Book of Baruchバルク書

A book in the Old Testament Apocrypha 本は、旧約聖書外典

General Information 総合案内

Baruch, considered a canonical book of the Bible by Roman Catholics, follows the Book of Lamentations.バルークは、正規の本とみなされる聖書ローマカトリック教徒は、この本の哀歌以下のとおりです。 It is not found in the Hebrew Bible and is included in the Apocrypha by Protestants.それが見つからない場合は、ヘブライ語聖書外典さとプロテスタントが含まれています。 The book, a brief compilation of verses from the books of Job, Daniel, Isaiah, and Jeremiah, is named after Baruch (fl. 600 BC), secretary of the prophet Jeremiah.この本は、コンパイルの印を簡単に書籍の仕事から、ダニエル、イザヤ書、およびジェレマイアは、名前の後にはバルーク( fl.紀元前600 )は、預言者エレミアの秘書。 Its dependence upon later works such as Daniel, however, suggests a composition date in the 2d century BC.その依存する後期の作品のようなダニエルは、しかし、日付を提示する組成世紀には、紀元前2次元です。 Written in three sections, it contains liturgical prayers and a homily on wisdom. 3つのセクションで書かれて、それが含まれ典礼祈りと英知を説教している。


Book of Baruchバルク書

General Information 総合案内

Baruch is a book of the Old Testament in those versions of the Bible following the Septuagint (generally Roman Catholic and Orthodox).バルークは、これらの本は、旧約聖書の中の次のバージョンの聖書セプトゥアギンタ(通常、ローマカトリックとオーソドックス) 。 Baruch is included with the Apocrypha in the King James Version; it does not appear in the Hebrew Bible.バルーク外典が含まれており、キングジェームズバージョン;それは、ヘブライ語聖書には表示されません。 The book is attributed to Baruch, trusted friend and secretary of the prophet Jeremiah.この本はバルークに起因する、信頼できる友人とは、預言者エレミアの秘書。 Addressed to the Jews exiled in Babylon, the work was written partly in prose and partly in poetry.バビロンのユダヤ人宛てに亡命中で、その仕事が書かれた部分では散文や詩の部分です。 The prose section (1-3:8) comprises an admission of sin, a promise of deliverance after repentance, and a prayer asking mercy and praising God.散文セクションでは、入場料( 1-3:8 )罪の構成は、後に後悔する約束を救出し、賞賛する神の慈悲と祈りを求めています。 The poetry section (3:9-5:9) consists of verses in praise of wisdom and of God's commandments and of verses urging the exiles to be courageous and comforted.その詩のセクションで構成さ印( 3:9-5:9 )で称賛の知恵と神の戒めとするよう促すの亡命者の印に勇気と慰めています。 Chapter 6, which claims to be a letter of Jeremiah addressed to the exiles in Babylon, is a warning against idolatry.第6章は、請求されるジェレマイア宛ての手紙をバビロンの亡命者では、偶像崇拝に対しては、警告した。 The three parts of the book were probably written at different times.の3つの部分で書かれたこの本は、おそらく、様々な時間です。 Baruch may have been compiled as late as the 1st or 2nd century AD by an Alexandrian editor using original Hebrew manuscripts; it has been preserved in a Greek version.バルークとしてコンパイルされた可能性があるとして、第1または第2世紀後半される広告原稿アレクサンドリアのエディタを使用して元のヘブライ語;それは、ギリシャ語のバージョンに保存されています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Ba'ruch ba'ruch

Advanced Information 高度情報

Baruch, blessed.バルークは、恵まれている。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Baruchバルーク

Catholic Information カトリック情報

(Hebrew Barûkh, blessed, Benedict; Septuagint Barouch). (ヘブライ語barûkh 、祝福、ベネディクト;セプトゥアギンタbarouch ) 。

The disciple of Jeremiah, and the traditional author of the deuto-canonical book, which bears his name.その弟子のジェレマイア、および、従来の書籍の著者は、第2のカノニカル、彼の名前がクマ。 He was the son of Nerias (Jeremiah 32:12, 32:16; 36:4, 8, 32; Baruch 1:1), and most probably the brother of Saraias, chief chamberlain to King Sedecias (Jeremiah 32:12; 51:59; Baruch 1:1).彼は、息子のnerias (エレミア32:12 、 32:16 、 36:4 、 8 、 32 ;バルーク1:1 ) 、そしておそらく最もsaraiasの兄、王主任にsedeciasチェンバレン(エレミア32:12 ; 51 : 59 ;バルーク1:1 ) 。 After the temple of Jerusalem had been plundered by Nebuchadnezzar (599 BC), he wrote under the dictation of Jeremiah the oracle of that great prophet, foretelling the return of the Babylonians, and read them at the risk of his life in the hearing of the Jewish people.同寺の後に略奪されたネブカドネザルエルサレムていた(紀元前599 )は、彼の書いたエレミアの下では、 Oracleの書き取りして偉大な預言者、 foretellingの返還をbabylonians 、およびそれらの危険性を読んでの聴聞会では、彼の人生ユダヤ教の人々だ。 He wrote also the second and enlarged edition of the prophecies of Jeremiah after the first had been burned by the infuriated king, Joachim (Jer. 36).彼は2番目の増補版にも書いたの予言が燃えていたジェレマイアの後の最初の激怒した王は、ヨアヒム( jer. 36 ) 。 Throughout his life he remained true to the teachings and ideals of the great prophet, although he seems at times to have given way to feelings of despondence, and perhaps even of personal ambition (cf. Jer. 45).彼の人生を通して、彼は真の教えと理想には、偉大な預言者、にもかかわらず彼は時々の気持ちを持つdespondence道を与えられた、との個人的な野心もたぶん( cf. jer 。 45 ) 。 He was with Jeremiah during the last siege of Jerusalem and witnessed the purchase by the prophet of his ancestral estate in Anathoth (Jer. 32).エレミア中で彼は、最後の包囲とエルサレムの購入を目撃された彼の先祖伝来の土地で、預言anathoth ( jer. 32 ) 。 After the fall of the Holy City and the ruin of the Temple (588 BC), Baruch lived probably for some time with Jeremiah at Masphath.崩壊後の廃墟の聖地と同寺(紀元前588 ) 、バルーク住んで、おそらくいくつかの時間をmasphathジェレマイア。 His enemies accused him of having prompted the prophet to advise the Jews to remain in Juda, instead of going down into Egypt (Jer. 43), where, according to a Hebrew tradition preserved by St. Jerome (In Isaiah 30:6, 7), both died before Nebuchadnezzar invaded that country.彼の敵として彼を告訴して預言者に助言を求め、ユダヤ人にとどまるjuda 、エジプトに行く代わりにダウン( jer. 43 )は、どこには、ヘブライ語の伝統によると、保存された聖ジェローム(イザヤ書30:6では、 7 )で、いずれも前に死亡したネブカドネザル国に侵攻している。 This tradition, however, conflicts with the data found in the opening chapter of the Prophecy of Baruch, wherein we are told of Baruch writing his book in Babylonia, reading it publicly in the fifth year after the burning of the Holy City, and apparently being sent to Jerusalem by the Jewish captives with sacred vessels and gifts destined to the sacrificial service in Yahweh's Temple.この伝統は、しかし、競合してデータを見つけたの冒頭の予言の章では、バルーク、そこには、我々は彼の本を書くバルークバビロニアでは、これを読んで、 5年後に公に燃えて、聖なる都市、と明らかにエルサレムに送られるユダヤ人の捕虜にされる運命にある神聖な船舶や贈り物ヤハウェの神殿でのいけにえのサービスです。 It conflicts likewise with various traditions, both Jewish and Christian, which perhaps contains some particles of truth, but which do not allow us to determine the date, pace, or manner of Baruch's death, with anything like probability.それと同じように様々な伝統のコンフリクトは、ユダヤ人とキリスト教の両方には、いくつかの粒子がおそらく真実が含まれ、これが認められていないしかし、我々の日付を決定する、のペースで、またはバルークの死の方法で、確率のようなものです。

In the Catholic Bible "the Prophecy of Baruch" is made up of six chapters, the last of which bears the special title of an "epistle of Jeremiah", and does not belong to the book proper.カトリックは、聖書の"バルーク予言"の6つの章では、最後には、特別なタイトルをするベアーズ"の信徒のエレミア" 、そしてこの本を適切に属していない。 The Prophecy opens with an historical introduction (1:1-14), stating first (1-2) that the book was written by Baruch at Babylon in the fifth year after Jerusalem had been burned by the Chaldeans, and next (verses 3-14) that it was read in an assembly of King Jechonias and other Babylonian exiles upon whom it produced the most beneficial effects.この歴史的な予言をオープンして導入する( 1:1-14 ) 、第一( 1-2 )明記して書かれた本は、バビロンバルークは、 5年後に燃えていたエルサレムchaldeansさ、そして次へ(印3 - 14日)を読むことは、国会のバビロニア王jechonias亡命者や他の誰に最も有益な効果を生成することです。 The first section in the body of the book (1:15; 3:8) contains a twofold confession of the sins which led to the exile (1:15-2:5; 2:6-13), together with a prayer that God may at length forgive His people (2:14; 3:8).体内での最初のセクションでは、書籍( 1時15分、 3時08分)が含まれ、二重の罪を告白を主導した亡命者( 1:15-2:5 ; 2:6-13 )は、一緒に祈りをささげるその神は彼を許すことで人々の長さ( 2時14分、 3時08分) 。 While the foregoing section has much in common with the Book of Daniel (Dan. 9:4-19), Baruch's second section (3:9; 4:4) closely resembles passages in Job 28, 38.前節の中には多くの共通点がこの本のダニエル( dan. 9:4-19 ) 、バルークの2つ目のセクション( 3時09分、 4時04分)によく似て通路に就職、 28 、 38 。 It is a beautiful panegyric of that Divine Wisdom which is nowhere found except in the Law given to Israel; only in the guise of the Law has Wisdom appeared on the earth and become accessible to man; let, therefore, Israel prove faithful again to the Law.それは、美しいpanegyricの神の知恵がないことを除いては、法律が見つかりました与えられるイスラエル;のみを装って同法は、地球上に現れたの知恵とアクセスできるようになる男;せ、したがって、再びイスラエルに忠実な証明法律です。 The last section of the Book of Baruch extends from 4:5 to 5:9.最後のセクションでは、書籍のバルークを拡張して5時09分より4時05分。 It is made of up four odes, each beginning with the expression, "Take courage" (4:5, 21, 27, 30), and of a psalm closely connected with the eleventh of the apocryphal Psalms of Solomon (4:36; 5:9).それは、最大4つのodes前には、それぞれの表情で始まるのは、 "勇気を出す" ( 4 : 05 、 21 、 27 、 30 ) 、詩編と密接につながっているのは、作り話の詩篇11ソロモン( 4 : 36 ; 5時09分) 。 Chapter 6 contains as an appendix to the whole book "The Epistle of Jeremiah", sent by that prophet "to them that were to be led away captive into Babylon" by Nebuchadnezzar.第6章付録を含む全体としての本"の信徒のエレミア"は、預言者によって送られること"を主導して拘束されたとされるバビロン"をネブカドネザル。 Because of their sins they were to be removed to Babylon and to remain there "for a long time, even to seven generations".かれらは自分の罪のためにバビロン削除されるとそこにとどまる"とは長い間、 7つの世代にも" 。 In that heathen city they would witness the gorgeous worship paid to "gods of gold, and of silver, and of stone, and of wood", but should not conform to it.かれらは、その都市の証人異教徒の豪華な崇拝を支払った"神々の金、銀とは、石や、木や"と、しかしそれに準拠してはいけない。 All such gods, it is argued in various ways, are powerless and perishable works of man's hands; they can do neither harm nor good; so that they are not gods at all.すべてのこのような神々は、さまざまな形で主張することは、腐りやすい作品には無力と男の手;良くも悪くもないことができる;それでかれらの神々はすべてではない。

It is certain that this sixth chapter of Baruch is truly distinct from the rest of the work.それは確かだが、この第6章バルークは、ほんとうに、残りの仕事をよりはっきりした。 Not only its special title, "The Epistle of Jeremiah", but also its style and contents clearly prove that it is a writing wholly independent of the Prophecy of Baruch.その特別なタイトルだけでなく、 "エレミアの信徒の"と、そのスタイルだけでなく、内容を明確に証明することは、完全に独立して書くの予言バルーク。 Again, while some Greek manuscripts that have Baruch have not the "Epistle", others, among the best, have it separate from the Book of Baruch and immediately before the Lamentations of Jeremiah.繰り返しますが、その中にいくつかのギリシャの原稿バルークしていないが、 "信徒"とは、他人のうち、最高のは、それとは別に、書籍のバルーク直前のエレミア哀歌。 The fact that the sixth chapter of Baruch bears the title, "The Epistle of Jeremiah", has been, and is still in the eyes of many, a decisive reason for holding the time-honoured view that the great prophet is its author.という事実をバルークベアーズは、第6章のタイトルは、 "エレミアの信徒の"と、されては、とは、まだ多くの目には、決定的な理由は、昔ながらの持ち株を表示して、その著者は、偉大な預言者です。 It is also urged that the vivid and accurate description of the splendid, but infamous, worship of the Babylonian gods in Baruch, vi, makes for the traditional authorship, since Jer.それは生き生きとしても正確な説明を求めたのは素晴らしいが、悪名高い、バビロニアの神々を崇拝するのはバルーク、 viのは、伝統的には、原作者、 jer以来です。 13:5, 6, probably speaks of the twofold journey of Jeremiah to the Euphrates. 13時05分、 6 、おそらく喋るのは、二重の旅をユーフラテスジェレマイア。 Finally it is affirmed that a certain number of Hebraisms can be traced back to a Hebrew original point in the same direction.最後には断言して、特定の数のhebraismsさかのぼることができますが、元のヘブライ語で、同じ方向をポイントします。 Over against this traditional view, most contemporary critics argue that the Greek style of Baruch, vi, proves that it was originally written not in Hebrew, but in Greek, and that consequently Jeremiah is not the author of the Epistle ascribed to him.これに反対する伝統的なビューで、現代の批評家のほとんどは、ギリシャのスタイルを主張してバルーク、 viのは、証明することは、もともとは、ヘブライ語で書かれたが、ギリシャ語、ジェレマイア結果ではないとして、作者の信徒生得的判断しています。 For this and for other reasons suggested by the study of the contents of Baruch, vi, they think that St. Jerome was decidedly correct when he called this writing pseudepigraphos, that is, inscribed with a false name.このほかの理由を示唆されたとの内容の研究バルーク、 viのは、彼らが明らかに正しいことだと思う聖ジェロームと呼ばれるこの文書を執筆する際pseudepigraphos彼は、それは、偽名で彫り込まれています。 However this may be, an important study of the Canon of Holy Writ proves that, despite the assertions of Protestants to the contrary, Baruch 6 has always been recognized by the Church as an inspired work.しかし、この5月には、重要な研究を証明し、キヤノンの聖書は、プロテスタントの主張にもかかわらず、それとは反対に、 6バルークは常にインスピレーションを得たとして認識され、教会の仕事です。

With regard to the original language of the Book of Baruch proper (chaps. 1-5), a variety of opinions prevail among contemporary scholars.と関連して、元の言語では、書籍の適切なバルーク( chaps. 1-5 )は、さまざまな意見を現代の学者たちの間で広がる。 Naturally enough, those who simply abide by the title which ascribes the Book to Baruch, admit that the whole work was originally written in Hebrew.十分な自然、人々を守るだけで、その本のタイトルをどのascribesバルークは、全体の作業を認めることは、もともとヘブライ語で書かれています。 On the contrary, most of those who question or reject the correctness of that title think that this writing was totally, or at least partially, composed in Greek.とは逆に、大半の人たちの質問または拒否してタイトルの正確さは全く考えてこの文書を執筆し、あるいは少なくとも部分は、ギリシャ語で構成されます。 It is indeed true that the Greek literary features of the various sections do not point back with equal force to a Hebrew original.確かにそれは事実だが、ギリシャの文学の特徴は、さまざまなセクションにしていない点に均等に力をバックにオリジナルのヘブライ語です。 Yet, it can hardly be doubted that the whole of Baruch proper in its extant Greek form looks like a translation.しかし、ほとんどれることを疑問視して全体のバルークは、適切な形で現存ギリシャ語の翻訳のように見えます。 The linguistic evidence is also confirmed by the following considerations:言語学的な証拠も確認されたのは、以下の考慮事項:

It is highly probable that Theodotion (end of the second century of our era) translated the Book of Baruch from a Hebrew original.それが高いことtheodotion (第2世紀の終わりに私たちの時代)の翻訳本のオリジナルのヘブライ語バルークからです。

There are some marginal notes of the Syro-Hexaplar text stating that a few words in the Greek "are not found in the Hebrew".傍注は、いくつかありますが、 syro - hexaplarことをいくつかのテキストは、ギリシャ語の単語"とは、ヘブライ語では見つかりませんでした" 。

Baruch 1:14 says that the book was meant to be read publicly in the Temple; hence it must have been composed in Hebrew for that purpose.この本によると、午前1時14分だったバルークを意図して公然とは、読んで寺;だからきっとその目的を達するため、ヘブライ語で構成されています。

Besides this unity as regards its original language, Baruch presents a certain unity in point of subject-matter, so that most of those who maintain that the whole work was primitively written in Hebrew admit also its unity of composition.それを除けば、団結して、元の言語に関しては、男性バルーク点で団結し、特定の主題は、ほとんどの人たちを維持するようにして全体の仕事は元来ヘブライ語で書かれても、団結の組成を認める。 There are, however, in the Book of Baruch many traces of the compilatory process whereby its various parts were apparently brought together.が、しかし、本の中では、多くの痕跡バルークcompilatory処理では、様々な部分が明らかに召集しています。 The difference in literary form between 1-3:8, on the one hand and 3:9-5, is very great indeed, and, taken together with the abrupt manner in which the panegyric on Wisdom is introduced at 3:9, suggests a difference with respect to origin.文芸フォーム1-3:8間の違いには、 1つの手を取り、 3:9-5 、実際には非常に大きい、と、唐突に取らとともにpanegyric上での知恵が導入されれば、 3時09分、暗示起源の違いを尊重しています。 The two confessions of the sins which led to the exile in 1:15; 3:8, are put side by side without any natural transition. 2つの罪を告白し、亡命を主導した1時15分、 3時08分、並んではなく自然に遷移します。 The literary differences between 3:9-4:4, and 4:5-5:9, are considerable, and the beginning of the third section at 4:5, is no less abrupt than that of the second at 3:9.文芸3:9-4:4の違い、および4:5-5:9 、にはかなりの、そして3番目のセクションでの最初の4時05分、突然に比べて少ないのではない2番目で3時09分です。 Again, the historical introduction seems to have been composed as a preface to only 1:15-2:5.繰り返しますが、歴史的に導入するように構成されて序文を1:15-2:5のみです。 In view of these and other such facts, contemporary critics generally think that the work is the outcome of a compilatory process, and that its unity is due to the final editor, who put together the various documents which obviously bore upon the exile.これらおよびその他のビューでこのような事実は、現代の批評家の仕事は通常の結果と考えているのcompilatoryプロセス、およびそのために団結し、最後のエディタでは、様々な書類をまとめる人が、亡命を明らかにうんざりです。 Such a literary method of composition does not necessarily conflict with the traditional authorship of the Book of Baruch.このような文学的な法に抵触するの組成は、必ずしもその本の著者は、従来のバルーク。 Many of the sacred writers of the Bible were compilers, and Baruch may, and, according to the Catholic scholars who admit the compilatory character of the work inscribed to him, must, be numbered among them.神聖な作家の多くは、聖書のコンパイラは、 5月とバルーク、とは、カトリックの学者たちによると、キャラクターの動作を認めるcompilatory内接彼には、しなければ、かれらの間に番号が付けています。 The grounds of Catholics for this view are chiefly three:この理由のカトリック信者のためには主に3つのビュー:

The book is ascribed to Baruch by its title;バルーク生得的には、その本のタイトル;

it has always been regarded as Baruch's work by tradition;それはいつもの仕事をしたと見なされる伝統バルーク;

its contents present nothing than would be later than Baruch's time, or that should be regarded as foreign to the style and manner of that faithful disciple and secretary of Jeremiah.何よりも、その内容を提示バルークの時間より遅くなる、あるいは外国人と見なされることをしなければならないと、スタイルや形で、その忠実な弟子と秘書のジェレマイア。

Over against this view, non-Catholics argue:オーバーすると、このビューで、非カトリック教徒議論:

That its ultimate basis is simply the title of the book;その究極的には、単にその本のタイトル;

that this title itself is not in harmony with the historical and literary contents of the work; andこのタイトルそのものではないことと調和して、歴史や文学作品の内容;と

that those contents, when impartially examined, point to a much later compiler than Baruch; in fact some of them go so far as to ascribe the composition of the book to a writer living after AD 70.して、これらの内容は、公平に調べたときには、コンパイラを指しているよりもずっと後でバルーク;実際にいくつかのせいにして行くとして、これまでのところ、この本を組成した後、広告の作家生活70 。

Catholics easily disprove this last date for the Book of Baruch; but they do not so easily dispose of the serious difficulties that have been raised against their own ascription of the whole work to Baruch.カトリック教徒の反証を簡単には、この本の最後の日のバルーク;だがかれらを処分しないで、そんなに簡単には、深刻な困難に提起されているのに対して、自分の全作品をバルーク帰属します。 Their answers are considered sufficient by Catholic scholars generally.その答えは、十分に考慮される通常のカトリックの学者です。 Should anyone, however, judge them inadequate, and therefore consider the Book of Baruch as the work of a later editor, the inspired character of the book would still remain, provided this later editor himself be regarded as inspired in his work of compilation.誰もが、しかし、それらの不十分な判断し、そのための本を考慮して、後の作業のバルークエディタとしては、この本の着想を得たキャラクターは、今も残っては、この後に提供されるエディタ自身は彼の作品の着想を得たと見なされてコンパイルしている。 That the Book of Baruch is "a sacred and canonical" writing has been defined by the Council of Trent; that it has just as much right to be held "inspired of God" as any other book of Holy Writ can readily be shown by a close study of the Canon of the Bible.その書籍のバルークは、 "神聖にしてカノニカル"が定義されて執筆された理事会のトレント;ことは、同じくらいの右側に開催される"神の啓示"として、他の書籍の神聖な令状を容易に表示される緊密な研究は、キヤノンのバイブルです。 Its Latin rendering in our Vulgate goes back to the old Latin version anterior to St. Jerome, and is tolerably literal from the Greek text.ラテン語ウルガタ聖書のレンダリングにまでさかのぼりますが、私たちの古いバージョンを前に聖ジェロームラテン語、ギリシャ語とは、まあまあリテラルのテキストからです。

Publication information Written by Frances E. Gigot.フランシスe.ジゴ書かれた文献の情報です。 Transcribed by Janet Grayson.ジャネットグレイソン転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.カトリック百科事典は、第Ⅱ巻です。 Published 1907.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Book of Baruchバルク書

Jewish Perspective Information ユダヤ教の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事の見出し:

Contents.内容です。

Origin.起源です。

Date and Authorship.日付と原作者です。

Date of First Part.日付の最初の部分です。

Date of Second Part. 2番目の日付部分です。

Canonicity.規範です。

Contents.内容です。

One of the Apocryphal or so-called deuterocanonic books of the Old Testament. 1つは、いわゆるdeuterocanonic作り話かは、旧約聖書の書籍です。 It consists of two parts.この2つの部分で構成されます。 The first (i. 1-iii. 8) is in the form of a prose letter with a historical introduction.最初の( i. 1 - Ⅲ 。 8 )は、散文の形で、歴史的な手紙を紹介しています。 Baruch, the secretary of Jeremiah, having written a book, reads it before King Jehoiachin and the exiles in Babylon.バルーク、エレミアの秘書は、本を書いて、それを読み取ります亡命者を前に、バビロンの王とjehoiachin 。 The people weep, fast, and pray.涙を流す人々は、高速で、祈っています。 Then they make a collection of money, which they send to Jerusalem to be used for the Temple service, with an injunction to pray for the life of Nebuchadnezzar, king of Babylon, and that of Belshazzar, his son, so that the people may dwell in peace under the shadow of these princes (i. 1-14).それからかれらのお金を収集する彼らは、このエルサレムを送信するために使われる同寺のサービスは、差し止め命令を祈願するために、人生のネブカドネザル、バビロンの王、そしてベルシャザルことが、彼の息子は、住む人もいるかもしれないので、平和の影の下でこれらの諸侯( i. 1-14 ) 。 A letter follows, which is presumably the one written by Baruch, although not expressly mentioned as such.手紙を以下のとおり、これはおそらく、自分の書いたバルークは、明示的ではないがこのように言及した。 This letter (i. 15-iii. 8) is a confession of national sin, a recognition of the justness of the nation's punishment, and a prayer for mercy.この手紙( i. 15 - IIIのです。 8 )は、国家の罪の告白は、正当性を認識し、日本の処罰は、慈悲と祈りのためです。

The second part of the book (iii. 9-v. 9), which differs greatly in form and tone from the first, consists of two poems, the first of which (iii. 9-iv. 4) is an exhortation to Israel to learn wisdom, which is described as the source of all happiness, and as "the book of the commandments of God."この本の第二部( iii. 9 - vです。 9 )は、大きく異なる形で、最初からトーンとは、 2つの詩で構成さは、最初の( iii. 9 - 4世です。 4 )は、イスラエルに勧告知恵を学び、これはすべての幸せの源といわれて、そして、 "この本は、神の戒め"と述べた。 The second poem (iv. 5-v. 9) is a picture of the suffering of Israel, and an exhortation to Jerusalem to take heart and await hopefully the salvation of God, Jerusalem being here represented as a desolate widow mourning over the distress of her children. 2番目の詩( iv. 5 - vです。 9 )は、イスラエルの苦しみの絵が描かれており、心臓を取るとエルサレムの勧告を待つ願わくは神の救いには、ここで表され、荒れ果てたエルサレム未亡人の遭難の喪に服す自分の子供たちだ。

Origin.起源です。

That the first part of the book was originally written in Hebrew is probable, both from the Hebraic character of the diction and from the fact that certain errors in the Greek are explicable as misunderstandings of Hebrew words; thus "manna" (i. 10) is a misreading of "cereal offering" (); "dead" (iii. 4) is error for "men" (); "to pay the penalty" (iii. 8), for "dismay" (perhaps , or -read ); and the enigmatical river "Sud" (i. 4) is possibly an erroneous writing of "Kebar" ( for )が、この本の最初の部分は、もともとは、ヘブライ語で書かれて確率は、両方からのヘブライ人のキャラクターからは、言葉遣いや特定のエラーがあるという事実を説明できるとは、ギリシャ語、ヘブライ語の単語の誤解;こうして"マンナ" ( i. 10 )読み誤りのは、 "穀類を提供する" ( ) ; "死んだ" ( iii. 4 )は、エラーのための"男性" ( ) ; "の違約金を支払う" ( iii. 8 )は、 "うろたえ" (おそらく、または-読む) ;とenigmatical川"パートナー" ( i. 4 )は、誤った書き込みの可能性がある" kebar " (ため)

Date and Authorship.日付と原作者です。

The book properly begins (after the superscription, i. 1, 2) with i.この本を適切に始まります(後の表題勇1 、 2 ) 、 i. 15. 15 。 The confession and prayer seem to consist of two parts; namely, i.告白と祈りをささげるように、二つの部分から成る;すなわち勇 15-ii. 15 - Ⅱ 。 5 and ii. 5 、およびii 。 6-35; and these are possibly (as Marshall holds) two separate productions, the first being the confession of the Palestinian remnant, the second that of the exiles.六から三十五まで;そしてこれらは多分(マーシャルとして保持)の2つの別々の作品は、その第一作が、パレスチナのレムナントの告白は、 2番目には、亡命者だ。 Still, "them" (ii. 4, 5), which appears to refer to the exiles, may be a scribal slip; and it seems more probable that the letter is a juxtaposition of two forms of confession.それでも、 "彼ら" ( ii. 4 、 5 ) 、これが表示されたら、亡命者を参照するには、スリップの可能性があります筆写;とみ概して、より多くの手紙は、 2つの形態の告白並置。 Very few scholars now hold that the book was composed by Jeremiah's secretary, as its relation to the books of Jeremiah and Daniel precludes such an origin.今ホールドして非常に少数の学者で構成されたこの本は、エレミアの秘書は、その書籍のジェレマイアと関連して、このような種の起源とダニエル。 The remarkable verbal agreement between the confession (i. 15-iii. 8) and Dan.注目に値するの間に口頭での合意の告白( i. 15 - IIIのです。 8 )とダン。 ix is most naturally explained by the supposition that Baruch borrows from Daniel; the hypothesis that Daniel borrows from Baruch or that both draw from earlier material being less satisfactory. 9世が最も自然に説明されたと仮定してから金を借りるバルークダニエル;という仮説に基づいてダニエルバルークまたはその両方から金を借りる以前から引き出す材料が劣っているという満足のいくものです。 Here, however, a difficulty is encountered.ここでは、しかし、困難が発生する。 In ii.中2世です。 26 the Temple is said to be in ruins-a statement which accords with two periods only, those of the Chaldean and the Roman conquests. 26の寺院は廃墟となっているとされる声明に合意して2つのピリオドだけでは、これらのカルデアとローマの征服。 As the former period is out of the question, certain scholars, such as Kneucker, for example, assign this part of the book to a time later than the destruction of Jerusalem by Titus.前者の期間としては論外、特定の学者は、このようなkneuckerとしては、例えば、その本を割り当てることで、この部分の時間より後のエルサレムの破壊されたタイタス。 It is difficult, however, to reconcile with such a date the view of the dead given in ii.ことは困難である、しかし、そのような日付を仲直りして、ビューオブザデッド2世で与えられた。 17, where it is said that those whose spirits have been taken from their bodies will not ascribe honor and righteousness to the Lord. 17日は、どこによると、それは人を対象に、自分の体からの霊がとられたものとみなすことはありませんが、主の名誉と正義です。 This statement is in accordance with the Old-Hebrew conception of the life in Sheol, which can scarcely have been current after the year 70 of the common era.この声明は、ヘブライ語の概念に基づいて、昔からの生活の中sheol 、ほとんどすることができますが、現在の70年後の時代に共通です。 Hence, in the text as it stands, there are discordant data; but if (as Kneucker holds) ii.したがって、現状のままでは、テキスト、データには耳障り;しかしもし( kneuckerとして保持) Ⅱ 。 26a is to be rejected as an interpolation, there is no reason why the confession and prayer should not be assigned to the Maccabean time. 26aは否決される補間としては、理由がないと告白の祈りmaccabeanに割り当てられてはならない時期だ。

Date of First Part.日付の最初の部分です。

The historical introduction is confused, and does not readily attach itself to the body of the confession; indeed, it appears to have been an afterthought.はじめには、歴史的な混乱は、自分自身を添付していません容易には、体の自白;確かに、それが表示されたら、反省してきた。 The singular historical statements (such as that King Zedekiah made silver vessels), as well as the injunction to pray for Nebuchadnezzar and Belshazzar, all indicate a late period, and strongly suggest dependence on the Book of Daniel.その特異な歴史的ステートメント(ゼデカイア前にキングなどして船舶銀)だけでなく、ネブカドネザルを祈願するための差し止め命令とベルシャザルは、後半期のすべてを示す、と強く示唆する書籍のダニエル依存しています。 It is impossible, however, to say how early the view arose that Belshazzar was a son of Nebuchadnezzar.することは不可能である、しかし、早期にどのように表示すると言うことが起こりましたベルシャザルネブカドネザル王の息子だった。 Some recent writers see in the names of the two Babylonian princes an allusion to Vespasian and Titus, which is a plausible assumption if ii.最近の作家は、いくつかの名前を参照してください2つのバビロニアの君主とタイタスvespasian言及して、これはもっともらしい仮定する場合Ⅱ 。 26a be retained. 26aに保持される。 The date given in i. i.日付で与えられた 2, the "fifth year," is obscure; it may mean the fifth year after the fall of Jerusalem (BC 581), or, more probably, may be taken from Ezekiel, whose epoch is the fifth year of Jehoiachin's captivity (BC 592). 2は、 " 5年は、 "は、無名の;かもしれないということで5年後の秋にエルサレム(紀元前581 ) 、または、より多くの、おそらく、 5月から採取されるエゼキエルは、その時代のは、 5年目の飼育jehoiachin (紀元前592 ) 。 But there is no reason for supposing (as, for example, from Jer. xxix. and li.) that Baruch was ever in Babylon.しかし、仮定する理由はない(とは、例えば、よりjer 。 29 。と李です。 )バルークは、これまでにしてバビロン。 Though there are difficulties in any hypothesis, it seems probable, upon the whole, that the first part of Baruch is composed of two confessions, which aneditor in the Maccabean time combined, prefixing the statement about Baruch.仮説には、いかなる困難があって、それは概、その上で、全体的には、その最初の2つの部分で構成さバルーク自白は、これは、 aneditor複合maccabean時間は、約バルーク声明を付けている。

Date of Second Part. 2番目の日付部分です。

The obvious imitation of Job and Ecclus.仕事との明白な模倣ecclus 。 (Sirach) in the second part of the book (see Job xxviii.; Ecclus. (Sirach) xxiv.) makes it impossible to assign this piece to a time earlier than the second century BC; and the conditions seem to accord with the early Maccabean period. (シラク)の第二部には、書籍( 28ジョブを参照してください。 ; ecclus 。 (シラク) xxiv 。 )することが不可能に割り当てるにはこの曲を一度に2番目の世紀よりも早く紀元前;と、条件に合致するように、早期maccabean期間です。 Kneucker, Marshall, and several other recent critics, however, place its composition after the capture of Jerusalem by Titus, holding that the "strange nation" of iv. kneucker 、マーシャル諸島、および他のいくつかの最近の批評家は、しかし、その組成位エルサレム捕獲された後、タイタスは、保有して、 "不思議な国"の4世です。 3 ("give not thine honor . . . to a strange nation") refers to the Christians, and relates to a time when the antagonism between Judaism and Christianity had become pronounced. 3 ( "名誉を与えてはならない。 。 。奇妙な国にする" )を指しているため、キリスト教徒、および関連していた時に、ユダヤ教とキリスト教の間の対立が顕著になる。 While this is possible, the expression may also be understood to allude to the antagonism between Judaism and Hellenism in the second century BC The verse iii.これが可能であれば、その表現の可能性をほのめかすにも理解されるべきで、ユダヤ教とヘレニズムの間の反目は、紀元前2世紀の詩Ⅲ 。 37 ("afterward did he [or it] show himself [or itself] upon earth and converse with men"), which was much quoted by early Christian writers, interrupts the connection and is undoubtedly a Christian interpolation. 37 ( "その後彼は自分自身を示す[たりしています] [あるいは自分自身]地球と話をする時の男性" ) 、どのくらいで引用される初期キリスト教の作家は、割り込みの接続とは、キリスト教の補間は間違いない。

The second poem (iv. 5-v. 9) belongs to the same general period as the first. 2番目の詩( iv. 5 - vです。 9 )に属して、同じ期間の全般としては初めてです。 It is divided into a number of strophes, each beginning with the words "Be of good cheer."これは、いくつかのstrophesに分けられ、それぞれの言葉で始まる"と声援が良い"と述べた。 The people, scattered and afflicted, are exhorted to trust in God; and Jerusalem, mourning over her children, is urged to take courage.その人たちは、被災散在とは、神を信じるには、 exhorted ;とエルサレムのは、自分の子供たちに喪に服す以上は勇気を取るよう迫られています。 The picture accords either with the late Maccabean period or with the time soon after the Roman capture of Jerusalem.どちらかの画像に合意して時間を遅くしてmaccabean期間や捕獲後すぐに、ローマのエルサレムです。 The resemblance between iv. 4世の間に似ています。 36-v. 36 - vです。 9 and Psalms of Solomon, xi. 9とソロモンの詩篇、 xi 。 is striking.が印象的だ。 Whichever may have been the borrower, the two probably belong to the same period; and the Psalms of Solomon were composed not far from 48 BCどちらの可能性があるが、借り手は、おそらくこの2つに所属し、同じ期間;とソロモンの詩篇で構成された48紀元前から遠くない

Canonicity.規範です。

The Book of Baruch was never accepted as canonical by the Palestinian Jews (Baba Batra 14b).この本のバルークは決して受け入れカノニカルされたとして、パレスチナのユダヤ人(ババbatra 14b ) 。 According to the "Apostolical Constitutions," it was read in public worship on the tenth day of the month Gorpiaios (probably Ab).によると、 " apostolical憲法は、 "それは読んで奉拝してgorpiaios月10日(おそらくABの)です。 This statement, however, can hardly be considered authoritative; and even if it be correct, it can refer only to the usage of some group of Hellenistic Jews.この声明は、しかしながら、権威と見なされることがほとんど;たとえそれが正しいことと、それを参照できるいくつかのグループにのみ使用して、ユダヤ人のhellenistic 。 If, as is probable, the first part of the book was written in Hebrew, its exclusion from the Palestinian canon must have been owing to its supposed lack of prophetic authority.もし、概としては、この本の最初の部分は、ヘブライ語で書かれ、キヤノンから除外する必要がありますが、パレスチナ人のせいにしたはずの欠如権限を予言した。 It was, however, accepted by the Alexandrian Jews as a work of edification; and through the medium of the Septuagint it passed into the hands of the Christians, among whom it speedily became popular, being often quoted by Athenagoras, Clement of Alexandria, and many others as a work of Jeremiah and as sacred Scripture.それは、しかし、ユダヤ人として受け入れられる仕事アレクサンドリアの教化;や媒体を通じて、セプトゥアギンタの手に渡されることは、キリスト教徒、スピーディーになったことの間で人気のある人は、しばしば引用されアテナゴラス、アレクサンドリアのクレメンス、および他の多くの仕事として神聖な啓典としてジェレマイアとします。 In a number of early Christian canonical lists the work was included in Jeremiah, and together with the other Apocryphal books was pronounced canonical (deuterocanonical) by the Council of Trent (1545-63).初期キリスト教カノニカルでは、多くの作業がリストに含まれていたジェレマイアは、書籍と一緒に、他の作り話だったと発音されるカノニカル評議会(第二正典)トレント( 1545年から1563年) 。 Its canonicity, however, is not accepted by the Protestant churches.その規範性は、しかし、受け入れられるプロテスタント教会ではない。 Besides its value as a mirror of the time, the book, though devoid of new ideas, contains many liturgical and poetical passages of great beauty and power.加えて、その価値を鏡としての時間は、その本が、新たなアイデアを欠いているのは、詩的な文章が多数含まれ典礼と偉大な美しさとパワー。

The Epistle of Jeremiah is usually printed as an appendix to the Book of Baruch and marked as ch.エレミアの信徒は、通常の印刷して、書籍の付録としてマークされるとバルークチャンネルです。 vi. viのです。 of that book.あの本のです。 It is, however, an independent work (see Jeremiah, Epistle of).それは、しかし、独立した作品(ジェレマイアを参照して、信徒の)です。

Crawford Howell Toyクロフォードハウエル玩具

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography:参考文献:

The Greek text is given in Swete's Septuagint.テキストは、ギリシャ語のセプトゥアギンタスウィートで与えられた。 For an account of the Greek MSS., see Swete and Gifford; for the other ancient versions (Latin, Syriac, Coptic, etc.) see Kneucker and Schürer.アカウントのためには、ギリシャのmss 。 、スウィートを参照してくださいとギフォード;ために、他の古代のバージョン(ラテン語、シリア語、コプト語等)を参照してくださいkneuckerとschürer 。 There are modern Hebrew translations by Fränkel, 1830; Plessner, 1833; Kneucker, 1879.そこには現代のヘブライ語翻訳されたfränkel 、 1830 ;プレスナー、 1833 ; kneucker 、 1879 。 The best general discussion of the book is that of Kneucker, Das Buch Baruch, 1879; the largest list of citations by early Christian writers is in Reusch, Erklärung des Buches Baruch, 1853.最良の全般の議論のは、この本のkneucker 、 dasブーフバルーク、 1879 ;最大規模のリストで引用された初期キリスト教ロイシュ作家は、デbuchesバルークerklärung 、 1853 。 Other authorities are: Fritzsche, in Exegetisches Handbuch zu den Apokryphen, 1851; Hitzig, in Hilgenfeld's Zeitschrift, 1860; Hilgenfeld, ib.他の当局は以下の通りです:フリッチェ、デンexegetisches handbuch zu apokryphen 、 1851 ;ヒッツィヒ、ヒルゲンフェルトのzeitschrift 、 1860 ;ヒルゲンフェルト、 ib 。 1879-1880; Ewald, Gesch. 1879年から1880年;エワルド、 gesch 。 des Volkes Israel, 1864; idem, Propheten, 1868; Bissell, Apocrypha, in the Lange series, 1880; Gifford, in Speaker's Commentary, 1888; Reuss, Gesch.デvolkesイスラエル、 1864 ;同文献は、 propheten 、 1868 ;ビッセル、外典、ランゲシリーズで、 1880 ;ギフォード、話者の論評で、 1888 ;ロイス、 gesch 。 der Heiligen Schriften des Alten Testamentes, 1890; Schürer, Hist.デアデアルテンtestamentes heiligen schriften 、 1890 ; schürer 、シーッ。 Jewish People, 1891; Ryle, in Smith's Dict.ユダヤ人の人々 、 1891 ;ライルは、スミス氏の辞書です。 of the Bible, 1893; Marshall, in Hasting's Dict.聖書は、 1893 ;マーシャル、 hastingの辞書です。 of the Bible, 1898; Bevan, in Cheyne's Encycl.聖書は、 1898 ;ベヴァン、チェーンストークスのencycl 。 Bibl. bibl 。 1899; Introductions of Eichhorn, Welte, and others. 1899 ;紹介アイヒホルン、 welte 、および他のです。 For other works attributed to Baruch see Charles, Apocal.他の作品に起因するチャールズを参照してくださいバルーク、 apocal 。 of Baruch, 1896, and article Apocrypha, in Encycl.バルークは、 1896 、および記事の外典、 encycl 。 Bibl.T. bibl.t.


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです