First Vatican Council第1バチカン公会議

General Information 総合案内

The First Vatican Council, the 20th ecumenical council of the Roman Catholic church, is best known for its decree affirming the doctrine of papal Infallibility.第1バチカン公会議は、 20日には、ローマカトリック教会エキュメニカル協議会は、政令で知られるのが最高のローマ法王の教義肯定の無謬性です。 After a lengthy series of deliberations by preparatory commissions, it was opened by Pope Pius IX in Saint Peter's Basilica on Dec. 8, 1869.長いシリーズの後に準備委員会の審議では、オープンされていたピウス9世はサンピエトロ大聖堂は1869年12月8日。 Nearly 800 church leaders representing every continent attended, although the European members held a clear majority.各大陸を代表する800近くの教会の指導者が出席、会員にもかかわらず、欧州で開かれた多数派を明確にした。 Apparently the pope's primary purpose in convening the council was to obtain confirmation of the position he had taken in his Syllabus of Errors (1864), condemning a wide range of modern positions associated with the ideas of rationalism, liberalism, and materialism.どうやら、法王の主な目的は、理事会の招集を得るには、彼は撮影の位置を確認することで彼のシラバスのエラー( 1864 ) 、ポジションを非難し、広範な近代の合理主義思想に関連付けられて、自由主義、唯物論です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
From the beginning, however, the question of infallibility dominated discussion.初めから、しかし、その質問の無謬性支配ディスカッション。 A vigorous minority opposed this doctrine both on theological and historical grounds and as being inopportune.精力的に反対する少数派の両方にして、この教義神学的、歴史的な理由で不適当とされる。 Nonetheless, on July 18, 1870, the council solemnly accepted the proposition that when a pope speaks ex cathedra on faith or morals he does so with the supreme apostolic authority, which no Catholic may question or reject.にもかかわらず、 1870年7月18日、同会議の提案を受け入れたこと厳粛に喋るとき法王聖座や道徳を信仰していても彼はローマ教皇の最高権威、カトリックの可能性がない質問または拒否します。 About 60 members of the council effectively abstained by leaving Rome the day before the vote.評議会のメンバーは約60人を残しておけば効率的には棄権したローマの前日に投票します。 Shortly after the vote on infallibility, the Franco-Prussian War and the successful invasion of the Roman state by the Italian army abruptly ended the council.直後に採決を無謬性は、フランコプロイセン戦争と侵略の成功は、イタリアのローマ軍の突然の状態によって、理事会終了。 The First Vatican Council marked the climax and triumph of the movement of Ultramontanism yet also helped stimulate a renewed wave of anticlericalism in several European states.バチカン公会議の最初のクライマックスとトリンプのマークは、教皇至上の動きにも助けていない新たな波を刺激するいくつかの欧州諸国の教権反対です。

T. Tackett t. tackett

Bibliography 文献情報
Butler, EC, ed., The Vatican Council, 2 vols.バトラーは、 ECには、エド。 、バチカン公会議は、 2 vols 。 (1930); Hennesey, JJ, The First Council of the Vatican: The American Experience (1963). ( 1930年) ; hennesey 、 jjは、最初の審議会は、バチカン: ( 1963 ) 、アメリカの経験です。


First Vatican Council (1869-1870)第1バチカン公会議( 1869-1870 )

Advanced Information 高度情報

The First Vatican Council, convened by Pope Pius IX in Rome, is reckoned by Roman Catholics to be the twentieth ecumenical church council.第1バチカン公会議は、ピウス9世が招集したローマでは、ローマカトリック教徒には、無視される、 20番目の教会協議会エキュメニカル。 It was the first to meet since the Council of Trent (1545-63), which had responded to the sixteenth century Protestant movement.それは、最初に会って以来、トレント評議会( 1545年から1563年)は、 16世紀に対応していたプロテスタントの運動です。 Vatican I sought to define authoritatively the church's doctrine concerning the faith and the church, especially in response to new challenges from secular philosophical and political movements and theological liberalism.バチカンの権威をもって私を求めた教会の教義を定義に関する教会の信仰とは、特に新たな課題に対応して世俗から哲学と神学的自由主義と政治的な動きだ。 However, its work was cut short by the Franco-Prussian War and the invasion and capture of Rome by the army of the Italian government in September, 1870.しかし、その作業は、短いカットされると、フランコプロイセン戦争と侵略軍捕獲されたのは、ローマのイタリア政府は昨年9月、 1870 。 The council completed only two major doctrinal statements, leaving another fifty-one unfinished.同会議の主要な教義上の2つのステートメントのみを完了し、別の51未完のままです。 Vatican I is remembered almost exclusively for its doctrinal definition of papal infallibility.バチカンはほぼ全面的に私が思い出したの無謬性ローマ法王の教義上の定義です。

Context and Structure文脈や構造

The council befitted Pius IX's devout spirituality and expressed the aspirations of the papal-oriented revival of Catholic faith and practice in progress since the 1840s.評議会の敬けんなbefittedピウス9世の霊との願望を表明し、ローマ法王の志向のカトリック信仰の復活と、 1840年代以降の練習が進行中です。 It also reflected the wide-felt need of the hour to counteract the religious, philosophical, and political beliefs identified by the Syllabus of Errors (1864).広範囲に感じられることも反映して、時間を中和する必要がありますが、宗教的、哲学的、政治的信念によって識別されるとエラーが発生するシラバス( 1864 ) 。 Closest to home, the council sought to undergird the authority of the papacy that could appear to be damaged by the loss of the pope's temporal power, except for Rome and its surrounding region, to the kingdom of Italy (1859-61).最も近いホームは、理事会の求めローマ教皇の権威を補強することによって損傷を受ける可能性が表示されるが、法王の時間的な電力損失を除き、ローマとその周辺地域では、イタリアの王国( 1859年から1861年) 。 The need was to regather the church and reaffirm its faith, its authority, and in particular its head, the papacy.再び集まるのは、教会の必要性を再確認したとの信仰は、その権威は、特にその頭とは、ローマ教皇のです。

Pius first mentioned the possibility of a council in 1864, and he set some cardinals to work on it in 1865.ピウスの可能性を言及した最初の理事会で1864年には、いくつかの枢機卿を設定すると彼は仕事をすることで1865 。 He formally announced it in 1867 and issued a bill convening it in 1868.彼はそれを正式に発表した1867および1868を発行する法案を召集している。 When it met in 1869, the council included 737 archbishops, bishops, and other clerical members. 1869年に会ったときは、理事会に含まれる737 archbishops 、司教、およびその他の事務員です。 The council considered drafts of documents prepared in advance, debated them, and changed them.評議会の文書の下書きとみなさ事前に準備し、議論したり、変更してください。 The results were undoubtedly the work of the council assembled, although what degree of freedom the council members enjoyed was questioned then as it continues to be today.この結果は間違いなく組み立て作業は、評議会は、どのような自由度にもかかわらず、評議会のメンバーとして享受していた事情聴取を続けている今日。

Constitution "De Fide Catholica."憲法の"デfide catholica 。 "

The first doctrinal definition, "On the Catholic faith" (approved Apr. 1870; also called "Dei Filius"), expressed a consensus of the Catholic revival concerning God, faith, and reason.最初の教義上の定義は、 "カトリックの信仰は、 " ( 1870年4月に承認;とも呼ばれる"デイfilius " )は、カトリックの復活を表明に関するコンセンサスは、神は、信仰、との理由だ。 In its four chapters it defined as a doctrine of divine revelation the existence of a free, personal, creator God who was absolutely independent of the universe he created.それは、 4つの章の教義として定義さ託宣の存在を無料で、個人は、完全に独立していた創造の神、宇宙を創られた。 The religious truth concerning the existence of this God, it affirmed, could be known by human reason alone, so that all people had no excuse for unbelieving.真実の宗教に関するこの神の存在は、肯定することは、人間の理性で知られる可能性があるだけでも、すべての人々がなかったので、言い訳を信じようとしない。 Nevertheless, other truths about God and this creation could only be known by faith through divine revelation via Scripture and the tradition of the church.にもかかわらず、他の真理可能性については、神の創造と、この信仰で知られるだけに神様のお告げを介して典との伝統の教会です。 Properly understood, faith and reason were not in conflict.正しく理解し、信仰との理由ではない紛争。 The errors that were specifically mentioned in an appendix, notably atheism, pantheism, rationalism, fideism, biblicism, traditionalism, were either utterly wrong (atheism) or wrong in emphazing merely one element of the whole truth (rationalism).このエラーが発生することが具体的に記載さ付録は、特に無神論、汎神論、合理主義、信仰主義は、聖書主義、伝統主義は、完全に間違っていたのどちらかが間違ってemphazing (無神論)または1つの要素だけでは、全体の真実(合理主義) 。 This definition provided the basis for Catholic theology and philosophy for the next several generations.この定義のカトリック神学の基礎を提供するために、次のいくつかの世代と哲学です。

Constitution "On Papal Primacy and Infallibility."憲法"としてローマ法王の優位性と無謬性"と述べた。

The proposal of this second definition (also called Pastor aeternus) divided the council into a majority and a minority (140 at its fullest) and began a controversy that has troubled the Roman Catholic Church to this day.この2番目の定義についての提案( aeternus牧師とも呼ばれる)に分かれて、評議会の過半数と少数派( 140で最大限)と論争を始めたことは、この問題を抱えたローマカトリック教会の日です。 Originally the council was to discuss a well-rounded statement of fifteen chapters "On the Church of Christ", as body of Christ, as a true, perfect, supernatural society, as united under the primacy of the pope, as related to civil society, etc. But when a new section on papal infallibility was introduced later, the majority considered it urgent to treat immediately the sections on papal primacy and papal infallibility as a separate unit.もともとは、評議会の声明を検討するための調和のとれた15章"は、キリスト教会"は、キリストの体として、真としては、完璧な、超自然的社会では、ユナイテッドとしては、法王の下での優位性は、市民社会と関連して等が、新しいローマ法王の無謬性を参照して導入された後、直ちに治療に緊急の過半数を考慮することで、ローマ法王のセクションを個別に優位と教皇無謬性ユニットです。 The result was a statement of four chapters which defined both papal primacy and papal infallibility as doctrines of divine revelation.その結果、 4つの支部を定義する声明ローマ法王の両方の優位性と無謬性を教皇教説の託宣。

The passage on papal infallibility, after crucial amendments, carefully circumscribed in what sense the magisterium (doctrinal authority) of the pope was infallible: "The Roman Pontiff when he speaks ex cathedra, ie, when, exercising the office of pastor and teacher of all Christians, according to his supreme Apostolic authority, through the divine assistance promised to him in St. Peter, he defines doctrine concerning faith and morals to be held by the universal Church, then under those circumstances he is empowered with that infallibility with which the divine Redeemer willed his Church to be equipped in defining doctrine concerning faith and morals."ローマ法王の無謬性通過して、重要な改正した後、慎重に限局性には、何の意味でのmagisterium (教義上の権威)は、法王は、絶対に正しい: "ローマ教皇の権威による喋るとき、すなわち、ときには、運動の事務室のすべての牧師や教師キリスト教徒は、ローマ教皇の最高の権威によれば、彼は、彼を通して、神の援助を約束して、聖ペテロは、彼の信仰と道徳に関する教義を定義して普遍的に開かれた教会、それから彼はそういう事情をどの権限をして、神の無謬性自分の意志を身請け装備される教会での信仰と道徳に関する教義を定義する"と述べた。 The statement concluded, against Gallicanism and conciliarism, that "such definitions by the Roman Pontiff were in themselves, and not by virtue of the consensus of the Church, not subject to being changed."その声明の結論は、反対conciliarismガリアとは、その"と定義されるようにしていたローマ教皇は、美徳としていないのは、教会の総意ではなく、件名を変更している"と述べた。

Eighty-eight bishops voted against the definition in the first round, and fifty-five bishops formally absented themselves at the final vote (July 18, 1870). 88司教の定義に反対票を投じたのは、第1ラウンドで、 55司教と正式には、最終的な投票自体absented ( 1870年7月18日) 。 Eventually, after the council, every bishop submitted to the definition, and the debate transmuted into differences over its interpretation.最終的には、理事会の後、提出されたすべての司教の定義、およびその解釈の違いを解消する討論を改良します。 The definition encouraged Catholic revival, gave Protestants new evidence of papal superstition, and convinced secularists that the papacy was indeed utterly incompatible with modern civilization.復活の定義を勇気づけカトリック、プロテスタントの新しい証拠を与えた教皇迷信は、世俗と確信してローマ教皇の現代文明は確かに全く互換性がない。 To this day the doctrine of papal infallibility continues to trouble many Catholics and to complicate Roman Catholic consultations with Anglicans, Lutherans, and others.この日、ローマ法王に教義の無謬性を続けている問題が複雑に多くのカトリック信者やローマカトリック協議をanglicans 、 lutherans 、および他のです。

CT McIntireマッキンタイアのCT
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
Pii IX PM Acta, Pt. pii 9時acta 、点 I, Vol.私は、 vol 。 5, 177-94, 208-20 (the council documents); R. Aubert, Vatican I; C. Butler, The Vatican Council, 2 vols.; FJ Cwiekowski, The English Bishops and the First Vatican Council; H. Kung, Infallible? 5 、 177〜94 、二〇八から二〇まで(協議会の文書) ;共和党aubert 、バチカン私; c.バトラーは、バチカン公会議は、 2 vols 。 ; cwiekowski Fjのは、英語の最初の司教とバチカン公会議; h.クンは、絶対に正しいですか? an Enquiry; AB Hasler, How the Pope Became Infallible: Pius IX and the Politics of Persuasion; J. Hennessey, The First Vatican Council: The American Experience.お問い合わせ; ABのハスラーは、法王が絶対確実な方法:ピウス9世の政治と説得; j. hennessey 、第1バチカン公会議:アメリカの経験です。


Decrees of the First Vatican Council (1869-1870)令第一バチカン公会議( 1869-1870 )

Advanced Information 高度情報

Foreward foreward

The translation found here is that which appears in Decrees of the Ecumencal Councils ed.ここでは、翻訳を見つけたことに表示されてecumencal審議会令のエド。 Norman Tanner.ノーマンタナー。 SJ Apart from the footnotes any text in square brackets "[ ]" is my addition.スバールバルヤンマイエン脚注から離れて任意のテキストが現れます" [ ] "は私のに加えている。 The choice of terms to put in bold or italic print, the arangement of the text into paragraphs in "structured english" format, as well as the numbering of the paragraphs is also my own and constitutes my "invisible" interpretation/commentary.その選択肢の中に太字や斜体条件を印刷し、そのテキストを配置段落では、 "ストラクチャード英語"の形式だけでなく、その番号は、段落構成でも私自身と私の"目に見えない"と解釈/解説します。 The numbering of the canons is however found in Tanner's text.しかし、ナンバリングの規範が見つかったタナーのテキストです。

Contents 目次

INTRODUCTION 導入

This council was summoned by Pope Pius IX by the bull Aeterni Patris of 29 June 1868.この評議会に召喚されたピウス9世によって1868年6月29日の牡牛aeterni patris The first session was held in St Peter's basilica on 8 December 1869 in the presence and under the presidency of the pope.最初のセッションはセントペトロ大聖堂で行われた1869年12月8日には大統領の下に存在すると、法王のです。

The purpose of the council was, besides the condemnation of contemporary errors, to define the catholic doctrine concerning the church of Christ.の目的は、評議会は、現代の非難に加えて、エラーが発生する問題を定義するのにカトリック教義のキリスト教会です。 In fact, in the three following sessions, there was discussion and approval of only two constitutions: Dogmatic Constitution On The Catholic Faith and First Dogmatic Constitution on the church of Christ , the latter dealing with the primacy and infallibility of the bishop of Rome.実際には、以下の3つのセッションでは、議論があったとしか承認の2つの憲法: 憲法上の独断的なカトリックの信仰独断的な憲法上の最初のキリスト教会は、後者の優位性に対処すると、無謬性のローマ司教です。 The discussion and approval of the latter constitution gave rise, particularly in Germany, to bitter and most serious controversies which led to the withdrawal from the church of those known as "Old Catholics".後者の議論と憲法承認を与えたの上昇で、特にドイツにおいて最も深刻な論争に苦味や撤退を主導したとして知られてから、それらの教会"昔のカトリック信者" 。

The outbreak of the Franco-Prussian war led to the interruption of the council.フランコはプロイセン戦争勃発の中断は、評議会の主導している。 It was in fact never resumed, nor was it ever officially closed.それは実際には決して再開は、これまでも正式に閉鎖された。 As in other councils at which the pope was present and presided, the decrees were in the form of bulls, at the end of which was the clear declaration: "with the approval of the sacred council".として、他の審議会では、法王が存在し、大統領は、政令の形でブルズが、年末には明確に宣言された: "として評議会の承認を得て、神聖な" 。 Very large numbers attended this council, including, for the first time, bishops from outside Europe and its neighbouring lands.この協議会に出席非常に大きい数字を含め、今回初めて、外部からの司教ヨーロッパとその近隣の土地です。 Bishops from the eastern Orthodox churches were also invited, but did not come.東方正教会の教会から司教にも招待されたが、来ていない。

The decrees of the council were published in various simultaneous editions.令は、評議会の様々な同時出版されたエディションです。 Later they were included in volume 7 of Collectio Lacensis ( 1892) and in volumes 49-53 of Mansi's collection (1923-1927).その後かれらは7のボリュームに含まれてcollectio lacensis ( 1892 )と、ボリュームのコレクション49から53までのmansi ( 1923年から1927年) 。 The collection which we use is that entitled Acta et decreta sacrosancti oecumenici concilii Vaticani in quatuor prionbus sessionibus, Rome 1872.コレクションを使用するのは、我々の権利sacrosancti oecumenici concilii vaticani decretumの複数acta et quatuor prionbus sessionibusでは、 1872年のローマ。 Comparison with other editions reveals no discrepancies, indeed absolute agreement.いいえ比較して明らかに他のエディションの違いは、確かに絶対的な合意に達しました。

Return to Table of Contents 目次に戻る

SESSION 1 : 8 December 1869セッション1 : 1869年12月8日

Decree of opening of the council審議会令の開口部

Pius, bishop, servant of the servants of God, with the approval of the sacred council, for an everlasting record.ピウス、司教は、神の使用人の使用人で、理事会の承認を得て、聖なる、永遠のために記録する。 Most reverend fathers, is it your pleasure that,牧師の父親のほとんどは、お客様の喜びは、それは、

the holy ecumenical Vatican council should be opened, and be declared to have been opened?バチカン公会議の聖なるエキュメニカルオープンしなければならない、と宣言してきたオープンされるか?

[They replied: Yes] [彼らはこう答えた:はい]

Pius, bishop, servant of the servants of God, with the approval of the sacred council, for an everlasting record.ピウス、司教は、神の使用人の使用人で、理事会の承認を得て、聖なる、永遠のために記録する。 Most reverend fathers, is it your pleasure that牧師の父親のほとんどは、お客様の喜びは、それを

[They replied: Yes] [彼らはこう答えた:はい]

Return to Table of Contents 目次に戻る

SESSION 2 : 6 January 1870 セッション2 : 1870年1月6日

Profession of faithな信仰告白

  1. I, Pius, bishop of the catholic church, with firm faith believe and profess each and every article contained in the profession of faith which the holy Roman church uses , namely:私は、ピウスは、カトリック教会の司教は、確固たる信念を信じると公言して、すべての記事含まれる各職業の神聖ローマ帝国の教会の信仰を使って 、すなわち:
  2. Apostolic and ecclesiastical traditions and all other observances and constitutions of that same church I most firmly accept and embrace .他のすべての使徒と教会の伝統的慣習憲法と同じ教会で私のこと最もしっかりと抱擁を受け入れる
  3. Likewise I accept sacred scripture同様に同意する神聖な啓典
  4. I profess also that 公言してもよい
  5. I likewise receive and accept the rites of the catholic church which have been received and approved in the solemn administration of all the aforesaid sacraments. 承認を受けると同様に、私は、カトリック教会の儀式を受けたとされてきたの承認は、前述のすべての厳粛な政権の秘跡です。
  6. I embrace and accept the whole and every part of what was defined and declared by the holy council of Trent concerning original sin and justification .を受け入れると全体を受け入れるとは、どのような団体名ごとに定義されたと宣言し、聖なるトレントに関する審議会の原罪正当化した。 Likewise同様に
  7. I profess that 公言してよい
  8. I confess that under either species alone the whole and complete Christ and the true sacrament are received.私の下で告白してどちらかの種と完全に一人で 、全体の真の聖餐式には、キリストと受信しています。
  9. I firmly hold thatしっかりとホールドしてよい
  10. I resolutely assert that images of私の画像を断固主張する
    1. Christ andキリストと
    2. the ever virgin mother of God, and likewise those ofこれまで母親の処女神は、それらと同様に、
    3. the other saints,他の聖人は、
    are to be kept and retained, and that due honour and reverence is to be shown them.保管されると留保し、その原因は、名誉と畏敬の念を示すようにしてください。
  11. I affirm that the power of indulgences was left by Christ in the church, and that their use is eminently beneficial to the christian people.私は断言して、電源の左側におぼれることでは、キリスト教会、そして彼らが使うことは、極めて有益な人々をキリスト教です。
  12. I acknowledge theを認める church, the mother and mistress of all the churches [1] .教会は、 教会のすべての母親と愛人 [ 1 ] 。
  13. Likewise同様に

This true catholic faith, outside of which none can be saved , which I now freely profess and truly hold , is what I shall steadfastly maintain and confess, by the help of God, in all its completeness and purity until my dying breath, and I shall do my best to ensure [2] that all others do the same.この真のカトリック信仰は、 なしの外に保存することができますが 、今の私と公言真に自由ホールド 、わたしは断固として維持するとはどのような告白は、神のご加護によって、すべての完全性および純度が私の最期まで、と私最善を尽くしは、 [ 2 ]を確保するために他のすべてのことと同じだ。 This is what I, the same Pius, promise, vow and swear.これは私が、同じピウス、約束、誓いを立てると誓う。 So help me God and these holy gospels of God.これらの手伝ってくれるので、神と神の聖なるgospels 。

Return to Table of Contents 目次に戻る

SESSION 3 : 24 April 1870 セッション3 : 1870年4月24日

Dogmatic constitution on the catholic faith独断的な憲法では、カトリック教徒の信仰

Pius, bishop, servant of the servants of God, with the approval of the sacred council, for an everlasting record.ピウス、司教は、神の使用人の使用人で、理事会の承認を得て、聖なる、永遠のために記録する。
  1. The Son of God, redeemer of the human race, our lord Jesus Christ, promised, when about to return to his heavenly Father, that he would be with this church militant upon earth all days even to the end of the world [3] . Hence never at any time has he ceased to stand by his beloved bride,神の御子は、人類の贖い主は、わたしたちの主イエスキリストは、約束は、彼のときに戻るには天国の父については、このことを明らかにして過激派教会のすべての日に地球にも、世界の終わりに[ 3 ] 。 したがって彼は決してやんだが、いつでも自分の最愛の花嫁をスタンドでは、
  2. Now this redemptive providence appears very clearly in unnumbered benefits, but most especially is it manifested in the advantages which have been secured for the christian world by ecumenical councils, among which the council of Trent requires special mention, celebrated though it was in evil days.今のところ、この非常に明確に表示される番号が付けられて贖いの摂理のメリットが、ほとんどは、特にすることの利点は、明らかにされてきたキリスト教世界のために確保されたエキュメニカル協議会は、 評議会の中で、特別な言及を必要とトレントは、悪の日に祝われていた。
  3. Thence cameそこから来た
    1. a closer definition and more fruitful exposition of the holy dogmas of religion and実りの博覧会で、より緊密な定義は、神聖な宗教との定説
    2. the condemnation and repression of errors; thence too,その非難や抑圧のエラー;そこからあまりにも、
    3. the restoration and vigorous strengthening of ecclesiastical discipline,教会の修復と精力的な規律の強化は、
    4. the advancement of the clergy in zeal for聖職者の地位向上のために熱意を
      • learning and学習と
      • piety,信心深さは、
    5. the founding of colleges for the training of the young for the service of religion; and finally大学設立のためのトレーニングサービスは、若者のための宗教;そして最後に
    6. the renewal of the moral life of the christian people by更新は、キリスト教の人々によっては、道徳的な生活
      • a more accurate instruction of the faithful, andもっと正確には、命令に忠実な、と
      • a more frequent reception of the sacraments.レセプションには、もっと頻繁に秘跡です。 What is more, thence also came何がもっとあれば、そこからまた来た
    7. a closer union of the members with the visible head, and an increased vigour in the whole mystical body of Christ.労働組合のメンバーが近づくと、目に見える頭、強勢を増大させるとは、キリストの体全体を神秘的です。 Thence cameそこから来た
    8. the multiplication of religious orders and other organisations of christian piety; thence too掛け算の注文やその他の宗教団体のクリスチャン忠義;そこからあまりにも
    9. that determined and constant ardour for the spreading of Christ's kingdom abroad in the world, even at the cost of shedding one's blood.その決意と定数はardourキリストの王国の拡大のため、海外での世界でも、その費用は自分の血を流すことです。
  4. While we recall with grateful hearts, as is only fitting, these and other outstanding gains, which the divine mercy has bestowed on the church especially by means of the last ecumenical synod, we cannot subdue the bitter grief that we feel at most serious evils, which have largely arisen either because感謝の心をリコールしている間我々と同じように、フィッティングだけは、これらおよびその他の顕著な上昇は、神の慈悲が授けたのは、教会で、特に最後の手段のエキュメニカル会議は、我々の苦味を征服することができない悲しみを感じることは我々の最も深刻な弊害は、大部分のどちらかが生じているため
  5. Everybody knows that those heresies, condemned by the fathers of Trent , which rejected the divine magisterium of the church and allowed religious questions to be a matter for the judgment of each individual , have gradually collapsed into a multiplicity of sects, either at variance or in agreement with one another; and by this means a good many people have had all faith in Christ destroyed.これらのことは誰でも知ってheresies 、祖先のトレントに非難されるのは、 拒否したのは、教会や可magisteriumご質問は、宗教的な問題のために、個々の判断は、徐々には数え切れないほどの宗派が崩壊する、あるいはどちらかで差異契約して1つの別;と良い意味で、この多くの人々がキリストを信じているすべて破棄してください。
  6. Indeed even the holy Bible itself, which they at one time claimed to be the sole source and judge of the christian faith, is no longer held to be divine, but they begin to assimilate it to the inventions of myth.確かに神聖な聖書そのものさえ、彼らは、この主張を一度に単独では、キリスト教の信仰の源と判断し、神はもはや開催されるが、それらを吸収することから始めるの神話を発明した。
  7. Thereupon there came into being and spread far and wide throughout the world that doctrine of rationalism or naturalism, - utterly opposed to the christian religion, since this is of supernatural origin, - which spares no effort to bring it about that Christ, who alone is our lord and saviour, is shut out from the minds of people and the moral life of nations. そこでそこに入ってきたが 、遠くまで広がること世界中の合理主義や自然主義の原則は、 -全く反対して、キリスト教の宗教は、超自然的起源以来、これは、 -どのスペアの努力を持ってきていないことについては、キリストは、誰一人では、わたしたちの主、救い主、閉め出すからは、人々の心や生活の道徳的な国だ。 Thus they would establish what they call the rule of simple reason or nature.こうしてかれらはかれらのコールの支配を確立する単純な理由や自然です。 The abandonment and rejection of the christian religion, and the denial of God and his Christ, has plunged the minds of many into the abyss of pantheism, materialism and atheism , and the consequence is that they strive to destroy rational nature itself, to deny any criterion of what is right and just, and to overthrow the very foundations of human society.拒絶反応の放棄とは、キリスト教の宗教は、神と神の否定とキリストは、多くの心の急落には、奈落の底への汎神論、無神論的唯物論とは、そしてその結末は、合理的な自然を破壊することに努力してそれ自体を否定する権利とは、どのような基準だけで、転覆して、人間社会の基盤そのものです。
  8. With this impiety spreading in every direction , it has come about, alas, that many even among the children of the catholic church have strayed from the path of genuine piety, and as the truth was gradually diluted in them, their catholic sensibility was weakened. この不信心各方面に広がって 、それが来については、悲しいかな、最近の多く子供たちの間でさえ、カトリック教会が正規の道からstrayed信心深さ、そして真実として、彼らは徐々に希薄化後で、彼らのカトリックの感性が弱体化した。 Led away by diverse and strange teachings [4] and confusing去るとリードされた多様な奇妙な教え[ 4 ]と紛らわしい they are found to distort the genuine sense of the dogmas which holy mother church holds and teaches , and to endanger the integrity and genuineness of the faith.かれらは、真の意味での発見をゆがめる聖なる母教会の教義を保持すると教える 、との整合性を危険にさらすとは、純粋な信仰です。
  9. At the sight of all this, how can the inmost being of the church not suffer anguish?その光景を見て、このすべては、心の奥にはどうすればよいのではなく、教会の苦しみに耐えるか? For Thus she can never cease from witnessing to the truth of God which heals all [8 ] and from declaring it, for she knows that these words were directed to her: My spirit which is upon you, and my words which I have put in your mouth, shall not depart out of your mouth from this time forth and for evermore [9] .こうして彼女witnessingことには変わりないが真実であることを神にすべてを癒し[ 8 ]と宣言したことから、これらの言葉を知っている彼女のために指示された彼女:私の精神がなたがたには、私は、私の言葉にして置く口の中は、お口の中のうちに出発するものではないから永久にこの時期に来たりすると[ 9 ] 。
  10. And so we, following in the footsteps of our predecessors, in accordance with our supreme apostolic office, have never left offだから僕らは、次の我々の先人の足跡は、我々の最高のローマ教皇庁に基づいて、再出発することは一度もない
But now it is our purpose toしかし、今では私たちの目的に This we shall doわたしたちはこのこと

Return to Table of Contents 目次に戻る

Chapter 1 On God the creator of all things 第1章で、神の創造のすべてのもの

  1. The holy, catholic, apostolic and Roman church believes and acknowledges that there is one true and living God,聖、カトリック、ローマ教皇と教会とは考えては、 1つの真実があることを認め 、神との生活は、
  2. Since he is以来彼は he must be declared to be in reality and in essence,彼は現実にしなければならない宣言されて本質的には、
  3. This one true God,この1つの真の神、
  4. Everything that God has brought into being he protects and governs by his providence, which reaches from one end of the earth to the other and orders all things well [11] .神がすべてのことを彼に持ち込まれ、規制された彼の摂理を保護し、これの片方の端から地球に到達すると、他のすべての物事をうまく受注[ 11 ] 。 All things are open and laid bare to his eyes [12] , even those which will be brought about by the free activity of creatures.すべてのものをあらわには、彼の目を開いて[ 12 ]でも、それらによってもたらされるのは、自由な活動の生き物です。

Return to Table of Contents 目次に戻る

Chapter 2 On revelation 第2章でヨハネの黙示録

  1. The same holy mother church holds and teaches that God, the source and end of all things,同じ聖なる神の母教会で開催して教えることは、すべての物事の終わりのソースコードとは、
  2. It was, however, pleasing to his wisdom and goodness to revealそれは、しかし、彼を喜ばせる知恵と善良さを明らかに to the human race by another, and that a supernatural, way.別の人類には、それゆえに、超自然的、方法です。
  3. It is indeed thanks to this divine revelation, that those matters concerning Godそれは本当に感謝して、この託宣は、神にして、これらの事項
  4. It is not because of this that one must hold revelation to be absolutely necessary; the reason is that God directed human beings to a supernatural end,このことではないことの1つのために絶対に必要な啓示を開く必要があります;その理由は、人間は神の指示を終了する超自然的、
  5. Now this supernatural revelation, according to the belief of the universal church, as declared by the sacred council of Trent , is contained in今のところ、この超自然的啓示は、その普遍的な信念によると、教会は、聖なる評議会として宣言されたトレントは、含まれては、 which wereされた
  6. The complete books of the old and the new Testament with all their parts, as they are listed in the decree of the said council and as they are found in the old Latin Vulgate edition, are to be received as sacred and canonical.完全な書籍は、古いものと新約聖書のすべての部分では、法令にリストされているとして、評議会によると、彼らが見つかったとしては、古いラテン語ウルガタ聖書のエディションは、神聖とされるカノニカルとして受け取った。
  7. These books the church holds to be sacred and canonicalこれらの書籍は保持される神聖な教会やカノニカル
  8. Now since the decree on the interpretation of holy scripture, profitably made by the council of Trent , with the intention of constraining rash speculation, has been wrongly interpreted by some, we renew that decree and declare its meaning to be as follows : that今して以来、法令上の解釈の教典は、 評議会を有利に作られるトレント 、軽率な憶測を抑圧する意図では、誤って解釈されてきたいくつかは、我々の意味を更新して令を宣言されると、以下の通り:こと
  9. In consequence, it is not permissible for anyone to interpret holy scripture in a sense contrary to this, or indeed against the unanimous consent of the fathers.結果として、 許容することではない 、誰にでもある意味に解釈教典これに反して、あるいは実際には、父の反対満場一致で同意した。

Return to Table of Contents 目次に戻る

Chapter 3 On faith 第3章をうのみに

  1. Since human beings are totally dependent on God as their creator and lord, and created reason is completely subject to uncreated truth, we are obliged to yield to God the revealer full submission of intellect and will by faith.全面的に依存して以来、人間は神の創造者としての自分の主とし、作成した理由はまだ創造されていない真実を完全に服従して、我々の義務を負うのは、神に屈するrevealer知性とは、提出された完全な信仰です。
  2. This faith, which is the beginning of human salvation, the catholic church professes to beこの信仰をもって、これは人間の救いの初めには、カトリック教会にprofesses
  3. Faith, declares the Apostle, is the assurance of things hoped for, the conviction of things not seen [17].信仰は、使徒を宣言し、保証のことを望んでいたことですが、その信念のことを見ていない[ 17 ] 。
  4. Nevertheless, in order that the submission of our faith should be in accordance with reason, it was God's will that there should be linked to the internal assistance of the holy Spirit external indications of his revelation, that is to say divine acts, andにもかかわらず、そのために我々の信仰を提出しなければならない理由に基づいて、それは神の意志があることにリンクして内部の支援をしなければならないが、彼の指示の外部聖霊ヨハネの黙示録は、神の行為を言うことは、
  5. Hence従って
  6. Now,さて、
  7. And so faith in itself,それ自体と信じているので、
  8. Wherefore, by divine and catholic faith all those things are to be believed何のためには、 カトリック教徒の信仰によって神とは、そういったことすべてを信じて
  9. Since, then, without faith it is impossible to please God [21] and reach the fellowship of his sons and daughters, it follows that以来、次に、信仰することは不可能にしてくださいなし[ 21 ]神との交わりに達する彼の息子や娘は、以下のとおりとすること
  10. So that we could fulfil our duty of embracing the true faith and of persevering unwaveringly in it, God, through his only begotten Son, ですから、私たちは私たちの義務を果たし、真の信仰を抱き締めて確固との辛抱強いが、神は、ひとり子のみを介して彼の息子、
  11. To the catholic church alone belong all those things, so many and so marvellous, which have been divinely ordained to make for the manifest credibility of the christian faith.カトリック教会に属するすべてを一人で、そういうことは、非常に多くのそして素晴らしいので、神のように用意されて定められたマニフェストの信憑性を作るために、キリスト教の信仰です。
  12. What is more,何がもっとあれば、
  13. So it comes about that,情報を見ることが来るので、
  14. To this witness is added the effective help of power from on high.この証人が追加して、より効果的な力の助けを借りて高くなっています。 For,は、
  15. Consequently,したがって、
This being so, giving thanks to God the Father who has made us worthy to share with the saints in light [25] let us not neglect so great a salvation [26] , but looking unto Jesus the author and finisher of our faith [27] , let us hold the unshakeable confession of our hope [28].このように、神のおかげで、父与えてきた価値を共有して私たちの前にセインツに照らしてみましょう[ 25 ]だから偉大で放置しない救世[ 26 ]は、イエスキリストが、かれの著者見ると我々の信仰フィニッシャ[ 27 ]は、ホールドしてみましょう。 unshakeable告白[ 28 ]我々の希望だ。

Return to Table of Contents 目次に戻る

Chapter 4. 第4章。 On faith and reason 信仰上の理由で

  1. The perpetual agreement of the catholic church has maintained and maintains this too: that四季咲きの合意は、カトリック教会の維持、 管理には、このすぎる:こと
  2. With regard to the source,ソースと関連して、
  3. With regard to the object,オブジェクトと関連して、
  4. Now reason,今の理由は、 but reasonしかし、理由
  5. Even though faith is above reason, there can never be any real disagreement between faith and reason, sinceたとえ信仰は、上記の理由で、そこの間で意見の相違が絶対に本当の信仰といかなる理由で、以後
  6. God cannot deny himself, nor can truth ever be in opposition to truth.神に自分自身を否定することはできないし、またこれまでには真実を真実に反対しています。
  7. Therefore we define that every assertion contrary to the truth of enlightened faith is totally false [34] .従って我々の主張に反しごとに定義することが真実であることを悟りを開いたとは全く誤った信仰[ 34 ] 。
  8. Furthermore the church which,また、教会では、
  9. Hence all faithful Christiansしたがってすべての忠実なキリスト教徒
  10. Not only can faith and reason never be at odds with one another but they mutually support each other, for信仰していないことのみを理由の1つ決して対立して互いに支え合う別だがかれらは、
  11. Hence, so far is the church from hindering the development of human arts and studies, that in fact she assists and promotes them in many ways.したがって、これまでのところは、教会からの発展を妨げて芸術や人間のタイプは、それが実際に彼女は多くの点でアシストを推進しています。 For
  12. Nor does the church forbid these studies to employ, each within its own area, its own proper principles and method:またこれらのタイプは、教会の禁止を採用、各エリア内で、独自のは、独自の適切な原則と方法:
  13. For the doctrine of the faith which God has revealed is put forward教義は、信仰のためには、神が明らかにフォワード
  14. Hence, too, that meaning of the sacred dogmas is ever to be maintained which has once been declared by holy mother church, and there must never be any abandonment of this sense under the pretext or in the name of a more profound understanding.それ故に、あまりにも、 その意味については、これまでの神聖な教義を一度に維持されてきた神聖な母親に宣言された教会、そしてそこ任意放棄しなければ絶対にこの感覚を口実にしたり、より深い理解の名前です。
May understanding, knowledge and wisdom increase as ages and centuries roll along, and greatly and vigorously flourish, in each and all, in the individual and the whole church: but this only in its own proper kind, that is to say, in the same doctrine, the same sense, and the same understanding [36] . 5月の理解は、年齢や知識や知恵を増やすように沿ってロール世紀にもわたって、大幅にと精力的に頭角を現すと、各およびすべては、全体の中で、個々の教会や:しかし、これだけで、独自の適切な種類は、これは、つまり、同一教義は、同じ意味では、 [ 36 ]の理解と同じです。

Return to Table of Contents 目次に戻る

CANONS 規範

1. 1 。 On God the creator of all things 神は凡てのものの創造

Return to Table of Contents 目次に戻る

2. 2 。 On revelation 上ヨハネの黙示録

Return to Table of Contents 目次に戻る

3. 3 。 On faith 上の信仰