Glory栄光

General Information 総合情報

Concerning God, Glory is the exhibition of His Divine attributes and perfections (Ps. 19:1) or the radiance of His presence (Luke 2:9).神に関しては、彼の神の栄光の展示会は、属性、および完成( ps. 19時01分)またはラディアンス彼のプレゼンス(ルーク2時09分) 。 Concerning man, glory is the manifestation of his commendable qualities, such as wisdom, righteousness, self-control, ability, etc. Glory is the destiny of believers (Phil. 3:21; Rom. 8:21; 1Cor. 15:43).に関するマニュアル、栄光は、彼の立派な資質の現れのような知恵、正義、自己制御、能力等の栄光は、信者たちの運命を( phil. 3:21 ; ROMから起動します。 8時21分; 1cor 。 15:43 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Glory栄光

Advanced Information 高度情報

The principal word in the Hebrew for this concept is kabod, and in the Greek doxa, which is derived from dokeo, "to think" or "to seem."ヘブライ語の単語の校長、このコンセプトはkabod 、および、ギリシャのdoxa 、これはdokeoから派生した、 "を考える"または"に見える。 " These two meanings account for the two main lines of significance in classical Greek, where doxa means opinion (what one thinks for himself) and reputation (what others think about him), which may shade into fame or honor or praise.これらの2つの意味を持つアカウントを2つの主要行の意義がある古典ギリシア語、ここでの意見doxa手段(自分の考えを自分自身)と評判を(他人の考えについて、彼)が5月に有名になる日陰や名誉や称賛します。

In the OTは、 ot

Since kabod derives from kabed, "to be heavy," it lends itself to the idea that the one possessing glory is laden with riches (Gen. 31:1), power (Isa. 8:7), position (Gen. 45:13), etc. To the translators of the LXX it seemed that doxa was the most suitable word for rendering kabod, since it carried the notion of reputation or honor which was present in the use of kabod. kabodから派生して以来kabed 、 "重される"との調和に自分自身を所持するというアイデアに、 1つの栄光を積んだ富( Gen 。と31:1 ) 、パワー( isa. 8時07分) 、位置( Gen 。と45 : 13 )などに翻訳して、 70 doxaようには、最も適切な言葉をレンダリングkabod 、運ば以来の評判や名誉の概念が存在してkabodを使用します。 But kabod also denoted the manifestation of light by which God revealed himself, whether in the lightning flash or in the blinding splendor which often accompanied theophanies.しかし、 kabodも症状の光を表わし、自分自身が神の啓示は、雷かどうかは、まばゆいばかりのフラッシュか、同行の素晴らしさtheophaniesていることが多いです。 Of the same nature was the disclosure of the divine presence in the cloud which led Israel through the wilderness and became localized in the tabernacle.と同じ性質は、神の存在感を開示を主導イスラエルを通じて、大自然の雲となったのローカライズは、幕屋です。 So doxa, as a translation of kabod, gained a nuance of meaning which it did not possess before. doxaので、翻訳文のkabodとして、ニュアンスの意味を得ていないが保有する前にします。 At times kabod had a deeper penetration, denoting the person or self. kabodいた時は、下記の浸透を示すしている個人または自己です。 When Moses made the request of God, "Show me thy glory" (Exod. 33:18), he was not speaking of the light-cloud, which he had already seen, but he was seeking a special manifestation of God which would leave nothing to be desired (cf. John 14:8).ムーサーの神の要請に応じて作らときに、 "なたの栄光を見せて" ( exod. 33:18 ) 、彼はないと言えば、光-雲、彼はすでに見られるが、しかし彼は神を求めて、特別な症状を残す手の打ちようが望ましい( cf.ジョン14時08分) 。 Moses had a craving to come to grips with God as he was in himself.ムーサーは欲を神に真剣に取り組むとして、彼は自分自身です。 In reply, God emphasized his goodness (Exod. 33:19).に返信したり、彼の良さを強調神( exod. 33:19 )です。 The word might be rendered in this instance "moral beauty."という言葉かもしれないレンダリングがこのインスタンスに"道徳的な美しさです。 " Apart from this the eternity of God as a subject of human contemplation might be depressing.別にこれは神の永遠の人間を対象に、気のめいるよう熟考するかもしれない。 This incident involving Moses is the seed plot for the idea that God's glory is not confined to some outward sign which appeals to the senses, but is that which expresses his inherent majesty, which may or may not have some visible token.この事件ムーサーは、種子のプロットをするというアイデアに限局して、神の栄光のではないの訴えをいくつかの感覚の外側にサインが、しかし彼の固有の陛下は、これを表現し、これ年5月または次のトークンがないことがいくつかあります。 Isaiah's vision of him (6:1ff.) included both the perception of sensible features and the nature of God, particularly his holiness (cf. John 12:41).イザヤ書のビジョンは彼( 6:1 FFを指定します。 )含まれるものの両方の認識を神の性質を賢明な特長と、特に彼の神聖( cf.ジョン12:41 ) 。 The intrinsic worth of God, his ineffable majesty, constitutes the basis of warnings not to glory in riches, wisdom, or might (Jer. 9:23) but in the God who has given all these and is greater than his gifts.神の本質的な価値は、彼の言いようのない陛下は、警告の基礎を構成しないように栄光の富を、知恵か、またはかもしれない( jer. 9時23分)しかし、神のwhoは、与えられた以上のすべてのとは、彼のギフトです。 In the prophets the word "glory" is often used to set forth the excellence of the messianic kingdom in contrast to the limitations of the present order (Isa. 60:1-3).預言者という言葉は、 "栄光"がよく使われているの素晴らしさを設定するのとは対照的に、救世主のような王国の限界を、現在の注文( isa. 60:1-3 ) 。

In the NTは、 NTの

In general doxa follows rather closely the pattern established in the LXX.一般的に以下の通りというdoxa密接には、パターンに設立され、 70です。 It is used of honor in the sense of recognition or acclaim (Luke 14:10), and of the vocalized reverence of the creature for the Creator and Judge (Rev. 14:7).これはある意味で使用されるオブオナー認識や喝さい(ルカ14:10 ) 、と畏敬の念を、発声の創造とその生き物を判断する(改訂14時07分) 。 With reference to God, it denotes his majesty (Rom. 1:23) and his perfection, especially in relation to righteousness (Rom. 3:23).神を参照し、それを示し国王陛下(ローマ1:23 )と彼の完全性、特に関連して正義(ローマ3:23 ) 。 He is called the Father of glory (Eph. 1:17).彼は栄光の父と呼ばれる( eph. 1:17 ) 。 The manifestation of his presence in terms of light is an occasional phenomenon, as in the OT (Luke 2:9), but in the main this feature is transferred to the Son.彼の存在感をご利用の症状は、時折光の現象のように、 ot (ルーク2時09分) 、しかし、この機能は、メインの息子に転送されます。 The transfiguration is the sole instance during the earthly ministry, but later manifestations include the revelation to Saul at the time of his conversion (Acts 9:3ff.) and to John on the Isle of Patmos (Rev. 1:12ff.).の変容は、地上部の唯一のインスタンスの中に、それ以降の症状を呈してソールには、啓示を時点で、彼のコンバージョン( 9時03分行為FFを指定します。 )と、ジョンは、島のパトモス島(改訂1:12 FFを指定します。 ) 。 The fact that Paul is able to speak of God's glory in terms of riches (Eph. 1:18; 3:16) and might (Col. 1:11) suggests the influence of the OT upon his thinking.ポールができるという事実を話すの点で神の栄光の富( eph. 1:18 ; 3:16 )とかもしれない( Col 。 1:11 )示唆してot時、彼の考え方に影響を与える。 The display of God's power in raising his Son from the dead is labeled glory (Rom. 6:4).表示にするには、神の力を死人の中から、彼の息子の引き上げは、ラベルの栄光(ローマ6時04分) 。

Christ is the effulgence of the divine glory (Heb. 1:3).イエスキリストは、神の栄光のeffulgence ( heb. 1:3 ) 。 By means of him the perfection of the nature of God is made known to men.完ぺきによって、彼は神の性質がわかって男性が行われる。 When James speaks of him as the Lord of glory (2:1), his thought seems to move along the lines of the revelation of God in the tabernacle.ジェームズ話すときの彼の主の栄光( 2:1 ) 、彼の思想の趣旨に沿って移動するように、神の啓示は、幕屋です。 There the divine presence was a gracious condescension but also an ever-present reminder of God's readiness to mark the sins of his people and to visit them with judgment.そこにいる神の存在は、優雅な恩着せがましいが常に存在するだけでなく、神の用意があることを思い出させる記念して彼の罪を訪問する人々とそれらを判断します。 So the readers of James's epistle are admonished to beware of partiality.ジェームズの読者のため、警告の書簡は、えこひいきに注意します。 The Lord is in the midst of his people as of yore.の真っただ中に、主は彼の昔の人々です。

The glory of Christ as the image of God, the Son of the Father, was veiled from sinful eyes during the days of his flesh but was apparent to the men of faith who gathered around him (John 1:14).イエスキリストの栄光の神としてのイメージを、息子は、父親は、罪深いの目からはベールに包まれた日間の中に彼の体を引き裂いたしかし、男性は明らかに信仰whoが集まって彼(ヨハネ1:14 ) 。

Even as the preincarnate Son had dwelt with the Father in a state of glory (with no sin to mar the perfection of the divine mode of life and intercourse), according to his own consciousness (John 17:5), so his return to the Father can properly be called an entrance into glory (Luke 24:26). preincarnateの息子としても、父は力説する状態の栄光(おない完璧な罪を台無しにするのは神のモードの生活と性交)によると、彼自身の意識(ヨハネの福音17時05分) 、だから彼に戻るには、父と呼ばれることに入る適切に栄光(ルカ24:26 ) 。 But more seems to be involved here than a sharing with the Father of what he had enjoyed in ages past.しかし、ここに参加する他のように共有するよりも、父親の過去のどのような年齢の彼はお楽しみです。 God now gives him glory (I Pet. 1:21), in some sense as a reward for the faithful, full completion of the Father's will in relation to the work of salvation (Phil. 2:9-11; Acts 3:13).今すぐ神の栄光を与えて(なでなでしています。 1:21 ) 、いくつかの感覚を忠実にご褒美として、フル完成の父の意志に関連しての仕事を救い( phil. 2:9-11 ;行為3:13 ) 。 So it is that both the taking up of Christ from the earth (I Tim. 3:16) and his return (Col. 3:4; Titus 2:13).これは取りの両方のキリストが地球から(私ティムです。 3:16 )と彼のリターン( Col 。 3 : 04 ;タイタス2:13 ) 。 So it is the representations of his presence and activity as the future judge and king (Matt. 25:31) are also associated with a majesty and radiance which are largely lacking in the portrayals of Jesus in the days of his humiliation.これは彼の存在と活動の表現としての将来裁判官とキング( matt. 25:31 )にも関連付けられている陛下とラディアンスに欠けているのは主にイエスキリストは、日中における彼の屈辱です。

While the contrast is valid, therefore, between the sufferings of Christ and the glory (literally, the glories) to follow (I Pet. 1:11), John's Gospel reveals a further development, namely, that the sufferings themselves can be viewed as a glorification.が、コントラストは有効ですが、したがって、イエスキリストとの間の苦しみの栄光(文字通り、その栄誉)に従う(私のペットです。 1:11 ) 、ジョンの福音書によるのさらなる発展に、すなわち、それ自体がこれまでの人気としての苦しみを賛美します。 Jesus was aware of this and expressed himself accordingly.イエスキリストは、自分自身を認識やこれやを表明します。 "The hour is come that the Son of man should be glorified" (John 12:23). "その時は、来るは、息子の男を讃えるすべきである" (ヨハネ12:23 ) 。 This word "hour" in the Fourth Gospel points regularly to the death of Christ.この言葉は"時間"福音書第4ポイントを定期的にイエスキリストが死亡した。 Jesus was not seeking to invest the cross with an aura of splendor which it did not have, in order to conjure up a psychological antidote to its pain and shame.イエスキリストが十字架に投資を模索してオーラの素晴らしされてなかったために、心理的な解毒剤を素早くするには痛みと恥です。 Rather, glory properly belongs to the finishing of the work which the Father had given him to do, since that work represented the perfect will of God.むしろ、適切に属して、仕上げの栄光の仕事を与えられた彼は、父親がこれを行うには、表現して動作するので、完璧な神の意志をします。

Eschatological glory is the hope of the Christian (Rom. 5:2).栄光は、希望の終末論は、キリスト教(ローマ5時02分) 。 In this future state he will have a new body patterned after Christ's glorified body (Phil. 3:21), an instrument superior to that with which he is presently endowed (I Cor. 15:43).彼は将来の状態で、この新しい体の模様の後には、キリストの体を讃える( phil. 3:21 ) 、楽器に優れていることを彼は、現在与え(私コーです。 15:43 )です。 Christ within the believer is the hope of glory (Col. 1:27).イエスキリストを信じる人は、希望の栄光( Col 。 1:27 ) 。 He is also the chief ornament of heaven (Rev. 21:23).彼はまた、チーフの飾りオブヘブン(改訂21:23 )です。

The word "glory" is found in the plural to denote dignitaries (Jude 8).という言葉"栄光"が発見された複数の要人を示す(ジュード8 ) 。 It is not easy to determine whether the reference is to angels or men of honor and repute in the Christian community.それは容易ではないのかどうかを判断する基準は、天使や男性の名誉と評判では、キリスト教社会です。

A somewhat specialized use of the word is that which is has in the doxologies, which are ascriptions of praise to God for his worth and works (eg, Rom. 11:36).やや特殊な単語の使用は、これははは、 doxologies 、 ascriptionsの褒め言葉を神が彼の価値と作品(例えば、 ROMから起動します。 11:36 )です。

On several occasions glory is used as a verb (kauchaomai) where the meaning is to boast, as in Gal.幾度もの栄光を動詞として使用されて( kauchaomai )ここでの意味を誇るが、ギャルのようにします。 6:14. 6:14です。

EF Harrison efハリソン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
I. Abrahams, The Glory of God; A. von Gall, Die Herrlichkeit Gottes; GB Gray and J. Massie in HDB; ECE Owen, "Doxa and Cognate Word," JTS 33:132-50, 265-79; AM Ramsey, The Glory of God and the Transfiguration of Christ; G. von Rad and G. Kittel, TDNT, II, 232ff.; S. Aalen, NIDNTT, II, 44ff. i.エイブラハムズは、神の栄光の; a.フォンずうずうしさ、死ぬherrlichkeit gottes ; GBの白黒およびJ.マッシーにhdb ; eceオーウェン、 " doxaと同族単語、 "専売33:132-50 、 265から79 ;アムラムジーは、神の栄光の変容とキリスト; g.フォンradとg.キッテル、 tdnt 、 2世、 232ff 。 ; s.アーレン、 nidntt 、 2世、 44ff 。


Glorification賛美

Advanced Information 高度情報

This refers especially to the time when, at the parousia, those who died in Christ and the living believers will be given the resurrection of the body, a final and full "redemption of our body" (Rom. 8:23), preparatory for and suited to the final state of the Christian believer.を参照して、特にこの時期に、は、 4 / 、これらのwho信者たちの生活が死亡したとされるイエスキリストの復活を与えられたのボディは、最終的かつ完全な"私たちの体の償還" (ローマ8時23分) 、準備をとの最後の状態に適しては、キリスト教信者です。 As a theological term it is a synonym of immortality, when immortality is thought of as the glorification which believers will receive, and not, as erroneously thought of, as simply the continued existence of both the believers and the finally impenitent.神学上の用語として不朽の名声と同義であるとすることは、ときとして不朽の名声には考えが信者たちを受け取るの賛美ではなく、誤って考えると、単にその存続の両方の信者たちとの最後に改心します。

Glorification, therefore, is only for believers, and it consists of the redemption of the body.賛美、したがって、信者たちはのみ、それは、身体の償還します。 At that time "this perishable" will "put on the imperishable," and "this mortal," the body, will "put on immortality" (I Cor. 15:53).その時は"この腐りやすい"が"不滅の宗教に帰依する" 、および"この人間は、 "体が"不朽の名声をつける" (私コーです。 15:53 )です。 Then death, the Christian's last enemy (I Cor. 15:26), will be swallowed up in victory (I Cor. 15:54).入力し、死は、キリスト教の最後の敵(私コーです。 15:26 ) 、勝利に飲み込まされる(私コーです。 15:54 )です。

The finally impenitent will be resurrected, but this is a second resurrection, to damnation, the "second death" (Rev. 2:11).復活の最後に改心されるが、これは2番目の復活を地獄に落とすことは、 "第2の死" (改訂2:11 ) 。 Scripture does not refer to this second resurrection as either immortality or glorification.この2番目の啓典を参照して復活されないのいずれかとして不朽の名声や賛美します。

Our special glory seems to consist, in part, in the hope we hold to: that we will be glorified.私たちは特別な栄光のように、部分は、私たちの期待にしっかりつかまって:されることを讃える。 Paul also seems to teach that after the believers are glorified, the whole created world will undergo a fundamental renewal: "For the anxious longing of the creation waits eagerly for the revealing of the sons of God. For the creation was subjected to futility,... in hope that the creation itself will be set free from its corruption into the freedom of the glory of [or glorification of] the children of God" (Rom. 8:19-21 NASB).ポールも教えるように見せかけした後、信者たちは、世界全体の作成は、根本的な刷新を受ける: "は、あこがれの不安を明らかに躍起になって待機の創造の神の息子です。無益を受けるの創造は、 。 ..ということを願っての作成自体は自由に設定するより、腐敗の栄光の自由を[または賛美]の子供たちの神" (ローマ8:19-21 nasb ) 。

JK Grider jk grider
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Glo'rify glo'rify

Advanced Information 高度情報

Glorify,美化、
(1.) To make glorious, or cause so to appear (John 12:28; 13:31, 32; 17: 4,5). ( 1 。 )栄光を作るか、または原因が表示されるので(ヨハネ12:28 ; 13:31 、 32 ; 17 : 4,5 ) 。 (2.) Spoken of God to "shew forth his praise" (1 Cor. 6:20; 10:31). ( 2 )話さ神を"自分の褒め言葉供え" ( 1コーです。 6:20 ; 10:31 )です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Glory栄光

Advanced Information 高度情報

Glory, (Heb. kabhod; Gr. doxa).栄光、 ( heb. kabhod ;グラムです。 doxa ) 。 (1.) Abundance, wealth, treasure, and hence honour (Ps. 49:12); glory (Gen. 31:1; Matt. 4:8; Rev. 21:24, 26). ( 1 。 )豊富、富、財宝、およびそれゆえ名誉( ps. 49:12 ) ;栄光( Gen 。と31:1 ;マットです。 4 : 08 ;改訂21:24 、 26 ) 。 (2.) Honour, dignity (1 Kings 3:13; Heb. 2:7 1 Pet. 1:24); of God (Ps. 19: 1; 29:1); of the mind or heart (Gen. 49: 6; Ps. 7:5; Acts 2:46). ( 2 )名誉、尊厳( 1王3:13 ;なし。 2時07分1のペットです。 1:24 ) ;オブゴッド( ps. 19 : 1 ; 29:1 ) ;は、心やハート( Gen 。と49 : 6 ; psのです。 7時05分;行為2:46 ) 。 (3.) Splendour, brightness, majesty (Gen. 45:13; Isa. 4:5; Acts 22:11; 2 Cor.3:7); of Jehovah (Isa. 59:19; 60:1; 2 Thess. 1:9). ( 3 。 )豪華、明るさ、陛下( 45:13 Gen 。と; ISAのです。 4 : 05 ;行為22:11 ; 2 cor.3 : 7 ) ;のエホバ( isa. 59:19 ; 60:1 ; 2 thessです。 1時09分) 。 (4.) The glorious moral attributes, the infinite perfections of God (Isa. 40:5; Acts 7:2; Rom. 1:23; 9:23; Eph. 1:12). ( 4 )の栄光の道徳的な属性は、神の無限の完成( isa. 40:5 ;行為7 : 02 ; ROMから起動します。 1:23 ; 9時23分; eph 。 1:12 ) 。 Jesus is the "brightness of the Father's glory" (Heb. 1:3; John 1:14; 2:11).イエスキリストは、 "明るさの父の栄光" ( heb. 1:3 ;ジョン1:14 ; 2:11 ) 。 (5.) The bliss of heaven (Rom. 2:7, 10; 5:2; 8:18; Heb. 2:10; 1 Pet. 5:1, 10). ( 5 。 )天国のブリス(ローマ2時07分、 10 ;午前5時02分;午前8時18分;なしで。 2:10 ; 1のペットです。 5:1 、 10 ) 。 (6.) The phrase "Give glory to God" (Josh. 7:19; Jer. 13:16) is a Hebrew idiom meaning, "Confess your sins." ( 6 )のフレーズを"神の栄光を与える" ( josh. 7時19分; jer 。 13:16 )は、ヘブライ語イディオムの意味、 "罪を告白しています。 " The words of the Jews to the blind man, "Give God the praise" (John 9:24), are an adjuration to confess.ユダヤ人の言葉をめくらの男を、 "神のもとに称賛与える" (ヨハネ9時24分) 、は、嘆願を告白します。 They are equivalent to, "Confess that you are an impostor," "Give God the glory by speaking the truth;" for they denied that a miracle had been wrought.に相当する彼らは、 "告白することで、詐欺師" 、 "神の栄光を与える真実を話す; "奇跡を否定していた彼ら鍛造です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Glory栄光

Catholic Information カトリックの情報

This word has many shades of meaning which lexicographers are somewhat puzzled to differentiate sharply.この言葉には多くの色合いの意味を大幅にlexicographersは、やや当惑を区別する。 As our interest in it here centres around its ethical and religious significance, we shall treat it only with reference to the ideas attached to it in Holy Scripture and theology.当社に関心をしてくださいセンターとしての倫理的、宗教的意義は、わたしたちは扱うことのみに添付さのアイデアを参考にして神聖な啓典と神学です。

I. SCRIPTURE i.啓典

In the English version of the Bible the word Glory, one of the commonest in the Scripture, is used to translate several Hebrew terms in the Old Testament, and the Greek doxa in the New Testament.聖書は、英語の単語のバージョンの栄光に満ちた、啓典の1つは、最もよく、翻訳を使用して、いくつかの単語を、旧約聖書のヘブライ語、ギリシャ語とdoxaは、新約聖書です。 Sometimes the Catholic versions employ brightness, where others use glory.時には採用するのは、カトリックのバージョンの明るさ、ここで他人の栄光を使用します。 When this occurs, the original signifies, as it frequently does elsewhere, a physical, visible phenomenon.この現象が発生すると、元の意味は、頻繁に機能の他に、物理的な、次の現象ではない。 This meaning is found for instance in Ex., xxiv, 16: "And the glory of the Lord dwelt upon Sinai"; in Luke, ii, 9, and in the account of the Transfiguration on Mount Thabor.この意味は元のインスタンスは見つかりませんでした。 、 24 、 16 : "と力説する、主の栄光のシナイ半島" ;はルーク、 2世、 9日、と変貌し、アカウントをマウントthaborです。 In very many places the term is employed to signify the witness which the created universe bears to the nature of its Creator, as an effect reveals the character of its cause.非常に多くの場所を示す用語として雇わ宇宙のクマの目撃者は、作成のクリエーターの性質を、文字としての効果には、その原因です。 Frequently in the New Testament it signifies a manifestation of the Divine Majesty, truth, goodness or some other attribute through His incarnate Son, as, for instance, in John, I, 14: "(and we saw his glory, the glory as it were of the only begotten of the Father,) full of grace and truth"; Luke, ii, 32, "A light to the revelation of the Gentiles, and the glory of thy people Israel"; and throughout the prayer of Christ for his disciples, John 17.頻繁には、新約聖書は神の現れであることを意味する陛下、真理をもって、善良またはいくつかの他の属性を通じて彼の化身の息子、として、例えば、ジョン、私、 14 : " (と私たちは彼の栄光は、栄光にbegetの過去分詞形のは、父のみ)いっぱいの恵みと真理" ;ルーク、 2世、 32 、 "啓示を軽くして、 gentiles 、なたの栄光とイスラエルの人々 " ;として彼のキリストの祈り弟子、ジョン17 。 Here too, as elsewhere, we find the idea that the perception of this manifested truth works towards a union of man with God.ここでも、他のは、私たちの知覚を検索するというアイデアには、次の作品に向かって真実を明らかに組合の男に神です。 In other passages glory is equivalent to praise rendered to God in acknowledgment of His majesty and perfections manifested objectively in the world, or through supernatural revelation: "Thou art worthy, O Lord our God, to receive glory, and honour, and power: because thou hast created all things", Apoc., iv, 11: "Give glory to the Lord, and call upon his name", Ps.他の通路の栄光は称賛に相当するのレンダリングを神に謝辞を客観的に明らかに国王陛下と世界の完成、または超自然的啓示: "なたに値する、主よ、神の栄光を受信する、との名誉、および電源:ため、なた作成したすべてのもの" 、 apocです。 、 4世、 11 : "主の栄光を与える、と彼の名前を呼び掛ける" 、 psのです。 Civ, 1 (cf. Ps. Cv, I). civ 、 1 ( cf. psのです。履歴書、私) 。 The term is used also to mean judgment on personal worth, in which sense the Greek doxa reflects the signification of the cognate verb dokeo: "How can you believe, who receive glory one from another: and the glory which is from God alone, you do not seek?"という用語が使用されても個人的な価値判断を意味し、その意味で、ギリシャのdoxa意義を反映して、同族動詞dokeo : "お考えはどうすれば、別の1つの栄光whoを受け取る:これは神の栄光だけでも、あなたシークはありませんか? " John, v, 44; and xii, 43: "For they loved the glory of men more than the glory of God".ジョン、 V電源、 44 、 12 、 43 : "愛しの栄光のために、神の栄光の男性を超える"です。 Lastly, glory is the name given to the blessedness of the future life in which the soul is united to God: "For I reckon that the sufferings of this time are not worthy to be compared with the glory to come", Rom., viii, 18.最後に、栄光は、恵みを与えられた名前は、将来の生活には、魂が団結して神: "のiレコンは、この時点ではない苦しみをされるに値するの栄光を比較して来る" 、 ROMから起動します。 、 viii 、 18 。 "Because the creature also itself shall be delivered from the servitude of corruption, into the liberty of the glory of the children of God", ib., 21. "しなければならないため、その生き物配信よりも自分自身の地役権の腐敗、自由の女神を、神の栄光の子供たち" 、 ① -イ。 、 2 1。 The texts cited above are representative of multitudes similar in tenor, scattered throughout the sacred writings.前掲の文章は、数多くの代表者と同様にテナー、散在して神聖な作品を紹介します。

II. Ⅱ 。 THEOLOGICAL神学

The radical concept present under various modifications in all the above expressions is rendered by St. Augustine as clara notitia cum laude, "brilliant celebrity with praise".急進的な考えの下に存在する様々な表現を、上記のすべての変更はクララデータとしてレンダリングさ聖アウグスティヌス優等で、 "見事な有名人と褒め言葉"です。 The philosopher and theologian have accepted this definition as the centre around which they correlate their doctrine regarding glory, divine and human.哲学者や神学者が利用の中心として、この定義されてそこを中心に彼らの教義について相関栄光、神と人間のです。

1. 1 。 Divine Glory神の栄光

The Eternal God has by an act of His will created, that is, has brought into being from nothingness, all things that are.永遠の神が彼の行為は、作成されると、それは、がなくなるから持ち込まれるが、すべてのことをです。 Infinite Intelligence, He could not act aimlessly; He had an objective for His action: He created with a purpose; He destined His creatures to some end.無限の知性、彼はできませんでした。行為をさまよい歩く;彼は彼の行動を客観:彼の目的で作られた;彼は彼の運命の生き物をいくつか終了します。 That end was, could be, no other than Himself; for nothing existed but Himself, nothing but Himself could be an end worthy of His action.そのためには、が、他のよりも自分自身;はそれなりの理由が存在するしかし、自分自身も、何もしかし、自分自身が自分の行動を終わらせるに値する。 "I am Alpha and Omegain Scripture), the beginning and the end, saith the Lord God" (Revelation 1:8); "The Lord hath made all things for himself" (Proverbs 16:4). "私はアルファとomegain啓典)は、開始と終了、 sayの三人称単数直説法現在形主なる神" (啓示1:8 ) ; "主かれらは自分自身のすべてのことを" (諺16時04分) 。 Did He, then, create in order that from His creatures He might derive some benefit?彼は、その後、彼の生き物を作成するために彼から派生するいくつかの利点かもしれないですか? That, for example, as some present-day theories pretend, through the evolution of things toward a higher perfection the sum of His Being might be enlarged or perfected?が、たとえば、今日の理論としていくつかのふり、を通しての進化のことを完ぺきに向かっ高いかもしれないの合計は、彼が拡大または完成ですか? Or that man by co-operating with Him might aid Him in the elimination of evil which He by Himself is unable to cast out?またはあの男を共同で動作して彼を排除するかもしれない彼に援助悪さが彼自身を追放することはできませんか? No; such conceits are incompatible with the true concept of God.いいえ; conceitsは、このような概念と互換性の真の神です。 Infinite, He possesses the plenitude of Being and Perfection; He needs nothing, and can receive no complementary increment or superfluous accession of excellence from without.無限、彼の存在と潤いを保有し、完ぺき;彼は必要ない、との補完を受けることができる加盟オブエクセレンスから余計なインクリメントまたはなしです。 Omnipotent, He stands in need of no assistance to carry His will into execution.全能の神、彼の援助をスタンドに運ぶ必要のない彼の意思を実行します。

But from His infinity He can and does give; and from His fullness have we all received.しかし、彼の無限遠彼とは与えること、およびすべての受信から彼の膨満われています。 All things are, only because they have received of Him; and the measure of His giving constitutes the limitations of their being.すべてのものには、受信した彼らは彼のためにのみ、および構成の尺度とする彼の限界を与えている。 Contemplating the boundless ocean of His reality, He perceives it as imitable ad extra, as an inexhaustible fund of exemplar ideas which may, if He so wills, be reproduced in an order of finite existence distinct from, yet dependent on His own, deriving their dower of actuality from His infinite fullness which in imparting sustains no diminution.果てしない大海原制に彼の現実に、彼は知覚見習うべき広告のエキストラとして、無尽蔵の資金の模範としてのアイデアが5月、もし彼が望みなら、有限の注文に複製される独特の存在から、彼自身はまだありませんに依存して、導出に天賦の才能を実際より彼の無限の減少膨満これは流動性を支えています。 He spoke and they were made.彼は、彼らが行われた。 Everything which His fiat has called into existence is a copy - finite indeed and very imperfect, yet true as far as it goes - of some aspect of His infinite perfection.フィアットは、すべてが彼の存在と呼ばれるには、コピー-有限確かに、非常に不完全な、真の今のところはまだありません-彼の無限のいくつかの側面完ぺきです。 Each reflects in fixed limitation something of His nature and attributes.何かの制限を反映し、各固定彼の自然や属性を設定します。 The heavens show forth His power; earth's oceans are天詳細記載彼のパワー;地球の海は

.です。 .です。 .です。 the glorious mirror where the Almighty's form Glasses itself in tempests.全能の神の栄光のミラーサイトのフォームは、メガネ自体の嵐です。 .です。 .です。

The summer flower, though only to itself it live and die, is a silent witness before Him of His power, goodness, truth, and unity; and the harmonious order which binds all the innumerable parts of creation into one cosmic whole is another reflection of His oneness and His wisdom.夏の花が、生きて死ぬことを自分自身にのみ、サイレントウィットネスは、彼の前に彼のパワー、善良、真実、と団結、およびこれにバインドするための調和のとれた創作のすべての無数の部品を1つの宇宙全体は別の反射一体彼と彼の知恵です。 Yet, as each part of creation is finite, so too is the totality; and therefore its capacity to reflect the Divine Prototype must result in an infinitely inadequate representation of the Great Exemplar.しかし、創作の各パートとしては、有限ので、あまりにもは、全体、およびそのための能力を反映して神のプロトタイプをしなければ結果的に不十分な表現の無限の偉大な模範です。 Nevertheless, the unimaginable variety of existing things conveys a vague hint of that Infinite which must ever defy any complete expression external to Itself.にもかかわらず、既存の様々な想像を絶するものを伝えることに漠然とした、その無限のヒントを完全に表現する必要があります。までに外付けすること自体を無視します。 Now this objective revelation of the Creator in terms of the existences of things is the glory of God.今すぐこの目標の創造に啓示の存在のことを条件には、神の栄光のです。 This doctrine is authoritatively formulated by the Council of the Vatican: "If any one shall say that the world was not created for the glory of God, let him be anathema" (Sess. III, C. I, can. 5).この説は正式に策定するのが評議会、バチカン: "もしあれば1つの世界はないものたちは、神の栄光の作成を、彼には受け入れ難い" ( sess. 3世、 c.私は、ことです。 5 ) 。

This objective manifestation of the Divine nature constitutes the Universe - the book, one might say, in which God has recorded His greatness and majesty.この目標は神の性質の現れ宇宙の構成-この本は、 1つのかもしれない言ってやるが、その神が彼の偉大さと威厳を記録します。 As the mirror of the telescope presents an image of the star that shines and wheels in the immeasurably remote depths of space, so does this world reflect in its own fashion the nature of its Cause between Whom and it lies the gulf that separates the finite from the Infinite.その望遠鏡の鏡のプレゼントとしてのイメージを車輪のスターが輝くと、リモートの深さは、計り知れないほどのスペースは、この世界を反映するためには、独自のファッションの性質を誰との間にその原因を分離することは、湾岸有限から無限です。 The telescope, however, knows not of the image which its surface bears; the eye and mind of the astronomer must intervene in order that the significance of the shadow and its relation to the substance may be grasped.その望遠鏡の、しかし、知っていないの表面のイメージをクマ;の目と心のために介入する必要がありますが、天文学者の影の意義とその関連して、物質年5月に把握します。 To praise, in the exact sense of the term, demands not alone that worth be manifest, but also that there be a mind to acknowledge.を褒め言葉は、正確な用語の意味での、要求がないだけの価値がマニフェストにするだけでなく、心があることを認識する。 The unconscious testimony of the universe to its Creator is rather potential than actual glory.無意識の証言は、宇宙の創作者はかなりの可能性を実際よりも栄光です。 Hence, this glory which it renders to Him is called in theological phrase gloria materialis, to distinguish it from the formal glory rendered to God by His intelligent creatures.それゆえ、この栄光を彼はそれをレンダリンググロリアmaterialisフレーズを呼んで神学を区別するために、彼の正式な神の栄光をレンダリングするインテリジェントな生き物です。 They can read the writing in the book of creation, understand its story, accept its lessons, and reverently praise the Majesty which it reveals.作文を読むことができます本の作成、理解し、物語は、その教訓を受け入れる、とうやうやしく陛下を称賛することも分かりました。 This praise involves not merely intellectual perception, but also the practical acknowledgment by heart and will which issues in obedience and loving service.この褒め言葉は、単に知的知覚、謝辞を暗記するだけでなく、実用的な問題とはどのサービスに服従し、とても気に入っています。 The endowment of intelligence with all that it implies - spirituality and free-will - renders man a higher and nobler image of the Creator than is any other being of this visible world.すべての養老の知性を意味して-霊性と自由意志-レンダリング男が高いと崇高なイメージよりも他の創造には、次の次の世界です。 The gift of intellect also imposes on man the duty of returning to God that formal glory of which we have just spoken.知性の才能がある人もの義務を課すのが戻って、神の栄光の正式なだけ話さていきたいと考えています。 The more perfectly he discharges this obligation, the more does he develop and perfect that initial resemblance to God which exists in his soul, and by the fulfilment of this duty serves the end for which he, like all else, has been created.彼はこの義務が完全に放電の他に、彼の他の機能を開発し、完璧な神の初期に似ている彼の魂が存在し、この義務の履行として提供されるが彼の最後に、すべての他のような、が作成されています。

The natural revelation which God has vouchsafed of Himself through the world interpreted by reason has been supplemented by a higher supernatural manifestation which has culminated in the Incarnation of the Godhead in Jesus Christ: "and we saw his glory, the glory as it were of the Father, full of grace and truth".自然の啓示を神がvouchsafedは自身の解釈を理由に、世界を通じて補足されてきたの高い超自然的症状が頂点に達し、神格では、イエスキリストの化身: "我々は彼の栄光、ということになったの栄光父親で、フルの恵みと真理"です。 Similarly the natural resemblance to God and the relation of our being to His, as established by creation, are supplemented and carried into a higher order by His communication of sanctifying grace.同様に、自然に似て、神との関係を我々が彼の、創造として設立され、運び込まれるが補足すると彼のコミュニケーションの高次sanctifying猶予されています。 To know God through the medium of this supernaturally revealed truth, to serve Him in love springing from this grace is to be "Filled with the fruit of justice, through Jesus Christ, unto the glory and praise of God" (Phil., I, 11).神を知っては、次の神業の媒体を通じて真実を明らかに、彼の愛を奉仕が湧き、この猶予される"正義の果実満ちているのは、イエスキリストを通して、わたしは神の栄光と称賛する" ( phil. 、私は、 11 ) 。 In manifesting the glory of God by the development of their proper powers and capacities, inanimate creatures reach that perfection or fulness of existence which God has prescribed for them.で、相手方に対する神の栄光の開発された各々の適切な権限と能力、生気のない完璧な生き物に達することを、神が存在するかの所定のfulnessています。 Likewise man achieves his perfection or subjective end by giving glory to God in the comprehensive sense above indicated.同様に彼の完璧な男を達成または主観的に終了され、神の栄光を与える包括的センスの上に示されます。 He attains the consummation of his perfection not in this life, but in the life to come.彼は彼の完璧な成就実現する、この人生にない、しかし、生活しています。 That perfection shall consist in a direct, immediate, intuitive perception of God; "We see now through a glass in a dark manner; but then face to face. Now I know in part; but then I shall know even as I am known" (1 Corinthians 13:12).その完璧なもので構成さを直接、即座に、直感的な知覚神; "我々を参照する方法を介してガラスの中の暗い;しかし、顔の顔を入力しています。今すぐ知っ部分的;しかし、私は知って入力しても私は既知の" ( 1コリント書13:12 ) 。 In this transcendent knowledge the soul shall become, in a higher measure than that which obtains by virtue of creation alone, a participant and therefore an image of the Divine nature; so "we shall be like to him: because we shall see him as he is" (1 John 3:2).この並外れたものになるの知識の魂は、これに比べて高い測定創作の美徳を取得しただけでも、参加者とそのためのイメージを、神の性質;ので、 "我々は彼のように:ため、我々は彼に会うことができなかったは、 " (ヨハネ3:2 ) 。 So that objectively and actively the life in heaven shall be an unending ineffable manifestation and acknowledgment of the Divine majesty and perfections.客観的かつ積極的にして天国での生活は筆舌に尽くし難い後を絶たないしなければならないのは神の現れと陛下との確認書を完成します。 Thus we understand the Scriptural language in which the future life of the blessed is described as a state in which "we all beholding the glory of the Lord with open face, are transformed into the same image from glory to glory, as by the Spirit of the Lord" (2 Corinthians 3:18).このように聖書の言語を理解して、将来の生活では神の祝福が記述され状態では"私たちは皆、主の栄光のbeholdingの顔を開いて、同じ画像に変換さは、栄光に引導を渡すから、されたとしての精神を主" ( 2コリント書3:18 ) 。 The Catholic doctrine on this subject is defined by the Council of Florence (see Denzinger, 588).このテーマのは、カトリックの教義上で定義された評議会は、フィレンツェ(デンツィンガー、 588 ) 。 (See CREATION; GOOD.) (参照創作;良いです。 )

2. 2 。 Human Glory人間の栄光

To enjoy glory before men is to be known and honoured on account of one's character, qualities, possessions, position, or achievements, real or imaginary.男性は前の栄光を楽しむことで知られ、光栄にアカウントを1つの性格、資質、財産、位置、または成果は、本物か想像します。 The moral question arises, is the desire and pursuit of this glory lawful?道徳的な問題が発生するのは、合法的な欲望と栄光の追求は、次のですか? The doctrine on the subject is succinctly stated by St. Thomas (II-II, Q. cxxxii).教義上の件名は簡潔に記載されセントトーマス( 2 - Ⅱ 、問cxxxii ) 。 Posing the question whether the desire of glory is sinful, he proceeds to answer it in the following sense: Glory imports the manifestation of something which is estimated honourable, whether it be a spiritual or a corporal good.欲望のポーズかどうかの質問の栄光は罪深い、彼が回答することで収益は、次の意味:栄光の症状を輸入して何かこれは推定名誉ある、またはするかどうかは、精神的肉体的良いです。 Glory does not necessarily require that a large number of persons shall acknowledge the excellence; the esteem of a few, or even of oneself, may suffice, as, for example, when one judges some good of his own to be worthy of praise.栄光は必ずしも必要として多数の人は認める卓越;の尊敬を、いくつかの、あるいは自分自身の、 5月足りる、として、たとえば、 1つの裁判官いくつかの良いときに、自分自身の称賛に値するがあります。 That any person esteem his own good or excellence to be worthy of praise is not in itself sinful; nor, in like manner, is it sinful that we should desire to see our good works approved of men.すべての人が自分自身の良い尊敬や称賛に値する優秀されるそれ自体ではない罪深い;も、同じように、罪深いていかなければならないことは願望をご覧ください善行承認の男性です。 "Let your light shine before men, that they may see your good works" (Matthew 5:16). "あなたの光磨き前に男性は、 5月参照して善行して" (マタイ5:16 ) 。 Hence the desire of glory is not essentially vicious.それゆえ、本質的に悪質な欲望の栄光ではない。 But a vain, or perverse desire for renown, which is called vainglory, is wrong; desire of glory becomes perverse,しかし、無駄な、あるいはあまのじゃくな欲望の名声と呼ば見せびらかし、が間違って;欲望の栄光があまのじゃく、

when one seeks renown because of something not really worthy;名声のために何か1つのシーク時は本当に立派な;

when one seeks the esteem of those whose judgment is undiscriminating;それらの1つの尊敬を求めるときに、その判断は、無分別な;

when one desires glory before men without subordinating it to righteousness.栄光の時に1つの欲望に従属する前にそれを正義の男性です。

Vainglory may become a deadly sin, if one seek the esteem of men for something that is incompatible with the reverence due to God; or when the thing for which one desires to be esteemed is preferred in one's affections before God; or again, when the judgment of men is sought in preference to the judgment of God, as was the case with the Pharisees, who "loved the glory of men more than the glory of God" (John 12:43).虚飾致死罪になることが、もし1つの尊敬を求める男性を何かには畏敬の念とは互換性が神のために、または1つのときのことを尊敬することが推奨さ願望を持って1つの神の前の愛情;または再び、ときに男性の判断が求められて神の判断を優先して、事件としては、 pharisees 、 who "愛しの栄光の男たちは神の栄光を超える" (ヨハネ12:43 ) 。 The term "vainglory" denotes not alone the sinful act, but also the vicious habit or tendency engendered by a repetition of such acts.この法律において"虚飾"とは特定の罪深い行為だけで、悪質なだけでなく、習慣や傾向engenderedされるような行為を繰り返しています。 This habit is ranked among the capital sins, or, more properly vices, because it is prolific of other sins, viz., disobedience, boastfulness, hypocrisy, contentiousness, discord, and a presumptuous love of pernicious novelties in moral and religious doctrine.この習慣は、ランク間の資本の罪か、または、他の適切な悪徳は、それが多作の他の罪を、 viz 。 、不服従、自慢、偽善、争いを好むこと、不和、僣越なことをすると愛の道徳的かつ悪質な新宗教の教義のです。

Publication information Written by James J. Fox.出版物の情報執筆者ジェームズJ.フォックスです。 Transcribed by Sierra Fisher.フィッシャーシエラ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VI.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅥ 。 Published 1909.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認、 1909年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

ST.セントです。 THOMAS, II, QQ.トーマス、 2世、セントQQです。 Xii, xliv, xlv, xciii, ciii; II-II, QQ, ciii, cxxxii, IDEM, Cont. 12 、 44 、 45 、 93 、 ciii ;二- Ⅱ 、セントQQ 、 ciii 、 cxxxii 、同上、続きです。 Gent., tr.ゲント。 、 tr 。 RICKABY, God and His Creatures, II, ch. rickaby 、神と神の生き物、 2世、あなたのです。 Xlv; III, ch. 45 ;三、あなたのです。 Xxviii, xxix, lvi-lxiii; IV, ch. 28 、 29 、 56 - 63 ;四、あなたのです。 Liv.リヴです。 See also theological and philosophical textbooks, in which the subject is treated under Creation, The End of Man, Eternal Life; WILHELM AND SCANNELL, Manual of Catholic Theology (New York, 1899), vol.神学と哲学の教科書も参照されるのは、アジ研は、処理されて作成、男の最後に、永遠の命;ヴィルヘルムとスキャネル氏は、マニュアルのカトリック神学(ニューヨーク、 1899 ) 、 !です。 I, bk.私、 bk 。 III, pt. 3世、 pt 。 I; GRAY AND MASSIE in HAST., Dict.私;グレーとマッシーのhast 。 、 dictのです。 Of the Bible, sv; HASTINGS, A Dictionary of Christ and the Gospels (New York, 1906), xv; PACE, The World-copy according to St. Thomas in The Catholic University Bulletin, vol.聖書の、 sv文書;ヘイスティングスは、辞書をダウンロードすると、キリストの福音書(ニューヨーク、 1906 ) 、 15 ;ペースで、コピーによると、世界的には、カトリック大学セントトーマス2005年No 。 V. v.


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです