ローマ教皇の父親

総合情報

父親がnonbiblical使徒教会の作者の文章は、第1および第2世紀初めにします。

これらの作品は、重要なのは、おそらくその作者やその使徒を知っていると言えます。

使徒のリストの最初の祖先がなされた17世紀の学者;て構成さクレメント私は、 hermas 、イグナティウスのアンティオキア、 polycarp 、とし、著者は、信徒のバルナバです。

その後、他の作家などの作者のpapiasのヒエラポリスとの信徒へのdiognetusとは、新約聖書のローマ教皇の父親も考慮します。

牧歌的懸念を表明、彼らの作品は、新約聖書のスタイルをよく似ています。

いくつかの記述は、実際には、尊敬された啓典の前に公式キヤノンが決定します。

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール
書誌事項


スタニフォース、マクスウェル、トランスです。 、初期キリスト教記述:父親の使徒( 1975 ) ;ウィリス、ジョンr. 、キリスト教の歴史を考える:ローマ教皇の回からセントオーガスティン( 1976 ) 。


です。

時代のpatristic

総合情報

この間隔の延長から約百から百七十広告、 ローマ教皇のときに父親が使徒に置き換えています。

このグループに含まれるもの、いくつかの個人教師と司教:例:アレクサンドリアのクレメント、エイレナイオス、原産地、 polycarp 、テルトゥリアヌスです。

この時代の早い段階で、正式な教会の進化を他の組織では、 君主のbishopの地位では司教として認識されたの指導者の権限を持つが、個々の集会です。

決定事項の司教の信念と実践にその管轄下にあります。

父親の教会

総合情報

世紀の最初の3つの中キリスト教の歴史は、父親の司教が教会と呼ばれる。

へ拡張しては、すべてのタイトルを学んだ作家の古代教会の教義を認識してその正統性とホーリネスの生活です。

最後には、父のは一般に考えられてサンチジドールのセビリア(民主党636 )は、西側とセントジョンダマシン( dc750 )は、東です。

いくつかの傑出した医師の父親として指定されても、教会は、タイトルへの起源です。

父親の教会

総合情報

父親は、教会、キリスト教の教会に与えられた名前のライターwhoキリスト教の教義を確立する前に8世紀です。

の文章には、父のか、またはpatristic文学、キリスト教の教義として発見された合成聖書、特に福音書は、文章は、ローマ教皇の父親は、教会の格言、および意思決定の教会協議会(協議会)です。

彼らは、この標準化団体への伝送のためキリスト教の教えは、ローマ帝国の人々です。

いわゆる医師は、欧米の父親の4つの教会の構成など、 聖人のアンブローズ、アウグスティヌス、グレゴリウスiとジェローム、および4つの東の祖先は、 聖人のアタナシウスを含め、バジル、ジョンクリュソストモス、およびナジアンゾスの聖グレゴリオします。 、以前の東部の祖先、アレクサンドリアのクレメントを含め、聖ジャスティン殉教者、および原産地、ギリシャ哲学が強く影響されています。

西洋の父親は、しかし、私を含めグレゴリーテルトゥリアヌスと聖人とジェローム、通常の合成を避け異教とキリスト教は思いました。

教会の4つの資格を設立bestowingのタイトルを教会の名誉上で早期の作家の父です。

に加えて、初期の期間に所属する教会は、教会の父神聖な生活が中心にいる必要があります。

彼の記述しなければなりませんから無料教義エラーが発生し、通常の残高を含む必要があります。キリスト教の教義防衛や説明します。

最後に、彼の記述する必要があります教会の承認を受けています。

父親の教会

高度情報

ecclesiastically 、 who 、父親のは、それらの問い合わせは、信仰が先行し、問い合わせには、このように指示できるようにしてください。

その意味では、閣僚と呼ばれることも多く、特に司教は、父親です。

他の特に、しかし、という用語が来てキリスト教に適用される作家の最初の隆起を認めた。

すでに第4世紀にはこの方法で使用され、教師は、上記のエポック、およびそれ以降のすべての未少なくとも神学者が来て、最初の6世紀の祖先と見なされる。

これは、通常の用語を使用する際の今日、この場合によっては、 patristic時代とプロテスタントが延長されることも話す父親の改革(例えば、ルター、ツウィングリ、およびカルヴィン) 。

という質問があればどのように与えられた著者年5月、父親として分類される。

彼の作品の単なる生存の十分ではない、多くの異端の記述が先に降りてくる、と一緒にその他の疑わしい値です。

4つの主要な特性が提案され、必要に応じて資格:第一に、実質的正統性;第二に、ホーリネスの生活;第三に、広範な承認、および第四に、古代です。

これは父親の許可を個々のエラーが発生する場合があります点、 neccessitatedとして、多くの意見の相違が、それらを読んとしてカウントされることも父親のため、これらの全般の要件を満たす限り、彼ら( cf. ESPのです。例の原産地とテルトゥリアヌス)です。

様々な回答を5月に与えられた権限の問題をpatristicです。

ローマカトリックの観点から、どこに表示する、父親の全会一致の同意が絶対に正しいが、この点についてもアクィナス啓典を明確にランク付けしてください。

他にエラーがありますが、読むには、常に尊重される。

あまりにも当然主張して、父親のプロテスタントは予告なしに啓典の最高規範のように、そのステートメントまたは拒否の解釈を求める年5月、訂正、または増幅します。

その一方で、彼らに値する真剣に検討されたが先行who問い合わせは、深刻な信仰とは、聖書の、ローマ教皇の真実を表現する試みです。

彼らの貴重なサポートは、このように、自分の意見を入念な調査を要求、彼らのみを設定する正当な理由はさておき、およびそれらのない仕事を構成するよりも私たちの挑戦を問い合わせしています。

のリストは、父親の可能性はほとんどして簡単なコンパス、またそれらを分類することは簡単にご利用の部分を除いて恐らくギリシャ語とラテン語の区別します。

即時に言及することができる、 who postapostolicの祖先が我々に与えられた最古のキリスト教の文学外のNTの(例えば、ローマのクレメント、イグナティウスのアンティオキア、およびpolycarp ) 。

学校のアレクサンドリア(クレメントと原産地)年末の早い段階で2番目と3番目の世紀にふさわしい通知は、このような作家としてエイレナイオスとしては、テルトゥリアヌス、ヒッポリュトス、およびチプリアーノです。

第4世紀に、これはすでに参照して、父親の、いくつかの最大の提供先とのすべての男性のようなアタナシウス、ヒラリー、バジル、グレゴリーのnyssa 、ナジアンゾスの聖グレゴリオ、アンブローズ、アウグスティヌス、クリュソストモス、およびジェロームです。

その他who年5月の間に記載されたcyrils 、 theodoret 、 2つの教皇レオグレゴリー私と私とは、非常にpatristic期間の終わりにジョンのダマスカスとISIDOREにセビリアのです。

しかし、これらは大企業のみを選択からの作家who 、広いと複雑なフロントに渡したの最古の教会で神学の壮大な試みです。

gw bromiley


(エルウェル福音辞書)

書誌事項


lcci - viii ; anfとnpnf ; gw bromiley 、歴史的な神学、 pt 。

私;億kWh lampe 、キリスト教の教義の歴史を、エドです。

笠原カンリフ-ジョーンズ; jndケリー、早いキリスト教の教義; b. altaner 、教父学です。

父親の使徒

カトリックの情報

キリスト教の作家は、最初と2番目世紀whoことが知られ、またはは、個人的な関係をしていたいくつかの使徒か、または影響を受けていたので記述しており、 5月に行われたエコーの真の使徒として教えています。

whoかかわらず制限されているが、実際にいくつかの弟子たちは、使徒は、項が適用され、特定の作家の拡張子をwhoと考えられているが、以前は次のような、実質的に取り入れ、キリスト教の文学のすべての原始遺跡事前日付の2番目の世紀の偉大な謝罪、とのリンクを形成して、これらの後者の伝統をバインド新約聖書の記述している。

キリスト教の名前は明らかに知られて文学の前に、 17世紀の終わりです。

という用語はローマ教皇の、しかし、教会を修飾するがよく使われて、人、文章などの2番目世紀の初めから、聖イグナチオときは、彼のexordiumの信徒へのtrallians 、あいさつの教会"の後にローマ教皇のようにします。 "

1672ジャンバティストでcotelier ( cotelerius )で公開彼の" ssです。 patrumホームtemporibus apostolicis florueruntオペラ" 、これタイトルは略して"蔵書patrum apostolicorum " lj ittig彼の盤(ライプチヒ、 1699 )と同じ作品を紹介します。

それ以来、広く使用される用語されています。

父親のリストに含まれるものの下に、このタイトルは、さまざまな、文芸批評を削除すると考えられていたいくつかの2番目who世紀の作家が、出版物(コンスタンティノープル、 1883 )は、新約聖書の1つのリストが追加されました。

長さの3つの重要なのは第一世紀の司教:聖クレメントのローマ、聖イグナチオのアンティオキア、と聖polycarpのスマーナ、その使徒との関係を親密な個人的な疑いの余地はない。

クレメント、ローマと3番目の大主教は、ローマ教皇の聖ペテロの後継者、 "神の祝福を見た使徒[ピーター、ポール]と通じているとしていた" (エイレナイオス、前売します。 haer 。 、 3世、 3世、 3 ) 。

イグナティウスは、 2番目の聖ペテロの後継者は、参照のアンティオキア(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 36 )と彼の人生の中で中心部に会ってキリスト教の活動がありますが、その他のローマ教皇のバンドです。

伝統的に受け入れ、裏付けされた類似のイグナティウスの考えを文章のアイデアは、使徒ヨハネは、弟子の聖ヨハネの彼を宣言します。

polycarpは"指示された使徒" (エイレナイオス、営業します。 〜 Cit 。 、 3世、 3世、 4 )と弟子の聖ヨハネのあった(ユーセビアス、営業します。 〜 Cit 。 、 3世、 36 ; V電源、 20 )の現代彼は20年近くです。

このほか、ローマ教皇の父親としてのランクは、厳しい意味では議論の余地のない、第一世紀の作家には、 2つの場所にそれらは一般的に譲歩:新約聖書の著者であるとし、著者は、 "信徒のバルナバ"です。

前者を肯定している彼の教えは、使徒、と彼の作品は、おそらく、現存する最古の平凡なキリスト教の文学作品は、彼の主張は、色をし、後者の場合でも、彼の仲間ではないと聖パウロ使徒は、開かれた多くの中には書かの最初の世紀の最後の10年間、および5月が来る使徒の下に直接影響を与えるが、彼の手紙を明確に提案することはありません。

拡張子は、構成され、現存の項を追加すると、サブ正規文学ローマ教皇の年齢、それが行われるようにには、 "羊飼い" hermas 、新約聖書の預言者、 whoは考えられていることによって参照される1つの聖パウロ(ローマ16 、 14 ) 、しかし、誰に安全な伝統的には私の兄のピウス( c.百四十〜百五十) ;のmeagreの断片を、 "展示は、談話の主" 、 papias 、 whoかもしれないの弟子の聖ヨハネの(エイレナイオス、前売します。 haer 。 、 V電源、 331から334まで)が、彼の指導を受けたほか、おそらく彼の手から2番目の"長老"そのような名前の(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 39 ) ;の"手紙をdiognetus " 、未知の著者である彼の弟子の使徒を肯定、しかし、彼の主張しなければならないの広義に解釈すると教育の精神に適合します。

に加えて、これらの記述があった旧含まれるもののいくつかの作り話には上の父親は、 "憲法"と"参事は、使徒"と認定さの作品をディオニシウスアレオパギタ、 who 、かかわらず、自らを弟子の使徒はない軸受彼の作品の著者名を入力します。

拒否されたかかわらず、通常の説教の擬似クレメント( epistola secundaクレメンティス)は考慮されていくつかの場所として価値のある父親の間の使徒としては、現代は、 "羊飼い" hermasです。

期間内に覆われ、これらの記述を拡張し、最初の数十年に及ぶ最後の2つの世紀には、新約聖書( 80-100 ) 、クレメント( c. 97 ) 、そしておそらく疑似バルナバ(九六から九八まで) 、経由の最初の半分2番目の世紀には、おおよその年表がイグナティウス、百十〜百十七; polycarp 、一一〇から一二〇まで; hermas 、その現在の形に、 c.150 ; papias 、 c.150 。

地理的に、ローマが表さクレメントとhermas ; polycarp書いたよりSmyrna 、そこからも送られる4つのイグナティウスの7つの書簡を書いたを通じて、家に帰る途中、小アジアよりAntioch ; papiasは、ヒエラポリスの司教のphrygia ;の新約聖書は、エジプトで書かれてまたはシリア;バルナバの手紙を、アレキサンドリアのです。

父親の記述は、使徒書簡の形は一般的に、ファッションをした後、正規の書簡、およびが書かれた、大部分のためではなく、指示の目的はキリスト教徒で大規模な、しかし、個人や地元の教会の指導のいくつかの渡す必要があります。

幸せは、作家がテーマのように増幅して、貴重な画像を与えるの組み合わせは、キリスト教社会での年齢の聖ヨハネの死を以下の通りです。

したがってクレメントは、父方の抑留者の教会を彼のケア、治癒するよう努力してコリントとのあつれきを主張して団結との原則を提出する権限を、ベストを助長するための平和;イグナティウス、熱烈な彼の教会に感謝の意をsolaced彼は彼の方法を殉教、文字の認識を送り返す、 admonitions反対する有力な異端満ちていると非常に精神的な結束を維持exhortationsの信仰を提出して司教; polycarpは、手紙を転送ignatianフィリッピ、送信、要求としては、単純なアドバイスや励ましの手紙をします。

バルナバとの手紙をすることを疑似diognetusは、 1つの論争は、申し訳なさそうに、他のトーン、同じフォームを維持しながら、広いように見えるを表示するには、サークルの読者です。

その他の3つの論文は、形式:新約聖書、典礼命令を手動での道徳とし、 "羊飼い"は、予約の教化、絶望的に形態では、教会の寓意で表現したものは、自分の子供たちとその欠点苦行を必要とし、 "展示" papias 、福音書の解釈の解説をします。

書かれたような状況の下、ローマ教皇の父親の作品の展示はないの体系を特徴とする学説やブリリアンシーのスタイルです。

" diognetus "文芸の技と洗練さ証拠だけです。

イグナチオに救援が目立つ彼の印象的な性格と深さを表示します。

彼の現在の書き込みをそれぞれの目的のために、主に対象とする彼の監査役の実際のニーズに、しかし、あふれんばかりの原始の慈善団体と熱意を、彼の心のメッセージをけってその忠誠を栄光のローマ教皇の遺産、現在の困難を激励し、抑留者の将来を脅かす危険性のです。

の支配的なトーンは、同胞の熱烈な献身的な愛情を信仰して、明らかに熱意の深さと幅は、作家が付与された使徒をします。

の3つの司教の手紙と一緒に、新約聖書の、心からの称賛の声の使徒、そのメモリの深い作家開催して親孝行;しかし、その認識は、無類の優位性も同様に効果的負担のマスターズは不在でアウトにされた手紙インスピレーションのトーンをはっきりとマルクの使徒の作品を紹介します。

他の急激な、しかし、気取らないスタイルへの移行の間に、父と、科学の使徒の形式の論文には、父のは、その後の期間です。

の熱烈な信心深さは、その日の日没後のローマ教皇の霊が見つからない再びこのような膨満とシンプルです。

手紙の呼吸が行われたような共感と配慮を重んじるされた初期のキリスト教徒とするいくつかの権限が与えられた、聖書はほとんど劣っている。

クレメントの書簡の日曜日は、アセンブリの続きを読むコリント中で2番目の世紀およびそれ以降(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 16世、 4世、 23 ) ;のバルナバの手紙を光栄には、同様にアレキサンドリア; hermasは、世界中で人気を集めキリスト教、しかし、特に、西です。

アレクサンドリアのクレメントによると、新約聖書の"啓典" 。

いくつかのローマ教皇の父親には発見された最古の写本は、新約聖書の最後には、正規の記述:クレメントが最初に作らを通じて知られ、 "コーデックスアレクサンドリア写本" ;同様に、擬似hermasとバルナバが付加された正規の書籍をする"コーデックスsinaiticus "です。

新約聖書の間に立って発しんの時代と文学世紀後半に2番目は、これらの作家オリジナルの要素を代表してキリスト教の伝統です。

彼らの主張を治療することはキリスト教の教義と実践を完了し、学術的な態度とすることはできません、したがって、すべての答えが予想されるキリスト教の起源に関する問題が発生します。

その沈黙上の任意の時点で彼らの無知さを実現することはできませんが、はるかに少ないの拒否;もがすべてを物語るように主張される可能性が知られている。

彼らの独断的な価値を教えるのは、しかし、最高のため、大昔の考慮して、ドキュメントや作家の能力を最も純粋なローマ教皇の教義を送信する。

そのためこのような事実を受け取っていないにも感謝の期間中に中世の神学的活動です。

肯定的神学に対する熱意の増加を中心に注意をスパムの17世紀のローマ教皇の父親;それ以来、彼らは熱心に証人尋問を信念と実践は、教会の中に、最初の2番目の世紀の半分をします。

その教えは、聖書に基づいて、すなわち、旧約聖書の、そして彼の言葉をイエスキリストと使徒です。

の権威を、後者は決定的です。

新約聖書かかわらず、キヤノンはまだ、これらの記述を判断するから、断定的に固定、それは意義深いことを除いて3番目の信徒の聖ヨハネと聖パウロのピレモンへの手紙の可能性を、すべての予約は、新約聖書は、それとなく触れられたように引用符または多かれ少なかれ明確にされ、 1つまたは別のは、ローマ教皇の父親が、引用からの"外典。 "

は非常にまれです。

同等の権限を、昔からの言い伝えが書かれた言葉は(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 39 ;私クレム。 、 7 )は、特定の引用を追跡しなければならないの"ことわざ"わたしたちの主の使徒ない発見された経典です。

meagreとしては、必然的に彼らの証言は、ローマ教皇の父親の証言をキリスト教徒の信仰の長さは神の謎の団結とトリニティです。

の三位一体説を信奉する数式が頻繁に発生します。

の場合、聖霊の神性のは、しかし、一度にそれとなく触れられたようにひっそりとhermas 、記憶しなければならないとしては、教会が反三位一体説を信奉する乱さないheresiesはまだありません。

その時代の支配的なエラーが発生は、キリスト仮現説は、これらの作家とその反論の機会を利用してfurnishes取引先の人よりイエスキリストの長さです。

彼は、救い主立っていた人の男性が必要です。

ちゅうちょなく彼の呼び出しイグナティウス神( trall. 、 7 ; eph 。 、私し、ここかしこに) 。

の救済論を形成してヘブル人への手紙の書簡をベースに指導します。

イエスキリストは私たちの高い僧侶(私クレム。 、 36 - 64 )で、その苦しみと死が私たちの償還( ignat. 、 eph 。 、私は、マグネス。 、 9世; barnab 。 、 v )を使います。

diog 。 、 9世) ;その血液が私たちの身代金を要求する(私クレム。 、 12 - xxi ) 。

特典交換の成果を、科学的に処理ではありませんが、一般的に死の破壊または罪は、不滅の贈り物を生活の男、との知識を神( barnab. 、四- V電源、 7 、 14 ;でした。 、 xvl ;私クレム。 、 24 - 25 ; hermas 、 simil 。 、 V電源、 6 ) 。

正当な理由は、受信した作品としても信仰とされ、これを明確には、善行の有効性を主張することは無益な使徒を代表して、父親としての適切な指導を理解するのに失敗する聖パウロです。

ポイントの対象の両方のセントポールとセントジェームズは、引用と見なさ補完(私クレム。 、 31 、 33 、 35 ; ignatします。 polyc 。 、 6 ) 。

良い作品が主張してさhermas ( vis. 、 3世、 1 simil 。 、 V電源、 3 ) 、およびバルナバproclaims ( c. 19 )彼ら救世の必要性をします。

その教会は、 "カトリック"教会、イグナチオを呼び出して、最初の時間( smyrn. 、 viii )在庫は、人々は、選択した場所には、 ;は、神秘的なキリストの体は、忠実なメンバーが、その中での一体性信仰と希望し、要求された慈善団体が相互援助をします。

この階層的な組織の結束が確保されるため、同省とinferiorsに権限を提出します。

この点についての教育は、ローマ教皇の父親のようにスタンドは、スパムの開発に事前にローマ教皇の期間の練習をします。

しかし、これは、おなじみのトーンに注意してからでは米国聖公会の機関が治療の可能性を除外するのが目新しい。

新約聖書の5月に対処するのはまだありません"預言者" 、 "使徒"と遍歴宣教師( - xi 、 13 - 14 )が、これは開発段階にない。

異常なことは、外部の現在の開発です。

クレメントとイグナティウス現在の階層は、組織的かつ完全に、その命令の司教、司祭、およびdeacons 、閣僚は、 eucharistic典礼temporalitiesの管理者を対象とします。

クレメントの書簡は、哲学の" apostolicity 、 "とその当然の結果、米国聖公会の承継します。

イグナティウスは、実用的なイラストを豊富に原則としてどのようなクレメント送付します。

のイグナチオ司教は、中心部の団結(エペソ人への手紙4 ) 、すべての人の権威に従う必要があります同じように、神は、その場所の司教のルール( ignat.にpolyc 。 、六;マグネス。 、 6 、 13 ; smyrn 。 、 viii 、西;歩道です。 、 12 ) ;のために団結し、発表申込のではなくては、安全保障の信仰のみです。

最高は、教会は彼の座席who保持してローマのサンピエトロ大聖堂で。

クレメントの介入は、担当のコリントとの言語を話すことイグナティウスはローマの教会のは、彼のexordiumの信徒へのローマ人への手紙に照らして理解しなければならないキリストのサンピエトロ大聖堂の請求をします。

ラウンドアウト、他の1つです。

最も深い崇敬の念を表すのメモリのサンピエトロ大聖堂に表示される文章のクレメントとイグナティウスです。

彼らカップル彼の名前なっていると聖パウロ、およびこれに効果的disprovesの使徒の対立は、これらの2つの仮定をトレーステュービンゲン理論の発展のふりを合同教会からの耳障りな使徒ペテロとポーリン派閥です。

間の秘跡は洗礼それとなく触れられたように、イグナティウスを指します( polyc. 、 2世; smyrn 。 、 8 ) 、およびhermas話すとしての道の入り口にするために必要な教会や救世( vis. 、 3世、 3 、 5 ; simil 。 、 9世、 16 )は、死を人生の道から( simil. 、 viii 、 6 ) 、扱うことが、新約聖書のliturgically ( 7 )です。

聖体は、新約聖書に記載されて、 ( 14 )とされイグナティウス、 whoを使用しての項を意味する"肉の救い主イエスキリスト" ( smyrn. 、 7 ; eph 。 、イグゼクス; philad 。 、 4 ) 。

贖罪のテーマは、 hermas 、と促したとしては、必要とする可能性が彼の頼みの綱who罪を一度洗礼した後( vis. 、 3 、 7 ; simil 。 、 viii 、 6 、 8 、 9日、 i1 ) 。

を参照して、新約聖書の罪を告白( 4 、 14 )と同じ効果がバルナバ( 19 )です。

独断的に付随するが、個々の指導の下に、それぞれの父親の名前が可能になったことです。

使徒の祖先は、グループとして、 1つの原稿が発見さはない。

文学史の各接続が可能になったことで、個々の研究です。

coteleriusが、最初の版は、上記の言及を(パリ、 1672 ) 。

それに含まれるバルナバ、クレメント、 hermas 、イグナティウス、およびpolycarpです。

を再版(アントワープ、 1698-1700 ;アムステルダム、 1724 ) 、ジャンルクレール(クレリクス) 、その他の物質に含まれるくらいです。

これらの最新のエディションは、聖公会の司教、 jbライトフット、 "父親の使徒" ( 5 vols学です。 、ロンドン、 1889-1890 ) ;簡略版、ライトフット- harmer 、ロンドン、 i 1集です。 、 1893 ;ゲプハルト、ハルナック、およびザーン、 " patrum apostolicorumオペラ" (ライプチヒ、 1901 ) ;およびFXフォンファンク、 " patres apostolici " (二次元エド。 、テュービンゲン、 1901 ) 、すべての豊富な検索が可能になったことをして前の2つの世紀文学のです。

仕事の最後の名前が初めて登場(テュービンゲン、 !です。私、 1878 、 1887 ; !します。 2世、 、 1881 )第5版のヘーフェレとしての"オペラpatr 。 apostolicorum " (テュービンゲン、 1839 ;第4エド。 、 1855 )で強化されたノート(重要な、解釈、歴史) 、 prolegomenonの複数形、インデックス、および、ラテンバージョンです。

2番目の版だけの要求をすべて満たして、これらの古代の重要なプレゼンテーションや重要な文書、および、その導入やメモを提供して最高のカトリックの論文の件名です。

出版物の情報執筆者ジョンB.ピーターソンです。

ニコレットormsbee転写されています。

のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。

ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。

公認、 1907年3月1日です。

レミlafort 、標準、検閲です。

許可します。

+ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

書誌事項

pg (パリ、 1857 ) 、 Ⅰ 、 Ⅱ 、 v ;工学

tr 。

に事前-ニカイアライブラリ(エジンバラ、 1866 ) 、私、および米国のエドです。

(ニューヨーク、 1903 ) 、私は、一から百五十八;フレペル、レペレスapostoliques et leur époque (パリ、 1885 ) ; batiffol 、ラリットです。

eccl 。

grecque (パリ、 1901 ) ;オランダは、ローマ教皇の父親(ロンドン、 1897 ) ; wake 、 、正規の書簡は、ローマ教皇の父親(ロンドン、 1893 ) ;フレミング、初期キリスト教の目撃者(ロンドン、 1878 ) ; crutwellは、文学史の初めに、キリスト教(ロンドン、 1893 ) 、私は、二一〜一二七;オックスフォード社会の歴史的神学は、新約聖書は、ローマ教皇の父親(オックスフォード、 1905 ) ;ライトフットでdictのです。

のchrです。

biog 。 、 sv文書;は、教義を参照してくださいtixeront 、 histoireデdogmes (パリ、 1905 ) 、私は、 115から163 ; bareilleでdictのです。

デtheol 。

猫です。

(パリ、 1903 ) 、私は、 1634年から1646年; bardenhewer 、 geschichte d.

altkirchlです。

リットです。 、 i.

父親の教会

カトリックの情報

の魅力を、父親の

分類patristic記述

ローマ教皇の父親と2番目の世紀

第3世紀

4世紀

5世紀

6世紀

patristic特性を記述

論評

説教師

作家

東と西

神学" >神学

規律、典礼、 ascetics

歴史的な材料

patristic研究

という言葉で使用されて新約聖書の父は教師の精神的なものを意味し、その魂を意味するのに似ている人はキリストの誕生を再度: "万インストラクターをすれば、キリストは、多くの父親に対するレビューはまだないです。イエスキリストは、福音を、私はbegetの過去分詞形です。どうして私嘆願を、なたがた信者にしてくれて、私も時としてイエスキリスト" ( 1コリンチャンス4:15 、 16 ;継続前誌です。ガラテヤ人への手紙4:19 ) 。

キリスト教の最初の教師として話さ総称されるように見える" 、父親の" ( 2ピーター3時04分) 。

このように定義されてirenæus聖は、父は、教師と弟子は、息子( 4 、 41,2 ) 、と言うのでアレクサンドリアのクレメント( strom. 、私、私は、 1 ) 。

司教は、きっぱりと、 "父親はイエスキリスト" 、両方のため、彼は、初めに倍、 who洗礼を受けたすべての彼の群れ、およびなぜなら、彼は彼の教会の主任教師です。

しかし、彼はまた、初期の祖先と考え、このようとしてhegesippus 、エイレナイオス、およびテルトゥリアヌスとしての伝統は、受信者の彼の前任者は、参照、およびその結果の代表者としての信仰の証人と彼の普遍性と世界の教会の前です。

それゆえの表現" 、父親の"自然には神聖な司教に適用されるのは、上記の年齢、かどうかの最後の世代の先頭またはより詳細なので、彼らは、親は、その膝の教会の教え今日は彼女の信念です。

にも適用することは著名な方法を司教会議に座って、 "父親のイズニク" 、 " 、父親のトレント"です。

したがって、父親は父親から学び、そして、最後の手段からの使徒、 whoは、この意味での父とも呼ばれる: "彼らはあなたの父" 、レオは言う通り、王侯は、使徒、スピーキングは、ローマ人への手紙;セントです。ヒラリーアルルで呼び出してサンクティpatres ;クレメントのアレキサンドリアによると、彼の教師、よりギリシャ、イオニア、 coele -シリア、エジプト、オリエント、アッシリア、パレスチナ、それぞれ、利きしていた、彼は祝福の伝統を教えるよりピーター、とジェームズ、ジョンとポールは、受信側が"父親として息子から"です。

それ以下の通りで、私たちの祖先は、前任者として教えた経験who問い合わせは、父親のため、全体の教会は特に、以前の教師、 who指示彼女の授業は、使徒は、彼女の中に最初の乳児期と成長します。

を定義することは難しい時代の最初の教会のか、またはの年齢には、父のです。

これは、共通の習慣の初期の研究を停止するには、カルケドン公会議で教会451 。

" 、父親の"確かに含める必要があります、西に、聖グレゴリーの大(民主党604 ) 、および東、聖ヨハネダマシン(民主党約754 ) 。

これは頻繁によると、セントバーナード(民主党1153 )は、最後には、父の、およびミーニュの" patrologiaラティーナ"拡張され無実の3世、たどたどしいだけで13世紀を目前にしながら彼の" patrologia graeca "が限りフィレンツェの評議会(一千四百三十八から九) 。

これらの制限は明らかにあまり幅が広い、それはその偉大な功績を検討する最良のセントバーナードは作家としての彼のスタイルと似ているが、父親の間の最大の問題を、期間の違いにもかかわらずです。

聖ISIDOREにはセビリア(民主党636 )と、由緒あるビード(民主党735 )のうち、父親の分類されるが、かれらによると5月に誕生されたタイムアウトの項目が存在として聖studiteは、セオドアのは、東です。

第父親に訴えるものがある

このように、父親という用語の使用を継続され、まだありませんことができなかった最初彼は採用され、モダンな感覚を正確には、教会の父親です。

初めに日中の表現作家whoは言及を入力し、かなり最近のことです。

これはまだ適用されるこれらの作家を問い合わせwhoは、昔の、しかし、もはや作家と同じ方法を今すぐwhoは、最近のことです。

訴えに、父親のは、伝統の訴えを細分のです。

で、最初の2番目の世紀の半分を開始するに控訴してサブ使徒年齢: papias控訴してpresbyters 、および経由して、使徒です。

聖irenæusサプリメント半世紀への訴えを込めて、この方法の伝統を後世に継承されたすべての教会の司教( adv. haer 。 、 3世、私- 3 ) 、およびテルトゥリアヌスclinchesこの引数として観測される同意のすべての教会、自分たちの伝統はセキュリティで保護さ、かれらのすべてができませんでしたstrayed偶然にも、同じエラー( praescr. 、 28 ) 。

そのために教会の魅力とその司教は、司教が権限なししかし、指数の教会の教義のです。

遅ければ、 341の司教会議でアンティオキア献身宣言: "我々は特定の信者のアリウス;のはどのよう我々は、 whoは、司教、司祭に弟子のですか? "

まだゆっくりと、死亡したとして控訴してpresbytersアウト、があったの訴えを提起され、教会の側面に3番目の方法:カスタムの魅力をキリスト教の教師が、必ずしもwho司教です。

一方、教会は、グノーシス主義の学校が教会の代わりに、内の教会、カトリック系の学校が育っています。

哲学者のような、多くのジャスティンと2番目の大部分世紀の擁護派が宗教的推論については、偉大な問答式のスクールオブアレキサンドリアは、名声の集まりです。

聖人のような大きな司教とアレクサンドリアのディオニュシオス、グレゴリー奇跡を行う人のポントス、 firmilianのカッパドキア、エルサレムとアレクサンデルの弟子たちが自信を持って、司祭が原産地です。

毎日の司教チプリアーノと呼ばれる僧侶の作品は、テルトゥリアヌスの言葉で"私のマスター"です。

古代の総主教アタナシウスを指しますhomoousiosという言葉の使用ではなく、単に2つのdionysiiして、しかし、司祭theognostusしています。

これらの司祭はまだありません-教師はまだ父親と呼ばれる、との最大のこのうち、テルトゥリアヌス、クレメント、原産地、ヒッポリュトス、 novatian 、ルシアン、たまたま混じっている異端;なった2つのantipopes ;アリウス主義の父親の1つは、もう一つは、死刑囚された総務会です。

いずれの場合も私たちの言葉適用して使用されるかもしれないセントヒラリーのテルトゥリアヌス: " sequenti errore detraxit scriptis probabilibus auctoritatem " ( comm.のマットです。 、 V電源、 1 、引用元のヴァンサンlérins 、 2.4 ) 。

アピールは、より良い形で4番目の設立と永続的な値です。

結局それだけでなく司教が登場し司祭は当てにならない。

2番目の世紀の司教が正統派です。

第三にしばしば見欠けていた。

第4 schismsていたため、これらの指導者、およびheresies 、 donatistは、 meletianと牡羊座生まれのトラブルや、長期の闘争ではいくつかのが見つかった陰湿な迫害に断固反対するのコンスタンティウスです。

話をしてそれで見たことがあるの真の父親は、これらのカトリック教会は、教師who perseveredでは彼女の聖体拝領し、正統派として認識され、その指導されています。

パスをするので、来て、 4つの"ラテン医師"司教の1つではない。

2つの父親は司教who宣言している医師も、教会、ビードとジョンダマシン、外部の医師のうちの2つのpatristic期間を見つけるの他の司祭は、セントバーナードとの最大の無類のすべての神学者、聖トマスアクィナスです。

いや、いくつかの作家がこのような強大な権力は、中世の時代に学校boethius素人として、多くの神学commonplaces 、その定義はまだです。

同様に(私たちに渡すことがあります)の名前"父" 、これに属して司教もともと、されに委任することが司祭として、特に閣僚は、聖餐式の苦行です。

それは今ではフォームのアドレスをすべての司祭、スペイン、アイルランド、および、近年では、と米国は、英国のです。

パパスまたはpappas 、教皇は司教の任期を全うする著名なの尊重を(例えば、手紙を聖チプリアーノと聖アウグスティヌス-どちらも、これらの作家に取り組むように使用して他の司教、聖アウグスティヌスの書き込みをローマ場合を除き、 ) 。

結局、この言葉は予約され、ローマとアレクサンドリアの司教;はまだありませんが、東今日のすべての司祭は、 "法王"です。

アッベアラム語が使われ、早い時期から、上司の宗教家です。

しかし、大修道院に付与を通じてcommendamの乱用をseculars 、丁寧のタイトルを持っていることがすべての世俗の聖職者も、 seminaristsイタリアで、特にフランスでは、宗教的な一方、すべての司祭としてアドレス指定さwhoは、 "父"です。

私たち受信のみ、バジルは言う通り、我々はどのように教わって、聖なる父;と彼はまた、彼の教会の信仰は、神聖なcaesareaイズニクは長年にわたり、父親の注入( ep. cxl 、 2 ) 。

聖グレゴリー高速nazianzen保持を宣言し、教育を彼から聞いた彼は神聖なoracles 、と教えられたのは、神聖な父親です。

これらのcappadocian聖人にアピールするようにしても、最初の本当のカテナの父親です。

の魅力を1つまたは2つは既に共通のに十分な;しかしすら考えていたのを学んだユーセビアス当局に長い文字列です。

聖バジル、例えば(デスピール米、 2世、 29 ) 、数式を引き合いに出して"は、聖霊"は、頌栄、エイレナイオスの例を、アレクサンドリアのディオニュシオスクレメントと、ローマのディオニュシオス、ユーセビアスのcaesarea 、原産地、アフリカヌスは、 preces lucerariaeは、照明のランプによると、アテナゴラス、グレゴリー奇跡を行う人、 firmilian 、メレチウスです。

このメソッドは、 5世紀になった紋切り型のカスタムです。

聖ジェロームは、おそらく、最初の執筆者を自分の解釈を確立しようとされるテキスト文字列をexegetes ( ep. cxii 、広告の掲載8月) 。

パウリヌスは、伝記作家の聖アンブローズ助祭と、彼は、 libellusを提示pelagians法王ゾシモスに反対する417 、引用符チプリアーノ、アンブローズ、グレゴリーnazianzen 、との政令の後半インノケンティウスです。

引用符で420セントオーガスティンアンブローズ反対するチプリアーノと同じ異端( c. duasエップ。ていません。 、 4 ) 。

ユリウス暦を引用符でeclanumクリュソストモスとバジル;聖アウグスティヌスの返信を彼に421 (コントラjulianum 、私)をエイレナイオス、チプリアーノ、 reticius 、 olympius 、ヒラリー、アンブローズは、アフリカの審議会令、および上記のすべての罪なき人の教皇とゾシモスです。

彼が通過すると主張し、これらの欧米の著名な作家を超える十分な、しかし、ユリウス暦の控訴していた東の東に、彼は行くと、サンに追加グレゴリーnazianzen 、バジル、会議のdiospolis 、クリュソストモスです。

これらの彼はジェローム( c. 34 ) : "も必要ジェローム思うので、彼は、司祭は、軽蔑される"と賛美を追加する。

これは面白い、ジェローム覚えているときに私たちの刺激に駆られ、 15前に、アウグスティヌスが書き込ま( ep. cxlii ) "はありませんエキサイト私の愚かな群衆に対して、無知、 who尊敬する司教として、および受信するの名誉のために朗読するときには、教会の高位聖職者が、彼らのことを軽視してくれて、老人は、近くの老朽化、私の修道院がその国の孤独です。 "

2番目の本"コントラjulianum " 、聖オーガスティン再びアンブローズ頻繁に引き合いに出して、とチプリアーノ、グレゴリーnazianzen 、ヒラリー、クリュソストモス;の2世、 37 、彼recapitulatesの9名(省略審議会、教皇の代など) 、追加( 3世、 32 )無実とジェロームです。

数年後、南部のsemipelagiansガウル、 whoが率いるセントヒラリーアルル、セントビンセントのlérins 、およびbl 。

カッシア、聖アウグスティヌスの重度の受入を拒否する対象の宿命のため" contrarium putant et patrum opinioni ecclesiastico sensui "です。

その対戦相手セント繁栄、 whoはaugustinianismしようとして変換して、不満: " obstinationem suam vetustate defendunt " ( ep.間atigです。 ccxxv 、 2 ) 、およびかれらは言ったことは絶対にありません教会の作家はこれまで通り解釈として非常にローマ人への手紙アウグスティヌスは-これはおそらく真の十分ではありません。

このような態度の利益のために嘘という事実は、そうでない場合は、少なくとも他の新しいよりも以前のように明確な古代です。

第4世紀の大半を、その論争を有効に啓典ariansいた、との訴えを過去の権威ではなかった。

しかし、国会を解散していたことは、最も印象的な遺伝子座の祖先theologicus 、かれらに簡単に組み立てできませんでしたを形成するために確実に決定的なテストです。

その一方で最大の4世紀の終わりに、実質的に何の絶対確実な定義がご利用には、非難のheresiesを除いて、主に教皇です。

反応時間は、お金をヴァレンスの原因とされて東に向かって正統派の保守派を描画し、正統派からの回復を準備して力をテオドシウスは、意思決定が起こり始めてニカイアとして極めて神聖な時に顔ており、その理事会には優先して他のすべてのユニークな地位が上です。

を430 、日付の私たちに達し、大量の信条は、今で言う崇敬の東、良かれ悪しかれかどうか、父親としての仕事をするコンスタンティノープルの150で381 、および新しいローマ法王の意思決定があったにも、特にtractoria教皇ゾシモス、これで送信される418ていた、世界のすべての司教が署名をします。

これは生活権威、という考えを前面に来ていたので、その通りに魅力的繁栄は、彼の論争をlerinese学校です。

ガウル行ったときは、 431 、ローマ法王の特使として、聖アウグスティヌスの死の直後、彼はこう答えた。困難にして、サンの難しいことではなく、引数reiterating 、しかし彼からの手紙を撮影法王聖セレスティンではセントです。アウグスティヌスは、毎年開催されてextolledされている法王の前任者される"インターmagistros optimos "です。

誰も彼を軽視することができるように、それではないによると、彼のすべての単語をれるようになります。

控訴していたのdisturbersローマ教皇庁、との回答は" desinat incessere novitas vetustatem " ( letノベルティ古代への攻撃をやめる! )です。

付録が追加されますが、古代の父親の意見を聞いていないのが、最近の教皇、修道僧who以来、非常に同じ考え過ぎる聖アウグスティヌスは、本職(によると、この付録) "を承認して、追跡と、最も神聖なものだけを参照使徒の祝福されたピーター省の認可とその教えprelates "です。

したがって次のようにリストを表示"の判断は、支配者は、カトリック教会" 、いくつかの文章が追加されましたがアフリカの会"は、実際のローマ教皇の司教は自分のときに承認して"です。

これらのinviolabiles sanctiones (約レンダリング私たちかもしれない"絶対確実な発言" )の祈りが付加さで使用されて秘跡"ユタcredendiの法律に従ってstatuat supplicandi " -、頻繁にm isquotedフレーズ-と結論として、それは使徒を宣言して、これらの証言を参照のに十分な、 "ですから、私たちはすべてのカトリックを考慮しないようにどのように表示されるものの決定に反して私たちが引用"です。

したがって、意思決定は、ローマ教皇の参照をつけるとは非常に異なるレベルでは、再生回数の聖アウグスティヌスは、いつもと同じようにサンの間の区別が大幅にドリューアフリカの解像度の抽出物から、父親の審議会、または、 1つの手を検索する、とローマ教皇の無実とゾシモスの政令で、他のです。

3年後の有名な文書を放ってからの伝統とその使用lerinese学校は、 " commonitorium "のセントビンセントです。

彼は全体のような心で受け入れ、ローマ教皇の手紙をセレスティン、と彼は引用符でそれを証人として非常に魅力的権威と自分自身の教義をubiqueそしてどこか、または世界では、は定かではなく、有効にしなければならないおよびゼンパーか、またはantiquitasです。

彼の目的のものがないほどに、法王のより: " desinat incessere novitas vetustatem 。 "

評議会のエフェソスœcumenicalていたのと同じ年に開催されたセレスティンに記している。

その行為が前にセントビンセント、と彼は顔を明確にすることは教皇と会議の両方に決定的な著者です。

これを確立することが必要、前を向いて彼の有名な、キヤノン、およびubique 、およびゼンパー、そして世界の他のアルバータオムニバス、 antiquitas 、 consensioです。

新しい基準ではない、他のことは、非常に表現されて自殺した。

しかし、決してこれが見事には、教義的に言えば、これlimpidly説明したので、十分に例示します。

さえ、上の教義の進化の法則によって定義されることは到底ヴァンサンの言語の正確さと活力を突破した。

セントビンセントのトリプルテストは完全に誤解されて撮影される場合には、通常のルールの信仰です。

すべてのカトリック教徒のようなルールを、彼は普通の生活にmagisterium 、教会、と彼は、正式な意思決定を前提としてうその疑いでローマ教皇の例を参照、または一般的な会議です。

しかし、疑い例発生時にそのような意思決定が近日出版されます。

入力し、それは適用されるの3つのテストではなく、同時に、しかし、必要に応じて、連続しています。

ときにエラーが発見さの角を1つの教会、その後、最初のテストは、世界の、そしてubique 、反論は、反論の余地のない、またより詳細を調べる必要がある( 3 、 7 、 8 ) 。

しかし、全体の教会の場合は、エラーが発生攻撃して、次にantiquitas 、およびゼンパーを不服として、それは、目新しさの前に、既存のコンセンサスが起こりました。

とはいえ、 1つまたは2つは、前の期間教師、偉大な名声を得る男性も、過ちを犯すことがあります。

そして私たちを行かせる入力し、自分アルバータオムニバス、 consensio 、数多くの反対する(可能ならして総務会;ていない場合は、審査の文章を) 。

それらのいくつかは、裁判の信仰"あなたユタtentetフェステル主デウス" (申命記13時01 sqq 。 ) 。

マグナは、試験のためテルトゥリアヌス;これは、原産地-実際の最大の誘惑のすべてのです。

しなければならないときに知っているかで何が新しく導入された一人の男は前に知られていないか反対かのすべての聖人を超え、それを特定の宗教に関するしかし誘惑(イグゼクス、 49 ) 。

whoは、 "聖人"を誰にアピールですか?

の定義を、返信は、 "父親の教会"に与えられたすべてのセントビンセントの独特の精度: "彼らの間だけでmajorem consulat interrogetque sententias 、 eorum dumtaxatホーム、 temporibus et diversisに違反しlocisは、 ecclesiaの複数形uniusしかしcatholicae communione et fide permanentes 、 magistri probabiles exstiterunt ; et quicquid以外のどちらか1つだけデュオ、 sed全pariterウノーeodemque consensu率直に、 frequenter 、 perseveranter tenuisse 、 scripsisse 、 docuisse cognoverit 、番号シビintelligat absqueウッラdubitatione credendumまた" ( 3世、 8 ) 。

この先何が明白な文章で定義されて右側の道の魅力を、父親の、何かを説明すると、イタリック体の言葉を完全には、 "父" : "これらの単独who 、かかわらず、多様な時間と場所、時間はまだありません辛抱強い、聖体拝領と信仰は、 1つのカトリック教会は、教師が承認されています。 "

同じ結果が得られた近代的神学者は、その定義;例えば、このように定義されてfesslerを構成するもの"父" :

正統派の教義と学習;

ホーリネスの生活;

(現今では) 、特定の古代です。

私たちの基準で判断するのかどうかを作家は、 "父"かどうかは:

総務引用されたか、または

ローマ教皇の公共の行為に関する対処して教会や信仰;

encomiumは、ローマの殉教者名簿として" sanctitate et doctrina insignis " ;

公共世紀初めに読んで教会;

引用は、褒め言葉としての権威として信仰され、いくつかの他の有名な父親です。

早期の作家、教会に所属するかかわらず、この基準に達するwhoに失敗する作家は、単に教会( " patrologia " 、エドです。ユングマン、あなたのです。私は、 # 11 ) 。

その一方で、ここでの魅力は、その作家の権威をしないように、しかし、彼の証言は単に彼の信念に必要な時間を、 1つの別の作家としては良い、と指摘場合、父はこの目的のために、それは彼は父親としてではなく引用し、しかし、事実だけを証人としての役目を彼によく知られています。

ドグマの歴史のため、したがって、教会の作家の作品をwhoだけではありませんが承認されると、異端だが、同じように貴重なとしては、しばしばそれらには、父のです。

その一方で、父は時折、目撃者の1つの偉大な教義の重量を取るときに単独、もし彼が指導するアジ研上で彼は教会として認識される特別な権限を、例えば、聖アタナシウスの神性を検索する息子、聖アウグスティヌスは三位一体など

は、いくつかのケースでは、一般理事会が賛同して与えられた仕事をする父、最も重要な2つの文字がアレクサンドリアの聖シリルは、評議会がエフェソスを読む。

しかし、父親の権威をシングルに考慮さ自体は言うfranzelin (デtraditione 、論文15 ) 、 "絶対に正しいかではない有無を言わせぬ;かかわらず信心深さと音神学上の理由で同意するものとし、個人の意見をこのように扱われる軽くはない、と必要がないわけではある意味で解釈される大きな注意が衝突して共通の教義の他の父親です。 "

その理由は明らかに十分な;彼らは神聖な男性、 whoはないと推定されるには教義を目的とし、教会から外れると、その不確かな発言は、そのために服用して最高の感覚をされている可能です。

で説明される場合にすることはできません。正統派の意味では、認めざるを得ないいるわけではない私たちの最大のは、無知や不慮のエラーや免疫から無名のままです。

しかし、上での使用には、父の神学的な点がございましたら、この資料の伝統と、通常の独断的な論文を対象に相談しなければならないように適切に対処するには、ここだけの歴史的発展を使用します。

の件名は決して独断的な神学の一部として扱われて上昇するまで、今すぐ何が通称" theologia fundamentalis "は、 16世紀は、創業者がベラルミーノメルヒオールcanusとします。

議論を元には、使用するには、父の信仰を決める際の質問(デlocis theologicis 、 7 ) 。

プロテスタントの宗教改革の権威を攻撃するには、父のです。

これらの反対派は最も有名なdalbeus (ジャンdaillé 、 1594-1670 、 " traitéデl'雇用デ聖人pères " 、 1632 ;はラテン語"デ有珠patrum " 、 1656 ) 。

しかし、その反対は忘れて久しい。

トレースの開発に使用するには、父の最大の頻繁な雇用の期間、およびその正式な声明の中でのセントビンセントlérins 、それはよくを与えるの継続を一目見て、練習します。

私たち見たことは、 431 、セントビンセントことが可能です(予約をされ、不当に撮影されるほとんどの論客に対して、単なる聖アウグスティヌス-これは十分に反論する考えを使用することメイドイン聖セレスティンの手紙)の意味とメソッドを定義するpatristic控訴します。

その時以降から彼らは非常に共通です。

評議会は、エフェソス、 431 、セントビンセントとして指摘するように、聖シリル提示したシリーズの父親からの引用、 tôn hagiôtatôn甲斐hosiôtatôn paterôn甲斐episkopôn diaphorôn marturôn 、これは読んで、モーションのフラウィウス、司教のフィリッピです。

彼らは私よりピーターアレクサンドリアの、殉教者、アタナシウス、教皇ユリウスとフェリックス(偽造) 、テオフィロス、チプリアーノ、アンブローズ、グレゴリーnazianzen 、バジル、グレゴリーのnyssa 、アッティクス、 amphilochiusです。

その一方でeutyches 、コンスタンティノープルを聖フラウィウスを試みたときには、 449 、受け入れを拒否して当局のいずれかの父または協議会としては、自分自身を閉じ込め教典は、彼の立場を恐怖の審査員( eutychesを参照) 。

聖レオは、次の年に送ったlegates 、 abundiusとasterius 、証言者のリストをコンスタンティノープルとヒラリー、アタナシウス、アンブローズ、アウグスティヌス、クリュソストモス、テオフィロス、グレゴリーnazianzen 、バジル、シリルアレクサンドリアのです。

彼らはその都市で調印さが、生産はカルケドン公会議では、次の年です。

その時以来、カスタムは固定し、例を与えることは不要です。

しかし、 6番目に重要な会議には680 :法王聖agatho長いシリーズの抽出物から送られるローマ、との指導者は、 monothelites 、マカリウスのアンティオキア、別の提示します。

両方のセットを慎重に確認されたライブラリは、家長の位からコンスタンティノープル、および密封します。

注意すべき点は、それは決してそのような場合に必要な思考をトレースする教義を省略している最古回;セントビンセント要求して証明書の信念の教会の前に疑いが生じた-これは彼の概念をa ntiquitas;との適合性このビューを表示する、引用され、父親の審議会、教皇の代などと父親には、ほとんどの部分を最近の(ペタヴィウス、デincarn 。 、 14 、 15 、 2-5 ) 。

での最後の年の5世紀の有名な文書で、教皇の代などに起因するとgelasiusホルミスダス、政令に拍車を382聖ダマソの書籍のリストが承認されると、それらの不承認と別のです。

フォームの現在の構成のリストを承認父親チプリアーノ、グレゴリーnazianzen 、バジル、アタナシウス、クリュソストモス、テオフィロス、ヒラリー、シリルアレクサンドリアの( 1つの原稿に欠けている) 、アンブローズ、アウグスティヌス、ジェローム、繁栄、レオ( "すべてのイオタ"フラウィウスのトメには利用されて破門される) 、および"また、論文のすべての正統派の父、 who偏がないよりは旅の仲間は、神聖ローマ帝国の教会、そして彼女の信仰とは説教から分離さですが、 participatorsを通じて神の恩寵までの人生の最後に彼女の聖体拝領;また、法令の手紙、これはほとんどの祝福教皇様々な時に与えられた様々な父親に相談され、尊敬される受信されると"です。

オロシウス、セドゥリウス、およびユーベンクスは賞賛します。

ルフィヌスと原産地が拒否されました。

ユーセビアスの"歴史"と"クロニクル"は完全に非難しないように、かかわらず、彼らの別の部分のリストとして表示される"外典"とテルトゥリアヌス、ラクタンティウス、アフリカヌス、 commodian 、アレクサンドリアのクレメント、 arnobius 、カッシア、 victorinusのpettau 、ファウスト、および異端の作品を、聖書や偽造書類です。

父親の後を常に使用して、以前の記述です。

例えば、アルルのドリューcaesariusセントで自由に聖アウグスティヌスの説教し、彼自身のコレクションを体現して;聖グレゴリーの大が大きく自分自身を設立聖アウグスティヌス;聖ISIDOREに休息時のすべての彼の前任者;セントジョンダマシンさんの素晴らしい仕事は、合成patristic神学です。

聖ビードの説教は、父親の大チェントからです。

セレクションeugippiusは、聖アウグスティヌスの記述から、これは、巨大な流行します。

カッシオドルスは、コレクションの論評を選択し、さまざまな作家の教典のすべての書籍です。

聖ベネディクト特にお勧めpatristic研究では、と彼の息子たちが彼のアドバイスを観測: "広告perfectionem conversationisホームfestinat 、 sunt doctrinae sanctorum patrum 、 quarum observatio perducat人に広告celsitudinem perfectionis 。 。 。 。 。 sanctorum catholicorum patrum独立した特別以外の何resonat 、ユタ直腸cursu perveniamus広告creatorem私達のですか? "

( sanetレギュレーション、 73 ) 。

florilegiumの複数形となったcatenaの複数形から5世紀以降の共通です。

彼らは大半が匿名が、それらの名の下に、東に行くœcumeniusはよく知られています。

全体のすべての最も有名な中世の時代には、 "舌ordinaria " walafridストラボンに起因する。

"カテナアウレア"聖トマスアクィナスはまだ使用中です。

(参照catenaの複数形、との貴重な物質によって収集さヘイスティングスターナーが、 dictのです。は、聖書、 V電源、 521 。 )聖アウグスティヌスは、最初の早期として認識され、欧米の父親は、彼の聖アンブローズと聖ジェローム側です。

聖グレゴリーの大が追加されました、およびこれらの4つは"医師のラテン語" 。

聖レオは、いくつかの点での最大の神学者は除外すると、アカウントの両方での彼の作品の不足、および彼の手紙という事実をはるかに高い権威としてはローマ法王の発言です。

は、東聖ヨハネクリュソストモスは常に最も人気の、彼は、ほとんどの膨大な、には、父のです。

との大聖バジル、修道の父、およびセントグレゴリーnazianzen 、彼の信仰の純度で有名な、彼は上の3人組と呼ばれる"の3つの高僧" 、おなじみの、現在の1日最大東部のアートです。

聖アタナシウスされたこれらの西部劇が追加されましたので、 4つの回答を4つのかもしれない。

(医師は、教会を参照。 )

観測されることの多くは、作家のリストゲラシアン住んで否決されると死亡したカトリックの聖体拝領、いくつかの部分が不正確に記述、例えば、カッシアsemipelagianに起因するとエラーが発生ファウストゥスは、 1000年至福の結論の解説をvictorinusアポカリプス(聖ジェローム発行の削除修正版は、 1つだけを印刷としてはまだありません)は、不健康の失われた" hypotyposes "のクレメントなど、このような作家からといって話を妨げ、ジェロームとしてヒラリーがされ、 " inoffenso pede percurritur "です。

他のすべての重要な教義として、教会(を除いては、キヤノンとインスピレーションの啓典)年5月であることが立証か、または少なくともイラストレイティッド、より啓典は、広いオフィスの啓典の解釈の伝統は、との権威には、父のがここに、非常に重要である。

にもかかわらずされることが続くときにのみ入力し、必ずしもすべての人は、 1つの心: "ニモ。 。 。 。 。コントラunanimum consensum patrum ipsam scripturam sacram interpretari audeat " 、評議会によると、トレント;や信条のピオ4世は、同様に: " 。 。 。 。です。 unquamそうでなかったらそばに当社プライズアセットunanimum consensum patrum accipiam et interpretabor "です。

バチカン公会議のエコートレント: " neminiてください。 。 。 。 。コントラunanimum sensum patrum ipsam scripturam sacram interpretari 。 "

コンセンサスには、父のではない、もちろん、予想される非常に小さな問題があります: " quaeしかしsanctorum patrum consensio旧divinae以外の法令のオムニバスquaestiunculis 、 sed certe praecipue 、信仰のレギュレーションマグノSolumのスタジオet investigandaはnobis et sequenda " (ヴァンサン、 28 、 72 ) 。

このメソッドではない、追加セントビンセント、根っからの反対と広範なheresiesではなく、むしろ反対ノベルティ、彼らに直接適用されるが表示されます。

ほとんどが与えられるのインスタンスがより良い方法を養子論よりも達成して評議会は794フランクフォートに、またの原則がより表明され、父親のが良いの評議会:

"あなたイントラterminos tenete patrum 、他noliteノversare quaestiunculas ;広告nihilum enimそうでなかったら広告subversionem価audientiumです。 sufficit enim sanctorum patrum vestigia sequiあなたのため、他これらの会社テネレfide dictumの複数形です。 enim illi 、ドミノ達のexstiterunt fide et doctoresで終身ductores ;クォーラムet sapientia spirituデイ全libris legitur inscripta 、他生命meritorum miraculisクララet sanctissima ;クォーラムanimaeアプドdeumデイfilium 、マグノdnjcプロpietatis labore caelis君臨しています。 hosエルゴご喪失virtute 、トトcaritatis affectu sequimini 、 beatissimi fratres 、ユタhorum inconcussa firmitate doctrinis adhaerentes 、コンソーシアムaeternae beatitudinis 。 。 。 。 。 mereaminiでごっillisアベールcaelis " ( " synodica広告episc 。 " mansi 、 13 、八九七から八まで) 。

優れた行為と信仰の伝統の中の教会は、シャルルマーニュ( ibid. 、 902 )は、同じ行事:

" antiquisのab initio apostolicae sedi et nascentis ecclesiaの複数et traditionibusごcatholicis正気intentione 、心臓のごalacritate 、私conjungoです。 quicquid 、これらのlegitur libris 、ホーム神のspiritu afflati 、全部のクリスト以前sunt doctores deo orbiを、知ってindubitanter ;特別広告salutem animae meae sufficere credens, quod sacratissimae evangelicae veritatis pandit historia, quod apostolica in suis epistolis confirmat auctoritas, quod eximii Sacrae Scripturae tractatores et praecipui Christianae fidei doctores ad perpetuam posteris scriptum reliquerunt memoriam."

Ⅱ 。

分類patristic記述

良い対象を得るために、 patristic期間中、 5月に分かれて、父親の様々な方法があります。

好きなメソッドは、 1つのピリオド;アンティ-ニカイア父親まで325 ;第4世紀の偉大な父親との半分の5番目(三二五〜四五一) ;と、後の父親です。

もっと明白な課は、西部劇をeasternsとし、構成作家のeasternsはギリシャ語、シリア語、アルメニア語、およびコプト語です。

便利な課を細分化されるグループをピリオド、国籍や文字の文章;のは、東と西のレースが多かった、といくつかの教会の擁護派作家は、いくつかの説教師、いくつかの歴史学者、いくつかのコメンテーターなどに最適です。

a.した後( 1 ) 、 2番目の世紀にはローマ教皇の父親( 2 ) 、ギリシャの擁護者で、次いで( 3 )の西側擁護ややへ、 ( 4 ) 、グノーシス主義と異端マルキオン主義者にうその経典、および( 5 )カトリックの返信しています。

Bの第3世紀に与えてくれる( 1 )アレクサンドリア作家は、問答式のスクール、 ( 2 ) 、作家のアジアの未成年者と( 3 )パレスチナ、との最初の西洋作家、 ( 4 )はローマ、ヒッポリュトス(ギリシャ) 、とnovatian 、 ( 5 )偉大なアフリカの作家、とのいくつかのです。

Cに4世紀のポップアップを( 1 ) 、申し訳なさそうとの歴史的なcaesareaユーセビアス作品を、誰することがありますクラスの聖エルサレムの聖キュリロスと聖聖エピファニオス、 ( 2 ) 、アレクサンドリア作家アタナシウス、 didymus 、およびその他、 ( 3 ) cappadocians 、 ( 4 ) antiochenes 、 ( 5 ) 、シリア作家です。

西は、私たちは( 6 ) 、反対派のアリウス主義、 ( 7 )は、イタリア人、ジェロームを含め、 ( 8 ) 、アフリカ、および( 9 ) 、スペイン語、没食子作家です。

Dの5世紀与えてくれる( 1 ) 、ネストリウス派の論争、 ( 2 )のエウテュケス派の論争を含め、欧米の聖レオ; ( 3 )の歴史です。

は、西( 4 ) 、学校のlérins 、 ( 5 )の文字は、ローマ教皇のです。

e.本と第7回6世紀あまり重要な名前と連絡先グループをしなければならない彼らを他の機械的な方法です。

1つの

( 1 )の場合、これらのグループを詳細に取る今の私たちの祖先の手紙の使徒の長、聖クレメント、聖イグナチオ、聖polycarpと、単にその古代由緒あるが、シンプルさと気高さを、特定の思想これは非常に移動するとスタイルのリーダーです。

その新約聖書からの引用はかなり無料です。

彼らの情報を提供する最も重要な歴史学者が、量がややhomoeopathicです。

新約聖書を追加して、これらの私たちは、おそらく最古のすべての; allegorizingの好奇心が反ユダヤ主義の名の下に手紙をバルナバ; hermas羊飼いは、主に、やや退屈なシリーズのビジョンとつながって苦行恩赦、弟で構成される私のピウス、と長い付加された新約聖書の重要性をほぼ標準です。

の作品をpapiasは、弟子の聖ヨハネのとaristion 、変更は失われ、すべてのではなく、いくつかの貴重な断片です。

( 2 )の擁護者は、かれらの多くはその治療の哲学がキリスト教です。

いくつかの作品が提示さ皇帝の武装解除のために迫害します。

しなければならないとは限らない同意して部外者の擁護者を対象与えられた、全体としては、キリスト教を代表する彼らを知っていたと実践します。

ハドリアヌスの謝罪の方形に、貴族のペラを、ユダヤ人、ミルティアデス、アポリナリスのヒエラポリス、とのメリートが失われるのサルディスしてください。

しかし、我々はまだいくつかの大きな重要性を保有します。

アテネのaristidesには、提示さアントニヌスピウス、および取引の知識を主との真の神です。

ジャスティンセントの罰金謝罪を要求したの付録は、上記のすべての興味深いの説明をするのはローマ典礼c.

150 。

彼の引数を反対するユダヤ人が発見されたよく構成"対話をtrypho " 、ここで彼は話すのは、ローマ教皇の黙示録の原作者がする方法の第一級の重要性を口に男whoは、いくつかの変換をエフェソス132年前の時間です。

"謝罪"のジャスティンのシリアの弟子tatianは融和的な仕事を減らすこと、およびその著者に落ちた異端です。

アテナゴラス、アテナイ( c. 177 ) 、マルクスアウレリウスとコンモドゥス宛てに反対calumnies雄弁な反論は、不合理なキリスト教徒です。

テオフィロス、司教のアンティオキア、については、同じ日に、 3つの書籍の謝罪を書いた対処して特定のアウトリュコスです。

( 3 )すべてのこれらの作品はかなりの文学的能力です。

これは偉大なラテンていない場合は、次のように謝罪を密接にして日には、 " apologeticus "のテルトゥリアヌス、これは言語に翻訳することのできない、洗練されていないとその著者の影響を受けています。

にもかかわらず仕事をすることが不世出の天才は、金利と値のはるか上のすべての残り、および比類のないことがエネルギーと大胆さです。

彼の激しい"広告scapulam "は、迫害総督警告して対処します。

"反対judaeos "は、タイトル自体を説明します。

擁護派は、他のラテンへ。

" octavios "ミヌキウスフェリクスとしては洗練さと穏やかなテルトゥリアヌスが粗雑である。

その日は不透明だ。

の場合、 " apologeticus "はよく計算さ勇気を吹き込むキリスト教の迫害は、 "オクタウィウス"は、他の異教の探究を感心させるように、もしそうなら他のハエが摘発されるとハチミツに比べて、酢です。

これらの作品の多くへラクタンティウスに言及することがありますが、最も完璧に文学のすべてのフォーム( " divinae institutiones " 、 c. 305から10し、 "デmortibus persecutorum " 、 c. 314 ) 。

ギリシャ語の謝罪おそらくそれ以降も2番目の世紀には" irrisiones " hermias 、との非常に美しい"手紙"をdiognetusです。

( 4 )の2番目の世紀の異端の文章は大半が失われてしまいます。

gnosticsは、学校やphilosophized ;彼らは多くの作家です。

好奇心に降りてくるいくつかの作品の中には先にコプト語です。

フローラは、聖エピファニオスの手紙をptolemeusをギリシャ語の断片は、ほとんどの本当の重要性のみです。

marcion設立学校ではなく、教会のない、と彼の新約聖書、聖ルカ、聖パウロ構成は、保存にある程度の作品に書かれた彼のことをテルトゥリアヌスと聖エピファニオス反対です。

ギリシャ語の文章の他の早期異端montanistsと、ほとんど何も残っています。

gnostics量の作り話の福音書の中で構成する行為の個々の使徒、大部分が保持さが、そのほとんどが破片は、ラテン語の改訂、またはシリア語、コプト語、アラビア語、またはスラヴ語バージョンです。

これらのは、このように追加の文字としてよく知られてポールを偽造セネカ、アポカリプスのピーターと、そのうちの断片fayûmがこのほど発見された。

( 5 )返信への攻撃の異端フォームに隣接しており、異教徒persecutors申し訳なさそうに反対するユダヤ人を、他の1つの手と、カトリックの文学の特性の2番目の世紀です。

"シンタグマ"聖ジャスティンに対するすべてのheresiesは失われます。

以前はまだありません、聖papias (前述)は彼の努力をする反論の監督の立ち上がりエラーが発生し、同じに見られる最大の関心事は、聖イグナチオ、聖polycarpです。

hegesippus 、変換したユダヤ人のパレスチナ、旅をコリントとローマ、ここで彼の聖アニケトゥスbishopの地位から宿泊までのeleutherius ( c.一六〇から一八〇 ) 、との意図を、反論のノベルティをgnosticsとの訴えを込めてmarcionites伝統です。

彼の作品では失われてしまいます。

しかし、偉大な作品の聖irenæus ( c. 180 )に設立さpapias反対heresiesは、 hegesippus 、およびジャスティンし、慎重に捜査を持つアカウントは、より多くのグノーシス主義のシステムでは、彼らと一緒に反論します。

彼の魅力が少ないの伝統を啓典は、全体よりもカトリック教会は、使徒から受領し、受け継がれ、歴代の司教部を通じて、特に、カトリック教会の伝統の中に設立されたピーターとポールです。

エイレナイオスされる側のラテンテルトゥリアヌスにしなければならない、その予約"は、処方薬に対する異端"の傑作の議論だけではないが、現代は、ほぼ同じくらいの効果heresiesとして反対の反対者の早期教会です。

これは臨時の証人を選んでの重要性をunvaryingの原則の伝統を公言したのは、カトリック教会は常に、として教典原始的な信仰をしなければならないと解釈される教会ではなく、民間産業です。

彼はこの作品では、エイレナイオス、と彼の論争の書籍valentinians反対すると、そのサンmarcionites借りて自由にします。

彼は、あまり説得力の2つのため、彼はあまりにも突然、あまりにも気の利いた、あまりにも心配して物議を醸すのわずかな優位性を考えると、簡単に返信される可能性が作られます。

彼は時々またはハード打撃を好んで機知に富んだ固体の引数です。

この時期に教会の論争が始まり、最も重要なのか、という疑問が復活祭が平日に祝われています。

別の火急の問題でローマ、世紀の変わり目に、 prophesyingのかどうかは、疑問のmontanistsが承認されると、とはまだありません別のは、 3番目の世紀の最初の年は、論争には、反対派のグループがモンタヌス(そう) 、 who信ぴょう性を否定して、文章の聖ヨハネのと、エラー入力し、非常に新しい。

b

( 1 )アレクサンドリアの教会の2番目の世紀には既に見せての注意事項を学習する癖がつくと一緒にアレクサンドリアのユダヤ人から借りた、特にフィロ、啓典のallegorizingの解釈です。

後者の特性は、既に発見された"信徒のバルナバ"ことがありますアレクサンドリアの起源である。

pantamusは、最初の問答式のを作るの学校については、シティ有名です。

彼の著作は、現存ないが、彼の瞳孔クレメント、 who教えは、学校に持ってpantamus 、 c.

180 、と、その頭、 c.

一八〇から二〇二まで(死亡したc. 214 ) 、左にするにはかなりの量のかなり長いdisquisitions対処神話、神秘的な神学、教育、社会的な慣例、およびその他すべてのものを地球上で天国とします。

彼は素晴らしい原産地に続いて、その名声も遠くまで広がる異教徒間のです。

彼の作品の遺骨を、かれら埋めるいくつかの巻号は、大きな範囲でのみ参照して下さい無料ラテン語の翻訳、およびベアではなく、膨大な量の比率を小さくして亡くなりました。

alexandriansとして、しっかりと開かれた任意のカトリック教徒として信仰を伝統のルールとして、少なくとも理論的には、それ以上の伝統と推測して許可されるので、 " hypotyposes "のクレメントがほぼ完全に失われた上でのエラーのアカウントが見つかりましたの場所にし、原産地の作品を禁止するのは教会の下に落ち、かれらの著者住んでの生活をするサン、および死亡し、迫害の直後にdecian 、苦しみを受けていたにしてください。

弟子の原産地とする多くの著名な。

それらの1つのライブラリによって設立された、聖アレクサンダーのエルサレム、しては、貴重なへユーセビアスです。

その学校の最も有名なのが聖ディオニシウス"偉大な"と聖グレゴリーのアレキサンドリアポントゥスneocaesareaで、労働者として知られてワンダー、 who 、 nonnosusは、西のようなセントだったによると、山を移動するには短い距離で彼の祈りです。

これらの2つの聖人の文章は非常に現存しない。

( 2 )モンタヌスと復活祭の質問brought小アジアの指導的地位から2番目世紀で開催されたことを非常に下のランクで3番目のです。

聖グレゴリーのほか、聖methodius世紀末には、洗練さと対戦相手の作家origenism -彼の名前はその結果を通過せずに言及されたo rigenist史家ユーセビアスです。

私たちは彼の"パーティ"とギリシャ語、およびいくつかの小規模な作品を古いスラヴ語です。

( 3 )アンティオキアは、頭を参照する"オリエント"を含め、シリアとパレスチナとフェニキアメソポタミアだけでなく、時間はないしかし、このコンパクトな家長の位を形成するようにアレクサンドリアのです。

ここにしなければならないグループwhoがない作家の接続を1つの別の物質またはスタイルです。

ユリウスアフリカヌスに住んで構成さエマオchronographyと、米国聖公会のリストのうち、ローマ、アレクサンドリア、およびアンティオキア、およびその他の問題を非常に多くの、問い合わせが保存されているために、聖ジェロームのバージョンのユーセビアスクロニクル、およびビザンチンchronographersです。

彼の2つの文字の関心は、断片化したが、彼の" kestoi "または" girdles "は、教会の価値のない;彼らを含む多くの問題と好奇心には不愉快なくらいです。

2番目3番目の世紀の半分を、おそらくそれに向かって最後には、大学校が設立されアンティオキアルシアンは、 whoが殉教したニコメディアでは312です。

彼はexcommunicatedによるとされている3つの司教には、しかし、もしこれが真の長い復元されていた時点で、彼の殉教です。

それは非常に不確実なのかどうか彼は共有さサモサタのパウロスのエラー(アンティオキア大主教は、異端の退陣を二百六十八から九まで) 。

すべてのイベントで彼は-しかし無意識-アリウス主義の父、と彼は、指導者の生徒に異端:ニコメディアのエウセビオス、アリウス自身、m e nophantusのエフェソス、アタナシウスのa n azarbusし、 2つの司教だけを拒否してw h o新たな信条に署名しては、ニカイア公会議、 theognisのイズニクとマリスのchalcedon 、レオンティオスの司教に加えて、スキャンダラスな詭弁asteriusアンティオキアとします。

先caesarea 、 origenistセンター、開花されて別の殉教者、聖pamphilus 、 whoている友人のユーセビアス、特定のammonius 、およびその他、原産地で収集した作品を長期的に有名な図書館、修正原産地の" 6カ国語対訳書"とは多くテキストの編集の古さと新しさの両方のtestamentsです。

( 4 )わたしたちは聞くのない文章でローマを除いて、ギリシャ語、言及するまで、いくつかの小さな作品でラテン語、ローマ教皇聖ビクター、これまだ存在してジェロームの日です。

ヒッポリュトスは、ローマの司祭、書いたからc.

二百から二百三十五、および、常にギリシャ語、カルタゴテルトゥリアヌスかかわらずで書く前にこれをラテン語ていた。

ヒッポリュトスは、著者の場合は、 " philosophumena "彼は対立教皇、およびいっぱいの理不尽な恨みをカリスツスライバル聖;彼の神学から神の手順により、彼の言葉は、彼が異なる物質は、息子になることとなる男。

ローマではないの神学は、次の仕事;それ自体というと、ギリシャの擁護に接続します。

の大部分は、大規模な解説をnoetusダニエルと仕事に対しては、他の重要な遺跡は、次の作家にのみ、 whoはすぐに忘れては、西側が、彼の作品の断片を東部のすべての言語での音量を上げる。

彼の部品chronography 、おそらく彼の最後の仕事が生き残った。

別のローマの対立教皇、 novatian 、散文を書いたの膨大な韻律と語尾勉強します。

彼の作品の中にはいくつかの問い合わせに降りてくるの名の下に聖チプリアーノです。

ヒッポリュトスように、彼は彼のrigorist再生回数にかこつけて彼の分裂です。

ヒッポリュトスとは異なり、彼は非常にオーソドックスな彼の主な仕事は、 "デtrinitate "です。

( 5 ) 、申し訳なさそうな作品をテルトゥリアヌスも言及。

以前のバージョンによって書かれたときに彼の教会の司祭のカルタゴが、 200年については、リードを信じて、彼は預言者のphrygiaモンタヌス主義者、モンタヌス主義と分裂に向かって、カルタゴです。

彼の論文の多くは自分の立場を守るために書き込まrigoristと彼の教説、と彼はかなりのようで気が利いて、性急な暴力と、これは自然な論証している。

穏やかな流れの聖チプリアーノの雄弁(司教のカルタゴ、 249から58 )は、大きな対照的には彼の"マスター"です。

短い論文や大量のやりとりは、次のサンは、関係するすべてのローカルな質問やニーズを、彼のすべての投機的神学eschewsです。

この他に光を得るために私たちの状態を、教会は、その政府、および、いくつかの興味深い教会と社会の問題です。

patristicのすべての期間ではない、ユーセビアスの歴史を除いて、これを教えてくれるので多くの教会については、早期の小さなボリュームとして聖チプリアーノの作品が含まれています。

arnobius世紀の終わりに、チプリアーノに変換するような中年期に、他のアフリカと同様に、テルトゥリアヌス、チプリアーノ、ラクタンティウス、とアウグスティヌスは、旧修辞家、作曲退屈な謝罪します。

4世紀のラクタンティウス私たちを運ぶ。

彼は、エレガントで説得力の作家が、 arnobiusのような指示はないキリスト教をよくします。

c

( 1 ) 、第4世紀の偉大な時代には、父のです。

コンスタンティンは、 12歳の時に彼の勅令寛容で公開し、新たな時代には、キリスト教の宗教が始まった。

これはユーセビアスのcaesareaを案内し、彼の偉大な申し訳なさそうな作品" praeparatio evangelica "と" demonstratio evangelica " 、キリスト教の価値を表示する並外れた、と彼は大きな歴史的な作品は、 "クロニクル" (ギリシャ語オリジナルが失われる)と"歴史"は、断片化したのが集まったの年齢を迫害し、保存には、すべての問い合わせの半分以上を知って私たちの信仰歳の英雄です。

ユーセビアス神学の信奉者では、原産地が、彼を拒絶して、ロゴの作成と永遠のように、彼はかなりできるように真心ariansとみなしています。

、元の形のクレメンタインの疑似恋愛には長くて退屈な対話は、仕事と思われる世紀の初めに、非常に反対する新たな展開の異教の信仰、それが書かれたかどうかのどちらかではるか内陸部の海岸でフェニキアシリアの近隣です。

に返信すると、異教の最大の攻撃は、斑岩が、ますます頻繁にされて復活した後、異教のジュリアン(三百六十一〜三) 、および労働彼らが占領して、多くの著名な作家です。

聖エルサレムの聖キュリロスは、左の問い合わせを完全シリーズの洗礼を受けたとcatechumensの指示に従って、このように供給先の正確な知識を有する人々の宗教的な教えを付与して、重要な教会の真ん中に、東は、 4世紀です。

2番目の半分をパレスチナの世紀、聖聖エピファニオス、サラミスの司教になったキプロス、と書いたのすべての履歴をheresiesを学んだ。

彼は残念ながら不正確な、とは、より詳細な情報は大きな困難を自分の当局命名されないようです。

彼は友人の聖ジェローム、対戦相手との妥協のないorigenismです。

( 2 ) 、アレクサンドリアの司祭アリウスはない製品は、問答式の学校に、その都市は、しかし、学校のアンティオキアlucianicです。

この傾向は、かなりの反対側にアレクサンドリアアンティオキア学派、アレクサンドリアの司教と、アレクサンダーは、死刑囚の手紙アリウスはまだ現存では私たちのアレクサンドリア教会の伝統を収集しています。

かれらのトレースではないorigenism 、頭の4分のcaesareaていたパレスチナでは長年、後継者は、 theoctistus 、 pamphilus 、ユーセビアスです。

アレクサンドリアのは、むしろその伝統を受けたから偉大な教皇ディオニシウスディオニシウスです。

ニカイア公会議の後に3年( 325 ) 、聖アタナシウスbishopの地位を始めた彼の長い45年間です。

彼の著作はない非常に膨大な、物議を醸すのいずれかが申し訳なさそうな思い出の神学や自分自身のトラブルが、その膨大な神学的、歴史的な値は、アカウントの主要な部分を取らされ、この50年間、本当に偉大な男がけんかをするのアリウス主義です。

問答式の学校の頭の中に、この半世紀は、 didymus 、視覚障害者は、彼の教義のアタナシウスの息子、というよりも彼の家長も明確に彼の教義は、トリニティ、しかし、他の多くのポイントを帳簿上のorigenistic伝統です。

ここに記載された方法年5月にも、ややへの作家、シネシオスをcyreneでは、男性の哲学や文学の習慣、 whoエネルギーと誠実な信心深さを示して司教は、むしろ異教の文字にもかかわらず、彼の文化です。

彼の手紙は大きな関心です。

( 3 ) 2番目の半分を、世紀が示されるには輝かしい三つ組カッパドキア、聖バジル、彼の友人に送るセントグレゴリーnazianzen 、とその弟の聖グレゴリーnyssaです。

彼らは労働者のメインの東に正統性の返還をします。

その教義は、トリニティ時には、事前にさえdidymusし、実際には非常に近く、ローマの教義はアファナシイ信経へに体現されています。

しかし、それは長い間をとって、東に同化全体の正統派の意味を表示します。

聖バジル大きな忍耐力を示していたこれらの高度な少ないwho右側の道路よりもはるかに自分自身、彼さえなだめるために自分の言語で鍛えている。

高潔な名声のために、父親のほとんどのいずれか、保存聖グレゴリーの不思議-労働者か、または聖アウグスティヌスは、今までequalledていた。

彼は臨時実践禁欲主義、と彼の家族は諸聖人のです。

彼のルールを構成する事実上の僧侶たちが1つだけでは依然、東です。

聖グレゴリーの文字がはるかに少ないが、同等の能力や学習、雄弁に大きいです。

の愛の原産地を説得している友人に、若者の本を出版する彼の文章からの抽出物にはほとんど影響を与えるへの神学;聖グレゴリーが特に有名ですが、正確性やも間違いのないことです。

聖グレゴリーのnyssaは、その一方で、フルのorigenismです。

古典の文化や文学の形式のcappadocians 、団結して神聖と正統、かれらにユニークなグループでの歴史の中の教会です。

( 4 )の学校については、 4世紀のアンティオキア学派のように与えられた以上アリウス主義は、偉大されるまでに時間がalexandrians 、アタナシウスとdidymus 、死にかけているが、単にれたときには復活を正統性だけが、これを風化され、最近の栄光カッパドキアは、アレクサンドリアのとさえ突破される。

diodorusは、修道士はアンティオキアと入力し、司教のタルスス、ニカイアは、崇高な教義の支持者と偉大な作家、かかわらず、彼の作品の大部分が亡くなりました。

彼の友人に送るモプスエスティアのテオドロスは、賢明な評論家は、リテラルを学んだとアンティオキア学派のスタイルが、残念ながら彼の異端の反対の立場を彼に運ばラオディケアapollinariusの極端なのネストリウス派の反対-実際にはこれまでのところほとんどn estorius瞳孔のマスターとしてセオドアです。

しかし、抵抗の判断を入力し、その教会nestoriusが、カトリックの聖体拝領セオドア死亡した、とは、聖人の友人も含めて最高の栄光のアンティオキア学派の学校、聖ヨハネクリュソストモス、その偉大な説教がアンティオキア説教を前に、彼は司教コンスタンティノープルのです。

クリュソストモスはもちろん、主任は、ギリシャ語の祖先は、まず第一に解説し、 oratorsかどうかをまず第一に、東または西。

隠者の時間を、彼は、彼の人生とは禁欲主義者;彼は熱心な社会改革もある。

彼の偉大さの文字の横には彼にふさわしい場所聖バジルと聖アタナシウスです。

としてバジルとグレゴリーが形成されたキリスト教の礼拝堂をprohaeresius 、これがクリュソストモスlibaniusされた異教徒の雄弁家です。

グレゴリーは、古典的に感じることがあります修辞家;は決してクリュソストモス;彼の素晴らしい才能を防ぐ自然の助けを借りて彼の芸術を必要とし、訓練が先行かかわらず、ロストインされて精力的思考の流れを激流の言葉とします。

彼は自分自身との繰り返しを恐れないルールを無視して、彼は決して望んで称賛される、またはを説得するに指示するだけです。

しかし、たとえそうであって大きな男は自分の限界です。

彼には投機の哲学や神学に関心を、十分にもかかわらず、彼は確実に正統派を学んだ。

彼は、神聖な男と男の実用的なので、彼の想いがいっぱいの信心深さと美しさと英知;しかし彼の思想家ではない。

なしには、父の他のまねされまたは複数の読み取り;しかし、彼の記述がほとんどないことが言えるの成型には彼自身または将来の倍、と彼は来ることはできません。競争では、インスタントを原産地やアウグスティヌスの間の最初の開催地教会の作家です。

( 5 )第4世紀に作らシリア1つの偉大な作家、聖ephraem 、助祭のエデッサ(三〇六〜七三) 。

ほとんどが、彼の著作は、詩;彼の論評は、散文で、遺跡が、これらはscantierです。

彼はすべてのメートルの賛美歌を発すると、非常に大きいと私たちの美しさです。

このような入札し、とても気に入って信心深さの別の場所では、父親のほとんどが見つかりました。

を発するのは23 aphraates (三百二十六〜七)は、メソポタミアの司教、私たちの大きな関心です。

( 6 )聖ヒラリーのポワティエで最も有名なのは、以前の反対派のアリウス主義は、西です。

論争を書いた作品の解説と、偉大な論文を含む"デtrinitate "とは、紛失した、歴史的な仕事です。

彼のスタイルは、無名のaffectedly関わると、しかし、彼はかなりのメリットにもかかわらず、神学者です。

彼の名前を、非常に論文を検索するトリニティ近づいてドグマによると彼は欧米の観点から、トリニティの団結が、彼はほとんどの作品を採用原産地、アタナシウス、およびその他のeasternsです。

彼の解釈は、寓話のタイプです。

彼の1日までの唯一の大きなラテン語の父親は聖チプリアーノ、とヒラリーは、自分自身の世代のライバルはない。

明けの明星、司教のcalarisサルデーニャのは、非常に失礼な論客は、 who書いたのとほぼ無学な態度に人気のです。

グレゴリーのilliberis 、スペイン、スペイン南部では、彼のためにのみ今すぐ開始を受信するので、 DOMのa.彼は1908年に復元さwilmartの重要ないわゆる" tractatus origenisデlibris ssです。 scripturae " 、これは、彼とbatiffol公開が1900年に、本物の作品を原産地としてvictorinusのpettau訳です。

と反アリウス主義の作品を論評して、変換した修辞家、マリウスvictorinusが正常に完了します。

聖ユーセビアスのvercellaeにはいくつかの文字だけを残してくれた。

短い談話で、この評価をするのゼノンのヴェローナは不透明だ。

ローマ教皇ユリウスの罰金の手紙をariansとして私に文字をいくつかの大きな関心がliberiusとダマソです。

アリウス主義の最大のは、反対派は、西はセントアンブローズ(民主党397 )です。

彼の神聖さと彼の偉大な行動の1つに彼の最も印象的な数字は、 patristic期間です。

残念ながら彼の文章のスタイルは、しばしば不愉快な、複雑に影響を受けると、正しいや芸術しているのです。

彼の解釈ではないだけに、最も極端な寓話の種類は、架空のしかし、これを積極的に不合理な場合もある。

にもかかわらず、彼の警備隊オフ時に、彼と話すと、正規の雄弁に触れる;彼は立派な生産apophthegmsを簡潔にするため、としているのに深い神学者、彼は素晴らしい考えの深さを示して禁欲的、道徳的、および敬けんな事柄です。

当社の要求同様に熱狂的な称賛彼の性格のため、彼の文章利得の愛情を尊重、にもかかわらず、非常に刺激性の欠陥です。

これは簡単なのを見て彼は非常によく読まれ、クラシックと、キリスト教の作家の東と西、しかし、彼の考えはすべて自分自身のベストです。

( 7 )はローマのオリジナル、奇数、作家や作曲を学んだ聖パウロの書簡を解説すると、一連の質問を旧約聖書と新約です。

彼としては、通常話さambrosiaster 、および5月ユダヤ人の名前に変換アイザックは、おそらく、 whoへapostatizedです。

聖ダマソ書いた詩が非常に悪い詩しかし、興味深いどこに連絡先情報を参照するにカタコンベ殉教者とします。

彼の秘書を一度には、聖ジェロームは、出生パンノニアされ、バプテスマにはローマのされています。

この学んだの父、 "医師マクシムスでsacris scripturis " 、問い合わせは非常によく知られて、ほぼすべてのことを書いたのは自分自身を啓示します。

と彼は言うが、彼の性向と彼のリーダーantipathies 、彼と彼の炎症を抑えるenthusiasms 、彼の友情と彼のenmities 。

もし彼がよくかんしゃくを起こして、彼はほとんどの人間は、ほとんど愛情は、ほとんどの苦行者、ほとんどの正統性をテーマにし、多くの点で非常に愛すべき人物;を取る彼はすぐに犯罪の場合、彼は簡単にappeased 、彼は骨の折れる普通の持久力を超え、それが彼の怒りは異端に対しては、通常点火します。

彼のすべての住んで彼の人生の後半を後退でベツレヘム、愛する弟子たちに囲まれて、その不屈の献身的な愛情によると、サンは、このような磨けば光るものではない、 1つの言うような鬼かもしれない、と彼はよく表現します。

彼は全くの趣味を哲学では、時間を考えると、めったに自分自身は、絶え間なくしかし、彼の読み取りと書いた。

彼の多くの論評は、簡単なポイントとして、フルの情報を、およびその製品の広範な読書です。

彼の最大の仕事は、旧約聖書の翻訳は、ヘブライ語をラテン語からです。

彼は乗って運ばれるのは、テキスト版と労働原産地、 pamphilus 、およびユーセビアス、と彼のリビジョンは、ラテン語福音書の使用を示して見事に純粋なギリシャ語原稿が、彼はあまりの痛みには支出を、新約聖書の残りの部分です。

彼は異端の攻撃に多くの賢さは、すべての快活、およびはるかに超えるとの有効性を雄弁テルトゥリアヌスのです。

彼のような兵器を使用して任意のwho攻撃彼は、彼の友人に送ると、特に反対ルフィヌス期間中に敵意を通過します。

もし彼は"たぶん"最も学んだには、父の、彼は疑いの余地の最大の散文作家のうちのすべてです。

彼のエネルギーと比較することはできないの独創性と機知に富んだポーランド語のキケロか、またはプラトンの完成度の微妙な、しかし、どちらのことはまたは他の作家に比べるとジェロームは、自分自身の球です。

彼の想像力はありません便の試み、ミュージカルイントネーション、単語-絵画;彼には言語のような甘いの流れをチプリアーノ、フレーズの奔流のようなクリュソストモス;彼は作家ではなく、雄弁家、作家と古典を学んだとします。

しかし、そのような文字を彼は、驚くべき力と活気をポイントし、機知に富んだ、と簡潔な表現は決して書か前または以来です。

の努力に意味はない、とは私たちの言語と思われる必要がありますが検討されて、私たちは勉強を呼び出すにはほとんどの言語の誘惑、ジェローム奇妙な秘密を知っている彼の鋼製の武器を研磨彼らはまだ白い熱、およびそれらを投げつける前にクールです。

彼は、危険な敵と平気で悪いことで撮影が可能な限りのあらゆる利点です。

彼には、彼の不幸な欠陥臨時迅速、その彼は非常に不正確な、と彼の歴史的なステートメントを慎重にコントロールが必要です。

彼の経歴は、隠修士、彼の言葉については禁欲生活、処女、ローマの信仰、私たちを祝福レディー、聖者の遺物が大きな影響力を行使しています。

それ以降の年には既知のことのみ確認されてジェロームは、説教師;の小さな即興的な談話で公開されDOMのモナは彼の手に負えない完全な人格と彼の不注意な学習します。

( 8 )アフリカは、見知らぬ牡羊座生まれの闘争を、占領との戦いに、独自のです。

ドナトゥス派の教義(三一一から四一一)は、パラマウントのために長い時間ヌミディア、時には内の他の部分です。

ほとんどの文章は、 donatistsが亡くなりました。

約370セントの効果的な物議を醸す仕事optatusで公開している。

乗って運ばれるの攻撃はまだありません大論客、聖アウグスティヌスは、見事な成功は、根っからの分裂して、 20年に終止符が実質的にはその前にサンの死のです。

とても幸せの目のすべてのイベントがキリスト教を主人公は、アフリカのカトリック教徒の輝かしい、 whoはすでに粉砕処理が吹くとは、ラテン語マニ教の作家です。

彼の死は431から417まで、彼が婚約したと競合する可能性は、さらに大きな異端の哲学と自然のままのcaelestiusペラギウスとします。

この彼は最初の援助を受けて高齢者のジェローム;の教皇のイノベーターと天皇の法制化を非難している。

聖アウグスティヌスの場合には、ユニークな名声を持つprostrated 3つのheresies 、それは彼は、不安を説得するために反論します。

彼はおそらく、世界の最大の論客で見た。

それを除けば、彼は単に、父親の間の最大の哲学者、しかし彼は大哲学者のみです。

彼の純粋な神学的な作品を、特に彼の"デtrinitate " 、深さは比類ないため、把握し、透明性、教会の間の早期作家、東部や欧米のかどうかです。

哲学的神学者として彼がない上、彼自身の息子と弟子を除いて、聖トマスアクィナスです。

それはおそらく正しいことを言うことは絶対にありません1つを除いてアリストテレスは、行使するためには広大なので、深遠な、と欧州の考えに影響を与えるために有益です。

アウグスティヌスは、自らを徹底的にplatonistです。

コメンテーターとしての彼の手紙面倒リトル、およびすべてのための精神に、しかし、彼の調和の福音書によると彼は歴史と詳細の世話をする。

彼のallegorizing傾向から継承した彼の精神的な父、アンブローズ、今すぐと入力し、彼を運ぶextravagances 、しかし、より頻繁に彼というよりもcommentatesが上昇し、と彼の"とgenesim文字どおり" 、と彼の論文を検索するとは詩篇を授けた聖ヨハネ、臨時電力および利息が作品を、と非常に立派な、とは全く別のスタイル、クリュソストモス上にマシューと肩を並べる。

聖アウグスティヌスは、彼の素晴らしい変換する前に修辞学教授;しかし、聖チプリアーノのような、聖チプリアーノを超えるとさえ、彼は棚上げにするとして、キリスト教は、すべてのartificesの礼拝堂に彼を知っていたようです。

彼は正確に保持完璧な文法や味の良さ、と一緒に言えば、書面でのパワーを容易にするの威厳のあるスタイルの見事なシンプルさとほぼ口語かかわらず質素です。

個々のものがないほどの聖アウグスティヌスのもこのスタイルでは彼と話をしたり、読者を神に完全に開放性と驚くほど、多くの場合、ほとんど成果が上がらない、繊細な思考です。

彼はすべての力を見て徹底的にラウンドを対象とし、彼はあまりにも良心を使用しないように遠く離れたこの贈り物をします。

遠くまで度量の大きいと見て、彼はまた非常に学んだ。

彼はギリシャ語習得への生活だけで、自分自身を行うために精通している作品は、東部の父親です。

彼の"デcivitateデイ"を示し広大な店舗の読書;まだ他、それによって彼の擁護者のうち、最初の場所です。

前に彼の死( 431 )オブジェクトの臨時彼は尊敬します。

彼は修道院を設立tagaste 、アフリカに司教を供給し、カバに住んで彼は彼の聖職者は、共通の生命、にして、定期的に参事会以降の日中にはいつも彼らのモデルとして顔です。

偉大なドミニコ会は、 augustiniansし、無数の集会の修道女をまだ見て彼の父と国会議員としてです。

彼の信心の作品の中には2番目のみが流行して彼の精神的な別の人の息子、トーマスàケンピスです。

彼は彼の生涯に定評が奇跡、と彼の神聖さが感じられるすべての彼の文章、および呼吸は、彼の人生の物語です。

されて多くの関係者はこの辺には、特定の対称性を司教は彼にほぼ完全無欠のモデルは、神聖な、賢明な、とアクティブな男です。

これはよく覚えている彼は、本質的には後悔しています。

( 9 ) 、スペイン、彼の偉大な詩人プルデンティウス突破したすべての前任者、最高の人とほぼユーベンクスていた異教の修辞家アウソニウスです。

論文は、スペイン語の好奇心が見つかっただけで1889年異端priscillianです。

ガウルルフィヌスのアクイレイアに記載しなければならないの原産地として非常に無料の翻訳などとユーセビアスの"履歴" 、これを自分自身の日付と彼は続けた。

南イタリアでの彼の友人に送るパウリヌスNolaのは、信心深い詩や手の込んだ左の問い合わせの手紙です。

d

( 1 )の記述が断片化したnestoriusローフスによって収集されています。

かれらの多くは保持されるいくつかの弟子の聖アウグスティヌス、マリウスメルカトル、 whoは2つのドキュメントのコレクションを、それぞれペラギウス主義に関するネストリウス派とします。

偉大な敵のnestorius 、聖シリルアレクサンドリアのは、まだありませんが大反対された作家、 theodoret 、キュロスの司教のです。

シリルは非常に膨大な数の作家、と彼の長い静脈アレクサンドリアの神秘的な論評を行うにはあまり関心現代の読者です。

しかし、彼の主要な手紙や論文を検索するネストリウス派の神学者who質問詳細は彼を精神的には、深い意味を洞察して化身とその効果をもたらす、人間のレース-の男を持ち上げるのを神に労働組合です。

私たちエジプトの詳細については、こちら禁欲主義の影響を受けて、よりアンソニーの大(聖アタナシウス書いた人生) 、およびmacarii (左のいくつかの貴重な作品の1つで誰ギリシャ語) 、およびpachomius 、自分自身の時間です。

禁欲的に彼らのシステムでは、神を熟考する労働組合は、自然の最後に、ビューで、しかし、 1つは作られることには驚きました。かれらのほとんどは、瞑想をキリストの受難の生涯とします。

省略された場合ではないが、傾向と同様に、聖シリルと考えられてmonophysites whoその後彼は、神格を考えるというよりも、男らしさのです。

アンティオキア学派の学校を誇張していたの傾向に反し、アウトの反対の立場をapollinarianism 、イエスキリストの男らしさには不完全な、と彼らは団結して他の人よりも神の神は男です。

セオドアは避けられたのは間違いないtheodoret行き過ぎとnestorius 、と彼の教義は受け入れられた聖レオとしては最後の正統派、にもかかわらず、彼の以前の永続的な防衛のnestoriusです。

彼の歴史を貴重な修道士が少ないの目撃者よりも、以前の記述-パラディウスは、東と西にルフィヌスその後カッシアです。

しかし、 theodoretの"歴史"での継続をユーセビアス貴重な情報が含まれています。

申し訳なさそうな、物議を醸す彼の著作は神学者の作品が良いです。

彼の名曲の解釈は、彼の作品は、どちらの礼拝堂のようなクリュソストモス、またそれらのセオドアexaggeratedlyリテラルのようです。

アンティオキア学派の学校にふさわしく、彼は素晴らしいが閉じ、アレクサンドリアとしては、聖シリルです。

これらの偉い人たちと一緒に5月に言及聖シリルの精神的なアドバイザー、聖ペルシウムISIDOREには、主に2000文字に対応寓話釈義は、ビクターの解説にアンティオキアサンマルコられた、と紹介して解釈された啓典僧ハドリアヌスは、マニュアルは、アンティオキア学派のメソッドを使用します。

( 2 )の素晴らしい作品を制作エウテュケス派の論争の東です。

このような作品が生き残ったのmonophysitesとしては、シリアやコプト語バージョンです。

( 3 )の2つのconstantinopolitan史家、 sozomenソクラテスと、エラーにもかかわらず、これは、貴重なデータが含まれているので、彼らの多くは、ソースが使用されるが失われるしてください。

おtheodoret 、彼らの現代、それらを形成する三世紀の真ん中だけです。

シナイ半島の聖nilusの間では、多くの禁欲的な作家の長です。

( 4 )聖スルピキウスセウェルスは、高貴な没食子、弟子と伝記作家の偉大な聖マルティンのツアーは、古典的な学者は、エレガントな作家自身を示し、彼の"教会史"です。

その学校のlérinsセントビンセント以外に、数多くの作家です。

eucheriusに言及することがあります、ファウスト、との大聖caesariusアルル( 543 ) 。

他の没食子salvian作家は、聖シドニウスアポリナリス、 gennadius 、聖avitusのヴィエンヌ、およびユリアヌスpomeriusです。

( 5 )の西、このシリーズのローマ教皇ローマ法王decretalsから始まりますsiricius ( 384から98まで) 。

教皇は、もっと重要な大量の手紙が保存されている。

聖して英明でられるこれらの罪のない私(四百一〜十七)は、頭の聖ホットゾシモス( 417から8まで) 、および、重度の聖セレスティンは、おそらく最も重要な世紀の最初の半分;で2番目の半分これらのhilarus 、 simplicius 、および上記のすべての学んだ聖gelasius (四九二から六まで) 。

ミッドウェイは、世紀のスタンドセントレオは、ローマ教皇の最大のは、初めに、そのしっかりしていると神聖ローマからアッティラに保存し、ローマ人への手紙からgensericです。

彼が曲がらないは、発声の原則; condoningのは、彼は人を見下すような規律違反の平和のために、と彼は、熟練diplomatistです。

彼の説教と独断的な手紙を彼の大規模な文通詳細彼を先として、最も明快なのすべての神学者です。

彼は彼の表現を明確にさではなく、彼はうわべだけのためではなく、彼ははっきりと深く考えています。

ネストリウス派との間に彼はステアリングeutychianismではなく、微妙な区別や精巧な引数を使用して、しかし正確な言葉の定義を記載平野です。

キリスト単を見越して彼を非難します。

彼のスタイルは慎重に、韻律cadencesです。

その雄大なリズムとその仰々しい明日はラテン語の言語に投資し、新しい豪華と尊厳です。

メール

( 1 )は、 6世紀のローマ教皇ホルミスダス大量のやりとりの関心が最も高い。

明日には聖グレゴリー世紀の偉大な、その有名な" registrum "を超えて、ボリュームのコレクションを、多くの倍以上の文字の他の初期の教皇です。

この書簡は非常に多様性と、さまざまな光を投じるの利益を偉大な法王の生涯と、さまざまなイベントは、東と西の彼の時間です。

彼の"道徳上の書籍の仕事"をリテラルの解説ではないが、道徳的な意味で明らかにするふりだけを基礎のテキストです。

すべてのストレンジネスことにプレゼントを近代的概念、それは、仕事いっぱいの知恵と命令します。

聖グレゴリーの発言を検索する精神的な生活とは特別な関心を熟考する。

神学者として彼はオリジナルの組み合わせだけでは彼のすべての伝統的な神学の西を追加しています。

彼は次のようによくアウグスティヌス神学者としては、解説者と説教師です。

彼の説教は、見事に実用的な;彼らはどのようなモデルの良い説教すべきである。

聖グレゴリーした後、その手紙には、いくつか大きな教皇は、価値のある研究では、私のようなニコラスとジョンviii ;しかし、これらの作家との欧米の数多くの後半は中世の時代に適切に属しています。

中世の聖グレゴリーのツアーは、確かに、しかし、ビードは非常にpatristicを学んだ。

彼の偉大な歴史は、最も忠実で完璧な履歴を早期に発見された世紀です。

( 2 ) 、東は、 5世紀後半には非常に不毛の地です。

6世紀ではないがずっと良かったよ。

の重要性をレオンティオスのビュザンティオン(死亡したc. 543 )の最近の歴史のドグマには実現されています。

詩人とhagiographers 、 chroniclers 、 canonists 、お互いに成功すると禁欲的な作家です。

道の論評をcatenasは、順序がわかります。

聖マクシムス懺悔、アナスタシオスのマウントサイナイ、とアンドリューの名前caesareaしなければならない。

これらのコメント上の最初の作品は、偽ディオニシウスアレオパギタ、おそらく最初に見ていたの光に向かって、 5世紀の終わりです。

聖ヨハネのダマスカス( c. 750 )明日の彼の論争術期patristic反対heresies 、彼の解釈と禁欲的な文章、彼の美しい賛美歌、および上記のすべての彼の"知恵の泉" 、これは、ある種の神学関するpatristicスコラを期待します。

確かに、 " summaのtheologicae "は、中世に設立された"文"のピーターロンバード、 who骨格を取っていた彼の作品から、この最後の、ギリシャの父親です。

Ⅲ 。

patristic特性を記述

a.解説

リテラルされて学校で見たことがあるが、ホームでの釈義アンティオキア、アレクサンドリアが、寓話の学校は、全体の西側は、全体の、その後の寓意法は、文字どおりに解釈することにして様々な度が入り交じった。

アリウス主義の疑いで失われている情報は、第4世紀の作家の学校アンティオキア学派など、セオドアのheracleaとユーセビアスのemesa 、との論評を担当ネストリウス派が原因とのdiodorusモプスエスティアのテオドロス(ため、ほとんどの部分)を消えます。

アレクサンドリアの他の学校には失われるのはまだありません大きく、ほとんどの偉大な原産地遺跡の破片を除いては信頼できないとのバージョンです。

偉大なantiochenes 、クリュソストモスとtheodoret 、把握するのは、本当の意味での神聖なテキストです。

かれらはそれを畏敬の念と愛、およびそれらの値の深い説明は、新約聖書のための言語を自分の舌は、ですから、私たち現代余裕をほっておかないようにコメントすることはできません。

それどころか、原産地は、モルダーは、 allegorizingタイプの解説、 who philonicの伝統を継承していたのアレクサンドリアのユダヤ人、は、本質的に不遜なインスピレーションを作者に帰属します。

旧約聖書は間違いだらけの彼と嘘とblasphemies 、これまでのところ省庁の手紙は、反対することと彼の防衛の多神教徒は、 gnosticsし、特にmarcionitesだっただけに、精神的な意味をポイントします。

理論的に彼はトリプル識別する意味では、身体的、精神的、との空気は、次の聖パウロの三分;しかし、実際に彼は主に与える精神的、肉体的またはリテラルとして反対している。

聖アウグスティヌス時には、旧約聖書の擁護と同じスタイルmanichæans反対する、とし、場合によっては非常に納得がいかないように、しかし、非常に節度と自制します。

彼の"デGenesiに文字どおり"彼は進化をはるかに効果的な方法で、彼のいつもの輝かしい独創性、および彼に対する異議申し立てによると、最初の章の真実性を常に残りの予約時の根拠と仮定し、兵役拒否者は、見つかったの真の意味のテキストです。

しかし、彼の法適用原産地、かかわらず部分も、新約聖書を、と考え、時にはfalseに、文字の伝道者としてではなく、隠された真実を保存して精神的な意味を持つ。

この時点で、いい感じで阻止彼のキリスト教徒が続いた。

しかし、彼は立派な例は、実行中の暴動は、彼の素晴らしい釈義法を奨励、不幸な影響を与えるいた。

彼は好きな与え、さまざまなアプリケーションを、 1つのテキスト、および彼の約束を保持するに過ぎない啓典が何ができるからであることが立証され架空の時に彼の例を示して啓典のいかなる部分彼は喜ばせる何か意味があります。

敬けんな気性の以降の作家、特に、西部劇、希望を表すとしての真の意味は、神聖な作家の登場にして寓喩の中で最も明白です。

聖アンブローズと聖アウグスティヌスはその美しい作品をspiritualizeに詩篇を授けたというか、または道を説く、より寓話を用いると、その想像力の解釈のイベントは主に、アクション、数字、等しかし、ほぼすべての寓話とによって、任意のような解釈は非常に多く気まぐれにexegeteを検索することは困難をなだめることに敬意をもって、しかし彼は圧倒された1つの美しさがあります多くのことです。

代替手段を守るには、旧約聖書のexcogitatedされた独創的な著者は、疑似clementines ;彼は堕落したと主張補間されています。

聖ジェロームの学習は彼の釈義ユニークな;彼は頻繁には、別の説明や作者を参照してwhoを採用します。

世紀半ばからの第5回以降、 2番目-手の論評は、普遍的に東と西、ほぼ完全に独自性が消えます。

アンドリューの例外caesareaは、おそらく、彼のコメントは、書籍ではほとんどすべての続きを読むの東、黙示録のです。

議論を特定する方法には欠けています。

アレクサンドリアのクレメントは、 "伝統的な方法"の場合、リテラル、典型的、道徳的、および机上のです。

ラビの教義からの伝統は、明らかにします。

しなければならないが、その恩恵を認めることの実践は、マタイと聖パウロです。

原産地を超えるも、聖アウグスティヌス理論上、このアジ研です。

彼の"デdoctrinaクリスティアナ"と彼は、手の込んだ評釈のルールです。

彼は他の4つの感覚の区別啓典:歴史的建造物、 aetiological (経済) 、類推(ここでNTの説明ot ) 、および寓話( "デ使用率です。信用性です。 " 、 3 ;継続前誌です。 "デヴェラバージョンです。 " 、 50 ) 。

この本のルールで構成されたdonatist tichoniusには、類推は、小さい"参事会"の聖パウロの書簡をpriscillianです。

アンティオキアは、上述のハドリアヌスのです。

聖グレゴリー啓典を比較して偉大なので浅い川の中を歩くことは、子羊のことので、深さ象はfloat型です。

( pref.を"道徳上の仕事" ) 。

彼またはリテラルを区別して歴史的な意味では、道徳的、または典型的な寓話とします。

架空の場合は、欧米の父親には、これよりはましはまだありませんが、極端な直訳モプスエスティアのテオドロス、 whoを拒否しても、賛美歌の寓話を用いるソロモンの歌です。

b.説教師

私たちは説教よりもかなり早い時期から、ギリシャの教会からのラテン語です。

確かに、 sozomenを教えてくれるが、最大で自分の時間( c. 450 ) 、公共の説教ではないローマの教会で。

このほとんど信じられないようです。

聖レオの説教には、しかし、確かに説教はローマの最初の説教を先に達し、すべての方のためにはギリシャ語ヒッポリュトス;ていない限り、説教"反対alcatores " novatian対立教皇は、説教された。

このシリーズのラテン語説教師を開始、 4世紀の真ん中です。

いわゆる" 2番目の信徒の聖クレメント"は、説教を2番目の世紀に属する可能性があります。

原産地の多くは、論評は、一連の説教のと同じように、すべてのクリュソストモスの場合への解説とほとんどのアウグスティヌスのです。

多くの場合、論文は、コースの説教を構成する、として、例えば、それらのいくつかは、ケースのアンブローズ、 whoようには彼の説教した後に書き直さ配信します。

"デsacramentis " 5月のバージョンされる可能性があります速記-作家のこのコースは、サン自身編集タイトルの下に"デmysteriis "です。

いずれにせよ、 "デsacramentis " (かどうかをアンブローズかどうか)には、新鮮さとnaivetéに欠けているのは確かに本物の"デmysteriis "です。

同様に、素晴らしいコースの説教説教が明らかにされアンティオキア聖クリュソストモスは彼自身の手で書かまたは修正され、コンスタンティノープルだが彼は配達先のいずれかを急いで修正されたか、またはまったくです。

彼の説教する行為は、先に降りてくるのが非常に異なる2つの文章は、原稿、問い合わせだけでは、おそらく知られてフォームを判別できないことが異なる2つのtachygraphersにダウンされています。

聖グレゴリーnazianzen不満は、これらの速記importunity -作家( orat. 32 ) 、聖ジェローム機能としての無能力( ep. 71 、 5 ) 。

その芸術は明らかに高度に完成し、移動先に降りてくることがあります。

彼らは正式に従業員協議会(例えば、大会議では、カルタゴdonatistsでは、 411 、私たちを耳にして) 。

多くのことが表示さまたはほとんどのエフェソス司教は、評議会は、 449 、ライターが独自の速記します。

このメソッドの撮影ノートやイラストの増幅を受信する行為から27コンスタンティノポリス4月、 449 、では、分が検討されていたダウンを取らtachygraphersは、会議を開き、数週間前です。

多くの聖アウグスティヌスの説教は確かに速記録からです。

不確実さを他の我々は、のスタイルを書かれたものが多いので、口語で基準を取得することは困難です。

ベツレヘムの説教の聖ジェロームは、公開されDOMのモランは、速記からレポートを作成し、即席の会議のディス自身がこれらの部分を上に詩篇を授けたまたは、福音書の典礼で歌われていた。

多くの場合、スピーカーは明らかに別の僧侶が先行し、西洋のクリスマスの日に、これだけでは彼のコミュニティの維持は、司教が存在し、最終更新は話す。

実際にはエルサレムの巡礼者ætheriaを教えてくれるものとは、第4世紀に、現在のスポークのすべての司祭になり、彼らを選んだ場合、最後のすべての司教とします。

このような即興のコメントを実際よりはるかに雄弁家の談話では聖グレゴリーnazianzen 、高尚な便のクリュソストモスから、その特徴からの激流の繰り返しの短い説教のピータークリソログス、より重要なのトリノの巧妙な表現をし、膨大なリズムレオの大です。

これらの父親の雄弁がここに記載する必要はありません。

西は、第4世紀に追加することがありますgaudentiusのブレーシャ;いくつかの小さなコレクションの興味深い説教に表示される5世紀;第6回ポップアップで、多くのコレクションを作られる聖caesariusの利用のために説教師です。

実質的に何の盤には、実用的な作品は、次の著名な司教とします。

聖グレゴリー(いくつかの架空の離れ評釈)は、最も実用的な説教師は、西です。

ものがないほど見事に模倣よりも聖クリュソストモスです。

華美な作家が少なく、他の金庫にコピーします。

聖アウグスティヌスのスタイルはあまりにも個人的にも例を挙げると、およびいくつかのは非常に学んだので、素晴らしいなどの準備、それを話すことができますベンチャーとしては単に彼はしばしばです。

c.作家

に属していないし、父親の期間のいずれかの厳密に古典的か、ラテン語、ギリシャの言語;だがこれは、必ずしも悪いこと書いたラテン語やギリシャ語です。

koinéの会話や共通の形式の方言のギリシア語、新約聖書が発見されたとの多くのpapyrusの複数形ではないの言語には、父のを除いて、非常に早い。

父親は、ギリシャ語で書くよりも、他のほとんどのスタイルclassicizing新約聖書作家;なしでは、かなりの下品な人やギリシャ語文法にのっとって、いくつかのアテネ風に、例えば、シネシオスcappadociansとします。

古典のラテン語の祖先は、しばしば少ないです。

テルトゥリアヌスは、ラテン語カーライル;彼を知っていたギリシャ語、と書いたの書籍をその言語には、教会の用語を導入しようとするとラテン語です。

聖チプリアーノの"広告donatum " 、おそらく彼の最初のキリスト教の書き込み、表示するすべてのapuleian気取りの彼は控えめな彼の他の作品は、彼の伝記作家pontiusしかし、これは誇張された模造とします。

男性のようなジェロームとオーガスティン、 who古典文学の知識を徹底的にいたものではないトリックのスタイルを採用し、どのように栽培する必要が正しければ、しかし、シンプルでわかりやすい;に対するレビューはまだそのスタイルがどのようなことはできませんでしたが、その前の勉強します。

は、ラテン語のすべての音声は、非常に異なるpatristic世紀に書かれたからです。

私たちの例を得るの低俗な舌の手紙のあちこちで、ローマ教皇コルネリウスmercatiとして編集され、第3世紀、またはルールの聖ベネディクトにwölfflinのかDOMモナのエディションは、 6番目です。

後者のようなmodernisms得コーmurmurantemとして、郵便quibus 、ごっresponsoriaログインし、これをどのように混乱の性別やクラシックが消えつつある例をイタリア語の他の合理的なシンプルです。

いくつかのには、父のリズミカルな語尾を使用して、 " cursus "を含むものは散文;いくつかのは、不正へのアクセントの語尾が正しい韻律的なものです。

身近な例を元には、過去の収集は、質量;は、後者のテデウムは、明白なインスタンスです。

d.東と西

神学の話をする前には、父の特性では、アカウントを考慮に入れる部が実施してローマ帝国の偉大な2つの言語をします。

言語は、大きな区切りです。

2つの帝国の皇帝ときに分かれ、それは非常によると、特定の言語;も教会の部門は、もっと正確に言うと、偉大な州のイリュリクム以来、マケドニアを含むすべてのギリシャ、西は、添付されてから少なくとも1の大部分を介してpatristic期間中、大司教の支配されるとはテッサロニキではなく、その外原型または家長としてではなく、ローマ法王の使節です。

しかし、文学作品は、年齢を考慮し、それらをしなければならないクラスラテン語やギリシャ語、これはここでどのような意味では西部と東部です。

の理解を深めてギリシア人とラテン系の間の関係は、しばしば特定のprepossessions隠される。

私たちトークは、 "不変の東"は、ギリシアの哲学とは対照的に、実用的なローマ人への手紙、心の平静を考えると、東洋の速さと秩序の分類に反対する欧米の諜報特徴です。

すべてこれは非常に誤解を招く、とすることが重要に戻るには事実です。

まず第一に、東は西に変換さよりもはるかに急速にします。

コンスタンティンは、キリスト教の宗教の設立時の両方の帝国から323以降では、 2つの間に著しい対照をします。

西ペイガニズムはどこに非常に大多数は、アフリカの可能性を除いています。

しかし、キリスト教、ギリシャの世界の平等なのは、非常に古い宗教に影響を与えると、数字;は、大きな都市の支配的なことかもしれないこともありえますし、実際にいくつかの町がキリスト教のです。

その物語は聖グレゴリーの不思議-労働者、その彼が見つかりましたしかし、キリスト教徒は17 neocæsareaときに彼は司教ており、その17多神教徒しかし、彼が去った後で彼が死亡した時と同じ市( c. 270から5 ) 、大幅にしなければならない真。

このような不条理な物語は、西がします。

ラテンの国の村には、長い間開催する、とpagani保持の神々を崇拝した後、古いchristianized彼らはすべての公称です。

でphrygia 、逆に、村全体がキリスト教のずっと前コンスタンティノス、それは事実だが、他のいくつかの町ではまだ異教徒ユリウス暦の日-ガザ地区でパレスチナの例; m aioumaその後、ガザ地区のポートがキリスト教のです。

2つの結果、他の間、この迅速な福音伝道の気づいたの東しなければならない。

まず第一に、遅いが、西側は、良好な進捗状況については、変わらずの伝統を保存、クイックに変換されるの東は、同行の急速な発展には、球の上の教義のは性急な、不平等な、と実りのエラーが発生します。

第二に、 partakeの東洋の宗教にも、迫害の中に英雄時代、西感じたので、悪を深くした後は、コンスタンティン、つまりは、数多くの教会の込み合いを半分しかchristianized whoが、それが、ファッショナブルなことを行うか、または部分の美しさのため、新しい宗教とは、古いが見られるの不条理を明らかにします。

われわれは実際キリスト教の作家は、東と西のようなarnobius 、とにある程度のラクタンティウスとユリウスアフリカヌス、 whoを表示することが指示さ半分だけの信仰です。

ほとんどの場合、この必要がありますが、人々の間の東です。

伝統的に、東は少ないと考え、と深い信仰が少ない欧米に比べて小さいコミュニティです。

繰り返しになりますが、アフリカで開始されるラテン語作家テルトゥリアヌス、 3世紀の直前に、ローマにnovatianは、 3番目の世紀の真ん中、およびスペインとガウルまでは4番目です。

しかし、東は第一世紀の作家、との数値が2番目の;があったグノーシス主義とキリスト教の学校で2番目と3番目のです。

があった、実際のところ、ギリシャの作家で何世紀にローマでの最初のと2番目と3番目の部分です。

しかし、カトリック教会はラテン語を忘れていたし、ラテン作家クレメントを挙げるとしなかったhermas ;彼ら完全に忘れてしまったヒッポリュトス、彼のクロニクルを除いて、彼の名前となったのテーマを単なる伝説です。

ローマは、強力で尊敬にかかわらず2番目の世紀に、彼女の伝統は壊れていないとかかわらず、彼女の文学が完了するには、区切りのです。

ラテン文学は、このように一世紀半、ギリシャの年下;実際には実際に2つの半世紀と若いです。

テルトゥリアヌススタンドだけでも、と彼は異端者です。

第4世紀半ばまでの出演があったしかし、 1つのラテン語の父は、キリスト教の精神的な読書は、ラテン語教育を受けて、それは自然なstichometryして、編集(おそらく半公式)されてローマ教皇の管理のための書店liberius '価格は、聖チプリアーノの作品を与えるだけでなく、書籍は、ラテン語聖書です。

このユニークな立場の聖チプリアーノはまだ認識の冒頭には、 5世紀です。

よりチプリアーノ(民主党258 )をヒラリーがあったことがほとんど予約をお勧めラテン人気の読書を除いてラクタンティウスの"デmortibus persecutorum " 、およびすべての神学はなかった。

ほんの少し後、修辞家がvictorinusの論評の価値、およびそれらのアイザックのユダヤ人( ? )が奇数です。

ラテン文学の1つの積極的な期間が終わる世紀は、むき出しのレオ(民主党461 ) 。

世紀のローマ中で繰り返していたキャプチャや脅迫を受けたと野蛮人;アリウス主義の破壊、壊滅的なイタリアとガウルのほか、カトリックのスペインはほぼ破壊するとアフリカ;は、キリスト教英国殺害されていた英語の侵攻です。

西はまだありませんていたライバルの東に出力できるようにと、雄弁を超えるとも学習して、深さ、および様々です。

ほとんどのお姉さん、これらのプロダクションを知っていたが、西は、付属のボディにかなりのギリシャ語からの翻訳も、第4世紀

は、 6番目、カッシオドルスの量に注意してすべきであるが増加している。

これは、ラテン系に大きな見通し、とさえ、崩壊の学習ができませんでした。 agapetusカッシオドルスや救済策や、どのよう謙虚彼のdeplored agathoローマ法王に手紙を680 、ギリシャの評議会は、特定の持続的な力に抵抗性です。

コンスタンティノープルの手段での学習が豊富な、と多くの作家があった;はまだありませんには15世紀まで緩やかに下降する。

のような他の著名な作家ちらつきますは燃えさしの中で死にかけている。

chroniclersとchronographersがあったが、独創性がほとんどです。

studium修道院も、文学の復活はほとんどです。

熱意があるのだろうと、東のようなカッシオドルス、 ISIDOREに、 alcuin 、世界の中で野蛮です。

彼は素晴らしいライブラリphotiusの処分、まだありませんビードが広い学習、そしておそらく他のを知っていたのは、東、西よりもphotiusです。

勤勉な学習の伝播アイルランドの学校をヨーロッパのすべての部分の並列は、東洋の世界はない。

それは、 5世紀の後に開始される東は、 "不変"です。

きずなで結ばれており、成長率の西連続減って、彼女の神学と文学はますます多くのミイラ化した;が、新たにラテン世界花開いたアンセルム、アウグスティヌスの微妙なとしては、バーナード、ライバルをクリュソストモス、アクィナス、プリンスオブ神学です。

それゆえ私たちを観察する二重の運動世紀の初め、これを別々に話さしなければならない:神学の動きを、東、西課せられた彼女は、消極的教義上の東と西の動きが最も実用的なもの-組織、典礼、 ascetics 、献身-は、西同化されて、ギリシア軍の迅速な進化します。

私たちに、最初の神学的運動です。

e.神学

2番目の世紀を通してキリスト教、ギリシャの部分heresies育ちです。

グノーシス主義の多くの学校を導入しようとキリスト教の要素をすべての種類の外国人です。

who教えと信じられていることからスタート]ボタンをしなかったの信念は、トリニティと化身のような我々は慣れている。

marcion形成は、学校ではなく、教会;彼は非常にchristology伝統から懸け離れている。

montanistsは、分裂を保持し、従来の信念や慣行が、新たな啓示を主張します。

再生回数の指導者が来て、すべての新しいローマ、としようとした地歩を占めるある; excommunicatedすべてが死刑囚とします。

世紀の終わりに、ローマは東からのすべての伝統的なルールが彼女に同意すべきである復活祭の日曜日のです。

小アジアの教会のは、別のカスタムです。

1つの司教に抗議します。

しかし、彼女たちの気持ちがほとんどを一度に提出します。

で3番目の世紀の最初の数十年に及ぶ、ローマの公平に反発反対heresies 、それらを発見の3つの人を区別ホーリートリニティーだけで、モーダル( monarchians 、 sabellians 、 " patripassians " ) 、およびそれらのwho 、逆に、イエスキリストは単なる人間か、またはものとみなすようにして、神の言葉がよりはっきりしている父です。

この最後の概念は、驚きを私たちは、仮定し、それが表示され、ギリシャ語、初期の擁護派が、さまざまな言語;アテナゴラス( whoとして、アテナイの関係も5月の西)は、 1つだけの結束を主張してwhoのトリニティです。

ヒッポリュトス(やや多彩な、 "コントラnoetum "とは、 " philosophumena 、 "もし彼らはどちらも彼の)指導部が実施して、同じ父親として息子からの伝統的な、と彼はレコードを法王は彼を非難カリスツスditheistです。

原産地は、他の多くのように、行列の言葉により、彼の事務所に依存創作;ともし彼が行列を作るのに十分な正統派と永遠に必要な1つ、これは創造自体に関してのみのため、必要に応じて彼と永遠のです。

彼の瞳は、アレクサンドリアのディオニュシオスは、闘いのsabellians 、 whoない本物の区別を認めたの神性、明らかに、ギリシャの神学の特性の弱さが、いくつかの彼自身のエジプト人が他よりも正しい家長、ローマとアピールします。

ローマのアレクサンドリアのディオニュシオスを聞いて、すべての尊敬の伝統と汚点のない不変の正統性を参照のピーター;彼の謝罪を受け入れるという言葉"同本質"と彼は説明し、間違いなくよろしくお願いいたします。決して意味していたそれ以外;しかし、彼は学びをより明確には、どのように認識し残念ながら彼の以前の言葉で表現された引数です。

彼は存在しないときに会議を中心としたorigenists 、妥当な刑を宣告サモサタのパウロス( 268 ) 、およびこれらの司教、保持して東洋の伝統的ビューで、言葉を拒否して使用して"同本質"あまりにもされてサベリウス主義のようです。

のarians 、弟子のルシアン、拒否されました(ユーセビアスの穏健派としては、他のcaesarea )の永遠の創出、と彼らは主張してその結果を論理的に十分な"があった(前に時間が)という言葉はない" 、と彼は、生き物です。

キリスト教は、すべての恐怖; appeasedられたが、東はすぐにあいまいな説明、およびイズニクした後、本物の、あからさまなアリウス主義はほとんど40年近くその頭を示しています。

最高のポイントは、東の正統性が示されている可能性がある立派な講義の聖エルサレムの聖キュリロスです。

1つの神には、彼は教えて、それは、父は、彼と彼の息子はすべてのものに等しい、と聖霊は、尊敬され、それら;私たちは私たちを崇拝することはできません区切ります。

しかし、彼は自分自身のことは望めない3つの神々をどのようにはしない;彼はニカイア単語を使用していない"同本質"と彼は決して示唆して神格には1つの3つの人に共通しています。

すべての電源をすれば、ラテン系が異なっています。

キリスト教の本質的な一神教ではないと言って保存されて西には" 1つの神の父" 、東部のすべての信条のように、しかし、神学者の団結を教えるのは神の本質的に、三人では生計を立てる。

もしテルトゥリアヌスsubordinationist言語を使用するとnovatianの息子(多分借りたから東) 、それはほとんどが主な教義の結果と比較して、それには1つの物質は、父と子です。

カリスツスwho excommunicates同様にこれらの区別を否定する人は、 whoを拒否するとこれらの物質の結束を主張する。

教皇ディオニシウスは、ショックを受けた彼の名前をしなかったという言葉を使う"同本質" -これは前に6 0年以上に渡りイズニクです。

その大会議、西部劇の司教には、第1位、 2つのローマの司祭、との議論の結果は、ローマの単語"同本質"が課せすべてのアップです。

評議会は、東の沈黙の陰謀が成功する; orientalsはないという言葉を使うのです。

さらにアレキサンドリア、保管していたローマのディオニュシオスの原則ではないと確信しアタナシウスの政策は良いとの戦いに彼の人生を費やしてイズニク、めったに使用して重要な単語はまだありません。

半世紀がかかりますeasternsをダイジェストことを、そしてときに行うには、彼らはありませんその意味を最大限に活用する。

不思議なことはほとんど関心をどのように表示されたの結束もアタナシウス、トリニティ、これを引用する場合を除き、彼はほとんど言及dionysii ;ことがdidymusとcappadocians who単語三位一体説を信奉する教義された方法で聖体拝領されて以来世紀にもわたって-3つのh ypostasisの複数形、 1つusia ;しかし、これは単に、従来のラテン語の翻訳は、古代の数式、それは、新たに東です。

もし私たちの3つの世紀を振り返る、 2番目、 3番目、 4分の1ていきたいと考えていると言えば、わたしたちはギリシャ語を話せるかどうかは、神の教会の教えの息子、と3つの切っても切れない人、および1つの神の父、なし哲学的に整合すること、これらの概念です。

の試みが行われたのは、異端として非難が時には1つの方向や、他のか、またはせいぜい到着不満足なと誤った説明などの区別は、ロゴのロゴprophorikosまたはendiathetosとの主張は、永遠の創出します。

ローマカトリック教会の伝統の3つの簡単な保存常に人と1つの神の本質的に異なる。

easternsしなければならないが始まって判断するよりも少ない完璧な伝統は、あまりにも過酷なことがらを非難するwilfully pervertingしてください。

しかし、彼らの微妙な愛を詳細には、同じ時間の区別をむき出しにして哲学的に把握したいのです。

神学、一般の人々の話の通り;しかし、プロの神学者のルートをしなかったかどうかは、神の宗教のための統一、とし、これまでのところ、それは良いサベリウス主義は、お金よりも半です。

神話には何かの概念については、原産地でも例の、しかし重要なの思想家と比較して彼は5月に他の昔のです。

キリスト教の概念を独占して東彼のいくつかの時間ではなく、キリスト教は決してorigenistが影響を受けた現代の世界です。

神学上の教義のラテン語の構想を、その一方では決して理解されていない、単なる伝統に固執することです。

これらの論争のラテン系の各世紀初めの主なポイントを摘発し、どんな危険を冒して保存します。

インスタント決してかれらの神の結束を可能にする不明瞭な場合があります。

と彼の息子の平等をconsubstantialityが見られるとされるが団結する必要があります。

のplatonistの必要性を仲介する考えを超越神との間に創作されない動きが取れなくて、彼らはあまりにも頭脳明晰な何かを仮定して半分の方法があるかもしれないとの間の有限無限です。

一言で言えば、ラテン系の哲学者、およびeasternsではない。

東は推測や神学論争については、それを理解することはできない大規模な対象です。

これはそれに応じて、このことは、西は、後のすべての闘争が終わると、三位一体説を信奉する教義は、アウグスティヌスは完全に体系化され;は、西、アタナシウス信条が策定しています。

同じ話を繰り返し自体は、 5世紀です。

ペラギウス異端の哲学が生じたのは、西部、および西のみがexorcizedこともあります。

アンティオキアとアレクサンドリアの学校側にそれぞれ1つの質問を主張して、労働組合としては、 2つの性質の化身;ネストリウス派の1つの学校に落ちて、他のをeutychianismが、正統派の指導者がします。

しかし、どちらも偉大なシリルtheodoretことができたの上の論争が上昇し、 2つの相補的真理と表現して1つの整合性の原則です。

彼らは何セントレオ開かれた開かれた;しかし、引数と果てしのない証拠を欠く彼らは、ラテン語の作家の言葉の真の教義を一度のすべてのため、彼は少しも動じずに見たところです。

最も人気のも不思議では、東部の祖先は常にuntheologicalクリュソストモスが、最も人気の西側の父親は、哲学者アウグスティヌスです。

いつの東は西から切断さ、それに貢献して何もドグマ解明と開発、および時ユナイテッド、その貢献は、ほとんどを解明するために西部へ難色を示す。

しかし、西は続いてその仕事を休みなく博覧会と進化します。

した後、 5世紀にはそれほどで定義されては、開発やpatristic期間;の教義への参照を古代にのみ必要に応じて定義されています。

しかし、何度も繰り返してローマは彼女の教義を課すことをビザンチウム-5 19、 6 80、および有名な七八六アール日、東部全体のときに教会を受け入れることは、ローマ法王の再会のためのドキュメント、およびこれらの日程の合間に小のインスタンスを供給です。

東部の教会が保有する伝統的な信念に、常に伝統とロマンを償還する義務がピーターを参照して; ariansを表明することを書いたときにローマ教皇ユリウスを見下す干渉-ローマ、かれらは言ったが"メトロポリスは、信仰の始まりから" 。

第6 、 7 、 8世紀の教訓を徹底的に学びていた、と宣言、教皇のお膝元の東の特権、とアピールするには経験が教えfervourにされている。

このようなスケッチとして、すべての要素を考慮することはできません。

東部神学いたことが明らかに大きな影響を与えると様々なラテンキリスト教です。

しかし、本質的な真理遺跡は、西、東よりもより明確に考え、より忠実性を保ちながら、より明示的な伝統として教義を枢機卿ており、その教説の西課せ彼女と彼女の東部で用語の定義を、と繰り返して、必要に応じて、 reassertedとreimposedします。

女性の規律、典礼、 ascetics

伝統によると、 bishopricsの乗算のように、各都市は、独自の司教は、アジアの道が始まったのは、聖ヨハネの方向にされています。

の開発は、でこぼこのです。

あるかもしれないしかし、 1つのエジプトに表示さ2番目の世紀の終わりに、大規模な数字があったにかかわらずすべての地方の小アジア、および非常に多くのでフェニキアとパレスチナのです。

グループ分けされてから始まったこと世紀には首都圏の東、および3番目の世紀の問題として認識され、この組織はもちろんです。

metropolitansは、 patriarchs以上です。

このメソッドのグループの西に広がっています。

最初のアフリカは、最も多く見;は、 3番目の世紀半ばには約100人、および彼ら迅速に増加してその数を4倍以上です。

しかし、アフリカの各道、首都圏を参照なかった;のみをして〜にふさわしい大統領は、上級聖職者、 proconsularisを除いて、ここでは、大都市のカルタゴの省と彼女の司教は、まず第一にアフリカです。

彼の権利が定義されて、彼の影響力は素晴らしいです。

しかし、ローマは近い、と教皇は確かにはるかに実際の電力だけでなく、他の公認された権利、より霊長類;私たちの時間をテルトゥリアヌスこれを参照し、それが真の抵抗にもかかわらず、チプリアーノです。

の他の国、イタリア、スペイン、ガウル、徐々に組織化されたモデルによると、ギリシャ語、および、ギリシャのメトロポリス、家長が適応します。

西の早い段階で審議会が行われた。

しかし、懲戒参事は、最初に制定されたの東です。

聖チプリアーノのない大規模な協議会に渡さ参事ており、その各司教サンに考えられるように釈明を神は、政府だけで彼の教区;換言すれば、彼は知って宗規ない。

ラテン語法の基礎をキヤノンは、東部協議会参事、これを開いて欧米のコレクションです。

にもかかわらず、私たちの東仮定する必要はありませんが他の定期的な、あるいはより良い統治、西よりも、ここでの教皇と正義のために警備します。

しかし、東は大きなコミュニティ、と彼らは他の完全に開発、およびそのため、以前のそこにコミットする必要が生じた明確なルールを作成します。

すぐに、血色の良い味の東の美しい装飾の典礼excrescencesです。

多くの西方へ移動するような優れた実践し、ラテン語の儀式借り物の祈りと歌、 antiphons 、交唱歌を歌うこと、の使用は、ハレルヤ、 、頌栄などを採用してラテン語の場合、クリスマスの日に東、西、ギリシャのインポート単にエピファニー、しかし、ごちそうごちそうした後、第4 、 5 、 6 、および7世紀です。

東部の西に参加し、献身的な愛情を殉教者です。

特別名誉と愛を第一の特徴は、聖母の東(アンティオキアを除く)と入力し、西部を征服します。

のparcellingの遺物としての遺体は、聖人の祈りのために、すべての普及の東から西へ;のみローマ開かれたアウトまでの時間の聖グレゴリーの大、反対どのような考えかもしれないのではなく、名誉を不敬の聖人のです。

がいっぱいの場合、最初の3つの世紀のローマからの巡礼を東、西はまだありませんから、 4世紀以降の製作に参加、東エルサレムの主要な目標のような敬けんな旅; voyagers帰されると、これらの多くの知識を、東から最も遠い西側の部分です。

修道院生活が始まったエジプトでポールとアンソニー、および普及をよりエジプトシリア;聖アタナシウスの知識を、それをきっかけに、西、と西洋修道のジェロームとオーガスティン、 honoratusとマーティンは、ベネディクトとコルンバは、常に顔を東、アンソニーとpachomiusとhilarion 、および上記のすべてをバジル、その最も完璧なモデルです。

啓発的な文学の形での生活を始めたの聖人とアタナシウス、ジェロームとは、まねされています。

しかし、ラテン作家、ルフィヌスとカッシア、アカウントの東部は修道、およびパラディウスと、後の作家がギリシャ語の早期ラテン語に翻訳されています。

実際にはラテン語の命をすぐに聖人、そのうちの聖マルティンは、最も有名な、しかし、 600年はほとんど来聖グレゴリーの大感じたときに必要なことに抗議するとしても良いかもしれないが見つかりました、イタリアのようにエジプトとシリア、および公開彼の対話を証明する彼の時点で、啓発的な物語を提供することにより、自分自身の国を置く修道士の横にある古い歴史をします。

場違いなことが、ここに行くの他の詳細については、これらの科目をします。

十分なされ借りたの西によるとに表示することは、開放的なシンプルさと謙虚さ、東からの高齢者のすべての種類の実用的で便利な方法で問題とは、キリスト教の教会生活です。

実用的な事柄の影響力のコンバース東西には、自然に非常に小さい。

g.歴史的な材料

古代の歴史の主要なpatristic期間は上述のです。

常に完全に信頼することはできません。

のcontinuatorsのユーセビアス、それは、ルフィヌス、ソクラテス、 sozomen 、 theodoretではない自分自身をユーセビアスに比べて、勤勉な高位聖職者は、幸いなことに問い合わせbequeathedのコレクションというよりも、歴史の貴重な材料です。

彼の"ライフ"というより"賛辞のコンスタンティン"が少ないため、その内容よりも注目すべきは政治脱落します。

彼の材料が見つかりましたユーセビアスpamphilus先には、ライブラリのcaesarea 、およびまだ司教の他のアレクサンダーはエルサレムに残された。

以前の彼のコレクションを引き合いに出して書類は、コリントの手紙のディオニュシオス、アレクサンドリアのディオニュシオス、セラピオーンのアンティオキア、いくつかの書簡を送信して教会協議会ローマ教皇ビクターされ、またそれ以前の採用など、作家の歴史や回顧録papias 、 hegesippus 、アポロニオスは、対戦相手は、匿名montanistsは、 "リトル迷路"のヒッポリュトス( ? )など。

私たちの主な追加機能に合わせて作ることができますこれらの貴重な残党には、第一に、聖irenæusを検索するheresies ;テルトゥリアヌスの作品を入力し、フルの貴重な情報については、論争の自分自身の時間と場所と税関の西側の教会、およびまた、いくつかの貴重な情報については以下を含むそれ以前の問題-少ない貴重な、テルトゥリアヌスは、非常に不注意と欠乏のための歴史的意味します。

次に、私たちには、通信の聖チプリアーノ、アフリカの文字から成る協議会、聖コルネリウスおよびその他、これらに加え、サン自身です。

この断片的な情報をすべて追加することくらいから聖聖エピファニオス、何か、またよりSt 。ジェロームphotiusとビザンチン様式のchronographersからです。

全体のアンティ-ニカイアの証拠とされカタログハルナック素晴らしい業界では、他人の助けを借りてpreuschenとは、 1021ページの本を、彼の最初の巻に貴重な"歴史の初期キリスト教文学"です。

第4世紀の真ん中で、聖聖エピファニオスの本を学んだしかし、 heresiesは混乱;迷惑を考えることが最も役に立つことはどのように引用されてしまった彼の著者で、信心深い著者名、ユーセビアスでした。

としてこれは、私たちは、困難な、すべての場合は、彼のソースには発見されるかどうかかどうかに依存しています。

聖ジェロームの生活の著名な男性がぞんざいにまとめるのは、主からユーセビアスではなく、非常に価値の関連情報を、ここで私たちが信頼できるの精度で動作します。

マルセイユgennadiusのこの仕事に大きな利益を継続してください。

西洋のcataloguersのheresiesなどphilastrius 、 praedestinatus 、と聖アウグスティヌス、はあまり便利です。

コレクションのドキュメントのは、最も重要な問題のすべてのです。

アリウス主義論争は、聖アタナシウス、彼のコレクションで公開され申し訳なさそうな作品は第一級の著者です。

ヒラリーセントまとめられたそれらの断片生き残るのみです。

別の関係書類をhomoiousianサビヌス、司教のheraclea 、ソクラテスはわかっている、と私たちは、トレースの使用されていた。

ドキュメントのコレクションを起源に接続してドナトゥス派の教義が行われた4世紀の初めに向かって、付加さとは、彼の偉大な仕事をoptatus通りです。

残念ながら一部のみが保存さ;しかし、失われた多くの問題が引用されるアウグスティヌスoptatusとします。

瞳孔の聖アウグスティヌスは、マリウスメルカトル、コンスタンティノープルが起こったのはネストリウス派の論争の中に、彼のコレクションに形成さpièces justificatives興味深いです。

彼の論文をまとめる設定に対応する軸受を検索するペラギウス論争です。

エイレナイオス、司教のタイヤは、ドキュメントの蓄積を有してネストリウス派としては、自分自身の防衛を簡単にします。

これらの情報が保存されているのは、対戦相手は、返信、 whoが追加されました大きな番号です。

別の種類のコレクションはその手紙です。

聖ISIDOREには、聖アウグスティヌスのは、非常に多くの、しかし、クマリトル時の歴史です。

にははるかに歴史的な問題ではこれらの(例えば)のアンブローズとジェローム、バジルとクリュソストモスです。

それらは、教皇は非常に多くの、そして第一級の値、およびそれらの大規模なコレクションの教皇宛ての手紙も含まれています。

レオとホルミスダスの対応は非常に完了します。

これらのコレクションに加えdecretalsのローマ法王の手紙と、私たちは別々のコレクション、そのうち2つは重要であるが、このcollectio avellanaており、そのラリッサのスティーブンのです。

協議会の供給源別の偉大な歴史的です。

これらのイズニク、 sardica 、コンスタンティノープル、左の問い合わせの行為は、いくつかの手紙や参事会のみです。

協議会は、 œcumenicalへの詳細な行為だけでなく、私たちは、数字の文字だけでなく、接続している。

保存されている数多くの小さな会でも、後のコレクション; ferrandus作られるこれらのカルタゴとディオニシウスの小さな特別な言及に値する。

多くの場合、行為の1つの会議が保持されていた別の先を読む。

たとえば、 418 、カルタゴ読誦する評議会の元参事アフリカのすべての本会議では、ローマ法王の使節が存在するし、カルケドン公会議のすべての行為を体現、最初のセッションは、エフェソス強盗評議会、および、行為のそのセッションに含まれる行為の2つのsynodsコンスタンティノープルのです。

強盗、後のセッションは、評議会(保存だけでシリア)には、コードのドキュメントのprelatesに関するお問い合わせとトライアルのです。

多くの情報を様々な種類の派生され近年のソースからのシリア語とコプト語、さらには、アラビア語、アルメニア語、ペルシャ語、エチオピア、スラヴ語です。

ここではないことを話すのに必要なpatristicソースの記述として私たちの知識を教会の組織、教会の地理、 liturgies 。

キヤノン法と手続き、考古学などのソースには、しかし、ほぼ同じ歴史のすべてのこれらの支店としては適切です。

Ⅳ 。

patristic研究

a.エディターには、父の

patristic最古の歴史と文学では、それらに含まれてユーセビアスジェロームの"デviris illustribus "です。

彼らは続いてgennadius 、 who継続ユーセビアス、セビリアの聖ISIDOREに、聖ildephonsusのトレドとします。

最もよく知られ、中世の修道院がsigebertは、ガンブルー(民主党1112 ) 、およびtrithemius 、アボットのsponheimとヴュルツブルク(民主党1516年)です。

これらのは、匿名の修道士の間でmelk ( mellicensis 、 c. 1135 )とホノリウスのオータン(一一二二から五まで) 。

古代のエディターが欠け;例えば、多くの匿名の作品のように、ローマ教皇の憲法疑似clementinesと、 2回以上も改装し、翻訳者の原産地(ジェローム、ルフィヌス、および未知の人)カットアウト、変更、追加されました;セントです。ジェローム削除修正版を公開するvictorinus "をアポカリプス"です。

pamphilusのは、原産地のリストを記述し、それらのpossidiusアウグスティヌスは同じです。

偉大なエディションには、父の印刷が始まったときには共通になる。

最古のいずれかのエディターがフェーバーstapulensis ( lefèvre d' estaples )で、その版が公開さディオニシウスアレオパギタ1498 。

に、ベルギーのpamèle ( 1536年から1587年)で公開くらいです。

feuardentの論客は、フランシスコ( 1539-1610 )はいくつかの良い編集します。

16世紀の巨大な作品の歴史を生成します。

プロテスタントの" centuriators " 13世紀には多くの説明マクデブルク巻号( 1559年から1574年) 。

バロニウス枢機卿( 1538-1607 )はこう答えた彼の有名な"学派ecclesiastici " 、 1198年に到達して( 12 vols学です。 、 1588年から1607年) 。

marguerinデラbigne 、医者は、ソルボンヌ( 1546年から1589年) 、公開彼の"蔵書veterum patrum " ( 9 vols学です。 、一五七七〜九)を支援するcenturiators反論しています。

偉大なイエズス会のエディターがほぼは、 17世紀; gretserus ( 1562-1625 ) 、前線のducaeus (ハイアライ球技場デュデュック、 1558-1624 ) 、アンドレアスショット( 1552-1629 ) 、勤勉な編集者は、ギリシャの父親です。

sirmondのお祝い( 1559-1651 )ギリシャ語、父と協議会の継続を公開すると他の多くは、 51から92まで歳からです。

ドニpétau (ペタヴィウス、 1583-1652 )編集ギリシャ語の父、書いて年表、および生産に比類のない書籍の歴史的神学、 "デtheologicis dogmatibus " ( 1044 ) 。

禁欲的に、これらのhalloix年5月に追加されました( 1572-1656 )は、無批判chifflet ( 1592-1682 ) 、およびジャンガルニエは、歴史学者のpelagians (民主党1681 ) 。

社会の最大の仕事は、イエスキリストは、出版物の"聖人伝集" 、これは、今すぐに達した年11月の初めには、 64巻号です。

それが予定されrosweyde ( 1570-1629 )として、大規模なコレクションの命を奪うの聖人;しかし、創始者としての仕事を私たちがこれは、有名なジョンヴァンBolland氏( 1596年から1665年) 。

彼は1643年にメンバー登録henscheniusとpapebrochius ( 1628-1714 ) 、およびしたがって、社会のbollandists始めた、と続き、にもかかわらず、対策は、イエズス会は、フランス革命までは、 1794です。

それは、喜んで復活さ1836 ( bollandistsを参照) 。

他のカトリックのエディターがゲルハルトヴォス(民主党1609 ) 、 albaspinaeus (デl' aubespine 、司教のオルレアン、 1579-1630 ) 、 rigault ( 1577-1654 ) 、および、ソルボンヌ医師cotelier ( 1629年から1686年) 。

ドミニカcombéfis ( 1605年から1679年)編集ギリシャ語の祖先は、追加されました2つのボリュームをデラbigneのコレクション、およびpatristicのコレクションを作ら説教します。

valesiusの素人(ドヴァロワは、 1603年から1670年)は、偉大な隆起します。

プロテスタント年5月の間に言及して論客クレリクス(ルクレール、 1657-1736 ) ;司教落ちたのオックスフォード( 1625年から1686年)は、エディタのチプリアーノ、誰司教ピアソン分類しなければならないとドッドウェル; grabe ( 1666-1711 )は、プロイセンwhoは、英国の定住し、カルビン派のバナージュ( 1653年から1723年) 。

有名な条項テティエンヌbaluze ( 1630-1718 )は、偉大な産業は、エディタです。

フランシスコのプロヴァンス、 pagi 、公開するバロニウスで1689年から1705年の貴重な解説をします。

しかし、最大の歴史的な偉業には、世俗司祭、ルイルナンデティユモン、その" histoireデempereurs " ( 6 vols学です。 、 1690 )と" mémoires pourをサポートà l' histoire ecclésiastiqueデ6総理siècles " ( 16 vols学です。 、 1693 )になってきてequalled置き換えたりします。

他の歴史学者は、枢機卿笠原noris ( 1631-1704 ) ; natalisアレクサンダー( 1639-1725 )は、ドミニカ;フルーリ(フランス語、 1690年から1719年) 。

これらのussherしなければならないが追加されましたダブリンのプロテスタント大司教( 1580-1656 ) 、および多くのcanonistsなど、ヴァンespen 、ドュパン、ラマルカ、およびchristianus狼瘡です。

オラトリオ会士thomassin書いて、キリスト教の古美術( 1619から1695 ) ;の英語ビンガム構成する偉大な作品を同じアジ研( 1708年から1722年) 。

ホルスタイン( 1596-1661 )は、プロテスタントの変換から、司書は、バチカンは、およびドキュメントのコレクションを公開します。

j.モランのオラトリオ会士( 1597-1659 )公開の歴史のある有名な神聖な仕事を受注し、 1つ上の混乱苦行です。

英語patristicプロテスタント神学者の間の長は雄牛の司教、 who書いて返信してペタヴィウスの再生回数のドグマの開発、権利" defensio信仰のnicaenae " ( 1685 ) 。

allatius 、ギリシャのレオ( 1586-1669 )は、管理人は、バチカン図書館、 2番目のベッサリオンがほとんどです。

彼は書いて教会の教義の書籍を検索すると、ギリシア人です。

jsアッセマーニ一世紀へのマロン( 1687-1768 )で公開中の他の作品を"蔵書東洋"とsyrus ephrem版です。

膨大なコレクションを編集する甥liturgies 。

17世紀の首席liturgiologistの枢機卿は、祝福さtommasiは、 theatine ( 1649-1713 、 beatified 1803 )は、聖人のようなタイプのをSavant社です。

偉大なbenedictinesグループを形成すること、 ( DOMのカルメ離れは、聖書学者、とDOM ceillier 、 whoに属して会衆のセント-ヴァンヌ)すべての信徒らは、聖-モールは、男性が学んだ召集されるアビーのセント-ジェルマンデプレ地区はパリです。

DOMのリュックd' achéry ( 1605年から1685年)は、創立者(以下" spicilegium " 、 13 vols学です。 ) ; DOMのマビヨン( 1632-1707 )の最大の名は、しかし彼は主に中世の早期占領とします。

ベルナールドモンフォコン( 1655-1741 )はほぼ同等の名声を得る(アタナシウス、 6カ国語対訳書の原産地、クリュソストモス、骨董品、古文書) 。

DOMのcoustant ( 1654-1721 )は、主要な協力、どうやら、聖アウグスティヌスの大版( 1679-1700 ;も、ローマ教皇の手紙、ヒラリー) 。

DOMのgaret (カッシオドルス、 1679 ) 、デュフリーチェ(聖アンブローズ、 1686年から1690年) 、 martianay (聖ジェローム、 1693-1706 、あまり成功) 、ドラリュ(原産地、 1733年から1759年) 、マラン( toutée 、シリルのエルサレム、 1720 ;だけでは、擁護者、 1742 ;グレゴリーnazianzen 、未完) 、 massuet (エイレナイオス、 1710 ) 、サント-マーテ(グレゴリーの大、 1705 ) 、ジュリアン座(聖バジル、 1721から2まで) 、 ruinart (ログmartyrum sincera 、 1689 、ビクターvitensis 、 1694 、およびグレゴリーのツアーとfredegar 、 1699 )は、すべてのよく知られて名を表示します。

の作品をmartène ( 1654-1739 )は教会や修道院の儀式( 1690と一千七百から二)と彼のコレクションをanecdoteの複数形( 1700 、 1717 、および1724年から1733年)は、ほとんどの膨大な;彼はデュランの援助を受けています。

偉大な歴史的な作品をbenedictinesセント- Maurにて、ここに記載する必要はありませんが、しかし、 DOMのサバティエの古ラテン語聖書の版、および新しい用語のエディションデュカンジュの留意しなければならない。

偉大な編集者のためのコレクションを協議会の名称に記載されて表示されて書誌事項は、評議会の記事があります。

18世紀は、 5月に注意ポッター大司教( 1674-1747 、クレメントアレクサンドリアの)です。

先ローマarévalo ( ISIDOREにはセビリア、 1797-1803 ) ; gallandiは、ヴェネチアオラトリオ会士(蔵書veterum patrum 、 1765年から1781年) 。

ヴェロネーゼ学者の顕著なグループを形成する。

マッフェイの歴史学者(私たちの目的は彼の" anecdoteの複数のカッシオドルス"が指摘される、 1702 ) 、 vallarsi (聖ジェローム、 1734年から1742年は、偉大な作品、およびルフィヌス、 1745 )は、兄弟ballerini (聖ゼーノ、 1739 ;セントレオ、 1753〜7は、最も注目すべき生産)ではなく、取り立てて言うほどのビアンキーニ、 who公開codexの複数の古ラテン語の福音書、および、ドミニカmansi 、大司教のルッカ、 who再編集バロニウス、ファブリツィウス、 thomassinus 、 baluzeなどだけでなく、 " collectio amplissima "の審議会です。

一般的な概観を示し問い合わせのイエズス会主導c.

1590-1650 、 1680年から1750年の約benedictines作業です。

、フランスのはいつもの最初の場所です。

まばらには、いくつかの名前を隆起さプロテスタントイングランド;数でドイツ語を;イタリアには、 2番目の半分をリードして、 18世紀です。

偉大な文学史のベラルミーノ、ファブリツィウス、ドュパン、洞窟、オーディン、シュラム、港湾労働者、 ziegelbauer 、および以下のschoenemannの構造が可能になったことです。

19世紀の最初の半分は、非常に不毛のpatristic研究;マルクの開始があったにもかかわらず、新たな時代ではドイツには、頭です。

2番目の半分の19は、非常に、ますます多作のです。

を列挙することは不可能であると批評家のチーフエディターです。

問題は枢機卿の新しいルーズ記載され舞( 1782-1854 )とカーディナルピトラ( 1812年から1889年) 、両方のprefects 、バチカン図書館です。

ineditaは見つかっていないと思われるような量の他、しかし、孤立の発見が頻繁に来るとまだ来;東部図書館、アトス山のような、パトモス島、コンスタンティノープル、およびエルサレム、とマウントサイナイ、未知の宝物が屈したが、シリア、コプト語、アルメニア語など、多くの損失が供給取り返しのつかないはずです。

エジプトの砂の何かが与えられたが、あまり、教父学です。

の最大の恩恵の道のために編集され、 2つの大きなpatrologiesミーニュabbé ( 1800年から1875年) 。

このエネルギッシュな人の作品を置くのすべてのギリシャ語とラテン語の祖先に簡単にアクセスし、 " patrologiaラティーナ" ( 222 vols学です。 、 4 vols学を含む。のインデックス)と" patrologia graeca " ( 161 vols学) 。

彼のアトリエを設立catholiques木彫制作、写真、臓器などが、印刷は、特別な作業です。

のワークショップが破壊された悲惨な火災で1868 、との仕事を再開されたが行われたフランコ-ドイツ語戦争不可能です。

" monumenta germaniae " 、開始され、ベルリンの司書ペルツ、強勢の下には、継続的に世紀の最も著名な学者、テオドールモムゼン。

小型のコレクションをpatristic作品はカタログには以下のとおり。

新しい版は、ラテン語の祖先は、 1960年代に実施されたアカデミーオブウィーンです。

今までの巻号で公開立派な作品も一様に特段の熱意を呼び出す。

現在の速度で進行される必要に応じていくつかの世紀の偉大な作品です。

アカデミーは、ベルリンのささやかなタスクを開始するほか、再編集、ギリシャのアンティ-ニカイア作家、とのエネルギーを確保アドルフハルナックは、真の成功と急速な出版物です。

不屈の学生と同じで、フォンゲプハルト、編集、一連の" texte und untersuchungen " 、これは、そのオブジェクトの一部の器官を、ベルリンのエディターには、父のです。

このシリーズを含む数多くの貴重な研究は、非常にそれは他の国ではほとんどが公表されています。

ケンブリッジシリーズの"テキストと研究"は若い収益もっとゆっくりと、しかし、かなり高いレベルを保持します。

また、イタリア語言及存在する必要があります" studiiメールテスティ" 、 mercatiとpioではフランキデ' cavalieri共同作業です。

は、英国のは、にもかかわらず、若干の復活が原因で発生する研究に関心をpatristicオックスフォード運動は、量の仕事されていない素晴らしいです。

ニューマン氏は本当に学習おそらく最初は、神学的な質問です。

批評家として、ケンブリッジ学校、ウェストコット、ホルト、および上記のすべてのライトフット、 2番目にはなし。

編集された金額が、非常に小さい、との優れた"辞書キリスト教の伝記"には、偉大な作品のみを公開します。

1898年まで確実にない器官があったためpatristic研究、および"ジャーナル神学研究"に設立されたその年には財政的に発見が困難に生き残るための助けを借りずには、 Oxford University Press学です。

しかし増加したことに関心をされ、これらの科目の後半年間、プロテスタントとカトリックの両方の間、および米国は、英国のです。

カトリックのフランスは最近の他のを前面に一度も来るとは非常に近いレベルでドイツでも出力します。

での最後の50年間、考古学研究が追加されました多くをpatristic ;では、この球の最大の名のデロッシです。

Bの研究には、父の

を勉強するのに役立ちますなどpatrologies 、語彙情報については、文学史、以下に記載します。

出版情報

書かれたジョンチャップマンです。

ケビンコーリー転写されています。

のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅥ 。

公開1909 。

ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。

公認、 1909年9月1日です。

レミlafort 、検閲です。

許可します。

+のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

書誌事項


コレクション: -の長には、父のコレクションは以下の通りです:デラb igne、蔵書s sです。

pp 。

( 5 vols学です。 fol 。 、パリ、 1575 、およびアプリケーションです。 、 1579 ;第4エド。 、 10 vols学です。 、 1624 、 auctarium 、 2 vols学です。 、 1624 、およびsuppl 。 、 1639 、 5日と6日エッド。 、 17 vols学です。 fol 。 、 1644 、 1654 ) ;この偉大な仕事は、サプリメントの200以上の文章を入力し、公開までには、父のエディション;拡大エドです。

なぜ大です。

のケルン(ケルン、 1618 、 14 vols学です。 、およびアプリケーションです。 、 1622 ) ;のケルンエドです。

拡大さ100文章は、二つ折り27 vols学です。

(ライアンズ、 1677 ) 。

combefis 、グレコlatinae patrum bibliothecae novum auctarium ( 2 vols学です。 、パリ、 1648 ) 、およびauctarium novissimum ( 2 vols学です。 、パリ、 1672 ) ; d' achéry 、 veterum約数scriptorum spicilegium ( 13 vols学です。 4to 、パリ、 1655 - 77 、および3 vols学です。 fol 。 、 1723 ) 、ほとんどの文章へpatristic期間よりも、 baluzeとしてもそうなのだが、いろいろ( 7 vols学です。 8vo 、パリ、 1678-1715 ) ;再エドです。

さmansi ( 4 vols学です。 fol 。 、ルッカ、千七百六十一から四まで) ; sirmond 、オペラ雑やがて一次collecta ( 5 vols学です。 fol 。 、パリ、 1696 、およびベニス、 1728 ) ;ムラトーリ、アンブロジオlibr anecdoteの複数形からです。

先ミラノ( 4 vols学です。 4to 、ミラノ、千六百九十七〜八;パドヴァ、 1713 ) ;同じ、 anecdoteの複数graeca (パドヴァ、 1709 ) ; grabe 、 spicilegiumの父親と2番目の最初の世紀(オックスフォード、一六九八〜九、 1700 、および拡大、 1714 ) ; gallandi 、 bibl 。

獣医です。

pp 。 、リヨンの拡大版のエドです。

のデラbigne ( 14 vols学です。 fol 。 、ベニス、 1765年から1788年、およびインデックスpuhlでボローニャ、 1863 ) -ほぼすべての内容は、転載、ミーニュ; o berthür、 s s。

イエスキリストveriate religionis polemicaデpatrumオペラです。

c. ゲントです。

etユートです。

( 21 vols学です。 8vo 、ヴュルツブルク、 1777年から1794年) ;同じ、オペラ愛はすべてssです。

patrum latinorum ( 13 vols学です。 、ヴュルツブルク、 1789年から1791年) ;ラウス、遺骸sacrae 、 2番目と3番目の世紀( 4 vols学です。 、オックスフォード、 1814年から1818年;は5 vols学です。 、 1846から8 ) ;同じ、 scriptorum eccl 。

opusculumの複数praeipua ( 2 vols学です。 、オックスフォード、 1832 、 3日!します。 、 1858 ) ;マット、新星scriptorum veterum collectio (バチカンmss unpubl.問題からです。 、 10 vols学です。 4to 、 1825年から1838年) ;同じ、 spicileqium romanum ( 10 vols学です。そう、ローマ、 1839年から1844年) ;同じ、新星patrum bibtiotheca ( 7 vols学です。 4to 、ローマ、 1844年から1854年; !します。 8完成さcozza -ルーツィ、 1871年No 。 9日by cozza -ルーツィ、 1888 、アプリケーションです。広告オペラエドです。アルバータa. 05月、ローマ、 1871年、アプリケーションです。アルテラ、 1871 ) 。

数eccl 。

5月の文章をclassici auctores ( 10 vols学です。 、ローマ、 1828年から1838年) ; caillau 、 collectio selecta ssです。

ecclesia patrum ( 133 vols学です。日です。 8vo 、パリ、 1829年から1842年) ; gersdorf 、 bibl 。

patrum eccl 。

されています。

selecta ( 13 vols学です。 、ライプチヒ、 1838年から1847年) ; patrum蔵書のオックスフォードに達した10 vols学です。

(オックスフォード、 1838年から1855年) ;ピトラ、 spicilegium solesmense ( 4 vols学です。 4to 、パリ、千八百五十二から八) 。

これらの様々なコレクションの数に加えて、偉大な父親の作品を、作らを入手することは難しいの完全な集合をpatristic作品を紹介します。

ミーニュ提供したいを集め、前述のほぼすべて(の最後の最後に記載以外の作業、および続きへ巻号)を自分の完全版: patrologiae cursus completus 、シリーズラテン語(無実の3世、広告の掲載1300 、 221 vols学です。 4toを含む4つのvols学です。のインデックスは、 1844年から1855年) 、シリーズグレコ-ラテン語(評議会フィレンツェ、広告の掲載一千四百三十八から九まで、 161 vols学です。 4to 、 1857年から1866年、および別の珍しい!の追加、 1866 ) ;このシリーズgraeceも公開は、ラテン語だけは、 81 vols学です。 ;はないインデックスは、シリーズの猶予;にアルファベット順のリストの内容をscholareos (アテネ、 1879 、役に立つ) ;その他の出版物ではなく、ミーニュ含まれるもので、ピトラは、法務ecclesiastici graecarum履歴です。

et monumです。

( 2 vols学です。 、ローマ、一千八百六十四から八まで) ; analecta sacrumの複数形( 6 vols学です。 、番号私は、 2世、 3世、 4世、六、 viii 、パリ、 1876年から1884年) ; analecta sacrumの複数形et classica (パリ、 1888 ) ; analecta novissima 、中世( 2 vols学です。 、 1885から8まで) ;の新しい版のラテン語の父と呼ばコーパスscriptorum ecclesiasticorum latinorum 、 editum consilio et impensis academiae litterarum caesarea vindobonensis (ウィーン、 1866年、 8vo 、進行中) ;と、ギリシャの父親:死ぬgriechischen christlichen schriftsteller der ersten drei jahrhunderten 、 herausgegebenフォンder kirchenvätter - kommissionデンkönigl 。

preussiechen akad 。

デンて英明でられる。

(ベルリン、 1897年、大規模な8vo 、進行中) 。

monumenta germaniaeのhistorica 、 1つの部分に、 auctores antiquissimi (ベルリン、 1877年から1898年) 、が含まれ、 6世紀の作品そのものを教父学を接続します。

小モダンコレクションは保護するもの、 ss 。

patrum opusculumの複数selecta 、少数の良いノート( innebruck 、第1シリーズ、 48 vols学です。 、 1868年から1885年、第2シリーズ、 6 vols学.. 1884年から1892年) -これらのほとんどの書籍も当然人気; k rüger、 s emmlunga usgewählterk irchen- und dogmengeschichtlicher quellenechriften (フライブルク、 1891 -) ; r auschen、名詩選p atristicum、世紀の最初と2番目( 3 f asc。 、ボン、一千九百四から五) ;ケンブリッジp atristicテキスト(私、の5つのt heol。 o rat。のグレッグです。 n az。 、エドです。メイソン、 1899 ; 2世は、 catechします。または。のグレッグです。ニッサンします。 、エドです。 srawley 、 1903 ;ディオニシウスアレックス。 、エドです。フェルトレ、 1904年、進行中) ;ビッツィーニ、 bibl 。

ssです。

pp 。

theologiae tironibus et universo clero accomodata (ローマ、 1901 -進行中) ;リーツマン、 、 п ервыйt exte、 f ürt heol。

vorlesungen und uebungen ( 25数字が現れて約16 pp 。それぞれ、ボン、 1902 -進行中) ;は英語版です。

と同じ(ケンブリッジ、 1903 -2 007) ; t extese t書類p ourl '練習h istoriqueデュc hrietienisme、エドです。

ヘンメルとlejay (テキスト、フランス語tr 。 、およびメモ、パリ、進行中-の見事なシリーズ) 。

初期: -ギリシャ語とラテン語をユーセビアス作家は、インデックスをハルナック、 g esch。

der altchrです。

リットです。 、私;は、ラテン語の最初の6世紀の作家、 aumers 、初期libronum pp 。

されています。

(ウィーン、 1865 ) ;と最大1200 、 vatasso 、初期pp 。

aliorumque scriptorum宗派、されています。

( 2 vols学です。 、バチカンプレス、千九百六から八) 。

文学史: -の最初のは、ベラルミーノ、デs criptoribuse cclesiasticis(ローマ、 1 613、しばしば転載;ラベー静脈に追加され、パリ、 1 660、およびo uden、パリ、 1 686) ;デピン、 b ibliothèqueu niverselleデa uteursエクルズです。

( 61 vols学です。 8voか、または19 vols学です。 4to 、パリ、 1686など) ;これは厳しく批判されたとされるベネディクトpetitdidierオラトリオ会士サイモン(批評デラbibl 。デauteurs eccl 。出版します。ペン病気です。 e.デュパン、パリ、 1730 ) 、およびドュパンの仕事をつけるのインデックスでは、 1757 ; fabacceus 、蔵書graece 、しかしedititia scriptorum veterum graecorum (ハンブルク、 1705年から1728年、 14 vols学です。 ;新しいエドです。られたharles 、ハンブルク、 1790 - 1809 、 12 vols学です。 、抱擁は非常に11ハタネズミ、は、元のエドです。 ;のインデックスをこのエド。 、ライプチヒ、 1838 ) -この偉大な仕事は、実際には膨大なコレクションの材料;ファブリツィウスは、プロテスタント(民主党1 736) ;彼は小規模なコレクションに加え、ラテン語点灯します。

履歴です。 、 bibl 。

ラティーナ、しかし以外のです。

SCR出ています。

vett 、 lattです。

( 1697 、 1708 、 1712 、等、エドです。られたエルネスティ、 3 vols学です。 、ライプチヒ、千七百七十三から四) 、及び継続を中世の時代に(千七百三十四〜六、 5 vols学です。 ) ;全体が再編集されmansi ( 6 vols学です。 、パドヴァ、 1754 、およびフィレンツェ、千八百五十八〜九) ;ルnourry 、装置の広告bibliothです。

マックスです。

vett 。

patrです。

( 2 vols学です。 fol 。 、パリ、 1703年から1715年) 、ギリシャ語の祖先を扱う2番目の世紀とはラテン語擁護; ceillier 、履歴です。

駭駻aleデauteurs sacrés et ecclésです。

(ムーサー〜 1248 、 23 vols学です。 、パリ、 1729年から1763年;テーブルgén 。デ会った。 、 rondet 、パリ、 1782 ;新しいエドです。 16 vols学です。 、パリ、 1858年から1869年) ;シュラム、分析operum ssです。

pp 。

et scriptorumエクルズです。

(ウィーン、 1780年から1796年、 18 vols学です。は、貴重な作業) ;港湾労働者、履歴です。

theologico - criticaデvitâ scriptis atque doctrina ssです。

pp 。

先SCR出ています。

eccl 。

trium primorum saec 。

(ウィーン、 1783年から1799年、 13 vols学です。 ;をコンパイル、しかし、良い) ;の聖公会の洞窟で公開する細かい仕事は、 scriptorum eccl 。

歴史literaria (ロンドン、 1688 ;最高のエドです。 、オックスフォード、 1740から3 ) ;オーディンは、プレモントレ修道会、 whoになったプロテスタント、 commentariusデscriptoribus eccl 。

(に設立さベラルミーノ、 3 vols学です。 fol 。 、ライプチヒ、 1722 )です。

上のエディションは、ラテン語の父、 schoenemann 、蔵書歴史をlatinorum tert - litteraria patrum 、広告の掲載グレッグです。

男性はisidです。

hispです。

( 2 vols学です。 、ライプチヒ、 1792〜4 ) 。

patrologies (小作品) : -ゲルハルト、 p atrologia(イエナ、 1 653) ; h ülsemann、 p atrologia(ライプチヒ、 1 670) ;オレアリウス、そろばんp atrologicus(イエナ、 1 673) ;これらは古風なプロテスタントの書籍です。

ドイツ語カトリックの作品は: goldwitzer 、 bibliographie kirchenväter und der kirchenlehrer (ランツフート、 1828 ) ;同じ、ミシガンpatrologie verbunden patristik (ニュルンベルグ、一千八百三十三から四) ;の古い教父学の間でドイツ語を区別は、知識には、父のとその使用方法、およびpatristicは、科学の神学には、父のは、今すぐやや時代遅れの; busse 、 grundriss der chrです。

点灯します。

(ミュンスター、千八百二十八から九まで) ; möhler 、 patrologie 、死後の重要な仕事は、次の偉大な人物は、最初の3つの世紀に与える( ratisbon 、 1840 ) ; permaneder 、蔵書patristica ( 2 vols学です。 、ランツフート、千八百四十一から四まで) ; fessler 、 institutiones patrologiae (インスブルック、 1851 )に、新しいエドです。

をユングマンが最も貴重な(インスブルック、一八九〇から六) ; alzog 、 grundriss der patrologie (フライブルクイムしました。 、 1866 、 1888 ) ;と同じでスペイン語をbelet (パリ、 1867 ) ; nirschl 、 patrologie und handbuch der patristik (マインツ、 1881から5 ) ; resbányay 、大要patrologiae et patristicae ( funfkirchenは、ハンガリーで、 1894 ) ;カルバハル、 institutiones patrologiae (オビエド、 1906 ) ; bardenhewer 、 patrologie (フライブルクイムしました。 、 1894 ;新しいエドです。 1901年) -これには現在のハンドブックずば抜けて良いし、著者は、教授は、猫です。

テオです。

教員は、大学です。

のミュンヘン;を語スペイン語tr 。

verschaffelゴデとされ、レpèresデl' église ( 3 vols学です。 、パリ、 1899 ) ;のイタリア語tr 。

mercatiされa. (ローマ、 1903 ) ;と英語のtr 。

日付の構造育てられて、シャーハン(フライブルクイムしました。 、ミズーリ州セントルイス、 1908 ) ;小規模な作品は、不十分な、高度な学生、それは、優れた、普通の目的では:シュミット、 grundlinien der patrologie ( 1879 ;第4エド。 、フライブルクイムしました。 、 1895 ) ;のengl 。

tr 。

改正されベル(フライブルク、 1900 ) ;スウィートのケンブリッジ、 patristic研究(ロンドン、 1902 ) 。

履歴には、父の: -それは不要のすべての一般的な歴史をカタログにここには、教会、規模の大小に、よりバロニウス以降;それは十分な対応を与えるいくつかの特別なものに、父親の教会や文学です。

兼最高の最初の仕事は、比類のないティユモン、 mémoires pour à l' histoire ecclをサポートします。

デ6総理siècles (パリ、 1693-1712 、 16 vols学です。 、およびその他のエディション) ; maréchal 、コンコーダンスデssです。

pèresドレグリーズ、ラテン系grecsでは、調和の神学( 2 vols学です。 、パリ、 1739 ) ; bähr 、死ぬのキリスト教- römischeアレイ( 4 !のgesch 。 der römischenリット。 、カールスルーエ、 1837 ;に新しいエドです。の最初の部分、 1872 ) ;シャンツ、 gesch 。

der röm 。

リットです。 、パートIII (ミュンヘン、 1896 ) 、一一七から三二四まで;エバート、 gechです。

der lateinischenリットのキリスト教です。

(ライプチヒ、 1874 ;第2版、 1889 ) ; anciennes littératunes chrétiennes ( bibliothèqueデl' enseignementデl'履歴です。 eccl 。 、パリ) :私; batiffol 、ラlittérature grecque 、有益なスケッチ(第4エド。 、 1908 ) 、 2世;デュバル、ラlittérature syriaque (第3版、 1908 ) ; leclercq 、アフリカchrétienne ( biblと同じです。デl'存在します。ダl' hです。 eccl 。 、第2版です。 、パリ、 1904 ) ;同上、 l' espagne chrétienne (第2版、 1906 ) ; batiffol 、 l' église naissante etルcatholicisme 、罰金の発展に申し訳なさそうなアカウントの教会からの目撃者には、父の最初の3つの世紀(パリ、 1909 ) ; ducesesreseの全般の履歴のベストは、履歴です。

昔のエータteglisa ( 2 vols学です。が現れて、パリ、一千九百六から七まで) ;最後に、第1位はとられるの履歴には、父の間には完成された作品の6つの巻号、 bardenhewer 、 geschichte der altkirchlichenアレイ(私、広告200 、フライブルクイムしました。 、 1902 ;二、して、広告、 300 、 1903 ) 。

プロテスタントは次のとおりです:ニューマン氏は、教会には、父の(ロンドン、 1840 、等) ;ドナルドソン、キリスト教の歴史を、重要な点灯します。

です。

です。

です。

してニカイア公会議:私;のローマ教皇の父親、 IIおよびIII ;の擁護者(ロンドン、 1864から6 -思いやりがない) ; b richyは、年齢には、父の( 2 v ols学です。 、ロンドン、 1 903) ; z öckler、 g esch。

der theologischenリットです。

( patristik ) ( nördlingen 、 1889 ) ; cruttwellは、キリスト教の文学史の早期です。

です。

です。

ニカイア期間( 2 vols学です。 、ロンドン、 1893 ) ; krüger 、 gesch 。

der altchristlichenリットは、デンersten 3 jahrhです。

(フライブルクイムしました。 、ライプチヒ、一八九五から七まで) ; tr 。

ジレ(ニューヨーク、 1897年) -これは、ビート現代ドイツ語のp rotのです。

歴史です。

は、次の構成材料: a.ハルナック、 gechichte der altchrです。

リット、 bisユーセビアス、私は、死ぬueberlieferung (ライプチヒ、 1893 ;この!します。列挙のすべての既知のそれぞれの作家の作品、およびすべての古代の参照をし、注意事項、 mss 。 ) ;二、 1 ( 1897 ) 、およびII 、 2 ( 1904 ) 、死ぬchronologie 、この評価を議論して、各書き込み;後者の対処をクルムバハー期間は、ギリシャ語、 geschichte der byzantinischenリットです。

五二七〜一四五三(第2版です。とアシスタンスからエールハルト、ミュンヘン、 1897 ) 。

シリーズの研究は、次の収集しなければならない追加日: textd und untersuschungen zur geschichte der altchristlichenリット。 、エドです。

フォンゲプハルトとA.ハルナック(第1シリーズ、 15 vols学です。 、ライプチヒ、 1883年から1897年、第2シリーズ、ノイエfolge 、 14 vols学です。 、 1897-1907 、進行中) -のエディターは、今すぐハルナックとシュミット;ロビンソン、文章と研究(ケンブリッジ、 1891 -進行中) ;エールハルトとミュラー、 s trassburgert heologisches tudien( 1 2v ols学です。 、フライブルクイムしました。 、 1 894-進行中) ;エールハルトとキルシュ、f o rschungenzu rch ristlです。

リットです。

und dogmengeschichte ( 7 vols学です。 、パーダーボルン、進行中) ;ラpensée chrétienne (パリ、進行中) ; studiiメールテスティ(バチカン報道は、進行中) 。

ドグマの開発の歴史、ハルナック、 dogmengeschichte ( 3 vols学です。 、第3版です。 、 1894〜7に、新しいエドです。は、プレス;語スペイン語tr 。 、パリ、 1898 ; engl 。 tr 。 、 7 vols学です。 、エジンバラ、 1894から9 )は、非常に利口なという"派手な"仕事;ローフス、 leitfaden zum studium der dg (ハレ、 1889 ;第3版、 1893 ) ;ゼーベルク、 lehrbです。

der dg ( 2 vols学です。 、エルランゲン、 1895 ) 、保守的プロテスタント;同じ、 grundriss der dg ( 1900 ;第2版、 1905 )は、小規模な作品: schwane 、 dogmengeschichte 、カトリック(第2版、 1892 、等;語スペイン語tr 。 、パリ、千九百三から四) ;ベトゥーン-ベイカーは、早期の歴史を紹介ドクトリン(ロンドン、 1903 ) ; tixeront 、 histoireデ教義:私、ラthéologie抗nicéenne (パリ、 1905 -素晴らしい) ;およびその他です。

言語学: -ギリシャ語の共通参照M oultonの早い時期に、文法のN Tのギリシャ語:私、 p rolegomenonの複数形(第3版です。 、エジンバラ、 1 909) 、および参考文献;上の文学ギリシャ語、広告の掲載一から二百五十まで、シュミット、デンa tticismusフォンディオンです。

HALのです。

デンzweiten bis auf philostratus ( 4 vols学です。 、シュトゥットガルト、千八百八十七から九まで) ;親指、死ぬgriechieche sprache zeitalterデイムhellenismus (ストラスブルグ、 1901 ) 。

に加えて、シソーラスのステファヌス(最新版です。 、 8 vols学です。 、 fol 。 、パリ、 1831年から1865年)と辞書の古典と聖書のギリシャ語、ギリシャ語以降の特別な辞書はデュカンジュ、 glossarium広告scriptores mediae et infimae graecitatis ( 2 vols学です。 、ライアンズ、 1688 、および新しいエド。 、 breslan 、一八九〇 〜一) ;ソフォクレス、ギリシャ語の語彙は、ローマとビザンチン様式の期間、百四十六〜一千百(第3版です。 、ニューヨーク、 1888 ) ;言葉に欠けているとさステファヌスソフォクレスは、収集されたkumanudes (土koumanoudes ) 、 sunagôgê lexeôn athêsauristônアンtois heggênikois lexikois (アテネ、 1883 ) ;一般的な発言をknumbacherビザンチン様式のギリシャ語で、営業です。

千葉工大です。

上patristicラテン語、 koffmane 、 gesch 。

デkinchenlateins :私は、 entstehungです。

です。

です。

bis auf augustinus -ヒエロニムス(ブレスラウ、 1879年から1881年) ;ノルデン、死ぬantika kunstprosa (ライプチヒ、 1898 ) 、 2世;には莫大な数の研究は、特定の言語の祖先[例ホッピーをテルトゥリアヌス( 1897 ) ;ワトソン( 1896 )と鹿毛の馬( 1902 )をチプリアーノ; goeltzerをジェローム( 1884 ) ; regnerをアウグスティヌス( 1886 )等] 、およびインデックスlatinitatisをコーパスには、ウィーンの巻次のpp 。

latt 。 ;トラウベ、 untensuchungen zur quellenとされています。

フィルします。

デmittelalters 、私(ミュンヘン、 1906 ) ;多くは、過去のfürに発見されています。

lexicographie 、エドです。

wölfflin (ミュンヘン、 1884年が始まった) 。

技術情報の翻訳: -ライブラリには、父のは、神聖なカトリック教会は、あなたの英語訳のメンバーです。

(ピュージー、ニューマン、等) 、 ( 45 vols学です。 、オックスフォード、 1832 -2 007) 。

ロバーツとドナルドソンは、事前-ニカイアキリスト教のライブラリ( 24 vols学です。 、エジンバラ、 1866年から1872年;新しいエドです。られたコクス、バッファロー、 1884から6まで、リチャードソンの優れた書誌ストーリーとしてsuppl 。 、 1887 ) ;シャフと賃金、ニカイアのライブラリを選択すると、父親は、 chrニカイアポストです。

あなたのです。 、良いノート( 14 vols学です。 、バッファロー、ニューヨーク、 1886年から1890年、および第2シリーズは、 1900年、進行中) 。

百科事典や辞書: -s uicer、シソーラス集会の書は、 p atribusg raecisオルディーヌa lphabeticoe xhibensq uaecumquaフレーズ、使用法、 d ogmata、 h aeresese th ujusmodiアリアs pectant( 2 v ols学です。 、アムステルダム、 1 682;再び1 728;とユトレヒト、 1 746) ; h offmanns、 b ibliographisches辞書der gesammtenリットです。

der griechen ( 3 vols学です。 、第2版です。 、ライプチヒ、 1838年から1845年) ; heresies 、父との記事を早期encyclopadiaは、ブリタニカ( 8エド。 )には、それらの多くは、まだ読む価値があるとされハルナック;ヴェッツァーとwelte 、 kirchenlex 。 、エドです。

hergenröther 、と入力し、さkaulenおよびその他、 12 vols学です。 、 1つ!です。

インデックス(フライブルクイムしました。 、 1882-1903 ) ;ヘルツォーク、 realencylopädie für protのです。

theol 。

und kirche 、第3版です。

をハウク( 21 vols学です。 、 1896-1908 ) ;空席とmangenot 、 dictのです。

デthéolです。

猫です。

(パリ、進行中) ;カブロル、 dictのです。

d' archéologie chrです。

etデliturgie (パリ、進行中) ; baudrillart 、 dictのです。

d'履歴です。

先デgéogrです。

ecclésiastiques (パリ、進行中) ;スミスとウェイス、キリスト教の辞書バイオグラフィー、完全とは非常に貴重な( 4 vols学です。 、ロンドン、 1877年から1887年) 。

一般的な書籍を参照形: -i ttig、デb ibliothecise tc atenisp atrum、古いコレクションの内容を与えるの父親に列挙された上記の(ライプチヒ、 1 707) ;同じ、 s chediasmaデa uctoribusホームデs criptoribuse cclesiasticise gerunt(ライプチヒ、 1 711) ;ダウリング、データscriptorum ssです。

pp 。

です。

です。

です。

quae年間でcollectionibus anecdotorumポストmdccでlucem editis continentur ( ittigの継続をするのデbibl 。 et猫です。 、オックスフォード、 1839 ) ;に立派なモダンな作品はエールハルト、死ぬalt christlicheリット、 undイーレerforschung seit 1880 :私は、アルゲマイネuebersicht 、一八八〇 〜四(フライブルクイムしました。 、 1894 ) ;二、アンティ-ニカイア点灯します。 、 1884年から1900年( 1900 ) ;の書誌しているのハルナックとbardenhewer (上記参照)は、優れた;を事前-ニカイア期間、リチャードソン、書誌シノプシス(に余分な!のアンティ-ニカイア。祖先、バッファロー、 1887 ) ;は、全期間です。

シュヴァリエ、 répertoireデソースhistoriquesデュmoyen - âge :バイオ- bibliographie 、人の名前を与える(第2版です。 、パリ、 1905年から1907年) ;トポ- bibliographie場所や科目の名前を与える(第2版です。 、パリ、 1894-1903 ) ;進捗状況が記録され、毎年krügerホルツマンと1881年からのtheologischer jahresbericht ;クロル、グルリット、 jahresbericht für kleseische alterthumewissenschaft (両方のプロテスタント) ; bihlmeyer 、 hagiagraphischer jahresberichtを1904から6 (ケンプテン、ミュンヘン、 1908 ) 。

非常に完全な書誌事項が表示されたら四半期は、刊行物Revue d'履歴です。

eccl 。

(ルー、以来1900 ) 、インデックス期末; 、この出版します。

の名前をpatristic問題を扱うすべてのレビューは見つかりませんでした。

教会の父

ユダヤ人の視点

彼らの重要性をユダヤ教です。

キリスト教の初期の教師と守備です。

には、父の最も重要な期間住んで働いていたときにまだ多くの点で、キリスト教、ユダヤ教の連絡先、および彼らが見つかりましたが、後者は、このコンテスト反対ペイガニズム素晴らしいサポートされ、これの開発にしなければなりませんcombatedキリスト教ドクトリンです。

ので、父親のは、教会が所蔵して一度に見られるユダヤ人の概念を利用した宇宙とユダヤ人の引数は、別の部分を拒否するような教育を策定する新たな1つです。

コンテストは、キリスト教の教会の反対ペイガニズムの祖先の言語を採用するヘレニズム文学として発見さフィロ、ヨセフスは、外典、みこの書籍と、すべてを頼るのは、旧約聖書の預言者です。

したがって、事実上、論客の機能のみの活動を監督するユダヤ教の教会の父親としての新しい、オリジナルと考えることができます。

しかし、賃金の成功のために戦争をペイガニズム、彼らは、キリスト教徒だけでなく一般的には、自身から解放はユダヤ教の宗教的なドキュメント、およびこれは個人的な可能性を入力する場合にのみ、ユダヤ人との関係を:を通じて、これらの個人的な関係の教会のユダヤ教の重要性を父親になるの信号です。

のコンテンポラリーと、部分的に、これらの男性の同僚からwhoが知られてタルムードとミドラーシュdepositariesは、ユダヤ教の教義として、この学説は、インストラクターwho転送して、父親も教会です。

したがってこのような大量のhaggadic物質が発見されたとして、父親の仕事の重要な部分を構成するユダヤ人の神学的言い伝えです。

この記事は主に、関係者にinterprerationの文章は、聖書と外典、これは異なりますが、これらは、ユダヤ人の重要なポイントです。

個人的な関係をユダヤ人:

ジャスティン殉教者です。

戦争の後に、ローマ人への手紙バーkokba 、アリストンのペラ、変換したユダヤ人、書いたとしては一般的に受け入れられなくても、対話では、ユダヤ人とキリスト教のジェイソンpapiscusは、スピーカー、および性質は、イエスキリストは、議論( ιάσουος ιαμ παπίσκου ἀυτιλογία χριστοῦ ) 。

この対話は、すでに言及されケルスス、 5月に完全に虚と歴史的な根拠なしです。

しかし、有名なユダヤ人との対話のジャスティン殉教者tryphon 、これ行わエフェソス(ユーセビアス、 "歴史ecclesiastica 、 " Ⅳ 。 18 )は、戦争時のkokbaのバーは、厳密に歴史的建造物、として、特定の詳細詳細;例えば、その声明の最初の日にすると、見知らぬ人が存在する場合、 2番目の日中にいくつかのユダヤ人のエフェソスtryphonと同行が議論に参加しました(ジャスティン、 " dialogusごっtryphone 、 " cxviiiです。 ) 、 mnaseas特定が明示的に記載( ① -イ。 85 。 ) 。

ユダヤ人だけでなく、監査役は以下の複雑な議論をインテリジェントにできるように、その態度も上品な; tryphon特に自分自身を証明ギリシャ哲学、真の弟子である、と彼の奨学金が自由に認定されジャスティン( ib. 80です。 ) 。

は、閉じるのは、議論は、ユダヤ人とキリスト教を告白してお互いから多くを学んだし、相互の良い部分を表現したものでは、 ( ib.の末尾)です。

ジャスティンの近くに生まれ育てられたユダヤ人;を自称する彼はサマリア人( ib.にCXXです。 ) 、意味がないが、おそらく彼のサマリア人の宗教を公言したが、その彼がよりサマリアです。

アレクサンドリアのクレメントの関係を肯定的にユダヤ教は何も知られている。

キリスト教徒迫害の中にアレクサンドリアのは、 202または203 、クレメント求められて避難所をため、短時間でシリア(ユーセビアス、液晶Ⅵ 。 11 ) 。

ここで多くを学んだ彼は5月に最初の手からのユダヤ人です。

少しは知っていたヘブライ語、また、いくつかのユダヤ人の伝統;の両方の'個人的な関係をどの事実をポイントして、ユダヤ人です。

クレメントの現代、原産地、おそらくアレキサンドリアも生まれ、約185 、続けている可能性がある彼の母親の側のユダヤ人の子孫は、 5月の場合1つの中から判断するという事実が取り上げられてleonides父親、母親の名前が渡されたの向こうの沈黙のです。

ユダヤ人の母親が容易に彼女の息子のヘブライ語が教え、それでかれらに詩篇を授けた一緒に歌うかもしれない(ジェローム、 " epistola 39 。広告paulam " ) 。

[ motherwereの両方と彼の父親は、しかし、キリスト教のfaith.tです。

クレメントと原産地です。

長老は彼の能力をcæsarea 、パレスチナ、原産地に入る必要があります。学んだ頻繁に接触し、ユダヤ人、実際に表示されるから彼の作品を紹介します。

彼は何度も繰り返し言及した彼の"マジスターhebræus " ( ὁ εβραῖοςは、ギリシャ語の断片)は、その権限を与える彼はいくつかのhaggadot ( "デprincipiis 、 "の経験I.クリチバ3 、 4 ; Ⅳ 。 26 ) 。

彼の依存度が十分に強調され、ユダヤ人ジェローム( "反対rufinum 、 "の経験I.クリチバ13です。 )での通過とユーセビアスクレメントの名前はそこのうちから学ぶwhoユダヤ人蔑視しなかった。

原産地しばしば言及し、再生回数のユダヤ人、意味がないの特定の個人指導は、法の解釈が、ユダヤ人の間で流行して自分の時間です。

ユダヤ人に個人的な交流を維持御心に適うの著名な科学上の業績が男性です。

1つのユダヤ人の心に適う言及されほかならぬ〜その人の名前はヒレルは、家長の息子、または" jullos 、 "彼の呼び出しとして原産地( grätz 、 " monatsschrift 、 " 1881年、 xxx 。 433頁以降を参照。 ) 。

彼の他のユダヤ人の知人のいずれかが密接に関連しての家族の家長か、またはアカウントの立場を占領下の高博学です。

grätz ( " gesch 。 der juden 、 " 3次元エド。 、 Ⅳ 。 231 )原産地と考え実際にいくつかの通路に反対する監督の作品は、現代のアモラパレスチナ、 simlaïです。

原産地よう、また、性交をしていたhoshayaのcæsarea ( bacher 、 " agada der palästinensischenです。 amoräer 、 "の経験I.クリチバ92 ) 。

ユーセビアス、シリアの聖エフラエム、聖エピファニオスです。

ユーセビアス、教会の著名な歴史学者、ユダヤ人よりも学んだとしては、既に述べたように、とは、ユダヤ教の伝統の影響を受けています。

でcæsareaが、そこに住んで、彼は会った多くのユダヤ人は、誰彼は議論します。

しかし彼は言葉では、 "ユダヤ人"として非難の言葉は、彼の対戦相手を呼び出す、マルケッルスは、 "ユダヤ人" ( "デecclesiastica theologia 、 " Ⅱ 。 2 、 3 ) 。

彼は同様に恥をかかされる1つのことを考え、 "割礼" ( τις τῶυ ἐκ περιτομῆς 、 " demonstratio evangelica 、 "の経験I.クリチバ6 ) 。

この最後の表現が定期的にも使用され、ユダヤ人を指定するシリアの聖エフラエム( 、 "オペラsyriaca 、 " Ⅱ 。 469 ) 。

彼のephraem距離ecclesiasticalpredecessors彼の憎しみの念を抱くのすべてのユダヤ人、苦味を表示するには説明だけで、地上にいた彼は個人的な関係を一度にかれらとは逆の意見を形成することです。

聖エピファニオス、あまりにも、彼の依存度を示して、ユダヤ人、特にこの本は、おそらく誤って生得をしてしまったら、 "デprophetarumヴィティス" ;が含まれ、多くの無関係な発明のほか、多数のユダヤ人の伝統は、預言者の生活をします。

続いて、このことは、シリアの仕事( "この本は、ハチ、 "公開さ" auecdota oxoniensia 、 "ユダヤ人シリーズ、 i. 、パート2 )です。

ジェロームです。

ジェローム上回っ彼の父親のすべての教会博学に重要なのは彼だけでなく、ユダヤ教です。

強調しなければならないことは、キリスト教の主張とは反対にもかかわらず、 (例えば、 b. baue 、 " vorlesungen 、 " Ⅱ 。 36 ) 、それだけでなく、より多くを学んだだけでなく、より忠実なユダヤ人の洗礼を受けた。

彼は彼の情報を求められて多くの宿舎、特に、教育を受けたユダヤ人(序文をホセア書;比較" epistola 73 。広告evangelum " ) 。

したがって彼はいつもの意見を引き合いに出して、いくつかのユダヤ人( "種類のhebræorum " )ではなく、ユダヤ人が1つ、およびこれらのユダヤ人の友達と彼の同行、彼に彼の旅(序文を私クロニクル) 、かかわらず、彼は1つの特定のガイド( " circumducens 、 "序文をナホム) 。

彼のユダヤ人だけで3つの教師は何も知られている。

lyddaからのユダヤ人は、誰ジェローム呼び出し" lyddæus 、 "予約の仕事を説明し、彼は、それを翻訳ギリシャ語、ラテン語と説明しています。

彼には多くの称賛を言うには、次の男、ジェロームを認めることはないから多くを学んだ彼(序文での仕事) 、指定した頻度で1つの経典を読んでwho単に彼( " onomastica sacrumの複数形、 " xc 。 12 ;エクルズ解説しています。 Ⅳ 。 14 、 v. 3学) 。

しかし、このlyddanジェローム後天性の素材だけでなく、彼の言語学ノートは、ヘブライ語発音を与えるだけでなく、彼に固有の重要なのは旧約聖書の批判(ジークフリートは、シュターデの" zeitschrift 、 " 1884年、 p. 34 ;クラウス、 " magyár zsidó szémle 、 " 1900年、 Ⅶ 。 513 ) 。

ジェロームは彼の2番目の先生の他に接続され、バーḥanina 、 who 、しかし、同じにすることはできませんr. b. ḥama

ḥanina 、 rahmer主張(比較ワイス氏は、 "ベット-タルムード、 "の経験I.クリチバ131 、注3 ) ;もできる可能性が発見されるまで彼は彼のmidrashim 、ジェローム引用され、既知のことわざと比較しても、作者は、タルムードとミドラーシュです。

このバーḥanina必要がありますが、著名な教師は、法では、使用済みのジェロームに多くの時間とお金を前に彼が彼をセキュリティで保護さ教師です。

以来ジェロームはない彼の教師を訪問日、ユダヤ人を見るのを恐れ、彼はバーḥanina 、夜( " epistola 84 。広告pammachium et occanum " ) 。

バーティベリアḥanina来たから、ヘブライ語の伝統には示されている彼に伝達されジェローム;を1つの特定の予言が行われたに適用するティベリア(ジェローム、 " quæstiones hebraicæでgenesin 、 " 49 。 21 ) 。

ジェロームの3番目の先生は、御心に適うが必要となります。特に、アラム語聖書の部分を、ヘブライ語とアラム語の両方を知っていたと考えられてscribesのユダヤ人を" chaldæus " (序文をトビト書;比較" epistola 18 。広告damasum " ) 。

ジェローム住んで約40年間、パレスチナ、明らかにされて勉強時間のすべてのユダヤ人(ナホム2世を解説します。 1 : " quibus以外のmodico tempore eruditus " ) 。

彼の敵で深刻な非難彼のユダヤ人と交際するが、彼はそれを誇りに思う。

彼がどのように要求をimpugnで開かれる彼の信念は、教会、その彼は彼のニュースの読者がユダヤ人を解釈する方法について多くの方法の1つのエラーが発生します。

( "反対rufinum 、 "予約i. ) 。

"どうして私は許されないことをお知らせするラテン系のヘブル人への手紙から何を学んだ。 。 。 。 。 。 。 。これが最も便利マスターズのしきい値を横断し、アートを学ぶためのアーティストから直接" ( ib. ) 。

アウグスティヌスです。

ジェロームの現代は、偉大な教師アウグスティヌスは、とてもうまくしなかったアフリカの運賃です。

聖書のユダヤ人を尋問するときに彼の問題は、たいていのいずれかのすべての返事をしなかったか、または、少なくとも、教会の観点からは、父親は、 "うそをついた" (ジェローム、 " epistola cxii 。広告augustinum " ) 、おそらく意味してはキリスト教徒からどのような回答を希望する別の( " epistola civ 。 augustini広告hieronymum " ) 。

ジェロームの疑惑からの手紙、おそらくルフィヌス偽造され、送信されたキリスト教社会は、アフリカでは、本職のジェロームを認めることでは、ユダヤ人惑わされる、彼は誤って翻訳( "反対rufinum 、 "予約Ⅲ 。 、 Ⅱ 。 554 、エドです。 vallarsi ) 。

彼のことを恥ずかしいと思うの翻訳は、聖書のジェロームは、一般的なので、有名な後に、必要以上に渡さのすべてのユダヤ人を沈黙されており、その1つはなかったwho感謝のメリットを知っていたのに十分なヘブライ語の新しい翻訳( " epistola cxii 。広告augustinum " ) 。

彼も考えられていたアフリカのすべてのユダヤ人の共謀に反対する彼は、 1つの場所として実際に起こったのです。

これは、ある特定のアフリカの町-アウグスティヌスに手紙をジェローム(ジェロームの作品、 " epistola civ 。 augustini広告hieronymum " ) -の新しい翻訳が続きを読むの教会、司教の順序をされています。

彼らの通過時に来て、その単語を含むヨナ" ḳiḳayon " ( iv. 6 ) 、これまでの解釈が異なる受け入れられなくても、このような騒動が起きたのは、司教はユダヤ人で確認を求める、と彼ら宣言してひんしゅくをアウグスティヌスの両方のジェロームと、ジェロームのレンダリングをしなかった彼のBREWに同意するか、またはギリシャ語、または(旧)ラテン語のCODECです。

ストライキの司教をしていたとして" 、嘘を言って、 "彼の信徒が奪われる危機にさらされています。

これに先立ち、テルトゥリアヌスのカルタゴ( 165から245まで)は、見当違いと話さ物笑いの種に表示されたユダヤ人( "弁明、 " 16です。 ; "広告nationes 、 "の経験I.クリチバ11 ;比較assworship ) 。

クリュソストモス、シリル、およびアンブローズします。

父親の間、ギリシャの教会、バジルの大ほとんどを知っていたヘブライ語(笠原ワイス、 "死ぬグロッセンkappadocier exegeten 、 " p. 32 、 braunsberg 、 1872 ) ;はまだありませんアモスを区別する彼の能力は、預言者、およびamozは、父親のイザヤ書(その名前が書かのセプトゥアギンタが似ている)だけでなく、他の類似事実、彼のことを指して経口からの命令を受けたユダヤ人[または1つのwhoを知っていたからいくつかのhebrew. - tです。 ] 。

グレゴリーのnyssa ( c.三百三十一から三百九十六まで) 、 whoしなかった認識して、胸が張り裂けるように衣を契機にユダヤ人の死されてカスタム( περὶ τοῦ βίου τῆς μακαρίας μακαρίνηςは、オーラー、 "文庫der kirchenväter 、 "の経験I.クリチバ188 ) 、知られていない多くのことを知るにはユダヤ教のように見える。

多分、同じ父親によると、他の教会ヨーロッパに住んでwho ;それは、ユダヤ人によって解決されるのセクションにまばらです。

irenæus 、例えば、 whoに苦しんで202のライアンズの殉教者として、ユダヤ教の外に何も知りませんでしたので、聖書は、アジアで育てられた彼はマイナーです。

復活祭の論争は、彼はユダヤ教からの分離を提唱します。

しかし、ギリシャの父親ジョンクリュソストモスとアレクサンドリアのシリル(ビザンチン帝国を参照) 、ユダヤ人の運命を強く影響を受ける人々は、アンブローズの司教としてはミラノ( c.三四〇 〜三九七) 。

シリアの教会で、 [全体的には、 4世紀は、依存しても、ユダヤ人の伝統(ヴェルハウゼンは、 bleekの"アルテ遺言das einleitungで、 "第4エド。 、 p. 601 ) 。

これが表示されたら、特に"を発する" aphraates ( c.三百三十七から三百四十五) 。

彼は文句( 19 hom.です。 )は、僧侶たちが主導ensnaredされたユダヤ人の道に迷って、引数;彼自身は1つの論争" whoは、賢い者の間で、ユダヤ人と呼ばれる。 "

aphraates 、 who 、下の名前を" 03 -ジェイコブ"は、アボットは、修道院のマルmattai 、と司教は、ユダヤ人の数は、このような彼を置くの伝統として、この点に関し、シリアの聖エフラエムの横に( aphraatesを参照) 。

のhaggadah :

教会の父親から養子縁組されたユダヤ人を大量のinterpolations 、解釈、および説明の逸話、これが最高によく知られて指定された期間、 " haggadah 、 "しかし、これを自分たちと呼ばれるさまざまです。

ジャスティンはカウントさgoldfahn殉教者( " dialogusごっtryphone " ) 2006年6 polemico -申し訳なさそうな伝統とヘブライ語haggadotです。

これらの5月の間に言及:食べられたの3つの天使たちをアブラハムwhoが登場し、メシアの塗油を隠ぺいとイライジャ;の非業の死をイザヤ書( haggadahが見つかりました既にしている最も古い外典、およびそれ以前のほぼすべての父親) ;メルキゼデクのアイデンティティーをshem (聖エピファニオス比較特に、 "反対hæreses 、 " 35 。 、シリアと"洞窟の宝物、 "訳bezold 、 p. 36 ) 。

クレメントと原産地です。

クレメント呼び出して、ユダヤ人haggadists " mystæ " ( μύσται "人を開始" )は、現在の任期は、おそらくアレキサンドリア;は、文章のすべての教会のユダヤ人の祖先について同意するような難解な教義、伝統を理解するだけで開始します。

クレメントはhaggadahを元の古い知り合いにします。

Ⅱ 。

14日、これによると、エジプトのモーゼ殺害され、神の名前を発音だけです。

ムーサーが呼び出さも" joiakim "と" melch "されたmystæ ( " stromaの複数形、 "エドです。ミーニュ、 Ⅷ 。 897 ) 、および" melchiel "を疑似フィロ、 " antiq 。 bibl 。 "

( "ユダヤ人の四半期した日、 " Xの228 ;比較Xの726 ) 。

クレメントとの間の関係セダー' olam rabbaの両方が示されている事実を与えるのと同じ図は、 60年、預言者としての期間は、エリシャの活動( ib. v. 138 ) 。

原産地の債務をhaggadahです。

まだ他からの派生haggadot原産地です。

例えば:エデンの園は、世界の中心で、 ( " selectaでgenesin 、 " Ⅱ 。 8 ;比較' erub 。 19a ;ザイオンは非常にイノックを呼んで、二十六です。 1 、 2 、およびjubilees 、 Ⅷ 。 ) ;紅海を12部が実施して部品(説教を例です。 v. 5 ;も参照くださいユーセビアス、 psの解説をします。 77 。 13日、と聖エピファニオスは、メモを残すことが"反対hæreses 、 " pp 。 262頁以降を参照。 ;比較mekilta上例です。 14 。 16 、およびその他のユダヤ人の源[ "ユダヤ人の四半期した日、 " v. 151 ] 、およびḳimḥiをpsのです。 cxxxviです。 ) ;後悔は、サンズオブカールーン(ローマ人への手紙の信徒への解説をXの7 ; psのミドラーシュを比較します。 45 。 4 ) ;イスラエルの強みは祈り( NUM件の説教をします。 13 。 5 ;比較sifre 、 NUM件です。 157 ) ;フィニアスとイライジャは同じ( com.上ジョンⅥ 。 7 ;ジェローム採用して同じ世論からの外典[ v. 813 、エドです。 vallarsi ; yalḳを比較します。 、 NUM件です。 772 、しかし、最古のソースには欠け] ) ;ダニエル、 hananiah 、マイケル、およびazariahはeunuchs (マット解説をします。 15 。 5 ;比較ezek説教をします。 Ⅳ 。 8 ;カテナをezekします。 14 。 5 ;ジェローム、 "反対jovin 、 "予約i. 、 25 。 ;入力してください。上ダン。 i. 3 ;聖エピファニオス、 "デヴィティスprophetarum 、 "エドです。ミーニュ、 44 。 424 ;より詳細なsanhです。 93b ; Gen 。とr.九十九です。 ) ;ムーサーは、著者の11の詩篇を授けた( " selecta "をpsのです。 12 。 、エドです。ミーニュ、 p. 1055 ;ためにもジェローム[ "反対rufinum 、 " 13です。 ; pesiḳを比較します。 、エドです。ブーバー、 p. 198a ] ) ;野生動物たちは、楽器の神の罰、 17のように2世の王です。

2 (説教をezek 。 Ⅳ 。 7日、 14 。 4 ;比較ミシュナーta'anit Ⅲ 。 6 ; shabです。 33a ) 。

ユーセビアスです。

ユダヤ教の伝統の権威として認識さユーセビアスほぼ等しい、聖書は、それを呼び出すとἅγρσφος παράδοσις ;すなわち、 "不文律の伝統" ( "歴史ecclesiastica 、 " Ⅳ 。 22 ) 。

depositaries彼はその用語" deuterotæ " ( δευτερωταί 、 " præparatio evangelica 、 " XI 。の5 ) 、と彼は男性の特徴としては、珍しいこと適切知性の強さ、その能力を訓練を受けてきました啓典のまさに中心部にまで浸透する。

のヘブル人への手紙、と彼は言います、コールしてδευτερωταί (すなわち、 " tannaim " ) 、神聖なので詳しく説明令状( ib. 12 。 1 )です。

" deuterosis " ( δευτύρωσις 、 "ミシュナー" )は、よく使用される作家は、ユダヤ教の教会の伝統、とも発見さnovellæユスティニアヌスのです。

難解なとの間に差別をユーセビアスに釈義公開し、彼はよくhaggadotクラスの平凡な解釈では、クレメントおよびその他に反して、そこに、秘密の教義whoを参照します。

彼のhaggadot年5月の間に言及して以下の通りです:アブラハム観測教訓は、律法の前に明らかにいた( " demonstratio evangelica 、 "の経験I.クリチバ6 ;比較yoma 28b ) ;キングhezekiahの罪で賛美歌の褒め言葉を省略する神の敗北した後sennacherib ( ISAの解説をします。 39 。 1 ;ジェローム、広告の掲載て下さい。 、引用符と同じ伝統; sanhを比較します。 94a ;できない。 r. Ⅳ 。 8 ;ラムです。 r. Ⅳ 。 15 ) ; merodach - baladanとの関係をhezekiah (のCOMです。上のISAです。 39 。 1 ;と同じhaggadahが与えられ、シリアの聖エフラエムの解説2世王のXXです。 10 [ "オペラsyriaca 、 "の経験I.クリチバ562 ] 、ジェイコブのように1つのエデッサのscholiumの複数形; sanhを比較します。 96a ) 。

shebnaの裏切り者は、高い司祭(レフ比較します。のR. V. ) 、裏切り( sanhを比較します。 26a )と官能的な( ib. ) 、アサートの名の下にユーセビアスδ εβραῖος ( com.上のISAです。 12 。 10 、 11 ;ジェロームにより、同じ声明の広告て下さい。 ) 。

ツェッヒの通過にします。

Ⅹ Ⅰ 。

8受け取った非常に初期のは、次のchristological解釈:イエスキリストの後に出現した、の3つの強力な財産、キングスと坊さんと預言者、姿を消したよりイスラエル( " demonstratio evangelica 、 " Xの1 ) 。

ジェロームは、ツェッヒです。

Ⅹ Ⅰ 。

8日、引用符を拒否することだけは、好むのjewishexegesis 、これにテキストを適用して、ムーサー、ハールーンを、とミリアム;しかし、彼は信用して、ユダヤ人;比較も疑似フィロ( "ユダヤ人の四半期した日、 " Xの321 ) 、および16 mekiltaです。

35 ;セダー' olam rabba Xの; ta'anit 9aです。

上のような何かが発見さaphraates NUM件です。

イグゼクスです。

1 。

haggadot教会の長老たちに受け入れられるようです。

aphraatesは自明として、上記の解釈に言及せず、ユダヤ人の起源です。

彼は、彼の数多くの他のhaggadot同じで、これは、ユダヤ人から派生した疑い。

シリアの聖エフラエムhaggadotは、同様に彼の名前を与える学者( 、 expoundersなど、決しては、ユダヤ人の名前を。 haggadot 、しかし、これは一般に公正妥当と認め、その起源はユダヤ人の話をして徐々に忘れてしまった。シリアの聖エフラエム、インスタンスは、言うは、 Gen 。とXI 。の29日、そのサラが呼び出された" iscah "をアカウントの彼女の美しさ;しかし、これはすでに発見さhaggadahセダー' olam r. Ⅱ 。彼の説明は36 Gen 。とします。 24と似ている発見さオンケロスとサマリア人のバージョンです。上2世王Ⅳ 。 haggadahについて彼には、同じオバデヤの妻には発見されたターガムyerushalmiと部分的に例です。 r. 31 。これらのと同じような通路ヘブライ語の知識を証明- ephraemの知識捜査当局は不当に多くの係争中です。

ジェロームの幅広い知識をヘブライ語の伝統です。

しかし、 1つのほとんどのユダヤ人の伝統に通じていると、その最大の崇拝者は、ジェロームです。

彼の" quæstiones hebraicæでgenesin "を形成するような伝統ほぼ延々と続くシリーズ、およびそれらに頻繁に引用符で彼は彼の他の作品も。

彼らは大半が聖書の歴史に新たに歴史的なエピソードとして、呼び出しのいずれかを彼は" traditiones "または頻繁に" fabulæ 。 "

これらのhaggadotが付与だけでなく、彼のユダヤ人の教師を経口彼は、しかし、非常に十分な、彼自身の作品も読んでmidrashicです。

彼の言う、たとえば、 jerです。

29 。

21 :以下" NEC legiturでsynagogisチョルム" ;上ツェッヒです。

Ⅳ 。

2 : " hæcアルバータhebrís dictumの複数形reperimus 。 "

これらの伝統はまだありません彼は話すが、秘密の教義を使用すれば、 " arcanæ eruditionis hebraicæ et magistrorum synagogæ recondita disciplina " ( zech. Ⅵ 。 9 ) 。

彼はまた、教会の父のみwhoは、知り合いの専門用語は、ヘブライ語の伝統;例えば: "特別scripturaやがてdicit " ; "特別は又dicitur " ; "以外のdebemus legere " 、または"以外のlegi potest "です。

彼はよく知っていて適用して法の"ノタリコン"または" gemaṭria " (上ナホムⅢ 。 8日、上ハガイi. 1 ) 。

この技術的な知識だけでは、これまでにされてバルナバ'作品を紹介します。

haggadicジェロームのは非常に多くの要素を満たすことに巻号;いくつかの他の注目に値するものがありますが、ここに記載します。

上エクルズです。

Ⅳ 。

13彼は引用符では、紛失した、ミドラーシュのr.秋場が降りてくるだけ匿名( ecclを比較します。 r. Ⅳ 。 13 ; abotデ-研究します。ネイサンは、バージョン2世です。 、あなたのです。 4 ; midr 。 psのです。 Ⅸ 。 5 )と二次ソースです。

彼は完全にサポートされていない、しかし、彼の見解をelihu (の仕事)と埋め草は同じ( " quæstです。 hebr 。 、 Gen 。と" xxii 。 21 ) 。

上ezekです。

45 。

13日、 14ジェロームhalakicミドラーシュを引用符で扱わは、吐き気を催す-提供(比較yer 。 terumot Ⅵ 。 1 、 42d ) 。

この聖エピファニオスも知っていたし、提供しているといわれpharisees τριακοντάδες τε καὶ πεντηκοντάδες (ヒルゲンフェルト、 " judenthum und juden - christenthum 、 " p. 73 、リプシック、 1886 ) 。

上ツェッヒです。

Ⅹ Ⅰ 。

13彼には、好奇心をhaggadahの数は、肯定的と否定的な教訓;を保持緊密な調査によると彼はこのhaggadahことが発見さよりももっと正確にユダヤ人のソース( "ユダヤ人の四半期した日、 " Ⅵ 。 258 ;ジェイコブベルナイス、 " abhandlungen 、 "の経験I.クリチバ252 )です。

ジェロームwho住んした後、父親の教会を知っていたユダヤ教減って約ので、 、 、後の時代の歴史に興味があるのは、もはやこの接続します。

論争術:

ユダヤ人との間の対話のジャスティンtryphon顕著なのは、ユダヤ人とキリスト教徒の礼儀正しさを話すのが1つの別の;へは、しかし、欠けのない例としては、情熱的で辛らつな言葉が使用されてdisputationsキリスト教徒とユダヤ人です。

原産地の頑固さに不満のユダヤ人( Xの説教で、 [ jer 。 Ⅷ 。 ) 、と非難し、かれらの健全な知識を所持、もはや(液晶Ⅲ 。 ) 。

シリアの聖エフラエム想定して非常に失礼な口調に向かってユダヤ人;彼は不名誉な名前をコールして、それらを追っていると、クマはないworthlessぶどう畑が良い果実です。

のようなユーセビアス、 who使われ、ユダヤ人の論客の不幸を目的( com.をpsのです。 58 。 7-12 ) 、悲惨な状態にephraemの面会を追っている神(上Gen 。と49です。 8 ) ;は、ユダヤ人の"裏切らイエスキリストは、 "彼らは自分たちの国と非難を駆動パーペチュアル徘徊(オン2世王2世です。 、終わりに向かって) 。

ジェロームのすべての国を列挙した後はどこに分散していたユダヤ人、彼exclaims : " hæeは、 judæe 、 tuarum longitudo et latitudo terrarum " ( " epistola cxxix 。広告dardanum " ) 。

特にキリスト教徒の怒りがどのような事実は、ユダヤ人の救世主のような永続化を期待します。

彼の説教ephraem反対するユダヤ人は言う: "本当にこの人々が想像してリターン;神を挑発した後、すべての方法がありますが、それを待っと時間を見込んで慰めときにしなければならない。 "

ephraem 、ジャスティンと原産地だけでなく、ユダヤ教のこの時期には言及し受理書より多くのペイガニズムの仲間入りをする、生得的な現象で、父親の教会をサタンの陰謀です。

ジェローム、その一方で、雄弁に話すと大きな期待を寄せて、ユダヤ人の救世主です。

聖書の多くの救世主のような通路が適用され、後者の天皇をユリウス暦は、他のユーザーが、遠い将来、果てしのない論争術の違いにつながった。

教会の父親の顔に、ユダヤ人として悪魔は、かれらのシナゴーグとして住宅の悪魔;ルフィヌススタイルのバーからかってḥanina 、ジェロームのユダヤ人の教師は、 "バラバ"と、自らをジェロームラビです。

1つの単語の" circumcisio "を使用して非難して全体のユダヤ教、ユダヤ人、彼らによると、すべてがcarnally ( σωματικῶς ) 、キリスト教徒は精神的にすべてのもの( πνευματικῶς ) 。

ユダヤ人とキリスト教徒の間にdisputationsです。

この文章のジェロームのキャラクターを生き生きと描く、その期間の論争術です。

whoは、紛争は、キリスト教、ユダヤ人を承諾しhadto教義に学んで(序文に詩篇を授けた) 。

しかし、これらのdisputationsしないようにしなければならない開かれたキリスト教、ユダヤ人は、無知を考慮して(上のISAです。 Ⅶ 。 14 ) 。

の手続きが非常に活発です。

に言及がなされ、たとえ比喩的にのみ、植栽をしてお互いに反対の足を引っ張り、ロープ、等(液晶) 。

これは信じられないよう必死としては、ユダヤ人は"舌で大声を抑えのきかない、発泡は、口の中、としわがれた声" (上の信徒へのタイタス、 Ⅲ 。 9 ) 。

ユダヤ人のことは予想しても"後悔はないときに悪口を言う機会を誹謗中傷やキリスト教徒" (序文をジョシュア) 、ユダヤ人は、年齢を全く見せない自信のなさを維持して、これらの議論に参加します。

彼らは被告人質問で出たのを避けるため、他の困難な通路の聖書(上のISAです。 44 。 6 ) 、これを証明して指名手配を避けるために、単にdisputations完全にします。

しかし、ユダヤ人は、自分の意見を同盟国;の多神教徒とキリスト教sectaries多くの点で合意したとして、描画時の教会自身が、論争術の父親です。

ユダヤ人の攻撃を公言した。

監督の作品を、多くの論争反対するユダヤ人は、ほんの数ここで挙げることができる。

クレメントの仕事は、 "キヤノンは、教会のか、または反対するjudaizers " ( κανὼν ' εκκλησιαστικὸς ἢ πρὸς τονς ' ιουδαιζοντας ;ユーセビアス、 "歴史ecclesiastica 、 " Ⅵ 。 13 )は、わずか数の破片が保存されている。

原産地の有名な作品、 "コントラcelsum 、 "ユダヤ人に対しては、監督よりも劣らず多神教徒反対するため、多くのユダヤ教説繰越セルサスいた。

ユーセビアス' " demonstratio evangelica "が直接攻撃を公然とユダヤ人( i. 1 、 11 ) 。

aphraates '説教19 。

反対するユダヤ人の監督が大きい、と発するXI 。のは、 13です。 、 15 。

公然と非難割礼は、安息日は、差別との間に清いものと清くない食品、 "彼らは誇りに思うのです。 "

仕事を少しnovatianは、以前生得的にテルトゥリアヌス( " epistolaデcibis judaicis 、 " leipsie 、 1898 、エドします。 g. landgrafとC.ワイマン、転載から"過去のfür lateinische lexicographie und文法、 " XI 。の)は、監督も反対するユダヤ教の食事法です。

セビリアのISIDOREにこの仕事はほぼ逐語的にコピーする彼の" quæstionesでleviticum 、 " 9 。

おそらくnovatianもされており、 4世紀、論文は、 "反対judæos 、 "頻繁に生得的にチプリアーノ;これは、しかし、やや融和的にトーン( landgraf 、 "過去、 " XI 。の1897 ) 。

テルトゥリアヌスの作品でも発見した論文には、 "反対judæos 、 "多くの点で似てチプリアーノの" testimonia 、 "両方の描画時に、古い作品、 " judæi et altercatio " Simonis " theophili christiani " ( p.コルセン、ベルリン、 1890 ) ;は、 " altercatio "のユダヤ人に変換します。

ジュリアンの死の後、 4つの賛美歌ephraem作曲:ジュリアンの背教者に対する天皇、反対heresies 、と反対するユダヤ人(の"サンタephraemi syriカルミナnisibena 、 "エドです。 bickell 、ラテン語transl 。 、リプシック、 1866 ;とオーヴァーベック、 "サンタephraemi syri aliorumqueオペラselecta 、 "シリア語のテキスト、オックスフォード、 1865 ) 。

接続するだけでなく、これらのに時間が件名には、 6つの説教のジョンクリュソストモス反対するユダヤ人( "を発する、 "の経験I.クリチバ) 。

これらの彼はひどく不満のユダヤ人のキリスト教徒を税関にしがみついても、他の教会の父親な状況に記載されています。

ジェロームに著しいマットの例では彼に解説する。

23 。

ezek 5としています。

33 。 、および他の特性の言葉をまだ彼は以下の通りです: "法律に表示されたユダヤ人の無知な人々との共通の理想としては非常に知恵と人間の理性" ( " epistola cxxi 。広告algasiam " ) 。

このような態度はもちろん、多くの教会を真剣にcombated父親;したがって、匿名の仕事に記載されphotius ( " myriobiblion 、 "エドです。ミーニュ、 p. 390 )は、それらの指示に対して反対するユダヤ人とwhoは、ユダヤ人のように、著名なニッサンは14日、復活祭のです。

聖エピファニオス'有名な作品"反対hæreses 、 "としても彼の" ancoratus 、 "では、ユダヤ教;に関することのみを3番目の宗教的なシステムとして、スキタイと並んで侮れないhellenisin 、神の啓示は、キリスト教の中だけです。

キリスト教の教義学の創始者、アウグスティヌスは、反抗的な態度のすべての独断的な原則を分類、グループのユダヤ人、 heathens 、および1つのクラスarians ( " concio広告catechumenos " ) 。

教会のポイントanimadvertedされた時、父親は、多様;が含まれているような基本的な法則として、安息日、日曜日のジャスティンすでに移転を扱う( "対話、 "あなたのです。 24 ) -の変化に反対したが原産地(比較diestel 、 " geschichteデアルテンtestaments 、 " p. 37学) 、およびどの原産地( ROMとの互換性を解説します。 Ⅵ 。 2 ) 、およびジェローム( " epistola cxxi 。広告algasiam " )を求める不可能であることを証明するの遵守( " grätz jubelschrift 、 " p. 191 ) 。

割礼、これは激しく襲われるも原産地( diestel 、 " gesch 。デアルテンtestaments 、 " p. 37学)は、食事法、および多くのマイナーな問題は、このような、例えば、洗濯の手としては、メイドイン科目の電源として論争を書面(原産地、解説をマットです。 XI 。の8 ) 。

確かに、教会の父親も、他の情報について、第4世紀の余裕levitical法の遵守をより純度のラビによると、 neubürger ( " monatsschrift 、 " 1873年、 p. 433 )とは反対にもかかわらずです。

告発する根拠のユダヤ人です。

ジェロームは言う( " epistola cix 。広告riparium " )は、サマリア人とユダヤ人の遺体と考えオブザデッドだけでなく、汚れたとして、道具だけでなく、家の中で死体を含む。

おそらくこれに伴い、ユダヤ人levitical浄化法だけでなく、異端のサマリア人と、避けて接触すると、キリスト教徒は、ほとんどの事実を不当に不満を苦々しくジェローム(上のISAです。 65 。 4 ) 。

ジャスティンときに均等に非常識なことは、ユダヤ人と非難しても、彼ら律法学者や賢、不道徳( " dialogusごっtryphone 、 " cxxxiv 。 、 cxliです。 ) 。

論争の特徴テルトゥリアヌスの判決を受けるかもしれないこの接続で追加されました: "我々はすべての共通点は、我々の女性を除いて;必要がコミュニティを尊重するだけで" (参照ヘーフェレ、 " beiträge zur kirchengeschです。 "の経験I.クリチバ16日、テュービンゲン、 1864 ) 。

おそらく他のもっともらしいが、拒否さをもっと頻繁に協議し、最近では、教会の父親は、担当のジャスティン、原産地、聖エピファニオス、ユダヤ人の悪口をandjeromeと呪いは、イエスキリスト-それは、キリスト教の祈りの1日3回( "ユダヤ人の四半期した日、 " v. 130 、 9世です。 515 ;比較wulfer 、 " adnot 。テリアカジュダイカ、 " p. 305 ;クラウス、 " das生涯主イエスは、 " p. 254 、ベルリン、 1902 ) 。

独断的な点がございましたら、もちろん、論争は、件名に終わることのないモザイクに関する質問は、廃止は、法では、その人は、メシア、いくつかの契約書等はまだありませんがあったキリスト教徒とユダヤ人の間にこのような問題として反キリスト( irenæus 、ここかしこに;ヒッポリュトス、 "デantichristo " ;比較"レヴュー宇宙juives 、 " 38 。 28日、とbousset 、 " der反キリスト、 "ゲッティンゲン、 1895 ) 、 1000年至福(シリアの聖エフラエムを2世王Ⅳ 。 35 ;比較sanhです。 97a ; 'アルバータ。 zarah 9a ;およびその他の教会の父) 、天使の復活など

技能のユダヤ人で物議をします。

ユダヤ人への対応能力を正常にキリスト教徒のためにこれらの論争は精通していたという事実のすべての質問に議論されています。

ジェローム質問を前提としてすべてのユダヤ人が聖書満足のいく回答を与えることができます(序文をサミュエル) 。

ユダヤ人、また、知り合いがいないだけで、元のテキストだけでなく、セプトゥアギンタは、外典、 aquilaさんのバージョン、および一般的に神聖な令状に関連するすべての作品です。

早くはないアポリナリスlaodicinus '記述が登場し、議論しても、ユダヤ人を読む(ジェロームをeccl 。 v. 17 ) 。

特に注目に値するのはという事実であるとして、ユダヤ人が精通は、新約聖書のように、古い、そこに困難を説明することを正式に任命さ当惑さえ、キリスト教の教師(同上上のISAです。 XI 。の1 ) 。

シリアの聖エフラエムアサート、不思議なことに(説教25 。は、ツィンゲルレ、 "文庫der kirchenväter 、 " Ⅱ 。 271 ) 、ユダヤ人は、本当に洗礼者ヨハネを認めていたが現れました。

原産地関係に関する伝統的にユダヤ人のユダイスカリオテ(上マットです。場合、 COMします。サービスです。 、 § 78 ) 。

ジェロームと思われるときは、そのために彼によると、ユダヤ人は頻繁に拍手する立場にある自分のチャンピオンズ(上ezekします。 33 。 33 ) 、これを参考に、扇情的な方法( ib. 34 。 3 ) 。

ユダヤ人にも税金クリュソストモス劇場態度( "オペラ座、 "エドです。モンフォコン、 i. 656 ) 、および前に、彼は公正かつ慎重なジャスティンによると、同じこと( " dialogusごっtryphone 、 " cxxiiです。 ) 。

旧約聖書と外典:

キリスト教徒とユダヤ人hellenistsです。

の主なオブジェクトを奪い取るのは、キリスト教は、旧約聖書の努力からのユダヤ人とキリスト教の武器を作ることです。

したがって、ジェロームは言う(オンミカⅦ 。 9 ) 、ユダヤ人は倍の救世主と期待しては、法とは、預言者が連れ去ら与えられたからのキリスト教徒とユダヤ人を排他的に(比較して通過さ論客例です。 r. 47 。 ) 。

彼らはキリスト教徒を達成する目的のために、寓話評釈として使用すると他のユダヤ人によって開発さhellenistsフィロです。

文字どおりの意味は、原産地は言う、ユダヤ人は十分なだけのためにイエスキリストが適用されることがない。

イジドールのペルシウムいただけに警鐘を鳴らす意味で十分に適用して全体のイエスキリスト旧約聖書を、ユダヤ人と多神教徒を検索しないようにする原因を嘲笑(書簡、 i. 、 epです。 CVIのです。 ; Ⅱ 。 、 epです。 cxcvです。 ) 。

全体のキリスト教会に落ちたにもかかわらず、この言っても過言;とする彼らはどのような不合理LEDが示されている以下の例:サラとhagarは、すでに説明した寓意的にポール(ガロンⅣ 。 24 ) 、には、によると、クレメント( " stromaの複数形、 "の経験I.クリチバ5 ) 、知恵と、世界です。

ソロモンwho登場する前に、 2人の女性を象徴すると教会シナゴーグ;を元に属しますザデッドチャイルド;を、後者は、 1つの生活、つまりは、ユダヤ教の信仰は死んで;は、キリスト教の信仰は、リビング(シリアの聖エフラエムを私キングスⅢ 。 6 ) 。

これらのかもしれない渡す;しかし、それは単なる子供っぽさを意味するときにデビッドが行われるように擦り切れた古いとイスラエル、日本、しかし、イエスキリストabishag (上私キングスi. 1 ) 。

同様に不自然なフルゲンティウス彼の主張は、 " epistola synodica " (ヘーフェレ、 " conciliengesch 、 "二次元エド。 、 Ⅱ 。 699 ) 、そのエサウは、 "予型populi judæorum "とジェイコブの人々に保存する運命にある。

ユダヤ人ははるかに簡単なものを探す時ジェイコブ自身としては、キリスト教徒として、エサウやエドム時です。

disputationsを事前に知っていたキリスト教徒のユダヤ人がどのように特定の通路を解釈します。

"もし、我々が求めるwhoユダヤ人の娘は[ psのです。 45 。 ] 、私は疑いのないことを答:シナゴーグ" (ジェローム、 " epistola 42 。広告principiam " ) 。

したがって、ユダヤ人だけでなく、キリスト教の釈義に反対して、リテラルの意味では、寓話の解釈を準備いただけでなく、自分のです。

テルトゥリアヌスとirenæusが合理的に十分なだけに従うのシンプルな文字どおりの意味です。

いわゆる学校のアンティオキア、その最も著名な代表がtheodoretモプスエスティアのテオドロスと、完全に合理的にも教えを評釈;は、この学校の弟子など、 cosmas indicopleustes 、寓話と典型的な方法を使用して広範囲( barjean 、 "左'エコールexégétique d' antioche 、 "パリ、 1898 ) 。

とはいえ、それを否定することはできませんが他の教会の父、および上記のすべてのジェローム、単純な解釈は素晴らしい仕事をしています。

聖書のテキストを破損しています。

良い解釈によって異なります良いテキスト、およびこの保有しなかったキリスト教徒;は、聖書のコピーを循環うちでは、多くの通路が壊れています。

あるユダヤ人とキリスト教徒の間の論争の元、自然に十分な、これらの過ちを参照し、その相手を嘲笑できるようにこのような明らかな失敗です。

そのようなユダヤ人の引数は、しばしば引用されるジャスティン、原産地、ジェローム、およびその他の父親です。

無料の教会のためには、ユダヤ人から非難されたばかりでこのスコアは、彼の巨大な原産地undertakeの過去過去分詞機能するには、 6カ国語対訳書(聖エピファニオス、 "デponderibus et mensuris 、 " 2世です。 ) 、頻繁に復元されたユダヤ人では彼は読書(例えば、 NUM件の説教をします。 16 。 4 ;入力してください。上ROMから起動します。 、書籍、 Ⅱ 。 、 13 。 ;比較ルフィヌス、 "弁明s. invectiv 。 hieronymum 、 "予約v. 、やつです。 Ⅳ 。 ) 。

ジャスティンは正直なマニフェストを拒否するに十分な光沢christologicalは、悪名高いἀπῗ8 τοῦξύλουされたといわれて、読んでpsのです。

96 。

( xcv. 10 ) 、補間は、ギリシャ語バージョン( "主在位からの木材" ) 。

別にジャスティン( "ダイヤルします。ごっtryphone 、 " 73です。 )は、この補間が見つかっただけで、ラテン語の祖先-テルトゥリアヌス、アンブローズ、アウグスティヌス、レオ、とグレゴリーの大- who concerningthe言葉をほしいままに多くのナンセンス" ligno 。 "

アウグスティヌス( "デcivitateデイ、 " 16です。 3 )は、 Gen 。とXでのテキストを

しかし、 8つのではない2人の息子の7つのジェイフェスが言及したように、読書をするのが発見さなしの既知のテキストです。

それゆえ、ユダヤ人拒否されたすべての技術情報の翻訳は、ほとんどの認識aquilaさんの" secunda editio 、 "これは正しい( u7 +1 f00 κατὰ κρίβειαν ;ジェロームをezek 。 Ⅳ 。 15 ) 。

ジェロームは、教会の父のみwho 、として反対するセプトゥアギンタ、絶えずを参照して、 " hebraica Veritasのです。 "

聖書の巨費を投じて、彼には彼のユダヤ人の友人が自分自身をコピーする( "反対rufinum 、 "予約2世です。 ) 、 who借りた彼が、 "ピア欺瞞、 "のコピーに属して、シナゴーグ( " epistola 36 。広告damasum " ) 。

にもかかわらず、ユダヤ人を非難してもジェロームは、テキストは、聖書の改ざん( mal. Ⅱ 。 2 ) ;とその後の告発絶えず再発します。

キリスト教徒faredが回らないの外典、これを完全に定格高すぎる場合は、これらの味の良さで気分を害した回です。

原産地faredひどく、ユダヤ人は、彼の手にapocryphonスザンナ( "歴史epistola広告africanumデsusannæ 、 "動)もjerは、ジェロームのわいせつな伝説をします。

29 。

21 -という言い伝えに因んでこれは明らかにつながって、このapocryphon (参照名brüll '秒" jahrbücher 、 " Ⅲ 。 2 ) 、順調に受信されたユダヤ人です。

ジェローム(上マットです。 27 。 9 )請求を受けてから、ユダヤ人のナジルジェレマイアapocryphon上、ヘブライ語で発見されたとして予約( " epistola 36 。広告damasum 、 " " quodam hebræo volumine " )の歴史をレメク;しかし、彼は、ユダヤ人の教師に新たに話すダニエルcontemptuously 、いくつかのことが書かれたギリシャ語(序文をダニエル)です。

聖書の参事を参照します。

教会の重要性を学習ユダヤ人の祖先は、既に認識されデビッドazariahデイロッシḳimḥiと、明らかになる、多くの場合を考えると1つの文章をタルムード、ミドラーシュできる権利の視点に持ち込まれただけで、明かりの中で、釈義との論争術これらのキリスト教作家です。

したがって現代のユダヤ人の学習が、まだ十分な意欲はないものの、捜査をして、教会の父親の作品です。

クロフォードハウエルおもちゃ、サミュエルクラウス


ユダヤ人の百科事典

書誌事項:男性rahmer 、ダイのデンwerken hebräischen traditionenデhieronymos 、勇: quœstionesでgenesin 、ブレスラウ、 1861 ;同じ、死ぬbibelcommentarデhieronymos dem hebräischen traditionenでは、ベンchananja 、 1864年、 Ⅶ 。 ;同じ、死ぬhebräischen traditionenデhieronymosは、フランケルのmonatsschrift 、 1865 、 1866 、 1867 、 1868 ;は、 grätz jubelschrift 、 1887 ;でmonatsschrift 、 1897 、 pp 。

六二五〜六三九、六九一から六九二まで; 1898 、 pp 。

1-16 ; s.クラウス、死ぬjudenでデンwerkenデheiligen hieronymosは、 magyár zsidó szémle 、 Ⅶ 。 、 1890 ; grätz 、 haggadische elementeバイデンkirchenväternは、 monatsschrift 、 1854 、 Ⅲ 。 ; goldfahn 、ジャスティン殉教者und死ぬagadaは、 ① -イ。

1873年、 27 。 、および転載;ジェルソン、シリアの聖エフラエム死ぬcommentarienデイムihrem verhältniss zur jüdischen exegese 、ブレスラウ、 1868 ;グルンヴァルト、 das verhältniss der kirchenväter zur talmudischen und midraschischen literaturは、 königsbergerのmonatsblätter 、および転載、チョン-ブンツラウ、 1891 ; s.ファンク、死ぬhaggadischen elementeにデンhomilienデaphraates 、デpersischen weisen 、ウィーン、 1891 ; s.クラウスは、ユダヤ人の作品は、教会の祖先は、ユダヤ人の四半期日、 1892 、 v.百二十二〜百五十七; 1893 、 Ⅵ 。

八十二から九十九まで、二百二十五から二百六十一です。

非常に徹底的な調査は、論文のl.ギンズベルク、死ぬhaggadaバイデンkirchenvätern und der apokryphischenアレイでは、 monatsschrift 、 1898 、 42 。

頁以降を参照。 、および転載、ベルリン、 1900 ;同じ、死ぬhaggadaバイデンkirchenvätern 、 !です。

i. 、アムステルダム、 1809.ts kr 。

で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです