Writings of John Calvin記述のジョンカルビン

Which Support Amyraldianismどのサポートamyraldianism

Advanced Information 高度情報

(From: Dr. Alan C Clifford, Calvinus: Authentic Calvinism, (差出人:アランcクリフォード博士は、カルウィヌス:本物のカルビン主義は、
A Clarification (Charenton Reformed Publishing, 1996)の明確化( 1996 )

EXTRACTS FROM JOHN CALVIN'S WRITINGSジョンカルビンの記述から抽出

1. 1 。 Now Paul assumes it as an axiom which is received among all the pious....that the whole human race is obnoxious to a curse, and therefore that the holy people are blessed only through the grace of the Mediator...I therefore thus interpret the present place; that God promises to his servant Abram that blessing which shall afterwards flow down to all people.今すぐポールを前提とすることが公理として受け取ったの間のすべての宗教にかこつけた....嫌なことは、人類全体に呪いを、そしてそのために人々は、聖なる祝福の恩恵を介してのみ、したがってこうして私メディエーター...解釈し、現在の場所;その神の祝福を約束して彼の使用人エイブラムことは、その後の流れをすべての人々にダウンしています。 Comment on Genesis 12:3創世記のコメントを12時03分

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
2. 2 。 Christ was vividly represented in the person of the high priest...[who] bore the people itself upon his shoulders and before his breast, in such a manner that in the person of one, all might be presented familiarly before God.キリストは、その人物を生き生きと表現し、大祭司... [人]自体にうんざりする人々の前に彼の肩や胸には、このような方法では、 1つの人は、すべて神の前で親し提示かもしれない。 Comment on Exodus 39:1コメントをエクソダス39:1

3. 3 。 We have stated elsewhere why the priests were to be dressed in garments different from others, since he who is the mediator between God and men should be free from all impurity and stain...Thus then the holy fathers were reminded, that under the image of a mortal man, another Mediator was promised, who, for the reconciliation of the human race, should present Himself before God with perfect and more than angelic purity.なぜ我々は別記されるのプリーストが他と違う衣装に身を包んだ、以来、彼は誰が神と人間の間の仲介役をしなければならないから無料ですべての不純物や汚れ...こうして次に想起させ、聖なる父は、その画像の下に人間の男は、別の仲介役を約束された、人は、和解のための人類は、神の前では、現在の自分自身を超えると天使のような完璧な純度です。 Comment on Leviticus 16:3コメントをレビ記16時03分

4. 4 。 Christ...the Lamb of God, whose offering blotted out the sins of the world...Comment on Leviticus 16:7キリストは神の子羊... 、その罪を提供する、世界のブロット...コメントをレビ記16時07分

5. 5 。 God could bear no defect in the priests; it follows, then, that a man of angelic purity was to be expected, who should reconcile God to the world.クマの異常ではないが、神プリースト;それ以下の通り、その後、その一人の男の天使の純度が予想される、神の和解を世界に誰がした。 Comment on Leviticus 21:17コメントをレビ記21時17分

6. 6 。 ...the salvation brought by Christ is common to the whole human race, inasmuch as Christ, the author of salvation, is descended from Adam, the common father of us all. ...は、キリストの救いをもたらした人類全体に共通して、キリスト〜だけれども、その作者の救いは、アダムの子孫は、すべて私たちの共通の父です。 Institutes, II.塾は、 2世です。 xiii. 13 。 3

7. 7 。 First, we must understand that as long as Christ remains outside of us, and we are separated from him, all that he has suffered and done for the salvation of the human race remains useless and of no value for us.第一に、私たちが理解しなければならない限り、キリストは私たちの外に、そして我々は彼から隔てられ、彼はすべてのことをしてくれたん被害救済のため、人類のためには役に立たないと私たちには無価値だ。 Institutes, III.塾は、 3世です。 i. 1

8. 8 。 It is true that Saint John saith generally, that [God] loved the world.聖ヨハネ言うことは事実だ通常、その[神]世界で愛されています。 And why?とはなぜですか? For Jesus Christ offereth himself generally to all men without exception to be their redeemer...Thus we see three degrees of the love that God hath shewed us in our Lord Jesus Christ.通常、自分自身のためにイエスキリストoffereth例外なくすべての人に自分の救い主...こうして私たちは3度を参照してくださいかれらは、神の愛が私たちを私たちの主イエスキリストshewed 。 The first is in respect of the redemption that was purchased in the person of him that gave himself to death for us, and became accursed to reconcile us to God his Father.最初は、尊敬していたの償還を購入した人は、彼のことは私たち自身のために死を、和解となった私たちを神に呪われた父親です。 That is the first degree of love, which extendeth to all men, inasmuch as Jesus Christ reacheth out his arms to call and allure all men both great and small, and to win them to him.それが第一度の愛、これextendethすべての男性には、イエスキリストのreacheth 〜だけれども彼の腕をコールすると両方の大きな魅力のすべての男性と小さく、そしてそれらを獲得しています。 But there is a special love for those to whom the gospel is preached: which is that God testifieth unto them that he will make them partakers of the benefit that was purchased for them by the death and passion of his Son.しかし、そこには、特別な愛のためには、所有者の福音説教:これは、かれらがtestifiethその神は彼のpartakersすることで、ユーザーの利益のために購入していたことによって、息子の死と情熱のです。 And forasmuch as we be of that number, therefore we are double bound already to our God: here are two bonds which hold us as it were strait tied unto him. 〜であると我々が、その数は、そのために我々は、すでに私たちの神の二重結合:ここでは2つの債券を保持することが我々として海峡かれに縛られています。 Now let us come to the third bond, which dependeth upon the third love that God sheweth us: which is that he not only causeth the gospel to be preached unto us, but also maketh us to feel the power thereof, so as we know him to be our Father and Saviour, not doubting but that our sins are forgiven us for our Lord Jesus Christ's sake, who bringeth us the gift of the Holy Ghost, to reform us after his own image.今すぐ来てみましょう第3債券は、第3 dependeth時sheweth私たちは、神の愛:これは、彼だけでなく、 causeth福音説教されるわたしたちは、私たちを感じるようになさだけでなく、電源に関連して、彼を知っているように我々私たちの父とされる救い主ではなく、私たちの罪を疑うことは許さしかし、私たちは私たちの主イエスキリストのために、私たちの誰bringeth聖霊の贈り物は、私たちの後、自分のイメージを改革しています。 Sermons on Deuteronomy, p.申命記説教して、 p. 167

9. 9 。 ...our Lord Jesus Christ, who is the life and salvation of the world,... ...わたしたちの主イエスキリストは、人の命と救いは、世界では、 ... Sermons on 2 Samuel, p.説教して2サミュエル、 p. 66

10. 10 。 For instance, let me think of myself in this way:...that God has bestowed grace upon the human race (in general) but that he has shown his grace to me (in particular), with the result that I am especially obligated to him.例えば、ちょっと考えさせて、自分自身をこのように: ...で、神が人類に授けたグレース(全般)が示すように彼は私に彼のグレース(特に)で、その結果を私は、特に義務判断しています。 Sermons on 2 Samuel, p.説教して2サミュエル、 p. 357

11. 11 。 So, as it says in the Psalm [Ps.だから、それによれば、詩篇[しまう。 51?], our Lord Jesus Christ has paid the debts of all sinners. 51 ? ]は、わたしたちの主イエスキリストは、罪人のすべての債務を支払った。 That is what I have mentioned from Isaiah: that all the chastisements were laid upon him (Isa. 53:4).それは私が何よりイザヤ書に記載:レイアウトにしていた彼のすべてのchastisements ( isa. 53:4 ) 。 What is this chastisement, if not satisfaction for all the sins that we have committed?これは何ですせっかんしない場合、すべての罪を満足させるためにコミットして我々は? Sermons on 2 Samuel, p.説教して2サミュエル、 p. 576

12. 12 。 True it is that the effect of [Christ's] death comes not to the whole world.それは本当の効果[キリストの]しないように、全世界の死が訪れる。 Nevertheless, forasmuch as it is not in us to discern between the righteous and the sinners that go to destruction, but that Jesus Christ has suffered his death and passion as well for them as for us, therefore it behoves us to labour to bring every man to salvation, that the grace of our Lord Jesus Christ may be available to them.にもかかわらず、 〜であることは、私たちの間の正義を識別し、罪人を破壊して行くが、それは、イエスキリストが彼の死を経験と情熱をしても我々としては、そのために私たちの労働をさせることbehoves万人向きを救い、それが私たちの主イエスキリストの恵みが利用できるようにしてください。 Sermons on Job, p.説教して仕事には、 p. 548 (later interpolation deleted) 548 (補間後に削除されます)

13. 13 。 Let us fall down before the face of our good God...that it may please Him to grant His grace, not only to us, but also to all people and nations of the earth, bringing back all poor ignorant souls from the miserable bondage of error and darkness, to the right way of salvation...顔の前に倒れるてみましょう私たちの神へ...良いことがあります彼の猶予を付与してください彼は、私たちだけでなく、国だけでなく、地球上のすべての人々と、持参背面からすべての貧しい人々の魂の惨めな無知ボンデージ暗闇のエラーが発生し、道を右に救世... Sermons on Job, p.説教して仕事には、 p. 751 (Calvin's usual end of sermon prayer). 751 (カルヴィンいつものような説教の最後の祈り) 。

14. 14 。 The sinner, if he would find mercy, must look to the sacrifice of Christ, which expiated the sins of the world, glancing, at the same time, for the confirmation of his faith, to Baptism and the Lord's Supper; for it were vain to imagine that God, the Judge of the world, would receive us again into his favour in any other way than through a satisfaction made to his justice.この罪人は、もし彼が慈悲を見つけ、目を向ける必要がありますキリストを犠牲にし、その罪をexpiatedの世界では、付随して起こる、それと同時に、自分の信仰を確認するために、主に洗礼との夕食;ためには無駄なこと神を想像して、その判事は、世界では、再び我々には、彼の恩恵を受けるには他の方法よりも前に彼の正義を介しての満足度です。 Comment on Psalm 51:9コメントを詩編51:9

15. 15 。 Diligent as [David] was, therefore, in the practice of sacrifice, resting his whole dependence upon the satisfaction of Christ, who atoned for the sins of the world, he could yet honestly declare that he brought nothing to God in the shape of compensation, and that he trusted entirely to a gratuitous reconciliation.勤勉として[デビッド]は、したがって、犠牲祭の練習では、安静時の彼の全体の満足度依存キリストは、人の罪のためにatoned世界では、彼が何も持っていないことを正直に宣言する神の形で補償で、彼を完全に信頼して和解する無償です。 Comment on Psalm 51:16コメントを詩編51:16

16. 16 。 Hitherto he addressed the Jews alone, as if to them alone salvation belonged, but now he extends his discourse farther.これまで彼は、ユダヤ人宛てだけでも、まるで一人の救いに所属していたが、今彼は彼の談話の向こうを拡張します。 He invites the whole world to the hope of salvation, and at the same time brings a charge of ingratitude against all the nations, who, being devoted to their own errors, purposely avoided, as it were, the light of life; for what could be more base than to reject deliberately their own salvation?...the Lord...invites all without exception to come to him...Now, we must 'look to him' with the eye of faith, so as to embrace the salvation which is exhibited to all through Christ; for 'God so loved the world that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him may not perish.'彼は、全世界の招待状を救いの希望、そしてそれと同時にもたらす忘恩の罪に問われ、すべての国に対して、人は、自分のエラーが献身的には、わざと避けては、言ってみれば、人生の光;ためにどのような可能性基地を拒否するよりももっと自分自身を救済する意図は?へ... ...招待状をすべて例外なく、主に来る彼...今、我々が必要'に目を向ける彼の眼の信仰して、喜んで受け入れるようにこれはすべての展示を救い、キリストを通して;ための'神のための世界を愛して生まれただけで、彼は彼の息子は、彼のことは誰でも信じ消滅することはできません。 ' (John 3:16). (ヨハネ3時16分) 。 Comment on Isaiah 45:22コメントをイザヤ書45:22

17. 17 。 Yet I approve of the ordinary reading, that he alone bore the punishment of many, because on him was laid the guilt of the whole world.まだ私は、普通の読書を承認、それだけで彼は退屈な人の懲罰の多くは、彼には、レイアウトしているため、全世界の罪悪感にさいなまれる。 It is evident from other passages, and especially from the fifth chapter of the Epistle to the Romans, that 'many' sometimes denotes 'all'.これは明らかに他の通路から、その中でも特に第5章からは、ローマの信徒への、その'多くの'ときどき表します'すべての' 。 Comment on Isaiah 53:12コメントをイザヤ書53:12

18. 18 。 Yet I approve of the common reading, that He alone bore the punishment of many, because the guilt of the whole world was laid upon Him.まだ私は、共通の読書を承認、それだけで彼は退屈な人の懲罰の多くは、罪悪感にさいなまれるので、レイアウトには、全世界のギフトです。 It is evident from other passages...that 'many' sometimes denotes 'all'...That, then, is how our Lord Jesus bore the sins and iniquities of many.それは明らかにしてから他の通路へ... '多くの'ときどき表します'すべての' ...して、その後、どのように私たちの主イエスは、罪とiniquitiesの多くがうんざりする。 But in fact, this word 'many' is often as good as equivalent to 'all'.実際には、この言葉'多くの'は往々にしてもいいくらいだと同等の'すべて' 。 And indeed, our Lord Jesus was offered to all the world.そして実際、私たちの主イエスは、世界のすべてを提供しています。 For it is not speaking of three or four when it says: 'God so loved the world, that He spared not His only Son.'のためではないといえばそれによれば3 〜 4時: '神に愛され、今世界では、彼は脇に置いていないと彼の息子だけです。 ' But yet we must notice what the Evangelist adds in this passage: 'That whosoever believes in Him shall not perish but obtain eternal life.'しかし、まだどのよう注意しなければならないのは、この通路を追加エバンジェリスト: 'して誰でも彼の信条として消滅するものではないしかし、永遠の命を手に入れる。 ' Our Lord Jesus suffered for all and there is neither great nor small who is not inexcusable today, for we can obtain salvation in Him.私たちの主イエスは皆のために苦しんでもそこは、どちらも非常に小さい人ではない許せない今日では、彼のために我々の救いを得ることができる。 Unbelievers who turn away from Him and who deprive themselves of Him by their malice are today doubly culpable.不信心者たちが背き去ってから、彼と彼自身の人の剥奪された彼らの悪意には二重の罪今日です。 For how will they excuse their ingratitude in not receiving the blessing in which they could share by faith?言い訳のためにはどうすればかれらの祝福を受けて、恩知らずではない彼らの信仰を共有することができたか? And let us realize that if we come flocking to our Lord Jesus Christ, we shall not hinder one another and prevent Him being sufficient for each of us...Let us not fear to come to Him in great numbers, and each one of us bring his neighbours, seeing that He is sufficient to save us all.と実感してみようもし我々が大勢集まって来るわたしたちの主イエスキリストは、我々の妨げとなるものではないとの1つ別のを防ぐために十分な彼が私たちひとりひとり...みましょうない恐怖に来て、彼は偉大な数字、そして私たち一人一人彼の隣人をもたらす、というのがわかると彼は私たちに十分なすべてを保存します。 Sermons on Isaiah 53, pp.説教してイザヤ書53 、 pp 。 136, 141-4 136 、一四一から四

19. 19 。 ...Not only were the death and passion of our Lord Jesus Christ sufficient for the salvation of the world, but that God will make them efficacious and that we shall see the fruit of them and even feel and experience it. ...は、死や情熱だけでなく、私たちの主イエスキリストの救いのために十分な世界が、それは、神がわたしたちはそれらを参照してくださいあらたかとかれらと果物や経験をすることさえ感じる。 Sermons on Isaiah 53, p.説教してイザヤ書53 、 p. 116

20. 20 。 For God, who is perfect righteousness, cannot love the iniquity which he sees in all.神のためには、完璧な正義の人は、愛の巣することはできませんが、すべてに見ている。 All of us, therefore, have that within which deserves the hatred of God...Our acquittal is in this - that the guilt which made us liable to punishment was transferred to the head of the Son of God [Isa.私たち全員にとって、したがって、これは当然のことで、神へ...我々の憎悪は、この無罪判決-責任を問われることに罪悪感を前に我々の頭の懲罰は転勤に神の御子[のI SAです。 53:12]...For, were not Christ a victim, we could have no sure conviction of his being...our substitute-ransom and propitiation. 53:12 ] ...ためには、犠牲者はなかったが、キリストは、私たちが自分の信念を持たないように...私たちの代用に身代金をなだめています。 Institutes II.塾Ⅱ 。 xvi. 16 。 3, 5, 6 3 、 5 、 6

21. 21 。 Now we must see how God wishes all to be converted...But we must remark that God puts on a twofold character: for he here wishes to be taken at his word.今すぐ神の願いをどのようにしなければならないのすべてを参照してください...しかし、我々に変換する必要がありますが、神の言葉を配置する二重の性格:ここでは彼の願いは自分の言葉に服用しています。 As I have already said, the Prophet does not here dispute with subtlety about his incomprehensible plans, but wishes to keep our attention close to God's word.私はすでにとしては、預言者と繊細さの紛争についてはここではない彼の不可解な計画が、私たちの願いを保つ注目の近くに神の言葉だ。 Now what are the contents of this word?今の内容は、この言葉は何ですか? The law, the prophets, and the gospel.同法は、預言者、と福音です。 Now all are called to repentance, and the hope of salvation is promised them when they repent: this is true, since God rejects no returning sinner: he pardons all without exception; meanwhile, this will of God which he sets forth in his word does not prevent him from decreeing before the world was created what he would do with every individual...すべては、今すぐに悔い改めと呼ばれる、との期待がかれらと約束したときは、その罪を悔い救世:これが事実であれば、神を拒否して以来リピートなし罪人:彼は例外なくすべての赦免;一方で、これは、神が彼の言葉は彼送付decreeing前から彼は、世界を防ぐが作成して自分ならどうするごとに個々の... Comment on Ezekiel 18:23コメントをエゼキエル18時23分

22. 22 。 I contend that, as the prophet [Ezekiel] is exhorting to penitence, it is no wonder that he pronounces God willing that all be saved.私戦うことは、預言者としてexhortingを懺悔[エゼキエル]は、 pronouncesも不思議ではない彼は、すべて神の意志に保存されます。 But the mutual relation between threats and promises shows such forms of speech to be conditional...So again...the promises which invite all men to salvation...do not simply and positively declare what God has decreed in His secret counsel but what he is prepared to do for all who are brought to faith and repentance...Now this is not contradictory of His secret counsel, by which he determined to convert none but His elect.しかし、脅威との間の相互関係を示しこのような形態のスピーチを約束される… …だから、再び...条件付きの約束をすべての人を招待するだけではありません...救済を積極的に宣言すると定め、神が彼の秘密は何でも検彼はどのような準備を行うためには、すべての人の信仰をもたらしたと後悔して...今のところ、この矛盾した彼の秘密の助言ではない、彼は決意に変換されるしかし、彼の選出はなし。 He cannot rightly on this account be thought variable, because as lawgiver He illuminates all with the external doctrine of life.彼は正しいことができない変数であると考え、このアカウントでは、立法者としての彼のため、外部の教義を明らかにして人生のすべてだ。 But in the other sense, he brings to life whom He will, as Father regenerating by the Spirit only His sons.しかし、他の意味では、彼の人生をもたらす御望みには、父親としての精神を再生される彼の息子たちだけです。 Concerning the Eternal Predestination of God, pp.神の永遠の宿命に関する、 pp 。 105-6 105から6まで

23. 23 。 ...God had chosen the family of Abraham, that the world's redeemer might be born of it...although we know that from the time that God made a covenant with Abraham, the Redeemer was particularly promised to his seed, we also know that from the very fall of man He was needed by all, as indeed He was from that time destined for all the world...It would have done us no good for Christ to have been given by the Father as the author of salvation, if He had not been available to all without distinction...We should know that salvation is openly displayed to all the human race, for in all reality He is called son of Noah and son of Adam... ...神に選ばれたのは家族のアブラハムは、身請けして、世界の可能性を持って生まれることが分かっているのか… …にもかかわらず神の前にしてからの時間を約束してアブラハムは、救い主は特に彼の種子を約束して、我々も知っている非常に陥落してから、彼は必要に応じて、すべての男は、確かに彼はその時から、世界のすべての運命を...それが私たちのためにならないことを、キリストの父として与えられたが、作者の救いは、もし彼が利用できるようにされていないかを区別せずにすべての救世...我々は知っておくべきことは、公然のすべての人類に表示され、すべての現実と呼ばれる彼はノアの息子と息子のアダム... Comment on Matthew 1:1-17; Luke 3: 23-38コメントをマタイ1:1-17 ;ルーク3 :二十三から三十八まで

24. 24 。 He says, For...he...shall save his people from their sins...We must determine that the whole human race was appointed to destruction, since its salvation depends on Christ...Doubtless, by Christ's people the angel intends the Jews, over whom He was set as Head and King, but as soon after the nations were to be ingrafted into the race of Abraham, this promise of salvation is extended openly to all who gather by faith into the one body of the Church.彼によれば、彼は... ...は、彼の人類を罪から救う...を決定しなければならないことは、人類全体の破壊に任命して、キリストに依存して以来、救世...確かに、その人々をキリストの天使意図は、ユダヤ人は、彼が誰オーバーヘッドセットや王としてではなく、国としてのすぐ後には、レースのingraftedをアブラハムは、この救いの約束を公然とは、拡張されたすべての人の信仰を集める1つのボディには、教会。 Comment on Matthew 1:21コメントを1時21分マシュー

25. 25 。 When the Father calls Him the Beloved...He declares that He is the Mediator in whom He reconciles the world to Himself.通話時に彼の最愛の父...宣言して彼は、彼の心に適うreconcilesメディエーター世界中の人々に自分自身です。 Comment on Matthew 17:5 17時05分マシューコメントする

26. 26 。 From this it follows that our reconciliation with God is free, for the only price paid for it is Christ's death...'Many' is used, not for a definite number, but for a large number, in that He sets Himself over against all others.このことから以下の通り、神と和解することは、私たちの自由で、価格を表示するために支払われるだけのことは、キリストの死... '多くの'が使用され、明確な数字はないが、多数のため、セットにして彼は自分自身に反対する他のすべてです。 And this is the meaning also in Rom.そしてこれはまた、 ROMの意味です。 5:15, where Paul is not talking of a part of mankind but of the whole human race. 5時15分、ポールはどこの話ではない部分は、人類が人類全体のです。 Comment on Matthew 20:28マシューコメントを20時28分

27. 27 。 Seeing that in His Word He calls all alike to salvation, and this is the object of preaching, that all should take refuge in His faith and protection, it is right to say that He wishes all to gather to Him.彼の言葉を見て、彼はすべての通話を問わずに救いは、これは、オブジェクトの説教とは、すべての必要な保護に避難する彼の信念と、それは彼の願いを言う権利がすべてを収集しています。 Now the nature of the Word shows us that here there is no description of the secret counsel of God - just His wishes.今の性質を示して私たちがここにその言葉の説明がないのは、神の秘密の助言-ちょうど彼の願いです。 Certainly those whom He wishes effectively to gather, He draws inwardly by His Spirit, and calls them not merely by man's outward voice.確かに彼の願いを効果的に集める者は、心の中で彼は彼の精神を描画し、それらのコールされた男の上辺だけの声だけではない。 If anyone objects that it is absurd to split God's will, I answer that this is exactly our belief, that His will is one and undivided: but because our minds cannot plumb the profound depths of His secret election to suit our infirmity, the will of God is set before us as double.もし誰かのオブジェクトを分割することは、神の不条理が、私の回答にはこれは我々の信念を正確には、自分のことは自分では分裂していない:しかし、深さを測ることができないため、私たちの心の奥の深い彼の秘密の選挙に合わせて私たちの弱さは、その意志神の前に我々としては、二重に設定します。 Comment on Matthew 23:37マシューコメントを23時37分

28. 28 。 ...The Son of God went to face death of His own will, to reconcile the world to the Father...the spontaneous sacrifice by which all the world's transgressions were blotted out... ...神の御子は、自分の死に直面するが、父親に和解して、世界の自然へ...すべてを犠牲にされるが、世界のtransgressionsブロットアウト... Comment on Matthew 26:1-2コメントをマシュー26:1-2

29. 29 。 [Christ's] grave would be of sweet savour to breathe life and salvation upon all the world. [キリストの]の墓が甘い風味は、呼吸をするすべての命と救いの世界です。 Comment on Matthew 26:12コメントをマタイ26:12

30. 30 。 Christ offered Himself as a Victim for the salvation of the human race.キリストの犠牲者として自分自身を提供し、人類の救いだ。 Comment on Matthew 26:14-20コメントをマシュー26:14-20

31. 31 。 ...The sacrifice [of Christ] was ordained by the eternal decree of God, to expiate the sins of the world.犠牲... [キリスト]が制定される永遠の神の命令は、その罪を、世界の罪滅ぼしをする。 Comment on Matthew 26:24コメントをマタイ26:24

32. 32 。 [Christ was] burdened with the sins of the whole world... [キリストは]罪を担っているのは、全世界の... Comment on Matthew 26:39コメントをマタイ26:39

33. 33 。 Christ...won acquittal for the whole human race.キリスト...ウォン無罪を人類全体のためだ。 Comment on Matthew 27:12コメントをマタイ27:12

34. 34 。 God had ordained [Christ] to be the...(sacrificial outcast) for the expiation of the world's sins.神が制定される[キリスト] ... (いけにえの落伍者)のために、世界の罪の償いです。 Comment on Matthew 27:15コメントをマタイ27:15

35. 35 。 The word many does not mean a part of the world only, but the whole human race: he contrasts many with one, as if to say that he would not be Redeemer of one man, but would meet death to deliver many from their accursed guilt...So when we come to the holy table not only should the general idea come to our mind that the world is redeemed by the blood of Christ, but also each should reckon to himself that his own sins are covered.という言葉を多くするという意味ではありませんが、世界の部分だけではなく、人類全体:彼は対照的に1つの多くは、まるで彼ではないと言って、一人の人間の贖い主が、死を届けると会って呪わ多くの罪悪感から… …だからときに来て、私たちだけでなく、神聖なテーブルの基本的な考えは、私たちの心に来て、世界はキリストの血によって換金さは、各ばならないだけでなく、自分の罪を数えることは、自分自身を距離です。 Comment on Mark 14:24 14時24分コメントをマーク

36. 36 。 Happy Mary, to have embraced in her heart the promise of God, to have conceived and brought into the world for herself and for all - salvation...God offers His benefits to all without distinction, but faith opens our arms to draw them to our bosom: lack of faith lets them fall, before they reach us.幸せメアリーは、彼女の心の中に受け入れて、神の約束は、考えを持つと自分の世界に入っていくと、すべての-彼の救世. ..神の恩恵をすべてのオファーを区別せずに、しかし私たちの信仰をオープンして両腕を描く私たちの懐:信仰では不足して秋には、私たちに到達する前に。 Comment on Luke 1:45コメントするルーク1:45

37. 37 。 Though the angel only addresses the shepherds, he means that the message of salvation which he brings them extends farther, not for their ears alone, but for others also to hear.天使の羊飼いのアドレスのみかかわらず、彼のメッセージを意味してかれらの救いをもたらす拡張遠く彼は、自分の耳だけではないが、他人のためにも聞いている。 Understand that the joy was open to all the people, for it was offered to all without distinction.喜びを理解していたすべての人々に開放して、すべてを区別せずに提供していた。 For He is not the God of this one or of that, but He had promised Christ to the whole family of Abraham.彼は神のためではないのか、この1つのことではなく、キリストを約束していたのは家族全員のアブラハムです。 That, in great measure, the Jews have lost the joy that was theirs to hold, resulted from their failure to believe.して、偉大な措置では、ユダヤ人の喜びが失われることは、かれらを開くことは、自分の失敗につながったと思われるからだ。 Today also, God invites all men alike to salvation through the Gospel, but the world's ingratitude makes only a few enjoy the grace, which is set out equally for all.今日でも、神に招待状を問わずすべての人を救いの福音書を通してではなく、世界の忘恩の恩恵を享受するにはほんの数、これは、すべての設定を均等にする。 While the joy, then, has been confined to a small number, in respect of God, it is called universal.喜びの中には、その後、少数に限られてきた、神の尊重、それは普遍的と呼ばれる。 And though the angel is speaking only of the chosen people, yet now with the partition wall gone the same tidings are presented to the whole human race.とは言っても、天使に選ばれた人たちだけが、まだここでは、パーティションの壁に行ったのと同じ便りが人類全体に提示しています。 Comment on Luke 2:10コメントをルーク2時10分

38. 38 。 Since Christ desired nothing more than to do the work appointed Him by the Father and knew that the purpose of His calling was to gather the lost sheep of the house of Israel, He wished His coming to be the salvation of all.希望する以上の何もないので、キリストの仕事をやることに任命された父と彼の目的は彼には分かっていたの呼び出しを収集し、イスラエルの家の失われた羊のは、彼が望んだに来て、彼のすべての救いだ。 This was why He was moved by compassion and wept over the approaching destruction of Jerusalem.これはなぜ同情心を動かされると泣きながら彼は、エルサレムの破壊が近づいています。 For when He considered that it had been divinely chosen as the sacred abode, in which should dwell the covenant of eternal salvation, the sanctuary from which salvation should come forth for all the world, He could not help grieving bitterly over its destruction.それを考えていたときに選ばれた聖なる神の住まいは、住むには、永遠の救いの約束は、聖域からの救済のためのすべての世界は、罷り出る時、彼はひどく嘆き超えることができなかったの破壊を助けています。 Comment on Luke 19:41コメントするルーク19時41分

39. 39 。 First, whence could that confidence in pardon have sprung, if [the thief] did not sense in Christ's death...a sacrifice of sweet odour, able to expiate the sins of the world?第一に、恩赦でwhence自信がある可能性がひび割れた、しなかった場合[泥棒]は、キリストの死の意味を犠牲にし...甘い臭気は、その罪をできるように、世界の罪滅ぼしをするか? Comment on Luke 23:42コメントするルーク23時42分

40. 40 。 [Christ] must be Redeemer of the world...He was there, as it were, in the place of all cursed ones and of all transgressors, and of those who had deserved eternal death. [キリスト]は、世界身請けする必要があります...彼がそこには、言ってみれば、すべての場所ですべてに背く呪われたものとし、これらの者は永遠の死を受けて当然だ。 Sermons on Christ's Passion, p.キリストの情熱を説教して、 p. 95

41. 41 。 [God] willed that [Christ] be the sacrifice to wipe out the sins of the world...Sermons on Christ's Passion, p. [神]の意志を犠牲にして[キリスト]を絶滅させるのは、世界...説教して罪をキリストの情熱、 p. 123

42. 42 。 ...Our Lord made effective for [the pardoned thief on the cross] His death and passion which He suffered and endured for all mankind...わたしたちの主を前に効果的な... [十字架上の恩赦に浴する泥棒]彼の死と情熱を受けたとさに耐えるために彼は全人類へ... Sermons on Christ's Passion, pp.キリストの情熱を説教して、 pp 。 151. 151 。

43. 43 。 The Lord Jesus [was] found before the judgement-seat of God in the name of all poor sinners (for He was there, as it were, having to sustain all our burdens)...The death and passion of our Lord Jesus...served...to wipe away the iniquities of the world...主イエス[いた]が見つかりました神の前の座席の判断には、貧しい人々の名前をすべて罪人(彼がそこには、言ってみれば、すべて私たちの負担を維持すること) ... 、わたしたちの主イエスキリストの死と情熱。去るのをふく..配信... iniquitiesの世界へ... Sermons on Christ's Passion, pp.キリストの情熱を説教して、 pp 。 155-6 155から6

44. 44 。 And when he says the sin of the world he extends this kindness indiscriminately to the whole human race, that the Jews might not think the Redeemer has been sent to them alone...John, therefore, by speaking of the sin of the world in general, wanted to make us feel our own misery and exhort us to seek the remedy.そして彼によれば、このとき彼は、世界の罪を拡張この人類全体を無差別に親切には、ユダヤ人とは思わないかもしれないが送信されました。身請けして、一人で...ジョンは、したがって、その罪を言えば、世界で総長は、私たちを作りたいと思って私たち自身の惨めさを感じると熱心に勧める私たちの救済策を求めています。 Now it is for us to embrace the blessing offered to all, that each may make up his mind that there is nothing to hinder him from finding reconciliation in Christ if only, led by faith, he comes to Him.今では私たちを受け入れるために、すべての祝福を提供し、彼の心には、各構成する可能性があることは何もないから彼の所見を妨げる場合にのみ、キリストの和解では、信仰を率いるは、彼が判断しています。 Comment on John 1:29コメントするジョン1時29分

45. 45 。 Christ...was offered as our Saviour...Christ brought life because the heavenly Father does not wish the human race that He loves to perish...But we should remember...that the secret love in which our heavenly Father embraced us to Himself is, since it flows from His eternal good pleasure, precedent to all other causes; but the grace which He wants to be testified to us and by which we are stirred to the hope of salvation, begins with the reconciliation provided through Christ...Thus before we can have any feeling of His Fatherly kindness, the blood of Christ must intercede to reconcile God to us...And He has used a general term [whosoever], both to invite indiscriminately all to share in life and to cut off every excuse from unbelievers.私たちの救い主として提供されたキリスト... ...キリストもたらした天国の父の人生はありませんので、人類の願いを腐らせることが大好きな彼を覚え... ...しかし、我々は秘密にして私たちの天国の父の愛を受け入れ私たちは、自分自身には、それ以来彼の永遠の流れをより良い喜びは、他のすべての原因を先例;しかし、彼の恵みになりたがって証言をされると我々は我々の希望の救世かくはんして、キリストを通じて提供を開始して和解...このように我々の前に自分の気持ちがあること父親らしい優しさは、キリストの血を仲裁して仲直りする必要があります...そして彼は、私たちの神に使われる一般的な用語[誰]は、両方を無差別に招待すると人生のすべてを共有する言い訳からすべての不信心者を断つ。 Such is also the significance of the term 'world' which He had used before.そのような意味でもあるの任期'世界'の前に使われていた。 For although there is nothing in the world deserving of God's favour, He nevertheless shows He is favourable to the whole world when He calls all without exception to the faith of Christ, which is indeed an entry into life.ためには何もないにもかかわらず、世界の神の恩恵を受けるに値する、彼にもかかわらず彼は良好を示し、全世界のすべての呼び出し時に彼の信仰をキリストの例外なく、これは確かに、人生の門出。

Moreover, let us remember that although life is promised generally to all who believe in Christ, faith is not common to all.しかも、覚えてみようと約束したにもかかわらず通常の生活は、キリストを信じるすべての人、すべてに共通して信仰ではありません。 Christ is open to all and displayed to all, but God opens the eyes only of the elect that they may seek Him by faith...And whenever our sins press hard on us, whenever Satan would drive us to despair, we must hold up this shield, that God does not want us to be overwhelmed in everlasting destruction, for He has ordained His Son to be the Saviour of the world.キリストは、すべてをオープンにしてすべて表示されますが、目を開いて、神のみが選出されたことが彼の信仰を求める...としてグイグイ押すたびに私たちの罪を私たちは、ドライブのときは、我々を絶望の悪魔は、我々が必要持ちこたえるこのシールドは、その神は私たちを圧倒したわけではないが、永遠の破壊は、定められた彼は、息子のために、世界の救い主です。 Comment on John 3:16コメントするジョン3時16分

46. 46 。 As also it is said in John 3:16 that God so loved the world that He spared not His own Son, but delivered Him to death for our sakes.ジョンとしてもそれは午前3時16分によると、世界のことを神に愛されていない彼は脇に置いて、自分の息子が、彼を死のために私たちのsakes届けします。 Sermons on Christ's Passion, p.キリストの情熱を説教して、 p. 48. 48 。

47. 47 。 Again, when they proclaim that Jesus is the Saviour of the world and the Christ, they have undoubtedly learned this from hearing Him...And He declared that the salvation He had brought was common to the whole world, so that they should understand more easily that it belonged to them also.繰り返しますが、あることを宣言する際に、世界の救い主イエスキリストは、キリストとは、彼らは間違いなく彼のヒアリングから学んだ...そして彼は、この宣言をして彼がもたらした救い、全世界に共通していたので、こちらを理解しなければならないそれらを簡単にすることにも所属しています。 Comment on John 4:42コメントするジョン4時42分

48. 48 。 It is no small consolation to godly teachers that, although the larger part of the world does not listen to Christ, He has His sheep whom He knows and by whom He is also known.信心深いことではない教師の小さな慰めにして、世界にもかかわらず、大部分は、キリストに耳を傾けるはない、彼は、彼の心に適う羊を知っていると彼は誰にも知られています。 They must do their utmost to bring the whole world into Christ's fold, but when they do not succeed as they would wish, they must be satisfied with the single thought that those who are sheep will be collected together by their work. Comment on John 10:27コメントするジョン10:27

49. 49 。 Christ...offers salvation to all indiscriminately and stretches out His arms to embrace all, that all may be the more encouraged to repent. ...キリストの救いを提供して彼の腕を伸ばしますすべてを無差別に受け入れるとすべては、すべての可能性があることを後悔するより勇気づけています。 And yet He heightens by an important detail the crime of rejecting an invitation so kind and gracious; for it is as if He had said: 'See, I have come to call all; and forgetting the role of judge, my one aim is to attract and rescue from destruction those who already seem doubly ruined.'しかも彼は、重要な細部に繋がっされた招待状を拒否し、犯罪の種類と親切なので;ためには、もし彼がそれによると: 'を参照して、私が来てすべてのコール;と裁判官の役割を忘れては、私の1つの目的は、破壊者たちからの救助を引き付けると、すでに二重に見えるruined 。 ' Hence no man is condemned for despising the Gospel save he who spurns the lovely news of salvation and deliberately decides to bring destruction on himself.したがってdespisingない男は、死刑囚のための福音書を保存spurns彼は素晴らしい人の救世ニュースを決めれば、故意に破壊して自分自身をもたらす。 Comment on John 12:47コメントするジョン12:47

50. 50 。 For [by Christ's death] we know that by the expiation of sins the world has been reconciled to God... [キリストの死によって]知っていることによって、我々の罪の償いを仲直りされて、神の世界へ... Comment on John 17:1コメントを17時01分ジョン

51. 51 。 He openly declares that He does not pray for the world, for He is solicitous only for His own flock [the disciples] which He received from the Father's hand.彼は公然とは思っていないことを宣言し、世界のために祈る、彼は非常に用心深いため、自分のためだけの群れ[その弟子]が彼の父の手から受け取った。 But this might seem absurd; for no better rule of prayer can be found than to follow Christ as our Guide and Teacher.しかし、この不条理に思えるかもしれない;ために祈りをささげることができますが回らないの規則に従うことよりも、キリストが見つかりましたと教師としての我々のガイドです。 But we are commanded to pray for all, and Christ Himself afterwards prayed for all indiscriminately, 'Father, forgive them; for they know not what they do.'しかし、我々はすべての指令を願うために、自分自身とキリストのためにすべての無差別に祈った後、 '父は、かれらを御赦し;はないと分かっていればどのようなことです。 ' I reply, the prayers which we utter for all are still limited to God's elect.私の返信は、全くのための我々の祈りがすべてを神の当選者はまだ限られています。 We ought to pray that this and that and every man may be saved and so embrace the whole human race, because we cannot yet distinguish the elect from the reprobate...we pray for the salvation of all whom we know to have been created in God's image and who have the same nature as ourselves; and we leave to God's judgement those whom He knows to be reprobate.そして我々はこのことを祈ってしかるべきだとすべての人を受け入れるかもしれないので保存して、人類全体には、まだ区別することができるので、当選者からの無頼漢...我々の救済のための祈りを知っている我々のすべての人が作成した神のイメージと自分自身と同じ性質を持つ;神と我々の判断を残す知っていることを心に適う者無頼漢。 Comment on John 17:9コメントを17時09分ジョン

52. 52 。 ...Moreover, we offer up our prayers unto Thee, O most Gracious God and most merciful Father, for all men in general, that as Thou art pleased to be acknowledged the Saviour of the whole human race by the redemption accomplished by Jesus Christ Thy Son, so those who are still strangers to the knowledge of him, and immersed in darkness, and held captive by ignorance and error, may, by Thy Holy Spirit shining upon them, and by Thy gospel sounding in their ears, be brought back to the right way of salvation, which consists in knowing Thee the true God and Jesus Christ whom Thou hast sent... ...また、我々の祈りを提供する私たちのなた、なたの父慈悲深く慈悲深い神とは、すべての人のため一般的に、なたこととして認めてうれしく思う全人類の救い主の償還されたイエスキリストによって成し遂げあなたの息子さんは、今はまだ見知らぬ人たちの知識を彼には、暗闇の中に没頭してとは、無知とエラーが発生すると捕虜には、 5月は、かれらの上に輝く聖霊によってなた、なたの福音書とされた彼らの耳に響き、に帰される救世道を右には、なたで構成さを知って神とイエスキリストの真の送信者なた... Forms of Prayer for the Church Tracts, Vol.教会のための祈りの形態の路、 vol 。 2, p. 2 、 p. 102. 102 。

53. 53 。 The draught appointed to Christ was to suffer the death of the cross for the reconciliation of the world.喫水任命されるのは、キリストの十字架の死を受けるために、世界の和解。 Comment on John 18:11コメントを18時11分ジョン

54. 54 。 And surely there is nothing that ought to be more effective in spurring on pastors to devote themselves more eagerly to their duty than if they reflect that it is to themselves that the price of the blood of Christ has been entrusted.そして確かに本来やらなければならないことは何もないより効果的に駆り立てるの牧師をしてもっと熱心に専念している場合よりも自分の義務を反映することは、彼ら自身は、価格を表示するには、キリストの血を委託されています。 For it follows from this, that unless they are faithful in putting out their labour on the Church, not only are they made accountable for lost souls, but they are guilty of sacrilege, because they have profaned the sacred blood of the Son of God, and have made useless the redemption acquired by Him, as far as they are concerned.このことから以下の通り、忠実にしてパットアウトしない限り、彼らは彼らの労働は、教会は、前の責任だけでなく、彼らのためには魂を失ったが、彼らは、冒とく罪を犯したので、彼らは、神聖な血液のprofaned神の御子は、とは無用の償還に買収された彼の前に、彼らは心配限りです。 But it is a hideous and monstrous crime if, by our idleness, not only the death of Christ becomes worthless, but also the fruit of it is destroyed and perishes...しかし、これは、極悪非道の忌まわしい犯罪の場合とは、私たちの怠惰では、キリストの死になるだけでなく、ろくでもないが、それはまた、果物の破壊やperishes ... Comment on Acts 20:28コメントする行為を20時28分

55. 55 。 For we ought to have a zeal to have the Church of God enlarged, and increase rather than diminish.我々のためにしなければならないかもしれないが、教会の神の熱意を拡大し、増加させるというより減少する。 We ought to have a care also of our brethren, and to be sorry to see them perish: for it is no small matter to have the souls perish which were bought by the blood of Christ.我々も注意しなければならないかもしれないが、我々の兄弟は、申し訳ありませんが、それらを参照してくださいペリッシュ:ささいなことではないことは消滅するには、魂が、キリストの血を買っている。 Sermons on Timothy and Titus, p.タイタスティモシーと説教して、 p. 817

56. 56 。 Because God does not work effectually in all men, but only when the Spirit shines in our hearts as the inward teacher, he adds to every one that believeth.手際良く仕事をしていないので、神のすべての男たちは、そのときの精神だけで、 299日の対内教師としての我々の心は、彼を追加するごとに1つのことを信じています。 The Gospel is indeed offered to all for their salvation, but its power is not universally manifest...When, therefore, the Gospel invites all to partake of salvation without any difference, it is rightly termed the doctrine of salvation.すべての福音を提供するためには本当に自分の救いは、電源が入っていないが、普遍的マニフェスト...ときには、したがって、福音の救済に参加するすべての招待状なしでの違いは、名前が付いたことは、当然の法理の救いだ。 For Christ is there offered, whose proper office is to save that which had been lost, and those who refuse to be saved by Him shall find Him their Judge.提供するためにキリストがあるのは、その適切な事務所が紛失して保存されていたことは、人々を拒否すると彼に救われる彼は、自分の判断を見つける。 Comment on Romans 1:16コメントをローマ人への手紙1時16分

57. 57 。 Faith is the beginning of godliness, from which all those for whom Christ died were estranged...[God] loved us of His own good pleasure, as John tells us (John 3:16)...We have been reconciled to God by the death of Christ, Paul holds, because His was an expiatory sacrifice by which the world was reconciled to God...信仰の始まりは、神を敬うことは、そこからのすべての人のためにキリストが死ん誰が私たちを愛して別居... [神]は、自分の良い喜びを、教えてくれるとジョン(ジョン3時16分) ...我々は神に和解してキリストの死によって、ポール保持し、償いをするために自分を犠牲にされたのは、世界では、仲直りして、神へ... Comment on Romans 5: 6-10コメントをローマ人への手紙5 : 6月10日

58. 58 。 Paul makes grace common to all men, not because it in fact extends to all, but because it is offered to all.グレースポールによりすべての男性に共通して、実際に拡張していないので、すべてが、なぜならこれはすべて提供しています。 Although Christ suffered for the sins of the world, and is offered by the goodness of God without distinction to all men, yet not all receive him.キリストのために罪を受けたにもかかわらず、世界では、提供されるとは、神の善良さをすべての人を区別せずには、まだ彼はすべてを受け取る。 Comment on Romans 5:18コメントをローマ人への手紙5時18分

59. 59 。 ...the price of the blood of Christ is wasted when a weak conscience is wounded, for the most contemptible brother has been redeemed by the blood of Christ. ...の価格は、キリストの血を無駄に弱い良心が傷ついたときは、弟のため、最も卑劣されて、キリストの血によって換金されます。 It is intolerable, therefore, that he should be destroyed for the gratification of the belly.耐え難いことは、したがって、そのために彼の喜びを破壊しなければならない、腹の足しにした。 Comment on Romans 14:15コメントをローマ人への手紙14:15

60. 60 。 For one can imagine nothing more despicable than this, that while Christ did not hesitate to die so that the weak might not perish, we, on the other hand, do not care a straw for the salvation of the men and women who have been redeemed at such a price.何もないことを想像するよりももっと卑劣これは、キリストしなかったちゅうちょしている間に弱いので、死ぬかもしれない滅びていない、我々は、その一方で、わらを気にしないで、男性と女性の救いになってきた人の換金このような価格です。 This is a memorable saying, from which we learn how precious the salvation of our brothers ought to be to us, and not only that of all, but of each individual, in view of the fact that the blood of Christ was poured out for each one...If the soul of every weak person costs the price of the blood of Christ, anyone, who, for the sake of a little bit of meat, is responsible for the rapid return to death of a brother redeemed by Christ, shows just how little the blood of Christ means to him.これは、忘れられないと言って、我々からの貴重な方法については、我々の救いを私たちの兄弟でなければならない、としてだけでなく、すべてのではなく、個々のは、事実を考慮して、キリストの血を注ぎ出すためには、各...場合、 1つの魂のすべての弱い人は、コストの価格は、キリストの血は、誰でも、誰のために、少々の肉は、責任を負うのは、急速に戻り、兄の死によって換金さキリストは、ショーただ、どのように小さなキリストの血を意味しています。 Contempt like that is therefore an open insult to Christ.したがって侮辱するようなことは、キリストを侮辱開いている。 Comment on 1 Corinthians 8:11コメントを1コリンチャンス8時11分

61. 61 。 ...God was in Christ and then that by this intervention He was reconciling the world to Himself...Although Christ's coming had its source in the overflowing love of God for us, yet, until men know that God has been propitiated by a mediator, there cannot but be on their side a separation which prevents them from having access to God...[Paul] says again that a commission to offer this reconciliation to us has been given to ministers of the Gospel...He says that as He once suffered, so now every day He offers the fruit of His sufferings to us through the Gospel which He has given to the world as a sure and certain record of His completed work of reconciliation. ...神は、キリストによってこの介入して、それから彼は世界中の人々に自分自身和解...にもかかわらず、キリストの来源は、神の愛があふれているため、私たちは、まだ、男性まで知っていることを神にされてpropitiated調停者は、そこにすることはできませんが、自分たちの側からの分離を前にしてアクセスを許す神... [ポール]ということを重ねて、委員会によれば、この和解を提供してきた我々に与えられた大臣は、彼によれば、ゴスペル...彼は一度として受けたので、今は毎日果物を提供して彼は彼の福音書を通して、私たちの苦しみを与えられた彼は、世界記録としての彼の確認や特定の和解の作業を完了します。 Thus the duty of ministers is to apply to us the fruit of Christ's death.したがって、関税を適用するには、我々の閣僚は、キリストの死の果実です。 Comment on 2 Corinthians 5:19コメントを2コリンチャンス5時19分

62. 62 。 ...when Christ appeared, salvation was sent to the whole world... ...キリストが登場する際は、送信された、全世界の救世... Comment on 2 Corinthians 6:2コメントを2コリンチャンス6時02分

63. 63 。 Pighius speaks...that Christ, the Redeemer of the whole world, commands the Gospel to be preached promiscuously to all does not seem congruent with special election. pighius喋る...して、キリストは、全世界の救い主、コマンドpromiscuously福音を説教されるすべての合同で特別選挙ていないようだ。 But the Gospel is an embassy of peace by which the world is reconciled to God, as Paul teaches (2 Cor. 5:18); and on the same authority it is announced that those who hear are saved.しかし、福音書は、大使館では、世界の平和を神に和解して、ポールを教える( 2うわっ。 5時18分) ;と同じ権限を発表したことが聞こえる人たちが保存されます。 I answer briefly that Christ was so ordained for the salvation of the whole world that He might save those who are given to Him by the Father, that He might be their life whose head He is, and that He might receive those into participation of His benefits whom God by His gratuitous good pleasure adopted as heirs for Himself.私の回答は非常に簡潔にして、キリストの救いのために定められた、全世界を救うかもしれない人たちは彼に与えられた彼の父親は、自分の人生のことかもしれないが彼の頭彼は、それらを受けるかもしれないとして彼は彼の参加彼の良いいわれのない神の恩恵によって、自分で自分の相続人としての喜びを採択した。 Which of these things can be denied?...Even those opposed to me will concede that the universality of the grace of Christ is not better judged than from the preaching of the Gospel.これらのことを否定したことができますか?へ...それらに反対しても私には、普遍性を認めることは、キリストの恵みではないと判断さよりもより良い説教は、福音書からです。 But the solution of the difficulty lies in seeing how the doctrine of the Gospel offers salvation to all.しかし、解決策の難しさがあるの教義をどのように見て救いの福音をすべて提供しています。 That it is salvific for all I do not deny.それが私のすべての救済を否定しない。 But the question is whether the Lord in His counsel here destines salvation equally for all.しかし、問題は、彼の助言をするかどうかはここで、主のためにすべて等しくdestines救いです。 All are equally called to penitence and faith; the same mediator is set forth for all to reconcile them to the Father - so much is evident.すべての人は平等に懺悔と呼ばれる信仰;と同じメディエーターは和解を定めるためにそれらをすべての父親-そんなには明らかです。 But it is equally evident that nothing can be perceived except by faith, that Paul's word should be fulfilled: the Gospel is the power of God for salvation to all that believe (Rom. 1:16).しかし、同様に明らかにすることは何もないが感知できることによって信仰を除いて、ポールの言葉を完遂しなければならない:福音は、救いのために神の力を信じてすべてのこと( rom. 1時16分) 。 But what can it be for others but a savour of death to death?しかし、それが他人のために何ができるのではなく、死を死の風味ですか? as he elsewhere says (2 Cor. 2:16).彼によれば他の場所として( 2うわっ。 2時16分) 。

Further, since it is clear that out of the many whom God calls by His external voice very few believe, if I prove that the greater part remain unbelieving because God honours with illumination none but those whom He will, then I draw another conclusion.さらに、それははっきりして以来、多くの神のうちの外部音声通話はほとんどいないと思われる彼は、もし私の大部分は依然として懐疑的であることを証明するために神の優等者照明なしでも彼は、それからもう一つの結論を描く。 The mercy of God is offered equally to both kinds of men, so that those who are not inwardly taught are rendered only inexcusable....神の慈悲は、両方の種類の男性と同等に提供するので、内心ではない人たちがレンダしか教え許せない.... Concerning the Eternal Predestination of God, p.神の永遠の宿命については、 p. 102-3一〇二から三

64. 64 。 It is not enough to regard Christ as having died for the salvation of the world; each man must claim the effect and possession of this grace for himself personally.十分に考慮することではないとして、キリストの救いになって死亡したため、世界;それぞれの男の所持しなければ、この主張の効果と個人的に自分自身のための猶予。 Comment on Galatians 2:20コメントをガラテヤ人への手紙2時20分

65. 65 。 God commends to us the salvation of all men without exception, even as Christ suffered for the sins of the whole world.私たちの神の救いをれることなく、すべての人を除いて、苦しんでも、キリストの罪のために、全世界のです。 Comment on Galatians 5:12コメントをガラテヤ人への手紙5時12分

66. 66 。 And he contenteth not himself to say, that Christ gave himself for the world in common, for that had been but a slender saying: but (sheweth that) every of us must apply to himself particularly, the virtue of the death and passion of our Lord Jesus Christ.そして彼は自分自身contentethていないと言って、自分自身のためにキリストは、世界の共通点は、そのためではなく、ほっそりしたと言っていた:しかし、 (そのsheweth )ごとに、我々自身に適用する必要があります特に、死の美徳とは、私たちの情熱主イエスキリストです。 Whereas it is said that the Son of God was crucified, we must not only think that the same was done for the redemption of the world: but also every of us must on his own behalf join himself to our Lord Jesus Christ, and conclude, It is for me that he hath suffered...But when we once know that the thing was done for the redemption of the whole world, pertaineth to every of us severally: it behoveth every of us to say also on his own behalf, The Son of God hath loved me so dearly, that he hath given himself to death for me...we be very wretches if we accept not such a benefit when it is offered to us...Lo here a warrant for our salvation, so as we ought to think ourselves thoroughly assured of it.それによるとは、神の御子は、十字架につけられ、しなければならないと考えているだけでなく、同様のことが行われたために、世界の償還:だけでなく、自分のすべてを私たちに代わって加入する必要があります自分自身をわたしたちの主イエスキリストの、そして結論は、それは私に言ってかれのため苦しんで…でも、そのときに私たちのことを知っているかつての償還が行われたため、全世界のは、私たちのpertainethごとに個別: behovethごとに私たちのことを言っても彼自身に代わって、だからかれらの神の息子を心から愛して僕は、かれが私に与えられた自分自身のために死... wretchesもし我々が非常に我々を受け入れる際にはそのような利点を提供することは、私たちにとって... loここで、私たちの救いを保証するために、今自分自身を徹底的に考えるべきだと我々は確信することです。 Sermons on Galatians, p.ガラテヤ人への手紙説教して、 p. 106-7一〇六〜七

67. 67 。 Christ is in a general view the Redeemer of the world, yet his death and passion are of no advantage to any but such as receive that which St Paul shows here.イエスキリストが、大方の見方は、世界の救い主、まだ彼の死を利用していないと情熱には、どんなものでも受けるなど、ここセントポールを示しています。 And so we see that when we once know the benefits brought to us by Christ, and which he daily offers us by his gospel, we must also be joined to him by faith.だから我々と我々を参照して一度知っているときに、私たちをキリストの恩恵をもたらしたし、彼は毎日のオファーが彼の福音書によって我々は、我々は彼を信仰にも参加しています。 Sermons on Ephesians, p.エペソ人説教して、 p. 55

68. 68 。 Also we ought to have good care of those that have been redeemed with the blood of our Lord Jesus Christ.我々も大切にしなければならないかもしれないそれらを換金してきた私たちの主イエスキリストの血。 If we see souls which have been so precious to God go to perdition, and we make nothing of it, that is to despise the blood of our Lord Jesus Christ.もし我々の魂を参照してください神にされてきた貴重な地獄に落ちるので、我々に何もないとのこと、それは軽蔑して、わたしたちの主イエスキリストの血。 Sermons on Ephesians, p.エペソ人説教して、 p. 521

69. 69 。 For the wretched unbelievers and the ignorant have great need to be pleaded for with God; behold them on the way to perdition.悲惨な不信心者と無知のためには優れたしなければならないために、神について;破滅への道を見ている。 If we saw a beast at the point of perishing, we would have pity on it.もし我々が見た時点で枯れる獣は、我々はそれに同情を示す。 And what shall we do when we see souls in peril, which are so precious before God, as he has shown in that he has ransomed them with the blood of his own Son.そして私たちはどのようなときには、我々の魂を参照してください危険にさらされて、これは非常に貴重な神の前に、彼には示されて贖いをして彼は、自分の息子の血液です。 If we see then a poor soul going thus to perdition, ought we not to be moved with compassion and kindness, and should we not desire God to apply the remedy?もし我々が貧しい人々の魂を参照して次に行くトゥパーディション従って、我々はしかるべきだ思いやりと優しさに感動して、我々は欲望とは、神の救済策を適用するか? So then, St. Paul's meaning in this passage is not that we should let the wretched unbelievers alone without having any care for them.それから、聖パウロのではないという意味で、この通過しなければならないことなく一人でさせてから、任意の不信心者たちの悲惨なケアを持っています。 We should pray generally for all men...我々はすべての人のために祈る通常... Sermons on Ephesians, p.エペソ人説教して、 p. 684-5六百八十四から五まで

70. 70 。 He says that this redemption was procured by the blood of Christ, for by the sacrifice of His death all the sins of the world have been expiated.彼によれば、この償還が調達されたキリストの血は、彼の死のために犠牲にされた、世界のすべての罪をexpiatedてきた。 Comment on Colossians 1:14コメントをコロサイ人への手紙1時14分

71. 71 。 For although it is true that we must not try to decide what is God's will by prying into His secret counsel, when He has made it plain to us by external signs, yet that does not mean that God has not determined secretly within Himself what He wishes to do with every single man.用とはいえ、そうしなければならないのは事実ではないことを決めることは、神の意志によって彼の秘密の助言をのぞき、プレーンとき彼はそれを私たちによって外部の兆しは、まだしてないということで決定していないが、神内でひそかに彼自身は何一つ一つの願いをしている男だ。

But I pass from that point which is not relevant to the present context, for the apostle's meaning here is simply that no nation of the earth and no rank of society is excluded from salvation, since God wills to offer the Gospel to all without exception...For as there is one God, the Creator and Father of all, so, he declares, there is one Mediator, through whom access to God is not given only to one nation, or to few men of a particular class, but to all, for the benefit of the sacrifice, by which He has expiated for our sins, applies to all...The universal term 'all' must always be referred to classes of men but never to individuals.しかし、私からして合格点に関連することではありませんが、現在のコンテキストでは、ここには、使徒の意味がないことは、単に国は、地球と社会のランクはないから除外救いは、神の意志を提供して以来、例外なくすべての福音です。 ..ためには1つの神としては、すべての創造と父は、今、彼は宣言は、 1つのメディエーターには、誰介してアクセスできるように、神のみに与えられた1つの国ではない、あるいは少数の男性には、特定のクラスではなく、すべての利益のために犠牲にされるexpiated彼は私たちの罪のため、適用されるすべての普遍的用語... [すべて]をしなければ、いつもと呼ばれるクラスの男性が絶対に個人のです。 It is as if he had said, 'Not only Jews, but also Greeks, not only people of humble rank but also princes have been redeemed by the death of Christ.'それはまるで彼の言ったことは、 'ユダヤ人だけでなく、ギリシア人だけでなく、謙虚なだけでなく、人々のランク王侯てきただけでなく、キリストの死によって換金されます。 ' Since therefore He intends the benefit of His death to be common to all, those who hold a view that would exclude any from the hope of salvation do Him an injury.したがって彼の利益を意図して以来、彼の死にすべてに共通して、ビューを持つ人たちを除外することは、どんなことから、彼の希望救世けが。 Comment on 1 Timothy 2:3-5コメントを1ティモシー2:3-5

72. 72 。 ...no one unless deprived of sense and judgement can believe that salvation is ordained in the secret counsel of God equally for all...Who does not see that the reference [1 Tim. ...しない限り、誰も奪われる感覚と判断できると信じて救いには、定められた神の秘密検...等しくすべての人のためにはありませんが、リファレンスを参照してください[ 1ティム。 2:4] is to orders of men rather than individual men? 2時04分]は、個々の男性よりも男性の注文ですか? Nor indeed does the distinction lack substantial ground: what is meant is not individuals of nations but nations of individuals.実際には、実質的な差異も地面に欠ける:何を意味ではない、個人個人の国々でも国です。 At any rate, the context makes it clear that no other will of God is intended than that which appears in the external preaching of the Gospel.いずれにせよ、その文脈をクリアすることが、神の意志がないことは、他よりも意図して外部に表示されて説教は、福音です。 Thus Paul means that God wills the salvation of all whom He mercifully invites by the preaching of Christ.こうしてポールを意味し、神の救いの意志による招待は有り難いことにすべての心に適うキリストの説法。 Concerning the Eternal Predestination of God, p.神の永遠の宿命については、 p. 109

73. 73 。 So then, seeing it is God his will that all men should be partakers of that salvation which he hath sent in the person of his only begotten Son...yet we must mark that Saint Paul speaketh not here of every particular man, but of all sorts, and of all people: Therefore, when he saith, that God will have all men to be saved, we must not think that he speaketh here of Peter, or John, but his meaning is this, that whereas in times past he chose out one certain people for himself, he meaneth now to show mercy to all the world...but when Jesus Christ came to be a common Saviour for all in general, he offered the grace of God his father, to the end that all might receive it...Let us see now, whether God will draw all the world to [the Gospel] or not.それから、彼は神を見たことは、すべての男性に救いをしなければならないのpartakersかれ送られるだけで、自分の生まれた人の息子へ...まだしなければならないセントポールspeakethマークしていない特定のページのすべての男は、しかし、あらゆる種類、およびすべての人々 :そのため、彼は言うときに、その神はすべての人を保存するには、我々が必要とは思わないが、ここで彼は、ピーターspeaketh 、またはジョンが、しかし彼は、この意味が、その一方で彼は過去の回アウト1つの特定の人々が自分自身を選んだのは、彼meaneth今、世界のすべてを見せる慈悲を…でもイエスキリストに来たときに、すべての共通の救い主一般的に、彼は神の恩寵提供し、父親は、そのすべての終わりにそれを見てみましょうを受けるかもしれない...今は、神かどうかは、世界のすべてを描く[福音]なかろう。 No, no: for then had our Lord Jesus Christ said in vain No man can come to me, unless God my Father teach him (Jn. 6:44)...いや、いや:その後は私たちの主イエスキリストのためによるとは誰にもできない無駄な話が来て、私の父の神を教えるしない限り、彼( jn. 6時44分) ...

It followeth then, that before the world was made, (as Saint Paul saith in the first to the Ephesians) God chose such as it pleased him: and it pertaineth not to us to know, why this man, more than that man, we know not the reason...Saint Paul speaketh not here of every particular man, (as we shewed already) but he speaketh of all people...now God showeth himself a Saviour of all the world...Saint Paul speaketh not in this place, of the strait counsell of God, neither that he meaneth to lead us to this everlasting election and choice which was before the beginning of the world, but only sheweth us what God his will and pleasure is, so far forth as we may know it.それに従うそれから、その前に、世界は前には、 (セントポールと言うのを最初に、エペソ人)などを選んだことに満足して彼の神: pertainethしていないことを知って、私たちは、なぜこの男は、あの男以上に、我々知っているわけではありません...セントポールspeakethここでは、すべての特定の男は、 (我々としては既にshewed ) speakethしかし、彼のすべての人々に自分自身に示される神...今、世界のすべての救い主セントポールspeakethない...この場所は、神の海峡カウンセルは、どちらも私たちをリードして彼meanethこの永遠の選挙を前に、選択された、世界の初めに、私たちは何でも神のみsheweth彼の意志と喜びは、これまでのところ我々として来たりする可能性知っていることだ。 Truth it is, that God changeth not, neither hath he two wills, neither does he use any counterfeit dealing, as though he meant one thing, but would not have it so.真実それは、神changethていないことは、どちらもかれは2つの遺言は、何と言っても偽造品の取引を使用して、まるで彼を意味するものだけど、今はそれがない。 And yet doth the Scripture speak unto us after two sorts touching the will of God...God doeth exhort all men generally, thereby we may judge, that it is the will of God, that all men should be saved, as he saith also by the Prophet Ezekiel I will not the death of a sinner, but that he turn himself and live (Ezek. 18:23)...For Jesus Christ is not a Saviour of three or four, but he offereth himself to all...And is he not the Saviour of the whole world as well?まだ蓄えが、啓典と話す後の2つの種類に触れて、わたしたちは神のすべての男性に熱心に勧める...神doの3人称単数通常、我々が判断する可能性は、それが神の意志には、すべての男性にして保存しなければならない、と彼は言うにも預言者エゼキエルによって、私はそれを、罪人の死が、彼は自分自身の電源とライブ( ezek. 18時23分) ...ではない救い主イエスキリストのための3つまたは4つが、彼自身をすべてoffereth .. 。はなく、彼とは、全世界の救い主として井戸のですか? Is Jesus Christ come to be the Mediator between two or three men only?されるようになるのは、イエスキリストの2つまたは3人の男性の間で調停者のみですか? No, no: but he is the Mediator between God and men...いや、いや:しかし、彼は、神と人間の間の仲介役... Sermons on Timothy and Titus, pp.タイタスティモシーと説教して、 pp 。 149-60百四十九から六十

74. 74 。 Repentance and faith must needs go together...God receiveth us to mercy, and daily pardoneth our faults through his free goodness: and that we be justified because Jesus Christ hath reconciled him unto us, inasmuch as he accepteth us for righteous though we be wretched sinners: in preaching this, it behoveth us to add, how it is upon condition that we return unto God: as was spoken of heretofore by the prophets.後悔とは相性が...神を信仰する必要がありますreceiveth我々のニーズに慈悲、そして私たちの日常pardoneth自分の欠点を介して無料で善良:であり、我々がイエスキリストのためにかれらを正当化仲直り彼わたしたちは、私たちを受け入れ〜だけれども彼は私たちにも正しい惨めな罪人:この説教で、私たちbehovethを追加することは、どのようにして我々の状態に復帰することは神:としては、今まで話されるの預言者です。 Sermons on Timothy and Titus, pp.タイタスティモシーと説教して、 pp 。 1181-2 1181〜2

75. 75 。 Indeed the death of Christ was life for the whole world...確かに、キリストの死は、全世界のために命を... Comment on Hebrews 8:2コメントをヘブル人への手紙8時02分

76. 76 。 He suffered death in the common way of men, but He made divine atonement for the sins of the world as a Priest.彼の死は、共通の方法で苦しんで、男性が、彼の前に神のために罪の償いとして、世界の司祭。 Comment on Hebrews 8:4コメントをヘブル人への手紙8時04分

77. 77 。 To bear the sins means to free those who have sinned from their guilt by his satisfaction.クマの罪を意味する彼らの自由な人々は罪を犯しました罪悪感から彼の満足度です。 He says many meaning all, as in Rom.と彼は言います多くの意味をすべて、 ROMのようにします。 5:15. 5時15分です。 It is of course certain that not all enjoy the fruits of Christ's death, but this happens because their unbelief hinders them.特定していないことはもちろん、すべてのキリストの死を享受するが、この問題が発生したため、彼らの不信仰妨げている。 Comment on Hebrews 9:27コメントをヘブル人への手紙9時27分

78. 78 。 He brought His own blood into the heavenly sanctuary in order to atone for the sins of the world.彼は、自分の血をもたらした天の聖域の罪を償うためには、世界のです。 Comment on Hebrews 13:12コメントをヘブル人への手紙13時12分

79. 79 。 So we must beware, or souls redeemed by Christ may perish by our carelessness, for their salvation to some degree was put into our hands by God.用心しなければならないので、あるいは換金されたキリストの魂によって私たちの不注意で死ぬ可能性は、彼らの救済のためにはいくつかの学位を手に入れて私たちの神です。 Comment on James 5:20コメントをジェームズ5時20分

80. 80 。 It was not a common or a small favour that God put off the manifestation of Christ to their time, when He had ordained Him by His eternal counsel for the salvation of the world...a remedy for mankind...He ordained that Christ should be the Redeemer, who would deliver the lost race of man from ruin...[but] the manifestation of Christ does not refer to all indiscriminately, but belongs only to those whom He illumines by the Gospel.それは、共通または小さな神の恩恵を先送りにして、自分の時間を、キリストの現れ、彼によって定められた時に彼は彼の永遠の救済のため、世界の検... ...彼は、人類の救済のために定められたキリスト身請けしなければならないのは、だれが失われたレースを届けるの男を破滅から... [しかし]キリストの現れていないのすべてを参照して無差別には、しかし心に適う者のみに属するilluminesによる福音です。 Comment on 1 Peter 1:20コメントを1ピーター1時20分

81. 81 。 We have the Gospel in its entirety, when we know that He who had long been promised as Redeemer came down from heaven, put on our flesh, lived in the world, experienced death and then rose again; and secondly when we see the purpose and fruits of all these things in the fact that He was God with us, that He gave us in Himself a sure pledge of our adoption, that by the grace of His Spirit He has cleansed us from the stains of our carnal iniquities and consecrated us to be temples to God, that He has raised us from the depths to heaven, that by His sacrificial death He has made atonement for the sins of the world, that He has reconciled us to the Father, and that He has been the source of righteousness and life for us.全体として我々は、福音書は、ときに我々が知っている彼は約束されていたロングダウン天から来た救い主として、私たちの肉をつける、世界に住んでいるのは、バラの死を経験し、次に再び;と第二時と我々の目的を参照してください果物は、これらすべてのことは、事実をして彼は私たちの神は、私たちが自分自身で、彼は私たちの養子縁組を誓約するかは、彼の精神が彼の恵みによって私たちは清めの汚れから私たちを私たちの肉欲iniquitiesと聖体拝領寺院を神には、彼が提起してから、私たちの深みを天に向かって、それによって彼のいけにえの死を前に彼は、世界の様々な罪の償いのため、仲直りして彼には私たちの父には、ソースとしてきた彼の正義そして私たちの生活のためだ。 Whoever holds to these things has rightly grasped the Gospel.これらのことは誰でも保有して福音を正しく把握しています。 Comment on 2 Peter 1:16コメントを2ピーター1時16分

82. 82 。 Christ redeemed us to have us as a people separated from all the iniquities of the world, devoted to holiness and purity.私たちは私たちをキリストの換金として、すべての人々から分離さiniquitiesの世界では、ホーリネスと純度をテーマにした。 Those who throw over the traces and plunge themselves into every kind of licence are not unjustly said to deny Christ, by whom they were redeemed.オーバースローの人たちとプランジ自身の痕跡を不当にあらゆる種類の免許証ではないによると、キリストを否定するのは、彼らが換金された。 Comment on 2 Peter 2:1コメントを2ピーター2:1

83. 83 。 This is His wondrous love towards the human race, that He desires all men to be saved, and is prepared to bring even the perishing to safety...It could be asked here, if God does not want any to perish, why do so many in fact perish?これは彼の素晴らしい人類愛に向かって、すべての人が彼の欲望に保存される、との覚悟を持っても、安全性...したくてたまらないように頼まれるかもしれないここでは、いかなる場合に消滅するわけではないが、神は、なんでそんなに実際、多くの消滅するか? My reply is that no mention is made here of the secret decree of God by which the wicked are doomed to their own ruin, but only of His loving-kindness as it is made known to us in the Gospel.私の返答は言及がないことは前にここでは、秘密にされたが、邪悪な神の命令には、自分の運命に台無しには、自分だけの親愛として知られていることが我々の前に福音です。 There God stretches out His hand to all alike, but He only grasps those (in such a way as to lead to Himself) whom He has chosen before the foundation of the world.神の手を伸ばしますあるすべてのアウトを問わず、それらのgraspsしかし、彼だけ(そのような方法で自分自身につながるように)彼には誰財団は、世界の前に選ばれた。 Comment on 2 Peter 3:9コメントを2ピーター3時09分

84. 84 。 He put this in for amplification, that believers might be convinced that the expiation made by Christ extends to all who by faith embrace the Gospel.彼はこれを増幅、信者かもしれないと確信して、罪の償いを拡張して作られるすべての人の信仰によって、キリストの福音を受け入れる。 But here the question may be asked as to how the sins of the whole world have been expiated.しかし、ここでの問題をどのようにするように頼まれるかもしれませんが、全世界の罪expiatedてきた。 I pass over the dreams of the fanatics, who make this a reason to extend salvation to all the reprobate and even to Satan himself.私の夢は、避けて通るの狂信者は、この人に救いを延長する理由を悪魔のすべての無頼漢と自分自身にも。 Such a monstrous idea is not worth refuting.このようなアイデアは何の価値もない極悪非道の反論しています。 Those who want to avoid this absurdity have said that Christ suffered sufficiently for the whole world but effectively only for the elect.この不条理を避けるためにしようとする人が十分によると、キリストのために苦しんで、全世界のために選ばれただけでも効果的です。 This solution has commonly prevailed in the schools.このソリューションは、学校ではよく優勢です。 Although I allow the truth of this, I deny that it fits the passage.にもかかわらず、この私が真実であることを許可する、私の発作を通過することを否定しています。 For John's purpose was only to make this blessing common to the whole church.ジョンの目的のためだけには、この祝福教会全体に共通しています。 Therefore, under the word 'all' he does not include the reprobate, but refers to all who would believe and those who were scattered through various regions of the earth.したがって、その言葉の下で'すべての'彼は自堕落が含まれていないが、すべての人たちを指しますと信じていた人たちは、地球に散在する様々な地域です。 For, as is meet, the grace of Christ is really made clear when it is declared to be the only salvation of the world.のため、会うとしては、キリストの恵みは本当に明確に宣言されるとき、それは、世界の救世のみです。 Comment on 1 John 2:2コメントを1ジョン2時02分

85. 85 。 Georgius thinks he argues very acutely when he says: Christ is the propitiation for the sins of the whole world; and hence those who wish to exclude the reprobate from participation in Christ must place them outside the world.彼は非常に強く主張するときだと思ってgeorgiusと彼は言います:キリストは、和解のために、全世界の罪;したがって希望者を除外すると、自堕落な場所にする必要がありますから参加して、キリストの外の世界です。 For this, the common solution does not avail, that Christ suffered sufficiently for all, but efficaciously only for the elect.そのためには、共通の解決策はありませんのでご了承願います、十分に苦しんでキリストのためにすべてのことが、 efficaciouslyのみを選出する。 By this great absurdity, this monk has sought applause in his own fraternity, but it has no weight with me.この偉大な不条理された場合、この僧侶は、自分自身の友愛拍手が求められ、それが私の体重がない。 Wherever the faithful are dispersed throughout the world, John [1 Jn.どこで忠実には、世界中に分散された、ジョン[ 1日本人です。 2:2] extends to them the expiation wrought by Christ's death. 2時02分]かれらの罪の償いを拡張して、キリストの死によってもたらされた。 But this does not alter the fact that the reprobate are mixed up with the elect in the world.しかし、この変更はないという事実を、自堕落な男女の関係になるのは、世界で選出する。 It is incontestable that Christ came for the expiation of the sins of the whole world.議論の余地が来たことは、キリストの罪の償いのため、全世界のです。 But the solution lies close at hand, that whosoever believes in Him should not perish but should have eternal life (Jn. 3:15).しかし、手近にある解決策は、誰でもしてはいけないと考えて、彼は永遠の命が消滅する( jn. 3時15分) 。 For the present question is not how great the power of Christ is or what efficacy it has in itself, but to whom He gives Himself to be enjoyed.質問ではないため、現在の偉大な力をどのようにイエスキリストがどのような効果やそれはそれ自体ではなく、自分自身に与え心に適う楽しんだ。 If possession lies in faith and faith emanates from the Spirit of adoption, it follows that only he is reckoned in the number of God's children who will be a partaker of Christ.もしうそを所持信仰と精霊信仰というものは生まれないからの養子縁組については、以下の通りとしか彼は無視することは、神の子供たちの数は、キリストの相伴。 The evangelist John sets forth the office of Christ as nothing else than by His death to gather the children of God into one (Jn. 11:52).ヨハネの福音伝道キリストの事務所に送付されるほかの何よりも彼の死を収集するよりも、神の子供たちを1つ( jn. 11:52 ) 。 Hence, we conclude that, though reconciliation is offered to all through Him, yet the benefit is peculiar to the elect, that they may be gathered into the society of life.従って、我々との結論を下すが、和解には、すべての提供を通じて彼は、まだその恩恵に特有の当選者は、かれらが集まって、社会生活のです。 However, while I say it is offered to all, I do not mean that this embassy, by which on Paul's testimony (2 Cor. 5:18) God reconciles the world to Himself, reaches to all, but that it is not sealed indiscriminately on the hearts of all to whom it comes so as to be effectual.しかし、中に私のすべてを提供すると言うことは、言うつもりはありませんが、この大使館は、ポールの証言をされる( 2うわっ。 5時18分) reconciles世界中の人々に自分自身の神は、すべてに達するが、そのことではない密閉された無差別すべての人の心をして来るようにすることが効果的です。 Concerning the Eternal Predestination of God, pp.神の永遠の宿命に関する、 pp 。 148-9一四八から九

86. 86 。 He again shows the cause of Christ's coming and His office when he says that He was sent to be the propitiation for sins...For propitiation strictly refers to the sacrifice of His death.彼は再びキリストの原因を示して来る時に彼と彼の事務所によると、彼はなだめに送信されるため、厳密に罪を指します...をなだめ彼の死を犠牲にしています。 Hence we see that to Christ alone belongs this honour of expiating for the sins of the world and taking away the enmity between God and us.従って我々だけで、キリストに属することを参照して、この名誉のために罪をexpiating取り上げることは、世界との間の反目と私たちの神です。 Comment on 1 John 4:10コメントを1ヨハネ4:10

87. 87 。 Certainly, in 2 Pet.確かに、中2のペットです。 2:1, there is reference only to Christ, and He is called Master there. 2:1は、キリストのみを参考には、マスターと呼ばれる彼はそこです。 Denying...Christ, he says, of those who have been redeemed by His blood, and now enslave themselves again to the devil, frustrating (as best they may) that incomparable boon. ...キリストを否定し、彼によれば、彼の持っている人は換金された血液中のため、今では、悪魔に奴隷にして再度、もどかしい(として最良のかもしれない)が無類の恩恵です。 Comment on Jude 4コメントをジュード4

88. 88 。 [Him God set forth to be a propitiation through faith in his blood for our sins, and not for ours only, but also for the sins of the whole world...But though he died for all, all do not receive the benefit of his death, but those only to whom the merit of his passion is communicated... [彼の神をなだめよう定めるに血液を介して私たちの罪を信じている彼は、私たちのためだけではなく、様々な罪のためだけでなく、全世界のすべての...しかしかかわらず、彼が死んだためには、すべての利益の受信しない彼の死は、しかし、これらのメリットがあるだけに、彼の情熱は誰に伝達... (Articles III, IV of the Sixth Session of the Council of Trent)] (記事3世、 4世の6番目のセッションは、評議会のトレント) ]

The third and fourth heads I do not touch...私の頭の3番目と4番目には触れない... Antidote to the Council of Trent, Tracts, Vol.解毒剤をトレントの評議会は、路、 vol 。 3, pp. 3 、 pp 。 93, 109 93 、 109

89. 89 。 ...Christ, who is the salvation of the world,... ...キリストは、誰が、世界の救いには、 ... Catechism of the Church of Geneva, Tracts, Vol.公教要理は、教会のジュネーブで、路、 vol 。 2, p. 2 、 p. 47

90. 90 。 I John Calvin, servant of the Word of God in the church of Geneva, weakened by many illnesses...thank God that he has not only shown mercy to me, his poor creature...and suffered me in all sins and weaknesses, but what is more than that, he has made me a partaker of his grace to serve him through my work...I confess to live and die in this faith which he has given me, inasmuch as I have no other hope or refuge than his predestination upon which my entire salvation is grounded.ジョンカルビン私は、神のみことばの使用人のは、教会のジュネーブでは、弱体化された多くの病気...神に感謝して慈悲を示すだけでなく、彼は私には、彼の貧しい人々に私のすべての生き物...と苦しんで罪や弱点は、しかし、それ以上に何が、彼は私に彼のグレース相伴に奉仕作業を通じて彼と私の生きて死ぬ...私は告白して、この信仰を私に与えられた彼は、私がない〜だけれどもよりも他の希望や避難彼が私の宿命には、全体の救世接地。 I embrace the grace which he has offered me in our Lord Jesus Christ, and accept the merits of his suffering and dying that through him all my sins are buried; and I humbly beg him to wash me and cleanse me with the blood of our great Redeemer, as it was shed for all poor sinners so that I, when I appear before his face, may bear his likeness.彼は私を受け入れるの猶予を提供する私たちの主イエスキリストは、自分の長所や苦しみを受け入れることを通じて死にかけている彼と私のすべての罪が埋まっ;平謝り彼と私を洗って血液をもって、わたしを清めて、わたしと私たちの偉大な救い主は、すべての貧しい人々のために当てることが罪人のように私は、彼の顔の前に表示されるときに、彼の肖像クマのかもしれません。 Calvin's Last Will (April 25, 1564) Letters of John Calvin, p.カルビンの最後には、 ( 1564年4月25日)の手紙ジョンカルビン、 p. 29

SOLIDEOGLORIA solideogloria

AC CliffordクリフォードのAC

Bibliography 文献情報
AC Clifford, Atonement and Justification: English Evangelical Theology 1640-1790 - An Evaluation (Clarendon Press: Oxford, 1990); AC Clifford, Calvinus: Authentic Calvinism, A Clarification (Charenton Reformed Publishing, 1996); AC Clifford, Sons of Calvin: Three Huguenot Pastors (Charenton Reformed Publishing, 1999)交流クリフォードは、償いと正当化:日本語福音主義神学1640年から1790年-評価(クラレンドンプレス:オックスフォード、 1 990) ;交流クリフォード、カルウィヌス:本物のカルビン主義は、明確化( c harenton改心出版、 1 996) ;交流クリフォードは、息子のカルヴィン: 3つのユグノー牧師( 1999 )


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです