Good Works良い作品

Advanced Information 高度情報

(Protestant Christian Perspective) (キリスト教プロテスタントの視点等)

The old objection against the doctrine of salvation by grace, that it does away with the necessity of good works, and lowers the sense of their importance (Rom. 6), although it has been answered a thousand times, is still alleged by many.異議申立の古い教義の救いを猶予反対する、それは善行の必要性を廃止する、という意味とその重要性を低く(ローマ6 )が、これを千回回答され、多くの疑惑はまだです。 They say if men are not saved by works, then works are not necessary.かれらは言う場合に男性の作品が保存され、その後には必要のない作品です。 If the most moral of men are saved in the same way as the very chief of sinners, then good works are of no moment.男性の場合、ほとんどの道徳的なのと同じように保存され、非常に最高の罪を犯した者は、瞬間入力し、良い作品はない。 And more than this, if the grace of God is most clearly displayed in the salvation of the vilest of men, then the worse men are the better.とこれを超える場合は、神の恩寵が最も明確に表示されて、この上ない救いの男性の場合、男性が悪い方が好ましいです。 The objection has no validity.異議申立の妥当性がないのです。 The gospel of salvation by grace shows that good works are necessary. It is true, unchangeably true, that without holiness no man shall see the Lord. "Neither adulterers, nor thieves, nor covetous, nor drunkards" shall inherit the kingdom of God.救いの福音書によると善行を猶予が必要です。 それがtrueの場合、不変trueの場合、それを神聖ない人は、詳細については、主です。 "どちらadulterers 、また泥棒も欲しがる、また酔っぱらい"神の王国を継承するものです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Works are "good" only when,作品は"良い"場合にのみ、
Good works are an expression of gratitude in the believer's heart (John 14:15, 23; Gal. 5:6).良い作品は感謝の気持ちを表現は、信者の心の(ヨハネ14:15 、 23 ;ギャルです。 5時06分) 。 They are the fruits of the Spirit (Titus 2:10-12), and thus spring from grace, which they illustrate and strengthen in the heart.彼らは、果実の精神(タイタス2:10-12 ) 、およびそのための猶予春から、これを強化する彼らの中心と説明する。 Good works of the most sincere believers are all imperfect, yet like their persons they are accepted through the mediation of Jesus Christ (Col. 3:17), and so are rewarded; they have no merit intrinsically, but are rewarded wholly of grace.良い作品を、最も真摯な信者たちは、すべての不完全な、その人はまだありませんように彼らはイエスキリストの仲立ち可( Col 。 3:17 ) 、およびこれが報われる;本質的に彼らのメリットがないですが、完全に報われるの恵みを受けています。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Works, Good Works作品は、良い作品

Advanced Information 高度情報

The works of both God and mankind receive prominent attention in the Bible.神と人類の作品の両方の著名な注目を集めて聖書を受信します。 God's works, mentioned early in Genesis and throughout the giving of special revelation, consist of creation, providence (including the preservation and government of the world), and redemption.神の作品は、創世記の早い段階で言及して与えるとの特別な啓示は、構成の作成、プロビデンス(保全と政府を含む世界の) 、および交換します。 Jesus' comment that his Father was still working (John 5:17) is reinforced by Paul (Phil. 1:6; Rom. 14:20), who considers his activity as an aspect of the work of God (I Cor. 16:10; Phil. 2:30; cf. Acts 13:2).イエスのコメントは彼の父親はまだ作業(ジョン午前5時17分)が強化されたポール( phil. 1 : 06 ; ROMから起動します。 14:20 ) 、 who考慮彼の活動としての仕事を神のアスペクト(私コーです。 16 : 10 ;フィルします。 2:30 ;継続前誌です。行為午前13時02分) 。

Although human labor was originally given as a divine commission and privilege (Gen. 2:15), the intervention of sin gave it a negative connotation in biblical usage.人間の労働は、もともとは神の委員会と権限を与えられたとして( Gen 。と2:15 ) 、罪の介入はそれを否定的な意味合いが聖書の利用方法です。 Man now eats and lives by the sweat of his brow (Gen. 3:17-19; cf. 5:29), and his works are seen increasingly in the OT as being marked by vanity and sin.男の生活を今すぐ食べると汗をかく彼の表情( Gen 。と3:17-19 ;継続前誌です。 5:29 ) 、および彼の作品とみられては、ますますotされてスパムを虚栄心と罪です。 This negative attitude toward mere human action was accentuated by an emphasis in the opposite direction in late Judaism: the righteousness of works and their deserving a reward.この消極的な姿勢を単なる人間の行動は、アクセントを強調月下旬には反対の方向にユダヤ教:正義の作品とすることへの報酬を受けるに値する。

The NT teaching on works must be seen against this background. Here human works are characterized in general as of the devil (I John 3:8; John 8:41), of darkness (Rom. 13:12), of the flesh (Gal. 5:19), as evil (Jude 15; Matt. 23:3), lawless (II Pet. 2:8), and dead (Heb. 6:1; 9:14). 作品のNTの授業を見られるこのような背景しなければならない。ここで一般的に人間の作品の特徴としては、悪魔(ヨハネ3 : 08 ;ジョン8時41分) 、闇(ローマ13:12 ) 、肉(ギャルです。 5:19 ) 、悪(ジュード15 ;マットです。 23時03分) 、無法( 2世のペットです。 2時08分) 、および死者( heb. 6:1 ; 9:14 ) 。 The only works that will stand the scrutiny of God are those which are affected by his Spirit and are grounded in faith (John 3:21; 6:29; I Thess. 1:3; Rom. 2:6-7; Acts 26:20).スタンドでのみ動作することが神の精査には、それらの影響を受けて彼の精神とは、接地さ信仰(ヨハネ3:21 ;午前6時29分;私thess 。 1:3 ; ROMから起動します。 2:6-7 ;行為26 : 20 ) 。 Such are not only approved by Jesus (Matt. 5:16; 7:21; God's people (Matt. 25:37-40). What is condemned is the expectation of payment from God for doing what he has commanded men to do. After they have done all that he has commanded them to do, as though that were possible, they must still say, "We are unworthy servants; we have only done what was our duty" (Luke 17:10). The chief work that God desires is the obedience of humable belief (John 6:29), which then begets a life full of good deeds (Titus 3:14).このようなイエスキリストによって承認さだけではありません( matt. 5:16 ;午前7時21分;神の人々 ( matt. 25:37-40 ) 。何が死刑囚からのお支払いは、神を期待し何を命じられた彼はこれを行うに男性です。すべてが完了した後も、彼はこれを行うに命じて、まるでされた可能性は、まだ言ってやるがしなければならない、 "我々は値しない召使;私たちは何が我々の義務のみを行う" (ルカ17:10 )です。首席仕事を神の欲望は、服従の信念humable (ジョン6時29分)を入力し、生活するbegetsいっぱいの善行(タイタス3:14 ) 。

Good Works良い作品

Soon after the apostolic age, a drifting from the biblical view of good works is noticeable. Whereas the NT had taught that the kingdom is built on God's grace, not human merit, and that God rewards according to his grace, not merit (Matt. 20:1-16), leaders in the church held that baptized persons must obey the commandments, and when they do God rewards them. Thus Tertullian, a former lawyer, saw God related to mankind as lawgiver; he commands, and we obey and obtain merit. すぐにした後、ローマ教皇の年齢は、聖書からの漂流対象の良い作品が目立つ。いたが、 NTの教えは、神のお恵み王国は上で構築さではなく、人間のメリットており、その報酬よれば、彼は神の恵みではなく、メリット( matt. 20:1-16 ) 、 指導者の洗礼を受けた人に開かれた教会の戒めに従う必要がありますし、かれらは神の報酬です。従ってテルトゥリアヌス、元弁護士、見た神として人類に関連する法律制定;彼コマンド、および私たちに従うとメリットを入手します。 God is the rewarder of merit.神は、 rewarderの長所をします。 "If God is the acceptor of good works, he is also the rewarder.... A good deed has God as its debtor, just as has also the evil deed, since the judge is the rewarder of every matter." "もし神は、受容体の良い作品は、彼はまた、善行rewarder ....を神としては、債務者は、同じように、邪悪な行為も、以来、裁判官は、 rewarderのすべての問題です。 " Although all service to God is meritorious, he has decreed that certain good works give one merit when freely done.すべてのサービスを、神は称賛に値するものの、彼は定められた1つのメリットを与えるときに、特定の良い作品を自由に完了です。 Penances, fasting, virginity, martyrdom, and other good deeds please him and receive his reward. penances 、断食、処女、殉教、およびその他の善行をご彼と彼の報酬を受け取る。

Soon merit was said to be transferable; salvation was seen as grace and as something merited; by free will we obtain merit, and by merit, operating within the context of grace, salvation. Peter Lombard, whose Sentences was the standard theological textbook in the late Middle Ages, saw grace and free will cooperating in salvation. すぐによるとされるメリットは、譲渡;救いは恵みと見られて当然のものとして;を無料で入手するメリットは、私たちは、メリットとされ、営業のコンテキスト内の恵みを受けて、救世します。ピーターロンバード、その文章は、標準の神学的な教科書は、後期中世には、のこぎりの恵みと救いの自由意志に協力しています。 Good works produce merit; "without merits to hope for, anything cannot be called hope but presumption."良い作品制作のメリット; "とメリットを期待する、と呼ばれる何か希望が推定することはできません。 " This theology was refined, and merit was said to be "that property of a good work which entitled the doer to receive a reward from him in whose service the work is done....In the theological sense a supernatural merit can only be a salutary act to which God in consequence of his infallible promise owes a supernatural reward, consisting ultimately in eternal life" ( The Catholic Encyclopedia ).この神学は、洗練された、とのメリットは、といわれている"という財産が良い仕事をすることへの報酬を受け取る権利のやり手から、彼は、そのサービスの仕事を終わらせ....は、超自然的神学的な意味でのメリットのみにすること結果として有益な行為を神に超自然的負債が彼の絶対確実な報酬を約束する、構成、最終的に永遠の命" ( のは、カトリックの百科事典 ) 。 The merit of human good works in the scheme of salvation ordained by God was associated with and dependent on the merit of the passion of Christ so that there was seen to be a congruence of the two.人間の良い作品のメリットは、計画の概要を救いに関連付けられて命じられると神に依存しては、キリストの受難のメリットがあったように見えるのは、 2つの合同です。 Thus the Catechism of the Council of Trent in the sixteenth century reads: "It is his passion also that imparts to our good actions the twofold most excellent quality of meriting the rewards of eternal glory, so as that even a cup of cold water given in his name shall not be without its reward, and of satisfying for our sins" (Ch. IV, Q.67).したがって、 トレント公教要理は、評議会は、 16世紀の読み込み: "それは彼の情熱を私たちにも良い行動を与える最も優れた品質の2倍の報酬meriting永遠の栄光のために、一杯の冷たい水でも与えられる彼の名前は、その報酬はなし、と私たちの罪を満足させる" (第四、 q.67 ) 。 This unbibical teaching, combined with a semi-Pelagian doctrine of free will and human ability, was the fundamental reason for the necessity of doctrinal reformation in the late medieval period, as Luther declared in his debate with Erasmus. The problems of the papacy, purgatory, and indulgences he calls mere trifles compared with the real issue: the condition of mankind in the state of sin. Before his rediscovery of the gospel he had struggled to acquire merit by good works.このunbibical教育、組み合わせて修正ペラギウス主義の原則自由意志と人間の能力は、理由は、根本的な改革の必要性を教義は、中世期後半、彼の議論にエラスムスルーサーで宣言されています。 の問題は、ローマ教皇、煉獄し、ささいなことにおぼれる彼は単なる呼び出し比較すると、現実的な問題:その条件は、人類の罪の状態を前に彼の福音の再発見のメリットを彼は苦労して善行を取得します。 "I was a good monk and kept my order so strictly that I could say that if ever a monk could get to heaven through monastic discipline, I should have entered in. All my companions in the monastery who knew me would bear me out in this. For if it had gone on much longer I would have martyred myself to death with vigils, prayers, readings, and other works." "私は良い僧侶と私のために保管といわれているので厳密には私の場合、修道士が天国へ行くまで禁欲的な規律を通して、私は私の仲間は、すべての入力インチ修道院whoを知っていた私は、このクマミーアウトです。を行ってはるかに長くていたら、私は自分自身に殉教死をvigils 、祈り、朗読会、およびその他の作品です。 "

Luther became a doctor of theology and "did not yet know that we cannot expiate our sins."ルーサー神学博士となった"は、まだ知っている私たちの罪罪滅ぼしをすることはできません。 " So he, and others, tried the impossible, to expiate them by themselves through good works. This was changed for Luther and a large part of the church with the development of the doctrine of justification by faith in the merits of Christ alone and not those of the believer obtained through good works. The Reformers declared that the only righteousness which can stand before the judgement of a holy God is one which is "absolutely perfect and wholy in conformity with the divine law. But even our best works in this life are all imperfect and defiled with sin" (Heidelberg Catechism Q.62).そこで、およびその他、しようとは不可能と思われる、良い作品を通じて罪滅ぼしをすること自体が、これは変更の大部分をルーサーと教会の教義の開発を正当化のメリットはイエスキリストを信じているだけではなく良い作品を通じて得られた、信者の改革派を宣言してできるだけ正しい判断をする前にスタンドを聖なる神は1つのでは"確実に完璧と完全に神の法に適合するようにします。 しかし、この作品を、最善の生活はすべての不完全でdefiledに罪" (ハイデルべルグ教要理q.62 ) 。

If God marks iniquities, who can stand?もし神符iniquities 、 whoは、スタンドですか? But he forgives and reckons sinners righteous.しかし彼とreckons罪人を許して下さい。 This is the teaching of Rom.これは、教育のROMです。 4. 4 。 The reckoning, or imputation, of the righteousness of Christ does not mean that God observes how well the sinner has done and then declares him a fit citizen of his kingdom. Rather, the Bible, and the Reformation with it, declares that God justifies the ungodly (Rom. 5:6, 9-10, 16-21). Christ came not to call the righteous but sinners to repentance (Matt. 9:13).の清算か、または補完、イエスキリストは、正義の神わけではない方法についてよく観察してきた罪人と入力し、彼に適合宣言市民の彼の王国ではなく、聖書の、との改革とは、神の正当化を宣言し、とんでもない (ローマ5時06分、 9-10 、 16-21 ) 。 イエスキリストを呼び出すに来たのは正しいしかし、罪人を悔い改め ( matt. 9時13分) 。 It was the publican who smote his breast, asking God to be merciful to him, a sinner, who went home justified, rather than the self-righteous Pharisee (Luke 18:14). Sinners are justified freely, as a gift, through the redemption, ie, the good work of Jesus, says the apostle, after which he asks, "Then what becomes of our boasting?"それは、彼の胸の居酒屋の主人who smiteの過去形、要求される慈悲深き神をしてしまったら、罪人、正当化who家に帰ったのではなく、独善的なパリサイ人(ルカ18:14 ) 。 罪人は、正当な自由の贈り物として、を通して償還、すなわち、イエスキリストの立派な仕事を、によると、使徒は、彼を要求した後に、 "次に何が誇る弊社のですか? " He answers, "It is excluded. On what principle? On the principle of works? No, but on the principle of faith. For we hold that a man is justified by faith apart from works of law ....The wages of sin is death, but the free gift of God is eternal life in Christ Jesus our Lord" (Rom. 3:24-28; 6:23).彼の回答は、 "これは除外されます。原理上は何ですか?上の原則の作品ですか?いいえ、しかし、信仰上の原則ですホールドして私たちの信仰人には正当化される作品を離れ罪の賃金 ....は死が、無料で神の賜物は、わたしたちの主イエスキリストに永遠の命" (ローマ3:24-28 ; 6:23 ) 。

Salvation freely given does not mean that good works are unimportant. 救いを自由に与えられたわけではない良い作品は取るに足りない。 They are commanded and are the fruit of faith (Titus 2:14; Eph. 2:10; Matt. 5:16). 彼らが命じられたとは、信仰の果実 (タイタス2 : 14 ; eph 。 2:10 ;マットです。 5:16 ) 。 They are known of God and will be taken into account in the final judgement (Rom. 2:6; I Cor. 3:14; II Cor. 5:10; Rev. 22:12).彼らの神とされることが知られ考慮され、最終的な判断(ローマ2 : 06 ;私コーです。 3:14 ;二コーです。 5:10 ;改訂22:12 )です。

ME Osterhaven私osterhaven
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
G. Bertram, TDNT, II, 654ff.; K. Thieme, SHERK, V, 19-22; G. Rupp, The Righteousness of God. g.バートラム、 tdnt 、 2世、 654ff 。 ; k.ゲルダ、 sherk 、 V電源、 19-22 ; g.ルップは、神の正義です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです