Books of Ezra and Nehemiah, Esdras I and II書籍のエズラとニーアマイア、エスドラス書IとII

General Information 総合情報

Ezra and Nehemiah are two books of the Old Testament of the Bible, originally one work in the Hebrew canon.エズラとニーアマイアには2つの書籍は、旧約聖書の聖書の、もともと1つの作品は、ヘブライ語キヤノンします。 Written between 450 and 250 BC and named for two political and religious reformers in the postexilic Jewish community, they relate aspects of Jewish history from 538 BC to about 420 BC.紀元前450 〜 250の間に書かれ、彼の名前を2つの政治的、宗教的な改革派のユダヤ人社会は、バビロン捕囚後、彼らのユダヤ人の歴史関連の側面から紀元前538紀元前には約420です。 Because of the confused organization of the books, the chronology of the two reformers and their work is uncertain.組織の混乱のために、書籍の年表の2つの改革派とその仕事は不透明だ。

With some rearrangement of contents, the purposes of scribe Ezra's mission to Jerusalem from the Persian court in 458 BC may be seen to have been to introduce stricter observance of the Law and to dissolve marriages with foreigners; the purposes of Governor Nehemiah's two missions to Jerusalem in 445 BC and 432 BC may be seen to have been to fortify and resettle the city, reform temple organization, oppose mixed marriages, and secure loyalty to these reforms by a covenant.いくつかの転位の内容は、筆記体の目的のためエルサレムエズラの使命を裁判所にペルシャ語から紀元前458年5月に見に導入された同法の厳格な順守を解散するとの結婚で外国人;知事の目的のための2つのミッションをエルサレムニーアマイア紀元前445と432は紀元前5月に見られるとされ再び平静を強化するシティ、組織改革の寺、結婚に反対する混合、およびセキュリティで保護されたこれらの改革に忠誠を約束します。 To many scholars, however, the accounts of the reforms seem intelligible only on the assumption that Nehemiah preceded Ezra, whose arrival they date 428 or 397 BC.に多くの学者は、しかし、改革のアカウントを理解できるように見えるだけで先行すると仮定してエズラニーアマイア、彼らの到着予定日紀元前428または397です。 Some scholars believe Ezra and Nehemiah were prepared as a supplement to 1 and 2 Chronicles and written by the same hand.エズラと信じる学者がいくつか用意されニーアマイアを補足すると書かれた1と2をクロニクルと同じ手です。 This view is challenged by others.このビューを表示するには、他の障害者です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
J Blenkensop, Ezra - Nehemia: A Commentary (1988); JM Myers, ed., The Anchor Bible: Ezra and Nehemiah (1965).無しblenkensop 、エズラ-n ehemia:解説( 1 988) ; j mマイヤーズ、エド。 、アンカー聖書:エズラとニーアマイア( 1 965) 。


Books of Ezra and Nehemiah書籍のエズラとニーアマイア

Brief Outline簡単な概要

Book of Ezra予約のエズラ

  1. Narrative of the return of the Jews from Babylonia under Zerubbabel and the restoration of worship in the rebuilt temple (1-6)物語のバビロニアの返還をされてから、ユダヤ人とzerubbabelは、礼拝堂の修復再建寺( 1-6 )
  2. Second group of exiles return with Ezra, and Ezra's religious reforms. 2番目のグループを返します。エズラ亡命者、およびエズラの宗教改革です。 (7-10) ( 7-10 )

Book of Nehemiahネヘミヤ記

  1. Nehemiah returns to Jerusalem (1-2)ニーアマイア戻り値をエルサレム( 1-2 )
  2. Building despite opposition (3:1-7:4)建物の反対にもかかわらず( 3:1-7:4 )
  3. Genealogy of the first returning exiles (7:5-73)亡命者の最初の系譜を返す( 7:5-73 )
  4. Revival and Covenant sealing (8:1-10:39)復活と誓約封止( 8:1-10:39 )
  5. Dwellers at Jerusalem and genealogies (11:1-12:26)エルサレムに住む人々は、 genealogies ( 11:1-12:26 )
  6. Dedication of the walls (12:27-47)落成式の壁( 12:27-47 )
  7. Final reforms (13:1-31)最後の改革( 13:1-31 )


Ez'ra ez'ra

Advanced Information 高度情報

Ezra, help.エズラ、ヘルプです。 (1.) A priest among those that returned to Jerusalem under Zerubabel (Neh. 12:1). ( 1 。 )エルサレムの司祭のうちにされて戻ってzerubabel ( neh. 12時01分) 。 (2.) The "scribe" who led the second body of exiles that returned from Babylon to Jerusalem BC 459, and author of the book of Scripture which bears his name. ( 2 )の"スクライブ" whoリードして2つ目のボディバビロンにエルサレムからの亡命者が返された紀元前459 、との啓典本の著者は、クマは彼の名を入力します。 He was the son, or perhaps grandson, of Seraiah (2 Kings 25:18-21), and a lineal descendant of Phinehas, the son of Aaron (Ezra 7:1-5).彼は息子か、あるいは孫、 seraiah ( 2キングス25:18-21 ) 、および、直系卑属のフィニアスは、息子のアーロン(エズラ7:1-5 ) 。 All we know of his personal history is contained in the last four chapters of his book, and in Neh.すべての私たちが確認した彼の個人的な歴史が含まれている最後の4つの支部を彼の著書、およびnehです。 8 and 12:26. 8 〜 12:26です。 In the seventh year of the reign of Artaxerxes Longimanus (see DARIUS), he obtained leave to go up to Jerusalem and to take with him a company of Israelites (Ezra 8).は、 7年アルタクセルクセスの治世longimanus (ダライアス) 、彼をエルサレム取得のため外出すると、彼は会社を取るイスラエル(エズラ8 ) 。 Artaxerxes manifested great interest in Ezra's undertaking, granting him "all his request," and loading him with gifts for the house of God.アルタクセルクセスエズラの事業大きな関心を示して、彼付与する"すべての彼のリクエスト"と彼に贈り物を読み込んでいます神の家です。 Ezra assembled the band of exiles, probably about 5,000 in all, who were prepared to go up with him to Jerusalem, on the banks of the Ahava, where they rested for three days, and were put into order for their march across the desert, which was completed in four months.エズラ組み立て、バンドの亡命者は、おそらく約5000のすべて、 whoれたの準備をして彼をエルサレムは、銀行は、 ahava 、どこに休んで3日間、および投入されたため、 3月全体の砂漠、これが完成したのが4ヵ月ぶりです。

His proceedings at Jerusalem on his arrival there are recorded in his book.彼の手続きはエルサレムで彼の到着予定には、彼の著書に記録されています。 He was "a ready scribe in the law of Moses," who "had prepared his heart to seek the law of the Lord and to do it, and to teach in Israel statutes and judgments."彼は"法の準備スクリーブは、ムーサー、 " who "が用意法彼の心を求めてこれを行うには、主とし、法令、イスラエルとの判断を教える。 " "He is," says Professor Binnie, "the first well-defined example of an order of men who have never since ceased in the church; men of sacred erudition, who devote their lives to the study of the Holy Scriptures, in order that they may be in a condition to interpret them for the instruction and edification of the church. It is significant that the earliest mention of the pulpit occurs in the history of Ezra's ministry (Neh. 8:4). "彼は、 "ごみ収集人は言う教授は、 "よく定義されて、最初の男性の例を示しますwhoがないためには、教会以来やんだ;男性の神聖な博学、 whoに命をささげる聖書の研究のために、その彼ら年5月にはそれらの条件を解釈するための命令と教化の教会です。ことは意義深いことに言及したの説教壇が発生する最古の歴史をエズラの省( neh. 8時04分) 。

He was much more of a teacher than a priest.彼は教師よりもはるかには、司祭です。 We learn from the account of his labours in the book of Nehemiah that he was careful to have the whole people instructed in the law of Moses; and there is no reason to reject the constant tradition of the Jews which connects his name with the collecting and editing of the Old Testament canon.私たちのアカウントから学ぶ彼の仕事は、ネヘミヤ記を慎重にしていた人々は、全体の指示は、法のムーサー;を拒否する理由はないとの定数の伝統を、ユダヤ人を結ぶと、彼の名前を収集してキヤノン、旧約聖書の編集です。 The final completion of the canon may have been, and probably was, the work of a later generation; but Ezra seems to have put it much into the shape in which it is still found in the Hebrew Bible. 5月の最後の完成は、キヤノンも、そしておそらくは、その仕事は、後の世代;しかし、エズラようにして言えば多くの形ではまだ発見されたことはヘブライ語聖書です。 When it is added that the complete organization of the synagogue dates from this period, it will be seen that the age was emphatically one of Biblical study" (The Psalms: their History, etc.). For about fourteen years, ie, till BC 445, we have no record of what went on in Jerusalem after Ezra had set in order the ecclesiastical and civil affairs of the nation. In that year another distinguished personage, Nehemiah, appears on the scene.あるときは追加され、完全な組織は、シナゴーグの日付から、この期間中、それは見たことがある1つの年齢は、きっぱりと聖書の勉強" (詩篇を授けた:その歴史など)の約14年間、すなわち、紀元前まで445 、何が私たちの記録がない上、エルサレムのために設定した後、エズラは教会と国家の民事します。 、その年に別の著名な人物、ニーアマイア、そのシーンに表示されています。

After the ruined wall of the city had been built by Nehemiah, there was a great gathering of the people at Jerusalem preparatory to the dedication of the wall.市は廃墟になった後、壁に構築されていたニーアマイア、大きな集会があったのはエルサレムの人々の壁の除幕式の準備をします。 On the appointed day the whole population assembled, and the law was read aloud to them by Ezra and his assistants (Neh. 8:3).人口全体の1日の任命を組み立て、および同法は、エズラに読み聞かせをしてられたと彼の支援( neh. 8時03分) 。 The remarkable scene is described in detail.の顕著なシーンは詳細に記載されています。 There was a great religious awakening.大きな宗教的な目覚めがあった。 For successive days they held solemn assemblies, confessing their sins and offering up solemn sacrifices.厳粛なアセンブリ日間連続して行われたため、その罪を告白すると厳粛な犠牲を提供します。 They kept also the feast of Tabernacles with great solemnity and joyous enthusiasm, and then renewed their national covenant to be the Lord's.彼らのごちそうの保管にも非常に厳粛さと喜びに満ちたtabernacles熱意と入力し、新たに全国の主の約束されるのです。 Abuses were rectified, and arrangements for the temple service completed, and now nothing remained but the dedication of the walls of the city (Neh. 12).侵害が整流し、同寺のサービスの準備を完了すると、何もなく、残ったのは、今の落成式の壁を検索するシティ( neh. 12 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


. です。

Book of Ez'ra予約のez'ra

Advanced Information 高度情報

This book is the record of events occurring at the close of the Babylonian exile.この本は、レコードのイベントの発生は、バビロニア亡命者に近いです。 It was at one time included in Nehemiah, the Jews regarding them as one volume.それは、一度に含まれるものでニーアマイア、それらを1つのボリュームについて、ユダヤ人です。 The two are still distinguished in the Vulgate version as I. 2つのバージョンはまだウルガタ聖書の識別としては、 i. and II. 、およびii 。 Esdras. It consists of two principal divisions: (1.) The history of the first return of exiles, in the first year of Cyrus (BC 536), till the completion and dedication of the new temple, in the sixth year of Darius Hystapes (BC 515), ch. エスドラス書です。それは、 2つの主要部門: ( 1 )の歴史の亡命者の最初の返還は、キュロスの最初の年(紀元前536 )までの完成と献身、新しい寺は、 6年hystapesダライアス(紀元前515 ) 、あなたのです。 1-6. 1-6 。 From the close of the sixth to the opening of the seventh chapter there is a blank in the history of about sixty years.が近くなってから、 6番目の開口部を第7章には、空白の約60年間の歴史の中です。 (2.) The history of the second return under Ezra, in the seventh year of Artaxerxes Longimanus, and of the events that took place at Jerusalem after Ezra's arrival there (7-10). ( 2 )の歴史の2番目のリターンされてエズラは、 7年のアルタクセルクセスlongimanus 、とエルサレムのイベントが行わエズラのご到着した後に( 7-10 ) 。 The book thus contains memorabilia connected with the Jews, from the decree of Cyrus (BC 536) to the reformation by Ezra (BC 456), extending over a period of about eighty years.このように、書籍の記念品に接続して、ユダヤ人が含まれ、キュロスからの令(紀元前536 )に再編され、エズラ(紀元前456 ) 、延長約80年間にわたってです。 There is no quotation from this book in the New Testament, but there never has been any doubt about its being canonical.この書籍からの引用はないが、新約聖書、しかし決してすべての疑いを抱いてきたのが正規です。 Ezra was probably the author of this book, at least of the greater part of it (comp. 7:27, 28; 8:1, etc.), as he was also of the Books of Chronicles, the close of which forms the opening passage of Ezra.エズラは、おそらくこの本の著者は、少なくともそれは、大部分( comp. 7時27分、 28 ; 8:1 、等) 、として彼はまた、書籍のクロニクルは、閉じるのを形成してエズラの通過をオープンします。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Nehemi'ah nehemi'ah

Advanced Information 高度情報

Nehemiah, comforted by Jehovah.ニーアマイア、エホバ慰められる。 (1.) Ezra 2:2; Neh. ( 1 。 )エズラ2:2 ; nehです。 7:7.午前7時07分です。 (2.) Neh. ( 2 ) 。 nehです。 3:16. 3:16です。 (3.) The son of Hachaliah (Neh. 1:1), and probably of the tribe of Judah. ( 3 )の息子のhachaliah ( neh. 1:1 ) 、そしておそらく、ユダ族です。 His family must have belonged to Jerusalem (Neh. 2:3).彼の家族に属している必要がありますエルサレム( neh. 2:3 ) 。 He was one of the "Jews of the dispersion," and in his youth was appointed to the important office of royal cup-bearer at the palace of Shushan.彼は1つは、 "ユダヤ人は、分散"とは幼少のころは、任命される重要なオフィスのロイヤルカップ-無記名は、宮殿shushanです。 The king, Artaxerxes Longimanus, seems to have been on terms of friendly familiarity with his attendant.ザキング、アルタクセルクセスlongimanus 、本サイトのようにフレンドリーにも精通して彼のアテンダントです。 Through his brother Hanani, and perhaps from other sources (Neh. 1:2; 2:3), he heard of the mournful and desolate condition of the Holy City, and was filled with sadness of heart. hananiを通じて兄、そしておそらく他のソースから( neh. 1:2 ; 2:3 ) 、彼の死を悼むと聞いた荒れ果てた状態を分析し、神聖な都市、および心が悲しみに満ちた。 For many days he fasted and mourned and prayed for the place of his fathers' sepulchres.絶食と悲嘆に暮れる中、多くの日中に彼と彼の父親の代わりに祈った' sepulchresです。 At length the king observed his sadness of countenance and asked the reason of it.しまいには、彼の悲しみの王観測ている理由は、顔を要請してください。 Nehemiah explained it all to the king, and obtained his permission to go up to Jerusalem and there to act as tirshatha, or governor of Judea.ザキングニーアマイアすべてを説明すること、および彼の許可を得られるとそこに行くまでとしてエルサレムtirshathaか、または知事のユダヤです。

He went up in the spring of BC 446 (eleven years after Ezra), with a strong escort supplied by the king, and with letters to all the pashas of the provinces through which he had to pass, as also to Asaph, keeper of the royal forests, directing him to assist Nehemiah.彼は紀元前446年の春にアップ( 11年後のエズラ) 、供給されるとは、強力な護衛ザキング、およびpashasのすべての文字を、地方を通じて彼を通過しなければならなかった、アサフと同様に、看守は、ロイヤル森林、彼を支援するニーアマイア演出します。 On his arrival he set himself to survey the city, and to form a plan for its restoration; a plan which he carried out with great skill and energy, so that the whole was completed in about six months.彼は彼のご到着予定を自分自身に調査を検索するシティを設定し、その修復を形成する計画;実施する計画を彼は非常にスキルやエネルギーのように、全体が完成したのが約6カ月です。 He remained in Judea for thirteen years as governor, carrying out many reforms, notwithstanding much opposition that he encountered (Neh. 13:11).彼の容体はユダヤ知事として13年間、多くの改革を実施し、発生したにもかかわらず多くの反対が彼( neh. 13:11 )です。 He built up the state on the old lines, "supplementing and completing the work of Ezra," and making all arrangements for the safety and good government of the city.彼の状態を築き上げ、古い行、 "補完エズラ仕事を完了すると、 "すべての手配をし、政府の安全性といい、市です。 At the close of this important period of his public life, he returned to Persia to the service of his royal master at Shushan or Ecbatana.この重要な時期に近いのは、彼の公的生活、ペルシャに帰国し、サービスをマスターに彼のロイヤルshushanまたはecbatanaです。

Very soon after this the old corrupt state of things returned, showing the worthlessness to a large extent of the professions that had been made at the feast of the dedication of the walls of the city (Neh. 12. See EZRA).古い腐敗した後、できるだけ早くこの状態のことを返され、表示中のけん怠して大規模な範囲を作らされていた職業を落成式には、ごちそうの壁を検索するシティ( neh. 12 。エズラを参照) 。 Malachi now appeared among the people with words of stern reproof and solemn warning; and Nehemiah again returned from Persia (after an absence of some two years), and was grieved to see the widespread moral degeneracy that had taken place during his absence.マラキ書の中の人々が登場すると厳しい叱責の言葉を、厳粛な警告、および再度ニーアマイアから返さペルシャ(いくつかの2年間のブランクの後) 、および詳細については、広範な道徳的には、悲しみに沈んだ縮退行われていた彼が不在の中です。 He set himself with vigour to rectify the flagrant abuses that had sprung up, and restored the orderly administration of public worship and the outward observance of the law of Moses.彼は自分自身に活力を設定する明白な侵害を是正するひび割れたていたし、政権の公共の秩序回復の外側に崇拝すると、ムーサー法遵守のです。 Of his subsequent history we know nothing.彼のその後の歴史は何も知らない私たちです。 Probably he remained at his post as governor till his death (about BC 413) in a good old age.おそらく彼は彼のポスト知事として彼の死まで(約紀元前413 )で、古き良き時代です。

The place of his death and burial is, however, unknown.彼の死と埋葬場所は、しかし、不明です。 "He resembled Ezra in his fiery zeal, in his active spirit of enterprise, and in the piety of his life: but he was of a bluffer and a fiercer mood; he had less patience with transgressors; he was a man of action rather than a man of thought, and more inclined to use force than persuasion. His practical sagacity and high courage were very markedly shown in the arrangement with which he carried through the rebuilding of the wall and balked the cunning plans of the 'adversaries.' "彼は彼の熱烈なエズラの熱意に似て、彼のアクティブな進取の気性、とは、彼の人生の信心深さ:しかし、彼は、はったり屋と激しく気分;彼はあまり忍耐力を封じる;彼は、人間の行動ではなく、人間の思考、および他の傾斜を使用するよりも説得力です。彼の聡明さと高い実用的な勇気が非常に顕著に示されている協定を締結するのが彼の再構築を通じて運ばbalkedの壁と、狡猾な計画は、 '敵です。 ' The piety of his heart, his deeply religious spirit and constant sense of communion with and absolute dependence upon God, are strikingly exhibited, first in the long prayer recorded in ch. 1:5-11, and secondly and most remarkably in what have been called his 'interjectional prayers', those short but moving addresses to Almighty God which occur so frequently in his writings, the instinctive outpouring of a heart deeply moved, but ever resting itself upon God, and looking to God alone for aid in trouble, for the frustration of evil designs, and for final reward and acceptance" (Rawlinson).彼の心の信心深さは、彼の精神と定数を深く宗教的な意味での聖体拝領し、神に絶対的な依存性が際立って展示さに、最初にあなたの長い祈りに記録されています。 1:5-11 、および第二に、最も著しく、何もと呼ばれる彼の'間投詞の祈り'は、これらのアドレスを移動する短いしかし、全能の神が彼の著作に頻繁に発生するので、心臓への本能的感慨無量ほとばしるが、自分自身まで安静時の神、と外見を助けるために、神のトラブルだけで、悪の欲求不満のデザイン、および最終的報酬とアクセプタンス" (ローリンソン) 。

Nehemiah was the last of the governors sent from the Persian court.ニーアマイアは、最後の知事から送信された裁判所のペルシャ語です。 Judea after this was annexed to the satrapy of Coele-Syria, and was governed by the high priest under the jurisdiction of the governor of Syria, and the internal government of the country became more and more a hierarchy.これは併合した後、ユダヤサトルピーのcoele -シリア、大祭司とは、支配され、知事の管轄下にあるシリア、政府はその国の内部となったほか、他の階層です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Nehemi'ah予約のnehemi'ah

Advanced Information 高度情報

The author of this book was no doubt Nehemiah himself.この本の著者は、自分自身ニーアマイア間違いないです。 There are portions of the book written in the first person (ch. 1-7; 12:27-47, and 13).の部分をこの本には書かれて、最初の人(第1-7 ; 12:27-47 、および13 ) 。 But there are also portions of it in which Nehemiah is spoken of in the third person (ch. 8; 9; 10).しかし、これよりもニーアマイアの部分ではそれが話され、第三人(第8 ; 9 ; 10 ) 。 It is supposed that these portions may have been written by Ezra; of this, however, there is no distinct evidence.これは、これらの部分が書かれた5月エズラ;は、次の、しかし、明確な証拠はない。 These portions had their place assigned them in the book, there can be no doubt, by Nehemiah.その代わり、これらの部分はそれらを割り当てられた予約は、疑いの余地はない、ニーアマイアです。 He was the responsible author of the whole book, with the exception of ch.彼は全体の責任著者の予約を除いて、あなたのです。 12:11, 22, 23. 12:11 、 22 、 23 。 The date at which the book was written was probably about BC 431-430, when Nehemiah had returned the second time to Jerusalem after his visit to Persia.では、予約の日付が書かについては、おそらく紀元前431から430まで、ニーアマイア戻ったときに2番目の時間をペルシャエルサレムを訪問した後です。

The book, which may historically be regarded as a continuation of the book of Ezra, consists of four parts.この本は、歴史的と見なされるが、書籍のエズラの継続を、の4つの部品で構成されます。 (1.) An account of the rebuilding of the wall of Jerusalem, and of the register Nehemiah had found of those who had returned from Babylon (ch. 1-7). ( 1 。 )を持つアカウントは、エルサレムの壁の再建、およびそれらのレジスタにニーアマイアが見つかりましたwhoいたから返さバビロン(第1-7 ) 。 (2.) An account of the state of religion among the Jews during this time (8-10). ( 2 )の状態を持つアカウントは、この時間の間に宗教間のユダヤ人( 8-10 ) 。 (3.) Increase of the inhabitants of Jerusalem; the census of the adult male population, and names of the chiefs, together with lists of priests and Levites (11-12:1-26). ( 3 。 )エルサレムの住人たちが増加したのは、大人の男性の人口センサスとの長老の名前を、リストの司祭と一緒にlevites ( 11-12:1-26 ) 。 (4.) Dedication of the wall of Jerusalem, the arrangement of the temple officers, and the reforms carried out by Nehemiah (12:27-ch. 13). ( 4 )の落成式にエルサレムの壁を、同寺の役員に配置した、との改革を実施したニーアマイア( 12:27 -あなたのです。 13 ) 。 This book closes the history of the Old Testament.この本の歴史を閉じ、旧約聖書のです。 Malachi the prophet was contemporary with Nehemiah.マラキ預言者ムハンマドは、現代にニーアマイアです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Ezra and His Reformsエズラと彼の改革

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

Ezra Chapters 7-10エズラ章7-10

The Commission and Its Execution同委員会とその実行

cc.電流条件 7, 8 The first of these chapters tells who Ezra was (vv. 1-6), the date and object of his journey to Jerusalem (vv. 7-10), the nature and extent of his commission from the king (vv. 11-26), and his feelings in the premises (vv. 27, 28). 7日、 8の最初の指示whoエズラは、これらの章( vv. 1-6 )は、彼の旅をするオブジェクトの日付とエルサレム( vv. 7-10 )は、自然と彼の委員会からの範囲ザキング( vv. 11月26日) 、と彼の気持ちは、敷地( vv. 27 、 28 ) 。 The second, gives the number and genealogic record of the Jews who accompanied him (vv. 1-20), the spirit in which they entered upon the pilgrimage (vv. 21-23), the arrangements for guarding and delivering the treasurer in their keeping (vv. 24-30), their arrival and the fulfilment of their commission (vv. 31-36). 2番目の、系図の記録を与えるの数と、ユダヤ人who同行彼( vv. 1-20 ) 、入力時の精神では彼らの聖地巡礼( vv. 21-23 ) 、警護の手配をすると、財務担当者に提供する維持( vv. 24-30 ) 、ご到着予定との履行委員会( vv. 31-36 ) 。

To consider chapter seven in detail, the Artaxerxes of verse one is considered as identical with the Ahasuerus of Esther's time, and Anstey regards him as identical also with the Darius Hystaspes named above. 7つの章で詳細を検討する、アルタクセルクセスの詩の1つは同じと見なされるのエスターアハシュエロスの時間、およびanstey点として彼に同じ名前の上にも、ダライアスhystaspesです。 Ezra was a priest as well as a scribe (vv. 1-5).エズラは、司祭だけでなく、筆記体( vv. 1-5 ) 。 The "Seraiah" whose son (great grandson perhaps) he was, was the high priest slain by Nebuchadnezzar (2 Kings 25:18). " seraiah " 、その息子(大の孫たぶん)彼は、司祭が殺害されたの高さネブカドネザル( 2キングス25:18 )です。 Jeshua, with whom we got acquainted in the last lesson, was also his grandson, but probably in another branch of the family. jeshua 、誰が私たちと知り合ったの最後の教訓は、彼の孫も、しかし、おそらく、別の支店は、ご家族です。 "Scribe" is the same as doctor, teacher, or rabbi, one learned in the law of Moses and Jewish traditions and customs (v. 10). "スクリーブ"には、同じ医師、教師、またはラビ、 1つの法律を学んで、ムーサーとユダヤ人の伝統や習慣(動10 ) 。 How this Persian king came to be so interested is not known, unless, as some think, Esther had already become his queen, which would explain it.キングどのようにペルシャ語ではないので、興味の話をして知られていない限り、いくつかの考えとして、エスターはすでに彼の女王になる、これは説明してください。 Others believe that after the death of the leaders of the earlier company, Zerubbabel and his associates, matters became so disordered in the province that leading Jews in Persia pleaded with the king to appoint this reform commission.と思われるその他の指導者が死亡した後は、以前の会社、 zerubbabelと彼の事務所は、問題になったのでリードされて無秩序なユダヤ人の王ペルシャ申し立てないこの改革委員会を任命する。

Observe the power granted Ezra to study conditions, as we now say (v. 14), to collect funds (vv. 15, 16), levy tribute (vv. 21, 22), appoint magistrates and judges (v. 25), and execute penalties (v. 26).エズラを勉強する電力を観察する条件を与え、今で言う(動14 ) 、資金を収集する( vv. 15 、 16 ) 、レビートリビュート( vv. 21 、 22 ) 、 magistratesと裁判官に任命(動25 ) 、と実行の罰則(動26 ) 。 As to chapter 8, the number of male adults accompanying Ezra was but 1,754, but there should be added women, children and servants, making perhaps three or four times that number.を、第8章、成人男性の数を1754に伴うエズラは、しかし、女性が追加されるはずしかし、子供たちと使用人ため、おそらくその数を3つまたは4倍です。 Attention is called to verses 21 and 23.詩と呼ばれるに関心が集まって21日と23日です。 The danger of such caravans from the marauding Arabs was so great as to make a military escort necessary.このようなキャラバンの危険性をアラブ諸国からの略奪はとても素晴らしいとして軍隊に護衛を作る必要があります。 But Ezra's sensitive regard for God's honor before the heathen would not permit his asking for one.しかし、エズラの神の名誉に敏感な敬意を払うことはない異教徒の前に彼の許可を求める1つです。 It was a strong test of faith to which he and his companions were equal, and which God honored.それは信仰の強いテストを、彼と彼の仲間が平等で、神とは光栄です。 May the principle of its lesson not to be lost upon the reader. 5月の原則にレッスンをしないようにその時に失われることのリーダーです。

Internal Conditions and How They Were Changed内部の条件とはどのように変更されました

cc.電流条件 9, 10 This moral corruption (9:1, 2) is not inconceivable to those who know their own hearts and the nature of sin, but its effect on Ezra was what might have been expected under the circumstances (v. 3). 9 、 10 、この道徳的腐敗( 9時01分、 2 )想像ではない自分の心を知っているwhoの性質を罪と、その影響を及ぼすかもしれないエズラは、どのような状況の下に予想(動3 ) 。 His outward signs of grief were oriental.彼の外側に悲しみの兆候がオリエンタルです。 There is contagion in such grief which communicates itself to others animated by a like spirit (v. 4).伝染にはそのような悲しみと通信自体を他のアニメーションされたような精神(動4 ) 。 It is thus a revival spreads.このように広がることが復活します。 One soul is awakened, and he awakens another. 1つの魂が目覚める、と彼は起こしている。 And if he be a pastor or leader of the Lord's hosts, like Ezra, the people gather round him, and results follow (9:4; 10:1-44.)と彼は、牧師や指導者の場合は、主のホストのようなエズラ、彼の周りに集まる人々 、および結果を以下( 9時04分; 10:1-44 。 )

Study the prayer carefully (vv. 5-15).祈りを慎重に検討する( vv. 5-15 ) 。 The suppliant's attitude (v. 5), his sense of shame (v. 6), his unqualified confession (v. 7), his gratitude (vv. 8, 9), his deep conviction of sin (vv. 10-14), and his dependency only on divine mercy (v. 15).の嘆願の態度(動5 ) 、彼の羞恥心(動6 ) 、彼の無条件の告白(動7 ) 、彼の感謝の念( vv. 8日、 9 ) 、彼の深い罪の有罪判決( vv. 10-14 ) 、と彼の依存関係だけで神の慈悲(動15 ) 。 Observe how God answered the prayer by graciously working on the people's hearts, the leaders first, and then the people generally.観察する方法については答えたの祈りを神の人々の心に取り組んで優雅に、最初の指導者、と入力し、通常の人々です。 Shecanaiah (10:2), was a brave man in the attitude he took, for while his name does not appear in the subsequent list of offenders, yet those of his near relatives do (v. 26). shecanaiah ( 10時02分) 、勇敢な男はその態度は、彼は、彼の名前が表示されないながら、その後の犯罪者のリストを、彼の近くにいる親戚はまだありません(動26 ) 。

Note the phrase (v. 2): "There is hope in Israel concerning this thing."に注意してフレーズ(動2 ) : "にはイスラエルに関する期待され、このことです。 " Hope only, however, along the line of thorough repentance.希望のみ、しかし、徹底したラインに沿って、後悔するだけ。 Here is a text and subject-matter for a revival sermon.次に示すのは、テキストと主題説教に復活します。 Note the radical step taken by the leaders (v. 6-8), and its prompt result (v. 9).過激なステップに注意して撮影された指導者(動6-8 ) 、およびそのプロンプト結果(動9 ) 。 Also the judicious method of procedure as necessitated by the circumstances (vv. 10-17).また、賢明な方法として必要とされる手続きの状況( vv. 10-17 ) 。 This justifies the belief that provision was made for the unlawful wives and children that were put away.この正当化という信念を持って、非合法的な規定が行われたが、妻や子供たちにしまい込む。

Questions 1. 質問 1 。 Have you familiarized yourself with the Persian kings of this period?自分familiarizedここには、次の時代の王のペルシャ語ですか? 2. 2 。 Who was Ezra? whoはエズラですか? 3. 3 。 What is a "scribe"?何が"筆記体"ですか? 4. 4 。 How many were in Ezra's company of returning exiles?エズラの会社の多くの人はどのように亡命者の帰国ですか? 5. 5 。 How was their strong faith shown?自分の強い信念はどのように表示されますか。 6. 6 。 What illustration of the progress of a revival is found in this lesson?イラストは、どのような進展が見られるこのレッスンの復活ですか? 7. 7 。 What feature of Ezra's prayer most impresses you?どのような機能のためにほとんどのエズラの祈りですか?


Esdras (Or EZRA.)エスドラス書(またはエズラです。 )

Catholic Information カトリックの情報

I. ESDRAS THE MAN i.エスドラス書の男

Esdras is a famous priest and scribe connected with Israel's restoration after the Exile.エスドラス書は、有名な司祭と筆記体で、イスラエルの修復に接続した後、亡命。 The chief sources of information touching his life are the canonical books of Esdras and Nehemias.チーフの情報源を元の彼の人生に触れるのは、正規の書籍とnehemiasエスドラス書です。 A group of apocryphal writings is also much concerned with him, but they can hardly be relied upon, as they relate rather the legendary tales of a later age.作り話のグループが彼の著作にも関心があるくらい、かれらのことは到底に依存し、それらに関連として、伝説のテイルズオブむしろ、後の時代です。 Esdras was of priestly descent and belonged to the line of Sardoc (Ezra 7:1-5).エスドラス書の聖職者が所有しての行の降下とsardoc (エズラ7:1-5 ) 。 He styles himself "son of Saraias" (vii, 1), an expression which is by many understood in a broad sense, as purporting that Saraias, the chief priest, spoken of in 2 Kings 25:18-21, was one of Esdras's ancestors.彼は自分自身のスタイル"風の息子saraias " ( 7 、 1 ) 、という表現が多く、広い意味で解釈され、 saraiasと称することは、住職、話さ25:18-21で、 2キングスは1つのエスドラス書先祖です。 Nevertheless he is known rather as "the scribe" than as "priest": he was "a ready scribe [a scribe skilled] in the law of Moses", and therefore especially qualified for the task to which he was destined among his people.しかし彼はむしろとして知られ、 "筆記"よりも"司祭" :彼は"準備スクリーブ[スクリーブ熟練]は、ムーサーの法則" 、およびそのための作業をするための資格が特に彼は彼の運命の人々の間です。 The chronological relation of Esdras's work with that of Nehemias is, among the questions connected with the history of the Jewish Restoration, one of the most mooted.エスドラス書の年代の仕事の関係をnehemiasなっているが、その中の質問に接続して、ユダヤ人の歴史を復元、最もmootedの1つです。 Many Biblical scholars still cling to the view suggested by the traditional order of the sacred text (due allowance being made for the break in the narrative -- Ezra 4:6-23), and place the mission of Esdras before that of Nehemias.まだ多くの聖書学者によって提案されたビューに固執する伝統的な秩序を神聖なテキスト(のためには、区切りの手当をされているの物語-エズラ4 :6-23) 、および配置するのに先立ってn ehemiasエスドラス書の使命です。 Others, among whom we may mention Professor Van Hoonacker of Louvain, Dr. TK Cheyne in England, and Professor CF Kent in America, to do away with the numberless difficulties arising from the interpretation of the main sources of this history, maintain that Nehemias's mission preceded that of Esdras.他の人の間に言及することがありますhoonackerのルーバン教授、博士は、英国のtkチェーンストークス、および継続前誌ケント教授はアメリカでは、これを行うに無数の困難の座を奪うの主な発生源からの解釈は、次の歴史、 nehemiasの使命を維持すること前のエスドラス書です。 The former view holds that Esdras came to Jerusalem about 458 BC, and Nehemias first in 444 and the second time about 430 BC; whereas, according to the opposite opinion, Esdras's mission might have taken place as late as 397 BC However this may be, since we are here only concerned with Esdras, we will limit ourselves to summarizing the principal features of his life and work, without regard to the problems involved, which it suffices to have mentioned.元の表示がエルサレムエスドラス書によるとということについては紀元前458 、および444とnehemias最初に2番目の時間については紀元前430 ;一方、反対の意見によると、エスドラス書の使命かもしれない行わ遅ければ紀元前397年5月しかし、これは、ここで我々は関心があるのでエスドラス書のみ、我々は自分の制限の主要な特徴を要約した彼の生涯と業績を、関係の問題を気にせずに、それには十分に記載します。

Many years had elapsed after permission had been given to the Jews to return to Palestine; amidst difficulties and obstacles the restored community had settled down again in their ancient home and built a new temple; but their condition, both from the political and the religious point of view, was most precarious: they chafed under the oppression of the Persian satraps and had grown indifferent and unobservant of the Law.何年も経過した後のアクセス許可が与えられていたユダヤ人に戻るにはパレスチナ;コミュニティの中の問題や、障害物の復元を再度落ち着いていた古代のホームおよび組み込み、新しい寺;しかし、その条件は、両方からの政治や宗教上のポイントのビューでは、最も不安定:彼ら擦りむいたの抑圧されていた、ペルシャ語の知事や栽培法の無関心と不注意なのです。 From Babylon, where this state of affairs was well known, Esdras longed to go to Jerusalem and use his authority as a priest and interpreter of the Law to restore things to a better condition.バビロンから、ここでこの状況はよく知られ、エルサレムへの行き方エスドラス書待望して使用する彼の権威として同法の司祭と通訳をしてより良い条件を復元するものです。 He was in favour at the court of the Persian king; he not only obtained permission to visit Judea, but a royal edict clothing him with ample authority to carry out his purpose, and ample support from the royal treasury.彼は、賛成は、裁判所は、ペルシャ王;彼はユダヤ訪問の許可を得られるだけでなく、衣料品勅令ではなく、彼に十分な権限を実施する彼の目的のために、十分な支援と国庫からのロイヤルです。 The rescript, moreover, ordered the satraps "beyond the river" to assist Esdras liberally and enacted that all Jewish temple officials should be exempt from toll, tribute, or custom.の勅語、また、知事を指示した"川の向こうに"制定を支援するエスドラス書に着替えると、すべてのユダヤ人の寺院関係者からの通行料を免除すべきである、トリビュート、またはカスタムです。 "And thou, Esdras, appoint judges and magistrates, that they may judge all the people, that is beyond the river" (Ezra 7:25). "となた、エスドラス書は、審査員を任命するとmagistrates 、すべての人々に判断することがあります、それは川の向こうに" (エズラ7時25分) 。 Finally, the Law of God and the law of the king were alike to be enforced by severe penalties.最後に、神との法則は、王の法律が施行される厳しい罰則に似ています。 The edict left all Jews who felt so inclined free to go back to their own country.左のすべてのユダヤ人の布告を自由に傾斜who感じたので自分の国に戻っています。 Some 1800 men, including a certain number of priests, Levites, and Nathinites, started with Esdras from Babylon, and after five months the company safely reached Jerusalem.いくつかの1800人を含む、特定の数の司祭、 levites 、およびnathinites 、バビロンからエスドラス書開始し、 5カ月の間に、会社の安全に到達した後エルサレムです。 Long-neglected abuses had taken root in the sacred city.長く放置されたの乱用は、神聖な都市が定着した。 These Esdras set himself vigorously to correct, after the silver and gold he had carried from Babylon were brought into the Temple and sacrifices offered.自ら積極的にこれらの設定を修正するエスドラス書は、シルバーとゴールドの後に彼はバビロンから運ばれた寺に持ち込まれたと犠牲提供します。 The first task which confronted him was that of dealing with mixed marriages.彼の最初のタスクに直面への対処法は、混合結婚します。 Regardless of the Law of Moses, many, even the leading Jews and priests, had intermarried with the idolatrous inhabitants of the country.法に関係なく、ムーサー、多くのも、ユダヤ人との主要司祭は、偶像崇拝の住民たちはintermarriedをしている。 Horror-stricken by the discovery of this abuse -- the extent of which was very likely unknown heretofore to Esdras -- he gave utterance to his feelings in a prayer which made such an impression upon the people that Sechenias, in their names, proposed that the Israelites should put away their foreign wives and the children born of them.恐怖に襲われたされたディスカバリーは、次の虐待-これは非常に高いの度合いは、これまでに未知のエスドラス書-彼は自分の感情を発話には祈りの言葉をどのような印象を与える時の人々がs e cheniasは、自分の名前、と提案してイスラエルは小金に生まれた子供たちが外国人の妻とします。 Esdras seized his opportunity, and exacted from the congregation an oath that they would comply with this proposition.彼の機会エスドラス書を摘発し、 exacted宣誓してからの集会には、この命題に準拠しています。 A general assembly of the people was called by the princes and the ancients; but the business could not be transacted easily at such a meeting and a special commission, with Esdras at its head, was appointed to take the matter in hand.総会は、君主と呼ばれる人々は、昔の;しかし、ビジネストランザクションを簡単にはできませんでしたこのような会議室と特別委員会で、その頭エスドラス書は、その問題を取り上げるように任命を手にします。 For three full months this commission held its sessions; at the end of that time the "strange wives" were dismissed.この委員会で行われた3つの完全なか月のセッション;末にその時点では、 "奇妙な妻たち"が棄却された。

What was the outcome of this drastic measure we are not told; Esdras's memoirs are interrupted here.どのような結果は、次の抜本的対策は、我々はいない;エスドラス書の回想録はここで中断します。 Nor do we know whether, his task accomplished, he returned to Babylon or remained in Jerusalem.またやって知ってかどうか、彼のタスク成し遂げ、バビロンに帰国したり、エルサレム残っています。 At any rate we find him again in the latter city at the reading of the Law which took place after the rebuilding of the walls.いずれにせよ私たち彼に再び見つける市、後者は、読書をした後、同法の再構築が行われ、壁にします。 No doubt this event had rekindled the enthusiasm of the people; and to comply with the popular demand, Esdras brought the Book of the Law.このイベントは間違いないの人々の熱意を再燃させたとしている人気の需要は、エスドラス書をきっかけに、同法の本です。 On the first day of the seventh month (Tishri), a great meeting was held "in the street that was before the watergate", for the purpose of reading the Law.上の最初の日は7カ月( 1月)は、大会議が開かれた"は、ストリートでは、ウォーターゲートの前に"は、この法律の目的は読書。 Standing on a platform, Esdras read the book aloud "from the morning until midday".のプラットフォームに立って、声に出してエスドラス書して本を読む"朝から正午まで"です。 At hearing the words of the Law, which they had so much transgressed, the congregation broke forth into lamentations unsuited to the holiness of the day; Nehemias therefore adjourned the assembly.同法での言葉を聞いて、どのくらい越えたていたので、会衆に出る哀歌適しません。 brokeその日を神聖; nehemiasしたがって、国会延期された。 The reading was resumed on the next day by Esdras, and they found in the Law the directions concerning the feast of the Tabernacles.の読書が再開され、次の日エスドラス書、およびそれらの指示に発見された法の饗宴をtabernaclesです。 Thereupon steps were at once taken for the due celebration of this feast, which was to last seven days, from the fifteenth to the twenty-second day of Tishri.そこで手順を実行するために記念撮影を一度には、次の饗宴、これは、過去7日間、第15回からは、 1月20日の2番目です。 Esdras continued the public reading of the Law every day of the feast; and two days after its close a strict fast was held, and "they stood, and confessed their sins, and the iniquities of their fathers" (Nehemiah 9:2).エスドラス書の継続法、国民読書の毎日の饗宴;と2日後に厳格な高速が開かれたのを閉鎖する、と"彼ら立っていたし、彼らの罪を告白し、 iniquitiesは、自分の父親に" (ニーアマイア9時02分) 。 There was a good opportunity to renew solemnly the covenant between the people and God.があったのための良い機会を更新する人々との間に厳粛に神の約束します。 This covenant pledged the community to the observance of the Law, the abstention from intermarriage with heathens, the careful keeping of the Sabbath and of the feasts, and to various regulations agreed to for the care of the Temple, its services, and the payment of the tithes.この契約のコミュニティを約束した同法の遵守のは、結婚を棄権heathensからは、慎重に保管して、お祭りの安息日とし、様々な規制に合意し、同寺の注意をもって、そのサービス、および、お支払いのの十分の一です。 It was formally recited by the princes, the Levites, and the priests, and signed by Nehemias and chosen representatives of the priests, the Levites, and the people (strange as it may appear, Esdras's name is not to be found in the list of the subscribers -- Nehemiah 10:1-27).読誦されることが正式に君主は、 levites 、司祭とし、選出された代表者によって署名さnehemiasと、司祭は、 levites 、と人々 (奇妙に見えるかもしれませんが、エスドラス書の名前があってはならないのリストを発見されたの加入者-ニーアマイア1 0:1-27) 。 Henceforth no mention whatever is made of Esdras in the canonical literature.今後どのように言及はないのエスドラス書は、正規の文学です。 He is not spoken of in connection with the second mission of Nehemias to Jerusalem, and this has led many to suppose that he was dead at the time.彼ではないので話さ接続nehemias 、 2番目の使命をエルサレム、およびこれを受けて彼が死んだと仮定して多くをしていた。 In fact both the time and place of his death are unknown, although there is on the banks of the Tigris, near the place where this river joins the Euphrates, a monument purporting to be Esdras's tomb, and which, for centuries, has been a place of pilgrimage for the Jews.実際に両方の時間と場所を彼の死は、不明の場合は、銀行があるのは、チグリス川、この川の近くの場所につながってユーフラテス川、記念碑の墓のエスドラス書と称するされる、とは、何世紀にもわたってきた、巡礼地は、ユダヤ人です。

Esdras's role in the restoration of the Jews after the exile left a lasting impression upon the minds of the people.エスドラス書の役割を果たす、ユダヤ人の回復を追放した後、左も消えない印象の人々の心の時です。 This is due mostly to the fact that henceforth Jewish life was shaped on the lines laid down by him, and in a way from which, in the main, it never departed.これは主にユダヤ人という事実を今後の人生は形で敷設されている行彼は、ある意味から、これは、メインは、今後も決してそうディパーテッドです。 There is probably a great deal of truth in the tradition which attributes to him the organization of the synagogues and the determination of the books hallowed as canonical among the Jews.おそらくには多大な真理は、伝統的に組織の属性を、彼は、ユダヤ教との決意を正規の書籍のうち、ユダヤ人として神聖です。 Esdras's activity seems to have extended still further.エスドラス書の行動のようにはさらに拡張します。 He is credited by the Talmud with having compiled "his own book" (that is to say Esd.-Nehem.), "and the genealogies of the book of Chronicles as far as himself" (Treat. "Baba bathra", 15a).彼は入金がコンパイルされたタルムードに"自分自身の予約" (つまりesd. - nehemです。 ) "と、その本のクロニクルgenealogies限り自分自身" ( treat. "ババbathra " 、 15a )です。 Modern scholars, however, differ widely as to the extent of his literary work: some regard him as the last editor of the Hexateuch, whereas, on the other hand, his part in the composition of Esdras-Nehemias and Paralipomenon is doubted.現代の学者は、しかし、その範囲が異なるとして広く彼の文学作品:いくつかの点として彼の最後のエディタは、六書、一方、その一方で、彼の部分は、組成のエスドラス書- nehemiasと歴代志は疑問です。 At any rate, it is certain that he had nothing to do with the composition of the so-called Third and Fourth books of Esdras.いずれにせよ、それは確信して彼は何の関係もないの組成を、いわゆる3番目と4番目の書籍のエスドラス書です。 As is the case with many men who played an important part at momentous epochs in history, in the course of time Esdras's personality and activity assumed, in the minds of the people, gigantic proportions; legend blended with history and supplied the scantiness of information concerning his life; he was looked upon as a second Moses to whom were attributed all institutions which could not possibly be ascribed to the former.には多くの男性の場合、 whoプレイの重要な部分に重大な時代の歴史は、コースの時間エスドラス書の性格と活動仮定し、人々の頭の中で、巨大な比率;伝説ブレンドの歴史と供給に関する情報の不足彼の人生;彼は顔をする人として2番目のムーサーのすべての機関が原因の可能性がありますできませんでした生得的に前者です。 According to Jewish traditions, he restored from memory -- an achievement little short of miraculous -- all the books of the Old Testament, which were believed to have perished during the Exile; he likewise replaced, in the copying of Holy Writ, the old Phoenician writing by the alphabet still in use.ユダヤ教の伝統によると、彼から復元メモリ-奇跡的な偉業を少しショートし-すべての書籍は、旧約聖書の、抹殺されたと考えられて亡命中;彼は同様に置き換えは、神聖な令状のコピーを、旧フェニキア書面ではアルファベットの今でも使用されています。 Until the Middle Ages, and even the Renaissance, the crop of legendary achievements attributed to him grew up; it was then that Esdras was hailed as the organizer of the famous Great Synagogue -- the very existence of which seems to be a myth -- and the inventor of the Hebrew vocal signs.中世の時代になるまで、さらにはルネッサンスは、彼に起因する作物の伝説の成果を聞いて育った;そのときになってエスドラス書は、主催者として歓迎の有名な大シナゴーグ-の存在そのものをどのようには、神話-ヘブライ語とボーカルの兆候を考案した。

II. Ⅱ 。 THE BOOKS OF ESDRASこの書籍のエスドラス書

Not a little confusion arises from the titles of these books.少し混乱が発生しないからこれらの書籍のタイトルです。 Esdras A of the Septuagint is III Esdras of St. Jerome, whereas the Greek Esdras B corresponds to I and II Esdras of the Vulgate, which were originally united into one book.エスドラス書には、セプトゥアギンタは、三エスドラス書の聖ジェローム、エスドラス書bに対応していますが、ギリシャ語IとIIエスドラス書は、ウルガタ聖書の、これはもともとするUnitedを一冊に。 Protestant writers, after the Geneva Bible, call I and II Esdras of the Vulgate respectively Ezra and Nehemiah, and III and IV Esdras of the Vulgate respectively I and II Esdras.プロテスタントの作家、ジュネーブ聖書の後に、コールIとIIエスドラス書のそれぞれのウルガタ聖書のエズラとニーアマイア、およびIIIおよびIVウルガタ聖書のエスドラス書は、それぞれIとIIエスドラス書です。 It would be desirable to have uniformity of titles.ことが望ましいのタイトルには均一です。 We shall follow here the terminology of St. Jerome.わたしたちはここでは次の聖ジェローム的な用語です。

I Esdras私エスドラス書

(Gr. Esdras B, first part; AV Ezra). ( gr.エスドラス書b 、最初の部分; avエズラ)です。 As remarked above, this book formed in the Jewish canon, together with II Esdras, a single volume.上記としては、この本に形成されたユダヤ人、キヤノン、エスドラス書と一緒に2世は、単一のボリュームです。 But Christian writers of the fourth century adopted the custom -- the origin of which is not easy to assign -- of considering them as two distinct works.しかし、キリスト教の第4世紀の作家を採用してカスタム-の起源を割り当てるのは容易ではない-の2つの作品として検討しています。 This custom prevailed to such an extent that it found its way even into the Hebrew Bible, where it has remained in use.このような程度のカスタムが勝っていたのを発見してその方法をヘブライ語聖書にも、ここで使用することが残っています。 On the other hand, the many and close resemblances undeniably existing between Esd.-Neh.その一方で、多くの既存の間に紛れもなくresemblancesして閉じるesd. - nehです。 and Par., and usually accounted for by unity of authorship, have suggested that possibly all these books formed, in the beginning, one single volume, for which the title of "Ecclesiastical Chronicle of Jerusalem" has been proposed as fairly expressing its contents.とパーです。 、とされ、通常の結束を原作者の割合は、これらの書籍のすべての可能性が示唆さ形成は、初めは、 1つのシングル巻、タイトルは、 "教会のエルサレムクロニクル"かなり表現され、その内容として提案します。 Should these books be regarded as independent, or as parts of a larger work?これらの書籍は、独立したと見なされるか、または大きな仕事としての部分ですか? There is little discussion as to the union of I and II Esdras, which may well be considered as a single book.議論の余地はほとんどないのIとII労働組合へのエスドラス書、これかもしれないと考えられ、 1つの予約です。 As to the opinion holding Esd.-Neh.としての意見を所蔵esd. - nehです。 and Par.とパーです。 to be only one work, although it seems gaining ground among Biblical students, yet it is still strongly opposed by many who deem its arguments unable to outweigh the evidence in the opposite direction.仕事を1つだけ、これは聖書の中の学生獲得地面には、まだありませんの強い反対を受けることは、まだ多くのwhoと判断できませんでしたその引数は逆の方向で証拠を上回るものなのです。 We should not expect to find in I Esdras, any more than in II Esdras, a complete account of the events connected with the Restoration, even a complete record of the lives of Esdras and Nehemias.期待すべきではないが私エスドラス書を見つけ、任意の他の2世エスドラス書よりも、アカウントは、イベントの完全な修復に接続しても、完全なエスドラス書との生活を記録してnehemiasです。 The reason for this lies in the author's purpose of simply narrating the principal steps taken in the re-establishment of the theocracy in Jerusalem.その理由は、著者の目的は、単に語りの主な手順を実行服用して再神権政治の確立、エルサレムのです。 Thus, in two parallel parts, our book dealsしたがって、 2つの並列部品、当社予約取引

with the return of the Jews under the leadership of Zorobabel;ユダヤ人の帰還の指導の下でzorobabel ;

with the return of another band commanded by Esdras.別のバンドの返還を命じられたエスドラス書です。

In the former, with the decree of Cyrus (i, 1-4) and the enumeration of the most prominent members of the caravan (ii), we read a detailed account of the rebuilding of the Temple and its successful completion, in spite of bitter opposition (iii-iv).前者のは、法令のキュロス(私、 1-4 )との列挙を、最も顕著なのメンバーのキャラバン( 2 ) 、私たちの詳細な説明を読むの寺の再建を正常に完了すると、にもかかわらず、激しい反対( Ⅲ 、 Ⅳ ) 。 The events therein contained cover twenty-one years (536-515).そこに含まれるカバーのイベント21年(五百三十六から五百十五まで) 。 The latter part deals with facts belonging to a much later date (458 or 397).後者の基本部分に属してはるかに扱う後日( 458または397 )です。 Opening with the decree of Artaxerxes (vii) and the census of the members of the party, it briefly relates the journey across the desert (viii), and gives all the facts connected with the enforcement of the law concerning marriages with foreign women (ix-x).オープニングの令アルタクセルクセス( 7 )と国勢調査は、党員、それを簡単に関連する砂漠を渡って旅する( viii )在庫は、すべての事実を与え施行に接続して、外国人女性との結婚に関する法律( 9世- x ) 。

I Esd.私のESDです。 is a compilation the various parts of which differ in nature, in origin, and even in language.コンパイルのは、自然界のさまざまな部分での違いは、原点とも、言語です。 At least three of the parts may be recognized: 5月の少なくとも3つの部品として認識:

the personal memoirs of Esdras (vii, 27-ix, 15);の個人的は回顧録のエスドラス書( 7 、 27 - 9世、 15 ) ;

lists very likely taken from public documents (ii, 1-70; vii, 1-5);リストから非常に高い公共のドキュメントを参照( 2世、十から七十;七、 1-5 ) ;

Aramaic writings (iv, 7-vi, 18; vii, 12-26), supposed with some probability to be a portion of "a more comprehensive history of the restored community" (Stade).アラム語文章( 4 、 7 - 6 、 18 ;七、 12月26日) 、いくつかの確率を仮定の部分は、 "復元の歴史を、より包括的コミュニティ" (シュターデ) 。

These the compiler put together into the present shape, adding, of course, now and then some remarks of his own, or some facts borrowed from sources otherwise unknown to us.これらのコンパイラを、現在の形にまとめる、追加、もちろん、今すぐと入力し、いくつかの発言を、自分自身のか、または他のいくつかの事実を知られていないソースから借りた問い合わせください。 This compilatory character does not, as some might believe, lessen in any way the high historical value of the work.この文字はありませんcompilatoryは、いくつかのかもしれないと考え、いかなる方法を減らすには、歴史的な価値の高い仕事です。 True, the compiler was very likely not endowed with a keen sense of criticism, and he has indiscriminatingly transcribed side by side all his sources "as if all were alike trustworthy" (LW Batten); but we should not forget that he has preserved for us pages of the highest value; even those that might be deemed of inferior trustworthiness are the only documents available with which to reconstruct the history of those times; and the compiler, even from the standpoint of modern scientific research, could hardly do anything more praiseworthy than place within our reach, as he did, the sources of information at his disposal. trueの場合、恵まれていないコンパイラは、非常に高いとの批判を浴びることに非常に興味を意味し、彼は無差別に並んで転写すべてのソース"としてのすべてが同じ場合に信頼できる" ( lwバッテン) ;しかし、彼は私たちを忘れてはいけない保存先のページの最も高い値;もそれらのものとみなすことが信頼性の下には、ドキュメントのみが利用可能なこれらの回の歴史を再構築すると、コンパイラのも、現代の科学的研究の観点から、可能性はほとんど何も他の称賛に値する私たちよりも開催地に達する、と彼は、彼のソースの情報を処理します。 The composition of the work has long been attributed without discussion to Esdras himself.の組成の仕事をするための討論は長年にわたり、エスドラス書を自分自身に起因します。 This view, taught by the Talmud, and still admitted by scholars of good standing, is, however, abandoned by several modern Biblical students, who, although their opinions are widely at variance on the question of the date, fairly agree, nevertheless, that the book is later than 330 BCこのビューを表示するに教わって、タルムードされる、との学者の良いまだ立って認められたが、しかし、捨てられたいくつかのモダンな聖書の学生、 whoが、自分の意見では広く分散された日付の問題は、かなり同意、にもかかわらず、そのこの本は、紀元前330以降

II Esdras 2エスドラス書

See the Book of Nehemiah.ネヘミヤ記を参照してください。

III Esdras三エスドラス書

(Gr. Esdras A; Protestant writers, I Esdras) Although not belonging to the Canon of the Sacred Scriptures, this book is usually found, ne prorsus intereat, in an appendix to the editions of the Vulgate. ( gr.エスドラス書を;プロテスタントの作家、私エスドラス書)に属してはないものの、キヤノンは、神聖な経典、この本は、通常が見つかりました、ネブラスカprorsus intereatは、付録をするのエディションの流布本です。 It is made up almost entirely from materials existing in canonical books.それには、既存の材料をほぼ完全に正規の書籍からです。 The following scheme will show sufficiently the contents and point out the canonical parallels:は、次のスキームが表示さを十分に正規の内容と類似点を指摘する:

III Esdras, i and II Par., xxxv, xxxvi -- History of the Kingdom of Juda from the great Passover of Josias to the Captivity.三エスドラス書、 IとIIパーです。 、 35 、 36 -j uda王国の歴史を過ぎからの偉大なj osiasして監禁。

III Esdras, ii, 1-15 (Greek text, 14) and I Esdras, i -- Cyrus's decree.エスドラス書3世、 2世、 1-15 (ギリシャ語のテキスト、 14 )と私エスドラス書、私-キュロスの命令です。 Return of Sassabasar. sassabasar返還します。

III Esdras, ii, 16 (Gr. 15)-31 (Gr. 25) and I Esdras, iv, 6-24 -- Opposition to the rebuilding of the Temple.エスドラス書3世、 2世、 16 ( gr. 15 ) -31 ( gr. 25 )と私エスドラス書、 4 、 6月24日-反対の立場を同寺の再建です。

III Esdras, iii, 1-v, 6 -- Original portion.エスドラス書3世、 3世、 1 - V電源、 6 -オリジナルの部分です。 Story of the three pages.物語の3つのページをご覧ください。 Return of Zorobabel. zorobabel返還します。

III Esdras, v, 7-46 (Gr. 45) and I Esdras, ii -- List of those returning with Zorobabel.三エスドラス書、 V電源、 7〜46 ( gr. 45 )と私エスドラス書、 2世-これらのリストを返すとz orobabelです。

III Esdras, v, 47 (Gr. 46)-73 (Gr. 70) and I Esdras, iii, 1-iv, 5 -- Altar of holocausts.三エスドラス書、 V電源、 47 ( gr. 46 ) -73 ( gr. 70 )と私エスドラス書、 3世、 1 - 4 、 5 -祭壇のh olocaustsです。 Foundation of the Temple laid.同寺の基盤laidです。 Opposition.反対です。

III Esdras, vi, vii and I Esdras, v, vi -- Completion of the Temple.三エスドラス書、六、七と私エスドラス書、 V電源、六-完了した寺です。

III Esdras, viii, 1-ix, 36 and I Esdras, vii-x -- Return of Esdras.三エスドラス書、 viii 、 1 - 9世、 36と私エスドラス書は、七- x -返還をエスドラス書です。

III Esdras, ix, 37-56 (Gr. 55) and II Esdras, vii, 73-viii, 12 -- Reading of the Law by Esdras.三エスドラス書は、 9世、三十七から五十六( gr. 55 ) 、およびiiエスドラス書、 7 、 73 - viii 、 12 -読書エスドラス書の規定されています。

The book is incomplete, and breaks off in the middle of a sentence.この本は、不完全な、と区切りの真っただ中で文をオフにします。 True, the Latin version completes the broken phrase of the Greek; but the book in its entirety probably contained also the narrative of the feast of Tabernacles (Nehemiah 8). trueの場合、バージョンが完了するラテン語、ギリシャ語が破損していたフレーズ;しかし、この本は、おそらく全体の物語も含まれてのごちそうのtabernacles (ニーアマイア8 ) 。 A very strange feature in the work is its absolute disregard of chronological order; the history, indeed, runs directly backwards, mentioning first Artaxerxes (ii, 16-31), then Darius (iii-v, 6), finally Cyrus (v, 7-73).非常に奇妙な機能では、仕事は、その絶対年代順を無視した;の歴史、実際のところ、下位の実行に直接、言及最初のアルタクセルクセス( 2世、 16-31 ) 、入力し、ダライアス( Ⅲ - V電源、 6 ) 、最後にキュロス( V電源、七から七三) 。 All this makes it difficult to detect the real object of the book and the purpose of the compiler.これにより、すべての本当のオブジェクトを検出することは難しいその本との目的は、コンパイラを指定します。 It has been suggested that we possess here a history of the Temple from the time of Josias down to Nehemias, and this view is well supported by the subscription of the old Latin version.それが提案され、ここで私たちの歴史を持つ同寺からの時間をjosiasダウンをnehemias 、およびこのビューを表示するのはよくサポートして購読ラテン語の古いバージョンです。 Others suppose that, in the main, the book is rather an early translation of the chronicler's work, made at a time when Par., Esdras, and Neh.他人と仮定して、で、メインは、この本はかなり早期の作品の翻訳は、年代記、パー時期に行われる。 、エスドラス書、およびnehです。 still formed one continuous volume.まだ結成1つの連続巻です。 Be this as it may, there seems to have been, up to St. Jerome, some hesitation with regard to the reception of the book into the Canon; it was freely quoted by the early Fathers, and included in Origen's "Hexapla".このことがありますが、あるようだ。され、最大セントジェローム、いくつかのためらいに関しては、以下のレセプションは、予約をキヤノン;ことは、自由に引用された初期の父親、および含まれるもので原産地の" 6カ国語対訳書"です。 This might be accounted for by the fact that III Esd.このかもしれないという事実の割合は3世のESDされています。 may be considered as another recension of canonical Scriptures. 5月の別の校訂本の標準と見なさ経典です。 Unquestionably our book cannot claim to be Esdras's work.紛れもなく私たちが主張することはできません。エスドラス書予約の仕事です。 From certain particulars, such as the close resemblance of the Greek with that of the translation of Daniel, some details of vocabulary,etc., scholars are led to believe that III Esd.特定の明細などは、ギリシャ語に酷似している翻訳文のダニエル、いくつかの語彙の詳細など、学者が主導すると考えている3世のESDです。 was compiled, probably in Lower Egypt, during the second century BC Of the author nothing can be said except, perhaps, that the above-noted resemblance of style to Dan.は、コンパイルすると、おそらくより低いエジプトでは、紀元前2世紀中には、著者によると以外に何をやっても、たぶん、似ているのは、上記のメモのスタイルをダン。 might incline one to conclude that both works are possibly from the same hand.インクラインかもしれないとの結論を下すの両方を1つの作品は手からの可能性も同じです。

IV Esdras四エスドラス書

Such is the title of the book in most Latin manuscripts; the (Protestant) English apocrypha, however, give it as II Esdras, from the opening words: "The second book of the prophet Esdras".このようなタイトルのこの本は、ほとんどのラテン原稿;の(プロテスタント)英語外典、しかし、 2世エスドラス書として与えることから、開会の言葉: " 2番目の予約は、預言者エスドラス書"です。 Modern authors often call it the Apocalypse of Esdras.黙示録の現代作家のエスドラス書頻繁に呼び出すことです。 This remarkable work has not been preserved in the original Greek text; but we possess translations of it in Latin, Syriac, Arabic (two independent versions), Ethiopian, and Armenian.この驚くべき仕事されていないに保存され、元のギリシャ語のテキスト;しかし、私たちの翻訳を保有してラテン語、シリア語、アラビア語( 2つの独立したバージョン) 、エチオピア、およびアルメニア語です。 The Latin text is usually printed in the appendix to the editions of the Vulgate; but these editions miss seventy verses between vii, 35, and vii, 36.印刷する際には、ラテン語のテキストは、通常のエディションには付録の流布本;しかし、これらのエディションの間にミス七詩70 、 35 、および7 、 36 。 The missing fragment, which was read in the other versions, was discovered in a Latin manuscript by RL Bensly, in 1874, and has been since repeatedly printed.行方不明の断片、これは、読まれ、他のバージョンでは、ラテン語の原稿が発見され、 rl benslyされ、 1874年、とされて以来繰り返し印刷されます。 In the Latin the book is divided into sixteen chapters.は、ラテン語の本は16章に分かれています。 The two opening (i, ii) and the two concluding (xv, xvi) chapters, however, which are not to be found in the Eastern translations, are unhesitatingly regarded by all as later additions, foreign to the primitive work. 2つのオープニング( Ⅰ 、 Ⅱ )と2つの締結( 15 、 16 )の各章は、しかし、されていない東部で発見された技術情報の翻訳は、すべての考えとしては、ちゅうちょなくへの追加、外国人は、原始的作業です。

The body of the Fourth Book, the unity of which appears to be unquestionable, is made up of seven visions which Esdras is supposed to have seen at Babylon, the thirtieth year after the destruction of Jerusalem (the date given is wrong by about a century). 4番目のボディの予約は、疑う余地の結束が表示される、 7つのビジョンはこれには見られるはずエスドラス書は、バビロンは、エルサレムの破壊した後、 30年(与えられた日付が間違っては約一世紀) 。

In the first vision (iii, 1-v, 20), Esdras is lamenting over the affliction of his people.で、最初のビジョン( Ⅲ 、 1 - V電源、 20 ) 、 lamentingエスドラス書は、彼の人々の苦痛です。 Why does not God fulfil his promises?彼の神の約束を履行されないのはなぜですか? Is not Israel the elect nation, and better, despite her "evil heart", than her heathen neighbours?イスラエルの次期国家ではない、と改善にもかかわらず、彼女の"邪悪な心" 、異教徒の近隣諸国よりも彼女のですか? The angel Uriel chides Esdras for inquiring into things beyond his understanding; the "prophet" is told that the time that is past exceeds the time to come, and the signs of the end are given him.エスドラス書を聞きたがるの天使ウリエルchides彼の理解を超えてきたんだし、 "預言者"ははは、過去の時間は、時間を超過して来る、との兆候が彼の最後には、与えられた。

In another vision (v, 21-vi, 34), he learns, with new signs of the end, why God "doeth not all at once".別のビジョン( V電源、 21 - 6 、 34 ) 、彼は学ぶ、新たな兆候の最後に、なぜ神" doの3人称単数を一度にすべてのない" 。

Then follows (vi, 35-ix, 25) a glowing picture of the Messianic age.入力し、以下のとおりです(六、 35 - 9世、 25 )に熱烈な画像は、救世主のような年齢です。 "My son" shall come in his glory, attended by those who did not taste death, Moses, Henoch, Elias, and Esdras himself; they shall reign 400 years, then "my son" and all the living shall die; after seven days of "the old silence", the Resurrection and the Judgment. "私の息子"は、彼の栄光には、これらのwho出席した味しなかった死、ムーサーよ、ヘーノホ、エリアス、自分自身とエスドラス書;かれらは在位400年間、入力し、 "私の息子"とのすべての生活に死ぬ;した後7日間の"昔の沈黙" 、との判断に復活します。

Next (ix, 26-x, 60) Esdras beholds, in the appearance of a woman mourning for her son who died on his wedding day, an apocalyptic description of the past and future of Jerusalem.次へ( 9世、 26 - Xや60 )エスドラス書見るは、女性の外観を、彼女の息子who死亡し、喪に服して彼の結婚式当日には、過去と未来を終末論的な説明のエルサレムです。

This vision is followed by another (xi, 1-xii, 39) representing the Roman Empire, under the figure of an eagle, and by a third (xiii) describing the rise of the Messianic kingdom.このビジョンに続いて別の(まとめて、 1 - 12 、 39 )を表すローマ帝国は、下の図でイーグル、および3番目の( 13 )の台頭は、救世主のような王国を記述します。

The last chapter (xiv) narrates how Esdras restored the twenty-four books of the Old Testament that were lost, and wrote seventy books of mysteries for the wise among the people.の最後の章( 14 )のナレーションエスドラス書に復元する方法については、 2004年の書籍旧約聖書が失われ、 70本と書いたとして、人々の謎をして英明でられる。

The Fourth Book of Esdras is reckoned among the most beautiful productions of Jewish literature. 4番目の本は無視エスドラス書の中で最も美しいプロダクションのユダヤ人の文学です。 Widely known in the early Christian ages and frequently quoted by the Fathers (especially St. Ambrose), it may be said to have framed the popular belief of the Middle Ages concerning the last things.キリスト教の早期広く知られて頻繁に引用され、父親の年齢や(特に聖アンブローズ) 、それによると5月には人気のフレームに関する信念は、中世の最後のものです。 The liturgical use shows its popularity.その人気番組の典礼を使用します。 The second chapter has furnished the verse Requiem æternam to the Office of the Dead (24-25), the response Lux perpetua lucebit sanctis tuis of the Office of the Martyrs during Easter time (35), the introit Accipite jucunditatem for Whit-Tuesday (36-37), the words Modo coronantur of the Office of the Apostles (45); in like manner the verse Crastine die for Christmas eve, is borrowed from xvi, 53. 2番目の章では、家具の詩æternam事務所へのレクイエムオブザデッド( 24-25 ) 、 lucebitサンクティスの応答ルクスペルペツアtuis殉難者の事務所は、復活祭の時間( 35 )は、入祭文accipite jucunditatemの聖霊降臨-火曜日( 36-37 ) 、 coronanturモードの言葉は、事務所の使徒( 45 ) ; crastine同じように、詩のために死ぬクリスマスイブは、から借りた16 、 53 。 However beautiful and popular the book, its origin is shrouded in mystery.しかし美しく、人気の予約、その起源は謎に包まれた。 The introductory and concluding chapters, containing evident traces of Christianity, are assigned to the third century (about AD 201-268).結びの章の導入や、キリスト教の痕跡を明らかに含まれ、 3番目の世紀に割り当てられている(約広告二〇一から二六八まで) 。 The main portion (iii-xiv) is undoubtedly the work of a Jew -- whether Roman, or Alexandrian, or Palestinian, no one can tell; as to its date, authors are mostly widely at variance, and all dates have been suggested, from 30 BC to AD 218; scholars, however, seem to rally more and more around the year AD 97.のメイン部分( Ⅲ - 14 )は間違いなくユダヤ人の仕事をする-かどうかローマンか、またはアレクサンドリアか、またはパレスチナ、誰が言える;としてその日、作家では大半が広く分散し、すべての日付が提案され、 30日からして、広告紀元前218 ;学者、しかし、ますます多くのラリーように周りの97年の広告です。

Publication information Written by Charles L. Souvay.出版物の情報執筆者チャールズl. souvayです。 Transcribed by Sean Hyland.ショーンハイランド転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.のは、カトリックの百科事典、ボリュームv.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認、 1909年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Book of Nehemiahネヘミヤ記

Catholic Information カトリックの情報

Also called the second Book of Esdras (Ezra), is reckoned both in the Talmud and in the early Christian Church, at least until the time of Origen, as forming one single book with Esdras, and St. Jerome in his preface (ad Dominionem et Rogatianum), following the example of the Jews, still continues to treat it as making one with the Book of Esdras. 2番目の予約のエスドラス書も呼ばれる(エズラ)は、無視の両方で、タルムードとは、初期キリスト教の教会、少なくとも原産地までの時間を、 1つ1つの予約がエスドラス書として形成し、聖ジェローム彼の序文(広告dominionem et rogatianum ) 、次の例では、ユダヤ人は、いまだに継続を治療することで書籍としてメーカーの1つのエスドラス書です。 The union of the two in a single book doubtless has its origin in the fact that the documents of which the Books of Esdras and Nehemiah are composed, underwent compilation and redaction together at the hands probably, as most critics think, of the author of Paralipomenon about BC 300.労組は、 2つの予約を1つの疑いが起源でのドキュメントをするという事実は、書籍のエスドラス書とで構成さニーアマイアは、コンパイルされ、一緒に改訂の手に、おそらく、ほとんどの批評家が思うに、歴代志、著者約紀元前300です。 The separation of the Book of Nehemiah from that of Esdras, preserved in our editions, may in its turn be justified by the consideration that the former relates in a distinct manner the work accomplished by Nehemiah, and is made up, at least in the great part, from the authentic memoirs of the principal figure.ネヘミヤ記の分離しているエスドラス書から、私たちのエディションに保存され、 5月は、電源に正当化されるのは、元の関連性を検討するのが達成した作業をはっきりした態度ニーアマイア、とは、少なくとも偉大なパート、校長からの本格的回顧録の図です。 The book comprises three sections:この本は、 3つのセクション:

Section I (Chapters 1-6);セクションI (章1-6 ) ;

Section II (Chapters 7-13:3);第二節(章7-13:3 ) ;

Section III (Chapter 13:4 - Chapter 31).第三節(第13時04分-第3 1) 。

Sections I and III will be treated first, and section II, which raises special literary problems, will be discussed at the end.私と3世のセクションに扱われるが第一に、と第二は、特別な文学的な問題が提起される議論の最後にします。

SECTION I: CHAPTERS 1-6セクションI :章1-6

(1) comprises the account, written by Nehemiah himself, of the restoration of the walls of Jerusalem. ( 1 )構成するアカウント、書かれたニーアマイア自身は、エルサレムの壁を復元します。 Already in the reign of Xerxes (BC 485-65), and especially during the first half of the reign of Artaxerxes I (BC 465-24), the Jews had attempted, but with only partial success, to rebuild the walls of their capital, a work, up to then, never sanctioned by the Persian kings (see Ezra 4:6-23).クセルクセスの治世中には既に(紀元前485〜65 ) 、および、特に中の最初のアルタクセルクセスの治世の半分を、私(紀元前465〜24 ) 、ユダヤ人が試みたが、部分的な成功だけで、壁を再構築して、自己資本では、 work 、最大入力し、決して認可されたペルシャ語の王(エズラ4:6-23を参照) 。 In consequence of the edict of Artaxerxes, given in I Esd., iv, 18-22, the enemies of the Jews at Jerusalem forcibly stopped the work (ibid., 23) and pulled down a part of what had already been accomplished.アルタクセルクセスの勅令の結果として、私のESDを与えられた。 、 4 、 18-22 、エルサレムの敵は、ユダヤ人を強制的に停止する作業( ibid. 、 23 )と取り壊しをどのような部分はすでに達成されています。

(2) With these events the beginning of the Book of Nehemiah is connected. ( 2 )これらのイベントの初めに、ネヘミヤ記がインターネットに接続します。 Nehemiah, the son of Helchias, relates how, at the court of Artaxerxes at Susa where he fulfilled the office of the king's cup-bearer, he received the news of this calamity in the twentieth year of the king (Nehemiah 1), and how, thanks to his prudence, he succeeded in getting himself sent on a first mission to Jerusalem with full powers to rebuild the walls of the Jewish capital (Nehemiah 2:1-8).ニーアマイアは、息子のhelchias 、関連方法については、裁判所は、ここで彼は果たされるスーザアルタクセルクセスでは、王のオフィスのカップ-無記名、彼は受信したというニュースは、次の災難になるのは、 20年のザキング(ニーアマイア1 ) 、およびどのよう、彼の慎重さのおかげで、彼は自分自身に成功し、最初のミッションに送信さを完全に力をエルサレムの壁を再構築するには、ユダヤ人の資本金(ニーアマイア2:1-8 ) 。 This first mission lasted twelve years (v, 14; xiii, 6); he had the title of Perah (v, 14; xii, 26) or Athersatha (viii, 9; x,1). 12年間続いたこの最初のミッション( V電源、 14 、 13 、 6 ) ;ていたのタイトルにperah ( V電源、 14 、 12 、 26 ) 、またはathersatha ( 8 、 9であり、 x 、 1 ) 。 It had long been the opinion of most historians of Israel that the Artaxerxes of Nehemiah was certainly the first of that name, and that consequently the first mission of Nehemiah fell in the year BC 445.長年の間ていたイスラエルの歴史家の意見をほとんどアルタクセルクセスのは、確かに、最初のニーアマイアは、その名、およびその結果の最初のミッションのニーアマイア下落は、紀元前445年です。 The Aramaic papyri of Elephantine, recently published by Sachau, put this date beyond the shadow of a doubt. papyrusの複数のアラム語の強大な、最近公開さザハウ、この日に、疑いを超えています。 For in the letter which they wrote to Bahohim, Governor of Judea, in the seventeenth year of Darius II ( BC 408), the Jewish priests of Elephantine say that they have also made an application to the sons of Sanaballat at Samaria.をされて書いた手紙をbahohim 、ユダヤ知事は、 17年のダライアスⅡ (紀元前408 )は、ユダヤ教の司祭が言ってやるがのっそりしているものアプリケーションをsanaballatでサマリア人の息子のです。 Now Sanaballat was a contemporary of Nehemiah, and the Artaxerxes of Nehemiah, therefore, was the predecessor, and not the successor, of Darius II.今すぐsanaballatは、現代のニーアマイア、とアルタクセルクセスのニーアマイア、したがって、前身、および特定の後継者、ダライアスⅡです。

(3) On his arrival at Jerusalem, Nehemiah lost no time; he inspected the state of the walls, and then took measures and gave orders for taking the work in hand (ii, 9-18). ( 3 )彼の到着予定時間をエルサレム、ニーアマイア失われた時間;彼の壁の状態を検査する、と入力し、受注がを撮影するための措置とは仕事を手に( 2 、 9-18 ) 。 Chapter iii, a document of the highest importance for determining the area of Jerusalem in the middle of the fifth century BC, contains a description of the work, carried out at all points at once under the direction of the zealous Jewish governor.第3章は、重要なのは、最高のドキュメントを決定する事項のエルサレムは、紀元前5世紀の半ば、には、説明書の仕事を、すべてのポイントを一度に実施され、熱心なユダヤ人の知事の方向にします。 The high priest Eliasib is named first among the fellow workers of Nehemiah (iii, 1). eliasibの高い司祭の名前は最初のうちは同僚のニーアマイア( Ⅲ 、 1 ) 。 To bring the undertaking to a successful termination the latter had to fight against all sorts of difficulties.を持って事業を成功させるための戦いに終了、後者はあらゆる種類の困難です。

(4) First of all, the foreign element had great influence in Judea. ( 4 )まず第一に、外国人の要素が大きな影響力をユダヤです。 The Jews who had returned from captivity almost a century before, had found the country partly occupied by people belonging to the neighbouring races, and being unable to organize themselves politically, had seen themselves reduced, little by little, to a humiliating position in their own land.監禁whoいたから返されたユダヤ人のほぼ一世紀前に、その国が見つかりました部分が占領され、近隣の人々に所属するレース、自身を整理すると政治的にできませんでしたが、見たこと減少し、少しずつ、屈辱的な地位にして独自の土地。 And so, at the time of Nehemiah, we see certain foreigners taking an exceedingly arrogant attitude towards the Jewish governor and his work.そこで、ニーアマイアている時点では、特定の外国人の関心が非常に横柄な態度に向かってユダヤ人の知事と彼の仕事です。 Sanaballat the Horonite, chief of the Samaritans (iv, 1, 2), Tobias the Ammonite, Gossem the Arabian, claim to exercise constant control over Jewish affairs, and try by all means in their power, by calumny (ii, 19), scoffs (iv, 1 ff), threats of violence (iv, 7 ff), and craft (vi, 1 ff), to hinder Nehemiah' work or ruin him. sanaballatのhoronite 、首席代表であるサマリア人( 4 、 1 、 2 ) 、トビアスのアンモナイト、 gossem 、アラビア、ユダヤ人の主張を行使する定数を制御部、およびすべての手段で彼らの力を試し、中傷( 2世、 19 ) 、 scoffs ( 4 、 1 FF )を、暴力の脅威( 4 、 7 FF )を、およびクラフト(六、 1 FF )を、ニーアマイアを妨げる'仕事や破滅だ。 The reason of this was that the raising up again of the walls of Jerusalem was destined to bring about the overthrow of the moral domination, which for many years circumstances had secured for those foreigners.その理由は、次のアップは、再度の引き上げは、エルサレムの壁には、運命をもたらすのは、道徳的な支配の打倒、これを何年も事情はこれらの外国人を確保します。

(5) The cause of the foreigners was upheld by a party of Jews, traitors to their own nation. ( 5 )することが原因で支持された外国人は党のユダヤ人は、反逆者を自分の国です。 The prophet Noadias and other false prophets sought to terrify Nehemiah (vi, 14); there were some who, like Samaia, allowed themselves to be hired by Tobias and Sanaballat to set snares for him (vi, 10-14).預言者ムハンマドや他の偽預言者を模索してきたnoadias怖がらニーアマイア( 6 、 14 ) ;があったいくつかのwho 、 samaiaように、許可して採用されるトビアスsanaballatを設定すると彼が仕掛けたわ( 6 、 10-14 ) 。 Many Jews sided with Tobias on account of the matrimonial alliances existing between his family and certain Jewish families.トビアス多くのユダヤ人の両面で提携し、既存のアカウントは、夫婦の間に、彼の家族と特定のユダヤ人のご家族です。 Nehemiah, however, does not speak of the mixed marriages as if they had been actually forbidden.ニーアマイア、しかし、話すことはありません結婚の混合を使用すれば、実際に禁止されていた。 The father-in-law of Tobias' son, Mosollam, the son of Barachias, on the contrary, was a fellow worker of Nehemiah (vi, 18; iii, 4).の義理の父のトビアスの息子、 mosollamは、息子のbarachias 、逆に、研究員は、労働者のニーアマイア( 6 、 18 ; 3世、 4 ) 。 The law of Deuteronomy only forbade marriages between Jews and Chanaanites (Deut. vii, 1, 3).同法の申命記のみ、ユダヤ人との間の結婚を禁じchanaanites ( deut. 7 、 1 、 3 ) 。

(6) Difficulties of a social nature, the result of the selfish treatment of the poor by the rich, who misused the common distress for their own ends, likewise called for the energetic intervention of Nehemiah (v). ( 6 )社会的な性質の難しさは、利己的な治療の結果、貧しい人々の豊かな、 who共通の苦痛は自らの誤用が終了すると、同様に、エネルギッシュな介入と呼ばれるニーアマイア( v )を使います。 On this occasion Nehemiah recalls the fact that previous governors had practised extortion, while he was the first to show himself disinterested in the discharge of his duties (v, 15 ff).この時に当たってニーアマイア前知事のリコールが実践という事実を強要し、彼は自分自身を表示するの最初の私欲のない彼の任務は、放電( V電源、 15 FF )をします。

(7) In spite of all these difficulties the rebuilding of the wall made rapid progress. ( 7 )のすべてのこれらの困難さにもかかわらず、壁の再構築が急速に進行中です。 We learn from vii, 15 that the work was completely finished within fifty-one days.私たちから学ぶ七、 15作品は完全に完了するには、 51日後終了。 Josephus (Ant., V, 7, 8) says that it lasted two years and four months, but his testimony, often far from reliable, presents no plausible reason for setting aside the text.ヨセフス( ant. 、 V電源、 7 、 8 )によると、 2年4ヵ月ぶりに続いたが、彼の証言は、しばしばまでより信頼性が高く、プレゼントのもっともらしい理由はさておき、テキストを設定します。 The relatively short duration of the work is explained, when we consider that Nehemiah had only to repair the damage wrought after the prohibition of Artaxerxes (Ezra 4:23), and finish off the construction, which might at that moment have been already far advanced [see above (1)].の仕事を、比較的短い期間で説明、ニーアマイアを考慮していたときに私たちだけの損傷を修復するに禁止した後、鍛造アルタクセルクセス(エズラ4:23 ) 、と締めくくる建設、これがされているかもしれないその瞬間まで先進[参照ください( 1 ) ] 。

SECTION III: CHAPTER 13:4 TO CHAPTER 31)セクションIII : 13時04分に第31章)

After the expiration of his first mission, Nehemiah had returned to Susa in the thirty-second year of Artaxerxes (BC 433; 13:6).彼の最初のミッションを経過した後は、ニーアマイアが戻ってスーザは、 2年目の30アルタクセルクセス(紀元前433 ;午前13時06分) 。 Some time after, he was charged with a fresh mission to Judea, and it is with his doings during this second mission that xiii, 4-31 is concerned.いくつかの時間した後、彼はユダヤの罪で新鮮な任務を、それが彼の所業中にこの2番目のミッションが13 、 4月31日が該当します。 The account at the beginning seems mutilated.バラバラのアカウントの冒頭に思われます。 Nehemiah relates how, at the time of his second arrival at Jerusalem, he began by putting an end to the abuses which Tobias, the Ammonite, supported by the high priest Eliasib, was practising in the temple in the matter of the depository for the sacred offerings (xiii, 4-9).ニーアマイアの関連性については、彼の2番目は、ご到着予定時間はエルサレム、彼を入れ始めたの侵害に終止符を打つのトビアスは、アンモナイト、大祭司eliasibでサポートされ、同寺は、練習では、問題の預託は、神聖な提供( 13 、 4-9 ) 。 He severely blames the violation of the right of the Levites in the distribution of the tithes, and takes measures to prevent its occurrence in future (xiii, 10-14); he insists on the Sabbath being strictly respected even by the foreign merchants (xiii, 15-22).彼のせいで深刻な違反して右側にあるlevitesでの配布は、十分の一とは、その発生を防止する対策の今後の( 13 、 10-14 ) ;彼を主張しても、安息日が厳格に尊重される外国人の商人( 13世、 15-22 ) 。 Finally he dealt severely with the Jews who were guilty of marriages with strange wives, and banished a grandson of Eliasib who had married a daughter of Sanaballat (xiii, 23-28).最後に彼は深刻なディールのユダヤ人が有罪判決をwho奇妙な妻と結婚し、孫の追放をeliasib whoいたsanaballatの娘と結婚した( 13 、 23-28 ) 。 To this son-in-law of Sanaballat is generally attributed the inauguration of the worship in the temple of Garizim.このsanaballat義理の息子の原因は、通常の就任を崇拝するのは、寺garizimです。 It is plain that Nehemiah' attitude during his second mission with regard to mixed marriages differs greatly from his attitude at the beginning of his first stay in Jerusalem [see section I, (5)].これは平野がニーアマイア'的な態度についてミッション中に彼の2番目の結婚を混合彼の態度と大幅に異なるの冒頭に彼の最初のご滞在をエルサレム[参照セクションI 、 ( 5 ) ] 。

SECTION II: CHAPTERS 7 TO 13:3第2章:章7 〜 13時03分

(1) contains accounts or documents relating to the work of politico-social and religious organization effected by Nehemiah, after the walls were finished. ( 1 )アカウントやドキュメントが含まれ、仕事に関連する政治社会的、宗教団体の影響を受けるニーアマイア、壁が完成した後です。 Here we no longer have Nehemiah speaking in the first person, except in vii, 1-5, and in the account of the dedication of the walls (xii, 31, 37, 39).ニーアマイアがなくなって、ここで話すのが私たちの最初の人を除き、 7 、 1-5 、およびそのアカウントは、落成式の壁( 12 、 31 、 37 、 39 ) 。 He relates how, after having rebuilt the walls, he had to proceed to erect houses, and take measures for bringing into the town a population more in proportion to its importance as the capital (vii, 1-5; cf. Ecclus., xlix, 15).彼の関連性については、再構築した後の壁に、彼を逆立てて家を進めていた、ともたらす措置を講じるための町の人口に比例して他の首都としてその重要性( 7 、 1-5 ;継続前誌です。 ecclus 。 、 49 、 15 ) 。

(2) He gives (vii, 5 ff.) the list of the families who had returned from captivity with Zorobabel. ( 2 )彼は、 ( 7 、 5 FFを指定します。 )のリストを、ご家族に捕らわれているから返さzorobabel whoいた。 This list is in I Esd., ii.このリストは、私のESDします。 、 Ⅱ 。 It is remarkable that in the Book of Nehemiah, following on the list we find reproduced (vii, 70 ff.) with variants, the remark of I Esd., ii, 68-70 about the gifts given towards the work of the temple by Zorobabel's companions, and the settlement of these latter in the country; and again that Neh., viii, 1 resumes the narrative in the very words of I Esd., iii.これは驚くべきことですが、ネヘミヤ記には、次のように再現されたリストを見つける( 7 、 70 FFを指定します。 )バリアントは、この発言の私のESDします。 、 2世、 68-70については、ギフトに向かって仕事を与えられたの寺でzorobabelの仲間、およびこれらの後者の解決は、国、および再度neh 。 、 viii 、 1再開の物語は、非常に言葉を私のESDします。 、 Ⅲ 。 This dependence is probably due to the redactor, who in this place gave a new form to the notes supplied him by the Jewish governor's memoirs which also explains the latter's being spoken of in the third person, Neh., viii, 9.この依存性のためには、おそらく、 redactor 、 who 、この場所は、新しいフォームを彼のノート供給されたユダヤ人の知事の回想録にも説明していって話で、後者の3番目の人は、 neh 。 、 viii 、 9 。

(3) There is a description of a great gathering held in the seventh month under the direction of Nehemiah (viii, 9-12) at which Esdras reads the Law (viii, 13). ( 3 )の説明をするためには、大きな集会で開催された7カ月の下に方向性ニーアマイア( 8 、 9-12 )でのエスドラス書を読み取る法( 8 、 13 ) 。 They then kept the Feast of Tabernacles (viii, 13-18).彼らの祝宴を入力し、保管してtabernacles ( 8 、 13-18 ) 。 When this feast is over, the people gather together again on the twenty-fourth day of the seventh month (ix, 1 ff.) to praise God, confess their sins, and to bind themselves by a written covenant faithfully to observe their obligations.この祭りが終わったときに、再び上の人々集まって、 21月4日目の第7回( 9世、 1 FFを指定します。 )を称賛する神、彼らの罪を告白し、自身にバインドされた書面による契約上の義務を忠実に彼らを観察します。 Chapter X after giving the list of the subscribers to the covenant, sets forth the obligations, which the people bind themselves to fulfil; in particular the prohibition of mixed marriages (verse 30); the keeping of the Sabbath, especially in their treatment of foreign merchants (verse 31), the yearly tribute of a third part of a sicle for the Temple (verse 32), and other measures to ensure the regular celebration of sacrifices (verses 33-34), the offering of the firstfruits and of the first born (verses 35-37), and the payment and the distribution of the tithes (verses 35-39).第10章した後、加入者のリストを与えて約束して、送付の義務を履行の人々にバインドして、特に混合の結婚の禁止(詩30 ) ;の維持は、安息日、特にその治療の外国人商人(詩31 )は、年間の3番目の部分にオマージュをsicle寺(詩32 ) 、およびその他の措置を確保するため、通常のお祝いの犠牲(詩句33-34 )の提供は、初穂との最初の生まれ(詩35-37 ) 、とのお支払いとの分布は、十分の一( 35-39節) 。 After chapter x it is advisable to read xii, 43-xiii, 1-3; the appointment of a commission for the administration of things brought to the Temple, and the expulsion of foreigners from among the community.後に第10章を読むことをお勧め12 、 43 - 13 、 1-3 ;の任命は、委員会の運用のためのものbroughtを同寺は、外国人の追放と、コミュニティの中からです。 Chapter xi, 1, 2, recalls the measures taken to people Jerusalem; verses 3-36 give the census of Jerusalem and of other towns as Nehemiah' measures left it.第11章、 1 、 2 、リコールの措置を人々エルサレム;三〜三十六与える国勢調査の詩の他の町としてエルサレムとニーアマイア'措置左にしてください。 In chapter xii, 27-43, we have the account of the solemn dedication of the walls of Jerusalem; Esdras the scribe is mentioned as being at the head of a group of singers (verse 35).第12章で、二七〜四三、私たちは、アカウントは、エルサレムの壁の除幕式に厳粛な;エスドラス書に記載されて、筆記体は、頭の歌手グループ(詩35 ) 。 The list in xii, 1-26, has no connexion whatever with the events of this epoch.のリストを12 、 1-26 、接続には何のイベントは、次のエポックです。

(4) The proceedings set forth in viii-x are closely connected with the other parts of the history of Nehemiah. ( 4 )の手続きに規定されviii - Xは密接に繋がって、他の部分の歴史のニーアマイア。 The obligations imposed by the covenant, described in x, have to do with just the very matters with which Nehemiah concerned himself most during his second stay (see above, section III).課せられた義務の誓約、説明Xで、これを行うには非常に問題だけに、自分自身が最も懸念ニーアマイアご滞在中に彼の2番目(上記参照、セクションIII ) 。 The regulation concerning the providing of the wood for the altar (x, 34) is recalled by Nehemiah in xiii, 31, and the very words used in x, 39 (end of verse), we find again in xiii, 11.に関する規制は、木材を提供し、祭壇の( x 、 34 )は、リコールされニーアマイア、 13 、 31 、およびXで非常に使われる単語は、第39条(最後に詩) 、私たちに再び見つける13 、 11 。 The covenant entered into by the people during Nehemiah' first mission was broken in his absence.約束された人々の中に入力さニーアマイアの最初のミッションが壊れて、彼が不在のです。 At the time of his second mission he put down the abuses with severity.彼の2番目の使命は、時間を彼に恥をかかせるの虐待の重症度です。 For instance, the attitude he takes towards mixed marriages is quite different from his attitude at the beginning of his first stay [see above section I (5); section III].例えば、彼の態度に向け混合彼の態度には大きな違いが結婚の冒頭に彼の最初のご滞在[参照くださいセクションI ( 5 ) ;セクションIII ] 。 This change is explained precisely by the absolute prohibition pronounced against these marriages in the assembly described in ix-x.この変更は絶対的な禁止事項を説明正確に発音されるこれらの結婚に反対する集会に記載され9世- ×です。 The view has been put forward that viii-x gives an account of events belonging to the period of the organization of worship under Zorobabel, the names of Nehemiah (viii, 9; x, 1) and Esdras (viii, 1 ff.) having been added later.表示されviii - xに進むことにより、アカウントのイベントの期間に所属するのは、組織のzorobabel崇拝されて、ニーアマイアの名前を( 8 、 9であり、 x 、 1 )とエスドラス書(八、 1 FFを指定します。 )ことへ追加されました。 But there was certainly sufficient reason for the reorganization of worship in the time of Nehemiah (cf. the Book of Malachi and Nehemiah 13).しかし、確かに十分な理由があったの組織改編を崇拝するのは、時間をニーアマイア( cf.のマラキ書とニーアマイア13 ) 。 Others on the contrary would regard Neh., viii-x, as the sequel to the narrative of I Esdras, ix-x, and they likewise hold that Nehemiah' name has been interpolated in Neh., viii, 9, and x, 1.その他についてはnehそれとは逆です。 、 viii - Xや、物語の続編としての私エスドラス書は、 9世- xと同様に保持することニーアマイア彼らの名前をneh補間されています。 、 viii 、 9日、とx 、 1です。 This theory is equally untenable.この理論は同様に理不尽です。 It is true that in the Third Book of Esdras (the Greek I Esdras) the narrative of Neh., viii, is reproduced immediately after that of Esdras, ix-x; but the author of the Third Book of Esdras was led to do this by the fact that Neh., viii, presents his hero as reader of the Law.それは事実だが、 3番目の本エスドラス書(ギリシャ語私エスドラス書)の物語のneh 。 、 viii 、エスドラス書を再現した直後に、 9世- x ;しかし、 3番目の予約のエスドラス書の著者が中心となりこれを行うにはnehているという事実にします。 、 viii 、彼の英雄として読者プレゼントしている。 He has moreover preserved (III Ezra 9:50) the information of Neh., viii, 9, about the intervention of the Athersatha (Nehemiah), Esdras' superior, which clearly proves that this account does not refer to the epoch when Esdras had returned to Jerusalem entrusted by the king with full powers for the administration of the Jewish community.彼はまた保持( 3エズラ9:50 )の情報をneh 。 、 viii 、 9日、については、介入をathersatha (ニーアマイア) 、エスドラス書'スーペリア、これを明確に証明し、このアカウントはありませんエスドラス書を参照していたときのエポック戻ってエルサレムを完全に権限を委任された王のユダヤ人の運用のためのコミュニティです。 See, moreover, the following paragraph.参照し、さらには、次の段落です。

(5) according to our view the return of Esdras with his emigrants and the reform effected by him (Ezra 7-10) ought, chronologically, to be placed after the history of Nehemiah, and the Artaxerxes, in the seventh year of whose reign Esdras returned to Jerusalem, is Artaxerxes II (BC 405-358). ( 5 )私たちの見解によると、彼の移民エスドラス書の返還を改革の影響を受けると、彼(エズラ7-10 )するべき、年代順に、ニーアマイアの歴史をした後に置かれると、アルタクセルクセスは、その7年の治世エルサレムに返さエスドラス書は、アルタクセルクセス2世(紀元前四百五から三百五十八まで) 。 As a matter of fact, Esdras finds the wall of Jerusalem rebuilt (Ezra 9:9), Jerusalem well populated (x, 1 ff.), the Temple treasure under proper management (viii, 29 ff.), Jonathan, son of Eliasib, high priest (10:6; cf. Nehemiah 12:23, Hebrew text), and the unlawfulness of mixed marriages recognized by every one (ix, 1 ff.).として実際のところ、エルサレムの壁を再構築見つかったエスドラス書(エズラ9時09分) 、エルサレムよく人口( x 、 1 FFを指定します。 ) 、同寺の宝物の適切な管理の下に(八、 29日FFを指定します。 ) 、ジョナサン、息子のeliasib 、高司祭( 10時06分;継続前誌です。ニーアマイア12:23 、ヘブライ語のテキスト) 、および、不法の結婚で認識さごとに1つの混合( 9世、 1 FFを指定します。 ) 。 The radical reform, which Esdras introduced in this matter without being troubled by foreigners who still held the upper hand at the time of Nehemiah' first coming, definitively put an end to the abuse in question which had proved rebellious to all preventive measures (x).の抜本的な改革、これエスドラス書に導入させずにこの問題に悩まされる外国人の手の上whoまだ行われた時点で、ニーアマイア'最初に来る、決定的に終止符を打つことを証明していた反抗的な虐待の問題のすべての予防措置( x )です。 The politics and social situation described in the first six chapters of Nehemiah [see above, section I (4), (5), (6)], the religious situation to which the proceedings of the gathering in Neh., x, bear witness [see above, section II (3)], do not admit of being explained as immediately following after the mission of Esdras, who particularly, in virtue of the king's edict, disposed of very valuable resources for the celebration of worship (Ezra 7-8:25 ff.).政治や社会情勢に記載され、最初の6つの支部をニーアマイア[参照の上、セクションI ( 4 ) 、 ( 5 ) 、 ( 6 ) ]は、宗教的な状況にして、手続きは、収集さneh 。 、 x 、クマの目撃者[参照の上、第二節( 3 ) ] 、認めていないが説明としての使命の後にすぐに次のエスドラス書、 who特に、美徳は、王の布告、処分の非常に貴重な資源を、お祝いの礼拝堂(エズラ7 - 8時25 FFを指定します。 ) 。 Esdras is again entirely unnoticed in Neh., i-vi, and in the list of the subscribers to the covenant (x,1 ff.). nehエスドラス書には再び完全に気付かれていない。 、私- 6 、および、加入者のリストを約束して( x 、 1 FFを指定します。 ) 。 He is mentioned in Neh., viii, 1 ff., and in xii, 35, as fulfilling subordinate functions.彼はnehに記載されています。 、 viii 、 1 FFを指定します。 、および12 、 35 、下位の機能を充実した。

Considering the singular number of the verbs in Neh., viii, 9, 10, it is probable that in the former of these two verses "Esdras and the Levites" being named as part of the subject of the phrase is due to a later hand.特異数を考慮して、動詞のneh 。 、 viii 、 9 、 10 、それは予想して、旧これらの2つの詩"エスドラス書とlevites "という名前の一環として、アジ研は、フレーズのためには、後の手です。 At the epoch of Nehemiah, therefore, Esdras was at the beginning of his career, and must have gone a little later to Babylonia, whence he returned at the head of a band of emigrants n the seventh year of Artexerxes II (BC 398).エポックのは、ニーアマイア、したがって、エスドラス書の冒頭には、彼のキャリア、および外出する必要がありますリトルへのバビロニア、そこから彼の頭を返さバンドのNに対して、 7年artexerxes移民2世(紀元前398 ) 。

(6) Many critics have maintained that in Neh., viii, we have the history of the first promulgation of the "Priestly Code" by Esdras, but the narrative in question does not authorize such an interpretation. ( 6 )を維持してneh多くの批判もある。 、 viii 、我々は歴史の最初の施行は、 "聖職者のコード"をエスドラス書は、問題の物語が、このような解釈を承認されません。 Esdras was probably still a very young man at this time, and all he does is to read the Law before the assembled people.エスドラス書は、まだ非常に若い男、おそらくこの時点で、彼はすべてを読むには法の前に集まった人々です。 It is quite true that in I Esd., vii, there is made mention in the royal edict of the Law of his God which Esdras has in mind (verse 14), but besides the fact that we hold the events related in I Esd., vii, to be posterior to Neh., viii [see above (5)], these words must not be understood literally of a new document of which Esdras was the bearer.それは非常にtrueをして私のESDします。 、七では、言及は、勅令は、神が彼の法則を念頭に置いてエスドラス書には(詩14 ) 、しかし、私たちに加えて、事実に関連して私のESDを保持するイベントです。 、 7 、 nehを後にします。 、 Ⅷ [参照ください( 5 ) ]は、これらの言葉を理解してはならないので新しい文書を、文字通りのエスドラス書は、無記名です。 In the same terms mention is made of the wisdom of his God which Esdras has in mind (verse 25), and in this same passage it is supposed that Esdras' compatriots already know the Law of their God.と同じ条件に言及するのは賢明で作られ、神が彼を念頭に置いてエスドラス書には(詩25 ) 、そしてこのことは同じものを通過エスドラス書'同国は既に彼らの神の法則を知っている。

Publication information Written by A. Van Hoonacker.出版物の情報執筆者a.ヴァンhoonackerです。 Transcribed by Sean Hyland.ショーンハイランド転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.のは、カトリックの百科事典、ボリュームXの公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.公認、 1911年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Book of Ezra予約のエズラ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Synopsis of Contents.ストーリーの内容です。

-Critical View:クリティカルな対象:

Varying Character of Composition.さまざまな性格を組成します。

Alleged Fabrications.疑惑の作り話です。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The contents of the book are as follows:その本の内容は以下の通りです:

Synopsis of Contents.ストーリーの内容です。

Ch.あなたのです。 i.: Cyrus, inspired by Jehovah, permits the Israelites to rebuild the Temple of Jerusalem, and returns to them the golden vessels which had been carried off by Nebuchadnezzar.勇:キュロスに触発されたエホバ、寺を使用すると、イスラエルのエルサレムを再構築する、として戻り値の黄金船をネブカドネザル持ち去らされていた。 Ch.あなたのです。 ii.: The number of the captives that returned from Babylon to Palestine with Zerubbabel is stated as 42,360, besides 7,337 men servants and women servants and 200 singing men and women. Ⅱ 。 :捕虜の数が返されたから、パレスチナとバビロンをzerubbabelとしては、 42360 、 7337以外の男性と女性の召使召使と200歌う男性と女性です。 Ch.あなたのです。 iii.: Jeshua ben Jozadak and Zerubbabel build the altar, and celebrate the Feast of Tabernacles. Ⅲ 。 : jeshuaベンjozadakと祭壇zerubbabelビルドして、ごちそうを祝って、 tabernaclesです。 In the second year the foundations of the Temple are laid, and the dedication takes place with great rejoicing. 2番目の年に同寺の基盤を並べ、との落成式が行わ非常に喜びです。

Ch.あなたのです。 iv.: The adversaries of the Jews, especially the Samaritans, make efforts to hinder the Jews from building the Temple. Ⅳ 。 :敵は、ユダヤ人、特に、サマリア人、ユダヤ人に向けて努力するの妨げとなる建物の寺からです。 A letter is written by the Samaritans to Artaxerxes to procure a prohibition of the construction of the Temple, and the work is interrupted till the second year of Darius.一通の手紙が書かされたサマリア人にアルタクセルクセスの禁止を調達する同寺の建設、およびその仕事が中断までの2年目のダライアスです。

Ch.あなたのです。 v.: Through the exhortations of the prophets Haggai and Zechariah, Zerubbabel and Jeshua ben Jozadak recommence the building of the Temple. v. : exhortationsのは、預言者ハガイを通して、ゼカリヤ、 jeshuaベンjozadak再開zerubbabelと同寺の建物です。 Tatnai, the governor "on this side the river," sends to the king a report of their action. tatnai 、知事の"川のこちら側は、 "ザキングする報告書を送信して行動します。

Ch.あなたのです。 vi.: Darius finds the decree of Cyrus in the archives of Achmetha (Hamadan), and directs Tatnai not to disturb the Jews in their work. Ⅵ 。 :ダライアス見つかったのは、アーカイブのキュロス令achmetha (ハマダーン) 、および指示tatnai邪魔をしないで、ユダヤ人が仕事です。 He also exempts them from tribute, and supplies everything necessary for the offerings.彼はまたそれらを免除トリビュート、および電源の必要品をすべて提供します。 The Temple is finished in the month of Adar, in the sixth year of Darius, and is dedicated with great solemnity.同寺は、月日の鳥が完了したら、ダライアスは、 6年とは非常に厳粛専用です。

Ch.あなたのです。 vii.: Artaxerxes gives Ezra a commission to bring with him to Jerusalem all the captives that remain in Babylon. Ⅶ 。 :アルタクセルクセスは、エズラの委員会をもたらすと彼をエルサレムバビロンのすべての捕虜が残っています。 Ch.あなたのです。 viii.: Contains a list of the heads of families who returned with Ezra to Palestine. Ⅷ 。 :リストには、ご家族の頭のエズラをパレスチナwho返されます。 Ezra institutes a fast while on his way to Jerusalem.エズラ機関、高速ながら、家に帰る途中にエルサレムです。

Ch.あなたのです。 ix.: The princes of Israel inform Ezra that many have not repudiated their foreign wives. 9 。 :お知らせエズラがイスラエルの王侯れていない多くの外国人の妻に否認します。

Ch.あなたのです。 x.: Those who have taken strange wives are compelled to send them away and to bring each a sin offering.JM Sel. Xの:これらの奇妙な妻は強制whoが取ら追い払いますを送信するとそれぞれの罪を犯すことoffering.jm SELを持っています。

-Critical View:クリティカルな対象:

The canonical Book of Ezra commences where the Chronicles leave off, and indeed with slight variation repeats the last two verses of II Chron.エズラの正規の予約を開始クロニクルのままではオフにし、実際に若干の変動を繰り返し最後の2つの詩の2世chron 。 What follows consists of three portions: (1) an account of the return of the exiles, and a brief survey of the fortunes of the Jewish community down to the reign of Xerxes; (2) ch.どのような構成の3つの部分以下の通り: ( 1 )を持つアカウントの亡命者の返還をする、との調査を簡単には、ユダヤ人社会の富の統治のクセルクセスダウンして、 ( 2 )あなたのです。 iv. Ⅳ 。 7-vi. 7 - Ⅵ 。 22, extracts from a collection of historical documents in Aramaic, illustrating the fortunes of the community in the reigns of Artaxerxes I. and Darius, with a short appendix in Hebrew; (3) ch. 22日、歴史的なドキュメントのコレクションから抽出さアラム語、巨万の富を描いたのは、地域社会に満ちていたのは、アルタクセルクセスi.とダライアス、短い付録inヘブライ語、 ( 3 )あなたのです。 vii. Ⅶ 。 to end, a record of the enterprise of the author of the book, including a copy of the decree granted to him by Artaxerxes II., with an account of the author's work at Jerusalem.を終了、を記録したのは、本の著者は、企業は、法令のコピーを含め、彼のことを許可されアルタクセルクセス2世です。 、を持つアカウントは、著者の仕事をエルサレムです。 The first section includes a document also transcribed in Neh.の最初のセクションには、ドキュメントも転写さnehです。 vii. Ⅶ 。 6-73a, called by Nehemiah a genealogical table of the first return. 6 - 73a 、ニーアマイアの家系と呼ばれるテーブルの最初のリターンです。

A third copy is to be found in the apocryphal I Esdras. 3番目のコピーが発見された作り話の私をエスドラス書です。

Varying Character of Composition.さまざまな性格を組成します。

The documents embodied in the second section are described as "written in Aramaic and 'targumed' in Nehemiah Aramaic" (iv. 7). 2番目のセクションに体現され、書類に記載さ"とアラム語で書かれて' targumed 'ニーアマイアアラム語で" ( iv. 7 ) 。 Since a work can not be translated into the same language as that in which it is composed, the expression "targumed" must mean "described," a sense which corresponds closely to the sense of the Arabic word "tarjamah," which, used of a tradition, signifies the heading in which its contents are described.以来、働くことはできないと同じ言語に翻訳されることで構成されては、表現の" targumed "しなければならない意味"について、 "ある意味で密接に対応してアラビア語の意味での" tarjamah 、 "これは、使用されるの伝統、意味の見出しでは、その内容について説明します。 This phrase, then, implies that the contents of this section were transcribed from a collection of documents and accompanied with a commentary, probably made for the benefit of the Eastern community.このフレーズは、その後、このセクションの内容を意味してから転写されたドキュメントのコレクションを伴う放送をすると、おそらくの利益のために作ら東部のコミュニティです。 In these extracts there is evidently a chronological transposition; for the correspondence with Artaxerxes I. (ch. iv.) is placed before the correspondence with Darius (ch. v., vi.), who is certainly Darius I. This may be due to momentary confusion on the author's part between Darius I. and Darius II.; but it is surprising, since in iv.これらの年代を抽出するには明らかに転位;は、文通してアルタクセルクセスi. (第Ⅳ 。 )が置かれダライアスの前に文通して(第v. 、 Ⅵ 。 ) 、 whoは、確かにダライアスのためi.れる可能性があります瞬間的混乱を、作者の部分との間にダライアスダライアスⅡ i. 。 ;しかし、驚くべきことが、以来、 Ⅳ 。 5-7 he shows himself well acquainted with the order of the Persian kings.彼自身も精通して5-7の順序を示し、ペルシャ語の王です。 Thus the period covered by the commentary on the documents in ch.したがって、対象期間のドキュメントを、あなたの解説をします。 v. and vi. v.とⅥ 。 is earlier than that covered by the documents in ch.は、以前に比べてあなたのドキュメントに覆われています。 iv. Ⅳ 。

Alleged Fabrications.疑惑の作り話です。

The authenticity of the documents is a matter on which there is difference of opinion, the most recent critics (E. Meyer excepted) being disposed to regard all of them as forgeries, whereas before the time of Graetz they were generally thought to be genuine.の信ぴょう性に書類上では、問題には意見の違いがあるが、最も最近の批評家( e.マイヤー除いて)が処分についてのすべてのそれらを偽造し、一方の前に時間をグレーツ彼らは、正規の一般的と考えられている。 The custom in use among ancient historians of illustrating their histories by speeches and letters of their own composition makes the treatment of such questions exceedingly difficult.古代の歴史の中で使用したカスタムの歴史を描いた彼らは自分のスピーチや手紙を組成するなどの治療に極めて難しい質問です。 The edict of Cyrus, said to have been found at Achmetha (vi. 3-5), is the boldest of these fabrications, if they be such; but the mention of that ancient capital implies some very remarkable knowledge on the part of the author here excerpted.キュロスの勅令は、先によるとをachmethaが発見されて( vi. 3-5 )は、これらの作り話で最も大胆、もし彼らがこのような;しかし、いくつかの意味に言及したが古都の知識を非常に注目すべき部分の著者ここで抜粋です。 Some other reasons for believing these documents genuine are alleged by Herzfeld ("Geschichte des Volkes Israel," i. 125).いくつかの他の理由として、これらの書類の正規のは、疑惑を信じヘルツフェルト( " geschichteデvolkes 、イスラエル、 "の経験I.クリチバ125 ) 。 The character of the Aramaic in which they are couched agrees fairly well, both in vocabulary and in grammar, with that of early inscriptions and papyri; and there would be nothing surprising in successive compilers having assimilated the language somewhat to the dialect with which they were most familiar.アラム語の文字を表現では同意する彼らは非常によく、文法の語彙との両方で、 papyrusの複数形での早期の碑文と、あるコンパイラは何も驚くべきことで連続して多少の言語に同化されていたの方言でもっともよく知られた。 It is also possible that these Aramaic texts are translations of documents in Old Persian, and were accommodated to the taste of those whom they were intended to reach.可能性があることも、これらのアラム語のドキュメントのテキストは古ペルシア語の翻訳をし、それらの味が宿泊して誰に達するを目的としていた。

The third part of the book appears to be a personal memoir; and the decree there given (vii. 11-26), coming from an Artaxerxes whom the author distinguishes by spelling from Artaxerxes I., can not be regarded as spurious without seriously shaking the writer's credit. 3番目の部分の予約が表示される個人的な回顧録、および法令に与えられた( vii. 11月26日) 、来るから区別されアルタクセルクセスの著者のつづりを誰よりアルタクセルクセスi. 、スプリアスと見なされることはできません真剣に動揺なしその作家のクレジットです。 The narrative which he proceeds to give of his journey, however, contains little which might have been invented for the purpose of edification, though it might be open to any one to regard viii.彼は収益を与えるの物語が彼の旅は、しかし、ほとんどのかもしれないが含まれ発明の教化のために、それをいずれか1つを開くかもしれない点Ⅷ 。 22 as written by one who had Neh. 22として書かれた1つのneh whoいた。 ii. Ⅱ 。 7 before him.彼の前に7 。 The narrative of Ezra's doings at Jerusalem is also not marked by exaggeration.エズラの物語のエルサレムの所業でスパムを言っても過言でもない。 Ch.あなたのです。 ix. 9 。 records a lengthy prayer offered by him on receipt of the intelligence of the mixed marriages, and ch.長時間の祈りを記録する領収書を提供され、彼に結婚して知性を混合し、あなたのです。 x. Xで the measures taken by him to separate the erring couples, with a list of the persons affected.と袂を分かつの措置によって、人の道を踏み外したカップルは、影響を受けている人のリストを表示します。 The objection urged by some critics that so severe a measure would not have been obeyed, seems insufficient to justify the condemnation of this part of the narrative as unhistorical; since the author may well have supposed it would be more effective than it turned out to be.いくつかの批評家が求められ、異議申立するほど重症に従った措置はないが、不足を正当化するような非難のこの部分の物語としての歴史的でない;以来、著者がいるかもしれないことがより効果があることが判明されるです。 Nor indeed does the recurrence to the subject in Neh.再発しても実際には、件名にnehです。 x. Xで 31 and xiii. 31日と13です。 23 render it improbable that severe measures were taken years before in the same direction. 23レンダリングことありそうにないが重度の措置を講じた年前と同じ方向です。

Supposing the king to have been Artaxerxes II., Ezra's arrival in Palestine may be considered to have taken place in 397 BC From the mention in Neh. supposingザキングアルタクセルクセス2世されています。 、エズラのご到着し、パレスチナと見なさ年5月には397で開催され、紀元前からの言及nehです。 xiii. 13 。 13 of Zadok as scribe, whereas in Neh. 13 zadokとして筆記され、 neh 。 viii. Ⅷ 。 9 Ezra has that title, it is perhaps to be inferred that Ezra predeceased Nehemiah: in that case his death probably occurred between 370 and 360 BC 9エズラは、そのタイトル、それは多分に推定されるエズラpredeceasedニーアマイア:彼の死その場合は、おそらく370と360の間に発生した紀元前

The question of the historical character of the Book of Ezra is concerned chiefly with the last section; since in the first two sections the scribe is not speaking as an eye-witness, whereas in the third there is either an authentic narration or a fiction.この質問は、歴史上の人物は、予約のエズラは、主に省庁の最後のセクション;て以来の最初の2つのセクションの筆記体ではない目に証人として話すが、 3番目には本物のナレーションのいずれか、またはフィクションです。 The latter view is taken by CC Torrey in Stade's "Zeitschrift," 1896, Supplement.後者の対象はトーリーをccでシュターデの" zeitschrift 、 " 1896年、サプリメントです。

Joseph Jacobs, M. Seligsohn, Morris Jastrow Jr., David Samuel Margoliouthジョセフジェイコブス、男性seligsohn 、モリスジャストロウジュニア、デビッドサミュエルマーゴリュース

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Ezra, in the introductions to the Old Testament of Driver, Cornill, Kuenen, König, Wellhausen-Bleek, Ryle, Wildeboer, Baudissin; the commentaries of Bertheau-yssel, Oettli, Ryle; Sayce, Introduction to Ezra and Nehemiah; Kosters, Het Herstel van Israel, 1894; (also German translation, Die Wiederherstellung Israels in der Persischen Periode, 1895); Meyer, Die Entstehung des Judenthums, Halle, 1896; Van Hoonacker, Nouvelles Etudes sur la Restauration Juive, 1896; Etude Chronoloyique des Livres d'Esdras et Néhémie, Paris, 1868; Sigmund Jampel, Die Wiederherstellung Israel's unter den Achäemeniden, in Monatsschrift, xlvi.エズラは、旧約聖書のドライバを紹介して、コルニル、キューネン、ケーニッヒ、ヴェルハウゼン- bleek 、ライル、 wildeboer 、 baudissin ; bertheau - ysselの論評は、 oettli 、ライル;セース、はじめにエズラとニーアマイア; kosters 、 het herstelヴァンイスラエル、日本、 1894 ; (ドイツ語訳も、死ぬwiederherstellungイズリールスさder persischen periode 、 1895 ) ;マイヤー、死ぬentstehungデjudenthums 、ハレ、 1896 ;ヴァンhoonacker 、ニュース宇宙シュールラ修復juive 、 1896 ;練習曲chronoloyiqueデlivres d 'エスドラス書et néhémie 、パリ、 1868 ;ジークムントjampel 、死ぬwiederherstellungイスラエルのウンターデンachäemenidenは、 monatsschrift 、 46です。 (1902).J. ( 1902年) 。 j. Jr. DSMジュニアdsm


Ezra the Scribeエズラの筆記体

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Returns to Jerusalem.戻り値をエルサレムです。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

-Critical View:クリティカルな対象:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

A descendant of Seraiah the high priest (Neh. viii. 13; Ezra vii. 1 et seq.; II Kings xxv. 18-21); a member of the priestly order, and therefore known also as Ezra the Priest (: Ezra vii. 11; x. 10, 16). seraiahの子孫の大祭司( neh. Ⅷ 。 13 ;エズラⅦ 。 1頁以降を参照。 ;二キングス25 。 18-21 ) ;聖職者のためのメンバである、としたがってとしても知られエズラ司祭( :エズラ七。 11 ; Xの10 、 16 ) 。 The name, probably an abbreviation of "Azaryahu" (God helps), appears in Greek (LXX., Apocrypha, Josephus) and in Latin (Vulgate) as "Esdras."の名前、おそらくを短縮した" azaryahu " (神の助け)は、ギリシャ語が表示される( lxx. 、外典、ヨセフス)とラテン(流布本) 、 "エスドラス書です。 " Though Ezra was one of the most important personages of his day, and of far-reaching influence upon the development of Judaism, his biography has to be reconstructed from scanty material, furnished in part by fragments from his own memoirs (see Ezra, Book of).エズラかかわらず最も重要な人物の1つは彼の日、遠大な影響を及ぼすとユダヤ教が発展する、彼の伝記は再建されるわずかな材料から、家具の破片から部分的に自分自身の回顧録(エズラ、予約の) 。 The first definite mention of him is in connection with a royal firman granting him permission to lead a band of exiles back to Jerusalem (Ezra vii. 12-26).彼の最初の明確な言及したが、接続を許可するロイヤルfirman彼をリードするバンドの亡命者の許可を省略してエルサレム(エズラⅦ 。 12月26日) 。 This edict was issued in the seventh year of King Artaxerxes, corresponding to 458 BC There is no reason to doubt the authenticity of the document as incorporated in Aramaic in the Book of Ezra, though Jewish coloring may be admitted.この令は、 7年に発行された王アルタクセルクセス、紀元前458に対応して理由はないの信ぴょう性に疑いを組み込まれてアラム語の文書としては、予約のエズラが、ユダヤ人の色付けを認めたがあります。 The arguments advanced for the opposite view (Cornill, "Einleitung in das Alte Testament," p. 264; Driver, "Introduction to the Literature of the Old Testament," 10th ed., p. 550) at their utmost reflect on the verbal, not the virtual, accuracy of the decree.引数の詳細は、逆の見方(コルニル、 "アルテ遺言das einleitungで、 " p. 264 ;ドライバ、 "はじめに、文学、旧約聖書の、 "第10回エド。 、 p. 550 )は彼らの言葉を最大限反映するは、特定の仮想は、法令の精度をします。 Nor is there any ground for holding that the king in question was any other than Artaxerxes Longimanus.もなく、その任意の地面を所蔵して王アルタクセルクセスよりも、問題は、他のlongimanusです。 A. van Hoonacker's contention ("Néhémie et Esdras," etc., Paris, 1890) that Ezra came to Jerusalem in the seventh year of Artaxerxes II. a.ヴァンhoonackerの競合( " néhémie etエスドラス書"など、パリ、 1890 )が来てエズラは、 7年エルサレムアルタクセルクセス2世です。 (397 BC; comp. Winckler, "Altorientalische Forschungen," ii. 2; Cheyne, in "Biblical World," Oct., 1899), is untenable (see Guthe, "Gesch. des Volkes Israel," p. 252; Piepenbring, "Histoire du Peuple d'Israel," p. 537; Kuenen, "Gesammelte Abhandlungen zur Bibl. Wissenschaft," ed. Budde, pp. 239 et seq.). (紀元前397 ;のCOMPです。ウィンクラー、 " altorientalische forschungen 、 " Ⅱ 。 2 ;チェーンストークス、 "聖書の世界、 " 10月、 1899 )は、理不尽( guthe 、 " gesch 。デvolkes 、イスラエル、 " p. 252 ; piepenbring 、 " histoireデュpeuple d' 、イスラエル、 " p. 537 ;キューネン、 " gesammelte abhandlungen zur bibl 。家庭、 "エドです。バッド、 pp 。 239頁以降を参照。 ) 。

Returns to Jerusalem.戻り値をエルサレムです。

Though received with greater favor, the assumption of Kosters (in "Het Herstel van Israel," German ed. by Basedow, pp. 103 et seq.) that Ezra arrived in Jerusalem only during the second visit of Nehemiah (433 BC), can not be maintained (see Ed. Meyer, "Die Entstehung des Judenthums," 1896, pp. 60, 89, 199 et seq.; Wellhausen, "Die Rückkehr der Juden," pp. 3 et seq.).大賛成かかわらず受信されると、 kostersの仮定は、 ( " het herstelヴァンイスラエル、日本、 "ドイツ語版です。られたbasedow 、 pp 。 103頁以降を参照。 )をエズラエルサレムに到着した2番目の訪問の時のみニーアマイア(紀元前433 ) 、こと維持できません(エドします。マイヤー、 "死ぬentstehungデjudenthums 、 " 1896年、 pp 。 。 。 60 、 89 、 199頁以降を参照。 ;ヴェルハウゼン、 "死ぬrückkehr der juden 、 " pp 。 3頁以降を参照。 ) 。 Probably the reputation he enjoyed for learning (hence "the ready scribe": Ezra vii. 6) stood him in good stead with the king, who in the firman appears to have conferred upon him extensive authority to carry his intention into effect.おそらく彼の評判を習得するenjoyed (それゆえ"の準備スクリーブ" :エズラⅦ 。 6 )立っていた彼が良いのキング、 whoは、 firmanが表示されたら彼には広範な権限を授与する彼の意向を運ぶに発効します。 To the number of about 1, 500, mostly from the tribes of Judah and Benjamin (Ezra viii. 1-14), not counting the women and children, the companions of Ezra assembled at the river flowing toward Ahava.をの数を約1 、 500 、主からの部族のユダとベンジャミン(エズラⅧ 。 1-14 )ではなく、計数の女性と子供、エズラの仲間の組み立ては、 ahavaを流れる川に向かっています。 But no Levite being among them, Ezra induced 38 Levites and 220 Nethinim to join his expedition.しかし、レビがないこのうち、 220 nethinimエズラ引き起こされる38 levitesと彼の探検隊に参加する。 After observing a day of public fasting and prayer, on the twelfth day of the first month (Nisan = April), without military escort but with due precaution for the safeguarding of the rich gifts and treasures in their keeping, they set out on their journey, and arrived without mishap at Jerusalem in the fifth month (Ab = August).公共の断食を観察した後、一日の祈りは、 12日には、最初の1カ月(ニッサン= 4月) 、しかし、軍の護衛を守るための予防措置を宝物の豊かなギフトを維持して、彼らを設定して旅するは、エルサレムに到着何事もなくは第5月(アルバータ= 8月) 。

Soon after his arrival Ezra was compelled to take strenuous measures against marriage with non-Hebrew women (which had become common even among men of high standing), and he insisted in a very dramatic manner upon the dismissal of such wives (Ezra ix. and x.); but it was only after the arrival of Nehemiah (444 BC; comp. Neh. viii. 1 et seq.) that he published the "book of the law of Moses" which he had brought with him from Babylon, and made the colony solemnly recognize it as the basis of their religious and civil code.ご到着後すぐに彼の激しいエズラは、強制措置を取るヘブライ語以外の女性と結婚する(これは共通になるの高い男性の間でさえ立って) 、と彼は主張するのは非常に劇的な方法でこのような妻を解任した(エズラⅨ 。とXの) ;しかし、それが到着した後にのみニーアマイア(紀元前444 ;のCOMPです。 neh 。 Ⅷ 。 1頁以降を参照。 )を発行して彼は"予約は、ムーサーの法則"と彼は彼よりバビロンていた、と厳粛に認識することは、植民地の基礎として、その宗教と市民コードです。 Ezra is further mentioned as the leader or one of the two choirs singing hymns of thanksgiving at the dedication of the wall (Neh. xii. 36 et seq.), but this note is suspected of being a gloss of questionable historical value.エズラは、より詳細に記載のリーダーとして、 1つまたは2つの賛美歌を歌う合唱団の落成式には、感謝祭の壁( neh. 12 。 36頁以降を参照。 ) 、しかし、このメモは、うわべだけの疑問の疑いの歴史的な価値です。 EGH egh

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Ezra marks the springtime in the national history of Judaism.エズラマルクの春は、国家の歴史をユダヤ教です。 "The flowers appear on the earth" (Cant. ii. 12) refers to Ezra and Nehemiah (Midr. Cant. ad loc.). "花は、地球上に表示される" ( cant. Ⅱ 。 12 )を参照してエズラとニーアマイア( midr.できない。広告て下さい。 ) 。 Ezra was worthy of being the vehicle of the Law, had it not been already given through Moses (Sanh.21b).エズラは値するが、車両は、法では、既にされていないが与えられたことを通して、ムーサー( sanh.21b ) 。 It was forgotten, but Ezra restored it (Suk. 20a).それは忘れてしまったが、エズラ復元します( suk. 20a ) 。 But for its sins, Israel in the time of Ezra would have witnessed miracles as in the time of Joshua (Ber. 4a).しかし、その罪を、イスラエルのエズラは、時間が奇跡のように、時間を目撃ジョシュア( ber. 4A面) 。 Ezra was the disciple of Baruch ben Neriah (Cant. R.); his studies prevented him from joining the first party returning to Jerusalem in the reign of Cyrus, the study of the Law being of greater importance than the reconstruction of the Temple.ベンエズラは、弟子のバルークneriah ( cant. r. ) ;彼の研究を阻止彼の最初のパーティーに参加戻ってからは、エルサレムの統治のキュロス、同法の研究の重要性よりも大きいが、同寺の復興をします。 According to another opinion, Ezra remained behind so as not to compete, even involuntarily, with Jeshua ben Jozadak for the office of chief priest.別の意見によると、エズラは依然として競争をしないように背後にも、非自発、 jeshuaベンjozadakには、 Officeの住職です。 Ezra reestablished the text of the Pentateuch, introducing therein the Assyrian or square characters, apparently as a polemical measure against the Samaritans (Sanh. 21b).エズラのテキストを再確立する五、そこでは、アッシリアの導入や広場の文字は、明らかに対策として論争のサマリア人( sanh. 21b ) 。 He showed his doubts concerning the correctness of some words of the text by placing points over them.彼の正しさを示しに関する彼の疑問の言葉をいくつかのポイント以上のテキストを配置します。 Should Elijah, said he, approve the text, the points will be disregarded; should he disapprove, the doubtful words will be removed from the text (Ab. RN xxxiv.).イライジャは、彼によると、承認のテキストは、ポイントは無視さ;は、不承認と彼は、疑わしい単語のテキストから削除される( ab. rn 34 。 ) 。 Ezra wrote the Book of Chronicles and the book bearing his name (BB 16a).エズラクロニクルが本を書いたのは、彼の名前とその本軸受( bb 16a ) 。 He is regarded and quoted as the type of person most competent and learned in the Law (Ber. R. xxxvi.).彼は考えを引用符で最も有能なタイプの人間として、その法律を学んだ( ber. r. 36 。 ) 。 The Rabbis associate his name with several important institutions.彼の名前を関連付けるのラビいくつかの重要な機関です。 It was he who ordained that three men should read ten verses from the Torah on the second and fifth days of the week and during the afternoon ("Minḥah") service on Sabbath (B. Ḳ. 82a); that the "curses" in Leviticus should be read before Shabu'ot, and those in Deuteronomy before Rosh ha-Shanah (Meg. 31b; see Bloch, "Die Institutionen des Judenthums," i. 1, pp. 112 et seq., Vienna, 1879). who命じられることは、彼が3人の男性は10の詩を読む上から2番目と5番目の律法の曜日と中に、午後に( " minḥah " )サービスを安息日( b. ḳです。 82a ) ;は、 "呪い"でレビ記を読む前にすべきであるshabu'ot 、およびそれらの前に、申命記ロッシュハ- shanah ( meg. 31b ;参照ブロッホ、 "死ぬinstitutionenデjudenthums 、 "の経験I.クリチバ1 、 pp 。 112頁以降を参照。 、ウィーン、 1879 ) 。 He ordained also that courts be in session on Mondays and Thursdays; that garments be washed on these days; that garlic be eaten on the eve of Sabbath; that the wife should rise early and bake bread in the morning; that women should wear a girdle (BK 82a; Yer. Meg. iv. 75a); that women should bathe (B. Ḳ. 82a); that pedlers be permitted to visit cities where merchants were established (B. Ḳ. 82a; see Bloch, lcp 127); that under certain contingencies men should take a ritual bath; that the reading at the conclusion of the benedictions should be "min ha-'olam we-'ad ha'olam" (from eternity to eternity: against the Sadducees; see Bloch, lcp 137).彼は裁判所が命じられることにセッションでも月曜と木曜;を衣類に洗って、これらの日中に発送;とニンニクの安息日の前夜に食べた;は、妻は早起きし、朝にパンを焼く;その女性はガードルを着用する( bk 82a ; yer 。メグです。 Ⅳ 。 75a ) ;その女性は入浴( b. ḳです。 82a ) ;都市を訪問することが許されるpedlersどこの商人が設立( b. ḳです。 82a ;参照ブロッホ、 、 LCP 127 ) ;不測の男性が特定されて儀式は見てみるべきバス;は、読書は、結論をbenedictionsすべきである"分ハ- 'olam私たち- 'ad ha'olam " (より永遠に永遠:反対するサドカイ派;参照ブロッホ、 、 LCP 137 ) 。 His name is also associated with the work of the Great Synagogue (Meg.17b).彼の名前にも関連付けられている仕事の偉大なシナゴーグ( meg.17b ) 。 He is said to have pronounced the Divine Name (Yhwh) according to its proper sounds (Yoma 69b), and the beginnings of the Jewish calendar are traced back to him (Beẓah 6a; Rashi, ad loc.).には顕著によると彼は神の名( yhwh )によると、その適切なサウンド( yoma 69b ) 、および、ユダヤ暦の始まりはさかのぼる彼( beẓah 6aが必要; rashi 、広告の掲載て下さい。 ) 。

According to tradition, Ezra died at the age of 120 in Babylonia.伝統によると、エズラが死亡、 120歳の時にバビロニアです。 Benjamin of Tudela was shown his grave on the Shaṭṭ al-'Arab, near the point where the Tigris flows into the Euphrates ("Itinerary," i. 73).ベンジャミンのトゥデラ彼の墓を検索することが示さshaṭṭアル- 'arab 、近くのポイントは、チグリス川、ユーフラテス川に流れ込んで( "コース、 "の経験I.クリチバ73 )です。 According to another legend, he was at the time of his death in Babylon, as a courtier in the retinue of Artaxerxes (see Vigouroux, "Dictionnaire de la Bible," ii. 1931).別の伝説によれば、彼は彼の死の時点で、バビロン、廷臣としては、従者のアルタクセルクセス( vigouroux 、 " dictionnaireデラ聖書の、 " Ⅱ 。 1931年)です。 Josephus, however, relates that Ezra died at Jerusalem, where he was buried ("Ant." xi. 5, § 5).ヨセフス、しかし、エズラが死亡したことに関連エルサレム、ここで彼は埋葬( "アリ。 " XI 。の5 、 § 5 ) 。 In the seliḥah for the 10th of Ṭebet the date of Ezra's death is given as the 9th of Ṭebet (see Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 580).ECEGHI Br. seliḥahは、 10日は、 ṭebet 、この評価を与えられたとしてエズラの死は、第9回のṭebet ( shulḥan ' aruk 、 oraḥ ḥayyim 、 580 ) 。 eceghiしました。

-Critical View:クリティカルな対象:

The historical character of the Biblical data regarding Ezra the Scribe (after Ed. Meyer, "Die Entstehung des Judenthums," p. 321) is generally conceded.歴史上の人物のデータについては、聖書のエズラの筆記体(後にエドです。マイヤー、 "死ぬentstehungデjudenthums 、 " p. 321 )は一般的に譲歩です。 But the zeal of Ezra to carry out his theory that Israel should be a holy seed (), and therefore of absolutely pure Hebrew stock, was not altogether effective; that his views met with opposition is indicated in the books of Ruth and Jonah.熱意のエズラが、彼の説を唱えているイスラエルを実施する必要が神聖な種子( ) 、およびそのための純粋なヘブライ語確実にあり、全部ではない効果的な;は自分の再生回数を満たして野党が示されている書籍のルースとヨナです。 The "book of the law" which he proclaimed at the public assembly (Neh. viii.-x.) is substantially identified with the Priestly Code (P), which, though containing older priestly ordinances ("torot"), came to be recognized as the constitutional law of the congregation (Judaism) only after Ezra's time and largely through his and Nehemiah's influence and authority. "法の本"という彼は、公の集会宣言( neh. viii.-x. )は、実質的に、聖職者の識別コード( p )の、これが、過去の聖職者を含む条例( " torot " ) 、話をして憲法の法則として認識され、集会(ユダヤ教の)大部分の時間とした後にのみエズラを通して彼の影響力や権威とニーアマイアです。 EGH egh

Emil G. Hirsch, Executive Committee of the Editorial Board. g.エミールハーシュ、執行委員会は、編集委員会です。 Isaac Broydéアイザックbroydé

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


Book of Nehemiahネヘミヤ記

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Documents Inserted.ドキュメントに挿入します。

Solemn League and Covenant.厳粛なリーグと約束します。

Registers.レジスタです。

A work ascribed to Nehemiah, but bearing in some canons the title Esdras II.生得的に仕事をニーアマイア、しかし、いくつかの参事会のタイトル軸受エスドラス書Ⅱ 。 or Esdras III., having been attributed to Ezra on the ground that Nehemiah's self-assertion deserved some punishment (Sanh. 93b), or because, having ordinarily been written on the same scroll with the Book of Ezra, it came to be regarded as an appendix to it.またはエスドラス書Ⅲ 。 、エズラに起因することが地面にニーアマイアの自己主張が当然のいくつかの罰( sanh. 93b ) 、またはため、通常に書かれたことと同じスクロールで書籍のエズラ、それと見なされて話をしての付録にしてください。 The book consists ostensibly (i. 1) of the memoirs of Nehemiah, compiled, or at any rate completed, toward the close of his life, since he alludes to a second visit to Jerusalem "at the end of days" (xiii. 6, AV margin), which must mean a long time after the first.この本は、表向き( i. 1 )は、回顧録のニーアマイア、コンパイルするか、またはいずれにせよ完了すると、彼の人生に向かって閉じるので、彼を2番目の訪問をalludesエルサレム"は、 『エンドオブデイズ" ( xiii. 6 、マッサージを体験マージン)が長い時間を意味する必要がありますした後の最初のです。 In xiii.は13です。 28 he speaks of a grandson (comp. xii. 10, 11) of the high priest Eliashib as being of mature years; whence it appears that the latest event mentioned in the book, the high-priesthood of Jaddua, contemporary of Alexander the Great (xii. 11, 22), may have fallen within Nehemiah's time. 28彼は話すのを孫( comp. 12 。 10 、 11 )は、大祭司の中高年年間されてeliashib ;そこから、最新のイベントとされているこの本に記載され、聖職に就くの高jaddua 、現代のアレキサンダー大王( xii. 11日、 22 ) 、 5月にニーアマイアの時間が倒れた。 The redaction of his memoirs occurred probably later than 360 BC, but how much later can not easily be determined.彼の回顧録の改訂が発生した紀元前360おそらくそれ以降も、しかし、どれくらいの後に簡単に決定することはできません。 The first person is employed in ch.あなたの最初の人が採用されています。 i.-vii. i. - Ⅶ 。 5, xii. 5 、 12です。 31-42, xiii.三十一から四十二まで、 13です。 6 et seq. 6頁以降を参照。 Sometimes, however, Nehemiah prefers to speak in the name of the community (ii. 19, iii. 33-38, x.), and in some places he himself is spoken of in the third person, either with the title "tirshatha" (viii. 9, x. 2) or "peḥah" (xii. 26, claimed by him in v. 14; AV "governor"), or without title (xii. 47).ときには、しかし、ニーアマイアで話すの名前を希望する場合に、コミュニティ( ii. 19日、 Ⅲ 。 33-38 、 Xの) 、およびいくつかの場所で、彼自身が話され3番目の人は、いずれかのタイトル" tirshatha " ( viii. 9日、 Xの2 )または" peḥah " ( xii. 26日、彼が領有権を主張v. 14 ; av "知事" )か、またはなしタイトル( xii. 47 ) 。 The style of these last passages implies somewhat that Nehemiah is not the writer, especially that of the third and fourth: "in the days of Nehemiah the governor, and of Ezra"; "in the days of Zerubbabel, and in the days of Nehemiah."これらの最後の文章のスタイルをニーアマイア意味ではないが、多少の作家、特にしている3位と4位: "は、日間のニーアマイア知事、そしてエズラ" ; "は、日間のzerubbabel 、とは、日間のニーアマイア。 " The portions of the book in which the first person is used are marked by repeated prayers for recognition of the author's services, and imprecations on his enemies (iii. 36, 67; v. 19; vi. 13; xiii. 14, 22, 29, 31), which may be taken as characteristic of an individual's style; and indeed the identity of the traits of character which are manifested by the writer of the opening and closing chapters can not escape notice.の部分を、この本では、最初の人が使用されてスパムを繰り返すことによって認識のための祈りの著者のサービス、および彼の敵をimprecations ( iii. 36 、 67 ; v. 19 ; Ⅵ 。 13 ; 13 。 14日、 22日、 29日、 31 ) 、これをとることが、個々のスタイルとしての特徴、および実際のアイデンティティは、キャラクタの特徴が明らかにされた作家の開会式と閉会章脱出することはできませんご了承ください。 Moreover, the author's enemies, Sanballat and Tobiah, figure in both parts.また、著者の敵、 sanballatとtobiah 、図の両方で部品です。

Documents Inserted.ドキュメントに挿入します。

The unity of the book is marred by the insertion of a variety of documents, chiefly lists of names.その本の結束が損なわれる、さまざまなドキュメントに挿入する、主にリストに名を表示します。 These are the following:これらは、以下の通りです:

(1) Ch. ( 1 )あなたのです。 iii. Ⅲ 。 1-32, a list of persons who helped to rebuild the walls of Jerusalem. 1-32 、 who手助けをする人のリストを再構築するにエルサレムの壁です。 This document agrees with ch.このドキュメントをあなたに同意します。 xii. 12 。 in exhibiting remarkable acquaintance with the topography of Jerusalem; and it also gives some curious details about the persons who took part in the work, some of whose names figure in other contexts.知人に出展する顕著な地形のエルサレム;こと、また、好奇心は、いくつかの詳細については、働く人whoに参加して、いくつかの名前を持つ他のコンテキスト図です。 It is, however, observable that Eliashib is said to have been high priest at the time of Nehemiah's first visit; and the same is suggested by xiii.これは、しかし、目に見えることがeliashib高い司祭によるとされている時点ニーアマイアの最初の訪問;と同じことが13世によって提案された。 7, whereas in Ezra x. 7日、これに対して、 Xのエズラ 6 it is suggested that Eliashib's grandson (Neh. xii. 11, 12) was in office thirteen years before Nehemiah came. 6ことが示唆さeliashibの孫( 12 neh. 。 11 、 12 )が13年前に事務所ニーアマイア来たのです。 If the list of high priests in ch.司祭の場合、高さのリストをあなたのです。 xii. 12 。 be correct, it is clear that Eliashib could not have been in office in Nehemiah's time; and this fact discredits the historical character of the document, at any rate to a certain extent; for the possibility of Nehemiah, at a great distance from the scene of the events, having mistaken some of the details, can not be quite excluded.が正しいこと、それは明らかにできませんでした。 eliashibにも事務所をニーアマイアの時間、およびこのような事実Manager ?の歴史的文書の文字を、いつレートを、特定の範囲;ための可能性をニーアマイアするには、素晴らしいシーンからの距離のイベントを、いくつかの内容が間違って、非常に除外することはできません。 The account of the building given in this chapter represents it as more elaborate and national than would be imagined from iii.建物のアカウントは、この章で与えられたとして表すことよりももっと手の込んだと国民からは想像Ⅲ 。 33-38. 33-38 。

(2) Ch. ( 2 )あなたのです。 vii. Ⅶ 。 6-73, a list of the exiles who returned with Zerubbabel. 6から73 、亡命者リストを表示し、 who返さzerubbabelです。 This is a document which Nehemiah says he discovered (vii. 5); and it is embodied in the narrative of Ezra also (Ezra ii.).これは、文書のニーアマイアと語って発見( vii. 5 ) ;とこれは物語のエズラに体現されても(エズラ2世です。 ) 。 The difference between the copies is such as can be attributed to the not overstrict ideas of accuracy current in antiquity.の違いなどのコピーがないことに起因するとのアイデアの精度を現在の古代の厳し過ぎる。 Some difficulty is occasioned by the fact that the narrative which deals with the days of Zerubbabel is continued without break into ascene which ostensibly took place in Nehemiah's own time; in other words, though the document is introduced as extraneous, it is not clear at what point it ends.いくつかの困難が引き起こされるという事実は、物語を扱うのはzerubbabel日間の継続的に割って入るという触れ込みで開催さasceneニーアマイアが自分の時間;言い換えれば、人として紹介さかかわらず、文書には無関係な、それはどのような明確ではないポイントが終了します。 Indeed, the purpose for which Nehemiah says he gathered the people, namely, to discover their genealogies (vii. 5), does not appear to have been realized, but instead the reader is taken into a scene at which the Law is publicly read by Ezra.確かに、その目的をニーアマイアと語って集まった人々 、すなわち、彼らを発見するgenealogies ( vii. 5 ) 、が表示されない場合実現されたのではなく、読者が考慮さの一場面では、法が公然と読まれるエズラです。 Here again resort may be had to the hypothesis of carelessness on the author's part, or to that of compilation by an unscientific collector.ここで再びリゾート年5月には仮説の不注意をして、著者の部分か、またはしてコンパイルされた非科学的コレクタです。

(3) If the Septuagint be believed, ch. ( 3 )の場合、セプトゥアギンタに信じられて、あなたのです。 ix. 9 。 contains a discourse delivered by Ezra.エズラには、談話で配信されます。

Solemn League and Covenant.厳粛なリーグと約束します。

(4) Ch. ( 4 )あなたのです。 x., containing a solemn league and covenant, bearing eighty-four signatures of persons who undertook to observe the Law of Moses and discharge certain duties. Xで、厳粛なリーグと契約を含む、軸受84人の署名を観察するwho undertakeの過去過去分詞、ムーサーと放電法の特定の任務です。 The number of signatories is evidently a multiple of the sacred numbers 7 and 12, and the list is headed by Nehemiah himself.署名の数を明らかにするが、複数の神聖な数字は、 7日と12日、ニーアマイアのリストは自分自身が率いる。 Of the signatories some are persons about whom something definite is learnt in either Ezra or Nehemiah (eg, Sherebiah, Ezra viii. 18; Hanan, Neh. xiii. 13; Kelita, Ezra x. 23), but those called "the heads of the people" appear all to be families, their names occurring to a great extent in the same order as that in which they occur in the list of ch.署名は、いくつかの人は何かについて明確な人が学んだエズラのいずれかまたはニーアマイア(例えば、 sherebiah 、エズラⅧ 。 18 ;ハナン、 neh 。 13 。 13 ; kelita 、エズラXの23 )が、それらと呼ばれる"の頭のの人々 "が表示されるすべてのご家族は、自分の名前発生して大部分と同じ順序で発生することでは彼らのリストをあなたのです。 vii. Ⅶ 。 This mixture of family names with names of individuals excites suspicion; but the unhistorical character of this document, if proved, would greatly mar the credit of the whole book.この混合液のご家族の名前と個人の名前を興奮の疑い;しかし、この文書の文字を歴史的でない場合は、 03月の信用が大きく、全体の予約です。 The framing of such a document at a time of religious revival and excitement has no a priori improbability.このようなドキュメントのフレーミングを一度の宗教的な復活とimprobability先験的な興奮はない。

Registers.レジスタです。

(5) Ch. ( 5 )あなたのです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 contains a list of persons who drew lots to reside at Jerusalem, with notices of the assignment of offices and of the residences of officials. whoドリュー人には、たくさんのリストをエルサレムに存在するのは、通知の割り当てを、オフィスや関係者のレジデンスです。 This document agrees very closely in places with one embodied in I Chron.この文書に同意非常に緊密に1つの場所で私chronに体現されています。 ix.; indeed, both would appear to be adaptations of a register originally found in a "book of the kings of Israel and Judah" (ib. verse 1). 9 。 ;実際、適応の両方が表示される最初に発見さレジスタは、 "書籍、イスラエルとユダの王" ( ib.詩1 ) 。 It might seem as if the use of the word "king's" in Neh.それに見えるかもしれないという言葉の使用の場合、 "王の" nehです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 23, 24, having been taken over from the older document, had given rise to the charge of which Nehemiah complains in vi. 23日、 24日、とられていることから、古いドキュメントは、上昇していた電荷を与えられた不満をviでニーアマイアです。 6, where his enemies accuse him of making himself king; and indeed the arbitrary character of some of his measures (xiii. 25) would in part justify such a charge. 6 、ここで彼自身の敵キングメーカーとして彼を非難すると、任意の文字を実際彼のいくつかの措置( xiii. 25 )はこのような電荷の一部を正当化します。 If one may judge by the analogy of Mohammedan states, there would be nothing unusual in a provincial governor taking that title. 5月類推判断された場合に1つの国のmohammedan 、何も異常が道知事を撮影し、そのタイトルです。 The purpose of the register must have been seriously misunderstood by either Nehemiah or the Chronicler; but it may be inferred with certainty, from the occurrence of the same document in such different forms in the two books, that the compiler of Nehemiah is not identical with the Chronicler.登録の目的は、ひどく誤解されている必要がありますニーアマイアのいずれか、または年代記;しかし、確信を持って推測されることがありますから、同じ文書が発生したような別のフォームを2つの書籍、ニーアマイアは、コンパイラのではないと同一の年代記です。

(6) Ch. ( 6 )あなたのです。 xii. 12 。 1-26 gives a list of priests and Levites who returned with Zerubbabel, carried down, very imperfectly, to Nehemiah's time, or perhaps later. 1-26のリストを与える司祭と返さlevites who zerubbabel 、繰り越し、非常に不完全、ニーアマイアの時間か、あるいはへ。 The "book of the chronicles" (verse 23) is cited for parts of it; but this document covers some of the same ground as the last, and it might seem as if both were rough drafts, never finally worked up. "予約は、クロニクル" (詩23 )が引用の部品のこと;しかし、この文書と同じ地面にいくつかのカバーとしての最後の、両方と見えるかもしれないが大まかな下書きとして、決して最後まで働いています。 It is of course open to the critic to regard the whole work as compiled by Nehemiah, who, where his memory or knowledge failed him, may have inserted these documents, or have ordered his secretaries to insert accounts of scenes.もちろんこれは評論家を開放してコンパイルさに関して全体として働くニーアマイア、 who 、ここで彼の記憶や知識に失敗しました彼は、これらのドキュメントに挿入さがありますか、または自分の秘書に指示アカウントのシーンを挿入する。 Indeed, the expression "and in all this" (xiii. 6), which reintroduces the personal narrative, implies that the author had before him some matter which he had not himself described.確かに、表現"とすべてのこの" ( xiii. 6 ) 、これreintroducesの個人的は物語は、彼の前を意味していたいくつかの問題の著者で彼は自分自身が説明します。

It is more usual to suppose that Nehemiah's memoirs were utilized by another writer, who did not take the trouble to alter the first person where it occurred; such a supposition involves no impossibility, provided the compiler be not identified with the compiler of Ezra or the compiler of the Chronicles; for the utilization by these authors of documents also incorporated in Nehemiah involves improbabilities calculated to outweigh any arguments that can be urged on the other side.他のことはいつもと仮定しての活用ニーアマイアの回想録は、別の作家、 whoしなかったのに苦労する場所を変更する最初の人間が発生した場合、このような仮定に不可能なことはない、提供してコンパイラと、コンパイラの発見ではないのか、エズラコンパイラは、クロニクル;は、これらの作家のドキュメントの利用も計算に組み込まれそうもないことニーアマイアは、任意の引数を上回ることができるの反対側に求めた。 Ben Sira (Sirach [Ecclus.] xlix. 13), in describing Nehemiah's work, evidently refers to the account found in Neh.ベン欠陥(シラク[ ecclus 。 ] 49 。 13 )は、ニーアマイアの仕事を記述、明らかにneh発見されたアカウントを参照してください。 i.-vii. i. - Ⅶ 。 1; from the short space that he devotes to each hero no inference can be drawn with regard to the existence of the whole work in his time. 1 ;からの短いスペースで彼を充て、各ヒーローの推論できる描画に関しては、以下の全体の仕事の存在を彼の時間です。 The fact of its being contained in his canon would, however, make it probable that it existed in its present form as early as 300 BC, a date separated by some decades only from the last mentioned in the book, and by less than a century from Nehemiah's first visit to Jerusalem.その事実が含まれて彼のキヤノンは、しかし、予想して存在することは現在のフォーム紀元前300早ければ、数十年の日付で区切られたいくつかの最後に記載されてからのみ予約し、一世紀未満エルサレムからニーアマイアの最初の訪問をします。 From the Second Book of Maccabees it is learned that various legends were current about Nehemiah when it was written, to which the Biblical book contains no allusion. 2番目の本から学んだことにmaccabeesこれは現在の約ニーアマイア様々な伝説が書かれたときには、聖書の予約が含まれていないにして、ほのめかしています。 Possibly those writers who reduce the credible element to the smallest amount do not sufficiently take into account the rapidity with which events succeed one another, the fragmentary character of modern knowledge of postexilic Israel, and the general complication of political phenomena.これらの作家who削減する可能性が信憑性の要素を最小額はありません速さを十分に考慮すると、どのイベントに成功する1つの別のは、現代の知識を断片の文字をバビロン捕囚後のイスラエル、日本、政治的な現象と一般の合併症です。

Emil G. Hirsch, David Samuel Margoliouth g.エミールハーシュ、デビッドサミュエルマーゴリュース

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Epochs are marked in the study of the book by the treatise of Hoonacker, Zorobabel et le Second Temple, Paris, 1892; and that of Kosters, Het Herstel van Israel, 1894.時代はスパムでの研究は、予約された論文のhoonacker 、 zorobabel etル2つ目の寺、パリ、 1892 ; kostersと、 het herstelヴァン、イスラエル、 1894 。 Skepticism is carried to its furthest by CC Torrey, in Stade's Zeitschrift, 1896, 2d Supplement.懐疑的な見方が実行されその遠いccトリーは、シュターデのzeitschrift 、 1896年に、 2次元サプリメントです。 Comp.のCOMPです。 also Hoonacker, Nouvelles Etudes sur la Restauration Juive, Paris, 1896.またhoonacker 、ニュース宇宙シュールラ修復juive 、パリ、 1896年です。 Of importance also are E. Meyer, Die Entstehung des Judenthums, 1896, and J. Geissler, Die Literarischen Beziehungen der Esramemoiren, Chemnitz, 1899, in which the literature is best collected.EGHDSM e.重要なマイヤーも、死ぬentstehungデjudenthums 、 1896 、およびJ.ガイスラー、死ぬliterarischen beziehungen der esramemoiren 、ケムニッツ、 1899されるのは、文学がベストcollected.eghdsm


Nehemiahニーアマイア

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Rebuilds the Walls of Jerusalem.エルサレムの壁を再構築します。

His Reforms.彼の改革です。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Son of Hachaliah; rebuilder of the walls of Jerusalem.息子のhachaliah ;再建のエルサレムの壁にします。 The sole source of information about Nehemiah is the canonical book that bears his name, parts of which, at any rate, furnished Ben Sira with the matter for the short notice which he gives of Nehemiah.ニーアマイアの唯一の情報源については、正規の予約のクマは彼の名前は、部品が、いずれにせよ、家具ベン欠陥の問題は、彼は突然の通告を与えるのニーアマイア。 He was cupbearer to Artaxerxes (identified by De Saulcy with Artaxerxes II., whose reign began 404 BC).彼は酌をアルタクセルクセス(アルタクセルクセス2世によって識別さデsaulcyにします。 、その治世が始まった紀元前404 ) 。 Owing to a painful report that had reached him of the condition of the Jews in Palestine, he, perhaps with the countenance of the queen-mother or queen, obtained permission to visit Jerusalem, and to rebuild the walls, for which purpose he was furnished with firmans and a supply of timber.報告書のために、痛みを伴うに達していた彼のユダヤ人がパレスチナの状態を、彼は、おそらくクイーンの顔は、母親や女王さまは、エルサレムを訪問する許可を取得し、壁を再構築するには、目的のために彼は家具付きfirmansと木材を供給します。 Incidentally it is mentioned that he had the title "peḥah" or "tirshatha," equivalent to "viceroy," for twelve successive years (384-372), and apparently again at a later period.ちなみにこれは言及していたのタイトル" peḥah "または" tirshatha 、 "に相当する"バイスロイ、 " 12年連続(三八四から三七二まで) 、およびそれ以降の期間を再度明らかにします。

Rebuilds the Walls of Jerusalem.エルサレムの壁を再構築します。

The rebuilding of the walls (a task which had before Nehemiah's time been repeatedly attempted) was commenced by him with caution, and excited enmity and even armed intervention, which latter, however, Nehemiah showed himself able to resist.再建の壁(タスクれていたの時間を繰り返ししようとする前にニーアマイア)が開始され彼には注意が必要、と興奮し、さらには武力介入を恨み、これ後者の、しかし、自分自身を示しニーアマイアレジストできるようにします。 The account of the details of the building is not, apparently, from Nehemiah's hand, and would seem to represent the work as more of a national enterprise than would be inferred from Nehemiah's own statements.このアカウントの建物ではないの詳細は、明らかに、よりニーアマイアの手を、と思わとして働くを代表して全国の他の企業よりもニーアマイアが自身の発言から推測します。 The account of the inaugural ceremony after completion comes rather late in the book, and was probably written some years after the event.就任式のアカウントは、完成後はかなりの後期には予約とはおそらく年後に書かれたいくつかのイベントです。 Nehemiah's opponents appear to have been wealthy landowners, not themselves Israelites, but allied with leading families within the city.ニーアマイアの反対派が表示され裕福な地主ではなく、イスラエル自体が、ご家族内の主要都市関係を結んでいる。 After the completion of the walls Nehemiah had to occupy himself with political reforms also, of which one was the restoration to their original owners of lands taken for debt by the wealthier members of the community-a scheme not unlike the "novæ tabulæ" of the classical republics, and regarded by the owners as an ultra-revolutionary measure; for it meant the abandonment without consideration of much property lawfully acquired.ニーアマイアの壁が完成した後は自分自身を占め、政治改革も、そのうち1つは、復元を元の所有者の土地を取らされる債務-豊かなコミュニティのメンバを特定する方式とは異なり、 " novæ tabulæ "は、古典的共和国、および所有者として認識される超革命的な測定;の放棄を意味せず、合法的に取得した財産を考慮したくらいです。 According to Nehemiah's account, it was effected with a minimum of friction, owing to his own disinterestedness in relinquishing his claim to the governor's allowances; and it took the form of a cheerful sacrifice on the part of the moneyed class.ニーアマイアのアカウントによると、これは、摩擦の影響を最小限に抑えたのは、彼自身の関心がないことのために彼の主張を放棄して知事の手当;とかかった陽気な犠牲の上のフォームにするために金銭クラスです。 He tells, however, almost immediately afterward, of attempts on his own life, which he dexterously escaped, and of endeavors to represent his restoration of the walls as the prelude to a declaration of independence.と彼は言うが、しかし、そのほとんど直後に、自分自身の生活をしようと、彼は巧みにエスケープする、と彼の回復に努めて表すの壁の前哨戦としての独立を宣言して下さい。 In these attempts residents of Jerusalem took part, either having conspired with or being in the pay of external enemies.これらの試みエルサレムの住民が参加、のいずれかが共謀の有無には、有料の外部の敵です。 Among these instruments were a false prophet and a false prophetess, whom Nehemiah was able to unmask.これらの機器間では偽の偽預言者と女性予言者は、誰ニーアマイアを暴くことができた。

Nehemiah's next measure would appear to have been as aristocratic in tendency as the last was democratic.ニーアマイアの次の措置としては表示され貴族としての最後のは、民主主義の傾向がある。 He instituted an inquiry into the pedigrees of the residents of Jerusalem with the view of degrading aliens, and for this purpose obtained a copy of the roll of the families that returned with Zerubbabel.彼の究明に設置pedigreesエルサレムの住民の外国人を対象に分解し、この目的のためのコピーを取得して、ご家族のロールが返されます。 zerubbabelです。 His narrative, however, breaks off without describing the nature of the measure which he adopted or the smoothness with which it worked.彼の物語は、しかし、オフに区切りを記述する性質の尺度で彼の滑らかさを採択またはそれがうまくいった。 It appears from other parts of the book that priestly families were connected by marriage with the aliens, and, though Nehemiah resumed his inquisition on his second visit to Jerusalem, it required the arbitrary exercise of power to carry it through.それからの他の部分が表示されたらする書籍の聖職者のご家族が接続され、外国人と結婚すると、彼の異端審問を再開かかわらずニーアマイア彼の2番目エルサレム訪問し、それが必要となります。 、任意の行使を通じての電源を運ぶことです。 It is possible that the danger of offending the humbler classes, whom he had won over by his "novæ tabulæ," prevented him from inquiring too strictly into this matter on his first visit.ことが原因の可能性があるhumblerクラスの危険性を、誰ウォン以上されていた彼の" novæ tabulæ 、 "彼より好奇心の妨げにこの問題をあまりにも厳密に彼の最初の訪問です。

His Reforms.彼の改革です。

The rest of his reforms appear to have been of a religious nature, although, the chapters in which they are recorded being by other hands, there is a want of clearness in the details.彼の改革の残りの部分が表示され、宗教的な性質、ものの、の各章で記録されているが、他の手では、邪魔なものがないし、詳細をしたいのです。 He appears with the aid of Ezra to have enforced or reenforced the Mosaic law, especially the provision relating to the sanctity of the Sabbath, which on his second visit he had again to emphasize.彼の助けを借りてエズラが表示され強制またはreenforcedには、モザイク法では、特に規定は、安息日の尊厳に関連し、これを再び彼の2つ目の訪問を強調していた。 He also provided by a regular system of forced contributions for the maintenance of the Temple services and of the various castes who took part in performing them.彼はまた、通常のシステムによって提供さの維持のための強制的な貢献の寺の様々なサービスとの舞台カーストwhoが参加します。 He writes with unusual naïveté and the accuracy of his personal narrative has rarely been questioned.彼の書き込みを異常にnaïvetéとの正確性は、彼の個人的な物語はめったに尋問れています。 It seems, however, surprising that the accredited representative of the sovereign court should, in carrying out his commission, have met with fierce opposition, leading to the imminent risk of skirmishesand battles; but the classical historians give no high idea of the administrative capacity of Artaxerxes II.どうやら、しかし、驚くほどの主権の代表者は、裁判所の認定は、彼の委員会で実施して、猛烈な反対に会って、 skirmishesandにつながる危険性が迫って戦い;しかし、古典的歴史学者は、管理者用アイデアをおくびにも高い能力をアルタクセルクセス2世です。 Further, there appears to be some contradiction between the statements that he went to Jerusalem on a visit for a strictly limited time (ii. 6), and that he went to Judea as "peḥah" and held office for twelve years (v. 14 and xiii. 6); but this may also be due to the fragmentary nature of his memoirs.さらに、いくつかの矛盾が表示されるステートメントの間に彼はエルサレムを訪問は、厳密には、限られた時間( ii. 6 ) 、およびその彼はユダヤとして" peḥah "と事務所を開かれた12年(動14と13 。 6 ) ;しかし、この5月にも、断片的な性質のために彼の回想録です。

From Nehemiah's own account of his conduct it may be gathered that he was an adroit politician, a wary leader and soldier, and a skilful organizer, though not free from pedantry and fanaticism; and it is probable that Ben Sira, in naming him after Zerubbabel as one of those to whom the Jews owed their restoration and reconstitution as a nation, only does him justice.自分のアカウントからニーアマイア彼の収集を行うことがありますしていたが、巧みな政治家、指導者と兵士を慎重に、と熟練主催者ではありませんから無料もったいぶりや狂信;とベンの欠陥を防ぐことが予想さは、彼の命名した後zerubbabel所有者の一つとしてユダヤ人の額を膨らませるのに再構成国としての修復と、彼だけが正義です。 For without walls Jerusalem could not, according to ancient ideas, have ranked as a place of importance, and the measure, of which there is an obscure mention (xi. 1), of obtaining a resident population fitted for its size, by drawing lots, would also do much toward restoring its former grandeur.エルサレムの壁をせずできませんでしたによると、古代のアイデア、開催地としての重要性がランク付け、測定すると、そのうちにはあいまいな言及( xi. 1 ) 、居住人口の取得には、そのサイズに適合した、抽選で、復元もまた元の偉大さに大いに役立つ。 His name was, however, not popular with the tradition which has come down in the Talmuds; but in that which is preserved in the Second Book of Maccabees many services are attributed to him of which the Bible knows nothing.彼の名前は、しかし、これは人気があるの伝統が来ているのにtalmuds ;しかし、そしてそれは2番目の本に保存されてmaccabeesに起因する多くのサービスは、彼の聖書は、何も知らない。 Among these are the miraculous production of fire, celebrated by a feast called "Naphthar" (II Macc. i. 36); the compilation of a sacred library (ib. ii. 13); and even the building of the Temple and the altar (ib. verse 18).これらの奇跡の間での生産を火災、ごちそうと呼ばれる有名な" naphthar " ( 2世maccです。 i. 36 ) ;のコンパイルは、神聖なライブラリ( ib. Ⅱ 。 13 ) ;とさえ、建物は、寺と、祭壇の( ib.詩18 ) 。 These statements are not worthy of credit; and it is evident that Nehemiah's personality was overshadowed by that of Ezra, whose services, though less brilliant, were more lasting.EGHDSMこれらのステートメントは特定の信用に値するとの人格ニーアマイアことが明らかにされてエズラが覆い、そのサービス、輝かしいかかわらず少ないが他のlasting.eghdsm

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Nehemiah is identified in one haggadah with Zerubbabel, the latter name being considered an epithet of Nehemiah and as indicating that he was born at Babylon ("Zera'+ Babel"; Sanh. 38a).ニーアマイアhaggadahには、 1つのzerubbabelで識別され、後者に名を検討するニーアマイア小名を示すと彼は、生まれたときにバビロン( " zera ' +バベル" ; sanhです。 38a ) 。 With Ezra, he marks the spring-time in the national history of Judaism (Cant. R. ii. 12).おエズラ、彼はマルクの春に-時間は、国家の歴史をユダヤ教( cant. r. Ⅱ 。 12 ) 。 A certain mishnah is declared by the Rabbis to have originated in the school of Nehemiah (Shab. 123b).宣言しているが、特定のミシュナーラビには、学校の起源は、ニーアマイア( shab. 123b ) 。 Still, Nehemiah is blamed by the Rabbis for his seemingly boastful expression, "Think upon me, my God, for good" (Neh. v. 19, xiii. 31), and for his disparagement of his predecessors (ib. v. 15), among whom was Daniel.それでも、ニーアマイアが非難された彼の一見ラビ自慢表現、 "考える時私は、私の神は、良い" ( neh. v. 19日、 13 。 31 ) 、および彼の軽視彼の前任者( ib. v. 15 ) 、のうち誰がダニエルです。 The Rabbis think that these two faults were the reason that this book is not mentioned under its own name, but forms part of the Book of Ezra (Sanh. 93b).これらの2つの断層のラビと思う理由は、この本が言及されて、独自の名前ではないが、その本の一部を形成するのエズラ( sanh. 93b ) 。 According to BB 15a Nehemiah completed the Book of Chronicles, which was written by Ezra.WBM Sel. 15a完了してからBBによるニーアマイア予約のクロニクルのために書かれたezra.wbmなSELされています。

Emil G. Hirsch, David Samuel Margoliouth, Wilhelm Bacher, M. Seligsohn g.エミールハーシュ、デビッドサミュエルマーゴリュース、ヴィルヘルムbacher 、男性seligsohn

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです