Epistle to the Galatiansの信徒へのガラテヤ人への手紙

General Information 総合情報

The Epistle to the Galatians is one of the books of the New Testament.のの信徒への書籍のいずれかのガラテヤ人への手紙は、新約聖書です。 It was written by Saint Paul in answer to opponents who were trying to convince the Galatian Christians that circumcision was necessary for salvation.セントポールに書かれたことは、反対派の回答をしようとして納得してwhoがガラテヤのキリスト教徒を救いに割礼が必要です。 The letter, written about AD 54 - 55, is the fourth epistle in the collection of Pauline letters in the Bible.その手紙は、広告の書かれた約54 -5 5、 4番目の信徒は、ポーリーンは、コレクションの手紙は、聖書です。

The Galatians lived in north central Anatolia.北中部アナトリア地方に住んで、ガラテヤ人への手紙です。 Their faith evidently had been disturbed by the insistence of some Jewish Christians on close ties to Judaism even for gentile converts to Christianity.自分たちの信仰明らかに邪魔されていたいくつかのユダヤ人キリスト教徒の主張にも密接な関係にあるユダヤ教、キリスト教ジェンティーレに変換する。 Paul replied by developing the theme of the efficacy of salvation in Jesus Christ.ポールはこう答えた。られたの効果を発展途上のテーマは、イエスキリストの救いです。 In the first two chapters, he defends his apostleship and authority. He then presents arguments from Scripture for the primacy of faith in Jesus as alone essential for salvation (chapters 3 - 4) and continues with an exhortation to true Christian life and freedom (chapters 5 - 6). This epistle and the Epistle to the Romans served as prime sources for the Reformation teaching on justification by faith.最初の2つの章で、彼は彼の使徒の職と権威を守る。 彼の引数からプレゼント啓典を入力し、優位性だけで欠かせないとして信仰をイエスキリストの救い(章3 -4 )との勧告をt rueに続けてキリスト教の生命と自由(支部5 -6 ) 。このローマの信徒への手紙と総理のソースとしての教育改革の信仰を正当化されています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Anthony J Salsariniアンソニー無しsalsarini

Bibliography 書誌事項
J Bligh, Galatians (1969); JD Dunn, Jesus, Paul, and the Law (1990).無しbligh 、ガラテヤ人への手紙( 1969 ) ;米国JDダン、イエスキリスト、ポール、および同法( 1990 ) 。


Epistle to the Galatiansの信徒へのガラテヤ人への手紙

Brief Outline簡単な概要

  1. Introduction (1:1-10)はじめに( 1:1-10 )
  2. Paul attempted to vindicate his apostolic authority (1:11-2:21)彼の正当性を立証しようとした使徒パウロ機関( 1:11-2:21 )
  3. Explanation of the meaning of Justification by Faith (3:1-4:31)の意味を説明した他力本願( 3:1-4:31 )
  4. Nature of the Christian life of liberty (5:1-6:10)自由の女神の性質は、キリスト教の生活( 5:1-6:10 )
  5. Conclusion, appeal to Galatians to return to their initial Faith (6:11-17)結論として、ガラテヤ人への手紙に復帰してアピールする最初の信仰( 6:11-17 )
  6. Benediction (6:18)祝祷( 6:18 )


Epistle to the Gala'tiansの信徒へのgala'tians

Advanced Information 高度情報

The genuineness of this epistle is not called in question.この書簡の純粋さと呼ばれる問題ではない。 Its Pauline origin is universally acknowledged.その起源は、普遍的ポーリーン認めた。 Occasion of.機会です。 The churches of Galatia were founded by Paul himself (Acts 16:6; Gal. 1:8; 4:13, 19). galatiaの教会のポール自身によって設立された(行為16 : 06 ;ギャルです。 1:8 ; 4:13 、 19 ) 。 They seem to have been composed mainly of converts from heathenism (4:8), but partly also of Jewish converts, who probably, under the influence of Judaizing teachers, sought to incorporate the rites of Judaism with Christianity, and by their active zeal had succeeded in inducing the majority of the churches to adopt their views (1:6; 3:1).で構成されているように見えますからの変換を中心とした異教の信仰( 4時08分) 、しかし、ユダヤ人の部分も変換するが、 who 、おそらく、 judaizing教師の影響を受けて、ユダヤ教の儀式を模索してきた内蔵していると、キリスト教、積極的な熱意とされていた誘導に成功し、大半の教会を採用するのに再生回数( 1時06分; 3:1 ) 。 This epistle was written for the purpose of counteracting this Judaizing tendency, and of recalling the Galatians to the simplicity of the gospel, and at the same time also of vindicating Paul's claim to be a divinely-commissioned apostle.この手紙が書かjudaizingのために、この傾向に対抗する、とシンプルさを想起し、ガラテヤ人への手紙の福音、それと同時にvindicatingもポールの主張には、神に委託使徒です。

Time and place of writing.時間と場所を書いています。 The epistle was probably written very soon after Paul's second visit to Galatia (Acts 18:23).非常にすぐに書かれた手紙はおそらく、ポールの2つ目の訪問をした後galatia (行為18:23 ) 。 The references of the epistle appear to agree with this conclusion.表示されるの信徒への参照は、この結論に同意します。 The visit to Jerusalem, mentioned in Gal.エルサレムへの訪問を、ギャルに記載されています。 2:1-10, was identical with that of Acts 15, and it is spoken of as a thing of the past, and consequently the epistle was written subsequently to the council of Jerusalem. 2:1-10 、その行為は同じ15日、話さとして、これは過去のものにし、その結果、その後に書かれた手紙は、エルサレムの評議会です。 The similarity between this epistle and that to the Romans has led to the conclusion that they were both written at the same time, namely, in the winter of AD 57-8, during Paul's stay in Corinth (Acts 20:2, 3).この手紙との間の類似性をすることがローマ人への手紙につながって書かれた、という結論には、二人とも同じ時間、つまり、冬の広告掲載五十七から八、ポールのご滞在中に、コリント(行為20時02分、 3 ) 。

This to the Galatians is written on the urgency of the occasion, tidings having reached him of the state of matters; and that to the Romans in a more deliberate and systematic way, in exposition of the same great doctrines of the gospel.これをガラテヤ人への手紙に書いての緊急性を強調する際、彼の便りに達した問題の状態を、ローマ人への手紙をすることがもっと審議し、系統立った方法では、大教説に付随するのと同じ福音です。 Contents of.の内容をします。 The great question discussed is, Was the Jewish law binding on Christians?偉大な質問については、法的に拘束される法律は、ユダヤ人のキリスト教徒ですか? The epistle is designed to prove against the Jews that men are justified by faith without the works of the law of Moses.信徒に設計さを証明するのは反対するユダヤ人の男性が正当化されることなく信仰の法則は、ムーサーの作品です。 After an introductory address (Gal. 1:1-10) the apostle discusses the subjects which had occasioned the epistle.入門した後にアドレス(ガロン1:1-10 )の使徒では、科目により引き起こさの信徒ていた。 (1) He defends his apostolic authority (1:11-19; 2:1-14); (2) shows the evil influence of the Judaizers in destroying the very essence of the gospel (3 and 4); (3) exhorts the Galatian believers to stand fast in the faith as it is in Jesus, and to abound in the fruits of the Spirit, and in a right use of their Christian freedom (5-6:1-10); (4) and then concludes with a summary of the topics discussed, and with the benediction. ( 1 )彼は彼のローマ教皇の権威を守る( 1:11-19 ; 2:1-14 ) ; ( 2 )は、邪悪な影響を与えるのは非常に本質を破壊してjudaizersでの福音( 3および4 ) 、 ( 3 ) exhortsガラテヤの信者たちの信仰としては、高速に立つことは、イエスキリストとの精神がたくさんの成果を、および、キリスト教の自由を使用する権利( 5-6:1-10 ) ; ( 4 )と入力し、結論とのトピックの概要を説明したように、との祝祷です。

The Epistle to the Galatians and that to the Romans taken together "form a complete proof that justification is not to be obtained meritoriously either by works of morality or by rites and ceremonies, though of divine appointment; but that it is a free gift, proceeding entirely from the mercy of God, to those who receive it by faith in Jesus our Lord."のの信徒へのガラテヤ人への手紙と一緒に撮影をすることがローマ人への手紙"を形成する完全な証拠を手に入れることによって得を正当ではない作品のいずれかを称賛に値するような道徳的、または儀式や儀式が、神の約束;れていることは無料の贈答品、手続き神からのなすがままに全面的に信頼してそれらのwhoを受けることによって、わたしたちの主イエスキリストです。 " In the conclusion of the epistle (6:11) Paul says, "Ye see how large a letter I have written with mine own hand."で、結論は、信徒( 6:11 )ポール氏は、 "なたがたは一通の手紙私はどのように大規模な鉱山自身の手で書かれた。 " It is implied that this was different from his ordinary usage, which was simply to write the concluding salutation with his own hand, indicating that the rest of the epistle was written by another hand.このことは示唆した彼の普通の利用方法とは違って、これは単に結びのあいさつを書いて自分自身の手で示すことが分かり、この手紙の残りの部分は、別の手で書かです。

Regarding this conclusion, Lightfoot, in his Commentary on the epistle, says: "At this point the apostle takes the pen from his amanuensis, and the concluding paragraph is written with his own hand. From the time when letters began to be forged in his name (2 Thess. 2:2; 3:17) it seems to have been his practice to close with a few words in his own handwriting, as a precaution against such forgeries......In the present case he writes a whole paragraph, summing up the main lessons of the epistle in terse, eager, disjointed sentences. He writes it, too, in large, bold characters (Gr. pelikois grammasin), that his hand-writing may reflect the energy and determination of his soul."これについて結論として、ライトフット、彼の解説を検索するの信徒は、言う: "この時点で、使徒には、ペンより彼の筆記、との結びの段落は、彼自身の手で書いています。てからは、偽造を始めたときに彼の手紙名( 2 thess 。 2:2 ; 3:17 )彼の練習もいるようですが、いくつかの単語を閉じるには、自分自身の手書きのは、このような偽造を予防するために、現在のケース......彼の書き込みを全体の段落は、要約すると、メインのレッスンは、簡潔な手紙で、熱心な、まとまりのない文章です。彼の書き込みには、あまりにも、大規模な、大胆な文字( gr. pelikois grammasin ) 、 5月は自分の手で書くエネルギーと決意を反映して彼の魂。 " (See Justification.) (参照正当化します。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Epistle to the Galatiansの信徒へのガラテヤ人への手紙

Catholic Information カトリックの情報

GALATIA galatia

In the course of centuries, gallic tribes, related to those that invaded Italy and sacked Rome, wandered east through Illyricum and Pannonia.世紀の過程で、没食子部族は、侵略に関連するものと解任イタリアローマ、東をさまよいましたイリュリクムと緑のです。 At length they penetrated through Macedonia (279 BC), and assembled in great numbers under a prince entitled Brennus, for the purpose of invading Greece and plundering the rich temple of Delphi.マケドニアの長さを介して侵入(紀元前279 ) 、および組み立てに大きな数字の下にプリンス権利brennus 、ギリシャと略奪侵略の目的は、デルファイの豊かな寺です。 The leaders disagreed and the host soon divided, one portion, under Brennus, marching south on Delphi: the other division, under Leonorius and Luterius, turned eastward and overran Thrace, the country round Byzantium.すぐに反対の指導者とホスト分け、 1つの部分に、 brennusされて、南に行進デルファイ: 、他の課、 leonoriusとされてluterius 、有効overranトラキア東と、その国ラウンドビュザンティオンです。 Shortly afterwards they were joined by the small remnants of the army of Brennus, who was repulsed by the Greeks, and killed himself in despair.その後すぐにメンバー登録された彼らは軍の残党による小規模brennus 、 whoは嫌悪感を抱く、ギリシア、絶望して自殺したとします。 In 278 BC, 20,000 Gauls, under Leonorius, Luterius, and fifteen other chieftains, crossed over to Asia Minor, in two divisions.紀元前278で、 20000ゴール、 leonoriusされて、 luterius 、および15の他の頭目、小アジア横断を、 2つの部門です。 On reuniting they assisted Nicomedes I, King of Bithynia, to defeat his younger brother; and as a reward for their services he gave them a large tract of country, in the heart of Asia Minor, henceforward to be known as Galatia.彼らを支援reuniting nicomedes私は、キングオブビテュニア、彼の弟に敗北;すると、彼は、そのサービスの報酬をかれらに大規模な路の国は、小アジアの中心部に、 henceforwardをgalatiaとして知られるようにします。

The Galatians consisted of three tribes:ガラテヤ人への手紙の3つの部族の構成:

the Tolistboboii, on the west, with Pessinus as their chief town;のtolistboboiiは、西は、その長としてpessinus町;

the Tectosages, in the centre, with their capital Ancyra; andのtectosagesは、中心部に、自己資本アンキラ;と

the Trocmi, on the east, round their chief town Tavium.のtrocmi 、上の東、ラウンドのチーフ町taviumです。

Each tribal territory was divided into four cantons or tetrarchies.各部族の領土は、 4つの州またはtetrarchiesに分かれています。 Each of the twelve tetrarchs had under him a judge and a general.それぞれのは、 12 tetrarchsされていた彼は裁判官と一般的です。 A council of the nation consisting of the tetararchs and three hundred senators was periodically held at a place called Drynemeton, twenty miles southwest of Ancyra.ザネーションで構成する評議会の300 tetararchsと上院議員は、定期的に開かれた場所と呼ばれるdrynemeton 、アンキラ20マイルの南西です。

That these people were Gauls (and not Germans as has sometimes been suggested) is proved by the testimony of Greek and Latin writers, by their retention of the Gallic language till the fifth century, and by their personal and place names.ゴールは、これらの人々が(ドイツ人としてではなく推奨されて時には)が証明されたギリシャ語とラテン語の証拠を提出する作家、没食子言語に保持されて5世紀まで、自分の個人や場所の名前とされています。 A tribe in the west of Gaul in the time of Caesar (Bell. Gall., VI, xxiv) was called Tectosages.部族には、西のゴールは、時間のシーザー(こぶbell. 。 、 6 、 24 )が呼び出されたtectosagesです。 In Tolistoboii we have the root of the word Toulouse, and in Boii the well known Gallic tribe.でtolistoboiiという単語のルートを我々はトゥールーズ、および没食子ボイイ族の部族でよく知られています。 Brennus probably meant prince; and Strabo says he was called Prausus, which in Celtic means terrible.おそらく意味brennusプリンス;とストラボンは言うpraususと呼ばれる彼は、これはひどいケルトの手段です。 Luterius is the same as the Celtic Lucterius, and there was a British saint called Leonorius.ケルトluteriusと同じlucterius 、および英国のサンと呼ばれるleonoriusがあった。 Other names of chieftains are of undoubted Gallic origin, eg Belgius, Achichorius, Gaezatio-Diastus.紛れもない他の名前を没食子の首領の起源は、例えばbelgius 、 achichorius 、 gaezatio - diastusです。 Brogoris (same root as Brogitarus, Allobroges), Bitovitus, Eposognatus (compare Caesar's Boduognatus, etc.), Combolomarus (Caesar has Virdomarus, Indutionmarus), Adiorix, Albiorix, Ateporix (like Caresar's Dumnorix, ambbiorix, Vercingetorix), Brogitarus, Deiotarus, etc. Place names are of a similar character, eg Drynemeton, the "temple of the oaks" or The Temple, from nemed, "temple" (compare Augustonemetum in Auvergene, and Vernemeton, "the great temple", near Bordeaux), Eccobriga, Rosologiacum, Teutobodiacum, etc. (For a detailed discussion of the question see Lightfoot's "Galatians", dissertation i, 4th ed., London, 1874, 235.) brogoris ( brogitarus同じルートとして、アロブロゲス) 、 bitovitus 、 eposognatus (シーザーの比較boduognatus 、等) 、 combolomarus (シーザーはvirdomarus 、 indutionmarus ) 、 adiorix 、アルビオリックス、 ateporix ( caresarのようなdumnorix 、 ambbiorix 、 vercingetorix ) 、 brogitarus 、 deiotarus 、などの場所名、会社名は同じような性格の、例えばdrynemetonは、 "寺は、オークス" 、または同寺は、 nemed 、 "寺" ( augustonemetumで比較auvergene 、およびvernemeton 、 "偉大な寺" 、近くにボルドー) 、 eccobriga 、 rosologiacum 、 teutobodiacum等(の問題に関する詳細な議論を参照しライトフットの"ガラテヤ人への手紙" 、論文私は、第4エド。 、ロンドン、 1874 、 235 。 )

As soon as these Gauls, or Galatians, had gained a firm footing in the country assigned to them, they began to send out marauding expeditions in all directions.とすぐに、これらのゴールか、またはガラテヤ人への手紙、確固たる地歩を占めるが得をしてその国に割り当てられて、彼らが始まったアウト略奪遠征を送信するすべての方向です。 They became the terror of their neighbours, and levied contributions on the whole of Asia Minor west of the Taurus.彼らはその近所の恐怖、および課税全体に貢献をし、おうし座の西アジアの未成年者です。 They fought with varying success against Antiochus, King of Syria, who was called Soter from his having saved his country from them.彼らの成功をもって戦い、さまざまな反対アンティオコス、キングオブシリア、 who soterからと呼ばれる彼のことは自分の国を保存します。 At length Attlaus I, King of Pergamun, a friend of the Romans, drove them back and confined them to Galatia about 235-232 BC After this many of them became mercenary soldiers; and in the great battle of Magnesia, 180 BC, a body of such Galatian troops fought against the Romans, on the side of Antiochus the Great, King of Syria.先の長さattlaus私は、キングオブpergamun 、ローマ人への手紙する友人に送るのは、運転して先頭を監禁してgalatia約二三五から二三二紀元前なった後、それらの多くは、この傭兵軍兵士との戦いでの大マグネシア、 180紀元前は、体このようなガラテヤ戦ったローマ軍は、偉大なアンティオコスの側面に、キングオブシリアです。 He was utterly defeated by the Romans, under Scipio Asiaticus, and lost 50,000 of his men.彼は惨敗されたローマ人への手紙、スキピオasiaticusされて、 50000を失った彼の男性です。 Next year the Consul Manlius entered Galatia, and defeated the Galatians in two battles graphically described by Livy, XXXVIII, xvi.来年galatia領事manlius入力、および2つの戦いで敗れ、ガラテヤ人への手紙livyグラフィカルに記述され、 38 、 16 。 These events are referred to in I Mach., viii.これらのイベントは私マッハで参照されています。 、 Ⅷ 。 On account of ill-treatment received at the hands of Mithradates I King of Pontus, the Galatians took the side of Pompey in the Mitradatic wars (64 BC).治療上のアカウントの受信が悪いmithradates私の手にキングオブポントス、ガラテヤ人への手紙は、ポンペイの側面には、 mitradaticウォーズ( 64紀元前) 。 As a reward for their services, Deiotarus, their chief tetrarch, received the title of king, and his dominions were greatly extended.そのサービスに対する報酬として、 deiotarus 、彼らの主任長老、王のタイトルを受け取った、と彼の領土が大幅に拡張します。 Henceword the Galatians were under the protection of the Romans, and were involved in all the troubles of the civil wars that followed. henceword 、ガラテヤ人への手紙、ローマ人への手紙の保護の下では、とのすべての問題が関与し、内戦が続いた。 They supported Pompey against Julius Caesar at the battle of Pharsalia (48 BC).彼らに対するサポートポンペイウスユリウスカエサルの戦いは、 pharsalia ( 48紀元前) 。 Amyntas, their last king was set up by Mark Antony, 39 BC His kingdom finally included not only Galatia Proper but also the great plains to the south, together with parts of Lyesonia, Pamphylia, Pisidia, and Phrygia, ie the country containing the towns Antioch, Iconium, Lystra and Derbe. amyntas 、自分たちの最後の王がセットアップさマークアントニー、 39紀元前彼の王国galatia最後に含まれるものだけでなく、適切なだけでなく、大平原の南に、部品のlyesoniaと一緒に、パンフィリア、ピシディア、およびphrygia 、すなわちその国の町を含むアンティオキア、イコニウム、 lystraとderbeです。 Amyntas went to Actium, 31 BC, to support Mark Antony; but like many others he went over, at the critical moment, to the side of Octavianus, afterwards called Augustus. amyntas行ったアクティウム、 31紀元前、をサポートするマークアントニー;しかし、彼は以上のような多くの他、は、決定的な瞬間をoctavianusの側面に、その後アウグストゥスと呼ばれる。 Augustus confirmed him in his kingdom, which he retained until he was slain in ambush, 25 BC After the death of Amyntas, Augustus made this kingdom into the Roman province of Galatia, so that this province had ben in existence more than 75 years when St. Paul wrote to the Galatians.オーガスタス確認されていた王国、これまで彼が殺害された彼は保持待ち伏せ、 25紀元前amyntasの死の後、オーガスタスはこの王国をgalatiaローマン省のように、この道は75年以上存在しているベンときセントです。ポールガラテヤ人への手紙を書いた。

THE NORTH AND THE SOUTH GALATIAN THEORIES北と南ガラテヤの理論

St. Paul addresses his letter to the churches of Galatia (Galatians 1:2) and calls them Galatians (Galatians 3:1); and in I Cor., vi, 1, he speaks of the collections which he ordered to be made in the churches of Galatia.聖パウロの教会のアドレスを彼に手紙をgalatia (ガラテヤ人への手紙1:2 )と通話してガラテヤ人への手紙(ガラテヤ人への手紙3:1 ) ;と、私コー。 、六、 1 、彼は話すのが彼のコレクションを指示することはgalatiaの教会のです。 But there are two theories as to the meaning of these terms.しかしには2つの理論としては、これらの用語の意味をします。 It is the opinion of Lipsius, Lightfoot, Davidson, Chase, Findlay, etc., that the Epistle was addressed to the people of Galatia Proper, situated in the centre of Asia Minor, towards the north (North Galatian Theory).リプシウスの意見をすることは、ライトフット、デビッドソン、チェイス、フィンドレーなどは、信徒は、適切な対処をgalatiaの人々は、小アジアの中心部に位置し、北に向かって(北ガラテヤの理論) 。

Others, such as Renan, Perrot, Weizsacker, Hausrath, Zahn, Pfleiderer, Gifford, Rendell, Holtzmann, Clemen, Ramsay, Cornely, Page, Knowling, etc., hold that it was addressed to the southern portion of the Roman province of Galatia, containing Pisidian Antioch, Iconium, Lystra, and Derbe, which were visited by Saints Paul and Barnabas, during their first missionary journey (South Galatian Theory).その他、ルナンなど、ペロー、ワイツゼッカー、ハウスラート、ザーン、プフライデラー、ギフォード、レンデル、ホルツマン、クレーメン、ラムゼイ、 cornely 、ページ、 knowlingなどの対処を保留してはローマの南の部分は、県galatia 、を含むpisidianアンティオキア、イコニウム、 lystra 、およびderbe 、これは聖人のポールとバルナバを訪問され、中に最初の宣教師の旅(南ガラテヤの理論) 。

Lightfoot was the chief upholder of the North-Galatian theory; but a great deal has become known about the geography of Asia Minor since he wrote in the eighteenth century, and the South-Galatian Theory has proportionately gained ground.ライトフットは、支持者の北朝鮮首席-ガラテヤの理論;ではなく、非常に多くなっについては、地理的に知られて以来、小アジアには、 18世紀を書いた、と南-ガラテヤの理論が得地面に比例します。 A German Catholic professor, Stinmann (Der Liserkreis des Galaterbriefes), has, however, recently (1908) given Lightfoot his strong support, though it must be admitted that he has done little more than emphasize and expand the arguments of Chase. 、ドイツのカトリック教授、 stinmann ( der liserkreisデgalaterbriefes ) 、が、しかし、最近( 1908 )与えられたライトフット彼の強力な支援、しなければならないことを認めているよりも彼はもう少し強調するとチェイスの引数を展開しています。 The great coryphaeus of the South-Galatian theory is Prof. Sire WM Ramsay.偉大なコリュパイオスの南-ガラテヤの説では、ウインドウマネージャラムゼイ教授種馬です。 The following is a brief summary of the principal arguments on both sides.簡単な概要は、次の校長は、引数の両側にします。

(1) The fact that the Galatians were being changed so soon to another gospel is taken by Lightfoot as evidence of the characteristic fickleness of the Gauls. ( 1 )という事実が変更されたため、ガラテヤ人への手紙をすぐに別の福音書はライトフットとしての証拠を取らされ、ゴールの特性不安定です。 Ramsay replies that tenacity in matters of religion has ever been characteristic of the Celts.ラムゼイの返信が粘り強さの点で上演された宗教は、ケルトの特徴です。 Besides, it is precarious to argue from the political mobility of the Gauls, in the time of Caesar, to the religious inconsistency of Galatians, whose ancestors left the West four hundred years before.また、不安定に議論することは政治的な流動性からのゴールは、シーザーの時の、ガラテヤ人への手紙は、宗教的な矛盾を、その祖先の西400年前に左です。 The Galatians received St. Paul as an angel from heaven (Galatians 4:14).聖パウロのガラテヤ人への手紙を受け取った天使から天国(ガラテヤ人への手紙4:14 ) 。 Lightfoot sees in this enthusiastic reception proof of Celtic fickleness of character.この熱烈な歓迎を追っている証拠ライトフットケルト不規則の文字です。 In the same way it may be proved that the 5000 converted by St. Peter at Jerusalem, and, in fact, that, nearly all the converts of St. Paul were Celts.それと同じ方法であることが立証は、 5000年5月サンピエトロ大聖堂はエルサレムに変換され、そして、実際には、その、ほぼすべての変換のセントポールはケルトです。 Acts (xiii-xiv) gives sufficient indications of fickleness in South Galatia.行為( 13 - 14 )では、十分な不安定さの兆候南galatiaです。 To take but one instance: at Lystra the multitude could scarcely be restrained from sacrificing to St. Paul; shortly afterwards they stoned him and left him for dead.しかし、 1つのインスタンスを取る: lystraの多数が拘束されるからほとんど犠牲を聖パウロ;それからすぐに彼ら左の境をさまよう彼と彼を死んでいた。

(2) St. Paul warns the Galatians not to abuse their liberty from the obligations of the Law of Moses, by following the works of the flesh. ( 2 )聖パウロは警告してその自由を乱用しないようにガラテヤ人への手紙からは、法律上の義務のムーサーよ、肉は、次の作品です。 He then gives a long catalogue of vices.彼は長いカタログの悪弊を入力しています。 From this Lightfoot selects two (methai, komoi) as evidently pointing to Celtic failings.この2つの選択からライトフット( methai 、 komoi )として明らかにケルトの欠点を指しています。 Against this it may be urged that St. Paul, writing to the Romans (xiii, 13), exhorts them to avoid these two very vices.このように求めたことがありますが聖パウロは、ローマ人への手紙を書く( 13 、 13 ) 、 exhortsことを避けるために、これら2つの非常に悪徳です。 St. Paul, in giving such an enumeratio here and elsewhere, evidently does not intend to paint the peculiar failings of any race, but simply to reprobate the works of the flesh, of the carnal or lower man; "they who do such things shall not obtain the kingdom of God" (Galatians 5:21).聖パウロは、ここや他のenumeratio与えるような、明らかにペンキを塗るつもりはありません特有の欠点を任意のレース、しかし、単に肉を神に見捨てられたの作品を、または下位の肉欲男; "彼らwhoはこのようなことは、神の王国入手していない" (ガラテヤ人への手紙5:21 ) 。

(3) Witchcraft is also mentioned in this list. ( 3 )魔術でもこのリストに記載されています。 The extravagant devotion of Deiotarus, says Lightfoot, "fully bears out the character ascribed to the parent race."献身的な愛情の、ぜいたくなdeiotarus 、言うライトフット、 "完全にクマして文字を生得して親のレースです。 " But the Emperor Tiberius and many officials in the empire were ardent devotees of augury.しかし、皇帝ティベリウス、多くの関係者は、帝国が熱心な信者の前兆です。 Sorcery is coupled by St. Paul with idolatry, and it was its habitual ally not only amongst the Gauls but throughout the pagan world.魔術は、聖パウロと偶像崇拝に結合され、その習慣は、同盟国との間だけでなく、ゴールしかし、異教の世界しています。

(4) Lightfoot says that the Galatians were drawn to Jewish observances; and he takes this as evidence of the innate Celtic propensity to external ceremonial, "appealing rather to the senses and passions than the heart and mind." ( 4 )ライトフットによると、ユダヤ教の儀式をガラテヤ人への手紙が描か;と彼はこれをケルトの証拠を、生来の性向を外部に儀式、 "魅力的というよりも、感覚や感情と心の中心です。 " This so-called racial characteristic may be questioned, and it is a well-known fact that the whole of the aboriginal inhabitants of Asia Minor were given over heart and soul to gross pagan cermonial.このいわゆる人種的特徴があります事情聴取し、それは周知の事実は、全体の小アジアの先住民が与えられた以上の住民の心と魂をcermonial総異教のです。 We do not gather from the Epistle that the Galatians were naturally attracted to Jewish ceremonies.収集することはありませんからの手紙ガラテヤ人への手紙は、ユダヤ教の儀式が自然に魅了された。 They were only puzzled or rather dazed (iii, 1) by the specious arguments of the Judaizers, who endeavoured to persuade them that they were not as perfect Christians as if they adopted circumcision and the Law of Moses.ボーッとしていただけというかむしろ当惑( Ⅲ 、 1 )された引数は、もっともらしいjudaizers 、 who endeavouredを説得していないしていたとして完璧なキリスト教徒として採択すればムーサーの法則割礼とします。

(5) On the South-Galatian theory it is supposed that the Epistle was written soon after St. Paul's second visit to Derbe, Lystra, Iconium, etc. (Acts 16). ( 5 )南-ガラテヤの理論上の仮定のことが書かれた書簡は、聖パウロの後すぐに2つ目の訪問をderbe 、 lystra 、イコニウム、等(行為16 ) 。 Lightfoot makes use of a strong argument against this early date.ライトフットに強い反対論を利用したこの初期の日です。 He shows, by a detailed examination, that the Epistle bears a close resemblance, both in argument and language, to parts of the Epistle to the Romans.彼を示し、詳細な検査は、信徒のクマに酷似して、引数と言語の両方で、ローマの信徒への部分をします。 This he thinks can be accounted for only on the supposition that both were written about the same time, and, therefore, several years later than the date required for the South-Galatian view.この彼の考えだけでできると仮定しての割合はどちらも同じくらいの時間で書かれた、および、そのため、数年後の日付よりも必要なの南-ガラテヤ表示します。 To this date required for the South-Galatian view.この日の南-ガラテヤのに必要な表示されます。 To this Rendell (Expositor's Greek Test., London, 1903.p. 144) replies that the coincidence is not due to any similarity in the circumstances of the two communities.このレンデル(エクスポジターのギリシャ語テストします。 、ロンドン、 1903.p. 144 )の返信は、偶然ではないの類似の事情のために、任意の2つのコミュニティです。 "Still less can the identity of language be fairly urged to prove an approximation of the two epistles. For these fundamental truths formed without doubt the staple of the Apostle's teaching throughout the years of continuous transition from Jewish to Christian doctrine, and his language in regard to them could not fail to become in some measure stereotyped." "まだあまりすることができます言語の身元を証明するよう求めたがかなりの近似の2つの書簡です。形成せず、これらの基本的な真理を疑うホッチキスの針は、使徒の教育連続して年間のユダヤ人をキリスト教の教義からの移行、および彼の言語に係るしてできませんでしたいくつかの測定に失敗する紋切り型になる。 "

(6) The controversy has raged most fiercely round the two verses in Acts, xvi, 6 and xviii, 23, the only places where there is any reference to Galatia in Acts: ( 6 )の最も激しい論争が湧き上がる行為ラウンドで2つの詩、 16 、 6 、 18 、 23日、唯一の場所では任意の参照をgalatiaの行為:

"And they went through the Phrygian and Galatian region" (ten phrygian kai Galatiken choran); "と彼らをくぐり抜けたフリギアとガラテヤのリージョン" ( 10フリギア甲斐galatiken choran ) ;

"he departed and went through the Galatian region and Phrygia" (or "Phrygian") (ten Galatiken choran kai phyrgian). "彼ディパーテッドとガラテヤの地域やphrygiaをくぐり抜けた" (あるいは"フリギア" ) ( 10 galatiken choran甲斐phyrgian ) 。

Lightfoot held that Galatia Proper was meant in the second.ライトフットgalatia開かれたが適切な意味では、 2番目のです。 Other supporters of the North-Galatian theory think that the countries of North Galatia and Phrygia are meant in both cases.他のサポーターの北朝鮮-ガラテヤの理論と考えている国の北galatiaとphrygiaどちらの場合では意味します。 Their opponents, relying on the expression of contemporary writers, maintain that South Galatia was intended in both places.その反対派は、現代作家の表現に頼って、南galatiaを維持することが意図さの両方に配置されます。 The former also interpret the second part of xvi, 6 (Greek text) as meaning that the travellers went through Phrygia and Galatia after they had passed through South Galatia, because they were forbidden to preach in Asia.前者2番目の部分も解釈16 、 6 (ギリシャ語のテキスト)を意味して、旅行者としてphrygiaとgalatiaをくぐり抜けた通過した後南galatiaていたので、彼らはアジアの説教を禁じられている。 Ramsey, on the other hand, maintains that after they had passed through the portion of Phrygia which had been added to the southern part of the province of Galatia (and which could be called indifferently Galatian or Phrygian) they passed to the north because they were forbidden to preach in Asia.ラムジー、その一方で、彼らは維持した後phrygia通過している部分に追加されましたされていた県南部に集中してgalatia (そしてこれが冷淡にガラテヤやフリギアと呼ばれる)が北朝鮮に渡されていたアジアの説教を禁じられている。 He holds that the order of the verbs in the passage is in the order of time, and he gives examples of similar use of the aorist participle (St. Paul The Traveller, London, 1900, pp. ix, 211, 212).彼は、動詞の順序を保持しては、通過されている順番の時間は、彼と同様に使用する例アオリスト分詞(聖パウロの旅行者、ロンドン、 1900 、 pp 。 9世、 211 、 212 ) 。

The arguments on both sides are too technical to be given in a short article.両側に引数が与えられるのがあまりにも技術的に短い記事です。 The reader may be referred to the following: North-Galatian: Chase, "Expositor", Dec. 1893.読者5月に言及して以下の通りです:北-ガラテヤ:チェイス、 "エクスポジター" 、 1893年12月です。 p.401, May, 1894, p.331; Steinmann, "Der Leserkreis des Galaterbriefes" (Münster, 1908), p. p.401 、 5月、 1894 、 p.331 ;ステンマン、 " der leserkreisデgalaterbriefes " (ミュンスター、 1908 ) 、 p. 191. 191 。 On the South-Galatian side: Ramsey, "Expositor", Jan., 1894, p.上の南-ガラテヤ側:ラムジー、 "エクスポジター" 、 1月、 1894 、 p. 42, Feb., p. 42 、 2月、 p. 137, Apr., p. 137 、 4月、 p. 288, "St. Paul The Traveller", etc; Knowling, "Acts of the Apostles", Additional note to ch. 288 、 "聖パウロの旅行者" 、等; knowling 、 "行為の使徒" 、あなたのメモを追加します。 xviii (Expositor's Greek Test., London, 1900, p. 399); Gifford, "Expositor", July, 1894, p. 18 (エクスポジターのギリシャ語テストします。 、ロンドン、 1900 、 p. 399 ) ;ギフォード、 "エクスポジター" 、 7月、 1894 、 p. I.わたし。

(7) The Galatian churches were evidently important ones. ( 7 ) 、ガラテヤの教会が明らかに重要なものです。 On the North-Galatian theory, St. Luke dismissed their conversion in a single sentence: "They went through the Phrygian and Galatian region" (Acts 16:6).ガラテヤの理論上の北、聖ルカの変換を棄却、 1つの文章: "彼らをくぐり抜けたフリギアとガラテヤのリージョン" (行為16 : 06 ) 。 This is strange, as his plan throughout is to give an account of the establishment of Christianity by St. Paul in each new region.これは、奇妙な、彼の計画全体としてのアカウントを与えるのは、キリスト教の確立され、各聖パウロの新しい領域です。 Lightfoot fully admits the force of this, but tries to evade it by asking the question: "Can it be that the historian gladly drew a veil over the infancy of a church which swerved so soon and so widely from the purity of the Gospel?"このライトフットの力を完全に認めるが、それを回避しようとするよう要請して質問: "できることは、歴史学者に喜んでドリューにベールをかける教会の揺籃期にどのようswervedこんなに早く、より広く、純度の福音ですか? " But the subsequent failings of the Corinthians did not prevent St. Luke from giving an account of their conversion.しかし、その後のコリンチャンスの欠点を与えるしなかったから聖ルカのアカウントを防ぐに変換します。 Besides, the Galatians had not swerved so widely from the purity of the Gospel.それに、 swervedなかったので、ガラテヤ人への手紙から広く純度の福音です。 The arguments of the judaizers made some of them waver, but they had not accepted circumcision; and this Epistle confirmed them in the Faith, so that a few years later St. Paul writes of them to the Corinthians (1 Corinthians 16:1): "Now concerning the collections that are made for the saints, as I have given order to the churches of Galatia, so do ye also." judaizersの引数は、いくつかのことがぐらつく、しかし、彼らは受け付けられません割礼;と、この信徒の信仰を確認して、数年後にして、聖パウロの書き込みをして、コリンチャンス( 1コリンチャンス16:1 ) : "今のコレクションは、聖人が、私は与えられたgalatiaするために、教会のため、なたがたも。 " It was long after the time that St. Paul could thus confidently command the Galatians that Acts was written.それは長い時間をした後、聖パウロがこのような行為は、自信をコマンドのガラテヤ人への手紙を書いています。

(8) St. Paul makes no mention of this collection in our Epistle. ( 8 )聖パウロでは、このコレクションを私たちの信徒に言及した。 According to the North-Galatian theory, the Epistle was written several years before the collection was made. -ガラテヤの理論によると、北朝鮮は、数年前に書かれた手紙は、コレクションが行われた。 In Acts 20:4, etc., a list is given of those who carried the collections to Jerusalem. 20時04分の行為などは、リストが与えられたこれらのコレクションをエルサレムwho運ばのです。 There are representatives from South Galatia, Achaia, Macedonia, and Asia; but there is no deputy from North Galatia -- from the towns of Jerusalem on occasion, the majority probably meeting at Corinth, St. Paul, St. Luke, and Sopater of Berea (probably representing Philippi and Achaia; see 2 Corinthians 8:18-22); Aristarchus and Secundus of Macedonia; Gaius of Derbe, and Timothyof Lystra (S. Galatia); and Tychicus and Trophimus of Asia.南galatiaには、代表者、アカイア、マケドニア、およびアジア;しかし、北朝鮮がないから副galatia -エルサレムでの機会の町から、おそらく会議室でコリントの大多数は、聖パウロ、聖ルカ、およびs opaterのberea (おそらく表すフィリッピとアカイア;参照2コリンチャンス8:18-22 ) ; aristarchusと第二のマケドニア;ガイウスのderbe 、およびtimothyof lystra ( s. galatia ) ;とアジアのトロフィームtychicusとします。 There is not a word about anybody from North Galatia, the most probable reason being that St. Paul had never been there (see Rendall, Expositor, 1893, vol. II, p.321).ある単語については誰からではない北galatiaは、最も確からしい理由があって聖パウロは一度もある(参照レンダル、エクスポジター、 1893年No 。 2世、 p.321 ) 。

(9) St. Paul, the Roman citizen, invariably employs the names of the roman provincces, such as Achaia, Macedonia, Asia; and it is not probable that he departed from this practice in his use of "Galatia". ( 9 )聖パウロは、ローマの市民として、常にローマの名前を採用してprovinccesなど、アカイア、マケドニア、アジア、および推定ではないからこのような行為を彼は彼の使用ディパーテッド" galatia "です。 The people of South Galatia could with propriety be styled Galatians.南の人々が襟を正してgalatiaガラテヤ人への手紙にスタイルです。 Two of the towns, Antioch and Lystra, were Roman colonies; and the other two boasted of the Roman names, Claudio-Iconium, and Claudio-Derbe.の2つの町、アンティオキアとlystraがローマの植民地、および他の2つの自慢は、ローマの名前、クラウディオ-イコニウム、およびクラウディオ- derbeです。 "Galatians" was an honourable title when applied to them; but they would be insulted if they were called Phrygians or Lycaonians. "ガラテヤ人への手紙"は名誉あるときにタイトルにも適用されます;しかし、もし彼らが侮辱と呼ばれる彼らはphrygiansまたはlycaoniansです。 All admit that St. Peter named the Roman provinces when he wrote "to the elect strangers dispersed throught Pontus, Galatia, Cappadocia, Asia, and Bithynia" (1 Peter 1:1).すべてを認めることはローマのサンピエトロ大聖堂、地方の名前を書いたときに"見知らぬ人を選出して分散思考ポントス、 galatia 、カッパドキア、アジア、およびビテュニア" ( 1ピーター1:1 )にします。

(10) The manner in which St. Paul mentions St. Barnabas in the Epistle indicates that the latter was known to those for whom the Epistle was primarily intended. ( 10 )の方法では言及聖バルナバは聖パウロの書簡を示して、後者は、誰が為に知られているの信徒が主な目的です。 St. Barnabas had visited South Galatia with St. Paul (Acts 13:14), but he was unknown in North Galatia.聖バルナバは聖パウロを訪れた南galatia (行為13:14 ) 、しかし彼は北朝鮮galatia知られています。

(11) St. Paul states (ii, 5) that the reason for his course of action at Jerusalem was that the truth of the gospel might continue with the Galatians. ( 11 )聖パウロ州( 2 、 5 )は、コースの行動の理由で彼は、エルサレムの福音の真実性を続行するにはガラテヤ人への手紙かもしれない。 This seems to imply that they were already converted.このように、すでに変換を意味していた。 He had visited the southern part of the Galatian province before the council, but not northern.彼はガラテヤを訪問し、県南部に集中して会議の前に、北部はできません。 The view favoured above receives confirmation from a consideration, as appended, of the persons addressed.受信確認の対象好ま上の配慮から、として追加され、人は、対処します。

THE KIND OF PEOPLE ADDRESSEDアドレスの種類の人々

The country of South Galatia answers the conditions of the Epistle admirably; but this cannot be said of North Galatia.南の国の信徒galatiaの条件を見事に答え;しかし、これによると北galatiaすることはできません。 From the Epistle we gather that the majority were Gentile converts, that many were probably Jewish proselytes from their acquaintance with the Old Testament, that Jews who persecuted them from the first were living amongst them; that St. Paul had visited them twice, and that the few Judaziers appeared amongst them only after his last visit.からの収集は、大多数の信徒がジェンティーレ変換するが、ユダヤ人の多くが、おそらくその知人からproselytesに、旧約聖書の、そのユダヤ人迫害してから、最初はwhoの生活の中かれらは聖パウロは2回訪問しており、そのそれらの中のいくつか登場judaziers彼の最後の訪問した後にのみです。 We know from Acts, iii, xiv (and early history), that Jews were settled in South Galatia.私たち行為を知ってから、 3世、 14世(および初期の歴史) 、南galatiaが、ユダヤ人は定着した。 During the first missionary journey unbelieving Jews made their presence felt everywhere.ユダヤ人の信仰心の中の最初の宣教師の旅その存在感はどこです。 As soon as Paul and Barnabas returned to Syrian Antioch, some Jewish converts came from Judea and taught that the circumcision was necessary for them, and went up to the council, where it was decreed that circumcision and the Law of Moses were not necessary for the Gentiles; but nothing was determined as to the attitude of Jewish converts regarding them, following the example of St. James, though it was implied in the decree that they were matters of indifference.ポールとバルナバとすぐに戻ってシリアのアンティオキア、いくつかのユダヤ教の教えに変換して来たユダヤと割礼が必要とし、評議会を立ち上げたが、ここは、割礼と同法が定められたことがないために必要なのムーサーgentiles ;しかし、何も決定のユダヤ人としての姿勢を変換することについて、次の例セントジェームス、それが暗黙のは、命令していた無差別の問題です。 This was shown, soon after, by St. Peter's eating with the Gentiles.これは表示し、その直後、サンピエトロ大聖堂の食事をさgentilesです。 On his withdrawing from them, and when many others followed his example, St. Paul publicly vindicated the equality of the Gentile Christians.彼からの脱退をし、その後彼のときに他の多くの例では、聖パウロのジェンティーレの平等を公然とキリスト教徒のvindicated 。 The majority agreed; but there must have been "false brethren" amongst them (Galatians 2:4) who were Christians only in name, and who hated St. Paul.の過半数で合意;しかし、ある必要があります。れている"偽兄弟"の中に(ガラテヤ人への手紙2時04分) whoはキリスト教徒だけで名、およびwho嫌わ聖パウロです。 Some of these, in all probability, followed him to South Galatia, soon after his second visit.いくつかの、すべての確率、その後彼を南galatia 、訪問後すぐに彼の2番目です。 But they could no longer teach the necessity of circumcision, as the Apostolic decrees had been already delivered there by St. Paul (Acts 16:4).しかし、彼らの必要性を教えることは、もはや割礼、使徒として配信されている令はそこにセントポール(行為16 : 04 ) 。 These decrees are not mentioned in the Epistle by the Judaizers, the advisability of the Galatians accepting circumcision and the Law of Moses, for their greater perfection.これらの政令が記載されていないjudaizersされたの信徒は、ガラテヤ人への手紙得策であることは、割礼を受け入れると、ムーサーの法則のためのより完璧です。 On the other hand, there is no evidence that there were any Jews settled at this time in North Galatia (see Ramsay, "St. Paul The Traveller").その一方で、証拠はないがあったこの時点での任意のユダヤ人の定住北galatia (ラムゼイ、 "聖パウロの旅行者" ) 。 It was not the kind of country to attract them.それは、特定の種類の国を誘致します。 The Gauls were a dominant class, living in castles, and leading a half pastoral, half nomadic life, and speaking their own Gallic language.支配階級のゴールが、お城に住んで、牧歌的とリードを半分、半分遊牧生活、と言えば自分の没食子言語です。 The country was very sparsley populated by the subjugated agricultural inhabitants.その国は、非常にsparsleyになっている農業人口subjugated 。 During the long winter the ground was covered with snow; in summer the heat was intense and the ground parched; and one might travel many miles without meeting a human being.長い冬の中に地面には雪で覆われ;の夏の暑さが激しいと地上の乾ききった;と1つの会議室かもしれないトラベル多くのマイルなく人間です。 There was some fertile tracts; but the greater part was either poor pasture land, or barren undulating hilly ground.いくつかの肥沃な地帯があった;しかし、大部分が非常に悪い牧草地のいずれか、または不毛のなだらかな起伏の丘陵地です。 The bulk of the inhabitants in the few towns were not Gauls.の大部分は、いくつかの町の住人たちがゴールです。 Trade was small, and that mainly in wool.貿易は、小さなており、その羊毛を中心にします。 A decree of Augustus in favour of Jews was supposed to be framed for those at Ancyra, in Galatia.令のAugustusに賛成するのユダヤ人は、フレームをはずアンキラの人たちは、 galatiaです。 It is now known that it was addressed to quite a different region.これは今すぐ対処を知られていることは、全く異なる領域です。

WHY WRITTENなぜ書か

The Epistle was written to conteract the influence of a few Judaizers who had come amongst the Galatians, and were endeavouring to persuade them that in order to be perfect Christians it was necessary to be circumcised and observe the Law of Moses.この手紙が書かをconteractの影響を受けて、いくつかのjudaizers whoガラテヤ人への手紙が来たの間、およびそれらを説得することがendeavouringするためには完璧なキリスト教徒に割礼をすることが必要とムーサーの法則を観察する。 Their arguments were sufficiently specious to puzzle the Galatians, and their object was likely to gain the approval of unbelieving Jews.その引数がパズルのガラテヤ人への手紙を十分にもっともらしい、およびそれらのオブジェクトが高いの承認を得るために懐疑的なユダヤ人です。 They said what St. Paul taught was good as far as it went; but that he had not taught the full perfection of Christianity.かれらはどのような聖パウロ教えは今のところは良い;しかし、特定していたキリスト教の教えの完全な完璧です。 And this was not surprising, as he was not one of the great Apostles who had been taught by Christ Himself, and received their commission from Him.とこれは当たり前のことで、特定の1つとして彼は偉大な使徒whoキリストの教えを乞うていた自分自身、およびその委員会から受けていた。 Whatever St. Paul knew he learned from others, and he had received his commission to preach not from Christ, but from men at Antioch (Acts 13).どんな聖パウロを知っていた他の人から学んだ、と彼は彼の委員会を受け取った説教イエスキリストはないが、より男性にアンティオキア(行為13 ) 。 Circumcision and the Law, it is true, were not necessary to salvation; but they were essential to the full perfection of Christianity.割礼法と、それがtrueの場合、必要に救いがない;しかし、彼らは欠かせないキリスト教の完全な完璧です。 This was proved by the example of St. James, of the other Apostles, and of the first disciples, at Jerusalem.これは立証された例セントジェームス、他の使徒、との最初の弟子たちは、エルサレムです。 On this very point this Paul, the Apostle, placed himself in direct opposition to Cephas, the Prince of the Apostles, at Antioch.この非常にポイントを、このポールは、使徒は、自分自身に直接反対の立場を配置シーファスは、プリンスオブの使徒は、アンティオキアです。 His own action in circumcising Timothy showed what he expected of a personal companion, and he was now probably teaching the good of circumcision in other places.自分自身の行動で示してcircumcisingティモシーと予想は、どのような個人的なコンパニオン、と彼は今すぐ教えていいの割礼、おそらく他の場所です。 These statements puzzles the Galatians, and made them waver.これらのステートメントパズル、ガラテヤ人への手紙、とはかれら揺れています。 They felt aggrieved that he had left them, as they thought, in an inferior position; they began to observe Jewish festivals, but they had not yet accepted circumcision.不当な扱いをしていた彼らフェルト左して、彼らは、下の位置は、 ;彼らを観察ユダヤ教のお祭りが始まったが、それらはまだ受け入れ割礼します。 The Apostle refutes these arguments so effectively that the question never again arose.使徒refutesので、これらの引数を効果的には、決して再び質問が起こりました。 Henceforth his enemies confined themselves to personal attacks (see II Corinthians).今後彼の敵監禁して個人攻撃( 2世コリンチャンスを参照) 。

CONTENTS OF THE EPISTLE手紙の内容を

The six chapters naturally fall into three divisions, consisting of two chapters each.当然、 6章3つの部門に陥る、の2つの章で構成されます。

In the first two chapters, after the general introduction, he shows that he is an Apostle not from men, nor through the teaching of any man, but from Christ; and the gospel he taught is in harmony with the teaching of the great Apostles, who gave him the right hand of fellowship.最初の2つの章では、一般的な紹介の後に、彼によると彼は使徒は男性よりも、教育のあらゆる男を通じて、しかし、よりイエスキリスト;と福音と調和して彼は、教育指導の偉大な使徒、 whoは彼の右手のフェローシップです。

He next (iii, iv) shows the inefficacy of circumcision and the Law, and that we owe our redemption to Christ alone.彼は次の( 3世、 4世)は、無効力の割礼と法では、と私たちのおかげで私たちをイエスキリストの特典交換だけです。 He appeals to the experience of the Galatian converts, and brings forward proofs from Scripture.彼の経験は、ガラテヤの訴えを変換し、転送証拠から啓典をもたらす。

He exhorts them (v, vi) not to abuse their freedom from the Law to indulge in crimes, "for they who do such things shall not obtain the kingdom of God."彼はそれらexhorts ( V電源、 6 ) 、自由を乱用しないように法律をほしいままに犯罪から、 " whoはこのようなことを彼らは神の王国入手していない。 " It is not for love of them he admonishes, that the Judaizers wish the Galatians to be circumcised.愛ではないことを彼はadmonishes 、ご希望のjudaizersガラテヤ人への手紙は、割礼される。 If there is virtue in the mere cutting of the flesh, the inference from the argument is that the Judaizers could become still more perfect by making themselves eunuchs -- mutilating themselves like the priests of Cybele.美徳は、単なる場合には、肉切り、引数からの推論のは、まだ他の完璧さになれるかもしれないjudaizersメーカー自身eunuchs -断節そのもののように司祭のシベルです。 He writes the epilogue in large letters with his own hand.エピローグ彼は大規模な文字が書き込まれると自分自身の手です。

IMPORTANCE OF THE EPISTLE信徒の重要性を、

As it is admitted on all hands that St. Paul wrote the Epistle, and as its authenticity has never been seriously called in question, it is important not only for its biographical data and direct teaching, but also for the teaching implies in it as being known at the time.としてすべての手を認めたことは聖パウロの手紙を書いた、と、その真偽は一度も真剣に質問を呼んで、それは重要なデータだけでなく、その伝記や直接指導、意味を教えるだけでなく、それされて知られていた。 He claims, at least indirectly, to have worked miracles amongst the Galatians, and that they received the Holy Ghost (iii, 5), almost in the words of St. Luke as to the events at Iconium (Acts 14:3).彼によれば、少なくとも間接的に、奇跡の中のガラテヤ人への手紙には働いており、その聖霊を受けた( 3 、 5 ) 、ほとんどの人の言葉を聖ルカのイベントにはイコニウム(行為14 : 03 ) 。 It is the Catholic doctrine that faith is a gratuitous gift of God; but is is the teaching of the Church, as it is of St. Paul, that the faith that is of any avail is "faith that worketh by charity" (Galatians 5:6); and he states most emphatically that a good life is necessary for salvation; for, after enumeration the works of the flesh, he writes (v, 21), "Of the which I foretell you, as I have foretold to you, that they who do such things shall obtain the kingdom of God."これは信仰のは、カトリックの教義は神の贈り物は、いわれのない;しかし、教えるのは、教会は、聖パウロのことは、つまりは、信仰のあらゆる利用は、 "信仰をworkethを慈善団体" (ガラテヤ人への手紙5 : 6 ) ;と彼はきっぱりとは、ほとんどの州グッドライフが必要に救い;ため、肉の作品を列挙した後、彼の書き込み( V電源、 21 ) 、 "これはどちらの私を予言する、と私は前から予報をする、 whoしてこのようなことは、神の王国を受けなければならない。 " In vi, 8, he writes: "For what things a man shall sow, those also shall he reap. For he that soweth in his flesh, of the flesh, also shall reap corruption. But he that soweth in the spirit, of the spirit shall reap life everlasting." viでの8日、彼は書いています: "をどのようなもの男は、種をまけば、それらは、彼も収穫です。 soweth彼は彼の肉、肉、腐敗もさびています。 sowethしかし彼の精神は、 、永遠の生命の精神さびています。 " The same teaching is found in others of his Epistles, and is in perfect agreement with St. James: "For even as the body without the spirit is dead; so also faith without works is dead" (James 2:2).他の授業と同じで彼の書簡が見つかった、とは完全に合意にセントジェームズ: "の精神にも体には死んで;ようもなく信仰の作品は死んで" (ジェームズ2:2 ) 。 The Epistle implies that the Galatians were well acquainted with the doctrines of the Trinity, the Divinity of Christ, Incarnation, Redemption, Baptism, Grace, etc. As he had never to defend his teaching to these points against Judaizers, and as the Epistle is so early, it is clear that his teaching was identical with that of the Twelve, and did not, even in appearance, lend itself to attack.ガラテヤ人への手紙の信徒を意味して、知り合いの教説がよく、トリニティは、キリストの神性、化身、償還、バプテスマ、グレース、等として彼は決して彼の教えを守るため、これらのポイントをjudaizers反対し、信徒としては、朝早くから、それは彼の教えを明確にしている12は同一としなかったも、外見が、貸与自体を攻撃する。

DATE OF THE EPISTLEこの評価をするの信徒

(1)Marcion asserted that it was the first of St. Paul's Epistles. ( 1 )と主張しmarcionそれは、最初の聖パウロの書簡です。 Prof. Sir W. Ramsay (Expositor, Aug., 1895, etc.) and a Catholic professor, Dr. Valentin Weber (see below), maintain that it was written from Antioch, before the council (AD 49-50).ラムゼイ卿ワット教授(エクスポジター、 8月、 1895など)とカトリック教授、博士ヴァレンティンウェーバー(下記参照) 、維持することが書かよりAntioch 、前の評議会(広告49-50 ) 。 Weber's arguments are very plausible, but not quite convincing.ウェーバーの引数のは非常に理にかなって、非常に説得力がない。 There is a good summary of them in a review by Gayford, "Journal of Theological Studies", July, 1902.には、良いの概要をして、レビューにゲイフォード、 "ジャーナル神学研究" 、 7月、 1902 。 The two visits to Galatia are the double journey to Derbe and back. galatiaは、 2つの訪問をダブルderbe旅をするとバックします。 This solution is offered to obviate apparent discrepancies between Gal., ii, and Acts, xv.この解決策を未然には明らかな違いをギャル。 、 II 、および行為は、 15です。

(2) Cornel and the majority of the upholders of the South-Galatian theory suppose, with much greater probability, that it was written about AD 53, 54. ( 2 )の過半数のupholdersコーネルとの仮定の南-ガラテヤの理論、確率を大幅に、その広告に書かれた約53 、 54 。

(3) Those who defend the North-Galatian theory place it as late as AD 57 or 58. ( 3 )これらのwho北-ガラテヤの理論を擁護する遅ければ広告を配置すること57または58 。

DIFFICULTIES OF GALATIANS II AND Iガラテヤ人への手紙2世の難しさと私

(a) "I went up . . . and communicated to them the gospel . . . lest perhaps I should run, or had run in vain." (ア) "まで行った。 。 。 。 。と通信しての福音。 。 。 。 。おそらく私が実行しないように、または実行するには至りませんでしたが。 " This does not imply any doubt about the truth of his teaching, but he wanted to neutralize the oppostion of the Judaizers by proving he was at one one with the others.これは、必ずしもすべての彼の教えの真実性を疑うが、彼の希望を中和してjudaizersを証明oppostionで彼は1つ1つは、他のです。

(b) The following have the appearance of being ironical: "I communicated . . . to them who seemed to be some thing" (ii, 2); But of them who seemed to be something .結果( b )は、次のは、外観が皮肉: "私に伝達。 。 。 。 。 whoようにしてもいくつかのこと" ( 2世、 2 ) ;しかし、人に何かwhoようにします。 .です。 .です。 for to me they that seemed to be something added to nothing" (ii, 6): "But contrawise .そのようにするために私に何か追加されましたがない" ( 2 、 6 ) : "しかし、 contrawiseです。 .です。 .です。 James and Cephas and John, who seemed to be pillars." Here we have three expressions tois dokousin in verse 2; ton dokounton einai ti, and oi dokountes in verse 6; and oi dokountes styloi einai in verse 9. Non-Catholic scholars agree with St. John Chrystostom that there is nothing ironical in the original context. As the verbs are in the present tense, the translations should be: "those who are in repute"; "who are (rightly) regarded as pillars". It is better to understand, with Rendall, that two classes of persons are meant: first, the leading men at Jerusalem; secondly, the three apostles. St. Paul's argument was to show that his teaching had the approval of the great men. St. James is mentioned first because the Judaizers made the greatest use of his name and example. "But of them who are in repute (what they were some time, it is nothing to me. God accepteth not the person of man)", verse 6. St. Augustine is almost alone in his interpretation that it made no matter to St. Paul that the Apostles were once poor ignorant men. Others hold that St. Paul was referring to the privilege of being personal disciples of our Lord. He said that did not alter the fact of his Apostolate, as God does not regard the person of men. Most probably this verse does not refer to the Apostles at all; and Cornerly supposes that St. Paul is speaking of the elevated position held by the presbyters at the council, and insists that it did not derogate from his Apostolate.ジェームズとシーファスとジョン、 whoように柱にします。 "ここで我々には三つの表現tois dokousin詩2 ;トンdokounton einai ti 、および大井dokountesの詩6 ;と大井dokountes styloi einai 、韻文9 。非カトリック教徒の学者に同意聖ヨハネchrystostomがあると皮肉で、元のコンテキストではない。としては、現在時制の動詞は、技術情報の翻訳すべきである: "これらの評判whoは、 " ; " whoは、 (当然)の柱と見なされて"です。これは改善を理解し、レンダル、その2つのクラスの人たちは意味:まず第一に、大手の男性はエルサレム;第二に、の3つの使徒です。聖パウロの引数に表示することは彼の教えは、承認のは、偉大な男性です。セントジェームス最初に作らjudaizersに記載の最大のため、彼の名前を使用すると例です。 "しかし、それらwhoは、評判(彼らはどのようないくつかの時間、それは何もないよ。神の受け入れは、男の人) " 、詩6 。聖アウグスティヌスは、ほぼ一人で彼の解釈をすることに関係なく行わ聖パウロ使徒が一度は、非常に悪い無知な男性です。他のホールドを参照して、権限の聖パウロは、個人的な弟子のがわたしたちの主です。彼によると、参考彼のapostleの職変更していない事実を、神として人の男性についてはありません。おそらく、この詩ではありませんを参照してすべての使徒と聖パウロはcornerly supposesことと言えば、高架の位置は、保有してpresbyters会議、および減損ていないと主張して彼のapostleの職からです。

(c) "I withstood Cephas." ( c ) "私シーファス耐えた。 " -- "But when Cephas was come to Antioch, I withstood him to the face, because he was blamed [kategnosmenos, perf. part. -- not, "to be blamed", as in the Vulgate]. For before that some came from James, he did eat with the Gentiles; but when they were done, he withdrew and separated himself, fearing them who were of circumcision. And to his dissimulation the rest of the Jews consented, so that Barnabas also was led by them into that dissimulation. But when I saw that they walked not uprightly unto the truth of the gospel, I said to Cephas before them all: if thou, being a Jew, livest after the manner of the Gentiles, and not as the Jews do, how dost thou compel the Gentiles to live as do the Jews?" -"しかし、時が来てアンティオキアシーファス、私の顔彼に逆らったため、彼は非難[ k ategnosmenos、パフォーマンスです。パートです。 -は、 "非難される"、のように、流布本]です。その前にいくつかの来たよりジェームズ、彼は食べるのgentiles ;しかしかれらが完了すると、彼は自ら撤回と分離、 whoは、割礼を恐れることです。と欺瞞の残りの部分を彼のユダヤ人の同意するように、バルナバを主導したことにしても猫かぶりです。しかし、歩いていないことを見たとき、かれの真実性をuprightlyの福音、私の前によるとそれらのすべてをシーファス:もしあなたは、ユダヤ人が、態度をした後、 livest gentiles 、としてではなく、ユダヤ人は、どのようドーストなたのgentilesに住んとして強制的には、ユダヤ人ですか? " (ii, 11-14). ( 2世、 11-14 ) 。

Here St. Peter was found fault with probably by the Greek converts.サンピエトロ大聖堂、ここに断層が見つかったと、おそらくギリシャ語に変換される。 He did not withdraw on account of bodily fear, says St. John Chrystostom; but as his special mission was at this time to the Jews, he was afraid of shocking them who were still weak in the Faith.アカウントの撤回を彼は肉体的恐怖、聖ヨハネは言うchrystostom ;しかし、彼の特別な使命は、この時点では、ユダヤ人、彼は衝撃的なことを恐れるのは、信仰whoは依然として弱い。 His ususal manner of acting, to which he was led by his vision many years previously, shows that his exceptional withdrawal was not due to any error of doctrine.彼の演技ususalように、彼が率いる彼は長年の間、以前は次のビジョンは、例外的によると彼の撤退はないの教義のためにすべてのエラーが発生します。 He had motives like those which induced St. Paul to circumcise Timothy, etc.; and there is no proof that in acting upon them he committed the slightest sin.彼はどのような動機引き起こされる聖パウロのティモシーに割礼を施すなど、証拠がない演技してかれら彼には少しも罪にコミットします。 Those who came from James probably came for no evil purpose; nor does it follow they were sent by him.これらのジェームズおそらくwho来たから来た邪悪な目的ではありません;も送信されていたがそれ以下だった。 The Apostles in their letter (Acts 15:24) say: "Forasmuch as we have heard, that some going out from us have troubled you . . . to whom we gave no commandment."その手紙の使徒の(行為15:24 )言ってやる: " 〜である私たちは聞いた、その先はいくつかの問題を抱えたから外出する。 。 。 。 。われはないの戒めを約する。 " We need not suppose that St. Peter foresaw the effect of his example.私たち予想する必要はないと仮定しての効果をサンピエトロ大聖堂、彼の例です。 The whole thing must have taken some time.全部取る必要がありますいくつかの時間です。 St. Paul did not at first object.聖パウロしなかった最初のオブジェクトを作成します。 It was only when he saw the result that he spoke.それは、その結果を見たときにのみ彼と話をします。 The silence of St. Peter shows that he must have agreed with St. Paul; and, indeed, the argument to the Galatians required that this was the case.サンピエトロ大聖堂の静寂の合意によると彼は聖パウロ必要があります;と、実際のところ、ガラテヤ人への手紙の引数を必要としては、ケースです。 St. Peter's exalted position is indicated by the manner in which St. Paul says (i, 18) that he went to behold Peter, as people go to view some remarkable sight; and by the fact that in spite of the preaching of St. Paul and Barnabas for a long time at Antioch, his mere withdrawal was sufficient to draw all after him, and in a manner compel the Gentiles to be circumcised.サンピエトロ大聖堂の高貴な位置が示されている方法では聖パウロは言う(私は、 18 )に彼が出入りを見張るものピーターは、大勢の人が対象としていくつかの驚くべき光景;てきたという事実にもかかわらず、説教して聖ポールとバルナバをアンティオキアに長い時間は、彼の単なる撤退した後は、彼のすべての描画を十分にし、ある意味では割礼を強要されるのgentilesです。 In the expression "when I saw that they walked not uprightly", they does not necessarily include St. Peter.は、表現"を見たときuprightlyして歩いていない" 、サンピエトロ大聖堂、彼らは必ずしも含まれています。 The incident is not mentioned in the Acts, as it was only transitory.この事件ではない行為に記載されて、それは一過性のみです。 Eusebius (Hist. Eccl., I, xii) says that St. Clement of Alexandria, in the fifth book of the Hypotyposeis (Outlines), asserts that this Cephas was not the Apostle, but one of the seventy disciples.ユーセビアス( hist. eccl 。 、私は、 12 )によると、アレクサンドリアの聖クレメントは、予約は、 5番目hypotyposeis (概要) 、アサートして使徒シーファスはないが、 70のいずれかの弟子です。 Clement here has few followers.クレメントここではいくつかの信奉者です。

A very spirited controversy was carried on between St. Jerome and St. Augustine about the interpretation of this passage.非常に活発な論争は、聖ジェロームとの間に乗って運ばれる聖アウグスティヌスの解釈については、次の通路です。 In his "Commentary on the Galatians", St. Jerome, following earlier writers such as Origen and St. Chrysostom, supposed that the matter was arranged beforehand between St. Peter and St. Paul.彼の"解説をガラテヤ人への手紙" 、聖ジェロームは、次の以前の作家などの原産地と聖クリュソストモス、仮定の問題は、サンピエトロ大聖堂の間には、事前に手配と聖パウロです。 They agreed that St. Peter should withdraw and that St. Paul should publicly reprehend him, for the instruction of all.彼らは撤回すると合意してサンピエトロ大聖堂、聖パウロは、公然と叱責が彼のための命令のすべてのです。 Hence St. Paul says that he withstood him in appearance (kata prosopon).それゆえ聖パウロによると、彼は彼に逆らった外観(カタprosopon ) 。 Otherwise, says St. Jerome, with what face could St. Paul, who became all things to all men, who became a Jew that he might gain the Jews, who circumcised Timothy, who shaved his head, and was ready to offer sacrifice at Jerusalem, blame St. Peter for acting in a similar manner?そうでなければ、ジェロームは言う通り、どのような顔が聖パウロ、 whoなったすべてのものをすべての人、 whoになった彼はユダヤ人がユダヤ人を得るかもしれない、 who割礼ティモシー、 who坊主頭とは、犠牲を提供する準備をエルサレム、サンピエトロ大聖堂の演技のせいで、同様の方法ですか? St. Augustine, laying stress on the words "when I saw that they walked not uprightly", etc., maintained that such an interpretation would be subversive of the truth of Holy Scripture.聖アウグスティヌスは、ストレスを敷設の言葉"を見たときuprightlyして歩いていない"など、このような解釈を維持し、真理が破壊教典です。 But against this it may be said that it is not so very clear that St. Peter was included in this sentence.しかし、反対によると、このことがありますので非常に明確ではないがサンピエトロ大聖堂は、この文に含まれています。 The whole controversy can be read in the first volume of the Venetian edition of St. Jerome's works, Epp., lvi, lxvii, civ, cv, cxii, cxv, cxvi.全体の論争が続きを読むヴェネチアン版の最初の巻は、聖ジェロームの作品、エップ。 、 56 、 67 、 civ 、履歴書、 cxii 、 cxv 、 ) CXVI 。

(d) Apparent Discrepancies between the Epistle and Acts. (エ)の信徒との間に明らかな違い行為です。 -- (1) St. Paul says that three years after his conversion (after having visited Arabia and returned to Damascus) he went up to Jerusalem (i, 17, 18) Acts states that after his baptism "he was with the disciples that were at Damascus, for some days" (ix, 19). -( 1 )聖パウロによると、 3年後に彼のコンバージョン(アラビアを訪問した後、返されたことをダマスカス)を彼はエルサレム(私、 1 7、 1 8)行為をした後には彼の洗礼"彼は、弟子たちがダマスカスには、いくつかの日" ( 9世、 19 ) 。 "He immediately began to preach in the synagogues" (ix, 20). "彼はすぐに説教は、ユダヤ教を始めた" ( 9世、 20 ) 。 "He increased more in strength, and confounded the Jews" (ix, 22). "彼の他の強度の増加、および混乱のユダヤ人" ( 9世、 22 ) 。 "And when many days were passed, the Jews consulted together to kill him" (ix, 23); he then escaped and went to Jerusalem. "と渡されたときに多くの日中には、ユダヤ人に相談一緒に彼を殺す" ( 9世、 23 ) ;彼はエスケープと入力し、エルサレム行った。 These accounts here are not contradictory, as has been sometimes objected; but were written from different points of view and for different purposes.これらのアカウントはここに矛盾はない、として反対され時には;しかし、異なる点が書か表示して、異なる目的に使用します。 The time for the visit to Arabia may be placed between Acts, ix, 22 and 23; or between "some days" and "many days".アラビアへの訪問をする時間を5月の間に置かれる行為、 9世、 22と23 ;かの間に"いくつかの日中に"と"多くの日"です。 St. Luke's "many days" (hemerai ikanai) may mean as much as three years.聖ルカの"多くの日中に" ( hemerai ikanai )年5月3年間でできるだけ多くを意味します。 (See 1 Kings 2:38; so Paley, Lightfoot, Knowling, Lewin.) The adjective ikanos is a favourite one with St. Luke, and is used by him with great elasticity, but generally in the sense of largeness, eg "a widow: and a great multitude of the city" (Luke 7:12); "there met him a certain man who had a devil now a very long time" (Luke 8:27); "a herd of many swine feeding" (Luke 8:32); "and he was abroad for a long time" (Luke 20:9); "for a long time, he had bewitched them" (Acts 8:11). ( 1王2:38 ;ようペーリー、ライトフット、 knowling 、ルウィンです。 )形容詞ikanos聖ルカは、お気に入りの1つは、彼が使用されて非常に弾力性、しかし、通常の広さの感覚を、例えば"未亡人:と偉大な多数の検索するシティ" (ルーク7時12分) ; "にある、特定の人に会ったwhoは、悪魔の今すぐに非常に長い時間" (ルーク8時27分) ; "の群れが多くの豚の餌" (ルーク8時32分) ; "と彼は海外に長い時間" (ルーク20時09分) ; "は、長い間、彼はそれら奥さまは魔女" (行為8時11分) 。 See also Acts 14:3, 21 (Greek text); 18:18, 19:19, 26; 20:37.行為も参照ください14時03分、 21日(ギリシャ語のテキスト) ; 18:18 、 19:19 、 26 ; 20:37です。

(2) We read in Acts 9:27, that St. Barnabas took St. Paul "to the apostles". ( 2 )私たち続きを読む行為9時27分、その聖バルナバは聖パウロ"を使徒"です。 St. Paul states (Galatians 1:19) that on this occasion, besides St. Peter, "other of the apostles I saw one, saving James the brother of the Lord".聖パウロ州(ガラテヤ人への手紙1:19 )をこの機会に、サンピエトロ大聖堂のほか、 "他の使徒を見たの1つ、節約ジェームズの兄の主"です。 Those who find a contradiction here are hard to satisfy.これらの矛盾を見つけるここにwhoを満足させるのは難しいです。 St. Luke employs the word Apostles sometimes in a broader, sometimes in a narrower sense.使徒聖ルカ採用して時には言葉はより広い視野で、時にはは、狭い意味します。 Here it meant the Apostles who happened to be at Jerusalem (Peter and James), or the assembly over which they presided.ここで意味の使徒whoが起こったのはエルサレム(ピーターとジェームズ) 、または、国会議長以上れています。 The objection can be pressed with any force only against those who deny that St. James was an Apostle in any of the senses used by St. Luke (see BRETHREN OF THE LORD).異議申立をすることに押された任意の力のみを否定する者whoセントジェームスは、使徒のいずれかの感覚で使用されて聖ルカ(兄弟は、主を参照) 。

Publication information Written by Cornelius Aherne.出版物の情報執筆者コルネリウスaherneです。 Transcribed by Beth Ste-Marie.サント=マリーベス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VI.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅥ 。 Published 1909.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認、 1909年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

One of the best critical commentaries on Galatians is CORNELY, commentarius in S. Pauli Epistolam ad Galatas in the Cursus Scriptura Sacrae (Paris, 1892).批判的に解説する最良のいずれかのcornelyガラテヤ人への手紙は、 commentarius 、 s.パウリepistolam広告Galatasのは、 cursus scriptura sacrae (パリ、 1892 ) 。 Other useful Catholic commentaries are the well-known works of A LAPIDE, ESTIUS, BISPING, PALMIERI, MACEVILLY.その他の有用なカトリックの論評は、よく知られて作品をラピデ、 estius 、 bisping 、パルミエリ、 macevillyです。

PATRISTIC LITERATURE; There are commentaries on the Epistle by AMBROSIASTER, ST. patristic文学;には、論評を検索する書簡をambrosiaster 、セントです。 AUGUSTINE, ST.アウグスティヌス、セントです。 CHRYSOSTOM, ST.クリュソストモス、セントです。 JEROME, (ECUMENIUS, PELAGIUS, PRIMASIUS, THEODORET, THEODORE OF MOPSUESTIA (a fragment), and THEOPHYLACT (all in Migne), and by ST. THOMA AQUINAS (many editions of St. Paul's Epistles).ジェローム、 ( ecumenius 、ペラギウス、 primasius 、 theodoret 、モプスエスティアのテオドロス(フラグメント) 、およびtheophylact (すべてのミーニュ) 、セントとされています。トーマアクィナス(多くの聖パウロの書簡のエディション) 。

CRITICAL EDITIONS IN ENGLISH: LIGHTFOOT, Galatians (4th ed., London, 1874); RAMSAY, Historical Commentary on Galatians (London, 1900): RENDALL, Galatians in Expositor's Greek Test., III (London, 1903).重要なエディションでは英語:ライトフット、ガラテヤ人への手紙(第4エド。 、ロンドン、 1874 ) ;ラムゼイ、歴史的な解説をガラテヤ人への手紙(ロンドン、 1900 ) :レンダル、ガラテヤ人への手紙エクスポジターのギリシャ語でテストします。 、 3世(ロンドン、 1903 ) 。

FOR NORTH-GALATIAN THEORY: LIGHTFOOT (supra); CHASE in Expositor, Dec., 1893, May, 1894; FINDLAY in Expository Times, VII; CHEETHAM in Classical Review, vol.北-ガラテヤの理論:ライトフット(スープラ) ;チェイスでエクスポジター、 12月、 1893年5月、 1894 ;フィンドレーで解説回、 7 ;チータムの古典日、 !です。 III (London, 1894): SCHMIEDEL, Galatia in Encyc. 3世(ロンドン、 1894 ) :シュミーデル、 galatiaでencycです。 Bibl.; BELSER, Die Selbstvertheidigung des heiligen Paulus (Freiburg, 1896); STEINMANN, Der Leserkreis des Galaterbriefes (Munster, 1908) contains a very full biblography. bibl 。 ; belser 、死ぬselbstvertheidigungデheiligenパウルス(フライブルク、 1896 ) ;ステンマン、 der leserkreisデgalaterbriefes (マンステール、 1908 )には、非常にフルbiblographyです。

FOR SOUTH-GALATIAN THEORY: RAMSAY in Expositor, Jan., Feb., Apr., Aug., 1894, July 1895; IDEM in Expository Times, VII; IDEM, The Church in the Roman Empire (London, 1900); IDEM, St. Paul the Traveller ( London, 1900); IDEM in HAST., Dict.南-ガラテヤの理論:ラムゼイのエクスポジター、 1月、 2月、 4月、 8月、 1894年、 1895年7月;同じで解説回、 7 ;同上、教会は、ローマ帝国(ロンドン、 1900 ) ;同上、聖パウロの旅行者(ロンドン、 1900 ) ;同じでhast 。 、 dictのです。 of the Bible; KNOWLING, Acts of the Apostles (additional note to ch. xviii) in Expositor's Greek Test.聖書の; knowling 、行為の使徒(あなたのメモを追加します。 18 )をエクスポジターのギリシャ語のテストです。 (London, 1900); RENDALL, op. (ロンドン、 1900 ) ;レンダル、営業です。 cit.千葉工大です。 above; IDEM in Expositor, Nov., 1893, Apr., 1894; GIFFORD in Expositor, July, 1894; BACON in Expositor, 1898, 1899; WOODHOUSE, Galatia in Encyc.上記;エクスポジター同じで、 11月、 1893年、 4月、 1894 ;ギフォードのエクスポジター、 7月、 1894 ;ベーコンのエクスポジター、 1898 、 1899 ;ウッドハウス、 galatiaでencycです。 Bibl,; WEBER, Die Abfassung des Galaterbriefes von dem Apostelkonzil (Ratisbon, 1900); IDEM, Die Adressaten des Galaterbriefes (Ratisbon, 1900); IDEM, Das Datum des Galaterbriefes (Passau, 1900); IDEM in Katholik (1898-99), Die theol.-praki. bibl 、 ;ウェーバー、死ぬabfassungデgalaterbriefesフォンdem apostelkonzil ( ratisbon 、 1900 ) ;同じ、死ぬadressatenデgalaterbriefes ( ratisbon 、 1900 ) ;同じ、 dasデータムデgalaterbriefes (パッサウ、 1900 ) ;同じでkatholik ( 1898年から1899年) 、死ぬtheol. - prakiです。 Monatsschrift, and Die Zeitschrift fur kath. monatsschrift 、と死ぬzeitschrift毛皮kath 。 Theolgie. theolgieです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです