Acts of the Apostles行為の使徒

General Information 総合情報

The Acts of the Apostles is the fifth book of the New Testament, written between AD 70 and 90 by the author of the Gospel according to Luke.使徒の行為は、新約聖書の5番目の本、広告の70と90の間に書かされた著者は、ルカによる福音書によるとします。 Acts is an account of the early preaching about Jesus Christ, the growth of the primitive Christian community, and the spread of the Christian message.アカウントの行為は、イエスキリストの早期説教については、キリスト教社会の成長をプリミティブとは、キリスト教の普及にメッセージを表示します。 It covers the period from the Ascension of Christ (chapter 1) and the Pentecost, to the visit of St. Paul to Rome, where he was placed under house arrest.それをカバーしてキリストの昇天からの期間(第1章)と聖霊降臨日、聖パウロを訪問してローマ、どこに置か彼は自宅に軟禁されています。

The early chapters of Acts contain an idyllic portrait of the Jerusalem community praying together, practicing common ownership of property, and preaching.行為の早期の支部を含んで牧歌的な肖像画は、エルサレムコミュニティ一緒に祈って、練習の共通財産の所有権を、と説教します。 The author attributes the vitality and activity of Christianity to the Holy Spirit, which plays a prominent part in Acts. Speeches constitute one - third of the book, and the early sermons of Peter summarize the message as understood by the author of Acts. Three of the key ideas are that Christ fulfills the promises of the Old Testament, that Salvation comes through him, and that the Christian community is the new chosen people.属性の活力と活動の著者は、キリスト教の聖霊を再生する著名な行為に参加します。スピーチ構成する1つ-の3分の1本、および初期の説教を要約するメッセージが表示さピーターの著者の行為として理解されています。 3 つのアイデアはイエスキリストの鍵は、旧約聖書の約束を満たして、彼を救いが伝わるとは、キリスト教社会では、新しい選ばれた人々です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
After chapter 10, the emphasis shifts to the spread of Christianity to the Gentiles through the missionary work of St. Paul.第10章した後に、キリスト教の普及に重点をシフトして布教活動を通じてgentilesの聖パウロです。 In contrast to earlier New Testament documents such as 1 Thessalonians, written by St. Paul about AD 51, the end of the world is not considered imminent but has receded into the vaguely distant future. The very composition of Acts focuses attention on the present, and on spreading Christianity "to the ends of the earth" (1:8). Thus Acts is a fairly detailed account of early Christianity in its progress from Jerusalem to Rome.新約聖書の文書とは対照的に以前のような1 thessalonians 、書かれた広告の51セントポールについては、世界の終わりではないと考え差し迫ったしかし、漠然とした遠い将来には後退した。 行為の組成を中心に非常に注目を浴びて、現在の、キリスト教の広がりとする"との最果て" ( 1:8 ) 。このような行為は、かなり詳細なアカウントの早期エルサレムキリスト教、その進捗状況をローマからです。

Anthony J Saldariniアンソニー無しsaldarini

Bibliography 書誌事項
DS Crowther, Atlas and Outline of the Acts of the Apostles (1983); E Haenchen, The Acts of the Apostles: A Commentary (1971); EF Harrison, Interpreting Acts (1986). dsクラウザー、アトラスとの行為は、使徒の概要( 1983 ) ;メールヘンヒェンは、行為の使徒:解説( 1971 ) ; efハリソン、通訳行為( 1986 ) 。


Acts of the Apostles行為の使徒

General Information 総合情報

The Acts of the Apostles is the fifth book of the New Testament.使徒の行為は、新約聖書の5番目の本です。 The second part of a historical work, of which the Gospel According to Luke is the first volume, the Acts is the story of the development of the Christian church under the impulse of the Holy Spirit. 2番目の部分は、歴史的な仕事、そのうちのは、ルカによる福音書第1巻によると、この行為は、物語は、キリスト教の教会の発展に聖霊の下に駆られています。 The Holy Spirit is such a prominent figure in the Acts that the book is sometimes called the Gospel of the Spirit.聖霊は、著名な人物で、このような行為は、この本は、福音書の精神とも呼ばれる。

Authorship原作者

Scholars agree that the Acts of the Apostles was written by the same person who wrote the Gospel of Luke.学者同意するものとし、使徒の行為は、同じ人に裏切られ、ルカによる福音書who書いたのです。 Because the book itself originally carried neither a title nor the name of the author, however, the identity of this person is far from clear.本自体は、どちらのタイトルも、もともと運ばの名前を、著者は、しかし、この人のアイデンティティを明確にはほど遠い。 As early as the 2nd century, the work was ascribed to St. Luke, the companion of St. Paul.早ければ2世紀、その仕事は、生得的に聖ルカ、聖パウロの仲間です。

Recent research, however, has led to the opinion that the author merely had at his disposal a travel diary kept by someone who was an actual companion of St. Paul.最近の研究は、しかし、意見が主導してこの文書の著者だけが彼の処分を旅行記に保管され、実際のコンパニオンのwhoは、聖パウロです。 Thus, the author may have been one of numerous early Christians known later solely from the anonymous pieces of literature they penned.このように、数多くの著者の1つかもしれない初期のキリスト教徒への既知の文学作品のみからの匿名彼らpennedです。 For convenience of reference, scholars continue to refer to the author as Luke.利便性を参考までに、学者の著者として継続してルークを参照してください。

Date of Compositionこの評価を組成

Some of the text (Acts 16:10-17, 20:5-21:18, 27:1-28:16) refers to the author as one of the "we" who traveled with Paul, but Paul's execution is not mentioned, and no reference to his letters is made.いくつかのテキスト(行為16:10-17 、 20:5-21:18 、 27:1-28:16 )を参照して、著者1つとして"私たち" who旅とポールは、しかし、ポールの実行ではない言及、および彼の手紙の参考にさせていただきます。 Some scholars have reasoned therefore that the book was written before Paul's death (circa 61) and before the collection of his letters early in the 2nd century.理路整然といくつかの学者たちはそのためには、この本に書かポールの死の前に( circa 61 )との前にコレクションの第2世紀の早い段階で彼の手紙です。 Because the Acts is designed to serve as a second volume, however, the book must be at least slightly later than the Gospel of Luke, and the Gospel is almost certainly later than that of Mark.行為のために設計され、 2番目のボリュームとしては、しかし、予約しなければならないし、少なくともルカによる福音書よりも若干へ、と福音は、マークに比べてほぼ確実へ。 The result is to put Luke's two volumes sometime in the last two decades of the 1st century.その結果は、ルークの2つのボリュームにいつかは最後の2つの数十年に及ぶ第1世紀です。

Contents内容

With a beginning that overlaps the ending of Luke's Gospel, the Acts tells the story of the birth of the church in Jerusalem (chap. 1-5); the martyrdom of Stephen and the conversion of Paul (chap. 6-9); the opening of Peter's eyes to God's intention of including Gentiles in the church (chap. 10-12); Paul's missionary travels (chap. 13-19); Paul's final journey to Jerusalem (chap. 20-21); his arrest, imprisonment, and hearings in Jerusalem and Caesarea (chap. 21-26); and finally his voyage to Italy and his confinement in a Roman prison in which he awaits trial before Caesar (chap. 27-28).初めに、ルカの福音書と重複して終わるのは、その物語の行為は、教会、エルサレムにして生まれたか( chap. 1-5 ) ;の殉教のスティーブンとの変換のポール( chap. 6-9 ) ;のピーターの開口部に目を神の意図は、教会を含むgentiles ( chap. 10-12 ) ;パウロの宣教旅行( chap. 13-19 ) ;ポールの最後の旅をするエルサレム( chap. 20-21 ) ;彼の逮捕、懲役刑、との公聴会、エルサレムとcaesarea ( chap. 21-26 ) ;そして最後に彼と彼の航海にイタリアにはローマの刑務所に監禁さでは公判前に彼を待っシーザー( chap. 27-28 ) 。 Thus, the events described in the book are framed by the expansion of the church from its birth in Jerusalem, through the empire, all the way to Rome.したがって、この本に記載されたイベントは、教会の拡大を囲まれ、その誕生から、エルサレム、帝国を通じて、すべてのローマへの道をします。

Covering a period of roughly 30 years, the story gives valuable insights into the Jewish Christian church in Palestine, led by Peter and James; but it finds its major focus in the remarkable growth of the mission to the Gentiles, pursued by Paul, who is thus the primary "hero" on the human level.期間をカバーする約30年間、その物語は、貴重な洞察をキリスト教の教会で、ユダヤ人のパレスチナの主導により、ピーターとジェームズ;しかし、その主な焦点が見つかったのは、著しい成長の使命をgentiles 、ポールに追われ、 whoは、したがって、プライマリ"英雄"を、人間のレベルです。 Particularly notable are the numerous speeches made by the dominant characters.特に注目すべきは、多くのスピーチで作られる支配的な文字です。 The one given by Paul on the Areopagus in Athens (chap. 17) may have been intended by Luke as a model for the preaching of the gospel to the Gentile world.与えられた1つのポールの上にはアテネのアレオパゴス( chap. 17 )年5月に意図されルークの説教をモデルとしては、世界の福音をジェンティーレです。

J. Louis Martyn j.ルイマーティン


Acts of the Apostles行為の使徒

Brief Outline簡単な概要

  1. The origins of the Church in Jerusalem (1:1-8:3)教会での起源は、エルサレム( 1:1-8:3 )
  2. The transition from the Jewish to the Gentile Ministry, including the preaching in Samaria (chap 8), the conversion of Paul (chap 9), and the beginning of Gentile work in Caesarea (chap 10) and Antioch (chaps 11, 12)への移行ジェンティーレ省からのユダヤ人を含めて説教さサマリア(男8 ) 、への変換のポール(男9 ) 、ジェンティーレで働くの初めに、 caesarea (男10 )とアンティオキア(革ズボン11日、 12 )
  3. The missionary journeys of Paul (chaps 13 through 28)布教の旅のポール(革ズボン13 〜 28 )


Acts of the Apostles行為の使徒

Advanced Information 高度情報

The Acts of the Apostles is the title now given to the fifth and last of the historical books of the New Testament.使徒の行為は、今すぐのタイトルが与えられると最後の5番目の書籍は、新約聖書の歴史です。 The author styles it a "treatise" (1:1).の著者スタイルのことを"論文" ( 1:1 )です。 It was early called "The Acts," "The Gospel of the Holy Ghost," and "The Gospel of the Resurrection."と呼ばれることは、初期の"行為" 、 "聖霊の福音書" 、および"の復活の福音です。 " It contains properly no account of any of the apostles except Peter and Paul.それは正しくありませんのいずれかのアカウントの使徒ペトロとパウロを除いています。 John is noticed only three times; and all that is recorded of James, the son of Zebedee, is his execution by Herod.ジョンは気づいた3回のみ、およびすべてのことが記録さのジェームズは、ゼベダイの息子、ヘロデ王は、彼が実行されています。 It is properly therefore not the history of the "Acts of the Apostles," a title which was given to the book at a later date, but of "Acts of Apostles," or more correctly, of "Some Acts of Certain Apostles."これは特定の歴史を正しくしたがって、 "行為の使徒は、 "タイトルが与えられたこの本は、後日、しかし、 "行為の使徒" 、または他のが正しければ、 "いくつかの行為の特定の使徒です。 " As regards its authorship, it was certainly the work of Luke, the "beloved physician" (comp. Luke 1:1-4; Acts 1:1).原作者に関しては、それは確かに、仕事のルークは、 "最愛の医師" ( comp.ルーク1:1-4 ;行為1:1 )にします。 This is the uniform tradition of antiquity, although the writer nowhere makes mention of himself by name.これは古代のユニフォームの伝統を、どこに言及したが、作家自身の名前です。 The style and idiom of the Gospel of Luke and of the Acts, and the usage of words and phrases common to both, strengthen this opinion.イディオムをすると、スタイルやルカによる福音書との行為は、単語やフレーズの使用法については両方に共通し、この意見を強化します。

The writer first appears in the narrative in 16:11, and then disappears till Paul's return to Philippi two years afterwards, when he and Paul left that place together (20:6), and the two seem henceforth to have been constant companions to the end.その作家の物語16:11最初に表示されている、と入力し、ポールへの帰還をフィリッピが消えるまで2年間その後、ポール左のときに、その場所に、彼と一緒に( 20時06分) 、および今後2つのように見える仲間された定数を終わり。 He was certainly with Paul at Rome (28; Col. 4:14).彼は確かにポールはローマ( 28 ; Col 。 4:14 ) 。 Thus he wrote a great portion of that history from personal observation.このように書いたのかなりの部分を、その履歴から個人的な観測です。 For what lay beyond his own experience he had the instruction of Paul.自分自身の経験をどのようなレイアウトを超えていたポールの命令です。 If, as is very probable, 2 Tim.もし、確率としては非常に、 2ティムです。 was written during Paul's second imprisonment at Rome, Luke was with him then as his faithful companion to the last (2 Tim. 4:11).ポールの中には、 2つ目の懲役刑に書かれたローマ、ルークは彼を入力し、彼の忠実なコンパニオンの最後の( 2ティム。 4:11 ) 。

Of his subsequent history we have no certain information.彼のその後の歴史特定の情報はありません。 The design of Luke's Gospel was to give an exhibition of the character and work of Christ as seen in his history till he was taken up from his disciples into heaven; and of the Acts, as its sequel, to give an illustration of the power and working of the gospel when preached among all nations, "beginning at Jerusalem."ルカの福音書のデザインの展示会を与えて仕事をイエスキリストの文字と彼の歴史に見られるようになるまで彼は彼の弟子たちを天国から;とする行為は、その続編で、イラストを与えるのは、パワーと作業の間のすべての国の福音説教ときに、 "初めはエルサレムです。 " The opening sentences of the Acts are just an expansion and an explanation of the closing words of the Gospel.オープニングの文章を、行為はただの拡大との説明をするの閉会の言葉を福音です。 In this book we have just a continuation of the history of the church after Christ's ascension.この本の継続を我々が教会の歴史をキリストの昇天した後です。

Luke here carries on the history in the same spirit in which he had commenced it.ルークここで運ぶの歴史と同じ精神では彼が開始します。 It is only a book of beginnings, a history of the founding of churches, the initial steps in the formation of the Christian society in the different places visited by the apostles.これはほんの始まりの本は、教会の歴史を設立、最初の手順を実行するのは、キリスト教社会の形成には、さまざまな場所を訪問された使徒です。 It records a cycle of "representative events."それを記録するサイクルの"代表的イベントです。 " All through the narrative we see the ever-present, all-controlling power of the ever-living Saviour.すべての物語を通して私たちを参照して常に存在する、すべての支配力は、常に生活救い主です。 He worketh all and in all in spreading abroad his truth among men by his Spirit and through the instrumentality of his apostles.彼はすべてのworkethが広がって、海外のすべてと彼の真実の中の男の助けを通じて彼の精神と彼の使徒です。 The time of the writing of this history may be gathered from the fact that the narrative extends down to the close of the second year of Paul's first imprisonment at Rome.書面での時間は、この歴史がありますから集められたという事実は、物語の拡張ダウンして2年目のポールに近いのはローマの最初の懲役刑です。 It could not therefore have been written earlier than AD 61 or 62, nor later than about the end of AD 63.そのために書かれたことができなかったが61または62の広告よりも早く、またへの広告掲載の最後に約63 。 Paul was probably put to death during his second imprisonment, about AD 64, or, as some think, 66.ポールは、おそらく彼の中に2つ目の懲役刑にして死亡、約64の広告か、または、いくつかの考えとして、 66 。 The place where the book was written was probably Rome, to which Luke accompanied Paul.この本が書かれた場所はおそらくローマ、ルーク同行をポールします。

The key to the contents of the book is in 1:8, "Ye shall be witnesses unto me both in Jerusalem, and in all Judea, and in Samaria, and unto the uttermost part of the earth."のカギを握って、 1:8の内容をこの本は、 "なたがたはかれらが目撃者の両方でメインエルサレム、およびすべてのユダヤ、およびサマリア、とわたしは遠く離れた地球の部分です。 " After referring to what had been recorded in a "former treatise" of the sayings and doings of Jesus Christ before his ascension, the author proceeds to give an account of the circumstances connected with that event, and then records the leading facts with reference to the spread and triumphs of Christianity over the world during a period of about thirty years.参考にした後、どのように記録されていた"元論文"は、イエスキリストの言行彼の昇天する前に、収益を与えるの著者の事情を持つアカウントの接続されたこのイベントに、と入力し、事実を記録してリードを参照してキリスト教の功績の数々に広がると、世界中の約30年間の期間中です。 The record begins with Pentecost (AD 33) and ends with Paul's first imprisonment (AD 63 or 64).聖霊降臨祭の記録から始まります(広告の33 )で始まりポールの最初の懲役刑(広告の63または64 ) 。

The whole contents of the book may be divided into these three parts: (1.) Chaps.この本の内容を全体の5月、これらの3つの部分に分けられる: ( 1 。 )革ズボンです。 1-12, describing the first twelve years of the Christian church. 1-12 、 12年の最初の記述は、キリスト教の教会です。 This section has been entitled "From Jerusalem to Antioch."このセクションでてきた権利"アンティオキアからエルサレムにします。 " It contains the history of the planting and extension of the church among the Jews by the ministry of Peter.それには、拡張子の歴史を、植栽とされたユダヤ人の間の教会省のピーターです。 (2.) Chaps. ( 2 )革ズボンです。 13-21, Paul's missionary journeys, giving the history of the extension and planting of the church among the Gentiles. 13-21 、ポールの布教の旅、与えているの歴史を、拡張子や植栽の教会の間のgentilesです。 (3.) Chaps. ( 3 。 )革ズボンです。 21-28, Paul at Rome, and the events which led to this. 21-28 、ポールはローマ、とのイベントを主導しています。 Chaps.革ズボンです。 13-28 have been entitled "From Antioch to Rome."一三〜二八権利も"よりAntiochをローマです。 "

In this book it is worthy of note that no mention is made of the writing by Paul of any of his epistles.この本のことは注目に値することは絶対にありませんの言及が行われるポールの任意の書面での彼の書簡です。 This may be accounted for by the fact that the writer confined himself to a history of the planting of the church, and not to that of its training or edification.この5月に連結会計年度で閉じ込められたという事実は、作家自身の歴史を参照して、植栽の教会ではなく、その訓練や啓発しています。 The relation, however, between this history and the epistles of Paul is of such a kind, ie, brings to light so many undesigned coincidences, as to prove the genuineness and authenticity of both, as is so ably shown by Paley in his Horce Paulince.の関係は、しかし、この歴史との間の書簡のポールは、このようなある種、すなわち、まだ設計されて非常に多く偶然の積み重ねを明るみにもたらす、との純粋さを証明するの両方の真正性としては非常に彼のhorceペーリーが行き届いて表示さpaulinceです。 "No ancient work affords so many tests of veracity; for no other has such numerous points of contact in all directions with contemporary history, politics, and topography, whether Jewish, or Greek, or Roman." "いいえ古代の仕事に支払う非常に多くのテストの信憑;は、このような数多くのポイントを他のすべての方向での連絡先現代史、政治、および地形、ユダヤ人かどうか、またはギリシャ語、またはローマです。 " Lightfoot.ライトフットです。 (See Paul.) (ポールを参照。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Apostle使徒

Advanced Information 高度情報

A person sent by another; a messenger; envoy.別の人に送信する;に一人の使徒;特使です。 This word is once used as a descriptive designation of Jesus Christ, the Sent of the Father (Heb. 3:1; John 20:21).この言葉は一度使用されてイエスキリストの種別を説明すると、送信の父親( heb. 3:1 ;ジョン20:21 ) 。 It is, however, generally used as designating the body of disciples to whom he intrusted the organization of his church and the dissemination of his gospel, "the twelve," as they are called (Matt. 10:1-5; Mark 3:14; 6:7; Luke 6:13; 9:1).これは、しかし、一般的に使用されて弟子を指定して体の組織intrusted彼の心に適う教会と彼の福音の普及には、 " 12 "と呼ばれる彼らは( matt. 10:1-5 ;マーク3 : 14 ;午前6時07分;ルーク6:13 ;午前9時01分) 。 We have four lists of the apostles, one by each of the synoptic evangelists (Matt. 10: 2-4; Mark 3:16; Luke 6:14), and one in the Acts (1:13).私たちの使徒が4つのリストを、 1つは、各共観福音主義キリスト教徒の( matt. 10 : 2-4 ;マーク3:16 ;ルーク6:14 ) 、および1つの行為は、 ( 1:13 ) 。

No two of these lists, however, perfectly coincide.いいえ、これらの2つのリスト、しかし、完全に一致します。 Our Lord gave them the "keys of the kingdom," and by the gift of his Spirit fitted them to be the founders and governors of his church (John 14:16, 17, 26; 15:26, 27; 16:7-15).わたしたちの主は彼らがいなかったら、 "鍵の王国"とされた彼の精神を贈り物に適合して彼の教会の創設者と知事(ヨハネ14:16 、 17日、 26日; 15:26 、 27 ;午前16時07分- 15 ) 。 To them, as representing his church, he gave the commission to "preach the gospel to every creature" (Matt. 28: 18-20).して、彼の教会の代表として、彼は同委員会に"すべての生き物に福音を説く" ( matt. 28 : 18-20 ) 。 After his ascension he communicated to them, according to his promise, supernatural gifts to qualify them for the discharge of their duties (Acts 2:4; 1 Cor. 2:16; 2:7, 10, 13; 2 Cor. 5:20; 1 Cor. 11:2).彼は彼の昇天した後に伝達して、彼の約束によると、超自然的ギフトを修飾することは、その職務の放電(行為2 : 04 ; 1コーです。 2:16 ;午前2時07分、 10 、 13 ; 2コーです。 5 : 20 ; 1コーです。 11時02分) 。

Judas Iscariot, one of "the twelve," fell by transgression, and Matthias was substituted in his place (Acts 1:21).ユダイスカリオテの1つである"は、 12 、 "減少した罪、および置換マティアスは、彼の地(行為1:21 ) 。 Saul of Tarsus was afterwards added to their number (Acts 9:3-20; 20: 4; 26:15-18; 1 Tim. 1:12; 2:7; 2 Tim. 1:11).ソールのタルススその数は、その後に追加されました(行為9:3-20 ; 20 : 4 ; 26:15-18 ; 1ティム。 1:12 ;午前2時07分、 2ティム。 1:11 ) 。 Luke has given some account of Peter, John, and the two Jameses (Acts 12:2, 17; 15:13; 21:18), but beyond this we know nothing from authentic history of the rest of the original twelve.ルークは、与えられたいくつかのアカウントのピーター、ジョン、と2つのjameses (行為12 : 02 、 17 ; 15:13 ; 21:18 ) 、しかし、本物を超え、この私たちの歴史を何も知らないから、元の12の残りの部分です。 After the martyrdom of James the Greater (Acts 12:2), James the Less usually resided at Jerusalem, while Paul, "the apostle of the uncircumcision," usually travelled as a missionary among the Gentiles (Gal. 2:8).殉教した後、ジェームズの大(行為12 : 02 ) 、ジェームズの少ない通常はエルサレムに居住し、ポールは、 "使徒は、割礼を受けていない、 "通常の宣教師として間の旅gentiles (ガロン2時08分) 。

It was characteristic of the apostles and necessary (1) that they should have seen the Lord, and been able to testify of him and of his resurrection from personal knowledge (John 15:27; Acts 1:21, 22; 1 Cor. 9:1; Acts 22:14, 15).それは、使徒と必要な特徴は、 ( 1 )して見られるのは主よ、とも証言できるように彼と彼の個人的な知識からの復活(ヨハネ15:27 ;行為1:21 、 22 ; 1コーです。 9 : 1 ;行為22:14 、 15 ) 。 (2.) They must have been immediately called to that office by Christ (Luke 6:13; Gal. 1:1). ( 2 )と呼ばれるしなければならないしてもすぐに事務局にイエスキリスト(ルーク6:13 ;ギャルです。 1:1 )にします。 (3.) It was essential that they should be infallibly inspired, and thus secured against all error and mistake in their public teaching, whether by word or by writing (John 14:26; 16:13; 1 Thess. 2:13). ( 3 。 )ことが不可欠である完ぺきにインスピレーションばならない、とこのようにセキュリティで保護さに対するすべてのエラーが発生して公共のミスを教え、単語またはられたかどうかを書面(ヨハネ14:26 ; 16:13 ; 1 thess 。 2:13 )です。 (4.) Another qualification was the power of working miracles (Mark 16:20; Acts 2:43; 1 Cor. 12:8-11). ( 4 。 )別の資格は、労働力の奇跡(マーク16:20 ;行為2:43 ; 1コーです。 12:8-11 ) 。 The apostles therefore could have had no successors.したがって、使徒の後継者がなかった。 They are the only authoritative teachers of the Christian doctrines.彼らは教師の権威は、キリスト教の教義のみです。 The office of an apostle ceased with its first holders.使徒の事務所を停止すると、最初の所有者です。 In 2 Cor.で2コーです。 8:23 and Phil. 8時23分、フィルです。 2:25 the word "messenger" is the rendering of the same Greek word, elsewhere rendered "apostle." 2:25という言葉"メッセンジャー"には、同じギリシャ語のレンダリングを、他のレンダリング"使徒です。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Acts of the Apostles行為の使徒

Catholic Information カトリックの情報

In the accepted order of the books of the New Testament the fifth book is called The Acts of the Apostles (praxeis Apostolon).の順序を利用する書籍は、新約聖書の本は5番目の使徒と呼ばれる行為を( praxeis apostolon ) 。 Some have thought that the title of the book was affixed by the author himself.いくつかを考えては、その本のタイトルを、著者自身が貼付されています。 This is the opinion of Cornely in his "Introduction to the Books of the New Testament" (second edition, page 315).これは、彼のcornelyの意見を"書籍を紹介して新約聖書" (第2版、 315ページ) 。 It seems far more probable, however, that the name was subsequently attached to the book just as the headings of the several Gospels were affixed to them.はるかに予想よう、しかし、その後は、名前が添付され、書籍と同じように、いくつかの福音書は、件名に貼付しています。 In fact, the name, Acts of the Apostles, does not precisely convey the idea of the contents of the book; and such a title would scarcely be given to the work by the author himself.実際には、名前、使徒の行為を、正確に伝えるという考えはありませんし、書籍の内容を、このようなタイトルはほとんどが与えられるの作者自身の仕事をします。

CONTENT内容

The book does not contain the Acts of all the Apostles, neither does it contain all the acts of any Apostle.この本が含まれていない行為のすべての使徒、いずれはそれには、すべての行為を任意の使徒です。 It opens with a brief notice of the forty days succeeding the Resurrection of Christ during which He appeared to the Apostles, "speaking the things concerning the Kingdom of God".それが開き、 40日間を簡単に通知を成功イエスキリストの復活の使徒の中で彼が登場して、 "物事に関して言えば、神の王国"です。 The promise of the Holy Ghost and the Ascension of Christ are then briefly recorded.聖霊の約束は、キリストの昇天と入力し、簡単には記録されます。 St. Peter advises that a successor be chosen in the place of Judas Iscariot, and Matthias is chosen by lot.サンピエトロ大聖堂と忠告して後継者に選ばれるイスカリオテのユダの代わりに、とマティアスは抽選で選ばれた。 On Pentecost the Holy Ghost descends on the Apostles, and confers on them the gift of tongues.聖霊降臨祭聖霊の上に下るの使徒、およびconfersされて、語学の才能です。 To the wondering witnesses St. Peter explains the great miracle, proving that it is the power of Jesus Christ that is operating.目撃者の不思議を説明してサンピエトロ大奇跡の力を証明することは、イエスキリストのが正常に動作しています。 By that great discourse many were converted to the religion of Christ and were baptized, "and there were added unto them in that day about three thousand souls".その大きな談話の宗教を多くの人に変換され、キリストとの洗礼を受けた"と、かれらが追加されましたがあったその日に約3000の魂" 。 This was the beginning of the Judeo-Christian Church.これは、ユダヤキリスト教の教会の始まりです。 "And the Lord added to them day by day those that were being saved." "と、主に追加してその日一日とされたが保存されます。 " Peter and John heal a man, lame from his mother's womb, at the door of the Temple which is called Beautiful.ピーターとジョン多忙な男、ラメ彼の母親の胎内から、ドアは、同寺と呼ばれる美しいです。 The people are filled with wonder and amazement at the miracle and run together unto Peter and John in the portico that was called Solomon's.いっぱいの人々は驚きと驚きのあまり一緒に奇跡を実行し、かれピーターとジョンは、ポルティコと呼ばれることは、ソロモンのです。 Peter again preaches Jesus Christ, asserting that by faith in the name of Jesus the lame man had been made strong.ピーター再び説教イエスキリストは、信仰の主張をイエスキリストの名の下のラメの強い男はされています。 "And many of them that heard the word believed", and the number of the men came to be about five thousand. "と多くの言葉を聞いたことが考えられて" 、との数は、男性の話をして約5000です。 But now "the priests, and the prefect of the Temple and the Sadducees came upon them, being sorely troubled because they taught the people, and proclaimed in Jesus the resurrection from the dead. And they laid hands on them, and put them in prison unto the morrow."しかし、今すぐ確認する"の司祭、とのPrefectのに出くわしました。サドカイ派の寺とし、経営難のため、彼らが痛んで教えの人々は、イエスキリストの復活と宣言し、死んでいた。かれらlaid手にして、刑務所入れてかれらは明日です。 " On the morrow Peter and John are summoned before rulers, elders, and scribes, among whom were present Annas, the High-Priest, Caiphas, and as many as were of the kindred of the High-Priest.明日は、ピーターとジョンは、支配者を召喚する前に、年長者、およびscribes 、誰が出席した中annasは、高司祭、 caiphasし、できるだけ多くの親族としては、司祭の高いです。 And when they had set Peter and John in the midst they inquired: "By what power, or in want name have ye done this?"と設定するときに彼らは彼らの中でピーターとジョンは訊ねた: "をどのような力か、またはなたがたはこれが欲しいの名前ですか? " Then Peter, filled with the Holy Ghost, answering gave utterance to one of the most sublime professions of the Christian faith ever made by man: "Be it known unto you all, and to all the people of Israel, that in the name of Jesus Christ of Nazareth, whom ye crucified, whom God raised from the dead, in this name doth this man stand here before you whole. He [Jesus] is the stone which was set at naught by you the builders, which was made the head of the corner [Isaias, xxviii, 16; Matt., xxi, 42]. And in no other is there salvation: For neither is there any other name under Heaven, that is given among men, wherein we must be saved."それからピーターは、聖霊に満たされた、発話を1つの回答が最も崇高な職業の人は、キリスト教の信仰まで作られる: "なたがたに知られることのすべて、およびすべての人々は、イスラエル、イエスキリストの名の下にイエスキリストのナザレスは、なたがた十字架、神死人の中から引き上げ、この名dothこの男スタンドここにする前に、全体のです。彼[イエスキリスト]は、石に設定することの建設をものともしない、これが行われたの頭のの角に[ isaias 、 28 、 16 ;マットです。 、 xxi 、 42 ] 。ており、他の救いがある:どちらも他の名の下に天国がある、それは与えられたの中の男、そこに保存しなければならない。 " The members of the council were brought face to face with the most positive evidence of the truth of the Christian religion.評議会のメンバーが連れて来らの顔を顔に、最も肯定的な証拠は、キリスト教の宗教の真理です。 They command the two Apostles to go aside out of the council, and then they confer among themselves, saying "What shall we do with these men? For that indeed a notable miracle hath been wrought through them, is manifest to all that dwell in Jerusalem; and we cannot deny it".それらのコマンドの2つの使徒評議会に行くのはさておき、と入力し、彼ら自身の間協議、 "わたしたちは、これらの男性は何ですか?ためにも確かに注目に値するの奇跡鍛造して、かれらは、すべてのマニフェストを、エルサレムに住む;とそれを否定することはできない" 。 Here is one of the splendid instances of that great cumulus of evidence upon which the certitude of the Christian Faith rests.ここは素晴らしいのインスタンスを1つの証拠に大きな積雲が管理し、確信の休符は、キリスト教の信仰です。 A bitterly hostile council of the chief Jews of Jerusalem is obliged to declare that a notable miracle had been wrought, which it cannot deny, and which is manifest to all that dwell in Jerusalem.激しく敵対する最高評議会は、エルサレムのユダヤ人の著名な奇跡を宣言するには義務付けられていた鍛造、それを否定することはできない、とこれは、エルサレムのマニフェストに住むすべてのことです。

With dreadful malice the council attempts to restrain the great movement of Christianity.同会議に恐ろしい悪意を抑制しようとの動きをキリスト教の大です。 They threaten the Apostles, and charge them not to speak at all or teach in the name of Jesus; Peter and John contemn the threat, calling upon the council to judge whether it be right to hearken unto the council rather than unto God.彼らを脅かす使徒、とチャージしないように話すことを教えるの全部またはイエスキリストの名の下;ピーターとジョンcontemnの脅威に、評議会の呼びかけかどうかを判断する権利を聞けば、かれの会議ではなく、かれらの神です。 The members of the council could not inflict punishment upon the two Apostles, on account of the people, who glorified God on account of the great miracle.評議会のメンバーを罰するできませんでした時の2つの使徒で、 [アカウントは、人々は、神を讃えるアカウントwhoの偉大な奇跡です。 Peter and John, being freed from custody, return to the other Apostles.ピーターとジョンは、親権者の解放に戻って、他の使徒です。 They all give glory to God and pray for boldness to speak the word of God.彼らのすべての栄光を与える大胆さのための祈り、神と神の言葉を話す。 After the prayer the place shakes, and they are filled with the Holy Ghost.シェークした後、祈りの場所、と彼らは聖霊でいっぱいです。

The fervour of the Christians at that epoch was very great.キリスト教徒のfervourは、その時代は非常に大きい。 They were of one heart and soul; they had all things in common.彼らは、 1つの心と魂;ていたすべてのものの共通点です。 As many as were possessors of lands or houses sold them and delivered the price to the Apostles, and this money was distributed as anyone had need.占有者としてはできるだけ多くの土地や家屋の価格で販売し、配信して使徒し、このお金は誰が必要として配布されています。 But a certain Ananias, with Saphira his wife, sold a possession and kept back part of the price, the wife being accessory to the deed.しかし、特定のアナニアス、 saphira彼の妻、販売、所持や保管先頭部分の価格は、妻が付属して証書です。 St. Peter is inspired by the Holy Ghost to know the deception, and rebukes Ananias for the lie to the Holy Ghost.触発されたサンピエトロ大聖堂は、聖霊の詐欺を知っている、とrebukesアナニアスにうそをつくと、聖霊のです。 At the rebuke the man falls dead.非難の男の滝は、死んでいた。 Saphira, coming up afterwards, and knowing nothing of the death of her husband, is interrogated by St. Peter regarding the transaction. saphira 、間近に迫ってその後、何も知らないと彼女の夫が死亡したのは、サンピエトロ大聖堂について尋問されるトランザクションです。 She also keeps back a part of the price, and lyingly asserts that the full price has been brought to the Apostles.彼女はまた一部の価格維持を支持する、と評価される完全な価格はlyinglyむけさせ、使徒です。 St. Peter rebukes her, and she also falls dead at his words.サンピエトロ大聖堂、 rebukes彼女の、と彼女は死んでも彼の言葉の滝です。 The multitude saw in the death of Ananias and Saphira God's punishment, and great fear came upon all.のこぎりでの多数が死亡したとsaphiraアナニアス神の罰、およびすべての大きな恐怖に出くわしました。 This miracle of God's punishment of sin also confirmed the faith of those that believed and drew disciples to them.この奇跡を神の罰の罪も確認の信仰の弟子を描いたものと考えられています。 At this stage of the life of the Church miracles were necessary to attest the truth of her teaching, and the power of miracles was abundantly bestowed upon the Apostles.この段階では、生活の奇跡の教会が彼女の真実性を証明する必要が指導し、奇跡のパワーを豊富に課せられたのは、使徒です。 These miracles are not reviewed in detail in Acts, but it is stated: "And by the hands of the apostles were many signs and wonders wrought among the people" (Acts 5:12).これらの奇跡ではない行為を詳細に見直し、それは記載: "とされ、使徒の手には多くの人々の間鍛造奇跡" (行為5:12 ) 。 Multitudes both of men and women were added to the Christian community.数多くの両方の男性と女性は、キリスト教社会が追加されました。 The people of Jerusalem carried out the sick and laid them on beds and couches in the streets that the shadow of St. Peter might fall on them.エルサレムの人々は、病人やlaid実施してベッドやソファーの街角には、聖ペテロの影かもしれない秋されています。 They brought the sick from the cities round about Jerusalem, and every one was healed.彼らのおかげで、病気のラウンドについてはエルサレムからの都市、およびすべての1つは、治癒します。

The most powerful sect among the Jews at this epoch were the Sadducees.ユダヤ人の最も強力な宗派間のこの時期は、サドカイ派です。 They were especially opposed to the Christian religion on account of the doctrine of the resurrection of the dead.彼らは特に宗教上のアカウントに反対しては、キリスト教の教義の復活オブザデッドです。 The cardinal truth of the Apostles' teaching was: Life Everlasting through Jesus, Who was crucified for our sins, and Who is risen from the dead.枢機卿の真理の使徒'教えることは:永遠の命イエスキリストを通して、私たちの罪を十字架whoは、死人の中から、 whoが上昇します。 The High-Priest Annas favored the Sadducees, and his son Ananus. annasの高司祭のサドカイ派に有利な、と彼の息子ananusです。 who afterwards became High-Priest, was a Sadducee (Josephus, Antiq., XX, viii). whoその後は高司祭、サドカイ人は、 (ヨセフス、 antiq 。 、イグゼクス、 viii )在庫します。 These fierce sectaries made with Annas and Caiphas common cause against the Apostles of Christ, and cast them again into prison. sectaries作られ、これらの激しいannasと共通の原因caiphas反対するキリストの使徒、とCASTに捕らわれの身としてみてください。 The Acts leaves us in no doubt as to the motive that inspired the High-Priest and the sectaries: "They were filled with jealousy".問い合わせはないの葉の行為の動機に疑問が生じているインスピレーションの高司祭とsectaries : "彼らは満ちているしっと"です。 The religious leaders of the Old Law saw their influence with the people waning before the power which worked in the Apostles of Christ.古法の宗教指導者は、彼らの影響力の人々の関心が薄れてのこぎりの前にパワーが働いてキリストの使徒です。 An angel of the Lord by night opened the prison doors, and brought the Apostles out, and bade them go and preach in the Temple.天使のは、主にオープンされ、刑務所の部屋のドアや、をきっかけに、使徒を抜くと、して行くと説教を命じたの寺です。 The council of the Jews, not finding Peter and John in the prison, and learning of their miraculous deliverance, are much perplexed.ユダヤ人の評議会ではなく、ピーターとジョンは、刑務所の所見、および学習の奇跡的救出は、多く困惑しています。 On information that they are teaching in the Temple, they send and take them, but without violence, fearing the people.彼らは教育上の情報を同寺で、彼らの送信と持って、しかし、暴力なしに、人々を恐れています。 It is evident throughout that the common people are disposed to follow the Apostles; the opposition comes from the priests and the classes, most of the latter being Sadducees.ことは自明では、普通の人々が処分に従うの使徒;司祭と野党のクラスから来て、サドカイ派のほとんどが後者です。 The council accuses the Apostles that, contrary to its former injunction not to teach in Christ's name, they had filled Jerusalem with Christ's teaching.使徒評議会と非難しては、元の差し止め命令に反していない、キリストの名前を教え、彼らはエルサレムに満たされたキリストの教えします。 Peter's defence is that they must obey God rather than men.ピーターの防衛は、彼らの神というより男性に従う必要があります。 He then boldly reiterates the doctrine of the Redemption and of the Resurrection.彼はその教義を入力し、臆することなく、特典交換を繰り返しますと、復活します。 The council is minded to kill the Apostles.評議会は、心を殺すの使徒です。 At this point Gamaliel, a Pharisee, a doctor of the Jewish law, held in honour of all the people, arises in the council in defence of the Apostles.この時点でgamalielは、パリサイ人、ユダヤ人の医師は、法では、すべての人々に敬意を表して開催され、評議会があれば、防衛のために、使徒です。 He cites precedents to prove that, if the New Teaching be of men, it will be overthrown; and if it be of God, it will be impossible to overthrow it.彼は引き合いに出して判例を証明して、男性の場合は、新しい教育が、それは転覆;とした場合に、神が、それは不可能を転覆してください。 Gamaliel's counsel prevails, and the council calls the Apostles, beats them, and lets them go, charging them not to speak in the name of Jesus. gamalielの助言が優勢と使徒評議会を呼び出して、拍動し、を使用して行く、充電していないイエスキリストの名の下に話す。 But the Apostles departed, rejoicing that they were counted worthy to suffer dishonour for the Name.しかし、使徒ディパーテッド、歓喜していたの不渡りを受けるに値するカウント名を入力します。 And every day, in the Temple and privately they ceased not to teach and to preach Jesus the Christ.と毎日、寺とは、個人的に停止しないように、イエスキリストの教えと説く。

A murmuring having arisen of the Grecian Jews, that their widows were neglected in the daily ministration, the Apostles, deeming it unworthy that they should forsake the word of God and serve tables, appoint seven deacons to minister.サラサラ流れるのは、ギリシャのユダヤ人が生じて、それに未亡人がおろそかには、毎日の奉仕は、使徒にしぼることに値しないしてもらいたいという言葉を捨てる神と奉仕テーブル、 7 deaconsて大臣に任命します。 Chief among the deacons was Stephen, a man full of the Holy Spirit.チーフ間のdeaconsは、スティーブンでは、男性いっぱいの聖霊です。 He wrought great signs and wonders among the people.彼は鍛造として、人々の大いなるしるしと不思議です。 The anti-Christian Jews endeavour to resist him, but are not able to withstand the wisdom and the spirit by which he speaks.キリスト教の反ユダヤ人の努力に抵抗する彼は、しかし、耐えるの英知を結集することはできませんが、彼の精神を話す。 They suborn witnesses to testify that he has spoken against Moses and the Temple.目撃者の証言に偽証させることに対して彼は、ムーサーと話さの寺です。 Stephen is seized and brought into the council.スティーブンは、押収した会議に持ち込まれたとします。 False witnesses testify that they have heard Stephen say that "this Jesus of Nazareth shall destroy this place, and shall change the customs which Moses delivered to us".偽目撃者の証言をしていると聞いたのスティーブン言ってやる"このナザレのイエスは、この場所を破壊し、税関を変更するには、先に配信さムーサー"です。 All who sat in the council saw Stephen's face, as it had been the face of an angel.評議会のすべてのwhoに座って見たスティーブンの顔ていたとして、天使の顔です。 He makes a defence, in which he reviews the chief events in the first covenant, and its relation to the New Law.彼は、防衛、レビューの長では彼の最初の約束のイベント、およびその関連して、新しい法律です。 They rush upon Stephen, drag him out of the city, and stone him to death.スティーブンラッシュ時に、彼をドラッグするシティ、彼に死と石です。 And he kneels down and prays: "Lord, lay not this sin to their charge", and dies.と彼はkneelsダウンして、祈りをささげる: "主よ、この罪レイアウトしていない電荷"と死ぬ。 Beginning with the martyrdom of Stephen, a great persecution arose against the Church at Jerusalem; all were scattered abroad throughout Judea and Samaria, except the Apostles.殉教のスティーブンを始めとした、大きな教会に対する迫害が生じたのエルサレム;を通じて、海外のすべてのユダヤとサマリアが散在し、使徒を除いて。 The leader of the persecution was Saul, afterwards to become the great St. Paul, the Apostle of the Gentiles.ソールの指導者は、迫害は、その後になるには大きな聖パウロは、使徒は、 gentilesです。 The deacon Philip first preaches in Samaria with great fruit.助祭フィリップサマリアの最初の説教で非常に果実です。 Like all the preachers of the first days of the Church, Philip confirms his preaching by great miracles.すべての説教師のように、教会の最初の日に、フィリップ説教され彼の素晴らしい奇跡を確認します。 Peter and John go up to Samaria and confirm the converts whom Philip had made.ピーターとジョンへ行くフィリップサマリア人と確認していたに変換します。 Philip, commanded by an angel, goes down the road from Jerusalem to Gaza, and on the way converts and baptizes the eunuch of Candace Queen of Ethiopia.フィリップは、天使のよう命じられた、道路がダウンしたガザ地区からエルサレムにし、途中で変換するとbaptizesエチオピアの女王の宦官のcandaceです。 Philip is thence transported by Divine power to Azotus and preaches to all the coast cities until be comes to Cæsarea.フィリップは、神の力をそこから輸送さazotusと説教をするまでのすべての海岸都市になるとcæsareaです。

Saul, breathing threatening and slaughter against the disciples of the Lord, sets out for Damascus to apprehend any Christians whom he may find there.ソール、呼吸を脅迫し、食肉処理に反対する弟子たちの主は、ダマスカスを逮捕セットして任意のキリスト教徒御心に適うがあります。 As he draws near to Damascus, the Lord Jesus speaks to him out of the heavens and converts him.ダマスカス近くに彼は引き分けとして、主イエスキリストを話す彼を、天と変換している。 St. Paul is baptized by Ananias at Damascus, and straightway for some days abides there, preaching in the synagogues that Jesus Christ is the Son of God.聖パウロは、洗礼を受けたアナニアスはダマスカスで、いくつかの日中にこれを遵守すると一直線に、説教は、ユダヤ教でイエスキリストは神の息子です。 He withdraws into Arabia; again returns to Damascus; and after three years be goes up to Jerusalem.彼に対するをアラビア;再び戻り値をダマスカス、および3年後にはエルサレムが上がる。 At Jerusalem Paul is at first distrusted by the disciples of Jesus; but after Barnabas narrates to them Paul's marvellous conversion, they receive Paul, and he preaches boldly in the name of Jesus, disputing especially against the Grecian Jews.ポールは、最初に不信感をエルサレムされたイエスキリストの弟子;しかし、バルナバナレーションした後ポールの素晴らしい変換して、彼らを受け取るポール、と彼は大胆に説教イエスキリストの名の下、紛争、特に反対するギリシャのユダヤ人です。 They plot to kill him; but the Christians bring Paul down to Cæsarea, and send him forth to Tarsus, his native city.彼らのプロットを殺す彼;しかし、キリスト教徒ポールダウンをもたらすcæsarea 、および足根を送ってもらった出動し、彼のネイティブな都市です。

At this epoch Acts describes the Church in Judea, Samaria, and Galilee as "at peace, being builded up, and walking in the fear of the Lord, and by the strength of the Holy Ghost it was multiplied".このエポック行為を説明してユダヤ教会で、サマリア、ガリラヤとして"平和、ビルドがアップし、徒歩での恐怖は、主よ、とされることは、聖霊の力を掛け"です。 Peter now goes throughout all parts comforting the faithful.ピーター今すぐすべての部分が全体の忠実な励みになる。 At Lydda he heals the palsied Æneas; and at Joppa he raises the pious widow Tabitha (Greek, Dorcas) from the dead.癒しの麻痺でlydda彼æneas ;とjoppa彼は信心深い未亡人を提起します。 tabitha (ギリシャ語、ドーカス)より、死んでいた。 These miracles still more confirm the faith in Jesus Christ.さらに、これらの奇跡イエスキリストの信仰を確認してください。 At Joppa Peter has the great vision of the sheet let down from Heaven containing all manner of animals, of which he, being in a trance, is commanded to kill and eat.先joppaピーターには、大きなビジョンを持って見殺しにするシートを含むあらゆる種類の動物から天国で、彼は、忘我の境にあるが、指揮を殺すとは食べています。 Peter refuses, on the ground that he cannot eat that which is common and unclean.ピーターを拒み、地面に食べることはできないことを彼は共通のものと清くないです。 Whereupon it is made known to him from God, that God has cleansed what was before to the Jew unclean.すると彼がわかってからのことが行われる神、その神がユダヤ人を浄化する前に何が不浄のです。 This great vision, revealed three times, was the manifestation of the will of Heaven that the ritual law of the Jews should cease; and that henceforth salvation should be offered without distinction to Jew and Gentile.この偉大なビジョン、明らかに3回、症状は、天の意思の儀式の法則は、ユダヤ人は、停止、および今後の救いが無差別に提供すべきであるユダヤ人とジェンティーレです。 The meaning of the vision is unfolded to Peter, when he is commanded by an angel to go to Cæsarea, to the Gentile centurion Cornelius, whose messengers were even then come to fetch him.の意味を展開にピーターのビジョンは、命じられたときに彼は天使のcæsareaへの行き方、ジェンティーレセンチュリオンコルネリウスして、その使徒が来るを取得するにも入力している。 He goes, and hears from Cornelius also the centurion's own vision.彼は、と聞いセンチュリオンよりCorneliusまた、独自のビジョンです。 He preaches to him and to all assembled; the Holy Ghost descends upon them, and Peter commands that they be baptized.彼はすべての組み立てをしたり、説教し、かれら聖霊下ると、ピーターコマンドを彼らに洗礼を受けた。 Returning to Jerusalem, the Jews contend with Peter that he has gone in to men uncircumcised, and eaten with them.戻ってエルサレムは、ユダヤ人の論争に熱中し、ピーターことを彼は男性の割礼を受けていない、と食べにします。 He expounds to them his vision at Joppa, and also the vision of Cornelius, wherein the latter was commanded by an angel to send and fetch Peter from Joppa, that he might receive from Peter the Gospel.彼は彼のビジョンを解説してjoppaし、また、ビジョンをコルネリウス、後者は、そこを送信するよう命じられた天使のピーターよりJoppaを取得したり、その彼からピーターの福音を受けるかもしれない。 The Jews acquiesce, glorifying God, and declaring that "unto the Gentiles also hath God granted repentance unto life".ユダヤ人を黙認、賞賛の神となり、宣言は、 "わたしは神に与えgentiles後悔もかれらの生活"です。 Those who had been scattered abroad from Jerusalem at the time of Stephen's martyrdom had travailed as far as Phoenicia, Cyprus, and Antioch preaching Christ; but they preached to none save the Jews.これらのwho散在していた時間を海外からエルサレムは、ステパノの殉教travailed限りではフェニキア、キプロス、およびアンティオキア説教イエスキリスト;しかし、彼らのユダヤ人を保存して説教をなしています。 The calling of the Gentiles was not yet understood by them. gentilesは、呼び出し側のは、まだ理解されています。 But now some converts from Cyprus and Cyrene come up to Antioch, and preach the Gospel to the Gentiles.しかし、今よりキプロスに変換するといくつかのcyreneアンティオキア息をするため、としてgentiles福音を説く。 A great number believe, and turn to the Lord.非常に多く信じ、および電源を主です。 The report of the work at Antioch comes to the ears of the Church in Jerusalem; and they send Barnabas, "a good man full of the Holy Ghost and of faith", to them.アンティオキアの仕事を提出した報告書を耳には、エルサレムの教会、およびそれら送るバルナバは、 "善良な男いっぱいの聖霊と信仰" 、しています。 He takes Paul from Tarsus, and they both dwell at Antioch a whole year, and teach many people.彼はポールからタルスス、およびアンティオキア住む二人とも一年、多くの人々と教えています。 The disciples of Christ are called Christians first at Antioch.キリストの弟子たちは、キリスト教徒と呼ばれる最初のアンティオキアです。

The rest of Acts narrates the persecution of the Christians by Herod Agrippa; the mission of Paul and Barnabas from Antioch by the Holy Ghost, to preach to the Gentile nations; the labours of Paul and Barnabas in Cyprus and in Asia Minor, their return to Antioch; the dissension at Antioch concerning circumcision; the journey of Paul and Barnabas to Jerusalem, the decision of the Apostolic Council of Jerusalem, the separation of Paul from Barnabas, in whose stead he takes Silas, or Silvanus; Paul's visit to his Asiatic Churches, his foundation of the Church at Philippi; Paul's sufferings for Jesus Christ; Paul's visit to Athens, his foundation of the churches of Corinth and of Ephesus; Paul's return to Jerusalem, his persecution by the Jews; Paul's imprisonment at Cæsarea; Paul's appeal to Cæsar, his voyage to Rome; the shipwreck; Paul's arrival at Rome, and the manner of his life there.ナレーションの行為の残りの部分は、キリスト教徒を迫害ヘロデアグリッパ;の使命のポールとバルナバよりAntiochされる聖霊、ジェンティーレ国に説教をし、労働のポールとバルナバはキプロスとアジアの未成年者、彼らのトップにアンティオキア;のあつれきをアンティオキアに関する割礼;の旅のポールとバルナバをエルサレムは、評議会の決定権をエルサレムの使徒は、ポールからの分離をバルナバは、その代わり彼はサイラスか、またはシルバヌス;ポールへの訪問を彼のアジアの教会、彼の財団は、教会でフィリッピ;ポールの苦しみをイエスキリスト;ポールへの訪問をアテネ、彼の財団の教会のコリントとエフェソス;ポールエルサレムへの帰還を、彼の迫害されたユダヤ人;ポールの懲役刑にcæsarea ;ポールにもアピールをcæsar 、彼の航海にローマ;の難破船;ポールの到着予定時間ローマ、と彼の人生のある方法です。 We see therefore that a more proper title of this book would be "The Beginnings of the Christian Religion".そのため私たちは、他の適切なタイトルのこの本は"宗教は、キリスト教の始まり" 。 It is an artistic whole, the fullest history which we possess of the manner in which the Church developed.これは芸術的全体的には、最大限の歴史を持つのが私たちの教会の態度をもって開発された。

THE ORIGIN OF THE CHURCH教会の起源は

In Acts we see the fulfilment of Christ's promises.の行為を私たちキリストの約束履行を参照してください。 In Acts, i, 8, Jesus had declared that the Apostles should receive power when the Holy Ghost should come upon them, and should be His witnesses both in Jerusalem and in all Judea and Samaria, and unto the uttermost parts of the earth.の行為を、私は、 8日、イエスキリストの使徒を宣言していたときには、聖霊の力を受け取る時に来て、彼の証人とすべきであるとエルサレムの両方ですべてのユダヤとサマリア、とわたしは遠く離れた地球の部分です。 In John, xiv, 12, Jesus had declared: "He that believeth in me, the works that I do, he also shall do, and greater works than these shall he do. Because I go to the Father".のジョン、 14 、 12 、イエスキリストが宣言: "彼を信じ、私は、その作品を私は、彼にも限りは、これらのものよりも彼の作品と大きいです。ために行くの父"です。 In these passages is found the key-note of the origin of the Church.これらの通路が見つかったの鍵-メモして教会の起源です。 The Church developed according to the plan conceived by Christ.教会の人々によって開発計画によると、イエスキリストです。 There is, assuredly, in the narration evidence of the working out of a great plan; for the reason that the writer records the working out of the great design of Christ, conceived in infinite wisdom, and executed by omnipotent power.には、確かに、作業は、ナレーションの証拠を出す大作戦;理由は、その作家を記録して作業するイエスキリストの偉大なデザイン、考え、無限の知恵、全能の力によって実行されるとします。 There is throughout a well-defined, systematic order of narration, an exactness and fullness of detail.を通じて、適切に定義さには、体系の順序をナレーション、正確さと膨満の詳細です。 After the calling of the first twelve Apostles, there is no event in the history of the Church so important as Paul's conversion and commission to teach in Christ's name.した後の最初の12使徒の呼びかけを、イベントではないの教会の歴史は非常に重要なものとして委員会を教えるポールのコンバージョン、および、キリストの名を入力します。 Up to Paul's conversion, the inspired historian of the Acts has given us a condensed statement of the growth of the Church among the Jews.ポールのコンバージョンを、歴史学者のインスピレーションを与えられた問い合わせを凝縮行為は、声明の中の教会の成長を、ユダヤ人です。 Peter and John are prominent in the work.ピーターとジョンは、著名な仕事をします。 But the great message is now to issue forth from the confines of Judaism; all flesh is to see the salvation of God; and St. Paul is to be the great instrument in preaching Christ to the Gentiles.しかし、大きなメッセージが表示さは、今すぐに閉じ込めユダヤ教から流れ出す;生きとし生けるものは、神の救いを参照して、聖パウロは、偉大な楽器に説教されるイエスキリストをgentilesです。 In the development of the Christian Church Paul wrought more than all the other Apostles; and therefore in Acts St. Paul stands forth, the prominent agent of God in the conversion of the world.の開発には、キリスト教の教会のポール鍛造以上の他のすべての使徒、およびそのための行為セントポールスタンド記載は、神の著名なエージェントの世界への変換のです。 His appointment as the Apostle of the Gentiles does not prevent him from preaching to the Jews, but his richest fruits are gathered from the Gentiles.彼の任命された使徒は、 gentilesはありません彼から説教を防ぐため、ユダヤ人、しかし、彼の豊かな果実はgentilesから集められた。 He fills proconsular Asia, Macedonia, Greece, and Rome with the Gospel of Christ; and the greater part of Acts is devoted exclusively to recording his work.彼は地方総督のアジアの塗りつぶし、マケドニア、ギリシャ、ローマの福音とキリスト;との大部分を録音するだけのために献身的な行為は、彼の仕事です。

DIVISION OF BOOK課の予約

In the Acts there are no divisions of the narration contemplated by the author.の行為ではないのナレーション部門の予期された著者です。 It is open to us to divide the work as we deem fit.それは、オープンを先に分割すると判断したとして働くフィットします。 The nature of the history therein recorded easily suggests a greater division of Acts into two parts:そこの歴史の性質を簡単に記録部を示唆する行為を大きく2つの部分から:

The beginning and propagation of the Christian religion among the Jews (1-9);の始まりと宗教の伝播は、キリスト教、ユダヤ人の間( 1-9 ) ;

The beginning and propagation of the Christian religion among the Gentiles (10-28).の始めと伝搬のは、キリスト教の宗教間のgentiles ( 10月28日) 。 St. Peter plays the chief role in the first part; St. Paul, in the second part.サンピエトロ大聖堂の首席な役割を果たす劇の最初の部分;聖パウロは、 2番目の部分です。

OBJECTオブジェクト

The Acts of the Apostles must not be believed to be an isolated writing, but rather an integral part in a well-ordered series.使徒の行為をしてはならないと考えられて孤立した書面ではなく、むしろの不可欠な部分で、秩序だったシリーズです。 Acts presupposes its readers to know the Gospels; it continues the Gospel narrative.その前提行為を知っている読者のみなさんに福音書;こと継続して福音の物語です。 The Four Evangelists close with the account of the Resurrection and Ascension of Jesus Christ.の4つの伝道者のアカウントを閉じるとイエスキリストの復活と昇天します。 St. Mark is the only one who essays to give any of the subsequent history, and he condenses his account into one brief sentence: "And they went forth and preached everywhere: the Lord working with them, and confirming the word by the signs that followed" (Mark 16:20).聖マルコは、 1つしかwhoエッセイを与えるのいずれかのその後の歴史、と彼は自分のアカウントを1つに凝縮簡単な文章: "と彼らはどこいると説教:主作業をし、兆候が確認されたという言葉その後" (マーク16:20 )です。 Now the Acts of the Apostles takes up the narrative here and records succinctly the mighty events which were wrought by the Holy Ghost through chosen human agents.今すぐこの行為は、使徒の物語はここで簡潔に記録されたイベントの偉大な聖霊によってもたらされた人間のエージェントを通じて選ばれた。 It is a condensed record of the fulfilment of the promises of Jesus Christ.それは、凝縮記録してイエスキリストの履行を約束します。 The Evangelists record Christ's promises which He made to the disciples, regarding the establishment of the Church and its mission (Matthew 16:15-20); the gift of the Holy Ghost (Luke 24:49; John 14:16, 17); the calling of the gentiles (Matthew 28:18-20; Luke 24:46, 47).イエスキリストの福音主義キリスト教徒の約束を記録して彼は弟子の設立については、教会とその使命(マタイ16:15-20 ) ;の聖霊の贈り物(ルーク24:49 ;ジョン14:16 、 17 ) ;呼び出し側は、 gentiles (マタイ28:18-20 ;ルーク24:46 、 47 ) 。 Acts records the fulfilment.履行行為を記録しています。 The history begins at Jerusalem and ends at Rome.エルサレムの歴史開始と終了をローマです。 With divine simplicity Acts shows us the growth of the religion of Christ among the nations.シンプルな行為を神の問い合わせの成長を示してキリストの宗教間の国です。 The distinction between Jew and Gentile is abolished by the revelation to St. Peter; Paul is called to devote himself specially to the Gentile ministry, the Holy Ghost works signs in confirmation of the doctrines of Christ; men suffer and die, but the Church grows; and thus the whole world sees the Salvation of God.ジェンティーレは、ユダヤ人との区別は、廃止された啓示をサンピエトロ大聖堂;ポールと呼ば特別に専念してジェンティーレ部によると、聖霊の動作確認をする兆候がキリスト教説;男性に苦しむと死ぬ、しかし、教会の成長;とこのように、全世界は神の救いになっています。 Nowhere in Holy Writ is the action of the Holy Ghost in the Church so forcibly set forth as in the Acts.どこにも令状は、アクションは、神聖な聖霊は、教会のような行為のように、強制的に定めています。 He fills the Apostles with knowledge and power on Pentecost; they speak as the Holy Ghost gave them to speak; the Holy Ghost bids Philip the deacon go to the eunuch of Candace; the same Spirit catches up Philip, after the baptism of the eunuch, and brings him to Azotus; the Holy Ghost tells Peter to go to Cornelius; when Peter preaches to Cornelius and his family the Holy Ghost falls on them all; the Holy Ghost directly commands that Paul and Barnabas be set apart for the Gentile ministry; the Holy Ghost forbids Paul and Silas to preach in Asia; constantly, by the laying on of the Apostles' hands, the Holy Ghost comes upon the faithful; Paul is directed by the Holy Ghost in everything; the Holy Ghost foretells to him that bonds and afflictions await him in every city; when Agabus prophesies Paul's martyrdom, he says: "Thus saith the Holy Ghost: 'So shall the Jews at Jerusalem bind the man that owneth this girdle, and shall deliver him into the hands of the Gentiles'".彼の知識と、塗りつぶしの使徒の電源をオンに聖霊降臨;彼らは聖霊の話としてして話す;聖霊の入札価格のフィリップの助祭に行くの宦官のcandace ;と同じ精神追いつくフィリップ、バプテスマをした後、宦官、と彼をもたらすazotus ;聖霊のピーターへの行き方は、コルネリウス;ときに説教をピーターコルネリウスと彼の家族の滝されて聖霊のすべて聖霊のポールとバルナバに直接コマンドを離れ、ジェンティーレ部に設定し、聖霊を説教することを禁じますアジアのポールとサイラス;絶えず、上に敷設された使徒'手に、聖霊の時は、忠実な;ポールは、指示されたすべての聖霊の聖霊を彼には、社債およびforetells試練を待つ彼のすべての都市; agabus prophesiesパウロの殉教のときに、彼は言う: "このように聖霊のsayの三人称単数直説法現在形: 'これは、ユダヤ人はエルサレムにバインドownethの男が、このガードル、および配信は、彼を手にgentiles ' "です。 Acts declares that on the Gentiles the grace of the Holy Ghost is poured out; in the splendid description of St. Stephen's martyrdom he is declared full of the Holy Ghost; when Peter makes his defense before rulers, elders, and scribes, he is filled with the Holy Ghost; often it is declared that the Apostles are filled with the Holy Ghost; Philip is chosen as a deacon because be is full of faith and the Holy Ghost; when Ananias is sent to Paul at Damascus he declares that he is sent that Paul may receive his sight and be filled with the Holy Ghost; Jesus Christ is declared to be anointed with the Holy Ghost; Barnabas is declared to be full of the Holy Ghost; the men of Samaria receive the Holy Ghost by the laying on of the hands of Peter and John. gentilesを検索する行為を宣言し、聖霊の恵みがルーズアウト;は、素晴らしい聖ステパノの殉教の説明を宣言した彼は完全に聖霊;ときにピーターを防衛する前に彼の支配者、年長者、およびscribes 、彼がいっぱいにと聖霊;ことを宣言することが頻繁に満ちているのは、聖霊の使徒;フィリップは助祭として選択されるがいっぱいのため、聖霊の信仰と;アナニアスを送信するときにポールはダマスカスを宣言し彼は彼が送られるポールことがありますが彼の光景と聖霊の思いでいっぱいになる;イエスキリストは宣言していると聖霊の聖油で清められた;バルナバは完全に宣言している聖霊のサマリア人の敷設されたとすると、上の聖霊ピーターとジョンの手にします。 This history shows the real nature of the Christian religion; its members are baptized in the Holy Ghost, and are upheld by His power.この履歴を示して本当の性質は、キリスト教の宗教;そのメンバーは、聖霊のバプテスマを受け、彼のパワーに支持されています。 The source in the Church of infallible truth in teaching, of grace, and of the power that resists the gates of Hell is the Holy Ghost.ソースは、教会の絶対確実な真理を教えるの恵みを受けて、その抵抗のパワーと地獄の門は、聖霊です。 By the power of the Spirit the Apostles established the Church in the great centres of the world: Jerusalem, Antioch Cyprus, Antioch of Pisidia, Iconium, Lystra, Derbe, Philippi, Thessalonica, Beræa, Athens, Corinth, Ephesus, and Rome.されたの使徒の精神力を設立し、教会で、世界の大センター:エルサレム、アンティオキアキプロス、アンティオキアのピシディア、イコニウム、 lystra 、 derbe 、フィリッピ、テサロニカ、 beræa 、アテネ、コリント、エフェソス、およびローマです。 From these centres the message went to the surrounding lands.これらのセンターからのメッセージが表示さ周囲の土地を行った。 We see in the Acts the realization of Christ's promises just before his Ascension: "But ye shall receive power when the Holy Ghost is come upon you; and ye shall be my witnesses both in Jerusalem and in all Judea, and Samaria, and unto the uttermost parts of the earth".私たちに表示されてキリストの行為の約束の実現に彼の昇天の直前: "だが、なたがたは聖霊を受けるときに電源が来る時に、なたがたは私の目撃者にしなければならないとエルサレムの両方ですべてのユダヤとサマリア、とわたしの遠く離れた地球の部分"です。 In the New Testament Acts forms a necessary connecting-link between the Gospels and the Epistles of St. Paul.新約聖書を形成する行為は、リンクの間の接続に必要な福音書と聖パウロの書簡のです。 It gives the necessary information concerning the conversion of St. Paul and his apostolate, and also concerning the formation of the great Churches to which St. Paul wrote his Epistles.これにより、変換するために必要な情報については、聖パウロと彼の使徒会、および問題の形成にも大きな教会を聖パウロの書簡を書いた。

AUTHENTICITY真正

The authenticity of the Acts of the Apostles is proved be intrinsic evidence; it is attested by the concordant voice of tradition.の信ぴょう性に行為の立証には、本質的証拠の使徒;調和していることが証明された伝統の声です。 The unity of style of Acts and its artistic completeness compel us to receive the book as the work of one author.スタイルの結束を強要する行為とその芸術の問い合わせを受信するに完全予約としての仕事を1つの著者です。 Such an effect could never arise from the piecing together bits of writings of different authors.決してそのような効果が生じるの異なる記述を繋ぎ合せビットの作者に帰属します。 The writer writes as an eyewitness and compaction of Paul.その作家としての書き込みや目撃者のポール圧縮します。 The passages xvi, 10 - 17; xx, 5-15; xxi, 1-18; xxvii, 1; xxviii, 16 are called the We passages.の通路16 、 10 -1 7;イグゼクス、 5 -15; x xi、 1 -18;二十七、 1 ; 2 8、 1 6と呼ばれ、私たち通路です。 In these the writer uniformly employs the first person plural, closely identifying himself with St. Paul.その作家一様これらの複数の従業員の最初の人は、自分自身と聖パウロ密接に識別します。 This excludes the theory that Acts is the work of a redactor.この行為を除外する説を唱えているがredactorの仕事をする。 As Renan has well said, such use of the pronoun is incompatible with any theory of redaction.ルナンとしては、よくよると、このような使用する任意の理論の代名詞とは対極に改訂します。 We know from many proofs that Luke was the companion and fellow-labourer of Paul.私たちが知ってより多くの証拠ルークは、仲間と仲間-工のポールです。 Writing to the Colossians, in his salutation Paul associates with himself, "Luke, the beloved physician" (iv, 14).コロサイ人への手紙を書くのは、彼のあいさつポールアソシエイツに自分自身、 "ルークは、最愛の医師" ( 4世、 14 ) 。 In II Tim., iv, 11 Paul declares: "Only Luke is with me".ティムは2世、 4世、 11ポールを宣言: "ルークは、私だけ" 。 To Philemon (24) Paul calls Luke his fellow-worker.をピレモン( 24 )ポールコールルーク仲間の労働者です。 Now in this article, we may suppose the Lucan authorship of the third Gospel as proved.今すぐこの資料では、仮定することがありますlucan 3番目の福音書として原作者の証明です。 The writer of Acts in his opening sentence implicitly declares himself to be the author of the third Gospel.その作家の行為を文章も暗黙のうちに彼の開会を宣言される自身3番目の福音書の著者である。 He addresses his work to Theophilus, the addressee of the third Gospel; he mentions his former work and in substance makes known his intention of continuing the history which, in his former treatise, he had brought up to the day when the Lord Jesus was received up.彼は彼の作品をテオフィロスアドレスは、受取人の3番目の福音書;彼は彼の元仕事と言及し、既知の物質を継続する意向の歴史を、彼の元論文は、彼が育てられてその日の主イエスキリストを受け取ったときに上へ。 There is an identity of style between Acts and the third Gospel.アイデンティティーのスタイルには行為との間に3番目の福音です。 An examination of the original Greek texts of the third Gospel and of the Acts reveals that there is in them a remarkable identity of manner of thinking and of writing.試験は、元のギリシャ語のテキストの3番目の福音とは、行為が明らかになるには、かれらに顕著なアイデンティティの考え方や方法を書いています。 There is in both the same tender regard for the Gentiles, the same respect for the Roman Empire, the same treatment of the Jewish rites, the same broad conception that the Gospel is for all men.の両方で、同じ入札には敬意を払うのgentiles 、ローマ帝国と同じ尊重して、ユダヤ人と同じ治療の儀式は、同じ広範な概念は、福音書は、すべての男性です。 In forms of expression the third Gospel and the Acts reveal an identity of authorship. 3番目の福音書の表現と原作者の身元を明らかにする行為です。 Many of the expressions usual in both works occur but rarely in the rest of the New Testament; other expressions are found nowhere else save in the third Gospel and in the Acts.表現の多くは、通常の動作の両方で発生する可能性がほとんどで、新約聖書の残りの部分;他の表現が見つかった他のどこに保存すると3番目の福音書の行為です。 If one will compare the following expressions in the Greek, he will be persuaded that both works are of the same author: 1つは、以下の式を比較している場合は、ギリシャ語、彼はその両方を説得した作品は、同じ著者:

Luke, i, 1-Acts, xv, 24-25;ルーク、私は、 1 -行為、 15 、 24-25 ;

Luke, xv, 13-Acts, i, 5, xxvii, 14, xix, 11;ルーク、 15 、 13 -行為を、私、 5 、 27 、 14 、 19 、 11 ;

Luke, i, 20, 80-Acts, i, 2, 22, ii, 29, vii, 45;ルーク、私は、 20日、 80 -行為を、私、 2 、 22日、 2世、 29日、 7 、 45 ;

Luke, iv, 34-Acts, ii, 27, iv, 27, 30;ルーク、 4世、 34 -行為は、 2世、 27日、 4 、 27 、 30 ;

Luke, xxiii, 5-Acts, x, 37;ルーク、 23 、 5 -行為、 x 、 37 ;

Luke, i, 9-Acts, I, 17;ルーク、私は、 9 -行為を、私は、 17 ;

Luke, xii, 56, xxi, 35-Acts xvii, 26.ルーク、 12 、 56 、 xxi 、 35 -行為17 、 26 。

The last-cited parallel expression, to prosopon tes ges, is employed only in the third Gospel and in Acts.並列表現、最後に挙げ、 1459 ; prosopon試験は、採用だけで3番目の福音書との行為です。 The evidence of the Lucan authorship of Acts is cumulative.その証拠は、原作者の行為は、累積的なlucanです。 The intrinsic evidence is corroborated by the testimonies of many witnesses.の本質的な証拠は、多くの目撃者の証言を確証します。 It must be granted that in the Apostolic Fathers we find but faint allusions to the Acts of the Apostles.付与しなければならないことが私たちの祖先は、ローマ教皇の検索allusionsしかし、かすかな行為をして、使徒です。 The Fathers of that age wrote but little; and the injury of time has robbed us of much of what was written.しかし、その年齢、父親の書いたリトル;と強盗傷害の時間は何が書かれた多くの問い合わせをします。 The Gospels were more prominent in the teachings of that day and they consequently have a more abundant witness.の福音書は、より目立つようにかれらの教えを、その日その結果は、他の豊富な証人です。 The canon of Muratori contains the canon of Scriptures of the Church of Rome in the second century.キヤノンのムラトーリには、キヤノンの経典のローマの教会の2番目の世紀です。 Of Acts it declares: "But the Acts of all the Apostles are written in one book, which for the excellent Theophilus Luke wrote, because he was an eyewitness of all".の行為ことを宣言: "しかし、使徒のすべての行為を1冊の本で書かれて、これを書いた素晴らしいテオフィロスルークため、彼は、目撃者のすべての" 。 In "The Doctrine of Addai", which contains the ancient tradition of the Church of Edessa, the Acts of the Apostles are declared to be a part of the Holy Scripture (Doctrine of Addai, ed. Phillips, 1876, 46).で、 " addaiの原則" 、これには、古代の伝統をエデッサの教会の、使徒の行為を宣言している部分は、神聖な啓典(教義addai 、エドです。フィリップス、 1876 、 46 ) 。 The twelfth, thirteenth, fourteenth, and fifteenth chapters of St. Irenæus's third book "Against Heresies" are based upon the Acts of the Apostles. 、 12 、 13 、 14 、および第15章の聖irenæusの三番目の予約"反対heresies "は、使徒に基づいて行動します。 Irenæus convincingly defends the Lucan authorship of the third Gospel and Acts, declaring: "But that this Luke was inseparable from Paul, and was his fellow-labourer in the Gospel, he himself clearly evinces, not as a matter of boasting, but as bound to do so, by the truth itself. . . And all the remaining facts of his courses with Paul, he recounts. . . As Luke was present at all these occurrences, he carefully noted them down in writing, so that he cannot be convicted of falsehood or boastfulness, etc."原作者の納得のいくようにirenæus lucan擁護する行為3番目の福音書と、宣言: "しかし、これは切っても切れないからポールルークとは彼の仲間-工は、ゴスペル、彼は自分自身を明確にevincesとしてではなく、誇るの問題ではなく、バインドこれを行うには、真実そのもの。 。 。 。 。と、残りのすべての事実を彼のコースにポール、彼の再集計。 。 。 。 。としてルークは、現在のすべての出現で、彼は慎重に留意してダウンを書面ように、彼は有罪判決をすることはできません自慢の虚偽または等"といいます。 Irenæus unites in himself the witness of the Christian Church of the East and the West of the second century. irenæusにより、自分自身の証人では、キリスト教の教会は、東と西の2番目の世紀です。 He continues unchanged the teaching of the Apostolic Fathers.彼は変わらず続けてローマ教皇の父親の指導をします。 In his treatise "On Fasting" Tertullian accepts Acts as Holy Scripture, and calls them the "Commentary of Luke".彼の論文の"断食"テルトゥリアヌス教典として受け入れ、それらを呼び出すと、 "解説のルーク"です。 In his treatise "On Prescription against Heretics", xxii, Tertullian is strong in asserting the canonicity of Acts: "And assuredly, God fulfilled his promise, since it is proved in the Acts of the Apostles that the Holy Ghost did come down. Now they who reject that Scripture can neither belong to the Holy Ghost, seeing that they cannot acknowledge that the Holy Ghost has been sent as yet to the disciples, nor can they presume to be a church themselves, who positively have no means of proving when, and with what infant-nursings this body was established."彼の論文"対異端処方せんに基づいて" 、 xxii 、テルトゥリアヌスは、正規の行為に強い主張: "と、確かに、神の約束を果たされるので、これは、使徒の証明の行為は、聖霊は降りてくる。今すぐ彼らwho啓典を拒否することが聖霊のどちらに属して、彼らを見ては、認めることはできないが送られた聖霊はまだありませんを弟子として、またおこがましくも〜することを彼らは、教会自体、 who積極的に立証手段がないときに、とはどのような幼児- nursingsこの体が設立されました。 " Again, in chapter xxiii of the same treatise, he issues a challenge to those who reject Acts: "I may say here to those who reject the Acts of the Apostles: It is first necessary that you show us who this Paul was; both what he was before he became an Apostle, and how he became an Apostle" etc. Clement of Alexandria is a clear witness.また、第23章と同じ論文、彼はこれらの問題に挑戦を拒否する行為who : "私はここを言ってやるが5月whoを拒否する行為は、これらの使徒:これが最初に必要なこと詳細問い合わせwhoこのポールは、両方のどのような彼は前に、彼は使徒、と彼はどのように使徒"などの証人のは、明らかにアレクサンドリアのクレメント。 In "Stromata", v, 11, he declares: "Most instructively, therefore, says Paul in the Acts of the Apostles: 'The God that made the world, and all things in it, being the Lord of Heaven and of earth, dwelleth not in temples made with hands'" etc. (Acts 17:24, 25). 、 " stromaの複数形" 、 V電源、 11日、彼は宣言: "最もinstructively 、したがって、行為を言うのは、使徒パウロ: 'の神には、世界、およびすべてのものでは、主に地球の天国と、手に作られていない寺院dwelleth ' "等(行為17:24 、 25 ) 。 Again, in chapter xii, he states: "As Luke, in the Acts of the Apostles, relates that Paul said: 'Men of Athens, I perceive that in all things, ye are greatly superstitious'".また、第12章、彼は州: "としてルークは、使徒の行為をし、関係をポールによると: '男性のアテネ、私認識してすべてのものは、なたがたは大幅に迷信' " 。 In Hom., xiii, on Genesis, ii, Origen asserts the Lucan authorship of Acts as a truth that all the world accepted.ハオマ汁にします。 、 13世は、創世記、 2世、原産地lucan主張して原作者の行為として世界のすべての真実を受け入れています。 Eusebius (Hist. Eccl., III, xxv) places Acts among ta homologoumena, the books of which no one has doubted.ユーセビアス( hist. eccl 。 、 3世、 25 )の場所homologoumenaこの行為のうち、 1つの書籍には疑問視されていないのです。 The authenticity of Acts is so well proved that even the sceptical Renan was forced to declare: "A thing beyond all doubt is that the Acts have the same author as the third Gospel, and are a continuation of the same. One finds no necessity to prove this fact, which has never seriously been denied. The prefaces of the two writings, the dedication of both the one and the other to Theophilus, the perfect resemblance of ideas and manner of expression furnish a convincing demonstration of the fact" (Les Apôtres, Introd., p. x).の信ぴょう性が立証された行為は非常によくさえ、懐疑的ルナンは、強制的に宣言: "なものは、すべての疑いを超えた行為は、同じ著者として3番目の、ゴスペル、との継続をするのは同じです。 1つの検出の必要性を強調するこの事実を証明する、これは一度も真剣に拒否されました。 、 prefacesの2つの文章は、 1つの両方の落成式と、他のをテオフィロスは、完璧な表現方法で類似のアイデアや説得力のデモを提出するという事実" (レapôtres 、 Introd学です。 、 p. x ) 。 Again he says: "The third Gospel and the Acts form a well-ordered work, written with reflection and even with art, written by the same hand, and with a definite plan. The two works taken together form a whole, having the same style, presenting the same characteristic expressions, and citing the Scripture in the same manner" (ibid., p. xi).再び彼は言う: " 3番目の福音と秩序を形成する行為は、反射とも書かれています芸術、書かれたのと同じ手を打つと、具体的な計画です。を形成する2つの作品全体をひっくるめて、に当たっては、同一のスタイル、提示と同じ特性の表現方法などを理由にこの啓典と同じように" ( ibid. 、 p.十一)です。

OBJECTIONS AGAINST THE AUTHENTICITY異議申し立てに対しての真偽

Nevertheless this well-proved truth has been contradicted.にもかかわらず、この真実を十分に立証されしようがない。 Baur, Schwanbeck, De Wette, Davidson, Mayerhoff, Schleiermacher, Bleek, Krenkel, and others have opposed the authenticity of the Acts.バウアー、シュバンベック、デwette 、デビッドソン、 mayerhoff 、シュライエルマッハー、 bleek 、クレンケル、およびその他の行為が本物であることに反対しています。 An objection is drawn from the discrepancy between Acts ix, 19-28 and Gal., i, 17, 19.異議の違いから引き出される行為は、 9世、 19-28とギャル。 、私は、 17日、 19 。 In the Epistle to the Galatians, i, 17, 18, St. Paul declares that, immediately after his conversion, he went away into Arabia, and again returned to Damascus.は、ガラテヤ人への手紙の信徒への、私は、 17日、 18日、聖パウロを宣言し、彼のコンバージョンの直後に、彼は去っていきましたをアラビア、および再び戻ってダマスカスです。 "Then after three years, I went up to Jerusalem to visit Cephas." "入力し、 3年後、エルサレムを訪問するまで行ったシーファス。 " In Acts no mention is made of St. Paul's journey into Arabia; and the journey to Jerusalem is placed immediately after the notice of Paul's preaching in the synagogues.の行為に対する言及が行われるの聖パウロの旅をアラビア;とエルサレムが置かれ、旅をするの通知後、すぐにポールの説教は、シナゴーグです。 Hilgenfeld, Wendt, Weizäcker, Weiss, and others allege here a contradiction between the writer of the Acts and St. Paul.ヒルゲンフェルト、ウェント、 weizäcker 、ワイス、およびその他の間の矛盾を主張ここで作家の行為と聖パウロです。 Their charge is vain: There is here verified what is the usual fact when two inspired writers narrate synchronistic events.その料金は無駄:ここで検証にはどのような事実は、通常のナレーションをするときに2つのインスピレーション作家synchronisticのイベントです。 No writer of either Testament had in mind to write a complete history.いいえを念頭に置いていた作家のいずれかの遺書を書くために完全な履歴です。 Out of the great mass of words and deeds they grouped together those things which they deemed best for their scope.アウトの言動の大質量のグループにまとめてベストを越えるものは、彼らの範囲内と判断します。 They always concur on the great lines of the doctrines and the main facts; they differ in that one omits certain things which another relates.彼らはいつもの大行の同意の教説との主な基本;これらの違いは、特定のものを1つの別の関係を省略します。 The writers of the New Testament wrote with the conviction that the world had already received the message by oral communication.新約聖書を書いた作家の信念に基づいて、世界はすでにオーラル受け取ったメッセージが表示されています。 Not all could have a manuscript of the written word, but all heard the voice of those who preached Christ.すべての原稿にはないが、書かれた単語、しかし、それらのすべての声を聞いたwho説教イエスキリストです。 The intense activity of the first teachers of the New Law made it a living reality in every land.強烈な活動をするのは、新しい法律の最初の教師生活の現実はそれをすべての土地です。 The few writings which were produced were considered as supplementary to the greater economy of preaching.のいくつかの文章を補足するものが作られたと考えられ、大きな経済の説教です。 Hence we find notable omissions in all the writers of the New Testament; and every writer has some things proper to himself.それゆえ私たちを見つけるのすべての著名な作家の脱落新約聖書、および適切なすべての作家にはいくつかのことを自分自身です。 In the present instance the writer of Acts has omitted St. Paul's journey into Arabia and sojourn there.その作家は、現在のインスタンスの行為は、聖パウロの旅を省略するとアラビア逗留ある。 The evidence of the omission is in the text itself.不作為の証拠を提出するには、テキスト自体がします。 In Acts 9:19, the writer speaks of St. Paul's sojourn in Damascus as covering a period of "certain days". 9時19分の行為は、その作家で話すダマスカスの聖パウロの滞在期間をカバーするとして"特定の日"です。 This is the indefinite description of a relatively short space of time.これは、比較的短いスペース不定の説明をするための時間です。 In Acts, ix, 23, he connects the next event narrated with the foregoing by declaring that it came to pass "after many days were fulfilled".の行為を、 9世、 23日、彼はナレーションを接続することなく、次のイベントを宣言することが下った時、 "後、多くの日中には果たされる"です。 It is evident that some series of events must have had place between the "certain days" of the nineteenth verse, and the "many days" of the twenty-third verse; these events are Paul's journey into Arabia, his sojourn there, and his return to Damascus.これは明らかにいくつかのシリーズのイベントが開催地の間にいる必要があります"特定の日"は、 19詩、および、 "多くの日中に" 20 - 3番目の詩;これらのイベントはアラビアポールの旅を、彼の逗留ある、と彼のダマスカスに戻ります。 Another objection is urged from I Thess., iii, 1, 2, compared with Acts xvii, 14, 15, and xviii, 5.別の異議申立は、私thessから求めた。 、三、 1 、 2 、行為に比べて17 、 14 、 15 、 18 、 5 。 In Acts, xvii, 14, 15, Paul leaves Timothy and Silas at Beræa, with a commandment to come to him at Athens.の行為を、 17 、 14 、 15 、ポールの葉beræaティモシーとサイラスは、彼の命令にアテネに来ています。 In Acts, xviii, 5, Timothy and Silas come out of Macedonia to Paul at Corinth.の行為を、 18 、 5 、ティモシーとマケドニアにポールサイラスで出てくるコリントです。 But in I Thess., iii, 1, 2, Timothy is sent by Paul out of Athens to Thessalonica, and no mention is made of Silas.しかし、私thess 。 、三、 1 、 2 、ティモシーは、送信されたポールアウトのアテネへのテサロニカ、サイラスとの言及が行われるのです。 We must appeal to the principle that when a writer omits one or more members in a series of events he does not thereby contradict another writer who may narrate the thing omitted.しなければならないという原則をアピールするときに、 1つまたは複数人の会員を省略作家一連のイベントを彼は別の作家の矛盾はありませんが物語るwho年5月のこと省略している。 Timothy and Silas came down from Beræa to Paul at Athens.ティモシーやポールサイラスが下がってからはアテネberæaをします。 In his zeal for the Macedonian churches, Paul sent Timothy back from Athens to Thessalonica, and Silas to some other part of Macedonia.彼の熱意は、マケドニアの教会、ポールティモシー先頭からアテネへのテサロニカ送られる、とサイラスをいくつかの他の部分をマケドニアです。 When they return out of Macedonia they come to Paul at Corinth.マケドニアに復帰するときに来てポールにコリントです。 Acts has omitted their coming to Athens and their return to Macedonia.アテネに来てその行為が省略された場合とマケドニアに戻る。 In Acts many things are condensed into a narrow compass.多くのことが凝縮さ行為を狭いコンパスです。 Thus, to the Galatian ministry of Paul, which must have lasted a considerable time, Acts devotes the one sentence: "They passed through the region of Phrygia and Galatia" (Acts 16:6).それゆえ、ガラテヤの部のポールして、かなりの時間が続いたものでなければならない、行為を充て、 1つの文: "彼らを通過しているリージョンphrygiaとgalatia " (行為16 : 06 ) 。 The fourth journey of Paul to Jerusalem in described in one verse (Acts 18:22).第4回の旅のポールを1つに記載されエルサレムの詩(行為18:22 ) 。 The objection is urged that, from Acts, xvi, 12, it is evident that the author of the Acts was with Paul in the foundation of the Church at Philippi.異議申立が求めたのは、より行為、 16 、 12 、それは明らかにこの文書の著者は、行為は、ポールは、財団のフィリッピの教会で。 Therefore, they say that, since Luke was at Rome with Paul when he wrote thence to the Philippians, had Luke been the author of Acts, Paul would have associated Luke with himself in his salutation to the Philippians in the letter which he wrote them.したがって、かれらは言うが、ローマ以来ルークとポールはそこをピリピ人への手紙を書いたときに、ルークが、著者の行為は、ルークと関連付けられたポール自身が彼の挨拶は、ピリピ人への手紙を書いた手紙をします。 On the contrary, we find in it no mention of Luke; but Timothy is associated with Paul in the salutation.それどころか、私たちを見つけることに言及したのルーク;しかし、ティモシーポールは、あいさつが関連付けられています。 This is a mere negative argument, and of no avail.これは単なる負の引数、およびがないのでご了承願います。 The apostolic men of that day neither sought nor gave vain personal recognition in their work.どちらも、その日のローマ教皇の男性の個人的な認識が求められても彼らは無駄な作業です。 St. Paul wrote to the Romans without ever mentioning St. Peter.聖パウロのローマ人への手紙を書いたことなく言及サンピエトロ大聖堂です。 There was no struggle for place or fame among those men.闘争ではない場所や名声のうち男性です。 It may hare been that, though Luke was with St. Paul at Philippi, Timothy was the better known to that Church.ウサギれていることがありますが、ルカは、聖パウロのフィリッピ、ティモシーは、よく知られている教会です。 Again, at the moment of St. Paul's writing Luke may have been absent from Paul.繰り返しますが、現時点では5月の聖パウロの文章のルークポールも欠席です。

The rationalists allege that there is an error in the discourse of Gamaliel (Acts 5:36).合理があることを主張するのにエラーが発生する談話をgamaliel (行為5:36 ) 。 Gamaliel refers to the insurrection of Theodas as a thing that had happened before the days of the Apostles, whereas Josephus (Antiq., XX, v, 1) places the rebellion of Theodas under Fadus, fourteen years after the date of the speech of Gamaliel. gamalielを参照してtheodasとしての暴動のことが起こったの前に日中には、使徒が、ヨセフス( antiq. 、イグゼクス、 V電源、 1 )場所fadusの反乱のtheodasされて、 14年の演説をした後、この評価をgamalielです。 Here, as elsewhere, the adversaries of Holy Scripture presuppose every writer who disagrees with the Holy Scripture to be right.ここで、他は、すべての作家仮定する敵の教典教典whoと意見が合わないの権利があります。 Every one who has examined Josephus must be struck by his carelessness and inaccuracy.ヨセフスごとに1つのwhoは検討しなければならないとの不正確さに打たれた彼の不注意です。 He wrote mainly from memory, and often contradicts himself.彼は主にメモリから書いた、としばしば矛盾だ。 In the present instance some suppose that he has confused the insurrection of Theodas with that of a certain Mathias, of whom he speaks in Antiq., XVII, vi, 4.いくつかのインスタンスは、現在の混乱したと仮定して、彼は暴動のtheodasなっていると、特定のマチアスは、御心に適うのantiq話す。 、 17 、六、 4 。 Theodas is a contraction of Theodoros, and is identical in signification with the Hebrew name Mathias, both names signifying, "Gift of God".テオドロスtheodasは、収縮し、意味は同じで、ヘブライ語の名前マティアス、両方の名前をもつ、 "神の贈り物"です。 This is the opinion of Corluy in Vigouroux, "Dictionnaire de la Bible".これは、 vigourouxの意見をcorluyで、 " dictionnaireデラ聖書"です。 Against Corluy's opinion it may rightly be objected that Gamaliel clearly intimates that the author of the insurrection of which he speaks was not actuated by holy motives. corluy反対の意見に反対したことがありますが正しくgamalielを明確にintimatesこの文書の著者は、暴動を作動さ彼は話す神聖な動機はない。 He speaks of him as a seditious man, who misled his followers, "giving himself out to be somebody".彼は話すのは彼を扇動的な男、 who誤って導かれた彼の信奉者、 "自分自身を与えるに誰か"です。 But Josephus describes Mathias as a most eloquent interpreter of the Jewish law, a man beloved by the people, whose lectures those who were studious of virtue frequented.しかし、ヨセフス説明マティアス最も説得力の通訳として、ユダヤ人の法では、男の人々に愛さされ、その講義それらの美徳whoはよく勉強します。 Moreover, he incited the young men to pull down the golden eagle which the impious Herod had erected in the Temple of God.また、彼の若い男たちを刺激プルダウンしていたゴールデンイーグルは、不敬なヘロデ王に建てられた同寺の神です。 Certainly such an act was pleasing to God, not the act of an impostor.確かにそのような行為は、人好きの神ではなく、その行為は、詐欺師です。 The argument of Gamaliel is based on the fact that Theodas claimed to be something which he was not. gamalielは、その引数のtheodasという事実に基づいて主張していたが何かを特定します。 The character of Theodas as given by Josephus, XX, v, 1, accords with the implied character of the Theodas of Acts. theodasとしての性格を与えられたヨセフス、イグゼクス、 V電源、 1 、文字の暗黙の合意には、 theodasの行為です。 Were it not for the discrepancy of dates, the two testimonies would be in perfect accord.れたことであって、矛盾の日程、 2つの証言が完全に合意します。 It seems far more probable, therefore, that both writers speak of the same man, and that Josephus has erroneously placed his epoch about thirty years too late.はるかに予想よう、そのため、両方の作家が話すのと同じ男ており、その彼のエポックヨセフスは、誤って約30年間置か手遅れです。 Of course it is possible that there may have been two Theodases of similar character: one of the days of Herod the Great, whom Josephus does not name, but who is mentioned by Gamaliel; and one in the days of Cuspius Fadus the procurator of Judea, whose insurrection Josephus records.もちろん、それは可能性があることがtheodasesも同様の2つの文字:ヘロデ王のいずれかの日中には偉大な、誰ヨセフスの名前はありませんが、 whoに記載されgamaliel ;と1つは、日中のユダヤcuspius fadusのマネージャーで、その暴動ヨセフスの記録です。 There must have been many of such character in the days of Herod the Great, for Josephus, speaking of that epoch, declares that "at this time there were ten thousand other disorders in Judæa which were like tumults" (Antiq., XVII, x, 4).存在しなければこのような文字も多い日間のヘロデ王は、偉大な、ヨセフスは、その時代の話を、宣言して"この時点で他の疾患があったがjudæa万tumultsされたように" ( antiq. 、 17 、 x 、 4 ) 。

It is urged that the three accounts of the conversion of St. Paul (Acts 9:7; 22:9; 26:14) do not agree.これは促したのは、 3つのアカウントへの変換のセントポール(行為9時07分、 22時09分; 26:14 )に同意しない。 In Acts, ix, 7, the author declares that "the men that journeyed with Paul stood speechless, hearing the voice, but beholding no man".の行為を、 9世、 7日の著者を宣言し、 "旅にポールが立っていた男性の言葉では表せないほど、公聴会の声、しかし、 beholdingない男"です。 In xxii, 9, Paul declares: "And they that were with me beheld indeed the light; but they heard not the voice of Him that spake to me". 、 xxii 、 9日、ポールを宣言: "と彼らが実際に私の光beholdの過去過去分詞;しかし、彼の声を聞いたことないspeakの過去を私"です。 In xxvi, 14, Paul declares that they all fell to the earth, which seems to contradict the first statement, that they "stood speechless". 、 26 、 14 、ポールを宣言して全地球に落ちて、これと矛盾するように、最初の声明で、して"言葉では表せないほど立っていた" 。 This is purely a question of circumstantial detail, of very minor moment.この状況は、純粋にある質問の詳細ページでは、非常にマイナーな瞬間です。 There are many solutions of this difficulty.このソリューションには多くの困難です。 Supported by many precedents, we may hold that in the several narrations of the same event inspiration does not compel an absolute agreement in mere extrinsic details which in nowise affects the substance of the narration.多くの判例でサポートされ、保持することがありますして、いくつかのナレーションと同じイベントインスピレーションの絶対的な契約書を強要されないの詳細これは単なるnowise外因性物質の影響を及ぼすのナレーションです。 In all the Bible, where the same event is several times narrated by the same writer, or narrated by several writers, there is some slight divergency, as it is natural there should be with those who spoke and wrote from memory.すべての聖書の、どこに数回、同じイベントが同じ作家ナレーションされるか、またはナレーションをいくつかの作家では、いくつかのわずかなdivergency 、これは自然に存在する必要がありますメモリからそれらのwhoスポークと書いた。 Divine inspiration covers the substance of the narration.天来の霊感物質のナレーションをカバーしています。 For those who insist that divine inspiration extends also to these minor details there are valid solutions.これらのwho天来の霊感を主張しても、これらのマイナー拡張の詳細には、有効なソリューションです。 Pape and others give to the eistekeisan the sense of an emphatic einai, and thus it could be rendered: "The men that journeyed with him became speechless", thus agreeing with xxvi, 14.パップおよびその他eistekeisan 々に施しをするという意味で断固たるeinai 、およびそのため、これがレンダリング: "旅の男性で、彼は開いた口がふさがらない" 、このように合意し二十六、 14 。 Moreover, the three accounts can be placed in agreement by supposing that the several accounts contemplate the event at different moments of its course.また、の3つのアカウントで契約書に置かれることによって、いくつかのアカウントを沈思黙考すると仮定してのイベントで別の瞬間のコースです。 All saw a great light; all heard a sound from Heaven.すべてを見掛けた光;すべての音を聞いたから天国です。 They fell on their faces in fear; and then, arising, stood still and speechless, while Paul conversed with Jesus, whose articulate voice he alone heard.彼らは恐怖に顔をして;と入力して、起因、静止画や言葉では表せないほど立っていたし、ポールconversed 、イエスキリストは、彼の声だけがはっきり聞こえてきた。 In Acts, ix, 7, the marginal reading of the Revised Edition of Oxford should be accepted: "hearing the sound".の行為を、 9世、 7日、読書の限界は、改訂版のオックスフォードすべきである可: "聴聞会の音" 。 The Greek is akoyontes tes phones. akoyontes試験は、ギリシャの携帯電話です。 When the writer speaks of the articulate voice of Christ, which Paul alone heard, he employs the phrase outer phrase, ekousan phonen.話すときには、明確な作家イエスキリストの声を聞いたポールだけで、彼は外側のフレーズフレーズを採用して、 ekousan phonenです。 Thus the same term, phone, by a different grammatical construction, may signify the inarticulate sound of the voice which all heard and the articulate voice which Paul alone heard.したがって、同じ用語、電話、建設され、別の文法は、 5月意味の声がよく聞き取れない音を聞いたと歯切れのすべての声を聞いただけでポールです。

It is urged that Acts, xvi, 6 and xviii, 23 represent Paul as merely passing through Galatia, whereas the Epistle to the Galatians gives evidence of Paul's longer sojourn in Galatia.その行為を促したことが、 16 、 6 、 18 、 23代表ポールを通過するだけgalatiaとして、ガラテヤ人への手紙の信徒へのが、ポールの証拠を与えるのgalatia長く滞在しています。 Cornely and others answer this difficulty by supposing that St. Paul employs the term Galatia in the administrative sense, as a province, which comprised Galatia proper, Lycaonia, Pisidia, Isauria, and a great part of Phrygia; whereas St. Luke employs the term to denote Galatia proper.その他cornelyと答え、この困難を採用して用語と仮定して聖パウロgalatiaでは、管理者意味では、省としては、適切に構成さgalatia 、リュカオニア、ピシディア、イサウリア、と偉大な部分phrygia ;一方、聖ルカ採用して用語適切なgalatiaを示す。 But we are not limited to this explanation; St. Luke in Acts often severely condenses his narrative.しかし、我々はこの説明に限定さ;聖ルカに深刻な行為を頻繁に凝縮彼の物語です。 He devotes but one verse (xviii, 22) to Paul's fourth journey to Jerusalem; he condenses his narrative of St. Paul's two years of imprisonment at Cæsarea into a few lines.彼充てしかし、 1つの詩( 18 、 22 )をポールの4人目の旅をするエルサレム;彼は彼の物語を凝縮聖パウロの2つの年間の懲役刑を数行でcæsareaです。 Thus he may also have judged good for his scope to pass over in one sentence Paul's Galatian ministry.こうして彼は良いと判断されることもが彼のスコープを通過パウロのガラテヤの部で1つの文です。

DATE OF COMPOSITIONこの評価を組成

As regards the date of the Book of Acts, we may at most assign a probable date for the completion of the book.この点に関して、この評価をこの本の行為は、予想することがありますほとんどの日付を割り当てるには予約が完了したのです。 It is recognized by all that Acts ends abruptly.そのことが認識されるすべての行為が突然終了します。 The author devotes but two verses to the two years which Paul spent at Rome.しかし、 2つの詩を充て、著者の2年間を過ごした時のローマポールです。 These two years were in a certain sense uneventful.これらの2つの年間はある意味で平穏無事です。 Paul dwelt peaceably at Rome, and preached the kingdom of God to all who went in unto him.ポール力説peaceablyはローマ、と説教をすべて神の王国whoは、かれにします。 It seems probable that during this peaceful epoch St. Luke composed the Book of Acts and terminated it abruptly at the end of the two years, as some unrecorded vicissitude carried him out into other events.その中にこのよう平和的な予想で構成さエポック聖ルカの行為とその本の最後に突然終了することは、 2年間、彼運ば栄枯盛衰として記録されていないいくつかの他のイベントに出る。 The date of the completion of Acts is therefore dependent on the date of St. Paul's Roman captivity.この評価を完了するために依存している行為は、この評価を監禁聖パウロのロマンです。 Writers are quite concordant in placing the date of Paul's coming to Rome in the year 62; hence the year 64 is the most probable date for the Acts.作家はかなり調和的に配置してこの評価をポールのに来て62年にローマで;したがって、 64年は、最も確からしいこのため、行為です。

TEXTS OF THE ACTS行為のテキスト

In the Græco-Latin codices D and E of Acts, we find a text widely differing from that of the other codices, and from the received text.グレコでは、ラテン語codexのDおよびE行為は、テキスト広くは異なり、他のcodexのを見つけると、受信したテキストから。 By Sanday and Headlam (Romans, p. xxi) this is called the delta text; by Blass (Acta Apostolorum, p. 24) it is called the beta text.サンデーとHeadlam (ローマ、 p. 21 )は、デルタでは、テキストと呼ばれています。ブラス(ログApostolorum 、 p. 24 )は、ベータ版のテキストと呼ばれています。 The famous Latin Codex now at Stockholm, from its size called the Codex Gigas, also in the main represents this text.ストックホルムの有名なラテンコデックス今では、その大きさからも、メインで、コーデックスGigasと呼ばれるこのテキストを表します。 Dr. Bornemann (Acta Apost.) endeavoured to prove that the aforesaid text was Luke's original, but his theory has not been received.博士Bornemann (ログApost 。 )努めたが、前述のルークの元のテキストが、彼の理論を証明するために受信されていませんでした。 Dr. Blass (Acta Apost., p. vii) endeavours to prove that Luke wrote first a rough draft of Acts, and that this is preserved in D and E. Luke revised this rough draft, and sent it to Theophilus; and this revised copy he supposes to be the original of our received text.博士ブラス(ログApost 、 p.七)は、ルカによる最初の、使徒行伝の草稿を書いたと努力を証明するためには、このDで維持され、 E.ルークこの草稿改訂、テオフィロスに送信し、この改訂彼は我々の受信するsupposes元のテキストのコピーしてください。 Belser, Nestle, Zoeckler, and others have adopted his theory. Belser 、ネスレ、 Zoeckler 、他の彼の理論を採用している。 The theory is, however, rejected by the greater number.その理論は、大きな数によって拒否されます。 It seems far more probable that D and E contain a recension, wherein the copyists have added, paraphrased, and changed things in the text, according to that tendency which prevailed up to the second half of the second century of the Christian era.それははるかには、 DおよびE copyistsそこには、追加されている言い換えを校訂、テキストに変更したものを含む可能性は、キリスト教時代の2世紀の後半に勝っていたのは、傾向に応じているようだ。

THE BIBLICAL COMMISSION聖書委員会

The Biblical Commission, 12 June, 1913, published the following answers to various questions about the Acts: The author of the Acts of the Apostles is Luke the Evangelist, as is clear from Tradition, internal evidence in the Acts themselves and in their relation to the third Gospel (Luke 1:1-4; Acts 1:1-2). The unity of their authorship can be proved critically by their language, style and plan of narrative, and by their unity of scope and doctrine.は、聖書委員会は、 1913年6月12日、使徒行伝についてさまざまな質問には、次の回答を公開:使徒の行為の著者ルカの福音書の著者は、伝統は、行為自体の内部証拠との関係をはっきりしているからです3番目の福音(ルカ1:1-4 、使徒1:1-2 )は、原作の結束を批判的に彼らの言語、スタイル、物語の計画では、証明することができるとスコープや教義を統一した。 The occasional substitution of the first person plural for the third person so far from impairing, only establishes more strongly their unity of composition and authenticity.を損なうから3番目の人はこれまでの一人称複数の置換時折、それ以上に強く信頼性の組成との結束を確立します。 The relations of Luke with the chief founders of the Church in Palestine, and with Paul, the Apostle of the Gentiles; his industry and diligence as an eyewitness and in examining witnesses; the remarkable agreement of the Acts of the Apostles with the Epistles of Paul and with the more genuine historical records, all go to show that Luke had at his command most trustworthy sources, and that he used them in such a manner as to make his work historically authoritative.パレスチナでは、教会の主任ファウンダーとルークの関係、とポールは、使徒のGentiles ;彼の業界との目撃者として証人を調べるの勤勉さと、書簡では、使徒パウロの行為の顕著な合意と、より本物の歴史的な記録を、すべてのルーク氏は、コマンドプロンプトで、最も信頼できる情報源としていたとして彼の作品は、歴史的に権威を、このような方法でそれらを使用ショーに進みます。 This authority is not diminished by the difficulties alleged against the supernatural facts he records, by his manner of condensing statements, by apparent disagreements with profane or Biblical history, or by apparent inconsistencies with his own or with other scriptural writings.この権限は、困難の超自然的な事実はレコードに対する疑惑で、ステートメントを凝縮した形で、不敬や聖書の歴史、または彼自身や他の聖書の文章と明らかに矛盾することで意見の相違が明らかに低下されていません。

Publication information Written by AE Breen.出版情報AEブリーン著。 Transcribed by Vernon Bremberg.ヴァーノンBrembergで転写。 Dedicated to the Cloistered Dominican Nuns of the Monastery of the Infant Jesus, Lufkin, Texas The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.ドミニカの修道院の修道女の隠遁幼児イエス、ラフキン、テキサス州のカトリック百科事典は、ボリュームⅠ 。 1907年公開のために専用の。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミーLafort 、スタンダード、検閲。 Imprimatur. +John Cardinal Farley, Archbishop of New York許可。 +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌

BEELEEN, Commentarius in Acta Apostolorum (2d ed., Louvain); BELSER, Studien zur Apostelgeschichte, in Theol. BEELEEN 、 CommentariusログApostolorum ( 2次元版、ルーベン) ; BELSER 、 Studien zur Apostelgeschichte 、 Theol 。 Quartalschrift (1895), 50-96, Lukas und Josephus, ibid. Quartalschrift ( 1895 ) 、 50から96 、ルーカス、ヨセフスウントibid 。 (1896),1-78; Die Selbstvertheidigung des H. Paulus im Galaterbriefe in Biblishe Studien (Freiburg, 1896), 1 - 3; Beiträge zur Erklärung der Apostelgeschichte auf Grund der Lesarten des Codex D und seiner Genossen, ibid.. (1897); BLASS, Die zweifache Textüberlieferung in der Apostelgeschichte, in Theologische Studien und Kritiken (1894), 86-119; Acta Apostolorum, sive Lucæ ad Teophilum liber alter (Göttingen, 1895); De duplici forma Actorum Lucæ in Hermathena, (1895), 121-143; Ueber die verschiedenen Textesformen in den Schriften des Lukas, in Neue kirchl. ( 1896年) ,1 - 78 ; Biblishe Studien (フライブルク、 1896 ) 、 1 〜 3 ; Beiträge zur ErklärungデルApostelgeschichte使うグルントデルLesartenデDウント地引き網漁師Genossenコデックス、 ibid .. ( 1897年のチパウルスデイムGalaterbriefe Selbstvertheidigungダイ) ;ブラス、デルApostelgeschichteでは、 Theologische StudienでKritiken ( 1894 ) 、 86から119ウントzweifache Textüberlieferungダイ;ログApostolorum 、包括Lucæ広告Teophilum自由(ゲッティンゲン、 1895 )を変える; dupliciフォルマデActorum Lucæ Hermathenaで、 ( 1895 )は、 121 〜 143 ; UeberデンでSchriftenデルーカス、ノイエkirchlでverschiedenen Textesformen死亡しています。 Zeit.ツァイト。 (1895), 712-725; Acta Apostolorum secundum formam qua videtur Romana (Leipzig, 1896); Neue Texteszeugen für die Apostelgeschichte, in Theol. ( 1895年) 、 712 〜 725 ; TheolのログApostolorumよってformam 〜としてみたvidetur Romana (ライプチヒ、 1896 ) ;ノイエTexteszeugen舩f Apostelgeschichte死ぬ。 Stud.スタッド。 u. Krit. Krit 。 (1896), 436 - 471; Zu Codex D, in der Apostelgeschichte, ibid. ( 1896年) 、 436 〜 471 ;祖コデックス開発、デルApostelgeschichteでは、 ibid 。 (1898), 539 - 542; Zu den zwei Texten der Apostelgeschichte, ibid. ( 1898 ) 、 539 〜 542 ;祖デンツヴァイTextenデルApostelgeschichte 、 ibid 。 (1900), 5-28; Priscilla und Aquila, ibid. ( 1900 ) 、 5月28日;プリシラウントアクイラ、 ibid 。 (1901), 124 - 126; BORNEMANN, Acta Apostolorum ad Codicis Cantabrigiensis fidem (Grossenhain, 1848); CONYBEARE, On the Western Text of the Acts, in Am. ( 1901 ) 、 124 〜 126 ; BORNEMANN 、ログApostolorum広告Codicis Cantabrigiensis fidem (グローセンハイン、 1848 ) ;コニビア、使徒行伝の西側のテキストでは、アム。 J. Phil. jをフィル。 (1896), 135-172; Papias and the Acts of the Apostles, in Class. ( 1896年) 、 135 〜 172 ; Papiasと使徒の行為は、クラスで。 Rev. (1895), 258; COPPIETERS, De Hist.改訂( 1895 ) 、 258 ; COPPIETERS 、デシーッ。 Text.テキスト。 Act.行動する。 Apost. Apost 。 (Louvain, 1902); CORNELY, Introductio in Utriusque Test. (ルーベン、 1902 ) ; CORNELY 、 Introductio Utriusqueテスト。 Libros Sacros (Paris, 1895); ID., Introductio Specialis in Singulos Novi Testamenti Libros (Paris, 1897); CORSSEN, Der Cyprianische Text der Acta Apostolorum (Berlin, 1892); Cross, Note on Acts in (1900), 19-25; GAGNÆUS, Scholia in Actus Apost.本Sacros (パリ、 1895 ) ; IDです。 、 Introductio特別SingulosノビTestamenti本(パリ、 1897 ) ;コルセン、デアCyprianischeテキストデルログApostolorum (ベルリン、 1892 ) ;クロス、 ( 1900 )の行為に注意してください、 19 - 25 ; GAGNÆUS 、 scholiumの違法Apost 。 (Paris, 1552); HARNACK, Das Aposteidecret und die Blass'sche Hypothese (Berlin, 1899), 150-176; Ueber den ursprünglichen Text Act. (パリ、 1552 ) ;ハルナック、ダスAposteidecret 、 150 〜 176 (ベルリン、 1899 ) Blass'sche Hypothese死ぬウント; Ueberデンursprünglichenテキスト法。 Apost. Apost 。 xi, 27-28 (Berlin, 1899), 316 - 327; HEADLAM, Acts of the Apostles, in Dict. XIが、 27-28 (ベルリン、 1899 ) 、 316 〜 327 ; HEADLAM 、使徒の取組み、 Dict 。 Bibl. Bibl 。 (Edinburgh, 1898); HILGENFELD, Die Apostelgeschichte nach ihren Quellenschriften untersucht, in Zeitschrift für wissenschaftl. (エジンバラ、 1898 ) ;ヒルゲンフェルト、 Zeitschrift舩f wissenschaftlでApostelgeschichteナーチihren Quellenschriften untersucht 、ダイ。 Theol. Theol 。 (1895 and 1896); Der Eingang der Apostelgeschichte, ibid. ( 1895 、 1896 ) ;デアEingangデルApostelgeschichte 、 ibid 。 (1898), 619-625; KNABENBAUER, Commentarius in Actus Apostolorum (Paris, 1899); LUCAS, Textual Criticism and the Acts of the Apostles, in Dub. ( 1898 ) 、 619 〜 625 ; KNABENBAUER 、 Commentarius違法Apostolorum (パリ、 1899 ) ;ルーカス、本文批評と使徒の行為は、ダブ。 Rev. (1894), 30-53; RAMSAY, Professor Blass on the two Editions of Acts (1895), 129-142, 212-225; Are there two Lucan texts of Acts?改訂( 1894年) 、 30 〜 53 ;ラムゼイ教授ブラス使徒行伝( 1895 ) 、 129から142の2つのエディションでは、 212から225に、ある行為の2つのテキストLucanですか? in The Expositor (1897), 460 - 471; St. Paul the Traveller and the Roman Citizen.このエクスポジター( 1897 ) 、 460 -4 71;聖パウロは、旅行者とは、ローマ市民。 (London, 1900); Some recent Editions of the Acts of the Apostles, in The Expositor (1900, Nov.), 321-335; SABATIER, L'auteur du livre des Actes des Apôtres, at-il connu et utilisé dans son récit le Epitres de St. Paul?, in Bioliothèque de l'Ecole des Hautes Etudes (Paris, 1889), I, 202-229; SOROF, Die Entstehung der Apostelgeschichte (Berlin, 1890); SPITTA, Die Apostelgeschichte, ihre Quellen und deren geschichtlichen Wert (Halle, 1891). (ロンドン、 1900 ) ;は、使徒の最近の行為の一部のエディションでは、このエクスポジター( 1900 、 11月) 、 321 〜 335 ;サバティエ下さい。 L'作家デュリーヴルデActesデApôtres 、イリノイでconnuエ利用dans息子récitルEpitresデセントポール? 、 Bioliothèqueデl'エコールデオートEtudes (パリ、 1889 ) 、私は、 202 〜 229 ; SOROF 、 (ベルリン、 1890 )デアApostelgeschichte Entstehungダイ;シュピッタ、 Apostelgeschichte 、イーレQuellenウントダイ仁geschichtlichenヴェルト(ハレ、 1891 ) 。 Acta Apostolicae Sedis (26 June, 1913); Rome (5 July, 1913).ログApostolicae SEDISは( 1913年6月26日) 、ローマ( 1913年7月5日) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです