Book of Deuteronomy予約の申命記

Words (Hebrew Title)言葉(ヘブライ語タイトル)

General Information 総合情報

Deuteronomy is the fifth book of the Old Testament in the Bible.申命記は、旧約聖書の5番目の本は、聖書です。 Its name, meaning "repeated law," is based on the book's stylistic form: a series of speeches in which the law originally given on Mount Sinai is repeated by Moses to the next generation.その名前を意味する"反復法"に基づいて、書籍の文体フォーム: 、一連のスピーチでは当初、法律によって与えられたモーゼスをマウントサイナイが繰り返されると、次の世代です。 The book consists of a double introduction, a legal section with concluding ritual elaboration, two old poems, and an account of Moses' death.この本は、二重の導入は、法律上のセクションを結びの儀式の精緻化、 2つの古い詩、とアカウントのモーゼの死に至る。 Although it is traditionally ascribed to Moses, it could not have been written much earlier than the time of King Josiah (dc 609 BC).これは伝統的に生得的にムーサーよ、それもできませんでした時間よりもかなり早い時期に書かれた王のジョサイア(直流紀元前609 ) 。 However, there was probably an earlier edition of the central legal section dating to the reign of Hezekiah (c. 700 BC). The principal themes of Deuteronomy include the election of Israel by God, trust in God's power, rejection of foreign gods, and the importance of the Mosaic law.しかし、おそらく、以前の版があったの中央の統治の法律上のセクションでデートしてhezekiah ( c. 700紀元前) 。 の主要なテーマの申命記には、選挙でイスラエルの神、神の力を信頼して、外国人の神々の拒絶反応をし、モザイク法の重要性を確認する。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography 書誌事項
L Goldberg, Deuteronomy (1986); AD Phillips, Deuteronomy (1973); M Weinfeld, Deuteronomy and the Deuteronomic School (1972).左ゴールドバーグ、申命記( 1986 ) ;広告フィリップス、申命記( 1973 ) 、男性weinfeld 、申命記とdeuteronomic学校( 1972 ) 。


Book of Deuteronomy予約の申命記

Brief Outline簡単な概要

  1. First discourse (1-4)最初の談話( 1-4 )
  2. Second discourse (5-26) 2つ目の談話( 5月26日)
  3. Third discourse (27-30)第3談話( 27-30 )
  4. Last counsels; parting blessings (31-34)最後の弁護人;別れの祝福( 31-34 )


Deuteron'omy deuteron'omy

Advanced Information 高度情報

In all the Hebrew manuscripts the Pentateuch (qv) forms one roll or volume divided into larger and smaller sections called parshioth and sedarim. ヘブライ語でのすべての原稿の五( qv )のフォームに分かれて1つのロールまたはボリュームparshiothと呼ばれる大型犬と小型sederの複数のセクションです。 It is not easy to say when it was divided into five books. This was probably first done by the Greek translators of the book, whom the Vulgate follows. は容易ではないことを言うときには5つの書籍に分かれています。これは、おそらく最初に行われる、ギリシャの翻訳本は、誰が為に流布本以下の通りです。 The fifth of these books was called by the Greeks Deuteronomion, ie, the second law, hence our name Deuteronomy, or a second statement of the laws already promulgated. 5番目と呼ばれるこれらの書籍は、ギリシアdeuteronomion 、すなわち、 2番目の法では、申命記それゆえ私たちの名前か、または2番目のステートメントは、法律が既に公布。 The Jews designated the book by the two first Hebrew words that occur, 'Elle haddabharim, ie, "These are the words."ユダヤ人の予約された2つの指定した最初のヘブライ語の単語で発生する場合は、 'エルhaddabharim 、すなわち、 "これらの言葉です。 " They divided it into eleven parshioth.彼ら分割して11 parshiothです。 In the English Bible it contains thirty-four chapters.は、英語聖書の34章が含まれています。 It consists chiefly of three discourses delivered by Moses a short time before his death.これは主に、ムーサーの3つの談話で配信される彼の死を前に短い時間です。

They were spoken to all Israel in the plains of Moab, in the eleventh month of the last year of their wanderings.彼らはすべてのイスラエルで話さのモアブの平野には、 11月の最後の年の放浪の話です。 The first discourse (1-4:40) recapitulates the chief events of the last forty years in the wilderness, with earnest exhortations to obedience to the divine ordinances, and warnings against the danger of forsaking the God of their fathers.の最初の談話( 1-4:40 ) recapitulatesの首席イベントの最後の40年間の荒野の中に、神の熱心な勧告を条例の服従を、と警告をforsaking反対の危険性を、自分の父親の神のです。 The second discourse (5-26:19) is in effect the body of the whole book. 2番目の談話( 5-26:19 )は、効果のボディは、全体の予約です。 The first address is introductory to it.の最初のアドレスが紹介しています。 It contains practically a recapitulation of the law already given by God at Mount Sinai, together with many admonitions and injunctions as to the course of conduct they were to follow when they were settled in Canaan.それは事実上、反復法は、すでに与えられた神のマウントサイナイ、との命令としてadmonitionsと一緒に多くのコースを実施して彼らは定住していたときに従うカナンの地です。

The concluding discourse (ch. 27-30) relates almost wholly to the solemn sanctions of the law, the blessings to the obedient, and the curse that would fall on the rebellious.談話の締結(第27-30 )のほぼ全額を厳粛に関連法律の制裁は、祝福して従順、との呪いにかかっているが反抗的です。 He solemnly adjures them to adhere faithfully to the covenant God had made with them, and so secure for themselves and their posterity the promised blessings.彼はまじめな顔をしてadjures神の約束を忠実に従っていたとし、セキュリティで保護さのため、自分自身と子孫の祝福を約束します。 These addresses to the people are followed by what may be called three appendices, namely (1), a song which God had commanded Moses to write (32:1-47); (2) the blessings he pronounced on the separate tribes (ch.33); and (3) the story of his death (32:48-52) and burial (ch. 34), written by some other hand, probably that of Joshua.これらのアドレスを、人々がどのような年5月に続いて3つの付録と呼ばれる、すなわち( 1 ) 、神はどの曲を書くよう命じモーゼス( 32:1-47 ) 、 ( 2 )の祝福と発音する彼の別々の部族(あなたの.33 ) 、および( 3 )彼の死の物語( 32:48-52 )と埋葬(第34 ) 、書かれたいくつかの他の手、おそらくがジョシュアです。 These farewell addresses of Moses to the tribes of Israel he had so long led in the wilderness "glow in each line with the emotions of a great leader recounting to his contemporaries the marvellous story of their common experience.これらの別れを告げるのアドレスをイスラエルの部族ムーサーを主導していたので、大自然の長い"グローの各行は、偉大な指導者の感情を自分のコンテンポラリー事実関係の素晴らしいストーリーに共通の経験です。

The enthusiasm they kindle, even to-day, though obscured by translation, reveals their matchless adaptation to the circumstances under which they were first spoken.彼らの熱意を燃やすも、 1日に、かかわらず隠される翻訳、明らかにされて無比の状況の適応を最初に話さされていた。 Confidence for the future is evoked by remembrance of the past.将来の信任を編集して項目を思い出すことが誘発されています。 The same God who had done mighty works for the tribes since the Exodus would cover their head in the day of battle with the nations of Palestine, soon to be invaded. whoが行わ同じ神の偉大な作品は、部族以来、出エジプト記には頭をカバーする国の戦いの日にパレスチナ、すぐに侵略される。 Their great lawgiver stands before us, vigorous in his hoary age, stern in his abhorrence of evil, earnest in his zeal for God, but mellowed in all relations to earth by his nearness to heaven.スタンドの前に大きな立法者問い合わせは、積極的な彼の白髪の年齢、船尾に嫌悪感を彼の邪悪な、彼の熱意を真剣に神は、しかし、穏やかに彼のすべての関係を地球に近いことは天国へ行ける。 The commanding wisdom of his enactments, the dignity of his position as the founder of the nation and the first of prophets, enforce his utterances.彼の指揮の知恵enactments 、自分の立場としての尊厳を、国の創始者との最初の預言者、彼の発言を実施します。 But he touches our deepest emotions by the human tenderness that breathes in all his words.しかし彼の深い感情に触れ、人間の優しさを吸い込んだすべての彼の言葉です。

Standing on the verge of life, he speaks as a father giving his parting counsels to those he loves; willing to depart and be with God he has served so well, but fondly lengthening out his last farewell to the dear ones of earth.の生活の上に立つのふちに立って、彼の父として話す彼の別れの忠告を与えるこれらの彼が大好き;喜んで神を去り、彼はサービスがとてもうまく、彼の最後の別れを告げるしかし、愛情を込めて延長する地球を愛するものです。 No book can compare with Deuteronomy in its mingled sublimity and tenderness." Geikie, Hours, etc. The whole style and method of this book, its tone and its peculiarities of conception and expression, show that it must have come from one hand.申命記の予約を比較し、その混合崇高と優しさ。 "ゲーキー、営業時間、全体のスタイルや方法等は、次の予約、その独特なトーンとその表現の概念と、詳細が1つの手を持たなければならないからです。

That the author was none other than Moses is established by the following considerations: (1.) The uniform tradition both of the Jewish and the Christian Church down to recent times.この文書の著者はなしムーサーが確立さ以外は、次の注意事項: ( 1 )のユニフォームの伝統の両方のユダヤ人とキリスト教の教会のダウンを最近回クリックします。 (2.) The book professes to have been written by Moses (1:1; 29:1; 31:1, 9-11, etc.), and was obviously intended to be accepted as his work. ( 2 )予約公言されて書かれたモーゼス( 1:1 ; 29:1 ; 31:1 、 9-11 、等) 、とは明らかに彼の作品として受け入れられるを目的としています。 (3.) The incontrovertible testimony of our Lord and his apostles (Matt. 19:7, 8; Mark 10:3, 4; John 5:46, 47; Acts 3:22; 7:37; Rom. 10:19) establishes the same conclusion. ( 3 。 )わたしたちの主は論争の余地のない証拠を提出すると彼の使徒( matt. 19時07分、 8 ;マーク10:3 、 4 ;ジョン5:46 、 47 ;行為3:22 ; 7:37 ; ROMから起動します。 10:19 )と同じ結論を確立します。 (4.) The frequent references to it in the later books of the canon (Josh. 8:31; 1 Kings 2:9; 2 Kings 14:6; 2 Chr. 23:18; 25:4; 34: 14; Ezra 3:2; 7:6; Neh. 8:1; Dan. 9: 11, 13) prove its antiquity; and (5) the archaisms found in it are in harmony with the age in which Moses lived. ( 4 。 )ことが頻繁に参照して、後の書籍は、キヤノン( josh. 8時31分; 1キングス2時09分、 2キングス14時06分、 2 chrします。 23:18 ; 25:4 ; 34 : 14 ;エズラ3:2 ;午前7時06分; neh 。 8:1 ;ダン。 9 : 11 、 13 )証明、古代、および( 5 ) archaisms発見さには年齢と調和して住んではムーサーです。 (6.) Its style and allusions are also strikingly consistent with the circumstances and position of Moses and of the people at that time. ( 6 。 ) allusionsにもそのスタイルとの整合性が際立って状況や人々の位置を授けて、ムーサーとしている。 This body of positive evidence cannot be set aside by the conjectures and reasonings of modern critics, who contended that the book was somewhat like a forgery, introduced among the Jews some seven or eight centuries after the Exodus.この団体の積極的な証拠を取っておくことはできませんと推測される理由づけのモダンな批評家、 whoに対し、その書籍は、多少の偽造のように、いくつかの導入、ユダヤ人のうち7 〜 8世紀の後に出エジプト記です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Deuteronomy申命記

Catholic Information カトリックの情報

Deuteronomy is a partial repetition and explanation of the foregoing legislation together with an urgent exhortation to be faithful to it.申命記の部分は、前述の繰り返しと説明した法案と一緒に緊急の勧告を忠実にしてください。 The main body of the book consists of three discourses delivered by Moses to the people in the eleventh month of the fortieth year; but the discourses are precede by a short introduction, and they are followed by several appendices.その本の本体は、 3つの談話で配信さムーサーの人々は、 11月には、 40年;談話では、先行されたが、簡単に紹介し、続いて彼らはいくつかの付録です。

Introduction, i, 1-5.-Brief indication of the subject matter, the time, and the place of the following discourses.はじめに、私は、 1 - 5. -簡単な兆候の主題は、時間と場所には、次の談話です。

(1) First Discourse, i, 6-iv, 40.-God's benefits are enumerated, and the people are exhorted to keep the law. ( 1 )最初の談話、私は、 6 - 4 、 40. -神'の利点が列挙さと、人々は法を維持するexhortedです。

(a) i, 6-iii, 29.-The main occurrences during the time of the wandering in the desert are recalled as showing the goodness and justice of God. (ア)自分では、 6 - 3世、 29. -の主な出来事の中の時間は、砂漠の流浪のリコールとしては、表示中の善と正義の神です。

(b) iv, 1-40.-Hence the covenant with God must be kept. (イ)四、 1 - 40. -それゆえ、神の約束を保管しなければならない。 By way of parenthesis, the sacred writer adds here (i) the appointment of three cities of refuge across the Jordan, iv, 41-43; (ii) an historical preamble, preparing us for the second discourse, iv, 44-49.道の括弧では、神聖な執筆者を追加、ここ(私)の任命の3つの都市の避難所全体のヨルダン、 4 、 41-43する、 ( ii )のある歴史的な前文は、先の2番目の談話を準備、 4世、四十四から四十九です。

(2) Second Discourse, v, 1-xxvi, 19.-This forms almost the bulk of Deuteronomy. ( 2 ) 2つ目の談話は、 V電源、 1 - 26 、 19. -このフォームのほとんどの大量の申命記です。 It rehearses the whole economy of the covenant in two sections, the one general, the other particular.経済全体のことを誓約rehearsesの2つのセクションでは、 1つの一般的な、他の特定のです。

(a) The General Repetition, v, 1-xi, 32.-Repetition of the decalogue, and reasons for the promulgation of the law through Moses; explanation of the first commandment, and prohibitions of all intercourse with the gentiles; reminder of the Divine favours and punishments; promise of victory over the Chanaanites; God's blessing on the observance of the Law, His curse on the transgressors. (ア)全般繰り返し、 V電源、 1 - xi 、 32. -の繰り返しの十戒、との理由からこの法律の施行のムーサー;の説明の最初の戒め、およびすべての性交を禁止gentiles ;アラームは、神の恩恵と処罰;約束の勝利chanaanites ;神の恵みがあらんことは、法の遵守、彼の呪いを封じる。

(b) Special Laws, xii, 1-xxvi, 19.-(i) Duties towards God: He is to be duly worshiped, never to be abandoned; distinction of clean and unclean meats; tithes and first-fruits; the three principal solemnities of the year. (イ)特別法、 12 、 1 - 26 、 19 .- ( 1 )関税向け神:彼はworshipedに基づいて正式にし、絶対に放棄される;の区別は清潔度や不浄な肉;十分の一と、第一-果物;の3つの主要なsolemnitiesオブザイヤーです。 (ii) Duties towards God's representatives: toward the judges, the future kings, the priests, and Prophets. ( 2 )職務を神の代表者:裁判官に向かって、将来の王は、司祭、および預言者です。 (iii) Duties towards the neighbour: as to life, external possessions, marriage, and various other particulars. ( 3 )職務に向かって隣人:人生として、外付けの財産、結婚、および様々な他の明細です。

(3) Third Discourse, xxvii, 1-xxx, 20.-A renewed exhortation to keep the law, based on diverse reasons. ( 3 )第3談話、 27 、 1 - xxxに、 20. -勧告を維持する新たな法律に基づいて、さまざまな理由が考えられます。

(a) xxvii, 1-26.-Command to inscribe the law on stones after crossing the Jordan, and to promulgate the blessings and curses connected with the observance or non-observance of the law. (ア) 27 、 1 - 26. -刻み込む、法律上の石のコマンドを横断した後、ヨルダン、と祝福と呪いを公布する順守または非接続して同法遵守のです。

(b) xxviii, 1-68.-A more minute statement of the good or evil depending on the observance or violation of the law.結果( b ) 28 、 1 - 68. -声明は、もっといいか悪い分に応じて、法の遵守または違反しています。

(c) xxix, 1-xxx, 20.-The goodness of God is extolled; all are urged to be faithful to God. ( c ) 29 、 1 - xxxに、神は20. -の良extolled ;すべての人は神に忠実にされるよう要請します。

(4) Historical Appendix, xxxi, 1-xxxiv, 12. ( 4 )歴史的な付録、 31回、 1 - 34 、 12 。

(a) xxxi, 1-27.-Moses appoints Josue as his successor, orders him to read the law to the people every seven years, and to place a copy of the same in the ark. (ア) 31回、 1 - 27. -ムーサー彼の後任として任命ジョスエ、受注彼の人々を読むには法を7年ごと、およびを配置するには、箱舟のコピーを同じです。

(b) xxxi, 28-xxxii, 47.-Moses calls an assembly of the Ancients and recites his canticle.結果( b ) 31 、 28 - 32 、 47. -モーゼスの呼び出しとrecitesアセンブリは、昔の彼の賛美歌です。

(c) xxxii, 48-52.-Moses views the Promised Land from a distance. ( c ) 32 、 48 - 52. -ムーサー再生回数の約束の地からの距離です。

(d) xxxiii, 1-29.-He blesses the tribes of Israel. (エ) 33 、 1 - 29. -彼はイスラエルの部族blessesのです。

(e) xxxiv, 1-12.-His death, burial, and special eulogium. (オ) 34 、 1 - 12. -彼の死、埋葬、および特別eulogiumです。

III. Ⅲ 。 AUTHENTICITY真正

The contents of the Pentateuch furnish the basis for the history, the law, the worship, and the life of the Chosen People of God.その内容は、五の歴史の基盤を提供する、同法は、崇拝し、選択された人々の生活を神のです。 Hence the authorship of the work, the time and manner of its origin, and its historicity are of paramount importance.それゆえ、原作者の仕事を、その起源の時間と方法、およびその史実は、最も重要なものです。 These are not merely literary problems, but questions belonging to the fields of history of religion and theology.これらは単に文学の問題が発生、しかし、質問のフィールドに所属する宗教と神学の歴史をします。 The Mosaic authorship of the Pentateuch is inseparably connected with the question, whether and in what sense Moses was the author or intermediary of the Old-Testament legislation, and the bearer of pre-Mosaic tradition.原作者のモザイクが密接につながって、五という質問に、ムーサーかどうかや、どのような意味では、著者や中間の旧-遺言、立法、と事前に無記名のモザイクの伝統です。 According to the trend of both Old and New Testament, and according to Jewish and Christian theology, the work of the great lawgiver Moses is the origin of the history of Israel and the basis of its development down to the time of Jesus Christ; but modern criticism sees in all this only the result, or the precipitate, of a purely natural historical development.の両方の動向によると、古いものと新しい遺言し、ユダヤ人とキリスト教神学によると、その仕事の偉大な立法者の起源はムーサーは、イスラエルとの歴史の発展の基礎をダウンしてその時のイエスキリスト;しかし、近代すべての批判これだけの結果を追っているか、または、沈殿物は、純粋な自然の歴史的発展します。 The question of the Mosaic authorship of the Pentateuch leads us, therefore, to the alternative, revelation or historical evolution; it touches the historical and theological foundation of both the Jewish and the Christian dispensation.原作者の問題は、五リードのモザイク問い合わせは、したがって、代替して、啓示や歴史的な進化;ことタッチして歴史的、神学的基盤の両方のユダヤ人とキリスト教の神の摂理です。 We shall consider the subject first in the light of Scripture; secondly, in the light of Jewish and Christian tradition; thirdly, in the light of internal evidence, furnished by the Pentateuch; finally, in the light of ecclesiastical decisions.わたしたちは最初に件名を考慮して、光の啓典;第二に、ユダヤ人とキリスト教に照らして伝統;第三に、内部の証拠に照らして、家具された五;最後に、教会の意思決定に照らしている。

A. TESTIMONY OF SACRED SCRIPTURE a.神聖な啓典の証拠を提出する

It will be found convenient to divide the Biblical evidence for the Mosaic authorship of the Pentateuch into three parts: (1) Testimony of the Pentateuch;便利に分割することが可能になったことの証拠を聖書の原作者は、五モザイクを3つの部分: ( 1 )の証言は、五;

(2) Testimony of the other Old-Testament books; (3) Testimony of the New Testament. ( 2 )証言を、他の旧-遺言の書籍、 ( 3 )の証言は、新約聖書です。

(1) Witness of the Pentateuch ( 1 )証人は、五

The Pentateuch in its present form does not present itself as a complete literary production of Moses.の五の現在のフォームはありません現在の自分自身を完全に文学の生産をムーサーです。 It contains an account of Moses' death, it tells the story of his life in the third person and in an indirect form, and the last four books do not exhibit the literary form of memoirs of the great lawgiver; besides, the expression "God said to Moses" shows only the Divine origin of the Mosaic laws but does not prove that Moses himself codified in the Pentateuch the various laws promulgated by him.そこには、アカウントのモーゼの死、それは、彼の人生の物語で3番目の人とフォームは、間接的、との最後の4つの書籍はありません回顧録の形で展示して文学の大立法者;以外には、表現の"神ムーサーによると"神の起源のみを表示するわけではないのモザイクの法律体系化を自ら証明してモーゼの五の様々な法律に公布されていた。 On the other hand, the Pentateuch ascribes to Moses the literary authorship of at least four sections, partly historical, partly legal, partly poetical.その一方で、モーゼの五ascribesの文学を原作者の少なくとも4つのセクションは、部分的、歴史的、法的な部分、部分的詩的です。 (a) After Israel's victory over the Amalecites near Raphidim, the Lord said to Moses (Exodus 17:14): "Write this for a memorial in a book, and deliver it to the ears of Josue." (ア)のamalecites勝利した後、イスラエルの近くにraphidim 、ムーサーによると、主(出エジプト記17:14 ) : "ここに記念碑がこの本を、顧客に提供し、それを耳のジョスエ。 " This order is naturally restricted to Amalec's defeat, a benefit which God wished to keep alive in the memory of the people (Deuteronomy 25:17-19).この注文は、自然に制限されamalecの敗北は、神を希望して利益を記憶の中で生き続けるの人々 (申命記25:17-19 ) 。 The present pointing of the Hebrew text reads "in the book", but the Septuagint version omits the definite article.現在のポインティングは、ヘブライ語のテキストの読み取り"の予約" 、しかし、セプトゥアギンタ版定冠詞を省略します。 Even if we suppose that the Massoretic pointing gives the original text, we can hardly prove that the book referred to is the Pentateuch, though this is highly probable (cf. von Hummelauer "Exodus et Leviticus", Paris, 1897, p. 182; Idem, "Deuteronomium", Paris, 1901, p. 152; Kley, "Die Pentateuchfrage", Munster, 1903, p. 217). massoreticさえすれば、ポインティング与えると仮定して、元のテキストを、私たちはほとんど言及を証明するには、この本は、五、これは非常に概( cf.フォンhummelauer "エクソダスetレビ記" 、パリ、 1897 、 p. 182 ;同上、 " deuteronomium " 、パリ、 1901 、 p. 152 ; kley 、 "死ぬpentateuchfrage " 、マンステール、 1903 、 p. 217 ) 。 (b) Again, Ex., xxiv, 4: "And Moses wrote all the words of the Lord."結果( b )を再度、例です。 、 24 、 4 : "と、ムーサーのすべての言葉を書いたの主です。 " The context does not allow us to understand these words in an indefinite manner, but as referring to the words of the Lord immediately preceding or to the so-called "Book of the Covenant", Ex., xx-xxiii.問い合わせのコンテキストでは許可されませんこれらの言葉を理解する方法は、無期限ではなく、主の言葉を参考にしたりして直前のいわゆる"本の誓約" 、例です。 、イグゼクス- 23です。 (c) Ex., xxxiv, 27: "And the Lord said to Moses: Write thee these words by which I have made a covenant both with thee and with Israel." ( c )例です。 、 34 、 27 : "と、主によるとムーサー:なたこれらの言葉を書くために私が約束は、イスラエルとの両方になたとします。 " The next verse adds: "and he wrote upon the tables the ten words of the covenant." 、次の詩を追加: "と書いたのテーブルには10の言葉を約束します。 " Ex., xxxiv, 1, 4, shows how Moses had prepared the tables, and Ex., xxxiv, 10-26, gives us the contents of the ten words.例です。 、 34 、 1 、 4 、ムーサーはどのよう準備してテーブルを示し、および例です。 、 34 、 10月26日、 10の内容を与えてくれる言葉です。 (d) Num., xxxiii, 1-2: "These are the mansions of the children of Israel, who went out of Egypt by their troops under the conduct of Moses and Aaron, which Moses wrote down according to the places of their encamping." (エ) NUM件です。 、 33 、 1-2 : "これらのマンションの子供たちは、イスラエル、日本、 whoはアウトのエジプト軍の下に実施されて、ムーサーとハールーンを、どのムーサー書き留めた彼らによると、近くのencamping 。 " Here we are informed that Moses wrote the list of the people's encampments in the desert; but where it this list to be found?ここで我々はインフォームドコンセントがムーサーの人々のリストを書いたのは、砂漠のencampments ;しかし、このリストのどこにも見つからないことですか? Most probably it is given in Num., xxxiii, 3-49, or the immediate context of the passage telling of Moses' literary activity; there are, however, scholars who understand this latter passage as referring to the history of Israel's departure from Egypt written in the order of the people's encampments, so that it would be our present Book of Exodus. NUM件のほとんどで、おそらくこれは与えられた。 、 33 、三〜四十九か、または、当面のコンテキストでの通過tellingのモーゼの文学活動;には、しかし、この後者の通路として理解する学者whoの歴史を参照してエジプトからイスラエルの出発書かれているため、人々のencampmentsので、予約することが私たちの現在の出エジプト記です。 But this view is hardly probable; for its assumption that Num., xxxiii, 3-49, is a summary of Exodus cannot be upheld, as the chapter of Numbers mentions several encampments not occurring in Exodus.しかし、このビューを表示する確率はほとんど; NUM件を想定しています。 、 33 、三〜四九は、出エジプト記の概要を支持することはできませんが、数字としての章に言及し、いくつか出エジプト記encampments特定の割合で起こる。

Besides these four passages there are certain indications in Deuteronomy which point to the literary activity of Moses.これらの4つの通路のほか、申命記には、特定の表示をポイントして、文学の活動がモーゼスです。 Deut., i, 5: "And Moses began to expound the law and to say"; even if the "law" in this text refer to the whole of the Pentateuchal legislation, which is not very probable, it shows only that Moses promulgated the whole law, but not that he necessarily wrote it. deut 。 、私、 5 : "と同法を解説ムーサーが始まったと言ってやる" ;ても、 "法"で、このテキストを参照して、全体のpentateuchal 、立法、非常に予想されていないことを示しムーサーことだけが公布全体の法では、彼は必然的に書いたことはできません。 Practically the entire Book of Deuteronomy claims to be a special legislation promulgated by Moses in the land of Moab: iv, 1-40; 44-49; v, 1 sqq.; xii, 1 sqq.書籍全体を実質的に債権の申命記には、特別措置法公布され、その土地のムーサーモアブ: 4 、 1-40 ;四十四〜四十九; V電源、 1 sqq 。 ; 12 、 1 sqq 。 But there is a suggestion of writing too: xvii, 18-9, enjoins that the future kings are to receive a copy of this law from the priests in order to read and observe it; xxvii, 1-8, commands that on the west side of the Jordan "all the words of this law" be written on stones set up in Mount Hebal; xxviii, 58, speaks of "all the words of this law, that are written in this volume" after enumerating the blessings and curses which will come upon the observers and violators of the law respectively, and which are again referred to as written in a book in xxix, 20, 21, 27, and xxxii, 46, 47; now, the law repeatedly referred to as written in a book must be at least the Deuteronomic legislation.しかし、提案の書き込みには、あまりにも: 17 、一八から九まで、 enjoinsは、将来の王を受信するには、この法律のコピーをするために司祭からの読み取りと観測すること;二十七、 1-8 、コマンドにすると、西ヨルダン側に"この法律のすべての言葉を"石の上に書き込まれるマウントセットアップさhebal ; 28 、 58 、うわさを"すべての人の言葉をこの法律は、この巻には書かれて"を列挙した後に、祝福と呪い時が来るのオブザーバーとそれぞれ同法違反し、再度と呼ばれることが書かれた本を29 、 20 、 21 、 27 、 32 、 46 、 47 ;今すぐ、同法と呼ばれることを繰り返し書かれた予約しなければならない、少なくともdeuteronomic立法です。 Moreover, xxxi, 9-13 states, "and Moses wrote this law", and xxxi, 26, adds, "take this book, and put it in the side of the ark. . .that it may be there for a testimony against thee"; to explain these texts as fiction or as anachronisms is hardly compatible with the inerrancy of Sacred Scripture.また、 31 、 9-13状態"と書いたムーサーこの法律" 、および31 、 26 、追加、 "この本を取る、と言えば、箱舟には、サイド。 。 。 。 。できないことがありますが、証言をするなた" ;を説明するとして、これらの文章として小説や時代遅れはほとんどの神聖な啓典と互換性の間違いのないことです。 Finally, xxxi, 19, commands Moses to write the canticle contained in Deut., xxxii, 1-43.最後に、 31 、 19 、コマンドをムーサーに含まれて賛美歌を書いてdeut 。 、 32 、 1-43 。

The Scriptural scholar will not complain that there are so few express indications in the Pentateuch of Moses' literary activity; he will rather be surprised at their number.聖書学者はない、と不満を表明が非常にいくつかの表示は、五のモーゼの文学活動;彼はむしろその数は驚く。 As far as explicit testimony for its own, at least partial, authorship is concerned, the Pentateuch compares rather favourably with many other books of the Old Testament.限り、独自の明示的な証言を、少なくとも部分は、原作者が関係者は、五favourablyと比較するというが、旧約聖書の数多くの書籍です。

(2) Witness of other Old-Testament Books ( 2 )証人の他の旧-遺言の書籍

(a) Josue.-The narrative of the Book of Josue presupposes not merely the facts and essential ordinances contained in the Pentateuch, but also the law given by Moses and written in the book of the law of Moses: Jos., i, 7-8; viii, 31; xxii, 5; xxiii, 6. (ア) josue. -の物語は、予約のジョスエ単に事実を前提に、必要不可欠な条例に含まれている五、同法で与えられただけでなく、ムーサーと書かれている書籍は、ムーサーの法則: jos. 、私、 7 -8 ; viii 、 31 ; xxii 、 5 ; 23 、 6 。 Josue himself "wrote all these things in the volume of the law of the Lord" (xxiv, 26).ジョスエ自身"これらすべてのことを書いたの音量を、主の法則" ( 24 、 26 ) 。 Prof. Hobverg maintains that this "volume of the law of the Lord" is the Pentateuch ("Über den Ursprung des Pentateuchs" in "Biblische Zeitschrift", 1906, IV, 340); Mangenot believes that it refers at least to Deuteronomy (Dict. de la Bible, V, 66).教授hobvergを維持して"ボリュームは、主の法則"には、五( " überデンウルスプルングデpentateuchs "と" biblische zeitschrift " 、 1906 、 4 、 340 ) ; mangenotのことを指すと考えているから、少なくとも申命記( dictのです。デラ聖書の、 V電源、 66 ) 。 At any rate, Josue and his contemporaries were acquainted with a written Mosaic legislation, which was divinely revealed.いずれにせよ、ジョスエとその周辺には精通して書かれたモザイク立法、これは、神の力で明らかになった。

(b) Judges; I, II Kings.-In the Book of Judges and the first two Books of Kings there is no explicit reference to Moses and the book of the law, but a number of incidents and statements presuppose the existence of the Pentateuchal legislation and institutions. (イ)裁判官; Ⅰ 、 Ⅱ kings. -裁判官やその本の最初の2つの書籍の王の参照を明示的にはない、ムーサーとその本は、法律ではなく、多くの事件の存在を仮定するとステートメントのpentateuchal法令、および、機関です。 Thus Judges, xv, 8-10, recalls Israel's delivery from Egypt and its conquest of the Promised Land; Judges, xi, 12-28, states incidents recorded in Num., xx, 14; xxi, 13,24; xxii, 2; Judges, xiii, 4, states a practice founded on the law of the Nazarites in Num., vi, 1-21; Judges, xviii, 31, speaks of the tabernacle existing in the times when there was no king in Israel; Judges, xx, 26-8 mentions the ark of the covenant, the various kinds of sacrifices, and the Aaronic priesthood.このように裁判官、 15 、 8-10 、リコールエジプトからイスラエルの配信とその征服の約束の地;裁判官、西、 12-28 、国NUM件の事件に記録されています。 、イグゼクス、 14 ; xxi 、 13,24 ; xxii 、 2 ;裁判官、 13 、 4 、国の練習法に設立さNUM件のnazaritesにします。 、六、 1-21 ;裁判官、 18 、 31 、うわさを既存の幕屋はないときは、王はイスラエル;裁判官、イグゼクス、二六〜八には、契約の箱は、様々な種類の犠牲を払う、とaaronic聖職に就く。 The Pentateuchal history and laws are similarly presupposed in 1 Samuel 10:18; 15:1-10; 10:25; 21:1-6; 22:6 sqq.; 23:6-9; 2 Samuel 6.同様に、 pentateuchal歴史および法令を前提には、 1サミュエル10:18 ; 15:1-10 ; 10:25 ; 21:1-6 ;午前22時06 sqq 。 ; 23:6-9 ; 2サミュエル6 。

(c) 1 and 2 Kings.-The last two Books of Kings repeatedly speak of the law of Moses. ( c ) kings. - 1と2の最後の2つの図書オブキングスムーサーの法則を繰り返し話す。 To restrict the meaning of this term to Deuteronomy is an arbitrary exegesis (cf. 1 Kings 2:3; 10:31); Amasias showed mercy to the children of the murderers "according to that which is written in the book of the law of Moses" (2 Kings 14:6); the sacred writer records the Divine promise of protecting the Israelites "Only if they will observe to do all that I have commanded them according to the law which my servant Moses commanded them" (2 Kings 21:8).この用語の意味を制限するには、任意の評釈を申命記( cf. 1王2:3 ; 10:31 ) ; amasias慈悲を見せたの子供たちが、殺人者"によるとこの本で書かれており、法のモーゼス" ( 2キングス14時06分) ;の神聖な作家記録して、イスラエルの神の約束を守る"かれらは観察する場合にのみこれを行うに命じられたことすべてを私は私の使用人によると、同法を命じ、ムーサーのことを" ( 2キングス21 : 8 ) 。 In the eighteenth year of the reign of Josias was found the book of the law (2 Kings 22:8, 11), or the book of the covenant (2 Kings 23:2), according to which he conducted his religious reform (2 Kings 23:10-24), and which is identified with "the law of Moses" (2 Kings 23:25).は、 18年の治世中には、その本が見つかったjosias法( 2キングス22時08分、 11 )か、またはその本は、誓約( 2キングス23時02分) 、これによると、彼は自分の宗教的な改革を実施( 2王23:10-24 ) 、および識別これは"同法のモーゼス" ( 2キングス23:25 )です。 Catholic commentators are not at one whether this law-book was Deuteronomy (von Hummelauer, "Deuteronomium", Paris, 1901, p. 40-60, 83-7) or the entire Pentateuch (Clair, "Les livres des Rois", Paris, 1884, II, p. 557 seq.; Hoberg, "Moses und der Pentateuch", Frieburg, 1905, p. 17 seq.; "uber den Ursprung des Pentateuchs" in "Biblische Zeitschrift", 1906, IV, pp. 338-40).カトリックの解説者がこの法律を一本かどうかは、申命記(フォンhummelauer 、 " deuteronomium " 、パリ、 1901 、 p. 40-60 、八十三から七まで) 、または全体の五(クレール、 "レlivresデrois " 、パリ、 1884年、 2世、 p. 557 seq 。 ; hoberg 、 "ムーサーund der五" 、 frieburg 、 1905 、 p. 17学seq 。 ; "プロダクトデンウルスプルングデpentateuchs "と" biblische zeitschrift " 、 1906 、 4 、 pp 。 338 -40 ) 。

(d) Paralipomenon.-The inspired writer of Paralipomenon refers to the law and the book of Moses much more frequently and clearly. (エ) paralipomenon.歴代志の触発された作家の本を参照してモーゼの法とはるかに頻繁に取り上げられ、明確にします。 The objectionable names and numbers occurring in these books are mostly due to transcribers.不愉快な名前と電話番号、これらの書籍は大半が発生してtranscribersのために。 The omission of incidents which would detract from the glory of the Israelite kings or would not edify the reader is not detrimental to the credibility or veracity of the work.事件の脱落を損ねるからは、イスラエルの栄光の王やedifyはないではない読者の信頼性や信ぴょう性に支障が出るの仕事です。 Otherwise one should have to place among works of fiction a number of biographical or patriotic publications intended for the young or for the common reader.他の1つの間を置く必要が、いくつかの伝記小説作品を出版物や愛国的意図は、若年、または共通のリーダーです。 On their part, the modern critics are too eager to discredit the authority of Paralipomena.を意味するということは、現代の批評家があまりにも熱心にParalipomenonの複数の権威を落とす。 "After removing the account of Paralipomena", writes de Wette (Beitrage, I, 135), "the whole Jewish history assumes another form, and the Pentateuchal investigations take another turn; a number of strong proofs, hard to explain away, for the early existence of the Mosaic books have disappeared, the other vestiges of their existence are placed in a different light." " Paralipomenonの複数のアカウントを削除した後" 、書き込みデwette ( beitrage 、私、 135 ) 、 "ユダヤ人の歴史全体の別のフォームを想定し、捜査に別の電源pentateuchal ; 、いくつかの強力な証拠は、ハードに言い逃れをする早期の存在を、モザイクの書籍が消えた、他の痕跡の存在に配置され、別の光です。 " A glance at the contents of Parlipomenon suffices to explain the efforts of de Witte and Wellhausen to disprove the historicity of the books. parlipomenonを一目見て、内容を十分に説明してヴェルハウゼンの努力をデウィッテとの史実を反証する書籍です。 Not only are the genealogies (1 Chronicles 1-9) and the descriptions of worship traced after the data and laws of the Pentateuch, but the sacred writer expressly points out their conformity with what is written in the law of the Lord (1 Chronicles 16:40), in the law of Moses (2 Chronicles 23:18; 31:3), thus identifying the law of the Lord with that written by Moses (cf. 2 Chronicles 25:4). genealogiesだけは、 ( 1クロニクル1-9 )との説明をした後、データの追跡および法令を崇拝するのは五、しかし、神聖な執筆者が指摘するように明示的適合性の法則何が書かれている主( 1クロニクル16 : 40 ) 、同法のムーサー( 2クロニクル23:18 ; 31:3 ) 、このように、主に識別するの法則が書かれたモーゼス( cf. 2クロニクル25:4 ) 。 The reader will find similar indications of the existence and the Mosaic origin of the Pentateuch in I Par., xxii, 12 seq.; II Par., xvii, 9; xxxiii, 4; xxxiv, 14; xxv, 12.読者は、類似の兆候が存在するとモザイクの起源は私の五パーです。 、 xxii 、 12 seq 。 ;二パー。 、 17 、 9 、 33 、 4 、 34 、 14 、 25 、 12 。 By an artificial interpretation, indeed, the Books of Paralipomenon may be construed to represent the Pentateuch as a book containing the law promulgated by Moses; but the natural sense of the foregoing passages regards the Pentateuch as a book edited by Moses.人工的に解釈され、実際のところ、歴代志の書籍の解釈を代表して五年5月に予約を含む同法を公布され、ムーサー;しかし、前述の文章の意味での自然な点として、五本の編集をムーサーです。

(e) I, II Esdras.-The Books of Esdras and Nehemias, too, taken in their natural and commonly accepted sense, consider the Pentateuch as the book of Moses, not merely as a book containing the law of Moses. (オ) Ⅰ 、 Ⅱ esdras. - nehemiasの書籍のエスドラス書とは、あまりにも、撮影さに自然と広く一般に認められた意味では、考慮して五本のムーサーとしてではなく、単に予約を含むとしてムーサーの法則です。 This contention is based on the study of the following texts: I Esd., iii, 2 sqq.; vi, 18; vii, 14; II Esd., i, 7 sqq.; viii, 1, 8, 14; ix, 3; x, 34, 36; xiii, 1-3.この論争は、その研究に基づいてには、次のテキスト:私のESDします。 、 3世、 2 sqq 。 ;六、 18 ;七、 14 ; 2世のESDします。 、私、 7 sqq 。 ; viii 、 1 、 8日、 14 ; 9世、 3であり、 x 、 34 、 36 、 13 、 1-3 。 Graf and his followers expressed the view that the book of Moses referred to in these texts is not the Pentateuch, but only the Priestly Code; but when we keep in mind that the book in question contained the laws of Lev., xxiii, and Deut., vii, 2-4; xv, 2, we perceive at once that the book of Moses cannot be restricted to the Priestly Code.グラーフとその部下との見解を表明したこの本で参照されてモーゼの五、これらの文章ではないが、聖職者のコードのみ;しかし、私たち維持を念頭に置いて、その書籍の法律に基づいて、問題のレフ含まれています。 、 23 、およびdeutです。 、 7 、 2-4 、 15 、 2 、私たちの知覚を一度にムーサーには、この本に制限されるようにすることはできませんの聖職者のコードです。 To the witness of the historical books we may add II Mach., ii, 4; vii, 6; Judith, viii, 23; Ecclus., xxiv, 33; xlv, 1-6; xlv, 18, and especially the Preface of Ecclus.目撃者は、歴史的な書籍を追加することがありますマッハ2世、 2世、 4 ;七、 6 ;ジュディス、 viii 、 23 ; ecclus 。 、 24 、 33 、 45 、 1-6 、 45 、 18 、そして特に序文ecclusです。

(f) Prophetic Books.-Express reference to the written law of Moses is found only in the later Prophets: Bar., ii, 2, 28; Dan., ix, 11, 13; Mal., iv, 4. (女) books. -エキスプレスの参照を予言の法則の書面によるムーサーが見つかっただけで、後の預言者:バーです。 、 2世、 2 、 28 ;ダン。 、 9世、 11 、 13 ; mal 。 、 4世、 4 。 Among these, Baruch knows that Moses has been commanded to write the law, and though his expressions run parallel to those of Deut., xxviii, 15, 53, 62-64, his threats contain allusions to those contained in other parts of the Pentateuch.このうち、バルークムーサーが知っている同法を書くよう命じてきたし、彼の表現はそれらのdeut平行して実行します。 、 28 、 15 、 53 、 62-64 、彼の脅威が含まれているallusionsの五の他の部分に含まれてです。 The other Prophets frequently refer to the law of the Lord guarded by the priests (cf. Deuteronomy 31:9), and they put it on the same level with Divine Revelation and the eternal covenant of the Lord.頻繁に、他の預言者の法則を参照して守られ、主の司祭( cf.申命記31:9 ) 、および彼らと同じレベルで言えば、神の啓示と永遠の約束は、主です。 They appeal to God's covenant, the sacrificial laws the calendar of feasts, and other laws of the Pentateuch in such a way as to render it probable that a written legislation formed the basis of their prophetic admonitions (cf. Hosea 8:12), and that they were acquainted with verbal expressions of the book of the law.彼らに訴える神の約束は、カレンダーのお祭りのいけにえの法令及びその他の法律は、五そのようなことをレンダリングするように予想して書かれた法案の予言的に形成してadmonitions ( cf.ホセア書8時12分) 、および知り合いに口頭で表現していたの予約をしている。 Thus in the northern kingdom Amos (iv, 4-5; v, 22 sqq.) and Isaias in the south (i, 11 sqq.) employ expressions which are practically technical words for sacrifice occurring in Lev., i-iii; vii, 12, 16; and Deut., xii, 6.このようには、北部の王国アモス( 4 、 4-5 ; V電源、 22 sqq 。 )とisaiasの南に(私、 11 sqq 。 )表現が実質的に雇用を犠牲に発生する技術的な言葉をレフです。 、私- 3 ;七、 12 、 16 ;とdeut 。 、 12 、 6 。

(3) Witness of the New Testament ( 3 )証人は、新約聖書

We need not show that Jesus and the Apostles quoted the whole of the Pentateuch as written by Moses.私たちする必要はありませんがイエスキリストと使徒の詳細によると、全体のモーゼの五書として書かれた。 If they attributed to Moses all the passages which they happen to cite, if they ascribe the Pentateuch to Moses whenever there is question of its authorship, even the most exacting critics must admit that they express their conviction that the work was indeed written by Moses.もし彼らのすべての通路に起因するモーゼスを例に挙げるれて起こる、帰すればムーサーの五の原作者の質問にはいつでも、最も厳格な批判を認める必要がありますして、自分の信念に基づいて書かれた作品は本当にムーサーです。 When the Sadducees quote against Jesus the marriage law of Deut., xxv, 5, as written by Moses (Matthew 22:24; Mark 12:19; Luke 20:28), Jesus does not deny the Mosaic authorship, but appeals to Ex., iii, 6, as equally written by Moses (Mark 12:26; Matthew 22:31; Luke 20:37).サドカイ派の引用するときにイエスキリストの結婚の法則deut 。 、 25 、 5 、として書かれたモーゼス(マタイ22:24 ;マーク12:19 ;ルカ20:28 ) 、イエスキリストを否定してモザイク原作者はありませんが、例の訴えをです。 、 3 、 6 、執筆者と同様、ムーサー(マーク12:26 ;マシュー22:31 ;ルーク20:37 ) 。 Again, in the parable of Dives and Lazarus (Luke 16:29), He speaks of "Moses and the prophets", while on other occasions He speaks of "the law and the prophets" (Luke 16:16), thus showing that in His mind the law, or the Pentateuch, and Moses are identical.また、ダイブのためにとラザロ(ルカ16:29 ) 、彼は話す" 、ムーサーとして預言者" 、彼は話す機会の中に他の"法とは、預言者" (ルカ16:16 ) 、このように表示さ彼の心の法則か、または、五、とムーサーは同じです。 The same expressions reappear in the last discourse addressed by Christ to His disciples (Luke 24:44-6; cf. 27): "which are written in the law of Moses, and in the prophets, and in the psalms concerning me".同じ表現が再び表示され、イエスキリストの最後の談話を弟子たちに対処(ルーク24:44-6 ;継続前誌です。 27 ) : "の法則が書かれてムーサーよ、とは、預言者、およびに関する私の詩篇を授けた" 。 Finally, in John, v, 45-7, Jesus is more explicit in asserting the Mosaic authorship of the Pentateuch: "There is one that accuseth you, Moses. . .for he wrote of me. But if you do not believe his writings, how will you believe my words?"最後には、ジョン、 V電源、 45から7 、イエスキリストは、原作者の他の明示的に主張し、五モザイク: " accusethには1つのことを、ムーサー。 。 。 。 。を書いたのはやめて。しかし、彼の作品をお持ちでない場合信じるは、私の言葉をどのようにお考えですか? " Nor can it be maintained that Christ merely accommodated himself to the current beliefs of his contemporaries who considered Moses as the author of the Pentateuch not merely in a moral but also in the literary sense of authorship.イエスキリストに維持したり、単にそれは、現在の自分自身の信念収容彼のコンテンポラリーwho考えムーサーの著者は、五として、単に道徳的なだけでなく、文学の意味での原作者です。 Jesus did not need to enter into the critical study of the nature of Mosaic authorship, but He could not expressly endorse the popular belief, if it was erroneous.イエスキリストを入力する必要がしなかったの重要な研究をモザイクの性質を原作者が、明示的に支持することはできないが人気の信念、それは誤りです。

The Apostles too felt convinced of, and testified to, the Mosaic authorship.あまりにも確信を感じたの使徒、と証言し、原作者のモザイクです。 "Philip findeth Nathanael, and saith to him: We have found him of whom Moses in the law, and the prophets did write." "フィリップfindethナサニエルは、彼とsayの三人称単数直説法現在形:私たちが発見した彼は誰ムーサーは、法では、として預言者はここです。 " St. Peter introduces a quotation from Deut., xviii, 15, with the words: "For Moses said" (Acts 3:22).サンピエトロ大聖堂を導入するdeut引用します。 、 18 、 15 、との言葉: "ムーサーは言った" (行為3:22 ) 。 St. James and St. Paul relate that Moses is read in the synagogues on the Sabbath day (Acts 15:21; 2 Corinthians 3:15).セントジェームズと聖パウロの続きを読む関係をモーゼスはユダヤ教の安息日(行為15:21 ; 2コリント書3:15 ) 。 The great Apostle speaks in other passages of the law of Moses (Acts 13:33; 1 Corinthians 9:9); he preaches Jesus according to the law of Moses and the Prophets (Acts 28:23), and cites passages from the Pentateuch as words written by Moses (Romans 10:5-8; 19).偉大な使徒話す他の通路は、法のムーサー(行為13:33 ; 1コリンチャンス9時09分) ;彼は説教の法則によれば、イエスキリストは、預言者ムーサーと(行為28:23 ) 、および引き合いに出してからの五通路モーゼスとして書かれた言葉(ローマ人への手紙10:5-8 ; 19 ) 。 St. John mentions the canticle of Moses (Revelation 15:3).賛美歌の聖ヨハネには、モーゼス(啓示15時03分) 。

B. WITNESS OF TRADITION b.証人の伝統

The voice of tradition, both Jewish and Christian, is so unanimous and constant in proclaiming the Mosaic authorship of the Pentateuch that down to the seventeenth century it did not allow the rise of any serious doubt.伝統の声を、両方のユダヤ人とキリスト教、満場一致のは非常に定数を宣言すると、五モザイク原作者がダウンしていない17世紀の上昇により、任意の重大な疑問です。 The following paragraphs are only a meagre outline of this living tradition.は、次のパラグラフはmeagreのみを生きている伝統の概要は、次のです。

(1) Jewish Tradition ( 1 )ユダヤ人の伝統

It has been seen that the books of the Old Testament, beginning with those of the Pentateuch, present Moses as the author of at least parts of the Pentateuch.で見たことがあるのされ、旧約聖書の書籍を始めとするそれらの五、現在のムーサーの著者として、少なくとも部分で五します。 The writer of the Books of Kings believes that Moses is the author of Deuteronomy at least.その作家の王と考えている書籍の著者である申命記ムーサーは、少なくともです。 Esdras, Nehemias, Malachias, the author of Paralipomena, and the Greek authors of the Septuagint Version consider Moses as the author of the whole Pentateuch.エスドラス書、 nehemias 、 malachias 、 Paralipomenonの複数の著者である、との作者のギリシャ語バージョンのセプトゥアギンタを考慮ムーサーの著者は、全体として五します。 At the time of Jesus Christ and the Apostles friend and foe take the Mosaic authorship of the Pentateuch for granted; neither our Lord nor His enemies take exception to this assumption.時点で、イエスキリストと使徒のモザイク敵と味方を当たり前の原作者は、五;どちらも、わたしたちの主敵も彼の例外を取るこの仮定します。 In the first century of the Christian era, Josephus ascribes to Moses the authorship of the entire Pentateuch, not excepting the account of the lawgiver's death ("Antiq. Jud.", IV, viii, 3-48; cf. I Procem., 4; "Contra Apion.", I, 8).第一世紀の時代には、キリスト教、ヨセフスascribesを原作者のモーゼの五書全体ではなく、そのアカウントを除いて、立法者の死( " antiq 。ユートです。 " 、 4世、 viii 、三から四八まで;継続前誌です。私procem 。 、 4 ; "コントラapion 。 " 、私は、 8 ) 。 The Alexandrian philosopher Philo is convinced that the entire Pentateuch is the work of Moses, and that the latter wrote a prophetic account of his death under the influence of a special divine inspiration ("De vita Mosis", ll. II, III in "Opera", Geneva, 1613, pp. 511, 538).アレクサンドリアの哲学者フィロンは確信して、全体の五は、仕事をムーサーよ、と書いたが、後者の彼の死を予言されてアカウントの影響を受けて、特別な天来の霊感( "デ生命mosis " 、すべてのです。 2世、 3世は"オペラ" 、ジュネーブ、 1613 、 pp 。 511 、 538 ) 。 The Babylonian Talmud ("Baba-Bathra", II, col. 140; "Makkoth", fol. IIa; "Menachoth", fol. 30a; cf. Vogue, "Hist. de la Bible et de l'exegese biblique jusqua'a nos jours", Paris, 1881, p. 21), the Talmud of Jerusalem (Sota, v, 5), the rabbis, and the doctors of Israel (cf. Furst, "Der Kanon des Alten Testaments nach den Überlieferungen im Talmud und Midrasch", Leipzig, 1868, pp. 7-9) bear testimony to the continuance of this tradition for the first thousand years.のバビロニアタルムード( "ババ- bathra " 、 2世、列です。 140 ; " makkoth " 、 fol 。 IIAロケット; " menachoth " 、 fol 。 30Aの;継続前誌です。ヴォーグ、 "履歴です。デラ聖書biblique etデl' exegeseジュスカ'を当代" 、パリ、 1881 、 p. 21 )学は、タルムードのエルサレム(創太、 V電源、 5 )は、律法学者、およびイスラエルの医師( cf.フュルスト、 " testaments nach derカノンデアルテンデンüberlieferungenイムタルムードund midrasch " 、ライプチヒ、 1868 、 pp 。 7-9 )は、次の証言継続して、最初の千年の伝統をします。 Though Isaac ben Jasus in the eleventh century and Abenesra in the twelfth admitted certain post-Mosaic additions in the Pentateuch, still they as well as Maimonides upheld its Mosaic authorship, and did not substantially differ in this point from the teaching of R. Becchai (thirteenth cent.), Joseph Karo, and Abarbanel (fifteenth cent.; cf. Richard Simon, "Critique de la Bibl. des aut. eccles. de E. Dupin", Paris, 1730, III, pp. 215-20).ベンかかわらずアイザック) Jasus abenesraでは、 11世紀と、特定のポストを認め、第12回の五モザイクの追加、まだ彼らだけでなく、モザイクmaimonides支持原作者、との点で異なるこの点を大幅にしなかったからの教育のr. becchai ( 13セントです。 ) 、ジョセフカロ、およびabarbanel ( 15セントです。 ;継続前誌。リチャードサイモン、 "批評デラbibl 。デどちらかです。エクルズです。デe.デュパン" 、パリ、 1730 、 3 、 pp 。二一五から二〇まで) 。 Only in the seventeenth century, Baruch Spinoza rejected the Mosaic authorship of the Pentateuch, pointing out the possibility that the work might have been written by Esdras ("Tract. Theol.-politicus", c. viii, ed. Tauchnitz, III, p. 125). 17世紀だけで、バルークスピノザ原作者は、五モザイクを拒絶して、可能性を指摘し、執筆者の仕事かもしれないエスドラス書( "路です。 theol. - politicus " 、 c. viii 、エドです。 tauchnitz 、 3世、 p 。 125 ) 。 Among the more recent Jewish writers several have adopted the results of the critics, thus abandoning the tradition of their forefathers.ユダヤ人の作家のうちのいくつかの他の最近の結果を採用して批評家は、このように彼らの祖先の伝統を放棄する。

(2) Christian Tradition ( 2 )キリスト教の伝統

The Jewish tradition concerning the Mosaic authorship of the Pentateuch was brought in to the Christian Church by Christ Himself and the Apostles.ユダヤ教の伝統のモザイクの原作者は、五運ばするには、キリスト教、キリスト教会を自分自身との使徒です。 No one will seriously deny the existence and continuance of such a tradition from the patristic period onward; one might indeed be curious about the interval between the time of the Apostles and beginning of the third century.誰も真剣に継続を否定するような存在とpatristic時代からの伝統以降;確かに好奇心を1つのかもしれないのインターバルの間の時間は、使徒と3番目の世紀の始まりです。 For this period we may appeal to the "Epistle of Barnabus" (x, 1-12; Funk, "Patres apostol.", 2nd ed., Tübingen, 1901, I, p. 66-70; xii, 2-9k; ibid., p. 74-6), to St. Clement of Rome (1 Corinthians 41:1; ibid., p. 152), St. Justin ("Apol. I", 59; PG, VI, 416; I, 32, 54; ibid., 377, 409; "Dial.", 29; ibid., 537), to the author of "Cohort. Ad Graec."この期間中に上訴することがあります"信徒のbarnabus " ( x 、 1-12 ;ファンク、 " patresアポストルです。 " 、第2版です。 、テュービンゲン、 1901年、私は、 p. 66-70 ; 12 、 2 - 9k ;同上、 p.七四〜六) 、ローマの聖クレメント( 1コリンチャンス41:1 ;同上、 p. 152 ) 、セントジャスティン( " apolします。 i "で、 59 ; pg 、 6 、 416 ;私、 32 、 54 ;同上。 、 377 、 409 ; "ダイヤルします。 "日、 29日;同上、 537 )を、著者の"コホートです。広告graec 。 " (9, 28, 30, 33, 34; ibid., 257, 293, 296-7, 361), to St. Theophilus ("Ad Autol.", III, 23; ibid., 1156; 11, 30; ibid., 1100), to St. Irenæus (Cont. haer., I, ii, 6; PG, VII, 715-6), to St. Hippolytus of Rome ("Comment. In Deut.", xxxi, 9, 31, 35; cf. Achelis, "Arabische Fragmente etc.", Leipzig, 1897, I, 118; "Philosophumena", VIII, 8; X, 33; PG, XVI, 3350, 3448), to Tertullian of Carthage (Adv. Hermog., XIX; PL, II, 214), to Origen of Alexandria (Contra. Cels., III, 5-6; PG, XI, 928; etc.), to St. Eusthatius of Antioch (De engastrimytha c. Orig., 21; PG, XVIII, 656); for all these writers, and others might be added, bear witness to the continuance of the Christian tradition that Moses wrote the Pentateuch. ( 9 、 28 、 30 、 33 、 34 ;同上。 、 257 、 293 、 296から7 、 361 ) 、聖テオフィロス( "広告autolです。 " 、 3世、 23 ;同上、 1156 ; 11日、 30 ;同上です。 、 1100 ) 、聖irenæus (続きhaer 。 、 Ⅰ 、 Ⅱ 、 6 ; pg 、七、七一五から六)を聖ヒッポリュトスのローマ( "コメントは得られなかった。 、 deutです。 " 、 31 、 9 、 31 、 35 ;継続前誌です。 achelis 、 " arabische fragmente等" 、ライプチヒ、 1897年、私、 118 ; " philosophumena " 、 viii 、 8であり、 x 、 33 ; pg 、 16 、 3350 、 3448 ) 、テルトゥリアヌスのカルタゴ( adv. hermog 。 、 19 ;ポーランド語、 2世、 214 ) 、アレクサンドリアの原産地( contra.設定資料集。 、 3 、 5-6 ; pg 、西、 928 ;等) 、聖eusthatiusのアンティオキア(デengastrimytha c.最古です。 、 21 ; pg 、 18 、 656 ) ;のすべてのこれらの作家、およびその他かもしれない追加日、クマの目撃者は、キリスト教の伝統を継続五ムーサーを書いた。 A list of the later Fathers who bear witness to the same truth may be found in Mangenot's article in the "Dict. de la Bible" (V, 74 seq.). whoのリストを表示し、後の父親の証言と同じmangenot真理の記事が見つかることがありますが、 " dictのです。デラ聖書" ( V電源、 74 seq 。 ) 。 Hoberg (Moses und der Pentateuch, 72 seq.) has collected the testimony for the existence of the tradition during the Middle Ages and in more recent times. hoberg (ムーサーund der五、 72 seq 。 )が収集した証言の伝統が存在すると中世の間に、他の最近の回クリックします。

But Catholic tradition does not necessarily maintain that Moses wrote every letter of the Pentateuch as it is today, and that the work has come down to us in an absolutely unchanged form.しかし、カトリックの伝統を維持することは、必ずしもすべての手紙を書いたモーゼの五書としてこれは今日、とは、作業は先に降りてくるフォームは、確実に変わっていない。 This rigid view of the Mosaic authorship began to develop in the eighteenth century, and practically gained the upper hand in the nineteenth.原作者のモザイクこの固定した見方を始めたが、 18世紀を開発する、と実質的に得に勝っては、 19です。 The arbitrary treatment of Scripture on the part of Protestants, and the succession of the various destructive systems advanced by Biblical criticism, caused this change of front in the Catholic camp.啓典の治療の任意の部分を検索するプロテスタント、および様々な破壊システムの後継者は、聖書の高度な批判され、この変更が原因のフロントでのは、カトリックのキャンプです。 In the sixteenth century Card.は、 16世紀のカードです。 Bellarmine, who may be considered as a reliable exponent of Catholic tradition, expressed the opinion that Esdras had collected, readjusted, and corrected the scattered parts of the Pentateuch, and had even added the parts necessary for the completion of the Pentateuchal history (De verbo Dei, II, I; cf. III, iv).ベラルミーノ、 who年5月、信頼性の指数と見なさカトリックの伝統として、エスドラス書の見解を表明していた収集、 readjusted 、および修正するに散在の部分で五、およびいたにも追加されましたが完成したのに必要な部品pentateuchal履歴(デ語デイ、 2世、私;継続前誌です。 3世、 4世) 。 The views of Génebrard, Pereira, Bonfrere, a Lapide, Masius, Jansenius, and of other notable Biblicists of the sixteenth and seventeenth centuries are equally elastic with regard to the Mosaic authorship of the Pentateuch.の見解をgénebrard 、ペレイラ、ボンフレール監督は、ラピデ、 masius 、ヤンセニウス、および他の顕著なbiblicists 16番目と17世紀の弾性も同様にモザイクに関しては、以下の原作者は、五します。 Not that they agree with the contentions of our modern Biblical criticism; but they show that today's Pentateuchal problems were not wholly unknown to Catholic scholars, and that the Mosaic authorship of the Pentateuch as determined by the Biblical Commission is no concession forced on the Church by unbelieving Bible students.特定しての論戦に同意する弊社のモダンな聖書の批判;しかし、今日のpentateuchal彼ら詳細を完全に知られていない問題がないカトリックの学者、とは、モザイクの原作者として、五委員会によって決定さはない聖書教会の譲歩を余儀なくされて懐疑的な聖書の学生です。

C. VOICE OF INTERNAL EVIDENCE c.内部証拠の声

The possibility of producing a written record at the time of Moses is no longer contested.生産する可能性が書かれた記録は、ムーサーは、もはや時間の激戦とします。 The art of writing was known long before the time of the great lawgiver, and was extensively practised both in Egypt and Babylon.書き込みは知られて、アートが長い時間の偉大な法律制定の前に、とは、エジプトやバビロンの両方で広く実践します。 As to the Israelites, Flinders Petrie infers from certain Semitic inscriptions found in 1905 on the Sinaitic peninsula, that they kept written accounts of their national history from the time of their captivity under Ramses II.また、イスラエル、フリンダーズピートリー特定のユダヤ人から推測し、 1905年に記された文が見つかりましたsinaitic半島、保管して書かれたアカウントの国立歴史に監禁されてからの時間をラムセス2世です。 The Tell-el-Amarna tablets show the language of Babylon was in a way the official language at the time of Moses, known in Western Asia, Palestine, and Egypt; the finds of Taanek have confirmed this fact.エルアマーナ錠の暴露バビロン表示する言語は公用語にする方法は、時間のムーサーよ、知られて西アジア、パレスチナ、エジプト;のtaanek見つかったのはこのような事実を確認します。 But it cannot be inferred from this that the Egyptians and Israelites employed this sacred or official language among themselves and in their religious documents (cf. Benzinger, "Hebraische Archaologie", 2nd ed., Tübingen, 1907, p. 172 sqq.).しかし、このことから推測することはできませんエジプトとイスラエルは、この神聖な雇用や公用語の間に彼ら自身や宗教上のドキュメントを参照( cf. benzinger 、 " hebraische archaologie " 、第2版です。 、テュービンゲン、 1907 、 p. 172 sqq 。 ) 。 It is not merely the possibility of writing at the time of Moses and the question of language that confronts us here; there is the further problem of the kind of written signs used in the Mosaic documents.それだけではない可能性を書いている時点で、ムーサーと対峙する言語の問題はこちら;には、より詳細な問題について書かれた標識のようなモザイクのドキュメントで使用されています。 The hieroglyphic and cuneiform signs were widely employed at that early date; the oldest inscriptions written in alphabetical characters date only from the ninth century BC But there can hardly be any doubt as to the higher antiquity of alphabetic writing, and there seems to be nothing to prevent our extending it back to the time of Moses.くさび形の象形文字とその初期の兆候が広く採用さ日付;最古の碑文の文字で書かれてアルファベット順紀元前9世紀からの日付のみしかし疑問が生じていることは到底される古代のアルファベット順の書き込みが高い、と何もないとみられる私たちの拡張を防ぐことムーサー時間を省略している。 Finally, the Code of Hammurabi, discovered in Susa in 1901 by the French expedition funded by Mr. And Mrs. Dieulafoy, shows that even in pre-Mosaic times legal enactments were committed to, and preserved in, writing; for the Code antedates Moses some five centuries, and contains about 282 regulations concerning various contingencies in the civic life.最後に、ハムラビ法典、スーザは1901年に発見された探検隊の出資をしたのは、フランスミスター&ミセスデュラフォア、事前によるとモザイク回も、法的なenactmentsがコミットをし、保存され、ライティング; antedatesコードは、ムーサーいくつかの5つの世紀に、様々な規制を含んで約282の市民生活での出来事です。

Thus far it has been shown negatively that an historic and legal document claiming to be written at the time of Moses involves no antecedent improbability of its authenticity.これまで否定的なことが示されているが、歴史的、法的なドキュメントを受けたと主張するムーサーに書き込まれる時点で、その信頼性はないimprobability先行詞です。 But the internal characteristics of the Pentateuch show also positively that the work is at least probably Mosaic.五が、内部の特性を詳細にも積極的には、仕事は、少なくとも、おそらくモザイクです。 It is true that the Pentateuch contains no express declaration of its entire Mosaic authorship; but even the most exacting of critics will hardly require such testimony.それ五含まれていないのは事実だが、全体のモザイクエクスプレス宣言した原作者;しかし、批評家も、最も厳格なのは、このような証言をほとんど必要とします。 It is practically lacking in all other books, whether sacred or profane.欠けていることは事実上のすべての書籍、神聖なまたは不敬かどうかです。 On the other hand, it has already been shown that four distinct passages of the Pentateuch are expressly ascribed to the authorship of Moses.その一方で、それはすでにはっきりと示されている4つの通路は、五は、原作者のムーサーを明示的に生得的です。 Deut., xxxi, 24-9, is especially noted; for it knows that Moses wrote the "words of this law in a volume" and commanded it to be placed in the ark of the covenant as a testimony against the people who have been so rebellious during the lawgiver's life and will "do wickedly" after his death. deut 。 、 31 、二四〜九、は、特に注意;ムーサーを書いたことを知って、 "この法律は、ボリュームの言葉を"と命じに置かれることには、契約の箱として反対する人々の証言もwho反抗的なので中に立法者の生活とは"浮かべる"彼の死した後です。 Again, a number of legal sections, though not explicitly ascribed to the writing of Moses, are distinctly derived from Moses as the lawgiver.繰り返しますが、法律上、いくつかのセクションではありませんが、書面で明示的にモーゼス生得的には、立法者としてはっきりとムーサーから派生した。 Besides, many of the Pentateuchal laws bear evidence of their origin in the desert; hence they too lay an indirect claim to Mosaic origin.また、法律の多くは、クマの証拠をpentateuchalその起源は、砂漠;それゆえにあまりにもレイアウトの間接モザイクの起源と主張しています。 What has been said of a number of Pentateuchal laws is equally true of several historical sections.によるとされてきたことを、いくつかの法律は等しく真のpentateuchalいくつかの歴史的なセクションを測定します。 These contain in the Book of Numbers, for instance, so many names and numbers that they must have been handed down in writing.これらの書籍の数字が含まれ、例えば、非常に多くの名前と番号をしなければならない書面でも受け継がれています。 Unless the critics can bring irrefutable evidence showing that in these sections we have only fiction, they must grant that these historical details were written down in contemporary documents, and not transmitted by mere oral tradition.批評家の動かぬ証拠を持っていない限り、これらのセクションが表示さしかない小説私たちは、付与しなければならないが、これらの歴史的な詳細は明らかにダウンで書かれた現代のドキュメントではなく、単なる昔からの言い伝えによって伝播されます。 Moreover, Hommel ("Die altisraelitische Überlieferung in inschriftlicher Beleuchtung", p. 302) has shown that the names in the lists of the Book of Numbers bear the character of the Arabian names of the second millennium before Christ, and can have originated only in the time of Moses, though it must be admitted that the text of certain portions, eg, Num., xiii, has suffered in its transmission.また、ホンメル( "死ぬaltisraelitische überlieferungにinschriftlicher beleuchtung " 、 p. 302 )によると、リストの名前は、その本のアラビア数字の文字を負担する2番目のミレニアムの名前を前にイエスキリスト、およびことが起源でのみモーゼの時に、それを認めているしなければならないのテキストの特定の部分、例えば、 NUM件です。 、 13 、に苦しんで、その伝送します。 We need not remind the reader that numerous Pentateuchal laws and data imply the conditions of a nomadic life of Israel.私たちのリーダーを思い出させる必要はないpentateuchal多くの法律やデータの意味を遊牧生活の条件をイスラエルのです。 Finally, both the author of the Pentateuch and its first readers must have been more familiar with the topography and the social conditions of Egypt and with the Sinaitic peninsula than with the land of Chanaan.最後に、五の両方の著者である、そして、その最初の読者に理解している必要がありますが他の地形との社会的条件のエジプトとのsinaitic半島に比べて、その土地のchanaanです。 Cf., eg, Deut., viii, 7-10; xi, 10 sqq.継続前誌です。 、例えば、 deut 。 、 viii 、 7-10 ; XIが、 sqq 。 These internal characteristics of the Pentateuch have been developed at greater length by Smith, "The Book of Moses or the Pentateuch in its Authorship, Credibility, and Civilisation", London, 1868; Vigouroux, "La Bible et les decouvertes modernes", 6th ed., Paris, 1896, I, 453-80; II, 1-213, 529-47, 586-91; Idem, "Les Livres Saints et la critique rationaliste", Paris, 1902, III, 28-46, 79-99, 122-6; Heyes, "Bibel und Ægypten", Munster, 1904, p.これらの内部特性を五大が開発されて長さをスミス氏は、 "五本のムーサーは、原作者、または、信頼性、および文明" 、ロンドン、 1868 ; vigouroux 、 "ラ聖書etレdecouvertes modernes " 、第6回エドです。 、パリ、 1896年に、私は、四百五十三から八十;二、 1から213 、五百二十九から四十七まで、五百八十六から九十一まで;同じ、 "レlivres聖人とラ批評rationaliste " 、パリ、 1902年、 3世、二八から四六まで、 79 - 99 、 122から6まで; heyes 、 " bibel und ægypten " 、マンステール、 1904 、 p. 142; Cornely, "Introductio specialis in histor. Vet. Test. libros", I, Paris, 1887, pp. 142 ; cornely 、 " introductio特別にhistor 。獣医です。テストします。図書館" 、私、パリ、 1887 、 pp 。 57-60; Poole, "Ancient Egypt" in "Contemporary Review", March, 1879, pp. 57-60 ;プール、 "古代エジプト"と"現代の日" 、 3月、 1879 、 pp 。 757-9. 757から9までです。

D. ECCLESIASTICAL DECISIONS d.教会の意思決定

In accordance with the voice of the triple argument thus far advanced for the Mosaic authorship of the Pentateuch, the Biblical Commission on 27 June, 1906, answered a series of questions concerning this subject in the following way:の声に応じて、トリプルの引数は、これまでの高度なモザイクの原作者は、五、聖書の委員会の1906年6月27日、一連の質問を答えましたこの問題に関しては、次の方法:

(1) The arguments accumulated by the critics to impugn the Mosaic authenticity of the sacred books designated by the name Pentateuch are not of such weight as to give us the right, after setting aside numerous passages of both Testaments taken collectively, the continuous consensus of the Jewish people, the constant tradition of the Church, and internal indications derived from the text itself, to maintain that these books have not Moses as their author, but are compiled from sources for the greatest part later than the Mosaic age. ( 1 )の引数に蓄積されたimpugn批評家の信ぴょう性に神聖なモザイクの名前で指定された書籍はない五重さを与えるような問い合わせには右側の通路の両方に設定した後、数多くのtestaments撮影はさておき、総称して継続的コンセンサスユダヤ人の人々は、教会の伝統を定数、および内部から派生してテキストを表示自体を維持し、これらの書籍の著者としてムーサーれていないが、ソースからコンパイルするための最大の部分へのモザイクよりも年齢です。

(2) The Mosaic authenticity of the Pentateuch does not necessarily require such a redaction of the whole work as to render it absolutely imperative to maintain that Moses wrote all and everything with his own hand or dictated it to his secretaries; the hypothesis of those can be admitted who believe that he entrusted the composition of the work itself, conceived by him under the influence of Divine inspiration, to others, but in such a way that they were to express faithfully his own thoughts, were to write nothing against his will, were to omit nothing; and that finally the work thus produced should be approved by the same Moses, its principal and inspired author, and published under his name. ( 2 )五モザイクの信ぴょう性は必ずしもそのような改訂が必要として、全体の作業をレンダリングすることが確実に命令を維持するとすべてのすべてのムーサーを書いた彼自身の手や彼の秘書に指示し、これらの仮説は、 whoに認めたの組成と思われる彼の仕事を委託自体は、彼の下に考えられた天来の霊感の影響を受けて、他の、しかし、このようなやり方で彼らは自分自身の考えを表現する忠実に、ここに何の反感が彼のは、を省略するが何も;とこのように制作の仕事を最後に承認される必要が同じムーサー、その元金とインスピレーション著者は、彼の名前を下で公開されています。

(3) It may be granted without prejudice to the Mosaic authenticity of the Pentateuch, that Moses employed sources in the production of his work, ie, written documents or oral traditions, from which he may have drawn a number of things in accordance with the end he had in view and under the influence of Divine inspiration, and inserted them in his work either literally or according to their sense, in an abbreviated or amplified form. ( 3 )が与えられることがあります信ぴょう性を害することなく、モザイクの五、そのソースは、ムーサーの生産を採用彼の仕事、すなわち、書かれた文書または口頭による伝統、彼は5月からは多くのことを描画するに基づいて最後に彼は神の対象とされてインスピレーションの影響を受けて、彼の作品に挿入して、文字通りのいずれかまたはによると、その意味では、フォームの短縮や増幅します。

(4) The substantial Mosaic authenticity and integrity of the Pentateuch remains intact if it be granted that in the long course of centuries the work has suffered several modifications, as; post-Mosaic additions either appended by an inspired author or inserted into the text as glosses and explanations; the translation of certain words and forms out of an antiquated language into the recent form of speech; finally, wrong readings due to the fault of transcribers, which one may investigate and pass sentence on according to the laws of criticism. ( 4 )の大幅なモザイクの五の真正性と整合性が損なわれた跡が与えられる場合にして世紀の長いコースのいくつかの修正作業に苦しんで、 ;ポストモザイク付加される追加のいずれかインスピレーション著者またはテキストを挿入して注釈や説明をし、特定の単語を翻訳するとフォームの時代遅れの言語を、最近の形式の音声;最後に、間違って測定のために、障害のtranscribers 、これ調査し、 1つの判決を言い渡す年5月によると、法律上の批判を浴びることです。

The post-Mosaic additions and modifications allowed by the Biblical Commission in the Pentateuch without removing it from the range of substantial integrity and Mosaic authenticity are variously interpreted by Catholic scholars.モザイクの追加や変更後の聖書の委員会で許可されてから削除することなく、五の範囲の実質的整合性と信頼性は、さまざまな解釈さモザイクカトリックの学者です。

(1) We should have to understand them in a rather wide sense, if we were to defend the views of von Hummelauer or Vetter. ( 1 )しなければならないことを理解するには、やや広い意味では、もし我々を守るために再生回数のフォンhummelauerまたはフェッターです。 This latter writer admits legal and historical documents based on Mosaic tradition, but written only in the times of the Judges; he places the first redaction of the Pentateuch in the time of the erection of Solomon's temple, and its last redaction in the time of Esdras.この後者の執筆者の法的、歴史的なドキュメントを認めモザイクの伝統に基づいて、しかし、この回だけで書かれた、裁判官;彼の場所の最初の改訂は、五のときには勃起のソロモンの寺院、およびその最後の改訂は、時間のエスドラス書です。 Vetter died in 1906, the year in which the Biblical Commission issued the above Decree; it is an interesting question, whether and how the scholar would have modified his theory, if time had been granted him to do so.フェッターが死亡した1906年には、年間では、上記の発行、聖書委員会令;ことは興味深い質問、学者かどうか、どのように変更彼の理論は、もし時間がこれを行うには彼が付与されています。

(2) A less liberal interpretation of the Decree is implied in the Pentateuchal hypotheses advanced by Hobert ("Moses und der Pentateuch; Die Pentateuch Frage" in "Biblische Studien", X, 4, Freiburg, 1907; "Erklarung des Genesis", 1908, Freiburg, IL), Schopfer (Geschichte des Alten Testamentes, 4th ed., 226 sqq.), Hopfl ("Die hohere Bibelkritik", 2nd ed., Paderborn, 1906), Brucker ("L'eglise et la critique", Paris, 1907, 103 sqq.), and Selbst (Schuster and Holzammer's "Handbuch zur Biblischen Geschichte", 7th ed., Freiburg, 1910, II, 94, 96). ( 2 )の低いリベラルな解釈をpentateuchal令は、暗黙のは、高度な仮説をhobert ( "ムーサーund der五;死ぬ五frage "と" biblische studien " 、 x 、 4 、フライブルク、 1907 ; " erklarungデ創世記" 、 1908年、フライブルク、イリノイ) 、 schopfer ( geschichteデアルテンtestamentesは、第4エド。 、 226 sqq 。 ) 、 hopfl ( "死ぬhohere bibelkritik " 、第2版です。 、パーダーボルン、 1906 ) 、 brucker ( "レグリーズとラ批評" 、パリ、 1907年、 103 sqq 。 ) 、およびselbst ( holzammerシュスターとの" handbuch zur biblischen geschichte " 、第7回エド。 、フライブルク、 1910 、 2世、 94 、 96 ) 。 The last-named writer believes that Moses left a written law-book to which Josue and Samuel added supplementary sections and regulations, while David and Solomon supplied new statutes concerning worship and priesthood, and other kings introduced certain religious reforms, until Esdras promulgated the whole law and made it the basis of Israel's restoration after the Exile.作家、最後に名前を書かれたと考えている左法ムーサーに本を補足のセクションが追加されましたジョスエとサミュエルと規制し、ダビデとソロモンの供給に関する新たな法令の礼拝と聖職に就く、およびその他の王、特定の宗教的な改革を導入、全体の公布されるまでエスドラス書法とイスラエルのことの基礎を修復した後、亡命。 Our present Pentateuch is, therefore, an Esdrine edition of the work.私たちの現在の五のは、そのため、 esdrine版の仕事をします。 Dr. Selbst feels convinced that his admission of both textual changes and material additions in the Pentateuch agrees with the law of historical development and with the results of literary criticism.博士selbst感じ確信して彼の入場料や材料の両方のテキストの追加変更に同意の五の歴史的発展の法則とし、その結果の文芸批評です。 Historical development adapts laws and regulations to the religious, civil, and social conditions of successive ages, while literary criticism discovers in our actual Pentateuch peculiarities of words and phrases which can hardly have been original, and also historical additions or notices, legal modifications, and signs of more recent administration of justice and of later forms of worship.歴史的発展に適応するための規制を法律や宗教、市民、および社会的条件の連続年齢、文芸批評を発見しながら、実際に独特な単語やフレーズを五ほとんどがオリジナルのも、また歴史的な注意事項の追加や、法律の変更、および最近の投与の徴候を正義と他の形態の礼拝の後です。 But Dr. Selbst believes that these peculiarities do not offer a sufficient basis for a distinction of different sources in the Pentateuch.しかし、博士selbstていないと考えて、これらの特殊性を提供するための十分な根拠の区別はさまざまな情報源は、五します。

(3) A strict interpretation of the words of the Decree is implied in the views of Kaulen (Einleitung, n. 193 sqq.), Key ("Die Pentateuchfrage, ihre Geschichte un ihre System", Munster, 1903), Flunk (Kirchenlexicon, IX, 1782 sqq.), and Mangenot ("L'authenticite mosaique du Pentateuque", Paris, 1907; Idem, "Dict. de la Bible", V, 50-119. With the exception of those portions that belong to the time after the death of Moses, and of certain accidental changes of the text due to transcribers, the whole of the Pentateuch is the work of Moses who composed the work in one of the ways suggested by the Biblical Commission. Finally, there is the question as the theological certainty of the thesis maintaining the Mosaic authenticity of the Pentateuch. ( 3 )の厳密な解釈をする人の言葉を令は、暗黙のは、再生回数のkaulen ( einleitung 、 193 sqq名です。 ) 、キー( "死ぬpentateuchfrage 、イーレgeschichte国連イーレシステム" 、マンステール、 1903 ) 、落第( kirchenlexicon 、 9世、 1782 sqq 。 ) 、およびmangenot ( " authenticiteオブジェを使ったデュpentateuque " 、パリ、 1907 ;同じ、 " dictのです。デラ聖書" 、 V電源、五十〜百十九。を除いて、これらの部分に属してモーゼス時間後に死亡した、との特定の不慮のテキストを変更した時のためにtranscribersは、全体の仕事をモーゼの五書は、 who作曲の仕事をする方法の一つが、聖書委員会によって提案された。最後に、この質問には神学の確信があるとして、論文の信ぴょう性を維持し、五モザイクです。

(1) Certain Catholic scholars who wrote between 1887 and 1906 expressed their opinion that the thesis in question is not revealed in Scripture nor taught by the Church; that it expresses a truth not contained in Revelation, but a tenet which may be freely contested and discussed. ( 1 )特定のカトリックの学者who書いた1887年と1906年の間に、自分の意見を表明して、問題の論文ではない啓典も明らかにされされた教会の教え;して真実を表現するに含まれていない啓示ではなく、自由に激戦とされる可能性の教義議論します。 At that time, ecclesiastical authority had issued no pronouncement on the question.その時、教会の宣告をする権限はない質問を発行します。

(2) Other writers grant that the Mosaic authenticity of the Pentateuch is not explicitly revealed, but they consider it as a truth revealed formally implicitly, being derived from the revealed formulae not by a syllogism in the strict sense of the word, but by a simple explanation of the terms. ( 2 )他の作家の信頼性を付与するのは、モザイク五明示的に明らかではないが、それらを検討することを正式に真実を明らかに暗黙のうちに、式がないから派生して明らかにされた三段論法という言葉は、厳密な意味ではなく、簡単な説明を利用します。 The denial of the Mosaic authenticity of the Pentateuch is an error, and the contradictory of the thesis maintaining the Mosaic authenticity of the Pentateuch is considered erronea in fide (cf. Mechineau, "L'origine mosaique du Pentateuque", p. 34).信ぴょう性の否定をモザイクの五にエラーが発生する、との矛盾は、論文の信ぴょう性を維持し、五モザイクerroneaではfide ( cf. mechineau 、 " origineオブジェを使ったデュpentateuque " 、 p. 34 ) 。

(3) A third class of scholars considers the Mosaic authenticity of the Pentateuch neither as a freely debatable tenet, nor as a truth formally implicitly revealed; they believe it has been virtually revealed, or that it is inferred from revealed truth by truly syllogistic deduction. ( 3 ) 3番目のクラスの学者モザイクの信頼性を考慮するとしても、自由に議論の余地が五教義、真理としても正式に明らかに暗黙のうちに、と彼らは考えて明らかにされ、事実上、またはその真実を明らかにしたものと推定され真の三段論法から控除です。 It is, therefore, a theologically certain truth, and its contradictory is a rash (temeraria) or even erroneous proposition (cf. Brucker, "Authenticite des livres de Moise" in "Etudes", March, 1888, p. 327; ibid., January, 1897, p. 122-3; Mangenot, "L'authenticité mosaïque du Pentateuque", pp. 267-310.これは、したがって、真理を特定のtheologically 、およびその矛盾は、発疹( temeraria )またはも誤った命題( cf. brucker 、 " authenticiteデlivresデモイーズ"と"宇宙" 、 3月、 1888 、 p. 327 ;同上です。 1月、 1897 、 p.一二二から三; mangenot 、 " authenticité mosaïqueデュpentateuque " 、 pp 。 267から310までです。

Whatever effect the ecclesiastical decision concerning the Mosaic authenticity of the Pentateuch may have had, or will have, on the opinion of students of the Pentateuchal question, it cannot be said to have occasioned the conservative attitude of scholars who wrote before the promulgation of the Decree.どんな効果に関する意思決定の教会の信ぴょう性にモザイク五年5月にいたか、またはには、上の意見をpentateuchalの学生の質問であるが、これによるとすることはできませんには、保守的な態度により引き起こさ学者who書いたの前に、施行令です。 The following list contains the names of the principal recent defenders of Mosaic authenticity: Hengstenberg, "Die Bucher Moses und Aegypten", Berlin, 1841; Smith, "The Book of Moses or the Pentateuch in its Authorship, Credibility, and Civilisation", London, 1868; C. Schobel, "Demonstration de l'authenticite du Deuteronome", Paris, 1868; Idem, "Demonstration de l'authenticite mosaique de l'Exode", Paris, 1871; Idem, "Demonstration de l'authenticite mosaique du Levitique et des Nombres", Paris, 1869; Idem, "Demonstration de l'authenticite de la Genese", Paris, 1872; Idem, "Le Moise historique et la redaction mosaique du Pentateuque", Paris, 1875; Knabenbauer, "Der Pentateuch und die unglaubige Bibelkritik" in "Stimmen aus Maria-Laach", 1873, IV; Bredenkamp, "Gesetz und Propheten", Erlangen, 1881; Green, "Moses and the Prophets", New York, 1883; Idem, "The Hebrew Feasts", New York, 1885; Idem, "The Pentateuchal Question" in "Hebraica", 1889-92; Idem, "The Higher Criticism of the Pentateuch", New York, 1895; Idem, "The Unity of the Book of Genesis", New York, 1895; C. Elliot, "Vindication of the Mosaic Authorship of the Pentateuch", Cincinnati, 1884; Bissel, "The Pentateuch, its Origin and Structure", New York, 1885; Ubaldi, "Introductio in Sacram Scripturam", 2nd ed., Rome, 1882, I, 452- 509; Cornely, "Introductio specialis in historicos VT libros", Paris, 1887, pp.は、次の校長の名前をリストには、最近の守備のモザイク真正:ヘングステンベルク、 "死ぬbucherムーサーund aegypten " 、ベルリン、 1841 ;スミス氏は、 "五本のムーサーは、原作者、または、信頼性、および文明" 、ロンドン、 1868 ; c.ベル、 "デモデl' authenticiteデュdeuteronome " 、パリ、 1868 ;同じ、 "デモデl' authenticiteオブジェを使ったデl' exode " 、パリ、 1871 ;同じ、 "デモデl' authenticiteオブジェを使った、デュlevitique etデnombres " 、パリ、 1869 ;同じ、 "デモデl' authenticiteデラgenese " 、パリ、 1872 ;同じ、 "ルモイーズhistoriqueとラ改訂オブジェを使ったデュpentateuque " 、パリ、 1875 ; knabenbauer 、 " der五und死ぬunglaubige bibelkritik "と" stimmenオーストラリアマリア- laach " 、 1873年、 4 ; bredenkamp 、 " gesetz und propheten " 、エルランゲン、 1881 ;緑、 "ムーサーとして預言者" 、ニューヨーク、 1883 ;同じ、 "ヘブライ語のお祭り" 、ニューヨーク、 1885 ;同じ、 " pentateuchal質問"と" hebraica " 、 1889年から1892年;同じ、 "五の批判が高い" 、ニューヨーク、 1895 ;同じ、 "創世記の団結を" 、ニューヨーク、 1895 ; c.エリオット、 "原作者の汚名をすすぐことは、モザイクの五" 、シンシナティ、 1884 ;少しは、 "五、その起源と構造" 、ニューヨーク、 1885 ; ubaldi 、 " introductioでsacram scripturam " 、第2版です。 、ローマ、 1882年、私、 452 -5 09; c ornely、 "特別にh istoricosi ntroductioバーモント図書館" 、パリ、 1 887、 p p。 19-160; Vos, "Mosaic Origin of the Pentateuchal Codes", London, 1886; Bohl, "Zum Gesetz und zum Zeugniss", Vienna, 1883; Zah, "Erneste Blicke in den Wahn der modernen Kritik des AT", Gutersloh, 1893; Idem, "Das Deuteronomium", 1890; Idem, "Israelitische und judische Geschichte", 1895; Rupprecht, "Die Anschauung der kritischen Schule Wellhausens vom Pentateuch", Leipzig, 1893; Idem, "Das Rathsel des Funfbuches Mose und seine falsche Losung", Gutersloh, 1894; Idem, "Des Rathsels Losung order Beitrage zur richtigen Losung des Pentateuchrathsels", 1897; Idem, "Die Kritik nach ihrem Recht uknd Unrecht", 1897; "Lex Mosaica, or the Law of Moses and the Higher Criticism" (by Sayce, Rawlinson, Trench, Lias, Wace, etc.), London, 1894; Card.十九から百六十;あなた、 "モザイクの起源のpentateuchalコード" 、ロンドン、 1886 ; bohl 、 " zum gesetz und zum zeugniss " 、ウィーン、 1883 ; zah 、 " erneste blickeでデンデwahn der modernen kritik " 、ギュータースロー、 1893 ;同じ、 " das deuteronomium " 、 1890 ;同じ、 " israelitische und judische geschichte " 、 1895 ;ルプレヒト、 "死ぬanschauung der kritischenシューレwellhausens vom五" 、ライプチヒ、 1893 ;同じ、 " mose und das rathselデfunfbuchesセーヌfalsche losung " 、ギュータースロー、 1894 ;同じ、 "デrathsels losungオーダーbeitrage zur richtigen losungデpentateuchrathsels " 、 1897 ;同上、 "死ぬkritik uknd recht nach ihrem unrecht " 、 1897 ; "法律mosaicaか、または、ムーサーと高いの法則批判" (セース、ローリンソン、トレンチ、ライアス統、ウェイス、等) 、ロンドン、 1894 ;カードです。 Meignan, "De L'Eden a Moise", Paris, 1895, 1-88; Baxter, "Sanctuary and Sacrifice", London, 1896; Abbé de Broglie, "Questions bibliques", Paris, 1897, pp. meignan 、 "デl'エデンのモイーズ" 、パリ、 1895年、一〜八八;バクスター、 "聖域と犠牲" 、ロンドン、 1896年; abbéドブロイ、 "質問bibliques " 、パリ、 1897 、 pp 。 89-169; Pelt, "Histoire de l'AT", 3rd ed., Paris, 1901, I, pp.八九から一六九;の皮、 " histoireデl'に" 、第3版です。 、パリ、 1901年、私、 pp 。 291-326; Vigouroux, "Les Livres Saints et la critique ratioinaliste", Paris, 1902, III, 1-226; IV, 239-53, 405-15; Idem, "Manuel biblique", 12th ed., Paris, 1906, I, 397-478; Kley, "Die Pentateuchfrage, ihre Geschichte und ihre Systeme", Munster, 1903; Hopfl, "Die hohere Bibelkritik", Paderborn, 1902; Thomas, "The Organic Unity of the Pentateuch", London, 1904; Wiener, "Studies in Biblical Law", London, 1904; Rouse, "The Old Testament in New Testament Light", London, 1905; Redpath, "Modern Criticism and the Book of Genesis", London, 1905; Hoberg, "Moses und der Pentateuch", Freiburg, 1905; Orr, "The Problem of the Old Testament considered with reference to Recent Criticism", London, 1906.二百九十一から三百二十六; vigouroux 、 "レlivres聖人とラ批評ratioinaliste " 、パリ、 1902 、 3世、 1〜226 ;四、二百三十九から五十三、四百五から十五;同じ、 "マヌエルbiblique " 、 12日、エド。 、パリ、 1906 、私は、 397から478 ; kley 、 "死ぬpentateuchfrage 、 geschichte undイーレsystemeイーレ" 、マンステール、 1903 ; hopfl 、 "死ぬhohere bibelkritik " 、パーダーボルン、 1902 ;トーマスは、 "有機的統一は、五" 、ロンドン、 1904 ;ウィーナー、 "研究は聖書の法" 、ロンドン、 1904 ;奮起、 "新約聖書は、旧約聖書の光の中で" 、ロンドン、 1905 ;レッドパス、 "近代的な批判と創世記" 、ロンドン、 1905 ; hoberg 、 "ムーサーund der五" 、フライブルク、 1905 ;オーア、 "この問題を考え、旧約聖書の最近の批判を参考に" 、ロンドン、 1906 。

E. OPPONENTS OF THE MOSAIC AUTHORSHIP OF THE PENTATEUCH e.反対派は、原作者は、五モザイク

A detailed account of the opposition to the Mosaic authorship of the Pentateuch is neither desirable nor necessary in this article.の詳細な説明をする反対派は、原作者は、五のモザイクも必要なのは、この記事はどちらも望ましいです。 In itself it would form only a noisome history of human errors; each little system has had its day, and its successors have tried their best to bury it in hushed oblivion.それ自体には嫌なにおいの歴史をフォームのみを人為的ミス;各リトル制度が持っていたその日、およびその後継者にしようとして静かに最善を埋めるオブリビオンです。 The actual difficulties we have to consider are those advanced by our actual opponents of today; only the fact that the systems of the past show us the fleeting and transitory character of the actual theories now in vogue can induce us to briefly enumerate the successive views upheld by the opponents of the Mosaic authorship.私たちは、実際の困難さを考慮する実際の反対派は、これらの高度な今日;のみを編集して項目を実際には、システムの詳細問い合わせはつかの間の理論と一過性の文字を今すぐ流行して、実際の問い合わせを誘発することを簡単に列挙して連続再生回数支持原作者の反対派は、モザイクです。

(1) Abandoned Theories ( 1 )放棄の理論

The views advanced by the Valentinian Ptolemy, the Nazarites, Abenesra, Carlstadt, Isaac Peyrerius, Baruch Spinoza, Jean Leclerc are sporadic phenomena.ウァレンティニアヌスされた高度なプトレマイオスの再生回数は、 nazarites 、 abenesra 、 carlstadt 、アイザックpeyrerius 、バルークスピノザ、ジャンルクレールは、散発的現象です。 Not all of them were wholly incompatible with the Mosaic authorship as now understood, and the others have found their answer in their own time.-With the work of John Astrue, published in 1753, began the so-called Hypothesis of Documents which was further developed by Eichhorn and Ilgen.すべてのかれらの多くはないとは互換性が完全にモザイク原作者として今すぐに理解し、その答えが見つかりましたが、他のは自分の仕事をするジョンtime. - astrue 、公開さ1753 、いわゆる仮説が始まったのは、より詳細な文書をアイヒホルンとilgen開発された。 But the works of the suspended priest, Alexander Geddes, published in 1792 and 1800, introduced the Hypothesis of Fragments, which in its day was elaborated and championed by Vater, de Wette (temporarily at least), Berthold, Hartmann, and von Bohlen.司祭が、作品の停止、アレクサンダーゲッデス、公開さ1792と1800は、仮説のフラグメント導入して、これを注いで、その日は精緻化され、ファーター、デwette (一時的に、少なくとも) 、 berthold 、ハルトマン、およびフォンボーレンです。 This theory was soon confronted by, and had to yield to the Hypothesis of Complements or Interpolations which numbered among its patrons Kelle, Ewald, Stahelin, Bleek, Tuch, de Wette, von Lengerke, and for a brief period also Franz Delitzsch.この理論はすぐに突きつけられる、との仮説を収率はinterpolations補完またはその後援者の間で番号kelle 、エーヴァルト、 stahelin 、 bleek 、 tuch 、デwette 、フォンlengerke 、および短い期間でもフランツデリッチです。 The theory of interpolations again had hardly found any adherents before Gramberg (1828), Stahelin (1830), and Bleek (1831) returned to the Hypothesis of Documents, proposing it in a somewhat modified form.その理論を再びinterpolations任意の支持者はほとんどが見つかりましたgramberg前( 1828 ) 、 stahelin ( 1830 ) 、およびbleek ( 1831 )に返された仮説のドキュメントのは、やや修正された形で提案しています。 Subsequently, Ewald, Knobel, Hupfeld, Noldeke, and Schrader advanced each a different explanation of the documentary hypothesis.その後、エーヴァルト、 knobel 、 hupfeld 、ネルデケ、およびそれぞれのシュレイダー高度な仮説とは異なる説明をドキュメンタリーです。 But all of these are at present only of an historical interest.しかし、これらのすべての歴史は、現在の金利のみです。

(2) Present Hypothesis of Documents ( 2 )現在のドキュメントの仮説

A course of religious development in Israel had been proposed by Reuss in 1830 and 1834, by Vatke in 1835, and by George in the same year.宗教的な開発はイスラエルのコースを提案していたロイスは1830と1834 、 1835ファトケで、ジョージと同じ年とされています。 In 1865-66 Graf took up this idea and applied it to the literary criticism of the Hexateuch; for the critics had begun to consider the Book of Josue as belonging to the preceding five books, so that the collection formed a Hexateuch instead of a Pentateuch.グラーフは1865年から1866年までにこのアイデアを適用し、文芸批評は、六書;は、批評家は予約のジョスエを開始するまでを考慮して、上記の5つの書籍に所属するとして、コレクションを結成して、代わりに、五六書です。 The same application was made by Merx in 1869.同じアプリケーションがmerxは1869年に作られる。 Thus modified the documentary theory continued in its development until it reached the state described in the translation of the Bible by Kautzsch (3rd ed., with Introduction and Annotations, Tübingen, 1908 sqq.).このように変更してドキュメンタリーの理論は、開発されるまで継続的に達したの状態に記載されての翻訳は、聖書をカウチ(第3版をはじめと注釈、テュービンゲン、 1908 sqq 。 ) 。 In itself there is nothing against the assumption of documents written by Moses; but we cannot ascribe with certainty anything of our literary remains to the hands of the Hebrew lawgiver.それ自体には反対の仮定は、何も書かれた書類モーゼス;しかし、何か確信を持っものとみなすことはできないの遺稿を立法者の手には、ヘブライ語です。 The beginning of written accounts must be placed towards the end of the time of Judges; only then were fulfilled the conditions which must precede the origin of a literature properly so called, ie, a general acquaintance with the art of writing and reading, stationary settlement of the people, and national prosperity.の初めに書かれたアカウントに配置しなければなりませんの時間の終わりに向かって裁判官;のみが果たされるの条件を入力し、先行する必要があります。起源は、いわゆる文学を正しく、すなわち、一般的な知人に、アートがライティング、リーディング、 、定常和解の人々 、および国家繁栄に貢献します。 What then are the oldest literary remains of the Hebrews?どのような入力し、文学は最古の遺跡は、ヘブル人への手紙ですか? They are the collections of the songs dating from the heroic time of the nation, eg, the Book of the Wars of the Lord (Numbers 21:14), the Book of the Just (Joshua 10:12 sqq.), the Book of Songs (1 Kings 8:53; cf. Budde, "Geschichte der althebr. Literature", Leipzig, 1906, 17).彼らの曲のコレクションは、デートの時に国からの英雄、例えば、この本は、戦争の主(数字21:14 ) 、この本は、わずか(ジョシュア10:12 sqq 。 ) 、その本の曲( 1王8:53 ;継続前誌です。バッド、 " geschichte der althebr 。文学" 、ライプチヒ、 1906 、 17 ) 。 The Book of the Covenant (Exodus 20:24-23:19) too must have existed before the other sources of the Pentateuch.この本は、誓約(出エジプト記20:24-23:19 )あまりにもしなければ、他のソースが存在する前に、五します。 The oldest historical work is probably the book of the Yahwist, designated by J, and ascribed to the priesthood of Juda, belonging most probably to the ninth century BC最古の歴史的な仕事は、おそらくこの本は、 yahwistは、指定されたJ 、そして生得的judaを聖職に就くのは、おそらく所属して紀元前9世紀

Akin to this is the Elohim document, designated by E, and written probably in the northern kingdom (Ephraim) about a century after the production of the Yahweh document.これは、私のエロヒム文書を、メールで指定された、と書かれた、おそらくは、北部の王国(エフライム)の生産をした後、約一世紀のヤハウェドキュメントです。 These two sources were combined by a redactor into one work soon after the middle of the sixth century.これらの2つのソースがredactorされた組み合わせを1つの仕事の後すぐに、 6世紀半ばです。 Next follows the law-book, almost entirely embodied in our actual Book of Deuteronomy, discovered in the temple 621 BC, and containing the precipitate of the prophetic teaching which advocated the abolition of the sacrifices in the so- called high places and the centralization of worship in the temple of Jerusalem.次の次の法-予約、ほぼ全面的に体現され、実際の予約の申命記は、紀元前621寺で発見された、との予言沈殿物を含む教育を提唱し、犠牲を廃止して、いわゆるの高い場所や、中央集権化礼拝は、エルサレムの寺です。 During the Exile originated the Priestly Code, P, based on the so-called law of holiness, Lev., xvii-xxvi, and the programme of Ezechiel, xl-xlviii; the substance of P was read before the post-exilic community by Esdras about 444 BC (Nehemiah 8-10), and was accepted by the multitude.亡命中の聖職者のコードの起源は、人、法に基づいて、いわゆるのホーリネス、レフです。 、 17 - 26 、およびこのプログラムのezechielは、 xl - 48 ;その物質はp -追放されたが読まれたコミュニティを作成する前にエスドラス書については紀元前444 (ニーアマイア8-10 )とは、多数に受け入れられたのです。 History does not tell us when and how these divers historical and legal sources were combined into our present Pentateuch; but it is generally assumed that there was an urgent call for a compilation of the tradition and pre-exilic history of the people.履歴はありません教えて下さいいつ、どのような歴史的、法的なソースは、これらのダイバーに組み合わされて私たちの現在の五;しかし、それは一般的に想定して緊急呼び出しがあったのは、コンパイルの伝統や人々の歴史を事前に追放された。 The only indication of time may be found in the fact that the Samaritans accepted the Pentateuch as a sacred book probably in the fourth century BC Considering their hatred for the Jews, one must conclude that they would not have taken this step, unless they had felt certain of the Mosaic origin of the Pentateuch.目安の時間だけが見つかることがありますサマリア人を受け入れたという事実は、五聖典としては、おそらく紀元前4世紀、ユダヤ人の憎悪を検討して、 1つのようなことはしないとの結論を下す必要がありますがこの手順を撮影しない限り、彼らはフェルト特定のは、モザイクの起源は、五します。 Hence a considerable time must have intervened between the compilation of the Pentateuch and its acceptance by the Samaritans, so that the work of combining must be placed in the fifth century.それゆえにかなりの時間の間にコンパイルする必要が介入するとその五サマリア人に受け入れられるように、その仕事の組み合わせは、 5世紀に配置しなければなりません。 It is quite generally agreed that the last redactor of the Pentateuch completed his task with great adroitness.それは非常に一般的に合意しての最後のredactorは、彼のタスクを実行する五大如才なさを完了します。 Without altering the text of the older sources, he did all within man's power to fuse the heterogeneous elements into one apparent (?) whole, with such success that not only the Jews after the fourth century BC, but also the Christians for many centuries could maintain their conviction that the entire Pentateuch was written by Moses.を変えずに、古いソースのテキストを、彼はそれを全部に男の電源をヒューズの不均質な要素を1つの見掛け上の( ? )全体的には、このような成功は、ユダヤ人だけでなく、紀元前4世紀の後に、キリスト教徒だけでなく、何世紀にもわたっが五確信して全体を維持するには、モーゼス書かれた。

(3) Deficiencies of the Critical Hypothesis ( 3 )欠乏して重要な仮説

As several Pentateuchal critics have endeavoured to assign the last redaction of the Pentateuch to more recent dates, its placement in the fifth century may be regarded as rather favourable to conservative views. pentateuchalでは、いくつかの批評家として割り当てる五の最後の改訂は、他の最近の日程を、その配置は、 5世紀むしろ好ましいと見なされる5月に保守的な再生回数です。 But it is hard to understand why the patrons of this opinion should not agree in considering Esdras as the last editor.しかし、理由を理解することは難しいの常連客は、次の意見に同意ではないとして検討エスドラス書の最後のエディタを起動します。 Again, it is quite certain that the last editor of the Pentateuch must have notably preceded its acceptance on the part of the Samaritans as a sacred book; bit is it probably that the Samaritans would have accepted the Pentateuch as such in the fourth century BC, when the national and religious opposition between them and Jews was well developed?再び、それは非常に確信しての最後のエディタでは、特に必要があります。五の受け入れを前にするためにサマリア人として神聖な予約;ビットはおそらくサマリア人が利用して、五世紀の4番として認識され、国家と宗教のときに反対し、ユダヤ人の間には、十分に発達ですか? Is it not more probable that the mixed nation of Samaria received the Pentateuch through the priest sent to them from Assyria?他のことは予想していない国の混合サマリア五を通じて受け取った司祭アッシリアに送信してからですか? Cf.継続前誌です。 2 Kings 17:27. 2キングス17:27です。 Or again, as this priest instructed the Samaritan population in the law of the god of the country, is it not reasonable to suppose that he taught them the Pentateuchal law which the ten tribes carried with them when they separated from Juda?あるいはまた、このサマリア人の人口の司祭に指示して法の神の国は、合理的なことはないと仮定して彼を彼らに教えpentateuchal法は、 10部族に運ばから分離してときにjudaですか? At any rate, the fact that the Samaritans accepted as sacred only the Pentateuch, but not the Prophets, leads us to infer that the Pentateuch existed among the Jews before a collection of the prophetic writings was made, and that Samaria chose its sacred book before even Juda placed the works of the Prophets on the same level with the work of Moses.いずれにせよ、実際には、神聖なのは、五サマリア人として受け入れられ、預言者ではなく、リード先を推測して五、ユダヤ人の間に存在する前に記述されたコレクションの予言ており、その前にサマリアを選んだの聖典judaもの作品を配置して預言者と同じレベルでの仕事をムーサーです。 But this natural inference finds no favour among the critics; for it implies that the historical and legal traditions codified in the Pentateuch, described the beginning, and not the end, of Israel's religious development.しかし、この自然な推論見つかったの賛成間の批評家;のことを意味して体系化の歴史的、法的な伝統は、五、説明の初め、および特定の最後に、イスラエルの宗教的発展のです。 The view of Israel's religious development prevalent among the critics implies that the Pentateuch is later than the Prophets, and that the Psalms are later than both.宗教的な開発の対象を、イスラエルの批評家の間の流行を意味して以降、五は、預言者、および以降両方には、詩篇を授けた。 After these general considerations, we shall briefly examine the main principles, the methods, the results, and the arguments of the critical theory.これらの一般的な考慮事項した後、わたしたちは簡単に調べるの主な原則、方法、その結果、との議論の重要な理論です。

(a) Principles of the Critics (ア)原則を批判

Without pretending to review all the principles involved in the theories of the critics, we draw attention to two: the historical development of religion, and the comparative value of internal evidence and tradition.ふりをした日のすべての原則に関与し、理論は、批評家は、私たちに関心を呼び起こそうと2つ:宗教の歴史的発展、および内部の証拠と伝統の値を比較します。

(i) The theory of the historical evolution of Israelitic religions leads us from Mosaic Yahwehism to the ethical monotheism of the Prophets, from this to the universalist conception of God developed during the Exile, and from this again to the ossified Phariseeism of later days. ( i )本israelitic理論宗教の歴史的進化の先からリードして倫理的なモザイクyahwehism一神教の預言者、博識の人から、これを神の概念を開発中に亡命し、再びしてから、このphariseeism以降の日中に硬直した。 This religion of the Jews is codified in our actual Pentateuch, but has been fictitiously projected backwards in the historical books into the Mosaic and pre-prophetic times.この宗教を体系化し、ユダヤ人は、実際の五、後方に投影されているので、歴史的な書籍を偽るのモザイクおよびpre -予言回クリックします。 The idea of development is not a purely modern discovery.開発のアイデアではない、純粋にモダンな発見です。 Meyer ("Der Entwicklungsgedanke bei Aristoteles", Bonn, 1909) shows that Aristotle was acquainted with it; Gunkel ("Weiterbildung der Religion", Munich, 1905, 64) maintains that its application to religion is as old as Christianity, and that St. Paul has enunciated this principle; Diestel ("Geschichte des AT in der chrislichen Kirche", Jena, 1869, 56 sqq.), Willmann ("Geschichte des Idealismus", 2nd ed., II, 23 sqq.), and Schanz ("Apologie des Christentums", 3rd ed. II, 4 sqq., 376) find the same application in the writings of the Fathers, though Hoberg ("Die Forschritte der bibl. Wissenschaften", Freiburg, 1902, 10) grants that the patristic writers often neglect the external forms which influenced the ideas the Chosen People.マイヤー( " der entwicklungsgedankeバイアリストテレス" 、ボン、 1909 )によると知り合いにアリストテレスは、それ;グンケル( " weiterbildung der宗教" 、ミュンヘン、 1905 、 64 )を維持への応用が古いとしては、キリスト教の宗教ており、そのセントです。ポールは、この原則enunciated ; diestel ( " geschichte der chrislichen kircheデでは" 、イエナ、 1869年、 56 sqq 。 ) 、ウィルマン( " geschichteデidealismus " 、第2版、 2世、 23 sqq 。 ) 、およびシャンツ( "Apologie des Christentums", 3rd ed. II, 4 sqq., 376) find the same application in the writings of the Fathers, though Hoberg ("Die Forschritte der bibl. Wissenschaften", Freiburg, 1902, 10) grants that the patristic writers often neglect the external forms which influenced the ideas the Chosen People. The Fathers were not fully acquainted with profane history, and were more concerned about the contents of Revelation than about its historical development. Pesch ("Glaube, Dogmen und geschichtliche Thatsachen" in "Theol. Zeitfragen", IV, Freiburg, 1908, 183) discovers that St. Thomas, too, admits the principle of development in his "Summa" (II-II, Q. i, a. 9, 10; Q. ii, a. 3; etc.). But the Catholic conception of this principle avoids two extremes:

the theory of degeneracy, based on the teaching of the early Lutheran theologians (cf. Giesebrecht, "Die Degradationshypothese und die altl. Geschichte", Leipzig, 1905; Steude, "Entwicklung und Offenbarung", Stuttgart, 1905, 18 sqq.);

the theory of evolution which dissolves all truth and history into purely natural development to the exclusion of everything supernatural.

It is this latter extreme that is advocated by the Biblical critics.極端なことは、この後者では、聖書の批評家が提唱します。 Their description of the early religion of Israel is contradicted by the testimony of the oldest Prophets whose authority is not questioned by them.彼らの説明をイスラエルの宗教は矛盾の早期の証拠を提出された最古の預言者の権限ではない事情聴取されています。 These inspired seers know of the fall of Adam (Hosea 6:7), the call of Abraham (Isaiah 29:23; Micah 7:20), the destruction of Sodom and Gomorrha (Hosea 11:8; Isaiah 1:9; Amos 4:11), the history of Jacob and his struggle with the angel (Hosea 12:2 sqq.), Israel's exodus from Egypt and dwelling in the desert (Hosea 2:14; 7:16; 11:1; 12:9, 13; 13:4, 5; Amos 2:10; 3:1; 9:7), the activity of Moses (Hosea 12:13; Micah 6:4; Isaiah 63:11-12), a written legislation (Hosea 8:12), and a number of particular statutes (cf. Kley, "Die Pentateuchfrage", Munster, 1903, 223 sqq.).これらのインスピレーションゼールスの秋に知ってアダム(ホセア書6時07分)は、コールオブエイブラハム(イザヤ書29:23 ;ミカ7:20 )は、ソドムと破壊gomorrha (ホセア書11 : 08 ;イザヤ書1 : 09 ;アモス4:11 ) 、ジェイコブと彼の闘争の歴史の天使(ホセア書12時02 sqq 。 ) 、エジプトとイスラエルの住居から逃げ出すことは、砂漠(ホセア書2 : 14 ;午前7時16分; 11:1 ;午前12時09分、 13 ; 13:4 、 5 ;アモス2:10 ; 3:1 ;午前9時07分) 、その活動のムーサー(ホセア書12:13 ;ミカ6 : 04 ;イザヤ書63:11-12 )は、書面による立法(ホセア書8時12分) 、および、いくつかの特定の法令( cf. kley 、 "死ぬpentateuchfrage " 、マンステール、 1903 、 223 sqq 。 ) 。 Again, the theory of development is more and more contradicted by the results of historical investigation.繰り返しになりますが、理論の開発は、ますます多くの矛盾された歴史的な調査の結果をします。 Weber ("Theologie und Assyriologie im Streit um Babel und Bibel", Leipzig, 1904, 17) points out that the recent historical results imply decadence rather than development in ancient oriental art, science, and religion; Winckler ("Religionsgeschichtler und geschichtl. Orient", Leipzig, 1906, 33) considers the evolutionary view of the primitive state of man as false, and believes that the development theory has, at least, been badly shaken, if not actually destroyed by recent Oriental research (cf. Bantsch, "Altorientalischer und israelitischer Monothesismus", Tübingen, 1906).ウェーバー( "ええとtheologie und assyriologieイムシュトライトバベルund bibel " 、ライプチヒ、 1904 、 17 )に指摘して、最近の開発ではなく、歴史的な結果を意味する古代オリエントの退廃芸術、科学と宗教;ウィンクラー( " religionsgeschichtler und geschichtl 。オリエント" 、ライプチヒ、 1906 、 33 )は、進化の対象は、原始の状態を男として虚偽、および理論の開発と考えているが、少なくとも、ひどく動揺れ、実際に破壊されていない場合は東洋の最近の調査研究( cf. bantsch 、 " altorientalischer und israelitischer monothesismus " 、テュービンゲン、 1906 ) 。 Köberle ("Die Theologie der Gegenwart", Leipzig, 1907, I, 2) says that the development theory has exhausted itself, reproducing only the thoughts of Wellhausen, and deciding particular questions not in the light of facts, but according to the postulates of the theory. köberle ( "呼ばれるこの別館で死ぬtheologie " 、ライプチヒ、 1907年に、私、 2 )によると、理論の開発自体が疲れきって、複製ヴェルハウゼンの考えにのみ、および特定の質問を決める事実に照らしていない、しかしによると、公準のその理論です。 Finally, even the rationalistic writers have thought it necessary to replace the development theory by another more in agreement with historical facts.最後に、作家が考えても、合理主義の発展を置き換えるに必要な理論の他の契約書を別の歴史的事実です。 Hence Winckler ("Ex Oriente lux", Leipzig, 1905- 6; Idem, "Der Alte Orient", III, 2-3; Idem, "Die babylonische Geisteskultur in ihren Beziehungen zur Kulturentwicklung der Menschheit" in "Wissenschaft und Bildung", Leipzig, 1907; cf. Landersdorfer in "Historisch-Politische Blatter", 1909, 144) has originated the theory of pan-Babelism according to which Biblical religion is conceived as a conscious and express reaction against the Babylonian polytheistic state religion.それゆえウィンクラー( "元オリエンテルクス" 、ライプチヒ、 1905 -6 ;同じ、 " d erアルテオリエント" 、 3 、 2 -3;同上、 "死ぬb abylonischeg eisteskulturでi hrenk ulturentwicklungd erb eziehungenz urm enschheit" 、 "家庭と教育" 、ライプチヒ、 1907 ;継続前誌です。 landersdorferは"ブラッターhistorisch -政策" 、 1909 、 144 )は、発祥の理論のパン- babelismによると、聖書の宗教はこれを意識的に考えを表現反応として反対する宗教バビロニア多神教の状態です。 It was not the common property of Israel, but of a religious sect which was supported in Babylon by certain monotheistic circles irrespective of nationality.それは共通の財産は、イスラエル、日本、しかし、宗教上の宗派でサポートされバビロンは国籍に関係なく、特定の一神教界です。 This theory has found powerful opponents in Budde, Stade, Bezold, Köberle, Kugler, Wilke, and others; but it has also a number of adherents.この理論は、強力な反対にバッドが見つかりました、シュターデ、 bezold 、 köberle 、クーグラー、ウィルケ、およびその他;しかし、それはまた、多くの支持者です。 Though wholly untenable from a Christian point of view, it shows at least the weakness of the historical development theory.完全に理不尽かかわらず、キリスト教の観点から、少なくともことを示し、歴史的発展の理論の弱点です。

(ii) Another principle involved in the critical theory of the Pentateuch supposes that the internal evidence of literary criticism is of higher value than the evidence of tradition. ( 2 )別の原則に関与して重要な理論は、五supposesは、内部の証拠を文芸批評が伝統の証拠をより高い値です。 But thus far the results of excavations and historical research have been favourable to tradition rather than to internal evidence.しかし、これまでの発掘調査の結果を、歴史的な研究を伝統的というよりも有利な証拠を内部です。 Let the reader only remember the case of Troy, Tiryns, Mycenae, and Orchomenos (in Greece); the excavations of the English explorer Evans in Crete have shown the historical character of King Minos and his labyrinth; Assyrian inscriptions have re-established the historical credit of King Midas of Phrygia; similarly, Menes of Thebes and Sargon of Agade have been shown to belong to history; in general, the more accurate have been the scientific investigations, the more clearly have they shown the reliability of even the most slender traditions.リーダーのみを覚えてて、トロイの例は、ティリンス、ミケーネ、およびオルコメノス(ギリシャ) ;の発掘調査では、英語エクスプローラエバンスクレタ島の歴史的性格が示さ王ミノスと彼の迷路;アッシリアの碑文が再確立の歴史クレジットの王ミダスのphrygia ;同様に、テーベとサルゴンのアガーダメネスのは歴史に属していることを示して;一般的には、より正確にするのも科学的な調査は、信頼性をより明確に示され、かれらの伝統も、最もスレンダーです。 In the field of New-Testament criticism the call "back to tradition" has begun to be heeded, and has been endorsed by such authorities as Harnack and Deissmann.遺言の分野での新しい批判の呼び出し"省略して伝統"が始まってheededされる、とされ承認されたような著者としてハルナックとダイスマンです。 In the study of the Old Testament too there are unmistakable signs of a coming change.旧約聖書に研究するにはあまりにも明白な兆候の到来を変更します。 Hommel ("Die altisrealitische Überlieferung in inschriftlicher Beleuchtung", Munich, 1897) maintains that Old- Testament tradition, both as a whole and in its details, proves to be reliable, even in the light of critical research.ホンメル( "死ぬaltisrealitische überlieferungでinschriftlicher beleuchtung " 、ミュンヘン、 1897 )旧-遺言の伝統を維持し、両方の全体とその詳細については、信頼性が証明されるも、重要な研究に照らしている。 Meyer ("Die Entstehung des Judentums", Halle, 1896) comes to the conclusion that the foundations of the critical Pentateuchal theory are destroyed, if it can be proved that even part of the impugned Hebrew tradition is reliable; the same writer proves the credibility of the sources of the Books of Esdras (cf. "Grundriss der Geographie und Geschichte des alten Orientes", Munich, 1904, 167 sqq.).マイヤー( "死ぬentstehungデjudentums " 、ハレ、 1896 )には重要な結論は、 pentateuchal基盤を破壊理論は、もしそれが立証されたにもできる部分は、ヘブライ語の伝統で信頼性がimpugned ;と同じ作家の信頼性を証明のソースは、書籍のエスドラス書( cf. " grundriss geographie und der geschichteデアルテンorientes " 、ミュンヘン、 1904年、 167 sqq 。 ) 。 SA Fries has been led by his critical studies, and without being influenced by dogmatic bias, to accept the whole traditional view of the history of Israel.フライドポテトを率いる彼の重要な研究され、独断的なバイアスとしているの影響を受けて、全体を承認するイスラエルの歴史を従来の考え方をします。 Cornill and Oettli express the conviction that Israel's traditions concerning even its earliest history are reliable and will withstand the bitterest attacks of criticism; Dawson (cf. Fonck, "Kritik und Tradition im AT" in "Zeitschrift fur katholische Theologie", 1899, 262-81) and others apply to tradition the old principle which has been so frequently misapplied, "magna est veritas, et praevalebit"; Gunkel ("Religionsgeschichtliche Volksbucher", II, Tübingen, 1906, 8) grants that Old-Testament criticism has gone a little too far, and that many Biblical traditions now rejected will be re-established. oettliコルニルと確信して、イスラエルの伝統を表現しても、最古の歴史については、信頼性とどんなに苦いの攻撃に耐えるの批判を浴びることは;ドーソン( cf. fonck 、 " kritik und伝統イム" 、 " zeitschrift毛皮katholische theologie " 、 1899 、 262 - 81 )およびその他の古い伝統の原理が適用されるので頻繁にmisappliedされ、 "マグナはベリタス、他praevalebit " ;グンケル( " religionsgeschichtliche volksbucher " 、 2世、テュービンゲン、 1906 、 8 )助成金その古い-遺言批判が外出するリトル過ぎるており、その多くの聖書の伝統を今すぐ再確立を拒否される。

(b) Critical Method結果( b )の重要な法

The falsehood of the critical method does not consist in the use of criticism as such, but in its illegitimate use.の虚偽の重要な構成で使用する方法はありませんの批判を浴びるなど、しかし、その非嫡出子を使用します。 Criticism became more common in the sixteenth and seventeenth centuries; at the end of the eighteenth it was applied to classical antiquity.批判に共通して認められる他の16番目となった17世紀;は、最後の18番目には、古典古代に適用されます。 Bernheim ("Lehrbuch der historischen Methode", Leipzig, 1903, 296) believes that by this means alone history first became a science. bernheim ( " lehrbuch der historischen方式" 、ライプチヒ、 1903 、 296 )と考えて、この手段のみで科学史第一になった。 In the application of criticism to the Bible was are limited, indeed, by the inspiration and the canonicity of its books; but there is an ample field left for our critical investigations (Pesch, "Theol. Zeitfragen", III, 48).の批判を浴びることをすると、アプリケーションが限られ、聖書は、実際のところ、正規のインスピレーションとその書籍;しかし、十分なフィールドには左の私たちの重要な調査(ペッシュ、 " theol 。 zeitfragen " 、 3世、 48 ) 。

Some of the principal sins of the critics in their treatment of Sacred Scripture are the following:いくつかの主要な罪は、その治療の神聖な啓典の批評家は以下の通りです:

They deny everything supernatural, so that they reject not merely inspiration and canonicity, but also prophecy and miracle a priori (cf. Metzler, "Das Wunder vor dem Forum der modernen Geschichtswissenschaft" in "Katholik", 1908, II, 241 sqq.).彼らを否定するすべての超自然的、それでかれらのひらめきと規範を拒否単に、先験的なだけでなく、予言と奇跡( cf.メッツラー、 " das vor dem wunderフォーラムder modernen geschichtswissenschaft "と" katholik " 、 1908年、 2世、 241 sqq 。 )です。

They seem to be convinced a priori of the credibility of non-Biblical historical documents, while they are prejudiced against the truthfulness of Biblical accounts.先験的確信しているように見えますが、信頼性の非聖書の歴史的なドキュメントは、彼らが真実の聖書のアカウントに反感を抱いているのです。 (Cf. Stade, "Geschichte Israel's", I, 86 seq., 88, 101.) Depreciating external evidence almost entirely, they consider the questions of the origin, the integrity, and the authenticity of the sacred books in the light of internal evidence (Encycl. Prov. Deus, 52). ( cf.シュターデ、 "イスラエルのgeschichte " 、私は、 86 seq 。 、 88 、 101 。 ) depreciating外部証拠をほぼ完全に、彼らの起源を考慮しての質問に、誠実さ、との信ぴょう性に神聖な書籍を探すの光を内部証拠( encycl.地方です。デウス、 52 ) 。

They overestimate the critical analysis of the sources, without considering the chief point, ie, the credibility of the sources (Lorenz, "Die Geschichtswissenschaft in ihren Hauptrichtungen und Aufgaben", ii, 329 sqq.).彼らの過大評価の重要な分析によると、最高点を考慮せずに、すなわち、信頼性のソース(ローレンツ、 "死ぬgeschichtswissenschaftでhauptrichtungen und ihren aufgaben " 、 2世、 329 sqq 。 ) 。 Recent documents may contain reliable reports of ancient history.最近の報告書の信頼性のドキュメントが含まれ古代史です。 Some of the critics begin to acknowledge that the historical credibility of the sources is of greater importance than their division and dating (Stark, "Die Entstehung des AT", Leipzig, 1905, 29; cf. Vetter, "Tübinger theologische Quartalschrift", 1899, 552).開始を確認するいくつかの批評家は、歴史的な信頼性をより重視する方針が彼らの分裂とデート(スターク、 "死ぬentstehungデ" 、ライプチヒ、 1905日、 29日;継続前誌です。フェッター、 " tübinger theologische quartalschrift " 、 1899 、 552 ) 。

The critical division of sources is based on the Hebrew text, though it is not certain how far the present Massoretic text differs from that, for instance, followed by the Septuagint translators, and how far the latter differed form the Hebrew text before its redaction in the fifth century BC Dahse ("Textkritische Bedenken gegen den Ausgangspunkt der heutigen Pentateuchkritik" in "Archiv fur Religionsgeschichte", VI, 1903, 305 sqq.) shows that the Divine names in the Greek translation of the Pentateuch differ in about 180 cases from those of the Hebrew text (cf. Hoberg, "Die Genesis", 2nd ed., p. xxii sqq.); in other words and phrases the changes may be fewer, but it would be unreasonable to deny the existence of any.の重要な課のソースは、ヘブライ語のテキストに基づいて、特定の方法ではないmassoreticまで、現在のテキストが異なりますが、例えば、セプトゥアギンタの翻訳に続いて、どの程度までと異なり、後者のヘブライ語のテキスト形式にする前にその改訂紀元前5世紀のdahse ( " textkritische bedenken gegenデンausgangspunkt der heutigen pentateuchkritik " 、 "過去の毛皮religionsgeschichte " 、 6 、 1903 、 305 sqq 。 )によると、神の名は、ギリシャ語の翻訳は、約180の事例五それらの点で異なるヘブライ語のテキスト( cf. hoberg 、 "死ぬ創世記" 、第2エド。 、 p. xxii sqq 。 ) ; 、他の単語やフレーズの変化が少なく、それは無理なの存在を否定して任意のです。 Again, it is antecedently probable that the Septuagint text differs less from the Massoretic than from the ante-Esdrine text, which must have been closer to the original.再び、それは予想antecedentlyセプトゥアギンタのテキストの違いは、より少ないからmassoreticアンティ- esdrineテキストから、これに近いが、元の必要があります。 The starting point of literary criticism is therefore uncertain.文芸批評の出発点は、そのため不透明だ。 It is not an inherent fault of literary criticism that it was applied to the Pentateuch after it had become practically antiquated in the study of Homer and the Nibelungenlied (cf. Katholik, 1896, I, 303, 306 sqq.), nor that Reuss considered it as more productive of difference of opinion than of results (cf. Katholik, 1896, I, 304 seq.), nor again that Wellhausen thought it had degenerated into childish play.固有の断層ではないにして文芸批評の五した後は、適用される実質的に時代遅れになっていたの研究のホームランとニーベルンゲンの歌( cf. katholik 、 1896年に、私、 303 、 306 sqq 。 ) 、ロイスもその考え生産性の向上としての意見の相違の結果よりも( cf. katholikは、 1896年に、私、 304 seq 。 ) 、また再びそのヴェルハウゼン変性を考えていた幼稚なプレイです。 Among Bible students, Klostermann ("Der Pentateuch", Leipzig, 1893), Konig ("Falsche Extreme im Gebiete der neueren Kritik des AT", Leipzig, 1885; "Neueste Prinzipien der alt. Kritik", Berlin, 1902; "Im Kampfe um das AT", Berlin, 1903), Bugge ("Die Hauptparabeln Jesu", Giessen, 1903) are sceptical as to the results of literary criticism, while Orelli ("Der Prophet Jesaja", 1904, V), Jeremias ("Das alte Testament im Lichte des Alten Orients", 1906, VIII), and Oettli ("Geschichte Israels", V) wish to insist more on the exegesis of the text than on the criss-cross roads of criticism.聖書の中の学生、クロステルマン( " der五" 、ライプチヒ、 1893 ) 、ケーニッヒ( " falsche極端なイムデgebiete der neueren kritik " 、ライプチヒ、 1885 ; " prinzipien der neueste alt 。 kritik " 、ベルリン、 1902 ; "イムkampfeええとdas " 、ベルリン、 1903 ) 、ブッゲ( "死ぬhauptparabeln主イエス" 、ギーセン、 1903 )は、懐疑的文芸批評その結果として、中オレッリ( " der預言者jesaja " 、 1904 、ボルト) 、イェレミアス( " dasアルテ遺言イムlichteデアルテンorients " 、 1906 、 viii )在庫、およびoettli ( " geschichteイズリールス" 、 v )希望を主張評釈の詳細については、テキストに比べて、十字の道路の批判を浴びることです。 G. Jacob ("Der Pentateuch", Göttingen, 1905) thinks that the past Pentateuchal criticism needs a thorough revision; Eerdmans ("Die Komposition der Genesis", Giessen, 1908) feels convinced that criticism has been misled into wrong paths by Astrue. g.ジェイコブ( " der五" 、ゲッティンゲン、 1905 )と考えている編集して項目をpentateuchal批判の要求には、徹底した見直し; eerdmans ( "死ぬkomposition der創世記" 、ギーセン、 1908 )感じを確信して批判され間違ってパスを迷わせastrueです。 Merx expresses the opinion that the next generation will have to revise backwards many of the present historico-literary views of the Old Testament ("Religionsgeschichtliche Volksbucher", II, 1907, 3, 132 sqq.). merxの意見を表現して、次の世代には後方を改正の多くは、現在の歴史と文学の再生回数は、旧約聖書( " religionsgeschichtliche volksbucher " 、 2世、 1907 、 3 、 132 sqq 。 ) 。

(c) Critical Results ( c )重大な結果

Here we must distinguish between the principles of criticism and its results; the principles of the historical development of religion, for instance, and of the inferiority of tradition to internal evidence, are not the outcome of literary analysis, but are its partial basis.ここでの原則に区別しなければならないの批判を浴びることとなり、結果;の原則を宗教の歴史的発展を、例えば、劣等の伝統とは、内部の証拠を、文学的分析の結果ではないが、その部分の基礎です。 Again, we must distinguish between those results of literary criticism which are compatible with the Mosaic authenticity of the Pentateuch and those that contradict it.繰り返しますが、それらの結果を区別しなければならないが文芸批評の信頼性と互換性のモザイクの五およびそれらのことと矛盾してください。 The patrons of the Mosaic authorship of the Pentateuch, and even the ecclesiastical Decree relating to this subject, plainly admit that Moses or his secretaries may have utilized sources or documents in the composition of the Pentateuch; both admit also that the sacred text has suffered in its transmission and may have received additions, in the form of either inspired appendices or exegetical glosses.原作者の常連客は、モザイクの五、教会も、この問題に関連する法令、率直に認めることや彼の秘書ムーサーのソースやドキュメントが利用年5月の組成は、五;の両方を認めるは、神聖なテキストに苦しんでも、その伝送や追加が届いて、付録の形でのいずれかのインスピレーションの注釈や解釈します。 If the critics, therefore, can succeed in determining the number and the limits of the documentary sources, and of the post-Mosaic additions, whether inspired or profane, they render an important service to the traditional tenet of Pentateuchal authenticity.の場合、批評家は、このため、コードを決定することに成功するとの限界をドキュメンタリーによると、ポストモザイクの追加と、インスピレーションや不敬かどうか、彼らのレンダリングの重要なサービスを、従来の教義の真偽pentateuchalです。 The same must be said with regard to the successive laws established by Moses, and the gradual fidelity of the Jewish people to the Mosaic law.によると、同じでなければなりませんに関しては、以下の連続の法律制定さムーサーよ、とユダヤ人の人々に、徐々に忠実度のモザイク法です。 Here again the certain or even probable results of sane literary and historical criticism will aid greatly the conservative commentator of the Pentateuch.ここで再びSANE研究の結果を特定のかさえ予想文学、歴史的な批判は、保守的な援助を大幅に解説者は、五します。 We do not quarrel with the legitimate conclusions of the critics, if the critics do not quarrel with each other.けんかをすることはありません合法的な結論は、批評家、批評家の場合、お互いのけんかはありません。 But they do quarrel with each other.しかし、彼らはお互いにけんかをします。 According to Merx (loc. cit.) there is nothing certain in the field of criticism except its uncertainty; each critic proclaims his views with the greatest self-reliance, but without any regard to the consistency of the whole.によると、 merx ( loc. 〜 Cit 。 )には何も特定の分野での批判を浴びることを除いて、不確実性;各評論家のproclaims彼の再生回数での最大の自立がなくに関しては、全体の整合性をします。 Former views are simply killed by silence; even Reuss and Dillmann are junk-iron, and there is a noticeable lack of judgment as to what can or cannot be known.殺される前に表示することは、単に沈黙;もジャンクロイスとディルマンは、鉄、および顕著な不足には、何ができるかを判断することはできません知られている。 Hence the critical results, in as far as they consist merely in the distinction of documentary sources, in the determination of post-Mosaic materials, eg, textual changes, and profane or inspired additions, in the description of various legal codes, are not at variance with the Mosaic authenticity of the Pentateuch.そのための重要な結果は、単に限りでは、構成の区別は彼らのドキュメンタリーによると、ポストにモザイク材料の決意を、例えば、テキスト形式の変更、および不敬やインスピレーションの追加、様々な法律上のコードは、説明書がない信ぴょう性に差異がモザイク五します。 Nor can an anti-Mosaic character be pointed out in the facts or phenomena from which criticism legitimately infers the foregoing conclusions; such facts or phenomena are, for instance, the change of the Divine names in the text, the use of certain words, the difference of style, the so-called double accounts of really, not merely apparently, identical events; the truth of falsehood of these and similar details does not directly affect the Mosaic authorship of the Pentateuch.モザイクに反対したり、文字が指摘されたように、合法的な事実や現象から推測することなく結論を批判;このような事実や現象には、例えば、神の名前を変更されたテキストは、特定の単語を使用すると、スタイルの違いは、いわゆるダブルアカウントの本当にではなく、単にどうやら、同じイベント;の真実性を、これらのと同じような虚偽の詳細はありません原作者に直接影響を及ぼすのモザイク五します。 In which results then does criticism clash with tradition?衝突の結果では批判を入力し、機能の伝統ですか? Criticism and tradition are incompatible in their views as to the age and sequence of the documentary sources, as to the origin of the various legal codes, and as to the time and manner of the redaction of the Pentateuch.互換性のない批判さと伝統の再生回数としては、年齢やシーケンスをドキュメンタリーによると、起源としては、様々な法律上のコード、および方法としては、時間との改訂は、五します。

(i) Pentateuchal Documents.-As to the age and sequence of the various documents, the critics do not agree. ( 1 ) pentateuchal documents. -としては、年齢やシーケンスは、様々なドキュメントは、批評家に同意しない。 Dillmann, Kittel, Konig, and Winckler place the Elohist, who is subdivided by several writers into the first, second, and third Elohist, before the Yahwist, who also is divided into the first and second Yahwist; but Wellhausen and most critics believe that the Elohist is about a century younger than the Yahwist.ディルマン、キッテル、ケーニッヒ、および配置するウィンクラーエロヒスト、 whoが細分化され、最初のいくつかの作家を、 2番目、と3番目のエロヒスト、 yahwistの前に、 whoも最初と2番目に分かれてyahwist ;しかし、ほとんどの批評家と思われるヴェルハウゼンエロヒストは約一世紀の年下のyahwistです。 At any rate, both are assigned to about the ninth and eight centuries BC; both too incorporate earlier traditions or even documents.いずれにせよ、両方ともについては、 9回に割り当てられていると紀元前8世紀;の両方の伝統やそれ以前にも書類あまりにも組み込む。

All critics appear to agree as to the composite character of Deuteronomy; they admit rather a Deuteronomist school than single writers.批評家として表示されるすべてに同意することも、複合の文字を申命記;彼らdeuteronomist学校を認めるというよりも1つの作家です。 Still, the successive layers composing the whole book are briefly designated by D1, D2, D3, etc. As to the character of these layers, the critics do not agree: Montet and Driver, for instance, assigned to the first Deuteronomist cc.とはいえ、全体の連続した層の作曲で指定された予約が簡単にd1 、 D2をD3面、などの文字をして、これらの層は、批評家に同意しない:モンテとドライバ、例えば、 deuteronomistに割り当てられているの最初の電流条件 i-xxi; Kuenen, Konig, Reuss, Renan, Westphal ascribe to DN, iv, 45-9, and v-xxvi; a third class of critics reduce D1 to xii, 1-xxvi, 19, allowing it a double edition: according to Wellhausen, the first edition contained i, 1-iv, 44; xii-xxvi; xxvii, while the second comprised iv, 45-xi, 39; xii-xxvi; xxviii-xxx; both editions were combined by the redactor who inserted Deuteronomy into the Hexateuch.私- xxi ;キューネン、ケーニッヒ、ロイス、ルナン、ウェストファール帰するのDN 、四、 45から9まで、およびV - 26 ; d1 3番目のクラスの批評家を12減らすため、 1 - 26 、 19 、できることをダブルエディション:ヴェルハウゼンによると、私の最初の版に含まれる、 1 - 4 、 44 ; 12 - 26 ;二十七、四中2番目の構成は、 45 - xi 、 39 ; 12 - 26 ;二十八- xxxに;両方のエディションが複合されたredactor who申命記六書を挿入します。 Cornill arranges the two editions somewhat differently.コルニル手配の2つのエディションが多少異なります。 Horst considers even cc.ホルスト考えても電流条件 xii-xxvi as a compilation of pre-existing elements, gathered together without order and often by chance. 12 - 26として既存の要素のコンパイル、集まった偶然にするため、しばしばです。 Wellhausen and his adherents do not wish to assign to D1 a higher age than 621 BC, Cornill and Bertholet consider the document as a summary of the prophetic teaching, Colenso and Renan ascribe it to Jeremias, others place its origin in the reign of Ezechias or Manasses, Klostermann identifies the document with the book read before the people in the time of Josaphat, while Kleinert refers it back to the end of the time of the Judges.ヴェルハウゼンと彼の支持者に割り当てることを希望されないd1紀元前621年齢が高い、とbertholetコルニルの概要を考慮して、文書を教えるの予言、コレンソとルナンイェレミアスものとみなすことを、他の場所での治世の起源やezechiasマナッセス、クロステルマンドキュメントを識別し、その本を読むの前に人々の時間のヨザファト、クライネルトの最後を参照のこと省略して、裁判官の時間です。 The Deuteronomist depends on the two preceding documents, J and E, both for his history land his legislation; the historical details not found in these may have been derived from other sources not known to us, and the laws not contained in the Sinaitic legislation and the decalogue are either pure fiction or a crystallization of the prophetic teaching.のdeuteronomist前の2つの文書に依存して、 Jおよびメールは、彼の立法の両方を彼の歴史土地の歴史的な内容が含まれていませんこれらの他のソースから派生したかもしれない特定の既知の参考にさせてsinaiticに含まれていないの法律法令、および、十戒は、純粋なフィクションのいずれか、または教育晶析を予言します。

Finally, the Priestly Code, P, is also a compilation: the first stratum of the book, both historical and legal in its character, is designated by P1 or P2; the second stratum is the law of holiness, H or Lev., xvii-xxvi, and is the work of a contemporary of Ezechiel, or perhaps of the Prophet himself (H, P2, Ph); besides, there are additional elements springing rather from a school than from any single writer, and designated by Kunen as P3, P4, P5, but by other critics as Ps and Px.最後に、聖職者のコードは、人、コンパイルも:その本の最初の地層は、歴史的、法的、その文字の両方が指定されたP1またはPicasa 2の、 2番目の地層の法則は、ホーリネス、 hまたはレフです。 、 17 -二十六、仕事とは、現代のezechielか、あるいは自分自身の預言者ムハンマド(高さ、 Picasa 2の、ペーハー) ;また、その他の要素には、学校から湧きというよりもより任意の1つの作家、およびkunenとして指定さp3 、英語P4 、 p5 、しかし、他の批評家としてpsおよびピクセルです。 Bertholet and Bantsch speak of two other collections of laws: the law of sacrifices, Lev., i-vii, designated as Po; and the law of purity, Lev., xi-xv, designated as Pr. bertholetと話すの2つの他のコレクションをbantsch法令:法の犠牲を払うのは、レフ。 、私- 7 、指定されたpo ;と同法の純度、レフです。 、西- 15 、広報に指定されています。 The first documentary hypothesis considered PN as the oldest part of the Pentateuch; Duston and Dillmann place it before the Deuteronomic code, but most recent critics regard it as more recent than the other documents of the Pentateuch, and even later than Ezech., xliv, 10-xlvi, 15 (573-2 BC); the followers of Wellhausen date the Priestly Code after the return from the Babylonian Captivity, while Wildeboer places it either after or towards the end of the captivity.仮説として考えPN研究の最初のドキュメンタリーで最も古い部分の五; dustonとディルマンdeuteronomicコードの前に配置することが、ほとんどの最近の批評家としての他の最近のことについて、他のドキュメントをより五、さらにはより後のezech 。 、 44 、 10 - 46 、 15 (五七三〜二紀元前) ;の信者の聖職者のコードヴェルハウゼン日付を記入し、バビロン捕囚からの帰還した後、中wildeboerした後のいずれかの場所またはそれに向かって最後に捕らわれている。 The historical parts of the Priestly Code depend on the Yahwistic and the Elohistic documents, but Wellhausen's adherents believe that the material of these documents has been manipulated so as to fit it for the special purpose of the Priestly Code; Dillmann and Drive maintain that facts have not been invented or falsified by P, but that the latter had at hand other historical documents besides J and E. As to the legal part of P, Wellhausen considers it as an a priori programme for the Jewish priesthood after the return from the captivity, projected backwards into the past, and attributed to Moses; but other critics believe that P has systematized the pre-exilic customs of worship, developing then, and adapting them to the new circumstances.歴史的な部分での聖職者のコードに依存してエロヒストの書類のyahwisticと、しかし、ヴェルハウゼンの支持材料と確信して、これらの書類のように操作され、それに合わせて特別の目的は、聖職者のコード;ディルマンとドライブを維持することが基本偽造されていないかを発明した人、しかし、後者は手の届く所は、他の歴史的なドキュメントのほかのJ and e.としての法的な部分にはp 、ヴェルハウゼン考えて先験的なプログラムとしては、ユダヤ教の聖職に就くの捕囚からの帰還した後、後方を編集して項目を投影し、ムーサーに起因する;しかし、他の批評家と思われるpは、体系的に追放された税関の予約Pre -崇拝、発展途上入力し、それらを新しい環境に適応します。

What has been said clearly shows that the critics are at variance in many respects, but they are at one in maintaining the post- Mosaic origin of the Pentateuchal documents.によるとされてきたことを明確に示して差異がある批評家は、多くの点で、かれらは、 1つのポストを維持するモザイクの起源pentateuchalドキュメントです。 What is the weight of the reasons on which they base their opinion?その理由は何です上での重量をベースに、自分の意見ですか?

The conditions laid down by the critics as prerequisites to literature do not prove that the sources of the Pentateuch must be post-Mosaic.批評家の条件として敷設されていない文学の前提条件を証明するためにソースを作成しなければならないの五-モザイクです。 The Hebrew people had lived for, at least, two hundred years in Egypt; besides, most of the forty years spent in the desert were passed in the neighbourhood of Cades, so that the Israelites were not longer a nomadic people.ヘブライ語の人々が住んでは、少なくとも、 200年のエジプト;以外は、大半の40年間を過ごしたは、近隣の砂漠ケイドが可決されたように、イスラエルの人々が長く、遊牧します。 Whatever may be said of their material prosperity, or of their proficiency in writing and reading, the above-mentioned researches of Flinders Petrie show that they kept records of their national traditions at the time of Moses.どんなことがその資料によると繁栄のか、またはその能力のライティング、リーディング、 、 、上記の研究の詳細フリンダーズピートリーの記録を保管してその時点で、全国の伝統モーゼスです。

If the Hebrew contemporaries of Moses kept written records, why should not the Pentateuchal sources be among these documents?コンテンポラリーの場合は、ヘブライ語で書かムーサー保管記録によりますと、なぜpentateuchalソースはないが、これらの書類の中ですか? It is true that in our actual Pentateuch we find non-Mosaic and post- Mosaic indications; but, then, the non-Mosaic, impersonal style may be due to a literary device, or to the pen of secretaries; the post-Mosaic geographical and historical indications may have crept into the text by way of glosses, or errors of the transcribers, or even inspired additions.それは事実だが実際の五私たちは私たち以外のモザイク見つけるとポストモザイク表示;しかし、その後、モザイク以外の、人間味のないスタイルのために、文学のデバイスがありますか、またはペンの秘書をし、地理的なポストモザイク5月にこっそりと歴史的な表示をして、テキストの注釈の方法か、またはエラーがtranscribers 、あるいはインスピレーション追加します。 The critics cannot reject these suggestions as mere subterfuges; for they should have to grant a continuous miracle in the preservation of the Pentateuchal text, if they were to deny the moral certainty of the presence of such textual changes.これらの提案を拒否することはできないの批評家として単なるsubterfuges ;は彼らを付与する必要が奇跡の連続での保存は、テキストpentateuchal 、もし彼らは道徳的な確実性を否定してテキストが存在するような変更を適用します。

But would not the Pentateuch have been known to the earlier Prophets, if it had been handed down from the time of Moses?しかし、五はないが、以前の預言者に知られていた場合は、受け継がれていたのムーサーの時からですか? This critical exception is really an argument e silentio which is very apt to be fallacious, unless it be most carefully handled.この重要なメールの引数に例外が本当にこれは非常にsilentioにAPTを誤ったがない限り、慎重に取り扱うことがほとんどです。 Besides, if we keep in mind the labour involved in multiplying copies of the Pentateuch, we cannot be wrong in assuming that they were very rare in the interval between Moses and the Prophets, so that few were able to read the actual text.それに、もし私たちの労働に携わる維持を念頭に置いて乗算五書のコピーを作成することはできませんが間違っていると仮定して彼らは非常にまれでは、預言者ムーサーとの間の間隔は、いくつかのように、実際のテキストを読むことができました。 Again, it has been pointed out that at least one of the earlier Prophets appeals to a written mosaic law, and that all appeal to such a national conscience as presupposes the Pentateuchal history and law.再び、それは指摘されて、以前の預言者のうち少なくとも1つ控訴して書かれたモザイク法、およびすべての国民としての良心に訴えるようなpentateuchalの歴史と法の前提としてします。 Finally, some of the critics maintain the J views the history of man and of Israel according to the religious and the moral ideas of the Prophets; if there be such an agreement, why not say that the Prophets write according to the religious and moral ideas of the Pentateuch?最後に、いくつかの批評家無し再生回数の歴史を維持する男と、イスラエルによると、宗教や道徳的なアイデアは、預言者;場合にこのような契約書に、なぜこと言わないでは、預言者の書き込みによると、宗教や道徳的なアイデアは、五ですか?

The critics urge the fact that the Pentateuchal laws concerning the sanctuary, the sacrifices, the feasts, and the priesthood agree with different stages of post-Mosaic historical development; that the second stage agrees with the reform of Josias, and the third with the enactments enforced after the time of the Babylonian Exile.実際には、批評家に強く要請するpentateuchalに関する法律の聖域は、犠牲は、お祭り、聖職に就くと、さまざまな段階に同意するポストモザイク歴史的発展;は、第2段階の改革に同意josias 、および3番目のenactments強制するものであり、バビロニア亡命した後です。 But it must be kept in mind that the Mosaic law was intended for Israel as the Christian law is intended for the whole world; if then 1900 years after Christ the greater part of the world is still un-Christian, it is not astonishing that the Mosaic law required centuries before it penetrated the whole nation.しかし、それを念頭に置いて保管しなければならないモザイク法が意図してイスラエルの意図としては、キリスト教法は、全世界;場合に入力し、 1900年後の世界の大部分をイエスキリストはまだ国連-キリスト教が、これは驚くべきは、モザイク法が必要となります。世紀前に国全体に侵入します。 Besides, there were, no doubt, many violations of the law, just as the Ten Commandments are violated today without detriment to their legal promulgation.それに、あるが、間違いなく、多くの法律に違反し、同じように、十戒に違反して法律上の不利益を被る今日に施行する。 Again there were times of religious reforms and disasters as there are periods of religious fervour and coldness in the history of the Christian Church; but such human frailties do not imply the non-existence of the law, either Mosaic or Christian.再度があった回の宗教改革や災害には宗教的な期間の寒さfervourとは、キリスト教の歴史の中の教会;しかし、そのような人間の弱さは、必ずしも、非の存在を、法では、モザイクやキリスト教のいずれかです。 As to the particular laws in question, it will be found more satisfactory to examine them more in detail.法では、特定の質問に、それが可能になったことを調べることをもっともっと満足のいくものを詳しく説明します。

(ii) Pentateuchal Codes.-The critics endeavour to establish a triple Pentateuchal code: the Book of the Covenant, Deuteronomy, and the Priestly Code. ( 2 ) pentateuchal codes.の批評家の努力を確立するにトリプルpentateuchalコード:この本は、誓約、申命記、と聖職者のコードです。 Instead of regarding this legislation as applying to different phases in the forty years' wandering in the desert, they consider it as agreeing with three historical stages in the national history.この法律の適用についての代わりを別の段階としては、 40年間の放浪は、砂漠、それらを考慮して3つの歴史的な段階で合意し、国家の歴史です。 As stated above, the main objects of this triple legislation are the sanctuary, the feast, and the priesthood.前述のように、立法の主なオブジェクトは、次のトリプルは、聖域の饗宴、聖職に就くとします。

(a) The Sanctuary ( a )は聖域

At first, so the critics say, sacrifices were allowed to be offered in any place where the Lord had manifested his name (Exodus 20:24-6); then the sanctuary was limited to the one place chosen by God (Deuteronomy 12:5); thirdly, the Priestly Code supposes the unity of sanctuary, and prescribes the proper religious rites to be observed.まず、ので、批評家たちは、犠牲が許されるように任意の場所で提供される主は明らかに彼の名前(出エジプト記20:24-6 ) ;入力し、聖域は、 1つの場所に限定さ選ばれた神(申命記12時05分) ;第三に、聖職者の結束をサンクチュアリsupposesコード、および規定の適切な宗教的な儀式を観察します。 Moreover, the critics point out historical incidents showing that before the enforcement of the Deuteronomic law sacrifices were offered in various places quite distinct from the resting place of the ark.また、歴史的な事件が表示さを指摘する批評家の前にdeuteronomic法の施行の犠牲は非常に異なる様々な場所で提供さ休憩所は、箱舟からです。 What do the defenders of the Mosaic authorship of the Pentateuch answer?守備陣は、どのようなモザイクには、原作者は、五答えですか? First, as to the triple law, it points to three different stages in Israel's desert life: before the erection of the tabernacle at the foot of Mt.第一に、法としては、トリプル、それを指して3つの段階で、イスラエルの砂漠の寿命:勃起する前に、幕屋の山の麓にします。 Sinai, the people were allowed to erect altars and to offer sacrifices everywhere provided the name of the Lord had been manifested; next, after the people had adored the golden calf, and the tabernacle had been erected, sacrifice could be offered only before the tabernacle, and even the cattle killed for consumption had to be slaughtered in the same place, in order to prevent a relapse into idolatry; finally, when the people were about to enter the promised land, the last law was abolished, being then quite impossible, but the unity of sanctuary was kept in the place which God would choose.シナイ半島は、人々が許されるようにあらゆる犠牲を逆立てて祭壇を提供するとの名前を提供していたマニフェストの主;次へ、人々の後に尊敬されていたの黄金ふくらはぎの、および幕屋建てていた、犠牲が幕屋の前にのみ提供、さらには死亡牛を食肉処理しなければなりません消費量でも同じ場所は、再発を防止するためにを偶像崇拝;最後に、ときに人々が約約束の地を入力して、最後の法は廃止し、かなり不可能に入力し、しかし、統合の場所に保管して聖域は、神が選択できます。 Secondly, as to the historical facts urged by the critics, some of them are caused by direct Divine intervention, miracle or prophetic inspiration, and as such are fully legitimate; others are evidently violations of the law, and are not sanctioned by the inspired writers; a third class of facts may be explained in one of three ways:第二に、歴史的事実を促したとして批判され、いくつかの直接神の介入によって引き起こされるには、奇跡や予言的なインスピレーションは、そのようなものは完全に合法的な;他の人の明らかに法違反、認可を受けるにはなっていない作家のインスピレーション;基本年5月3番目のクラスの3つの方法の1つで説明される:

Poels ("Le sanctuaire de Kirjath Jeraim", Louvain, 1894; "Examen critique de l'histoire du sanctuaire de l'arche", Louvain, 1897) endeavours to prove that Gabaon, Masphath, and Kiriath-Jarim denote the same place, so that the multiplicity of sanctuaries is only apparent, not real. poels ( "ルsanctuaireデkirjath jeraim " 、ルーベン、 1894 ; "試験批判デl' histoireデュsanctuaireデl'アーチェ" 、ルーベン、 1897 )努力を証明してgabaon 、 masphath 、 kiriath - jarim示すと同じ場所に、して、多様な聖域は見掛けだけではなく、リアルです。

Van Hoonacker ("Le Lieu du culte dans la legislation rituelle des Hebreux" in "Musceeon", April-Oct., 1894, XIII, 195-204, 299- 320, 533-41; XIV, 17-38) distinguishes between private and public altars; the public and national worship is legally centralized in one sanctuary and around one altar, while private altars may be had for domestic worship.ヴァンhoonacker ( "ルの代わりデュculte dans rituelleデラ立法hebreux "と" musceeon " 、 4 - 10月です。 、 1894 、 13 、百九十五〜二百四、 299 -3 20、 5 33から41まで; 1 4、 1 7から38)を区別プライベートや公共祭壇; 、国民と国家崇拝は法的に集中さ約1つ1つの聖域と祭壇、祭壇年5月には国内の民間崇拝される。

But more commonly it is admitted that before God had chosen the site of national sanctuary, it was not forbidden by law to sacrifice anywhere, even away from the place of the ark.しかし、他の神の前を認めていることがよく選ばれたこのサイトは国立保護区、それは法律で禁止さを犠牲にしないどこでも、箱舟の場所からです。 After the building of the temple the law was not considered so stringent as to bind under all circumstances.同寺の建物をした後、同法はないとして検討をバインドするための厳しい状況下でのすべてのです。 Thus far then the argument of the critics is not conclusive.これまでの引数を入力し、決定的な批評家ではない。

(b) The Sacrifices ( b )本契約の犠牲を払う

According to the critics, the Book of the Covenant enjoined only the offering of the first-fruits and the first-born of animals, the redemption of the first-born of men, and a free-will offering on visiting the sanctuary (Ex., xxii, 28-9; xxiii, 15, [Heb., xxiii, 19]); Deuteronomy more clearly defines some of these laws (xv, 19-23; xxvi, 1-11), and imposes the law of tithes for the benefit of the poor, the widows, the orphans, and the Levites (xxvi, 12-5); the Priestly Code distinguishes different kinds of sacrifices, determines their rites, and introduces also incense offering.批評家によると、この本は、約束の最初の提供のみを差し止め-果物や動物の最初の生まれは、償還の最初の生まれの人々と訪問の自由意志で提供さサンクチュアリ(例: 、 xxii 、 28〜9 ; 23 、 15 、 [なしで。 、 23 、 19 ] ) ;申命記より明確に定義されていくつかの法律( 15 、 19-23 ;二十六、 1-11 ) 、および同法の十分の一を課す貧しい人々の利益のために、未亡人は、孤児、とlevites ( 26 、 12月5日) ;の聖職者のコードを区別するさまざまな種類の犠牲、彼らの儀式を決定し、導入も線香を提供します。 But history hardly bears out this view: as there existed a permanent priesthood in Silo, and later on in Jerusalem, we may safely infer that there existed a permanent sacrifice.しかし、歴史はほとんどのクマはこのビューを表示する:として永久に存在する聖職に就くのサイロ、およびそれ以降の上、エルサレム、安全を推測することがありますが、恒久的な犠牲が存在します。 The earliest prophets are acquainted with an excess of care bestowed on the sacrificial rites (cf. Amos 4:4, 5; 5:21-22, 25; Hosea passim).最古の預言者は、知り合いに過剰なケアを授けたのいけにえの儀式( cf.アモス4時04分、 5 ; 5:21-22 、 25 ;ホセア書ここかしこに) 。 The expressions of Jeremias (vii, 21-3) may be explained in the same sense.イェレミアスを表現したもの、 ( 7 、二十一〜三)年5月に同じ意味で説明されています。 Sin offering was known long before the critics introduce their Priestly Code (Osee, iv, 8; Mich., vi, 7; Ps., xxxix [xl], 7; 1 Kings, iii, 14).罪を提供する前に長い批評家として知られて聖職者の紹介コード( osee 、 4 、 8 ;ミシガン州6 、 7 ; psのです。 、 39 [ xl ] 、 7 ; 1キングス、 3世、 14 ) 。 Trespass offering is formally distinguished from sin offering in 2 Kings 13:16 (cf. 1 Samuel 6:3-15; Isaiah 53:10).不法侵入罪を提供区別が正式に提供さ2キングス13:16 ( cf. 1サミュエル6:3-15 ;イザヤ書53:10 ) 。 Hence the distinction between the different kinds of sacrifice is due neither to Ezekiel 45:22-5, nor to the Priestly Code.それゆえの区別をすることによりさまざまな種類のどちらを犠牲にはエゼキエル45:22-5 、また、聖職者のコードです。

(c) The Feasts (ウ)のお祭り

The Book of the Covenant, so the critics tell us, knows only three feasts: the seven-days feast of the azymes in memory of the exodus form Egypt, the feast of the harvest, and that of the end of the harvest (Exodus 23:14-7); Deuteronomy ordains the keeping of the feasts at the central sanctuary adds to Pasch to the feast of the azymes, places the second feast seven weeks after the first, and calls the third, "feast of tabernacles", extending its duration to seven days (Deuteronomy 16:1-17); the Priestly Code prescribes the exact ritual for five feasts, adding the feast of trumpets and of atonement, all of which must be kept at the central sanctuary.この本を誓約するため、批評家教えて下さい、知って3つのみのお祭り: 7日間の饗宴をメモリには、出エジプト記第フォームazymesエジプトでは、収穫の祝宴をし、最後に収穫している(出エジプト記第23 :14 - 7 ) ;申命記ordains 、お祭りの維持は、聖域に拍車をセントラルpaschのazymesごちそうして、 2番目のごちそうの場所の最初の7週間後、および呼び出して、第三に、 "ごちそうのtabernacles " 、延長の期間日から7日間(申命記16:1-17 ) ;の聖職者のコードの中の正確な5つの儀式のためのお祭り、トランペットを追加して祝宴の償いと、すべて保管しなければならないのは、中央聖域のようです。 Moreover, history appears to endorse the contention of the critics: Judges, xxi, 19 knows of only one annual feast in Silo; 1 Samuel 1:3, 7, 21 testifies that the parents of Samuel went every year to Silo to the sanctuary; Jeroboam I established in his kingdom one annual feast similar to that celebrated in Jerusalem (1 Kings 12:32-3); the earliest Prophets do not mention the names of the religious feasts; the Pasch is celebrated for the first time after the discovery of Deuteronomy (2 Kings 23:21-3); Ezechiel knows only three feasts and a sin offering on the first day of the first and the seventh month.また、競合の履歴が表示さを支持する批評家:裁判官、 xxi 、 19知っての毎年恒例のごちそうに1つしかサイロ; 1サミュエル1:3 、 7日、 21日の証言は、両親のサミュエルは毎年サイロを聖域; 1つの王国に設立された彼jeroboam私に似ている毎年恒例の饗宴祝われてエルサレム( 1キングス12:32-3 ) ;最古の預言者の名前を言及していない宗教のお祭り; paschは、有名なのは時間の後に、最初の発見申命記( 2キングス23:21-3 ) ; ezechiel知ってのお祭りと3つの罪を犯すことのみを提供した最初の日に7月の最初のとします。 But here again, the critics use the argument e silentio which is not conclusive in this case.しかし、ここで繰り返しになりますが、批評家の引数を使用してメールsilentioこの場合は決定的ではない。 The feast of atonement, for instance, is not mentioned in the Old Testament outside the Pentateuch; only Josephus refers to its celebration in the time of John Hyrcanus or Herod.宴の償い、例えば、ではないに記載され、旧約聖書の外の五;のみヨセフスその祝典は、時間を参照してジョンhyrcanusまたはヘロデ王です。 Will the critics infer from this, that the feast was not kept throughout the Old Testament?批評家からは推測には、ごちそうして保管して旧約聖書はないですか? History does not record facts generally known.履歴はありません一般的にレコードの事実を知られている。 As to the one annual feast mentioned in the early records, weighty commentators are of opinion that after the settlement of the people in the promised land, the custom was gradually introduced of going to the central sanctuary only once a year.毎年恒例のごちそうとしては、 1つの初めに記載されて記録によりますと、有力な解説者たちの意見が解決した後、約束の地の人々に、徐々に導入し、カスタムは、聖域の中央に行く一年に一度だけです。 This custom prevailed before the critics allow the existence of the Deuteronomic law (1 Kings 12:26-31), so that the latter cannot have introduced it.このカスタムが勝っていたのが存在するのを許可する前に、批評家deuteronomic法( 1王12:26-31 ) 、後者のように導入することはできません。 Isaias (xxix, 1; xxx, 29) speaks of a cycle of feasts, but Osee, xii, 9 alludes already to the feast of tabernacles, so that its establishment cannot be due to the Priestly Code as the critics describe it. isaias ( 29 、 1 ; xxxと29 )のお祭りの循環を話すのが、 osee 、 12 、 9 alludes既にtabernaclesして祝宴のように、設立のためにすることはできません批評家としての聖職者のコードを記述してください。 Ezechiel (xlv, 18-25) speaks only of the three feasts which had to be kept at the central sanctuary. ezechiel ( 45 、 18-25 )の3つの話すだけのお祭りに保たれていたの中心に聖域のようです。

(d) The Priesthood (エ)の聖職に就く

The critics contend that the Book of the Covenant knows nothing of an Aaronitic priesthood (Exodus 24:5); that Deuteronomy mentions priests and Levites without any hierarchical distinction and without any high priest, determines their rights, and distinguishes only between the Levite living in the country and the Levite attached to the central sanctuary; finally, that the Priestly Code represents the priesthood as a social and hierarchical institution, with legally determined duties, rights, and revenues.論争の批評家は、この本は、何も知らないの誓約aaronitic聖職に就く(出エジプト記24:5 ) ; levitesその申命記言及僧や階層の区別なく高い司祭とせず、自分たちの権利を決定し、レビ人の間の区別に住んでのみその国とのレビに接続され、中央サンクチュアリ;最後に、聖職者のコードは、聖職に就くは、社会的、階層的な機関として、合法的に決定義務、権利、および売上高です。 This theory is said to be borne out by the evidence of history.この理論はアウトされたといわれている証拠の歴史を負担します。 But the testimony of history points in the opposite direction.しかし、証言の歴史をポイントには逆の方向です。 At the time of Josue and the early Judges, Eleazar and Phinees, the son and nephew of Aaron, were priests (Numbers 26:1; Deuteronomy 10:6; Joshua 14:1 sqq.; 22:13, 21; 24:33; Judges 20:28).は、時間をジョスエとの早期裁判官、 phinees eleazarと、アーロンの息子と甥が司祭(数字26:1 ;申命記10 : 06 ;ジョシュア14時01 sqq 。 ; 22:13 、 21 ; 24:33 ;裁判官20:28 )です。 From the end of the time of Judges to Solomon, the priesthood was in the hands of Heli and his descendants (1 Samuel 1:3 sqq.; 14:3; 21:1; 22:1) who sprang from Ithamar the younger son of Aaron (1 Chronicles 24:3; cf. 1 Samuel 22:29; 14:3; 2:7 sqq.).からの時間の終わりに裁判官にソロモンは、聖職に就くの手には、ヘリと彼の子孫( 1サミュエル1:3 sqq 。 ;午前14時03分、 21時01分、 22時01分) who springの過去からithamarの二男のアーロン( 1クロニクル24:3 ;継続前誌です。 1サミュエル22:29 ;午前14時03分;午前2時07 sqq 。 ) 。 Solomon raised Sadoc, the son of Achitob, to the dignity of the high priesthood, and his descendants held the office down to the time of the Babylonian Captivity (2 Samuel 8:17; 15:24 sqq.; 20:25; 1 Kings 2:26, 27, 35; Ezekiel 44:15); that Sadoc too was of Aaronic descent is attested by I Par., vi, 8.ソロモン提起sadocは、息子のachitob 、尊厳を聖職に就くの高い、と彼の子孫を開催し、オフィスダウンするものであり、バビロン捕囚( 2サミュエル8時17分; 15:24 sqq 。 ; 20:25 ; 1キングス2:26 、 27 、 35 ;エゼキエル44:15 ) ;ことは、あまりにもsadocの証言を私はパーaaronic降下します。 、 6 、 8 。 Besides the Books of Josue and Paralipomenon acknowledge the distinction between priests and Levites; according to 1 Samuel 6:15, the Levites handled the ark, but the Bethsamites, the inhabitants of a priestly city (Joshua 21:13-6), offered sacrifice.歴代志に加えて、書籍のジョスエとの区別は、司祭と認めるlevites ;によると、 1サミュエル6:15は、処理の箱舟levites 、しかし、 bethsamitesに、住民たちは、聖職者の市(ジョシュア21:13-6 ) 、提供を犠牲にです。 A similar distinction is made in 2 Samuel 15:24; 1 Kings 8:3 sq.; Isaiah 66:21.同様の区別が国内で行われる2サミュエル15:24 ; 1キングス8時03平方;イザヤ書66:21です。 Van Hoonacker ("Les pretres et les levites dans le livre d'Ezechiel" in "Revue biblique", 1899, VIII, 180-189, 192-194) shows that Ezechiel did not create the distinction between priests and Levites, but that supposing the traditional distinction in existence, he suggested a divisions in to these classes according to merit, and not according to birth (xliv, 15-xlv, 5).ヴァンhoonacker ( "レpretres etレlevites dansルリーヴルd' ezechiel "と"レヴューbiblique " 、 1899 、 viii 、一八〇から一八九まで、一九二〜一九四)によるとezechielを作成しなかったとの区別は、司祭levitesが、そのsupposing伝統的な区別が存在し、彼はこれらのクラスを提案した部門ではメリットによると、および特定によると、生年月日( 44 、 15 - 45 、 5 ) 。 Unless the critics simply set aside all this historical evidence, they must grant the existence of an Aaronitic priesthood in Israel, and its division into priests and Levites, long before the D and P codes were promulgated according to the critical theory.批評家ていない限り、この歴史的な証拠をすべて取っておくだけで、彼らの存在を付与する必要があります。 aaronitic聖職に就くには、イスラエル、およびその課をlevites司祭と、ずっと前のDとPコードが公布によると、重要な理論です。 It is true that in a number of passages persons are said to offer sacrifice who are not of Aaronitic descent: Judges, vi, 25 sqq.; xiii, 9; 1 Samuel 7:9; 10:8; 13:9; 2 Samuel 6:17; 24:25; 1 Kings 8:5, 62; etc. But in the first place, the phrase "to offer sacrifice" means either to furnish the victim (Leviticus 1:2, 5) or to perform the sacrificial rite; the victim might be furnished by any devout layman; secondly, it would be hard to prove that God committed the priestly office in such a way to Aaron and his sons as not to reserve to himself the liberty of delegating in extraordinary cases a non-Aaronite to perform the priestly functions.それは事実だが、通路では、多くの人が犠牲によるとを提供するaaronitic whoはないの降下:裁判官は、六、 25 sqq 。 ; 13 、 9 ; 1サミュエル7時09分、 10時08分、 13時09分、 2サミュエル6:17 ; 24:25 ; 1キングス8時05分、 62 ;等しかし、まず第一に、フレーズ"を提供する犠牲"のいずれかを提出する手段は、被害者(レビ記1:2 、 5 ) 、またはを行うには、いけにえrite; the victim might be furnished by any devout layman; secondly, it would be hard to prove that God committed the priestly office in such a way to Aaron and his sons as not to reserve to himself the liberty of delegating in extraordinary cases a non -Aaronite to perform the priestly functions.

(iii) Pentateuchal Redaction.-The four documentary sources of the Pentateuch thus far descried were combined not by any one individual; critics require rather three different stages of combination: first, a Yahwistic redactor RXX or RX combined J and E with a view of harmonizing them, and adapting them to Deuteronomic ideas; this happened either before or after the redaction of D. Secondly, after D had been completed in the sixth century BC, a redactor, or perhaps a school of redactors, imbued with the spirit of D combined the documents JE into JED, introducing however the modifications necessary to secure consistency. Thirdly, a last redactor RX imbued with the letter and the spirit of P, combined this document with JED, introducing again the necessary changes. The table of nations in Gen., xiv was according to Kunen added by this last redactor.

At first sight, one is struck by the complex character of this theory; as a rule, truth is of a more simple texture.一見すると、 1つは打たれる複雑な文字は、次の理論;は、原則として、真理は、他の単純なテクスチャです。 Secondly, one is impressed by the unique nature of the hypothesis; antiquity has nothing to equal it.第二に、 1つは特有の性質に感銘を受けたの仮説;古代は何の関係も同じことです。 Thirdly, if one reads or studies the Pentateuch in the light of this theory, one is impressed by the whimsical character of the redactor; he often retained what should have been omitted, and omitted what should have been retained.第三に、 1つの読み取りまたは研究している場合五この理論に照らして、 1つは気まぐれな性格に感銘を受けたのredactor ;彼はしばしば省略された場合はどうすれば保持し、省略された場合はどうすれば保持されます。 The critics themselves have to take refuge, time and time again, in the work of the redactor, in order save their own views of the Pentateuch.批評家に避難し、時刻と時間を再び、 redactorの仕事をするために、独自の再生回数は、五後のために保存します。 A recent writer does not hesitate to call the complex redactor ein genialer Esel.最近の作家を呼ぶのをためらうの複雑されないredactor ein genialer eselです。 Fourthly, a truth-loving, straightforward reader is naturally shocked by the literary fictions and forgeries, the editorial changes and subterfuges implied in the critical theory of the Pentateuchal documents and redaction.第四は、真理を愛する、率直なリーダーは、自然に衝撃を受けて、文学の小説や偽造は、暗黙の社説での重要な変更とsubterfugesの理論pentateuchalドキュメントおよび改訂します。 The more moderate critics endeavour to escape this inconvenience: some appeal to the difference between the ancient and the modern standard of literary property and editorial accuracy; others practically sanctify the means by the end.批評家の他の穏健な努力をエスケープするこの不便:いくつかの違いは国会を解散して標準の古代と近代文学の財産と編集精度;その他年末までに実質的に浄化する手段です。 Oettli considers the dilemma "either the work of Moses or the work of a deceiver" as the expression of sheer imprudence; Kautzsch unctuously points to the depth of the wisdom and knowledge of God whose ways we cannot fathom, but must admire. oettli考慮のジレンマ"のいずれかの仕事を欺くムーサーかの仕事をする"との表現の薄手の軽率;カウチを指しての深さを滑らかにするのは賢明な方法と、その神の知識を尋することはできませんが、感嘆必要があります。 The left wing of criticism openly acknowledges that there is no use in hushing up matters; it actually is the result of scientific research that both form and contents of a great part of the Old Testament are based on conscious fiction and forgery.左ウィングの批判を浴びることがないことを公然と認めシュー上の問題で使用することの科学的研究の結果、実際には、その両方のフォームとの内容を大部分の意識に基づいて、旧約聖書の偽造虚構とします。

IV. Ⅳ 。 STYLE OF THE PENTATEUCHスタイルは、五

In some general introductions to the Pentateuch its messianic prophecies are specially considered, ie, the so-called proto-evangelium, Gen., iii, 15; the blessing of Sem, Gen., ix, 26-7; the patriarchal promises, Gen., xii, 2; xiii, 16; xv, 5; xvii, 4-6, 16; xviii, 10-15; xxii, 17; xxvi, 4; xxviii, 14; the blessing of the dying Jacob, Gen., xlix, 8-10; the Prophecy of Balaam, Num., xxiv, 15 sqq.; and the great Prophet announced by Moses, Deut., xviii, 15-19.いくつかの全般を紹介して、五の救世主予言は、特別な考慮、すなわち、いわゆるプロト-福音書、 Gen 。と、 3世、 15 ;の祝福をSEMのは、 Gen 。と、 9世、二六〜七;の家父長の約束を、世代です。 、 12 、 2 ; 13 、 16 、 15 、 5 ; 17 、 4-6 、 16 、 18 、 10-15 ; xxii 、 17 ;二十六、 4 ;二十八、 14 ;の祝福を、死にかけているジェイコブ、 Gen 。と、 49 、 8-10 ;の予言を埋め草、 NUM件です。 、 24 、 15 sqq 。 ;と発表した偉大な預言者ムーサーよ、 deut 。 、 18 、 15-19 。 But these prophecies belong rather to the province of exegesis than introduction.しかし、これらの予言に属する省の解釈というよりも紹介しています。 Again, the text of the Pentateuch has been considered in some general introductions to the work.繰り返しになりますが、テキストは、五は考慮されていくつかの全般の仕事を紹介しています。 We have seen already that besides the Massoretic Text we have to take into account the earlier text followed by the Septuagint translators, and the still earlier readings of the Samaritan Pentateuch; a detailed investigation of this subject belongs to the field of textual or lower criticism.私たちが見られることに加えて、すでにmassoretic本文私たちは、以前のテキストを考慮に入れるセプトゥアギンタの翻訳に続いて、まだそれ以前の朗読と、サマリア五;の詳細な調査は、次のアジ研に属して、フィールドのテキストまたは下位の批判です。 But the style of the Pentateuch can hardly be referred to any other department of Pentateuchal study.しかし、五のスタイルを参照されることは到底他の部門のpentateuchal勉強します。

As Moses employed no doubt pre-existent documents in the composition of his work, and as he must have made use too of the aid of secretaries, we expect antecedently a variety of style in the Pentateuch.モーゼス間違いないとして雇わプレの組成を既存のドキュメントを、彼の作品は、彼として使用する必要がありますがあまりにもの秘書の助けを借りて、様々なスタイルの期待antecedentlyは、五します。 It is no doubt due to the presence of this literary phenomenon that the critics have found so many points of support in their minute analysis.それは間違いないが存在するために、この現象は、文芸批評家のサポートが見つかったので、その分多くのポイントを分析します。 But in general, the style of the work is in keeping with its contents.しかし、一般的には、仕事をされるのスタイルを維持すると、その内容です。 There are three kinds of material in the Pentateuch: first, there are statistics, genealogies, and legal formularies; secondly, there are narrative portions; thirdly, there are parenthetic sections.には、 3つの種類の素材は、五:第一に、統計情報には、 genealogies 、および法的formularies ;第二に、物語には、部分;第三に、セクションには、挿入します。

No reader will find fault with the writer's dry and simple style in his genealogical and ethnographic lists, in his table of encampments in the desert, or his legal enactments.あら探しをするのリーダーが乾燥し、シンプルなスタイルの作家の彼の家系や民族間のリスト、彼のテーブルencampmentsは、砂漠か、または自分の法的enactments 。 Any other literary expression would be out of place in records of this kind.その他の文学的表現が場違いな存在では、この種の記録をします。 The narrative style of the Pentateuch is simple and natural, but also lively and picturesque.スタイルは、五の物語は簡単で、自然、絵のように美しいだけでなく、生き生きとしています。 It abounds in simple character sketches, dialogues, and anecdotes.それは単純な文字aboundsスケッチ、対話、および逸話です。 The accounts of Abraham's purchase of a burying-ground, of the history of Joseph, and of the Egyptian plagues are also dramatic.アカウントのアブラハムの購入依頼は、地上を埋め、ジョセフの歴史を、とエジプトのplaguesにも劇的な。 Deuteronomy has its peculiar style on account of the exhortations it contains.申命記には、独特のスタイルでアカウントをexhortationsが含まれています。 Moses explains the laws he promulgates, but urges also, and mainly, their practice.モーゼス説明して彼の法律promulgates 、しかし、要請にも、および主に、彼らの練習します。 As an orator, he shows a great deal of unction and persuasiveness, but is not destitute of the earnestness of the Prophets.演説者として、彼には多大な慰めとなるものと説得力が、極貧のは、熱心ではないのは、預言者です。 His long sentences remain at times incomplete, thus giving rise to so-called anacolutha (cf. Deuteronomy 6:10-12; 8:11-17; 9:9-11; 11:2-7; 24:1-4).彼の長い文章回不完全なままで、このように上昇するいわゆる与えanacoluthonの複数形( cf.申命記6:10-12 ; 8:11-17 ; 9:9-11 ; 11:2-7 ; 24:1-4 )です。 Being necessarily a popular preacher, he is not lacking in repetitions.必然的に人気の説教師が、彼ではないが不足して繰り返しています。 But his earnestness, persuasiveness, and unction do not interfere with the clearness of his statements.しかし、彼の熱意、説得力、および慰めとなるものはありませんの透明性を妨げる彼の機関です。 He is not merely a rigid legislator, but he shows his love for the people, and in turn wins their love and confidence.彼は単なる硬直化した国会議員は、しかし、彼は彼の愛を示しての人々 、そしてその愛と自信を有効勝です。

Decisions of the Biblical Commission意思決定は、聖書の委員会

Some decisions of the Biblical Commission in regards to the chief subject of this article, viz., Genesis, are as follows: The various exegetical systems which exclude the literal and historical sense of the first three chapters of the Book of Genesis are not based on solid foundation.いくつかの意思決定に関しては、聖書の委員会の首席アジ研は、次の資料を、 viz 。 、創世記、は次のとおりです:様々な解釈のシステムを除外する、歴史的な意味でのリテラルの最初の3つの章ではないの創世記に基づいて強固な基盤です。 It should not be taught that these three chapters do not contain true narrations of facts, but only fables derived from the mythologies and cosmogonies of earlier peoples, purged of the polytheistic errors and accommodated to monotheism; or allegories and symbols, with no objective reality, set forth in the guise of history to inculcate religious and philosophical truths; or, finally, legends partly historical and partly fictitious put together for instruction and edification.教えてはならない3つの章では、これらの事実が含まれていない真のナレーションだけの神話と寓話cosmogoniesから派生した以前の人々 、削除、エラー、および宿泊を多神教一神教;またはallegoriesや記号がなく、客観的現実には、の歴史を装っての規定は、宗教や哲学的真理を鼓吹するか、最後に、歴史的、部分部分架空の伝説の命令をまとめると教化です。 In particular, doubt should not be cast on the literal and historical sense of passages which touch on the foundations of the Christian religion, as, for instance, the creation of the universe by God at the beginning of time; the special creation of man; the formation of the first woman from the first man; the unity of the human race; the original happiness, integrity, and immortality of our first parents in the state of justice; the precept given by God to man to try his obedience; the transgression of the Divine precept, at the suggestion of the Devil, under the form of a serpent; the fall of our first parents from their original state of justice; the promise of a future Redeemer.特に、ギプスを疑うことはできませんリテラル、歴史的な感覚に触れて通路には、キリスト教の宗教の基盤として、例えば、宇宙の創造の神の冒頭に時間がかかったり、特別な創造の男;の形成には、最初の女性からの最初の男;の結束を、人間のレース; 、元の幸福、完全性、および弊社の最初の父母は、不死の状態を正義の神は人間に与えられた教訓彼の服従を試す;の罪は、神の教えは、悪魔の提案は、フォームの下に、ヘビ;の秋に最初の両親から、元の状態の正義;の約束を、将来の救い主です。

In explaining such passages in these chapters as the Fathers and Doctors interpreted differently, one may follow and defend the opinion which meets his approval.これらの章で説明するような通路や医師として、父親の解釈が異なる、 1つの意見を5月を追跡および満たして彼の承認を擁護する。 Not every word or phrase in these chapters is always necessarily to be taken in its literal sense so that it may never have another, as when it is manifestly used metaphorically or anthropomorphically.必ずしもすべての単語やフレーズを、これらの章は、常に必要とされるように、文字どおりの意味でそのことが別のときなど、比喩的またはanthropomorphically使用されることは明白です。 The literal and historical meaning of some passages in these chapters presupposed, an allegorical and prophetical meaning may wisely and usefully be employed.リテラル、歴史的ないくつかの文章の意味を前提に、これらの章は、机上の寓話と便利な意味がありますが賢明と雇用します。 As in writing the first chapter of Genesis the purpose of the sacred author was not to expound in a scientific manner the constitution of the universe or the complete order of creation, but rather to give to the people popular information in the ordinary language of the day, adapted to the intelligence of all, the strict propriety of scientific language is not always to be looked for in their terminology.のように書いて創世記第1章の目的は、神聖な著者は、科学的な態度をしないように憲法の解説で、宇宙や創造の順序を完全ではなく、むしろ人気を与える情報が表示さを普通の人々の言語の日、適応して、知能のすべてのは、厳格な礼儀作法の科学的な言語ではないが、常にその用語を探してみたのです。 The expression six days and their division may be taken in the ordinary sense of a natural day, or for a certain period of time, and exegetes may dispute about this question. 6日間とその課の表現をとることが自然な感じがするが、通常の1日、または一定の期間が経過し、 exegetes年5月の紛争については、この質問です。

Publication information Written by AJ Moss.出版物の情報執筆者のAJ形作っていました。 Transcribed by Thomas M. Barrett & Michael T. Barrett.転写されトーマス男性バレット&マイケルt.バレットです。 Dedicated to the Poor Souls in Purgatory The Catholic Encyclopedia, Volume XI.煉獄の魂のために、貧しい人専用のは、カトリックの百科事典、第20巻XI 。の Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認、 1911年2月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Many works referring to the Pentateuch have been cited throughout the course of this article.多くの作品を参照して引用しても五コースは、次の資料です。 We shall here add a list of mainly exegetical works, both ancient and modern, without attempting to give a complete catalogue.ここでわたしたちは主に解釈の作品のリストを追加するには、両方の古代と現代、しようとせず、完全なカタログを与える。

PATRISTIC WRITERS."Eastern Church:--ORIGEN, Selecta in Gen., PG, XII, 91- 145; IDEM, Homil. in Gen., ibid., 145-62; IDEM, Selecta et homil, in Ex., Lev., Num., Deut., ibid., 263-818; IDEM, Fragmenta in PG, XVII, 11-36; ST. BASIL, Homil. in Hexaemer. in PG, XXIX, 3-208; ST. GREGORY OF NYSSA, In Hexaemer. in PG, XLIV, 61-124; IDEM, De homin. Opific., ibid., 124-297; IDEM, De vita Moysis, ibid., 297-430; ST. JOHN CHRYS., Homil. in Gen. in PG, LIII, LIV, 23- 580; IDEM, Serm. In Gen. in PG, LIV, 581-630; ST. EPHR., Comment in Pentat. in Oper. Syr., I, 1-115; ST. CYRIL OF ALEX., De adoratione in spiritu in PG, LXVIII, 133-1125; Glaphyra in PG, LXIX, 13-677; THEODORETUS, Quaest. in Gen., Ex., Lev., Num., Deut. in PG, LXXX, 76-456; PROCOPIUS OF GAZA, Comment. in Octateuch. in PG, LXXXVII, 21-992; NICEPHORUS, Catena in Octateuch. et libros Reg. (Leipzig, 1772). patristic作家です。 "東教会: -原産地、 s electa、 G en。と、 p g、 1 2、 9 1- 14 5;同じ、h o mil。、 G e n。と、同上、1 4 5から62まで;同じ、s e lectaet ho milは、例です。、レフです。 、 NUM件です。 、 deut 。 、同上、 263から818 ;同じ、 fragmenta 、 pg 、 17 、一一〜三六;セントです。バジル、 homil 。 hexaemer 。 、 pg 、 29 、三から二百八まで;セントです。グレゴリーのnyssaは、 hexaemer 。 、 pg 、 44 、六一から一二四まで;同じ、デ人間です。 opific 。 、同上、百二十四〜二百九十七;同じ、デ生命moysis 、同上、 297〜430 ;セントです。ジョンchrys 。 、 homil 。 Gen 。と、 pg 、 53 、 54 、 23 -5 80;同じ、 s erm。 、 G en。と、 p g、リヴ、五百八十一〜六百三十;セントです。 e phr。 、コメントをp entat。で動作します。 s yr。 、私は、一から百十五まで;セントです。シリルのアレックス。 、デadorationeでspirituでpg 、 68 、 133-1125 ; glaphyra 、 pg 、 69 、十三から六百七十七まで; theodoretus 、 quaest 。 、 Gen 。と、例です。 、レフです。 、 NUM件です。 、 deut 。 pg 、 80 、七六〜四五六; procopiusのガザ地区、コメントは得られなかった。でoctateuch 。 、 pg 、 87 、二十一から九百九十二;ニケフォロス、カテナでoctateuchです。 et図書館てください。 (ライプチヒ、 1772 ) 。

Western Church: ST.欧米の教会:セントです。 AMBROSE, In Hexaemer.アンブローズは、 hexaemerです。 in PL, XIV, 123-274; IDEM, De Paradiso terrestri, ibid., 275-314; IDEM, De Cain et Abel, ibid., 315-60; IDEM, De Noe et arca, ibid., 361-416; IDEM, De Abraham, ibid., 419-500; IDEM, De Isaac et anima, ibid., 501-34; IDEM, De Joseph patriarcha, ibid., 641-72; IDEM, De benedictionibus patriarcharum, ibid., 673-94; ST. 、ポーランド語、 14 、百二十三から二百七十四まで;同じ、デパラディーゾterrestri 、同上、 275〜314 ;同じ、デカインetアベル、同上、三百十五から六十まで;同じ、デノエet箱、同上、 361から416 ;同上、デイブラーヒーム、同上、四百十九から五百;同じ、デアイザックetアニマ、同上、五百一から三十四;同じ、デジョセフpatriarcha 、同上、六四一〜七二;同じ、デbenedictionibus patriarcharum 、同上、 673 - 94 ;セントです。 JEROME, Liber quaest.ジェローム、独立したquaestです。 hebraic.ヘブライ人のです。 in Gen. in PL, XXIII, 935-1010; ST. Gen 。と、ポーランド語で、 23 、 935-1010 ;セントです。 AUGUSTINE, De Gen. c.アウグスティヌス、デGen 。とc. Manich. manichです。 ll.すべてのです。 due in PL, XXXIV, 173-220; IDEM, De Ger.ポーランド語のせいで、 34 、一七三から二二〇まで;同じ、デドイツします。 ad lit., ibid., 219-46; IDEM, De Ger.広告点灯します。 、同上、二百十九から四十六まで;同じ、デドイツします。 ad lit.広告点灯します。 ll.すべてのです。 duodecim, ibid., 245-486; IDEM, Quaest in Heptateuch., ibid., 547-776; RUFINUS, De benedictionibus patriarcharum in PL, XXI, 295-336; ST. duodecim 、同上、 245〜486 ;同上、七quaestにします。 、同上、五四七〜七七六;ルフィヌス、デbenedictionibus patriarcharumでポーランド語、 xxi 、 295から336まで;セントです。 VEN.フェンです。 BEDE, Hexaemeron in PL, XCI, 9-190; IDEM, In Pentateuch.ビード、天地創造の6日、ポーランド語、 91 、九〜百九十;同上は、五します。 Commentarii, ibid., 189-394; IDEM, De tabernaculo et vasibus ejus, ibid., 393-498; RHABANUS MAURUS, Comm. commentarii 、同上、百八十九から三百九十四まで;同じ、デtabernaculo et vasibus ejus 、同上、 393から498まで; rhabanusマウルス、通信します。 in Gen. in PL, CVII, 443-670; IDEM, Comment. Gen 。と、ポーランド語で、ロードCVII 、四四三から六七〇 ;同じ、コメントは得られなかった。 in Ez., Lev., Num., Deut.でezします。 、レフです。 、 NUM件です。 、 deutです。 in PL, CVIII, 9-998; WALAFRID STRABO, Glossa ordinaria in PL, CXIII, 67-506. 、ポーランド語、 cviii 、 9〜998 ; walafridストラボン、舌ordinaria 、ポーランド語、 cxiii 、六十七〜五百六です。

MIDDLE AGES:-ST.中世: -セントです。 BRUNO OF ASTI, Expositio in Pentateuch.ブルーノのアスティ、五expositioにします。 in PL, RUPERT OF DEUTZ, De SS. 、ポーランド語、ルパートのDeutz ( 、デssです。 Trinitate et operib. trinitate et operibです。 Ejus in PL, CLXVII, 197-1000; HUGH OF ST. ejus 、ポーランド語、 clxvii 、 197-1000 ;ヒューセントです。 VICTOR, Adnotationes elucidatoriae in Pent.ビクター、 adnotationes elucidatoriaeに閉じ込められた。 in PL, CLXXV, 29-86; HONORIUS OF AUTUN, Hexameron in PL, CLXXII, 253-66; IDEM, De decem plagis Aegypti, ibid., 265-70; ABELARD, Expositio in Hexaemeron in PL, CLXXVII, 731-84; HUGH OF ST. 、ポーランド語、 clxxv 、 29から86まで;ホノリウスのオータン、 hexameron 、ポーランド語、 clxxii 、二百五十三から六十六;同じ、デ10のplagis aegypti 、同上、 265から70まで;アベラード、 expositioで天地創造の6日にポーランド語、 clxxvii 、七三一から八四まで;ヒューセントです。 CHER, Postilla (Venice, 1588); NICOLAUS OF LYRA, Postilla (Rome, 1471); TOSTATUS, Opera, I-IV (Venice, 1728); DIONYSIUS THE CARTHUSIAN, Comment.シェール、 postilla (ベニス、 1588 ) ;ニコラウスのリラ、 postilla (ローマ、 1471 ) ; tostatus 、オペラ、私- 4 (ベニス、 1728 ) ;ディオニュシオスのカルトゥジオ修道会、コメントは得られなかった。 in Pentateuch.で五します。 in Opera omnia, I, II (Montreuil, 1896-7).オペラ愛はすべてを、私は、 2世(モントルイユ、千八百九十六から七まで) 。

MORE RECENT WORKS.-Jewish Writers:-The Commentaries of RASHI (1040-1150), ABENASRA (1092-1167), and DAVID KIMCHI, (1160-1235) are contained in the Rabbinic Bibles; ABARBANEL, Comment.他の最近のworks. -系ユダヤ人の作家: - rashiの論評を( 1040-1150 ) 、 abenasra ( 1092-1167 ) 、およびデビッドキムチ、 ( 1160-1235 )が含まれているラビ聖書; abarbanel 、コメントは得られなかった。 (Venice, 5539 AM; 1579 BC); CAHEN, French tr. (ベニス、 5539アム;紀元前1579 ) ;カアン、フランス語tr 。 of Pent.の積もりです。 (Paris, 1831); KALISCH, Historical and Critical Comment on the Old Test. (パリ、 1831 ) ;カリッシュ、歴史的、批判的なコメントをしていくという古いテストします。 (London), Gen. (1885); Lev. (ロンドン) 、 Gen 。と( 1885 ) ;レフです。 (1867, 1872); Ez. ( 1867 、 1872 ) ; ezします。 (1855); HIRSCH, Der Pent. ( 1855 ) ;ハーシュ、 der積もりです。 ubersetzt und erklart (2nd ed., Frankfurt, 1893, 1895); HOFFMANN, Das Buch Lev. ubersetzt und erklart (第2版です。 、フランクフルト、 1893 、 1895 ) ;ホフマン、 dasブーフレフです。 ubersetz und erklart (Berlin, 1906). ubersetz und erklart (ベルリン、 1906 ) 。

Protestant Writers:-The works of LUTHER, MELANCHTHON, CALVIN, GERHART, CALOVIUS, DRUSIUS, DE DIEU, CAPPEL, COCCEIUS, MICHAELIS, LE CLERC, ROSENMULLER, and even of TUCH and BAUMGARTEN, are of minor importance in our days; KNOBEL, Gen. (6th ed., by DILLMANN, 1892; tr., Edinburgh, 1897); RYSSEL, Ez.プロテスタント作家: -の作品のルター、メランヒトン、カルバン、ゲルハルト、 calovius 、 drusius 、デdieu 、 cappel 、コクツェーユス、マイカリス、ルクレール、ローゼンミュラー、とさえtuchとバウムガルテン、細部の重要性を私たちは日中に発送; knobel 、 Gen 。と( 6エド。 、ディルマン、 1892 ; tr 。 、エジンバラ、 1897 ) ; ryssel 、 ezです。 and Lev.とレフです。 (3rd ed., 1897); DILLMANN, Numbers, deut., Jos. (2nd ed., 1886); LANGE, Theologisch-homiletisches Bibelwerk (Bielefeld and Leipzig); IDEM, Gen. (2nd ed., 1877); IDEM, Ez., Lev., and Numbers (1874); STOSCH, Deut. (第3版、 1897 ) ;ディルマン、数字、 deut 。 、 jos. (第2版、 1886 ) ;ランゲ、 theologisch - homiletisches bibelwerk (ビーレフェルトとライプチヒ) ;同じ、 Gen 。と(第2版、 1877 ) ;同上、 ezします。 、レフです。 、と数字( 1874 ) ; stosch 、 deutです。 (2nd ed., 1902); KEIL and FRANZ DELITZSCH, Biblischer Comment. (第2版、 1902 ) ; keilとフランツデリッチ、 biblischerコメントは得られなかった。 uber das AT; KEIL, Gen. and Ex.プロダクトdas先; keil 、 Gen 。ととex 。 (3rd ed., Leipzig, 1878); IDEM, Lev., Numbers, Deut. (第3版です。 、ライプチヒ、 1878 ) ;同じ、レフです。 、数字、 deutです。 (2nd ed., 1870; tr., Edinburgh, 1881, 1885); STRACK and ZOCKLER, Kurzgefasster Komment. (第2版、 1870 ; tr 。 、エジンバラ、 1881 、 1885 ) ;シュトラックとツェックラー、 kurzgefasster komment 。 zu den h. zuデン笠原 Schriften A. und NT (Munich); STRACK, Gen. (2nd ed., 1905); IDEM, Ez., Lev., Numbers (1894); OETTLI, Deut. a. schriften und NTの(ミュンヘン) ;シュトラック、 Gen 。と(第2版、 1905 ) ;同じ、 ezします。 、レフです。 、数字( 1894 ) ; oettli 、 deutです。 (1893); NOWACK, Handkomment. ( 1893 ) ;ノバック、 handkommentです。 zum AT (Gottingen); GUNKEL, Gen. (1901); BANTSCH, Ez., Lev., Numbers (1903); Deut. zum先(ゲッティンゲン) ;グンケル、 Gen 。と( 1901 ) ; bantsch 、 ezします。 、レフです。 、数字( 1903 ) ; deutです。 by STEUERNAGEL (1900); MARTI, Kurtzer Handommentar z.さsteuernagel ( 1900 ) ;マーティ、 kurtzer handommentar z. AT (Freiburg): HOLZINGER, Gen. (1898), Ez.先(フライブルク) : holzinger 、 Gen 。と( 1898 ) 、 ezです。 (1900), Numbers (1903); BERTHOLET, Lev. ( 1900 ) 、数字( 1903 ) ; bertholet 、レフです。 (1901), Deut. ( 1901 ) 、 deutです。 (1899); BOHMER, Das erste Buch Mose (Stuttgart, 1905); COOK, The Holy Bible according to the Authorized Version, I-II (London, 1877); SPENCE and EXELL, The Pulpit Commentary (London): WHITELAW, Gen.; RAWLINSON, Ex.; MEYRICK, Lev.; WINTERBOTHAM, Numbers; ALEXANDER, Deut.; The Expositor's Bible (London): DODS, Gen. (1887); CHADWICK, Exod. ( 1899 ) ;ベーマー、 das ersteブーフmose (シュツットガルト、 1905 ) ;クックは、聖書によると、正規版との比較、私- Ⅱ (ロンドン、 1877 ) ;スペンスとexell 、説教壇に解説(ロンドン) :ホワイトロー、世代。 ;ローリンソン、例です。 ; meyrick 、レフです。 ;ウィンターボーザム、数字;アレクサンダー、 deut 。 ;のエクスポジターの聖書(ロンドン) :ドッズ、 Gen 。と( 1887 ) ;チャドウィック、 exodです。 (1890); KELLOGG, Lev. ( 1890 ) ;ケロッグ、レフです。 (1891); WATSON, Numbers (1889); HARPER, Deut. ( 1891 ) ;ワトソン、数字( 1889 ) ;ハーパー、 deutです。 (1895); The International Critical Commentary (Edinburgh): GRAY, Numbers (1903); DRIVER, Deut. ( 1895 ) ;の国際的批判的論評(エジンバラ) :白黒、数字( 1903 ) ;ドライバ、 deutです。 (1895); SPURRELL, Notes on the Hebrew Text of Gen. (2nd ed., Oxford, 1896); GINSBURG, The Third Book of Moses (London, 1904); MACLAREN, The Books of Ex., Lev., and Numbers (London, 1906); IDEM, Deut. ( 1895 ) ; spurrell 、ヘブライ語のテキストを検索するノートGen 。と(第2版、オックスフォード、 1896 ) ;ギンズバーグ、 3番目の予約のムーサー(ロンドン、 1904 ) ;マクラーレンは、書籍の例です。 、レフです。 、と数字(ロンドン、 1906 ) ;同じ、 deutです。 (London, 1906); REUSS, L'histoire sainte et la loi (Paris, 1879); KUENEN, HOSYKAAS, and OORT, Het Oude Testament (Leyden, 1900-1). (ロンドン、 1906 ) ;ロイス、 l' histoireサントとラLoi社(パリ、 1879 ) ;キューネン、 hosykaas 、およびオールト、 hetアウデ遺言(ライデン、千九百から一) 。

Catholic Works:-The works of CAJETAN, OLEASTER, STEUCHUS EUGUBINUS, SANTE PAGINO, LIPPOMANNUS, HAMMER, B. POREIRA, ASORIUS MARTINENGUS, LORINUS, TIRINUS, A LAPIDE, CORN, JANSENIUS, BONFRERE, FRASSEN, CALMET, BRENTANO, DERESER, and SCHOLZ are either too well known or too unimportant to need further notice.カトリックの著作物: -の作品をcajetan 、グミ、 steuchus eugubinus 、サンテpagino 、 lippomannus 、ハンマー、 b. poreira 、 asorius martinengus 、 lorinus 、 tirinusは、ラピデ、トウモロコシ、ヤンセニウス、ボンフレール監督は、 frassen 、カルメ、ブレンターノ、 dereser 、およびショルツは、あまりにも取るに足りないのいずれかあまりにもよく知られまたはより詳細な通知を必要とします。 La Sainte Bible (Paris); CHELIER, La Genese (1889); IDEM, l'Exode et la Levitique (1886); TROCHON, Les Nombres et le Deuteronome (1887-8); Cursus Scripturae Sacrae (Paris); VON HUMMELAUER, Gen. (1895); Ex., Lev.ラサント聖書(パリ) ; chelier 、ラgenese ( 1889 ) ;同じ、 l' exodeとラlevitique ( 1886 ) ; trochon 、レnombres etルdeuteronome ( 1887から8まで) ; cursus scripturae sacrae (パリ) ;フォンhummelauer 、 Gen 。と( 1895 ) ;例です。 、レフです。 (1897); Num. ( 1897 ) ; NUM件です。 (1899); Deut. ( 1899 ) ; deutです。 (1901); SCHRANK, Comment. ( 1901 ) ; schrank 、コメントは得られなかった。 literal.リテラルのです。 in Gen. (1835); LAMY, Comment in l. 、 Gen 。と( 1835 ) ;ラミー、コメントをl. Gen. (Mechlin, 1883-4); TAPPEHORN, Erklarung der Gen. (Paderborn, 1888); HOBERG, Die Gen. nach dem Literalsinn erklart (Freiburg, 1899); FILLION, La Sainte Bible, I (Paris, 1888); NETELER, Das Buch Genesis der Vulgata und des hebraischen Textes ubersetzt und erklart (Munster, 1905); GIGOT, Special Introduction to the Study of the Old Testament, I (New York, 1901). Gen 。と(メクリン、 1883-4 ) ; tappehorn 、 erklarung der Gen 。と(パーダーボルン、 1888 ) ; hoberg 、死ぬGen 。とliteralsinn食後erklart (フライブルク、 1899 ) ; fillion 、ラサント聖書の、私(パリ、 1888 ) ; Netelerが、創世記der vulgata und dasブーフhebraischen textesデubersetzt und erklart (マンステール、 1905 ) ;ジゴ、特別な導入のことを勉強し、旧約聖書の、私(ニューヨーク、 1901 ) 。 Biblical Commission: Acta Apostolicoe Sedis (15 July, 1908); Rome (17 July, 1909).聖書委員会:ログapostolicoe位置不明( 7月15日、 1908 ) ;ローマ( 1909年7月17日) 。


Deuteronomy申命記

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The Laws in Deuteronomy.申命記の法を遵守される。

-Critical View:クリティカルな対象:

Relation to Other Codes.関連して他のコードです。

Aim and Scope of Deuteronomy.申命記の範囲を目的とします。

The Love of God.神の愛です。

Love of Neighbors.愛の近所の人たちです。

Song and Blessing of Moses.歌と祝福のムーサーです。

Age and Authorship of Deuteronomy.原作者の年齢や申命記です。

Influence on Subsequent Writers.その後の影響を及ぼす作家です。

Its Composite Character.その複合文字です。

Style of Deuteronomy.スタイルの申命記です。

-Critical View:クリティカルな対象:

Analysis of Sources.解析のソースです。

Variations of Analysis.パターンの解析です。

Supposed Sources of xxvii.-xxx. xxvii. - xxxに源を仮定します。

Date and Tendency.日付と傾向です。

Different Dates Assigned.別の日程に割り当てられた。

Sources and Redaction.ソースを改訂します。

The fifth book of the Pentateuch, called in Hebrew "Debarim" (Words), from the opening phrase "Eleh ha-debarim."; in Rabbinical Hebrew it is known also as "Mishneh Torah."第5回予約は、五、 inヘブライ語と呼ばれる" debarim " (言葉) 、フレーズからの開放" elehハ- debarimです。 " ;のラビヘブライ語ことがわかっても、 "律法mishneh 。 " The English appellation is derived from the name which the book bears in the Septuagint (Δευτερουόμιου) and in the Vulgate (Deuteronomium); and this is based upon the erroneous Septuagint rendering of "mishnch ha-torah ha-zot" (xvii. 18), which grammatically can mean only "a repetition [that is, a copy] of this law," but which is rendered by the Septuagint τὸ Δευτερουόμιου τοῦτο, as though the expression meant "this repetition of the law."名称は、英語の名前に由来は、予約のクマは、セプトゥアギンタ( δευτερουόμιου )とは、ウルガタ聖書( deuteronomium ) ;とこれはセプトゥアギンタのレンダリングを誤ったに基づいて"律法mishnchハ-ハ-ズシーン" ( xvii. 18 ) 、これは、文法的に意味のみ"を繰り返し[それは、コピー]は、次の法では、 "しかし、これはレンダリングされたセプトゥアギンタτὸ δευτερουόμιου τοῦτο 、まるで意味の表現"これの繰り返しをしている。 " While, however, the name is thus a mistranslation, it is not inappropriate; for the book does include, by the side of much new matter, a repetition or reformulation of a large part of the laws found in the non-priestly sections (known as "JE") of Exodus.が、しかし、このように、誤訳の名前は、不適切なことではない;は、予約が含まれ、される側の多くの新しい問題は、改質の繰り返しまたは法律の大部分を発見された非聖職者のセクション(既知のとして"は" )の出エジプト記です。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The book of Deuteronomy consists in the main of the discourses which Moses is represented as having delivered, immediately before his death (i. 3), on the other side of Jordan for the purpose of teaching the Israelites the laws which theywere to obey, and the spirit in which they were to obey them, when they should be settled in the Promised Land.この本の構成は、メインの申命記の談話で表されることが配信さムーサーは、彼の死の直前( i. 3 ) 、ヨルダンの反対側の授業のために、イスラエルの法律に従うのtheywere 、およびの精神に従うことを判別できないことが、かれらは、約束の地に解決すべきである。 Disregarding introductions and other subsidiary matter, the contents of the book may be summarized as follows:無視紹介や他の子会社の問題は、その本の内容を次のように要約される5月:

Ch.あなたのです。 i.わたし。 6-iv. 6 - Ⅳ 。 40: Moses' first discourse, consisting (i.-iii.) of a review of the providential guidance of the Israelites through the wilderness to the border of the Promised Land, and concluding (iv.) with an eloquent appeal not to forget the great truths, especially the spirituality of their God, impressed upon them at Horeb. 40 :モーゼの最初の談話は、構成( i. - Ⅲ 。 )をした日は、摂理の指導を通じて、イスラエルとの国境の荒野を約束の地、と締結( iv. )に説得力のアピールを忘れていない素晴らしい真理、特に彼らの神の霊を、かれらはホレブ感心します。 Ch.あなたのです。 v.-xxvi., xxviii. v. -二十六、二十八です。 1-xxix. 1 - 29 。 1: Moses' second discourse, containing the exposition of the Deuteronomic law, and forming the central and most characteristic portion of the book. 1 :ムーサー' 2番目談話は、法を含むdeuteronomicに付随する、と形成して中央で最も特徴的部分を予約します。 It consists of two parts:の2つの部分で構成さ:

(1) ch. ( 1 )あなたのです。 v.-xi., a hortatory introduction, developing the first commandment of the Decalogue, and inculcating the general theocratic principles by which Israel, as a nation, is to be governed; v.-xi.は、激励のはじめに、発展途上の最初の戒め、十戒、との原則をどのinculcating全般神政イスラエル、日本、国としてのは、支配される;

(2) ch. ( 2 )あなたのです。 xii.-xxvi., the code of special laws, followed (xxviii. 1-xxix. 1) by a solenm rehearsal of the blessings and curses attached respectively to the observance and neglect of the Deuteronomic law. xii. - 26 。 、特別法のコードを、それに続く( 1 - 29 xxviii.です。 1 )されたsolenm祝福と呪いのリハーサルを添付して、それぞれdeuteronomic法の遵守を無視します。 [Ch. [あなたのです。 xxvii. 27 。 consists of instructions (interrupting the discourse of Moses, and narrated in the third person) relative to a ceremony by which the nation, after entering Canaan, is to symbolize its ratification of the preceding code; see Josh.構成の手引き(談話を中断するムーサーよ、とナレーションで3番目の人)で行われたセレモニーには相対的には、国、カナンの地を入力した後、その批准を象徴するのは、上記のコード;参照ジョシュです。 viii, 30-35.] Ch. viii 、 30-35 。 ]あなたのです。 xxix. 29 。 2-xxx. 2 - xxxにします。 20: Moses' third discourse, emphasizing afresh the fundamental duty of loyalty to Yhwh and the dangers of apostasy. 20 :モーゼの第3談話は、今さらのように基本的な義務を強調するに忠誠を背教の危険性をyhwhとします。 Ch.あなたのです。 xxxi.-xxxiv.: Moses' last words of encouragement addressed to the people and to Joshua; his song (xxxii. 1-43) and blessing (xxxiii.); the account of his death (xxxiv.). xxxi. - 34です。 :モーゼス'最後の励ましの言葉を宛ての人々とジョシュア;彼の歌( xxxii. 1から43 )と祝福( xxxiii. ) ;のアカウントの彼の死( xxxiv. ) 。

It is characteristic of the discourses of Deuteronomy that the writer's aim is throughout parenetic: both in the two historical retrospects (i.-iii., ix. 9-x. 11), and in passing allusions elsewhere (as xi. 2-6; xxiii. 4, 5; xxiv. 9), he appeals to history for the sake of the lessons deducible from it; and in his treatment of the laws, he does not merely collect or repeat a series of legal enactments, but he "expounds" them (i. 5); that is, he develops them with reference to the moral and religious purposes which they subserve, and to the motives from which the Israelite ought to obey them.これは申命記のディスコースとの特徴は、作家の目的は、全体parenetic : 2つの歴史の両方でretrospects ( i. - Ⅲ 。 、 9世です。 9 - ×です。 11 ) 、および他の通過allusions ( XI 。の2-6 ; XXIII近くにございます。 4 、 5 ; 24 。 9 ) 、彼の訴えをするために歴史の教訓から推論できること、そして彼の治療法は、彼は単に収集されたりを繰り返し、一連の法的enactments 、しかし、彼は"解説"彼ら( i. 5 ) ;それは、彼を開発して、道徳的、宗教的な目的の参照を補助するが彼らとの動機からは、イスラエルに従うするべきです。 It is a further characteristic of the discourses that they are, in both the historical and the legal parts, dependent upon the narrative and laws, respectively, of JE in Exodus and Numbers; entire phrases from the earlier document being frequently embedded in them (compare Deut. i. 33, 35, 36 with Ex. xiii. 21, and Num. xiv. 23, 24 respectively; and Deut. xvi. 16, 19 with Ex. xxiii. 6, 8, 17).それは、より詳細な特徴は、談話しては、の両方での歴史的、法的な部品、および法令を物語に依存して、それぞれ、と数字は、出エジプト記;全体のフレーズから、以前のドキュメントが頻繁に埋め込まれている(比較deut 。 i. 33 、 35 、 36 、元です。 13 。 21日、とNUM件です。 14 。 23日、 24日、それぞれ、およびdeut 。 16 。 16日、 19日に例です。 XXIII近くにございます。 6 、 8 、 17 ) 。

The Laws in Deuteronomy.申命記の法を遵守される。

The following is an outline of the laws in Deuteronomy, the asterisk (*) denoting those laws which are peculiar to Deuteronomy, and the dagger († or ‡) those which differ more or less materially in their provisions from those in JE and P respectively.は、次のは申命記の概要を明らかに法では、アスタリスク( * )のしるしがこれらの法律に特有の申命記、および、ダガー( †や‡ )が異なるこれらの物質は多かれ少なかれ彼らには、これらの規定とPそれぞれです。 For a more complete synoptical table see Driver's "Introduction to the Literature of the OT" 7th ed., pp.についてもっと完全な一覧表を参照ドライバの"文学を紹介してot "第7回エド。 、 pp 。 73 et seq., or his Commentary on Deuteronomy, pp. 73頁以降を参照。か、または自分の解説を申命記、 pp 。 iv. Ⅳ 。 et seq.頁以降を参照。

i.わたし。 Religious Observances:宗教的な儀式:

1. 1 。 Law of single sanctuary, xii.法の1つの聖域、 12です。 1-28‡ (burnt offerings, sacrifices [ie, peace-offerings, tithes, heave-offerings [first-fruits and other offerings from the produce of the soil], vows, free-will offerings, and firstlings, all to be offered at the central sanctuary). 1-28 ‡ (焦げた提供、犠牲[すなわち、平和を提供、十分の一、吐き気を催す-提供[最初-果物や他のサービスからの生産は、土壌] 、契りを結ぶ、自由意志で提供し、 firstlings 、すべてをご提供は、中央サンクチュアリ)です。

2. 2 。 Laws against the worship of "other gods," xii.崇拝反対する法律"他の神々を、 " 12です。 29-31, xiii*. 29-31 、 13 *.

3. 3 。 Sanctity of the laity, xiv.神聖は、信徒は、 14です。 1-21 (person not to be disfigured in mourning, xiv. 1-2; law of clean and unclean animals, xiv. 3-20; flesh of animals dying a natural death not to be eaten, xiv. 21). 1-21 ( disfigured人にしないように喪に服して、 14 。 1-2 ;法の清潔度や不浄な動物、 14 。 3-20 ;死にかけている動物の肉を食べていない自然な死、 14 。 21 ) 。

4. 4 。 Laws tending to ameliorate the condition of the poor, xiv.法律の世話を非常に悪い状態を改善する、 14 。 22-xv. 22 - 15 。 18 (disposition of the charitable tithe, xiv. 22-29‡; relief secured to debtors every seventh year, xv. 1-11†‡; law of slavery, xv. 12-18†‡). 18 (十分の一の慈善の処分は、 14です。 22-29 ‡ ;七年ごとに債務救済を確保、 15 。 1-11 † ‡ ;法の奴隷制、 15 。 12-18 † ‡ ) 。

5. 5 。 Offerings and festivals (firstling males to be offered to Yhwh, xv. 19-23‡; regulations respecting the observance of the three annual pilgrimages, xvi. 1-17‡).提供やフェスティバル(初子男性yhwhを提供する、 15 。 19-23 ‡ ;規制の遵守を尊重しての3つの毎年恒例の巡礼、 16 。 1-17 ‡ ) 。

ii. Ⅱ 。 The Office-Bearers of the Theocracy:神権政治を担う人々のオフィス:

1. 1 。 Judges to be appointed in every city, xvi.裁判官に任命されるすべての市、 16 。 18*; and judgment to be impartial, xvi. 18 * ;と判断される公平な、 16 。 19, 20. 19日、 20 。 [Ch. [あなたのです。 xvi. 16 。 21-22, asherahs and "pillars" prohibited; xvii. 21-22 、 asherahsと"柱"禁止されて; 17 。 1, sacrifices to be without blemish; xvii. 1 、犠牲にせずに汚点; 17 。 2-7, an Israelite convicted of idolatry to be stoned to death*.] 2-7は、有罪判決を偶像崇拝されるイスラエルに死の境をさまよう*. ]

2. 2 。 The supreme central tribunal, xvii.中央の最高裁判所は、 17です。 8-13*. 8-13 *.

3. 3 。 The king, xvii.ザキング、 17 。 14-20 (theocratic conditions which the monarchy is to satisfy*). 14-20 (神政の条件を満たすためには、君主制* ) 。

4. 4 。 Rights and revenues of the priestly tribe, xviii.聖職者の権利と売上高は、部族、 18です。 1-8*. 1-8 *.

5. 5 。 The prophet, xviii.預言者ムハンマドは、 18です。 9-22* (verses 10, 11 against different forms of magic and divination-expansion of Ex. xxii. 18). 9-22 * (詩10 、 11に対してさまざまな形の魔法と占い-の拡大を例です。 xxii 。 。 。 18 ) 。

iii. Ⅲ 。 Criminal Law:刑事法:

1. 1 。 Manslaughter and murder, xix.過失致死と殺人、 19 。 1-13 (cities of refuge†). 1-13 (都市の避難所† ) 。

2. 2 。 Against removal of boundary-stones, xix.反対の除去境界石、 19 。 14*. 14 *.

3. 3 。 Law of witness, xix.法の目撃者は、 19です。 15-21 (compare xvii. 6). 15-21 ( 17比較します。 6 ) 。 [Four laws designed to secure self-control and forbearance in the conduct of war, xx.* and xxi. [ 4つの法律に設計さを確保する自己制御と寛容の戦争を行う際、イグゼクス.*およびxxi 。 10-14*; compare xxiv. 10-14 * ;比較24 。 5*.] 5 *. ]

iv. Ⅳ 。 Miscellaneous Laws Relating Chiefly to Civil and Domestic Life: Symbolical rite of expiation for an untraced murder, xxi.主に民事に関する法律およびその他の国内での生活:象徴儀式殺人の罪の償いに追跡されていない、 xxi 。 1-9*; primogeniture, xxi. 1-9 * ;長子相続、 xxi 。 15-17*; treatment of an undutiful son, xxi. 15-17 * ;治療の不孝者、 xxi 。 18-21*; treatment of the body of a malefactor, xxi. 18-21 * ;治療の遺体が、悪人、 xxi 。 22-23*; lost cattle or other property to be restored to owner, xxii. 22-23 * ;失われた牛やその他の財産を所有者に復元され、 xxii 。 1-4; sexes not to interchange garments, xxii. 1-4 ;男女インターチェンジしないように服装、 xxii 。 5*; motherbird not to be taken with nest, xxii 6, 7*; parapets on roofs, xxii. 5 * ; motherbirdしないように巣の中に服用し、 xxii 6 、 7 * ;欄干に屋根、 xxii 。 8*; prohibition of non-natural mixtures and combinations, xxii. 8 * ;禁止の非天然混合物との組み合わせ、 xxii 。 9-11; law of fringes, xxii. 9-11 ;法の縞、 xxii 。 12; slander against a newly married maiden, xxii. 12 ;中傷に対して、新たに結婚メイデン、 xxii 。 13-21*; adultery and seduction, xxii. 13-21 * ;不倫や誘惑、 xxii 。 22-29; prohibition of marriage with stepmother, xxii. 22-29 ;禁止との結婚生活の継母、 xxii 。 30; conditions of admittance into the theocratic community, xxiii. 30 ;条件のアドミタンスを神政コミュニティ、 23 。 1-8*; cleanliness in the camp, xxiii. 1-8 * ;清潔で、キャンプ、 XXIII近くにございます。 9-14‡; humanity to escaped slave, xxiii. 9-14 ‡ ;人類をエスケープスレーブ、 XXIII近くにございます。 15-16*; religious prostitution forbidden, xxiii. 15-16 * ;宗教的な買春禁止されて、 23です。 17-18*; usury (interest), xxiii. 17-18 * ;高利貸し(関心) 、 23 。 19-20; vows, xxiii. 19-20 ;の誓い、 23です。 21-23; regard for neighbor's crops, xxiii. 21-23 ;払うべき注意を払って隣の作物は、 23です。 24-25*; divorce, xxiv. 24-25 * ;離婚、 24です。 1-4*; pledges, xxiv. 1-4 * ;公約は、 24です。 6, 10-13; man-stealing, xxiv. 6 、 10-13 ;男-窃盗、 24です。 7; leprosy, xxiv. 7 ;ハンセン病、 24です。 8-9; wages of hired servant not to be detained, xxiv. 8-9 ;賃金の使用人に勾留されるしないように、 24 。 14-15; criminal's family not to be punished with him, xxiv. 14-15 ;犯罪者の家族のしないように罰せられる彼は、 24です。 16*; justice toward "stranger" (ie, resident foreigner), widow, and orphan, xxiv. 16 * ;正義に向け"見知らぬ人" (すなわち、居住外国人) 、未亡人、孤児、 24です。 17-18; gleanings, xxiv. 17-18 ; gleanings 、 24です。 19-22; limit to stripes xxv. 19-22 ;上限を25縞模様です。 1-3*; ox not to be muzzled while threshing, xxv. 1-3 * ; muzzledながら脱穀される牛は、 25です。 4*; levirate marriage, xxv. 4 * ;レビレート婚結婚、 25 。 5-10*; modesty in women xxv. 5-10 * ;慎み深さでは女性の25です。 11, 12* just weights and measures, xxv. 11 、 12 *だけ度量衡、 25です。 13-16; liturgical directions for the offering of first-fruits and of the triennial tithe, xxvi. 13-16 ;典礼方向への提供を第一に、果物や、 3年ごとの十分の一、二十六です。 1-15*. 1-15 *.

The moral and religious duties which form the subject of the imprecations in xxvii.道徳的、宗教的義務を形成してアジ研は、二十七imprecationsにします。 15-26 should likewise be noted, as also the injunctions occurring in other parts of the book, or introduced more or less incidentally in xii.-xxvi-as v. 6-21 (the Decalogue, repeated, with variations in the subordinate clauses, from Ex. xx. 2-17); vi. 15-26は、同様に注意、命令と同様に、書籍のほかの部分に発生するか、または導入を多かれ少なかれちなみにxii. - 26 -としてv. 6月21日(十戒、繰り返される、とのパターンは、下位の節、より例です。イグゼクスします。 2-17 ) ; Ⅵ 。 8 and xi. 8およびXiです。 18 (the law of frontlets); vi. 18 (同法のfrontlets ) ; Ⅵ 。 14 and xi. 14およびXiです。 16 (against "other gods"); xii. 16日(対"他の神々 " ) ; 12 。 16, 23-25, and xv. 16日、 23-25 、および15です。 23 (blood not to be eaten); xix. 23日(血液しないで食べて) ; 19 。 21 ("the lex talionis)." 21 ( "復しゅう法) 。 "

-Critical View:クリティカルな対象:

I. If the Deutcronomic laws are compared carefully with the three codes contained in Exodus and Numbers, it will be apparent that they stand in a different relation to each: i. deutcronomic法の場合、の3つのコードに比べて慎重に出エジプト記と、数字に含まれて、それは明らかにして立って、別の関連して、各:

(1) The laws in JE-namely, Ex. ( 1 )の法律では-すなわち、例です。 xx-xxiii.イグゼクス- 23です。 (repeated partially in Ex. xxxiv. 10-26), and the kindred section, Ex. (部分的に繰り返される例です。 34 。 10月26日) 、および、類似のセクションでは、例です。 xiii. 13 。 3-16-form the foundation of the Deuteronomic legislation.三から十六- deuteronomic立法基盤を形成する。 This is evident partly from the numerous verbal coincidences referred to above-whole clauses, and sometimes even an entire law, being repeated verbatim-and partly from the fact that frequently a law in Deuteronomy consists of an expansion, or application to particular cases, of a principle laid down more briefly in Exodus (compare, for instance, Deut. xiii., xvii. 2-7, withEx. xxii. 20; Deut. xvi. 1-17 with Ex. xxiii. 14-17; and Deut. xviii. 10, 11 with Ex. xxii. 18).これは明らかな部分から、多くの言葉を偶然の積み重ねの上-全体の節を参照し、時には全体の法では、逐語的に繰り返されると部分という事実から、申命記で構成する法律が頻繁に拡大か、またはアプリケーションを特定の場合、原則をもっと簡単に敷設出エジプト記(比較、例えば、 deut 。 13 。 、 17 。 2-7 、 withex 。 xxii 。 20 ; deut 。 16 。 1-17に例です。 XXIII近くにございます。 14-17 ;とdeutです。 18 。 10 、 11 、元です。 xxii 。 。 。 18 ) 。 The civil and social enactments which are new in Deuteronomy make provision chiefly for cases likely to arise in a more highly organized community than is contemplated in the legislation of Ex.市民や社会enactmentsで新しい申命記が主に提供する場合に発生するように他の予定よりも高度に組織化されたコミュニティは、立法の例です。 xx.-xxiii. xx. - 23です。

(2) With the laws contained principally in Lev. ( 2 )主にレフの法律に含まれる。 xvii.-xxvi. xvii. - 26です。 (the law of holiness, known as "H"), there are parallels in Deuteronomy (chiefly moral injunctions); but though in such cases the substance is often similar, the expression is nearly always different (compare, for instance, Deut. xiv. 1 with Lev. xix. 28; Deut. xvi. 19, 20 with Lev. xix. 15; Deut. xxiv. 19-22 with Lev. xix. 9, 10); and it can not be said that the legislation of Deuteronomy is in any sense an expansion or development of that in Lev. (同法のホーリネスとして知られる" H "を) 、それとの類似点を申命記(主に道徳的な命令) ;しかし、このような場合にかかわらず、同様の物質が多い、という表現はほとんど常に異なる(比較、例えば、 deut 。 14です。 1件レフです。 19 。 28 ; deut 。 16 。 19 、 20 、レフです。 19 。 15 ; deut 。 24 。 19-22でレフです。 19 。 9日、 10 ) ;とそれによると、立法することはできませんの申命記は、いかなる意味において、レフの拡大や開発をしています。 xvii.-xxvi. xvii. - 26です。 The one exception is the description of clean and unclean animals in xiv.の1つの例外は、不浄な動物との説明を清潔度で14です。 4a, 6-19a, which agrees in the main verbally with Lev. 4A面、 6 - 19a 、これに同意を口頭での主なレフです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 2b-20. 2B面- 20 。

Relation to Other Codes.関連して他のコードです。

(3) With the ceremonial laws contained in the other parts of Leviticus, and in Numbers (P), Deuteronomy is only remotely related: there are no verbal parallels. ( 3 )法律の儀式の他の部分に含まれているレビ記、および数字( p )の、申命記はわずかリモート関連:言葉の類似点がない。 Some of the institutions and observances codified in P are indeed mentioned, as, for instance burnt and peace-offerings, fire-sacrifices, heave-offerings, the distinction between clean and unclean, a Torah for leprosy (xxiv. 8); but they are destitute of the central significance which they hold in the system of P; while many of the fundamental institutions of P-as the distinction between the priests and the common Levites; the Levitical cities and the year of jubilee; the cereal-offering; the guilt and sin-offering; the great Day of Atonement-are not referred to in Deuteronomy at all; and in the laws which do touch common ground, great, and, indeed, in some cases, irreconcilable, discrepancies frequently display themselves.いくつかの機関や慣例体系化さpは確かに言及したように、として、例えば焦げたと平和を-提供は、火災の犠牲を払う、吐き気を催す-サービス、清潔度との区別は、不浄のは、律法のハンセン病( xxiv. 8 ) ;しかし、彼ら極貧のは、中央の意義がその保有するシステムのP ;中の多くは、根本的な機関はp -としての区別は、司祭との共通のlevites ; levitical都市との年のジュビリー;の穀物-を提供し、罪悪感と罪-を提供し、偉大な日の償い-申命記で参照されていないすべての法律との接触を行う共通の基盤は、大きな、そして、実際、いくつかのケースは、相いれない、頻繁に表示さの違いだ。 Thus the Deuteronomic legislation may be termed an expansion of the body of laws contained in JE; it is, in several features, parallel to that contained in H; it contains allusions to laws similar to-it can not be said identical with-those codified in some parts of P; while its provisions sometimes differ widely from those found in other parts of P.したがって、 5月にdeuteronomic立法の拡大を表現するための法律の体内に含まれては;ことは、いくつかの機能が含まれて平行してh ;が含まれallusionsに似て-ことを法律によると同じにすることはできません-それらの体系化いくつかのパーツはp ;ながら、これらの規定によって異なるが見つかりました内の他の部分より広く、 p.

Aim and Scope of Deuteronomy.申命記の範囲を目的とします。

The Deuteronomic discourses may be said to comprise three elements-a historical, a legislative, and a parenctic. deuteronomic談話によると、 5月に歴史的な3つの要素を構成は、立法、とparencticです。 Of these the parenetic element is both the most characteristic and the most important; for it is devoted to the inculcation of certain fundamental religious and moral principles upon which the writer lays great stress.これらの要素はpareneticの両方のほとんどの特性との最も重要な;を説くことに専念することは、特定の基本的な宗教や道徳的な原則に基づいて作られているWriter大きなストレスを産む。 The historical element is subservient to the parenctic, the references to history, as has been already remarked, having nearly always a didactic aim.の歴史的要素が従属してparencticは、履歴を参照し、としてはすでには、ほぼ常に教則を狙う。 The legislative element, though obviously, in many of its features, tending directly to secure the national well-being, and possessing consequently an independent value of its own, is by the writer of Deuteronomy viewed primarily as a vehicle for exemplifying the principles which it is the main object of his book to enforce.立法の要素は明らかには、その機能の多くは、世話を直接国民の幸福を確保すること、およびその結果、独立の値を所持、独自の、申命記は、その作家の人気は主に車両の原則にそれをexemplifying彼の本は、メインのオブジェクトを強制的に適用します。 The author wrote, it is evident, under a keen sense of the perils of idolatry; and to guard Israel against this, by insisting earnestly on the debt of gratitude and obedience which it owes to its sovereign Lord, is the fundamental teaching of his book.書いたの著者、それは明らかに、鋭い感覚の下では、危険の偶像崇拝;と対イスラエルを保護するには、真剣さを主張し、感謝の念と服従の借金を抱えてそれを今上負債が、彼の本は、基本的な教育です。 Accordingly the truths on which he loves to dwell are the sole godhead of Yhwh, His spirituality (Deut. iv.), His choice of Israel, and the love and faithfulness which He has manifested toward it; from which are deduced the great practical duties of loyal and loving devotion to Him, an absolute and uncompromising repudiation of all false gods, a warm and spontaneous obedience to His will, and a large-hearted and generous attitude toward men.したがって、彼が大好きに住む上で真理の唯一の神性のyhwhは、彼の精神( deut. Ⅳ 。 ) 、彼の選択、イスラエル、との愛と貞節を彼は明らかに向かって;からの推定では偉大な実用的な職務の忠誠心と愛情に満ちた献身をしてしまったら、と妥協のない絶対的な拒絶のすべての偽りの神々を、彼の暖かいとの服従を自発的にし、大規模な心を持ったと寛大な態度を取るの男性です。

The Love of God.神の愛です。

The central and principal discourse (v.-xxvi., xxviii.) opens with the Decalogue; and the first commandment, "Thou shalt have no other gods before me," may be said to be the text which in the rest of ch.中央と校長の談話(動- 26 。 、 28 。 )ポップアップの十戒;との最初の戒め、 "なたshaltがない他の神々を前に私は、 " 5月によるとされるテキストの上で、あなたの残りの部分です。 v.-xi. is eloquently and movingly expanded.雄弁とmovinglyが展開されます。 Yhwh is, moreover, a spiritual being: hence no sensible representation can be framed of Him. yhwhは、また、 、精神的な存在:それゆえのフレームのが賢明な表現だ。 Still less should Israel's devotions be paid to any other material object (iv. 12, 15-19).まだ少ないが、イスラエルの祈りを他の材料に有料オブジェクト( iv. 12日、 15-19 ) 。 Yhwh has chosen Israel; and, in fulfilment of the promises given to its forefathers, has wonderfully delivered it from its bondage in Egypt, and assigned it a home in a bounteous and fertile land, to take possession of which it is now on the point of crossing the Jordan (vi. 10, 11; viii. 7-10). yhwhが選ばれたイスラエル;と、与えられたその約束を履行としての祖先は、その奴隷となってからは、驚くほど配信エジプトでは、割り当てられたことをホームにすると気前のよい肥沃な土地と、所持を取るそれが今すぐ上のポイントの交差点のヨルダン( vi. 10 、 11 ; Ⅷ 。 7-10 ) 。 In return for all these benefits it is the Israelite's duty to fear and to love Yhwh-to fear Him as the great and mighty God, whose judgments strike terror into all beholders (iv. 32-36, xi. 2-7); and to love Him on account of the affection and constancy with which, even as a father, He has ever dealt with Israel.これらの利点と引き換えにすべての義務を負うことは、イスラエルの恐怖と彼を愛するyhwh -を恐れると偉大な偉大な神として、その判断のすべての心胆をbeholders ( iv. 32-36 、 XI 。の2-7 ) ;と彼にアカウントを好きには、愛情との恒常性を、父親としても、彼はイスラエルまで扱っています。 The love of God, an all-absorbing sense of personal devotion to Him, is propounded in Deuteronomy as the primary spring of human duty (vi. 5); it is the duty which is the direct corollary of the character of God and of Israel's relation to Him; the Israelite is to love Him with undivided affection ("with all thine heart, and with all thy soul," vi. 5; xiii. 3; xxx. 6; and elsewhere-an expression characteristic of Deuteronomy), renouncing everything that is in any degree inconsistent with loyalty to Him.神の愛は、すべてを吸収する意味での個人的な献身をしてしまったら、申命記が提唱さの主な春の人間としての義務( vi. 5 ) ;ことは、当然の義務は、直接の性格を神とイスラエルの関連して彼を愛していると、イスラエルは非分愛情( "すべてのいつもの心臓、およびすべてのなたの魂、 " Ⅵ 。 5 ; 13 。 3 ; xxx 。 6 ;やその他の特徴を表現-申命記) 、放棄すべてのものはどの程度に忠誠を矛盾していた。

This brings with it, on the one hand, an earnest and entire repudiation of all false gods, and of every rite or practise connected with idolatry; and, on the other hand, a cheerful and ready acquiescence in the positive commandments which He has laid down.これにより、それは、 [ 1つの手は、真剣に、全体のすべての偽りの神々を拒否し、練習のすべての接続性の儀式や偶像崇拝、および、その一方で、陽気なと戒めの正の準備を黙認し彼はlaid下に。 Of nothing is the Israelite more repeatedly and emphatically warned in Deuteronomy than of the temptations to idolatry, and of the perils of yielding to them.イスラエルのない所に煙は、申命記の他にも、繰り返し、きっぱりと警告し、誘惑を偶像崇拝し、危険性は、降伏しています。 The heathen populations of Canaan are to be exterminated; no intermarriage, or other intercourse with them, is to be permitted; and their places of worship and religious symbols are to be ruthlessly destroyed (vii. 2-5; xii. 2, 3).カナンの異教徒の人口が根絶される;ない結婚、またはその他の関係にあることは、許可される;とその礼拝の無慈悲と宗教的なシンボルが破壊される( vii. 2-5 ; Ⅹ Ⅱ 。 2 、 3 )です。 Israel must ever remember that it is "holy" to Yhwh (vii. 6; xiv. 2, 21; xxvi. 19; xxviii. 9).イスラエルまで覚えている必要があります。それは"神聖"をyhwh ( vii. 6 ; 14 。 2 、 21 ;二十六です。 19 ;二十八です。 9 ) 。 Canaanitish forms of divination and magic are not to be tolerated; an authorized order of prophets is to supply in Israel, so far as Yhwh permits it, the information and counsel for which other nations resorted to augurs and soothsayers (xviii. 9-19).占いと魔法の形態のcanaanitishが容認される;の認定を供給するための預言者は、イスラエル、日本、 yhwh許可証としてこれまでのところそれは、情報と助言を他の国とaugurs resortedをsoothsayers ( xviii. 9-19 )です。 Local shrines and altars, even though ostensibly dedicated to the worship of the true God, were liable to contamination, on the part of the unspiritual Israelites, by the admixtureof heathen rites; accordingly, the three great annual feasts are to be observed, and all sacrifices and other religious dues are to be rendered, it is repeatedly and strongly insisted, at a single central sanctuary, "the place which Yhwh shall choose . . . to set his name there" (xii. 5-7, 11, 14, 18, 26, and elsewhere).ローカル神社や祭壇にもかかわらず、専用の表向きの真の神を崇拝するのは、汚染が責任を、イスラエル側で霊的ではない、異教徒の儀式をadmixtureof ;したがって、の3つの素晴らしい観測される毎年恒例のお祭り、およびすべての会費やその他の宗教的な犠牲がレンダリングされる、それは、繰り返し、強く主張するには、 1つの中央サンクチュアリ、 " yhwh限りの場所を選択します。 。 。 。 。を設定する彼の名前が" ( xii. 5-7 、 11日、 14日、 18日、 26日、および他の)です。 Obedience to these commands, if it come from the heart and be sincere, will bring with it the blessing of Yhwh: disobedience will end in national disaster and exile (vi. 14-15, vii. 12-16, viii. 19, and especially xxviii.).これらのコマンドの服従を、心とから来る場合には誠実させるおそれの祝福をyhwh :不服従は、最後に国家災害や亡命者( vi. 14-15 、 Ⅶ 。 12-16 、 Ⅷ 。 19日、と特に28 。 ) 。

Love of Neighbors.愛の近所の人たちです。

The practical form which devotion to Yhwh is to take is not, however, to be confined to religious duties, strictly so called.の実用的な形を取るに心酔してyhwhではないが、しかし、宗教上の義務に限局して、厳格いわゆるします。 It is to embrace also the Israelite's social and domestic life, and it is to determine his attitude toward the moral and civil ordinances prescribed to him.これはまた、イスラエルの社会を受け入れると国内での生活、彼の態度を決定することが道徳的に向かって、市民条例に規定している。 The individual laws contained in ch.あなたの個々の法律に含まれています。 xii.-xxvi. xii. - 26です。 are designed for the moral and social well-being of the nation; and it is the Israelite's duty to obey them accordingly.に設計さは、道徳的かつ社会福祉、国、およびそれは、イスラエルの義務に従うしてください。 Love of God involves the love of one's neighbor, and the avoidance of any act which may be detrimental to a neighbors' welfare.神の愛の愛の1つは、隣の席の人との回避される可能性を阻害する行為を近所の福祉です。 The Israelite must comport himself accordingly.したがって、イスラエル必要があります。コンポート自身です。 Duties involving directly the application of a moral principle are especially insisted on, particularly justice, integrity, equity, philanthropy, and generosity; and the laws embodying such principles are manifestly of paramount importance in the writer's eyes.アプリケーションに直接関与する義務的な道徳原則を主張しては、特に、特に正義、誠実、公平、慈善事業、および寛大さと、このような原則を具現法の最も重要なのは、明らかにその作家の目のです。 Judges are to be appointed in every city, who are to administer justice with the strictest impartiality (xvi. 18-20).裁判官に任命されるすべての市、 whoは、正義と厳しい公平性を管理する( xvi. 18-20 ) 。 Fathers are not to be condemned judicially for the crimes of their children; nor children for the crimes of their fathers (xxiv.16).司法上の祖先はない非難されるのは、子供たちの犯罪;も子供たちを、自分の父親の犯罪を( xxiv.16 ) 。 Just weights and measures are to be used in all commercial transactions (xxv. 13-16); grave moral offenses are punished severely; death is the penalty not only for murder, but also for incorrigible behavior in a son, for unchastity, for adultery, and for man-stealing (xxi. 18-21, xxii. 20-27, xxiv. 7).度量衡されるだけで使用されすべての商取引( xxv. 13-16 ) ;重大な道徳的な犯罪の処罰深刻な;死は、殺人罪で罰金だけでなく、救いようのない行動をするだけでなく、息子、不貞、姦通、および男-窃盗( xxi. 18-21 、 xxii 。 20-27 、 24 。 7 ) 。

But the author's ruling motive is humanity, whereever considerations of religion or morality do not force him to repress it.しかし、著者の動機は、人類の判決は、宗教や道徳どこの考慮事項はありません彼に力を抑圧してください。 Thus philanthropy, promptitude, and liberality are to be shown toward those in difficulty and want-as the indigent in need of a loan (xv. 7-11); a slave at the time of his manumission (xv. 13-15); a fugitive (xxiii. 15, 16); a hired servant (xxiv. 14, 15); the "stranger [ie, resident foreigner], the fatherless, and the widow" (xiv. 29, and frequently elsewhere).このように慈善事業は、敏速、と気前のよさを表示するに向かっこれらの会社は困難に直面しインディジェントしたい-として、融資を必要とする( xv. 7-11 ) ;する時点で、彼の奴隷解放( xv. 13-15 ) ;逃亡( xxiii. 15日、 16 ) ;する使用人( xxiv. 14日、 15 ) ;の"ストレンジャー[すなわち、永住外国人]は、母子、との未亡人" ( xiv. 29日、と頻繁にほかの場所)です。 Gratitude and a sense of sympathy, evoked by the recollection of Israel's own past, are frequently appealed to as the motives by which the Israelite should in such cases be actuated (x. 19, "For ye were strangers in the land of Egypt"; xv. 15; xvi. 12; xxiv. 18, 22, "and thou shalt remember that thou wast a bondman in the land of Egypt").感謝の念と同情の念、誘発されるイスラエルの自身の過去の記憶、が頻繁に訴えられたの動機としては、イスラエルは、このような場合に作動( Xの19日、 "見知らぬ人に、なたがたはその土地のエジプト" ; 15 。 15 ; 16 。 12 ; 24 。 18日、 22日、 "となたなたshaltを覚えている男の奴隷は、土地のエジプト" ) 。 A spirit of forbearance, equity, and regard for the feelings or welfare of others underlies also many of the other regulations of Deuteronomy.寛容の精神をもって、エクイティ、と敬意を払うunderlies他人の感情や福祉の多くは、他の規制緩和も申命記です。 Nowhere else in the Old Testament does there breathe such an atmosphere of generous devotion to God and of large-hearted benevolence toward men; nowhere else are duties and motives set forth with deeper feeling or with more moving eloquence; and nowhere else is it shown so fully how high and noble principles may be made to elevate and refine the entire life of the community.旧約聖書のどこやり繰りして、このような雰囲気の中で息を寛大に心酔して、神との大規模な心を持った男に向かっ慈善;どこに定める他の任務と動機を雄弁深い感情、または他の移動、および他のユーザーがどこに示すように高貴な原則を完全にどのように高めることができると全体の生活を見直し、コミュニティです。

Song and Blessing of Moses.歌と祝福のムーサーです。

The Song of Moses, contained in chap.この曲のムーサーよ、やつに含まれています。 xxxii. 32 。 1-34, is a didactic poem, the aim of which (verses 4-6) is to exemplify the rectitude and faithfulness of Yhwh as manifested in His dealings with a corrupt and ungrateful nation. 1-34 、教則は、詩、うちの目的(詩句4-6 )は、清廉潔白を実証すると明らかに貞節をyhwhとして彼の取引が破損しており、恩知らずの国です。 Looking back upon the past, the poet, after the exordium (verses 1-3), describes, first, the providence that had brought Israel safely through the wilderness, and planted it in a land blessed abundantly by the goodness of Yhwh (verses 7-14); secondly, Israel's ingratitude and lapse into idolatry (verses 15-18), which had obliged Yhwh to threaten it with national disaster, and to bring it almost to the verge of ruin (verses 19-30); and thirdly, Yhwh's determination not to allow an unworthy foe to triumph over His people, but by speaking to them through the extremity of their need to bring them to a better mind, and so to make it possible for Himself to interpose and save them (verses 31-43).編集して項目を振り返ってみる時、詩人、 exordiumした後、 (詩句1-3 ) 、説明は、まず第一に、プロビデンスしていたイスラエルの荒野を安全に、と植えられた土地を祝福することが善良の豊富されたyhwh (詩7 -14 ) ;第二に、イスラエルの忘恩とうわ言を偶像崇拝(詩15-18 ) 、 yhwhていた義務を脅かすことが国家災害、およびさせることのほとんどを破滅させるのふちに立って(詩19-30 ) 、および第三に、 yhwhの決意を可能にするため特定の敵を打ちまかす値しない彼の人々ではなく経由して言えば、四肢にする必要が心を向上させることなどを作ることが可能です自分自身を仲裁して保存する(詩31 - 43 ) 。 The thought underlying the poem is thus the rescue of the people, by an act of grace, at the moment when annihilation seems imminent.その詩の根底には、このように考えて、レスキューは、人々の行動の恵みを受けて、現時点では差し迫ったときには消滅します。 The author develops this theme with a glow of impassioned earnestness, and also with great literary and artistic skill.このテーマに、著者の開発に熱心に燃えて熱のこもった、また非常に文学と芸術的スキルです。 Chap.やつです。 xxxiii. 33 。 contains the "Blessing of Moses," consisting of a series of benedictions, or eulogies, pronounced upon the different tribes (Simeon excepted), with an exordium (verses 2-5) and it conclusion (verses 26-29).には、 "祝福のムーサー、 "構成の一連のbenedictionsか、またはeulogies 、発音時の異なる部族(シメオン除いて)で、 exordium (詩句2-5 )を提供して結論を( 26-29節) 。 The method of the author is to signalize some distinctive feature in the character, or occupation, or geographical situation of each tribe, with allusion, by preference, to the theocratic function discharged by it, and at the same time to celebrate the felicity, material and spiritual, of the nation as a whole, secured to it originally by Yhwh's goodness in the wilderness (verses 2-5), and maintained afterward, through the continuance of his protecting care, in Canaan (verses 26-29).この方法を、著者は、いくつかの際立った特徴は、文字を目立たせるか、または職業、または地理的状況の各部族は、ほのめかし、選好、神政機能して退院して、それと同時にフェリシティを記念して、素材と精神的、国全体として、セキュリティで保護して本来の善良さをyhwhの荒野(詩句2-5 ) 、および維持その後、彼の保護を通じて継続ケアは、カナンの地( 26-29節) 。 In general character it resembles the blessing of Jacob (Gen. xlix. 1-27); but if the two be compared attentively, there will be seen to be some noticeable points of difference.一般的に文字に似て祝福のジェイコブ( Gen 。と49です。 1-27 ) ;しかし、 2つの場合は、親切に比べ、顕著に見られるいくつかのポイントの差があります。 The most salient features in Deut. deutの最も顕著な特徴があります。 xxxiii. 33 。 are the isolation and depression of Judah (verse 7; contrast the warm eulogy in Gen. xlix. 8-12), the honor and respect with which Levi is viewed (verses 8-11; contrast the unfavorable terms of Gen. xlix. 5-7), the strength and splendor of the double tribe of Joseph (verses 13-17; compare Gen. xlix. 22-26, with which there are some verbal resemblances), and the burst of grateful enthusiasm with which the poet celebrates the fortune of his nation, settled and secure, with the aid of its God, in its promised home.アイソレーションとは、うつ病のユダ(詩7 ;コントラストの暖かい賛辞を述べ、 Gen 。と49です。 8-12 ) 、レヴィの名誉と尊敬を、これは、動画(詩8-11 ;対照的に不利な条件のGen 。と49です。 5 -7 ) 、の強さと素晴らしさは、二重の部族のジョセフ(詩13-17 ;比較Gen 。と49です。 22-26 、いくつかの言葉がありますが、 resemblances ) 、とは、バーストの熱意に感謝するのは、詩人を祝う彼の国の財産、定住を確保する、その神の力を借りて、その約束ホームです。 The tone of the blessing is very different from that of the song (xxxii.): the one reflects national happiness; the other, national disaster.トーンのは非常に異なるからの祝福している宋( xxxii. ) : 1つの国民の幸福を反映し、他のは、国家災害です。 The two, it is evident, must have been composed at times in which the circumstances of the nation were very different. 2つの、それは明らかに、必要があります構成された時の状況では、国が非常に異なっています。

Age and Authorship of Deuteronomy.原作者の年齢や申命記です。

It is the unanimous opinion of modern critics that Deuteronomy is not the work of Moses, but that it was, in its main parts, written in the seventh century BC, either during the reign of Manasseh, or during that of Josiah (but before his eighteenth year, the Book of the Law found in that year in theTemple [see II Kings xxii.-xxiii.] clearly containing Deuteronomy, if indeed it included anything more).それは、現代の批評家の意見を全会一致での仕事をムーサー申命記ではないが、そのことは、その主要部品は、紀元前7世紀に書かれた、マナセの治世中のいずれか、または中にジョサイア(しかし、彼の前に18年、この本は、法律でその年に発見さthetemple [ 2世王xxii. - 23を参照します。 ]を明確に申命記を含む、もし実際に含まれるもの何か他のこと) 。 The reasons for this conclusion, stated here in the briefest outline, are as follows: (1) Even upon the assumption that JE in Exodus and Numbers is Mosaic, the historical discrepancies in Deut.この結論の理由を、簡潔に記載している概要は、以下のとおり: ( 1 )と仮定しても時は、出エジプト記と、数字は、モザイクは、歴史的な違いがdeutです。 i-iv.私- Ⅳ 。 and ix.-x., and the terms in which incidents belonging to the fortieth year of the Exodus are referred to, preclude the possibility of Deuteronomy being Mosaic likewise; while the use of the expression "beyond Jordan" in i.とix.-x. 、事件との条件では40年に所属するのは、言及を出エジプト記、申命記がモザイクの可能性を妨げる同様;が、使用する表現"を超えジョーダン"とi. 1, 5; iii. 1 、 5 ; Ⅲ 。 8; iv. 8 ; Ⅳ 。 41, 46, 47, 49, for eastern Palestine, implies that the author was a resident in western Palestine. 41 、 46 、 47 、 49 、東部パレスチナ、を意味して、著者は、欧米のパレスチナに居住しています。 (2) The same conclusion follows, a fortiori, for those who allow that JE is a post-Mosaic document, from the fact, noticed above, that JE itself, both in the narrative parts and in the laws, is repeatedly quoted in Deuteronomy. ( 2 )と同じ結論を次のように、なおさら、 who許可することはそれらのポストは、モザイクの文書、という事実から、気づいたの上、それ自体は、物語の両方での部品とは、法律、申命記に引用さが繰り返しです。 (3) In Deuteronomy it is strictly laid down that sacrifice is to be offered at a single central sanctuary (xii. 5, 11, 14, etc.); whereas in Joshua to I Kings vi. ( 3 )申命記それは厳密に敷設されることを犠牲に提供さは、 1つの中央サンクチュアリ( xii. 5 、 11日、 14日、等) ;これに対して、ジョシュアをi王Ⅵ 。 sacrifices are frequently described as offered in various parts of the land (in accordance with the law of Ex. xx. 24), without any indication on the part of either the actor or the narrator that a law such as that of Deuteronomy is being infringed.犠牲が頻繁に記述され様々な部分で提供さの土地(同法に基づいての例です。イグゼクスです。 24 ) 、何らの兆候を検索するか、その俳優のいずれかの部分は、法の語り手申命記などが侵害されてです。 (4) The other differences between the legislation of Deuteronomy and that of Ex. ( 4 ) 、他の法律の申命記との間の違いの例です。 xxi.-xxiii. xxi. - 23です。 point with some cogency to the conclusion that the laws of Deuteronomy originated in a later and more highly developed stage of society than the laws of Exodus.いくつかのポイントを、という結論に説得力の法律に基づいて、申命記の起源は、高度に発達した段階へと社会の他の法律に基づいてより出エジプト記です。 (5) The law of the kingdom (xvii. 14-20) is colored by reminiscences of the monarchy of Solomon. ( 5 )この法律の王国( xvii. 14-20 )は着色され、君主制のソロモンの思い出です。 (6) The forms of idolatry referred to-especially the worship of the "host of heaven" (iv. 19, xvii. 7)-point to a date not earlier than the reign of Ahaz, and more probably to one in the seventh century BC ( 6 )の形の偶像崇拝特に言及を崇拝するのは"ホストの天国" ( iv. 19日、 17 。 7 ) -をポイントして、より前の日付を特定の統治のアハズ、および他の1つで、おそらく第7回世紀

Influence on Subsequent Writers.その後の影響を及ぼす作家です。

(7) The influence of Deuteronomy upon subsequent writers is clear and indisputable. ( 7 )の影響を受けて申命記に後続の作家は、はっきりと議論の余地のです。 It is remarkable that Amos, Hosea, and the undisputed portions of Isaiah show no certain traces of this influence, while Jeremiah exhibits marks of it on nearly every page.これは驚くべきことですが、アモス、ホセア書、および、議論の余地のない特定のトレースの部分をイザヤ書詳細は、次の影響を受けて、展示中ジェレマイアマークしてほぼすべてのページをご覧ください。 If Deuteronomy had been composed between Isaiah and Jeremiah, these facts would be exactly accounted for.申命記イザヤ書ていた場合との間で構成さジェレマイアは、これらの事実を正確には全体のです。 (8) Tile language and style of Deuteronomy-clear and flowing, free from archaisms, but purer than that of Jeremiah-would suit the same period. ( 8 )申命記-タイル言語とスタイルをはっきりと流れて、無料からarchaisms 、しかし、ジェレマイア- purerに比べて、同じ期間にはスーツです。 (9) The prophetic teachings of Deuteronomy-the leading theological ideas and the principles which the author seeks to inculcate-exhibit many points of contact with that of Jeremiah and Ezekiel, and especially with the characteristic principles of the compiler of the Book of Kings (who must have lived in the same age). ( 9 )の予言の教えの主要神学的なアイデアや申命記-の原則には、著者シークを鼓吹する-展示会と連絡を取り合っている多くの点でエレミアとエゼキエル書、および、特に、コンパイラの原則の特徴は、予約オブキングス( whoと同じ年齢に住んでいる必要があります) 。

Upon these grounds (which, when studied in detail, are seen to possess far greater cogency than can be conveyed by a mere summary) it is concluded by modern critics that Deuteronomy is in reality a work of the seventh century BC It is not difficult to realize the significance which the book must have had if it were written at this time.時、これらの根拠(これは、ときに勉強を詳細には、はるかに大きな説得力を持つが見られて伝えられたこともあります単なる要約)これは現代の批評家が締結さ申命記は、実際に仕事をすることではない紀元前7世紀の困難に意義は、予約を実現する必要がありますがこの時点で書かれたかのようにします。 It was a great protest against the prevalent tendencies of the age.それは大流行に抗議する傾向は、年齢です。 It laid down the lines of a great religious reform.行を敷設することを大きな宗教改革です。 The century was one in which-as Jeremiah and the Books of Kings sufficiently testify-heathenism was making serious encroachments in Judah.世紀のは、 1つのでは-としてジェレマイアオブキングスの書籍を十分に証言-異教の信仰は、メーカーに深刻なencroachmentsユダです。 The Book of Deuteronomy was an endeavor by means of a dramatic use of the last words of Moses-based, not improbably, upon an actual tradition of a concluding address delivered by the great leader to his people-to reaffirm the fundamental principles of Israel's religion (namely, loyalty to Yhwh and the repudiation of all false gods) and to recall the people to a holier life and to a purer service of Yhwh.この本の申命記は、努力によって劇的な手段を使用ムーサーの最後の言葉をベース、ことによると、実際の伝統をする時に締結されたアドレスに配信を彼の人々の偉大な指導者の基本的な原則を再確認するイスラエルの宗教(すなわち、忠誠を否認yhwhとのすべての偽りの神々 )と、リコールの人々の生活して聖人としてyhwh purerサービスです。 So far as its more distinctively legal parts are concerned, Deuteronomy may be described as the prophetic reformulation and adaptation to new needs of an older legislation (namely, the laws contained in JE).これまでのところその法的な部分が他の省庁がはっきりし、申命記の予言年5月に記述さ改質や新たなニーズに適応し、古い法律(すなわち、法律に含まれては)です。 It is essentially the work not of a jurist or statesman, but of a prophet; a system of wise laws (iv. 6-8), consistently obeyed, is indeed, as explained above, a condition of the welfare of the community; but the points of view from which these laws are presented, the principles which the author evidently has at heart, the oratorical treatment, and the warm parenetic tone, are all characteristic of the prophet, and are all the creation of the prophetic spirit.それは本質的にその仕事は、法学者や政治家は、しかし、預言者;するシステムの賢明な法律( iv. 6-8 ) 、常に言われたとおりには、確かに、先に説明したとおり、社会福祉の状態を分析し、 ;しかし、からしている観点の提示、これらの法律は、明らかにさの原則には、著者の中心部には、演説の治療、およびトーンの暖かいparenetic 、預言者ムハンマドの特性はすべて、およびすべての創出には、予言の精神です。

Its Composite Character.その複合文字です。

[For reasons which can not be here developed, the discourses of Deuteronomy do not appear to be all from the same hand. [理由がここに開発することはできませんが、申命記のディスコースとのすべてが表示されないように、同じ手にします。 The kernel of the book consists of ch.カーネルのこの本は、あなたのです。 v.-xxvi. v. - 26です。 and xxviii., and this, no doubt, constituted the book found in the Temple by Hilkiah.と28 。 、およびこの、まちがいなく、構成され、書籍hilkiah発見された寺です。 It was probably preceded by ch.それはおそらくあなたの前にします。 i.-iv. (with the exception of a few verses here and there which seem to be of later origin), though most modern critics are of opinion that these chapters were preflxed to it afterward. (いくつかの詩を除いては、こことそこへどのようになるの起源)が、最も近代的批評家たちの意見は、これらの支部はその後preflxedしています。 Some little time after the kernel of Deuteronomy was composed, it appears to have been enlarged by a second Deuteronomic writer (D2), who supplemented the work of his predecessor (D1) by adding ch.いくつかのわずかな時間で構成した後、カーネルの申命記は、それが表示され拡大された2番目deuteronomic作家( d2 ) 、 who補足の仕事を前任者( D1 )はあなたを追加します。 xxvii., xxix. 27 。 、 29 。 10-29, xxx. 10-29 、 xxxです。 1-10, and some other short passages in xxix.-xxxiv., together with the song (xxxii. 1-43) and the historical notices belonging to it (xxxi. 16-22, xxxii. 44). 1-10 、およびいくつかの他の短い文章でxxix. - 34 。 、その歌と一緒に( xxxii.一から四十三)との歴史的な注意事項に所属すること( xxxi. 16-22 、 32 。 44 ) 。 Finally, at it still later date, the whole thus formed was brought formally into relation with the literary framework of the Hexateuch as an entirety by the addition of some brief extracts from P (i. 3, xxxiv. 1 and 5 [partly], 7-9).最後に、先はまだ後日、このように全体の関係を形成し、正式に運ばれた文学の枠組みの全体の六書として抽出された加えてからいくつかの簡単な人( i. 3 、 34 。 1と5 [部分] 、 7-9 ) 。 At what stage in the history of the text the blessing (xxxiii.) was introduced is uncertain.の歴史の中でどのような段階でのテキストの祝福( xxxiii. )が導入さは不透明だ。 The song was probably written in the age of Jeremiah; the blessing is earlier, being assigned by most critics to the reign of Jeroboam II.]その歌はおそらくジェレマイアの年齢を書かれて;の祝福はこれに先立って、ほとんどの批評家が割り当てられたjeroboam 2世の治世してください。 ]

Style of Deuteronomy.スタイルの申命記です。

The style of the Deuteronomic discourses is very marked.談話のスタイルをdeuteronomicは非常にスパムです。 Not only do particular words and expressions, embodying often the writer's characteristic thoughts, recur with remarkable frequency, giving a distinctive coloring to every part of his work, but the long and rolling periods in which the author expresses himself-which have the effect of carrying the reader with them and holding him enthralled by their oratorical power-are a new feature in Hebrew literature.だけでなく、特定の単語や表現、具現、多くの場合、作家の特性考え、再発に顕著な周波数、独特の色付けを与えるあらゆる部分で彼の作品は、しかし、長い期間とローリングで、著者自身を表現-これは、効果の帳簿読者を魅了し、持ち株彼はその演説の新しい機能のパワーは、ヘブライ語文学です。 The author has a wonderful command of Hebrew style.の著者には、素晴らしいコマンドのヘブライ語のスタイルです。 His practical aims, and the parenctic treatment which as a rule his subject demands, oblige him naturally to expand and reiterate more than is usually the case with Hebrew writers; nevertheless, his discourse, while never (in the bad sense of the term) rhetorical, always maintains its freshness, and is never monotonous or prolix.彼の実用的な目的は、治療をparencticと彼のアジ研の要求は、原則として、自然を拡大するとあらためて表明義務付ける彼を超える場合には、通常、ヘブライ語作家;にもかかわらず、彼の談話、決して(悪い意味での)修辞は、常に鮮度を維持していく、とは決して単調または長ったらしいです。 The influence of Deuteronomy upon the later literature of the Old Testament is very perceptible.申命記時の影響を受けて、後の文学、旧約聖書のは非常に感じることです。 Upon its promulgation it speedily became the book which both gave the religious ideals of the age andmolded the phraseology in which these ideals were expressed.スピーディーに施行することになった本を両方の年齢の理想を与えたandmoldedの宗教的な言い方では、これらの理念が表明した。 The style of Deuteronomy, when once it had been found, lent itself readily to adoption; and thus a school of writers, imbued with its spirit, quickly arose, who have stamped their mark upon many parts of the Old Testament.申命記のスタイルを、一度ていたときが見つかりました、貸し自体を容易に養子縁組;とこのように、学校の作家、その精神染み込んで、素早くが生じた、 whoがスタンプにマーク時の多くの部分を、旧約聖書のです。 As has been just, remarked, even the original Deuteronomy itself seems in places to have received expansion at the hands of a Deuteronomic editor (or editors).わずかにされ、は、申命記自体も、元のような場所の拡大を受けては、手にdeuteronomicエディタ(またはエディター) 。 In the historical books, especially Joshua, Judges, and Kings, passages-consisting usually of speeches, or additions to speeches, placed in the mouths of prominent historical characters, or of reflections upon the religious aspects of the history-constantly recur, distinguished from the general current of the narrative by their strongly marked Deuteronomic phraseology, and evidently either composed entirely, or expanded from a narrative originally brief, by a distinct writer; namely, the Deuteronomic compiler or editor.は、歴史的な書籍、特にジョシュア、裁判官、およびキングス、通路-構成、通常のスピーチか、または機能が追加さスピーチは、口に配置された著名な歴史人物、または反射時の宗教的側面の歴史-常に再発、識別より現在は、物語全般に強くスパムdeuteronomic的な言い方をし、完全に明らかに構成のいずれか、または最初に簡単な物語の展開から、はっきりされた作家;すなわち、このdeuteronomicコンパイラやエディタを起動します。 Among the Prophets, Jeremiah, especially in his prose passages, shows most conspicuously the influence of Deuteronomy; but it is also perceptible in many later writings, as in parts of Chronicles, and in the prayers in Neh.間では、預言者、エレミヤ、特に彼の散文の通路、ショー最も目立つの影響を受けて申命記;しかし、多くのこともかなりの文章へのように、部品のクロニクル、およびnehの祈りをします。 i., ix., and Dan. i. 、 9世です。 、およびダンです。 ix. 9 。

Bibliography:書誌事項:

Of recent commentaries reference may be made to those of Dillmann (1886), Driver (1895; 2d ed., 1896), Steuernagel (1898), and Bertholet (1899); and with reference to sources, the Oxford Hexateuch (1900), i.最近の論評参照していることができるディルマン( 1886 ) 、ドライバ( 1895 ;二次元エド。 、 1896 ) 、 steuernagel ( 1898 ) 、およびbertholet ( 1899 ) 、およびを参照しによると、オックスフォード六書( 1900 ) 、わたし。 70-97, 200 et seq., ii.七十から九十七、 200頁以降を参照。 、 Ⅱ 。 246 et seq., may be mentioned.J. 246頁以降を参照。 、 5月にmentioned.jです。 Jr. SRDジュニアsrd

-Critical View:クリティカルな対象:

II. Ⅱ 。 Scientific criticism denies both the unity and the authenticity of Deuteronomy, and brings forward definite theories regarding its composition, date of writing, and place in the development of law and religion.科学的な批判を否定するの信ぴょう性の両方の団結と申命記、およびもたらす進む明確な理論についての組成、この評価を書き込み、および場所に法の開発と宗教です。 The critical problems presented by this book are especially difficult, and the way in which they are solved is decisive not only for the criticism of the whole of the Pentateuch, but for the total conception of the religion of the OT and its development.この本を提示され、重要な問題は特に難しい、との方法で解決されているが、決定的な批判をするだけでなく、全体の五、しかし、その宗教の概念の合計は、 otとその開発です。 The book is divided on the whole as follows: the Deuteronomic law proper, xii.-xxvi.; the parenctic introduction, v.-xi., and peroration, xxvii.(xxviii)-xxx.; and the historical setting; that is, the introduction, i.-iv., and the peroration to the whole book, xxxi.この本は、以下のとおり分かれて全体: deuteronomic法の適切な、 xii. - 26です。 ;のparencticはじめ、 v.-xi. 、と大げさな演説、二十七です。 ( 28 ) - xxxにします。 ;との歴史的背景が;ではは、はじめに、 i.-iv. 、大げさな演説をすると、全体の予約は、 31です。 to end.を終了します。

Analysis of Sources.解析のソースです。

Nearly all critics agree that the introduction, i.-iv.ほぼすべての批評家の導入に同意し、 i.-iv. 40 (43), can not be the work of the author of v.-xi., or v.-xxvi., as (1) it contains contradictions to that portion, namely, ii. 40 ( 43 ) 、の仕事をすることはできませんv.-xi.の著者であるか、またはv. - 26 。 、 ( 1 )が含まれている部分の矛盾、すなわち、 Ⅱ 。 14 (also i. 35-39) to v. 3 (also vii. 19-ix. 2-23, xi. 2), ii. 14日(もi. 35-39 )をv. 3 (もⅦ 。 19 - 9 。 2月23日、 XI 。の2 ) 、 Ⅱ 。 29 to xxiii. 29 〜 23です。 5, and iv. 5 、およびIV 。 41-43 to xix. 41-43の19 。 2; (2) iv. 2 ; ( 2 ) Ⅳ 。 45-49, the superscription, is incompatible with that in i. 45-49は、表題、とは対極にしてi. 5; (3) the introduction i.-iv. 5 ; ( 3 )の導入i.-iv. is different in motive, being historic and not parenctic.動機は異なるが、歴史的ではなくparencticがします。 This historical introduction was written by a Deuteronomist (D2); that is, an author writing in the style and spirit of Deuteronomy at a time when the Jahvist-Elohist narrative (JE) of the preceding books, Exodus-Numbers, was not yet united with Deuteronomy (Reuss, Hollenberg, Kuenen, Wellhausen, Cornill, Steuernagel, etc.).この歴史的な導入が書かれたdeuteronomist ( d2 ) ;これは、書き込みをすると、スタイルや、著者の精神をしているときに、申命記jahvist -エロヒスト物語(は)を、上記の書籍、出エジプト記-数字はまだするUnitedお申命記(ロイス、 hollenberg 、キューネン、ヴェルハウゼン、コルニル、 steuernagel 、等) 。 But as, after the combination of JE with Deuteronomy the narrative portion in the latter was duplicated, the original narrative, which also included iv.しかし、組み合わせの後にはお申命記の物語で、後者は、重複する部分は、元の物語、これも含まれるものⅣ 。 41-43 and ix. 41-43と9世です。 25-x. 25 - ×です。 11, was, according to Dillmann, changed by the Deuteronomic editor (Rd) into a speech by Moses, excepting the passages ii. 11日は、ディルマンによると、変更されたdeuteronomicエディタ(路)を挿入する演説をムーサーよ、通路を除いて2世です。 10-12, 20-23; iii. 10-12 、 20-23 ; Ⅲ 。 9, 11, 14; iv. 9日、 11日、 14 ; Ⅳ 。 41-43; x. 41-43 ; Xで 6, 7, which were not suited for the purpose. 6 、 7 、に含まれていないの目的に適しています。 Therefore i.-iii.したがってi. - Ⅲ 。 are by the author of Deuteronomy and iv.申命記の著者であるとはⅣ 。 1-40 was added by Rd in order to give a parenetic ending to his speech of Moses. 1-40路が追加されましたさを出すために彼のスピーチをするのエンディングpareneticモーゼスです。 Horst also separates i.-iii.ホルストも分離i. - Ⅲ 。 from iv.よりⅣ 。 1-40. 1-40 。 Portions from.部分からです。 ch.あなたのです。 ix. 9 。 and x.とXで also belong to i.-iii., in the following sequence: ix.にも所属してi. - Ⅲ 。 、には、次のシーケンス: 9世です。 9b, 11, 12-14, 25-29, 15, 16, 21, 18-20; x. 9b 、 11 、 12-14 、 25-29 、 15 、 16 、 21 、 18-20 ; Xで 1-5, 10, 11; then followed i. 1-5 、 10 、 11 ;入力し、その後i. 6-iii. 6 - Ⅲ 。 29, i. 29日、 i. 6-8 preceding i. 6-8前述のi. 9-18. 9-18 。 Ch.あなたのです。 ii. Ⅱ 。 10-12, 20-23; iii. 10-12 、 20-23 ; Ⅲ 。 9, 11b, 13b-14; x. 9日、 11b 、 13b - 14 ; Xで 6-9 are marginal notes by a learned reader.ノートされたの限界を学んだ六から九アールリーダーです。 Ch.あなたのです。 iii. Ⅲ 。 29 is followed by xxxi. 29日に続いて31回です。 1-8, and ch. 1-8 、およびCh 。 xxxiv. 34 。 constitutes the end.構成の最後にします。 Horst, in other words, constructs from the historical notes in i.-xi.ホルスト、言い換えれば、歴史的なノートから構成さi.-xi. a chronological account of the events in the wilderness after the Law had been promulgated.アカウントのイベントを時系列で、大自然の法則の後に公布ていた。 Steuernagel, finally, considers all the passages with the address in the singular (i. 21, 31a; ii. 7, etc.) as later interpolations. steuernagel 、最後に、すべての通路を考慮のアドレスは、単数( i. 21日、 31a ; Ⅱ 。 7日、等)としてへinterpolationsです。

All these source-analyses, and the separation of i.-iv.これらのソースのすべての分析、および、分離i.-iv. from the rest of the book, to which only Hoonacker has hitherto objected, are inadmissible, for (1) the supposed contradictions do not exist; (2) i.その本の残りの部分から、これまでには反対のみhoonackerは、証拠は、 ( 1 )の仮定の矛盾が存在しない場合は、 ( 2 ) I.初回 5 is no superscription, while i. 5はない表題、 i. 1 is an epilogue to Num. 1は、エピローグをnumにします。 (Knobel, Herxheimer, Klostermann); and (3) all the critics have misunderstood the import of the introduction, ch. ( knobel 、ヘルクスハイマー、クロステルマン) 、および( 3 )のすべての批評家が誤解されて、インポートは、はじめに、あなたのです。 i.-iv., which is not a historical or chronological account, but in its general character and in its details a single and continuous reproof based upon Israel's guilt contrasted with God's manifold mercies, and therefore as clearly of a parenetic nature as are the other parts of the book. i.-iv. 、歴史や年代ではないのアカウントではなく、一般的なキャラクターと、その詳細かつ継続的な非難は、 1つの罪悪感に基づいて、イスラエルの対照的に、神の多様なす、と明確にするために自然pareneticとしては、の他の部分を予約します。

Variations of Analysis.パターンの解析です。

Ch.あなたのです。 v.-xi.: Wellhausen holds that this passage does not belong to the original Deuteronomy as it is too long for an introduction: "Moses is forever trying to get at his point, but never gets to it." v.-xi. :ヴェルハウゼンを保持して通路に属していない場合、元の申命記のことが長すぎるために導入: "ムーサーは永遠に彼のポイントを取得しようとし、決してジェことにしよう。 " Wellhausen is followed by Valeton, who designates v. 5, vii. valetonヴェルハウゼンに続いて、 who指定v. 5 、 Ⅶ 。 17-26, ix. 17-26 、 9世です。 18-20, 22, 23, x. 18-20 、 22 、 23 、 Xの 1-10a, 18-20, xi. 1 - 10 Aまで、 18-20 、西です。 13-21 as interpolations, and by Cornill, who considers only x. 13-21としてinterpolations 、およびコルニル、 who Xでのみ考慮 1-9 as such, and designates this parenetic introduction as Dp in contrast to the historical i.-iv., Dh.; D'Eichthal, on the other hand, distinguishes three documents: (1) a glorification of God and Israel-v. 1-9このように、と指定pareneticはじめとして、この歴史的i.-iv.発とは対照的に、 DHである。 ; d' eichthal 、その一方で、 3つの区別書類: ( 1 ) 、神とイスラエルの賛美- v. 1-3, 29 et seq.; vi. 1-3 、 29頁以降を参照。 ; Ⅵ 。 1-25; vii. 1-25 ; Ⅶ 。 7-24, 1-6, 25, 26; (2) exhortations to humility-viii. 7-24 、 1-6 、 25 、 26 、 ( 2 ) exhortationsを謙虚- Ⅷ 。 1-20; ix. 1-20 ; Ⅸ 。 1-8, 22-24; (3) a further glorification of Israel-x. 1-8 、 22-24 、 ( 3 )をより詳細な賛美のイスラエル- ×です。 21 et seq.; xi. 21頁以降を参照。 ; XI 。の 1-28, 32. 1-28 、 32 。 According to Horst, the Law begins in ch.ホルストによると、同法あなたから始まります。 v., into which parenetic insertions (vii. 6b-10, 17-24; viii.; ix. 1-9a, 10, 22-24; x. 12-xi. 12, 22-25 [26-32]) have been forced. v. 、挿入されてparenetic ( vii. 6B面- 10 、 17-24 ; Ⅷ 。 ; Ⅸ 。 1 - 9a 、 10 、 22-24 ; Xの12 - XI 。の12日、 22-25 [ 26-32 ] )強制もします。 Steuernagel distinguishes in v.-xi. steuernagel区別さv.-xi. two combined introductions to the Law-namely, one with the plural form of address: v. 1-4, 20-28; ix. 2つの組み合わせを紹介して同法-すなわち、 1つのアドレスを複数形にする等: v. 1-4 、 20-28 ; Ⅸ 。 9, 11, 13-17, 21, 25-29; x. 9日、 11日、 13-17 、 21 、 25-29 ; Xで 1-5, 11, 16, 17; xi. 1-5 、 11 、 16 、 17 ; XI 。の 2-5, 7, 16-17, 22-28; and another with the singular form of address: vi. 2-5 、 7日、 16-17 、 22-28 ;と別の単数形の住所: VI 。 4-5, 10-13, 15; vii. 4-5 、 10-13 、 15 ; Ⅶ 。 1-4a, 6, 9, 12b-16a, 17-21, 23-24; viii. 1 - 4A面、 6 、 9 、 12b - 16a 、 17-21 、 23-24 ; Ⅷ 。 2-5, 7-14, 17-18; ix. 2-5 、 7-14 、 17-18 ; Ⅸ 。 1-4a, 5-7a; x. 1 - 4A面、 5 - 7aの; Xで 12, 14-15, 21 (22?); xi. 12日、 14-15 、 21 ( 22ですか? ) ; XI 。の 10-12, 14-15. 10-12 、 14-15 。 Kuenen, Oettli, König, and Strack ("Einleitung," 4th ed., p. 42) object to the separation of v.-xi., which is in fact entirely unnecessary, and makes of xii.-xxvi.キューネン、 oettli 、ケーニッヒ、およびシュトラック( " einleitung 、 "第4エド。 、 p. 42 )オブジェクトを分離v.-xi. 、これは実際に完全に不必要、とするのxii. - 26です。 a fragment, this splitting up into fragments resting on no other foundation than the fiction that a briefer original Deuteronomy had been in existence to accommodate an impatient reader limited in time.断片は、この安静時の断片に分割するには小説よりも他の財団は、概要を説明するオリジナルの申命記ていたせっかちなリーダーの存在を収容する時間限定されています。

Ch.あなたのです。 xii.-xxvi.: Since the assertion of Wellhausen ("Composition des Hexateuchs," p. 194), that themain division of the book has also been worked over, sources, interpolations, etc., have likewise been discovered within this part. xii. - 26です。 :以来、アサーションのヴェルハウゼン( "組成デhexateuchs 、 " p. 194 ) 、そのthemain部が実施して予約にも働い終わると、ソース、 interpolationsなど、この部分にも同様に発見されています。 In ch.にあなたのです。 xii. 12 。 Vater had already assumed two duplicates-verses 5-7 parallel to 11, 12, and 15-19 parallel to 20-28-this opinion being shared by Cornill and in part by Stade ("Gesch. Israels," i. 658).ファーターはすでに2つの重複-詩5-7想定平行して11日、 12日、および15-19平行して、この20から28 -コルニルとの意見が部分的に共有されるシュターデ( " gesch 。イズリールス、 "の経験I.クリチバ658 ) 。 Steinthal even distinguishes seven fragments in this chapter: (1) 1-7; (2) 8-12; (3) 13-16; (4) 17-19; (5) 20, 26-28; (6) 21-25; (7) 29-31 and xiii. 7つの破片も区別シュタインタール本章の内容: ( 1 ) 1-7 、 ( 2 ) 8-12 ; ( 3 ) 13-16 ; ( 4 ) 17-19 ; ( 5 ) 20 、 26-28 ; ( 6 ) 21 -25 ; ( 7 ) 29-31と13です。 1. 1 。 Nearly the same is assumed by Stärk. stärkほぼ同じであると想定されています。 D'Eichthal divides xii. 12 d' eichthal分割します。 into two documents: (1) 1-3, 29-31; (2) 4-28.を2つのドキュメント: ( 1 ) 1-3 、 29-31 、 ( 2 ) 4月28日です。 Horst thinks that 4-28 is a combination of four different texts.ホルストと考えているの組み合わせは、 4月28日の4つの別のテキストです。 Steuernagel divides the chapter thus: (1) 1; (2) 2-12, subdivided into (3) 2; (4) 4-7; (5) 8-10; (6) 13-27, subdivided into (7) 15, 16; (8) 22-25; and (9) 28.このように分割してsteuernagel章: ( 1 ) 1 ; ( 2 ) 2-12は、細分される( 3 ) 2 ; ( 4 ) 4-7 、 ( 5 ) 8-10 ; ( 6 )十三から二十七まで、細分される( 7 ) 15日、 16 ; ( 8 ) 22-25 ;と( 9 ) 28 。 Underlying all these efforts to split its chapters into fragments and parts of fragments is a misconception of the style of Deuteronomy.根底にこのような努力のすべての章を断片に分割するとその部分の破片は、申命記のスタイルを誤解のです。

The following, among other criticisms, may be mentioned: Beginning with Wellhausen, almost all critics consider xv.は、次の、他の批判のうち、 5月に言及:ヴェルハウゼン始まり、ほぼすべての批判を考慮15 。 4, 5 as a gloss or correction to xv. 4 、 5 、 15として光沢や訂正をします。 7, 11, because they do not take into account the meaning and connection. 7日、 11日、ためていないの意味を考慮に入れると接続します。 The passage xvi. 16の通過にします。 21-xvii. 21 - 17 。 7 is in the wrong place, according to Wellhausen, Cornill, Stärk, and others, while Valeton and Kuenen admit this only of xvi. 7がページ内の間違った場所によると、ヴェルハウゼン、コルニル、 stärk 、およびその他、これだけのvaletonと認めるキューネン16 。 21-xvii. 21 - 17 。 1. 1 。 Wellhausen, Stade, Cornill, and others do not include the "king's law," xvii.ヴェルハウゼン、シュターデ、コルニル、およびその他はありませんには、 "王の法律、 " 17です。 4-20, in Deuteronomy. 4-20は、申命記です。 In ch.にあなたのです。 xxiii. 23 。 verses 3-9 have been objected to by Geiger, Wellhausen, Stade, and Valeton, while Kuenen rejects their criticism. 3-9の詩にも反対してガイガー、ヴェルハウゼン、シュターデ、およびvaleton 、キューネンの批判を拒否します。 D'Eichthal finds contradictions between xxvi. d' eichthal見つかった二十六の間に矛盾します。 3, 4 and xxvi. 3 、 4 、と二十六です。 11; Horst, between xxvi. 11 ;ホルストの間に二十六です。 1-15 and xiv. 1-15と14です。 22-29. 22-29 。 The latest critics, Stärk and Steuernagel, have gone furthest in rearranging and cutting up the text.の最新の批評家は、 stärkとsteuernagel 、遠い何を切断すると、テキスト再配置します。 Starting with the twofold mode of address-singular and plural-both assume that two works were combined, each of which again, according to Steuernagel, was based on a number of different sources.二重モードをはじめとする複数のアドレスを-単数と-両方の組み合わせと仮定して2つの作品が、それぞれ再度、 steuernagelによると、に基づいて、いくつかのさまざまな情報源です。 These and other critics (1) forget that the categories of the critic are not necessarily those of the author; (2) fail to explain how the present discrepancies were derived from a previous orderly arrangement, for in view of the continual change of address a separation of passages based on it can be effected only by resorting to violence; (3) should first have examined whether the noteworthy changes in the forms of address have no internal warrant.これらおよびその他の批評家( 1 )のカテゴリーを忘れては、批評家は、必ずしもこれらの著者、 ( 2 )に失敗する方法について説明し、現在の食い違いは、以前の整然と配置から派生した、継続的に変更され、中のアドレスを表示する通路の分離に基づいて頼ることが影響を暴力によってのみ、 ( 3 )は、第一の変化は注目に値するかどうかを調べ、フォームのアドレスを内部の令状がない。 While it is possible that xii.-xxvi.可能性があることはxii. - 26です。 has been subjected to many revisions, changes, and interpolations, as a legal code naturally would be, nothing to that effect can be proved.多くの改正の対象とされ、変更、およびinterpolations 、法的なコードとしては当然、何もして効果が証明します。

Supposed Sources of xxvii.-xxx. xxvii. - xxxに源を仮定します。

Ch.あなたのです。 xxvii-xxx.: Kuenen criticizes xxvii. 27 - xxxにします。 : 27キューネン批判します。 as follows: Not attributable to the Deuteronomist are: (1) 1-8, because they include an earlier account-5-7a; and (2) 11-13, because they refer back to xi.以下のとおり:特定deuteronomistに帰するのは: ( 1 ) 1-8 、以前のアカウントが含まれているため- 5 - 7aの、および( 2 ) 11-13 、彼らを参照省略しているためXI 。の 29-30, although misunderstanding the passage. 29-30が、誤解の通過にします。 Verses 14-26 constitute a later interpolation; hence only 9, 10 remain for D1.詩を構成する十四から二十六までへ補間;それゆえにのみ9日、 10残ってd1です。 This opinion is shared by Ewald, Kleinert, Kayser, Dillmann.この意見が共有されるエワルド、クライネルト、カイザー、ディルマンです。 According to Wellhausen, xxviii.ヴェルハウゼンによると、二十八です。 does not agree with xxvii.; xxviii.-xxx.二十七に同意されない。 ; xxviii. - xxxにします。 are parallel to xxvii., each being a different conclusion to two different editions of the chief part, xii.-xxvi.は、平行して二十七します。 、それぞれが、別の結論を異なる2つのエディションの首席部分、 xii. - 26です。 corresponding to the two prefaces i-iv.に対応して2つのprefaces私- Ⅳ 。 and v.-xi.とv.-xi. Ch.あなたのです。 xxviii. 28 。 itself lacks unity.ユニティ自体欠けています。 Valeton ascribes only 1-6, 15-19 to the author of the hortatory v.-xi., considering all else as later expansions. valeton ascribesのみ1-6 、 15-19 、著者は、激励のv.-xi. 、すべての他としてへの拡張を検討しています。 Kleinert considers 28-37 and 49-57 as later interpolations.クライネルト四九から五七として考慮へinterpolations二十八から三十七までとします。 Dillmann also assumes numerous interpolations by a later editor.ディルマンも想定される数多くのinterpolationsへエディタを起動します。 In the two following chapters Kleinert considers xxix.次の章では、 2つのクライネルト29 。 21-27 and xxx. 21-27で、 xxxです。 1-10 as interpolations. 1-10としてinterpolationsです。 Kuenen ascribes both chapters to another author.キューネンascribes両方の章を別の著者です。 Ch.あなたのです。 xxi-xxxiv.: Not only the critics but also the apologists refuse to consider these closing chapters, wholly or in part, as due to the author of Deuteronomy proper. xxi - 34です。 :批評家だけでなく、擁護派を拒否するだけでなく、これらの閉会の章を検討する、完全または部分的に、申命記の著者としてのために適切な。 (1) xxxi. ( 1 ) 31 。 1-8, parallel to Num. 1-8 、パラレルをnumにします。 xxvii. 27 。 15-23, is a continuation of iii. 15-23 、 3世は、継続します。 28 et seq., by the same author; xxxi. 28頁以降を参照。 、同じ著者;参拾壱です。 9-13 forms the close of the law-book, xxx. 9-13形成して、法を閉じる予約、 xxxです。 20; (2) xxxi. 20 ; ( 2 ) 31 。 14-30 serves as introduction to the song of Moses, belonging with it to the passages incorporated later in Deuteronomy; ch.十四から三十の歌として紹介してムーサーよ、それを文章に属すると申命記の後半に組み込ま;あなたのです。 xxxii. 32 。 44-47 is the ending to the song, and to xxxi.その歌は、エンディングを44-47と31です。 15-29; 48-52 are taken from the Priestly Code (P); (3) xxxiii. 15〜29 ; 48から52アールからの聖職者のコード( p )の、 ( 3 ) 33 。 is an old document incorporated by the editor; (4) xxxiv., Moses' death, is combined from different accounts; the following verses are taken from P: 1a and 5 (revised), 7-9 (Dillmann); 1-7a, 8, 9 (Wellhausen); 1a, 8, 9, 1a, 7a, 8, 9 (Kuenen); 1a, 8, 9 (Cornill).古い文書は、エディタに組み込まれる、 ( 4 ) 34 。 、モーゼの死後、別のアカウントからは、複合;は、次の詩を撮りますからp : 1と5 (改訂版) 、 7-9 (ディルマン) ; 1 - 7aの、 8 、 9 (ヴェルハウゼン) ; 1 、 8 、 9 、 1 、 7aのは、 8日、 9日(キューネン) ; 1 、 8 、 9 (コルニル) 。 To J belong: 1b, 4(Dilimann); lb-7 (Cornill).を無しに属する: 1B面、 4 ( dilimann ) ;ポンド- 7 (コルニル) 。 To JE belong: 10 (Dillmann); 2-7, 10-12 (Wellhausen; revised); 1b-3, 5-7b, 10 (Kuenen).には属して: 10 (ディルマン) ; 2-7 、 10-12 (ヴェルハウゼン;改正) ; 1b - 3 、 5 - 7B面、 10 (キューネン) 。 To D belong: 1a β 6 (revised), 11, 12 (Dillmann); and lb β 2-3, an interpolation.をdに属する: 1 β 6 (改訂版) 、 11 、 12 (ディルマン) ;とポンドβ 2-3 、補間します。 According to Wellhausen, 2-7, 10-12, Kuenen 4-6, 7a, 11-12, Cornill 10-12, are editorial interpolations.ヴェルハウゼンによると、 2-7 、 10-12 、キューネン4-6 、 7aの、 11-12 、コルニル10-12 、 interpolationsは、編集します。

Date and Tendency.日付と傾向です。

Ranke, Hävernick, Hengstenberg, Baumgarten, Fr.ランケ、 hävernick 、ヘングステンベルク、バウムガルテン、フランス語です。 W. Schultz, Keil, Kühel, Bissel, and other apologists ascribe the book to Moses.ワットシュルツ、 keil 、 kühel 、少し、およびその他の擁護派の予約をムーサーものとみなす。 This view is criticized on the following grounds: (1) The account of the discourses of Moses, their writing and transmission (xxxi. 9, 24-26; xxviii. 58, 61; xxix. 19, 20, 26; xxx. 11; xvii. 18 et seq.), can not be by Moses.このビューを表示するには、以下の理由で批判: ( 1 )のアカウントは、談話のムーサー、彼らの書き込みと伝送( xxxi. 9日、 24-26 ;二十八です。 58 、 61 、 29 。 19日、 20日、 26日; xxx 。 11 ; 17 。 。 。 18頁以降を参照。 ) 、ムーサーをすることはできません。 (2) Moses can not possibly have written the story of his death, nor compared himself with later prophets (ch. xxxiv.). ( 2 )ムーサーすることはできませんが書き込まれる可能性の物語の彼の死は、自分自身と比べてもへ預言者(第34です。 ) 。 (3) A later time is indicated by ii. ( 3 ) 、後の時間が示されてⅡ 。 12 ("as Israel did"), by iii. 12 ( "としてイスラエルは" ) 、 Ⅲ 。 9-11, 14 ("unto this day"; comp. Judges x. 4 and i. 44 with i. 17); and by xix. 9-11 、 14 ( "わたしのこの日" ;のCOMPです。裁判官Xの4と私の44をi. 17 ) ;と19です。 14 ("of old time"). 14 ( "古い時間" ) 。 (4) The writer speaks of the country east of the Jordan as "on this side" (i. 1, 5; iv. 41-49), though referring in the speeches to the western country (iii. 20, 25; xi. 30: in iii. 8 vice versa): therefore, he is in Palestine. ( 4 )その作家話すの東にヨルダンの国としての"こちら側" ( i. 1 、 5 ; Ⅳ 。 41から49まで) 、かかわらず言及は、スピーチを欧米の国( iii. 20日、 25 ; xi 30 : Ⅲ 。 8その逆の場合) :そのため、彼は、パレスチナです。 (5) Although Israel is represented as about to enter Canaan, the language necessitates the inference that Israel is already settled in that country, engaged in agricul ture or living in cities, under an organized government. ( 5 )ものの、イスラエルはカナンの地を入力するとして表現さについては、その言語を推論するためのイスラエルはすでにその国の定住、農業に従事しトゥーレや都市に住んで、政府が組織されています。 (6) The book assumes a long period of development as regards politics and the state ("king's law": supreme court), religion (allusions to fundamental religious principles and the law of the Prophets; emphasis on the centralization of worship), and worship (position of the priests and Levites; gifts to the sanctuary). ( 6 )この本で長い期間を前提として開発に関して政治との状態( "キングの法則" :最高裁判所) 、宗教( allusionsを原則とする根本的な宗教の法則は、預言者;の中央集権化を重視し、礼拝堂) 、および礼拝堂(位置は、司祭とlevites ;贈り物をするの聖域)です。 (7) The book uses sources that can be proved to be post-Mosaic. ( 7 )の予約使用してソースであることが立証されることができるポストモザイクです。 The precise dates given, however, vary.与えられたの正確な日付は、しかし、異なる場合があります。

Kleinert is of the opinion that the book was composed about the end of the period of the Judges, perhaps even by Samuel or by a contemporary of Samuel, and certainly in a truly Mosaic spirit.クライネルトの意見は、その書籍の構成については、その時代の最後に、裁判官、おそらくでさえ現代のサミュエルサミュエルまたはされた、と確かにモザイクの精神を真にします。 Thelegislation occupies a middle ground in relation to that of the earlier books.中道thelegislation占有することに関連して、以前の書籍です。 As pre-Deuteronomic may be proved: Ex. deuteronomic年5月であることが立証さプレ:例です。 xx.-xxiii., xxxiv. xx. - 23 。 、 34 。 11-26, xix. 11月26日、 19 。 5 et seq., xiii. 5頁以降を参照。 、 13 。 1-13; Lev. 1-13 ;レフです。 xvii. 17 。 18 et seq.; Num. 18頁以降を参照。 ; NUM件です。 xxxiii. 33 。 50 et seq., iii. 50頁以降を参照。 、 Ⅲ 。 12 et seq.; the principal enactments in Lev. 12頁以降を参照。 ;の主要enactmentsでレフです。 xviii.-xx.; the content of Ex. xviii. -イグゼクスです。 ;のコンテンツの例です。 xii. 12 。 1-14, 21-23, 43-50; Lev. 1-14 、 21-23 、 43-50 ;レフです。 xiii. 13 。 xiv. 14 。 Post-Deuteronomic: Lev.ポストdeuteronomic :レフです。 xi., xv. XI 。のは、 15です。 16 et seq., xvii. 16頁以降を参照。 、 17 。 15 et seq., xxii. 15頁以降を参照。 、 xxii 。 17 et seq., xxiii., xxv. 17頁以降を参照。 、 23 。 、 25 。 39 et-seq., xxvii. 39 et - seq 。 、 27 。 26-30 et seq.; Num. 26-30頁以降を参照。 ; NUM件です。 xv. 15 。 37 et seq.; xviii. 37頁以降を参照。 ; 18 。 15, 21 et seq.; xxviii., xxix. 15日、 21頁以降を参照。 ;二十八、二十九です。 Moses' blessing, xxxiii., dates from the early time of the Judges.モーゼの祝福、 33 。 、日付時刻は、裁判官の初期からです。 Ch.あなたのです。 xxxi. 31 。 14-29, xxxii.十四から二十九、 32です。 1-43, 48-52, xxxiv.一から四三まで、 48-52 、 34 。 must be separated as non-Deuteronomic. deuteronomic以外の区切りとしてしなければならない。

Different Dates Assigned.別の日程に割り当てられた。

The book is assumed to have been composed during the earlier, but post-Solomonic, time of the Kings, by Delitzsch and Oettli; under Hezekiah, by Vaihinger and König; under Manasseh, by Ewald, Riehm, WR Smith, Wildeboer, Kautzsch, Kittel, Dernier, Valeton; under Josiah, by De Wette, Bleck, George, Vatke, Graf, Wellhausen, Kuenen, Dillmann, Cornill, Stade, Reuss, and nearly all critics since Graf-Wellhausen.この本が想定で構成され、以前の中に、しかし、ポストソロモン、時間は、キングス、デリッチとoettli ;されてhezekiah 、ファイヒンガーとケーニッヒ;されてマナセ、エーヴァルト、リーム、 wrスミス、 wildeboer 、カウチ、キッテル、最後の、 valeton ;されてジョサイア、デラウェアwette 、 bleck 、ジョージ、ファトケ、グラーフ、ヴェルハウゼン、キューネン、ディルマン、コルニル、シュターデ、ロイス、とほぼすべて批評家グラーフ-ヴェルハウゼン以来です。 Gesenius and the more recent French critics, as D'Eichthal, Havet, Vernes, Horst, have assumed a date during, or later than, the Exile.ゲゼーニウスと語スペイン語の他の最近の批評家としてd' eichthal 、アベ、 vernes 、ホルスト、日中が想定する、またはそれ以降のよりは、亡命者です。

The assumption that the book was composed under Hezekiah, Manasseh, or Josiah is based on the hypothesis that the law-book which was discovered in the Temple by the priest Hilkiah in the eighteenth year of the reign of King Josiah, 621 BC, as narrated in II Kings xxii.と仮定して構成されてhezekiahの本は、マナセか、またはジョサイアは、同法に基づいて、仮説に基づいて本が発見された寺の住職hilkiahは、 18年にジョサイア王の治世、紀元前621 、ナレーションxxii 、 2世の王です。 et seq., was virtually the present Deuteronomy, the only difference of opinion being as to how long it had been composed.頁以降を参照。 、事実上、現在の申命記は、意見の違いがあるだけにどのくらい時間が構成されていた。 Most of the advocates of the Josianic period even say that the book was composed and hidden with the definite intention that it should be brought to light in that way.ほとんどのjosianic期間の権利の擁護者でも言わないで構成さと隠されたこの本は明確な意図をしなければならないことを白日の下にさらされることも可能です。 This hypothesis is difficult to maintain, for a number of improbabilities must be assumed in order to prove that the code found at the time of Josiah was Deuteronomy.この仮説を維持するのは難しい、そうもないことは、いくつかの想定しなければならないことを証明するために、コードが見つかりました時点で、ジョサイアは、申命記です。 All that can be claimed is that the narrator of the story of the finding and of the reforms attendant upon it adopts in part the language of Deut.すべてのことができると主張するのは、語り手の物語を発見し、それを採用することは、改革のアテンダントの言語を部分的deutです。 This view is exposed to the insuperable objection that the religion which brought truth into the world can not have been founded upon a deception.このビューを表示するにさらされるのは、異議申立克服できない真理が起きるまでは、宗教の世界にすることはできませんが設立時にごまかしています。 That this fundamental book of religion, containing such a free and pure stream of truth, could be pseudepigraphic, and that the whole nation should have considered as of Mosaic origin and of divine authority, and have adopted at once, without objection or criticism, a book which was a forgery, of the existence of which no one knew anything before that time, and which demanded radical modifications of the religious life, and especially of worship, is inconceivable.宗教の根本的な予約して、無料で、純粋なストリームを含むような真実があるpseudepigraphicており、そのための全民族のモザイク必要が起源と見なされる神の権限、および採択を一度には、異議申立や批判は、予約には、偽造、されていないが存在する前に何か1つを知っていたその時、および変更を要求し、過激な宗教的生活、特に礼拝堂は、想像します。

Those critics who recognize these objections, but for critical reasons hesitate to take Moses as the author, assert, therefore, that the book is in its essentials a faithful reproduction of the teaching of Moses, filling in the outlines given by the latter; and that there are no objections to assuming that inspired men, working in the spirit of Moses, and sustaining to him the uninterrupted relation of spiritual succession, should feel justified in rendering his teaching and his law comprehensible for their own time, supplementing and developing them, and that the book thus composed is none the less Mosaic in spirit.これらの批評家who認識、これらの異議申し立てが、ムーサーを取るのをためらう理由として重要なの著者、主張、したがって、その書籍が、その本質を忠実に再現する教育のムーサーよ、与えられたのフィリングが、後者の概要、およびその異議申し立てがないと仮定してインスピレーションを男性は、働いてムーサーの精神を、延々と続くとの関係を維持し、彼は精神的な後継者は、正当化さを感じるのレンダリングは、彼の指導法の理解と彼は自らの時間、補完と発展途上し、このように構成さなしには、この本は心の中でモザイクの少ないです。 Modern criticism holds that the book was prepared for the purpose of realizing the ideals of the Prophets in the national life of Israel.近代的な批判を保持して予約は準備のためには、預言者の理想を実現して国民生活は、イスラエルのです。 It is the summary of the prophetic deliverances of the eighth and seventh centuries, though not altogether free from impairments of the prophetic ideals.の概要を予言することは、 8番目と7世紀のdeliverancesではありませんが完全に無料の予言より劣化の理念です。 Some critics (Cheyne, "Jeremiah," pp. 65 et seq.) consider it as a product of the priestly-prophetic circles, an assumption that is certainly correct (comp. xvii. 9 et seq., xxiv. 8).いくつかの批評家(チェーンストークス、 "エレミア、 " pp 。 65頁以降を参照。 )製品は、それを考慮する聖職者-予言界では、という仮定からは、確かに正しい( comp. 17 。 9頁以降を参照。 、 24 。 8 ) 。

Sources and Redaction.ソースを改訂します。

Although the place assigned traditionally to Deut. deutは、伝統的に割り当てられた場所です。 as containing the end of the Mosaic legislation, and as presupposing the existence of Ex.-Num., is disputed by modern criticism, yet all critics agree that it is based on previous sources that have in part been preserved.の最後には、モザイクを含むものであるとして、立法、とpresupposing - NUM件の例が存在する。 、近代的な批判が係争中で、まだすべての批評家に同意し前のソースに基づいてこれは部分的に保存されている。 This applies certainly to J and to E, both in the narrative and the legal portions.確かにこの番号をメールするJと、物語との両方で、法的な部分です。 J in the narrative: i. J中の物語: i. 8, comp. 8日のCOMPです。 Gen. xv. Gen 。と15です。 18; i. 18 ; i. 45, comp. 45 、のCOMPです。 Num. NUM件です。 xiv. 14 。 16; iii. 16 ; Ⅲ 。 15 et seq., comp. 15頁以降を参照。 、のCOMPです。 Num. NUM件です。 xxxii. 32 。 29; otherwise the story is recapitulated from E. In the Law the close relation and connection with the Book of the Covenant contained in E (Ex. xx. 24-xxiii. 19) is most noticeable, Steuernagel being the only one to dispute this, and the so-called Decalogue in J (Ex. xxxiv.). 29 ;そうでなければ、話はrecapitulatedよりE.は、法の密接な関係と関連して、契約に含まれて予約メール(例:イグゼクスです。 24 - 23 。 19 )が最も顕著な、 1つだけをsteuernagelが、この紛争、および、いわゆる十戒のJ (例: 34です。 ) 。 It is a matter of dispute whether the author of Deuteronomy knew J and E as separate works, or after they had been united into JE and incorporated into the Tetrateuch.それは、紛争の問題を知っていたかどうか申命記の著者であるJおよびメールを別の作品か、またはした後は統一されていたとtetrateuch組み込まれています。 The priority of the Decalogue of Ex.の優先順位を元の十戒です。 xx.イグゼクスです。 or that of Deut.またはdeutいる。 v. is also a much disputed question.係争中の質問もはるかにv.です。 Deuteronomy takes a very independent stand toward its sources, the reproduction being a free modification or enlargement.申命記では、非常に独立した姿勢を示すのによると、無料で変更したりするの複製が拡大します。 Wellhausen and Stade have therefore assumed it to be an enlarged edition of the old Book of the Covenant, and Kuenen, followed especially by Cornill, has brought forward the hypothesis that Deut.ヴェルハウゼンとシュターデことが想定されるため、古い書籍の拡大版を約束し、キューネン、その後特にコルニル、繰越利益はdeutという仮説に基づいています。 supplanted the Book of the Covenant. supplantedこの本を誓約します。

It is a very important question under discussion, whether the author of Deuteronomy was acquainted with P; whether, therefore, the latter was the earlier book, if not in its present codification, at least in content.これは、非常に重要な質問をされてディスカッションでは、申命記の著者であるかどうかは、知り合いにp ;かどうか、したがって、後者は、以前の本の現在の法典化ていない場合は、少なくともコンテンツです。 P is asserted to be older by Dillmann, Delitzsch, Oettli, and, of course, by the traditionalists. pがアサートされる古いさディルマン、デリッチ、 oettliと、もちろん、つぶすされた。 As regards history they quote iv.彼らの歴史に関して引用Ⅳ 。 3 = Num. 3 = NUM件です。 xxv. 25 。 (leading astray of the Israelites); i. (リード迷い込んでしまったのは、イスラエル) ; i. 37, iii. 37 、 Ⅲ 。 26, iv. 26日、 Ⅳ 。 21 (Aaron and Moses forbidden to enter Canaan) = Num. 21日(アーロンを入力すると、ムーサー禁じられてカナン) = NUM件です。 xx.イグゼクスです。 12, 24, xxvii. 12日、 24日、 27 。 14; i. 14 ; i. 23 (number of the spies) = Num. 23 (番号をスパイ) = NUM件です。 xiii. 13 。 1 et seq.; x. 1頁以降を参照。 ; Xで 3 (the Ark of shittim-wood) = Ex. 3日(シッテム-木の箱舟) =例です。 xxxvii. 37 。 1; x. 1 ; Xで 22 (the number "70") = Gen. xlvi. 22日(の数" 70 " ) = Gen 。と46です。 27; xxxi. 27 ;参拾壱です。 2, xxxiv. 2 、 34 。 7 (the age of Moses) = Ex. 7日(の年齢をムーサー) =例です。 vii. Ⅶ 。 7. 7 。 In the Law the many allusions to the law of holiness belonging to P (Lev. xvii.-xxvi.), the assumption of several "torot," and especially Deut.その法律の法則を多くのallusionsホーリネスに所属する人( lev. xvii. - 26です。 ) 、の仮定は、いくつかの" torot 、 "特にdeutです。 xiv. 14 。 in comparison with Lev.レフと比較している。 xi., confirm this view. XI 。のは、このビューを確認します。 According to other critics the historical references are derived from notes in JE, no longer extant, and as regards the Law they reverse the relation in every case.によると、他の批評家の歴史から派生したノートでは参考文献は、もはや現存し、同法に関しては彼らの関係を逆にするすべてのケースです。 P presupposes Deut.; so that, for instance, Lev. p前提deut 。 ;ように、例えば、レフです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 was modeled upon Deut. deut時は、モデルです。 xiv. 14 。

The redaction of Deut. deutの改訂のです。 passed, according to Wellhausen, through three stages: (1) the original Deut.-xii.-xxvi.; (2) two enlarged editions independentof each other-i.-iv., xii.-xxvi., xvii., and v.-xi., xii.-xxvi., xxviii.-xxx.; (3) combination of the two editions and incorporation of the work so formed into the Hexateuchic code.渡された場合は、ヴェルハウゼンによると、 3つの段階を通して: ( 1 ) 、元のdeut. - xii. - 26です。 ; ( 2 ) 2つのエディションindependentofお互いに拡大- i. - Ⅳ 。 、 xii. - 26 。 、 17 。 、およびv.-xi. 、 xii. - 26 。 、 xxviii. - xxxにします。 ; ( 3 )の組み合わせと、 2つのエディションが混入の仕事をするように形成さhexateuchicコードです。 Deuteronomy was in the first place combined only with JE; a later editor combined this work with P after the component parts of the latter had been put together.申命記は、まず第一に組み合わせるだけでは、この作品で、後のエディタを組み合わせるpした後、後者の部品を組み立てるていた。 Dillmann assumes the following three stages of redaction down to Ezra: (1) Pg + E + J; (2) PgEJ + D; (3) PgEJD + Ph (law of holiness).ディルマン想定して以下の3つの段階でダウンを改訂エズラ: ( 1 ) pg +メール+無し、 ( 2 ) pgej +ニ; ( 3 ) pgejd +ペーハー(ホーリネスの法則) 。 The views in regard to the redaction depend on what is considered as the original Deut.これと関連し、改訂の再生回数に依存して、元のdeutは何です見なされています。 and into what and how many parts it is divided.そして何をどのように多くの部分が分かれています。 According to the Graf-Wellhausen theory of the relation of Deut. -ヴェルハウゼンの理論によると、グラフの関係をdeutのです。 to the Prophets, and its priority to P, the book marks a radical change in the Israelitic religion.には、預言者、およびその優先順位までPは、変更されたブックマークするには根本的israelitic宗教です。 Through the centralization of worship the popular exercise of religion, closely connected with the daily life, the home, and the house, is uprooted and all the sacred poetry of life destroyed.礼拝堂の中央集権化を通じて人気の行使の宗教、日常生活に密接に接続して、ホーム、およびその家は、根こそぎになったとの生活のすべての神聖な詩破棄してください。 Worship is separated from life, and the sharp contrast of holy and profane arises between the two.礼拝は、生活から分離し、シャープのコントラストを2つの神聖と世俗の間に発生します。 The idea of the Church comes into existence; then a separate profession, that of the clergy, is created; and by transferring the priestly ideal to the whole people the way is prepared for the exclusive and particularistic character of later Judaism.という考えに入ってくると、教会の存在;入力し、別の職業、それは、聖職者が作成;と全体を転送する聖職者の理想的な人々の準備をし、排他的な方法は、ユダヤ教への文字をparticularisticです。 As the prophetic ideas are formulated into concrete laws, religion is externalized and becomes a religion of law, an opus operatum.予言的なアイデアとしては、具体的な法律を策定、宗教は宗教法外在的となり、操作します。 The people now know exactly what they have to do, for "it is written."今すぐ正確に知っている人々は何彼らはこれを行うには、 "これが書き込まれる。 " Deuteronomy marks the beginning of the canon; religion becomes a book religion, an object of study, a theology.申命記マルクの初めに、キヤノン;宗教が宗教の本では、オブジェクトの研究は、神学です。 The people know what they may expect if they keep the Law. 5月の人々に知って何を期待すれば法律を守る。 Religion assumes the nature of a covenant, a contract, and the doctrine of retribution becomes paramount.宗教の性質を想定して契約は、契約し、パラマウントの教義の報復がします。 Further conclusions are then drawn by P as to post-exilic Judaism, Pharisaism, the Talmud, Rabbinism.より詳細な結論は入力し、描かれるのP -追放されたユダヤ教を作成、偽善は、タルムード、ラビの教義です。

This whole conception is based on literary and religio-historical assumptions that are either wrong or doubtful.全体に基づいて、この概念は文学と宗教の歴史的な前提条件のいずれか間違っているかは疑わしいものです。 The doctrines and demands of Deut. deutの教説との要求をします。 have always been fundamental in Israel's religion.基本的には常にイスラエルの宗教です。 The book condemns and abolishes paganism.その本と非難ペイガニズム廃止します。 The alleged legitimacy of the decentralization and popularization of worship is based entirely upon a wrong interpretation of Ex.疑惑の正当性を崇拝するの分権化と普及には完全に間違って解釈する例です。 xx.イグゼクスです。 24. 24 。 Centralization is the necessary consequence of monotheism and of the actual or ideal unity of the people.中央集権化が一神教とするために必要なのは、実際の結果や理想的な団結の人々です。 Law and prophecy are closely connected from the foundation of Judaism, beginning with Moses.法と予言は、ユダヤ教の根幹をより密接につながっを初めとするモーゼス。 The regulation of life according to divine law, the contrast between holy and profane, the rise of a canon and a theology, are incidental to the development of every religion that has ever controlled and modified the life of a people.EGHBJ神の生活規制法によると、神聖と世俗の間のコントラストの上昇は、キヤノンと神学は、開発のすべての宗教に付随するこれまでの生活をする制御および更新people.eghbj

Morris Jastrow Jr., SR Driver, Emil G. Hirsch, Benno Jacobモリスジャストロウジュニア、 srドライバ、 g.エミールハーシュ、ジェイコブbenno

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです