y神の力-は、多くの宗教に共通しています。 Such persons may be credited with the ability to read the hearts of others, to work miracles of healing, to pray for others whose petitions will then be answered, and so on.このような人が5月に加算する能力を読むには他人の心を、癒しの仕事の奇跡を、他の嘆願書を祈願して回答されている、などです。

In the New Testament the word saint refers to any baptized follower of Jesus Christ. Later the phrase communion of saints was used to refer to all members of the Church, living and dead. In a more specific sense, saints are those individuals who have died a heroic death for Christ (martyrs), those who have suffered greatly for the sake of Christ (confessors), or those whose lives have been marked by unusual signs of love of God and neighbor. Cults venerating such individuals arose early in Christian history. 新約聖書の言葉は、サンを参照して任意の信奉者イエスキリストの洗礼を受けた。聖者の聖体拝領へのフレーズを使用して、教会のすべてのメンバを参照して、生活、死んでいた。 で、より具体的意味では、聖人はあくまでも個人whoが死亡英雄的な死を、イエスキリスト(殉教者)は、これらのwhoが被害を大きくするためにイエスキリスト(告白) 、またはそれらの命が失われたことスパムを異常な兆候が神の愛と隣人です。 veneratingカルトキリスト教の歴史の早い段階でこのような個人が生じた。 The church eventually came to regulate cults by instituting a formal system of Canonization about AD 1000.結局、教会がカルトを規制するシステムを正式に列聖されinstituting広告の掲載1000 。

In Roman Catholic and Eastern Orthodox practice the names of certain saints were incorporated into the canon, or major part, of the Eucharistic liturgy, with the Virgin Mary as principal saint.ローマカトリックは東方正教会の練習をすると、特定の聖人の名前をキヤノンが組み込まれるか、または大部分、 eucharistic典礼には、校長として、聖母マリアサンです。 In this prayer the saints are praised as participants in the glory of Christ. This prayer and praise, as with all prayer to the saints, is known as veneration or honor as distinguished from prayer to God, which is worship or adoration.この祈りは、聖人として賞賛の参加者は、イエスキリストの栄光のです。 この祈りと賛美、祈りをすべての聖人と同じように、尊敬や名誉として知られて祈りを神として識別から、これは崇拝や礼拝です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Lives of the saints, called Hagiographies, have been written since early times.聖人の生活をする、と呼ばれるhagiographies 、早い時期に書き込まれて以来です。 Many superstitious and legendary elements began to obscure the basic meaning of saints' lives, and at the time of the Reformation devotion to the saints was almost completely eliminated in Protestant churches.多くの迷信と伝説の要素をあいまいにする基本的な意味を始めた聖人の命、と発表するものであり、改革的な献身して聖人のプロテスタント教会はほぼ完全に消去されています。 In modern times the Roman Catholic church has given the Bollandists the task of revising the Roman Martyrology to remove false or imaginative material from the hagiographies as well as to eliminate saints who may not have existed.現代では、ローマカトリック教会は、与えられたタスクを改正するbollandistsローマ殉教史を削除する素材からの虚偽の、または想像力を排除するだけでなくhagiographies聖人whoがない可能性が存在します。

Joan A. Rangeジョーンa.範囲

Bibliography: 書誌事項:
Attwater, Donald, The Penguin Dictionary of Saints (1965); Burghardt, Walter J., Saints and Sanctity (1965); Butler, Alban, Lives of the Saints, ed. attwater 、ドナルドは、聖者のペンギン辞書( 1965 ) ; burghardt 、ウォルターj. 、聖人と尊厳( 1965 ) ;バトラー、アルバン、聖人の生活をし、エドです。 by Herbert Thurston and Donald Attwater, 4 vols.ドナルドハーバートattwaterサーストンとされ、 4 vols学です。 (1956; repr. 1976); Kalberer, Augustine, Lives of the Saints (1976); Ringgren, Helmer, Religion of Mankind Today and Yesterday, ed. ( 1956 ; repr 。 1976 ) ; kalberer 、アウグスティヌスは、聖人の命を、 ( 1976 ) ;リングレン、ヘルマー、宗教人類の今日と昨日、エドです。 by JCG Greig, trans.海保グレイグされ、トランスです。 by Niels L. Jensen (1967); Simon, Edith, The Saints (1969). l.されニルスイェンセン( 1967 ) ;サイモン、エディスは、聖人( 1969 ) 。


Saint, Saintlinessサン、 saintliness

Advanced Information 高度情報

In the OT, the rendering of hasid ("pious, godly") and of qados ("holy").は、 ot 、レンダリングのhasid ( "信心深い、信心深い" )とのqados ( "神聖な" ) 。 The basic idea in qados is separation unto God, whereas hasid stresses godliness grounded on the reception of God's mercy. qadosの基本的な考え方を、神はわたしの分離が、神を敬うことを強調hasid接地を受信した神の慈悲です。 The NT word is hagios ("holy").ワードは、 NTのhagios ( "神聖な" ) 。 It is regularly used in the LXX to render qados.定期的に使用されていることが70 qadosをレンダリングします。

From Ps.よりpsのです。 85:8, where the saints seem to be synonymous with the people of God, one concludes that the emphasis does not fall on character to an appreciable degree (for not all were godly) but on divine choice and the bestowal of God's favor. 85:8 、どこの聖人と同義と思われる神の人々は、 1つの結論は、重要視されないのキャラクタを転倒し、かなりの程度(特定のすべてが信心深い)しかし、神の選択と神の恩恵の贈り物です。 In other passages the godly portion of the nation is often singled out by the term.信心深い部分で、他の文章に白羽の矢が立つザネーションは、しばしばされた用語です。 But if the ethical connotation were paramount, the expectation would be that the word should occur regularly in the absolute form, the saints.しかし、パラマウントの場合、倫理的な意味合いが、その言葉での期待が発生する可能性が定期的には、絶対的なフォームでは、聖人のです。 Yet, ever and again, we read of "thy saints" or "the saints of the Most High" or, as in the NT, of saints in Christ Jesus.まだ、次々と繰り返しますが、私たちを読む"なたの聖人"や"聖者の最も高い"または、のように、 NTのは、イエスキリストの聖人のです。

Saints acquire their status by divine call (Rom. 1:7).神の請求され、その状態を取得聖人(ローマ1時07分) 。 Doubtless there is latent in the use this term the idea that relationship to God involves conformity to his will and character (Eph. 5:3).確かには潜在的にこの用語を使用するというアイデアに関係を神に適合するには彼の意志と文字( eph. 5時03分) 。 In this way the term becomes linked with the thought of faithfulness (Eph. 1:1; Col. 1:2).このようにして任期がリンクして考えて忠実( eph. 1:1 ; Col 。 1:2 ) 。

The next stage of development appears in the book of Revelation, where separation unto the Lord, which characterizes saints, leads to Satan-inspired persecution from the world (Rev. 13:7; 14:12) and even to martyrdom (16:6; 17:6).次の段階の開発、その本の啓示が表示され、ここで分離かれらの主よ、聖人の特徴は、悪魔に着想を得たリードを迫害からの世界(改訂13時07分; 14:12 )とさえ殉教( 16時06分;午前17時06分) 。 Here are the seeds for the Roman Catholic concept of saint as a peculiarly holy or self-sacrificing person who is worthy of veneration.ここでは、種子の概念は、ローマカトリックサンとして妙に神聖な自己犠牲的な人やwhoは、尊敬に値する。

In the NT, however, saint is applied to all believers.は、 NTの、しかし、サンが適用されるすべての信者たちです。 It is a synonym for Christian brother (Col. 1:2).それは、キリスト教の弟の同義語です( Col 。 1:2 ) 。 Except for Phil.フィルを除いて。 4:21, it is not used in the singular, and even there it reflects the corporate idea, "every saint." 4:21 、単数で使用されることではない、ともあることを反映して企業のアイデア、 "すべてのサンです。 " The saints are the church (I Cor. 1:2).教会の聖人は、 (私コーです。 1:2 ) 。 In Ephesians, where there is strong emphasis on the unity of the church, "all the saints" becomes almost a refrain (1:15; 3:8, 18; 6:18). 、エペソ人への手紙、どこには強力な教会の団結を重視して、 "すべての聖人"がほとんどを自制する( 1:15 ;午前3時08分、 18 ; 6:18 ) 。 The Apostles' Creed enshrines this significance of the word in the statement, "I believe... in the communion of saints."の使徒信条安置されて、この言葉の意義は声明で、 "私は、聖体拝領と信じ...聖者のです。 "

EF Harrison efハリソン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Saintサン

Advanced Information 高度情報

A Saint is one separated from the world and consecrated to God; one holy by profession and by covenant; a believer in Christ (Ps. 16:3; Rom. 1:7; 8:27; Phil. 1:1; Heb. 6:10).サンは、 1つから分離するの世界と聖体拝領を神; 1つの神聖な職業と誓約;イエスキリストを信じて( ps. 16 : 03 ; ROMから起動します。 1 : 07 ;午前8時27分;フィルします。 1:1 ;なしで。 6:10 ) 。 The "saints" spoken of in Jude 14 are probably not the disciples of Christ, but the "innumerable company of angels" (Heb. 12:22; Ps. 68:17), with reference to Deut. "聖人"話さのではなく、ジュード14アールおそらくキリストの弟子たちが、 "無数の企業の天使たち" ( heb. 12:22 ; psのです。 68:17 ) 、 deutを参照しています。 33:2. 33:2 。 This word is also used of the holy dead (Matt. 27:52; Rev. 18:24).この言葉にも使われ、神聖な死( matt. 27:52 ;改訂18:24 )です。 It was not used as a distinctive title of the apostles and evangelists and of a "spiritual nobility" till the fourth century.使用されることはない、独特のタイトルを伝道者と使徒と、 "精神的な貴族"までの4世紀です。 In that sense it is not a scriptural title.そういう意味ではない、聖書タイトルです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Also, see:また、参照してください:
Hagiography 聖人伝
Bollandists bollandists

Biblical Saints聖書の聖人

St. Mary 聖マリア
St. John 聖ヨハネ
St. John the Baptist 聖ヨハネにバプテスマを受けた
St. James セントジェームス
St. Luke 聖ルカ
St. Mark サンマルコ
St. Matthew マタイ
St. Paul セントポール
St. Peter サンピエトロ大聖堂
St. Timothy 聖ティモシー
St. Joseph 聖ヨセフ
St. Anne 聖アン
St. Joachim 聖ヨアヒム
St. Jude セントジュード
St. Stephen 聖ステパノ
St. Thomas セントトーマス

Later Saintsへ聖人

St. Augustine 聖アウグスティヌス
St. Francis of Assisi アッシジの聖フランシス
St. Jerome 聖ジェローム
St. Dominic 聖ドミニク
St. Veronica 聖ベロニカ
St. Benedict 聖ベネディクト
St. Teresa of Avila 聖テレサのアビラ
St. John of the Cross 聖ヨハネの十字架
St. Jerome 聖ジェローム

Saint Cabriniサンカブリーニ

Cabrini, Saint Frances Xavier (1850-1917), was an Italian American Roman Catholic nun, born in Lombardy (Lombardia).カブリーニ、サンフランシスザビエル( 1850-1917 )は、米国のローマカトリックの修道女は、イタリア語、生まれ、ロンバルディア州(ロンバルディア)です。 In 1880 she founded the Order of the Missionary Sisters of the Sacred Heart.彼女は1880年の宣教師の順序を設立し、神聖な心臓の姉妹です。 She went to the United States in 1889, at the request of Pope Leo XIII, to organize charitable and religious work among Italian immigrants.彼女はすぐに、米国で1889年、教皇レオ13世の要請に応じて、慈善と宗教的な仕事を整理する移民の間でイタリア語です。 Under her direction, schools, hospitals, orphanages, and convents were established in many of the principal cities of the US and in Latin America.彼女の方向にされて、学校、病院、孤児院、および修道院に設立された主要都市の多くは、米国と中南米のです。 Mother Cabrini became a US citizen in 1909.母親カブリーニなった1909年、米国の市民です。 She was canonized in 1946, becoming the first US citizen to be declared a saint. canonized彼女は1946年の最初の米国市民になると宣言される聖人です。 Her feast day is December 22.彼女の饗宴日は12月22日です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです