Soul

General Information 総合情報

Soul is a term rarely used with precise definition in philosophy, religion, or common life.魂は、めったに使用される用語を正確に定義されて哲学、宗教、または普通の生活です。 It is generally regarded as descriptive of an entity related to but distinguishable from the body--the spiritual part of human beings that animates their physical existence and survives death.それは一般的に記述していると見なされて区別するエンティティに関連するしかし、体の-人間の精神的な部分に物理的な存在と生き残ることがアニメーションで死に至る。

Primitive religions tend to associate the soul with the vital force in humans and often identify it with particular parts or functions of the body (the heart or kidneys, the breath or pulse).原始宗教の魂傾向に関連付けるには人間の生命力と識別することがしばしば特定のパーツや体の機能を(心臓や腎臓、息またはパルス)です。 Other religions show traces of such animistic ideas.他の宗教の痕跡を示すような精霊のアイデアです。 In Hinduism, the Atman (originally meaning "breath") is the individual factor that is indestructible and that after death is reborn in another existence.ヒンドゥー教では、個我(もともとの意味は"息" )は、個々の要因には不滅の死は生まれ変わるとした後、別の存在です。 But Atman is identified with Brahman, the Source of all things to which the soul ultimately returns when it ceases to have a separate existence.しかし、個我が識別ブラフマンは、ソースのすべてのものにして、最終的に魂を返すときには、別の存在が停止します。 (Buddhism, on the other hand, repudiates the notion of Atman, positing the theory of Anatta, nonself.) Early Jewish thought did not conceive the soul as existing apart from the body except in the shadowy realm of departed spirits (Sheol). (仏教、その一方で、 repudiates個我という概念を、措定無我の理論を、非自己です。 )初期のユダヤ人の考えを思い付くしなかったとしての魂は、人体から離れ、既存の闇の領域にある場合を除いてディパーテッドスピリッツ( sheol ) 。 Greek and especially Platonic thought divided humans into two parts: body and soul.ギリシャ語、特に人間を2つの部分に分かれプラトニックな思想:体と心をします。 The soul, often referred to as the psyche, was considered both preexistent and immortal.魂、精神と称されることもしばしば、元からあるとは、不滅の両方を考慮します。

The early Christian church lived under the influence of Greek ideas about the body and soul, although biblical teachings about Resurrection were superimposed on them.初期のキリスト教会の影響下に住んでギリシャ語のアイデアについては、体と心を、聖書の教えについてものの復活が重畳されています。 Throughout the history of the Christian church, there has been no clearly defined and universally accepted metaphysical conception of the soul.教会は、キリスト教の歴史をして、明確に定義が行われていない形而上の概念と普遍的に認められたの魂です。 Nevertheless, Christian theology and worship have adhered firmly to the conviction of personal survival after death rooted in belief in the love of God and the resurrection of Jesus Christ from the dead.にもかかわらず、キリスト教神学と礼拝のは個人の信念をしっかりと付着生存死亡した後に根差した神の愛の信念は、イエスキリストの復活と死人の中からです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Philosophy has long been preoccupied with speculation about the existence and nature of the soul and its relationship to the body.哲学は長年にわたり、夢中に存在すると自然との憶測については、魂との関係を体内に取り込む。 In the 20th century many philosophers have argued, following William James, that the concept of the soul is neither verifiable nor necessary to an understanding of humankind's mode of existence in the world.は、 20世紀の多くの哲学者が論じたように、次のウィリアムジェームズ、という概念は、魂はどちらも検証する必要が人類の理解を、世界のモードの存在です。

Charles W. RansonチャールズWランソン

Bibliography 書誌事項
Cullmann, Oscar, Immortality of the Soul or Resurrection of the Dead?クルマン、オスカー、霊魂の不滅や復活オブザデッドですか? (1958); Kenny, Anthony JP, The Anatomy of the Soul: Historical Essays in the Philosophy of Mind (1973); Laird, John, The Idea of Soul (1970); Rank, Otto, Psychology and the Soul (1961); Swinburne, Richard, The Evolution of the Soul (1986). ( 1958 ) ;ケニー、アンソニーJP 〒の解剖学の魂:歴史的なエッセイは、心の哲学( 1973 ) ;レアード、ジョン、という考えの魂( 1970 ) ;ランク、オットー、心理学との魂( 1961 ) ;スウィンバーン、リチャードは、進化の魂( 1986 ) 。


Soul

Advanced Information 高度情報

A Soul is a living being, life principle, person, or individual spiritual nature.魂は、生活が、日本での生活原則として、人か、または個々の精神的な性質です。 It may be ascribed to animals (Gen. 1:30; Rev. 8:9) and to God (Lev. 26:11; Isa. 42:1).動物の生得的かもしれない( Gen 。と1:30 ;改訂8時09分)とのゴッド( lev. 26:11 ; ISAのです。 42:1 ) 。 It is often used interchangeably with spirit, although distinctions that begin to appear in the OT are carried forward in the NT.精神交互に使用されることが多いが、表示されるの区別が開始さotは繰り越しは、 NTのです。 Thus while soul in the NT normally means an individual spiritual entity with a material body so that a person is thought of as a body-soul, spirit is the special gift of God which places one in relationship to him.したがって、通常の手段でNTの魂は、個々の精神的なエンティティボディの素材にして考えられる人は体-魂、精神は、神の特別な贈り物を1つの場所に関係している。 Scripture states that Jesus gave his spirit to his Father (Luke 23:46; John 19:30), but elsewhere it is said that he gave his soul as a ransom for many (Matt. 20:28; John 10:15).啓典では、イエスが与えられた彼の精神を彼の父親(ルカ23:46 ;ジョン19:30 ) 、しかし、他のことは彼の魂によると、彼は身代金として、多くの( matt. 20:28 ;ジョン10:15 ) 。 In general terms then it can be said that soul in Scripture is conceived to be an immaterial principle created by God, which is usually united to a body and gives it life; however, the soul continues to exist after death in human beings (Matt. 10:28; James 5:20; Rev. 6:9; 20:4), a condition which is ended at the close of this age (I Cor. 15:35-55).一般的に利用できる入力し、それによると、魂の啓典は、軽微な原理で作成さを神よ、これは通常団結して、体を与えて生活;しかし、死後の魂を続けて人間が存在する( matt. 10:28 ;ジェームズ5:20 ;改訂6時09分、 20時04分) 、これが終了する条件は、この年齢に近い(私コーです。 15:35-55 ) 。

The Early Church初期の教会

Speculation about the soul in the subapostolic church was heavily influenced by Greek philosophy.憶測については、魂は、 subapostolic教会はギリシャ哲学に大きく影響されています。 This is seen in Origen's acceptance of Plato's doctrine of the preexistence of the soul as pure mind (nous) originally, which, by reason of its fall from God, cooled down to soul (psyche) when it lost its participation in the divine fire by looking earthward.これは、原産地の受け入れに見られるのは、先在プラトンの教義としての魂の純粋な心( nous )もともと、これは、秋からのを理由に、神は、冷却ダウンを魂(プシュケ)の参加を失ったときには神の火災でlooking地球の方です。 It is also seen in Tertullian's repudiation of Greek ideas and his insistence on the biblical teaching of the union of the soul, an immaterial creation of God, with the material body which has been made for it.テルトゥリアヌスに見られることも拒否ギリシャ語の彼のアイデアと主張して、聖書の教えは、労働組合の魂は、軽微である神の創造、体の材料にされています。

Augustine's great influence was felt in the church in his teaching about the soul as in other matters.アウグスティヌスの大きな影響力を感じたのは、彼の指導の教会でその他の事項については、魂のようにします。 Condemning the heathen notions that the soul was originally a part of God, an idea which he calls blasphemy, that it is corporeal, or that it becomes polluted through the body, he saw the soul as a rational-spiritual substance made "like God," and made by him, sustaining and directing the body (The Greatness of the Soul, XIII, 22).非難の異教徒の概念は、神の魂の部分は、もともとは、彼のアイデアの呼び出しを冒とく、それは肉体か、またはそのことが体の汚染を通じて、彼の魂を見た合理的-精神的な物質としては"神のような、 "と彼は、体の維持や演出(の偉大さは、魂、 13 、 22 ) 。 Concerning its origin and whether it was created by God or transmitted by parents, Augustine might be unsure (On the Soul and Its Origin, I, 27), but of its "proper abode" and "homeland" he was certain, and that is God (The Greatness of the Soul, I, 2).起源に関すると作成されたかどうかは神によって伝播さや両親、オーガスティンわからないかもしれない(上の魂とその起源、私は、 27 ) 、しかし、その"適切な住まい"と"祖国"彼は、特定の、それは神(魂の偉大さを、私、 2 ) 。

Origin of the Soul魂の起源

Augustine's reluctance to take sides in the debate on the origin of the soul was not shared by his contemporaries.アウグスティヌスの味方をすることにためらいがあるの起源の魂で論議されることはない彼のコンテンポラリー共有されています。 Some Greek church fathers shared Origen's theory that the soul preexisted with God and that it was assigned to a body as a penalty for its sin of looking downward.いくつかのギリシャ教会の祖先のの共有preexisted原産地の説を唱えていることを、神とは、体に割り当てられているとして、その罪をのぞきこんで罰則を強化する。 Most, however, accepted the creationist view that God created each individual soul at the moment that he gave it a body, while some, like Tertullian, held the traducianist theory that each soul is derived, along with the body, from the parents.ほとんどの、しかし、神のビューを作成可、 天地創造説現時点では、個々の魂が体のことを彼は、いくつかのようなテルトゥリアヌス、 traducianist開催し、それぞれの魂が派生を唱えているとともに、体は、両親からです。

Arguments cited in favor of creationism were (1) that Scripture distinguishes the origin of man's soul and body (Eccl. 12:7; Isa. 42:5; Zech. 12:1; Heb. 12:9); (2) that creationism preserves the idea of the soul as a simple, indivisible substance better than traducianism, which requires the idea of the division of the soul and its derivation from the parents; and (3) that it makes more credible Christ's retention of a pure soul than does traducianism. 賛成の創造の引数に列記された( 1 )に啓典を区別して人間の魂と体の起源( eccl. 12 : 07 ; ISAのです。 42:5 ;ツェッヒ。 12 : 01 ;なしで。 12時09分) 、 ( 2 )を天地創造の魂アイデアを維持して、単純に、霊魂伝以上の不可分の物質を使用するには、アイデアの部が実施して魂とその親からの導出、および( 3 )して他の信憑性を保持キリストの純粋な魂のよりは霊魂伝です。

In behalf of traducianism it was said (1) that certain Scripture supports it (Gen. 2:2; Heb. 7:10; cf. I Cor. 11:8); (2) that it offers the best theory for the whole race having sinned in Adam; (3) that it is supported by the analogy of lower life in which numerical increase is obtained by derivation; (4) that it teaches that parents beget the whole child, body and soul, and not just the body; and (5) that it was necessary for Christ to have received his soul from the soul of Mary in order to redeem the human soul. に代わっての霊魂伝によるとそれは、 ( 1 )がサポートされている特定の啓典( Gen 。と2:2 ;なしです。 7時10分;継続前誌です。私コーです。 11時08分) 、 ( 2 )して提供して最高の理論は、全体のレースが罪を犯し、アダム、 ( 3 )サポートされることが類推の低い生活では得られた数値の増加は、導出、 ( 4 )して教えを生じさせる全体の子供の親、体と心を、身体だけでなく、および( 5 )イエスキリストに必要なことは、彼の魂を受けてからメアリーの魂を、人間の魂のために交換します。

Augustine carefully weighed the arguments on each side of the controversy, leaning toward traducianism for a time even while he saw the difficulty of retaining the soul's integrity with this hypothesis; later he admitted that he was perplexed and baffled by the question.アウグスティヌス慎重に体重の引数のそれぞれの側に論争を、一度に傾いて霊魂伝を見たの難しさの中に彼の魂の整合性を維持し、この仮説;へ彼を認めている彼は当惑して面食らうの質問です。

A contemporary theologian who takes essentially the same stance is GC Berkouwer, who calls the controversy "unfruitful," inasmuch as it wrongly assumes that the issue is one of horizontal or vertical relations.現代神学whoは、本質的には同じ姿勢は、 gc berkouwer 、 who呼び出して、論争"実りのない、 "それを前提として誤って1つの問題は、水平または垂直に関係します。 "Such a way of putting it is far too feeble an attempt to render adequately the greatness of the work of God" (Man: The Image of God, 292). "このような方法があまりにも弱々しいパットをレンダリングする試みの仕事を十分に神の偉大さ" (男:神のイメージを、 292 ) 。 The God of Israel does not create only in the distant past, but he is constantly active in human history, the Creator in horizontal relationships as well as others.イスラエルの神の作成だけではありません遠い過去の、しかし彼は常に積極的に人類の歴史は、創作者だけでなく、他の水平方向の関係です。 To speak about a separate origin of the soul he sees as impossible biblically, inasmuch as this creationist theory sees the relationship to God as "something added to the 'essentially human,' which later is defined independently as 'soul' and 'body.'を話すの起源については、別の魂を不可能だとしてbiblically彼は、この天地創造説〜だけれども神としての関係を見て"何か追加される'人間の本質的に、 'がそれ以降のバージョンが定義されてとして独立して'魂'と'ボディです。 ' Both soul and body can then be viewed in different 'causal' relationships without reference to some intrinsic non-causal relationship to God. If, however, it is impossible to speak of the essence of man except in this latter religious relationship, then it also becomes impossible to introduce duality into the origin of soul and of body within the unitary human individual" (303).心と体の両方を入力し、表示される別の'因果関係'の関係を参照するいくつかの固有の因果関係を神以外の場合は、しかし、それは不可能であることを話すの男の本質を宗教的な関係を除いて、この後者であるならば、それも二重性を導入するのが不可能な魂の起源や個々の人間の体にユニタリー" ( 303 )です。

ME Osterhaven私osterhaven
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
GC Berkouwer, Man: The Image of God; A. Dihle et al., TDNT, IX, 608-66; CA Beckwith, SHERK, XI, 12-14; C. Hodge, Systematic Theology, II; L. Berkhof, Systematic Theology. gc berkouwer 、男:のイメージを神; a. dihleら、 tdnt 、 9世、 608から66 ;カリフォルニアbeckwith 、 sherk 、西、 12-14 ; c.ホッジ、体系的神学、二; l. berkhof 、体系神学です。


Soul

Additional Information 追加情報

There are four theories of the origin of the individual soul:には4つの理論の起源は、個々の魂:

Genesis 2:7 tells of God's breathing into man the breath of life (a soul) implying that He never repeated doing that after Adam.創世記の神の呼吸は、午前2時07分に男のブレスオブライフ(魂)を示唆した後、彼は決してそんなことを繰り返しアダムです。 This seems to favor Traducianism, but arguments for the other alternatives have sometimes been offered based on that same Scripture.このように有利な霊魂伝、しかし、引数を、他の選択肢があることと同じ啓典に基づいて提供されています。

The concept of Soul is so esoteric that there are some scholars who deny the very existence of it, partly because there has never been any concrete evidence that proves its existence.魂は非常に難解な概念をwhoには、いくつかの学者の存在そのものを否定することは、任意の部分が存在するため具体的な証拠は一度もその存在を証明します。 Of course, in that event, any discussion regarding the origin of the Soul becomes meaningless.もちろん、その場合は、本の魂の起源については議論が無意味です。


Soul

Catholic Information カトリックの情報

(Greek psyche; Latin anima; French ame; German Seele). (ギリシア精神;ラテン語アニマ;語スペイン語雨;ドイツ語seele ) 。

The question of the reality of the soul and its distinction from the body is among the most important problems of philosophy, for with it is bound up the doctrine of a future life.という質問をするのが現実の区別は、人体からの魂とその中で最も重要な問題は、哲学、それがバインドするために、将来の生活の原則です。 Various theories as to the nature of the soul have claimed to be reconcilable with the tenet of immortality, but it is a sure instinct that leads us to suspect every attack on the substantiality or spirituality of the soul as an assault on the belief in existence after death.様々な理論としての魂がその性質を主張して調停の教義の不朽の名声が、それは確かな本能で攻撃をリードするごとに問い合わせを容疑者の実在性やスピリチュアリティとしての魂が存在するという信念を暴行した後死。 The soul may be defined as the ultimate internal principle by which we think, feel, and will, and by which our bodies are animated. 5月の魂として定義されるが、究極の内部の原理を考え、感じる、とは、私たちの体には、アニメーションとされています。 The term "mind" usually denotes this principle as the subject of our conscious states, while "soul" denotes the source of our vegetative activities as well.この法律において"心"を示し、この原則として通常の意識状態の件名は"魂"弊社の自律神経活動のソースを示している。 That our vital activities proceed from a principle capable of subsisting in itself, is the thesis of the substantiality of the soul: that this principle is not itself composite, extended, corporeal, or essentially and intrinsically dependent on the body, is the doctrine of spirituality.私たちの活動が極めて重要な能力を続行自給の原則からそれ自体、論文は、実在のは、魂:この原則ではないこと自体コンポジット、拡張、肉体的、または身体の本質的と本質的に依存して、霊性の原則は、です。 If there be a life after death, clearly the agent or subject of our vital activities must be capable of an existence separate from the body.場合には、死後の世界を、エージェントまたは件名を明確にする必要があります。弊社の重要な活動をすることができるのボディから独立した存在です。 The belief in an animating principle in some sense distinct from the body is an almost inevitable inference from the observed facts of life.という信念は、アニメーションの原理は、人体から異なるいくつかの意味では、ほぼ避けられない推論の生活からの観測事実です。 Even uncivilized peoples arrive at the concept of the soul almost without reflection, certainly without any severe mental effort.到着後も未開の人々の魂の概念を反射ほとんどなく、確かに重度の精神的な努力なしにします。 The mysteries of birth and death, the lapse of conscious life during sleep and in swooning, even the commonest operations of imagination and memory, which abstract a man from his bodily presence even while awake-all such facts invincibly suggest the existence of something besides the visible organism, internal to it, but to a large extent independent of it, and leading a life of its own.出生の謎を探ると死は、意識の生活を経過したとは気が遠くなる睡眠中にも、想像力とメモリを最もよく業務を抽象化する男の存在さえ身体の中から彼の目が覚める-すべてのこのような事実の存在を示唆してどうしようも何かに加えて、次の生物、内部を加えて、しかし、独立した範囲を拡大すること、および、独自の主要な生活をする。 In the rude psychology of the primitive nations, the soul is often represented as actually migrating to and fro during dreams and trances, and after death haunting the neighbourhood of its body.失礼な心理学のプリミティブは、国の魂は、しばしばあちこちとして表現され、実際に移行する中に夢とトランス、とした後、近隣の死ており、車体の頭から離れない。 Nearly always it is figured as something extremely volatile, a perfume or a breath.近くの模様のことは、常に何か非常に揮発性としては、香水や息をします。 Often, as among the Fijians, it is represented as a miniature replica of the body, so small as to be invisible.多くの場合、間のフィジーとして、それはミニチュアとして表現され、体のレプリカを、目に見えないとても小さいとされる。 The Samoans have a name for the soul which means "that which comes and goes". samoansの名前を持つ、魂を意味する"というのは天下の回りも" 。 Many peoples, such as the Dyaks and Sumatrans, bind various parts of the body with cords during sickness to prevent the escape of the soul.多くの人々などのdyaksとsumatrans 、体のさまざまな部分にバインドするコードの中に病気を防ぐには階段の魂です。 In short, all the evidence goes to show that Dualism, however uncritical and inconsistent, is the instinctive creed of "primitive man" (see ANIMISM).手短に言えば、すべての証拠が二重に表示することは、しかし無批判と矛盾する、本能的信条は、 "原始人" (アニミズムを参照) 。

THE SOUL IN ANCIENT PHILOSOPHY古代の哲学の魂

Early literature bears the same stamp of Dualism.初期の文学のクマは、同じ切手の二元論です。 In the "Rig-Veda" and other liturgical books of India, we find frequent references to the coming and going of manas (mind or soul).は、 "リグヴェーダ"や他の典礼書のインド、私たち検索を参照して頻繁に出たり入ったりのマナス(心や魂)です。 Indian philosophy, whether Brahminic or Buddhistic, with its various systems of metempsychosis, accentuated the distinction of soul and body, making the bodily life a mere transitory episode in the existence of the soul.インド哲学、 brahminicまたはbuddhisticかどうか、その様々なシステムの輪廻転生、アクセントの魂と体の区別は、メーカーの生命身体のエピソードの中で、単なる一過性の魂が存在する。 They all taught the doctrine of limited immortality, ending either with the periodic world-destruction (Brahminism) or with attainment of Nirvana (Buddhism).彼らのすべての教義を教え限られた不滅、エンディングのいずれかを定期的に世界的に破壊(バラモン教) 、または達成ニルヴァーナ(仏教)です。 The doctrine of a world-soul in a highly abstract form is met with as early as the eighth century before Christ, when we find it described as "the unseen seer, the unheard hearer, the unthought thinker, the unknown knower, the Eternal in which space is woven and which is woven in it."その教義の魂は、世界的にフォームは、高度に抽象的に会って、早ければ8世紀前に、イエスキリストは、私たち見つけることが記述され"先見者、幽玄界には、知られていない聴にして考えられていない思想家、未知の全知にして永遠にこれはどの容量では織物や織物にしてください。 "

In Greece, on the other hand, the first essays of philosophy took a positive and somewhat materialistic direction, inherited from the pre-philosophic age, from Homer and the early Greek religion.ギリシャは、その一方で、哲学の最初のエッセイはやや肯定的唯物論の方向と、事前から継承した哲学年齢、ギリシャ語の早期からのホームランと宗教です。 In Homer, while the distinction of soul and body is recognized, the soul is hardly conceived as possessing a substantial existence of its own.で本塁打、中の区別は魂と体には認識され、構想としてはほとんどの魂の存在を所持する、独自の実質的です。 Severed from the body, it is a mere shadow, incapable of energetic life.切断さのボディから、それは単なる影、無能なのエネルギッシュな生活です。 The philosophers did something to correct such views.賢者の何かを修正するような再生回数です。 The earliest school was that of the Hylozoists; these conceived the soul as a kind of cosmic force, and attributed animation to the whole of nature.最古の学校はしているhylozoists ;これらに対応するため、魂のような宇宙の力として、および全体のアニメーションを自然に起因します。 Any natural force might be designated psyche: thus Thales uses this term for the attractive force of the magnet, and similar language is quoted even from Anaxagoras and Democritus.指定した任意の自然の力かもしれないプシュケ:こうしてタレスこの用語を使用して、磁石の引力、および同様の言語は引用符でさえアナクサゴラス、デモクリトスからです。 With this we may compare the "mind-stuff" theory and Pan-psychism of certain modern scientists.このことがあります比較して"心-もの"の理論とパン-心霊説の特定の現代の科学者です。 Other philosophers again described the soul's nature in terms of substance.他の哲学者の魂を再度記述して物質の性質を利用します。 Anaximander gives it an aeriform constitution, Heraclitus describes it as a fire.アナクシマンドロスは、憲法実体のないことに、それを火災ヘラクレイトスについて説明します。 The fundamental thought is the same.の基本的な考えは同じです。 The cosmic ether or fire is the subtlest of the elements, the nourishing flame which imparts heat, life, sense, and intelligence to all things in their several degrees and kinds.宇宙エーテルや火災は、 subtlestの要素を、栄養満点の炎の熱を与える、日本での生活、センス、彼らのすべてのことと知能をいくつかの種類度とします。 The Pythagoreans taught that the soul is a harmony, its essence consisting in those perfect mathematical ratios which are the law of the universe and the music of the heavenly spheres. pythagoreans教えは、魂の調和が、その本質的に構成比ではこれらの完璧な数学の法則には、宇宙と天国の音楽の分野です。 With this doctrine was combined, according to Cicero, the belief in a universal world-spirit, from which all particular souls are derived.この学説は、組み合わせによると、シセロは、世界的に普遍的精神の信仰を、特定の魂は、すべての派生からです。

All these early theories were cosmological rather than psychological in character.すべての初期宇宙の理論ではなく、心理的には文字です。 Theology, physics, and mental science were not as yet distinguished.神学、物理学、および精神的な科学としてはまだありませんが区別します。 It is only with the rise of dialectic and the growing recognition of the problem of knowledge that a genuinely psychological theory became possible.これは弁証法の台頭だけで成長するとの認識の問題を心理学の理論知識は、真にが可能です。 In Plato the two standpoints, the cosmological and the epistemological, are found combined.プラトンの2つの観点では、宇宙との認識論、組み合わせが見つかりました。 Thus in the "Timaeus" (p. 30) we find an account derived from Pythagorean sources of the origin of the soul.したがって、 "ティマイオス" ( p. 30学)私たちピタゴラスのソースから派生したアカウントを見つけるのは、魂の起源です。 First the world-soul is created according to the laws of mathematical symmetry and musical concord.第一、世界的に魂が作成さによると、数学的対称性やミュージカルの法律に基づいて呼応します。 It is composed of two elements, one an element of "sameness" (tauton), corresponding to the universal and intelligible order of truth, and the other an element of distinction or "otherness" (thateron), corresponding to the world of sensible and particular existences.これは2つの要素で構成さは、 1つの要素である"酷似" ( tauton ) 、に対応して、普遍的かつ分かりやすいの順序を真理をもって、他の要素との区別や"他者" ( thateron ) 、に対応して、世界の賢明かつ特定の存在です。 The individual human soul is constructed on the same plan.人間の魂は、個々の建設計画と同じです。

Sometimes, as in the "Phaedrus", Plato teaches the doctrine of plurality of souls (cf. the well-known allegory of the charioteer and the two steeds in that dialogue).ときには、のように、 "ファエドルス" 、プラトンの教義を教えて複数の魂( cf. 、よく知られて寓意chariotの御者との対話、その2つのsteeds ) 。 The rational soul was located in the head, the passionate or spirited soul in the breast, the appetitive soul in the abdomen.は、 Rationalの魂は頭部に位置し、威勢の情熱や魂は、乳房のは、食欲の魂は、腹部のです。 In the "Republic", instead of the triple soul, we find the doctrine of three elements within the complex unity of the single soul.は、 "共和国" 、魂の代わりに、トリプル、私たちの教義の3つの要素を見つけるには、 1つの魂の複雑な団結です。 The question of immortality was a principal subject of Plato's speculations.不滅の問題を主なテーマは、プラトンの憶測です。 His account of the origin of the soul in the "Timaeus" leads him to deny the intrinsic immortality even of the world-soul, and to admit only an immortality conditional on the good pleasure of God.自分のアカウントの魂の起源は、 "ティマイオス"リード彼の本質を否定するのは世界的に不滅の魂も、不朽の名声を認めるだけで良い条件は、神の喜びです。 In the "Phaedo" the chief argument for the immortality of the soul is based on the nature of intellectual knowledge interpreted on the theory of reminiscence; this of course implies the pre-existence of the soul, and perhaps in strict logic its eternal pre-existence.は、 "パイドン"のチーフ引数は、霊魂の不滅の性質には、知的な知識に基づいて解釈上の理論の回想;この意味はもちろん、事前の魂の存在を、そしておそらく、その永遠の厳格なロジックプレ存在します。 There is also an argument from the soul's necessary participation in the idea of life, which, it is argued, makes the idea of its extinction impossible.また、引数からの魂のに必要なの参加は、人生に対する考え方、これは、主張したことは、そのアイデアにより、絶滅不可能です。 These various lines of argument are nowhere harmonized in Plato (see IMMORTALITY).これらの様々な行の引数はどこに調和プラトン(不朽の名声を参照) 。 The Platonic doctrine tended to an extreme Transcendentalism.プラトニックな教義の極端な超越論的な傾向があった。 Soul and body are distinct orders of reality, and bodily existence involves a kind of violence to the higher part of our composite nature.魂と体は別個のリアリティーを受注し、身体的暴力を振るうような存在には、弊社の複合性が高い部分です。 The body is the "prison", the "tomb", or even, as some later Platonists expressed it, the "hell" of the soul.ボディは、 "刑務所"は、 "墓" 、あるいは、いくつかのへプラトン学派を表明すると、 "地獄"の魂です。 In Aristotle this error is avoided.アリストテレスはこのエラーは回避された。 His definition of the soul as "the first entelechy of a physical organized body potentially possessing life" emphasizes the closeness of the union of soul and body.彼の魂の定義として" entelechyは、物理的な組織の最初の所持生命体の可能性"を強調し、労働組合の親密魂と体です。 The difficulty in his theory is to determine what degree of distinctness or separateness from the matter of the body is to be conceded to the human soul.の難しさを判断する彼の説ではよく知られては何度かの問題から分離されるのボディは、人間の魂の譲歩をします。 He fully recognizes the spiritual element in thought and describes the "active intellect" (nous poetikos) as "separate and impassible", but the precise relation of this active intellect to the individual mind is a hopelessly obscure question in Aristotle's psychology.彼は精神的な要素を十分に認識し、思想と説明して"能動的知性" ( nous poetikos )として"別々と苦痛を感じない" 、しかし、正確な関係は、次の能動的知性に絶望して、個々の心は、アリストテレスの心理学のあいまいな質問をします。 (See INTELLECT; MIND.) (参照知性;心です。 )

The Stoics taught that all existence is material, and described the soul as a breath pervading the body. stoics教えられ、すべての存在は、素材、と記述して体の魂として息広まっている。 They also called it Divine, a particle of God (apospasma tou theu) -- it was composed of the most refined and ethereal matter.彼らとも呼ばれて神は、神の粒子( apospasma塔theu ) -それは、最も洗練された構成とE therealの問題です。

Eight distinct parts of the soul were recognized by them: 8人の魂の部分がはっきりと認識されて:

the ruling reason (to hegemonikon)判決理由で( hegemonikon )

the five senses;の5つの感覚;

the procreative powers.繁殖力のです。

Absolute immortality they denied; relative immortality, terminating with the universal conflagration and destruction of all things, some of them (eg Cleanthes and Chrysippus) admitted in the case of the wise man; others, such as Panaetius and Posidonius, denied even this, arguing that, as the soul began with the body, so it must end with it.絶対的な不滅彼らが拒否されました;相対的不死、普遍的な火災と破壊の終端のすべてのものは、いくつかのこと(例: cleanthesとchrysippus )に加盟が認めして英明でられる男の例;その他、 panaetiusとポセイドニオスなど、否定も、この、と反論が、体としての魂が始まったが、これで終わる必要があります。

Epicureanism accepted the Atomist theory of Leucippus and Democritus.快楽主義を受け入れたとレウキッポスデモクリトス原子論の理論です。 Soul consists of the finest grained atoms in the universe, finer even than those of wind and heat which they resemble: hence the exquisite fluency of the soul's movements in thought and sensation.最高級の魂は、宇宙の原子の細かい、細かいも暑さに比べて風と似:それゆえ、魂の流ちょうさの絶妙な思想と感覚の動きをします。 The soul-atoms themselves, however, could not exercise their functions if they were not kept together by the body. -原子自身の魂は、しかし、その機能を行使すればできませんでしたが一緒に保管されている。 It is this which gives shape and consistency to the group.これを与えることが形との整合性をグループです。 If this is destroyed, the atoms escape and life is dissolved; if it is injured, part of the soul is lost, but enough may be left to maintain life.もしこれが破壊され、階段や生命の原子が解散;負傷した場合には、部分の魂が失われると、しかし、十分な生活を維持するに残ることがあります。 The Lucretian version of Epicureanism distinguishes between animus and anima: the latter only is soul in the biological sense, the former is the higher, directing principle (to hegemonikon) in the Stoic terminology, whose seat is the heart, the centre of the cognitive and emotional life. lucretianのバージョンの快楽主義の区別アニムスとアニマ:のみ後者は、魂は、生物学的意味では、前者は高く、演出の原理( hegemonikon )は、禁欲的な用語では、座席の中心は、中心部の認知と感情的な生活です。

THE SOUL IN CHRISTIAN THOUGHTの魂をキリスト教の思想

Graeco-Roman philosophy made no further progress in the doctrine of the soul in the age immediately preceding the Christian era.ギリシャローマ時代の哲学はないのさらなる進展を教義の直前の魂の年齢では、キリスト教の時代です。 None of the existing theories had found general acceptance, and in the literature of the period an eclectic spirit nearly akin to Scepticism predominated.なしは、既存の理論が一般に受け入れられるが見つかりました、およびその時代の文学の折衷的な精神をscepticism predominated私の近くです。 Of the strife and fusion of systems at this time the works of Cicero are the best example.闘争とを融合したシステムを、この時点での作品のシセロは、最高の例です。 On the question of the soul he is by turns Platonic and Pythagorean, while he confesses that the Stoic and Epicurean systems have each an attraction for him.上の問題は彼の魂がプラトニックとピタゴラスは、彼と告白して禁欲的な快楽主義システムは、それぞれの引力を持っている。 Such was the state of the question in the West at the dawn of Christianity.このような状態は、西側の質問には、キリスト教の夜明けです。 In Jewish circles a like uncertainty prevailed.サークルのような不確実性が勝っていたユダヤ人です。 The Sadducees were Materialists, denying immortality and all spiritual existence. materialists 、サドカイ派は、不朽の名声とすべての精神的な存在を否定しています。 The Pharisees maintained these doctrines, adding belief in pre-existence and transmigration. phariseesを維持し、これらの教説は、追加の信仰を事前に存在と移住します。 The psychology of the Rabbins is founded on the Sacred Books, particularly the account of the creation of man in Genesis.の心理学をrabbinsに設立さは、神聖な図書、特に、アカウントの創世記の男の創出にします。 Three terms are used for the soul: nephesh, nuah, and neshamah; the first was taken to refer to the animal and vegetative nature, the second to the ethical principle, the third to the purely spiritual intelligence. 3つの用語が使われている魂: nephesh 、 nuah 、およびneshamah ;の最初のは、動物や植物を自然を参照して、 2番目のは、倫理的な原則として、 3番目のは、純粋に精神的なインテリジェンスを統合します。 At all events, it is evident that the Old Testament throughout either asserts or implies the distinct reality of the soul.すべてのイベントで、それは明らかに、旧約聖書の全体またはいずれかをアサート、独特の意味の魂の現実です。 An important contribution to later Jewish thought was the infusion of Platonism into it by Philo of Alexandria.ユダヤ人への重要な貢献をする考えは、プラトン哲学を注入することによってアレクサンドリアのフィロです。 He taught the immediately Divine origin of the soul, its pre-existence and transmigration; he contrasts the pneuma, or spiritual essence, with the soul proper, the source of vital phenomena, whose seat is the blood; finally he revived the old Platonic Dualism, attributing the origin of sin and evil to the union of spirit with matter.すぐに彼は神の教えの魂の起源、その前の存在と移住;彼コントラストの霊か、または精神的な本質的に、適切なの魂は、ソースの重要な現象で、その席は、血液中の;最後に彼は復活の古いプラトニックな二元論、関連付け罪と悪の起源は労働組合への精神的に問題です。

It was Christianity that, after many centuries of struggle, applied the final criticisms to the various psychologies of antiquity, and brought their scattered elements of truth to full focus.それは、キリスト教は、何世紀の闘争をした後、最終的な批判を適用して古代の様々なpsychologies 、および散在の要素をもたらした真実をフルフォーカスを移動します。 The tendency of Christ's teaching was to centre all interest in the spiritual side of man's nature; the salvation or loss of the soul is the great issue of existence.イエスキリストの傾向を中心部のすべてに関心を教えることは、精神的な側面を人間の自然の魂の救いの損失などの問題については偉大な存在です。 The Gospel language is popular, not technical.福音の言語に人気がではなく、技術です。 Psyche and pneuma are used indifferently either for the principle of natural life or for spirit in the strict sense.霊の精神と無関心のいずれかが使用され、生活や自然の原理は、厳密な意味での精神です。 Body and soul are recognized as a dualism and their values contrasted: "Fear ye not them that kill the body . . . but rather fear him that can destroy both soul and body in hell."体と心が認識されるように二元論とその値を対比: "なたがたはそれを恐れて殺すのボディ。 。 。 。 。ではなく彼の恐怖心と体の両方を破壊することができるね。 " In St. Paul we find a more technical phraseology employed with great consistency.聖パウロは私たちを見つける非常に整合性の詳細な技術的な言い方採用します。 Psyche is now appropriated to the purely natural life; pneuma to the life of supernatural religion, the principle of which is the Holy Spirit, dwelling and operating in the heart.プシュケは、純粋な自然の生活を今すぐ充当;霊を生活の超自然的宗教は、これは、聖霊の原則は、住居と営業の中心です。 The opposition of flesh and spirit is accentuated afresh (Romans 1:18, etc.).肉体と精神を、野党は、今さらのようにアクセント(ローマ人への手紙1:18 、等) 。 This Pauline system, presented to a world already prepossessed in favour of a quasi-Platonic Dualism, occasioned one of the earliest widespread forms of error among Christian writers -- the doctrine of the Trichotomy.このポーリーンシステムは、既に先入観を持って提示して世界に賛成する準プラトニックな二元論、引き起こさのいずれかのエラーが発生最古の形態の間で広くキリスト教の作家-その学説は、三分です。 According to this, man, perfect man (teleios) consists of three parts: body, soul, spirit (soma, psyche, pneuma).これによると、男は、完璧な男( teleios )は、 3つのパーツ:身体、魂、精神(相馬、精神、霊)です。 Body and soul come by natural generation; spirit is given to the regenerate Christian alone.体と心を自然に来て世代;精神は、キリスト教を再生成して与えられただけです。 Thus, the "newness of life", of which St. Paul speaks, was conceived by some as a superadded entity, a kind of oversoul sublimating the "natural man" into a higher species.したがって、 "新しof life "の、聖パウロ話すうち、いくつかの人々によっては、 superaddedエンティティとして、大霊sublimatingの一種である"自然な男"を高い種です。 This doctrine was variously distorted in the different Gnostic systems.この学説は、歪曲さの異なるさまざまなグノーシス主義のシステムです。 The Gnostics divided man into three classes:男の3つのクラスに分かれてgnostics :

pneumatici or spiritual,精神的なpneumaticiまたは、

psychici or animal, psychiciや動物、

choici or earthy. choiciや素朴なのよ。

To each class they ascribed a different origin and destiny.各クラスに生得的、別の起源と彼らの運命です。 The spiritual were of the seed of Achemoth, and were destined to return in time whence they had sprung -- namely, into the pleroma.の精神は、種子のachemothし、そこからが運命づけていた時間を返すひび割れた-すなわち、 p leromaをします。 Even in this life they are exempted from the possibility of a fall from their high calling; they therefore stand in no need of good works, and have nothing to fear from the contaminations of the world and the flesh.この人生でも彼らは、秋から除外する可能性が高いから呼び出す;彼らそのための良い作品に立つ必要はありませんし、何の不安もないから、世界と肉contaminations 。 This class consists of course of the Gnostics themselves.もちろん、このクラスで構成さgnosticsている。 The psychici are in a lower position: they have capacities for spiritual life which they must cultivate by good works.低い位置でのpsychiciは:彼らは精神的な生活をしなければならない能力を育てるために良い作品です。 They stand in a middle place, and may either rise to the spiritual or sink to the hylic level.彼らの真ん中に立つ場所、および5月に上昇するのいずれかまたはシンクして、精神的物質的なレベルです。 In this category stands the Christian Church at large.このカテゴリには、キリスト教の教会で大規模なスタンドです。 Lastly, the earthy souls are a mere material emanation, destined to perish: the matter of which they are composed being incapable of salvation (me gar einai ten hylen dektiken soterias).最後に、単なる素材の素朴な魂は、放射能、死ぬ運命にある:この問題は構成されている無能なのが救い(私ガーeinai 10 hylen dektiken soterias ) 。 This class contains the multitudes of the merely natural man.このクラスには、単に自然の数多くの男性です。

Two features claim attention in this the earliest essay towards a complete anthropology within the Christian Church: 2つの特徴が注目を集めて、この主張に向かって完全な人類最古のエッセイには、キリスト教の教会:

an extreme spirituality is attributed to "the perfect";に起因する極端な精神は、 "完璧な" ;

immortality is conditional for the second class of souls, not an intrinsic attribute of all souls.不朽の名声は、 2番目のクラスの魂を条件付きではなく、本質的属性のすべての魂です。

It is probable that originally the terms pneumatici, psychici, and choici denoted at first elements which were observed to exist in all souls, and that it was only by an afterthought that they were employed, according to the respective predominance of these elements in different cases, to represent supposed real classes of men.これは当初予想の条件をpneumatici 、 psychiciし、最初の要素を表わしchoici観測されたすべての魂が存在しており、そのことは補足していただけに就職しており、それぞれの優位によると、これらの要素が異なるケースは、リアルのクラスの男性を表現するはずです。 The doctrine of the four temperaments and the Stoic ideal of the Wise Man afford a parallel for the personification of abstract qualities.の4つの気性の教義と禁欲的な理想的な余裕がある並列して英明でられる男擬人の抽象的な資質をします。 The true genius of Christianity, expressed by the Fathers of the early centuries, rejected Gnosticism.キリスト教の真の天才、表現され、父親の世紀の初めに、拒否されたグノーシス主義です。 The ascription to a creature of an absolutely spiritual nature, and the claim to endless existence asserted as a strictly de jure privilege in the case of the "perfect", seemed to them an encroachment on the incommunicable attributes of God.帰することにして、確実に精神的な自然の生き物、との主張を厳密に無限の存在を主張する法律上の権限としては、例の"完璧" 、侵犯を検索するようにして、神の属性を伝えることのできない。 The theory of Emanation too was seen to be a derogation from the dignity of the Divine nature For this reason, St. Justin, supposing that the doctrine of natural immortality logically implies eternal existence, rejects it, making this attribute (like Plato in the "Timaeus") dependent on the free will of God; at the same time he plainly asserts the de facto immortality of every human soul.放射能の理論には、あまりにも逸脱が見られたの尊厳は、神の性質からこの理由から、聖ジャスティン、自然と仮定してその教義を論理的意味永遠不滅の存在、拒否することは、この属性(のようなプラトンの"ティマイオス" )に依存して神の自由意志;それと同時に彼ははっきりと主張して事実上の人間の魂のすべての不滅です。 The doctrine of conservation, as the necessary complement of creation, was not yet elaborated.その教義の保全、創造するために必要な補、精緻化はまだです。 Even in Scholastic philosophy, which asserts natural immortality, the abstract possibility of annihilation through an act of God's absolute power is also admitted.スコラ哲学でも、自然の不朽の名声をアサートて、抽象的な可能性を消滅する行為を通して、神の絶対権力でも認めています。 Similarly, Tatian denies the simplicity of the soul, claiming that absolute simplicity belongs to God alone.同様に、シンプルさを否定してtatianの魂は、絶対的なシンプルさと主張して、神だけに属しています。 All other beings, he held, are composed of matter and spirit.すべての生き物は、開かれた彼は、物質と精神を構成します。 Here again it would be rash to urge a charge of Materialism.ここで再び発疹を促すことが唯物論の罪に問われています。 Many of these writers failed to distinguish between corporeity in strict essence and corporeity as a necessary or natural concomitant.作家の多くは、これらの物質を区別するのに失敗しました厳格なエッセンスや自然と身体に必要な付随します。 Thus the soul may itself be incorporeal and yet require a body as a condition of its existence.したがって、魂はまだありません年5月自体が無体と体を必要とする条件として、その存在します。 In this sense St. Irenæus attributes a certain "corporeal character" to the soul; he represents it as possessing the form of its body, as water possesses the form of its containing vessel.この意味で、特定の属性を聖irenæus "肉体文字"を魂;彼はそれを表しており、車体のフォームを所有して、その水を含む船の形で保有しています。 At the same time, he teaches fairly explicitly the incorporeal nature of the soul.それと同時に、彼の霊的な性質を明示的に教えてかなりの魂です。 He also sometimes uses what seems to be the language of the Trichotomists, as when he says that in the Resurrection men shall have each their own body, soul, and spirit.彼は何と思われることもありますが使用する言語をtrichotomists 、復活の時に彼によると、男性は、自分の体の各者は、魂と精神をします。 But such an interpretation is impossible in view of his whole position in regard to the Gnostic controversy.しかし、このような解釈は不可能で彼の全体の表示位置に関連してグノーシス主義論争です。 The dubious language of these writers can only be understood in relation to the system they were opposing.これらの作家の怪しげな言語でのみ理解されていたに関連して、システムに反対します。 By assigning a literal divinity to a certain small aristocracy of souls, Gnosticism set aside the doctrine of Creation and the whole Christian idea of God's relation to man.リテラルを代入することによって、特定の小貴族の神の魂を滅ぼし、グノーシス主義の原則の設定はさておき、全体の創造とキリスト教の神の関係を考え男です。 On the other side, by its extreme dualism of matter and spirit, and its denial to matter (ie the flesh) of all capacity for spiritual influences, it involved the rejection of cardinal doctrines like the Resurrection of the Body and even of the Incarnation itself in any proper sense.上の反対側に、その極端な二元論の物質と精神を、否定するとその問題(つまり、肉)のすべての能力を精神的な影響を受けた、それ関係の枢機卿の拒絶反応を体の教説のように復活、さらには自身の化身いずれに適切な感覚です。 The orthodox teacher had to emphasize:正統派の先生を強調するのは:

the soul's distinction from God and subjection to Him;魂の服従を区別し、神と彼;

its affinities with matter.そのアフィニティ性物質です。

The two converse truths -- those of the soul's affinity with the Divine nature and its radical distinction from matter, were apt to be obscured in comparison. 2つのコンバース真理-それらは、魂の親和性を区別する神の性質とその過激な問題から、にA PTをれるが不明瞭な場合と比較します。 It was only afterwards and very gradually, with the development of the doctrine of grace, with the fuller recognition of the supernatural order as such, and the realization of the Person and Office of the Holy Spirit, that the various errors connected with the pneuma ceased to be a stumbling-block to Christian psychology.それは、その後のみと非常に徐々に、その教義の恵みを受けての開発、のフラー認識するための超自然的このように、としている個人やオフィスの実現には、聖霊は、様々なエラーが発生して霊に接続してやんだつまずきながらのブロックには、キリスト教の心理学です。 Indeed, similar errors have accompanied almost every subsequent form of heterodox Illuminism and Mysticism.確かに、同行のようなエラーが後続のほぼすべての形式の異端illuminismと神秘主義です。

Tertullian's treatise "De Anima" has been called the first Christian classic on psychology proper.テルトゥリアヌスの論文"デアニマ"され、最初のキリスト教と呼ばれる心理学の古典を適切です。 The author aims to show the failure of all philosophies to elucidate the nature of the soul, and argues eloquently that Christ alone can teach mankind the truth on such subjects.の著者を目指して詳細の失敗のすべての哲学は、魂の性質を明らかにし、雄弁に主張するだけではイエスキリストの真実人類などの科目を教える。 His own doctrine, however, is simply the refined Materialism of the Stoics, supported by arguments from medicine and physiology and by ingenious interpretations of Scripture, in which the unavoidable materialism of language is made to establish a metaphysical Materialism.自分自身の教義、しかし、洗練された唯物論は、単に、 stoics 、医学生理学からの引数でサポートさと独創的な啓典の解釈をされるのは、不可避的唯物論の言語が行われるように形而上学的唯物論を確立する。 Tertullian is the founder of the theory of Traducianism, which derives the rational soul ex traduce, ie by procreation from the soul of the parent.テルトゥリアヌスは、その理論の創始者の霊魂伝、これは、 Rationalの魂から派生traduce 、すなわちされ、親の魂を産み出すことからです。 For Tertullian this was a necessary consequence of Materialism.ために必要なテルトゥリアヌスこれは結果的唯物論です。 Later writers found in the doctrine a convenient explanation of the transmission of original sin.教義へ作家発見された便利な説明を原罪の伝送が可能です。 St. Jerome says that in his day it was the common theory in the West.聖ジェロームによると、彼の1日それは、共通の理論は、西です。 Theologians have long abandoned it, however, in favour of Creationism, as it seems to compromise the spirituality of the soul.神学者が長く見捨てられて、しかし、賛成の創造、妥協の精神を今のところ、魂です。 Origen taught the pre-existence of the soul.原産地の教えの魂の存在を事前にします。 Terrestrial life is a punishment and a remedy for prenatal sin.地上波の人生は出生前の救済策罪と罰。 "Soul" is properly degraded spirit: flesh is a condition of alienation and bondage (cf. Comment. ad Romans 1:18). "魂"が適切に劣化した精神:肉は、条件を疎外とボンテージ( cf.コメントは得られなかった。広告ローマ人への手紙1:18 ) 。 Spirit, however, finite spirit, can exist only in a body, albeit of a glorious and ethereal nature.精神、しかし、有限の精神は、体が存在するだけで、 Etherealの自然と、栄光にもかかわらずのです。 Neo-Platonism, which through St. Augustine contributed so much to spiritual philosophy, belongs to this period.新プラトン哲学、これを通じて聖アウグスティヌス貢献したことが山ほどある精神的な哲学では、この期間に属しています。 Like Gnosticism, it uses emanations.のようなグノーシス主義、 emanationsを使用しています。 The primeval and eternal One begets by emanation nous (intelligence); and from nous in turn springs psyche (soul), which is the image of nous, but distinct from it. begetsを1つの原始と永遠の放射能nous (インテリジェンス) ;とよりnousを順番スプリングスプシュケ(魂) 、これはnousのイメージを、しかし、はっきりしたことです。 Matter is a still later emanation.問題は、依然としてへ放射能です。 Soul has relations to both ends of the scale of reality, and its perfection lies in turning towards the Divine Unity from which it came.魂の両端には関係を現実の規模、およびその完璧な嘘で旋回神の結束からそれに向かって来たのです。 In everything, the neo-Platonist recognized the absolute primacy of the soul with respect to the body.すべてのは、ネオ- platonist認識して絶対的な優位性を尊重するの魂を体内に取り込む。 Thus, the mind is always active, even in sense -- perception -- it is only the body that is passively affected by external stimuli.このように、心は常にアクティブでさえセンス-知覚-これは受動のボディだけでは、外部の刺激の影響を受けています。 Similarly Plotinus prefers to say that the body is in the soul rather than vice versa: and he seems to have been the first to conceive the peculiar manner of the soul's location as an undivided and universal presence pervading the organism (tota in toto et tota in singulis partibus).プロティノス同様に言ってやるが希望する場合には、体は魂というよりは、逆に:と彼の最初のようにも独特の方法を考えるの魂の場所と普遍的存在として広まっている非分の生物(東陶機器et 、ご希望の曲で異教徒のsingulis ) 。 It is impossible to give more than a very brief notice of the psychology of St. Augustine.を与えることは不可能を超える非常に簡単な通知は、心理学の聖アウグスティヌスです。 His contributions to every branch of the science were immense; the senses, the emotions, imagination, memory, the will, and the intellect -- he explored them all, and there is scarcely any subsequent development of importance that he did not forestall.あらゆる分野への貢献は、科学が巨大な;の感覚は、感情、想像力、メモリ、の意志と知性-彼はそれらのすべての探索し、後続の開発にはほとんどの重要性を未然に防ぐことはなかった。 He is the founder of the introspective method.彼は、創始者の内省的なメソッドを使用します。 Noverim Te, noverim me was an intellectual no less than a devotional aspiration with him. noverim te 、 noverim私は、信心の吸引未満の知的ないと思う。 The following are perhaps the chief points for our present purpose:主任は、次のポイントは、おそらく、私たちの現在の目的:

he opposes body and soul on the ground of the irreducible distinction of thought and extension (cf. DESCARTES).彼は体と心を地面に反対し、既約思想との区別は拡張子( cf.デカルト) 。 St. Augustine, however, lays more stress on the volitional activities than did the French Idealists.聖アウグスティヌス、しかし、より多くのストレスを産む意志の活動よりは、フランスのアイデアです。 As against the Manichæans he always asserts the worth and dignity of the body.彼はいつも反対するmanichæansとしての価値と尊厳を主張して体のです。 Like Aristotle he makes the soul the final cause of the body.アリストテレスの魂のような彼の最後のが原因で発生するため、体のです。 As God is the Good or Summum Bonum of the soul, so is the soul the good of the body.神はいいとして、または至高善の魂のための良いのは、魂のボディです。 The origin of the soul is perhaps beyond our ken.の起源は私たちの魂は、おそらく拳を超えています。 He never definitely decided between Traducianism and Creationism.彼は決して霊魂伝本決まりになるとの間に創造します。

As regards spirituality, he is everywhere most explicit, but it is interesting as an indication of the futile subtleties current at the time to find him warning a friend against the controversy on the corporeality of the soul, seeing that the term "corpus" was used in so many different senses.スピリチュアリティに関して、彼はどこほとんどの明示的な、それは面白いの指標の一つとして、無駄な時間を見つけるの微妙な電流を警告する友人に送る反対する彼の肉体は、魂の論争を、という言葉を見て"コーパス"が使用されるには実にさまざまな感覚です。 "Corpus, non caro" is his own description of the angelic body. "コーパス、カロ"は、彼自身の説明書は、天使のような体です。

Medieval psychology prior to the Aristotelean revival was affected by neo-Platonism, Augustinianism, and mystical influences derived from the works of pseudo-Dionysius.中世の心理学aristotelean復活する前に、ネオは、プラトン哲学の影響を受け、 augustinianism 、および神秘的な影響を受けたアーティストの作品から派生した偽ディオニシウスです。 This fusion produced sometimes, notably in Scotus Eriugena, a pantheistic theory of the soul.この核融合生産時には、特にscotusエリウゲナは、汎神論の理論の魂です。 All individual existence is but the development of the Divine life, in which all things are destined to be resumed.しかし、開発のすべての個々の存在は、神の人生ではすべてのものにする運命にあるが再開されます。 The Arabian commentators, Averroes and Avicenna, had interpreted Aristotle's psychology in a pantheistic sense.アラビアの解説、 averroesとavicenna 、心理学ではアリストテレスの解釈を汎神論の意味です。 St. Thomas, with the rest of the Schoolmen, amends this portion of the Aristotelean tradition, accepting the rest with no important modifications.セントトーマス、 schoolmanの複数の残りの部分は、この部分の償いaristotelean伝統、受け入れて、残りの重要な変更がない。 St. Thomas's doctrine is briefly as follows:セントトーマスの教義は、簡単に以下のとおり:

the rational soul, which is one with the sensitive and vegetative principle, is the form of the body.次のRationalの魂、これは1つの敏感な植物の原理とは、体の形です。 This was defined as of faith by the Council of Vienne of 1311;これは信仰として定義されてヴィエンヌされた評議会の1311 ;

the soul is a substance, but an incomplete substance, ie it has a natural aptitude and exigency for existence in the body, in conjunction with which it makes up the substantial unity of human nature;魂は、物質ではなく、不完全な物質、すなわちそれには、自然aptitudeや危急の場合には、体の存在は、それと連携を実質的団結する人間の本性;

though connaturally related to the body, it is itself absolutely simple, ie of an unextended and spiritual nature. connaturallyかかわらず体に関連して、それ自体が確実に単純な、すなわち自然と精神的に延ばされていない。 It is not wholly immersed in matter, its higher operations being intrinsically independent of the organism; the rational soul is produced by special creation at the moment when the organism is sufficiently developed to receive it.完全に浸漬さの問題ではない、その高い操作が本質的に独立して生物;は、 Rationalの魂は特別な創造するProduced by現時点では生物が十分に開発されたときに受け取ることです。 In the first stage of embryonic development, the vital principle has merely vegetative powers; then a sensitive soul comes into being, educed from the evolving potencies of the organism -- later yet, this is replaced by the perfect rational soul, which is essentially immaterial and so postulates a special creative act.胚の第一段階の開発は、極めて重要な原則は、単に植物の力;入力し、敏感な魂が入ってくると、 educedからは、生物の進化のpotencies -へはまだありません、これは完璧な合理的魂に置き換えられて、これは本質的に軽微である。公準など、特別な創造的な行為です。 Many modern theologians have abandoned this last point of St. Thomas's teaching, and maintain that a fully rational soul is infused into the embryo at the first moment of its existence.多くの近代的神学者はこの最後のポイントを放棄セントトーマスの教育、および維持することは、完全に合理的魂を注入胚の最初の瞬間にその存在します。

THE SOUL IN MODERN THOUGHT魂の近代思想

Modern speculations respecting the soul have taken two main directions, Idealism and Materialism.近代的な思索の魂を尊重して2つの主要な方向が取ら、唯物論的観念論とします。 Agnosticism need not be reckoned as a third and distinct answer to the problem, since, as a matter of fact, all actual agnosticisms have an easily recognized bias towards one or other of the two solutions aforesaid.不可知論する必要はないとはっきりと3番目として侮れないの回答をするために、以来、実際の問題として、すべての実際のagnosticismsは、容易に認識バイアス向けのいずれかまたはその他のは、前述の2つのソリューションです。 Both Idealism and Materialism in present-day philosophy merge into Monism, which is probably the most influential system outside the Catholic Church.両方の唯物論的観念論と今日の哲学に合流する一元論、これは恐らく、世界で最も影響力のシステムを外部のは、カトリックの教会です。

History履歴

Descartes conceived the soul as essentially thinking (ie conscious) substance, and body as essentially extended substance.デカルトの魂として、本質的な思考に対応するため、 (すなわち意識)物質は、物質と体として本質的に拡張します。 The two are thus simply disparate realities, with no vital connection between them.本質的に異なる2つ表示されるので、単に現実には、それらの間の極めて重要なつながりがない。 This is significantly marked by his theory of the soul's location in the body.これは彼の理論を大幅にスパムの魂の場所にしている。 Unlike the Scholastics he confines it to a single point -- the pineal gland -- from which it is supposed to control the various organs and muscles through the medium of the "animal spirits", a kind of fluid circulating through the body.閉じ込めscholasticsとは異なり、彼はそれを、 1つのポイント-松果体-それが仮定からの様々な臓器や筋肉を制御するという媒体を通して、"動物霊" 、ある種の水分を体を通して循環しています。 Thus, to say the least, the soul's biological functions are made very remote and indirect, and were in fact later on reduced almost to a nullity: the lower life was violently severed from the higher, and regarded as a simple mechanism.したがって、控えめに言っても、魂の生物学的機能は非常にリモートと、間接的、および実際にはほとんど縮小して、後で無効:人生は激しく、下から切断さが高い、と見なされているシンプルなメカニズムです。 In the Cartesian theory animals are mere automata.デカルトは、動物は単なるオートマトン理論です。 It is only by the Divine assistance that action between soul and body is possible.これは神のアシスタンスだけで魂と体の間に、その操作が可能です。 The Occasionalists went further, denying all interaction whatever, and making the correspondence of the two sets of facts a pure result of the action of God. occasionalistsは、さらに、すべての相互作用を否定何にしろ、とメーカーの対応は、基本のセットを2つのアクションの結果、純粋な神のです。 The Leibnizian theory of Pre-established Harmony similarly refuses to admit any inter-causal relation.プレleibnizianの理論の確立の調和を拒否して同様に任意の間の因果関係を認める。 The superior monad (soul) and the aggregate of inferior monads which go to make up the body are like two clocks constructed with perfect art so as always to agree.優れたモナド(魂)と骨材の下に行くmonadsを穴埋めするのボディは、 2つの時計のような完璧な芸術のでいつもの建設に同意します。 They register alike, but independently: they are still two clocks, not one.彼らの登録を問わず、しかし、独立:彼らはまだ2つのクロックではなく、 1つです。 This awkward Dualism was entirely got rid of by Spinoza.この厄介な二元論スピノザは、完全には除去されています。 For him there is but one, infinite substance, of which thought and extension are only attributes.しかし、 1つの彼には、無限の物質、その思想と拡張子にのみ属性を設定します。 Thought comprehends extension, and by that very fact shows that it is at root one with that which it comprehends.思考理解の拡張子、そしてそのことが非常に事実によると、その1つのルートにそれを理解します。 The alleged irreducible distinction is transcended: soul and body are neither of them substances, but each is a property of the one substance.既約区別は超越疑惑:魂と体は、どちらもして化学物質が、それぞれ1つの物質は、プロパティをします。 Each in its sphere is the counterpart of the other.それぞれ、その球は、相手国になっています。 This is the meaning of the definition, "Soul is the Idea of Body".これは、意味の定義に、 "魂が体のアイデア"です。 Soul is the counterpart within the sphere of the attribute of thought of that particular mode of the attribute of extension which we call the body.魂は、対向して、属性の球に考えて、その特定の拡張子をして、属性のモードと呼ばれる体です。 Such was the fate of Cartesianism.このような運命は、 cartesianismです。

English Idealism had a different course.英語観念論は、別のコースです。 Berkeley had begun by denying the existence of material substance, which he reduced merely to a series of impressions in the sentient mind.バークレー校が開始され材料物質の存在を否定して、これだけ彼は減少してシリーズの印象は、鋭い感覚を心のです。 Mind is the only substance.心は、物質のみです。 Hume finished the argument by dissolving mind itself into its phenomena, a loose collection of "impressions and ideas".ヒューム終了すると、自分自身をその心の引数を溶解現象は、ゆるいコレクション"の表示回数やアイデアを"です。 The Sensist school (Condillac etc.) and the Associationists (Hartley, the Mills, and Bain) continued in similar fashion to regard the mind as constituted by its phenomena or "states", and the growth of modern positive psychology has tended to encourage this attitude.学校のsensist (コンディヤック等)とassociationists (ハートリーは、ミルズ、とBain )を継続的に同様のファッションで構成さについての心の現象として、または"国"と現代の成長をポジティブ心理学がこの傾向を奨励する態度です。 But to rest in Phenomenalism as a theory is impossible, as its ablest advocates themselves have seen.しかし、現象論として理論を休ませるのは不可能では、その有能な擁護者自身が見られる。 Thus JS Mill, while describing the mind as merely "a series [ie of conscious phenomena] aware of itself as a series", is forced to admit that such a conception involves an unresolved paradox. jsミルこのように、心の中に記述するだけ"シリーズ[ ieを意識的現象]知って自分自身をシリーズ"は、そのような概念を認めざるを強制的には、未解決のパラドックスです。 Again, W. James's assertion that "the passing thought is itself the Thinker", which "appropriates" all past thoughts in the "stream of consciousness", simply blinks the question.再び、ジェームズワットの主張を"渡す考えは、それ自体の思想家"が" appropriates "すべての過去の考えは、 "意識の流れ" 、単純に点滅してください。 For surely there is something which in its turn "appropriates" the passing thought itself and the entire stream of past and future thoughts as well, viz.これは本当に、その電源には何か" appropriates "思想そのものと全体のストリームを渡すの過去と未来を考えでも、 viz 。 the self-conscious, self-asserting "I" the substantial ultimate of our mental life.自己を意識し、自己主張の" i "の実質的精神的な人生の究極のです。 To be in this sense "monarch of all it surveys" in introspective observation and reflective self-consciousness, to appropriate without itself being appropriated by anything else, to be the genuine owner of a certain limited section of reality (the stream of consciousness), this is to be a free and sovereign (though finite) personality, a self-conscious, spiritual substance in the language of Catholic metaphysics.この意味では"国王のすべてのことアンケート"で内省的な観測と反射自意識過剰、適切ななし自体が充当されそれ以外には、正規の所有者が、特定の限られたセクションの現実(意識の流れ) 、これは自由で主権を有するされる(ただし有限)性格は、自己を意識する、精神的な物質の言語でのカトリックの形而上学です。

Criticism批判

The foregoing discussion partly anticipates our criticism of Materialism.議論することなく私たちの批判を部分的唯物論を期待しています。 The father of modern Materialism is Hobbes, who accepted the theory of Epicurus, and reduced all spirits either to phantoms of the imagination or to matter in a highly rarefied state.ホッブズの父親の近代的唯物論は、 whoを受け入れたエピクロスの理論、およびすべてのスピリッツのいずれかを軽減の亡霊の想像力や問題で、高度に希薄な状態にします。 This theory need not detain us here.この理論はこちらを拘束する必要はありません。 Later Materialism has three main sources:へ唯物論には3つの主なソース:

Newtonian physics, which taught men to regard matter, not as inert and passive, but as instinct with force.ニュートン物理学、これについての問題を教え男性ではなく、不活性とパッシブとしてではなく、本能的に強制します。 Why should not life and consciousness be among its unexplored potencies?理由はない、未踏の生活と意識の間にpotenciesですか? (Priestley, Tyndall, etc.) Tyndall himself provides the answer admitting that the chasm that separates psychical facts from material phenomena is "intellectually impassable". (プリーストリー、チンダル、等)チンダル自身の溝を深くするには、答えを認めることから材料を区切る心霊現象事実は、 "知的通行不能"です。 Writers, therefore, who make thought a mere "secretion of the brain" or a "phosphorescence" of its substance (Vogt, Moleschott) may be simply ignored.作家、したがって、 whoを考え、単なる"脳の分泌を"または"リン光"の物質(ボークト、モレスコット)年5月に、単に無視されます。 In reply to the more serious Materialism, spiritualist philosophers need only re-assert the admissions of the Materialists themselves, that there is an impassable chasm between the two classes of facts.に返信して、より深刻な唯物論、哲学者の心霊主張する必要があるのみ再入学選考は、 materialistsし、通行止めに亀裂があることを事実の間に2つのクラスです。

Psychophysics, it is alleged, shows the most minute dependence of mind-functions upon brain-states.精神物理学、それは疑惑は、心の依存性を示し、最も分の脳の働きをする関数です。 The two orders of facts are therefore perfectly continuous, and, though they may be superficially different yet they must be after all radically one.したがって2つの命令の事実は完全に連続、と、かれらはまだありません年5月に表面にしなければならない後、別の1つのすべての根本です。 Mental phenomena may be styled an epiphenomenon or byproduct of material force (Huxley).精神的な現象がありますスタイルに付帯現象や副産物の材料力(ハクスリー) 。 The answer is the same as before.その答えは、前と同じようにします。 There is no analogy for an epiphenomenon being separated by an "impassable chasm" from the causal series to which it belongs.付帯現象がないの類推で区切られたが、 "通行不能の亀裂"からの因果シリーズにはそれが属する。 The term is, in fact, a mere verbal subterfuge.という用語は、実際には、口頭で、単なる口実です。 The only sound principle in such arguments is the principle that essential or "impassable" distinctions in the effect can be explained only by similar distinctions in the cause.音のみの引数は、このような原理原則に欠かせないまたは"通行不能"の効果の区別をすることで説明だけで同じような区別は、原因です。 This is the principle on which Dualism as we have explained it, rests.これは、原理上での二重性として私たちが説明し、休符です。 Merely to find relations, however close, between mental and physiological facts does not advance us an inch towards transcending this Dualism.単に関係を見つけ、しかし閉じて、精神的、生理的な事実はありませんの間に事前に問い合わせを超越するこの二元論インチです。 It only enriches and fills out our concept of it.これだけ豊かに私たちの概念と記入してください。 The mutual compenetration of soul and body in their activities is just what Catholic philosophy (anticipating positive science) had taught for centuries.相互compenetrationの魂と体がその活動はまさにカトリックの哲学(予想前向きな科学)は教え何世紀にもわたっています。 Man is two and one, a divisible but a vital unity.男は2つのと1つは、団結の倍数ではなく、極めて重要です。

Evolutionism endeavours to explain the origin of the soul from merely material forces.進化論の起源を説明するよう努力して単に素材軍の魂からです。 Spirit is not the basis and principle; rather it is the ultimate efflorescence of the Cosmos.の精神ではないとの基本原則;ということは、究極の発しんは、コスモスです。 If we ask then "what was the original basis out of which spirit and all things arose?"もしいただきますようお願い入力し、 "どのような根拠は、元のうちの精神とすべてのものが生じたですか? " we are told it was the Unknowable (Spencer).我々はそれは、不可知のは(スペンサー) 。 This system must be treated as Materialistic Monism.このシステム唯物一元論として扱われなければならない。 The answer to it is that, as the outcome of the Unknowable has a spiritual character, the Unknowable itself (assuming its reality) must be spiritual.その答えをそれは、その結果としての不可知には、精神的なキャラクターは、不可知の自分自身(の現実と仮定)精神的なしなければならない。

As regards monistic systems generally, it belongs rather to cosmology to discuss them. monisticシステムに関しては、通常、それを宇宙論を話し合うというに属しています。 We take our stand on the consciousness of individual personality, which consciousness is a distinct deliverance of our very highest faculties, growing more and more explicit with the strengthening of our moral and intellectual being.私たちの意識に立ってから私たちの個々の人格、意識ははっきりデリヴァランスが非常に高いの学部、ますます多くの明示的な成長の強化を私たちの道徳的かつ知的ている。 This consciousness is emphatic, as against the figments of a fallaciously abstract reason, in asserting the self-subsistence (and at the same time the finitude) of our being, ie it declares that we are independent inasmuch as we are truly persons or selves, not mere attributes or adjectives, while at the same time, by exhibiting our manifold limitations, it directs us to a higher Cause on which our being depends.この意識は断固とした、として反対するfigmentsは、人を惑わすように抽象的な理由は、自己主張サブシスタンス(それと同時に、有限)を我々が、つまり我々は独立を宣言して〜だけれども自分達が真に人や、単なる属性や形容詞は、それと同時に、私たちマニホールドの制限を出展、それを指示する上で我々が依存高い原因です。

Such is the Catholic doctrine on the nature, unity, substantiality, spirituality, and origin of the soul.このようにしたのは、カトリック教義の性質上、団結、実在性、スピリチュアリティ、との魂の起源です。 It is the only system consistent with Christian faith, and, we may add, morals, for both Materialism and Monism logically cut away the foundations of these.それは、キリスト教の信仰にのみシステムの整合性、および、追加することがあります、道徳、唯物論と一元論の両方の基礎を切り取るこれらの論理です。 The foregoing historical sketch will have served also to show another advantage it possesses -- namely, that it is by far the most comprehensive, and at the same time discriminating, syntheseis of whatever is best in rival systems.前述の歴史的なスケッチを表示するにはサービスももう1つの利点が保有-すなわち、それは、これまでで最も包括的で差別すると同時に、ライバルs yntheseisのことは何でも最高のシステムです。 It recognizes the physical conditions of the soul's activity with the Materialist, and its spiritual aspect with the Idealist, while with the Monist it insists on the vital unity of human life.それを認識して物理的な条件の唯物論者の魂の活動を、理想主義者とその精神的な側面と、 monistことを主張している間に、人間の生活するための活力の団結です。 It enshrines the principles of ancient speculation, and is ready to receive and assimilate the fruits of modern research.古代の原則に安置されて投機との準備を受信すると近代的研究の成果を吸収する。

Publication information Written by Michael Maher & Joseph Bolland.出版物の情報執筆者のマイケルマーハー&ジョセフBolland氏です。 Transcribed by Tomas Hancil and Joseph P. Thomas.転写されhancilトーマスとジョセフPトーマスです。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.のは、カトリックの百科事典、第20巻14 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認、 1912年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Traducianism 霊魂伝
Origin of the Soul 魂の起源

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです