Epistle to the Colossiansの信徒へのコロサイ人への手紙

General Information 総合情報

The Epistle to the Colossians is a book of the New Testament of the Bible.のの信徒への予約は、コロサイ人への手紙は、新約聖書の聖書です。 Scholars are divided on whether it was written by Saint Paul during one of his imprisonments after AD 60 or by a later follower of Paul who further developed some of his ideas. The author confronts a type of Gnosticism that taught that angelic powers rule the cosmos and that various ascetic and ritual practices are required of Christians. Against these teachings, the epistle shows that since Christ is ruler of the whole cosmos and has saved believers, neither fear nor extreme practices are appropriate. Colossians has many passages in common with the Epistle to the Ephesians, especially the passages that describe the church as a body, with Christ as its head.学者が分かれて書かれたかどうかは、サンポールimprisonments後、彼の中の1つの広告を60またはそれ以降の信奉者のポールwhoより詳細ないくつかの彼のアイデアを開発します。 の著者対峙するタイプのグノーシス主義のルールを教えられ、コスモスと天使のような大国その様々な禁欲主義とキリスト教の儀式の慣行が必要です。に対して、これらの教えは、イエスキリスト以来の信徒によると全体のコスモスが支配して保存信仰する者よ、 どちらの恐怖も極端な慣行が適切です。コロサイ人への手紙には多くの信徒への通路の共通点、エペソ人への手紙、特に説明して教会の通路を体として、イエスキリストはその頭です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Anthony J Saldariniアンソニー無しsaldarini

Bibliography 書誌事項
A Patzia, Colossians, Philemon, Ephesians (1984).をpatzia 、コロサイ人への手紙、ピレモンへの手紙、エペソ人への手紙( 1984 ) 。


Epistle to the Colossiansの信徒へのコロサイ人への手紙

Brief Outline簡単な概要

  1. Salutation and thanksgiving (1:1-8)感謝祭のご挨拶( 1:1-8 )
  2. Doctrinal section (1:9-2:5)教義上のセクション( 1:9-2:5 )
  3. Practical exhortations (2:6-4:6)実用的なexhortations ( 2:6-4:6 )
  4. Concluding salutations (4:7-18)閉会礼拝( 4:7-18 )


Epistle to the Colos'siansの信徒へのcolos'sians

Advanced Information 高度情報

The Epistle to the Colossians was written by Paul at Rome during his first imprisonment there (Acts 28:16, 30), probably in the spring of AD 57, or, as some think, 62, and soon after he had written his Epistle to the Ephesians.のの信徒へのコロサイ人への手紙は、ローマ中に書かれたポールは彼の最初の懲役刑に(行為28:16 、 30 ) 、おそらく57年の春の広告掲載、または、いくつかの考え、 62 、そしてすぐ後に書かれた彼は彼の信徒へ、エペソ人への手紙です。 Like some of his other epistles (eg, those to Corinth), this seems to have been written in consequence of information which had somehow been conveyed to him of the internal state of the church there (Col. 1:4-8).彼のようないくつかの他の書簡(例えば、それらをコリント)は、このように書かれても何らかのれた結果の情報を伝えていた彼は、内部の状態を教会のある( Col 。 1:4-8 ) 。 Its object was to counteract false teaching.そのオブジェクトが誤った教育を是正します。 A large part of it is directed against certain speculatists who attempted to combine the doctrines of Oriental mysticism and asceticism with Christianity, thereby promising the disciples the enjoyment of a higher spiritual life and a deeper insight into the world of spirits.の大部分を監督することは、特定のspeculatists who未遂に結合し、東洋の神秘主義と教説の禁欲主義とキリスト教、弟子たちが有望なの精神生活の楽しみを高いと霊の世界をより深い洞察力をします。 Paul argues against such teaching, showing that in Christ Jesus they had all things.ポール主張に対してこのような教育は、イエスキリストが表示さ彼らはすべてのものです。 He sets forth the majesty of his redemption.彼は彼の償還陛下送付しています。

The mention of the "new moon" and "sabbath days" (2:16) shows also that there were here Judaizing teachers who sought to draw away the disciples from the simplicity of the gospel.に言及したのは"新月"と"安息日の日" ( 2:16 )示しても、ここがあったwho judaizing教師が走り去るのを模索してきたから、弟子たちの福音シンプルです。 Like most of Paul's epistles, this consists of two parts, a doctrinal and a practical.のようなほとんどのポールの書簡は、この構成の2つの部分は、実用的な教義とします。 (1.) The doctrinal part comprises the first two chapters. ( 1 。 )教義上の部分の最初の2つの章で構成されます。 His main theme is developed in chapter 2.彼のメインテーマは、第2章で開発された。 He warns them against being drawn away from Him in whom dwelt all the fulness of the Godhead, and who was the head of all spiritual powers.彼は警告して、あの子から離れた反対に誰が描か力説のすべてのfulness 、神格、とwhoは、頭のすべての霊的な力です。 Christ was the head of the body of which they were members; and if they were truly united to him, what needed they more?イエスキリストは、体の頭の部分をされていたメンバー、および、それらが真に団結して彼は、どのような必要に応じて他のですか? (2.) The practical part of the epistle (3-4) enforces various duties naturally flowing from the doctrines expounded. ( 2 )の実用的な部分の信徒( 3-4 )様々な任務を強化expounded自然に流れてからの教説です。 They are exhorted to mind things that are above (3:1-4), to mortify every evil principle of their nature, and to put on the new man (3:5-14).彼らはexhortedを頭に描くことが上記の( 3:1-4 ) 、悪の原理をその性質ごとに恥をかかせる、とを身につけなければ、新しい男( 3:5-14 ) 。

Many special duties of the Christian life are also insisted upon as the fitting evidence of the Christian character.多くの特別な職務は、キリスト教の生活にも継手の証拠を主張するのは、キリスト教の文字です。 Tychicus was the bearer of the letter, as he was also of that to the Ephesians and to Philemon, and he would tell them of the state of the apostle (4:7-9). tychicusは、無記名の手紙、としても彼はエペソ人への手紙とフィレモンをすることが、彼の状態を出て指示をかれらの使徒( 4:7-9 ) 。 After friendly greetings (10-14), he bids them interchange this letter with that he had sent to the neighbouring church of Laodicea.フレンドリーあいさつした後( 10-14 ) 、彼はこの手紙を交換して入札していた近所の教会のラオディケア送信されます。 He then closes this brief but striking epistle with his usual autograph salutation.しかし、彼は目を見張る入力し、本日、この簡単なあいさつの信徒が彼のいつものサインです。 There is a remarkable resemblance between this epistle and that to the Ephesians (qv).には、この手紙との間に著しい類似をすることがエペソ人への手紙( qv ) 。 The genuineness of this epistle has not been called in question.この書簡の真偽を呼んで質問されていない。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Epistle to the Colossiansの信徒へのコロサイ人への手紙

Catholic Information カトリックの情報

One of the four Captivity Epistles written by St. Paul during his first imprisonment in Rome -- the other three being Ephesians, Philemon and Philippians.捕らわれの1つの4つの聖パウロの書簡中に書かれた彼の最初の懲役刑にローマ-その他の3つのがエペソ人への手紙、ピリピ人への手紙ピレモンとします。 That they were written in prison is stated in the Epistles themselves.していた刑務所で書かれた書簡が記載されています。 The writer mentions his "chain" and his "bonds" (Ephesians 6:20, Colossians 4:3; 4:18; Philippians 1:7, 13, 17); he names his fellow prisoners (Colossians 4:10; Philemon 23) he calls himself a prisoner (Ephesians 3:1; 4:1; Philemon 9): "Paul an old man, and now a prisoner".その作家言及彼の"鎖"と彼の"債" (エペソ人への手紙6:20 、コロサイ人への手紙4:3 ; 4:18 ;ピリピ人への手紙1時07分、 13 、 17 ) ;彼は彼の囚人仲間の名前(コロサイ人への手紙4:10 ;ピレモン23 )彼は、自らを呼び出し囚人(エペソ人への手紙3:1 ; 4:1 ;ピレモン9 ) : "ポールのおやじで、今では囚人"です。 It was supposed by some that these letters were written during the two years' captivity at Cæsarea; but it is now generally acknowledged (by all who admit their authenticity) that they were written during the years immediately following in Rome, during the time that "Paul was suffered to dwell by himself, with a soldier that kept him . . . And he remained two whole years in his own hired lodging; and he received all that came in to him" (Acts 28:16-30).それは仮定され、これらの文字が書か中にいくつかの2つの年間の監禁でcæsarea ;しかし、一般的に認められたことは今すぐ(その真正性を認めるすべてのwho )の中に書かれた彼らはすぐに次の年のローマ、中に時間を"ポールは自分自身に苦しんに住むされ、そのために、彼の兵士。 。 。 。 。と、彼は2つの宿泊施設全体の年間は、自分自身の採用、および受信したすべてに付属して彼は彼" (行為28:16-30 ) 。 As St. Paul had appealed to the emperor, he was handed over, to await his trial, to the prefect of the Prætorian Guard, who was at that time probably the famous Burrhus, the friend of Seneca.聖パウロとして控訴していた天皇、彼は引き渡さ、彼の裁判を待つ、 prætorianして、警備隊のPrefect 、 who 、おそらくその時は、有名なバラス、セネカの友達のことです。 He allowed the Apostle to live near the imperial palace in what was known as custodia militaris, his right wrist being connected day and night, by means of a chain, to the left arm of a soldier, who was relieved at regular intervals (Conybeare, Howson, Lewin).のおかげで、彼は使徒が、京都御所の近くに住むのに何がcustodia militarisとして知られ、彼の右手首に接続昼と夜、チェーンという手段によって、左の腕に兵士、 whoて安心した定期的な間隔(コニビアは、ハウスン、ルウィン) 。 It was in such circumstances that these Epistles were written, some time between AD 61 and 63.それは、そのような状況においては、これらの書簡が書かれた、いくつかの時間の間に広告の61と63 。 It cannot be objected that there is no mention in them of the earthquake spoken of by Tacitus and Eusebius as having destroyed Laodicea; for there is no evidence that its effects reached Coloss Colossæ,aelig;, and Eusebius fixes the date later than these letters.反対することはできませんがないことに言及し、かれらの話さの地震で破壊されているタキトゥスとユーセビアスラオディケア;ためにはその影響に達したという証拠はないcoloss colossæ 、 aelig ; 、およびユーセビアス修正された日付以降、これらの文字です。

Colossians, Ephesians, and Philemon were written and dispatched at one and the same time, while Philippians was composed at a somewhat different period of the captivity.コロサイ人への手紙、エペソ人への手紙、および1つのピレモンへの手紙が書かれたと派遣先と同じ時間、ピリピ人への手紙は少し違う構成では、監禁期間です。 The first three are an very closely connected.最初の3つのは、非常に密接につながっています。 Tychicus is the messenger in Eph., vi, 21 and Coloss., iv, 7, 8, 9. tychicusは、メッセンジャーでeph 。 、六、 21日とcoloss 。 、 4 、 7 、 8 、 9 。 In the latter he is accompanied by Onesimus, in whose favour the Epistle to Philemon was written.後者のオネシマス彼は同行され、その恩恵の信徒へのフィレモンが書かです。 In both Colossians and Philemon greetings are sent from Aristarchus, Mark, Epaphras, Luke, and Demas and there is the closest literary affinity between Ephesians and Colossians (see AUTHENTICITY OF THE EPISTLE below).ピレモンへの手紙コロサイ人への手紙と挨拶の両方でaristarchusが送信されるから、マーク、 epaphras 、ルーク、およびdemasと文学の親和性には最も近いとの間にエペソ人への手紙コロサイ人への手紙(信ぴょう性に書簡を参照ください) 。

READERS ADDRESSED読者の対処

Three cities are mentioned in Colossians, Coloss Colossæ aelig; (i, 2), Laodicea, and Hierapolis (iv, 13.) These were situated about 120 miles east from Ephesus in Phrygia, in Western Asia Minor, Colossæ and Laodicea being on the banks of the Lycus, a tributary of the Mæander.コロサイ人への手紙3つの都市に記載され、 coloss colossæ aelig ; (私、 2 ) 、ラオディケア、およびヒエラポリス( 4 、 13 。 )これらは約120マイル東に位置phrygiaよりエフェソスでは、欧米アジアの未成年者は、ラオディケアcolossæとで構成された銀行は、 lycus 、 mæanderの支流である。 All three were within two or three hours' walk from one another.すべての3人に2つまたは3つの時間'より徒歩1つ別のです。 Sir William Ramsay has shown that these towns lay altogether outside the routes followed by St. Paul in his missionary journeys; and it is inferred from Coloss., i, 4, 6, 7, 8 and ii, 1, that they were never visited by the Apostle himself.ウィリアムラムゼイ卿によると、これらの町のレイアウト完全に外の路線セントポールに続いて彼の布教の旅;としたものと推定よりcoloss 。 、私、 4 、 6 、 7 、 8 、およびii 、 1 、決して訪問していた自分自身の使徒です。 The great majority of the Colossian Christians appear to have been Gentile converts of Greek and Phrygian extraction (i, 26, 27; ii, 13), though it is probable that there was a small proportion of Jews living amongst them, as it is known that there were many scattered over the surrounding districts (Josephus, Ant., XII, iii, 4, and Lightfoot). colossianの大多数のキリスト教徒のジェンティーレに変換され表示されるギリシャ語とフリギア抽出(私は、 26日、 27 ; 2世、 13 ) 、それは確率があったのユダヤ人の生活の中の小さな比例して、することが知ら多くの散乱があったの周辺地区(ヨセフス、 Antのです。 、 12 、 3 、 4 、およびライトフット) 。

WHY WRITTENなぜ書か

Colossians was written as a warning against certain false teachers, about whom St. Paul had probably heard from Epaphras, his "fellow-prisoner" and the founder of the Church of the Colossians.コロサイ人への手紙が書かれているとの警告を含む特定の偽教師、については誰から聞いたepaphras聖パウロは、おそらく、彼の"仲間の囚人"と、コロサイ人への手紙の教会の創始者です。 The most diverse opinions have been held regarding these seducers.で最も多様な意見が開催され、これらのseducersについてです。 They were called philosophers by Tertullian, Epicureans by St. Clement of Alexandria, Jews by Eichhorn, heathen followers of Pythagoras by Grotius.テルトゥリアヌスと呼ばれる彼らは哲学者で、聖クレメントepicureansさアレクサンドリアのは、ユダヤ人をアイヒホルン、異教徒の信者のグロティウスピタゴラスされています。 They have also been called Chaldean magicians, Judaizing Christians, Essenes, Ebionites, Cabbalists, Gnostics, or varying combinations of all these (see Jacquier, Histoire, I, 316; Cornely, Introduction, III, 514).カルデアのマジシャンとも呼ばれる彼らは、キリスト教徒judaizing 、エッセネ派、 ebionites 、 cabbalists 、 gnosticsか、またはこれらのさまざまな組み合わせのすべての( jacquier 、 histoire 、私、 316 ; cornely 、はじめに、 3世、 514 ) 。 The main outlines of their errors are, however, stated with sufficient clearness in the Epistle, which contains a two fold refutation of them: first, by a direct statement of the true doctrine on Christ, by which the very foundations of their erroneous teaching are shown to be baseless; and secondly, by a direct polemic in which is laid bare the hollowness of what they put forth under the specious name of "philosophy".そのエラーの主な概要は、しかし、記載に十分な透明性は、信徒、これには、 2つの反論を省略して:第一に、直接声明されたイエスキリストの真の教義上、彼らは、非常に基盤を誤った教育は、表示されるいわれ、および第二に、直接反論するのはむなしさをあらわにする彼らの名前を出すの下にもっともらしい"哲学" 。 Here, philosophy in general is not condemned, but only the philosophy of those false teachers (Hort, Jud. Chr., 118).ここでは、死刑囚の哲学一般的ではないが、哲学は、これらの偽教師(ホルト、ユート。 chrします。 、 118 ) 。 This was not "according to Christ", but according to the "tradition of men", and was in keeping only with the very alphabet of worldly speculation (kata ta stoicheia tou kosmou -- see Galatians 4:3).これは"イエスキリストによると" 、しかしによると、 "伝統の男たち"とは、アルファベットの維持だけで、非常に世俗的投機(カタstoicheiaこの塔kosmou -ガラテヤ人への手紙4 :3参照) 。 Josephus and Philo apply the word "philosophy" to Jewish teaching, and there can be no doubt that it was applied so in Coloss., ii; some of its details are given in 16-23: (1) The false teachers wished to introduce the observance of Sabbaths, new moons, and other such days.ヨセフスとフィロ適用して単語"哲学"をユダヤ人指導し、疑いの余地はないことは適用されませんので、 coloss 。 、二;いくつかの詳細が与えられる16-23 : ( 1 )の偽教師を希望して導入するの遵守のsabbaths 、新しい衛星、およびその他のような日中です。 (2) They forbade the eating and drinking and even the very tasting and touching of certain things. ( 2 )彼らを禁じて食べたり飲んだりするとさえ、非常に試飲や、特定の物事に触れています。 (3) Under the false pretence of humility they inculcated the worship (threskeia) of angels, whom they regarded as equal or superior to Christ. ( 3 )の下に虚偽inculcated pretenceの謙虚な彼らの崇拝( threskeia )の天使たち、かれらに優れていると見なされてイエスキリストで同額です。 The best modern commentators, Catholic and non-Catholic agree with St. Jerome that all these errors were of Jewish origin.最高のモダンな解説者、カトリック教徒と非カトリックの聖ジェロームに同意し、これらのエラーがすべてのユダヤ人の起源です。 The Essenes held the most exaggerated ideas on Sabbath observance and external purism, and they appear to have employed the names of the angels for magical purposes (Bel. Jud. II, vii, 2-13, Lightfoot, Col. and Dissertations).誇張されたのエッセネ派のアイデアを開催し、ほとんどの安息日の遵守や外部のピュリスム、およびそれらの名前を表示するには、天使たちに雇用の魔法の目的( BEL.さんユートです。 2世、七、 2-13 、ライトフット、 Col 。と学位論文) 。 Many scholars are of opinion that the "elements of this world" (stoicheia tou kosmou) mean elemental spirits; as, at that time, many Jews held that all material things had special angels.多くの学者たちの意見は、 "この世界の要素を" ( stoicheia塔kosmou )を意味元素スピリッツ;として、当時、多くのユダヤ人のすべての素材開かれたものは特別な天使たちです。 In the Book of Henoch and the Book of Jubilees we read of angels of the stars, seasons months, days of the year, heat, cold, frost, hail, winds, clouds etc. Abbott (Eph. and Coloss., p. 248) says that "the term properly used of the elements ruled by these spirits might readily be applied to the spirits themselves, especially as there was no other convenient term".この本のヘーノホとjubilees本を読むの天使たちは、星印は、季節ヵ月間、日中オブザイヤー、暑さ、寒さ、霜、雹、風、雲等のアボット( eph.とcoloss 。 、 p. 248 )によると、 "という言葉の要素を適切に使用されるかもしれない容易に支配され、これらのスピリッツスピリッツ自体にも適用して、特に他の便利な用語としてはない" 。 At any rate angels play an important part in most of early apocryphal books of the Jews, eg in the two books just mentioned, the Book of the Secrets of Henoch, the Testament of the Twelve Patriarchs, etc.いずれにせよ、ほとんどの天使プレイの重要な部分の早期作り話の書籍は、ユダヤ人、例えば、 2つの図書だけ言及したように、この本は、秘密のヘーノホは、遺言のは、 12 patriarchsなど

It may be noted in passing, that the words of the Epistle against the superstitious worship of angels cannot be taken as condemning the Catholic invocation of angels.記載され渡すことがありますが、その人の言葉を崇拝するの信徒反対する迷信として天使たちを非難することはできませんならないのは、カトリックの天使の呼び出しです。 Dr. TK Abbott, a candid non-Catholic scholar, has a very pertinent passage which bears on this point (Eph. and Coloss. p. 268): "Zonaras . . . says there was an ancient heresy of some who said that we should not call on Christ for help or access to God, but on the angels. . . . This latter view, however, would place Christ high above the angels, and therefore cannot have been that of Colossians, who required to be taught the superiority of Christ." tkアボット博士は、率直に非カトリック教徒の学者は、非常に適切な通路でクマには、この点について( eph.とcoloss 。 p. 268 ) : "ゾナラス。 。 。 。 。は言うが、古代異端のいくつかのwhoによると、私たちイエスキリストを呼び出してはいけないのアクセスを助けたり、神ではなく、天使たちに。 。 。 。 。 。 。 。この後者のビューで、しかし、イエスキリストが高い場所の上に天使たち、およびそのためのれていることはできません。コロサイ人への手紙、 whoする必要があります教えの優位キリストです。 " The objection sometimes brought from a passage of Theodoret on the Council of Laodicea, is clearly and completely refuted by Estius (Comm. in Coloss., II, 18).時にはから持って来たの異議申立をするの通過をtheodoretラオディケア評議会は、明確かつ完全に否定されestius ( comm.でcoloss 。 、 2世、 18 ) 。 Another difficulty may be mentioned in connection with this portion of the Epistle.別の難しさがありますこの部分に記載され、信徒の接続をします。 The statement that the vain philosophy was in accordance with "the tradition of men" is not any disparagement of Apostolic traditions, of which St. Paul himself speaks as follows: "Therefore brethren, stand fast; and hold the traditions which you have learned, whether by word or by our Epistle" (2 Thessalonians 2:14).の声明によれば、無駄な理念に基づいては、 "男性の伝統の中"ではないローマ教皇の任意の軽視の伝統は、聖パウロ自身が話す以下のとおり: "したがって同胞、スタンド高速;とホールドの伝統を学んだ、単語またはられたかどうかを私たちの手紙" ( 2 thessalonians 2時14分) 。 "Now I praise you, brethren that in all things you are mindful of me: and keep my ordinances as I have delivered them to you" (1 Corinthians 11:2. -- See also 2 Thessalonians 3:6; 1 Corinthians 7:17; 11:23; 14:33; 2 Corinthians 1:18; Galatians 1:8; Colossians 2:6, 7; 2 Timothy 1:13, 14; 2:2; 3:14; 2 John 1:12; 3 John 13). "今すぐ私の称賛を、兄弟してすべてのことに留意あなたが私:私の条例を維持して配信するとして私は" ( 1コリンチャンス11時02分です。 -こちらも2 t hessalonians3 : 0 6; 1コリンチャンス7 : 17 ; 11:23 ; 14:33 ; 2コリンチャンス1:18 ;ガラテヤ人への手紙1:8 ;コロサイ人への手紙2時06分、 7 ; 2ティモシー1:13 、 14 ; 2:2 ; 3:14 ; 2ジョン1:12 ; 3ジョン13 ) 。 Finally, the very last verse, dealing with the errors (ii, 23) is considered one of the most difficult passages in the whole of the Scriptures.最後に、非常に最後の詩は、エラーに対処する( 2世、 23 )は一人と見なされ、最も難しいの通路は、全体の経典です。 "Which things have indeed a shew of wisdom in superstition and humility, and not sparing the body; not in any honour to the filling of the flesh." "というものが実際に知恵を供え迷信と謙虚さではなく、身体の節約;わけではない肉の名誉を充填しています。 " The last words of this verse have given rise to a multitude of the most conflicting interpretations.この詩の最後の言葉を与えられたの上昇が最も多くの競合して解釈します。 They have been taken as a condemnation of bodily mortification, and as an exhortation to it.彼らがとられているとして非難した肉体的苦行、との勧告をしてください。 Modern commentators devote much space to an enumeration of the many opinions and to an exhaustive study of these words without any satisfactory result.現代の多くのスペースを割くの解説に多くの意見を列挙し、これらの言葉を徹底的に検討したことなく満足のいく結果です。 There can be little doubt that the opinion of Hort, Haupt, and Peake (Exp. Greek Test., 535) is the right one, viz.は、疑いの余地はほとんどの意見をホルト、ハウプト、およびピーク(例ギリシャ語テストします。 、 535 )は、右側の1つ、 viz 。 that the correct reading of this verse became irrevocably lost, in transcription, in very early times.して、正しい読書は、次の詩が失われる取消不能では、転写、非常に初期の回クリックします。

CONTENTS内容

First Part (1-2)最初の部分( 1-2 )

The Epistle consists of two parts the first two chapters being dogmatico-polemical and the last two practical or moral.信徒の2つの部分で構成する最初の2つの章がdogmatico -論争と最後の2つの実用的または道徳的です。 In the first part the writer shows the absurdity of the errors by a direct statement of the supereminent dignity of Christ, by Whose blood we have the redemption of sins.その作家の最初の部分でのばかばかしさを示してステートメントでエラーを直接、卓絶したイエスキリストの尊厳を、私たちは、交換され、その血の罪です。 He is the perfect image of the invisible God, begotten before all creatures.彼は、完璧なイメージを目に見えない神、 begetの過去分詞形する前にすべての生き物です。 By Him and for Him were created all things in heaven and on earth, visible and invisible, spiritual as well as material, and by Him are all things upheld.彼が作成され、かれと天国と地球上のすべてのことは、次のと目に見えない、精神的なだけでなく素材、と彼はすべてのものを支持します。 He is the Head of the Church and He has reconciled all things through the blood of His cross, and the Colossians "also he hath reconciled . . . through death".彼は教会の頭の和解と彼は血液中のすべてのものを通して彼のクロス、とコロサイ人への手紙"にもかれが仲直り。 。 。 。 。を通して死"です。 St. Paul, as the Apostle of the Gentiles and a prisoner for their sakes, exhorts them to hold fast to Christ in Whom the plenitude of the Godhead dwells, and not to allow themselves under the plausible name of philosophy, to be re-enslaved by Jewish traditions based on the Law of Moses, which was but the shadow of which Christ was the reality and which was abrogated by His coming.聖パウロは、使徒としての囚人にsakes gentilesと、それらを保持するexhorts誰が為に潤いを高速にイエスキリストが、神性の棲むところ、特定を許可するともっともらしいの名前を自身の哲学の下に、 enslavedを再ユダヤ教の伝統をムーサーの法則に基づいて、これは、しかし、イエスキリストの影には、現実と彼の今後が廃棄されています。 They are not to listen to vain and rudimentary speculations of the false teachers, nor are they to suffer themselves to be deluded by a specious plea of humility to put angels or demons on a level with Christ, the creator of all, the master of angels, and conqueror of demons.されていないと初歩的な根拠のない憶測を聞くには、偽教師、またかれらは迷いに苦しむしてもっともらしい口実にされた天使や悪魔に謙虚レベルでは、イエスキリストは、創作者のすべてのは、マスターの天使たち、と悪魔の征服者です。

Second Part (3-4) 2つ目の部分( 3-4 )

In this portion of the Epistle St. Paul draws some practical lessons from the foregoing teaching.この部分は、聖パウロの信徒を描画することなくいくつかの実用的な教訓から指導します。 He appeals to them that as they are risen with Christ they should mind the things that are above; put off the old man and put on the new.彼は控訴して上昇したことを彼らはイエスキリストとして彼らは、上記の点を考慮することが;老人と置くを先送りにするのは、新しいです。 In Christ there is to be neither Gentile nor Jew, barbarian nor Scythian, bond nor free.どちらも、キリストにはジェンティーレにもユダヤ人、野蛮人もスキタイ、債券も無料です。 The duties of wives and husbands, children and servants are next given.次のような任務の妻や夫、子供たちと使用人は、次の与えられた。 He recommends constant prayer and thanksgiving, and tells them to walk with wisdom towards them that are without, letting their speech be always in grace seasoned with salt, that they may know how to answer every man.彼は定数祈りと感謝をお勧めし、知恵を指示して歩くことではなく、通知の猶予期間年季の入った演説に塩を振るのはいつも、恐らくかれらはすべての人方法を知って答えています。 After the final greeting the Apostle ends with: "The salutation of Paul with my own hand. Be mindful of my bands. Grace be with you. Amen".使徒の最後のあいさつをした後で終わる: "のあいさつのポールに自分自身の手です。私のバンドに留意します。猶予にしています。アーメン"です。

AUTHENTICITY OF THE EPISTLE信ぴょう性に書簡

External Evidence外付けの証拠

The external evidence for the Epistle is so strong that even Davidson has gone to the extent of saying that "it was unanimously attested in ancient times".外付けの書簡は非常に強力な証拠でもデビッドソンは行ってと言っているの度合いは、 "これは古代に全会一致で証言"です。 Considering its brevity, controversial character, and the local and ephemeral nature of the errors dealt with, it is surprising how frequently it was used by early writers.その簡潔にするために検討し、物議を醸すの文字、およびローカルと短命な性質のエラーを扱って、それは意外なことは、どのくらいの頻度で使用さ早期作家です。 There are traces of it in some of the Apostolic Fathers and it was known to the writer of the Epistle of Barnabas, to St. Polycarp, and Theophilus of Antioch.それにはいくつかの痕跡を、父とは、ローマ教皇に知られている作家は、信徒のバルナバ、聖polycarp 、およびテオフィロスのアンティオキアです。 It was quoted by Justin Martyr, Irenæus, Tertullian, Clement of Alexandria, etc. From the Muratorian Fragment and early versions it is evident that it was contained in the very first collections of St. Paul's Epistles.ジャスティン殉教者引用されることは、 irenæus 、テルトゥリアヌス、アレクサンドリアのクレメントなどの断片からmuratorianことは自明であるとの初期のバージョンに含まれていることは非常に最初のコレクションを聖パウロの書簡です。 It was used as Scripture early in the second century, by Marcion, the Valentinians, and by other heretics mentioned in the "Philosophoumena"; and they would not have accepted it had it originated among their opponents after they broke away from the Church.これは啓典の早い段階で使用されて2番目の世紀、 marcionは、 valentinians 、およびその他の異端に記載されて" philosophoumena " ;とかれらは発祥の間で受け入れていたことに反対した後の教会から彼らbroke 。

Internal Evidence内部の証拠

The Epistle claims to have been written by St. Paul, and the internal evidence shows close connection with Philippians (von Soden) and Philemon, which are admitted to be genuine letters of St. Paul.請求されて書かれた手紙聖パウロ、および証拠を示し、内部の接続を閉じるピリピ人への手紙(フォンゾーデン)とピレモンへの手紙には、正規の手紙を認めたの聖パウロです。 Renan concedes that it presents several traits which are opposed to the hypothesis of its being a forgery, and of this number is its connection with the Epistle to Philemon.ルナンな概念であることをいくつかの特徴がこれに反対してプレゼントするのが仮説を偽造し、このコードは、ピレモンの信徒への接続をします。 It has to be noted, too, that the moral portion of the Epistle, consisting of the last two chapters has the closest affinity with similar portions of other Epistles, while the whole admirably fits in with the known details of St. Paul's life, and throws considerable light upon them.にするには、あまりにも、信徒は、道徳的な部分を、最後の2つの章で構成さには、最寄りの親和性の他の部分と同様の書簡は、全体の中で見事に収まるの既知の聖パウロの人生の詳細、および光の上にかなりの例外です。

OBJECTIONS異議申し立て

As the historical evidence is much stronger than that for the majority of classical writings, it may be asked why its genuineness was ever called in question.証拠としての歴史に比べてはるかに強いが、大半の古典の文章は、なぜその純粋されることがありますが、問題と呼ばれるまでです。 It was never doubted until 1838, when Meyerhoff, followed by others, began to raise objections against it.それは決して疑問視されるまで1838 、 meyerhoffときに、続いて他人に対して異議を唱えることを始めた。 It will be convenient to deal with these objections under the following four heads: (1) Style; (2) Christology; (3) Errors dealt with; and (4) Similarity to Ephesians.便利に対処することが、これらの異議申し立ての下に次の4つのヘッド: ( 1 )スタイル、 ( 2 ) christology 、 ( 3 )エラーの対処、 ( 4 )の類似性をエペソ人への手紙です。

(1) Style ( 1 )スタイル

(a) In general, on comparing the Epistle with Corinthians, Romans, and Galatians, it will be seen that the style, especially in the earlier part, is heavy and complicated. (ア)一般的には、上の信徒を比較し、コリンチャンス、ローマ人への手紙、ガラテヤ人への手紙、それは見たことがあるのスタイル、特に、以前の部分は、重いと複雑です。 It contains no sudden questions, no crushing dilemmas, no vehement outbursts of sweeping Pauline eloquence.突然の質問が含まれていないこと、破砕ジレンマを抱えて、猛烈な暴発抜本的ポーリーン雄弁です。 Some of the sentences are long and involved, and though the whole is set forth in a lofty and noble strain, the presentment is uniform and not quite in the manner, say, of Galatians.いくつかの文章が長く、関係、およびかかわらず、全体に規定され、非常に高いとは、高貴なひずみは、提示は非常に統一された方法ではなく、言ってやるが、ガラテヤ人への手紙です。 Hence it is objected that it could not have been written by St. Paul.それゆえことができませんでしたが反対して書かれた聖パウロです。 But all this can be very naturally explained when it is borne in mind that the Epistle was written after several years of monotonous confinement, when Christianity had taken firm root, when the old type of Judaizer had become extinct and St. Paul's position securely established.しかし、このことが非常に自然に負担を念頭に置いてあるときは説明して書かれた手紙は、数年間の単調な監禁した後、会社のルートいたときに、キリスト教、 judaizerいたときに、古いタイプの絶滅すると聖パウロの立場をしっかりと確立されます。 His advancing years also should be taken into account.彼の前進年間も考慮しなければならない。 It is unfair, moreover, to compare this Epistle, or but parts of it, with only certain portions of one or two of the earlier ones.それはフェアではない、また、この書簡を比較するか、またはしかし、部品のことで、たった1つまたは2つの特定の部分を、以前のものです。 There are long and involved sentences scattered throughout Romans, I and II Corinthians, and Galatians, and the generally admitted Epistle to the Philippians.参加には、長い文章のあちこちにローマ人への手紙と、 IとIIコリンチャンス、およびガラテヤ人への手紙と、通常の信徒へのピリピ人への手紙を認めた。 It has also to be observed that many of the old Pauline expressions and methods of reasoning are most naturally and inextricably interwoven with the very tissue and substance of the Epistle.それにも観測されることの多くは、旧ポーリーン表現や推論の方法が最も自然と非常に密接な織り交ぜることで、信徒の組織や物質です。 Ample proofs for all these statements and others throughout this article, are given in works mentioned in the bibliography.十分な証拠のすべてのこれらのステートメントおよびその他を通して、この資料に記載されて作品が与えられる構造です。 Dr. Sanday has voiced the opinion of fair-minded critics when he says that nobody can view the Epistle as a whole, without being impressed by its unbreakable unify and genuine Pauline character.博士の声サンデーは公平な批評家の意見をするときに表示するに誰も彼の手紙によると、全体としては、統合せずに感銘を受け、破られないと、正規のポーリーン文字です。

(b) Many of St. Paul's favourite expressions are wanting.結果( b )の多くは聖パウロのお気に入りの表現が欠けています。 From eight to a dozen words not unfrequently used by him in earlier writings are absent from this short Epistle and about a dozen connecting particles, which he employs elsewhere, are also missing. 8時からunfrequently使用されていない言葉の数々が彼の以前の文章は、この短い手紙欠席接続すると約1ダースの粒子が彼の従業員を別の場所にも行方不明です。 One or two instances will show how such objections may readily be solved, with the aid of a concordance. 1つまたは2つのインスタンスが表示さ容易に解決する方法についてこのような異議申し立て年5月、コンコーダンスの助けを借りています。 The words dikaios, soteria and soteria are not found in the Epistle.の言葉dikaios 、 soteriaとsoteriaの信徒が発見された。 Therefore, etc. -- But dikaios is wanting both in I Cor.したがって、等-しかし、私の両方でコーd ikaiosが欠けています。 and I Thess.; nomos is not contained either in I Cor.と私thess 。 ;ノモスではないが私のいずれかに含まれるコーです。 or Gal.; nomos is not found at all in I Thess.またはギャルです。 ;ノモスが見つからない場合は、私のすべてのthessです。 or II Cor.または二コーです。 In the same way (with regard to connecting particles) ara, which is not in this Epistle, is not found either in Philipp.と同じ方法(接続に関しては粒子)のAraことではありませんが、この書簡は、いずれかのフィリップではないが見つかりました。 or the first hundred verses of I Cor., a space much longer than the whole of the Epistle; ara oun, which is frequent in Romans, is not met with in I and II Cor.または、最初の100の詩のIコー。 、宇宙全体よりもはるかに長く、信徒;多惠子oun 、これは頻繁にローマ人への手紙ではないと会って、 IとIIコーです。 and only once in Gal.とギャルに一度だけです。 (See the details of the argument in Abbott and Jacquier.) (詳細については、詳細は、引数にjacquierアボットとします。 )

(c) It is objected that the Epistle contains many strange words, nowhere else used by St. Paul. ( c )ことが反対の信徒は、多くの奇妙な言葉が含まれ、他のどこ聖パウロ使用されています。 That, however, is precisely what we should expect in an Epistle of St. Paul.が、しかし、が正確に何を期待しなければならないのは、聖パウロの手紙です。 Every Epistle written by him contains many words employed by him nowhere else.すべての信徒書かれた彼彼どこで雇用され、多くの単語を含む他のです。 Alford gives a list of thirty-two apax legomena in this Epistle, and of these eighteen occur in the second chapter, where the errors are dealt with.オールフォードに32 apax legomenonの複数のリストを、この書簡は、 18発生すると、これらの2番目の章では、どこのエラーが対処します。 The same thing occurs in the earlier Epistles, where the Apostle is speaking of new subjects or peculiar errors, and there apax legomena most abound.同じことが発生し、以前の書簡、ここで言えば、使徒は、新しいテーマや特有のエラー、およびapax legomenonの複数形が最も多い。 This Epistle does not show more than the ordinary proportion of new words and in this respect compares favourably with the genuine II Cor.この手紙が表示されない、通常の割合を超えると、この点に新しい言葉を比較し、正規の二コーfavourably 。 Furthermore, the compound words found in the Epistle have their analogues in similar passages of the authentic Epistle to the Romans.また、発見された化合物の言葉の信徒には似たような類似の信徒への通路は、本物のローマ人への手紙です。 It would be most absurd to bind down to a narrow and set vocabulary a writer of such intellectual vigour and literary versatility as St. Paul.不条理をバインドすることが最も狭いダウンして語彙を設定するような知的活力と文学作家として汎用聖パウロです。 The vocabulary of all writers changes with time, place, and subject-matter.作家の語彙のすべての変更を時間、場所、および主題です。 Salmon, Mahaffy, and others have pointed out that similar changes of vocabulary occur in the writings of Xenophon, who was a traveller like St. Paul.サーモン、マハフィ、およびその他の同様の変化が指摘されて発生する可能性は、文章の語彙クセノフォン、 whoは、旅行者のような聖パウロです。 Compare the earlier and later letters of Lord Acton (edited by Abbot Gasquet) or of Cardinal Newman.以前と比較して主への手紙アクトン(編集されアボットガスケ)またはニューマンの枢機卿です。

(2) Chrisiology ( 2 ) chrisiology

It has objected that the exalted idea of Christ presented in the Epistle could not have been written by St. Paul.反対したことがイエスキリストは、高貴なアイデアを提示されて書かれた手紙ができませんでした聖パウロです。 In answer to this it will be sufficient to quote the following passage from the genuine Epistle to the Philippians: "Who [Christ Jesus] being in the form of God, thought it not robbery to be equal with God: but emptied himself, taking the form of a servant" (2:6, 7, etc. See Romans 1:3-4; Greek text, 8:3; 1 Corinthians 7:6; 2 Corinthians 8:9; Galatians 4:6, etc.).に答えて、このことを十分に引用して次のように、正規の通路からの信徒へのピリピ人への手紙: " who [イエスキリストイエスキリスト]が神の形で、強盗を考えていないに等しい神:しかし、空自身、撮影の形式で、使用人" ( 2時06分、 7日、ローマ人への手紙などを参照1:3-4 ;ギリシャ語のテキストは、午前8時03分; 1コリンチャンス7時06分、 2コリンチャンス8時09分;ガラテヤ人への手紙4時06分、等) 。 That the Christology of the Epistle does not differ in any essential point from that of St. Paul's other Epistles is seen from an impartial study of these latter.信徒は、 christologyは、本質的な点はありませんから任意の点で異なるの聖パウロの他の書簡は、これらの研究から見た公平な後者です。 The subject has been scientifically worked out by Père Rose (Rev. bibl. 1903), M. Lépin (Jésus Messie, 341), Sanday (Criticism of the Fourth Gospel, lect. vii, Oxford, 1905), Knowling (The Testimony of St. Paul to Christ, London, 1905), Lacey (The Historic Christ, London 1905), etc. Nor can the words (i, 24): I .アジ研され、科学的に働いてペールローズ(改訂bibl 。 1903 ) 、男性lépin ( jésus messie 、 341 ) 、サンデー( 4番目の批判を、ゴスペル、 lect 。 7 、オックスフォード、 1905 ) 、 knowling (の証言を聖パウロのイエスキリスト、ロンドン、 1905 ) 、レイシーさん(イエスキリストの歴史的、ロンドン1905 )などの言葉もすることができます(私は、 24 ) :私です。 .です。 .です。 "fill up those things that are wanting of the sufferings of Christ in my flesh, for his body, which is the church", present any difficulty when it is remembered that he had just said that Christ had reconciled all through the blood of His cross, and that the correct meaning of antanaplero ta hysteremata ton thlipseon tou Christou en te sarki mou hyper tou somatos autou, ho estin he ekklesia is: "I am filling up those Christian sufferings that remain for me to endure for the sake of the Church of Christ", etc. Compare II Cor., i, 5, "For as the sufferings of Christ abound in us" (ta pathemata tou Christou). "それらを埋めることが欠けキリストの苦しみは、私の肉は、彼の遺体は、教会" 、現在のあらゆる困難なときにしていたことは覚えていただけによると、イエスキリストを通して血液中のすべての和解彼のクロス、との意味をして、正しいantanapleroこのhysteremataトンクリストウアンte thlipseon塔塔sarki了解覚書ハイパーsomatos autou 、ホーestin彼はekklesia : "私はそれらのキリスト教でいっぱいになっているの苦しみに耐えるのために、私には、教会のイエスキリスト"などの比較二コー。 、私、 5 、 "イエスキリストの受難の問い合わせがたくさんある" (この塔pathemataクリストウ) 。

(3) Errors dealt with ( 3 )エラー対処

The objection under this heading need not detain us long.この見出しの下の異議申立を拘束する必要はありません。問い合わせ長いです。 Some years ago it was frequently asserted that the errors combated in this Epistle were Gnostic errors of the second century, and that the Epistle was therefore written many years after St. Paul's death.いくつかの年前のことは、頻繁にエラーが発生combatedと主張して、この手紙は2番目の世紀のグノーシス主義のエラーが発生し、このための書簡は、多くの年後に書かれた聖パウロの死のです。 But this opinion is now considered, even by the most advanced critics, as exploded and antiquated.しかし、この意見は、現在検討されましたが、最も高度な批評家でさえ、時代遅れとして爆発したとします。 Nobody can read the writings of these Gnostics without becoming convinced that terms employed by them were used in a quite different sense from that attached to them in the Epistle.誰も文章を読むことなく、これらのgnostics確信してご利用になるに雇用されることは全く異なった意味で使用されてからは、手紙を添付してください。 Baur himself appears to have had considerable misgivings on the point.バウアー自身が表示されたらかなり懸念していたという点です。 The errors of Judaic Gnosticism, condemned in the Epistle, were quite embryonic when compared with the full-blown Greek Gnosticism of the second century (see Lightfoot, Coloss., etc.).ユダヤグノーシス主義の誤りを、死刑囚は、信徒は、胚のときには非常に比較して本格的なギリシャ語グノーシス主義の2番目の世紀(ライトフット、 coloss 。 、等) 。

(4) Similarity to Ephesians ( 4 )の類似性をエペソ人への手紙

The principal objection to the Epistle is its great similarity to Ephesians.校長に反対する信徒は、大の類似性を、エペソ人への手紙です。 Davidson stated that out of 155 verses in the latter Epistle 78 were identical with Colossians. 155デビッドソン記載が行われた78の詩は、後者の手紙コロサイ人への手紙と同一です。 De Wette held that Ephesians was but a verbose amplification of Colossians.デwette開かれたことは、エペソ人への手紙コロサイ人への手紙ではなく、冗長な増幅します。 Baur thought Ephesians the superior letter, and Renan asked how can we suppose the Apostle spending his time in making a bald transcription of himself.バウアー思想上の手紙エペソ人への手紙、およびルナン要請仮定の使徒支出をどのように自分の時間の転写を制作する際にはげていた。 But as Dr. Salmon pointed out, an Apostle might write a circular letter, that is, he might send to different places letters couched in identical words.しかし、サケ博士指摘したように、ここに回状の使徒かもしれない、それは、彼の手紙異なる場所に送信するかもしれないと同じ言葉で表現します。 Many theories have been elaborated to explain these undoubted resemblances.多くの理論を説明するが、これらの疑問の余地がresemblances精緻化されています。 Ewald maintained that the substance was St. Paul's, while the composition was left to Timothy.エーヴァルト維持は、聖パウロの物質は、ティモシーが、組成は、左からです。 Weiss and Hitzig had recourse to a theory of interpolations.ワイスの頼みの綱としていたの理論ヒッツィヒinterpolationsです。 But the theory that has gained the greatest amount of notoriety is that of HJ Holtzmann.しかし、この説を唱えているが得悪評の最大の量の計算は、ホルツマンのです。 In his "Kritik der Epheser- und Kolosser-Briefe" (1872) he instituted a most elaborate and exhaustive comparison between the two Epistles.彼の" kritik der epheser - und kolosser - briefe " ( 1872 )導入に非常に手の込んだ彼の間に2つの書簡を徹底的に比較します。 He took a number of passages which seemed to prove the priority of Ephesians and an equal number which were just as conclusive that Colossians was the earlier.彼は、いくつかの通路を証明するの優先順位をどのようにエペソ人への手紙と同じくらいの数が同じように決定的なことは、以前のコロサイ人への手紙です。 The natural conclusion would be that all these similarities were due to the same author writing and dispatching these Epistles at one and the same time.すべての自然な結論として、これらの類似点が同じ著者のために書くと、これらの書簡を1つの派遣と同じ時間です。 But Holtzmann's explanation was quite different.しかし、ホルツマンの説明はかなり異なっています。 He supposed that St. Paul wrote a short epistle to the Colossians.彼は短いはずが聖パウロの信徒へのコロサイ人への手紙を書いた。 From the study of this epistle a later writer composed the Epistle to the Ephesians.この書簡の研究から、後の作家の信徒への、エペソ人への手紙で構成します。 Then taking St. Paul's short Epistle to the Colossians he made interpolations and additions to it from his own composition to the Ephesians and thus built up our present Epistle to the Ephesians, and that with such success that the thing was never suspected until the nineteenth century.入力し、撮影の信徒への聖パウロの短いとinterpolationsコロサイ人への手紙彼は彼自身の組成追加してから、エペソ人への手紙を構築するとこのように私たちの現在の信徒へのエペソ人への手紙ており、そのようなことは決してして成功するまで、 19世紀の疑いです。 This intricate and complicated theory did not gain a single adherent, even amongst the most advanced critical school.この複雑な複雑な理論と、 1つの付着しなかった利得も、学校の中で最も高度な批判的です。 Hilgenfeld rejected it in 1873; but its best refutation is von Soden's detailed criticism of 1885.拒否されたことがヒルゲンフェルト1873 ;しかし、最高の反論フォンゾーデンの詳細は、 1885年の批判をします。 He held that only about eight verses could be regarded as interpolations.彼の詩が開かれたがわずか約8 interpolationsと見なされる。 Sanday in Smith's "Dict. of the Bible" (I, 625) pointed out that von Soden's lines of demarcation were purely imaginary, and Pfleiderer showed the inconsistency involved in his rejection of these verses.サンデーでスミスの" dictのです。の聖書" (私、 625 )と指摘した。フォンゾーデンの行の境界が純粋な虚数、との矛盾に関与プフライデラー彼の拒絶反応を示し、これらの詩です。 The results of these criticisms and of further study convinced von Soden, in 1891, that the whole Epistle was genuine, with the exception of a single verse -- a verse now generally held to be genuine.これらの結果は、より詳細な研究批判と確信フォンゾーデンは、 1891年、その全体の信徒は、正規品であることを除いて、 1つの詩-一般的に行われた詩を今すぐに、正規のです。 In 1894 Jülicher stated that the best solution was to admit the authenticity of both Epistles, though he speaks more hesitatingly in "Encyc. Bibl." 1894年jülicher記載して最善の解決策は、両方の書簡の信ぴょう性を認めざるを、他のhesitatinglyかかわらず、彼が話す" encyc 。 bibl 。 " 1889. 1889年です。 J. Weiss made an abortive attempt to resuscitate Holtzmann's moribund theory in 1900. j.ワイスはお流れになった試みを蘇生するホルツマンの瀕死状態の理論が1900年にします。

Whilst Holtzmann's facts are incontestable, and only go to prove the community of authorship, his explanation (in which he seems to have lost faith) is rejected by scholars as artificial and unreal.ホルツマンの事実は議論の余地ながら、コミュニティを証明するだけに行くの原作者、彼の説明(では彼は信仰を失った)は、学者として拒否された人工や、 Unrealします。 It affords no explanation of many things connected with these Epistles.という旨の説明のない多くのことを、これらの書簡に接続します。 It does not explain how the early Christians allowed a genuine letter of St. Paul to become completely lost without trace or mention, for the sake of two forgeries of much later date.どのように説明することはありません初期のキリスト教徒の手紙を、正規の許可を聖パウロになることを完全に失われたトレースまたは言及せず、偽造のために多くのへの2つの日付です。 Each Epistle, taken by itself, shows such unity and connection of argument and language, that if the other were not in existence no one would have suspected the slightest degree of interpolation.それぞれの信徒は、撮影を単独では、このような団結との接続を示して引数と言語を、それが存在している場合は、他の誰もが疑われるには少しもある程度の補間します。 The parts rejected as interpolations break the unity of argument and flow of ideas. interpolations拒否されたとして、部品の結束を打破するアイデアの流れを引数とします。 Why should a forger, capable of writing the bulk of both Epistles, take the trouble to interpolate verses and half of his own production from one Epistle into the other, and that in quite a different connection?捏造するならば、なぜ、バルクの両方の能力があるの書簡の書き込みを、補間するのに苦労する詩と彼自身の生産の半分を1つの手紙にはもう一つの、として全く異なる接続ですか? Besides, as Principal Salmond observes, there is not a dull sameness of style in both Epistles.また、主要なサモンドとして観察では、特定のスタイルに鈍いの両方で同一の書簡です。 Ephesians is round, full, rhythmical; Colossians more pointed, logical and concise.エペソ人への手紙は、ラウンドで、フル、リズミカルな;コロサイ人への手紙の他の指摘は、論理的かつ簡潔にします。 Ephesians has several references to the Old Testament; Colossians only one.エペソ人への手紙には、いくつかの参照を、旧約聖書の、コロサイ人への手紙1つだけです。 There are different new words in each, and there are whole passages in the one and nothing like them found in the other.それぞれの新しい言葉には違いが、全体には、 1つの文章は、何も発見されたようにして他のです。

The expressions supposed to have come from Colossians occur quite naturally in Ephesians, but by no means in the same context and connection, and vice versa.これらの表現から来るものには非常に自然に発生する可能性エペソ人への手紙コロサイ人への手紙、しかし、同じ文脈ではないとの接続、および逆も可能です。 As Holtzmann's hypothesis has completely broken down, his study of the Epistles shows such close relationship between them that there can be only one other possible explanation: that both are the genuine writings of one man, and that man was St. Paul.ホルツマンの仮説としては完全に壊れてダウン、彼の研究は、それらの間の書簡を示しこのような密接な関係がある他の可能性が1つしか説明:その両方が、正規の文章の一人の男、その男は聖パウロです。 Paley, who wrote his "Horæ Paulinæ" in 1790, set forth this side of the argument long before these objections were thought of; and the fact that he can still be quoted, without qualification, in this connection, is the best proof of the futility of all such objections.ペーリー、 who書いた彼の" horæ paulinæ " 1790年、規定のこちら側には長い議論する前に、これらの異議申し立てが考え;し、事実、彼はまだ、引用符で、資格は、この接続は、最高の証拠は、無益のすべてのような反対です。 He says (Horæ Paulinæ, London, 1790, 215):と彼は言います( horæ paulinæ 、ロンドン、 1790 、 215 ) :

Whoever writes two letters or discourses nearly upon the same subject and at no great distance of time but without any express recollection of what he had written before will find himself repeating some sentences in the very order of the words in which he had already used them; but he will more frequently find himself employing some principal terms, with the order inadvertently changed, or with the order disturbed by the intermixture of other words and phrases expressive of ideas rising up at the time, or in many instances repeating not single words, nor yet whole sentences, but parts and fragments of sentences.誰でも書き込み時の2つの文字や談話でほぼ同じ件名とは大きな距離の時間がないことなく表現した覚えは前にはどのような彼は自分自身を繰り返し書かれた文章は、非常にためにいくつかの単語では既に使用されていたこと;しかし、彼は自分自身を採用、より頻繁にいくつかの主要な用語を検索、注文を誤って変更された、または障害のために混合された表現の他の単語やフレーズのアイデアは、立ち上がり時間、または特定の多くのインスタンスを1つの単語を繰り返し、また全体の文章はまだありませんが、部品や断片化した文章です。 Of all these varieties the examination of our two epistles will furnish plain examples, and I should rely on this class of instances more than on the last, because although an impostor might transcribe into a forgery entire sentences and phrases, yet the dislocation of words, the partial recollection of phrases and sentences, the intermixture of new terms and new ideas with terms and ideas before used, which will appear in the examples that follow, and which are the natural products of writing produced under the circumstances in which these epistles are represented to have been composed -- would not, I think, have occurred to the invention of a forger, nor, if they had occurred would they have been so easily executed.これらの種類のすべての試験提供する弊社の2つの書簡は、プレーンの例では、と私は、このクラスのインスタンスに依存して他のに比べての最後のため、偽者かもしれないものの、全体の議事録を偽造文章やフレーズを、言葉はまだありませんの脱臼、思い出のフレーズ、文章の部分は、混合の新しい利用規約と新しいアイデアを使用される用語やアイデアを前に、これは例を以下に表示される、との自然な製品の書き込みが生産されての事情では、これらの書簡で表します。で構成され-はない、私が思うに、発明が発生したことを捏造しても、もしかれらが発生したと彼らは、そんなに簡単に実行します。 This studied variation was a refinement in forgery which I believe did not exist, or if we can suppose it to have been practised in the instances adduced below, why, it may be asked, was not the same art exercised upon those which we have collected in the preceding class?この研究は、洗練さの変化を偽造は存在しなかったと思うか、または仮定すればそれが実践されadducedのインスタンスの下に、なぜ、それがあります求め、同じアートはないそれらの行使時ていきたいと考えて収集で、上記のクラスですか?

He then goes on to illustrate all these points by numerous examples taken from all parts of these Epistles.彼が起こって入力し、すべてのポイントを説明する数多くの例から取らされ、これらの書簡のすべての部分です。

Publication information Written by Cornelius Aherne.出版物の情報執筆者コルネリウスaherneです。 Transcribed by Vernon Bremberg.ヴァーノンbremberg転写されています。 Dedicated to the Cloistered Dominican Nuns of the Monastery of the Infant Jesus, Lufkin, Texas The Catholic Encyclopedia, Volume IV.ドミニカ隠遁して専用の修道院の修道女は、イエスキリストの乳児ラフキン、テキサス州のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅣ 。 Published 1908. 1908年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.公認です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌

ST. by MAJOR.JP編集部 JEROME, Ep.ジェローム、イーピー。 cxxi, Ad Algas., q. cxxi 、広告Algas 、問 x in Opera (Venice, 1766), I Pt. Xのオペラ(ベニス、 1766 ) 、私は白金。 I, 878; CORNELY, Introd.私は、 878 ; CORNELY 、 Introd 。 (Paris, 1897), III; SALMON, Intro. (パリ、 1897 ) 、 3 ;サーモン、オープニング。 to New Test.新しいテストする。 (London, 1897); JACQUIER, Histoire des Livres du Nouveau Test. (ロンドン、 1897 ) ; JACQUIER 、史デLivresデュヌーヴォーテスト。 (Paris, 1906), I; ESTIUS, Commentarius (Mainz, 1844); BISPING, Erklärung der Briefe an die Eph., Philip., Kol. (パリ、 1906 ) 、私; ESTIUS 、 Commentarius (マインツ、 1844 ) ; BISPING 、 ErklärungデルBriefe一Eph死亡しています。 、フィリップ、 Kol 。 (Münster, 1855); MCEVILLY, Exposition (Dublin, 1860); ALFORD, New Test. Critical and Exegetical Commentary (London, 1856); ELLICOTT, Critical and Grammatical Comm. (ミュンスター、 1855 ) ; MCEVILLY 、博覧会(ダブリン、 1860 ) ;オールフォードは、新しいテストと解釈解説(ロンドン、 1856 )の重要な;エリコット、通信の重要な文法。 (London, 1857); LIGHTFOOT, Colossians and Philemon (London, 1879); IDEM, Dissertations on the Apostolic Age (London, 1875); SANDAY in SMITH, Dict. (ロンドン、 1857 ) ;ライトフット、コロサイとフィレモン(ロンドン、 1879 ) ;同上、使徒年齢(ロンドン、 1875 )に論文;サンデースミス、 Dict 。 of the Bible (London, 1893); VON SODEN, Die Briefe an die Kolosser, etc. (Leipzig, 1893); SALMOND, Ephesians; PEAKE, Colossians in Exp.聖書(ロンドン、 1893 ) ; VONゾーデン、等(ライプチヒ、 1893 ) ;サーモンド、エペソ;ピーク、コロサイBriefe輸出では、ダイKolosser死ぬ。 Greek Test. (London, 1903).ギリシャのテスト。 (ロンドン、 1903 ) 。 One of the best books on the subject is ABBOTT, Ephesians and Colossians. 1つは、最良の本の題名をアボットは、エペソ、コロサイされています。 See also The International Critical Commentary, ed.も、国際緊急エド解説を参照してください。 CLARK (Edinburgh, 1907); HORT, Judaic Christianity (London, 1898).クラーク(エジンバラ、 1907 ) ;イントロは、ユダヤキリスト教(ロンドン、 1898 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです