Book of Exodus予約のエクソダス

General Information 総合情報

Exodus, the second book of the Bible, derives its name from the narrative's main theme, Israel's exodus from Egypt.出エジプト記、 2番目の予約は、聖書は、その名前から派生した物語のメインテーマに、イスラエルの出エジプト記よりエジプトです。 Picking up where Genesis left off, the first 15 chapters of Exodus describe Egypt's harsh policy toward Israel and the escape of the Israelites from their bondage.どこ創世記拾っれないままになって、出エジプト記の最初の15の支部を説明し、イスラエルとエジプトの過酷な政策は、イスラエルからの脱出に捕らわれの身です。 The narrative follows the career of Moses from his marvelous birth through his exile in Midian.ムーサーの物語を次のように、彼の素晴らしいキャリアを通じて彼の亡命をマドヤンの誕生です。 It continues with his final victorious contest with Pharaoh, in which Moses is God's spokesman, and ends with the Egyptian debacle at the Reed (traditionally Red) Sea.それが彼の最後の勝利のコンテストを続けてフィルアウンではムーサーは神の報道官は、エジプトで終わるの大敗とは、リード(伝統的な赤)海です。 Chapters 16 - 40 describe the march of the Israelites through the wilderness to Mount Sinai, where God descends on the mountain, gives the law to Moses, and establishes a quickly broken Covenant with Israel that must be reestablished after Aaron makes the Golden Calf.章16 -4 0年3月、イスラエルを通じて説明して、シナイ半島の荒野をマウントする、ここで山を下る神は、法により、ムーサーよ、すぐに壊れて確立すると約束した後、イスラエルを再確立しなければなりませんアーロンにより、黄金のふくらはぎのです。

Many important events are recorded in Exodus: the revelation of God's name as Yahweh in 3:11 - 15; the institution of the Passover in 5:1 - 12:36; and the giving of the Ten Commandments, directives for the construction of the Tabernacle, and other religious and ceremonial legislation in 19 - 40.多くの重要なイベントが記録され出エジプト記:ヤハウェ神の啓示の名前として、 3:11 -1 5;の機関は、過ぎ越しの5 :1- 12 :36;と十戒を与え、ディレクティブを建設する幕屋、およびその他の宗教的儀式の立法は19 -4 0。 The authorship of the book has been ascribed traditionally to Moses, but it is actually a composite work of much later date, containing the same literary strands found in Genesis.原作者は、生得的伝統的に予約され、ムーサー、それは、実際には多くの複合作業後日、文学を含むストランド発見さ創世記と同じです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography 書誌事項
BS Childs, The Book of Exodus (1974). bsチャイルズ、その本の出エジプト記( 1974 ) 。 CA Cole, Studies in Exodus (1986).カリフォルニアコール、研究に出エジプト記( 1986 ) 。


Book of Exodus予約のエクソダス

Brief Outline簡単な概要

  1. Israel in Egypt (1:1-12:36)イスラエル、エジプト( 1:1-12:36 )
  2. The journey to Sinai (12:37-19:2)シナイ半島の旅をする( 12:37-19:2 )
  3. Israel at Sinai (19:3-40:38)イスラエルはシナイ半島( 19:3-40:38 )


Ex'odus ex'odus

Advanced Information 高度情報

The Exodus was the great deliverance wrought for the children of Isreal when they were brought out of the land of Egypt with "a mighty hand and with an outstretched 136), about BC 1490, and four hundred and eighty years (1 Kings 6:1) before the building of Solomon's temple. The time of their sojourning in Egypt was, according to Ex. 12:40, the space of four hundred and thirty years. In the LXX., the words are, "The sojourning of the children of Israel which they sojourned in Egypt and in the land of Canaan was four hundred and thirty years;" and the Samaritan version reads, "The sojourning of the children of Israel and of their fathers which they sojourned in the land of Canaan and in the land of Egypt was four hundred and thirty years." In Gen. 15:13-16, the period is prophetically given (in round numbers) as four hundred years.出エジプト記は、偉大な救出するために子供たちのisreal鍛造が連れて来らアウトの際にエジプトの土地"を強力に手を広げて136 ) 、約紀元前1490 、および480年( 1王6:1 )の前に建物のソロモンの寺です。 sojourningの時間にエジプトでは、元によるとします。 12:40 、宇宙の430年間で、 70です。は、言葉は、 "子供たちはsojourning 、 sojournedされてエジプトとイスラエルは、カナンの地は、年間430 ; "と、サマリア人のバージョンは、 " sojourningは、子供たちが、自分の父親に、イスラエルとのsojournedは、彼らとは、土地のカナンの地エジプトのは、 430年。 " 15:13-16 Gen 。と、この期間は、予言的に与えられた(概数で)として400年です。

This passage is quoted by Stephen in his defence before the council (Acts 7:6).この一節はスティーブン引用される彼の防衛の前に評議会(行為7時06分) 。 The chronology of the "sojourning" is variously estimated.の年表は、 " sojourning "は、さまざまな推定します。 Those who adopt the longer term reckon thus:- Years From the descent of Jacob into Egypt to the death of Joseph 71 From the death of Joseph to the birth of Moses 278 From the birth of Moses to his flight into Midian 40 From the flight of Moses to his return into Egypt 40 From the return of Moses to the Exodus 1 430 Others contend for the shorter period of two hundred and fifteen years, holding that the period of four hundred and thirty years comprehends the years from the entrance of Abraham into Canaan (see LXX. and Samaritan) to the descent of Jacob into Egypt.これらのwhoを採用するため、長期的にレコン: -2 007年にエジプトからの降下のジェイコブジョセフの死を7 1からジョセフの死をムーサーにして生まれたかを2 78にして生まれたのムーサーから彼の飛行を4 0からの飛行をマドヤンムーサーを彼の復帰を40エジプトモーゼ帰還してから出エジプト記1 430他の論争は、短い期間の215年間、所蔵して期間430年の年より理解アブラハムをカナンの入り口に(参照70 。とサマリア人)のジェイコブに降下してエジプトです。

They reckon thus:- Years.こうして彼らレコン: -年間です。 From Abraham's arrival in Canaan to Isaac's birth 25 From Isaac's birth to that of his twin sons Esau and Jacob 60 From Jacob's birth to the going down into Egypt 130 215 From Jacob's going down into Egypt to the death of Joseph 71 From death of Joseph to the birth of Moses 64 From birth of Moses to the Exodus 80 In all 430 During the forty years of Moses' sojourn in the land of Midian, the Hebrews in Egypt were being gradually prepared for the great national crisis which was approaching.カナンの地からアブラハムのご到着予定の25日の生誕100周年をアイザックアイザックの誕生してから彼の双子の息子エサウとジェイコブジェイコブの誕生から60下りを215から130にエジプトジェイコブ氏のエジプト下りをして死亡したジョセフジョセフの死から71にムーサーにして生まれたか、ムーサーの誕生してから64出エジプト記第80で40年間の中のすべての430ムーサー'逗留は、土地のマドヤンは、ヘブル人への手紙が徐々に準備をエジプトでは偉大な国家的な危機が近づいています。

The plagues that successively fell upon the land loosened the bonds by which Pharaoh held them in slavery, and at length he was eager that they should depart. plaguesが相次いで倒れ、その土地のきずなを緩和して行われた奴隷制度をフィルアウン、と彼は熱心な長さに出発してもらいたいのです。 But the Hebrews must now also be ready to go.ヘブル人への手紙が、今すぐにも準備ができて行く必要があります。 They were poor; for generations they had laboured for the Egyptians without wages.彼らは非常に悪い;の世代は、エジプトなしていた賃金labouredです。 They asked gifts from their neighbours around them (Ex. 12:35), and these were readily bestowed.彼らは近隣諸国からの要請ギフト周りに(例: 12:35 ) 、およびこれらのが容易に授けた。 And then, as the first step towards their independent national organization, they observed the feast of the Passover, which was now instituted as a perpetual memorial.と入力し、彼ら向けの最初のステップとして独立した全国的な組織、彼らを観察し過ぎ越しの祭り、これは、今すぐパーペチュアル記念碑として設置します。 The blood of the paschal lamb was duly sprinkled on the poor-posts and lintels of all their houses, and they were all within, waiting the next movement in the working out of God's plan.過ぎ越しの小羊の血を正式に振りかけたは非常に悪い-の記事を検索すると自分の家のすべてのlintels 、と彼らはすべてに、待って、次の動きは、ワークアウトの神の計画です。

At length the last stroke fell on the land of Egypt.先の最後のストロークの長さの土地に落ちたのエジプトです。 "It came to pass, that at midnight Jehovah smote all the firstborn in the land of Egypt." "これが下った時、午前零時を襲ったエホバのすべての家族の絆は、エジプトの土地です。 " Pharaoh rose up in the night, and called for Moses and Aaron by night, and said, "Rise up, and get you forth from among my people, both ye and the children of Israel; and go, serve Jehovah, as ye have said. Also take your flocks and your herds, as ye have said, and be gone; and bless me also."フィルアウンのバラには夜、と呼ばれる部屋を授けて、ムーサーとハールーンに、とによると、 "上昇する、と私に記載の人々の中から、なたがたとの両方を、イスラエルの子孫と行く、奉仕エホバ、なたがたによるとです。もご利用して羊の群れとして、なたがたによると、およびが去った後、私も祝福します。 " Thus was Pharaoh (qv) completely humbled and broken down.このようには、フィルアウン( qv )を完全に伏せて、故障してしまいました。 These words he spoke to Moses and Aaron "seem to gleam through the tears of the humbled king, as he lamented his son snatched from him by so sudden a death, and tremble with a sense of the helplessness which his proud soul at last felt when the avenging hand of God had visited even his palace."これらの言葉を授けて、ムーサーとハールーン彼は"キラリと光るように伏せを通じて王の涙を流すのは、誘拐された者として彼は彼のことを嘆いたので、彼の息子の突然の死、と震えると、無力感を感じたときに最後に彼の魂の誇り復しゅうの神の手さえいた彼の宮殿を訪れた。 " The terror-stricken Egyptians now urged the instant departure of the Hebrews.今すぐエジプトのテロに襲われたインスタントの出発を促したのヘブル人への手紙です。

In the midst of the Passover feast, before the dawn of the 15th day of the month Abib (our April nearly), which was to be to them henceforth the beginning of the year, as it was the commencement of a new epoch in their history, every family, with all that appertained to it, was ready for the march, which instantly began under the leadership of the heads of tribes with their various sub-divisions.過ぎ越しの祭りの真っただ中に、ドーンオブザする前に今月の15日のabib (私たちのほぼ4月) 、これは今後の始まりをしてオブザイヤー、それは、開始のその歴史に新しい時代に、すべてのご家族は、すべてのことappertainedして、 3月に用意しては、これ即座に始めたのリーダーシップの下で部族の頭の部分に様々なサブです。 They moved onward, increasing as they went forward from all the districts of Goshen, over the whole of which they were scattered, to the common centre.彼ら移転以降、増加して彼らは前方からのすべての地区のゴーシェン、全体に散在していた、共通の中心です。 Three or four days perhaps elapsed before the whole body of the people were assembled at Rameses, and ready to set out under their leader Moses (Ex. 12:37; Num. 33:3).おそらく3つまたは4日間経過する前に、身体全体では、人々が集まったrameses 、および指導者の下にアウトを設定する準備モーゼス(例: 12:37 ; NUM件です。 33:3 ) 。 This city was at that time the residence of the Egyptian court, and here the interviews between Moses and Pharaoh had taken place.この都市は、その時点では、レジデンスは、エジプトの裁判所は、インタビューの間、ここでは、ムーサーとフィルアウンは行われています。 From Rameses they journeyed to Succoth (Ex. 12:37), identified with Tel-el-Maskhuta, about 12 miles west of Ismailia.旅をよりrameses彼らスコテ(例: 12:37 ) 、識別に電話番号-エル- maskhuta 、イスマイリアの西約12マイルです。

Their third station was Etham (qv), 13:20, "in the edge of the wilderness," and was probably a little to the west of the modern town of Ismailia, on the Suez Canal.その第3駅はetham ( qv ) 、 13:20 、 "荒野の端に"とはおそらく少しの西には、現代の町のイスマイリア、スエズ運河を検索する。 Here they were commanded "to turn and encamp before Pi-hahiroth, between Migdol and the sea", ie, to change their route from east to due south.ここに命じていた"とエンカンプを有効にする前にπ電子hahiroth 、 migdolと海の間" 、すなわち、そのルートを変更する東から真南にします。 The Lord now assumed the direction of their march in the pillar of cloud by day and of fire by night.今すぐ、主に想定の方向に雲の柱を3月に、昼と夜の火のです。 They were then led along the west shore of the Red Sea till they came to an extensive camping-ground "before Pi-hahiroth," about 40 miles from Etham.彼らは海岸の西側に沿って入力し、主導紅海まで来たのキャンプに大規模な地上" π電子hahirothする前に、 "約40マイルからethamです。 This distance from Etham may have taken three days to traverse, for the number of camping-places by no means indicates the number of days spent on the journey: eg, it took fully a month to travel from Rameses to the wilderness of Sin (Ex. 16:1), yet reference is made to only six camping-places during all that time.この距離から3日間を取るetham年5月にトラバース、キャンプの場所の数を示すものではないの日数を使用済みの旅:例えば、完全に1カ月かかったramesesして荒野を旅からの罪(例です。 16:1 )は、まだありませんに言及がなされてわずか6キャンプ-場所中にすべてのことができます。

The exact spot of their encampment before they crossed the Red Sea cannot be determined.彼らの正確な場所を横断し、紅海野営する前に決定することはできません。 It was probably somewhere near the present site of Suez.それはおそらくスエズ近くのどこかに存在するサイトです。 Under the direction of God the children of Israel went "forward" from the camp "before Pi-hahiroth," and the sea opened a pathway for them, so that they crossed to the farther shore in safety.神の下に方向性を、イスラエルの子孫は"進む"からのキャンプ" π電子hahirothする前に、 "と、海を開き、経路をして、それでかれらが安全に向こう岸交差しています。 The Egyptian host pursued after them, and, attempting to follow through the sea, were overwhelmed in its returning waters, and thus the whole military force of the Egyptians perished.かれらの後にエジプトのホストを追求し、フォロースルーをしようと海に圧倒された水の帰国し、このように全体の軍事力は、エジプト亡くなりました。 They "sank as lead in the mighty waters" (Ex. 15:1-9; comp. Ps. 77:16-19).彼ら"としてリードして沈没した巨大な水" (例: 15:1-9 ;のCOMPです。 psのです。 77:16-19 ) 。 Having reached the eastern shore of the sea, perhaps a little way to the north of 'Ayun Musa ("the springs of Moses"), there they encamped and rested probably for a day.東岸に到達し、海、多分もう少し方法を、北朝鮮の' ayunムーサ( "モーゼの泉" ) 、恐らくかれらは一日休んencampedとします。 Here Miriam and the other women sang the triumphal song recorded in Ex.ここでミリアムと、他の女性からの相の勝利の歌に記録されています。 15:1-21. 15:1-21です。 From 'Ayun Musa they went on for three days through a part of the barren "wilderness of Shur" (22), called also the "wilderness of Etham" (Num. 33:8; comp. Ex. 13:20), without finding water.より' ayunムーサを彼らは3日間の一部を経て不毛の"荒野のシュール" ( 22 )と呼ばれるまた、 "荒野のetham " ( num. 33:8 ;のCOMPです。例です。 13:20 ) 、なし水を見つける。

On the last of these days they came to Marah (qv), where the "bitter" water was by a miracle made drinkable.彼らの最後の日中に来て、これらのmarah ( qv ) 、ここでの"苦い"水が飲めるのは奇跡です。 Their next camping-place was Elim (qv), where were twelve springs of water and a grove of "threescore and ten" palm trees (Ex. 15:27).その次のキャンプ場は、 elim ( qv ) 、 12の泉の水をどこにいたのとグローブの" 70歳"ヤシの木(例: 15:27 )です。 After a time the children of Israel "took their journey from Elim," and encamped by the Red Sea (Num. 33:10), and thence removed to the "wilderness of Sin" (to be distinguished from the wilderness of Zin, 20:1), where they again encamped.時間の後に、イスラエルの子孫" elimよりは、自分たちの旅"とencampedされた赤い海( num. 33:10 ) 、およびそこから削除して"荒野の罪" (荒野の区別されるzin 、 20 : 1 ) 、どこに再びencampedです。 Here, probably the modern el-Markha, the supply of bread they had brought with them out of Egypt failed.ここでは、おそらく、現代エル- markha 、パンの供給をしていたとするエジプトに失敗しました。 They began to "murmur" for want of bread.彼らを始めた"雑音"を選択したパンのです。 God "heard their murmurings" and gave them quails and manna, "bread from heaven" (Ex. 16:4-36).神"聞いてmurmurings "とマンナとウズラ授けた、 "パンより天国" (例: 16:4-36 ) 。 Moses directed that an omer of manna should be put aside and preserved as a perpetual memorial of God's goodness.モーゼストメールの監督をするマンナ保持すべきであるとして棚上げにすると、神の永遠の記念碑の良さです。 They now turned inland, and after three encampments came to the rich and fertile valley of Rephidim, in the Wady Feiran.彼らが今すぐ内陸部、および3つのencampments後にやってきて、豊かで肥沃な谷のrephidimは、 wady feiranのです。 Here they found no water, and again murmured against Moses.ここでは見つかっていない水、と再び対モーゼスつぶやいた。

Directed by God, Moses procured a miraculous supply of water from the "rock in Horeb," one of the hills of the Sinai group (17:1-7); and shortly afterwards the children of Israel here fought their first battle with the Amalekites, whom they smote with the edge of the sword.監督の神、モーゼの奇跡的な水の供給を調達からの"ロックンロールのホレブ、 " 1つのシナイ半島の丘のグループ( 17:1-7 ) ;とその後まもなく、イスラエルの子孫をここで、最初の戦いで戦ったamalekites 、かれらを襲ったかのように剣の端にします。 From the eastern extremity of the Wady Feiran the line of march now probably led through the Wady esh-Sheikh and the Wady Solaf, meeting in the Wady er-Rahah, "the enclosed plain in front of the magnificient cliffs of Ras Sufsafeh."からの東端にwady feiran年3月現在の行の主導を通じて、おそらくwadyのESH - wady solafシェイクと、会議に出席してwady er - rahah 、 "平野の前に同封の断崖のRAS sufsafeh素晴らしいです。 " Here they encamped for more than a year (Num. 1:1; 10:11) before Sinai (qv).ここでは1年以上前からencamped ( num. 1:1 ; 10:11 )前にシナイ半島( qv ) 。 The different encampments of the children of Israel, from the time of their leaving Egypt till they reached the Promised Land, are mentioned in Ex. encampmentsは、子供たちの異なる、イスラエル、エジプトからの時間までに残し約束の地に到達し、元に記載されています。 12:37-19; Num. 12:37-19 ; NUM件です。 10-21; 33; Deut. 10-21 ; 33 ; deutです。 1, 2, 10. 1 、 2 、 10 。 It is worthy of notice that there are unmistakable evidences that the Egyptians had a tradition of a great exodus from their country, which could be none other than the exodus of the Hebrews.これは価値のあることに注意して、エジプト人には、明白な証拠が出エジプト記からの伝統を自分たちの国を素晴らしいが、それ以外の流出はなし、ヘブル人への手紙です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Ex'odus予約のex'odus

Advanced Information 高度情報

Exodus is the name given in the LXX.出エジプト記は、与えられた名前は、 70です。 to the second book of the Pentateuch (qv). 2番目の予約を、五( qv ) 。 It means "departure" or "outgoing."ことを意味"出発"または"発信します。 " This name was adopted in the Latin translation, and thence passed into other languages.この名前が採択され、ラテン語の翻訳、およびそこから他の言語に渡される。 The Hebrews called it by the first words, according to their custom, Ve-eleh shemoth (ie, "and these are the names").と呼ばれることによって、へブル人への最初の言葉によれば、そのカスタム、欧州戦線勝利のeleh shemoth (すなわち、 "これらの名前を" ) 。 It contains, (1.) An account of the increase and growth of the Israelites in Egypt (ch. 1) (2.) Preparations for their departure out of Egypt (2-12:36).それは、 ( 1 )の増加と成長を持つアカウントは、イスラエル、エジプト(第1 ) ( 2 )その出発の準備をするエジプト( 2-12:36 ) 。 (3.) Their journeyings from Egypt to Sinai (12:37-19:2). ( 3 )そのjourneyingsよりエジプトにシナイ半島( 12:37-19:2 ) 。 (4.) The giving of the law and the establishment of the institutions by which the organization of the people was completed, the theocracy, "a kingdom of priest and an holy nation" (19:3-ch. 40). ( 4 。 )を与えることは、法や機関を設立するのは、組織の人々が完成すると、神権政治は、 "神聖な国と王国の司祭" ( 19時03分-あなたのです。 40 ) 。 The time comprised in this book, from the death of Joseph to the erection of the tabernacle in the wilderness, is about one hundred and forty-five years, on the supposition that the four hundred and thirty years (12:40) are to be computed from the time of the promises made to Abraham (Gal. 3:17).この本で構成さの時間、勃起してジョセフが死亡したの幕屋荒野の中には、約145年間、と仮定して、 430年( 12:40 )される約束の時間から計算を行ったイブラーヒーム(ガロン3:17 ) 。 The authorship of this book, as well as of that of the other books of the Pentateuch, is to be ascribed to Moses.この本の原作者だけでなく、他の書籍には、五、生得的にはムーサーされる。 The unanimous voice of tradition and all internal evidences abundantly support this opinion.満場一致の声をすべての内部証拠の伝統と、この意見を豊富にサポートします。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Exodus出エジプト記

Catholic Information カトリックの情報

After the death of Joseph, Israel had grown into a people, and its history deals no longer with mere genealogies, but with the people's national and religious development.ジョセフの死の後、イスラエルの人々が成長しており、その歴史は、もはや単なる取引genealogies 、しかし、人々の国家と宗教の開発です。 The various laws are given and promulgated as occasion required them; hence they are intimately connected with the history of the people, and the Pentateuchal books in which they are recorded are rightly numbered among the historical books of Scripture.法律は公布の様々な機会が与えられたと必要なこと;それゆえ彼らは密接につながって、人々の歴史を、との書籍をpentateuchalが正しく記録されている番号のうち、歴史的な書籍の啓典です。 Only the third book of the Pentateuch exhibits rather the features of a legal code. 3番目の予約をするだけではなく、展示会の特徴五法的なコードです。 The Book of Exodus consists of a brief introduction and three main parts:この本のエクソダス構成と3つの主要な部品を簡単に紹介:

Introduction, i, 1-7.- A brief summary of the history of Jacob connects Genesis with Exodus, and serves at the same time as transition from the former to the latter.はじめに、私は、 1-7 .-の概要を簡単に接続ジェイコブの歴史の創世記に出エジプト記、およびサービスは、同じ時間を元に、後者からの遷移します。

(1) First Part, i, 8-xiii, 16.- It treats of the events preceding and preparing the exit of Israel from Egypt. ( 1 )の最初の部分、私、 8 - 13 、 16 .-これは、上記のイベントを準備して出口のイスラエルとエジプトからです。

(a) Ex., i, 8-ii, 25; the Israelites are oppressed by the new Pharao "that knew not Joseph", but God prepares them a liberator in Moses. (ア)からです。 、私、 8 - 2 、 25 ;のイスラエルは、新しいpharao抑圧さ"を知っていたジョセフない" 、しかし、かれらに解放さムーサーの神を準備します。

(b) Ex., iii, 1-iv, 31.-Moses is called to free his people; his brother Aaron is given him as companion; their reception by the Israelites. (イ)例です。 、 3世、 1 - 4 、 31. -ムーサーは彼の人々を解放すると呼ばれる;その兄のハールーンをコンパニオンが与えられたとして、彼らのレセプションされたイスラエルです。

(c) v, 1-x, 29.-Pharao refuses to listen to Moses and Aaron; God renews his promises; genealogies of Moses and Aaron; the heart of Pharao is not moved by the first nine plagues. ( c ) ○ 、 1 - Xや29. - pharaoを拒否するに耳を授けて、ムーサーとハールーン;神彼の約束を更新; genealogiesのムーサー、ハールーン; pharaoではないの中心部に移動され、最初の9 plaguesです。

(d) xi, 1-xiii, 16.-The tenth plague consists in the death of the first-born; Pharao dismisses the people; law of the annual celebration of the pasch in memory of the liberation from Egypt. (エ) xi 、 1 - 13 、 16. -第10回で構成され、死亡したペストの最初の生まれ; pharaoの人々の破壊;の法則を記念して毎年恒例のpaschメモリには、エジプトから解放します。

(2) Second Part, xiii, 17-xviii, 27.- Journey of Israel to Mt. ( 2 ) 2つ目の部分、 13 、 17 - 18 、 27 .-イスラエルの旅を山です。 Sinai and miracles preparing the people for the Sinaitic Law.シナイ半島と奇跡の人々を準備してsinaitic法です。

(a) xiii, 1-xv, 21.-The Israelites, led and protected by a pillar of cloud and fire, cross the Red Sea, but the persecuting Egyptians perish in the waters. (ア) 13 、 1 - 15 、 21. -イスラエル、 LEDと保護されている雲の柱や火災、クロスの赤い海、エジプトで死ぬが、迫害のために尽くす。

(b) xv, 22-xvii, 16.-The route of Israel is passing through Sur, Mara, Elim, Sin, Rephidim.結果( b ) 15 、 22 - 17 、 16. -のルートを通過するイスラエルはシュール、マラ、 elim 、罪、 rephidimです。 At Mara the bitter waters are made sweet; in the Desert of Sin God sent quails and manna to the children of Israel; at Raphidim God gave them water form the rock, and defeated Amalec through the prayers of Moses.マラの苦い水には甘い;は、砂漠のマンナとウズラを送られる神の罪を、イスラエルの子孫; raphidim神は彼らに水を形成してロックし、モーゼの祈りを通してamalec敗北です。

(c) xviii, 1-27.-Jethro visits his kinsmen, and at his suggestion Moses institutes the judges of the people. ( c ) 18 、 1 - 27. -ジェスロ彼の近親訪問し、彼の提案はムーサーの人々の裁判官機関です。

(3) Third Part, xix, 1-xl, 38.- Conclusion of the Sinaitic covenant and its renewal. ( 3 ) 3分の1 、 19 、 1 - xl 、 38 .- sinaitic結論は、その更新を誓約しています。 Here Exodus assumes more the character of a legal code.ここに他の文字の流出を想定する法律上のコードです。

(a) xix, 1-xx, 21.-The people journey to Sinai, prepare for the coming legislation, receive the decalogue, and ask to have the future laws promulgated through Moses. (ア) 19 、 1 -イグゼクス、 21. -シナイ半島の旅をする人々は、立法の準備を今後、受信の十戒、と要求して、将来の法律を公布モーゼスです。

(b) xx, 22-xxiv, 8.-Moses promulgates certain laws together with promises for their observance, and confirms the covenant between God and the people with a sacrifice.結果( b )のXX 、 22 - 24 、 8. -ムーサーpromulgatesと一緒に、特定の法律の順守を約束し、誓約に確認して、神との間に人々を犠牲にしています。 The portion xx, 1-xxiii, 33, is also called the Book of the Covenant.イグゼクスの部分、 1 - 23 、 33 、とも呼ばれるこの本を誓約します。

(c) xxiv, 9-xxxi, 18.-Moses alone remains with God on the mountain for forty days, and receives various instructions about the tabernacle and other points pertaining to Divine worship. ( c ) 24 、 9 - 31 、 18. -ムーサーの神を検索するだけで遺跡が山の40日間、様々な指示を受信およびその他の点については、幕屋に係る礼拝です。

(d) xxxii, 1-xxxiv, 35.-The people adore the golden calf; at this sight, Moses breaks the divinely given tables of the law, punishes the idolaters, obtains pardon from God for the survivors, and, renewing the covenant, receives other tables of the law. (エ) 32 、 1 - 34 、 35. -の人々を崇拝するの黄金ふくらはぎの;この光景は、ムーサーの神に与えられたテーブルの休憩法は、罰する、多神教徒のは、神は、生存者からの恩赦を取得し、更新の誓約、同法の他のテーブルを受信します。

(e) xxxv, 1-xl, 38.-The tabernacle with its appurtenances is prepared, the priests are anointed, and the cloud of the Lord covers the tabernacle, thus showing that He had made the people His own. (オ) 35 、 1 - xl 、幕屋の38. - appurtenancesには、準備の司祭は、聖なる、および、雲の幕屋の主をカバーして、このように表示していた人々は、彼自身のです。

III. Ⅲ 。 AUTHENTICITY真正

The contents of the Pentateuch furnish the basis for the history, the law, the worship, and the life of the Chosen People of God.その内容は、五の歴史の基盤を提供する、同法は、崇拝する、との生活を選択した人々が神です。 Hence the authorship of the work, the time and manner of its origin, and its historicity are of paramount importance.それゆえ、原作者の仕事を、その起源の時間と方法、およびその史実は、最も重要なものです。 These are not merely literary problems, but questions belonging to the fields of history of religion and theology.これらは単に文学の問題が発生、しかし、質問のフィールドに所属する宗教と神学の歴史をします。 The Mosaic authorship of the Pentateuch is inseparably connected with the question, whether and in what sense Moses was the author or intermediary of the Old-Testament legislation, and the bearer of pre-Mosaic tradition.原作者のモザイクの五の質問は密接に接続して、どのような意味かどうかと、ムーサーは、著者や中間の旧-遺言、立法、と事前に無記名のモザイクの伝統です。 According to the trend of both Old and New Testament, and according to Jewish and Christian theology, the work of the great lawgiver Moses is the origin of the history of Israel and the basis of its development down to the time of Jesus Christ; but modern criticism sees in all this only the result, or the precipitate, of a purely natural historical development.の両方の動向によると、古いものと新しい遺言し、ユダヤ人とキリスト教神学によると、その仕事の偉大な立法者ムーサーの起源は、イスラエルとの歴史の発展の基礎をダウンしてその時のイエスキリスト;しかし、近代すべての批判これだけの結果を追っているか、または、沈殿物は、純粋な自然の歴史的発展します。 The question of the Mosaic authorship of the Pentateuch leads us, therefore, to the alternative, revelation or historical evolution; it touches the historical and theological foundation of both the Jewish and the Christian dispensation.原作者の問題は、五リードのモザイク問い合わせは、したがって、代替して、啓示や歴史的な進化;ことタッチして歴史的、神学的基盤の両方のユダヤ人とキリスト教の神の摂理です。 We shall consider the subject first in the light of Scripture; secondly, in the light of Jewish and Christian tradition; thirdly, in the light of internal evidence, furnished by the Pentateuch; finally, in the light of ecclesiastical decisions.わたしたちは最初に件名を考慮して、光の啓典;第二に、ユダヤ人とキリスト教に照らして伝統;第三に、内部の証拠に照らして、家具された五;最後に、教会の意思決定に照らしている。

A. TESTIMONY OF SACRED SCRIPTURE a.神聖な啓典の証拠を提出する

It will be found convenient to divide the Biblical evidence for the Mosaic authorship of the Pentateuch into three parts: (1) Testimony of the Pentateuch;便利に分割することが可能になったことの証拠を聖書の原作者は、五モザイクを3つの部分: ( 1 )の証言は、五;

(2) Testimony of the other Old-Testament books; (3) Testimony of the New Testament. ( 2 )証言を、他の旧-遺言の書籍、 ( 3 )の証言は、新約聖書です。

(1) Witness of the Pentateuch ( 1 )証人は、五

The Pentateuch in its present form does not present itself as a complete literary production of Moses.の五の現在のフォームはありません現在の自分自身を完全に文学の生産をムーサーです。 It contains an account of Moses' death, it tells the story of his life in the third person and in an indirect form, and the last four books do not exhibit the literary form of memoirs of the great lawgiver; besides, the expression "God said to Moses" shows only the Divine origin of the Mosaic laws but does not prove that Moses himself codified in the Pentateuch the various laws promulgated by him.そこには、アカウントのモーゼの死後、挿話は彼の人生で3番目の人とフォームは、間接的、との最後の4つの書籍はありません回顧録の形で展示して文学の大立法者;以外には、表現の"神ムーサーによると"神の起源のみを表示するわけではないのモザイクの法律体系化を自ら証明してモーゼの五の様々な法律に公布されていた。 On the other hand, the Pentateuch ascribes to Moses the literary authorship of at least four sections, partly historical, partly legal, partly poetical.その一方で、モーゼの五ascribesの文学を原作者の少なくとも4つのセクションは、部分的、歴史的、法的な部分、部分的詩的です。 (a) After Israel's victory over the Amalecites near Raphidim, the Lord said to Moses (Exodus 17:14): "Write this for a memorial in a book, and deliver it to the ears of Josue." (ア)のamalecites勝利した後、イスラエルの近くにraphidim 、ムーサーによると、主(出エジプト記17:14 ) : "ここに記念碑がこの本を、顧客に提供し、それを耳のジョスエ。 " This order is naturally restricted to Amalec's defeat, a benefit which God wished to keep alive in the memory of the people (Deuteronomy 25:17-19).この注文は、自然に制限されamalecの敗北は、神を希望して利益を記憶の中で生き続けるの人々 (申命記25:17-19 ) 。 The present pointing of the Hebrew text reads "in the book", but the Septuagint version omits the definite article.現在のポインティングは、ヘブライ語のテキストの読み取り"の予約" 、しかし、セプトゥアギンタ版定冠詞を省略します。 Even if we suppose that the Massoretic pointing gives the original text, we can hardly prove that the book referred to is the Pentateuch, though this is highly probable (cf. von Hummelauer "Exodus et Leviticus", Paris, 1897, p. 182; Idem, "Deuteronomium", Paris, 1901, p. 152; Kley, "Die Pentateuchfrage", Munster, 1903, p. 217). massoreticさえすれば、ポインティング与えると仮定して、元のテキストを、私たちはほとんど言及を証明するには、この本は、五、これは非常に概( cf.フォンhummelauer "エクソダスetレビ記" 、パリ、 1897 、 p. 182 ;同上、 " deuteronomium " 、パリ、 1901 、 p. 152 ; kley 、 "死ぬpentateuchfrage " 、マンステール、 1903 、 p. 217 ) 。 (b) Again, Ex., xxiv, 4: "And Moses wrote all the words of the Lord."結果( b )を再度、例です。 、 24 、 4 : "と、ムーサーのすべての言葉を書いたの主です。 " The context does not allow us to understand these words in an indefinite manner, but as referring to the words of the Lord immediately preceding or to the so-called "Book of the Covenant", Ex., xx-xxiii.問い合わせのコンテキストでは許可されませんこれらの言葉を理解する方法は、無期限ではなく、主の言葉を参考にしたりして直前のいわゆる"本の誓約" 、例です。 、イグゼクス- 23です。 (c) Ex., xxxiv, 27: "And the Lord said to Moses: Write thee these words by which I have made a covenant both with thee and with Israel." ( c )例です。 、 34 、 27 : "と、主によるとムーサー:なたこれらの言葉を書くために私が約束は、イスラエルとの両方になたとします。 " The next verse adds: "and he wrote upon the tables the ten words of the covenant." 、次の詩を追加: "と書いたのテーブルには10の言葉を約束します。 " Ex., xxxiv, 1, 4, shows how Moses had prepared the tables, and Ex., xxxiv, 10-26, gives us the contents of the ten words.例です。 、 34 、 1 、 4 、ムーサーはどのよう準備してテーブルを示し、および例です。 、 34 、 10月26日、 10の内容を与えてくれる言葉です。 (d) Num., xxxiii, 1-2: "These are the mansions of the children of Israel, who went out of Egypt by their troops under the conduct of Moses and Aaron, which Moses wrote down according to the places of their encamping." (エ) NUM件です。 、 33 、 1-2 : "これらのマンションの子供たちは、イスラエル、日本、 whoがアウトのエジプト軍の下に実施されて、ムーサーとハールーンを、どのムーサー書き留めた彼らによると、近くのencamping 。 " Here we are informed that Moses wrote the list of the people's encampments in the desert; but where it this list to be found?ここで我々はインフォームドコンセントがムーサーの人々のリストを書いたのは、砂漠のencampments ;しかし、このリストのどこにも見つからないことですか? Most probably it is given in Num., xxxiii, 3-49, or the immediate context of the passage telling of Moses' literary activity; there are, however, scholars who understand this latter passage as referring to the history of Israel's departure from Egypt written in the order of the people's encampments, so that it would be our present Book of Exodus. NUM件のほとんどで、おそらくこれは与えられた。 、 33 、三〜四十九か、または、当面のコンテキストでの通過tellingのモーゼの文学活動;には、しかし、この後者の通路として理解する学者whoの歴史を参照してエジプトからイスラエルの出発書かれているため、人々のencampmentsので、予約することが私たちの現在の出エジプト記です。 But this view is hardly probable; for its assumption that Num., xxxiii, 3-49, is a summary of Exodus cannot be upheld, as the chapter of Numbers mentions several encampments not occurring in Exodus.しかし、このビューを表示する確率はほとんど; NUM件を想定しています。 、 33 、三〜四九は、出エジプト記の概要を支持することはできませんが、数字としての章に言及し、いくつか出エジプト記encampments特定の割合で起こる。

Besides these four passages there are certain indications in Deuteronomy which point to the literary activity of Moses.これらの4つの通路のほか、申命記には、特定の表示を指しているの文芸活動のモーゼスです。 Deut., i, 5: "And Moses began to expound the law and to say"; even if the "law" in this text refer to the whole of the Pentateuchal legislation, which is not very probable, it shows only that Moses promulgated the whole law, but not that he necessarily wrote it. deut 。 、私、 5 : "と同法を解説ムーサーが始まったと言ってやる" ;ても、 "法"で、このテキストを参照して、全体のpentateuchal立法ではありませんが非常に確率は、ムーサーことを示しのみが公布全体の法では、彼は必然的に書いたことはできません。 Practically the entire Book of Deuteronomy claims to be a special legislation promulgated by Moses in the land of Moab: iv, 1-40; 44-49; v, 1 sqq.; xii, 1 sqq.書籍全体を実質的に債権の申命記には、特別措置法公布され、その土地のムーサーモアブ: 4 、 1-40 ;四十四〜四十九; V電源、 1 sqq 。 ; 12 、 1 sqq 。 But there is a suggestion of writing too: xvii, 18-9, enjoins that the future kings are to receive a copy of this law from the priests in order to read and observe it; xxvii, 1-8, commands that on the west side of the Jordan "all the words of this law" be written on stones set up in Mount Hebal; xxviii, 58, speaks of "all the words of this law, that are written in this volume" after enumerating the blessings and curses which will come upon the observers and violators of the law respectively, and which are again referred to as written in a book in xxix, 20, 21, 27, and xxxii, 46, 47; now, the law repeatedly referred to as written in a book must be at least the Deuteronomic legislation.しかし、提案の書き込みには、あまりにも: 17 、 18から9 、 enjoinsは、将来の王を受信するには、この法律のコピーをするために司祭からの読み取りと観測すること;二十七、 1-8 、コマンドにすると、西ヨルダン側に"この法律のすべての言葉を"石の上に書き込まれるマウントセットアップさhebal ; 28 、 58 、うわさを"すべての人の言葉をこの法律は、この巻には書かれて"を列挙した後に、祝福と呪い時が来るのオブザーバーとそれぞれ同法違反し、再度と呼ばれることが書かれた本を29 、 20 、 21 、 27 、 32 、 46 、 47 ;今すぐ、同法と呼ばれることを繰り返し書かれた予約しなければならない、少なくともdeuteronomic立法です。 Moreover, xxxi, 9-13 states, "and Moses wrote this law", and xxxi, 26, adds, "take this book, and put it in the side of the ark. . .that it may be there for a testimony against thee"; to explain these texts as fiction or as anachronisms is hardly compatible with the inerrancy of Sacred Scripture.また、 31 、 9-13状態"と書いたムーサーこの法律" 、および31 、 26 、追加、 "この本を取る、と言えば、箱舟には、サイド。 。 。 。 。できないことがありますが、証言をするなた" ;を説明するとして、これらの文章として小説や時代遅れはほとんどの神聖な啓典と互換性の間違いのないことです。 Finally, xxxi, 19, commands Moses to write the canticle contained in Deut., xxxii, 1-43.最後に、 31 、 19 、コマンドをムーサーに含まれて賛美歌を書いてdeut 。 、 32 、 1-43 。

The Scriptural scholar will not complain that there are so few express indications in the Pentateuch of Moses' literary activity; he will rather be surprised at their number.聖書学者はない、と不満を表明が非常にいくつかの表示は、五のモーゼの文学活動;彼はむしろその数は驚く。 As far as explicit testimony for its own, at least partial, authorship is concerned, the Pentateuch compares rather favourably with many other books of the Old Testament.限り、独自の明示的な証言を、少なくとも部分は、原作者が関係者は、五favourablyと比較するというが、旧約聖書の数多くの書籍です。

(2) Witness of other Old-Testament Books ( 2 )証人の他の旧-遺言の書籍

(a) Josue.-The narrative of the Book of Josue presupposes not merely the facts and essential ordinances contained in the Pentateuch, but also the law given by Moses and written in the book of the law of Moses: Jos., i, 7-8; viii, 31; xxii, 5; xxiii, 6. (ア) josue. -の物語は、予約のジョスエ単に事実を前提に、必要不可欠な条例に含まれている五、同法で与えられただけでなく、ムーサーと書かれている書籍は、ムーサーの法則: jos. 、私、 7 -8 ; viii 、 31 ; xxii 、 5 ; 23 、 6 。 Josue himself "wrote all these things in the volume of the law of the Lord" (xxiv, 26).ジョスエ自身"これらすべてのことを書いたの音量を、主の法則" ( 24 、 26 ) 。 Prof. Hobverg maintains that this "volume of the law of the Lord" is the Pentateuch ("Über den Ursprung des Pentateuchs" in "Biblische Zeitschrift", 1906, IV, 340); Mangenot believes that it refers at least to Deuteronomy (Dict. de la Bible, V, 66).教授hobvergを維持して"ボリュームは、主の法則"には、五( " überデンウルスプルングデpentateuchs "と" biblische zeitschrift " 、 1906 、 4 、 340 ) ; mangenotと考えていることを指します少なくとも申命記( dictのです。デラ聖書の、 V電源、 66 ) 。 At any rate, Josue and his contemporaries were acquainted with a written Mosaic legislation, which was divinely revealed.いずれにせよ、ジョスエとその周辺には精通して書かれたモザイク立法、これは、神の力で明らかになった。

(b) Judges; I, II Kings.-In the Book of Judges and the first two Books of Kings there is no explicit reference to Moses and the book of the law, but a number of incidents and statements presuppose the existence of the Pentateuchal legislation and institutions. (イ)裁判官; Ⅰ 、 Ⅱ kings. -裁判官やその本の最初の2つの書籍の王の参照を明示的にはない、ムーサーとその本は、法律ではなく、多くの事件の存在を仮定するとステートメントのpentateuchal法令、および、機関です。 Thus Judges, xv, 8-10, recalls Israel's delivery from Egypt and its conquest of the Promised Land; Judges, xi, 12-28, states incidents recorded in Num., xx, 14; xxi, 13,24; xxii, 2; Judges, xiii, 4, states a practice founded on the law of the Nazarites in Num., vi, 1-21; Judges, xviii, 31, speaks of the tabernacle existing in the times when there was no king in Israel; Judges, xx, 26-8 mentions the ark of the covenant, the various kinds of sacrifices, and the Aaronic priesthood.このように裁判官、 15 、 8-10 、リコールエジプトからイスラエルの配信とその征服の約束の地;裁判官、西、 12-28 、国NUM件の事件に記録されています。 、イグゼクス、 14 ; xxi 、 13,24 ; xxii 、 2 ;裁判官、 13 、 4 、国の練習法に設立さNUM件のnazaritesにします。 、六、 1-21 ;裁判官、 18 、 31 、うわさを既存の幕屋はないときは、王はイスラエル;裁判官、イグゼクス、二六〜八には、契約の箱は、様々な種類の犠牲を払う、とaaronic聖職に就く。 The Pentateuchal history and laws are similarly presupposed in 1 Samuel 10:18; 15:1-10; 10:25; 21:1-6; 22:6 sqq.; 23:6-9; 2 Samuel 6.同様に、 pentateuchal歴史および法令を前提には、 1サミュエル10:18 ; 15:1-10 ; 10:25 ; 21:1-6 ;午前22時06 sqq 。 ; 23:6-9 ; 2サミュエル6 。

(c) 1 and 2 Kings.-The last two Books of Kings repeatedly speak of the law of Moses. ( c ) kings. - 1と2の最後の2つの図書オブキングスムーサーの法則を繰り返し話す。 To restrict the meaning of this term to Deuteronomy is an arbitrary exegesis (cf. 1 Kings 2:3; 10:31); Amasias showed mercy to the children of the murderers "according to that which is written in the book of the law of Moses" (2 Kings 14:6); the sacred writer records the Divine promise of protecting the Israelites "Only if they will observe to do all that I have commanded them according to the law which my servant Moses commanded them" (2 Kings 21:8).この用語の意味を制限するには、任意の解釈を申命記( cf. 1王2:3 ; 10:31 ) ; amasias慈悲を見せたの子供たちが、殺人者"によるとこの本で書かれており、法のモーゼス" ( 2キングス14時06分) ;の神聖な作家記録して、イスラエルの神の約束を守る"かれらは観察する場合にのみこれを行うに命じられたことすべてを私は私の使用人によると、同法を命じ、ムーサーのことを" ( 2キングス21 : 8 ) 。 In the eighteenth year of the reign of Josias was found the book of the law (2 Kings 22:8, 11), or the book of the covenant (2 Kings 23:2), according to which he conducted his religious reform (2 Kings 23:10-24), and which is identified with "the law of Moses" (2 Kings 23:25).は、 18年の治世中には、その本が見つかったjosias法( 2キングス22時08分、 11 )か、またはこの本は、誓約( 2キングス23時02分) 、これによると、彼は自分の宗教的な改革を実施( 2王23:10-24 ) 、および識別これは"同法のモーゼス" ( 2キングス23:25 )です。 Catholic commentators are not at one whether this law-book was Deuteronomy (von Hummelauer, "Deuteronomium", Paris, 1901, p. 40-60, 83-7) or the entire Pentateuch (Clair, "Les livres des Rois", Paris, 1884, II, p. 557 seq.; Hoberg, "Moses und der Pentateuch", Frieburg, 1905, p. 17 seq.; "uber den Ursprung des Pentateuchs" in "Biblische Zeitschrift", 1906, IV, pp. 338-40).カトリックの解説者がこの法律を一本かどうかは、申命記(フォンhummelauer 、 " deuteronomium " 、パリ、 1901 、 p. 40-60 、八十三から七まで) 、または全体の五(クレール、 "レlivresデrois " 、パリ、 1884年、 2世、 p. 557 seq 。 ; hoberg 、 "ムーサーund der五" 、 frieburg 、 1905 、 p. 17学seq 。 ; "プロダクトデンウルスプルングデpentateuchs "と" biblische zeitschrift " 、 1906 、 4 、 pp 。 338 -40 ) 。

(d) Paralipomenon.-The inspired writer of Paralipomenon refers to the law and the book of Moses much more frequently and clearly. (エ) paralipomenon.歴代志の触発された作家の本を参照してモーゼの法とはるかに頻繁に取り上げられ、明確にします。 The objectionable names and numbers occurring in these books are mostly due to transcribers.不愉快な名前と電話番号、これらの書籍は大半が発生してtranscribersのために。 The omission of incidents which would detract from the glory of the Israelite kings or would not edify the reader is not detrimental to the credibility or veracity of the work.事件の脱落を損ねるからは、イスラエルの栄光の王やedifyはないではない読者の信頼性や信ぴょう性に支障が出るの仕事です。 Otherwise one should have to place among works of fiction a number of biographical or patriotic publications intended for the young or for the common reader.他の1つの間を置く必要が、いくつかの伝記小説作品を出版物や愛国的意図は、若年、または共通のリーダーです。 On their part, the modern critics are too eager to discredit the authority of Paralipomena.を意味するということは、現代の批評家があまりにも熱心にParalipomenonの複数の権威を落とす。 "After removing the account of Paralipomena", writes de Wette (Beitrage, I, 135), "the whole Jewish history assumes another form, and the Pentateuchal investigations take another turn; a number of strong proofs, hard to explain away, for the early existence of the Mosaic books have disappeared, the other vestiges of their existence are placed in a different light." " Paralipomenonの複数のアカウントを削除した後" 、書き込みデwette ( beitrage 、私、 135 ) 、 "ユダヤ人の歴史全体の別のフォームを想定し、捜査に別の電源pentateuchal ; 、いくつかの強力な証拠は、ハードに言い逃れをする早期の存在を、モザイクの書籍が消えた、他の痕跡の存在に配置され、別の光です。 " A glance at the contents of Parlipomenon suffices to explain the efforts of de Witte and Wellhausen to disprove the historicity of the books. parlipomenonを一目見て、内容を十分に説明してヴェルハウゼンの努力をデウィッテとの史実を反証する書籍です。 Not only are the genealogies (1 Chronicles 1-9) and the descriptions of worship traced after the data and laws of the Pentateuch, but the sacred writer expressly points out their conformity with what is written in the law of the Lord (1 Chronicles 16:40), in the law of Moses (2 Chronicles 23:18; 31:3), thus identifying the law of the Lord with that written by Moses (cf. 2 Chronicles 25:4). genealogiesだけは、 ( 1クロニクル1-9 )との説明をした後、データの追跡および法令を崇拝するのは五、しかし、神聖な執筆者が指摘するように明示的適合性の法則何が書かれている主( 1クロニクル16 : 40 ) 、同法のムーサー( 2クロニクル23:18 ; 31:3 ) 、このように、主に識別するの法則が書かれたモーゼス( cf. 2クロニクル25:4 ) 。 The reader will find similar indications of the existence and the Mosaic origin of the Pentateuch in I Par., xxii, 12 seq.; II Par., xvii, 9; xxxiii, 4; xxxiv, 14; xxv, 12.読者は、類似の兆候が存在するとモザイクの起源は私の五パーです。 、 xxii 、 12 seq 。 ;二パー。 、 17 、 9 、 33 、 4 、 34 、 14 、 25 、 12 。 By an artificial interpretation, indeed, the Books of Paralipomenon may be construed to represent the Pentateuch as a book containing the law promulgated by Moses; but the natural sense of the foregoing passages regards the Pentateuch as a book edited by Moses.人工的に解釈され、実際のところ、歴代志の書籍の解釈を代表して五年5月に予約を含む同法を公布され、ムーサー;しかし、前述の文章の意味での自然な点として、五本の編集をムーサーです。

(e) I, II Esdras.-The Books of Esdras and Nehemias, too, taken in their natural and commonly accepted sense, consider the Pentateuch as the book of Moses, not merely as a book containing the law of Moses. (オ) Ⅰ 、 Ⅱ esdras. - nehemiasの書籍のエスドラス書とは、あまりにも、撮影さに自然と広く一般に認められた意味では、考慮して五本のムーサーとしてではなく、単に予約を含むとしてムーサーの法則です。 This contention is based on the study of the following texts: I Esd., iii, 2 sqq.; vi, 18; vii, 14; II Esd., i, 7 sqq.; viii, 1, 8, 14; ix, 3; x, 34, 36; xiii, 1-3.この論争は、その研究に基づいてには、次のテキスト:私のESDします。 、 3世、 2 sqq 。 ;六、 18 ;七、 14 ; 2世のESDします。 、私、 7 sqq 。 ; viii 、 1 、 8日、 14 ; 9世、 3であり、 x 、 34 、 36 、 13 、 1-3 。 Graf and his followers expressed the view that the book of Moses referred to in these texts is not the Pentateuch, but only the Priestly Code; but when we keep in mind that the book in question contained the laws of Lev., xxiii, and Deut., vii, 2-4; xv, 2, we perceive at once that the book of Moses cannot be restricted to the Priestly Code.グラーフとその部下との見解を表明したこの本で参照されてモーゼの五、これらの文章ではないが、聖職者のコードのみ;しかし、私たち維持を念頭に置いて、その書籍の法律に基づいて、問題のレフ含まれています。 、 23 、およびdeutです。 、 7 、 2-4 、 15 、 2 、私たちの知覚を一度にムーサーには、この本に制限されるようにすることはできませんの聖職者のコードです。 To the witness of the historical books we may add II Mach., ii, 4; vii, 6; Judith, viii, 23; Ecclus., xxiv, 33; xlv, 1-6; xlv, 18, and especially the Preface of Ecclus.目撃者は、歴史的な書籍を追加することがありますマッハ2世、 2世、 4 ;七、 6 ;ジュディス、 viii 、 23 ; ecclus 。 、 24 、 33 、 45 、 1-6 、 45 、 18 、そして特に序文ecclusです。

(f) Prophetic Books.-Express reference to the written law of Moses is found only in the later Prophets: Bar., ii, 2, 28; Dan., ix, 11, 13; Mal., iv, 4. (女) books. -エキスプレスの参照を予言の法則の書面によるムーサーが見つかっただけで、後の預言者:バーです。 、 2世、 2 、 28 ;ダン。 、 9世、 11 、 13 ; mal 。 、 4世、 4 。 Among these, Baruch knows that Moses has been commanded to write the law, and though his expressions run parallel to those of Deut., xxviii, 15, 53, 62-64, his threats contain allusions to those contained in other parts of the Pentateuch.このうち、バルークムーサーが知っている同法を書くよう命じてきたし、彼の表現はそれらのdeut平行して実行します。 、 28 、 15 、 53 、 62-64 、彼の脅威が含まれているallusionsの五の他の部分に含まれてです。 The other Prophets frequently refer to the law of the Lord guarded by the priests (cf. Deuteronomy 31:9), and they put it on the same level with Divine Revelation and the eternal covenant of the Lord.頻繁に、他の預言者の法則を参照して守られ、主の司祭( cf.申命記31:9 ) 、および彼らと同じレベルで言えば、神の啓示と永遠の約束は、主です。 They appeal to God's covenant, the sacrificial laws the calendar of feasts, and other laws of the Pentateuch in such a way as to render it probable that a written legislation formed the basis of their prophetic admonitions (cf. Hosea 8:12), and that they were acquainted with verbal expressions of the book of the law.彼らに訴える神の約束は、カレンダーのお祭りのいけにえの法令及びその他の法律は、五そのようなことをレンダリングするように予想して書かれた法案の予言的に形成してadmonitions ( cf.ホセア書8時12分) 、および知り合いに口頭で表現していたの予約をしている。 Thus in the northern kingdom Amos (iv, 4-5; v, 22 sqq.) and Isaias in the south (i, 11 sqq.) employ expressions which are practically technical words for sacrifice occurring in Lev., i-iii; vii, 12, 16; and Deut., xii, 6.このようには、北部の王国アモス( 4 、 4-5 ; V電源、 22 sqq 。 )とisaiasの南に(私、 11 sqq 。 )表現が実質的に雇用を犠牲に発生する技術的な言葉をレフです。 、私- 3 ;七、 12 、 16 ;とdeut 。 、 12 、 6 。

(3) Witness of the New Testament ( 3 )証人は、新約聖書

We need not show that Jesus and the Apostles quoted the whole of the Pentateuch as written by Moses.私たちする必要はありませんがイエスキリストと使徒の詳細によると、全体のモーゼの五書として書かれた。 If they attributed to Moses all the passages which they happen to cite, if they ascribe the Pentateuch to Moses whenever there is question of its authorship, even the most exacting critics must admit that they express their conviction that the work was indeed written by Moses.すればカウントされて起こるムーサーのすべての通路を例に挙げる、帰すればムーサーの五の原作者の質問にはいつでも、最も厳格な批判を認める必要がありますして、自分の信念に基づいて書かれた作品は本当にムーサーです。 When the Sadducees quote against Jesus the marriage law of Deut., xxv, 5, as written by Moses (Matthew 22:24; Mark 12:19; Luke 20:28), Jesus does not deny the Mosaic authorship, but appeals to Ex., iii, 6, as equally written by Moses (Mark 12:26; Matthew 22:31; Luke 20:37).サドカイ派の引用するときにイエスキリストの結婚の法則deut 。 、 25 、 5 、として書かれたモーゼス(マタイ22:24 ;マーク12:19 ;ルカ20:28 ) 、イエスキリストを否定してモザイク原作者はありませんが、例の訴えをです。 、 3 、 6 、執筆者と同様、ムーサー(マーク12:26 ;マシュー22:31 ;ルーク20:37 ) 。 Again, in the parable of Dives and Lazarus (Luke 16:29), He speaks of "Moses and the prophets", while on other occasions He speaks of "the law and the prophets" (Luke 16:16), thus showing that in His mind the law, or the Pentateuch, and Moses are identical.また、ダイブのためにとラザロ(ルカ16:29 ) 、彼は話す" 、ムーサーとして預言者" 、彼は話す機会の中に他の"法とは、預言者" (ルカ16:16 ) 、このように表示さ彼の心の法則か、または、五、とムーサーは同じです。 The same expressions reappear in the last discourse addressed by Christ to His disciples (Luke 24:44-6; cf. 27): "which are written in the law of Moses, and in the prophets, and in the psalms concerning me".同じ表現を再度表示さ危惧されるの最後の談話を弟子たちはイエスキリスト(ルーク24:44-6 ;継続前誌です。 27 ) : "の法則が書かれてムーサーよ、とは、預言者、およびに関する私の詩篇を授けた" 。 Finally, in John, v, 45-7, Jesus is more explicit in asserting the Mosaic authorship of the Pentateuch: "There is one that accuseth you, Moses. . .for he wrote of me. But if you do not believe his writings, how will you believe my words?"最後には、ジョン、 V電源、 45から7 、イエスキリストは、原作者の他の明示的に主張し、五モザイク: " accusethには1つのことを、ムーサー。 。 。 。 。を書いたのはやめて。しかし、彼の作品をお持ちでない場合信じるは、私の言葉をどのようにお考えですか? " Nor can it be maintained that Christ merely accommodated himself to the current beliefs of his contemporaries who considered Moses as the author of the Pentateuch not merely in a moral but also in the literary sense of authorship.イエスキリストを維持したり、それだけでは、現在の自分自身の信念収容彼のコンテンポラリーwho考えムーサーの著者は、五として、単に道徳的なだけでなく、文学の意味での原作者です。 Jesus did not need to enter into the critical study of the nature of Mosaic authorship, but He could not expressly endorse the popular belief, if it was erroneous.イエスキリストを入力する必要がしなかったの重要な研究をモザイクの性質を原作者が、明示的に支持することはできないが人気の信念、それは誤りです。

The Apostles too felt convinced of, and testified to, the Mosaic authorship.あまりにも確信を感じたの使徒、と証言し、原作者のモザイクです。 "Philip findeth Nathanael, and saith to him: We have found him of whom Moses in the law, and the prophets did write." "フィリップfindethナサニエルは、彼とsayの三人称単数直説法現在形:私たちが発見した彼は誰ムーサーは、法では、として預言者はここです。 " St. Peter introduces a quotation from Deut., xviii, 15, with the words: "For Moses said" (Acts 3:22).サンピエトロ大聖堂を導入するdeut引用します。 、 18 、 15 、との言葉: "ムーサーは言った" (行為3:22 ) 。 St. James and St. Paul relate that Moses is read in the synagogues on the Sabbath day (Acts 15:21; 2 Corinthians 3:15).セントジェームズと聖パウロの続きを読む関係をモーゼスはユダヤ教の安息日(行為15:21 ; 2コリント書3:15 ) 。 The great Apostle speaks in other passages of the law of Moses (Acts 13:33; 1 Corinthians 9:9); he preaches Jesus according to the law of Moses and the Prophets (Acts 28:23), and cites passages from the Pentateuch as words written by Moses (Romans 10:5-8; 19).偉大な使徒話す他の通路は、法のムーサー(行為13:33 ; 1コリンチャンス9時09分) ;彼は説教の法則によれば、イエスキリストは、預言者ムーサーと(行為28:23 ) 、および引き合いに出してからの五通路モーゼスとして書かれた言葉(ローマ人への手紙10:5-8 ; 19 ) 。 St. John mentions the canticle of Moses (Revelation 15:3).賛美歌の聖ヨハネには、モーゼス(啓示15時03分) 。

B. WITNESS OF TRADITION b.証人の伝統

The voice of tradition, both Jewish and Christian, is so unanimous and constant in proclaiming the Mosaic authorship of the Pentateuch that down to the seventeenth century it did not allow the rise of any serious doubt.伝統の声を、両方のユダヤ人とキリスト教、満場一致のは非常に定数を宣言すると、五モザイク原作者がダウンしていない17世紀の上昇により、任意の重大な疑問です。 The following paragraphs are only a meagre outline of this living tradition.は、次のパラグラフはmeagreのみを生きている伝統の概要は、次のです。

(1) Jewish Tradition ( 1 )ユダヤ人の伝統

It has been seen that the books of the Old Testament, beginning with those of the Pentateuch, present Moses as the author of at least parts of the Pentateuch.で見たことがあるとされ、旧約聖書の書籍を始めとするそれらの五、現在のムーサーの著者として、少なくとも部分で五します。 The writer of the Books of Kings believes that Moses is the author of Deuteronomy at least.その作家の王と考えている書籍の著者である申命記ムーサーは、少なくともです。 Esdras, Nehemias, Malachias, the author of Paralipomena, and the Greek authors of the Septuagint Version consider Moses as the author of the whole Pentateuch.エスドラス書、 nehemias 、 malachias 、 Paralipomenonの複数の著者である、との作者のギリシャ語版を検討するセプトゥアギンタムーサーの著者は、全体として五します。 At the time of Jesus Christ and the Apostles friend and foe take the Mosaic authorship of the Pentateuch for granted; neither our Lord nor His enemies take exception to this assumption.時点で、イエスキリストと使徒のモザイク敵と味方を当たり前の原作者は、五;どちらも、わたしたちの主敵も彼の例外を取るこの仮定します。 In the first century of the Christian era, Josephus ascribes to Moses the authorship of the entire Pentateuch, not excepting the account of the lawgiver's death ("Antiq. Jud.", IV, viii, 3-48; cf. I Procem., 4; "Contra Apion.", I, 8).第一世紀の時代には、キリスト教、ヨセフスascribesを原作者のモーゼの五書全体ではなく、そのアカウントを除いて、立法者の死( " antiq 。ユートです。 " 、 4世、 viii 、三から四八まで;継続前誌です。私procem 。 、 4 ; "コントラapion 。 " 、私は、 8 ) 。 The Alexandrian philosopher Philo is convinced that the entire Pentateuch is the work of Moses, and that the latter wrote a prophetic account of his death under the influence of a special divine inspiration ("De vita Mosis", ll. II, III in "Opera", Geneva, 1613, pp. 511, 538).アレクサンドリアの哲学者フィロンは確信して、全体の五は、仕事をムーサーよ、と書いたが、後者の彼の死を予言されてアカウントの影響を受けて、特別な天来の霊感( "デ生命mosis " 、すべてのです。 2世、 3世は"オペラ" 、ジュネーブ、 1613 、 pp 。 511 、 538 ) 。 The Babylonian Talmud ("Baba-Bathra", II, col. 140; "Makkoth", fol. IIa; "Menachoth", fol. 30a; cf. Vogue, "Hist. de la Bible et de l'exegese biblique jusqua'a nos jours", Paris, 1881, p. 21), the Talmud of Jerusalem (Sota, v, 5), the rabbis, and the doctors of Israel (cf. Furst, "Der Kanon des Alten Testaments nach den Überlieferungen im Talmud und Midrasch", Leipzig, 1868, pp. 7-9) bear testimony to the continuance of this tradition for the first thousand years.のバビロニアタルムード( "ババ- bathra " 、 2世、列です。 140 ; " makkoth " 、 fol 。 IIAロケット; " menachoth " 、 fol 。 30Aの;継続前誌です。ヴォーグ、 "履歴です。デラ聖書biblique etデl' exegeseジュスカ'を当代" 、パリ、 1881 、 p. 21 )学は、タルムードのエルサレム(創太、 V電源、 5 )は、律法学者、およびイスラエルの医師( cf.フュルスト、 " testaments nach derカノンデアルテンデンüberlieferungenイムタルムードund midrasch " 、ライプチヒ、 1868 、 pp 。 7-9 )証言は、次の伝統を継続して千年の最初のです。 Though Isaac ben Jasus in the eleventh century and Abenesra in the twelfth admitted certain post-Mosaic additions in the Pentateuch, still they as well as Maimonides upheld its Mosaic authorship, and did not substantially differ in this point from the teaching of R. Becchai (thirteenth cent.), Joseph Karo, and Abarbanel (fifteenth cent.; cf. Richard Simon, "Critique de la Bibl. des aut. eccles. de E. Dupin", Paris, 1730, III, pp. 215-20).ベンかかわらずアイザック) Jasusは、 11世紀と12 abenesraは、特定のポストモザイクの追加を認め、五、まだ彼らだけでなく、モザイクmaimonides支持原作者、との点で異なるこの点を大幅にしなかったからの教育のr. becchai ( 13セントです。 ) 、ジョセフカロ、およびabarbanel ( 15セントです。 ;継続前誌です。リチャードサイモン、 "批評デラbibl 。デどちらかです。エクルズです。デe.デュパン" 、パリ、 1730 、 3 、 pp 。二一五から二〇まで) 。 Only in the seventeenth century, Baruch Spinoza rejected the Mosaic authorship of the Pentateuch, pointing out the possibility that the work might have been written by Esdras ("Tract. Theol.-politicus", c. viii, ed. Tauchnitz, III, p. 125). 17世紀だけで、バルークスピノザ原作者は、五モザイクを拒絶して、その仕事の可能性を指摘するかもしれないがエスドラス書書かれた( "路です。 theol. - politicus " 、 c. viii 、エドです。 tauchnitz 、 3世、 p 。 125 ) 。 Among the more recent Jewish writers several have adopted the results of the critics, thus abandoning the tradition of their forefathers.ユダヤ人の作家のうちのいくつかの他の最近の結果を採用して批評家は、このように彼らの祖先の伝統を放棄する。

(2) Christian Tradition ( 2 )キリスト教の伝統

The Jewish tradition concerning the Mosaic authorship of the Pentateuch was brought in to the Christian Church by Christ Himself and the Apostles.ユダヤ教の伝統のモザイクの原作者は、五運ばするには、キリスト教、キリスト教会を自分自身との使徒です。 No one will seriously deny the existence and continuance of such a tradition from the patristic period onward; one might indeed be curious about the interval between the time of the Apostles and beginning of the third century.誰も真剣に継続を否定するような存在とpatristic時代からの伝統以降;確かに好奇心を1つのかもしれないのインターバルの間の時間は、使徒と3番目の世紀の始まりです。 For this period we may appeal to the "Epistle of Barnabus" (x, 1-12; Funk, "Patres apostol.", 2nd ed., Tübingen, 1901, I, p. 66-70; xii, 2-9k; ibid., p. 74-6), to St. Clement of Rome (1 Corinthians 41:1; ibid., p. 152), St. Justin ("Apol. I", 59; PG, VI, 416; I, 32, 54; ibid., 377, 409; "Dial.", 29; ibid., 537), to the author of "Cohort. Ad Graec."この期間中に上訴することがあります"信徒のbarnabus " ( x 、 1-12 ;ファンク、 " patresアポストルです。 " 、第2版です。 、テュービンゲン、 1901年、私は、 p. 66-70 ; 12 、 2 - 9k ;同上、 p.七四〜六) 、ローマの聖クレメント( 1コリンチャンス41:1 ;同上、 p. 152 ) 、セントジャスティン( " apolします。 i "で、 59 ; pg 、 6 、 416 ;私、 32 、 54 ;同上。 、 377 、 409 ; "ダイヤルします。 "日、 29日;同上、 537 )を、著者の"コホートです。広告graec 。 " (9, 28, 30, 33, 34; ibid., 257, 293, 296-7, 361), to St. Theophilus ("Ad Autol.", III, 23; ibid., 1156; 11, 30; ibid., 1100), to St. Irenæus (Cont. haer., I, ii, 6; PG, VII, 715-6), to St. Hippolytus of Rome ("Comment. In Deut.", xxxi, 9, 31, 35; cf. Achelis, "Arabische Fragmente etc.", Leipzig, 1897, I, 118; "Philosophumena", VIII, 8; X, 33; PG, XVI, 3350, 3448), to Tertullian of Carthage (Adv. Hermog., XIX; PL, II, 214), to Origen of Alexandria (Contra. Cels., III, 5-6; PG, XI, 928; etc.), to St. Eusthatius of Antioch (De engastrimytha c. Orig., 21; PG, XVIII, 656); for all these writers, and others might be added, bear witness to the continuance of the Christian tradition that Moses wrote the Pentateuch. ( 9 、 28 、 30 、 33 、 34 ;同上。 、 257 、 293 、 296から7 、 361 ) 、聖テオフィロス( "広告autolです。 " 、 3世、 23 ;同上、 1156 ; 11日、 30 ;同上です。 、 1100 ) 、聖irenæus (続きhaer 。 、 Ⅰ 、 Ⅱ 、 6 ; pg 、七、七一五から六)を聖ヒッポリュトスのローマ( "コメントは得られなかった。 、 deutです。 " 、 31 、 9 、 31 、 35 ;継続前誌です。 achelis 、 " arabische fragmente等" 、ライプチヒ、 1897年、私、 118 ; " philosophumena " 、 viii 、 8であり、 x 、 33 ; pg 、 16 、 3350 、 3448 ) 、テルトゥリアヌスのカルタゴ( adv. hermog 。 、 19 ;ポーランド語、 2世、 214 ) 、アレクサンドリアの原産地( contra.設定資料集。 、 3 、 5-6 ; pg 、西、 928 ;等) 、聖eusthatiusのアンティオキア(デengastrimytha c.最古です。 、 21 ; pg 、 18 、 656 ) ;のすべてのこれらの作家、およびその他かもしれない追加日、クマの目撃者は、キリスト教の伝統を継続五ムーサーを書いた。 A list of the later Fathers who bear witness to the same truth may be found in Mangenot's article in the "Dict. de la Bible" (V, 74 seq.). whoのリストを、後の父親の証言と同じ真理が見つかることがありますmangenotの記事は、 " dictのです。デラ聖書" ( V電源、 74 seq 。 ) 。 Hoberg (Moses und der Pentateuch, 72 seq.) has collected the testimony for the existence of the tradition during the Middle Ages and in more recent times. hoberg (ムーサーund der五、 72 seq 。 )が収集した証言の伝統が存在すると中世の間に、他の最近の回クリックします。

But Catholic tradition does not necessarily maintain that Moses wrote every letter of the Pentateuch as it is today, and that the work has come down to us in an absolutely unchanged form.しかし、カトリックの伝統を維持することは、必ずしもすべてのムーサーの手紙を書いたことが今日の五として、仕事とは、先に降りてくるのは確実に変わっていないフォームです。 This rigid view of the Mosaic authorship began to develop in the eighteenth century, and practically gained the upper hand in the nineteenth.このモザイクの原作者が固定した見方を始めたのは、 18世紀を開発する、と実質的に得に勝っては、 19です。 The arbitrary treatment of Scripture on the part of Protestants, and the succession of the various destructive systems advanced by Biblical criticism, caused this change of front in the Catholic camp.啓典の治療上の任意の部分のプロテスタント、および様々な破壊システムの後継者は、聖書の高度な批判され、この変更が原因のフロントでのは、カトリックのキャンプです。 In the sixteenth century Card.は、 16世紀のカードです。 Bellarmine, who may be considered as a reliable exponent of Catholic tradition, expressed the opinion that Esdras had collected, readjusted, and corrected the scattered parts of the Pentateuch, and had even added the parts necessary for the completion of the Pentateuchal history (De verbo Dei, II, I; cf. III, iv).ベラルミーノ、 who年5月、信頼性の指数と見なさカトリックの伝統として、エスドラス書の見解を表明していた収集、 readjusted 、および修正するに散在の部分で五、およびいたにも追加されましたが完成したのに必要な部品pentateuchal履歴(デ語デイ、 2世、私;継続前誌です。 3世、 4世) 。 The views of Génebrard, Pereira, Bonfrere, a Lapide, Masius, Jansenius, and of other notable Biblicists of the sixteenth and seventeenth centuries are equally elastic with regard to the Mosaic authorship of the Pentateuch.の見解をgénebrard 、ペレイラ、ボンフレール監督は、ラピデ、 masius 、ヤンセニウス、および他の顕著なbiblicistsは、 17世紀にも同様に16番目と弾性に関しては、以下のモザイク原作者は、五します。 Not that they agree with the contentions of our modern Biblical criticism; but they show that today's Pentateuchal problems were not wholly unknown to Catholic scholars, and that the Mosaic authorship of the Pentateuch as determined by the Biblical Commission is no concession forced on the Church by unbelieving Bible students.特定しての論戦に同意する弊社のモダンな聖書の批判;しかし、今日のpentateuchal彼ら詳細を完全に知られていない問題がないカトリックの学者、とは、モザイクの原作者として、五委員会によって決定さはない聖書教会の譲歩を余儀なくされて懐疑的な聖書の学生です。

C. VOICE OF INTERNAL EVIDENCE c.内部証拠の声

The possibility of producing a written record at the time of Moses is no longer contested.の可能性を生産する時に書かれた記録は、ムーサーは、もはや争いのです。 The art of writing was known long before the time of the great lawgiver, and was extensively practised both in Egypt and Babylon.書き込みは知られて、アートが長い時間の偉大な法律制定の前に、とは、エジプトやバビロンの両方で広く実践します。 As to the Israelites, Flinders Petrie infers from certain Semitic inscriptions found in 1905 on the Sinaitic peninsula, that they kept written accounts of their national history from the time of their captivity under Ramses II.また、イスラエル、フリンダーズピートリー特定のユダヤ人から推測し、 1905年に記された文が見つかりましたsinaitic半島、保管して書かれたアカウントの国立歴史に監禁されてからの時間をラムセス2世です。 The Tell-el-Amarna tablets show the language of Babylon was in a way the official language at the time of Moses, known in Western Asia, Palestine, and Egypt; the finds of Taanek have confirmed this fact.エルアマーナの暴露バビロン錠表示する言語は公用語にする方法は、時間のムーサーよ、知られて西アジア、パレスチナ、エジプト; taanek 、見つかったのはこのような事実を確認します。 But it cannot be inferred from this that the Egyptians and Israelites employed this sacred or official language among themselves and in their religious documents (cf. Benzinger, "Hebraische Archaologie", 2nd ed., Tübingen, 1907, p. 172 sqq.).しかし、このことから推測することはできませんエジプトとイスラエルは、この神聖な雇用や公用語の間に彼ら自身や宗教上のドキュメントを参照( cf. benzinger 、 " hebraische archaologie " 、第2版です。 、テュービンゲン、 1907 、 p. 172 sqq 。 ) 。 It is not merely the possibility of writing at the time of Moses and the question of language that confronts us here; there is the further problem of the kind of written signs used in the Mosaic documents.それだけではないの可能性を書いている時点で、ムーサーと対峙する言語の問題はこちら;には、より詳細な問題について書かれた標識のようなモザイクのドキュメントで使用されています。 The hieroglyphic and cuneiform signs were widely employed at that early date; the oldest inscriptions written in alphabetical characters date only from the ninth century BC But there can hardly be any doubt as to the higher antiquity of alphabetic writing, and there seems to be nothing to prevent our extending it back to the time of Moses.くさび形の象形文字とその初期の兆候が広く採用さ日付;最古の碑文の文字で書かれてアルファベット順紀元前9世紀からの日付のみしかし疑問が生じていることは到底される古代のアルファベット順の書き込みが高い、と何もないとみられる拡張することを防ぐ私たちの時間を省略してムーサーです。 Finally, the Code of Hammurabi, discovered in Susa in 1901 by the French expedition funded by Mr. And Mrs. Dieulafoy, shows that even in pre-Mosaic times legal enactments were committed to, and preserved in, writing; for the Code antedates Moses some five centuries, and contains about 282 regulations concerning various contingencies in the civic life.最後に、ハムラビ法典、スーザは1901年に発見された探検隊の出資をしたのは、フランスミスター&ミセスデュラフォア、事前によるとモザイク回も、法的なenactmentsがコミットをし、保存され、ライティング;ためのコードantedatesモーゼスいくつかの5つの世紀に、様々な規制を含んで約282の市民生活での出来事です。

Thus far it has been shown negatively that an historic and legal document claiming to be written at the time of Moses involves no antecedent improbability of its authenticity.これまで否定的なことが示されているが、歴史的、法的なドキュメントを受けたと主張するムーサーに書き込まれる時点で、その信頼性はないimprobability先行詞です。 But the internal characteristics of the Pentateuch show also positively that the work is at least probably Mosaic.五が、内部の特性を詳細にも積極的には、仕事は、少なくとも、おそらくモザイクです。 It is true that the Pentateuch contains no express declaration of its entire Mosaic authorship; but even the most exacting of critics will hardly require such testimony.それ五含まれていないのは事実だが、全体のモザイクエクスプレス宣言した原作者;しかし、批評家も、最も厳格なのは、このような証言をほとんど必要とします。 It is practically lacking in all other books, whether sacred or profane.欠けていることは事実上のすべての書籍、神聖なまたは不敬かどうかです。 On the other hand, it has already been shown that four distinct passages of the Pentateuch are expressly ascribed to the authorship of Moses.その一方で、それはすでにはっきりと示されている4つの通路は、五は、原作者のムーサーを明示的に生得的です。 Deut., xxxi, 24-9, is especially noted; for it knows that Moses wrote the "words of this law in a volume" and commanded it to be placed in the ark of the covenant as a testimony against the people who have been so rebellious during the lawgiver's life and will "do wickedly" after his death. deut 。 、 31 、二四〜九、は、特に注意;ムーサーを書いたことを知って、 "この法律は、ボリュームの言葉を"と命じに置かれることには、契約の箱として反対する人々の証言もwho反抗的なので中に立法者の生活とは"浮かべる"彼の死した後です。 Again, a number of legal sections, though not explicitly ascribed to the writing of Moses, are distinctly derived from Moses as the lawgiver.繰り返しますが、法律上、いくつかのセクションではありませんが、書面で明示的に生得的にムーサーよ、ムーサーとしては、はっきりと立法者から派生した。 Besides, many of the Pentateuchal laws bear evidence of their origin in the desert; hence they too lay an indirect claim to Mosaic origin.また、法律の多くは、クマの証拠をpentateuchalその起源は、砂漠;それゆえにあまりにもレイアウトの間接モザイクの起源と主張しています。 What has been said of a number of Pentateuchal laws is equally true of several historical sections.によるとされてきたことを、いくつかの法律は等しく真のpentateuchalいくつかの歴史的なセクションを測定します。 These contain in the Book of Numbers, for instance, so many names and numbers that they must have been handed down in writing.これらの書籍の数字が含まれ、例えば、非常に多くの名前と番号をしなければならない書面でも受け継がれています。 Unless the critics can bring irrefutable evidence showing that in these sections we have only fiction, they must grant that these historical details were written down in contemporary documents, and not transmitted by mere oral tradition.批評家の動かぬ証拠を持っていない限り、これらのセクションが表示さしかない小説私たちは、付与しなければならないが、これらの歴史的な詳細は明らかにダウンで書かれた現代のドキュメントではなく、単なる昔からの言い伝えによって伝播されます。 Moreover, Hommel ("Die altisraelitische Überlieferung in inschriftlicher Beleuchtung", p. 302) has shown that the names in the lists of the Book of Numbers bear the character of the Arabian names of the second millennium before Christ, and can have originated only in the time of Moses, though it must be admitted that the text of certain portions, eg, Num., xiii, has suffered in its transmission.また、ホンメル( "死ぬaltisraelitische überlieferungでinschriftlicher beleuchtung " 、 p. 302 )によると、リストの名前は、その本のアラビア数字の文字を負担する2番目のミレニアム前にイエスキリストの名前を、とだけでことが起源モーゼの時に、それを認めているしなければならないのテキストの特定の部分、例えば、 NUM件です。 、 13 、に苦しんで、その伝送します。 We need not remind the reader that numerous Pentateuchal laws and data imply the conditions of a nomadic life of Israel.私たちのリーダーを思い出させる必要はない数多くの法律やデータの意味pentateuchal 、遊牧生活の条件をイスラエルのです。 Finally, both the author of the Pentateuch and its first readers must have been more familiar with the topography and the social conditions of Egypt and with the Sinaitic peninsula than with the land of Chanaan.最後に、五の両方の著者である、そして、その最初の読者に理解している必要がありますが他の地形との社会的条件のエジプトとのsinaitic半島に比べて、その土地のchanaanです。 Cf., eg, Deut., viii, 7-10; xi, 10 sqq.継続前誌です。 、例えば、 deut 。 、 viii 、 7-10 ; XIが、 sqq 。 These internal characteristics of the Pentateuch have been developed at greater length by Smith, "The Book of Moses or the Pentateuch in its Authorship, Credibility, and Civilisation", London, 1868; Vigouroux, "La Bible et les decouvertes modernes", 6th ed., Paris, 1896, I, 453-80; II, 1-213, 529-47, 586-91; Idem, "Les Livres Saints et la critique rationaliste", Paris, 1902, III, 28-46, 79-99, 122-6; Heyes, "Bibel und Ægypten", Munster, 1904, p.これらの内部特性を五大が開発されて長さをスミス氏は、 "五本のムーサーは、原作者、または、信頼性、および文明" 、ロンドン、 1868 ; vigouroux 、 "ラ聖書etレdecouvertes modernes " 、第6回エドです。 、パリ、 1896年に、私は、 453から80まで;二、 1から213 、五百二十九から四十七まで、 586から91まで;同じ、 "レlivres聖人とラ批評rationaliste " 、パリ、 1902年、 3世、二八〜四六、 79 - 99 、 122から6まで; heyes 、 " bibel und ægypten " 、マンステール、 1904 、 p. 142; Cornely, "Introductio specialis in histor. Vet. Test. libros", I, Paris, 1887, pp. 142 ; cornely 、 " introductio特別にhistor 。獣医です。テストします。図書館" 、私、パリ、 1887 、 pp 。 57-60; Poole, "Ancient Egypt" in "Contemporary Review", March, 1879, pp. 57-60 ;プール、 "古代エジプト"と"現代の日" 、 3月、 1879 、 pp 。 757-9. 757から9までです。

D. ECCLESIASTICAL DECISIONS d.教会の意思決定

In accordance with the voice of the triple argument thus far advanced for the Mosaic authorship of the Pentateuch, the Biblical Commission on 27 June, 1906, answered a series of questions concerning this subject in the following way:の声に応じて、トリプルの引数は、これまでの高度なモザイクの原作者は、五、聖書の委員会の1906年6月27日、一連の質問を答えましたこの問題に関しては、次の方法:

(1) The arguments accumulated by the critics to impugn the Mosaic authenticity of the sacred books designated by the name Pentateuch are not of such weight as to give us the right, after setting aside numerous passages of both Testaments taken collectively, the continuous consensus of the Jewish people, the constant tradition of the Church, and internal indications derived from the text itself, to maintain that these books have not Moses as their author, but are compiled from sources for the greatest part later than the Mosaic age. ( 1 )の引数に蓄積されたimpugn批評家の信ぴょう性に神聖なモザイクの名前で指定された書籍はない五重さを与えるような問い合わせには右側の通路の両方に設定した後、数多くのtestaments撮影はさておき、総称して継続的コンセンサスユダヤ人の人々は、教会の伝統を定数、および内部から派生してテキストを表示自体を維持し、これらの書籍の著者としてムーサーれていないが、ソースからコンパイルするための最大の部分へのモザイクよりも年齢です。

(2) The Mosaic authenticity of the Pentateuch does not necessarily require such a redaction of the whole work as to render it absolutely imperative to maintain that Moses wrote all and everything with his own hand or dictated it to his secretaries; the hypothesis of those can be admitted who believe that he entrusted the composition of the work itself, conceived by him under the influence of Divine inspiration, to others, but in such a way that they were to express faithfully his own thoughts, were to write nothing against his will, were to omit nothing; and that finally the work thus produced should be approved by the same Moses, its principal and inspired author, and published under his name. ( 2 )五モザイクの信ぴょう性は必ずしもそのような改訂が必要として、全体の作業をレンダリングすることが確実に命令を維持するとすべてのすべてのムーサーを書いた彼自身の手や彼の秘書に指示し、これらの仮説は、 whoに認めたの組成と思われる彼の仕事を委託自体は、彼の下に考えられた天来の霊感の影響を受けて、他の、しかし、このようなやり方で彼らは自分自身の考えを表現する忠実に、ここに何の反感が彼のは、を省略するが何も;とこのように制作の仕事を最後に承認される必要が同じムーサー、その元金とインスピレーション著者は、彼の名前を下で公開されています。

(3) It may be granted without prejudice to the Mosaic authenticity of the Pentateuch, that Moses employed sources in the production of his work, ie, written documents or oral traditions, from which he may have drawn a number of things in accordance with the end he had in view and under the influence of Divine inspiration, and inserted them in his work either literally or according to their sense, in an abbreviated or amplified form. ( 3 )が与えられることがあります信ぴょう性を害することなく、モザイクの五、そのソースは、ムーサーの生産を採用彼の仕事、すなわち、書かれた文書または口頭による伝統、彼は5月からは多くのことを描画するに基づいて最後に彼は神の対象とされてインスピレーションの影響を受けて、彼の作品に挿入して、文字通りのいずれかまたはによると、その意味では、フォームの短縮や増幅します。

(4) The substantial Mosaic authenticity and integrity of the Pentateuch remains intact if it be granted that in the long course of centuries the work has suffered several modifications, as; post-Mosaic additions either appended by an inspired author or inserted into the text as glosses and explanations; the translation of certain words and forms out of an antiquated language into the recent form of speech; finally, wrong readings due to the fault of transcribers, which one may investigate and pass sentence on according to the laws of criticism. ( 4 )の大幅なモザイクの五の真正性と整合性が損なわれた跡が与えられる場合にして世紀の長いコースのいくつかの修正作業に苦しんで、 ;ポストモザイク付加される追加のいずれかインスピレーション著者またはテキストを挿入して注釈や説明をし、特定の単語を翻訳するとフォームの時代遅れの言語を、最近の形式の音声;最後に、間違って測定のために、障害のtranscribers 、これ調査し、 1つの判決を言い渡す年5月によると、法律上の批判を浴びることです。

The post-Mosaic additions and modifications allowed by the Biblical Commission in the Pentateuch without removing it from the range of substantial integrity and Mosaic authenticity are variously interpreted by Catholic scholars.モザイクの追加や変更後の聖書の委員会で許可されてから削除することなく、五の範囲の実質的整合性と信頼性は、さまざまな解釈さモザイクカトリックの学者です。

(1) We should have to understand them in a rather wide sense, if we were to defend the views of von Hummelauer or Vetter. ( 1 )しなければならないことを理解するには、やや広い意味では、もし我々を守るために再生回数のフォンhummelauerまたはフェッターです。 This latter writer admits legal and historical documents based on Mosaic tradition, but written only in the times of the Judges; he places the first redaction of the Pentateuch in the time of the erection of Solomon's temple, and its last redaction in the time of Esdras.この後者の執筆者の法的、歴史的なドキュメントを認めモザイクの伝統に基づいて、しかし、この回だけで書かれた、裁判官;彼の場所の最初の改訂は、五のときには勃起のソロモンの寺院、およびその最後の改訂は、時間のエスドラス書です。 Vetter died in 1906, the year in which the Biblical Commission issued the above Decree; it is an interesting question, whether and how the scholar would have modified his theory, if time had been granted him to do so.フェッターが死亡した1906年には、年間では、上記の発行、聖書委員会令;ことは興味深い質問、学者かどうか、どのように変更彼の理論は、もし時間がこれを行うには彼が付与されています。

(2) A less liberal interpretation of the Decree is implied in the Pentateuchal hypotheses advanced by Hobert ("Moses und der Pentateuch; Die Pentateuch Frage" in "Biblische Studien", X, 4, Freiburg, 1907; "Erklarung des Genesis", 1908, Freiburg, IL), Schopfer (Geschichte des Alten Testamentes, 4th ed., 226 sqq.), Hopfl ("Die hohere Bibelkritik", 2nd ed., Paderborn, 1906), Brucker ("L'eglise et la critique", Paris, 1907, 103 sqq.), and Selbst (Schuster and Holzammer's "Handbuch zur Biblischen Geschichte", 7th ed., Freiburg, 1910, II, 94, 96). ( 2 )の低いリベラルな解釈をpentateuchal令は、暗黙のは、高度な仮説をhobert ( "ムーサーund der五;死ぬ五frage "と" biblische studien " 、 x 、 4 、フライブルク、 1907 ; " erklarungデ創世記" 、 1908年、フライブルク、イリノイ) 、 schopfer ( geschichteデアルテンtestamentes 、第4エド。 、 226 sqq 。 ) 、 hopfl ( "死ぬhohere bibelkritik " 、第2版です。 、パーダーボルン、 1906 ) 、 brucker ( "レグリーズとラ批評" 、パリ、 1907年、 103 sqq 。 ) 、およびselbst ( holzammerシュスターとの" handbuch zur biblischen geschichte " 、第7回エド。 、フライブルク、 1910 、 2世、 94 、 96 ) 。 The last-named writer believes that Moses left a written law-book to which Josue and Samuel added supplementary sections and regulations, while David and Solomon supplied new statutes concerning worship and priesthood, and other kings introduced certain religious reforms, until Esdras promulgated the whole law and made it the basis of Israel's restoration after the Exile.作家、最後に名前を書かれたと考えている左法ムーサーに本を補足のセクションが追加されましたジョスエとサミュエルと規制し、ダビデとソロモンの供給に関する新たな法令の礼拝と聖職に就く、およびその他の王、特定の宗教的な改革を導入、全体の公布されるまでエスドラス書法とイスラエルのことの基礎を修復した後、亡命。 Our present Pentateuch is, therefore, an Esdrine edition of the work.私たちの現在の五のは、そのため、 esdrine版の仕事をします。 Dr. Selbst feels convinced that his admission of both textual changes and material additions in the Pentateuch agrees with the law of historical development and with the results of literary criticism.博士selbst感じ確信して彼の入場料や材料の両方のテキストの追加変更に同意の五の歴史的発展の法則とし、その結果の文芸批評です。 Historical development adapts laws and regulations to the religious, civil, and social conditions of successive ages, while literary criticism discovers in our actual Pentateuch peculiarities of words and phrases which can hardly have been original, and also historical additions or notices, legal modifications, and signs of more recent administration of justice and of later forms of worship.歴史的発展に適応するための規制を法律や宗教、市民、および社会的条件の連続年齢、文芸批評を発見しながら、実際に独特な単語やフレーズを五ほとんどがオリジナルのも、また歴史的な注意事項の追加や、法律の変更、および他の徴候を正義との最近の政権への形態の礼拝です。 But Dr. Selbst believes that these peculiarities do not offer a sufficient basis for a distinction of different sources in the Pentateuch.しかし、博士selbstていないと考えて、これらの特殊性を提供するための十分な根拠の区別はさまざまな情報源は、五します。

(3) A strict interpretation of the words of the Decree is implied in the views of Kaulen (Einleitung, n. 193 sqq.), Key ("Die Pentateuchfrage, ihre Geschichte un ihre System", Munster, 1903), Flunk (Kirchenlexicon, IX, 1782 sqq.), and Mangenot ("L'authenticite mosaique du Pentateuque", Paris, 1907; Idem, "Dict. de la Bible", V, 50-119. With the exception of those portions that belong to the time after the death of Moses, and of certain accidental changes of the text due to transcribers, the whole of the Pentateuch is the work of Moses who composed the work in one of the ways suggested by the Biblical Commission. Finally, there is the question as the theological certainty of the thesis maintaining the Mosaic authenticity of the Pentateuch. ( 3 )の厳密な解釈をする人の言葉を令は、暗黙のは、再生回数のkaulen ( einleitung 、 193 sqq名です。 ) 、キー( "死ぬpentateuchfrage 、イーレgeschichte国連イーレシステム" 、マンステール、 1903 ) 、落第( kirchenlexicon 、 9世、 1782 sqq 。 ) 、およびmangenot ( " authenticiteオブジェを使ったデュpentateuque " 、パリ、 1907 ;同じ、 " dictのです。デラ聖書" 、 V電源、五十〜百十九。を除いて、これらの部分に属してモーゼス時間後に死亡した、との特定の不慮のテキストを変更した時のためにtranscribersは、全体の仕事をモーゼの五書は、 who作曲の仕事をする方法の一つが、聖書委員会によって提案された。最後に、この質問には神学の確信があるとして、論文の信ぴょう性を維持し、五モザイクです。

(1) Certain Catholic scholars who wrote between 1887 and 1906 expressed their opinion that the thesis in question is not revealed in Scripture nor taught by the Church; that it expresses a truth not contained in Revelation, but a tenet which may be freely contested and discussed. ( 1 )特定のカトリックの学者who書いた1887年と1906年の間に、自分の意見を表明して、問題の論文ではない啓典も明らかにされされた教会の教え;して真実を表現するに含まれていない啓示ではなく、自由に激戦とされる可能性の教義議論します。 At that time, ecclesiastical authority had issued no pronouncement on the question.その時、教会の宣告をする権限はない質問を発行します。

(2) Other writers grant that the Mosaic authenticity of the Pentateuch is not explicitly revealed, but they consider it as a truth revealed formally implicitly, being derived from the revealed formulae not by a syllogism in the strict sense of the word, but by a simple explanation of the terms. ( 2 )他の作家の信頼性を付与するのは、モザイク五明示的に明らかではないが、それらを検討することを正式に真実を明らかに暗黙のうちに、式がないから派生して明らかにされた三段論法という言葉は、厳密な意味ではなく、簡単な説明を利用します。 The denial of the Mosaic authenticity of the Pentateuch is an error, and the contradictory of the thesis maintaining the Mosaic authenticity of the Pentateuch is considered erronea in fide (cf. Mechineau, "L'origine mosaique du Pentateuque", p. 34).信ぴょう性の否定をモザイクの五にエラーが発生する、との矛盾は、論文の信ぴょう性を維持し、五モザイクerroneaではfide ( cf. mechineau 、 " origineオブジェを使ったデュpentateuque " 、 p. 34 ) 。

(3) A third class of scholars considers the Mosaic authenticity of the Pentateuch neither as a freely debatable tenet, nor as a truth formally implicitly revealed; they believe it has been virtually revealed, or that it is inferred from revealed truth by truly syllogistic deduction. ( 3 ) 3番目のクラスの学者モザイクの信頼性を考慮するとしても、自由に議論の余地が五教義、真理としても正式に明らかに暗黙のうちに、と彼らは考えて明らかにされ、事実上、またはその真実を明らかにしたものと推定され真の三段論法から控除です。 It is, therefore, a theologically certain truth, and its contradictory is a rash (temeraria) or even erroneous proposition (cf. Brucker, "Authenticite des livres de Moise" in "Etudes", March, 1888, p. 327; ibid., January, 1897, p. 122-3; Mangenot, "L'authenticité mosaïque du Pentateuque", pp. 267-310.これは、したがって、特定の真理をtheologically 、およびその矛盾は、発疹( temeraria )またはも誤った命題( cf. brucker 、 " authenticiteデlivresデモイーズ"と"宇宙" 、 3月、 1888 、 p. 327 ;同上です。 1月、 1897 、 p.一二二から三; mangenot 、 " authenticité mosaïqueデュpentateuque " 、 pp 。 267から310までです。 Whatever effect the ecclesiastical decision concerning the Mosaic authenticity of the Pentateuch may have had, or will have, on the opinion of students of the Pentateuchal question, it cannot be said to have occasioned the conservative attitude of scholars who wrote before the promulgation of the Decree.どんな効果に関する意思決定の教会の信ぴょう性にモザイク五年5月にいたか、またはには、上の意見の学生は、 pentateuchal質問であるが、これによるとすることはできませんには、保守的な態度により引き起こさ学者who書いたの前に、施行令です。 The following list contains the names of the principal recent defenders of Mosaic authenticity: Hengstenberg, "Die Bucher Moses und Aegypten", Berlin, 1841; Smith, "The Book of Moses or the Pentateuch in its Authorship, Credibility, and Civilisation", London, 1868; C. Schobel, "Demonstration de l'authenticite du Deuteronome", Paris, 1868; Idem, "Demonstration de l'authenticite mosaique de l'Exode", Paris, 1871; Idem, "Demonstration de l'authenticite mosaique du Levitique et des Nombres", Paris, 1869; Idem, "Demonstration de l'authenticite de la Genese", Paris, 1872; Idem, "Le Moise historique et la redaction mosaique du Pentateuque", Paris, 1875; Knabenbauer, "Der Pentateuch und die unglaubige Bibelkritik" in "Stimmen aus Maria-Laach", 1873, IV; Bredenkamp, "Gesetz und Propheten", Erlangen, 1881; Green, "Moses and the Prophets", New York, 1883; Idem, "The Hebrew Feasts", New York, 1885; Idem, "The Pentateuchal Question" in "Hebraica", 1889-92; Idem, "The Higher Criticism of the Pentateuch", New York, 1895; Idem, "The Unity of the Book of Genesis", New York, 1895; C. Elliot, "Vindication of the Mosaic Authorship of the Pentateuch", Cincinnati, 1884; Bissel, "The Pentateuch, its Origin and Structure", New York, 1885; Ubaldi, "Introductio in Sacram Scripturam", 2nd ed., Rome, 1882, I, 452- 509; Cornely, "Introductio specialis in historicos VT libros", Paris, 1887, pp.は、次の校長の名前をリストには、最近の守備のモザイク真正:ヘングステンベルク、 "死ぬbucherムーサーund aegypten " 、ベルリン、 1841 ;スミス氏は、 "五本のムーサーは、原作者、または、信頼性、および文明" 、ロンドン、 1868 ; c.ベル、 "デモデl' authenticiteデュdeuteronome " 、パリ、 1868 ;同じ、 "デモデl' authenticiteオブジェを使ったデl' exode " 、パリ、 1871 ;同じ、 "デモデl' authenticiteオブジェを使った、デュlevitique etデnombres " 、パリ、 1869 ;同じ、 "デモデl' authenticiteデラgenese " 、パリ、 1872 ;同じ、 "ルモアズhistoriqueとラ改訂オブジェを使ったデュpentateuque " 、パリ、 1875 ; knabenbauer 、 " der五und死ぬunglaubige bibelkritik "と" stimmenオーストラリアマリア- laach " 、 1873年、 4 ; bredenkamp 、 " gesetz und propheten " 、エルランゲン、 1881 ;緑、 "ムーサーとして預言者" 、ニューヨーク、 1883 ;同じ、 "ヘブライ語のお祭り" 、ニューヨーク、 1885 ;同じ、 " pentateuchal質問"と" hebraica " 、 1889年から1892年;同じ、 "五の批判が高い" 、ニューヨーク、 1895 ;同じ、 "創世記の団結を" 、ニューヨーク、 1895 ; c.エリオット、 "原作者の汚名をすすぐことは、モザイクの五" 、シンシナティ、 1884 ;少しは、 "五、その起源と構造" 、ニューヨーク、 1885 ; ubaldi 、 " introductioでsacram scripturam " 、第2版です。 、ローマ、 1882年、私、 452 -5 09; c ornely、 "特別にh istoricosi ntroductioバーモント図書館" 、パリ、 1 887、 p p。 19-160; Vos, "Mosaic Origin of the Pentateuchal Codes", London, 1886; Bohl, "Zum Gesetz und zum Zeugniss", Vienna, 1883; Zah, "Erneste Blicke in den Wahn der modernen Kritik des AT", Gutersloh, 1893; Idem, "Das Deuteronomium", 1890; Idem, "Israelitische und judische Geschichte", 1895; Rupprecht, "Die Anschauung der kritischen Schule Wellhausens vom Pentateuch", Leipzig, 1893; Idem, "Das Rathsel des Funfbuches Mose und seine falsche Losung", Gutersloh, 1894; Idem, "Des Rathsels Losung order Beitrage zur richtigen Losung des Pentateuchrathsels", 1897; Idem, "Die Kritik nach ihrem Recht uknd Unrecht", 1897; "Lex Mosaica, or the Law of Moses and the Higher Criticism" (by Sayce, Rawlinson, Trench, Lias, Wace, etc.), London, 1894; Card.一九〜一六〇 ;あなた、 "モザイクの起源のpentateuchalコード" 、ロンドン、 1886 ; bohl 、 " zum gesetz und zum zeugniss " 、ウィーン、 1883 ; zah 、 " erneste blickeでデンデwahn der modernen kritik " 、ギュータースロー、 1893 ;同じ、 " das deuteronomium " 、 1890 ;同じ、 " israelitische und judische geschichte " 、 1895 ;ルプレヒト、 "死ぬanschauung der kritischenシューレwellhausens vom五" 、ライプチヒ、 1893 ;同じ、 " mose und das rathselデfunfbuchesセーヌfalsche losung " 、ギュータースロー、 1894 ;同じ、 "デrathsels losung注文beitrage zur richtigen losungデpentateuchrathsels " 、 1897 ;同上、 "死ぬkritik uknd recht nach ihrem unrecht " 、 1897 ; "法律mosaicaか、または、ムーサーと高いの法則批判" (セース、ローリンソン、トレンチ、ライアス統、ウェイス、等) 、ロンドン、 1894 ;カードです。 Meignan, "De L'Eden a Moise", Paris, 1895, 1-88; Baxter, "Sanctuary and Sacrifice", London, 1896; Abbé de Broglie, "Questions bibliques", Paris, 1897, pp. meignan 、 "デl'エデンのモイーズ" 、パリ、 1895年、 1〜88 ;バクスター、 "聖域と犠牲" 、ロンドン、 1896 ; abbéドブロイ、 "質問bibliques " 、パリ、 1897 、 pp 。 89-169; Pelt, "Histoire de l'AT", 3rd ed., Paris, 1901, I, pp.八十九から百六十九;の皮、 " histoireデl'に" 、第3版です。 、パリ、 1901年、私、 pp 。 291-326; Vigouroux, "Les Livres Saints et la critique ratioinaliste", Paris, 1902, III, 1-226; IV, 239-53, 405-15; Idem, "Manuel biblique", 12th ed., Paris, 1906, I, 397-478; Kley, "Die Pentateuchfrage, ihre Geschichte und ihre Systeme", Munster, 1903; Hopfl, "Die hohere Bibelkritik", Paderborn, 1902; Thomas, "The Organic Unity of the Pentateuch", London, 1904; Wiener, "Studies in Biblical Law", London, 1904; Rouse, "The Old Testament in New Testament Light", London, 1905; Redpath, "Modern Criticism and the Book of Genesis", London, 1905; Hoberg, "Moses und der Pentateuch", Freiburg, 1905; Orr, "The Problem of the Old Testament considered with reference to Recent Criticism", London, 1906. 291から326 ; vigouroux 、 "レlivres聖人とラ批評ratioinaliste " 、パリ、 1902年、 3世、一〜二百二十六;四、 239から53 、 405から15まで;同じ、 "マヌエルbiblique " 、 12日、エド。 、パリ、 1906 、私は、三九七から四七八; kley 、 "死ぬpentateuchfrage 、イーレgeschichte undイーレsysteme " 、マンステール、 1903 ; hopfl 、 " hohere bibelkritik死ぬ" 、パーダーボルン、 1902 ;トーマスは、 "有機的統一は、五" 、ロンドン、 1904 ;ウィーナー、 "研究は聖書の法" 、ロンドン、 1904 ;奮起、 "新約聖書は、旧約聖書の光の中で" 、ロンドン、 1905 ;レッドパス、 "近代的な批判と創世記" 、ロンドン、 1905 ; hoberg 、 "ムーサーund der五" 、フライブルク、 1905 ;オーア、 "この問題は、旧約聖書の考えを参考に最近の批判" 、ロンドン、 1906 。

E. OPPONENTS OF THE MOSAIC AUTHORSHIP OF THE PENTATEUCH e.反対派は、原作者は、五モザイク

A detailed account of the opposition to the Mosaic authorship of the Pentateuch is neither desirable nor necessary in this article.の詳細な説明をする反対派は、原作者は、五のモザイクも必要なのは、この記事はどちらも望ましいです。 In itself it would form only a noisome history of human errors; each little system has had its day, and its successors have tried their best to bury it in hushed oblivion.それ自体はフォームのことだけを嫌なにおいの歴史を人為的ミス;各リトル制度が持っていたその日、およびその後継者にしようとして静かに最善を埋めるオブリビオンです。 The actual difficulties we have to consider are those advanced by our actual opponents of today; only the fact that the systems of the past show us the fleeting and transitory character of the actual theories now in vogue can induce us to briefly enumerate the successive views upheld by the opponents of the Mosaic authorship.私たちは、実際の困難さを考慮する実際の反対派は、これらの高度な今日;のみを編集して項目を実際には、システムの詳細問い合わせはつかの間の理論と一過性の文字を今すぐ流行して、実際の問い合わせを誘発することを簡単に列挙して連続再生回数支持原作者の反対派は、モザイクです。

(1) Abandoned Theories ( 1 )放棄の理論

The views advanced by the Valentinian Ptolemy, the Nazarites, Abenesra, Carlstadt, Isaac Peyrerius, Baruch Spinoza, Jean Leclerc are sporadic phenomena.ウァレンティニアヌスされた高度なプトレマイオスの再生回数は、 nazarites 、 abenesra 、 carlstadt 、アイザックpeyrerius 、バルークスピノザ、ジャンルクレールは、散発的現象です。 Not all of them were wholly incompatible with the Mosaic authorship as now understood, and the others have found their answer in their own time.-With the work of John Astrue, published in 1753, began the so-called Hypothesis of Documents which was further developed by Eichhorn and Ilgen.かれらの多くは特定のすべてのモザイクとは互換性が完全に原作者として今すぐに理解し、その答えが見つかりましたが、他のは自分の仕事をするジョンtime. - astrue 、公開さ1753 、いわゆる仮説が始まったのは、より詳細な文書をアイヒホルンとilgen開発された。 But the works of the suspended priest, Alexander Geddes, published in 1792 and 1800, introduced the Hypothesis of Fragments, which in its day was elaborated and championed by Vater, de Wette (temporarily at least), Berthold, Hartmann, and von Bohlen.しかし、作品の司祭の停止、アレクサンダーゲッデス、公開さ1792と1800は、仮説のフラグメント導入して、これを注いで、その日は精緻化され、ファーター、デwette (一時的に、少なくとも) 、 berthold 、ハルトマン、およびフォンボーレンです。 This theory was soon confronted by, and had to yield to the Hypothesis of Complements or Interpolations which numbered among its patrons Kelle, Ewald, Stahelin, Bleek, Tuch, de Wette, von Lengerke, and for a brief period also Franz Delitzsch.この理論はすぐに突きつけられる、との仮説を収率はinterpolations補完またはその後援者の間で番号kelle 、エーヴァルト、 stahelin 、 bleek 、 tuch 、デwette 、フォンlengerke 、および短い期間でもフランツデリッチです。 The theory of interpolations again had hardly found any adherents before Gramberg (1828), Stahelin (1830), and Bleek (1831) returned to the Hypothesis of Documents, proposing it in a somewhat modified form. interpolationsの理論を支持する前に再びは任意のほとんどが見つかりましたgramberg ( 1828 ) 、 stahelin ( 1830 ) 、およびbleek ( 1831 )に返された仮説のドキュメントのは、やや修正された形で提案しています。 Subsequently, Ewald, Knobel, Hupfeld, Noldeke, and Schrader advanced each a different explanation of the documentary hypothesis.その後、エーヴァルト、 knobel 、 hupfeld 、ネルデケ、およびそれぞれのシュレイダー高度な仮説とは異なる説明をドキュメンタリーです。 But all of these are at present only of an historical interest.しかし、これらのすべての歴史は、現在の金利のみです。

(2) Present Hypothesis of Documents ( 2 )現在のドキュメントの仮説

A course of religious development in Israel had been proposed by Reuss in 1830 and 1834, by Vatke in 1835, and by George in the same year.宗教的な開発はイスラエルのコースを提案していたロイスは1830と1834 、 1835ファトケで、ジョージと同じ年とされています。 In 1865-66 Graf took up this idea and applied it to the literary criticism of the Hexateuch; for the critics had begun to consider the Book of Josue as belonging to the preceding five books, so that the collection formed a Hexateuch instead of a Pentateuch.グラーフは1865年から1866年までにこのアイデアを適用し、文芸批評は、六書;は、批評家は予約のジョスエを開始するまでを考慮して、上記の5つの書籍に所属するとして、コレクションを結成して、代わりに、五六書です。 The same application was made by Merx in 1869.同じアプリケーションがmerxは1869年に作られる。 Thus modified the documentary theory continued in its development until it reached the state described in the translation of the Bible by Kautzsch (3rd ed., with Introduction and Annotations, Tübingen, 1908 sqq.).このように変更してドキュメンタリーの理論は、開発されるまで継続的に達したの状態に記載されての翻訳は、聖書をカウチ(第3版をはじめと注釈、テュービンゲン、 1908 sqq 。 ) 。 In itself there is nothing against the assumption of documents written by Moses; but we cannot ascribe with certainty anything of our literary remains to the hands of the Hebrew lawgiver.それ自体には反対の仮定は、何も書かれた書類モーゼス;しかし、何か確信を持っものとみなすことはできないの遺稿を立法者の手には、ヘブライ語です。 The beginning of written accounts must be placed towards the end of the time of Judges; only then were fulfilled the conditions which must precede the origin of a literature properly so called, ie, a general acquaintance with the art of writing and reading, stationary settlement of the people, and national prosperity.の初めに書かれたアカウントに配置しなければなりませんの時間の終わりに向かって裁判官;のみが果たされるの条件を入力し、先行する必要があります。起源は、いわゆる文学を正しく、すなわち、一般的な知人に、アートがライティング、リーディング、 、定常和解の人々 、および国家繁栄に貢献します。 What then are the oldest literary remains of the Hebrews?どのような入力し、文学は最古の遺跡は、ヘブル人への手紙ですか? They are the collections of the songs dating from the heroic time of the nation, eg, the Book of the Wars of the Lord (Numbers 21:14), the Book of the Just (Joshua 10:12 sqq.), the Book of Songs (1 Kings 8:53; cf. Budde, "Geschichte der althebr. Literature", Leipzig, 1906, 17).彼らの曲のコレクションは、デートの時に国からの英雄、例えば、この本は、戦争の主(数字21:14 ) 、この本は、わずか(ジョシュア10:12 sqq 。 ) 、その本の曲( 1王8:53 ;継続前誌です。バッド、 " geschichte der althebr 。文学" 、ライプチヒ、 1906 、 17 ) 。 The Book of the Covenant (Exodus 20:24-23:19) too must have existed before the other sources of the Pentateuch.この本は、誓約(出エジプト記20:24-23:19 )あまりにもしなければ、他のソースが存在する前に、五します。 The oldest historical work is probably the book of the Yahwist, designated by J, and ascribed to the priesthood of Juda, belonging most probably to the ninth century BC最古の歴史的な仕事は、おそらくこの本は、 yahwist 、指定されたJ 、そして生得的judaを聖職に就くのは、おそらく所属して紀元前9世紀

Akin to this is the Elohim document, designated by E, and written probably in the northern kingdom (Ephraim) about a century after the production of the Yahweh document.これは、私のエロヒム文書を、メールで指定された、と書かれた、おそらくは、北部の王国(エフライム)の生産をした後、約一世紀のヤハウェドキュメントです。 These two sources were combined by a redactor into one work soon after the middle of the sixth century.これらの2つのソースが結合されたredactorを1つの仕事の後すぐに、 6世紀半ばです。 Next follows the law-book, almost entirely embodied in our actual Book of Deuteronomy, discovered in the temple 621 BC, and containing the precipitate of the prophetic teaching which advocated the abolition of the sacrifices in the so- called high places and the centralization of worship in the temple of Jerusalem.次の次の法-予約、ほぼ全面的に体現され、実際の予約の申命記は、紀元前621寺で発見された、との予言沈殿物を含む教育を提唱し、犠牲を廃止して、いわゆるの高い場所や、中央集権化礼拝は、エルサレムの寺です。 During the Exile originated the Priestly Code, P, based on the so-called law of holiness, Lev., xvii-xxvi, and the programme of Ezechiel, xl-xlviii; the substance of P was read before the post-exilic community by Esdras about 444 BC (Nehemiah 8-10), and was accepted by the multitude.亡命中の聖職者のコードの起源は、人、法に基づいて、いわゆるのホーリネス、レフです。 、 17 - 26 、およびこのプログラムのezechiel 、 xl - 48 ;その物質はp -追放されたが読まれたコミュニティを作成する前にエスドラス書については紀元前444 (ニーアマイア8-10 )とは、多数に受け入れられたのです。 History does not tell us when and how these divers historical and legal sources were combined into our present Pentateuch; but it is generally assumed that there was an urgent call for a compilation of the tradition and pre-exilic history of the people.履歴はありません教えて下さいいつ、どのような歴史的、法的なソースは、これらのダイバーに組み合わされて私たちの現在の五;しかし、それは一般的に想定して緊急呼び出しがあったのは、コンパイルの伝統や人々の歴史を事前に追放された。 The only indication of time may be found in the fact that the Samaritans accepted the Pentateuch as a sacred book probably in the fourth century BC Considering their hatred for the Jews, one must conclude that they would not have taken this step, unless they had felt certain of the Mosaic origin of the Pentateuch.目安の時間だけが見つかることがありますサマリア人を受け入れたという事実は、五聖典としては、おそらく紀元前4世紀、ユダヤ人の憎悪を検討して、 1つのようなことはしないとの結論を下す必要がありますがこの手順を撮影しない限り、彼らはフェルト特定のは、モザイクの起源は、五します。 Hence a considerable time must have intervened between the compilation of the Pentateuch and its acceptance by the Samaritans, so that the work of combining must be placed in the fifth century.それゆえにかなりの時間の間にコンパイルする必要が介入するとその五サマリア人に受け入れられるように、その仕事の組み合わせは、 5世紀に配置しなければなりません。 It is quite generally agreed that the last redactor of the Pentateuch completed his task with great adroitness.それは非常に一般的に合意しての最後のredactorは、彼のタスクを実行する五大如才なさを完了します。 Without altering the text of the older sources, he did all within man's power to fuse the heterogeneous elements into one apparent (?) whole, with such success that not only the Jews after the fourth century BC, but also the Christians for many centuries could maintain their conviction that the entire Pentateuch was written by Moses.を変えずに、古いソースのテキストを、彼はそれを全部に男の電源をヒューズの不均質な要素を1つの見掛け上の( ? )全体的には、このような成功は、ユダヤ人だけでなく、紀元前4世紀の後に、キリスト教徒だけでなく、何世紀にもわたっが五確信して全体を維持するには、モーゼス書かれた。

(3) Deficiencies of the Critical Hypothesis ( 3 )欠乏して重要な仮説

As several Pentateuchal critics have endeavoured to assign the last redaction of the Pentateuch to more recent dates, its placement in the fifth century may be regarded as rather favourable to conservative views. pentateuchalでは、いくつかの批評家としての最後の改訂を割り当てることを他の最近の五日、その配置は、 5世紀むしろ好ましいと見なされる5月に保守的な再生回数です。 But it is hard to understand why the patrons of this opinion should not agree in considering Esdras as the last editor.しかし、理由を理解することは難しいの常連客は、次の意見に同意ではないとして検討エスドラス書の最後のエディタを起動します。 Again, it is quite certain that the last editor of the Pentateuch must have notably preceded its acceptance on the part of the Samaritans as a sacred book; bit is it probably that the Samaritans would have accepted the Pentateuch as such in the fourth century BC, when the national and religious opposition between them and Jews was well developed?再び、それは非常に確信しての最後のエディタでは、特に必要があります。五の受け入れを前にするためにサマリア人として神聖な予約;ビットはおそらくサマリア人が利用して、五世紀の4番として認識され、国家と宗教のときに反対し、ユダヤ人の間には、十分に発達ですか? Is it not more probable that the mixed nation of Samaria received the Pentateuch through the priest sent to them from Assyria?他のことは予想していない国の混合サマリア五を通じて受け取った司祭アッシリアに送信してからですか? Cf.継続前誌です。 2 Kings 17:27. 2キングス17:27です。 Or again, as this priest instructed the Samaritan population in the law of the god of the country, is it not reasonable to suppose that he taught them the Pentateuchal law which the ten tribes carried with them when they separated from Juda?あるいはまた、このサマリア人の人口の司祭に指示して法の神の国は、合理的なことはないと仮定して彼を彼らに教えpentateuchal法は、 10部族に運ばから分離してときにjudaですか? At any rate, the fact that the Samaritans accepted as sacred only the Pentateuch, but not the Prophets, leads us to infer that the Pentateuch existed among the Jews before a collection of the prophetic writings was made, and that Samaria chose its sacred book before even Juda placed the works of the Prophets on the same level with the work of Moses.いずれにせよ、実際には、神聖なのは、五サマリア人として受け入れられ、預言者ではなく、リード先を推測して五、ユダヤ人の間に存在する前に記述されたコレクションの予言ており、その前にサマリアを選んだの聖典judaもの作品を配置して預言者と同じレベルでの仕事をムーサーです。 But this natural inference finds no favour among the critics; for it implies that the historical and legal traditions codified in the Pentateuch, described the beginning, and not the end, of Israel's religious development.しかし、この自然な推論の批評家の間で見つかったの賛成;のことを意味して体系化の歴史的、法的な伝統は、五、説明の初め、および特定の最後に、イスラエルの宗教的発展のです。 The view of Israel's religious development prevalent among the critics implies that the Pentateuch is later than the Prophets, and that the Psalms are later than both.宗教的な開発の対象を、イスラエルの批評家の間の流行を意味して以降、五は、預言者、および以降両方には、詩篇を授けた。 After these general considerations, we shall briefly examine the main principles, the methods, the results, and the arguments of the critical theory.これらの一般的な考慮事項した後、わたしたちは簡単に調べるの主な原則、方法、その結果、との議論の重要な理論です。

(a) Principles of the Critics (ア)原則を批判

Without pretending to review all the principles involved in the theories of the critics, we draw attention to two: the historical development of religion, and the comparative value of internal evidence and tradition.のふりをした日のすべての原則に関与し、理論は、批評家は、私たちに関心を呼び起こそうと2つ:宗教の歴史的発展、および内部の証拠と伝統の値を比較します。

(i) The theory of the historical evolution of Israelitic religions leads us from Mosaic Yahwehism to the ethical monotheism of the Prophets, from this to the universalist conception of God developed during the Exile, and from this again to the ossified Phariseeism of later days. ( i )本サービスの理論israelitic宗教の歴史的進化の先からリードして倫理的なモザイクyahwehism一神教のは、預言者、博識の人から、これを神の概念を開発中に亡命し、再びしてから、このphariseeism以降の日中に硬直した。 This religion of the Jews is codified in our actual Pentateuch, but has been fictitiously projected backwards in the historical books into the Mosaic and pre-prophetic times.この宗教を体系化し、ユダヤ人は、実際の五、後方に投影されているので、歴史的な書籍を偽るのモザイクおよびpre -予言回クリックします。 The idea of development is not a purely modern discovery.開発のアイデアではない、純粋にモダンな発見です。 Meyer ("Der Entwicklungsgedanke bei Aristoteles", Bonn, 1909) shows that Aristotle was acquainted with it; Gunkel ("Weiterbildung der Religion", Munich, 1905, 64) maintains that its application to religion is as old as Christianity, and that St. Paul has enunciated this principle; Diestel ("Geschichte des AT in der chrislichen Kirche", Jena, 1869, 56 sqq.), Willmann ("Geschichte des Idealismus", 2nd ed., II, 23 sqq.), and Schanz ("Apologie des Christentums", 3rd ed. II, 4 sqq., 376) find the same application in the writings of the Fathers, though Hoberg ("Die Forschritte der bibl. Wissenschaften", Freiburg, 1902, 10) grants that the patristic writers often neglect the external forms which influenced the ideas the Chosen People.マイヤー( " der entwicklungsgedankeバイアリストテレス" 、ボン、 1909 )によると知り合いにアリストテレスは、それ;グンケル( " weiterbildung der宗教" 、ミュンヘン、 1905 、 64 )を維持への応用が古いとしては、キリスト教の宗教ており、そのセントです。ポールは、この原則enunciated ; diestel ( " geschichte der chrislichen kircheデでは" 、イエナ、 1869年、 56 sqq 。 ) 、ウィルマン( " geschichteデidealismus " 、第2版、 2世、 23 sqq 。 ) 、およびシャンツ( " apologieデchristentums " 、第3版です。 2世、 4 sqq 。 、 376 )と同じアプリケーションを見つけるには、父の文章が、 hoberg ( "死ぬforschritte der bibl 。 wissenschaften " 、フライブルク、 1902 、 10 )交付金は、 patristic作家たちがよく外付けのフォームを無視して、選択した人々のアイデアに影響します。 The Fathers were not fully acquainted with profane history, and were more concerned about the contents of Revelation than about its historical development.完全には、父親の知り合いに不敬の履歴などが啓示の内容を他よりも懸念して、歴史的な開発についてです。 Pesch ("Glaube, Dogmen und geschichtliche Thatsachen" in "Theol. Zeitfragen", IV, Freiburg, 1908, 183) discovers that St. Thomas, too, admits the principle of development in his "Summa" (II-II, Q. i, a. 9, 10; Q. ii, a. 3; etc.).ペッシュ( " glaube 、ドッグメンund geschichtliche thatsachen "と" theol 。 zeitfragen " 、 4世、フライブルク、 1908 、 183 )セントトーマスを発見し、あまりにも、開発の原則を認める彼の"総合的研究論文" (二- Ⅱ 、問私は、 a. 9日、 10 ;問2世、します。 3 ;等)です。 But the Catholic conception of this principle avoids two extremes:しかし、この原則を回避した概念を得るのは、カトリックの2つの極端:

the theory of degeneracy, based on the teaching of the early Lutheran theologians (cf. Giesebrecht, "Die Degradationshypothese und die altl. Geschichte", Leipzig, 1905; Steude, "Entwicklung und Offenbarung", Stuttgart, 1905, 18 sqq.);縮退の理論に基づいて、教育の初期のルター派の神学者( cf.ギーゼブレヒト、 "死ぬ死ぬdegradationshypothese und altlです。 geschichte " 、ライプチヒ、 1905 ; steude 、 " entwicklung und offenbarung " 、シュトゥットガルト、 1905年、 18 sqq 。 ) ;

the theory of evolution which dissolves all truth and history into purely natural development to the exclusion of everything supernatural.進化論を溶解するすべての履歴を真実と純粋な自然の開発のすべてを除いて超自然的です。

It is this latter extreme that is advocated by the Biblical critics.極端なことは、この後者では、聖書の批評家が提唱します。 Their description of the early religion of Israel is contradicted by the testimony of the oldest Prophets whose authority is not questioned by them.彼らの説明をイスラエルの宗教は矛盾の早期の証拠を提出された最古の預言者の権限ではない事情聴取されています。 These inspired seers know of the fall of Adam (Hosea 6:7), the call of Abraham (Isaiah 29:23; Micah 7:20), the destruction of Sodom and Gomorrha (Hosea 11:8; Isaiah 1:9; Amos 4:11), the history of Jacob and his struggle with the angel (Hosea 12:2 sqq.), Israel's exodus from Egypt and dwelling in the desert (Hosea 2:14; 7:16; 11:1; 12:9, 13; 13:4, 5; Amos 2:10; 3:1; 9:7), the activity of Moses (Hosea 12:13; Micah 6:4; Isaiah 63:11-12), a written legislation (Hosea 8:12), and a number of particular statutes (cf. Kley, "Die Pentateuchfrage", Munster, 1903, 223 sqq.).これらのインスピレーションゼールスの秋に知ってアダム(ホセア書6時07分)は、コールオブエイブラハム(イザヤ書29:23 ;ミカ7:20 )は、ソドムと破壊gomorrha (ホセア書11 : 08 ;イザヤ書1 : 09 ;アモス4:11 ) 、ジェイコブと彼の闘争の歴史を、天使(ホセア書12時02 sqq 。 ) 、エジプトとイスラエルの住居から逃げ出すことは、砂漠(ホセア書2 : 14 ;午前7時16分; 11:1 ;午前12時09分、 13 ; 13:4 、 5 ;アモス2:10 ; 3:1 ;午前9時07分) 、その活動のムーサー(ホセア書12:13 ;ミカ6 : 04 ;イザヤ書63:11-12 )は、書面による立法(ホセア書8時12分) 、および、いくつかの特定の法令( cf. kley 、 "死ぬpentateuchfrage " 、マンステール、 1903 、 223 sqq 。 ) 。 Again, the theory of development is more and more contradicted by the results of historical investigation.繰り返しになりますが、理論の開発は、ますます多くの矛盾された歴史的な調査の結果をします。 Weber ("Theologie und Assyriologie im Streit um Babel und Bibel", Leipzig, 1904, 17) points out that the recent historical results imply decadence rather than development in ancient oriental art, science, and religion; Winckler ("Religionsgeschichtler und geschichtl. Orient", Leipzig, 1906, 33) considers the evolutionary view of the primitive state of man as false, and believes that the development theory has, at least, been badly shaken, if not actually destroyed by recent Oriental research (cf. Bantsch, "Altorientalischer und israelitischer Monothesismus", Tübingen, 1906).ウェーバー( "ええとtheologie und assyriologieイムシュトライトバベルund bibel " 、ライプチヒ、 1904 、 17 )に指摘して、最近の歴史的な結果ではなく、開発を意味する古代オリエントの退廃芸術、科学と宗教;ウィンクラー( " religionsgeschichtler und geschichtl 。オリエント" 、ライプチヒ、 1906 、 33 )は、進化の対象は、原始の状態を男として虚偽、および理論の開発と考えているが、少なくとも、ひどく動揺れ、実際に破壊されていない場合は東洋の最近の調査研究( cf. bantsch 、 " altorientalischer und israelitischer monothesismus " 、テュービンゲン、 1906 ) 。 Köberle ("Die Theologie der Gegenwart", Leipzig, 1907, I, 2) says that the development theory has exhausted itself, reproducing only the thoughts of Wellhausen, and deciding particular questions not in the light of facts, but according to the postulates of the theory. köberle ( "死ぬtheologie呼ばれるこの別館" 、ライプチヒ、 1907年に、私、 2 )によると、理論の開発自体が疲れきって、複製ヴェルハウゼンの考えにのみ、および特定の質問を決める事実に照らしていない、しかしによると、公準のその理論です。 Finally, even the rationalistic writers have thought it necessary to replace the development theory by another more in agreement with historical facts.最後に、作家が考えても、合理主義の発展を置き換えるに必要な理論の他の契約書を別の歴史的事実です。 Hence Winckler ("Ex Oriente lux", Leipzig, 1905- 6; Idem, "Der Alte Orient", III, 2-3; Idem, "Die babylonische Geisteskultur in ihren Beziehungen zur Kulturentwicklung der Menschheit" in "Wissenschaft und Bildung", Leipzig, 1907; cf. Landersdorfer in "Historisch-Politische Blatter", 1909, 144) has originated the theory of pan-Babelism according to which Biblical religion is conceived as a conscious and express reaction against the Babylonian polytheistic state religion.それゆえウィンクラー( "元オリエンテルクス" 、ライプチヒ、 1905 -6 ;同じ、 " d erアルテオリエント" 、 3 、 2 -3;同上、 "死ぬb abylonischeg eisteskulturでi hrenk ulturentwicklungd erb eziehungenz urm enschheit" 、 "家庭と教育" 、ライプチヒ、 1907 ;継続前誌です。 landersdorferは"ブラッターhistorisch -政策" 、 1909 、 144 )は、発祥の理論のパン- babelismによると、聖書の宗教はこれを意識的に考えを表現反応として反対する宗教バビロニア多神教の状態です。 It was not the common property of Israel, but of a religious sect which was supported in Babylon by certain monotheistic circles irrespective of nationality.それは共通の財産は、イスラエル、日本、しかし、宗教上の宗派でサポートされバビロンは国籍に関係なく、特定の一神教界です。 This theory has found powerful opponents in Budde, Stade, Bezold, Köberle, Kugler, Wilke, and others; but it has also a number of adherents.この理論は、強力な反対にバッドが見つかりました、シュターデ、 bezold 、 köberle 、クーグラー、ウィルケ、およびその他;しかし、それはまた、多くの支持者です。 Though wholly untenable from a Christian point of view, it shows at least the weakness of the historical development theory.完全に理不尽かかわらず、キリスト教の観点から、少なくともことを示し、歴史的発展の理論の弱点です。

(ii) Another principle involved in the critical theory of the Pentateuch supposes that the internal evidence of literary criticism is of higher value than the evidence of tradition. ( 2 )別の原則に関与して重要な理論は、五supposesは、内部の証拠を文芸批評が伝統の証拠をより高い値です。 But thus far the results of excavations and historical research have been favourable to tradition rather than to internal evidence.しかし、これまでの発掘調査の結果を、歴史的な研究を伝統的というよりも有利な証拠を内部です。 Let the reader only remember the case of Troy, Tiryns, Mycenae, and Orchomenos (in Greece); the excavations of the English explorer Evans in Crete have shown the historical character of King Minos and his labyrinth; Assyrian inscriptions have re-established the historical credit of King Midas of Phrygia; similarly, Menes of Thebes and Sargon of Agade have been shown to belong to history; in general, the more accurate have been the scientific investigations, the more clearly have they shown the reliability of even the most slender traditions.リーダーのみを覚えて、トロイの例は、ティリンス、ミケーネ、およびオルコメノス(ギリシャ) ;の発掘調査では、英語エクスプローラエバンスクレタ島の歴史的性格が示さ王ミノスと彼の迷路;アッシリアの碑文が再確立の歴史クレジットの王ミダスのphrygia ;同様に、テーベとサルゴンのアガーダメネスのは歴史に属していることを示して;一般的には、より正確にするのも科学的な調査は、信頼性をより明確に示され、かれらの伝統も、最もスレンダーです。 In the field of New-Testament criticism the call "back to tradition" has begun to be heeded, and has been endorsed by such authorities as Harnack and Deissmann.遺言の分野での新しい批判の呼び出し"省略して伝統"が始まってheededされる、とされ承認されたような著者としてハルナックとダイスマンです。 In the study of the Old Testament too there are unmistakable signs of a coming change.旧約聖書に研究するにはあまりにも明白な兆候の到来を変更します。 Hommel ("Die altisrealitische Überlieferung in inschriftlicher Beleuchtung", Munich, 1897) maintains that Old- Testament tradition, both as a whole and in its details, proves to be reliable, even in the light of critical research.ホンメル( "死ぬaltisrealitische überlieferungでinschriftlicher beleuchtung " 、ミュンヘン、 1897 )旧-遺言の伝統を維持し、両方の全体とその詳細については、信頼性が証明されるも、重要な研究に照らしている。 Meyer ("Die Entstehung des Judentums", Halle, 1896) comes to the conclusion that the foundations of the critical Pentateuchal theory are destroyed, if it can be proved that even part of the impugned Hebrew tradition is reliable; the same writer proves the credibility of the sources of the Books of Esdras (cf. "Grundriss der Geographie und Geschichte des alten Orientes", Munich, 1904, 167 sqq.).マイヤー( "死ぬentstehungデjudentums " 、ハレ、 1896 ) 、という結論になるとの説がpentateuchalの重要な基盤を破壊され、それが立証されたにもできる部分は、ヘブライ語の伝統で信頼性がimpugned ;と同じ作家の信頼性を証明のソースは、書籍のエスドラス書( cf. " grundriss geographie und der geschichteデアルテンorientes " 、ミュンヘン、 1904年、 167 sqq 。 ) 。 SA Fries has been led by his critical studies, and without being influenced by dogmatic bias, to accept the whole traditional view of the history of Israel.フライドポテトを率いる彼の重要な研究され、独断的なバイアスとしているの影響を受けて、全体を承認するイスラエルの歴史を従来の考え方をします。 Cornill and Oettli express the conviction that Israel's traditions concerning even its earliest history are reliable and will withstand the bitterest attacks of criticism; Dawson (cf. Fonck, "Kritik und Tradition im AT" in "Zeitschrift fur katholische Theologie", 1899, 262-81) and others apply to tradition the old principle which has been so frequently misapplied, "magna est veritas, et praevalebit"; Gunkel ("Religionsgeschichtliche Volksbucher", II, Tübingen, 1906, 8) grants that Old-Testament criticism has gone a little too far, and that many Biblical traditions now rejected will be re-established. oettliコルニルと確信して、イスラエルの伝統を表現しても、最古の歴史については、信頼性との批判を浴びることは、攻撃に耐える最も苦い;ドーソン( cf. fonck 、 " kritik und伝統イム" 、 " zeitschrift毛皮katholische theologie " 、 1899 、 262 - 81 )およびその他の古い伝統の原理が適用されるので頻繁にmisappliedされ、 "マグナはベリタス、他praevalebit " ;グンケル( " religionsgeschichtliche volksbucher " 、 2世、テュービンゲン、 1906 、 8 )助成金その古い-遺言批判が外出するリトル過ぎるており、その多くの聖書の伝統を今すぐ再確立を拒否される。

(b) Critical Method結果( b )の重要な法

The falsehood of the critical method does not consist in the use of criticism as such, but in its illegitimate use.の虚偽の重要な構成で使用する方法はありませんの批判を浴びるなど、しかし、その非嫡出子を使用します。 Criticism became more common in the sixteenth and seventeenth centuries; at the end of the eighteenth it was applied to classical antiquity.批判に共通して認められる他の16番目となった17世紀;は、最後の18番目には、古典古代に適用されます。 Bernheim ("Lehrbuch der historischen Methode", Leipzig, 1903, 296) believes that by this means alone history first became a science. bernheim ( " lehrbuch der historischen方式" 、ライプチヒ、 1903 、 296 )と考えて、この手段のみで科学史第一になった。 In the application of criticism to the Bible was are limited, indeed, by the inspiration and the canonicity of its books; but there is an ample field left for our critical investigations (Pesch, "Theol. Zeitfragen", III, 48).の批判を浴びることをすると、アプリケーションが限られ、聖書は、実際のところ、正規のインスピレーションとその書籍;しかし、十分なフィールドには左の私たちの重要な調査(ペッシュ、 " theol 。 zeitfragen " 、 3世、 48 ) 。

Some of the principal sins of the critics in their treatment of Sacred Scripture are the following:いくつかの主要な批評家が彼らの罪は、神聖な治療の啓典は、以下の通りです:

They deny everything supernatural, so that they reject not merely inspiration and canonicity, but also prophecy and miracle a priori (cf. Metzler, "Das Wunder vor dem Forum der modernen Geschichtswissenschaft" in "Katholik", 1908, II, 241 sqq.).彼らを否定するすべての超自然的、それでかれらのひらめきと規範を拒否単に、先験的なだけでなく、予言と奇跡( cf.メッツラー、 " das vor dem wunderフォーラムder modernen geschichtswissenschaft "と" katholik " 、 1908年、 2世、 241 sqq 。 )です。

They seem to be convinced a priori of the credibility of non-Biblical historical documents, while they are prejudiced against the truthfulness of Biblical accounts.先験的確信しているように見えますが、信頼性の非聖書の歴史的なドキュメントは、彼らが真実の聖書のアカウントに反感を抱いているのです。 (Cf. Stade, "Geschichte Israel's", I, 86 seq., 88, 101.) Depreciating external evidence almost entirely, they consider the questions of the origin, the integrity, and the authenticity of the sacred books in the light of internal evidence (Encycl. Prov. Deus, 52). ( cf.シュターデ、 "イスラエルのgeschichte " 、私は、 86 seq 。 、 88 、 101 。 ) depreciating外部証拠をほぼ完全に、彼らの起源を考慮しての質問に、誠実さ、との信ぴょう性に神聖な書籍を探すの光を内部証拠( encycl.地方です。デウス、 52 ) 。

They overestimate the critical analysis of the sources, without considering the chief point, ie, the credibility of the sources (Lorenz, "Die Geschichtswissenschaft in ihren Hauptrichtungen und Aufgaben", ii, 329 sqq.).彼らの過大評価の重要な分析によると、最高点を考慮せずに、すなわち、信頼性のソース(ローレンツ、 "死ぬgeschichtswissenschaftでhauptrichtungen und ihren aufgaben " 、 2世、 329 sqq 。 ) 。 Recent documents may contain reliable reports of ancient history.最近の報告書の信頼性のドキュメントが含まれ古代史です。 Some of the critics begin to acknowledge that the historical credibility of the sources is of greater importance than their division and dating (Stark, "Die Entstehung des AT", Leipzig, 1905, 29; cf. Vetter, "Tübinger theologische Quartalschrift", 1899, 552).開始を確認するいくつかの批評家は、歴史的な信頼性をより重視する方針が彼らの分裂とデート(スターク、 "死ぬentstehungデ" 、ライプチヒ、 1905日、 29日;継続前誌です。フェッター、 " tübinger theologische quartalschrift " 、 1899 、 552 ) 。

The critical division of sources is based on the Hebrew text, though it is not certain how far the present Massoretic text differs from that, for instance, followed by the Septuagint translators, and how far the latter differed form the Hebrew text before its redaction in the fifth century BC Dahse ("Textkritische Bedenken gegen den Ausgangspunkt der heutigen Pentateuchkritik" in "Archiv fur Religionsgeschichte", VI, 1903, 305 sqq.) shows that the Divine names in the Greek translation of the Pentateuch differ in about 180 cases from those of the Hebrew text (cf. Hoberg, "Die Genesis", 2nd ed., p. xxii sqq.); in other words and phrases the changes may be fewer, but it would be unreasonable to deny the existence of any.の重要な課のソースは、ヘブライ語のテキストに基づいて、特定の方法ではないmassoreticまで、現在のテキストが異なりますが、例えば、セプトゥアギンタの翻訳に続いて、どの程度までと異なり、後者のヘブライ語のテキスト形式にする前にその改訂紀元前5世紀のdahse ( " textkritische bedenken gegenデンausgangspunkt der heutigen pentateuchkritik " 、 "過去の毛皮religionsgeschichte " 、 6 、 1903 、 305 sqq 。 )によると、神の名は、ギリシャ語の翻訳は、約180の事例五それらの点で異なるヘブライ語のテキスト( cf. hoberg 、 "死ぬ創世記" 、第2版です。 、 p. xxii sqq 。 ) ; 、他の単語やフレーズの変化が少なく、それは無理なの存在を否定して任意のです。 Again, it is antecedently probable that the Septuagint text differs less from the Massoretic than from the ante-Esdrine text, which must have been closer to the original.再び、それは予想antecedentlyセプトゥアギンタのテキストの違いは、より少ないからmassoreticアンティ- esdrineテキストから、これに近いが、元の必要があります。 The starting point of literary criticism is therefore uncertain.文芸批評の出発点は、そのため不透明だ。 It is not an inherent fault of literary criticism that it was applied to the Pentateuch after it had become practically antiquated in the study of Homer and the Nibelungenlied (cf. Katholik, 1896, I, 303, 306 sqq.), nor that Reuss considered it as more productive of difference of opinion than of results (cf. Katholik, 1896, I, 304 seq.), nor again that Wellhausen thought it had degenerated into childish play.固有の故障ではないにして文芸批評の五した後は、適用される実質的に時代遅れになっていたの研究のホームランとニーベルンゲンの歌( cf. katholik 、 1896年に、私、 303 、 306 sqq 。 ) 、ロイスもその考え生産性の向上としての意見の相違の結果よりも( cf. katholik 、 1896年に、私、 304 seq 。 ) 、また再びそのヴェルハウゼン変性を考えていた幼稚なプレイです。 Among Bible students, Klostermann ("Der Pentateuch", Leipzig, 1893), Konig ("Falsche Extreme im Gebiete der neueren Kritik des AT", Leipzig, 1885; "Neueste Prinzipien der alt. Kritik", Berlin, 1902; "Im Kampfe um das AT", Berlin, 1903), Bugge ("Die Hauptparabeln Jesu", Giessen, 1903) are sceptical as to the results of literary criticism, while Orelli ("Der Prophet Jesaja", 1904, V), Jeremias ("Das alte Testament im Lichte des Alten Orients", 1906, VIII), and Oettli ("Geschichte Israels", V) wish to insist more on the exegesis of the text than on the criss-cross roads of criticism.聖書の中の学生、クロステルマン( " der五" 、ライプチヒ、 1893 ) 、ケーニッヒ( " falsche極端なイムデgebiete der neueren kritik " 、ライプチヒ、 1885 ; " prinzipien der neueste alt 。 kritik " 、ベルリン、 1902 ; "イムkampfeええとdas " 、ベルリン、 1903 ) 、ブッゲ( "死ぬhauptparabeln主イエス" 、ギーセン、 1903 )は、懐疑的文芸批評その結果として、中オレッリ( " der預言者jesaja " 、 1904 、ボルト) 、イェレミアス( " dasアルテ遺言イムlichteデアルテンorients " 、 1906 、 viii )在庫、およびoettli ( " geschichteイズリールス" 、 v )希望を主張評釈の詳細については、テキストに比べて、十字の道路の批判を浴びることです。 G. Jacob ("Der Pentateuch", Göttingen, 1905) thinks that the past Pentateuchal criticism needs a thorough revision; Eerdmans ("Die Komposition der Genesis", Giessen, 1908) feels convinced that criticism has been misled into wrong paths by Astrue. g.ジェイコブ( " der五" 、ゲッティンゲン、 1905 )と考えている編集して項目をpentateuchal批判の要求には、徹底した見直し; eerdmans ( "死ぬkomposition der創世記" 、ギーセン、 1908 )感じを確信して批判され間違ってパスを迷わせastrueです。 Merx expresses the opinion that the next generation will have to revise backwards many of the present historico-literary views of the Old Testament ("Religionsgeschichtliche Volksbucher", II, 1907, 3, 132 sqq.). merx表現しては、次の世代の意見を改正には、下位の多くは、現在の歴史と文学の再生回数は、旧約聖書( " religionsgeschichtliche volksbucher " 、 2世、 1907 、 3 、 132 sqq 。 ) 。

(c) Critical Results ( c )重大な結果

Here we must distinguish between the principles of criticism and its results; the principles of the historical development of religion, for instance, and of the inferiority of tradition to internal evidence, are not the outcome of literary analysis, but are its partial basis.ここでの原則に区別しなければならないの批判を浴びることとなり、結果;の原則を宗教の歴史的発展を、例えば、劣等の伝統とは、内部の証拠を、文学的分析の結果ではないが、その部分の基礎です。 Again, we must distinguish between those results of literary criticism which are compatible with the Mosaic authenticity of the Pentateuch and those that contradict it.繰り返しますが、それらの結果を区別しなければならないが文芸批評の信頼性と互換性のモザイクの五およびそれらのことと矛盾してください。 The patrons of the Mosaic authorship of the Pentateuch, and even the ecclesiastical Decree relating to this subject, plainly admit that Moses or his secretaries may have utilized sources or documents in the composition of the Pentateuch; both admit also that the sacred text has suffered in its transmission and may have received additions, in the form of either inspired appendices or exegetical glosses.原作者の常連客は、モザイクの五、教会も、この問題に関連する法令、率直に認めることや彼の秘書ムーサーのソースやドキュメントが利用年5月の組成は、五;の両方を認めるは、神聖なテキストに苦しんでも、その伝送や追加が届いて、付録の形でのいずれかのインスピレーションの注釈や解釈します。 If the critics, therefore, can succeed in determining the number and the limits of the documentary sources, and of the post-Mosaic additions, whether inspired or profane, they render an important service to the traditional tenet of Pentateuchal authenticity.の場合、批評家は、このため、コードを決定することに成功するとの限界をドキュメンタリーによると、ポストモザイクの追加と、インスピレーションや不敬かどうか、彼らのレンダリングの重要なサービスを、従来の教義の真偽pentateuchalです。 The same must be said with regard to the successive laws established by Moses, and the gradual fidelity of the Jewish people to the Mosaic law.によると、同じでなければなりませんに関しては、以下の連続の法律制定さムーサーよ、とユダヤ人の人々に、徐々に忠実度のモザイク法です。 Here again the certain or even probable results of sane literary and historical criticism will aid greatly the conservative commentator of the Pentateuch.ここで再びSANE研究の結果を特定のかさえ予想文学、歴史的な批判は、保守的な援助を大幅に解説者は、五します。 We do not quarrel with the legitimate conclusions of the critics, if the critics do not quarrel with each other.けんかをすることはありません合法的な結論は、批評家、批評家の場合、お互いのけんかはありません。 But they do quarrel with each other.しかし、彼らはお互いにけんかをします。 According to Merx (loc. cit.) there is nothing certain in the field of criticism except its uncertainty; each critic proclaims his views with the greatest self-reliance, but without any regard to the consistency of the whole.によると、 merx ( loc. 〜 Cit 。 )には何も特定の分野での批判を浴びることを除いて、不確実性;各評論家のproclaims彼の再生回数での最大の自立がなくに関しては、全体の整合性をします。 Former views are simply killed by silence; even Reuss and Dillmann are junk-iron, and there is a noticeable lack of judgment as to what can or cannot be known.殺される前に表示することは、単に沈黙;もジャンクロイスとディルマンは、鉄、および顕著な不足には、何ができるかを判断することはできません知られている。 Hence the critical results, in as far as they consist merely in the distinction of documentary sources, in the determination of post-Mosaic materials, eg, textual changes, and profane or inspired additions, in the description of various legal codes, are not at variance with the Mosaic authenticity of the Pentateuch.そのための重要な結果、 〜する限りでは彼らだけで構成さの区別のドキュメンタリーによると、ポストにモザイク材料の決意を、例えば、テキスト形式の変更、および不敬やインスピレーションの追加、様々な法律上のコードは、説明書がない信ぴょう性に差異がモザイク五します。 Nor can an anti-Mosaic character be pointed out in the facts or phenomena from which criticism legitimately infers the foregoing conclusions; such facts or phenomena are, for instance, the change of the Divine names in the text, the use of certain words, the difference of style, the so-called double accounts of really, not merely apparently, identical events; the truth of falsehood of these and similar details does not directly affect the Mosaic authorship of the Pentateuch.モザイクに反対したり、文字が指摘されたように、合法的な事実や現象から推測することなく結論を批判;このような事実や現象には、例えば、神の名前を変更されたテキストは、特定の単語を使用すると、スタイルの違いは、いわゆるダブルアカウントの本当にではなく、単にどうやら、同じイベント;の真実性を、これらのと同じような虚偽の詳細はありません原作者に直接影響を及ぼすのモザイク五します。 In which results then does criticism clash with tradition?衝突の結果では批判を入力し、機能の伝統ですか? Criticism and tradition are incompatible in their views as to the age and sequence of the documentary sources, as to the origin of the various legal codes, and as to the time and manner of the redaction of the Pentateuch.互換性のない批判さと伝統の再生回数としては、年齢やシーケンスをドキュメンタリーによると、起源としては、様々な法律上のコード、および方法としては、時間との改訂は、五します。

(i) Pentateuchal Documents.-As to the age and sequence of the various documents, the critics do not agree. ( 1 ) pentateuchal documents. -としては、年齢やシーケンスは、様々な書類は、批評家に同意しない。 Dillmann, Kittel, Konig, and Winckler place the Elohist, who is subdivided by several writers into the first, second, and third Elohist, before the Yahwist, who also is divided into the first and second Yahwist; but Wellhausen and most critics believe that the Elohist is about a century younger than the Yahwist.ディルマン、キッテル、ケーニッヒ、および配置するウィンクラーエロヒスト、 whoが細分化され、最初のいくつかの作家を、 2番目、と3番目のエロヒスト、 yahwistする前に、 whoも最初と2番目に分かれてyahwist ;しかし、ほとんどの批評家と思われるヴェルハウゼンエロヒストは約一世紀の年下のyahwistです。 At any rate, both are assigned to about the ninth and eight centuries BC; both too incorporate earlier traditions or even documents.いずれにせよ、両方ともについては、 9回に割り当てられていると紀元前8世紀;の両方の伝統やそれ以前にも書類あまりにも組み込む。

All critics appear to agree as to the composite character of Deuteronomy; they admit rather a Deuteronomist school than single writers.批評家として表示されるすべてに同意することも、複合の文字を申命記;彼らdeuteronomist学校を認めるというよりも1つの作家です。 Still, the successive layers composing the whole book are briefly designated by D1, D2, D3, etc. As to the character of these layers, the critics do not agree: Montet and Driver, for instance, assigned to the first Deuteronomist cc.とはいえ、全体の連続した層の作曲で指定された予約が簡単にd1 、 D2をD3面、などの文字をして、これらの層は、批評家に同意しない:モンテとドライバ、例えば、 deuteronomistに割り当てられているの最初の電流条件 i-xxi; Kuenen, Konig, Reuss, Renan, Westphal ascribe to DN, iv, 45-9, and v-xxvi; a third class of critics reduce D1 to xii, 1-xxvi, 19, allowing it a double edition: according to Wellhausen, the first edition contained i, 1-iv, 44; xii-xxvi; xxvii, while the second comprised iv, 45-xi, 39; xii-xxvi; xxviii-xxx; both editions were combined by the redactor who inserted Deuteronomy into the Hexateuch.私- xxi ;キューネン、ケーニッヒ、ロイス、ルナン、ウェストファール帰するのDN 、四、 45から9まで、およびV - 26 ; d1 3番目のクラスの批評家を12減らすため、 1 - 26 、 19 、できることをダブルエディション:ヴェルハウゼンによると、私の最初の版に含まれる、 1 - 4 、 44 ; 12 - 26 ;二十七、四中2番目の構成は、 45 - xi 、 39 ; 12 - 26 ;二十八- xxxに;両方のエディションが複合されたredactor who申命記六書を挿入します。 Cornill arranges the two editions somewhat differently.コルニル手配の2つのエディションが多少異なります。 Horst considers even cc.ホルスト考えても電流条件 xii-xxvi as a compilation of pre-existing elements, gathered together without order and often by chance. 12 - 26として既存の要素のコンパイル、集まった偶然にするため、しばしばです。 Wellhausen and his adherents do not wish to assign to D1 a higher age than 621 BC, Cornill and Bertholet consider the document as a summary of the prophetic teaching, Colenso and Renan ascribe it to Jeremias, others place its origin in the reign of Ezechias or Manasses, Klostermann identifies the document with the book read before the people in the time of Josaphat, while Kleinert refers it back to the end of the time of the Judges.ヴェルハウゼンと彼の支持者に割り当てることを希望されないd1紀元前621年齢が高い、とbertholetコルニルの概要を考慮して、文書を教えるの予言、コレンソとルナンイェレミアスものとみなすことを、他の場所での治世の起源やezechiasマナッセス、クロステルマンドキュメントを識別し、その本を読むの前に人々の時間のヨザファト、クライネルトの最後を参照のこと省略して、裁判官の時間です。 The Deuteronomist depends on the two preceding documents, J and E, both for his history land his legislation; the historical details not found in these may have been derived from other sources not known to us, and the laws not contained in the Sinaitic legislation and the decalogue are either pure fiction or a crystallization of the prophetic teaching.のdeuteronomist前の2つの文書に依存して、 Jおよびメールは、彼の立法の両方を彼の歴史土地の歴史的な内容が含まれていませんこれらの他のソースから派生したかもしれない特定の既知の参考にさせてsinaiticに含まれていないの法律法令、および、十戒は、純粋なフィクションのいずれか、または教育晶析を予言します。 Finally, the Priestly Code, P, is also a compilation: the first stratum of the book, both historical and legal in its character, is designated by P1 or P2; the second stratum is the law of holiness, H or Lev., xvii-xxvi, and is the work of a contemporary of Ezechiel, or perhaps of the Prophet himself (H, P2, Ph); besides, there are additional elements springing rather from a school than from any single writer, and designated by Kunen as P3, P4, P5, but by other critics as Ps and Px.最後に、聖職者のコードは、人、コンパイルも:その本の最初の地層は、歴史的、法的、その文字の両方が指定されたP1またはPicasa 2の、 2番目の地層の法則は、ホーリネス、 hまたはレフです。 、 17 -二十六、とは、現代のezechielの仕事をするか、あるいは自分自身の預言者ムハンマド(高さ、 Picasa 2の、ペーハー) ;また、その他の要素には、学校から湧きというよりもより任意の1つの作家、およびkunenとして指定さp3 、英語P4 、 p5 、しかし、他の批評家としてpsおよびピクセルです。 Bertholet and Bantsch speak of two other collections of laws: the law of sacrifices, Lev., i-vii, designated as Po; and the law of purity, Lev., xi-xv, designated as Pr. bertholetと話すの2つの他のコレクションをbantsch法令:法の犠牲を払うのは、レフ。 、私- 7 、指定されたpo ;と同法の純度、レフです。 、西- 15 、広報に指定されています。 The first documentary hypothesis considered PN as the oldest part of the Pentateuch; Duston and Dillmann place it before the Deuteronomic code, but most recent critics regard it as more recent than the other documents of the Pentateuch, and even later than Ezech., xliv, 10-xlvi, 15 (573-2 BC); the followers of Wellhausen date the Priestly Code after the return from the Babylonian Captivity, while Wildeboer places it either after or towards the end of the captivity.仮説として考えPN研究の最初のドキュメンタリーで最も古い部分の五; dustonとディルマンdeuteronomicコードの前に配置することが、ほとんどの最近の批評家としての他の最近のことについて、他のドキュメントをより五、さらにはより後のezech 。 、 44 、 10 - 46 、 15 (五七三〜二紀元前) ;の信者の聖職者のコードヴェルハウゼン日付を記入し、バビロン捕囚からの帰還した後、中wildeboerした後のいずれかの場所またはそれに向かって最後に捕らわれている。 The historical parts of the Priestly Code depend on the Yahwistic and the Elohistic documents, but Wellhausen's adherents believe that the material of these documents has been manipulated so as to fit it for the special purpose of the Priestly Code; Dillmann and Drive maintain that facts have not been invented or falsified by P, but that the latter had at hand other historical documents besides J and E. As to the legal part of P, Wellhausen considers it as an a priori programme for the Jewish priesthood after the return from the captivity, projected backwards into the past, and attributed to Moses; but other critics believe that P has systematized the pre-exilic customs of worship, developing then, and adapting them to the new circumstances.歴史的な部分での聖職者のコードに依存してエロヒストの書類のyahwisticと、しかし、ヴェルハウゼンの支持材料と確信して、これらの書類のように操作され、それに合わせて特別の目的は、聖職者のコード;ディルマンとドライブを維持することが基本偽造されていないかを発明した人、しかし、後者は手の届く所は、他の歴史的なドキュメントのほかのJ and e.としての法的な部分にはp 、ヴェルハウゼン考えて先験的なプログラムとしては、ユダヤ教の聖職に就くの捕囚からの帰還した後、後方を編集して項目を投影し、ムーサーに起因する;しかし、他の批評家と思われるpは、事前に追放された税関体系の礼拝堂、発展途上入力し、それらを新しい環境に適応します。

What has been said clearly shows that the critics are at variance in many respects, but they are at one in maintaining the post- Mosaic origin of the Pentateuchal documents.によるとされてきたことを明確に示して差異がある批評家は、多くの点で、かれらは、 1つのポストを維持するモザイクの起源pentateuchalドキュメントです。 What is the weight of the reasons on which they base their opinion?その理由は何です上での重量をベースに、自分の意見ですか?

The conditions laid down by the critics as prerequisites to literature do not prove that the sources of the Pentateuch must be post-Mosaic.批評家の条件として敷設されていない文学の前提条件を証明するためにソースを作成しなければならないの五-モザイクです。 The Hebrew people had lived for, at least, two hundred years in Egypt; besides, most of the forty years spent in the desert were passed in the neighbourhood of Cades, so that the Israelites were not longer a nomadic people.ヘブライ語の人々が住んでは、少なくとも、 200年のエジプト;以外は、大半の40年間を過ごしたは、近隣の砂漠ケイドが可決されたように、イスラエルの人々が長く、遊牧します。 Whatever may be said of their material prosperity, or of their proficiency in writing and reading, the above-mentioned researches of Flinders Petrie show that they kept records of their national traditions at the time of Moses.どんなことがその資料によると繁栄のか、またはその能力のライティング、リーディング、 、 、上記の研究の詳細フリンダーズピートリーの記録を保管してその時点で、全国の伝統モーゼスです。

If the Hebrew contemporaries of Moses kept written records, why should not the Pentateuchal sources be among these documents?コンテンポラリーの場合は、ヘブライ語で書かムーサー保管記録によりますと、なぜpentateuchalソースはないが、これらの書類の中ですか? It is true that in our actual Pentateuch we find non-Mosaic and post- Mosaic indications; but, then, the non-Mosaic, impersonal style may be due to a literary device, or to the pen of secretaries; the post-Mosaic geographical and historical indications may have crept into the text by way of glosses, or errors of the transcribers, or even inspired additions.それは事実だが、実際の五私たちは私たち以外のモザイク見つけるとポストモザイク表示;しかし、その後、モザイク以外の、人間味のないスタイルのために、文学のデバイスがありますか、またはペンの秘書をし、地理的なポストモザイク5月にこっそりと歴史的な表示をして、テキストの注釈の方法か、またはエラーがtranscribers 、あるいはインスピレーション追加します。 The critics cannot reject these suggestions as mere subterfuges; for they should have to grant a continuous miracle in the preservation of the Pentateuchal text, if they were to deny the moral certainty of the presence of such textual changes.これらの提案を拒否することはできないの批評家として単なるsubterfuges ;は彼らを付与する必要が奇跡の連続での保存は、テキストpentateuchal 、もし彼らは道徳的な確実性を否定してテキストが存在するような変更を適用します。

But would not the Pentateuch have been known to the earlier Prophets, if it had been handed down from the time of Moses?しかし、五はないが、以前の預言者に知られていた場合は、受け継がれていたのムーサーの時からですか? This critical exception is really an argument e silentio which is very apt to be fallacious, unless it be most carefully handled.この重要なメールの引数に例外が本当にこれは非常にsilentioにAPTを誤ったがない限り、慎重に取り扱うことがほとんどです。 Besides, if we keep in mind the labour involved in multiplying copies of the Pentateuch, we cannot be wrong in assuming that they were very rare in the interval between Moses and the Prophets, so that few were able to read the actual text.それに、もし私たちの労働に携わる維持を念頭に置いて乗算五書のコピーを作成することはできませんが間違っていると仮定して彼らは非常にまれでは、預言者ムーサーとの間の間隔は、いくつかのように、実際のテキストを読むことができました。 Again, it has been pointed out that at least one of the earlier Prophets appeals to a written mosaic law, and that all appeal to such a national conscience as presupposes the Pentateuchal history and law.再び、それは指摘されて、以前の預言者のうち少なくとも1つ控訴して書かれたモザイク法、およびすべての国民としての良心に訴えるような前提としての歴史とpentateuchal法です。 Finally, some of the critics maintain the J views the history of man and of Israel according to the religious and the moral ideas of the Prophets; if there be such an agreement, why not say that the Prophets write according to the religious and moral ideas of the Pentateuch?最後に、いくつかの批評家無し再生回数の歴史を維持する男と、イスラエルによると、宗教や道徳的なアイデアは、預言者;場合にこのような契約書に、なぜこと言わないでは、預言者の書き込みによると、宗教や道徳的なアイデアは、五ですか?

The critics urge the fact that the Pentateuchal laws concerning the sanctuary, the sacrifices, the feasts, and the priesthood agree with different stages of post-Mosaic historical development; that the second stage agrees with the reform of Josias, and the third with the enactments enforced after the time of the Babylonian Exile.実際には、批評家に強く要請するpentateuchalに関する法律の聖域は、犠牲は、お祭り、聖職に就くと、さまざまな段階に同意するポストモザイク歴史的発展;は、第2段階の改革に同意josias 、および3番目のenactments強制するものであり、バビロニア亡命した後です。 But it must be kept in mind that the Mosaic law was intended for Israel as the Christian law is intended for the whole world; if then 1900 years after Christ the greater part of the world is still un-Christian, it is not astonishing that the Mosaic law required centuries before it penetrated the whole nation.しかし、それを念頭に置いて保管しなければならないモザイク法が意図してイスラエルの意図としては、キリスト教法は、全世界;場合に入力し、 1900年後の世界の大部分をイエスキリストはまだ国連-キリスト教が、これは驚くべきは、モザイク法が必要となります。世紀前に国全体に侵入します。 Besides, there were, no doubt, many violations of the law, just as the Ten Commandments are violated today without detriment to their legal promulgation.それに、あるが、間違いなく、多くの法律に違反し、同じように、十戒に違反して法律上の不利益を被る今日に施行する。 Again there were times of religious reforms and disasters as there are periods of religious fervour and coldness in the history of the Christian Church; but such human frailties do not imply the non-existence of the law, either Mosaic or Christian.再度があった回の宗教改革や災害には宗教的な期間の寒さfervourとは、キリスト教の歴史の中の教会;しかし、そのような人間の弱さは、必ずしも、非の存在を、法では、モザイクやキリスト教のいずれかです。 As to the particular laws in question, it will be found more satisfactory to examine them more in detail.法では、特定の質問に、それが可能になったことを調べることをもっともっと満足のいくものを詳しく説明します。

(ii) Pentateuchal Codes.-The critics endeavour to establish a triple Pentateuchal code: the Book of the Covenant, Deuteronomy, and the Priestly Code. ( 2 ) pentateuchal codes.の批評家の努力を確立するにトリプルpentateuchalコード:この本は、誓約、申命記、と聖職者のコードです。 Instead of regarding this legislation as applying to different phases in the forty years' wandering in the desert, they consider it as agreeing with three historical stages in the national history.この法律の適用についての代わりを別の段階としては、 40年間の放浪は、砂漠、それらを考慮して3つの歴史的な段階で合意し、国家の歴史です。 As stated above, the main objects of this triple legislation are the sanctuary, the feast, and the priesthood.前述のように、立法の主なオブジェクトは、次のトリプルは、聖域の饗宴、聖職に就くとします。

(a) The Sanctuary ( a )は聖域

At first, so the critics say, sacrifices were allowed to be offered in any place where the Lord had manifested his name (Exodus 20:24-6); then the sanctuary was limited to the one place chosen by God (Deuteronomy 12:5); thirdly, the Priestly Code supposes the unity of sanctuary, and prescribes the proper religious rites to be observed.まず、ので、批評家たちは、犠牲が許されるように任意の場所で提供される主は明らかに彼の名前(出エジプト記20:24-6 ) ;入力し、聖域は、 1つの場所に限定さ選ばれた神(申命記12時05分) ;第三に、聖職者のコードの結束をsupposesサンクチュアリ、および規定の適切な宗教的な儀式を観察します。 Moreover, the critics point out historical incidents showing that before the enforcement of the Deuteronomic law sacrifices were offered in various places quite distinct from the resting place of the ark.また、歴史的な事件が表示さを指摘する批評家の前にdeuteronomic法の施行の犠牲は非常に異なる様々な場所で提供さ休憩所は、箱舟からです。 What do the defenders of the Mosaic authorship of the Pentateuch answer?守備陣は、どのようなモザイクには、原作者は、五答えですか? First, as to the triple law, it points to three different stages in Israel's desert life: before the erection of the tabernacle at the foot of Mt.第一に、法としては、トリプル、それを指して3つの段階で、イスラエルの砂漠の寿命:勃起する前に、幕屋の山の麓にします。 Sinai, the people were allowed to erect altars and to offer sacrifices everywhere provided the name of the Lord had been manifested; next, after the people had adored the golden calf, and the tabernacle had been erected, sacrifice could be offered only before the tabernacle, and even the cattle killed for consumption had to be slaughtered in the same place, in order to prevent a relapse into idolatry; finally, when the people were about to enter the promised land, the last law was abolished, being then quite impossible, but the unity of sanctuary was kept in the place which God would choose.シナイ半島は、人々が許されるようにあらゆる犠牲を逆立てて祭壇を提供するとの名前を提供していたマニフェストの主;次へ、人々の後に尊敬されていたの黄金ふくらはぎの、および幕屋建てていた、犠牲が幕屋の前にのみ提供、さらには死亡牛を食肉処理しなければなりません消費量でも同じ場所は、再発を防止するためにを偶像崇拝;最後に、ときに人々が約約束の地を入力して、最後の法は廃止し、かなり不可能に入力し、しかし、統合の場所に保管して聖域は、神が選択できます。 Secondly, as to the historical facts urged by the critics, some of them are caused by direct Divine intervention, miracle or prophetic inspiration, and as such are fully legitimate; others are evidently violations of the law, and are not sanctioned by the inspired writers; a third class of facts may be explained in one of three ways:第二に、歴史的事実を促したとして批判され、いくつかの直接神の介入によって引き起こされるには、奇跡や予言的なインスピレーションは、そのようなものは完全に合法的な;他の人の明らかに法違反、認可を受けるにはなっていない作家のインスピレーション;基本年5月3番目のクラスの3つの方法の1つで説明される:

Poels ("Le sanctuaire de Kirjath Jeraim", Louvain, 1894; "Examen critique de l'histoire du sanctuaire de l'arche", Louvain, 1897) endeavours to prove that Gabaon, Masphath, and Kiriath-Jarim denote the same place, so that the multiplicity of sanctuaries is only apparent, not real. poels ( "ルsanctuaireデkirjath jeraim " 、ルーベン、 1894 ; "試験批判デl' histoireデュsanctuaireデl'アーチェ" 、ルーベン、 1897 )努力を証明してgabaon 、 masphath 、 kiriath - jarim示すと同じ場所に、して、多様な聖域は見掛けだけではなく、リアルです。

Van Hoonacker ("Le Lieu du culte dans la legislation rituelle des Hebreux" in "Musceeon", April-Oct., 1894, XIII, 195-204, 299- 320, 533-41; XIV, 17-38) distinguishes between private and public altars; the public and national worship is legally centralized in one sanctuary and around one altar, while private altars may be had for domestic worship.ヴァンhoonacker ( "ルの代わりデュculte dans rituelleデラ立法hebreux "と" musceeon " 、 4 - 10月です。 、 1894 、 13 、一九五〜二〇四、 299 -3 20、五三三〜四一; 1 4、十七〜三十八)を区別プライベートや公共祭壇; 、国民と国家崇拝は法的に集中さ約1つ1つの聖域と祭壇、祭壇年5月には国内の民間崇拝される。

But more commonly it is admitted that before God had chosen the site of national sanctuary, it was not forbidden by law to sacrifice anywhere, even away from the place of the ark.しかし、他の神の前を認めていることがよく選ばれたこのサイトは国立保護区、それは法律で禁止さを犠牲にしないどこでも、箱舟の場所からです。 After the building of the temple the law was not considered so stringent as to bind under all circumstances.同寺の建物をした後、同法はないとして検討をバインドするための厳しい状況下でのすべてのです。 Thus far then the argument of the critics is not conclusive.これまでの引数を入力し、決定的な批評家ではない。

(b) The Sacrifices ( b )本契約の犠牲を払う

According to the critics, the Book of the Covenant enjoined only the offering of the first-fruits and the first-born of animals, the redemption of the first-born of men, and a free-will offering on visiting the sanctuary (Ex., xxii, 28-9; xxiii, 15, [Heb., xxiii, 19]); Deuteronomy more clearly defines some of these laws (xv, 19-23; xxvi, 1-11), and imposes the law of tithes for the benefit of the poor, the widows, the orphans, and the Levites (xxvi, 12-5); the Priestly Code distinguishes different kinds of sacrifices, determines their rites, and introduces also incense offering.批評家によると、この本は、約束の最初の提供のみを差し止め-果物や動物の最初の生まれは、償還の最初の生まれの人々と訪問の自由意志で提供さサンクチュアリ(例: 、 xxii 、 28〜9 ; 23 、 15 、 [なしで。 、 23 、 19 ] ) ;申命記より明確に定義されていくつかの法律( 15 、 19-23 ;二十六、 1-11 ) 、および同法の十分の一を課す貧しい人々の利益のために、未亡人は、孤児、とlevites ( 26 、 12月5日) ;の聖職者のコードを区別するさまざまな種類の犠牲、彼らの儀式を決定し、導入も線香を提供します。 But history hardly bears out this view: as there existed a permanent priesthood in Silo, and later on in Jerusalem, we may safely infer that there existed a permanent sacrifice.しかし、歴史はほとんどのクマはこのビューを表示する:として永久に存在する聖職に就くのサイロ、およびそれ以降の上、エルサレム、安全を推測することがありますが、恒久的な犠牲が存在します。 The earliest prophets are acquainted with an excess of care bestowed on the sacrificial rites (cf. Amos 4:4, 5; 5:21-22, 25; Hosea passim).最古の預言者は、知り合いに過剰なケアを授けたのいけにえの儀式( cf.アモス4時04分、 5 ; 5:21-22 、 25 ;ホセア書ここかしこに) 。 The expressions of Jeremias (vii, 21-3) may be explained in the same sense.イェレミアスを表現したもの、 ( 7 、二十一〜三)年5月に同じ意味で説明されています。 Sin offering was known long before the critics introduce their Priestly Code (Osee, iv, 8; Mich., vi, 7; Ps., xxxix [xl], 7; 1 Kings, iii, 14).罪を提供する前に長い批評家として知られて聖職者の紹介コード( osee 、 4 、 8 ;ミシガン州6 、 7 ; psのです。 、 39 [ xl ] 、 7 ; 1キングス、 3世、 14 ) 。 Trespass offering is formally distinguished from sin offering in 2 Kings 13:16 (cf. 1 Samuel 6:3-15; Isaiah 53:10).不法侵入罪を提供区別が正式に提供さ2キングス13:16 ( cf. 1サミュエル6:3-15 ;イザヤ書53:10 ) 。 Hence the distinction between the different kinds of sacrifice is due neither to Ezekiel 45:22-5, nor to the Priestly Code.それゆえの区別をすることによりさまざまな種類のどちらを犠牲にはエゼキエル45:22-5 、また、聖職者のコードです。

(c) The Feasts (ウ)のお祭り

The Book of the Covenant, so the critics tell us, knows only three feasts: the seven-days feast of the azymes in memory of the exodus form Egypt, the feast of the harvest, and that of the end of the harvest (Exodus 23:14-7); Deuteronomy ordains the keeping of the feasts at the central sanctuary adds to Pasch to the feast of the azymes, places the second feast seven weeks after the first, and calls the third, "feast of tabernacles", extending its duration to seven days (Deuteronomy 16:1-17); the Priestly Code prescribes the exact ritual for five feasts, adding the feast of trumpets and of atonement, all of which must be kept at the central sanctuary.この本を誓約するため、批評家教えて下さい、知って3つのみのお祭り: 7日間の饗宴をメモリには、出エジプト記第フォームazymesエジプトでは、収穫の祝宴をし、最後に収穫している(出エジプト記第23 :14 - 7 ) ;申命記ordains 、お祭りの維持は、中央pasch聖域に拍車をごちそうして、 azymes 、 2番目のごちそうの場所の最初の7週間後、および呼び出して、第三に、 "ごちそうのtabernacles " 、延長の期間日から7日間(申命記16:1-17 ) ;の聖職者のコードの中の正確な5つの儀式のためのお祭り、トランペットを追加して祝宴の償いと、すべて保管しなければならないのは、中央聖域のようです。 Moreover, history appears to endorse the contention of the critics: Judges, xxi, 19 knows of only one annual feast in Silo; 1 Samuel 1:3, 7, 21 testifies that the parents of Samuel went every year to Silo to the sanctuary; Jeroboam I established in his kingdom one annual feast similar to that celebrated in Jerusalem (1 Kings 12:32-3); the earliest Prophets do not mention the names of the religious feasts; the Pasch is celebrated for the first time after the discovery of Deuteronomy (2 Kings 23:21-3); Ezechiel knows only three feasts and a sin offering on the first day of the first and the seventh month.また、競合の履歴が表示さを支持する批評家:裁判官、 xxi 、 19知っての毎年恒例のごちそうに1つしかサイロ; 1サミュエル1:3 、 7日、 21日の証言は、両親のサミュエルは毎年サイロを聖域;彼の王国に設立された1つのjeroboam私に似ている毎年恒例の饗宴祝われてエルサレム( 1キングス12:32-3 ) ;最古の預言者の名前を言及していない宗教のお祭り; paschは、有名なのは時間の後に、最初の発見申命記( 2キングス23:21-3 ) ; ezechiel知ってのお祭りと3つの罪を犯すことのみを提供した最初の日に7月の最初のとします。 But here again, the critics use the argument e silentio which is not conclusive in this case.しかし、ここで繰り返しになりますが、批評家の引数を使用してメールsilentioこの場合は決定的ではない。 The feast of atonement, for instance, is not mentioned in the Old Testament outside the Pentateuch; only Josephus refers to its celebration in the time of John Hyrcanus or Herod.宴の償い、例えば、ではないに記載され、旧約聖書の外の五;のみヨセフスその祝典は、時間を参照してジョンhyrcanusまたはヘロデ王です。 Will the critics infer from this, that the feast was not kept throughout the Old Testament?批評家からは推測には、ごちそうして保管して旧約聖書はないですか? History does not record facts generally known.履歴はありません一般的にレコードの事実を知られている。 As to the one annual feast mentioned in the early records, weighty commentators are of opinion that after the settlement of the people in the promised land, the custom was gradually introduced of going to the central sanctuary only once a year.毎年恒例のごちそうとしては、 1つの初めに記載されて記録によりますと、有力な解説者たちの意見が解決した後、約束の地の人々に、徐々に導入し、カスタムは、聖域の中央に行く一年に一度だけです。 This custom prevailed before the critics allow the existence of the Deuteronomic law (1 Kings 12:26-31), so that the latter cannot have introduced it.批評家の前に、このカスタムが勝っていたのdeuteronomicの存在を可能にする法( 1王12:26-31 ) 、後者のように導入することはできません。 Isaias (xxix, 1; xxx, 29) speaks of a cycle of feasts, but Osee, xii, 9 alludes already to the feast of tabernacles, so that its establishment cannot be due to the Priestly Code as the critics describe it. isaias ( 29 、 1 ; xxxと29 )のお祭りの循環を話すのが、 osee 、 12 、 9 alludesのごちそうをtabernaclesすでに、このような設立のためにすることはできません批評家としての聖職者のコードを記述してください。 Ezechiel (xlv, 18-25) speaks only of the three feasts which had to be kept at the central sanctuary. ezechiel ( 45 、 18-25 )の3つの話すだけのお祭りに保たれていたの中心に聖域のようです。

(d) The Priesthood (エ)の聖職に就く

The critics contend that the Book of the Covenant knows nothing of an Aaronitic priesthood (Exodus 24:5); that Deuteronomy mentions priests and Levites without any hierarchical distinction and without any high priest, determines their rights, and distinguishes only between the Levite living in the country and the Levite attached to the central sanctuary; finally, that the Priestly Code represents the priesthood as a social and hierarchical institution, with legally determined duties, rights, and revenues.論争の批評家は、この本は、何も知らないの誓約aaronitic聖職に就く(出エジプト記24:5 ) ; levites司祭と言及を申命記階層の区別なく高い司祭とせず、自分たちの権利を決定し、レビ人の間の区別に住んでのみその国とのレビに接続され、中央サンクチュアリ;最後に、聖職者のコードは、聖職に就くは、社会的、階層的な機関として、合法的に決定義務、権利、および売上高です。 This theory is said to be borne out by the evidence of history.この理論はアウトされたといわれている証拠の歴史を負担します。 But the testimony of history points in the opposite direction.しかし、証言の歴史をポイントには逆の方向です。 At the time of Josue and the early Judges, Eleazar and Phinees, the son and nephew of Aaron, were priests (Numbers 26:1; Deuteronomy 10:6; Joshua 14:1 sqq.; 22:13, 21; 24:33; Judges 20:28).ジョスエている時点での早期裁判官、 phinees eleazarと、アーロンの息子と甥が司祭(数字26:1 ;申命記10 : 06 ;ジョシュア14時01 sqq 。 ; 22:13 、 21 ; 24:33 ;裁判官20:28 )です。 From the end of the time of Judges to Solomon, the priesthood was in the hands of Heli and his descendants (1 Samuel 1:3 sqq.; 14:3; 21:1; 22:1) who sprang from Ithamar the younger son of Aaron (1 Chronicles 24:3; cf. 1 Samuel 22:29; 14:3; 2:7 sqq.).からの時間の終わりに裁判官にソロモンは、聖職に就くの手には、ヘリと彼の子孫( 1サミュエル1:3 sqq 。 ;午前14時03分、 21時01分、 22時01分) who springの過去の息子より若いithamarのアーロン( 1クロニクル24:3 ;継続前誌です。 1サミュエル22:29 ;午前14時03分;午前2時07 sqq 。 ) 。 Solomon raised Sadoc, the son of Achitob, to the dignity of the high priesthood, and his descendants held the office down to the time of the Babylonian Captivity (2 Samuel 8:17; 15:24 sqq.; 20:25; 1 Kings 2:26, 27, 35; Ezekiel 44:15); that Sadoc too was of Aaronic descent is attested by I Par., vi, 8.ソロモン提起sadocは、息子のachitob 、尊厳を聖職に就くの高い、と彼の子孫を開催し、オフィスダウンするものであり、バビロン捕囚( 2サミュエル8時17分; 15:24 sqq 。 ; 20:25 ; 1キングス2:26 、 27 、 35 ;エゼキエル44:15 ) ;ことは、あまりにもsadocの証言を私はパーaaronic降下します。 、 6 、 8 。 Besides the Books of Josue and Paralipomenon acknowledge the distinction between priests and Levites; according to 1 Samuel 6:15, the Levites handled the ark, but the Bethsamites, the inhabitants of a priestly city (Joshua 21:13-6), offered sacrifice.歴代志に加えて、書籍のジョスエとの区別は、司祭と認めるlevites ;によると、 1サミュエル6:15は、処理の箱舟levites 、しかし、 bethsamitesに、住民たちは、聖職者の市(ジョシュア21:13-6 ) 、提供を犠牲にです。 A similar distinction is made in 2 Samuel 15:24; 1 Kings 8:3 sq.; Isaiah 66:21.同様の区別が国内で行われる2サミュエル15:24 ; 1キングス8時03平方;イザヤ書66:21です。 Van Hoonacker ("Les pretres et les levites dans le livre d'Ezechiel" in "Revue biblique", 1899, VIII, 180-189, 192-194) shows that Ezechiel did not create the distinction between priests and Levites, but that supposing the traditional distinction in existence, he suggested a divisions in to these classes according to merit, and not according to birth (xliv, 15-xlv, 5).ヴァンhoonacker ( "レpretres etレlevites dansルリーヴルd' ezechiel "と"レヴューbiblique " 、 1899 、 viii 、一八〇から一八九まで、一九二〜一九四)によるとezechielを作成しなかったとの区別は、司祭levitesが、そのsupposing伝統的な区別が存在し、彼はこれらのクラスを提案した部門ではメリットによると、および特定によると、生年月日( 44 、 15 - 45 、 5 ) 。 Unless the critics simply set aside all this historical evidence, they must grant the existence of an Aaronitic priesthood in Israel, and its division into priests and Levites, long before the D and P codes were promulgated according to the critical theory.批評家ていない限り、この歴史的な証拠をすべて取っておくだけで、彼らの存在を付与する必要があります。 aaronitic聖職に就くのは、イスラエル、およびその課をlevites司祭と、ずっと前のDとPコードが公布によると、重要な理論です。 It is true that in a number of passages persons are said to offer sacrifice who are not of Aaronitic descent: Judges, vi, 25 sqq.; xiii, 9; 1 Samuel 7:9; 10:8; 13:9; 2 Samuel 6:17; 24:25; 1 Kings 8:5, 62; etc. But in the first place, the phrase "to offer sacrifice" means either to furnish the victim (Leviticus 1:2, 5) or to perform the sacrificial rite; the victim might be furnished by any devout layman; secondly, it would be hard to prove that God committed the priestly office in such a way to Aaron and his sons as not to reserve to himself the liberty of delegating in extraordinary cases a non-Aaronite to perform the priestly functions.それは事実だが、通路では、多くの人が犠牲によるとを提供するaaronitic whoはないの降下:裁判官は、六、 25 sqq 。 ; 13 、 9 ; 1サミュエル7時09分、 10時08分、 13時09分、 2サミュエル6:17 ; 24:25 ; 1キングス8時05分、 62 ;等しかし、まず第一に、フレーズ"を提供する犠牲"のいずれかを提出する手段は、被害者(レビ記1:2 、 5 ) 、またはを行うには、いけにえ儀式;は、被害者から提供された任意の敬けんな素人かもしれない;第二に、それは神のハードを証明することにコミットする聖職者の事務所にこのような方法をアーロンを予約するとその息子たちではない自分自身の自由を委任さ以外の場合、臨時-レビの子孫を行うには、聖職者の機能です。

(iii) Pentateuchal Redaction.-The four documentary sources of the Pentateuch thus far descried were combined not by any one individual; critics require rather three different stages of combination: first, a Yahwistic redactor RXX or RX combined J and E with a view of harmonizing them, and adapting them to Deuteronomic ideas; this happened either before or after the redaction of D. Secondly, after D had been completed in the sixth century BC, a redactor, or perhaps a school of redactors, imbued with the spirit of D combined the documents JE into JED, introducing however the modifications necessary to secure consistency. ( 3 ) -の4つのドキュメンタリーpentateuchal redaction.ソースは、五descriedが、これまでのいずれかの組み合わせではなく、個々の;批評家という3つの段階で必要との組み合わせ:第一に、 redactorをyahwistic rx rxxまたは複合Jおよびメールとビュー調和し、適応してdeuteronomicアイデア;この前または後のいずれかが起こったのd.の改訂第二に、 dが完了した後は、紀元前6世紀は、 redactorか、あるいは学校のredactors 、染み込んでの精神のD複合のドキュメントをジェッドは、必要な変更を導入しかし、整合性を確保する。 Thirdly, a last redactor RX imbued with the letter and the spirit of P, combined this document with JED, introducing again the necessary changes.第三に、最後の手紙とredactor rxの精神に染み込んではp 、複合このドキュメントにジェッド、再び導入するために必要な変更を適用します。 The table of nations in Gen., xiv was according to Kunen added by this last redactor. Gen 。と、テーブルof Nationsのは、 14世はkunenによると、この最後のredactorで追加されます。

At first sight, one is struck by the complex character of this theory; as a rule, truth is of a more simple texture.一見すると、 1つは打たれる複雑な文字は、次の理論;は、原則として、真理は、他の単純なテクスチャです。 Secondly, one is impressed by the unique nature of the hypothesis; antiquity has nothing to equal it.第二に、 1つは特有の性質に感銘を受けたの仮説;古代は何の関係も同じことです。 Thirdly, if one reads or studies the Pentateuch in the light of this theory, one is impressed by the whimsical character of the redactor; he often retained what should have been omitted, and omitted what should have been retained.第三に、 1つの読み取りまたは研究している場合五この理論に照らして、 1つは気まぐれな性格に感銘を受けたのredactor ;彼はしばしば省略された場合はどうすれば保持し、省略された場合はどうすれば保持されます。 The critics themselves have to take refuge, time and time again, in the work of the redactor, in order save their own views of the Pentateuch.批評家に避難し、時刻と時間を再び、 redactorの仕事をするために、独自の再生回数は、五後のために保存します。 A recent writer does not hesitate to call the complex redactor ein genialer Esel.最近の作家を呼ぶのをためらうの複雑されないredactor ein genialer eselです。 Fourthly, a truth-loving, straightforward reader is naturally shocked by the literary fictions and forgeries, the editorial changes and subterfuges implied in the critical theory of the Pentateuchal documents and redaction.第四は、真理を愛する、率直なリーダーは、自然に衝撃を受けて、文学の小説や偽造は、暗黙の社説での重要な変更とsubterfugesの理論pentateuchalドキュメントおよび改訂します。 The more moderate critics endeavour to escape this inconvenience: some appeal to the difference between the ancient and the modern standard of literary property and editorial accuracy; others practically sanctify the means by the end.批評家の他の穏健な努力をエスケープするこの不便:いくつかの違いは国会を解散して標準の古代と近代文学の財産と編集精度;その他年末までに実質的に浄化する手段です。 Oettli considers the dilemma "either the work of Moses or the work of a deceiver" as the expression of sheer imprudence; Kautzsch unctuously points to the depth of the wisdom and knowledge of God whose ways we cannot fathom, but must admire. oettli考慮のジレンマ"のいずれかの仕事を欺くムーサーかの仕事をする"との表現の薄手の軽率;カウチを指しての深さを滑らかにするのは賢明な方法と、その神の知識を尋することはできませんが、感嘆必要があります。 The left wing of criticism openly acknowledges that there is no use in hushing up matters; it actually is the result of scientific research that both form and contents of a great part of the Old Testament are based on conscious fiction and forgery.左ウィングの批判を浴びることがないことを公然と認めシュー上の問題で使用することの科学的研究の結果、実際には、その両方のフォームとの内容を大部分の意識に基づいて、旧約聖書の偽造虚構とします。

IV. Ⅳ 。 STYLE OF THE PENTATEUCHスタイルは、五

In some general introductions to the Pentateuch its messianic prophecies are specially considered, ie, the so-called proto-evangelium, Gen., iii, 15; the blessing of Sem, Gen., ix, 26-7; the patriarchal promises, Gen., xii, 2; xiii, 16; xv, 5; xvii, 4-6, 16; xviii, 10-15; xxii, 17; xxvi, 4; xxviii, 14; the blessing of the dying Jacob, Gen., xlix, 8-10; the Prophecy of Balaam, Num., xxiv, 15 sqq.; and the great Prophet announced by Moses, Deut., xviii, 15-19.いくつかの全般を紹介して、五の救世主予言は、特別な考慮、すなわち、いわゆるプロト-福音書、 Gen 。と、 3世、 15 ;の祝福をSEMのは、 Gen 。と、 9世、二六〜七;の家父長の約束を、世代です。 、 12 、 2 ; 13 、 16 、 15 、 5 ; 17 、 4-6 、 16 、 18 、 10-15 ; xxii 、 17 ;二十六、 4 ;二十八、 14 ;の祝福を、死にかけているジェイコブ、 Gen 。と、 49 、 8-10 ;の予言を埋め草、 NUM件です。 、 24 、 15 sqq 。 ;と発表した偉大な預言者ムーサーよ、 deut 。 、 18 、 15-19 。 But these prophecies belong rather to the province of exegesis than introduction.しかし、これらの予言に属する省の解釈というよりも紹介しています。 Again, the text of the Pentateuch has been considered in some general introductions to the work.繰り返しになりますが、テキストは、五は考慮されていくつかの全般の仕事を紹介しています。 We have seen already that besides the Massoretic Text we have to take into account the earlier text followed by the Septuagint translators, and the still earlier readings of the Samaritan Pentateuch; a detailed investigation of this subject belongs to the field of textual or lower criticism.私たちが見られることに加えて、すでにmassoretic本文私たちは、以前のテキストを考慮に入れるセプトゥアギンタの翻訳に続いて、まだそれ以前の朗読と、サマリア五;の詳細な調査は、次のアジ研に属して、フィールドのテキストまたは下位の批判です。 But the style of the Pentateuch can hardly be referred to any other department of Pentateuchal study.しかし、五のスタイルを参照されることは到底他の部門のpentateuchal勉強します。

As Moses employed no doubt pre-existent documents in the composition of his work, and as he must have made use too of the aid of secretaries, we expect antecedently a variety of style in the Pentateuch.モーゼス間違いないとして雇わプレの組成を既存のドキュメントを、彼の作品は、彼として使用する必要がありますがあまりにもの秘書の助けを借りて、様々なスタイルの期待antecedentlyは、五します。 It is no doubt due to the presence of this literary phenomenon that the critics have found so many points of support in their minute analysis.それは間違いないが存在するために、この現象は、文芸批評家のサポートが見つかったので、その分多くのポイントを分析します。 But in general, the style of the work is in keeping with its contents.しかし、一般的には、仕事をされるのスタイルを維持すると、その内容です。 There are three kinds of material in the Pentateuch: first, there are statistics, genealogies, and legal formularies; secondly, there are narrative portions; thirdly, there are parenthetic sections.には、 3つの種類の素材は、五:第一に、統計情報には、 genealogies 、および法的formularies ;第二に、物語には、部分;第三に、セクションには、挿入します。

No reader will find fault with the writer's dry and simple style in his genealogical and ethnographic lists, in his table of encampments in the desert, or his legal enactments.あら探しをするのリーダーが乾燥し、シンプルなスタイルの作家の彼の家系や民族間のリスト、彼のテーブルencampmentsは、砂漠か、または自分の法的enactments 。 Any other literary expression would be out of place in records of this kind.その他の文学的表現が場違いな存在では、この種の記録をします。 The narrative style of the Pentateuch is simple and natural, but also lively and picturesque.スタイルは、五の物語は簡単で、自然、絵のように美しいだけでなく、生き生きとしています。 It abounds in simple character sketches, dialogues, and anecdotes.それは単純な文字aboundsスケッチ、対話、および逸話です。 The accounts of Abraham's purchase of a burying-ground, of the history of Joseph, and of the Egyptian plagues are also dramatic.アカウントのアブラハムの購入依頼は、地上を埋め、ジョセフの歴史を、とエジプトのplaguesにも劇的な。 Deuteronomy has its peculiar style on account of the exhortations it contains.申命記には、独特のスタイルを、 exhortationsアカウントが含まれています。 Moses explains the laws he promulgates, but urges also, and mainly, their practice.モーゼス説明して彼の法律promulgates 、しかし、要請にも、および主に、彼らの練習します。 As an orator, he shows a great deal of unction and persuasiveness, but is not destitute of the earnestness of the Prophets.演説者として、彼には多大な慰めとなるものと説得力が、極貧のは、熱心ではないのは、預言者です。 His long sentences remain at times incomplete, thus giving rise to so-called anacolutha (cf. Deuteronomy 6:10-12; 8:11-17; 9:9-11; 11:2-7; 24:1-4).彼の長い文章回不完全なままで、このように上昇するいわゆる与えanacoluthonの複数形( cf.申命記6:10-12 ; 8:11-17 ; 9:9-11 ; 11:2-7 ; 24:1-4 )です。 Being necessarily a popular preacher, he is not lacking in repetitions.必然的に人気の説教師が、彼ではないが不足して繰り返しています。 But his earnestness, persuasiveness, and unction do not interfere with the clearness of his statements.しかし、彼の熱意、説得力、および慰めとなるものはありませんの透明性を妨げる彼の機関です。 He is not merely a rigid legislator, but he shows his love for the people, and in turn wins their love and confidence.彼は単なる硬直化した国会議員は、しかし、彼は彼の愛を示しての人々 、そしてその愛と自信を有効勝です。

Decisions of the Biblical Commission意思決定は、聖書の委員会

Some decisions of the Biblical Commission in regards to the chief subject of this article, viz., Genesis, are as follows: The various exegetical systems which exclude the literal and historical sense of the first three chapters of the Book of Genesis are not based on solid foundation.いくつかの意思決定に関しては、聖書の委員会の首席アジ研は、次の資料を、 viz 。 、創世記、は次のとおりです:様々な解釈のシステムを除外する、歴史的な意味でのリテラルの最初の3つの章ではないの創世記に基づいて強固な基盤です。 It should not be taught that these three chapters do not contain true narrations of facts, but only fables derived from the mythologies and cosmogonies of earlier peoples, purged of the polytheistic errors and accommodated to monotheism; or allegories and symbols, with no objective reality, set forth in the guise of history to inculcate religious and philosophical truths; or, finally, legends partly historical and partly fictitious put together for instruction and edification.教えてはならない3つの章では、これらの事実が含まれていない真のナレーションだけの神話と寓話cosmogoniesから派生した以前の人々 、削除、エラー、および宿泊を多神教一神教;またはallegoriesや記号がなく、客観的現実には、の歴史を装っての規定は、宗教や哲学的真理を鼓吹するか、最後に、歴史的、部分部分架空の伝説の命令をまとめると教化です。 In particular, doubt should not be cast on the literal and historical sense of passages which touch on the foundations of the Christian religion, as, for instance, the creation of the universe by God at the beginning of time; the special creation of man; the formation of the first woman from the first man; the unity of the human race; the original happiness, integrity, and immortality of our first parents in the state of justice; the precept given by God to man to try his obedience; the transgression of the Divine precept, at the suggestion of the Devil, under the form of a serpent; the fall of our first parents from their original state of justice; the promise of a future Redeemer.特に、ギプスを疑うことはできませんリテラル、歴史的な感覚に触れて通路には、キリスト教の宗教の基盤として、例えば、宇宙の創造の神の冒頭に時間がかかったり、特別な創造の男;の形成には、最初の女性からの最初の男;の結束を、人間のレース; 、元の幸福、完全性、および弊社の最初の父母は、不死の状態を正義の神は人間に与えられた教訓彼の服従を試す;の罪は、神の教えは、悪魔の提案は、フォームの下に、ヘビ;の秋に最初の両親から、元の状態の正義;の約束を、将来の救い主です。

In explaining such passages in these chapters as the Fathers and Doctors interpreted differently, one may follow and defend the opinion which meets his approval.これらの章で説明するような通路や医師として、父親の解釈が異なる、 1つの意見を5月を追跡および満たして彼の承認を擁護する。 Not every word or phrase in these chapters is always necessarily to be taken in its literal sense so that it may never have another, as when it is manifestly used metaphorically or anthropomorphically.必ずしもすべての単語やフレーズを、これらの章は、常に必要とされるように、文字どおりの意味でそのことが別のときなど、比喩的またはanthropomorphically使用されることは明白です。 The literal and historical meaning of some passages in these chapters presupposed, an allegorical and prophetical meaning may wisely and usefully be employed.リテラル、歴史的ないくつかの文章の意味を前提に、これらの章は、机上の寓話と便利な意味がありますが賢明と雇用します。 As in writing the first chapter of Genesis the purpose of the sacred author was not to expound in a scientific manner the constitution of the universe or the complete order of creation, but rather to give to the people popular information in the ordinary language of the day, adapted to the intelligence of all, the strict propriety of scientific language is not always to be looked for in their terminology.のように書いて創世記第1章の目的は、神聖な著者は、科学的な態度をしないように憲法の解説で、宇宙や創造の順序を完全ではなく、むしろ人気の情報を与えるには、普通の人々の言語の日、適応して、知能のすべてのは、厳格な礼儀作法の科学的な言語ではないが、常にその用語を探してみたのです。 The expression six days and their division may be taken in the ordinary sense of a natural day, or for a certain period of time, and exegetes may dispute about this question. 6日間とその課の表現をとることが自然な感じがするが、通常の1日、または一定の期間が経過し、 exegetes年5月の紛争については、この質問です。

Publication information Written by AJ Moss.出版物の情報執筆者のAJ形作っていました。 Transcribed by Thomas M. Barrett & Michael T. Barrett.転写されトーマス男性バレット&マイケルt.バレットです。 Dedicated to the Poor Souls in Purgatory The Catholic Encyclopedia, Volume XI.煉獄の魂のために、貧しい人専用のは、カトリックの百科事典、第20巻XI 。の Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認、 1911年2月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Many works referring to the Pentateuch have been cited throughout the course of this article.多くの作品を参照して引用しても五コースは、次の資料です。 We shall here add a list of mainly exegetical works, both ancient and modern, without attempting to give a complete catalogue.ここでわたしたちは主に解釈の作品のリストを追加するには、両方の古代と現代、しようとせず、完全なカタログを与える。

PATRISTIC WRITERS."Eastern Church:--ORIGEN, Selecta in Gen., PG, XII, 91- 145; IDEM, Homil. in Gen., ibid., 145-62; IDEM, Selecta et homil, in Ex., Lev., Num., Deut., ibid., 263-818; IDEM, Fragmenta in PG, XVII, 11-36; ST. BASIL, Homil. in Hexaemer. in PG, XXIX, 3-208; ST. GREGORY OF NYSSA, In Hexaemer. in PG, XLIV, 61-124; IDEM, De homin. Opific., ibid., 124-297; IDEM, De vita Moysis, ibid., 297-430; ST. JOHN CHRYS., Homil. in Gen. in PG, LIII, LIV, 23- 580; IDEM, Serm. In Gen. in PG, LIV, 581-630; ST. EPHR., Comment in Pentat. in Oper. Syr., I, 1-115; ST. CYRIL OF ALEX., De adoratione in spiritu in PG, LXVIII, 133-1125; Glaphyra in PG, LXIX, 13-677; THEODORETUS, Quaest. in Gen., Ex., Lev., Num., Deut. in PG, LXXX, 76-456; PROCOPIUS OF GAZA, Comment. in Octateuch. in PG, LXXXVII, 21-992; NICEPHORUS, Catena in Octateuch. et libros Reg. (Leipzig, 1772). patristic作家です。 "東教会: -原産地、 s electa、 G en。と、 p g、 1 2、 9 1- 14 5;同じ、h o mil。、 G e n。と、同上、1 4 5から62まで;同じ、s e lectaet ho milは、例です。、レフです。 、 NUM件です。 、 deut 。 、同上、 263から818 ;同じ、 fragmenta 、 pg 、 17 、一一〜三六;セントです。バジル、 homil 。 hexaemer 。 、 pg 、 29 、三から二百八まで;セントです。グレゴリーのnyssaは、 hexaemer 。 、 pg 、 44 、六一から一二四まで;同じ、デ人間です。 opific 。 、同上、百二十四〜二百九十七;同じ、デ生命moysis 、同上、二九七から四三〇 ;セントです。ジョンchrys 。 、 homil 。 Gen 。と、 pg 、 53 、 54 、 23 -5 80;同じ、 s erm。 、 G en。と、 p g、リヴ、五百八十一〜六百三十;セントです。 e phr。 、コメントをp entat。で動作します。 s yr。 、私は、一から百十五まで;セントです。シリルのアレックス。 、デadorationeでspirituでpg 、 68 、 133-1125 ; glaphyra 、 pg 、 69 、十三から六百七十七まで; theodoretus 、 quaest 。 、 Gen 。と、例です。 、レフです。 、 NUM件です。 、 deut 。 pg 、 80 、七十六から四百五十六; procopiusのガザ地区、コメントは得られなかった。でoctateuch 。 、 pg 、 87 、 21〜992 ;ニケフォロス、カテナでoctateuchです。 et図書館てください。 (ライプチヒ、 1772 ) 。

Western Church: ST.欧米の教会:セントです。 AMBROSE, In Hexaemer.アンブローズは、 hexaemerです。 in PL, XIV, 123-274; IDEM, De Paradiso terrestri, ibid., 275-314; IDEM, De Cain et Abel, ibid., 315-60; IDEM, De Noe et arca, ibid., 361-416; IDEM, De Abraham, ibid., 419-500; IDEM, De Isaac et anima, ibid., 501-34; IDEM, De Joseph patriarcha, ibid., 641-72; IDEM, De benedictionibus patriarcharum, ibid., 673-94; ST. 、ポーランド語、 14 、百二十三から二百七十四まで;同じ、デパラディーゾterrestri 、同上、 275〜314 ;同じ、デカインetアベル、同上、三百十五から六十まで;同じ、デノエet箱、同上、 361から416 ;同上、デイブラーヒーム、同上、四百十九から五百;同じ、デアイザックetアニマ、同上、五百一から三十四;同じ、デジョセフpatriarcha 、同上、六百四十一〜七十二;同じ、デbenedictionibus patriarcharum 、同上、 673 - 94 ;セントです。 JEROME, Liber quaest.ジェローム、独立したquaestです。 hebraic.ヘブライ人のです。 in Gen. in PL, XXIII, 935-1010; ST. Gen 。と、ポーランド語で、 23 、 935-1010 ;セントです。 AUGUSTINE, De Gen. c.アウグスティヌス、デGen 。とc. Manich. manichです。 ll.すべてのです。 due in PL, XXXIV, 173-220; IDEM, De Ger.ポーランド語のせいで、 34 、一七三から二二〇まで;同じ、デドイツします。 ad lit., ibid., 219-46; IDEM, De Ger.広告点灯します。 、同上、二百十九から四十六まで;同じ、デドイツします。 ad lit.広告点灯します。 ll.すべてのです。 duodecim, ibid., 245-486; IDEM, Quaest in Heptateuch., ibid., 547-776; RUFINUS, De benedictionibus patriarcharum in PL, XXI, 295-336; ST. duodecim 、同上、 245〜486 ;同上、七quaestにします。 、同上、五四七から七七六;ルフィヌス、デbenedictionibus patriarcharumでポーランド語、 xxi 、 295から336まで;セントです。 VEN.フェンです。 BEDE, Hexaemeron in PL, XCI, 9-190; IDEM, In Pentateuch.ビード、天地創造の6日、ポーランド語、 91 、九〜百九十;同上は、五します。 Commentarii, ibid., 189-394; IDEM, De tabernaculo et vasibus ejus, ibid., 393-498; RHABANUS MAURUS, Comm. commentarii 、同上、百八十九から三百九十四まで;同じ、デtabernaculo et vasibus ejus 、同上、 393から498まで; rhabanusマウルス、通信します。 in Gen. in PL, CVII, 443-670; IDEM, Comment. Gen 。と、ポーランド語で、ロードCVII 、四四三から六七〇 ;同じ、コメントは得られなかった。 in Ez., Lev., Num., Deut.でezします。 、レフです。 、 NUM件です。 、 deutです。 in PL, CVIII, 9-998; WALAFRID STRABO, Glossa ordinaria in PL, CXIII, 67-506. 、ポーランド語、 cviii 、 9〜998 ; walafridストラボン、舌ordinaria 、ポーランド語、 cxiii 、六十七〜五百六です。

MIDDLE AGES:-ST.中世: -セントです。 BRUNO OF ASTI, Expositio in Pentateuch.ブルーノのアスティ、五expositioにします。 in PL, RUPERT OF DEUTZ, De SS. 、ポーランド語、 Deutz (ルパートは、デssです。 Trinitate et operib. trinitate et operibです。 Ejus in PL, CLXVII, 197-1000; HUGH OF ST. ejus 、ポーランド語、 clxvii 、 197-1000 ;ヒューセントです。 VICTOR, Adnotationes elucidatoriae in Pent.ビクター、 adnotationes elucidatoriaeに閉じ込められた。 in PL, CLXXV, 29-86; HONORIUS OF AUTUN, Hexameron in PL, CLXXII, 253-66; IDEM, De decem plagis Aegypti, ibid., 265-70; ABELARD, Expositio in Hexaemeron in PL, CLXXVII, 731-84; HUGH OF ST. 、ポーランド語、 clxxv 、二十九から八十六まで;ホノリウスのオータン、 hexameron 、ポーランド語、 clxxii 、二百五十三から六十六;同じ、デ10のplagis aegypti 、同上、 265から70まで;アベラード、 expositioで天地創造の6日にポーランド語、 clxxvii 、七三一から八四まで;ヒューセントです。 CHER, Postilla (Venice, 1588); NICOLAUS OF LYRA, Postilla (Rome, 1471); TOSTATUS, Opera, I-IV (Venice, 1728); DIONYSIUS THE CARTHUSIAN, Comment.シェール、 postilla (ベニス、 1588 ) ;ニコラウスのリラ、 postilla (ローマ、 1471 ) ; tostatus 、オペラ、私- 4 (ベニス、 1728 ) ;ディオニュシオスのカルトゥジオ修道会、コメントは得られなかった。 in Pentateuch.で五します。 in Opera omnia, I, II (Montreuil, 1896-7).オペラ愛はすべてを、私は、 2世(モントルイユ、千八百九十六から七まで) 。

MORE RECENT WORKS.-Jewish Writers:-The Commentaries of RASHI (1040-1150), ABENASRA (1092-1167), and DAVID KIMCHI, (1160-1235) are contained in the Rabbinic Bibles; ABARBANEL, Comment.他の最近のworks. -系ユダヤ人の作家: - rashiの論評を( 1040-1150 ) 、 abenasra ( 1092-1167 ) 、およびデビッドキムチ、 ( 1160-1235 )が含まれているラビ聖書; abarbanel 、コメントは得られなかった。 (Venice, 5539 AM; 1579 BC); CAHEN, French tr. (ベニス、 5539アム;紀元前1579 ) ;カアン、フランス語tr 。 of Pent.の積もりです。 (Paris, 1831); KALISCH, Historical and Critical Comment on the Old Test. (パリ、 1831 ) ;カリッシュ、歴史的、批判的なコメントをしていくという古いテストします。 (London), Gen. (1885); Lev. (ロンドン) 、 Gen 。と( 1885 ) ;レフです。 (1867, 1872); Ez. ( 1867 、 1872 ) ; ezします。 (1855); HIRSCH, Der Pent. ( 1855 ) ;ハーシュ、 der積もりです。 ubersetzt und erklart (2nd ed., Frankfurt, 1893, 1895); HOFFMANN, Das Buch Lev. ubersetzt und erklart (第2版です。 、フランクフルト、 1893 、 1895 ) ;ホフマン、 dasブーフレフです。 ubersetz und erklart (Berlin, 1906). ubersetz und erklart (ベルリン、 1906 ) 。

Protestant Writers:-The works of LUTHER, MELANCHTHON, CALVIN, GERHART, CALOVIUS, DRUSIUS, DE DIEU, CAPPEL, COCCEIUS, MICHAELIS, LE CLERC, ROSENMULLER, and even of TUCH and BAUMGARTEN, are of minor importance in our days; KNOBEL, Gen. (6th ed., by DILLMANN, 1892; tr., Edinburgh, 1897); RYSSEL, Ez.プロテスタント作家: -の作品のルター、メランヒトン、カルバン、ゲルハルト、 calovius 、 drusius 、デdieu 、 cappel 、コクツェーユス、マイカリス、ルクレール、ローゼンミュラー、とさえtuchとバウムガルテン、細部の重要性を私たちは日中に発送; knobel 、 Gen 。と( 6エド。 、ディルマン、 1892 ; tr 。 、エジンバラ、 1897 ) ; ryssel 、 ezです。 and Lev.とレフです。 (3rd ed., 1897); DILLMANN, Numbers, deut., Jos. (2nd ed., 1886); LANGE, Theologisch-homiletisches Bibelwerk (Bielefeld and Leipzig); IDEM, Gen. (2nd ed., 1877); IDEM, Ez., Lev., and Numbers (1874); STOSCH, Deut. (第3版、 1897 ) ;ディルマン、数字、 deut 。 、 jos. (第2版、 1886 ) ;ランゲ、 theologisch - homiletisches bibelwerk (ビーレフェルトとライプチヒ) ;同じ、 Gen 。と(第2版、 1877 ) ;同上、 ezします。 、レフです。 、と数字( 1874 ) ; stosch 、 deutです。 (2nd ed., 1902); KEIL and FRANZ DELITZSCH, Biblischer Comment. (第2版、 1902 ) ; keilとフランツデリッチ、 biblischerコメントは得られなかった。 uber das AT; KEIL, Gen. and Ex.プロダクトdas先; keil 、 Gen 。ととex 。 (3rd ed., Leipzig, 1878); IDEM, Lev., Numbers, Deut. (第3版です。 、ライプチヒ、 1878 ) ;同じ、レフです。 、数字、 deutです。 (2nd ed., 1870; tr., Edinburgh, 1881, 1885); STRACK and ZOCKLER, Kurzgefasster Komment. (第2版、 1870 ; tr 。 、エジンバラ、 1881 、 1885 ) ;シュトラックとツェックラー、 kurzgefasster komment 。 zu den h. zuデン笠原 Schriften A. und NT (Munich); STRACK, Gen. (2nd ed., 1905); IDEM, Ez., Lev., Numbers (1894); OETTLI, Deut. a. schriften und NTの(ミュンヘン) ;シュトラック、 Gen 。と(第2版、 1905 ) ;同じ、 ezします。 、レフです。 、数字( 1894 ) ; oettli 、 deutです。 (1893); NOWACK, Handkomment. ( 1893 ) ;ノバック、 handkommentです。 zum AT (Gottingen); GUNKEL, Gen. (1901); BANTSCH, Ez., Lev., Numbers (1903); Deut. zum先(ゲッティンゲン) ;グンケル、 Gen 。と( 1901 ) ; bantsch 、 ezします。 、レフです。 、数字( 1903 ) ; deutです。 by STEUERNAGEL (1900); MARTI, Kurtzer Handommentar z.さsteuernagel ( 1900 ) ;マーティ、 kurtzer handommentar z. AT (Freiburg): HOLZINGER, Gen. (1898), Ez.先(フライブルク) : holzinger 、 Gen 。と( 1898 ) 、 ezです。 (1900), Numbers (1903); BERTHOLET, Lev. ( 1900 ) 、数字( 1903 ) ; bertholet 、レフです。 (1901), Deut. ( 1901 ) 、 deutです。 (1899); BOHMER, Das erste Buch Mose (Stuttgart, 1905); COOK, The Holy Bible according to the Authorized Version, I-II (London, 1877); SPENCE and EXELL, The Pulpit Commentary (London): WHITELAW, Gen.; RAWLINSON, Ex.; MEYRICK, Lev.; WINTERBOTHAM, Numbers; ALEXANDER, Deut.; The Expositor's Bible (London): DODS, Gen. (1887); CHADWICK, Exod. ( 1899 ) ;ベーマー、 das ersteブーフmose (シュツットガルト、 1905 ) ;クックは、聖書によると、正規版との比較、私- Ⅱ (ロンドン、 1877 ) ;スペンスとexell 、説教壇に解説(ロンドン) :ホワイトロー、世代。 ;ローリンソン、例です。 ; meyrick 、レフです。 ;ウィンターボーザム、数字;アレクサンダー、 deut 。 ;のエクスポジターの聖書(ロンドン) :ドッズ、 Gen 。と( 1887 ) ;チャドウィック、 exodです。 (1890); KELLOGG, Lev. ( 1890 ) ;ケロッグ、レフです。 (1891); WATSON, Numbers (1889); HARPER, Deut. ( 1891 ) ;ワトソン、数字( 1889 ) ;ハーパー、 deutです。 (1895); The International Critical Commentary (Edinburgh): GRAY, Numbers (1903); DRIVER, Deut. ( 1895 ) ;の国際的批判的論評(エジンバラ) :白黒、数字( 1903 ) ;ドライバ、 deutです。 (1895); SPURRELL, Notes on the Hebrew Text of Gen. (2nd ed., Oxford, 1896); GINSBURG, The Third Book of Moses (London, 1904); MACLAREN, The Books of Ex., Lev., and Numbers (London, 1906); IDEM, Deut. ( 1895 ) ; spurrell 、ヘブライ語のテキストを検索するノートGen 。と(第2版、オックスフォード、 1896 ) ;ギンズバーグ、 3番目の予約のムーサー(ロンドン、 1904 ) ;マクラーレンは、書籍の例です。 、レフです。 、と数字(ロンドン、 1906 ) ;同じ、 deutです。 (London, 1906); REUSS, L'histoire sainte et la loi (Paris, 1879); KUENEN, HOSYKAAS, and OORT, Het Oude Testament (Leyden, 1900-1). (ロンドン、 1906 ) ;ロイス、 l' histoireサントとラLoi社(パリ、 1879 ) ;キューネン、 hosykaas 、およびオールト、 hetアウデ遺言(ライデン、千九百から一) 。

Catholic Works:-The works of CAJETAN, OLEASTER, STEUCHUS EUGUBINUS, SANTE PAGINO, LIPPOMANNUS, HAMMER, B. POREIRA, ASORIUS MARTINENGUS, LORINUS, TIRINUS, A LAPIDE, CORN, JANSENIUS, BONFRERE, FRASSEN, CALMET, BRENTANO, DERESER, and SCHOLZ are either too well known or too unimportant to need further notice.カトリックの著作物: -の作品をcajetan 、グミ、 steuchus eugubinus 、サンテpagino 、 lippomannus 、ハンマー、 b. poreira 、 asorius martinengus 、 lorinus 、 tirinusは、ラピデ、トウモロコシ、ヤンセニウス、ボンフレール監督は、 frassen 、カルメ、ブレンターノ、 dereser 、およびショルツは、あまりにも取るに足りないのいずれかあまりにもよく知られまたはより詳細な通知を必要とします。 La Sainte Bible (Paris); CHELIER, La Genese (1889); IDEM, l'Exode et la Levitique (1886); TROCHON, Les Nombres et le Deuteronome (1887-8); Cursus Scripturae Sacrae (Paris); VON HUMMELAUER, Gen. (1895); Ex., Lev.ラサント聖書(パリ) ; chelier 、ラgenese ( 1889 ) ;同じ、 l' exodeとラlevitique ( 1886 ) ; trochon 、レnombres etルdeuteronome ( 1887から8まで) ; cursus scripturae sacrae (パリ) ;フォンhummelauer 、 Gen 。と( 1895 ) ;例です。 、レフです。 (1897); Num. ( 1897 ) ; NUM件です。 (1899); Deut. ( 1899 ) ; deutです。 (1901); SCHRANK, Comment. ( 1901 ) ; schrank 、コメントは得られなかった。 literal.リテラルのです。 in Gen. (1835); LAMY, Comment in l. 、 Gen 。と( 1835 ) ;ラミー、コメントをl. Gen. (Mechlin, 1883-4); TAPPEHORN, Erklarung der Gen. (Paderborn, 1888); HOBERG, Die Gen. nach dem Literalsinn erklart (Freiburg, 1899); FILLION, La Sainte Bible, I (Paris, 1888); NETELER, Das Buch Genesis der Vulgata und des hebraischen Textes ubersetzt und erklart (Munster, 1905); GIGOT, Special Introduction to the Study of the Old Testament, I (New York, 1901). Gen 。と(メクリン、 1883-4 ) ; tappehorn 、 erklarung der Gen 。と(パーダーボルン、 1888 ) ; hoberg 、死ぬGen 。とliteralsinn食後erklart (フライブルク、 1899 ) ; fillion 、ラサント聖書の、私(パリ、 1888 ) ; Netelerが、創世記der vulgata und dasブーフhebraischen textesデubersetzt und erklart (マンステール、 1905 ) ;ジゴ、特別な導入のことを勉強し、旧約聖書の、私(ニューヨーク、 1901 ) 。 Biblical Commission: Acta Apostolicoe Sedis (15 July, 1908); Rome (17 July, 1909).聖書委員会:ログapostolicoe位置不明( 7月15日、 1908 ) ;ローマ( 1909年7月17日) 。


Book of Exodus予約のエクソダス

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Name and Contents.名前と内容です。

Ch.あなたのです。 i.-iv.: The Call of Moses. i.-iv. :モーゼの呼び出しです。

Ch.あなたのです。 v., vi.: The Preparation. v. 、 Ⅵ 。 :準備中です。

Ch.あなたのです。 vii.-x.: The Plagues: vii.-x. : plagues :

Ch.あなたのです。 xi-xiii. xi - 13です。 16: The Departure. 16 :出発します。

The last, decisive blow, namely, the death of all the first-born of the Egyptians (), and the departure are announced.最後に、決定的な打撃、すなわち、すべての死を、エジプト生まれの最初の( ) 、との出発が発表されました。 For the protection of their homes the Israelites are commanded to kill a lamb () and to eat it quickly with unleavened bread () and bitter herbs (), on the 14th of the first month, and to be ready for immediate departure.自分の家保護のためのイスラエル人を殺害するが命じられた子羊( )と、イースト菌を入れないパンを食べることがすばやく( )と苦いハーブ( )は14日、最初の1カ月、とすぐに出発の準備をします。 The first-born of all the Egyptians die.の最初の生まれのすべてのエジプト人死ぬ。 Pharaoh dismisses the Israelites.フィルアウンイスラエルの破壊です。 To the number of 600,000 men, not including women and children, they leave the country, after a sojourn of 430 years, carrying with them rich gifts from benevolent Egyptians. 600000男性の数にではなく、女性や子供を含む、彼らの国を離れる、 430年間の滞在した後、帳簿にして慈悲深いエジプトより豊かなギフトです。 They go first from Rameses to Succoth.彼らを最初に行くramesesスコテからです。 Chap.やつです。 xii. 12 。 43-xiii. 43 - 13 。 16 contain supplementary regulations regarding the future observance of the Passover. 16含まれる将来に関する補足規則順守を過ぎています。

Ch.あなたのです。 xiii. 13 。 17-xv. 17 - 15 。 21: Pharaoh's Death. 21 :ファラオの死のです。

Repenting his clemency, Pharaoh, with chariots and horsemen, pursues the Israelites, who have reached the shores of the Red Sea (), divinely guided by day by a pillar of cloud, and by night by a pillar of fire.彼の寛大な処置をrepenting 、フィルアウンは、戦車や騎手、イスラエルを追求し、 whoに達して紅海沿岸( ) 、一日を神に導かれ、雲の柱と柱の火の夜にされた。 The Israelites pass dry-shod through the waters, which marvelously recede before them while engulfing Pharaoh and his entire army.靴をぬらさないを通じて渡すのイスラエル人のために尽くす、これが後退する前にそれらを見事にengulfing 、フィルアウンとその全軍です。 Moses and his people sing a song of praise to God.ムーサーと彼の賛美歌を歌う人々を神します。

Ch.あなたのです。 xv. 15 。 22-xviii.: The March to Sinai. 22 - 18 。 :シナイ半島の3月からです。

The Israelites journey into the desert of Shur, to Mara.イスラエルの砂漠の旅に出るシュール、マラです。 The people, complaining of lack of water, are satisfied.人々は、水の不足を訴えは、満足しています。 They reach Elim. elimに達する。 In the desert of Sin they complain of lack of food.砂漠の罪は、彼らの食料不足の不平を言う。 God sends them quails, and from this time on, except on the Sabbath, sends them a daily shower of manna.ウズラの神を送信し、この時期からは、安息日を除いて、毎日のシャワーのマンナを送信してください。 Upon arrival at Rephidim the people again complain of lack of water.到着時の人々を再度rephidimな水不足に不平を言う。 God gives them water from a rock ("Massah and Meribah" = "place of temptation and quarrels"; xvii. 7).神岩から水を与えること( " massahとmeribah " = "の代わりに誘惑とけんか" ; 17 。 7 ) 。 Amalek attacks Israel and is vanquished by Joshua.攻撃され、イスラエルとアマレク人は打ち負かさジョシュアです。 God commands eternal war against Amalek.神の永遠の戦いアマレク人のコマンドです。 Moses' father-in-law, Jethro, having heard of Israel's deliverance, visits Moses, bringing him his wife Zipporah and their two children, whom Moses had left behind at home.モーゼの義理の父、ジェスロ、イスラエルの救出に聞いた、ムーサー訪問し、彼は妻と二人の子供zipporah 、誰ムーサーは自宅に取り残さです。 On Jethro's advice Moses appoints subordinate judges.ジェスロのアドバイスをムーサー下位裁判官任命します。

Ch.あなたのです。 xix.-xx.: Israel's Call: xix.-xx. :イスラエルの請求:

the promulgation of the Ten Commandments on Mount Sinai.の施行は、モーセの十戒をマウントサイナイです。 In the third month the Israelites arrive in the desert of Sinai and encamp at the mountain.第3月、イスラエルのシナイ半島の砂漠に到着するとエンカンプは、山です。 God announces to them through Moses that, having by His power liberated them, He will now constitute them His people, making them a nation of priests and a holy people.ムーサーの神を発表してからは、彼の力が解放されて、彼は今すぐ彼の人々を構成して、市場に出て一国の僧や神聖な人々です。 The Israelites accept this call with one accord, and after they have prepared themselves worthily, God, through Moses' mediation, and with thunder and lightning, clouds of smoke and noise of trumpets, reveals Himself to them on Mount Sinai and pronounces the ten fundamental commands of religion and morals, which are followed by a command regarding the altar.この呼び出しを1つのイスラエル人を受け入れる合意し、準備した後も、自身ふさわしく、神は、モーセを通して'調停、および雷と雷、雲の煙とノイズのトランペット、自分自身を明らかにしてマウントサイナイとpronounces 10根本的な宗教や道徳のコマンドは、コマンドについては祭壇に続いている。

Ch.あなたのです。 xxi.-xxiv.: The Law and the Covenant. xxi. - 24です。 :法と約束します。

The Ten Commandments, formally declaring the divine will regarding man's attitude to God and to all His creatures, are followed by enactments relating to civil law: (1) indemnifications for injuries done to, a fellow man; (2) duties toward persons who have no actual claims, though they are dependent on the good will of others.十戒は、神が正式に宣言することについて、神と人間の態度をすべての生き物を、続いては、民法に関連するenactments : ( 1 ) indemnificationsけがを行うためには、仲間の男、 ( 2 )職務に向かって人who実際の請求は、かれらは、他の善意に依存している。 In conclusion there are the promise of the land of Canaan as the reward of obedience, and the warning against the pagan inhabitants.結論的には、カナンの地の約束を服従させるの報酬として、異教の住民の反対すると警告します。 God then enters into a solemn covenant with the people, through Moses.神の厳粛な約束を入力し、入力とする人々は、モーセを通してです。 He calls Moses up into the mountain to receive the stone tablets of the Law and further instructions.彼はムーサーを呼び出して石碑の山を受信するには、法やより詳細な手順です。

Ch.あなたのです。 xxv.-xxxi.: The Sanctuary and the Priests. xxv. - 31です。 :司祭の聖域とします。

In order that God may dwell permanently among the Israelites, they are given instructions for erecting a sanctuary.神のために永久に住む年5月、イスラエルの間、彼らは与えられた手順を立てて聖域のようです。 The directions provide for: (1) a wooden ark, gilded inside andoutside, for the Tables of the Covenant, with a cover similarly gilded as "mercy seat" for the Divine Presence; (2) a gilt table for the so-called "shewbread" (); (3) a golden candlestick for a light never to be extinguished; (4) the dwelling, including the curtains for the roof, the walls made of boards resting on silver feet and held together by wooden bolts, the purple curtain veiling the Holy of Holies, the table and candlestick, and the outer curtain; (5) a sacrificial altar made of bronzed boards; (6) the outer court formed by pillars resting on bronze pedestals and connected by hooks and crossbars of silver, with embroidered curtains; (7) preparation of the oil for the candlestick.の指示に提供: ( 1 )は木製の箱舟、金色の内部andoutside 、約束のテーブルを、金色のカバー同様に、 "慈悲の席"は、神の存在、 ( 2 ) 、金箔の表の、いわゆる" shewbread " ( ) ; ( 3 )光の黄金の燭台は、絶対には、消滅; ( 4 )住居、カーテンを含めて、屋根、安静時の壁に作られた銀の足のボードと共同で行われた木製のボルト、は、紫色のカーテングレアの聖なる場所は、テーブルと燭台、および、外側のカーテン; ( 5 ) 、いけにえの祭壇青銅製のボード、 ( 6 )の外側のコートで形成さブロンズの台座を柱と接続され安静時のフックや銀のcrossbars 、刺繍入りのカーテン; ( 7 )の石油を準備中の燭台です。 Then follow directions for the garments of the priests: (1) a shoulder-band (ephod) with two onyx stones, on each of which are engraved the names of six of the tribes of Israel, also golden chains for holding the breastplate ("ḥoshen") set with twelve precious stones, in four rows; (2) a robe for the ephod, with bells and pomegranates around the seam; (3) a golden miter plate with the inscription "Holiness to the Lord"; (4) a coat; (5) a miter; (6) a girdle.衣類の方向を入力し、次の司祭: ( 1 )を肩バンド(エポテ)と2つのオニキス石、上の各6人の名前が刻まれた、部族のイスラエル、日本、チェーンを保持しても黄金の胸当て( " ḥoshen " )をセット、 12貴重な石、 4つの行を、 ( 2 ) 、ローブをエポテ、周りの縫い目の鐘やガーネットと引き換えに、 ( 3 )の黄金のmiterのプレートの碑文"ホーリネス、主に" ; ( 4 )上着; ( 5 ) 、マイター; ( 6 ) 、ガードルです。 All these things are for Aaron.これらすべてのものは、アーロンです。 For his sons coats, bonnets, girdles, and linen breeches shall be made.彼の息子たちのコート、 bonnets 、 girdles 、とリネンズボンしなければならない。 Then follow directions for ordaining the priests, including robing, anointing (of Aaron), and a seven days' sacrifice; the institution of daily morning and evening offerings; directions for making a golden altar of incense, to be set up in front of the inner curtain, opposite the Ark of the Covenant, and on which an atonement shall be made once a year with the blood of the sin-offering; directions for a yearly tax of half a shekel to be paid by every Israelite enumerated in the census toward the expenses of this service; directions for making a laver and stand of brass, to be set up between the Tabernacle and the altar of sacrifice; the preparation of the holy oil for anointing and of the holy incense; appointment of the master workmen Bezaleel and Aboliab to direct the work; the observance of the Sabbaṭh. ordainingの司祭を入力し、次の方向を含むrobing 、 anointing (アーロン) 、および、 7日間'を犠牲にし、朝と夜の生活の機関提供;方向を作るの黄金の祭壇の線香をセットアップされる前に内側のカーテンの向かいに契約の箱、および上での償いをしなければならないのは年に1回の血の罪-提供;方向は、例年の半分を税によって支払われるすべてのイスラエルシケルに列挙さの国勢調査に向かっこのサービスの費用;方向を作るの海苔とスタンドの真鍮、幕屋の間にセットアップされると、祭壇の犠牲を伴う;の準備には、神聖な油をanointingと聖香; bezaleelと労働者のマスターの任命その仕事に直接aboliab ; sabbaṭhの遵守をします。

The most striking point in this enumeration is the place given to the directions regarding the altar of incense, which, to agree with the arrangement as described in chaps.この点を列挙最も著しい場所は、与えられた祭壇の線香の指示については、これに同意する取り決め革ズボンに記載されています。 xxxv.-xl., should follow the directions for making the golden candlestick (xxv. 31-40). xxxv.-xl. 、は、以下の方向を作るの黄金の燭台( xxv. 31-40 ) 。 This has been a puzzle to the critics, who have made it the basis of the most far-reaching hypotheses.このパズルをして批判され、 whoの基礎ではないので、ほとんどの遠大な仮説です。 The passage was not only supposed to be a later interpolation, but it was assumed that originally there was no altar of incense, not even in Herod's temple!の通過には、仮定されるだけでなく、それ以降の補間、それは、当初想定して祭壇の線香はない、ヘロデ王の寺でもない! The riddle may be solved as follows: In xxxv.-xl. 5月の謎を負わないもの以下のとおり: xxxv.-xl. the articles are enumerated in the order in which they were set up, while here they are enumerated according to their uses.の記事が列挙されている順にセットアップされていたし、ここで彼らはその用途によると、列挙します。 The golden altar of incense later stood in the Tabernacle, between the table and the candlestick, a fact leading to the assumption that, like them, it belonged to the Tabernacle.線香の黄金の祭壇へ立っていたのは、幕屋、テーブルとの間の燭台は、実際につながると仮定して、好きなんだ、それに属して幕屋です。 But as throughout ancient literature the offerings of sacrifice and incense are two independent coordinated acts of worship, so the altar of incense was, to all intents and purposes, an independent requisite of worship as important as the rest of the apparatus.しかし、古代文学の提供を通して、線香の犠牲を伴う行為を崇拝するには2つの独立した協調するため、祭壇の線香は、すべての点から見ても、独立した礼拝堂として必要な重要な装置としての残りの部分です。 For this reason everything that is necessary for the dwelling of God and the sacrifices that guarantee His presence is described first, and the altar of incense after (comp. especially Lev. xvi. 16-17: first, atonement for the Holy of Holies and the "tabernacle . . . that remaineth among them in the midst of their uncleannesses"; then, the cleansing and sanctifying of the altar of incense "from the uncleannesses of the children of Israel").このために必要なすべてのことは、神との住居跡を犠牲にすることを保証する彼の存在は説明第一に、祭壇の線香とした後( comp.特にレフです。 16 。 16-17 :第一に、償いを聖なる場所と"幕屋。 。 。 。 。 remainethうちに彼らの真っただ中にuncleannesses " ;入力し、 sanctifyingのクレンジングと、祭壇の線香"のuncleannessesから、イスラエルの子孫" ) 。 The sacrifice presumes God's presence, while it is the object of the incense to insure the continuation of His presence.神の存在を犠牲に仮定し、そのオブジェクトの中には、線香を彼のプレゼンスの継続を確実にする。 The things, again, that must be repeatedly renewed are placed last, namely, the oil for lighting; the yearly tax; the laver with stand, consisting of mirrors, which were taken apart again after the laver had been used, and are, therefore, not enumerated in Num.このことは、再び、新たに配置しなければならない最終更新を繰り返し、すなわち、石油の照明;の年間税;の海苔にスタンド、ミラーサイトで構成された解体した後、再び使われていたの海苔とは、したがってではなく、 NUM件に列挙さです。 iv. Ⅳ 。 14; the oil for anointing; and the incense. 14 ;の石油をanointing ;や線香です。 In conclusion, there are the directions for the workshop, the appointing of the master workman, and the arrangement of the work.結論として、この方向には、ワークショップでは、職工長に任命し、その仕事に配置した。 These directions are admirably thought out, down to the smallest detail.これらの方向は見事に考えて、ダウンを最小の詳細です。

Ch.あなたのです。 xxxii-xxxiv.: The Sin of the People with the Golden Calf. 32 - 34 。 :人々の罪の黄金のふくらはぎのです。

While Moses is on the mountain the people become impatient and urge Aaron to make them a golden calf, which they worship with idolatrous joy.ムーサーは、山の中の人々になるとせっかちなアーロンを作ることを促すの黄金のふくらはぎの、これに礼拝を偶像崇拝の喜びです。 God informs Moses and threatens to abandon Israel.神の通知を脅かす、ムーサーとイスラエルを放棄する。 Moses at first intercedes for the people, but when he comes down and beholds their madness, he angrily breaks the two tablets containing the divine writing.最初の人々をintercedesムーサーが、そのときに彼がダウンして、見るの狂気、彼は怒りをあらわに破壊神の書き込みを含む2つの錠剤です。 After pronouncing judgment upon Aaron and the people he again ascends to God to implore forgiveness for them, as God is about to withdraw from them His blessed presence and to leave them unguided in the wilderness.発音判断した後に彼は再び上昇アーロンと人々を神に許しを懇願して、神は彼の祝福を参照してから撤退してプレゼンスを離れると荒野の中に導かれていない。 Moses' intercession prevails.ムーサーの執り成し根強い。 When he petitions God to tell him who will accompany them, what He intends to do, and how He will manifest His splendor, God commands him to make new tablets, and reveals Himself to Moses as a God of inexhaustible love and mercy.彼は神のときに嘆願書を教えてくれる、 whoに同行し、どのような意図がこれを行うに彼と彼の素晴らしさをどのようにマニフェスト、神のコマンドを作る彼の新しい錠、ムーサーと明らかに自分自身を神として無尽蔵の愛と慈悲。 He assures Moses that in spite of their way wardness He will lead Israel into the Promised Land, giving Moses in token thereof new commandments applicable only to that land.保証ムーサーにもかかわらず、彼はその方法をwardness彼はイスラエルを約束の地につながる、そのトークンを与える新たな戒めムーサーはその土地だけに適用されます。 He commands the Israelites not to have intercourse with the pagan natives, to refrain from all idolatry, and to appear before Him on the three pilgrimage festivals.彼はイスラエルのコマンドは、異教の先住民族と交際するには、すべての偶像崇拝を控える、とを表示するには彼の前に3つの巡礼のお祭りです。 Moses then returns to the people, who listen to him in respectful silence.モーゼスを入力し、戻り値の人々は、彼に敬意を表するwhoに耳を沈黙します。

Ch.あなたのです。 xxxv.-xl.: The Sanctuary and the Garments of the Priests xxxv.-xl. :衣類の聖域と、司祭

(almost in the same words as in ch. xxv.-xxxi.). (ほぼ同じ言葉は、あなたのようにします。 xxv. - 31です。 ) 。 Moses collects the congregation, enjoins upon them the keeping of the Sabbath, and requests gifts for the sanctuary.モーゼス集会の収集には、かれらのenjoins 、安息日の維持、およびリクエストのギフトは、聖域のようです。 The entire people, men and women, high and low, respond willingly and quickly, and under the direction of the superintendent they make: (1) the dwelling, including the curtains, the walls, and the veil; (2) the Ark and cover; (3) the table; (4) the golden candlestick; (5) the golden altar of incense; (6) the altar of burnt offerings; (7) the laver; (8) the outer court.全体の人々は、男性と女性、高と低、積極的かつ迅速に対応し、彼らの監督の下に方向性を: ( 1 )の住居などのカーテン、壁、およびにかこつけて、 ( 2 )の箱舟やカバー、 ( 3 )の表、 ( 4 )の黄金の燭台; ( 5 )の黄金の祭壇の線香; ( 6 ) 、祭壇の提供を焼き、 ( 7 ) 、海苔; ( 8 )の外側のコートです。 An estimate of the cost of the material follows.費用の見積もりを、材料の以下の通りです。 Next comes the preparation of the garments of the priests, including: (1) the ephod with the onyx stones, together with the breastplate and its twelve precious stones and its golden chains; (2) the robe of the ephod; (3) the coats for Aaron and his sons; (4) the miter and bonnets; (5) the breeches;(6) the girdle; (7) the golden plate of the crown.次への準備には、衣料品は、司祭を含む: ( 1 )のエポテのオニキス石、胸当てと一緒にすると12の貴重な石とそのゴールデンチェーン、 ( 2 )のローブは、エポテ; ( 3 )コートのアーロンとその息子たち、 ( 4 )のマイターとbonnets ; ( 5 )の半ズボン; ( 6 )ガードル; ( 7 )の黄金板のクラウンです。 Moses inspects the work when completed and praises it, and the sanctuary is set up on the first of the second month.モーゼス検査の作業時に完了し、称賛し、聖域をセットアップするの2番目の月の最初のです。 In connection with this section (xxxv.-xl.) the questions arise: Why the lengthy repetition of ch.このセクションでの接続を( xxxv.-xl. )の質問生じる:なぜ、あなたの長ったらしいの繰り返しです。 xxv.-xxxi, in ch. xxv. - 31は、あなたのです。 xxxv.-xl.? xxxv.-xl.ですか? and Why the difference in the order in which the various objects are described?と理由の違いにされた順序での様々なオブジェクトに記載ですか? To the first question the answer is: When the people fell away and God renounced them, the tablets of the covenant seemed to have become useless, wherefore Moses broke them.を、最初の質問への答えは: awayと落ちたときに、神の人々放棄して、錠剤は、契約には無用の長物になるよう、何のために、ムーサーbrokeします。 But after the people had been forgiven new tablets were made and the promises relating to the country had to be repeated.しかし、人々の後に許していた新しい錠が行われたとの約束をしなければなりませんその国に関連する繰り返されています。 Furthermore, the promise given by God that He will dwell among Israel, in a sanctuary erected by them and in which they will worship, must not be allowed to remain unfulfilled; and therefore the building of the sanctuary that had been planned is undertaken anew, but according to the original idea.また、与えられた神の約束の中に住む彼は、イスラエル、建てられた聖域にし、かれらは礼拝では、満たされていない必要がありますを維持することは許されない;であり、したがって、建物の聖域実施されていたの計画では、あらためて、しかしによると、元の考えです。 Hence ch.それゆえあなたのです。 xxxii.-xxxiv. xxxii. - 34です。 belong necessarily between ch.あなたの間に必然的に属しています。 xxv.-xxxi. xxv. - 31です。 and xxxv.-xl.とxxxv.-xl. To the second question the reply is, that in xxv.-xxxi., which contain the plan, the pieces are enumerated according to the uses to which they are put, while in xxxv.-xl. 2番目の質問への回答には、してxxv. - 31 。 、これには、計画によると、この作品が列挙されているファイルに使用するに言えば、中にxxxv.-xl. (as also in the working-plans given to the overseers in xxxi. 7 et seq.), which narrate the progress of the work, they are enumerated according to their arrangement. (また、労働者として与えられた計画で31回を監視します。 7頁以降を参照。 )の進捗状況を物語るの仕事を、彼らはその配列によると、列挙します。

Religion.宗教です。

Exodus contains the most fundamental anct sublime revelations of God regarding His nature and will, and describes the beginnings of the theocratic constitution of the Israelitic people and the foundations of its ethics, law, customs, and worship.出エジプト記には、最も基本的なanct崇高な神の啓示に関する彼の自然とは、と説明して始まり、憲法の神権政治の基礎israeliticの人々や倫理、法律、税関、と崇拝される。 God, as revealed in Exodus, is not a new, hitherto unknown God: He is the God of Abraham, of Isaac, and of Jacob-the Fathers of the people-who has protected them and has been worshiped by them (Ex. ii. 24; iii. 6, 13-18; iv. 5; vi. 3, 8; xv. 2; xxxii. 13).神よ、出エジプト記として明らかにされ、ではない、新しい、これまで未知の神:彼は、神のアブラハムは、アイザック、ジェイコブとの父親の人々 - whoは、保護し、 worshipedされてきたこと(例: 2世。 24 ; Ⅲ 。 6 、 13-18 ; Ⅳ 。 5 ; Ⅵ 。 3 、 8 ; 15 。 2 ;参拾。 13 ) 。 He Himself designates the name by which He is to be addressed: " [Yhwh], the God of your fathers, the God of Abraham, the God of Isaac, and the God of Jacob" (iii. 15).彼自身の名前を指定で対処される彼は: " [ yhwh ] 、あなたの神の祖先は、神のイブラーヒーム、イスハークの神、との神のジェイコブ" ( iii. 15 ) 。 The book, however, expressly purposes to reveal, or fully develop, for the first time certain aspects of the divine nature that have not hitherto been noted.この本は、しかし、目的を明らかに明示的、または完全に開発し、特定の側面での最初の時間は神の性質これまでも指摘されていない。 When God appears to Moses in the flaming bush, and commissions him, to announce to the Israelites their impending liberation, Moses asks doubtingly (iii. 13): "Behold when I come unto the children of Israel, and shall say unto them, The God of your fathers hath sent me unto you; and they shall say to me, What is his name? what shall I say unto them?"神のように見える時ムーサーは、フレーミング、ブッシュ大統領は、彼と委員会は、イスラエルを発表するが間近に迫った解放して、疑いを抱いてムーサーを要求( iii. 13 ) : "見よ、かれの子供たちに来るとき、イスラエル、とは言ってやるが、かれらは、神のおかれらを送ってくれたなたがたの父とかれらは言って私は、彼の名前は何ですか?何言ってやるが、かれらは私ですか? " Moses seeks to know, not the name of God, but what God's name, which he knows is full of significance, expresses in this particular case.モーゼスシークを知ってではなく、神の名を、神の名は何をすれば、これがいっぱいに彼は知っての意義は、この特定のケースを表現します。 Moses is well aware that the name "Yhwh" means "the Almighty," and that salvation rests with God; but in his anxiety, amounting indeed to a lack of faith, he wishes to know at once how God will save.ムーサーの名前はよく認識して" yhwh "は"して偉力ならびなき、 "であり、神の救い休符;しかし、彼の不安、累積実際の欠如信仰して、彼の願いを一度にする方法を知って、神が保存されます。

Revelations of God.神の啓示です。

God, however, will not announce that now; merely comforting him by saying (iii. 14) ("I will be there [helping when necessary] in such a way as I may deem fit"; AV "I AM THAT I AM").神は、しかし、今すぐ発表することはありません;単に彼のことを励みになると言っ( iii. 14 ) ( "私はある[必要に応じて支援]このような方法で私と判断年5月フィット" ; av "私はだわ、私は" ) 。 "I will prove myself as the Almighty, the unfailing savior." "私は自分自身を証明して偉力ならびなき方としては、尽きることのない救世主です。 " On this passage, if interpreted rightly, is based the passage vi.この一節を、もし正しく解釈は、ベースの通過Ⅵ 。 2, where God encourages Moses-who is disappointed because reference to this name has availed him nothing-by saying "I am Yhwh! I have revealed myself as a faithful God ["El Shaddai"] to Abraham, Isaac, and Jacob, without their having known me according to my name Yhwh." 2 、ここで、ムーサーの神を奨励- whoは失望したため、この名前の参照を彼には何も- availedと言って"私はyhwh !私は自分自身を明らかに忠実な神[ "エルshaddai " ]をイブラーヒーム、イスハーク、とジェイコブ、なし彼らが私によると、私の名前yhwh知られています。 " And now God works His miracles, all with the express intention that the people may "know that I am Yhwh" (vi. 7; vii. 5, 17; viii. 6, 18; ix. 14, 25, 29; x. 2: xiv. 18; xvi. 12).今すぐ神の奇跡と彼の作品は、すべての人々の表現意図は、 5月"知っている私はyhwh " ( vi. 7 ; Ⅶ 。 5 、 17 ; Ⅷ 。 6 、 18 ; Ⅸ 。 14日、 25日、 29日; Xで2 : 14 。 。 。 18 ; 16 。 12 ) 。 Thus, God is, as His name Yhwh implies, the almighty Savior, subject only to His own will, independent, above nature and commanding it; the God of miracles; the helpful God, who uses His power for moral purposes in order to establish law and liberty in the world, by destroying the wicked and saving the oppressed (iii. 8; vi. 6; vii. 5; xv. 2, 3, 11), in whose hands are given judgment and salvation (iii., iv., vi. 1-8).このように、神は、 yhwhとして、彼の名前が示すように、全能の救世主、アジ研だけに彼自身のは、独立した、上記の自然と指揮こと;の神の奇跡;のhelpful神、 whoでは、彼のパワーを確立するために道徳的な目的のために法と、世界の自由を抑圧し、保存して破壊して邪悪な( iii. 8 ; Ⅵ 。 6 ; Ⅶ 。 5 ; 15 。 2 、 3 、 11 )は、判断力と救いの手が与えられた( iii. 、 4世です。 、 Ⅵ 。 1-8 ) 。 In ch.にあなたのです。 xxxii. 32 。 et seq.頁以降を参照。 is revealed another side of God's nature.が明らかになったの別の側面を、神の性質です。 Israel has merited His destructive anger because of its sin with the golden calf.イスラエルは当然その罪のために彼の怒りを破壊する黄金のふくらはぎのです。 But God not only refrains from destruction and from recalling His word regarding the promised land; He even listens to Moses' prayers to grant His presence anew to the people.しかし、神の破壊と自粛だけでなく、彼の言葉から回収については約束の地;彼も聞く耳をモーゼの祈りを新たに付与する彼の人々の存在です。 When Moses again asks, "Show me thy glory," God answers, "I will make all my goodness pass before thee, and I will proclaim the name of Yhwh before thee, and will be gracious unto whom I will be gracious, and will show mercy unto whom I will show mercy" (xxxiii. 18-19).モーゼスを再度要求時に、 "なたの栄光を見せて、 "神の答え、 "私はすべて私の良さを渡す前に、なた、と私はyhwhする前に、なたの名前を宣言し、優雅なわたしは誰私は優雅な、とは、詳細慈悲誰かれ私が表示さ慈悲" ( xxxiii. 18-19 ) 。 And again, "Thou canst not see my face: for man shall not see me and live; . . . thou shalt see my back; but my face shall not be seen" (ib. 20, 23, RV).と再び、 "なたcanの二人称単数現在の顔が表示されない場合:男は、メインとライブ表示されない。 。 。 。 。 。なたは僕の背中を参照shalt ;しかし、私の顔を見た者は" ( ib. 20日、 23日、右心室) 。 When God appears to Moses He reveals Himself as "Yhwh, Yhwh God, merciful and gracious, long-suffering, and abundant in goodness and truth. Keeping mercy for thousands, forgiving iniquity and transgression and sin, and that will by no means clear the guilty; visiting the iniquity of the fathers upon the children, and upon the children's children, unto the third and to the fourth generation" (xxxiv. 6-7).モーゼスとき彼は明らかに自分自身を神として表示される" yhwh 、 yhwh神にして慈悲深く、優雅な、長い間苦しんできた、と善良さと真実を豊富に含まれています。維持数千人の慈悲、寛容巣と罪と罪ており、その意味ではないがクリアして有罪;訪問の時には、父の巣の子供たち、および時、子供たちの子供たち、かれらの第3と第4世代" ( xxxiv. 6-7 ) 。 In these words God has revealed Himself as a being full of holy zeal against wickedness-a zeal, however, which is counteracted by the immeasurably greater power of His love, mercy, and forgiveness, for these are inexhaustible.これらの単語があることが分かりました自身のことを神がいっぱいの神聖な熱意を邪悪な熱意に対して、しかし、これは計り知れないほど大きな力をcounteractedされた彼の愛、慈悲、寛容、これらは無尽蔵のです。 But even this does not constitute His entire nature, which in its full depth and clarity is beyond the comprehension of man.しかしこれは彼の全体を構成する自然、これは、完全な深さと透明度は人間の理解を超えています。 These two revelations contain the highest and most blessed insight into the nature of God ever attained; and around them may be grouped the other statements regarding God which the book of Exodus contains.これらの2つの啓示には、最高で最も洞察力を祝福神の性質を達成するまで、周りに5月にまとめ、他のステートメントについては、予約の神の栄光への脱出が含まれています。

God the Absolutely Exalted One.神のもとに確実に高貴な1つです。

God is the absolutely Exalted One, who can not be compared with any other gods; even the Midianite Jethro admits that Yhwh is greater than all gods (xv. 1, 11; xviii. 11).高貴な神は、確実に1つ、 whoすることはできません比べると他の神々 ;さえ、ジェスロmidianiteよりも大きいことがあると認めyhwhすべての神々 ( xv. 1 、 11 ; 18 。 11 ) 。 The whole world belongs to God: He has created heaven and earth and all that is therein; He rules forever; He performs marvels; nothing like Him has ever been; hence He is an object of veneration (xv. 11, 18; xix. 5; xx. 11; xxxiv. 10).全世界に属して神:彼は天と地とすべての作成にはそこ;彼は永遠のルール;彼は実行驚異;ないような彼が上演された;したがって彼は尊敬のオブジェクトを( xv. 11日、 18 ; 19 。 5 ;イグゼクスです。 11 ;参拾。 10 ) 。 He givesspeech to man, or leaves him deaf and dumb; gives him sight, or makes him blind (iv. 11).彼は人間にgivesspeechか、または葉彼ろうあ;光景を与えてか、またはは彼ブラインド( iv. 11 ) 。 He has power over men's hearts, either encouraging them to do good (iii. 21, xi. 3, xii. 36), or, having larger ends in view, not preventing them from doing evil ("hardening the heart," iv. 21; vii. 3; x. 1, 20; xiv. 4, 17).彼は人の心の力、のいずれかを行うよう奨励し良い( iii. 21日、 XI 。の3 、 12 。 36 )か、または、終了を対象に大規模ではなく、悪事を働くのを防ぐことから( "硬化の中心、 " Ⅳ 。 21 ; Ⅶ 。 3 ; Xの1 、 20 ; 14 。 4 、 17 ) 。 God is omniscient: He knows the distant, the future, what man may be expected to do according to his nature (vi. 4-13, 29; viii. 11, 15; ix. 12, 35; xxiv. 20; xxxiv. 10-12).神は全知:遠い彼は知っているのは、将来的には、どのような男年5月に予想これを行うによれば、彼は自然( vi. 4-13日、 29日; Ⅷ 。 11 、 15 ; Ⅸ 。 12 、 35 、 24 。 20 ;参拾です。 10-12 ) 。 From God proceed artistic inspiration, wisdom, insight, knowledge, and skill (xxxi. 3; xxxv. 31, 34; xxxvi. 1, 2).神の手順からインスピレーション芸術、知恵、洞察力、知識、および技能( xxxi. 3 ; 35 。 31日、 34 ;三十六です。 1 、 2 ) 。

God is Providence (ii. 25); He rewards good deeds, be they done from fear of or love for Him (i. 21, xx. 6).神はプロビデンス( ii. 25 ) ;彼は善行報酬、または恐怖から行われる彼らの彼への愛( i. 21日、イグゼクスします。 6 ) 。 He is not indifferent to human misery; He sees and hears and intervenes at the right moment (iii. 7; iv. 31; vi. 5; xxii. 22, 26); He makes promises which He fulfils (ii. 24, iii. 16, iv. 31, vi. 5, xxxii. 13).彼は無関心ではない人間の悲惨;彼はと聞くと介入は、右の瞬間( iii. 7 ; Ⅳ 。 31 ; Ⅵ 。 5 ; xxii 。 22 、 26 ) ;彼は彼の約束をなす( ii. 24日、 3世。 16日、 Ⅳ 。 31日、 Ⅵ 。 5 、 32 。 13 ) 。 God is jealous and leaves nothing unpunished (xx. 7, xxxiv. 7); but He always punishes the sinner Himself, admitting no vicarious death, even if it is offered (xxxii. 33).神は何も処罰を受けていない嫉妬や葉( xx. 7日、 34 。 7 ) ;しかし、彼はいつも自分自身罰するの罪人は、わがことのような死を認めるのは、たとえそれが提供( xxxii. 33 )です。 His great moral indignation ("anger") against sin would be destructive (xxxii. 10, 33) were not His forgiving love still greater (xx. 5, xxxii. 14, xxxiii. 19).彼の偉大な道徳的な憤り( "怒り" )に対する罪が破壊( xxxii. 10 、 33 )が彼の寛容な愛は依然として大きい( xx. 5 、 32 。 14 、 33 。 19 ) 。 He is gracious and full of mercy (xv. 13, xxxiv. 6).彼は優雅なと完全な慈悲( xv. 13日、 34 。 6 ) 。 His presence means grace; it sanctifies; for He Himself "is glorious in holiness" (xv. 11, xxix. 43).彼の存在を意味猶予;ことsanctifies ;は彼自身"が栄光のホーリネス" ( xv. 11日、 29 。 43 ) 。

Man can not perceive God in His entire nature; he may only look after God when He has passed by and imagine Him (Dillmann to Ex. xxxiii. 22).男の神が彼の全体を理解することはできない性質;彼は神の世話をすることができるときに渡されると想像する彼は彼(ディルマンを例です。 33 。 22 ) 。

Yet God reveals Himself to man; ie, He informs man visibly and audibly of His presence and will.自分自身を明らかに神男はまだありません;すなわち、彼は目に見え通知男と彼の存在と聞き取れるようにします。 God, who has already appeared to the Fathers, appears in the flaming bush, in the pillar of cloud and of fire on the march, in the clouds in which He came down on Sinai, in the fire on the mountain, in the cloud in the desert, in the pillar of cloud on Moses' tent, in the cloud from which He calls out to Moses His attributes of grace, in the cloud and the fire that serve as signals to the Israelites to start or to encamp (vi. 3; xiii. 21; xiv. 19; xix. 11; xx.; xxiv. 15, 17; xxxiii. 9; xxxiv. 5; xl. 34-36).神よ、 whoはすでに登場し、父親の、燃えるように表示され、ブッシュ大統領は、雲の柱とし、 3月の火災では、雲では彼がダウンするシナイ半島は、山火事では、雲の砂漠のは、雲の柱の上のモーゼのテント、雲からは、彼は自分の属性を呼び出して、ムーサーの恵みを受けて、火災は、雲を提供するとの信号を、イスラエルを開始するとして、またはをエンカンプ( vi. 3 ; 13 。 21 ; 14 。 19 ; 19 。 11 ;イグゼクスです。 ; 24 。 15 、 17 ;参拾です。 9 ;参拾です。 5 ; xl 。 34-36 ) 。 This divine appearance is called God's message (xiv. 19; xxiii. 20, 23; xxxii. 34; xxxiii. 2) or His glory (xvi. 7, 10; xxiv. 16-17; xxxiii. 22; xl. 34).この神の外観が呼び出される神のメッセージが表示さ( xiv. 19 ; XXIII近くにございます。 20日、 23 ;参拾。 34 ;参拾です。 2 )または彼の栄光( xvi. 7日、 10 ; 24 。 16-17 ;参拾。 22 ; xl 。 34 )です。

God appears in order to make Himself known, to give commands, and to impart reverence leading to obedience (xvi. 10, xix. 9, xx. 20).自分自身を行うために、神が表示され知られ、コマンドを与える、と畏敬の念を伝えるリードを服従させる( xvi. 10 、 19 。 9日、イグゼクス。 20 ) 。 God speaks chiefly with Moses; He puts the words in Moses' mouth, and tells him what to say; He talks with him face to face, as a man with his neighbor, and gives him a staff as a token of his office (iii. 15; iv. 17; vii. 2, 17, 20; ix. 23; x. 13; xxxiii. 11).主に話すと、ムーサーの神;彼の言葉にはそれがモーゼの口から、何をするようにしていると言ってやる;彼は彼の顔に直面するの会談で、男としての彼の隣人、およびスタッフとしてトークンのおかげで彼のオフィス( 3世。 15 ; Ⅳ 。 17 ; Ⅶ 。 2 、 17 、 20 ; Ⅸ 。 23 ; Xの13 ;参拾。 11 ) 。 But God also speaks from heaven to the entire people (xx. 22), and orders for Himself a permanent dwelling-place among them in the tabernacle set up according to His directions (xx. 22, xxv. 8, xxix. 45); He descends thither in order to talk with Moses, His especial place being the cover of the Ark of the Covenant, between the two cherubim (xxv. 22, xxix. 43, xxx. 6).しかし、神にも天を全部話す人々 ( xx. 22 ) 、との注文を、自らを恒久的な住居は、このうち幕屋セットアップするによると、彼の方向( xx. 22日、 25です。 8日、 29 。 45 ) ;彼はあちらの方へ下るムーサー話をするために、彼の特別な場所でのカバーは、契約の箱の間に2つのケルビム( xxv. 22日、 29 。 43 、 xxx 。 6 ) 。

Israel.イスラエルです。

God has made a covenant with the Fathers of the people, Abraham, Isaac, and Jacob, that He will multiply them as the stars of heaven; that He will remember them, save them, and give to them and their descendants the land of Canaan-a land "flowing with milk and honey," and that, shall reach "from the Red Sea even unto the sea of the Philistines, and from the desert unto the river" (ii. 24; iii. 8, 17; vi. 4-8; xiii. 5; xxiii. 31; xxxii. 13; xxxiii. 3).神は、父親のは、お約束の人々 、イブラーヒーム、イスハーク、とジェイコブ、その彼はそれらを乗算の星印の天国;を彼は覚えて、保存して、として与えるとその子孫のカナンの地-する土地"流れに牛乳と蜂蜜、 "とし、ものに達する"よりも、かれの海紅海のphilistinesし、かれらの川からの砂漠" ( ii. 24 ; Ⅲ 。 8日、 17 ; Ⅵ 。 4-8 ; 13 。 5 ; XXIII近くにございます。 31 ;参拾。 13 ;参拾です。 3 ) 。 God remembers this covenant and keeps it despite everything, as is exemplified in the deliverance of Israel and the destruction of Pharaoh (i. 7, 12; iii. 7; vi. 1; xxiii. 20); He does not forget it, in spite of the dejection and the murmurings of the people (vi. 9; xiv. 10; xv. 24; xvi. 2, 27; xvii. 3), their worship of the golden calf and their obstinacy (xxxii. 9; xxxiii. 3, 5; xxxiv. 9).神の記憶保持を誓約しそれにもかかわらず、このすべては、救出の例示としては、イスラエルとの破壊フィルアウン( i. 7日、 12 ; Ⅲ 。 7 ; Ⅵ 。 1 ; XXIII近くにございます。 20 ) ;彼は忘れることは、にもかかわらず、落胆とmurmuringsの人々 ( vi. 9 ; 14 。 10 ; 15 。 24 ; 16 。 2 、 27 ; 17 。 3 ) 、彼らの崇拝の黄金ふくらはぎのとその頑固( xxxii. 9 ;参拾です。 3 、 5 ;参拾です。 9 ) 。 He leads, fights for, heals, and educates Israel and destroys Israel's enemies (xiii. 17; xiv. 14, 25; xv. 3, 26; xvi. 4; xx. 20; xxiii. 22, 23, 27; xxxiii. 2, xxxiv. 11, 24).彼はリード、戦いは、癒や啓発活動を、イスラエルとイスラエルの敵を破壊( xiii. 17 ; 14 。 14 、 25 ; 15 。 3日、 26日; 16 。 4 ;イグゼクスです。 20 ; XXIII近くにございます。 22 、 23 、 27 ;参拾です。 2 、 34 。 11 、 24 ) 。 The Israelites are God's people, His host, His first-born son (vi. 7, vii. 4, xii. 41, xv. 16, xxxii. 11 et seq.; xxxiii. 13, 16).イスラエルは、神様の人々は、彼のホストは、彼の最初の生まれの息子( vi. 7日、 Ⅶ 。 4 、 12 。 41 、 15 。 16 、 32 。 11頁以降を参照。 ;参拾。 13 、 16 ) 。 Yhwh will be Israel's God (vi. 7, xxix. 5). yhwhされるイスラエルの神( vi. 7日、 29 。 5 ) 。 Israel is His property ("segullah").イスラエルが自分の所有物( " segullah " ) 。 Above all people Israel shall be His people, "a kingdom of priests, and a holy nation," if Israel will listen to God's voice and keep His covenant (xix. 5, 6).上記のすべての人々にイスラエルの人々は、彼は、 "キングダムオブ司祭は、神聖な国と、 "もしイスラエルが神の声に耳を約束とずっと( xix. 5 、 6 ) 。 Therefore He gives to the Israelites commandments, descends to them in His glory, holds them worthy of renewed revelations, and orders divine service (xxiv. 8, xxxiv. 27).したがって彼はイスラエルの戒めにして、彼の栄光を下るして、新たな価値を保持して啓示し、神の受注サービス( xxiv. 8日、 34 。 27 ) 。

The Moral Law.道徳律のです。

In Exodus are found for the first time the preeminent characteristics of the Israelitic law: its origin in and pragmatic connection with history.出エジプト記が見つかったために、最初の時に秀でた特性をisraelitic法:その起源と歴史接続し、実用的です。 An account is given of the laws in connection with the events that called them forth.のアカウントが与えられたの法律に関連してイベントに呼ばれています。 Thus, on the one hand, history explains and justifies the Law, while on the other the Law keeps alive and commemorates the events and teachings of history.したがって、 1つの手の上に、歴史の説明と正当化する法は、法律の中に、他の生存と維持の歴史を記念してイベントと教えています。 As furthermore God is the subject of history as well as the lawgiver, Israel's religion assumes here the fundamental characteristic that determines its entire future development: it is a law founded on God as revealed in history.また、神としては、アジ研の歴史だけでなく、立法者は、イスラエルの宗教の前提ここでの基本的な特性を決定、全体の将来の発展:それは、神の法に設立さの歴史として明らかにされています。 The basis is the Decalogue, the Ten Commandments (Ex. xx. 1-17), in which all duties are designated as duties toward the God who liberated Israel from the slavery of Egypt.の根拠は、十戒は、モーセの十戒(例:イグゼクスします。 1-17 ) 、ではすべての職務として指定されwho任務に向かって、神からの奴隷解放のエジプトイスラエルです。 Israel must not recognize any other God; idolatry and the making and worshiping of images are forbidden (xx. 2-5, 23; xxiii. 13, 24, 33; xxxii.; xxxiv. 12-14, 17); Israel shall beware of seductive intercourse with the idolatrous Canaanites; sacrificing to idols, and magic, are punishable by death.イスラエルは認識しなければ他の神;偶像崇拝とメーカーとのイメージのは禁じられてworshiping ( xx. 2-5 、 23 ; XXIII近くにございます。 13日、 24日、 33 ;参拾。 ;参拾。 12-14 、 17 ) ;イスラエルは、用心偶像崇拝の魅惑的な関係にあるのcanaanites ;犠牲にアイドル、と魔法は、死刑に値する。 Nor may the name of the true God be applied to vain idols (this is the only correct explanation of xx. 7).また5月の真の神の名前を無駄に適用されるアイドル(これは、適切な説明をイグゼクスのみです。 7 ) 。 God is recognized as Creator of the world by the sanctification of the Sabbath, on which man and beast shall rest from all labors (xvi. 23 et seq., xx. 7 et seq., xxiii. 12, xxxi. 12-17, xxxv. 1-3), and also by the observance of the Sabbatical year (xxiii. 10).神は世界の生みの親として認識され、安息日の神聖化された、上で人と野獣からは、残りのすべての労働者( xvi. 23頁以降を参照。 、イグゼクスです。 7頁以降を参照。 、 23 。 12日、 31回です。 12-17 、 35 。 1-3 ) 、および遵守されるも、有給休暇年( xxiii. 10 ) 。 He is recognized as Israel's savior from Egyptian oppression by the celebration of the Passover (see below).彼はイスラエルの救世主として認識され抑圧された者を記念してエジプトの過越(下記参照) 。

"Honor thy father and thy mother: that thy days may be long upon the land which the Lord thy God giveth thee" (xx. 12, fifth commandment). "名誉なたなたの父と母:なた日間で5月に長い時の土地の主は、なたに与えられる御神" ( xx. 12日、 5番目の戒め) 。 He who strikes or insults his father or mother is punished by death (xxi. 15, 17).彼whoストライキや侮辱は処罰され、父親や母親の死( xxi. 15日、 17 ) 。 Honor must also be accorded to those in authority (xxii. 27 [AV 28])."Thou shalt not kill" (xx. 13).これらの名誉を受ける必要があります。また、機関( xxii. 27 [ av 28 ] ) 。 "なたを殺すshaltない" ( xx. 13 ) 。 Murder is punishable by death (xxi. 12); there is no place of refuge for the murderer, as there is for the accidental homicide, even at the altar (xxi. 13-14).殺人は死刑に値する( xxi. 12 ) ;ための場所がないの避難所は、殺人犯として、過失致死には、さらには、祭壇( xxi. 13-14 ) 。 For bodily injuries there is a fine (xxi. 18-19, 22-25, 28-31).負傷者の肉体的には、罰金( xxi. 18-19 、 22-25 、 28-31 ) 。

"Thou shalt not commit adultery" (xx. 14). "なたshalt姦淫ない" ( xx. 14 ) 。 Lechery and intercourse with animals are punishable by death (xxii. 17); the seducer of a virgin must either marry her or compensate her father (xxii. 15 et seq.).好色と動物は死刑に値すると交際する( xxii. 17 ) ;の誘惑に彼女と結婚して処女のいずれかまたは補償する必要があります彼女の父親( xxii. 15頁以降を参照。 ) 。 "Thou shalt not steal" (xx. 15). "汝盗むshaltない" ( xx. 15 ) 。 Kidnaping is punishable by death (xxi. 16). Killing of a burglar is justifiable. Whoever steals cattle, slaughtering and selling it, has to pay four or five times its value; if it is found alive, double; if the thief is unable to pay he is sold into slavery (xxi. 37, xxii. 3). kidnapingは死刑に値する( xxi. 16 ) 。 殺害の強盗が正当化する。誰でも盗塁牛、食肉処理、販売し、 4,5回を支払うには、その値;生きて見つかった場合には、ダブル;場合は、泥棒ができませんでした。彼は奴隷制度を支払う売られる( xxi. 37 、 xxii 。 3 ) 。 Property injured or destroyed must be made good (xxi. 33-36, xxii. 4-14).設備負傷または破壊しなければならない良い( xxi. 33-36 、 xxii 。 4-14 ) 。

"Thou shalt not bear false witness against thy neighbor" (xx. 16). "なたshaltクマは偽なたの隣に不利な証人" ( xx. 16 ) 。 Justice, veracity, impartiality, honesty in court, are enjoined (xxiii. 1, 2, 6-8).正義、偽りのない正確さ、公平性、誠実に裁判所が差し止め( xxiii. 1 、 2 、 6-8 ) 。 An oath is demanded where there is suspicion of a default (xxii. 7 et seq.).宣誓書は、要求の疑いでは、デフォルトの( xxii. 7頁以降を参照。 ) 。

"Thou shalt not covet thy neighbor's house, thou shalt not covet thy neighbor's wife, nor his manservant, nor his maidservant, nor his ox, nor his ass, nor anything that is thy neighbor's (xx. 17). The duties to one's neighbor include both kindly deeds and kindly thoughts. The poor man must be cared for: justice shall be done to him; loans shall be made to him; and he shall not be pressed for payment, nor shall the necessaries of life be taken in pawn (xxii. 24 et seq.). Widows and orphans shall not be oppressed; for God is their advocate (xxii. 21). Strangers shall not be injured or oppressed; "for ye were strangers in the land of Egypt" (xxii. 20, xxiii. 9); they also shall rest on the Sabbath (xx. 10). A Hebrew bond-servant shall not serve longer than six years, unless he himself chooses to remain. He may not earn any wages for himself while serving. The master of a girl that has been sold into servitude shall marry her or give her a dower. Servants are to be set free on receiving bodily injuries; and death caused by an animal is requited (xxi. 1-11, 20, 21, 26, 27, 32). Servants also shall rest on the Sabbath (xx. 10, xxiii. 12). Animals shall be treated gently (xxiii. 4, 5, 19), and be allowed to rest on the Sabbath (xx. 10; xxiii. 12). Consideration for an enemy is enjoined (xxiii. 4, 5). To do these commandments is to obey God (xv. 26, xvi. 28, xx. 6, xxiii, 13). Israel shall trust in Him (iii.-vi., xiv. 31, xvi., xvii. 7, xix. 9); and in a significant passage (xx. 6) the love for God is accentuated. "なたshaltむやみに欲しなたの隣の家は、なたshaltなたの隣人の妻はむやみに欲し、また彼の男性の召使、また彼のmaidservant 、また彼の牛、また彼のお尻、また何かは、なたの隣人の( xx. 17 ) 。次のような任務を1つの隣の席の人優しく親切な行為の両方を含めると考えています。 、貧乏人の世話をしなければなりません:正義しなければならないことを彼;債権処理を行わなければならない彼と彼の支払いの際に押されたものできないし、又はだまされる人に操られる生活必需品( xxii 。 24頁以降を参照。 ) 。未亡人と孤児を虐げられた者は、神は彼らの提唱者( xxii. 21 ) 。見知らぬ人が負傷または虐げられた者は、 "なたがたはその土地の見知らぬ人にエジプト" ( xxii. 20 、 23 。 9 ) ;また、残りのものを検索する安息日( xx. 10 ) 。 、ヘブライ語債券-使用人6年以上の奉仕者は、選択しない限り、彼自身を維持する。彼はすべての賃金を得ることができないしながら、自分自身です。少女の主人であり、販売されてきたかを与えるに服することは彼女と結婚して、彼女に天賦の才能です。召使が無料で受信を設定する傷害;と死の原因で発生する動物はrequited ( xxi. 1-11 、 20日、 21日、 26日、 27日、 32 ) 。召使にかかっているのは安息日にも( xx. 10 、 23 。 12 ) 。動物の処理しなければならないそっと( xxiii. 4 、 5 、 19 ) 、および残りを検索することができるように安息日( xx. 10 ; XXIII近くにございます。 12 ) 。配慮敵が差し止め( xxiii. 4 、 5 ) 。これを行うには、これらの戒めに従う神( xv. 26日、 16 。 28日、イグゼクスします。 6 、 23 、 13 ) 。イスラエルは、信託していた( iii.-vi. 、 14 。 31 、 16 、 17 。 7日、 19 。 9 ) ;との重要な通路( xx. 6 )の愛を、神様が特徴です。

Cult.カルトです。

In Exodus the beginnings of the national cult are seen.出エジプト記の始まりで、国家教団が見える。 It is strictly forbidden to make or worship idols (xx. 3, 23; xxiii. 24; xxxii.; xxxiv. 13, 17).を作ることは厳しく禁じられて偶像を崇拝するか( xx. 3 、 23 ; XXIII近くにございます。 24 ;参拾。 ;参拾。 13 、 17 ) 。 The symbol of the Divine Presence is the Tabernacle built according to God's directions, more especially the cover of the Ark of the Covenant and the space between the cherubim thereon (see Tabernacle).のシンボルは、神の存在は、神の幕屋建設の方向によると、他の特に、カバーは、契約の箱との間の空間にケルビムのパブリック(幕屋を参照) 。 Worship by specially sanctified priests shall be observed in this sanctuary (see Leviticus).神聖化さ司祭は、特別に崇拝され、このサンクチュアリで観察される(詳細は、レビ記) 。 The festivals include the Sabbath, for which no ritual is mentioned, and three "pilgrimage festivals," at which all males are to appear before God (xxiii. 14-17, xxxiv. 18-23).のお祭りには、安息日は、儀式に記載されていない、と3つの"巡礼のお祭り、 "すべての男性は、神の前に表示する( xxiii. 14-17 、 34 。 18-23 ) 。

The Passover is discussed in detail, a large part of the book being devoted to its institution (xii. 1-28, 43-50; xiii. 1-16; xxiii. 15; xxxiv. 18-20); and its historical origin is to be brought home to all future generations (xii. 2, 14, 17, 24-27, 42; xiii. 5-10, 16; see MaẒẒah; PesaḤ; Seder).過ぎ越しの詳細が議論されて、その本が大部分をテーマに、機関( xii. 1-28 、 43-50 ; 13 。 1-16 ; XXIII近くにございます。 15 ;参拾。 18-20 ) ;とその歴史的起源身代を回復されるが、将来の世代をすべて( xii. 2 、 14 、 17 、 24-27 、 42 ; 13 。 5-10 、 16 ;参照maẓẓah ; pesaḥ ;セダー) 。 Toward evening of the 14th day of the first month a yearling male lamb or kid without blemish shall be slaughtered, roasted by the fire, and eaten at the family dinner, together with unleavened bread and bitter herbs. 14日に向けての夜には、最初の1カ月に1歳の子供なし男性子羊の傷や食肉処理しなければならない、焙煎された火災、食べては、ご家族やディナー、ハーブと一緒にイースト菌を入れないパンと苦いです。 It must be roasted whole, with the legs and entrails, and no bones must be broken; none of the meat must be carried from the house, but whatever remains until morning must be burned.丸焼きしなければならない、との脚と内臓、骨にしなければならないとの壊れた;なしの肉の家から運ばしなければならない、しかし、どんな遺跡の朝までやけどをしなければならない。 In connection with this there is a seven days' festival (), the Feast of Maẓẓot (unleavened bread).の接続をこの中には、 7日間の祭り( )は、ごちそうをmaẓẓot (イースト菌を入れないパン) 。 This bread shall be eaten for seven days, from the 14th to the 21st of the first month (the month of Abib, in which Israel went out from Egypt; xxiii. 15, xxxiv. 18).このパンを食べてしなければならない7日間、 14日から21日からの最初の月日( abibカ月ではイスラエルはエジプトから; XXIII近くにございます。 15 、 34 。 18 ) 。 It is strictly forbidden to partake of anything leavened; it must be removed from the house on the first day.それは厳密に何か発酵の参加を禁じられていることから削除しなければならないの家の最初の日です。 The first and the seventh day are strictly days of rest, on which only necessary food may be prepared.七日目の最初のとは厳密に日間の休息、上でのみ必要な食糧年5月に用意しています。 The sanctification of the firstlings that belong to God is also connected with the Passover. firstlingsの神聖さを神に属して接続しても過ぎています。 The first-born child, and that of the ass, which can not be sacrificed, must be redeemed by a lamb (xiii. 1 et seq., xxii. 28, xxxiv. 19 et seq.).第一子、としているお尻を犠牲にすることはできません、換金された子羊しなければならない( xiii. 1頁以降を参照。 、 xxii 。 28日、 34 。 19頁以降を参照。 ) 。 Other festivals are (1) the cutting of the first-fruits of the harvest ("Ḥag ha-Ḳaẓir") or the Feast of Weeks ("Ḥag Shabu'ot"), and (2) the harvest-home ("Ḥag ha-Asif") at the end of the year, after the harvest has been gathered in (xxiii. 16, xxxiv. 22).他のお祭りは、 ( 1 )の切削-の成果を第一の収穫( " ḥagハ- ḳaẓir " )または週間の饗宴( " ḥag shabu'ot " ) 、および( 2 )の収穫-ホーム( " ḥagハ-アシフ" )は、年末までに、収集した後、収穫され、 ( xxiii. 16日、 34 。 22 ) 。 At these festivals the people must not appear empty-handed before God; they must not mix the blood of the Passover sacrifice with leavened bread, nor leave the sacrifice until the morning; they must take the firstlings of the field into the house of God, and must not seethe the kid in its mother's milk (xxiii. 18, 19; xxxiv. 25, 26).これらのお祭りの人々は手ぶらで表示されない必要があります神の前;しなければならないのは血液中のミックスを過ぎ越しの犠牲に発酵したパン、朝までも残すのいけにえ; firstlingsしなければならないのは、フィールドを取るの家の神、沸騰してはならないと、その子供の母親のミルク( xxiii. 18日、 19 ;参拾。 25 、 26 ) 。 The tithes from the barn and the vineyard must not be delayed.十分の一と、ぶどう畑の納屋から遅れてはならない。 Animals torn in the field ("ṭerefah") must not be eaten, but must be thrown to the dogs, for "ye shall be holy men" (xxii. 28-30; AV 29-31).EGHBJ動物の分野で引き裂かれた( " ṭerefah " )食べてはならないが、スローをしなければならない犬は、 "なたがたしなければならない神聖な男性" ( xxii. 28-30 ; av 29-31 ) 。 eghbj

-Critical View I.:クリティカルな対象勇:

The Book of Exodus, like the other books of the Hexateuch, is of composite origin, being compiled of documents originally distinct, which have been excerpted and combined by a redactor (see Pentateuch).その本の出エジプト記のように、他の書籍は、六書、複合の起源は、もともと別個のドキュメントがコンパイルされてきたと組み合わせる抜粋されたredactor (五) 。 The two main sources used in Exodus are the one now generally known as "JE," the chief component parts of which date probably from the seventh or eighth century BC, and the one denoted by "P," which is generally considered to have been written during or shortly after the Babylonian captivity.出エジプト記の2つの主要なソースで使用され一般的に知られては、 1つの今すぐ"は、 "部品の長が7日または8世紀から、おそらく紀元前、および1つの末尾には"人、 "これは一般に考えられても中または直後に書かれたバビロン捕囚です。 The former of these sources is in tone and character akin to the writings of the great prophets; the latter is evidently the work of a priest, whose chief interest it was to trace to their origin, and describe with all needful particularity, the ceremonial institutions of his people.これらのソースを元にトーンやキャラクターは私の偉大な預言者を記述し、後者は明らかに司祭の仕事をする、その最高の関心をトレースすることが起源して、すべての必要な気難しさと説明し、機関の儀式彼の人々です。 It is impossible, within the limits of the present article, to state the details of the analysis, at least in what relates to the line of demarcation between J and E, or to discuss the difficult problems which arise inconnection with the account of the legislation contained in JE (xix.-xxiv. and xxxii.-xxxiv.); but the broad and important line of demarcation between P and JE may be indicated, and the leading characteristics of the principal sources may be briefly outlined.することは不可能、との限界を、現在の資料では、状態の詳細を分析し、少なくとも、どのように関係して境界線の間にJとメールするか、または困難な問題を議論するのアカウントで発生する、立法inconnectionに含まれては( xix. - 24です。 xxxii. - 34とします。 ) ;しかし、広範かつ重要な境界線の間にpとは5月に示される、との主要特性を簡単に概説の主要なソースがあります。

The parts of Exodus which belong to P are: i.出エジプト記の部分に属するpは: i. 1-5, 7, 13-14, ii. 1-5 、 7 、 13-14 、 Ⅱ 。 23b-25 (the oppression); vi. 23b - 25 (の抑圧) ; Ⅵ 。 2-vii. 2 - Ⅶ 。 13 (commission of Moses, with genealogy, vi. 14-27); vii. 13日(委員会のムーサー、家系、 Ⅵ 。一四〜二七) ; Ⅶ 。 19-20a, 21b-22, viii. 19 - 20a 、 21b - 22 、 Ⅷ 。 1-3, 11b-15 (AV 5-7, 15b-19), ix. 1-3 、 11b - 15違反( AV 5-7 、 15b - 19 ) 、 9世です。 8-12, xi. 8-12 、西です。 9-10 (the plagues); xii. 9-10 ( plagues ) ; 12 。 1-20, 28, 37a, 40, 41, 43-51, xiii. 1-20 、 28 、 37a 、 40 、 41 、四三から五一、 13です。 1-2, 20 (Passover, maẓẓot, dedication of first-born); xiv. 1-2 、 20 (過ぎ、 maẓẓot 、最初の落成式に生まれ) ; 14 。 1-4, 8-9, 15-18, 21a, c, 22-23, 26-27a, 28a-29 (passage of Red Sea); xvi. 1-4 、 8-9 、 15-18 、 21aや、 C 、 22-23 、 26 - 27a 、 28a - 29 (の通過を紅海) ; 16 。 1-3, 6-24, 31-36 (the manna); xvii. 1-3 、 6月24日、 31-36 (マンナ) ; 17 。 1a, xix. 1 、 19 。 1-2a (journey to Sinai); xxiv. 1 - 2A面(旅をするシナイ半島) ; 24 。 15-18a, xxv. 15 - 18a 、 25です。 1-xxxi. 1 - 31 。 18a (instructions respecting the Tabernacle); xxxiv. 18a (指示を尊重して幕屋) ;参拾です。 29-35, xxxv.-xl. 29-35 、 xxxv.-xl. (the construction and erection of the Tabernacle). (勃起の幕屋の建設と) 。 The rest of the book consists of J and E, which (before they were combined with P) were united into a whole by a redactor, and at the same time, it seems, expanded in parts (especially in the legal portions) by hortatory or didactic additions, approximating in style to Deuteronomy.その本の残りの部分は、 Jおよびメール、これ(前に彼らは組み合わせてp )が統一される全体redactor 、それと同時に、どうやら、拡大の部品(特に、法律上の部分)を激励または教則追加、申命記のスタイルを近似しています。

Characteristics of JE.の特徴は。

In JE's narrative, particularly in the parts belonging to J, the style is graphic and picturesque, the descriptions are vivid and abound in detail and colloquy, and both emotion and religious feeling are warmly and sympathetically expressed.の物語では、特に無しの部品に属しては、絵のように美しいグラフィックとスタイルは、たくさんの説明を詳細には、生き生きとしたと会話し、両方の感情や宗教感情は暖かく、同情を表明します。 As between J and E, there are sometimes differences in the representation.メールとしてJとの間には、時には違いを表現します。 In the account of the plagues, for instance, the Israelites are represented by J as living apart in Goshen (viii. 18 [AV 22], ix. 26; compare Gen. xlv. 10, xlvi. 28, etc.; also J); and the plagues are sent by Yhwh at a specified time announced beforehand to Pharaoh by Moses.このため、アカウントは、 plagues 、例えば、イスラエルで表現されるのJ離れて生活ゴセン( viii. 18 [ av 22 ] 、 9 。 26 ;比較Gen 。と45 。 10 、 46 。 28日、等;も無し) ;とyhwh plaguesに送信される指定された時間を事前に発表され、ムーサーはフィルアウンの許にします。 In E the Israelites are represented, not as occupying a district apart, but as living side by side with the Egyptians (iii. 22, xi. 2, xii. 85 et seq.); and the plague is brought to pass on the spot by Moses with his rod (vii. 20b; ix. 23; x. 12, 13a; compare iv. 2, 17, 20b; xvii, 5; also E) or his hand (x. 22).イスラエルは、メールの表現ではなく、占領地区離れとしてではなく、リビングと並んで、エジプト( iii. 22日、 XI 。の2 、 12 。 85頁以降を参照。 ) ;と疫病を吸わを渡すにその場で彼の棒をモーゼス( vii. 20b ; Ⅸ 。 23 ; Xの12日、 13a ;比較Ⅳ 。 2 、 17日、 20b 、 17 、 5 ;もe )または彼の手( Xの22 ) 。 An interesting chapter belonging to E is xviii., which presents a picture of Moses legislating.面白いメールは18章に属しています。 、ムーサーの画像を制定をプレゼントします。 Disputes arise among the people; they are brought before Moses for settlement; and his decisions are termed "the statutes and directions ["torot"] of God."人々の間の紛争が発生;彼らはムーサーの訴えを解決;と呼ばれる彼の意思決定は"法令およびルートの[ " torot " ]の神です。 " It was the office of the priests afterward to give direction () upon cases submitted to them, in matters both of civil right (Deut. xvii. 17) and of ceremonial observance (ib. xxiv. 8; Hag. ii. 11-13); and it is difficult not to think that in Exodus xviii.それは、オフィスの方向性を与えるその後の司祭( )して提出する場合は、問題の両方の市民権( deut. 17 。 17 )との儀式の遵守( ib. 24 。 8 ;くそばばあです。 Ⅱ 。 11-13 ) ;とすることは難しいことを考えると、出エジプト記第18いない。 there is a genuine historical tradition of the manner in which the nucleus of Hebrew law was created by Moses himself.歴史的な伝統には、正規の方法ではヘブライ語の核のムーサー法は自分自身で作成されます。

JE's account of the Sinaitic legislation is contained in xix. sinaiticのアカウントは、法律は19に含まれています。 3-xxiv. 3 - 24 。 14, 18b; xxxi. 14日、 18b ;参拾壱です。 18b-xxxiv. 18b - 34です。 28. 28 。 This narrative, when examined attentively, discloses manifest marks of composite structure.この物語は、ときに注意深く検討、開示マニフェストマルクの複合構造です。 The greater part of it belongs tolerably clearly to E, viz.: xix.まあまあの大部分を明確にメールすることに属し、 viz 。 : 19 。 3-19; xx.-xxiii. 3-19 ; xx. - 23です。 33 (expanded in parts by the compiler); xxiv. 33 (拡張された場合、コンパイラの部分) ; 24 。 3-8, 12-14, 18b; xxxi. 3-8 、 12-14 、 18b ;参拾壱です。 18b; xxxii. 18b ;参拾です。 1-8 (9-14, probably compiler), 15-35; xxxiii. 1-8 ( 9-14 、おそらくコンパイラ) 、 15から35まで;参拾です。 5-11. 5-11 。 To J belong xix. 19を無しに帰属します。 20-25, xxiv. 20-25 、 24 。 1-2, 9-11 (fragments of an account of the theophany on Sinai); and xxxiii. 1-2 、 9-11 (断片化した上でアカウントは、神の顕現シナイ半島) ;と33です。 1-4, xxxiii. 1-4 、 33 。 12-xxxiv. 12 - 34 。 28 appear also to be based upon J, but amplified by the compiler. 28が表示されるも無しに基づいて、しかし、増幅されたコンパイラを指定します。 A particularly noticeable passage in E's narrative is xxxiii.特に目立つメールを通過さの物語は33です。 7-11, which preserves the oldest representation of the "Tent of Meeting"; it was outside the camp (compare Num. xi. 16, 17, 24-30; xii. 4; also E; and contrast the representation of P in Num. ii. et seq.); the youthful Joshua was its keeper; and Moses from time to time repaired to it for the purpose of communing with Yhwh. 7-11 、古い表現を維持して、 "テントの会議室" ;ことは、外のキャンプ( NUM件を比較します。 XI 。の16日、 17日、 24-30 ; Ⅹ Ⅱ 。 4 ;もメール;やコントラストのpを表現したものNUM件です。 Ⅱ 。頁以降を参照。 ) ;のジョシュアは、その若々しい番人;とムーサーしてからの時間を修理のために時間をcommuningにyhwhです。 Evidently the Tent of Meeting, as pictured by E, was a much simpler structure than it is in the representation of P (xxvi.-xxxi., etc.), just as the altar (xx. 24-26), feasts, etc. (xxiii. 10-19), presented by E, reflect the usage of a simpler, more primitive age than do the corresponding regulations in P.会議室のテントを明らかにし、写真をメールに比べてはるかにシンプルな構造は、表現のP ( xxvi. - 31 。 、等) 、同じように、祭壇の( xx. 24-26 ) 、お祭り、等です。 ( xxiii. 10-19 ) 、メール提示され、利用方法の簡素化を反映して、他の原始的年齢に比べて、対応する規制のp.

The laws of JE are contained in xii.の法律に基づいては12に含まれています。 21 27 (Passover); xiii. 21 27 (過ぎ) ; 13 。 3-16 (maẓẓot and consecration of first-born); xx. 3-16 ( maẓẓotと自分をささげることを第一生まれ) ;イグゼクスです。 1-17 (the Decalogue); xx. 1-17 (十戒) ;イグゼクスです。 22-xxiii. 22 - 23 。 33 (the "Book of the Covenant"; see xxiv. 7); and the repetition (with slight verbal differences, and the addition in xxxiv. 12-17 of more specific warnings against idolatry) of xiii. 33 (以下、 "本の誓約" ;参照24 。 7 ) ;と繰り返し(おわずかな言葉の違い、および34のほかにします。 12-17の警告をより具体的偶像崇拝)の13です。 12-13, and of the theocratic section of the Book of the Covenant (xxiii. 10-19) in xxxiv. 12-13 、と神権政治を参照して、予約を約束( xxiii. 10-19 ) 、 34 。 10-26 (sometimes called the "Little Book of the Covenant"). 10月26日(時にはと呼ばれる"リトル予約は、契約" ) 。 The Decalogue and the Book of the Covenant both belong in particular to E.この本の十戒との契約の両方に属し、特にe.

These laws have in many places had parenetic additions made to them by the compiler (eg, much of xiii. 3-16; the explanatory comments in xx. 4-6, 9-11, 12b, 17; xxii. 21b, 22; xxiii. 23-25a).これらの法律は多くの場所ではparenetic追加して作られた場合、コンパイラ(例えば、多くの13 。 3-16 ;の説明のコメントがイグゼクスします。 4-6 、 9-11 、 12b 、 17 ; xxii 。 21b 、 22 ; 23 。 23 - 25a ) 。 The laws in xxxiv.法では、 34です。 10-26 are introduced ostensibly as embodying the conditions for the renewal of the Covenant after it had been broken by the sin of the golden calf; but it is generally supposed that originally they formed a separate collection, which was introduced independently, in slightly different recensions, into E in xxiii.表向きとして導入一〇から二六アールの条件を具現すると約束した後、更新された壊れていたの黄金の罪をふくらはぎの;しかし彼らは一般的に形成されたものは別のコレクション、これが導入さ独立は、若干異なるrecensions 、をメールでXXIII近くにございます。 10-19, and into J here, and which probably, when J was complete, stood as part of J's direct sequel to xxiv. 10-19 、およびを無しここでは、どのおそらく、ときに無しが完了すると、立っていたの一環として無しの直接の続編を24します。 1-2, 9-11. 1-2 、 9-11 。 Further, although by the author of xxxiv.さらに、もののされた著者の34です。 1-28 in its present form (see verse 1b), the "ten commandments" (Hebr. "ten words") of verse 28b are evidently intended to be the Decalogue of xx. 1-28の現在のフォーム(詩1b )は、 "モーセの十戒" ( hebr. " 10の言葉" )の詩は、明らかに28bの十戒のイグゼクスを目的としています。 1-17, yet the natural subject of "And he wrote" in verse 28 is "Moses" (compare verse 27); hence it is also inferred by many critics that, in the original context of verse 28, the "ten words" were the preceding group of laws (verses 10-26), which, though now expanded by the compiler, would in that case have comprised originally ten particular injunctions (the "ritual Decalogue" of J, as opposed to the "moral Decalogue" of E in xx. 1-17). 1-17 、自然の件名はまだありません"と書いた"と詩28は、 "モーゼス" (比較詩27 ) ;それゆえ推論することも、多くの批評家は、詩で、元のコンテキストで28日、 " 10の言葉"が、上記のグループのための法律の(詩10月26日) 、これが、今すぐ拡張されたコンパイラ、もともとはそのような場合は10特定の命令で構成(以下、 "儀式の十戒"を無しとは反対に、 "道徳的な十戒"メールでXXします。 1-17 ) 。 Whatever the true explanation of the double appearance of this little group of laws may be, it is in any case the earliest existing formulation of what were regarded at the time as the essential ritual observances of the religion of Yhwh.何の真の説明の後、二重の外観は、次の小グループの法律がありますが、それは最古のいずれの場合も、既存の定式化をどのような考えは、時間が欠かせないとして、宗教儀式の慣例yhwhです。

Characteristics of P.特性のp.

The literary and other characteristics of P are, mutatis mutandis, the same in Exodus as in other parts of the Hexateuch.文学やその他の特性をpは、準用するのと同じで出エジプト記の他の部分を六書のようにします。 The same or similar stereotyped formulas appear; and (as a reference to the synopsis above will show) there is the same disposition to reduce the account of ordinary events to a bare summary, but to enlarge upon everything connected with ceremonial institutions.紋切り型の数式に、同じまたは類似表示される、および(上記を参考にしてストーリーが表示さ)には、同じアカウントの処分を減らすために、むき出しの普通のイベントを要約すると、しかし、すべての接続時に儀式を拡大表示する機関です。 In i.-xi.でi.-xi. the narrative of P runs parallel to that of JE; and the compiler has sometimes preserved divergent versions of the same events. pの実行の物語は平行していると、コンパイラのは、時には発散のバージョンのと同じイベントに保存します。 Thus, if vi.したがって、 Ⅵ 。 2-vii. 2 - Ⅶ 。 13 be compared carefully with iii. 13日に比べて慎重にⅢ 。 1-vi. 1 - Ⅵ 。 1, it will be seen not to describe the sequel of it, but to contain a parallel and partly divergent account of the commission of Moses and of the preliminary steps taken by him to secure the release of the people. 1 、それは見ていないの続編を記述するのではなく、部分的には、パラレル発散アカウントは、委員会は、予備的な手順を実行ムーサーと彼を取らされ、人々の解放を確保する。 In the narrative of the plagues there aresystematic differences between P and JE: thus in P Aaron cooperates with Moses; no demand for Israel's release is ever made upon Pharaoh, the plagues being viewed rather merely as signs or proofs of power; the description is brief; the success or failure of the Egyptian magicians (who are mentioned only in this narrative) is noted, and the hardening of Pharaoh's heart is expressed by the verb "ḥhazaḳ," "ḥizzaḳ" (this verb is used also by E; but J has regularly "kabed," "hikbid"), In xii.-xiii.は、物語は、 plagues aresystematicの違いはあるpとは:このように協力して、ムーサーPに属するアーロン;ないの需要を、イスラエルの発売までに製作された時はフィルアウンは、 plaguesが人気というだけの兆候や証拠としての力;の説明が簡単な;は成功したか失敗したエジプトの手品師( whoだけで、この物語に記載)は有名な、とフィルアウンの心の硬化が表現される動詞" ḥhazaḳ 、 " " ḥizzaḳ " (この動詞が使用されもにe ;しかし無しは、定期的に" kabed " 、 " hikbid " )は、 xii. - 13です。 the double strand is particularly evident: Passover, maẓẓot, narrative, and the dedication of the first-born are all in duplicate (in P, xii. 1-13 [43-50 supplementary], 14-20, 28, 37a, 40-41, 51; xiii. 1-2: in JE, xii, 21-27 (which careful comparison will show to be not really the sequel of xii. 1-13), 29-36, 37b-39, 42a; xiii. 3-10, 11-16).の二重鎖は、特に顕著:過ぎ、 maẓẓot 、物語、との最初の生まれの落成式にはすべての複製を(人、 12 。 1-13 [ 43-50補足] 、 14-20 、 28 、 37a 、 40 -41 、 51 ; 13 。 1-2 :では、 12 、 21-27 (これが表示さを慎重に比較の続編ではないの本当にⅩ Ⅱ 。 1-13 ) 、 29-36 、 37b - 39 、 42a ; 13です。 3-10 、 11-16 ) 。

The most characteristic part of P is, however, the account of the instructions given to Moses on the Mount (xxiv. 15-18a) for the construction of the Tabernacle and the appointment of a priesthood (xxv.-xxxi.).最も特徴的部分pが、しかし、そのアカウントのの指示を与えられたムーサーマウント( xxiv. 15 - 18a )を建設する予定の幕屋と聖職に就く( xxv. - 31です。 ) 。 These instructions fall into two parts: (1) xxv.-xxix.; (2) xxx.-xxxi.これらの2つの部分からの指示に陥る: ( 1 ) xxv. - 29です。 ; ( 2 ) xxx. - 31です。 In xxv.-xxix.でxxv. - 29です。 the following subjects are dealt with: the Ark, table of show-bread, and candlestick (xxv.); the Tabernacle ("mishkan"), its curtains, boards, and veil (xxvi.); the altar of burnt offering, and the court (xxvii.); the dress of the priests (xxviii.); the ritual for their consecration, and for the daily burnt offering, which it is a primary duty of the priesthood to maintain (xxix. 1-42); and finally what is apparently the formal close of the entire body of instructions, Yhwh's promise to take up His abode in the sanctuary thus established (xxix. 43-46).は、次の課題は対処:アーク、テーブルの詳細-パン、と燭台( xxv. ) ;の幕屋( " mishkan " ) 、そのカーテン、ボード、およびベール( xxvi. ) ;の祭壇の焼きを提供し、裁判所( xxvii. ) ;そのドレスは、司祭( xxviii. ) ;の儀式に自分をささげること、およびデイリー焼きを提供し、それが、プライマリの義務を維持するの聖職に就く( xxix. 1から42 ) ;と最後に、正式に近いのは、明らかにどのような全身の手順については、 yhwhの約束をする彼の住まいは、聖域を取るために設立( xxix.四三から四六) 。 Chapters xxx.-xxxi.章xxx. - 31です。 contain directions respecting the altar of incense, the maintenance of public worship, the brazen laver, the anointing-oil, the incense (xxx.); the nomination of Bezaleel and Aholiab, and the observance of the Sabbath (xxxi.).祭壇の線香の方向を尊重して含まれ、公共の崇拝の維持には、ずうずうしい海苔、 anointing -オイルは、香( xxx. ) ; aholiabのノミネートのbezaleelとし、遵守の安息日( xxxi. ) 。 While now it is not doubted that xxv.-xxix., with unimportant exceptions, form part of the original legislation of P, it is generally held by critics that xxx.-xxxi.今すぐではないことを疑問視しながらxxv. - 29 。 、ささいな例外を除いて、フォーム部分は、元の立法のP 、それは一般的に行われたことを批判xxx. - 31です。 belong to a secondary and posterior stratum of it, reflecting a later stage of ceremonial usage.第二層に所属しているとのこと後、儀式の利用方法を反映し、後の段階です。 The chief reason for this conclusion is the manner in which the altar of incense is introduced (xxxi. 1-10).主な理由を、この結論は、態度では、祭壇の線香が導入( xxxi. 1-10 ) 。 If such an altar had been contemplated by the author of xxv.-xxix., he must, it is argued, have introduced it in xxv., together with the other furniture of the Holy Place, and also mentioned it in xxvi.このような予期されていた祭壇の著者xxv. - 29 。 、彼しなければ、それは主張は、 25を導入しています。 、と一緒に、他の家具は、神聖な場所とも言及して二十六です。 33-35; moreover, he would naturally, in such a case, have distinguished the altar described in xxvii. 33-35 ;また、彼は当然のことながら、そのような場合、識別、祭壇のは27に記載されています。 1-8 from the altar of incense, and not have spoken of it simply as the altar. 1-8からの祭壇の線香、と話さのは単に、祭壇のことです。

This conclusion respecting the secondary character of the altar of incense appears to be confirmed by the fact that in the other laws of P there is a stratum in which such an altar is not recognized (for instance, Lev, xvi.).この結論を尊重し、祭壇の線香セカンダリの文字を表示されるという事実が確認され、他の法律のPには、このような地層では祭壇が認識されない場合(例えば、レフ、 16 。 ) 。 There are also other indications tending to show that xxx.-xxxi.また他の表示には世話に表示することはxxx. - 31です。 belong to a posterior stratum of P, as compared with xxv.-xxix.後に所属している層はp 、 xxv. - 29と比較しています。 Chapters xxxv-xl.チャプター35 - xl 。 describe, largely in the same words as xxv.-xxxi.説明は、主と同じ言葉としてxxv. - 31です。 (the tenses alone being altered), but with several differences of order, how the instructions given there to Moses were carried out. (時制だけが変更さ)ではなく、いくつかの違いのために、どのように指示を与えられたが、ムーサーが行われた。 In these chapters the altar of incense and the brazen laver (xxx. 17-21) are introduced in the places which they would naturally be expected to occupy, namely, in the descriptions of the Holy Place and the court respectively (xxxvii. 25-28, xxxviii. 8).これらの章で、祭壇の線香と厚かましい海苔( xxx. 17-21 )が導入された場所は当然のことと予想されて占領、すなわち、神聖な場所での説明と、裁判所は、それぞれ( xxxvii. 25 - 28日、 38 。 8 ) 。 It follows that if xxx.-xxxi. xxx. - 31の場合には以下の通りです。 belong to a secondary stratum of P, the same must be true of xxxv.-xl.セカンダリ層に属してはp 、 trueをしなければならないのと同じxxxv.-xl. The later origin of xxxv.-xl. xxxv.-xl. 、後の起源 seems to be further supported by the fact that the Septuagint version of these chapters is not by the same hand as the rest of the book; so that presumably they were not in the manuscript used by the original translators.サポートされると思われるより詳細な事実をセプトゥアギンタのバージョンのは、これらの章ではないのと同じ手としての残りの部分の予約;ようにおそらく彼らは使用されていないし、元の原稿の翻訳です。 The chapters, if this view is correct, have taken the place of a much briefer account of the manner in which the construction of the Tabernacle was carried out.この章では、このビューを表示する場合が正しければ、はるかに取ってかわってもアカウントの概要を説明するの態度をもって幕屋の建設が行われた。

P's Representation of the Tabernacle Unhistorical.歴史的でないPの幕屋で表現したものです。

P's representation of the Tabernacle and its appointments can not be historical. Pの予定で表現したもの幕屋とその歴史的なことはできません。 The lsraelites in the wilderness had undoubtedly an "ohel mo'ed"; but it was the simple "ohel mo'ed" of E (Ex. xxxiii. 7-11; Num. xi., xii.), not the costly and elaborate structure described by P. P's representation is the embodiment of an ideal; it is a "product of religious idealism," constructing for the Mosaic age, upon the basis of traditions or reminiscences of the Temple of Solomon, a shrine such as might be adequate to Yhwh's majesty, and worthily symbolize His presence in the midst of His people (compare Ottley, "Aspects of the OT" p. 226). lsraelites荒野の中にいたのは間違いない" ohel mo'ed " ;しかし、それは、単純な" ohel mo'ed "は、 e (例: 33 。 7-11 ; NUM件です。 XI 。のは、 12です。 )ではなく、コストと精巧な構造で記述さp. Pの表現は、実施の態様の理想的な;ことは、 "製品の宗教的観念論、 "建設をモザイク年齢、時の根拠の伝統や回顧録は、ソロモンの神殿は、神社などのかもしれない十分なyhwhの威厳を、彼の存在感を象徴すると立派に彼の人々の真っただ中に(比較オットリ、 "側面を、 ot " p. 226 ) 。

Bibliography:書誌事項:

The introductions to the OT by Kuenen, Driver, Holzinger, König, Cornill, Baudissin; the commentaries of Dillmann, Baentsch (1900), Holzinger (1900), and ARS Kennedy (forthcoming); CA Briggs, The Higher Criticism of the Hexateuch, 1897; Carpenter and Harford-Battersby, The Hexateuch, Oxford, 1900, especially ii. otされ、キューネンのを紹介して、ドライバ、 holzinger 、ケーニッヒ、コルニル、 baudissin ;の論評をディルマン、 baentsch ( 1900 ) 、 holzinger ( 1900 ) 、およびアルスケネディ(近刊) ;カリフォルニアブリッグズ、批判的な六書が高く、 1897 ;大工とharford - battersbyは、六書、オックスフォード、 1900年、特に2世です。 79-143 (text of Exodus, with the sources distinguished typographically, and full critical notes); GF Moore, Exodus, in Cheyne and Black, Encyc.七九〜一四三(出エジプト記のテキストを、 typographicallyのソースを識別し、完全な重要なノート) ; gfのムーア、出エジプト記は、チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl. bibl 。 ii. Ⅱ 。 (where further literature is referred to).EGHSRD (ここでは、より詳細な文献を参照) 。 eghsrd

-Critical View II.:クリティカルな対象Ⅱ 。 :

The critical problems and hypotheses that Exodus shares with the other books, such as the historical value of the accounts; authorship; relation to the later books; age, origin, and character of the alleged sources, can not be discussed here now; the analysis of sources of Exodus can alone be treated.出エジプト記の重要な問題と仮説を共有し、他の書籍などの歴史的な価値のアカウント;原作者;関連して、後の図書;年齢、起源、および文字は、疑惑によると、ここで議論することはできませんし、分析のソースの出エジプト記に扱われることだけです。 According to the critics of the Pentateuch, Exodus, like all the other books of the Torah, possesses no unity, having been compiled from different sources at different times, the various parts being then revised finally by one redactor (R); the same sources as those for Genesis furnish the material, namely, J (Jahvist), E (Elohist), and P (Priestly Code), in which again several strata must be distinguished, as P2, P3, P4, J1, J2, E1, E2, etc. It is not necessary to refer to all the suggestions that have been made; the analyses of sources by Kuenen and Cornill are chiefly treated here (Kuenen: Introduction; § 5; § 6, 2-15; § 8, 10-13; § 13, 12 et seq.; § 16, 12; Cornill: Introduction; § 7; § 11, 4; § 12; § 13, 2, 8; § 14, 1, 2, 3. To P2 is assigned, according to Kuenen: i. 1-7, 13, 14; ii. 23-25; vi. 2-12 (13-28 interrupt the course of the story and are by a later reviser; they are, according to Wellhausen, unskilfully inserted and amplified); vii. 1-13, 19, 20a (21c ?), 22; viii. 1-3, 11b, 12-15; ix. 8-12 (35 ?); xi. 9-10; xii. 1-20, 28, 40revision , 41revision, 43-51 (xiii. 20 ?); xiv. 1-4, 8, 9, 10 (inpart), 15-18, 21 (in part), 22, 23, 26, 27 (in part), 28, 29; xvi. ("this chapter has been subsequently revised and completed") (xvii. 1; xix. 2a ?); xxiv. 15-18a; xxv.-xxix. "follow in natural and regular order, and may have been arranged in this way by the author himself," but (§ 16, 12) contain many interpolations by R.批評家によると、五、出エジプト記、書籍のような他のすべての律法は、保有の結束を使ってコンパイルされたさまざまな情報源から別の時代には、様々な部分に入力し、最後に1つの改正redactor (研究) ;と同じソース創世記として提出するための素材、すなわち、 Jさん( jahvist ) 、メール(エロヒスト) 、およびP (聖職者のコード) 、いくつかの地層では再び識別しなければならない、 Picasa 2の、 p3 、英語P4 、 j1 、 j2 、 e1 、 E2型などではないことを参照してすべてのご提案にする必要がで行われてきたし、解析のソースをキューネンコルニルは主に扱われると、ここ(キューネン:はじめ; § 5 ; § 6 、 2-15 ; § 8日、 10 - 13 ; § 13日、 12頁以降を参照。 ; § 16日、 12 ;コルニル:はじめ; § 7 ; § 11日、 4 ; § 12 ; § 13日、 2 、 8 ; § 14日、 1 、 2 、 3 。をPicasa 2のが割り当てられてによると、キューネン: i. 1-7 、 13 、 14 ; Ⅱ 。 23-25 ; Ⅵ 。 2-12 (一三から二八まで割り込みのコースへの物語とされるがreviser ;彼らは、ヴェルハウゼンによると、 unskilfully挿入し、増幅) ; Ⅶ 。 1-13 、 19 、 20a ( 21世紀ですか? ) 、 22 ; Ⅷ 。 1-3 、 11b 、 12-15 ; Ⅸ 。 8-12 ( 35ですか? ) ; XI 。の9-10 ; 12 。 1-20 、 28日、 40revision 、 41revision 、四十三〜五十一( xiii. 20ですか? ) ; 14 。 1-4 、 8 、 9 、 10 ( inpart ) 、 15-18 、 21 (の一部) 、 22 、 23 、 26 、 27 (の一部) 、 28日、 29日; 16です。 ( "この章で改正され、その後、完了" ) ( xvii. 1 ; 19 。 2A面ですか? ) ; 24 。 15 - 18a ; xxv. - 29です。 "次は自然と定期的に注文し、 5月もこのように配置され、著者自身、 "しかし、 ( § 16 、 12 )を含む多くの都市interpolations

Ch.あなたのです。 xxx., xxxi. xxx 。 、 31 。 1-17, in which "the connection is looser, or is wanting altogether; and in which there are contained regulations that do not harmonize with what has preceded, and that are not presupposed later where they would naturally be mentioned . . . probably contain later additions, harmonizing in style with xxiv.-xxix., but not composed by the same author." 1-17では"接続が緩和さか、または完全には欠け;とではあるが含ま規制されていないの調和を図る前に、何が、どこへ前提とされていない彼らは当然のことながら言及。 。 。 。 。おそらく含まへの追加、調和のスタイルでxxiv. - 29 。 、同じ著者が構成される。 " To P4 are assigned ch.あなたの英語P4が割り当てられています。 xxxv.-xl. (and also Lev. viii.), which "depend entirely on xxv.-xxxi., which the author must have had before him." (そしてレフです。 Ⅷ 。 )が"全面的に依存するxxv. - 31 。 、これは前に彼の著者必要があります。 " They formed "originally a very brief account of the observance of the regulations laid down in xxv. et seq.; they seem to have been gradually worked out, and then made as similar to those regulations as possible. The striking variations found in the Greek translation of xxxv.-xl. lead to the assumption that the final redaction of these chapters was hardly completed-if indeed it was completed-when that translation was made, ie, about 250 BC" This entire theory regarding xxv.-xxxi., xxxv.-xl.彼ら形成"もともとは、非常に簡単なアカウントの規制遵守の敷設は25です。頁以降を参照。 ;ているように見えますが徐々に仕事をする、と入力し、規制は可能な限りに似ているとして、目を見張る発見されたギリシャ語のバリエーションxxxv.-xl.の翻訳につながると仮定して、これらの各章の最後の改訂はほとんど完成-もし本当にそれが完成したのが行われた際に、それを翻訳、すなわち、約250 BC "よりこのxxv.全体の理論について- 31 。 、 xxxv.-xl. is based on Popper's work, which the other critics also follow.ポッパーの仕事に基づいて、他の批評家は、また次のとおりです。

Cornill, who includes the later parts of P2 under the general designation Px, assigns to the Priestly Code the following portions: i.コルニル、 whoが含まれて全般への部品のP2を指定ピクセル、割り当てられているの聖職者のコードは、次の部分: i. 1-5, 7revision , 13, 14 revision ; ii. 1-5 、 7revision 、 13 、 14リビジョン; Ⅱ 。 23revision, 24-25; vi. 23revision 、 24-25 ; Ⅵ 。 essentially (13-30 = Px): vii.本質的に(一三から三〇 =ピクセル) : Ⅶ 。 1-13, 19, 20a revision, 21b-22; viii. 1-13 、 19日、リビジョン20a 、 21b - 22 ; Ⅷ 。 1-3, 11a, b-15; ix. 1-3 、 11a 、 b - 15 ; Ⅸ 。 8-12; xi. 8-12 ; XI 。の 9-10; xii. 9-10 ; 12 。 1-20, 28, 37 revision, 40-41, 43-51 (15-20 and 43-50 = Px); xiii. 1-20 、 28日、 37日リビジョン、 40-41 、四三から五一まで( 15-20と43-50 =ピクセル) ; 13 。 1-2; xiv. 1-2 ; 14 。 1-4, 8, 9b, 10a, b, 15 revision, 16-18, 21-23essentially, 26-28aa, 28 revision, 29; xvi. 1-4 、 8日、 9b 、 10 Aまで、 b 、 15リビジョン、 16-18 、 21 - 23essentially 、 26 - 28aa 、 28リビジョン日、 29日; 16 。 1-3, 6-7, 9-18 revision, 20, 22a, b-24, 32-35a; xvii. 1-3 、 6-7 、 9-18リビジョン、 20 、 22a 、 b - 24 、 32 - 35a ; 17 。 1a; xix. 1Aで19です。 1 revision, 2a; xxiv. 1リビジョン、 2A面; 24 。 15-18aa; xxv. 15 - 18aa ;弐拾伍です。 1-xxxi. 1 - 31 。 18a (xxviii. 41 belongs surely to Px, as do perhaps also other shorter additions to xxv.-xxix.; and xxx.-xxxi. entire); xxxiv. 18a ( xxviii. 41ピクセルに属します確かに、これはおそらく他の短くも追加さxxv. - 29です。 ;とxxx. - 31 。全体) ;参拾です。 29-35 (?); xxxv.-xl. 29-35 ( ? ) ; xxxv.-xl. (entirely Px). (完全にピクセル)です。

It is much more difficult in what remains to distinguish between the closely related J and E. Passages relatively complete in themselves are: (1) ch.の方がはるかに困難にどのような遺跡を区別するJとの間に密接に関連した比較的完全に通路e.自体は: ( 1 )あなたのです。 xxi.-xxiii., the so-called "Book of the Covenant"; it belongs to E, though dating from an earlier time, and was found by him and incorporated in his work; (2) the story of the golden calf (xxxii.-xxxiv.), J and E sharing about equally in the account; (3) the Decalogue and the preparations for it (xix., xx.), chiefly E, but J also has a Decalogue tradition, its Ten Commandments being found in xxxiv. xxi. - 23 。 、いわゆる"本の誓約" ;ことに属してメールが、以前からのデートの時間、およびが発見された彼と彼の作品に組み込まれ、 ( 2 )の物語は、黄金のふくらはぎの( xxxii. - 34です。 ) 、 Jと同じようにメールのアカウントの共有については、 ( 3 )の十戒との準備をすること( xix. 、イグゼクスです。 ) 、主にメール、しかし無しには、十戒の伝統も、モーセの十戒に参拾発見さです。 14-26 (Wellhausen).一四から二六(ヴェルハウゼン) 。 E1, originally composed in the Northern Kingdom, must be distinguished from E2; the latter was compiled about 100 years later for Judah, and was worked over with J to form JE, many passages of which can no longer be analyzed. e1 、もともと構成は、北部の王国、 E2を区別しなければならないし、後者がコンパイルさジューダ約100年後に、仕事が終わるとはjのフォームは、多くの文章を分析することはできなくれる。 E: Kuenen: Traces of E are found in i.メール:キューネン:メールの痕跡が発見さi. (15-21, and apparently also 8-12, "is generally included in E"); in ii. ( 15-21 、と明らかにも8-12 、 "は、通常メールに含まれる" ) ;は2世です。 "there is great difference of opinion" on the origin of verses 1-23 (according to Jülicher verses 1-22 are taken from E; according to Dillmann 1-14 from E and 15-23a from J. Wellhausen takes the story on the whole to be a combination from J and E.) This document appears especially clear, though not without admixture, in iii. "には、大きな意見の相違"を詩の起源は1-23 ( jülicherによると、メールの詩から取ら一〜二十二アール;によると、ディルマン1-14からEおよび15 - 23aよりj.ヴェルハウゼンには、ストーリーを検索する全体からJとの組み合わせには、 e. )このドキュメントが表示されたら、特に、明確ではないわけでは混和剤は、 Ⅲ 。 1-15, a section that, as complement to vi. 1-15 、セクションは、補完するものとしてⅥ 。 2 et seq. 2頁以降を参照。 (P), also explains the use of "Elohim" in the account of the pre-Mosaic time taken from E. In the following "the traces are only with difficulty distinguished: in iii. 16-xii. only here and there with any certainty." ( p )の、使用説明しても"エロヒム"は、アカウントは、事前にモザイクに要する時間よりE.は、次の"してトレースの識別が困難なだけでは: Ⅲ 。 16 - 12 。のみでそこここの任意の確実です。 " (Dillmann includes in E: the greater part of iii. 16-22; iv. 17, 20b, 18, 21; the greater part of v.; vii. 15, 16, 17b, 20b, 21a, 23 in part, 24; viii. 16a, 21-24a, 25b; ix. 22, 23a, 24a, 25b (?), 31, 32, 35; x. 8-13a, 14 in part, 15 in part, 20, 21-27; xi. 1-3; xii. 31-33, 37b, 38. Jülicher includes: iv. 17, 18, 20b: v. 1, 2, 5; vii. 17 in part, 18, 20 in part, and 21, 24, 25a; viii. 21b, 22, 23; ix. 22, 23a, 24 and 28 in part, 35; x. 7, 8-11, 12, 13a, 14a, 15a, 20, 21-27, 28, 29; xi. 1-7; xii. 32, 35-38.) E is found again in: xiii. (ディルマンが含まれ、メール: 3世の大部分をします。 16-22 ; Ⅳ 。 17 、 20b 、 18 、 21 ;の大部分をv. ; Ⅶ 。 15 、 16 、 17b 、 20b 、 21a 、 23の一部、 24 ; Ⅷ 。 16a 、 21 - 24a 、 25b ; Ⅸ 。 22日、 23a 、 24a 、 25b ( ? ) 、 31 、 32 、 35 ; Xの8 - 13a 、 14の一部、 15の一部、 20 、 21-27 ; XI 。の1-3 ; 12 。 31-33 、 37b 、 38 。 jülicherが含まれます: Ⅳ 。 17日、 18日、 20b等: v. 1 、 2 、 5 ; Ⅶ 。 17の一部、 18 、 20の一部、および21日、 24日、 25a ; Ⅷ 。 21b 、 22 、 23 ; Ⅸ 。 22日、 23a 、 24と28の一部、 35 ; Xの7日、 8-11 、 12 、 13a 、 14a 、 15a 、 20 、 21-27 、 28 、 29 ; XI 。の1-7 ; 12 。 32 、 35-38 。 )を再度メールが見つかった: 13 。 17-19, 21, 22; xiv. 17-19 、 21 、 22 、 14 。 19a (19b ?); xv. 19a ( 19 bですか? ) ; 15 。 22-26; xvii. 22-26 ; 17 。 1b-7, 8-16; xviii. 1b - 7 、 8-16 ; 18 。 Also xix.また19です。 9a, 10-17; xx. 9a 、 10-17 ;イグゼクスです。 18-21, 1-17 (in this order); this-the so-called "first"-the Decalogue, with the historical matter connected with it in xix.-xxiv., belongs to E2. 18-21 、 1-17 (このため) ;この- 、いわゆる"第一" -の十戒、それを接続し、歴史的な問題xix. - 24 。 、所属してE2型です。 From the Book of the Covenant xxiv. 24からの予約を誓約します。 1, 2, 9-14, 18a, and various other passages, belong to E, as does also the story of Israel's apostasy at Sinai, which appears enlarged and connected with other stories in xxxii.-xxxiv., belonging originally to E2. 1 、 2 、 9-14 、 18a 、および様々な他の通路は、メールに所属し、物語としてはまた、イスラエルの背教でシナイ半島、これが表示されたら、他の小説を拡大し、接続xxxii. - 34 。 、もともとをE2型に属する。

Cornill: i.コルニル: i. 11-12, 15-22 essentially; ii. 11-12 、 15-22 、本質的; Ⅱ 。 1-10 essentially; iii. 1-10 、本質的; Ⅲ 。 1-15essentially, 21-22; iv. 1 - 15essentially 、 21-22 ; Ⅳ 。 17, 18, 20b; vii. 17日、 18日、 20b ; Ⅶ 。 15b, 17b-18, 20b-21a, 24; ix. 15b 、 17b - 18 、 20b - 21a 、 24 ; Ⅸ 。 22-23a, 24brevision, 25b, 31-32, 35; x. 22 - 23a 、 24brevision 、 25b 、 31-32 、 35 ; Xで 12-13aa, 14aa, b, 15b, 20-23, 25 (?); xi. 12 - 13aa 、 14aa 、 b 、 15b 、 20-23 、 25 ( ? ) ; XI 。の 1-3; xii. 1-3 ; 12 。 35-36, 37revision; xiii. 35-36 、 37revision ; 13 。 17-19; xiv. 17-19 ; 14 。 7-9a,β, 10a, β, 19a, 20 (?); xv. 7 - 9a 、 β 、 10 Aまで、 β 、 19a 、 20 ( ? ) ; 15 。 20-26essentially; xvii-xxiv.essentially; xxxi. 20 - 26essentially ; 17 - xxiv.essentially ;参拾壱です。 18b; xxxii.essentially; xxxiii. 18b ; xxxii.essentially ;参拾です。 1-11revision; xxxiv. 1 - 11revision ;参拾です。 1a,4 revision, 28b revision (?). 1 、 4リビジョン、 28bリビジョン( ? )です。 In xix.-xxxiv.でxix. - 34です。 only xix. 19のみです。 13b (perhaps); xxiv. 13b (おそらく) ; 24 。 1-2, 9-11; and xxxiii. 1-2 、 9-11 ;と33です。 7-10 belong to E1. 7-10に属してe1です。

J, according to Kuenen, is represented in i.-xv.無しによると、キューネンは、表現さi.-xv. by accounts parallel with those of E, but which can not now be distinguished; "but it is doubtful whether J contributed anything to the account of the laws promulgated at Mount Sinai and of the defection of Israel, xix.-xxiv. and xxxii.-xxxiv."これらのアカウントのメールを並行して、しかし、どのように識別することはできません; "でも無し貢献したことがないかどうかは疑わしいのアカウントは、法律の公布にあるマウントサイナイの欠如とイスラエル、日本、 xix. - 24と32です。 - 34 。 " (Wellhausen finds J in: xix. 20-25; xx. 23-26; xxi.-xxiii.; xxiv. 3-8; Dillmann, in: xix. 9a, 20-25 [xx. 1-17, perhaps under a different form]; xxiv. 1, 2; xxxiv. 10-27; fragments in xxiv. 3-8, 9-11, 12 in part, 18b; xxxii. 1-14, 19b-24, 30-34; also in xxxiii. 1-6, 12, 13, 18-23; xxxiii. 14-17; xxxiv. 1-9.) (ヴェルハウゼン見つかったJ中: 19 。 20-25 ;イグゼクスします。 23-26 ; xxi. - 23です。 ; 24 。 3-8 ;ディルマンは、 : 19 。 9a 、 20-25 [イグゼクスします。 1-17 、おそらくされてとは異なる形を] ; 24 。 1 、 2 ;参拾です。 10月27日;の破片で24 。 3-8 、 9-11 、 12の一部分は、 18b ;参拾。 1-14 、 19 b - 24 、 30-34 ;もは33です。 1-6 、 12 、 13 、 18-23 ;参拾。 14-17 ;参拾。 1-9 。 )

Cornill: i.コルニル: i. 6, 7a,b, 8-10, 14a,β, 20b, 22 (?); ii. 6 、 7aのは、 b 、 8-10 、 14a 、 β 、 20b 、 22 ( ? ) ; Ⅱ 。 11-23aa; iii. 11 - 23aa ; Ⅲ 。 16-20; iv. 16-20 ; Ⅳ 。 1-12, 19, 20a, 24-26, 29revision, 30revision, 31; v.essentially; vi. 1-12 、 19日、 20a 、 24-26 、 29revision 、 30revision 、 31 ; v.essentially ; Ⅵ 。 1; vii. 1 ; Ⅶ 。 14-15a, 16-17a, 23, 25, 29; viii. 14 - 15a 、 16 - 17a 、 23日、 25日、 29日; Ⅷ 。 4revision, 5-7, 8revision, 9-11aa, 16-20, 21 revision, 22-28; ix. 4revision 、 5-7 、 8revision 、 9 - 11aa 、 16-20 、 21リビジョン、 22-28 ; Ⅸ 。 1-7, 13-21, 23b, 24 revision, 25a, 26, 27 revision, 28-30, 33; x.essentially; xi. 1-7 、 13-21 、 23b 、 24リビジョン、 25a 、 26 、 27リビジョン、 28-30 、 33 ; x.essentially ; XI 。の 4-8; xii. 4-8 ; 12 。 21-27essentially, 29-39essentially, 42a; xiii. 21 - 27essentially 、 29 - 39essentially 、 42a ; 13 。 3-16essentially, 21-22; xiv. 3 - 16essentially 、 21-22 ; 14 。 5-6, 9aa, 10ba, 11-14, 19b, 21a,β, 24-25, 27 revision, 28b, 30-31; xvi. 5-6 、 9aa 、 10ba 、 11-14 、 19 b 、 21a 、 β 、 24-25 、 27リビジョン、 28b 、 30-31 ; 16 。 4-5, 16a,β, 18b, 21-22aa; 25-31essentially, 35b; xvii. 4-5 、 16a 、 β 、 18b 、 21 - 22aa ; 25 - 31essentially 、 35b ; 17 。 1a,b, 2, 7; xix. 1 、 b 、 2 、 7 ; 19 。 2b, 7, 9-11, 18, 20-21, 22b, 25a; xxxiii. 2B面、 7日、 9-11 、 18 、 20-21 、 22b 、 25a ;参拾です。 12-23essentially (?); xxxiv. 12 - 23essentially ( ? ) ;参拾です。 1a revision, 2-3, 4 revision, 5, 6a, 8, 10-28essentially. 1リビジョン、 2-3 、 4リビジョン、 5 、 6a以降、 8 、 10 - 28essentiallyです。

Redaction.改訂します。

Editions (according to Cornill): In the first place J and E were combined into one book (JE) by one redactor (RJE).エディション(コルニルによると) :まず第一にJとメールが組み合わされて1冊の本(は)を1つのredactor ( rje ) 。 He greatly revised iii., and may have added the marching song xv.彼は大幅に改正Ⅲ 。 、および5月15進軍歌が追加されました。 1-19 ("it is entirely improbable that it was composed at the time the event itself took place"). 1-19 ( "ことは十分にありそうにないことは、自分自身で構成される時点で行われたイベント" ) 。 He also did much editing of the pericope dealing with the legislation (xix.-xxxiv.).彼はまた多くの編集を参考に対処するの引用章句立法( xix. - 34です。 ) 。 He used E2 throughout as foundation, supplementing it with J; he omitted entirely the second Decalogue in J, incorporating what he thought valuable in the Book of the Covenant, xxiii.彼はE2を全体として使用される財団は、それを補完無し;彼は2番目の十戒のJを完全に省略された場合、組み込むことは、何を思ったの貴重な書籍を約束、 23 。 15-19, and reduced xxxii.-xxxiii., on the whole, to its present form. 15-19 、および縮小xxxii. - 33です。で、 [全体的には、フォームを現在のです。 A second redactor then combined (the later) Deuteronomy with JE ( = JE + D). 2番目のredactor入力し、複合(へ)申命記には( =は+ D )です。 He added iv.と付け加えたⅣ 。 21-23; in the story of the Egyptian plagues (x. 2) "there is at least a Deuteronomistic, touch"; he also added viii. 21-23 ;は、エジプトの物語plagues ( Xの2 ) "には、少なくともdeuteronomistic 、タッチ" ;彼はまた追加されましたⅧ 。 18b and ix. 18bと9世です。 29b, and probably revised ix. 29b 、そしておそらく改正Ⅸ 。 14-16. 14-16 。 He greatly revised xii.彼は12を大幅に改訂します。 21-27, xiii. 21-27 、 13 。 3-16, xv. 3-16 、 15 。 26, xvi., and xviii. 26日、 16 。 、および18です。 20b. 20bです。 He transferred, according to Kuenen, the Book of the Covenant to Mount Sinai in order to get room for Deuteronomy, being responsible, therefore, for all the confusion caused thereby-for example, the transferring of xx.彼は転送、キューネンによると、この本は、シナイ半島の約束をマウントするルーム申命記を得るために、責任者が、したがって、それのためのすべての混乱の原因の例では、 XXを転送します。 18-21 from its original position before, to its present position after, xx. 18-21元の位置より前に、現在の地位をした後、イグゼクスです。 1-17; the transition to the Book of the Covenant as found in xx. 1-17 ;への移行を約束として、この本でXXが見つかりました。 22, 23; and the peculiar form of xxiv. 22日、 23 ;と奇妙な形の24 。 1-15a. 1 - 15aです。 Ch.あなたのです。 xix. 19 。 3b-8 is also specifically Deuteronomic, as well as the revisions of the Book of the Covenant with the final admonitions in xxiii. 3B面- 8にも具体的deuteronomicだけでなく、その本の改正は、 admonitionsでの最後の約束をXXIII近くにございます。 22b-25a, 27, 31b-33, and the revision of the second Decalogue, which RJE transferred to the Book of the Covenant. 22b - 25a 、 27 、 31b - 33 、および2番目の十戒の改正を、これrje転送して予約を誓約します。

A third redactor, who combined JED with P, thus practically producing the Pentateuch (RP), added iv. 3番目のredactor 、 who複合ジェッドと人、このように実質的に製造して五( RP )の、追加されましたⅣ 。 13-16 and 27-28, revised 29-30, and in v.-x. 13-16と27-28 、改正29-30 、およびv.-x. added everywhere the name of Aaron (which was not includedat all originally!).どこの名前が追加されましたアーロン(これは、当初はすべてのincludedat ! )です。 He or Px (see ante) added vi.彼またはピクセル(事前)追加されましたⅥ 。 13-30.一三から三〇までです。 It is more difficult to ascertain the method of his revision of xii.他の困難を確かめることが彼のリビジョンの12の方法です。 40-42. 40-42 。 To xvi.を16します。 he transferred (in consideration of JE) a passage by P on the manna, which originally was placed after the revelation on Sinai (the reason assigned for this assumption on the part of the critics is that verse 34 presupposes the Tabernacle; but this verse is as much merely an anticipatory comment as is 35).彼に転送(はに配慮した)を通過さPが、マンナ、これもともと啓示を配置した後、シナイ半島(この仮定に割り当てられたの理由で、一部の批評家は、詩34前提の幕屋;しかし、この詩は、できるだけ多くのコメントには単なる先行35 ) 。 He added to xvii.彼は17に追加されました。 the fragment of the Jahvistic miraculous story of the spring in order to make room for P in Num. jahvisticの奇跡の物語の断片を耳にするためのスペースを確保するの春にはpをNUM件です。 xx.イグゼクスです。 He added finally the repeated phrase "the tables of testimony," xxxi.最後に、繰り返されると付け加えたフレーズ"のテーブルの証言、 " 31です。 18, xxxiv. 18日、 34 。 29, and in xxxiii. 29 、および33です。 he omitted the Elohistic account of the making of the Ark of the Covenant.彼は省略された場合は、メーカーのエロヒストのアカウントは、契約の箱です。 It is often doubtful whether a revision was made by RP or by P3, 4, 5-RP is himself a priestly redactor.疑わしいことが多いの改正がなされたかどうか、またはp3フィリピン、 4 、 5 - RPの聖職者は、自らをredactorです。

Errors of Critical School.学校の重要なエラーが発生します。

All these and similar analyses of the sources of Exodus and the conclusions based thereon are entirely wrong.これらのと同様の分析をすべてのソースをベースのパブリックの流出との結論は完全に間違っている。 However rich and many-sided may have been the traditions from which the author drew his material, the book from beginning to end is composed and arranged according to a predetermined plan.しかし金持ちでも多くの伝統的な5月からは、著者ドリュー自分の素材、この本を最初から最後までで構成さや配置計画によると、あらかじめ決められた。 The fundamental errors of the critical views are these: (1) The distinction made between J and E is erroneous, resting as it does on the varying use of the divine names "Yhwh" and "Elohim"; this use does not indicate a difference in authorship, but is due to the different meanings of the two names, the choice of which is carefully considered in each case.の基本的なエラーが発生の重要な再生回数は、これらの: ( 1 )の間の区別はJおよびメールが間違って、安静にさせるさまざまな神の名前を使用する" yhwh "と"エロヒム" ;この使用されないの違いを示すの原作者、これは意味が異なるため、 2つの名前を選択それぞれのケースでは慎重に考慮されています。 The statement that E uses in iii. 3世の声明をメールで使用されています。 15 the name "Yhwh" for the first time, is due to a wrong interpretation; it is based on the Alexandrian-Essenic-Christian-Gnostic common superstition of the power of names and mere words, which, going back to Egyptian antiquity, is strongly marked in the New Testament-and hence naturally influences modern scholars-but is entirely foreign to the Old Testament. 15の名前" yhwh "の最初の時間は、間違って解釈するのために、それに基づいて、アレクサンドリア- essenic -キリスト教-グノーシス主義の共通の迷信の名前と単なる言葉の力を、これは、古代エジプトの話を戻しては、強くスパムは、新約聖書と現代の学者-しかし、それゆえ自然には全く影響を受けた外国人を、旧約聖書のです。 The verses vi.の詩Ⅵ 。 2 et seq. 2頁以降を参照。 are likewise interpreted wrongly.は、同様に誤って解釈します。 (2) An entirely insufficient argument is the alleged further variations of the language; for this presupposes the point to be proved. ( 2 ) 、全く不十分なの引数は、疑惑のより詳細なパターンは、言語をポイントして、この前提であることが立証しています。 This argument turns in a circle: the critics seek to prove different sources by the variations of language, and vice versa.この引数を交互にサークル:批判されるさまざまな情報源を求めるのパターンを証明する、言語、およびその逆です。 Moreover, the vocabulary is too limited for such assertions.また、語彙が非常に限られたため、このような主張です。 (3) The differences of style and treatment do not indicate different authors, but are called forth by the different subjects. ( 3 )のスタイルの違いは別の作家と治療を示すものではありませんが、記載された別の科目と呼ばれています。 The account of the Tabernacle demanded technical details; while the stories of the deliverance from Egypt and of the revelation on Sinai prompted a strong, energetic, and thoughtful style.幕屋を要求するアカウントは、技術的な詳細;が、ストーリーは、エジプトとの啓示から救出されたら、シナイ半島の強い、エネルギッシュな、と心のこもったスタイルです。 A separation into JE and P is not admissible.を分離するとPは許容ではない。 (4) All suggestions of reduplications, differences, and contradictions show an insufficient insight into the spirit and intentions of the author. ( 4 )すべてのご提案をreduplications 、違いは、不十分との矛盾を示す精神との意向を洞察しての著者です。 Ch.あなたのです。 i.-vi., for example, appear, on close investigation, to be an indissolubly united passage, from which not one word may be omitted. i.-vi. 、例えば、表示され、捜査を閉じるには、不可分にするUnited通過、 5月からではなく、 1つの単語を省略できます。 The same holds good of the story of the Egyptian miracles (vii.-xi.), the arrangement of which the critics have entirely misunderstood.同じ保持良いのは、エジプトの奇跡の物語( vii.-xi. )は、配列は、批評家が完全に誤解されている。 The critics have refuted their own argument by making as a criterion of the division of this narrative into J and E the very want of definite scheme which is, according to them, characteristic of J and E.批評家は自分の引数に反論され、メーカーとしての基準を課は、次の物語をJとメールするのは非常に明確なスキームは、これは、それらによると、特性のJおよびe.

The Book of the Covenant (xix.-xxiv.) is a unified piece of work, with logical connections that are admirably established.この本は、誓約( xix. - 24です。 )は、統合の作品は、論理接続には見事に設立されました。 The alleged double tradition of the revelation, and especially Wellhausen's so-called second Decalogue in ch.疑惑の二重の伝統を啓示し、特にいわゆるヴェルハウゼンの十戒をあなたの2番目です。 xxxiv., are mere figments of the brain. 34 。 、 figmentsのは、単なる脳のです。 The inadequacy of these criticisms is most striking in the review of the account of the Tabernacle, in the sequence of the passages xxv.-xxxi.これらの批判の不備が最も著しいのは、そのアカウントのレビューを幕屋は、 xxv.シーケンスは、通路- 31です。 and xxxv.-xl.とxxxv.-xl. and their connection with xxxii.-xxxiv.とその接続をxxxii. - 34です。 (5) The theory that the book was compiled from previous works is not sufficiently supported; and the attempt to analyze it into its component parts is a hopeless one, for all the elements of the book are closely welded together into one harmonious whole. ( 5 )の理論には、この本は、コンパイルする前の作品ではないから十分なサポート;とする試みを分析することを1つの部品の施しようがないが、この本のすべての要素の1つにまとめるには密接な溶接全体の調和のとれた。 nullCompare Deuteronomy. nullcompare申命記です。

Emil G. Hirsch, Benno Jacob, SR Driver g.エミールハーシュ、 bennoジェイコブ、 srドライバ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

The commentaries: M. Kalisch, 1855; A. Knobel, 1857 (2d ed. by A. Dillmann, 1880; 3d ed. by V. Ryssel, 1897); JP Lange, 1874; Rawlinson, 2d ed., 1882; HL Strack, 1894; B. Baentsch, 1899.論評:男性カリッシュ、 1855 ; a. knobel 、 1857 ( 2次元エドです。られたa.ディルマン、 1880 ;三次元エドです。 v. rysselされ、 1897 ) ; jpランゲ、 1874 ;ローリンソン、 2次元エド。 、 1882 ; hlシュトラック、 1894 ; b. baentsch 、 1899 。

Criticism: Th.批判:回です。 Nöldeke, Untersuchungen zur Kritik des Alten Testaments, 1869; Colenso, The Pentateuch and Book of Joshua, vi., 1872; A. Kayser, Das Vorexilische, Buch der Urgesch. nöldeke 、 untersuchungen zur kritikデアルテンtestaments 、 1869 ;コレンソ、および予約のジョシュアの五、六です。 、 1872 ; a.カイザー、 das vorexilische 、ブーフder urgeschです。 Israels und Seine Erweiterungen, 1874; Wellhausen, Die Composition des Hexateuch und der Historischen Bücher des Alten Testaments, 1876-77, 2d ed.イズリールスundセーヌerweiterungen 、 1874 ;ヴェルハウゼン、死ぬ組成デ六書und der historischen bücherデアルテンtestaments 、 1876年から1877年、 2次元エドです。 1889; A. Jülicher, Die Quellen von Exodus, i.-vii. 1889 ; a. jülicher 、死ぬquellenフォン出エジプト記、 i. - Ⅶ 。 7, 1880; idem, Die Quellen von Exodus, vii. 7日、 1880 ;同じ、死ぬquellenフォン出エジプト記、 Ⅶ 。 8-xxiv. 8 - 24です。 11, in Jahrb. 11日にjahrbです。 für Protestantische Theologie, 1882, viii. für protestantische theologie 、 1882 、 Ⅷ 。 79-177, 272-315; A. Kuenen, in Theologische Tijdschrift, 1880, xiv. 79から177まで、 272から315 ; a.キューネンは、 theologische tijdschrift 、 1880年、 14世です。 281-302 (Ex. xvi.); ib.二百八十一から三百二(例: 16です。 ) ; ① -イ。 1881, xv. 1881年、 15です。 164-223, (Israel at Sinai, Ex. xix.-xxiv., xxxii.-xxxiv.); Cornill, in Stade's Zeitschrift, 1881, xi.一六四〜二二三、 (イスラエルはシナイ半島、例です。 xix. - 24 。 、 xxxii. - 34です。 ) ;コルニルは、シュターデのzeitschrift 、 1881年、西です。 (on the relation of Ex. xvii. 1-7 to Num. xx. 1-13); E. Bertheau, Die Sieben Gruppen Mosaischer Gesetze, etc., 1840; Bruston, Les Quatre Sources des Lois de l'Exode, in Revue de Théologie et de Philosophie, 1883, xvi. (上の例の関係です。 17 。 1-7をnumにします。イグゼクスします。 1-13 ) ; e. bertheau 、死ぬジーベンgruppen mosaischer gesetzeなど、 1840 ; bruston 、レカトルソースデロイスデl' exodeは、レヴューデthéologie etデ哲学、 1883 、 16 。 329-369; idem, Des Cinq Documents de la Loi Mosaïque, 1892; JW Rothstein, Das Bundesbuch und die Religionsgesch. 329から369まで;同じ、デサンク書類デラLoi社mosaïque 、 1892 ; jwロススタイン、 das bundesbuch und死ぬreligionsgeschです。 Entwickelung Israels, 1888 (designates Ex. xxi. et seq. as a commentary to the Decalogue); Budde, Die Gesetzgebung der Mittleren Bücher des Pentateuch, Insbesondere der Quellen J und E, in Stade's Zeitschrift, 1891, xi. entwickelungイズリールス、 1888 (元を指定します。 xxi 。頁以降を参照。として解説して十戒) ;バッド、死ぬgesetzgebung der mittleren bücherデ五、 insbesondere der quellen無しundメールは、シュターデのzeitschrift 、 1891年、西です。 193-234; idem, Bemerkungen zum Bundesbuch, in ib. 193〜234 ;同じ、 bemerkungen zum bundesbuchは、 ① -イ。 pp. pp 。 99 et seq.; BW Bacon, JE in the Middle Books of the Pentateuch, in Jour. 99頁以降を参照。 ;帯域幅ベーコン、書籍の真ん中には五は、学会誌 Bib.よだれ掛け。 Lit.点灯します。 1890, ix a, 161-200 (Ex. vii.-xii.); ib. 1890年、 9世を、 161から200まで(例: vii. - 12です。 ) ; ① -イ。 1891, xb, 107-130 (Ex. i.-vii.); ib. 1891年、スペース購入するXB 、百七から百三十まで(例: i. - Ⅶ 。 ) ; ① -イ。 xi b. xi b. 1892, 177-200 (Ex. xii. 37-xvii. 16); ib. 1892年、百七十七から二百(例: 12 。 37 - 17 。 16 ) ; ① -イ。 1893, xii a, 23-46 (Ex. xviii.-xxxiv.); idem, The Triple Tradition of the Exodus, Hartford, 1894; B. Baentsch, Das Bundesbuch, 1892 (Ex. xx. 23-xxiii. 33); LB Paton, The Original Form of the Book of the Covenant, in Jour. 1893 、 12 、 、 23〜46 (例: xviii. - 34です。 ) ;同上、トリプルの伝統を、出エジプト記、ハートフォード、 1894 ; b. baentsch 、 das bundesbuch 、 1892 (例:イグゼクスです。 23 - 23 。 33 ) ;ポンドパトンは、元の形のこの本は、約束は、学会誌 Bib.よだれ掛け。 Lit.点灯します。 1893, xii b, 79-93; Briggs, Higher Criticism of the Hexateuch, 1893, Appendix, vi.; idem, The Greater Book of the Covenant, etc., pp. 1893年、 12 b 、七九〜九三;ブリッグズ、六書の批判が高い、 1893 、付録、 Ⅵ 。 ;同上、予約は、約束の大など、 pp 。 211-232; R. Kraetzschmar, Die Bundesvorstellung im AT 1896, pp. 211〜232 ; r. kraetzschmar 、死ぬbundesvorstellungイムは1896年、 pp 。 70-99; Steuernagel, Der Jehovistische, Bericht über den Bundesschluss am Sinai (Ex. xix.-xxiv., xxxi. 18, xxxiv. 28), in Studien und Kritiken, 1899, p.七〇 〜九九; steuernagel 、 der jehovistische 、 bericht überデンbundesschlussアムシナイ半島(例: xix. - 24 。 、 31 。 18 、 34 。 28 )は、 studien und kritiken 、 1899 、 p. 319. 319です。 On the Decalogue in particular: Franz Delitzsch, Der Dekalog in Exodus und Deuteronomium, in Zeitschrift für Kirchliche Wissenschaft, 1882, iii.特に上の十戒:フランツデリッチ、出エジプト記und der dekalogでdeuteronomiumは、 zeitschrift für kirchliche家庭、 1882 、 Ⅲ 。 281-299; O. Naumann, Der Dekalog und das Sinaitische Bundesbuch, ib.二百八十一から二百九十九; o.ナウマン、 der dekalog und das sinaitische bundesbuch 、 ① -イ。 1888, pp. 1888 、 pp 。 551-571; CG Monteflore, Recent Criticism upon Moses and the Pentateuchal Narratives of the Decalogue, in JQR 1891, xi.五百五十一から五百七十一まで; cg monteflore 、最近の批判をする時、ムーサーとpentateuchal物語は、十戒は、 jqr 1891年、西です。 251-291; Briggs, The Higher Criticism, Appendix, iii.二五一〜二九一;ブリッグズ、批判が高い、付録は、 Ⅲ 。 181-187; O. Meissner, Der Dekalog, 1893.百八十一〜百八十七; o.マイスナー、 der dekalog 、 1893 。 On the question of the division of the Ten Commandments: Dillmann, lcp 221.上の質問部が実施して、モーセの十戒:ディルマン、 221 、 LCPです。 On the Tabernacle: J. Popper, Der Biblische Bericht über die Stiftshütte, 1862; Delitzsch, in Zeitschrift für Kirchliche Wissenschaft und Kirchliches Leben, 1880, i.上の幕屋等: J.ポッパー、 der biblische bericht über死ぬstiftshütte 、 1862 ;デリッチは、家庭zeitschrift für kirchliche und kirchliches生涯、 1880 、 i. 57-66, 622; Green, in Presbyterian and Reformed Review, v. 69-88; A. Klostermann, in Neue Kirchliche Zeitscrift, 1897, pp. 57-66 、 622 ;グリーンは、長老と改心した日、 v. 69〜88 ; a.クロステルマンは、ノイエkirchliche zeitscrift 、 1897 、 pp 。 48-77, 228-253, 289-328, 353-383; introductions by Kuenen, Cornill, Strack, Driver, König, Baudissin, and especially Holzinger, Einleitung in den Hexateuch, 1893.BJ 48から77まで、 228から253まで、二八九から三二八、三五三〜三八三;紹介されキューネン、コルニル、シュトラック、ドライバ、ケーニッヒ、 baudissin 、特にholzinger 、 einleitungにデン六書、 1893.bj


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです