Zoroastrianism, Zoroaster, Zarathusthra, Zarathustraゾロアスター教、ゾロアスター、 zarathusthra 、かく語りき

General Information 総合情報

During the 7th and 6th centuries BC the ancient polytheistic religion of the Iranians was reformed and given new dimensions by the prophet Zoroaster (or Zarathusthra).紀元前6世紀中には7日、古代の多神教の宗教を改革し、与えられた新たな外形寸法は、イランの預言者ゾロアスター(またはzarathusthra ) 。 Zoroaster's life dates have been traditionally given as (c. 628 - 551 BC), but many scholars argue for earlier dates.ゾロアスターの人生の日付が伝統的に与えられたとして( c. 628 -5 51紀元前) 、しかし、多くの学者以前の日付の論陣を張る。 Linguistic evidence suggests that he was born in northeastern Iran, but the prophet's message was to spread throughout the Persian Empire.言語学的証拠を示唆してイラン北東部で生まれ、しかし、預言者のメッセージが表示さは、ペルシア帝国を全体に広がる。 Adopted as the faith of the Persian kings, Zoroastrianism became the official religion of the Achaemenid empire and flourished under its successors, the Parthian and Sassanian empires. Its theology and cosmology may have influenced the development of Greek, later Jewish, Christian, and Muslim thought. The Muslim conquest of the 7th century AD marked the beginning of a steady decline of Zoroastrianism.採択された王の信仰は、ペルシャ語、ゾロアスター教がアケメネス朝の公式宗教と開花され、その後継者は、パルティアとササン朝Empiresのです。 の神学と宇宙論の発展に影響を受けた年5月にギリシャ語、へユダヤ教、キリスト教とイスラム教徒の思想で 、イスラム教徒の征服7世紀の初めに安定した広告スパムゾロアスター教の衰退です。 Persecution resulted in the migration (about the 10th century) of the majority of Zoroastrians to India, where the Parsis of Bombay are their modern descendants.結果に迫害への移行(については、 10世紀)は、大多数のzoroastriansにインド、ボンベイは、彼らのparsisは、現代の子孫です。

The religion of ancient Iran was derived from that of the ancient Indo Europeans, or Aryans.古代イランの宗教は、古代インドから派生しているヨーロッパか、またはaryansです。 The language of the earliest Zoroastrian writings is close to that of the Indian Vedas, and much of the mythology is recognizably the same.ゾロアスター教の最古の言語を記述しているインドはヴェーダに近い、とすぐ分かるほど多くの神話は同じです。 Two groups of gods were worshiped, the ahuras and the daevas. 2つのグループの神々がworshipedは、 ahurasとdaevasです。 The worship of the ahuras (lords) may have reflected the practice of the pastoral upper classes, and tradition holds that Zoroaster was born into a family that worshiped only the ahuras. The message of the prophet, however, was that Ahura Mazda, the Wise Lord, was the sole creator and lord of the world and that the worship of the daevas was the worship of evil. In Zoroaster's theology the Amesha Spentas, or Bountiful Immortals, were divine beings who acted essentially as agents of the power of Ahura Mazda; they were traditionally seven in number: Bounteous Spirit, Good Mind, Truth, Rightmindedness, Dominion, Health, and Life.崇拝するのahuras (領主)年5月に練習を反映して、牧歌的上流階級、ゾロアスターが生まれたと伝統によるとということを家族にworshiped ahurasのみです。 預言者ムハンマドのメッセージを、しかし、あのアフラマズダにして英明で主よ、主は、唯一の創造と、世界とは、礼拝を崇拝するのは、邪悪なdaevas 。 、ゾロアスターの神学のamesha spentasか、または豊かな仙、 who行動が本質的に神聖な生き物としての力をエージェントアフラマズダ;彼らは伝統的に7つのコード:気前のよい精神、良い心、真理をもって、 rightmindedness 、ドミニオン、保健医療、生命です。 The first of these, Spenta Mainyu, is of special importance in that he is paired with a "twin," Angra Mainyu, or Hostile Spirit.これらの最初の、 spenta mainyuは、特別に重要であるとペアを組んで彼は"ツイン、 "アングラマイニュか、または敵対的精神です。

When given a choice between good and evil, or truth and the lie, Bounteous Spirit chose truth and Hostile Spirit the lie.与えられたときに善と悪の間を選択、または、真実と、うそをつく、気前のよい、真実と敵対的精神の精神を選んだのうそだ。 Creation becomes a battleground, with the demoted ahuras invoked for the doing of good and the daevas enlisted by Angra Mainyu in the doing of evil.戦場の作成が、呼び出されたの降格をahurasことの良いとされアングラマイニュdaevas下士官兵の悪さのことです。 Nevertheless, Ahura Mazda has decreed that truth will triumph, and the old world will be destroyed by fire and a new creation instituted.にもかかわらず、 その真実はアフラマズダの勝利は、定められた、と旧世界は、火災によって破壊されると、新しい創造導入します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In the period following Zoroaster, for which little evidence remains, Zoroastrianism consolidated its position and spread throughout Iran.次のゾロアスターの期間に、ほとんどの証拠を遺跡、ゾロアスター教の連結イランの位置と全体に広がる。 The rise of the southern Persians and Medes seems to have been accompanied by the reinstatement of many of the ahuras, although Ahura Mazda is still recognized as supreme god. Among the most important figures to revive at this time were Mithra (Mithraism), usually associated with the sun, and Anahita, associated with the waters and fertility.の上昇は、南部のペルシャ人やメディアも同行されるように復権の多くは、 ahuras 、もののアフラマズダはまだ最高神として認識されています。の中で最も重要な人物を復活さがこの時点でmithra (ミトラ教) 、 24時間関連付けられた太陽と同調して、およびanahita 、水や不妊治療に関連付けられています。 Ahura Mazda (who becomes Ormazd) becomes identified with Spenta Mainyu, and Angra Mainyu (Ahriman) remains his antagonist.アフラマズダ( whoなるormazd )が識別spenta mainyu 、およびアングラマイニュ( ahriman )は彼の拮抗薬です。 Ahura Mazda has relinquished some of his absolute supremacy and appears to need the assistance of the lesser ahuras, particularly Mithra, who appears as mediator and protector of the created world.アフラマズダは、彼の絶対的ないくつかの放棄を必要との覇権を握ると表示されたらahuras小の助けを借りて、特にmithra 、 who調停者として表示されると、作成するプロテクターの世界です。

This dualist view eventually became the orthodox position.結局、このdualist対象の正統的な立場です。 Its development may have owed much to the Magi, a hereditary priestly caste, although their role is unclear.その開発は非常に額を膨らませるマギ年5月には、遺伝的聖職者のカーストが、その役割は不透明だ。 From them, however, the Greco Roman world learned much of what it knew of the religion.からして、しかし、グレコローマン世界の多くを学んだことがどういうことなの宗教を知っていたのです。 An important reform movement, however, arose within Zoroastrianism - the movement around Zurvan.改革運動の重要な、しかし、ゾロアスター教が生じたに-z urvan周りの動きです。 The Zurvanites posited a supreme god, Zurvan (Infinite Time), who had sacrificed for 1,000 years in order to gain offspring.最高神のzurvanites posited 、 zurvan (無限時間) 、 whoが犠牲に子孫を得るために1000年です。 At the end of that time he experienced momentary doubt, and from that doubt arose Ahriman; at the same time, Ormazd came into being because of the efficacy of the sacrifices.その時の終わりに彼は経験豊富な瞬間疑い、その疑いが生じたとahriman ;それと同時に、 ormazdに入って、その効果のために犠牲を払う。 At the end of 3,000 years Ahriman crossed the void that separated them and attacked Ormazd. 3000年の終わりに区切りahrimanを横断し、無効にし、攻撃ormazdです。 The two made a pact to limit the struggle, and Ahriman fell back into the abyss, where he lay for 3,000 years. 2つの条約を制限するには、闘争し、再び下落ahrimanジアビス、ここで彼は3000年のレイアウトです。

During that period Ormazd created the material and spiritual world; in retaliation, Ahriman called into being six demons and an opposing material world.その期間中に作成して素材とormazd精神世界;に報復、 ahrimanと呼ばれる悪魔との対立を材料に6つの世界です。 In the next 3,000 year period Ahriman attempted to corrupt the creation of Ormazd; he was successful but was trapped in the world of light. The final period of 3,000 years was ushered in by the birth of Zoroaster, who revealed this struggle to man; the prophet is to be followed by three saviors, appearing at intervals of 1,000 years. At the appearance of the last, a day of judgment will occur, the drink of immortality will be offered to those who have fought against Ahriman, and a new creation will be established. 3000年の期間は、次のahrimanしようとしたの創出に壊れてormazd ;彼は成功したが、世界の光が閉じ込められている。 3000年の最後の期間の案内では、ゾロアスターにして生まれたかによって、この闘争を男who明らかにし、預言者は続いて3つの神を、 1000年の間隔で表示されています。は、外観の最後の、一日の判決は、が発生すると、不死の水を飲むで提供されるが戦ったているwho ahriman 、新しい創造とはに設立されました。

The sacred literature of Zoroastrianism is found in the Avesta, which was compiled sometime during the Sassanian period (224 - 640 AD) from much earlier materials. ゾロアスター教の神聖な文学のアベスタ発見されたが、これは、コンパイル済みのいつか期間中にササン朝( 224 -6 40広告)よりかなり早い時期に材料です。 Only a portion of the Avesta remains, but the language of its earliest sections is extremely ancient, closely related to that of the Indian Vedas.の遺跡のアベスタの部分だけが、その最古の言語のセクションは非常に古く、密接に関係してインドのヴェーダしている。 These sections, the Gathas, are thought to be by Zoroaster himself.これらのセクションは、 gathas 、ゾロアスターは、自分自身で考えられている。 They are hymns and form the primary part of the Yasna, the central liturgy of the religion.彼らは賛美歌やフォームの主な部分のyasnaは、中央典礼は、宗教です。 Also contained in the Avesta are the Yashts, hymns to a number of the ahuras, and later in date than the Gathas.アベスタも含まれているのyashts 、賛美歌番号を参照して下さいahuras 、およびそれ以降の日付よりもgathasです。 Finally comes the Videvdat, which is concerned with purity and ritual.最後には、 videvdat 、これは純粋さと関係する儀式です。 A large body of commentary exists in Pahlavi, dating from the 9th century AD, which contains quotations from earlier material no longer extant.大きな体が存在する解説パーレビ国王は、 9世紀から出会い系の広告は、それ以前の資料からの引用句が含まれ、もはや現存します。

The rituals of Zoroastrianism revolve around devotion to the good and the battle against the forces of evil. Fire plays a major role, being seen as the manifestation of the truth of Ahura Mazda, as preached by Zoroaster. ゾロアスター教の儀式をベースにした献身を中心に展開し、善と悪の勢力との戦いにします。火災劇で大きな役割を担う、症状の発現が見られてアフラマズダの真実性を、ゾロアスター説教されています。 Also important is the ritual drink, haoma, which is related to the Vedic soma.飲み物の儀式にも重要なのは、ホーム、これは相馬に関連してヴェーダです。

Tamara M Greenタマラメートル緑色

Bibliography: 書誌事項:
MA Boyce, Zoroastrians: Their Religious Beliefs and Practices (1979); M Dhalla, History of Zoroastrianism (1938) and Zoroastrian Theology from the Earliest Times to the Present Day (1914); J Duchesne - Guillemin, Symbols and Values in Zoroastrianism (1966) and The Western Response to Zoroaster (1958); JH Moulton, Early Zoroastrianism (1913); RC Zaehner, The Dawn and Twilight of Zoroastrianism (1961) and The Teachings of the Magi: A Compendium of Zoroastrian Beliefs (1956).マサチューセッツボイス、 zoroastrians :その宗教的信念と実践( 1979 ) ; dhallaメートル、ゾロアスター教の歴史を( 1938 )とゾロアスター教神学を太古の時代から、現在の日( 1914 ) ;無しデュシェーヌ-ギルマン、シンボルと値を、ゾロアスター教( 1 966 )と欧米の反応をゾロアスター( 1958 ) ;公団Moultonのは、初期のゾロアスター教( 1913 ) ; rc zaehnerは、ゾロアスター教の夜明けと黄昏( 1961 )との教えは、東方の三博士:ゾロアスター教の信仰の大要( 1956 ) 。


Zoroastrianismゾロアスター教

Spitama Zarathustra (c. 660 - 583 BC). spitamaはかく語りき] ( c. 660 -5 83紀元前) 。

Advanced Information 高度情報

The fundamental idea of Zoroastrianism is that since the beginning, there has existed a spirit of good (Ahura Mazda or Ormazd) and a spirit of evil (Ahriman) who are in perpetual conflict, with the soul of man as the great object of the war.ゾロアスター教の基本的な考え方は、開始して以来、精神の良いが存在する(またはormazdアフラマズダ)との精神をもって悪( ahriman ) whoは、絶え間ない紛争で、男としての魂を偉大なオブジェクトオブザウォー〜です。 Ormazd created men free, so that if they allow themselves to fall under the sway of Ahriman they are held to be justly punishable. When a person dies, his good and evil deeds will be weighed against each other, and accordingly as the balance is struck he will be sent to heaven or to hell. If they are exactly equal, the soul passes into an intermediate state and remains there until the day of judgment.男性の無料作成ormazdようにすればできるようにして秋の支配を受けて開かれたahriman彼らは公正に処罰される。 人が死ぬときに、彼の善と悪の行為に対してはお互いに体重とのバランスが打たしたがって彼は天国に送信するかを地獄です。正確に等しい場合には、パスの魂を中間状態となるまでには復活の日に残っています。 Ormazd is to triumph ultimately, and then there will be one undivided kingdom of God in heaven and on earth.最終的に勝利ormazdは、非分と入力し、 1つの王国には、神が天と地球上でです。

The 'bible' of Zoroastrians is the Zend - Avesta. '聖書'はzoroastriansがZend -アベスタです。

It is divided into 5 parts:これは5の部分に分かれて:

Zoroaster taught a higher moral plane, where men attained virtue by good thoughts and conduct rather than by sacrifice.ゾロアスター高い道徳的な面を教え、ここで男性の美徳を達成するというより良い考えや行動を犠牲にされています。 All of a man's good works are actually entered into the book of life as credits, and bad works as debits.のすべての男の良い作品は、実際に入力すると、書籍の生活単位として、口座振替と悪いとして働いています。 If the total score is positive, the soul goes to heaven; if negative, hell.陽性の場合、トータルスコアは、魂が天国;場合に否定的な、地獄です。 If the balance is close, the soul stays in an intermediate state until the final judgment.閉じる場合は、残高が、滞在には魂の中間状態にするまで、最終的な判断です。 Sins could never be washed away, but just balanced out.決して罪が洗い流さではなく、バランスの取れたアウトします。

Zoroastrianism is a religion that developed in Iran from about the sixth century BC, generally ascribed to Zoroaster (Zarathustra), who was born in Iran '258 years before Alexander.'ゾロアスター教の宗教は、イランで開発されたことについては、紀元前6世紀から、一般的に生得的にゾロアスター(かく語りき) 、 who '258年前にイラン生まれのアレクサンダーです。 ' The date of Zoroaster's birth has been given variously as 6000 BC, 1400 BC, and 1000 BC, but Herzfeld accepts the traditional date, approximately, as now confirmed (Herzfeld, (570 - 500 BC); Jackson, 660 - 583 BC).ゾロアスターの生誕100周年のこの評価をされ紀元前6000与えられたさまざまなとしては、紀元前1400 、および1000紀元前、しかし、従来の日付ヘルツフェルト受け入れ、約、今すぐ確認(ヘルツフェルト、 ( 570 -5 00紀元前に) ;ジャクソン、 6 60- 58 3紀元前)。 Accordingly, Zoroaster was contemporary with other great religious personages, including Buddha, Confucius, Lao Tze, and several Hebrew prophets.したがって、現代のゾロアスターは、他の大宗教上の人物、仏陀、孔子、ラオスtze 、およびいくつかのヘブライ語預言者です。 That Zoroaster used Vedic materials found in early Hinduism can hardly be denied; that he was a polytheist like Darius, Xerxes, and others who were probably Zoroastrians (at least, their inscriptions pay homage to Ahura Mazda) seems most likely.ヴェーダの材料に使われるゾロアスターヒンドゥー教の早期発見されることは到底否定;していたように、多神教ダリウス、クセルクセス、およびその他whoは、おそらくzoroastrians (少なくとも、その碑文に敬意を表するアフラマズダ)最も高いようです。

But Zoroaster was protesting against the false and cruel in religion, and followed the principle, "If the gods do aught shameful, they are not gods."しかし、ゾロアスターは、残酷な抗議を虚偽と宗教、およびその後の原則に、 "神々の場合、恥ずべきはどのみち、神々をされていない。 " Accordingly, he exalted Ahura Mazda ("wise Lord," often improperly translated "Lord of light") as supreme among the gods or spirits, and viewed the world as an agelong struggle between Ahura Mazda and Angra Mainy (or Ahramanyus, Ahriman, "Spirit of evil"), both of whom came into existence independently in the distant past.したがって、彼は高貴なアフラマズダ( "賢明な主よ、 "頻繁に不適切な翻訳"主の光" )として最高の神々や精霊の間、および、世界の人気アフラマズダとして長年の間の闘争とアングラmainy (またはahramanyus 、 ahriman 、 "の精神を邪悪な" ) 、独立の両方の人に入っては、遠い過去の存在です。 Zoroastrianism is therefore called a dualism, but it is a limited dualism.ゾロアスター教は二元論と呼ばれるしたがって、それは、限られた二元論です。

Zoroaster calls upon human beings to join in this conflict on the side of Ahura Mazda, the key words of such religion being "good thoughts, good works, good deeds."ゾロアスターの呼び出し時にこの紛争に参加する人間の側のアフラマズダは、このような宗教の言葉をキーに"良い考え、良い作品は、善行。 " The ultimate victory of Ahura Mazda, however, was not to be accomplished by human assistance but by the advent of a messiahlike figure, the Saoshyant.アフラマズダ、究極の勝利、しかし、人間はしないように達成されるアシスタンスの出現しかし、 messiahlike図では、 saoshyantです。 The duration of the struggle was to be six thousand years (three thousand had already passed when Zoroaster was born), following which was to be the resurrection and judgment.期間中の闘争では、 6000年( 3000ゾロアスターが生まれたときにはすでに渡される) 、次のように復活されると判断します。 Many of the details of Zoroastrianism are later developments, some post Christian and even post Mohammedan, and scholars are divided on what elements are to be traced to Zoroaster's own teaching.ゾロアスター教の多くは、詳細への発展が、キリスト教、さらにいくつかの郵便ポストmohammedan 、と学者は、どのような要素が分かれて追跡されるゾロアスター自身の指導をします。

Because of the fact that the revelation of the doctrines of resurrection, angels, Satan, and the Messiah comes late in the OT or even in the intertestamental period in early Judaism, scholars have frequently traced these ideas to Zoroastrian influence exerted upon the Jewish people after the Babylonian exile.という事実のための啓示は、教説の復活、天使、サタン、メシアが遅れるのは、旧約新約間の時代otまたは初めにも、ユダヤ教、これらのアイデアの学者が頻繁にトレースゾロアスター教の影響力を行使した後に、ユダヤ人の人々亡命者のバビロニアです。 Moulton examined these points in detail and concluded that they were "not proven." Moultonのこれらの点を詳細に検討していたとの結論"は立証された。 " The discovery of the Dead Sea Scrolls has reopened the discussion, due to the presence of marked "Zoroastrian" influences in the Qumran literature.今回の発見は、死海文書は、再オープンのディスカッションでは、スパムが存在するために"ゾロアスター"影響を受けた人は、クムラン文学です。 Some of the most striking parallels to Jewish Christian eschatology can be shown to be very late developments in Zoroastrianism.いくつかの最も著しい類似を示すユダヤキリスト教の終末論はゾロアスター教の発展が非常に遅れています。 On the other hand, it would not do violence to a high view of inspiration to admit that God could have used Zoroastrianism as a means of stimulating the Jewish mind to think on these subjects even as he used hellenism to prepare the Jewish mind for the Christian revelation (witness Saul of Tarsus).その一方で、他人に暴力を振るうことはない、高いインスピレーションを認めざるを対象に、神がゾロアスター教の一つの手段として使われユダヤ人の心を刺激し、これらの課題を考えるとしても使用されるヘレニズム彼はユダヤ人の心の準備をするのは、キリスト教啓示(証人ソールのタルスス) 。 The magi ("wise men") of the birth narrative may have been Zoroastrian priests.東方の賢者( "賢い者" )の物語にして生まれたゾロアスター司祭かもしれない。

A branch of Zoroastrians is the Parsees, who are fire worshipers.支店のzoroastriansは、 parsees 、 whoは、火災のしもべです。 Zoroastrians generally worship natural objects, such as the sun and fire, and of great heroes.自然崇拝zoroastrians通常のオブジェクトは、太陽や火災などの、偉大な英雄です。

WS Lasorは、 lasor

Bibliography: 書誌事項:
JH Moulton, HDB; AVW Jackson, Jewish Encyclopedia; E Herzfeld, Zoroaster and His World; RP Masani, The Religion of the Good Life, Zoroastrianism; JJ Modi, The Religious Ceremonies and Customs of the Parsees; M Boyce, "Zoroastrianism," in Historia Religionum.道路公団Moultonの、 hdb ; avwジャクソン、ユダヤ人の百科事典;メールヘルツフェルト、ゾロアスターと彼の世界;フィリピンマサニ、その宗教は、グッドライフ、ゾロアスター教; jj modusの複数形は、宗教的な儀式や習慣をparsees 、男性ボイス、 "ゾロアスター教、 " religionumの歴史です。


Zoroastrianismゾロアスター教

Advanced Information 高度情報

Zoroastrianism is a religion that developed in Iran from about the sixth century BC, generally ascribed to Zoroaster (Zarathustra), who was born in Iran "258 years before Alexander."ゾロアスター教の宗教は、イランで開発されたことについては、紀元前6世紀から、一般的に生得的にゾロアスター(かく語りき) 、 whoイラン生まれの" 258年前にアレクサンダー。 " The date of Zoroaster's birth has been given variously as 6000 BC, 1400 BC, and 1000 BC, but Herzfeld accepts the traditional date, approximately, as now confirmed (Herzfeld, 570-500 BC; Jackson, 660-583 BC).ゾロアスターの生誕100周年のこの評価をされ紀元前6000与えられたさまざまなとしては、紀元前1400 、および1000紀元前、しかし、従来の日付ヘルツフェルト受け入れ、約、今すぐ確認(ヘルツフェルト、五百七十から五百まで紀元前;ジャクソン、 660から583紀元前) 。 Accordingly, Zoroaster was contemporary with other great religious personages, including Buddha, Confucius, Lao Tze, and several Hebrew prophets.したがって、現代のゾロアスターは、他の大宗教上の人物、仏陀、孔子、ラオスtze 、およびいくつかのヘブライ語預言者です。 That Zoroaster used Vedic materials found in early Hinduism can hardly be denied; that he was a polytheist like Darius, Xerxes, and others who were probably Zoroastrians (at least, their inscriptions pay homage to Ahura Mazda) seems most likely.ヴェーダの材料に使われるゾロアスターヒンドゥー教の早期発見されることは到底否定;していたように、多神教ダリウス、クセルクセス、およびその他whoは、おそらくzoroastrians (少なくとも、その碑文に敬意を表するアフラマズダ)最も高いようです。 But Zoroaster was protesting against the false and cruel in religion, and followed the principle, "If the gods do aught shameful, they are not gods."しかし、ゾロアスターは、虚偽と残酷さに抗議する宗教、およびその後の原則に、 "神々の場合、恥ずべきはどのみち、神々をされていない。 " Accordingly, he exalted Ahura Mazda ("wise Lord," often improperly translated "Lord of light") as supreme among the gods or spirits, and viewed the world as an agelong struggle between Ahura Mazda and Angra Mainy (or Ahramanyus, Ahriman, "Spirit of evil"), both of whom came into existence independently in the distant past.したがって、彼高貴アフラマズダ( "賢明な主よ、 "頻繁に不適切な翻訳"主の光" )として最高の神々や精霊の間、および、世界の人気アフラマズダとして長年の間の闘争とアングラmainy (またはahramanyus 、 ahriman 、 "の精神を邪悪な" ) 、独立の両方の存在を誰に入っては、遠い過去です。 Zoroastrianism is therefore called a dualism, but it is a limited dualism.ゾロアスター教は二元論と呼ばれるしたがって、それは限られた二元論です。

Zoroaster calls upon human beings to join in this conflict on the side of Ahura Mazda, the key words of such religion being "good thoughts, good works, good deeds."ゾロアスターの呼び出し時にこの紛争に参加する人間の側のアフラマズダは、このような宗教の言葉をキーに"良い考え、良い作品は、善行。 " The ultimate victory of Ahura Mazda, however, was not to be accomplished by human assistance but by the advent of a messiahlike figure, the Saoshyant.アフラマズダ、究極の勝利、しかし、達成さではないが、人間のアシスタンスの出現は、 messiahlike図では、 saoshyantです。 The duration of the struggle was to be six thousand years (three thousand had already passed when Zoroaster was born), following which was to be the resurrection and judgment.期間中の闘争では、 6000年( 3000ゾロアスターが生まれたときにはすでに渡される) 、次のように復活されると判断します。 Many of the details of Zoroastrianism are later developments, some post-Christian and even post-Mohammedan, and scholars are divided on what elements are to be traced to Zoroaster's own teaching.ゾロアスター教の多くは、詳細への発展は、キリスト教、さらにいくつかのポストポストmohammedan 、と学者は、どのような要素が分かれて追跡されるゾロアスター自身の指導をします。

Because of the fact that the revelation of the doctrines of resurrection, angels, Satan, and the Messiah comes late in the OT or even in the intertestamental period in early Judaism, scholars have frequently traced these ideas to Zoroastrian influence exerted upon the Jewish people after the Babylonian exile.という事実のための啓示は、教説の復活、天使、サタン、メシアが遅れるのは、旧約新約間の時代otまたは初めにも、ユダヤ教、これらのアイデアの学者が頻繁にトレースゾロアスター教の影響力を行使した後に、ユダヤ人の人々亡命者のバビロニアです。 Moulton examined these points in detail and concluded that they were "not proven." Moultonのこれらの点を詳細に検討していたとの結論"は立証された。 " The discovery of the Dead Sea Scrolls has reopened the discussion, due to the presence of marked "Zoroastrian" influences in the Qumran literature.死海文書の発見は、再開の議論は、スパムが存在するために"ゾロアスター"影響を受けた人は、クムラン文学です。 Some of the most striking parallels to Jewish-Christian eschatology can be shown to be very late developments in Zoroastrianism.いくつかの最も著しい類似を示すユダヤ-キリスト教の終末論はゾロアスター教の発展が非常に遅れています。 On the other hand, it would not do violence to a high view of inspiration to admit that God could have used Zoroastrianism as a means of stimulating the Jewish mind to think on these subjects even as he used hellenism to prepare the Jewish mind for the Christian revelation (witness Saul of Tarsus).その一方で、他人に暴力を振るうことはない、高いインスピレーションを認めざるを対象に、神がゾロアスター教の一つの手段として使われユダヤ人の心を刺激し、これらの課題を考えるとしても使用されるヘレニズム彼はユダヤ人の心の準備をするのは、キリスト教啓示(証人ソールのタルスス) 。 The magi ("wise men") of the birth narrative may have been Zoroastrian priests.東方の賢者( "賢い者" )の物語にして生まれたゾロアスター司祭かもしれない。

WS Lasorは、 lasor
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
JH Moulton, HDB; AVW Jackson, Jewish Encyclopedia; E. Herzfeld, Zoroaster and His World, 2 vols.; RP Masani, The Religion of the Good Life, Zoroastrianism; JJ Modi, The Religious Ceremonies and Customs of the Parsees; M. Boyce, "Zoroastrianism," in Historia Religionum, ed.道路公団Moultonの、 hdb ; avwジャクソン、ユダヤ人の百科事典; e.ヘルツフェルト、ゾロアスターと彼の世界、 2 vols学です。 ;フィリピンマサニ、その宗教は、グッドライフ、ゾロアスター教; jj modusの複数形は、宗教的な儀式や習慣をparsees ;男性ボイス、 "ゾロアスター教、 "歴史religionum 、エドです。 CJ Bleeker and G. Widengren. g.ウィーデングレンcj bleekerとします。


The Avestaのアベスタ

Catholic Information カトリックの情報

The sacred books of Parsees, or Zoroastrians, and the main source of our knowledge concerning the religious and spiritual life the ancient Persians.神聖な書籍のparseesか、またはzoroastrians 、当社の主要な供給源との宗教的、精神的な知見を、古代ペルシャ人の生活です。 This collection of writings occupies the same place in the literature of Iran (ancient Persia) that the Vedas do in India.このコレクションの記述占拠して同じ場所にあるの文学のイラン(古代ペルシャ)は、インドのヴェーダ行う。 The designation Zend-Avesta, which is often employed to denote the sacred code, is not strictly correct.ゾロアスター教の経典の種別、これは、しばしば採用さを表すの神聖なコードは、厳密に正しいことではない。 It owes its origin to a mistaken inversion of the Pahlavi designation Avistak u Zand, a term which probably means "Text and Commentary"; for the word Zand (in the Avesta itself, Zainti) signifies "explanation" and even in the Avesta is applied to the exegetical matter in the text.負債が起源と誤解して反転、パーレビ国王種別avistak u Zandには、おそらく項には"テキストと解説" ;という言葉でZandに(アベスタは、自分自身、 zainti )を意味する"説明"とさえ、アベスタが適用さ問題には、テキストを解釈します。 It is similarly used by the Parsee priests to denote the Pahlavi version and commentary, but not the original scriptures.パーシー同様に使用されることが司祭のパーレビ国王のバージョンと解説を示す、オリジナルの経典はできません。 Whether the term Avistak, which is the Pahlavi form of the word Avesta, has the meaning of "text", "law", is not absolutely certain. avistakかどうかという用語は、これは、パーレビ国王の形式の単語アベスタ、の意味には、 "テキスト" 、 "法" 、絶対確実ではない。 Some scholars interpret it as "wisdom", "knowledge".いくつかの学者として解釈すること"の知恵" 、 "知識"です。

Little was known concerning the religion and customs of ancient Persia before the Avesta was brought to Europe in the eighteenth century.リトルは、宗教や習慣に関する既知の古代ペルシャアベスタの前に運ばれたが、 18世紀にヨーロッパです。 From the allusions in Greek and Roman writers, like Herodotus, Plutarch, Pliny, and others, it had long been surmised that such a body of scriptures existed.ギリシャやローマからのallusionsの作家、のようなヘロドトス、プルタルコス、プリニウス、およびその他、それは長い間、このような体の経典推定が存在します。 Scattered allusions in Arabic and Syriac writers strengthened this conviction.アラビア語とシリアに散在のallusionsこの作家の有罪判決を強化します。 But the information to be extracted from these references was vague and meagre.しかし、これらの参考文献から抽出される情報は、漠然としたとmeagreです。 The first scholar to make the language and the contents of the sacred books of the Parsees known to Europe was a young Frenchman, Anquetil du Perron, who in 1754 went to India for this very purpose.学者の最初の言語を作ると、神聖な書籍の内容を知られてparseesヨーロッパは、若いフランス人、アンクティルデュペロン、 whoで1754行ったインド、この非常に目的です。 His enthusiasm and perseverance overcame the many obstacles he encountered on his journey to Hindustan and the difficuities he met during his stay in Surat.彼の熱意と粘り強さを克服する多くの困難に直面するとdifficuitiesヒンダスタン彼の旅をする彼の滞在中に彼に会ったスラトです。 Success at last crowned his efforts, and on his return in 1771 he was able to give to the world the first translation of the Avesta.最終更新栄冠彼の努力は成功し、帰国後、 1771年に彼の世界を与えることができたの最初の翻訳は、アベスタです。 From the moment of its publication a bitter controversy arose concerning the authenticity of the work.からの瞬間にその出版するの真正性に関する激しい論争が起きたの仕事をします。 Some scholars, like Sir William Jones, declared that it was a clumsy forgery of modern Parsee priests, and the question was disputed for half a century until the advance made in the study of Sanskrit and comparative philology decided the matter and vindicated the genuineness of the scriptures and the value of Anquetil's work, although his translation, as a first attempt, was necessarily, imperfect in many respects.学者のいくつかのようなサーウィリアムジョーンズは、下手なことを宣言することは、現代のパーシー司祭偽造し、係争中の問題は、半世紀をするまで、事前に行われた調査のサンスクリット語と比較言語学の純粋vindicatedことを決めたとの問題は、経典とアンクティルの仕事の価値を、彼の翻訳、最初の試みとしては必ずしも、多くの点で不完全です。

CONTENT AND DIVISIONSコンテンツや部門

Originally, the sacred scriptures of the Parsees were of far greater extent than would appear from the Avesta in the form in which we now possess it.もともとは、神聖な経典をparseesれたのが表示されるよりもはるかに大きな範囲でのフォームからのアベスタでは現在保有してください。 Only a relatively small portion of the original has in fact been preserved, and that is collected from several manuscripts, since no single codex contains all the texts now known.比較的小規模な部分だけを、元のが実際に保存されている、といくつかの原稿から収集には、 1つのコーデックスので、今すぐには、すべてのテキスト知られている。 In its present form, therefore, the Avesta is a compilation from various sources, and its different parts date from different periods and vary widely in character.の現在のフォームに、したがって、アベスタは、さまざまなソースからのコンパイル、およびその日のさまざまな部分で大きく異なる期間と異なる文字です。 Tradition tells us that the Zoroastrian scriptures consisted originally of twenty-one nasks (books), but only one of these, the Vendidad, had been completely preserved.ゾロアスター教の経典の伝統を教えてくれる構成は、当初の21 nasks (書籍) 、しかし、これらの1つだけに、 vendidadていた完全に保持されます。 The loss of the sacred books is attributed by the followers of Zoroaster to the invasion of Alexander "the accursed Iskandar", as they call him, who burned the palace library at Persepolis, thus destroying one archetype copy of the text, and threw the other into the river near Samarkand, according to the statement of the Pahlavi records (Dinkard, bk. III, West, "Sacred Books of the East", XXXVII, pp. xxx, xxxi, and Shatroiha-i Airan, 2-5).神聖な書籍の損失は、信者としてカウントされるのゾロアスターを侵攻したアレキサンダー"呪われたイスカンダル" 、と彼らは彼、 whoやけどを負ったペルセポリス宮殿のライブラリで、このように破壊アーキタイプのコピーを1つのテキスト、および投げ、他の川の近くにサマルカンド、パーレビ国王によると、声明は、レコード( dinkard 、 bk 。 3世、西、 "神聖な書籍の東" 、 37 、 pp 。 xxxと31 、およびshatroiha -私airan 、 2-5 ) 。 For wellnigh five hundred years after the Macedonian invasion the Parsee scriptures remained in a scattered condition, much being preserved only by memory, until the great Zoroastrian under the Sassanian dynasty (AD 226-651), when the texts were again collected, codified, translated into Pahlavi, and interpreted. wellnigh 500年を侵攻した後、マケドニア語パーシー経典に散在の状態を維持する、多くのメモリに保存さだけで、大きなゾロアスター教の下にするまで、ササン朝時代(広告二二六から六五一まで) 、テキストが再び収集したときに、体系化、翻訳をパーレビ国王、と解釈します。 A beginning in this direction had already been made under the last of the Parthian kings, but the great final redaction took place in Sassanian times, under Shahpuhar II (309-379).この方向で、初めはすでに行われた最後のパルティアの王の下に、しかし、大きな最後の改訂が開催さササン朝時代、されてshahpuhar 2世(三百九から三百七十九まで) 。 Our present Avesta is essentially the work of this redaction, although important sections of the text have been lost since then, especially after the Arabs conquered Persia.アベスタは本質的に私たちの現在の仕事は、次の改訂は、この重要なセクションのテキストが失われたそれ以来、特にペルシャを征服した後、アラブ人です。 This conquest (637-651) was fatal to the Iranian religion, and caused Zoroastrianism to be supplanted by Mohammedanism and the Avesta by the Koran.この征服(六三七〜六五一)が致命的に、イランの宗教、とされる原因supplantedをゾロアスター教の宗教イスラム教とコーランアベスタされた。 As already mentioned, great portions of the scriptures have since disappeared entirely; out of the original twenty-one nasks, the nineteenth alone (the Verdidad) has survived.前述のように、大部分が以来、聖書は完全に姿を消した;アウトは、元の21 nasks 、 19だけで( verdidad )は生き残った。 Portions of other nasks are preserved, interspersed here and there among the Yasna and Vispered, or have come down to us as flattered fragments in Pahlavi works, or have been rendered into Pahlavi, like the Bundahishn (Book of Creation) and the Shayast-la-Shayast (Treatise on the Lawful and Unlawful). nasksの他の部分は保持さ、こことそこの間の散在yasnaとvisperedか、または先に降りてくるのがうれしく、パーレビ国王の作品の破片か、またはレンダリングにもパーレビ国王のように、 bundahishn (予約の創造)とshayast -ラ- shayast (論文を検索する合法的と非合法的な)です。 In this way we are able to make good some of our losses of the old scriptures enough has been said, however, to explain the lack of coherence noticeable in certain parts of the Avestan code.このように我々はいくつかのことをかけていいの損失を十分にされ、古い経典によると、しかし、一貫性の欠如を説明して特定の部分で顕著なアヴェスタコードです。 The Avesta, as we now have it, is usually divided into five sections, relating to the ritual, hymns of praise, the liturgy, and the law.のアベスタ、現在は、 5つのセクションに分かれては、通常、儀式に関連して、賛美歌の褒め言葉は、典礼、および同法です。 These sections:これらのセクション:

the Yasna, including the Gathas, or hymns;のyasna 、 gathasを含むか、または賛美歌;

Vispered; vispered ;

Yashts; yashts ;

minor texts, such as the Nyaishes (favourite prayers in daily use among the Parsees), andマイナーテキストなどのnyaishes (お気に入りのparsees間の祈りは、日常の使用) 、および

Vendidad. vendidadです。

Besides this there are some independent fragments preserved in Pahlavi books (Hadhokt Nask, etc).これ以外には、いくつかの断片に保存され独立したパーレビ国王書籍( hadhokt nask 、等) 。 The main divisions, when taken together, again fall into two groups, the one liturgical comprising Vendidad, Vispered and Yasna, or the Avesta proper, the other general, called Khorda Avesta (Abridged Avesta) and comprising the minor texts and the Yashts.の主な部門は、ときには同時に行われ、再び2つのグループに陥るの1つで構成さ典礼vendidad 、 visperedとyasnaか、または適切なのアベスタ、他の一般的に、 khordaと呼ばれるアベスタ(要約アベスタ)とで構成さyashtsとのマイナーのテキストです。 A brief characterization of the five divisions will now be given.特性評価の5つの部門を簡単にすることが与えられたのです。

(1) The Yasna (Skt. yajna), "sacrifice", "worship", the chief liturgical portions of the sacred canon. ( 1 ) yasna ( skt. yajna ) 、 "犠牲" 、 "崇拝"は、神聖なキヤノンの部分を首席典礼です。 It consists principally of prayers and hymns used in the ritual, and is divided into seventy-two ha or haiti (chapters), symbolized by the seventy-two strands of the kushti, or sacred girdle with which the young Zoroastrian is invested on his being received into the Church.それは主の祈りと賛美歌儀式で使用される、とに分かれて七〇から二までヘクタールまたはハイチ(章) 、象徴されるストランドは、 kushti 72 、または神聖なガードルでは、若年ゾロアスターは彼に投資し、教会を受信します。 The middle third of the Yasna (Ys., 28-53), however, is not directly connected with the ritual, but contains the Gathas, the holy psalms, songs which preserved the metrical sayings of Zoroaster himself as used in his sermons. 3番目の真ん中のyasna ( ys. 、 28から53まで) 、しかし、直接接続して儀式ではない、しかしには、 gathasは、神聖な詩篇を授けた、曲を保存ことわざのゾロアスター自身の韻律として彼の説教で使用されています。 This is the oldest portion of the Avesta and descends directly from the prophet and his disciples.これは最も古い部分は、預言者から直接アベスタと下ると彼の弟子です。 These canticles are metrical in their structure and are composed in the so-called Gatha-dialect, a more archaic form of language than is used in the rest of the Avesta.これらのソロモンの歌は、その構造と韻律で構成さは、いわゆるgatha -方言は、古風な形で他の言語よりも、アベスタの残りの部分で使用されています。 There are seventeen of the hymns, grouped in five divisions, each group taking its name from the opening words; thus Ahunavaiti, Ushtavaiti, etc. Inserted in the midst of the Gathas is the Yasna Haptanghaiti (the Seven-chapter Yasna) consisting of prayers and hymns in honour of the Supreme Deity, Ahura Mazda, the Angels, Fire, Water, and Earth. 17は、賛美歌には、 5つの部門にグループ化さは、その名前から、各グループの撮影の開会の言葉; ahunavaitiしたがって、 ushtavaitiなどに挿入されてgathasの真っただ中には、 yasna haptanghaiti ( yasna七章)で構成さの祈りと賛美歌に敬意を表し、最高の神、アフラマズダ、天使たちは、火、水、と地球です。 This selection also shows a more archaic type of language, and stands next to the Gathas in point of antiquity.このオプションを選択するには他にも古風なタイプの言語、およびスタンドの横にある古代gathasさをポイントします。 Its structure though handed down in prose, may once have been metrical.その構造は散文で受け継がれ、 5月一度も韻律です。

(2) The Vispered (vispe ratavo, "all the lords") is really a short liturgy, very similar in style and form to the Yasna, which it supplements in a briefer form. ( 2 ) vispered ( vispe ratavo 、 "すべての領主" )は、実際には短い典礼、非常によく似て、スタイルとyasnaフォームを、サプリメントでそれをフォームの概要を説明する。 It owes its name to the fact that it contains invocations to "all the lords".それを払うべきその名前に含まれていることを呼び出し"のすべての領主"です。

(3) The Yashts (yeshti, "worship by praise"), of which there are twenty-one, are hymns in honour of various divinities. ( 3 ) yashts ( yeshti 、 "参拝を称賛する" ) 、そのうち2001年には、様々な神は、賛美歌に敬意を表しています。 These hymns are for the most part metrical in structure, and they show considerable poetic merit in certain instances, which is not common in Avesta.これらの賛美歌を、ほとんどの部分は韻律の構造、および彼ら功績詳細かなりの詩的な特定のインスタンスは、共通のアベスタではない。 They are of especial interest historically on account of the glimpses they afford us of the great mythological and legendary material in the folklore of ancient Iran used so effectively by Firdausi in his great epic of the Persian kings, the "Shah Namah".彼らは歴史的に特別の関心をアカウントは、余裕問い合わせglimpses彼らの偉大な神話と伝説の民俗資料は、古代イランを効果的に使用されるので、彼の偉大さをfirdausi叙事詩は、ペルシャ語の王は、 "シャーnamah "です。 Among the divinities to whom special yashts are devoted we find Ardvi Sura the goddess of waters; Tishtrya, the star Sirius; Mithra, the divinity of light and truth; the Fravashis, or departed souls of the righteous, Verethragna, the genius of Victory and the Kavaya Hvarenah, "kingly glory", the divine light illuminating the ancient kings of Iran.特別な人の間の神々を見つけるardviふくらはぎyashtsは、献身的な私たちの女神の領海;ティシュトリヤ、その星のシリウス; mithraは、神の光と真理;のfravashisか、またはディパーテッドの魂は、正義、ウルスラグナは、天才の勝利とkavaya hvarenahは、 "王の栄光"は、古代の王の神の光照明イランします。

(4) The fourth division (minor texts) comprises brief prayers, like the five Nyaishes (to the Sun, Moon, Mithra, Water, and Fire), the Gahs, Siruzas and Afringans (blessings). ( 4 ) 、第4師団(マイナーなテキスト)は、簡単な祈りのように、 5つのnyaishes (して太陽、月、 mithra 、水、および火災)は、 gahs 、 siruzasとafringans (祝福)です。 These selections form a manual of daily devotion.これらのフォームを手動での生活の献身的な愛情を選択します。

(5) The fifth division, Vendidad (from vi daeva data, "law against the demons"), is the religious law code of Zoroastrianism and comprises twenty-two fargards (chapters). ( 5 )第5課、 vendidad (六daevaのデータから、 "法反対する悪魔" )は、ゾロアスター教の宗教法のコードとは、 22 fargards (章) 。 It begins with an account of Creation in which Ormuzd, the god, is thwarted by Ahriman, the devil; then it describes the occurrence of a destructive winter, a sort of Iranian deluge.それが開始さを持つアカウントormuzd創作のでは、神は、挫折させられたahrimanには、悪魔;入力し、それを破壊の発生を説明して冬には、イランの並べ替え殺到します。 The remainder of the book is largely devoted to elaborate prescriptions with regard to ceremonial purification, especially the cleansing from defilement incurred by contact with the dead, and to a list of special penances imposed as a means of atoning for impurity.その本の残りの部分が大きい処方箋をテーマに手の込んだ儀式の浄化に関しては、特に、クレンジングから接触して死んだdefilementを被った、として特別なpenancesのリストを課せatoningをする手段として、不純物です。 The Vendidad is an ecclesiastical code, not a liturgical manual. vendidadは、教会のコードではなく、典礼マニュアルです。 Its different parts vary widely in character and in age.そのさまざまな部分に広くキャラクターとの年齢によって異なります。 Some parts may be comparatively recent in origins although the greater part is very old.いくつかの部品がありますが、比較的最近の起源は、大部分は非常に古い。

The Avesta does not represent the whole of the sacred scriptures of the Parsees.アベスタされないのは、神聖な経典全体を代表して、 parseesです。 It is supplemented by an extensive Pahlavi literature, consisting in part of translations from the sacred canon and in part of original matter.補足されることは大規模なパーレビ国王文学、技術情報の翻訳部分で構成さキヤノンからの神聖な部分と、オリジナルの問題です。 The most notable Pahlavi works belonging here are the Dinkard (Acts of Religion), dating from the ninth century of the Christian Era; Bundahishn, "Original Creation", finished in the eleventh or twelfth century of the Christian Era, but containing material as old as the Avesta itself, being in part a version of one of the original nasks; the Mainog-i-Khirad (Spirit of Wisdom), a religious conference on questions of faith, and the Arda Viraf Namak, a sort of Zoroastrian "Divina Commedia", which is especially important because of its account of the Persian ideas concerning the future life.パーレビ国王の最も顕著な作品に属するここでは、 dinkard (宗教行為) 、 9世紀からのデートは、キリスト教の時代; bundahishn 、 "オリジナルの創造" 、完成は、 11または12世紀の時代には、キリスト教が、含有物質として旧アベスタ自体としては、部分的に、元のバージョンの1つのnasks ;のmainog -私- khirad (の精神を知恵) 、信仰、宗教上の会見で質問し、アルダvirafナマク湖、並べ替えのゾロアスター" divina commedia " 、これは特に重要なため、そのアカウントは、ペルシャ語、将来の生活に関するアイデアです。 There is also some later Zoroastrian literature in modern Persian, comprising works like the Zartushtnamah (Book of Zoroaster), the Sad-dar (Hundred Doors, or Chapters), the Rivayats (traditional treatises).またいくつかの近代文学へゾロアスター教ペルシャ語、構成の作品のようにzartushtnamah (予約のゾロアスター)は、悲しい- dar ( 100ドアか、または章)は、 rivayats (繁体字の論文) 。

LANGUAGE言語

The language of the Avesta is best designated simply as Avestan, not as Zend, for the reasons given in the beginning of this article.アベスタが最善の言語を指定するだけアヴェスター語ではなく、 zendとして、指定された理由は、次の資料の始まりです。 Nor is Old Bactrian a desirable term, since it is by no means proved that the language of the Avesta was spoken in ancient Bactria.また旧バクトリアが望ましい用語ではありませんので、意味が立証されたアベスタの言語が話され、古代バクトリアです。 The Avestan language is an Indo-Germanic tongue and belongs more specifically to the Iranian group, the other members being the Old Persian of the cuneiform inscriptions, the Pahlavi, and Pazend (or Middle Iranian), and the later dialects, New Persian, Kurdish, Afghan, etc. The Avestan speech is very closely related to Sanskrit; in fact, we are able to transpose any word from one language into the other by the application of special phonetic laws.アヴェスター語の言語は、インドのゲルマン舌と具体的には、イランの他のグループに属し、他のメンバーが、古いペルシャ語は、くさび形文字の碑文は、パーレビ国王、およびpazend (または真ん中イラン) 、および、後の方言があり、新たなペルシャ語、クルド語、アフガンなどの演説は非常に密接に関係してアヴェスター語サンスクリット語;実際には、トランスポーズできるように我々は1つの言語から任意の単語にはもう一つの特別な音声法は、アプリケーションによって使用します。 The script employed in the Avestan texts, as five have them, is not so old as the language itself, but dates from the Sassanian period.アヴェスター語のテキストのスクリプトで採用され、 5つにして、古いとしての言語ではないのでそのものではなく、ササン朝時代の日付からです。 It is read from right to left and can be traced ultimately to a Semitic sources.右から左へ読むことができるトレースおよび最終的にユダヤ人のソースを参照して下さい。 It is not known in what script the original Avesta was recorded.どのようなスクリプトではない知られ、元のアベスタが記録されます。

ZOROASTERゾロアスター

It can no longer be doubted that Zoroaster was a real historical personage.疑問ができなくなることができますゾロアスターは、本当の歴史上の人物です。 The attempts of some scholars to represent him as a mythical being have failed, even though much that is related about his life is legendary, as in the case of Buddha.いくつかの試みを表現するのは彼を神話の学者には失敗したにもかかわらず、多くには彼の人生は、伝説の関連については、仏様のように、例です。 The man Zoroaster in the original texts appears as Zarathushtra, from which Zoroaster, our present form of the prophet's name, is derived through the Greek and Latin.その男ゾロアスターは、元のテキストとして表示さzarathushtra 、ゾロアスターから、私たちの現在の形式の預言者の名前、ギリシャ語、ラテン語が派生する。 The Avesta always writes Zarathushtra; the Pahlavi has Zartusht; the modern Persian, Zardusht.いつもの書き込みのアベスタzarathushtra ;のパーレビ国王がzartusht ;の近代ペルシャ語、 zardushtです。 What the meaning of the name is, cannot be stated positively.どのような意味の名前は、積極的に記載することはできません。 All that we know is that the name is a compound, and that the second element, ushtra, means "camel", the first part has been variously rendered as "old", "lively", "golden", "ploughing", etc. There has been much discussion as to the date when the prophet lived.すべてのことを知るのは、名前は化合物、および2番目の要素は、 ushtra 、手段"ラクダ" 、さまざまなレンダリングの最初の部分としては"古い" 、 "活気" 、 "ゴールデン" 、 "除雪" 、等です。にされ多くの議論をされた日付を預言者として生きています。 The traditional date in the Pahlavi books places his era between the earlier half of the seventh and the sixth century BC, or, more specially, 660-583 BC; but many scholars assign him to a century, or even several centuries, earlier.伝統的な日付は、パーレビ国王の書籍の場所の間に平均自責の半分を、以前の7番目と、紀元前6世紀か、または、他の特別、六六〇 〜五八三紀元前;しかし、彼に多くの学者一世紀に割り当てるか、または何世紀も、以前のです。 There is much uncertainty regarding his birthplace and the details of his life.彼の発祥の地には多くの不確実性についての詳細は彼の人生とします。 He was undoubtly born in Western Iran.彼は生まれ、イラン西部undoubtlyです。 From Western Iran, more specifically Azerbaijan (the ancient Atropatene) he seems to have gone Ragha (Rai) in Media, and even his mission did not meet with success in that region he turned to the East, to Bactria.イラン西部から、より具体的アゼルバイジャン(古代のアトロパテネ王国)を彼は何ragha ( rai ) 、メディア、および会っても彼のミッションの成功しなかった彼がその地域の東、バクトリアです。 There a certain king named named Vishtaspa became converted to his creed, the generous patronage of this powerful defender of the faith the new religion soon gained a firm footing.名前のある特定の王の名前に変換さvishtaspaなった彼の信条は、この強力な擁護者のひいきの新興宗教の信仰をしっかりと足場をすぐに得ています。 Presumably the faith was carried from Bactria to Media, whence it spread into Persia and was accepted in all probability by the great Achaemenian kings.おそらく、信仰が運ばバクトリアをメディアから、そこに広がることは受け入れペルシャとされるすべての確率大アケメネス王朝の王です。 In the case of Cyrus there is some doubt whether he was adherent of Zoroastrian law, but Darius was a pronounced Mazda-worshipper and presumably, therefore, a true Zoroastrian, as we know that the last kings of the Achaemenian dynasty were genuine followers of the religion.キュロスの例をいくつかの疑問には彼が付着したかどうかのゾロアスター法では、しかし、ダライアスは、発音マツダ- worshipper 、おそらく、このため、真のゾロアスター教、知っている私たちの最後の王として、アケメネス王朝時代のが、真の信者宗教です。 If tradition can be believed, Zoroaster began his ministry at the age of thirty, made a convert, when he was forty-two, of King Vishtaspa, and was slain at the age of seventy-seven, when the Turanians stormed Balkh.伝統的に信じられている場合は、彼のゾロアスター省が始まった30歳の時に、変換は、 42時彼は、王vishtaspa 、殺害されたとは、 77歳の時に、突入時にturaniansバルフです。 This account of the prophet's death is given, at least, by Firdausi.このアカウントは、預言者の死が与えられ、少なくとも、 firdausiです。

Under the kings of the Achaemenian line the religion founded by Zoroaster became one of the great religions of the ancient East.アケメネス王朝の王の下に設立されたラインの宗教ゾロアスターが1つの偉大な宗教は、古代の東です。 But it shared the fate of the Persian monarchy, it was shattered, though not overthrown, by the conquest of Alexander and fell consequently into neglect under the Seleucid and Parthian dynasties.しかし、ペルシャの君主国の運命を共有して、それは砕け散ったではありませんが転覆、征服された結果を無視するアレキサンダーと落ちたとパルティア王朝の下にセレウコス王朝のです。 With the accession of the Sassanian dynasty it met with a great revival.ササン朝時代の加盟は、大きなことに会って復活します。 The kings ot the house of Sassan were zealous believers and did everything in their power to spread the faith as a national creed, so that its prosperity rose again to the zenith. ot sassanの家の王が熱心な信者たちとは彼らの力のすべての国家としての信仰を広める信条、このような繁栄を再び上昇して天頂です。 Sectarian movements, to be sure, were not lacking.宗派間の動きは、確かに、不足はない。 The heresy of Mazdak for a moment imperilled the union of the Zoroastrian Church and State, and Manichaeism, that menace of early Christian orthodoxy, also threatened the ascendancy of the Iranian national faith, which was really its parent.一瞬mazdakの異端のimperilledのゾロアスター教の教会と国家連合、およびマニ教、キリスト教の正統性を脅威の早期、強大になるのも脅かされ、イランの国民の信仰、これは本当にその親です。 These dangers, however, were only temporary and of minor importance as compared with the Arab conquest, which followed in the seventh century (651) and dealt the fatal blow from which Zoroastrianism never recovered.これらの危険性は、しかし、細部の重要性は一時的とアラブの征服と比べると、これは、その後7世紀( 651 )と扱わ決してゾロアスター教の致命的な打撃から回復しています。 The victorious followers of Mohammed carried on their proselytizing campaign with relentless vigour.モハメッドの勝利の信者の執拗なキャンペーンを実行して活力に転向。 The few Zoroastrians who stood firmly by their faith were oppressed and persecuted.しっかりと立っていたのいくつかのzoroastrians who自分たちの信仰が抑圧されたと迫害されています。 Some remained, and were scattered throughout their native land; but the majority took refuge in India, where their descendants, the Parsees, are found even at the present day.いくつかは依然、および、それらのネイティブな土地が散らばって;しかし、避難所の大半はインドでは、ここでその子孫は、 parsees 、でさえも、現在の日が見つかりました。 About 10,000 are here and there throughout Persia, chiefly at Yazd and Kirman, but the bulk of the Zoroastrians, upwards of 90,000 souls, constitute a prosperous community in India, chiefly at Bombay.こことそこの全体について10000アールペルシャ、主にkirmanヤズドと、しかし、大部分のzoroastrians 、 90000以上の魂は、豊かな社会を構成するインドでは、主にはボンベイです。

Publication information Written by Arthur FJ Remy.出版物の情報執筆者アーサーフィジーレミです。 Transcribed by Joseph P. Thomas.ジョセフPトーマス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.のは、カトリックの百科事典、第Ⅱ巻です。 Published 1907. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


The Theological Aspects of the Avestaの神学的側面のアベスタ

Catholic Information カトリックの情報

I. GOD i.神

The name of the Supreme God of the Avestic system is Ahura Mazda (in the Achaemenid royal inscriptions, Auramazda), which probably signifies the All-Wise Lord.神の名前を、最高のシステムはアフラマズダavestic (ロイヤルは、アケメネス朝の碑文、 auramazda )が、おそらく意味のすべて-賢明なの主です。 This divine name was later modified into the Pahlavi form Auharmazd, the modern Persian Ormuzd (Greek Oromazes).この神の名前が変更さパーレビ国王フォームへauharmazdは、近代ペルシア語ormuzd (ギリシャ語oromazes ) 。 Hence the name of Mazdeism commonly applied to Avestic religion.それゆえの名前をよくmazdeism宗教avesticに適用されます。

Ahura Mazda is a pure spirit; His chief attributes are eternity, wisdom, truth, goodness, majesty, power.アフラマズダは、純粋な精神;彼の最高の属性は永遠、知恵、真理、善、陛下、パワーです。 He is the Creator (datar) of the all good creatures - not, however, of Evil, or evil beings.彼は、創作者( datar )は、すべての良い生き物-は、しかし、悪のか、または邪悪な生き物です。 He is the supreme Lawgiver, the Rewarder of moral good, and the Punisher of moral evil.彼は最高立法者は、道徳的rewarder良い、とパニッシャーの道徳的な悪です。 He dwells in Eternal Light; in the later literature light is spoken of as the clothing of Ahura Mazda or even His "body", ie a kind of manifestation of His presence, like the Old Testament Shekinah.彼の棲むところに永遠の光;は、文学への光が話されアフラマズダの衣料品のかさえも"身体" 、すなわち、一種の症状の彼の存在は、旧約聖書のようにshekinahです。 In this same patristic (Pahlavi) literature we find frequent enumerations of the attributes of Ahura Mazda; thus these are said to be "omniscience, omnipotence, all-sovereignty, all-goodness".この同じpatristic (パーレビ国王)文学私たちは、列挙型の属性を頻繁に検索アフラマズダ;したがってこれらは、といわれている"全知、全能、すべての主権は、すべての善良さ"です。 Again He is styled "Supreme Sovereign, Wise Creator, Supporter, Protector, Giver of good things, Virtuous in act, Merciful, Pure Lawgiver, Lord of the good Creations".再び彼はスタイルの"最高主権、賢明な創作者、サポーター、プロテクター、良いものを与えるのは、高潔で行動、慈悲深く、純粋な立法者は、主に良い作品"です。

II. Ⅱ 。 DUALISM二元論

It has been remarked above that Ahura Mazda is the Creator of all good creatures.上記のことはされてアフラマズダは、創作者のすべての良い生き物です。 This at once indicates the specific and characteristic feature of the Avestic theology generally known as "dualism".この特性を一度に示すと、特定の機能を一般的に知られてavestic神学"二元論"です。 The great problem of the origin of evil which has ever been the main stumbling-block of religious systems, was solved in the Zoroastrian Reform by the trenchant, if illogical, device of two separate creators and creations: one good, the other evil.偉大な問題を悪の起源の主な障害が上演されたブロックの宗教的なシステムでは、ゾロアスター教の改革は解決されるの痛烈な、不合理な場合、デバイスの2つの別々のクリエイターと作品: 1つの良い、他の悪です。 Opposed to Ahura Mazda, or Ormuzd, is His rival, Anro Mainyus (later, Aharman, Ahriman), the Evil Spirit.アフラマズダに反対してか、またはormuzdは、彼のライバル、 anro mainyus (後に、 aharman 、 ahriman )は、悪霊です。 He is conceived as existing quite independently of Ahura Mazda, apparently from eternity, but destined to destruction at the end of time.彼は非常に独立し、既存の構想としてアフラマズダ、どうやらより永遠、しかし、破壊する運命にある時間の終わりにします。 Evil by nature and in every detail the exact opposite of Ahura Mazda, he is the creator of all evil, both moral and physical.すべての悪さに自然と正反対のアフラマズダの詳細を、彼は、創作者のすべての悪、両方の道徳的かつ肉体的です。 Zoroaster in the Gathas says (Ys., xlv, 2, Jackon's translation):ゾロアスターは、 gathasは言う( ys. 、 45 、 2 、 jackonの翻訳) :

Now shall I preach of the World's two primal Spirits,今すぐわたしの世界の2つの説教プライマルスピリッツ、

The Holier one of which did thus address the Evil:したがって、聖人の1つに対処するようになりました悪:

Neither do our minds, our teachings, nor our concepts,どちらも私たちの心は、私たちの教え、また私たちの概念は、

Nor our beliefs, nor words, nor do our deeds in sooth,また私たちの信念は、言葉も、また私たちの行為を行う真実、

Nor yet our consciences, nor souls agree in aught.また私たちの良心はまだありません、また何かに誰かが同意する。

It is here to be remarked that the specific name of Ahura Mazda in opposition to the Evil Spirit is Spento Mainyus, the Holy Spirit, and Ahura Mazda and Spento Mainyus are used as synonyms throughout the Avesta.それがここにされる関係者は、特定の名前をアフラマズダに反対して、邪悪な精神はspento mainyus 、聖霊、およびmainyus spentoアフラマズダとしてアベスタ類義語として使われる。 The obviously illogical doctrine of two separate and supreme creators eventually led to certain philosophical attempts to reduce the double system to uniformity.明らかに不合理な教義の2つの別々の最高のクリエイター、結局のLEDを特定の哲学的試みを減らすために、システムをダブル均一です。 One of these consisted in throwing back the Divine unity to an anterior stage in which Zrvana Akarana, "illimitable time", becomes the single, indifferent, primordial source from which both spirits proceed.隔世遺伝のいずれかの構成では神の結束をzrvana akarana前の段階では、 "際限のない時間"が、シングルルーム、無関心、原初のソースから両方の霊を続行します。 Another solution was sought in attributing two spirits (faculties or functions) to Ahura Mazda himself, his Spento Mainyus and his Anro Mainyus, or his creative and destructive spirit -- an idea probably borrowed from lndian philosophy.もう一つの解決策が求められて関連付け2つのスピリッツ(学部や機能)をアフラマズダ自身、彼と彼のmainyus spento anro mainyusか、または自分の創造と破壊の精神-l ndian哲学からのアイデア、おそらく借りた。 This seems the favourite doctrine of the modern Parsees of Bombay, as may be seen in Mr. Navroji Maneckji Kanga's article in the "Babylonian and Oriental Record" for May, 1900 (VIII, 224-28), and it is claimed to be strictly founded on teaching of the Gathas; but although such a development of thought a real monotheism with the Zoroastrian dualism, these theories cannot really be called Avestic at all, except in so far as Zrvana Akarana is an Avestic term.このように、お気に入りの教義の現代parseesボンベイ、ミスターに見られることがありますnavroji maneckjiカンガルーの記事は、 "バビロニアと東洋のレコード"を5月、 1900 (八、二百二十四〜二十八) 、と主張されることが厳密に授業に設立さをgathas ;しかし、このような発展の思想を本当の一神教のゾロアスター教二元論は、これらの理論と呼ばれることはできません。 avestic本当に大変なことにすべての場合を除き、これまでのところavestic用語としては、 zrvana akaranaです。 They are "patristic" or "scholastic".彼らは" patristic "または"修学"です。 The result of the dualistic conception of the universe is that of a continuous warfare that has been going on even from the beginning between two hostile worlds or camps.その結果、二元的な概念は、宇宙戦連続で続けられてきたよりも世界の始まりやキャンプの間に2つの敵対的です。 All creatures belong to one or another of the camps, not only sentient and intelligent beings, like the spirit and man, but also the animal and the vegetable worlds.すべての生き物に属して、 1つまたは、別のキャンプでは、と感じることができるだけでなく、インテリジェントな生き物のように、人間の精神と、動物や野菜だけでなく、世界です。 All dangerous, noxious, poisonous animals and plants are evil by their very creation and nature.すべての危険、有害、有毒な動物や植物の悪さに非常に創造と自然とします。 [We see here the primal germ of Manichæism. [私たち細菌の詳細については、こちらのプライマルmanichæismです。 Mani was a heretic of the Mazdean faith (AD 258).マニは、異端の信仰のmazdean (広告258 ) 。 This "heresy" is often reprobated in the Pahlavi religious books, together with Judaism and Christianity.] Hence - in sharp contrast to the Hindi ahimsa, a characteristic tenet of Buddhism, which prohibits the killing of any creature, even the smallest and the most noxious insect - to kill as many as possible of the Khrafstras, or noxious creatures of the Evil Spirit (such as wolves, serpents, snakes, locusts, intestinal worms, ants), is one of the most meritorious of religious actions.この"異端"は、しばしばreprobatedパーレビ国王は、宗教的な書籍、ユダヤ教とキリスト教と一緒にします。 ]それゆえ-不殺生は際立って対照的に、ヒンディー語、仏教の教義の特徴は、すべての生き物を殺すことを禁止しても、最小と、最も有害な昆虫-を殺すできるだけ多くのk hrafstrasか、または有害な生き物は、邪悪な霊(例えば、オオカミ、ヘビ、ヘビ、バッタ、腸内のウイルス、ワーム、アリ)は、 1つの宗教的な行動で最も称賛に値する。 This great warfare, both spiritual and material, will go on to the end of time.この偉大な戦争では、両方の精神的かつ物質的、ウィルゴーオン時間の終わりにしています。 It is to end in a final triumph of the Good and the annihilation (apparently) of Evil, including Anro Mainyus himself.これは最後の勝利を最後に良いと消滅(どうやら)悪のは、自分自身を含むanro mainyusです。 Such at least is the teaching in the later "patristic" literature.このような教育では、少なくとも、後の" patristic "文学です。

III. Ⅲ 。 ANGELOLOGY天使

Dualism in its widest sense seems to be an inherent and ineradicable tendency of the Iranian mind.二元論は、広い意味で根深いと思われる傾向に内在すると、イランの心です。 Almost everything is conceived in pairs or doubles.ほとんどすべてのペアまたはダブルスでは考えています。 Hence the constant reference to the "Two Worlds", the spiritual and the material.それゆえ、定数の参照を、 " 2つの世界"の場合、精神的な面と素材です。 The doctrine of the Spirit World, whether belonging to the good or the evil creation, is highly developed in the Avesta and subsequent literature.世界の原則の精神に、良いかどうかに所属するか、邪悪な創造性が高いとその後の文学アベスタに開発されたのです。 Around Ahura Mazda is a whole hierarchy of spirits, corresponding very closely with our "angels".周りは、全体の階層をアフラマズダスピリッツ、非常に密接に対応する私たちの"天使たち"です。 There is, however, this to be noted, that in the Zoroastrian system many of these creature-spirits are demonstrably old Aryan nature deities who have been skilfully transformed into angels, and so fitted into a monotheistic framework, frequently enough, in hymns and other passages, by the simple interpolation of the epithet Mazdadata (created by Mazda), before their names.には、しかし、このことも注意すべき、それは、ゾロアスター教のシステムの多くは、これらの生き物-古アーリア人の霊がはっきりと自然の神々が巧みに変換さwho天使と一神教のフレームワークを組み込めるので、頻繁に十分には、賛美歌やその他の通路は、単純な補間されるの小名mazdadata (作者:マツダ) 、前に自分の名前です。 Of the good spirits who surround Ahura, the most important are the Amesha Spentas ("Holy Immortals" or "Immortal Saints") generally reckoned as six (though Ahura Mazda himself is frequently included among them, and they are then called seven). whoサラウンドahura 、上機嫌で、最も重要なのamesha spentas ( "聖仙"または"不滅の聖人" )として、通常無視6 (アフラマズダ自身が頻繁に含まれるものはこのうち、と入力していると呼ばれる7 ) 。 These are the characteristic genii of the Gathas and their very names show that they are merely personified attributes of the Creator Himself.これらの特性とそのgathas genieの複数形は、非常に名前を表示して権化のような人は単に自分の属性を創造します。 They are: Vohu Manah (Good Mind), Asha Vahishta (Best Holiness), Khshathra Vairya (Desirable Sovereignty), Spenta Armaiti (Holy Piety, a female spirit), Haurvatat (Health), and Ameretat (Immortality).彼らは: vohu manah (良い心) 、アシャーvahishta (最高ホーリネス) 、 khshathra vairya (望ましい主権) 、 spenta armaiti (神聖な信心深さは、女性の精神) 、 haurvatat (健康) 、およびameretat (不滅) 。 In the Younger Avesta and later traditional literature these evident personifications, whose very names are but abstract nouns, become more and more concrete personages or genii, with varying functions, most of all Vohu Manah (Vohuman) rises to a position of unique importance.若いアベスタおよびそれ以降は、これらの明らかな伝統的な文学personifications 、その非常に名、会社名はしかし、抽象名詞、ますます多くの具体的な人物になるかgenieの複数形で、さまざまな機能を、ほとんどのすべてのvohu manah ( vohuman )する立場にあるユニークな重要性が上昇しています。 Dr. LH Gray, however, argues, in a very striking article, that even these are evolutions of original naturalistic deities [Archiv für religions wissenschaft (Leipzig, 1904), VII, 345-372].博士lh灰色の、しかし、主張は、非常に印象的記事は、それさえこれらはオリジナルの自然な進化の神々 [過去für宗教社会(ライプチヒ、 1904 ) 、七、三百四十五から三百七十二まで] 。 In later patristic literature Vohu Manah is conceived as the "Son of the Creator" and identified with the Alexandrine Logos.それ以降のpatristic文学vohu manah構想としては、 "風の息子の創造"とアレキサンダー格のロゴを発見します。 (See Casartelli, Philosophy of the Mazdayasnian Religion, 42-90.) Asha, also (the equivalent of the Sanskrit Rta=Dharma), is the Divine Law, Right, Sanctity (cf. Ps. cxviii), and occupies a most conspicuous position throughout the Avesta. ( casartelli 、哲学、宗教mazdayasnian 、四二から九〇までです。 )アシャー、また(サンスクリット語に相当する、尿細管性アシドーシス=ダーマ)は、神の法、右、神聖( cf. psのです。 cxviii ) 、および占め、最も顕著なアベスタ位置しています。

But besides the Amesha Spentas, there are a few other archangels whose rank is scarcely less, if it does not sometimes exceed theirs.しかし、 ameshaに加えて、 spentas 、アークエンジェルは、いくつかの他のほとんどのランクはあまり、ときには表示されない場合はかれらを超えています。 Such is Sraosha ("Obedience" - ie to the divine Law).このようにsraosha ( "服従" -すなわち、神の法)です。 With him are associated, in a trio, Rashnu (Right, Justice) and Mithra.彼は、関連付けられたは、トリオ、 rashnu (右、正義)とmithraです。 This last is perhaps the most characteristic, as he is the most enigmatical, figure of the Iranian angelology.この最後のは、おそらく最も特徴的、と彼は最もenigmatical 、図は、イランの天使です。 Undoubtedly in origin (like the Vedic Mitra) a Sun-deity of the primitive Aryan nature-worship, he has been taken over into the Avesta system as the Spirit of Light and Truth - the favourite and typical virtue of the Iranian race, as testified even by the Greek historians.確かに起源(のようにヴェーダのミトラ) 、太陽神アーリア人の原始の自然崇拝、彼はアベスタをとられている以上のシステムとしての精神に光と真理-のお気に入りの美徳と、イランの典型的なレースとして証言でさえ、ギリシャの歴史家です。 So important is his position that he is constantly linked with Ahura Mazda himself, apparently almost as an equal, in a manner recalling some of the divine couples of the Vedas.非常に重要なものが彼の立場をアフラマズダ彼は常に自分自身に結びついて、明らかにほぼ等しいとして、回収する方法は、いくつかのヴェーダ神のカップルです。 It is well known how in later times the Mithra cult became a regular religion and spread from Persia all over the Roman Empire, even into Britain.それ以降のことはよく知ら方法については、通常の倍のカルト宗教とmithraから広がるのすべてのペルシャローマ帝国、英国もしています。 [See, especially, Cumont's great work, Monuments relatifs au culte de Mithra" (Paris, 1893).] Nor must mention be omitted of Atars, the Genius of Fire, on account of the particular importance and sanctity attached to fire as a symbol of the divinity and its conspicuous use in the cult (which has given rise to the entirely erroneous conception of Zoroastrianism as "Fire-worship", and of the Parsees as "Fire-worshippers"). Water, Sun, Moon, Stars, the sacred Haoma plant (Skt. Soma), and other natural elements all have their special spirits. But particular mention must be made of the enigmatical Farvashis, the origin and nature of whom is still uncertain. Some writers [especially Soderblom, "Les Fravashis" (Paris, 1899); "La vie future" (Paris, 1901)] have seen in them the spirits of the departed, like the dii manes, or the Hindu pitris. But, as a matter of fact, their primal conception seems to approach nearest to the pre-existent Ideai of Plato. Every living creature has its own Fravashi, existing before its creation; nay in some places inanimate beings, and, stranger still, Ahura Mazda Himself, have their Fravashis. They play an important role in both the psychology and the ritual cult of Mazdeism. [参照し、特に、キュモンさんの素晴らしい仕事、モニュメントrelatifs au culteデmithra " (パリ、 1893 ) 。 ]が省略された場合の言及も必要があります。 atarsは、天才の火災で、 [アカウントは、特定の重要性と尊厳を象徴するとして添付され火災顕著なの神性とその教団使用される(これは、与えられたに上昇するとして、ゾロアスター教の概念を完全に誤った"火を崇拝する"とparseesとして、 "火災の崇拝者"という。 )水、太陽、月、星は、神聖なハオマ汁工場( skt.相馬) 、およびその他のすべての要素を自然には特別なスピリッツです。しかし、特定の言及enigmatical farvashisしなければならないのは、人と自然との起源はまだ不透明だ。いくつかの作家[特にセダーブルム、 "レfravashis " (パリ、 1899 ) ; "ラ対抗未来" (パリ、 1901 ) ]が見られることの魂はディパーテッドのように、 diiマーネスか、または、ヒンドゥー教のpitrisです。しかし、実際問題として、彼らのようにプライマル概念最寄りのアプローチは、事前に存在しないideaiプラトンのです。すべての生き物には独自のフラワシは、既存の前にその創作;いや生気のない生き物いくつかの場所、および、見知らぬ人とはいえ、自分自身アフラマズダ、 fravashisには。彼らが重要な役割を果たす心理学との両方の教団の儀式mazdeismです。

Face to face with the hierarchy of celestial spirits is a diabolical one, that of the daevas (demons, Pahlavi and Mod. Persian div or dev) and druj's of the Evil Spirit.顔と顔をスピリッツは、極悪非道な天体の階層を1つ、それは、 daevas (悪魔、パーレビ国王とmod 。ペルシャ語divまたはdevより)とdrujのは、邪悪な霊です。 They fill exactly the places of the devils in Christian and Jewish theology.彼らの場所を正確に記入は、悪魔がキリスト教とユダヤ教の神学です。 Chief of them is Aka Manah (Pahlavi Akoman, "Evil Mind"), the direct opponent of Vohu Manah. manah長には大長今(パーレビ国王akoman 、 "邪悪な心" ) 、 vohu manahの直接の対戦相手のです。 Perhaps the most frequently mentioned of all is Aeshma, the Demon of Wrath or Violence, whose name has come down to us in the Asmodeus (Aeshmo daeva) of the Book of Tobias (iii, 8).おそらく最も頻繁に記載のすべてのはaeshmaは、悪魔の怒りや暴力、その名前が先に降りてくるは、 asmodeus ( aeshmo daeva )は、予約のトビアス( Ⅲ 、 8 ) 。 The Pairikas are female spirits of seductive but malignant nature, who are familiar to us finder the form of the Peris of later Persian poetry and Iegend.スピリッツのは魅力的な女性のpairikasしかし、悪性の自然、 whoは、ファインダーのフォームより身近に問い合わせperis以降のペルシャ語の詩とiegendです。

IV. Ⅳ 。 MAN

In the midst of the secular warfare that has gone on from the beginning between the two hosts of Good and Evil stands Man.戦争の真っただ中には、世俗を行って、最初から2つのホストの間の男の善と悪のスタンドです。 Man is the creature of the Good Spirit, but endowed with a free will and power of choice, able to place himself on the side of Ahura Mazda or on that of Anro Mainyus.男はその生き物の精神の良い、しかし、自由意志に恵まれていると電源の選択、配置できるようにアフラマズダの側面に自殺をする、またはanro mainyusのです。 The former has given him, through His prophet Zarathushtra (Zoroaster) His Divine revelation and law is (daena).元が与えられた、彼の預言者を通じてzarathushtra (ゾロアスター)彼の神の啓示と法は( daena ) 。 According as man obeys or disobeys this Divine law his future lot will be decided; by it he will be judged at his death.男性によると、この神の法に従うか、彼の将来に応じないたくさんされることを決めた;されて彼は彼の死を判断します。 The whole ethical system is built upon this great principle, as in the Christian theology.全体の倫理的なシステムが構築され、この大原則は、キリスト教神学のようにします。 Moral good, righteousness, sanctity (asha) is according to the Divine will and decrees; Man by his free will conforms to, or transgresses, these.道徳的な良い、正義、尊厳(アーシャ)は、政令によると、神の意志と、男は自分の自由意志に適合してか、またはtransgresses 、これらのです。 The Evil Spirit and his innumerable hosts tempt Man to deny or transgress the Divine law, as he tempted Zoroaster himself, promising him as reward the sovereignty of the whole world.この邪悪な男の精神と彼の無数の誘惑を拒否するホストまたは越えて、神の法では、彼の誘惑ゾロアスター自身としては、有望な彼の報酬として、全世界の主権のです。 - "No!" -"いいえ! " replied the Prophet, "I will not renounce it, even if body and soul and life should be severed!"預言者ムハンマドは言った、 "わたしはそれを放棄しない場合でも、生命体と心を切断すべきである! " (Vendidad, xix, 25, 26). ( vendidad 、 19 、 25 、 26 ) 。 It is well to emphasize this basis of Avestic moral theology, because it at once marks off the Avesta system from the fatalistic systems of India with their karma and innate pessimism.この根拠を強調することはよくavestic道徳的な神学のため、システムを一度にマークするアベスタシステムのインドからの宿命論にカルマと生来の悲観論です。 [See Casartelli, "Idée du péché chez les Indo-Eraniens" (Fribourg, 1898.)]. [参照casartelli 、 " id馥デュpéché chezレインドeraniens " (フリブール、 1898 。 ) ] 。 A characteristic note of Iranian religious philosophy is its essential optimism; if there is human sin, there is also repentance and expiation.特徴の注意事項をイランの宗教的な哲学は、その本質的な楽観主義;場合には人間の罪では、悔い改めと罪の償いもします。 In the later Pahlavi religious literature there is a proper confession of sin (patet) and a developed casuistry.パーレビ国王は、宗教的な文学への適切な告白には、罪( patet )と詭弁を開発します。 Asceticism, however, finds no place therein.禁欲主義、しかし、そこに見つかったの場所です。

Divine worship, with elaborate ritual, is an essential duty of man towards his Creator.礼拝には、手の込んだ儀式は、男性向けに不可欠な義務である彼の創作者です。 There is indeed no animal sacrifice; the leading rites are the offering of the quasi-divine haoma (the fermented juice of the a sacred plant, a species of Asclepias), the exact counterpart of the Vedic soma-sacrifice; the care of the Sacred Fire, the chanting of the ritual hymns and prayers, and passages of the Sacred Books (Avesta).実際にはない動物を犠牲にし、メインの儀式は、神の提供を準ホーム(神聖な植物を発酵果汁を、ある種のトウワタ) 、ヴェーダの正確な対向の相馬-犠牲;の注意をもって、神聖な火災は、賛美歌や祈りの儀式を詠唱し、通路は、神聖な書籍(アベスタ) 。

The moral teaching is closely akin to our own.道徳的な指導をするが酷似して独自のです。 Stress is constantly laid on the necessity of goodness in thought, word, and deed (humata, hakhta, hvarshta) as opposed to evil thought, word, and deed (dushmata, duzhukhta, duzhvarshta).ストレスが絶えずに敷かの善良さの必要性を考えると、 Word 、および証書( humata 、 hakhta 、 hvarshta )として邪悪な考えに反対して、ワード、および証書( dushmata 、 duzhukhta 、 duzhvarshta ) 。 Note the emphatic recognition of sin in thought.に注意して罪の認識を強調考えています。 Virtues and vices are enumerated and estimated much as in Christian ethics.美徳と悪徳が列挙さキリスト教の倫理と推定くらいのようにします。 Special value is attributed to the virtues of religion, truthfulness, purity and generosity to the poor.特別な値は、宗教の美徳に起因する、誠実、純粋さと寛大さを非常に悪いです。 Heresy, untruthfulness, perjury, sexual sins, violence, tyranny are specially reprobated.異端、不正直、偽証罪、性的罪、暴力、専制政治は特別なreprobatedです。 Zoroaster's reform being social as well as religious agriculture and farming are raised to the rank of religious duties and regarded as spiritually meritorious.ゾロアスターの改革が社会だけでなく宗教的な農業と農村のランクが提起して精神的に宗教的な任務と称賛に値すると見なされています。 The same will account for the exaggerated importance, almost sanctity, attached to the dog.同じの重要性が誇張されたアカウントを、ほとんど神聖、その犬に接続されています。 On the other hand, the one repulsive feature of Avestic morality is the glorification, as a religious meritorious act, of the Khvaetva-datha, which is nothing else than intermarriage between the nearest of kin, even brothers and sisters.その一方で、反発の特徴の1つは、賛美avestic道徳、宗教的な称賛に値する行為として、 khvaetva - dathaが、これ以外は何もない最寄りの親族の間の結婚も、兄弟姉妹です。 In later times this practice was entirely repudiated by the modern Parsees.それ以降の回このような行為は、完全に否定された近代的parseesです。

V. ESCHATOLOGY v.終末論

After death the disembodied soul hovers around the corpse for three days.肉体を離れた霊魂hovers死亡した後、約3日間の死体です。 Then it sets off across the Cinvat bridge to meet its judgment and final doom in the world beyond the grave.オフの間に設定して橋を満たすcinvatファイナルドゥームその判断力と、世界の墓を超えています。 The three judges of souls are Mithra, Sraosha, and Rashnu. mithraの3つの裁判官の魂は、 sraosha 、およびrashnuです。 The soul of the just passes safely over the bridge into a happy eternity, into heaven (Auhu vahishta, Garo nmana), the abode of Ahura and His blessed angels.の魂を安全に通過されたばかりの橋を幸せ永遠に天国( auhu vahishta 、ガロnmana )は、天使たちの住まいのahuraと彼を祝福します。 The wicked soul falls from the fatal bridge and is precipitated into hell (Duzh auhu).滝からの邪悪な魂が沈殿し、その致命的な橋と地獄( duzh auhu ) 。 Of this abode of misery a lively description occurs in the later Pahlavi "Vision of Arda Viraf", whose visit to the Inferno, with the realistic description of its torments, vividly recalls that of Dante.は、次の住まいの悲惨さを生き生きとした描写が発生し、後のパーレビ国王"のビジョンアルダviraf "で、その訪問してインフェルノ、そのtorments 、現実の説明を、ありありとダンテが想起されるのです。 The state called Hamestakan, or Middle State, does not appear in Avesta itself, but is a development of the later patristic theology. hamestakanの状態と呼ばれるか、または中間の状態が表示されないアベスタそのものではなく、後のpatristicの開発は、神学です。 It is not, however, conceived, exactly as our Purgatory, but rather as an indifferent state for those whose good and evil deeds are found at death to be in perfect equilibrium.ではない、しかし、考えは、私たちとまったく同じ煉獄ではなく、むしろ状態に無関心な人を対象に善と悪は死が発見される行為に完璧に均衡します。 They are therfore neither in suffering nor in happiness.したがって、彼らはどちらも苦しみも、幸せです。 At the end of time, the approach of which is described in the Pahlavi literature in terms strikingly like those of our Apocalypse, will come to the last Prophet, Saosyant (Saviour) under whom all occur the Ressurection of the Dead (Frashokereti), the General Judgment the apokatastasis or renewal of the whole world by the great conflagration of the earth and consequent flood of burning matter.時間の終わりに、このアプローチに記載されてパーレビ国王が際立って文学をご利用の黙示録のように来ての最後の預言者、 saosyant (救世主)されて発生するすべての人の復活オブザデッド( frashokereti )は、総合判断のアポカタスタシスまたは更新された、全世界の大火災の燃焼し、地球と必従洪水の問題です。 According to the Pahlavi sources, this terrible flood will purify all creatures; even the wicked will be cleansed and added to the "new heavens and the new earth".によると、パーレビ国王によると、このひどい洪水は、すべての生き物の浄化;さえ、邪悪な浄化されると追加される"新しい天と新しい地球"です。 Meanwhile a mighty combat takes place between Saoshyant and his followers and the demon hosts of the Evil Spirit, who are utterly routed and destroyed forever.一方偉大な戦闘が行わsaoshyantとその部下との間に悪魔のホストとする邪悪な精神、 whoは完全に破壊さルーティングと永遠にします。 (See Yasht, xix and xiii) ( yasht 、 19および13 )

VI. Ⅵ 。 MAZDEISM AND THE PERSIAN KINGS mazdeismとペルシャ語の王

It is frequently asserted or assumed that the Avesta religion as above sketched was the religion of Darius and the other Achaemenid Kings of Persia (549-336 BC) From the cuneiform inscriptions of these sovereigns (in the Old Persian language, a sister dialect of the Avestic Zend) we know pretty well what their religion was.それが頻繁にアサートまたはアベスタ宗教と仮定して上記のようにスケッチは、宗教のダライアスと、他のアケメネス朝ペルシャ王(紀元前五四九から三三六まで)より、くさび形文字の碑文、これらの血筋(旧ペルシャ語の言語では、妹の方言avestic zend )私たちかなりよく知って、自分たちの宗教は何です。 They proclaim themselves Mazdeans (Auramazdiya, Darius, Behistun Column, IV, 56); their Supreme God is Auramazda, greatest of gods (Mathishta baganam).彼ら自身を宣言mazdeans ( auramazdiya 、ダライアス、 behistun列で、 4世、 56 ) ;てauramazda最高神は、最大の神々 ( mathishta baganam ) 。 He is Creator of all things - heaven, earth, and man - all things happen by His will (vashna); He sees and knows all things, man must obey His precepts (framana), and follow the "good way" (pathim rastam); man must invoke and praise Him; He hates sin, especially falsehood which is denounced as the chief ot sins, also insubordination and despotism.彼は創作のすべてのもの-天、地、そして男-全てのことが起こると彼は( v a shna);彼はすべてのことを熟知し、男彼の戒律に従う必要があります(f r amana)、および以下の"良い方法"( p a thimra stam ) ;男と称賛を呼び出す必要があります彼に嫌われる罪、特に虚偽の首席otこれは罪であると糾弾され、専制政治にも反抗しています。 Inferior spirits are associated with Him, "clan gods" and particularly Mithra and Anahita.下の霊が関連付けられて彼は、 "藩神"と、特にmithraとanahitaです。 Yet, with all these close similarities, we must hesitate to consider the two religious systems are identical.しかし、これらのすべてを閉じるの類似点は、ちゅうちょを考慮しなければならない2つの宗教的なシステムは同じです。 For in this Achaemenid inscriptions there is absolutely no trace of the dualism which is the characteristic and all-prevailing feature of the Avesta, and no allusion whatever to the great prophet Zoroaster, or the revelation of which he was the mouthpiece.このアケメネス朝の碑文をされた形跡がないのは確実にある二元論は、有力な機能を特徴とする全アベスタ、とほのめかしどのように偉大な預言者ゾロアスターか、または、彼は、マウスピースの啓示です。 The exact relation between the two systems remains enigmatical. 2つのシステムの間の関係の正確な遺跡enigmaticalです。

SUMMARY概要

"The highest religious result to which human reason unaided by revelation, can attain" is the deliberate verdict of a learned Jesuit theologian (Father Ernest Hull, SJ, in "Bombay Examiner" 28 March, 1903). "最高の結果を人間の宗教的な理由で人の手を借りないで啓示は、達成すること"には、故意の評決は、イエズス会の神学を学んだ(父アーネスト船体、 sj 、 "ボンベイ審査官" 1903年3月28日) 。 This estimate does not appear exaggerated.この見積もりが表示されない場合に誇張された。 The Avesta system may be best defined as monotheism modified by a physical and moral dualism, with an ethical system based on a Divinely revealed moral code and human free will.アベスタ年5月にベストのシステムとして定義されて一神教二元論更新された物理的および道徳的、倫理的なシステムに道徳的なコードに基づいて、神と人間の自由意志を明らかにします。 As it is now followed by the living descendents of its first votaries, the Parsees of India, it is virtually the same as it appears in the Avesta itself, except that its monotheism is more rigid and determined, and that it has shed such objectionable practices as Khvetuk-das (Khvaetva-datha) and seeks to explain them away.今では子孫の生活に続いて、最初のvotariesは、 parseesのインド、それと同じであることは事実上のアベスタ自体が表示され、その一神教を除いては、他の硬直化したと判断し、このような好ましくないこと事例は、上屋としてkhvetuk - das ( khvaetva - datha )とシークを説明することです。 A great revival in the knowledge of the old sacred languages (Zend and Pahlavi) which had become almost forgotten, has taken place during the past half-century under the stimulus of European scholarship, whose results have been widely adopted and assimilated.復活は、大きな古い神聖な言語の知識を( zendとパーレビ国王)のほとんどを忘れていたが、コラボレーションの際に過去半世紀のヨーロッパの奨学金の刺激にされて、その結果が広く採用さと同化します。 The religious cult is scrupulously maintained as of old.新興宗教団体は、昔のように綿密に維持します。 The ancient traditional and characteristically national virtues of truth and open-handed generosity flourish exceedingly in the small, but highly intelligent, community.古代の伝統的な国家の美徳と特徴手を開いて、真実と非常に寛大で頭角を現すの小さな、しかし、非常に知的、コミュニティです。

Publication information Written by LC Casartelli.出版物の情報執筆者液晶casartelliです。 Transcribed by Joseph P. Thomas.ジョセフPトーマス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.のは、カトリックの百科事典、第Ⅱ巻です。 Published 1907. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Zoroastrianismゾロアスター教

Jewish Viewpoint Information ユダヤ人の視点情報

The religion of ancient Persia as founded by Zoroaster; one of the world's great faiths that bears the closest resemblance to Judaism and Christianity.古代ペルシャの宗教として設立されたゾロアスター;の1つのクマは、世界の大宗教に最も近いユダヤ教とキリスト教に似ている。 According to the tradition in the Parsee books, Zoroaster was born in 660 BC and died in 583; but many scholars claim that he must have flourished at a much earlier time.パーシーによると、伝統的な書籍、ゾロアスターが生まれ、紀元前660と死亡した583 ;しかし、彼は多くの学者主張している必要がありますが、もっと早く開花時間です。 All investigators, however, are agreed that his teachings were generally in force throughout Iran before the time of the Jewish Captivity.すべての捜査官は、しかし、彼の教えが一般的には合意して、強制的を通してイランのユダヤ人の前に時間を捕らわれている。 His name in its ancient form in the Avesta is "Zarathustra," and in later Persian, "Zardusht"; the form "Zoroaster," which is now common, has been adopted from the Greek and Latin "Zoroastres."彼の名前は、古代のフォームをアベスタは、 "かく語りき、 "およびそれ以降のペルシャ語、 " zardusht " ; 、フォーム内の"ゾロアスター、 "これは、今では普通、採択され、ギリシャ語、ラテン語から" zoroastres 。 " The native country of the prophet is now believed to have been Media, in western Iran, and there are reasons for claiming that his birthplace was in the province of Atropatene, the modern Azerbaijan; but much of his ministry, or rather most of his prophetic career, was passed in eastern Iran, especially in the region of Bactria, where he won a powerful patron for his religion.ネイティブの国の預言者ムハンマドは、今すぐと考えられているメディアは、欧米のイラン、と主張して彼のには理由がされてアトロパテネ王国発祥の地は、現代のアゼルバイジャン;しかし、彼の多くの省、というかむしろ、ほとんどの予言キャリア、イラン東部に可決されたが、特にこの地域のバクトリア、ここで彼は自分の宗教を守護する強力なウォンです。 This defender of the faith was a king named Vishtaspa, or Gushtasp, a name identical with that of Hystaspes, the father of Darius, although the two personages are not to be confounded, as has sometimes been done.この信仰の擁護者の名前は、キングvishtaspaか、またはgushtasp 、 hystaspesの名前が同じで、ダライアスの父が、 2つの混乱される人物はない、としては、時に行われていない。

Tenets of the Faith.教義の信仰です。

Zoroaster was originally a Magian priest, but he appears to have reformed or purified the creed of the Magi.ゾロアスターは、もともとはmagian司祭が、彼には改革や精製が表示されたら、東方の三博士の信条です。 His religious teachings are preserved in the Avesta.彼の宗教的な教えはアベスタに保存されています。 The character of the Persian religion before Zoroaster's time is not known, but a comparison with that of India shows that it must have had much in common with the early religion of the Hindus.ペルシャ語の文字は、ゾロアスターの宗教の時間前に知られていないことではなく、インドによると比較している多くの共通点を持たなければならないのは初期の宗教は、ヒンズー教徒です。 It may be presumed that it was a modified nature-worship, with polytheistic features and some traces of demonistic beliefs.ことがありますが変更されたものと推定して自然崇拝、多神教の機能といくつかの痕跡をdemonistic信念です。 Herodotus ("Hist." i. 131 et seq.) states that the Persians from the earliest times worshiped the sun, moon, stars, and earth, and the waters and wind, and he intimates in precise words that they had borrowed certain religious elements from the Assyrians.ヘロドトス( "シーッ。 "の経験I.クリチバ131頁以降を参照。 )ペルシャ人には、太古の時代からworshiped 、太陽、月、星、および地球と水と風、そして正確な言葉が出ていたintimatesを借りて、特定の宗教的なassyriansの要素からです。 One or two superstitious practises which he describes, such as the propitiation of the powers of evil (ib. iii. 35, vii. 114), show survivals of demoniacal rites, against which Zoroaster so strongly inveighed; and the account which he gives of the Magian ceremonies is quite in accordance with Zoroastrianism.彼は1つまたは2つ迷信を説明することなどの権限をなだめるために、邪悪な( ib. Ⅲ 。 35 、 Ⅶ 。 114 ) 、 survivalsの詳細demoniacalの儀式、ゾロアスターに対してどのよう強くinveighed ;と、アカウントが彼を与えるのmagianゾロアスター教の儀式は非常にに基づいています。

The Kingdoms of Good and Evil.善と悪の国のです。

One of the characteristic features of Zoroastrianism is the doctrine of dualism, recognizing the powers of good and evil as two personified principles at war with each other.ゾロアスター教の特徴の1つは、教義の二元論、認識し、善と悪の権限を原則として2つの権化のような人たちの戦いを繰り広げている。 Ahuramazda, or Ormuzd ("the Wise Lord"), leads the forces of good; Angra-Mainyu, or Ahriman ("the Spiritual Enemy"), heads the hosts of evil. ahuramazdaか、またはormuzd ( "して英明での主" ) 、リードして軍の良い;アングラ- mainyuか、またはahriman ( "の精神的な敵" ) 、悪の頭のホストです。 Bands of angels and archangels follow the divine leader, while troops of demons and archfiends hasten after the evil lord.バンドのリーダー、天使と大天使以下の神、悪魔軍と悪の後に急いでarchfiendsの主です。 The archangels are six in number and are called by the general name Amesha Spentas ("Immortal Holy Ones"); they are personifications of virtues and abstract ideas, and are named Vohu Manah ("Good Mind"), Asha Vahishta ("Perfect Righteousness"), Khshathra Vairya ("Wished-for Kingdom"), Spenta Armaiti (a feminine personification of harmony and the earth), Haurvatat ("Health," "Salvation"), and Ameretat ("Immortality").アークエンジェルは6つの番号と名前が呼ばれる一般的なamesha spentas ( "不滅の神聖なもの" ) ; personificationsの美徳と彼らは抽象的な概念、およびvohuの名前はmanah ( "良い心" ) 、アシャーvahishta ( "完璧な正義" ) 、 khshathra vairya ( "望んでいた王国" ) 、 spenta armaiti (女性の化身と地球の調和) 、 haurvatat ( "健康" 、 "救い" ) 、およびameretat ( "不滅" ) 。 The angels and lesser divine beings are termed Yazatas ("Worshipful Ones") and are very numerous, although twenty-one of them are more prominent than the rest; these include divine embodiments of the sun, moon, stars, fire, earth, water and air, the spirits of the righteous (called "fravashis"), and also several abstract concepts, like victory, religion, kingly glory, and the divinity known as Mithra, an incarnation of light and truth.神の存在は、天使と呼ばれる小yazatas ( "名誉あるもの" )とは非常に多くが、 2001年に比べ、より目立つようには、残り;これらのは、神の実施例は、太陽、月、星、火災、地球、水と空気の魂は、正しい(と呼ばれる" fravashis " ) 、またいくつかの抽象的な概念のような勝利、宗教、王の栄光と、神として知られてmithra 、光と真理の化身です。 The rabble of hell, led by Ahriman, is ill organized, and the chief archfiend, after Ahriman himself, is the demon Aeshma (Dæva), a name which is thought to be found in the Book of Tobit as Asmodeus, although this view is not accepted by some (see Asmodeus).地獄の民衆の主導により、 ahriman 、組織が悪い、との首席archfiend 、自分自身ahrimanした後、悪魔は、 aeshma ( dæva )の名前が発見されたと考えられている本asmodeusトビト書として、このビューは受け入れられていないいくつかの( asmodeusを参照) 。 In addition to the six archfiends there is a legion of minor fiends and demons ("dæva," "druj").に加えて、 6つのarchfiendsには、大勢のfiendsと小悪魔( " dæva " 、 " druj " ) 。

Millennial Doctrines.千年紀教説です。

The conflict between the opposing kingdoms of light and darkness forms the history of the world, which lasts for 12,000 years and is divided into four great eons.相手国の間の紛争の光と闇の世界の歴史を形成して、 12000年に行われるのは4つに分かれてずっと素晴らしいです。 The first 3,000 years is the period of spiritual existence. 3000年の最初の期間は、精神的な存在です。 Ormuzd knows of Ahriman's coexistence, and creates the world first in a spiritual state before giving it a material form, the "fravashis" being the models of the future types of things. ormuzdを知っahrimanの共存し、世界で初めて作成し、精神的な状態でそれを材料を与える前にフォームでは、 " fravashis "が、将来のモデルの種類のものです。 Ahriman is ignorant of his great rival's existence, but on discovering this he counter-creates the hosts of demons and fiends. ahrimanは、彼の偉大なライバルの存在を知らないのではなく、彼はカウンターを発見、この悪魔のホストとfiendsを作成します。 In the second 3,000 years, while Ahriman and his host have been confounded by Ormuzd, the latter creates the world in its material form, and the world is then invaded by Ahriman. 2番目の3000年、 ahrimanと彼のホスト間でも混乱ormuzd 、後者の世界でその素材を作成するフォーム、および、世界はahriman入力し、侵略されています。 The third 3,000 years is the period of conflict between the rival powers and the struggle for the soul of man, until Zoroaster comes into the world. 3000年の第3期の紛争は、大国の間のライバルとの闘争のための男の魂までは、ゾロアスターの世界に入ってくる。 His birth inaugurates a new era, and the fourth and last 3,000 years begins.新たな時代に生まれてinaugurates 、および3000年第4回と最終更新が開始されます。 These final millennial eras are presided over by Zoroaster himself and his three posthumous sons, who are to be born in future ages in an ideal manner, the last being the Messiah called Saoshyant ("Savior," "Benefactor"; lit. "he who will benefit and save the world").これらの最後の千年紀時代が主宰した3つのゾロアスター自身と彼の息子の死後、 whoは、年齢を持って生まれるの今後の理想的な方法で、最後のが、救世主と呼ばれるsaoshyant ( "救世主" 、 "恩人" ;点灯します。 "彼whoは、世界の利益を保存して" ) 。 In its general bearings this dualistic scheme of the universe is theologically monotheistic in so far as it postulates the final predominance ofOrmuzd; and it is optimistic in its philosophy, inasmuch as it looks for a complete regeneration of the world.この二元的なスキームは、一般的な軸受theologically一神教で、宇宙は、これまでのところ公準としての最後の優位oformuzdこと、および、そのことは楽観的哲学、それを探し、世界の完全な再生します。

In all this struggle man is the important figure; for the ultimate triumph of right depends upon him.すべての人には、この闘争の重要な図;を右にかかって、究極の勝利だった。 He is a free agent according to Zoroaster ("Yasna," xxx. 20, xxxi. 11), but he must ever be on his guard against the misguidance of evil.彼は無料のエージェントによると、ゾロアスター( " yasna 、 " xxx 。 20日、 31回です。 11 ) 、しかし彼は彼を警戒する必要がありますても、悪の誤指導します。 The purpose of Zoroaster's coming into the world and the aim of his teaching are to guide man to choose aright, to lead him in the path of righteousness, in order that the world may attain to ultimate perfection.ゾロアスターの目的は、世界に入ってくるとの彼の教育の目的は、男を選択するにガイドをきちんと、彼をリードは、正義のパスを、 5月を達成するためには、世界を究極の完成です。 This perfection will come with the establishment of the Good Kingdom (Avesta, "Vohu Khshathra"), the Wished-for Kingdom (Avesta, "Khshathra Vairya"), or the Kingdom of Desire (Avesta, "Khshathra Ishtōish").この完ぺきには、設立の良い王国(アベスタ、 " vohu khshathra " )は、望んでいた王国(アベスタ、 " khshathra vairya " )か、または欲望の王国(アベスタ、 " khshathra ishtōish " ) 。 When this shall come to pass the world will become regenerate (Avesta, "Ahūm Frashem Kar"; or "Frashōkereti"); a final battle between the powers of good and evil will take place; Ahriman and his hosts will be routed; and good shall reign supreme ("Yasht," xix. 89-93; Bundahis, xxx. 1-33).を渡すときに、この条の規定は、世界になる再生(アベスタ、 " ahūm frashem嘉" ;または" frashōkereti " ) ; Aファイナルバトルの間の力を善と悪が行わ; ahrimanとその軍勢にルーティングされると良い君臨するもの( " yasht 、 " 19 。 89-93 ; bundahis 、 xxx 。 1-33 ) 。 The advent of the Messiah (Saoshyant) will be accompanied by the resurrection of the dead and the general judgment of the world, which thenceforth will be free from evil and free from harm.の到来により、メシア( saoshyant )が添付されて復活オブザデッドと、世界全般の判断、これには無料で入場その時以来、無料から邪悪な悪影響を与えるからです。

Ethical Teachings and Religious Practises.倫理的な教えや宗教することです。

The motto of the Zoroastrian religion is "Good thoughts, good words, good deeds" (Avesta, "Humata, hūkhta, hvarshta").ゾロアスター教の宗教のモットーは"良い考え、良い言葉を、善行" (アベスタ、 " humata 、 hūkhta 、 hvarshta " ) 。 Man in his daily life is enjoined to preserve purity of body and soul alike.日常生活の男が差し止めの純度を守る体と心を似ています。 He is to exercise scrupulous care in keeping the elements earth, fire, and water free from defilement of any kind.彼は実直を行使する要素を維持する地球の注意を払って、火災、と水defilementのどんな種類から無料です。 Truth-speaking and honest dealing are made the basis of every action; kindliness and generosity are virtues to be cultivated; and agriculture and cattle-raising are prescribed as religious duties.正直に言えば、真理の基盤のすべての取引が行わアクション;温情と寛容の美徳を栽培、および農業と牛の調達は、宗教上の義務として規定します。 Marriage within the community of the faithful, even to wedlock with blood relatives, is lauded; and according to the Avesta ("Vendidād," iv. 47), "he who has a wife is to be accounted far above him who has none; and he who has children is far above the childless man."コミュニティは、忠実な結婚生活にも、親戚の結婚生活を血では、褒めたたえ;とによると、アベスタ( " vendidād 、 " Ⅳ 。 47 ) 、 " whoには、彼の妻は彼のはるか上を占めるwhoはなし;と彼はwhoは、子供たちは、はるかの上に子供の男です。 "

In disposing of the dead, it is unlawful to burn or bury the body or to throw it into water, as any of these modes of disposal would defile one of the sacred elements; the dead must therefore be exposed in high places to be devoured by birds and dogs, a custom which is still observed by the Parsees and Gabars in their "Towers of Silence."で処分オブザデッド、または埋葬することは違法であり、身体への書き込みや水を投げることを、これらのモードのいずれかのいずれかの処分は神聖な要素を冒とくし、死んで高い地位にさらされる必要があります。したがってdevouredをされる鳥や犬は、これはまだ観測されたカスタムparseesとgabarsその"塔の沈黙のです。 "

Priesthood and Ritual.聖職に就くとの儀式です。

In religious matters the priesthood was supreme in authority, and the sacerdotal order was hereditary.宗教的な事柄の聖職に就くには、最高の権威と聖職の注文は遺伝します。 The Mobeds and Herbeds were the Levites and Kohanim of Zoroastrianism. herbedsのmobedsとは、ゾロアスター教levitesとkohanimのです。 The name for priest, "athaurvan," in the Avesta corresponds to "atharvan" in India; the Magi were a sacerdotal tribe of Median origin.司祭の名前を、 " athaurvan 、 "アベスタに対応して、 " atharvan "インド;の魔術師が聖職正中部族の起源です。 In acts of worship (Avesta, "Yasna") animal sacrifices were sometimes offered, especially in more ancient times, but these immolations were subordinate and gave place more and more to offerings of praise and thanks-giving accompanied by oblations of consecrated milk, bread, and water.の行為を崇拝(アベスタ、 " yasna " )動物の犠牲が提供時には、特に他の古代immolationsしかし、これらの場所は下位とはますます多くの称賛と感謝をささげもの伴うoblationsの聖体拝領を与えるミルク、パン、と水です。 The performance of these rites was attended by the recitation of long litanies, especially in connection with the preparation of the sacred drink "haoma," made from a plant resembling the Indian "sōma," from which an exhilarating juice was extracted.これらの儀式のパフォーマンスが出席された暗唱の長いlitanies 、特に関連して、神聖な飲み物準備中の"ホーム"に似ているインドの植物から作られる"相馬、 "より爽快にするジュースが抽出されます。 It has been thought that the twigs (Avesta, "baresman"; modern Persian, "barsom") employed by the Zoroastrian priests in their ritual are alluded to as the "branch" held to the nose by the sun-worshipers in the vision of Ezekiel (viii. 16-17); and the consecrated cake (Avesta, "draonah"; modern Persian, "darūn") has been compared with the Hebrew showbread.されて思想は、小枝(アベスタ、 " baresman " ;近代ペルシャ語、 " barsom " )で採用されてゾロアスター教の司祭としての儀式は、それとなく触れられたように、 "支店"を開催して鼻のしもべは、太陽のビジョンエゼキエル書( viii. 16-17 ) ;と聖体拝領用のケーキ(アベスタ、 " draonah " ;近代ペルシャ語、 " darūn " )と比較してヘブライ語showbreadされています。

Resemblances Between Zoroastrianism and Judaism.ゾロアスター教、ユダヤ教の間にresemblancesです。

The points of resemblance between Zoroastrianism and Judaism, and hence also between the former and Christianity, are many and striking.ゾロアスター教の間の類似点とユダヤ教、およびそれゆえ元とキリスト教の間にも、多くのとは印象的です。 Ahuramazda, the supreme lord of Iran, omniscient, omnipresent, and eternal, endowed with creative power, which he exercises especially through the medium of his Spenta Mainyu ("Holy Spirit"), and governing the universe through the instrumentality of angels and archangels, presents the nearest parallel to Yhwh that is found in antiquity. ahuramazda 、イランの最高の主は、全知、遍在する、と永遠の、創造力に恵まれて、これを通じて彼は練習中、特に彼のspenta mainyu ( "聖霊" ) 、宇宙を支配すると、天使と大天使の助けを通じて、プレゼントの場合最寄りのyhwhに平行には、古代のが見つかりました。 But Ormuzd's power is hampered by his adversary, Ahriman, whose dominion, however, like Satan's, shall be destroyed at the end of the world. ormuzdの電源が阻まれるしかし、彼の敵、 ahriman 、そのドミニオン、しかし、悪魔のように、破壊しなければならない、世界の終わりにします。 Zoroastrianism and Judaism present a number of resemblances to each other in their general systems of angelology and demonology, points of similarity which have been especially emphasized by the Jewish rabbinical scholars Schorr and Kohut and the Christian theologian Stave.ゾロアスター教、ユダヤ教の数を提示するresemblancesをお互いに彼らの一般的なシステムの天使と悪魔は、類似点されてきたユダヤ教のラビ学者、特に強調してショアとコフートとは、キリスト教神学を辛うじてします。 There are striking parallels between the two faiths and Christianity in their eschatological teachings-the doctrines of a regenerate world, a perfect kingdom, the coming of a Messiah, the resurrection of the dead, and the life everlasting.には2つの宗教の間に著しい類似の終末論とキリスト教の教えを再生成の教説の世界は、完璧な王国は、メシアの到来を、復活オブザデッド、永遠の命とします。 Both Zoroastrianism and Judaism are revealed religions: in the one Ahuramazda imparts his revelation and pronounces his commandments to Zarathustra on "the Mountain of the Two Holy Communing Ones"; in the other Yhwh holds a similar communion with Moses on Sinai.ゾロアスター教、ユダヤ教の宗教の両方が明らかに:彼の啓示は、 1つのahuramazda与えると、その戒めをpronouncesはかく語りき] "の2つの山のcommuning神聖なもの" ;は、他のyhwhを保持し、同様の聖体拝領をムーサーシナイ半島です。 The Magian laws of purification, moreover, more particularly those practised to remove pollution incurred through contact with dead or unclean matter, are given in the Avestan Vendïdād quite as elaborately as in the Levitical code, with which the Zoroastrian book has been compared (see Avesta).精製法のmagian 、また、他の費用として処理し、特にこれらの実践を通じて連絡先を削除すると死んで汚染物質や不浄のは、与えられたとしては、かなりvendïdādアヴェスタleviticalコードのように、趣向を凝らして、ゾロアスターは、予約され比較(アベスタ) 。 The two religions agree in certain respects with regard to their cosmological ideas. 2つの特定の宗教に同意して宇宙についてのアイデアを尊重します。 The six days of Creation in Genesis find a parallel in the six periods of Creation described in the Zoroastrian scriptures.創世記の6日間の創出にピリオドを見つける創作のパラレルは、 6つのゾロアスター教の経典に記載されています。 Mankind, according to each religion, is descended from a single couple, and Mashya (man) and Mashyana are the Iranian Adam (man) and Eve.人類によると、各宗教、子孫からは、 1つのカップル、およびmashya (男)とmashyanaは、イランのアダム(男)とイブです。 In the Bible a deluge destroys all people except a single righteous individual and his family; in the Avesta a winter depopulates the earth except in the Vara ("enclosure") of the blessed Yima.聖書のはんらんで破壊する個々のすべての人々を除いて、 1つの正義と彼の家族;は、アベスタdepopulatesあるのは、冬を除いて、地球のバラ( "エンクロージャ" )の神の祝福をyimaです。 In each case the earth is peopled anew with the best two of every kind, and is afterward divided into three realms.それぞれの場合は、地球は人が住んで新たに2つのあらゆる種類のベストとは、その後3つの領域に分けられています。 The three sons of Yima's successor Thraetaona, named Erij (Avesta, "Airya"), Selm (Avesta, "Sairima"), and Tur (Avesta, "Tura"), are the inheritors in the Persian account; Shem, Ham, and Japheth, in the Semiticstory.の3つのyimaの後継者の息子のthraetaona 、名前erij (アベスタ、 " airya " ) 、 selm (アベスタ、 " sairima " ) 、およびトゥーア(アベスタ、 "トゥーラ" ) 、後継者たちは、ペルシャ語は、アカウント; shem 、ハム、とジェイフェスは、 semiticstoryです。 Likenesses in minor matters, in certain details of ceremony and ritual, ideas of uncleanness, and the like, are to be noted, as well as parallels between Zoroaster and Moses as sacred lawgivers; and many of these resemblances are treated in the works referred to at the end of this article. likenessesマイナーな問題で、特定の詳細式典や儀式、アイデアのuncleanness 、などが指摘されるだけでなく、ゾロアスターとムーサー間での共通点として神聖なlawgivers ;とresemblancesの多くは、これらの治療を受けての作品は、参照さこの記事の最後にします。

Causes of Analogies Uncertain.類似の原因を不透明だ。

It is difficult to account for these analogies.することは困難を説明するために、これらの類似性です。 It is known, of course, as a historic fact that the Jews and the Persians came in contact with each other at an early period in antiquity and remained in more or less close relation throughout their history (see Avesta; Media; Persia).ことがわかって、もちろん、歴史的な事実としては、ユダヤ人やペルシャ人がお互いの連絡先を早期に期間が残って多かれ少なかれ古代と密接な関係を通して彼らの履歴(参照アベスタ;メディア;ペルシャ) 。 Most scholars, Jewish as well as non-Jewish, are of the opinion that Judaism was strongly influenced by Zoroastrianism in views relating to angelology and demonology, and probably also in the doctrine of the resurrection, as well as in eschatological ideas in general, and also that the monotheistic conception of Yhwh may have been quickened and strengthened by being opposed to the dualism or quasi-monotheism of the Persians.多くの学者は、非ユダヤ人のユダヤ人だけでなく、私たちの意見が、ユダヤ教は、ゾロアスター教の影響を強く受ける天使と悪魔の再生回数に関連し、そしておそらくまた、ドクトリンの復活だけでなく、終末論のアイデア一般的には、とまた5月yhwhの概念は、一神教quickenedも強化され、または準二元論に反対して一神教は、ペルシャ人です。 But, on the other hand, the late James Darmesteter advocated exactly the opposite view, maintaining that early Persian thought was strongly influenced by Jewish ideas.しかし、その一方で、故ジェームズダルメステテール提唱、全く逆のビューで、ペルシャ語を維持した初期の思想は、ユダヤ人の思想に強く影響されています。 He insisted that the Avesta, as we have it, is of late origin and is much tinctured by foreign elements, especially those derived from Judaism, and also those taken from Neoplatonism through the writings of Philo Judæus.彼のアベスタと主張して、われわれがそれは、以降の起源と外国人の要素が多いtincturedされ、特にユダヤ教から派生した、ともネオプラトニズムを通じてこれらの記述から取らjudæusのフィロです。 These views, put forward shortly before the French scholar's death in 1894, have been violently combated by specialists since that time, and can not be said to have met with decided favor on any side.これらの再生回数、に進むの死の直前の1894年、フランスの学者、専門家が激しくcombatedそれ以来、とすることはできませんといわれている任意の側に有利な裁定を満たしています。 At the present time it is impossible to settle the question; the truth lies probably somewhere between the radical extremes, and it is possible that when knowledge of the Assyrian and Babylonian religion is more precise in certain details, additional light may be thrown on the problem of the source of these analogies, and may show the likelihood of a common influence at work upon both the Persian and Jewish cults.現在のところの問題を解決することは不可能; The Truth Liesが、おそらくどこかの間に過激な極端な、それは可能性があるときは、アッシリアとバビロニアの知識をより正確には特定の宗教の詳細については、追加の光5月に自力での問題これらの類似性は、ソース、および5月、共通の影響を与える可能性を表示する時、職場の両方のペルシャ語とユダヤ教のカルトです。

Kaufmann Kohler, AVW Jacksonカウフマンコーラー、 avwジャクソン
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 書誌事項:
For general works on the subject consult bibliographies under articles Avesta, Media, and Persia.一般的に取り組んで記事の件名に相談されてアベスタbibliographies学、メディア、およびペルシャです。 Special works on Zoroaster and the religion: Jackson, Zoroaster the Prophet of Ancient Iran, New York, 1899; idem, Die Iranische Religion, in Geiger and Kuhn, Grundriss der Iranischen Philologie, Leipsic, 1904; Justi, Die Aelteste Iranische Religion und Ihr Stifter Zarathustra, in Preussische Jahrbücher, lxxxviii.特別に取り組んでゾロアスターとその宗教:ジャクソン、古代の預言者ゾロアスターのイラン、ニューヨーク、 1899 ;同じ、死ぬiranische宗教は、ガイガーとクーン、 grundriss der iranischen philologie 、リプシック、 1904 ;ユスティ、死ぬaelteste宗教und Ihrのiranischeシュティフターはかく語りき]は、 preussische jahrbücher 、 88です。 55-86, 231-262, Berlin, 1897; Lehmann, Die Parsen, in Chantepie de la Saussaye, Lehrbuch der Religionsgeschichte, 3d ed., Tübingen, 1905; idem, Zarathustra, en Bog om Persernes Gamle Tro, pp.五五〜八六、二百三十一から二百六十二、ベルリン、 1897 ;レーマン、死ぬparsenは、シャントピドラソセー、 lehrbuch der religionsgeschichte 、 3次元エド。 、テュービンゲン、 1905 ;同じ、かく語りき、アン湿原会社persernes gamleトレムナー反射、 pp 。 1-2, Copenhagen, 1899, 1902; Tiele, Geschichte der Religion: Die Religion bei den Iranischen Völkern, vol. 1-2 、コペンハーゲン、 1899 、 1902 ;ティーレ、 geschichte der宗教:死ぬ宗教バイデンiranischen völkern 、 !です。 ii., section 1, translated by Gehrich, Gotha, 1898 (English transl. by Nariman in Indian Antiquary, vols. xxxii. et seq., Bombay, 1903). Ⅱ 。 、第1 、訳gehrich 、ゴータ、 1898 (英語transl 。 narimanではインドの古物収集され、 vols学です。 32 。頁以降を参照。 、ボンベイ、 1903 ) 。 Particular treatises on the analogies between Zoroastrianism and Judaism: Schorr, in He-Ḥaluẓ, ii.-v.; Kohut, Ueber die Jüdische Angelologie und Dämonologie in Ihrer Abhängigkeit vom Parsismus, Leipsic, 1866; idem, Was Hat die Talmudische Eschatologie aus dem Parsismus Aufgenommen?特定の論文をゾロアスター教、ユダヤ教の間の類似:ショアは、彼- ḥaluẓ 、 ii.-v. ;コフート、 ueber dämonologieで死ぬjüdische angelologie und ihrer abhängigkeit vom parsismus 、リプシック、 1866 ;同上、オーストラリアは帽子死ぬtalmudische eschatologie dem parsismus aufgenommenですか? in ZDMG xxi. zdmg xxiにします。 552-591; De Harlez, Avesta, Introduction, pp.五百五十二から五百九十一;デアルレ、アベスタ、はじめに、 pp 。 ccv.-ccvi., ccix., Paris, 1881; Spiegel, Eranische Alterthumskunde, ii. ccv. - ccvi 。 、 ccix 。 、パリ、 1881 ;シュピーゲル、 eranische alterthumskunde 、 Ⅱ 。 17, 19, 26, 34, 40, 50 et seq., 63-65, 75, 117, 166 et seq., 169-171, Leipsic, 1878; Darmesteter, La Zend-Avesta, iii., Introduction, pp. 17日、 19日、 26日、 34 、 40 、 50頁以降を参照。 、六三〜六五、 75 、 117 、 166頁以降を参照。 、 169から171 、リプシック、 1878 ;ダルメステテール、ラゾロアスター教の経典、 Ⅲ 。 、はじめに、 pp 。 lvi.-lxii., Paris, 1893; SBE 2d ed., iv., Introduction, pp. lvi. - 62 。 、パリ、 1893 ; sbe二次元エド。 、 Ⅳ 。 、はじめに、 pp 。 lvii.-lix.; Cheyne, Origin and Religious Concepts of the Psalter, London, 1891; Aiken, The Avesta and the Bible, in Catholic University Bulletin, iii. lvii. - 59です。 ;チェーンストークス、宗教上の概念を起源とするpsalter 、ロンドン、 1891 ;エーケンは、アベスタと聖書は、カトリック大学情報、 Ⅲ 。 243-291, Washington, 1897; Stave, Einfluss des Parsismus auf das Judenthum, Haarlem, 1898; Söderblom, La Vie Future d'Après le Mazdeisme, Paris, 1901; Böklen, Verwandschaft der Jüdisch-Christlichen mit der Parsischen Eschatologie, Göttingen, 1902; Moulton, in Expository Times, ix.二四三から二九一、ワシントン、 1897 ;辛うじて、 einflussデparsismus auf das judenthum 、ハーレム、 1898 ; söderblom 、ラ対抗将来d' apr鑚ルmazdeisme 、パリ、 1901 ; böklen 、 verwandschaft der christlichen mit der jüdisch - parsischen eschatologie 、ゲッティンゲン、 1902 ; Moultonのは、解説回、 9世です。 351-359, xi. 351〜359 、西です。 257-260, and in Journal of Theological Studies, July, 1902, pp.二百五十七〜二百六十、および神学研究ジャーナル、 7月、 1902 、 pp 。 514-527; Mills, The Avesta, Neoplatonism and Philo Judœus, i., Leipsic, 1904; Moffat, Zoroastrianism and Primitive Christianity, in Hibbert Journal, 1903, i. 514から527まで;ミルズは、アベスタ、ネオプラトニズムとフィロjudœus 、 i. 、リプシック、 1904 ;モファット、原始ゾロアスター教とキリスト教は、ヒバートジャーナル、 1903 、 i. 763-780.KAVWJ 763 - 780.kavwj


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです