Books of Chronicles, the Books of Paralipomenon書籍のクロニクルは、書籍の歴代志

General Information 総合情報

The two Books of Chronicles are the 13th and 14th books of the Old Testament in the Authorized Version of the Bible.クロニクル2つの書籍の書籍は、 13日と14日、旧約聖書のは、正規のバージョンのバイブルです。 The name Chronicles is a free rendering of the Hebrew title "events of past times."クロニクルの名前は無料のレンダリングは、ヘブライ語タイトル"のイベントの過去の回クリックします。 " The author, known as the chronicler, is sometimes identified with Ezra.の著者として知られて年代記、エズラは、時には識別します。 Those scholars who believe that Chronicles and Ezra And Nehemiah were written by a single author date the work in the period 400 - 250 BC; others date Chronicles as early as 515 - 500 BC.これらの学者とエズラクロニクルwhoと思われると、 1つの著者ニーアマイアによって書かれた日付を記入し、作業期間は、 400 -2 50紀元前;他の日付クロニクル早ければ5 15- 50 0紀元前にします。 Chronicles recounts biblical history from Adam to Cyrus the Great (d. 529 BC), paralleling and often directly excerpting from Genesis through Kings, but with additional sources, frequent omissions, and different emphases.聖書の歴史からアダムクロニクルの再集計を大キュロス(民主党紀元前529 ) 、並列excerptingから直接創世記を通じて、しばしば王ではなく、追加によると、頻繁に脱落し、別の未来の大切です。 Extracts from Samuel and Kings, historical and legendary materials, sermons, oracles, and prayers are included in a genealogical framework.サミュエルとキングスから抽出し、歴史と伝説の材料、説教、 oracles 、との祈りも含まれて家系フレームワークです。

The work focuses on David and Solomon as founders of the Temple and its priestly and musical orders.その仕事に焦点を当て、デイビッドとソロモンとして同寺とその創設者の聖職者やミュージカルの注文です。 The departure of the northern kingdom of Israel from the Davidic dynasty is deplored, and the history of the southern kingdom of Judah is told with the intent of reuniting all Palestinian Jews in the purified temple worship at Jerusalem in postexilic times (after 537 BC).出発は、イスラエル北部の王国時代からのdavidicはdeplored 、南部との歴史のユダ王国の意図はreunitingは、すべてのパレスチナ人のユダヤ人は、精製寺で礼拝をバビロン捕囚後のエルサレム回(紀元前537した後) 。 Chronicles gives a more flattering view of Judah's kings than do the books of Samuel and Kings, and it emphasizes the element of miraculous divine intervention in biblical history.クロニクルの他のお世辞にも対象のユダの王の王には、サムエル記と、それの要素を強調して聖書の歴史の介入を神の奇跡です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
JC Whitcomb, Solomon to the Exile: Studies in Kings and Chronicles (1971). jc whitcomb 、ソロモンは、亡命者:研究の王とクロニクル( 1971 ) 。


Books of Chronicles, the Books of Paralipomenon書籍のクロニクルは、書籍の歴代志

Brief Outline簡単な概要

  1. Genealogies, to enable the Jews to establish their lines of family descent (1Chr. 1-9) genealogies 、ユダヤ人を有効にして彼らを確立する行のご家族降下( 1chr. 1-9 )
  2. The kingdom of David, as a pattern for the ideal theocratic state (1Chr. 10-29)キングダムオブデビッドは、理想的なパターンとして神政国家( 1chr. 10-29 )
  3. The glory of Solomon (2Chr. 1-9)栄光のソロモン( 2chr. 1-9 )
  4. The history of the southern kingdom (2Chr. 10-36)南部の歴史の王国( 2chr.十から三十六まで)


Books of Chron'icles書籍のchron'icles

Advanced Information 高度情報

The two books were originally one. 2つの書籍はもともと1つです。 They bore the title in the Massoretic Hebrew Dibre hayyamim, ie, "Acts of the Days."彼らは、穴のタイトルmassoreticヘブライ語dibre hayyamim 、すなわち、 "行為は、日中です。 " This title was rendered by Jerome in his Latin version "Chronicon," and hence "Chronicles."このタイトルはレンダリングさジェローム彼のラテン版" chronicon 、 "それゆえ"クロニクルです。 " In the Septuagint version the book is divided into two, and bears the title Paraleipomena, ie, "things omitted," or "supplements", because containing many things omitted in the Books of Kings.セプトゥアギンタのバージョンの予約は、 2つに分かれている、とクマのタイトルparaleipomena 、すなわち、 "物事は省略された場合、 "または"サプリメント"は、多くのものを含むため、省略された場合は、書籍の王です。 The contents of these books are comprehended under four heads.これらの書籍の内容を4つのヘッドが理解されています。 (1.) The first nine chapters of Book I. contain little more than a list of genealogies in the line of Israel down to the time of David. ( 1 )の最初の9つの章i.ほとんど含まれていない書籍のリストを複数の行にgenealogiesイスラエルのダウンタイムのデビッドしています。 (2.) The remainder of the first book contains a history of the reign of David. ( 2 )の残りの部分の最初の予約には、歴史の治世のデビッドです。 (3.) The first nine chapters of Book II. ( 3 )の最初の9つの章の本を2世です。 contain the history of the reign of Solomon.治世の歴史をするには、ソロモンのです。 (4.) The remaining chapters of the second book contain the history of the separate kingdom of Judah to the time of the return from Babylonian Exile. ( 4 )の支部を、残りの2番目の予約には、ユダ王国の歴史を、別々の時間をバビロニアの亡命からの帰還です。

The time of the composition of the Chronicles was, there is every ground to conclude, subsequent to the Babylonian Exile, probably between 450 and 435 BC The contents of this twofold book, both as to matter and form, correspond closely with this idea.の組成をするものであり、経済のクロニクルは、すべての地面にしていると結論には、後続のバビロニア亡命して、おそらく紀元前の間に450と435の内容は、次の二重の予約は、物質とフォームの両方に、このアイデア密接に対応します。 The close of the book records the proclamation of Cyrus permitting the Jews to return to their own land, and this forms the opening passage of the Book of Ezra, which must be viewed as a continuation of the Chronicles.この本の終わりを宣言キュロス記録して、ユダヤ人が許せば自分の土地に戻るには、オープニングの通過を形成して、この本のエズラ、これを継続しなければならないのクロニクルとして人気です。 The peculiar form of the language, being Aramaean in its general character, harmonizes also with that of the books which were written after the Exile.奇妙な形での言語、 aramaean 、その一般的なキャラクターが、調和にもなっていると書かれた書籍が亡命した後です。 The author was certainly contemporary with Zerubbabel, details of whose family history are given (1 Chr. 3:19). zerubbabelの著者は、確かに現代的で、そのご家族の歴史の詳細は、与えられた( 1 chrします。 3:19 ) 。

The time of the composition being determined, the question of the authorship may be more easily decided.組成が決定するものであり、経済は、 5月に原作者の問題をより簡単にすることを決めた。 According to Jewish tradition, which was universally received down to the middle of the seventeenth century, Ezra was regarded as the author of the Chronicles.ユダヤ教の伝統によると、これは普遍的受け取ったダウンして、 17世紀半ば、エズラは、クロニクルの著者であると見なされています。 There are many points of resemblance and of contact between the Chronicles and the Book of Ezra which seem to confirm this opinion.には多くの類似点との連絡先との間に予約のエズラクロニクルがこの意見を確認するように見える。 The conclusion of the one and the beginning of the other are almost identical in expression.その結論は、 1つの始まりとほぼ同じでは、他の表現です。 In their spirit and characteristics they are the same, showing thus also an identity of authorship.彼らは、彼らの精神と同じ特性、表示中このように原作者の身元もある。 In their general scope and design these books are not so much historical as didactic.彼らの一般的な範囲内でこれらの書籍やデザインがそれほど多く歴史として教則します。 The principal aim of the writer appears to be to present moral and religious truth.その作家の主な目的を、表示される道徳的、宗教的真理を提示します。

He does not give prominence to political occurences, as is done in Samuel and Kings, but to ecclesiastical institutions.彼は政治的な出現を与える隆起、サミュエル行われ、キングスには、しかし、教会の機関をします。 "The genealogies, so uninteresting to most modern readers, were really an important part of the public records of the Hebrew state. They were the basis on which not only the land was distributed and held, but the public services of the temple were arranged and conducted, the Levites and their descendants alone, as is well known, being entitled and first fruits set apart for that purpose." " genealogiesので、興味の湧かないを最も近代的読者は、本当に重要な部分であるが、公共の記録を、ヘブライ語状態です。彼らは上での基礎だけでなく、その土地は、配布し、開かれた、しかし、公共サービスの手配と同寺は実施は、 levitesとその子孫だけでも、周知の通り、最初の果実が権利やそのために際立たせる。 " The "Chronicles" are an epitome of the sacred history from the days of Adam down to the return from Babylonian Exile, a period of about 3,500 years. "クロニクル"は、神聖な歴史の概要は、アダムダウンからの日間の亡命をバビロニアからの帰還、約3500年の期間です。

The writer gathers up "the threads of the old national life broken by the Captivity."その作家を収集する"国民生活のスレッドが壊れて、古い監禁された。 " The sources whence the chronicler compiled his work were public records, registers, and genealogical tables belonging to the Jews.そこからソースをコンパイルする彼の作品の年代記が公共の記録によりますと、レジスタ、および家系のテーブルに属して、ユダヤ人です。 These are referred to in the course of the book (1 Chr. 27:24; 29:29; 2 Chr. 9:29; 12:15; 13:22; 20:34; 24:27; 26:22; 32:32; 33:18, 19; 27:7; 35:25).これらは、参照されてコースを予約( 1 chrです。 27:24 、 29:29 、 2 chrです。 9時29分; 12:15 、 13:22 、 20:34 、 24:27 、 26:22 ; 32 : 32 ; 33:18 、 19 ; 27:7 ; 35:25 )です。

There are in Chronicles, and the books of Samuel and Kings, forty parallels, often verbal, proving that the writer both knew and used these records (1 Chr. 17:18; comp. 2 Sam. 7:18-20; 1 Chr. 19; comp. 2 Sam. 10, etc.).には、クロニクル、とサムエル記と王、 40類似点は、頻繁に口頭で、作家の両方を知っていたと証明して使用されるこれらのレコード( 1 chrします。 17:18 ;のCOMPです。 2サムです。 7:18-20 ; 1 chr 。 19 ;のCOMPです。 2サムです。 10 、等) 。 As compared with Samuel and Kings, the Book of Chronicles omits many particulars there recorded (2 Sam. 6:20-23; 9; 11; 14-19, etc.), and includes many things peculiar to itself (1 Chr. 12; 22; 23-26; 27; 28; 29, etc.).サミュエルと王と比べると、その本のクロニクル省略多くの明細に記録( 2サムです。 6:20-23 ; 9 ; 11 ; 14-19 、等) 、および含まれて多くのことを自分自身に特有の( 1 chr 。 12 ; 22 ; 23-26 ; 27 ; 28 ; 29日、等) 。 Twenty whole chapters, and twenty-four parts of chapters, are occupied with matter not found elsewhere.全20章、および24章の部分は、問題が見つかりませんでしたが占拠されている。 It also records many things in fuller detail, as (eg) the list of David's heroes (1 Chr. 12:1-37), the removal of the ark from Kirjath-jearim to Mount Zion (1 Chr. 13; 15:2-24; 16:4-43; comp. 2 Sam. 6), Uzziah's leprosy and its cause (2 Chr. 26:16-21; comp. 2 Kings 15:5), etc.また、多くのことをもっと詳しく記録として(例: )のリストのデビッドにとっての英雄たちの( 1 chrです。 12:1-37 )は、箱舟から削除すると、ザイオンkirjath - jearimをマウントする( 1 chr 。 13 ;午前15時02分-24 ; 16:4-43 ;のCOMPです。 2サムです。 6 ) 、アザイアのハンセン病とその原因( 2 chrです。 26:16-21 ;のCOMPです。 2キングス15時05分)など。

It has also been observed that another peculiarity of the book is that it substitutes modern and more common expressions for those that had then become unusual or obsolete.それはまた別の特性を観察されたこの本は、それに代わる近代的で他の共通の表現を入力していたこれらの異常または時代遅れになる。 This is seen particularly in the substitution of modern names of places, such as were in use in the writer's day, for the old names; thus Gezer (1 Chr. 20:4) is used instead of Gob (2 Sam. 21:18), etc. The Books of Chronicles are ranked among the khethubim or hagiographa.これは特に見られるのは、現代の名前を交代場所などで使用された作家の日に、古い名前;したがってゲゼル( 1 chrです。 20時04分)が使用されるの代わりに唾を吐く( 2サムです。 21:18 )などがランク付けされた書籍のクロニクルkhethubimまたはhagiographa中です。 They are alluded to, though not directly quoted, in the New Testament (Heb. 5:4; Matt. 12:42; 23:35; Luke 1:5; 11:31, 51).彼らはそれとなく触れられたように、直接引用符ではありませんが、新約聖書は、 ( heb. 5時04分;マットです。 12:42 ; 23:35 ;ルーク1:5 ; 11:31 、 51 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Chroniclesクロニクル

General Information 総合情報

Chronicles are the words of the days, (1 Kings 14:19; 1 Chr. 27:24), the daily or yearly records of the transactions of the kingdom; events recorded in the order of time.クロニクルは、日中の言葉を、 ( 1王14:19 ; 1 chrです。 27:24 )は、毎日または年間の記録を、取引の王国;イベントに記録されてオーダーの時間です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Chron'icles of King David王のデビッドchron'icles

Advanced Information 高度情報

(1 Chr. 27:24) were statistical state records; one of the public sources from which the compiler of the Books of Chronicles derived information on various public matters. ( 1 chrです。 27:24 )が統計的状態のレコード;の1つのソースから、国民は、コンパイラは、書籍の情報を様々な公共の問題クロニクル派生します。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


The Books of Paralipomenon (Chronicles)書籍の歴代志(クロニクル)

Catholic Information カトリックの情報

(Paraleipomenon; Libri Paralipomenon). ( paraleipomenon ;本歴代志) 。

Two books of the Bible containing a summary of sacred history from Adam to the end of the Captivity. 2つの書籍の概要を含む、聖書からの神聖な歴史の最後には、アダムに捕らわれている。 The title Paralipomenon, books "of things passed over", which, from the Septuagint, passed into the old Latin Bible and thence into the Vulgate, is commonly taken to imply that they supplement the narrative of the Books of Kings (otherwise known as I-II Samuel and I-II Kings); but this explanation is hardly supported by the contents of the books, and does not account for the present participle.歴代志のタイトル、書籍"のことを通過" 、これは、セプトゥアギンタから、渡されるとそこから古ラテン語聖書のウルガタ聖書には、よく撮影を暗示して物語を補完する図書オブキングス(他の私として知られて- IIのサミュエルとI - 2世王) ;しかし、この説明はほとんどの書籍の内容をサポートして、アカウントを、現在のものではありません分詞です。 The view of St. Jerome, who considers Paralipomenon as equivalent to "epitome of the Old Testament", is probably the true one.ビューの聖ジェローム、 who考慮に相当するとして歴代志"の概要は、旧約聖書の"の真のは、おそらく1つです。 The title would accordingly denote that many things are passed over in these books.したがって、タイトルが示す以上に渡されることが多く、これらの書籍です。 The Hebrew title is Dibhere Hayyamim, "the acts of the days" or "annals". dibhere hayyamimヘブライ語タイトルは、 "この行為は、日中"または"年報"です。 In the Protestant, printed Hebrew, and many Catholic bibles, they are entitled "Books of Chronicles".は、プロテスタント、印刷、ヘブライ語、および多くのカトリックの聖書、彼らは"書籍のクロニクル"です。

UNITY AND PLACES IN THE CANON団結と場所は、キヤノン

The two books are really one work, and are treated as one in the Hebrew manuscripts and in the Massoretic summary appended to the second book. 2つの書籍が実際に1つの作業、および1つは、ヘブライ語として扱われることは、原稿と2番目の予約massoreticの概要が表示されます。 The division was first made in the Septuagint for the sake of convenience, and thence was adopted into the Latin Bibles.同部門が最初に作られたセプトゥアギンタのための利便性、およびそこからは、ラテン語聖書になっている。 The Hebrew text was first divided in Bomberg's edition of the rabbinical Bible (Venice, 1516-7).ヘブライ語のテキストが最初に分かれてbomberg聖書の版のラビ(ベニス、千五百十六〜七) 。 Moreover, there is a probability that Paralipomenon originally formed part of a larger work which included the two Books of Esdras (Esdras Nehemias).また、歴代志には、もともと確率が大きな仕事の一部を形成する2つの書籍に含まれるもののエスドラス書(エスドラス書nehemias ) 。 For not only is there similarity of diction and style, of spirit and method, but I Esdras begins where II Paralipomenon ends, the decree of Cyrus being repeated and completed.ための類似性があるだけでなく、言葉遣いやスタイル、精神と方法が、私は2世歴代志を開始エスドラス書が終了すると、令キュロスが繰り返されると完了します。 It should be remarked, however, that these facts can be explained by simple community of authorship.すべきであることは、しかし、これらの事実は簡単なことで説明が原作者のコミュニティです。 In the Septuagint and Vulgate, as well as in the Protestant bibles, the Books of Paralipomenon are placed immediately after the Books of Kings.は、セプトゥアギンタと流布本だけでなく、プロテスタントの聖書の、歴代志が置かれた書籍の直後に、書籍の王です。 In the printed edition of the Hebrew Bible they stand at the end of the third division, or Kethubhim.は、印刷版は、ヘブライ語聖書の最後に彼らに立つ第3課、またはkethubhimです。

CONTENTS内容

The first part of I Paralipomenon (i-ix), which is a sort of introduction to the rest of the work, contains a series of genealogical and statistical lists, interspersed with short historical notes.私の最初の部分は歴代志(私-九) 、これは、並べ替えのはじめに、残りの作業は、統計的には、シリーズの家系図やリスト、短い歴史的なノートちりばめられています。 It comprises: (1) the genealogy of the patriarchs from Adam to Jacob (i); (2) the genealogy of the twelve tribes (ii-viii); (3) a list of the families of Juda, Benjamin, and Levi dwelling in Jerusalem after the Exile, with the genealogy of the family of Saul repeated (ix).それは: ( 1 )の系譜は、アダムをよりpatriarchsジェイコブ( 1 ) 、 ( 2 )の系譜のは、 12部族( 2 - 8 ) 、 ( 3 )ご家族のリストを表示し、 juda 、ベンジャミン、およびレヴィ住居亡命した後、エルサレムで、ご家族のソールの系譜を繰り返し( 9世) 。 The second part of I Paralipomenon contains the history of the reign of David preceded by the account of the death of Saul (x-xxix). 2番目の部分には、私の歴史を歴代志の治世のデビッド先行されたが死亡したアカウントのソール( - 29 ) 。 II Paralipomenon comprises the reign of Solomon (i-ix), and the reigns of the kings of Juda (x-xxxvi, 21). 2世の治世は、歴代志ソロモン(私- 9世)と王に満ちていたのjuda ( - 36 、 21 ) 。 Part of the edict of Cyrus allowing the Jews to return and to rebuild the temple is added as a conclusion (xxxvi, 22-23).キュロスの勅令の部分を返すと許可してユダヤ人を再構築するに寺として追加されることで結論を出す( 36 、 22-23 ) 。 The historical part of Paralipomenon thus covers the same period as the last three Books of Kings.歴代志の歴史的な部分をカバーしてこのように同じ期間の王としての最後の3つの書籍です。 Hence naturally much of the matter is the same in both; often, indeed, the two narratives not only agree in the facts they relate, but describe them almost in the same words.そのため多くの問題は当然の両方で同じ;多くの場合、実際のところ、 2つの物語だけでなく、彼らの事実関係同意するが、それらのほとんどは、同じ言葉を説明します。 The Books of Paralipomenon also agree with the Books of Kings in plan and general arrangement.書籍の歴代志王にも同意する書籍全般の配置を計画しています。 But side by side with these agreements there are many differences.しかし、と並んでこれらの契約には多くの違いがあります。 The Books of Paralipomenon narrate some events more briefly.歴代志の書籍を物語るいくつかのイベントをもっと簡単にします。 or present them in a different manner, and omit others altogether (eg, the adultery of David, the violation of Thamar, the murder of Amnon, and the rebellion of Absalom), while they dwell more on facts regarding the temple, its worship and its ministers, furnishing much information on these subjects which is not found in the other books.または、別の方法で提示して、他の全部と省略(例えば、姦通のデビッドは、違反したthamar 、殺人事件のamnon 、と反乱のアブサロム) 、中に住む寺の詳細については事実、その崇拝とその大臣は、これらの課題を提出多くの情報が見つからない場合は、他の書籍です。 Moreover, they ignore the northern kingdom except where the history of Juda requires mention of it.また、彼らは無視して北王国を除いては、 judaの歴史を言及したことが必要です。

OBJECTオブジェクト

On comparing Paralipomenon with the Books of Kings we are forced to the conclusion that the writer's purpose was not to supplement the omissions of these latter books.歴代志を比較すると、書籍の王我々は強制的にその結論は、作家の欠落を補充する目的ではない、これらの後者の書籍です。 The objects of his interest are the temple and its worship, and he intends primarily to write the religious history of Juda with the temple as its centre, and, as intimately connected with it, the history of the house of David.彼の関心のオブジェクトは、同寺とその崇拝する、と彼は宗教的な意図が主に書いてjudaの歴史をその中心部の寺として、および、密接につながってそれは、歴史の家のデビッドです。 This clearly appears when we consider what he mentions and what he omits.この考えを明確に表示されることと、どのような彼は言及を省略します。 Of Saul he narrates only his death as an introduction to the reign of David.ソール彼は彼の死のナレーションのみとしての統治のデビッド紹介しています。 In the history of David's reign he gives a full account of the translation of the ark to Mount Sion, of the preparations for the building of the temple, and of the levitical families and their offices; the wars and the other events of the reign he either tells briefly, or passes over altogether.デビッドの歴史の中に彼の治世の完全なアカウントをマウントする箱舟の翻訳は、シオンは、その建物の準備をし、寺、そしてご家族とその店のlevitical ;の戦争と、他のイベントの彼の治世いずれかの指示を簡単に、または完全に通過します。 Solomon's reign is almost reduced to the account of the building and the dedication of the temple.ソロモンの治世は、ほとんど減少して、アカウントの落成式の建物と同寺。 After the disruption of the kingdom the apostate tribes are hardly mentioned, while the reigns of the pious kings, Asa, Josaphat, Joas, Ezechias, and Josias, who brought about a revival of religion and showed great zeal for the temple and its worship, are specially dwelt on.王国の崩壊した後、背教の部族はほとんど言及したように、信心深い王の中に満ちていたのは、朝、ヨザファト、 joas 、 ezechias 、およびjosias 、 whoの復活をもたらした宗教と非常な熱意を示して同寺とその崇拝、は、特別に力説される。 Again, the additions to the narrative of the Books of Kings in most cases refer to the temple, its worship and its ministers.繰り返しになりますが、機能が追加された書籍の王の物語のほとんどの場合、同寺を参照して、その崇拝とその閣僚します。 Nor is the decree of Cyrus allowing the rebuilding of the temple without significance.キュロスも令は、同寺を再建できるようにする意義です。 The same purpose may be noted in the genealogical section, where the tribes of Juda and Levi are given special prominence and have their genealogies continued beyond the Exile. 5月に、同じ目的に記載されて家系セクションでは、どこの部族のjudaとレヴィが与えられた特別な隆起を持つ、企業の継続genealogies越えて亡命します。 The author, however, writes his history with a practical object in view.の著者、しかし、彼の歴史に残ることを書き込み、実用的なオブジェクトを表示します。 He wishes to urge the people to a faithful and exact adherence to the worship of God in the restored temple, and to impress upon them that thus only will the community deserve God's blessings and protection.彼の願いを忠実に強く要請するとして正確な人々を忠実に復元する寺で神を崇拝し、かれらを感心させるために、コミュニティだけで、神の祝福と保護を受けるに値する。 Hence he places before them the example of the past, especially of the pious kings who were distinguished for their zeal in building the temple or in promoting the splendour of its worship.したがって彼はそれらの場所の例を編集して項目を前に、特に、信心深い王whoが識別に熱意を構築を推進する同寺またはその華麗なる崇拝される。 Hence, too, he takes every occasion to show that the kings, and with them the people, prospered or were delivered from great calamities because of their attachment to God's worship, or experienced misfortune because of their unfaithfulness.それゆえ、あまりにも、彼はあらゆる機会を利用して詳細は、キングス、およびそれらの人々は、繁栄や大災害から配信されたために、神の添付ファイルを崇拝するか、またはその不貞のために経験豊富な不幸です。 The frequent mention of the Levites and of their offices was probably intended to induce them to value their calling and to carry out faithfully their duties. levitesと、頻繁に言及したのオフィスを誘導する意図はおそらく彼らに電話をかけたりして値を忠実に職務を実施する。

AUTHOR AND TIME OF COMPOSITION著者と時刻の組成

The Books of Paralipomenon were undoubtedly written after the Restoration.確かに書かれた書籍の歴代志が復旧した後です。 For the genealogy of the house of David is carried beyond Zorobabel (1 Chronicles 3:19-24), and the very decree of Cyrus allowing the return is cited.その家の家系を乗り過ごしデヴィッドはzorobabel ( 1クロニクル3:19-24 ) 、および、非常に令キュロスの戻りが引用できるようにします。 Moreover, the value of the sums collected by David for the building of the temple is expressed in darics (1 Chronicles 29:7, Heb.), which were not current in Palestine till the time of the Persian domination.また、収集された合計の値を、デビッドは、同寺は建物で表現さdarics ( 1クロニクル29:7 、なしです。 ) 、に含まれていない現在、パレスチナの支配までの時間は、ペルシャ語です。 The peculiarities of style and diction also point to a time later than the Captivity.言葉遣いの独特なスタイルと、時間をポイントして以降も、とりこになっています。 The older writers generally attributed the authorship to Esdras.一般的に、古い作家の原作者に帰属エスドラス書です。 Most modern non-Catholic scholars attribute the work to an unknown writer and place its date between 300 and 250 BC The main reasons for this late date are that the descendants of Zorobabel are given to the sixth (in the Septuagint and the Vulgate to the eleventh) generation, and that in II Esdras (xii, 10, 11, 22) the list of the high-priests extends to Jeddoa, who, according to Josephus, held the pontificate in the time of Alexander the Great.最も近代的非カトリック教徒の学者のせいにする作業をする無名の作家と場所をその日の間に紀元前300と250の主な理由は、この日は後半の子孫をzorobabelが与えられる第6回(セプトゥアギンタとウルガタ聖書には、第11回)世代、として2世エスドラス書( 12 、 10 、 11 、 22 )のリストを拡張され、高司祭jeddoa 、 who 、ヨセフスによると、司教職は、時間を開催し、アレキサンダー大王。 These lists, however, show signs of having been brought up to date by a later hand and cannot, therefore, be considered as decisive.これらのリストは、しかし、育つの兆候を示すことが、後の日付を手にすることはできません、したがって、決定的と考えられる。 On the other hand, a writer living in Greek times would not be likely to express the value of ancient money in darics.その一方で、作家に住んでギリシャ語を表現する時間はない可能性が高いお金をdarics古代の値です。 Moreover, a work written for the purpose mentioned above would be more in place in the time immediately following the Restoration, while the position and character of Esdras would point him out as its author.また、作業のために書かれた上記の他の場所には、時間の直後に次の修復、中の文字の位置とエスドラス書の著者として彼がポイントです。 Hence most Catholic authors still adhere to Esdrine authorship, and place the time of composition at the end of the fifth or at the beginning of the fourth century BCそれゆえに従っているほとんどのカトリックesdrineまだ原作者の作家、と場所を組成の時間の末に第5回かの冒頭には、紀元前4世紀

HISTORICAL VALUE歴史的な価値

The reliability of the Books of Paralipomenon as a historical work has been severely attacked by such critics as de Wette, Wellhausen etc. The author is accused of exaggeration, of misrepresenting facts, and even of appealing to imaginary documents.書籍の歴代志の信頼性は歴史的な仕事をされ深刻な攻撃を受けてこのような批評家としてデwette 、ヴェルハウゼンなどの罪に問われる著者は言っても過言、 misrepresenting事実、架空の書類をさらに魅力的です。 This harsh judgment has been considerably mitigated by more recent writers of the same school, who, while admitting errors, absolve the author of intentional misrepresentation.この過酷な判断を大幅に緩和され、同じ学校の他の最近の作家、 who 、エラーが発生ながら認め、無罪を言い渡すの著者の意図的な不当表示します。 The objections urged against the books cannot be examined here in detail; a few general remarks in vindication of their truthfulness must suffice.反対に反対するよう要請する書籍、ここを詳細に検討することはできません;をいくつかの一般的な発言の真実性を擁護しなければ十分ではありません。 In the first place, the books have suffered at the hands of copyists; textual errors in names and in numbers, which latter originally were only indicated by letters, are especially numerous.まず第一に、この書籍が苦しんで手にcopyists ;テキスト形式のエラーが数の上での名前と、これだけで示される後者のもともとの手紙が、多くは、特にです。 Gross exaggerations, such as the slaying of 7000 charioteers (1 Chronicles 19:18) as against 700 in 2 Samuel 10:18 and the impossibly large armies mentioned in 2 Chronicles 13:3, are plainly to be attributed to this cause.総誇張などの殺害を7000 charioteers ( 1クロニクル19:18 )として反対700で2サミュエル10:18と極端に大規模な軍隊に記載され2クロニクル13:3 、はっきりとされるが、この原因に起因する。 In the next place, if the sections common to Paralipomenon and the Books of Kings are compared, substantial agreement is found to exist between them.は、次の場所に共通するセクションの場合、書籍の王は歴代志と比べて、実質的に存在するそれらの間の契約書が見つかった。 If the author, then, reproduces his sources with substantial accuracy in the cases where his statements can be controlled by comparing them with those of another writer who has used the same documents, there is no reason to suspect that he acted differently in the case of other sources.の場合、著者は、その後、彼のソースをかなり正確に再現する場合には彼のステートメントを比較することによって制御されることは別の作家のものと同じドキュメントwhoが使われ、理由はないと思われるが彼の行動が異なる例他のソースです。 His custom of referring his readers to the documents from which he has drawn his information should leave no doubt on the subject.彼のカスタムのドキュメントを参照して彼の読者から彼の情報を掲載すれば彼は引き分けで、被写体疑う余地は全くない。 In the third place, the omission of the facts not to the credit of the pious kings (eg the adultery of David) is due to the object which the author has in view, and proves no more against his truthfulness than the omission of the history of the northern tribes.第3位は、脱落の事実を信用しないように、信心深い王(例:姦通のデビッド)は、そのオブジェクトのためには、著者は、ビュー、および彼の真実性を証明するよりもこれ以上の歴史の脱落北部の部族です。 He did not intend to write a full history of the kings of Juda, but a history for the purpose of edification.彼は意図の完全な履歴を書くために、王judaではなく、歴史の教化のために。 Hence, in speaking of the kings whom he proposes as models, he naturally omits details which are not edifying.それゆえ、キングスに言えば、御心に適うモデルの提案として、彼は自然に省略されていないの詳細啓発します。 Such a presentation, while one-sided, is no more untruthful than a panegyric in which the foibles of the subject are passed over.このようなプレゼンテーションをし、片側ではないよりも他の虚偽の賛辞では、アジ研が渡さfoibles終わった。 The picture is correct as far as it goes, only it is not complete.の画像が正しいか今のところは、完了するだけではない。

Publication information Written by F. Bechtel.出版物の情報執筆者女性ベクテル社です。 Transcribed by Sean Hyland.ショーンハイランド転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XI.のは、カトリックの百科事典、第20巻XI 。の Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認、 1911年2月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Book of Chronicles予約のクロニクル

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Title.タイトルです。

-Critical View. -批判的な見解です。

Authorship and Date.原作者と日付をします。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The two books of Chronicles form a history of the Temple and its priesthood, and of the house of David and the tribe of Judah, as guardians of the Temple, with references to the other tribes, and with some connected material.クロニクル2つの書籍を形成するのと同寺の歴史を聖職に就く、との家のデビッドとユダ族、お寺の守護者として、参照して、他の部族、およびいくつかの接続材料です。 The contents may be briefly summarized as follows: 5月の内容を次のように簡単に要約:

(a) I Chron. (ア)自分chron 。 i-ix.私- 9 。 contain chiefly genealogies, from Adam, through Noah's sons, and then particularly through the line of Shem to Esau and Israel and their descendants.主genealogiesが含まれ、アダム、ノアの息子を通じて、と入力し、特にラインを通じてshemをエサウとイスラエルとその子孫です。 The last twelve verses of ch.あなたの最後の12の詩のです。 i.わたし。 contain a list of Edomitish kings and chiefs. edomitishには、王と参謀本部のリストをします。 Brief narratives from various periods are interspersed among the genealogies (eg, ii. 23; iv. 9, 10, 39-43; v. 9, 10, 18-22, 25, 26).簡単な物語の中から様々な期間が散在するgenealogies (例えば、 Ⅱ 。 23 ; Ⅳ 。 9 、 10 、 39-43 ; v. 9 、 10 、 18-22 、 25 、 26 ) 。 The last genealogy in this collection, ix.このコレクションの最後の系譜は、 9世です。 35-44, that of Saul's family, forms a kind of transition to the following section. 35-44 、ソールのご家族に、フォームは、次の一種であるの移行を参照してください。

(b) I Chron. (イ) chron 。 x.-xxix. Xの- 29 。 This section is concerned with David's reign, the introduction being the last battle and the death of Saul (x. 1-12, parallel to I Sam. xxxi. 1-13), and the conclusion, the accession of Solomon (xxiii. 1; xxviii. 5 et seq.; xxix. 22 et seq.).このセクションでは関心があるデビッドの治世の導入が最後の戦いが死亡したとソール( Xの1-12 、平行して私サムです。 31 。 1-13 ) 、およびその結論は、加盟ソロモン( xxiii. 1 ;二十八です。 5頁以降を参照。 ;二十九です。 22頁以降を参照。 ) 。

(c) II Chron. ( c ) ② chron 。 i.-ix. is devoted to Solomon's reign.は、ソロモンの治世をテーマにします。 The first chapter speaks of his sacrifice at Gibeon (vs. 1-13) and Solomon's splendor (vs. 14-17).彼の犠牲の最初の章で話すギベオン(対1-13 )とソロモンの素晴らしさ(対14-17 ) 。 The building of the Temple is described in ch.その建物は、寺はあなたに記載されています。 ii.-iv., and its dedication in v. 1-14. ii.-iv. 、およびその献身さv. 1-14 。 The following chapters speak of Solomon's prayer, vision, sacrifices, glory, and in ix.ソロモンは、次の章で話すの祈り、ビジョン、犠牲、栄光、および9 。 31 the death of Solomon is mentioned. 31の死をソロモンに記載します。

(d) II Chron. (エ) 2世chron 。 x.-xxxvi. Xの- 36 。 contains the history of the kingdom of Judah down to the fall of Jerusalem, with the division of the kingdoms as preface, and the restoration-edict of Cyrus as appendix (viz., x. 1-19, accession of Rehoboam and division of the kingdom; xi. xii., Rehoboam; xiii. 1-22, Abijah; xiv.-xvi., Asa; xvii.-xx., Jehoshaphat; xxi., Jehoram;xxii. 1-9, Ahaziah; xxii. 10-12, xxiii., Athaliah; xxiv., Joash; xxv., Amaziah; xxvi., Uzziah; xxvii., Jotham; xxviii., Ahaz; xxix-xxxii., Hezekiah; xxxiii. 1-20, Manasseh; xxxiii. 21-25, Amon; xxxiv., xxxv., Josiah; xxxvi. 1-3, Jehoahaz; xxxvi. 4-8, Jehoiakim; xxxvi. 9, 10, Jehoiachin; xxxvi. 11-13, Zedekiah; xxxvi. 17-21, fall of Jerusalem; xxxvi. 22, 23, restoration-edict of Cyrus.には、ユダ王国の歴史を、秋にエルサレムダウンして、国としての部が実施して序文、および復元-キュロスの勅令付録として( viz. 、 Xの1-19 、加盟rehoboamや部が実施して王国; XI 。の12 。 、 rehoboam ; 13 。 1-22 、 abijah ; xiv. - 16 。 、朝; xvii.-xx. 、 jehoshaphat ; xxi 。 、 jehoram ; xxii 。 1-9 、 ahaziah ; xxii 。 10 - 12日、 23 。 、アタルヤ; 24 。 、 joash ;弐拾伍します。 、 amaziah ;二十六。 、アザイア;二十七します。 、ジョーサム;二十八です。 、アハズ; 29 - 32 。 、 hezekiah ;参拾。 1-20 、マナセ;参拾。 21 -25 、アモン;参拾。 、 35 。 、ジョサイア; 36 。 1-3 、 jehoahaz ; 36 。 4-8 、 jehoiakim ;三十六です。 9 、 10 、 jehoiachin ; 36 。 11-13 、ゼデカイア; 36 。 17-21 、秋のエルサレム; 36 。 22日、 23日、修復-キュロスの勅令です。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Rabbinical literature does not recognize the division of Chronicles into two books.ラビ文学部が認識してクロニクルを2つの書籍です。 In BB 15a it is named as one ), and the Masorah counts the verse I Chron.名前としては1つのことがbb 15a ) 、および、この詩を私masorahカウントchron 。 xxvii. 27 。 25 as the middle of the book. 25日の真ん中に予約します。 Tradition regards this one book as consisting of two unequal parts; viz., (1) lists largely of a genealogical nature with brief historical details; and (2) an extensive history of the kings in Jerusalem.伝統に書籍としてはこの1つの部品から構成さの2つの不等; viz 。 、 ( 1 )のリストに簡単な自然の大部分は、歴史的な家系の詳細、および( 2 ) 、エルサレム王の歴史を豊富です。 The authorship of the first part, which is designated "Yaḥas" ( = "genealogy") of the "Dibre ha-Yamim" is ascribed to Ezra (BB 15a).原作者の最初の部分、これは指定" yaḥas " ( = "家系" )は、 " dibreハ- yamim "が生得的にエズラ( bb 15a ) 。 In Pes.でペスです。 62b this part is connected with a Midrash and quoted as ("Book of the Descents"); while Rashi names the Midrash (), "Mishnah of Dibre ha-Yamim," etc., which, according to him, contained expositions of certain passages of the Torah. 62bのこの部分がインターネットに接続すると引用としてミドラーシュ( "予約は、 descents " ) ;間、 rashi名前ミドラーシュ( ) 、 "ミシュナーのdibreハ- yamim 、 "等、これは、彼によると、展示に含まれる特定の通路は、律法です。 This part was not to be explained to the men of Lud nor to those of Nehardea, for reasons not stated; perhaps it was feared that these interpretations might meet with irreverence.この部分は、特定されるのを説明している男性のnehardeaラッドも、理由が記載;たぶんそれはないかと危ぶんでは、これらの解釈の非礼に会うかもしれない。

On the whole, Chronicles was regarded with suspicion; its historical accuracy was doubted by the Talmudic authorities, it being held to be a book for homiletic interpretation, (Lev. R. i. 3; Ruth R. ii., beginning; compare Meg. 13a).で、全体的には、クロニクルは、考えを疑い、その歴史的な精度が疑問視されるtalmudic当局、それが行われた説教の解釈されるために本を、 ( lev. r. i. 3 ;ルースr. Ⅱ 。 、初め;比較メグです。 13a ) 。 The names were treated with great freedom; and many which clearly belonged to different persons were declared to indicate one and the same man or woman (Soṭah 12a; Ex. R. i. 17, et passim).治療を受けるの名前が大きな自由;と異なる多くの人がこれに属してはっきりと宣言したことを示す1つのと同じ男または女( soṭah 12a ;例です。 r. i. 17 、他各所) 。 Numerous as these fanciful interpretations of verses in Chronicles are in Talmudic-Midrashic literature, the loss of many similar expositions was deplored (Pes. 62b).これらの架空の解釈として数多くの詩をtalmudic - midrashicクロニクルは、文学、同様の展示が多くの損失をdeplored ( pes. 62b ) 。 EGH egh

Title.タイトルです。

-Critical View. -批判的な見解です。

-I. -私です。 Position in Old Testament Literature: Chronicles, which in the Hebrew canon consists of a single book, is called in the Hebrew Bible ("Annals"); in the LXX.-Codex B, παραλειπομέω ("of things left out"); Codex A adds (τῶ) βασιλέω ιοδà ("concerning the kings of Judah"); ie, a supplement to the Book of Kings; in the Vulgate, Liber Primus (and Secundus) "Paralipomenon."旧約聖書の位置に文学:クロニクル、これは、ヘブライ語キヤノンは、 1つの予約は、ヘブライ語聖書呼ばれています( "年報" ) ;は、コーデックスlxx. - b 、 παραλειπομέ  ω  ( "のことを左アウト" ) ;コーデックスを追加( τῶ  ) βασιλέω  ιο  δ à ( "ユダの王" ) ;すなわち、この本を補足するオブキングス;は、ウルガタ聖書の、独立したプライマス(および第二) "歴代志です。 " The modern title "Chronicles" was suggested by Jerome's speaking of the book in his "Prologus Galeatus" as "Chronicon totius divinæ historiæ."現代タイトル"クロニクル"が提案されたジェロームの本を言えば、彼の" prologus galeatus "として" chronicon totius divinæ historiæ 。 " The book belongs to the Hagiographa, or "Ketubim," the third and latest-formed section of the Hebrew canon.この本に属して、 hagiographaか、または" ketubim 、 " 3番目と最新のヘブライ語キヤノン的に形成さを参照してください。 The view that its canonicity was matter of discussion among the Jews seems to rest on insufficient evidence (Buhl, "Kanon und Text des AT" Eng. ed., p. 31).規範との見解をその問題の議論は、ユダヤ人の間にかかっているように不十分な証拠(ブール、 "カノンundテキストデは"工学エド。 、 p. 31学)です。 In Hebrew lists, manuscripts, and printed Bibles, Chronicles is placed either first (Western or Palestinian practise, as in the St. Petersburg Codex), or last (Eastern or Babylonian, as in the Babylonian Talmud); see Ginsburg, "Introduction," pp. inヘブライ語リスト、原稿、および印刷聖書は、クロニクルが置かいずれかの最初の(欧米やパレスチナの練習は、サンクトペテルブルクのように、コーデックス) 、または最終更新(東部やバビロニア、バビロニアのように、タルムード) ;参照ギンズバーグ、 "はじめに、 " pp 。 1-8. 1-8 。 In Greek and Latin lists, and in manuscripts and editions of the LXX.ギリシャ語とラテン語のリスト、および原稿とのエディションは70です。 and Vulgate, Chronicles usually follows Kings; the exceptions are more numerous in the Latin lists (Swete, "The Old Testament in Greek According to the Septuagint," Introduction, pp. 201-230).とウルガタ聖書の、以下の通りクロニクル通常キングス;の例外は他の多くは、ラテン語リスト(スウィート、 "旧約聖書のギリシャ語によると、セプトゥアギンタ、 "はじめに、 pp 。二〇一から二三〇 ) 。 Chronicles, originally a single work, is first found divided into two books in Codices A and B of the LXX., which were followed by subsequent versions, and ultimately by printed editions of the Hebrew text.クロニクル、当初、 1つの仕事が最初に見つかったの書籍を2つに分かれて、 aとbのCODEC 70 。 、それ以降のバージョンがなされ、その後、そして最終的に、ヘブライ語のテキストのエディションを印刷します。 It is part of a larger work, Chronicles-Ezra-Nehemiah, composed (see Section II.) in the Greek period between the death of Alexander (BC 323) and the revolt of the Maccabees (BC 167).これは大きな仕事の一部として、クロニクル-エズラ-ニーアマイア、作曲( see項2世です。 )で、ギリシャの期間の間に死亡したアレキサンダー(紀元前323 )とすることで反乱をmaccabees (紀元前167 ) 。 It expresses the piety of the Temple community, and their interest in its services and history.同寺の信心深さを表現するコミュニティ、およびそれらのサービスや歴史に関心をします。 They felt that the services had reached an ideal perfection, and were led to think of the "good kings" as having shaped their religious policy according to this ideal.彼らは、サービスを感じた理想的な完成度に達した、と考えるのがつながって"良い王"されている形に宗教的な政策によると、この理想的です。 Probably the author of Chronicles did not intend to supersede Samuel and Kings.おそらく、著者の意図をしなかったクロニクルサミュエルと王に取って代わる。 There are slight traces of Chronicles in Ecclesiasticus (Sirach), (eg, xlvii. 8 et seq.; compare I Chron. xxv.); perhaps also in Philo (see Ryle, "Philo and Holy Scriptures," pp. 286 et seq.), and in the NT (for example, compare II Chron. xxiv. 21 with Matt. xxiii. 35).クロニクルには、若干の痕跡を、集会の書(シラク) 、 (例えば、 47 。 8頁以降を参照。 ;比較私chron 。 25 。 ) ;おそらくまた、フィロ(ライル、 "フィロと聖書、 " pp 。 286頁以降を参照。 ) 、および、 NTの(たとえば、 2世chronを比較します。 24 。 21 、マットです。 23 。 35 ) 。 The references to Samuel-Kings are more numerous.を参照し、サミュエル-キングスは、他の多数のです。 The omission (see Swete, lcp 227) of Chronicles from some Christian lists of canonical books is probably accidental.の不作為(スウィート、 227 、 LCP )のクロニクルから正規の書籍のリストをいくつかキリスト教は、おそらく偶然です。

Authorship and Date.原作者と日付をします。

II. Ⅱ 。 Composition:組成:

(a) Relation to Ezra-Nehemiah. (ア)関連してエズラ-ニーアマイアです。 Chronicles, Ezra, and Nehemiah were originally a single work.クロニクル、エズラ、およびニーアマイアはもともと、 1つの仕事です。 This is shown by the identity of style, theological standpoint, and ecclesiastical interests, as well as by the fact that Chronicles concludes with a portion of a paragraph (II Chron. xxxvi. 22, 23) which is repeated and completed in Ezra i.これは示されているアイデンティティのスタイルを、神学的な観点、および教会の利益だけでなく、クロニクルいるという事実に、最後の部分と、段落( 2 chron 。 36 。 22 、 23 )が完成するが繰り返されるとエズラi. 1-4. 1-4 。 Comparison shows that Chronicles ends in the middle of a sentence.比較クロニクルによると文章の途中で終了します。 The division of the original work arose from the diverse nature of its contents: Chronicles was merely a less interesting edition of Samuel-Kings; but Ezra-Nehemiah contained history not otherwise accessible.同部門は、元の仕事が生じたの多様な性質から、その内容:クロニクルは単に、あまり面白い版のサミュエル-キングス;しかし、歴史エズラ-ニーアマイアに含まれている以外はアクセス可能です。 Hence readers desired Ezra-Nehemiah alone; and Chronicles (from its position in many manuscripts, etc., after Nehemiah) only obtained its place in the canon by an afterthought.それゆえ読者の希望のエズラ-ニーアマイアだけ;とクロニクル(より多くの原稿の位置など、後ニーアマイア)のみを取得されたその場所は、キヤノンからです。

(b) Author.結果( b )著者です。 The author's name is unknown; the ascription by some Peshiṭta manuscripts to "Johanan the priest," perhaps the Johanan of Neh.の著者の名前は不明; peshiṭtaの帰属をいくつかの原稿を" johanan司祭は、 "おそらく、 johananのnehです。 xii. 12 。 23 (Barnes, "Chronicles," p. xii., in "Cambridge Bible for Schools and Colleges"; idem, "An Apparatus Criticus to Chronicles in the Peshiṭta Version," p. 1), can have no weight. 23 (バーンズ、 "クロニクル、 " p. 12 。 、 "ケンブリッジ聖書学校やカレッジ" ;同じ、 "クロニクルは、批判的研究をpeshiṭtaバージョン、 " p. 1 ) 、重量がないことです。 From the keen interest shown in the inferior officials of the Temple, especially the singers, the author seems to have been a Levite, possibly one of the Temple choir.からの強い関心を示されている下の寺関係者、特に、歌手、著者ように、レビ人も、おそらく寺のいずれかの合唱団です。

(c) Date. ( c )日付です。 Chronicles-Ezra-Nehemiah must be later than the times of Ezra and Nehemiah (458-432).クロニクル-エズラ-ニーアマイアしなければならない時代以降のエズラとニーアマイア(四五八から四三二まで) 。 In style and language the book belongs to the latest period of Biblical Hebrew.この本のスタイルと言語の最新の期間に属して聖書のヘブライ語です。 The descendants of Zerubbabel (I Chron. iii. 24) are given, in the Masoretic text, to the sixth generation (about BC 350); in the LXX., Syriac, and Vulgate, to the eleventh generation after Zerubbabel (about BC 200). zerubbabelの子孫である(私chron 。 Ⅲ 。 24 )が与えられた場合、テキストは、 masoretic 、第6世代(約紀元前350 ) ;は、 70です。 、シリア、およびウルガタ聖書の、世代をした後、 11 zerubbabel (約紀元前200 ) 。 The list of high priests in Neh.司祭のリストの高さnehです。 xii. 12 。 10, 11, extends to Jaddua (c. 330). 10 、 11 、拡張されjaddua ( c. 330 ) 。 These lists might, indeed, have beenmade up to date after the book was completed; but other considerations point conclusively to the Greek period; eg, in Ezra vi.これらのリストかもしれない、実際のところ、最大beenmade日は予約が完了した後、 ;しかし、他の注意点を、ギリシャの決定的な期間;例は、エズラⅥ 。 22, Darius is called "the king of Assyria." 22日、ダライアスが呼び出される"ザキングオブアッシリア。 " On the other hand, the use of the book in Ecclesiasticus (Sirach) referred to above, the absence of any trace of the Maccabean struggle, and the use of the LXX.その一方で、本を使用する集会の書(シラク)上記は、何の痕跡もなく、不在maccabean闘争、および70を使用しています。 Chronicles by Eupolemus (c. BC 150; see Swete, lcp 24), point to a date not later than BC 200.クロニクルをeupolemus ( c.紀元前150 ;参照スウィート、 、 LCP 24 ) ]をポイントし、紀元前200より後の日付を特定します。 Hence Chronicles is usually assigned to the period BC 300-250.それゆえクロニクルは、通常の期間に割り当てられている紀元前300から250です。

see I Chronicles.私クロニクルを参照します。

see II Chronicles.クロニクル2を参照します。

(d) Sources. (エ)のソースです。 Chronicles contains (see Section I.) much material found, often word for word, in other books of the Bible, and has also frequent references to other authorities.クロニクルが含まれ( see項i. )多くの素材が見つかりました、しばしば逐語的に、他の書籍は、聖書の、および他の当局も頻繁に参照してください。 In regard to these sources, the contents may be classified thus: (A) passages taken from other OT books, with textual or editorial changes, the latter sometimes important; (B) passages based upon sections of other OT books, largely recast; (C) passages supposed on internal evidence to have been taken from or based on ancient sources, no longer extant and not much later than the close of the Exile, and in some cases perhaps earlier (see classification, p. 62); (D) passages supposed on internal evidence to be the work of latepost-exilic writers (compare ib.).これと関連し、これらのソースを、 5月に分類するための内容: ( 1 )通路から他のotの書籍、またはテキストの編集を変更すると、後者の時には重要なこと、 ( b )に基づいてセクションの他の通路ot書籍、おおむね改鋳; ( c )通路を内部の証拠があるはずがとられているかに基づいてから古代によると、現存すると、もはやあまりへの亡命を閉じるよりも、そしておそらくそれ以前のいくつかのケース(参照分類、 p. 62学) ; (奥行)通路の内部の証拠をされるはずの仕事をlatepost -流浪の作家(比較① -イです。 ) 。 In the preceding table space prevents the presentation of details.で、上記の表スペースにより、プレゼンテーションをご覧ください。 In C and D, Kittel's analysis in "SBOT" is mostly followed, but not in all details, nor in his separation of the D material into various strata.でCとD 、キッテルの分析は" sbot "は、大部分の後、すべての詳細ではなく、また彼の分離のD物質を様々な地層です。 Small portions from extant books embedded in B, C, and D are not indicated.現存の書籍から埋め込まれた小さな部分をBに、 C 、およびDがないです。 The non-Biblical sources may be classified thus:聖書以外の5月に分類するためのソース:

(1) An earlier historical work cited as: "The Book of the Kings of Judah and Israel" (II Chron. xvi. 11, xxv. 26, xxviii. 26); "The Book of the Kings of Israel and Judah" (ib. xxvii. 7, xxxv. 26); "The Acts of the Kings of Israel" (ib. xxxiii. 18); and perhaps also as "The Midrash of the Book of Kings" (ib. xxiv. 27). ( 1 )以前の歴史的な作業に引用されました: "この本は、ユダとイスラエルの王" ( 2世chron 。 16 。 11 、 25 。 26 、 28 。 26 ) ; "この本を、イスラエルとユダの王" ( ① -イ。 2 7。 7日、 3 5。 2 6) ; "の行為は、イスラエルの王" ( i b.3 3。 。 。 1 8) ;そしておそらくまた、 "その本のミドラーシュオブキングス" ( i b.2 4。 2 7) 。

(2) Sections of a similar history of David and Solomon (unless these references are to that portion of the former work which dealt with these kings), cited as: "The Words of Samuel the Seer" (I Chron. xxix. 29); "The Words of Nathan the Prophet" (ib.; II Chron. ix. 29); and "The Words of Gad the Seer" (I Chron. xxix. 29). ( 2 )のセクションの歴史を、同様のダビデとソロモン(しない限り、これらの参考文献を元のその部分の作業を扱って、これらの王) 、引用されました: "サミュエルの言葉をして凡てを見透さ" (私chron 。 29 。 29 ) ; "預言者ムハンマドの言葉をネイサン" ( ib. ;二chron 。 9 。 29 ) ;や"の言葉を出歩きして凡てを見透さ" (私chron 。 29 。 29 ) 。

(3) Sections of "The Book of the Kings of Israel and Judah," and possibly of other similar works, cited as: "The Words of Shemaiah the Prophet and of Iddo the Seer" (II Chron. xii. 15); "The Words of Jehu the Son of Hanani" (ib. xx. 34); "The Words of the Seers" (LXX., RV, margin); "of his Seers" ("SBOT"); "of Hozai" (II Chron. xxxiii. 19-20, RV); "The Vision of Iddo the Seer" (ib. ix. 29); "The Vision of Isaiah the Prophet" (ib. xxxii. 32); "The Midrash of the Prophet Iddo (ib. xiii. 22); "The Acts of Uzziah, Written by Isaiah the Prophet" (ib. xxvi. 22); and "The Prophecy of Ahijah the Shilonite" (ib. ix. 29). ( 3 )セクションの"この本を、イスラエルとユダの王"と可能性の他の類似の作品は、引用されました: "預言者ムハンマドの言葉をshemaiahとして凡てを見透さiddo " ( 2世chron 。 12 。 15 ) ; "御者の息子の言葉をhanani " ( ib.イグゼクスです。 34 ) ; "の言葉を、ゼールス" ( lxx. 、右心室、マージン) ; "彼のゼールス" ( " sbot " ) ; " hozai " ( 2世chron 。 33 。 19-20 、右心室) ; "のビジョンをiddoして凡てを見透さ" ( ib. 9 。 29 ) ; "のビジョンの預言者イザヤ書" ( ib. 32 。 32 ) ; "預言者ムハンマドのiddoミドラーシュ( ib. 13 。 22 ) ; "の行為をアザイア、書かれた預言者イザヤ書" ( ib. 26 。 22 ) ;と"予言のahijahのshilonite " ( ib. 9 。 29 ) 。

In the absence of numbered divisions like the present chapters and verses, portions of the work are indicated by the name of the prophet who figures in it-probably because the Prophets were supposed to have been the annalists (ib. xxvi. 22).番号がない場合は、現在の支部や詩のような部分、部分の作業は、預言者ムハンマドの名前を示されること- whoフィギュアでは、預言者がいるため、おそらくされてannalists ( ib. 26 。 22 ) 。 Thus, "the Vision of Isaiah" is said to be in "The Book of the Kings of Judah and Israel"; and "the Words of Jehu the son of Hanani," inserted in "The Book of the Kings of Israel."したがって、 "ビジョンをイザヤ書"によるとされるが、 "この本は、ユダとイスラエルの王" ;と"御者の息子のhananiの言葉を、 "に挿入され"この本は、イスラエルの王です。 "

Thus the main source of Chronicles seems to have been a late post-exilic Midrashic history of the kings of Judah and Israel.したがって、主要な供給源クロニクルように追放された後も、後半の歴史をmidrashicユダとイスラエルの王です。 Possibly, this had been divided into histories of David and Solomon, and of the later kings.おそらく、この歴史に分かれていたのダビデとソロモン、そして、後の王です。 The author may also have used a collection of genealogies; and perhaps additions were made to the book after it was substantially complete.の著者のコレクションを使用されることもあります。 genealogies ;そしておそらくその本の追加が行われた後には実質的に完了します。 In dealing with matter not found in other books it is difficult to distinguish between matter which the chronicler found in his source, matter which he added himself, and later additions, as all the authors concerned wrote in the same spirit and style; but it may perhaps be concluded that details about Levites, porters, and singers are the work of the chronicler (compare Section III. of this article).問題に対処する他の書籍が見つかりませんを区別することは難しい問題は、彼の年代記が見つかりました、ソース、と付け加えた自分自身の問題を、およびそれ以降の追加、作家としてのすべての関係者と同じ精神とスタイルを書いた;しかし、ことがあります詳細については結論を多分にlevites 、ポーター、との作品は、歌手の年代記(比較セクションIII 。は、次の資料) 。

III. Ⅲ 。 Relationship to Samuel-Kings:の関係をサミュエル-キングス:

(a) Comparison of Contents. (ア)の内容を比較します。 Chronicles omits most of the material relating to Saul and the northern kingdom, including the accounts of Samuel, Elijah, and Elisha, and most of what is to the discredit of the "good kings"; eg, the story of Bathsheba.クロニクル除いたほとんどの素材に関連するソールと北部の王国、などのアカウントのサミュエル、イライジャ、およびエリシャ、との大部分を落とすのは何です"良い王" ;例えば、バトシェバの物語です。 Chronicles adds (see table, B and D) long accounts of the Temple, its priests and its services, and of the observance of the Pentateuchal laws; also records of sins which account for the misfortunes of "good kings"-eg, the apostasy of Joash (II Chron. xxiv.); of the misfortunes which punished the sins of "bad kings"-eg, the invasions in the reign of Ahaz (ib. xxviii.); and of the repentance which resulted in the long reign of Manasseh (ib. xxxiii.); besides numerous genealogies and statistics.クロニクル追加(表参照、 BとD )長いアカウントは、寺、その司祭とそのサービス、および法令の遵守をpentateuchal ;もの記録をどのアカウントを罪の不幸を"良い王" -例えば、背教のjoash ( ⅱ chron 。 24 。 ) ;は、不幸の罪で罰せられる"悪い王" -例えば、アハズの治世の侵略は、 ( ib. 28です。 ) ;とは、良心の呵責につながったの長い治世マナセ( ib. 33です。 ) ; genealogiesや統計情報のほか多数のです。 Chronicles has numerous other alterations tending, like the additions and omissions, to show that the "good kings" observed the law of Moses, and were righteous and prosperous (compare ib. viii. 2 and I Kings ix. 10, 11; see also below).クロニクルは、数多くの他の変更の世話、脱落のように、追加機能や、に表示することは、 "良い王"ムーサー観察法、およびが正しいと繁栄を(比較① -イ。 Ⅷ 。 2 9世王と私。 1 0、 1 1;も参照くださいを参照) 。

(b) Literary Connection. (イ)文芸接続します。 It might seem natural to identify the main source of Chronicles with Samuel-Kings, or with "The Book of the Chronicles of the Kings of Israel" and "The Book of the Chronicles of the Kings of Judah," frequently referred to in Kings.自然に見えるかもしれないクロニクルを識別するための主要な供給源とサミュエル-キングス、あるいは"この本は、クロニクルは、イスラエルの王"と"その本は、クロニクルのユダの王、 "頻繁に参照されてキングスです。 But the principal source can not have been Kings, because "The Book of the Kings" is sometimes said to contain material not in Kings-eg, the wars of Jotham (II Chron. xxvii. 7); neither can it have been the "Chronicles" cited in Kings, because it is styled "Midrash" (AV, "story"; RV, "commentary"), which was a late form of Jewish literature (II Chron. xiii. 22, xxiv. 27).しかし、王プリンシパルソースすることはできませんが、理由は、 "この本は、キングス"は時にはに含まれる物質によるとキングスていない-例えば、戦争のジョーサム( 2 chron 。 27 。 7 ) ;どちらもできること"クロニクル"に列記さ王は、それがスタイル"ミドラーシュ" ( AVだけでなく、 "物語" ;右心室、 "解説" ) 、これは、後半フォームのユダヤ人の文学( 2 chron 。 13 。 22 、 24 。 27 ) 。 This main source, "The Book of the Kings," is therefore commonly supposed (see II. d) to have been a postexilic work similar in style and spirit to Chronicles.この主な供給源は、 "この本は、キングス、 "は、したがってよくはず(参照Ⅱ 。奥行)バビロン捕囚後の仕事をされ精神をクロニクルのスタイルと似ています。 The relation of this source to Kings is difficult to determine.キングスは、次のソースからの関係を判断するのは難しいです。 It is clear that Chronicles contains matter taken either directly or indirectly from Kings, because it includes verses inserted by the editor of Kings (compare II Chron. xiv. 1, 2 and I Kings xv. 8, 11).物質を含むことが取らクロニクルのいずれかを明確に直接または間接的よりkings 、詩が含まれているために挿入されたエディタオブキングス(比較2世chron 。 14 。 1 、 2と私キングス15 。 8日、 11 ) 。 Either Chronicles used Kings and "The Book of the Kings," both of which works used the older "Chronicles" (so Driver, "Introduction to the Literature of the OT" 6th ed., p. 532), or Chronicles used "The Book of the Kings," which had used both Kings and the older "Chronicles," or works based on them.キングスのいずれかクロニクル使用されると"その本は、キングス、 "どの作品の両方の使用して古い"クロニクル" (これドライバ、 "文学を紹介してot "第6回エド。 、 p. 532 ) 、またはクロニクル使われる"予約は、キングス、 "王と両方使われていた古い"クロニクル" 、または作品を基にしています。

(c) Text. ( c )のテキストです。 It is not always possible to distinguish minor editorial changes from textual errors; but, when the former have been eliminated, Chronicles presents an alternative text for the passages common to it and Samuel-Kings.常に可能性を区別することではない細部の編集テキスト形式のエラーからの変更点;しかし、前者がなくなれば、代替テキストをプレゼントクロニクル通路に共通することとサミュエル-キングスです。 As in the case of two manuscripts, sometimes the one text, sometimes the other, is correct. 2つの例のように、原稿、場合によっては、 1つのテキストを、時には、他の、が正しいです。 For example, I Chron.たとえば、私chron 。 xviii. 18 。 3 has, wrongly, "Hadarezer," where II Sam. 3は、誤って、 " hadarezer 、 "どこ2世サムです。 viii. Ⅷ 。 3 has "Hadadezer"; but conversely I Chron. 3は、 " hadadezer " ;しかし、逆に私chron 。 xvii. 17 。 6 has, rightly, "judges," where II Sam. 6には、当然、 "裁判官は、 "どこ2世サムです。 vii. Ⅶ 。 7 has "tribes." 7は、 "部族。 "

IV. Ⅳ 。 Historical Value:歴史的な価値:

(a) Omissions. (ア)脱落します。 Almost all these are explained by the chronicler's anxiety to edify his readers (compare Section III. a); and they in no way discredit the narratives omitted.これらは、ほぼすべての年代記の説明に不安をedifyされた彼の読者(比較セクションIII 。 、 ) ;と彼らの物語を落とすものではありません省略している。

(b) Contradictions.結果( b )矛盾します。 Where Chronicles contradicts Samuel-Kings preference must be given to the older work, except where the text of the latter is clearly corrupt.どこクロニクル矛盾サミュエル-キングス設定しなければならないの古い与えられた仕事を、テキストを除いては、後者は明らかに壊れています。 With the same exception, it may be assumed that sections of the primitive "Chronicles" are much more accurately preserved in Samuel-Kings than in Chronicles.と同じ例外を除いて、想定されることがありますのセクションには原始的"クロニクル"もはるかに正確に保存さサミュエル-キングスに比べクロニクルです。

(c) Additions. ( c )追加します。 The passages which describe theTemple ritual and priesthood and the observance of the Pentateuchal law before the Exile are a translation of ancient history into the terms of the chronicler's own experience. thetempleの儀式と説明した文章を聖職に就くとpentateuchal法の遵守の亡命者の前には、翻訳文の古代史をご利用の年代記の自分自身の経験です。 The prophetical admonitions and other speeches are the chronicler's exposition of the religious significance of past history according to a familiar convention of ancient literature.机上のadmonitions 、およびその他のスピーチは、年代記に付随する宗教的意義の過去の歴史によると、古代文学、おなじみの大会です。 Such material is most valuable: it gives unique information as to the Temple and the religious ideas of the early Greek period.このような物質は、最も価値:これにより、独自の情報として、宗教的なアイデアを寺とギリシャ語の初期の時代です。 Most of the material included under C in Section II.ほとんどの材料Cの第二の下に含まれるものです。 d, above has apparently been borrowed from an older source, and may constitute an addition to present knowledge of pre-exilic Israelitish history. d 、上記のはどうやら、古いソースから拝借した、と5月現在の構成に加えてisraelitishの歴史の知識を事前に追放された。 The religious and other interests of the chronicler and his main source do not seem to account for the origin of the genealogies, statistics, accounts of buildings, etc., in C. The character of another set of additions is not so clear; viz., Abijah's victory (II Chron. xiii.), Zerah's invasion (ib. xiv., xv.), and Manasseh's captivity (ib. xxxiii.).宗教やその他の利益のために年代記と彼の主な供給源ていないと思われるの起源を説明するために、 genealogies 、統計情報、アカウントの建物などはCの性格を別のセットを追加ではないのでクリア; viz 。 、 abijahの勝利( 2 chron 。 13 。 ) 、 zerahの侵攻( ib. 14 。 、 15 。 ) 、およびマナセの捕囚( ib. 33です。 ) 。 However little the chronicler may have cared about writing scientific history, the fact that he narrates an incident not mentioned elsewhere does not prove it to be imaginary.しかしほとんどの年代記年5月に科学技術の歴史を気に書き込み、実際には、彼のナレーションに言及しない他の事件を証明することはありません想像です。 Kings is fragmentary; and its editors had views as to edification different from those of the chronicler (see Judges), which might lead them to omit what their successor would restore.キングスは断片的;とそのエディターを教化は再生回数としては、異なる年代記(裁判官) 、これを省略するかもしれないリードして後継者がどのように復元します。 Driver and others hold that Chronicles is connected with early sources by another line than that through Kings (note also C, Section II. d).ドライバおよびその他の早期開催をクロニクルソースがインターネットに接続を介し、別の行に比べてキングス(注もc 、第二節です。 D )です。 Hence the silence of Kings is not conclusive against these additions.それゆえの沈黙オブキングス決定的な反対ではない、これらの追加機能です。 Nevertheless, such narratives, in the present state of knowledge, rest on the unsupported testimony of a very late and uncritical authority.にもかかわらず、このような物語は、現在の状態を知識、残りのサポートされていない上の証拠を提出すると非常に遅くいいかげんな権威です。 Much turns on internal evidence, which has been very variously interpreted.多くの内部の証拠を有効にするとされてきた非常にさまざまな解釈です。 Some recognize a historical basis for these narratives (WE Barnes, in "Cambridge Bible," pp. xxx. et seq.; AH Sayce, "The Higher Criticism and the Verdict of the Monuments," p. 465); others regard them as wholly unhistorical (see "Chronicles, Books of," in "Encyc. Bibl.").いくつかの歴史的な根拠を、これらの物語を認識する(私たちバーンズ、 "ケンブリッジ聖書の、 " pp 。 xxx 。頁以降を参照。 ;ああセース、 "評決が高いとの批判のモニュメント、 " p. 465 ) ;その他に関してそれらを完全に歴史的でない(詳細については、 "クロニクル、書籍は、 " " encyc 。 bibl 。 " )です。 As to Chronicles in general, Professor Sayce writes (lcp 464): "The consistent exaggeration of numbers on the part of the chronicler shows us that from a historical point of view his unsupported statements must be received with caution. But they do not justify the accusations of deliberate fraud and 'fiction' which have been brought against him. What they prove is that he did not possess that sense of historical exactitude which we now demand from the historian."をクロニクルとして一般的には、教授セースの書き込み( 464 、 LCP ) : "と言っても過言の数字に整合性の年代記の一部を示してからの問い合わせがサポートされていない歴史的視点から彼の発言には注意が必要受信しなければならない。しかし、彼らはありませんを正当化する故意の不正行為と非難'フィクション'されてきた彼に対するします。かれらは、立証を持つ彼はその意味での歴史的な正確さを今史家からの需要です。 "

Emil G. Hirsch WH Bennettエミールハーシュwh g.ベネット

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

R. Kittel, The Books of Chronicles in Hebrew, in SBOT ed. r.キッテルは、書籍のクロニクルinヘブライ語は、 sbotエドです。 Haupt, 1895; WH Bennett, The Books of Chronicles, in The Expositor's Bible, 1894; F. Brown, Chronicles, I. and II., in Hastings, Dict.ハウプト、 1895 ; whベネットは、書籍のクロニクルは、聖書のエクスポジター、 1894 ;女性ブラウン、クロニクル、 i. 、およびii 。は、ヘイスティングス、 dictのです。 Bible, 1898; SR Driver, Chronicles, Books of, in Cheyne and Black, Encyc.聖書の、 1898 ; srドライバ、クロニクル、書籍のは、チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl. bibl 。 1899.EGHWHB 1899.eghwhb


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです