Talmudタルムード

General Information 総合情報

The Talmud (Hebrew for "teaching" or "study"), a vast compendium of Jewish law and lore, is a unique literary document - a sequel to the Hebrew Bible - and the basis of Jewish religious life. 、タルムード(ヘブライ語で"教育" 、または"研究" )は、広大なユダヤ人の法と伝承の大要は、ユニークな文学文書-の続編を、ヘブライ語聖書-とユダヤ教の宗教的な生活の基礎をします。 It consists of the Mishnah and lengthy, rambling commentary called Gemara (Aramaic for "learning" or "tradition").それは、ミシュナーと長ったらしい、まとまりの解説と呼ばれるgemara (アラム語の"学習"や"伝統" ) 。 There are two Gemaras - the Palestinian Gemara, a product of the 3d and 4th centuries AD, and the Babylonian Gemara, completed about 499, with some later additions.には2つのgemaras -パレスチナg emaraは、プロダクトオブザみる3 Dと4世紀の広告、および、バビロニアg emara、完了した約4 99、いくつかのへ追加します。 Hence, there are two Talmuds: the Talmud Yerushalmi and the Talmud Babli.それゆえ、には2つのtalmuds : yerushalmiとタルムードタルムードbabliです。 The latter, the Babylonian Talmud, remains for traditional Jews the final authority on the law.後者は、バビロニアタルムード、遺跡の伝統的なユダヤ人の最終的な権限を同法です。 The Mishnah is predominantly in Hebrew, the Gemaras largely in Aramaic.主に、ミシュナーは、ヘブライ語、アラム語のgemaras主にします。 In addition to exhaustive and subtle discussions of civil, criminal, domestic, and ritual law, the Talmuds contain materials called haggadah ("narration") - statements on faith and morals, explanations of Bible verses, parables, and historical and legendary narratives.に加えて、微妙な議論を徹底的に民事、刑事、国内、および儀式の法律のもとで、 talmudsと呼ばれる物質が含まれhaggadah ( "ナレーション" ) -ステートメントを信仰と道徳、聖書の説明の詩、 p arables、および歴史と伝説の物語です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Despite difficulties of language and content, the Talmud was for centuries the principal subject of Jewish study.にもかかわらず、言語やコンテンツの難しさは、何世紀にもわたっタルムードは、ユダヤ人の研究の主な対象とします。 It was provided with innumerable commentaries and annotations, the most important of which was by the 11th century scholar Rashi.それは、付属の解説と無数の注釈、最も重要なのは11世紀の学者rashiされた。 It was also the object of violent attacks by persons who had no knowledge of its contents, from medieval fanatics - 24 cartloads of Talmud manuscripts were burned in Paris in 1242 - to Nazi propagandists in the 1930s.また、オブジェクトの暴力的な攻撃からの知識がない人who 、その内容は、中世の狂信者-2 4c artloadsタルムード原稿のやけどを負ったにパリでは1 242- 19 30年代にナチスの宣伝にします。 Modern scholars have come increasingly to recognize its importance as a cultural monument.現代の学者が来るとしてますますその重要性を認識する文化的な記念碑です。 New Testament scholars in particular have used material from the Talmud and the related literature of Midrash for an understanding of Christian origins.特に新約聖書学者が使用される素材からのタルムードおよびそれに関連するミドラーシュ文学の起源をキリスト教への理解をします。

Bernard J Bambergerバーナード無しバンバーガー

Bibliography: 書誌事項:
I Epstein, ed., The Babylonian Talmud (1961); A Feinnsilver, ed., The Talmud Today (1980); M Mielziner, Introduction to the Talmud (1969); CG Montefiore and H Loeww, A Rabbinic Anthology (1938); J Neusner, The Talmud of the Land of Israel: An Introduction (1990); A Steinsaltz, The Essential Talmud (1977) and The Talmud: A Reference Guide (1989); HL Strack, Introduction to the Talmud and Midrash (1969); I Unterman, The Talmud: An Analytical Guide (1985).私エプスタイン、エドです。は、バビロニアタルムード( 1961 ) ;をfeinnsilver 、エドです。は、タルムード今日( 1980 ) 、男性ミールジーナー、紹介してタルムード( 1969 ) ; cgモンテフィオーレとH loewwは、ラビアンソロジー( 1938 ) ;無しニューズナーは、その土地のイスラエルタルムード:はじめに( 1990 ) ;をシュタインザルツに、欠かせないタルムード( 1977 )とタルムード:リファレンスガイド( 1989 ) ; hlシュトラック、紹介してタルムード、ミドラーシュ( 1969 ) ;私ウンターマンは、タルムード:分析ガイド( 1985 ) 。


Talmudタルムード

General Information 総合情報

The Talmud is the body of Jewish civil and religious law, including commentaries on the Torah, or Pentateuch.タルムードは、ユダヤ人の体の市民や宗教法では、律法を含めに解説するか、または五です。 The Talmud consists of a codification of laws, called the Mishnah, and a commentary on the Mishnah, called the Gemara. 、タルムードは、法典化の法律、法令、ミシュナーと呼ばれると解説をミシュナー、 gemaraと呼ばれる。 The material in the Talmud that concerns decisions by scholars on disputed legal questions is known as the Halakah; the legends, anecdotes, and sayings in the Talmud that are used to illustrate the traditional law are known as Haggada.懸念材料は、タルムードことを決定した学者として知られて係争中の法的なご質問halakah ;の伝説、逸話、およびことわざは、タルムードでは伝統的な法を説明するためのhaggadaとして知られています。

Two compilations of the Talmud exist: the Palestinian Talmud, sometimes called the Jerusalem Talmud, and the Babylonian Talmud. 2つのオムニバスは、タルムードが存在する:パレスチナのタルムード、時にはエルサレムタルムードと呼ばれる、とのバビロニアタルムードです。 Both compilations contain the same Mishnah, but each has its own Gemara.オムニバスミシュナーの両方に含まれているが、それぞれ独自のgemaraです。 The contents of the Palestinian Talmud were written by Palestinian scholars between the 3rd century AD and the beginning of the 5th century; those of the Babylonian Talmud, by scholars who wrote between the 3rd century and the beginning of the 6th century.パレスチナのタルムードの内容をパレスチナ人の学者によって書かれた広告との間の3世紀の初めに、 5世紀;それらは、バビロニアタルムード、 who書いた学者との間の3世紀の初めには6世紀にします。 The Babylonian Talmud became authoritative because the rabbinic academies of Babylonia survived those in Palestine by many centuries.バビロニアタルムードのラビなったため、アカデミーの権威者、パレスチナバビロニア生き残った多くの世紀です。

The Talmud itself, the works of talmudic scholarship, and the commentaries concerning it constitute the greatest contributions to rabbinical literature in the history of Judaism.タルムード自体は、奨学金の作品をtalmudic 、および構成の論評に関することの最大の貢献をユダヤ教のラビ文学の歴史の中です。 One of the most important of the works of scholarship is the Mishneh Torah (Repetition of the Torah, c. 1180) by the Spanish rabbi, philosopher, and physician Maimonides; it is an abstract of all the rabbinical legal literature in existence at his time. 1つの作品で最も重要なのmishnehの奨学金は、律法(律法の繰り返し、 c. 1180 )されたスペイン語ラビ、哲学者、および医師maimonides ;ことは抽象的な法律上の文学のすべてのラビ存在している彼の時間です。 The most widely known commentaries are those on the Babylonian Talmud by the French rabbi Rashi and by certain scholars known as tosaphists, who lived in France and Germany between the 12th and 14th centuries and included some of Rashi's grandsons.論評は、最も広く知られている人にしたのは、フランスのバビロニアタルムードラビrashiとされ、特定の学者として知られてtosaphists 、 whoに住んで、フランスとドイツとの間に12 〜 14世紀の孫rashiいくつか含まれるものです。

The Babylonian Talmud and the Palestinian Talmud were first printed in 1520-22 and in 1523 in Venice by the printer Daniel Bomberg.バビロニアタルムードとパレスチナのタルムードが最初に印刷する際には1523と1520年から1522年のベニスで、プリンタのダニエルbombergです。 The entire Babylonian Talmud is available in an English translation (1935-52) edited by the British rabbi and scholar Isidore Epstein.全体のバビロニアタルムードは入手可能で、英語の翻訳( 1935年から1952年)編集された英国の学者ラビとエプスタインISIDOREにします。 Most of the Palestinian Talmud is available in a 19th-century French translation, but the rendering is defective and inaccurate.ほとんどのパレスチナタルムードには、 19世紀のフランス語の翻訳、しかし、不正確なレンダリングに欠陥があるとします。 Twenty tractates of the Palestinian Talmud are found in a Latin translation, in the Thesaurus Antiquitatum Sacrarum (1744-69) of Blasio Ugolino, an 18th-century Italian historian and antiquarian. 20 tractates 、パレスチナタルムードが発見されたラテン語の翻訳は、シソーラスantiquitatum sacrarum ( 1744年から1769年)のblasio ugolinoは、 18世紀のイタリア語の歴史学者、古物収集します。

Saul Liebermanソールリーバーマン


Talmudタルムード

Jewish Viewpoint Informationユダヤ人の視点情報

Name of two works which have been preserved to posterity as the product of the Palestinian and Babylonian schools during the amoraic period, which extended from the third to the fifth century CE One of these compilations is entitled "Talmud Yerushalmi" (Jerusalem Talmud) and the other "Talmud Babli" (Babylonian Talmud).名前の2つの作品を後世に保存されているが、プロダクトとしては、パレスチナとバビロニアamoraic期間中に学校を延長して5世紀から3番目のceのいずれかのオムニバスは正当な権利"タルムードyerushalmi " (エルサレムタルムード)と、他の"タルムードbabli " (バビロニアタルムード)です。 Used alone, the word "Talmud" generally denotes "Talmud Babli," but it frequently serves as a generic designation for an entire body of literature, since the Talmud marks the culmination of the writings of Jewish tradition, of which it is, from a historical point of view, the most important production.使用されるだけでも、単語"タルムード"一般的に示す"タルムードbabli 、 "でも頻繁に総称としては、全身の文学、以来、タルムードマルクの集大成は、文章のユダヤ人の伝統、それが、より、歴史的な観点から見ると、最も重要な生産します。

The Name.の名を入力します。

"Talmud" is an old scholastic term of the Tannaim, and is a noun formed from the verb "limmed" = "to teach." "タルムード"は、古い用語は、修学tannaim 、とは、名詞動詞から形成さ" limmed " = "を教える。 " It therefore means primarily "teaching," although it denotes also "learning"; it is employed in this latter sense with special reference to the Torah, the terms "talmud" and "Torah" being usually combined to indicate the study of the Law both in its wider and in its more restricted sense, as in Pe'ah i.そのための手段主に"教える"ことを示しも"学習" ;ことは、この後者の意味で採用され、特別の参照を、律法は、用語"タルムード"と"律法"が通常の組み合わせを示す法の研究の両方とは、広い意味では、他の制限のように、 pe'ah i. 1, where the term "talmud Torah" is applied to study as a religious duty. 1 、ここでこの法律において"タルムード律法"が適用さを勉強する宗教的義務としてします。 On the other hand, the learning acquired by study is also called "talmud," so that Akiba's pupil Judah ben Ilai could say: "He from whom one derives the greater part of his knowledge ["talmudo"] must be regarded as the teacher" (Tosef., BM ii., end; Yer. BM 8d; BM 33a has "ḥokmah" instead of "talmud").その一方で、買収された研究の学習とも呼ばれる"タルムード、 "アキバのように瞳孔が言えたのilaiユダベン: "彼は1つの派生者の大部分を自分の知識[ " talmudo " ]しなければならないと見なされて、先生" ( tosef. 、バミューダ諸島Ⅱ 。 、エンド; yer 。バミューダ諸島8d ;バミューダ諸島33aは、 " ḥokmah "の代わりに"タルムード" ) 。 To designate the study of religion, the word "talmud" is used in contrast with "ma'aseh," which connotes the practise of religion.宗教の研究を指定する、という言葉"タルムード"が使用されて対照的に" ma'aseh 、 "練習の宗教を内包しています。 Akiba's view that on this account the "talmud" ranked above the "ma'aseh" was adopted as a resolution by a famous conference at Lydda during the Hadrianic persecution (see Sifre, Deut. 41; Ḳid. 40b; Yer. Pes. 30b; Cant. R. ii. 14).アキバの見解をこのアカウントの"タルムード"のランク付けの上にある" ma'aseh "が採択された解決方法として有名なhadrianic中に会見をlydda迫害( sifre 、 deut 。 41 ; ḳidです。 40b ; yer 。ペスです。 30b ;できない。 r. Ⅱ 。 14 ) 。 The two terms are contrasted differently, however, in the tannaitic saying (BB 130b), "The Halakah [the principles guiding decisions in religious law] may not be drawn from a teaching of the master ["talmud"] nor be based upon an act of his ["ma'aseh"], unless the master expressly declare that the teaching or act under consideration is the one which is applicable to the practise."対比異なる2つの用語は、しかし、と言ってtannaitic ( bb 130b ) 、 " halakah [意思決定の宗教法の原則に基本]描画されないことがありますから、マスターの教育[ "タルムード" ]に基づいても、彼の行動[ " ma'aseh " ] 、明示的に宣言されない限り、マスターは、教育や法律が検討されては、 1つの練習に適用される。 "

In the second place, the word "talmud"-generally in the phrase "talmud lomar"-is frequently used in tannaitic terminology in order to denote instruction by means of the text of the Bible and of the exegetic deductions therefrom. 2番目の開催地は、単語"タルムード" -一般にし、フレーズ"タルムードlomar " - tannaitic的な用語が頻繁に使用されて命令さを示すためにはテキストの意味とは、聖書の解釈の控除ものです。 In the third place, the noun "talmud" has the meaning which alone can be genetically connected with the name "Talmud"; in tannaitic phraseology the verb "limmed" denotes the exegetic deduction of a halakic principle from the Biblical text (for examples see RH ii. 9; Sifre, Num. 118); and in harmony with this meaning of the word "talmud" denotes that exposition of a halakic saying which receives an exegetic confirmation from the Biblical text.第3位、名詞の"タルムード"には、これだけでは意味が遺伝的に接続して名を"タルムード" ; tannaitic的な言い方で、動詞" limmed "それは、解釈の原則から控除するhalakic聖書のテキスト(例を参照rh 2 。 9 ; sifre 、 NUM件です。 118 ) ;との調和という言葉の意味をこの"タルムード"とはその博覧会は、これを受信すると言っhalakicからの聖書解釈のテキストを確認します。 Of the terms, therefore, denoting the three branches into which the study of the traditional exegesis of the Bible was from earliest times divided by the Tannaim (see Jew. Encyc. iii. 163, sv Bible Exegesis), "midrash" was the one identical in content with "talmud" in its original sense, except that the Midrash, which includes any kind of Biblical hermeneutics, but more especially the halakic, deals with the Bible text itself, while the Talmud is based on the Halakah.規約の条項は、したがって、の3つの枝を示す研究は、伝統的な解釈は、聖書は、太古の時代からtannaimで割った値(ユダヤ人である。 encyc 。 Ⅲ 。 163 、 sv文書聖書釈義) 、 "ミドラーシュ"は、 1つの同一のコンテンツを"タルムード"を元の意味では、ミドラーシュを除いては、どんな種類の聖書の解釈が含まれ、特に、他のhalakicしかし、聖書のテキストを扱う自体が、タルムードはhalakahに基づいています。 The Midrash is devoted to Biblical exposition, the result being the Halakah (comp. the phrase "mi-kan ameru" [= "beginning here the sages have said"], which occurs frequently in the tannaitic Midrash and which serves to introduce halakic deductions from the exegesis).博覧会のミドラーシュは、聖書をテーマに、その結果が、 halakah ( comp.のフレーズ"ミameru館" [ = "初めここによると、賢は" ] 、これが頻繁に発生するとは、どのサービスを導入するtannaiticミドラーシュhalakic控除からの評釈) 。 In the Talmud, on the other hand, the halakic passage is the subject of an exegesis based on the Biblical text.は、タルムード、その一方では、通路は、アジ研halakic釈義に基づいて、聖書のテキストです。

Relation to Midrash.関連してミドラーシュです。

In consequence of the original identity of "Talmud" and "Midrash," noted above, the former term is sometimes used instead of the latter in tannaitic sentences which enumerate the three branches of traditional science, Midrash, Halakah, and Haggadah (see Ber. 22a [comp. M. Ḳ. 15a and Yer. Ber. 6c, 39]; Ḳid. 30a; Suk. 28a; BB 134a; Ab. RN xiv. [comp. Masseket Soferim, xvi. 8]; Yer. B. Ḳ. 4b, 31 [comp. Sifre, Deut. 33]; Tosef., Soṭah, vii. 20 [comp. Yer. Soṭah 44a]), while sometimes both "Talmud" and "Midrash" are used (M. Ḳ. 21a; Ta'an. 30a); it must be noted, however, that in the editions of the Babli, "Gemara" is usually substituted for "Talmud," even in the passages here cited.結果としては、元の身元を"タルムード"と"ミドラーシュ、 "上記のように、元の代わりに使用される用語は時にはtannaitic文章を列挙し、後者の3つの枝の伝統的な科学、ミドラーシュ、 halakah 、およびhaggadah ( BERを計算します。 22a [のCOMPです。男性ḳ 。 15aとyer 。 BERを計算します。 6c 、 39 ] ; ḳid 。 30Aの;ソクです。 28a ; bb 134a ;アルバータします。 rn 14 。 [のCOMPです。 masseket soferim 、 16 。 8 ] ; yer 。 b. ḳ 。 4b 、 31 [のCOMPです。 sifre 、 deut 。 33 ] ; tosef 。 、 soṭah 、 Ⅶ 。 20 [会COMP 。 yer 。 soṭah 44a ] ) 、中時には両方の"タルムード"と"ミドラーシュ"が使用され(男性ḳです。 21a ; ta'an 。 30Aの) ;留意しなければならない、しかし、それは、エディションのbabli 、 " gemara "は、通常置換"タルムード、 "であって、ここに引用した文章です。 The word "Talmud" in all these places did not denote the study subsequently pursued by the Amoraim, but was used instead of the word "Midrash," although this did not preclude the later introduction of the term "Talmud" into tannaitic sayings, where it either entirely displaced "Midrash" or was used side by side with it.という言葉"タルムード"これらの場所を探す示すしなかったamoraim研究その後追求されたが、代わりに、言葉が使われ"ミドラーシュ、 "これへの導入を妨げるしなかったという用語は"タルムード"をtannaiticことわざ、ここでことのいずれかを完全に避難"ミドラーシュ"またはと並んでそれが使用されています。

After the term "Talmud" had come to denote the exegetic confirmation of the Halakah, it was applied also to the explanation and exposition of halakic passages in general.用語の後に"タルムード"が来たの確認の解釈を示すのhalakahて、それを適用しても博覧会の説明と通路halakic一般的です。 As early as the end of the tannaitic period, when the halakot were finally redactedby the patriarch Judah I. and were designated as "Mishnah," a term originally applied to the entire system of traditional learning, the Talmud was developed as a new division of this same science; and it was destined to absorb all others.早ければ、 tannaitic期間の終わりに、ときには最後にhalakot i. redactedbyとユダの家長として指定された"ミシュナー、 "という言葉を最初に適用され、システム全体の伝統的な学習は、タルムードとして開発された新しい課これと同じ科学、および他のすべてを吸収することは運命です。 In a baraita dating, according to the amora Johanan, from the days of Judah I. (BM 33a; comp. Yer. Shab. 15c, 22 et seq.), the Mishnah and the Talmud are defined as subjects of study side by side with the "Miḳra" (Bible), the study of the Talmud being mentioned first.デートで、バーライター、アモラによると、 johanan 、ユダからの日間のi. (バミューダ諸島33a ;のCOMPです。 yer 。 shabです。 15c 、 22頁以降を参照。 )は、ミシュナーとタルムードは、科目の研究として定義されて並んでの" miḳra " (聖書) 、タルムードの研究を最初に記載します。 To this baraita there is an addition, however, to the effect that more attention should be given to the Mishnah than to the Talmud.このバーライターには加えて、しかし、その効果を与えられるべきであることにもっと注意をミシュナータルムードよりもしています。 Johanan explains this passage by the fact that the members of Judah's academy, in their eagerness to investigate the Talmud, neglected the Mishnah; hence the patriarch laid stress upon the duty of studying the Mishnah primarily.この一節johanan説明しているという事実に、ユダのアカデミーのメンバー、その熱望して調査してタルムード、無視されたのミシュナー;それゆえ、家長laidストレスミシュナーにする義務が主に検討しています。 In these passages the word "Talmud" is used not in its more restricted sense of the establishment of halakot by Biblical exegesis, but in its wider signification, in which it designates study for the purpose of elucidating the Mishnah in general, as pursued after Judah's death in the academies of Palestine and Babylon.これらの通路の単語"タルムード"が使用されていないそのほかの制限halakot設立の意味での聖書解釈され、しかし、その広い意味では目的のための勉強をすることを指定の解明ミシュナー一般的には、ユダとして追求した後のアカデミーの死は、パレスチナとバビロンです。 This baraita is, furthermore, an authentic document on the origin of the Talmud.このバーライターは、また、文書を本物の起源は、タルムードです。

Three classes of members of the academy are mentioned in an anecdote referring to Judah I. (BB 8a): (1) those who devoted themselves chiefly to the Bible ("ba'ale Miḳra"); (2) those whose principal study was the Mishnah ("ba'ale Mishnah"); and (3) those whose main interest lay in the Talmud ("ba'ale Talmud"). 3つのクラスのメンバーは、アカデミーに記載されユダの逸話を参照するi. ( bb 8a ) : ( 1 )これらの献身的な自身who主に聖書( " ba'ale miḳra " ) ; ( 2 )これらの研究は元本のミシュナー( " ba'aleミシュナー" ) ;および( 3 )これらのレイアウトその主な関心は、タルムード( " ba'aleタルムード" ) 。 This is the original reading of the passage, although the editions mention also the "ba'ale Halakah" and the "ba'ale Haggadah" (see below).これは、元の朗読会の通過には、このエディションにも触れ、 " ba'ale halakah "と" ba'ale haggadah " (下記参照) 。 These three branches of knowledge are, therefore, the same as those enumerated in BM 33a.これらの3つの枝の知識は、そのため、バミューダ諸島に列挙さ33aと同じものです。 Tanḥum b. b. tanḥum Ḥanilai, a Palestinian amora of the third century, declared, with reference to this threefold investigation ('Ab. Zarah 19b): "Let the time given to study be divided into three parts: one-third for the Bible, one-third for the Mishnah, and one-third for the Talmud." ḥanilai 、パレスチナアモラの3番目の世紀、宣言し、捜査を参考に、この3倍( 'アルバータです。 zarah 19 b ) : "て、与えられた時間を勉強する3つの部分に分けられる:聖書の3分の1を、 3分の1をのミシュナー、タルムードの3分の1をします。 " In Ḳid.でḳidです。 33a this saying is quoted in the name of the tanna Joshua b.この言葉は、 33aの名前を引用符では、ジョシュアb.タンナ Hananiah, although this is probably a corruption of the name of Jose b. hananiah 、これはおそらく、腐敗したの名前をホセb. Ḥanina (amora). ḥanina (アモラ) 。 Yudan, a Palestinian amora of the fourth century, found in Eccl. yudan 、パレスチナアモラは、 4世紀、発見さeccl 。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 9 an allusion to the pleasure taken in the three branches of study, Miḳra, Mishnah, and Talmud. 9に言及して、喜び服用して3つの枝の研究では、 miḳra 、ミシュナー、タルムードです。

The Three Subjects of Study.の3つの科目を勉強します。

The old trichotomy of traditional literature was changed, however, by the acceptance of the Mishnah of Judah I., and by the new study of the Talmud designed to interpret it.三分、古い伝統的な文学が変更されると、しかし、ミシュナーのユダの受入れは、 i. 、とされる新しい研究は、タルムードに設計されて解釈することです。 The division termed "Halakot" (singular, "Halakah") in the old classification was then called "Mishnah," although in Palestine the Mishnah continued to be designated as "Halakot."その部署の名前が付いた" halakot " (単数、 " halakah " )と呼ばれる旧分類は、入力し、 "ミシュナー、 "継続的には、パレスチナのミシュナーに指定される" halakot 。 " The Midrash became a component part of the Talmud; and a considerable portion of the halakic Bible hermeneuties of the Tannaim, which had been preserved in various special works, was incorporated in the Babylonian Talmud.ミドラーシュになったのは、タルムード部品、およびhalakic聖書にかなりの部分をhermeneutiesをtannaimれていた様々な特別な作品に保存され、バビロニアタルムードが組み込まれています。 The Haggadah (plural, "Haggadot") lost its importance as an individual branch of study in the academies, although it naturally continued to be a subject of investigation, and a portion of it also was included in the Talmud.のhaggadah (複数、 " haggadot " )の重要性を失い、個々の枝の研究は、アカデミーが、これは、自然に継続的に調査の対象とする部分が含まれていることもタルムードです。 Occasionally the Haggadah is even designated as a special branch, being added as a fourth division to the three already mentioned.時折、 haggadahは、特別な枝にも指定され、 4番目が追加されることに前述の3つの部門をします。 Ḥanina ben Pappa, an amora of the early part of the fourth century, in characterizing these four branches says: "The countenance should be serious and earnest in teaching the Scriptures, mild and calm for the Mishnah, bright and lively for the Talmud, and merry and smiling for the Haggadah" (Pesiḳ. 110a; Pes. R. 101b; Tan., Yitro, ed. Buber, p. 17; Massek. Soferim, xvi. 2).ベンḥanina pappa 、アモラの第4世紀の前半には、これらの4つの枝の特性は言う: "深刻と真剣な表情で指導すべきである、聖書は、穏やかな気候と、ミシュナー、タルムードを明るく、生き生きとメリーと笑顔をhaggadah " ( pesiḳ. 110a ;ペスです。 r. 101b ;黄褐色。 、 yitro 、エドです。ブーバー、 p. 17学; massekです。 soferim 、 16です。 2 ) 。 As early as the third century Joshua ben Levi interpreted Deut.早ければ3番目の解釈deut世紀のジョシュアベンレヴィです。 ix. 9 。 10 to mean that the entire Law, including Miḳra, Mishnah, Talmud, and Haggadah, had been revealed to Moses on Sinai (Yer. Pes. 17a, line 59; Meg. 74d, 25), while in Gen. R. lxvi.法は、全体の10を意味するなど、 miḳra 、ミシュナー、タルムード、およびhaggadah 、ムーサーさを露呈していたシナイ半島( yer.ペスです。 17a 、行59 ;メグです。 74d 、 25 ) 、中にGen 。とr. 66 。 3 the blessings invoked in Gen. xxvii. 3 Gen 。と27の祝福に呼び出される。 28 are explained as "Miḳra, Mishnah, Talmud, and Haggadah."二十八アールの説明として" miḳra 、ミシュナー、タルムード、およびhaggadah 。 " The Palestinian haggadist Isaac divided these four branches into two groups: (1) the Miḳra and the Haggadah, dealing with subjects of general interest; and (2) the Mishnah and the Talmud, "which can not hold the attention of those who hear them" (Pesiḳ. 101b; see Bacher, "Ag. Pal. Amor." ii. 211).パレスチナのアイザックhaggadistこれらの4つの枝に2つのグループに分かれ: ( 1 ) miḳraとhaggadah 、一般の興味を引く話題を扱う、および( 2 )ミシュナーとタルムード"は、これらの注意を保持することはできませんwho聞くこと" ( pesiḳ. 101b ; bacher参照し、 " AGに帰属します。 PAL方式です。アモール。 " Ⅱ 。 211 ) 。

According to a note of Tanḥuma ben Abba (of the latter part of the 4th cent.) on Cant.によると、ベンのAbbaの注意事項をtanḥuma (第4回後半セントです。 )上できない。 v. 14 (Cant. R. ad loc.), a student must be familiar with all four branches of knowledge, Miḳra, Mishnah, Halakah (the last-named term used here instead of "Tatmud"), and Haggadah; while Samuel b. v. 14 ( cant. r.広告て下さい。 ) 、学生しなければならない精通してすべての4つの枝の知識、 miḳra 、ミシュナー、 halakah (ここでの最後の名前の代わりに使用される用語" tatmud " ) 、およびhaggadah ;ながらサミュエルb. Judah b.ユダb. Abun, a Palestinian amora of the same century, interpreted Prov. abun 、パレスチナアモラと同じ世紀、解釈地方です。 xxviii. 28 。 11 as an allusion to the halakist ("man of the Talmud") and to the haggadist ("man of the Haggadah"; Yer. Hor. 48c; see also Pesiḳ. 176a; Lev. R. xxi., Talmud and Haggadah). 11日のhalakistとして言及して( "男は、タルムード" )としてhaggadist ( "男は、 haggadah " ; yerします。前です。 48c ; pesiḳも参照ください。 176a ;レフです。 r. xxi 。 、タルムードとhaggadah )です。 Here may be mentioned also the concluding passage of the mishnaic treatise Abot (v., end): "At the age of five to the Bible; at the age of ten to the Mishnah; at the age of fifteen to the Talmud."ここでまた、 5月に言及するの通過を締結mishnaic論文abot (動、完) : "を5歳の時に聖書;して10歳の時にミシュナー;して15歳の時にタルムード。 " This is ascribed by many to the ancient tanna Samuel ha-Ḳaṭon (see Bacher, "Ag. Tan." i. 378), although the sequence of study which it mentions is evidently that which was customary during the amoraic period (comp. also the saying of Abaye in Ket. 50a).これは古代のタンナ生得のが大方のサミュエルハ- ḳaṭon ( bacher参照し、 " AGに帰属します。タンです。 "の経験I.クリチバ378 ) 、シーケンスの研究は、それは明らかに言及することが慣例amoraic期間中( comp.もケットのabayeで、と言っています。 50 ) 。 The following passages from the Babylonian Talmud may likewise serve to illustrate the special usage which finally made the word "Talmud" current as the name of the work.バビロニアタルムードは、次の通路年5月から同様のサービスを説明する特別な利用方法を最後には、単語"タルムード"現在の名前としての仕事をします。 Samuel, one of the earliest Babylonian amoraim, interpreted the words of Zech.サミュエル、最古のいずれかのバビロニアamoraim 、ツェッヒの言葉を解釈している。 viii. Ⅷ 。 10, "neither was there any peace to him that went out or came in," as applying to the restlessness of one who turns from the Talmud and confines himself to the study of the Mishnah (Ḥag. 10a). 10 、 "どちらに平和を彼は何か来たことがアウトになるかには、 "としての出願を1つの不穏whoターンからのタルムードと閉じ込め自分自身のことを勉強し、ミシュナー( ḥag. 10 Aまで) 。 Johanan, the younger Palestinian contemporary of Samuel, extends the allusion to "him also who turns from one Talmud to study another," referring here to Babli and to Yerushalmi. johanan 、現代の若いパレスチナサミュエル、拡張して言及して"彼もwhoターンタルムードを勉強するより1つ別の、 " babliとyerushalmiはここを参照します。 It is very possible that he had noticed that in the case of his numerous Babylonian pupils the transition from the mishnaic exegesis which they had acquired at home to that of the Palestinian schools was not made without disturbing their peace of mind.ことは非常に可能性があることに気づいた彼は彼の数多くのバビロニア人の生徒の例からの移行評釈mishnaicれていた自宅を取得しているパレスチナ人の学校が発生しないことが平和な気持ちで気掛かりです。 Allusions to the "Talmud of Babylon" by two prominent Babylonians who settled in Palestine (Ze'era and Jeremiah) have likewise been pre-served (BM 85c; Sanh. 24a); and they confirm Johanan's conception of the meaning of the term. allusionsして"タルムードバビロン" babylonians who定着した2つの著名なパレスチナ( ze'eraとジェレマイア)が同様に事前に供され(バミューダ諸島85c ; sanh 。 24a ) 、およびそれらの概念を確認johananという用語の意味をします。

The Gemara.のgemaraです。

In Babylonia the Aramaic noun "gemar" (emphatic state, "gemara") was formed from the verb (which does not occur in Palestinian texts), having the meaning of "learn."バビロニアアラム語で発音する" gemar " (断固とした状態に、 " gemara " )が結成からの動詞(これはパレスチナの文章は発生しません) 、の意味を持つ"学ぶ。 " This substantive accordingly designates that which has been learned, and the learning transmitted to scholars by tradition, although it is used also in a more restricted sense to connote the traditional exposition of the Mishnah; and it therefore gained currency as a designation of the Talmud.したがって、この実質的な指定されているものを学んだし、伝統的に学者の学習に転送さが、これが使用されまた、もっと限定した意味を暗示する、伝統的に付随するミシュナー、およびそのための通貨としての指定を得たタルムードです。 In the modern editions of the Babylonian Talmud the term "Gemara" occurs very frequently in this sense; but in nearly every case it was substituted at a later time for the objectionable word "Talmud," which was interdicted by the censor.は、現代のエディションのバビロニアタルムードという用語は" gemara "発生する確率は非常に頻繁にこの意味;しかし、ほぼすべての場合には、置換を開始するには、不快な言葉"タルムード、 "検閲が遮断された。 The only passage in which "Gemara" occurs with the meaning of "Talmud" in the strict sense of that term and from which it was not removed by the censor is 'Er.通過するだけでは" gemara "が発生するとの意味を"タルムード"は、厳密な意味での、その検索用語ではないから削除されて検閲は' er 。 32b, where it is used by Naḥman bar Jacob, a Babylonian amora of the second half of the third century. 32b 、ここで使用されることがnaḥmanバージェイコブは、 2番目の半分をバビロニアアモラの3番目の世紀です。 For further details see Bacher, "Gemara," in "Hebrew Union College Annual," pp.の詳細を参照bacher 、 " gemara 、 " "ヘブライ語連合大学の毎年恒例の、 " pp 。 26-36, Cincinnati, 1904, where the word is shown to have been used for "Talmud" from the geonic period (see also idem, "Die Terminologie der Amoräer," pp. 31 et seq., Leipsic, 1905). 26-36 、シンシナティ、 1904年、ここでの単語が表示され使用される"タルムード"からのgeonic期間(こちらも同じ、 "死ぬterminologie der amoräer 、 " pp 。 31頁以降を参照。 、リプシック、 1905 ) 。 The later editions of the Talmud frequently substitute for the word "Gemara" the abbreviation (Aramaic, = "the six orders of the Mishnah"), which has come to be, with the pronunciation "Shas," a popular designation for the Babylonian Talmud.頻繁に、後のエディションのタルムードという言葉の代わりに" gemara "の略(アラム語、 = "の6つの受注は、ミシュナー" ) 、これが来ても、と発音"シャスは、 "人気の種別は、バビロニアタルムードです。

Here may be mentioned the term "Shem'ata" (), which was used in Babylonia to designate the halakic portion of the Talmud, and which was thus contrasted with "Haggadah" (see Ḥag. 26a; Soṭah 20a; Sanh. 38b; comp. also M. Ḳ. 23a, where "Shemu'ah," the Hebrew form, occurs in a baraita).ここで5月に言及して用語" shem'ata " ( ) 、バビロニアに使用されていた部分を指定してhalakicタルムードとは対照的にこのように" haggadah " ( ḥagを参照します。 26a ; soṭah 20a ; sanhです。 38b ;のCOMPです。 ḳも男性です。 23a 、ここで、 " shemu'ahは、 "ヘブライ語フォーム、バーライターが発生する) 。 In the tenth century this word was used in Mohammedan circles to designate Jewish tradition as well as its chief source, the Talmud; so that Mas'udi refers to Saadia Gaon as an "ashma'ti" (ie, a believer in the tradition), using this term in contrast to "Karaite" (see Pinsker, "Liḳḳuṭe Ḳadmoniyyot," i. 5).は、 10世紀のmohammedan界で使用され、この言葉はユダヤ教の伝統を指定するだけでなく、最高のソースは、タルムード;ようにmas'udiを参照してsaadia gaonとして" ashma'ti " (すなわち、その伝統を信奉者)は、この用語を使用してとは対照的に"カライ派" ( pinsker参照し、 " liḳḳuṭe ḳadmoniyyot 、 "の経験I.クリチバ5 ) 。 A "Kitab al-Ashma'ah" (ie, "Talmud") is also mentioned ("ZDMG" lviii. 659). " kitabアル- ashma'ah " (すなわち、 "タルムード" )にも言及( " zdmg " 58 。 659 ) 。

The theorem that the Talmud was the latest development of traditional science has been demonstrated by this discussion of the meaning and the use of the word itself.の定理は、タルムードは、伝統的な科学の最新の開発実証されてきたこの議論の意味とその単語自体を使用します。 The Talmud accordingly dates from the time following the final redaction of the Mishnah; and it was taught in the academy of Judah I. as the commentary on the tannaitic Halakah.したがって、タルムードの最後の日程の時から次の改訂は、ミシュナー;と教えられることは、アカデミーのユダi. tannaitic halakahとしての解説をします。 The editorial activity which, from the mass of halakic material that had accumulated since Akiba's Mishnah, crystallized the Talmud in accordance with the systematic order introduced by that teacher, implied the interpretation and critical examination of the Halakah, and was, therefore, analogous to Talmudic methodology.の編集活動は、 halakicからの大量の資料を蓄積して以来はアキバのミシュナー、タルムードに基づいて結晶化するための体系を導入した教師は、暗黙の解釈および重要な審査をhalakah 、とは、したがって、類似してtalmudic方法論です。

There were, likewise, many elements of tannaitic tradition, especially the midrashic exegesis of the Bible, as well as numerous halakic interpretations, lexicographical and material, which were ready for incorporation into the Talmud in its more restricted meaning of the interpretation of the Mishnah of Judah I. When this Mishnah became the standard halakic work, both as a source for decisions of questions of religious law, and, even more especially, as a subject of study in the academies, the Talmud interpretation of the mishnaic text, both in theory and in practise, naturally became the most important branch of study, and included the other branches of traditional science, being derived from the Halakah and the Midrash (halakic exegesis), and also including haggadic material, though to a minor degree.があった、同様に、多くのtannaiticの伝統の要素を、特に、聖書の釈義midrashicだけでなく、多くのhalakicの解釈は、物質的な辞書と、準備を混入されたタルムードには、他の制限の意味を解釈するのミシュナーユダi.このミシュナーなったときに、標準のhalakic仕事、両方の情報源としての質問を意思決定のための宗教法、および、さらに特に、研究テーマとしては、アカデミーは、タルムード解釈をmishnaicテキスト、理論の両方で練習とは、自然になったの最も重要な分岐の研究、および含まれるもの、他の支店の伝統的な科学に由来してhalakahとミドラーシュ( halakic評釈) 、およびhaggadic材料も含め、マイナー度かかわらず参照して下さい。 The Talmud, however, was not an independent work; and it was this characteristic which constituted the chief difference between it and the earlier subjects of study of the tannaitic period. 、タルムード、しかし、独立した仕事はない、それは、この特性を構成し、主任の違いは、以前の科目の勉強をtannaitic期間です。 It had no form of its own, since it served as a running commentary on the mishnaic text; and this fact determined the character which the work ultimately assumed.独自の形ではないので解説としては、実行中のテキストを検索するmishnaic 、およびこのような事実は、仕事最終的に決定さの文字と想定されます。

Relation to Mishnah.関連してミシュナーです。

The Talmud is practically a mere amplification of the Mishnah by manifold comments and additions; so that even those portions of the Mishnah which have no Talmud are regarded as component parts of it and are accordingly included in the editions of Babli.タルムードは実際には単なる増幅され、多種多様なコメントや追加ミシュナー;しても、それらの部分をミシュナータルムードではないと見なされるコンポーネントの部分は、それとは、したがってbabliのエディションに含まれています。 The history of the origin of the Talmud is the same as that of the Mishnah-a tradition, transmitted orally for centuries, was finally cast into definite literary form, although from the moment in which the Talmud became the chief subject of study in the academies it had a double existence, and was accordingly, in its final stage, redacted in two different forms.の起源の歴史を、タルムードは、同じものと思われるミシュナー-の伝統は、何世紀にもわたって経口感染する、明確な文学形式は、最後に出演し、この瞬間からで、タルムードなったチーフアジ研の研究は、アカデミー二重の存在ていた、とは、したがって、その最終段階には、編集済みの異なる2つのフォームです。 The Mishnah of Judah I. was adopted simultaneously in Babylon and Palestine as the halakic collection par excellence; and at the same time the development of the Talmud was begun both at Sepphoris, where the Mishnah was redacted, and at Nehardea and Sura, where Judah's pupils Samuel and Rab engaged in their epoch-making work. i.ユダのミシュナーのバビロンとパレスチナが採択さを同時にhalakicコレクションとして飛び抜けて優秀な;すると同時に、タルムードの開発が始まってsepphorisの両方で、ここでは、編集済みのミシュナー、とnehardeaやふくらはぎ、ここでユダのサミュエルとRabの生徒に画期的な仕事に従事しています。 The academies of Babylon and of Palestine alike regarded the study of the Mishnah and its interpretation as their chief task.パレスチナのアカデミーバビロンと同じ考えの研究とその解釈として、ミシュナーのチーフタスクです。 The Amoraim, as the directors and members of these academies were called ( see Amora), became the originators of the Talmud; and its final redaction marked the end of the amoraic times in the same way that the period of the Tannaim was concluded by the compilation of the Mishnah of Judah I. Like the Mishnah, the Talmud was not the work of one author or of several authors, but was the result of the collective labors of many successive generations, whose toil finally resulted in a book unique in its mode of development.のamoraim 、取締役およびメンバーとしては、これらのアカデミーと呼ばれる(参照アモラ) 、 originatorsなったのは、タルムード;とその最後の最後には、改訂スパムamoraic回もの期間と同じ方法で締結されたのはtannaimコンパイルは、ミシュナーのユダのようにi.ミシュナー、タルムードはない著者の仕事を1つまたは複数の作家が、労働者の集団の結果は、多くの世代に連続し、その結果に精を出して本を最後にユニークなモードの開発です。

The Palestinian Talmud.パレスチナのタルムードです。

Before entering into any discussion of the origin and peculiar form of the Talmud, the two recensions of the work itself may be briefly described.任意の議論に入る前の起源と独特のフォームは、タルムード、 2つのrecensions年5月に自身の仕事を簡単に説明します。 The general designation of the Palestinian Talmud as "Talmud Yerushalmi," or simply as "Yerushalmi," is precisely analogous to that of the Palestinian Targum.全般種別として、パレスチナタルムード"タルムードyerushalmi 、 "あるいは単に" yerushalmi 、 "が正確にしているパレスチナターガムに類似しています。 The term originated in the geonic period, when, however, the work received also the more precise designations of "Talmud of Palestine," "Talmud of the Land of Israel," "Talmud of the West," and "Talmud of the Western Lands." geonic期間という用語の発祥は、いつ、しかし、その仕事をもっと正確に指定受信また、 "パレスチナタルムード" 、 "その土地のイスラエルタルムード" 、 "タルムードの西、 "や"タルムードの西側の土地。 " Yerushalmi has not been preserved in its entirety; large portions of it were entirely lost at an early date,while other parts exist only in fragments. yerushalmiは、そっくりそのまま保存されていない;大部分が完全に失われたことを早期に日付、断片的にしか存在しない中の他の部分です。 The editio princeps (ed. Bomberg, Venice, 1523 et seq.), on which all later editions are based, terminates with the following remark: "Thus far we have found what is contained in this Talmud; and we have endeavored in vain to obtain the missing portions."の初版(編bomberg 、ベニス、 1523頁以降を参照。 ) 、ベースの上ですべてのエディションは、終了するには、次の発言: "これまで私たちが発見したに格納されては何ですタルムード;またわれは努力が無駄になるから入手して行方不明の部分です。 " Of the four manuscripts used for this first edition (comp. the note at the conclusion of Shab. xx. 17d and the passage just cited), only one is now in existence; it is preserved in the library of the University of Leyden (see below).の4つの原稿に使用されるこの第一版( comp.の注記は、結論のshab 。イグゼクスです。 17dとの通過だけ引用) 、今では1つだけ存在している;ことはライブラリに保存されてライデン大学(参照を参照) 。 Of the six orders of the Mishnah, the fifth, Ḳodashim, is missing entirely from the Palestinian Talmud, while of the sixth, Ṭohorot, it contains only the first three chapters of the treatise Niddah (iv. 48d-51b).ミシュナーの6つの命令で、第5回、 ḳodashim 、完全に行方不明者は、パレスチナのタルムード、第6 、 ṭohorot 、それのみが含まれ、最初の3つの章では、論文niddah ( iv. 48d - 51b ) 。 The treatises of the orders of the Mishnah are arranged in the following sequence in this Talmud; the pagination also is given here, in parentheses, to indicate the length of the several treatises:この論文は、受注は、ミシュナーは、次のシーケンスに配置され、このタルムード;の改ページが与えられたにもここでは、括弧内は、長さを示すため、いくつかの論文:

I. Zera'im: i. zera 'イム:

Berakot (2a-14d); Pe'ah (15a-21b); Demai (21c-26c); Ki'layim (26d-32d); Shebi'it (33a-39d); Terumot (40a-48b); Ma'aserot (48c-52a); Ma'aser Sheni (52b-58d); Ḥallah (57a-60b); 'Orlah (60c-63b); Bikkurim (63c-65d). berakot ( 2A面- 14d ) ; pe'ah ( 15a - 21b ) ; demai ( 21世紀- 26c ) ; ki'layim ( 26d - 32d ) ; shebi'it ( 33a - 39d ) ; terumot ( 40 Aの- 48b ) ;マサチューセッツ' aserot ( 48c - 52a ) ; ma'aser sheni ( 52b - 58d ) ; ḥallah ( 57a - 60b ) ; ' orlah ( 60c - 63b ) ; bikkurim ( 63c - 65d )です。

II. Ⅱ 。 Mo'ed: mo'ed :

Shabbat (2a-18a); 'Erubin (18a-26d); Pesaḥim (27a-37d); Yoma (38a-45c); Sheḳalim (45c-51b); Sukkah (51c-55d); Rosh ha-Shanah (56a-59d); Beẓah (59d-63b), Ta'anit (63c-69c); Megillah (69d-75d); Ḥagigah (75d-79d); Mo'ed Ḳaṭan (80a-83d).シャバット( 2A面- 18a ) ; ' erubin ( 18a - 26d ) ; pesaḥim ( 27a - 37d ) ; yoma ( 38a - 45c ) ; sheḳalim ( 45c - 51b ) ; sukkah ( 51c - 55d ) ;ロッシュハ- shanah ( 56a - 59d ) ; beẓah ( 59d - 63b ) 、 ta'anit ( 63c - 69c ) ;誇張した説明( 69d - 75d ) ; ḥagigah ( 75d - 79d ) ; mo'ed ḳaṭan ( 80a - 83d )です。

III. Ⅲ 。 Nashim: nashim :

Yebamot (2a-15a); Soṭah (15a-24c); Ketubot (24c-36b); Nedarim (36c-42d); Giṭṭin (43a-50d); Nazir (51a-58a); Ḳiddushin (58a-66d). yebamot ( 2A面- 15a ) ; soṭah ( 15a - 24c ) ; ketubot ( 24c - 36b ) ; nedarim ( 36c - 42d ) ; giṭṭin ( 43a - 50d ) ;ナズィール( 51a - 58a ) ; ḳiddushin ( 58a - 66d )です。

IV. Ⅳ 。 Neziḳin: neziḳin :

Baba Ḳamma (2a-7c); Baba Meẓi'a (7c-12c); Baba Batra (12d-17d); Sanhedrin (17d-30c); Makkot (30d-32b); Shebu'ot (32c-38d); 'Abodah Zarah (39a-45b); Horayot (45c-48c).馬場ḳamma ( 2A面-五胡十) ;ババmeẓi'a (五胡十-武士の装い) ;ババbatra ( 12d - 17d ) ;サンヘドリン( 17d -季節) ; makkot ( 30d - 32b ) ; shebu'ot ( 32c - 38d ) ; ' abodah zarah ( 39a - 45b ) ; horayot ( 45c - 48c ) 。

VI. Ⅵ 。 Ṭohorot: ṭohorot :

Niddah (48d-51b). niddah ( 48d - 51b ) 。

In order ii.するために2世です。 the last four chapters of Shabbat are missing from the Palestinian Talmud, while the treatise Sheḳalim has been incorporated into the editions of the Babylonian Talmud from Yerushalmi, and is found also in a Munich manuscript of Babli.シャバットの最後の4つの章の行方不明者は、パレスチナのタルムード、 sheḳalimてきたが、論文のエディションに組み込まれてから、バビロニアタルムードyerushalmiし、また、ミュンヘンの原稿が見つかったのbabliです。 In order iv.するためにⅣ 。 the treatises Abot and 'Eduyot are missing in both Talmudim, and the concluding chapter of Makkot is wanting in Yerushalmi. abotの論文と' eduyotは行方不明の両方でtalmudim 、との章を締結makkotはyerushalmiに欠けている。 In order vi.ためにⅥ 。 the treatise Niddah ends abruptly after the first lines of ch. niddahの論文が終了した後の最初の行の突然あなたのです。 iv. Ⅳ 。

Maimonides expressly states in the introduction to his commentary on the Mishnah that in his time Yerushalmi was extant for the entire first five orders (comp. Abraham ibn Daud, ed. Neubauer, "MJC" i. 57); therefore he must have seen the Yerushalmi of the order Ḳodashim, although he himself does not quote it in his commentary on this order (see Frankel, "Mebo," p. 45b). maimonidesの導入を明示的状態の彼の解説をミシュナーyerushalmiが現存して自分の時間を全体の最初の5つの命令( comp.アブラハムイブンダウド、エドです。 neubauer 、 " mjc "の経験I.クリチバ57 ) ;したがって彼は見ている必要がありますyerushalmiの注文ḳodashim 、彼自身は彼の論評を引用してこの注文(フランケル、 " mebo 、 " p. 45b ) 。 Except for the treatise Niddah, on the other hand, there was, according to Maimonides (lc), no Yerushalmi for the sixth order. niddah論文を除いて、その一方で、があったによると、 maimonides (液晶) 、 6番目のyerushalmiを注文します。 A South-Arabian work of the fifteenth century, however, quotes the Gemara "on 'Uḳẓin in the Gemara of the people of Jerusalem," which is said to contain a passage on the zodiac (see Steinschneider, "Catalog der Hebräischen Handschriften der Königlichen Bibliothek zu Berlin," p. 65, Berlin, 1878).南-アラビア仕事は、 15世紀、しかし、引用符のgemara "を' gemaraのuḳẓinは、エルサレムの人々は、 "これは上によるとを通過するには、ゾディアック( steinschneider 、 "カタログder hebräischen handschriften der königlichen文庫zuベルリン、 " p. 65 、ベルリン、 1878 ) 。 The author of this quotation, therefore, knew Yerushalmi for the last treatise of the sixth order, although it is possible that the passage quoted may have been in the lost portion of the treatise Niddah, and that the name "'Uḳẓin" may have been used instead of "Ṭohorot."の著者は、次の引用は、したがって、 yerushalmiを知っていたの最後の6番目の論文のために、通過することも可能です引用符では、 5月にも失われた部分は、論文niddahており、その名前" ' uḳẓin "かもしれないの代わりに使われる" ṭohorot 。 " For further details on the missing sections of Yerushalmi see Frankel, lc pp.さらなる詳細については、行方不明のセクションを参照yerushalmiフランケル、液晶pp 。 45a et seq.; Weiss, "Dor," iii. 45a頁以降を参照。 ;ワイス、 "ドール、 " Ⅲ 。 232; Buber, in Berliner's "Magazin," v. 100-105; and Strack, "Einleitung in den Talmud," pp. 232 ;ブーバーは、ベルリンの"マガジン、 " v.一〇 〇 〜一〇五;とシュトラック、 " einleitungにデンタルムード、 " pp 。 63-65. 63〜65です。 The mishnaic text on which the Palestinian Talmud is based has been preserved in its entirety in a manuscript belonging to the library of the University of Cambridge, and has been edited by WH Lowe ("The Mishnah on Which the Palestinian Talmud Rests," Cambridge, 1883). mishnaic上でのテキストベースのは、パレスチナタルムードは、そっくりそのまま保存されているが、ライブラリの原稿に所属するケンブリッジ大学、および編集されてきたwhロウ( "上で、パレスチナのミシュナータルムード休符、 "ケンブリッジ、 1883 ) 。

The Palestinian Talmud is so arranged in the editions that each chapter is preceded by its entire mishnaic text with the paragraphs numbered, this being followed by the Talmud on the several paragraphs.タルムードは非常に配置され、パレスチナのエディションは、各章では全体の前にそのテキストをmishnaic段落番号、これがタルムード上に続いて、いくつかの段落です。 In the first seven chapters of Berakot the paragraphs are designated as "First Mishnah" (), "Second Mishnah," etc.; while in the remainingchapters and all the other treatises the paragraphs are termed "halakot" (). 7つの支部をberakotの最初の段落として指定され、 "最初のミシュナー" ( ) 、 " 2番目ミシュナー、 "等;中に、他のすべてのremainingchaptersと呼ばれる論文のパラグラフは" halakot " ( ) 。 In the early chapters the mishnaic text of each paragraph is repeated entire in the Talmud at the beginning of the paragraph; but later only the first words are prefaced to the Talmudic text.また、夕刻にmishnaicテキストの各章の全体が繰り返されるの段落は、タルムードの冒頭には、段落;しかし、その後は、最初の言葉は接頭辞をtalmudic本文です。 Even in cases where there is no Talmud the designation of the paragraph and the beginning of the mishnaic text are given.さらに場合には、タルムードの指定がないと、段落の初めにmishnaicテキストが与えられたのです。 The editio princeps seems to have borrowed this arrangement from the manuscripts, although the system is much more simple in the fragment of Yerushalmi edited by Paul von Kokowzoff in the "Mémoires de la Société Archéologique de St. Petersbourg" (xi. 195-205), which contains some paragraphs of the sixth and eighth chapters of Baba Ḳamma.初版は借り物のように、この取り決めからの原稿が、システムがはるかに簡単に編集され、断片yerushalmiパウルフォンkokowzoffは、 " mémoiresデラ社会archéologiqueデサンpetersbourg " ( xi. 195から205 ) 、を含むいくつかの段落の6番目と8番目の支部をババḳammaです。 This fragment begins with the concluding lines of the Talmudic text of ch.このフラグメントの締結で始まる行のテキストをあなたのtalmudicです。 v.; but between them and the beginning of ch. v. ;しかし、それらの間の初めに、あなたのです。 vi. Ⅵ 。 the Mishnah is lacking, so that the superscription, "Chapter vi.," is followed immediately by the Talmudic text.ミシュナーが不足するように、表題、 "第6章。 、 " talmudicされたテキストは、その後すぐにします。 There is no reference to the beginning of the paragraph, either in the first or in the succeeding paragraphs; nor is there any explanation of the fact that paragraphs 4 and 7 of ch.がないの参照を段落の初めに、いずれか、または、後任の最初の段落;も説明があるという事実をあなたの段落4と7です。 viii. Ⅷ 。 have no Talmud.タルムードがない。 It is clear, therefore, that the manuscript to which this fragment belonged contained only the Talmudic text, thus presupposing the use of a special copy of the Mishnah.ことは明らか、したがって、この断片は、原稿をtalmudicのみに含まれるテキストに属し、このように、特別なpresupposingのコピーを使用するのミシュナーです。 It is likewise noteworthy that in the first two chapters of Berakot the sections of the Talmudic text on some of the paragraphs are designated in the editions by the word "pisḳa" (section), a term found occasionally also in other portions of the text of Yerushalmi.同様のことは特筆に値する。 berakotの最初の2つの章のテキストをtalmudicのセクションにはいくつかの段落が指定されて、単語のエディション" pisḳa " (の項を参照) 、という言葉が見つかりました時折も、他の部分のテキストをyerushalmiです。

The Style of the Yerushalmi. yerushalmiのスタイルをしています。

The style of Yerushalmi may be indicated by a brief analysis of a few sections, such as Ber.のスタイルをyerushalmi年5月で示されるいくつかのセクションを簡単に分析するなど、 BERを計算します。 i.わたし。 1; RH i. 1 ; rh i. 1, 2; Giṭ. 1 、 2 ; giṭです。 ii. Ⅱ 。 1; and BB i. 1 ;とbb i. 6. 6 。 Ber. BERを計算します。 i.わたし。 1: The text of this paragraph, which begins the Mishnah, is as follows: "During what time in the evening is the reading of the 'Shema'' begun? From the time when the priests go in to eat their leaven [see Lev. xxii. 7] until the end of the first watch of the night, such being the words of R. Eliezer. The sages, however, say until midnight, though R. Gamaliel says until the coming of the dawn." 1 :この項のテキストを、ミシュナーを開始し、は以下のとおりです: "中には何時には、夜には、読書は、 ' shema ''始めたですか?からの時間を食べるときに司祭に徐々に変化して行く[参照レフです。 xxii 。 7 ]の最初のビデオを終わりにするまで、一晩中、このように人の言葉をr.エリエゼル。賢、しかし、深夜12時まで言ってやるが、 r. gamalielかかわらず、今後は、夜明けまでは言う。 "

Examples.例を紹介します。

The Talmud on this paragraph (2a, line 34-3a, line 3) contains three sections, which correspond to the three opinions and the contents of which are as follows: (1)この項で、タルムード( 2A面、ライン34 - 3A面、地下鉄3号線)の3つのセクションが含まれ、これに対応しての3つの意見や、これは以下のとおりの内容を: ( 1 )

A citation, from a baraita, of another tannaitic regulation defining the Mishnah that governs the reading of the "Shema'" in the evening; two sayings of Jose (a Palestinian amora of the 4th cent.), serving to elucidate the baraita (2a, 34-45).召喚状を、バーライターから、別のtannaiticミシュナーを支配する規制の読書定義して、 " shema ' "は、夕方、 2つのことわざのホセ(パレスチナアモラの第4回セントです。 ) 、 [検索]を明らかにするバーライター( 2A面、 34から45 ) 。 Remarks on the position of one who is in doubt whether he has read the "Shema'," with analogous cases, according to Jeremiah, whose views were transmitted by Ze'era II. whoの位置を1つの発言を疑うのかどうかは、彼が読んで" shema ' 、 "類似の場合、ジェレマイアによると、その再生回数が伝送さze'era Ⅱ 。 (4th cent.), the first case being decided according to the baraita already mentioned (2a, 45-2b, 4). ( 4セントです。 ) 、最初のケースが前述の決定によると、バーライター( 2A面、 45 - 2B面、 4 ) 。 Another passage from the baraita, designating the appearance of the stars as an indication of the time in question; explanation of this baraita by Abba bar Pappai (transmitter, Phinehas; both of the 4th cent.); other passages on the appearance of the stars as bearing on the ritual, together with a dialectic explanation by Jose b.別の通路からのバーライター、外観を指定して、星印としての指標の一つで質問の時間;説明は、次のバーライターのAbbaバーをpappai (トランスミッタ、フィニアス;の両方の第4回セントです。 ) ;他の通路上の外観は、星印軸受上の儀式として、弁証法の説明と一緒に、ホセb. Abin (second half of the 4th cent.) and a saying by Judah b. abin ( 2番目の半分を4セントです。 )との報道によるとユダb. Pazzi (2b, 5-31). pazzi ( 2B面、 5月31日) 。 A baraita on the division between day and night, and other passages bearing on the same subject (ib. lines 31-41).バーライターを、昼と夜の間の分裂、およびその他の通路軸受を同じ件名( ib.行31〜41 ) 。 The meaning of "ben ha-shemashot" (twilight), and an answer by Tanḥuma b.の意味を"ベンハ- shemashot " (トワイライト) 、との回答をtanḥuma b. Abba (latter part of the 4th cent.), together with another solution given by a baraita (ib. lines 41-46).のAbba (後半4セント)と一緒にもう一つの解決策を与えられたバーライター( ib.行41-46 ) 。 Discussion of this baraita by Aḥa and Jose (4th cent.); reference by Mani to a question dealing with this subject which he addressed to Hezekiah of Cæsarea (4th cent.) from Mishnah Zab.ディスカッションは、次のバーライターをaḥaとホセ( 4セントです。 ) ;リファレンスを参照して下さいマニの質問に彼はこのテーマを扱うのhezekiah宛てにcæsarea ( 4セントです。 )よりミシュナーザブ川です。 i.わたし。 6, and the answer of the latter (2b, 46-2c, 9). 6 、との答えは、後者( 2B面、 46 - 2c 、 9 ) 。 Amoraic sayings and a baraita on the beginning of the day (ib. lines 9-20). amoraicことわざやバーライターをその日の初めに( ib.行9月20日) 。 A sentence of tannaitic origin in no way related to the preceding matters: "One who prays standing must hold his feet straight," and the controversy on this subject between Levi and Simon (3d cent.), the one adding, "like the angels," and the other, "like the priests"; comments on these two comparisons (2c, 20-31). tannaitic文の起源に関連するものではありません、上記の事柄: " 1つのwhoは彼の足を保持する必要があります。まっすぐ立って祈りをささげる"とし、このアジ研の間に論争をレヴィとサイモン( 3次元セントです。 )は、 1つの追加、 "天使のように"と、他の、 "司祭のように" ;コメントをこれらの2つの比較( 2c 、 20-31 ) 。 Further discussion regarding the beginning of the day, introduced by a saying of Ḥanina's (3d cent.); haggadic statements concerning the dawn; a conversation between Ḥiyya the Elder and Simeon b.より詳細な議論については、 1日の始まりは、導入されたと言っのḥaninaの( 3次元セントです。 ) ; haggadic記載されているの夜明け;高齢者との間の会話にシメオンb. ḥiyya Ḥalafta (latter part of the tannaitic period); cosmological comments: dimensions of the firmament, and the cosmic distances expressed in units of 50 and 500 years, together with similar haggadic material, chiefly tannaitic in origin; Haggadic sayings on Gen. i. ḥalafta ( tannaitic期後半に) ;宇宙コメント:外形寸法は、大空、宇宙の距離の単位で表現さ50 〜 500年間、一緒に似てhaggadic素材、主にtannaiticの起源; haggadicことわざをGen 。とi. 6, introduced by a saying of Abin's (4th cent.), and including sayings by Rab, Judah b. 6日に導入されたと言っのabinの( 4セントです。 ) 、とされRabのことわざを含め、ユダb. Pazzi, and Ḥanina; Haggadic material on Isa. pazzi 、およびḥanina ; haggadic素材をISAのです。 xl. xl 。 22, introduced by a controversy between Johanan and Simeon b. 22日、論争の間に導入されるとシメオンb. johanan Laḳish (3d cent.), and on Gen. ii. laḳish ( 3次元セントです。 ) 、およびGen 。と2世です。 4 (2c, 31-2d, 11). 4 ( 2c 、 31 -二次元、 11 ) 。 On the second part of the first mishnaic sentence; the views of Judah I. and Nathan on the number of the night-watches, and an exegetic discussion of them, with an allusion to Ps. 2番目の部分の最初の文mishnaic ;の再生回数の数をジューダi.とネイサンは、夜の時計、との解釈の議論をして、 psのに言及しています。 cxix. cxix 。 62 ("at midnight"), as well as haggadic material concerning David and his harp, with especial reference to Ps. 62 ( "午前零時" )だけでなく、材料に関するhaggadicデビッドと彼のハープは、特別の参照をpsのです。 lvii. 57 。 9 (2d, 11-44). 9 (二次元、 11から44まで) 。

(2) ( 2 )

Assi in the name of Johanan: "The ruling of the sages ["until midnight"] is the valid one, and forms the basis for the counsel given by Jose [4th cent.] to the members of the academy" (ib. lines 45-48). assiの名の下johanan : "与党の賢[ "真夜中まで" ]は、有効な1つ、および基盤を形成して助言を与えられたホセ[ 4セントです。 ]をアカデミーのメンバーは" ( ib.行45-48 ) 。 Baraita on the reading of the "Shema'" in the synagogue; a question bearing on this matter, and Huna's answer in the name of the Babylonian amora Joseph (ib. lines 48-52), an illustration being given in an anecdote regarding Samuel b.バーライターを検索する読書は、 " shema ' "は、シナゴーグ;ある質問軸受この件に関して、およびフーナの回答をするのバビロニア人の名前をアモラジョセフ( ib.行48-52 ) 、イラストが与えられた逸話については、サミュエルb. Naḥman, together with a haggadic saying by him (ib. lines 52-58). naḥman 、彼と一緒に、報道によるとhaggadic ( ib.行52-58 ) 。 A contradictory view by Joshua b.表示され、矛盾したジョシュアb. Levi, together with pertinent haggadic sayings to the effect that the "Shemoneh 'Esreh" must follow immediately the after-benediction of the "Shema'" (ib. lines 59-73).レヴィ、と一緒に適切なことわざをhaggadicの効果は、 " shemoneh ' esreh "の後すぐに従う必要があります。祝祷は、 " shema ' " ( ib.行59から73まで) 。

(3) ( 3 )

R. Gamaliel's view compared with an analogous opinion of Simeon b. r. gamaliel 'の対象に比べて、類似の意見をシメオンb. Yoḥai, together with a question which remains unanswered (2d, 74-3a, 3). yoḥai 、遺跡と一緒に、質問に回答されていない( 2次元、 74 - 3A面、 3 ) 。 RH i. rh i. 1, 2: These two paragraphs, which are combined into one in Babli, deal with the commencement of the four seasons (new years): Nisan 1, Elul 1, Tishri 1, and Shebaṭ 1 (or 15). 1 、 2 :これらの2つの段落にはbabli組み合わせて1つに、開始に対処するのは、四季の変化(新しい年) :ニッサン1 、 12月1日1月1日とshebaṭ 1 (または15 ) 。 The Talmud on par.タルムード上のパーです。 1 is found in 56a, 44-56d, 52, and that on par. 1が発見さ56a 、 44 - 56d 、 52 、およびその上パーです。 2 in 56d, 52-57a, 30. 2 56d 、 52 - 57a 、 30 。 Talmud on par.タルムードをパーです。 1: 1 :

(a) (ア)

The "new year of the kings." "新しいイヤーオブザキングス。 " Exegetic deductions and elucidations, beginningwith the interpretation of Ex.解釈の控除とelucidations 、 beginningwithの解釈の例です。 xii. 12 。 1; Johanan's explanation of II Chron. 1 ; johananの説明の2世chron 。 iii. Ⅲ 。 2; a controversy between Hananiah and Mani regarding the same verse; an explanation by Aḥa of Ex. 2 ;を醸すhananiahとマニの間に、同じ詩について; aḥaの例で説明されています。 xii. 12 。 1; a baraita by Samuel on the same verse; and similar material (56a, 44-56b, 10). 1 ;バーライターをするサミュエルを同じ詩;と同じような材料( 56a 、 44 - 56b 、 10 ) 。 Ḥanina's saying that even the years of Gentile kings were dated from Nisan, and the confirmation thereof by Biblical passages from Haggai and Zechariah, together with the contradictory view of the Babylonian amora 'Efa or Ḥefa; remarks and objections by Jonah and Isaac (56b, 10-29).と言っているのḥaninaさえ、年間の日付よりジェンティーレキングスはニッサン、と確認したことによるハガイ、ゼカリヤ聖書の通路から、対象と一緒に、バビロニアの矛盾アモラ' efaまたはḥefa ;発言と反対されユーヌスとアイザック( 56b 、 10-29 ) 。 Jonah on the practical importance of the new year for dating business documents (ib. lines 29-33).ヨナ上の重要性を、新しい年の実用的なビジネス文書のデート( ib.行29-33 ) 。 On the new year in the chronology of the kings of Israel and Judah, together with an interpretation of I Kings ii.年表は、新しい年は、イスラエルとユダの王、王と一緒に私の解釈の2世です。 11, and several haggadic passages referring to David (ib. lines 33-52). 11日、通路を参照するといくつかのhaggadicデビッド( ib.行三十三から五十二まで) 。

(b)結果( b )

The "new year of the feasts." "新年のお祭りです。 " Statement that according to Simeon b.声明によると、シメオンb. Yoḥai Nisan 1 marks the beginning of the year for the sequence of the feasts; a tannaitic midrash of considerable length on Lev.ニッサン1マルクyoḥaiオブザイヤーの最初のシーケンスのためのお祭り; tannaiticミドラーシュ、かなりの長さをレフです。 xxiii. 23 。 38, and a reply by Ela (4th cent.) to a question bearing on this matter; additional, remarks and objections by amoraim of the fourth century, together with the citation of a saying by the scholars "of that place" (ie, Babylonia; 56b, 52-56c, 15); various discussions on kindred subjects, especially those whose content involved halakic exegesis (56c, 15-56d, 14). 38 、および返信をエラ( 4セントです。 )してこの件に関しての質問軸受;追加、 amoraimの発言と反対され、第4世紀と一緒に引用された、と言っ学者"そのような場所に" (すなわち、バビロニア; 56b 、 52 - 56c 、 15 ) ;様々な議論を親族科目、特に関係のコンテンツhalakic評釈( 56c 、 15 - 56d 、 14 ) 。

(c) ( c )

The "new year for tithes of cattle," declared by Meïr to be Elul 1. "新年度は十分の一の牛、 "宣言さmeïrされる12月1 。 Proof by the Babylonian amora Huna, who deduced an opposing view from Ps.証明されたバビロニアアモラフーナ、 who推定に反対の見解をよりpsのです。 lxv. 65 。 14; the relation between Ben 'Azzai, who is mentioned in a baraita belonging to this passage, and Akiba (ib. lines 14-33); interpretation of Mishnah Bek. 14 ;の関係ベン' azzai 、 whoバーライターに記載され、この通路に所属する、とアキバ( ib.行十四から三十三) ; bekミシュナーの解釈です。 vii. Ⅶ 。 7 as being analogous in content; a citation by Mani of a halakic exegesis by his father, Jonah (ib. lines 33-52). 7されて類似のコンテンツ;マニを引用され、彼の父親をhalakic釈義、ユーヌス( ib.行33〜52 ) 。

Talmud on par.タルムードをパーです。 2: (a) Tishri 1, the "new year for the counting of the years." 2 : ( 1 ) 1月1日、 "新しい年を数え、年間です。 " Deductions from Biblical passages; discussion on the subject between Jonah and the members of the college; Jonah's quotation of Ḥanina's saying on the names of the months, and a saying of Simeon b.聖書の通路から控除;議論をユーヌスとの間の件名のメンバーは大学;ヨナの引用のḥaninaの上の名前を言ってヵ月間、と言っのシメオンb. Laḳish on the names of the angels (56d, 52-77). laḳish上の名前を、天使たちに( 56d 、五十二〜七十七) 。 (b) The "new year for the Sabbatical years and the years of jubilee." ( b )は"新しい年をジュビリー年間の有給休暇年間とします。 " Biblical inference (56d, 77-57a, 2).聖書の推論( 56d 、 77 - 57a 、 2 ) 。 (c) The "new year for the planting of trees." (ウ) "新しい年を植栽の木々です。 " Explanation and exegetical deduction (ib. lines 3-14).説明と解釈の控除( ib.線3-14 ) 。 (d) The "new year for vegetables." (エ)の"新年の野菜です。 " Elucidation and discussion (ib. lines 14-23).解明とディスカッション( ib.行14-23 ) 。 (e) The "new year for trees," this section being supplemented by an example from a tannaitic account of Akiba's practise, with explanations (ib. lines 23-30). (オ)の"新年の木、 "このセクションが補足さtannaiticアカウントの例からアキバの練習で、説明( ib.行23-30 ) 。

Further Examples.より詳細な例を紹介します。

Giṭ. giṭです。 ii. Ⅱ 。 1: Inadequate attestation of the preparation of a bill of divorce. 1 :不十分な認証は、離婚の準備中の法案です。 The Talmud on the passage (44a, 34-71); a special case in the Mishnah shown to contain the opinion of Judah b.タルムードを通過する( 44a 、三四〜七一) ; 、特殊なケースは、ミシュナーの意見を示すようにユダには、 b. Ilai (ib. lines 34-40); two casuistic questions by Jose and the Babylonian amora Ḥisda, and the answers furnished by the Mishnah (ib. lines 40-50); a more detailed discussion of another question of similar content, with reference to a controversy between Johanan and Simeon b. ilai ( ib.行34-40 ) ;ホセと2つの詭弁的な質問をバビロニアアモラḥisda 、との回答された家具ミシュナー( ib.行40-50 ) ;は別の問題の詳細については他の同様のコンテンツを、リファレンスjohananとの間に論争してシメオンb. Laḳish, together with notes thereon by Ammi and Ze'era, and a discussion concluding with a comment by Mani (ib. lines 50-71). laḳish 、パブリックと一緒にノートammiとze'eraされ、議論を締結するとのコメントをマニ( ib.行50〜71 ) 。 BB i. bb i. 6: (a) A short exegetic proof by Ela, based on Prov. 6 : ( 1 )証拠をエラ短い解釈に基づいて、地方です。 xviii. 18 。 11 (12d, 71 et seq.). 11日( 12d 、 71頁以降を参照。 ) 。 (b) A baraita dealing with analogous matter, together with a remark by Jose b.結果( b )に類似の問題を扱うバーライター、ホセと一緒に、発言さb. Abin (ib. lines 72-75). abin ( ib.行72-75 ) 。 Although this analysis of the contents of four parts of Yerushalmi gives no adequate idea of the structure of the entire work, it will serve to show the difference between its several parts in regard both to their length and to their amplifications of the simple explanations of the Mishnah.この分析yerushalmiの内容の4つの部分を適切なアイデアを与える全体の仕事の構造を、奉仕を表示することは、いくつかの部分での違いはその長さとの両方に関連して、簡単な説明をamplificationsミシュナーです。 A comparison of the portions of the Palestinian Talmud here summarized with the corresponding sections of Babli, as given below, is especially instructive.を比較して、パレスチナタルムード、ここの部分を要約すると、それに対応するセクションのbabli 、与えられた下としては、特に有益です。

Passages Repeated.通路繰り返されています。

Yerushalmi, when regarded as a work of literature, is noteworthy for a textual peculiarity which is characteristic of it, though found also in Babli, namely, the large number of literal repetitions. yerushalmi 、文学作品と見なされるときは、テキスト形式の特異性に注目が特徴であること、また、 babliが見つかりましたかかわらず、すなわち、リテラルの繰り返しの数が多いのです。 Entire passages, sometimes whole columns, of the Talmud are found in two, occasionally in three, separate treatises, in which they differ from each other by mere variants, most of them due to corruptions of the text.全体の通路、時には全体の列に、 2つのタルムードが見つかりました、時折3つ、別の論文では単なる彼らの亜種によって異なる場合がお互いに、かれらの多くは、テキストのために不正です。 These repetitions throw some light on the redaction of the Talmudic text, since they prove that before the editing of the treatises was undertaken a uniform mass of material was already at hand in a definitely revised form; they likewise show that in the compilation of the Talmud one portion was explained by another, as was natural in view of the character of the contents.これらの繰り返しに光を投げるの改訂は、いくつかのテキストtalmudicため、彼らに証明して編集する前に実施する、論文は、大量の制服を手にする材料はすでにdefinitely改正フォーム;彼ら同様に詳細してコンパイルは、タルムード1つの別の部分の説明が、自然の対象としては、文字の内容です。 The opportunity was gladly seized, moreover, to repeat didactic material in passages where it did not strictly belong.喜んで摘発する機会は、また、通路を繰り返して教則素材を厳密に属していない場所です。 These repetitions are obviously of great value in the textual criticism of the Talmud.これらの繰り返しは、明らかに偉大な値は、テキストの批判を、タルムードです。 Since sufficient attention has never yet been paid to this phenomenon of Yerushalmi, a list is here given of those passages of the first order, Zera'im, which are repeated in other orders.以来、十分な注意がないのはまだありませんyerushalmiしてお金をこのような現象は、それらのリストを表示し通路がここに与えられたの最初の注文、 zera'im 、他の受注が繰り返される。 It must be noted, however, that this list includes neither citations based on passages of another treatise nor parallel passages consisting of a single sentence.注意しなければならない、しかし、それに基づいてこのリストに含まれて通路も別の論文引用パラレル通路も、 1つの文章で構成されます。

(a) (ア)

Passages from the order i.通路からの注文i. repeated in the order ii.: Ber.反復されている順番Ⅱ 。 : BERを計算します。 3b, lines 10-55 = Shab. 3B面、行一〇から五五= shabです。 3a, 69-3b, 20. 3A面、 69 - 3B面、 20 。 Ber. BERを計算します。 4a, 30-56 = Sheḳ. 4A面、三〇から五六= sheḳです。 47a, 13-59 = M. Ḳ. 47a 、 13から59まで=男性ḳです。 83c, 40-83d, 8. 83c 、 40 - 83d 、 8 。 Ber. BERを計算します。 5a, 33-62 = M. Ḳ. 5aを、三十三〜六十二=男性ḳです。 82b, 14-47. 82b 、一四から四七です。 Ber. BERを計算します。 5d, 14-20 = Shab. 5d 、 14-20 = shabです。 3a, 55-61. 3A面、 55〜61です。 Ber. BERを計算します。 5d, 65-6a, 9 = M. Ḳ. 5d 、 65 - 6a以降、 9 =男性ḳです。 83a, 5-27. 83a 、 5月27日です。 Ber. BERを計算します。 6c, 4-17 = Yoma 44d, 58-68. 6c 、 4-17 = yoma 44d 、五八から六八までです。 Ber. BERを計算します。 6d, 60-67 = Meg. 6d 、六十から六十七まで=メグです。 73d, 15-22. 73d 、 15-22 。 Ber. BERを計算します。 7b, 70-7d, 25 = Ta'an. 7B面、 70 - 7d 、 25 = ta'anです。 67c, 12-67d, 47. 67c 、 12 - 67d 、 47 。 Ber. BERを計算します。 7d, 75-8a, 59 = Ta'an. 7d 、 75 - 8a 、 59 = ta'anです。 65c, 2-69. 65c 、 2から69までです。 Ber. BERを計算します。 8c, 60-69 = RH 59d, 16-25. 8c 、六〇 〜六九= rh 59d 、 16-25 。 Ber. BERを計算します。 9a, 70-9b, 47 = Ta'an. 9a 、 70 - 9b 、 47 = ta'anです。 63c, 66-63d, 44. 63c 、 66 - 63d 、 44 。 Ber. BERを計算します。 9c, 20-31 = Meg. 9c 、 20-31 =メグです。 75c, 8-19. 75c 、 8月19日です。 Ber. BERを計算します。 9c, 49-54 = Meg. 9c 、 49-54 =メグです。 75b, 31-36. 75b 、 31-36 。 Ber. BERを計算します。 10a, 32-43 = Pes. 10 Aまで、 32から43 =ペスです。 29c, 16-27. 29c 、 16-27 。 Ber. BERを計算します。 11c, 14-21 = Pes. 11c 、 14-21 =ペスです。 37c, 54-71. 37c 、 54〜71です。 Ber. BERを計算します。 12c, 16-25 = 'Er.武士の装い、 16-25 = ' er 。 22b, 29-37. 22b 、 29-37 。 Ber. BERを計算します。 12c, 44-62 = Suk.武士の装い、 44から62まで=ソクです。 24a, 6-21 = Meg. 24a 、 6月21日=メグです。 72a, 15-31. 72a 、十五から三十一までです。 Ber. BERを計算します。 13d, 72-14a, 30 = Ta'an. 13d 、 72 - 14a 、 30 = ta'anです。 64a, 75-64b, 35. 64a 、 75 - 64b 、 35 。 Pe'ah 15a, 67-15b, 21 = Ḥag. pe'ah 15a 、 67 - 15b 、 21 = ḥagです。 76b, 24-53. 76b 、 24から53です。 Pe'ah 17a, 39-72 = Ḥag. pe'ah 17a 、 39〜72 = ḥagです。 76b, 13-47. 76b 、一三から四七です。 Pe'ah 18d, 16-33 = Sheḳ. pe'ah 18d 、 16-33 = sheḳです。 46a, 48-67. 46a 、四八から六七です。 Pe'ah 18d, 66-19a, 5 = Sheḳ. pe'ah 18d 、 66 - 19a 、 5 = sheḳです。 48c, 75-48d, 13. 48c 、 75 - 48d 、 13 。 Pe'ah 21a, 25-29 = Sheḳ. pe'ah 21a 、 25-29 = sheḳです。 48d, 55-58. 48d 、 55-58 。 Dem.不要です。 22a, 31-40 = Sheḳ. 22a 、 31-40 = sheḳです。 48d, 40-49. 48d 、 40から49です。 Kil.吉丞です。 29b, 27-61 = 'Er. 29b 、二七から六一= ' er 。 19c, 15-49 = Suk. 19c 、 15-49 =ソクです。 52a, 40-73. 52a 、四十〜七十三です。 Kil.吉丞です。 29b, 62-76 = Suk. 29b 、 62から76 =ソクです。 52a, 73-52b, 11. 52a 、 73 - 52b 、 11 。 Sheb. shebです。 34c, 27-49 = M. Ḳ. 34c 、二十七〜四十九=男性ḳです。 80b, 26-52. 80b 、二六から五二です。 Sheb. shebです。 38a, 50-60 = Shab. 38a 、 50-60 = shabです。 3c, 55-65. 3c 、 55から65です。 Ter. 2007年06 。 44a, 32-38 = Shab. 44a 、 32-38 = shabです。 44d, 4-10. 44d 、 4-10 。 Ter. 2007年06 。 45d, 42-51 = Shab. 45d 、 42-51 = shabです。 3d, 2-15 (comp. 'Ab. Zarah 41d, 13-28).三次元、 2-15 ( comp. 'アルバータです。 zarah 41d 、一三から二八) 。 Ter. 2007年06 。 46a, 41-46b, 35 = Pes. 46a 、 41 - 46b 、 35 =ペスです。 28a, 34-28b, 37. 28a 、 34 - 28b 、 37 。 Ma'as. ma'asです。 49a, 22-28 = Suk. 49a 、 22-28 =ソクです。 53d, 43-53. 53d 、 43-53 。 Ma'as. ma'asです。 49b, 14-32 = Shab. 49b 、 14から32 = shabです。 6b, 17-36. 6B面、一七から三六までです。 Ma'as. ma'asです。 49b, 39-48 = Beẓah 62b, 72-62c, 6. 49b 、三九から四八= beẓah 62b 、 72 - 62c 、 6 。 Ma'as. ma'asです。 Sh. shです。 53b, 6-44 = Yoma 45c, 2-36 (comp. Shebu. 32b. 56-34c, 3). 53B高級、六から四十四= yoma 45c 、二から三十六( comp. shebu 。 32bです。 56 - 34c 、 3 ) 。 Ma'as. ma'asです。 Sh. shです。 54b, 48-58 = Sheḳ. 54b 、四八から五八= sheḳです。 51b, 15-25. 51b 、 15-25 。 Ma'as. ma'asです。 Sh. shです。 55a, 23-55 = 'Er. 55a 、二十三から五十五まで= ' er 。 24c, 33-66. 24c 、三十三から六十六です。 Ma'as. ma'asです。 Sh. shです。 55d, 62-67 = M. Ḳ. 55d 、 62から67まで=男性ḳです。 80b, 72-80c, 10. 80b 、 72 - 80c 、 10 。 Ḥal. ḥalです。 57c, 16-20 = RH 57b, 60-63. 57c 、 16-20 = rh 57b 、 60-63 。

(b)結果( b )

Passages from the order i.通路からの注文i. repeated in the order iii.: Ber.反復されている順番Ⅲ 。 : BERを計算します。 6a, 35-6b, 17 = Naz. 6a以降、 35 - 6B面、 17 = nazです。 56a, 12-68. 56a 、一二〜六八です。 Ber. BERを計算します。 6b, 51-56 = Ḳid. 6B面、 51-56 = ḳidです。 61c, 11-17. 61c 、 11-17 。 Ber. BERを計算します。 9d, 3-19 = Giṭ. 9d 、 3-19 = giṭです。 47b, 49-63. 47b 、四十九から六十三です。 Ber. BERを計算します。 11b, 42-68 = Naz. 11b 、 42から68まで= nazです。 54b, 2-27. 54b 、 2-27 。 Ber. BERを計算します。 14b, 45-70 = Soṭah 20c, 40-64. 14b 、 45から70 = soṭah 20c 、四〇から六四までです。 Pe'ah 15b, 41-47 = Ket. pe'ah 15b 、 41-47 =ケットです。 32c, 10-16. 32c 、 10-16 。 Pe'ah 15c, 7-16 = Ḳid. pe'ah 15c 、 7-16 = ḳidです。 61a, 75-61c, 10. 61a 、 75 - 61c 、 10 。 Dem.不要です。 25b, 60-45c, 7 = Ḳid. 25b 、 60 - 45c 、 7 = ḳidです。 63a, 75-63b, 21. 63a 、 75 - 63b 、 21 。 Kil.吉丞です。 32a, 64-32d, 7 = Ket. 32a 、 64 - 32d 、 7 =ケットです。 34d, 74-35b, 56. 34d 、 74 - 35b 、 56 。 Sheb. shebです。 36b, 25-68 = Ḳid. 36b 、二五〜六八= ḳidです。 61c, 56-61d, 17. 61c 、 56 - 61d 、 17 。 Ter. 2007年06 。 40c, 42-40d, 6 = Yeb. 40c 、 42 - 40d 、 6 = yebです。 13c, 70-13d, 32. 13c 、 70 - 13d 、 32です。 Ter. 2007年06 。 42b, 44-53 = Naz. 42b 、四四から五三= nazです。 53d, 16-27. 53d 、 16-27 。 Ter. 2007年06 。 44c, 9-44d, 44 = Ket. 44c 、 9 - 44d 、 44 =ケットです。 27b, 5-27c, 39. 27b 、 5 - 27c 、 39 。 Ma'as. ma'asです。 Sh. shです。 55a, 69-55b, 13 = Giṭ. 55a 、 69 - 55b 、 13 = giṭです。 47d, 55-70. 47d 、五十五から七十までです。 'Orlah 61b, 8-33 = Naz. ' orlah 61b 、八から三三まで= nazです。 55c, 32-63. 55c 、 32〜63です。 Bik. bikです。 64a. 64aです。 32-44 = Yeb.三二〜四四= yebです。 9b, 71-9c, 8. 9b 、 71 - 9c 、 8 。

(c) ( c )

Passages from the order i.通路からの注文i. repeated in the order iv.: Ber.反復されている順番Ⅳ 。 : BERを計算します。 3a, 52-69 = Sanh. 3A面、五二から六九= sanhです。 30a, 65-30b, 8 = 'Ab. 30Aの、 65 - 30b 、 8 = 'アルバータします。 Zarah 41c, 46-63. zarah 41c 、四十六〜六十三です。 Ber. BERを計算します。 6b, 20-41 = Sanh. 6B面、 20から41まで= sanhです。 20a, 43-60. 20a 、四十三から六十までです。 Pe'ah 16b, 22-25, 43-60 = Sanh. pe'ah 16b 、 22-25 、四十三〜六十= sanhです。 27c, 38-60. 27c 、 38〜60です。 Sheb. shebです。 35b, 26-40 = 'Ab. 35b 、 26から40 = 'アルバータします。 Zarah 44b, 27-41. zarah 44b 、 27から41です。 Sheb. shebです。 39b, 14-38 = Mak. 39b 、一四〜三八= makです。 31a, 33-50. 31a 、 33から50です。 Ter. 2007年06 。 45c, 24-45d, 11 = 'Ab. 45c 、 24 - 45d 、 11 = 'アルバータします。 Zarah 41a, 18-41b, 3. zarah 41a 、 18 - 41b 、 3 。 Ter. 2007年06 。 47c, 66-47d, 4 = 'Ab. 47c 、 66 - 47d 、 4 = 'アルバータします。 Zarah 41c, 13-23. zarah 41c 、 13-23 。 Ma'as. ma'asです。 Sh. shです。 54d, 71-55a, 8 = Sanh. 54d 、 71 - 55a 、 8 = sanhです。 19a, 63-76. 19a 、六三から七六までです。 Ma'as. ma'asです。 Sh. shです。 56c, 9-18 = Sanh. 56c 、 9-18 = sanhです。 18d, 13-22. 18d 、 13-22 。 'Orlah 62b, 49-62c, 10 = 'Ab. ' orlah 62b 、 49 - 62c 、 10 = 'アルバータします。 Zarah 45a, 32-45b, 10. zarah 45a 、 32 - 45b 、 10 。 The following parallel passages from the second and fourth orders may also be mentioned on account of their length: Shab.通路は、次の並列受注から2番目と4番目のアカウントに記載されることもありますが長さ: shabです。 9c, 62-9d, 59 = Sanh. 9c 、 62 - 9d 、 59 = sanhです。 24c, 19-24d, 14; Shab. 24c 、 19 - 24d 、 14 ; shabです。 14d, 10-15a, 1 = 'Ab. 14d 、 10 - 15a 、 1 = 'アルバータします。 Zarah 40d, 12-41a, 4. zarah 40d 、 12 - 41a 、 4 。

Despite these parallel passages in the four orders of Yerushalmi, which might be regarded as a proof of the uniform redaction of the entire work, there is proof to the contrary, which shows that the first two orders differ in origin from the third and fourth.にもかかわらず、これらの4つの命令を並列yerushalmi通路で、これを証拠と見なされるかもしれないのユニフォームの改訂は、全体の作業では、証拠とは反対に、これによると最初の2つの起源からの受注が異なる3位と4位です。 While the first and second contain a large number of baraitot with the introductory formula "Samuel transmits []," there is not a single baraita by Samuel in the third and fourth orders.が、最初と2番目には、多数のbaraitotの入門式"サミュエル転送[ ] 、 "これではないが、 1つのサミュエルバーライターで3番目と4番目の注文です。 These latter two include, on the other hand, many controversies between Mani and Abin, two amoraim of the second half of the fourth century, while Zera'im and Mo'ed contain very few (see Bacher, "Ag. Pal. Amor." iii. 398).これらの後者の2つ含まれますが、その一方で、多くの論争とabinマニの間に、 2つのamoraimの2番目の第4世紀の半分を、ごくわずかながら含まれzera'imとmo'ed ( bacher 、 " AGに帰属します。 PAL方式です。アモールです。 " Ⅲ 。 398 ) 。 The redaction of Yerushalmi is discussed in further detail below. yerushalmiが議論され、より詳細な改訂の詳細は以下のとおり。

The Haggadot of the Yerushalmi. yerushalmiのhaggadotのです。

The haggadic portions of Yerushalmi are also characteristic of its style. haggadicの部分を、 yerushalmiにもそのスタイルの特徴です。 As in Babli, they frequently have only a slight bearing, sometimes none at all, on the subject of the mishnaic section and its Talmudic interpretation, being added to the passages in which they are found either because they were mentioned in the academy on account of some subject under discussion, or because, in the process of the redaction of the treatise, this haggadic material, which was valued for some special reason, seemed to fit into the Talmudic text at the passage in question. babliのように、彼らの場合は、若干の軸受頻繁に、時にはなしですべて、 mishnaicセクションで、被写体をtalmudicとその解釈では、通路が追加されましたでは彼らが見つかったのいずれかに記載されていたためにアカウントのアカデミーいくつかのアジ研されて議論か、またはなぜなら、その過程は、改訂は、論文は、このhaggadic素材、大切なのは、いくつか特別な理由により、 talmudicに適合するようにテキストは、通路に質問します。 Many haggadic portions of Yerushalmi are likewise found almost word for word in the earlier works of Palestinian midrashic literature, especially in Genesis Rabbah, Leviticus Rabbah, Pesiḳta di-Rab Kahana, Ekah (Lamentations) Rabbati, and Midrash Shemuel. haggadic同様に多くの部分が見つかりましたyerushalmiはほぼ逐語的には、以前の作品のパレスチナmidrashic文学、特に創世記アンマン、レビ記アンマン、 pesiḳtaディ- Rabのカハナ、 ekah (哀歌) rabbati 、およびミドラーシュshemuelです。 These parallel passages do not always prove actual borrowing; for the same earlier source may have been used in the redaction both of Yerushalmi and of the midrashic works.これらの並列通路ではありませんので実際の借り入れを証明;は、同じ以前のソースで使用されるかもしれないとのyerushalmiの両方の改訂midrashic作品です。 The haggadot of the Palestinian Talmud were collected and annotated by Samuel ben Isaac Jaffe Ashkenazi in his "Yefeh Mar'eh" (Venice, 1589), and they were translated into German by Wünsche ("Der Jerusalemische Talmud in Seinen Haggadischen Bestandtheilen," Zurich, 1880). haggadotのは、パレスチナのタルムードの注釈を収集し、彼のサミュエルベンアイザックジャッフェアシュケナージ" yefeh mar'eh " (ベニス、 1589 ) 、およびドイツ語に翻訳されていたwünsche ( " der jerusalemischeタルムードの青年haggadischen bestandtheilen 、 "チューリッヒ、 1880 ) 。

Linguistically, the Palestinian Talmud is Aramaic, in so far as its framework (like the elucidations of the mishnaic text by the members of the academies and the amoraic discussions connected with them) is redacted in that language; the greater portion of the terminology is in like manner Aramaic.言葉は、パレスチナのタルムードは、アラム語は、これまでのところそのフレームワーク( elucidationsのように、テキストをmishnaicアカデミーのメンバーとの接続を議論してamoraic )は、編集済みのは、その言語で;の大部分の用語は、アラム語のような方法です。 The same dialect is employed in general for the narrative sections, including both the haggadot and the accounts of the lives of the sages and their pupils.同じ方言は、全般は、物語のセクションで採用され、 haggadotとの両方のアカウントを含め、その生徒の命を、賢とします。 The Aramaic portion consequently comprises all that is popular in origin or content.その結果、アラム語の部分にはすべての構成やコンテンツに人気が起源です。 The Hebrew sections, on the other hand, include the halakic sayings of the Tannaim, the citations from the collections of baraitot, and many of the amoraic discussions based on the tannaitic tradition, together with other sayings of the Amoraim.ヘブライ語のセクションで、 [他方、 halakicには、ことわざをtannaim 、 baraitotのコレクションからの引用、およびamoraic議論の多くは、 tannaiticの伝統に基づいて、他のことわざをamoraimと一緒にします。 This linguistic usage is due to the fact that both in Palestine and in Babylon the Halakah was for the most part elucidated and expanded by the Amoraim themselves in the language in which it had been transmitted by the Tannaim.この言語の利用方法という事実のためには、パレスチナとのバビロンの両方でhalakahは、ほとんどの部分の解明と展開してamoraim自身の言語でされて送信されたtannaimていた。 In the academy the Hebrew of the Mishnah held its place side by side with the Aramaic, thus giving to the latter a certain coloring, especially from a lexicographic point of view.アカデミーで開かれたミシュナーヘブライ語は、その場所のアラム語と並んで、このように、特定の後者の色付けを与え、特に辞書の観点からです。 Hebrew was retained in great measure also in the amoraic Haggadah.ヘブライ語に保持さは、また、大いにamoraic haggadahです。 The Aramaic, which assumed a fixed literary form in Yerushalmi, is almost the same as that of the earlier Palestinian midrashic works, differing from them only in a few peculiarities, mostly orthographic.のアラム語、これに固定文学のフォームを想定yerushalmi 、とほぼ同じですが、以前のパレスチナmidrashic作品は、それらが異なるだけで、いくつかの特殊性から、主に直交します。 This idiom, together with that of the Palestinian Targum on the Pentateuch, has been analyzed in G. Dalman's "Grammatik des Jüdisch-Palästinischen Aramäisch" (Leipsic, 1894; 2 ed. 1905).このイディオム、パレスチナ人と一緒にしている五ターガムを検索する、と分析され、 g.ダルマン'秒"文法デjüdisch - palästinischen aramäisch " (リプシック、 1894 ; 2エドです。 1905年) 。

Editions of the Babli. babliのエディションのです。

The first complete edition of the Babylonian Talmud () was printed at Venice, 1520-23, by Daniel Bomberg, and has become the basis, down to the present day, of a very large number of editions, including that of Basel, 1578-81, which, with the changes and omissions made by the censor, exerted a powerful influence on later texts until the edition of Frankfort-on-the-Main, 1720-22, with its additions, became the model of all subsequent editions of the Talmud (see below).の最初の完全版は、バビロニアタルムード( )が印刷さベニス、 1520年から1523年、ダニエルbomberg 、根拠となって、下に、現在の1日のは非常に多くのエディション、バーゼル含めて、 1578 - 81 、これは、コマーシャルペーパーで作られると、変更内容を検閲する、強力な影響力を行使するまで、テキスト版へフランクフォート-オンザメイン、 1720年から1722年、その追加、以降のすべてのエディションのモデルは、タルムード(下記参照) 。 The external form of Babli was determined by the editio princeps. babli外部フォームの初版が決定される。 While the first edition of Yerushalmi, in its two columns on each folio page, contains only the text, the editio princeps of Babli adds the commentary of Rashi on one margin and the tosafot on the other, together with kindred matter. yerushalmi中の最初の版は、その2つの列を二つ折りの各ページで、テキストのみが含まれ、初版のbabliの解説を追加するとトーサーフォートrashiを1つのマージンを、他の、親族の問題と一緒にします。 Especially noteworthy is the fact that the first edition of Babli has a pagination which has been retained in all subsequent editions, thus rendering it possible to quote passages with exactness, and to find citations readily.特に注目に値するのはという事実であるbabliの最初の版には、改ページに保持されてきたそれ以降のすべてのエディションは、このように文章を引用符でレンダリングすることが可能と正確さ、引用を見つけると容易にします。 The mishnaic treatises which have no Babylonian Talmud are included in the editions of the Talmud, together with commentaries, and these same tractates are likewise found in the only complete manuscript of Babli (that at Munich), where they form an appendix, although they precede the post-Talmudic treatises, which are likewise contained in the editions. mishnaic論文ではないのバビロニアタルムードのエディションが含まれているのタルムード、と一緒に解説し、これらのtractatesは、同様に発見されたと同じだけの完全な原稿babli (これはミュンヘン) 、どこに形成する付録は、彼らの前にポストtalmudic論文には同様のエディションに含まれている。 It has been noted above that the editions of Babli contain the Yerushalmi for the treatiseSheḳalim; and this is also the case in the Munich manuscript.上記のようにされては、 babliのエディションには、 yerushalmiをtreatisesheḳalim ;とこれもまた原稿の場合は、ミュンヘンです。

The following list gives the names of the treatises of Babli which have been preserved, together with the sequence generally followed in the editions, and the number of folios in each tractate, the pagination always beginning with fol.は、次のリストの名前を与えるのbabliの論文が保存されている、と一緒に、通常のシーケンスは、その後のエディション、およびfoliosの数をそれぞれの論文は、改ページは常にfol始まりです。 2. 2 。 Of the 570 leaves of the Munich codex, containing about eighty lines to a page, 490 belong to Babli; this gives an approximate idea of the size of this Talmud. 570の葉は、ミュンヘンのコーデックス、約80の行を含むページ、 490に属してbabli ;これにより、おおよそのアイデアは、次のタルムードの大きさです。 The amount of text on each page of the editions, however, varies greatly on account of the varying length of the commentary of Rashi and the tosafot which accompany it; but the number of leaves shows the comparative lengths of the several treatises.の量のテキストの上の各ページのエディションは、しかし、大幅に変化するアカウントは、さまざまな長さの解説を伴うことがrashiとトーサーフォート;しかし、多くの葉の長さの比較を示して、いくつかの論文です。

I. Zera'im: Berakot (64). i. zera 'イム: berakot ( 64 )です。 II. Ⅱ 。 Mo'ed: Shabbat (157); 'Erubin (105); Pesaḥim (121); Beẓah (40); Ḥagigah (27); Mo'ed Ḳaṭan (29); Rosh ha-Shanah (35); Yoma (88); Sukkah (56); Ta'anit (31); Megillah (32). mo'ed :シャバット( 157 ) ; ' erubin ( 105 ) ; pesaḥim ( 121 ) ; beẓah ( 40 ) ; ḥagigah ( 27 ) ; mo'ed ḳaṭan ( 29 ) ;ロッシュハ- shanah ( 35 ) ; yoma ( 88 ) ; sukkah ( 56 ) ; ta'anit ( 31 ) ;誇張した説明( 32 )です。 III. Ⅲ 。 Nashim: Yebamot (122); Ketubot (112); Ḳiddushin (82); Giṭṭin (90); Nedarim (91); Nazir (66); Soṭah (49). nashim : yebamot ( 122 ) ; ketubot ( 112 ) ; ḳiddushin ( 82 ) ; giṭṭin ( 90 ) ; nedarim ( 91 ) ;ナズィール( 66 ) ; soṭah ( 49 )です。 IV. Ⅳ 。 Neziḳin: Baba Ḳamma (119); Baba Meẓi'a (119); Baba Batra (176); 'Abodah Zarah (76); Sanhedrin (113); Shebu'ot (49); Makkot (24); Horayot (14). neziḳin :馬場ḳamma ( 119 ) ;ババmeẓi'a ( 119 ) ;ババbatra ( 176 ) ; ' abodah zarah ( 76 ) ;サンヘドリン( 113 ) ; shebu'ot ( 49 ) ; makkot ( 24 ) ; horayot ( 14 )です。 V. Ḳodashim: Zebaḥim (120); Menaḥot (110); Bekorot (161); Ḥullin (142); 'Arakin (34); Temurah (34); Keritot (28); Me'ilah (22); Tamid (9). v. ḳodashim : zebaḥim ( 120 ) ; menaḥot ( 110 ) ; bekorot ( 161 ) ; ḥullin ( 142 ) ; ' arakin ( 34 ) ; temurah ( 34 ) ; keritot ( 28 ) ; me'ilah ( 22 ) ; tamid ( 9 ) 。 VI. Ⅵ 。 Ṭohorot: Niddah (73). ṭohorot : niddah ( 73 )です。

Missing Gemaras.行方不明gemarasです。

Babli thus contains but one treatise each of the first and sixth orders; of the second, Sheḳalim (see above) is lacking; and there is no Talmud on 'Eduyot or Abot either in Babli or Yerushalmi.しかし、 1つの論文が含まれbabliしたがって、各命令の最初の目と6番目;の2番目の、 sheḳalim (上記参照)が不足;とタルムードではない' abotのいずれかをeduyotまたはbabliまたはyerushalmiです。 The fifth order of Babli contains neither Middot nor Ḳinnim, nor the third, fifth, sixth, and seventh chapters of Tamid. 5番目の順序をbabliが含まれmiddotどちらもḳinnim 、また、第三に、 5番、 6番目、および7番目の支部をtamidです。 It is incorrect, however, to speak of missing portions of the Babylonian Talmud, since in all probability the sections which it omits were entirely disregarded in the final redaction of the work, and were consequently never committed to writing (for a divergent opinion see Weiss, "Dor," iii. 271).それが正しくない場合は、しかし、行方不明の部分を取り立てて言うほどのバビロニアタルムード、以降のセクションでのすべての確率を完全に無視されて省略されたの最後の改訂の仕事をし、その結果は決して約束を書面に(発散の意見を参照するワイス、 "ドール、 " Ⅲ 。 271 ) 。 It will be shown further on that the mishnaic treatises lacking in Babli were subjects of study in the Babylonian academies.上に表示されることは、より詳細なbabliが欠けてmishnaic論文の研究テーマは、バビロニアアカデミーです。

Earliest Manuscript of the Babli.最古の原稿をbabliです。

In the editions the Babylonian Talmud is so arranged that each paragraph of the Mishnah is followed by the portion of the Talmud which forms the commentary on it; the portions are frequently divided into sections, rubricked by the successive sentences of the mishnaic paragraph on which they are based, although an entire paragraph occasionally serves as a single text.バビロニアタルムードは、エディションは非常に配置し、各段落に続いて、ミシュナーは、どの部分を形成して解説してタルムード;の部分が頻繁にセクションに分かれて、連続rubrickedされた上での段落の文章を、彼らmishnaicがベースで、時折ものの、全体として、 1つのテキストの段落です。 Thus Babli on Ket.したがってbabliをしました。 ii. Ⅱ 。 1 (16a-18b) is divided into six sections; but there is no division into sections for ii. 1 ( 16a - 18b )は、 6つのセクションに分かれて;しかし、課をセクションに分けることがないためⅡ 。 2 (18b-20b), ii. 2 ( 18b - 20b ) 、 Ⅱ 。 3 (20b-22a), ii. 3日( 20b - 22a ) 、 Ⅱ 。 5 (23b), and ii. 5 ( 23b ) 、およびⅡ 。 9 (27b-28a). 9 ( 27b - 28a ) 。 There are three sections for ii.には3つのセクションを2世です。 4 (23a); two for ii. 4 ( 23a ) ; 2つの2世です。 6 (23b-26a), ii. 6 ( 23b - 26a ) 、 Ⅱ 。 7 (26b-27a), and ii. 7日( 26b - 27a ) 、およびⅡ 。 8 (27a, b); and eight for ii. 8 ( 27a 、 b )の、および8つの2世です。 10 (28a, b). 10 ( 28a 、 b )です。 In the Munich codex, which is based on a manuscript of the middle of the ninth century (see Lewy in "Breslauer Jahresbericht," 1905, p. 28), the text of the entire chapter of the Mishnah is written in large characters on the inner portion of the page, separated from the Talmudic text, which is in a different script.ミュンヘンは、コーデックス、これをベースにして原稿は、 9世紀半ば(レヴィーは" breslauer jahresbericht 、 " 1905 、 p. 28 )は、テキストは、全体の章を大きな文字で書かれ、ミシュナーを検索する内側の部分には、ページ、 talmudicテキストを分離して、これは、別のスクリプトです。 In the fragments in the Bodleian Library, Oxford, written in 1123 and containing a portion of the treatise Keritot (see "JQR" ix. 145), each chapter is headed by the entire mishnaic text on which it is based. bodleianは、断片は、図書館、オックスフォード大学、 1123と書かれた部分は、論文を含むkeritot (詳細については、 " jqr " Ⅸ 。 145 ) 、各章では全体を率いることがmishnaic上でテキストベースのです。 Then follow the sections of the Talmud, each beginning with the word and the first part of the mishnaic paragraph in question, although some sections are marked by the superscription (= ).タルムード入力し、次ののセクションには、それぞれを始めとした言葉とmishnaic段落の最初の部分は、問題のか、いくつかのセクションがスパムされた表題( = )です。 The superscription , which in the editions marks the beginning of the Talmud on each paragraph of the Mishnah, is found neither in the Munich codex nor in the Bodleian fragments.の表題、これは、マルクのエディションの初めに、各段落のタルムード、ミシュナー、どちらが見つかったのミュンヘンでも、 bodleianコーデックスの断片です。 Most of the manuscripts containing one or more treatises of Babli, and described by RN Rabbinovicz in the introductions to vols.ほとんどの1つまたは複数の論文の原稿を含むbabli 、と記述されrn rabbinoviczは、 vols学を紹介しています。 i., iv., viii., ix., and xi. i. 、 Ⅳ 。 、 Ⅷ 。 、 9世です。 、およびXiです。 of his "Diḳduḳe Soferim," are so arranged that the entire mishnaic text is placed at the beginning of the chapter; and this is also occasionally the case in the editions, as in the first chapter of the treatise Sanhedrin.彼の" diḳduḳe soferim 、 "全体は非常にアレンジしてテキストが置かれmishnaicの章の冒頭に、これもまた時折の場合は、エディションのように、論文の最初の章では、サンヘドリンです。 In a St. Petersburg manuscript said to date from 1112 the paragraphs are repeated in their proper places (ib. viii. 3).サンクトペテルブルクでの原稿によると、 1112の項を日付から、各々の適切な場所が繰り返さ( ib. Ⅷ 。 3 ) 。 A number of codices in the Vatican Library are arranged partly in the one way and partly in the other (xi. 13, 15, 17, 18), while the system adopted in the printed texts occurs in manuscripts also (see ib. iv. 6, 8; xi. 20). codexの複数、いくつかの部分は、バチカン図書館が配置は、 1つの方法とは、他の部分( xi. 13日、 15日、 17日、 18 ) 、中のシステムに採用さ文章が発生する原稿の印刷も( ① -イ。 Ⅳ 。 6 、 8 ; XI 。の20 ) 。 It may be mentioned as a curious circumstance that in one manuscript of the Vatican (ib. xi. 19), containing the treatise Pesaḥim, many passages are vocalized and accented, as is also the case in a Bodleian fragment of Yerushalmi on Berakot ("JQR" ix. 150).好奇心に言及することがあります状況として1つの原稿をして、バチカン( ib. XI 。の19 ) 、論文を含むpesaḥim 、多くの通路は、発声とアクセントとしての場合でもbodleianの断片をyerushalmiをberakot ( " jqr " Ⅸ 。 150 ) 。 A fragment of considerable length in the Cambridge Library, and possibly the earliest extant manuscript of Babli, also contains the treatise Pesaḥim; it has been edited by Lowe ("The Fragment of Talmud Babli of the Ninth or Tenth Century," Cambridge, 1879); and in its four folios it includes the text of fols.かなりの断片の長さを、ケンブリッジライブラリ、および可能性が現存する最古の写本babli 、論文も含まれpesaḥim ;されて編集されロウ( "タルムードの断片babliの第9回または10世紀、 "ケンブリッジ、 1879 ) ; foliosことと、その4つのテキストが含まれてfols 。 7a, below -9a, middle, and 13a, below -16a, above, of the editions. 7aのは、下記- 9a 、中間、 13a 、 16aの下に、上記の各エディション。 The pages are divided into two columns; and the entire mishnaic text precedes the chapter; the several sections, even those beginning with a new paragraph of the Mishnah, have an introduction only in the case of the first word of the mishnaic passage in question, with the word as superscription.のページに分けて2つの列、およびテキストの前にmishnaic全体の章; 、いくつかのセクションが、たとえ新しい段落の始まりは、ミシュナー、導入があるだけで、単語の最初の例は、問題の通過mishnaic 、表題の言葉としてです。 The character of Babli and its divergencies from Yerushalmi may best be illustrated by a citation of its commentary on the same passages of the Mishnah as those contained in the sections of the Palestinian Talmud already analyzed. babliとそのdivergenciesの性格をyerushalmi年5月よりベストに引用されたイラスト入りの解説を同じミシュナーとしては、それらの通路に含まれているパレスチナのタルムードのセクションには、すでに分析した。

(a) (ア)

The initial question of the Mishnah and its basis; two divergent answers, together with an objection and its refutation (2a; all anonymous).の最初の質問は、ミシュナーとその根拠; 2つの発散の回答は、異議申立と一緒にするとその反論( 2A面;すべて匿名) 。 The initial statement of the Mishnah, and an interpretation of Lev.の最初の声明は、ミシュナー、レフと解釈します。 xxii. xxii 。 7 based on a baraita on this verse and concluding with a note of Rabbah b. 7バーライターに基づいて、この詩を締結するとの注意事項をアンマンb. Shela (2b), and the method of teaching this interpretation in Palestine. shela ( 2b )で、この解釈と、パレスチナ指導法です。 The contradictions between the statement of the Mishnah and three baraitot which are successively stated and dialectically refuted (all anonymous).このステートメントの間に矛盾がbaraitotミシュナーと3つの反論が相次いで記載しdialectically (すべて匿名) 。 A discussion of the third baraita (3a). 3番目の議論のバーライター( 3a )をします。 The opinion of R. Eliezer ("until the end of the first watch of the night"), and the problem whether three or four night-watches were implied; a haggadic baraita with a saying of R. Eliezer on the three watches of the night, together with a discussion of it.の意見をr.エリエゼル( "までの最後に、最初のウォッチオブザナイト" ) 、および3つまたは4つの部屋かどうかの問題-時計が暗黙; haggadicバーライターをすると言っr.エリエゼルの上の3つの時計は、夜、と一緒に、議論をしてください。 A haggadic excursus of some length, beginning with Rab's saying regarding the three watches of the night, and containing a baraita (a poem by Jose b. Ḥalafta) and a disquisition on it (3b). haggadic補説をいくつかの長さを初めとするのと言っRabの時計に関しては、の3つの部屋、およびを含むバーライター(ホセb.詩をḥalafta )として論文( 3B面) 。 Further details of the night-watches, beginning with a controversy between Judah I. and Nathan (in a baraita); a haggadic saying of Joshua b.より詳細な内容は、部屋の時計を始めとするユダの間に論争i.とネイサン(さのバーライター) ; haggadicと述べ、ジョシュアb. Levi transmitted by Zeriḳa and Ammi, this section concluding with a saying of Ashi.レヴィによって伝播さzeriḳaとammi 、このセクションのashi締結すると言っています。 Another saying of Joshua b.もう一つのジョシュアと言っb. Levi, transmitted in like manner, together with two versions of a comment by Abba b.レヴィ、同じように感染する、の2つのバージョンと一緒にコメントしたのAbba b. Kahana.カハナです。 Discussion of the first saying of Joshua b.議論の最初のジョシュアと言っb. Levi, beginning with the rising of David "at midnight" (Ps. cxix. 62), and devoted in the main to the connotation of the word "neshef" (ib. cxix. 147), together with sayings of Babylonian amoraim.レヴィ、デイビッドを始めとした上昇の"午前零時" ( ps. cxix 。 62 ) 、および献身的な意味合いでのメインという言葉を" neshef " ( ib. cxix 。 147 ) 、ことわざのバビロニア人と一緒にamoraimです。 The way in which David knew when midnight had arrived, and concerning his harp, (4a).デビッドの道では真夜中が到着したときに知っていたし、彼のハープに関する、 ( 4A面) 。 Further details regarding David, Ps.より詳細な詳細についてはデビッド、 psのです。 lvii. 57 。 9, and Ex. 9日、および例です。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 4, with an exegesis by Ashi, which concludes the entire discussion. 4 、 ashiに釈義され、全体の議論に結論です。 Additional haggadic material concerning David, and a controversy between the Palestinian haggadists Levi and Isaac on Ps.デビッドhaggadic材料に関する追加し、パレスチナ人の間の論争のレヴィとイスハークをhaggadists psのです。 lxxxvi. 86 。 2 with reference to Ps. 2件の参照をpsのです。 cxix. cxix 。 62, together with comments and citations of a kindred nature. 62 、コメント、および引用をすると一緒に自然の親族です。

Examples from the Babli. babliからの例です。

(b)結果( b )

Dialectic exposition of the relation of the view of the scholars to the opinions of R. Eliezer and R. Gamaliel, together with the citation of a baraita (4b).弁証法的に付随するの関係を表示して、学者の意見を減速r.エリエゼルgamaliel 、引用すると一緒にバーライター( 4b ) 。 A controversy between Johanan and Joshua b.ジョシュアb. johananとの間で論争 Levi on the sequence of the "Shema'" and prayer, based on a sentence in this baraita ("the 'Shema'' is read: prayer is offered"), together with a discussion devoted chiefly to exegetic inferences.レヴィ上のシーケンスは、 " shema ' "と祈り、判決に基づいて、このバーライター( " ' shema ''は読み取り:祈りが提供" ) 、主と一緒に議論を献身的な推論を解釈します。 An objection alleged by Mar b. 03月に異議申し立てをb. Rabina and based on a passage in the Mishnah, and a haggadic saying of Eleazar b. rabinaに基づいて、通路は、ミシュナー、と言っhaggadicのeleazar b. Abina to the effect that he who recites Ps.彼の影響をabina who recites psのことです。 cxlv. cxlv 。 thrice daily is assuredly a son of the world to come, the citation being made in this place on account of an aphorism of similar content given by Johanan in the course of the same debate.毎日のは、確かに三度の世界に来るの息子は、この場所で引用されているアカウントのアフォリズムjohanan同様のコンテンツを与えられたの過程での議論と同じです。 A discussion of these matters, and a saying of Johanan on Ps.これらの問題についての話し合いを、と言っjohanan上のpsのです。 cxlv., together with another haggadic aphorism by Eleazar b. cxlv 。 、別のhaggadicアフォリズムと一緒にされeleazar b. Abina on the angels Michael and Raphael, and its elucidation.マイケルとラファエルabinaに、天使たちに、その解明します。 The view of Joshua b.ビューのジョシュアb. Levi on the evening "Shema'," which should be recited in bed (5a), and amoraic sayings on the same subject, together with a confirmation, by a citation of Ps.レヴィの夜" shema ' 、 "これはベッドにすべきである読誦( 5aを) 、とamoraicことわざを同じ件名、を確認するとともに、引用されたのpsです。 iv. Ⅳ 。 6, of the ruling of Joshua b. 6日の判決のジョシュアb. Levi; a haggadic saying of Simeon b.レヴィ; haggadicと言って、シメオンb. Laḳish transmitted by Levi b.レヴィb. laḳish伝播される Laḥma, as well as another aphorism of this scholar transmitted by the same authority. laḥmaだけでなく、別のアフォリズムは、次の学者と同じ権限を伝播される。 A haggadic saying by Isaac on reading the "Shema'" in bed, and a comment by Ashi, followed by another haggadic aphorism by Isaac based on Job v. 7; interpretation of this verse as denoting afflictions sent by God ("yissurim"), against which the study of the Torah gives protection; haggadic sentences on the Law.報道によると、アイザックhaggadicを読んで" shema ' "はベッドに、 ashiとするコメントをされ、続いて別のhaggadicアフォリズムに基づいて仕事をアイザックv. 7 ;解釈は、次の詩のしるしとして送信される諸神( " yissurim " ) 、反対は、律法の研究により保護; haggadic法上の文章です。 A long series of haggadic sayings by Palestinian and Babylonian amoraim, and especially by Johanan, regarding affliction (5b), with anecdotes from Palestine and Babylon.長いシリーズのことわざをhaggadicパレスチナとバビロニアamoraimし、特にjohanan 、苦痛について( 5B面)は、パレスチナとバビロン逸話からです。 A baraita with a saying of Abba Benjamin regarding prayer before retiring, and its elucidation, together with three other baraitot and haggadic sayings of Abba Benjamin regarding prayer (6a), regarding demons (with various sayings of Babylonian authors), and praying in the synagogue.バーライターと言って、引退前に祈りのAbbaベンジャミンについて、その解明は、他のbaraitotとhaggadicと一緒に3つのことわざのAbbaベンジャミンについての祈り( 6a以降) 、また悪魔(様々なことわざのバビロニア人の作家) 、と祈っては、シナゴーグです。 A haggadic saying by Isaac on the last subject transmitted by Rabin b.報道によると、アイザックhaggadicの最後のアジ研によって伝播さラビンb. Adda, together with a saying of Ashi and additional elucidations, followed by another aphoriam transmitted by Rabin in the name of Isaac regarding the "phylacteries of God," and by a discussion of the subject by Babylonian amoraim, the view of Ashi standing last.アダム、と一緒に、と言っashiと追加のelucidations 、続いて別のaphoriamによって伝播さアイザックの名の下ラビンについては"神のphylacteries "とされた議論の件名をバビロニアamoraimは、対象のashi常任最終更新します。 A third haggadic saying of Isaac, of similar transmission, concerning prayer in the synagogue (6b), and a series of aphorisms of a like nature, the first being by Johanan, and the second by Huna transmitted by Ḥelbo. 3番目のhaggadicのアイザックと述べ、同様の伝送、問題の祈りは、シナゴーグ( 6B面) 、および、一連のような自然にaphorisms 、最初のjohananがされ、 2番目のḥelboによって伝播されるフーナです。 These, interspersed with other sayings, are followed by five more aphorisms transmitted by Ḥelbo in the name of Huna and regarding departure from the synagogue, the Minḥah prayer, participation in marriage festivities, the fear of God, and the refusal to return a salutation.これらのは、他のことわざちりばめられて、他のaphorismsに続いて5つの名前を伝播さフーナとḥelboは、出発からのシナゴーグについては、 minḥah祈り、お祭りの参加を結婚は、神への恐れ、拒否するとあいさつを返す。 A series (7a) of five haggadic sayings transmitted by Johanan in the name of Jose ben Ḥalafta: the prayer offered by God, pacification of an angry neighbor, discipline of one's own conscience, three requests of Moses, and the teaching that a threat or promise by God is not recalled, even though given only conditionally, and that neither, therefore, is ever unfulfilled. Aシリーズ( 7aの)の5つのことわざhaggadicによって伝播さjohananの名のホセベンḥalafta :神の祈り提供され、宣撫の隣に腹を立て、規律を自分自身の良心に、 3つの要求をムーサーよ、と教授は、脅威または神の約束をリコールではないにもかかわらず、与えられた条件付きでのみ、そのどちらも、その者は、いつまで満たされていない。

After a number of sayings, partly tannaitic and partly amoraic in origin, come six haggadic aphorisms (7b) transmitted by Johanan in the name of the tanna Simeon ben Yoḥai, the second treating of the same subject as the corrresponding one in the previous series.した後、いくつかのことわざ、部分部分tannaiticとamoraicの起源は、来る6 haggadic aphorisms ( 7B面)によって伝播さjohananタンナの名の下のシメオンベンyoḥai 、 2番目の治療と同じアジ研corrresponding 1つとしては、前のシリーズです。 To these sayings are appended various aphorisms and elucidations, followed by a conversation between Naḥman b.これらの様々なことわざが付加さaphorismsとelucidations 、 naḥman b.間の会話に続いて Jacob and Isaac, in which the latter cites a sixth saying, concerning prayer in the synagogue, transmitted by Johanan in the name of Simeon ben Yoḥai.ジェイコブとイスハークされるのは、後者の引き合いに出して、 6番目と述べ、問題の祈りは、シナゴーグ、伝送さjohananの名の下yoḥaiシメオンベンです。 Additional haggadic aphorisms (8a) on this subject as well as on the importance of the synagogue, followed by three sayings of 'Ulla transmitted by Ḥiyya b.追加haggadic aphorisms ( 8a )この問題だけでなく、シナゴーグの重要性を、続いて3つのことわざの'ウッラによって伝播さḥiyya b. Ammi, and by various aphorisms on the reading of the Torah in the synagogue (8b) and other kindred matters. ammi 、および様々なaphorisms上の読書は、律法は、シナゴーグ( 8b )やその他の親族の問題です。 This portion is concluded by the instructions which Joshua b.この部分が締結される指示にJoshua b. Levi gave to his sons, and by the analogous instructions which Raba gave to his children, as well as by elucidations of details of these teachings and by sayings of a similar import.レヴィ彼の息子たちに渡したとされるラバ川類似の指示で自分の子供たちに渡しただけでなく、これらの教えをelucidationsの詳細や、同様のことわざをインポートします。

(c) ( c )

In the name of Samuel, Judah declares that the opinion of R. Gamaliel is authoritative.サミュエルの名の下、ユダの意見を宣言してr. gamalielに権限がします。 A baraita giving a similar view by Simeon ben Yoḥai, followed by an interpretation of it with a final decision by Joshua ben Levi, and by another version of the relation to it of the ruling of Joshua ben Levi.バーライター、同様のビューを提供するシメオンベンyoḥai 、続いて、解釈の最終決定をすることがジョシュアベンレヴィ、および関連して、別のバージョンのことは、与党のジョシュアベンレヴィです。 The section (9a) terminates with an opinion on this baraita by a scholar who had come from Palestine to Babylon.このセクション( 9a )が終了すると、このバーライターされた意見を学者whoパレスチナをバビロンに来ていました。

Further Examples.より詳細な例を紹介します。

RH i. rh i. 1 (§§ 1-2 in Yerushalmi; the Talmud on these sections is contained in 2a-15b): 1 ( § § 1-2でyerushalmiし、これらのセクションが含まれてタルムード2A面- 15b ) :

(a) (ア)

Ḥisda's answer to the question as to the practical importance of the "new year of the kings," with a citation of the mishnaic passage (Sheb. x. 5) regarding antedated and postdated promissory notes. ḥisdaの質問の回答をして実用的な重要性を確認するとして"新しいイヤーオブザキングス、 " mishnaicの引用を通過( sheb. Xの5 )についてantedatedとの約束手形を延期します。 A baraita on the reckoning of regnal years, and its elucidation (2b), together with hermeneutic deductions from the Bible regarding Nisan as the beginningof the regnal year, introduced by an inference of Johanan based on I Kings vi.バーライターを清算するの治世の年とし、その解明( 2b )で、聖書からの控除と一緒に解釈学に関するbeginningofニッサンの即位紀元として、導入される推論に基づいて私のjohanan王Ⅵ 。 1 as compared with Num. 1と比べるとNUM件です。 xxxiii. 33 。 38, Deut. 38 、 deutです。 i.わたし。 3, 4, Num. 3 、 4 、 NUM件です。 xxi. xxi 。 1 (3a), and similar passages, preference being finally given to Eleazar's deduction founded on II Chron. 1 ( 3a )を、および同様の通路、設定が最後に与えられたeleazarの控除を二に設立さchron 。 iii. Ⅲ 。 2. 2 。 A baraita giving the deduction of Johanan.バーライターjohanan控除を与えている。 The assertion of Ḥisda that the regnal years of non-Israelitish kings were reckoned from Tishri, together with Biblical passages in confirmation of this view, beginning with Neh. ḥisdaの主張は、年間の治世の王が現時点から起算非israelitish 1月、通路での確認と一緒にこのビューを表示する聖書を初めとするnehです。 i.わたし。 1 and its hermeneutic exposition (3b), the conclusion being formed by a variety of haggadic material on the Persian kings mentioned in the Bible (4a). 1とその解釈学博覧会( 3B面) 、その結論が形成され、様々なhaggadic上の資料をキングスに記載されてペルシャ語聖書( 4A面) 。

(b)結果( b )

Ḥisda's answer to the query why Nisan 15, the first day of the Feast of Passover, was not made the "new year of the feasts," while a baraita shows that this view was promulgated by Simeon ben Yoḥai himself. ḥisdaの答えを、クエリのはなぜニッサン15日の最初の日を過ぎてのごちそうでしたは、 "新年のお祭り、 "中にこのビューを表示するバーライターによるとシメオンベンyoḥai自身が公布されています。 Another baraita (4b) on the ritual order of the festivals, together with exegetic deductions from the views contained therein and additional discussions, concluding with an elucidation (5a) of other halakic and exegetic sayings on festivals and sacrifices.別のバーライター( 4b )を、お祭りの儀式の順序を、解釈の控除と一緒にそこからの再生回数に含まれるとの関連の議論は、締結の解明( 5aの)解釈のことわざ上の他のhalakicと犠牲祭とします。 Baraita (5b) on Deut.バーライター( 5B面)をdeutです。 xxiii. 23 。 22 et seq., and a detailed discussion, followed by a similar section (6a, b) on Deut. 22頁以降を参照。 、およびを詳細に議論、続いて、同様のセクション( 6a以降、 b )の上deutです。 xxiii. 23 。 24. 24 。 Baraita (7a) on Nisan 1 and its four meanings, the first being deduced from Ex.バーライター( 7aの)を4つのニッサン1とその意味、推定からの最初の例があります。 xii. 12 。 2 and Deut. 2とdeutです。 xvi. 16 。 1, although an objection caused Lev. 1 、もののレフに異議が原因です。 xxiii. 23 。 39 to be regarded by Ḥisda as the basic passage, while Zech. 39と見なさḥisdaとしての基本的な通過され、中ツェッヒです。 i.わたし。 7 was cited to refute an allegation made by Rabina, additional Biblical passages being quoted by the Babylonian amoraim 'Ulla, Kahana, and Ashi; the section is concluded by a deduction of the three other meanings of Nisan 1 (7b) mentioned in the baraita. 7は、引用rabina作られる疑惑に反論する、追加の通路が引用された聖書のバビロニアamoraim 'ウッラ、カハナ、およびashi ;のセクションが締結された他の3つの意味を控除ニッサン1 ( 7B面)に記載されてバーライターです。

(c) ( c )

The signification of Elul 1 as the "new year for tithes of cattle," as taught by R. Meïr. 12月1としての意味の"新年度は十分の一の牛、 " meïr都市として教えています。 The various origins of the sentences collected in RH i.起源についての様々な文章で収集さrh i. 1, together with a saying by Joseph, followed by a series of aphorisms of later Babylonian amoraim, and one by Ashi (8a). 1 、ジョセフと一緒に、報道によると、続いて、一連のaphorisms以降のバビロニアamoraim 、および1つをashi ( 8a ) 。 Johanan's deduction, from Ps. johananの控除、からpsのです。 lxv. 65 。 14, of the double view concerning the new year for tithes of cattle, and its dialectic elucidation. 14日、対象に関しては、ダブルの新年の十分の一の牛、およびその弁証法的解明します。 Second half of the mishnaic paragraph: 2番目の段落の半分をmishnaic :

(a) (ア)

The question regarding the practical utility of the new year for the counting of the years, answered by Pappa in exactly the same way as Ḥisda had solved the question concerning the new year of the kings; solution of the discrepancy and further elucidations of the principle that Tishri 1 was the new year for the counting of the years.実用的なユーティリティの問題については、新しい年を数え、年間、正確に答えられたのと同じようにpappa ḥisdaが解決して新年のご質問については、キングス;の食い違いを解決するという原則の下での、より詳細なelucidations新年1月1は、年を数える。 Two baraitot on Ps. psの2つのbaraitotをします。 lxxxi. 81 。 4 et seq. 4頁以降を参照。 (8b). ( 8b ) 。

(b)結果( b )

An inference regarding the year of jubilee, based on Lev.ジュビリー年については、推論に基づいて、レフです。 xxv. 25 。 4; and the obviation of the difficulty presented by Lev. 4 ;と疎遠レフの難し提示されています。 xxv. 25 。 9 (with reference to the Sabbatical year) by means of a baraita on the following verse, together with two other baraitot on the same subject (9a) and an elucidation of Tishri 10, concluded by a baraita on Lev. 9日(を参照して有給休暇年)バーライターという手段によっては、以下の詩は、 2つのbaraitotと一緒に、同じ件名( 9a )と解明1月10日に締結されたバーライターレフです。 xxv. 25 。 11 and its interpretation (9b). 11日とその解釈( 9b ) 。

(c) ( c )

Biblical deduction regarding the planting of trees and a baraita thereon, with an inference drawn from the Bible by Johanan (10a), and an elucidation of another baraita cited in explanation of the first, Johanan's deduction from Gen. viii.聖書の控除については植栽の木々とのパブリックバーライターで、聖書から引き出される推論されjohanan ( 10 Aまで) 、および別のバーライターの解明の最初の説明を引用され、よりjohananの控除Gen 。とⅧ 。 13 regarding the opposing views of R. Meïr and R. Eleazar (10b) as to whether a day may be reckoned like a year, thus introducing a baraita containing the controversy between R. Eliezer and R. Joshua on the month of Creation, the former arguing for Tishri and the latter for Nisan; exegetic haggadot of considerable length (11a-12a) on this section. 13については反対の再生回数のr. meïr減速eleazar ( 10b )とするかどうかのように一日侮れない年5月、バーライターを導入するための間に論争を含むr.エリエゼル今月の減速を創作のジョシュアは、後者の主張を元の1月とニッサン;解釈haggadotかなりの長さ( 11a - 12a )を参照してください。

(d) (エ)

A baraita stating that "tithes" and "vows" as well as "vegetables" belong to Tishri 1, together with interpretations by hermeneutics and other methods (12b), and with discussions of the subject by the Palestinian and Babylonian schools, and halakic exegeses (13a-14a).バーライターが表示さを"十分の一"と"の誓い"だけでなく"野菜"に属して1月1日と一緒に解釈学と解釈され、他の方法( 12b ) 、および、議論の対象を、パレスチナとバビロニアの学校、およびhalakic exegesisの複数形( 13a - 14a ) 。

(e) (オ)

An argument by Hoshaiah transmitted by Eleazar (14a), and a baraita recording the practise of R. Akiba (14b-15b), as well as elucidations of it. hoshaiahの引数によって伝播されるeleazar ( 14a ) 、およびバーライター記録して練習するのr.アキバ( 14b - 15b )だけでなく、 elucidationsです。 Another baraita on Shebaṭ 15, with a controversy between Johanan and Simeon ben Laḳish, and a discussion of it.バーライターを別のshebaṭ 15日、との間に論争johananとシメオンベンlaḳish 、との話し合いをしてください。 Giṭ. giṭです。 ii. Ⅱ 。 1 (the Talmud on this section is contained in 15a-17a): 1 (タルムードは、このセクションに含まれて15a - 17a ) :

(a) (ア)

The purpose of the entire paragraph, although its content is immediately apparent from the opening sentence of the mishnaic treatise.の目的は、全体の段落が、その内容がすぐに見掛けよりmishnaic論文の開会の判決を受けるのです。

(b)結果( b )

The problem of the connotation of "the half of the bill of divorce, and Ashi's answer.この問題は、言外の意味の"同法案の半分を離婚し、 ashiの答えです。

(c) ( c )

The law regarding a case in which only "the half" of a bill of divorce is signed by witness in the presence of the bearer; the more rigorous interpretation of it by Ḥisda and subsequent modifications by Raba and (15b) Ashi, as well as a dialectic discussion of these three sayings.同法については、事件があった。のみ"の半分"とする法案の離婚が署名され、無記名の目撃者が存在するし、他の厳格な解釈を変更したことによってḥisdaとその後のラバ川と( 15b ) ashiだけでなく、弁証法的な議論をするこれら3つのことわざです。 Analogous cases from other branches of the Halakah and casuistic questions bearing on them (16a), concluding with one by Pappa which remains unanswered.類似のケースから、他の支店halakahと詭弁的な質問されて軸受( 16a ) 、結びの1つが残っpappaうやむやにされています。

(d) (エ)

Case in which one of the bearers of a bill of divorce witnesses the engrossing of the document and the other the signature; exact definition given by Johanan and transmitted by Samuel b.のいずれかのケースでは離婚する法案を担う人々の心を奪うの証人と、他の文書の署名;正確な定義で与えられたサミュエルb. johananと伝播される Judah (16b); the answer of the latter to the objection of Abaye, although another version of the entire affair makes Ashi the author of the objection; controversy on the subject between Hoshaiah and 'Ulla.ユダ( 16b ) ;その答えは、後者の異議申立のabayeして、別のバージョンのは全体の事件をashiの著者は、異議申立; hoshaiahとの間に論争の件名'ウッラです。 Anecdote of a visit made by Judah b.ユダの逸話を訪問b.作られる Ezekiel to Rabbah bar bar Ḥana during an illness of the latter, and their conversation on a problem connected with Giṭ.エゼキエル書をアンマンバーバーḥana後者の中に病気、およびそれらの会話は、問題giṭ接続します。 i.わたし。 1. 1 。

(e) (オ)

The case in which the engrossing of a bill of divorce is witnessed by one and the signature by two persons (17a), and the exact definition of such an event, given by Johanan and transmitted by Ammi, the section being concluded by a discussion between Ammi and Assi.で、面白くてたまらないの場合は、 1つの法案の離婚が目撃されると2人の署名を( 17a ) 、との正確な定義をこのようなイベントでは、与えられたammiによって伝播さjohananと、このセクションの間で締結された議論ammiとassiです。

Legal Example.法律上の例です。

BB i. bb i. 6 (the Talmud on this section is contained in 7b-11a): 6日(タルムード上のこのセクションは含まれて7B面- 11a ) :

(a) "One who is part owner of a courtyard is obliged to contribute to the cost of the gateway as well as of the door itself"; -the citation of a legend concerning Elijah to prove that a gateway is not necessarily a subject for praise, concluded by a casuistic definition of the case presupposed by the Mishnah. (ア) " 1つのパートwhoの所有者は中庭に寄与することを義務のコストは、ゲートウェイだけでなく、ドア自体" ; -の伝説に関する文献情報のイライジャは、ゲートウェイではないことを証明するの件名を必ずしも褒め言葉は、詭弁的な締結された場合の定義を前提ミシュナーされた。

(b) According to R. Simeon b.結果( b )によるをRにシメオンb. Gamaliel, "Every courtyard is not adapted to a gateway"; a baraita containing the complete version of this saying. gamaliel 、 "すべての中庭ではない適応して、ゲートウェイ" ;バーライターを含む、完全版は、次の見解を示した。

(c) According to R. Simeon b. ( c )によるをRにシメオンb. Gamaliel, "One who dwells in a city is obliged to contribute toward the building of the walls and the doors," etc.; a baraita containing the complete version ofthis saying. gamaliel 、 " 1つのwhoの棲むところで、市は、義務への貢献に向かって建物の壁やドア、 "等;をofthisバーライターを含む完全版と言っています。 Johanan's answer to the query advanced by Eleazar concerning the method of levying contributions, followed by a second version of the same account. johananの回答をされ、クエリのeleazarに関する高度な貢献をする方法を賦課、続いて2番目のバージョンの同じアカウントです。 The patriarch Judah II.ユダ2世の家長です。 and the scholars contributed toward building the wall, although the legality of this action was questioned by Simeon b.と、建物の壁に向かっ学者の貢献は、このアクションは、合法性が疑問視さシメオンb. Laḳish on the basis of a haggadic deduction from Ps. laḳishに基づいて、 psのhaggadicから控除します。 cxxxix. cxxxix 。 18, while Johanan proposed another verse, Cant. 18日、別の詩を提案johananながら、できない。 viii, 10, to aid in the solution of the problem (8a); Rabbah's interpretation of this passage of Canticles. viii 、 10 、を支援する、問題の解決策は、 ( 8a ) ;アンマンの解釈は、次の通過ソロモンの歌です。 An instance of contributions on the part of the scholars of Babylonia, and the proof of their illegality furnished by the exegesis of three Biblical passages, taken respectively from the Pentateuch, the Prophets, and the Hagiographa.のインスタンスを部分に貢献をし、バビロニアの学者たちは、その違法行為の証拠と解釈された家具付きの3つの聖書の通路、撮影から、それぞれ五、預言者、およびhagiographaです。 Pappa's proof that a certain tax was imposed on orphans, and a discussion of it, followed by a tannaitic account (half Aramaic) by Judah I. of the support of scholars during a time of famine. pappaの証拠を手に孤児、特定の税が課せられる、との話し合いをし、続いてtannaiticアカウント(半分アラム語)をユダi.しても、支援の中に一度の飢饉の学者です。

(d) "How long must one dwell in a city to have equal rights with its citizens? Twelve months"; a conflicting baraita which speaks of thirty days; Rabbah's solution of this contradiction, while Johanan reconciles the discrepancy between the period of twelve months and that given in another baraita. (エ) "はどのくらい都会に住む必要があります。 1つの平等な権利としており、市民ですか? 12か月" ;と競合する30日間のバーライターを代弁;アンマンの解決策は、次の矛盾、矛盾johanan reconcilesの12ヶ月間の間の期間別のバーライターが与えられた。 The saying of Johanan as to the liability of scholars to taxation, and various statements regarding the practise of the Babylonian sages. johananということわざの学者としての賠償責任を課税して、様々なステートメントについては、バビロニア賢練習します。 The way in which Joseph (4th cent.) expended a sum of money sent him by the mother of King Sapor, together (8b) with an interpretation of Jer.の道ではジョセフ( 4セントです。 )支出額の金を彼に送信された王の母親の味、一緒( 8b ) jerに解釈します。 xv. 15 。 2. 2 。 Baraita on the mode of levying taxes for the poor, and the right of assessment of municipal taxes.バーライターに税金を賦課するモードを非常に悪いし、市税の右側の評価をします。 The rule of the Mishnah (Sheḳ. v. 2) that the smallest number of persons who may be entrusted with raising taxes is two, and its Biblical basis according to Naḥman b.ルールは、ミシュナー( sheḳ. v. 2 )は、最小人数who年5月には2つの委託を増税し、聖書の根拠によると、 b. naḥman Jacob, together with sayings and examples bearing on this matter.ジェイコブ、ことわざ、サンプルと一緒にこの問題に関係しています。 An interpretation of Dan.ダンの解釈です。 xii. 12 。 3 as referring to the collectors and trustees of the tax for the poor, followed by two baraitot on these collectors and Abaye's statements regarding the practise of Rabbah b. 3を参照してコレクターおよび評議員として、税を貧しい人々 、続いて、これらの2つのbaraitotコレクターとabayeの発言について、練習のアンマンb. Naḥmani, as well as (9a) by a note of Ashi and an opinion of Rabbah. naḥmaniだけでなく、 ( 9a )されたの注意事項をashiとの意見をアンマンです。 Baraita on the auditing of the accounts of the trustees of the tax for the poor, and elucidations of it.バーライターには、アカウントの監査は、評議員会は、税を貧しい人々 、およびelucidationsです。 Notes and anecdotes illustrating Mishnah Pe'ah viii.ノートや逸話描いたミシュナーpe'ah Ⅷ 。 7 (on the amount to be given to the poor), followed by haggadic passages on the importance of almsgiving, among these aphorisms being one cited by Rabbah as transmitted to Eleazar by a certain 'Ulla with a curious surname, which forms the basis of an anecdote. 7日(上の金額を与えられたために、貧しい人) 、次いでhaggadic通路上の重要性をalmsgiving 、このうち1つが引用さaphorismsとしてアンマンに転送さeleazarされ、特定の'ウッラと好奇心姓は、どのような形式の基礎をの逸話です。 Further haggadic passages on the charity of Eleazar, Isaac, and others.より詳細なhaggadic通路を検索する慈善団体のeleazar 、イスハーク、およびその他です。 A baraita giving R. Meïr's answer (10a) to the question why God Himself does not nurture the poor, followed by an account of the conversation on this subject between R. Akiba and Tineius Rufus.バーライターr. meïrを与えるの答え( 10 Aまで)を神はなぜ自分自身の問題はありません貧しい人々を育てる、続いてアカウント登録をすると、スレッドをr.アキバとの間に、このアジ研tineiusルフスです。 Sermon by Judah b.説教されユダb. Shalom (Palestinian amora of the 4th cent.) on Jer.シャローム(パレスチナアモラの第4回セントです。 )をjerです。 lvii. 57 。 17, and anecdotes from the lives of Johanan b. 17日、と逸話の生活をよりjohanan b. Zakkai and Pappa. pappa zakkaiとします。 Haggadic sayings by tannaim and amoraim on alms. haggadicことわざをamoraimを慈善tannaimとします。 The vision of Joseph b. b.ジョセフのビジョンを示す Joshua b.ジョシュアb. Levi (10b) of the future life, together with baraitot on the interpretation of Prov.レヴィ( 10b )は、将来の生活と一緒にbaraitot上の解釈の地方です。 xiv. 14 。 34 by Johanan b. 34をjohanan b. Zakkai and his scholars as well as by Gamaliel II.と彼の学者だけでなくzakkaiさgamaliel Ⅱ 。 and the other sages of Jabneh.と、他の賢のヤブネです。 The charity of the mother of Sapor, and two baraitot: one (11a) the story of the beneficence of Benjamin ha-Ẓaddiḳ; the other an account of the generosity of King Monobaz.慈善団体は、母親の味、と2つのbaraitot : 1つ( 11a )の物語は、善行のベンジャミンハ- ẓaddiḳ ; 、他の王の寛大さを持つアカウントは、 monobazです。

(e) "If one obtains a dwelling-place in the city, he immediately receives equal rights with the citizens"; an opposing view by Simeon b. (メール) "を取得する場合に1つの都市住居-位に、彼はすぐに、市民の平等な権利を受け取る" ;に反対の見解をシメオンb. Gamaliel transmitted in two versions. gamaliel伝送の2つのバージョンです。 Framework of Commentary.の枠組みの解説します。 This analysis of four different passages of the Babylonian Talmud shows, in the first place, that the framework, as in the Palestinian Talmud, is formed by a running interpretation of the Mishnah, despite the heterogeneity of the material which is interwoven with it.この分析の4つのバビロニアタルムード別の通路を示すように、まず第一に、そのフレームワークは、パレスチナ人のように、タルムード、解釈が形成されるのは、実行中のミシュナー、不均質性にもかかわらず、これは、材料の織り交ぜることにしてください。 The Talmud, however, is not a mere commentary on the Mishnah, since, in addition to its haggadic portions, it contains a varied mass of halakic material, connected only loosely, if at all, with the contents of the mishnaic paragraphs in question; and while the Talmud sometimes adheres closely to the text of such a paragraph, its commentary on a single section of the Mishnah is often expanded into the compass of a small book. 、タルムード、しかし、上の解説ではない、単なるミシュナー、以来、そのhaggadicの部分に加えて、それには、様々な大量のhalakic素材、接続のみを大まかに、すべての場合は、段落の内容は、問題のmishnaic ;時にはガイドラインを遵守しながら、タルムードのテキストを密接にしてこのような段落、その解説を参照して、 1つの拡張をミシュナーは、しばしばコンパスの小さな本です。 In this respect Babli is much more free than Yerushalmi, which is more concise in other regards as well; the wider interests of the former and its greater variety and length are due at least in large part to the fact that the Babylonian academies enjoyed a longer existence and hence its redaction extended over a more protracted period.この点はbabliよりもはるかに無料yerushalmi 、これは他の点もより簡潔にし、広いの利益をより多くの種類とその元と長さは、大部分のため、少なくともという事実を享受し、長くバビロニアアカデミーそれゆえ、改訂存在と他の長引く期間を延長します。

Haggadah of the Babli. haggadahは、 babliです。

The fact that the Haggadah is much more prominent in Babli, of which it forms, according to Weiss ("Dor," iii. 19), more than one-third, while it constitutes only one-sixth of Yerushalmi, was due, in a sense, to the course of the development of Hebrew literature.という事実を、 haggadahがはるかに顕著にbabli 、フォームのそれによると、ワイス( "ドール、 " Ⅲ 。 19 ) 、 3分の1以上、中に6分の1しかないのyerushalmi構成だったため、ある意味で、コースの開発をヘブライ語文学です。 No independent mass of haggadot developed in Babylon, as was the case in Palestine; and the haggadic writings were accordingly collected in the Talmud. haggadotない独立した大量のバビロンに開発された、としては、ケース、パレスチナ;とhaggadic文章で収集されたしたがって、タルムードです。 The most curious example of this is a midrash on the Book of Esther, found at the end of the first chapter of the treatise Megillah (pp. 10b-17a).最もこれは、好奇心の例ミドラーシュ上の書籍のエスター、見つかったの最初の章の終わりに論文を誇張した説明( pp. 10b - 17a ) 。 Except for the fact that the text of this section naturally alludes to the Book of Esther, the midrash has no connecting-link with the preceding portion of the Talmud.事実を除いて、このセクションのテキストを予約して当然のエスターalludesは、ミドラーシュがないと、上記のリンクの接続部分は、タルムードです。 It is a true midrashic compilation in the style of the Palestinian midrashim, introduced by sixteen proems (mostly by Palestinian authors), and followed by exegeses and comments on individual verses of Esther in the order of the text, each preceded by a catch word (for further details on this midrash see Bacher, "Ag. Bab. Amor." p. 119).これは、真のmidrashicのコンパイルには、スタイルは、パレスチナmidrashim 、導入された16 proems (大部分がパレスチナ人の作家) 、と続いてexegesisの複数形やコメントを、個々の詩のエスターされている順番は、本文、それぞれに先立って、キャッチワード(この件の詳細についてはミドラーシュbacher 、 " AGに帰属します。バブです。アモール。 " p. 119 ) 。 A fragment of a similar compilation on Lamentations, treating of a few verses of the first two chapters, is found in the last chapter of Sanhedrin (104, 4 et seq.), this fragment being inserted there on account of the preceding casual allusion to the Babylonian exile (ib. p. 120).断片を耳にするのと同様のコンパイルを哀歌、治療には、いくつかの詩の最初の2つの章では、最後の章を発見されたサンヘドリン( 104 、 4頁以降を参照。 )では、このアカウントの断片が挿入さに言及して、上記のカジュアル亡命者のバビロニア( ib. p. 120 ) 。 The treatise Giṭṭin (55a-58a) contains a haggadic compilation on the destruction of Jerusalem, its elements being found partly in the Palestinian literature, partly in Ekah Rabbati, and partly in the treatise Ta'anit of the Jerusalem Talmud. giṭṭinの論文( 55a - 58a )には、コンパイルさhaggadicエルサレムの破壊、その要素が見つかった部分は、パレスチナの文学、部分的にekah rabbati 、および部分は、論文は、エルサレムタルムードta'anitです。 This haggadah, which begins with a saying by Johanan, is appended to the brief halakic elucidation of the first sentence of the mishnaic paragraph on the law of the Sicarii (Giṭ. v. 6), mentioning those who fell in the war against the Romans.このhaggadah 、これで始まり、 johanan報道によると、 halakicが付加され、簡単な文章を解明mishnaicの最初の段落では、同法sicarii ( giṭ. v. 6 ) 、 who下落に言及それらとの戦いに、ローマ人への手紙です。 In Babli such haggadic interpolations, often of considerable length, are extremely frequent, while the very content of the mishnaic paragraphs often affords a basis for lengthy haggadic excursuses.このようなbabli interpolations haggadicで、しばしばかなりの長さは非常に頻繁に、が、非常にmishnaic段落の内容をよくする旨の基礎をhaggadic excursuses長いです。 Thus the last (in Yerushalmi, next to the last) chapter of Sanhedrin is made the foundation for a mass of haggadic comments, most of them only loosely connected by an association of ideas with the text of the passages of the Mishnah to which they are assigned.そのための最後の( yerushalmi 、隣には最終更新)の章をサンヘドリンが行われる同財団は、大量のhaggadicのコメントを、かれらの多くは大まかにのみ接続された協会のアイデアは、テキストは、通路は、ミシュナーをされている割り当てられています。 In this exceptionally long chapter of Babli (pp. 90a-113b) only that portion (111b-112b) which refers to the Law in Deut.この非常に長いの章をbabli ( pp. 90a - 113b )その部分のみ( 111b - 112b )を参照して、法律でこれdeutです。 xiii. 13 。 12 et seq. 12頁以降を参照。 is halakic in nature.自然界にはhalakicです。 The haggadic conclusion of the first chapter of Soṭah furnishes the basis for further Talmudic comments in the style of the Haggadah (8b, 14a); so that, for example, the interpretation of Ex.結論のhaggadic furnishes soṭahの最初の章の基盤をより詳細には、スタイルは、 talmudicコメントhaggadah ( 8b 、 14a ) ;ように、たとえば、元の解釈です。 ii. Ⅱ 。 4, cited in the Mishnah (11a), is followed (11a-13b) by an independent section which forms a running midrash on Ex. 4 、列記されたミシュナー( 11a )は、その後( 11a - 13b )を、独立したセクションではどのような形式では、実行中のミドラーシュ例です。 i.わたし。 8-ii. 8 - Ⅱ 。 4. 4 。 Additional examples may be found in nearly every treatise of the Babylonian Talmud.その他の例でほぼすべての論文が見つかることがありますバビロニアタルムードのです。 The haggadic sections of this Talmud, which form an important part of the entire work, have been collected in the very popular "'En Ya'aḳob" of Jacob ibn Ḥabib (1st ed. 1516), as well as in the rarer "Haggadot ha-Talmud" (Constantinople, 1511; comp. Rabbinovicz, "Diḳduḳe Soferim," viii. 131); and they have been translated into German by A. Wünsche ("Der Babylonische Talmud in Seinen Haggadischen Bestandtheilen," 3 vols., Leipsic, 1886-89).このセクションは、次のhaggadicタルムード、これを形成する重要な部分を占め、全体の作業は、非常に人気が収集された" 'アンya'aḳob "のジェイコブイブンḥabib (第1版。 1516 )などのように、珍しく" haggadotハ-タルムード" (コンスタンティノープル、 1511 ;のCOMPです。 rabbinovicz 、 " diḳduḳe soferim 、 " Ⅷ 。 131 ) ;と彼らはドイツ語に翻訳されwünscheされa. ( " der haggadischen bestandtheilen青年babylonischeタルムードで、 " 3 vols学です。 、リプシック、 1886年から1889年) 。

An important factor in the composition of the Talmud, and consequently one it is necessary to consider in a discussion of its literary form, is the frequent juxtaposition of several sayings ascribed to one and the same author.に重要な要素との組成は、タルムード、およびその結果を検討することが必要で1つの議論の文学の形態では、いくつかのことわざの頻繁な並置生得的に1つのと同じ著者です。 These sayings, which are frequently linked together by the name of their common transmitter as well as by that of their author, were evidently taught in this connected form in the academies, thus finding their way into the appropriate passages of the Talmudic text.これらのことわざ、これが頻繁に彼らの名前を連結されただけでなく、その共通のトランスミッタに著者は、この接続が明らかにフォームを教えられるのアカデミーは、その道を見つけるための適切な通路をtalmudic本文です。 Such groups of aphorisms are extremely frequent in Babli; and several of them are found in the passage from Ber.このようなグループのaphorismsは非常に頻繁にbabli 、およびそれらのいくつかは発見された通路からは、 BERを計算します。 2a-9a which has been analyzed above (regarding Yerushalmi see Frankel, "Mebo," p. 39a). 2A面- 9a分析してきた上記の( yerushalmi参照フランケルについて、 " mebo 、 " p. 39a ) 。 Other circumstances which must be considered in discussing the composition of the text of the Talmud are set forth in the account of its origin and redaction given below.その他の事情を考慮する必要がありますが、テキストの組成を議論して、タルムードは、アカウントの規定は、与えられたその起源と改訂は以下のとおり。

Style and Language.スタイルと言語です。

The remarks already made concerning the relation of the Hebrew and the Aramaic elements in the vocabulary of Yerushalmi apply with little modification to Babli, although the Aramaic of the latter is more nearly akin to the Syriac (the eastern Aramaic dialect then current in Babylonia) and is even more closely related to Mandæan (see Nöldeke, "Mandäische Grammatik," p. xxvi., Halle, 1875; on the Persian elements in the vocabulary of Babli see Jew. Encyc. vii. 313b, sv Judæo-Persian).この発言の関係については、すでにヘブライ語とアラム語の語彙をyerushalmi要素は、ほとんどの変更を適用するbabli 、アラム語のは、後者は、私のは、シリアの他の近く(東部の電流を入力し、バビロニアアラム語の方言)とには、さらに密接に関係してmandæan ( nöldeke 、 " mandäische文法、 " p. 26 。 、ハレ、 1875 ;上のペルシャ語の語彙をbabli要素は、ユダヤ人を参照します。 encyc 。 Ⅶ 。 313b 、 sv文書judæo -ペルシャ語) 。 In regard to Greek and Latin terms Levy makes the incomprehensible statement ("Neuhebr. Wörterb." iv. 274a) that "no Greek or Latin words are found in the Babylonian Talmud."これと関連しレビーギリシャ語とラテン語規約により、不可解な声明文(以下" neuhebrです。 wörterb 。 " Ⅳ 。 274a )が"いいえギリシャ語やラテン語の言葉が発見されたバビロニアタルムード。 " This is, however, incorrect; for a large number of words from the Latin and Greek (see Krauss, "Lehnwörter," ip xxiii.) are employed in the Talmud, both in the tannaitic passages found in Babli, and in the sayings of Palestinian as well as of Babylonian amoraim, such as Rab (see Bacher, lcp 32).これは、しかし、間違って;ため、多数の言葉からはラテン語とギリシア語(クラウス、 " lehnwörter 、 " IPのXXIII近くにございます。 )が雇用されてタルムード、通路の両方で発見さbabliのtannaiticし、ことわざのパレスチナ人だけでなく、バビロニアamoraimなど、 Rabの( bacher 、 、 LCP 32 ) 。 On the exegetic terminology as applied in Biblical and traditional hermeneutics, see Bacher, "Terminologie der Amoräer," Leipsic, 1905.上の解釈の用語として聖書に適用さと伝統的な解釈を参照してくださいbacher 、 " terminologie der amoräer 、 "リプシック、 1905 。 An interesting linguistic peculiarity of Babli is the fact that tannaitic traditions, especially stories, are occasionally given entirely in Aramaic, or an anecdote, begun in Hebrew, is continued in Aramaic (such as the story, designated by as a baraita, concerning Joshua b. Peraḥyah and his pupil Jesus [Sanh. 107b]).言語の特性をbabli興味深いのはという事実であるtannaiticの伝統、特にストーリーは、時折完全に与えられたアラム語、または逸話は、ヘブライ語開始され、継続的にはアラム語(のような物語では、バーライターで指定されたとして、 bに関するジョシュアです。 peraḥyahと彼の瞳孔イエスキリスト[ sanh 。 107b ] ) 。

The Halakah in Babli. halakahでbabliのです。

The contents of the Talmud-this term being restricted to Babli, although much which applies to it holds true of Yerushalmi as well-fall into the two main divisions of Halakah and Haggadah.タルムード-の内容を、この用語がbabli制限され、それが適用さはどのくらい保持yerushalmiとしてよく当てはまるの2つの主要部門に陥るhalakahとhaggadahです。 Although, as stated above, the Mishnah itself frequently furnishes the ground for the inclusion of haggadic elements in the Talmud, and although the subjects discussed in the Halakah frequently lead of themselves to haggadic treatment, the Haggadah occupies only a secondary position in the Talmud, since this is, both in origin and in purpose, a halakic work, and was intended to serve as a commentary on the chief authoritative work of the tannaitic Halakah, the Mishnah of Judah I. Those portions, therefore, which treat of the interpretation of the Mishnah are the substance of the Talmud.しかし、前述のように、頻繁にfurnishesのミシュナー自体は地面とのhaggadic要素を含めることは、タルムード、およびhalakahは、頻繁に議論される科目リードしてhaggadic治療は、占有haggadahタルムードのみをセカンダリ位置を表示して、これは、目的の両方での起源とさは、 halakic仕事、役目を果たすとは解説を目的とし、最高権威の仕事をする上tannaitic halakahは、それらの部分ミシュナーのユダi. 、したがって、これは、解釈の治療物質のミシュナー、タルムードのです。 This interpretation, however, was not merely theoretical, but was primarily devoted to a determination of the rules applying to the practise of the ceremonial law; on the other hand, the development of the Halakah had not ceased in the academies of the Amoraim, despite the acceptance of the Mishnah, so that the opinions and the decisions of the Amoraim themselves, even when they were not based merely on an interpretation of the Mishnah and other tannaitic halakot, became the subject of tradition and comment.この解釈は、しかし、単に理論上はないが、決定は主に献身的なルールを適用して練習して、儀式法;その一方で、 halakahの開発を停止いなかったのは、アカデミーamoraim 、にもかかわらず、ミシュナーの受け入れをして、ご意見やamoraim決定したこと自体、たとえ彼らは単にベースの上で特定の解釈やその他のtannaiticミシュナーhalakot 、伝統となったの件名のコメントは得られなかった。 In addition to the Mishnah, furthermore, the Midrash (the halakic exegesis of the Bible) and the Halakah in the more restricted sense became the subject of tradition and of study, and were preserved in different collections as being the other results of the tannaitic period.に加えて、ミシュナー、また、ミドラーシュ( halakic釈義、聖書)となったhalakahは、もっと限定した意味でのアジ研の伝統との研究では、とは別のコレクションに保存され、他の結果をされてtannaitic期間です。 In this way the Talmud, in its strict connotation of the interpretation of the Mishnah, was increased by an inexhaustible mass of material, which afforded the amoraic academies a basis both for the interpretation and for the criticism of the Mishnah; for since the Talmud deals with the criticism of the Mishnah, not only in text and meaning, but also in its relation to the baraitot, these baraitot themselves were frequently interpreted in the same way as were mishnaic passages (eg, RH 10a, 12b, 29a), and were supplied with their Talmud.このようにしてタルムードは、その意味合いは、厳格な解釈をミシュナー、増加したのは、尽きることのない大量の素材、アカデミーの根拠を与えamoraicの両方の解釈との批判は、ミシュナー;の取引以来、タルムードミシュナーの批判をするのではなく、テキストとの意味でのみだけでなく、その関連して、 baraitot 、これらのbaraitot自体が頻繁に同じように解釈されたmishnaic通路(例えば、 rh 10 Aまで、 12b 、 29a )とはそのタルムード付属します。 Moreover, the Talmud was further augmented by the inclusion within it of the views which the scholars expressed in the course of their public, judicial, and other activities, as well as by the data regarding their private lives and their religious practises which were discussed and memorized in the academies.また、タルムードは、より詳細な封入に増強され、それは、再生回数は、学者のパブリックコース発現して、司法、およびその他の活動だけでなく、彼らのプライベートな生活に関するされたデータとその宗教的な議論することとされた記憶は、アカデミーです。 If this brief sketch of the Talmud as regards its halakic contentsbe supplemented by the statement that the sayings of the several amoraim as well as the opposing views of their contemporaries and the members of the academies, whether teachers or pupils, are frequently recorded in connection with the report of the discussions of the academies, a more complete view of the nature of the Talmud and a better conception of its form may be gained.この簡単なスケッチの場合は、そのhalakic contentsbeタルムードに関して補足された声明によれば、ことわざのいくつかのamoraim反対の再生回数だけでなく、そのコンテンポラリーとアカデミーのメンバーは、教師や生徒かどうかは、接続が頻繁に記録されこの報告書のアカデミーの議論を、もっと完全な対象の性質は、タルムードとそのフォームの構想をより良い年5月に得た。

The Framework Anonymous.匿名のフレームワークです。

The real framework of the Talmud, however, on which the entire structure was built, was, as noted above, provided by the questions, comments, and discussions which are based on individual paragraphs of the Mishnah, and which are anonymous, or not ascribed to any author.本当のフレームワークは、タルムード、しかし、全体の構造が建設されては、上記のように、提供される点がございましたら、コメント数、および個々の段落に基づいて議論が、ミシュナー、およびこれは、匿名か、または特定生得任意の著者です。 Appended to these passages and interspersed among them are sayings whose authors are named; and this class frequently preponderates greatly.追加されており、これらの通路やことわざその中には、その作者の名前、およびこのクラスを大幅に頻繁にpreponderatesです。 The anonymous framework of the Talmud may be regarded as the warp resulting from the united activity of the members of the academy, and upon which the woof of the Talmud was interwoven and developed during three centuries, until its final redaction gave it definitive form.タルムード年5月、匿名の枠組みの中にワープの結果と見なされる米アカデミーのメンバーの活動を、と横糸が管理し、開発中のタルムードは3つの世紀に織り交ぜると、それまでの最終改訂は決定的なフォームです。 The Talmud is really the work of the body of scholars in the academies, who devoted themselves to it generation after generation, and kept its traditions alive.タルムードの仕事をするのは本当に体の学者は、アカデミー、 who献身的に生成して生成した後、その伝統と保管生きている。 Although many members of the academie-sthe great as well as the small, teachers as well as pupils-are mentioned as the authors of various sayings and decisions, and as taking part in the discussions and controversies, some of them being deemed scholars worthy of record on account of a single remark, the background of the Talmud, or rather the background for those elements regarding whose authorship statements are made, was formed by the united efforts of those who labored to produce that work.多くの会員とのAcademie - sthe素晴らしいだけでなく、小、教師の生徒だけでなく-に記載の作家としての様々なことわざや意思決定、およびとして参加し、論争の議論と、いくつかの学者にふさわしいと判断されているアカウントの記録を、 1つの発言は、タルムードを背景にして、これらの要素の背景というかむしろ、その原作者のステートメントについては、団結した力が形成され、それらを生産して動作するwhoこじつけのです。 The manifold objections and refutations introduced by the word "metibi" (= "they object"), and the questions (generally casuistic in nature) preceded by the formula "ibba'ya lehu" (= "they have asked") refer to this body of scholars, regardless of the date at which they lived.多種多様な異議申し立てを導入して、単語やrefutations " metibi " ( = "彼らオブジェクト" ) 、との質問(通常詭弁的な自然の)前に、数式" ibba'ya lehu " ( = "彼らは要請" )を参照して、この体の学者、彼らに関係なく、日付が住んでいます。

Redaction.改訂します。

This allusion to the anonymous framework of the Talmud suggests the problem of its redaction, which is partially answered by the allusion itself; for the work began with the inception of the collection, and the first amoraim laid the foundation for the task, which was carried on by succeeding generations, the final result being the Talmud in its present form.この言及して、匿名のフレームワークは、タルムードの改訂問題を示唆して、これは部分的回答をほのめかし自体;は、仕事を始めたのは、コレクションの開始、およびamoraim家の財団の最初のタスクが実行後世にされ、最終的な結果が、タルムードは、現在の形にします。 The system of mishnaic hermeneutics, which was in a sense official, and was at all events sanctioned by the lectures delivered in the academy, was determined as early as the first generation, and remained valid thenceforth. mishnaic 、システムの解釈学、これは、ある意味で公式とは認可されたすべてのイベントを提供する方法は、アカデミーの講義が決定、早ければ第一世代は、その時以来、引き続き有効です。 It is interesting to notice that the only certain occurrence of the word "Gemara" in the sense of "Talmud" ('Er. 32b) is found in connection with an account which throws a flood of light upon the first stages of the redaction of the Talmud.これは興味深いことに注意して発生する特定の単語のみ" gemara "という意味の"タルムード" ( ' er 。 32b )が発見さ接続の例外を持つアカウントを光の洪水時の第一段階には、改訂の、タルムードです。 This account begins with the interpretation of 'Er.このアカウントで始まるの解釈の' er 。 iii. Ⅲ 。 4, and is as follows: "R. Ḥiyya b. Abba, R. Assi [Palestinian amoraim in Babylon], and Rabba b. Nathan sat; and beside them sat also Rab Naḥman. They sat and said [here follows a dialectic discussion on the nature of the place of the tree mentioned in the paragraph of the Mishnah]. Then R. Naḥman said: 'It is correct; and Samuel also has approved of this explanation.' 4 、とは以下のとおりです: " r. b. ḥiyyaのAbba 、 r. assi [パレスチナamoraimのバビロン] 、およびrabba b.ネイサン土;と土の横にしてもnaḥman Rabのです。彼らによると土と[ここで次のように、弁証法的議論その性質上、ツリーの代わりに、段落に記載されてミシュナー] 。 naḥmanよると入力し、 r. : 'それが正しいか;とサミュエルも承認は、次の説明します。 Then the first three asked: 'Hast thou established this explanation in the Gemara?'入力し、最初の3つの質問: '設立この説明は、なたgemaraですか? ' [ie, "Hast thou included it as a fixed element in the Talmud? [すなわち、 "なたの固定要素に含まれるものとして、タルムードですか? Naḥman answers in the affirmative, whereupon a confirmatory amoraic tradition is added; and, in the name of Samuel, Rab Naḥman interprets the mishnaic passage under consideration in the light of that exegesis]." The term "ḳaba'" ("establish") was used in a later age by Sherira Gaon to designate the incorporation of portions that were used to make up the Talmud into its text (see Lewy, "Interpretation des Ersten Abschnitts des Palästinischen Talmud-Traktates Nesikin," p. 4; Bacher, in "Hebrew Union College Annual," 1904, p. 34), while in the Talmud itself the word was applied to the redaction of tannaitic traditions (see RH 32a, above; Ḳid. 25a; Sanh. 21b; Zeb. 114b). This account, which dates from the beginning of the amoraic period in the Academy of Nehardea, is, curiously enough, an isolated instance; for among the many dates and accounts which the Talmud contains in reference to the academy and its members, there is no direct statement concerning the redaction of the text, either in its earlier stages or at its conclusion, although certain statements on divergent traditions of amoraic sayings and discussions afford an idea of the way in which the Talmudic text emerged from the various versions given by the scholars and schools that transmitted it. These statements, which have been collected by Lewy (lc pp. 4-14), use the verb "tanni" ("pa'el" from ) in referring to lectures on the Talmudic text as well as amoraic sayings or discussions on them (Bacher, "Terminologie der Amoräer," p. 239). Thus it is stated (Shab. 48b; BB 86a) that at Sura a certain interpretation was given in the name of Ḥisda and at Pumbedita in that of Kahana. There are a number of other similar statements concerning traditions, in regard to differences, as between Sura and Pumbedita, and between Sura and Nehardea, in the wording of the amoraic sayings and in their ascribed authorship (Giṭ. 35a). Especially frequent is the mention of amoraim of the fourth and fifth centuries as transmitters of these divergent statements, either two amoraim being named as authorities for two different versions, or an amora being cited as opposing another version to an anonymous tradition. As examples of the former may be mentioned Rabba and Joseph (Zeb. 25b), Pappa and Zebid (Shab. 66b), Kahana and Tabyomi (Ned. 16b), Ashi and Mar Zuṭra (Shab. 119a), and Rabina and Aḥa (Ket. 31b); while many other instances are cited by Lewy (lc). naḥman回答は、肯定的、伝統amoraicすると、確証が追加されます;と、サミュエルの名の下、 Rabのnaḥmanて解釈しmishnaic通過に照らして検討されて、その評釈] 。 "という用語は" ḳaba ' " ( "を確立する" )年齢によっては、使用されてsherira gaonへの混入を指定されたの一部を穴埋めするタルムードを使用して、テキスト(レヴィー、 "解釈デersten abschnittsデpalästinischenタルムード- traktates nesikin 、 " p. 4 ; bacherは、 "ヘブライ語連合大学の毎年恒例の、 " 1904年、 p. 34 ) 、中にはタルムードという言葉自体が適用されるtannaitic改訂の伝統( rh 32a 、上記; ḳid 。 25a ; sanhです。 21b ; zebです。 114b )です。アカウント、これは、最初から日程amoraic期間は、アカデミーのnehardeaは、妙な話だが、孤立したインスタンス;の間の多くの日付とは、タルムードを含むアカウントを参考に、アカデミーとそのメンバーでは、直接の改訂に関する声明のテキストは、それ以前の段階では、どちらかまたはその結論として、特定のステートメントを発散amoraicことわざや伝統的な余裕の大体のイメージを議論しているtalmudicテキストは、様々なバージョンからの登場によって与えられた学者や学校を送信してください。これらのステートメントは、収集されたレヴィーされてきた(液晶pp 。 4-14 ) 、使用して動詞" tanni " ( " pa'el "より)を参照して講義のテキストを検索するだけでなくtalmudicことわざamoraicまたは議論されて( bacher 、 " terminologie der amoräer 、 " p. 239 ) 。このように述べたことは( shab. 48b ; bb 86a )にはふくらはぎ、特定の解釈が与えられたの名の下でのḥisdaとpumbeditaカハナです。には、いくつかの他の同様の記載されている伝統は、相違点については、ふくらはぎとの間にpumbedita 、との間にふくらはぎとnehardea 、 amoraicことわざは、言葉遣いは、またかれらの生得的原作者( giṭ. 35a ) 。特に頻繁には、 amoraimに言及したのは、第4世紀から5世紀の発散として、これらのステートメントトランスミッタ、 amoraimのいずれか2つの名前として当局が異なる2つのバージョン、または別のバージョンアモラが挙げられるが、匿名の伝統に反対します。としての例を元年5月に言及rabbaとヨセフ( zeb. 25b ) 、 pappaとzebid ( shab. 66b ) 、カハナとtabyomi ( ned. 16b ) 、 ashiとマルzuṭra ( shab. 119a ) 、およびrabinaとaḥa ( ket. 31b ) ;ながら多くの他のインスタンスが引用さレヴィー(液晶) 。

Technical Terms for Tradition.専門用語の伝統です。

Particularly interesting are the cases in which a divergent account is presented before Ashi, and thus before the one who projected the definitive redaction of the Talmud, Ashi appearing in all these cases as representing the version first given.特に興味深いのは、場合にはアカウントが提示する前にashiを発散し、このように投影する前に、 1つの決定的な改訂をwhoタルムード、すべてのこのような場合に表示さashiとして与えられた最初のバージョンを表す。 Thus the amora Mordecai said to Ashi: "Thou teachest thus; but we teach differently" (Men. 42b; Ber. 5a).したがって、モルデカイによるとアモラをashi : "なたteachestしたがって;しかし、私たちを教える異なる" ( men. 42b ; BERを計算します。 5aの)です。 In addition to such statements, which are ascribed to members of the Babylonian academies, and which indicate divergencies in amoraic tradition, the extant text of the Talmud contains also a number of othervariants, which are included without such statements.このような発言に加えて、これは、生得的にアカデミーのメンバーのバビロニア、およびamoraicの伝統を示すdivergenciesでは、現存のテキストが含まれ、また、いくつかのothervariantsタルムードには含まれるものをこのような機関です。 These are introduced by such formulas as "And if you will say (), referring to other authorities, or "There are those who say," or "There are those who teach," and similar phrases. The expression "another version" () frequently appears in the text as a superscription to a divergent account (Naz. 9b; B. Ḳ. 59a; Ḥul. 119b; Tem. 5a, 6a, 9b; 11b, 30b [comp. Frankel in "Monatsschrift," 1861, x. 262]; Niddah 29a, 38a). All these instances afford an idea, even though but an imperfect one, of the gradual development of the Talmudic text. To comprehend why only practically a single Talmud was produced, despite the various academies, the great number of authoritative transmitters of the mass of material, and the number of generations that collaborated on the work, it must be borne in mind that there was a continual interchange of ideas between the academies, and that the numerous pupils of the successive generations who memorized the Talmud, and perhaps committed at least a part of it to writing, drew from a single source, namely, the lectures of their masters and the discussions in the academies; further, that, since the work on the Talmud was continued without interruption along the lines laid down by the first generation of amoraim, all succeeding generations may be regarded as one body of scholars who produced a work which was, to all intents and purposes, uniform. This unity finds its expression in the phraseology adopted in the anonymous framework of the Talmud, which terms the authors "we," exactly as a writer speaks of himself as "I" in an individual work. Examples of this phraseology occur in the following formulas: ("We then raised the question"; see Shab. 6b, 71a, 99b; Yoma 74a, 79b; Suk. 33a; Meg. 22a; Yeb. 29b; Ḳid. 49a; Giṭ. 60b; Shebu. 22b; 'Ab. Zarah 35a, 52b; Niddah 6b); ("We have opposed [another teaching to the one which has been quoted]"); ("We have learned," or, in other words, "have received by tradition"), the conventional formula which introduces mishnaic passages; and, finally, ("Whence have we it?"), the regular preface to an inquiry regarding the Biblical basis of a saying. In all these formulas the "we" denotes the authors of the Talmud regarded as a collective unity, and as the totality of the members of the academies whose labors, covering three centuries of collaboration, resulted in the Talmud. It was in the Babylonian Academy of Sura, moreover, that the final redaction of the Talmud took place, the very academy that took the lead in the first century of the amoraic period; and the uniformity of the Talmud was thus assured, even to the place of its origin.これらは、このような数式として導入された"と言う場合は( ) 、他の当局を参照するか、または"には、そういうwho言ってやる" 、または"には、これらのwhoを教える" 、および同様の表現です。の表現"別のバージョン" ( )頻繁に表示されているテキストを上書きして発散アカウント( naz. 9b ; b. ḳ 。 59a ; ḥulです。 119b ;テムです。 5aを、 6A面、 9b ; 11b 、 30b [のCOMPです。フランケル、 " monatsschrift 、 " 1861年、 Xの262 ] ; niddah 29a 、 38a ) 。これらすべてのインスタンス余裕のアイデアにもかかわらず、不完全ではなく、 1つは、緩やかな発展をtalmudicのテキストです。のみを実質的に、 1つの理由を理解するタルムードは、生産、にもかかわらず、様々なアカデミーは、トランスミッタの権威の大多数は、大量の素材、との数の世代の仕事に協力して、それを念頭に置いて負担しなければならないことがあったのアイデアを継続的インターチェンジの間のアカデミーており、その世代に連続し、多くの生徒は、タルムードwho記憶して、そしておそらく、少なくとも部分にコミットして書き込み、ドリュー、単一のソースから、すなわち、講義のマスターズと議論し、アカデミー;より詳細な、それは、タルムード以来、作業を継続的には、中断の趣旨に沿って敷設された第1世代のamoraim 、 5月のすべての後世の学者と見なされる1つのボディワークをwho生産は、すべての点から見ても、統一します。この団結見つかったその発現させた後、採択された用語匿名の枠組みの、タルムードをご利用の著者に"我々は、 "正確に話すの作家としての自分自身を" i "が表示さ個々の仕事です。例は、次の用語は、次の数式で起こる: ( "我々の問題を提起" ;参照shab 。 6B面、 71a 、 99b ; yoma 74a 、 79b ;ソクです。 33a ;メグです。 22a ; yebです。 29b ; ḳidです。 49a ; giṭです。 60b ; shebu 。 22b ; 'アルバータです。 zarah 35a 、 52b ; niddah 6B面) ; ( "我々は反対[別の授業を1つの引用符でてきた] " ) ; ( "我々が学んだ" 、または、言い換えれば、 "伝統が受信さ" ) 、数式を紹介し、従来の通路mishnaic ;と、最後に、 ( "そこは私たちですか? " ) 、正規序文お問い合わせについては聖書を根拠に言っています。すべてのこれらの数式は"私たち"の作者の、それは、タルムードと見なされて、集団の結束し、全体としてのアカデミーのメンバーは、その労働者、カバーの3つの世紀のコラボレーション、結果、タルムードです。それは、バビロニアアカデミーのふくらはぎ、また、それは、タルムードの最後の改訂が行われ、 、非常にアカデミーを主導したの最初の世紀のamoraic期間;とタルムードは、このように均一性を確保も、場所を起源です。

Date of Redaction.この評価を改訂します。

The statements already made concerning the continuous redaction of the Babylonian Talmud apply with equal force to the Yerushalmi, this fact being expressed by Lewy (lc pp. 14-15) in the following words: "In Palestine, as in Babylon, there may have been different Talmudim in the various schools at different periods. . . . Similarly in the Palestinian Talmud different versions of amoraic sayings are quoted in the names of different authors, from which it may be inferred that these authors learned and taught different Talmudim."すでに連続のステートメントの改訂は、バビロニアタルムードにも同様に適用するyerushalmi力を行使して、このような事実が表現さレヴィー(液晶pp 。 14-15 )は、次の言葉: "パレスチナ、バビロンのように、 5月にtalmudimされた別の学校の様々な期間は異なる。 。 。 。 。 。 。 。同様に、パレスチナタルムードamoraic異なるバージョンのことわざは、さまざまな作家の名前を引用符では、推定されることがありますから、これらの作家を学んだと異なるtalmudim教えします。 " Lewy speaks also (lcp 20) of several redactions which preceded the final casting of the Palestinian Talmud into its present form.レヴィー話すも( 、 LCP 20 )を前にいくつかのredactions 、パレスチナタルムードの最後のキャスティングは現在の形にします。 The actual condition of affairs can scarcely be formulated in these terms, however, since the divergencies consist, for the most part, of mere variants in certain sentences, or in the fact that there were different authors and transmitters of them; and although many of these deviations are cited by R. Jonah and R. Jose, who lived and taught contemporaneously at Tiberias, this fact scarcely justifies the assumption that there were two different Talmudim, one taught by Jonah and the other by Jose; it will nevertheless be evident, from the statements cited above, that the Talmud existed in some definite form throughout the amoraic period, and that, furthermore, its final redaction was preceded by other revisions.問題は、ほとんどの実際の状態で策定されるこれらの用語は、しかし、以来、 divergencies構成は、大部分は、単なる特定の文章の亜種、または別の作家があったという事実とトランスミッタをして、そして多くのこれらの偏差が挙げ都市ヨナ減速ホセ、 who contemporaneouslyに住んで教えティベリアス、このような事実があったと仮定して正当化ほとんど異なる2つのtalmudim 、 1つの教えをユーヌスとされ、他のホセ;ことは明白であるにもかかわらず、上記引用文から、タルムードは、いくつかの明確なフォームが存在してamoraic期間中、とし、また、その前に最後の改訂は、他の改正です。 It may likewise be assumed that the contemporaneous schools of Tiberias, Sepphoris, and Cæsarea in Palestine taught the Talmud in different redactions in the fourth century.同様にれることがありますと仮定して同時期に学校のティベリアス、 sepphoris 、およびcæsarea 、パレスチナのタルムードが異なるredactions教え第4世紀です。 Lewy assumes, probably with correctness, that in the case of Yerushalmi the treatise Neziḳin (the three treatises Baba Ḳamma, Baba Meẓi'a, and Baba Batra) was taken from a redaction differing from that of the other treatises.レヴィーを想定、おそらく、正確性、 yerushalmiして、例の論文neziḳin ( ḳammaババの3つの論文は、ババmeẓi'a 、および馬場batra )からの改訂は、他の論文が異なるからです。 (Allusion has already been made to a difference of content between the first two and the last two orders of the Yerushalmi.) With regard to Babli. (ほのめかしは、すでにされて違いのコンテンツを参照して下さいとの間の最初の2つの最後の2つの命令をyerushalmiです。 ) babliと関連しています。 Frankel has shown ("Monatsschrift," x. 194) that the treatise Tamid, in which only three chapters out of seven are accompanied by a Talmud, belongs to a different redaction from that of the other treatises; and he endeavors to show, in like manner (ib. p. 259), both "that the redactor of the treatise Ḳiddushin is not identical with that of Baba Batra and Nedarim," and "that the redactor of the treatise Giṭṭin is not the same as that of Keritot and Baba Batra."フランケルが示さ( " monatsschrift 、 " Xの194 )は、論文tamid 、の3つの章では7アールのみ同行されたタルムード、所属してから、別の改訂が、他の論文;と彼は努力を詳細は、同じように( ib. p. 259 ) 、両方"は、 redactorは、論文と同一ではないがḳiddushinババbatraとnedarim 、 "および"は、 redactorのgiṭṭinの論文ではないのと同じですが、馬場keritot batra 。 " However, as these remarks refer to the final redaction of the Talmud, they do not touch upon the abstract unity of the work as emphasized above.しかし、これらの発言としての最後の改訂を参照して、タルムード、彼らはありません触れるとしての仕事は、抽象の結束を強調します。 It is sufficient to assume, therefore, that the final redaction of the several treatises was based on the versions used in the different academies.これは十分に想定、したがって、その論文の最後の改訂は、いくつかのバージョンに基づいては、別のアカデミーで使用されています。 It may be postulated, on the whole, that the Palestinian Talmud received its present form at Tiberias, and the Babylonian Talmud at Sura (comp. the passages in Yerushalmi in which [= "here"] refers to Tiberias, and those in Babli in which the same word denotes Sura [Lewy, lcp 4]).仮定されることがありますは、 [全体的には、パレスチナ人は、その現在のフォームにティベリアタルムード受け取った、とのバビロニアタルムードでふくらはぎ( comp.の通路にyerushalmiでは[ = "ここに" ]を参照してティベリア、およびそれらにbabliでふくらはぎは、同じ単語を示し[レヴィー、 、 LCP 4 ] ) 。

The chief data regarding the academies of Palestine and Babylon, whose activity resulted in the Talmud, have been set forth elsewhere (see Jew. Encyc. i. 145-148, sv Academies), so that here stress need be laid only on those events in the history of the two schools and of their teachers which are especially noteworthy in connection with the origin and the final redaction of the two Talmudim.アカデミーの首席データについてはパレスチナとバビロン、その活動の結果、タルムード、他の記載が設定されて(ユダヤ人である。 encyc 。 i. 145-148 、 sv文書アカデミー) 、ここでストレスを必要としてこれらのイベントにレイアウトのみでの歴史の中の2つの学校や教師には、特に注目に値するの接続を起源との最後の改訂は、 2つのtalmudimです。 It may be said, by way of preface, that the academies of Palestine and Babylon were in constant intercommunication, notwithstanding their geographical position.それによると5月に、前置きとして、アカデミーは、パレスチナとバビロンの定数は、インターホン、その地理的位置にもかかわらずです。 Many prominent Babylonian scholars settled permanently in Palestine, and many eminent Palestinians sojourned in Babylon for some time, or even for a considerable portion of their lives.多くの著名な学者のバビロニアパレスチナで永久に定着し、多くの著名なパレスチナ人のバビロンsojournedいくつかの時刻、またはでさえ彼らの生活にかなりの部分です。 In the second half of the third century Babylonian students sought the Palestinian schools with especial frequency, while many pupils of Johanan went during the same period to Babylon; and in the troublous days of the fourth century many Palestinian scholars sought refuge in the more quiet regions along the Euphrates. 2番目3番目の世紀のバビロニアの半分を求め、パレスチナの学校の学生に特別な周波数、多くの生徒の中には同じ期間にjohananバビロン;とは、 4世紀の荒れ狂う日間のパレスチナ人の学者の多くは、他の静かな地域に求められて避難所ユーフラテス川に沿っています。 This uninterrupted association of scholars resulted in an active interchange of ideas between the schools, especially as the activity of both was devoted in the main to the study of the Mishnah.この結果に終わりなき学者協会のアイデアに積極的にインターチェンジの間の学校、特に献身的な活動の両方のは、メインのことを勉強し、ミシュナーです。 The Jerusalem Talmud accordingly contains a large number of sayings by Babylonian authorities, and Babli quotes a still larger number of sayings by Palestinian scholars in addition to the proceedings of the Palestinian academies, while it likewise devotes a very considerable space to the halakic and haggadic teachings of such Palestinian masters as Johanan, Simeon b.したがって、エルサレムタルムードには、数多くのことわざをバビロニア当局、およびbabliまだ多くのことわざを引用符でパレスチナ人の学者に加えて、手続きは、パレスチナのアカデミー、中に同様に充て、非常に大きなスペースを教えhalakicとhaggadicこのようなパレスチナ人johananマスターズとして、シメオンb. Laḳish, and Abbahu. laḳish 、およびabbahuです。 Anonymous Palestinian sentences are quoted in Babli with the statement, "They say in the West"; and similar maxims of Babylonian origin are quoted in Yerushalmi in the name of "the scholars there."匿名パレスチナの文章が引用さbabliの声明で、 "かれらは言うで西" ;と同じような格言の起源はバビロニアの名の下に引用さyerushalmi "学者ある。 " Both the Talmudim thus acquired more traits in common than they had formerly possessed despite their common foundation, while owing to the mass of material which Babli received from the schools of the Holy Land it was destined in a measure to supplant the Palestinian Talmud even in Palestine.したがってtalmudim後天性の両方の特性の共通点の他の所有にもかかわらず、以前よりも彼らは共通の基盤は、中のために、大量の材料をbabliの学校から受け取ったことは、運命の聖地での対策を講じても、パレスチナsupplant 、パレスチナタルムードです。

Activity of Jonah and Jose.活動のユーヌスとホセです。

The history of the origin of Yerushalmi covers a period of two centuries.の歴史をyerushalmiの起源は何世紀の2つの期間をカバーする。 Its projector was Johanan, the great teacher of Tiberias, who, together with his pupils and contemporaries, some of them of considerable prominence, laid the foundations for the work which was continued by succeeding generations.そのプロジェクターはjohananは、偉大な教師のティベリアス、 who 、コンテンポラリーと一緒に彼の生徒と、いくつかのかなりの隆起して、家の仕事のための基盤を後世が継続されています。 The extreme importance of Johanan in the genesis of the Palestinian Talmud seems to have been the basis of the belief, which first found expression in the twelfth century, although it is certainly older in origin, that he was the author of Yerushalmi (see Frankel, "Mebo," p. 47b).極限の重要性をjohananは、創世記のように、パレスチナタルムードという信念の基礎をも、これは、 12世紀の最初の表現が見つかりましたが、これは確かに古い起源は、著者のyerushalmiしていた(フランケル氏" mebo 、 " p. 47b ) 。 As a matter of fact, however, almost a century and a half elapsed after the death of Johanan (279) before this Talmud received its present form, but it was approximated to this form, toward the end of the fourth century, by Jonah and Jose, the two directors of the Academy of Tiberias.として実際のところ、しかし、ほぼ一世紀半経過した後、死亡したjohanan ( 279 )このタルムード受信する前に、現在の形に、それは、このフォームを近似、第4世紀の終わりに向かって、ユーヌスとルホセ、 2つの監督は、アカデミーのティベリアです。 Their joint halakic sentences, controversies, and divergent opinions on the utterances of their predecessors are scattered throughout Yerushalmi; but the conclusion that Jose redacted it twice, which has been drawn from certain statements in this Talmud, is incorrect (Frankel, lcp 101a; Weiss, "Dor," iii. 113 et seq., 211; see Lewy, lc pp. 10, 17; Halevy, "Dorot ha-Rishonim," ii. 322).彼らの共同halakic文章、論争し、意見を発散の前任者の発言が散らばってyerushalmi ;しかし、編集済みのこと、という結論に2回ホセされてきた、このタルムードから引き出される特定のステートメントは、間違って(フランケル氏、 LCP 101a ;ワイス、 "ドール、 " Ⅲ 。 113頁以降を参照。 、 211 ;参照レヴィー、液晶pp 。 10 、 17 ;アレビ、 " dorotハ- rishonim 、 " Ⅱ 。 322 ) 。 Jonah's son Mani, one of the scholars most frequently named in Yerushalmi, seems, after studying at Cæsarea, where noteworthy scholars were living in the fourth century, to have raised the school of Sepphoris to its highest plane; and a large number of the sayings of the "scholars of Cæsarea" was included in Yerushalmi (see "Monatsschrift," 1901, pp. 298-3l0).ヨナの息子のマニ、のいずれかの名前で最も頻繁にyerushalmiの学者、よう、 cæsarea勉強した後、ここで注目に値する学者が、第4世紀に住んで、学校にはsepphorisを提起し、最高の平面;とする数多くのことわざは、 "学者のcæsarea "が含まれてyerushalmi (詳細については、 " monatsschrift 、 " 1901年、 pp 。 298 - 3l0 ) 。 The only other halakist of importance among the Palestinian amoraim is Jose b.他の重要なだけhalakistパレスチナの間では、ホセb. amoraim Abin (or Abun). abin (またはabun ) 。 According to Frankel (lcp 102a), he occupied about the same position in regard to the redaction of Yerushalmi as was held by Ashi in regard to that of Babli (see also Weiss, lc iii. 117).によると、フランケル( 102a 、 LCP ) 、彼は占領については、同じ位置につきましてyerushalmiとしての改訂が行われたのはこれと関連してashi babli (こちらもワイス、液晶Ⅲ 。 117 ) 。 The final redaction of the Talmud was reserved for the succeeding generation, probably because the activity of the Academy of Tiberias ceased with the discontinuance of the patriarchate (c. 425).タルムードの最後の改訂は、成功のための世代は、おそらくアカデミーのための活動を停止、中止をティベリア家長の位( c. 425 ) 。 This was the time during which Tanḥuma b.これは、期間中にtanḥuma b. Abba (see Bacher, "Ag. Pal. Amor." iii. 502) made his collection and definite literary arrangement of the haggadic exegesis of the amoraic period.のAbba ( bacher 、 " AGに帰属します。 PAL方式です。アモール。 " Ⅲ 。 502 )は彼のコレクションと明確な文学の手配をしたことは、 haggadic評釈amoraic期間です。 The beginnings of the Babylonian Talmud are associated both with Nehardea, where the study of the tradition had flourished even before the close of the tannaitic period, and with Sura, where Rab founded a new academy which soon surpassed Nehardea in importance.バビロニアの始まりは、タルムードに関連するnehardea両方を、ここでの研究の伝統が終了する前にも開花期のtannaitic 、およびふくらはぎ、どこRabの新しいアカデミーを設立したnehardeaの重要性をすぐに上回った。 Rab and Samuel, who respectively presided with equal distinction over the two schools, laid the foundation of the Babylonian Talmud through their comments on the Mishnah and their other teachings. Rabのとサミュエル、 whoそれぞれ大統領にも同様に区別する2つの学校、家の財団を通じて、バビロニアタルムードのコメントが、ミシュナーとその他の教えします。 Their views are frequently contrasted in the form of controversies; but on the other hand they are often mentioned as the common authors of sentences which were probably transmitted by certain pupils who had heard them from both masters.その再生回数が頻繁に対比の形での論争;しかし他方で彼らは頻繁に取り上げられ、共通の作者の文章が、おそらく特定の生徒によって伝播さwhoは聞いたことの両方からマスターズです。 One of these pupils, Judah b.のいずれかの瞳、ユダb. Ezekiel, when asked to explain some of the more obscure portions of the Mishnah, subsequently alluded plaintively to the "hawayyot" of Rab and Samuel, meaning thereby the questions and comments of the two masters on the entire Mishnah (Ber. 20a and parallels).エゼキエル書は、要請を説明するときにいくつかの他のあいまいな部分をミシュナー、その後plaintivelyをそれとなく触れ、 " hawayyot "とサミュエルRabのは、意味が、質問やご意見は、全体の2つのマスターズをミシュナー( ber. 20aと緯線)です。 In like manner, scholars of the fourth century spoke of the hawayot of Abaye and Raba, which formed, as it were, the quintessence of the Talmud, and which, according to an anachronistic addition to an old baraita, were even said to have been included in the branches of knowledge familiar to Johanan b.同じように、学者は、 4世紀のスポークのabayeとラバ川のhawayot 、これ形成、ということになったの真髄は、タルムード、およびこれによると、時代錯誤のに加えて、古いバーライター、と伝えられているがさえ知識の枝に含まれるものを身近にjohanan b. Zakkai (Suk. 28a; BB 134a). zakkai ( suk. 28a ; bb 134a ) 。

Activity of Raba.ラバ川の活動です。

The pupils of Rab and Samuel, the leading amoraim of the second half of the third century-Huna, Ḥisda, Naḥman b. Rabの生徒とサミュエルは、 2番目の半分をリードamoraimの3番目の世紀-フーナ、 ḥisda 、 naḥman b. Jacob, Sheshet, and the Judah mentioned above, who is especially prominent as a transmitter of the sayings of his two teachers-added a mass of material to the Talmud; and the last-named founded the Academy of Pumbedita, where, as at Sura, the development of the Talmud was continued.ジェイコブ、 sheshet 、ユダと上述したように、 whoは、特に有名なことわざとしては、彼の2つのトランスミッタ教師-追加した大量の資料を、タルムード;との最後の名前pumbeditaアカデミーの設立し、どこに、ふくらはぎとしては、の開発は、タルムードが続いている。 Pumbedita was likewise the birth-place of that casuistic and hair-splitting method of interpreting and criticizing halakic passages which forms the special characteristic of the Babylonian Talmud, although the scholars of this academy devoted themselves also to the study of the collections of tannaitic traditions; and at the beginning of the fourth century the representatives of the two movements, "Sinai" Joseph and Rabbah, the "uprooter of mountains," succeeded their master Judah and became the directors of the school. pumbeditaは、同様にして生まれたのが詭弁的な場所や重箱の隅をつつく法の解釈と批判halakic通路を形成して特別な特徴は、バビロニアタルムード、このアカデミーの学者たちは、献身的なものことを勉強し、自身のコレクションをtannaitic伝統;との冒頭には、 4世紀の代表が2つの動きを、 "シナイ半島"ジョセフとアンマンは、 "抜根機の山々 、 "成功したが、取締役のマスターユダとなったのは学校です。 Their sayings and controversies, together with the still more important dicta and debates of their pupils Abaye and Raba, form a considerable part of the material of the Talmud, which was greatly increased at the same time by the halakic and haggadic sentences brought from Palestine to Babylon.ことわざや論争が、もっと重要なdictumの複数形と一緒に、まだ議論の生徒とラバ川abayeと、かなりの部分を形成する材料は、タルムード、これは、同じ時間が大幅に増加された文章から持って来たhalakicとパレスチナをhaggadicバビロンです。 All the six orders of the Mishnah were then studied, as is statedby Raba (not Rabba; see Rabbinovicz, "Diḳduḳe Soferim," on Ta'anit, p. 144), although in Judah's time the lectures had been confined to the fourth order, or, according to the view of Weiss ("Dor," iii. 187), which is probably correct, to the first four orders (comp. Meg. 28b; Ta'an. 24a, b; Sanh. 106b; Raba's pupil Pappa expresses a similar view in Ber. 20a).ミシュナーのすべての6つの命令を入力し、勉強は、ラバ川にはstatedby (特定rabba ;参照rabbinovicz 、 " diḳduḳe soferim 、 "上ta'anit 、 p. 144 ) 、ものの、ユダの時間の講義に限局していたため、第4か、または、ビューによると、ワイス( "ドール、 " Ⅲ 。 187 ) 、これはおそらく正しい場合は、最初の4つの命令を( comp.メグです。 28b ; ta'an 。 24a 、 b ; sanhです。 106b ;ラバ川の瞳孔pappaを表現し、同様のビューでBERを計算します。 20a ) 。

Rab's activity marks the culmination of the work on the Talmud. Rabのマルクの活動の集大成のタルムードの仕事をしています。 The time had now come when the preservation and arrangement of the material already collected were more important than further accretions.今すぐする時期が来るの保存および手配をしたことよりももっと重要な材料は既に収集がより詳細な沈着物です。 Naḥman b. b. naḥman Isaac, pupil and successor of Raba (d. 352), whom he survived but four years, expressed the task of the epigoni in the following words (Pes. 105b): "I am neither a sage nor a seer, nor even a scholar as contrasted with the majority. I am a transmitter ["gamrana"] and an arranger ["sadrana"]."アイザック、後継者の瞳孔とラバ川(民主党352 ) 、御心に適う生き残ったしかし、 4年間で、タスクを表明してepigonusの複数形は、次の単語( pes. 105b ) : "私はどちらも、セージの先見者でも、またも学者とは対照的にその大部分です。私はトランスミッタ[ " gamrana " ] 、編曲[ " sadrana " ] 。 " The combination of the former term with the latter, which occurs only here, very concisely summarizes the activity of the redactor.元の組み合わせは、後者の用語で、これにのみ発生しますここでは、非常に簡潔に要約して活動をredactorです。 It is clear that Naḥman b. b. naḥmanことは明らかである。 Isaac actually engaged in this task from the fact that he is mentioned as the Babylonian amora who introduced Mnemonics ("simanim"), designed to facilitate the memorizing and grouping of Talmudic passages and the names of their authors.アイザック、実際にこの作業に従事するという事実から、彼は取り上げられてバビロニアアモラwho導入ニーモニック( " simanim " ) 、設計を容易にするため、およびグルーピングを暗記talmudicの名前の通路とその作者に帰属します。 The mnemonics ascribed to him in the Talmud (see J. Brüll, "Die Mnemonotechnik des Talmuds," p. 21; Bacher, "Ag. Bab. Amor." p. 134), however, constitute only a very small part of the simanim included in the text of that work.のニーモニック生得的には彼のタルムード( j. brüll 、 "死ぬmnemonotechnikデtalmuds 、 " p. 21 ; bacher 、 " AGに帰属します。バブです。アモール。 " p. 134 ) 、しかし、非常に小さな部分だけを構成するsimanim含まれるものには、テキストをして動作します。 These again form but a remnant of the entire mass of what N. Brüll ("Jahrb." ii. 60) terms the "mnemotechnic apparatus," of which only a portion was included in the printed text of the Talmud, although many others may be traced both in the manuscripts of the Talmud and in ancient citations (see N. Brüll, lc pp. 62 et seq., 118 et seq.).これらの残留を再度フォームではなく、全体の質量は何名brüll ( " jahrb 。 " Ⅱ 。 60 )用語の" mnemotechnic装置、 "うちの部分だけが含まれているテキストを印刷タルムード、多くの他の5月にトレースの両方での原稿を、タルムードと、古代の引用(参照名brüll 、液晶pp 。 62頁以降を参照。 、 118頁以降を参照。 ) 。 The material, to which the epigoni of the second half of the fourth century had added little, was now ready for its final redaction; and it was definitively edited by Ashi (d. 427), who during his long period of activity infused fresh life into the Academy of Sura.の素材、 epigonusの複数形にして、 2番目の半分を、第4世紀が追加されましたほとんどは、その最後の改訂は、今すぐとは断定的に編集されashi (民主党427 ) 、 who中に彼の長い期間の活動を注入新鮮な生活アカデミーのふくらはぎをします。 In view of his recognized authority, little was left for the two succeeding generations, except to round out the work, since another redaction was no longer possible.彼の認識を対象機関は、ほとんどが出ており、 2つの成功の世代は、仕事を除いてラウンドして、別の改訂以降は、もはや可能です。 The work begun by Ashi was completed by Rabina (Abina), whose death in 499 marks, according to an ancient tradition, the end of the amoraic period and the completion of the redaction of the Talmud. ashiの仕事を始めたが完成されrabina ( abina )で、その死に499マルクは、昔からの言い伝えによると、 amoraic期間の最後には、完了したとの改訂は、タルムードです。

Committed to Writing.を書面にコミットします。

The date at which the Talmud was committed to writing is purely conjectural.の日付では、タルムードは、コミットを書面には、純粋に推測します。 The work itself contains neither statements nor allusions to show that any complete or partial copy of the work redacted and completed by Ashi and Rabina had been made in their days; and the same lack of information characterizes both Yerushalmi and the Mishnah (the basis of both the Talmudim), as well as the other works of the tannaitic period.どちらのステートメントの作業自体も含まれallusionsに表示することは任意の完全または部分的なコピーが完了すると、編集済みの作業が行われたrabina ashiとその日中に発送;と同じyerushalmi不足の両方の情報を特徴とミシュナー(の基礎の両方ののtalmudim ) 、だけでなく、他の作品を、 tannaitic期間です。 There are, however, allusions, although they are only sporadic, which show that the Halakah and the Haggadah were committed to writing; for copies were described as being in the possession of individual scholars, who were occasionally criticized for owning them.には、しかし、 allusionsが、彼らは散発的にのみ、これを見ると、 halakahとhaggadahを書面にコミットされた;のコピーが記載されては、所持の個々の学者、 whoが時折所有しているとして非難を浴びている。 This censure was based on an interdiction issued in the third century, which forbade any one to commit the teachings of tradition to writing or to use a manuscript of such a character in lecturing (see Giṭ. 60a; Tem. 14b).この非難は阻止を基にして発行された第3世紀、これを禁じいずれか1つの教えの伝統をコミットするかを使用するに原稿を書くような文字が講義( giṭです。 60a ;テムです。 14b ) 。 Replying to the scholars of Kairwan, Sherira Gaon in his letter (ed. Neubauer, "MJC" i. 26) alludes to this prohibition as follows: "In answer to your question asking when the Mishnah and the Talmud were respectively committed to writing, it should be said that neither of them was thus transmitted, but both were arranged [redacted] orally; and the scholars believe it to be their duty to recite them from memory, and not from written copies." kairwanの学者たちに返信して、彼の手紙sherira gaon (編neubauer 、 " mjc "の経験I.クリチバ26 ) alludesこの禁止を以下のとおり: "あなたの質問の回答を求めミシュナーとタルムードときにコミットを書面にはそれぞれ、それによると、どちらもすべきであることは、このように感染するが、どちらも配置[編集済み]経口;とされると考えて学者にしてメモリから暗唱する義務がある、と書かれたコピーはない。 " From the second part of this statement it is evident that even in Sherira's time the "scholars," a term here restricted to the members of the Babylonian academies, refrained from using written copies of the Talmud in their lectures, although they were sufficiently familiar with it to be able to recite it from memory.から2番目の部分は、次のステートメントことは自明であるsheriraの時間であって、 "学者は、 "用語をここに制限され、バビロニアアカデミーのメンバー、控えのコピーを使用して、タルムードに書かれた彼らの講義が、彼らは十分に精通してそれを暗唱することができるようにメモリからです。 The statement that the exilarch Naṭronai (8th cent.), who emigrated to Spain, wrote a copy of the Talmud from memory (see Brüll, "Jahrb." ii. 51), would show that the scholars of the geonic period actually knew the work by heart. exilarchの声明によれば、 naṭronai ( 8セントです。 ) 、 whoに移り住んでスペイン、タルムードからのコピーを書いたメモリ(参照brüll 、 " jahrb 。 " Ⅱ 。 51 ) 、が表示さgeonic期間は、学者は、実際に知っている仕事を暗記しています。 Although this statement is not altogether free from suspicion, it at least proves that it was believed to be within the powers of this exilarch to make a copy of the Talmud without having an original at hand.このステートメントではないものの完全に無料の疑いから、それを証明することは、少なくとも見られているには、次のexilarchの権限をタルムードのコピーを作ることなく、手の届く所にオリジナルです。 This passage also throws light upon the period of the development and redac tion of the Talmud, during which the ability to memorize the mass of material taught in the schools was developed to an extent which now transcends conception.この光の上に通路も例外期間リダック機能の開発と、タルムード、中には、大量の物質の能力を記憶し、学校の授業が開発にどの程度の概念を超越する。

On the other hand, Sherira's statement shows that his denial of the existence of the Talmud and the Mishnah in written form was limited to an officially recognized redaction; for manuscripts of the kind mentioned by him were then current, as they had been in the geonic period, despite the interdiction; for they were used at least as aids to study, and without them the Talmud could not possibly have been memorized.その一方での声明によるとsherira彼の存在を否定するミシュナータルムードと書かれたフォームが限定されるが、正式に認め改訂;のように記載されて原稿を入力し、彼は現在、彼らのgeonicていた期間中、にもかかわらず、阻止;は使われていたとして、少なくともエイズを勉強する、と彼らがいなかったら、タルムード可能性も記憶できませんでした。 In like manner, this prohibition, in the light of Sherira's words, does not preclude the existence of private copies of portions of the traditional literature, even in earlier times.同じように、この禁止、 sheriraの言葉に照らして、民間の存在を邪魔されない部分のコピーを、従来の文学でも、以前の回クリックします。 The concealed rolls ("megillot setarim") with halakic comments which Rab found in the house of his uncle Ḥiyya (Shab. 6b; BM 92a), as well as the note-books (πίνακες) mentioned at the beginning of the amoraic period and in which such scholars as Levi b.隠しロール( " megillot setarim " )に発見されたhalakicコメントをRabの叔父の家ḥiyya ( shab. 6B面;バミューダ諸島92a ) 、だけでなく、注-書籍( πίνακες )の冒頭に記載の期間とamoraic b.ではこのような学者としてレヴィ Sisi, Joshua b.シシィ、ジョシュアb. Levi, Ze'iri, and Ḥilfai or Ilfa (Shab. 156a; Yer. Ma'as. 49d, 60b; Men. 70a), entered sentences, some of them halakic in character, indicate that such personal copies were frequently used, while the written Haggadah is repeatedly mentioned.レヴィ、 ze'iri 、およびḥilfaiまたはイルファ( shab. 156a ; yer 。 ma'asです。 49d 、 60b ;男性です。 70a ) 、入力した文章は、いくつかの文字halakicして、このような個人的なコピーを示して頻繁に使用されるが、中の書面によるhaggadahが繰り返し言及します。 It may therefore be assumed that the Mishnah and other tannaitic traditional works were committed to writing as early as the time of the Amoraim.したがってれることがありますと仮定してtannaiticミシュナーやその他の伝統的な作品がコミットを書面にするものであり、早ければamoraimです。 In like manner, there may have been copies of the amoraic comments on the Mishnah, as aids to the memory and to private study.同じように、あるかもしれないのコピーを作成するamoraicのコメントが、ミシュナー、エイズは、メモリと民間の調査をします。 In the early part of the fourth century Ze'era disputed the accuracy of the halakic tradition taught by the Babylonian amora Sheshet, and as he based his suspicions on Sheshet's blindness,he evidently believed that it was impossible for the Babylonian scholar to confirm and verify his knowledge by the use of written notes (see Bacher, "Ag. Pal. Amor." iii. 4).で、 4世紀の前半にze'era係争中の精度を教えされた伝統のhalakicバビロニアアモラsheshet 、彼と彼の疑惑をベースsheshetの失明、彼を明らかにすることは不可能と考えてバビロニア学者を確認することを確認彼の知識を使用するの書かれたノート(参照bacher 、 " AGに帰属します。 PAL方式です。アモール。 " Ⅲ 。 4 ) 。 When Ashi undertook the final redaction of the Talmud he evidently had at his disposal notes of this kind, although Brüll (lcp 18) is probably correct in ascribing to Rabina the first complete written copy of the Talmud; Rabina had as collaborators many of the Saboraim, to whom an ancient and incontrovertible tradition assigns numerous additions to the Talmudic text. ashi undertakeの過去過去分詞の最後の改訂時に、タルムード彼は明らかに彼の処分は、この種のノートを、もののbrüll ( 、 LCP 18 )は、おそらく正しいascribingをrabinaの最初の完全なコピーが書かれたタルムード; rabinaいたとして共同編集者の多くは、 saboraimは、論争の余地のない歴史と伝統を誰に割り当てられます。 talmudicテキストの数多くの機能が追加されます。

No Formal Ratification.正式の批准ない。

When Rabina died a written text of the Talmud was already in existence, the material contributed by the Saboraim being merely additions; although in thus extending the text they simply continued what had been done since the first redaction of the Talmud by Ashi. rabinaが死亡するときに書かれたテキストは、タルムードはすでに存在している、材料に貢献されたsaboraimが単に追加;ものの、このように拡張するだけでテキストを継続的に何が行われていない彼らの最初の改訂以来、タルムードをashiです。 The Saboraim, however, confined themselves to additions of a certain form which made no change whatsoever in the text as determined by them under the direction of Rabina (on these saboraic additions as well as on other accretions in Babli, see the statements by Brüll, lc pp. 69-86).のsaboraim 、しかし、監禁して、特定のフォームを追加、変更がないものとして決定されることには、テキストの下に方向性rabina ( saboraicの追加だけでなく、これらの他のbabli沈着物を参照するには、ステートメントをbrüll 、液晶pp 。六九から八六) 。 Yet there is no allusion whatever to a formal sanction of the written text of the Talmud; for neither did such a ratification take place nor was a formal one at all necessary.ほのめかしはまだありませんがないの制裁措置を正式にどのように書かれたテキストは、タルムード;はどちらも開催はこのような批准を正式には1つずつ必要なすべてのです。 The Babylonian academies, which produced the text in the course of 300 years, remained its guardians when it was reduced to writing; and it became authoritative in virtue of its acceptance by the successors of the Amoraim, as the Mishnah had been sanctioned by the latter and was made the chief subject of study, thus becoming a basis for halakic decisions.アカデミーのバビロニア、どのコースのテキストを制作し、 300年間、その保護者は依然として減少して書くときには、権限を美徳となったのは、後継者に受け入れられるようamoraim 、認可されていたとして、後者のミシュナーとが行われた首席アジ研の研究では、このようになりつつある意思決定の基礎をhalakicです。 The traditions, however, underwent no further development; for the "horayot," or the independent exegesis of the Mishnah and the halakic decisions based on this exegesis, ceased with Ashi and Rabina, and thus with the completion of the Talmud, as is stated in the canon incorporated in the Talmud itself (BM 86a).の伝統、しかし、変化のさらなる発展;は、 " horayot " 、または独立評釈をhalakicミシュナーと意思決定に基づいて、この釈義、やんだとrabina ashiとし、このように、タルムードが完成したのと同じように、記載キヤノンは、タルムード自体に組み込まれて(バミューダ諸島86a ) 。 The Mishnah, the basal work of halakic tradition, thenceforth shared its authority with the Talmud.のミシュナー、伝統の基底halakic仕事を、その時以来、その権限を共有タルムードです。

Among the Jews who came under the influence of western Arabic culture the belief that the Talmud (and the Mishnah) had been redacted orally was superseded by the view that the initial redaction itself had been in writing.ユダヤ人の間whoアラビア語が西洋文化の影響下にあるという信念を持って、タルムード(とミシュナー)に取って代わらていた編集済みの経口は、最初の改訂そのものとの見解を書面でいた。 This theory was first expressed by R. Nissim of Kairwan ("Mafteaḥ," p. 3b), although even before his time the question addressed, as already noted, to Sherira Gaon by the Jews of Kairwan had shown that they favored this view, and the gaon's response had received an interpolation postulating the written redaction of the Talmud.この理論が最初に表明した都市nissimのkairwan ( " mafteaḥ 、 " p.年)が、自分の時間の問題にも対処する前に、すでに言及したように、 sherira gaonされたユダヤ人のkairwanが示されている彼らに有利なこのビューを表示する、 gaonの応答を受け取ったとの補間postulatingの書面による改訂は、タルムードです。

The definitive redaction of the Babylonian Talmud marks a new epoch in the history of the Jewish people, in which the Talmud itself becomes the most important factor, both as the pivotal point of the development and the manifestation of the spirit of Judaism, and as a work of literature deeply influenced by the fortunes of those who cherished it as their palladium.バビロニアタルムードの決定的な改訂は、マルク、新しい時代のユダヤ人の人々の歴史の中では、タルムード自体が、最も重要な要因は、極めて重要なポイントの両方としての開発と、ユダヤ教の精神に現れ、すると、文学作品で巨万の富を深くそれらの影響を受け、そのパラジウムwho大切なことです。 On the internal history of Judaism the Talmud exerted a decisive influence as the recognized source for a knowledge of tradition and as the authoritative collection of the traditional religious doctrines which supplemented the Bible; indeed, this influence and the efforts which were made to escape from it, or to restrict it within certain limits, constitute the substance of the inner history of Judaism.ユダヤ教の歴史上、タルムードの内部に決定的な影響力を行使としての知識をソースとして使用するときの認識としての伝統と権威のコレクションに加え、伝統的な宗教上の教義を補完聖書;確かに、この影響を与えるとの努力が行われたことから脱出か、または特定の限界を制限することには、物質を構成するユダヤ教の歴史を、内側のです。 The Babylonian academies, which had gradually become the central authority for the entire Jewish Diaspora, found their chief task in teaching the Talmud, on which they based the answers to the questions addressed to them.アカデミーのバビロニアでは、中央の権限を徐々に全体のユダヤ人diaspora 、その最高のタスクが教えるのが見つかりましたタルムード、上で彼らの質問の回答を基に対処しています。 Thus was evolved a new science, the interpretation of the Talmud, which produced a literature of wide ramifications, and whose beginnings were the work of the Geonim themselves.このように進化し、新しい科学は、タルムードの解釈をし、これを制作し文学の広い影響、およびその始まりがgeonimの仕事をしている。

Influence of the Talmud.タルムードに影響を与えるのです。

The Talmud and its study spread from Babylon to Egypt, northern Africa, Italy, Spain, France, and Germany, regions destined to become the abodes of the Jewish spirit; and in all these countries intellectual interest centered in the Talmud.タルムードとその研究の広がりをバビロンからエジプト、北アフリカ、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、地域abodes運命になるには、ユダヤ人の精神、およびこれらの国々のすべての知的関心をタルムードの中央に表示されます。 The first great reaction against its supremacy was Karaism, which arose in the very strong-hold of the Geonim within two centuries after the completion of the Talmud.その反対の覇権を握るの最初の大きな反応はkaraism 、これが生じたのは非常に強いgeonimホールドは、 2つの世紀に完成した後、タルムードです。 The movement thus initiated and the influence of Arabic culture were the two chief factors which aroused the dormant forces of Judaism and gave inspiration to the scientific pursuits to which the Jewish spirit owed many centuries of marvelous and fruitful activity.そのための運動を開始アラビア語と文化の影響を受けて2つの主な要因は、休止状態に興奮すると軍はユダヤ教のインスピレーションを、科学の研究にして、ユダヤ人の精神世紀にもわたる多くの額を膨らませる素晴らしいと実りある活動です。 This activity, however, did not infringe in the least on the authority of the Talmud; for although it combined other ideals and intellectual aims with Talmudic study, which it enriched and perfected, the importance of that study was in no wise decried by those who devoted themselves to other fields of learning.この活動は、しかし、最もしなかった上の権限を侵害し、タルムード;を組み合わせることを目指し、他の理念や知的talmudic研究では、濃縮と完成それは、その研究の重要性はないがそれらの賢明な非難されwho献身的なことを他の分野の学習します。 Nor did the speculative treatment of the fundamental teachings of Judaism lower the position of the Talmud; for Maimonides, the greatest philosopher of religion of his time, was likewise the greatest student of the Talmud, on which work he endeavored to base his philosophic views.また、投機はユダヤ教の教えの根本的な治療法の下の位置を、タルムード;をmaimonides 、宗教の最大の哲学者の時間を、同様の最大の学生は、タルムード、ベース上で働く彼は彼の哲学の再生回数努力しています。 A dangerous internal enemy of the Talmud, however, arose in the Cabala during the thirteenth century; but it also had to share with the Talmud the supremacy to which it aspired.危険な内部の敵は、タルムード、しかし、カバラが生じた時には、 13世紀;しかし、それを共有するにも、タルムードの覇権を握ることaspiredをします。 During the decline of intellectual life among the Jews which began in the sixteenth century, the Talmud was regarded almost as the supreme authority by the majority of them; and in the same century eastern Europe, especially Poland, became the seat of its study.知的生活の中の衰退を、ユダヤ人の間に始まった16世紀は、タルムードはほぼ同じと考え、最高権威の過半数のこと、および同一世紀の東ヨーロッパ、特にポーランド、その研究の座席なった。 Even the Bible was relegated to a secondary place, and the Jewish schools devoted themselves almost exclusively to the Talmud; so that "study" became synonymous with "study of the Talmud."降格しても、聖書は、第二位、ユダヤ人の学校とするだけのために献身的な自身のほとんどのタルムード;ように"勉強"の代名詞となった"研究は、タルムード。 " A reaction against the supremacy of the Talmud came with the appearance of Moses Mendelssohn and the intellectual regeneration of Judaism through its contact with the Gentile culture of the eighteenth century, the results of this struggle being a closer assimilation to European culture, the creation of a new science of Judaism, and the movements for religious reform.反対するの覇権を握るの反応は、タルムードの外観を付属の知的モーゼスメンデルスゾーンとユダヤ教の再生を通じて、接触すると、 18世紀の文化のジェンティーレ、その結果は、次の闘争が、緊密な同化を欧州の文化、日本の創造にユダヤ教の新しい科学と宗教的な改革の動きをします。 Despite the Karaite inclinations which frequently appeared in these movements, the great majority of the followers of Judaism clung to the principle, authoritatively maintained by the Talmud, that tradition supplements the Bible; and the Talmud itself retained tained its authority as the work embodying the traditions of the earliest post-Biblical period, when Judaism was molded.にもかかわらず、カライ派性向を頻繁に掲載され、これらの動きは、大多数のユダヤ教の信者にくっついたの原則に、正式に維持され、タルムード、その伝統のサプリメント聖書;とタルムード自体の仕事として、その権限保持tained具現の伝統最古の聖書の期間の後、ユダヤ教は、成形時です。 Modern culture, however, has gradually alienated from the study of the Talmud a number of Jews in the countries of progressive civilization, and it is now regarded by the most of them merely as one of the branches of Jewish theology, to which only a limited amount of time can be devoted, although it occupies a prominent place in the curricula of the rabbinical seminaries.現代の文化、しかし、徐々に疎外さは、タルムードの研究から、多くのユダヤ人は文明の進歩している国を、今すぐ認識されることがかれらの多くは単にユダヤ人の枝の1つとして神学を、限られた献身的な量の時間が、これは、カリキュラムの一番目立つ場所を占め、ラビセミナーです。 On the whole Jewish learning has done full justice to the Talmud, many scholars of the nineteenth century having made noteworthy contributions to its history and textual criticism, and having constituted it the basis of historical and archeological researches.ユダヤ人の全体を学習してきた完全な正義タルムード、多くの学者は、 19世紀に貢献することは注目に値する、その歴史と原典批評家、およびそれを構成歴史や考古学の基礎を研究します。 The study of the Talmud has even attracted the attention of non-Jewish scholars; and it has been included in the curricula of universities.この研究は、タルムードが注目を集めても非ユダヤ人の学者;とされて大学のカリキュラムに含まれています。

Edict of Justinian.ユスティニアヌスの勅令です。

The external history of the Talmud reflects in part the history of Judaism persisting in a world of hostility and persecution.外付けの歴史を反映し、タルムードユダヤ教の歴史を部分的に、世界の執拗な敵意と迫害します。 Almost at the very time that the Babylonian saboraim put the finishing touches to the redaction of the Talmud, the emperor Justinian issued his edict against the abolition of the Greek translation of the Bible in the service of the Synagogue, and also forbade the use of the δευτέρωσις, or traditional exposition of Scripture.ほとんどは、非常に時間は、バビロニアsaboraim仕上げをするには、タルムードの改訂は、彼の命令発行の皇帝ユスティニアヌス廃止して反対するギリシャ語の翻訳は、聖書は、サービスは、シナゴーグ、またの使用を禁止するδευτέρωσιςか、または伝統的な博覧会の啓典です。 This edict, dictated by Christian zeal and anti-Jewish feeling, was the prelude to attacks on the Talmud, conceived in the same spirit, and beginning in the thirteenth century in France, where Talmudic study was then flourishing.この令は、指示さ反ユダヤ主義とキリスト教の熱意を感じて、攻撃をするの序曲は、タルムード、構想と同じ精神、および13世紀初めにフランスでは、ここで入力し、 talmudic研究は大人気です。 The charge against the Talmud brought by the convert Nicholas Donin led to the first public disputation between Jews and Christians and to the first burning of copies of the work (Paris, 1244).反対するの電荷に変換するタルムードもたらしたニコラスdonin主導の最初の公開をユダヤ人とキリスト教徒との間の論争の最初の書き込みのコピーの仕事を(パリ、 1244 ) 。 The Talmud was likewise the subject of a disputation at Barcelona in 1263 between Moses ben Naḥman and Pablo Christiani.同様に、タルムードは、アジ研は、 1263の間の論争はバルセロナでのnaḥmanとパブロモーゼスベンchristianiです。 In this controversy Naḥmanides asserted that the haggadic portions of the Talmud were merely "sermones," and therefore devoid of binding force; so that proofs deduced from them in support of Christian dogmas were invalid, even in case they were correct. naḥmanidesと主張して、この論争の部分をhaggadicタルムードは単に" sermones " 、およびそのための拘束力を欠いて;ように校正支援を推定してからキリスト教の教義が無効な場合は、さらに問題が発生した場合、それらが正しいです。

Attacks on the Talmud.攻撃を、タルムードです。

This same Pablo Christiani made an attack on the Talmud which resulted in a papal bull against it and in the first censorship, which was undertaken at Barcelona by a commission of Dominicans, who ordered the cancelation of passages reprehensible from a Christian point of view (1264).これと同じパブロchristiani作らを攻撃し、タルムードにつながった、ローマ法王の雄牛の最初の検閲に反対して、これが実施された委員会でバルセロナdominicans 、 who注文のキャンセルの運賃をキリスト教の観点から非難されるべき( 1264 ) 。 At the disputation of Tortosa in 1413, Geronimo de Santa Fé brought forward a number of accusations, including the fateful assertion that the condemnations of pagans and apostates found in the Talmud referred in reality to Christians.論争のトルトサでは、 1413 、ジェロニモデサンタfé繰越、多くの非難を含め、運命的な主張を非難して発見されたタルムード多神教徒と背教者をキリスト教徒現実に言及。 Two years later, Pope Martin V., who had convened this disputation, issued a bull (which was destined, however, to remain inoperative) forbidding the Jews to read the Talmud, and ordering the destruction of all copies of it. 2年後、法王マーティン対、 who召集この論争は、発行を雄牛(これは、運命は、しかし、動作不能のままである) 、ユダヤ人を読むにはタルムード怖い、と発注のすべてのコピーを破壊してください。 Far more important were the charges made in the early part of the sixteenth century by the convert Johann Pfefferkorn, the agent of the Dominicans.料金は、はるかに重要な部分に作られた16世紀初めに変換されるヨハンプフェッフェルコルンに、エージェントは、 dominicansです。 The result of these accusations was a struggle in which the emperor and the pope acted as judges, the advocate of the Jews being Johann Reuchlin, who was opposed by the obscurantists and the humanists; and this controversy, which was carried on for the most part by means of pamphlets, became the precursor of the Reformation.その結果、これらの非難は、天皇との闘争では、法王として行動裁判官は、ヨハンロイヒリンの提唱者、ユダヤ人が、 whoは反対されるとobscurantists humanists ;と、この論争、これは、ほとんどの部分に乗って運ばれるパンフレットによって、前駆体の改革なった。 An unexpected result of this affair was the complete printed edition of the Babylonian Talmud issued in 1520 by Daniel Bomberg at Venice, under the protection of a papal privilege.予期せぬ結果は、次の事件は、完全な印刷版は、 1520年に発行さバビロニアタルムードダニエルbombergはベニス、ローマ教皇の保護の下で権限が必要です。 Three years later, in 1523, Bomberg published the first edition of the Palestinian Talmud.それから3年後の1523 、 bomberg公開の最初の版は、パレスチナのタルムードです。 After thirty years the Vatican, which had first permitted the Talmud to appear in print, undertook a campaign of destruction against it. 30年後、バチカン、これが最初に表示されるページの印刷を許可するタルムード、 undertakeの過去過去分詞するキャンペーンを破壊することもできます。 On New-Year's Day (Sept. 9), 1553, the copies of the Talmud which had been confiscated in compliance with a decree of the Inquisition were burned at Rome; and similar burnings took place in other Italian cities, as at Cremona in 1559.上の新しい年の日( 9月9日) 、 1553は、タルムードのコピーを押収されていた法令を遵守し、ローマの異端審問が痛い目に遭う;と同じような他のイタリアの都市で開催さburningsとしては、 1559年にクレモナです。 The Censorship of the Talmud and other Hebrew works was introduced by a papal bull issued in 1554; five years later the Talmud was included in the first Index Expurgatorius; and Pope Pius IV.検閲は、タルムードやその他のヘブライ語の作品が導入されたローマ法王の雄牛に発行さ1554 ; 5年後のタルムードの最初のインデックスが含まれてexpurgatorius ;とピウスⅣ 。 commanded, in 1565, that the Talmud be deprived of its very name.指揮は、 1565 、タルムードを奪われるのは、非常に名を入力します。 The first edition of the expurgated Talmud, on which most subsequent editions were based, appeared at Basel (1578-1581) with the omission of the entire treatise of 'Abodah Zarah and of passages considered inimical to Christianity, together with modifications of certain phrases.タルムードの最初の版の削除修正は、上で最も後続のエディションがベースで、出演はバーゼル( 1578-1581 )の論文の全体の脱落' abodah zarahと通路をキリスト教に反していると考え、特定のフレーズと一緒に変更します。 A fresh attack on the Talmud was decreed by Pope Gregory XIII.新鮮な攻撃を、タルムードは、定められたグレゴリウス13世です。 (1575-85), and in 1593 Clement VIII. ( 1575年から1585年) 、および1593クレメントⅧ 。 renewed the old interdiction against reading or owning it.旧阻止する新たな読書や所有してください。 The increasing study of the Talmud in Poland led to the issue of a complete edition (Cracow, 1602-5), with a restoration of the original text; an edition containing, so far as known, only two treatises had previously been published at Lublin (1559-76).タルムードの増加、ポーランドの研究を主導して問題を完全版(クラクフ、一千六百二から五)で、復元は、元のテキスト;のエディションを含む、これまでのところとして知られ、公開されただけで、以前は次の2つの論文はルブリン( 1559年から1576年) 。 In 1707 some copies of the Talmud were confiscated in the province of Brandenburg, but were restored to their owners by command of Frederick, the first king of Prussia. 1707タルムードいくつかのコピーを作成するに押収されたブランデンブルク州のですが、コマンドの復元を飼い主のフレデリックされ、最初のキングオブプロイセンです。 The last attack on the Talmud took place in Poland in 1757, when Bishop Dembowski, at the instance of the Frankists, convened a public disputation at Kamenetz-Podolsk, and ordered all copies of the work found in his bishopric to be confiscated and burned by the hangman.タルムードの最後の攻撃をするにポーランドで行われた1757 、司教デンボフスキときに、 frankistsは、インスタンスを、公共の論争を招集kamenetz - podolsk 、と指示の仕事のすべてのコピーを発見さやけどを負った彼とbishopの職を没収されるザハングマンです。

.The external history of the Talmud includes also the literary attacks made upon it by Christian theologians after the Reformation, since these onslaughts on Judaism were directed primarily against that work, even though it was made a subject of study by the Christian theologians of the seventeenth and eighteenth centuries.で、外付けの歴史を、タルムード含まれても、文学のキリスト教神学者を攻撃することは改革の後に、これらの激しい攻撃に反対して動作する主なユダヤ教が監督にもかかわらず、それが行われたのアジ研の研究では、キリスト教神学者は、 17と18世紀です。 In 1830, during a debate in the French Chamber of Peers regarding state recognition of the Jewish faith, Admiral Verhuell declared himself unable to forgive the Jews whom he had met during his travels throughout the world either for their refusal to recognize Jesus as the Messiah or for their possession of the Talmud. 、 1830 、中に同僚の論議に、フランスのチェンバーの状態についての認識は、ユダヤ教、提督自身verhuell宣言を許してできませんでした。会った時、彼は彼のユダヤ人旅行者は世界中に拒否のいずれかの救世主イエスキリストを認識するかタルムードに所持しています。 In the same year the Abbé Chiarini published at Paris a voluminous work entitled "Théorie du Judaïsme," in which he announced a translation of the Talmud, advocating for the first time a version which should make the work generally accessible, and thus serve for attacks on Judaism.キアリーニのabbé 、同じ年にパリで公開する権利膨大な仕事" théorieデュjudaïsme 、 "では彼の翻訳は、タルムードを発表した、時間を支持するための最初のバージョンの仕事をしなければならない一般的にアクセスし、攻撃のために奉仕上ユダヤ教です。 In a like spirit modern anti-Semitic agitators have urged that a translation be made; and this demand has even been brought before legislative bodies, as in Vienna.で、 agitatorsのような反ユダヤ主義の精神を現代に翻訳して求めたが、この需要は訴えを立法機関も、ウィーンのようにします。 The Talmud and the "Talmud Jew" thus became objects of anti-Semitic attacks, although, on the other hand, they were defended by many Christian students of the Talmud. 、タルムードと"タルムードユダヤ人"このようになったのオブジェクトの反ユダヤ主義の攻撃は、しかし、その一方で、弁護されていた多くの学生は、キリスト教のタルムードです。

In consequence of the checkered fortunes of the Talmud, manuscripts of it are extremely rare; and the Babylonian Talmud is found entire only in a Munich codex (Hebrew MS. No. 95), completed in 1369, while a Florentine manuscript containing several treatises of the fourth and fifth orders dates from the year 1176.結果としては、数奇な運命は、タルムード、原稿のことは非常にまれな;と全体のバビロニアタルムードが見つかっただけで、ミュンヘンのコーデックス(ヘブライ語ミシシッピします。ナンバー95 )は、 1369完成し、フィレンツェの中にいくつかの論文の原稿を含む第4回と5番目の日付からの受注1176年です。 A number of Talmudic codices containing one or more tractates are extant in Rome, Oxford, Paris, Hamburg, and New York, while the treatise Sanhedrin, from Reuchlin's library, is in the grand-ducal library at Carlsruhe. talmudicのCODECを含む、いくつかの1つまたは複数のtractatesは、現存のローマ、オックスフォード、パリ、ハンブルグ、とニューヨーク、論文が、サンヘドリン、よりロイヒリンのライブラリは、ライブラリでは、大公carlsruheです。 In the introduction to vols. vols学での導入をします。 i., iv., viii., ix., and xi. i. 、 Ⅳ 。 、 Ⅷ 。 、 9世です。 、およびXiです。 of his "Diḳduḳe Soferim, Variæ Lectiones in Mischnam et in Talmud Babylonicum," which contains a mass of critical material bearing on the text of Babli, N. Rabbinovicz has described all the manuscripts of this Talmud known to him, and has collated the Munich manuscript with the printed editions, besides giving in his running notes a great number of readings collected with much skill and learning from other manuscripts and various ancient sources.彼の" diḳduḳe soferim 、 variæ lectionesで、タルムードmischnam et babylonicum 、 "これには、大量の重要な材料軸受上のテキストをbabli 、名rabbinoviczは、このタルムードに記載のすべての既知の原稿をしてしまったら、との照合のミュンヘン印刷版の原稿を、実行中のノートだけでなく、彼の収集に非常に多くの測定値と学習者の技術に秀でて他の原稿や様々な古代の源です。 Of this work, which is indispensable for the study of the Talmud, Rabbinovicz himself published fifteen volumes (Munich, 1868-86), containing the treatises of the first, second, and fourth orders, as well as two treatises (Zebaḥim and Menaḥot) of the fifth order.この作品、これは、タルムードの研究に欠かせない、自分自身で公開rabbinovicz 15巻(ミュンヘン、 1868年から1886年)の最初の論文を含む、 2番目、および4番目の注文だけでなく、 2つの論文( zebaḥimとmenaḥot )第5回の注文です。 The sixteenth volume (Ḥullin) was published posthumously (completed by Ehrentreu, Przemysl, 1897). 16巻( ḥullin )が公開さ死後(完成さehrentreu 、プシェミシル、 1897 ) 。 Of the Palestinian Talmud only one codex, now at Leyden, has been preserved, this being one of the manuscripts used for the editio princeps.コーデックス、パレスチナタルムード1つだけ、今すぐにライデン、保存されているが、これが使われている原稿のいずれかの初版です。 Excepting this codex, only fragments and single treatises are extant.除いて、このコーデックス、および1つの論文は、現存の断片のみです。 Recently (1904) Luncz discovered a portion of Yerushalmi in the Vatican Library, and Ratner has made valuable contributions to the history of the text in his scholia on Yerushalmi ("Sefer Ahabat Ẓiyyon we-Yerushalayim"), of which three volumes have thus far appeared, comprising Berakot, Shabbat, Terumot, and Ḥallah (Wilna, 1901, 1902, 1904).最近( 1904 ) lunczを発見したyerushalmi部分は、バチカン図書館、およびラトナーは、歴史の貴重な貢献をする彼のscholiumの複数のテキストをyerushalmi ( " sefer ahabat ẓiyyon私たち-エルサレムのヘブライ語読み" ) 、そのうち3つの巻号は、これまでの項目で構成さberakot 、シャバット、 terumot 、およびḥallah ( wilna 、 1901 、 1902 、 1904 ) 。

Early Editions.早期のエディションです。

The first edition of Babli (1520) was preceded by a series of editions, some of them no longer extant, of single treatises published at Soncino and Pesaro by the Soncinos. babliの最初の版( 1520 )に先立って、シリーズのエディションは、いくつかの現存して、もはや、 1つの論文で公開さsoncinoとsoncinosペザーロされた。 The first to appear was Berakot (1488); this was followed by the twenty-three other tractates which, according to Gershon Soncino, were regularly studied in the yeshibot. berakotが表示されるが、最初の( 1488 ) ;これは2003年に続いて他のtractatesこれによると、 gershon soncino 、 yeshibotが定期的に勉強をする。 The first edition by Bomberg was followed by two more (1531, 1548), while another was published at Venice by Giustiniani (1546-51), who added to Bomberg's supplements (such as Rashi and the Tosafot, which later were invariably appended to the text) other useful marginal glosses, including references to Biblical quotations and to parallel passages of the Talmud as well as to the ritual codices.の最初の版に続いて2つのbombergは、他の( 1531 、 1548 ) 、もう一つは、公開中のベニスをgiustiniani ( 1546年から1551年) 、 who bombergのサプリメントに追加されました( rashiとトーサーフォートなどで、後は常に付加されたテキスト)その他の便利な欄外の注釈は、聖書の参照を含む文章の引用と平行して、タルムードだけでなくcodexの複数の儀式です。 At Sabbionetta in 1553, Joshua Boaz (d. 1557), the author of these marginalia, which subsequently were added to all editions of the Talmud, undertook a new and magnificent edition of the Talmud. sabbionettaでは1553 、ジョシュアボアズ(民主党1557 )の著者、これらのmarginalia 、これのすべてのエディションが追加されましたその後、タルムード、 undertakeの過去過去分詞に新しいと壮大な版は、タルムードです。 Only a few treatises were completed, however; for the papal bull issued against the Talmud in the same year interrupted the work.ほんの数論文が完了すると、しかし;は、ローマ法王の雄牛に対して発行タルムード中断の仕事と同じ年です。 As a result of the burning of thousands of copies of the Talmud in Italy, Joseph Jabez published a large number of treatises at Salonica (1563 et seq.) and Constantinople (1583 et seq.).燃焼の結果として、数千のコピーを作成し、タルムードにイタリア、ジョセフjabez 、多数の論文を公開salonica ( 1563頁以降を参照。 )とコンスタンティノープル( 1583頁以降を参照。 ) 。 The mutilated Basel edition (1578-81) and the two editions which first appeared in Poland have been mentioned above.バーゼルの損傷エディション( 1578年から1581年)との最初の2つのエディションが上述のポーランドが掲載されています。 The first Cracow edition (1602-5) was followed by a second (1616-20); while the first Lublin edition (1559 et seq.), which was incomplete, was followed by one giving the entire text (1617-39); this was adopted for the Amsterdam edition (1644-48), the partial basis of the edition of Frankfort-on-the-Oder (1697-99).クラクフの最初の版(一六〇二〜五)が続いて2番目( 1616年から1620年) ;中の最初のルブリン版( 1559頁以降を参照。 ) 、これは、不完全な、続いて1つのテキスト全体を与えている( 1617年から1639年) ;これは採用してアムステルダム版( 1644年から1648年)は、部分的には、版のフランクフォート-オンザオーデル( 1697年から1699年) 。 Many useful addenda were made to the second Amsterdam edition (1714-19), which was the subject of an interesting lawsuit, and which was completed by the edition of Frankfort-on-the-Main (1720-22).多くの有用な追記されて2番目のアムステルダム版( 1714年から1719年) 、これは興味深い訴訟の対象とし、これが完成された版のフランクフォート-オンザメイン( 1720年から1722年) 。 This latter text has served as the basis of almost all the subsequent editions.この後者の基盤としてのテキストは、その後のほぼすべてのエディション。 Of these the most important are: Prague, 1728-39; Berlin and Frankfort-on-the-Oder, 1734-39 (earlier ed. 1715-22); Amsterdam, 1752-65; Sulzbach, 1755-63, 1766-70; Vienna, 1791-1797, 1806-11, 1830-33, 1840-49, 1860-73; Dyhernfurth, 1800-4, 1816-21; Slawita, Russia, 1801-6, 1808-13, 1817-22; Prague, 1830-35, 1839-46; Wilna and Grodno, 1835-54; Czernowitz, 1840-49; Jitomir, 1858-64; Warsaw, 1859-64, 1863-67 et seq.; Wilna, 1859-66; Lemberg, 1860-65 et seq.; Berlin, 1862-68; Stettin, 1862 et seq.最も重要なのは:プラハ、 1728年から1739年;ベルリンとフランクフォート-オンザオーデル、 1734年から1739年(以前のエドです。 1715年から1722年) ;アムステルダム、 1752年から1765年; sulzbach 、 1755年から1763年、 1766年から1770年;ウィーン、 1791-1797 、 1806年から1811年、 1830年から1833年、 1840年から1849年、 1860年から1873年; dyhernfurth 、一千八百から四、 1816年から1821年; slawita 、ロシア、一八〇一から六、 1808年から1813年、 1817年から1822年;プラハ、 1830年から1835年、 1839年から1846年; wilnaとグロドノ、 1835年から1854年; czernowitz 、 1840年から1849年; jitomir 、 1858年から1864年;ワルシャワ、 1859年から1864年、 1863年から1867年頁以降を参照。 ; wilna 、 1859年から1866年;レンベルク、 1860年から1865年頁以降を参照。 ;ベルリン、 1862年から1868年;シュテッチン、 1862頁以降を参照。 (incomplete). (未完成) 。 The edition of the Widow and Brothers Romm at Wilna (1886) is the largest as regards old and new commentaries, glosses, other addenda, and aids to study.未亡人と兄弟のエディションは、ロムでwilna ( 1886 )としては最大規模の古さと新しさについて解説、注釈、他の追記、およびエイズを勉強する。

Two other editions of Yerushalmi have appeared in addition to the editio princeps (Venice, 1523 et seq.), which they closely follow in columniation-those of Cracow, 1609, and Krotoschin, 1866.その他のエディションが現れてyerushalmi 2つに加えて、初版(ベニス、 1523頁以降を参照。 ) 、これに密接に次の円柱-それらのクラクフ、 1609 、およびkrotoschin 、 1866 。 A complete edition with commentary appeared at Jitomir in 1860-67.完全版で解説するjitomirで1860年から1867年に登場します。 The latest edition is that of Piotrkow (1898-1900).の最新版は、のピョトルクフ( 1898年から1900年) 。 There are also editions of single orders or treatises and their commentaries, especially noteworthy being Z. Frankel's edition of Berakot, Pe'ah, and Demai (Breslau, 1874-75).また1つのエディションには、受注や論文とその解説、特に注目に値するがz.フランケル'秒版のberakot 、 pe'ah 、およびdemai (ブレスラウ、 1874年から1875年) 。

"Variæ Lectiones" and Translations. " variæ lectiones "と技術情報の翻訳です。

A critical edition of Babli has been proposed repeatedly, and a number of valuable contributions have been made, especially in the huge collections of variants by Rabbinovicz; but so far this work has not even been begun, although mention should be made of the interesting attempt by M. Friedmann, "Kritische Edition des Traktates Makkoth," in the "Verhandlungen des Siebenten Internationalen Orientalisten-Congresses, Semitische Section," pp. babli版の重要な提案を繰り返してきた、とする多くの貴重な貢献がなされ、特に、膨大なコレクションの亜種をrabbinovicz ;しかし、これまでのところ、この作業が始まってもいない、言及すべきであるものの、興味深い試み男性フリードマンされ、 " kritische版デtraktates makkoth 、 "は、 " verhandlungenデsiebentenインターナショナーレンorientalisten -会議、 semitischeセクションでは、 " pp 。 1-78 (Vienna, 1888).一〜七十八(ウィーン、 1888 ) 。 Here the structure of the text is indicated by such external means as different type, sections, and punctuation.ここの構造は、テキストが示されて別のタイプのような外部の手段として、セクション、および句読点。 The edition of Yerushalmi announced by Luncz at Jerusalem promises a text of critical purity. yerushalmiの版を発表したlunczエルサレムのテキストを約束する重要な純度です。

The earliest allusion to a translation of the Talmud is made by Abraham ibn Daud in his historical "Sefer ha-Ḳabbalah" (see Neubauer, "MJC" i. 69), who, referring to Joseph ibn Abitur (second half of 10th cent.), says: "He is the one who translatedthe entire Talmud into Arabic for the calif Al-Ḥakim."最古のさりげない言及して作られるの翻訳は、タルムードアブラハムイブンダウドは、彼の歴史的な" seferハ- ḳabbalah " ( neubauer 、 " mjc "の経験I.クリチバ69 ) 、 who 、ジョセフイブンアビトゥア資格を参照する( 2番目の半分を10セントです。 ) 、は言う: "彼は全体の1つwho translatedtheタルムードに、アラブのcalifアル- ḥakim 。 " The tradition was therefore current among the Jews of Spain in the twelfth century that Ibn Abitur had translated the Talmud for this ruler of Cordova, who was especially noted for his large library, this tradition being analogous to the one current in Alexandria in antiquity with regard to the first Greek translation of the Bible.そのための伝統は、現在のスペインでのユダヤ人の間の12世紀にイブンアビトゥア資格はこの翻訳のタルムードの支配コルドバ、 whoは、特に有名な彼の大規模なライブラリは、この伝統が類似して、 1つの電流に関しては古代のアレキサンドリアを、最初のギリシャ語の翻訳は、聖書です。 No trace, however, remains of Joseph Abitur's translation; and in all probability he translated merely detached portions for the calif, this work giving rise to the legend of his complete version.何の痕跡、しかし、遺跡のジョセフアビトゥア資格の翻訳、およびすべての確率彼は翻訳の部分だけを分離calif 、この作品の伝説に上昇する与える彼の完全版です。 The need of a translation to render the contents of the Talmud more generally accessible, began to be felt by Christian theologians after the sixteenth century, and by Jewish circles in the nineteenth century.の必要性をレンダリングするための翻訳文の内容を他の一般的にアクセスできるのタルムード、キリスト教神学を感じ始めたされる16世紀の後に、ユダヤ人とされ界は、 19世紀です。 This gave rise to the translations of the Mishnah which have been noted elsewhere (see Jew. Encyc. viii. 618, sv, Mishnah).これは、技術情報の翻訳に上昇する、ミシュナー別掲されてきた(ユダヤ人である。 encyc 。 Ⅷ 。 618 、 sv文書、ミシュナー) 。 In addition to the complete translations mentioned there, single treatises of the Mishnah have been rendered into Latin and into modern languages, a survey being given by Bischoff in his "Kritische Geschichte der Thalmud-Uebersetzungen," pp.技術情報の翻訳に加えて、完全な言及は、 1つの論文は、ミシュナーレンダリングにもラテン語と現代の言語を、ある調査によるとビショフが与えられた彼の" thalmud - kritische geschichte der uebersetzungen 、 " pp 。 28-56二八から五六まで

(Frankfort-on-the-Main, 1899). (フランクフォート-オンザメイン、 1899 ) 。 Twenty treatises of Yerushalmi were translated into Latin by Blasio Ugolino in his "Thesaurus Antiquitatum Sacrarum," xvii. 20 yerushalmi論文のblasio ugolinoをラテン語に翻訳された彼の"シソーラスantiquitatum sacrarum 、 " 17です。 (1755), xxx. ( 1755 ) 、 xxxです。 (1765); and the entire text of this Talmud was rendered into French by Moïse Schwab ("Le Talmud de Jérusalem," 11 vols., Paris, 1871-1889). ( 1765 ) 、および全体のテキストは、次のタルムード語スペイン語では、レンダリングをmoïseシュワブ( "ルタルムードデjérusalem 、 " 11 vols学です。 、パリ、 1871年から1889年) 。 The translation by Wünsche of the haggadic portions of Yerushalmi has already been mentioned; and an account of the translations of single portions is given by Bischoff (lc pp. 59 et seq.).翻訳され、 wünsche haggadic部分に記載されてyerushalmi ;とアカウントを1つの部分の翻訳をビショフは、与えられた(液晶pp 。 59頁以降を参照。 ) 。 In 1896 L. Goldschmidt began the translation of a German version of Babli, together with the text of Bomberg's first edition; and a number of volumes have already appeared (Berlin, 1898 et seq.). l.ゴルトシュミットが始まった1896年にドイツ語版の翻訳babli 、テキストと一緒にbombergの最初の版、および、いくつかの巻号はすでに登場(ベルリン、 1898頁以降を参照。 ) 。 The insufficiency of this work apparently corresponds to the rapidity with which it is issued.外見上の機能不全は、次の仕事の速さに対応して発行されています。 In the same year ML Rodkinson undertook an abridged translation of the Babylonian Talmud into English, of which seven volumes appeared before the translator's death (1904); Rodkinson's point of view was quite unscholarly. MLのrodkinson undertakeの過去過去分詞と同じ年のバビロニアタルムードを要約の翻訳は、英語、そのうち7つの巻号が登場する前に翻訳者の死( 1904 ) ; rodkinsonの観点からは、かなり学者らしくない。 Of translations of single treatises the following may be mentioned (see Bischoff, lc pp. 68-76): Earlier Latin translations: Ugolino, Zeḅaḥim, Menaḥot (in "Thesaurus Antiquitatum Sacrarum," xix.), Sanhedrin (ib. xxv.); GE Edzard, Berakot (Hamburg, 1713); FB Dachs, Sukkah (Utrecht, 1726).の翻訳は、 1つの論文は、次の5月に言及(ビショフ、液晶pp 。 68-76 ) :以前のラテン語の翻訳: ugolino 、 zeḅaḥim 、 menaḥot ( "シソーラスantiquitatum sacrarum 、 " 19です。 ) 、サンヘドリン( ib. 25です。 ) ; ge edzard 、 berakot (ハンブルク、 1713 ) ;フライングブルーダックス、 sukkah (ユトレヒト、 1726 ) 。 Noteworthy among the Jewish translators of the Talmud are M. Rawicz (Megillah, 1863; Rosh ha-Shanah, 1886; Sanhedrin, 1892; Ketubot, 1897); EM Pinner (Berakot, 1842, designed as the first volume of a translation of the entire Talmud); DO Straschun (Ta'anit, 1883); and Sammter (Baba Meẓi'a, 1876).翻訳者の間で注目されたユダヤ人のタルムードは、男性ラビチ(誇張した説明、 1863 ;ロッシュハ- shanah 、 1886 ;サンヘドリン、 1892 ; ketubot 、 1897 ) ;日ピンナー( berakot 、 1842 、設計され、第1巻の翻訳は、全体タルムード) ;行うstraschun ( ta'anit 、 1883 ) ;とsammter (馬場meẓi'a 、 1876 ) 。 Their translations are entirely in German.彼らは、完全にドイツ語の翻訳です。 Translations published by Christian scholars in the nineteenth century: FC Ewald (a baptized Jew), 'Abodah Zarah (Nuremberg, 1856); in 1831 the Abbé Chiarini, mentioned above, published a French translation of Berakot; and in 1891 AW Streane prepared an English translation of Ḥagigah.技術情報の翻訳で公開されキリスト教の学者は、 19世紀:カードFCエーヴァルト(洗礼を受けたユダヤ人) 、 ' abodah zarah (ニュルンベルク、 1856 ) ;は1831年のabbéキアリーニ、上述したように、公開する語スペイン語の翻訳berakot ; streane準備するアドワーズ広告とは1891年英語の翻訳ḥagigahです。 A French version of several treatises is included in JM Rabbinovicz's works 'Législation Civile du Talmud" (5 vols., Paris, 1873-79) and "Législation Criminelle du Talmud" (ib. 1876), while Wünsche's translation of the haggadic portions of Babli (1886-89) has been mentioned above.を語スペイン語のバージョンのいくつかの論文が含まれてjm rabbinoviczの作品' législation civileデュタルムード" ( 5 vols学です。 、パリ、 1873年から1879年)と" législation criminelleデュタルムード" ( ib. 1876 ) 、中wünscheの部分の翻訳は、 haggadic babli ( 1886年から1889年)上述されています。

Function in Judaism.ユダヤ教の関数をします。

To gain a comprehensive view of the Talmud it must be considered as a historical factor in Judaism as well as a literary production.包括的なビューを得ることは、タルムードをしなければならない歴史的な要因と見なされるユダヤ教だけでなく、文学の生産です。 In the latter aspect it is unique among the great masterpieces of the literatures of the world.これはユニークな側面を、後者の大傑作の間、世界の文学です。 In form a commentary, it became an encyclopedia of Jewish faith and scholarship, comprising whatsoever the greatest representatives of Judaism in Palestine and in Babylon had regarded as objects of study and investigation and of teaching and learning, during the three centuries which elapsed from the conclusion of the Mishnah to the completion of the Talmud itself.解説を形成するが、それは百科事典のユダヤ教の信仰と奨学金は、ユダヤ教の代表者で構成さの最大のもので、パレスチナとバビロンのオブジェクトと見なされていたとの調査研究と教育と学習、の3つの世紀を経過中に結論からは、ミシュナー、タルムード自体を完了した。 When the Mishnah, with the many ancient traditions to which it had given rise since the latter centuries of the Second Temple, was incorporated into the Talmud as its text-book, the Talmud became a record of the entire epoch which was represented by the Jewish schools of Palestine and Babylon, and which served as a stage of transition from the Biblical period to the later aspect of Judaism.ミシュナーときに、多くの古代の伝統を与えていた後者の世紀にもわたる上昇しているから2番目の寺、タルムードとして組み込まれては、そのテキストブックは、タルムードは、世界中で記録は、全体で表現されたユダヤ人がエポックパレスチナとバビロンの学校や、どの段階として、聖書からの移行期間を、後のユダヤ教の側面です。 Although the Talmud is an academic product and may be characterized in the main as a report (frequently with the accuracy of minutes) of the discussions of the schools, it also sheds a flood of light on the culture of the people outside the academies.が、タルムードは、アカデミック製品と5月に報告書としての主な特徴は(分の正確性は、頻繁に)学校における議論を、また、上屋の整備にあたっては、洪水の中に光を外の人々の文化のアカデミーです。 The interrelation between the schools and daily life, and the fact that neither teachers nor pupils stood aloof from that life, but took part in it as judges, instructors, and expounders of the Law, caused the Talmud to represent even non-scholastic affairs with an abundance of minute details, and made it an important source for the history of civilization.相互の間に、学校や日常生活、との事実をいずれも教師が生徒の生活から遠く離れて立っていたが、審査員として参加し、インストラクター、およびexpoundersは、法では、タルムードを表現するの原因と不倫をしたとさえ以外の修学あふれんばかりの分の詳細、およびソースの重要なことは、文明の歴史です。 Since, moreover, the religious law of the Jews dealt with all the circumstances of life, the Talmud discusses the most varied branches of human knowledge-astronomy and medicine, mathematics and law, anatomy and botany-thus furnishing valuable data for the history of science also.以来、また、宗教的な対処法は、ユダヤ人の生活のすべての状況は、タルムードでは、最も多様な人間の知識の枝-天文学や医学、数学と法では、解剖学や植物学の貴重なデータをこのように家具の歴史の科学同様に。

The Talmud, furthermore, is unique from the point of view of literary history as being a product of literature based on oral tradition and yet summarizing the literature of an entire epoch. 、タルムード、さらには、ユニークな観点からの文学史されて昔からの言い伝えに基づいて商品の文学と文学の全体の要約はまだありません書くこともできます。 Aside from it, those to whose united efforts it may be ascribed have left no trace of intellectual activity.それはさておきから、それらをその生得的かもしれないが総掛かりで左の知的活動の形跡がない。 Though anonymous itself, the Talmud, like other products of tannaitic and amoraic literature, cites the names of many authors of sayings because it was a universal practise to memorize the name of the author together with the saying. though匿名自体は、タルムード、他の製品のようなtannaiticとamoraic文学、多くの作家の名前を引き合いに出して、ことわざのための練習を記憶することは、普遍的に著者の名前と一緒に、と言っています。 Many of these scholars are credited with only a few sentences or with even but one, while to others are ascribed many hundreds of aphorisms, teachings, questions, and answers; and the representatives of Jewish tradition of those centuries, the Tannaim and the Amoraim, received an abundant compensation for their renunciation of the fame of authorship when tradition preserved their names together with their various expositions, and thus rescued even the least of them from oblivion.これらの功績があると多くの学者は、わずか数でさえしかし、 1つの文章や、他の人の間に何百もの多くの生得的aphorisms 、教え、ご質問、と回答、および、それらの世紀の伝統をユダヤ人の代表者は、 tannaimとamoraim 、豊富な報酬を受け取ってその名声を放棄するときに原作者の名前と一緒に伝統を守りながら、様々な展示、およびそのために救出してからも、最低のオブリビオン。 The peculiar form of the Talmud is due to the fact that it is composed almost entirely of individual sayings and discussions on them, this circumstance being a result of its origin: the fact that it sought especially to preserve the oral tradition and the transactions of the academies allowed the introduction only of the single sentences which represented the contributions of the teachers and scholars to the discussions.この奇妙な形のために、タルムードは構成されていることをほぼ完全には、個々のことわざやディスカッションにして、このような状況が起源した結果:れていることを求められ、特に経口の伝統を維持するとの取引は、アカデミー許可の導入は、 1つの文章だけで表現するの教師や学者の貢献をして議論します。 The preservation of the names of the authors of these apothegms, and of those who took part in the discussions, transactions, and disputations renders the Talmud the most important, and in many respects the only, source for the period of which it is the product.の保全、これらの作者の名前をapothegms 、およびそれらのwhoの議論に参加して、トランザクション数、およびレンダリングのdisputationsタルムードの最も重要な、と多くの点でのみ、ソースは、それが製品の期間です。 The sequence of generations which constitute the framework of the history of the Tannaim and Amoraim may be determined from the allusions contained in the Talmud, from the anecdotes and stories of the academies, and from other valuable literary material, which exhibit the historical conditions, events, and personages of the time, not excepting cases in which the facts have been clothed in the garb of legend or myth.シーケンスの世代を構成の枠組みの中tannaimとamoraimの歴史を、 5月からのallusions未定タルムードに含まれている、との話からの逸話のアカデミー、および他の貴重な文学資料を展示して歴史的な条件は、イベント、および人物の時間は、特定の事実を除いてケースでは服を着ても伝説や神話の服装をしています。 Although it was undertaken with no distinctly literary purpose, it contains, especially in its haggadic portions, many passages which are noteworthy as literature, and which for many centuries were the sole repositories of Jewish poetry.実施がないことははっきりと文学の目的のために、それが含まれ、特にその部分haggadic 、多くの通路としては注目に値する文学や、どの世紀には多くのユダヤ人の唯一のリポジトリの詩です。

Its Authority.その権限します。

After the completion of the Talmud as a work of literature, it exercised a twofold influence as a historical factor in the history of Judaism and its followers, not only in regard to the guidance and formulation of religious life and thought, but also with respect to the awakening and development of intellectual activity.完成した後、タルムードな文学作品として、二重の影響力を行使する歴史的な要因としては、ユダヤ教の歴史とその追随するだけでなく、これと関連し定式化の宗教的指導と生活と思ったんだけど、尊敬をも知的活動の目覚めと発展します。 As a document of religion the Talmud acquired that authority which was due to it as the written embodiment of the ancient tradition, and it fulfilled the task which the men of the Great Assembly set for the representatives of the tradition when they said, "Make a hedge for the Torah" (Ab. i. 2).タルムード宗教文書としての権限を取得したことが実施の態様のために書かれたこととしては、古代からの伝統、それ果たされるタスクは、男性の偉大な組立設定してかれらの伝統の代表者によると、 "作る生け垣は、律法" ( ab. i. 2 ) 。 Those who professed Judaism felt no doubt that the Talmud was equal to the Bible as a source of instruction and decision in problems of religion, and every effort to set forth religious teachings and duties was based on it; so that even the great systematic treatise of Maimonides, which was intended to supersede the Talmud, only led to a more thorough study of it.これらのフェルトwho本職のユダヤ教は、タルムードは間違いない聖書に等しい源としての命令や宗教の意思決定に問題が発生し、あらゆる努力をすると義務が規定に基づいて宗教的な教えているようにさえ論文の偉大な体系maimonides 、これは、タルムードに取って代わるを目的とし、より詳細な調査のみを主導してのことです。 In like manner, the Shulḥan 'Aruk of Joseph Caro, which achieved greater practical results than the Mishneh Torah, of Maimonides, owed its authority to the fact that it was recognized as the most convenient codification of the teachings of the Talmud; while the treatises on the philosophy of religion which strove as early as the time of Saadia to harmonize the truths of Judaism with the results of independent thinking referred in all possible cases to the authority of the Talmud, upon which they could easily draw for a confirmation of their theses and arguments.同じように、 shulḥan ' arukのジョセフカロ、より実用的な結果を達成mishneh律法よりも、 maimonides 、その権限を放棄することは事実として認識され、最も都合の法典化を教え、タルムード;が、論文宗教上の哲学を徹底する時間を、早ければsaadiaを調和し、その結果、ユダヤ教の真理の独立した思考のケースをすべての可能性に言及する権限は、タルムード、彼らが簡単に基づいて作られて描くの論文を確認するおよびその引数をします。 The wealth of moral instruction contained in the Talmud exercised a profound influence upon the ethics and ideals of Judaism.豊富な道徳的な命令に含まれているタルムード深遠な影響力を行使する時、ユダヤ教の倫理と理想です。 Despite all this, however, the authority enjoyed by it did not lessen the authority of the Bible, which continued to exercise its influence as the primal source of religious and ethical instruction and edification even while the Talmud ruled supreme over religious practise, preserving and fostering in the Diaspora, for many centuries and under most unfavorable external conditions, the spirit of deep religion and strict morality.にもかかわらず、すべてこれは、しかしながら、享受されたauthorityていない聖書の権威を減らす、その影響力を行使するに続き、プライマル源としての宗教的かつ倫理的な命令と教化にも最高の判決が、宗教的な練習タルムード、保存、育成は、 diaspora 、多くの世紀とされて最も不利な外付けの条件下では、厳格な宗教や道徳の精神を深くします。

The history of Jewish literature since the completion of the Talmud has been a witness to its importance in awakening and stimulating intellectual activity among the Jews.文学以来、ユダヤ人の歴史を完成され、タルムードの証人を選んで、その重要性に目覚め、ユダヤ人の間で刺激的な知的活動です。 The Talmud has been made the subject or the starting-point of a large portion of this widely ramified literature, which has been the product of the intellectual activity induced by its study, and to which both scholars in the technical sense of the word and also a large number of the studious Jewish laity have contributed.タルムードてきたのは、アジ研か、出発点は、文学の大部分を、この広く分岐されてきたの知的活動によって誘発される製品は、その研究では、との学者には、技術情報の両方の意味での言葉ともユダヤ人の勉強、多数の信徒に貢献します。 The same faculties which had been exercised in the composition of the Talmud were requisite also for the study of it; the Talmud therefore had an exceedingly stimulating influence upon the intellectual powers of the Jewish people, which were then directed toward other departments of knowledge.同じ学部の組成を行使されていたが、タルムードの研究のために必要なこともし、タルムードは、非常に刺激的な影響を及ぼすための知的ユダヤ人々の権限を、これは他の部門の知識を向けています。 It is a noteworthy fact that the study of the Talmud gradually became a religious duty, and thus developed into an intellectual activity having no ulterior object in view.これは注目に値する事実は、タルムードの研究は徐々に宗教上の義務である、とこのように発展して知的活動がないに隠されたオブジェクトを表示します。 Consequently it formed a model of study for the sake of study.そのために、モデルの形成のための研究の勉強をします。

The Talmud has not yet entirely lost its twofold importance as a historical factor within Judaism, despite the changes which have taken place during the last century.タルムードがまだ完全に失われ、その2倍にユダヤ教の重要な歴史的要因として、にもかかわらず、変更は前世紀の間に行われています。 For the majority of Jews it is still the supreme authority in religion; and, as noted above, although it is rarely an object of study on the part of those who have assimilated modern culture, it is still a subject of investigation for Jewish learning, as a product of Judaism which yet exerts an influence second in importance only to the Bible.大多数のユダヤ人は、これはまだ、最高権威の宗教;と、上記のように、これはほとんどのオブジェクトをこれらの研究をする部分が同化who現代文化、それはまだ調査の対象はユダヤ人の学習、ユダヤ教の製品としてはまだありませんが2番目に重要な影響力を発揮する聖書のみにします。 The following works of traditional literature not belonging to the Talmud have been included in the editions of Babli: Abot de-Rabbi Natan; Derek Ereẓ Rabbah; Derek Ereẓ Zuṭa; Kallah; Semaḥot; Soferim.は、次の伝統的な文学作品に属していない、タルムードに含まれているのエディションbabli : abotデ-ラビナタン;デレクereẓアンマン;デレクereẓ zuṭa ; kallah ; semaḥot ; soferimです。

Wilhelm Bacherヴィルヘルムbacher
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 書誌事項:
The manuscripts, editions, and translations have been discussed in the article.原稿は、エディション、および技術情報の翻訳記事も議論されています。 For an introduction to the Talmud the following works may be mentioned in addition to the general ones on Jewish history: Weiss, Dor, iii.; Halevy, Dorot ha-Rishonim, ii., Frankfort-on-the-Main, 1901; HL Strack, Einleitung in den Talmud, 2d ed., Leipsic, 1894 (covers the Mishnah also and contains an extensive bibliography of the Talmud);タルムードに紹介して5月には、次の作品に加えて、一般的なものに記載されてユダヤ人の歴史:ワイス、ドール、 Ⅲ 。 ;アレビ、 dorotハ- rishonim 、 Ⅱ 。 、フランクフォート-オンザメイン、 1901 ; hlシュトラック、デンタルムードeinleitungで、 2次元エド。 、リプシック、 1894 (ミシュナーをカバーして大規模な構造も含まれると、タルムード) ;

M. Mielziner, Introduction to the Talmud, Cincinnati (also gives good bibliography of the Talmud; the second part of this work contains a clear discussion of the hermeneutics and the methodology of the Talmud).男性ミールジーナー、紹介してタルムード、シンシナティ(書誌事項は、タルムードにも良いし、 2つ目の部分は、次の作業には、明確な解釈とその方法を議論し、タルムード)です。 On the Palestinian Talmud: Z. Frankel, Mebo, Breslau, 1870; J. Wiener, Gib'at Yerushalayim, Vienna, 1872 (reprinted from Ha-Shaḥar); A. Geiger, Die Jerusalemische Gemara, in his Jüd.上、パレスチナタルムード: z.フランケル、 mebo 、ブレスラウ、 1870 ; J. Wiener著、 gib'atエルサレムのヘブライ語読み、ウィーン、 1872年(再発よりハ- shaḥar ) ; a.ガイガー、死ぬjerusalemische gemara 、彼のjüdです。 Zeit.ツァイトです。 1870, pp. 1870 、 pp 。 278-306 (comp. Monatsschrift, 1871, pp. 120-137); I. Lewy, Interpretation des Ersten Abschnitts des Palästinischen Talmud-Traktates Nesikin, in Breslauer Jahresbericht, 1895, pp. 278〜306 ( comp. monatsschrift 、 1871 、 pp 。一二〇 〜一三七) ; i.レヴィー、解釈デersten abschnittsデpalästinischenタルムード- traktates nesikinは、 breslauer jahresbericht 、 1895 、 pp 。 1-19. 1-19 。 On the Babylonian Talmud: Z. Frankel, Beiträge zur Einleitung in den Talmud, in Monatsschrift, 1861, pp.上のバビロニアタルムード: z.フランケル、デンタルムードbeiträge zur einleitungでは、 monatsschrift 、 1861 、 pp 。 168-194, 205-212, 258-272;百六十八〜百九十四、 205〜212 、二五八から二七二まで;

N. Brüll, Die Entstehungsgeschichte des Babylonischen Talmuds als Schriftwerkes, in his Jahrb.名brüll 、死ぬentstehungsgeschichteデbabylonischen talmuds als schriftwerkes 、彼のjahrbです。 1876, ii. 1876年、 2世です。 1-123.一〜百二十三です。 On the earlier works introductory to the Talmud: JH Weiss, in Bet Talmud, i., ii., Vienna, 1881, 1882; Samuel b.以前の作品を紹介してタルムード:公団ワイスは、ベットタルムード、 i. 、 Ⅱ 。 、ウィーン、 1881 、 1882 ;サミュエルb. Hophni, Madkhal ila 'al-Talmud (= "Introduction to the Talmud"; this is the earliest work bearing the title and is known only through a quotation in the lexicon of Ibn Janaḥ, sv ); Samuel ha-Nagid, Mebo ha-Talmud (forming an appendix to the first volume of modern editions of the Talmud); Joseph ibn 'Aḳnin, an introduction to the Talmud (Hebr. transl. from the Arabic), edited in the Jubelschrift des Breslauer Seminars zum Siebzigen Geburtstage Frankels, 1871. hophni 、 madkhalイラ'アル-タルムード( = "紹介してタルムード" ;これは、最古の作品のタイトルとは、既知の軸受を介してのみを引用文には、辞書のイブンjanaḥ 、 sv文書) ;サミュエルハ- nagid 、 meboハ-タルムード(付録を形成する現代のエディションの最初の巻のタルムード) ;ジョセフイブン' aḳnin 、紹介してタルムード( hebr. transl 。からのアラビア語) 、 jubelschriftデbreslauerオンラインで編集されるとsiebzigen geburtstage zum frankels 、 1871です。

For other works on the subject see Talmud Hermeneutics;の他の作品で、被写体を参照タルムード解釈学;

a list is given in Jellinek, Ḳonṭres ha-Kelalim, Vienna, 1878.イェリネックは、与えられたのリストを表示し、 ḳonṭresハ- kelalim 、ウィーン、 1878 。 General articles on the Talmud in reviews and encyclopedias: Emil Deutsch, in Quarterly Review, 1867, frequently reprinted and translated; J. Derenbourg, in Lichtenberg's Encyclopédie des Sciences Religieuses, 1882, xii.一般的な記事は、タルムードのレビューや百科事典:エミールマップDeutschは、四半期日、 1867年、頻繁に転載、翻訳; j.ドランブール、科学をリヒテンベルグencyclopédieデreligieuses 、 1882 、 12 。 1007-1036; Arsène Darmesteter, in REJ xviii. 1007-1036 ; arsèneダルメステテールは、 18 rejです。 (Actes et Conferences, pp. ccclxxxi.-dcxlii.); S. Schechter, in Hastings, Dict. ( actes et会議、 pp 。 ccclxxxi. - dcxliiです。 ) ; s.シェクターは、ヘイスティングス、 dictのです。 Bible, extra vol., 1904, pp.聖書の、余分な!します。 、 1904 、 pp 。 57-66; 57-66 ;

E. Bischoff, Talmud-Katechismus, Leipsic, 1904. e.ビショフ、タルムード- katechismus 、リプシック、 1904 。

On the literature of the Talmud commentaries see Talmud Commentaries.文学上の論評は、タルムードタルムード解説を参照します。 On grammatical and lexicographical aids to the study of the Talmud see Jew.文法的に正しいとはエイズ的な辞書を参照のことを勉強し、タルムードユダヤ人である。 Encyc. encycです。 vi.80, sv Grammar, Hebrew, and ib. vi.80 、 sv文書文法、ヘブライ語、および① -イ。 iv. Ⅳ 。 580-585, sv Dictionaries, Hebrew. 580から585 、 sv文書辞書、ヘブライ語です。 On the terminology of the Talmud see, in addition to the works on Talmudic methodology: A. Stein, Talmudische Terminologie, Alphabetisch Geordnet, Prague, 1869; W. Bacher, Die Exegetische Terminologie der Jüdischen Traditionslitteratur: part i., Die Bibelexegetische Terminologie der Tannaiten, Leipsic, 1899 (original title, Die Aelteste Terminologie der Jüdischen Schriftauslegung); part ii., Die Bibel- und Traditionsexegetische Terminologie der Amoräer, ib.上の用語は、タルムードを参照に加えて、今回は作品のtalmudic方法: a.シュタイン、 talmudische terminologie 、 alphabetisch geordnet 、プラハ、 1869 ;ワットbacher 、死ぬexegetische terminologie der jüdischen traditionslitteratur :パートI. 、死ぬbibelexegetische terminologie der tannaiten 、リプシック、 1899 (オリジナルタイトル、死ぬaelteste terminologie der jüdischen schriftauslegung ) ;パートIIです。 、死ぬbibel - und traditionsexegetische terminologie der amoräer 、 ① -イ。 1905.WB 1905.wb


Talmud Commentariesタルムード論評

Jewish Viewpoint Informationユダヤ人の視点情報

Earliest Attempts.最古の試みです。

The commentaries on the Talmud constitute only a small part of halakic literature in comparison with the responsa literature and the commentaries on the codices.タルムードの論評を構成する小さな部分だけをhalakic responsumの文学と比較して、文学とのCODECに解説する。 At the time when the Talmud was concluded the traditional literature was still so fresh in the memory of scholars that there was no need of writing Talmudic commentaries, nor were such works undertaken in the first period of the gaonate.タルムードときには、時間があったので、従来の文学はまだ新鮮な学者は、メモリの書き込みがあるtalmudic論評する必要はない、またこのような作品は、最初の期間に実施さgaonateです。 Palṭoi Gaon (c. 840) was the first who in his responsa offered verbal and textual comments on the Talmud. palṭoi gaon ( c. 840 )の最初のwhoは、彼の言葉responsumの提供およびテキストのコメントが、タルムードです。 Ẓemaḥ b. b. ẓemaḥ Palṭoi (c. 872) paraphrased and explained the passages which he quoted; and he composed, as an aid to the study of the Talmud, a lexicon which Abraham Zacuto consulted in the fifteenth century. palṭoi ( c. 872 ) paraphrasedと説明して通路を引用符で彼と彼は、その研究の補助として、タルムードは、アブラハムzacuto辞書では、 15世紀に相談します。 Saadia Gaon is said to have composed commentaries on the Talmud, aside from his Arabic commentaries on the Mishnah (Benjacob, "Oẓar ha-Sefarim," p. 181, No. 430). gaonはsaadiaによると、タルムードに解説する構成には、彼のアラビア語に解説するよりはさておき、ミシュナー( benjacob 、 " oẓarハ- sefarim 、 " p. 181 、ナンバー430 ) 。 According to the Karaite Solomon b.カライ派によると、ソロモンb. Jeroham, a commentary on Yerushalmi by Ephraim b. jerohamは、エフライムb.解説されてyerushalmi Jacob existed as early as the time of Saadia, although this is highly improbable (Pinsker, "Liḳḳuṭe Ḳadmoniyyot," Supplement, p. 4; Poznanski, in "Kaufmann Gedenkbuch," p. 182).ジェイコブが存在する時に、早ければsaadia 、これは非常にありそうにない( pinsker 、 " liḳḳuṭe ḳadmoniyyot 、 "サプリメント、 p. 4 ; poznanski 、 "カウフマンgedenkbuch 、 " p. 182 ) 。

Rashi. rashiです。

The last three great geonim, Sherira, Hai, and Samuel b.の最後の3つの大geonim 、 sherira 、海、とサミュエルb. Ḥofni, did much in this field. ḥofni 、参考に多くをこのフィールドに入力します。 Most of Sherira's comments were explanations of difficult terms.ほとんどのsheriraのコメントは困難な条件の説明をします。 Many of these are quoted by Abu al-Walid (Bacher, "Leben und Werke des Abulwalid Merwân ibn Gānāḥ," etc., p. 85).これらは、引用されるの多くはアブアル-ワリド( bacher 、 "ビザwerkeデabulwalid merwânイブンgānāḥ "など、 p. 85 ) 。 It appears from the quotations in the "'Aruk" that Hai Gaon wrote commentaries on at least eleven treatises (Kohut, "Aruch Completum," xiii. et seq.).それからの見積書が表示されたら、 " ' aruk "を海に解説する少なくとも11 gaon書いた論文(コフート、 " aruch completum 、 " 13です。頁以降を参照。 ) 。 Abu al-Walid quotes Hai's commentary on Shabbat (Bacher, lcp 87).アブアル-ワリド海の論評を引用符でシャバット( bacher 、 、 LCP 87 ) 。 In the eleventh century commentaries on the Talmud were composed not only in Babylon but also in Africa, Spain, and Germany.は、 11世紀のタルムードに解説するだけでなく、バビロンで構成されただけでなく、アフリカ、スペイン、ドイツです。 In the first half of that century Nissim b.世紀の最初の半分をnissim b. Jacob, of Kairwan in northern Africa, composed his "Kitab Miftaḥ Maghaliḳ al-Talmud" (Hebr. title, "Sefer Mafteaḥ Man'ule ha-Talmud" = "Key to the Locks of the Talmud"), a commentary in which he explains difficult passages by references to parallel ones and occasionally to Yerushalmi also.ジェイコブは、アフリカ北部にkairwan 、作曲彼の" kitab miftaḥ maghaliḳアル-タルムード" ( hebr.タイトル、 " sefer mafteaḥ man'uleハ-タルムード" = "キーをロックは、タルムード" )は、論評では彼は通路の説明を参照して困難なものとし、場合によって並列にもyerushalmiです。 The work of Hananeel b. b.の仕事をhananeel Ḥushiel corresponds more to a commentary in the exact sense of the term. ḥushielに対応して他の意味での解説は、正確な用語です。 He sums up the Talmudic discussions, perhaps in order to facilitate the halakic decision, devoting his attention principally to determining the correct text of the Talmud.彼は合計するtalmudicディスカッション、おそらくhalakic意思決定を容易にするために、彼の注意devoting主を決定するのタルムードのテキストを修正します。 The first teachers in Spain, Enoch ben Moses, Joseph ibn Abitur, Isaac ibn Ghayyat, and Isaac Albargeloni, are also known to have composed commentaries on the Talmud (Weiss, "Dor," iv. 276 et seq.).の最初の教師、スペイン、イノックベンムーサーよ、ジョセフイブンアビトゥア資格、イスハークイブンghayyat 、およびアイザックalbargeloniは、構成には論評でも知られ、タルムード(ワイス、 "ドール、 " Ⅳ 。 276頁以降を参照。 ) 。 Naḥmani quotes Talmudic comments from a work by Samuel ha Nagid (Benjacob, lc No. 481). naḥmaniからのコメントを引用符で仕事をtalmudicサミュエルハnagid ( benjacob 、液晶番号481 ) 。 According to a not entirely authenticated statement (ib. No. 247), the famous exegete Abraham ibn Ezra composed a commentary on the treatise Ḳiddushin.認証済みの声明によると、完全ではない( ib.番号247 )は、有名な作曲をexegeteアブラハムイブンエズラḳiddushin論文解説をします。 In Germany, Gershom b.ドイツでは、ゲルショムb. Judah engaged in similar labors, though his commentaries have come to light only in the last century: they appear to have been the chief sources used by Rashi (1040-1105), the greatest commentator of the Talmud.ユダと同様に従事する労働者が、彼の論評が明るみに出るだけでの最後の世紀:彼らの最高のソースが表示され使用されてrashi ( 1040-1105 ) 、タルムードの最大の解説をします。 Although Rashi drew upon all his predecessors, yet his originality in using the material offered by them has always been admired.彼の前任者にすべてのrashiドリューものの、まだ彼に独自の色を使用して、材料は常に称賛して提供されています。 His commentaries, in turn, became the basis of the work of his pupils and successors, who composed a large number of supplementary works that were partly in emendation and partly in explanation of Rashi's, and are known under the title "tosafot."彼の論評は、順番に、その仕事の基盤となった彼の生徒や後継者、 who構成する数多くの作品が部分的に補正と校正rashiの部分での説明、およびが知られているタイトル"トーサーフォート。 " These works were printed together with Rashi's commentaries in the first editions of single Talmud treatises, and then in the collective editions.これらの作品が印刷さと一緒にrashiの論評で、最初の1つのエディションタルムード論文]をクリックし、集団のエディションです。 The tosafot included in the present editions are taken from various collections.トーサーフォートのエディションに含まれるのは、現在の様々なコレクションから取得します。 There are tosafot of Sens, tosafot of Evreux, tosafot of Touques, etc. (Winter and Wünsche, "Die Jüdische Litteratur," ii. 465).トーサーフォートのsensには、トーサーフォートのエヴルー、トーサーフォートのtouques 、等(冬とwünsche 、 "死ぬjüdischeマイクロアレイ、 " Ⅱ 。 465 ) 。 Instead of the simple, strictly logical method of exegesis a dialectic method showing great acumen is frequently employed in the tosafot.代わりに、シンプルで論理的方法を厳密に解釈する方法を弁証法的な洞察力が頻繁に表示中大のトーサーフォートで採用されています。 Originating in the German and French schools, and thence adopted by the Spanish and Arabic, it found in the following centuries (13th to 15th) brilliant representatives in Moses b.元のは、ドイツ語、フランス語学校、およびそこで採択されたスペイン語とアラビア語、それは、次の世紀に発見さ( 13日から15日)の代表者で輝かしいムーサーb. Naḥman, Solomon ben Adret, and others in Spain, as well as in various scholars in Turkey, although the Oriental Jews generally followed the simple method of Talmud study. naḥman 、ソロモンベン日当たりの良い斜面、およびその他のスペインだけでなく、様々な学者トルコでは、通常その後は、東洋のユダヤ人のタルムード研究の簡単な方法です。 The commentators are called "rishonim" (elders) down to the sixteenth century, and subsequently "aḥaronim" (juniors).のコメンテーターと呼ばれる" rishonim " (長老)ダウンして16世紀、その後" aḥaronim " (後輩)です。

Method of Ḥilluḳim.メソッドḥilluḳimです。

In the sixteenth century the hair-splitting dialectic study of the Talmud known as the Pilpul came to the fore.は、 16世紀の弁証法の研究の重箱の隅をつつくタルムードpilpulとして知られてやってきて、手前です。 The method called "ḥilluḥ," originating in Augsburg and Nuremberg, claimed chief attention, especially through the influence of Jacob Pollak of Poland, that country becoming in the course of the century the principal center of the study of the Talmud.このメソッドと呼ばれる" ḥilluḥ 、 "アウクスブルクとニュルンベルグに起源がある、と主張チーフ注意、特にを通じてジェイコブポラックのポーランドの影響を受けて、その国の世紀になるの過程での主要な中心部の研究は、タルムードです。 Special rules were formulated for composing the ḥilluḳim (Jellinek, in Keller's "Bikkurim," i. 3).特別なルールが策定を作曲するḥilluḳim (イェリネックは、ケラーの" bikkurim 、 "の経験I.クリチバ3 ) 。 It is frequently intimated in subsequent pilpulistic works that the author himself regards his expositions as artificial, though he believes them to contain a grain of truth.その後のことは頻繁にintimated pilpulistic彼の作品は、作者自身に関して人工展示として、かかわらず、彼は考えには、穀物の真実しています。 This method still dominates to some extent the study of the Talmud in the eastern countries of Europe.この方法をまだ支配にある程度の研究は、タルムードは、東ヨーロッパの国々です。 But Jewish science demands a scientific treatment of the Talmud-an examination of its sources and parallel passages from a historical, archeological, and philological point of view, a methodical analysis of its text, and a comparative study of it by the side of other monuments of antiquity.しかし、ユダヤ人の科学の要求を科学的な治療法は、タルムード-の調査結果を、ソースと平行通路から歴史的建造物、考古学、言語学の観点から見ると、そのテキストを整然と分析した、との比較研究することによって、他の記念碑の側面に古代します。

Palestinian Talmud.パレスチナタルムードです。

The Palestinian Talmud was studied much less than the Babylonian, although occasional comments on Yerushalmi are found in Alfasi and other earlier authorities, especially in the commentary of Samson of Sens on the mishnaic order Zera'im.パレスチナのタルムードバビロニアは、勉強よりもはるかに少ないが、時折コメントをyerushalmiが見つかりましたalfasiおよびその他の以前の著者、特にサムソンの解説のためのzera'im sens mishnaicを検索する。 The first connected commentary on many treatises of Yerushalmi was composed in the seventeenth century by R. Joshua Benveniste, who had at hand R. Solomon Sirillo's commentary on certain treatises.解説の最初の接続yerushalmiは、多くの論文の構成は、 17世紀の都市、ジョシュアバンヴェニスト、 whoは手の届く所r.ソロモンsirilloの特定の論文解説します。 ElijahFulda commentated in 1710 the order Zera'im and part of the order Neziḳin. elijahfulda commentatedでzera'imと1710の順序の順序neziḳin部分です。 The greater part of Yerushalmi was edited about the middle of the eighteenth century by Mendelssohn's teacher David Fränkel; and a complete commentary was written by Moses Margolioth. yerushalmiの大部分を中央には、編集については、 18世紀にメンデルスゾーンの先生デビッドフランケル;と、完全な解説が書かれたムーサーmargoliothです。 Noteworthy as commentators in the nineteenth century are Nahum Trebitsch and Zacharias Frankel.コメンテーターとして注目すべきは、 19世紀はナホムツァハリアスフランケルtrebitschとします。

The commentaries on Babli may be divided into: (1) "perushim," running commentaries accompanying the text; (2) "tosafot" (additions), glosses on Rashi's commentary; (3) "ḥiddushim" (novellæ), explicit comments on certain passages of the Talmud text; and (4) "haggahot," or marginal glosses. babli年5月に解説するのに分けられる: ( 1 ) " perushim 、 "実行中の論評同行してテキスト、 ( 2 ) "トーサーフォート" (追加) 、注釈をrashiの解説、 ( 3 ) " ḥiddushim " ( novellæ ) 、明示的なコメントを特定の通路は、タルムードのテキスト、および( 4 ) " haggahot 、 "や欄外の注釈です。 As appears from the following chronological list, the treatises Seder Mo'ed, Nashim, and Ḥullin, which deal particularly with the religious life and which were therefore made special subjects of study and instruction, were most frequently commentated, while the Seder Ḳodashim is less often made the subject of comment.年代順に表示されるよりは、次のリストは、論文セダーmo'ed 、 nashim 、およびḥullin 、これは宗教的な生活と契約、特にそのために作られた特別な科目の勉強との命令が最も頻繁にcommentated 、 ḳodashimが少ないが、セダー多くの場合は、アジ研のコメントは得られなかった。 In the subjoined list only the edited commentaries are enumerated, no note being taken of treatises on which there are no commentaries. subjoined表示価格は、論評が列挙さは、編集、論文の注:上でとられるの論評はない。 The letter "W" indicates the Wilna (Widow & Brothers Romm) Talmud edition of 1886.の手紙" w "のは、 wilna (未亡人&ブラザーズロム) 1886年版のタルムードです。

Chronological List of Commentators on Both Talmudim.時系列の両方で解説者のリストをtalmudimです。

Eleventh Century. 11世紀のです。

Nissim b. b. nissim Jacob (d. 1040), Sefer Mafteaḥ (see above; Ber., Shab., 'Er.), ed.ジェイコブ(民主党1040 ) 、 sefer mafteaḥ (上記参照; BERを計算します。 、 shab 。 、 ' erです。 ) 、エドです。 I. Goldenthal, Vienna, 1847; in W. Gershom b. i. goldenthal 、ウィーン、 1847 ;でワットゲルショムb. Judah (d. 1040), perush (Ber., Ta'an., BB, entire Seder Ḳodashim excepting Zeb.); in W. Hananeel b.ユダ(民主党1040 ) 、 perush ( ber. 、 ta'an 。 、 bb 、全体zebセダーḳodashim除いています。 ) ;でワットhananeel b. Ḥushiel (d. 1050), perush (Seder Mo'ed, Seder Neziḳin excepting BB); in W. Solomon b. ḥushiel (民主党1050 ) 、 perush (セダーmo'ed 、セダーを除いneziḳin BB )の;でワットソロモンb. Isaac (Rashi), commentary on thirty treatises; in all editions.アイザック( rashi ) 、解説論文を30 ;でのすべてのエディション。

Twelfth to Fifteenth Century. 12から15世紀です。

Samuel b.サミュエルb. Meïr, commentary on Baba Batra from the third section and on the last section of Pesaḥim; in all editions. meïr 、解説をババbatraから3番目のセクションとの最後のセクションでpesaḥim ;でのすべてのエディション。 Isaac b.アイザックb. Nathan, commentary on Makkot; in all editions, beginning with 19b.ネイサンは、解説をmakkot ;でのすべてのエディションを初めとする19 bです。 Eliezer b.エリエゼルb. Nathan, commentary on Nazir; in W. Jacob Tam (d. 1171), , on thirty-one treatises, Vienna, 1811.ネイサンは、解説をナズィール;はジェイコブワットタム(民主党1171 ) 、は、 31論文、ウィーン、 1811 。 Isaac b.アイザックb. Samuel of Dampierre, tosafot to Ḳiddushin; in W. Joseph ibn Migash, ḥiddushim (Sheb., Salonica, 1759; BB, Amsterdam, 1702).サミュエルのダンピエール、トーサーフォートをḳiddushin ;ワットジョセフイブンmigashで、 ḥiddushim ( sheb. 、 salonica 、 1759 ; bb 、アムステルダム、 1702 ) 。 Moses b.モーゼスb. Maimon, perush (RH), Paris, 1865.マイモン、 perush ( RH )電子、パリ、 1865 。 Judah Sir Leon (d. 1224), tosafot (Ber., in ), Warsaw, 1863.ユダ卿レオン(民主党1224 ) 、トーサーフォート( ber. 、 、 ) 、ワルシャワ、 1863 。 Samson of Sens, tosafot (Shab., 'Er., Men., in all editions; Soṭah in W.).サムソンのsens 、トーサーフォート( shab. 、 ' er 。 、男性です。 、すべてのエディション; soṭahでワット)です。 Perez, tosafot (Beẓah, Ned., Naz., Sanh., Mek., Me'i., in all editions; B. Ḳ., Leghorn, 1819).ペレス、トーサーフォート( beẓah 、ネッド。 、 naz 。 、 sanh 。 、 mek 。 、 me'i 。 、すべてのエディション; b. ḳ 。 、リボルノ、 1819 ) 。 Moses of Evreux, tosafot (Ber.); in all editions.ムーサーのエヴルー、トーサーフォート( ber. ) ;でのすべてのエディション。 Samuel of Evreux, tosafot to Soṭah, ib.サミュエルのエヴルー、トーサーフォートをsoṭah 、 ① -イ。 Samuel of Falaise, tosafot to 'Abodah Zarab, ib.サミュエルのファレーズ、トーサーフォートを' abodah zarab 、 ① -イ。 Baruch, tosafot to Zebaḥim, ib.バルーク、トーサーフォートをzebaḥim 、 ① -イ。 Meïr Abulafia (d. 1244), (BB, Salonica, 1803; Sanh., ib. 1798). meïr abulafia (民主党1244 ) 、 ( bb 、 salonica 、 1803 ; sanh 。 、 ① -イ。 1 798) 。 Judah b.ユダb. Benjamin ha-Rofe, perush (Sheḳ.); in W. Peraḥyah b.ベンジャミンハ- 4年の刑期、 perush ( sheḳ. ) ;でワットperaḥyah b. Nissim (c. 1250) ,ḥiddushim, in , Venice, 1752. nissim ( c. 1250 ) 、 ḥiddushim 、には、ベニス、 1752 。 Isaiah di Trani (c. 1250), tosafot (i., B. Ḳ., BM, BB, 'Ab. Zarah, Niddah, Shab., Ḥag.; ii., 'Er., RH, Yoma, Suk., Meg., M. Ḳ., Pes., Beẓah, Ned., Naz., Lemberg, 1862; Ket., Giṭ., in W.).イザヤ書ディトラーニ( c. 1250 ) 、トーサーフォート( i. 、 b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 bb 、 'アルバータです。 zarah 、 niddah 、 shab 。 、 ḥag 。 ; Ⅱ 。 、 ' er 。 、 rh 、 yoma 、ソクします。 、メグです。 、男性ḳ 。 、ペス。 、 beẓah 、ネッド。 、 naz 。 、レンベルク、 1862 ;ケット。 、 giṭです。は、ワット)です。 Jonah Gerondi (d. 1263), ḥiddushim (Sanh., in ), Leghorn, 1801.ヨナgerondi (民主党1263 ) 、 ḥiddushim ( sanh. 、 、 ) 、リボルノ、 1801 。 Moses b.モーゼスb. Naḥman (dc 1270), ḥiddushim (Ber., 'Er., Pes., M. ḳ., Ḥag., RH, Suk., Ta'an., Meg., in , Salonica, 1791; Shab., in , Presburg, 1837; Yeb., Homburg, 1700; Ket., Metz, 1765; Giṭ., Niddah, in , Sulzbach, 1762; BB, Venice, 1723). naḥman (直流1270 ) 、 ḥiddushim ( ber. 、 ' er 。 、ペス。 、男性ḳ 。 、 ḥag 。 、 rh 、ソクします。 、 ta'an 。 、メグです。 、には、 salonica 、 1791 ; shab 。 、には、 presburg 、 1837 ; yeb 。 、 Homburgの、 1700 ;ケット。 、メッツ、 1765 ; giṭ 。 、 niddah 、には、 sulzbach 、 1762 ; bb 、ベニス、 1723 ) 。 Todros ha-Levi (d. 1283), (on the haggadot), Novidvor, 1808; hiddushim (Meg., Yoma, in ), Leghorn, 1801. todrosハ-レヴィ(民主党1283 ) 、 (上のhaggadot ) 、 novidvor 、 1808 ; hiddushim ( meg. 、 yoma 、 、 ) 、リボルノ、 1801 。 Aaron ha-Levi (d. 1293), ḥiddushim (Ket., Prague, 1742; Beẓah, in , Leghorn, 1810).アーロンハ-レヴィ(民主党1293 ) 、 ḥiddushim ( ket. 、プラハ、 1742 ; beẓah 、には、リボルノ、 1810 ) 。 Meïr of Rothenburg (d. 1293), tosafot to Yoma; in all editions. meïrのローテンブルク(民主党1293 ) 、トーサーフォートをyoma ;でのすべてのエディション。 Solomon b.ソロモンb. Adret (d. 1310), ḥiddushim (Shab., RH, Meg., Yeb., Ned., B. Ḳ., Ḥul., Constantinople, 1720; Sheb., Salonica, 1729; Niddah, Altona, 1737; Men., Warsaw, 1861; 'Er., ib. 1895).日当たりの良い斜面(民主党1310 ) 、 ḥiddushim ( shab. 、 rh 、メグです。 、 yeb 。 、ネッド。 、 b. ḳ 。 、 ḥul 。 、コンスタンティノープル、 1720 ; sheb 。 、 salonica 、 1729 ; niddah 、アルトナ、 1737 ;男性です。 、ワルシャワ、 1861 ; ' er 。 、 ① -イ。 1 895年) 。 Yom-Ṭob b. yom - ṭob b. Abraham, ḥiddushim (Sheb., Salonica, 1805; 'Er., Ta'an., M. Ḳ., Ket., BM, Amsterdam, 1729; RH, Königsberg, 1858; Yoma, Constantinople, 1754; Meg., Warsaw, 1880; Yeb., Leghorn, 1787; Ḳid., Sabbionetta, 1553; Giṭ., Salonica, 1758; 'Ab. Zarah, in , ib. 1759; Sanh., in , Leghorn, 1781; Sheb., in , ib. 1780; Mak., Sulzbach, 1762; Ḥul., Prague, 1735; Niddah, Vienna, 1868).アブラハム、 ḥiddushim ( sheb. 、 salonica 、 1805 ; ' er 。 、 ta'an 。 、男性ḳ 。 、ケットです。 、バミューダ諸島、アムステルダム、 1729 ; rh 、 königsberg 、 1858 ; yoma 、コンスタンティノープル、 1754 ;メグです。 、ワルシャワ、 1880 ; yeb 。 、リボルノ、 1787 ; ḳid 。 、 sabbionetta 、 1553 ; giṭ 。 、 salonica 、 1758 ; 'アルバータです。 zarah 、には、 ① -イ。 1 759; s anh。 、には、リボルノ、 1 781; s heb。 、には、 ① -イ。 1780 ; makです。 、 sulzbach 、 1762 ; ḥul 。 、プラハ、 1735 ; niddah 、ウィーン、 1868年) 。 Menahem Me'iri (c. 1300), (Shab., Leghorn, 1794; Yoma, ib. 1760; Meg., Ḥag., Ta'an., Prague, 1810; Ned., Naz., Soṭah, Beẓah, Berlin, 1859; Yeb., Salonica, 1794). menahem me'iri ( c. 1300 ) 、 ( shab. 、リボルノ、 1794 ; yoma 、 ① -イ。 1 760;メグです。 、 ḥ ag。 、 t a'an。 、プラハ、 1 810;ネッド。 、 n az。 、 s oṭah、 b eẓah、ベルリン、 1859 ; yeb 。 、 salonica 、 1794 ) 。 Asher b. b.洗浄器 Jehiel (d. 1327), perush (Ned., Naz.), in W.; tosafot (Ber., in , Warsaw, 1862; Suk., Jerusalem, 1903; RH, ib. 1871; Meg., ib. 1884; 'Ab. Zarah, ib. 1888; Giṭ., Constantinople, 1711; BM, Dyhernfurth, 1823; Sanh., Ḥul., in , Sulzbach, 1762; Sheb., Venice, 1608; Niddah, under the title , Venice, 1741); Aaron ha-Levi, , Ḳid., Husiatyn, 1902; (Pes.), Jerusalem, 1873.ジェヘル(民主党1327 ) 、 perush ( ned. 、 nazです。 ) 、ワット;トーサーフォート( ber. 、には、ワルシャワ、 1862 ;ソクします。 、エルサレム、 1903 ; rh 、 ① -イ。 1 871;メグです。 、 ① -イ。 1 8 84 ; 'アルバータです。 zarah 、 ① -イ。 1 888; g iṭ。 、コンスタンティノープル、 1 711;バミューダ諸島、 d yhernfurth、 1 823; s anh。 、 ḥ ul。 、には、 s ulzbach、 1 762; s heb。 、ベニス、 1 608; n iddah、タイトルの下に、ベニス、 1741 ) ;アーロンハ-レビ、 、 ḳid 。 、 husiatyn 、 1902 ; ( pes. ) 、エルサレム、 1873 。 Isaac Aboab (d. 1493), ḥiddushim (in the responsa of Moses Galante), Venice, 1608.アイザックaboab (民主党1493 ) 、 ḥiddushim (ムーサーは、 responsumのガラント) 、ベニス、 1608 。

Sixteenth Century. 16世紀です。

Jacob be-Rab (d. 1546), ḥiddushim (Ket., Ḳid.), in his responsa, Venice, 1663.ジェイコブが- Rabの(民主党1546 ) 、 ḥiddushim ( ket. 、 ḳidです。 ) 、彼のresponsumの、ベニス、 1663 。 1549. 1549 。 Joshua Boaz Baruch, the indexes , , Venice.ジョシュアボアズバルークは、インデックス、 、ベニスです。 1552. 1552 。 Mattathias Delacrut, ḥiddushim ('Er.), Lublin. mattathias delacrut 、 ḥiddushim ( ' erです。 ) 、ルブリンです。 1561. 1561 。 Joseph ibn Leb, ḥiddushim (Ket., B. Ḳ., Sheb., Constantinople, 1561; Giṭ., ib. 1573).ジョセフイブンleb 、 ḥiddushim ( ket. 、 b. ḳ 。 、 sheb 。 、コンスタンティノープル、 1561 ; giṭ 。 、 ① -イ。 1 573) 。 Solomon Luria (d. 1573), (Beẓah, Lublin, 1638; Yeb., Altona, 1740; Ḳid., Berlin, 1766; Ket., Lemberg, 1862; Giṭ., Berlin, 1761; Ḥul., Cracow, 1615); on nineteen treatises, Cracow, 1581.ソロモンルリア(民主党1573 ) 、 ( beẓah 、ルブリン、 1638 ; yeb 。 、アルトナ、 1740 ; ḳid 。 、ベルリン、 1766 ;ケット。 、レンベルク、 1862 ; giṭ 。 、ベルリン、 1761 ; ḥul 。 、クラクフ、 1615 ) ;は19論文、クラクフ、 1581 。 1573. 1573 。 Judah b.ユダb. Moses, , Constantinople.ムーサーよ、 、コンスタンティノープルです。 1577. 1577 。 Jacob (Beẓah), Jerusalem, 1865.ジェイコブ( beẓah ) 、エルサレム、 1865 。 1587. 1587 。 Samuel Jaffe Ashkenazi, on the haggadot of Yerushalmi, Venice, 1590.サミュエルジャッフェアシュケナージで、 [ haggadotのyerushalmi 、ベニス、 1590 。 Abraham Burjil, (Yeb., Ket., B. Ḳ., Bik.), ib.アブラハムburjil 、 ( yeb. 、ケットです。 、 b. ḳ 。 、 bikです。 ) 、 ① -イ。 1605. 1605 。 1591. 1591 。 Joseph ibn Ezra, (Ḳid.), Salonica.ジョセフイブンエズラ、 ( ḳid. ) 、 salonicaです。 Bezaleel Ashkenazi, (Ber., Warsaw, 1863; Beẓah, Constantinople, 1731; Ket., ib. 1738; Naz., Leghorn, 1774; Soṭah, ib. 1800; B. Ḳ., Venice, 1762; BM, Amsterdam, 1726; BB, Lemberg, 1809; Seder Ḳodashim, excepting Ḥul., in W.). bezaleelアシュケナージ、 ( ber. 、ワルシャワ、 1863 ; beẓah 、コンスタンティノープル、 1731 ;ケット。 、 ① -イ。 1 738; n az。 、リボルノ、 1 774; s oṭah、 ① -イ。 1 8 00;b . ḳ。 、ベニス、1 7 62;バミューダ諸島、アムステルダム、 1726 ; bb 、レンベルク、 1809 ;セダーḳodashim 、 ḥulを除いています。は、ワット)です。

Seventeenth Century. 17世紀です。

1602. 1602 。 Samuel b.サミュエルb. Eleazer, ḥiddushim (Ket., Giṭ.), Prossnitz.エリエザー、 ḥiddushim ( ket. 、 giṭです。 ) 、 prossnitzです。 1603. 1603 。 Jedidiah Galante, ḥiddushim (Beẓah, Yeb., Giṭ., B. Ḳ., 'Ab. Zarah), Venice.ジェディディアガラント、 ḥiddushim ( beẓah 、 yeb 。 、 giṭ 。 、 b. ḳ 。 、 'アルバータです。 zarah ) 、ベニスです。 1608. 1608 。 Abraham Ḥayyim Shor, ('Er., Pes., B. Ḳ., BM, BB Sanh., Sheb., 'Ab. Zarah, Ḥul.), Lublin; (Seder Ḳodashim), Wandsbeck, 1729.アブラハムḥayyimショル、 ( ' er 。 、ペス。 、 b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 bb sanh 。 、 sheb 。 、 'アルバータです。 zarah 、 ḥulです。 ) 、ルブリン; (セダーḳodashim ) 、 wandsbeck 、 1729 。 Mordecai Jaffe (d. 1611), (glosses); in W. Moses b.モルデカイジャッフェ(民主党1611 ) 、 (注釈) ;はムーサーb.ワット Isaiah, ḥiddushim (Zeb.), Berlin, 1701.イザヤ書、 ḥiddushim ( zeb. ) 、ベルリン、 1701 。 1612. 1612 。 Samuel Edels, ḥiddushim ( on all treatises), Lublin.サミュエルedels 、 ḥiddushim (上のすべての論文) 、ルブリンです。 1614. 1614 。 Issachar Bär, (Hor., Ker., Soṭah, Ḥul.), Venice. issachar bär 、 ( hor. 、 ker 。 、 soṭah 、 ḥulです。 ) 、ベニスです。 1619. 1619 。 Meïr Lublin, (on most of the treatises), ib. meïrルブリン、 (上ほとんどの論文) 、 ① -イ。 Isaac ha-Levi, ḥiddushim (Sheb., Beẓab, Yeb., Ḳid., Ket., 'Ab. Zarah, Ḥul.), Neuwied, 1736.アイザックハ-レビ、 ḥiddushim ( sheb. 、 beẓab 、 yeb 。 、 ḳid 。 、ケットです。 、 'アルバータです。 zarah 、 ḥulです。 ) 、ノイウィート、 1736 。 Abraham di Boton (d. 1625), ḥiddushim (B. Ḳ., in ), Venice, 1599.アブラハムディboton (民主党1625 ) 、 ḥiddushim ( b. ḳ 。 、 、 ) 、ベニス、 1599 。 Joseph di Trani (d. 1639), ḥiddushim (Ḳid.), ib.ジョセフディトラーニ(民主党1639 ) 、 ḥiddushim ( ḳid. ) 、 ① -イ。 1645. 1645 。 Joel Sirkes (d. 1640), haggahot; in W. Joshua b.ジョエルsirkes (民主党1640 ) 、 haggahot ;でワットジョシュアb. Solomon (d. 1648), (Shab., Pes., Beẓah, Yeb., Ket., Ḳid., B. Ḳ., Ḥul.), Amsterdam, 1715.ソロモン(民主党1648 ) 、 ( shab. 、ペス。 、 beẓah 、 yeb 。 、ケットです。 、 ḳid 。 、 b. ḳ 。 、 ḥulです。 ) 、アムステルダム、 1715 。 Lipmann Heller (d. 1654), (notes); in W. 1652.リープマンヘラー(民主党1654 ) 、 (注) ;は1652ワットです。 Ḥiyya Rofe, (on nineteen treatises), Venice. 4年の刑期ḥiyya 、 (上19論文) 、ベニスです。 1660. 1660 。 Mordecai Kremsier, (on the haggadot of Ber.), Amsterdam.モルデカイkremsier 、 (上のhaggadotのBERを計算します。 ) 、アムステルダム市内のホテル。 1662. 1662 。 Joshua Benveniste, (Yer. Zera'im, Constantinople, 1662; Mo'ed, Nashim Neziḳin, ib. 1754).ジョシュアバンヴェニスト、 ( yer. zera'im 、コンスタンティノープル、 1662 ; mo'ed 、 nashim neziḳin 、 ① -イ。 1 754) 。 Meïr Schiff b. b. meïrシッフ Jacob, ḥiddushe halakot (i., ii., Sheb., Beẓah, Ket., Giṭ., B. Ḳ., BM, BB, Sanh., Zeb., Ḥul.), Zolkiev, 1826, and in the editions.ジェイコブ、 ḥiddushe halakot ( i. 、 Ⅱ 。 、 sheb 。 、 beẓah 、ケットです。 、 giṭ 。 、 b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 bb 、 sanh 。 、 zeb 。 、 ḥulです。 ) 、 zolkiev 、 1826 、および各エディションです。 Joshua Höschel (d. 1663), ḥiddushim (B. Ḳ., BM, BB), Frankfort-on-the-Main, 1725.ジョシュアhöschel (民主党1663 ) 、 ḥiddushim ( b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 BB )の、フランクフォート-オンザメイン、 1725 。 1664. 1664 。 Solomon Algazi, ('Ab. Zarah, Ber., Ḥul., Venice, 1664; , Salonica, 1655; and , Constantinople, 1683; on haggadot).ソロモンalgazi 、 ( 'アルバータです。 zarah 、 BERを計算します。 、 ḥul 。 、ベニス、 1664 ; 、 salonica 、 1655 ;と、コンスタンティノープル、 1683 ;上haggadot ) 。 1669. 1669 。 Aaron Samuel Kaidanover, (Zeb., Men., 'Er., Ker., Tem., Me'i.), Amsterdam, 1669; (Pes., Beẓah, Yeb., Ket., Giṭ., B. Ḳ., BM, Ḥul.), Frankfort-on-the-Main, 1696.サミュエルアーロンkaidanover 、 ( zeb. 、男性です。 、 ' er 。 、 ker 。 、テムです。 、 me'iです。 ) 、アムステルダム、 1669 ; ( pes. 、 beẓah 、 yeb 。 、ケットです。 、 giṭ 。 、 b. ḳです。 、バミューダ諸島、 ḥulです。 ) 、フランクフォート-オンザメイン、 1696 。 1670. 1670 。 Jonah Teomim (d. 1699), (on thirteen treatises), Amsterdam.ヨナteomim (民主党1699 ) 、 (上13論文) 、アムステルダム市内のホテル。 1671. 1671 。 Moses Benveniste of Segovia, (Ber., Seder Mo'ed), Smyrna.モーゼスバンヴェニストセゴビア、 ( ber. 、セダーmo'ed ) 、スミュルナです。 Ḥayyim ben Israel Benveniste (d. 1673), (Sanh.), Leghorn, 1802.ベンイスラエルḥayyimバンヴェニスト(民主党1673 ) 、 ( sanh. ) 、リボルノ、 1802 。 1682. 1682 。 Samuel Eliezer b.サミュエルエリエゼルb. Judah, ḥiddushe aggadot, Frankfort.ユダ、 ḥiddushe aggadot 、フランクフォートです。 1686. 1686 。 Isaac Benjamin Wolf, ḥiddushim (BM), ib.アイザックベンジャミンオオカミは、 ḥiddushim (バミューダ諸島) 、 ① -イ。 Moses ibn Ḥabib (d. 1696), (RH, Yoma, Suk.), Constantinople, 1727.モーゼスイブンḥabib (民主党1696 ) 、 ( rh 、 yoma 、ソクです。 ) 、コンスタンティノープル、 1727 。 1693. 1693 。 Moses b.モーゼスb. Simeon, (Ber., Seder Mo'ed), Prague.シメオン、 ( ber. 、セダーmo'ed ) 、プラハのです。 1698. 1698 。 Judah b.ユダb. Nissan, (Yeb., Ket., Ḳid., Giṭ., B. Ḳ., BM, BB, Ḥul.), with ḥiddushim of David Oppenheim, Dessau.日産、 ( yeb. 、ケットです。 、 ḳid 。 、 giṭ 。 、 b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 bb 、 ḥulです。 ) 、 ḥiddushimのデビッドオッペンハイム、デッサウです。 1698. 1698 。 Naphtali Cohen, (Ber.), Frankfort.ナフタリコーエン、 ( ber. ) 、フランクフォートです。 1699. 1699 。 Samuel Ẓarfati, (Ber., 'Er., Beẓah, RH, B. Ḳ., Hor.), Amsterdam.サミュエルẓarfati 、 ( ber. 、 ' er 。 、 beẓah 、 rh 、 b. ḳ 。 、前です。 ) 、アムステルダム市内のホテル。 Meïr Schiff b. b. meïrシッフ Soloman, (Ber., Sheb., Beẓah, Pes., Men.), Fürth, 1798.ソロモン、 ( ber. 、 sheb 。 、 beẓah 、ペス。 、男性です。 ) 、フュルト、 1798 。 Baruch Angel, ḥiddushim (Ket., Giṭ., B. Ḳ., BM, Sheb., 'Ab. Zarah, Ḥul.), Salonica, 1717.バルークエンジェル、 ḥiddushim ( ket. 、 giṭ 。 、 b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 sheb 。 、 'アルバータです。 zarah 、 ḥulです。 ) 、 salonica 、 1717 。 Nehemiah b.ニーアマイアb. Abraham Feiwel Duschnitz, (on twelve treatises), Amsterdam, 1694.アブラハムfeiwel duschnitz 、 (上12論文) 、アムステルダム、 1694 。 Judah Liva b.ユダliva b. Bezaleel (Shab., 'Er., Pes.), Lemberg, 1861. bezaleel ( shab. 、 ' er 。 、ペスです。 ) 、レンベルク、 1861 。

Eighteenth Century. 18世紀です。

1700. 1700 。 Joseph b.ジョセフb. Jacob, (on the haggadah), Amsterdam.ジェイコブ、 (上のhaggadah ) 、アムステルダム市内のホテル。 Elijah Spira (d. 1712), (Ḳid., Ket., Giṭ., B. Ḳ., BM, Ḥul.), Fürth, 1768.イライジャスピラ(民主党1712 ) 、 ( ḳid. 、ケットです。 、 giṭ 。 、 b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 ḥulです。 ) 、フュルト、 1768 。 Abraham Broda (d. 1717), (Pes., Giṭ., BM, BB), Frankfort-on-the-Main, 1747; (Ḳid., Ket.), Fürth, 1769; ḥiddushim (B. Ḳ., BM, Sanh. in ), Offenbach, 1723.アブラハムbroda (民主党1717 ) 、 ( pes. 、 giṭ 。 、バミューダ諸島、 BB )の、フランクフォート-オンザメイン、 1747 ; ( ḳid. 、ケットです。 ) 、フュルト、 1769 ; ḥiddushim ( b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 sanh 。さ) 、オッフェンバッハ、 1723 。 1710. 1710 。 Elijah b.イライジャb. Judah, perush on Yer.ユダ、 yer perushをします。 Zera'im and Sheḳ., Amsterdam, 1710; B. Ḳ., BM, BB, Frankfort, 1742. zera'imとsheḳ 。 、アムステルダム、 1710 ; b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 bb 、フランクフォート、 1742 。 1710. 1710 。 Abraham Naphtali Spitz, (on most of the treatises), Frankfort-on-the-Main.アブラハムナフタライスピッツ、 (上ほとんどの論文) 、フランクフォート-オンザメインです。 1711. 1711 。 Samuel Shotten, (Seder Neziḳin, excepting Hor.), ib.サミュエル弱り切って、 (セダーneziḳin 、前を除いています。 ) 、 ① -イ。 1714. 1714 。 Akiba b.アキバb. Judah Löb, (Ket.), ib.ユダlöb 、 ( ket. ) 、 ① -イ。 1715. 1715 。 Meïr Eisenstadt (d. 1744), (part i., Zeb., Shab., Ḥul., Amsterdam, 1715; part ii., Giṭ., Sulzbach, 1733; part iii., Ḳid., Beẓah, ib. 1738; also B. Ḳ., Sudilkov, 1832). meïrアイゼンシュタット(民主党1744 ) 、 (パートI. 、 zeb 。 、 shab 。 、 ḥul 。 、アムステルダム、 1715 ;パートIIです。 、 giṭ 。 、 sulzbach 、 1733 ;パートIII 。 、 ḳid 。 、 beẓah 、 ① -イ。 1 738;またb. ḳ 。 、 sudilkov 、 1832 ) 。 Joseph ha-Kohen Tanuji (d. 1720), (B. Ḳ., BM, 'Ab. Zarah), Leghorn, 1793.ジョセフハ-公演tanuji (民主党1720 ) 、 ( b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 'アルバータです。 zarah ) 、リボルノ、 1793 。 1720. 1720 。 Solomon Kohen, ḥiddushim (on eleven treatises), Wilmersdorf.ソロモン公演、 ḥiddushim ( 11論文) 、ヴィルマスドルフです。 1725. 1725 。 Samuel di Avila, (Naz.), Amsterdam.サミュエルディアビラ、 ( naz. ) 、アムステルダム市内のホテル。 Menahem Nahum b. b. menahemナホム Jacob, (on fourteen treatises), Dyhernfurth, 1726.ジェイコブ、 (上14論文) 、 dyhernfurth 、 1726 。 1728. 1728 。 Johanan Kremnitzer, (Naz.), Berlin. johanan kremnitzer 、 ( naz. ) 、ベルリンのです。 1728. 1728 。 Elijah b.イライジャb. Jacob, (Pes., Ḳid., Ket., Giṭ., B. Ḳ.), Wandsbeck.ジェイコブ、 ( pes. 、 ḳid 。 、ケットです。 、 giṭ 。 、 b. ḳです。 ) 、 wandsbeckです。 Elijah ha-Kohen (d. 1729), (Yer. Zera'im), Smyrna, 1755.イライジャハ-公演(民主党1729 ) 、 ( yer. zera'im ) 、スミュルナ、 1755 。 1729. 1729 。 Judah of Gross-Glogau, (on most of the treatises), Amsterdam.ユダの総- glogau 、 (上ほとんどの論文) 、アムステルダム市内のホテル。 1729. 1729 。 Jacob b.ジェイコブb. Joseph Reischer, (on haggadot), Wilmersdorf.ジョセフreischer 、 (上haggadot ) 、ヴィルマスドルフです。 1730. 1730 。 Menahem Manuele, (on most of the treatises), Wandsbeck. menahem manuele 、 (上ほとんどの論文) 、 wandsbeckです。 1731. 1731 。 Isaac b.アイザックb. David, (Ber., Seder Mo'ed), Amsterdam.デビッド、 ( ber. 、セダーmo'ed ) 、アムステルダム市内のホテル。 Jacob b.ジェイコブb. Joseph Kremer, (RH, Amsterdam, 1731; Meg., Altona, 1735).ジョセフクレーメル、 ( rh 、アムステルダム、 1731 ;メグです。 、アルトナ、 1735 ) 。 Aryeh Löb b. b. aryeh löb Asher, (Ta'an.), Wilna, 1862; (RH, Ḥag., Meg.), Metz, 1781.洗浄器、 ( ta'anです。 ) 、 wilna 、 1862 ; ( rh 、 ḥag 。 、メグです。 ) 、メッツ、 1781 。 1733. 1733 。 Selig b.セリグb. Phoebus, (on haggadot), Offenbach.ポイボス、 (上haggadot ) 、オッフェンバッハです。 1733. 1733 。 Ephraim b.エフライムb. Samuel, (on most of the treatises), Altona.サミュエル、 (上ほとんどの論文) 、アルトナです。 1737. 1737 。 Ẓebi Hirsch b. b. ẓebiハーシュ Joshua, (Yeb., Ket., Ḳid., B. Ḳ., BM, Ḥul.), Prague.ジョシュア、 ( yeb. 、ケットです。 、 ḳid 。 、 b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 ḥulです。 ) 、プラハのです。 1739. 1739 。 Jacob Joshua Falk (d. 1756), (Ket., Giṭ., Ḳid., Amsterdam, 1739; Ber., Shab., Pes., RH, Suk., Frankfort-on-the-Main, 1752; B. Ḳ., BM, ib. 1756; Ḥul., Mak., Sheb., Fürth, 1780).ジョシュアジェイコブフォーク(民主党1756 ) 、 ( ket. 、 giṭ 。 、 ḳid 。 、アムステルダム、 1739 ; BERを計算します。 、 shab 。 、ペス。 、 rh 、ソクします。 、フランクフォート-オンザメイン、 1752 ; b. ḳです。 、バミューダ諸島、 ① -イ。 1 756; ḥ ul。 、 m akです。 、 s heb。 、フュルト、 1 780) 。 1740. 1740 。 Shabbethai b. b. shabbethai Moses, (on most of the treatises), Fürth.ムーサーよ、 (上ほとんどの論文) 、フュルトです。 1741. 1741 。 Israel b.イスラエルb. Moses, (on the mathematical passages), Frankfort-on-the-Oder.ムーサーよ、 (上の数学的な通路) 、フランクフォート-オンザオーデルです。 1743. 1743 。 David Fränkel, and (Yer. Seder Mo'ed, Dessau, 1743; Seder Nashim, ib. 1757).デビッドフランケル、および( yer.セダーmo'ed 、デッサウ、 1743 ;セダーnashim 、 ① -イ。 1 757) 。 1750. 1750 。 Moses Margolioth, (Yer. Nashim, Amsterdam, 1750; Neziḳin, Leghorn, 1770).モーゼスmargolioth 、 ( yer. nashim 、アムステルダム、 1750 ; neziḳin 、リボルノ、 1770 ) 。 1751. 1751 。 Jacob Samosc, (Ber., Suk., Beẓah, Ḳid., B. Ḳ., BM, Sheb.), Rödelheim.ジェイコブsamosc 、 ( ber. 、ソクします。 、 beẓah 、 ḳid 。 、 b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 shebです。 ) 、 rödelheimです。 1755. 1755 。 Aaron b.アーロンb. Nathan, (on most of the treatises), Zolkiev.ネイサンは、 (上ほとんどの論文) 、 zolkievです。 1756. 1756 。 Ḥayyim Joseph David Azulai, (Hor.), Leghorn.デビッドḥayyimジョセフazulai 、 ( hor. ) 、リボルノします。 Akiba Eger (d. 1758), (Ber., Shab., 'Er., Pes., Beẓah, Suk., Yeb., Ket., Ḳid., Giṭ., Seder Neziḳin, Seder Ḳodashim, Niddah), Fürth, 1781.アキバエゲル(民主党1758 ) 、 ( ber. 、 shab 。 、 ' er 。 、ペス。 、 beẓah 、ソクします。 、 yeb 。 、ケットです。 、 ḳid 。 、 giṭ 。 、セダーneziḳin 、セダーḳodashim 、 niddah ) 、フュルト、 1781 。 1757. 1757 。 Joseph b.ジョセフb. Meïr Teomim (d. 1793), (Yeb., Ket.). meïr teomim (民主党1793 ) 、 ( yeb. 、ケットです。 ) 。 Zolkiev, 1757; (Ḥul., Frankfort-on-the-Oder, 1794; Sheb., Meg., Lemberg, 1863). zolkiev 、 1757 ; ( ḥul. 、フランクフォート-オンザオーデル、 1794 ; sheb 。 、メグです。 、レンベルク、 1863 ) 。 1760. 1760 。 Isaiah Berlin, and (notes on all the treatises: ḥiddushim on Naz.), np; haggahot in W. 1763.イザヤ書ベルリン、と(ノート上のすべての論文: ḥiddushimをnazです。 ) 、国立公園; haggahotは1763ワットです。 Joseph Darmstadt, (Ber., Beẓah, Meg.), Carlsruhe.ジョセフダルムシュタット、 ( ber. 、 beẓah 、メグです。 ) 、 carlsruheです。 Jonathan Eybeschütz (d. 1764), (on most of the treatises), Piotrkow, 1897.ジョナサンeybeschütz (民主党1764 ) 、 (上ほとんどの論文) 、ピョトルクフ、 1897 。 1766. 1766 。 Isaac Ashkenazi, (Giṭ., Ket., B. Ḳ.), Salonica.アイザックアシュケナージ、 ( giṭ. 、ケットです。 、 b. ḳです。 ) 、 salonicaです。 1766. 1766 。 Isaac Nuñez-Vaez, (Yoma, Leghorn, 1766; Ḥag., ib. 1794).アイザックヌニェス- vaez 、 ( yoma 、リボルノ、 1766 ; ḥag 。 、 ① -イ。 1 794) 。 Jacob Emden (d. 1776), glosses; in W. 1776.ジェイコブエムデン(民主党1776 ) 、注釈;は1776ワットです。 Elijah Sidlov, (Zeb., Men., Tem.), Fürth, 1776.イライジャsidlov 、 ( zeb. 、男性です。 、テムです。 ) 、フュルト、 1776 。 1776. 1776 。 Eleazar Kallir (d. 1801), (Pes., Frankfort-on-the-Oder, 1776; Ḳid., Vienna, 1799). eleazarカリア(民主党1801 ) 、 ( pes. 、フランクフォート-オンザオーデル、 1776 ; ḳid 。 、ウィーン、 1799 ) 。 Judah Lissa, (Zeb.), Frankfort-on-the-Main, 1776; (Men.), Prague, 1788.ユダリサ、 ( zeb. ) 、フランクフォート-オンザメイン、 1776 ; ( men. ) 、プラハ、 1788 。 1777. 1777 。 Itzig b. b. itzig Samson, (Yoma, Beẓah, Sheb., Ḥul., 'Ar., Tem., Me'i., Ker.), Sulzbach.サムソン、 ( yoma 、 beẓah 、 sheb 。 、 ḥul 。 、 'アーカンソーします。 、テムです。 、 me'i 。 、 kerです。 ) 、 sulzbachです。 1778. 1778 。 Saul b.ソールb. Aryeh (d. 1790), (on fourteen treatises), Amsterdam. aryeh (民主党1790 ) 、 (上14論文) 、アムステルダム市内のホテル。 1778. 1778 。 Raphael Peiser, (Pes., Shab., Beẓah, Ket., RH, Ḥul.), Dyhernfurth, 1778; (Ḳid., Giṭ.), ib.ラファエルpeiser 、 ( pes. 、 shab 。 、 beẓah 、ケットです。 、 rh 、 ḥulです。 ) 、 dyhernfurth 、 1778 ; ( ḳid. 、 giṭです。 ) 、 ① -イ。 1805. 1805 。 1781. 1781 。 Eliezer de Avila, (i., BM, Hor.; ii., Ket., Ḳid., Leghorn, 1781-85).エリエゼルデアビラ、 ( i. 、バミューダ諸島、前です。 ; Ⅱ 。 、ケットです。 、 ḳid 。 、リボルノ、 1781年から1785年) 。 1784. 1784 。 Nathan Maas, (Sanh., Offenbach, 1784; 'Ab. Zarah, ib. 1796).ネイサンマース、 ( sanh. 、オッフェンバッハ、 1784 ; 'アルバータです。 zarah 、 ① -イ。 1 796) 。 1784. 1784 。 Ezekiel Landau (Pes., Prague, 1784; Ber., ib. 1791; Beẓah, ib. 1799; Sheb., 'Er., Warsaw, 1879; RH, Yoma, Suk., Ta'an., Hag., Meg., ib. 1890; Ḥul., Zeb., Men., ib. 1891); glosses; in W. Elijah Wilna (d. 1797), glosses and elucidations of both Talmudim in various editions.エゼキエルランドー( pes. 、プラハ、 1784 ; BERを計算します。 、 ① -イ。 1 791; b eẓah、 ① -イ。 1 7 99;s h eb。、 ' e r 。、ワルシャワ、1 8 79;r h 、y o ma、ソクします。、 t a 'an。、くそばばあ。 、メグです。 、 ① -イ。 1 890; ḥ ul。 、 z eb。 、男性です。 、 ① -イ。 1 8 91);注釈;はイライジャワットwi lna(民主党17 97)、 e l ucidationsの両方のt a lmudimの注釈や様々なエディションです。 1785. 1785 。 Moses Katz, (Sheḳ.), Fürth.モーゼスカッツ、 ( sheḳ. ) 、フュルトです。 1786. 1786 。 Phinehas Horwitz, (part i., Ket., Offenbach, 1786; part ii., Ḳid., ib. 1801; part iii., Ber., Munkacs, 1895).フィニアスホーウィッツ、 (パートI. 、ケットです。 、オッフェンバッハ、 1786 ;パートIIです。 、 ḳid 。 、 ① -イ。 1 801;パートI II。 、 B ERを計算します。 、 m unkacs、 1 895) 。 1786. 1786 。 Meïr Barby, ḥiddushe halakot (i., Beẓah, Pes., Ḳid., Ket., Dyhernfurth, 1786; ii., Yoma, Suk., Giṭ., Ḥul., Sheb., Prague, 1793). meïr barby 、 ḥiddushe halakot ( i. 、 beẓah 、ペス。 、 ḳid 。 、ケットです。 、 dyhernfurth 、 1786 ; Ⅱ 。 、 yoma 、ソクします。 、 giṭ 。 、 ḥul 。 、 sheb 。 、プラハ、 1793 ) 。 Uziel Meisels, (Sheb.), Lemberg, 1886. uziel meisels 、 ( sheb. ) 、レンベルク、 1886 。 1788. 1788 。 Wolf Lasch, (i., ii., Ket., Ḳid., Giṭ., Brẓnn, 1788; Vienna, 1829).オオカミラッシュ、 ( i. 、 Ⅱ 。 、ケットです。 、 ḳid 。 、 giṭ 。 、 brẓnn 、 1788 ;ウィーン、 1829 ) 。 1789. 1789 。 Joseph David Sinzheim, (Ber., entire Seder Mo'ed), Offenbach.ジョセフデビッドsinzheim 、 ( ber. 、全体のセダーmo'ed ) 、オッフェンバッハです。 David Schiff (d. 1792), (on most of the treatises), ib.デビッドシッフ(民主党1792 ) 、 (上ほとんどの論文) 、 ① -イ。 1822. 1822 。 1791. 1791 。 Levi Pollak, (B. Ḳ., BM, BB, Sheb., 'Ab. Zarah), Prague.レヴィポラック、 ( b. ḳ 。 、バミューダ諸島、 bb 、 sheb 。 、 'アルバータです。 zarah ) 、プラハのです。 1792. 1792 。 Isaac b.アイザックb. Ẓebi, (Zeb.), Lemberg. ẓebi 、 ( zeb. ) 、レンベルク。 1792. 1792 。 Meïr Spitz, (RH, Yoma, Suk., Meg., Ta'an.), Vienna. meïrスピッツ、 ( rh 、 yoma 、ソクします。 、メグです。 、 ta'anです。 ) 、ウィーンです。 1794. 1794 。 Judah Najar, (Sheb.), Leghorn, 1794; (Ker.), Pisa, 1816.ユダナジャール、 ( sheb. ) 、リボルノ、 1794 ; ( ker. ) 、ピサ、 1816 。 1796. 1796 。 Baruch b.バルークb. Samuel Zanwil, (Ket.), Vienna, 1796.サミュエルzanwil 、 ( ket. ) 、ウィーン、 1796 。 1796. 1796 。 Joseph b.ジョセフb. Moses, (B. Ḳ.), Lemberg.ムーサーよ、 ( b. ḳです。 ) 、レンベルク。 1799. 1799 。 Elijah Ventura, (on twenty-one treatises), Salonica.イライジャベンチュラ、 ( 2001年に論文) 、 salonicaです。 Aryeh Judah Löb Teomim, (Ber., Shab., Pes., Beẓah, Ḥul., Ḳid., Sheb.), Zolkiev, 1802. aryehユダlöb teomim 、 ( ber. 、 shab 。 、ペス。 、 beẓah 、 ḥul 。 、 ḳid 。 、 shebです。 ) 、 zolkiev 、 1802 。 Ḥayyim Shabbethai Lago, (Ber., Pes., Ḳid., Sanh., Ḥul.), Salonica, 1801. ḥayyim shabbethaiラーゴ、 ( ber. 、ペス。 、 ḳid 。 、 sanh 。 、 ḥulです。 ) 、 salonica 、 1801 。 Abraham b.アブラハムb. Jacob Mutal, (Naz.), np, 1821.ジェイコブmutal 、 ( naz. ) 、国立公園、 1821 。 Ḥayyim Abraham.アブラハムḥayyimです。 b. Samuel, ḥiddushim (Shab., RH, Suk., Ḥul.), Salonica, 1804.サミュエル、 ḥiddushim ( shab. 、 rh 、ソクします。 、 ḥulです。 ) 、 salonica 、 1804 。

Nineteenth and Twentieth Centuries. 19と20世紀です。

1801. 1801 。 Ẓebi Hirsch Horwitz, (14 treatises), Offenbach.ハーシュẓebiホーウィッツ、 ( 14論文) 、オッフェンバッハです。 1801. 1801 。 Eleazar Karpeles, (Hor.), Prague; (Ḥul., 'Ar.), ib. eleazar karpeles 、 ( hor. ) 、プラハ; ( ḥul. 、 'アーカンソーです。 ) 、 ① -イ。 1815. 1815 。 1802. 1802 。 Bezaleel Ronsburg, (Hor.), Prague; , notes, in W. 1802. bezaleel ronsburg 、 ( hor. ) 、プラハ; 、ノートは、 1802ワットです。 Eleazar Löw, (Ber., Pes., Beẓah), Prague. eleazar löw 、 ( ber. 、ペス。 、 beẓah ) 、プラハのです。 1804. 1804 。 Abraham Aryeh Kahana, (on most of the treatises), Ostrog.アブラハムaryehカハナ、 (上ほとんどの論文) 、 ostrogです。 1810. 1810 。 Meïr Schlesinger, (Shab., RH, Giṭ., BM), Prague. meïrシュレジンガー、 ( shab. 、 rh 、 giṭ 。 、バミューダ諸島) 、プラハのです。 1811. 1811 。 Jacob Simeon Shabbethai, (Meg., Ta'an.), Pisa, 1821; (Ker.), ib.ジェイコブシメオンshabbethai 、 ( meg. 、 ta'anです。 ) 、ピサ、 1821 ; ( ker. ) 、 ① -イ。 1811. 1811 。 1814. 1814 。 Jacob Günzburg, (Ber., Shab.), Prague.ジェイコブギュンツブルク、 ( ber. 、 shabです。 ) 、プラハのです。 1815. 1815 。 Benedetto Frizzi, (on haggadot), Leghorn.ベネデットfrizzi 、 (上haggadot ) 、リボルノします。 1821. 1821 。 Nahum Trebitsch, (Yer. Seder Mo'ed), Vienna.ナホムtrebitsch 、 ( yer.セダーmo'ed ) 、ウィーンです。 1822. 1822 。 David Deutsch, (on most of the treatises), Vienna, 1822, 1825; Presburg, 1836; Ungvar, 1867.デビッドマップDeutsch 、 (上ほとんどの論文) 、ウィーン、 1822 、 1825 ; presburg 、 1836 ; ungvar 、 1867年です。 Moses Sofer, (Beẓah, Piotrkow, 1898; BB, ib. 1896; Shab., Vienna, 1889; Ḥul., Giṭ., ib. 1893; Pes., Jerusalem, 1894); haggahot in W. 1822.モーゼスsofer 、 ( beẓah 、ピョトルクフ、 1898 ; bb 、 ① -イ。 1 896; s hab。 、ウィーン、 1 889; ḥ ul。 、 g iṭ。 、 ① -イ。 1 8 93;ペス。、エルサレム、1 8 94); h a ggahotは1 8 22ワットです。 Gabriel Cohen, (BB, Sheb.), Vienna.ガブリエルコーエン、 ( bb 、 shebです。 ) 、ウィーンです。 1823. 1823 。 Jacob Lissa, (Ket.), Hrubisov.ジェイコブリサ、 ( ket. ) 、 hrubisovです。 1824. 1824 。 Marcus Hirsch, (Seder Mo'ed excepting Shab., 'Er., Ḥag.), Prague.マーカスハーシュ、 (セダーmo'ed shabを除いています。 、 ' er 。 、 ḥagです。 ) 、プラハのです。 Shalom Ullmann (d. 1825), (on most of the treatises), Vienna, 1826.シャロームウルマン(民主党1825 ) 、 (上ほとんどの論文) 、ウィーン、 1826 。 Akiba Eger (d. 1837), (Ber., Seder Mo'ed, Yeb., Ket.), Warsaw, 1892; (BM, Giṭ.), Berlin, 1858; notes in W. 1826.アキバエゲル(民主党1837 ) 、 ( ber. 、セダーmo'ed 、 yeb 。 、ケットです。 ) 、ワルシャワ、 1892 ; (バミューダ諸島、 giṭです。 ) 、ベルリン、 1858 ;ノート、 1826ワットです。 Ẓebi Hirsch Leipnik, (Ber., Shab., 'Er., Pes., Beẓah, Ket., Ḳid., Giṭ., BM, Ker., Zeb.), Ofen. ẓebiハーシュleipnik 、 ( ber. 、 shab 。 、 ' er 。 、ペス。 、 beẓah 、ケットです。 、 ḳid 。 、 giṭ 。 、バミューダ諸島、 ker 。 、 zebです。 ) 、 ofenです。 Isaac Ardit, ('Ar.), Salonica, 1828.アイザックardit 、 ( 'アーカンソーです。 ) 、 salonica 、 1828 。 1829. 1829 。 Jacob Weiler, ('Er.), Zolkiev.ジェイコブWeilerさん、 ( ' erです。 ) 、 zolkievです。 Aaron Kuttner (d. 1829), (Nid.), Paks, 1901.アーロンカットナー(民主党1829 ) 、 ( nid. ) 、パクシ、 1901 。 Cosman Wodianer (d. 1831), (2 parts, on most of the treatises), ed.コズマンwodianer (民主党1831 ) 、 ( 2つのパーツは、ほとんどの論文) 、エドです。 Bacher, Vienna, 1890. bacher 、ウィーン、 1890 。 Ẓebi Hirsch Heller, (Giṭ.), Zolkiev, 1844.ハーシュẓebiヘラー、 ( giṭ. ) 、 zolkiev 、 1844 。 1834. 1834 。 Solomon Kluger, (Niddah), Zolkiev 1834; (Beẓah), Lemberg, 1891.ソロモンクルーガーハイブリッド、 ( niddah ) 、 zolkiev 1834 ; ( beẓah ) 、レンベルク、 1891 。 Ezekiel Binet (d. 1836), (Shab., Pes., Beẓah, Kid., Giṭ., Mek., Ḥul.), Paks, 1899.エゼキエルビネー(民主党1836 ) 、 ( shab. 、ペス。 、 beẓah 、子供です。 、 giṭ 。 、 mek 。 、 ḥulです。 ) 、パクシ、 1899 。 Wolf Bär Schiff (d. 1842), ('Er.), Cracow, 1894.オオカミbärシッフ(民主党1842 ) 、 ( ' er 。 ) 、クラクフ、 1894 。 Koppel Reich, , Presburg, 1837.コッペルライヒ、 、 presburg 、 1837 。 Benjamin Rapoport, (Mak.), Vienna, 1839.ベンジャミンラポポート、 ( mak. ) 、ウィーン、 1839年です。 1840. 1840 。 Hirsch Chajes, haggahot; in W. Aryeh Judah b.ハーシュチェイジュス、 haggahot ;はユダb.ワットaryeh Akiba, (Ḥul.), Lemberg, 1861.アキバ、 ( ḥul. ) 、レンベルク、 1861 。 1850. 1850 。 Samuel Freund, (Seder Mo'ed), Prague.サミュエルフロイント、 (セダーmo'ed ) 、プラハのです。 1850. 1850 。 Jacob Ettlinger (d. 1869), (Ker., Altona, 1850; Yeb., ib. 1854; RH, Sanh., Warsaw, 1873); (Suk.), Altona, 1858.ジェイコブエットリンガー(民主党1869 ) 、 ( ker. 、アルトナ、 1850 ; yeb 。 、 ① -イ。 1 854; r h、 s anh。 、ワルシャワ、 1 873) ; ( s uk.) 、アルトナ、 1 858。 1851. 1851年です。 David b.デビットB. Samuel, (Seder Ḳodashim), Leghorn, 1851; (Naz.), Algiers, 1853.サミュエル、 (セダーḳodashim ) 、リボルノ、 1851 ; ( naz. ) 、アルジェリア、 1853 。 1851. 1851年です。 Isaac Kamarun, (Sheḳ.), Lemberg.アイザックkamarun 、 ( sheḳ. ) 、レンベルク。 1854. 1854 。 Nathan Coronel, (Ber.), Vienna.ネイサンコロネル、 ( ber. ) 、ウィーンです。 1857. 1857 。 Issachar Bär ben Sinai, (on most of the treatises), Vienna, 1857.ベンissachar bärシナイ半島、 (上ほとんどの論文) 、ウィーン、 1857 。 1859. 1859 。 Wiesner, scholia on Babli (part i., Ber., Prague, 1859; part ii., Shab., ib. 1862; part iii., 'Er., Pes., ib. 1867).ウィーズナー、 scholiumの複数形をbabli (パートI. 、 BERを計算します。 、プラハ、 1859 ;パートIIです。 、 shab 。 、 ① -イ。 1 862;パートI II。 、 ' e r。 、ペス。 、 ① -イ。 1 8 67年) 。 1860. 1860 。 Zeeb Ettinger and Joseph Nathansohn, , (glosses, etc., on Yer.), Jitomir. zeebエッティンガーとヨセフnathansohn 、 、 (注釈などで、 [ yerです。 ) 、 jitomirです。 1861. 1861 。 Ezekiel b.エゼキエルb. Moses, (Ket., Ned.), Warsaw.ムーサーよ、 ( ket. 、ネッドです。 ) 、ワルシャワ。 Mordecai Müller, (Shab.), Vienna.モルデカイミュラー、 ( shab. ) 、ウィーンです。 1862. 1862 。 Weissman Chajes, Solomon Brann, Judel Slabatki, notes on Yer., Krotoschin.ワイスマンチェイジュス、ソロモンbrann 、 judel slabatki 、ノートをyer 。 、 krotoschinです。 1864. 1864年です。 Mordecai Herzka, (Ber.), Vienna.モルデカイヘルツカ、 ( ber. ) 、ウィーンです。 Issachar Präger, (Giṭ.), Lemberg. issachar präger 、 ( giṭ. ) 、レンベルク。 1867. 1867年です。 A. Krochmal, (notes on Yer.), Lemberg. a.クロフマル、 (ノートをyerです。 ) 、レンベルク。 1867-97. 1867年から1897年です。 Rabbinovicz, , i.-xvi. rabbinovicz 、 、 i. - 16です。 (variant readings on the entire Talmud), Munich and Przemysl. (その他の測定値は全体のタルムード) 、ミュンヘンとプシェミシルです。 1869. 1869年です。 Aryeh Löb Zunz, (Giṭ.), Warsaw. aryeh löbツンツ、 ( giṭ. ) 、ワルシャワ。 Joshua Eizik, (Yer. Seder Neziḳin), Wilna.ジョシュアeizik 、 ( yer.セダーneziḳin ) 、 wilnaです。 1874. 1874 。 Zacharias Frankel, (i., Yer. Ber., Beẓah; ii., Dem.), Breslau, 1874-75.ツァハリアスフランケル、 ( i. 、 yer 。 BERを計算します。 、 beẓah ; Ⅱ 。 、ご入力ください。 ) 、ブレスラウ、 1874年から1875年です。 1876. 1876年です。 Asher Cohen, (Naz.), Warsaw.洗浄器コーエン、 ( naz. ) 、ワルシャワ。 1877. 1877 。 Raphael Schlesinger, (Sanh., Sheb.), Berlin.ラファエルシュレジンガー、 ( sanh. 、 shebです。 ) 、ベルリンのです。 1878. 1878 。 Naphtali Ẓebi ha-Levi, (Giṭ.), Przemysl.ナフタリẓebiハ-レビ、 ( giṭ. ) 、プシェミシルです。 1880. 1880 。 I. Ḥayyim Deiches, (Yer. B. Ḳ.), Wilna. i. ḥayyim deiches 、 ( yer. b. ḳです。 ) 、 wilnaです。 1883. 1883 。 Benjamin Ḥeshin, (Seder Neziḳin, Ḳodashim), Warsaw.ベンジャミンḥeshin 、 (セダーneziḳin 、 ḳodashim ) 、ワルシャワ。 1888. 1888 。 Meïr Friedmann, notes on his edition of Mak., Vienna. meïrフリードマン、ノートを彼の版のmakです。 、ウィーンです。 1888. 1888 。 A. Schmidl, (Ḳid.), in "Oẓar ha-Sifrut," ii.-iii. a.シュミーデル、 ( ḳid. ) 、 " oẓarハ- sifrut 、 " ii. - Ⅲ 。 1888. 1888 。 Simon Sidon, (Beẓah), Vienna.サイモンシドン、 ( beẓah ) 、ウィーンです。 1895. 1895 。 I. Lewy, interpretation of the first three sections of Yer. i.レヴィー、解釈の最初の3つのセクションのyerです。 Neziḳin, Breslau, 1895-1902. neziḳin 、ブレスラウ、 1895年から1902年です。 1897. 1897年です。 SL Brill, "Aus den Talmudischen Randnoten des . . . von Ludwig Blau," in "Monatsschrift," 1897. slブリル、 "オーストラリアデンtalmudischen randnotenデ。 。 。 。 。ルートヴィヒフォンblau 、 " " monatsschrift 、 " 1897年です。 1899. 1899 。 Isaac Chajes, (Mak.), Podgorze.アイザックチェイジュス、 ( mak. ) 、 podgorzeです。 1897-1903. 1897年から1903年です。 Joseph Dünner, haggahot (i., 'Er., Beẓah, Suk.; ii., Ket., Ḳid., Giṭ.; iii., Sanh., Mak., Sheb., Hor.), Frankfort.ジョセフdünner 、 haggahot ( i. 、 ' er 。 、 beẓah 、ソクです。 ; Ⅱ 。 、ケットです。 、 ḳid 。 、 giṭ 。 ; Ⅲ 。 、 sanh 。 、 makです。 、 sheb 。 、前です。 ) 、フランクフォートです。 1901. 1901 。 Dob Baer Ratner, (on Yer. Ber., Shab., Ter., Ḥal.), Wilna, 1901-4.ドブベーアラトナー、 (上yer 。 BERを計算します。 、 shab 。 、 2007年06 。 、 ḥalです。 ) 、 wilna 、一千九百一〜四です。 1905. 1905 。 Sal.サルです。 Friedländer, and (on Yer. Yeb.), Szinervareya.フリートレンダー、および(上yer 。 yebです。 ) 、 szinervareyaです。

Wilhelm Bacher, M. Richtmannヴィルヘルムbacher 、男性richtmann
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 書誌事項:
Weiss, Dor, iv., v., Vienna, 1887, 1891; Zunz, ZG pp.ワイス、ドール、 Ⅳ 。 、 v. 、ウィーン、 1887 、 1891 ;ツンツ、 zg pp 。 29-59, Berlin, 1845; Jellinek, Ḳorot Seder ha-Limmud, in Keller's Bikkurim (Vienna), i.二十九から五十九まで、ベルリン、 1845 ;イェリネック、ハ- ḳorotセダーlimmudは、ヘレンケラーのbikkurim (ウィーン) 、 i. 1-26, ii. 1-26 、 Ⅱ 。 1-19; idem, Ḳonṭres ha-Mefaresh, Vienna, 1877; Frankel, Introductio in Talmud Hierosolymitanum, pp. 1-19 ;同じ、 ḳonṭresハ- mefaresh 、ウィーン、 1877 ;フランケル、タルムードintroductioでhierosolymitanum 、 pp 。 138-141, Breslau, 1870; Steinschneider, Cat.百三十八から百四十一、ブレスラウ、 1870 ; steinschneider 、猫です。 Bodl. bodlです。 passim; Zedner, Cat.ここかしこに; zedner 、猫です。 Hebr. hebrです。 Books Brit.書籍brit 。 Mus.保管庫です。 passim; Fürst, Bibl.ここかしこに;フュルスト、 bibl 。 Jud.ユートです。 passim.WBM Ri.ロードアイランドpassim.wbmです。


Talmudタルムード

Catholic Information カトリックの情報

1. 1 。 DEFINITIONで定義されて

Talmud was a post-Biblical substantive formation of Pi'el ("to teach"), and originally signified "doctrine" or "study".タルムードは、聖書の実質的なポストの形成pi'el ( "を教える" ) 、および当初シニフィエ"ドクトリン"または"研究"です。 In a special sense, however, it meant the justification and explanation of religious and legal norms or Halakhoth ("conduct", signifying "the law in accordance with which the conduct of life is to be regulated").するために特別な意味では、しかし、宗教的な意味の説明の正当性や法的規範やhalakhoth ( "行う" 、シグニファイイング"は、同法に基づいて実施される規制の人生とは" ) 。 When in the third century the Halakhoth collection of Jehuda I or the recorded Mishna became the chief object of study, the expression "Talmud" was applied chiefly to the discussions and explanations of the Mishna. 3番目の世紀にするときにhalakhothのコレクション、またはjehuda私のオブジェクトを記録mishnaなったの首席研究では、という表現"タルムード"が適用さとの説明を主にして議論するmishnaです。 Finally, it became the general designation for the Mishna itself and the collection of discussions concerned with it.最後に、これは全般種別をmishna自体についてのコレクションの議論を気にしてください。 For the latter the designation Gemara, interpreted as "completion" from the Hebrew and Aramaic words meaning "to complete", subsequently became the accepted term.後者の種別gemara 、として解釈される"完成"からのヘブライ語とアラム語の単語の意味"を完了する" 、その後は、受け入れ用語です。 The word first found entrance into the Talmud editions through Christian censorship; manuscripts and the old printed editions use the expression Talmud.という言葉を最初に発見外観のエディションタルムードを通してキリスト教の検閲;原稿と旧タルムード印刷エディションを使用して表現します。 We therefore understand by Talmud a compilation consisting of the Mishna, ie the codification of Jewish religious and legal norms, and of the Gemara, or the collection of discussions and explanations concerning the Mishna.このため、コンパイルで構成さを理解され、タルムードmishna 、すなわち、ユダヤ教の宗教的および法的規範の法典化、および、 gemaraか、またはコレクションmishnaに関する議論や説明します。

II. Ⅱ 。 ORIGIN OF THE TALMUD起源は、タルムード

Since Esdras the foundation of the Jewish religious community was the law.以来エスドラス書は、ユダヤ教の宗教的なコミュニティの基盤は、同法です。 Everything was regulated in accordance with fixed norms; nothing could be added or changed in the law laid down in the Pentateuch.すべては、規制に基づき、固定規範;ものがない追加または変更された法律は、五敷設します。 Yet the ever-varying conditions of life called for new ordinances, and these were decreed in accordance with the needs of the time and the special cases to be determined.だが、刻々と変化すると呼ばれる新条例の生活条件、およびこれらのニーズに応じて定められたが、時間との特別のケースを決定します。 There were thus formed a traditional law and custom orally transmitted.このように伝統的な法の形成があったとカスタム経口感染する。 Every decree of this kind (halakha), if it had existed from time immemorial and nothing further could be said in regard to its origin, was called a law given to Moses on Mount Sinai.この種のすべての令(ハラーハー) 、太古の時代から存在していた場合、何もより詳細につきましてはその起源によると、法と呼ばれるが、ムーサーに与えられたマウントサイナイです。 Even for orthodox Judaism of today it is an article of faith that Moses, at the same time that he received the written law recorded in the Pentateuch, also received detailed explanations of the different laws which were handed down by tradition as oral law.も今日では正統派ユダヤ教の信仰に記事をムーサーよ、それと同時に、書面を受け取った五法に記録されて、また受信して、それぞれの法律の詳細な説明が経口法として口碑に伝わる。 In addition to this the scribes at an early period attempted, by interpretation of the Torah, to make the law applicable to the changed conditions of life, to base the new precepts at least retrospectively on the Torah, and to draw out of it further religious laws.これに加えて、 scribes期間を早期にしようと、律法の解釈にするために、法の適用の生活条件を変更して、新たな教訓をベースに、少なくとも律法を遡及し、より詳細な宗教的なことを引き出す法律です。 For this kind of Scriptural learning hermeneutic rules (Middoth) were at a later period established, at first seven, which were then divided into fourteen, and finally increased to thirty-two.このような解釈学聖書学習ルール( middoth )が、後の時代に確立されると、最初の7人、 14人が分かれて入力し、そして最後に増加して32 。 All the older additions to the Torah as well as the constantly increasing new material were for a long time transmitted orally, and, according to the prevailing view, it was forbidden to record it in writing.古い律法のすべての機能が追加さだけでなく、絶えず増えて新素材が経口感染するのに長い時間、および、支配的な見方によれば、それを記録することは、書面で禁じられています。 But it is at all events wrong to assume that there was a formal prohibition to record Halakhoth in writing.しかし、それは間違ってすべてのイベントがあったと仮定しての禁止を正式に書面でhalakhothを記録する。 The prohibition probably referred to written records intended for public use; for a fixed record of the traditional law would have acted as a hindrance to its further development in accordance with the existing needs of the day.おそらく書かれたレコードの禁止規定を意図した公共用;は、固定長レコードの行動としては、従来の法律のさらなる発展の妨げには、既存のニーズに合わせがわかります。 It is by no means improbable that the final reduction of the Mishna was preceded by previous written records, especially after Rabbi Agiba, at the beginning of the second century, had divested the study of the law of its previous Midrash character and had undertaken to arrange the materials systematically.これはありそうにないことではないの最後の削減を先行さmishnaは前の書かれた記録によりますと、特にラビagibaした後、 2番目の世紀の冒頭に、同法がdivestedの研究のキャラクターとはその前の確約が手配ミドラーシュ系統の材料です。 Among his pupils it was probably Rabbi Me'ir who continued these systematic labours.それはおそらく彼の生徒間のラビ労働me'ir who引き続きこれらの系統です。 But of such collections only one finally attained canonical recognition, and therefore was called Mishna par excellence, viz.しかし、このようなコレクションを最後に1つしか達成正規の認識、およびそのためmishnaは飛び抜けて優秀と呼ばれる、 viz 。 the one edited about the end of the second century of our era by Rabbi Jehuda I, called Ha-nashi (the prince) or Ha-gadosh (the saint) or simply the Rabbi.最後に、 1つの編集については、 2番目の世紀の私たちの時代をラビjehuda私と呼ばれるハ-なし(王子)またはハ- gadosh (サン) 、または、単に、ラビです。 This then is our Mishna, the basis of the Talmud.これが私たちのmishna入力し、その土台となるタルムードです。

Rabbi Jehuda had adopted only a part of the doctrines, which in course of time had been handed down in the different schools.ラビjehudaいた部分のみを採択説は、これは時間の経過していた別の学校に受け継がれています。 Although he selected what was most important, he sometimes omitted much that seemed important to others; and, on the other hand, it was felt that even the unimportant should not be allowed to sink into oblivion.彼は何が最も重要な選択したものの、彼は時々省略された多くの重要なことを他のよう;と、その一方で、それは取るに足りないはない感じてさえ、忘却の淵に沈むことができるようにします。 In consequence, other collections soon originated, which, though not canonical, were nevertheless highly valued.これに伴い、すぐに他のコレクションの起源、これは、標準的ではありません、高く評価されたにもかかわらずです。 All the Halakhoth which were not included in the Mishna of Jehuda received the name Baraithoth (sing. Baraitha, "omitted doctrine"). halakhothに含まれていないすべてのmishnaのjehudaに含まれて受け取ったの名前baraithoth ( sing. baraitha 、 "省略された場合ドクトリン" ) 。 The most important Baraitha collection is the Tosephta. baraitha最も重要なコレクションは、 tosephtaです。

The precise brevity of expression and the pregnant form in which the Mishna had codified the Halakhoth made an interpretation of them necessary, while the casuistic features of the work were a stimulus to further casuistic development.簡潔にするための正確な表現とは、 mishnaいた妊娠中のフォームを体系化して解釈するのに必要なhalakhothは、詭弁的な特長がありますが、仕事がより詳細な詭弁的な開発を刺激する。 In the profound study and explanation of its contents much weight was placed upon the Haggada, ie the doctrines not included in the law (folklore, legends, historic recollections, ethics and didactics, etc.), of which Jehuda, who aimed to draw up a code of laws had taken little or no account.深遠な研究は、その内容の説明の時ぐらい体重が置かhaggada 、すなわち、教説に含まれていない法(民俗学、伝説、歴史的な思い出は、倫理や教授法など) 、そのうちjehuda 、 whoの充実を目指して策定するコードを撮影する法律がほとんどあるいは全くないアカウントです。 Everything, in fact, that tradition offered was brought within the range of discussion.すべて、実際には、その伝統の提供の範囲内の議論がありました。 In order to give a suitable designation to the new tendency in the teaching of the law, scholars, up to the time of the final transcription of the Mishna, were known as Tanna'im (sing Tanna, "teacher"), those who came after them, Amora'im (sing. Amora, "speaker").適切な種別を出すために、新しい傾向を教えるのは、この法律、学者、最大の時間を、 mishnaの最後の転写が知られてtanna'im (歌うタンナ、 "教師" ) 、それらのwho来たかれらの後に、 amora'im ( sing.アモラ、 "話し手" ) 。 The collection of the Amora'im, as finally recorded, was called, as stated above, Talmud, later Gemara: that of the Palestinian schools, the Palestinian Gemara, that of the Babylonian schools, the Babylonian Gemara.のコレクションに加え、 amora'im 、最後に記録され、が呼び出され、前述のように、タルムード、へgemara :それは、パレスチナの学校、パレスチナgemara 、それは、バビロニアの学校は、バビロニアgemaraです。 The combined edition of the Mishna and Gemara, or the Talmud in our sense of the word, discriminates, therefore, between Mishna and Palestinian Gemara, or "Palestinian Talmud", and Mishna and Babylonian Gemara or "Babylonian Talmud". mishnaとの複合版のgemaraか、または当社のタルムードで単語の意味での、 discriminates 、したがって、 mishnaとパレスチナ間のgemaraか、または"パレスチナタルムード"とmishnaとバビロニアgemaraまたは"バビロニアタルムード"です。 The latter is meant when the Talmud without further specification is referred to.タルムードときに、後者ではより詳細な仕様は言及をなしています。

III. Ⅲ 。 THE MISHNAのmishna

(From the Hebrew meaning "repetition", translated by the Fathers of the Church deuterosis). (ヘブライ語の意味から"繰り返し" 、翻訳され、父親のは、教会のdeuterosis ) 。 The word is a substantive formation from the Hebrew root meaning "to repeat".という言葉は、ヘブライ語のルートからの実質的な形成を意味する"を繰り返して"です。 From this meaning was developed, in the language of the later schools, the characteristic method of all teaching and learning, particularly of doctrines orally transmitted, which was accomplished by repeated enunciation on the part of the teacher and frequent repetition on the part of the pupil.この意味からは、開発された言語は、後の学校、教育のすべてのメソッドの特性や学習、特に経口感染するの教説、これが達成さ発声上の部分を繰り返すことによって、教師と頻繁に繰り返すことで、一部の瞳孔です。 Both expressions thus became a term for the science of tradition, the former signifying the special study of orally transmitted law, the latter the law itself in contrast to the first one meaning the written law.このように、両方の表現になったの科学の伝統的な用語は、元の特別研究経口感染するシグニファイイング法では、後者のとは対照的に、法律そのものを意味して書かれた法の最初の1つです。 But the expression is also used for each of the doctrines orally transmitted, and differs from Halakha in that the latter signifies the traditional law so far as it is binding, while the former designates it as an object of study.しかし、表現がそれぞれの教説も使われて経口感染する、との違いハラーハーでは、後者の意味から、従来の法律としてこれまでのところこれは拘束力は、前者のオブジェクトを指定して勉強します。 Furthermore, the word Mishna is applied to the systematic collection of such doctrines, and finally to that collection which alone has attained canonical recognition, ie the collection of Jehuda I. This collection represents Jewish law codified in that development which it received in the schools of Palestine up to the end of the second century after Christ.また、 mishnaという言葉を適用するような教説の系統のコレクション、そして最後にしてコレクションを達成するだけでは、正規の認識、すなわち、このコレクションのコレクションを表しますjehuda i.ユダヤ人、その開発法の体系化されて受信さの学校パレスチナ最大2番目の世紀の終わりにイエスキリストした後です。 Through it the orally transmitted law was finally established along with the written law or the Torah.介して、経口感染するとともに、制定法が最後に書かれた法律や律法です。 The foundation of this collection is formed by the collections which already existed before Jehuda, particularly that of Rabbi Me'ir.同財団は、次のコレクションが形成されるコレクションが既に存在する前にjehuda 、特にラビがme'irです。 The Mishna does not pretend to be a collection of sources of the Halakha, but merely to teach it. mishnaはありませんのふりをするのは、コレクションのソースは、ハラーハー、しかし、単にを教えてください。 Whether its fixation in writing was the work of Jehuda himself or took place after him is a debated point; but the former is the more probable theory.書面での固定かどうかは、自分自身またはjehudaの仕事をした後彼は、議論が行わポイント;しかし、元は、他の確率論です。 The only question then is how much of it he wrote; in the extended form which it now presents it could not have been written by him alone.唯一の問題は、どのくらいのことを書いた;は、拡張フォームを今すぐプレゼンツことができなかった彼が書かれただけです。 It has evidently received additions in course of time, and in other respects also the text has been altered.受け取ったことが明らかにコースの時間の追加、およびその他の点でも、テキストが変更されています。

As regards the subject matter the Mishna is divided into six institutes or Sedarim; for this reason Jew are accustomed to call the Talmud Shas.主題については、 6つの機関に分かれてmishnaまたはsederの複数形;この理由は、ユダヤ人に慣れて呼び出してタルムードシャスです。 Each Seder has a number (7-12) of treatises; these are divided into chapters or Peraqim, and each chapter into precepts.セダーには、各コード( 7-12 )の論文;これらの章に分かれてまたはperaqim 、および各章を教訓です。 The six institutes and their treatises are as follows:の6つの機関とその論文は以下のとおり:

A. Seder Zera'im (harvest) a.セダーzera'im (収穫)

Containing in eleven treatises the laws on the cultivation of the soil and its products.論文を含む11の法律上での栽培は、土壌とその製品をします。

(1) Berakhoth (benedictions) blessings and prayers, particularly those in daily use. ( 1 ) berakhahの複数形( benedictions )祝福、祈りをささげて、特に日常的に使用しています。 (2) Pe'a (corner), concerning the parts of the fields and their products which are to be left to the poor (cf. Leviticus 19:9 sq.; 23:22; Deuteronomy 24:19 sq.) and in general concerning the poor laws. ( 2 ) pe'a (コーナー)は、問題の部品は、自社製品のフィールドとされるが、左に非常に悪い( cf.レビ記19時09平方; 23:22 ;平方申命記24:19 )と非常に悪い全般に関する法律です。 (3) Demai, more properly Dammai (doubtful), concerning the fruits of the soil of which it is doubtful whether the tithes have been paid. ( 3 ) demai 、他の適切なdammai (疑わしい) 、土壌の果物のうちの十分の一かどうかは疑問も有料です。 (4) Kil'ayim (heterogenea), concerning the unlawful combinations of plants, animals, and garments (cf. Leviticus 19:19; Deuteronomy 22:9 sq.). ( 4 ) kil'ayim ( heterogenea ) 、非合法的な組み合わせの植物、動物、および衣料品( cf.レビ記19:19 ;申命記平方22時09分) 。 (5) Shebi'ith (seventh), ie Sabbatical year (Deuteronomy 15:1 sq.). ( 5 ) shebi'ith ( 7 ) 、すなわち有給休暇年(平方申命記15:1 ) 。 (6) Terumoth (heave offerings) for the priests (Numbers 18:8 sq.; Deuteronomy 18:4). ( 6 ) terumoth (吐き気を催す提供)は、司祭( 18時08平方数;申命記18時04分) 。 (7) Ma'asroth (tithes) for the Levites (Numbers 18:21 sq.). ( 7 ) ma'asroth (十分の一)をlevites (数字平方18:21 )です。 (8) Ma'aser sheni (second tithe), (Deuteronomy 14:22 sq.; 26:12 sq.) which had to be spent at Jerusalem. ( 8 ) ma'aser sheni ( 2番目の十分の一) 、 (申命記14:22平方; 26:12平方)で過ごした時のエルサレムをしなければなりません。 (9) Halla (yeast) (cf. Numbers 15:18 sq.). ( 9 )漢拏(酵母) ( cf.数字平方15:18 )です。 (10) 'Orla (foreskin) concerning uncircumcised fruits and trees (Leviticus 19:23). ( 10 ) 'オーラ(包皮) 、果物や樹木に関する割礼を受けていない(レビ記19:23 ) 。 (11) Bikkurim (first fruits) brought to the temple (Deuteronomy 26:1 sq.; Exodus 23:19). ( 11 ) bikkurim (最初の果実) broughtして寺(申命記26:1平方;出エジプト記23:19 ) 。

B. Seder Mo'ed (season of feasts) b.セダーmo'ed (季節のお祭り)

Treats in twelve treatises of the precepts governing rest on the Sabbath, the other feast and holy days, as well as fast days. 12論文を教訓に扱わ統治の安息日にかかっている、と神聖な日中に、他のごちそうだけでなく、高速日後終了。 (1) Shabbath. ( 1 ) shabbathです。 (2) 'Erubin (combinations), the means by which one could circumvent especially onerous provisions of the Sabbath laws. ( 2 ) ' erubin (組み合わせ)は、 1つの手段を回避する特に厄介な規定が法律の安息日です。 (3) Pesahim (Passover). ( 3 ) pesahim (過ぎ) 。 (4) Sheqalim (shekels), treats of the tax of half a shekel for the maintenance of Divine service in the temple (cf. Neh. x, 33), based upon Ex., xxx, 12 sq. (5) Yoma (day), ie day of expiation. ( 4 ) sheqalim ( shekels ) 、扱わは、税の半分をシケル神のサービスの維持のために同寺( cf. nehを選ぶx 、 33 ) 、元に基づいています。 、 xxxと12 ㎡ ( 5 ) yoma (日) 、すなわち日の罪の償いです。 (6) Sukka (Tabernacle), treats of the feast of Tabernacles. ( 6 ) sukka (幕屋) 、扱わtabernacles 、祝宴のです。 (7) Beca (egg), taken from the first word with which the treatise begins or Yom tob (feast), is concerned with the kinds of work permitted or prohibited on festivals. ( 7 ) beca (卵) 、撮影からの最初の単語が含まれるyom論文を開始または公開買付(ごちそう)は、懸念しての種類の仕事を許可または禁止されて祭りを提供します。 (8) Rosh hashana (beginning of the year), treats of the civil new year on the first of Tishri (Leviticus 23:24 sq.; Numbers 29:1 sq.). ( 8 )ロッシュHashana ) (初めオブザイヤー) 、市民として扱わの新年の1月の最初の(レビ記23:24平方;数字平方29:1 ) 。 (9) Ta'anith (fast). ( 9 ) ta'anith (高速)です。 (10) Megilla (roll) of Esther, respecting the laws to be observed on the feast of Purim. ( 10 ) megilla (ロール)のエスター、法を尊重してのごちそうのプーリーム観測される。 (11) Mo'ed qatan (minor feast), the laws relating to the feasts intervening between the first and last days of the Passover and Sukkoth. ( 11 ) mo'ed qatan (マイナーなごちそう) 、介入の法律関連して、お祭りの間の最初と最後の日中には、過越とsukkothです。 (12) Hagiga (feast-offering), treats (chaps. i and iii) of the duty of pilgrimage to Jerusalem and the private offerings on such occasions (cf. Deuteronomy 16:16 sq.). ( 12 ) hagiga (饗宴-提供) 、扱わ( chaps.私とⅢ )をする義務がエルサレム巡礼の旅をするような機会を提供や民間( cf.平方申命記16:16 ) 。

C. Seder Nashim (women) c. nashimセダー(女性)

Elucidates in seven treatises the laws of marriage and all pertaining thereto, vows, and the marriage laws of the Nazarites. 7つの法律に基づいて解説論文に係るもののすべての結婚と、誓いを立てる、との結婚の法律は、 nazaritesです。 (l) Jebamoth, levirate marriages (Deuteronomy 25:5 sq.). (左) jebamoth 、レビレート婚結婚(平方申命記25:5 ) 。 (2) Kethuboth ("marriage deeds" and marriage settlements). ( 2 ) kethuboth ( "結婚行為"と結婚の入植地)です。 (3) Nedarim ("vows") and their annulment. ( 3 ) nedarim ( "の誓い" )とその無効です。 (4) Nazir (Nazarite; cf. Numbers 6). ( 4 )ナズィール(ナジル;継続前誌です。数字6 ) 。 (5) Sota ("suspected woman"; cf. Numbers 5:11 sq.). ( 5 )創太( "不審な女性" ;継続前誌です。数字平方5:11 ) 。 (6) Gittin (letters of divorce; cf. Deuteronomy 24:1 sq.). ( 6 ) gittin (手紙の離婚;継続前誌です。平方申命記24:1 ) 。 (7 Giddushin (betrothals). ( 7 giddushin ( betrothals ) 。

D. Seder Nezigin "damages") d.セダーnezigin "損害賠償" )

Explains in eight treatises civil and criminal law. 8つの論文を解説して民事および刑事法です。 In this institute are included the Eduyyoth, a collection of traditions, and the Haggadic treatise, Aboth. eduyyoth含まれるものは、この研究所は、伝統のコレクションを、とhaggadic論文、 abothです。

The treatises 1-3, Baba Kamma (the first gate), Baba meci'a (the middle gate), and Baba bathra (the last gate), originally formed a single treatise, the subdivision of which was caused by its great length (30 chaps.).この論文1-3 、馬場kamma (の最初のゲート) 、馬場meci'a (中門) 、および馬場bathra (の最後のゲート) 、結成当初、 1つの論文は、細分化の原因として考えられるのは素晴らしいの長さ( 30革ズボンです。 ) 。 They treat of the laws of property, inheritance, and obligation.彼らの法律に基づいて治療の財産、相続、および義務です。 Baba Kamma treats of damages in a narrow sense (along with theft, robbery, and bodily injury) and the right to damages; Baba meci'a is concerned chiefly with legal questions in regard to capital and treats finding, deposits, interest and loans; Baba Bathra is concerned with questions of social polity (possessions, limitations, buying and selling, security, inheritance and documents).馬場kammaの損害賠償として扱わ狭い意味で(と一緒に窃盗、強盗、致傷罪)とする権利を損害賠償; meci'aババは、主に懸念を表明する法的なご質問やごちそうを見つける資本金は、預金、金利と貸付金と;馬場は気に質問のbathra社会政体(財産を、制限、売買、安全保障、相続やドキュメントを)です。 (4) Sanhedrin, treats of the law courts, legal processes, and criminal justice. ( 4 )サンヘドリン、法の扱いのコート、法的なプロセス、および刑事裁判です。 (5) Makkoth (stripes), treats of punishment by stripes legally acknowledged (cf. Deuteronomy 25:1 sq.). ( 5 ) makkoth (ストライプ) 、刑の執行の扱いを法的に認められたストライプス( cf.平方申命記25:1 ) 。 (6) Shebu'oth (oaths). ( 6 ) shebu'oth (誓い) 。 (7) 'Eduyyoth (test), containing a collection of legal decisions gathered from the testimonies of distinguished authorities. ( 7 ) ' eduyyoth (テスト) 、法律上の意思決定を含むコレクションを収集当局からの証言を識別します。 (8) 'Aboda Zara (idolatry). ( 8 ) ' abodaザラ(偶像崇拝) 。 (9) 'Aboth (fathers) or Pirqe Aboth (sections of fathers) contains ethical maxims of the Tanna'im (200 BC - AD 200). ( 9 ) ' aboth (父親) 、またはpirqe aboth (セクションの父親)が含まれ、倫理的な格言tanna'im ( 200紀元前-広告の2 00) 。 (10) Horayoth (decisions), concerning legal decisions and religious questions which were erroneously rendered. ( 10 ) horayoth (意思決定)は、法律上の意思決定や宗教に関する質問が誤ってレンダリングします。

E. Seder Qodashim (sacred things) e.セダーqodashim (神聖なもの)

Treats in twelve treatises of the sacrifices, temple service, and dedicated objects (1) Zebahim (animal sacrifices). 12論文を犠牲に扱わ、寺のサービス、および専用のオブジェクト( 1 ) zebahim (動物の犠牲を払う) 。 (2) Menahoth (meat offerings). ( 2 ) menahoth (肉の提供) 。 (3) Hullin (things profane) of the sacrifice of pure and impure animals and of laws concerning food. ( 3 ) hullin (物事不敬)は、純粋な犠牲と不純な動物や食品に関する法律です。 (4) Bekhoroth (first born) of men and animals (cf. Exodus 13:2, 12 sq.; Leviticus 27:26 sq.; Numbers 8:16 sq.; 18:15 sq.; Deuteronomy 15:19 sq.) (5) 'Arakhin (valuations), that is equivalents to be given for the redemption of persons and things dedicated to God (Leviticus 17:2 sq., 25:15 sq.). ( 4 ) bekhoroth (最初の生まれ)の人々や動物( cf.エクソダス13時02分、 12平方;レビ記27:26平方;数字8時16平方; 18:15平方;申命記15:19平方) ( 5 ) ' arakhin (バリュエーション) 、それは同等の償還を与えられた人や物事を神にささげられた(レビ記17時02平方、平方25:15 )です。 (6) Temura (exchange) of a sacred object (Leviticus 27:10-33). ( 6 ) temura (交換)は、神聖なオブジェクト(レビ記27:10-33 ) 。 (7) Kerithoth (excisions), concerning the sins punished by this penalty, and what was to be done when anyone intentionally committed such a sin. ( 7 ) kerithoth ( excisions ) 、この違約金に関する罪を処罰し、何が行われたときに誰がこのような故意の罪を犯すことにコミットします。 (8) Me'ild (violation) of a sacred object (cf. Numbers 5:6 sq.; Leviticus 5:15 sq.). ( 8 ) me'ild (違反)は、神聖なオブジェクト( cf.数字5時06平方;平方レビ記5:15 ) 。 (9) Tamid (continual sacrifice), concerning the daily morning and evening sacrifice and the temple in general. ( 9 ) tamid (継続を犠牲に) 、毎日朝と夜の寺で犠牲と全般です。 (10) Middoth (measurements), a description of the temple and of the temple service. ( 10 ) middoth (測定) 、て説明して寺と同寺のサービスです。 (11) Quinnim ("nest" of birds), of the sacrifices of doves by the poor (Leviticus 1:14 sq.; 12:8). ( 11 ) quinnim ( "巣"の鳥) 、ハトの犠牲にされるのは非常に悪い(レビ記1:14平方;午前12時08分) 。

F. Seder Teharoth (purifications)女性teharothセダー( purifications )

Treats in twelve treatises of the ordinances of cleanness and of purifications. 12論文は、条例で扱わの清浄度とpurificationsです。 (l) Kelim (vessels), treats of the conditions under which domestic utensils, garments, etc., become unclean. (左)キリム(船舶) 、扱いされて国内の条件用品、衣類など、不浄になる。 (2) Ohaloth (tents) of the defilement of dwellings by a corpse (Numbers 19:14 sq.). ( 2 ) ohaloth (テント)は、 defilementの住居された死体(数字平方19:14 )です。 (3) Nega'im (leprosy). ( 3 ) nega'im (ハンセン病) 。 (4) Para (red heifer; cf. Numbers 19). ( 4 )に(赤未経産牛;継続前誌です。数字19 ) 。 (5) Teharoth (purifications) (euphemistically), treats of the lesser degrees of defilement lasting only till sunset. ( 5 ) teharoth ( purifications ) ( euphemistically ) 、小程度の扱いを永続的にのみdefilement日没までです。 (6) Miqwa'oth (wells), the condition under which wells and reservoirs are fit to be used for ritual purification. ( 6 ) miqwa'oth (井戸) 、井戸の条件とされて貯水池の浄化に合わせるの儀式に使われる。 (7) Nidda (menstruation). ( 7 ) nidda (月経)です。 (8) Makhshirin (preparers), the conditions under which certain articles, by coming in contact with liquids, become ritually unclean (Leviticus 11:34, 37, 38). ( 8 ) makhshirin ( preparers )は、条件されて、特定の記事を、液体に接触し、不潔になる儀式(レビ記11:34 、 37 、 38 ) 。 (9) Zabim (persons afflicted with running issues; cf. Leviticus 15). ( 9 ) zabim (実行中の問題に苦しんでいる人;継続前誌です。レビ記15 ) 。 (10) Tebul yom (immersed at day), ie the condition of the person who had taken the ritual bath, but who has not been perfectly purified by sunset. ( 10 ) tebul yom (浸漬は1日) 、つまりその人の状態を取っていたの儀式whoバス、しかし、完全に精製さwho日没されていない。 (11) Yadayim (hands), treats of the ritual uncleanness of the hands and their purification. ( 11 ) yadayim (手) 、扱わは、 uncleannessの儀式とその浄化の手にします。 (12) 'Uqcin (stalks) of fruits and shells and their ritual uncleanness. ( 12 ) ' uqcin (茎)の果物や貝とその儀式uncleannessです。

In our editions the number of treatises is sixty-three; originally there were only sixty, because the four paragraphs of the treatise Baba kamma, Baba bathra, Baba meci'a, likewise Sanhedrin and Makkoth, formed only one treatise.論文の数を、私たちのエディションは、 63 ;もともと60しかありませんでしたので、馬場の4つの段落は、論文kamma 、ババbathra 、ババmeci'a 、サンヘドリンとmakkoth同様に、 1つだけの論文に形成します。 The Mishna exists in three recensions: in the manuscripts of editions of the separate Mishna, in the Palestinian Talmud in which the commentaries of the Amora'im follow short passages of the Mishna, and in the Babylonian Talmud, in which the Gemara is appended to an entire chapter of the Mishna. mishnaが存在する3つのrecensions :エディションでの原稿を、それぞれのmishnaは、タルムードでは、パレスチナamora'im以下の論評は、短い文章をmishnaし、バビロニアタルムードされるのは、 gemaraが付加さ全体の章のmishnaです。 The contents of the Mishna, aside from the treatises Aboth and Middoth, are with few exceptions Halakhic.の内容をmishna 、 abothとmiddoth論文はさておき、 halakhicには、少数の例外を除いています。 The language, the so-called Mishna Hebrew or New Hebrew, is a fairly pure Hebrew, not without proof of a living development -- enriched by words borrowed from Greek and Latin and certain newly-created technical expressions, which seem partly developed as imitations of Roman legal formulas.その言語は、ヘブライ語、いわゆるmishnaまたは新しいヘブライ語、ヘブライ語は、かなり純粋な、証拠がないわけでは、生活の開発-を言葉で濃縮から借りたギリシャ語とラテン語と、特定の新しく作成した技術的な表現、どのように見える部分として開発された模造品ローマ法的な数式です。 The Mishna is cited by giving the treatise, chapter, and precept, eg 'Berakh, i, 1. mishna与えているの論文が引用され、章では、と教訓、例えば' berakh 、私は、 1 。 Among the commentators of the whole Mishna the following deserve special mention: Maimonides, the Hebrew translation of whose Arabic original is printed in most edition of the Mishna; Obadia di Bertinoro (d. 1510), Jom Tob Lippmann Heller (d. 1654), Jisrael Lipschutz (his Mishna with Commentary in 6 vols., Königsberg, 1830-50).全体の解説者の間では、次の言及に値するmishna : maimonides 、アラビア語、ヘブライ語の翻訳版のオリジナルは、印刷する際には、ほとんどのmishna ; obadiaディbertinoro (民主党1510 )は、公開買付jomリップマンヘラー(民主党1654 ) 、 jisraelリプシュッツ(彼は6 vols学mishnaを解説します。 、 königsberg 、 1830年から1850年) 。

The first edition of the complete Mishna was at Naples in 1492.の最初の版の完全なmishnaはナポリで1492 。 Texts with Hebrew commentaries exist in great numbers.ヘブライ語のテキストを論評大きな数字が存在します。 Of importance as a Conformation of the Palestinian version is the edition of WH Lowe (Cambridge, 1883), after the Cambridge manuscript.重要な構造としては、パレスチナのバージョンは、版のwhロウ(ケンブリッジ、 1883 ) 、ケンブリッジの原稿の後にします。 Also deserving of mention are: "Misna . . . Latinitate donavit G. Lurenhusius" (text, Latin translation, notes, Latin translation of Maimonides and Obadia, 6 vols., Amsterdam, 1698-1703); "Mishnajoth", with punctuation and German translation in Hebrew letters, begun by Sammter (Berlin, 1887 -- still incomplete); Ger.にも言及に値するのは: " misna 。 。 。 。 。 latinitate donavit g. lurenhusius " (テキスト、ラテン語の翻訳、メモ、ラテン語の翻訳maimonidesとobadia 、 6 vols学です。 、アムステルダム、 1698-1703 ) ; " mishnajoth "で、句読点やドイツ語訳inヘブライ語の文字は、開始されsammter (ベルリン、 1887 -まだ不完全な) ;ドイツします。 tr. tr 。 of the Mishna by Rabe (6 parts, Onolzbach, 1760-63). mishnaされ、レーブ( 6部品、 onolzbach 、 1760年から1763年) 。

IV. Ⅳ 。 THE PALESTINIAN TALMUDパレスチナのタルムード

On the basic of the Mishna, juridical discussions were continued, at first in the schools of Palestine, particularly at Tiberias, in the third and fourth centuries. mishna上の基本的なのは、法律上の議論が続き、最初は、学校のパレスチナ、特にティベリア、 3番目と4世紀です。 Through the final codification of the material thus collected, there arose in the second half of the fourth century the so-called Jerusalem, more properly Palestinian, Talmud.の最後の法典化を通じてこのように、材料の収集、 2番目の半分が生じた4世紀のエルサレムと呼ばれる、より適切なパレスチナ、タルムードです。 The usual opinion, which originated with Maimonides, that its author was Rabbi Jochanan, who lived in the third century is untenable because of the names of the later scholars which occur in it. 、いつもの意見によれば、これの起源maimonides 、その著者は、ラビjochanan 、 whoに住んで3番目の世紀は理不尽のための名前を、後の学者が発生することです。 In the Palestinian Talmud the text of the Mishna is taken sentence by sentence, and explained with increasingly casuistic acumen.で、パレスチナのタルムードのテキストをmishnaは判決文で、ますます詭弁的な洞察力と説明をします。 The Baraithoth, ie the maxims of the Torah not found in the Mishna, as well as the legal paragraphs are always given in Hebrew, and so are most of the appended elucidations; the remainder is written in a West Aramaic dialect (G. Dalman, "Grammatik des judisch-Palastinischen Aramaisch", Leipzig, 1905).のbaraithoth 、すなわち、律法の格言が発見されたmishnaだけでなく、法的な段落は、常に与えられたinヘブライ語、およびこれは、ほとんどの付加elucidations ;の残りの部分はアラム語で書かれて、西の方言( g.ダルマン、 "文法デjudisch - palastinischen aramaisch " 、ライプチヒ、 1905 ) 。 Along with the Halakha it contains rich Haggadic material.ハラーハーとともに、豊かなhaggadic物質が含まれています。 Whether the Palestinian Talmud ever included the entire Mishna is a matter of dispute.パレスチナタルムードまで含まれるかどうかは、全体のmishna紛争の問題です。 The only parts preserved are the commentaries on the first four Sedarim (with the exception of several chapters and the treatises Eduyyoth and Aboth) and on the three first divisions of the treatise Nidda in the sixth Seder.部品の保存だけは、最初の4つのsederの複数形に解説する(を除いて、いくつかの章や論文eduyyothとaboth )と上の3つの最初の部分は、 6番目の論文niddaセダーです。 The supposed discovery by S. Friedländer of treatises on the fifth Seder is based upon a forgery (cf. "Theologische Literaturzeitung", 1908, col. 513 sq., and "Zeitschr. d. Deutsch. Morgenlandisch. Gesellsch.", LXII, 184).ディスカバリーのはずのS.フリートレンダーセダーは5番目の論文を検索するに基づいて、偽造( cf. " theologische literaturzeitung " 、 1908 、列です。 513平方、および" zeitschrします。 d.サイトマップDeutsch 。 morgenlandischです。 gesellschです。 " 、 62 、 184 )です。 The Palestinian Talmud is generally cited by giving the treatise, chapter, page, and column after the Venetian and Cracow editions, mostly also the line, indicated by j (=jerus.) or pal.; eg pal.パレスチナのタルムードは一般的に与えている論文に引用され、章、ページ、およびカラムの後にクラクフのエディションヴェネチアンと、ほとんどの行も、示されて無し( = jerusです。 )またはPALです。 ;例えば、 PAL方式です。 Makkoth, 2 Bl. makkoth 、 2 bl 。 31d 56. 31d 56 。 Many scholars cite in the same manner as for the Mishna, but this is not to be recommended.多くの学者を挙げると同じように、 mishnaが、これは特定されるお勧めします。

Editions: Venice (Bomberg), 1523-24; Cracow, 1609; Krotoshin, 1866; Zhitomir, 1860-67; Piotrkow, 1900-02.エディション:ベニス( bomberg ) 、 1523年から1524年;クラクフ、 1609 ; krotoshin 、 1866 ;ジトーミル、 1860年から1867年;ピョトルクフ、 1900年から1902年です。 French translation by M. Schwab, 11 vols., Paris, 1879-80; I2 1890.男性シュワブ語スペイン語の翻訳され、 11 vols学です。 、パリ、 1879年から1880年; i2の1890 。

Several treatises are printed with Latin translations in Ugolini, "Thesaurus antiquitatum sacrarum", vols.いくつかの論文は、ラテン語の翻訳で印刷さugolini 、 "シソーラスantiquitatum sacrarum " 、 vols学です。 XVII-XXX, Venice, 1755-65; Wunsche, "Der palastinische Talmud in seinen haggadischen Bestandteilen ins Deutsche übersetzt" (Zurich, 1880). 17 - xxxに、ベニス、 1755年から1765年;ビュンシェ、 " der palastinischeタルムードの青年haggadischenドイチェübersetzt bestandteilenアドイン" (チューリッヒ、 1880 ) 。

V. BABYLONIAN TALMUD v.バビロニアタルムード

The Mishna is said to have been brought to Babylon by Aba Areka, generally called Rab (d. 247), a pupil of Rabbi Jehuda.のmishnaとも言われてバビロンをむけさせarekaのABAと呼ばれ、 Rabの(民主党247 )は、瞳孔のラビjehudaです。 In the schools there it became a norm of legal religious life and a basis of juridical discussion.そこになった学校は、法律上の宗教的な規範を生命とする法律上の根拠を議論します。 But while in Palestine there was a greater tendency to preserve and propagate what had been handed down, the Babylonian Amora'im developed their interpretation of the law in all directions, which explains why the Babylonian Talmud acquired a greater significance for Judaism than the Palestinian.しかし、中にパレスチナを保持しやすい傾向があったと受け継がれていた繁殖は何のバビロニアamora'im法の開発に全方向に解釈する、これを取得する理由のバビロニアタルムードユダヤ教よりも大きな意味を持つパレスチナのです。 Thus the material grew rapidly and gradually led to a codification, which was undertaken by R. Ashi (d. 427), head of the school at Sura, and by R. Abina or Rabbina (d. 499), the last of the Amora im.したがって、素材は急増し法典化して徐々に主導された都市れashi (民主党427 ) 、頭の学校でふくらはぎ、および都市abinaまたはrabbina (民主党499 )は、最後のアモライムです。 The scholars who lived after him (at the end of the fifth and in the first half of the sixth centuries), called Sabora im ("those who reflect, examine", because they weighed and also completed what had been written by the Amora'im), are to be regarded as those who really completed the Babylonian Talmud.学者who住んした後、彼(の終わりには、第5回と6世紀前半) 、ユダヤ教律法学者と呼ばれるイム( "これらのwhoを反映、検討する" 、体重も完了するため、彼らは何を書いていたのアモラ'イム) 、 whoされると見なされて本当にこれらのバビロニアタルムード完了しています。

Like the Palestinian, the Babylonian Talmud does not include the entire Mishna.パレスチナ人のように、タルムード、バビロニアmishna全体が含まれていません。 In the first and sixth divisions only the treatises Berakhoth and Nidda are considered; in the second division Shegalim is omitted, in the fourth Eduyyoth and Aboth, in the fifth Middoth, Ginnim, and half of Tamid. 6番目の最初の部分のみとberakhahの複数の論文とは見なさnidda ; shegalimが省略された場合は、第2師団、第4 eduyyothとaboth 、第5 middoth 、 ginnim 、との半分をtamidです。 It is indeed questionable if the greater number of these treatises were included in the Babylonian Gemara; Eduyyoth and Aboth are excluded, by reason of the subject matter, while the remainder treat for the most part ordinances which could not be applied outside of Palestine.それは実際、疑わしい場合は、より多くのこれらの論文が含まれているバビロニアgemara ; abothは除外さeduyyothと、理由の主題は、残りの大部分を治療する条例を適用できませんでしたパレスチナの外です。 The Babylonian Talmud therefore includes only 36 1/2 treatises, but is at least four times the extent of the Palestinian, although the latter deals with 39 treatises.したがって、バビロニアタルムードのみが含まれて36 1 / 2論文、これは、少なくとも4倍の範囲を、パレスチナ、後者扱った39論文です。 The Haggada is even more fully represented than in the Palestinian. haggadaはもっと完全に表現するよりも、パレスチナです。 The language, excepting the legal paragraphs and the quotations of the older scholars and Palestinian rabbis, is that of the East Aramaic dialect of Babylonia (cf. Levias, "A Grammar of the Aramaic Idiom contained in the Babylonian Talmud", Cincinnati, 1900; ML Margolis, "Grammatik des babylonischen Talmuds", Munich, 1910).その言語は、法律上の段落と見積書を除いて、過去の学者やパレスチナのラビは、東アラム語の方言のバビロニア( cf. leviasは、 "アラム語の文法のイディオムに含まれているバビロニアタルムード" 、シンシナティ、 1900 ; MLのマーゴリス、 "文法デbabylonischen talmuds " 、ミュンヘン、 1910 ) 。 The Babylonian Talmud is cited according to treatise, folio, and page, as the content in nearly all the editions since that of the third Bomberg one (1548) is the same, eg Berakh 22a.バビロニアタルムードの論文が引用によると、二つ折り、およびページのコンテンツとして、ほぼすべてのエディションbomberg以来の3番目の1つ( 1548 )は、同じ、例えばberakh 22aです。 In these editions there are usually appended at the end of the fourth Seder seven small treatises, partly from Talmudic, partly from post-Talmudic times, among which is the post-Talmudic treatise Sopherim (directions for the writer and public reader of the Torah).これらのエディションには、通常の最後に追加され、第4セダー7小論文は、部分からtalmudic 、 talmudic回後の部分から、うちは、ポストtalmudic論文sopherim (方向は、作家や公共リーダーは、律法)です。 Among the commentaries the first place belongs to that of Rashi (d. 1105), completed by his grandson Samuel ben Me'ir (d. about 1174).の論評の中の最初の開催地に属しているrashi (民主党1105 ) 、彼の孫完成さサミュエルベンme'ir (民主党約1174 ) 。 Chiefly of a supplementary character are the works of the Tosaphists or authors of the Tosaphoth (additions), who lived in France and Germany during the twelfth and thirteenth centuries.主に補足するキャラクターは、作品の作者のtosaphistsまたは、 tosaphoth (追加) 、 who 、フランスとドイツに住んで12と13世紀中にします。 They give amplifications and learned explanations of certain treatises.彼らの説明を与えるamplificationsと、特定の論文を学んだ。 Other commentaries are enumerated by Strack, op.他の論評シュトラックが列挙され、営業です。 cit. 〜 Citです。 infra, 149-51.インフラストラクチャ、 149から51までです。 The Babylonian Talmud has often been printed but until the present time a critical edition has remained a desideratum.バビロニアもタルムードは多くの場合、印刷しかし、重要な生産されるまでの時間を、現在のままでは欲しいものです。 Material for this purpose is furnished by Raphael Rabbinovicz, among others, in his "Variae lectiones in Mischnam et in Talm. Babyl.", etc. (15 vols., Munich, 1868-86); Vol.この目的のために提供された資料は、ラファエルrabbinovicz 、特に、彼の" variae lectionesではmischnam et talmです。 babylです。 "など( 15 vols学です。 、ミュンヘン、 1868年から1886年) ; !です。 XVI was edited by Ehrentreu (Przemysl, 1897). 16世は、編集されehrentreu (プシェミシル、 1897 ) 。 Serious mutilations and bungling changes in the text were caused by the Christian censorship, at first in the Basle edition (1578-81).深刻なmutilationsと不器用な変更されたテキストは、キリスト教の検閲によって引き起こされるが、最初は、バーゼルエディション( 1578年から1581年) 。 The numerous bickerings among the Jews had the further consequence that they themselves practised censorship. bickerings 、多くのユダヤ人の間のより詳細な結果は、検閲して実践しています。 The excised passages were partly collected in small treatises, published for the most part anonymously.通路の切除部分で収集された小論文は、匿名で、ほとんどの部分で公開します。

EDITIONSエディション

Raphael Rabbinovicz, (Ma'amar al hadpasath ha-talmud -- Munich, 1877), a critical review of the editions of the Babylonian Talmud, as a whole or in part since 1484.ラファエルrabbinovicz 、 ( ma'amarアルhadpasathハ-タルムード-ミュンヘン、 1 877) 、重大な日を、バビロニアタルムードのエディションとして、 1 484年の全部又は一部をします。 The first complete edition appeared at Venice (Bomberg), (12 vols., 1520-23).完全版の最初の登場はベニス( bomberg ) 、 ( 12 vols学です。 、 1520年から1523年) 。 The advantage of this edition consists in its complete character; the text itself is full of errors.このエディションの利点は、その完全な文字で構成し、テキスト自体がいっぱいのエラーが発生します。 A certain reputation is enjoyed by the Amsterdam edition (1644-48), in which the censured passages have been as far as possible restored.享受される、特定の評判はアムステルダム版( 1644年から1648年)されるのは、非難通路としても可能な限り復元されます。 The edition of Frankfort (1720-22) served directly or indirectly as a basis for those which followed.フランクフォートの版( 1720年から1722年)サービス基盤としての役割を直接または間接的にそれらに続いた。 Of the later editions may be mentioned those of Berlin (1862-68), Vienna (1864-72), and Vilna (1880-86). 5月に言及、それらへのエディションのベルリン( 1862年から1868年) 、ウィーン( 1864年から1872年) 、およびヴィルナ( 1880年から1886年) 。 A quarto edition, the text after the editio princeps, with the variants of the Munich manuscripts and a German translation, was begun by Lazarus Goldschmidt in 1897.を四つ折りモードでは、初版の後のテキストは、原稿の亜種は、ミュンヘンとドイツ語訳、 1897年ゴルトシュミットラザロが開始されます。 Up to date 6 vols., containing the Institutes I, II, IV, V, and the two first treatises of III have appeared. vols学を最新の6 。 、機関私を含む、 2世、 4世、 vと2つの論文の最初の3世が現れています。 Unfortunately this publication is by no means faultless.残念ながら、この出版は申し分のないものではない。 ML Rodkinson, "New Edition of the Babylonian Talmud", New York, 1896; M. Mielziner, "Introduction to the Talmud" (Cincinnati, 1894; New York, 1903); ML Rodkinson, "The History of the Talmud" (New York, 1903); HL Strack, "Einleitung in den Talmud" (Leipzig 1908), pp. MLのrodkinson 、 "ニューエディションは、バビロニアタルムード" 、ニューヨーク、 1896 ;男性ミールジーナー、 "はじめに、タルムード" (シンシナティ、 1894 ;ニューヨーク、 1903 ) ; MLのrodkinson 、 "タルムードの歴史を、 " (新ニューヨーク、 1903 ) ; hlシュトラック、 " einleitungにデンタルムード" (ライプチヒ1908 ) 、 pp 。 139-175, containing an extensive bibliography of the Talmud and of the questions concerning it. 139から175 、を含む広範な構造は、タルムードとの質問に答えるに関することです。

Publication information Written by F. Schühlein.出版情報schühlein書かれた女性です。 Transcribed by Scott Anthony Hibbs and Wendy Lorraine Hoffman.転写されたLorraineスコットアンソニーヒッブスとウェンディホフマンです。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.のは、カトリックの百科事典、第20巻14 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認、 1912年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです