Book of Genesis創世記

General Information 総合情報

Genesis, the first book of the Old Testament in the Bible, is so named because it opens with an account of the creation of the world.創世記、旧約聖書の最初の本は、聖書の、ポップアップは非常に名前を持つアカウントのための世界の創造です。 The first 11 chapters, which are heavily indebted to Mesopotamian tradition, trace the gradual expansion of humankind and the development of human culture.各章の最初の11日は、重債務をメソポタミアの伝統は、人類の拡大を徐々にトレースする人類文化の発展とします。 But they show the ambiguity of this development by incorporating stories about the sin of Adam and Eve and about the Deluge, both of which illustrate humankind's growing alienation from God and one another.しかし、彼らのあいまいさ詳細は、次の開発に組み込むことによって、ストーリーについては、アダムとイブの罪を参照するに殺到し、人類の成長の両方の疎外感を説明すると1つの別の神からです。

Following the call of Abraham in chapter 12, this universal outlook appears to be lost; the focus narrows to one man and his family.次のコールオブアブラハム、第12章、 Outlookのように見えるこの普遍的に失われること;の焦点を狭く一人の男と彼の家族です。 Yet the traditions about Abraham, Isaac, Jacob, and Jacob's 12 sons are linked to the earlier chapters by God's promise to bless the whole world through Abraham's descendants. Furthermore, the Covenant established with Israel through the promise made to Abraham (22:15 - 18) is fundamentally the same as the covenant established with all of humankind through Noah (9:1 - 17).アブラハムはまだありませんの伝統については、イスハーク、ヤアコーブ、とジェイコブの12人の息子は、以前の章をリンクして、神の祝福を約束する、全世界を通してアブラハムの子孫です。また、イスラエルとの契約を通じて設立の約束をアブラハム( 22:15 - 18 )は根本的に同じ人類のすべての約束を確立しノア( 9時01 -1 7) 。

Although Moses has traditionally been considered the author of Genesis, modern scholars generally agree that the book is a composite of at least three different literary strands: J (10th century BC), E (9th century), and P (5th century).ムーサーは、伝統的にされているものの、創世記の著者は、現代の学者の本は、一般的に同意するものとし、少なくとも3つの異なった文学コンポジットストランド:ジェイ(紀元前10世紀) 、メール( 9世紀) 、およびP ( 5世紀)です。 The interpretation of the book has led to many controversies.この本の解釈の多くの論争につながっています。 One of the most difficult problems has been distinguishing historical fact from symbolic narration intended to convey a religious message.最も困難な問題の1つ歴史的事実から区別され象徴的宗教的なメッセージが表示さを伝えるためにナレーションを目的としています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography 書誌事項
H Bloom, Book of J (1990); G von Rad, Genesis: A Commentary (1972); EA Speiser, ed., Genesis (1964); R Youngblood, ed., The Genesis Debate (1986). hブルーム、予約の無し( 1990 ) ;グラムフォンrad 、創世記:解説( 1972 ) ;会EAシュパイザー、エド。 、創世記( 1964 ) ;研究youngblood 、エド。 、創世討論会( 1986 ) 。


Book of Genesis創世記

Brief Outline簡単な概要

  1. The beginning of physical life (1-2)物理的な人生の始まり( 1-2 )
  2. The growth of civilization to the Flood (3-8)文明の成長をして洪水( 3-8 )
  3. The descendants of Noah to Abraham (9-11:26)ノアの子孫にアブラハム( 9-11:26 )
  4. The history of Abraham and Lot; Ishmael and Isaac; Jacob and Esau; and Joseph and his brethren in Egypt (11:27-50:26)多くの歴史のイブラーヒームや;イスマーイールとイスハーク、ヤアコーブおよびエサウ;とヨセフとその兄弟、エジプト( 11:27-50:26 )


BELIEVE Editor's Note regarding the next articleエディタの注意点と信じ、次の記事

The next two articles first appear to be in direct contradiction, where the first says that a "number of authors" wrote Genesis, while the second simply says that Moses did.次の2つの記事を最初に表示されるとの直接的な矛盾、ここでの最初のによると、 "多くの作家"書いた創世記、単純によると、ムーサーが、 2番目でした。 This fact seems to have caused many Christian writers to become ferociously against the general concept of this first article!このような事実キリスト教のように多くの作家になることが原因と猛烈に反対する一般的な概念は、次の最初の記事! However, it seems to us that their reaction might be an "over-reaction".しかし、そのように先に反応するかもしれない"過剰反応"です。

Consider the practical issues of that ancient time.実用的な問題を考慮して、その古代の時間です。 At Moses' time (maybe around 1600 BC), there were actually not yet even any organized written languages yet!でモーゼの時間(約1600紀元前かもしれない) 、まだ実際には任意の組織にも書かれた言語はまだありません! (They would develop around 400 to 600 years later. Only symbol systems such as Egyptian hieroglyphics yet existed, and they were not languages at all. Worse, they were not capable of expressing sophisticated concepts such as the Sabbath. It would likely take hundreds of picture symbols to express the single sentence, Honor the Sabbath. ) It would be hard to imagine Moses taking the time to carve thousands of picture symbols into blocks of stone, along the lines of the heiroglyphics that existed at that time. So, for very practical reasons, it seems almost certain that (a) Moses was certainly the "author" of the First Five Books of the Bible, but that (b) he did not actually write them down. After all, he was leading a group of people across a desert and in even more dire situations, and had many more urgent things to be dealing with that carving symbols into stones! (彼らは周り四百から六百年後に開発します。のみエジプトの象形文字の象徴のようなシステムはまだありませんが存在し、彼らはすべての特定の言語です。さらに悪いことに、彼らは洗練された表現する能力がないなどの安息日の概念です。取ることは何百もの可能性画像のシンボルを表現して1つの文章、名誉の安息日です。 )ムーサーを想像することが難しい時間を割いて何千もの画像のシンボルを彫る石のブロックを、象形文字の趣旨に沿って、その時間に存在しいますので、非常に実用的な理由から、それはほぼ確実だ(ア)ムーサーは、確かに、 "著者"との最初の5つの書籍は、聖書が、その結果( b )彼は実際にメモなどに書き留めています。結局のところ、彼は大手グループの人々砂漠との間にもっと悲惨な状況では、多くの緊急とは、物事に対処することを石彫りのシンボル! (And then carrying large numbers of such stones with them through the desert!) (と入力し、このような大量の石を運ぶことを通じて、砂漠! )

So it seems almost certain that Moses (physically) did NOT write down those texts, but instead passed them along orally, in the same way that countless societies before and since have done. By around 1000 BC, written language had developed in the region, including Ancient Hebrew, and it seems clear that people thought it important to then write down, in a permanent form, the words of Moses. ほぼ確実だそうモーゼス(物理的に)しなかったこれらの文章を書き留めておいて、その代わりに渡さ経口に沿って、社会のと同じ方法で数えきれないほど前に、以降は完了です。紀元前1000年ごろまで、書かれた言語が開発されたリージョン、古代ヘブライ語を含む、と思わ考えを明確にすることが重要に入力し、人々を書き留めておいて、恒久的なフォームでは、ムーサーの言葉をします。 Over the 600-year period between Moses and them (around 30 generations of people) many people had had to memorize and repeat, exactly, all the thousands of words of Moses to the next generation. 600年以上の期間の間に、ムーサーとして(約30の世代の人々 )を記憶し、そして多くの人々があったを繰り返し、正確には、すべての何千ものモーゼスの言葉を、次の世代にします。 They were certainly extremely good at preserving those "oral traditions" but human beings are not perfect.彼らは確かに非常にうまいそれらの維持"経口の伝統"だが、完璧な人間はいない。 And so it seems very reasonable to me that (at least) two SLIGHTLY different oral traditions of Moses' words could easily have existed by thirty generations later in 1000 BC.と非常に合理的なそうと私には(少なくとも)経口若干異なる2つの伝統的なモーゼの言葉が簡単に存在した30代の後半で紀元前1000です。

It therefore seems reasonable to me that two separate people (around that time) would have written down slightly different texts.したがってが妥当なところと私には2つの別々の人々 (が周りにいる時間)はわずかに異なるテキストで書かダウンします。 One of those people might easily have heard the oral tradition where God was referred to as Elohim, and so he might easily have written down a text that only refers to Elohim.これらの人々の1つかもしれないここで簡単には昔からの言い伝えを聞いた神はエロヒムと呼ばれる、と書かれたので、彼がダウンするかもしれないテキストを簡単にのみエロヒムを参照してください。 The other might have heard and memorized an oral tradition where God was referred to as Jehovah/Yahweh. 、他のかもしれないと聞いた記憶は、昔からの言い伝えで神と呼ばれるエホバ/ヤハウェです。 (both of which are in our Bibles today.) (どちらも、私たち聖書です。 )

Note that this reasoning does NOT ever question or even doubt that Moses was the actual source author of the texts! It is really just noting that humans are not perfect, but that the Scribes of that time each wanted to record EXACTLY what they had been told and memorized. この推論に注意してまで質問はありませんかも疑問だムーサーは、実際のソースの著者の文章!ことは本当にわずか者は完璧な人間はいない、しかし、その時は、 scribesのそれぞれの指名手配を記録する正確にはどのようなていたと記憶します。 If they knew each other, they might not have been able to figure out which of the two was actually correct, regarding the small details where they seem to slightly disagree.お互いを知っていた場合は、受講しないかもしれないを把握することができた2つのうちどれが実際に正しい場合は、小規模の詳細についてはどこにわずかに合わないようにします。 So both texts were written down and then preserved.両方の文章が書かのでダウンと入力し、保持されます。 It seems to me that this reasoning is totally compatible with Moses being the actual author, but that there were two slightly different texts finally written down, and that, for want of an actual name for those Scribes, we tend to call them J and E. In my opinion, to call them "authors" or "writers" is inappropriate, but to see them as Scribes seems to make excellent sense.と私にはこのような推論は完全に互換性がムーサーが、実際の著者が、そのわずかに異なる2つの文章があったダウン最後に書かれた、とし、実際の名前をするためにそれらのscribes 、私たちに呼びかけてJとメールする傾向があるです。私の意見で、それらを呼び出す"作家"や"作家"は適当ではないが、それらを参照しscribesに優れたセンスを作るようです。

Continue this reasoning a little further and we would have a situation where two slightly different (written) texts of Moses' words were being circulated.引き続き、この推論をさらに、そして私たちは少し状況では、 2つの若干異なる(書かれた)テキストのモーゼの言葉がが出回っています。 It seems reasonable to think that someone would have decided to combine them.それが妥当なのだと思うがそれらを組み合わせることを決めた。 A logical move would be to select which of the two precise texts was actually correct, but there was no way of knowing that.論理的に移動するのは2つを選択するには正確な文章が実際に正しいが、方法はないのを知っている。 Therefore, the text was threaded together in a manner as it is today, where both texts were therefore included, and which therefore certainly includes whichever happens to be the precisely correct wording.したがって、テキストは、スレッドで一緒にすることが今日のように、ここで両方のテキストが含まれるため、いずれかが含まれ、どのしたがって確かに正確には偶然にも、正しい言葉遣いです。

We included a portion of the actual Bible text below, along with the way that some analysts have divided it up, alternately, between the nearly identical texts.私たちは、実際の聖書に含まれるものを本文の下の部分と一緒にする方法がいくつかのアナリストは分かれて、交互に、テキストの間にほぼ同じです。 (Genesis 7 and 8 excellently show the duplication of story and the slight differences.) To look at this from another view, if there is some other explanation, then there needs to be an explanation for why the story is so clearly duplicated in those Bible Verses, as well as why there are slight differences. (創世記7日と8日の重複を表示する素晴らしいストーリーと、わずかな違いがあります。 )を見てこれを別のビューで、いくつかの他の説明があれば、その後の説明をする必要がありますなぜその物語は非常に明確に重複ではこれらの聖書詩だけでなく、なぜには、わずかな違いがあります。 In this the JEDPR concept seems to provide a logical explanation.このjedprを論理的に説明する概念を提供するようです。

By the way, we encourage that you also read the Genesis presentation from the 1911 Catholic Encyclopedia (nearly 100 years ago) (presented below) which contains an extensive discussion of J, E, D and P, so this is not just a frivolous idea of some recent people.ところで、私たちを奨励することも読んで1911年からの創世記のプレゼンテーションカトリック百科事典(約100年前) (提示を参照)が含まれ、広範な議論無し、メール、 Dと人、それじゃあ、これは単なる軽薄な考えいくつかの最近の人々です。 The duplication of so many wordings, particularly in Genesis, has had the attention of Biblical scholars for a long time, and the JEDP reasoning has been around for a long time.非常に多くの重複をwordings 、特に創世記、聖書学者の注目をてきたのに長い時間、と推論されjedp周りのに長い時間です。 However, the 1911 Catholic Encyclopedia article describes the JEDP concept as eliminating Moses as the actual author, which seems not to be the situation. There seems no doubt whatever that Moses was the source of these texts.しかし、 1911年のカトリック百科事典の記事としての概念を排除jedp説明してムーサーの実際の著者として、どのような状況にしないようにします。 ムーサーがあるようだ。間違いないどう転んでみては、これらのテキストのソースです。

Also included below is the 1906 Genesis article from the Jewish Encyclopedia, which discusses extensively these matters, and even expands them to include additional sources, such as P1, P2 and P3.以下は、 1906年にも含まれるもの創世記からのユダヤ人の百科事典記事は、これで広範囲にこれらの問題、さらに拡大して、その他のソースなど、 P1をP2とp3です。 Many of the other Jewish Encyclopedia articles from a hundred years ago (on other Bible Books) also extensively discuss these subjects.百科事典の記事を、他のユダヤ人の多くは100年前から(他の聖書の書籍)も、これらの科目から幅広く議論します。

Grammatical analysis has shown that the Book of Deuteronomy appears to have been (actually) written down by an early Scribe that was not either J or E, and so a third, D, is suggested.文法的な分析によると、この本の申命記が表示され(実際に)書かれたダウンされた初期の筆記体ではないJまたはメールのいずれか、およびため、第三に、 d 、をお勧めします。 The reasoning regarding a fourth source, P, allegedly Priests of several hundred years later, has not been deeply pursued by me, so I can offer no opinion. 4番目の推論については、ソース、人、容疑者数百年後に司祭、深く追求バイミーされていないので、私はない意見を提供します。 However, I see great logic in there having been 'R', a redactor (which means editor).しかし、私のロジックを参照し素晴らしいこともあるの' r 'は、 redactor (エディタを意味する) 。 Devout Jews by then must have been troubled by the fact that there seemed to be two slightly different texts.敬けんなユダヤ人を入力し、悩まされている必要があります。はないようだったという事実をわずかに異なる2つのテキストです。 Keep in mind that this was all WAY before any Books were collected to form a Bible or even a Torah.これはすべてのことに注意して任意の書籍が収集方法を形成する前に聖書や律法さえします。 Early Jews were known for being fanatical about details, and so it seems to make sense that a Redactor would (later) combine the J, E, D and P (possibly then still separate accounts) into the "inter-threaded" text that we see today.初めに、ユダヤ人は知られて狂信的についての詳細、およびを作るように意識しているので、 redactorは(それ以降のバージョン)を組み合わせ、無し、メール、 Dと人(おそらく別のアカウントを入力し、まだ)を、 "新スレッド"のテキストを私たち参照しています。 Again, I do not see such a Redactor as an "author" but more as a Scribe who attempted to combine two nearly identical texts, and related texts.再び、私redactorとして表示されていないような、 "著者"しかし、他の筆記体として2つを組み合わせるwhoしようとほぼ同じテキスト、および関連するテキストです。

In recent years, there seem to be absolutely ferocious Christian attacks on the JEDP approach. 近年では、確実にあるようだキリスト教の猛烈な攻撃をするjedpアプローチです。 Rather than even trying to see that the words clearly seem to have been written by two separate people (as seems obvious in Genesis 7 or 8 below, if you read each column separately), there appears to just be an assumption that "anything different from what I believe must be an attack!" というよりも明確にしようとして表示された単語が書かれたように見えるされた2つの別々の人々 (と思われるように明らかに創世記7または8の下、各列の場合は別々に読む) 、あるだけが表示されると仮定し、 "何か違うどのような攻撃をしなければならないと思う! " It seems to me that if those Christian counter-attackers could just calm down (and consider my comments here), they might see that there is NO attack on Moses' being the one and only source of those texts, and so most of their criticisms lose all their steam! 私がもし、それらのように攻撃者がキリスト教のカウンターだけ落ち着いて(私のコメントについての検討) 、彼らがないことかもしれない攻撃を参照しムーサー'が、 1つのソースにあるテキストのみ、およびそのため、ほとんどの批判の声すべての蒸気を失う!

In conclusion, I am tempted to think that BOTH of the following two articles are absolutely correct!結論として、私は誘惑の両方のことを考えると、次の2つの記事は絶対に正しい! Yes, Moses DID author it so "The author of this Book was Moses."はい、ムーサーは著者がので、 "この本の著者は、モーゼス。 " is absolutely true!は確実に真の! However, for logistical reasons, two or more "strands" got eventually written down hundreds of years later.しかし、後方上の理由から、 2つ以上の"ストランド"なんだよ、結局何百年後に書かれたダウンします。 I do not really see why this (scholarly) concept is taken as so offensive by so many Christian writers!<私は本当にこの件はなぜ(学術)のコンセプトは非常に多く取るように攻撃されキリスト教の作家! <


Book of Genesis創世記

Advanced Information 高度情報

Modern analysis indicates that the book of Genesis (and the other four Books of the Pentateuch) were written by a number of authors who assembled material from three traditions:近代的分析を示して、創世記(および、他の4つの書籍は、五)によって書かれた、いくつかの作家who組み立て素材から3つの伝統:

Two of the additional authors are:の2つの追加の作者は:

RE Friedman suggests that when the Assyrians conquered the northern kingdom in 722 BC, many refugees streamed south into Judea, bringing their sacred writing "E" with them.フリードマンassyriansときに再示唆して北部の王国を征服し、紀元前722 、多くのユダヤ難民をストリーミング南し、その神聖な書き込みの" e "にします。 Subsequently, E and J were combined into a single document, referred to as "JE."その後、メールすると、 Jが組み合わされて、 1つのドキュメント、と呼ばれる"は。 "

D was written perhaps a century later. Dはおそらく一世紀へ書き込まれます。 It was conveniently "discovered" in the temple by the priest Hilkiah in 622 BC, shortly after it was written.これは、便利な"発見"と同寺の住職がhilkiah紀元前622 、すぐ後に書かれた。 D was then joined with JE. Dはメンバー登録には入力しています。

P was written before the death of King Josiah in 609 BCE, probably during the reign of King Hezekiah. pが書か王の前に死亡した紀元前609ジョサイアで、おそらく王の治世中にhezekiahです。 It was written as an alternate to JE.それは、代替には書かれているとします。

R combined J, E, P and other documents together into the first four books of the Hebrew Scriptures.研究複合無し、メール、 pと、他のドキュメントにまとめられた最初の4つの書籍は、ヘブライ語の経典です。 To this, he added D's writings, the book of Deuteronomy, to complete the Pentateuch.このため、彼は追加されましたDの文章は、予約の申命記、五を完了しています。 By the time that he did the editing, the JE, D and P documents were in wide circulation.そのころのことを彼は、編集のは、 dとP文書が広く出回っている。 Each was supported by various factions.それぞれが様々な派閥でサポートされています。 R saw his task as attempting to join these sources together into a more or less cohesive, single document.研究に参加しようと見た彼のタスクとして、これらのソースにまとめられた多かれ少なかれ凝集、シングルドキュメントです。 Friedmann suspects that Ezra was the redactor.フリードマンは、容疑者がエズラredactorです。


During the 18th Century, three investigators (Witter, Astruc and Eichhorn) independently concluded that doublets in the Torah were written by two different authors. 18世紀中に、 3つの捜査官(ウィッター、 astrucとアイヒホルン)独自の結論をdoubletsは、律法によって書かれた2つの別の作者に帰属します。 A doublet is a story that is described twice, as in:を二重に記載されて2回は、物語のように:

These doublets sometimes appear to contradict each other.これらのdoublets時にはお互いに矛盾するようにします。 In most cases, one referred to God as Yahweh while the other used the term Elohim .ほとんどの場合、 1つの神として言及しながら、他のヤハウェエロヒムという用語は使用される。

During the 19th Century, scholars noticed that there were a few triplets in the Torah.中に19世紀には、数学者気づいたがあったトリプレットは、律法です。 This indicated that a third author was involved.この3番目の著者が関与を示している。 Then, they determined that the book of Deuteronomy was written in a different language style from the remaining 4 books in the Pentateuch (implying a fourth author).その後、彼らの決定は、予約申命記は、別の言語で書かれてから、残りの4スタイルの書籍を、五(訳注:第4著者) 。 Finally, by the end of the 19th Century, liberal scholars reached a consensus that 4 authors and one redactor (editor) had been actively involved in the writing of the Pentateuch.最後に、年末までに19世紀には、リベラル派の学者が4人の投稿者の合意に達したと1つのredactor (エディタ)を積極的に関与していたに書面で五します。

During the 20th Century, academics identified which verses (and parts of verses) were authored by the various writers. 20世紀の間に、特定の学者の詩(や部品の詩)が執筆された様々な作家です。 They have also attempted to uncover the names of the authors.彼らはまたしようとしたの名前を明らかにするの作者に帰属します。 In 1943, Pope Pius XII issued an encyclical Divino Afflante Spiritu in which he urged academics to study the sources of Biblical texts. 1943年、ピウス12回勅発行するafflante spirituでは彼は神のよう要請する方針を勉強する学者の聖書のテキストです。 Recent archeological discoveries and new linguistic analysis tools have facilitated the research.最近の考古学的発見や新しい言語学的分析ツールの研究が促進します。


(BELIEVE Editor's Note:) (信じエディタの注: )

Moses was quite likely the original source for the information in the first five Books of the Bible, but these various "strands" or (unknown) ancient authors apparently actually wrote down various portions of what we not have as our Bible.ムーサーは、非常に高いため、元のソースの情報は、最初の5つの書籍は、聖書の、しかし、これらの様々な"ストランド"または(不明)古代の様々な作家の部分を明らかに書き留めた、実際にどのような私たちとして私たちは聖書です。 To give an idea of how these various strands intertwine, the first ten chapters of the King James Authorized Version of the book of Genesis are presented here, with the original authors, according to the modern analyst RE Friedman, indicated in color: J E P R.を与える様々な鎖の大体のイメージをどのように結び付くの最初の10章は、王のジェームズ正規のバージョンの創世記の提示ここでは、と、元の作者は、フリードマンによると、現代のアナリスト、再度、示されてカラージェイメール p r. ('E' did not contribute to this excerpt.) ( 'メール'に貢献し、このしなかったの抜粋です。 )

CHAPTER 1第1章

1 (P) In the beginning God created the heaven and the earth. 1 ( p )のは、はじめに神は天と地を作成します。
2 And the earth was without form, and void; and darkness was upon the face of the deep. 2フォームと地球はなし、および無効;と闇が深い時の顔をします。 And the Spirit of God moved upon the face of the waters. との精神に神の移動時の顔の人のために尽くす。
3 And God said, Let there be light: and there was light. 3と神によると、光あれ:と光があった。
4 And God saw the light, that it was good: and God divided the light from the darkness. 4 、神の光を見た、それはいい:からの光と闇の神分かれています。
5 And God called the light Day, and the darkness he called Night. 5日と神と呼ばれる光と闇の彼と呼ばれる部屋です。 And the evening and the morning were the first day. 朝と夕方とは、最初の日です。
6 And God said, Let there be a firmament in the midst of the waters, and let it divide the waters from the waters. 6と神によると、あれは、大空のために尽くすの真っただ中に、分割のために尽くすことをご存知でしたら、人のために尽くすからです。
7 And God made the firmament, and divided the waters which were under the firmament from the waters which were above the firmament: and it was so. 7日と、神は、大空、と分断された人のために尽くすからの水の下に大空の上にされた大空: 、それはとてもです。
8 And God called the firmament Heaven. 8日と大空天の神と呼ばれる。 And the evening and the morning were the second day. 朝と夕方とは、 2日目です。
9 And God said, Let the waters under the heaven be gathered together unto one place, and let the dry land appear: and it was so. 9と神によると、天の下に水て、かれらが集まった1つの場所は、乾燥した土地をご存知でしたら、表示される:ことはとてもです。
10 And God called the dry land Earth; and the gathering together of the waters called he Seas: and God saw that it was good. 10と神と呼ばれる乾燥した土地地球;と一緒の収集のために尽くすと呼ばれる彼の海:と、神が目の当たりにしたのは良いです。
11 And God said, Let the earth bring forth grass, the herb yielding seed, and the fruit tree yielding fruit after his kind, whose seed is in itself, upon the earth: and it was so. 11日、神によると、地球の生み出すて、草、種子のハーブ降伏し、彼の果樹降伏した後の果物の種類、その種子は、それ自体、時の地球: 、それはとてもです。
12 And the earth brought forth grass, and herb yielding seed after his kind, and the tree yielding fruit, whose seed was in itself, after his kind: and God saw that it was good. 12甦らと地球の草、種子やハーブ降伏後、彼の種類、および、ツリー降伏果物、その種子は、それ自体は、後に彼の種類:と、神が目の当たりにしたのは良いです。
13 And the evening and the morning were the third day. 13日の朝と夕方とは、 3日目です。
14 And God said, Let there be lights in the firmament of the heaven to divide the day from the night; and let them be for signs, and for seasons, and for days, and years: 14と神によると、ライトは、大空あれ、天国に分割するその日の夜から;をご存知でしたら、それらの兆候が、およびシーズンズ、および日中、および年間:
15 And let them be for lights in the firmament of the heaven to give light upon the earth: and it was so. 15日とさせてランプには、天国の大空を与える光の上に、地球: 、それはとてもです。
16 And God made two great lights; the greater light to rule the day, and the lesser light to rule the night: he made the stars also. 16日、神は2つの大灯;の大光を支配する日、光を支配すると小部屋:彼は、星印もします。
17 And God set them in the firmament of the heaven to give light upon the earth, 17日と設定して、大空の神、天を与える光の上に、地球、
18 And to rule over the day and over the night, and to divide the light from the darkness: and God saw that it was good. 18日以上を支配の夜、暗闇からの光に分割する:と、神が目の当たりにしたのは良いです。
19 And the evening and the morning were the fourth day. 19日の朝と夕方とは、 4日目です。
20 And God said, Let the waters bring forth abundantly the moving creature that hath life, and fowl that may fly above the earth in the open firmament of heaven. 20日と神によると、豊富にして、水を生み出すクリーチャーがかれらの生活に移動し、地球の家禽の上を飛ぶことがありますが、オープン大空の天国です。
21 And God created great whales, and every living creature that moveth, which the waters brought forth abundantly, after their kind, and every winged fowl after his kind: and God saw that it was good. 21日と大鯨神の作成、およびすべての生き物がmoveth 、これのために尽くす豊富に甦ら、後に、種類、およびすべての翼の家禽後に彼の種類:と、神が目の当たりにしたのは良いです。
22 And God blessed them, saying, Be fruitful, and multiply, and fill the waters in the seas, and let fowl multiply in the earth. 22日、神の祝福し、と述べ、実り多いものにし、乗算、水をいっぱいにすると、海、乗算は、地球をご存知でしたら、家禽です。
23 And the evening and the morning were the fifth day. 23日の朝と夕方とは、 5日目です。
24 And God said, Let the earth bring forth the living creature after his kind, cattle, and creeping thing, and beast of the earth after his kind: and it was so. 24日、神によると、地球て、彼の後を生み出すの生き物の種類、牛、と徐々に進行することは、彼の後に、地球と獣の種類: 、それはとてもです。
25 And God made the beast of the earth after his kind, and cattle after their kind, and every thing that creepeth upon the earth after his kind: and God saw that it was good. 25日と獣神は彼の後に、地球の種類、および牛の後に、種類、およびすべてのことをした後、地球にcreepeth彼の種類:と、神が目の当たりにしたのは良いです。
26 And God said, Let us make man in our image, after our likeness: and let them have dominion over the fish of the sea, and over the fowl of the air, and over the cattle, and over all the earth, and over every creeping thing that creepeth upon the earth. 26日、神によると、男が私たちのイメージをご連絡後、私たちの似寄り:をご存知でしたら、それらの魚が支配する海と、その中の空気の家禽、および以上の牛は、以上のすべての地球、および以上すべての地球にcreepeth忍び寄ることです。
27 So God created man in his own image, in the image of God created he him; male and female created he them. 27ので、神は、自分自身のイメージを作成した男は、神のイメージを作成した彼は彼;男性と女性の作成とします。
28 And God blessed them, and God said unto them, Be fruitful, and multiply, and replenish the earth, and subdue it: and have dominion over the fish of the sea, and over the fowl of the air, and over every living thing that moveth upon the earth. 28日と神の祝福し、かれらの神によると、実り多いものにし、乗算、および地球を補充し、制圧すること:支配して、魚は、海と、その中の空気の家禽、およびすべての生き物以上その時、地球movethです。
29 And God said, Behold, I have given you every herb bearing seed, which is upon the face of all the earth, and every tree, in the which is the fruit of a tree yielding seed; to you it shall be for meat. 29日、神によると、見よ、私は与えられたすべてのハーブを軸受種子、これは、地球のすべての時の顔、およびすべてのツリーで、これは、果実は、木の降伏種子;をすることをしなければならないの肉です。
30 And to every beast of the earth, and to every fowl of the air, and to every thing that creepeth upon the earth, wherein there is life, I have given every green herb for meat: and it was so. 30としてビースト、地球、およびすべての家禽の空気、として地球のことcreepeth時、そこには人生、私はすべての緑色のハーブを与えられた肉: 、それはとてもです。
31 And God saw every thing that he had made, and, behold, it was very good. 31日としていた神はすべてのものは、と、見よ、とてもおいしかったです。 And the evening and the morning were the sixth day. 朝と夕方とは、 6日です。

CHAPTER 2第2章

(P) 1 Thus the heavens and the earth were finished, and all the host of them. p )の1したがって、天と地が終了したら、すべてのホストとします。
2 And on the seventh day God ended his work which he had made; and he rested on the seventh day from all his work which he had made. 七日目の2としていた神の彼の仕事は終わった;と彼は休んで七日目から、彼はすべての彼の仕事をします。
3 And God blessed the seventh day, and sanctified it: because that in it he had rested from all his work which God created and made. 3 、神の祝福の七日目、および神聖化こと:彼は休息のためにして彼の仕事のすべてを神から作ら作成しています。
4 (R) These are the generations of the heavens and of the earth when they were created, (J) in the day that the LORD God made the earth and the heavens, 4 (研究)これらの世代の、天と地の作成時に彼らは、 (株)はこの日は、主なる神は、地球と、天、
5 And every plant of the field before it was in the earth, and every herb of the field before it grew: for the LORD God had not caused it to rain upon the earth, and there was not a man to till the ground. 5 、すべての工場でのフィールドの前には、地球、およびすべてのハーブは、フィールドの前に、成長率:神は、主が原因としていなかった雨が、地球、およびがあった土地を耕すは男を特定します。
6 But there went up a mist from the earth, and watered the whole face of the ground. 6しかし、地球から霧が上昇すると、地面に顔全体に水やりします。
7 And the LORD God formed man of the dust of the ground, and breathed into his nostrils the breath of life; and man became a living soul. 7主なる神と人間形成のほこりを地面にし、息を自分の鼻の穴のブレスオブライフ;と人間の魂の生活になった。
8 And the LORD God planted a garden eastward in Eden; and there he put the man whom he had formed. 8主なる神と東の庭に植えられたエデン;と誰が彼彼はその男に形成している。
9 And out of the ground made the LORD God to grow every tree that is pleasant to the sight, and good for food; the tree of life also in the midst of the garden, and the tree of knowledge of good and evil. 9して、地面には、カテゴリごとに成長主なる神はその光景を見て楽しい、と良い食品;のツリーオブライフの真っただ中にも、庭、との知識を善と悪のツリーをします。
10 And a river went out of Eden to water the garden; and from thence it was parted, and became into four heads. 10を設定し、川の水はアウトエデンの庭、そしてそこからは離された、 4つの頭となった。
11 The name of the first is Pison: that is it which compasseth the whole land of Havilah, where there is gold; 11の名前を、最初のはpison :それはそれで全体の土地compassethハヴィラ、どこにはゴールド;
12 And the gold of that land is good: there is bdellium and the onyx stone. 12日と、その土地の金が良い:石にはオニキスブデリウムとします。
13 And the name of the second river is Gihon: the same is it that compasseth the whole land of Ethiopia. 13日と2番目の川の名前はgihon : compassethも同様のことがことが全体の土地のエチオピアです。
14 And the name of the third river is Hiddekel: that is it which goeth toward the east of Assyria. 14日と3番目の川の名前はhiddekel : goの三人称単数現在ではそれがアッシリアの東に向かっています。 And the fourth river is Euphrates. とは、ユーフラテス川の4番です。
15 And the LORD God took the man, and put him into the garden of Eden to dress it and to keep it. 15主なる神はその男と、彼をエデンの園にドレスを保つこととします。
16 And the LORD God commanded the man, saying, Of every tree of the garden thou mayest freely eat: 16と主なる神男命じられた、と述べ、なたのすべての庭のツリーを自由に食べmayest :
17 But of the tree of the knowledge of good and evil, thou shalt not eat of it: for in the day that thou eatest thereof thou shalt surely die. 17しかし、カテゴリは、善と悪の知識を、なたshalt食べないこと:日には、なたeatest shaltなたは必ず死ぬものです。
18 And the LORD God said, It is not good that the man should be alone; I will make him an help meet for him. 18日、主なる神は言われたが、これは良いことだけで男すべきである;私は彼に助けを満たしていた。
19 And out of the ground the LORD God formed every beast of the field, and every fowl of the air; and brought them unto Adam to see what he would call them: and whatsoever Adam called every living creature, that was the name thereof. 19日とするごとに、地上の主なる神獣に形成されたフィールド、およびすべての家禽の空気;と持ってかれアダムと呼んで彼は何を見:アダムと呼ばれるものすべての生き物と、それは、名前があります。
20 And Adam gave names to all cattle, and to the fowl of the air, and to every beast of the field; but for Adam there was not found an help meet for him. 20日とアダムはすべての牛の名前を、として家禽の空気、としてビーストのフィールド;しかし、アダムが見つかりませんでしたが、ヘルプを満たしていた。
21 And the LORD God caused a deep sleep to fall upon Adam, and he slept: and he took one of his ribs, and closed up the flesh instead thereof; 21主なる神の原因と深い眠りに落ちる時、アダム、と彼は寝と彼は彼の肋骨の1つ、および肉の代わりに閉鎖すること;
22 And the rib, which the LORD God had taken from man, made he a woman, and brought her unto the man. 22日、肋骨、主なる神は、男も取ってから、彼の女性は、とわたしは彼女の男です。
23 And Adam said, This is now bone of my bones, and flesh of my flesh: she shall be called Woman, because she was taken out of Man. 23日、アダムによると、これは今は私の骨の骨と肉の肉:彼女しなければならないと呼ばれる女性は、撮影するため、彼女は男です。
24 Therefore shall a man leave his father and his mother, and shall cleave unto his wife: and they shall be one flesh. 24したがって彼の父親は男のままと彼の母親は、彼の妻と、かれは開裂: 1つの肉にしなければならない。
25 And they were both naked, the man and his wife, and were not ashamed. 25日と二人とも裸、その男と彼の妻とは恥ずかしいです。

CHAPTER 3第3章

1 (J) Now the serpent was more subtil than any beast of the field which the LORD God had made. 1 (株)は、他のsubtil現在のヘビのフィールドよりもビーストは、主なる神ていた。 And he said unto the woman, Yea, hath God said, Ye shall not eat of every tree of the garden? と彼はわたしの女性によると、いや、かれらの神によると、なたがたは食べないのすべてのカテゴリの庭ですか?
2 And the woman said unto the serpent, We may eat of the fruit of the trees of the garden: 2 、その女性によると、かれのヘビ、食べることがありますが、庭の木の果実:
3 But of the fruit of the tree which is in the midst of the garden, God hath said, Ye shall not eat of it, neither shall ye touch it, lest ye die. 3しかし、これは、ツリーの果実の真っただ中にある庭、神かれらによると、なたがたは食べないのと、どちらのタッチなたがたには、これはなたがた死ぬ。
4 And the serpent said unto the woman, Ye shall not surely die: 4とヘビの女性によると、かれは、なたがたは必ず死ぬ:
5 For God doth know that in the day ye eat thereof, then your eyes shall be opened, and ye shall be as gods, knowing good and evil. 神doth知っているが5日、なたがたを食べるに関連して、入力し、オープンユアアイズしなければならない、となたがたの神々をしなければならないとして、善と悪を知っています。
6 And when the woman saw that the tree was good for food, and that it was pleasant to the eyes, and a tree to be desired to make one wise, she took of the fruit thereof, and did eat, and gave also unto her husband with her; and he did eat. 6時、女性は、そのカテゴリは、良い食品、られていることが楽しいの目に、と希望されるカテゴリを作る1つの賢明な、彼女は、果物に関連して、食べるとは、とわたしは彼女にも彼女の夫、そして彼は食べています。
7 And the eyes of them both were opened, and they knew that they were naked; and they sewed fig leaves together, and made themselves aprons. 7 、およびそれらの目には両方が開かれると、かれらを知っていたしていた裸; sewed図かれらの葉を合わせ、エプロンは自身です。
8 And they heard the voice of the LORD God walking in the garden in the cool of the day: and Adam and his wife hid themselves from the presence of the LORD God amongst the trees of the garden. 8日と彼らの声を聞いたの主なる神の庭を歩くのは、涼しい日目:アダムと彼の妻とhidそのものより、主なる神が存在する間、庭の木です。
9 And the LORD God called unto Adam, and said unto him, Where art thou? 9主なる神と呼ばれると、かれアダムし、かれによると、ここで芸術なたですか?
10 And he said, I heard thy voice in the garden, and I was afraid, because I was naked; and I hid myself. 10 、彼によると、なたの声を聞いたの庭、と私が怖かったので、私は裸;と私自身hidです。
11 And he said, Who told thee that thou wast naked? 11日、彼によると、 whoは、なたになた裸のですか? Hast thou eaten of the tree, whereof I commanded thee that thou shouldest not eat? 食べてなたのツリーで、なたに命じなたshouldest whereof私は何も食べないですか?
12 And the man said, The woman whom thou gavest to be with me, she gave me of the tree, and I did eat. 12歳の男性によると、女性はgavestされると御考えに私は、彼女は私のツリー、と私は食べる。
13 And the LORD God said unto the woman, What is this that thou hast done? 13主なる神とわたしの女性によると、このことは何ですなたのですか? And the woman said, The serpent beguiled me, and I did eat. との女性によると、蛇に欺かのメイン、と私は食べる。
14 And the LORD God said unto the serpent, Because thou hast done this, thou art cursed above all cattle, and above every beast of the field; upon thy belly shalt thou go, and dust shalt thou eat all the days of thy life: 14日、かれらによると、ヘビの神、主は、なた行うためには、なたのろわれた上記のすべての牛、および上記のすべての野獣のフィールド;時なたの腹shaltなた行く、と塵のshaltのすべての日中に食べるなたなたの寿命:
15 And I will put enmity between thee and the woman, and between thy seed and her seed; it shall bruise thy head, and thou shalt bruise his heel. 15と私は、なたとの間に敵意の女性との間になたの種子と彼女の種子;ことは、なたの頭のあざ、あざやなたshalt彼のかかとのです。
16 Unto the woman he said, I will greatly multiply thy sorrow and thy conception; in sorrow thou shalt bring forth children; and thy desire shall be to thy husband, and he shall rule over thee. 16かれらによると、女性彼は、私は悲しみとなたの概念を大幅になたの乗算;に悲しみをもたらす子供たちなたshalt ;となたの願望なたの夫をしなければならない、と彼は支配なた。
17 And unto Adam he said, Because thou hast hearkened unto the voice of thy wife, and hast eaten of the tree, of which I commanded thee, saying, Thou shalt not eat of it: cursed is the ground for thy sake; in sorrow shalt thou eat of it all the days of thy life; 17日と、かれアダムと述べたため、かれらの声をhearkenedなたなたの妻、およびhast食べて、ツリーで、なたが私命じられた、と述べ、なたのことは何も食べないshalt :カーズドは、なたのために地面を;の悲しみshaltなたを食べることのすべての日中になたの生活;
18 Thorns also and thistles shall it bring forth to thee; and thou shalt eat the herb of the field; 18とげとthistlesも、なたはそれを生み出す;となたshaltハーブを食べるのフィールド;
19 In the sweat of thy face shalt thou eat bread, till thou return unto the ground; for out of it wast thou taken: for dust thou art, and unto dust shalt thou return. 19日は、なたの顔の汗をかくパンを食べるshaltなたは、かれ戻り、地上までなた;を出してartの過去なた撮影:なたちり、ほこりやかれshaltなたを返します。
20 And Adam called his wife's name Eve; because she was the mother of all living. 20日とアダムと呼ばれる彼の妻の名前の前夜;ため、彼女は、母親のすべての生活です。
21 Unto Adam also and to his wife did the LORD God make coats of skins, and clothed them. 21かれアダムと彼の妻も、神は、主にコートのスキン、および服を着ています。
22 And the LORD God said, Behold, the man is become as one of us, to know good and evil: and now, lest he put forth his hand, and take also of the tree of life, and eat, and live for ever: 22日と主なる神によると、見よ、その男は先の1つになるとして、善と悪を知って:そして今、彼はしないように手を出す、と取るも、ツリーオブライフ、と食べる、とに住むでろう:
23 Therefore the LORD God sent him forth from the garden of Eden, to till the ground from whence he was taken. 23したがって、彼記載主なる神から送られるエデンの園、土地を耕す上でwhence彼は撮影します。
24 So he drove out the man; and he placed at the east of the garden of Eden Cherubims, and a flaming sword which turned every way, to keep the way of the tree of life. 運転して男の24ので、彼と彼に配置さエデンの園の東にケルビムし、あらゆる方法で、炎の剣を有効に維持する方法は、ツリーオブライフです。

CHAPTER 4第4章

1 (J) And Adam knew Eve his wife; and she conceived, and bare Cain, and said, I have gotten a man from the LORD. 1 (株)アダムとイブを知っていた彼の妻、そして彼女は考え、およびベアカイン、とによると、私は男から得た主です。
2 And she again bare his brother Abel. 2 、彼女は再びむき出しの弟のアベルです。 And Abel was a keeper of sheep, but Cain was a tiller of the ground. とアベルは、羊の番人が、耕運機のカインは、地面にします。
3 And in process of time it came to pass, that Cain brought of the fruit of the ground an offering unto the LORD. 3およびインプロセスの時間を渡すことが、そのカインの果実brought地面には、かれらの主を提供します。
4 And Abel, he also brought of the firstlings of his flock and of the fat thereof. 4とアベル、彼も持ち込んfirstlingsは、彼の群れとは、脂肪があります。 And the LORD had respect unto Abel and to his offering: と、主はわたしを尊重アベルと彼の提供:
5 But unto Cain and to his offering he had not respect. 5しかし、かれカインと彼の提供を尊重する彼はない。 And Cain was very wroth, and his countenance fell. とケインは、非常に激怒し、彼の顔が下落した。
6 And the LORD said unto Cain, Why art thou wroth? 6カインと、主によると、かれは、なた激怒なぜですか? and why is thy countenance fallen? なたの顔と倒れたはなぜですか?
7 If thou doest well, shalt thou not be accepted? 7もしあなたdoestええと、 shaltなたは決して受け入れですか? and if thou doest not well, sin lieth at the door. doestないとなたええと、 liethは、ドアの罪です。 And unto thee shall be his desire, and thou shalt rule over him. なたしなければならないという彼の願望と、わたしとなた支配shaltていた。
8 And Cain talked with Abel his brother: and it came to pass, when they were in the field, that Cain rose up against Abel his brother, and slew him. 8日とカインの話を弟のアベル:ことが下った時、かれらの分野では、その弟のアベルカインのバラにぶつかるとスルーていた。
9 And the LORD said unto Cain, Where is Abel thy brother? 9カインと、主によると、かれは、 なたの弟アベルはどこにありますか? And he said, I know not: Am I my brother's keeper? 彼によると、わたしは知らない:私の弟の番人私ですか?
10 And he said, What hast thou done? 10 、彼によると、なたは何ですか? the voice of thy brother's blood crieth unto me from the ground. なたの声を私の弟の血液criethかれ地上からです。
11 And now art thou cursed from the earth, which hath opened her mouth to receive thy brother's blood from thy hand; のろわれた11日、地球から今すぐなたがかれらを受信するオープン彼女の口の中の弟の血液からなたなたの手;
12 When thou tillest the ground, it shall not henceforth yield unto thee her strength; a fugitive and a vagabond shalt thou be in the earth. 12時なたtillest地面に、それは、かれらなた収率は今後彼女の強さ; vagabond shalt 、逃亡者となたには、地球です。
13 And Cain said unto the LORD, My punishment is greater than I can bear. 13日とケインによると、わたしの主よ、私の処罰よりも大きい私には耐え切れない。
14 Behold, thou hast driven me out this day from the face of the earth; and from thy face shall I be hid; and I shall be a fugitive and a vagabond in the earth; and it shall come to pass, that every one that findeth me shall slay me. 14見よ、この日なた駆動てくれて、地球の顔から、なたの顔からは、私にhid ;と私は逃亡者としなければならないvagabondは、地球、およびそれを渡す条の規定は、そのごとに1つのこと私は殺しfindethよ。
15 And the LORD said unto him, Therefore whosoever slayeth Cain, vengeance shall be taken on him sevenfold. 第15項、およびかれに、主によると、カインslayethしたがって誰でも、彼の7倍の復讐をしなければならない。 And the LORD set a mark upon Cain, lest any finding him should kill him. マークを設定すると、主にカインは、任意の所見しないように彼はあの人を殺したのです。
16 And Cain went out from the presence of the LORD, and dwelt in the land of Nod, on the east of Eden. 16日、カインは、主が存在するから、と力説は、ノドの地、エデンの東を検索する。
17 And Cain knew his wife; and she conceived, and bare Enoch: and he builded a city, and called the name of the city, after the name of his son, Enoch. 17日とカインを知っていた彼の妻、そして彼女は考え、およびベアイノック:ビルドすると彼は市の名前を検索するシティと呼ばれる、彼の息子の名前をした後、イノックです。
18 And unto Enoch was born Irad: and Irad begat Mehujael: and Mehujael begat Methusael: and Methusael begat Lamech. 18日、かれイノックが生まれたirad : irad begetの過去とmehujael : mehujael begetの過去とmethusael : methusael begetの過去とレメクです。
19 And Lamech took unto him two wives: the name of the one was Adah, and the name of the other Zillah. 19日、レメクはかれに2つの妻:名前は、 1つは、アダ、との名前を、他のジラです。
20 And Adah bare Jabal: he was the father of such as dwell in tents, and of such as have cattle. 20日とアダベアジャバール:彼は父親のテントなどに住む、とは牛のようです。
21 And his brother's name was Jubal: he was the father of all such as handle the harp and organ. 21日とその弟の名前はユバル:彼は父親のすべてのハープや臓器などに対処する。
22 And Zillah, she also bare Tubalcain, an instructer of every artificer in brass and iron: and the sister of Tubalcain was Naamah. 22日、ジラ、彼女も裸tubalcain 、 instructer真ちゅう製のすべての職人と鉄: tubalcainはnaamahと妹のです。
23 And Lamech said unto his wives, Adah and Zillah, Hear my voice; ye wives of Lamech, hearken unto my speech: for I have slain a man to my wounding, and a young man to my hurt. 23レメクによると、かれの妻、アダとジラ、自分の声を聞く;なたがたの妻のレメク、聞け、かれ私のスピーチ:私は男に殺害されたマイ負傷した、と若い男が私の胸が痛い。
24 If Cain shall be avenged sevenfold, truly Lamech seventy and sevenfold. 24 avenged 7倍にしなければならない場合カイン、真にレメク70と7倍です。
25 And Adam knew his wife again; and she bare a son, and called his name Seth: For God, said she, hath appointed me another seed instead of Abel, whom Cain slew. 25日とアダムを知っていた彼の妻を再度;と彼女は裸の息子、と呼ばれる彼の名前セス:神は、彼女によると、かれらに任命私の代わりに別の種子アベル、誰カインスルーします。
26 And to Seth, to him also there was born a son; and he called his name Enos: then began men to call upon the name of the LORD. 26日とセス、また彼の息子があったに生まれるのではなく、彼は彼の名前を呼ばれるイーノス:男性を入力し始めたの主の名前を呼び掛ける。

CHAPTER 5第5章

1 (R) This is the book of the generations of Adam. 1 (研究)これは、アダムの世代の予約をします。 In the day that God created man, in the likeness of God made he him;作成日に神は、男は、神の似ているが、彼は彼;
2 Male and female created he them; and blessed them, and called their name Adam, in the day when they were created. 2男性と女性の作成彼はそれら;と祝福し、自分の名前と呼ばれるアダムは、その日、かれらが作成されました。
3 And Adam lived an hundred and thirty years, and begat a son in his own likeness, after his image; and called his name Seth: 3とアダム住んで30年の100とし、息子は、自分自身のbegetの過去形に似ている、彼のイメージをした後、彼の名前を呼ばれるセス:
4 And the days of Adam after he had begotten Seth were eight hundred years: and he begat sons and daughters: 4日間のアダムとセトが生まれた後、彼は800年: begetの過去と彼は息子や娘:
5 And all the days that Adam lived were nine hundred and thirty years: and he died. 5日間のすべての住んでアダムが930歳:彼が死亡した。
6 And Seth lived an hundred and five years, and begat Enos:セスに住んで6百人と5年間、およびbegetの過去形イーノス:
7 And Seth lived after he begat Enos eight hundred and seven years, and begat sons and daughters:彼は後に住んで7やSethイーノスbegetの過去807年間、息子や娘とbegetの過去形:
8 And all the days of Seth were nine hundred and twelve years: and he died. 8日間のすべてのセスが912歳:彼が死亡した。
9 And Enos lived ninety years, and begat Cainan: 9日と90年に住んイーノス、およびbegetの過去形cainan :
10 And Enos lived after he begat Cainan eight hundred and fifteen years, and begat sons and daughters: 10とエノスに住んcainan後、彼はbegetの過去815年間、息子や娘とbegetの過去形:
11 And all the days of Enos were nine hundred and five years: and he died. 11日間のすべてのエノスが905歳:彼が死亡した。
12 And Cainan lived seventy years, and begat Mahalaleel: 12日と70年に住んcainan 、およびbegetの過去形mahalaleel :
13 And Cainan lived after he begat Mahalaleel eight hundred and forty years, and begat sons and daughters: 13 cainanに住んmahalaleel後、彼はbegetの過去840年間、息子や娘とbegetの過去形:
14 And all the days of Cainan were nine hundred and ten years: and he died. 14日間のすべてのcainanが910歳:彼が死亡した。
15 And Mahalaleel lived sixty and five years, and begat Jared: 15と60と5年間住んでmahalaleel 、およびbegetの過去形ジャレド:
16 And Mahalaleel lived after he begat Jared eight hundred and thirty years, and begat sons and daughters: 16 mahalaleelに住んジャレド後、彼はbegetの過去830年間、息子や娘とbegetの過去形:
17 And all the days of Mahalaleel were eight hundred ninety and five years: and he died. 17日間のすべてのmahalaleelが、 5年間で890 :と彼は死亡した。
18 And Jared lived an hundred sixty and two years, and he begat Enoch: 18と60と2つのジャレドに住んで100年とし、彼はbegetの過去形イノック:
19 And Jared lived after he begat Enoch eight hundred years, and begat sons and daughters: 19日、ジャレドに住んイノックbegetの過去800年後、彼は、息子や娘とbegetの過去形:
20 And all the days of Jared were nine hundred sixty and two years: and he died. 20日間のすべてのジャレドは960と2つの年次:彼が死亡した。
21 And Enoch lived sixty and five years, and begat Methuselah: 21日と60と5年間住んでイノック、およびbegetの過去形メトセラ:
22 And Enoch walked with God after he begat Methuselah three hundred years, and begat sons and daughters: 22日、イノック歩いて神メトセラbegetの過去300年後、彼は、息子や娘とbegetの過去形:
23 And all the days of Enoch were three hundred sixty and five years: 23日からのすべての360日間のイノックは、 5年間:
24 And Enoch walked with God: and he was not; for God took him.歩いて24日、イノック神:と彼はない;神が彼です。
25 And Methuselah lived an hundred eighty and seven years, and begat Lamech: 25日とメトセラに住んで百八十七年とし、 begetの過去形レメク:
26 And Methuselah lived after he begat Lamech seven hundred eighty and two years, and begat sons and daughters: 26日、メトセラに住んした後、彼は780レメクbegetの過去2年間、息子や娘とbegetの過去形:
27 And all the days of Methuselah were nine hundred sixty and nine years: and he died. 27日とのすべての960日間のメトセラは9歳:彼が死亡した。
28 And Lamech lived an hundred eighty and two years, and begat a son:レメク住んで、 28日とすると2つの百八十年とし、 begetの過去の息子:
29 (J) And he called his name Noah, saying, This same shall comfort us concerning our work and toil of our hands, because of the ground which the LORD hath cursed. 29 (株)と彼は彼の名前をノアと呼ばれる、と述べ、これと同じもの快適度問い合わせに関する私たちの仕事と労苦手に、主のために地面には、かれらのろわれた。
30 (R) And Lamech lived after he begat Noah five hundred ninety and five years, and begat sons and daughters: 30 ( R )とレメクに住んした後、彼は590ノアbegetの過去5年間、息子や娘とbegetの過去形:
31 And all the days of Lamech were seven hundred seventy and seven years: and he died. 31日とのすべての770日間のレメクは、 7歳:彼が死亡した。
32 And Noah was five hundred years old: and Noah begat Shem, Ham, and Japheth.ノアは32と500歳以上: begetの過去とノアshem 、ハム、とジェイフェスです。

CHAPTER 6第6章

1 (J) And it came to pass, when men began to multiply on the face of the earth, and daughters were born unto them, 1 (株)を提供して来たを通過させ、男性が始まったときに、地球の顔を乗算し、かれらの娘が生まれ、
2 That the sons of God saw the daughters of men that they were fair; and they took them wives of all which they chose. 2人の息子は、神を見た人の娘の男性していた公正な;と彼らが彼らのすべての妻がかれらを選んだ。
3 And the LORD said, My spirit shall not always strive with man, for that he also is flesh: yet his days shall be an hundred and twenty years. 3と、主によると、私の精神は、常に努力をしない男は、その彼も肉:まだ彼の日中にしなければならないと20年の100です。
4 There were giants in the earth in those days; and also after that, when the sons of God came in unto the daughters of men, and they bare children to them, the same became mighty men which were of old, men of renown. 4があったジャイアンツは、地球ではこれらの日中に発送;とした後でも、神の息子に来たときに、わたしの娘の男性は、裸の子供たちと彼らをして、偉大な男性と同じなったが、古い、男性の名声です。
5 And GOD saw that the wickedness of man was great in the earth, and that every imagination of the thoughts of his heart was only evil continually. 5と邪悪の神は、その男は素晴らしいが、地球ており、そのすべての想像力のみの考えに彼の心は悪を継続します。
6 And it repented the LORD that he had made man on the earth, and it grieved him at his heart. 6主と反省していた男は、地球上には、彼と彼の心臓の悲しみに沈んだ。
7 And the LORD said, I will destroy man whom I have created from the face of the earth; both man, and beast, and the creeping thing, and the fowls of the air; for it repenteth me that I have made them. 7 、および、主によると、私は誰を破壊する男の顔を私は、地球から作成;両方の男、とビースト、徐々に進行することとし、鶏の空気;ために私が私は後悔するだけです。
8 But Noah found grace in the eyes of the LORD. 8しかし、ノアが見つかりました猶予の人の目に、主です。
9 (P) These are the generations of Noah: Noah was a just man and perfect in his generations, and Noah walked with God. 9 p )のこれらの世代のノア:ノアは、彼の世代だけ完璧な男と、神とノア歩いた。
10 And Noah begat three sons, Shem, Ham, and Japheth. 10とノアbegetの過去3人の息子、 shem 、ハム、とジェイフェスです。
11 The earth also was corrupt before God, and the earth was filled with violence. 11日、地球が壊れて神の前にも、暴力と地球が満ちている。
12 And God looked upon the earth, and, behold, it was corrupt; for all flesh had corrupted his way upon the earth. 12時、地球と神の顔と、見よ、それが壊れて;彼のすべての肉が破損した時、地球の方法です。
13 And God said unto Noah, The end of all flesh is come before me; for the earth is filled with violence through them; and, behold, I will destroy them with the earth. 13日と神によると、かれノアは、エンドのすべての肉が来る前に私;は、地球が満ちている暴力を介して;と、見よ、私はそれらを、地球を破壊します。
14 Make thee an ark of gopher wood; rooms shalt thou make in the ark, and shalt pitch it within and without with pitch. 14日に、なたの箱舟gopherの木材;部屋shaltなたには、アーク、およびshaltとせずにピッチピッチことにします。
15 And this is the fashion which thou shalt make it of: The length of the ark shall be three hundred cubits, the breadth of it fifty cubits, and the height of it thirty cubits. 第15項、およびこれは、ファッションなたshaltすることを見る:しなければならないの長さは、 300腕尺の箱舟は、幅50腕尺のこと、および、高さ30腕尺のことです。
16 A window shalt thou make to the ark, and in a cubit shalt thou finish it above; and the door of the ark shalt thou set in the side thereof; with lower, second, and third stories shalt thou make it. 16 shaltなたのウィンドウに合わせて作るの箱舟、およびそれ以上の仕上げを腕尺shaltなた;とドアを設定するには、なたの箱舟shalt側のもの;性を低くした、第二に、なたと3番目のストーリーshaltことです。
17 And, behold, I, even I, do bring a flood of waters upon the earth, to destroy all flesh, wherein is the breath of life, from under heaven; and every thing that is in the earth shall die. 17日と、見よ、も、は、洪水の水をもたらす時、地球は、生きとし生けるものを破壊し、そこは、ブレスオブライフ、天国の下から、地球のあらゆるものに死ぬされている。
18 But with thee will I establish my covenant; and thou shalt come into the ark, thou, and thy sons, and thy wife, and thy sons' wives with thee. 18しかし、私の約束を確立するなたは私;となたshalt生まれてくるの箱舟、なた、なたの息子、となたの妻、となたの息子の妻になた。
19 And of every living thing of all flesh, two of every sort shalt thou bring into the ark, to keep them alive with thee; they shall be male and female. 19とのすべての生き物のすべての肉、 2つのすべての箱舟の並べ替えshaltなたをもたらす、となたを維持して生きて;かれらは男性と女性です。
20 Of fowls after their kind, and of cattle after their kind, of every creeping thing of the earth after his kind, two of every sort shall come unto thee, to keep them alive. 20の後に鶏の種類、およびその種の牛した後、徐々に進行することは、地球のすべての彼の種した後、 2つのすべての並べ替え条の規定は、かれらなた、を維持して生きている。
21 And take thou unto thee of all food that is eaten, and thou shalt gather it to thee; and it shall be for food for thee, and for them. 21日と取るなたは、かれは、なたのすべての食品を食べて、それを集めるとなたなたshalt ;食品をしなければならないとなた、とのことです。
22 Thus did Noah; according to all that God commanded him, so did he. 22われはヌーフ;によると、彼のすべてを神の命じられたので、彼は。

CHAPTER 7第7章

[Note: Chapter 7 and 8 are of particular interest, as the text switches frequently between the two main authors. [注:第7章と8特に関心は、頻繁にスイッチとしてのテキストの間に2つの主要な作者に帰属します。 The Redactor seems to have wanted to preserve both the J and P accounts more or less intact.指名手配のredactorを保存するようには無しとPの両方のアカウントを多かれ少なかれはそのままにします。 As a result, the text is quite repetitious:その結果、テキストのは非常に反復:

A slight conflict seems to exist:紛争のようにわずかに存在する:

One or more verses from J are followed by one or more verses from P. If you read only the J verses, then you will get a coherent story. 1つまたは複数の詩からJは1つまたは複数の詩から続いてp.場合に読み取り専用のJ詩、次に表示されますので、筋の通った話です。 If you read just the P verses, you will see a consistent but slightly different story.詩を読むだけの場合は、 P 、整合性が表示さを少しでも別の話です。

Verses by J 詩は無し Verses by P and by R 詩をpとした研究
1 And the LORD said unto Noah, Come thou and all thy house into the ark; for thee have I seen righteous before me in this generation. ノア1と、主によると、かれは、なたの家に来るなたは、すべての箱舟;なたが私を見た私は正義の前にこの世代です。
2 Of every clean beast thou shalt take to thee by sevens, the male and his female: and of beasts that are not clean by two, the male and his female. 2のすべての清潔度ビーストなたになたを取るshaltセブンは、男性と彼の女性:獣とされていない清潔度に2つの男性と彼の女性です。
3 Of fowls also of the air by sevens, the male and the female; to keep seed alive upon the face of all the earth. 3の鶏の空気をもセブンは、男性と女性;を保つ種子生存時の顔のすべての地球です。
4 For yet seven days, and I will cause it to rain upon the earth forty days and forty nights; and every living substance that I have made will I destroy from off the face of the earth. 4はまだありません7日間、と私は雨が原因して地球の40日間と40夜、およびすべての物質を私は生活を破壊するよりは、私の顔を、地球オフです。
5 And Noah did according unto all that the LORD commanded him. 5ノアは参考によると、かれは、主のすべての命じていた。
6 (R) And Noah was six hundred years old when the flood of waters was upon the earth. 6 ( R )とノアは600歳の時の洪水の水は地球の時です。
7 And Noah went in, and his sons, and his wife, and his sons' wives with him, into the ark, because of the waters of the flood. 7日とノアでは、と彼の息子たち、と彼の妻、と彼の息子たちの妻と彼の箱舟は、洪水のため人のために尽くすのです。
8 Of clean beasts, and of beasts that are not clean, and of fowls, and of every thing that creepeth upon the earth, 8清潔度獣、獣とされていない清潔度、および鶏、とのすべてのものが地球にcreepeth 、
9 There went in two and two unto Noah into the ark, the male and the female, as God had commanded Noah. 9と2つのわたしには、 2つのノアの箱舟には、男性と女性、ノアの神が命じられた。
10 And it came to pass after seven days, that the waters of the flood were upon the earth. 10とことが7日間を通過した後、その時のために尽くすのが、地球の洪水です。
11 In the six hundredth year of Noah's life, in the second month, the seventeenth day of the month, the same day were all the fountains of the great deep broken up, and the windows of heaven were opened. 11年第六百は、ノアの人生は、 2番目の月日は、今月の17日に、同じ日にはすべての噴水の偉大な深い壊れたアップ、およびWindowsの天国がオープンしました。
12 And the rain was upon the earth forty days and forty nights. 12時、地球の雨は40泊40日間とします。
13 In the selfsame day entered Noah, and Shem, and Ham, and Japheth, the sons of Noah, and Noah's wife, and the three wives of his sons with them, into the ark; 13日、同じ日にノアを入力し、 shem 、およびハム、とジェイフェスは、ノアの息子の、およびノアの妻と息子の3つの妻とそれらの箱舟;
14 They, and every beast after his kind, and all the cattle after their kind, and every creeping thing that creepeth upon the earth after his kind, and every fowl after his kind, every bird of every sort. 14彼らは、すべてのビーストした後、彼の種類、およびすべての牛の後に、種類、およびすべての忍び寄ることcreepeth彼のように、地球した後、家禽した後、彼の種類ごとに、すべての鳥のすべての並べ替えです。
15 And they went in unto Noah into the ark, two and two of all flesh, wherein is the breath of life. 第15項、および彼らは、かれらノアの箱舟に、 2つのと2つのすべての肉、そこは、ブレスオブライフです。
16 And they that went in, went in male and female of all flesh, as God had commanded him: かれらには16には、男性と女性のは、生きとし生けるものは、神が命じられたとして彼:
16 (Cont'd) and the LORD shut him in. 16 (続き)と、主にシャット彼。
17 And the flood was forty days upon the earth; and the waters increased, and bare up the ark, and it was lift up above the earth. 17日と40日間の洪水は、地球の時、および増加のために尽くす、とベアの箱舟、これは地球の上に持ち上げる。
18 And the waters prevailed, and were increased greatly upon the earth; and the ark went upon the face of the waters. 18日、人のために尽くすが勝っていたのは、地球の時とは大幅に増加したと、箱舟は時の顔の人のために尽くす。
19 And the waters prevailed exceedingly upon the earth; and all the high hills, that were under the whole heaven, were covered. 19日、非常に勝っていた時、地球のために尽くす;とのすべての高い丘、それが天国の下に全体が対象です。
20 Fifteen cubits upward did the waters prevail; and the mountains were covered. 20 15腕尺の上方への参考のために尽くす勝つと、山々が対象です。
21 And all flesh died that moved upon the earth, both of fowl, and of cattle, and of beast, and of every creeping thing that creepeth upon the earth, and every man: 21日と生きとし生けるものが死亡した時、地球を移動する、の両方の家禽、との畜牛、とのビースト、とのすべての地球にcreepeth忍び寄ること、およびすべての男:
22 All in whose nostrils was the breath of life, of all that was in the dry land, died. 22のすべてに、その鼻の穴は、ブレスオブライフ、のすべての陸地に出ていたのは、死亡した。
23 And every living substance was destroyed which was upon the face of the ground, both man, and cattle, and the creeping things, and the fowl of the heaven; and they were destroyed from the earth: and Noah only remained alive, and they that were with him in the ark. 23日、すべての生活が破壊物質だった時の顔を地面に、両方の男、と牛、徐々に進行するものとし、家禽の天;と彼らは地球から破壊:ノアだけは依然と生きて、かれら彼の箱舟にされた。
24 And the waters prevailed upon the earth an hundred and fifty days. 24日、地球のために尽くすが勝っていた時に百五十日後終了。

CHAPTER 8第8章

[Note: Again, we see frequent alterations between J and P. [注:繰り返しますが、私たちの間に頻繁に変更無しとP.

Verses by J 詩は無し Verses by P and by R 詩をpとした研究
1 And God remembered Noah, and every living thing, and all the cattle that was with him in the ark: and God made a wind to pass over the earth, and the waters asswaged; 1と神の記憶ノア、およびすべての生き物とされたすべての牛には彼の箱舟:そして神は、地球の風を通過し、人のために尽くすasswaged ;
2 The fountains also of the deep and the windows of heaven were stopped, 2 、噴水も深いとは、 Windowsの天国が停止すると、
2 (Cont'd) and the rain from heaven was restrained; 2 (続き)と、天から雨が拘束さ;
3 And the waters returned from off the earth continually: 3人のために尽くすオフ、地球から返さ継続:
3 (Cont'd) and after the end of the hundred and fifty days the waters were abated. 3 (続き)とした後、最後に百五十日間の水が排除されます。
4 And the ark rested in the seventh month, on the seventeenth day of the month, upon the mountains of Ararat. 4 〜 7カ月の箱舟休んでは、今月の17日、アララト山のようにしています。
5 And the waters decreased continually until the tenth month: in the tenth month, on the first day of the month, were the tops of the mountains seen. 5人のために尽くすとするまで、 10カ月連続の減少:は、 10月は、その月の最初の日は、山のてっぺんを見られるのです。
6 And it came to pass at the end of forty days, that Noah opened the window of the ark which he had made: 6月末に渡すことが40日中に、そのノアの箱舟の窓が開いて彼は:
7 And he sent forth a raven, which went forth to and fro, until the waters were dried up from off the earth. 7日と彼はカラス送られるという、これはあちこち出動し、乾燥するまでの水が地球からオフです。
8 Also he sent forth a dove from him, to see if the waters were abated from off the face of the ground; 8鳩も彼から送られるという彼は、排除するかどうかの水が地面から顔をする;
9 But the dove found no rest for the sole of her foot, and she returned unto him into the ark, for the waters were on the face of the whole earth: then he put forth his hand, and took her, and pulled her in unto him into the ark. 9鳩見つかっていないが、残りは彼女の足の裏に、と彼女はかれに返されるの箱舟は、上の水が地球全体の顔:それから彼は彼の手を出す、と、彼女と彼女を引っ張っかれに箱舟をします。
10 And he stayed yet other seven days; and again he sent forth the dove out of the ark; 10と彼は他の7日間宿泊はまだありません;と再び鳩を送ったの箱舟記載;
11 And the dove came in to him in the evening; and, lo, in her mouth was an olive leaf pluckt off: so Noah knew that the waters were abated from off the earth. 11日、鳩して来た彼は、夕方;と、見よ、彼女の口からは、オリーブの葉plucktオフ:ためノアの水が排除さを知っていたが、地球からオフです。
12 And he stayed yet other seven days; and sent forth the dove; which returned not again unto him any more. 12と彼は他の7日間宿泊はまだありません;と送られる記載鳩;が返さ再びかれにこれ以上ないです。
13 And it came to pass in the six hundredth and first year, in the first month, the first day of the month, the waters were dried up from off the earth: 13日とすることが下った時、第六百と最初の1年間では、最初の1カ月は、その月の最初の日は、オフからの水が干上がった地球:
13 (Cont'd)...and Noah removed the covering of the ark, and looked, and, behold, the face of the ground was dry. 13 (続き) ...とノアの箱舟を削除してカバーし、顔と、見よ、の顔を地面には、乾燥している。
14 And in the second month, on the seven and twentieth day of the month, was the earth dried. 14日と2番目の月日は、 7月と20日には、地球が乾燥します。
15 And God spake unto Noah, saying, かれらの神speakの過去15日とノア、と述べ、
16 Go forth of the ark, thou, and thy wife, and thy sons, and thy sons' wives with thee. 16出て行くの箱舟、なた、なたの妻、となたの息子、となたの息子の妻になた。
17 Bring forth with thee every living thing that is with thee, of all flesh, both of fowl, and of cattle, and of every creeping thing that creepeth upon the earth; that they may breed abundantly in the earth, and be fruitful, and multiply upon the earth. 17日ごとに、なたの生活を生み出すことは、なた、のすべての肉、家禽の両方の、との畜牛、とのすべての地球に忍び寄ることcreepeth ;して豊富には、 5月の繁殖地、そしてが実りある、と地球の乗算時です。
18 And Noah went forth, and his sons, and his wife, and his sons' wives with him: 18日、ノアがいる、と彼の息子たち、と彼の妻、と彼の息子たちの妻彼:
19 Every beast, every creeping thing, and every fowl, and whatsoever creepeth upon the earth, after their kinds, went forth out of the ark. 19日ごとにビースト、すべての忍び寄ること、およびすべての家禽、および地球にcreepethもの、後に、種類、記載するのはアーク。
20 And Noah builded an altar unto the LORD; and took of every clean beast, and of every clean fowl, and offered burnt offerings on the altar. 20日とノアビルドかれらの主祭壇;とは野獣のすべての清潔度、および清潔度のすべての家禽、およびサービスを提供焼け、祭壇のです。
21 And the LORD smelled a sweet savour; and the LORD said in his heart, I will not again curse the ground any more for man's sake; for the imagination of man's heart is evil from his youth; neither will I again smite any more every thing living, as I have done. 21日と、主のにおいの甘い風味、そして彼の心の主によると、私は再び地面に任意の呪いのために他の男;ための想像力を邪悪な男の心は幼少のころから;強打するどちらのが、私は再び任意の他のすべてのことの生活、私は完了です。
22 While the earth remaineth, seedtime and harvest, and cold and heat, and summer and winter, and day and night shall not cease. 22日間、地球remaineth 、種をまく時期や収穫し、寒さと暑さと夏と冬、昼と夜とは、特定中止します。

CHAPTER 9第9章

1 (P) And God blessed Noah and his sons, and said unto them, Be fruitful, and multiply, and replenish the earth. 1 ( P )と神の祝福ノアとその息子たち、かれらによると、実り多いものにし、乗算、および地球を補充する。
2 And the fear of you and the dread of you shall be upon every beast of the earth, and upon every fowl of the air, upon all that moveth upon the earth, and upon all the fishes of the sea; into your hand are they delivered. 2との恐怖の恐怖を使用すると、すべてのビーストをしなければならない時、地球、およびすべての家禽時の空気、 moveth時にすべてのこと、地球、および時のすべての魚は、海;しては、彼らの手配信されます。
3 Every moving thing that liveth shall be meat for you; even as the green herb have I given you all things. 3ごとに移動しなければならないの肉のことをliveth ;さえも緑色のハーブが私に与えられたすべてのものです。
4 But flesh with the life thereof, which is the blood thereof, shall ye not eat. 4しかし、肉の生活に関連して、これは、血液に関連して、なたがた食べない。
5 And surely your blood of your lives will I require; at the hand of every beast will I require it, and at the hand of man; at the hand of every man's brother will I require the life of man. 5と確かにして血液の生活は私を必要として;は、手のすべての獣が私を必要として、男は、手;は、手のすべての男の弟が私を必要とする生活の男です。
6 Whoso sheddeth man's blood, by man shall his blood be shed: for in the image of God made he man. 6人の血液sheddeth誰でも、男は自分の血が小屋:神のために作ら男のイメージです。
7 And you, be ye fruitful, and multiply; bring forth abundantly in the earth, and multiply therein. 7日とを、なたがたが実りある、との乗算;生み出す地球の豊富さ、および多重そこです。
8 And God spake unto Noah, and to his sons with him, saying, 8日と神のspeakの過去形かれノア、彼と彼の息子たち、と述べ、
9 And I, behold, I establish my covenant with you, and with your seed after you; 9とと、見よ、私私の誓約を確立し、お客様の種子をした後;
10 And with every living creature that is with you, of the fowl, of the cattle, and of every beast of the earth with you; from all that go out of the ark, to every beast of the earth. 10と、すべての生き物にするには、 、家禽、牛、とのすべての獣は、地球上であなた;からすべての箱舟が出て、地球のすべての野獣のです。
11 And I will establish my covenant with you; neither shall all flesh be cut off any more by the waters of a flood; neither shall there any more be a flood to destroy the earth. 11日、私は私の約束を設立する;どちらを断つには、生きとし生けるものすべての他のカテゴリーでは、洪水のために尽くす;どちらも洪水は、何か他のは、地球を破壊する。
12 And God said, This is the token of the covenant which I make between me and you and every living creature that is with you, for perpetual generations: 12と神によると、これは、トークンは、契約がよいとの間に、わたしとなたがたとするすべての生き物には、永久世代:
13 I do set my bow in the cloud, and it shall be for a token of a covenant between me and the earth. 13私は私の頭を下げて、雲の設定、およびそれをしなければならないのは、トークンの間に私と地球の約束します。
14 And it shall come to pass, when I bring a cloud over the earth, that the bow shall be seen in the cloud: 14条の規定はそれを渡すと、僕をもたらす雲の地球は、船首に見られるしなければならないの雲:
15 And I will remember my covenant, which is between me and you and every living creature of all flesh; and the waters shall no more become a flood to destroy all flesh. 第15項、および私は私の約束を覚えて、これは、わたしとなたがたとの間のすべてのすべての生き物の肉、および他の人のために尽くすはない生きとし生けるものを破壊する洪水になる。
16 And the bow shall be in the cloud; and I will look upon it, that I may remember the everlasting covenant between God and every living creature of all flesh that is upon the earth. 16とおじぎをしなければならないの雲;と私は見すること、それによって永遠の約束を覚えているすべての生き物、神との間のすべての肉には地球の時です。
17 And God said unto Noah, This is the token of the covenant, which I have established between me and all flesh that is upon the earth. 17日と神によると、かれノア、これは、トークンは、約束は、私との間に私が設立時には地球の生きとし生けるものです。
18 (J) And the sons of Noah, that went forth of the ark, were Shem, and Ham, and Japheth: and Ham is the father of Canaan. 18 (株)との息子のノアの箱舟には記載がshem 、およびハム、とジェイフェス:とハムはカナンの父です。
19 These are the three sons of Noah: and of them was the whole earth overspread. 19これらは、 3人の息子のノア:地球全体とすることはoverspreadです。
20 And Noah began to be an husbandman, and he planted a vineyard: 20日とノアは農夫になり始めた、と彼にブドウ園に植え:
21 And he drank of the wine, and was drunken; and he was uncovered within his tent. 21日と彼は酒を飲み、ワイン、とは、酒に酔った;と彼は彼のテントにカバーされていない。
22 And Ham, the father of Canaan, saw the nakedness of his father, and told his two brethren without. 22日、ハム、カナンの父親の、父親のヌードを見たし、彼の2つの兄弟はなし。
23 And Shem and Japheth took a garment, and laid it upon both their shoulders, and went backward, and covered the nakedness of their father; and their faces were backward, and they saw not their father's nakedness. 23とshemとジェイフェスは、衣料品やlaidことに両方の肩、および後方には、裸に覆われ、その父;とその顔が後方に、と彼らは、父親のヌード見た。
24 And Noah awoke from his wine, and knew what his younger son had done unto him. 24日、ノアから目を覚ました彼のワイン、と彼の息子は何を知っていたかれには完了します。
25 And he said, Cursed be Canaan; a servant of servants shall he be unto his brethren. 25日、彼によると、のろわれるカナン;の使用人の使用人は、彼が彼の兄弟でる。
26 And he said, Blessed be the LORD God of Shem; and Canaan shall be his servant. 26日、彼によると、主なる神の祝福されるshem ;と従者カナンしなければならない。
27 God shall enlarge Japheth, and he shall dwell in the tents of Shem; and Canaan shall be his servant. 27神は、拡大表示するジェイフェス、と彼は住むのは、テントshem ;と従者カナンしなければならない。
28 (R) And Noah lived after the flood three hundred and fifty years. 28 ( R )とノアの洪水の後に住んで350年です。
29 And all the days of Noah were nine hundred and fifty years: and he died. 29日間のすべてのノアが950歳:彼が死亡した。

CHAPTER 10第10章

1 (R) Now these are the generations of the sons of Noah, Shem, Ham, and Japheth: (P) and unto them were sons born after the flood. 1 (研究)今すぐこれらの世代の人の息子のノア、 shem 、ハム、とジェイフェス: P )と、かれらが洪水の後に生まれた息子です。
2 The sons of Japheth; Gomer, and Magog, and Madai, and Javan, and Tubal, and Meshech, and Tiras. 2人の息子のジェイフェス; gomer 、とマァジュージュ、およびmadai 、およびジャワ、および卵管、およびmeshech 、およびtirasです。
3 And the sons of Gomer; Ashkenaz, and Riphath, and Togarmah. 3人の息子とgomer ;アシケナズ、およびriphath 、およびtogarmahです。
4 And the sons of Javan; Elishah, and Tarshish, Kittim, and Dodanim. 4人の息子とジャワ; elishah 、およびタルシシ、キッテム、およびdodanimです。
5 By these were the isles of the Gentiles divided in their lands; every one after his tongue, after their families, in their nations. 5 、これらの島々は、彼らの土地分かれてgentiles ;ごとに1つの自分の舌をした後、後に、ご家族、その国のです。
6 And the sons of Ham; Cush, and Mizraim, and Phut, and Canaan. 6人の息子とハム;凝ったデザイン、およびmizraim 、およびパンク、およびカナンの地です。
7 And the sons of Cush; Seba, and Havilah, and Sabtah, and Raamah, and Sabtecha: and the sons of Raamah; Sheba, and Dedan. 7人の息子とぜいたくな; seba 、およびハヴィラ、およびsabtah 、およびraamah 、およびsabtecha :人の息子とraamah ;シバ、およびdedanです。
8 (J) And Cush begat Nimrod: he began to be a mighty one in the earth. 8 (株)と凝ったデザインのbegetの過去形ニムロッド:彼が始まったのは、地球の偉大な1つです。
9 He was a mighty hunter before the LORD: wherefore it is said, Even as Nimrod the mighty hunter before the LORD. 9彼は、偉大な狩人の前に主:これは何のためによると、ニムロデとしても、偉大な狩人の前に主です。
10 And the beginning of his kingdom was Babel, and Erech, and Accad, and Calneh, in the land of Shinar. 10との初めに彼の王国はできないのかもしれませんし、 erech 、およびaccad 、およびcalnehは、その土地のシャイナーです。
11 Out of that land went forth Asshur, and builded Nineveh, and the city Rehoboth, and Calah, 11アウトのその土地が記載asshur 、およびビルドニネベ、および検索するシティリホボス、およびカラフ、
12 And Resen between Nineveh and Calah: the same is a great city. 12日との間にresenニネベとカラフ:同じことが大きな都市です。
13 And Mizraim begat Ludim, and Anamim, and Lehabim, and Naphtuhim, 13 mizraim begetの過去形ludim 、およびanamim 、およびlehabim 、およびnaphtuhim 、
14 And Pathrusim, and Casluhim, (out of whom came Philistim,) and Caphtorim. 14 pathrusim 、およびcasluhim 、 (アウトphilistim来た人)とcaphtorimです。
15 And Canaan begat Sidon his firstborn, and Heth, 15日と彼の家族の絆シドンカナンbegetの過去形、およびヘース、
16 And the Jebusite, and the Amorite, and the Girgasite, 16とjebusite 、とアモリ、とgirgasite 、
17 And the Hivite, and the Arkite, and the Sinite, 17とhivite 、とarkite 、とsinite 、
18 And the Arvadite, and the Zemarite, and the Hamathite: and afterward were the families of the Canaanites spread abroad. 18とarvadite 、とzemarite 、とhamathite :ご家族、その後は、海外での普及canaanitesです。
19 And the border of the Canaanites was from Sidon, as thou comest to Gerar, unto Gaza; as thou goest, unto Sodom, and Gomorrah, and Admah, and Zeboim, even unto Lasha. 19との国境から、サイダcanaanitesは、なたをcomestゲラル、かれガザ;としてなたgoの二人称単数現在、かれソドムとゴモラ、およびadmah 、およびzeboimも、かれlashaです。
20 (P) These are the sons of Ham, after their families, after their tongues, in their countries, and in their nations. 20 ( p )のこれらの人の息子のハム、後に、ご家族、舌後に、その国では、またかれらの国です。
21 (J) Unto Shem also, the father of all the children of Eber, the brother of Japheth the elder, even to him were children born. 21 (株)かれshemまた、父親のすべての子供たちのEber 、ジェイフェスの長老の兄も、彼が生まれた子供たちです。
22 (P) The children of Shem; Elam, and Asshur, and Arphaxad, and Lud, and Aram. 22 ( p )上の子供たちのshem ;イーラム、およびasshur 、およびarphaxad 、およびラッド、およびアラムします。
23 And the children of Aram; Uz, and Hul, and Gether, and Mash. 23日と、子供たちのアラム; uz 、およびhul 、およびgether 、およびマッシュです。
24 (J) And Arphaxad begat Salah; and Salah begat Eber. 24 (株)とarphaxad begetの過去形サラーレフ;とサラーレフbegetの過去のEberです。
25 And unto Eber were born two sons: the name of one was Peleg; for in his days was the earth divided; and his brother's name was Joktan. 25日と2人の息子が生まれたわたしのEber :名前の1つは、ペレグ;は彼の日中には、地球の分割;とその弟の名前はjoktanです。
26 And Joktan begat Almodad, and Sheleph, and Hazar-maveth, and Jerah, 26日、 joktan begetの過去形almodad 、およびsheleph 、およびhazar - maveth 、およびjerah 、
27 And Hadoram, and Uzal, and Diklah, 27日、 hadoram 、およびuzal 、およびdiklah 、
28 And Obal, and Abimael, and Sheba, 28日とobal 、およびabimael 、およびシバ、
29 And Ophir, and Havilah, and Jobab: all these were the sons of Joktan. 29日、オフィル、およびハヴィラ、およびjobab :全てのこれらのは、サンズオブjoktanです。
30 And their dwelling was from Mesha, as thou goest unto Sephar a mount of the east. 30日からメシャ王とその住居は、かれらなたgoの二人称単数現在の東sepharをマウントします。
31 (P) These are the sons of Shem, after their families, after their tongues, in their lands, after their nations. 31 ( p )のこれらのサンズオブshem 、後に、ご家族、舌後に、その土地、後に国です。
32 These are the families of the sons of Noah, after their generations, in their nations: and by these were the nations divided in the earth after the flood. 32これらのご家族は、ノアの息子の、世代後に、その国:と、これらの国は、洪水の後に、地球に分かれています。


Gen'esis gen'esis

Advanced Information 高度情報

The five books of Moses were collectively called the Pentateuch, a word of Greek origin meaning "the five-fold book."の5つの書籍の総称と呼ばれる五ムーサーは、ギリシャ語に起源を意味する言葉"の5つの倍の予約します。 " The Jews called them the Torah, ie, "the law."それらの律法と呼ばれる、ユダヤ人、すなわち、 "同法です。 " It is probable that the division of the Torah into five books proceeded from the Greek translators of the Old Testament.これは予想は、律法を5つの書籍部が実施してから進め、旧約聖書のギリシャ語の翻訳です。 The names by which these several books are generally known are Greek.これらのいくつかの書籍の名前には、ギリシャ語は一般的に知られています。 The first book of the Pentateuch (qv) is called by the Jews Bereshith, ie, "in the beginning", because this is the first word of the book.の最初の本は、五( qv )は、ユダヤ人と呼ばれるbereshith 、すなわち、 "はじめに" 、これはその本の最初の単語です。 It is generally known among Christians by the name of Genesis, ie, "creation" or "generation," being the name given to it in the LXX.それは一般的に知られ、キリスト教徒の名前を創世記のうち、すなわち、 "創造"や"世代"が与えられた名前をしておいて70 。 as designating its character, because it gives an account of the origin of all things.指定の文字として、それに起源を持つアカウントは、すべてのものです。 It contains, according to the usual computation, the history of about two thousand three hundred and sixty-nine years.それは、いつもの計算によると、会社の歴史は2369年です。

Genesis is divided into two principal parts.創世記に分かれて2つの主要な部品です。 The first part (1-11) gives a general history of mankind down to the time of the Dispersion.の最初の部分( 1-11 )では、一般的な人類の歴史をダウンして時間を分散します。 The second part presents the early history of Israel down to the death and burial of Joseph (12-50). 2番目の部分の早期の歴史をプレゼントダウンしてイスラエルの死と埋葬ジョゼフ(十二から五十) 。 There are five principal persons brought in succession under our notice in this book, and around these persons the history of the successive periods is grouped, viz., Adam (1-3), Noah (4-9), Abraham (10-25:18), Isaac (25:19-35:29), and Jacob (36-50).人には5つの主要な通知を持って継承されてこの本を私たちは、これらの人やその周辺の歴史のグループの連続期間は、 viz 。 、アダム( 1-3 ) 、ノア( 4-9 ) 、アブラハム( 10-25 : 18 ) 、アイザック( 25:19-35:29 )とジェイコブ( 36-50 ) 。 In this book we have several prophecies concerning Christ (3:15; 12:3; 18:18; 22:18; 26:4; 28:14; 49:10).この本で私たちは、いくつかの予言に関するイエスキリスト( 3:15 ;午前12時03分; 18:18 ; 22:18 ; 26:4 ; 28:14 ; 49:10 )です。 The author of this book was Moses.この本の著者は、モーゼスです。 Under divine guidance he may indeed have been led to make use of materials already existing in primeval documents, or even of traditions in a trustworthy form that had come down to his time, purifying them from all that was unworthy; but the hand of Moses is clearly seen throughout in its composition.確かに彼は神の導きされても5月のLEDの材料を利用する既存のドキュメントを原始か、または、信頼できるフォームの伝統さえていた彼の時間に降りてくる、それらをすべて浄化された値しない;しかし、手のムーサーは、を通じて、その組成を明確に見られる。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Genesis Chapter 1創世記第1章

Advanced Information 高度情報

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

CREATION OF THE WORLD世界の創造

Creation of Heaven and Earth天と地の創造

v. 1 Here are three facts. v. 1については、 3つの基本です。 What was done?何が行われたですか? Who did it? who参考ですか? When did it occur?が発生する可能性はいつですか? There are two words that require explanation, "created" and "beginning."には2つの単語を必要と説明、 "作成"と"開始します。 " Does the former mean that heaven and earth were created out of nothing?元ということでは、天と地が作成さは振れないですか? The word ("bara," in Hebrew) does not necessarily mean that, but its peculiar use in this chapter suggests that it means that here. It occurs three times, here in v. 1, at the introduction of life on the fifth day, and at the creation of man on the sixth day. Elsewhere, where only transformations are meant, another word ("asah" in Hebrew) is used, translated "made." "Bara" (created) is thus reserved for marking the introduction of each of the three great spheres of existence, the world of matter, of animal life and of spirit, all three of which, though intimately associated, are distinct in essence, and constitute all the universe known to us.という言葉( "最後の、 " inヘブライ語)は限らないということで、その独特のこの章で使用することを意味し、ここ示唆しています。 それが発生した3回、ここでv. 1 、上の生命の誕生は、はじめに、 5日目とは、人間の創造を、 6日です。他、ここでしか変換は意味、別の単語( " asah " inヘブライ語)が使用され、翻訳"メイドです" " 最後" (作成)は、このようにマーキングの導入のために予約さ各分野での3つの大きな存在は、世界の物質は、動物の生活や精神的、すべて 3つのうち、密接に関連付けられたかかわらず、本質的にははっきりとし、宇宙のすべての既知の構成してください。

Professor Guyot adds that whenever the simple form of "bara" is used in the Bible it always refers to work made by God and never by man.そのときにはいつで教授を追加ギョー単純な形の"最後"は聖書で使用されて作られることは常に仕事を参照して、神と決してられた男です。 These considerations, with others, justify the statement that "created" here means created out of nothing.これらの考慮事項、その他、正当化するステートメントで、 "作成"ここで作成する手段はない。 But when was the "beginning"?しかし、時は、 "始まり"ですか? The margin indicates a period about 4,000 years before Christ, but these marginal notes are not part of the divine text, but the work of uninspired minds and therefore open to debate. Should science ultimately determine on millions of years ago as the period of the creation there is nothing in this verse of the Bible it would contradict.期間の余白には、約4000年前にイエスキリストが、これらの辺縁ノートは神のテキストの一部ではありませんが、平凡な心とそのための仕事をオープンに議論します。 は、科学百万年も前に最終的に決定する期間としての創造には何も、この詩は、聖書のことは矛盾します。

Making Dayメーカーの日

vv.のVVです。 2-5 What was the condition of inert matter as represented in verse 2? 2-5何だったの条件に不活性物質として表現さ詩2ですか? The first verb "was" has sometimes been translated "became."の最初の動詞"が"は、時には翻訳された"なった。 " Read it thus and you get the idea that originally the earth was otherwise than void and waste, but that some catastrophe took place resulting in that state. thusと読むことを入手して、地球は、他の考えを当初より無効と廃棄物が、その結果としていくつかの大惨事が起きた状態です。 This means, if true, that a period elapsed between verses 1 and 2, long enough to account for the geological formations of which some scientists speak, and a race of pre-Adamite men of which others speculate.つまり、もしそうであれば、詩は、期間経過1と2の間に、十分な時間を説明するためにいくつかの科学者、地質学的形成を話すと、レースのプレ裸体主義者が他の男性と推測します。 It suggests too that the earth as we now know it may not be much older than tradition places it.地球のことを示唆としては、あまりにも知って今よりずっと年上な伝統れないことがあります場所です。

The word "earth" in this verse, however, must not be understood to mean our globe with its land and seas, which was not made till the third day, but simply matter in general, that is, the cosmic material out of which the Holy Spirit organized the whole universe, including the earth of to-day.という言葉"地球"この詩は、しかし、理解されてはならないことを意味する私たちの土地や海グローブ、これまでの3日目にはないが、しかし、単に問題一般的には、それは、宇宙の物質のうち、宇宙全体の聖霊を組織して、日を含め、地球のです。 "And the Spirit of God moved upon the face of the waters." "との精神に神の移動時の顔の人のために尽くす。 " "Moved upon" means brooded over as a bird on its nest. "移動する" brooded以上の手段としては、鳥の巣です。 "Waters" means not the oceans and seas as we know them, but the gaseous condition of the matter before spoken of. "水"を意味はなく、大洋と海のこと知ってのとおり、しかし、気体の状態を分析し、問題の前に話さです。 The Spirit of God moved "upon" the waters, and not "inside of" them, showing that God is a personal Being separate from His work.神の精神に移動する"時"のために尽くす、としない"内の"して、表示中に、個人が別々の神は彼の作品からです。 As the result of this brooding, what appeared?その結果は、次の気がめいっているとして、どのような登場ですか?

We need not suppose that God spake just as a human being speaks, but the coming forth of light out of thick darkness would have seemed to a spectator as the effect of a divine command (Ps. 33:6-9). speakの過去形にする必要はないと仮定して、神の人間と同じように話すが、今後の濃い暗闇に記載の光のようだが傍観者としての効果をして、神のコマンド( ps. 33:6-9 ) 。 On the natural plane of things vibration is light or produces light, which illustrates the relation between the moving of the Spirit upon inert matter and the effect it produced.平面上のことを、自然光や振動が光を生成、これを示して関係の間の移動の時の精神に不活性物質との効果が生成されます。 "And God called the light day." "と、神と呼ばれる光の日"です。 The Hebrew word "yom," translated "day," is used in five different senses in the first two chapters of Genesis.ヘブライ語単語" yom 、 "翻訳"日、 " 5つの異なった意味で使用されて最初の2つの章の創世記にします。 Here it means light without reference to time.ここに光を参照することを意味します。 Later in the same verse it means the period covered by "the evening and the morning" mentioned, the exact duration of which we do not know.詩の後半で同じことを意味する期間カバーされ、 "夜と朝の"言及したように、正確な時間を知ることはありません。

At verse 14 it stands for what we know as 24 hours, at verse 16 it means the light part of the day of 24 hours, and at 2:4 the whole period during which the heaven and the earth were created.詩14ことを知って私たちとしては、 24時間、詩を意味する16日の光の部分は、 24時間、および2時04分、全期間中には、天と地を創造したが作成されました。 All this bears on the question whether creation was wrought in 6 days of 24 hours or 6 day-periods of unknown length; and it will be seen that one does not necessarily contradict the Bible if he believes the latter.このクマはすべての創造は、鍛造かどうかの問題で6日間の24時間または未知の6日間の期間の長さ、およびそれは1つで見たことが聖書に矛盾する場合は必ずしも後者と彼は考えています。 When we recall that days of 12 and 24 hours were altogether excluded before the appearance of the sun on the fourth day, the latter hypothesis receives the stronger confirmation. 12日間のときに私たちを思い出して、 24時間は外観を完全に除外する前に4日目で日光浴をするのは、後者の仮説の強力な確認を受信します。

Making Heavenメーカー天国

vv.のVVです。 6-8 What does God call forth in verse 6? 6-8神を呼び起こすにはどのような詩6ですか? "Firmament" might be translated by "expanse." "大空"かもしれない訳"広がりです。 " What was it to divide?何がそれを分けるですか? Notice that according to our definition of "waters" this means a separation of the gaseous matter into which light had now come.に注意して私たちの定義によると、 "海"を意味するこの問題を分離して気体の光は今すぐ来ています。 What did God call this expanse?神のコール、この広がりは何ですか? "Heaven" here means not simply the atmosphere around the earth but the greater chamber of immensity where the sun, moon and stars are located. "天国"ここの雰囲気は、単に地球の周囲の広がりが、大きな箱のは、太陽、月、星印に位置します。 In connection with this read Psalm 148, and notice that there are "waters," that is, gaseous matter above the heaven of which this verse speaks, and that the "waters" below it include the clouds of our atmosphere as well as the oceans and seas we navigate.これを読むに接続詩篇第148 、とに注意してには、 "水、 "これは、ガス状物質の上に天話すのは、この詩とは、 "水"には、雲の下に弊社の雰囲気だけでなく、海と海にナビゲートします。

Making Earth and Seasメーカー大地と海

vv.のVVです。 9-13 What command goes forth from God on the third day (v. 9)? 9-13神はどのようなコマンドが記載から3日目(動9 )ですか? What did He call the result (v. 10)?彼はどのような請求の結果(動10 )ですか? Heaven, or the firmament, had divided the cosmic or gaseous matter on the second day.天国か、または、大空、宇宙やガス状物質が分かれて2番目の日です。 Motion was now everywhere, and gravition and chemical forces tended to concentrate this matter under the firmament around particular centres, one of which became our globe.モーションは今、いたるところにあり、 gravitionや化学軍とこの問題に集中する傾向が大空の下に特定の周りセンター、グローブの1つになったのです。 A cooling process set in, shrinking and folding its surface into great wrinkles, the shrinking of some parts furnishing basins for oceans or seas and the projection of other parts bringing continents into view.冷却プロセスを設定するには、減少傾向にあり、折り畳み式の表面に大きなしわは、流域の縮小をいくつかの部品の家具や海と海の投影もたらす大陸の他の部品を表示します。 Thus would astronomers and geologists comment on these verses.したがって、これらのコメントをすると天文学者や地質学者の詩です。 But another work than the formation of the globe was accomplished on this day (vv. 11, 12).しかし、別の仕事よりも地球の形成には、この日は、熟達した( vv. 11 、 12 ) 。 A principle superior to matter begins to govern its particles, and they assume new forms.原則的に優れている問題を開始するの粒子を支配し、彼らの新しいフォームと仮定します。 What does the earth put forth?地球は何を出すのですか? Which came first, the plant or the seed?これがまず第一に、植物や、種子ですか? "The plant is not yet life," says Guyot, "but the bridge between matter and life." "まだ人生の植物ではない"と語るギヨ、 "しかし、問題と生活の橋渡しをします。 "

Making Lightsメーカー灯

vv.のVVです。 14-19 What command went forth on the fourth day?どのようなコマンドが記載さ14-19日の4番ですか? For what six purposes were these lights made (v. 14, 15)?これらのライトがどのような6つの目的のために作ら(動14日、 15 )ですか? What discrimination is made between the two greater lights (v. 16)?どのような差別が行われる2つの間に大きな灯(動16 )ですか? Where were the lights placed (v. 17)?どこにいたの明かりに配置(動17 )ですか? What special purpose of their making is emphasized in verses 17 and 18?どのような特別な目的のためにメーカーが強調して詩17と18ですか? It is well to keep in mind that light itself was made on the first day, and that these "lights" of the fourth day were (so to speak) light-holders.を保つことはよく光自体が行われたことを念頭に置いての最初の日、および、これらの"ライト"は、 4日目は(これを話す)光を保有します。 It is of course unnecessary to state how they divide the day from the night, and in what sense they are for signs and seasons, as every one knows the first result is secured by the daily rotation of the earth among them on its own axis, and the second by its annual revolution around the sun.不必要なことはもちろんの状態からどのように分割して1日の夜、そして彼らはどのような意味での兆候と季節の、知っての最初の1つのすべてのセキュリティで保護された結果は毎日地球の自転軸に独自のうち、 2番目を迎える毎年恒例の革命が太陽の周りをします。 It is presumable that originally their light was merged in that of the earth's own outer covering of light, and that as her luminous envelope disappeared they became visible, and she came to depend on them for both light and heat.推定されたことはかれらの光は、合併をしている地球の自身の外側のカバーの光ており、その姿を消したとして彼女の明るい封筒に見える彼らは、彼女に依存して来て光と熱の両方です。

Creating Animal Life動物の生命を作成

vv.のVVです。 20-25 What is the command of verse 20? 20-25の詩20のコマンドは何ですか? The "waters" here referred to are our oceans and seas. "水"についての言及には、私たち大洋と海のです。 The Revised Version corrects the misapprehension that "fowl" came forth from the water.誤解を修正し、改訂版は、 "鶏"水から来た記載します。 What word in verse 21 indicates that we have now entered on a new sphere of existence?詩21を示してどのような単語を入力して私たちは今、新しい球の存在ですか? What was the nature of the blessing on the fish and fowl (v. 22)?どのようなものであったの祝福の性質上、魚や家禽(動22 )ですか? What was the further work of creation on this day (v. 24, 25)?何だったの創作のより詳細な作業のこの日(動24日、 25 )ですか?

It is interesting to note: (a) that this peopling of the water, the air and the land is in the precise order indicated by the science of geology; (b) that the plant life of the third day was the preparation for the animal life of the fifth day; (c) that the plant is now in the animal shaped into new forms, and subservient to higher functions than it could ever perform by itself; (d) that two powers which place the animal on a higher platform than the lower grades of existence are sensation, by which it perceives the world around it, and will, by which it reacts upon it. This is life, and is not the result of chemical elements left to themselves, but the effect of previously existing life. それの興味の対象を注記: ( 1 )の水のの定住して、その土地の空気とは、正確にするための科学の地質学示されている、 ( b )は、植物の生活の3日目には、動物のための準備人生は、 5日目いる、 ( c )は、工場は、現在、動物の形を新しいフォーム、および卑屈に比べて高い機能を単独で実行するまでは、 ( d )に2つの大国の動物の中でどの場所よりも高いプラットフォーム低学年の存在は、感覚、知覚されるはずの周りの世界には、とは、それに反応することはありますが、これは生活し、その結果ではない左からの化学元素そのものではなく、以前は次の効果を、既存の生活です。 In other words, the Bible and science agree in declaring that "spontaneous generation is an untenable hypothesis," and life only begets life.言い換えれば、聖書と科学の同意すると宣言し"自発的に理不尽世代は、仮説によれば、 "生活と人生begetsのみです。

Creating Man作成男

vv.のVVです。 26-31 What word in verse 26 suggests more than one person in the Godhead?どのような単語を示唆詩26-31で複数の人が26日、神格ですか? What dignity is given to man above every other work of creation?どのような人間の尊厳は、上記のすべての仕事を与えられた創作のですか? What dignity in his position?尊厳が彼の立場には何ですか? What word in verse 27 shows that in his creation we have entered another new sphere of existence?どのような単語を27によると彼の詩の創作私たちの存在が入力さもう一つの新球のですか? What blessing is bestowed on man in verse 28?どのような祝福を授けたの男は、詩28ですか? How does it differ from that bestowed on the lower animals?どのように異なる動物の下に授与さですか? What provision has God made for the sustenance of man and beast?どのような規定は、神の恵みが人と野獣のですか?

Note: (a) that the consultation in the Godhead regarding man's creation foreshadows the New Testament doctrine of the Trinity; (b) that the "image of God" may mean the trinity in man represented by body, soul and spirit (2:7; 1 Thess. 5:23), but especially that moral image suggested in Colossians 3:10; (c) that the dominion of man over the lower creation has in some measure been lost through sin, but will be restored again in Christ (Psalm 8); (d) that the creation of matter, of life and of man are three distinct creations out of nothing, and that God's action in them is direct, hence evolution from one into the other is impossible.注: ( 1 )は、神性に関する相談は、人間の創造foreshadows新約聖書の教義のトリニティこと、 ( b )は、 "画像の神"を意味するトリニティ年5月に代表される男体、魂と精神を( 2時07分; 1 thess 。 5:23 ) 、しかし、道徳的なイメージが提案され、特に3:10コロサイ人への手紙いる、 ( c )は、ドミニオンの男の下に作成されたいくつかの尺度で失われた罪は、しかし、イエスキリストが復元さを再度(詩篇第8 ) 、 ( d )に問題の創出に、人間の生活とは、 3つの明確な作品は振れないており、その神の行動を直接には、それゆえの進化から1つを、他のことは不可能です。 There may be evolution within any one of these systems of existence considered by itself, but this is different from that other evolution which would make man the descendant of an ape and rule God out of the universe which He made.れる場合がありますのいずれかの進化に考慮され、これらのシステムの存在自体が、これは異なる目標を持って他の男の子孫の進化をすればルールの猿と、宇宙の神が彼はアウトです。

Questions 1.質問1 。 What does "create" probably mean in this chapter, and why do you think so?どのような"作成"おそらく意味本章では、とお考えならば、なぜですか? 2. 2 。 When may "the beginning" have been?時年5月"の始まり"がですか? 3. 3 。 What does "earth" mean in verse 2?どのような"地球"の意味での詩2ですか? 4. 4 。 What word in verse 2 opposes pantheism by showing God to be a Person?どのような単語を詩2汎神論を表示中の神に反対される人ですか? 5. 5 。 If the creation days were not limited to 24 hours, why do you think so?創作の場合、日中は24時間以内に制限され、なぜそう思うか? 6. 6 。 What does "heaven" of the second day stand for?どのような"天国"の2番目の1日の略ですか? 7. 7 。 What two works were accomplished on the third day?どのような2つの作品が熟達の3日目ですか? 8. 8 。 What two powers in the animal define life?どのような2つの生命力は、動物の定義ですか? 9. 9 。 Quote Colossians 3:10.引用コロサイ人への手紙3:10です。 10. 10 。 How would you distinguish between a rationalistic and a possibly Biblical evolution?をどのように区別する可能性が聖書との間で合理的進化ですか?


Crea'tion crea'tion

Advanced Information 高度情報

"In the beginning" God created, ie, called into being, all things out of nothing. "はじめに"神作成され、すなわち、コールされますが、すべてのものは振れない。 This creative act on the part of God was absolutely free, and for infinitely wise reasons.この神の創造的に行動するの部分は確実に無料、と無限に賢明な理由が考えられます。 The cause of all things exists only in the will of God.のが原因で発生するすべてのものが存在するだけで神の意志です。 The work of creation is attributed (1) to the Godhead (Gen. 1:1, 26); (2) to the Father (1 Cor. 8:6); (3) to the Son (John 1:3; Col. 1:16, 17); (4) to the Holy Spirit (Gen. 1:2; Job 26:13; Ps. 104:30).創作の仕事が原因( 1 )を神格( Gen 。と1:1 、 26 ) ; ( 2 )の父( 1コー。 8時06分) ; ( 3 )の息子(ヨハネ1:3 ;列です。 1:16 、 17 ) 、 ( 4 )には聖霊( Gen 。と1:2 ;仕事26:13 ; psのです。 104:30 ) 。 The fact that he is the Creator distinguishes Jehovah as the true God (Isa. 37:16; 40:12, 13; 54:5; Ps. 96:5; Jer. 10:11, 12).という事実を区別彼は、創作者としてエホバの真の神( isa. 37:16 、 40:12 、 13 ; 54:5 ; psのです。 96:5 ; jer 。 10:11 、 12 ) 。 The one great end in the work of creation is the manifestation of the glory of the Creator (Col. 1:16; Rev. 4:11; Rom. 11:36).仕事の1つの偉大な目的は、創作のは、症状は、栄光の創造( Col 。 1:16 ;改訂4:11 ; ROMから起動します。 11:36 )です。

God's works, equally with God's word, are a revelation from him; and between the teachings of the one and those of the other, when rightly understood, there can be no contradiction.神の作品、同じように神の御言葉は、彼からの啓示;との間に、それらを1つの教えを、他の、ときに正しく理解し、矛盾の余地はない。 Traditions of the creation, disfigured by corruptions, are found among the records of ancient Eastern nations.伝統の創造、不正disfiguredされ、古代のレコードが見つかりました東部の国の間です。 (See ACCAD.) A peculiar interest belongs to the traditions of the Accadians, the primitive inhabitants of the plains of Lower Mesopotamia. ( accadを参照。 )奇妙な関心をaccadiansの伝統に属して、住民のプリミティブは、メソポタミア平原の低いです。 These within the last few years have been brought to light in the tablets and cylinders which have been rescued from the long-buried palaces and temples of Assyria.これらの内の最後の数年が白日の下にさらさは、シリンダ錠とされてきた長期的に埋葬から救われたアッシリアの宮殿や寺院のです。 They bear a remarkable resemblance to the record of Genesis.彼らの負担が非常によく似て創世記の記録です。


Genesis創世記

Catholic Information カトリックの情報

The Book of Genesis prepares the reader for the Pentateuchal legislation; it tells us how God chose a particular family to keep His Revelation, and how He trained the Chosen People to fulfil its mission.創世記の準備のリーダーをpentateuchal立法;ことを教えてくれる、特定の方法についてご家族の神を選んだ彼の啓示を維持し、選ばれた人々はどのよう訓練を受けた彼はその使命を達成します。 From the nature of its contents the book consists of two rather unequal parts; cc.その性質から、その内容の書籍は、 2つの部品という不等;電流条件 i-xi present the features of a general history, while cc.私- xi現在の一般的な履歴の機能を使用し、電流条件 xii-1 contain the particular history of the Chosen People. 12 - 1が含まれ、特定の歴史は、選択した人々です。 By a literary device, each of these parts is subdivided into five sections differing in length.され、文学のデバイスでは、これらの部品は長さが異なる5つのセクションに分かれています。 The sections are introduced by the phrase elleh tholedhoth (these are the generations) or its variant zeh sepher toledhoth (this is the book of the generations).フレーズのセクションが導入されたelleh tholedhoth (これらの世代) 、または、その他のzeh sepher toledhoth (これは、予約の前の世代) 。 "Generations", however, is only the etymological meaning of the Hebrew toledhoth; in its context the formula can hardly signify a mere genealogical table, for it is neither preceded nor followed by such tables. "世代" 、しかし、語源上のは、ヘブライ語の意味をtoledhoth ;にはそのコンテキスト内の数式を意味することは到底単なる家系の表で、どちらも前のことが続いてもそのようなテーブルです。 As early Oriental history usually begins with genealogical records, and consists to a large extend of such records, one naturally interprets the above introductory formula and its variant as meaning, "this is the history" or "this is the book of the history."通常で始まり、早けれ東洋史家系記録によりますと、大規模な拡張と構成してこのような記録によりますと、 1つの自然、上記の解釈としてその他の入門式とその意味は、 "これは歴史"または"これは、本の歴史。 " History in these phrases is not to be understood as a narrative resting on folklore, as Fr.の履歴を、これらのフレーズとして理解されるべきではない、物語の安静を民俗学、としてフランス語です。 Von Hummelauer believes ("Exegetisches zur Inspirationsfrage, Biblische Studien", Freiburg, 1904, IX, 4, pp. 26-32); but as a record based on genealogies.フォンhummelauerと考えて( " exegetisches zur inspirationsfrage 、 biblische studien " 、フライブルク、 1904 、 9世、 4 、 pp 。 26-32 ) ;しかし、 genealogiesを記録するに基づいています。 Moreover, the introductory formula often refers back to some principal feature of the preceding section, thus forming a transition and connection between the successive parts.また、頻繁に参照する数式入門いくつかの主要な機能を省略して、上記のセクションでは、このように遷移との間の接続を形成する部品の連続です。 Gen., v, 1, eg, refers back to Gen., ii, 7 sqq.; vi, 9 to v, 29 sqq. Gen 。と、 V電源、 1 、例えば、 Gen 。とは、省略して、 2世、 7 sqq 。 ;六、 9をV 、 29 sqq 。 and vi, 8; x, 1 to ix, 18, 19, etc. Finally, the sacred writer deals very briefly with the non-chosen families or tribes, and he always considers them before the chosen branch of the family.と六、 8であり、 x 、 1 〜 9世、 18日、 19日、等の最後に、神聖な作家以外の取引で非常に簡潔に選ばれたご家族や部族、と彼はいつもブランチを考慮して、ご家族の前に選ばれた。 He treats of Cain before he speaks of Seth; similarly, Cham and Japhet precede Sem; the rest of Sem's posterity precedes Abraham; Ismael precedes Isaac; Esau precedes Jacob.彼は彼の前に話すのカインセス;同様に、チャムとSEMの先行japhet ;の残りの部分の前にSEMのアブラハムの子孫;イスマエルの前にアイザック;エサウの前にジェイコブです。 Bearing in mind these general outlines of the contents and the literary structure of Genesis, we shall easily understand the following analytical table.軸受を念頭に置いて、これらの一般的な概要は、創世記の内容と、文学の構造を、わたしたちは簡単に理解して次の分析表のとおりです。

Introduction (Genesis 1:1-2:3) -- Consists of the Hexaemeron; it teaches the power and goodness of God as manifested in the creation of the world, and also the dependence of creatures on the dominion of the Creator.はじめに(創世記1:1-2:3 ) -は、天地創造の6 ;こと教えて善神としてのパワーと明らかにし、世界の創造し、また、依存性の支配の生き物を創造します。

General History (2:4-11:26) -- Man did not acknowledge his dependence on God.一般的な履歴( 2:4-11:26 ) -男の依存度をしなかった彼の神を認める。 Hence, leaving the disobedient to their own devices, God chose one special family or one individual as the depositary of His Revelation.それゆえ、自分のデバイスを残し、反抗的な、神を選んだ1つの特別なご家族または1つの個々の預託としての彼の啓示です。

History of Heaven and Earth (2:4-4:26) -- Here we have the story of the fall of our first parents, ii, 5-iii, 24; of the fratricide of Cain, iv, 1-16; the posterity of Cain and its elimination, iv, 17-26.天と地の歴史を( 2:4-4:26 ) -ここで私たちは、物語の最初の両親の秋に、 2世、 5 - 3 、 2 4;は、兄弟殺しのカイン、 4 、 1 -16;のカインとその子孫の撤廃、 4 、 17-26 。

History of Adam (5:1-6:8) -- The writer enumerates the Sethites, another line of Adam's descendants, v, 1-32, but shows that they too became so corrupt that only one among them found favour before God, vi, 1-8.の歴史をアダム( 5:1-6:8 ) -を列挙し、その作家s ethites、別の行のアダムの子孫、 V電源、 1 -32、しかし、彼らによると腐敗があまりにもなったのでそのうち1つだけ賛成する前に、神が見つかりました、 6 、 1-8 。

History of Noah (6:9-9:29) -- Neither the Deluge which destroyed the whole human race excepting Noah's family, vi, 11-viii, 19, nor God's covenant with Noah and his sons, viii, 20-ix, 17, brought about the amendment of the human family, and only one of Noah's sons was chosen as the bearer of the Divine blessings, ix, 18-29.ノアの歴史を( 6:9-9:29 ) -のどちらの殺到を除いて人類全体の破壊ノアのご家族、 6 、 1 1- v iii、 1 9日、神の約束にもノアとその息子たち、 v iii、 2 0- 9世、 17日、改正案をもたらしたのは、人間の家族とノアの息子のうち1つに選ばれた無記名のは神の祝福、 9世、 18-29 。

History of the Sons of Noah (10:1-11:9) -- The posterity of the non-chosen sons, x, 1-32, brought a new punishment on the human race by its pride, xi, 1-9.ノアの歴史を、人の息子( 10:1-11:9 ) -の子孫にはn on-選ばれた人の息子、 x 、 1 -32、新たな罰を来れば、人間のレースでその誇り、西、 1 -9。

History of Sem (11:10-26) -- The posterity of Sem is enumerated down to Thare the father of Abraham, in whose seed all the nations of the earth shall be blessed.の歴史をSEMの( 11:10-26 ) -の子孫のS EMのは、ダウンを列挙t hareの父親のアブラハムは、その種子のすべての国の地球を祝福しなければならない。

Special History (11:27-50:26) -- Here the inspired writer describes the special Providence watching over Abraham and his offspring which developed in Egypt into a large nation.特別な履歴( 11:27-50:26 ) -ここでは説明して触発された作家天祐を見守ってアブラハムとその子孫にエジプトで開発された大規模な国です。 At the same time, he eliminates the sons of Abraham who were not children of God's promise.それと同時に、彼を排除するアブラハムの息子のwhoの子供たちが神の約束します。 This teaches the Israelites that carnal descent from Abraham does not suffice to make them true sons of Abraham.この教えて、イスラエルが十分ではありません肉欲アブラハムから降下して本当の息子のアブラハムを作る。

History of Thare (11:27-25:11) -- This section tells of the call of Abraham, his transmigration into Chanaan, his covenant with God, and His promises.の歴史をthare ( 11:27-25:11 ) -このセクションでは、コールオブアブラハム、彼の移住をc hanaan、彼の約束を神となり、彼の約束します。

History of Ismael (25:12-28) -- This section eliminates the tribes springing from Ismael.の歴史をイスマエル( 25:12-28 ) -このセクションを排除する部族から湧きイスマエルです。

History of Isaac (25:19-35:29 -- Here we have the history of Isaac's sons, Esau and Jacob.歴史のアイザック( 25:19-35:29 -の歴史をここでは、アイザックの息子、エサウとヤアコーブを授けた。

History of Esau (36:1-37:1) -- The sacred writer gives a list of Esau's posterity; it does not belong to the number of the Chosen People.の歴史をエサウ( 36:1-37:1 ) -の神聖な作家のリストを与えるエサウの子孫;ことに属していない場合は、選択した人々の数です。

History of Jacob (37:2-50:26) -- This final portion of Genesis tells of the fate of Jacob's family down to the death of the Patriarch and of Joseph.歴史のジェイコブ( 37:2-50:26 ) -この最後の部分は、創世記のジェイコブ氏のご家族の運命をダウンして死亡したジョセフの家長とします。

What has been said shows a uniform plan in the structure of Genesis, which some scholars prefer to call "schematism".何があったかを示して統一計画によると、創世記の構造を、これを呼び出すにいくつかの学者を好む"図式的配置"です。 (i) The whole book is divided into ten sections. ( i )本全体の予約は10のセクションに分かれています。 (ii) Each section is introduced by the same formula. ( 2 )各セクションには同じ方式が導入されています。 (iii) The sections are arranged according to a definite plan, the history of the lateral genealogical branches always preceding that of the corresponding part of the main line. ( iii )本セクションは、配列によると、具体的な計画は、家系の枝の外側の歴史を前に、常にメインラインに対応する部分です。 (iv) Within the sections, the introductory formula or the title is usually followed by a brief repetition of some prominent feature of the preceding section, a fact duly noted and explained by as early a writer as Rhabanus Maurus (Comment. In Gen., II, xii; PG, CVII, 531-2), but misconstrued by our recent critics into an argument for a diversity of sources. ( 4 )のセクションには、入門数式または続いてのタイトルは、通常の繰り返しを簡単にいくつかの際立った特徴である、上記のセクションでは、事実を正式に注意して作家として説明され、早けれrhabanusマウルス( comment. 、 Gen 。と、 2世、 12 ; pg 、ロードCVII 、五三一から二) 、しかし、最近の批評家に誤解され、多様性の引数のソースです。 (v) The history of each Patriarch tells of the development of his family during his lifetime, while the account of his life varies between a bare notice consisting of a few words or lines, and a more lengthy description. ( v )の歴史のそれぞれの家長の発展には、彼の家族の中に彼の生涯は、彼の人生の変化が、アカウントの間にむき出しの通知で構成された単語または行数、および、より長い説明を入力します。 (vi) When the life of the Patriarch is given more in detail, the account usually ends in an almost uniform way, indicating the length of his life and his burial with his ancestors (cf. ix, 29; xi, 32; xxv, 7; xxxv, 28; xlvii, 28). ( 6 )時の家長の命を与えられたの他の詳細は、そのアカウントに通常終了は、ほぼ統一的に、彼の人生の長さを示すと彼の埋葬彼の先祖( cf. 9世日、 29日; xi 、 32 、 25 、 7 、 35 、 28 、 47 、 28 ) 。 Such a definite plan of the book shows that it was written with a definite end in view and according to preconceived arrangement.このような明確な計画に書かれたこの本によると、最後に表示し、明確な取り決めによると、先入します。 The critics attribute this to the final "redactor" of the Pentateuch who adopted, according to their views, the genealogical framework and the "schematism" from the Priestly Code.これを属性の批評家の最後の" redactor "は、五who採択によると、その再生回数は、系図のフレームワークと、 "図式的配置"からの聖職者のコードです。 The value of these views will be discussed later; for the present, it suffices to know that a striking unity prevails throughout the Book of Genesis (cf. Kurtrz, "Die Einheit der Genesis", Berlin, 1846; Delattre, "Plan de la Genèse" in "Revue des quest. hist.", July, 1876; XX, pp. 5-43; Delattre, "Le plan de la Genese et les generations du ciel et de la terre" in "La science cath.", 15 Oct., 1891, V, pp. 978-89; de Broglie, "Etude sur les genealogies bibliques" in "Le congres scientif. internat. des catholiques de 1888", Paris, 1889, I, pp. 94-101; Julian, "Etude critique sur la composition de la Genese", Paris, 1888, pp. 232-50).これらの再生回数の値は後述;は、現在、人目を引くことが足りることを知って団結して勝つ創世記( cf. kurtrz 、 "死ぬeinheit der創世記" 、ベルリン、 1846 ;ドラットル、 "プランドラgenèse "と"レヴューデクエストです。シーッ。 " 、 7月、 1876 ;イグゼクス、 pp 。五から四十三まで;ドラットル、 "ルプランドラgenese etレ世代デュシエルetデラテリコ"と"ラサイエンス猫です。 " 、 1891年10月15日、 V電源、 pp 。 978〜89 ;ドブロイ、 "練習曲シュールレgenealogies bibliques "と"ルコングレスscientif 。 internat 。デcatholiquesデ1888 " 、パリ、 1889年、私、 pp 。九十四〜百一;ジュリアン、 "練習曲批評シュールラ組成デラgenese " 、パリ、 1888 、 pp 。二三二から五〇まで) 。

III. Ⅲ 。 AUTHENTICITY真正

The contents of the Pentateuch furnish the basis for the history, the law, the worship, and the life of the Chosen People of God.その内容は、五の歴史の基盤を提供する、同法は、崇拝し、選択された人々の生活を神のです。 Hence the authorship of the work, the time and manner of its origin, and its historicity are of paramount importance.それゆえ、原作者の仕事を、その起源の時間と方法、およびその史実は、最も重要なものです。 These are not merely literary problems, but questions belonging to the fields of history of religion and theology.これらは単に文学の問題が発生、しかし、質問のフィールドに所属する宗教と神学の歴史をします。 The Mosaic authorship of the Pentateuch is inseparably connected with the question, whether and in what sense Moses was the author or intermediary of the Old-Testament legislation, and the bearer of pre-Mosaic tradition.原作者のモザイクが密接につながって、五という質問に、ムーサーかどうかや、どのような意味では、著者や中間の旧-遺言、立法、と事前に無記名のモザイクの伝統です。 According to the trend of both Old and New Testament, and according to Jewish and Christian theology, the work of the great lawgiver Moses is the origin of the history of Israel and the basis of its development down to the time of Jesus Christ; but modern criticism sees in all this only the result, or the precipitate, of a purely natural historical development.の両方の動向によると、古いものと新しい遺言し、ユダヤ人とキリスト教神学によると、その仕事の偉大な立法者の起源はムーサーは、イスラエルとの歴史の発展の基礎をダウンしてその時のイエスキリスト;しかし、近代すべての批判これだけの結果を追っているか、または、沈殿物は、純粋な自然の歴史的発展します。 The question of the Mosaic authorship of the Pentateuch leads us, therefore, to the alternative, revelation or historical evolution; it touches the historical and theological foundation of both the Jewish and the Christian dispensation.原作者の問題は、五リードのモザイク問い合わせは、したがって、代替して、啓示や歴史的な進化;ことタッチして歴史的、神学的基盤の両方のユダヤ人とキリスト教の神の摂理です。 We shall consider the subject first in the light of Scripture; secondly, in the light of Jewish and Christian tradition; thirdly, in the light of internal evidence, furnished by the Pentateuch; finally, in the light of ecclesiastical decisions.わたしたちは最初に件名を考慮して、光の啓典;第二に、ユダヤ人とキリスト教に照らして伝統;第三に、内部の証拠に照らして、家具された五;最後に、教会の意思決定に照らしている。

A. TESTIMONY OF SACRED SCRIPTURE a.神聖な啓典の証拠を提出する

It will be found convenient to divide the Biblical evidence for the Mosaic authorship of the Pentateuch into three parts: (1) Testimony of the Pentateuch;便利に分割することが可能になったことの証拠を聖書の原作者は、五モザイクを3つの部分: ( 1 )の証言は、五;

(2) Testimony of the other Old-Testament books; (3) Testimony of the New Testament. ( 2 )証言を、他の旧-遺言の書籍、 ( 3 )の証言は、新約聖書です。

(1) Witness of the Pentateuch ( 1 )証人は、五

The Pentateuch in its present form does not present itself as a complete literary production of Moses.の五の現在のフォームはありません現在の自分自身を完全に文学の生産をムーサーです。 It contains an account of Moses' death, it tells the story of his life in the third person and in an indirect form, and the last four books do not exhibit the literary form of memoirs of the great lawgiver; besides, the expression "God said to Moses" shows only the Divine origin of the Mosaic laws but does not prove that Moses himself codified in the Pentateuch the various laws promulgated by him.そこには、アカウントのモーゼの死、それは、彼の人生の物語で3番目の人とフォームは、間接的、との最後の4つの書籍はありません回顧録の形で展示して文学の大立法者;以外には、表現の"神ムーサーによると"神の起源のみを表示するわけではないのモザイクの法律体系化を自ら証明してモーゼの五の様々な法律に公布されていた。 On the other hand, the Pentateuch ascribes to Moses the literary authorship of at least four sections, partly historical, partly legal, partly poetical.その一方で、モーゼの五ascribesの文学を原作者の少なくとも4つのセクションは、部分的、歴史的、法的な部分、部分的詩的です。 (a) After Israel's victory over the Amalecites near Raphidim, the Lord said to Moses (Exodus 17:14): "Write this for a memorial in a book, and deliver it to the ears of Josue." (ア)のamalecites勝利した後、イスラエルの近くにraphidim 、ムーサーによると、主(出エジプト記17:14 ) : "ここに記念碑がこの本を、顧客に提供し、それを耳のジョスエ。 " This order is naturally restricted to Amalec's defeat, a benefit which God wished to keep alive in the memory of the people (Deuteronomy 25:17-19).この注文は、自然に制限されamalecの敗北は、神を希望して利益を記憶の中で生き続けるの人々 (申命記25:17-19 ) 。 The present pointing of the Hebrew text reads "in the book", but the Septuagint version omits the definite article.現在のポインティングは、ヘブライ語のテキストの読み取り"の予約" 、しかし、セプトゥアギンタ版定冠詞を省略します。 Even if we suppose that the Massoretic pointing gives the original text, we can hardly prove that the book referred to is the Pentateuch, though this is highly probable (cf. von Hummelauer "Exodus et Leviticus", Paris, 1897, p. 182; Idem, "Deuteronomium", Paris, 1901, p. 152; Kley, "Die Pentateuchfrage", Munster, 1903, p. 217). massoreticさえすれば、ポインティング与えると仮定して、元のテキストを、私たちはほとんど言及を証明するには、この本は、五、これは非常に概( cf.フォンhummelauer "エクソダスetレビ記" 、パリ、 1897 、 p. 182 ;同上、 " deuteronomium " 、パリ、 1901 、 p. 152 ; kley 、 "死ぬpentateuchfrage " 、マンステール、 1903 、 p. 217 ) 。 (b) Again, Ex., xxiv, 4: "And Moses wrote all the words of the Lord."結果( b )を再度、例です。 、 24 、 4 : "と、ムーサーのすべての言葉を書いたの主です。 " The context does not allow us to understand these words in an indefinite manner, but as referring to the words of the Lord immediately preceding or to the so-called "Book of the Covenant", Ex., xx-xxiii.問い合わせのコンテキストでは許可されませんこれらの言葉を理解する方法は、無期限ではなく、主の言葉を参考にしたりして直前のいわゆる"本の誓約" 、例です。 、イグゼクス- 23です。 (c) Ex., xxxiv, 27: "And the Lord said to Moses: Write thee these words by which I have made a covenant both with thee and with Israel." ( c )例です。 、 34 、 27 : "と、主によるとムーサー:なたこれらの言葉を書くために私が約束は、イスラエルとの両方になたとします。 " The next verse adds: "and he wrote upon the tables the ten words of the covenant." 、次の詩を追加: "と書いたのテーブルには10の言葉を約束します。 " Ex., xxxiv, 1, 4, shows how Moses had prepared the tables, and Ex., xxxiv, 10-26, gives us the contents of the ten words.例です。 、 34 、 1 、 4 、ムーサーはどのよう準備してテーブルを示し、および例です。 、 34 、 10月26日、 10の内容を与えてくれる言葉です。 (d) Num., xxxiii, 1-2: "These are the mansions of the children of Israel, who went out of Egypt by their troops under the conduct of Moses and Aaron, which Moses wrote down according to the places of their encamping." (エ) NUM件です。 、 33 、 1-2 : "これらのマンションの子供たちは、イスラエル、日本、 whoはアウトのエジプト軍の下に実施されて、ムーサーとハールーンを、どのムーサー書き留めた彼らによると、近くのencamping 。 " Here we are informed that Moses wrote the list of the people's encampments in the desert; but where it this list to be found?ここで我々はインフォームドコンセントがムーサーの人々のリストを書いたのは、砂漠のencampments ;しかし、このリストのどこにも見つからないことですか? Most probably it is given in Num., xxxiii, 3-49, or the immediate context of the passage telling of Moses' literary activity; there are, however, scholars who understand this latter passage as referring to the history of Israel's departure from Egypt written in the order of the people's encampments, so that it would be our present Book of Exodus. NUM件のほとんどで、おそらくこれは与えられた。 、 33 、三〜四十九か、または、当面のコンテキストでの通過tellingのモーゼの文学活動;には、しかし、この後者の通路として理解する学者whoの歴史を参照してエジプトからイスラエルの出発書かれているため、人々のencampmentsので、予約することが私たちの現在の出エジプト記です。 But this view is hardly probable; for its assumption that Num., xxxiii, 3-49, is a summary of Exodus cannot be upheld, as the chapter of Numbers mentions several encampments not occurring in Exodus.しかし、このビューを表示する確率はほとんど; NUM件を想定しています。 、 33 、三〜四九は、出エジプト記の概要を支持することはできませんが、数字としての章に言及し、いくつか出エジプト記encampments特定の割合で起こる。

Besides these four passages there are certain indications in Deuteronomy which point to the literary activity of Moses.これらの4つの通路のほか、申命記には、特定の表示をポイントして、文学の活動がモーゼスです。 Deut., i, 5: "And Moses began to expound the law and to say"; even if the "law" in this text refer to the whole of the Pentateuchal legislation, which is not very probable, it shows only that Moses promulgated the whole law, but not that he necessarily wrote it. deut 。 、私、 5 : "と同法を解説ムーサーが始まったと言ってやる" ;ても、 "法"で、このテキストを参照して、全体のpentateuchal 、立法、非常に予想されていないことを示しムーサーことだけが公布全体の法では、彼は必然的に書いたことはできません。 Practically the entire Book of Deuteronomy claims to be a special legislation promulgated by Moses in the land of Moab: iv, 1-40; 44-49; v, 1 sqq.; xii, 1 sqq.書籍全体を実質的に債権の申命記には、特別措置法公布され、その土地のムーサーモアブ: 4 、 1-40 ;四四から四九まで; V電源、 1 sqq 。 ; 12 、 1 sqq 。 But there is a suggestion of writing too: xvii, 18-9, enjoins that the future kings are to receive a copy of this law from the priests in order to read and observe it; xxvii, 1-8, commands that on the west side of the Jordan "all the words of this law" be written on stones set up in Mount Hebal; xxviii, 58, speaks of "all the words of this law, that are written in this volume" after enumerating the blessings and curses which will come upon the observers and violators of the law respectively, and which are again referred to as written in a book in xxix, 20, 21, 27, and xxxii, 46, 47; now, the law repeatedly referred to as written in a book must be at least the Deuteronomic legislation.しかし、提案の書き込みには、あまりにも: 17 、一八から九まで、 enjoinsは、将来の王を受信するには、この法律のコピーをするために司祭からの読み取りと観測すること;二十七、 1-8 、コマンドにすると、西ヨルダン側に"この法律のすべての言葉を"石の上に書き込まれるマウントセットアップさhebal ; 28 、 58 、うわさを"すべての人の言葉をこの法律は、この巻には書かれて"を列挙した後に、祝福と呪い時が来るのオブザーバーとそれぞれ同法違反し、再度と呼ばれることが書かれた本を29 、 20 、 21 、 27 、 32 、 46 、 47 ;今すぐ、同法と呼ばれることを繰り返し書かれた予約しなければならない、少なくともdeuteronomic立法です。 Moreover, xxxi, 9-13 states, "and Moses wrote this law", and xxxi, 26, adds, "take this book, and put it in the side of the ark. . .that it may be there for a testimony against thee"; to explain these texts as fiction or as anachronisms is hardly compatible with the inerrancy of Sacred Scripture.また、 31 、 9-13状態"と書いたムーサーこの法律" 、および31 、 26 、追加、 "この本を取る、と言えば、箱舟には、サイド。 。 。 。 。できないことがありますが、証言をするなた" ;を説明するとして、これらの文章として小説や時代遅れはほとんどの神聖な啓典と互換性の間違いのないことです。 Finally, xxxi, 19, commands Moses to write the canticle contained in Deut., xxxii, 1-43.最後に、 31 、 19 、コマンドをムーサーに含まれて賛美歌を書いてdeut 。 、 32 、 1-43 。

The Scriptural scholar will not complain that there are so few express indications in the Pentateuch of Moses' literary activity; he will rather be surprised at their number.聖書学者はない、と不満を表明が非常にいくつかの表示は、五のモーゼの文学活動;彼はむしろその数は驚く。 As far as explicit testimony for its own, at least partial, authorship is concerned, the Pentateuch compares rather favourably with many other books of the Old Testament.限り、独自の明示的な証言を、少なくとも部分は、原作者が関係者は、五favourablyと比較するというが、旧約聖書の数多くの書籍です。

(2) Witness of other Old-Testament Books ( 2 )証人の他の旧-遺言の書籍

(a) Josue.-The narrative of the Book of Josue presupposes not merely the facts and essential ordinances contained in the Pentateuch, but also the law given by Moses and written in the book of the law of Moses: Jos., i, 7-8; viii, 31; xxii, 5; xxiii, 6. (ア) josue. -の物語は、予約のジョスエ単に事実を前提に、必要不可欠な条例に含まれている五、同法で与えられただけでなく、ムーサーと書かれている書籍は、ムーサーの法則: jos. 、私、 7 -8 ; viii 、 31 ; xxii 、 5 ; 23 、 6 。 Josue himself "wrote all these things in the volume of the law of the Lord" (xxiv, 26).ジョスエ自身"これらすべてのことを書いたの音量を、主の法則" ( 24 、 26 ) 。 Prof. Hobverg maintains that this "volume of the law of the Lord" is the Pentateuch ("Über den Ursprung des Pentateuchs" in "Biblische Zeitschrift", 1906, IV, 340); Mangenot believes that it refers at least to Deuteronomy (Dict. de la Bible, V, 66).教授hobvergを維持して"ボリュームは、主の法則"には、五( " überデンウルスプルングデpentateuchs "と" biblische zeitschrift " 、 1906 、 4 、 340 ) ; mangenotと考えていることを指します少なくとも申命記( dictのです。デラ聖書の、 V電源、 66 ) 。 At any rate, Josue and his contemporaries were acquainted with a written Mosaic legislation, which was divinely revealed.いずれにせよ、ジョスエとその周辺には精通して書かれたモザイク立法、これは、神の力で明らかになった。

(b) Judges; I, II Kings.-In the Book of Judges and the first two Books of Kings there is no explicit reference to Moses and the book of the law, but a number of incidents and statements presuppose the existence of the Pentateuchal legislation and institutions. (イ)裁判官; Ⅰ 、 Ⅱ kings. -裁判官やその本の最初の2つの書籍の王の参照を明示的にはない、ムーサーとその本は、法律ではなく、多くの事件の存在を仮定するとステートメントのpentateuchal法令、および、機関です。 Thus Judges, xv, 8-10, recalls Israel's delivery from Egypt and its conquest of the Promised Land; Judges, xi, 12-28, states incidents recorded in Num., xx, 14; xxi, 13,24; xxii, 2; Judges, xiii, 4, states a practice founded on the law of the Nazarites in Num., vi, 1-21; Judges, xviii, 31, speaks of the tabernacle existing in the times when there was no king in Israel; Judges, xx, 26-8 mentions the ark of the covenant, the various kinds of sacrifices, and the Aaronic priesthood.このように裁判官、 15 、 8-10 、リコールエジプトからイスラエルの配信とその征服の約束の地;裁判官、西、 12-28 、国NUM件の事件に記録されています。 、イグゼクス、 14 ; xxi 、 13,24 ; xxii 、 2 ;裁判官、 13 、 4 、国の練習法に設立さNUM件のnazaritesにします。 、六、 1-21 ;裁判官、 18 、 31 、うわさを既存の幕屋はないときは、王はイスラエル;裁判官、イグゼクス、二六〜八には、契約の箱は、様々な種類の犠牲を払う、とaaronic聖職に就く。 The Pentateuchal history and laws are similarly presupposed in 1 Samuel 10:18; 15:1-10; 10:25; 21:1-6; 22:6 sqq.; 23:6-9; 2 Samuel 6.同様に、 pentateuchal歴史および法令を前提には、 1サミュエル10:18 ; 15:1-10 ; 10:25 ; 21:1-6 ;午前22時06 sqq 。 ; 23:6-9 ; 2サミュエル6 。

(c) 1 and 2 Kings.-The last two Books of Kings repeatedly speak of the law of Moses. ( c ) kings. - 1と2の最後の2つの図書オブキングスムーサーの法則を繰り返し話す。 To restrict the meaning of this term to Deuteronomy is an arbitrary exegesis (cf. 1 Kings 2:3; 10:31); Amasias showed mercy to the children of the murderers "according to that which is written in the book of the law of Moses" (2 Kings 14:6); the sacred writer records the Divine promise of protecting the Israelites "Only if they will observe to do all that I have commanded them according to the law which my servant Moses commanded them" (2 Kings 21:8).この用語の意味を制限するには、任意の評釈を申命記( cf. 1王2:3 ; 10:31 ) ; amasias慈悲を見せたの子供たちが、殺人者"によるとこの本で書かれており、法のモーゼス" ( 2キングス14時06分) ;の神聖な作家記録して、イスラエルの神の約束を守る"かれらは観察する場合にのみこれを行うに命じられたことすべてを私は私の使用人によると、同法を命じ、ムーサーのことを" ( 2キングス21 : 8 ) 。 In the eighteenth year of the reign of Josias was found the book of the law (2 Kings 22:8, 11), or the book of the covenant (2 Kings 23:2), according to which he conducted his religious reform (2 Kings 23:10-24), and which is identified with "the law of Moses" (2 Kings 23:25).は、 18年の治世中には、その本が見つかったjosias法( 2キングス22時08分、 11 )か、またはその本は、誓約( 2キングス23時02分) 、これによると、彼は自分の宗教的な改革を実施( 2王23:10-24 ) 、および識別これは"同法のモーゼス" ( 2キングス23:25 )です。 Catholic commentators are not at one whether this law-book was Deuteronomy (von Hummelauer, "Deuteronomium", Paris, 1901, p. 40-60, 83-7) or the entire Pentateuch (Clair, "Les livres des Rois", Paris, 1884, II, p. 557 seq.; Hoberg, "Moses und der Pentateuch", Frieburg, 1905, p. 17 seq.; "uber den Ursprung des Pentateuchs" in "Biblische Zeitschrift", 1906, IV, pp. 338-40).カトリックの解説者がこの法律を一本かどうかは、申命記(フォンhummelauer 、 " deuteronomium " 、パリ、 1901 、 p. 40-60 、八十三から七まで) 、または全体の五(クレール、 "レlivresデrois " 、パリ、 1884年、 2世、 p. 557 seq 。 ; hoberg 、 "ムーサーund der五" 、 frieburg 、 1905 、 p. 17学seq 。 ; "プロダクトデンウルスプルングデpentateuchs "と" biblische zeitschrift " 、 1906 、 4 、 pp 。 338 -40 ) 。

(d) Paralipomenon.-The inspired writer of Paralipomenon refers to the law and the book of Moses much more frequently and clearly. (エ) paralipomenon.歴代志の触発された作家の本を参照してモーゼの法とはるかに頻繁に取り上げられ、明確にします。 The objectionable names and numbers occurring in these books are mostly due to transcribers.不愉快な名前と電話番号、これらの書籍は大半が発生してtranscribersのために。 The omission of incidents which would detract from the glory of the Israelite kings or would not edify the reader is not detrimental to the credibility or veracity of the work.事件の脱落を損ねるからは、イスラエルの栄光の王やedifyはないではない読者の信頼性や信ぴょう性に支障が出るの仕事です。 Otherwise one should have to place among works of fiction a number of biographical or patriotic publications intended for the young or for the common reader.他の1つの間を置く必要が、いくつかの伝記小説作品を出版物や愛国的意図は、若年、または共通のリーダーです。 On their part, the modern critics are too eager to discredit the authority of Paralipomena.を意味するということは、現代の批評家があまりにも熱心にParalipomenonの複数の権威を落とす。 "After removing the account of Paralipomena", writes de Wette (Beitrage, I, 135), "the whole Jewish history assumes another form, and the Pentateuchal investigations take another turn; a number of strong proofs, hard to explain away, for the early existence of the Mosaic books have disappeared, the other vestiges of their existence are placed in a different light." " Paralipomenonの複数のアカウントを削除した後" 、書き込みデwette ( beitrage 、私、 135 ) 、 "ユダヤ人の歴史全体の別のフォームを想定し、捜査に別の電源pentateuchal ; 、いくつかの強力な証拠は、ハードに言い逃れをする早期の存在を、モザイクの書籍が消えた、他の痕跡の存在に配置され、別の光です。 " A glance at the contents of Parlipomenon suffices to explain the efforts of de Witte and Wellhausen to disprove the historicity of the books. parlipomenonを一目見て、内容を十分に説明してヴェルハウゼンの努力をデウィッテとの史実を反証する書籍です。 Not only are the genealogies (1 Chronicles 1-9) and the descriptions of worship traced after the data and laws of the Pentateuch, but the sacred writer expressly points out their conformity with what is written in the law of the Lord (1 Chronicles 16:40), in the law of Moses (2 Chronicles 23:18; 31:3), thus identifying the law of the Lord with that written by Moses (cf. 2 Chronicles 25:4). genealogiesだけは、 ( 1クロニクル1-9 )との説明をした後、データの追跡および法令を崇拝するのは五、しかし、神聖な執筆者が指摘するように明示的適合性の法則何が書かれている主( 1クロニクル16 : 40 ) 、同法のムーサー( 2クロニクル23:18 ; 31:3 ) 、このように、主に識別するの法則が書かれたモーゼス( cf. 2クロニクル25:4 ) 。 The reader will find similar indications of the existence and the Mosaic origin of the Pentateuch in I Par., xxii, 12 seq.; II Par., xvii, 9; xxxiii, 4; xxxiv, 14; xxv, 12.読者は、類似の兆候が存在するとモザイクの起源は私の五パーです。 、 xxii 、 12 seq 。 ;二パー。 、 17 、 9 、 33 、 4 、 34 、 14 、 25 、 12 。 By an artificial interpretation, indeed, the Books of Paralipomenon may be construed to represent the Pentateuch as a book containing the law promulgated by Moses; but the natural sense of the foregoing passages regards the Pentateuch as a book edited by Moses.人工的に解釈され、実際のところ、歴代志の書籍の解釈を代表して五年5月に予約を含む同法を公布され、ムーサー;しかし、前述の文章の意味での自然な点として、五本の編集をムーサーです。

(e) I, II Esdras.-The Books of Esdras and Nehemias, too, taken in their natural and commonly accepted sense, consider the Pentateuch as the book of Moses, not merely as a book containing the law of Moses. (オ) Ⅰ 、 Ⅱ esdras. - nehemiasの書籍のエスドラス書とは、あまりにも、撮影さに自然と広く一般に認められた意味では、考慮して五本のムーサーとしてではなく、単に予約を含むとしてムーサーの法則です。 This contention is based on the study of the following texts: I Esd., iii, 2 sqq.; vi, 18; vii, 14; II Esd., i, 7 sqq.; viii, 1, 8, 14; ix, 3; x, 34, 36; xiii, 1-3.この論争は、その研究に基づいてには、次のテキスト:私のESDします。 、 3世、 2 sqq 。 ;六、 18 ;七、 14 ; 2世のESDします。 、私、 7 sqq 。 ; viii 、 1 、 8日、 14 ; 9世、 3であり、 x 、 34 、 36 、 13 、 1-3 。 Graf and his followers expressed the view that the book of Moses referred to in these texts is not the Pentateuch, but only the Priestly Code; but when we keep in mind that the book in question contained the laws of Lev., xxiii, and Deut., vii, 2-4; xv, 2, we perceive at once that the book of Moses cannot be restricted to the Priestly Code.グラーフとその部下との見解を表明したこの本で参照されてモーゼの五、これらの文章ではないが、聖職者のコードのみ;しかし、私たち維持を念頭に置いて、その書籍の法律に基づいて、問題のレフ含まれています。 、 23 、およびdeutです。 、 7 、 2-4 、 15 、 2 、私たちの知覚を一度にムーサーには、この本に制限されるようにすることはできませんの聖職者のコードです。 To the witness of the historical books we may add II Mach., ii, 4; vii, 6; Judith, viii, 23; Ecclus., xxiv, 33; xlv, 1-6; xlv, 18, and especially the Preface of Ecclus.目撃者は、歴史的な書籍を追加することがありますマッハ2世、 2世、 4 ;七、 6 ;ジュディス、 viii 、 23 ; ecclus 。 、 24 、 33 、 45 、 1-6 、 45 、 18 、そして特に序文ecclusです。

(f) Prophetic Books.-Express reference to the written law of Moses is found only in the later Prophets: Bar., ii, 2, 28; Dan., ix, 11, 13; Mal., iv, 4. (女) books. -エキスプレスの参照を予言の書面によるムーサーの法則が見つかっただけで、後の預言者:バーです。 、 2世、 2 、 28 ;ダン。 、 9世、 11 、 13 ; mal 。 、 4世、 4 。 Among these, Baruch knows that Moses has been commanded to write the law, and though his expressions run parallel to those of Deut., xxviii, 15, 53, 62-64, his threats contain allusions to those contained in other parts of the Pentateuch.このうち、バルークムーサーが知っている同法を書くよう命じてきたし、彼の表現はそれらのdeut平行して実行します。 、 28 、 15 、 53 、 62-64 、彼の脅威が含まれているallusionsの五の他の部分に含まれてです。 The other Prophets frequently refer to the law of the Lord guarded by the priests (cf. Deuteronomy 31:9), and they put it on the same level with Divine Revelation and the eternal covenant of the Lord.頻繁に、他の預言者の法則を参照して守られ、主の司祭( cf.申命記31:9 ) 、および彼らと同じレベルで言えば、神の啓示と永遠の約束は、主です。 They appeal to God's covenant, the sacrificial laws the calendar of feasts, and other laws of the Pentateuch in such a way as to render it probable that a written legislation formed the basis of their prophetic admonitions (cf. Hosea 8:12), and that they were acquainted with verbal expressions of the book of the law.彼らに訴える神の約束は、カレンダーのお祭りのいけにえの法令及びその他の法律は、五そのようなことをレンダリングするように予想して書かれた法案の予言的に形成してadmonitions ( cf.ホセア書8時12分) 、および知り合いに口頭で表現していたの予約をしている。 Thus in the northern kingdom Amos (iv, 4-5; v, 22 sqq.) and Isaias in the south (i, 11 sqq.) employ expressions which are practically technical words for sacrifice occurring in Lev., i-iii; vii, 12, 16; and Deut., xii, 6.このようには、北部の王国アモス( 4 、 4-5 ; V電源、 22 sqq 。 )とisaiasの南に(私、 11 sqq 。 )表現が実質的に雇用を犠牲に発生する技術的な言葉をレフです。 、私- 3 ;七、 12 、 16 ;とdeut 。 、 12 、 6 。

(3) Witness of the New Testament ( 3 )証人は、新約聖書

We need not show that Jesus and the Apostles quoted the whole of the Pentateuch as written by Moses.私たちする必要はありませんがイエスキリストと使徒の詳細によると、全体のモーゼの五書として書かれた。 If they attributed to Moses all the passages which they happen to cite, if they ascribe the Pentateuch to Moses whenever there is question of its authorship, even the most exacting critics must admit that they express their conviction that the work was indeed written by Moses.すればカウントされて起こるムーサーのすべての通路を例に挙げる、帰すればムーサーの五の原作者の質問にはいつでも、最も厳格な批判を認める必要がありますして、自分の信念に基づいて書かれた作品は本当にムーサーです。 When the Sadducees quote against Jesus the marriage law of Deut., xxv, 5, as written by Moses (Matthew 22:24; Mark 12:19; Luke 20:28), Jesus does not deny the Mosaic authorship, but appeals to Ex., iii, 6, as equally written by Moses (Mark 12:26; Matthew 22:31; Luke 20:37).サドカイ派の引用するときにイエスキリストの結婚の法則deut 。 、 25 、 5 、として書かれたモーゼス(マタイ22:24 ;マーク12:19 ;ルカ20:28 ) 、イエスキリストを否定してモザイク原作者はありませんが、例の訴えをです。 、 3 、 6 、執筆者と同様、ムーサー(マーク12:26 ;マシュー22:31 ;ルーク20:37 ) 。 Again, in the parable of Dives and Lazarus (Luke 16:29), He speaks of "Moses and the prophets", while on other occasions He speaks of "the law and the prophets" (Luke 16:16), thus showing that in His mind the law, or the Pentateuch, and Moses are identical.また、ダイブのためにとラザロ(ルカ16:29 ) 、彼は話す" 、ムーサーとして預言者" 、彼は話す機会の中に他の"法とは、預言者" (ルカ16:16 ) 、このように表示さ彼の心の法則か、または、五、とムーサーは同じです。 The same expressions reappear in the last discourse addressed by Christ to His disciples (Luke 24:44-6; cf. 27): "which are written in the law of Moses, and in the prophets, and in the psalms concerning me".同じ表現が再び表示され、イエスキリストの最後の談話を弟子たちに対処(ルーク24:44-6 ;継続前誌です。 27 ) : "の法則が書かれてムーサーよ、とは、預言者、およびに関する私の詩篇を授けた" 。 Finally, in John, v, 45-7, Jesus is more explicit in asserting the Mosaic authorship of the Pentateuch: "There is one that accuseth you, Moses. . .for he wrote of me. But if you do not believe his writings, how will you believe my words?"最後には、ジョン、 V電源、 45から7 、イエスキリストは、原作者の他の明示的に主張し、五モザイク: " accusethには1つのことを、ムーサー。 。 。 。 。を書いたのはやめて。しかし、彼の作品をお持ちでない場合信じるは、私の言葉をどのようにお考えですか? " Nor can it be maintained that Christ merely accommodated himself to the current beliefs of his contemporaries who considered Moses as the author of the Pentateuch not merely in a moral but also in the literary sense of authorship.イエスキリストに維持したり、単にそれは、現在の自分自身の信念収容彼のコンテンポラリーwho考えムーサーの著者は、五として、単に道徳的なだけでなく、文学の意味での原作者です。 Jesus did not need to enter into the critical study of the nature of Mosaic authorship, but He could not expressly endorse the popular belief, if it was erroneous.イエスキリストを入力する必要がしなかったの重要な研究をモザイクの性質を原作者が、明示的に支持することはできないが人気の信念、それは誤りです。

The Apostles too felt convinced of, and testified to, the Mosaic authorship.あまりにも確信を感じたの使徒、と証言し、原作者のモザイクです。 "Philip findeth Nathanael, and saith to him: We have found him of whom Moses in the law, and the prophets did write." "フィリップfindethナサニエルは、彼とsayの三人称単数直説法現在形:私たちが発見した彼は誰ムーサーは、法では、として預言者はここです。 " St. Peter introduces a quotation from Deut., xviii, 15, with the words: "For Moses said" (Acts 3:22).サンピエトロ大聖堂を導入するdeut引用します。 、 18 、 15 、との言葉: "ムーサーは言った" (行為3:22 ) 。 St. James and St. Paul relate that Moses is read in the synagogues on the Sabbath day (Acts 15:21; 2 Corinthians 3:15).セントジェームズと聖パウロの続きを読む関係をモーゼスはユダヤ教の安息日(行為15:21 ; 2コリント書3:15 ) 。 The great Apostle speaks in other passages of the law of Moses (Acts 13:33; 1 Corinthians 9:9); he preaches Jesus according to the law of Moses and the Prophets (Acts 28:23), and cites passages from the Pentateuch as words written by Moses (Romans 10:5-8; 19).偉大な使徒話す他の通路は、法のムーサー(行為13:33 ; 1コリンチャンス9時09分) ;彼は説教の法則によれば、イエスキリストは、預言者ムーサーと(行為28:23 ) 、および引き合いに出してからの五通路モーゼスとして書かれた言葉(ローマ人への手紙10:5-8 ; 19 ) 。 St. John mentions the canticle of Moses (Revelation 15:3).賛美歌の聖ヨハネには、モーゼス(啓示15時03分) 。

B. WITNESS OF TRADITION b.証人の伝統

The voice of tradition, both Jewish and Christian, is so unanimous and constant in proclaiming the Mosaic authorship of the Pentateuch that down to the seventeenth century it did not allow the rise of any serious doubt.伝統の声を、両方のユダヤ人とキリスト教、満場一致のは非常に定数を宣言すると、五モザイク原作者がダウンしていない17世紀の上昇により、任意の重大な疑問です。 The following paragraphs are only a meagre outline of this living tradition.は、次のパラグラフはmeagreのみを生きている伝統の概要は、次のです。

(1) Jewish Tradition ( 1 )ユダヤ人の伝統

It has been seen that the books of the Old Testament, beginning with those of the Pentateuch, present Moses as the author of at least parts of the Pentateuch.で見たことがあるとされ、旧約聖書の書籍を始めとするそれらの五、現在のムーサーの著者として、少なくとも部分で五します。 The writer of the Books of Kings believes that Moses is the author of Deuteronomy at least.その作家の王と考えている書籍の著者である申命記ムーサーは、少なくともです。 Esdras, Nehemias, Malachias, the author of Paralipomena, and the Greek authors of the Septuagint Version consider Moses as the author of the whole Pentateuch.エスドラス書、 nehemias 、 malachias 、 Paralipomenonの複数の著者である、との作者のギリシャ語版を検討するセプトゥアギンタムーサーの著者は、全体として五します。 At the time of Jesus Christ and the Apostles friend and foe take the Mosaic authorship of the Pentateuch for granted; neither our Lord nor His enemies take exception to this assumption.時点で、イエスキリストと使徒のモザイク敵と味方を当たり前の原作者は、五;どちらも、わたしたちの主敵も彼の例外を取るこの仮定します。 In the first century of the Christian era, Josephus ascribes to Moses the authorship of the entire Pentateuch, not excepting the account of the lawgiver's death ("Antiq. Jud.", IV, viii, 3-48; cf. I Procem., 4; "Contra Apion.", I, 8).第一世紀の時代には、キリスト教、ヨセフスascribesを原作者のモーゼの五書全体ではなく、そのアカウントを除いて、立法者の死( " antiq 。ユートです。 " 、 4世、 viii 、三から四八まで;継続前誌です。私procem 。 、 4 ; "コントラapion 。 " 、私は、 8 ) 。 The Alexandrian philosopher Philo is convinced that the entire Pentateuch is the work of Moses, and that the latter wrote a prophetic account of his death under the influence of a special divine inspiration ("De vita Mosis", ll. II, III in "Opera", Geneva, 1613, pp. 511, 538).アレクサンドリアの哲学者フィロンは確信して、全体の五は、仕事をムーサーよ、と書いたが、後者の彼の死を予言されてアカウントの影響を受けて、特別な天来の霊感( "デ生命mosis " 、すべてのです。 2世、 3世は"オペラ" 、ジュネーブ、 1613 、 pp 。 511 、 538 ) 。 The Babylonian Talmud ("Baba-Bathra", II, col. 140; "Makkoth", fol. IIa; "Menachoth", fol. 30a; cf. Vogue, "Hist. de la Bible et de l'exegese biblique jusqua'a nos jours", Paris, 1881, p. 21), the Talmud of Jerusalem (Sota, v, 5), the rabbis, and the doctors of Israel (cf. Furst, "Der Kanon des Alten Testaments nach den Überlieferungen im Talmud und Midrasch", Leipzig, 1868, pp. 7-9) bear testimony to the continuance of this tradition for the first thousand years.のバビロニアタルムード( "ババ- bathra " 、 2世、列です。 140 ; " makkoth " 、 fol 。 IIAロケット; " menachoth " 、 fol 。 30Aの;継続前誌です。ヴォーグ、 "履歴です。デラ聖書biblique etデl' exegeseジュスカ'を当代" 、パリ、 1881 、 p. 21 )学は、タルムードのエルサレム(創太、 V電源、 5 )は、律法学者、およびイスラエルの医師( cf.フュルスト、 " testaments nach derカノンデアルテンデンüberlieferungenイムタルムードund midrasch " 、ライプチヒ、 1868 、 pp 。 7-9 )証言は、次の伝統を継続して千年の最初のです。 Though Isaac ben Jasus in the eleventh century and Abenesra in the twelfth admitted certain post-Mosaic additions in the Pentateuch, still they as well as Maimonides upheld its Mosaic authorship, and did not substantially differ in this point from the teaching of R. Becchai (thirteenth cent.), Joseph Karo, and Abarbanel (fifteenth cent.; cf. Richard Simon, "Critique de la Bibl. des aut. eccles. de E. Dupin", Paris, 1730, III, pp. 215-20).ベンかかわらずアイザック) Jasusは、 11世紀と12 abenesraは、特定のポストモザイクの追加を認め、五、まだ彼らだけでなく、モザイクmaimonides支持原作者、との点で異なるこの点を大幅にしなかったからの教育のr. becchai ( 13セントです。 ) 、ジョセフカロ、およびabarbanel ( 15セントです。 ;継続前誌です。リチャードサイモン、 "批評デラbibl 。デどちらかです。エクルズです。デe.デュパン" 、パリ、 1730 、 3 、 pp 。二一五から二〇まで) 。 Only in the seventeenth century, Baruch Spinoza rejected the Mosaic authorship of the Pentateuch, pointing out the possibility that the work might have been written by Esdras ("Tract. Theol.-politicus", c. viii, ed. Tauchnitz, III, p. 125). 17世紀だけで、バルークスピノザ原作者は、五モザイクを拒絶して、可能性を指摘し、執筆者の仕事かもしれないエスドラス書( "路です。 theol. - politicus " 、 c. viii 、エドです。 tauchnitz 、 3世、 p 。 125 ) 。 Among the more recent Jewish writers several have adopted the results of the critics, thus abandoning the tradition of their forefathers.ユダヤ人の作家のうちのいくつかの他の最近の結果を採用して批評家は、このように彼らの祖先の伝統を放棄する。

(2) Christian Tradition ( 2 )キリスト教の伝統

The Jewish tradition concerning the Mosaic authorship of the Pentateuch was brought in to the Christian Church by Christ Himself and the Apostles.ユダヤ教の伝統のモザイクの原作者は、五運ばするには、キリスト教、キリスト教会を自分自身との使徒です。 No one will seriously deny the existence and continuance of such a tradition from the patristic period onward; one might indeed be curious about the interval between the time of the Apostles and beginning of the third century.誰も真剣に継続を否定するような存在とpatristic時代からの伝統以降;確かに好奇心を1つのかもしれないのインターバルの間の時間は、使徒と3番目の世紀の始まりです。 For this period we may appeal to the "Epistle of Barnabus" (x, 1-12; Funk, "Patres apostol.", 2nd ed., Tübingen, 1901, I, p. 66-70; xii, 2-9k; ibid., p. 74-6), to St. Clement of Rome (1 Corinthians 41:1; ibid., p. 152), St. Justin ("Apol. I", 59; PG, VI, 416; I, 32, 54; ibid., 377, 409; "Dial.", 29; ibid., 537), to the author of "Cohort. Ad Graec."この期間中に上訴することがあります"信徒のbarnabus " ( x 、 1-12 ;ファンク、 " patresアポストルです。 " 、第2版です。 、テュービンゲン、 1901年、私は、 p. 66-70 ; 12 、 2 - 9k ;同上、 p.七四〜六) 、ローマの聖クレメント( 1コリンチャンス41:1 ;同上、 p. 152 ) 、セントジャスティン( " apolします。 i "で、 59 ; pg 、 6 、 416 ;私、 32 、 54 ;同上。 、 377 、 409 ; "ダイヤルします。 "日、 29日;同上、 537 )を、著者の"コホートです。広告graec 。 " (9, 28, 30, 33, 34; ibid., 257, 293, 296-7, 361), to St. Theophilus ("Ad Autol.", III, 23; ibid., 1156; 11, 30; ibid., 1100), to St. Irenæus (Cont. haer., I, ii, 6; PG, VII, 715-6), to St. Hippolytus of Rome ("Comment. In Deut.", xxxi, 9, 31, 35; cf. Achelis, "Arabische Fragmente etc.", Leipzig, 1897, I, 118; "Philosophumena", VIII, 8; X, 33; PG, XVI, 3350, 3448), to Tertullian of Carthage (Adv. Hermog., XIX; PL, II, 214), to Origen of Alexandria (Contra. Cels., III, 5-6; PG, XI, 928; etc.), to St. Eusthatius of Antioch (De engastrimytha c. Orig., 21; PG, XVIII, 656); for all these writers, and others might be added, bear witness to the continuance of the Christian tradition that Moses wrote the Pentateuch. ( 9 、 28 、 30 、 33 、 34 ;同上。 、 257 、 293 、 296から7 、 361 ) 、聖テオフィロス( "広告autolです。 " 、 3世、 23 ;同上、 1156 ; 11日、 30 ;同上です。 、 1100 ) 、聖irenæus (続きhaer 。 、 Ⅰ 、 Ⅱ 、 6 ; pg 、七、七一五から六)を聖ヒッポリュトスのローマ( "コメントは得られなかった。 、 deutです。 " 、 31 、 9 、 31 、 35 ;継続前誌です。 achelis 、 " arabische fragmente等" 、ライプチヒ、 1897年、私、 118 ; " philosophumena " 、 viii 、 8であり、 x 、 33 ; pg 、 16 、 3350 、 3448 ) 、テルトゥリアヌスのカルタゴ( adv. hermog 。 、 19 ;ポーランド語、 2世、 214 ) 、アレクサンドリアの原産地( contra.設定資料集。 、 3 、 5-6 ; pg 、西、 928 ;等) 、聖eusthatiusのアンティオキア(デengastrimytha c.最古です。 、 21 ; pg 、 18 、 656 ) ;のすべてのこれらの作家、およびその他かもしれない追加日、クマの目撃者は、キリスト教の伝統を継続五ムーサーを書いた。 A list of the later Fathers who bear witness to the same truth may be found in Mangenot's article in the "Dict. de la Bible" (V, 74 seq.). whoのリストを、後の父親の証言と同じ真理が見つかることがありますmangenotの記事は、 " dictのです。デラ聖書" ( V電源、 74 seq 。 ) 。 Hoberg (Moses und der Pentateuch, 72 seq.) has collected the testimony for the existence of the tradition during the Middle Ages and in more recent times. hoberg (ムーサーund der五、 72 seq 。 )が収集した証言の伝統が存在すると中世の間に、他の最近の回クリックします。

But Catholic tradition does not necessarily maintain that Moses wrote every letter of the Pentateuch as it is today, and that the work has come down to us in an absolutely unchanged form.しかし、カトリックの伝統を維持することは、必ずしもすべてのムーサーの手紙を書いたことが今日の五として、仕事とは、先に降りてくるのは確実に変わっていないフォームです。 This rigid view of the Mosaic authorship began to develop in the eighteenth century, and practically gained the upper hand in the nineteenth.このモザイクの原作者が固定した見方を始めたのは、 18世紀を開発する、と実質的に得に勝っては、 19です。 The arbitrary treatment of Scripture on the part of Protestants, and the succession of the various destructive systems advanced by Biblical criticism, caused this change of front in the Catholic camp.啓典の治療上の任意の部分のプロテスタント、および様々な破壊システムの後継者は、聖書の高度な批判され、この変更が原因のフロントでのは、カトリックのキャンプです。 In the sixteenth century Card.は、 16世紀のカードです。 Bellarmine, who may be considered as a reliable exponent of Catholic tradition, expressed the opinion that Esdras had collected, readjusted, and corrected the scattered parts of the Pentateuch, and had even added the parts necessary for the completion of the Pentateuchal history (De verbo Dei, II, I; cf. III, iv).ベラルミーノ、 who年5月、信頼性の指数と見なさカトリックの伝統として、エスドラス書の見解を表明していた収集、 readjusted 、および修正するに散在の部分で五、およびいたにも追加されましたが完成したのに必要な部品pentateuchal履歴(デ語デイ、 2世、私;継続前誌です。 3世、 4世) 。 The views of Génebrard, Pereira, Bonfrere, a Lapide, Masius, Jansenius, and of other notable Biblicists of the sixteenth and seventeenth centuries are equally elastic with regard to the Mosaic authorship of the Pentateuch.の見解をgénebrard 、ペレイラ、ボンフレール監督は、ラピデ、 masius 、ヤンセニウス、および他の顕著なbiblicistsは、 17世紀にも同様に16番目と弾性に関しては、以下のモザイク原作者は、五します。 Not that they agree with the contentions of our modern Biblical criticism; but they show that today's Pentateuchal problems were not wholly unknown to Catholic scholars, and that the Mosaic authorship of the Pentateuch as determined by the Biblical Commission is no concession forced on the Church by unbelieving Bible students.特定しての論戦に同意する弊社のモダンな聖書の批判;しかし、今日のpentateuchal彼ら詳細を完全に知られていない問題がないカトリックの学者、とは、モザイクの原作者として、五委員会によって決定さはない聖書教会の譲歩を余儀なくされて懐疑的な聖書の学生です。

C. VOICE OF INTERNAL EVIDENCE c.内部証拠の声

The possibility of producing a written record at the time of Moses is no longer contested.の可能性を生産する時に書かれた記録は、ムーサーは、もはや争いのです。 The art of writing was known long before the time of the great lawgiver, and was extensively practised both in Egypt and Babylon.書き込みは知られて、アートが長い時間の偉大な法律制定の前に、とは、エジプトやバビロンの両方で広く実践します。 As to the Israelites, Flinders Petrie infers from certain Semitic inscriptions found in 1905 on the Sinaitic peninsula, that they kept written accounts of their national history from the time of their captivity under Ramses II.また、イスラエル、フリンダーズピートリー特定のユダヤ人から推測し、 1905年に記された文が見つかりましたsinaitic半島、保管して書かれたアカウントの国立歴史に監禁されてからの時間をラムセス2世です。 The Tell-el-Amarna tablets show the language of Babylon was in a way the official language at the time of Moses, known in Western Asia, Palestine, and Egypt; the finds of Taanek have confirmed this fact.エルアマーナの暴露バビロン錠表示する言語は公用語にする方法は、時間のムーサーよ、知られて西アジア、パレスチナ、エジプト; taanek 、見つかったのはこのような事実を確認します。 But it cannot be inferred from this that the Egyptians and Israelites employed this sacred or official language among themselves and in their religious documents (cf. Benzinger, "Hebraische Archaologie", 2nd ed., Tübingen, 1907, p. 172 sqq.).しかし、このことから推測することはできませんエジプトとイスラエルは、この神聖な雇用や公用語の間に彼ら自身や宗教上のドキュメントを参照( cf. benzinger 、 " hebraische archaologie " 、第2版です。 、テュービンゲン、 1907 、 p. 172 sqq 。 ) 。 It is not merely the possibility of writing at the time of Moses and the question of language that confronts us here; there is the further problem of the kind of written signs used in the Mosaic documents.それだけではないの可能性を書いている時点で、ムーサーと対峙する言語の問題はこちら;には、より詳細な問題について書かれた標識のようなモザイクのドキュメントで使用されています。 The hieroglyphic and cuneiform signs were widely employed at that early date; the oldest inscriptions written in alphabetical characters date only from the ninth century BC But there can hardly be any doubt as to the higher antiquity of alphabetic writing, and there seems to be nothing to prevent our extending it back to the time of Moses.くさび形の象形文字とその初期の兆候が広く採用さ日付;最古の碑文の文字で書かれてアルファベット順紀元前9世紀からの日付のみしかし疑問が生じていることは到底される古代のアルファベット順の書き込みが高い、と何もないとみられる拡張することを防ぐ私たちの時間を省略してムーサーです。 Finally, the Code of Hammurabi, discovered in Susa in 1901 by the French expedition funded by Mr. And Mrs. Dieulafoy, shows that even in pre-Mosaic times legal enactments were committed to, and preserved in, writing; for the Code antedates Moses some five centuries, and contains about 282 regulations concerning various contingencies in the civic life.

Thus far it has been shown negatively that an historic and legal document claiming to be written at the time of Moses involves no antecedent improbability of its authenticity.これまで否定的なことが示されているが、歴史的、法的なドキュメントを受けたと主張するムーサーに書き込まれる時点で、その信頼性はないimprobability先行詞です。 But the internal characteristics of the Pentateuch show also positively that the work is at least probably Mosaic.五が、内部の特性を詳細にも積極的には、仕事は、少なくとも、おそらくモザイクです。 It is true that the Pentateuch contains no express declaration of its entire Mosaic authorship; but even the most exacting of critics will hardly require such testimony.それ五含まれていないのは事実だが、全体のモザイクエクスプレス宣言した原作者;しかし、批評家も、最も厳格なのは、このような証言をほとんど必要とします。 It is practically lacking in all other books, whether sacred or profane.欠けていることは事実上のすべての書籍、神聖なまたは不敬かどうかです。 On the other hand, it has already been shown that four distinct passages of the Pentateuch are expressly ascribed to the authorship of Moses.その一方で、それはすでにはっきりと示されている4つの通路は、五は、原作者のムーサーを明示的に生得的です。 Deut., xxxi, 24-9, is especially noted; for it knows that Moses wrote the "words of this law in a volume" and commanded it to be placed in the ark of the covenant as a testimony against the people who have been so rebellious during the lawgiver's life and will "do wickedly" after his death. deut 。 、 31 、二四〜九、は、特に注意;ムーサーを書いたことを知って、 "この法律は、ボリュームの言葉を"と命じに置かれることには、契約の箱として反対する人々の証言もwho反抗的なので中に立法者の生活とは"浮かべる"彼の死した後です。 Again, a number of legal sections, though not explicitly ascribed to the writing of Moses, are distinctly derived from Moses as the lawgiver.繰り返しますが、法律上、いくつかのセクションではありませんが、書面で明示的に生得的にムーサーよ、ムーサーとしては、はっきりと立法者から派生した。 Besides, many of the Pentateuchal laws bear evidence of their origin in the desert; hence they too lay an indirect claim to Mosaic origin.また、法律の多くは、クマの証拠をpentateuchalその起源は、砂漠;それゆえにあまりにもレイアウトの間接モザイクの起源と主張しています。 What has been said of a number of Pentateuchal laws is equally true of several historical sections.によるとされてきたことを、いくつかの法律は等しく真のpentateuchalいくつかの歴史的なセクションを測定します。 These contain in the Book of Numbers, for instance, so many names and numbers that they must have been handed down in writing.これらの書籍の数字が含まれ、例えば、非常に多くの名前と番号をしなければならない書面でも受け継がれています。 Unless the critics can bring irrefutable evidence showing that in these sections we have only fiction, they must grant that these historical details were written down in contemporary documents, and not transmitted by mere oral tradition.批評家の動かぬ証拠を持っていない限り、これらのセクションが表示さしかない小説私たちは、付与しなければならないが、これらの歴史的な詳細は明らかにダウンで書かれた現代のドキュメントではなく、単なる昔からの言い伝えによって伝播されます。 Moreover, Hommel ("Die altisraelitische Überlieferung in inschriftlicher Beleuchtung", p. 302) has shown that the names in the lists of the Book of Numbers bear the character of the Arabian names of the second millennium before Christ, and can have originated only in the time of Moses, though it must be admitted that the text of certain portions, eg, Num., xiii, has suffered in its transmission.また、ホンメル( "死ぬaltisraelitische überlieferungでinschriftlicher beleuchtung " 、 p. 302 )によると、リストの名前は、その本のアラビア数字の文字を負担する2番目のミレニアムの名前を前にイエスキリスト、およびことが起源でのみモーゼの時に、それを認めているしなければならないのテキストの特定の部分、例えば、 NUM件です。 、 13 、に苦しんで、その伝送します。 We need not remind the reader that numerous Pentateuchal laws and data imply the conditions of a nomadic life of Israel.私たちのリーダーを思い出させる必要はない数多くの法律やデータの意味pentateuchal 、遊牧生活の条件をイスラエルのです。 Finally, both the author of the Pentateuch and its first readers must have been more familiar with the topography and the social conditions of Egypt and with the Sinaitic peninsula than with the land of Chanaan.最後に、五の両方の著者である、そして、その最初の読者に理解している必要がありますが他の地形との社会的条件のエジプトとのsinaitic半島に比べて、その土地のchanaanです。 Cf., eg, Deut., viii, 7-10; xi, 10 sqq.継続前誌です。 、例えば、 deut 。 、 viii 、 7-10 ; XIが、 sqq 。 These internal characteristics of the Pentateuch have been developed at greater length by Smith, "The Book of Moses or the Pentateuch in its Authorship, Credibility, and Civilisation", London, 1868; Vigouroux, "La Bible et les decouvertes modernes", 6th ed., Paris, 1896, I, 453-80; II, 1-213, 529-47, 586-91; Idem, "Les Livres Saints et la critique rationaliste", Paris, 1902, III, 28-46, 79-99, 122-6; Heyes, "Bibel und Ægypten", Munster, 1904, p.これらの内部特性を五大が開発されて長さをスミス氏は、 "五本のムーサーは、原作者、または、信頼性、および文明" 、ロンドン、 1868 ; vigouroux 、 "ラ聖書etレdecouvertes modernes " 、第6回エドです。 、パリ、 1896年に、私は、四百五十三から八十まで;二、 1から213 、五百二十九〜四十七、五百八十六から九十一まで;同じ、 "レlivres聖人とラ批評rationaliste " 、パリ、 1902年、 3世、二八〜四六、 79 - 99 、 122から6まで; heyes 、 " bibel und ægypten " 、マンステール、 1904 、 p. 142; Cornely, "Introductio specialis in histor. Vet. Test. libros", I, Paris, 1887, pp. 57-60; Poole, "Ancient Egypt" in "Contemporary Review", March, 1879, pp. 57-60 ;プール、 "古代エジプト"と"現代の日" 、 3月、 1879 、 pp 。 757-9. 757から9までです。

D. ECCLESIASTICAL DECISIONS d.教会の意思決定

In accordance with the voice of the triple argument thus far advanced for the Mosaic authorship of the Pentateuch, the Biblical Commission on 27 June, 1906, answered a series of questions concerning this subject in the following way:の声に応じて、トリプルの引数は、これまでの高度なモザイクの原作者は、五、聖書の委員会の1906年6月27日、一連の質問を答えましたこの問題に関しては、次の方法:

(1) The arguments accumulated by the critics to impugn the Mosaic authenticity of the sacred books designated by the name Pentateuch are not of such weight as to give us the right, after setting aside numerous passages of both Testaments taken collectively, the continuous consensus of the Jewish people, the constant tradition of the Church, and internal indications derived from the text itself, to maintain that these books have not Moses as their author, but are compiled from sources for the greatest part later than the Mosaic age. ( 1 )の引数に蓄積されたimpugn批評家の信ぴょう性に神聖なモザイクの名前で指定された書籍はない五重さを与えるような問い合わせには右側の通路の両方に設定した後、数多くのtestaments撮影はさておき、総称して継続的コンセンサスユダヤ人の人々は、教会の伝統を定数、および内部から派生してテキストを表示自体を維持し、これらの書籍の著者としてムーサーれていないが、ソースからコンパイルするための最大の部分へのモザイクよりも年齢です。

(2) The Mosaic authenticity of the Pentateuch does not necessarily require such a redaction of the whole work as to render it absolutely imperative to maintain that Moses wrote all and everything with his own hand or dictated it to his secretaries; the hypothesis of those can be admitted who believe that he entrusted the composition of the work itself, conceived by him under the influence of Divine inspiration, to others, but in such a way that they were to express faithfully his own thoughts, were to write nothing against his will, were to omit nothing; and that finally the work thus produced should be approved by the same Moses, its principal and inspired author, and published under his name. ( 2 )五モザイクの信ぴょう性は必ずしもそのような改訂が必要として、全体の作業をレンダリングすることが確実に命令を維持するとすべてのすべてのムーサーを書いた彼自身の手や彼の秘書に指示し、これらの仮説は、 whoに認めたの組成と思われる彼の仕事を委託自体は、彼の下に考えられた天来の霊感の影響を受けて、他の、しかし、このようなやり方で彼らは自分自身の考えを表現する忠実に、ここに何の反感が彼のは、を省略するが何も;とこのように制作の仕事を最後に承認される必要が同じムーサー、その元金とインスピレーション著者は、彼の名前を下で公開されています。

(3) It may be granted without prejudice to the Mosaic authenticity of the Pentateuch, that Moses employed sources in the production of his work, ie, written documents or oral traditions, from which he may have drawn a number of things in accordance with the end he had in view and under the influence of Divine inspiration, and inserted them in his work either literally or according to their sense, in an abbreviated or amplified form. ( 3 )が与えられることがあります信ぴょう性を害することなく、モザイクの五、そのソースは、ムーサーの生産を採用彼の仕事、すなわち、書かれた文書または口頭による伝統、彼は5月からは多くのことを描画するに基づいて最後に彼は神の対象とされてインスピレーションの影響を受けて、彼の作品に挿入して、文字通りのいずれかまたはによると、その意味では、フォームの短縮や増幅します。

(4) The substantial Mosaic authenticity and integrity of the Pentateuch remains intact if it be granted that in the long course of centuries the work has suffered several modifications, as; post-Mosaic additions either appended by an inspired author or inserted into the text as glosses and explanations; the translation of certain words and forms out of an antiquated language into the recent form of speech; finally, wrong readings due to the fault of transcribers, which one may investigate and pass sentence on according to the laws of criticism. ( 4 )の大幅なモザイクの五の真正性と整合性が損なわれた跡が与えられる場合にして世紀の長いコースのいくつかの修正作業に苦しんで、 ;ポストモザイク付加される追加のいずれかインスピレーション著者またはテキストを挿入して注釈や説明をし、特定の単語を翻訳するとフォームの時代遅れの言語を、最近の形式の音声;最後に、間違って測定のために、障害のtranscribers 、これ調査し、 1つの判決を言い渡す年5月によると、法律上の批判を浴びることです。

The post-Mosaic additions and modifications allowed by the Biblical Commission in the Pentateuch without removing it from the range of substantial integrity and Mosaic authenticity are variously interpreted by Catholic scholars.モザイクの追加や変更後の聖書の委員会で許可されてから削除することなく、五の範囲の実質的整合性と信頼性は、さまざまな解釈さモザイクカトリックの学者です。

(1) We should have to understand them in a rather wide sense, if we were to defend the views of von Hummelauer or Vetter. ( 1 )しなければならないことを理解するには、やや広い意味では、もし我々を守るために再生回数のフォンhummelauerまたはフェッターです。 This latter writer admits legal and historical documents based on Mosaic tradition, but written only in the times of the Judges; he places the first redaction of the Pentateuch in the time of the erection of Solomon's temple, and its last redaction in the time of Esdras.この後者の執筆者の法的、歴史的なドキュメントを認めモザイクの伝統に基づいて、しかし、この回だけで書かれた、裁判官;彼の場所の最初の改訂は、五のときには勃起のソロモンの寺院、およびその最後の改訂は、時間のエスドラス書です。 Vetter died in 1906, the year in which the Biblical Commission issued the above Decree; it is an interesting question, whether and how the scholar would have modified his theory, if time had been granted him to do so.フェッターが死亡した1906年には、年間では、上記の発行、聖書委員会令;ことは興味深い質問、学者かどうか、どのように変更彼の理論は、もし時間がこれを行うには彼が付与されています。

(2) A less liberal interpretation of the Decree is implied in the Pentateuchal hypotheses advanced by Hobert ("Moses und der Pentateuch; Die Pentateuch Frage" in "Biblische Studien", X, 4, Freiburg, 1907; "Erklarung des Genesis", 1908, Freiburg, IL), Schopfer (Geschichte des Alten Testamentes, 4th ed., 226 sqq.), Hopfl ("Die hohere Bibelkritik", 2nd ed., Paderborn, 1906), Brucker ("L'eglise et la critique", Paris, 1907, 103 sqq.), and Selbst (Schuster and Holzammer's "Handbuch zur Biblischen Geschichte", 7th ed., Freiburg, 1910, II, 94, 96). ( 2 )の低いリベラルな解釈をpentateuchal令は、暗黙のは、高度な仮説をhobert ( "ムーサーund der五;死ぬ五frage "と" biblische studien " 、 x 、 4 、フライブルク、 1907 ; " erklarungデ創世記" 、 1908年、フライブルク、イリノイ) 、 schopfer ( geschichteデアルテンtestamentes 、第4エド。 、 226 sqq 。 ) 、 hopfl ( "死ぬhohere bibelkritik " 、第2版です。 、パーダーボルン、 1906 ) 、 brucker ( "レグリーズとラ批評" 、パリ、 1907年、 103 sqq 。 ) 、およびselbst ( holzammerシュスターとの" handbuch zur biblischen geschichte " 、第7回エド。 、フライブルク、 1910 、 2世、 94 、 96 ) 。 The last-named writer believes that Moses left a written law-book to which Josue and Samuel added supplementary sections and regulations, while David and Solomon supplied new statutes concerning worship and priesthood, and other kings introduced certain religious reforms, until Esdras promulgated the whole law and made it the basis of Israel's restoration after the Exile.作家、最後に名前を書かれたと考えている左法ムーサーに本を補足のセクションが追加されましたジョスエとサミュエルと規制し、ダビデとソロモンの供給に関する新たな法令の礼拝と聖職に就く、およびその他の王、特定の宗教的な改革を導入、全体の公布されるまでエスドラス書法とイスラエルのことの基礎を修復した後、亡命。 Our present Pentateuch is, therefore, an Esdrine edition of the work.私たちの現在の五のは、そのため、 esdrine版の仕事をします。 Dr. Selbst feels convinced that his admission of both textual changes and material additions in the Pentateuch agrees with the law of historical development and with the results of literary criticism.博士selbst感じ確信して彼の入場料や材料の両方のテキストの追加変更に同意の五の歴史的発展の法則とし、その結果の文芸批評です。 Historical development adapts laws and regulations to the religious, civil, and social conditions of successive ages, while literary criticism discovers in our actual Pentateuch peculiarities of words and phrases which can hardly have been original, and also historical additions or notices, legal modifications, and signs of more recent administration of justice and of later forms of worship.歴史的発展に適応するための規制を法律や宗教、市民、および社会的条件の連続年齢、文芸批評を発見しながら、実際に独特な単語やフレーズを五ほとんどがオリジナルのも、また歴史的な注意事項の追加や、法律の変更、および他の徴候を正義との最近の政権への形態の礼拝です。 But Dr. Selbst believes that these peculiarities do not offer a sufficient basis for a distinction of different sources in the Pentateuch.しかし、博士selbstていないと考えて、これらの特殊性を提供するための十分な根拠の区別はさまざまな情報源は、五します。

(3) A strict interpretation of the words of the Decree is implied in the views of Kaulen (Einleitung, n. 193 sqq.), Key ("Die Pentateuchfrage, ihre Geschichte un ihre System", Munster, 1903), Flunk (Kirchenlexicon, IX, 1782 sqq.), and Mangenot ("L'authenticite mosaique du Pentateuque", Paris, 1907; Idem, "Dict. de la Bible", V, 50-119. With the exception of those portions that belong to the time after the death of Moses, and of certain accidental changes of the text due to transcribers, the whole of the Pentateuch is the work of Moses who composed the work in one of the ways suggested by the Biblical Commission. Finally, there is the question as the theological certainty of the thesis maintaining the Mosaic authenticity of the Pentateuch. ( 3 )の厳密な解釈をする人の言葉を令は、暗黙のは、再生回数のkaulen ( einleitung 、 193 sqq名です。 ) 、キー( "死ぬpentateuchfrage 、イーレgeschichte国連イーレシステム" 、マンステール、 1903 ) 、落第( kirchenlexicon 、 9世、 1782 sqq 。 ) 、およびmangenot ( " authenticiteオブジェを使ったデュpentateuque " 、パリ、 1907 ;同じ、 " dictのです。デラ聖書" 、 V電源、五十〜百十九。を除いて、これらの部分に属してモーゼス時間後に死亡した、との特定の不慮のテキストを変更した時のためにtranscribersは、全体の仕事をモーゼの五書は、 who作曲の仕事をする方法の一つが、聖書委員会によって提案された。最後に、この質問には神学の確信があるとして、論文の信ぴょう性を維持し、五モザイクです。

(1) Certain Catholic scholars who wrote between 1887 and 1906 expressed their opinion that the thesis in question is not revealed in Scripture nor taught by the Church; that it expresses a truth not contained in Revelation, but a tenet which may be freely contested and discussed. ( 1 )特定のカトリックの学者who書いた1887年と1906年の間に、自分の意見を表明して、問題の論文ではない啓典も明らかにされされた教会の教え;して真実を表現するに含まれていない啓示ではなく、自由に激戦とされる可能性の教義議論します。 At that time, ecclesiastical authority had issued no pronouncement on the question.その時、教会の宣告をする権限はない質問を発行します。

(2) Other writers grant that the Mosaic authenticity of the Pentateuch is not explicitly revealed, but they consider it as a truth revealed formally implicitly, being derived from the revealed formulae not by a syllogism in the strict sense of the word, but by a simple explanation of the terms. ( 2 )他の作家の信頼性を付与するのは、モザイク五明示的に明らかではないが、それらを検討することを正式に真実を明らかに暗黙のうちに、式がないから派生して明らかにされた三段論法という言葉は、厳密な意味ではなく、簡単な説明を利用します。 The denial of the Mosaic authenticity of the Pentateuch is an error, and the contradictory of the thesis maintaining the Mosaic authenticity of the Pentateuch is considered erronea in fide (cf. Mechineau, "L'origine mosaique du Pentateuque", p. 34).信ぴょう性の否定をモザイクの五にエラーが発生する、との矛盾は、論文の信ぴょう性を維持し、五モザイクerroneaではfide ( cf. mechineau 、 " origineオブジェを使ったデュpentateuque " 、 p. 34 ) 。

(3) A third class of scholars considers the Mosaic authenticity of the Pentateuch neither as a freely debatable tenet, nor as a truth formally implicitly revealed; they believe it has been virtually revealed, or that it is inferred from revealed truth by truly syllogistic deduction. ( 3 ) 3番目のクラスの学者モザイクの信頼性を考慮するとしても、自由に議論の余地が五教義、真理としても正式に明らかに暗黙のうちに、と彼らは考えて明らかにされ、事実上、またはその真実を明らかにしたものと推定され真の三段論法から控除です。 It is, therefore, a theologically certain truth, and its contradictory is a rash (temeraria) or even erroneous proposition (cf. Brucker, "Authenticite des livres de Moise" in "Etudes", March, 1888, p. 327; ibid., January, 1897, p. 122-3; Mangenot, "L'authenticité mosaïque du Pentateuque", pp. 267-310.これは、したがって、特定の真理をtheologically 、およびその矛盾は、発疹( temeraria )またはも誤った命題( cf. brucker 、 " authenticiteデlivresデモイーズ"と"宇宙" 、 3月、 1888 、 p. 327 ;同上です。 1月、 1897 、 p.一二二から三; mangenot 、 " authenticité mosaïqueデュpentateuque " 、 pp 。 267から310までです。

Whatever effect the ecclesiastical decision concerning the Mosaic authenticity of the Pentateuch may have had, or will have, on the opinion of students of the Pentateuchal question, it cannot be said to have occasioned the conservative attitude of scholars who wrote before the promulgation of the Decree.どんな効果に関する意思決定の教会の信ぴょう性にモザイク五年5月にいたか、またはには、上の意見の学生は、 pentateuchal質問であるが、これによるとすることはできませんには、保守的な態度により引き起こさ学者who書いたの前に、施行令です。 The following list contains the names of the principal recent defenders of Mosaic authenticity: Hengstenberg, "Die Bucher Moses und Aegypten", Berlin, 1841; Smith, "The Book of Moses or the Pentateuch in its Authorship, Credibility, and Civilisation", London, 1868; C. Schobel, "Demonstration de l'authenticite du Deuteronome", Paris, 1868; Idem, "Demonstration de l'authenticite mosaique de l'Exode", Paris, 1871; Idem, "Demonstration de l'authenticite mosaique du Levitique et des Nombres", Paris, 1869; Idem, "Demonstration de l'authenticite de la Genese", Paris, 1872; Idem, "Le Moise historique et la redaction mosaique du Pentateuque", Paris, 1875; Knabenbauer, "Der Pentateuch und die unglaubige Bibelkritik" in "Stimmen aus Maria-Laach", 1873, IV; Bredenkamp, "Gesetz und Propheten", Erlangen, 1881; Green, "Moses and the Prophets", New York, 1883; Idem, "The Hebrew Feasts", New York, 1885; Idem, "The Pentateuchal Question" in "Hebraica", 1889-92; Idem, "The Higher Criticism of the Pentateuch", New York, 1895; Idem, "The Unity of the Book of Genesis", New York, 1895; C. Elliot, "Vindication of the Mosaic Authorship of the Pentateuch", Cincinnati, 1884; Bissel, "The Pentateuch, its Origin and Structure", New York, 1885; Ubaldi, "Introductio in Sacram Scripturam", 2nd ed., Rome, 1882, I, 452- 509; Cornely, "Introductio specialis in historicos VT libros", Paris, 1887, pp.は、次の校長の名前をリストには、最近の守備のモザイク真正:ヘングステンベルク、 "死ぬbucherムーサーund aegypten " 、ベルリン、 1841 ;スミス氏は、 "五本のムーサーは、原作者、または、信頼性、および文明" 、ロンドン、 1868 ; c.ベル、 "デモデl' authenticiteデュdeuteronome " 、パリ、 1868 ;同じ、 "デモデl' authenticiteオブジェを使ったデl' exode " 、パリ、 1871 ;同じ、 "デモデl' authenticiteオブジェを使った、デュlevitique etデnombres " 、パリ、 1869 ;同じ、 "デモデl' authenticiteデラgenese " 、パリ、 1872 ;同じ、 "ルモアズhistoriqueとラ改訂オブジェを使ったデュpentateuque " 、パリ、 1875 ; knabenbauer 、 " der五und死ぬunglaubige bibelkritik "と" stimmenオーストラリアマリア- laach " 、 1873年、 4 ; bredenkamp 、 " gesetz und propheten " 、エルランゲン、 1881 ;緑、 "ムーサーとして預言者" 、ニューヨーク、 1883 ;同じ、 "ヘブライ語のお祭り" 、ニューヨーク、 1885 ;同じ、 " pentateuchal質問"と" hebraica " 、 1889年から1892年;同じ、 "五の批判が高い" 、ニューヨーク、 1895 ;同じ、 "創世記の団結を" 、ニューヨーク、 1895 ; c.エリオット、 "原作者の汚名をすすぐことは、モザイクの五" 、シンシナティ、 1884 ;少しは、 "五、その起源と構造" 、ニューヨーク、 1885 ; ubaldi 、 " introductioでsacram scripturam " 、第2版です。 、ローマ、 1882年、私、 452 -5 09; c ornely、 "特別にh istoricosi ntroductioバーモント図書館" 、パリ、 1 887、 p p。 19-160; Vos, "Mosaic Origin of the Pentateuchal Codes", London, 1886; Bohl, "Zum Gesetz und zum Zeugniss", Vienna, 1883; Zah, "Erneste Blicke in den Wahn der modernen Kritik des AT", Gutersloh, 1893; Idem, "Das Deuteronomium", 1890; Idem, "Israelitische und judische Geschichte", 1895; Rupprecht, "Die Anschauung der kritischen Schule Wellhausens vom Pentateuch", Leipzig, 1893; Idem, "Das Rathsel des Funfbuches Mose und seine falsche Losung", Gutersloh, 1894; Idem, "Des Rathsels Losung order Beitrage zur richtigen Losung des Pentateuchrathsels", 1897; Idem, "Die Kritik nach ihrem Recht uknd Unrecht", 1897; "Lex Mosaica, or the Law of Moses and the Higher Criticism" (by Sayce, Rawlinson, Trench, Lias, Wace, etc.), London, 1894; Card.十九から百六十;あなた、 "モザイクの起源のpentateuchalコード" 、ロンドン、 1886 ; bohl 、 " zum gesetz und zum zeugniss " 、ウィーン、 1883年; zah 、 " erneste blickeでデンデwahn der modernen kritik " 、ギュータースロー、 1893 ;同じ、 " das deuteronomium " 、 1890 ;同じ、 " israelitische und judische geschichte " 、 1895 ;ルプレヒト、 "死ぬanschauung der kritischenシューレwellhausens vom五" 、ライプチヒ、 1893 ;同じ、 " mose und das rathselデfunfbuchesセーヌfalsche losung " 、ギュータースロー、 1894 ;同じ、 "デrathsels losung注文beitrage zur richtigen losungデpentateuchrathsels " 、 1897 ;同上、 "死ぬkritik uknd recht nach ihrem unrecht " 、 1897 ; "法律mosaicaか、または、ムーサーと高いの法則批判" (セース、ローリンソン、トレンチ、ライアス統、ウェイス、等) 、ロンドン、 1894 ;カードです。 Meignan, "De L'Eden a Moise", Paris, 1895, 1-88; Baxter, "Sanctuary and Sacrifice", London, 1896; Abbé de Broglie, "Questions bibliques", Paris, 1897, pp. meignan 、 "デl'エデンのモイーズ" 、パリ、 1895年、一〜八八;バクスター、 "聖域と犠牲" 、ロンドン、 1896 ; abbéドブロイ、 "質問bibliques " 、パリ、 1897 、 pp 。 89-169; Pelt, "Histoire de l'AT", 3rd ed., Paris, 1901, I, pp.八九から一六九;の皮、 " histoireデl'に" 、第3版です。 、パリ、 1901年、私、 pp 。 291-326; Vigouroux, "Les Livres Saints et la critique ratioinaliste", Paris, 1902, III, 1-226; IV, 239-53, 405-15; Idem, "Manuel biblique", 12th ed., Paris, 1906, I, 397-478; Kley, "Die Pentateuchfrage, ihre Geschichte und ihre Systeme", Munster, 1903; Hopfl, "Die hohere Bibelkritik", Paderborn, 1902; Thomas, "The Organic Unity of the Pentateuch", London, 1904; Wiener, "Studies in Biblical Law", London, 1904; Rouse, "The Old Testament in New Testament Light", London, 1905; Redpath, "Modern Criticism and the Book of Genesis", London, 1905; Hoberg, "Moses und der Pentateuch", Freiburg, 1905; Orr, "The Problem of the Old Testament considered with reference to Recent Criticism", London, 1906.二百九十一〜三百二十六; vigouroux 、 "レlivres聖人とラ批評ratioinaliste " 、パリ、 1902年、 3世、 1〜226 ;四、二百三十九から五十三、四百五から十五;同じ、 "マヌエルbiblique " 、 12日、エド。 、パリ、 1906 、私は、 397から478 ; kley 、 "死ぬpentateuchfrage 、イーレgeschichte undイーレsysteme " 、マンステール、 1903 ; hopfl 、 "死ぬhohere bibelkritik " 、パーダーボルン、 1902 ;トーマスは、 "有機的統一は、五" 、ロンドン、 1904 ;ウィーナー、 "研究は聖書の法" 、ロンドン、 1904 ;奮起、 "新約聖書は、旧約聖書の光の中で" 、ロンドン、 1905 ;レッドパス、 "近代的な批判と創世記" 、ロンドン、 1905 ; hoberg 、 "ムーサーund der五" 、フライブルク、 1905 ;オーア、 "この問題は、旧約聖書の考えを参考に最近の批判" 、ロンドン、 1906 。

E. OPPONENTS OF THE MOSAIC AUTHORSHIP OF THE PENTATEUCH e.反対派は、原作者は、五モザイク

A detailed account of the opposition to the Mosaic authorship of the Pentateuch is neither desirable nor necessary in this article.の詳細な説明をする反対派は、原作者は、五のモザイクも必要なのは、この記事はどちらも望ましいです。 In itself it would form only a noisome history of human errors; each little system has had its day, and its successors have tried their best to bury it in hushed oblivion.それ自体はフォームのことだけを嫌なにおいの歴史を人為的ミス;各リトル制度が持っていたその日、およびその後継者にしようとして静かに最善を埋めるオブリビオンです。 The actual difficulties we have to consider are those advanced by our actual opponents of today; only the fact that the systems of the past show us the fleeting and transitory character of the actual theories now in vogue can induce us to briefly enumerate the successive views upheld by the opponents of the Mosaic authorship.私たちは、実際の困難さを考慮する実際の反対派は、これらの高度な今日;のみを編集して項目を実際には、システムの詳細問い合わせはつかの間の理論と一過性の文字を今すぐ流行して、実際の問い合わせを誘発することを簡単に列挙して連続再生回数支持原作者の反対派は、モザイクです。

(1) Abandoned Theories ( 1 )放棄の理論

The views advanced by the Valentinian Ptolemy, the Nazarites, Abenesra, Carlstadt, Isaac Peyrerius, Baruch Spinoza, Jean Leclerc are sporadic phenomena.ウァレンティニアヌスされた高度なプトレマイオスの再生回数は、 nazarites 、 abenesra 、 carlstadt 、アイザックpeyrerius 、バルークスピノザ、ジャンルクレールは、散発的現象です。 Not all of them were wholly incompatible with the Mosaic authorship as now understood, and the others have found their answer in their own time.-With the work of John Astrue, published in 1753, began the so-called Hypothesis of Documents which was further developed by Eichhorn and Ilgen.かれらの多くは特定のすべてのモザイクとは互換性が完全に原作者として今すぐに理解し、その答えが見つかりましたが、他のは自分の仕事をするジョンtime. - astrue 、公開さ1753 、いわゆる仮説が始まったのは、より詳細な文書をアイヒホルンとilgen開発された。 But the works of the suspended priest, Alexander Geddes, published in 1792 and 1800, introduced the Hypothesis of Fragments, which in its day was elaborated and championed by Vater, de Wette (temporarily at least), Berthold, Hartmann, and von Bohlen.しかし、作品の司祭の停止、アレクサンダーゲッデス、公開さ1792と1800は、仮説のフラグメント導入して、これを注いで、その日は精緻化され、ファーター、デwette (一時的に、少なくとも) 、 berthold 、ハルトマン、およびフォンボーレンです。 This theory was soon confronted by, and had to yield to the Hypothesis of Complements or Interpolations which numbered among its patrons Kelle, Ewald, Stahelin, Bleek, Tuch, de Wette, von Lengerke, and for a brief period also Franz Delitzsch.この理論はすぐに突きつけられる、との仮説を収率はinterpolations補完またはその後援者の間で番号kelle 、エーヴァルト、 stahelin 、 bleek 、 tuch 、デwette 、フォンlengerke 、および短い期間でもフランツデリッチです。 The theory of interpolations again had hardly found any adherents before Gramberg (1828), Stahelin (1830), and Bleek (1831) returned to the Hypothesis of Documents, proposing it in a somewhat modified form. interpolationsの理論を支持する前に再びは任意のほとんどが見つかりましたgramberg ( 1828 ) 、 stahelin ( 1830 ) 、およびbleek ( 1831 )に返された仮説のドキュメントのは、やや修正された形で提案しています。 Subsequently, Ewald, Knobel, Hupfeld, Noldeke, and Schrader advanced each a different explanation of the documentary hypothesis.その後、エーヴァルト、 knobel 、 hupfeld 、ネルデケ、およびそれぞれのシュレイダー高度な仮説とは異なる説明をドキュメンタリーです。 But all of these are at present only of an historical interest.しかし、これらのすべての歴史は、現在の金利のみです。

(2) Present Hypothesis of Documents ( 2 )現在のドキュメントの仮説

A course of religious development in Israel had been proposed by Reuss in 1830 and 1834, by Vatke in 1835, and by George in the same year.宗教的な開発はイスラエルのコースを提案していたロイスは1830と1834 、 1835ファトケで、ジョージと同じ年とされています。 In 1865-66 Graf took up this idea and applied it to the literary criticism of the Hexateuch; for the critics had begun to consider the Book of Josue as belonging to the preceding five books, so that the collection formed a Hexateuch instead of a Pentateuch.グラーフは1865年から1866年までにこのアイデアを適用し、文芸批評は、六書;は、批評家は予約のジョスエを開始するまでを考慮して、上記の5つの書籍に所属するとして、コレクションを結成して、代わりに、五六書です。 The same application was made by Merx in 1869.同じアプリケーションがmerxは1869年に作られる。 Thus modified the documentary theory continued in its development until it reached the state described in the translation of the Bible by Kautzsch (3rd ed., with Introduction and Annotations, Tübingen, 1908 sqq.).このように変更してドキュメンタリーの理論は、開発されるまで継続的に達したの状態に記載されての翻訳は、聖書をカウチ(第3版をはじめと注釈、テュービンゲン、 1908 sqq 。 ) 。 In itself there is nothing against the assumption of documents written by Moses; but we cannot ascribe with certainty anything of our literary remains to the hands of the Hebrew lawgiver.それ自体には反対の仮定は、何も書かれた書類モーゼス;しかし、何か確信を持っものとみなすことはできないの遺稿を立法者の手には、ヘブライ語です。 The beginning of written accounts must be placed towards the end of the time of Judges; only then were fulfilled the conditions which must precede the origin of a literature properly so called, ie, a general acquaintance with the art of writing and reading, stationary settlement of the people, and national prosperity.の初めに書かれたアカウントに配置しなければなりませんの時間の終わりに向かって裁判官;のみが果たされるの条件を入力し、先行する必要があります。起源は、いわゆる文学を正しく、すなわち、一般的な知人に、アートがライティング、リーディング、 、定常和解の人々 、および国家繁栄に貢献します。 What then are the oldest literary remains of the Hebrews?どのような入力し、文学は最古の遺跡は、ヘブル人への手紙ですか? They are the collections of the songs dating from the heroic time of the nation, eg, the Book of the Wars of the Lord (Numbers 21:14), the Book of the Just (Joshua 10:12 sqq.), the Book of Songs (1 Kings 8:53; cf. Budde, "Geschichte der althebr. Literature", Leipzig, 1906, 17).彼らの曲のコレクションは、デートの時に国からの英雄、例えば、この本は、戦争の主(数字21:14 ) 、この本は、わずか(ジョシュア10:12 sqq 。 ) 、その本の曲( 1王8:53 ;継続前誌です。バッド、 " geschichte der althebr 。文学" 、ライプチヒ、 1906 、 17 ) 。 The Book of the Covenant (Exodus 20:24-23:19) too must have existed before the other sources of the Pentateuch.この本は、誓約(出エジプト記20:24-23:19 )あまりにもしなければ、他のソースが存在する前に、五します。 The oldest historical work is probably the book of the Yahwist, designated by J, and ascribed to the priesthood of Juda, belonging most probably to the ninth century BC最古の歴史的な仕事は、おそらくこの本は、 yahwist 、指定されたJ 、そして生得的judaを聖職に就くのは、おそらく所属して紀元前9世紀

Akin to this is the Elohim document, designated by E, and written probably in the northern kingdom (Ephraim) about a century after the production of the Yahweh document.これは、私のエロヒム文書を、メールで指定された、と書かれた、おそらくは、北部の王国(エフライム)の生産をした後、約一世紀のヤハウェドキュメントです。 These two sources were combined by a redactor into one work soon after the middle of the sixth century.これらの2つのソースが結合されたredactorを1つの仕事の後すぐに、 6世紀半ばです。 Next follows the law-book, almost entirely embodied in our actual Book of Deuteronomy, discovered in the temple 621 BC, and containing the precipitate of the prophetic teaching which advocated the abolition of the sacrifices in the so- called high places and the centralization of worship in the temple of Jerusalem.次の次の法-予約、ほぼ全面的に体現され、実際の予約の申命記は、紀元前621寺で発見された、との予言沈殿物を含む教育を提唱し、犠牲を廃止して、いわゆるの高い場所や、中央集権化礼拝は、エルサレムの寺です。 During the Exile originated the Priestly Code, P, based on the so-called law of holiness, Lev., xvii-xxvi, and the programme of Ezechiel, xl-xlviii; the substance of P was read before the post-exilic community by Esdras about 444 BC (Nehemiah 8-10), and was accepted by the multitude.亡命中の聖職者のコードの起源は、人、法に基づいて、いわゆるのホーリネス、レフです。 、 17 - 26 、およびこのプログラムのezechiel 、 xl - 48 ;その物質はp -追放されたが読まれたコミュニティを作成する前にエスドラス書については紀元前444 (ニーアマイア8-10 )とは、多数に受け入れられたのです。 History does not tell us when and how these divers historical and legal sources were combined into our present Pentateuch; but it is generally assumed that there was an urgent call for a compilation of the tradition and pre-exilic history of the people.履歴はありません教えて下さいいつ、どのような歴史的、法的なソースは、これらのダイバーに組み合わされて私たちの現在の五;しかし、それは一般的に想定して緊急呼び出しがあったのは、コンパイルの伝統や人々の歴史を事前に追放された。 The only indication of time may be found in the fact that the Samaritans accepted the Pentateuch as a sacred book probably in the fourth century BC Considering their hatred for the Jews, one must conclude that they would not have taken this step, unless they had felt certain of the Mosaic origin of the Pentateuch.目安の時間だけが見つかることがありますサマリア人を受け入れたという事実は、五聖典としては、おそらく紀元前4世紀、ユダヤ人の憎悪を検討して、 1つのようなことはしないとの結論を下す必要がありますがこの手順を撮影しない限り、彼らはフェルト特定のは、モザイクの起源は、五します。 Hence a considerable time must have intervened between the compilation of the Pentateuch and its acceptance by the Samaritans, so that the work of combining must be placed in the fifth century.それゆえにかなりの時間の間にコンパイルする必要が介入するとその五サマリア人に受け入れられるように、その仕事の組み合わせは、 5世紀に配置しなければなりません。 It is quite generally agreed that the last redactor of the Pentateuch completed his task with great adroitness.それは非常に一般的に合意しての最後のredactorは、彼のタスクを実行する五大如才なさを完了します。 Without altering the text of the older sources, he did all within man's power to fuse the heterogeneous elements into one apparent (?) whole, with such success that not only the Jews after the fourth century BC, but also the Christians for many centuries could maintain their conviction that the entire Pentateuch was written by Moses.を変えずに、古いソースのテキストを、彼はそれを全部に男の電源をヒューズの不均質な要素を1つの見掛け上の( ? )全体的には、このような成功は、ユダヤ人だけでなく、紀元前4世紀の後に、キリスト教徒だけでなく、何世紀にもわたっが五確信して全体を維持するには、モーゼス書かれた。

(3) Deficiencies of the Critical Hypothesis ( 3 )欠乏して重要な仮説

As several Pentateuchal critics have endeavoured to assign the last redaction of the Pentateuch to more recent dates, its placement in the fifth century may be regarded as rather favourable to conservative views. pentateuchalでは、いくつかの批評家としての最後の改訂を割り当てることを他の最近の五日、その配置は、 5世紀むしろ好ましいと見なされる5月に保守的な再生回数です。 But it is hard to understand why the patrons of this opinion should not agree in considering Esdras as the last editor.しかし、理由を理解することは難しいの常連客は、次の意見に同意ではないとして検討エスドラス書の最後のエディタを起動します。 Again, it is quite certain that the last editor of the Pentateuch must have notably preceded its acceptance on the part of the Samaritans as a sacred book; bit is it probably that the Samaritans would have accepted the Pentateuch as such in the fourth century BC, when the national and religious opposition between them and Jews was well developed?再び、それは非常に確信しての最後のエディタでは、特に必要があります。五の受け入れを前にするためにサマリア人として神聖な予約;ビットはおそらくサマリア人が利用して、五世紀の4番として認識され、国家と宗教のときに反対し、ユダヤ人の間には、十分に発達ですか? Is it not more probable that the mixed nation of Samaria received the Pentateuch through the priest sent to them from Assyria?他のことは予想していない国の混合サマリア五を通じて受け取った司祭アッシリアに送信してからですか? Cf.継続前誌です。 2 Kings 17:27. 2キングス17:27です。 Or again, as this priest instructed the Samaritan population in the law of the god of the country, is it not reasonable to suppose that he taught them the Pentateuchal law which the ten tribes carried with them when they separated from Juda?あるいはまた、このサマリア人の人口の司祭に指示して法の神の国は、合理的なことはないと仮定して彼を彼らに教えpentateuchal法は、 10部族に運ばから分離してときにjudaですか? At any rate, the fact that the Samaritans accepted as sacred only the Pentateuch, but not the Prophets, leads us to infer that the Pentateuch existed among the Jews before a collection of the prophetic writings was made, and that Samaria chose its sacred book before even Juda placed the works of the Prophets on the same level with the work of Moses.いずれにせよ、実際には、神聖なのは、五サマリア人として受け入れられ、預言者ではなく、リード先を推測して五、ユダヤ人の間に存在する前に記述されたコレクションの予言ており、その前にサマリアを選んだの聖典judaもの作品を配置して預言者と同じレベルでの仕事をムーサーです。 But this natural inference finds no favour among the critics; for it implies that the historical and legal traditions codified in the Pentateuch, described the beginning, and not the end, of Israel's religious development.しかし、この自然な推論の批評家の間で見つかったの賛成;のことを意味して体系化の歴史的、法的な伝統は、五、説明の初め、および特定の最後に、イスラエルの宗教的発展のです。 The view of Israel's religious development prevalent among the critics implies that the Pentateuch is later than the Prophets, and that the Psalms are later than both.宗教的な開発の対象を、イスラエルの批評家の間の流行を意味して以降、五は、預言者、および以降両方には、詩篇を授けた。 After these general considerations, we shall briefly examine the main principles, the methods, the results, and the arguments of the critical theory.これらの一般的な考慮事項した後、わたしたちは簡単に調べるの主な原則、方法、その結果、との議論の重要な理論です。

(a) Principles of the Critics (ア)原則を批判

Without pretending to review all the principles involved in the theories of the critics, we draw attention to two: the historical development of religion, and the comparative value of internal evidence and tradition.のふりをした日のすべての原則に関与し、理論は、批評家は、私たちに関心を呼び起こそうと2つ:宗教の歴史的発展、および内部の証拠と伝統の値を比較します。

(i) The theory of the historical evolution of Israelitic religions leads us from Mosaic Yahwehism to the ethical monotheism of the Prophets, from this to the universalist conception of God developed during the Exile, and from this again to the ossified Phariseeism of later days. ( i )本サービスの理論israelitic宗教の歴史的進化の先からリードして倫理的なモザイクyahwehism一神教のは、預言者、博識の人から、これを神の概念を開発中に亡命し、再びしてから、このphariseeism以降の日中に硬直した。 This religion of the Jews is codified in our actual Pentateuch, but has been fictitiously projected backwards in the historical books into the Mosaic and pre-prophetic times.この宗教を体系化し、ユダヤ人は、実際の五、後方に投影されているので、歴史的な書籍を偽るのモザイクおよびpre -予言回クリックします。 The idea of development is not a purely modern discovery.開発のアイデアではない、純粋にモダンな発見です。 Meyer ("Der Entwicklungsgedanke bei Aristoteles", Bonn, 1909) shows that Aristotle was acquainted with it; Gunkel ("Weiterbildung der Religion", Munich, 1905, 64) maintains that its application to religion is as old as Christianity, and that St. Paul has enunciated this principle; Diestel ("Geschichte des AT in der chrislichen Kirche", Jena, 1869, 56 sqq.), Willmann ("Geschichte des Idealismus", 2nd ed., II, 23 sqq.), and Schanz ("Apologie des Christentums", 3rd ed. II, 4 sqq., 376) find the same application in the writings of the Fathers, though Hoberg ("Die Forschritte der bibl. Wissenschaften", Freiburg, 1902, 10) grants that the patristic writers often neglect the external forms which influenced the ideas the Chosen People.マイヤー( " der entwicklungsgedankeバイアリストテレス" 、ボン、 1909 )によると知り合いにアリストテレスは、それ;グンケル( " weiterbildung der宗教" 、ミュンヘン、 1905 、 64 )を維持への応用が古いとしては、キリスト教の宗教ており、そのセントです。ポールは、この原則enunciated ; diestel ( " geschichte der chrislichen kircheデでは" 、イエナ、 1869年、 56 sqq 。 ) 、ウィルマン( " geschichteデidealismus " 、第2版、 2世、 23 sqq 。 ) 、およびシャンツ( " apologieデchristentums " 、第3版です。 2世、 4 sqq 。 、 376 )と同じアプリケーションを見つけるには、父の文章が、 hoberg ( "死ぬforschritte der bibl 。 wissenschaften " 、フライブルク、 1902 、 10 )交付金は、 patristic作家たちがよく外付けのフォームを無視して、選択した人々のアイデアに影響します。 The Fathers were not fully acquainted with profane history, and were more concerned about the contents of Revelation than about its historical development.完全には、父親の知り合いに不敬の履歴などが啓示の内容を他よりも懸念して、歴史的な開発についてです。 Pesch ("Glaube, Dogmen und geschichtliche Thatsachen" in "Theol. Zeitfragen", IV, Freiburg, 1908, 183) discovers that St. Thomas, too, admits the principle of development in his "Summa" (II-II, Q. i, a. 9, 10; Q. ii, a. 3; etc.).ペッシュ( " glaube 、ドッグメンund geschichtliche thatsachen "と" theol 。 zeitfragen " 、 4世、フライブルク、 1908 、 183 )セントトーマスを発見し、あまりにも、開発の原則を認める彼の"総合的研究論文" (二- Ⅱ 、問私は、 a. 9日、 10 ;問2世、します。 3 ;等)です。 But the Catholic conception of this principle avoids two extremes:しかし、この原則を回避した概念を得るのは、カトリックの2つの極端:

the theory of degeneracy, based on the teaching of the early Lutheran theologians (cf. Giesebrecht, "Die Degradationshypothese und die altl. Geschichte", Leipzig, 1905; Steude, "Entwicklung und Offenbarung", Stuttgart, 1905, 18 sqq.);縮退の理論に基づいて、教育の初期のルター派の神学者( cf.ギーゼブレヒト、 "死ぬ死ぬdegradationshypothese und altlです。 geschichte " 、ライプチヒ、 1905 ; steude 、 " entwicklung und offenbarung " 、シュトゥットガルト、 1905年、 18 sqq 。 ) ;

the theory of evolution which dissolves all truth and history into purely natural development to the exclusion of everything supernatural.進化論を溶解するすべての履歴を真実と純粋な自然の開発のすべてを除いて超自然的です。

It is this latter extreme that is advocated by the Biblical critics.極端なことは、この後者では、聖書の批評家が提唱します。 Their description of the early religion of Israel is contradicted by the testimony of the oldest Prophets whose authority is not questioned by them.彼らの説明をイスラエルの宗教は矛盾の早期の証拠を提出された最古の預言者の権限ではない事情聴取されています。 These inspired seers know of the fall of Adam (Hosea 6:7), the call of Abraham (Isaiah 29:23; Micah 7:20), the destruction of Sodom and Gomorrha (Hosea 11:8; Isaiah 1:9; Amos 4:11), the history of Jacob and his struggle with the angel (Hosea 12:2 sqq.), Israel's exodus from Egypt and dwelling in the desert (Hosea 2:14; 7:16; 11:1; 12:9, 13; 13:4, 5; Amos 2:10; 3:1; 9:7), the activity of Moses (Hosea 12:13; Micah 6:4; Isaiah 63:11-12), a written legislation (Hosea 8:12), and a number of particular statutes (cf. Kley, "Die Pentateuchfrage", Munster, 1903, 223 sqq.).これらのインスピレーションゼールスの秋に知ってアダム(ホセア書6時07分)は、コールオブエイブラハム(イザヤ書29:23 ;ミカ7:20 )は、ソドムと破壊gomorrha (ホセア書11 : 08 ;イザヤ書1 : 09 ;アモス4:11 ) 、ジェイコブと彼の闘争の歴史を、天使(ホセア書12時02 sqq 。 ) 、エジプトとイスラエルの住居から逃げ出すことは、砂漠(ホセア書2 : 14 ;午前7時16分; 11:1 ;午前12時09分、 13 ; 13:4 、 5 ;アモス2:10 ; 3:1 ;午前9時07分) 、その活動のムーサー(ホセア書12:13 ;ミカ6 : 04 ;イザヤ書63:11-12 )は、書面による立法(ホセア書8時12分) 、および、いくつかの特定の法令( cf. kley 、 "死ぬpentateuchfrage " 、マンステール、 1903 、 223 sqq 。 ) 。 Again, the theory of development is more and more contradicted by the results of historical investigation.繰り返しになりますが、理論の開発は、ますます多くの矛盾された歴史的な調査の結果をします。 Weber ("Theologie und Assyriologie im Streit um Babel und Bibel", Leipzig, 1904, 17) points out that the recent historical results imply decadence rather than development in ancient oriental art, science, and religion; Winckler ("Religionsgeschichtler und geschichtl. Orient", Leipzig, 1906, 33) considers the evolutionary view of the primitive state of man as false, and believes that the development theory has, at least, been badly shaken, if not actually destroyed by recent Oriental research (cf. Bantsch, "Altorientalischer und israelitischer Monothesismus", Tübingen, 1906).ウェーバー( "ええとtheologie und assyriologieイムシュトライトバベルund bibel " 、ライプチヒ、 1904 、 17 )に指摘して、最近の歴史的な結果ではなく、開発を意味する古代オリエントの退廃芸術、科学と宗教;ウィンクラー( " religionsgeschichtler und geschichtl 。オリエント" 、ライプチヒ、 1906 、 33 )は、進化の対象は、原始の状態を男として虚偽、および理論の開発と考えているが、少なくとも、ひどく動揺れ、実際に破壊されていない場合は東洋の最近の調査研究( cf. bantsch 、 " altorientalischer und israelitischer monothesismus " 、テュービンゲン、 1906 ) 。 Köberle ("Die Theologie der Gegenwart", Leipzig, 1907, I, 2) says that the development theory has exhausted itself, reproducing only the thoughts of Wellhausen, and deciding particular questions not in the light of facts, but according to the postulates of the theory. köberle ( "死ぬtheologie呼ばれるこの別館" 、ライプチヒ、 1907年に、私、 2 )によると、理論の開発自体が疲れきって、複製ヴェルハウゼンの考えにのみ、および特定の質問を決める事実に照らしていない、しかしによると、公準のその理論です。 Finally, even the rationalistic writers have thought it necessary to replace the development theory by another more in agreement with historical facts.最後に、作家が考えても、合理主義の発展を置き換えるに必要な理論の他の契約書を別の歴史的事実です。 Hence Winckler ("Ex Oriente lux", Leipzig, 1905- 6; Idem, "Der Alte Orient", III, 2-3; Idem, "Die babylonische Geisteskultur in ihren Beziehungen zur Kulturentwicklung der Menschheit" in "Wissenschaft und Bildung", Leipzig, 1907; cf. Landersdorfer in "Historisch-Politische Blatter", 1909, 144) has originated the theory of pan-Babelism according to which Biblical religion is conceived as a conscious and express reaction against the Babylonian polytheistic state religion.それゆえウィンクラー( "元オリエンテルクス" 、ライプチヒ、 1905 -6 ;同じ、 " d erアルテオリエント" 、 3 、 2 -3;同上、 "死ぬb abylonischeg eisteskulturでi hrenk ulturentwicklungd erb eziehungenz urm enschheit" 、 "家庭と教育" 、ライプチヒ、 1907 ;継続前誌です。 landersdorferは"ブラッターhistorisch -政策" 、 1909 、 144 )は、発祥の理論のパン- babelismによると、聖書の宗教はこれを意識的に考えを表現反応として反対する宗教バビロニア多神教の状態です。 It was not the common property of Israel, but of a religious sect which was supported in Babylon by certain monotheistic circles irrespective of nationality.それは共通の財産は、イスラエル、日本、しかし、宗教上の宗派でサポートされバビロンは国籍に関係なく、特定の一神教界です。 This theory has found powerful opponents in Budde, Stade, Bezold, Köberle, Kugler, Wilke, and others; but it has also a number of adherents.この理論は、強力な反対にバッドが見つかりました、シュターデ、 bezold 、 köberle 、クーグラー、ウィルケ、およびその他;しかし、それはまた、多くの支持者です。 Though wholly untenable from a Christian point of view, it shows at least the weakness of the historical development theory.完全に理不尽かかわらず、キリスト教の観点から、少なくともことを示し、歴史的発展の理論の弱点です。

(ii) Another principle involved in the critical theory of the Pentateuch supposes that the internal evidence of literary criticism is of higher value than the evidence of tradition. ( 2 )別の原則に関与して重要な理論は、五supposesは、内部の証拠を文芸批評が伝統の証拠をより高い値です。 But thus far the results of excavations and historical research have been favourable to tradition rather than to internal evidence.しかし、これまでの発掘調査の結果を、歴史的な研究を伝統的というよりも有利な証拠を内部です。 Let the reader only remember the case of Troy, Tiryns, Mycenae, and Orchomenos (in Greece); the excavations of the English explorer Evans in Crete have shown the historical character of King Minos and his labyrinth; Assyrian inscriptions have re-established the historical credit of King Midas of Phrygia; similarly, Menes of Thebes and Sargon of Agade have been shown to belong to history; in general, the more accurate have been the scientific investigations, the more clearly have they shown the reliability of even the most slender traditions.リーダーのみを覚えて、トロイの例は、ティリンス、ミケーネ、およびオルコメノス(ギリシャ) ;の発掘調査では、英語エクスプローラエバンスクレタ島の歴史的性格が示さ王ミノスと彼の迷路;アッシリアの碑文が再確立の歴史クレジットの王ミダスのphrygia ;同様に、テーベとサルゴンのアガーダメネスのは歴史に属していることを示して;一般的には、より正確にするのも科学的な調査は、信頼性をより明確に示され、かれらの伝統も、最もスレンダーです。 In the field of New-Testament criticism the call "back to tradition" has begun to be heeded, and has been endorsed by such authorities as Harnack and Deissmann.遺言の分野での新しい批判の呼び出し"省略して伝統"が始まってheededされる、とされ承認されたような著者としてハルナックとダイスマンです。 In the study of the Old Testament too there are unmistakable signs of a coming change.旧約聖書に研究するにはあまりにも明白な兆候の到来を変更します。 Hommel ("Die altisrealitische Überlieferung in inschriftlicher Beleuchtung", Munich, 1897) maintains that Old- Testament tradition, both as a whole and in its details, proves to be reliable, even in the light of critical research.ホンメル( "死ぬaltisrealitische überlieferungでinschriftlicher beleuchtung " 、ミュンヘン、 1897 )旧-遺言の伝統を維持し、両方の全体とその詳細については、信頼性が証明されるも、重要な研究に照らしている。 Meyer ("Die Entstehung des Judentums", Halle, 1896) comes to the conclusion that the foundations of the critical Pentateuchal theory are destroyed, if it can be proved that even part of the impugned Hebrew tradition is reliable; the same writer proves the credibility of the sources of the Books of Esdras (cf. "Grundriss der Geographie und Geschichte des alten Orientes", Munich, 1904, 167 sqq.).マイヤー( "死ぬentstehungデjudentums " 、ハレ、 1896 ) 、という結論になるとの説がpentateuchalの重要な基盤を破壊され、それが立証されたにもできる部分は、ヘブライ語の伝統で信頼性がimpugned ;と同じ作家の信頼性を証明のソースは、書籍のエスドラス書( cf. " grundriss geographie und der geschichteデアルテンorientes " 、ミュンヘン、 1904年、 167 sqq 。 ) 。 SA Fries has been led by his critical studies, and without being influenced by dogmatic bias, to accept the whole traditional view of the history of Israel.フライドポテトを率いる彼の重要な研究され、独断的なバイアスとしているの影響を受けて、全体を承認するイスラエルの歴史を従来の考え方をします。 Cornill and Oettli express the conviction that Israel's traditions concerning even its earliest history are reliable and will withstand the bitterest attacks of criticism; Dawson (cf. Fonck, "Kritik und Tradition im AT" in "Zeitschrift fur katholische Theologie", 1899, 262-81) and others apply to tradition the old principle which has been so frequently misapplied, "magna est veritas, et praevalebit"; Gunkel ("Religionsgeschichtliche Volksbucher", II, Tübingen, 1906, 8) grants that Old-Testament criticism has gone a little too far, and that many Biblical traditions now rejected will be re-established. oettliコルニルと確信して、イスラエルの伝統を表現しても、最古の歴史については、信頼性との批判を浴びることは、攻撃に耐える最も苦い;ドーソン( cf. fonck 、 " kritik und伝統イム" 、 " zeitschrift毛皮katholische theologie " 、 1899 、 262 - 81 )およびその他の古い伝統の原理が適用されるので頻繁にmisappliedされ、 "マグナはベリタス、他praevalebit " ;グンケル( " religionsgeschichtliche volksbucher " 、 2世、テュービンゲン、 1906 、 8 )助成金その古い-遺言批判が外出するリトル過ぎるており、その多くの聖書の伝統を今すぐ再確立を拒否される。

(b) Critical Method結果( b )の重要な法

The falsehood of the critical method does not consist in the use of criticism as such, but in its illegitimate use.の虚偽の重要な構成で使用する方法はありませんの批判を浴びるなど、しかし、その非嫡出子を使用します。 Criticism became more common in the sixteenth and seventeenth centuries; at the end of the eighteenth it was applied to classical antiquity.批判に共通して認められる他の16番目となった17世紀;は、最後の18番目には、古典古代に適用されます。 Bernheim ("Lehrbuch der historischen Methode", Leipzig, 1903, 296) believes that by this means alone history first became a science. bernheim ( " lehrbuch der historischen方式" 、ライプチヒ、 1903 、 296 )と考えて、この手段のみで科学史第一になった。 In the application of criticism to the Bible was are limited, indeed, by the inspiration and the canonicity of its books; but there is an ample field left for our critical investigations (Pesch, "Theol. Zeitfragen", III, 48).の批判を浴びることをすると、アプリケーションが限られ、聖書は、実際のところ、正規のインスピレーションとその書籍;しかし、十分なフィールドには左の私たちの重要な調査(ペッシュ、 " theol 。 zeitfragen " 、 3世、 48 ) 。

Some of the principal sins of the critics in their treatment of Sacred Scripture are the following:いくつかの主要な批評家が彼らの罪は、神聖な治療の啓典は、以下の通りです:

They deny everything supernatural, so that they reject not merely inspiration and canonicity, but also prophecy and miracle a priori (cf. Metzler, "Das Wunder vor dem Forum der modernen Geschichtswissenschaft" in "Katholik", 1908, II, 241 sqq.).彼らを否定するすべての超自然的、それでかれらのひらめきと規範を拒否単に、先験的なだけでなく、予言と奇跡( cf.メッツラー、 " das vor dem wunderフォーラムder modernen geschichtswissenschaft "と" katholik " 、 1908年、 2世、 241 sqq 。 )です。

They seem to be convinced a priori of the credibility of non-Biblical historical documents, while they are prejudiced against the truthfulness of Biblical accounts. (Cf. Stade, "Geschichte Israel's", I, 86 seq., 88, 101.) Depreciating external evidence almost entirely, they consider the questions of the origin, the integrity, and the authenticity of the sacred books in the light of internal evidence (Encycl. Prov. Deus, 52).

They overestimate the critical analysis of the sources, without considering the chief point, ie, the credibility of the sources (Lorenz, "Die Geschichtswissenschaft in ihren Hauptrichtungen und Aufgaben", ii, 329 sqq.). Recent documents may contain reliable reports of ancient history. Some of the critics begin to acknowledge that the historical credibility of the sources is of greater importance than their division and dating (Stark, "Die Entstehung des AT", Leipzig, 1905, 29; cf. Vetter, "Tübinger theologische Quartalschrift", 1899, 552).

The critical division of sources is based on the Hebrew text, though it is not certain how far the present Massoretic text differs from that, for instance, followed by the Septuagint translators, and how far the latter differed form the Hebrew text before its redaction in the fifth century BC Dahse ("Textkritische Bedenken gegen den Ausgangspunkt der heutigen Pentateuchkritik" in "Archiv fur Religionsgeschichte", VI, 1903, 305 sqq.) shows that the Divine names in the Greek translation of the Pentateuch differ in about 180 cases from those of the Hebrew text (cf. Hoberg, "Die Genesis", 2nd ed., p. xxii sqq.); in other words and phrases the changes may be fewer, but it would be unreasonable to deny the existence of any.の重要な課のソースは、ヘブライ語のテキストに基づいて、特定の方法ではないmassoreticまで、現在のテキストが異なりますが、例えば、セプトゥアギンタの翻訳に続いて、どの程度までと異なり、後者のヘブライ語のテキスト形式にする前にその改訂紀元前5世紀のdahse ( " textkritische bedenken gegenデンausgangspunkt der heutigen pentateuchkritik " 、 "過去の毛皮religionsgeschichte " 、 6 、 1903 、 305 sqq 。 )によると、神の名は、ギリシャ語の翻訳は、約180の事例五それらの点で異なるヘブライ語のテキスト( cf. hoberg 、 "死ぬ創世記" 、第2版です。 、 p. xxii sqq 。 ) ; 、他の単語やフレーズの変化が少なく、それは無理なの存在を否定して任意のです。 Again, it is antecedently probable that the Septuagint text differs less from the Massoretic than from the ante-Esdrine text, which must have been closer to the original.再び、それは予想antecedentlyセプトゥアギンタのテキストの違いは、より少ないからmassoreticアンティ- esdrineテキストから、これに近いが、元の必要があります。 The starting point of literary criticism is therefore uncertain.文芸批評の出発点は、そのため不透明だ。 It is not an inherent fault of literary criticism that it was applied to the Pentateuch after it had become practically antiquated in the study of Homer and the Nibelungenlied (cf. Katholik, 1896, I, 303, 306 sqq.), nor that Reuss considered it as more productive of difference of opinion than of results (cf. Katholik, 1896, I, 304 seq.), nor again that Wellhausen thought it had degenerated into childish play.固有の故障ではないにして文芸批評の五した後は、適用される実質的に時代遅れになっていたの研究のホームランとニーベルンゲンの歌( cf. katholik 、 1896年に、私、 303 、 306 sqq 。 ) 、ロイスもその考え生産性の向上としての意見の相違の結果よりも( cf. katholik 、 1896年に、私、 304 seq 。 ) 、また再びそのヴェルハウゼン変性を考えていた幼稚なプレイです。 Among Bible students, Klostermann ("Der Pentateuch", Leipzig, 1893), Konig ("Falsche Extreme im Gebiete der neueren Kritik des AT", Leipzig, 1885; "Neueste Prinzipien der alt. Kritik", Berlin, 1902; "Im Kampfe um das AT", Berlin, 1903), Bugge ("Die Hauptparabeln Jesu", Giessen, 1903) are sceptical as to the results of literary criticism, while Orelli ("Der Prophet Jesaja", 1904, V), Jeremias ("Das alte Testament im Lichte des Alten Orients", 1906, VIII), and Oettli ("Geschichte Israels", V) wish to insist more on the exegesis of the text than on the criss-cross roads of criticism.聖書の中の学生、クロステルマン( " der五" 、ライプチヒ、 1893 ) 、ケーニッヒ( " falsche極端なイムデgebiete der neueren kritik " 、ライプチヒ、 1885 ; " prinzipien der neueste alt 。 kritik " 、ベルリン、 1902 ; "イムkampfeええとdas " 、ベルリン、 1903 ) 、ブッゲ( "死ぬhauptparabeln主イエス" 、ギーセン、 1903 )は、懐疑的文芸批評その結果として、中オレッリ( " der預言者jesaja " 、 1904 、ボルト) 、イェレミアス( " dasアルテ遺言イムlichteデアルテンorients " 、 1906 、 viii )在庫、およびoettli ( " geschichteイズリールス" 、 v )希望を主張評釈の詳細については、テキストに比べて、十字の道路の批判を浴びることです。 G. Jacob ("Der Pentateuch", Göttingen, 1905) thinks that the past Pentateuchal criticism needs a thorough revision; Eerdmans ("Die Komposition der Genesis", Giessen, 1908) feels convinced that criticism has been misled into wrong paths by Astrue. g.ジェイコブ( " der五" 、ゲッティンゲン、 1905 )と考えている編集して項目をpentateuchal批判の要求には、徹底した見直し; eerdmans ( "死ぬkomposition der創世記" 、ギーセン、 1908 )感じを確信して批判され間違ってパスを迷わせastrueです。 Merx expresses the opinion that the next generation will have to revise backwards many of the present historico-literary views of the Old Testament ("Religionsgeschichtliche Volksbucher", II, 1907, 3, 132 sqq.). merx表現しては、次の世代の意見を改正には、下位の多くは、現在の歴史と文学の再生回数は、旧約聖書( " religionsgeschichtliche volksbucher " 、 2世、 1907 、 3 、 132 sqq 。 ) 。

(c) Critical Results ( c )重大な結果

Here we must distinguish between the principles of criticism and its results; the principles of the historical development of religion, for instance, and of the inferiority of tradition to internal evidence, are not the outcome of literary analysis, but are its partial basis.ここでの原則に区別しなければならないの批判を浴びることとなり、結果;の原則を宗教の歴史的発展を、例えば、劣等の伝統とは、内部の証拠を、文学的分析の結果ではないが、その部分の基礎です。 Again, we must distinguish between those results of literary criticism which are compatible with the Mosaic authenticity of the Pentateuch and those that contradict it.繰り返しますが、それらの結果を区別しなければならないが文芸批評の信頼性と互換性のモザイクの五およびそれらのことと矛盾してください。 The patrons of the Mosaic authorship of the Pentateuch, and even the ecclesiastical Decree relating to this subject, plainly admit that Moses or his secretaries may have utilized sources or documents in the composition of the Pentateuch; both admit also that the sacred text has suffered in its transmission and may have received additions, in the form of either inspired appendices or exegetical glosses.原作者の常連客は、モザイクの五、教会も、この問題に関連する法令、率直に認めることや彼の秘書ムーサーのソースやドキュメントが利用年5月の組成は、五;の両方を認めるは、神聖なテキストに苦しんでも、その伝送や追加が届いて、付録の形でのいずれかのインスピレーションの注釈や解釈します。 If the critics, therefore, can succeed in determining the number and the limits of the documentary sources, and of the post-Mosaic additions, whether inspired or profane, they render an important service to the traditional tenet of Pentateuchal authenticity.の場合、批評家は、このため、コードを決定することに成功するとの限界をドキュメンタリーによると、ポストモザイクの追加と、インスピレーションや不敬かどうか、彼らのレンダリングの重要なサービスを、従来の教義の真偽pentateuchalです。 The same must be said with regard to the successive laws established by Moses, and the gradual fidelity of the Jewish people to the Mosaic law.によると、同じでなければなりませんに関しては、以下の連続の法律制定さムーサーよ、とユダヤ人の人々に、徐々に忠実度のモザイク法です。 Here again the certain or even probable results of sane literary and historical criticism will aid greatly the conservative commentator of the Pentateuch.ここで再びSANE研究の結果を特定のかさえ予想文学、歴史的な批判は、保守的な援助を大幅に解説者は、五します。 We do not quarrel with the legitimate conclusions of the critics, if the critics do not quarrel with each other.けんかをすることはありません合法的な結論は、批評家、批評家の場合、お互いのけんかはありません。 But they do quarrel with each other.しかし、彼らはお互いにけんかをします。 According to Merx (loc. cit.) there is nothing certain in the field of criticism except its uncertainty; each critic proclaims his views with the greatest self-reliance, but without any regard to the consistency of the whole.によると、 merx ( loc. 〜 Cit 。 )には何も特定の分野での批判を浴びることを除いて、不確実性;各評論家のproclaims彼の再生回数での最大の自立がなくに関しては、全体の整合性をします。 Former views are simply killed by silence; even Reuss and Dillmann are junk-iron, and there is a noticeable lack of judgment as to what can or cannot be known.殺される前に表示することは、単に沈黙;もジャンクロイスとディルマンは、鉄、および顕著な不足には、何ができるかを判断することはできません知られている。 Hence the critical results, in as far as they consist merely in the distinction of documentary sources, in the determination of post-Mosaic materials, eg, textual changes, and profane or inspired additions, in the description of various legal codes, are not at variance with the Mosaic authenticity of the Pentateuch.そのための重要な結果、 〜する限りでは彼らだけで構成さの区別のドキュメンタリーによると、ポストにモザイク材料の決意を、例えば、テキスト形式の変更、および不敬やインスピレーションの追加、様々な法律上のコードは、説明書がない信ぴょう性に差異がモザイク五します。 Nor can an anti-Mosaic character be pointed out in the facts or phenomena from which criticism legitimately infers the foregoing conclusions; such facts or phenomena are, for instance, the change of the Divine names in the text, the use of certain words, the difference of style, the so-called double accounts of really, not merely apparently, identical events; the truth of falsehood of these and similar details does not directly affect the Mosaic authorship of the Pentateuch.モザイクに反対したり、文字が指摘されたように、合法的な事実や現象から推測することなく結論を批判;このような事実や現象には、例えば、神の名前を変更されたテキストは、特定の単語を使用すると、スタイルの違いは、いわゆるダブルアカウントの本当にではなく、単にどうやら、同じイベント;の真実性を、これらのと同じような虚偽の詳細はありません原作者に直接影響を及ぼすのモザイク五します。 In which results then does criticism clash with tradition?衝突の結果では批判を入力し、機能の伝統ですか? Criticism and tradition are incompatible in their views as to the age and sequence of the documentary sources, as to the origin of the various legal codes, and as to the time and manner of the redaction of the Pentateuch.互換性のない批判さと伝統の再生回数としては、年齢やシーケンスをドキュメンタリーによると、起源としては、様々な法律上のコード、および方法としては、時間との改訂は、五します。

(i) Pentateuchal Documents.-As to the age and sequence of the various documents, the critics do not agree. ( 1 ) pentateuchal documents. -としては、年齢やシーケンスは、様々な書類は、批評家に同意しない。 Dillmann, Kittel, Konig, and Winckler place the Elohist, who is subdivided by several writers into the first, second, and third Elohist, before the Yahwist, who also is divided into the first and second Yahwist; but Wellhausen and most critics believe that the Elohist is about a century younger than the Yahwist.ディルマン、キッテル、ケーニッヒ、および配置するウィンクラーエロヒスト、 whoが細分化され、最初のいくつかの作家を、 2番目、と3番目のエロヒスト、 yahwistする前に、 whoも最初と2番目に分かれてyahwist ;しかし、ほとんどの批評家と思われるヴェルハウゼンエロヒストは約一世紀の年下のyahwistです。 At any rate, both are assigned to about the ninth and eight centuries BC; both too incorporate earlier traditions or even documents.いずれにせよ、両方ともについては、 9回に割り当てられていると紀元前8世紀;の両方の伝統やそれ以前にも書類あまりにも組み込む。

All critics appear to agree as to the composite character of Deuteronomy; they admit rather a Deuteronomist school than single writers.批評家として表示されるすべてに同意することも、複合の文字を申命記;彼らdeuteronomist学校を認めるというよりも1つの作家です。 Still, the successive layers composing the whole book are briefly designated by D1, D2, D3, etc. As to the character of these layers, the critics do not agree: Montet and Driver, for instance, assigned to the first Deuteronomist cc.とはいえ、全体の連続した層の作曲で指定された予約が簡単にd1 、 D2をD3面、などの文字をして、これらの層は、批評家に同意しない:モンテとドライバ、例えば、 deuteronomistに割り当てられているの最初の電流条件 i-xxi; Kuenen, Konig, Reuss, Renan, Westphal ascribe to DN, iv, 45-9, and v-xxvi; a third class of critics reduce D1 to xii, 1-xxvi, 19, allowing it a double edition: according to Wellhausen, the first edition contained i, 1-iv, 44; xii-xxvi; xxvii, while the second comprised iv, 45-xi, 39; xii-xxvi; xxviii-xxx; both editions were combined by the redactor who inserted Deuteronomy into the Hexateuch.私- xxi ;キューネン、ケーニッヒ、ロイス、ルナン、ウェストファール帰するのDN 、四、 45から9まで、およびV - 26 ; d1 3番目のクラスの批評家を12減らすため、 1 - 26 、 19 、できることをダブルエディション:ヴェルハウゼンによると、私の最初の版に含まれる、 1 - 4 、 44 ; 12 - 26 ;二十七、四中2番目の構成は、 45 - xi 、 39 ; 12 - 26 ;二十八- xxxに;両方のエディションが複合されたredactor who申命記六書を挿入します。 Cornill arranges the two editions somewhat differently.コルニル手配の2つのエディションが多少異なります。 Horst considers even cc.ホルスト考えても電流条件 xii-xxvi as a compilation of pre-existing elements, gathered together without order and often by chance. 12 - 26として既存の要素のコンパイル、集まった偶然にするため、しばしばです。 Wellhausen and his adherents do not wish to assign to D1 a higher age than 621 BC, Cornill and Bertholet consider the document as a summary of the prophetic teaching, Colenso and Renan ascribe it to Jeremias, others place its origin in the reign of Ezechias or Manasses, Klostermann identifies the document with the book read before the people in the time of Josaphat, while Kleinert refers it back to the end of the time of the Judges.ヴェルハウゼンと彼の支持者に割り当てることを希望されないd1紀元前621年齢が高い、とbertholetコルニルの概要を考慮して、文書を教えるの予言、コレンソとルナンイェレミアスものとみなすことを、他の場所での治世の起源やezechiasマナッセス、クロステルマンドキュメントを識別し、その本を読むの前に人々の時間のヨザファト、クライネルトの最後を参照のこと省略して、裁判官の時間です。 The Deuteronomist depends on the two preceding documents, J and E, both for his history land his legislation; the historical details not found in these may have been derived from other sources not known to us, and the laws not contained in the Sinaitic legislation and the decalogue are either pure fiction or a crystallization of the prophetic teaching.のdeuteronomist前の2つの文書に依存して、 Jおよびメールは、彼の立法の両方を彼の歴史土地の歴史的な内容が含まれていませんこれらの他のソースから派生したかもしれない特定の既知の参考にさせてsinaiticに含まれていないの法律法令、および、十戒は、純粋なフィクションのいずれか、または教育晶析を予言します。

Finally, the Priestly Code, P, is also a compilation: the first stratum of the book, both historical and legal in its character, is designated by P1 or P2; the second stratum is the law of holiness, H or Lev., xvii-xxvi, and is the work of a contemporary of Ezechiel, or perhaps of the Prophet himself (H, P2, Ph); besides, there are additional elements springing rather from a school than from any single writer, and designated by Kunen as P3, P4, P5, but by other critics as Ps and Px.最後に、聖職者のコードは、人、コンパイルも:その本の最初の地層は、歴史的、法的、その文字の両方が指定されたP1またはPicasa 2の、 2番目の地層の法則は、ホーリネス、 hまたはレフです。 、 17 -二十六、とは、現代のezechielの仕事をするか、あるいは自分自身の預言者ムハンマド(高さ、 Picasa 2の、ペーハー) ;また、その他の要素には、学校から湧きというよりもより任意の1つの作家、およびkunenとして指定さp3 、英語P4 、 p5 、しかし、他の批評家としてpsおよびピクセルです。 Bertholet and Bantsch speak of two other collections of laws: the law of sacrifices, Lev., i-vii, designated as Po; and the law of purity, Lev., xi-xv, designated as Pr. bertholetと話すの2つの他のコレクションをbantsch法令:法の犠牲を払うのは、レフ。 、私- 7 、指定されたpo ;と同法の純度、レフです。 、西- 15 、広報に指定されています。 The first documentary hypothesis considered PN as the oldest part of the Pentateuch; Duston and Dillmann place it before the Deuteronomic code, but most recent critics regard it as more recent than the other documents of the Pentateuch, and even later than Ezech., xliv, 10-xlvi, 15 (573-2 BC); the followers of Wellhausen date the Priestly Code after the return from the Babylonian Captivity, while Wildeboer places it either after or towards the end of the captivity.仮説として考えPN研究の最初のドキュメンタリーで最も古い部分の五; dustonとディルマンdeuteronomicコードの前に配置することが、ほとんどの最近の批評家としての他の最近のことについて、他のドキュメントをより五、さらにはより後のezechします。 、 44 、 10 - 46 、 15 (五七三〜二紀元前) ;の信者の聖職者のコードヴェルハウゼン日付を記入し、バビロン捕囚からの帰還した後、中wildeboerした後のいずれかの場所またはそれに向かって最後に捕らわれている。 The historical parts of the Priestly Code depend on the Yahwistic and the Elohistic documents, but Wellhausen's adherents believe that the material of these documents has been manipulated so as to fit it for the special purpose of the Priestly Code; Dillmann and Drive maintain that facts have not been invented or falsified by P, but that the latter had at hand other historical documents besides J and E. As to the legal part of P, Wellhausen considers it as an a priori programme for the Jewish priesthood after the return from the captivity, projected backwards into the past, and attributed to Moses; but other critics believe that P has systematized the pre-exilic customs of worship, developing then, and adapting them to the new circumstances.歴史的な部分での聖職者のコードに依存してエロヒストの書類のyahwisticと、しかし、ヴェルハウゼンの支持材料と確信して、これらの書類のように操作され、それに合わせて特別の目的は、聖職者のコード;ディルマンとドライブを維持することが基本偽造されていないかを発明した人、しかし、後者は手の届く所は、他の歴史的なドキュメントのほかのJ and e.としての法的な部分にはp 、ヴェルハウゼン考えて先験的なプログラムとしては、ユダヤ教の聖職に就くの捕囚からの帰還した後、後方を編集して項目を投影し、ムーサーに起因する;しかし、他の批評家と思われるpは、事前に追放された税関体系の礼拝堂、発展途上入力し、それらを新しい環境に適応します。

What has been said clearly shows that the critics are at variance in many respects, but they are at one in maintaining the post- Mosaic origin of the Pentateuchal documents.によるとされてきたことを明確に示して差異がある批評家は、多くの点で、かれらは、 1つのポストを維持するモザイクの起源pentateuchalドキュメントです。 What is the weight of the reasons on which they base their opinion?その理由は何です上での重量をベースに、自分の意見ですか?

The conditions laid down by the critics as prerequisites to literature do not prove that the sources of the Pentateuch must be post-Mosaic.批評家の条件として敷設されていない文学の前提条件を証明するためにソースを作成しなければならないの五-モザイクです。 The Hebrew people had lived for, at least, two hundred years in Egypt; besides, most of the forty years spent in the desert were passed in the neighbourhood of Cades, so that the Israelites were not longer a nomadic people.ヘブライ語の人々が住んでは、少なくとも、 200年のエジプト;以外は、大半の40年間を過ごしたは、近隣の砂漠ケイドが可決されたように、イスラエルの人々が長く、遊牧します。 Whatever may be said of their material prosperity, or of their proficiency in writing and reading, the above-mentioned researches of Flinders Petrie show that they kept records of their national traditions at the time of Moses.どんなことがその資料によると繁栄のか、またはその能力のライティング、リーディング、 、 、上記の研究の詳細フリンダーズピートリーの記録を保管してその時点で、全国の伝統モーゼスです。

If the Hebrew contemporaries of Moses kept written records, why should not the Pentateuchal sources be among these documents?コンテンポラリーの場合は、ヘブライ語で書かムーサー保管記録によりますと、なぜpentateuchalソースはないが、これらの書類の中ですか? It is true that in our actual Pentateuch we find non-Mosaic and post- Mosaic indications; but, then, the non-Mosaic, impersonal style may be due to a literary device, or to the pen of secretaries; the post-Mosaic geographical and historical indications may have crept into the text by way of glosses, or errors of the transcribers, or even inspired additions.それは事実だが、実際の五私たちは私たち以外のモザイク見つけるとポストモザイク表示;しかし、その後、モザイク以外の、人間味のないスタイルのために、文学のデバイスがありますか、またはペンの秘書をし、地理的なポストモザイク5月にこっそりと歴史的な表示をして、テキストの注釈の方法か、またはエラーがtranscribers 、あるいはインスピレーション追加します。 The critics cannot reject these suggestions as mere subterfuges; for they should have to grant a continuous miracle in the preservation of the Pentateuchal text, if they were to deny the moral certainty of the presence of such textual changes.これらの提案を拒否することはできないの批評家として単なるsubterfuges ;は彼らを付与する必要が奇跡の連続での保存は、テキストpentateuchal 、もし彼らは道徳的な確実性を否定してテキストが存在するような変更を適用します。

But would not the Pentateuch have been known to the earlier Prophets, if it had been handed down from the time of Moses?しかし、五はないが、以前の預言者に知られていた場合は、受け継がれていたのムーサーの時からですか? This critical exception is really an argument e silentio which is very apt to be fallacious, unless it be most carefully handled.この重要なメールの引数に例外が本当にこれは非常にsilentioにAPTを誤ったがない限り、慎重に取り扱うことがほとんどです。 Besides, if we keep in mind the labour involved in multiplying copies of the Pentateuch, we cannot be wrong in assuming that they were very rare in the interval between Moses and the Prophets, so that few were able to read the actual text.それに、もし私たちの労働に携わる維持を念頭に置いて乗算五書のコピーを作成することはできませんが間違っていると仮定して彼らは非常にまれでは、預言者ムーサーとの間の間隔は、いくつかのように、実際のテキストを読むことができました。 Again, it has been pointed out that at least one of the earlier Prophets appeals to a written mosaic law, and that all appeal to such a national conscience as presupposes the Pentateuchal history and law.再び、それは指摘されて、以前の預言者のうち少なくとも1つ控訴して書かれたモザイク法、およびすべての国民としての良心に訴えるような前提としての歴史とpentateuchal法です。 Finally, some of the critics maintain the J views the history of man and of Israel according to the religious and the moral ideas of the Prophets; if there be such an agreement, why not say that the Prophets write according to the religious and moral ideas of the Pentateuch?最後に、いくつかの批評家無し再生回数の歴史を維持する男と、イスラエルによると、宗教や道徳的なアイデアは、預言者;場合にこのような契約書に、なぜこと言わないでは、預言者の書き込みによると、宗教や道徳的なアイデアは、五ですか?

The critics urge the fact that the Pentateuchal laws concerning the sanctuary, the sacrifices, the feasts, and the priesthood agree with different stages of post-Mosaic historical development; that the second stage agrees with the reform of Josias, and the third with the enactments enforced after the time of the Babylonian Exile.実際には、批評家に強く要請するpentateuchalに関する法律の聖域は、犠牲は、お祭り、聖職に就くと、さまざまな段階に同意するポストモザイク歴史的発展;は、第2段階の改革に同意josias 、および3番目のenactments強制するものであり、バビロニア亡命した後です。 But it must be kept in mind that the Mosaic law was intended for Israel as the Christian law is intended for the whole world; if then 1900 years after Christ the greater part of the world is still un-Christian, it is not astonishing that the Mosaic law required centuries before it penetrated the whole nation.しかし、それを念頭に置いて保管しなければならないモザイク法が意図してイスラエルの意図としては、キリスト教法は、全世界;場合に入力し、 1900年後の世界の大部分をイエスキリストはまだ国連-キリスト教が、これは驚くべきは、モザイク法が必要となります。世紀前に国全体に侵入します。 Besides, there were, no doubt, many violations of the law, just as the Ten Commandments are violated today without detriment to their legal promulgation.それに、あるが、間違いなく、多くの法律に違反し、同じように、十戒に違反して法律上の不利益を被る今日に施行する。 Again there were times of religious reforms and disasters as there are periods of religious fervour and coldness in the history of the Christian Church; but such human frailties do not imply the non-existence of the law, either Mosaic or Christian.再度があった回の宗教改革や災害には宗教的な期間の寒さfervourとは、キリスト教の歴史の中の教会;しかし、そのような人間の弱さは、必ずしも、非の存在を、法では、モザイクやキリスト教のいずれかです。 As to the particular laws in question, it will be found more satisfactory to examine them more in detail.法では、特定の質問に、それが可能になったことを調べることをもっともっと満足のいくものを詳しく説明します。

(ii) Pentateuchal Codes.-The critics endeavour to establish a triple Pentateuchal code: the Book of the Covenant, Deuteronomy, and the Priestly Code. ( 2 ) pentateuchal codes.の批評家の努力を確立するにトリプルpentateuchalコード:この本は、誓約、申命記、と聖職者のコードです。 Instead of regarding this legislation as applying to different phases in the forty years' wandering in the desert, they consider it as agreeing with three historical stages in the national history.この法律の適用についての代わりを別の段階としては、 40年間の放浪は、砂漠、それらを考慮して3つの歴史的な段階で合意し、国家の歴史です。 As stated above, the main objects of this triple legislation are the sanctuary, the feast, and the priesthood.前述のように、立法の主なオブジェクトは、次のトリプルは、聖域の饗宴、聖職に就くとします。

(a) The Sanctuary ( a )は聖域

At first, so the critics say, sacrifices were allowed to be offered in any place where the Lord had manifested his name (Exodus 20:24-6); then the sanctuary was limited to the one place chosen by God (Deuteronomy 12:5); thirdly, the Priestly Code supposes the unity of sanctuary, and prescribes the proper religious rites to be observed.まず、ので、批評家たちは、犠牲が許されるように任意の場所で提供される主は明らかに彼の名前(出エジプト記20:24-6 ) ;入力し、聖域は、 1つの場所に限定さ選ばれた神(申命記12時05分) ;第三に、聖職者のコードの結束をsupposesサンクチュアリ、および規定の適切な宗教的な儀式を観察します。 Moreover, the critics point out historical incidents showing that before the enforcement of the Deuteronomic law sacrifices were offered in various places quite distinct from the resting place of the ark.また、歴史的な事件が表示さを指摘する批評家の前にdeuteronomic法の施行の犠牲は非常に異なる様々な場所で提供さ休憩所は、箱舟からです。 What do the defenders of the Mosaic authorship of the Pentateuch answer?守備陣は、どのようなモザイクには、原作者は、五答えですか? First, as to the triple law, it points to three different stages in Israel's desert life: before the erection of the tabernacle at the foot of Mt.第一に、法としては、トリプル、それを指して3つの段階で、イスラエルの砂漠の寿命:勃起する前に、幕屋の山の麓にします。 Sinai, the people were allowed to erect altars and to offer sacrifices everywhere provided the name of the Lord had been manifested; next, after the people had adored the golden calf, and the tabernacle had been erected, sacrifice could be offered only before the tabernacle, and even the cattle killed for consumption had to be slaughtered in the same place, in order to prevent a relapse into idolatry; finally, when the people were about to enter the promised land, the last law was abolished, being then quite impossible, but the unity of sanctuary was kept in the place which God would choose.シナイ半島は、人々が許されるようにあらゆる犠牲を逆立てて祭壇を提供するとの名前を提供していたマニフェストの主;次へ、人々の後に尊敬されていたの黄金ふくらはぎの、および幕屋建てていた、犠牲が幕屋の前にのみ提供、さらには死亡牛を食肉処理しなければなりません消費量でも同じ場所は、再発を防止するためにを偶像崇拝;最後に、ときに人々が約約束の地を入力して、最後の法は廃止し、かなり不可能に入力し、しかし、統合の場所に保管して聖域は、神が選択できます。 Secondly, as to the historical facts urged by the critics, some of them are caused by direct Divine intervention, miracle or prophetic inspiration, and as such are fully legitimate; others are evidently violations of the law, and are not sanctioned by the inspired writers; a third class of facts may be explained in one of three ways:第二に、歴史的事実を促したとして批判され、いくつかの直接神の介入によって引き起こされるには、奇跡や予言的なインスピレーションは、そのようなものは完全に合法的な;他の人の明らかに法違反、認可を受けるにはなっていない作家のインスピレーション;基本年5月3番目のクラスの3つの方法の1つで説明される:

Poels ("Le sanctuaire de Kirjath Jeraim", Louvain, 1894; "Examen critique de l'histoire du sanctuaire de l'arche", Louvain, 1897) endeavours to prove that Gabaon, Masphath, and Kiriath-Jarim denote the same place, so that the multiplicity of sanctuaries is only apparent, not real. poels ( "ルsanctuaireデkirjath jeraim " 、ルーベン、 1894 ; "試験批判デl' histoireデュsanctuaireデl'アーチェ" 、ルーベン、 1897 )努力を証明してgabaon 、 masphath 、 kiriath - jarim示すと同じ場所に、して、多様な聖域は見掛けだけではなく、リアルです。

Van Hoonacker ("Le Lieu du culte dans la legislation rituelle des Hebreux" in "Musceeon", April-Oct., 1894, XIII, 195-204, 299- 320, 533-41; XIV, 17-38) distinguishes between private and public altars; the public and national worship is legally centralized in one sanctuary and around one altar, while private altars may be had for domestic worship.ヴァンhoonacker ( "ルの代わりデュculte dans rituelleデラ立法hebreux "と" musceeon " 、 4 - 10月です。 、 1894 、 13 、一九五〜二〇四、 299 -3 20、五百三十三から四十一まで; 1 4、十七〜三十八)を区別プライベートや公共祭壇; 、国民と国家崇拝は法的に集中さ約1つ1つの聖域と祭壇、祭壇年5月には国内の民間崇拝される。

But more commonly it is admitted that before God had chosen the site of national sanctuary, it was not forbidden by law to sacrifice anywhere, even away from the place of the ark.しかし、他の神の前を認めていることがよく選ばれたこのサイトは国立保護区、それは法律で禁止さを犠牲にしないどこでも、箱舟の場所からです。 After the building of the temple the law was not considered so stringent as to bind under all circumstances.同寺の建物をした後、同法はないとして検討をバインドするための厳しい状況下でのすべてのです。 Thus far then the argument of the critics is not conclusive.これまでの引数を入力し、決定的な批評家ではない。

(b) The Sacrifices ( b )本契約の犠牲を払う

According to the critics, the Book of the Covenant enjoined only the offering of the first-fruits and the first-born of animals, the redemption of the first-born of men, and a free-will offering on visiting the sanctuary (Ex., xxii, 28-9; xxiii, 15, [Heb., xxiii, 19]); Deuteronomy more clearly defines some of these laws (xv, 19-23; xxvi, 1-11), and imposes the law of tithes for the benefit of the poor, the widows, the orphans, and the Levites (xxvi, 12-5); the Priestly Code distinguishes different kinds of sacrifices, determines their rites, and introduces also incense offering.批評家によると、この本は、約束の最初の提供のみを差し止め-果物や動物の最初の生まれは、償還の最初の生まれの人々と訪問の自由意志で提供さサンクチュアリ(例: 、 xxii 、二十八から九; 23 、 15 、 [なしで。 、 23 、 19 ] ) ;申命記より明確に定義されていくつかの法律( 15 、 19-23 ;二十六、 1-11 ) 、および同法の十分の一を課す貧しい人々の利益のために、未亡人は、孤児、とlevites ( 26 、 12月5日) ;の聖職者のコードを区別するさまざまな種類の犠牲、彼らの儀式を決定し、導入も線香を提供します。 But history hardly bears out this view: as there existed a permanent priesthood in Silo, and later on in Jerusalem, we may safely infer that there existed a permanent sacrifice.しかし、歴史はほとんどのクマはこのビューを表示する:として永久に存在する聖職に就くのサイロ、およびそれ以降の上、エルサレム、安全を推測することがありますが、恒久的な犠牲が存在します。 The earliest prophets are acquainted with an excess of care bestowed on the sacrificial rites (cf. Amos 4:4, 5; 5:21-22, 25; Hosea passim).最古の預言者は、知り合いに過剰なケアを授けたのいけにえの儀式( cf.アモス4時04分、 5 ; 5:21-22 、 25 ;ホセア書ここかしこに) 。 The expressions of Jeremias (vii, 21-3) may be explained in the same sense.イェレミアスを表現したもの、 ( 7 、二十一〜三)年5月に同じ意味で説明されています。 Sin offering was known long before the critics introduce their Priestly Code (Osee, iv, 8; Mich., vi, 7; Ps., xxxix [xl], 7; 1 Kings, iii, 14).罪を提供する前に長い批評家として知られて聖職者の紹介コード( osee 、 4 、 8 ;ミシガン州6 、 7 ; psのです。 、 39 [ xl ] 、 7 ; 1キングス、 3世、 14 ) 。 Trespass offering is formally distinguished from sin offering in 2 Kings 13:16 (cf. 1 Samuel 6:3-15; Isaiah 53:10).不法侵入罪を提供区別が正式に提供さ2キングス13:16 ( cf. 1サミュエル6:3-15 ;イザヤ書53:10 ) 。 Hence the distinction between the different kinds of sacrifice is due neither to Ezekiel 45:22-5, nor to the Priestly Code.それゆえの区別をすることによりさまざまな種類のどちらを犠牲にはエゼキエル45:22-5 、また、聖職者のコードです。

(c) The Feasts (ウ)のお祭り

The Book of the Covenant, so the critics tell us, knows only three feasts: the seven-days feast of the azymes in memory of the exodus form Egypt, the feast of the harvest, and that of the end of the harvest (Exodus 23:14-7); Deuteronomy ordains the keeping of the feasts at the central sanctuary adds to Pasch to the feast of the azymes, places the second feast seven weeks after the first, and calls the third, "feast of tabernacles", extending its duration to seven days (Deuteronomy 16:1-17); the Priestly Code prescribes the exact ritual for five feasts, adding the feast of trumpets and of atonement, all of which must be kept at the central sanctuary.この本を誓約するため、批評家教えて下さい、知って3つのみのお祭り: 7日間の饗宴をメモリには、出エジプト記第フォームazymesエジプトでは、収穫の祝宴をし、最後に収穫している(出エジプト記第23 :14 - 7 ) ;申命記ordains 、お祭りの維持は、中央pasch聖域に拍車をごちそうして、 azymes 、 2番目のごちそうの場所の最初の7週間後、および呼び出して、第三に、 "ごちそうのtabernacles " 、延長の期間日から7日間(申命記16:1-17 ) ;の聖職者のコードの中の正確な5つの儀式のためのお祭り、トランペットを追加して祝宴の償いと、すべて保管しなければならないのは、中央聖域のようです。 Moreover, history appears to endorse the contention of the critics: Judges, xxi, 19 knows of only one annual feast in Silo; 1 Samuel 1:3, 7, 21 testifies that the parents of Samuel went every year to Silo to the sanctuary; Jeroboam I established in his kingdom one annual feast similar to that celebrated in Jerusalem (1 Kings 12:32-3); the earliest Prophets do not mention the names of the religious feasts; the Pasch is celebrated for the first time after the discovery of Deuteronomy (2 Kings 23:21-3); Ezechiel knows only three feasts and a sin offering on the first day of the first and the seventh month.また、競合の履歴が表示さを支持する批評家:裁判官、 xxi 、 19知っての毎年恒例のごちそうに1つしかサイロ; 1サミュエル1:3 、 7日、 21日の証言は、両親のサミュエルは毎年サイロを聖域;彼の王国に設立された1つのjeroboam私に似ている毎年恒例の饗宴祝われてエルサレム( 1キングス12:32-3 ) ;最古の預言者の名前を言及していない宗教のお祭り; paschは、有名なのは時間の後に、最初の発見申命記( 2キングス23:21-3 ) ; ezechiel知ってのお祭りと3つの罪を犯すことのみを提供した最初の日に7月の最初のとします。 But here again, the critics use the argument e silentio which is not conclusive in this case.しかし、ここで繰り返しになりますが、批評家の引数を使用してメールsilentioこの場合は決定的ではない。 The feast of atonement, for instance, is not mentioned in the Old Testament outside the Pentateuch; only Josephus refers to its celebration in the time of John Hyrcanus or Herod.宴の償い、例えば、ではないに記載され、旧約聖書の外の五;のみヨセフスその祝典は、時間を参照してジョンhyrcanusまたはヘロデ王です。 Will the critics infer from this, that the feast was not kept throughout the Old Testament?批評家からは推測には、ごちそうして保管して旧約聖書はないですか? History does not record facts generally known.履歴はありません一般的にレコードの事実を知られている。 As to the one annual feast mentioned in the early records, weighty commentators are of opinion that after the settlement of the people in the promised land, the custom was gradually introduced of going to the central sanctuary only once a year.毎年恒例のごちそうとしては、 1つの初めに記載されて記録によりますと、有力な解説者たちの意見が解決した後、約束の地の人々に、徐々に導入し、カスタムは、聖域の中央に行く一年に一度だけです。 This custom prevailed before the critics allow the existence of the Deuteronomic law (1 Kings 12:26-31), so that the latter cannot have introduced it.批評家の前に、このカスタムが勝っていたのdeuteronomicの存在を可能にする法( 1王12:26-31 ) 、後者ように導入することはできません。 Isaias (xxix, 1; xxx, 29) speaks of a cycle of feasts, but Osee, xii, 9 alludes already to the feast of tabernacles, so that its establishment cannot be due to the Priestly Code as the critics describe it. isaias ( 29 、 1 ; xxxと29 )のお祭りの循環を話すのが、 osee 、 12 、 9 alludes既にtabernaclesして祝宴のように、設立のためにすることはできません批評家としての聖職者のコードを記述してください。 Ezechiel (xlv, 18-25) speaks only of the three feasts which had to be kept at the central sanctuary. ezechiel ( 45 、 18-25 )の3つの話すだけのお祭りに保たれていたの中心に聖域のようです。

(d) The Priesthood (エ)の聖職に就く

The critics contend that the Book of the Covenant knows nothing of an Aaronitic priesthood (Exodus 24:5); that Deuteronomy mentions priests and Levites without any hierarchical distinction and without any high priest, determines their rights, and distinguishes only between the Levite living in the country and the Levite attached to the central sanctuary; finally, that the Priestly Code represents the priesthood as a social and hierarchical institution, with legally determined duties, rights, and revenues.論争の批評家は、この本は、何も知らないの誓約aaronitic聖職に就く(出エジプト記24:5 ) ; levites司祭と言及を申命記階層の区別なく高い司祭とせず、自分たちの権利を決定し、レビ人の間の区別に住んでのみその国とのレビに接続され、中央サンクチュアリ;最後に、聖職者のコードは、聖職に就くは、社会的、階層的な機関として、合法的に決定義務、権利、および売上高です。 This theory is said to be borne out by the evidence of history.この理論はアウトされたといわれている証拠の歴史を負担します。 But the testimony of history points in the opposite direction.しかし、証言の歴史をポイントには逆の方向です。 At the time of Josue and the early Judges, Eleazar and Phinees, the son and nephew of Aaron, were priests (Numbers 26:1; Deuteronomy 10:6; Joshua 14:1 sqq.; 22:13, 21; 24:33; Judges 20:28).ジョスエている時点での早期裁判官、 phinees eleazarと、アーロンの息子と甥が司祭(数字26:1 ;申命記10 : 06 ;ジョシュア14時01 sqq 。 ; 22:13 、 21 ; 24:33 ;裁判官20:28 )です。 From the end of the time of Judges to Solomon, the priesthood was in the hands of Heli and his descendants (1 Samuel 1:3 sqq.; 14:3; 21:1; 22:1) who sprang from Ithamar the younger son of Aaron (1 Chronicles 24:3; cf. 1 Samuel 22:29; 14:3; 2:7 sqq.).からの時間の終わりに裁判官にソロモンは、聖職に就くの手には、ヘリと彼の子孫( 1サミュエル1:3 sqq 。 ;午前14時03分、 21時01分、 22時01分) who springの過去の息子より若いithamarのアーロン( 1クロニクル24:3 ;継続前誌です。 1サミュエル22:29 ;午前14時03分;午前2時07 sqq 。 ) 。 Solomon raised Sadoc, the son of Achitob, to the dignity of the high priesthood, and his descendants held the office down to the time of the Babylonian Captivity (2 Samuel 8:17; 15:24 sqq.; 20:25; 1 Kings 2:26, 27, 35; Ezekiel 44:15); that Sadoc too was of Aaronic descent is attested by I Par., vi, 8.ソロモン提起sadocは、息子のachitob 、尊厳を聖職に就くの高い、と彼の子孫を開催し、オフィスダウンするものであり、バビロン捕囚( 2サミュエル8時17分; 15:24 sqq 。 ; 20:25 ; 1キングス2:26 、 27 、 35 ;エゼキエル44:15 ) ;ことは、あまりにもsadocの証言を私はパーaaronic降下します。 、 6 、 8 。 Besides the Books of Josue and Paralipomenon acknowledge the distinction between priests and Levites; according to 1 Samuel 6:15, the Levites handled the ark, but the Bethsamites, the inhabitants of a priestly city (Joshua 21:13-6), offered sacrifice.歴代志に加えて、書籍のジョスエとの区別は、司祭と認めるlevites ;によると、 1サミュエル6:15は、処理の箱舟levites 、しかし、 bethsamitesに、住民たちは、聖職者の市(ジョシュア21:13-6 ) 、提供を犠牲にです。 A similar distinction is made in 2 Samuel 15:24; 1 Kings 8:3 sq.; Isaiah 66:21.同様の区別が国内で行われる2サミュエル15:24 ; 1キングス8時03平方;イザヤ書66:21です。 Van Hoonacker ("Les pretres et les levites dans le livre d'Ezechiel" in "Revue biblique", 1899, VIII, 180-189, 192-194) shows that Ezechiel did not create the distinction between priests and Levites, but that supposing the traditional distinction in existence, he suggested a divisions in to these classes according to merit, and not according to birth (xliv, 15-xlv, 5).ヴァンhoonacker ( "レpretres etレlevites dansルリーヴルd' ezechiel "と"レヴューbiblique " 、 1899 、 viii 、一八〇から一八九まで、一九二〜一九四)によるとezechielを作成しなかったとの区別は、司祭levitesが、そのsupposing伝統的な区別が存在し、彼はこれらのクラスを提案した部門ではメリットによると、および特定によると、生年月日( 44 、 15 - 45 、 5 ) 。 Unless the critics simply set aside all this historical evidence, they must grant the existence of an Aaronitic priesthood in Israel, and its division into priests and Levites, long before the D and P codes were promulgated according to the critical theory.批評家ていない限り、この歴史的な証拠をすべて取っておくだけで、彼らの存在を付与する必要があります。 aaronitic聖職に就くのは、イスラエル、およびその課をlevites司祭と、ずっと前のDとPコードが公布によると、重要な理論です。 It is true that in a number of passages persons are said to offer sacrifice who are not of Aaronitic descent: Judges, vi, 25 sqq.; xiii, 9; 1 Samuel 7:9; 10:8; 13:9; 2 Samuel 6:17; 24:25; 1 Kings 8:5, 62; etc. But in the first place, the phrase "to offer sacrifice" means either to furnish the victim (Leviticus 1:2, 5) or to perform the sacrificial rite; the victim might be furnished by any devout layman; secondly, it would be hard to prove that God committed the priestly office in such a way to Aaron and his sons as not to reserve to himself the liberty of delegating in extraordinary cases a non-Aaronite to perform the priestly functions.それは事実だが、通路では、多くの人が犠牲によるとを提供するaaronitic whoはないの降下:裁判官は、六、 25 sqq 。 ; 13 、 9 ; 1サミュエル7時09分、 10時08分、 13時09分、 2サミュエル6:17 ; 24:25 ; 1キングス8時05分、 62 ;等しかし、まず第一に、フレーズ"を提供する犠牲"のいずれかを提出する手段は、被害者(レビ記1:2 、 5 ) 、またはを行うには、いけにえ儀式;は、被害者から提供された任意の敬けんな素人かもしれない;第二に、それは神のハードを証明することにコミットする聖職者の事務所にこのような方法をアーロンとその息子たちではない自分自身の自由を予約するに委任する以外に臨時の場合、 -レビの子孫を行うには、聖職者の機能です。

(iii) Pentateuchal Redaction.-The four documentary sources of the Pentateuch thus far descried were combined not by any one individual; critics require rather three different stages of combination: first, a Yahwistic redactor RXX or RX combined J and E with a view of harmonizing them, and adapting them to Deuteronomic ideas; this happened either before or after the redaction of D. Secondly, after D had been completed in the sixth century BC, a redactor, or perhaps a school of redactors, imbued with the spirit of D combined the documents JE into JED, introducing however the modifications necessary to secure consistency. ( 3 ) -の4つのドキュメンタリーpentateuchal redaction.ソースは、五descriedが、これまでのいずれかの組み合わせではなく、個々の;批評家という3つの段階で必要との組み合わせ:第一に、 redactorをyahwistic rx rxxまたは複合Jおよびメールとビュー調和し、適応してdeuteronomicアイデア;この前または後のいずれかが起こったのd.の改訂第二に、 dが完了した後は、紀元前6世紀は、 redactorか、あるいは学校のredactors 、染み込んでの精神のD複合のドキュメントをジェッドは、必要な変更を導入しかし、整合性を確保する。 Thirdly, a last redactor RX imbued with the letter and the spirit of P, combined this document with JED, introducing again the necessary changes.第三に、最後の手紙とredactor rxの精神に染み込んではp 、複合このドキュメントにジェッド、再び導入するために必要な変更を適用します。 The table of nations in Gen., xiv was according to Kunen added by this last redactor. Gen 。と、テーブルof Nationsのは、 14世はkunenによると、この最後のredactorで追加されます。

At first sight, one is struck by the complex character of this theory; as a rule, truth is of a more simple texture.一見すると、 1つは打たれる複雑な文字は、次の理論;は、原則として、真理は、他の単純なテクスチャです。 Secondly, one is impressed by the unique nature of the hypothesis; antiquity has nothing to equal it.第二に、 1つは特有の性質に感銘を受けたの仮説;古代は何の関係も同じことです。 Thirdly, if one reads or studies the Pentateuch in the light of this theory, one is impressed by the whimsical character of the redactor; he often retained what should have been omitted, and omitted what should have been retained.第三に、 1つの読み取りまたは研究している場合五この理論に照らして、 1つは気まぐれな性格に感銘を受けたのredactor ;彼はしばしば省略された場合はどうすれば保持し、省略された場合はどうすれば保持されます。 The critics themselves have to take refuge, time and time again, in the work of the redactor, in order save their own views of the Pentateuch.批評家に避難し、時刻と時間を再び、 redactorの仕事をするために、独自の再生回数は、五後のために保存します。 A recent writer does not hesitate to call the complex redactor ein genialer Esel.最近の作家を呼ぶのをためらうの複雑されないredactor ein genialer eselです。 Fourthly, a truth-loving, straightforward reader is naturally shocked by the literary fictions and forgeries, the editorial changes and subterfuges implied in the critical theory of the Pentateuchal documents and redaction.第四は、真理を愛する、率直なリーダーは、自然に衝撃を受けて、文学の小説や偽造は、暗黙の社説での重要な変更とsubterfugesの理論pentateuchalドキュメントおよび改訂します。 The more moderate critics endeavour to escape this inconvenience: some appeal to the difference between the ancient and the modern standard of literary property and editorial accuracy; others practically sanctify the means by the end.批評家の他の穏健な努力をエスケープするこの不便:いくつかの違いは国会を解散して標準の古代と近代文学の財産と編集精度;その他年末までに実質的に浄化する手段です。 Oettli considers the dilemma "either the work of Moses or the work of a deceiver" as the expression of sheer imprudence; Kautzsch unctuously points to the depth of the wisdom and knowledge of God whose ways we cannot fathom, but must admire. oettli考慮のジレンマ"のいずれかの仕事を欺くムーサーかの仕事をする"との表現の薄手の軽率;カウチを指しての深さを滑らかにするのは賢明な方法と、その神の知識を尋することはできませんが、感嘆必要があります。 The left wing of criticism openly acknowledges that there is no use in hushing up matters; it actually is the result of scientific research that both form and contents of a great part of the Old Testament are based on conscious fiction and forgery.左ウィングの批判を浴びることがないことを公然と認めシュー上の問題で使用することの科学的研究の結果、実際には、その両方のフォームとの内容を大部分の意識に基づいて、旧約聖書の偽造虚構とします。

IV. Ⅳ 。 STYLE OF THE PENTATEUCHスタイルは、五

In some general introductions to the Pentateuch its messianic prophecies are specially considered, ie, the so-called proto-evangelium, Gen., iii, 15; the blessing of Sem, Gen., ix, 26-7; the patriarchal promises, Gen., xii, 2; xiii, 16; xv, 5; xvii, 4-6, 16; xviii, 10-15; xxii, 17; xxvi, 4; xxviii, 14; the blessing of the dying Jacob, Gen., xlix, 8-10; the Prophecy of Balaam, Num., xxiv, 15 sqq.; and the great Prophet announced by Moses, Deut., xviii, 15-19.いくつかの全般を紹介して、五の救世主予言は、特別な考慮、すなわち、いわゆるプロト-福音書、 Gen 。と、 3世、 15 ;の祝福をSEMのは、 Gen 。と、 9世、二六〜七;の家父長の約束を、世代です。 、 12 、 2 ; 13 、 16 、 15 、 5 ; 17 、 4-6 、 16 、 18 、 10-15 ; xxii 、 17 ;二十六、 4 ;二十八、 14 ;の祝福を、死にかけているジェイコブ、 Gen 。と、 49 、 8-10 ;の予言を埋め草、 NUM件です。 、 24 、 15 sqq 。 ;と発表した偉大な預言者ムーサーよ、 deut 。 、 18 、 15-19 。 But these prophecies belong rather to the province of exegesis than introduction.しかし、これらの予言に属する省の解釈というよりも紹介しています。 Again, the text of the Pentateuch has been considered in some general introductions to the work.繰り返しになりますが、テキストは、五は考慮されていくつかの全般の仕事を紹介しています。 We have seen already that besides the Massoretic Text we have to take into account the earlier text followed by the Septuagint translators, and the still earlier readings of the Samaritan Pentateuch; a detailed investigation of this subject belongs to the field of textual or lower criticism.私たちが見られることに加えて、すでにmassoretic本文私たちは、以前のテキストを考慮に入れるセプトゥアギンタの翻訳に続いて、まだそれ以前の朗読と、サマリア五;の詳細な調査は、次のアジ研に属して、フィールドのテキストまたは下位の批判です。 But the style of the Pentateuch can hardly be referred to any other department of Pentateuchal study.しかし、五のスタイルを参照されることは到底他の部門のpentateuchal勉強します。

As Moses employed no doubt pre-existent documents in the composition of his work, and as he must have made use too of the aid of secretaries, we expect antecedently a variety of style in the Pentateuch.モーゼス間違いないとして雇わプレの組成を既存のドキュメントを、彼の作品は、彼として使用する必要がありますがあまりにもの秘書の助けを借りて、様々なスタイルの期待antecedentlyは、五します。 It is no doubt due to the presence of this literary phenomenon that the critics have found so many points of support in their minute analysis.それは間違いないが存在するために、この現象は、文芸批評家のサポートが見つかったので、その分多くのポイントを分析します。 But in general, the style of the work is in keeping with its contents.しかし、一般的には、仕事をされるのスタイルを維持すると、その内容です。 There are three kinds of material in the Pentateuch: first, there are statistics, genealogies, and legal formularies; secondly, there are narrative portions; thirdly, there are parenthetic sections.には、 3つの種類の素材は、五:第一に、統計情報には、 genealogies 、および法的formularies ;第二に、物語には、部分;第三に、セクションには挿入します。

No reader will find fault with the writer's dry and simple style in his genealogical and ethnographic lists, in his table of encampments in the desert, or his legal enactments.あら探しをするのリーダーが乾燥し、シンプルなスタイルの作家の彼の家系や民族間のリスト、彼のテーブルencampmentsは、砂漠か、または自分の法的enactments 。 Any other literary expression would be out of place in records of this kind.その他の文学的表現が場違いな存在では、この種の記録をします。 The narrative style of the Pentateuch is simple and natural, but also lively and picturesque.スタイルは、五の物語は簡単で、自然、絵のように美しいだけでなく、生き生きとしています。 It abounds in simple character sketches, dialogues, and anecdotes.それは単純な文字aboundsスケッチ、対話、および逸話です。 The accounts of Abraham's purchase of a burying-ground, of the history of Joseph, and of the Egyptian plagues are also dramatic.アカウントのアブラハムの購入依頼は、地上を埋め、ジョセフの歴史を、とエジプトのplaguesにも劇的な。 Deuteronomy has its peculiar style on account of the exhortations it contains.申命記には、独特のスタイルでアカウントをexhortationsが含まれています。 Moses explains the laws he promulgates, but urges also, and mainly, their practice.モーゼス説明して彼の法律promulgates 、しかし、要請にも、および主に、彼らの練習します。 As an orator, he shows a great deal of unction and persuasiveness, but is not destitute of the earnestness of the Prophets.演説者として、彼には多大な慰めとなるものと説得力が、極貧のは、熱心ではないのは、預言者です。 His long sentences remain at times incomplete, thus giving rise to so-called anacolutha (cf. Deuteronomy 6:10-12; 8:11-17; 9:9-11; 11:2-7; 24:1-4).彼の長い文章回不完全なままで、このように上昇するいわゆる与えanacoluthonの複数形( cf.申命記6:10-12 ; 8:11-17 ; 9:9-11 ; 11:2-7 ; 24:1-4 )です。 Being necessarily a popular preacher, he is not lacking in repetitions.必然的に人気の説教師が、彼ではないが不足して繰り返しています。 But his earnestness, persuasiveness, and unction do not interfere with the clearness of his statements.しかし、彼の熱意、説得力、および慰めとなるものはありませんの透明性を妨げる彼の機関です。 He is not merely a rigid legislator, but he shows his love for the people, and in turn wins their love and confidence.彼は単なる硬直化した国会議員は、しかし、彼は彼の愛を示しての人々 、そしてその愛と自信を有効勝です。

Decisions of the Biblical Commission意思決定は、聖書の委員会

Some decisions of the Biblical Commission in regards to the chief subject of this article, viz., Genesis, are as follows: The various exegetical systems which exclude the literal and historical sense of the first three chapters of the Book of Genesis are not based on solid foundation.いくつかの意思決定に関しては、聖書の委員会の首席アジ研は、次の資料を、 viz 。 、創世記、は次のとおりです:様々な解釈のシステムを除外する、歴史的な意味でのリテラルの最初の3つの章ではないの創世記に基づいて強固な基盤です。 It should not be taught that these three chapters do not contain true narrations of facts, but only fables derived from the mythologies and cosmogonies of earlier peoples, purged of the polytheistic errors and accommodated to monotheism; or allegories and symbols, with no objective reality, set forth in the guise of history to inculcate religious and philosophical truths; or, finally, legends partly historical and partly fictitious put together for instruction and edification.教えてはならない3つの章では、これらの事実が含まれていない真のナレーションだけの神話と寓話cosmogoniesから派生した以前の人々 、削除、エラー、および宿泊を多神教一神教;またはallegoriesや記号がなく、客観的現実には、の歴史を装っての規定は、宗教や哲学的真理を鼓吹するか、最後に、歴史的、部分部分架空の伝説の命令をまとめると教化です。 In particular, doubt should not be cast on the literal and historical sense of passages which touch on the foundations of the Christian religion, as, for instance, the creation of the universe by God at the beginning of time; the special creation of man; the formation of the first woman from the first man; the unity of the human race; the original happiness, integrity, and immortality of our first parents in the state of justice; the precept given by God to man to try his obedience; the transgression of the Divine precept, at the suggestion of the Devil, under the form of a serpent; the fall of our first parents from their original state of justice; the promise of a future Redeemer.特に、ギプスを疑うことはできませんリテラル、歴史的な感覚に触れて通路には、キリスト教の宗教の基盤として、例えば、宇宙の創造の神の冒頭に時間がかかったり、特別な創造の男;の形成には、最初の女性からの最初の男;の結束を、人間のレース; 、元の幸福、完全性、および弊社の最初の父母は、不死の状態を正義の神は人間に与えられた教訓彼の服従を試す;の罪は、神の教えは、悪魔の提案は、フォームの下に、ヘビ;の秋に最初の両親から、元の状態の正義;の約束を、将来の救い主です。

In explaining such passages in these chapters as the Fathers and Doctors interpreted differently, one may follow and defend the opinion which meets his approval. Not every word or phrase in these chapters is always necessarily to be taken in its literal sense so that it may never have another, as when it is manifestly used metaphorically or anthropomorphically. The literal and historical meaning of some passages in these chapters presupposed, an allegorical and prophetical meaning may wisely and usefully be employed. As in writing the first chapter of Genesis the purpose of the sacred author was not to expound in a scientific manner the constitution of the universe or the complete order of creation, but rather to give to the people popular information in the ordinary language of the day, adapted to the intelligence of all, the strict propriety of scientific language is not always to be looked for in their terminology. The expression six days and their division may be taken in the ordinary sense of a natural day, or for a certain period of time, and exegetes may dispute about this question.

Publication information Written by AJ Moss. Transcribed by Thomas M. Barrett & Michael T. Barrett. Dedicated to the Poor Souls in Purgatory The Catholic Encyclopedia, Volume XI. Published 1911. New York: Robert Appleton Company. Nihil Obstat, February 1, 1911. Remy Lafort, STD, Censor. Imprimatur. +John Cardinal Farley, Archbishop of New York

Bibliography書誌事項

Many works referring to the Pentateuch have been cited throughout the course of this article.多くの作品を参照して引用しても五コースは、次の資料です。 We shall here add a list of mainly exegetical works, both ancient and modern, without attempting to give a complete catalogue.わたしたちはここのリストを追加するに解釈の作品を中心に、両方の古代と現代、しようとせず、完全なカタログを与える。

PATRISTIC WRITERS."Eastern Church:--ORIGEN, Selecta in Gen., PG, XII, 91- 145; IDEM, Homil. in Gen., ibid., 145-62; IDEM, Selecta et homil, in Ex., Lev., Num., Deut., ibid., 263-818; IDEM, Fragmenta in PG, XVII, 11-36; ST. BASIL, Homil. in Hexaemer. in PG, XXIX, 3-208; ST. GREGORY OF NYSSA, In Hexaemer. in PG, XLIV, 61-124; IDEM, De homin. Opific., ibid., 124-297; IDEM, De vita Moysis, ibid., 297-430; ST. JOHN CHRYS., Homil. in Gen. in PG, LIII, LIV, 23- 580; IDEM, Serm. In Gen. in PG, LIV, 581-630; ST. EPHR., Comment in Pentat. in Oper. Syr., I, 1-115; ST. CYRIL OF ALEX., De adoratione in spiritu in PG, LXVIII, 133-1125; Glaphyra in PG, LXIX, 13-677; THEODORETUS, Quaest. in Gen., Ex., Lev., Num., Deut. in PG, LXXX, 76-456; PROCOPIUS OF GAZA, Comment. in Octateuch. in PG, LXXXVII, 21-992; NICEPHORUS, Catena in Octateuch. et libros Reg. (Leipzig, 1772). patristic作家です。 "東教会: -原産地、 s electa、 G en。と、 p g、 1 2、 9 1- 14 5;同じ、h o mil。、 G e n。と、同上、1 4 5から62まで;同じ、s e lectaet ho milは、例です。、レフです。 、 NUM件です。 、 deut 。 、同上、 263から818 ;同じ、 fragmenta 、 pg 、 17 、一一〜三六;セントです。バジル、 homil 。 hexaemerします。 、 pg 、 29 、三から二百八まで;セントです。グレゴリーのnyssaは、 hexaemer 。 、 pg 、 44 、六一から一二四まで;同じ、デ人間です。 opific 。 、同上、百二十四〜二百九十七;同じ、デ生命moysis 、同上、二九七から四三〇 ;セントです。ジョンchrys 。 、 homil 。性にpg 、 53 、 54 、 23 -5 80;同じ、 s erm。 、 G en。と、 p g、リヴ、五百八十一〜六百三十;セントです。 e phr。 、コメントをp entat。で動作します。 s yr。 、私は、一から百十五まで;セントです。シリルのアレックス。 、デadorationeでspirituでpg 、 68 、 133-1125 ; glaphyra 、 pg 、 69 、十三から六百七十七まで; theodoretus 、 quaest 。 、 Gen 。と、例です。 、レフです。 、 NUM件です。 、 deut 。 pg 、 80 、七六〜四五六; procopiusのガザ地区、コメントは得られなかった。でoctateuch 。 、 pg 、 87 、 21〜992 ;ニケフォロス、カテナでoctateuchです。 et図書館てください。 (ライプチヒ、 1772 ) 。

Western Church: ST.欧米の教会:セントです。 AMBROSE, In Hexaemer.アンブローズは、 hexaemerです。 in PL, XIV, 123-274; IDEM, De Paradiso terrestri, ibid., 275-314; IDEM, De Cain et Abel, ibid., 315-60; IDEM, De Noe et arca, ibid., 361-416; IDEM, De Abraham, ibid., 419-500; IDEM, De Isaac et anima, ibid., 501-34; IDEM, De Joseph patriarcha, ibid., 641-72; IDEM, De benedictionibus patriarcharum, ibid., 673-94; ST. 、ポーランド語、 14 、 123から274 ;同じ、デパラディーゾterrestri 、同上、 275〜314 ;同じ、デカインetアベル、同上、三百十五から六十まで;同じ、デノエet箱、同上、 361から416 ;同上、デイブラーヒーム、同上、四百十九から五百;同じ、デアイザックetアニマ、同上、五百一から三十四;同じ、 patriarchaデジョセフ、同上、六四一〜七二;同じ、 patriarcharumデbenedictionibusは、同上、 673 - 94 ;セントです。 JEROME, Liber quaest.ジェローム、独立したquaestです。 hebraic.ヘブライ人のです。 in Gen. in PL, XXIII, 935-1010; ST. Gen 。と、ポーランド語で、 23 、 935-1010 ;セントです。 AUGUSTINE, De Gen. c.アウグスティヌス、デGen 。とc. Manich. manichです。 ll.すべてのです。 due in PL, XXXIV, 173-220; IDEM, De Ger.ポーランド語のせいで、 34 、一七三から二二〇まで;同じ、デドイツします。 ad lit., ibid., 219-46; IDEM, De Ger.広告点灯します。 、同上、二百十九から四十六まで;同じ、デドイツします。 ad lit.広告点灯します。 ll.すべてのです。 duodecim, ibid., 245-486; IDEM, Quaest in Heptateuch., ibid., 547-776; RUFINUS, De benedictionibus patriarcharum in PL, XXI, 295-336; ST. duodecim 、同上、 245〜486 ;同上、七quaestにします。 、同上、五四七〜七七六;ルフィヌス、デbenedictionibus patriarcharumでポーランド語、 xxi 、 295から336まで;セントです。 VEN.フェンです。 BEDE, Hexaemeron in PL, XCI, 9-190; IDEM, In Pentateuch.ビード、天地創造の6日、ポーランド語、 91 、九〜百九十;同上は、五します。 Commentarii, ibid., 189-394; IDEM, De tabernaculo et vasibus ejus, ibid., 393-498; RHABANUS MAURUS, Comm. commentarii 、同上、百八十九から三百九十四まで;同じ、デtabernaculo et vasibus ejus 、同上、三九三から四九八まで; rhabanusマウルス、通信します。 in Gen. in PL, CVII, 443-670; IDEM, Comment. Gen 。と、ポーランド語で、ロードCVII 、四四三〜六七〇 ;同じ、コメントは得られなかった。 in Ez., Lev., Num., Deut.でezします。 、レフです。 、 NUM件です。 、 deutです。 in PL, CVIII, 9-998; WALAFRID STRABO, Glossa ordinaria in PL, CXIII, 67-506. 、ポーランド語、 cviii 、 9〜998 ; walafridストラボン、舌ordinaria 、ポーランド語、 cxiii 、六十七〜五百六です。

MIDDLE AGES:-ST.中世: -セントです。 BRUNO OF ASTI, Expositio in Pentateuch.ブルーノのアスティ、五expositioにします。 in PL, RUPERT OF DEUTZ, De SS. 、ポーランド語、ルパートのDeutz ( 、デssです。 Trinitate et operib. trinitate et operibです。 Ejus in PL, CLXVII, 197-1000; HUGH OF ST. ejus 、ポーランド語、 clxvii 、 197-1000 ;ヒューセントです。 VICTOR, Adnotationes elucidatoriae in Pent.ビクター、 adnotationes elucidatoriaeに閉じ込められた。 in PL, CLXXV, 29-86; HONORIUS OF AUTUN, Hexameron in PL, CLXXII, 253-66; IDEM, De decem plagis Aegypti, ibid., 265-70; ABELARD, Expositio in Hexaemeron in PL, CLXXVII, 731-84; HUGH OF ST.ポーランド語で、 clxxv 、 29から86まで;ホノリウスのオータンに、ポーランド語hexameronで、 clxxii 、二百五十三から六十六;同じ、デ10のplagis aegypti 、同上、 265から70まで;アベラード、 expositio 、天地創造の6日、ポーランド語、 clxxvii 、 731から84まで;ヒューセントです。 CHER, Postilla (Venice, 1588); NICOLAUS OF LYRA, Postilla (Rome, 1471); TOSTATUS, Opera, I-IV (Venice, 1728); DIONYSIUS THE CARTHUSIAN, Comment.シェール、 postilla (ベニス、 1588 ) ;ニコラウスのリラ、 postilla (ローマ、 1471 ) ; tostatus 、オペラ、私- 4 (ベニス、 1728 ) ;ディオニュシオスのカルトゥジオ修道会、コメントは得られなかった。 in Pentateuch.で五します。 in Opera omnia, I, II (Montreuil, 1896-7).オペラ愛はすべてを、私は、 2世(モントルイユ、千八百九十六から七まで) 。

MORE RECENT WORKS.-Jewish Writers:-The Commentaries of RASHI (1040-1150), ABENASRA (1092-1167), and DAVID KIMCHI, (1160-1235) are contained in the Rabbinic Bibles; ABARBANEL, Comment.他の最近のworks. -系ユダヤ人の作家: - rashiの論評を( 1040-1150 ) 、 abenasra ( 1092-1167 ) 、およびデビッドキムチ、 ( 1160-1235 )が含まれているラビ聖書; abarbanel 、コメントは得られなかった。 (Venice, 5539 AM; 1579 BC); CAHEN, French tr. (ベニス、 5539アム;紀元前1579 ) ;カアン、フランス語tr 。 of Pent.の積もりです。 (Paris, 1831); KALISCH, Historical and Critical Comment on the Old Test. (パリ、 1831 ) ;カリッシュ、歴史的、批判的なコメントをしていくという古いテストします。 (London), Gen. (1885); Lev. (ロンドン) 、 Gen 。と( 1885 ) ;レフです。 (1867, 1872); Ez. ( 1867 、 1872 ) ; ezします。 (1855); HIRSCH, Der Pent. ( 1855 ) ;ハーシュ、 der積もりです。 ubersetzt und erklart (2nd ed., Frankfurt, 1893, 1895); HOFFMANN, Das Buch Lev. ubersetzt und erklart (第2版です。 、フランクフルト、 1893 、 1895 ) ;ホフマン、 dasブーフレフです。 ubersetz und erklart (Berlin, 1906). ubersetz und erklart (ベルリン、 1906 ) 。

Protestant Writers:-The works of LUTHER, MELANCHTHON, CALVIN, GERHART, CALOVIUS, DRUSIUS, DE DIEU, CAPPEL, COCCEIUS, MICHAELIS, LE CLERC, ROSENMULLER, and even of TUCH and BAUMGARTEN, are of minor importance in our days; KNOBEL, Gen. (6th ed., by DILLMANN, 1892; tr., Edinburgh, 1897); RYSSEL, Ez.プロテスタント作家: -の作品のルター、メランヒトン、カルバン、ゲルハルト、 calovius 、 drusius 、デdieu 、 cappel 、コクツェーユス、マイカリス、ルクレール、ローゼンミュラー、とさえtuchとバウムガルテン、細部の重要性を私たちは日中に発送; knobel 、 Gen 。と( 6エド。 、ディルマン、 1892 ; tr 。 、エジンバラ、 1897 ) ; ryssel 、 ezです。 and Lev.とレフです。 (3rd ed., 1897); DILLMANN, Numbers, deut., Jos. (2nd ed., 1886); LANGE, Theologisch-homiletisches Bibelwerk (Bielefeld and Leipzig); IDEM, Gen. (2nd ed., 1877); IDEM, Ez., Lev., and Numbers (1874); STOSCH, Deut. (第3版、 1897 ) ;ディルマン、数字、 deut 。 、 jos. (第2版、 1886 ) ;ランゲ、 theologisch - homiletisches bibelwerk (ビーレフェルトとライプチヒ) ;同じ、 Gen 。と(第2版、 1877 ) ;同上、 ezします。 、レフです。 、と数字( 1874 ) ; stosch 、 deutです。 (2nd ed., 1902); KEIL and FRANZ DELITZSCH, Biblischer Comment. (第2版、 1902 ) ; keilとフランツデリッチ、 biblischerコメントは得られなかった。 uber das AT; KEIL, Gen. and Ex.プロダクトdas先; keil 、 Gen 。ととex 。 (3rd ed., Leipzig, 1878); IDEM, Lev., Numbers, Deut. (第3版です。 、ライプチヒ、 1878 ) ;同じ、レフです。 、数字、 deutです。 (2nd ed., 1870; tr., Edinburgh, 1881, 1885); STRACK and ZOCKLER, Kurzgefasster Komment. (第2版、 1870 ; tr 。 、エジンバラ、 1881 、 1885 ) ;シュトラックとツェックラー、 kurzgefasster komment 。 zu den h. zuデン笠原 Schriften A. und NT (Munich); STRACK, Gen. (2nd ed., 1905); IDEM, Ez., Lev., Numbers (1894); OETTLI, Deut. schriften a. und NTの(ミュンヘン) ;シュトラック、 Gen 。と(第2版、 1905 ) ;同じ、 ezします。 、レフです。 、数字( 1894 ) ; oettli 、 deutです。 (1893); NOWACK, Handkomment. ( 1893 ) ;ノバック、 handkommentです。 zum AT (Gottingen); GUNKEL, Gen. (1901); BANTSCH, Ez., Lev., Numbers (1903); Deut. zum先(ゲッティンゲン) ;グンケル、 Gen 。と( 1901 ) ; bantsch 、 ezします。 、レフです。 、数字( 1903 ) ; deutです。 by STEUERNAGEL (1900); MARTI, Kurtzer Handommentar z.さsteuernagel ( 1900 ) ;マーティ、 kurtzer handommentar z. AT (Freiburg): HOLZINGER, Gen. (1898), Ez.先(フライブルク) : holzinger 、 Gen 。と( 1898 ) 、 ezです。 (1900), Numbers (1903); BERTHOLET, Lev. ( 1900 ) 、数字( 1903 ) ; bertholet 、レフです。 (1901), Deut. ( 1901 ) 、 deutです。 (1899); BOHMER, Das erste Buch Mose (Stuttgart, 1905); COOK, The Holy Bible according to the Authorized Version, I-II (London, 1877); SPENCE and EXELL, The Pulpit Commentary (London): WHITELAW, Gen.; RAWLINSON, Ex.; MEYRICK, Lev.; WINTERBOTHAM, Numbers; ALEXANDER, Deut.; The Expositor's Bible (London): DODS, Gen. (1887); CHADWICK, Exod. ( 1899 ) ;ベーマー、 das ersteブーフmose (シュツットガルト、 1905 ) ;クックは、聖書によると、正規版との比較、私- Ⅱ (ロンドン、 1877 ) ;スペンスとexell 、説教壇に解説(ロンドン) :ホワイトロー、世代。 ;ローリンソン、例です。 ; meyrick 、レフです。 ;ウィンターボーザム、数字;アレクサンダー、 deut 。 ;のエクスポジターの聖書(ロンドン) :ドッズ、 Gen 。と( 1887 ) ;チャドウィック、 exodです。 (1890); KELLOGG, Lev. ( 1890 ) ;ケロッグ、レフです。 (1891); WATSON, Numbers (1889); HARPER, Deut. ( 1891 ) ;ワトソン、数字( 1889 ) ;ハーパー、 deutです。 (1895); The International Critical Commentary (Edinburgh): GRAY, Numbers (1903); DRIVER, Deut. ( 1895 ) ;の国際的批判的論評(エジンバラ) :白黒、数字( 1903 ) ;ドライバ、 deutです。 (1895); SPURRELL, Notes on the Hebrew Text of Gen. (2nd ed., Oxford, 1896); GINSBURG, The Third Book of Moses (London, 1904); MACLAREN, The Books of Ex., Lev., and Numbers (London, 1906); IDEM, Deut. ( 1895 ) ; spurrell 、ヘブライ語のテキストを検索するノートGen 。と(第2版、オックスフォード、 1896 ) ;ギンズバーグ、 3番目の予約のムーサー(ロンドン、 1904 ) ;マクラーレンは、書籍の例です。 、レフです。 、と数字(ロンドン、 1906 ) ;同じ、 deutです。 (London, 1906); REUSS, L'histoire sainte et la loi (Paris, 1879); KUENEN, HOSYKAAS, and OORT, Het Oude Testament (Leyden, 1900-1). (ロンドン、 1906 ) ;ロイス、 l' histoireサントとラLoi社(パリ、 1879 ) ;キューネン、 hosykaas 、およびオールト、 hetアウデ遺言(ライデン、千九百から一) 。

Catholic Works:-The works of CAJETAN, OLEASTER, STEUCHUS EUGUBINUS, SANTE PAGINO, LIPPOMANNUS, HAMMER, B. POREIRA, ASORIUS MARTINENGUS, LORINUS, TIRINUS, A LAPIDE, CORN, JANSENIUS, BONFRERE, FRASSEN, CALMET, BRENTANO, DERESER, and SCHOLZ are either too well known or too unimportant to need further notice.カトリックの著作物: -の作品をcajetan 、グミ、 steuchus eugubinus 、サンテpagino 、 lippomannus 、ハンマー、 b. poreira 、 asorius martinengus 、 lorinus 、 tirinusは、ラピデ、トウモロコシ、ヤンセニウス、ボンフレール監督は、 frassen 、カルメ、ブレンターノ、 dereser 、およびショルツは、あまりにも取るに足りないのいずれかあまりにもよく知られまたはより詳細な通知を必要とします。 La Sainte Bible (Paris); CHELIER, La Genese (1889); IDEM, l'Exode et la Levitique (1886); TROCHON, Les Nombres et le Deuteronome (1887-8); Cursus Scripturae Sacrae (Paris); VON HUMMELAUER, Gen. (1895); Ex., Lev.ラサント聖書(パリ) ; chelier 、ラgenese ( 1889 ) ;同じ、 l' exodeとラlevitique ( 1886 ) ; trochon 、レnombres etルdeuteronome ( 1887から8まで) ; cursus scripturae sacrae (パリ) ;フォンhummelauer 、 Gen 。と( 1895 ) ;例です。 、レフです。 (1897); Num. ( 1897 ) ; NUM件です。 (1899); Deut. ( 1899 ) ; deutです。 (1901); SCHRANK, Comment. ( 1901 ) ; schrank 、コメントは得られなかった。 literal.リテラルのです。 in Gen. (1835); LAMY, Comment in l. 、 Gen 。と( 1835 ) ;ラミー、コメントをl. Gen. (Mechlin, 1883-4); TAPPEHORN, Erklarung der Gen. (Paderborn, 1888); HOBERG, Die Gen. nach dem Literalsinn erklart (Freiburg, 1899); FILLION, La Sainte Bible, I (Paris, 1888); NETELER, Das Buch Genesis der Vulgata und des hebraischen Textes ubersetzt und erklart (Munster, 1905); GIGOT, Special Introduction to the Study of the Old Testament, I (New York, 1901). Gen 。と(メクリン、 1883-4 ) ; tappehorn 、 erklarung der Gen 。と(パーダーボルン、 1888 ) ; hoberg 、死ぬGen 。とliteralsinn食後erklart (フライブルク、 1899 ) ; fillion 、ラサント聖書の、私(パリ、 1888 ) ; Netelerが、創世記der vulgata und dasブーフhebraischen textesデubersetzt und erklart (マンステール、 1905 ) ;ジゴ、特別な導入のことを勉強し、旧約聖書の、私(ニューヨーク、 1901 ) 。 Biblical Commission: Acta Apostolicoe Sedis (15 July, 1908); Rome (17 July, 1909).聖書委員会:ログapostolicoe位置不明( 7月15日、 1908 ) 、ローマ( 1909年7月17日) 。


Book of Genesis or Bereshit創世記またはbereshit

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

§ 1. § 1 。 -Biblical Data: -聖書のデータ:

The first book of the Torah, and therefore of the whole Bible, is called by the Jews "Bereshit," after the initial word; by the Septuagint and by Philo it is called Γύνεσις (κόσμου) = "origin" (of the world), after the contents, and hence "Genesis" has become the usual non-Hebrew designation for it.律法の最初の本は、全体のための聖書は、ユダヤ人と呼ばれる" bereshit 、 "後の最初の言葉;されたセプトゥアギンタとフィロとも呼ばれγύνεσις ( κόσμου ) = "起源" (世界の) 、後の内容、およびそれゆえ"創世記"はヘブライ語以外の種別になるため、いつものことです。 According to the Masorah, it is divided into ninety-one sections ("parashiyyot"), forty-three of which have open or broken lines ("petuḥot"), and forty-eight closed lines ("setumot"); or into forty-three chapters ("sedarim") and twenty-nine sections ("pisḳot"); for reading on the Sabbath, into twelve lessons; according to the division adopted from the Vulgate, into fifty chapters with 1,543 verses.によると、 masorah 、それは91のセクションに分かれて( " parashiyyot " ) 、 43の行が壊れて開いたり( " petuḥot " ) 、および48クローズライン( " setumot " ) ;またはを40 - 3つの章( " sederの複数形"を参照) 、 29セクション( " pisḳot " ) ;を読む上の安息日、レッスンを12 ;課によると、ウルガタ聖書の採択から、 1543の詩を50章にします。

§ 2. § 2 。 Nature and Plan.自然との計画です。

Genesis is a historical work.ジェネシスは、歴史的な仕事です。 Beginning with the creation of the world, it recounts the primal history of humanity and the early history of the people of Israel as exemplified in the lives of its patriarchs, Abraham, Isaac, and Jacob, and their families.世界の創造を始めとした、それプライマルの歴史を再集計すると、初期の人類の歴史を例示としてイスラエルの人々はそのpatriarchsでの生活を、イブラーヒーム、イスハーク、とジェイコブ、とその家族です。 It contains the historical presupposition and basis of the national religious ideas and institutions of Israel, and serves as an introduction to its history and legislation.これには、歴史的な基礎を前提とする国家機関の宗教的なアイデアやイスラエル、日本、およびサービスとして、その歴史と立法の紹介をします。 It is a well-planned and well-executed composition of a single writer, who has recounted the traditions of his people with masterly skill, combining them into a uniform work, without contradictions or useless repetitions, but preserving the textual and formal peculiarities incident to their difference in origin and mode of transmission.これはよくよく計画と実行の組成を、 1つの作家、 who recountedの伝統は、彼の見事な腕前の人々に、制服作業を組み合わせて、矛盾や無駄なく繰り返し、しかし、事件の特殊性を維持することを正式なテキストとその違いが起源とモードを伝送します。

§ 3. § 3 。 The author has treated the story as a series of ten "generations" ("toledot"); namely, (1) of heaven and earth, ch.治療の物語としての著者は、一連の10個の"世代" ( " toledot " ) ;すなわち、 ( 1 )の天と地、あなたのです。 ii. Ⅱ 。 4-iv.; (2) of Adam, v.-vi. 4 - Ⅳ 。 ; ( 2 )のアダム、 v.-vi. 8; (3) of Noah, vi. 8 ; ( 3 )のノア、 Ⅵ 。 9-ix.; (4) of Noah's sons, x.-xi. 9 - 9 。 ; ( 4 )のノアの息子、 x.-xi. 9; (5) of Shem, xi. 9 ; ( 5 )のshem 、西です。 10-26; (6) of Terah, xi. 10月26日、 ( 6 )のテラ、西です。 27-xxv. 27 - 25 。 11; (7) of Ishmael, xxv. 11 ; ( 7 )のイスマーイール、 25です。 12-18; (8) of Isaac, xxv. 12-18 ; ( 8 )のアイザックは、 25です。 19-xxxv.; (9) of Esau, xxxvi.; (10) of Jacob, xxxvii.-1. 19 - 35 。 ; ( 9 )のエサウ、 36 。 ; ( 10 )のジェイコブ、 xxxvii. - 1です。

§ 4. § 4 。 Contents.内容です。

In the beginning God created heaven and earth (i. 1), and set them in order in six days.はじめに神は天と地作成( i. 1 ) 、および設定するために、 6日の間です。 He spoke, and on the first day there appeared the light; on the second, the firmament of heaven; on the third, the separation between water and land, with vegetation upon the latter; on the fourth, sun, moon, and stars; on the fifth, the marine animals and birds; on the sixth, the land animals; and, finally, God created man in His image, man and woman together, blessing them and giving them dominion over all beings.彼は、との最初の日の光が登場;で2番目に、大空の天国;上の3つ目は、水と大地の間の分離、後者の植生時;上の第四に、太陽、月、および星印;第5は、海洋動物や鳥;は6番目は、その土地の動物;と、最後に、神の作成の男のイメージは、男と女一緒に、祝福し、すべての支配権を与えている。 On the seventh day God rested, and blessed and sanctified the day (i. 2-ii. 3).七日目の休息を神と祝福と聖別の日( i. 2 - Ⅱ 。 3 ) 。 As regards the creation and subsequent story of man (Adam), God forms him out of earth ("adama"), and breathes into him the breath of life.この点に関しての創造とその後の物語の男(アダム) 、神のフォーム彼を地球( " adama " ) 、および、彼は息を吸い込んだの生活をします。 Then He sets him in a pleasure-garden (Eden), to cultivate and watch over it.それから彼は、彼は喜びセット-庭園(エデン) 、および監視を厳重にする能力を養うことです。 Adam is allowed to eat of all the fruit therein except that of the "tree of the knowledge of good and evil."アダムが許可さのすべての果物を食べるのを除いてそこには、 "カテゴリは、善と悪の知識をします。 " God then brings all the animals to Adam, to serve as company for and to receive names from him.神のすべての動物をもたらすアダム入力し、会社として名を受信すると、彼からもらった。 When Adam can find no being like himself among all these creatures, God puts him into a deep sleep, takes a rib from his side, and forms a woman (called later "Eve"), to be a companion to him.アダムは見つからないときに自分自身の中のすべての生き物のように、神によって彼に、深い睡眠、彼の側からでは、肋骨、およびフォームの女性(と呼ばれるへ"イヴ" ) 、には、コンパニオンしている。 The woman is seduced by the artful serpent to eat of the forbidden fruit, and the man also partakes of the same.その女性は巧妙な誘惑されたヘビは、禁断の果実を食べると、男もpartakesと同じです。 As punishment they are driven out of Eden (ii. 4-iii.).罰として追い出さ彼らはエデンの( ii. 4 - Ⅲ 。 ) 。 Adam and Eve have two sons, Cain and Abel.アダムとイブが2人の息子、カインとアベルです。 Cain grows envious of the favor found by his brother before God, and slays him; he then wanders over the earth as a fugitive, and finally settles in the land of Nod.カインの成長の恩恵うらやましく前に発見された弟の神となり、 slays彼の地球ワンダースとして入力し、逃亡中の、そして最後に和解は、ノドの地です。 Enoch, one of his sons, builds the first city, and Lamech takes two wives, whose sons are the first dwellers in tents and owners of herds and the earliest inventors of musical instruments and workers in brass and iron.イノック、彼の息子たちの1つ、ビルドの最初の都市、およびレメクは、 2つの妻、その人の息子に住む人々は、最初のテントや発明家の所有者の群れと最古の楽器と真鍮と鉄の労働者です。 Cain's descendants know nothing about God (iv.).カインの子孫のことは全然知らない神( iv. ) 。 Another son, Seth, has in the meantime been born to Adam and Eve in place of the slain Abel.別の息子、セスはそれまでの間に生まれてアダムとイブをつくられ、殺害されたアベルの代わりにします。 Seth's descendants never lose thought of God.セスの子孫決して神の考えを失う。 The tenth in regular descent is the pious Noah (v.).第10回定期的に降下さは、信心深いノア(動)です。

§ 5. § 5 。 As mankind has become wicked, indulging in cruelties and excesses, God determines to destroy it entirely.邪悪な人間になったとして、そして過剰な残虐行為と、神がわたしたちを破壊することを完全に決定します。 Noah only, on account of his piety, will escape the general ruin; and God commands him to build a large ark, since the work of destruction is to be accomplished by means of a great flood.ノアのみで、 [アカウントの彼の信心深さは、全般にエスケープ破滅させる;と彼に神のコマンドを構築する大規模なアーク、以来、仕事の破壊が達成されるという手段によって大洪水です。 Noah obeys the command, entering the ark together with his wife, his three sons, Shem, Ham, and Japheth, their wives, and, by God's instructions, with one couple of each kind of animal on the earth.ノアのコマンドに従う、彼の妻と一緒に箱舟入力して、彼の3人の息子、 shem 、ハム、とジェイフェス、その妻、そして、神の指示に従って、 1つのカップルの各種類の動物は、地球上にします。 Then the flood comes, destroying all living beings save those in the ark.その後、洪水になれば、それらを破壊するすべての生物の箱舟に保存します。 When it has subsided, the latter leave the ark, and God enters into a covenant with Noah and his descendants.ときには少なく、後者のままの箱舟、と神の約束に入って、ノアと彼の子孫です。 Noah begins to cultivate the field that has been cursed during Adam's lifetime (iii. 17-19; v. 29), and plants a vineyard (ix. 20).ノアの分野を育てて開始されてきたアダムの生涯の中にのろわ( iii. 17-19 ; v. 29 ) 、および植物のぶどう畑( ix. 20 ) 。 When, in a fit of intoxication, Noah is shamelessly treated by his son Ham, he curses the latter in the person of Ham's son Canaan, while the reverential Shem and Japheth are blessed (ix. 21-27).ときに、中毒に駆られ、治療される臆面もなく息子ノアは、ハム、彼は後者の呪いは、ハムの息子カナンの人が、畏敬の念をshemとジェイフェスが祝福( ix. 21-27 ) 。 Ch.あなたのです。 x. Xで contains a review of the peoples that are descended fromJapheth, Ham, and Shem (down to the chief branch of the last-named), and are living dispersed over the whole earth.には、子孫のレビューをfromjaphethの人々には、ハム、とshem (ダウンして、最後に支店長の名前)とは、地球全体の生活に分散します。 The dispersion was due to the "confusion of tongues," which God brought about when men attempted to build a tower that should reach up to heaven (xi. 1-9).の分散のためには、 "言葉の混乱"は、神の男性をもたらしたしようとしたときにタワーを建設することを天国に達する( xi. 1-9 ) 。 A genealogy is given of Shem's descendants in regular line, the tenth generation of whom is represented by Terah (xi. 10-25). shem系譜は、与えられたの定期的なラインの子孫で、第10回世代の人が表されるテラ( xi. 10-25 ) 。

§ 6. § 6 。 Terah, who lives at Ur of the Chaldees, has three sons, Abram, Nahor, and Haran.テラ、 who命を出典のchaldees 、 3人の息子は、エイブラム、 nahor 、およびハランです。 Haran's son is Lot.ハランの息子がたくさんです。 Nahor is married to Milcah, and Abram to Sarai, who has no children (xi. 26-32). nahorは、結婚してmilcah 、とエイブラムをサライ、 whoがない子供たち( xi. 26-32 ) 。 God directs Abram to leave his home and kindred because He intends to bless him.神の指示エイブラムの自宅や親族を残すため、彼は彼を祝福する意向です。 Abram obeys, emigrating with his entire household and Lot, his brother's son, to the land of Canaan.エイブラムに従う、全体の移住を自分の家庭や多く、彼の弟の息子、カナンの地をします。 Here God appears to him and promises that the land shall become the property of his descendants.ここに彼との約束を、神が表示されたら、その土地は、彼の子孫の財産になる。 Abram is forced by a famine to leave the country and go to Egypt.エイブラムは、強制された飢饉国を残しておくようにエジプトに行く。 The King of Egypt takes possession of the beautiful Sarai (whom Abram has represented as his sister), but, smitten by God, is compelled to restore her (xii.).ザキングオブエジプトは、所持の美しいサライ(誰エイブラムは彼のお姉さんとして表現され) 、しかし、神の心を打つ、彼女は強制を復元する( xii. ) 。 Abram returns to Canaan, and separates from Lot in order to put an end to disputes about pasturage, leaving to Lot the beautiful country in the valley of the Jordan near Sodom.エイブラムカナンに戻り、および分離より多くの紛争に終止符を打つために放牧については、残してたくさんの美しい国で、ヨルダンの谷のソドムの近くです。 God thereupon again appears to Abram, and again promises him the whole country (xiii.).そこで神を再び表示されたらAbramに代わって、国全体と、彼は約束を再度( xiii. ) 。 Lot is taken prisoner during a war between Amraphel, King of Shinar, and Bera, King of Sodom, with their respective allies, whereupon Abram pursues the victors with his armed servants, liberates Lot, and seizes the booty, refusing his share of the same (xiv.).多くは戦争中に捕虜の間にamraphel 、キングオブシャイナー、およびリック、キングオブソドム、それぞれの同盟国、エイブラムすると彼の勝利を得るの追求武装召使、 liberates多くし、戦利品を押収し、彼のシェアを拒否したのと同じ( xiv. ) 。 After this exploit God again appears to Abram and promises him protection, a rich reward, and, in spite of the fact that Abram still has no children, a numerous progeny.このexploit神した後エイブラムとの約束を再度表示さ彼の保護、豊かな報酬、および、にもかかわらず、エイブラムいるわけではないという事実を子供たちは、数多くの子孫です。 These descendants must pass four hundred years in servitude in a strange land; but after God has judged their oppressors they, in the possession of great wealth, shall leave the land of their affliction, and the fourth generation shall return to the same land (xv.).これらの子孫に服することを通過しなければならないが、 400年の奇妙な土地;しかし、神が判断した後、抑圧者彼らは、偉大な富の所有者は、その土地のままに苦悩し、第4世代は、同じ土地に戻って( 15 。 ) 。

Sarai being still childless, Abram gets a son, Ishmael, by her Egyptian handmaid, Hagar (xvi.).サライはまだ子供が、息子エイブラムを取得する、イスマーイール、彼女のエジプトのお手伝いさん、 hagar ( xvi. ) 。 God again appears to Abram, and enters into a personal covenant with him securing Abram's future: God promises him a numerous progeny, changes his name to "Abraham" and that of Sarai to "Sarah," and institutes the circumcision of all males as an eternal sign of the covenant.神を再度表示さAbramに代わって、個人的な約束と入って彼の将来の確保エイブラム:神の約束を彼は数々の子孫は、自分の名前を変更" Abraham "とのサライを"サラ"と機関としての割礼のすべての男性に永遠のサインを誓約します。 Abraham, together with his whole house, immediately fulfils the rite (xvii.).アブラハムは、彼の家全体と一緒に、すぐになすの儀式( xvii. ) 。 God once more appears to Abraham in the person of three messengers, whom Abraham receives hospitably, and who announce to him that he will have a son within a year, although he and his wife are already very old.アブラハムの神を一度に表示されたら、他の人の3つの使徒、誰hospitablyアブラハムを受信し、 who発表を彼には彼の息子には、一年以内に、彼と彼の妻はすでに非常に古い。 Abraham also hears that God's messengers intend to execute judgment upon the wicked inhabitants of Sodom and Gomorrah, whereupon he intercedes for the sinners, and endeavors to have their fate set aside (xviii.).アブラハムも、神の使徒たちの声を耳に下された邪悪な意図を実行するソドムとゴモラの住民たちは、 intercedesすると彼は罪を犯した者を、彼らの運命と努力して取っておく( xviii. ) 。 Two of the messengers go to Sodom, where they are hospitably received by Lot.ソドムの2つの使徒に行く、それがどこに受信さhospitablyたくさんです。 The men of the city wish to lay shameless hands upon them, and, having thus shown that they have deserved their fate, Sodom and Gomorrah are destroyed by fire and brimstone, only Lot and his two daughters being saved.男たちの願いをレイアウトするシティ恥知らずかれらの手と、当然のことこのように示されている彼らは彼らの運命は、ソドムとゴモラは地獄の責め苦によって破壊される、と彼の2人の娘がたくさんのみ保存されます。 The circumstances of the birth of Ammon and Moab are set forth (xix.).アモンにして生まれたかの状況を定めるとモアブは( xix. ) 。 Abraham journeys to Gerar, the country of Abimelech.アブラハムの旅をゲラル、その国のabimelechです。 Here also he represents Sarah as his sister, and Abimelech plans to gain possession of her, but desists on being warned by God (xx.).ここで彼のお姉さんとしても彼はサラを表し、およびabimelech利得を計画して彼女の所持、しかし、神から警告を受けるで備えているdesists ( xx. ) 。 At last the long-expected son is born, and receives the name of "Isaac."最後に息子が生まれたの長期見通し、および受信するの名前を"アイザック。 " At the instance of Sarah, the boy Ishmael, together with his mother, Hagar, is driven out of the house, but they also have a great future promised to them.は、サラのインスタンスを、その少年イスマーイール、彼の母親と一緒に、 hagarは、駆動外出して、かれらも偉大な未来を有することを約束しています。 Abraham, during the banquet that he gives in honor of Isaac's birth, enters into a covenant with Abimelech, who confirms his right to the well Beer-sheba (xxi.).アブラハム、中にパーティを彼に敬意を表してアイザックの誕生により、入力をお約束abimelech 、 who確認自分の権利を井戸のビール-シバ( xxi. ) 。 Now that Abraham seems to have all his desires fulfilled, having even provided for the future of his son, God subjects him to the greatest trial of his faith by demanding Isaac as a sacrifice.アブラハム今すぐに彼の欲望がすべて果たされるように、提供にも、彼の息子の未来のために、神がわたしたちの最大の課題彼を求めて裁判アイザックとしての彼の信念を犠牲にされています。 Abraham obeys; but, as he is about to lay the knife upon his son, God restrains him, promising him numberless descendants.アブラハムに従う;しかし、彼はナイフの下準備をする時に、彼の息子、神の抑制彼は、無数の有望な彼の子孫です。 On the death of Sarah Abraham acquires Machpelah for a family tomb (xxiii.).アブラハムサラの死を取得し、ご家族の墓machpelah ( xxiii. ) 。 Then he sends his servant to Mesopotamia, Nahor's home, to find among his relations a wife for Isaac; and Rebekah, Nahor's granddaughter, is chosen (xxiv.).彼は彼の使用人を入力し、送信するメソポタミア、 nahorのホームページに、彼の関係の中には妻を見つけるのアイザック;とれたRebekah 、 nahorの孫娘が選ばれた( xxiv. ) 。 Other children are born to Abraham by another wife, Keturah, among whose descendants are the Midianites; and he dies in a prosperous old age (xxv. 1-18).アブラハム他の子供たちは別の妻の元に生まれた、 keturah 、その子孫は、 midianitesの間、彼は死ぬが、豊かな老後( xxv. 1-18 ) 。

§ 7. § 7 。 After being married for twenty years Rebekah has twins by Isaac: Esau, who becomes a hunter, and Jacob, who becomes a herdsman. 20年間の結婚生活をした後は、双子されたRebekahアイザック:エサウ、 whoなるハンター、とジェイコブ、 whoが、牛飼いです。 Jacob persuades Esau to sell him his birthright, for which the latter does not care (xxv. 19-34); notwithstanding this bargain, God appears to Isaac and repeats the promises given to Abraham.ジェイコブpersuadesエサウ彼に相続権を販売する上では、後者のケアはありません( xxv. 19-34 ) ;にもかかわらず、このバーゲン、神様が表示されたらを繰り返しアイザックとアブラハムの約束を与えられた。 His wife, whom he represents as his sister, is endangered in the country of the Philistines, but King Abimelech himself averts disaster.彼の妻、御心に適うとしては彼のお姉さんは、その国の絶滅危ぐphilistines 、しかし、自分自身abimelechキングaverts災害です。 In spite of the hostility of Abimelech's people, Isaac is fortunate in all his undertakings in that country, especially in digging wells.にもかかわらず、敵意のabimelechの人々は、彼の事業のすべてのアイザックは、幸いにその国、特に井戸掘りします。 God appears to him at Beer-sheba, encourages him, and promises him blessings and numerous descendants; and Abimelech enters into a covenant with him at the same place.彼は神のように見えるビール-シバ、奨励彼は、数多くの祝福と彼の子孫と約束; abimelech入力すると約束彼は、同じ場所です。 Esau marries Canaanite women, to the regret of his parents (xxvi.).エサウカナンの女性と結婚、彼の両親は、遺憾の意を( xxvi. ) 。 Rebekah persuades Jacob to dress himself as Esau, and thus obtain from his senile father the blessing intended for Esau (xxvii.).ジェイコブpersuadesれたRebekahエサウとして自身を着て、彼の老人から入手するとこのように意図した父親の祝福をエサウ( xxvii. ) 。 To escape his brother's vengeance, Jacob is sent to relations in Haran, being charged by Isaac to find a wife there.兄の復讐を脱出、ジェイコブが送られるとの関係でハラン、アイザックが課金さを見つけるの妻がある。 On the way God appears to him at night, promising protection and aid for himself and the land for his numerous descendants (xxviii.).彼の道を神のように見える夜、有望な保護及び援助を自分自身と彼の数多くの子孫の土地( xxviii. ) 。 Arrived at Haran, Jacob hires himself to Laban, his mother's brother, on condition that, after having served for seven years as herdsman, he shall have for wife the younger daughter, Rachel, with whom he is in love.ハランに到着、ジェイコブ社員に対して自分自身を、彼の母親の弟のことを条件に、後に牛飼いとして提供を7年間、彼は、妻が、若い娘、レイチェルは、彼は誰に恋します。 At the end of this period Laban gives him the elder daughter, Leah; Jacob therefore serves another seven years for Rachel, and after that six years more for cattle.この期間の終わりに、彼は姉娘に対しては、リア;ジェイコブしたがって別の7年間のレイチェルは、 6年後に他の牛です。 In the meantime Leah bears him Reuben, Simeon, Levi, and Judah; by Rachel's maid Bilhah he has Dan and Naphtali; by Zilpah, Leah's maid, Gad and Asher; then, by Leah again, Issachar, Zebulun, and Dinah; and finally, by Rachel, Joseph.その一方で彼のクマリアルーベン、シメオン、レビ、およびユダ;られたレイチェルのメイドbilhah彼はダンとナフタリ;さzilpah 、リアのメイド、ほっつき歩くと洗浄器;入力し、リアを再度、 issachar 、 zebulun 、およびダイナ;そして最後に、レイチェル、ジョセフです。 He also acquires much wealth in flocks (xxix.-xxx.).彼はまた多くの富を取得群れ( xxix. - xxxにします。 ) 。

In fear of Laban, Jacob flees with his family and all his possessions, but becomes reconciled with Laban, who overtakes him (xxxi.).対の恐怖の中、ジェイコブ逃げると、彼の家族と全財産を、和解となる対しかし、 whoやって来た彼( xxxi. ) 。 On approaching his home he is in fear of Esau, to whom he sends presents; and with the worst apprehensions he turns at night to God in prayer.彼は彼の家に近づいてエサウの恐怖の中、御心に適う送信をプレゼント;やapprehensions 、最悪の夜に彼が神に祈りをします。 An angel of God appears to Jacob, is vanquished in wrestling, and announces to him that he shall bear the name "Israel," ie, "the combatant of God" (xxxii.).神のように見える天使のジェイコブは、打ち負かさ、レスリング、と発表クマを彼には彼の名前は"イスラエル、日本、 "すなわち、 "神の戦闘員" ( xxxii. ) 。 The meeting with Esau proves a friendly one, and the brothers separate reconciled.会議室とフレンドリーエサウを証明する1つ、別の兄弟と仲直りです。 Jacob settles at Shalem (xxxiii.).ジェイコブが和解にshalem ( xxxiii. ) 。 His sons Simeon and Levi take bloody vengeance on the city of Shechem, whose prince has dishonored their sister Dinah (xxxiv.).彼の息子たちシメオンとレヴィ取る流血の復しゅうを検索するシティのシケム、その王子の妹が不渡りにダイナ( xxxiv. ) 。 Jacob moves to Beth-el, where God bestows upon him the promised name of "Israel," and repeats His other promises.ジェイコブ-エルの動きをベスは、 bestows時、彼は神の約束の場所の名前を"イスラエル、日本、 "と彼の他の約束を繰り返しています。 On the road from Beth-el Rachel gives birth to a son, Benjamin, and dies (xxxv.).上の道路からベス-エルレイチェル出産して息子、ベンジャミン、およびダイス( xxxv. ) 。 A genealogy of Esau and the inhabitants and rulers of his country, Edom, is given in ch.の家系のエサウと彼の国の住人たちとの支配、エドム、与えられたのはあなたです。 xxxvi. 36 。

§ 8. § 8 。 Joseph, Jacob's favorite, is hated by his brothers on account of his dreams prognosticating his future dominion, and on the advice of Judah is secretly sold to a caravan of Ishmaelitic merchants going to Egypt.ジョセフ、ジェイコブのお気に入りの、彼の兄弟は嫌わアカウントの自分の夢を、彼の将来prognosticatingドミニオン、との忠告を無視して販売しているユダは、ひそかにishmaeliticキャラバンの商人エジプトに行くのです。 His brothers tell their father that a wild animal has devoured Joseph (xxxvii.).彼の兄弟が、父親に伝える弊社は、野生動物はdevouredジョセフ( xxxvii. ) 。 Joseph, carried to Egypt, is there sold as a slave to Potiphar, one of Pharaoh's officials.ジョセフ、運ばにエジプトでは、スレーブがあるとして販売をポテパル、フィルアウンの当局者の1つです。 He gains his master's confidence; but when the latter's wife, unable to seduce him, accuses him falsely, he is cast into prison (xxxix.).彼は主人の信頼感の上昇;しかし、後者の妻のときに、誘惑できませんでした彼は、彼を非難偽って、彼はキャストに刑務所に入れられる( xxxix. ) 。 Here he correctly interprets the dreams of two of his fellow prisoners, the king's butler and baker (xl.).ここで彼は正しく解釈され、彼の囚人仲間の2つの夢は、王の執事とベイカー( xl. ) 。 When Pharaoh is troubled by dreams that no one is able to interpret, the butler draws attention to Joseph.時フィルアウンは悩まされることは絶対にありません1つの夢を解釈することができます、ジョセフに執事の引き分けに注意をします。 The latter is thereupon brought before Pharaoh, whose dreams he interprets to mean that seven years of abundance will be followed by seven years of famine.そこでフィルアウンは、後者の訴えを、その夢を解釈するということで彼は7年間の豊富される7年間の飢饉に続いています。 He advises the king to make provision accordingly, and is empowered to take the necessary steps, being appointed second in the kingdom.彼はアドバイスの提供を作るザキングしたがって、との手順を実行するために必要な権限を取る、 2番目で指名の王国です。 Joseph marries Asenath, the daughter of the priest Poti-pherah, by whom he has two sons, Manasseh and Ephraim (xli.).ジョセフ結婚アセナスは、司祭は拒否- pherah娘、御心に適うには2人の息子、マナセとエフライム( xli. ) 。

When the famine comes it is felt even in Canaan; and Jacob sends his sons to Egypt to buy corn.飢饉時にはカナンの地でも感じたことは、彼の息子たちにエジプトにジェイコブ送信を購入するトウモロコシのです。 The brothers appear before Joseph, who recognizes them, but does not discover himself.ジョセフはライト兄弟が表示される前に、 who認識し、自分自身を発見されません。 After having proved them on this and on a second journey, and they having shown themselves so fearful and penitent that Judah even offers himself as slave, Joseph reveals his identity, forgives his brothers the wrong they did him, and promises to settle in Egypt both them and his father (xlii.-xlv.).このことを証明して、後は、 2番目の旅は、かれら自身が示すようにユダ恐ろしいと後悔しても自分自身としては、スレーブ、ジョセフ明らかに彼のアイデンティティーは、彼の兄弟を許して、誤った彼らは彼と約束して、エジプトの両方を解決し、彼の父親( xlii. - 45です。 ) 。 Jacob brings his whole family, numbering 66 persons, to Egypt, this making, inclusive of Joseph and his sons and himself, 70 persons.ジェイコブもたらす彼の全体のご家族、ナンバリング66人、エジプト、このメーカーは、包括のジョゼフとその息子たちと自分自身、 70人です。 Pharaoh receives them amicably and assigns to them the land of Goshen (xlvi.-xlvii.).それら友好的および譲受人フィルアウンを受信してその土地のゴセン( xlvi. - 47です。 ) 。 When Jacob feels the approach of death he sends for Joseph and his sons, and receives Ephraim and Manasseh among his own sons (xlviii.).ジェイコブ死が迫るのを感じるとき彼と彼の息子たちはユースフの送信と受信の間、自分の息子エフライムとマナセ( xlviii. ) 。 Then he calls his sons to his bedside and reveals their future to them (xlix.).それから彼は彼の息子たちの呼び出しと明らかに付き添われて将来をして( xlix. ) 。 Jacob dies, and is solemnly interred in the family tomb at Machpelah.ジェイコブが死ねば、とは、厳粛には、ご家族の墓にmachpelah interredです。 Joseph lives to see his great-grandchildren, and on his death-bed he exhorts his brethren, if God should remember them and lead them out of the country, to take his bones with them (1.).ジョセフの生活を見彼の偉大-孫、そして彼の死-ベッドexhorts彼は彼の兄弟、もし神が覚えてリードし、それらに出ている、彼の骨を取るにして( 1 。 ) 。

§ 9. § 9 。 Aim of Work.目的の仕事です。

In the choice, connection, and presentation of his material the narrator has followed certain principles incident to the purpose and scope of his work.での選択、接続、および彼のプレゼンテーション資料の語り手は、事件の後、特定の原則を目的として彼の仕事の範囲です。 Although he adopts the universal view-point of history, beginning with the Creation and giving a review of the entire human race, he yet intends to deal particularly with Israel, the people subsequently chosen by God, and to give an account of its origin and of its election, which is based on its religious and moral character.ユニバーサル採用して彼の視点の歴史を、創造と提供を始めとした人類全体の見直しを、彼はまだありません意向への対応特に、イスラエル、続いて選ばれた人々の神となり、その起源を持つアカウントを与えるとその選挙で、これは、それに基づいて、宗教と道徳的なキャラクターです。 His chief point of view, therefore, is that of narrator of tribal and religious history; and only the details that bear on this history are reported.彼のチーフ観点から、したがって、語り手のは、部族や宗教の歴史、および詳細は、この歴史上にクマが報告されます。

§ 10. § 10 。 It is his primary intention to show that the people of Israel are descended in a direct line from Adam, the first man created by God, through legitimate marriages in conformity with Israelitish moral ideals, ie, monandric marriages.これは彼の主な意図に表示することは、イスラエルの人々からは、アダム直系の子孫で、作成された神の最初の男は、結婚を合法的な適合性israelitishを通じて道徳的な理念、すなわち、 monandric結婚します。 Offshoots branch from this main line at central points represented by Adam, Noah, Shem, Eber, Abraham, and Isaac, though their subsequent legitimacy can not be guaranteed.このメインラインから分岐offshoots中央ポイントで表されるアダム、ノア、 shem 、のEber 、イブラーヒーム、イスハーク、かれらのその後の正当性がないことを保証することはできません。 Linguistically the descent from the main line is always indicated by the word , vouching for the paternity; while descent in a branch line is indicated by .言葉の降下からのメインラインは常に表示されているWord 、 vouchingは、父親;ながら降下し、枝線が表示されます。 This is the explanation of the interchange of these two words, a phenomenon which has never yet been correctly interpreted.これは、これらの2つのインターチェンジで説明した言葉は、まだ現象は決して正しく解釈します。 The line branching off at any one central point is always fully treated before the next member of the main line is mentioned.分岐オフのいずれかの行を中心点は、常に完全に治療する前に、次のメンバーは、メインラインに記載します。 Only such matters are related in regard to the branch lines as are important for the history of humanity or that of Israel.このような事柄に関連しただけの枝のラインとしてこれについては、重要な人類の歴史やイスラエルのことです。 No fact is ever introduced merely on account of its historical or antiquarian value.実際にはないだけにアカウントを導入までの歴史や古物収集値です。 In the main line the interest is concentrated upon the promised, long-expected generations of Isaac-Jacob, his sons and grandsons-who safely pass through all dangers and tribulations, emphasis being laid on their religious and moral character.は、メインラインの関心が集中すると約束した時、長期的見通しの世代のアイザック-ジェイコブ、彼の息子や孫- whoを安全に通過するすべての危険と苦難、彼らに敷か強調が、宗教と道徳的なキャラクターです。

§ 11. § 11 。 The events are related in definite chronological order, the chief dates being as follows:のイベントに関連した、明確な年代順に、最高の日付が以下のとおり:

see table

The year of the Creation is the year 3949 before the common era.ザイヤー3949年に作成する前には、共通の時代です。 The ten generations before the Flood attain to ages varying between 777 years (Lamech) and 969 years (Methuselah), with the exception of Enoch (365 years).洪水を達成する前に、 10代さまざまな年齢層の間に777年(レメク)と969年(メトセラ)を除いて、イノック( 365歳)です。 Those of the ten generations after the Flood vary between 600 years (Shem) and 148 (Nahor).これらの洪水の後に、 10代600年の間に、変化( shem )と148 ( nahor ) 。 All the reasons for the details of this chronology have not yet been discovered.のすべての理由としては、次の年表の詳細はまだ発見されています。 Oppert has declared (in "REJ" 1895, and in Chronology) that the figures are connected with ancient Babylonian chronological systems.オペールは、宣言( " rej " 1895年、および年表)は、数字は、古代バビロニア年代のシステムに接続します。 The variations found in the Septuagint and in the Samaritan Pentateuch were introduced for certain purposes (see Jacob in "JQR" xii. 434 et seq.).発見されたの変化セプトゥアギンタサマリア五書が導入さとは、特定の目的のため(ジェイコブは" jqr " 12 。 434頁以降を参照。 ) 。 The correctness of the Masoretic figures, however, is evident from the context. masoreticの正しさは、フィギュア、しかし、コンテキストからのは明らかです。

§ 12. § 12 。 Anachronisms such as various critics allege are found in Genesis do not in reality exist; and their assumption is based on a misunderstanding of the historiographic principles of the book.時代遅れのような様々な批評家の主張が見つかりました創世記現実に存在していない;とその仮定は誤解に基づいて、史料編纂の原則を予約します。 Thus the history of a generation no longer of importance is closed and the death of its last member noted, although it may not be contemporaneous with the next succeeding generation, to which the attention is then exclusively directed.したがって、一世代の歴史を閉じ、もはや重要なのはその最後のメンバーのメモが死亡したことがありますが、同時期には成功し、次の世代にして、関心が集まって入力し、排他的に指示します。 This view explains the apparent contradictions between xi.このビューを表示する見掛け上の矛盾の間に説明してⅩ Ⅰ 。 32 and xi. 32およびXiです。 26, xii. 26日、 12 。 4; also between xxv. 4 ;もの間に25です。 7 and xxv. 7日と25です。 26; xxi. 26 ; xxi 。 5 and xxv. 5と25です。 20; xxxv. 20 ; 35 。 28 (Jacob was at that time 120 years old) and xlvii. 28日(ジェイコブはその時120歳)と47です。 9; xxxvii. 9 ;参拾です。 2, xli. 2 、第41回です。 46; etc. In ch. 46 ;等のあなたのです。 xxxiv. 34 。 Dinah is not six to seven years old, nor Simeon and Levi eleven and ten respectively, but (xxxv. 27, xxxvii. 1 et seq., xxxiii. 17) each is ten years older.ダイナではない6から7歳の時、シメオンとレビもそれぞれ11と10 、しかし、 ( xxxv. 27日、 37 。 1頁以降を参照。 、 33 。 17 )の各10年間は古いです。 The events in ch.あなたのイベントにします。 xxxviii. 38 。 do not cover twenty-three years-from the sale of Joseph in his seventeenth year to the arrival of Judah's grandsons in Egypt (xlvi. 12) in Joseph's fortieth year-but thirty-three years, as the words (elsewhere only in xxi. 22 and I Kings xi. 29) refer back in this case to xxxiii.カバーはありません- 23年の販売をジョゼフから彼の17年にユダの孫が到着すると、エジプト( xlvi. 12 )のジョセフの40年-しかし、 33年間、としての言葉(ほかの場所でのみxxi 。 22と私の王XI 。の29 )を参照に戻ってこの事件を33します。 17. 17 。 The story is introduced at this point to provide a pause after ch.この時点での物語が導入さを提供することを一時停止した後あなたのです。 xxxvii. 37 。

§ 13. § 13 。 Nor are there any repetitions or unnecessary doublets.またdoubletsまたは不必要がある任意の繰り返しです。 If ch.もしあなたのです。 ii. Ⅱ 。 were an account of the Creation differing from that found in ch.創作のアカウントが異なるから、あなたが発見さです。 i., nearly all the events would have been omitted; it is, however, the story in detail of the creation of man, introduced by a summary of what preceded. i. 、ほぼすべてのイベントが省略された場合も;ことが、しかし、その話を詳細には、人間の創造、導入されたの概要をどのような先行。 Neither are there two accounts of the Flood in ch.どちらも2つのアカウントがあるの水害で、あなたのです。 vi.-ix., in which no detail is superfluous. vi.-ix.ではないの詳細は余計です。 The three accounts of the danger of Sarah and Rebekah, ch.の3つのアカウントのサラとれたRebekahの危険性を、あなたのです。 xii., xx., and xxvi., are not repetitions, as the circumstances are different in each case; and ch. 12 。 、イグゼクス。 、および26 。 、繰り返しはない、との事情が異なるなかで、それぞれのケース;とあなたのです。 xxvi. 26 。 refers expressly to ch.明示的にあなたを指します。 xx.イグゼクスです。 The account in xix.しているアカウントの19です。 29 of the destruction of Sodom and Gomorrah and the rescue of Lot, is but a summary introducing the story that follows, which would not be comprehensible without xix. 29日は、ソドムとゴモラの破壊や救援の場ではなく、概要は以下の通り紹介して話をするのが、これは理解できませんなし19 。 14, 23, 28. 14日、 23日、 28 。 Repeated references to the same place (Beth-el, xxviii. 19, xxxv. 15), or renewed attempts to explain the same name (Beer-sheba, xxi. 31, xxvi. 33; comp. xxx. 20 et seq.), or several names for the same person (xxvi. 34, xxvii. 46-xxxvi. 2 for Esau's wives) are not contradictions.繰り返し参照しても同じ場所(ベス-エル、 28 。 19 、 35 。 15 )か、または、同じ名前の新たな試みを説明する(ビール-シバ、 xxi 。 31 、 26 。 33 ;のCOMPです。 xxx 。 20頁以降を参照。 )か、またはいくつかの名前を同じ人( xxvi. 、 34 、 27 。 46 - 36 。 2エサウの妻)は矛盾しない。 The change of Jacob's name into that of "Israel" is not narrated twice; for xxxii.ジェイコブの名前の変更をするにして"イスラエル"ではないナレーションの2倍;は32です。 29 contains only the announcement by the messenger of God.発表された29日には、神のメッセンジャーです。

Apparently no exegete has noted that is a parenthesis often found in prophetic speeches ("Not Jacob-thus it will be said [ie, in xxxv. 10]-shall be thy name"); is an impossible construction in Hebrew; xxxii.どうやらないexegeteは注意しては、括弧にしばしば見られると予言スピーチ( "特定ジェイコブ-そのため、これによるとされる[すなわち、で35 。 10 ] -しなければならないなたの名" ) ;は、不可能な建設inヘブライ語;参拾です。 4 et seq. 4頁以降を参照。 and xxxiii.と33 。 1 et seq. 1頁以降を参照。 do not prove, contrary to xxxvi.証明はありません、 36に反しています。 6-7, that Esau was living at Seir before Jacob's return. 6-7 、そのseir前に住んでいるエサウは、ジェイコブ氏の復帰します。 The account of the sale of Joseph as found in xxxvii.ジョセフのアカウントの販売を37として発見さです。 1-25, 28, 29-36; xl. 1-25 、 28 、 29-36 ; xl 。 1 et seq. 1頁以降を参照。 does not contradict xxxvii. 37矛盾はありません。 25-27, 28; xxxix. 25-27 、 28 ;参拾です。 ; forthe Midianites were the middlemen between the brothers and the Ishmaelites, on the one hand, and between the latter and Potiphar, on the other. ; forthe midianitesは、兄弟との間の中間ishmaelites 、 1つの手を検索する、との間の後者とポテパルは、他のです。 Potiphar is a different person from the overseer of the prison; and Joseph could very well say that he had been stolen, ie, that he had been put out of the way (xl. 15).ポテパルは、別の人からの監督は、刑務所;とヨセフが非常によく言ってやるがしていた盗まれた、すなわち、していたのも出すの道( xl. 15 ) 。

§ 14. § 14 。 It is the purpose of the book, on its religious as well as its historic side, to portray the relation of God to humanity and the behavior of the latter toward Him; His gracious guidance of the history of the Patriarchs, and the promises given to them; their faith in Him in spite of all dangers, tribulations, and temptations; and, finally, the religious and moral contrasts with Hamitic (Egyptian and Canaanite) behavior.これはその本の目的は、その歴史的、宗教的な側面だけでなく、神の関係を描く人間と、後者の動作を彼に向かっ;彼の優雅な指導の歴史を、 patriarchs 、との約束を与えられたかれらは彼を信じているにもかかわらず彼らのすべての危険性、苦難、および誘惑;と、最後に、道徳的、宗教と対照的にハム(エジプトとカナン)現象が発生します。

§ 15. § 15 。 Religion of Genesis.宗教の創世記です。

Being a historical narrative, no formal explanations of its religious views are found in Genesis; but the stories it contains are founded on such views, and the author furthermore looks upon history as a means of teaching religion.歴史的な物語が、正式な説明のない宗教上の再生回数が見つかりました創世記;が、ストーリーに設立さは、このような再生回数が含まれ、さらには時とし、著者の歴史教育の手段として、宗教です。 He is a historian only in virtue of being a theologian.彼は、歴史学者の美徳であることだけで神学者です。 He inculcates religious doctrines in the form of stories.彼は宗教的な教説の形でinculcatesの物語です。 Instead of propounding a system he describes the religious life. propoundingの代わりに説明して彼は宗教的な生活するシステムです。 The book therefore contains an inexhaustible fund of ideas.そのためには、尽きることのない本ファンドのアイデアです。 The most important among these, regarding God, the Creation, humanity, and Israel's Patriarchs, may be mentioned here.最も重要なこのうち、神については、創造、人間性、およびイスラエルのpatriarchs 、 5月に、ここに記載します。

§ 16. § 16 。 There is only one God, who has created heaven and earth (that is, the world), and has called all objects and living beings into existence by His word.神には1つだけ、 whoが作成天と地(つまり、世界の)と呼ばれるすべてのオブジェクトが存在すると生活をされている彼の言葉です。 The most important point of the theology of Genesis, after this fundamental fact, is the intentional variation in the name of God.最も重要な点は、創世記の神学は、この基本的な事実した後、意図的な変化は、神の名の下です。 It is the most striking point of the book that the same God is now called "Elohim" and now "Yhwh."これは最も著しい点は、今すぐ予約して同じと呼ばれる神は"エロヒム"と今すぐ確認する" yhwh 。 " In this variation is found the key to the whole book and even to the whole Pentateuch.この変化が見つかったのカギを握って全体を予約しても全体の五します。 It is not accidental; nor are the names used indifferently by the author, though the principle he follows can not be reduced to a simple formula, nor the special intention in each case be made evident.偶然ではない;もの名前が使われ無頓着された著者は、原則としてかかわらず、彼は次のようにすることはできません減少して、簡単な数式は、いずれの場合も、特別な意図が明らかになった。

§ 17. § 17 。 "Yhwh" is the proper name of God (= "the Almighty"; see Ex. iii. 12 et seq., vi. 2), used wherever the personality of God is to be emphasized. " yhwh "には、固有の名前を神( = "して偉力ならびなき" ;参照例です。 Ⅲ 。 12頁以降を参照。 、 Ⅵ 。 2 ) 、どこに使われるの人格神が強調されるべきです。 Hence only such expressions are used in connection with "Yhwh" as convey the impression of personality, ie, anthropomorphisms.したがってこのような表現のみで使用されて接続を" yhwh "としての性格の印象を伝える、すなわち、 anthropomorphismsです。 Eyes, ears, nose, mouth, face, hand, heart are ascribed only to "Yhwh," never to "Elohim."目、耳、鼻、口、顔、手、心臓が生得的にのみ" yhwh 、 "絶対に"エロヒム。 " These anthropomorphisms are used merely to suggest the personal life and activity of God, and are not literal personifications, as is conclusively proved by the fact that phrases which would be actual anthropomorphisms-eg, "God sees with His eyes"; "He hears with His ears"; "one sees God's face" ("head," "body," etc.)-never occur.これらのanthropomorphismsだけが使用され、個人の生活や活動を提示する神の、リテラルpersonificationsにはなっていないと同じように、決定的な事実を立証される実際の表現となるanthropomorphisms -例えば、 "神は彼の目に" ; "と聞くと彼の耳に" ; " 1つの神の顔を見た" ( "頭" 、 "体、 "等) -決して発生します。 The expression "Yhwh's eyes" indicates divine knowledge of what may be seen through personal apperception; "Yhwh's ears," what may be heard; = "God's anger" indicates the reaction of God's moral nature against evil; "Yhwh's mouth" indicates the utterances of the God who speaks personally; "Yhwh's face" indicates immediate personal intercourse with the God who is felt to be present; "Yhwh's hand" indicates His sensible manifestations of power; "Yhwh's heart" indicates His thoughts and designs.の表現" yhwhの目の"神の知識を示しを通して見たときは何年5月に個人的な統覚; " yhwhの耳に、 "何年5月に聞いた; = "神の怒り"の反応を示して、神の自然に対する道徳的な悪; " yhwhの口"を示して発言個人的に話すの神のwho ; " yhwhの顔"を示し即時whoは、個人的な関係にあるの神の存在を感じた; " yhwhの手"の力を示す彼の賢明な症状を呈して; " yhwhの心の"自分の考えやデザインを示しています。 The phrase "Yhwh, a personal God," characterizes fully the use of this name.のフレーズ" yhwh 、個人的な神、 "この名前の使用を完全に特徴です。 A person or a nation can have personal relations with the personal Yhwh only; and only He can plan and guide the fate of either with a personal interest.国のことがある人、または個人的な関係のみの個人的はyhwh ;と彼は計画とガイドのみの運命のいずれかの個人的な関心とします。 Yhwh is the God of history and of the education of the human race. yhwhは、神の歴史とは、教育、人間のレースです。 Only Yhwh can exact a positive attitude toward Himself, and make demands upon man that are adequate, ie, moral: Yhwh is the God of positive morality. yhwhのみ自分自身への前向きな姿勢を強要すること、および要求時に男には十分な、すなわち、道徳的な: yhwhは、神の積極的な道徳です。 A personal, inner life longing for expression can be organized into definite form and find response only if Yhwh be a personal, living God.に、個人的、精神生活あこがれを表現できる明確な形で整理されている場合にのみ、検索応答yhwhは、個人的な、生活の神です。 Yhwh is the God of ritual, worship, aspiration, and love. yhwhは、神の儀式、礼拝、誤嚥、と愛です。

§ 18. § 18 。 "Elohim" is an appellative, and the general name for the divinity, the superhuman, extramundane being, whose existence is felt by all men-a being that possesses intelligence and will, exists in the world and beyond human power, and is the final cause of all that exists and happens. "エロヒム"は普通名詞、および全般の名前を、神性は、超人的な、地球外のが、その存在が感じられた保有れているすべての人にインテリジェンスとは、世界で存在して人力では及ばない、とは、ファイナルが原因で発生するすべてのことが存在し、起こりません。 "Yhwh" is concrete; "Elohim" is abstract. " yhwh "とは具体的な; "エロヒム"は、抽象的です。 "Yhwh" is the special," Elohim" the general, God. " yhwh "には、特別な、 "エロヒム"全般、神様です。 "Yhwh" is personal; "Elohim." " yhwh "は個人的な; "エロヒム。 " impersonal.人間味のないです。 Yet there is no other Elohim but Yhwh, who is "ha-Elohim" (the Elohim).しかし、他のエロヒムはまだありませんがないyhwh 、 whoは、 "ハ-エロヒム" (エロヒム) 。

The following points may be observed in particular: 5月で観察されるポイントは、次の特定:

(a) "Elohim," as genitive of a person, indicates that the latter has superhuman relations (xxiii. 6; similarly of an object, xxviii. 17, 22). (ア) "エロヒム、 "として属格のある人、後者は、超人的な関係を示して( xxiii. 6 ;同様のオブジェクトの、二十八です。 17 、 22 ) 。

(b) It also indicates ideal humanity (xxxiii. 10; comp. xxxii. 29).結果( b )にも理想的な人間性を示す( xxxiii. 10 ;のCOMPです。 32 。 29 ) 。

(c) "Elohim" expresses the fate imposed by a higher power. ( c ) "エロヒム"課せられた運命を表現して力を高くします。 The statement "A person is prosperous" is paraphrased by "Elohim is with him," which is distinctly different from "Yhwh is with him."その声明"を人が繁栄している"とはparaphrased "エロヒムは、彼は、 "これは明らかに異なる" yhwhは、なんですよ" While the former indicates objectively a person's prosperity with regard to a single event, the latter expresses the higher intentions and consecutive plans of the personal God in regard to the person in question.客観的に前者の人の繁栄を示しに関しては、 1つのイベントでは、後者の意図を表現して高いとの個人的は神の計画の連続これと関連し、人に質問します。 Abimelech says to Abraham, "Elohim is with thee in all that thou doest" (xxi. 22), while he says to Isaac, "Yhwh is with thee," and "thou art now the blessed of Yhwh" (xxvi. 28, 29).アブラハムabimelechは言うには、 "エロヒムは、すべてのことなたなたdoest " ( xxi. 22 ) 、中にアイザックと彼は言います、 " yhwhは、なた、 "と"神の祝福を今すぐなたのyhwh " ( xxvi. 28日、 29 ) 。 For Abimelech had at first tried in vain to injure Isaac; but later he convinced himself () that evidently () it was the Yhwh worshiped by Isaac that designedly protected and blessed the latter. abimelechを試みたが最初にけがを負わせるには至りませんでしたアイザック;しかし、その後彼は、自分自身を確信( )が明らかに( )それは、アイザックがyhwh worshiped designedly保護され、祝福され、後者です。 Again, in xxi.また、 xxi 。 20: "And Elohim was with the lad"; for Ishmael did not belong to the chosen line, concerning which God had special plans. 20 : "とエロヒムの若者は、 " ;をイスマーイールは、選択しなかった行に属して、神は特別な計画に関するこれです。 Yhwh, however, is always with Israel and its heroes (xxvi. 3, 28; xxviii. 15 [xxxii. 10, 13]; xlvi. 4; Ex. iii. 12; Num. xxiii. 21; Deut. ii. 7; xx. 1; xxxi. 8, 23; Josh. i. 5, 9, 17; iii. 7; Judges ii. 18; vi. 12, 16; I Sam. iii. 19; xvi. 18; xviii. 12, 14; xx. 13; II Sam. vii. 3, v. 10; I Kings i. 37; II Kings xviii. 7). yhwh 、しかし、イスラエルとそのヒーローはいつも( xxvi. 3 、 28 ;二十八です。 15 [ 32 。 10 、 13 ] ;四拾六です。 4 ;例です。 Ⅲ 。 12 ; NUM件です。 23 。 21 ; deut 。 Ⅱ 。 7 ;イグゼクスです。 1 ; 31 。 8日、 23 ;ジョシュします。 i. 5 、 9 、 17 ; Ⅲ 。 7 ;裁判官Ⅱ 。 18 ; Ⅵ 。 12 、 16 ;私サムです。 Ⅲ 。 19 ; 16 。 18 ; 18 。 12 、 14 ;イグゼクスです。 13 ;二サムです。 Ⅶ 。 3 、 v. 10 ;私キングスi. 37 ;二キングス18 。 7 ) 。 Particularly instructive is Jacob's vow, xxviii.特に有益ジェイコブの誓いは、二十八です。 20 et seq., "If Elohim will be with me . . . then shall Yhwh be my Elohim." 20頁以降を参照。 、 "もしエロヒムされると思います。 。 。 。 。 yhwhに入力し、マイエロヒムものです。 " Adverse fate especially is, out of fear, euphemistically ascribed to the general Elohim, the impersonal God, rather than to Yhwh xlii.特に不利な運命は、恐怖心から、全般エロヒムeuphemistically生得的には、物的神ではなく、 42をyhwhです。 28). 28 ) 。

(d) As "Elohim" designates the universal ruler of the world, that term is used in ch. (エ)として"エロヒム"指定の普遍の世界の支配者は、その用語が使用されてあなたのです。 i.わたし。 in the story of the Creation; but in order to designate this Elohim as the true God the word "Yhwh" is always addedin the following chapters (ii., iii.).は、物語の創造;しかし、このエロヒムとして指定するために、神の言葉の真の" yhwh "は、常にaddedinは、次の章( ii. 、 Ⅲ 。 ) 。 (e) In so far as man feels himself dependent upon Elohim, whom he needs, the latter becomes his Elohim. (メール)をこれまでのところ感じて自分自身として男に依存してエロヒム、御心に適うのニーズ、後者が彼のエロヒムです。 As the term "Elohim" includes the idea of beneficent power, this relation becomes, on the part of God, that of the omnipotent patron, and, on the part of man, that of the protégé, the one who needs protection and offers respect and obedience (xvii. 7, xxviii. 22).という用語として"エロヒム"が含まれてアイデアを慈悲深きパワーは、この関係になればなるほど、上の部分の神、全能の守護していると、上の部分の男、それは、プロテジェは、 1つのパッケージwho必要な保護と尊重と服従( xvii. 7日、 28 。 22 ) 。 The same interpretation applies to "Elohim" followed by the genitive of a person.同じ解釈が適用さ"エロヒム"に続いて属格のある人です。 (f) Elohim is the religious meeting-ground between the believer in Yhwh and persons of a different faith (xiv. 22; xx. 13; xxi. 23; xxxix. 9; xli. 16, 25, 28, 32, 38). (女)エロヒムは、宗教的な会議室-地上yhwh信奉者との間に、別の人の信仰( xiv. 22 ;イグゼクスです。 13 ; xxi 。 23 ;参拾です。 9 ;第41回です。 16 、 25 、 28 、 32 、 38 )です。 (g) "Elohim" is the appellation of God used in connection with the person who is inclined toward Yhwh, but whose faith is not yet fully developed; for the one who is on the way to religion, as Melchizedek (ch. xiv.) and Abraham's servant (ch. xxiv.; comp. Jethro in Exodus and Balaam in Numbers; see §§ 28, 31). (グラム) "エロヒム"には、神の名称で使用され接続をその人に向かっyhwh whoは傾斜が、その信仰がまだ完全に開発;は、 1つのwhoは、宗教への道を、メルキゼデク(第14世です。 )とアブラハムの使用人(第二十四します。 ;のCOMPです。ジェスロ数の上での、出エジプト記と埋め草;参照§ § 28 、 31 ) 。

(h) "Elohim" represents God for those whose moral perception has been blunted by sin (iii. 3, 5); from the mouths of the serpent and the woman instead of "Jahweh" is heard "Elohim"; they desire to change the idea of a living God, who says, "Thou shalt," into a blurred concept of an impersonal and indefinite God. (高さ) "エロヒム"は神の人を対象に道徳的な知覚鈍化されてきた罪( iii. 3 、 5 ) ;者の口には、蛇と、女性の代わりに" jahweh "は聞いた"エロヒム" ;かれらの望むものを変更する神に生活のアイデア、 whoは、 "なたshalt 、 "ぼけの概念を神に物的と不定です。 But the God who pronounces judgment is Yhwh (ch. ii., iii.; on Cain, ch. iv.; in connection with the Flood, vi. 3-8; the tower of Babel, xi. 5 et seq.; Sodom and Gomorrah, xviii. 19; Er and Onan, xxxviii. 7, 10).しかし、神の判断は、 who pronounces yhwh (第2世、 3世です。 ;上カイン、あなたのです。 Ⅳ 。 ;に関連して洪水、 Ⅵ 。 3-8 ;のバベルの塔、 XI 。の5頁以降を参照。 ;ソドムとゴモラ、 18 。 19 ; erとオナン、 38 。 7日、 10 ) 。 (i) Although the personality of Elohim is indistinct, he yet is felt to be a moral power making moral demands. (私)は、人格のエロヒムがはっきりしない、彼はまだありませんが感じたのは、道徳的な道徳的なパワーを要求します。 The moral obligation toward him is the negative virtue of the "fear of God," the fear of murder (xx. 11), unchastity (xxxix. 9), injustice (xlii. 18), and renunciation (xxii. 12).彼に向かって道徳的義務の負の美徳は、 "神への恐怖は、 "恐怖の殺人事件( xx. 11 ) 、不貞( xxxix. 9 ) 、不公平( xlii. 18 ) 、および放棄( xxii. 12 ) 。 (k) "Elohim" also means the appearance of the Deity, and hence may be synonymous with "mal'ak." ( k ) "エロヒム"の神の外観をも意味し、それゆえ年5月にと同義で" mal'ak 。 " It may also designate an object of the ritual representing or symbolizing the Deity (xxxv. 2).のオブジェクトを指定することがありますまた、儀式を表す象徴するかの神( xxxv. 2 ) 。

§ 19. § 19 。 "Elohim" is more explicitly defined by the article; "ha-Elohim," ie, "the Elohim" or "of the Elohim," is sometimes used to identify an "Elohim" previously mentioned (xvii. 18; comp. verse 17; xx. 6, 17; comp. verse 3). "エロヒム"は明示的に定義された他の記事索引; "ハ-エロヒム、 "すなわち、 "エロヒム"または"は、エロヒム、 "は、時には使用して識別する"エロヒム"以前は次の言及( xvii. 18 ;のCOMPです。詩17 ;イグゼクスします。 6 、 17 ;のCOMPです。韻文3 ) 。 The single, definite, previously mentioned appearance of an Elohim is called "ha-Elohim," being as such synonymous with "Mal'ak Yhwh" (xxii. 1, 3, 9, 11, 15), both speaking for Yhwh (verse 16; comp. xlviii. 15).シングル、はっきりした、前述の外観と呼ばれるエロヒムは"ハ-エロヒム、 "と同義ではこのように" mal'ak yhwh " ( xxii. 1 、 3 、 9日、 11日、 15日) 、両方のスピーキングをyhwh (詩16 ;のCOMPです。 48 。 15 ) 。 "Ha-Elohim," when derived from "Elohim," is a preparation for "Yhwh"; when derived from "Yhwh" it is a weakening of the idea of God (see §§ 31 et seq.). "ハ-エロヒム、 "いつから派生した"エロヒム、 "は、準備中の" yhwh " ;ときから派生した" yhwh "それは、神の弱体化のアイデア( § § 31頁以降を参照。 ) 。 Although these examples do not exhaust the different uses of these two names, they are sufficient to show the author's intentions.これらの例はありません排気の異なるこれらの2つの名前を使用して、彼らは著者の意図を十分に表示する。

§ 20. § 20 。 A rare term for "God" is "El Shaddai" (xvii. 1, xxviii. 3, xxxv. 11, xliii. 13, xlviii. 13; "Shaddai" in xlix. 25).まれな用語を"神"は"エルshaddai " ( xvii. 1 、 28 。 3 、 35 。 11 、 43 。 13 、 48 。 13 ; " shaddai "が49 。 25 ) 。 The usual translation and interpretation, "Almighty," is entirely unsupported. 、通常の翻訳と解釈、 "全能の神"を完全にサポートされていない。 The term, when closely examined, means "the God of faith," ie, the God who faithfully fulfils His promises.という用語は、ときに綿密に調査、手段"の神の信仰、 "つまり、彼の神の約束who忠実になす。 Perhaps it also means a God of love who is inclined to show abundant love.おそらく、神の愛を意味することもwhoは、傾斜を表示する豊富な愛です。

§ 21. § 21 。 God as a personal being is not only referred to in anthropomorphistic and anthropopathic terms, but He also appears to man and speaks with him.個人的に神として参照されてanthropomorphisticだけではないとanthropopathic的には、しかし、彼はまた男と話すように見えると思う。 Thus He speaks with Adam and Eve, Cain, Noah, Abraham, Hagar, Abimelech, Isaac, Jacob, and Laban.このように話すと彼はアダムとイブ、カイン、ノア、イブラーヒーム、 hagar 、 abimelech 、イスハーク、ヤアコーブ、および催す。 But He appears only from the time of Abraham, and in different ways.しかし彼のアブラハムの時からのみが表示されたら、とさまざまな方法があります。 An Elohim "appears" to Abimelech and Laban in a dream at night (xx. 3, xxxi. 24); a mal'ak Yhwh appears to Hagar (xvi. 7 et seq.), being called in verse 13 simply "Yhwh."にエロヒム"が表示されたら"を催すabimelechと夜の夢( xx. 3 、 31 。 24 ) ;をmal'ak yhwhが表示さhagar ( xvi. 7頁以降を参照。 ) 、 13日に詩を呼んで、単に" yhwhです。 " Yhwh appears to Abram (xii. 7, xv. 1); in a vision (xii. 1, 7) apparently accompanied by darkness, a pillar of smoke, and fire; in xvii.エイブラムが表示さyhwh ( xii. 7日、 15 。 1 ) ;のビジョン( xii. 1 、 7 )明らかに伴う闇は、煙の柱、および火災;は17です。 Yhwh, who is subsequently called "Elohim" (verses 9, 15, 19), appears, and then ascends (verse 22); in xviii. yhwh 、 whoは、その後と呼ばれる"エロヒム" (詩9日、 15日、 19 ) 、が表示されたら、と入力し、上昇(詩22 ) ;は18です。 Yhwh appears in the form of three men who visit Abraham, but these speak as one Yhwh in verses 13, 17, 20, 26, and 33, who then leaves, while the two messengers go to Sodom. yhwhのフォームが表示されるの3つの男性who訪問イブラーヒーム、 yhwhしかし、これらの話として、 1つの詩13日、 17日、 20日、 26日、および33 、 who入力し、葉、ソドムが、 2つの使徒に行く。 Yhwh appears to Isaac on a certain day (xxvi. 2), and again that night (verse 24). yhwhが表示さアイザックは、特定の日( xxvi. 2 ) 、および再度その夜(詩24 ) 。 Jacob is addressed in a dream by Yhwh (xxviii. 12 et seq.).ジェイコブは夢で取り組まれるyhwh ( xxviii. 12頁以降を参照。 ) 。 In xxxi.で31回です。 3 Yhwh speaks to Jacob; Jacob says (verse 11) that a mal'ak of Elohim appeared to him in a dream. 3 yhwh話すのジェイコブ;ジェイコブは言う(詩11 )は、エロヒムmal'akの夢の中で彼が登場します。 In xxxv.は35です。 9 Elohim again appears to him, in reference to the nocturnal encounter with a "man" (xxxii. 14 et seq.), and ascends (xxxv. 13). 9エロヒム再び表示さをしてしまったら、夜行性の出会いを参考に、 "男" ( xxxii. 14頁以降を参照。 ) 、および上昇( xxxv. 13 ) 。 In xlvi.は46です。 2 Elohim speaks to him in a vision of the night. 2エロヒムを話すの夜、彼はビジョンを示す。

Hence, the appearance of God means either a dream-vision, or the appearance of a messenger sent by God, who speaks in His name, and may therefore himself be called "Elohim of Yhwh."それゆえ、神の手段の外観のいずれかを夢のビジョンか、または送信されたの外観を神に一人の使徒、 who話す彼の名、および5月したがって自分自身と呼ばれる"エロヒムのyhwh 。 "

§ 22. § 22 。 "Mal'ak of God" signifies, in the first place, the fortunate disposition of circumstances (xxiv. 7, 40; comp. xlviii. 16), in which case it is parallel to "ha-Elohim," the divine guidance of human life; more often, however, it denotes the "angels" ("mal'akim"), messengers of God in human shape who carry His behests to men and who seem to enter and leave heaven through a gate (xxviii. 11); eg, "Yhwh's messenger" (xvi. 7, 11; xxii. 11, 15); "Elohim's messenger" (xxi. 17; in the plural, xix. 1, 15; xxviii. 12; xxxii. 2); or "ha-Elohim's messenger" (xxxi. 11). "神のmal'ak "を意味する、まず第一に、幸運の処分状況( xxiv. 7日、 40 ;のCOMPです。 48 。 16 )を指定した場合、これは平行して"ハ-エロヒムは、 "神の導きの人間の生命;をより頻繁に、しかし、それは、 "天使たち" ( " mal'akim " ) 、人間の姿を神の使徒who behestsを運ぶ男性と彼のようにwhoを入力して、休暇を介して天国の門( xxviii. 11 ) ;例えば、 " yhwhの使徒" ( xvi. 7日、 11 ; xxii 。 11 、 15 ) ; "エロヒムのメッセンジャー" ( xxi. 17 ;は、複数のは、 19です。 1 、 15 ;二十八です。 12 ;参拾です。 2 ) ;または"ハ-エロヒムのメッセンジャー" ( xxxi. 11 ) 。 The "man" who wrestled with Jacob likewise seems to have been a mal'ak (xxxii. 25, 29, 31), and the men whom Abraham entertained and who saved Lot were also mal'akim (xviii., xix.). "男" whoに取り組んだようにも同様に、ジェイコブmal'ak ( xxxii. 25日、 29日、 31 ) 、アブラハムの男性を楽しま誰ともたくさんwho保存mal'akim ( xviii. 、 19 。 ) 。 According to the popular belief, it is disastrous to meet them (xvi. 13, xxxii. 31).によると、人気の信念、それは悲惨を満たすこと( xvi. 13日、 32 。 31 ) 。 On this point, more than on any other, the author seems to have followed popular ideas.この点については、他に比べて、その他のは、著者が続くように人気のアイデアです。

§ 23. § 23 。 It appears from the foregoing that the conception of God found in Genesis is throughout a practical, religious one.前述のように見えるから神の概念は、創世記が発見さを通して、実用的、宗教的な1つです。 God is treated exclusively with reference to His dealings with the world and with man, and to the interest that He takes in man's fate and behavior.排他的に扱われる神は彼を参考に、男の世界とのかかわりがある、として興味を持って彼は、人間の運命と現象が発生します。 He guides, educates, and punishes.彼はガイド、教育、および罰する。 He assigns to the first of mankind a habitation in Eden, sets them a task, and commands them not to do a certain thing.彼の最初の人類に割り当てられてエデンの住まいで、セットして、タスク、およびコマンドをしてこれを行うには、特定のことです。 When they break this command He punishes them; but even after that He cares for them.彼はこのコマンドを罰するときに休憩して;しかし、彼は苦労をした後にします。 Although punishing the murderer Cain, He affords him protection; the cruelties and unnatural sins of the generation of the Flood arouse His sorrow and anger; He humiliates the pride of the men who are planning to build a tower that shall reach to heaven; He utterly destroys with fire and brimstone the sinful generation of Sodom and Gomorrah.カインの中に殺人犯処罰ものの、彼は彼の保護に支払う;の残虐行為と不自然な罪の洪水の世代は、彼の悲しみと怒りをかき立てる;彼の男性who humiliatesのプライドは塔を建てることを計画して天国へはアクセス;彼は全く地獄の責め苦を破壊するの罪深い世代のソドムとゴモラです。 The punishments are either the natural consequences of sin-the first of mankind haverobbed the earth, which had willingly offered the fruit of its trees, hence it is cursed and paralyzed, and can no longer give its fruit freely, so long as Adam is living; Eve has succumbed to desire, hence she has become the slave of desire; Cain has defiled the earth by murder, hence he has deprived it of its strength-or they correspond exactly to the sins; eg, men build a tower in order to remain united, hence they are dispersed; Jacob wishes to rule his brother, therefore he must humiliate himself before that brother; he deceives, and is deceived in return; he dresses up in a goatskin in order to obtain a blessing fraudulently, therefore he is terribly deceived and plunged in sorrow through a goatskin; Judah advises the sale of Joseph as a slave, therefore he himself is forced to offer himself as a slave.のいずれかの処分は自然の成り行きでの最初の人類の罪- haverobbed 、地球、喜んで提供していた果物の木々 、それゆえに麻痺することがのろわれたとし、その果実を自由に与えることはできませんので、アダムが生きていれば;前夜はsuccumbedを願い、それゆえ彼女は欲望の奴隷になる;カインは、地球をdefiled殺人、それゆえ彼はその強さ-奪われたことに正確に対応したり、罪;例えば、男性のために塔を建てる残るユナイテッド、それゆえ彼らは分散;ジェイコブ統治をするための弟の願い、そのため彼自身その前に恥をかかせる必要があります。兄;彼は人を欺いた、とはだまさを返す;彼ドレスアップさヤギを祝福するために不正に入手するには、そのため彼はひどくだまされると悲しみを介しての急落で、ヤギ;ユダの販売をアドバイスジョセフスレーブとして、したがって彼自身は自身のことを強制スレーブを提供する。

God, on the other hand, is pleased with the pious, with Enoch and Noah, and especially with Abraham's unshakable faith (xv. 6); his righteousness and justice, which he recommends to his children and household (xviii. 19); his implicit obedience, which is ready to make the supreme sacrifice (xxii. 12, 16).神は、その一方で、信心深い満足しては、イノックとヌーフ、そして特にアブラハムの不動の信念( xv. 6 ) ;彼の正義と正義、これをお勧めする彼は自分の子供たちと家庭( xviii. 19 ) ;彼の暗黙的な服従、これは準備が完了して、最高の犠牲( xxii. 12日、 16 ) 。 For Abraham's sake God saves Lot (xix. 19); blesses Abraham's son Isaac (xxvi. 5), his children, and his children's children; protects them through all dangers; prevents others from doing evil to them (xii. 17, xiv., xv., xx. 3, xxvi., xxxi. 24); and leads them in a marvelous manner.アブラハムのために多くの神セーブ( xix. 19 ) ; blessesアブラハムの息子のアイザック( xxvi. 5 ) 、自分の子供たち、そして自分の子供たちの子供たち;保護してからのすべての危険性;悪事を働くのを防止して、他のユーザー( xii. 17日、 14 。 、 15 。 、イグゼクスします。 3 、 26 、 31 、 24 ) ;とリードして素晴らしい方法です。 He gives commands to men, and binds them to Himself by covenants and promises.彼は男性のコマンドを与える、と自分自身にバインドして約款と約束されています。 They are the objects of His designs, as they are His work.彼らは、彼のデザインのオブジェクトを、彼らは彼の仕事です。

§ 24. § 24 。 The Creation.の創出します。

The entire universe is the work of God; this proposition is the necessary consequence of the idea of God as found in Genesis and the Pentateuch and in the whole Bible generally.宇宙全体の神の仕事は、この命題が帰結するために必要なアイデアを、神として発見さ五創世記と、通常とは、全体のバイブルです。 From this arises doubtless the author's belief that God created the world out of nothing.この疑いがあれば、著者の信念を作成して世界の神は振れない。 He does not say how this primal act of creation was accomplished.彼は言ってやるがこのプライマル法の作成方法については、熟達した。 In the beginning the earth was a desolate watery chaos ("tohu wa bohu"), over which the spirit of God brooded, and which God divided into heaven and earth and arranged and peopled in six days.地球の初めには、荒涼たる水っぽいカオス( " tohuワシントンbohu " ) 、以上は、神の精神をbrooded 、およびこれに分かれて天と地と神と人が住んで、 6日の間に配置します。 The living beings are created in an orderly sequence, proceeding from the inorganic to the organic, from the incomplete to the complete, man being the crown.生き物の生活で作成された順序立てて、続行してからの無機有機、不完全してから完了すると、男が、クラウンです。 In the beginning God creates light together with time and the day.はじめに神は、光と一緒に作成時間とがわかります。 The outer firmament separates the waters above and below it; then when the lower waters recede the land appears; the earth produces grass and trees; and plants and animals are created, each "after its kind," and endowed with the faculty of propagating within their kind in their respective elements.大空の外側の上下分離のために尽くすことが後退している場合は下の水の土地が表示されたら、地球の生成草や木、および植物や動物が作成され、それぞれの"その種した後、 "と、教員の伝播に恵まれているその種類、それぞれの要素です。 Every organic being, therefore, is endowed with a nature of its own, which the Creator intends it to keep by pairing only with its own kind.すべての有機が、そのため、自然に恵まれているのは、独自のは、それを維持する意図は、創作され、独自の種類の組み合わせでのみです。 The lights that God has fixed in the firmament serve to separate the day from the night; they shall be for "signs, periods, seasons, and years," and shall give light to the earth.で固定されるの明かりで、神が天からの提供を分離する1日の夜;かれらは、 "標識、ピリオド、シーズンズ、および年間、 "地球の光を与えるものです。 The sun is the greater light, that rules the day; the moon is the lesser light, that rules the night.太陽の光は、大きく、そのルールがわかりますし、ムーンは、小光、そのルールの夜です。

§ 25. § 25 。 The Creation is, in the judgment of God, good in particular, and very good in general, ie, fit for life, commensurate to its purpose, salutary, harmonic, and pleasing.の創造は、神の判断に、良い特に、非常に良いと一般的には、すなわち、フィットの生命、相応にその目的のために、有益な、高調波、および人好きのです。 The book expresses an optimistic satisfaction and pleasure in the world, a lively veneration for God's arrangements and the peculiar dignity of each being as determined by God.その本に喜びを表現すると楽観的に満足の世界、神の取り決め尊敬の念を生き生きとそれぞれの固有の尊厳が神として決定される。 The simplicity, sublimity, depth, and moral grandeur of this story of the Creation and its superiority to every other story dealing with the subject are universally recognized.のシンプルさ、崇高、深さと道徳的な素晴らしさを、この物語の創造とその優位性に対処するごとに他の物語の件名は、普遍的認識されません。

§ 26. § 26 。 Humanity.人類のです。

Man, the crown of Creation, as a pair including man and woman, has been made in God's image.男は、クラウンの創造、男性と女性のペアを含む、神のイメージされています。 God forms the first man, Adam, out of earth ("adamah").神のフォームの最初の男、アダム、アウトの地球( " adamah " ) 。 This indicates his relation to it in a manner that is fundamental for many later laws.これは彼のような方法で関連してそれをするためには欠かせない多くのへの法律です。 Man is a child of the earth, from which he has been taken, and to which he shall return.男は、地球の子からは彼がとられている、と彼を返す。 It possesses for him a certain moral grandeur: he serves it; it does not serve him.彼が保有し、特定の道徳的な威厳:彼はそれのものではありません奉仕ていた。 He must include God's creatures in the respect that it demands in general, by not exploiting them for his own selfish uses.彼は神の生き物を含める必要がありますが、要求を尊重して一般的には、それらを悪用されないよう自分自身の利己的な使用しています。 Unlawful robbery of its gifts (as in paradise), murder, and unchastity anger it, paralyze its power and delight in producing, and defile it.非合法的な強盗のギフト(楽園のように) 、殺人、と不貞の怒りには、その力を麻痺さと喜びを生産し、冒とくしてください。 God breathed the breath of life into the nostrils of man, whom He formed out of earth.神の息のブレスオブライフを鼻の穴の男は、御心に適う地球形成する。 Therefore that part of him that is contrasted with his corporeal nature or supplements it-his life, soul, spirit, and reason-is not, as with the animals, of earthly origin, existing in consequence of the body, but is of divine, heavenly origin.そのため彼のその部分を彼の肉体は対照的に自然やサプリメントこと-彼の人生は、魂、精神、および合理的ではない、動物と同じように、この世の起源は、既存の結果としての身体の、しかし、神は、天国の起源です。 Man is "toledot" (ii. 4) of heaven and earth.男は" toledot " ( ii. 4 )の天と地です。 The creation of man also is good, in the judgment of God; the book, therefore, is cognizant of nothing that is naturally evil, within man or outside of him.の創出にも良い男は、神の判断をし、予約、したがって、認識するのは何も悪いことは当然、彼に男または外です。 After God has created man, He says: "It is not good that the man should be alone; I will make him an help meet for him" (ii. 18).神が人間に作成した後、彼は言う: "それは良いことではない一人の男すべきである;私は彼に会う彼のヘルプ" ( ii. 18 ) 。 In order that man may convince himself that there is no being similar to him among all the creatures that have been made, God brings all the animals unto Adam, that he may name them, ie, make clear to himself their different characteristics.自分自身が納得するためにあの男がないことが類似して彼のすべての生き物の間で行われてきた、神のすべての動物をもたらすかれアダム、その彼の名前がありますし、つまり、自分自身に異なる特徴を明確にします。 Hence man, looking for a being like unto himself among the animals, finds language.それゆえ男は、自分自身を探して、かれらの中の動物のように、検出言語です。 God thereupon creates woman out of the rib of man, who gladly recognizes her as bone of his bone and flesh of his flesh.そこで神の肋骨を作成する人間の女性、彼女として認識さwho喜んで彼の骨と肉の骨彼の体を引き裂いた。 "Therefore shall a man leave his father and his mother, and shall cleave unto his wife: and they shall be one flesh"; meaning that the mature man may and shall leave the paternal house, where he has been merely a dependent member of the family, and, urged by the longing for a sympathetic being that will supplement him, shall live with the woman of his choice, and found with her a family of his own, where the two shall be combined in an actual and a spiritual unity. "したがって彼の父親は男のままと彼の母親は、彼の妻と、かれは開裂: 1つの肉にしなければならない" ;を意味して、中高年男性5月とは、父方の家のまま、ここで彼は単なる依存のメンバであるご家族、および、あこがれをするよう要請されている交感神経補足彼は、永遠に住む女性が彼の選択、およびが見つかりましたが、彼女にご家族、自分自身の、ここで2つの組み合わせをしなければならないと、実際の精神的な団結です。 In this passage the relation between man and woman is expressed, and also the nature of marriage, which is a life partnership in which one helps and supplements the other.この通路は男性と女性の間の関係を表明し、また、自然の結婚生活の、これは1つの人生に役立ちますとのパートナーシップでは、他のサプリメントです。 Procreation is not its purpose, but its consequence.その目的産み出すことではないが、その帰結です。 God has given to man, as to all living beings, the faculty of multiplying.神が与えられた男は、すべての生物としては、教員の乗算します。

§ 27. § 27 。 God gives to man dominion over the earth and over all living beings.神に約束をする男を支配し、地球と生きとし生けるれている。 The food of the first man consists solely of the fruits of the field, that of the animals being grass (i. 29).食品の最初の男は、果実のみで構成されたフィールド、それは、動物が草( i. 29 ) 。 His occupation is to cultivate and watch over the Garden of Eden (ii. 15), the only restriction placed upon its enjoymentbeing that he shall not eat of the fruit of the tree of the knowledge of good and evil.彼の職業は時計を育成すると、エデンの園( ii. 15日) 、そのenjoymentbeing唯一の制限が課さ彼は、特定のカテゴリの果実を食べるのは、善と悪の知識をします。 In the Garden of Eden men go naked and know no shame; this feeling is aroused only after they have broken God's command, and then He makes them garments of skins to cover their nakedness.エデンの園の男性は、裸でいるととどまるところを知らない恥;この感覚は壊れて興奮した後にのみ彼らは神のコマンドを入力し、彼の服のスキンをカバーするためにヌードです。

§ 28. § 28 。 All men on earth are descended from the first pair, Adam and Eve, and are therefore also of the image of God.地球上ですべての人の子孫の最初のペアは、アダムとイブ、とは、神のためのイメージもします。 This statement expresses the unity of the whole human race.このステートメントを表現して人類全体の結束をします。 Man is a created being, made in the image of God, and all men are related: these doctrines are among the most fundamental and weighty of the whole Bible.男は、作成したが、神の作られたイメージ、およびすべての人に関連:これらの教説の中で最も基本的かつ重要なのは全体のバイブルです。

The branch descended from Cain, the fratricide, the eldest son of the first pair, is the founder of civic and nomadic culture.カインの枝の子孫からは、兄弟殺し、長男の最初のペアは、市民と遊牧文化の創始者です。 The branch descended from Seth develops along religious lines: from Elohim (Seth, in iv. 25) through ha-Elohim (Enoch, in v. 22) to Yhwh (Noah, in vi. 8).セスの開発者の子孫の枝の宗教的な線に沿っ:エロヒム(セスは、 Ⅳ 。 25 )を通じてハ-エロヒム(イノックは、 v. 22 )をyhwh (ノア、 viのです。 8 ) 。 But punishment has been made necessary on account of Adam's sin; the human race must be destroyed on account of its cruelties and excesses.しかし、処罰されてアカウントに必要なアダムの罪; 、人間のレースでアカウントを破壊しなければならないの残虐行為と行き過ぎです。 A new race begins with Noah and his sons, and God promises that He will neither curse the earth again, nor destroy all living beings, but that, on the contrary, "seed-time and harvest, and cold and heat, and summer and winter, and day and night shall not cease" (viii. 22).新しいレースが始まるとノアとその息子たち、そして神の約束を再び彼はどちらも地球の呪い、またすべての生物を破壊するが、それは、その反対に、 "種子-時間と収穫し、寒さと暑さと夏と冬、と昼と夜は中止しない" ( viii. 22 ) 。 He blesses Noah and his family, that they may multiply and fill the earth and be spiritually above the animals.ノアblesses彼と彼の家族は、恐らくかれらは多重とし、地球とは精神的に記入の上にある動物です。 He permits men to eat meat, but forbids them to eat blood, or meat with the blood thereof.彼は許可証の肉を食べる男性が、禁止して血液を食べるか、または肉を血液中のものです。 God will demand the blood (life) of every man or animal that spills it.神は、血液中の需要(生活)のすべての人間や動物が流出してください。 "Whoso sheddeth man's blood, by man shall his blood be shed" (ix. 6). "誰でもsheddeth男の血液、男は自分の血が小屋" ( ix. 6 ) 。 God enters into a covenant with Noah and his descendants, promising them that He will not again send a general flood upon the earth, and instituting the rainbow as a token thereof (ch. ix.).神の約束に入って、ノアと彼の子孫は、有望なことを再度送信することはない一般的な洪水時、地球、およびinstitutingザレインボーとしてトークンのもの(第9世です。 ) 。 The God whom all the Noachidæ worship is Elohim (ix. 1, 7, 8, 12, 16, 17), Yhwh being worshiped by Shem and his descendants. noachidæの神を崇拝のすべての人がエロヒム( ix. 1 、 7 、 8 、 12 、 16 、 17 ) 、 yhwh shemと彼の子孫がworshipedされています。 All the peoples dispersed over the earth are grouped as descendants of Shem, Ham, and Japheth.地球のすべての人々に分散したのはグループとしての子孫をshem 、ハム、とジェイフェスです。 The genealogy of these peoples which the author draws up in ch.これらの人々の系譜は、著者があなたを描画する。 x. Xで according to the ethnographic knowledge of his time, finds no parallel in its universality, which includes all men in one bond of brotherhood.によると、民族学の知識を自分の時間、見つかったのパラレル、その普遍性、 1つのすべての人が含まれて兄弟のきずなです。 In this way have originated the peoples that shall be blessed in Abraham.このようにしなければならないことが起源の人々がアブラハムを祝福します。

§ 29. § 29 。 Israel's Patriarchs.イスラエルのpatriarchs 。

Terah, the descendant of Shem and Eber, has three sons, one of whom, Abraham, is destined by God for momentous events.テラは、 shem 、エベルの子孫である、 3人の息子には、一人、アブラハムは、神に運命づけられた重大なイベントです。 He shall leave his home; and God says to him: "I will make of thee a great nation, and I will bless thee and make thy name great; and thou shalt be a blessing: And I will bless them that bless thee, and curse him that curseth thee; and in thee shall all families of the earth be blessed" (xii. 2-3).彼は彼の家は残す;と神に彼は言う: "私は、なたの偉大な国家を作る、と私は祝福してなたなたの名大;となたshaltは、祝福:と私は祝福して、なたを祝福し、彼には呪いcursethなた;となたは、すべてのご家族に、地球に祝福" ( xii. 2-3 ) 。 God often repeats the promise that Abraham's descendants shall be as numerous as the stars in heaven and as the sand on the seashore (xv. 5, xxii. 17); that He will make him a father of many nations, and cause him to be exceedingly fruitful; that kings and nations shall be descendants of him and Sarah (xvii. 5, 6, 16); that he shall become a great people; that all nations of the earth shall be blessed in him (xviii. 18, xxii. 18); and that his descendants shall receive the entire land of Canaan as a hereditary possession (xiii. 14 et seq., xv. 7, xvii. 18).頻繁に繰り返される神の約束をしなければならないアブラハムの子孫のようにおびただしい数の星印で天国と海岸の砂の上( xv. 5 、 xxii 。 17 ) ;は彼の父親は彼に多くの国、および原因彼を非常に実りの多い;その国の王と彼の子孫をしなければならないとサラ( xvii. 5 、 6 、 16 ) ;ことになる彼は偉大な人々に、地球のすべての国は彼を祝福しなければならない( xviii. 18日、 xxii 。 18 ) ;とその子孫は、カナンの地とすると、全体として遺伝所持( xiii. 14頁以降を参照。 、 15 。 7日、 17 。 18 ) 。 But before all this comes to pass Israel shall be sorely oppressed for four hundred years as servants in a strange land, after which they shall go out with rich possessions, and God shall judge their oppressors (xv. 13 et seq.).しかし、これはすべての前を通過しなければならないイスラエル痛んで虐げられた400年間のしもべとして見知らぬ土地で、その後かれらは豊かな財産を出て行く、と判断し、神は彼ら抑圧者( xv. 13頁以降を参照。 ) 。 In confirmation of these promises God enters twice into a covenant with Abraham: the first time (xv. 18 et seq.) as an assurance that his descendants shall possess Canaan; and the second time, before Isaac's birth, as a sign that He will be their God.これらの約束を確認する神の約束を2回に入るとアブラハム:最初の時間( xv. 18頁以降を参照。 )を保証して彼の子孫としては、保有カナン、および2番目のタイムは、アイザックの誕生前に、彼はそのメンバーとして彼らの神にします。 In token thereof God changes Abram's and Sarai's names into "Abraham" and "Sarah" (), combining His own name with theirs, and institutes the circumcision of all the men of Abraham's household and their male descendants as an eternal sign of the covenant between Himself and Abraham.トークンに変更したことを神とエイブラムのサライの名前を" Abraham "と"サラ" ( ) 、彼自身の名をかれらの組み合わせ、および機関の割礼のすべてのアブラハムの家庭の男性とその男性の子孫として永遠のメンバー間での約束アブラハムは自分自身とします。 Abraham acknowledges Yhwh (xiv. 22), builds altars to Him (xii. 7, 8; xiii. 18); calls upon His name (xii. 8, xiii. 4, xxi. 33); shows an invincible faith in His promises, whatever present circumstances may be; is ready for the greatest sacrifice; and proves himself, by his human virtues-his helpfulness, unselfishness, hospitality, humanity, uprightness, dignity, and love of peace-worthy of divine guidance.アブラハムを認めyhwh ( xiv. 22 ) 、ビルドの祭壇に彼( xii. 7日、 8 ; 13 。 。 。 18 ) ;の呼び出し時、彼の名前( xii. 8日、 13 。 4 、 xxi 。 33 ) ;無敵の信仰を示す彼の約束など、自分の現在の状況があります;は準備の最大の犠牲;と証明自分自身、彼の人間の美徳-彼のhelpfulness 、 unselfishness 、親切なおもてなし、人類は、垂直、尊厳、平和と愛の神の導きに値する。

§ 30. § 30 。 Of Abraham's two sons Ishmael shall be blessed, and become the father of twelve princes and the progenitor of a great people (xvi. 10, xvii. 20, xxi. 18).アブラハムの2人の息子イスマーイールを祝福しなければならない、となるとの父親の12の君主は、偉大な人々に前駆( xvi. 10 、 17 。 20日、 xxi 。 。 。 18 ) 。 Ishmael himself becomes an archer, lives in the wilderness, and marries an Egyptian woman (xxi. 20 et seq.).イスマーイール自身が、アーチャー、荒野に住んでいるのは、エジプトの女性と結婚( xxi. 20頁以降を参照。 ) 。 But the one to inherit the promises and the land is Isaac (xvii. 21, xxi. 12), Sarah's son.しかし、 1つの土地を相続するとの約束は、アイザック( xvii. 21日、 xxi 。 12 ) 、サラの息子がいます。 Therefore his father chooses for him a wife from among his own relations (ch. xxiv.).したがって彼の妻が父親の中から選択を自分自身の関係(第24です。 ) 。 God renews to him the promises given to Abraham (xxvi. 3, 24).更新を、彼は与えられた神の約束をアブラハム( xxvi. 3 、 24 ) 。 Isaac is truly the son of his great father, though he has a somewhat passive nature.アイザックは本当に彼の偉大な父の息子であるが、彼には、やや消極的な性質です。 He also builds an altar to Yhwh, and calls upon His name (xxvi. 2).彼はまた祭壇をビルドyhwh 、および呼び出し時、彼の名前( xxvi. 2 ) 。

§ 31. § 31 。 Isaac's sons are twins; Esau, the elder, scorns the rights of the first-born, leaving them to Jacob (xxv. 34).アイザックの息子は双子;エサウは、高齢者、 scornsの権利を、最初の生まれ、それらを残しジェイコブ( xxv. 34 ) 。 Esau is a hunter, whose fate it is to live by the sword and be subject to his brother, though in time he will throw off his yoke (xxvii. 40).エサウは、ハンター、その運命に住んされることは剣と弟の対象になるが、時間彼は彼のくびきを捨て去る( xxvii. 40 ) 。 He is also called "Edom," and subsequently lives in the land of that name in the mountainous region of Seir.彼とも呼ばれる"エドム、 "その土地に住んでいるし、その後、その名の山岳地域のseirです。 He is loved by his father, but Rebekah loves Jacob; and when Esau marries a Canaanite woman, Isaac, deceived by a trick, blesses Jacob, who, before he sets out for Haran, receives from his father Abraham's blessing also (xxviii. 4).彼は彼の父親に愛され、しかし、ジェイコブが大好きれたRebekah ;カナンの女性と結婚するときにエサウ、イスハーク、だまされるなトリックを、 blessesジェイコブ、 who 、前に彼はハランセットして、彼の父アブラハムの祝福を受け取るよりも( xxviii. 4 ) 。 Jacobattains to right relations with God only after mistakes, trials, and struggles.神へ右の関係をjacobattainsミスをした後にのみ、臨床試験、および闘争です。 He knows Yhwh, whose hand he has seen in his father's life (xxvii. 20); he recognizes Him in the divine appearance (xxviii. 16); but he has not experienced God in his own life.彼は知ってyhwh 、その手の彼は彼の父の人生に見られる( xxvii. 20 ) ;彼は神の認識は彼の外観( xxviii. 16 ) ;しかし、彼は特定の神は、自分自身の人生経験豊富です。 God has not yet become his God; hence he avoids the name of Yhwh so long as he is in a strange country (xxx. 2; xxxi. 7, 9, 42, 53; xxxii. 3); but the narrator does not hesitate to say "Yhwh" (xxix. 31; xxxi. 3; xxxviii. 7, 10), that name being also known to Laban (xxx. 27, 30) and his daughters (xxix. 32 et seq., xxx. 24).神はまだ彼の神になる; yhwhしたがって彼の名前を回避するために限り、彼は不思議の国( xxx. 2 ; 31 。 7 、 9 、 42 、 53 ;参拾です。 3 ) ;しかし、語り手はありませんためらうを言う" yhwh " ( xxix. 31 ;参拾壱です。 3 ;参拾です。 7日、 10 ) 、その名前が知られても催す( xxx. 27日、 30 )と彼の娘( xxix. 32頁以降を参照。 、 xxx 。 24 )です。 Not until a time of dire distress does Jacob find Yhwh, who becomes for him Elohim when the vow turns to a prayer.四苦八苦して特定するまで、時間を見つけyhwhはジェイコブ、 whoエロヒムときに彼がターンして祈りを誓う。 He has overcome Elohim, and himself receives another name after he hasamended his ways (ie, has gained another God), namely, "Israel," ie, "warrior of God."彼はエロヒムを克服し、別の名前を受信後、彼は自分自身hasamended自分のやり方(すなわち、別の神が得) 、すなわち、 "イスラエル、日本、 "すなわち、 "神の戦士。 " God now gives him the same promises that were given to Abraham and Isaac (xxxv. 11 et seq.), and Jacob builds an altar to God ("El"), on which he pours a drink-offering.今すぐに、彼は同じ神の約束を与えられていたイブラーヒームやイスハーク( xxxv. 11頁以降を参照。 )とジェイコブのビルド祭壇に神( "エル" ) 、けったりする上で彼は酒に提供している。 Similarly he brings offerings to the God of his father when he leaves Canaan to go with his family to Egypt, God promising to accompany him and to lead his descendants back in due time.同様にもたらす製品を提供する彼は父親の神のカナンの地に行くときに彼と彼の家族の葉にエジプトでは、神の約束して同行をリード彼と彼の子孫のために戻って時間です。 Jacob finds the name of Yhwh again only on his death-bed (xlix. 18).ジェイコブyhwhの名前を見つけるだけで再び彼の死-ベッド( xlix. 18 ) 。

§ 32. § 32 。 With Jacob and his twelve sons the history of the Patriarchs is closed; for the seventy persons with whom Jacob enters Egypt are the origin of the future people of Israel. 12人の息子、ジェイコブと彼の歴史が閉じ、 patriarchs ;は、ジェイコブに入るエジプト人70人は、イスラエルの人々の将来の起源です。 God does not appear to Jacob's sons, nor does he address them.神の息子ジェイコブが表示されない場合にも、彼のアドレスがします。 Joseph designedly avoids the appellation "Yhwh"; he uses "Elohim" (xxxix. 9; xl. 8; xli. 16, 51, 53; xlv. 5, 9; xlviii. 9; 1. 25; "ha-Elohim," xli. 25, 28, 32; xlii. 18 [xliv. 16]; xlv. 9; and the Elohim of his father," xliii. 23). The narrator, on the other hand, has no reason for avoiding the word "Yhwh," which he uses intentionally (xxxix. 2, 3, 5). Yhwh takes a secondary place in the consciousness of Israel while in Egypt, but becomes all-important again in the theophany of the burning bush. The book prescribes no regulations for the religious life. The Patriarchs are represented in their family relations. Their history is a family history. The relations between husband and wife, parents and children, brother and sister, are displayed in pictures of typical truthfulness, psychologic delicacy, inimitable grace and loveliness, with an inexhaustible wealth of edifying and instructive scenes.ジョセフdesignedly回避する名称" yhwh " ;彼は"エロヒム" ( xxxix. 9 ; xl 。 8 ;第41回です。 16 、 51 、 53 ;拾伍です。 5 、 9 ;四拾です。 9 ; 1 。 25 ; "ハ-エロヒム、 "第41回です。 25日、 28日、 32 ;拾弐。 。 。 18 [ 44 。 16 ] ;拾伍です。 9 ;とエロヒムの父親、 " 43 。 23 ) 。 、語り手、その一方で、理由はないという言葉を避けるために" yhwh "と彼は意図的に( xxxix. 2 、 3 、 5 ) 。 yhwhでは、第二位にイスラエルの意識の中にエジプトでは、しかし、すべてが重要な神の顕現には、ブッシュ大統領が燃えています。その本の中の規制のための宗教的生活。 patriarchsその家族の関係が表現されています。その歴史は、ご家族の歴史です。間の関係に夫と妻、親と子、兄と妹は、典型的な真実の写真が表示され、心理的な繊細さ、独特の猶予と愛らしさで、尽きることのない豊富な啓発と有益なシーンです。

§ 33. § 33 。 Scientific Criticism.科学的な批判です。

Since the time of Astruc (1753) modern criticism has held that Genesis is not a uniform work by one author, but was combined by successive editors from several sources that are themselves partly composite, and has received its present form only in the course of centuries; its composition from various sources being proved by its repetitions, contradictions, and differences in conception, representation, and language.以来、時間をastruc ( 1753 )で開かれた現代的な批判は創世記ではない制服作業を1つの著者、しかし、組み合わせによっては、いくつかのソースから連続エディター部分には自身コンポジット、および現在の形だけでは、そのコースの世紀;その組成はさまざまなソースからの繰り返しが立証され、矛盾、と相違点を、概念、表現、および言語です。 According to this view, three chief sources must be distinguished, namely, J, E, and P. (1) J, the Jahvist, is so called because he speaks of God as "Yhwh" In his work (chiefly in the primal history, ch. i.-xi., as has been asserted since Budde) several strata must be distinguished, J1, J2, J3, etc. (2) E, the Elohist, is so named because down to Ex.このビューを表示するによると、 3つのチーフソースの識別しなければならない、すなわち、無し、メール、とP. ( 1 )無しに、 jahvistは、いわゆる話すため、彼は神として" yhwh "に仕事に取り組んで(主に、プライマルの歴史は、あなたのです。 i.-xi. 、アサートされて以来バッド)いくつかの地層の識別しなければならない、 j1 、 j2 、 、 J3 、等( 2 )メールは、エロヒスト、ダウンするため、元の名前は非常にします。 iii. Ⅲ 。 he calls God "Elohim."彼は神の呼び出し"エロヒム。 " A redactor (RJE) at an early date combined and fused J and E, so that these two sources can not always be definitely separated; and the critics therefore differ greatly in regard to the details of this question.をredactor ( rje )を早期に融合Jと組み合わせるとメールするように、これらの2つのソースを分離することはできません常にdefinitely ;との批判が大幅に異なるため、詳細については、次の質問です。 (3) P, or the Priestly Codex, is so called on account of the priestly manner and tendencies of the author, who also calls God "Elohim." ( 3 ) P 、または、聖職者のコーデックスは、いわゆるアカウントには、聖職者の態度や傾向は、著者、 whoも通話神"エロヒム。 " Here again several strata must be distinguished, P1, P2, P3, etc., though only P2 is found in Genesis.ここで再びいくつかの地層の識別しなければならない、 P1をPicasa 2の、 p3 、等が、 Picasa 2のが発見さ創世記のみです。 After another redactor, D, had combined Deuteronomy with JE, the work so composed was united with P by a final redactor, who then enlarged the whole (the sequence J, E, D, P is, however, not generally accepted).別のredactorした後、 d 、申命記には組み合わせは、その仕事が一体になるよう構成され、最終p redactor 、 who入力し、全体の拡大(のシーケンス無し、メール、 d 、 pは、しかし、一般に認められていない) 。 Hence the present Book of Genesis is the work of this last redactor, and was compiled more than one hundred years after Ezra.したがって、現在の創世記redactorは、この最後の仕事をし、 100年以上がコンパイルした後エズラです。 The works of J, E, and P furnished material for the entire Pentateuch (and later books), on whose origin, scope, time, and place of composition see Pentateuch.無しの作品を、メール、およびp家具付きの資料を全体の五(およびそれ以降の図書)は、その起源は、スコープと、時間と場所五組成を参照します。

As it would take too much space to give an account of all the attempts made to separate the sources, the analysis of only the last commentator, namely, of Holzinger, who has made a special study of this question, will be noted.あまりにも大きな領域としてはかかるだろうを与えるのアカウントのすべてのソースを分離する試みは、分析しただけの最後のコメンテーター、すなわち、 holzingerは、 whoは、この質問は、特別な勉強をされるメモです。 In his "Einleitung zum Hexateuch" he has given a full account of the labors of his predecessors, presenting in the "Tabellen" to his work the separation into sources laid down by Dillmann, Wellhausen, Kuenen, Budde, and Cornill.彼の" einleitung zum六書"彼は与えられた労働者の完全なアカウントは、彼の前任者、提示する" tabellen "彼の仕事の分離をソースに敷設されディルマン、ヴェルハウゼン、キューネン、バッド、およびコルニルです。 The commentary by Gunkel (1901) is not original as regards the sources.解説は、グンケル( 1901 )に関してはオリジナルのソースではない。

§ 34. § 34 。 see Analysis of the Sources.分析を参照している。 "a" and "b" denote respectively the first and second half of the verse; α, β, γ, etc., the smaller parts; * ="worked over"; "s" added to a letter means that the matter contains elements belonging to R or J or E or to the latter two ; "f" = " and the following verse " or "verses." " a "や" b "の意味の半分を、それぞれの最初と2番目の詩; α 、 β 、 γ 、等を使用して小型部品; * = "働い以上" ; "秒"に追加されましたつまり、物質を含む一通の手紙要素に所属するRまたはJまたはメールまたはを後者の2つの; " f "を= "とは、次の詩"または"詩。 "

§ 35. § 35 。 Objections.反対です。

Serious objection may be brought to this analysis of sources on the following grounds: (1) It is unsupported by any external proof whatever; there is no authentic information showing that the Pentateuch, or Genesis in particular, was compiled from various sources, much less have any such sources been preserved in their original form.深刻な異議申立年5月のソースによってもたらさこの分析には、以下の理由: ( 1 )任意の外部の証拠によってサポートされていないことは何;はない、本物の情報が表示さ五、または創世記特に、さまざまなソースからのコンパイルは、はるかに少ないそのようなソースが保存されているが、独自のフォームです。 (2) Hence the critics must rely solely upon so-called internal evidence. ( 2 )それゆえ、批評家だけに信頼しなければいわゆる内部の証拠です。 But the subjective state of mind with which the final decision rests is unstable and deceptive.しかし、主観的な心の状態を最終決定は、休符が不安定になり、不正です。 It is hazardous to apply modern criteria and rules of composition and style to such anancient and peculiar work, whose origin is entirely unknown.これは現代の基準やルールを適用する危険性の組成とanancientと独特のスタイルをこのような作業で、その起源は全く不明です。 (3) Even if it be demonstrated that Genesis has been compiled from various sources, yet the attempt to trace the origin of each verse and of each part of a verse will never meet with success; the critics themselves confess that the process of combination was a most complicated one. ( 3 )創世記たとえそれが実証してさまざまなソースからコンパイルされた、まだありませんの起源をトレースするという試みがそれぞれの詩や詩の各パートに会っては決して成功し、批評家自身告白は、プロセスの組み合わせは、 1つのに非常に複雑です。 (4) If the contradictions and repetitions said to be found in the book really existed, this would not necessarily prove that there had been more than one author; for the literatures of the world furnish numerous similar examples. ( 4 )の場合、矛盾と繰り返しといわれて発見された予約本当に存在し、これとは限らないと証明して1つ以上の著者があった;を提供する数多くの文学の世界のような例を紹介します。 The existence of such repetitions and contradictions, however, has never been demonstrated.このような矛盾が存在すると繰り返し、しかし、デモは一度もします。

(5) The theory of sources is at best a hypothesis that is not even necessary; for it is based on a total misconception of the dominant ideas, tendencies, and plan of the book. ( 5 )の理論のソースは、最良の仮説されていないにも必要な;のことは誤解に基づいて、合計は、支配的なアイデア、傾向、および計画の本です。 Its upholders have totally misconceived the theology of Genesis; transforming the interchange of the name of God, which is the soul of the book, into an external criterion for distinguishing the different authors.そのupholders創世記の神学は全くの誤解;形質転換の交流の神の名を、これは、書籍の魂を、区別する基準を、外付けの別の作者に帰属します。 They have not understood the reason for the variation in the use of and , which in itself is a proof of uniform composition; and they have, therefore, missed a second fundamental idea, namely, that implied in the genealogies and their intimate relation to the Israelitic concept of the family.理由を理解していないの変動は、使用すると、それ自体は、証拠の制服組成;と彼らは、したがって、失敗2番目の基本的な考え方、すなわち、その暗黙のは、 genealogiesとその親密な関連して、 israelitic 、ご家族の概念です。 In criticizing the unequal treatment of the various portions of the material, the theory misconceives the different degrees of their importance for the author.不平等な待遇を批判して様々な部分の素材、その理論misconceives度の異なる重要なのは彼らの著者です。 Difference in treatment is proof, not of different authors, but of different subjects and of the different points of view in one author.治療法の違いは、証拠ではなく、さまざまな作家、しかし、さまざまな話題と表示して、それぞれのポイントの1つの著者です。 (6) This would also explain the variations in the language of different passages. ( 6 )このパターンで説明しても、言語の異なる通路です。 But criticism on this point runs in a circle, diversity of sources being proved by differences of language, and vice versa.しかし、この時点で実行さを批判してサークル、多様な言語のソースの違いが証明されると、逆にします。 (7) The separation into sources in particular is based on numberless exegetic errors, often of the most obvious kind, showing not only a misconception of the scope and spirit of the book, and of its mode of narration, but even of the laws of language; and this separation is in itself the greatest barrier to a correct insight into the book, in that it encourages the student to analyze difficult passages into their sources instead of endeavoring to discover their meaning. ( 7 )特定のソースからの分離には無数の解釈の誤りに基づいて、多くの場合、最も明らかなように、表示中の範囲内というだけではなく、誤解の精神を予約し、そのモードのナレーション、それでものの法律に基づいて言語、およびこの分離それ自体の最大の障壁は正しい洞察して予約して、その学生を分析することを奨励してソースを困難な通路を発見する努力の代わりにその意味を持つ。

§ 36. § 36 。 Notwithstanding all these objections, however, it can not be denied that various portions of Genesis palpably convey the impression of difference in origin and a corresponding difference in conception; but as the impression that the work gives of having been uniformly planned in every detail is still stronger, the explanation given in § 2 is here repeated; namely, Genesis has not been compiled from several sources by one redactor or by several redactors, but is the work of one author, who has recorded the traditions of his people with due reverence but independently and according to a uniform plan.これらすべての反対にもかかわらず、しかし、それを否定することはできませんが明らかに創世記の部分を伝える様々な印象を起源との違いは、対応する概念の違い;しかし、との印象を与えるの仕事を持つ一様に計画されたすべての詳細はまだ強く、与えられたの説明を繰り返したがここに§ 2 ;すなわち、創世記のいくつかのソースからコンパイルされていないredactorを1つまたは複数のredactorsされ、これは1つの仕事を著者は、 whoは、彼の人々の伝統を記録して畏敬の念のためしかし、計画によると、統一独立しています。 Genesis was not compiled from various books.創世記から様々な書籍がコンパイルします。

§ 37. § 37 。 Historical Criticism.歴史的な批判です。

The historicity of the Book of Genesis is more or less denied, except by the representatives of a strict inspiration theory.創世記の史実を否定は、多かれ少なかれ、代表者を除いて、厳密なインスピレーションされた理論です。 Genesis recounts myths and legends.創世神話や伝説の再集計します。 It is generally admitted that the primal story is not historical (ch. i.-xi.); but critics vary in ascribing to the stories of the Patriarchs more or less of a historical foundation.プライマルは一般的に認めたことは、歴史的な話ではない(第i.-xi. ) ;しかし、批評家の物語をascribingによって異なりますが、多かれ少なかれpatriarchsの歴史的な基盤です。 For details see the articles under their respective names; here only a summary can be given:詳しくは、それぞれの詳細については、記事の下の名前;ここだけが与えられたの概要:

(a) The story of the Creation can not be historically true, for the reasons (ア)の物語は、歴史的に作成することはできませんtrueの場合、その理由を

(1) that there can be no human traditions of these events; ( 1 )人間の伝統があることではないこれらのイベントの;

(2) its assumption of a creation in six days, with the sequence of events as recounted, contradicts the theories of modern science regarding the formation of the heavenly bodies during vast periods of time, especially that of the earth, its organisms, and its position in the universe. ( 2 )その前提は、創造を6日の間、おrecountedのシーケンスのイベントとして、現代科学の理論に矛盾するの形成については広大な天体の期間中、特にしている地球、その生物、およびその宇宙の位置を表示しています。 The popular view of Genesis can not be reconciled with modern science.対象の創世記の人気を近代科学の和解することはできません。 The story is a religio-scientific speculation on the origin of the world, analogous to the creation-myths found among many peoples.その物語は、宗教の科学技術の世界の投機の起源は、類似して、多くの人々の間の創作-神話が見つかりました。 The similarities to the Babylonian creation-myth are most numerous and most striking.バビロニアの類似点を創出-神話が最も多く、最も印象的です。 The extent of its dependence on other myths, the mode of transmission, and the age and history of the tradition and its adaptation are still matters of dispute.その依存性の度合いは、他の神話は、伝送モード、および、年齢や歴史の伝統とその適応の問題は依然として紛争です。

(b) The story of the Garden of Eden (ch. ii., iii.) is a myth, invented in order to answer certain questions of religion, philosophy, and cultural history. ( b )はエデンの園の物語(第2世、 3世です。 )は、神話、特定の質問に答えるために発明さ宗教、哲学、歴史と文化です。 Its origin can not be ascertained, as no parallel to it has so far been found.判然とすることはできません。起源としては、これまでにないことに平行に見つかっていない。

(c) The stories of Cain and Abel and the genealogies of the Cainites and Sethites are reminiscences of legends, the historical basis for which can no longer be ascertained. (ウ)カインとアベルの物語と、 genealogies of Legendsのcainitesとsethitesは、回顧録は、歴史的な根拠が確認されなくなります。 Their historical truth is excluded by the great age assigned to the Sethites, which contradicts all human experience.その歴史的な真実は除外された偉大な年齢に割り当てられているsethites 、すべての人間の経験に矛盾します。 A parallel is found in the ten antediluvian primal kings of Babylonian chronology, where the figures are considerably greater.並列が発見された10時代遅れのプライマルバビロニア王の年表、ここで、この数字はかなり大きい。

(d) The story of the Flood is a legend that is found among many peoples. (エ)の物語は、伝説の洪水の中では多くの人々が見つかりました。 It is traced back to a Babylonian prototype, still extant.バビロニアさかのぼることが試作して、まだ現存します。 It is perhaps founded on reminiscences of a great seismic-cyclonic event that actually occurred, but could have been only partial, as a general flood of the whole earth, covering even the highest mountains, is not conceivable.回顧録に設立されましたことは、おそらく、実際に大地震が発生した低気圧のイベントが、しかしが部分のみが、全般として地球全体の洪水の中、カバーも最も高い山、考えではない。

(e) The genealogy of peoples is a learned attempt to determine genealogically the relation of peoples known to the author, but by no means including the entire human race; this point of view was current in antiquity, although it does not correspond to the actual facts. (オ)の家系の人々は、系統的に学んだの関係を判断する試みの人々に知られている著者ではなく、人類全体の意味を含む;この時点での対象は、現在の古代のが、これに対応して、実際のはありません事実です。

(f) The stories of the Patriarchs are national legends. (女)の物語は、 patriarchsは、国家の伝説です。 Abraham, Isaac, and Jacob and his sons are idealized personifications of the people, its tribes, and families; and it can not now be ascertained whether or not these are based on more or less obscure reminiscences of real personages.イブラーヒーム、イスハーク、ヤアコーブとその息子たちが理想とpersonificationsの人々 、その部族、およびご家族;とすることはできませんかどうかを確認することがこれらは、多かれ少なかれ無名の回顧録に基づいて実際の人物です。 In any case, these legends furnish no historically definite or even valuable information regarding the primal history of the people of Israel.いずれにせよ、これらの伝説提出もない歴史的に確定またはプライマルの歴史を貴重な情報については、イスラエルの人々です。 The whole conception of the descent of one people from one family and one ancestor is unhistorical; for a people originates through the combination of different families.全体の構想を立てる人々からの降下の1つ1つの家族と1つの祖先は、歴史的でない;発信を通じて、人々のさまざまなご家族の組み合わせです。 It has also been maintained that the stories of the Patriarchs are pale reflections of mythology or nature-myths.それにもストーリーを維持してpatriarchs of Mythologyの反射や自然が青白い-神話です。

Bibliography:書誌事項:

Commentaries: Calvin, In Librum Geneseos Commentarius, ed.論評:カルバンは、 librum geneseos commentarius 、エドです。 Hengstenberg, Berlin, 1838; J. Gerhard, Commentarius Super Genesin, Jena, 1637; Von Bohlen, Die Genesis Historisch-Kritisch Erläutert, Königsberg, 1832; Friedrich Tuch, Halle, 1838; 2d ed.ヘングステンベルク、ベルリン、 1838 ; j.ゲルハルト、 commentariusスーパーgenesin 、イエナ、 1637 ;フォンボーレン、死ぬ創世記historisch - kritisch erläutert 、 königsberg 、 1832 ;フリードリヒtuch 、ハレ、 1838 ;二次元エドです。 (Arnold and Merx), 1871; CF Keil, Leipsic, 1878; Franz Delitzsch, Neuer Commentar zur Genesis, 1887; M. Kalisch, 1858; A. Knobel, revised by Dillmann 1892; JP Lange, 2d ed., 1877; E. Reuss, La Bible, pt. (アーノルドとmerx ) 、 1871 ;継続前誌keil 、リプシック、 1878 ;フランツデリッチ、 neuer commentar zur創世記、 1887 ;男性カリッシュ、 1858 ; a. knobel 、改正されディルマン1892 ; jpランゲ、 2次元エド。 、 1877 ;メールです。ロイス、ラ聖書、 pt 。 iii., 1897; EH Brown, 1871 (Speaker's Commentary); R. Payne Smith (Ellicot's Commentary, 1882); GI Spurrell, Notes on the Hebrew Text of the Book of Genesis, 1887; M. Dods, The Book of Genesis, 4th ed., 1890; A. Tappehorn, Erklärung der Genesis (Roman Catholic), 1888; Strack, in Kurzgefasster Commentar (Strack-Zöckler), 1894; Holzinger, in Kurzer Handcommentar, ed. Ⅲ 。 、 1897 ;ええブラウン、 1871 (スピーカーの解説) ; r.ペインスミス( ellicotの解説、 1882 ) ;胃腸spurrell 、メモを検索する創世記のヘブライ語のテキストを、 1887 ;男性ドッズは、創世記、第4エド。 、 1890 ; a. tappehorn 、 erklärung der創世記(ローマカトリック) 、 1888 ;シュトラックは、 kurzgefasster commentar (シュトラック- zöckler ) 、 1894 ; holzingerは、 kurzer handcommentar 、エドです。 Marti, 1898; H. Gunkel, in Handkommentar zum AT ed.マーティ、 1898 ;笠原グンケルは、 handkommentar zumでエドです。 Nowack, 1901.ノバック、 1901 。 Criticism: Astruc, Conjectures surles Mémoires Originaux Dontil Paroitque Moyses' Est Servi pour Composer le Livre de la Gènèse, Brussels, 1753; Karl David Ilgen, Die Urkunden des Jerusalemischen Tempelarchivs, etc.: I. Urkunden des Ersten Buches von Moses, Halle, 1798; F. Bleek, De Libri Geneseos Origine Atque Indole Historica, Bonn, 1836;批判: astruc 、推測surles mémoires originaux dontil paroitque moyses 'はセルヴィpour作曲家ルリーヴルデラgènèse 、ブリュッセル、 1753 ;カールデイヴィッドilgen 、死ぬurkundenデjerusalemischen tempelarchivs等: i. urkundenデersten buchesフォンムーサーよ、ハレ、 1798 ;女性bleek 、デ本geneseos atque origineインドールhistorica 、ボン、 1836 ;

I. Stähelin, Kritische Untersuchungen über die Genesis, Basel, 1830; H. Hupfeld, Die Quellen der Genesis und die Art Ihrer Zusammensetzung, Berlin, 1853 (this work laid the foundation for the modern theory of sources, ie, the compilation of Genesis from three independent works); i. stähelin 、 über kritische untersuchungen死ぬ創世記、バーゼル、 1830 ;笠原hupfeld 、死ぬquellen der創世記und死ぬアートihrer zusammensetzung 、ベルリン、 1853年(この作品は、現代の家の基礎理論のソース、すなわち、コンパイルの創世記より3つの独立した作品) ;

E. Böhmer, Liber Geneseos Pentateuchicus, Halle, 1860 (first graphical distinction of the sources by means of different type); idem, Das Erste Buch der Thora, Uebersetzung Seiner Drei Quellenschriften und Redactionszusätze mit Kritischen, Exegetischen, und Historischen Erörterungen, ib. e.ベーマー、独立したgeneseos pentateuchicus 、ハレ、 1860 (最初のグラフィカルな手段を区別さの異なるタイプのソース) ;同じ、 das ersteブーフderソラ、 uebersetzung地引き網漁師redactionszusätze drei quellenschriften und mit kritischen 、 exegetischen 、 und historischen erörterungen 、 ① -イ。 1862; T. Nöldeke, Untersuchungen zur Kritik des AT Kiel, 1809; J. Wellhausen, Die Composition des Hexateuchs, in Jahrbücher für Deutsche Theologie, xxi., xxii., reprinted 1885, 1889, 1893; Karl Budde, Die Biblische Urgeschichte, Giessen 1883; Kautzsch and Socin, Die Genesis mit Aeusserer Unterscheidung der Quellen, Freiburg-in-Breisgau, 1888, 1891; DW Bacon, Pentateuchical Analysis, in Hebraica, iv. 1862 ; t. nöldeke 、 untersuchungen zur kritikデはキール、 1809 ; j.ヴェルハウゼン、死ぬ組成デhexateuchsは、ドイチェjahrbücher für theologie 、 xxi 。 、 xxii 。 、転載1885 、 1889 、 1893 ;カールバッド、死ぬbiblische urgeschichte 、ギーセン1883 ; socinカウチと、死ぬ創世記aeusserer unterscheidung mit der quellen 、フライブルク-さ-ブライスガウ、 1888 、 1891 ;社殿向ベーコン、 pentateuchical分析は、 hebraica 、 Ⅳ 。 216- 243, v. 7-17: The Genesis of Genesis, Hartford, 1892; EC Bissell, Genesis Printed in Colors (transl. from Kautzsch-Socm), Hartford, 1892; EI Fripp, The Composition of the Book of Genesis, 1892; CI Ball, Genesis, 1896 (critical text in colors in SBOT ed. Haupt). 216 -2 43、 v .7 -17:創世記の創世記、ハートフォード、 1 892; E Cのビッセル、創世記の色で印刷さ(石油よりカウチ- s ocm) 、ハートフォード、 1 892; e if ripp、創世記の組成を、 1892 ; ciボール、創世記、 1896 (重要なのテキストの色をsbotエドです。ハウプト) 。

Compare also the introductions to the Old Testament by Kuenen, Cornill, Strack, Driver, and König, and to the Hexateuch by Holzinger, 1893, and Steuernagel, 1901; A. Westphal, Les Sources du Pentateuque, Paris, 1888, 1892; WE Addis, The Documents of the, Hexateuch Translated and Arranged in Chronological Order, 1893, 1898; IE Carpenter and G. Hartford Battersby, The Hexateuch, 1900.また、比較され、旧約聖書のキューネンを紹介して、コルニル、シュトラック、ドライバ、およびケーニッヒ、としてholzinger六書され、 1893 、およびsteuernagel 、 1901 ; a.ウェストファール、レソースデュpentateuque 、パリ、 1888 、 1892 ;私たちaddisは、ドキュメントを、年代順に並べ六書の翻訳と、 1893 、 1898 ;すなわち大工とbattersby g.ハートフォードは、六書、 1900 。 Anti-Criticism: CH Sack, De Usu Nominum, Dei et in Libro Geneseos, Bonn, 1821; H. Ewald, Die Composition der Genesis Kritisch Untersucht, Brunswick, 1823 (subsequently retracted for the greater part by the author);反批判:あなたの袋、デ有珠nominum 、デイetでリブロgeneseos 、ボン、 1821 ;笠原エーヴァルト、死ぬ組成der創世記kritisch untersucht 、ブランズウィック、 1823 (その後の大部分を撤回された著者) ;

EW Hengstenberg, Die Authentie des Pentateuchs, Berlin, 1836, 1839 (i. 181-414 contains an epoch-making proof of the meaning and intentional use of the names of God); M. Drechsler, Die Einheit und Echtheit der Genesis, 1838 (including Nachweis der Einheit und Planmässigkeit der Genesis); FH Ranke, Untersuchungen über den Pentateuch, Erlangen, 1834-40; IH Kurtz, Die Einheit der Genesis, 1846; C. Keil, Ueber die Gottesnamen im Pentateuch, in Zeitschrift für Lutherische Theologie und Kirche, 1851, pp.ニューヘングステンベルク、死ぬauthentieデpentateuchs 、ベルリン、 1836 、 1839 ( i.百八十一から四百十四に含まれる画期的な証明書の意味と神の名前を意図的に使用) ;男性ドレシュラー、死ぬeinheit und der創世記echtheit 、 1838 ( planmässigkeitを含むnachweis der einheit und der創世記) ; fhランケ、 untersuchungen überデン五、エルランゲン、 1834年から1840年;資料クルツ、死ぬeinheit der創世記、 1846 ; c. keil 、 ueber死ぬgottesnamenイム五は、 zeitschrift für lutherische theologie und kirche 、 1851 、 pp 。 215-280; J. Halévy, Recherches Bibliques, i.二一五から二八〇まで; j.アレヴィ、 recherches bibliques 、 i. 1895; WH Green, criticism of Harper, in Hebraica, v., vi., vii.; idem, The Unity of Genesis; EC Bissell, The Pentateuch, Its Origin and Structure, pp. 1895 ; wh緑、批判のハーパーは、 hebraica 、 v. 、 Ⅵ 。 、 Ⅶ 。 ;同上、創世記の団結; ECのビッセルは、五、その起源と構造、 pp 。 410-475, New York, 1885 (includes a voluminous bibliography on the Pentateuch).四百十〜四百七十五、ニューヨーク、 1885年(書誌事項を検索するには、膨大な数の五) 。 BJベナン

-Critical View:クリティカルな対象:

Genesis forms part of the Hexateuch.創世記の六書の一部を形成する。 As such it is regarded by the critical schools as a composite work, containing data from P and JE, the latter a history which, itself a combination of two distinct compilations-one, northern or Israelitish, E; the other, southern or Judean, J-tells in detail and in popular style the story of Israel from the beginning of things to the completed conquest of Canaan.このように重要なことは学校として認識される複合作業は、データを含むpとは、後者の歴史を、自分自身を組み合わせての2つの明確なオムニバス- 1つは、北部やisraelitish 、メール; 、他のは、南部やjudean 、のJ -指示を詳細に人気のスタイルと、イスラエルの物語のことを最初からカナン征服を完了します。 In addition to these elements, some independent material is distinguished from that ascribed to the sources named; and editorial comments (R) and changes have been separated in the critical analysis.これらの要素に加えて、いくつかの独立した物質は区別している名前が生得的、および編集コメント数( R )および変更が分離され、重要な分析です。 There is practical unanimity among critics with regard to the character of P and what must be assigned to him.批評家の間には実用的な全会一致に関しては、以下の文字のPと彼は何に割り当てられている必要があります。 Elements.要素です。

The P elements in Genesis consist of a series of interconnected genealogies, uniform in plan, and always prefaced by the introductory phrase "These are the generations of."ジェネシスは、 Pの要素で構成さgenealogies 、一連の相互接続、制服、計画、導入されると、常に接頭辞フレーズ"これらの世代のです。 " Connected with them is a scheme of Chronology around which a few historical glosses are grouped.計画の概要を接続することは、そこを中心に、いくつかの歴史的な注釈年表はグループです。 In fuller detail the stories of Abraham's covenant and his purchase of a burialplace at Hebron are elaborated.もっと詳しくアブラハムの契約の話をすると彼の購入依頼burialplaceでヘブロンは、精緻化します。 The accounts of Creation (see Cosmogony) and of the Flood are also given fuller treatment.アカウントの作成(宇宙進化)とフラーの治療の洪水にも与えられた。 It would thus seem that P presupposes acquaintance with and the existence of a history or histories of the Patriarchs and of the times preceding theirs.それがこのような面識がないように見えるが前提とpの歴史が存在するかの履歴は、前述のpatriarchsとかれらの倍です。 P is thus a work of a student aiming to present certain ideas and emphasizing certain conclusions. pはこのように、現在の仕事をする学生を目指して、特定のアイデアや、特定の結論を強調します。 He traces the origin of Israel and his descendants as the one family chosen from among all the children of Adam.彼の痕跡の起源は、イスラエルと彼の子孫の中から選ばれた一つの家族としてのすべての子供たちのアダムです。 He lays particular stress on the religious institutions; eg, the Sabbath ordained by God Himself at the completion of the week of Creation; the command to abstain from partaking of blood; the covenant of circumcision; and the purity of the Israelitish stock (contrast Esau's marriages with Jacob's).彼はストレスを産む特定の宗教機関;例えば、自分自身の安息日は、神の制定され、週間以内に完了した創作;のコマンドを参加者の血液を棄権し、約束の割礼;とisraelitish純度の株式(コントラストエサウの結婚とジェイコブ氏の)です。

The theory has been advanced that P is based on J, his story of Creation presupposing the use of historical and traditional material collected in J. On the whole, this may be admitted; but it is also plain that for the P account of the Creation and the Flood Babylonian sources and information were drawn upon.その理論てきた高度なことpは無しに基づいて、彼の話presupposing創作の歴史と伝統的な素材を使用上で収集さj. 、全体的には、この5月に認め;ながら、それはまたして平原は、 Pアカウントの作成バビロニア人や情報源との洪水が描画される。 The theology of P is of a high order. pは、神学の高い順です。 God is One; He is supramundane.神は1つ;彼は霊界のです。 Creation is a transcendental, free act of the Absolute Creator (hence ).創作は、超越、無料法律は、絶対的な創作(それゆえ) 。 In history are revealed a divine plan and purpose.歴史上、神の計画と目的が明らかにします。 God communicates His decrees directly without the intervention of angels or dreams, and without recourse to theophanies.神の介入なしに直接通信する彼の政令の天使や夢、および遡求をtheophaniesです。 He is Elohim for Noah, El Shaddai for Abraham, and Yhwh for Israel.彼はエロヒムのノア、エルshaddaiをアブラハムは、イスラエルとのyhwhです。 Anthropomorphisms are few and inoffensive. anthropomorphismsが少ないと不快感を与えない。 This theology reveals the convictions and reflections of a late epoch in Israel's religious and historical development.この神学には、信念と反射を送信する前に、イスラエルの宗教的、歴史的な時期を開発します。 JE, after the elimination of P, presents an almost unbroken narrative.は、 pの除去した後、プレゼントにほぼ切れ目のない物語です。 In the earlier chapters J alone has been incorporated; E begins abruptly in Gen. xx.無しだけで、以前の章に組み込まされ;メールが開始さGen 。と突然のXXです。 It is a moot point whether E contained originally a primeval history parallel to that now preserved in Genesis from J. That of the latter, as incorporated in the pre-Abrahamic chapters, is not consistent throughout; especially do the account of the Flood, the fragments of a genealogy of Seth, and other portions suggest the use of traditions, probably Babylonian, which did not originally form part of J.これはメールに含まれるかどうか、議論の余地がポイントもともと原始の歴史を平行して今すぐに保存されj.が後者の創世記から、事前に組み込まれてアブラハムの章ではない整合性を通じて;特に、洪水には、アカウントは、断片化したの家系のセス、およびその他の部分の伝統を示唆して使用し、おそらくバビロニア、これはもともとフォーム部分オブJ

Legends.伝説です。

JE, as far as Genesis is concerned, must be regarded as compilations of stories which long before their reduction to written form had been current orally among the people.は、創世記限りでは、しなければならないのオムニバスストーリーが長いと見なされる前に書かれたフォームの削減を現在の経口ていたとして、人々のです。 These stories in part were not of Canaanitish-Hebrew origin.これらのストーリーの一部が特定のcanaanitish -ヘブライ語起源です。 They represent Semitic and perhaps other cycles of popular and religious tales ("Sagen") which antedate the differentiation of the Semitic family into Hebrews, Arabs, etc., or, migrating from one to the other of the Semitic groups after their separation, came to the Hebrews from non- Semitic peoples; hence the traces of Babylonian, Egyptian, Phenician, Aramaic, and Ishmaelitish influence.おそらく他のサイクルを表すものとユダヤ人の人気と宗教の物語( " sagen " )を見越すの分化のご家族にヘブル人への手紙のユダヤ人、アラブ人等、または、 1つの移行は、ユダヤ人を、他のグループに分離した後、来たヘブル人への手紙からして非ユダヤ人々 ;それゆえ、トレースのバビロニア、エジプト、 phenician 、アラム語、およびishmaelitishに影響を与える。 Some of the narratives preserve ancient local traditions, centered in an ancient religious sanctuary; others reflect the temper and exhibit thecoloring of folk-tales, stories in which the rise and development of civilization and the transition from pastoral to agricultural life are represented as the growth and development of individuals.いくつかの物語古代の地方の伝統を維持、古代の宗教的な聖域の中央に表示さ;他の気性を反映して、展示thecoloringの民俗-物語は、ストーリーでは、上昇と文明の発展と生活への移行がより牧歌的に農業の成長として表現さ個人と発展します。 Others, again, personify and typify the great migratory movements of clans and tribes, while still others are the precipitate of great religious changes (eg, human sacrifices are supplanted by animal ones).その他、再度、擬人化すると類型化する渡り鳥の大氏族と部族の運動をしながら、他の人の偉大な宗教的な変化の沈殿物(例えば、人間の犠牲は動物supplantedられたもの)です。 The relations and interrelations of the tribes, septs, and families, based upon racial kinship or geographical position, and sometimes expressive of racial and tribal animosities and antipathies, are also concreted in individual events.相関関係は、部族の関係や、 septs 、およびご家族、親族や地理的な位置に基づいて人種差別であり、時として、表現力豊かな人種や部族の憎しみとantipathies 、個々のイベントにもconcretedです。 In all this there is not the slightest trace of artificiality.この中にはすべてのトレースを人工的には少しもない。 This process is the spontaneous assertion of the folk-soul ("Volksseele").このプロセスは、自発的主張は、民俗-魂( " volksseele " ) 。 These traditions are the spontaneous creation of popular interpretation of natural and historical sentiments and recollections of remote happenings.これらの伝統は、自発的に解釈する人気の創造自然や歴史的感情や思い出のリモートの出来事です。 The historical and theological interpretations of life, law, custom, and religion in its institutions have among all men at one time taken this form.の生活の歴史的、神学的解釈、法律、カスタム、と宗教、そのすべての人の間で1つの機関が、このフォームに要する時間です。 The mythopeic tendency and faculty are universal. mythopeicは普遍的な傾向や教職員のです。 The explanations of names which exhibit signs of being the result of intentional reflection, are, perhaps, alone artificial.展示の説明の名前の兆候を意図的に反射の結果を、には、おそらく、人工だけです。

Compilation.コンパイルしている。

Naturally, in the course of oral transmission these traditions were modified in keeping with the altered conditions and religious convictions of the narrators.当然のことながら、口承の過程で修正され、これらの伝統が維持条件の変更や宗教上の信念は、 narrators 。 Compiled at a time when literary skill had only begun to assert itself, many cycles of patriarchal histories must have been current in written form prior to the collections now distinguished by critics as E and J. Criticism has to a great extent overlooked the character of both of these sources as compilations.コンパイルしているときにしか文学のスキルを主張自体を開始するまでを、多くのサイクルの家父長の履歴必要があります。書面形式でも現在のコレクションをする前に、批評家として区別されるメールおよびJ.批判が見落とさして大部分の文字の両方のこれらの消息筋の話として、オムニバスです。 It has been too free in looking upon them as works of a discriminating litterateur and historian. lookingされても無料でかれらの作品は、差別の歴史学者文人とします。 P may be of this nature, but not J and E. Hence any theory on the literary method and character of either is forced to admit so many exceptions as to vitiate the fundamental assumption. p年5月には、次の自然、しかし、特定のJ and e.したがって理論上の任意の文字のいずれかの方法と文学が強制的に非常に多くの例外として認めるの基本的な仮定を無効です。 In E are found traits (elaborations, personal sentiment) ascribed exclusively to J; while J, in turn, is not free from the idiosyncrasies of E.のメールが見つかりました形質(エラボレーション、個人的な感情)生得するだけのために無し;ながら無しは、順番に、には自由がないからの特異性のe.

Nor did R (the editor, editors, or diaskeuasts) proceed mechanically, though the purely literary dissection on anatomical lines affected by the higher criticism would lead one to believe he did.また参考研究(のエディタで、編集者、またはdiaskeuasts )続行を機械的には、純粋にかかわらず、文学的解剖学的解離上行の批判が高いほど影響を受けて1つにつながると信じていた。 He, too, had a soul.彼は、あまりにも、魂がします。 He recast his material in the molds of his own religious convictions.彼は彼の素材は、金型の改鋳彼自身の宗教上の信念です。 The Midrashic method antedates the rabbinical age. midrashic法antedatesのラビの年齢です。 This injection of life into old traditional material unified the compilation.この注射液の生命を吹き込む古い伝統的な素材の統一、コンパイルしている。 P's method, rightly regarded as under theological intention ("Tendenz"), was also that of R. Hence Genesis, notwithstanding the compilatory character of its sources, the many repetitions and divergent versions of one and the same event, the duplications and digressions, makes on the whole the impression of a coherent work, aiming at the presentation of a well-defined view of history, viz., the selection of the sons of Israel as the representative exponents of Yhwh's relations to the sons of Adam, a selection gradually brought about by the elimination of side lines descended, like Israel, from the common progenitor Adam, the line running from Adam to Noah-to Abraham-to Jacob = Israel. Pのメソッドは、神学的意図されて当然と見なされて( " tendenz " ) 、 r.したがって創世記にも、そのソースの文字をcompilatoryの規定にかかわらず、多くの繰り返しと発散のバージョンの1つのと同じイベントでは、脱線の重複や、全体の印象では、コヒーレント仕事、プレゼンテーションを目指して、適切に定義される対象の歴史を、 viz 。 、人の息子の選択は、指数の代表としてのイスラエルとの関係をyhwhアダムの子孫は、徐々に選択もたらされる側の行の子孫を排除するように、イスラエル、共通の祖先からのアダム、ノアの行を実行してからアダムをアブラハムのジェイコブ=イスラエルです。

Later Additions.へ追加します。

Chapter xiv.第14世です。 has been held to be a later addition, unhistorical and belonging to none of the sources.毎年開催され、後にはまた、歴史的でないと、ソースなしに属しています。 Yet the story contains old historical material.その話はまだありません古い歴史的な素材が含まれています。 The information must be based on Babylonian accounts (Hommel, "Alt-Israelitische Ueberlieferung," p. 153, speaks of an old Jerusalem tradition, and Dillmann, in his commentary, of a Canaanitish tradition; see Eliezer); the literary style is exact, giving accurate chronological data, as would a professional historian.バビロニアの情報に基づいてしなければならないアカウント(ホンメル、 " alt - israelitische ueberlieferung 、 " p. 153 、エルサレムの古い伝統を話すとディルマン、彼の解説は、伝統的にcanaanitish ;参照エリエゼル) ; 、文学のスタイルは、正確なは、正確な時系列データを与え、歴史の専門家するようにします。 The purpose of the account is to glorify Abraham.の目的は、アカウントではアブラハムを賛美します。 Hence it has been argued that this chapter betrays the spirit of the later Judaism.それゆえ、この章されてと主張して、後のユダヤ教の精神を裏切っています。 Chapter xlix., the blessing by Jacob, is also an addition; but it dates from the latter half of the period of the Judges (K. Kohler, "Der Segen Jacob's").第四十九。 、ジェイコブの祝福され、加えても;しかし後半からの日程の期間は、審査員( k.ケーラー、 " der segenジェイコブ氏の" ) 。 The theory that the Patriarchs especially, and the other personages of Genesis, represent old, astral deities, though again advanced in a very learned exposition by Stucken ("Astral Mythen"), has now been generally abandoned.EGHその理論は、 patriarchs特に、と、他の人物の創世記、代表古、アストラルの神々が、再び非常に高度で博覧会を学んだシュトゥッケン( "アストラルミーテン" ) 、一般的には解決されましたabandoned.egh

Benno Jacob, Emil G. Hirsch bennoジェイコブ、エミールハーシュg.

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです