Esdrasエスドラス書

A book in the Old Testament Apocrypha 本は、旧約聖書外典

General Information 総合案内

Esdras is the first two books of the Old Testament Apocrypha.エスドラス書は、最初の2冊の本は、旧約聖書外典。 Although the books are not included in the canon of the Bible, they are intimately connected with the Old Testament.その本の中には含まれていないにもかかわらず、キヤノンは、聖書には、彼らは、旧約聖書の密接に関係しています。

Except for one section (1 Esdras 3:1-5:6), which is not found elsewhere in the Old Testament, 1 Esdras is a Greek paraphrase of a Hebrew text containing the canonical Book of Ezra, part of chapters 7 and 8 of the canonical Book of Nehemiah, and 2 Chronicles 35:1-36:21. 1つのセクションを除いて( 1エスドラス書3:1-5:6 )は、他の場所で見つかったことではありませんが、旧約聖書は、 1エスドラス書は、ギリシャ語、ヘブライ語の言い換えを含むテキストブックのカノニカルエズラは、 7日と8章の部分この書籍のカノニカルニーアマイア、および2クロニクル35:1-36:21 。 Starting abruptly with an account of the Passover of the Judean king Josiah, 1 Esdras tells of the subsequent decline of Judah; of the Babylonian exile, or Babylonian Captivity, from the fall of Jerusalem in 586 BC to the reconstruction in Palestine of a new Jewish state after 538 BC; and of events in Jerusalem during the immediate postexilic period.唐突に出発して、アカウントのペサハは、ジョサイアjudeanキングは、 1エスドラス書が示され、その後のユダの衰退;バビロニアの亡命者、またはバビロン捕囚は、この秋から紀元前586エルサレムで、パレスチナを再建する新たなユダヤ人状態にした後紀元前538 ;とエルサレムのイベントの期間中には、当面のバビロン捕囚後です。 It ends abruptly with a description of the Hebrew priest and reformer Ezra, reading "the book of the law" (1 Esdras 9:45).唐突に終わることの説明は、ヘブライ語で改質エズラ司祭とは、読んで"この本は、法の趣旨" ( 1エスドラス書9時45分) 。 The section that is independent of other Old Testament sources (1 Esdras 3:1-5:6) describes a competition between three Jewish youths at the Persian court.他のセクションから独立しては旧約聖書のソース( 1エスドラス書3:1-5:6 )を記述する3つのユダヤ人の若者の間で競争裁判所は、ペルシア語です。 Each youth speaks in favor of what he believes to be the strongest thing.それぞれの若者が喋るに有利なものであると信じている彼は最強だと思う。 The victor, who argues in favor of truth, gains the king's permission for the Jews to return to Jerusalem.そのビクターは、真実の人の主張に賛成し、上昇の許可なしには、ユダヤ人の王をエルサレムに戻ります。 First Esdras is thought by most scholars to be the work of a single, unknown translator who produced it sometime between 150 and 50BC.エスドラス書は、ほとんどの学者によって最初に考えたのは、 1つの仕事は、未知の翻訳者150人との間に作らいつか50bcことです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Second Esdras is an apocalypse.エスドラス書は、 2番目の黙示録。 The main part of the book (chapters 3-14) records Ezra's lamentations over the fall of Jerusalem and the visions that appear to him in seven dreams.その本の主な団体名(支部3月14日)の記録を超える哀歌エズラのエルサレム秋のビジョンに表示されると、彼には7つの夢です。 These visions, interpreted by the archangel Uriel, reveal that the evil existing in this world despite God's omnipotence is to end with the coming of the Messiah, who will restore the just and destroy the ungodly.これらのビジョンは、大天使と解釈されるユリエルは、既存の悪を明らかにして、この世界にもかかわらず、最後には、神の全能の救世主が来るとは、誰が復元を破壊するだけで、とんでもないです。 The author of this main section is not known; nor is it known whether the original was written in Aramaic, Greek, or Hebrew.著者は、このメインセクションでは知られていない;も、元のことは知られていたかどうかアラム語で書かれ、ギリシャ語、ヘブライ語か。 It is thought by most scholars to have been composed toward the end of the 1st century AD.これは、ほとんどの思想を持つ学者で構成され、第1世紀の終わりごろに広告です。

Chapters 1-2, written in Greek, were added soon after, either by an unknown Greek or by an unknown Jewish Christian. 1-2支部は、ギリシャ語で書かれ、追加された直後には、ギリシャ語のどちらかによって未知未知のユダヤ人やキリスト教徒です。 The apocalyptic passages of these chapters show a Christian bias (particularly 2 Esdras 1:24-40).これらの支部通路の終末論的バイアスを示すキリスト教(特に2エスドラス書1:24-40 ) 。 Chapters 15-16, also written in Greek, were appended, perhaps as late as 270, by another unknown Christian.十五〜十六支部は、ギリシャ語で書かれても、追加されるが、おそらく270遅ければ、別の未知のクリスチャンです。 They are considerably less important than the earlier portion, valued for its similarity in parts to certain possibly contemporaneous books of the New Testament, such as Revelation.かれらは、以前よりもかなり少ないの重要な部分は、その類似性評価のための部品を同時期に起こる可能性がある書籍は、新約聖書は、ヨハネの黙示録のようだ。 Second Esdras became particularly popular with the Christian church, as evidenced by the many versions in which it was rendered (Latin, Syriac, and Coptic); by its frequent quotation by the Fathers of the Church; and by the fact that several phrases - including lux perpetua (Latin, "perpetual light") - were drawn from its text into the Christian liturgy.第2エスドラス書は、キリスト教の教会で、特に人気を集め、多くのバージョンでも明らかなようにさせてレンダ(ラテン語、シリア語、コプト語) ;によって頻繁に引用されるのは、教会の祖先;とされたという事実をいくつかのフレーズ-を含むルクスペルペツア(ラテン語で、 "永遠の光" ) -から引き出され、そのテキストをキリスト教の典礼。


Books of Esdras書籍のエスドラス書

Jewish Perspective Information ユダヤ教の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事の見出し:

I Esdras:私エスドラス書:

Name and Versions.名前とバージョンがあります。

Contents.内容です。

Purpose and Origin.目的や起源です。

Date and Value.日付と値です。

II Esdras: 2エスドラス書:

Name and Versions.名前とバージョンがあります。

Contents.内容です。

Purpose and Origin.目的や起源です。

Date and Value.日付と値です。

Apocryphal writings ascribed to Ezra.エズラ生得的に間違った記述します。

I Esdras:私エスドラス書:

Name and Versions.名前とバージョンがあります。

The apocryphal Book of Ezra, or, better, the "Greek Ezra" (Esdræ Græcus), is called Εσδρας in the Greek Bible, where it precedes the canonical books of Ezra and Nehemiah, counted there as one book, Εσδρας β'.偽書のエズラの、あるいは、より良いは、 "ギリシャ語エズラ" ( esdræ græcus )は、ギリシャ語では、聖書εσδραςと呼ばれるが、ここは、前に置くと、正典エズラニーアマイアのは、そこの一つとして数えられる本を、 εσδρας β ' 。 In the old Latin Bible it was I Esdras; but after Jerome, with his strong preference for the books preserved in Hebrew, had rejected it from the canon, it was usually counted as III Esdras: then either Ezra was I Esdras, and Nehemiah was II Esdras; or Ezra-Nehemiah was I Esdras, and ch.古ラテン語聖書は、それは私エスドラス書;しかしジェロームした後、彼の強い希望では、書籍の保存、ヘブライ語、キヤノンが拒否されたことから、これは、通常3世としてカウントさエスドラス書:それから私はどちらかエズラエスドラス書、およびニーアマイアは、 2エスドラス書;またはエズラ-ニーアマイアは、私エスドラス書、およびチャンネルです。 1, 2 of the Apocalypse of Esdras was II Esdras. 1 、 2黙示録のエスドラス書は、 2世のエスドラス書です。 Sometimes, however, the Greek Ezra is called II Esdras: then Ezra-Nehemiah is I Esdras, and the Apocalypse is III Esdras; or, as in the Ethiopic Bible, the latter is I Esdras, and Ezra-Nehemiah follows as III Esdras or as III and IVEsdras.ときには、しかし、 2世と呼ばれるのは、ギリシャ語エズラエスドラス書:それから私エスドラス書エズラ-ニーアマイアは、黙示録とは、 IIIのエスドラス書;たり、聖書としては、エチオピア、後者は私エスドラス書は、以下の通りとエズラ-ニーアマイアエスドラス書としてや3世そして3世としてivesdras 。 In the English Bible it is again entitled I Esdras; here the canonical book retained the Hebrew form of its name, that is, "Ezra," whereas the two apocryphal books, ascribed to the same author, received the title in its Græco-Latin form-"Esdras."聖書は、英語と題するそれは再び私エスドラス書;ここで、書籍のカノニカル名を留保した形で、ヘブライ語、それは、 "エズラは、 "作り話で、 2つの書籍は、生得的に、同じ著者は、そのタイトルを受け取ったgræco -ラテンフォームの"エスドラス書です。 " In the ancient Latin version I Esdras has the subscription "De Templi Restitutione."私は、古代のラテンバージョンエスドラス書には、会員登録"デtempli restitutione 。 " Two Latin translations were made: the "Vetus Latina" (Itala) and the "Vulgate."翻訳された2つのラテン語: " vetusラティーナ" (イタラ)と、 "ウルガタ聖書"と述べた。 In Syriac the book is found only in the Syro-Hexaplar of Paul, Bishop of Tella (616-617), not in the older Peshiṭta.シリア語の書籍が見つかっただけでは、 syro - hexaplarのポールは、大主教tella ( 616〜617 )は、古いpeshiṭtaない。 There are also an Ethiopic and an Armenian version.エチオピアもまた存在すると、アルメニアのバージョンです。

I Esdras may be divided into ten sections, eight of which are only excerpts from certain parts of II Chronicles, Ezra, and Nehemiah:私の10のセクションに分けられるかもしれないエスドラス書は、 8つの抜粋では、特定の部分にのみ2世クロニクル、エズラ、およびニーアマイア:

Contents.内容です。

Ch.チャンネルです。 i. = II Chronicles xxxv. = 2世クロニクル35 。 1-xxxvi. 1 - 36 。 21: Josiah's Passover; his death; the history of Judah until the destruction of Jerusalem. 21 :ジョサイアのペサハ;彼の死;ユダの歴史を破壊するまで、エルサレムのです。 Verses 21-22, however, are not found elsewhere, and are probably an addition of the compiler.二一から二二まで印は、しかし、別の場所ではないが見つかりました、とは多分には、コンパイラに加えている。 Ch.チャンネルです。 ii. Ⅱ 。 1-14 = Ezra i. 1-14 =エズラi. 1-11: The edict of Cyrus. 1-11 :キュロスの勅令です。 Ch.チャンネルです。 ii. Ⅱ 。 15-26 = Ezra iv. 15から26 =エズラ静脈です。 7-24: First attempt to rebuild the Temple; intervention of the Samaritans. 7月24日:初の試みを再構築する寺;介入は、サマリア人です。 Ch.チャンネルです。 iii. Ⅲ 。 1-v. 1 - vです。 3 =-: Dispute of the three courtiers of Darius; the victory of the Jewish youth; decree of Darius that the Jews might return and that the Temple and the cult be restored. 3 =- :紛争は、 3つのダリウスcourtiers ;の勝利には、ユダヤ人の青年;令ダリウスとして返すかもしれないが、ユダヤ人の寺院や教団に復元されます。 Ch.チャンネルです。 v. 4-6 =-: Beginning of a list of exiles who returned with Zerubbabel.対4-6 =- :亡命者のリストの先頭に帰国してzerubbabel 。 Ch.チャンネルです。 v. 7-73 = Ezra ii: 1-iv.対七から七三=エズラ2世: 1 - 4世です。 5: List of exiles who returned with Zerubbabel; work on the Temple; its interruption until the time of Darius. 5 :亡命者リストに帰国してzerubbabel ;仕事をして寺;中断されるまでの時間のダリウス。 Ch.チャンネルです。 vi.-vii. vi. - 7 。 9 = Ezra v. 1-vi. 9 =エズラ対1 - viのです。 18: Correspondence between Sisinnes and Darius concerning the building of the Temple; completion of the Temple. 18 :文通sisinnesとの間で、同寺の建物に関するダリウス;同寺の完成です。 Ch.チャンネルです。 vii.第VII 。 10-15 = Ezra vi. 10-15 =エズラviのです。 19-22: Celebration of the Passover by the Jews "of the Captivity" and those who had stayed in the land. 19から22 :ペサハされたのを祝って、ユダヤ人"の捕らわれている"と滞在していた人たちの土地です。 Ch.チャンネルです。 viii. viii 。 1-ix. 1 - 9 。 36 = Ezra vii. 36 =エズラ第VII 。 1-x. 1 - xとなります。 44: Return of exiles under Ezra; abolishment of mixed marriages. 44 :エズラの下で亡命者の帰還;廃止混合婚。 Ch.チャンネルです。 ix. 9 。 37-55 = Nehemiah vii.第VII三十七〜五十五=ニーアマイア。 73-viii. 73 - viii 。 12: The reading of the Law. 12 :読書は、法の趣旨だ。

Purpose and Origin.目的や起源です。

It is evident that the compiler of I Esdras chose as a center the tale, commonly called the "Dispute of the Courtiers," of the contest among the three pages in waiting, and that he grouped around this tale several extracts from other writings with the intention of giving it its historical environment.それは明らかにして、コンパイラのエスドラス書を選んだの中心地としての私の話は、よく呼ばれる"との紛争は、 courtiers 、 "の3つのページのうち、このコンテストを待って、この話をして彼の周りにグループの他の記述からいくつかを抽出して歴史的な環境を提供することを意図しています。 The results of the contest were the restoration of the Temple and of the Jewish cult and community; and this is, indeed, the leading thought of the entire work.その結果、このコンテストは、同寺の復元と地域社会とは、ユダヤ教のカルト;ており、これが、実際のところ、全体の仕事のメイン考えています。 The events that led to the destruction of the Temple are therefore given as an introduction, and after the restoration the doings of Ezra, of vital importance in the development of Judaism, are related.このイベントを主導した同寺の破壊には、したがって与えられたとして導入し、復旧後、エズラの所業のは、極めて重要なユダヤ教の開発には関係している。 There are several discrepancies to be noted in the different parts of the book, first of all in the central episode.注目されるには、いくつかの違いは、その本のいろいろな部分には、まず第一には、中央のエピソードだ。 The story is that three pages of King Darius each agree to write "one thing that shall be strongest," and to let King Darius bestow great honor on him whose answer is the wisest.その物語は、 3つのそれぞれのページの王ダリウスの書き込みに同意して"一つのことにして最強のものだ"として大変光栄に授けるせ王ダリウス彼の答えは最も賢明です。 The first writes "Wine"; the second, "The king"; the third, "Women, but above all things truth."最初の書き込み"ワイン" ;第二は、 "王" ;第三は、 "女性には、上記のすべてのものが真実ではない。 " Then they explain their answers.それからその答えを説明しています。 The third, the victor, asks as reward the return of the Jews. 3番目は、ビクターは、報酬の返還を要求としては、ユダヤ人です。 His name is given as "Zerubbabel" in iv.彼の名前は与えられたとして" zerubbabel "は4世です。 13 and as "Joakim the son of Zerubbabel" in v. 5. 13日とは" zerubbabel joakimの息子"で対5 。 The latter seems to be the original; at the same time the second part of his answer, "truth," seems to be an addition to the original story.後者と思われる元;それと同時に彼の2番目の部分の答えは、 "真実だ"と思われるのに加えて、オリジナルの物語です。 Other discrepancies are found in the style of the different pieces and in their relative value for the textual criticism of the originals.他のスタイルの違いが見られるのは、彼らのさまざまな作品との相対的な価値では、テキストの批判には、原本です。 These facts indicate that several individuals must have worked over the book before it received its final shape.いくつかの個人によりますとこれらの事実をやり直す必要がありますこの本の前に働いたことの最終的な形を受け取った。

Date and Value.日付と値です。

Since Josephus (c. 100 CE) made use of I Esdras, and since it is very likely that I Esdras iii.以来ヨセフス( c. 100 ce )を使用する前に、私エスドラス書は、それが非常に高いとしてよいエスドラス書Ⅲ 。 1-2 was influenced by Esth. 1-2だったesthに影響されている。 i. 1-4, the book was probably compiled in the last century before, or the first century of, the common era. 1-4は、この本の最後の世紀には、おそらくコンパイルする前に、あるいは1世紀には、共通の時代です。 It has no historical value, because it bears every mark of a true midrash, in which the facts are warped to suit the purpose of the writer.歴史的な価値がないので、すべてのマークは、真のミドラーシュベアーズは、これらの事実は、これに合わせてゆがんだの目的は、作家です。 The extracts from other Old Testament writings, however, are valuable as witnesses of an old Greek translation of the Hebrew text, made probably before the Septuagint (see Guthe in Kautzsch, "Die Apokryphen," i. 1 et seq., and P. Volz in Cheyne and Black, "Encyc. Bibl." ii. 1488-94).他の旧約聖書の記述からの抽出物は、しかし、証人としては、貴重な古いギリシャ語、ヘブライ語のテキストの翻訳は、おそらく前の前セプトゥアギンタ( gutheを参照してくださいカウチでは、 "死ぬapokryphen 、 " i. 1以下参照。 、 p. volzチェーンストークスと黒で、 " encyc 。 bibl 。 " Ⅱ 。 1488年から1494年) 。

II Esdras: 2エスドラス書:

Name and Versions.名前とバージョンがあります。

One of the most interesting and the profoundest of all Jewish and Christian apocalypses is known in the Latin Bible as "Esdræ Quartus." 1つは、最も興味深いとprofoundestはapocalypsesのすべてのユダヤ人とキリスト教の聖書として知られてラテン語" esdræ quartus 。 " The number, which usually is a part of the name, depends upon the method of counting the canonical Ezra-Nehemiah and the Greek Ezra: the book is called "I Esdras" in the Ethiopic, "II Esdras" in late Latin manuscripts and in the English Bible, "III Esdras" in other Latin manuscripts.その数は、通常は、どの部分の名前、かかっているのはカノニカル計数法とは、ギリシャのエズラエズラ-ニーアマイア:この本は"私エスドラス書"は、エチオピア、 " 2世エスドラス書"の原稿や、後期ラテン語英語の聖書は、 " 3世エスドラス書"と、他のラテン原稿です。 There is another division in Latin Bibles, separating II Esdras into three parts, each with a separate number, of which the main part is "Esdræ Quartus."ラテン語聖書には別の課では、 3つの部分に分ける2世エスドラス書は、それぞれ個別の番号で、そのうちの主な部分は" esdræ quartus 。 " Greek Fathers quote it as Ἔσδρας Προφήτης or Αποκάλυψις Ἔαδρα.ギリシャ語の祖先としてἔσδρας προφήτης見積もりが必要ですかαποκάλυψις ἔαδραことです。 The most common modern name is "IV Esdras."現代で最も共通の名前は"静脈エスドラス書です。 " Only ch.チャンネルのみです。 iii.-xiv., the original apocalypse, will be discussed here. iii. - 14 。場合、元の黙示録、ここで議論される。 The original was written in Hebrew, and then translated into Greek, as has been proved by Wellhausen, Charles, and finally by Gunkel; but neither the Hebrew nor the Greek text is extant.当初は、ヘブライ語で書かれて、それからギリシャ語に翻訳され、立証されたとされてヴェルハウゼン、チャールズ、そして最後にさグンケル;しかし、どちらも、ギリシャ語、ヘブライ語のテキストが現存。

Contents.内容です。

From the Greek were made the following versions: (1) Latin, which is the basis of the English version; (2) Syriac; (3) Ethiopic; (4) and (5) two independent Arabic versions; (6) Georgian.ギリシャがあったから、次のバージョン: ( 1 )ラテン語、これは英語版の基礎;シリア語( 2 ) ;エチオピア( 3 ) 、 ( 4 ) 、 ( 5 )の2つの独立したアラビア語のバージョン;グルジア語( 6 )です。 The Armenian version differs from the others; whether it was made from the Syriac or from a separate Greek version has not yet been decided.他のバージョンと異なって、アルメニア;かどうかは前からシリア語やギリシャ語から、別のバージョンは、まだ決まっている。 The book consists of seven sections, called "visions" since Volkmar (1863): 1-3 treat chiefly of religious problems; 4-6 consist mainly of eschatological visions; 7 tells of Ezra's literary activity and death.その本の7つのセクションで構成さは、 "ビジョン"以来volkmar ( 1863 ) : 1-3 、宗教的な問題を主に扱う; 4-6主として終末論のビジョン; 7指示のエズラと死の文芸活動です。

First Vision (iii.-v. 19): "In the thirtieth year of the ruin of the city, I, Salathiel (the same is Esdras), was in Babylon, and lay troubled upon my bed."最初のビジョン( iii.-v. 19 ) : "は、破滅の第三十イヤーオブザシティ、私は、 salathiel (エスドラス書は、同じ) 、バビロンは、私のベッドに問題を抱えたて横たわっていました。 " Esdras asks God how the misery of Israel can be in keeping with divine justice.神エスドラス書を要求できる方法を、イスラエルの悲惨さに合わせて神の裁き。 The answer is given by Uriel: God's ways are unsearchable and the human mind can not grasp them; everything will be clear after the end of this world, which will soon come to pass.その答えは、与えられたユリエル:神の方法では、人間の精神の神秘とそれらを把握することはできません;すべてが、この世界の終わりをクリアした後、これに合格する間もなく来る。 Then follows a description of the signs of the end.その後の説明は、以下の通りの終わりの兆候です。

Second Vision (v. 20-vi. 34): Why is Israel delivered up to the heathen? 2番目のビジョン(対20 - viのです。 34 ) :なぜ配達までには、イスラエルの異教徒のですか? The answer is similar to that of the first vision: Man can not solve the problem; the end is near.その答えは、最初に似ているビジョン:男でその問題を解決することはできません;の終わりが近い。 Its signs are again revealed.その兆候は、再度明らかにした。

Third Vision (vi. 35-ix. 25): Why does Israel not yet possess the world? 3番目のビジョン( vi. 35 - 9 。 25 ) :保有していないのはなぜイスラエルの世界ですか? Answer: The present state is a necessary transition to the future.答:現在の状態は、将来の移行を必要とします。 Then follows a detailed description of the fate of the wicked and the righteous: few will be saved; Esdras intercedes for the sinners, but he is told that nobody will escape his destiny.その後の詳細な説明は以下のとおりですが、邪悪な運命と正義:数は救われる; intercedesエスドラス書は、罪人が、彼が言ったことは、誰も彼の運命を免れる。

Fourth Vision (ix. 26-x. 59): Vision of a woman mourning for her only son. 4番目のビジョン( ix. 26 - xとなります。 59 ) :ビジョンのある女性のために喪に服す彼女の一人息子だ。 Esdras pictures to her the desolation of Zion.Suddenly instead of the woman appears a "builded city."彼女の画像をエスドラス書の代わりに、女性zion.suddenly荒廃が表示されたら、 " builded都市です。 " Uriel explains that the woman represents Zion.ユリエルシオンと説明し、女性を表しています。

Fifth Vision (xi., xii.): Vision of an eagle which has three heads, twelve wings, and eight smaller wings "over against them," and which is rebuked by a lion and then burned. 5番目のビジョン( xi. 、 12世です。 ) :イーグルビジョンには3つの首長が、 12羽は、小さいと8つの翼"に反対してやり直す"と叱責されたが、その後、ライオンのやけどを負った。 The eagle is the fourth kingdom seen by Daniel; the lion is the Messiah.ワシは、 4回目で見られるの王国ダニエル;ライオンは、救世主です。

Sixth Vision (xiii.): Vision of a man who burns the multitude assaulting him, and then calls to himself another but peaceable multitude. 6番目のビジョン( xiii. ) :ビジョンの一人の男が群衆の暴行バーンズ彼は、自分自身をコールし、次に別の群衆が温和。 The man is the Messiah; the first multitude are the sinners; the second are the Lost Tribes of Israel.その男は、救世主;最初の群衆は、罪人;第二は、イスラエルの失われた部族です。

Seventh Vision (xiv.): The restoration of the Scripture. 7番目のビジョン( xiv. ) :典復元します。 Esdras, sitting under an oak, is addressed by God from a bush and told that he will soon be translated; he asks for the restoration of the Law; God commands him to procure many tablets and five scribes and to tell the people to stay away for forty days.エスドラス書は、樫の木の下に座って、ブッシュ大統領は演説で、神と言ったことから、彼はすぐに翻訳される;彼は、法の趣旨を頼んでくるの復旧;神のコマンドを彼に多くの錠剤を調達すると、 5人の人々に教えてscribesとして近づかないを40日後終了。 Esdras does so, and, after having received a wondrous drink, begins to dictate.だからエスドラス書は、とは、素晴らしい飲み物を受け取った後、口述を開始しています。 Within forty days are written ninety-four books, of which twenty-four, that is, the Hebrew canon, are to be published and seventy to be kept secret. 40日間内には94本を書いて、そのうち24 、つまり、キヤノン、ヘブライ語、出版されるとは、 70歳に守られている秘密です。 Esdras' translation is found only in the Oriental versions; in the Latin it has been omitted, because ch.エスドラス書の翻訳文が見つかっただけで、東洋バージョン;は、ラテン語省略されましたので、チャンネルです。 xv. 15 。 and xvi.そして16世です。 were added.が追加されました。

Purpose and Origin.目的や起源です。

The author wishes to console himself and his people in a time of great distress.著者は自分自身と彼の人々の願いをコンソールには、多大な苦痛の時間です。 He struggles with the deepest religious problems: What is the origin of suffering and evil in the world?彼は宗教的な問題を闘争の最深:どのような苦しみと悪の起源は、世界のですか? Why does the All-Righteous create men, who He knows will suffer, or will do wrong and therefore perish?すべての正義を作成するのはなぜ男性は、彼は知っている人が苦しむこと、またはそのために、不義を行うと消滅する? Why does man possess the mind or reason which makes him conscious of these things?男の心を持つのはなぜか、そこは彼を意識している理由でこれらのことですか? Throughout these struggles the writer strives for assurance of salvation.これらの闘争のための努力を通して作家の救世保証します。 Since this is reserved for some future era, he lays much stress on eschatology.これはいくつかの将来のために予約さ以来の時代、彼は多くのストレスを上向きにして終末論です。 Confidence in God's justice underlies all his thoughts.自信が自分の考えをすべて神の正義underlies 。

It has been questioned whether this apocalypse was written by one author.事情聴取されていたかどうかによって書かれたこの黙示録の著者の1つです。 Kalisch ("Das 4te Buch Esra," Göttingen, 1889) tried to prove that it had five different sources; his views were largely adopted by De Faye and by Charles.カリッシュ( " das 4teブーフesra 、 " göttingen 、 1889 )を証明しようとしていた5つの異なったソース;彼の意見が採択されたおおむねシャルルドフェイとされた。 But Gunkel rightly calls attention to the fact that the uniform character of the book forbids its reduction to several independent documents, and that its repetitions and slight discrepancies are a peculiarity of the author in dealing with his complicated problems.しかし、正しく通話グンケルという事実に注目して、書籍の文字のユニフォームを削減することを禁じます、複数の独立した書類、およびその反復的特性と若干の違いがあるのは、著者彼の複雑な問題に対処しています。 Closely akin to this book is the Apocalypse of Baruch; it has therefore been suggested that both might have been written by the same author.この本に酷似しては、黙示録のバルーク;したがってされていた可能性があると示唆して両方に同じ作者によって書かれた。 Although this can not be proved, it is at least certain that both books were composed at about the same time, and that one of them was the prototype of the other.これを証明することはできませんが、少なくともそれは確実に両方で構成された書籍については、同じ時間では、それらの1つであり、そのプロトタイプは、他のです。

Date and Value.日付と値です。

Since the eagle in the fifth vision undoubtedly represents the Roman empire, most critics agreeing that the three heads are Vespasian, Titus, and Domitian, and since the destruction of Jerusalem so often referred to must be that by Titus in 70 CE, the book must date from the last quarter of the first century-probably between 90 and 96.以来、ワシは、 5番目のビジョンを表して間違いないローマ帝国は、ほとんどの批評家が同意して、 3つのヘッドvespasian 、タイタス、および関連し、以来、エルサレムの破壊をしなければならないことはそれほど頻繁に紹介された70 ceタイタスでは、この本が必要日付の最初から、最後の4分の1世紀の間に、おそらく90と96 。

II Esdras is a characteristic example of the growth of apocalyptic literature: the misery of the present world leads to the seeking of compensation in the happiness of the future. 2エスドラス書は、絶望的特性例では、成長の文学:現在の世界の悲惨さにつながるのは、幸福の補償を求めていく予定です。 But besides its historical value, this book is an unusually important monument of religious literature for all times.しかし、その歴史的価値に加えて、この本は、いつになく重要な記念碑は、すべての宗教文学倍です。

Additions: Ch.追加:チャンネルです。 i. and ii.そして2世です。 of the Latin and English versions are of Christian origin (probably second century), and describe the rejection of the Jews in favor of the Christians.ラテン語と英語バージョンでは、キリスト教の起源は、 (おそらく第2世紀)は、拒絶反応を記述するのに有利なのは、ユダヤ人のキリスト教徒です。 Ch.チャンネルです。 xv. 15 。 and xvi., which predict wars and rebuke sinners at length, may be Jewish; they date from the middle or the second half of the third century.そして16世です。 、罪人で叱責さや長さを予測ウォーズ』は、ユダヤ教のかもしれない;かれらの中から日付または第3世紀の後半です。

Richard Gottheil, Enno Littmann, Kaufmann Kohlerリチャードgottheil 、 ennoリットマン、カウフマンコーラー

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography:参考文献:

Schürer, Gesch. schürer 、 gesch 。 3d ed., 1898, iii.三次元エド。 、 1898 、 Ⅲ 。 246-250 (contains a complete bibliography); Gunkel, in Kautzsch, Apokryphen, etc., ii. 246から250まで(文献情報が含まれ、完全な) ;グンケル、カウチ、 apokryphen等は、 2世です。 331 et seq.; idem, Der Prophet Esra, Tübingen, 1900.GE Li. 331以下参照。 ;同文献は、預言者デアesra 、 tübingen 、李1900.ge 。

The author of II Esdras, also called "the prophet Ezra," in all probability, as shown by Wellhausen ("Skizzen und Vorarbeiten," vi. 248 et seq.), had before him the Baruch Apocalypse, written under the impression of the destruction of the Temple by the Romans; he reasons more on the general problems of sin and death and on the design of God regarding the few that are saved than on the national problem of Israel's adversity and the prosperity of the heathen. 2エスドラス書の著者である、とも呼ばれる"と、預言者エズラは、 "すべての確率は、表示されてヴェルハウゼン( " skizzenウントvorarbeiten 、 " viのです。 248以下参照。 )は、彼の前にいたの黙示録バルークは、下に書かれたという印象は、同寺の破壊されたローマ人への手紙;彼の理由の詳細については、全般的な問題の罪と死とは、神のデザインについて、いくつかのことが保存して、国家の問題よりも、イスラエルの逆境と繁栄の異教徒。 In the controversy between the schools of Shammai and of Hillel as to whether, in view of the prevalence of sin and sorrow, "it is good for man to be born or not" (; 'Er. 13b), the author sides with the pessimistic view of the former: "It would be better if we were not born than to live in sin and suffer, not knowing why" (II Esd. iv. 12).学校間の論争のshammaiとしているかどうヒレルとしては、有病率を考慮しての罪と悲しみは、 "それはいい男を持って生まれるかどうか" ( ; ' er 。 13b )は、両側にして、作者悲観的な見方を旧: "方が良い場合に私たちは生まれていないと同棲して苦しむよりも、なぜか分からずに" ( ⅱれたESD 。 4 。 12 ) 。 In the same light he views the final judgment of man by God.彼の意見は、同じ光の最終的な判断によって、神の男です。 "The germ of evil sown into man by the first sin of Adam" ( ; 'Ab. Zarah 22b) results in sin and damnation for the great majority of men-indeed, there is no man who sinneth not-and makes the human destiny far inferior to that of the animal, which needs not fear the great Judgment Day (II Esd. vii. 45 [RV 115] et seq.; viii. 35). "悪の作付面積の胚をした男のアダムの最初の罪" ( ; ' ABのです。 zarah 22b )の結果罪とは、大多数の人々の苦しみ-確かに、 sinnethない男がないとする人間の運命-動物ははるかに及ばないことが、これを恐れる必要はない、偉大な審判の日( ⅱれたESD 。第VII 。 45 [右心室115 ]以下参照。 ; viii 。 35 ) 。 The author recognizes God's love for all His creatures (viii. 47), in spite of the fact that greater is the number of those lost than of those that are saved (ix. 15), but for him the end must be unrelenting justice and no mercy nor any intercession of saints; truth and righteousness alone must prevail (vii. 32-38 [RV 102-115]).著者は神の愛を認識して、すべての生き物( viii. 47 )は、大きいという事実にもかかわらず、多くの人が失われることは、それらよりも保存( ix. 15 ) 、しかし彼の最後にしなければならない正義としつこい聖人の慈悲のないものも、仲裁;真実と正義だけで説得する必要があります( vii.三十二から三十八[右心室一〇二から一一五まで] ) 。 Here, too, the author differs from the Hillelites, who teach that those souls whose merits and demerits are equal are saved by the mercy of God (who inclines the scale toward mercy), and sides with the Shammaites, who claim that these souls must go through the purgatory of the Gehenna fire before they are admitted into paradise (Sanh. xiii. 4; RH 16b).ここでは、あまりにも、その作者hillelitesと異なって、これらの人の魂を教えることは、その功罪が保存されると等しい神の慈悲(慈悲の人に向かって斜めのスケール) 、およびshammaites両側には、これらの人の魂を主張する必要があります煉獄は、地獄に行くを通じて、彼らは前に火を認めたパラダイス( 13 sanh. 。 4 ; rh 16b ) 。 In another respect II Esdras (see iii. 30, ix. 22 et seq., xii. 34, xiii. 37 et seq.) manifests the spirit of the Shammaites in finding Messianic salvation granted only to the remnant of Israel, for it is Eliezer the Shammaite who, in opposition to the school of Hillel, denies all Gentiles a share in the world to come (Tosef., Sanh. xiii. 2).別の2世エスドラス書を尊重する( 3を参照してください。 30 、 9世です。 22以下参照。 、 12世です。 34 、 13 。 37以下参照) 。 shammaites Manifestsを見つけるの精神は、救世主救世レムナントのイスラエルにのみ付与して、それがためにエリエゼルのshammaite人は、学校のヒレルに反対して、すべてを否定するgentilesに来るの世界シェア( tosef. 、 sanh 。 13世です。 2 ) 。

In regard to the return of the Lost Ten Tribes, also, the author shares the view of Eliezer, in opposition to Akiba, that they will take part in the Messianic redemption, and the very name for the land of the exile of the Ten Tribes used by him, but obviously misunderstood by the translator, rests on the same Biblical words referred to by the two tannaim-"ereẓ aḥeret" (another land; Deut. xxix. 27; II Esd. xiii. 45, comp. 40; Sanh. x. 3; see Arzareth).これと関連し、失われた10部族の返還は、また、その作者のエリエゼル株のビューは、アキバに反対して、かれらは、救世主の償還に参加しており、非常に名前は、その土地の亡命者10人の部族彼に使用されているが、明らかに誤解されて翻訳された、同じ聖書の言葉にかかっているが参照して2つのタンナーイーム- " ereẓ aḥeret " (別の土地; deut 。 29 。 27 ;静電気による2世です。 13 。 45 、伴奏。 40 ; sanh 。 Xの3 ;参照してくださいarzareth ) 。 The length of the Messianic time is stated to be 400 years (II Esd. vii. 28: this is based upon Ps. xc. 15 and Gen. x. 13; comp. Sanh. 99a; Pesiḳ. R. 1).時間の長さは、救世主に記載される400年( ⅱれたESD 。第VII 。 28 :これに基づいてしまう。 90 。大将Xの15と13 ;伴奏。 sanh 。 99a ; pesiḳ 。共和党1 ) 。 Especially significant is the apocalyptic sign for the Messianic era taken from Gen. xxv.特に重要なのは、絶望的に署名救世主弐拾伍大将時代から取った。 26, RV ("His [Jacob's] hand had hold on Esau's heel"), which is interpreted: "The end of Esau's [Edom's] reign, willform the beginning of Jacob's-that is, the Messiah's-kingdom" (II Esd. vi. 8, exactly as in Gen. R. lxiii.; comp. Yalḳ.). 26日、右心室( "彼[ジェイコブ氏の]手にしていたエサウのヒールホールド" ) 、これは解釈: "の最後のエサウ[エドムの]治世、 jacob's - willformの初めには、そのmessiah's -王国" ( ⅱ静電気による。 viのです。 8 、大将を正確には共和党63 。 ;伴奏。 yalḳ 。 ) 。 For other parallels to rabbinical sayings of the first century see Rosenthal, "Vier Apocryphische Bücher aus der Zeit und Schule R. Akiba's," 1885, pp.ラビのための他の類似点を参照してくださいローゼンタール世紀の最初のことわざは、 "ビエapocryphische bücher ausデアツァイトウントシューレ共和党秋葉さんは、 " 1885年、 pp 。 39-71.三十九から七十一まで。 Rosenthal also thinks (ib. p. 40) that the five sages who during forty days put into writing the twenty-four canonical and seventy hidden (apocryphal) books dictated by Ezra under inspiration (II Esd. xiv. 23-46) reflect the work of the five disciples of Johanan ben Zakkai.K.ローゼンタールと思っても( ib. p. 40 )は、 5つのsages執筆者の中に入れて40日間24そして70隠されてカノニカル(うそ)を命令された書籍エズラの下にインスピレーション( ⅱれたESD 。 14 。二三から四六)を反映する弟子の仕事は、 5つのjohananベンzakkai.k 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです