Virgin Birth処女懐胎

General Information 総合情報

The accounts of the birth of Jesus Christ in the Gospels according to Matthew and Luke, specifically the two Annunciation stories (Matt. 1:18-25; Luke 1:26-38), tell of a virginal conception by Mary through the power of the Holy Spirit. Belief that Jesus was thus conceived without a human father was more or less universal in the Christian church by the 2d century and is accepted by the Roman Catholic, Orthodox, and most Protestant churches.のアカウントは、イエスキリストの誕生は、マタイとルカによる福音書によると、具体的には2つの受胎告知物語( matt. 1:18-25 ;ルーク1:26-38 ) 、わかる範囲で処女受胎さのパワーを介しメアリー聖霊です。 信念は、このように考えなしにイエスキリストの父親は多かれ少なかれ、人間の普遍的には、キリスト教の教会とされる二次元世紀に受け入れられたのは、ローマカトリック、正統派、およびほとんどのプロテスタント教会です。

The origin of the tradition, however, is a controversial subject among modern scholars.伝統の起源は、しかし、現代の学者は、物議を醸すアジ研の間です。 Some believe it to be historical, based on information perhaps from Mary or her husband Joseph; for others it is a theological interpretation developed from extraneous sources (Hellenistic Jewish traditions about the birth of Isaac or pagan analogies).いくつかの歴史されると考えて、おそらくからの情報に基づいてメアリーまたは彼女の夫ジョセフ;を他のことは無関係なソースから開発を神学的解釈(ユダヤ教の伝統ヘレニズムの誕生については、異教のアイザックまたは類似) 。 Whatever its origin, it may be recognized as a Christological affirmation denoting the divine origin of the Christ event.どんな起源、 christologicalとして認識されることがあります肯定のしるしの起源は、イエスキリストは神のイベントです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Reginald H. Fullerレジナルド笠原フラー

Bibliography: 書誌事項:
Brown, RE, The Virginal Conception and Bodily Resurrection of Jesus (1973) and The Birth of the Messiah: A Commentary on the Infancy Narratives in Matthew and Luke (1977); Campenhausen, H. von, The Virgin Birth in the Theology of the Ancient Church (1964); Miguens, M., The Virgin Birth: An Evaluation of Scriptural Evidence (1975).ブラウン、再は、イエスキリストの復活処女受胎と身体( 1973 )との救世主にして生まれたか:物語を解説し、マシューとルークの乳児期( 1977 ) ; campenhausen 、笠原フォンは、処女懐胎は、神学は、古代教会( 1964 ) ; miguens 、男性は、処女懐胎:聖書の証拠の評価( 1975 ) 。


Virgin Birth of Jesus処女懐胎のイエスキリスト

Advanced Information 高度情報

Matt.マットです。 1:18, 22-25 and Luke 1:26-38 teach that the birth of Jesus resulted from a miraculous conception. 1:18 、 22-25 、ルカ1:26-38を教える結果は、イエスキリストの誕生から奇跡的概念です。 He was conceived in the womb of the Virgin Mary by the power of the Holy Spirit without male seed.子宮の構想は、彼は、聖母マリアに聖霊の力を利用し、男性の種です。 This is the doctrine of the virgin birth, which must be distinguished from other doctrines concerning Mary such as perpetual virginity, her immaculate conception, her assumption, which are rejected by most Protestants, and from views in which the phrase "virgin birth" is taken to indicate some sort of divine involvement in the incarnation without affirming the biological virginity of Jesus' mother.これは、処女懐胎の教義を区別しなければならないなど、他の教説に関するメアリーパーペチュアル処女、彼女の無原罪懐胎の祝日、彼女の仮定は、ほとんどのプロテスタントが拒否された、とのフレーズから再生回数では"処女懐胎"が撮影並べ替えを示すいくつかの神の化身の関与を肯定の生物学的に処女のイエスの母親です。 Views of the latter sort are common enough in modern liberal theology, but it is an abuse of language to call them affirmations of the virgin birth; they are denials of the virgin birth, though they may indeed be affirmations of something else.再生回数は、後者の並べ替えは、共通のに十分な現代のリベラルな神学、それを呼び出すには、言語の乱用して、処女懐胎affirmations ;彼らは処女懐胎を否定し、かれらのaffirmations年5月実際に何か他のです。

Possibility and Probability可能性と確率

If one rejects the possibility of miracle in general, as does, eg, Bultmann, then one must reject the virgin birth as well.奇跡の1つの可能性を拒否する場合一般的には、としては、例えば、ブルトマン、入力し、 1つの処女懐胎も拒否する必要があります。 But such a generalized rejection of miracle is arbitrary and indefensible on any ground, and it is contrary to the most fundamental presuppositions of Christian thought.しかし、このような奇跡は任意と全身の拒絶反応をすると、地面に弁解の余地のない、とこれはpresuppositionsに反してキリスト教の最も基本的な考えです。 The virgin birth is no more miraculous than the atonement or the resurrection or the regeneration of sinners.の処女懐胎はないの償いや他の奇跡の復活よりも、または罪人の再生です。 If miracle is rejected, then nothing important to Christianity can be retained.奇跡が拒否された場合、何も重要なを入力し、キリスト教が保持されます。

If one accepts the general possibility of miracle, one must still ask about the possibility and probability of the virgin birth in particular. 1つの可能性を受け入れる場合全般の奇跡、 1つの可能性について尋ねる必要がありますと、特定の確率は、処女懐胎です。 For an evangelical Christian the fact that this doctrine is taught in God's inerrant Word settles such questions.福音主義キリスト教徒という事実は、この説は間違いのない神の言葉教えられるような質問が決定します。 Yet this fact does not make historical investigation superfluous.まだこのような事実はありません歴史的な捜査に余計な。 If indeed Scripture is inerrant, it is consistent with all historical discovery.確かに間違いのない啓典の場合は、それはすべての歴史的な整合性の発見です。 To illustrate this consistency can only be helpful, not only to convince those who doubt the authority of Scripture, but also to confirm the faith of those who accept it.この整合性を説明するのに役立つだけではなく、それらを説得するだけの権威を疑うwho啓典、信仰を確認するだけでなく、これらのwho受け入れることです。 But such investigation must be carried out on principles compatible with the Christian revelation, not (as with Bultmann) on principles antagonistic to it from the outset.しかし、そのような調査を実施しなければならないと互換性の原則は、キリスト教啓示ではなく、 (ブルトマンと同じように)を原則的に拮抗することを確認して冒頭にします。

The NT AccountsこのNTアカウント

On that basis, then, let us examine the credibility of the NT witnesses, Matthew and Luke.その上で、その後、ご連絡の信ぴょう性を検討するのNTの目撃者、マシューとルークです。 Both Gospels are often dated from AD 70-100, but if we grant the assumption that Jesus was able to predict the fall of Jerusalem (AD 70; and why would a Christian deny this?), there is ample evidence for dating these Gospels in the 60s or earlier.両方の福音書はしばしば広告70-100日付から、もし私たち付与すると仮定しての秋にイエスキリストを予測することができたのエルサレム(広告70 ;とキリスト教を否定する理由はありますか? ) 、十分な証拠をデートには、これらの福音書で1960年代またはそれ以前のです。 In any case, the two accounts are generally thought to be independent of each other and thus to be based on a tradition antedating both.いずれにせよ、この2つのアカウントは一般的に独立したと考えられているとこのようにお互いの伝統を事前日付の両方に基づいている。

Confirming the antiquity of this tradition is the remarkably "Hebraic" character of both birth accounts: the theology and language of these chapters seem more characteristic of the OT than the NT, as many scholars have noted.古代確認して、この伝統は、非常に"ヘブライ人の"文字の両方の誕生アカウント:これらの章の神学と言語のように見えるのotの他の特徴は、 NTよりも、できるだけ多くの学者が指摘した。 This fact renders very unlikely the hypothesis that the virgin birth is a theologoumenon, a story invented by the early church to buttress its Christological dogma.このような事実をレンダリング非常に低いという仮説に基づいて、処女懐胎は、 theologoumenon 、物語によって発明さchristological初期の教会の教義をのこです。 There is here no mention of Jesus' preexistence.ここに言及したのにはイエスの先在です。 His title "Son of God" is seen to be future, as is his inheritance of the Davidic throne (Luke 1:32, 35).彼のタイトル"神の子"が見えるされる将来的には、彼には王位継承をdavidic (ルーク1:32 、 35 ) 。 In the birth narratives Jesus is the OT Messiah, the son of David, the fulfillment of prophecy, the one who will rescue God's people through mighty deeds, exalting the humble and crushing the proud (Luke 1:46-55).イエスキリストの誕生物語は、 otメサイアは、息子のデビッド、履行するために予言は、 1つのwhoは、救助の人々を通して、神の偉大な行為は、謙虚な高揚し、誇りに思うと破砕(ルーク1:46-55 ) 。 The writers draw no inference from the virgin birth concerning Jesus' deity or ontological sonship to God; rather, they simply record the event as a historical fact and (for Matthew) as a fulfillment of Isa.引き分けの推論のライターからの処女懐胎に関するイエスの息子であることを神または神の存在論ではなく、彼らのイベントとして記録して、単に歴史的事実と(マシュー)を履行するためにISAのです。 7:14. 7:14です。

Not much is known about the author of Matthew, but there is much reason to ascribe the third Gospel to Luke the physician (Col. 4:14), a companion of Paul (II Tim. 4:11; cf. the "we" passages in Acts, such as 27:1ff.) who also wrote the Acts of the Apostles (cf. Luke 1:1-4; Acts 1:1-5).あまり知られについては、著者のマシューは、しかし、多くには3番目の理由があるものとみなす医師ルカによる福音書を( Col 。 4:14 )は、コンパニオンのポール( 2ティム。 4:11 ;継続前誌で、 "私たち"通路の行為など、 27:1 FFを指定します。 ) whoも書きました行為は、使徒( cf.ルーク1:1-4 ;行為1:1-5 ) 。 Luke claims to have made a careful study of the historical data (1:1-4), and that claim has been repeatedly vindicated in many details even by modern skeptical scholars such as Harnack.ルーク主張しては、入念な調査は、過去のデータ( 1:1-4 ) 、およびその主張を繰り返してきたvindicatedの多くの懐疑的な学者の詳細などの近代的でさえハルナックです。 Both his vocations, historian and physician, would have prevented him from responding gullibly to reports of a virgin birth.両方の彼の職業は、歴史学者や医師、彼からの応答がgulliblyを阻止する報告書の処女懐胎です。 The two birth narratives have been attacked as inconsistent and/or erroneous at several points: the genealogies, the massacre of the children (Matt. 2:16), the census during the time of Quirinius (Luke 2:1-2); but plausible explanations of these difficulties have also been advanced.攻撃の2つの誕生物語としても矛盾および/または誤ったいくつかのポイント: genealogiesは、虐殺の子供たち( matt. 2:16 )は、国勢調査中に時間をクイリニウス(ルーク2:1-2 ) ;しかし、もっともらしい説明、これらの困難にも高度な。 Jesus' Davidic ancestry (emphasized in both accounts) has been under suspicion also; but as Raymond Brown argues, the presence of Mary and Jesus' brothers, especially James (Acts 1:14; 15:13-21; Gal. 1:19; 2:9), in the early church would probably have prevented the development of legendary material concerning Jesus' origin.イエスキリスト' davidic覇王(強調して両方のアカウント)されてきた疑いも;しかし、レイモンドブラウン氏は、メアリーが存在するとイエスの兄弟、特にジェームズ(行為1:14 ; 15:13-21 ;ギャルです。 1:19 ;午前2時09分)は、教会の早期開発を阻止してもおそらく伝説の素材に関するイエスの起源です。 All in all, we have good reason, even apart from belief in their inspiration, to trust Luke and Matthew, even where they differ from the verdicts of secular historians ancient and modern.すべてのすべて、当社は正当な理由も、そのインスピレーションの信仰を離れ、ルークを信頼するとマシューは、異なる判決を下すのにもどこに古代の歴史と現代の世俗的です。

The Rest of Scripture啓典の残りの部分

Much has been said concerning the "silence" of Scripture about the virgin birth outside of the passages mentioned.によるとされ多くの"沈黙"の啓典については、処女懐胎の通路の外に記載します。 This silence is real, but it need not be explained by any ignorance or denial of the virgin birth by other NT writers.この沈黙はリアル、それによって説明される必要はないの否定を任意の無知や他のNTの作家の処女懐胎されています。 It is significant that even the Gospels of Matthew and Luke are "silent" about the virgin birth through fifty of their combined fifty-two chapters.ことは重要だとさえ、ルカによる福音書のマシューは、 "サイレント"については、処女懐胎を通じて50 52章の組み合わせです。 The silence of the rest of the NT can be explained in essentially the same ways as one would explain the partial silence of Matthew, and Luke.の沈黙の残りの部分のNTは本質的には同じ方法で説明されるとして1つのマシューは沈黙した部分を説明する、とルークです。 The NT deals chiefly with (1) Jesus' preaching, life, death, resurrection (the Gospels and to some extent the epistles); (2) the preaching and missionary work in the early church (Acts especially); (3) teaching concerning the theological and practical problems of the church (Acts, epistles); (4) assurances of the triumph of God's purposes and visions of the end times (Revelation, other NT books). NTの取引は主に( 1 )イエスの説教、日本での生活、死、復活(の福音書や書簡にある程度の) ; ( 2 )の説教と布教活動は、初期の教会(特に行為) ; ( 3 )教育に関する神学的、実践的な問題が発生し、教会(行為は、同書簡) ; ( 4 )の勝利を証明するものでは、神の目的とビジョンの回の最後に(啓示、他のNTの図書) 。 The virgin birth was not part of Jesus' preaching or that of the early church.の処女懐胎はない部分イエスの説教や教会の早期のです。 It was not a controversial matter such as might have been addressed in the epistles (Christology in general was not a particularly controversial matter among the Christians, and even if it had been, the virgin birth most likely was not seen as a means of supporting Christological dogma).していましたが、物議を醸すような問題に対処されるかもしれないの書簡( christology一般的に物議を醸す、特に問題はないのキリスト教徒の間、およびていた場合でも、最も高いの処女懐胎はないと見られて支援する手段christologicalドグマ)です。 The main function of the virgin birth in the NT, to show the fulfillment of prophecy and to describe the events surrounding Jesus' birth, is appropriate only to birth narratives, and only two birth narratives have been preserved in the canon.の主な機能は、処女懐胎は、 NTの予言を表示するに履行するためのイベントを記述すると周囲のイエスキリストの誕生日、誕生物語は、適切なだけに、 2つの出生時にのみ保存されているのはキヤノンの物語です。 We must also assume that the early church maintained a certain reserve about public discussion of these matters out of respect for the privacy of Jesus' family, especially Mary.しなければならないと仮定しても、特定の準備の早期教会の維持については、これらの問題についての世間の議論するのプライバシーを尊重してイエス様のご家族、特に、メアリーです。

Is there anything in the NT that contradicts the virgin birth accounts? There are passages where Jesus is described as the son of Joseph: John 1:45; 6:42; Luke 2:27, 33, 41, 43, 48; Matt. NTのことは何か矛盾は、アカウントの処女懐胎ですか?通路には、イエスキリストが記述されどこの息子のジョセフ:ジョン1:45 ; 6:42 ;ルーク2:27 、 33 、 41 、 43 、 48 ;マットです。 13:55. 13:55です。 Clearly, though, Luke and Matthew had no intention of denying the virgin birth of Christ, unless the birth narratives are later additions to the books, and there is no evidence of that.明らかに、かかわらず、ルカによるマシューする意図はないと否定してキリストの処女懐胎、生まれていない限り、物語は、書籍への追加、および証拠はないのです。 These references clearly refer to Joseph as the legal father of Jesus without reference to the question of biological fatherhood.これらの参考文献を参照してジョセフを明確にイエスキリストの父親としての法的な問題を参照することの生物学的父権です。 The same is true in the Johannine references, with the additional fact that the words in question were spoken by those who were not well acquainted with Jesus and/or his family.同じことが言えるのは、使徒ヨハネの参考文献は、追加の事実は、これらの単語を質問された話さwho知り合いにイエスキリストがよくおよび/または彼の家族です。 ( The text of Matt. 1:16, saying that Joseph begat Jesus, is certainly not original .)マットのテキストです。 1:16 、ジョセフbegetの過去形と言っているイエスキリストは、オリジナルのは、確かにない 。 )

It is interesting that the Markan variant of Matt.これは興味深いことに、 markanその他のマットです。 13:55 (Mark 6:3) eliminates reference to Joseph and speaks of Jesus as "Mary's son," an unusual way of describing parentage in Jewish culture. 13:55 (マーク6時03分)を排除イエスキリストの参照をジョゼフと話すのは"メアリーの息子、 "親子で異例のユダヤ人の文化的な記述します。 Some have thought that this indicates some knowledge of the virgin birth by Mark, or even some public knowledge of an irregularity in Jesus' origin, even though Mark has no birth narrative as such.いくつか考えられるが、これはいくつかの知識を処女懐胎をマーク、あるいは公共の知識を、いくつかの異常にイエスの起源にもかかわらず、このようなマークがないとして誕生物語です。 Cf.継続前誌です。 John 8:41, where Jesus' opponents hint his illegitimacy, a charge which apparently continued to be made into the second century.ジョン8時41分、ここでイエスの反対派のヒント彼の不条理は、電荷を明らかに続き2番目の世紀にすることはします。 Brown remarks that such a charge would not have been fabricated by Christians, nor would it have been fabricated by non-Christians probably, unless Jesus' origin were known to be somehow unusual.茶色のそのような発言はない電荷のキリスト教徒が捏造され、またそれ以外のキリスト教徒が捏造され、おそらくしない限り、イエスの起源に何らかの異常が判明しています。 Thus it is possible that these incidental references to Jesus' birth actually confirm the virgin birth, though this evidence is not of great weight.したがって、これらの付帯することが可能参照してイエスの処女懐胎出生実際に確認して、この偉大な証拠ではないの重量です。

Is Isa. は、 ISAのです。 7:14 a prediction of the virgin birth? Matt. 7:14予測は、処女懐胎ですか?マットです。 1:22 asserts that the virgin birth "fulfills" that passage, but much controversy has surrounded that assertion, turning on the meaning of the Isaiah passage in context, its LXX translation, and Matthew's use of both. 1:22評価される処女懐胎"満たし"を通過、しかし、多くの論争は、周囲を主張、イザヤ書をオンにして通過し、コンテキストの意味を、その70翻訳し、マシューの両方を使用します。 The arguments are too complicated for full treatment here.引数の完全な治療法があまりにも複雑なものになってください。 EJ Young has mounted one of the few recent scholarly defenses of the traditional position. ej未成年にはいくつかの最近の学術マウントのいずれかの防衛策は、伝統的な立場です。 I would only suggest that for Matthew the concept of "fulfillment" sometimes takes on aesthetic dimensions that go beyond the normal relation between "prediction" and "predicted event" (cf. his use of Zech. 9:9 in 21:1-4).私だけの概念を示唆して、マシュー"充足感"を美的には、外形寸法が正常な関係を越えて行くの間に"予測"と"予想イベント" ( cf.彼のツェッヒを使用します。 9時09分に21:1-4 ) 。 For Matthew, the "fulfillment" may draw the attention of people to the prophecy in startling, even bizarre ways which the prophet himself might never have anticipated.のマシューは、 "履行" 5月の人々の注目を引く予言とはびっくりして、奇妙な方法では、預言者自身もないかもしれないが予想される。 It "corresponds" to the prophecy in unpredictable but exciting ways, as a variation in music corresponds to a theme.それ"対応"を予言さしかし、予測不可能なエキサイティングな方法としての変化に対応して音楽をテーマにします。 It may be that some element of this takes place in Matt.いくつかの要素のかもしれないが、このマットが行われます。 1:23, though Young's argument may prevail in the long run. 1:23 、 5月の引数は若いけれども、長期的に勝つ。

Postbiblical Attestation postbiblical認証

Belief in the virgin birth is widely attested in literature from the second century.信念は、処女懐胎は広く文学の証言から2番目の世紀です。 Ignatius defended the doctrine strongly against the docetists, who held that Jesus only "appeared" to have become man.その教義を擁護する姿勢を強く反対するイグナティウスdocetists 、 who開かれたイエスキリストのみが"登場"には男になる。 Some have thought that Ignatius shows acquaintance with a tradition independent of the Gospels affirming the virgin birth.イグナティウスが考えられるいくつかの知人を示して福音書の伝統から独立して肯定の処女懐胎です。 The virgin birth was denied only by Gnostic docetists and by Ebionites, who held Jesus to be a mere human prophet.処女懐胎するだけでアクセスが拒否されましたebionitesグノーシス主義のdocetistsと、 who開かれたイエスキリストには、単なる人間の預言者です。 The silence of some church fathers, like the silence of Scripture, has been cited as evidence of a tradition contrary to this doctrine, but there is no clear evidence of any such things, and the argument from silence can easily be countered as above.いくつかの教会の沈黙の父親、啓典のように沈黙した、との証拠を挙げてきた伝統に反して、この教義が、明確な証拠はない、上記のようなもの、との議論から上記のように沈黙で簡単に対抗します。

Pagan or Jewish Background? Occasionally someone will suggest that the virgin birth narratives are based not on fact but on pagan or Jewish stories of supernatural births. 異教やユダヤ教の背景ですか?時折、誰かが示唆されていない処女懐胎物語は事実しかし、異教やユダヤ人の話に超自然的出生です。 Such a hypothesis is most unlikely.このような仮説が最も低い。 There is no clear parallel to the notion of a virgin birth in pagan literature, only of births resulting from intercourse between a God and a woman (of which there is no suggestion in Matthew and Luke), resulting in a being half-divine, half-human (which is far different from the biblical Christology).がないの概念を明確に平行して、異教の処女懐胎文学、性交のみの出生の結果から、神との間で女性(の余地のない提案はマシューとルーク) 、その結果を神が半分、半分人間(これは聖書からのchristologyは全く異なる) 。 Further, none of the pagan stories locates the event in datable history as the biblical account does.さらに、いずれの場所を突き止め、異教の話として、イベントの年代測定の歴史聖書のアカウントが存在します。 Nor is there any precise parallel in Jewish literature.並列でもなく、その任意の正確なユダヤ人の文学です。 The closest parallels would be the supernatural births of Isaac, Samson, and Samuel in the OT, but these were not virgin births.最も近いのは超自然的出生の類似イスハーク、サムソン、とサミュエルは、 ot 、しかし、これらの出生数はヴァージンです。 Isa. ISAのです。 7:14 was not considered a messianic passage in the Jewish literature of the time. 7:14はない考えられている救世主は、ユダヤ人の文学を通過している。 It is more likely that the event of the virgin birth influenced Matthew's understanding of Isa.これは他の可能性がこのイベントは、処女懐胎の理解マシューISAの影響を受けた。 7:14 than the reverse. 7:14よりは逆のです。

Doctrinal Importance教義上の重要性

The consistency of this doctrine with other Christian truth is important to its usefulness and, indeed, to its credibility.この教義の整合性を、他の重要なキリスト教の真実はその有用性と、実際のところ、その信頼性です。 For Matthew and Luke the chief importance of the event seems to be that it calls to mind (as a "sign," Isa. 7:14) the great OT promises of salvation through supernaturally born deliverers, while going far beyond them, showing that God's final deliverance has come.マシューとルークは、イベントの重要性を長と思われる心の呼び出しをして( "サイン、 " ISAのです。 7:14 )の大ot約束の救世神業のように生まれるdeliverersを通じて、それらをはるかに超えながら行く、表示中に神の最後の救出が来ています。 But one can also go beyond the specific concerns of Matthew and Luke and see that the virgin birth is fully consistent with the whole range of biblical doctrine.しかし、特定の1つを越えて行くこともできます。マシューとルークとの懸念を処女懐胎かどうかは、全体の整合性が完全に聖書の教義の範囲です。 The virgin birth is important because of: (1) The doctrine of Scripture.処女懐胎のための重要なのは: ( 1 )啓典の原則です。 If Scripture errs here, then why should we trust its claims about other supernatural events, such as the resurrection?啓典errsもしここでは、信頼を入力し、なぜ私たちの主張については、他の超自然的イベントなどの復活ですか? (2) The deity of Christ. ( 2 )キリストの神です。 While we cannot say dogmatically that God could enter the world only through a virgin birth, surely the incarnation is a supernatural event if it is anything. dogmaticallyながら言うことはできないが、神が世界を入力して処女懐胎を介してのみ、本当に化身は、超自然的イベントの場合には何か。 To eliminate the supernatural from this event is inevitably to compromise the divine dimension of it.超自然を排除するためにこのイベントは、必然的に妥協するよりは神の次元のことです。 (3) The humanity of Christ. ( 3 )キリストの人間です。 This was the important thing to Ignatius and the second century fathers.これは重要なことをイグナティウスと父親の2番目の世紀です。 Jesus was really born; he really became one of us.イエスキリストは本当に生まれ;彼は本当に私たちが1つです。 (4) The sinlessness of Christ. ( 4 ) sinlessnessキリストです。 If he were born of two human parents, it is very difficult to conceive how he could have been exempted from the guilt of Adam's sin and become a new head to the human race.もし彼が生まれたの2つの人間の親、それは非常に難しいこともできたはずどのように構想から除外され、罪悪感にさいなまれるアダムの罪となる新たな頭を、人間のレースです。 And it would seem only an arbitrary act of God that Jesus could be born without a sinful nature.とそれは神のように見えるだけで、任意の行動をイエスキリストが罪深い性質を持って生まれる。 Yet Jesus' sinlessness as the new head of the human race and as the atoning lamb of God is absolutely vital to our salvation (II Cor. 5:21; I Pet. 2:22-24; Heb. 4:15; 7:26; Rom. 5:18-19).イエスキリストはまだありません' sinlessnessとして新たに、人間の頭のレースとatoning神の子羊としては確実に不可欠であると私たちの救い(二コーです。 5:21 ;私のペットです。 2:22-24 ;なしで。 4:15 ; 7 : 26 ; ROMから起動します。 5章18-19 ) 。 (5) The nature of grace. ( 5 ) 、自然の恵みを受けています。 The birth of Christ, in which the initiative and power are all of God, is an apt picture of God's saving grace in general of which it is a part.イエスキリストの誕生されるのは、神のすべてのイニシアティブと消費電力が、 APTの画像は、神の恵みを保存することが一般的にはどの部分です。 It teaches us that salvation is by God's act, not our human effort.教えられたことを、神の救いを受けることは法律ではなく、私たち人間の努力します。 The birth of Jesus is like our new birth, which is also by the Holy Spirit; it is a new creation (II Cor. 5:17).イエスキリストのようにして生まれたかは、私たちの新しい誕生日、聖霊でもされたことは、新しい創造( 2コーです。 5時17分) 。

Is belief in the virgin birth "necessary"? It is possible to be saved without believing it; saved people aren't perfect people. 信念は、処女懐胎は、 "必要"ですか?を保存することが可能と信じている人々が完璧な人々に保存します。 But to reject the virgin birth is to reject God's Word, and disobedience is always serious.しかし、処女懐胎を拒否するのは、神の御言葉を拒否する、と反抗は常に深刻だ。 Further, disbelief in the virgin birth may lead to compromise in those other areas of doctrine with which it is vitally connected.さらに、不信感は、処女懐胎年5月につながる妥協案ではこれらの教義の他の部分を極めてに接続されています。

JM Frame jmフレーム
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
T. Boslooper, The Virgin Birth; RE Brown, The Birth of the Messiah and The Virginal Conception and Bodily Resurrection of Jesus; FF Bruce, Are the NT Documents Reliable? t. boslooperは、処女懐胎;再ブラウンにして生まれたかの概念と身体の救世主とバージナルイエスキリストの復活; ffブルース、 NTのドキュメントは、信頼性のですか? H. von Campenhausen, The Virgin Birth in the Theology of the Ancient Church; RG Gromacki, The Virgin Birth: Doctrine of Deity; JG Machen, The Virgin Birth of Christ; J. Murray, Collected Writings, II, 134-35; O .笠原フォンcampenhausenは、処女懐胎は、古代教会の神学; gromackiのRGは、処女懐胎:教義の神; jgマッケンは、キリストの処女懐胎; j.マーレー、収集した文章、 2世、百三十四〜三十五;またはです。 Piper, "The Virgin Birth: The Meaning of the Gospel Accounts," Int 18:131ff.; BB Warfield, "The Supernatural Birth of Jesus," in Biblical and Theological Studies; EJ Young, Commentary on Isaiah.パイパーは、 "処女懐胎:アカウントの福音の意味を、 "整数18:131 FFを指定します。 ; bbウォーフィールド、 "イエスキリストの誕生の神秘、 "聖書と神学研究; ej若年、イザヤ書解説しています。


Virgin Birth of Christキリストの処女懐胎

Catholic Information カトリックの情報

The dogma which teaches that the Blessed Mother of Jesus Christ was a virgin before, during, and after the conception and birth of her Divine Son.ドグマを教えるのは、イエスキリストの母親の祝福は、ヴァージン前、中、とした後、彼女の概念と神の息子の誕生です。

I. THE VIRGIN BIRTH IN CATHOLIC THEOLOGY第処女懐胎のカトリック神学

Councils and Creeds審議会や信条

The virginity of our Blessed Lady was defined under anathema in the third canon of the Lateran Council held in the time of Pope Martin I, AD 649.祝福の処女の女性が定義されて破門キヤノンは、第3ラテラン会議で開催された時のローマ教皇マーティン私、広告の掲載649です。 The Nicene-Constantinopolitan Creed, as recited in the Mass, expresses belief in Christ "incarnate by the Holy Ghost of the Virgin Mary"; the Apostles' Creed professes that Jesus Christ "was conceived by the Holy Ghost, born of the Virgin Mary"; the older form of the same creed uses the expression: "born of the Holy Ghost and of the Virgin Mary".ニカイア- constantinopolitan 、信条、読誦としては、質量は、イエスキリストの信仰を表現"の化身された聖霊は、聖母マリア" ;の使徒信条を公言イエスキリスト"が構想された聖霊、聖母マリアが生まれた" ;の古い形式の表現を使用して、同じ信条: "生まれは、聖霊と聖母マリア" 。 These professions show:これらの職業詳細:

That the body of Jesus Christ was not sent down from Heaven, nor taken from earth as was that of Adam, but that its matter was supplied by Mary; that Mary co-operated in the formation of Christ's body as every other mother co-operates in the formation of the body of her child, since otherwise Christ could not be said to be born of Mary just as Eve cannot be said to be born of Adam;ボディは、イエスキリストが天から下されたもの、また地球から取らとしては、アダムが、その物質が供給され、メアリー;が共同で運営さメアリーキリストの体の形成にすべての母親として共同運営体の形成には彼女の子供のため、他のイエスキリストをできませんでしたによると前夜と同じように生まれるのメアリーによるとを持って生まれることはできませんアダム;

that the germ in whose development and growth into the Infant Jesus, Mary co-operated, was fecundated not by any human action, but by the Divine power attributed to the Holy Ghost;胚では、その発展と成長を幼児イエスキリスト、メアリー共同運営、任意のではなく、人間の行動は、受精する、しかし、聖霊の神の力に起因する;

that the supernatural influence of the Holy Ghost extended to the birth of Jesus Christ, not merely preserving Mary's integrity, but also causing Christ's birth or external generation to reflect his eternal birth from the Father in this, that "the Light from Light" proceeded from his mother's womb as a light shed on the world; that the "power of the Most High" passed through the barriers of nature without injuring them; that "the body of the Word" formed by the Holy Ghost penetrated another body after the manner of spirits.超自然的に影響を与えるのは、聖霊の拡張してイエスキリストの降誕を、単にメアリーの整合性を維持、イエスキリストの生誕100周年を引き起こしだけでなく、または外付けの世代を反映する彼の永遠の出生時からの父親では、その"光を光の中で"進めより彼の母親の子宮に光を当てるの世界;は、 "電力で最も高い"自然の障壁を通過することなく負傷者;は"という言葉のボディ"で形成さ聖霊の体に侵入した後、別のやり方でスピリッツです。

Church Fathers教会の父

The perpetual virginity of our Blessed Lady was taught and proposed to our belief not merely by the councils and creeds, but also by the early Fathers.処女の祝福のパーペチュアルレディは、私たちの信念を教えられ、単に提案された協議会や信条だけでなく、初期の父親です。 The words of the prophet Isaias (vii, 14) are understood in this sense by預言者ムハンマドの言葉をisaias ( 7 、 14 )は、この意味を理解

St. Irenaeus (III, 21; see Eusebius, HE, V, viii), Origen (Adv. Cels., I, 35), Tertullian (Adv. Marcion., III, 13; Adv. Judæos, IX), St. Justin (Dial. con. Tryph., 84), St. John Chrysostom (Hom. v in Matth., n. 3; in Isa., VII, n. 5); St. Epiphanius (Hær., xxviii, n. 7), Eusebius (Demonstrat. ev., VIII, i), Rufinus (Lib. fid., 43), St. Basil (in Isa., vii, 14; Hom. in S. Generat. Christi, n. 4, if St. Basil be the author of these two passages), St. Jerome and Theodoretus (in Isa., vii, 14), St. Isidore (Adv. Judæos, I, x, n. 3), St. Ildefonsus (De perpetua virginit. s. Mariæ, iii).聖エイレナイオス( Ⅲ 、 21 ;参照ユーセビアス、彼は、 V電源、 8 ) 、原産地( adv.設定資料集。 、私は、 35 ) 、テルトゥリアヌス( adv. marcion 。 、 3世、 13 ;前売します。 judæos 、 9世) 、聖ジャスティン( dial. conです。 tryph 。 、 84 ) 、聖ヨハネクリュソストモス( hom. vでmatth 。 、名3 ; ISAのです。 、七、名5 ) ;聖聖エピファニオス( hær. 、二十八、名7 ) 、ユーセビアス( demonstrat.のEVです。 、 viii 、私) 、ルフィヌス(水円錐状のピンです。 、 43 ) 、聖バジル( ISAのです。 、 7 、 14 ;ハオマ汁です。 、 s.生成します。クリスティ、名4 、聖バジルの著者の場合はこれらの2つの通路) 、聖ジェロームとtheodoretus ( ISAのです。 、 7 、 14 ) 、聖ISIDOREに( adv. judæos 、私は、 x 、名3 ) 、聖ildefonsus (デペルペツアvirginit米mariæ 、 Ⅲ )です。

St. Jerome devotes his entire treatise against Helvidius to the perpetual virginity of Our Blessed Lady (see especially nos. 4, 13, 18).聖ジェローム歌っhelvidius全体の論文に対する私たちを祝福して永遠の処女の女性(特に私達です。 4 、 13 、 18 ) 。

The contrary doctrine is called:その反対に教義が呼び出される:

"madness and blasphemy" by Gennadius (De dogm. eccl., lxix), "madness" by Origen (in Luc., h, vii), "sacrilege" by St. Ambrose (De instit. virg., V, xxxv), "impiety and smacking of atheism" by Philostorgius (VI, 2), "perfidy" by St. Bede (hom. v, and xxii), "full of blasphemies" by the author of Prædestin. "狂気と神への冒とく" gennadius (デdogmです。 eccl 。 、 69 ) 、 "狂気"原産地(リュック。 、 h 、 7 ) 、 "冒とく"聖アンブローズ(デinstitです。 virg 。 、 V電源、 35 ) 、 "不信心と平手打ちの無神論"をphilostorgius ( 6 、 2 ) 、 "背信"聖ビード( hom. Vとxxii ) 、 "いっぱいのblasphemies "の著者であるprædestinです。 (i, 84), "perfidy of the Jews" by Pope Siricius (ep. ix, 3), "heresy" by St. Augustine (De Hær. h., lvi). (私、 84 ) 、 "背信のユダヤ人"と法王siricius ( ep. 9世、 3 ) 、 "異端"聖アウグスティヌス(デhær 。笠原、 56 ) 。

St. Epiphanius probably excels all others in his invectives against the opponents of Our Lady's virginity (Hær., lxxviii, 1, 11, 23).聖聖エピファニオス、おそらく彼のinvectives優れて反対する他のすべての反対派の女性の処女( hær. 、 78 、 1 、 11 、 23 ) 。

Sacred Scripture神聖な啓典

There can be no doubt as to the Church's teaching and as to the existence of an early Christian tradition maintaining the perpetual virginity of our Blessed Lady and consequently the virgin birth of Jesus Christ.疑問が生じているの余地はないとして、教会の教えが存在するがキリスト教の伝統を維持し早期パーペチュアルレディ処女を祝福し、結果のイエスキリストの処女懐胎です。 The mystery of the virginal conception is furthermore taught by the third Gospel and confirmed by the first.の謎を教えられたの処女受胎は、さらに3番目の福音書と確認され、最初のです。 According to St. Luke (1:34-35), "Mary said to the angel: How shall this be done, because I know not man? And the angel answering, said to her: The Holy Ghost shall come upon thee, and the power of the most High shall overshadow thee. And therefore also the Holy which shall be born of thee shall be called the Son of God."によると、聖ルカ( 1:34-35 ) 、 "メリーによると、天使:方法については、このようなことに完了すると、わたしは知らない人のためですか?と天使の応答は、彼女によると:聖霊の時は来るなた、およびの力を曇らせるなたの最も高いものです。と、神聖なものでなければならず、そのためにも、なた生まれの神の子と呼ばれるしなければならない。 " The intercourse of man is excluded in the conception of Our Blessed Lord.性交の人には含まれないのは、私たちを祝福した概念を得るの主です。 According to St. Matthew, St. Joseph, when perplexed by the pregnancy of Mary, is told by the angel: "Fear not to take unto thee Mary thy wife, for that which is conceived in her, is of the Holy Ghost" (1:20).マタイによると、聖ヨセフ、当惑されたときに妊娠のメアリーは、言われたの天使: "恐れることはない、かれを取るなたなたの妻メアリー、そしてそれは彼女の考えは、聖霊は、 " ( 1:20 ) 。

II. Ⅱ 。 SOURCES OF THIS DOCTRINEソースは、次のドクトリン

Whence did the Evangelists derive their information?彼らはそこから派生する情報の伝道者ですか? As far as we know, only two created beings were witnesses of the annunciation, the angel and the Blessed Virgin.知る限りで私たちは、生き物にのみ作成された2つの目撃者は、受胎告知、聖母マリアの天使とします。 Later on the angel informed St. Joseph concerning the mystery.後にセントジョセフインフォームドコンセントの天使の謎のままです。 We do not know whether Elizabeth, though "filled with the Holy Ghost", learned the full truth supernaturally, but we may suppose that Mary confided the secret both to her friend and her spouse, thus completing the partial revelation received by both.エリザベスかどうかを知ることはありませんが、 "聖霊の満ちている" 、完全な真理を学んだ神業のよう、しかし、私たちの秘密の5月と仮定してメアリー者は彼女の友人に送ると彼女の配偶者の両方に、このように啓示受信さの両方の部分を完了します。

Between these data and the story of the Evangelists there is a gap which cannot be filled from any express clue furnished by either Scripture or tradition.これらのデータとの間の物語は、伝道者には、ギャップを記入することはできませんから提供された任意のエキスプレスの手掛かり啓典や伝統のいずれかです。 If we compare the narrative of the first Evangelist with that of the third, we find that St. Matthew may have drawn his information from the knowledge of St. Joseph independently of any information furnished by Mary.もし私たちの物語を比較して、最初の伝道者にしている第三に、聖マシューことが判明した5月からの情報が彼の知識を描画セントジョセフ独立のあらゆる情報の提供された、メアリーです。 The first Gospel merely states (1:18): "When as his mother Mary was espoused to Joseph, before they came together, she was found with child, of the Holy Ghost."単に国の最初の福音書( 1:18 ) : "ときとして彼の母親メアリーは、ジョセフespousedを前に、彼らが集まり、彼女は子供が見つかりましたが、聖霊のです。 " St. Joseph could supply these facts either from personal knowledge or from the words of the angel: "That which is conceived in her, is of the Holy Ghost."聖ヨセフのいずれかがこれらの事実から個人的な知識を供給するか、の言葉を、天使: "それは彼女の考えは、聖霊のです。 " The narrative of St. Luke, on the other hand, must ultimately be traced back to the testimony of Our Blessed Lady, unless we are prepared to admit unnecessarily another independent revelation.聖ルカの物語を、その一方で、最終的にさかのぼる必要があります弊社の祝福女性の証言をしない限り、不必要に我々は別の独立した啓示を認めざるを用意します。 The evangelist himself points to Mary as the source of his account of the infancy of Jesus, when he says that Mary kept all these words in her heart (2:19, 51).メアリーの伝道者として自分自身を指してのソースを自分のアカウントには、乳児期のイエスキリストは、メアリー保管時に彼によると、これらの単語をすべて彼女の心( 2:19 、 51 ) 。 Zahn [1] does not hesitate to say that Mary is pointed out by these expressions as the bearer of the traditions in Luke 1 and 2.ザーン[ 1 ]言うのをちゅうちょすることはありませんメアリーが指摘され、これらの表現としての伝統に無記名のルーク1と2をします。

A. How did St. Luke derive his account from the Blessed Virgin? a.聖ルカはどのように自分のアカウントからの派生聖母ですか? It has been supposed by some that he received his information from Mary herself.されているいくつかのことを彼から情報を受け取ったメアリーつぶやきました。 In the Middle Ages he is at times called the "chaplain" of Mary [2]; J. Nirsch [3] calls St. Luke the Evangelist of the Mother of God, believing that he wrote the history of the infancy from her mouth and heart.中世の時代に、彼は時と呼ばれる"牧師"のメアリー[ 2 ] ; j. nirsch [ 3 ]呼び出し聖ルカの福音伝道の神の母、と信じて彼の幼年期からの歴史を書いた彼女の口と心臓。 Besides, there is the implied testimony of the Evangelist, who assures us twice that Mary had kept all these words in her heart.また、黙示的な証言をするには、伝道者、 who保証問い合わせ2倍にメアリーはこれらの言葉は彼女の心をすべて保管します。 But this does not necessitate an immediate oral communication of the history of the infancy on the part of Mary; it merely shows that Mary is the ultimate source of the account.しかし、このオーラルの即時必要とされないのは、乳児期の歴史上の部分のメアリー;ことだけによるとメアリーしているアカウントは、究極のソースです。 If St. Luke had received the history of the infancy from the Blessed Virgin by way of oral communication, its presentation in the third Gospel naturally would show the form and style of its Greek author.聖ルカを受け取った場合に、乳児期からの歴史の道の聖母オーラルされ、その3番目の福音書でプレゼンテーションを表示するフォームとスタイルを自然には、ギリシャ語著者です。 In point of fact the history of the infancy as found in the third Gospel (1:5 to 2:52) betrays in its contents, its language, and style a Jewish-Christian source.実際には、ポイントの乳児期の歴史を、 3番目として発見された福音書( 1:5を2:52 )でその内容を裏切っ、その言語、およびスタイルのユダヤ人-キリスト教のソースです。 The whole passage reads like a chapter from the First Book of Machabees; Jewish customs, and laws and peculiarities are introduced without any further explanation; the "Magnificat", the "Benedictus", and the "Nunc dimittis" are filled with national Jewish ideas.全体の通路からの読み取りのように章の最初の本machabees ;ユダヤ人の税関、および法律や特殊性は、より詳細な説明なしに導入し、 " magnificat "は、 "ベネディクトゥス" 、および"やがてdimittis "国家のユダヤ人のアイデアがいっぱいです。 As to the style and language of the history of the infancy, both are so thoroughly Semitic that the passage must be retranslated into Hebrew or Aramaic in order to be properly appreciated.をすると、スタイルや言語としての歴史の初期に、両方のユダヤ人は非常に徹底的に通過しなければならないretranslatedは、ヘブライ語やアラム語を適切にするためには幸いです。 We must conclude, then, that St. Luke's immediate source for the history of the infancy was not an oral, but a written one.を締結しなければならないし、その聖ルカの即時ソースの初期にはないの歴史を口頭ではなく、 1つに書き込まれます。

B. It is hardly probable that Mary herself wrote the history of the infancy as was supposed by A. Plummer [4]; it is more credible that the Evangelist used a memoir written by a Jewish Christian, possibly a convert Jewish priest (cf. Acts 6:7), perhaps even a member or friend of Zachary's family [5]. b.これはほとんどの確率でメアリー自身の歴史を書いたものを、乳児期としては、 a.プラマー[ 4 ] ;ことがエバンジェリスト使用される他の信憑性は、回顧録を書かされたユダヤ人をキリスト教、ユダヤ教の司祭に変換する可能性を( cf.行為6時07分) 、たぶんものご家族の方またはお知り合いのザカリー[ 5 ]です。 But, whatever may be the immediate source of St. Luke's account, the Evangelist knows that he has "diligently attained to all things from the beginning", according to the testimony of those "who from the beginning were eyewitnesses and ministers of the word" (Luke 1:2).しかし、どんなことが当面の源は聖ルカのアカウントのは、伝道者が知っている彼は"すべてのことを熱心に達成し、最初から" 、これらの証言によると、 " whoからの目撃者と閣僚の始まりという言葉が" (ルーク1:2 ) 。

As to the original language of St. Luke's source, we may agree with the judgment of Lagarde [6] that the first two chapters of St. Luke present a Hebrew rather than a Greek or an Aramaic colouring.を、元の言語としての聖ルカのソースは、同意の判断をすることがありますラガルド[ 6 ]は、最初の2つの章聖ルカを提示するのではなく、ヘブライ語、ギリシャ語またはアラム語彩色します。 Writers have not been wanting who have tried to prove that St. Luke's written source for his first two chapters was composed in Hebrew [7].作家欠けwhoがしようとされていないことを証明する聖ルカの書かれたソースを彼の最初の2つの章で構成さは、ヘブライ語[ 7 ] 。 But these proofs are not cogent; St. Luke's Hebraisms may have their origin in an Aramaic source, or even in a Greek original composed in the language of the Septuagint.しかし、これらの証拠はない説得力; hebraisms年5月には聖ルカの起源は、アラム語ソースか、または、ギリシャ語でもオリジナルで構成された言語は、セプトゥアギンタです。 Still, considering the fact that Aramaic was the language commonly spoken in Palestine at that time, we must conclude that Our Blessed Lady's secret was originally written in Aramaic, though it must have been translated into Greek before St. Luke utilized it [8].とはいえ、事実を考慮して共通の言語アラム語は、パレスチナで話されてその時、私たちを祝福しなければならないとの結論を下すの女性の秘密は、もともとアラム語で書かれて、それ必要があります。ギリシャ語に翻訳されて活用する前に聖ルカ[ 8 ] 。 As the Greek of Luke 2:41-52 is more idiomatic than the language of Luke 1:4-2:40, it has been inferred that the Evangelist's written source reached only to 2:40; but as in 2:51, expressions are repeated which occur in 2:19, it may be safely inferred that both passages were taken from the same source.ギリシャ語のルーク2:41-52としては、他の言語よりもルーク慣用1:4-2:40 、推測されては、エバンジェリストの書かれたソースのみに達し2:40 ;しかし、 2:51のように、表現2:19に発生するが繰り返されることがあります両方の通路を安全に推定さ、同じソースから実施します。

The Evangelist recast the source of the history of the infancy before incorporating it into his Gospel; for the use of words and expressions in Luke 1 and 2 agrees with the language in the following chapters [9].改鋳のエバンジェリストのソースを組み込む前の初期の歴史は、それを自分の福音書;単語や表現の利用のために、ルーク1と2の同意とする言語は、次の章[ 9 ] 。 Harnack [10] and Dalman [11] suggest that St. Luke may be the original author of his first two chapters, adopting the language and style of the Septuagint; but Vogel [12] and Zahn [13] maintain that such a literary feat would be impossible for a Greek-speaking writer.ハルナック[ 10 ]とダルマン[ 11 ]示唆して聖ルカ年5月に、元の著者である彼の最初の2つの章では、言語とスタイルを採用して、セプトゥアギンタ;しかし、フォーゲル[ 12 ]とザーン[ 13 ]を維持する、そのような文学的偉業は不可能は、ギリシャ語圏の作家です。 What has been said explains why it is quite impossible to reconstruct St. Luke's original source; the attempt of Resch [14] to reconstruct the original Gospel of the infancy or the source of the first two chapters of the first and third Gospel and the basis of the prologue to the fourth, is a failure, in spite of its ingenuity.なぜそれによると説明されてきたことは非常に不可能にして再建聖ルカのオリジナルのソース;するという試みが、レッシュ[ 14 ]を再構築するか、元の福音書の初期のソースの最初の2つの章の最初のと3番目の福音書との根拠プロローグして、第四に、は、失敗した場合、その創意工夫にもかかわらずです。 Conrady [15] believed that he had found the common source of the canonical history of the infancy in the so-called "Protevangelium Jacobi", which, according to him, was written in Hebrew by an Egyptian Jew about AD 120, and was soon after translated into Greek; it should be kept in mind, however, that the Greek text is not a translation, but the original, and a mere compilation from the canonical Gospels.コンラディ[ 15 ]と信じて彼は共通のソースが見つかりました、正規の歴史の初期には、いわゆる" protevangeliumヤコビ" 、これは、彼によると、ヘブライ語で書かれては、広告の掲載されたエジプトのユダヤ人120 、とはすぐに後にギリシャ語に翻訳され;すべきであることを念頭に置いて、しかし、テキストは、ギリシャ語の翻訳ではない、しかし、元の、および正規の福音書から、単なるコンパイルします。 All we can say therefore, concerning St. Luke's source for his history of the infancy of Jesus is reduced to the scanty information that it must have been a Greek translation of an Aramaic document based, in the last instance, on the testimony of Our Blessed Lady.すべての言うことしたがって、聖ルカのソースに関する彼の歴史の初期にイエスキリストが減少して、わずかな情報をする必要がありますがアラム語、ギリシャ語の翻訳文書をベースに、での最後のインスタンスは、私たちの証言を祝福婦人。

III. Ⅲ 。 THE VIRGIN BIRTH IN MODERN THEOLOGY現代の神学の処女懐胎

Modern theology adhering to the principle of historical development, and denying the possibility of any miraculous intervention in the course of history, cannot consistently admit the historical actuality of the virgin birth.現代の神学の歴史的発展の原則を遵守すること、および奇跡的介入の可能性を否定しては、コースの歴史を、実際の歴史を認めることはできません。一貫の処女懐胎です。 According to modern views, Jesus was really the son of Joseph and Mary and was endowed by an admiring posterity with the halo of Divinity; the story of his virgin birth was in keeping with the myths concerning the extraordinary births of the heroes of other nations [16]; the original text of the Gospels knew nothing of the virgin birth [17].現代の再生回数によると、イエスキリストが実際には息子のジョセフとメアリーと称賛されたが与え後世のハローの神性;の物語は、彼の処女懐胎を維持するの臨時出生に関する神話は、他の国の英雄[ 16 ] ; 、元のテキストは、福音書の処女懐胎を何も知りませんでした[ 17 ]です。 Without insisting on the arbitrariness of the philosophical assumptions implied in the position of modern theology, we shall briefly review its critical attitude towards the text of the Gospels and its attempts to account for the early Christian tradition concerning the virgin birth of Christ.なしを主張して暗黙の前提条件は、哲学の自由裁量でモダンな神学の位置を、わたしたちは簡単に見直し、批判的な態度に向かってのテキストを試み、福音書とその初期キリスト教の伝統を説明するために、キリストの処女懐胎です。

A. Integrity of the Gospel Text a.の整合性をテキストの福音

Wellhausen [18] contended that the original text of the third Gospel began with our present third chapter, the first two chapters being a later addition.ヴェルハウゼン[ 18 ]に対しは、オリジナルのテキストを始めたと私たちの現在の3番目の福音書第3章では、最初の2つの章が、後のに加えています。 But Harnack seems to have foreseen this theory before it was proposed by Wellhausen; for he showed that the two chapters in question belonged to the author of the third Gospel and of the Acts [19].しかし、ハルナックようにこの理論が予見する前には、提案されたヴェルハウゼン;は彼によると、問題の2つの章に属して3番目の福音書の著者であるとの行為[ 19 ]です。 Holtzmann [20] considers Luke 1:34-35 as a later addition; Hillmann [21] believes that the words hos enouizeto of Luke 3:23 ought to be considered in the same light.ホルツマン[ 20 ]ルーク1:34-35として考慮へ加え;ヒルマン[ 21 ]と考えているのルークの言葉enouizeto hos 3:23に考慮されるべきだと同じ光です。 Weinel [22] believes that the removal of the words epei andra ou ginosko from Luke 1:34 leaves the third Gospel without a cogent proof for the virgin birth; Harnack not only agrees with the omissions of Holtzmann and Hillmann, but deletes also the word parthenos from Luke 1:27 [23].ワイネル[ 22 ]と考えているのに削除するにはginosko言葉epei andra王の葉から3番目のルカによる福音書1:34説得力の証拠なしには、処女懐胎;ハルナックに同意するだけでなく、不作為ホルツマンとヒルマン、しかしまた、単語を削除parthenosよりルーク1:27 [ 23 ]です。 Other friends of modern theology are rather sceptical as to the solidity of these text-critical theories; Hilgenfield [24], Clement [25], and Gunkel [26] reject Harnack's arguments without reserve.他の友達の近代的神学はかなり懐疑的にこれらのテキストの堅さをクリティカルな理論; hilgenfield [ 24 ] 、クレメント[ 25 ] 、およびグンケル[ 26 ]拒否ハルナックの引数を準備します。 Bardenhewer [27] weighs them singly and finds them wanting. bardenhewer [ 27 ]の重さに欠けて単独と認める。

In the light of the arguments for the genuineness of the portions of the third Gospel rejected by the above named critics, it is hard to understand how they can be omitted by any unprejudiced student of the sacred text.の引数に照らして、誠実さは、 3番目の福音書の部分を拒否された、上記の名前の批評家は、ハードを理解することができる省略された場合にどのように任意の偏見のない学生は、神聖なテキストです。

They are found in all manuscripts, translations, and early Christian citations, in all printed editions - in brief, in all the documents considered by the critics as reliable witnesses for the genuineness of a text.彼らはすべての原稿が見つかりました、技術情報の翻訳、および初期キリスト教の引用、すべての印刷エディション-を簡潔には、批評家のすべてのドキュメントの考慮された信頼性の証人としての純粋のテキストです。 Furthermore, in the narrative of St. Luke, each verse is like a link in a chain, so that no verse can be removed as an interpolation without destroying the whole.また、聖ルカの物語を、それぞれの詩は、リンク先のページを鎖のように、詩が削除されることのないように全体を破壊することなく補間します。

Moreover, verses 34 and 35 are in the Lucan history what the keystone is in an arch, what a diamond is in its setting; the text of the Gospel without these two verses resembles an unfinished arch, a setting bereft of its precious stones [28].また、 34と35の詩は、 lucanの歴史は、どのようなアーチのキーストーンは、ダイヤモンドは、その設定をどのようにし、福音のテキストをせずに、これら2つの詩に似て未完のアーチは、その設定を失って貴石[ 28 ] 。

Finally, the Lucan account left us by the critics is not in keeping with the rest of the Evangelist's narrative.最後に、左の問い合わせlucanアカウントの批評家ではないが維持されると、残りの伝道者の物語です。 According to the critics, verses 26-33 and 36-38 relate the promise of the birth of the Messias, the son of Joseph and Mary, just as the verses immediately preceding relate the promise of the birth of the precursor, the son of Zachary and Elizabeth.批評家によると、詩関連の約束を26-33と36-38のmessiasにして生まれたか、の息子のジョセフとメアリーは、同じように、詩の約束を直前にして生まれたかに関係の前駆体は、息子のザカリーとエリザベスです。 But there is a great difference: the precursor's story is filled with miracles - as Zachary's sudden dumbness, John's wonderful conception - while the account of Christ's conception offers nothing extraordinary; in the one case the angel is sent to the child's father, Zachary, while in the other the angel appears to Mary; in the one case Elizabeth is said to have conceived "after those days", while there is nothing added about Mary's conception [29].しかしには、大きな違い:前駆体の話はいっぱい奇跡-ザカリーの突然の無言症として、ジョンの素晴らしい概念-が、アカウントのキリストの概念は、何も臨時;は、 1つの場合は、天使が送られますが、子供の父親、ザカリー、天使のように見えるのは、他のメアリー;は、 1つのケースによるとエリザベスは、構想には"これらの日中にした後" 、中にはメアリーの概念については何も追加されました[ 29 ]です。 The complete traditional text of the Gospel explains these differences, but the critically mutilated text leaves them inexplicable.福音の完全な伝統的なテキストをこれらの違いを説明し、それらの葉が、非常に不可解なバラバラのテキストです。

The friends of modern theology at first believed that they possessed a solid foundation for denying the virgin birth in the Codex Syrus Sinaiticus discovered by Mrs. Lewis and Mrs. Gibson in 1892, more accurately investigated in 1893, published in 1894, and supplemented in 1896.最初に、友達の近代神学と信じて彼らを確固とした基盤を保有処女懐胎を否定して発見されたコーデックスsyrus sinaiticusルイスアンドミセスミセスギブソンは1892年、 1893年の調査より正確に出版された1894年、 1896年と補足です。 According to this codex, Matthew 1:16 reads: "Joseph to whom was espoused Mary the Virgin, begot Jesus who is called Christ."このコーデックスによると、マタイ1:16読み取り: "ジョゼフ誰には、聖母マリアespoused 、 who begetの過去過去分詞イエスキリストが呼び出される。 " Still, the Syriac translator cannot have been ignorant of the virgin birth.それでも、シリア語翻訳することはできませんが、井の中の処女懐胎です。 Why did he leave the expression "the virgin" in the immediate context?なぜ彼の表情のまま"ヴァージン"は、当面のコンテキストですか? How did he understand verses 18, 20, and 25, if he did not know anything of the virgin birth?彼の詩はどのように理解し18日、 20日と25日、もし彼には何も知らなかったの処女懐胎ですか? Hence, either the Syriac text has been slightly altered by a transcriber (only one letter had to be changed) or the translator understood the word begot of conventional, not of carnal, fatherhood, a meaning it has in verses 8 and 12.それゆえ、シリア語のテキストのいずれかを若干変更され、写字( 1つだけの手紙を変更しなければなりません)または翻訳begetの過去過去分詞従来の単語を理解し、特定の肉欲、父権は、詩の意味のことが8日と12 。

B. Non-historical Source of the Virgin Birth b.非歴史的なソースは、処女懐胎

The opponents of the historical actuality of the virgin birth grant that either the Evangelists or the interpolators of the Gospels borrowed their material from an early Christian tradition, but they endeavour to show that this tradition has no solid historical foundation.反対派は、歴史的な現実は、処女懐胎のいずれかを付与することは、福音書Interpolatorsを伝道者、またはその素材から借りた初期キリスト教の伝統が、それらの伝統エンデバーに表示することは、この歴史的な基盤がない固体です。 About AD 153 St. Justin (Apol., I, xxi) told his pagan readers that the virgin birth of Jesus Christ ought not to seem incredible to them, since many of the most esteemed pagan writers spoke of a number of sons of Zeus.広告については153セントジャスティン( apol. 、私は、 xxi )氏は異教の読者は、イエスキリストの処女懐胎を信じられないように見えるしないようにするべきして、以来、最も尊敬さ異教の作家の多くは、いくつかのスポークの息子のゼウスです。 About AD 178 the Platonic philosopher Celsus ridiculed the virgin birth of Christ, comparing it with the Greek myths of Danae, Melanippe, and Antiope; Origen (c. Cels. I, xxxvii) answered that Celsus wrote more like a buffoon than a philosopher.約178の広告に笑わプラトニックな哲学者の処女懐胎キリストのケルスス、比較することが、ギリシャ神話のダナエ、メラニッペ、およびアンティオペ;原産地( c.設定資料集。私は、 37 )と答えて書いたセルサス道化よりも他の哲学者のようにします。 But modern theologians again derive the virgin birth of Our Lord from unhistorical sources, though their theories do not agree.しかし、現代の神学者の処女懐胎を再度取得する歴史的でないから、わたしたちの主によると、かれらの理論に同意しない。

The Pagan Origin Theory 、異教の起源説

A first class of writers have recourse to pagan mythology in order to account for the early Christian tradition concerning the virgin birth of Jesus.ファーストクラスの作家が、異教の神話を償還するために初期キリスト教の伝統を説明するために、イエスキリストの処女懐胎です。 Usener [30] argues that the early Gentile Christians must have attributed to Christ what their pagan ancestors had attributed to their pagan heroes; hence the Divine sonship of Christ is a product of the religious thought of Gentile Christians.ウーゼナー[ 30 ]ジェンティーレキリスト教徒と主張し、早期に起因する必要があります。異教のイエスキリストの先祖は何に起因していた異教の英雄;それゆえキリストは神の息子であることは、宗教思想のジェンティーレ製品は、キリスト教徒です。 Hillmann [31] and Holtzmann [32] agree substantially with Usener's theory.ヒルマン[ 31 ]とホルツマン[ 32 ]ウーゼナーの理論を実質的に同意します。 Conrady [33] found in the Virgin Mary a Christian imitation of the Egyptian goddess Isis, the mother of Horus; but Holtzmann [34] declares that he cannot follow this "daring construction without a feeling of fear and dizziness", and Usener [35] is afraid that his friend Conrady moves on a precipitous track.コンラディ[ 33 ]発見された聖母マリアがキリスト教の模造品は、エジプトの女神イシス、ホルスの母;しかし、ホルツマン[ 34 ]を宣言し従うことはできない彼は、この"大胆な工事なしに感情の恐怖と眩暈"とウーゼナー[ 35 ]は、彼の友人に送るコンラディを恐れることは、急峻な動きを追跡します。 Soltau [36] tries to transfer the supernatural origin of Augustus to Jesus, but Lobstein [37] fears that Soltau's attempt may throw discredit on science itself, and Kreyher [38] refutes the theory more at length.ゾルタウ[ 36 ]へ移そうとしてイエスキリストの超自然的起源のAugustusに、しかし、ロブスタイン[ 37 ]懸念を投げ落とすゾルタウの試み年5月に科学自体、およびkreyher [ 38 ] refutesの理論の他の長さです。

In general, the derivation of the virgin birth from pagan mythology through the medium of Gentile Christians implies several inexplicable difficulties:一般的には、処女懐胎からの導出は、異教の神話の中のいくつかの不可解な困難ジェンティーレキリスト教徒意味:

Why should the Christian recently converted from paganism revert to his pagan superstitions in his conception of Christian doctrines?理由は、最近は、キリスト教に変換ペイガニズム戻すには彼の異教の迷信から彼の概念キリスト教の教義ですか?

How could the product of pagan thought find its way among Jewish Christians without leaving as much as a vestige of opposition on the part of the Jewish Christians?本製品の異教の考えはどのような方法を検索中のユダヤ人キリスト教徒としての痕跡を残さずできるだけ多くの反対側でユダヤ人キリスト教徒ですか?

How could this importation into Jewish Christianity be effected at an age early enough to produce the Jewish Christian sources from which either the Evangelists or the interpolators of the Gospels derived their material?このユダヤ教、キリスト教の輸入をどのように影響を生産するのに十分な年齢の早期のソースからのユダヤ人がキリスト教の伝道者のいずれか、または派生Interpolatorsを福音書は、その素材ですか? Why did not the relatives of Christ's parents protest against the novel views concerning Christ's origin?なぜイエスキリストの両親は、親戚の再生回数に関する小説に抗議するイエスキリストの起源ですか?

Besides, the very argument on which rests the importation of the virgin birth from pagan myths into Christianity is fallacious, to say the least.また、休符上で、非常に引数の輸入は、異教の神話をキリスト教の処女懐胎は、人を惑わすから、控えめに言ってもです。 Its major premise assumes that similar phenomena not merely may, but must, spring from similar causes; its minor premise contends that Christ's virgin birth and the mythical divine sonships of the pagan world are similar phenomena, a contention false on the face of it.その大前提を前提として単に同じような現象がありますが、しなければ、春から同様の原因;その小前提の主張とキリストの処女懐胎sonshipsは、異教の神話上の神の世界のような現象は、競合にFALSEをの顔をしてください。

The Jewish Origin Theory (Isaiah 7:14)ユダヤ人の起源説(イザヤ書7:14 )

A second class of writers derive the early Christian tradition of the virgin birth from Jewish Christian influence. 2番目のクラスの派生作家の初期キリスト教の伝統をキリスト教、ユダヤ教の処女懐胎に影響を与えるからです。 Harnack [39] is of the opinion that the virgin birth originated from Isaiah 7:14; Lobstein [40] adds the "poetic traditions surrounding the cradle of Isaac, Samson, and Samuel" as another source of the belief in the virgin birth.ハルナック[ 39 ]が処女懐胎の意見は、イザヤ書7:14に由来;ロブスタイン[ 40 ]を追加します"詩的な伝統の発祥地の周りのアイザック、サムソン、とサミュエル"という信念の別のソースとしては、処女懐胎です。 Modern theology does not grant that Isaiah 7:14, contains a real prophecy fulfilled in the virgin birth of Christ; it must maintain, therefore, that St. Matthew misunderstood the passage when he said: "Now all this was done that it might be fulfilled which the Lord spoke by the prophet, saying; Behold a virgin shall be with child, and bring forth a son," etc. (1:22-23).現代の神学付与することはありませんイザヤ書7:14 、果たされるには、本物の予言は、キリストの処女懐胎;それを維持する必要があります、したがって、そのときの通過に誤解されてマタイと述べた: "今すぐこれはすべてのことかもしれないスポークを果たされるの主は、預言者、と言っ;見よ、バージンしなければならないと子供と、生み出すの息子、 "等( 1:22-23 ) 。 How do Harnack and Lobstein explain such a misunderstanding on the part of the Evangelist?ハルナックとロブスタインはどうすればこのような誤解を説明するためにエバンジェリストですか? There is no indication that the Jewish contemporaries of St. Matthew understood the prophet's words in this sense.兆候がないマタイは、ユダヤ人のコンテンポラリーの預言者の言葉を理解してこの意味です。 Hillmann [41] proves that belief in the virgin birth is not contained in the Old Testament, and therefore cannot have been taken from it.ヒルマン[ 41 ]の証明がなさ処女懐胎ではない信念は、旧約聖書に含まれている、としたがってすることはできませんがとられているからだ。 Dalman [42] maintains that the Jewish people never expected a fatherless birth of the Messias, and that there exists no vestige of such a Jewish interpretation of Isaiah 7:14.ダルマン[ 42 ]を維持ユダヤ人の人々は、決して予想して誕生した母子messiasており、その存在しないようなユダヤ人の痕跡7:14イザヤ書の解釈です。

Those who derive the virgin birth from Isaiah 7:14, must maintain that an accidental misinterpretation of the Prophet by the Evangelist replaced historic truth among the early Christians in spite of the better knowledge and the testimony of the disciples and kindred of Jesus.これらの処女懐胎から派生whoイザヤ書7:14 、維持する必要がありますが、誤って誤解された預言者ムハンマドの伝道者に置き換え、初期のキリスト教徒の間で歴史的な事実にもかかわらず、より良い知識や親族の証言は、イエスキリストの弟子とします。 Zahn [43] calls such a supposition "altogether fantastic"; Usener [44] pronounce the attempt to make Isaiah 7:14 the origin of the virgin birth, instead of its seal, an inversion of the natural order.ザーン[ 43 ]呼び出しこのような仮定"全く素晴らしい" ;ウーゼナー[ 44 ]発音するという試みがイザヤ書7:14を作るの処女懐胎の起源は、そのシールの代わりに、自然界の秩序を反転します。 Though Catholic exegesis endeavours to find in the Old Testament prophetic indications of the virgin birth, still it grants that the Jewish Christians arrived at the full meaning of Isaiah 7:14, only through its accomplishment [45].カトリックの解釈を見つける努力にかかわらず、旧約聖書の予言処女懐胎の兆候があり、まだそれ交付金は、ユダヤ人キリスト教徒の意味を完全に到着したイザヤ書7:14 、その成果を介してのみ[ 45 ]です。

The Syncretic Theory理論の融合

There is a third theory which endeavours to account for the prevalence of the doctrine of the virgin birth among the early Jewish Christians. 3番目の理論にはどのよう努力してアカウントを有病率の処女懐胎の教義は、初期のユダヤ人キリスト教徒の間です。 Gunkel [46] grants that the idea of virgin birth is a pagan idea, wholly foreign to the Jewish conception of God; but he also grants that this idea could not have found its way into early Jewish Christianity through pagan influence.グンケル[ 46 ]助成金は、処女懐胎は、異教のアイデアを考え、完全に外国人のユダヤ人を神の概念;しかし、彼はこのアイデアも助成金を発見できませんでしたが、ユダヤ教、キリスト教を通して異教の道を早期に影響を与える。 Hence he believes that the idea had found its way among the Jews in pre-Christian times, so that the Judaism which flowed directly into early Christianity had undergone a certain amount of syncretism.したがって彼のアイデアと考えていたその方法が見つかりました、ユダヤ人の間で事前にキリスト教回、どのように、ユダヤ教、キリスト教は初期の流れを直接受け、ある程度のシンクレティズムです。 Hilgenfeld [47] tries to derive the Christian teaching of the virgin birth neither from classical paganism nor from pure Judaism, but from the Essene depreciation of marriage.ヒルゲンフェルト[ 47 ]を取得しようとするのは、キリスト教指導者の処女懐胎古典ペイガニズムどちらからも純粋なユダヤ教、しかし、減価償却費の結婚生活のesseneからです。 The theories of both Gunkel and Hilgenfeld are based on airy combinations rather than historical evidence.グンケルとの両方の理論に基づいてヒルゲンフェルトは、歴史的な証拠ではなく、風通しの良い組み合わせです。 Neither writer produces any historical proof for his assertions.どちらの作家の歴史的な証拠を彼のアサーションを生成します。 Gunkel, indeed, incidentally draws attention to Parsee ideas, to the Buddha legend, and to Roman and Greek fables.グンケル、実際のところ、引き分けに注意をちなみにパーシーアイデア、仏陀の伝説を、ローマとギリシャの寓話とします。 But the Romans and Greeks did not exert such a notable influence on pre-Christian Judaism; and that the Buddha legend reached as far as Palestine cannot be seriously maintained by Gunkel [48].ギリシアローマ人への手紙としなかったが、このような顕著な影響力を行使するプレキリスト教ユダヤ教;とは、仏陀の伝説に達した限りパレスチナを真剣に維持されることはできません。グンケル[ 48 ]です。 Even Harnack [49] regards the theory that the idea of virgin birth penetrated among the Jews through Parsee influence, as an unprovable assumption.さらにハルナック[ 49 ]についての理論は、アイデアを処女懐胎パーシーに影響を与えるを通じて、ユダヤ人の間に侵入したとして、確証のない仮定します。

Publication information Written by AJ Maas.出版物の情報執筆者のAJマース。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Immaculate Heart of the Blessed Virgin Mary The Catholic Encyclopedia, Volume XV.専用の中心部にして無原罪聖母マリアのは、カトリックの百科事典、第20巻15 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1912.公認、 1912年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

[1] "Einleitung in das Neue Testament", 2nd ed., II, 406, Leipzig, 1900 [2] cf. [ 1 ] " einleitungでダスノイエ遺言" 、第2版、 2世、 406 、ライプチヒ、 1900 [ 2 ]継続前誌です。 Du Cange, "Gloss. med. et inf. latinitatis", sv "Capellani"; ed.デュカンジュ、 "光沢がある。中です。 et INFを指定します。 latinitatis " 、 sv文書"カペラニ" ;エドです。 L. Favre [3] "Das Grab der heiligen Jungfrau Maria", 51, Mainz, 1896 [4] "A Critical and Exegetical Commentary on the Gospel of St. Luke" in "The International Critical Commentary", Edinburgh, 1896, p. l.ファブレ[ 3 ] " dasグラブder heiligenユングフラウマリア" 、 51 、マインツ、 1896年[ 4 ] "と批判的な解釈の解説を聖ルカによる福音書"で"国際的批判的論評" 、エジンバラ、 1896 、 pです。 7 [5] cf. 7 [ 5 ]継続前誌です。 Blass, "Evangelium secundum Lucam", xxiii, Leipzig, 1897 [6] "Mitteilungen", III, 345, Göttingen, 1889 [7] cf.ブラス、 "福音書にservise lucam " 、 23 、ライプチヒ、 1897 [ 6 ] " mitteilungen " 、 3 、 345 、ゲッティンゲン、 1889 [ 7 ]継続前誌です。 Gunkel, "Zum religions-geschichtl. Verständnis des Neuen Testaments", pp.グンケル、 " zum宗教- geschichtlです。 verständnisデneuen testaments " 、 pp 。 67 sq., Göttingen, 1903 [8] cf. 67平方、ゲッティンゲン、 1903 [ 8 ]継続前誌です。 Bardenhewer, "Maria Verkündigung" in "Biblische Studien", X, v, pp. bardenhewer 、 "マリアverkündigung "と" biblische studien " 、 x 、 V電源、 pp 。 32 sq., Freiburg, 1905 [9] cf. 32平方、フライブルク、 1905 [ 9 ]継続前誌です。 Feine, "Eine vorkanonische Ueberlieferung des Lukas in Evangelium und Apostelgeschichte", Gotha, 1891, p.ファイネ、 " eine vorkanonische ueberlieferungデルーカスの福音書und apostelgeschichte " 、ゴータ、 1891 、 p. 19; Zimmermann, "Theol. Stud. und Krit.", 1903, 250 sqq. 19 ;ツィンマーマン、 " theol 。スタッドです。 und krit 。 " 、 1903 、 250 sqq 。 [10] Sitzungsber. [ 10 ] sitzungsberです。 der Berliner Akad., 1900, pp. derベルリーナーakad 。 、 1900 、 pp 。 547 sqq. 547 sqq 。 [11] "Die Worte Jesu", I, 31 sq., Leipzig, 1898 [12] "Zur Charakteristik des Lukas nach Sprache und Stil", Leipzig, 1897, p. [ 11 ] "死ぬworte主イエス" 、私は、 31平方、ライプチヒ、 1898 [ 12 ] " zur charakteristikデルーカスnach sprache und Stilの" 、ライプチヒ、 1897 、 p. 33 [13] Einleitung, 2nd ed., ii, 406 [14] "Das Kindheitesevangelium nach Lukas und Matthäus" in "Texte und Untersuchungen zur Gesch. der altchristl. Literatur", X, v, 319, Leipzig, 1897 [15] "Die Quelle der kanonischen Kindheitsgeschichte Jesus", Göttingen, 1900 [16] Gunkel, "Zum religionsgesch. Verst. des NT", p, 65, Göttingen, 1903 [17] Usener, "Geburt und Kindheit Christi" in "Zeitschrift für die neutest. Wissenschaft", IV, 1903, 8 [18] "Das Evangelium Lukä", Berlin, 1904 [19] Sitzungsberichte der Kgl. 33 [ 13 ] einleitung 、第2版、 2世、 406 [ 14 ] "ルーカスund das kindheitesevangelium nach matthäus " 、 " texte und untersuchungen zur gesch 。 der altchristlです。 literatur " 、 x 、 V電源、 319 、ライプチヒ、 1897 [ 15 ] "死ぬquelle der kanonischen kindheitsgeschichteイエスキリスト" 、ゲッティンゲン、 1900 [ 16 ]グンケル、 " zum religionsgeschです。 verst 。デNTの" 、人、 65 、ゲッティンゲン、 1903 [ 17 ]ウーゼナー、 " geburt und kindheitクリスティ" 、 " zeitschrift für死ぬneutest 。社会" 、 4 、 1903 、 8 [ 18 ] " das lukä福音書" 、ベルリン、 1904 [ 19 ] sitzungsberichte der kgl 。 preuss.プロイスです。 Akad. akad 。 der Wissenschaften zu Berlin, 1900, 547 [20] "Handkommentar züm Neuen Testament", I, 31 sq., Freiburg, 1889 [21] "Die Kindheitsgeschichte Jesu nach Lukas kritisch untersucht" in "Jahrb. für protest. Theol.", XVII, 225 sqq., 1891 [22] "Die Auslegung des apostolischen Bekenntnisses von F. Kattenbusch und die neut. Forschung" in "Zeitschrift für dnt Wissensch.", II, 37 sqq., 1901; cf. der wissenschaften zuベルリン、 1900 、 547 [ 20 ] " handkommentar züm neuen遺言" 、私は、 31平方、フライブルク、 1889 [ 21 ] "死ぬnachルーカスkritisch untersucht kindheitsgeschichte主イエス"と" jahrb 。 fürに抗議する。 theol 。 " 、 17 、 225 sqq 。 、 1891 [ 22 ] "死ぬauslegungデapostolischen bekenntnissesフォン女性カッテンブッシュund死ぬneut 。研究" 、 " zeitschrift für dnt wissenschです。 " 、 2世、 37 sqq 。 、 1901 ;継続前誌です。 Kattenbusch, "Das apostolische Symbol", II, 621, Leipzig, 1897-1900 [23] Zeitschrift für dnt Wissensch., 53 sqq., 1901 [24] "Die Geburt Jesu aus der Jungfrau in dem Lukasevangelium" in "Zeitschr. für wissenschaftl. Theologie", XLIV, 313 sqq., 1901 [25] Theol.カッテンブッシュ、 " das apostolischeシンボル" 、 2世、 621 、ライプチヒ、 1897-1900 [ 23 ] zeitschrift für dnt wissensch 。 、 53 sqq 。 、 1901 [ 24 ] "死ぬgeburt主イエスのausのder dem lukasevangeliumユングフラウさ"と" zeitschr 。 für wissenschaftlです。 theologie " 、 44 、 313 sqq 。 、 1901 [ 25 ] theol 。 Literaturzeitung, 1902, 299 [26] op. literaturzeitung 、 1902 、 299 [ 26 ]曲 cit., p. 〜 Cit 。 、 p. 68 [27] "Maria Verkündigung", pp. 68 [ 27 ] "マリアverkündigung " 、 pp 。 8-12, Freiburg, 1905 [28] cf. 8-12 、フライブルク、 1905 [ 28 ]継続前誌です。 Feine, "Eine vorkanonische Ueberlieferung", 39, Gotha, 1891 [29] Bardenhewer, op.ファイネ、 " eine vorkanonische ueberlieferung " 、 39 、ゴータ、 1891 [ 29 ] bardenhewer 、営業です。 cit., 13 sqq.; Gunkel, op. 〜 Cit 。 、 13 sqq 。 ;グンケル、営業です。 cit., 68 [30] "Religionsgeschichtl. Untersuchungen", I, 69 sqq., Bonn, 1899; "Geburt und Kindheit Christi" in "Zeitschrift für dnt Wissensch.", IV, 1903, 15 sqq. 〜 Cit 。 、 68 [ 30 ] " religionsgeschichtlです。 untersuchungen " 、私、 69 sqq 。 、ボン、 1899 ; " geburt und kindheitクリスティ" 、 " zeitschrift für dnt wissenschです。 " 、 4 、 1903 、 15 sqq 。 [31] Jahrb. [ 31 ] jahrbです。 f.女性 protest.抗議します。 Theol., XVII, 1891, 231 sqq. theol 。 、 17 、 1891 、 231 sqq 。 [32] "Lehrb. dnt Theol.", I, 413 sqq., Freiburg, 1897 [33] "Die Quelle der kanonisch. Kindheitsgesch. Jesus", Göttingen, 1900, 278 sqq. [ 32 ] " lehrb 。 dnt theol 。 " 、私、 413 sqq 。 、フライブルク、 1897 [ 33 ] "死ぬquelle der kanonischです。 kindheitsgesch 。イエスキリスト" 、ゲッティンゲン、 1900 、 278 sqq 。 [34] Theol. [ 34 ] theol 。 Literaturzeit., 1901, p. literaturzeit 。 、 1901 、 p. 136 [35] Zeitschr. 136 [ 35 ] zeitschrです。 fdnt Wissensch., 1903, p. fdnt wissensch 。 、 1903 、 p. 8 [36] "Die Geburtsgeschichte Jesu Christi", Leipzig, 1902, p. 8 [ 36 ] "死ぬgeburtsgeschichte主イエスキリスト" 、ライプチヒ、 1902 、 p. 24 [37] Theol. 24 [ 37 ] theol 。 Literaturzeitung, 1902, p. literaturzeitung 、 1902 、 p. 523 [38] "Die jungfräuliche Geburt des Herrn", Gutersloh, 1904 [39] "Lehrb. d. Dogmengesch.", 3rd ed., I, 95 sq., Freiburg, 1894 [40] "Die Lehre von der übernatürlichen Geburt Christi", 2nd ed., 28-31, Freiburg, 1896 [41] "Jahrb. f. protest. Theol.", 1891, XVII, 233 sqq., 1891 [42] Die Worte Jesu, I, Leipzig, 1898, 226 [43] "Das Evangelium des Matthäus ausgelegt", 2nd ed., Leipziig, 1905, pp. 523 [ 38 ] "死ぬjungfräuliche geburtデherrn " 、ギュータースロー、 1904 [ 39 ] " lehrbします。 d. dogmengeschです。 " 、第3版、私は、 95平方、フライブルク、 1894 [ 40 ] "死ぬlehreフォンder übernatürlichen geburtクリスティ" 、第2版、 28-31 、フライブルクは、 1896年[ 41 ] " jahrb 。女性に抗議する。 theol 。 " 、 1891 、 17 、 233 sqq 。 、 1891 [ 42 ]死ぬworte主イエスよ、私、ライプチヒ、 1898 、 226 [ 43 ] " das福音書デmatthäus ausgelegt " 、第2版です。 、 leipziig 、 1905 、 pp 。 83 sq. [44] "Religionsgesch. Untersuch.", I, Bonn, 1889, 75 [45] Bardenhewer op. 83平方[ 44 ] " religionsgeschです。 untersuch 。 " 、私は、ボン、 1889 、 75 [ 45 ] bardenhewer曲 cit., 23; cf. 〜 Cit 。 、 23 ;継続前誌です。 Flunk, Zeitschrift f.落第、 zeitschrift女性 kathol. katholです。 Theol.", XXVIII, 1904, 663 [46] op. cit., 65 sqq. [47] "Zeitschr. theol 。 " 、 28 、 1904 、 663 [ 46 ]曲〜 Cit 。 、 65 sqq 。 [ 47 ] " zeitschrです。 f.女性 wissensch. wissenschです。 Theol.", 1900, XLIII, 271; 1901, XLIV, 235 [48] cf. Oldenberg, "Theol. theol 。 " 、 1900 、 43 、 271 ; 1901 、 44 、 235 [ 48 ]継続前誌です。オルデンベルク、 " theol 。 Literaturzeit.", 1905, 65 sq. [49] "Dogmengesch.", 3rd ed., Freiburg, 1894, 96 literaturzeitです。 " 、 1905年、 65平方[ 49 ] " dogmengeschです。 " 、第3版です。 、フライブルク、 1894 、 96

Besides the works cited in the course of this article, we may draw attention to the dogmatic treatises on the supernatural origin of the Humanity of Christ through the Holy Ghost from the Virgin Mary especially: WILHELM AND SCANNELL, Manual of Catholic Theology, II (London and New York, 1898), 105 sqq.; 208 sqq.; HUNTER, Outlines of Dogmatic Theology, II (New York, 1896), 567 sqq.; also to the principal commentaries on Matt., i, ii; Luke, i, ii.コースに列記された作品に加えて、この資料では、注目を集めることがあります、独断的な論文を検索する超人類の起源は、イエスキリストを通して、聖母マリアから聖霊特に:ヴィルヘルムとスキャネル氏は、マニュアルのカトリック神学、 2世(ロンドンとニューヨーク、 1898 ) 、 105 sqq 。 ; 208 sqq 。 ;ハンター、独断的な神学の概要を、 2世(ニューヨーク、 1896 ) 、 567 sqq 。 ;ものことを校長にマットに解説する。 、私は、 2世;ルーク、私、 Ⅱ 。 Among Protestant writings we may mention the tr.プロテスタントの記述のうちtr言及することがあります。 of LOBSTEIN, The Virgin Birth of Christ (London, 1903); BRIGGS, Criticism and the Dogma of the Virgin Birth in North Am.のロブスタインは、キリストの処女懐胎(ロンドン、 1903 ) ;ブリッグズ、教義の批判と、北朝鮮の処女懐胎時です。 Rev. (June, 1906); ALLEN in Interpreter (Febr., 1905), 115 sqq.; (Oct., 1905), 52 sqq.; CARR in Expository Times, XVIII, 522, 1907; USENER, sv Nativity in Encyclo.改訂( 2007年6月、 1906 ) ;アレンの通訳( febr. 、 1905 ) 、 115 sqq 。 ; ( 10月、 1905 ) 、 52 sqq 。 ;カーで解説倍、 18 、 522 、 1907 ;ウーゼナー、キリスト降誕をsv文書encycloです。 Bibl., III, 3852; CHEYNE, Bible Problems (1905), 89 sqq.; CARPENTER, Bible in the Nineteenth Century (1903), 491 sqq.; RANDOLPH, The Virgin Birth of Our Lord (1903). bibl 。 、 3世、 3852 ;チェーンストークス、聖書の問題が発生( 1905 ) 、 89 sqq 。 ;大工、聖書は、 19世紀( 1903 ) 、 491 sqq 。 ;ランドルフは、わたしたちの主の処女懐胎( 1903年) 。


Also, see:また、参照してください:
Mariology マリア
Virgin Mary 聖母マリア
Assumption 仮定
Immaculate Conception 無原罪懐胎の祝日

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです