Book of Ecclesiastes, Qoheleth予約の伝道の書、 qoheleth

General Information 総合情報

Ecclesiastes is a book of wisdom writing in the Old Testament of the Bible.伝道の書は、予約の英知を書面で、旧約聖書のバイブルです。 Its title is a Greek form of the Hebrew Koheleth ("preacher" or "speaker").そのタイトルは、ギリシャ語、ヘブライ語フォームkoheleth ( "説教師"または"スピーカー" ) 。 The author poses as Solomon, the archetype of the biblical wise man, but the book was not written before 350 - 250 BC.ソロモンの著者ポーズとしては、アーキタイプは、聖書の賢者は、予約はないが、前に書かれた350 -2 50紀元前です。

Ecclesiastes is a philosophical essay on the meaning of human life.伝道の書は、哲学的エッセイを人間の生命の意味をします。 The author rejects all religious and ethical theories known to him, because they are contradicted by experience.の著者を拒否既知のすべての宗教的かつ倫理的な理論をしてしまったら、矛盾したため、彼らは経験です。 He sees no divine plan in history, nature, or personal existence and argues that only relative satisfactions can be found in wealth, pleasure, family, friends, or work.彼は神の計画はないが、歴史、自然、または個人的な存在と主張して相対的満足のみ富に関しましては、喜び、家族、友人、または仕事です。 The sole meaning of life is in living it fully by making the wisest possible choices.人生の唯一の意味での生活が賢明なことになって完全に可能な選択肢です。 The few religious consolations expressed are widely attributed to a pious commentator.宗教上のいくつかの原因が広くconsolationsを表明して信心深い解説します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト


Book of Ecclesiastes予約の伝道の書

Brief Outline簡単な概要

  1. The futility of life人生の無益
  2. The answer of practical Faithその答えの実用的な信仰


Book of Ecclesiastes予約の伝道の書

General Information 総合情報

Ecclesiastes is a book of the Old Testament, in Hebrew called Qoheleth.伝道の書は、旧約聖書の本は、ヘブライ語と呼ばれるqohelethです。 The English name is derived from a Greek term, roughly defined as "one who participates in or addresses an assembly," which appears in the title verse of the book in the earliest important Greek version of the Old Testament, the Septuagint.の英語名はギリシャ語に由来する用語、約として定義されて" 1つのアセンブリまたはアドレスwhoに参加して、 "詩のタイトルに表示されて最古の予約は、ギリシャ語のバージョンの重要な旧約聖書は、セプトゥアギンタです。 The Greek term is a rendering of the word Qoheleth, generally translated "preacher," although the precise meaning is not clear.任期は、ギリシャ語の単語のレンダリングをqoheleth 、通常の翻訳"説教師は、 "正確な意味ではないが、はっきりしている。 Because Qoheleth identifies himself as "the son of David, king in Jerusalem" (1:1), by implication the Book of Ecclesiastes has been traditionally ascribed to the Israelite king Solomon.自分自身として識別するためqoheleth "の息子のデビッド、キング、エルサレム" ( 1:1 ) 、その本の伝道の書を含意され、伝統的に生得的にイスラエルソロモン王です。

Ecclesiastes consists of 12 chapters containing a series of generally pessimistic reflections on the purpose and nature of life.伝道の書第12章で構成さを含む、一連の悲観的な反省を、通常の生活と自然との目的です。 The conclusion, stated at the very beginning of the work, is that "all is vanity" (1:2).その結論は、記載の作業は、非常に始まり、は、 "すべては虚栄心で" ( 1:2 ) 。 Pursue wisdom and wealth, cultivate pleasure, labor faithfully, deplore injustice and wickedness; the end is always the same, "vanity and a striving after wind" (4:4).知恵と富を追求する、育てる喜び、労働忠実に、不公平と嘆く邪悪;の最後にはいつもと同じ、 "風の虚栄心と努力した後" ( 4時04分) 。 The coupling of this recurrent theme with assumptions that natural phenomena are cyclic (1:4-7, 3:1-8), and even preordained (3:15), leads the author to hedonistic, cynical doctrines (8:15-9:10, 12:1-8) so antithetical to the spirit of the earlier Old Testament books that the rabbis originally sought to suppress the book.再発のカップリングは、次のテーマに自然現象の前提は、環状( 1:4-7 、 3:1-8 ) 、とさえpreordained ( 3:15 ) 、リードして著者に快楽主義的、冷笑的な教説( 8:15-9 : 10 、 12:1-8 )の精神に相反するので、以前のラビもともとは、旧約聖書の書籍を抑制する予約を模索してきた。 Its popularity and its ascription to Solomon, however, eventually secured Ecclesiastes a place in the third section, the Writings, of the Hebrew canon.その人気とその帰属をソロモンは、しかし、伝道の書の場所を確保結局3番目のセクションでは、この文章は、キヤノン、ヘブライ語です。

Modern scholarship now attributes the book to the 3rd century BC, at a time when the Jews were under the influence of various Greek philosophic systems, such as Epicureanism and Stoicism.現代の奨学金今すぐ属性紀元前3世紀の予約をするには、時間の影響下にあるときに、ユダヤ人は様々なギリシャの哲学のシステムには、快楽主義と禁欲主義のようです。 Ecclesiastes is part of the Wisdom literature of the Old Testament, which includes the Books of Job and Proverbs.伝道の書の英知を結集するのは、旧約聖書の文学、これには、書籍の仕事と諺です。


Ecclesias'tes ecclesias'tes

Advanced Information 高度情報

Ecclesiastes is the Greek rendering of the Hebrew Koheleth, which means "Preacher."伝道の書は、ギリシャ語、ヘブライ語のレンダリングをkoheleth 、つまり"説教師です。 " The old and traditional view of the authorship of this book attributes it to Solomon.旧および繁体字の表示は、原作者の属性は、次の予約してソロモンです。 This view can be satisfactorily maintained, though others date it from the Captivity.このビューを表示する満足のいく維持できるが、他の日付捕らわれていることを確認してください。 The writer represents himself implicitly as Solomon (1:12).その作家としても暗黙のうちに自分自身を表すソロモン( 1:12 ) 。 It has been appropriately styled The Confession of King Solomon.適切なスタイルを告白され、ソロモン王です。 "The writer is a man who has sinned in giving way to selfishness and sensuality, who has paid the penalty of that sin in satiety and weariness of life, but who has through all this been under the discipline of a divine education, and has learned from it the lesson which God meant to teach him." "その作家は、男whoは、罪を犯し、利己主義と官能方法を与え、 whoは、その罪の罰を有料で、満腹感と疲労の生活、しかし、このwhoは、すべての規律の下にも、神の教育とは学んだ神からの教訓が意味を教えていた。 " "The writer concludes by pointing out that the secret of a true life is that a man should consecrate the vigour of his youth of God." "最後にその作家の秘密を指摘し、真の人生は強勢は、男は、彼の若者にささげる神のです。 " The key-note of the book is sounded in ch.の鍵-の注意事項をこの本は、あなたの音がします。 1:2, "Vanity of vanities! saith the Preacher, Vanity of vanities! all is vanity!" 1:2 、 "虚栄心の虚しい物を受けとって! sayの三人称単数直説法現在形の説教師、虚栄心の虚しい物を受けとって!すべては虚栄心で! " ie, all man's efforts to find happiness apart from God are without result.すなわち、すべての人間の幸福を見つけるの努力を離れ、神はなしの結果です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Ecclesiastes伝道の書

Catholic Information カトリックの情報

(Septuagint èkklesiastés, in St. Jerome also CONCIONATOR, "Preacher"). (セプトゥアギンタèkklesiastésは、聖ジェロームもconcionator 、 "説教師" ) 。

General survey総合調査

Ecclesiastes is the name given to the book of Holy Scripture which usually follows the Proverbs; the Hebrew Qoheleth probably has the same meaning.伝道の書の名前が与えられた神聖な啓典の本を次のように通常の諺; qohelethおそらく、ヘブライ語には、同じ意味です。 The word preacher, however, is not meant to suggest a congregation nor a public speech, but only the solemn announcement of sublime truths [hqhyl, passive nqhl, Lat.説教師という言葉は、しかし、ではないことを示唆する集会を公共の演説でも、発表しただけの厳粛な崇高な真理[ hqhyl 、受動nqhl 、されています。 congregare, I (III) K., viii, 1, 2; bqhl, in publico, palam, Prov., v, 14; xxvi, 26; qhlh to be taken either as a feminine participle, and would then be either a simple abstract noun, præconium, or in a poetic sense, tuba clangens, or must be taken as the name of a person, like the proper nouns of similar formation, Esd., ii, 55, 57; corresponding to its use, the word is always used as masculine, except vii, 27]. congregare 、私( 3 ) k. 、 viii 、 1 、 2 ; bqhlは、 publico 、 palam 、地方します。 、 V電源、 14 ;二十六日、 26日; qhlhとされる女性のいずれかとして分詞、とはのいずれかを入力し、簡単に抽象名詞、 præconium 、または、詩的な意味では、チューバclangensか、またはしなければならない人の名前として、固有名詞のように同様の形成、のESDします。 、 2世、 55 、 57 ;に対応して、その使用は、言葉は男性は常に使用されて、七を除いて、 27 ] 。 Solomon, as the herald of wisdom, proclaims the most serious truths.ソロモンの知恵のさきがけとして、 proclaims最も深刻な真理です。 His teaching may be divided as follows.彼の指導年5月に分け以下のとおりです。

Introductionはじめに

Everything human is vain (i, 1-11); for man, during his life on earth, is more transient than all things in nature (i, 1-7), whose unchangeable course he admires, but does not comprehend (i, 8-11).すべての人間は無駄な(私は、 1-11 ) ;の男、中に地球上で彼の人生は、自然のすべてのことよりも他の過渡(私、 1-7 ) 、その不変のコースと称賛し、理解することはできません(私は、 8-11 ) 。

Part IパートI

Vanity in man's private life (i, 12-iii, 15): vain is human wisdom (i, 12-18); vain are pleasures and pomp (ii, 1-23).虚栄心は男のプライベートライフ(私、 12 - 3世、 15 ) :無駄は、人間の英知(私、 12-18 ) ;無駄な華やかさは、喜びと( 2 、 1-23 ) 。 Then, rhetorically exaggerating, he draws the conclusion: "Is it not better to enjoy life's blessings which God has given, than to waste your strength uselessly?"次に、 rhetorically誇張、彼は引き分けの結論: "それはないより良い人生を楽しむの祝福を神が与えられた、より強度を無駄にして無駄ですか? " (ii, 24-26). ( 2世、 24-26 ) 。 As epilogue to this part is added the proof that all things are immutably predestined and are not subject to the will of man (iii, 1-15).エピローグとして、この部分はすべてのものが追加されました証拠を手に入れるにはなっていないpredestinedは不変の意志を対象に、男( Ⅲ 、 1-15 ) 。 In this first part, the reference to the excessive luxury described in 1 Kings 10 is placed in the foreground.この最初の部分への参照を1に記載され、過度の豪華な王10が置かれている。 Afterwards, the author usually prefaces his meditations with an "I saw", and explains what he has learned either by personal observation or by other means, and on what he has meditated.その後、彼の瞑想の著者通常prefacesし、 "見た"との説明は何を学んだのいずれかを彼は個人的な観測、または他の手段、と彼はどのような瞑想をします。 Thus he saw:–こうして彼は見た: -

Part IIパートII

Sheer vanity also in civil life (iii, 16-vi, 6).また、市民生活薄手の虚栄心( 3 、 16 - 6 、 6 ) 。 Vain and cheerless is life because of the iniquity which reigns in the halls of justice (iii, 16-22) as well as in the intercourse of men (iv, 1-3).無駄とわびしい生活のためには、不法行為に満ちていたのは、ホールの正義( Ⅲ 、 16-22 )だけでなく、性交の男性( 4 、 1-3 ) 。 The strong expressions in iii, 18 sqq., and iv, 2 sq., must be explained by the writer's tragic vein, and thus does credit to the writer, who, speaking as Solomon, deplores bitterly what has often enough happened in his kingdom also, whether through his fault or without his knowledge. 3世の強い表現で、 18 sqq 。 、およびIV 、 2平方、しなければならないと説明された作家の悲劇的な静脈、およびこのように著作者のクレジットをその作家、 who 、ソロモンの立場から言えば、十分なdeploresひどく、何が起こったしばしば彼の王国また、彼の過失の有無にかどうかを彼の知識です。 The despotic rule of the kings was described in advance by Samuel and Solomon cannot be cleared of all guilt (see below).の専制的なルールに記載され、キングスは、事前にサミュエルとソロモンのすべての罪悪感にクリアすることはできません(下記参照) 。 But even the best prince will, to his grief, find by experience that countless wrongs cannot be prevented in a large empire.しかし、最高のプリンスは、彼の悲しみを、見つけられた経験が数えきれないほどの過ちを正すことはできませんが、大規模な帝国を阻止します。 Qoheleth does not speak of the wrongs which he himself has suffered, but of those which others sustained.話すqohelethはありませんが、彼自身の過ちを正すに苦しんで、しかし、他の持続的なものです。 Another of life's vanities consists in the fact that mad competition leads many to fall into idleness (iv, 4-6); a third causes many a man through greed to shun society, or even to lose a throne because his unwisdom forbids him to seek the help of other men (iv, 7-16).もう一つの人生の虚しい物を受けとって構成さは、多くの事実をリードマッド競争に陥る怠け癖( 4 、 4-6 ) ;が原因で3番目に多くの人を通じて社会の貪欲さを避けて、あるいは彼のために王座を失う彼unwisdom禁止を求める他の男の人の助けを借りて( 4 、 7-16 ) 。 Qoheleth then turns once more to the three classes of men named: to those who groan under the weight of injustice, in order to exhort them not to sin against God by murmuring against Providence, for this would be tantamount to dishonouring God in His temple, or to breaking a sacred vow, or to denying Providence (iv, 17-v, 8); in the same way he gives a few salutary counsels to the miser (v, 9-19) and describes the misery of the supposed foolish king (vi, 1-6).一度入力しqohelethターンして他の3つのクラスの男子の名前:ている不公平whoミシミシと音を立てるの重みを受けて、熱心に勧めるのために神に背くことをしないようにサラサラ流れる反対プロビデンス、これは彼の神に等しいdishonouring寺、または神聖な誓いを破ったか、またはを否定プロビデンス( 4 、 17 - V電源、 8 ) ;と同じように彼は不運にもいくつかの有益な忠告を( V電源、 9-19 )と説明しているの不幸は、愚かな王( 6 、 1-6 ) 。 A long oratorical amplification closes the second part (vi, 7-vii, 30).長い演説増幅明日2番目の部分( 6 、 7 - 7 、 30 ) 。 The immutable predestination of all things by God must teach man contentment and modesty (vi, 7-vii, 1, Vulg.).宿命のすべての物事の不変の神男満足と慎み深さを教える必要があります( 6 、 7 - 7 、 1 、 vulgです。 ) 。 A serious life, free from all frivolity, is best (vii, 2-7, Vulg.).深刻な人生、無料、フリーからのすべての軽薄な言動は、最高の( 7 、 2-7 、 vulgです。 ) 。 Instead of passionate outbreaks (vii, 8-15), he recommends a golden mean (vii, 16-23).情熱的ではなく、大流行( 7 、 8-15 ) 、彼の黄金の意味をお勧め( 7 、 16-23 ) 。 Finally, Qoheleth inquires into the deepest and last reason of "vanity" and finds it in the sinfulness of woman; he evidently thinks also of the sin of the first woman, through which, against the will of God (30), misery entered the world (vii, 24-30).最後に、お問い合わせqoheleth最深と最後の理由を"虚栄心"と認めるときは、罪深さの女性;彼の罪を明らかにする考えも、最初の女性を通じて、反対の意志を神( 30 ) 、悲惨入力して世界( 7 、 24-30 ) 。 In this part, also, Qoheleth returns to his admonition to enjoy in peace and modesty the blessings granted by God, instead of giving oneself up to anger on account of wrongs endured, or to avarice, or to other vices (iii, 22; v, 17 sq.; vii, 15).この部分は、また、彼の忠告をqoheleth戻り値の平和と慎み深さを楽しむに与えられた神の祝福のではなく、自分自身に怒りを与えるアカウントの過ちを正すに耐えるか、またはをどん欲か、または他の悪弊( Ⅲ 、 22 ; v 、 17平方;七、 15 ) 。

Part III第三部

Part III begins with the question: "Who is as the wise man?"第三部の冒頭の3質問: " whoして英明では、男ですか? " (In the Vulg. these words have been wrongly placed in chap. vii.) Qoheleth here gives seven or eight important rules for life as the quintessence of true wisdom. ( [ vulgします。これらの単語が誤って配置されたやつです。 Ⅶ 。 ) qohelethここでは、 7番か8番重要なのルールを生活の知恵としての真の真髄です。 Submit to God's ("the king's") will (viii, 1-8).神の提出を( "王様" )は、 ( 8 、 1-8 ) 。 If you observe that there is no justice on earth, contain yourself, "eat and drink" (viii, 9-15).観察がある場合に正義はない地球上で、自分が含まれ、 "食べ物と飲み物" (八、 9-15 ) 。 Do not attempt to solve all the riddles of life by human wisdom; it is better to enjoy modestly the blessings of life and to work according to one's strength, but always within the narrow limits set by God (viii, 16-ix, 12.–In the Vulgate ad aliud must be dropped).試みていないのすべての謎を解決するために人生を人間の英知;方が良いの恵みを楽しむそこそこの生活と仕事によると、自分の力ではなく、常に内の狭い範囲内に設定され、神( 8 、 16 - 9世、 12 。 - aliudしなければならないの広告は、ウルガタ聖書の下落) 。 In this "siege" of your city (by God) seek help in true wisdom (ix, 13-x, 3).この"包囲"してシティ(神)に助けを求める真の知恵( 9世、 13 - Xや3 ) 。 It is always most important not to lose your temper because of wrongs done to you (x, 4-15).最も重要なことはしないように、常にお客様の気性を失うことをあなたの過ちを正すために( x 、 4-15 ) 。 Then follows the repetition of the adivce not to give oneself up to idleness; sloth destroys countries and nations, therefore work diligently, but leave the success to God without murmuring (x, 16-xi, 6). adivceの繰り返しを入力し、次のようにしないように怠惰に自首する;ナマケモノ破壊国と国、その仕事にいそしむ、しかし、神を離れるの成功をサラサラ流れる( x 、 16 - xi 、 6 ) 。 Even amid the pleasures of life do not forget the Lord, but think of death and judgment (xi, 7-xii, 8).人生の快楽の中にさえことを忘れないで、主よ、そうだと思いますが死と判断(まとめて、 7 - 12 、 8 ) 。

In the epilogue Qoheleth again lays stress upon his authority as the teacher of wisdom, and declares that the pith of his teaching is: Fear God and keep the Commandments; for that is the whole man.エピローグqohelethは、再び彼の権限を産む時のストレスの教師としての知恵と力強さを宣言し、彼の授業は:神を恐れると十戒を守る;があることが全体の男です。

In the above analysis, as must be expected, the writer of this article has been guided in some particulars by his conception of the difficult text before him, which he has set forth more completely in his commentary on the same.は、上記の分析、予想しなければならないとして、その作家のこの記事はいくつかの証明されてきた彼のガイドしている困難なテキストを前に彼の構想を、これ彼は完全に彼の解説の他の規定と同じです。 Many critics do not admit a close connection of ideas at all.多くの批評家はありませんアイデアを認めるのすべての接続を閉じる。 Zapletal regards the book as a collection of separate aphorisms which form a whole only exteriorly; Bickell thought that the arrangement of the parts had been totally destroyed at an early date; Siegfried supposes that the book had been supplemented and enlarged in strata; Luther assumed several authors.ザプレタルについて個別にその本をコレクションの外面的にのみ全体を構成するaphorisms ; bickell考えられていたの部品の配置を完全に破壊されるの早期日付;ジークフリートには、この本supposes補足と拡大していた地層;ルーサーいくつかの想定作者に帰属します。 Most commentators do not expect that they can show a regular connection of all the "sayings" and an orderly arrangement of the entire book.ほとんどのコメンテーターはありませんを期待しての接続を定期的に表示することができますのすべての"ことわざ"と、秩序全体の配置を予約します。 In the above analysis an attempt has been made to do this, and we have pointed out what means may lead to success.は、上記の分析する試みがされてこれを行うには、どのような手段と指摘したわれは成功に至ることがあります。 Several parts must be taken in the sense of parables, eg what is said in ix, 14 sqq., of the siege of a city by a king.いくつかのパーツしなければならないという意味のparables 、例えば何が9世によると、 14 sqq 。 、都市を包囲され、王様です。 And in viii, 2, and x, 20, "king" means God.と、 viii 、 2 、およびX 、 20日、 "キング"とは、神です。 It appears to me that iv, 17, is not to be taken literally; and the same is true of x, 8 sqq. 4世と私にはそれが表示されたら、 17日、文字通りではないとされると、同じことが言えるのX 、 8 sqq 。 Few will hestitate to take xi, 1 sqq., figuratively. xi hestitateを取る数は、 1 sqq 。 、比喩的です。 Chap.やつです。 xii must convince every one that bold allegories are quite in Qoheleth's style. 12説得する必要があります。 allegoriesごとに1つのことはかなりの大胆なqohelethのスタイルです。 Chap.やつです。 iii would by very flat if the proposition, "There is a time for everything", carried no deeper meaning than the words disclose at first sight. 3世は非常にフラットの場合、提案され、 "には、時間をすべて" 、運ばないという言葉よりも深い意味を開示する最初の光景です。 The strongest guarantee of the unity and sequence of thoughts in the book is the theme, "Vanitas vanitatum", which emphatically opens it and is repeated again and again, and (xii, 8) with which it ends.最も強力な保証の団結と考え、この本は、シーケンスのテーマは"むなしさの極み" 、これが繰り返されるきっぱりとポップアップし、何度も繰り返し、および( 12 、 8 )を元に調べることが終了します。 Furthermore, the constant repetition of vidi or of similar expressions, which connect the arguments for the same truth; finally, the sameness of verbal and rhetorical turns and of the writer's tragic vein, with its hyperbolical language, from beginning to end.また、定数ビディまたは同様の表現を繰り返し、これに接続して、同じ真理の引数を指定;最後に、同一の言葉や修辞的ターンとは、作家の悲劇的な静脈、そのhyperbolical言語は、最初から最後までです。

In order to reconcile the apparently conflicting statements in the same book or what seem contradictions of manifest truths of the religious or moral order, ancient commentators assumed that Qoheleth expresses varying views in the form of a dialogue.和解のために、明らかに矛盾する発言と同じように見える帳、またはどのような矛盾のマニフェストの真理の宗教や道徳的なため、古代のコメンテーターqoheleth想定して、さまざまな表現は、対話形式で再生回数です。 Many modern commentators, on the other hand, have sought to remove these discrepancies by omitting parts of the text, in this way to obtain a harmonious collection of maxims, or even affirmed that the author had no clear ideas, and, eg, was not convinced of the spirituality and immortality of the soul.多くの近代的解説、その一方で、これらの違いは削除を模索してきたのテキスト部分を省略され、このように、調和のとれたコレクションの格言を入手するか、またはこの文書の著者もアファームド明確なアイデアはない、とは、例えば、はない確信は、霊性と霊魂の不滅です。 But, apart from the fact that we cannot admit erroneous or varying views of life and faith in an inspired writer, we regard frequent alterations in the text or the proposed form of a dialogue as poor makeshifts.しかし、離れているという事実は誤りを認めることはできないか、さまざまな再生回数の生活と信仰に触発された作家で、私たちに関して頻繁に変更されたテキストまたは対話形式での提案として非常に悪い取る。 It suffices, in my opinion, to explain certain hyperbolical and somewhat paradoxical turns as results of the bold style and the tragic vein of the writer.それが足りる、私の意見で、やや逆説を説明すると、特定のhyperbolicalターンとしての結果を、大胆なスタイルとその作家の悲劇的な静脈です。 If our explanation is correct, the chief reproach against Qoheleth–viz.我々の説明が正しい場合は、反対の首席非難qoheleth - viz 。 that against his orthodoxy–falls to the ground.彼の正統性に反対-の滝を地面にします。 For if iii, 17; xi, 9; xii, 7, 14, point to another life as distinctly as can be desired, we cannot take iii, 18-21, as a denial of immortality. 3世の場合、 17 ; xi 、 9 、 12 、 7日、 14日、別の人生をポイントしていることからもはっきりと希望として、取ることはできません3 、 18-21 、不朽の名声を拒否します。 Besides, it is evident that in his whole book the author deplores only the vanity of the mortal or earthly life; but to this may be truly applied (if the hyperbolical language of the tragical mood is taken into consideration) whatever is said there by Qoheleth.それに、これは彼の全体を明らかにして予約して著者deploresは、この世の虚栄心は、人間や生活;しかし、本当に適用される可能性がありますが( hyperbolicalの言語の場合、 tragical気分が考慮されるようにする)によるとそこに何がqohelethです。 We cannot find fault with his comparing the mortal life of man and his death to the life and death of the beast (in vv. 19 and 21 rwh must always be taken as "breath of life").彼のあら探しをすることはできない人間の生活を比較して男と彼の死は、生と死は、ビースト(さのVVです。 19と21 rwhしなければならないとして、常に"ブレスオブライフ" ) 。 Again, iv, 2 sq., is only a hyperbolical expression; in like manner Job (iii, 3) curses in his grief the day of his birth.再び、 4 、 2平方は、 hyperbolicalのみを発現;同じように仕事( 3世、 3 )のcursesの彼の悲しみは彼の誕生日です。 True, some allege that the doctrine of immortality was altogether unknown to early intiquity; but even the Saviour (Luke 20:37) adduced the testimony of Moses for the resurrection of the dead and was not contradicted by his adversaries. trueの場合、いくつかの主張は、不朽の名声は完全に未知の教義を早期intiquity ;しかし、救い主(ルカ20:37 ) adducedムーサーは、復活の証言をオブザデッドと矛盾はない彼の敵です。 And ix, 5 sq. and 10, must be taken in a similar sense.と9世、 5平方と10日、同様の感覚をしなければならない。 Now, in dooming all things earthly to destruction, but attributing another life to the soul, Qoheleth admits the spirituality of the soul; this follows especially from xii, 7, where the body is returned to the earth, but the soul to God.今すぐは、この世のすべてのものを破壊doomingが、別の生活をしてソウルに関連付け、 qohelethの霊性を認めるの魂;この次のように、特により12 、 7 、どこに、地球のボディが返されますが、冥福を祈る。

Sometimes Qoheleth also seems to be given to fatalism; for in his peculiar manner he lays great stress on the immutability of the laws of nature and of the universe.時にはqohelethも与えられると思われる運命論;は彼の独特の方法で彼は大きなストレスを産むのimmutabilityの自然との法律に基づいて、宇宙のです。 But he considers this immutability as dependent on God's will (iii, 14; vi, 2; vii, 14 sq.).しかし、彼はこの神のご意志に依存してimmutabilityとして( Ⅲ 、 14 ;六、 2 ;七、 14平方)です。 Nor does he deny the freedom of man within the limits set by God; otherwise his admonitions to fear God, to work, etc. would be meaningless, and man would not have brought evil into the world through his own fault (vii, 29, Heb.) Just as little does he contest the freedom of God's decrees, for God is spoken of as the source of all wisdom (ii, 26; v, 5).彼の自由を否定することもありません男の範囲内で設定さ神;他の神を恐れる彼のadmonitions 、するには、等が無意味な、と男はない悪の世界に持ってきたを通じて自分自身の断層( 7 、 29 、なしで。 )同じようにほとんどが彼は神の政令コンテストは言論の自由を、神が話され、ソースとしてのすべての知恵( 2日、 26日; V電源、 5 ) 。 His views of life do not lead Qoheleth to stoical indifference or to blind hatred; on the contrary he shows the deepest sympathy with the misery of the suffering and earnestly deprecates opposition against God.彼の人生の再生回数qohelethをリードstoicalていない視覚障害者の無関心や憎悪を;それとは逆に深い遺憾の意を示して彼の不幸は、神の苦しみと真剣にdeprecates反対です。 In contentment with one's lot, in the quiet enjoyment of the blessings given by God, he discerns the golden mean, by which man prevents the vagaries of passion.安じて1つの多くは、静かな喜びを与えられた神の恵み、彼の黄金discerns意味は、どの男の気まぐれな情熱を防止します。 Neither does he thereby recommend a kind of epicurism.どちらもそれは彼の一種であるEpicurism (美食主義を推奨します。 For the ever-recurring phrase, "Eat and drink, for that is the best in this life", evidently is only a typical formula by which he recalls man from all kinds of excesses.定期的なフレーズは、常に、 "食べ物と飲み物は、このことは、最高の人生" 、明らかにこれは典型的な数式をリコール男から彼はあらゆる種類の行き過ぎです。 He recommends not idle, but moderate enjoyment, accompanyied by incessant labour.アイドル状態の彼はお勧めしないが、穏健な喜びは、絶え間のない労働accompanyiedされています。 Many persist in laying one charge at Qoheleth's door, viz., that of pessimism.多くの敷設に固執して1つのドアの電荷をqoheleth 、 viz 。 、それを悲観論です。 He seems to call all man's efforts vain and empty, his life aimless and futile, and his lot deplorable.彼は無駄な努力を呼び出すと空のすべての男の、彼の人生と無益な目的のない、と彼の多く嘆かわしいです。 It is true that a sombre mood prevails in the book, that the author chose as his theme the description of the sad and serious sides of life but is it pessimism to recognize the evils of life and to be impressed with them?それは事実だが、この本が優勢に堅苦しい雰囲気は、この文書の著者の説明を彼のテーマとして選んだのが悲しい人生の側面と、深刻な悲観論を認識することは人生の弊害とされることに感銘をですか? Is it not rather the mark of a great and profound mind to deplore bitterly the imperfection of what is earthly, and, on the aother hand, the peculiarity of the frivolous to ignore the truth?ということはないのマークは、素晴らしいと深い遺憾に思う心を苦々しく何がこの世の不完全性と、上のaother手は、軽薄な特異性を無視して、真理ですか? The colours with which Qoheleth paints these evils are indeed glaring, but they naturally flow from the poetical-oratorical style of his book and from his inward agitation, which likewise gives rise to the hyperbolical language in the Book of Job and in certain psalms.塗料の色と、これらの弊害が実際にどのqoheleth明白な、しかし、彼らからの当然の流れ詩的-演説スタイルの彼の著書と彼の内側に動揺してから、これを同様に湧いてくる。 hyperbolical言語は、予約の仕事と、特定の詩篇を授けた。 However, Qoheleth, unlike the pessimists, does not inveigh against God and the order of the universe, but only man.しかし、 qoheleth 、とは異なり、悲観論者ではありません、神との順序を激しく攻撃するユニバースでは、男だけです。 Chap.やつです。 vii, in which he inquires into the last cause of evil, closes with the words, "Only this I have found, that God made man right, and he hath entangled himself with an infinity of questions [or phantasms]".七、では彼の最後のが原因で発生する悪のお問い合わせに、明日の言葉に、 "私はこれだけが見つかりました、神は人間を右、と彼は自分自身に絡み合ったかれらの質問を無限遠[またはphantasms ] " 。 His philosophy shows us also the way in which man can find a modest happiness.彼の哲学の道を示し問い合わせも男ではささやかな幸せを見つけることです。 While severely condemning exceptional pleasures and luxury (chap. ii), it counsels the enjoyment of those pleasures which God prepares for every man (viii, 15; ix, 7 sqq.; xi, 9).例外的に深刻な非難の快楽と豪華な( chap. 2 ) 、それらの快楽弁護人の楽しみをすべての人が神の準備( 8 、 15 ; 9世、 7 sqq 。 ; xi 、 9 ) 。 It does not paralyze, but incites activity (ix, 10; x, 18 sq.; xi, 1 sq.).麻痺させることはありませんが、誘発活動( 9世、 10であり、 x 、 18平方; xi 、 1平方)です。 It stays him in his afflictions (v, 7 sqq.; viii, 5; x, 4); it consoles him in death (iii, 17; xii, 7); it discovers at every step how necessary is the fear of God.彼は彼の試練に滞在( V電源、 7 sqq 。 ; viii 、 5であり、 x 、 4 ) ;て彼の死を機( Ⅲ 、 17 、 12 、 7 ) ;て一歩ごとにどのように必要な発見は、神への恐怖です。 But Qoheleth's greatest trouble seems to be his inability to find a direct, smooth answer to life's riddles; hence he so frequently deplores the insufficiency of his wisdom; on the other hand, besides wisdom, commonly so called, ie the wisdom resulting from man's investigations, he knows another kind of wisdom which soothes, and which he therefore recommends again and again (vii, 12, 20; Heb. viii, 1; ix, 17; xii, 9-14).しかし、 qohelethの最大のトラブルと思われる彼の能力を見つけるに直接、滑らかな答えを人生の謎;それゆえ、あまりにも頻繁に機能不全deplores彼の知恵;その一方で、ほかの知恵、いわゆるよく、すなわちの英知を結集する男の調査結果から、彼は別の種類の知恵を知ってsoothesし、そのために彼は何度も繰り返してお勧め( 7 、 12 、 20 ;なしで。 viii 、 1 ; 9世、 17 、 12 、 9-14 ) 。 It is true, we feel how the author wrestles with the difficulties which beset his inquiries into the riddles of life; but he overcomes them and offers us an effective consolation even in extraordinary trials.それが事実なら、私たちを感じる著者wrestlesをどのように困難な点がある彼のお問い合わせを取り巻く生活の謎;しかし、彼は克服し、提供先の効果的な慰めも、臨時試験です。 Extraordinary also must have been the occasion which led him to compose the book.臨時にも機会を主導する必要がありますが彼にその本を作成します。 He introduces himself from the beginning and repeatedly as Solomon, and this forcibly recalls Solomon shortly before the downfall of the empire; but we know from the Scriptures that this had been prepared by various rebellions and had been foretold by the infallible word of the prophet (see below).彼は自分自身からの紹介を始めと繰り返しソロモン、ソロモンと、この強制的にリコールの直前に、帝国の滅亡;しかし、私たちを知って、聖書は準備していたとされていた様々なrebellions絶対に正しい単語の前から予報された預言者ムハンマド(下記参照) 。 We must picture to ourselves Solomon in these critical times, how he seeks to strengthen himself and his subjects in this sore trial by the true wisdom which is a relief at all times; submission to the immutable will of God, the true fear of the Lord, undoubtedly must now appear to him the essence of human wisdom.ソロモンたちに画像をしなければならないこれらの重要な回、どのよう求める彼自身と彼の科目を強化し、この裁判の真の知恵が痛いは、救援ですべての回;提出して不変の意志を神、主の真の恐怖は、間違いなく、彼は本質的に表示される必要があります。今すぐ人間の知恵です。

As the inspired character of Ecclesiastes was not settled in the Fifth Œcumenical Council but only solemnly reaffirmed against Theodore of Mopsuestia, the faithful have always found edification and consolation in this book.インスピレーションとして定着したの文字はない伝道の書第5回会議œcumenical厳粛に確認するだけモプスエスティアのテオドロスは、忠実な教化と敗者はいつもこの本が見つかりました。 Already in the third century, St. Gregory Thaumaturgus, in his metaphrase, then Gregory of Nyssa, in eight homilies, later Hugh of St. Victor, in nineteen homilies, set forth the wisdom of Qoheleth as truly celestial and Divine.すでに第3世紀、聖グレゴリー奇跡を行う人は、彼の直訳、グレゴリーを入力し、 nyssaは、 8つの発する、へサンヴィクトールのフーゴは、 19人を発する、 qohelethとして定めるの英知を結集する真の天体と神のです。 Every age may learn from his teaching that man's true happiness must not be looked for on earth, not in human wisdom, not in luxury, not in royal splendour; that many afflictions await everybody, in consequence either of the iniquity of others, or of his own passions; that God has shut him up within narrow limits, lest he become overweening, but that He does not deny him a small measure of happiness if he does not "seek things that are above him" (vii, 1, Vulg.), if he enjoys what God has bestowed on him in the fear of the Lord and in salutary labour.あらゆる年齢年5月彼の教えから学ぶあの男の真の幸福を探してはならない地球上で、特定の人間の英知ではなく、豪華な、特定のロイヤル豪華;は多くの試練を待つみんな、その結果、他のいずれかの巣か、または、自分自身の情熱;で、神が彼をシャット狭い範囲内に、しないように彼はごう慢になるが、それを否定する必要はない彼は小さな幸福の尺度ではない"上記のことが彼を求める" ( 7 、 1 、 vulgです。 ) 、もし神が授与さ彼は彼には何の恐怖は、有益な労働を主とします。 The hope of a better life to come grows all the stronger the less this life can satisfy man, especially the man of high endeavour.より良い生活を望んでの成長に来るの少ないこの人生のすべての強い男を満たすことができる、特にその男の高い努力します。 Now Qoheleth does not intend this doctrine for an individual or for one people, but for mankind, and he does not prove it from supernatural revelation, but from pure reason.今すぐこのqoheleth意図されない、または1つの教義は、個々の人々が、人類にとって、とは思っていないことを証明する超自然的啓示が、純粋な理由からです。 This is his cosmopolitan standpoint, which Kuenen rightly recognized; unfortunately, this commentator wished to conclude from this that the book originated in Hellenistic times.これは彼の国際的な観点から、どのキューネン正しく認識;残念ながら、この解説を希望してから、この結論には、この本の起源は、ヘレニズム回クリックします。 Nowack refuted him, but the universal application of the meditations contained therein, to every man who is guided by reason, is unmistakable.ノバック反論彼は、しかし、そこに含まれる普遍的に適用したときに瞑想、 whoは、すべての人に導かれる理由は、紛れもない。

The Author of the Bookこの本の著者は、

Most modern commentators are of the opinion that Qoheleth's style points not to Solomon, but to a later writer.私たちの最も近代的コメンテーターの意見がqohelethポイントしないようにソロモンのスタイルではなく、後の作家です。 About this the following may be said:–これについては、次の5月によると: -

(1) As a matter of fact, the language of this book differs widely from the language of the Proverbs. ( 1 )として実際のところ、この本の言語が異なるの諺の言語をより広くします。 Some think that they have discovered many Aramaisms in it.いくつかの考えを発見している多くのaramaismsにしてください。 What can we say on this point?–It cannot be gainsaid that Solomon and a great, if not the greatest part of his people understood Aramaic.この時点で私たちが言うように何ができるか? - gainsaidをすることはできませんソロモンと偉大な、そうでない場合は彼の人々の最大の部分アラム語を理解します。 (We take the word here as the common name of the dialects closely related to the Biblical Hebrew.) Abraham and Sara, as well as the wives of Isaac and Jacob, had come from Chaldea; it is therefore probable that the language of that country was preserved, beside the language of Palestine, in the family of the Patriarchs; at any rate, in Moses' time the people still used Aramaic expressions. (当社は、単語の共通の名前をここでは密接に関連して、聖書のヘブライ語の方言です。 )アブラハム、サラは、妻だけでなく、イスハークとヤアコーブを授けたのは、新バビロニアに来ていました;それゆえ確率は、その国の言語は、保存、パレスチナの言語の横には、ご家族は、 patriarchs ;いずれにせよ、ムーサー'時間のアラム語の人々は依然として使われる表現です。 They exclaim (Exodus 16:15) mn hwa while Moses himself once substituted the Hebrew mh-hwa; the name of the miraculous food, however, remained mn.彼ら叫ぶ(出エジプト記16:15 )ミネソタファながら一度に置換さモーゼス自身のヘブライ語水素-ファ;の名前を、奇跡の食品、しかし、ミネソタ残っています。 A large portion of David's and Solomon's empire was peopled by Arameans, so that Solomon reigned from the Euphrates to Gaza [I (III) K., v, 4, Heb.; II Sam.デビッドの大部分をするのとソロモンのarameans帝国は満たされるように、ユーフラテス川にガザ地区からの在位ソロモン[私( 3 ) k. 、 V電源、 4 、なしです。 ;二サムです。 (K.), x, 19; cf Gen., xv, 18]. ( k. ) 、 x 、 19 ;継続前誌Gen 。と、 15 、 18 ] 。 He was conversant with the science of the "sons of the East" and exchanged with them his wisdom (1 Samuel 5:10-14, Hebrew).彼は通じているとの科学は、 "人の息子の東"と意見交換をして彼の知恵( 1サミュエル5:10-14 、ヘブライ語) 。 But, as Palestine lay along the commercial routes between the Euphrates and Phœnecia, the Israelites, at least in the north of the country, must have been well acquainted with Aramaic.しかし、商業ルートに沿ってレイアウトとしてパレスチナの間のユーフラテス川とphœneciaは、イスラエル、少なくともその国の北に、よく精通している必要がありますアラム語です。 At the time of King Ezechias even the officials of Jerusalem understood Aramaic (Isaiah 36:11; 2 Samuel 18:26, Hebrew).キングezechias時点で、エルサレムの関係者も理解アラム語(イザヤ書36:11 ; 2サミュエル18:26 、ヘブライ語) 。 Solomon could therefore assume, without hesitation, a somewhat Aramaic speech, if reason or mere inclination moved him.ソロモンが想定したがって、ちゅうちょせずに、アラム語で、いくぶん演説で、彼の場合の理由や単なる傾斜移動します。 As a skilful writer, he may have intended, especially in his old age, and in a book whose style is partly oratorical, partly philosophical, partly poetical, to enrich the language by new turns.熟練の作家として、彼は5月が意図した、特に彼の老後、および予約のスタイルが部分的演説を、部分的哲学的、詩的な部分は、言語を豊かにする新たなターンをします。 Goethe's language in the second part of "Faust" differs greatly from the first, and introduces many neologisms.ゲーテの言語で2番目の部分の"ファウスト"と大幅に異なるの最初の、そして多くのneologismsを紹介します。 Now Solomon seems to have had a more important reason for it.今すぐソロモンのように理由があるかということをもっと重要なことです。 As it lay in his very character to remove the barriers between pagans and Israelites, he may have had the conscious intention to address in this book, one of his last, not only the Israelites but his whole people; the Aramaic colouring of his language, then, served as a means to introduce himself to Aramaic readers, who, in their turn, understood Hebrew sufficiently.としてておくの文字を削除するに彼の非常に多神教徒とイスラエル間の障壁を取り除く、彼は5月には、意識的に対処する意図をこの本で、彼の最後の1つ、しかし、彼の全体だけでなく、イスラエルの人々 ;のアラム語彩色彼の言語、次に、提供する手段として、自分自身をアラム語を導入する読者は、 whoは、自分の順番は、ヘブライ語を十分に理解されています。 It is remarkable that the name of God, Jahweh, never occurs in Ecclesiastes, while Elohim is found thirty-seven times; it is more remarkable still that the name Jahweh has been omitted in a quotation (5:3; cf. Deuteronomy 23:22).これは驚くべきことですが、神の名を、 jahweh 、決して伝道の書が発生し、 37回エロヒムが見つかった;ことはまだ他の注目すべきは、名前を引用文にjahwehされ省略された場合は( 5 : 03 ;継続前誌です。申命記23 : 22 ) 。 Besides, nothing is found in the book that could not be known through natural religion, without the aid of revelation.それに、何も発見されたことで知られて予約ができませんでしたを通じて自然宗教、啓示の助けを借りています。

(2) The Aramaisms may perhaps be explained in still another way. ( 2 ) aramaisms年5月おそらくまだもう1つの方法が説明されています。 We probably possess the Old Testament, not in the original wording and orthography, but in a form which is slightly revised.旧約聖書には、おそらく私たちではなく、元の言葉遣いや正書法、しかし、これは少しフォームを改訂する。 We must unquestionably distinguish, it seems, between Biblical Hebrew as an unchanging literary language and the conversational Hebrew, which underwent constant changes.紛れもなく区別しなければならない、どうやら、聖書のヘブライ語の間に会話の不変の文学の言語とヘブライ語、絶え間ない変化を受けています。 For there is no instance anywhere that a spoken language has been preserved for some nine hundred years so little changed in its grammar and vocabulary as the language of our extant canonical books.インスタンスを任意の場所がないことを話されている言語は900年間保存されているいくつかの小さな変更されましたので、その言語の文法や語彙として弊社の現存正規の書籍です。 Let us, for an instance, compare the English, French, or German of nine hundred years ago with those languages in their present form.ご連絡は、インスタンス、比較して英語、フランス語、またはドイツ語の900年前にこれらの言語で、現在の形にします。 Hence it seems exceedingly daring to infer from the written Hebrew the character of the spoken language, and from the style of the book to infer the date of its composition.それゆえように非常に大胆な推論からの書面によるヘブライ語の文字は、話されている言語、およびからのスタイルを、オンラインで書籍を推論して、この評価を組成します。 In the case of a literary language, on the other hand, which is a dead language and as such essentially unchangeable, it is reasonable to suppose that in the course of time its orthography, as well as single words and phrases, and, perhaps, here and there, some formal elements, have been subjected to change in order to be more intelligible to later readers.文学の言語の場合は、その一方で、これは本質的にこのように死んだ言語と不変の、それは合理的には、コースの時間と仮定して、正書法だけでなく、 1つの単語やフレーズ、そして、おそらく、ここでは、いくつかの正式な要素を変更するが行われて理解をするためには他への読者です。 It is possible that Ecclesiastes was received into the canon in some such later edition.伝道の書を受け取った可能性があることがキヤノンをいくつかのようなへありません。 The Aramaisms, therefore, may also be explained in this manner; at any rate, the supposition that the time of the composition of a Biblical book may be deduced from its language is wholly questionable.のaramaisms 、したがって、このような方法で説明されることもあります;いずれにせよ、と仮定しての時間は、 5月の組成を予約する聖書から推定される言語は完全に疑問がある。

(3) This is a fact admitted by all those critics who ascribe Ecclesiastes, the Canticle of Canticles, portions of Isaias and of the Pentateuch, etc., to a later period, without troubling themselves about the difference of style in these books. ( 3 )これは、それらの批評家のすべての事実を認めたものとみなすwho伝道の書は、賛美歌のソロモンの歌、との部分を、五isaiasなど、後の時代に、厄介な自身のスタイルの違いについては、これらの書籍です。

(4) The eagerness to find Aramaisms in Ecclesiastes is also excessive. ( 4 )する熱意のあまり、伝道の書を見つけるのにも過度のaramaismsです。 Expressions which are commonly regarded as such are found now and then in many other books.このような表現がよくが見つかったと見なされて今すぐと入力し、他の多くの書籍です。 Hirzel thinks that he has found ten Aramaisms in Genesis, eight in Exodus, five in Leviticus, four in Numbers, nine in Deuteronomy, two in Josue, nine in Judges, five in Ruth, sixteen in Samuel, sixteen in the Psalms, and several in Proverbs.ヒルツェルと考えている彼は10 aramaismsが見つかりました創世記、出エジプト記第8で、 5つのレビ記、 4つの数の上での、ナインの申命記、 2つのジョスエ、裁判官9人で、 5つのルースは、 16歳のサミュエル、 16は、詩篇を授けた、およびいくつかの諺をします。 For this there may be a twofold explanation: Either the descendants of Abraham, a Chaldean, and of Jacob, who dwelt twenty years in the Land of Laban, and whose sons were almost all born there, have retained numerous Aramaisms in the newly acquired Hebrew tongue, or the peculiarities pointed out by Hitzig and others are no Aramaisms.この二重される場合があります説明:いずれかの子孫のアブラハムは、カルデア、とジェイコブ、 who力説20年間でその土地のに対して、および、そのほとんどすべての人の息子が生まれたが、多くのaramaismsが保持さは、新たに買収したヘブライ語舌か、またはヒッツィヒの特殊性を指摘し、それ以外はないaramaismsされています。 It is indeed astonishing how accurately certain critics claim to know the linguistic peculiarities of each of the numerous authors and of every period of a language of which but little literature is left to us.これは本当に驚くべき方法について、特定の批評家を正確に知っていると主張し、各言語の特殊性を、多くの作家や言語のすべての期間のうちはほとんど文学は、左から問い合わせください。 Zöckler affirms that almost every verse of Qoheleth contains some Aramaisms (Komm., p. 115); Grotius found only four in the whole book; Hengstenberg admits ten; the opinions on this point are so much at variance that one cannot help noticing how varying men's conception of an Aramaism is. zöckler肯定qohelethを含むほぼすべての詩のいくつかのaramaisms ( komm. 、 p. 115 ) ;グロティウスが見つかりましたのみで全体の4つの予約;ヘングステンベルク認める10 ;の意見この点については非常に多くの差異がヘルプに気付かれずに1つの方法についてさまざまなことはできません。男性の概念は、アラム語法です。 Peculiar or strange expressions are at once called Aramaisms; but, according to Hävernick, the Book of Proverbs, also, contains forty words and phrases which are often repeated and which are found in no other book; the Canticle of Canticles has still more peculiarities.特有のまたはと呼ばれる奇妙な表現が一度にaramaisms ;しかし、 hävernickによると、この本の諺、また、単語やフレーズを含む40人が多いのが繰り返されると見られる他の予約;の賛美歌のソロモンの歌は、まだ他の特性です。 On the contrary the Prophecies of Aggeus, Zacharias, and Malachias are without any of those peculiarities which are supposed to indicate so late a period.それとは逆の予言をaggeus 、ツァハリアス、およびmalachiasがなくこれらの特性がとても遅いの期間を示すはずです。 There is much truth in Griesinger's words: "We have no history of the Hebrew language". griesinger真実ではたくさんの言葉: "我々の歴史を、ヘブライ語の言語がない" 。

(5) Even prominent authorities adduce Aramaisms which are shown to be Hebraic by clear proofs or manifest analogies from other books. ( 5 )も著名な著者引証aramaismsが表示されるヘブライ人のマニフェストを明証または他の書籍をもっています。 There are hardly any unquestionable Aramaisms which can neither be found in other books nor regarded as Hebraisms, which perchance have survived only in Ecclesiastes (for a detailed demonstration cf. the present writer's Commentary, pp. 23-31). aramaismsには議論の余地がほとんどないことも、他の書籍が見つかりましたhebraismsと見なされても、これを乗り越えただけではひょっとすると伝道の書(継続前誌の詳細なデモをします。 、現在の作家の解説、 pp 。 23-31 ) 。 We repeat here Welte's words: "Only the language remains as the principal argument that it was written after Solomon; but how fallacious in such cases is the merely linguistic proof, need not be mentioned after what has been said."私たちの言葉を繰り返し、ここwelte : "は、言語として残されるの主な主張をした後に書かれたソロモン;しかし、どのように人を惑わすような場合は、単に言語学的証拠は、どのようなものである必要はありません言及した後によるとされています。 "

It is alleged that the conditions as described in Ecclesiastes do not agree with the time and person of Solomon.これは疑惑は、伝道の書に記載されていないとしての条件に同意する時間とソロモンの人です。 True, the author, who is supposed to be Solomon, speaks of the oppression of the weak by the stronger, or one official by another, of the denial of right in the courts of justice (iii, 16; iv, 1; v, 7 sqq.; viii, 9 sq.; x, 4 sqq.). trueの場合、その著者、 whoていることソロモンは、話すのは、抑圧された弱い強いか、または1つの別の関係者は、拒否権は、裁判所の正義( Ⅲ 、 16 ;四、 1 ; V電源、 7 sqq 。 ; viii 、 9平方であり、 x 、 4 sqq 。 ) 。 Now many think that such things could not have happened in Solomon's realm.今すぐ思う人も多く、そのようなことが起こったのはソロモンの領域です。 But it surely did not escape the wisdom of Solomon that oppression occurs at all times and with every people; the glaring colours, however, in which he describes them originate in the tragic time of the whole book.しかし確かにしなかったが迫害を逃れるソロモンの知恵が発生するすべての人々はすべての時間とし、明白な色、しかし、その彼に由来を説明して全体の悲劇的な時間を予約します。 Besides, Solomon himself was accused, after his death, of oppressing his people, and his son confirms the charge [I (III) K., xii, 4 and 14]; moreover, long before him, Samuel spoke of the despotism of the future kings [I Sam.それに、ソロモンは、被告人自身、彼の死後、彼の人々を抑圧的、と彼の息子に確認して電荷[私( 3 ) k. 、 12 、 4 、 14 ] ;また、ずっと前から彼は、サミュエルのスポークの専制政治を将来の王[私サムです。 (K.), viii, 11 sq.]. ( k. ) 、 viii 、 11平方] 。 Many miss in the book an indication of the past sins and the subsequent repentance of the king or, on the other hand, wonder that he discloses the mistakes of his life so openly.多くのミスを示唆するのは、書籍編集して項目を罪と、その後の後悔は、王のか、その一方で、不思議で彼は彼の人生の過ちを開示ので公然とします。 But if these readers considered vii, 27-29, they could not help sharing Solomon's disgust at women's intrigues and their consequences; if obedience towards God is inculcated in various ways, and if this (xii, 13) is regarded as man's sole destination, the readers saw that the converted king feared the Lord; in chap.しかし、これらの読者の考え7 、 27-29 、彼らヘルプ共有できませんでしたソロモンの嫌悪感は女性の陰謀とその帰結;場合inculcated服従向け神はさまざまな方法で、もしこの( 12 、 13 )は、男の唯一の目的地と見なされ、読者は、その変換キング恐れ、主;のやつです。 ii sensuality and luxury are condemned so vigorously that we may regard this passage as a sufficient expression of repentance.二官能と贅沢なことは精力的に非難することがありますので、この通過点として表現するための十分な後悔します。 The openness, however, with which Solomon accuses himself only heightens the impression.の開放、しかし、これだけ疑われるソロモン高めるという印象です。 This impression has at all times been so strong, precisely because it is the experienced, rich, and wise Solomon who brands the sinful aspirations of man as "vanity of vanities".すべての回でも、この印象があまりにも強くて、正確には、経験豊富なので、豊かな、と賢明なソロモンwhoブランドの罪深い人間の願望を"虚栄心の虚しい物を受けとって" 。 Again, what Qoheleth says of himself and his wisdom in xii, 9 sqq., cannot sound strange if it comes from Solomon, especially since in this passage he makes the fear of the Lord the essence of wisdom.繰り返しますが、どのようなqoheleth言うのは自分自身と彼の知恵12 、 9 sqq 。 、健全な奇妙な場合にすることはできませんからソロモン、特に以来、この一節により、彼の本質を恐れて、主の知恵です。 The passages iv, 13; viii, 10; ix, 13; x, 4, are considered by some as referring to historical persons, which seems to me incorrect; at any rate, indications of so general a nature do not necessarily point to definite events and persons. 4世の通路、 13 ; viii 、 10 ; 9世、 13であり、 x 、 4 、が考慮されるいくつかの歴史的な人を参照するとして、どのように私間違って;いずれにせよ、基本的に自然のための兆候をポイントしては必ずしも明確なイベントや人です。 Other commentators think they have discovered traces of Greek philosophy in the book; Qoheleth appears to be now a sceptic, now a stoic, now an epicurean; but these traces of Hellenism, if existing at all, are nothing more than remote resemblances too weak to serve as arguments.他のコメンテーター考えるギリシャ哲学の痕跡を発見した彼らはその本; qoheleth表示される今では懐疑論、今では平然とした、今すぐに快楽主義;しかし、これらの痕跡をヘレニズム、既存のすべての場合には、リモートresemblances以上のなにものでは弱過ぎる引数として提供します。 Cheyne (Job and Solomon) sufficiently refuted Tyler and Plumptre.チェーンストークス(仕事とソロモン)タイラーとプランプトリ十分に反論します。 That iii, 12, is a linguistic Græcism, has not been proved, because the common meaning of ‘sh twb is retained by many commentators; moreover, in II Sam.その三は、 12日、言語は、 græcism 、立証されていないため、共通の意味を'件名標目twbが保持され多くのコメンテーター;また、 2サムです。 (K.), xii, 18, ‘sh r‘h means "to be sorry"; the verb, therefore, has about the same force as if we translated ‘sh twb by eû práttein. ( k. ) 、 12 、 18 、 '件名標目r'h手段"を申し訳ありません" ;の動詞、したがって、同じ力としては約翻訳すれば' eû práttein件名標目twbされています。

As all the other internal proofs against the authorship of Solomon are not more convincing, we must listen to the voice of tradition, which has always attributed Ecclesiastes to him.の他のすべての内部の証拠として反対するソロモンの原作者の他の説得力はない、その声に耳をしなければならないの伝統、これは常に伝道の書に起因している。 The Jews doubted not its composition by Solomon, but objected to the reception, or rather retention, of the book in the canon; Hillel's School decided definitely for its canonicity and inspiration.ユダヤ人を疑問視されており、ソロモン組成が、反対してのレセプション、というかむしろ保持、その本は、キヤノン;ヒレルの学校の規範ことを決めたと明らかに触発された。 In the Christian Church Theodore of Mopsuestia and some others for a time obscured the tradition; all other witnesses previous to the sixteenth century favour the Solomonic authorship and the inspiration.モプスエスティアのテオドロスでは、キリスト教の教会やその他の一度にいくつかの不明瞭なの伝統;すべての目撃者に賛成する前に、 16世紀のソロモンの原作者に影響を受けたのです。 The book itself bears testimony for Solomon, not only by the title, but by the whole tone of the discussion, as well as in i, 12; moreover, in xii, 9, Qoheleth is expressly called the author of many proverbs.その本自体のクマはソロモンの証言を、特定のタイトルだけではなく、全体のトーンは、ディスカッションでは、私だけでなく、 12 ;また、 12 、 9 、 qohelethは、明示的と呼ばれる著者の多くのことわざです。 The ancients never so much as suspected that here, as in the Book of Wisdom, Solomon only played a fictitious part.昔ほどではない疑いがここでは、この本の知恵のように、ソロモンは、架空の部分のみを再生します。 On the other hand, the attempt is made to prove that the details do not fit Solomon, and to contest his authorship with this single internal argument.その一方で、そのことを証明する試みがなさフィットソロモンの詳細はありませんし、この1つのコンテストに彼の原作者内部の引数です。 The reasons adduced, however, are based upon textual explanations which are justly repudiated by others.その理由adduced 、しかし、テキストに基づいて公正な説明が否定されている。 Thus Hengstenberg sees (x, 16) in the king, "who is a child", an allusion to the King of Persia; Grätz, to Herod the Idumæan; Reusch rightly maintains that the writer speaks of human experiences in general.このように見ヘングステンベルク( x 、 16 )は、キング、 " whoは、子供"は、言及してザキングオブペルシャ; grätz 、ヘロデ王のidumæan ;ロイシュ正しく維持は、人間の経験を話す一般的な作家です。 From ix, 13-15, Hitzig concludes that the author lived about the year 200; Bernstein thinks this ridiculous and opines that some other historical event is alluded to.より9世、 13-15 、ヒッツィヒ結論は、著者に住んについては、年間200 ;バーンスタインopinesを考えると、このばかげたいくつかの他の歴史的なイベントがそれとなく触れられたようにします。 Hengstenberg regards this passage as nothing more than a parable; on this last view, also, the translation of the Septuagint is based (it has the subjunctive; -élthe basile&ús, "there may come a king").ヘングステンベルクとしての通過点にすぎないと主張し、この寓話;はこの最後のビューで、また、ベースの翻訳は、セプトゥアギンタは、 (それには、仮定; - éltheバジーレ&使用法は、 "あるかもしれませんが、王様" ) 。 As a matter of fact, Qoheleth describes only what has happened or may happen somewhere "under the sun" or at some time; he does not speak of political situations, but of the experience of the individual; he has in view not his people alone, but mankind in general.として実際のところ、説明qohelethな事態が起こる場合にのみ、何が起きたのかどこかに"太陽の下で"またははいくつかの時間;彼は話すの政治状況では、しかし、経験を、個々の;彼は彼の人々だけを表示しない、しかし、人類の一般的です。 If internal reasons are to decide the question of authorship, it seems to me that we might more justly prove this authorship of Solomon with more right from the remarkable passage about the snares of woman (vii, 27), a passage the bitterness of which is not surpassed by the warning of any ascetic; or from the insatiable thirst of Qoheleth for wisdom; or from his deep knowledge of men and the unusual force of his style.内部を決定する場合の問題を理由は、原作者では、と私には私たちかもしれないソロモンの他の正当性を証明この原作者の他の右からの注目すべき女性が仕掛けたわな通路については、 ( 7 、 27 ) 、苦味を通過するのは、特定の警告を発する突破された任意の禁欲的;やのどの渇きをqohelethからの飽くことを知らないの知恵;またはより深い知識の男性と彼の異常な力を彼のスタイルです。 Considering everything we see no decisive reason to look for another author; on the contrary, the reasons which have been advanced against this view are for the greatest part so weak that in this question the influence of fashion is clearly discernible.すべてを考慮決定的な理由で私たちを探して見られない別の著者;それとは逆に、高度な理由で反対されてきたこのビューを表示するための最大の部分が弱いので、この質問してファッションの影響を受けては明らかに識別します。

The time of the composition of our book is variously set down by the critics who deny the authorship of Solomon.するものであり、当社の組成をダウンされた本はさまざまな設定を否定する批評家whoソロモンの原作者です。 Every period from Solomon to 200 has been suggested by them; there are even authorities for a later time; Grätz thinks that he has discovered clear proof that the book was written under King Herod (40-4 BC).すべての期間によって提案されたソロモン〜 200されている。当局は、後にはさらに時間; grätzと考えている彼は、明白な証拠が発見されて書かれた本はヘロデ王(紀元前四〇から四) 。 This shows clearly how little likely the linguistic criterion and the other internal arguments are to lead to an agreement of opinion.これはほとんどの場合、言語学的基準を明確にする方法や、他の内部の引数は契約書につながるとの意見です。 If Solomon wrote Ecclesiastes towards the end of his life, the sombre tone of the book is easily explained; for the judgments of God (1 Kings 11) which then came upon him would naturally move him to sorrow and repentance, especially as the breaking up of his kingdom and the accompanying misery were then distinctly before his eyes (see vv. 29 sqq.; 40).ソロモン書いた場合彼の人生の終わりに向かって伝道の書は、陰鬱な口調でその本で簡単に説明;は、神の判断( 1キングス11 )を入力し、自然に移動するに出くわしました。彼は彼に悲しみと後悔、特にとしての中休み彼の王国とそれに伴う不幸がはっきりする前に入力し、彼の目(のVVです。 29 sqq 。 ; 40 ) 。 Amid the sudden ruin of his power and splendour, he might well exclaim, "Vanity of vanities!".突然の廃墟の中に彼のパワーと豪華、彼は大声で言うかもしれない、 "虚栄心の虚しい物を受けとって! "です。 But as God had promised to correct him "in mercy" (2 Samuel 7:14 sq.), the supposition of many ancient writers that Solomon was converted to God becomes highly probable.しかし、正しいことを約束していた彼の神"と慈悲" ( 2サミュエル平方7:14 )は、古代の作家が多くの仮定ソロモンは、神に変換される確率が高いです。 Then we also understand why his last book, or one of his last, consists of three thoughts: the vanity of earthly things, self-accusation, and emphatic admonition to obey the immutable decrees of Providence.それから私たちはなぜ彼の最後の予約も理解するか、または1つの彼の最後に、構成の3つの考え:虚栄心のこの世のもの、自己非難し、断固とした訓戒のプロビデンスを政令に従う不変です。 The last was well suited to save the Israelites from despair, who were soon to behold the downfall of their power.の最後のは、イスラエルに適して保存してからの絶望、 whoがすぐに電源の崩壊を見張るものです。

There is an unmistakable similarity between Ecclesiastes and the Canticle of Canticles, not only in the pithy shortness of the composition, but also in the emphatic repetition of words and phrases, in the boldness of the language, in the obscure construction of the whole, and in certain linguistic peculiarities (eg the use of the relative s).類似の間には紛れもない賛美歌の伝道の書とソロモンの歌ではなく、的を射ただけでは不足の組成、断固としただけでなく、単語やフレーズの繰り返しは、大胆さは、言語、全体のは、無名の建設、および特定の言語の特殊性(例えば使用の相対秒)です。 The loose succession of sententious thoughts, however, reminds us of the Book of Proverbs, whence the epilogue (xii, 9 sqq.) expressly refers to Qoheleth's skill in parables.教訓継承の思考のゆるい、しかし、この本の諺を連想させる、そこからのエピローグ( 12 、 9 sqq 。 ) qohelethを参照して明示的技能をするのです。 In the old lists of Biblical books, the place of Ecclesiastes is between Proverbs and the Canticle of Canticles: Sept., Talmud (Baba Bathra, xiv, 2), Orig., Mel., Concil.書籍のリストを、旧聖書の、伝道の書の代わりには、ことわざや賛美歌の間でソロモンの歌: 9月、タルムード(馬場bathra 、 14 、 2 ) 、最古です。 、メルします。 、 concilです。 Laodic., etc., also in the Vulgate. laodic 。 、等、また、流布本です。 Its position is different only in the Masoretic Bible, but, as is generally admitted, for liturgical reasons.その位置が異なるだけで、 masoretic聖書の、しかし、としては一般的に認め、典礼上の理由からです。

As to the contents, the critics attack the passages referring to the judgment and immortality: iii, 17; xi, 9; xii, 7; furthermore the epilogue, xii, 9 sqq., especially verses 13, 14; also some other passages.の内容を、批評家の判断を攻撃すると通路を参照する不朽の名声: 3世、 17 ; xi 、 9 、 12 、 7 ;さらに、エピローグ、 12 、 9 sqq 。 、特に詩13日、 14 ;もいくつかの他の通路です。 Bickell expressed the opinion that the folios of the original, while being stitched, were deranged and completely confused; his hypothesis found few advocates, and Euringer (Masorahtext des Qoheleth, Leipzig, 1890) maintains, in opposition to him, that books had not at that early date taken the place of rolls. bickellの意見を表明しては、元のfolios 、縫製ている間に、完全に混乱が狂った;彼の仮説が見つかりましたいくつかの擁護者、およびeuringer ( masorahtextデqoheleth 、ライプチヒ、 1890 )維持し、彼に反対して、その書籍がない早い時期に取ってかわってロールします。 There is not sufficient evidence to assume that the text was written in verse, as Zapletal does.十分な証拠がないと仮定して書かれた詩のテキストは、ザプレタルことができます。

Owing to its literalism, the translation of the Septuagint is frequently unintelligible, and it seems that the translators used a corrupt Hebraic text.のために、文字どおりに解釈することは、理解できないの翻訳は、セプトゥアギンタが頻繁に、使用しているのは、ヘブライ人が壊れて使用されるテキストを翻訳します。 The Itala and the Coptic translation follow the Septuagint.コプト語のリストと、以下のセプトゥアギンタの翻訳です。 The Peshito, though translated from the Hebrew, is evidently also dependent on the text of the Septuagint.のpeshitoが、ヘブライ語からの翻訳は、明らかに依存しても、セプトゥアギンタのテキストです。 This text, with the notes of Origen, partly forms the Greek and Syriac Hexapla.このテキストは、原産地のノートを、ギリシャ語とシリア語6カ国語対訳書部分を形成しています。 The Vulgate is a skilful translation made by Jerome from the Hebrew and far superior to his translation from the Greek (in his commentary).ウルガタ聖書の翻訳は、熟練のジェロームから作られるよりはるかに優れて彼のヘブライ語やギリシャ語からの翻訳(彼の解説) 。 Sometimes we cannot accept his opinion (in vi, 9, he most likely wrote quid cupias, and in viii, 12, ex eo quod peccator).ときどき私たちは彼の意見を受け入れることはできません( viでの9日、彼は最も高いcupias書いたもの、およびviii 、 12日、元のEOおよびpeccator ) 。 (See the remnants of the Hexapla of Origen in Field, Oxford, 1875; a paraphrase of the Greek text in St. Gregory Thaumaturgus, Migne, X, 987.) The Chaldean paraphrast is useful for controlling the Masoretic text; the Midrash Qoheleth is without value. (詳細については、 6カ国語対訳書の残党による原産地をフィールドに、オックスフォード、 1875 ;は、ギリシャ語のテキストを言い換えセントグレゴリー奇跡を行う人、ミーニュ、 x 、 987です。 ) paraphrastカルデアmasoreticを制御するためのテキストが役に立つのはqohelethミドラーシュせず値です。 The commentary of Olympiodorus is also serviceable (seventh century, M., XCIII, 477) and Œcumenius, "Catena" (Verona, 1532). olympiodorusの解説の修理にも( 7世紀、男性、 93 、 477 )とœcumenius 、 "カテナ" (ヴェローナ、 1532 ) 。 A careful translation from the Hebrew was made about 1400 in the "Græca Veneta" (ed. Gebhardt, Leipzig, 1875).ヘブライ語を慎重に翻訳された約1400からは、 " græcaヴェーネタ" (編ゲプハルト、ライプチヒ、 1875 ) 。

Publication information Written by G. Gietmann.出版物の情報執筆者g. gietmannです。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.聖マリア教会でのおかげで、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典、ボリュームv.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認、 1909年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

In the Latin Church important commentaries were written, after the time of Jerome on whom many depend, by BONAVENTURA, NICOL, LYRANUS, DENYS THE CARTHUSIAN, and above all by PINEDA (seventeenth cent.), by MALDONATUS, CORNELIUS A LAPIDE, and BOSSUET.は、ローマカトリック教会の重要な解説が書かれた、ジェロームをした後、時間を多くの人によって、ボナベントゥーラ、ニコル、 lyranus 、ドニのカルトゥジオ修道会、および上記のすべてをピネダ( 17セントです。 ) 、 maldonatus 、コルネリウスをラピデ、およびbossuetです。

Modern Catholic commentaries: SCHÄFER (Freiburg im Br., 1870); MOTAIS (Paris, 1876); RAMBOUILLET (Paris, 1877); GIETMANN (Paris, 1890); ZAPLETAL (Fribourg, Switzerland, 1905).現代のカトリックの論評:シェーファー(フライブルクイムしました。 、 1870 ) ; motais (パリ、 1876 ) ;ランブイエ(パリ、 1877 ) ; gietmann (パリ、 1890 ) ;ザプレタル( Fribourg 、スイス、 1905 ) 。

Protestant commentaries: ZÖCKLER, tr.プロテスタントの論評: zöckler 、 tr 。 TAYLOR (Edinburgh, 1872); BULLOCK, in Speaker's Comment.テイラー(エジンバラ、 1872 ) ;ブロックは、話者のコメントは得られなかった。 (London, 1883); Cambridge Bible (1881); WRIGHT, (London, 1883); LEIMDÖRFER, (Hamburg, 1892); SIEGFRIED (Göttingen, 1898); WILDEBOER (Freiburg im Br., 1898). (ロンドン、 1883 ) ;ケンブリッジ聖書( 1881 ) ;ライト、 (ロンドン、 1883 ) ; leimdörfer 、 (ハンブルク、 1892 ) ;ジークフリート(ゲッティンゲン、 1898 ) ; wildeboer (フライブルクイムしました。 、 1898 ) 。


Book of Ecclesiastes予約の伝道の書

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Name and Authorship.原作者の名前とします。

Date.日付。

Contents.内容です。

Name and Authorship.原作者の名前とします。

The name "Ecclesiastes"-literally, "Member of an Assembly," often thought to mean (after Jerome) "Preacher"-is the Septuagint rendering of the Hebrew "Ḳohelet," apparently as an intensive formation from the root "ḳahal," with which such forms as the Arabic "rawiyyah" (professional reciter) have been compared.の名前を"伝道の書" -文字通り、 "アセンブリのメンバである、 "よく考えを意味する(後にジェローム) "説教師"のレンダリングをセプトゥアギンタは、ヘブライ語" ḳohelet 、 "明らかに形成としてのルートからの集中" ḳahal 、 "どのような形として、アラビア語で" rawiyyah " (プロ暗唱する人)が比較されます。 The Hebrew word is given by the author of the book as his name, sometimes with the article (xii. 8, and probably vii. 27), but ordinarily without it: similar license is allowed in Arabic in the case of some common nouns used as proper names.ヘブライ語の単語が与えられた本の著者は、彼の名前として、時には、サポート技術情報( xii. 8日、そしておそらくⅦ 。 27 ) 、しかし、通常はそれ:アラビア語で許可さのようなライセンスには、いくつかの共通の名詞の場合に使用されるとして適切な名前です。 The author represents himself as the son of David, and king over Israel in Jerusalem (i. 1, 12, 16; ii. 7, 9).自分自身を表すの著者としての息子のデビッド、および王のイスラエル、エルサレム( i. 1 、 12 、 16 ; Ⅱ 。 7 、 9 ) 。 The work consists of personal or autobiographic matter, with reflections on the purpose of life and the best method of conducting it.その仕事は、個人情報や自伝的問題で、反省を人生の目的は最善の方法を実施することとします。 These, the author declares, were composed by him as he increased in wisdom, were "weighed," studied" corrected, expressed in carefully chosen phrases, and correctly written out (xii. 9, 10), to be taught to the people.これらのは、著者の宣言は、彼が増加して構成される彼の知恵として、は"体重は、 "勉強"に修正、慣用句で表現さを慎重に選択し、正しく書き込まアウト( xii. 9日、 10 ) 、される人々を教えています。

The fact of the author describing himself in the foregoing style, together with his statements concerning the brilliancy of his court and his studies in philosophy (i. 13-17, ii. 4-11), led the ancients to identify him with Solomon; and this identification, which appears in the Peshiṭta, Targum, and Talmud (compare 'Er. 21b; Shab. 30a), passed unquestioned till comparatively recent times.自分自身を記述したという事実を、著者は、前述のスタイルは、彼のステートメントと一緒に彼の裁判所の輝きと彼の研究は哲学( i. 13-17 、 Ⅱ 。 4-11 ) 、リードして昔の彼にソロモンを識別する;この身分証明書と、 peshiṭtaに表示されて、ターガム、とタルムード(比較' er 。 21b ; shab 。 30Aの) 、比較的最近の回までに渡さ紛れもない。 The order of the Solomonic writings in the canon suggested that Ecclesiastes was written before Canticles (Rashi on BB 14b); whereas another tradition made their composition simultaneous, or put Ecclesiastes last (Seder 'Olam Rabbah, ed. Ratner, p. 66, with the editor's notes).ソロモンの記述の順序は、キヤノン、伝道の書に書か前に提案したソロモンの歌( rashiをbb 14b ) ;一方、別の伝統はその組成同時か、または置く伝道の書最終更新(セダー' olamアンマン、エドです。ラトナー、 p. 66 、エディタのノート) 。 The fact that Kohelet speaks of his reign in the past tense (i. 12) suggested that the book was written on Solomon's death-bed (ib.). koheletという事実を話す彼の治世は、過去時制( i. 12 )提案には、この本は書かれソロモンの死の床( ib. ) 。 Another way of accounting for it was to suppose that Solomon composed it during the period in which he was driven from his throne (Giṭ. 68b), a legend which may have originated from this passage.もう1つの方法に係る会計処理を構成することが、それと仮定しての期間中にソロモンでは彼は彼の王座から駆動( giṭ. 68b )は、伝説がありますが、この通路に由来します。 The canonicity of the book was, however, long doubtful (Yad. iii. 5; Meg. 7a), and was one of the matters on which the school of Shammai took a more stringent view than the school of Hillel; it was finally settled "on the day whereon R. Eleazar b. Azariah was appointed head of the assembly."その本の規範は、しかし、長い疑わしい( yad. Ⅲ 。 5 ;メグです。 7aの) 、および1つの問題は、学校のshammai上では、より厳格な対象よりも、学校のヒレル;ことは、最終的に解決"するところの日eleazar r. b. azariahは国会に任命します。 " Endeavors were made to render it apocryphal on the ground of its not being inspired (Tosef., Yad. ii. 14; ed. Zuckermandel, p. 683), or of its internal contradictions (Shab. 30b), or of a tendency which it displayed toward heresy-that is, Epicureanism (Pesiḳ., ed. Buber, viii. 68b); but these objections were satisfactorily answered (see S. Schiffer, "Das Buch Ḳohelet," Frankfort-on-the-Main, 1884).をレンダリングする努力が行われたことのない作り話を地面にインスピレーション( tosef. 、 yadです。 Ⅱ 。 14 ;エドです。 zuckermandel 、 p. 683 ) 、またはその内部矛盾( shab. 30b ) 、またはをする傾向に異端に向かって表示されます-これは、快楽主義( pesiḳ. 、エドです。ブーバー、 Ⅷ 。 68b ) ;しかし、これらの異議申し立てが満足のいく答え( s.シ、 " dasブーフḳohelet 、 "フランクフォート-オンザメイン、 1884 )です。 It was assumed that Solomon had taken the name "Ḳohelet," just as he had taken the name "Agur" (Prov. xxx. 1), as a collector (see, further, Eppenstein, "Aus dem Ḳohelet-Kommentar des Tanchum Jeruschalmi," Berlin, 1888); and probably the Septuagint rendering represents a theory that the name contained an allusion to I Kings viii.それは想定していたソロモンの名を" ḳohelet 、 "同じように彼は撮影の名前" agur " ( xxx prov.です。 1 ) 、としてコレクタ(参照し、さらに、 eppenstein 、 "オーストラリアdem ḳohelet - kommentarデtanchum jeruschalmi 、 "ベルリン、 1888 ) ;と、おそらく説を唱えているのは、セプトゥアギンタのレンダリングに言及して私の名前に含まれるキングスⅧ 。 1, where Solomon is said to have gathered an assembly. 1 、ここによるとソロモンは、アセンブリを集めています。

Date.日付。

As to the age of the work, there is an indication of the latest date at which it could have been written in the fact that Ben Sira repeatedly quotes or imitates it (Ecclus. [Sirach] xxvii. 26, from Eccl. x. 8, verbatim [comp. LXX.]; xviii. 5, from Eccl. iii. 14, inverted, probably for metrical reasons; xxx. 21, from Eccl. xi. 10; xxxiv. 5b, from Eccl. v. 9; xiii. 21, 22, after Eccl. ix. 16; xxxvii. 14, after Eccl. vii. 19; xxxiv. 1, after Eccl. v. 11; comp. "The Wisdom of Ben Sira," ed. Schechter and Taylor, Introduction, pp. 13 et seq., and p. 26, note 2).としての仕事をして年齢では、最新の日付を示唆するのはそれが書かれているという事実を模倣ベン欠陥またはそれを繰り返し引用符( ecclus. [シラク] 27 。 26日、よりeccl 。 Xの8 、逐語的[のCOMPです。 70 。 ] ; 18 。 5 、よりeccl 。 Ⅲ 。 14日、反転、おそらくの韻律上の理由から; xxx 。 21日、よりeccl 。 XI 。の10 ;参拾。 5B面、よりeccl 。 v. 9 ; 13 。 21日、 22日、後eccl 。 9 。 16 ; 37 。 14日、後eccl 。 Ⅶ 。 19 ;参拾です。 1 、後eccl 。 v. 11 ;のCOMP 。 "ベンの英知を結集する欠陥、 "エドです。シェクターとテイラー、はじめに、 pp 。 13頁以降を参照。 、とP. 26日、注2 ) 。 Since Ben Sira declares himself a compiler from the Old Testament (xxiv. 28), whereas Ecclesiastes claims originality (xii. 9, 10), it seems certain, in the case of close agreement between the two books, that Ben Sira must be the borrower.ベン欠陥を宣言以来、自らを旧約聖書からのコンパイラ( xxiv. 28 )が、独創性伝道の書請求の範囲( xii. 9日、 10 ) 、それは特定のは、契約書の例に近い2つの書籍の間に、そのベン欠陥でなければなりません。借入人です。 This fact gives some date about 250 or 300 BC as the latest possible for the composition of the book in its present form; for this repeated borrowing implies that Ben Sira regarded it as part of his canon, which would scarcely contain any works that had been produced in his lifetime.このような事実は、いくつかの日として約250または300紀元前の組成を、最新の可能性は、この本は現在のフォーム;借り入れを繰り返し、この欠陥を意味してベンと考えて彼のキヤノンの一環として、これはほとんどすべての作品が含まされていた彼の生涯で生産さです。 With this fact the nature of Ben Sira's language, as preserved in Talmudic quotations, agrees; for such decided Neo-Hebraisms as ("business"), ("lest"), and ("authorize") are not found in Ecclesiastes, though, had they been in vogue in the author's time, he would have had constant occasion to employ them.このような事実をベンの性質に欠陥の言語、 talmudic引用として保存され、同意;そのようなことを決めたネオhebraismsとして( "ビジネス" ) 、 ( "近付く" ) 、および( "承認" )は、伝道の書が含まれていませんが、は、流行していたということは、著者の時間を、彼は、機会を利用していた定数を採用します。 He uses instead (vii. 16, 17; also used in the Phenician Eshmunazar inscription), and .彼はその代わり( vii. 16日、 17 ;も使用されているphenician eshmunazar碑文)とします。 Though allusions to Ecclesiastes arenot common in the New Testament, Matt. arenot allusionsにかかわらず共通して認められる新約聖書伝道の書、マットです。 xxiii. 23 。 23, RV, "These ye ought to have done, and not to have left the other undone," seems clearly a reminiscence of Eccl. 23日、右心室、 "これらのなたがたするべきには完了すると、左のではなく、他のことを確かめるには、 "思い出すのは、明らかにeccl 。 vii. Ⅶ 。 18. 18 。 It is therefore necessary to reject all theories that bring the book down to a date later than 250 BC, including that of Graetz, who regarded it as Herodian - in which he is followed by Leimdörfer (Erlangen, 1891), who makes Simeon ben Shetaḥ the author - and that of Renan, who places it somewhere before 100 BC These theories are largely based on conjectural interpretations of historical allusions, which, though often attractive, are not convincing.そのために必要なすべてを拒否することは理論を持って予約ダウンして紀元前250より後の日付を含めてグレーツ、 who考えてherodian -では彼は続いてl eimdörfer(エルランゲン、 1 891) 、 w hoをシメオンベンs hetaḥの著者-ルナンと、紀元前1 00w ho場所がどこかにする前に、これらの理論は主に歴史的な解釈に基づいて推測a llusions、これが、頻繁に魅力的な、説得力はない。 The Grecisms supposed to be found in the book are all imaginary (for instance, has no connection withのgrecisms発見されたはず予約はすべて架空の(例えば、接続性がない the phrase "under the sun," which occurs so frequently, is also found in the Eshmunazar and Tabnith inscriptions, not later than 300 BC, as the equivalent of "on earth"), and the suppositions as to borrowings from Greek philosophy which some have professed to detect are all fallacious (See Ad. Lods; "L'Ecclésiaste et la Philosophie Grecque," 1890).のフレーズ"太陽の下で、 "頻繁に発生しますので、 eshmunazarともtabnith発見された碑文ではなく、紀元前300以降、に相当するとして"地球上で" ) 、および、ギリシャ哲学からの借り入れをsuppositionsにいくつかのすべての人を惑わす公然のを検出するには(広告です。ローツ; " ecclésiasteとラ哲学grecque 、 " 1890 ) 。 On the other hand, there is much in the language which, with the present knowledge of Hebrew, one should be disposed to regard as characteristic of a comparatively late period.その一方で、これには多くの言語では、ヘブライ語の知識を、現在の、 1つの処分をすべきである点として比較的後期の特徴です。 H. Grotius, in the sixteenth century, collected about a hundred words and phrases of this sort occurring in the book; but several apparent modernisms may represent usages which must have been introduced into Palestine at an early period (eg,笠原グロティウスは、 16世紀は、収集した約100単語やフレーズは、次の並べ替え起こっている予約;しかし、いくつかの見掛け上の用途を表すものでなければならないmodernisms年5月に導入されたパレスチナを早期に期間(例えば、 for , and the abstracts in , both from Assyrian), or words which may have been largely used in ancient times (eg,を、と1160には、アッシリアの両方から)か、または言葉がありますが大部分で使用され古代(例えば、 "to correct," also Assyrian); and even in the case of some idioms which seem especially characteristic of late Hebrew, the likeliest account is that they were preserved through long ages in remote dialects (so "kebar," "already," occurring only in this book-apparently an old verb, "kabur," "it is great"; ie, "it is a long time since"; comp. the Arabic "ṭalama"); certain Persisms, however (, "account" [viii. 11], Persian "payghām"; , "park" [ii. 5], Zend "pairidaeza," Armenian "partez"), seem to provide a more certain clue; and that the book is post-exilic may be asserted with confidence, though how near the latest possible limit the date can be brought down can not be fixed with precision. "を修正する、 "またアッシリア) ;とさえ、いくつかの例のように見える熟語ヘブライ語、特に後半の特徴は、有力なアカウントでは保持していた長い時代を通じて、リモートの方言(ので、 " kebar " 、 "すでに、 "発生この本だけで、古い動詞-どうやら、 " kabur " 、 "これは素晴らしい" ;すなわち、 "これは長い間、 " ;のCOMP 。 、アラビア語" ṭalama " ) ;特定のpersisms 、しかし( 、 "アカウント" [ Ⅷ 。 11 ] 、ペルシャ語" payghām " ;は、 "公園" [ Ⅱ 。 5 ] 、 zend " pairidaeza 、 "アルメニア語" partez " ) 、他の特定の手掛かりを提供するようにと、その書籍が追放された後の5月にアサート自信を持って、近くの最新の可能性はどのように制限する日が下ろさを高精度に固定することはできません。 Hence the Solomonic authorship (which few now hold) may be dismissed; nor indeed could the second king of the dynasty have spoken of "all which were in Jerusalem before me."それゆえ、ソロモンの原作者(の数今すぐホールド)年5月に解雇;も実際には2番目のキングオブザ王朝が話さ"が、エルサレムのすべての前にしてくださいね"

Beyond the fact that Ḳohelet was uncritically identified with Solomon, it seems impossible to discover any connection between the two names. ḳoheletを超えるという事実を無批判に識別ソロモンは、すべての接続を発見することは不可能だとの間の2つの名を表示します。 The interpretation of the word "Ḳohelet" as a substantive is purely conjectural; and though the phrase rendered "masters of assemblies," but more probably signifying "authors of collections," lends some color to the rendering "collector," it is not free from grave difficulty.という言葉の解釈を" ḳohelet "としては、純粋に実質的推測;やフレーズをレンダリングかかわらず、 "マスターズオブアセンブリは、 "しかし、他のおそらくシグニファイイング"の作者のコレクション、 "いくつかの色を貸し出すのレンダリング"コレクタ、 "これには自由がないより深刻な困難です。 As a proper name, however, it might be derived from "ḳahal" in one of the Arabic senses of that root, though its use with the article would in that case constitute a difficulty; finally, it might be a foreign word.適切な名前として、しかし、それかもしれないから派生した" ḳahal "で、その感覚をアラビア語のいずれかのルートが、その使用してそのような場合は記事を構成するのが困難;最後に、外国の言葉かもしれない。 The Talmud seems rightly to call attention to the importance of the past tense in i.当然のようタルムードの重要性を喚起するために編集して項目を緊張さi. 12; for one who says "I was king" implies that his reign is over: he must be speaking either as a dead man or as one who has abdicated. 12 ;を1つのwhoは言う"私は王"を意味して彼の支配は終わった:どちらかと言えば、彼はしなければならないとしてデッドマンズまたは1つのwhoは退位します。 Ḳohelet is then either a fictitious person or an adaptation of some monarch, like Al-Nu'man of Arabic mythology (Ṭabari, i. 853), who, becoming conscious of the instability of the world, abandons his throne and takes to devotion. ḳoheletは、架空の人物のいずれかを入力し、またはいくつかの君主を脚色した、アラビア語のようなアル- nu'manの神話( ṭabari 、 i. 853 ) 、 who 、なりつつ、世界の不安定性を意識して、彼の王座と時間を献身的な愛情を放棄します。 Similarly, Ḳohelet appears to pass from king to preacher, though it is not actually stated that he abandons his throne.同様に、表示されるḳohelet王に説教を渡すから、それではないこと、実際に彼は彼の王座を放棄します。 The references to kings in all but the earliest chapters rather imply that the author is a subject; but this may be unintentional.キングスを参照し、すべての支部というが、意味するものでは最古の著者は、アジ研;しかし、この5月に意図していない。 The author's idea of a king would seem to be modeled on the monarchs of Persia, with kings and provinces subject to them (ii. 8); and the gardens with exotics (ii. 5) and irrigated parks (ii. 6) are likely to belong to the same region.の著者の考えを王様と思われるの君主オブペルシャをモデルにして、王と地方アジ研して( ii. 8 ) ;との庭園とエキゾチック( ii. 5 )と灌漑公園( ii. 6 )が高い同じ地域に所属しています。

The Israelitish name for God is nowhere employed, nor does there appear to be any reference to Judaic matters; hence there seems to be a possibility that the book is an adaptation of a work in some other language. israelitishの名前を、神はどこ就職しており、表示されることもありませんが任意の参照をユダヤ人の問題;それゆえする可能性があると思われるこの本は、いくつかの作品を脚色した他の言語です。 This supposition would agree with the fact that certain of the idioms found in it are not so much late Hebrew as foreign Hebrew (eg, vii. 24, viii. 17, xii. 9); with the frequent use of the participial present (eg, viii. 14); with the unintelligible character of several phrases which are apparently not corrupt (eg, iv. 17, x. 15, much of xii. 4-6); and with the want of sharpness that characterizes some of the aphorisms (eg, x. 9).この仮定に同意すると、特定の事実を発見さ慣用句というより、後半には外国人としてヘブライ語ヘブライ語(例えば、 Ⅶ 。 24日、 Ⅷ 。 17日、 12 。 9 ) ;を頻繁に使用する現在分詞(例: 、 Ⅷ 。 14 ) ;判読不能な文字をいくつかのフレーズが明らかに壊れていない(例えば、 Ⅳ 。 17日、 Xの15日、多くの12 。 4-6 ) ;としたいのシャープネスが特徴のいくつかのaphorisms (例えば、 Xの9 ) 。 Further, the verb (xii. 9), which describes a process to which the author says he subjected his proverbs, should, on the analogy of the Arabic "wazan," refer to the numbering of syllables; and the following phrases, apparently meaning "searched out and corrected" or "carefully straightened," have the appearance of referring to metrical correctness, though their exact import is not easy to fix.さらに、動詞( xii. 9 ) 、これを記述するプロセスを対象にして、著者は言う彼は彼の諺、は、上の類推は、アラビア語" wazan 、 "を参照してナンバリングの音節;とは、次のフレーズ、どうやら意味"検索すると修正"または"慎重にまっすぐに、 "韻律が正しさの外観を参照して、かれらの正確なインポートを修正するは容易ではない。 Of any such formal technicality the verses of Ḳohelet bear no trace in their existing form; yet there are places where the introduction of words would be more intelligible if the author had a fixed number of syllables to make up (eg, xii. 2, "while the sun or the light or the moon or the stars be not darkened").上記のようなフォーマルな専門的ḳoheletの詩を、既存のフォームのトレースの跡がない;はまだありません場所での導入には、言葉の方が可能な場合は、著者が、固定数の音節を穴埋めする(例えば、 12 。 2 、 "が、太陽や月の光か、または暗く、星印ではない" ) 。 If this be so, the character of the idioms noticed (eg, xii. 9, "the wiser Ḳohelet became, the more did he teach") renders it probable that the language of the model was Indo-Germanic; and the introduction of the names "David," "Israel," and "Jerusalem," as well as the concealment of all names in the case of the anecdotes which the author introduces (eg, iv. 13-15, ix. 14-16), is with the view of accommodating the work to Jewish taste.もしこのようなことには、その文字は、慣用句気づいた(例えば、 12 。 9日、 "賢明なḳoheletが、より多くの彼を教える" )をレンダリングことは、言語の確率モデルは、インド-ゲルマン;との導入は、名前を"デビッド" 、 "イスラエル、日本、 "および"エルサレム、 "だけでなく、隠ぺいのすべての名前は、例の逸話は、著者紹介(例えば、 Ⅳ 。 13-15 、 9世です。 14-16 ) 、は、表示に変更する作業をユダヤ人の味です。

Contents.内容です。

In Ecclesiastes there are some continuous sections of considerable length: (1) Ḳohelet's autobiography, i.伝道の書には、いくつかのセクションで連続かなりの長さ: ( 1 ) ḳoheletの自伝、 i. 12-ii. 12 - Ⅱ 。 26; (2) a statement of the doctrines of determinism and Epicureanism, ix. 26 ; ( 2 )は声明の教説の快楽主義的決定論と、 9世です。 1-12; (3) a description of death, xii. 1-12 ; ( 3 )の説明を死亡、 12です。 1-8. 1-8 。 The rest of the book is in short paragraphs or isolated aphorisms; and the author in xii.その本の残りの部分は、短い段落や孤立aphorisms ;とし、著者は12です。 11, 12 declares that the aphoristic style is superior to the continuous discourse-a doctrine which in modern times has been associated with the name of Bacon. 11日、 12を宣言し、格言のスタイルは談話を継続的に優れている現代では教義にされベーコンの名前を関連付けられている。 In the autobiography the author states that he experimented with various forms of study, pleasure, and enterprise, in the hope of finding the meaning of the endless chain of phenomena, but that heabandoned them in disgust.自伝の著者は、実験では彼は様々な形態の研究では、喜び、およびEnterpriseは、発見の望みを意味し、無限連鎖の現象が、その嫌悪感heabandonedしています。 The morals that he draws, however, appear to be inconsistent; since, while some verses encourage the theory that pleasure is the summum bonum, others seem to warn youth against any such view.彼の道徳で引き分け、しかし、表示される矛盾;て以来、いくつかの詩を奨励する説を唱えている喜びは、至高善、他の若者の反対を警告するように見えるそのような表示されます。 This inconsistency, which could probably be paralleled from the works of Oriental pessimists like Omar Khayyam and Abu al-'Ala of Ma'arrah, attracted attention, as has been stated, in early times; but the various attempts that have been made to bring the author into harmony with himself are too subjective to be convincing.この矛盾する可能性が多分に並列からの作品のようなオリエンタルな悲観論者オマルハイヤームとアブーアル- 'alaのma'arrah 、注目を集め、記載され、初めに倍;しかし、様々な試みをもたらすことが行われました。の著者自身があまりにも主観的に調和して説得力があります。 Thus some would regard all the edifying passages as interpolations (so Haupt, "Oriental Studies," pp. 243 et seq.); others would regard the Epicurean passages as to be read with interrogations (so some rabbis), while it has also been suggested (by Bickell, "Der Prediger") that the sheets of the book have been displaced.そのため、いくつかのすべての啓発に関しては通路としてinterpolations (ハウプトので、 "東洋学、 " pp 。 243頁以降を参照。 ) ;その他については食い道楽の通路としての筋を読む(ためいくつかのラビ) 、中にも提案( bickell 、 " der prediger " )は、シートの避難民がこの本です。 None of these opinions can be received without external evidence.これらの意見を受信できる外付けの証拠なしです。 It seems more probable, therefore, that the author expresses the varying sentiments of different moods, just as the second of the writers mentioned above alternates between orthodoxy and blasphemy.他の予想よう、そのため、この文書の著者、さまざまな感情を表現してさまざまな気分と同様、 2番目の作家は、上述の正統性と交互に神への冒とくです。

After his personal history the author proceeds to give illustrations of more general experiences.後、彼の個人的な履歴の著者のイラストの収益より一般的な経験を与える。 In these he speaks as a subject rather than as a king; he cites the prevalence of injustice in the world, for which he had some tentative solutions (iii. 17, 18); later, however, he relapsed into the Epicurean conclusion (iii. 22), accentuated by further observation into pessimism (iv. 1-4).これらの彼は話すを対象としてではなくキング;彼の有病率の不当性を引き合いに出して、世界では、彼はいくつかの仮ソリューション( iii. 17日、 18 ) ;へ、しかし、彼食い道楽の再発を結論( ⅲ 。 22 ) 、アクセントをより詳細な観測を悲観論( iv. 1-4 ) 。 At this point he proceeds to introduce a variety of maxims, illustrated by anecdotes, leading up to the conclusion (vii. 17) that the plan of the universe is incomprehensible.この時点で彼は収益を導入する、様々な格言、逸話に示される、という結論に至るまで( vii. 17 )は、計画は、宇宙は理解に苦しむ。 Chapter ix.第9章です。 formulates the doctrine that men's actions and motives are all foreordained, and advises gaiety on the ground that whatever is to happen is already fixed, and that there will be no room for activity in the grave.教義を策定する男性の行動や動機はすべてforeordained 、およびアドバイス派手さは、地上に何が起こるは既に固定ており、その活性のためにはないルームでの墓です。 This is emphasized by anecdotes of the unexpected happening (11-16).この逸話が強調され、予期せぬ出来事( 11-16 ) 。 There follows another series of maxims leading up to a poetical description of death, and, after some observations on the value of the aphorism, to the assertion that the substance of the whole matter is "Fear God and keep his commandments, . . . for God shall bring every work into judgment" (xii. 13-14).次のように別のシリーズの格言に至るまでの説明を参照して下さい詩的死、および、いくつかの観察をした後の値を、アフォリズム、その物質の主張をして全体の問題は"神を恐れると維持、その戒め、 。 。 。 。 。神はすべての仕事をもたらすの判断" ( xii. 13-14 ) 。

The felicity, wisdom, and profundity of many of the aphorisms probably endeared the book to many who might have been displeased with the Epicurean and pessimistic passages.のフェリシティ、知恵と深さのaphorismsの多くは、おそらく多くのwho endeared 、オンラインで書籍を不満にするかもしれないと悲観的な快楽主義通路です。 Yet without the idea that Ḳohelet was Solomon one could scarcely imagine the work ever having been included in the canon; and had it not been adopted before the doctrine of the Resurrection became popular, it is probable that the author's views on that subject would have caused his book to be excluded therefrom.まだなしḳoheletは、ソロモンという考えを想像して1つの仕事がほとんど含まれて行っているキヤノン;とはそれ教義の前に採択されていないのが人気の復活、それは確率は、著者の再生回数、その件名が原因彼の著書除外されるものです。 Mystical interpretation of the book began fairly early (see Ned. 32b); and the work was a favorite source of citation with those rabbis who, like Saadia, were philosophers as well as theologians.神秘的な解釈をかなりの予約が始まったの早期(ネッドを参照します。 32b ) ;との仕事は、これらの文献情報源をお気に入りに追加ラビwho 、 saadiaように、神学は哲学者だけでなくします。

Morris Jastrow Jr., David Samuel Margoliouthモリスジャストロウジュニア、デビッドサミュエルマーゴリュース

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

See, besides the commentaries of Hitzig, Delitzsch, Volck-Oettli, Siegfried, and Wildeboer, the following: Ewald, Poetische Schriften des Alten, Testaments, iv.; Renan, L'Ecclésiaste, Paris, 1882; Graetz, Koheleth, Breslau, 1871; CHH Wright, The Book of Kohelet, London, 1883; Bickell, Kohelet, 1886; Plumptre, Ecclesiastes, Cambridge, 1881; Tyler, Ecclesiastes, London, 1874; Wünsche, Bibliotheca Rabbinica, Midrash, Koheleth, 1880; Cheyne, Job and Solomon, London, 1887; also the following monographs on special points: Haupt, The Book of Ecclesiastes (Oriental Studies of the Philadelphia Oriental Club), 1894; Euringer, Der Masoratext des Kohelet, Leipsic, 1890; Köhler, Ueber die Grundanschauungen des Buches Kohelet, Erlangen, 1885; Bickell, Der Prediger über den Wert des Daseins, Innsbruck, 1884; Schiffer, Das Buch Kohelet Nach der Auffassung der Weisen des Talmuds und Midrasch, 1884; Renan, Histoire du Peuple d'Israel, vol.ほら、に加えて、論評のヒッツィヒ、デリッチ、 volck - oettli 、ジークフリート、およびwildeboerは、以下の通りです:エーヴァルト、 poetische schriftenデアルテン、 testaments 、 Ⅳ 。 ;ルナン、 l' ecclésiaste 、パリ、 1882 ;グレーツ、 koheleth 、ブレスラウ、 1871 ; chhライトは、この本のkohelet 、ロンドン、 1883 ; bickell 、 kohelet 、 1886 ;プランプトリ、伝道の書、ケンブリッジ、 1881 ;タイラー、伝道の書、ロンドン、 1874 ; wünsche 、蔵書ラビ文学、ミドラーシュ、 koheleth 、 1880 ;チェーンストークス、仕事とソロモン、ロンドン、 1887 ;も特別なポイントは、次の論文:ハウプト、この本の伝道の書(東洋学は、フィラデルフィアオリエンタルクラブ) 、 1894 ; euringer 、 der masoratextデkohelet 、リプシック、 1890 ;ケーラー、 ueber死ぬgrundanschauungenデbuches kohelet 、エルランゲン、 1885 ; bickell 、 der prediger überデンウェルトデdaseins 、インスブルック、 1884 ;シ、 dasブーフkohelet nach der理解talmuds und der weisenデmidrasch 、 1884 ;ルナン、 histoireデュpeuple d' 、イスラエル、 !です。 v., ch. v. 、あなたのです。 xv.; Piepenbring, Histoire du Peuple d'Israel. 15 。 ; piepenbring 、 histoireデュpeuple d'イスラエルです。 For further bibliography consult Palm, Die Qoheleth Litteratur, Tübingen, 1888; and Siegfried, Commentary, pp.ヤシのより詳細な構造に相談、死ぬqohelethアレイ、テュービンゲン、 1888 ;とジークフリート、解説、 pp 。 25-27.J. 25 - 27.jです。 Jr. DSMジュニアdsm


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです