Book of Esther予約のエスター

General Information 総合情報

Esther is a book in the Old Testament of the Bible.エスターは、予約は、旧約聖書の聖書です。 It recounts the deliverance of the Jews from persecution in the Persian Empire, a deliverance accomplished by the timely actions of two Jewish members of the foreign court: Queen Esther and her cousin and foster father, Mordecai.救出の再集計することから、ユダヤ人迫害は、ペルシア帝国、タイムリーな行動を救出達成されたユダヤ人のメンバーの2つの外国人裁判所:クイーンエスターと彼女のいとこと育ての父、モルデカイです。 Popular tales from Persian times about a recalcitrant native queen, a Jewess who became queen of a foreign nation, and deadly rivalry among courtiers were worked into the account.人気のペルシャ語回約一手に負えないゲドネイティブの女王は、ユダヤ女性whoなった外国人の国の女王と死に至る間の競争のアカウントを宮廷貴族が働いています。 The book was intended to strengthen Jews under persecution during the Maccabean wars and, in particular, to authorize celebration in Palestine of the Feast of Purim, otherwise unknown in the Old Testament.この本が意図されてユダヤ人迫害を強化するmaccabean中に戦争と、特に、パレスチナでの式典を行う権限を有してのごちそうのプーリーム、他の知られ、旧約聖書のです。 Jews in the Diaspora may earlier have observed this festival of deliverance from foreign persecutors.ユダヤ人は、 diaspora年5月以前のがこの祭りの観測から救出外国人persecutors 。

The anti - Semitic temper, the murder of many Gentiles, and the apparently forced conversion of others described in the book indicate that it was written during the reign of John Hyrcanus, the Hasmonean Jewish king (c.135 - 105 BC; see Maccabees).抗-ユダヤ人の気質は、殺人事件の多くg entiles、およびその他の変換を明らかに強制的に記載されて予約を示して治世中に書かれたジョンh yrcanus、ユダヤ人の王のハスモン朝( c .135- 10 5紀元前;m a ccabeesを参照)です。 The absence of the name of God, which led to religiously motivated additions of 107 verses to the Greek version of the book (forming a separate book in the Apocrypha), may be the result of wisdom influence or of a secularizing trend in the Hasmonean circles that introduced the Feast of Purim to Palestine.神の名をするの欠如、宗教的動機につながって追加の詩をギリシャ語のバージョンの107本(成形、別の本を外典) 、 5月の知恵の結果に影響を与えるかは、ハスモン朝secularizing界の傾向にあるごちそうを導入し、パレスチナのプーリームをします。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト


Book of Esther予約のエスター

Brief Outline簡単な概要

  1. Esther becomes queen (1-2:17)エスターがクイーン( 1-2:17 )
  2. Jewish danger (2:18-3:15)ユダヤ人の危険性( 2:18-3:15 )
  3. Jews saved (4-10)ユダヤ人の保存( 4-10 )

The Apocrypha includes several insertions into this Book.の外典をいくつか含まれてこの本を挿入します。


Es'ther es'ther

Advanced Information 高度情報

Esther was the queen of Ahasuerus, and heroine of the book that bears her name.エスターは、女王のアハシュエロス、とする書籍のクマは彼女のヒロインの名を入力します。 She was a Jewess named Hadas'sah (the myrtle), but when she entered the royal harem she received the name by which she henceforth became known (Esther 2: 7).彼女はユダヤ女性の名前をhadas'sah (マートル) 、しかし、入力時に彼女は後宮の女彼女の名前を受け取ったのは彼女の既知の今後(エスター2 : 7 ) 。 It is a Syro-Arabian modification of the Persian word satarah, which means a star. syro -それはペルシャ語アラビア語satarah修正して、これを意味するスターです。 She was the daughter of Abihail, a Benjamite.彼女は娘のabihailは、 benjamiteです。 Her family did not avail themselves of the permission granted by Cyrus to the exiles to return to Jerusalem; and she resided with her cousin Mordecai, who held some office in the household of the Persian king at "Shushan in the palace."彼女の家族自体を利用しなかったキュロスの許可を与えられたの亡命者に戻るにはエルサレム;と彼女と彼女のいとこに居住モルデカイ、 who開かれたいくつかの事務所に、家計は、ペルシャ王"の宮殿shushan 。 " Ahasuerus having divorced Vashti, chose Esther to be his wife.離婚したvashtiアハシュエロスが、彼の妻を選んだエスターされる。 Soon after this he gave Haman the Agagite, his prime minister, power and authority to kill and extirpate all the Jews throughout the Persian empire.この後すぐに彼は咸安のagagite 、彼の総理大臣は、権力と権威のすべてのユダヤ人を殺すと根絶してペルシア帝国です。

By the interposition of Esther this terrible catastrophe was averted.エスターされたこの悲惨な大災害が介入を回避します。 Haman was hanged on the gallows he had intended for Mordecai (Esther 7); and the Jews established an annual feast, the feast of Purim (qv), in memory of their wonderful deliverance.咸安が絞首刑に絞首台を意図していたモルデカイ(エスター7 ) ;とユダヤ人の確立、毎年恒例のごちそうは、ごちそうのプーリーム( qv ) 、メモリ内の救出に素晴らしいです。 This took place about fifty-two years after the Return, the year of the great battles of Plataea and Mycale (BC 479).これが行わ約52年後の返還は、年間の偉大な戦闘のplataeaとmycale (紀元前479 ) 。 Esther appears in the Bible as a "woman of deep piety, faith, courage, patriotism, and caution, combined with resolution; a dutiful daughter to her adopted father, docile and obedient to his counsels, and anxious to share the king's favour with him for the good of the Jewish people. There must have been a singular grace and charm in her aspect and manners, since 'she obtained favour in the sight of all them that looked upon her' (Esther 2:15). That she was raised up as an instrument in the hand of God to avert the destruction of the Jewish people, and to afford them protection and forward their wealth and peace in their captivity, is also manifest from the Scripture account."エスター聖書として表示されている"女性の深い信心深さ、信仰、勇気、愛国心、および注意事項、組み合わせて解決方法;を採択孝行娘を彼女の父親は、彼の崇敬の誠を御しやすいと相談し、共有していきたいと切望して彼王の賛成ユダヤ人の人々のためにします。ある必要がありますが、彼女の魅力的で優雅さと特異的側面やマナー、以来'賛成を得られるその光景を見て彼女のすべてのことを顔に彼女の' (エスター2:15 ) 。は彼女が提起音源としては、神の手の破壊を回避する、ユダヤ人の人々 、およびそれらの保護と進む余裕が富と彼らの平和を監禁、啓典のアカウントからもマニフェストのです。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Es'ther予約のes'ther

Advanced Information 高度情報

The authorship of this book is unknown.この本の原作者は不明です。 It must have been obviously written after the death of Ahasuerus (the Xerxes of the Greeks), which took place BC 465.明らかに書かれている必要がありますが死亡した後、アハシュエロス(クセルクセスは、ギリシア) 、紀元前465が行われています。 The minute and particular account also given of many historical details makes it probable that the writer was contemporary with Mordecai and Esther.分および特定のアカウントに与えられた多くの歴史的な内容も予想することは、作家は現代にモルデカイとエスターです。 Hence we may conclude that the book was written probably about BC 444-434, and that the author was one of the Jews of the dispersion.それゆえ、その書籍を締結することがありますが書かについては、おそらく紀元前444〜434 、およびこの文書の著者は、ユダヤ人の1つに分散します。 This book is more purely historical than any other book of Scripture; and it has this remarkable peculiarity that the name of God does not occur in it from first to last in any form.この本は他の純粋な歴史の本よりも他の啓典;と、このことが顕著な特性は、神の名前を発生することはありません最初から最後までのすべての形式です。 It has, however, been well observed that "though the name of God be not in it, his finger is."それは、しかし、よく観察された"かかわらず、神の名ではないが、彼の指です。 " The book wonderfully exhibits the providential government of God.政府の予約素晴らしく展示して神の摂理のです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Estherエスター

Catholic Information カトリックの情報

(From the Hebrew meaning star, happiness); Queen of Persia and wife of Assuerus, who is identified with Xerxes (485-465 BC). (ヘブライ語の意味からスター、幸福) ;クイーンオブペルシャと妻のassuerus 、 whoは識別クセルクセス(四百八十五から四百六十五まで紀元前) 。 She was a Jewess of the tribe of Benjamin, daughter of Abihail, and bore before her accession to the throne the name of Edissa (Hádássah, myrtle).彼女はユダヤ女性は、部族のベンジャミン、娘abihail 、および退屈な彼女の即位前の名前をedissa ( hádássah 、マートル) 。 Her family had been deported from Jerusalem to Babylon in the time of Jechonias (599 BC).彼女の家族は強制送還されたバビロンからエルサレムには、時間をjechonias (紀元前599 ) 。 On the death of her parents she was adopted by her father's brother, Mardochai, who then dwelt in Susan, the capital of Persia.彼女の両親の死の上に採用され、彼女は彼女の父親の弟、 mardochai 、 who力説を入力し、スーザン、首都オブペルシャです。 King Assuerus being angered at the refusal of his wife Vasthi to respond to his invitation to attend a banquet that he gave in the third year of his reign, divorced her and ordered the most attractive maidens of the kingdom brought before him that he might select her successor from among them.キングassuerusが拒否したのは、彼の妻を怒らvasthiに対応して招待状を彼のパーティに出席することは、彼は3年目の彼の治世、離婚歴、彼女と秩序の王国で最も魅力的な乙女の訴えを彼には彼は彼女の選択かもしれない後継者の中からです。 Among these was Esther, whose rare beauty captivated the king and moved him to place her on the throne.エスターの間、これらのは、そのまれな美しさと移動彼の心をとらえて、王が彼女の王位継承を配置します。 Her uncle Mardochai remained constantly near the palace so that he might advise and counsel her.彼女の叔父の宮殿の近くmardochaiは依然絶えずアドバイスや助言をして彼は彼女のかもしれない。 While at the gate of the palace he discovered a plot of two of the king's eunuchs to kill their royal master.宮殿の門の中に彼の2つのプロットを発見したのは、王のeunuchsを殺すのロイヤルマスターです。 This plot he revealed to Esther, who in turn informed the king.このプロットエスター彼は明らかに、インフォームドコンセントザキングwhoで有効です。 The plotters were executed, and a record of the services of Mardochai was entered in the chronicles of the kingdom.のプロッタが実行され、本サービスのmardochaiを記録するのは、入力されたクロニクルの王国です。 Not long thereafter, Aman, a royal favourite before whom the king had ordered all to bow, having frequently observed Mardochai at the gate of the palace and noticed that he refused to prostrate himself before him, cunningly obtained the king's consent for a general massacre in one day of all the Jews in the kingdom.特定長いその後、 amanは、ロイヤル好きな人の王が指示する前にすべてを頭を下げ、 mardochaiが頻繁に観察さは、門のところ、彼の宮殿と自分自身にサジダする前に彼を拒否して、抜け目なく、国王の同意を得られる一般的な大虐殺で一日のすべてのユダヤ人の王国です。 Following a Persian custom, Aman determined by lot (pûr, pl. pûrîm), that the massacre should take place a twelvemonth hence.次のようにペルシャ語のカスタム、 amanによって決定さ場( pûr 、書くこともできます。 pûrîm )は、大虐殺が行われるため、 12カ月です。 A royal decree was thereupon sent throughout the Kingdom of Persia.勅令は、そこでキングダムオブペルシャして送信します。 Mardochai informed Esther of this and begged her to use her influence with the king and thus avert the threatening danger.エスターは、次のmardochaiインフォームドコンセントを使用すると彼女は許しを請う彼女の影響力の王との脅迫の危険性を避けるためです。 At first she feared to enter the presence of the king unsummoned, for to do so was a capital offence.最初は彼女の存在を恐れ、王を入力してunsummoned 、資本金は、これを行うには犯罪です。 But, on the earnest entreaty of her uncle, she consented to approach after three days, which with her maids she would pass in fasting and prayer, and during which she requested her uncle to have all the Jews in the city fast and pray.しかし、真剣に懇願し、彼女の伯父さん、彼女にアプローチする同意した後3日間、これで彼女のメイド彼女は断食と祈りを渡す、と要求した中で彼女は彼女の叔父には市のすべてのユダヤ人は、迅速かつ祈る。

On the third day Esther appeared before the king, who received her graciously and promised to grant her request whatever it might be.エスターの3日目に王の前に登場、 who受け取った彼女の優雅に彼女のリクエストを付与すると約束どんなことかもしれない。 She then asked him and Aman to dine with her.彼女は彼とamanを入力し、食事を求めていた。 At the banquet they accepted her invitation to dine with her again on the following day.彼らは、パーティの招待を受け入れ彼女の食事を彼女には、次の日再びです。 Aman, carried away by the joy that this honour gave him, issued orders for the erection of a gallows on which he purposed to hang the hated Mardochai. aman 、浮かれるの喜び、この栄誉を与えたと、勃起発行をご注文の場合は、絞首台の上で彼がハングアップするのを嫌っmardochai目的です。 But that night the king, being sleepless, ordered the chronicles of the nation to be read to him.しかし、その夜、ザキング、眠れぬが、指示したのクロニクルザネーションされる読み取りしている。 Learning that Mardochai had never been rewarded for his service in revealing the plot of the eunuchs, he asked Aman, the next day, to suggest a suitable reward for one "whom the king desired to honour".学習mardochaiは一度も報われることを明らかに彼のサービスをプロットは、 eunuchs 、と彼は尋ねたaman 、次の日に、適切な報酬を提示する1つ"誰が為に希望を名誉キング"です。 Thinking it was himself that the king had in mind, Aman suggested the use of the king's apparel and insignia.考えていたことは、自分自身は、王を念頭に置いて、 amanの使用を提案して、王の衣服とInsigniaのです。 These the king ordered to be bestowed on Mardochai.これらのザキングmardochai指示を授与される。 At the second banquet, when the king repeated to Esther his offer to grant her whatever she might ask, she informed him of the plot of Aman which involved the destruction of the whole Jewish people to which she belonged, and pleaded that they should be spared. 2番目のパーティで、ザキング繰り返されるときにエスター彼女のどんな彼女は彼の申し出を付与するよう頼むかもしれない、彼女は彼のインフォームドコンセントのプロットの破壊を伴うaman全体のユダヤ人の人々が彼女に属し、および申し立てないことを惜しまないばならないです。 The king ordered that Aman should be hanged on the gibbet prepared for Mardochai, and, confiscating his property, bestowed it upon the intended victim.ザキング指示を絞首刑にすべきであるamanの準備を絞首台mardochai 、および、押収自分の所有物、授与させ、目的の犠牲者です。 He charged Mardochai to address to all the governors of Persia letters authorizing the Jews to defend themselves and to kill all those who, by virtue of the previous decree, should attack them.彼のアドレスを請求mardochaiを知事オブペルシャのすべての文字を承認し、ユダヤ人を守るためのすべての者を殺すとwho 、され、前の令の美徳、必要攻撃します。 During two days the Jews took a bloody revenge on their enemies in Susan and other cities.中2日間、ユダヤ人は、流血の復しゅうして敵をスーザンや他の都市です。 Mardochai then instituted the feast of Purim (lots) which he exhorted the Jews to celebrate in memory of the day which Aman had determined for their destruction, but which had been turned by Esther into a day of triumph.ごちそうを入力し、設置しmardochaiプーリーム(たくさん) exhorted 、ユダヤ人が彼のその日を祝って、メモリの破壊を決定amanいたが、有効にされていたエスター日の勝利をします。 The foregoing story of Esther is taken from the Book of Esther as found in the Vulgate.前述の話からは予約のエスターエスター流布本として発見された。 Jewish traditions place the tomb of Esther at Hamadân (Ecbatana).エスターユダヤ人の墓の場所での伝統hamadân ( ecbatana ) 。 The Fathers of the Church considered Esther as a type of the Blessed Virgin Mary.エスター、父親の考えとしては、教会の聖母マリアのタイプのです。 In her poets have found a favourite subject.詩人は彼女のお気に入りの件名を見つけた。

BOOK OF ESTHER予約のエスター

In the Hebrew Bible and the Septuagint the Book of Esther bears only the word "Esther" as title.セプトゥアギンタは、ヘブライ語聖書と、書籍のエスタークマは、単語"エスター"とタイトルです。 But the Jewish rabbis called it also the "volume of Esther", or simply "the volume" (megillah) to distinguish it from the other four volumes (megilloth), written on separate rolls, which were read in the synagogues on certain feast days.しかし、ユダヤ教のラビと呼ばれることも、 "ボリュームのエスター" 、または単に"の巻" (誇張した説明)と区別するために、他の4つの巻号( megilloth ) 、別のロール書かれていたの続きを読むシナゴーグ日中に特定の饗宴です。

As this one was read on the feast of Purim and consisted largely of epistles (cf. Esther 9:20, 29), it was called by the Jews of Alexandria the "Epistle of Purim".この1つとしては、ごちそうを読んで、大部分の構成プーリームとの書簡( cf.エスター9:20 、 29 )には、アレクサンドリアのユダヤ人と呼ばれる"信徒のプーリーム"です。 In the Hebrew canon the book was among the Hagiographa and placed after Ecclesiastes.キヤノンは、ヘブライ語の本はhagiographaとの間に配置した後、伝道の書です。 In the Latin Vulgate it has always been classed with Tobias and Judith, after which it is placed.それは、ラテン語ウルガタ聖書の分類では常にジュディストビアスと、後にそれが置かれています。 The Hebrew text that has come down to us varies considerably from those of the Septuagint and the Vulgate.ヘブライ語のテキストを大幅に変化が先に降りてくる者は、ウルガタ聖書のセプトゥアギンタとします。 The Septuagint, besides showing many unimportant divergencies, contains several additions in the body of the book or at the end.のセプトゥアギンタのほか、表示中の多く取るに足りないdivergencies 、体が含まれ、いくつかの追加の最後に、本やです。 The additions are the portion of the Vulgate text after ch.の追加は、あなたの後の部分の一般的なテキストです。 x, 3. x 、 3 。 Although no trace of these fragments is found in the Hebrew Bible, they are most probably translations from an original Hebrew or Chaldaic text.トレースていないにもかかわらず、これらの断片が発見されたヘブライ語聖書、彼らはおそらくオリジナルのヘブライ語の翻訳やchaldaicから本文です。 Origen tells us that they existed in Theodotion's version, and that they were used by Josephus in his "Antiquities" (XVI).原産地を教えてくれるして存在してtheodotionのバージョン、および使用されてヨセフスしていた彼の"骨董品" ( 16 )です。 St. Jerome, finding them in the Septuagint and the Old Latin version, placed them at the end of his almost literal translation of the existing Hebrew text, and indicated the place they occupied in the Septuagint.聖ジェローム、見つけることは、セプトゥアギンタと旧ラテン語版との比較、彼の最後に配置して、ほとんどの既存のヘブライ語を直訳したテキスト、およびそれらを継いで示さのセプトゥアギンタの場所です。 The chapters being thus rearranged, the book may be divided into two parts: the first relating the events which preceded and led up to the decree authorizing the extermination of the Jews (i-iii, 15; xi, 2; xiii,7); the second showing how the Jews escaped from their enemies and avenged themselves (iv-v, 8; xiii-xv).各章がこのように並べ替え、その本年5月2つの部分に分けられる:最初の関連のイベントが先行して令を承認するとLEDの反抗的な人間のユダヤ人(私- 3 、 15 ; xi 、 2 ; 13 、 7 ) ; 2番目の表示中にどのようにユダヤ人の敵や、 avenged自身からの脱出( 4 - V電源、 8 ; 13 - 15 ) 。

The Book of Esther, thus taken in part from the Hebrew Canon and in part from the Septuagint, found a place in the Christian Canon of the Old Testament.この本のエスター、このように撮影さパートからのヘブライ語セプトゥアギンタキヤノンとの一部から、発見した場所には、キリスト教、旧約聖書のキヤノンです。 The chapters taken from the Septuagint were considered deuterocanonical, and, after St. Jerome, were separated from the ten chapters taken from the Hebrew which were called protocanonical.セプトゥアギンタの章から取られたと考え、第二正典、および、聖ジェロームした後、 10章から分離されたから取らされたのヘブライ語と呼ばれるprotocanonicalです。 A great many of the early Fathers clearly considered the entire work as inspired, although no one among them found it to his purpose to write a commentary on it.非常に多くの父親の初期の考えを明確にインスピレーション全体の仕事として、このうち1つが見つかりましたていないにもかかわらずそれを自分の目的を書くために解説している。 Its omission in some of the early catalogues of the Scriptures was accidental or unimportant.そのいくつかの不作為、聖書は、初期のカタログは、偶発的または取るに足りないのです。 The first to reject the book was Luther, who declared that he so hated it that he wished that it did not exist (Table Talk, 59).この本は、最初のを拒否するルーサー、 whoを宣言して彼が嫌わことを希望して彼は存在しなかった(テーブルトーク、 59 ) 。 His first followers wished only to reject the deuterocanonical parts, whereupon these, as well as other deuterocanonical parts of the Scriptures, were declared by the Council of Trent (Sess. IV, de Can. Scripturæ) to be canonical and inspired.彼の最初の信者を希望する第二正典の部分のみを拒否する、すると、これらの、他の第二正典の部分だけでなく、聖書は、評議会が宣言しているトレント( sess.四、デことです。 scripturæ )を標準とインスピレーションです。 With the rise of rationalism the opinion of Luther found many supporters.合理主義の台頭で多くの支持者の意見をルーサーが見つかりました。 When modern rationalists argue that the Book of Esther is irreligious in character, unlike the other books of the Old Testament, and therefore to be rejected, they have in mind only the first or protocanonical part, not the entire book, which is manifestly religious.近代的合理ときにこの本のエスターと主張して信仰を持たないで文字は、他の書籍とは異なり、旧約聖書の、拒否されたとされるため、彼らは、最初のかを念頭に置いてprotocanonical部分だけではなく、全体の予約、これは明らかに宗教的です。 But, although the first part is not explicitly religious, it contains nothing unworthy of a place in the Sacred Scriptures.しかし、最初の部分ではないが、明示的、宗教的、それは何も値しないする場所は、神聖な経典。 And any way, as Driver points out (Introduc. to the Lit. of the Testament), there is no reason why every part of the Biblical record should show the "same degree of subordination of human interests to the spirit of God".といずれにせよ、と指摘してドライバ( introduc.して点灯します。は、遺言) 、あらゆる部分がない理由は、聖書のレコードを表示します"同じ程度の人間の利益に服従の精神に神"です。

As to the authorship of the Book of Esther there is nothing but conjecture.原作者としては、その本のエスターには憶測に過ぎない。 The Talmud (Baba Bathra 15a) assigns it to the Great Synagogue; St. Clement of Alexandria ascribes it to Mardochai; St. Augustine suggests Esdras as the author. 、タルムード(馬場bathra 15a )に代入して偉大なシナゴーグ;セントクレメントアレクサンドリアのascribesそれをmardochai ;聖アウグスティヌスを示唆エスドラス書の著者です。 Many, noting the writer's familiarity with Persian customs and institutions and with the character of Assuerus, hold that he was a contemporary of Mardochai, whose memoirs he used.多くの人にとって、またその作家の風習や機関に精通すると、ペルシャ語の文字をassuerus 、ホールドしていた現代のmardochai 、その回想録彼は使われています。 But such memoirs and other contemporary documents showing this familiar knowledge could have been used by a writer at a later period.しかし、そのような現代のドキュメントの表示中、この回想録やその他の身近な知識がある作家でも使用され、後の時代です。 And, although the absence in the text of allusion to Jerusalem seems to lead to the conclusion that the book was written and published in Persia at the end of the reign of Xerxes I (485-465 BC) or during the reign of his son Artaxerxes I (465-425 BC), the text seems to offer several facts which may be adduced with some show of reason in favour of a later date.と、表示されたテキストは、不在のように言及してエルサレムにつながるという結論には、この本を執筆、出版には、ペルシャの治世の終わりにクセルクセス一世(紀元前485から465 )や、彼の息子アルタクセルクセスの治世中に私(四六五から四二五紀元前) 、テキストのいくつかの事実を提供するようadducedされる可能性のいくつかの理由に賛成の詳細は後日となります。 They are:彼らは:

an implied statement that Susan had ceased to be the capital of Persia, and a vague description of the extent of the kingdom (i, 1);スーザン、黙示的な声明を消滅していたが、首都オブペルシャ、と漠然とした説明書の王国の度合いは、 (私は、 1 ) ;

an explanation of Persian usages that implies unfamiliarity with them on the part of the readers (i, 13, 19; iv, 11; viii, 8);使い方の説明をペルシャ語に精通していないことを意味して、一部の読者(私は、 13日、 19 ;四、 11 ; viii 、 8 ) ;

the revengeful attitude of the Jews towards the Gentiles, by whom they felt they had been wronged, and with whom they wished to have little to do (iii, 8 sqq.);意地の悪い態度を取るのユダヤ人に向かってgentiles 、かれらを感じていた不当な扱いを受けた、とにかれらを希望してこれを行うにはほとんどない( 3 、 8 sqq 。 ) ;

a diction showing many late words and a deterioration in syntax;表示中の多くの言葉遣いの悪化を遅くする単語や構文;

references to "the Macedonians" and to the plot of Aman as an attempt to transfer "the kingdom of the Persians to the Macedonians" (xvi, 10, 14).を参照し、 "マケドニア"としてamanとしてプロットする試みを転送する"はペルシャ人をマケドニア王国" ( 16 、 10 、 14 ) 。

On the strength of these passages various modern critics have assigned late dates for the authorship of the book, as, 135 BC, 167 BC, 238 BC, the beginning of the third century BC, or the early years of the Greek period which began 332 BC The majority accept the last opinion.これらの通路の強さを様々な現代の批評家が割り当てられて後期日程は、原作者の本として、 135紀元前は、紀元前167 、 238紀元前は、紀元前3世紀の初めに、または早い時期に、ギリシャの時代から始まった332紀元前の過半数を受け入れるの最後の意見です。

Some of the modern critics who have fixed upon late dates for the composition of the book deny that it has any historical value whatever, and declare it to be a work of the imagination, written for the purpose of popularizing the feast of Purim.いくつかの近代批評家whoは後半日程を固定する書籍の組成を任意の歴史的な価値を否定することは、何にしろ、と宣言しては、仕事の想像力は、大衆のために書かれたのプーリームてのごちそうです。 In support of their contention they point out in the text what appear to be historical improbabilities, and attempt to show that the narrative has all the characteristics of a romance, the various incidents being artfully arranged so as to form a series of contrasts and to develop into a climax.彼らのサポートの競合を指摘するには、テキスト表示されるどのような歴史的そうもないこと、および試みに表示することは、物語にはロマンスのすべての特性を、様々な事件が巧みに配置できるようにとのコントラストを形成するシリーズを開発するをクライマックスです。 But what seem to be historical improbabilities are in many cases trivial.しかし、どのような歴史的な思われるケースが多いそうもないことは簡単です。 Even advanced critics do not agree as to those which seem quite serious.高度な批評家としても同意していないように見えることが非常に深刻だ。 While some, for instance, consider it wholly improbable that Assuerus and Aman should have been ignorant of the nationality of Esther, who was in frequent communication with Mardochai, a well-known Jew, others maintain that it was quite possible and probable that a young woman, known to be a Jewess, should be taken into the harem of a Persian king, and that with the assistance of a relative she should avert the ruin of her people, which a high official had endeavoured to effect.中いくつかの、例えば、完全にありそうにないことを考慮するとaman assuerus井の中のはずだったの国籍エスター、 whoは、頻繁にコミュニケーションをmardochaiは、よく知られてユダヤ人、その他は非常に可能性を維持すると予想しては、若年女性は、知られているが、ユダヤ女性、ハーレムをしなければならない、ペルシャ王ており、その相対的に彼女の助けを借りて、彼女の破滅を避ける人々は、これを政府高官がendeavouredを有効にします。 The seeming improbability of other passages, if not entirely explained, can be sufficiently explained to destroy the conclusion, on this ground, that the book is not historical. improbabilityの見せかけの他の通路は、完全に説明していない場合は、十分に説明できるという結論を破壊し、この地は、歴史的には、この本ではない。 As to artful contrasts and climax to which appeal is made as evidences that the book is the work of a mere romancer, it may be said with Driver (op. cit.) that fact is stranger than fiction, and that a conclusion based upon such appearances is precarious.クライマックスに巧妙なコントラストをアピールが行われると証拠としての仕事を、その書籍が単なる作り話をする人、それによると、ドライバがあります( op. 〜 Cit 。 )事実は小説よりも奇なりており、その結論に基づいてこのような外見は不安定です。 There is undoubtedly an exercise of art in the composition of the work, but no more than any historian may use in accumulating and arranging the incidents of his history.芸術運動には疑いの余地は、組成の仕事を、それ以上の任意の史家年5月、これらの事件で使用蓄積と彼の歴史の手配します。 A more generally accepted opinion among contemporary critics is that the work is substantially historical.もっと一般に公正妥当と認め現代の批評家の間で意見のは、歴史的な作業が大幅にします。 Recognizing the author's close acquaintance with Persian customs and institutions, they hold that the main elements of the work were supplied to him by tradition, but that, to satisfy his taste for dramatic effect, he introduced details which were not strictly historical.知人を認識し、著者のペルシャ語に近いの風習や機関、それらの要素を保持してメインの仕事は彼のことを伝統的に供給され、それは、彼の味覚を満足させる劇的な効果を、彼は厳密に歴史的な導入の詳細に含まれていない。 But the opinion held by most Catholics and by some Protestants is, that the work is historical in substance and in detail.しかし、ほとんどのカトリック教徒との意見で開かれたいくつかのプロテスタントは、歴史的には、仕事は物質とを詳細にします。 They base their conclusions especially on the following:特に彼らの結論をベースに、以下の通りです:

the vivacity and simplicity of the narrative;物語は、快活とシンプル;

the precise and circumstantial details, as, particularly, the naming of unimportant personages, the noting of dates and events;と状況の正確な詳細については、として、特に、取るに足りないするように、命名の人物は、金の日程やイベント;

the references to the annals of the Persians;を参照して、科学Annals ofはペルシャ人;

the absence of anachronisms;時代遅れの不在;

the agreement of proper names with the time in which the story is placed;の合意をするには、タイムでは適切な名前の物語が置かれ;

the confirmation of details by history and arheology;詳細を確認の歴史とarheology ;

the celebration of the feast of Purim in commemoration of the deliverance of the Jews by Esther and Mardochai at the time of the Machabees (2 Maccabees 15:37), at the time of Josephus (Antiq of the Jews, XI, vi, 13), and since.プーリームのを記念して祝宴のを記念して、ユダヤ人を救出の時点で、エスターとmardochaiのmachabees ( 2 maccabees 15:37 )時点で、ヨセフス( antiqは、ユダヤ人、西、 6 、 13 ) 、および以来です。

The explanation of some that the story of Esther was engrafted on a Jewish feast already existing and probably connected with a Persian festival, is only a surmise.いくつかの説明は、エスターの物語は、既存のengraftedは、ユダヤ人の饗宴に接続すると、おそらくペルシャ語祭りは、憶測のみをします。 Nor has any one else succeeded better in offering an explanation of the feast than that it had its origin as stated in the Book of Esther.また他のいずれか1つは、より良いサービス提供に成功したの饗宴に比べての説明を起源に記載されていた本のエスターです。 (See also HERODOTUS, History, VII, 8, 24, 35, 37-39; IX, 108) (こちらもヘロドトス、歴史、 7 、 8 、 24 、 35 、 37-39 ; 9世、 108 )

Publication information Written by AL McMahon.出版物の情報執筆者アルマクマホンです。 For Esther Woodall The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.エスターwoodallのは、カトリックの百科事典を、ボリュームv.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認、 1909年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Apocryphal Book of Esther偽書のエスター

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Editions and Critical Helps.エディションや臨界に役立ちます。

The Dream of Mordecai.モルデカイの夢です。

The Destruction of the Jews Decreed.ユダヤ人の破壊を定めています。

Mordecai's Prayer.モルデカイの祈りです。

The Prayer of Esther.エスターの祈りのです。

Esther Before the King.エスター王の前に出る。

The New Edict.新しい布告です。

Interpretation of Mordecai's Dream.モルデカイの夢の解釈です。

The canonical Book of Esther undoubtedly presents the oldest extant form of the Esther story.確かに、正規の予約のエスター形で現存する最古のプレゼントエスターの物語です。 In times of oppression the Jews found comfort in this narrative, for it presented an example of sudden divine salvation in the days of distress (Esth. ix. 22, 28), and it strengthened their hope of being liberated from their desperate condition, especially in the days of the Maccabees.ユダヤ人迫害にある時に、この物語の快適さを発見、突然のことの例を提示神の救いは、日間の遭難( esth. 9 。 22 、 28 ) 、およびそれに望みを強化して絶望的な状態から解放さが、特には、日中には、 maccabeesです。 Naturally, the Jews' well-known skill in transforming and enriching traditional narratives was applied especially to those incidents which were touched but lightly in the Biblical Book of Esther.当然のことながら、ユダヤ人'よく知られて形質転換と豊かな伝統の技を中心に物語が適用されたこれらの事件は、聖書に触れたしかし、予約のエスターを軽くします。 Such variations and additions have been preserved in Greek, but the assumption that they were based on a Hebrew original has been proved erroneous (comp. Scholz, "Kommentar über das Buch Esther mit Seinen Zusätzen," 1892, pp. 21 et seq.), the difficulty of translating many of these additions into Hebrew being especially significant (Fritzsche, "Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch zu den Apokryphen des Alten Testaments," 1851, p. 71; Wace, "The Apocrypha," in "The Speaker's Commentary," i. 361-365).このようなパターンや追加情報が保存されている、ギリシャ語、と仮定していたが、ヘブライ語に基づいて、オリジナルの立証され、誤った( comp.ショルツ、 " kommentar über das mit青年ブーフエスターzusätzen 、 " 1892年、 pp 。 21頁以降を参照。 )は、これらの追加の難しさの多くはヘブライ語の翻訳が特に重要(フリッチェ、 " kurzgefasstes exegetisches handbuch zuデンapokryphenデアルテンtestaments 、 " 1851年、 p. 71 ;ウェイスは、 "外典、 " " 、スピーカーの解説、 "私です。三百六十一から三百六十五まで) 。 The additions were probably made in the time of the Maccabees, when the people were hoping for another sudden liberation by divine intervention.の追加が行われた時間は、おそらくmaccabees 、人々が望んでいるときに別の神の介入突然解放されています。 They aimed chiefly to supply the religious element signally lacking in the canonical book (comp. Reuss, "Geschichte der Heiligen Schriften des Alten Testaments," 2d ed., §§ 470 et seq.; Bleek-Wellhausen, "Einleitung in das Alte Testament," 5th ed., § 120; JS Bloch, "Hellenistische Bestandtheile im Bibl. Schriftum," 2d ed., p. 8; Ryssel, in Kautzsch, "Die Apocryphen und Pseudepigraphen des Alten Testaments," i. 197).彼らの宗教的な要素を供給するための主信号が不足して、正規の予約( comp.ロイス、 " geschichte der heiligen schriftenデアルテンtestaments 、 "二次元エド。 、 § § 470頁以降を参照。 ; bleek -ヴェルハウゼン、 " einleitung 、 dasアルテ遺言、 "第5版です。 、 § 120 ; jsブロッホ、 " hellenistische bestandtheileイムbibl 。 schriftum 、 "二次元エド。 、 8頁; rysselは、カウチ、 "死ぬapocryphen und pseudepigraphenデアルテンtestaments 、 "の経験I.クリチバ197 ) 。 Fritzsche (lcp 73) has pointed out linguistic similarities between the additions and the second Book of the Maccabees.フリッチェ( 73 、 LCP )は、言語の類似点を指摘し、追加機能や、 2番目の予約maccabeesです。

Editions and Critical Helps.エディションや臨界に役立ちます。

The latest date that can be given to the additions is the year 30 BC, when the Ptolemaic rule came to an end (comp. B. Jacob in Stade's "Zeitschrift," 1890, p. 290).の最新の日付を与えられたことができるの追加は、紀元前30年、来たときにプトレマイオスのルールを終わらせる( comp. b.ジェイコブ、シュターデの" zeitschrift 、 " 1890 、 p. 290 ) 。 These additions are contained in the uncial manuscript of the Codex Sinaiticus (Sin.), Codex Vaticanus (B), and Codex Alexandrinus (A).これらの追加機能が含まれているアンシャル体の原稿は、コーデックスsinaiticus ( sin. ) 、コーデックスvaticanus ( b )項、およびコーデックスアレクサンドリア写本(ア)です。 Among the printed editions may be mentioned those of R. Holmes and J. Parsons, Oxford, 1798-1827; E. Nestle, "Vet. Test. Græce Juxta LXX. Interpretum," Leipsic, 1850; HB, Swete, "The Old Testament in Greek," 2d ed., Cambridge, 1895-99; OF Fritzsche, "Libr. Apoc. VT Græce," 1871.印刷のエディションのうち、これらの記載がありますr.ホームズおよびJ.パーソンズ、オックスフォード、 1798-1827 ; e.ネスレ、 "獣医です。テストします。 græceそばに70 。 interpretum 、 "リプシック、 1850 ; hb 、スウィート、 "旧遺言でギリシャ語、 "二次元エド。 、ケンブリッジ、 1895年から1899年;のフリッチェ、 " librです。 apocです。バーモントgræce 、 " 1871年です。 The text of the additions has been preserved in two forms, namely, that of the Septuagint, and that revised by Lucian, the martyr of Antioch (comp. B. Jacob, lc pp. 258-262).テキストを追加するには保存されている2つのフォームを、すなわち、それは、セプトゥアギンタており、そのルキアノス改正され、殉教者のアンティオキア( comp. b.ジェイコブ、液晶pp 。二百五十八から二百六十二まで) 。 Lagarde has published both texts with complete critical annotations in his "Librorum Veteris Testamenti Canonicorum," 1883, i.ラガルドは、公開の両方のテキストを完全に重要な注釈が彼の" librorum veteris testamenti canonicorum 、 " 1883年、 i. 504-541; and later on A. Scholz ("Kommentar über das Buch Esther," pp. 2-99, Würzburg and Vienna, 1892) published a small edition in four parallel columns, showing side by side the Hebrew text of the canonical book, the two Greek texts, and Josephus' text (comp. Ryssel in Kautzsch, lc pp. 198, 199).五百四〜五百四十一;およびそれ以降の1 MSPSショルツ( " kommentar über dasブーフエスター、 " pp 。二から九九まで、ヴュルツブルクやウィーン、 1892 )で公開する4つの小型版の並列列、並んで表示中のヘブライ語のテキストを正規化予約、 2つのギリシャ語のテキスト、およびヨセフス'テキスト( comp. rysselでカウチ、液晶pp 。 198 、 199 ) 。

For textual criticism there are, also, the two Latin translations; not so much the Vulgate-in which Jerome translated very freely, and in part arbitrarily-as the Old Latin, which, in spite of its arbitrariness and incompleteness, and its additions, probably made in part by Christians, has preserved a few good readings of the Codex Vaticanus (comp. Fritzsche, lc pp. 74 et seq.; Ryssel, in Kautzsch, lcp 199; B. Jacob, lc pp. 249-258).原典批評家ためには、また、 2つのラテン語の翻訳;それほど多くの流布本-ジェロームでは非常に自由に翻訳し、任意に部分的に、古いラテン語、これは、にもかかわらず、その恣意性と不完全性、およびその追加、部分的には、おそらく、キリスト教徒、保存するにはいくつかの良い測定値は、コーデックスvaticanus ( comp.フリッチェ、液晶pp 。 74頁以降を参照。 ; rysselは、カウチ、 、 LCP 199 ; b.ジェイコブ、液晶pp 。二百四十九から二百五十八まで) 。 On the forthcoming new edition of pre-Jerome texts of Esther, comp.で、今度の新しい版のテキストを事前にジェロームエスター、のCOMPです。 Ph. Thielmann, "Bericht über das Gesammelte Handschriftliche Material zu einer Kritischen Ausgabe der Lateinischen Uebersetzung Biblischer Bücher des AT" Munich, 1900; "Sitzungsberichte der Königlichen Bayerischen Academie der Wissenschaften," ii.ティールマン電話番号、 " bericht über das gesammelte handschriftliche素材のzuのeiner kritischen bücherデausgabe der lateinischen uebersetzung biblischer "ミュンヘン、 1900 ; " sitzungsberichte der königlichen bayerischenのAcademie der wissenschaften 、 " Ⅱ 。 205-247.二百五〜二百四十七です。 For an explanation of the Greek additions to the Book of Esther see Fritzsche, lc (the older interpreters, p. 76; the later, pp. 69-108); FO Bissel, "The Apocrypha of Old Testament," New York, 1880; Fuller-Wace, lci 361-402; O. Zöckler, "Die Apocryphen des Alten Testaments," Munich, 1891; Ball, "The Ecclesiastical, or Deuterocanonical, Books of the Old Testament," London, 1892; V. Ryssel, in Kautzsch, lci 193-212.ギリシャ語の説明を追加して予約のエスターを参照フリッチェ、液晶(古い通訳、 p. 76 ;の後、 pp 。 69から108まで) ;を少しは、 "旧約聖書外典は、 "ニューヨーク、 1880 ;フラー-ウェイス、 LCIの361から402まで; o. zöckler 、 "死ぬapocryphenデアルテンtestaments 、 "ミュンヘン、 1891 ;ボールは、 "教会か、または第二正典、書籍、旧約聖書の、 "ロンドン、 1892 ; v. ryssel 、でカウチ、 LCIの193〜212です。

The Dream of Mordecai.モルデカイの夢です。

The dream of Mordecai precedes in the Septuagint, as i.モルデカイの夢の前には、セプトゥアギンタ、 i. 11-17, the canonical story of Esther, and corresponds in the Vulgate to xi. 11-17は、正規の物語エスター、および対応は、ウルガタ聖書をⅩ Ⅰ 。 2-12 and xii. 2-12と12です。 (Swete, "The Old Testament in Greek," ii. 755 et seq.). (スウィート、 "旧約聖書のギリシャ語、 " Ⅱ 。 755頁以降を参照。 ) 。 This version contradicts the account in the canonical book, for, according to the apocryphal version (i. 2), Mordecai is already in the service of King Artaxerxes, and has this dream inthe second year of that king's reign, whereas in the canonical version (ii. 16) Esther was not taken into the royal house until the seventh year of his reign, and Mordecai did not sit "in the king's gate"-that is, enter the king's service-until after that event (ii. 19-20).このバージョンの正規の予約しているアカウントの矛盾を、によると、うそのバージョン( i. 2 ) 、モルデカイは王アルタクセルクセスのサービスは既に、この夢intheして2年目の王の治世に、一方は、正規版( ii. 16 )エスターはない考慮して7年のロイヤルハウスするまで、彼の治世、およびモルデカイ座るしなかった"という王の門" -それは、王のサービスを入力してそのイベントにまでした後( ii. 19 - 20 ) 。 The author of the apocryphal Esther speaks of two conspiracies against Artaxerxes, and says that Mordecai preceded Esther in coming to court.エスターの著者は、真偽の怪しいアルタクセルクセス話すの2つの陰謀反対し、モルデカイによると、裁判所の前に来てエスターにします。 His account is as follows: Mordecai as a servant in the palace sleeps with the courtiers Gabatha and Tharra (Esth. ii. 21, "Bigthan" and "Teresh"; Vulg. "Bagatha" [whence "Gabatha"] and "Thara"), and overhears their plot against the king.自分のアカウントには以下のとおりです:モルデカイとして買われて眠るの宮殿の宮廷gabathaとtharra ( esth. Ⅱ 。 21日、 " bigthan "と" teresh " ; vulg 。 " bagatha " [そこから" gabatha " ] 、 " thara " ) 、および彼らの陰謀をoverhearsザキングします。 He denounces the conspirators, who are arrested and confess.彼denouncesの陰謀者、 whoが逮捕されたと告白します。 The king and Mordecai write down the occurrence, and Mordecai is rewarded.ザキングとモルデカイの発生を書き留めておいて、とモルデカイが報われる。 As the conspirators are condemned to death (according to B. Jacob in Stade's "Zeitschrift," x. 298, the words of Codex B, διότι ἀνέρήθησαν, are to be added here; comp. Jerome: "qui fuerant interfecti"), Haman, who evidently was in league with them, plans to take vengeance on Mordecai (Apocr. Esth. ii. 12-17).陰謀者として非難して死亡は(ジェイコブによるとBを比べたシュターデの" zeitschrift 、 " Xの298 、コーデックスの言葉をb 、 διότι ἀνέρήθησανは、ここで追加されました;のCOMPです。ジェローム: "ホームfuerant interfecti " ) 、咸安、 whoリーグでは、明らかにし、復讐を取るを計画してモルデカイ( apocr. esth 。 Ⅱ 。 12-17 ) 。

There is a second conspiracy after Esther has been made queen, in the seventh year of the king's reign (Esth. ii. 21 et seq.).陰謀をした後には、 2番目の女王エスターされ、 7年は、王の治世( esth. Ⅱ 。 21頁以降を参照。 ) 。 Mordecai in his dream (Apocr. Esth. i. 4-11) sees two dragons coming to fight each other (representing Mordecai and Haman, ib. vi. 4); the nations make ready to destroy the "people of the righteous," but the tears of the righteous well up in a little spring that grows into a mighty stream (comp. Ezek. xlvii. 3-12; according to Apocr. Esth. vi. 3, the spring symbolizes Esther, who rose from a poor Jewess to be a Persian queen).モルデカイが彼の夢( apocr. esth 。 i. 4-11 )見に来て戦うお互いに2つのドラゴンズ(代表モルデカイとハーマーン、 ① -イ。 Ⅵ 。 4 ) ;の準備を破壊する国の"正義の人々に、 "しかし、正義の涙を流すのは少し春に通暁して成長する巨大なストリーム( comp. ezekします。 47 。 3-12 ; apocrによるとします。 esth 。 Ⅵ 。 3 、春の象徴エスター、 whoローズから非常に悪いユダヤ女性女王には、ペルシャ語) 。 The sun now rises, and those who had hitherto been suppressed "devoured those who till then had been honored" (comp. Esth. ix. 1-17).今すぐ、太陽の上昇、およびそれらのwhoはこれまで抑制され"これらのdevoured光栄whoまで入力していた" ( comp. esthします。 9 。 1-17 ) 。

The Destruction of the Jews Decreed.ユダヤ人の破壊を定めています。

The second addition contains an edict of Artaxerxes for the destruction of all the Jews, to be carried out by Haman (Apocr. Esth. ii. 1-7; it follows Esth. iii. 13; comp. Swete, lc pp. 762 et seq.). 2番目に加えてアルタクセルクセスの勅令は、破壊のすべてのユダヤ人が実行に移せるように咸安( apocr. esth 。 Ⅱ 。 1-7 ; esthそれ以下の通りです。 Ⅲ 。 13 ;のCOMPです。スウィート、液晶pp 。 762 et seq 。 ) 。 The mere mention of the fact that an edict for the destruction of the Jews had gone forth, was a temptation to enlarge upon it.という事実に言及したの単なる令を破壊するユダヤ人が行ってしまうもの、は、誘惑を拡大表示するにしてください。 The "great king" (verse 1), as in Esth. "偉大な王" (詩1 )のように、 esthです。 i.わたし。 1, sends a letter to the governors of the one hundred and twenty-seven provinces of his kingdom-that extends from India even unto Ethiopia-saying that although personally he is inclined toward clemency, he is bound to look to the security of his kingdom. 1日の知事に手紙を送信すると、 127の地方行政を拡張彼の王国-エチオピア-インドからと言っているものの、わたしも個人的に傾斜した彼は寛大な処置を向けて、彼は安全保障の世話をするにバインドされ彼の王国です。 In a conference on the matter, he said, Haman, the councilor ranking next to him in the kingdom, had pointed out that there was one evilly disposed class of people in his realm, which, by its laws, placed itself in opposition to all the other classes, persisted in disregarding the royal ordinances, and made a unified government impossible.この問題での会見で、彼よると、咸安は、評議員のランキングの横にある彼の王国があったが指摘されて悪意を持っている1つのクラスの人々が彼の領域に、これは、その法律は、すべての配置自体に反対して、他のクラスは、永続化さロイヤル条例を無視し、統一政府は、不可能です。 Under these circumstances, he said, nothing remained but to adopt the suggestion of Haman, who, having been placed in charge of the affairs of the state, could in a sense be called the second father of the king; this suggestion was to destroy by the sword of the other nations, on the fourteenth day of Adar (thirteenth of Adar in Esth. iii. 13, viii. 12, ix, 1), all those designated as Jews, together with their wives and children.こうした状況下で、彼によると、何もなく、残ったのはその提案を採用するの咸安、 who 、が担当して業務に配置され、国家は、ある意味では2番目の父と呼ばれるザキング;この提案を破壊するにはのように剣を、他の国は、 14日、鳥( 13番目の鳥でesth 。 Ⅲ 。 13日、 Ⅷ 。 12日、 9世、 1 ) 、すべてのユダヤ人に指定され、その妻や子供たちと一緒にします。 After these disturbers of the peace had been put out of the way, the king believed the business of the realm could again be conducted in peace.これらのdisturbersした後、平和を出すていたのようにして、ビジネスの領域に考えられて王が再び平和に実施される。

Mordecai's Prayer.モルデカイの祈りです。

The remaining additions are closely connected with this affair.密接に繋がって、残りの追加は、この事件です。 The next in order is Mordecai's prayer for help (Apocr. Esth. iii. 1-11; Vulg. xiii. 8-18); in the Septuagint it is added to iv.するために、次のための祈りは、モルデカイの仕方( apocr. esth 。 Ⅲ 。 1-11 ; vulgします。 13 。 8-18 ) ;は、セプトゥアギンタことが追加されましたⅣ 。 17 (Swete, lc pp. 765 et seq.). 17日(スウィート、液晶pp 。 765頁以降を参照。 ) 。 It follows the story of Esth.それ以下の通りesthの物語です。 iv. Ⅳ 。 1-16, according to which Esther commanded Mordecai to assemble all the Jews for a three-days' fast before she herself interceded for them before the king. 1-16 、エスター命じによると、これを組み立てるのすべてのユダヤ人モルデカイは、 3日間の高速前に自分自身王の前に出る準備をしています。 The prayer begins with the usual praise of divine omnipotence.称賛の祈りで始まり、通常の全能の神です。 Heaven and earth are a paraphrase for the idea τὸ πᾶν(verse 2; comp. Gen. i. 1;Isa. xlv. 18).天と地のアイデアは、言い換えをτὸ πᾶν (詩2 ;のCOMPです。 Gen 。とi. 1 ; ISAのです。 45 。 。 。 18 ) 。 The plight of the Jews was occasioned by the refusal to kiss Haman's feet (comp. Esth. iii. 2-5), a refusal caused not by pride, but because honor as high as that which such an act implied belongs to God alone (comp. the refusal of the προσκύνησις of the Greek ambassadors to Darius).ユダヤ人の窮状に引き起こされるのは、ハマンの足の裏にキスを拒否( comp. esth 。 Ⅲ 。 2-5 ) 、プライドを拒否が原因ではなく、できるだけ高いものではなく、名誉をどのような行為黙示的に属して神だけで(のCOMP 。 προσκύνησιςを拒否し、ギリシャの大使をダライアス) 。 "This scrupulousness is characteristic of post-exilic Judaism; in ancient Israel the honor was unhesitatingly accorded to every nobleman (I Sam. xxv. 23 et seq.; II Sam. xviii. 21, 28): even Judith (x. 23 [21]) honored Holofernes in this way in order to allay his suspicions. "この周到さが特徴のポスト追放されたユダヤ教;ちゅうちょせず、古代イスラエルの名誉は一致して貴族(私サムです。 25 。 23頁以降を参照。 ;二サムです。 18 。 21 、 28 ) :さえジュディス( Xの23 [ 21 ] )光栄holofernesこのようにするために彼の疑惑を和らげる。

But, Mordecai continues, this refusal was merely a pretext to destroy God's chosen people (κληρονομία, verse 8; comp. Apocr. Esth. iv. 20; vii. 9 = Hebr. ; Ps. xxviii. 9, xciv. 5, etc.; μερίς, verse 9; comp. LXX. on Deut. xxxii. 9; κλῆρος, verse 10 = , Deut. iv. 20), and he implores God to protect them now as He had their fathers in Egypt (comp. in Deut. ix. 26).しかし、モルデカイが続けば、これは単に拒否を口実に、神の選ばれた人々を破壊する( κληρονομίαは、詩8 ;のCOMPです。 apocrています。 esth 。 Ⅳ 。 20 ; Ⅶ 。 9 = hebrています。 ; psのです。 28 。 9日、 94 。 5 、等。 ; μερίς 、詩9 ;のCOMPです。 70 。上deut 。 32 。 9 ; κλῆρος 、詩10 = 、 deut 。 Ⅳ 。 20 ) 、と彼は神を保護することimplores今すぐ彼は、自分の父親として、エジプト( comp.でdeutします。 9 。 26 ) 。 The prayer closes with the supplication to save His people and turn their mourning into gladness (really "feasting"; comp. vi. 22 et seq.; see also Esth. ix. 17-19, where the prayer also ends in feasting and in the sending of gifts of food to one another).明日の祈りの人々の懇願を保存すると有効に哀悼の意を自分の喜び(本当に"ごちそう" ;のCOMPです。 Ⅵ 。 22頁以降を参照。 ; esthも参照ください。 Ⅸ 。 17-19 、どこの祈りも終わって祝宴と、ギフトの食糧を送るのは1つの別の)です。 Here, as in Ps.ここでは、 psのようにします。 vi. Ⅵ 。 6 (AV 5), xxx. 6違反( AV 5 ) 、 xxxです。 10 [9], cxv. 10 [ 9 ] 、 cxv 。 17; and Ecclus. 17 ;とecclusです。 (Sirach) xvii. (シラク) 17 。 25, the reason for harkening to the prayer is the desire ascribed to Yhwh of hearing songs of praise and thanks, which only the living can offer (verse 10, where the reading στόμα is preferable to αιμα; Swete, lcp 765). 25日、その理由は、欲望の祈りをharkening生得的yhwhの聴聞会を称賛と感謝の歌は、これだけの生活を提供する(詩10 、ここでの読書をστόμαが望ましいαιμα ;スウィート、 765 、 LCP )です。 Finally, emphasis is laid on the people's loud calling and crying to God (ἐξ ἰσχύος αὐτῶν . . . ἐκήκραξεν; comp. Dan. iii. 4, ; Isa. lviii. 1, ) when they stood face to face with death (ἐν ὀφϑαλμοῖς αὐτῶν).最後に、重点は、人々の大声に敷かに電話をかけたり泣いているのを神( ἐξ ἰσχύος αὐτῶνです。 。 。 。 。 ἐκήκραξεν ;のCOMPです。ダン。 Ⅲ 。 4 、 ; ISAのです。 58 。 1日)ときに死と向き合って立っていた( ἐν ὀφθαλμοῖς αὐτῶν ) 。

The Prayer of Esther.エスターの祈りのです。

Closely connected with this is the prayer of Esther (Apocr. Esth. iii. 12-30; Septuagint, xiii. 8-18, xiv. 1-19; Swete, lc pp. 766 et seq.; Vulg. xiv. 1-19): she takes off her royal garments (τὰ ἱμάτια τῆς δόξης αὐτῆς [in Esth. i. 11, ii. 17 only the royal crown is mentioned]), and, putting on mourning-robes (, Judges viii. 5 [6]; Neh. ix. 1), strews ashes on her head (comp. Isa. iii. 24; Mal. ii. 3; II Sam. xiii. 19, commonly ; Job ii. 9).密接に繋がってこれは、祈りのエスター( apocr. esth 。 Ⅲ 。 12月30日;セプトゥアギンタ、 13 。 8-18 、 14 。 1-19 ;スウィート、液晶pp 。 766頁以降を参照。 ; vulgします。 14 。 1 - 19 ) :彼女は彼女のロイヤル離陸衣類( τὰ ἱμάτια τῆς δόξης αὐτῆς [でesth 。 i. 11日、 Ⅱ 。 17は、ロイヤルクラウンに記載] ) 、および、パットに哀悼の意-ローブ( 、裁判官Ⅷ 。 5 [ 6 ] ; neh 。 Ⅸ 。 1 ) 、 strews遺灰を彼女の頭( comp. ISAのです。 Ⅲ 。 24 ; mal 。 Ⅱ 。 3 ;二サムです。 13 。 19日、よく;仕事Ⅱ 。 9 ) 。 She winds her hair about her (verse 13) and takes off all adornments (ἐ;ταπείνωσεν comp. , Lev. xvi. 29, 31; Isa. lviii. 3).彼女は彼女の髪については彼女の風(詩13 )とは、オフのすべての装飾品( ἐ ; ταπείνωσενのCOMP 。 、レフです。 16 。 29日、 31 ; ISAのです。 58 。 3 ) 。 In this way the pity of God would be aroused and His anger allayed (I Kings xxi. 21-29).このようにして残念な神の怒りと彼は興奮allayed (私キングスxxi 。 21-29 ) 。 The prayer refers to the threatening danger (comp. iii. 11): as God once released Israel's ancestors from the Egyptian yoke (verse 16), so Esther beseeches him now to save the Jews from their impending fate, though they deserve it for having participated in Persian idolatry (verses 17, 18 refer to this, and not to the preexilic idolatry; comp. II Kings xvii. 29-33, 41).の祈りを参照して、脅迫の危険性( comp. Ⅲ 。 11 ) :一度にリリースイスラエルの祖先神として、エジプトのくびきから(詩16 ) 、エスターbeseechesので今すぐに彼からのユダヤ人を、間近に迫った運命を保存して、それをかれらに値することペルシャ語に参加し偶像崇拝(詩17日、 18を参照しては、としないように、バビロン捕囚以前の偶像崇拝;のCOMPです。 2世王17 。 29-33 、 41 ) 。 Following Lagarde and Ryssel, the reading in verse 19 is ἔθηκαν τὰς χεῖρας αὐτῶν επῖ τὰς χεῖρας τῶν εὶδώλων ("they put their hands in the hands of the idols"; on , to confirm an agreement by clasping of hands, see Ezra x. 19).次のラガルドとrysselは、読んで詩19はἔθηκαν τὰς χεῖρας αὐτῶν επῖ τὰς χεῖρας τῶν εὶδώλων ( "彼らの手に手を置く彼らのアイドル" ;は、契約書を確認するに抱擁の手を参照してくださいエズラXの19 ) 。 This means: "The Persian oppressors have vowed to their gods [verse 19] to make vain the divine promise, to destroy Israel [ie, the divine heritage], to close the mouths of those that praise God, and to extinguish the glory of the house and the altar of God [verse 20]. Furthermore, they swear that the mouth of the heathen will be opened in praise of their impotent [gods], and their mortal king [the Persian] will be for ever admired" (verse 21).この意味: " 、ペルシャ語の神々を抑圧者に誓ったして[詩19 ]を作る虚栄心は神の約束は、イスラエルを破壊する[すなわち、神の遺産] 、それらの口を閉じるには、神を賛美し、栄光のを消滅させるが家の中で、祭壇の神[詩20 ]です。また、彼らは、口の中を誓う異教徒に称賛される無力にオープンした[神] 、およびそれらの人間の王[ペルシャ語]末代まで称賛される" (詩21 ) 。 Hence God is besought not to give His scepter into the hands of the "non-existing" (τοῖς μὴ οὖσιν; comp. I Cor. viii. 4), and not to make the Jews a laughing-stock to the heathen, but to let the plans of the latter turn against themselves.それゆえ、神は彼の王笏を与えるbeseechの過去過去分詞ないにしてしまうのは"非既存の" ( τοῖς μὴ οὖσιν ;のCOMP 。私コーです。 Ⅷ 。 4 ) 、および、ユダヤ人を笑いにならないように株式を異教徒ではなくて、後者の計画自体に背を向ける。 "Mark him [παρλδιγμάτισον; comp. Heb. vi. 6] who began [to act] against us." "マーク彼[ παρλδιγμάτισον ;のCOMPです。なし。 Ⅵ 。 6 ] who始めた[に行動する]反対問い合わせください。 "

In verse 24 Esther adds a prayer for the success of the petition which, according to Esth.エスターの詩24の成功に向けて祈りを追加するには、請願書によると、 esthです。 iv. Ⅳ 。 16, she intends to make to the king. 16日、彼女は意図して王を作る。 "Put orderly speech into my mouth in face of the lion" (the Persian king is thus called also in the Aramaic version of Mordecai's dream; see Merx, "Chrestomathia Targumica," p. 164, 3; comp. Ecclus. [Sirach] xxv. 16, 19). "演説を私の口の中に秩序に直面し、ライオン" (ペルシャ語国王はまた、このように呼ばれるアラム語のバージョンのモルデカイの夢; merx参照し、 " chrestomathia targumica " p. 164 、 3 ;のCOMPです。 ecclusします。 [シラク] 25 。 16 、 19 ) 。 The object of her petition-to turn the anger of the king against Israel's persecutors-anticipates the events of Esth.彼女の請願書のオブジェクトを有効にするには、王の怒りpersecutors反イスラエルのesth -先取りしたイベントです。 vii. Ⅶ 。 9. 9 。 She prays God to help her, the desolate one (τῇ μόνῃ; corresponding to in Ps. xxv. 17 [AV 16], where it occurs next to , "lonely and deserted," differing from verse 14, σὺ εἶ μόνος, referring to the singleness of Yhwh), who has no one else to turn to (verse 25).彼女は神に祈りをささげる彼女の助けとなる、 1つの荒涼たる( τῇ μόνῃ ;に対応して、 psのです。 25 。 17 [ av 16 ] 、ここでそれが発生したの横に、 "人けのない孤独と、 "異なるから詩14日、 σὺ εἶ μόνος 、参照しての一つのyhwh ) 、 whoは、他に誰を有効にする(詩25 ) 。 She refers to the fact that Yhwh knows the splendor of her royal position did not tempt her to yield to the king (in Esth. ii. 7-20 this is not mentioned), but that she submitted to the force of circumstances (verse 25).彼女を参照してyhwhという事実を知っている彼女のロイヤルの位置の素晴らしさをしなかった彼女の誘惑に屈するザキング( esth 。 Ⅱ 。 7月20日に記載ではない)が、その彼女の力に提出された状況(詩25 ) 。 She continues by affirming that she hates the glitter of the lawless ones (δόξαν ἀνόμων the ἀνόμων here are the heathen; their δόξα is their power), and abhors the bed of the uncircumcised (verse 26).彼女は続けられたグリッター肯定は彼女に嫌われるのは、手に負えないもの( ἀνόμων δόξαν ἀνόμων 、ここでは、異教徒;彼らは、そのパワーδόξα ) 、およびabhorsのベッドは、割礼を受けていない(詩26 ) 。 Yhwh, she says, knows her distress in being forced to be the king's wife. yhwh 、彼女は、彼女の苦痛を知っにしている国王の妻を余儀なくされる。 She abhors the symbol of pride on her head (ie, the royal crown she wears in public); she abhors it like a filthy rag (ὡς ῥάκος κλταμηνίων= ; Isa. lxiv. 5 [AV 6]), and does not wear it when sitting quietly at home (verse 17).彼女の気位の高さの象徴abhors彼女の頭(すなわち、公共のロイヤルクラウン彼女が着た) ;彼女abhorsことのように汚いぼろ( ὡς ῥάκος κλταμηνίων = ; ISAのです。 64 。 5 [ av 6 ] ) 、着ることではありません自宅で静かに座って(詩17 ) 。 Finally, she has not sat at table in Haman's house, nor graced by her presence the banquet of the king (according to the canonical version [ii. 18], Esther kept her own feast); nor did she drink any of the sacrificial wine of the heathen gods (οῦνον σπονδῶν; comp. LXX. Deut. xxxii. 38; Fuller, in Wace, lcp 390, verse 28).最後に、彼女は土にテーブルを特定咸安の家に、彼女の存在もgracedとする晩餐会には、王の(によると、正規版[ Ⅱ 。 18 ] 、エスター保管彼女自身の饗宴) ;も彼女のいずれかのいけにえのワインを飲むのむすこ( οῦνον σπονδῶν ;のCOMPです。 70 。 deut 。 32 。 38 ;フラーは、ウェイス、 390 、 LCP 、詩28 ) 。 Since her arrival there, God, she says, has been her sole joy.以来彼女のご到着予定が、神は、彼女が言うには彼女の唯一の喜びされています。 The phrase ἀφ' ἡμήρας μεταβολῆς refers to the change in her dwellingplace (comp. Merx, "Chrestomathia Targumica," p. 163, 11 [Ryssel]), not to the day of her reception into the royal palace (Esth. ii. 16), as Zöckler and Fuller (in Wace, lcp 390) have it.フレーズἀφ ' ἡμήρας μεταβολῆςの変更を参照して彼女のdwellingplace ( comp. merx 、 " chrestomathia targumica 、 " p. 163 、 11 [ ryssel ] ) 、特定の日に彼女のレセプションにはロイヤルパレス( esth. Ⅱ 。 16 ) 、 zöcklerとフラー(ウェイス、 、 LCP 390 )にしてください。 The prayer closes with a petition for a confirmation of faith and a release from all fear (comp. Judith ix. 11).明日の祈りと信仰を求める請願書を確認するため、すべての恐怖から解放され、 ( comp.ジュディス9 。 11 ) 。

Esther Before the King.エスター王の前に出る。

Esther's reception by the king (iv. 1-15; Swete, lc pp. 767 et seq.) follows in the Septuagint immediately upon the prayer (xv. 4-19; Vulg. xv. 1-19).エスターのレセプションでザキング( iv. 1-15 ;スウィート、液晶pp 。 767頁以降を参照。 )場合には、直ちに次のように、セプトゥアギンタの祈り( xv. 4-19 ; vulgします。 15 。 1-19 )です。 Here the events told in Esth.ここでのイベントはesthです。 v. 1, 2 are amplified. v. 1 、 2は増幅します。 In xv.は15です。 1 (Septuagint) the "third day" corresponds to Esth. 1 (セプトゥアギンタ) " 3日目"に対応してesthです。 v. 1. v. 1 。 According to Septuagint v. 1 she took off the garments she had worn at divine service; in the apocryphal version (iii. 13) she had put them on. v. 1セプトゥアギンタによると、彼女は神の服装で彼女は疲れたサービス;は、作り話のバージョン( iii. 13 )彼女にしていた。 Divine service consistedin fasting, according to Esth.神のサービスconsistedin断食によると、 esthです。 iv. Ⅳ 。 16; in praying, according to Apocryphal Esther iii. 16 ;を祈って、作り話によると、エスターⅢ 。 12. 12 。 In iv.でⅣ 。 1 (Apocr. Esth.) she puts on her royal apparel, to which the crown probably belongs, according to ii. 1 ( apocr. esthです。 )彼女は歌い方を彼女のロイヤル、アパレル、おそらくに属するにして、クラウンによると、 2世です。 17. 17 。 After a supplication to God, she appears (iv. 1) accompanied by two handmaidens (ἅβραι= "favorite slaves"; comp. Judith viii. 33); according to Esth.神に懇願した後、彼女が表示されたら( iv. 1 )同行した2つのhandmaidens ( ἅβραι = "お気に入りの奴隷" ;のCOMPです。ジュディスⅧ 。 33 ) ; esthによるとします。 ii. Ⅱ 。 9, she had seven handmaids. 9日、彼女は7 handmaidsです。 In Apocryphal Esther iv.にうそのエスターⅣ 。 2 it is said she was escorted to the king by two maidens, "and upon the one she leaned, as carrying herself daintily" (verse 3: ῶς τρυφευομήνη); "and the other followed, bearing up her train." 2それによると、彼女は護送しては、王になるには2つの乙女" 、および1つの時、彼女が寄り掛かり、自分として帳簿選り好みして" (詩3 : ῶς τρυφευομήνη ) ; "と、他の後、彼女の列車軸受アップします。 " In the canonical Book of Esther no mention is made of this escort.エスターは、正規の本は、次の護衛の言及が行われる。

iv. Ⅳ 。 (Apocr. Esth.) describes the impression her beauty produced: she was ruddy through the perfection of her beauty, and her countenance was cheerful and love-kindling; but her heart was heavy with fear of the danger of appearing uncalled before the king (comp. Esth. iv. 11). ( apocr. esthです。 )印象を与える説明して彼女の美しさ制作:血色の良い彼女は彼女の美しさを完ぺき、と彼女の顔は明るいと愛-たき;しかし、彼女の心は重いが表示されるの危険性を恐れて王の前に呼ばれていない(のCOMPです。 esth 。 Ⅳ 。 11 ) 。 Having passed through all the doors, she stood before the king, who sat upon his throne clothed in the robes of majesty (see Fuller in Wace, lc; compare the representation of the king on his throne in the picture of Persepolis according to Rawlinson).のすべてのドアが通過し、王の前に立っていた彼女は、彼の王座にすわっwhoは、ローブの服を着た陛下(ウェイスフラーは、液晶;比較して、王を表現した彼の王座は、画像のペルセポリスによると、ローリンソン)です。 Verse 7: Then, lifting up his countenance (that shone with majesty), he looked very fiercely upon her; and the queen fell down, and was pale, and fainted; after she had regained consciousness she bowed herself upon the head of the maid that went before her.詩7 :その後、彼の顔を持ち上げるのを(陛下が輝いていたが) 、彼は彼女の非常に激しい時と、女王さまが落ちていた薄い、と気を失って;意識を回復した彼女は頭を下げた後、彼女は自分の頭の部分をメイドに彼女のことは前にします。 Verse 8: Then God changed the spirit of the king into mildness.詩8 :入力し、神の精神を変更して、王に温厚です。 In concern he leaped from his throne, and took her in his arms till she recovered her composure, comforting her with loving words.彼は彼の王座から成功を懸念し、彼女は彼の腕にまで回復した彼女は彼女の落ち着き、彼女の励みに愛情のこもった言葉です。 In Verse 9 he asks: "Esther, what is the matter? I am thy brother," thereby placing her on the same level with him. 9彼の詩を要求: "エスター、この問題は何ですか?私はなたの弟、 "それと同じレベルに配置する上での彼女だった。 In verses 10 et seq.の詩10頁以降を参照。 he assures her that the death penalty is meant to apply only to the unauthorized entrance of the king's subjects (comp. Esth. iv. 11), and that it does not apply to her: "Thou shalt not die. . . ."彼と彼女には、死刑は保証だけを適用する意味は、王の入学を許可されていないの科目( comp. esth 。 Ⅳ 。 11 ) 、られていることを彼女は適用されません: "なたshalt死なない。 。 。 。 。 。 。 。 " Touching her neck with his golden scepter, he embraced her, and said, "Speak unto me."彼の首に触れる黄金の王笏、彼は彼女の受け入れ、およびによると、 "話すでるよ。 " Then said she unto him, "I saw thee, my lord, as an angel of God [comp. Ezek. viii. 2], and my heart was troubled for fear of thy majesty."かれに入力し、彼女によると、 "私のこぎり、なた、わたしの主は、天使の神として[のCOMPです。 ezek 。 Ⅷ 。 2 ] 、および私の心は、なたの威厳を恐れて問題を抱えた。 " And as she was speaking, she fell down for faintness.彼女はと言えば、彼女は転んで気を失いそうです。 Verse 16: Then the king was troubled, and all his servants comforted her.詩16 :ザキングは、問題を抱えた入力し、すべての彼の使用人と慰めていた。

The New Edict.新しい布告です。

The king now issues an edict canceling the former edict, and decreeing protection to the Jews (Apocr. Esth. v. 1-24; Vulg. xvi. 1-24; Septuagint addition to viii. 12; comp. Swete, lc pp. 773-775, the amplification of the edict mentioned in Esth. viii. 13).ザキング今すぐ中止して元の問題の布告令は、ユダヤ人と保護をdecreeing ( apocr. esthです。 v. 1-24 ; vulgします。 16 。 1-24 ;セプトゥアギンタに加えてⅧ 。 12 ;のCOMPです。スウィート、液晶pp 。七七三から七七五までは、増幅esthの布告に記載されています。 Ⅷ 。 13 ) 。 The first edict against the Jews is revoked; its instigator, Haman, is accused of conspiracy against the king; and every aid is ordered to be given to the Jews.反対するユダヤ人の最初の布告は取り消さ;その扇動、ハマンは、被告人の陰謀の反対ザキング;と指示されるごとに与えられる援助はユダヤ人です。 Verses 2-4: "Many, the more often they are honored with the great bounty of their gracious princes, the more proud they are waxen, and endeavor to hurt not our subjects only, but, not being able to bear abundance, do take in hand to practise also against those that do them good, and take not only thankfulness away from among men, but also, lifted up with the glorious words of lewd persons that were never good, they think to escape the justice of God, that seeth all things, and hateth evil."詩2-4 : "多くの人にとって、より頻繁に彼らは偉大な恩恵を光栄に優雅な君主は、他の誇り彼らは青白いし、けがは私たちの努力をする科目のみ、しかし、クマ豊富にすることができなくて、次取るそれらを手にすることを練習しても良い、と取るだけでなく、感謝の中の男からだけでなく、栄光の言葉を持ち上げられ、みだらな人は、ろくなことはない、と考える神の正義を避けて、そのseethすべてのもの、およびhateth悪です。 " Verses 5-6: "Oftentimes, also, fair speech of those that are put in trust to manage their friends' affairs [comp. Jacob in Stade, lcx 283, note 2] hath caused many that are in authority to be partakers of innocent blood, and hath enwrapped them in remediless calamities [comp. I Sam. xxv. 26; II Sam. xvi. 4], beguiling with the falsehood and deceit of their lewd disposition the innocency and goodness of princes."詩5-6 : "多くの場合は、また、それらの公平な演説を管理するには信頼を置くのに友達と'部[会COMP 。ジェイコブ、シュターデ、 lcx 283 、注2 ]かれらが原因では、権限の多くの罪なき人をpartakers血液、災害救済できないとしてかれらenwrapped [のCOMP 。私サムです。 25 。 26 ;二サムです。 16 。 4 ] 、魅力的なの虚偽と欺瞞にみだらなinnocencyと善良な性質の君主のです。 " Verse 7: "Now ye may see this, as we have declared, not so much by ancient histories, as by observing what hath wickedly been done of late through the pestilent behavior of them that are unworthily placed in authority."詩7 : "今すぐ、なたがたが表示さは、われわれが宣言した、というより、古代の歴史を、かれらを観察し何を浮かべる後半を通じて行われていないのは致命的な動作をしてunworthily機関に配置されます。 " Verses 8-9: "We must take care for the time to come that our kingdom may be quiet and peaceable for all men, by changing our purposes and always judging things that are evident with more equal proceeding."詩8-9 : "我々の世話をする時間を取る必要がありますが、来る5月に静かで平和な王国のすべての男性は、われわれの目的を変更し、常に判断することが明らかに他の平等を続行してください。 " Verses 10-14: The king had accorded this gentle treatment to Haman, but had been bitterly deceived by him, and was therefore compelled to revoke his former edict.詩10-14 :ザキングはこの穏やかな治療を咸安〜にふさわしい、しかし、だまされるひどくていた彼とは、そのため彼の元を取り消す布告せざるを得ない。 (According to Dan. vi. 9, 13 this was inadmissible, but Fuller, lc pp. 397 et seq., cites a number of cases in which it was done. Verse 10 is about Haman, called in i. 17 "the Agagite," here "the Macedonian"; in verse 14 he is accused of having betrayed the Persian empire to the Macedonians.) "For Aman, a Macedonian, the son of Amadatha, being indeed a stranger to the Persian blood [comp. Vulg. "et animo et gente Macedo"], and far distant from our goodness, and a stranger received of us, had so far obtained the favor that we show toward every nation that he was called our 'father,' and was continually honored of all men, as the next person unto the king. He had also been bowed down to [comp. Esth. iii. 2-6]. But he, not bearing his great dignity, went about to deprive us of our kingdom and life; having, by manifold and cunning deceits, sought of us the destruction, as well of Mordecai, who saved our life, and continually procured our good, as of blameless Esther, partaker of our kingdom with the whole nation. For by these means he thought, finding us destitute of friends, to have translated the kingdom of the Persians to the Macedonians." (ダンによるとします。 Ⅵ 。 9日、 13日これは許容できないが、フラー、液晶pp 。 397頁以降を参照。 、引き合いに出して、いくつかのケースではそれが行われた。詩は約10咸安と呼ばれる、 i. 17 " agagite 、 "ここで"マケドニア語" ;の詩14を持つ彼は被告人のペルシア帝国を裏切らマケドニアです。 ) "をamanは、マケドニア語、 amadathaの息子であるが、実際に見知らぬ人が血をペルシャ語[のCOMPです。 vulgです。 " ETから誠意et話題macedo " ] 、および当社の善良から遠い、見知らぬ人と受け取った私たちは、これまでに取得していたこと詳細に向かっ賛成していたすべての国と呼ばれる私たちの父、 'とは、継続的に光栄のすべての男性は、かれらの王としての次の人にします。彼は頭を下げたもダウンを[のCOMPです。 esth 。 Ⅲ 。 2-6 ] 。しかし、彼は、特定軸受彼の偉大な尊厳、については我々の王国を奪うと生活;こと、マニホールドと狡猾なdeceits 、求められて私たちの破壊などのモルデカイ、 who保存私たちの生活、および継続的調達当社いい、清廉潔白としてのエスター、相伴に国全体の王国です。これらの手段と考え、極貧の友達を見つける問い合わせは、翻訳するには、ペルシャ人をマケドニア王国。 " According to these verses Haman was guilty of a threefold sin, since he tried to wrest from the king wife, kingdom, and life.咸安によると、これらの詩を3倍に罪は、有罪を宣告したので、彼は王の座を奪い取るの妻から、王国、および生活です。

v. 15-16, 18-19: "But we find that the Jews, whom this wicked wretch hath delivered to utter destruction, are no evil-doers, but live by most just laws; and that they are children of the Most High and Most Mighty God, who hath ordered the kingdom both unto us and to our progenitors in the most excellent manner. Therefore, ye shall do well not to put in execution the letters sent unto you by Aman, the son of Amadatha; for he that was the worker of these things is hanged [ήσταυρωσθσι = "impaled"] at the gates of Susa with all his family [according to Esth. vii. 10, viii. 7, Haman alone was hanged; according to Esth. ix. 10, the Jews killed his ten sons; in Dan. vi. 25 the wives and children were thrown into the lions' den], God, who ruleth all things, speedily rendering vengeance to him according to deserts. Therefore he shall publish the copy of this letter in all places [ἐκτιθήναι; Stade, lcx 282, a phrase used in the promulgation of royal commands], that the Jews may live after their own laws" (comp. Ezra vii. 25 et seq.; Josephus, "Ant." xii. 3, § 3, xvi. 6, § 2). v. 15-16 、 18-19 : "しかし、私たちは、ユダヤ人を見つけ、この邪悪なかわいそうな人誰かれらに配信さ全くの破壊、悪の徒はありませんが、最近だけで生計を立てる法;ことと、それらは、子供たちが、最も高いで最も偉大な神、 whoかれらとわたしたちの両方の王国命令を私たち前駆細胞は、最も優れた方法です。したがって、なたがたには実行しないようにすれば良いの手紙を送っamanなたがたは、息子のamadatha ;を彼に労働者は、これらのものは絞首刑[ ήσταυρωσθσι = " impaled " ]アットザゲイツオブスーザすべての彼の家族[ esthによるとします。 Ⅶ 。 10 、 Ⅷ 。 7日、咸安だけでは、絞首刑; esthによるとします。 9 。 10 、彼のユダヤ人殺害10人の息子;のダン。 Ⅵ 。 25 、妻や子供たちに投げ出されたライオンズのデン] 、神、 who rulethすべてのものは、復讐をスピーディ彼によると、砂漠のレンダリングします。そのため彼のコピーを公開するには、この手紙をすべての場所[ ἐκτιθήναι ;シュターデ、 lcx 282 、フレーズで使用されて施行したRoyalコマンド] 、ユダヤ人は、 5月ライブ後に、自身の法律" ( comp.エズラⅦ 。 25頁以降を参照。 ;ヨセフス、 " Antのです。 " 12 。 3 、 § 3 、 16 。 6 、 § 2 ) 。

v. 20-24: "Ye shall aid them, that even the same day, being the l3th day of the 12th month Adar, they may be avenged on them who in the time of their affliction shall set upon them [comp. Esth. ix. 1; but see above Apocr. Esth. ii. 6, where the 14th day is fixed upon; according to Esth. iii. 13, Haman had appointed the thirteenth day for exterminating the Jews]. For Almighty hath turned to joy unto them the day wherein the chosen people should have perished. Ye shall therefore, among your solemn feasts, keep it an high day with all feasting [following Grotius, Fritzsche, and Ryssel κλήρων (sc. ὴμιν) is to be added after; according to this the Persian king instituted the Jewish Feast of Purim, as a day to be celebrated also by the Persians], that both now and hereafter there may be safety to us [the reading here should be ὑμιν instead of ἡμιν] and the well-affected Persians, and that it may be, to those which do conspire against us, a memorial of destruction. Therefore every city and country whatsoever which shall not do according to these things, shall be destroyed without mercy with fire and sword, and shall be made not only impassable for men, but also most hateful for wild beasts and fowls forever." v. 20-24 : "なたがたは援助して、それも同じ日に、 l3thが、 12月1日の鳥、彼らがありますavengedされてwhoでの時間設定は、かれらの苦悩[のCOMPです。 esthです。 9 。 1 ;しかしapocrを参照ください。 esth 。 Ⅱ 。 6日は、 14日は固定時;によると、 esth 。 Ⅲ 。 13日、 13日に任命さハマンは、ユダヤ人exterminating ]です。全能かれらがわたしを喜びそこの人々は、選択してその日は亡くなりました。なたがたはそのため、お客様の厳粛なお祭りの間、そのまま継続して高温の日にすべての祝宴[次のグロティウス、フリッチェ、およびryssel κλήρων ( sc. ὴμιν )を追加した後は;によると、このユダヤ人のペルシャ王の祝宴のプーリーム設置し、一日として祝わされるのもペルシャ人] 、今すぐと来世の両方の安全性をれる場合があります問い合わせ[ここでの読書の代わりにすべきであるὑμιν ἡμιν ]と、十分に影響を受けるペルシアており、そのことがありますが、それらのいずれかの陰謀を企てる問い合わせは、記念碑を破壊します。ためのすべての都市や国のものではないによると、これらのものは、無残にも破壊しなければならないと火災と剣を抜き、しなければならない男性だけでなく、通行不能、最も不快なだけでなく、野生動物たちと鶏を永遠に。 "

Interpretation of Mordecai's Dream.モルデカイの夢の解釈です。

In the Septuagint the interpretation of Mordecai's dream is separated from the dream itself, which forms the beginning of the additions, and constitutes the end of the whole apocryphon (vi. 1-10), with verse 11 as subscription (Swete, lc pp. 779 et seq.).は、セプトゥアギンタの解釈のモルデカイの夢は、自分自身の夢から分離、どのような形式の初めに、追加、としたものであり、全体の終わりにapocryphon ( vi. 1-10 ) 、詩11として購読(スウィート、液晶pp 。 779頁以降を参照。 ) 。 In the Vulgate the passage stands at the end of the canonical Book of Ezra (x. 4-11), preceding all other apocryphal additions as well as the dream itself, which here occupies xi.スタンドの通過には、流布本の最後には、正規の予約のエズラ( Xの4-11 ) 、上記のすべての作り話の追加だけでなく、夢自体、これについての占有XI 。の 2-11. 2-11 。 Neither dream nor interpretation is found in Josephus.どちらの夢も解釈が発見さヨセフスです。 The expression "God hath done these things" (comp. Matt. xxi. 42) refers to the whole story of the Book of Esther.の表現"神かれら行わこれらのもの" ( comp.マットです。 xxi 。 42 )を参照して、書籍全体のエスターの物語です。 Verse 2 refers to the dream told in the beginning of the book, which has been fulfilled in every respect.詩2を参照しての夢は、その本の初めにされてきたすべての点で満たさです。 "The little fountain that became a river" (vi. 3) signifies the elevation of Esther (see i. 9), who became a stream when the king married her and made her queen. "川沿いの小さな噴水となった" ( vi. 3 )を意味するの昇格のエスター( i. 9 ) 、 whoストリームになったときに、彼女とは彼女の女王王と結婚します。 The light and the sun (see i. 10) signify the salvation and joy that Esther brought to the Jews (comp. Esth. viii. 16).太陽の光と( i. 10 )の救いと喜びを意味してエスターbroughtユダヤ人( comp. esth 。 Ⅷ 。 16 ) 。 The two dragons are Mordecai and Haman.ドラゴンズは、 2つのモルデカイとハーマーンのです。 The nations that assembled to destroy the name of the Jews (see i. 6) are theheathen (comp. Esth. iii. 6-8).組み立ての国を破壊することは、ユダヤ人の名前( i. 6を参照)がtheheathen ( comp. esth 。 Ⅲ 。 6-8 ) 。 "And my nation is this Israel, which cried to God and were saved" (vi. 6; comp. iii. 11). "とわたしの人びとは、このイスラエル、これを神とは叫んだが保存さ" ( vi. 6 ;のCOMPです。 Ⅲ 。 11 ) 。 "Therefore hath he made two lots, one for the people of God, and another for all the Gentiles" (vi. 7; comp. Esth. iii. 7). "そこでかれは2つの多くは、 1つは、人々が神となり、他のすべてのgentiles " ( vi. 7 ;のCOMPです。 esth 。 Ⅲ 。 7 ) 。 "And the two lots were drawn [ἦλϑον; lit. "they came, sprang out at the right time"]: one for his people [Fritzsche and Ryssel add τῷ λαῶ αὐτοῦ], the other for all the other peoples." "と、 2つの多くは引き分け[ ἦλθον ;点灯します。 "彼らがやってきて、適切なタイミングでアウトにするspringの過去形" ] : 1つは彼の人々 [フリッチェとryssel τῷ λαῶ αὐτοῦに追加] 、他のための他のすべての人々です。 " "So God remembered his people and justified [decided in its favor; compare Deut. xxv. 1; I Kings viii. 32; Ecclus. (Sirach) xiii. 22; Vulg. freely rendered, "misertus est"; compare old Latin "salvavit"] his inheritance" (vi.9). "それで思い出した彼の神の人々と正当化[決定は、賛成;比較deut 。 25 。 1 ;私キングスⅧ 。 32 ; ecclusです。 (シラク) 13 。 22 ; vulg 。自由にレンダリング、 " misertusは" ;比較古ラテン語" salvavit " ]彼の相続" ( vi.9 ) 。 "Therefore those days shall be unto them in the month of Adar, the fourteenth and fifteenth day of the same month, with an assembly, and joy, and with gladness before God, according to the generations forever among his people" (vi. 10; comp. Esth. ix. 18, 21). "したがってこれらの日中にしなければならないかれらは、月日の鳥は、 14と15日の月と同じで、アセンブリ、および喜び、神の前で喜びによると、彼の世代の人々の間永遠に" ( vi. 10 ;のCOMPです。 esthします。 9 。 18 、 21 ) 。 In II Macc.で2世maccです。 xv. 15 。 36 the fourteenth day is called ἥ Μαρδοχαικὴ ἡμέρα. 36 、 14日はἥ μαρδοχαικὴ ἡμέραと呼ばれる。 The subscription, verse 11 (in Swete, ii. 780, inserted in the German Bible between Esther's reception by the king and Ahasuerus' second edict), refers to the whole Book of Esther together with the apocryphal additions, as does also the expression τὴυ προκειμέυηυ ἐπιστολὴυ τῶυ φρουραί (Swete), meaning "the above letter on Purim" (compare Esth. ix. 20, 29).サブスクリプション、詩11日(にスウィート、 Ⅱ 。 780 、ドイツ語聖書の間に挿入され、エスターのレセプションされた王とアハシュエロス' 2番目令)を参照して、一冊の本と一緒にエスターの作り話の追加、また、表現としてはτὴυ προκειμέυηυ ἐπιστολὴυ τῶυ φρουραί (スウィート) 、を意味する" 、上記の手紙をプーリーム" ( esthを比較します。 9 。 20 、 29 ) 。

This letter was taken to Egypt by Dositheus-who called himself a priest and Levite (?)-and his son Ptolemy, who maintained that it was the original (Apocr. Esther).この手紙が取らdositheus - whoと呼ばれるにエジプトにされ、自らを司祭とレビ(か? ) -と彼の息子プトレマイオス、 who維持しては、元の( apocr.エスター) 。 Lysimachus, Ptolemy's son, an inhabitant of Jerusalem, translated the letter in the fourth year of the reign of Ptolemy and Cleopatra (according to some in 455; see Fritzsche, lc pp. 72 et seq.). lysimachus 、プトレマイオスの息子、エルサレムの住人は、翻訳の手紙第4年のプトレマイオスとクレオパトラの治世( 455によると、いくつかある;参照フリッチェ、液晶pp 。 72頁以降を参照。 ) 。 Four Ptolemies had wives by the name of Cleopatra (Epiphanes, Philometor, Physkon, and Soter). ptolemiesがされた4つの妻の名前をクレオパトラ( epiphanes 、 philometor 、 physkon 、およびsoter ) 。 Soter II. soter Ⅱ 。 lived about that time; but all these notices are untrustworthy; compare, on the date of the letter, Jacob in Stade's "Zeitschrift," x.その時に住んについて;しかし、これらすべての通知は、信頼できない;比較は、その手紙の日付は、ジェイコブ、シュターデの" zeitschrift 、 " Xの 274-290, especially p.二百七十四から二百九十まで、特にp. 279.EGHCS 279.eghcs

Emil G. Hirsch, Carl Siegfried g.エミールハーシュ、カールジークフリート

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


Estherエスター

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Haman and Mordecai.咸安とモルデカイです。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

The Rabbinic Account.アカウントのラビです。

Mordecai and Esther.エスターモルデカイとします。

Esther Before Ahasuerus.エスターアハシュエロスの前です。

-Critical View:クリティカルな対象:

Improbabilities of the Story.その物語そうもないことです。

Probable Date.概日です。

Name of the chief character in the Book of Esther, derived, according to some authorities, from the Persian "stara" (star); but regarded by others as a modification of "Ishtar," the name of the Babylonian goddess (see below).チーフの名前を、この本のエスターの文字を、派生した、いくつかの当局によると、ペルシャ語から" stara " (スター) ;しかし、考えられたの変更として、他人を"イシュタール"の名前をバビロニアの女神(下記参照)です。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The story of Esther, as given in the book bearing her name, is as follows: The King of Persia, Ahasuerus, had deposed his queen Vashti because she refused, during a festival, toshow at his command her charms before the assembled princes of the realm (i. 10).エスターの物語を、この本軸受として与えられた彼女の名は以下のとおりです:ザキングオブペルシャ、アハシュエロス、 vashtiの女王は彼の退陣を拒否したため、彼女は、祭り中に、彼女の魅力toshow彼のコマンドは、君主の前に組み立てられたレルム( i. 10 ) 。 Many beautiful maidens were then brought before the king in order that he might choose a successor to the unruly Vashti.たくさんの美しい乙女が表ざたに入力し、王のために彼の後継者を選択するかもしれないvashtiを手に負えない。 He selected Esther as by far the most comely.彼は選択したエスターとして群を抜いて最も見栄えの良いです。 The heroine is represented as an orphan daughter of the tribe of Benjamin, who had spent her life among the Jewish exiles in Persia (ii. 5), where she lived under the protection of her cousin Mordecai.のヒロインは、孤児の娘として表現され、ベンジャミン部族の、使用済みwhoいた彼女の人生の中で、ユダヤ人の亡命者ペルシャ( ii. 5 ) 、ここで彼女は彼女のいとこの保護下に住んでモルデカイです。 The grand vizier, Haman the Agagite, commanded Mordecai to do obeisance to him.野党ハン主席大臣、咸安のagagite 、モルデカイこれを行うにおじぎを命じていた。 Upon Mordecai's refusal to prostrate himself, Haman informed the king that the Jews were a useless and turbulent people and inclined to disloyalty, and he promised to pay 10,000 silver talents into the royal treasury for the permission to pillage and exterminate this alien race.自分自身にサジダするモルデカイの拒否を、インフォームドコンセントハマンは、ユダヤ人の王が役に立たないと不忠乱流の人々とする傾向がある、と彼の才能を約束してシルバー10000を支払うロイヤル財務省は、外国人の許可を略奪し、このレース駆除します。 The king then issued a proclamation ordering the confiscation of Jewish property and a general extermination of all the Jews within the empire.ザキング入力し、発注の発行を発するとユダヤ人の財産没収の一般的な駆除のすべてのユダヤ人の帝国です。 Haman set by lot the day for this outrage (iii. 6), but Mordecai persuaded Esther to undertake the deliverance of her compatriots.咸安たくさんの日を設定され、この暴挙( iii. 6 ) 、しかし、モルデカイを説得するエスターデリヴァランス彼女の設立に着手します。

Haman and Mordecai.咸安とモルデカイです。

After a three days' fast observed by the entire Jewish community, the queen, at great personal risk, decided to go before the king and beg him to rescind his decree (iv. 16).の後に3日間の高速観測されたユダヤ人社会全体のは、女王さまは、個人にとっての大きなリスクについては、王の前には行くことに決めてほしいと懇願彼と彼の命令を取り消す( iv. 16 ) 。 Ahasuerus, delighted with her appearance, held out to her his scepter in token of clemency, and promised to dine with her in her own apartments on two successive nights (v. 2-8).アハシュエロス、喜んで彼女の姿は、彼の王笏で開かれたトークンを彼女の寛大な処置をし、食事を約束して彼女を自分のアパートに2つの連続する夜(動2-8 ) 。 On the night before the second banquet, when Esther intended to make her petition, the king, being sleepless, commanded that the national records be read to, him.パーティで2番目の前の晩に、彼女の請願書を作るときに意図したエスター、ザキング、眠れぬが、全国のレコードが命じられたことを読んで、彼します。 The part which was read touched upon the valuable services of Mordecai (vi. 1 et seq.), who some time before had discovered and revealed to the queen a plot against the king's life devised by two of the chamberlains (ii. 23).の部分に触れたのは、読み取りモルデカイの貴重なサービス( vi. 1頁以降を参照。 ) 、 whoいくつかの時間を発見し、前にいたの陰謀を明らかにするの女王、王の命によって考案さの2つのchamberlains ( ii. 23 ) 。 For this, by some unexplained oversight, Mordecai had received no reward.このためには、いくつかの原因不明の監視され、モルデカイの報奨金を受け取った。 In the meantime the queen had invited the grand vizier to the banquet.それまでの間の女王グランド主席大臣を招待していたとする晩餐会にします。 When Haman, who was much pleased at the unusual honor shown him by the queen, appeared before the king to ask permission to execute Mordecai at once, Ahasuerus asked him, "What shall be done to the man whom the king delighteth to honor?"咸安とき、 whoは、喜んでいるくらい彼のことを示すという異例の名誉の女王、王の前に登場を実行する許可を求めるモルデカイを一度に、アハシュエロス尋ねた、 "どのようなことをしなければならない王の男delightethに敬意を払う人ですか? " Haman, thinking that the allusion was to himself, suggested a magnificent pageant, at which one of the great nobles should serve as attendant (vi. 9).咸安、と考えることで自分自身の問題への言及は、壮大なコンテストを提案した、その偉大な貴族の1つとしては、アテンダント( vi. 9 ) 。 The king immediately adopted the suggestion, and ordered Haman to act as chief follower in a procession in honor of Mordecai (vi. 10).ザキング提案を採用してすぐに、咸安に行動すると指示フォロワの所長として、行列に敬意を表してモルデカイ( vi. 10 ) 。

The next day at the banquet, when Esther preferred her request, both the king and the grand vizier learned for the first time that the queen was a Jewess.次の日は、パーティ、エスタープリファード彼女の要求時に、王のグラン主席大臣の両方のためのは初めてのことを学んだの女王は、ユダヤ女性です。 Ahasuerus granted her petition at once and ordered that Haman be hanged on the gibbet which the latter had prepared for his adversary Mordecai (vii.).アハシュエロス付与彼女の請願書を一度にと指示を検索すること咸安絞首刑絞首台には、後者の準備を彼の敵はモルデカイ( vii. ) 。 Mordecai was then made grand vizier, and through his and Esther's intervention another edict was issued granting to the Jews the power to pillage and to slay their enemies.モルデカイは、入力し、グランド主席大臣は、彼とエスターの介入を通じて別の布告が発行する権限を付与して略奪とユダヤ人の敵を殺す。

Before the day set for the slaughter arrived a great number of persons, in order to avoid the impending disaster, became Jewish proselytes, and a great terror of the Jews spread all over Persia (viii. 17).食肉処理の前に到着した日を設定して多くの人は、迫り来る災害を避けるためには、 proselytesはユダヤ人、ユダヤ人と偉大なテロの拡散のすべてのペルシャ( viii. 17 ) 。

The Jews, assisted by the royal officers, who feared the king, were eminently successful in slaying their enemies (ix. 11), but refused to avail themselves of their right to plunder (ix. 16).ユダヤ人は、援助を受けてロイヤル役員、 who恐れザキングは、彼らの敵が際立って成功を収めて殺害( ix. 11 ) 、しかし、彼らを拒否してご自身の権利を略奪( ix. 16 ) 。 The queen, not content with a single day's slaughter, then requested the king to grant to her people a second day of vengeance, and begged that the bodies of Haman's ten sons, who had been slain in the fray, be hanged on the gibbet (ix. 13).女王ではなく、コンテンツを、 1つの日の食肉処理を要請して王を付与する2番目の日に彼女の人々の復讐と許しを請う咸安の遺体は、 10人の息子、 whoていた殺害されたの乱闘、絞首台に絞首刑を検索する( 9 。 13 ) 。 Esther and Mordecai, acting with "all authority" (ix. 29), then founded the yearly feast of Purim, held on the fourteenth and fifteenth of Adar as a joyous commemoration of the deliverance of their race.EGHJDPエスターとモルデカイ、演技に"すべての権限" ( ix. 29 )は、例年の饗宴を入力し、プーリーム設立し、第14 、第15回開催されるのを記念して、楽しい鳥としての救出race.eghjdp

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

The story of Esther-typical in many regards of the perennial fate of the Jews, and recalled even more vividly by their daily experience than by the annual reading of theMegillah at Purim-invited, both by the brevity of some parts of the narrative and by the associations of its events with the bitter lot of Israel, amplifications readily supplied by popular fancy and the artificial interpretation of Biblical verse.エスター-典型的な物語に関しては、多年生の多くのユダヤ人の運命を、もっと生き生きとされ、リコールよりも、日常の経験をされる毎年恒例の読書のthemegillahプーリーム-招待、両方を簡潔にするためのいくつかの部分との物語そのイベントの関連付けの苦い多くのイスラエル、日本、 amplifications容易に供給される人気の高級人工的に解釈すると聖書の詩です。 The additions to Esther in the (Greek) Apocrypha have their counterparts in the post-Biblical literature of the Jews, and while it is certain that the old assumption of a Hebrew original for the additions in the Greek Book of Esther is not tenable (see Kautzsch, "Die Apocryphen und Pseudepigraphen des Alten Testaments," i. 194), it is not clear that the later Jewish amplifications are adaptations of Greek originals.エスターの機能が追加さは、 (ギリシャ語)外典にはカウンターは、聖書の文学ポストは、ユダヤ人、そして、昔のことは確かオリジナルを前提に、ヘブライ語、ギリシャ語の追加予約のエスターではない批判に耐えられる(参照カウチ、 "死ぬapocryphen und pseudepigraphenデアルテンtestaments 、 "の経験I.クリチバ194 )が、これは、後のユダヤ人を明確に適応amplificationsは、ギリシャ語の原本です。

The following post-Biblical writings have to be considered:聖書の記述は、次のポスト考慮しなければならない:

(1) The first Targum. ( 1 )の最初のターガムです。 The Antwerp and Paris polyglots give a different and longer text than the London.アントワープとパリのpolyglots与えると、別のロンドンよりも長いテキストです。 The best edition is by De Lagarde (reprinted from the first Venice Bible) in "Hagiographa Chaldaice," Leipsic, 1873.のベスト盤は、ドラガルド(再発からの最初のベニス聖書)が" hagiographa chaldaice 、 "リプシック、 1873 。 The date of the first Targum is about 700 (see S. Posner, "Das Targum Rishon," Breslau, 1896).この評価をし、最初のターガムは約700 (参照s.ポズナー、 " dasターガムrishon 、 "ブレスラウ、 1896 ) 。

(2) Targum Sheni (the second; date about 800), containing material not germane to the Esther story. ( 2 )ターガムsheni ( 2番目の;日約800人) 、含有物質は密接な関係をエスターの物語です。 This may be characterized as a genuine and exuberant midrash.この5月に、正規の特徴として、あふれんばかりのミドラーシュです。 Edited by De Lagarde (in "Hagiographa Chaldaice," Berlin, 1873) and by P. Cassel ("Aus Literatur und Geschichte," Berlin and Leipsic, 1885, and "Das Buch Esther," Berlin, 1891, Ger. transl.).編集されドラガルド( " hagiographa chaldaice 、 "ベルリン、 1873 )とされp.カッセル( "オーストラリアliteratur und geschichte 、 "ベルリンとリプシック、 1885 、および" dasブーフエスター、 "ベルリン、 1891年、ドイツします。 transl 。 )です。

(3) Babylonian Talmud, Meg. ( 3 )バビロニアタルムード、メグです。 10b-14a. 10b - 14aです。

(4) Pirḳe R. El. ( 4 ) pirḳe r.エルです。 49a, 50 (8th cent.). 49a 、 50 ( 8セントです。 ) 。

(5) Yosippon (beginning of 10th cent.; see Zunz, "GV" pp. 264 et seq.). ( 5 ) yosippon (初めに10セントです。 ;参照ツンツ、 " gv " pp 。 264頁以降を参照。 ) 。

(6) Midr. ( 6 ) midrです。 R. to Esther (probably 11th cent.). r.をエスター(おそらく11セントです。 ) 。

(7) Midr. ( 7 ) midrです。 Leḳaḥ Ṭob (Buber, "Sifre di-Agadta," Wilna, 1880). leḳaḥ ṭob (ブーバー、 " sifreディ- agadta 、 " wilna 、 1880 ) 。

(8) Midr. ( 8 ) midrです。 Abba Gorion (Buber, lc; Jellinek, "BH" i. 1-18).のAbbaゴリオン(ブーバー、液晶;イェリネック、 " bh "の経験I.クリチバ1-18 ) 。

(9) Midr. ( 9 ) midrです。 Teh.その。 to Ps.をpsのです。 xxii. xxii 。

(10) Midr. ( 10 ) midrです。 Megillat Esther (ed. by Horwitz in his "Sammlung Kleiner Midrashim," Berlin, 1881). megillatエスター(編さホーウィッツ彼の" sammlung kleiner midrashim 、 "ベルリン、 1881 ) 。

(11) Ḥelma de Mordekai (Aramaic: Jellinek, "BH" v. 1-8; De Lagarde, lc pp. 362-365; Ad. Merx, "Chrestomathia Targumica," 1888, pp. 154 et seq.). ( 11 ) ḥelmaデmordekai (アラム語:イェリネック、 " bh " v. 1-8 ;ドラガルド、液晶pp 。 362から365 ;広告です。 merx 、 " chrestomathia targumica 、 " 1888年、 pp 。 154頁以降を参照。 ) 。

(12) Yalḳ. ( 12 ) yalḳです。 Shim'oni to Esther.エスターshim'oniをします。

The Rabbinic Account.アカウントのラビです。

With the omission of what more properly belongs under Ahasuerus, Haman, and Mordecai, the following is briefly the story of Esther's life as elaborated by these various midrashim: A foundling or an orphan, her father dying before her birth, her mother at her birth, Esther was reared in the house of Mordecai, her cousin, to whom, according to some accounts, she was even married (the word , Esth. ii. 7, being equal to = "house," which is frequently used for "wife" in rabbinic literature).どのような他の不作為の下で適切に属しますアハシュエロス、咸安、およびモルデカイは、以下のは、簡単にエスターの人生の物語によって産生されたとして、これらの様々なmidrashim :捨て子や孤児、彼女の父親死ぬ前に彼女の誕生日、彼女の母親は彼女の誕生、エスターは、家の中で育てられたのモルデカイ、彼女のいとこ、誰によると、いくつかのアカウントでは、彼女は結婚さえ(という言葉は、 esth 。 Ⅱ 。 7日、に等しい= "家"には、頻繁に使用される"妻"とラビ文学) 。 Her original name was "Hadassah" (myrtle), that of "Esther" being given her by the star-worshipers, as reflecting her sweet character and the comeliness of her person.彼女の元の名前は" hadassah " (マートル) 、それは"エスター"が与えられた彼女のスター-しもべ、彼女の甘いキャラクターとの容姿の良さを反映し彼女の人です。 When the edict of the king was promulgated, and his eunuchs scoured the country in search of a new wife for the monarch, Esther, acting on her own judgment or upon the order of Mordecai, hid herself so as not to be seen of men, and remained in seclusion for four years, until even God's voice urged her to repair to the king's palace, where her absence had been noticed.ときに、王の勅令が公布さ、と彼の国で検索洗い上げeunuchs 、新しい妻は、君主は、エスターは、彼女自身の判断に作用する時の順序をモルデカイまたは、 hidにしないように自身の男性を見て、との容体は4年間引きこもって、神の声までも彼女を修復するよう要請して王の宮殿、ここで気づいていた彼女は不在です。 Her appearance among the candidates for the queen's vacant place causes a commotion, all feeling that with her charms none can compete; her rivals even make haste to adorn her.彼女の外観の間の空位の女王候補が原因で、騒ぎは、すべて彼女の魅力を感じて、誰も競争;彼女のライバルも急いで飾る彼女のです。 She spurns the usual resources for enhancing her beauty, so that the keeper of the harem becomes alarmed lest he be accused of neglect.彼女のリソースを向上させるspurns彼女の美しさ、いつものように、ハーレムの番人が危機感を募らせるの罪に問われる彼を無視しないようにします。 He therefore showers attentions upon her, and places at her disposal riches never given to others.彼は彼女のためにシャワー注目し、富を決して与えられた場所で彼女の処分を他のです。 But she will not be tempted to use the king's goods, nor will she eat of the king's food, being a faithful Jewess; together with her maids (seven, according to the number of the week-days and of the planets) she continues her modest mode of living.しかし、彼女の誘惑には王の財を使用して、また彼女は、王の食べ物を食べるのは、ユダヤ女性が、忠実な;と一緒に彼女のメイド( 7 、によると、数週間以内に-日中との惑星の)彼女は続けて彼女の控えめなモードでの生活です。 When her turn comes to be ushered into the royal presence, Median and Persian women flank her on both sides, but her beauty is such that the decision in her favor is at once assured.彼女に案内されるときにはロイヤルの存在を、彼女の脇腹正中とペルシャ語の女性の両側に、しかし、彼女の美しさは、彼女のように賛成の意思決定を一度には安心です。 The king has been in the habit of comparing the charms of the applicants with a picture of Vashti suspended over his couch, and up to the time when Esther approaches him none has eclipsed the beauty of his beheaded spouse.ザキングされ魅力にするのが癖に比較して、応募者の絵が描いてvashti停職に彼のソファ、および最大のアプローチに時間がエスター彼なしには彼の斬首の配偶者の美しさを隠蔽します。 But at the sight of Esther he at once removes the picture.しかし、エスターする光景を見て彼の画像を一度に削除します。 Esther, true to Mordecai's injunction, conceals her birth from her royal consort.エスター、 trueをモルデカイの差し止め命令は、彼女の誕生から隠し彼女のロイヤルコンソートです。 Mordecai was prompted to give her this command by the desire not to win favors as Esther's cousin.モルデカイは、このコマンドプロンプトを与える彼女の願望としてはエスターのいとこの恩恵を得る。 The king, of course, is very desirous of learning all about her antecedents, but Esther, after vouchsafing him the information that she, too, is of princely blood, turns the conversation, by a few happy counter-questions regarding Vashti, in a way to leave the king's curiosity unsatisfied.ザキング、もちろん、すべての学習は非常に望んでいる彼女の素性については、しかし、エスター、 vouchsafingした後、彼は彼女の情報を、あまりにも、王侯貴族の血が、ターンすると、スレッド、幸せなのですが、カウンターvashtiに関する質問は、 、キングの方法を残しておくの好奇心を満たされていない。

Mordecai and Esther.エスターモルデカイとします。

Still Ahasuerus will not be baffled.キツネにつまままだアハシュエロスはできません。 Consulting Mordecai, he endeavors to arouse Esther's jealousy-thinking that this will loosen her tongue-by again gathering maidens in his courtyard, as though he is ready to mete out to her the fate of her unfortunate predecessor.コンサルティングモルデカイ、彼はエスターの嫉妬心を抱かせる努力を-と考えることでこれは彼女の舌を緩める乙女の集まりで再び彼の中庭、まるで彼はすぐに彼女の運命を提供する彼女の不幸の前身です。 But even under this provocation Esther preserves her silence.しかし、この挑発されてエスター彼女の沈黙を保持します。 Mordecai's daily visits to the courtyard are for the purpose of ascertaining whether Esther has remained true to the precepts of her religion.モルデカイの中庭への訪問数を毎日のためには、エスターascertainingかどうかは依然として彼女の真の宗教戒律をします。 She had not eaten forbidden food, preferring a diet of vegetables, and had otherwise scrupulously observed the Law.彼女は禁じられて食べていない食品、ダイエットの野菜を好む、とは他の綿密に観察している。 When the crisis came Mordecai-who had, by his refusal to bow to Haman or, rather, to the image of an idol ostentatiously displayed on his breast (Pirḳe R. El. lxix.), brought calamity upon the Jews-appeared in his mourning garments, and Esther, frightened, gave birth to a still-born child.来たときの危機モルデカイ- whoは、彼の咸安おじぎを拒否するか、ではなく、アイドルのイメージをostentatiouslyに表示されて彼の胸( pirḳe r.エルです。 69 。 ) 、 brought災害時の彼のユダヤ人-が掲載され喪に服して衣料品、およびエスター、怖がって、出産してまだ生まれた子供です。 To avoid gossip she sent Hatach instead of going herself to ascertain the cause of the trouble.ゴシップを避けるために彼女自身を送信hatach行く代わりに、トラブルの原因を解明する。 This Hatach was afterward met by Haman and slain.このhatachは咸安とされ殺害された後に会った。 Still Mordecai had been able to tell Hatach his dream, that Esther would be the little rill of water separating the two fighting monsters, and that the rill would grow to be a large stream flooding the earth-a dream he had often related to her in her youth.まだモルデカイhatachていた彼の夢を伝えること、それはリトルエスターリルの水を分離して2つの戦闘モンスターとは、リルはストリームに成長する大規模な洪水は、地球の夢の彼は彼女を頻繁に関連して彼女の若者です。

Esther Before Ahasuerus.エスターアハシュエロスの前です。

Mordecai called upon her to pray for her people and then intercede with the king.モルデカイ彼女を祈願するために彼女と呼ばれる人々と入力し、仲を取り持つの王です。 Though Pesaḥ was near, and the provision of Megillat Ta'anit forbidding fasting during this time could not be observed without disregarding Mordecai's plea, she overcame her cousin's scruples by a very apt counter-question, and at her request all the Jews "that had on that day already partaken of food" observed a rigid fast, in spite of (Esth. iv. 17) the feast-day (Pesaḥ), while Mordecai prayed and summoned the children and obliged even them to abstain from food, so that they cried out with loud voices. pesaḥは、近くにかかわらず、との規定を威嚇するような断食megillat ta'anitこの時間の間に観測できませんでしたモルデカイの訴えを無視せず、彼女は彼女のいとこのためらいを克服された非常にAPTのカウンタ-質問し、彼女のリクエストのすべてのユダヤ人"は、その日は既にpartakenの食糧"観測硬直した高速、にもかかわらず( esth. Ⅳ 。 17 )の饗宴-日( pesaḥ ) 、中モルデカイ祈ったと召喚して、子供たちと絶食する義務も、それでかれら大きな声で叫んだアウトします。 Esther in the meantime put aside her jewels and rich dresses, loosenedher hair, fasted, and prayed that she might be successful in her dangerous errand.エスター棚上げにするまでの間に彼女の宝石と豊かなドレス、 loosenedher髪、絶食し、成功を収めて祈った彼女は彼女かもしれない危険な用事です。 On the third day, with serene mien she passed on to the inner court, arraying herself (or arrayed by the "Holy Ghost," Esth. Rabbah) in her best, and taking her two maids, upon one of whom, according to court etiquette, she leaned, while the other carried her train.上の3日目に、彼女は穏やかな物腰を渡され、内側のコート、 arrayingつぶやきました(または配列された"聖霊は、 " esthです。アンマン)が彼女のベスト、および撮影彼女の2つの若い娘は、本人の一人によると、裁判所礼儀作法、彼女が寄り掛かり、彼女の列車ながら、他の実行します。 As soon as she came abreast with the idols (perhaps an anti-Christian insinuation) the "Holy Ghost" departed from her, so that she exclaimed, "My God, my God, why hast thou forsaken me?"人並んで来たとすぐに彼女のアイドル(多分に反キリスト教の当てこすり) "聖霊"ディパーテッドから彼女のように、彼女は叫んだ、 "私の神様、私の神、なぜなた見捨てられた私ですか? " (Ps. xxii. 1); thereupon, repenting having called the enemy "dog," she now named him "lion," and was accompanied by three angels to the king. ( ps. xxii 。 1 ) ;そこで、敵と呼ばれることrepenting "犬、 "彼女は今すぐ彼の名前"ライオン"とは、 3つの天使たちを同行され、王です。 Ahasuerus attempted to ignore her, and turned his face away, but an angel forced him to look at her.アハシュエロスしようと彼女を無視する、とし、背き彼の顔にでも天使の強制彼を見ていた。 She, however, fainted at the sight of his flushed face and burning eyes, and leaned her head on her handmaid, expecting to hear her doom pronounced; but God increased her beauty to such an extent that Ahasuerus could not resist.彼女は、しかし、気を失って顔面紅潮する光景を見て彼の目と書き込み、および寄り掛かり彼女の頭を彼女のお手伝いさんは、彼女の運命を期待して発音を聞く;しかし、彼女の美しさを神のような程度の増加をアハシュエロスレジストできませんでした。 An angel lengthened the scepter so that Esther might touch it: she invited the king to her banquet.天使のように長く、セプタータッチエスターかもしれないこと:彼女は彼女のパーティに招待して王様です。 Why Haman was invited the Rabbis explain in various ways.なぜ咸安招待してラビは、さまざまな方法を説明します。 She desired to make the king jealous by playing the lover to Haman, which she did at the feast, planning to have him killed even though she should share his fate.彼女は希望を作るザキング嫉妬深い恋人を咸安を再生して、これは、ごちそう彼女は、彼に自分の殺害を計画してもかかわらず、彼女は彼の運命を共有します。 At the supreme moment, when she denounced Haman, it was an angel that threw Haman on the couch, though he intended to kneel before the queen; so that the king, suspecting an attempt upon the virtue and life of his queen, forthwith ordered him to be hanged.は、最高の瞬間、彼女は非難咸安とき、それは、天使の長いすの上に投げた咸安、かかわらず、彼の前にひざまずくことを目的とし女王;して、王は、疑いの美徳と生活しようとする彼の女王さまは、速やかに指示した絞首刑にされる。

To the Rabbis Esther is one of the four most beautiful women ever created.エスターは、 1つは、ラビの4つの最も美しい女性まで作成されます。 She remained eternally young; when she married Ahasuerus she was at least forty years of age, or even, according to some, eighty years (彼女は永遠に若い;ときに彼女と結婚アハシュエロス彼女は、少なくとも40歳以上の、あるいは、いくつかによると、 80年( = 5, = 5 、 = 60, = 60 、 = 4, = 4 、 = 5 = 74 years; hence her name "Hadassah"). = 5 = 74年間;それゆえ彼女の名前" hadassah " ) 。 She is also counted among the prophetesses of Israel.彼女はまた、イスラエルprophetesses数えられる。

Critical View:重要な対象:

As to the historical value of the foregoing data, opinions differ.また、歴史的な価値は、前述のデータは、意見が食い違う。 Comparatively few modern scholars of note consider the narrative of Esther to rest on an historical foundation.比較的いくつかのモダンな学者の注意を考慮して物語のエスターを休ませる上で歴史的な基盤です。 The most important names among the more recent defenders of the historicity of the book are perhaps Hävernick, Keil, Oppert, and Orelli.最も重要な名前の間の他の最近の守備は、史実のhävernickの予約はおそらく、 keil 、オペール、およびオレッリです。 The vast majority of modern expositors have reached the conclusionthat the book is a piece of pure fiction, although some writers qualify their criticism by an attempt to treat it as a historical romance.の大部分は、近代的expositorsに達してconclusionthat本作品は、純粋なフィクションか、いくつかの資格が批判される作家の試みとして歴史的なロマンスを治療することです。 The following are the chief arguments showing the impossibility of the story of Esther:チーフの引数は、次のは、不可能なことは、表示中のエスターの物語:

Improbabilities of the Story.その物語そうもないことです。

1. 1 。 It is now generally recognized that the Ahasuerus (), mentioned in Esther, in Ezra iv.これは一般的に認識して今すぐアハシュエロス( ) 、に記載されエスターは、エズラⅣ 。 6, and in Dan. 6 、およびダンです。 ix. 9 。 1, is identical with the Persian king known as Xerxes (Ξέρζης, "Khshayarha"), who reigned from 485 to 464 BC; but it is impossible to find any historical parallel for a Jewish consort to this king. 1 、ペルシャ語では同じ王として知られてクセルクセス( ξέρζης 、 " khshayarha " ) 、 who 485から464まで在位紀元前;しかし、歴史的に見つけられるようにすることは不可能にユダヤ人のコンソートを並列に、このキングです。 Some critics formerly identified Esther with Amastris (Ionic, "Amestris"), who is mentioned by Herodotus (viii. 114, ix. 110; compare Ctesias, 20) as the queen of Xerxes at the time when Esther, according to Esth.いくつかの批評家以前に発見エスターamastris (イオン、 " amestris " ) 、 whoに記載されヘロドトス( viii. 114 、 9世です。 110 ;比較ctesias 、 20 )の女王としてクセルクセスは、時間がエスターによると、 esthです。 ii. Ⅱ 。 6, became the wife of Ahasuerus. 6 、妻のアハシュエロスなった。 Amastris, however, was the daughter of a Persian general and, therefore, not a Jewess. amastris 、しかし、娘には、ペルシャ語全般と、そのためではなく、ユダヤ女性です。 Furthermore, the facts of Amastris' reign do not agree with the Biblical story of Esther.また、この事実をamastris '治世はありませんエスターに同意する聖書の物語です。 Besides all this, it is impossible to connect the two names etymologically.このほか、それは不可能であることを語源に接続して2つの名前です。 M'Clymont (Hastings, "Dict. Bible," i. 772) thinks it possible that Esther and Vashti may have been merely the chief favorites of the harem, and are consequently not mentioned in parallel historical accounts. m'clymont (ヘイスティングス、 " dictのです。聖書は、 "の経験I.クリチバ772 )エスターと考えている可能性があるだけかもしれないの首席vashtiお気に入りは、ハーレム、とは、その結果は歴史的なアカウントを並列に記載されています。

It is very doubtful whether the haughty Persian aristocracy, always highly influential with the monarch, would have tolerated the choice of a Jewish queen and a Jewish prime minister (Mordecai), to the exclusion of their own class-not to speak of the improbability of the prime ministry of Haman the Agagite, who preceded Mordecai.かどうか疑わしいことは非常に横柄なペルシャ語の貴族は、常に大きな影響力の君主は、容認の選択は、ユダヤ人とユダヤ人の総理大臣の女王(モルデカイ) 、自分のクラスのことを排除するのではなく、 improbabilityのを話す首相府の咸安のagagite 、 who先行モルデカイです。 "Agagite" can only be interpreted here as synonymous with "Amalekite" (compare "Agag," king of the Amalekites, the foe of Saul, I Sam. xv. 8, 20, 32; Num. xxiv. 7; see Agag). " agagite "ここにしかと同義語と解釈される"アマレク" (比較"アガグ、 "キングオブザamalekitesは、敵のソール、私サムです。 15 。 8日、 20日、 32 ; NUM件です。 24 。 7 ;参照アガグ)です。 Oppert's attempt to connect the term "Agagite" with "Agaz," a Median tribe mentioned by Sargon, can not be taken seriously.オペールに接続するための試みという用語は" agagite "と"アガーズ族は、 "サルゴン正中部族に記載され、真剣にすることはできません。 The term, as applied to Haman, is a gross anachronism; and the author of Esther no doubt used it intentionally as a fitting name for an enemy of Israel.という用語は、咸安として適用され、総は、時代錯誤;とし、著者のエスター間違いないとして使用されること継手の名前を意図的にイスラエルの敵です。 In the Greek version of Esther, Haman is called a Macedonian.は、ギリシャ語のバージョンのエスター、ハマンは、マケドニア語と呼ばれる。

2. 2 。 Perhaps the most striking point against the historical value of the Book of Esther is the remarkable decree permitting the Jews to massacre their enemies and fellow subjects during a period of two days.おそらく最も印象的ポイント反対する歴史的な価値は、予約のエスターは、驚くべき令を許せば、ユダヤ人大虐殺の期間中に敵や、仲間の科目の2つの日中です。 If such an extraordinary event had actually taken place, should not some confirmation of the Biblical account have been found in other records?もしこのような異常な出来事が実際に行われ、いくつかの確認はないという聖書のアカウントを他のレコードが発見されてですか? Again, could the king have withstood the attitude of the native nobles, who would hardly have looked upon such an occurrence without offering armed resistance to their feeble and capricious sovereign?再び、王に逆らったの態度が、ネイティブの貴族、 whoはほとんど発生せずにこのような顔に武力抵抗を提供して弱々しいと気まぐれな主権ですか? A similar objection may be made against the probability of the first edict permitting Haman the Amalekite to massacre all the Jews. 、同様の異議申立をすることができる確率が許せば、最初の布告を咸安のアマレク人のすべてのユダヤ人大虐殺です。 Would there not be some confirmation of it in parallel records?はないことを並列にはいくつかの確認の記録ですか? This whole section bears the stamp of free invention.クマは、このセクション全体を無料にして、スタンプを発明します。

3. 3 。 Extraordinary also is the statement that Esther did not reveal her Jewish origin when she was chosen queen (ii. 10), although it was known that she came from the house of Mordecai, who was a professing Jew (iii. 4), and that she maintained a constant communication with him from the harem (iv. 4-17).臨時の声明をエスターも彼女のユダヤ人の起源を明らかにしなかったときに彼女が選ばれたの女王( ii. 10 )が、これは知られている彼女の家のモルデカイから来た、 whoは、ユダヤ人professing ( iii. 4 ) 、およびその彼女は彼からの通信を維持して定数のハーレム( iv. 4-17 ) 。

4. 4 。 Hardly less striking is the description of the Jews by Haman as being "dispersed among the people in all provinces of thy kingdom" and as disobedient "to the king's laws" (iii. 8).あまり変わり映えのほとんどは、ユダヤ人を咸安の説明をされて"すべての地方の人々の間に分散なたの王国"と言うことをきかない"と、王の法律" ( iii. 8 ) 。 This certainly applies more to the Greek than to the Persian period, in which the Diaspora had not yet begun and during which there is no record of rebellious tendencies on the part of the Jews against the royal authority.この他に確かに適用してペルシャ語、ギリシャの時代よりもされるのは、 diasporaはまだ始まったとの記録がない中で反抗的な傾向に反対するユダヤ人の一部をロイヤル権威です。

5. 5 。 Finally, in this connection, the author's knowledge of Persian customs is not in keeping with contemporary records.最後に、これと関連し、ペルシャ語の知識を、著者の税関ではないと現代の記録を保持します。 The chief conflicting points are as follows:首席競合ポイントは以下のとおり:

(a) Mordecai was permitted free access to his cousin in the harem, a state of affairs wholly at variance with Oriental usage, both ancient and modern. (ア)の無料アクセスを許可モルデカイは、彼のいとこは、ハーレムは、問題の状態を完全には東洋の差異を利用方法は、古代と現代の両方です。

(b) The queen could not send a message to her own husband (!). ( b )本契約の女王にメッセージを送信できませんでした自分の夫( ! )です。

(c) The division of the empire into 127 provinces contrasts strangely with the twenty historical Persian satrapies. (ウ)地方部が実施して帝国のコントラストを127不思議な歴史的なペルシャ語の20 satrapiesです。

(d) The fact that Haman tolerated for a long time Mordecai's refusal to do obeisance is hardly in accordance with the customs of the East. (エ)という事実を容認咸安モルデカイのに長い時間を拒否に基づきこれを行うにおじぎはほとんどの東の税関のです。 Any native venturing to stand in the presence of a Turkish grand vizier would certainly be severely dealt with without delay.任意のネイティブventuringに立つのが存在する、トルコのグランド主席大臣は遅滞なく確実に厳しく対処します。

(e) This very refusal of Mordecai to prostrate himself belongs rather to the Greek than to the earlier Oriental period, when such an act would have involved no personal degradation (compare Gen. xxiii. 7, xxxiii. 3; Herodotus, vii. 136). (オ)この非常に拒否モルデカイをギリシャ語にサジダして自分自身に属するというよりも、以前のオリエンタル期間中、このような行為は含まれていないが個人的な劣化( 23 Gen 。と比較します。 7日、 33 。 3 ;ヘロドトス、 Ⅶ 。 136 ) 。

(f) Most of the proper names in Esther which are given as Persian appear to be rather of Semitic than of Iranian origin, in spite of Oppert's attempt to explain many of them from the Persian (compare, however, Scheftelowitz, "Arisches im Alten Testament," 1901, i.). (女)の大部分の適切な名前を与えられたとしてエスターペルシャ語が表示されるというよりもイランのユダヤ人の起源は、にもかかわらず、オッペルトの試みを説明してから、ペルシャ語の多くは(比較する、しかし、 scheftelowitz 、 " arischesイムアルテン遺言、 " 1901年、 i. ) 。

Probable Date.概日です。

In view of all the evidence the authority of the Book of Esther as a historical record must be definitely rejected.対象のすべての証拠にする権限は、予約のエスターdefinitelyしなければならない歴史的記録として拒否されました。 Its position in the canon among the Hagiographa or "Ketubim" is the only thing which has induced Orthodox scholars to defend its historical character at all.その位置を表示してキヤノン間のhagiographaまたは" ketubim "は、正統派の学者のみ引き起こされるものは、歴史上の人物にすべてを守ろうとしています。 Even the Jews of the first and second centuries of the common era questioned its right to be included among the canonical books of the Bible (compare Meg. 7a).さらに、ユダヤ人は、最初と2番目世紀の時代の共通の権利を尋問中に含まれるのは聖書正典(比較メグです。 7aの)です。 The author makes no mention whatever of God, to whom, in all the other books of the Old Testament, the deliverance of Israel is ascribed.の著者はいかなる言及どんな神は、誰には、他のすべての書籍は、旧約聖書は、イスラエルの救出は生得的です。 The only allusion in Esther to religion is the mention of fasting (iv. 16, ix. 31).エスターをほのめかしだけでは、宗教に言及したの断食( iv. 16日、 9世です。 31 ) 。 All this agrees with the theory of a late origin for the book, as it is known, for example, from Ecclesiastes, that the religious spirit had degenerated even in Judea in the Greek period, to which Esther, like Daniel, in all probability belongs.この理論のすべての同意を予約する前に起源を、としてことが知られ、たとえば、伝道の書は、宗教的な精神が変性しても、ユダヤで、ギリシャの期間中、エスターをどのようにダニエル、すべての確率に属しますです。

Esther could hardly have been written by a contemporary of the Persian empire, because (1) of the exaggerated way in which not only the splendor of the court, but all the events described, are treated (compare the twelve months spent by the maidens in adorning themselves for the king; the feasts of 187 days, etc., all of which point rather to the past than to a contemporary state of affairs); (2) the uncomplimentary details given about a great Persian king, who is mentioned by name, would not have appeared during his dynasty.エスターが現代のほとんどが書かれたペルシア帝国のため、 ( 1 )の方法では、誇張されたの素晴らしさだけでなく、裁判所が、記載のすべてのイベントは、処理(比較して12カ月で使用済みの乙女ザキング自身adorningし、 187日間のお祭りなど、すべてのを編集して項目をポイントというよりも現代の状態を担当して下さい) ; ( 2 )の軽蔑的な詳細については、与えられた大きなペルシャ王、 whoに記載され名、彼の時代の中にはないが現れています。

It is difficult to go so far as Grätz, who assignsEsther to an adherent of the Maccabean party in the reign of Antiochus Epiphanes.これまでのところに行くことは難しいとしてgrätz 、 who assignsestherに付着maccabean党の治世中には、アンティオコスepiphanesです。 The vast difference in religious and moral tone between Esther and Daniel-the latter a true product of Antiochus' reign-seems to make such a theory impossible.広大な宗教や道徳的なトーンの間に違いがエスターとダニエル-後者の、真の商品のアンティオコス'のように君臨するような理論不可能です。 Nor is the view of Jensen, followed by Nöldeke, more convincing to the unprejudiced mind.また、対象のジェンセンは、続いてnöldeke 、もっと説得して公平な心です。 He endeavors to prove that the origin of the whole story lies in a Babylonian-Elamitic myth.彼の努力を証明するために嘘の起源の全体的な話をする-エラム語バビロニアの神話です。 He identifies Esther with the Babylonian goddess Ishtar (Aphrodite); Mordecai with Marduk, the tutelary deity of Babylon; and Haman with Hamman or Humman, the chief god of the Elamites, in whose capital, Susa, the scene is laid; while Vashti is also supposed to be an Elamite deity.彼はエスターを識別するバビロニアの女神イシュタール(アフロディーテ) ;モルデカイとマルドゥクは、鎮守のバビロン;とハーマーンとアマンまたはhummanは、神のチーフelamitesは、その資本金、スーサ、そのシーンはlaid ;ながらvashtiは、エラム語も神のはずです。 Jensen considers that the Feast of Purim, which is the climax of the book, may have been adapted from a similar Babylonian festival by the Jews, who Hebraized the original Babylonian legend regarding the origin of the ceremonies.ジェンセンは、ごちそうを考慮プーリーム、これは、この本のクライマックスは、 5月から、同様のバビロニア人が祭りに適応されたユダヤ人、 who hebraized 、元のバビロニアの伝説の起源については、儀式です。 The great objection to such a theory is that no Babylonian festival corresponding with the full moon of the twelfth month is known.このような偉大な異議申立をバビロニア人の説では、祭りに対応することは絶対にありませんが、 12月の満月は知られている。

The object of Esther is undoubtedly to give an explanation of and to exalt the Feast of Purim, of whose real origin little or nothing is known.エスターは、間違いなく、オブジェクトを与えるとの説明を称賛するの饗宴プーリーム、ほとんど、あるいは、その真の起源は何も知られている。 See Megillah; Purim.誇張した説明を参照;プーリームです。

Emil G. Hirsch, John Dyneley Prince, Solomon Schechter g.エミールハーシュ、ジョンdyneleyプリンス、ソロモンシェクター

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Driver, Introduction to the Literature of the OT pp.ドライバは、文学を紹介してot pp 。 449 et seq.; Cheyne, Esther, in Encyc. 449頁以降を参照。 ;チェーンストークス、エスターは、 encycです。 Brit. brit 。 1878; Founders of Old Testament Criticism, pp. 1878 ;創設者の旧約聖書の批判、 pp 。 359 et seq.; Kuenen, Onderzoek, iii. 359頁以降を参照。 ;キューネン、 onderzoek 、 Ⅲ 。 551 et seq.; Lagarde, Purim, in Abhandlungen, der Königlichen Gesellschaft der Wissenschaften zu Göttingen, Göttingen, 1887; Wildeboer, Esther, in Nowack's Handkommentar zum Alten Testament; Toy, Esther as a Babylonian Goddess, in New World, vi. 551頁以降を参照。 ;ラガルド、プーリームは、 abhandlungen 、 der königlichen社会der wissenschaften zuゲッティンゲン、ゲッティンゲン、 1887 ; wildeboer 、エスターは、ノバックのhandkommentar zumアルテン遺言;おもちゃ、エスターバビロニアの女神としては、新世界、 Ⅵ 。 130-145; Nöldeke, Esther, in Cheyne and Black, Encyc.百三十から百四十五まで; nöldeke 、エスターは、チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl. bibl 。 ii. Ⅱ 。 1400-1407; M'Clymont, in Hastings, Dict. 1400-1407 ; m'clymontは、ヘイスティングス、 dictのです。 Bible, pp.聖書の、 pp 。 772-776; Frazer, Golden Bough, 2d ed., iii.七七二〜七七六;フレーザー、黄金の枝、 2次元エド。 、 Ⅲ 。 153, 157, 158.EGHJDP 153 、 157 、 158.eghjdp


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです