Book of Habakkuk, Habacucハバクク書、 habacuc

General Information 総合情報

Habakkuk is one of the books of the Minor Prophets in the Old Testament of the Bible.ハバククは、書籍のいずれかのマイナー、旧約聖書の預言者では、聖書です。 It is named for the prophet Habakkuk, who probably lived during the 7th century BC, and contains a discussion of the problem of evil.これは名前は、預言者ハバクク、 who 、おそらく紀元前7世紀中に住んでは、とには、悪の問題を議論します。 The prophet asks how God permits his will to be accomplished through oppression and lawlessness; the answer given is that individuals survive through fidelity to God, even when nations tumble.預言者ムハンマド神の許可証を要求する彼の意思をどのように達成弾圧や不法行為を通じて;その答えは、個人生き残るを通じて与えられた神の忠実度を、たとえ国の暴落する。 Chapter 3, a poem, expresses the writer's unshakable confidence in divine deliverance.第3章、詩、作家の揺るぎない自信を表現して神の救出します。 The Dead Sea Scrolls contain a commentary on the Book of Habakkuk.死海スクロールするには、ハバクク書を解説します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
George W Coatsジョージワットコート


Book of Habakkuk, Habacucハバクク書、 habacuc

Brief Outline簡単な概要

  1. Perplexity of the Prophet as to why the sinful Jews are not punished, and why God should use a heathen nation to punish the Jews.まごついていることは、預言者としてユダヤ人をなぜ罪深い処罰はない、となぜ異教の神の国への処罰を行う者は、ユダヤ人です。 (1) ( 1 )
  2. God's answer that the proud Chaldeans will themselves be punished (2)神の答えは、誇りに思う自身chaldeansは罰せられる( 2 )
  3. Prayer of Habakkuk (3)祈りのハバックーク( 3 )


Hab'akkuk hab'akkuk

Advanced Information 高度情報

Habakkuk, embrace, the eighth of the twelve minor prophets.ハバックーク、抱擁は、 8番目は、 12小預言者です。 Of his personal history we have no reliable information.彼の個人的な歴史行っておらず、信頼性の高い情報です。 He was probably a member of the Levitical choir.彼はおそらく、 levitical合唱団のメンバーです。 He was contemporary with Jeremiah and Zephaniah.彼は現代にジェレマイアとゼパニヤです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Prophecies of Hab'akkuk予言のhab'akkuk

Advanced Information 高度情報

The Prophecies of Habakkuk were probably written about BC 650-627, or, as some think, a few years later.の予言について書かれたのはおそらく紀元前ハバックーク六百五十から六百二十七までか、または、いくつかの考えとしては、数年後にします。 This book consists of three chapters, the contents of which are thus comprehensively described: "When the prophet in spirit saw the formidable power of the Chaldeans approaching and menacing his land, and saw the great evils they would cause in Judea, he bore his complaints and doubts before Jehovah, the just and the pure (1:2-17). And on this occasion the future punishment of the Chaldeans was revealed to him (2). In the third chapter a presentiment of the destruction of his country, in the inspired heart of the prophet, contends with his hope that the enemy would be chastised."この本は、 3つの章では、このように包括的に内容を説明: "預言者の精神を見たときに恐るべきパワーを自分の土地chaldeans接近すると威嚇し、大きな害悪を見た彼らはユダヤの大義のために、彼は退屈な彼の苦情と疑問を前にエホバは、公正かつ純粋な( 1:2-17 ) 。 、この機会に将来の処罰に関するchaldeansは、明らかに彼( 2 )第3章の破壊を予感は、彼の国は、預言者ムハンマドの中心部にインスピレーション、 contends彼の敵は非難を期待しています。 " The third chapter is a sublime song dedicated "to the chief musician," and therefore intended apparently to be used in the worship of God.第3章では、専用の崇高な歌"を、最高のミュージシャン、 "明らかに意図されるため、神の崇拝で使用されています。 It is "unequalled in majesty and splendour of language and imagery."それは"陛下と豪華に匹敵するもののない言語と画像です。 " The passage in 2:4, "The just shall live by his faith," is quoted by the apostle in Rom. 2時04分の通過には、 "永遠に住む彼の信仰だけ"が引用された使徒にROMから起動します。 1:17. 1:17です。 (Comp. Gal. 3:12; Heb. 10:37, 38.) ( comp.ギャルです。 3:12 ;なしで。 10:37 、 38 。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Prophecies of Habakkuk予言のハバックーク

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

Nothing is known of the personal history of Habakkuk, and but little as to the time when he prophesied.何も知られ、個人の歴史をハバックーク、およびしかし、ほとんどの時間が彼を予言します。 He is placed by some successor to Zephaniah, for he makes no mention of Assyria and yet refers to the approach of the Babylonian invasion.彼はいくつかの後継者をゼパニヤが配置され、彼はいかなる言及したアッシリアとのアプローチはまだありませんを参照して、バビロニアの侵略です。 See 1:6; 2:3; 3:2, 16-19.参照1 : 06 ; 2:3 ; 3:2 、 16-19 。 The book seems to have been written by himself, as we judge from 1: 2, and 2:1, 2.この本が書かれたように自分自身、裁判官として私たちより1 : 2 、および2:1 、 2 。 His "burden" begins by lamenting the iniquity of his people 1:1-4.彼の"負担"不法行為が開始され、彼の人々 lamenting 1:1-4です。 He then declares God's purpose of raising up the Chaldean nation as a scourge against them, 5-10.彼は神の目的を入力し、引き上げを宣言する惨劇カルデア国として反対し、 5-10 。 The probability is that the Chaldeans (or Babylonians) were still a friendly nation (see 2 Kings 20:12-19), but they were soon to march through the land as a ravaging enemy.の確率は、 chaldeans (またはbabylonians )はまだフレンドリーな国( 2キングス20:12-19を参照) 、しかし、彼らはすぐにその土地としてravaging年3月を通しての敵です。

There were three invasions by the Babylonians, as the second book of Kings showed us; in the reigns of Jehoiakim, Jehoiachin and Zedekiah, and it is thought Habakkuk alludes to all three.侵略された3つのbabyloniansがあったとして2番目の予約オブキングス見せてくれた;は、 jehoiakimに満ちていたのは、ゼデカイアjehoiachinとし、すべてのことが考えハバックークalludes 3つです。 Verse 11 of chapter 1 might be taken as a prophecy of the disease that came over Nebuchadnezzar when, as a punishment for his pride, his reason was taken from him for a season.詩11の第1章を取るかもしれない予言ネブカドネザルその病気がやって来たときに、彼のプライド罰として、その理由は、彼は、シーズンからです。 The chapter concludes with an expostulation to the Holy One for inflicting such judgment on Judah and for using a nation to inflict them less righteous, as the prophet thinks, than themselves.最後の章に苦言を判断するような神聖な苦痛を与えたことに1つを使用してユダと正義の少ない国を負わせることは、預言者として考え、よりそのものです。 In chapter 2 he awaits God's answer to this expostulation (verse 1), and receives it (verses 2-4).彼は神の第2章の回答を心待ちに、この諭し(詩1 ) 、および受信すること(詩句2-4 ) 。

This is encouraging.これは勇気づけられる。 "The vision shall surely come and the just shall live by faith and wait for it." "のビジョンは、確実に来るとは、信仰によって生きるだけ待ってください。 " The continuation of the chapter is a prediction of the judgments that shall fall on the Babylonians for their cruelty and idolatry.の章には、継続的な予測の判断にかかっていることは、その残酷さと偶像崇拝babyloniansです。 "The prophet, hearing these promises and threatenings, concludes his book with a song, of praise and prayer (chapter 3). He celebrates past displays of the power and grace of Jehovah, supplicates God for the speedy deliverance of His people and closes by expressing a confidence in God which no change can destroy." "預言者、聴覚threateningsこれらの約束と、彼の著書で最後の曲、賛美と祈り(第3章) 。彼は過去を祝うの猶予が表示されますエホバのパワーと、神は、迅速な救出supplicates彼の人々とクローズされ神の信頼を表現することを破壊するに変更されていない。 " Angus.アンガスです。 Attention is called to the words in chapter 2, verse 3, which the writer of Hebrews, according to the law of double reference, applies to the second coming of Christ (Hebrews 10:37, 38).の言葉に注目が呼び出される第2章、詩3 、ヘブル人への手紙は、作家によると、同法のダブル参考までに、イエスキリストの再臨の番号(ヘブル人への手紙10:37 、 38 ) 。 In the same manner notice verse 4 of the same chapter, "The just shall live by faith," and the application of it in Romans 1:17; 5:1 and Galatians 3:24.通知で、同じ流儀で、同じ詩4章では、 "信仰によって生きるだけは、 "ローマ人への手紙とアプリケーションにおけるIT 1:17 ; 5:1 、ガラテヤ人への手紙3:24です。

Questions 1. 質問 1 。 What are the terms of the indictment against Judah, 1:1-4?どのような条件に起訴ユダ、 1:1-4ですか? 2. 2 。 What features of the military power of Babylon are noted 1:8?どのような特長がありますバビロンの軍事力については1:8ですか? 3. 3 。 How would you interpret 2:1? 2:1をどのように解釈ですか? 4. 4 。 Have you identified the New Testament reference in this lesson?ここに新約聖書の参照を発見、このレッスンですか? 5. 5 。 What are the terms of indictment against Babylon, 2:5-19?何が起訴の利用条件のバビロン、 2:5-19ですか? 6. 6 。 Memorize 3:17, 18.暗記3:17 、 18 。


Prophecies of Habakkuk予言のハバックーク

Henry Concise Commentaryヘンリー簡潔な解説

Book Synopsis: The subject of this prophecy is the destruction of Judea and Jerusalem for the sins of the people, and the consolation of the faithful under national calamities.予約あらすじ:の件名は、次の予言は、ユダヤの破壊とエルサレムの人々の罪を、との慰めは、国家災害忠実されています。

Habakkuk 1ハバクク1

Synopsis: The wickedness of the land.あらすじ:その土地の邪悪です。 The fearful vengeance to be executed.恐ろしい復讐を実行するのです。 (1-11) | These judgments to be inflicted by a nation more wicked than themselves. ( 1-11 ) |これらの国を招いた判断されるよりも他の邪悪なことです。 (12-17) ( 12-17 )

Ver.バージョンです。 1-11 The servants of the Lord are deeply afflicted by seeing ungodliness and violence prevail; especially among those who profess the truth. 1-11召使は、主に深く見て邪悪さと暴力に苦しんで勝つ; who公言特にそれらの真実です。 No man scrupled doing wrong to his neighbour.誰がお隣scrupled間違えたのでしょう。 We should long to remove to the world where holiness and love reign for ever, and no violence shall be before us.長いを削除しなければならないホーリネスと愛を、世界でこれまでに君臨する、との暴力の前にしなければならない問い合わせください。 God has good reasons for his long-suffering towards bad men, and the rebukes of good men.神が彼の長い間苦しんできた理由が良い悪いの男性向け、およびrebukesの良い男性です。 The day will come when the cry of sin will be heard against those that do wrong, and the cry of prayer for those that suffer wrong.の日が来るときに叫び声を聞いた罪に対しては間違っていること、およびそれらの祈りをささげるの叫びが不当な扱いを受ける。

They were to notice what was going forward among the heathen by the Chaldeans, and to consider themselves a nation to be scourged by them.彼らは何が起こっを通告された異教徒間の転送chaldeans 、自身の国を検討するとされるscourgedされています。 But most men presume on continued prosperity, or that calamities will not come in their days.だが人びとの多くは〜につけ込む継続的繁栄のか、またはその災害の日中にはされません。 They are a bitter and hasty nation, fierce, cruel, and bearing down all before them.彼らは性急な国の苦い経験をし、激しい、残酷な、と軸受のすべての前にダウンします。 They shall overcome all that oppose them.かれらはすべてを克服することに反対します。 But it is a great offence, and the common offence of proud people, to take glory to themselves.しかし、これは大きな罪は、犯罪を誇りに思うとの共通の人々は、自身を取るの栄光をします。 The closing words give a glimpse of comfort.チラッと見るの閉会の言葉の快適度です。

12-17 However matters may be, yet God is the Lord our God, our Holy One. 5月12-17しかし問題は、私たちの神、主はまだありません神は、私たち神聖な1つです。 We are an offending people, he is an offended God, yet we will not entertain hard thoughts of him, or of his service.我々は不愉快な人々に、彼は神の気分を害した、まだ我々は彼の考えはハードを楽しませるか、または彼のサービスです。 It is great comfort that, whatever mischief men design, the Lord designs good, and we are sure that his counsel shall stand.これは素晴らしい快適度は、どんないたずら男性の設計、デザイン、主良い、と我々は彼の弁護人は、スタンドを確認しています。 Though wickedness may prosper a while, yet God is holy, and does not approve the wickedness.邪悪年5月繁栄かかわらず、しばらくは、まだありません聖なる神は、邪悪を承認するものではありません。 As he cannot do iniquity himself, so he is of purer eyes than to behold it with any approval.彼は自分の罪を行うことはできませんので、彼よりも目を見張るものがpurer任意の承認しています。 By this principle we must abide, though the dispensations of his providence may for a time, in some cases, seem to us not to agree with it.この原則を順守しなければならないが、彼の分配プロビデンス年5月に一度、いくつかのケースは、問い合わせしないように同意するようにしてください。

The prophet complains that God's patience was abused; and because sentence against these evil works and workers was not executed speedily, their hearts were the more fully set in them to do evil.預言者ムハンマドが神の忍耐は、虐待を受け不満と反対のため、これらの邪悪な作品や労働者の文章は、スピーディーに実行しない、かれらの心は、より完全にして悪事を働く設定されています。 Some they take up as with the angle, one by one; others they catch in shoals, as in their net, and gather them in their drag, their enclosing net.彼らと同じようにいくつかの角度まで、 1つずつ;他のキャッチ群れを成して彼らのように、彼らNETを起動し、かれらの収集ドラッグすると、彼らを囲んでNETを起動します。 They admire their own cleverness and contrivance: there is great proneness in us to take the glory of outward prosperity to ourselves.自分の賢さに感心と工夫:傾性の問い合わせには、大きな栄光を取るの上辺だけの繁栄に言い聞かせた。 This is idolizing ourselves, sacrificing to the drag-net because it is our own.これは、 idolizing 、自分自身、犠牲にしてドラッグ- Netのため、これは私たち自身のです。 God will soon end successful and splendid robberies.神の素晴らしい成功を収め、強盗まもなく終了します。 Death and judgment shall make men cease to prey on others, and they shall be preyed on themselves.死と判断しなければならない他の男性を食い物にするのをやめる、と彼らをしなければならないpreyedている。 Let us remember, whatever advantages we possess, we must give all the glory to God.思い出してほしいのは、どのような利点を持つ私たちは、私たちのすべての神への賛美しなければならない。

Habakkuk 2ハバクク2

Synopsis: Habakkuk must wait in faith.あらすじ:ハバックーク信仰の順番を待つ必要があります。 (1-4) | Judgments upon the Chaldeans. ( 1-4 ) | chaldeans判断するのです。 (5-14) | Also upon drunkeness and idolatry. ( 5-14 ) |もdrunkenessと偶像崇拝する。 (15-20) ( 15-20 )

Ver.バージョンです。 1-4 When tossed and perplexed with doubts about the methods of Providence, we must watch against temptations to be impatient. 1-4揺られると当惑したときに疑問の方法については、プロビデンス、誘惑される反対しなければならないせっかちな時計です。 When we have poured out complaints and requests before God, we must observe the answers God gives by his word, his Spirit, and providences; what the Lord will say to our case.ルーズアウト時に私たちが神の前の苦情や要望を、神にしなければならないの回答を観察する彼の言葉を、彼の精神、およびprovidences ;どのように我々の場合、主は言う。 God will not disappoint the believing expectations of those who wait to hear what he will say unto them.神はないと信じて期待をがっかりさせるのを聞いてwho待つ彼かれらは言う。 All are concerned in the truths of God's word.すべての関係者は、神の御言葉の真理です。 Though the promised favour be deferred long, it will come at last, and abundantly recompense us for waiting.約束繰り延べかかわらず、賛成が長く、それが来る最後に、報酬と豊富に問い合わせを待っていた。 The humble, broken-hearted, repenting sinner, alone seeks to obtain an interest in this salvation.の謙虚な、失恋した、 repenting罪人、シークを入手するだけで、この救いに興味を持つ。

He will rest his soul on the promise, and on Christ, in and through whom it is given.彼は彼の魂は残りの約束は、イエスキリストとは、誰経由し、与えられたことがあります。 Thus he walks and works, as well as lives by faith, perseveresto the end, and is exalted to glory; while those who distrust or despise God's all-sufficiency will not walk uprightly with him.こうして彼は四球と作品だけでなく、信仰生活をされ、 perseverestoの最後に、高貴に引導を渡すと、それらの間の不信感や軽蔑who神のすべての食料自給率はないとuprightly歩いていた。 The just shall live by faith in these precious promises, while the performance of them is deferred.信仰によって生きるだけでは、これらの貴重な約束し、それらのパフォーマンスには、繰延します。 Only those made just by faith, shall live, shall be happy here and for ever.信仰のみだけでは、永遠に住む、ここで満足しなければならないのだ。

5-14 The prophet reads the doom of all proud and oppressive powers that bear hard upon God's people. 5-14預言者ムハンマドの懲罰のすべての読み取り権限を誇りに思うと過酷なハードに、神の人々が実る。 The lusts of the flesh, the lust of the eye, and the pride of life, are the entangling snares of men; and we find him that led Israel captive, himself led captive by each of these.肉欲のは、欲望の眼は、人生の誇りと、男性は、絡みが仕掛けたわ、私たちを捕虜に見つけるイスラエルに導いた彼は、自分自身を捕虜に主導され、これらの各です。 No more of what we have is to be reckoned ours, than what we come honestly by.我々がこれ以上は侮れない私たちは、私たちは何よりも正直なところです。 Riches are but clay, thick clay; what are gold and silver but white and yellow earth?しかし、粘土の富は、厚い粘土;は何です金と銀のしかし、白と黄色の地球ですか? Those who travel through thick clay, are hindered and dirtied in their journey; so are those who go through the world in the midst of abundance of wealth.これらの厚い粘土whoトラベルを通じて、彼らの旅では妨げとdirtied ;これはあくまでもwhoの世界を経る豊富な富の真っただ中にいる。 And what fools are those that burden themselves with continual care about it; with a great deal of guilt in getting, saving, and spending it, and with a heavy account which they must give another day!とどのような愚か者は、それらのケアについては継続的に負担をそれ自体;に多大な罪悪感を取得、保存、および支出して、大量のアカウントを与えることを受け入れなければならないアナザーデイ!

They overload themselves with this thick clay, and so sink themselves down into destruction and perdition.彼ら自身、この厚い粘土過負荷などシンク自体を破壊すると地獄に落ちることです。 See what will be the end hereof; what is gotten by violence from others, others shall take away by violence.本契約書の最後に表示される;何が得られる他人からの暴力、他人に暴力を奪うものです。 Covetousness brings disquiet and uneasiness into a family; he that is greedy of gain troubles his own house; what is worse, it brings the curse of God upon all the affairs of it.どん欲な不安と不安をもたらすご家族;彼は、自分の家の強欲なの利得のトラブル;何が悪い、それによって、神の呪い時のすべての業務をしてください。 There is a lawful gain, which, by the blessing of God, may be a comfort to a house; but what is got by fraud and injustice, will bring poverty and ruin upon a family.には、合法的な利得、これは、神の祝福され、 5月は、快適度して家;しかし、何が不正行為や不正行為がされ、破滅させる時に、貧困とご家族です。

Yet that is not the worst; Thou hast sinned against thine own soul, hast endangered it.まだありませんされていない、最悪の;なた自分の魂に対して罪を犯し、 hast絶滅危ぐしてください。 Those who wrong their neighbours, do much greater wrong to their own souls.これらのwho間違って隣人は、自分の魂をはるかに大きな間違いです。 If the sinner thinks he has managed his frauds and violence with art and contrivance, the riches and possessions he heaped together will witness against him.彼は管理している罪人の場合、自分の考えを芸術と詐欺と暴力装置は、富と財産を一緒に山盛りになった彼は、彼に不利な証人です。 There are not greater drudges in the world than those who are slaves to mere wordly pursuits. drudgesにはない、世界に比べて大きくwhoは、単なるwordly奴隷を有する。 And what comes of it?とはどのようなのですか? They find themselves disappointed of it, and disappointed in it; they will own it is worse than vanity, it is vexation of spirit.彼ら自身に失望を見つけると、失望されている彼らは自身の虚栄心より悪いことは、それは精神的悩みの種です。 By staining andsinking earthy glory, God manifests and magnifies his own glory, and fills the earth with the knowledge of it, as plentifully as waters cover the sea, which are deep, and spread far and wide.染色andsinking土臭い栄光を、神のマニフェストと自分自身の栄光を拡大し、地球の知識を塗りつぶして、カバーして海の水としてplentifullyとして、これは深いし、遠くまで広がる。

15-20 A severe woe is pronounced against drunkeness; it is very fearful against all who are guilty of drunkenness at any time, and in any place, from the stately palace to the paltry ale-house. 15-20重度の発音に対する悲痛な事柄である。 drunkeness ;ことは非常に恐ろしい酩酊に対して有罪を宣告したすべてのwhoは、何時でも、とはany place 、宮殿を微々たる風格からのエール-ハウスです。 To give one drink who is in want, who is thirsty and poor, or a weary traveller, or ready to perish, is charity; but to give a neighbour drink, that he may expose himself, may disclosesecret concerns, or be drawn into a bad bargain, or for any such purpose, this is wickedness. whoは、 1つの飲み物を与えるのか、 whoはのどが渇いて、非常に悪いか、または、疲れた旅行者か、またはすぐに死ぬは、慈善;しかし、隣人飲み物を与える、と彼は自分自身にさらす年5月、 5月disclosesecretな点がございましたら、またはに引きずり込まれる不良バーゲン、またはそのような目的のために、これは邪悪です。 To be guilty of this sin, to take pleasure in it, is to do what we can towards the murder both of soul and body.この罪で有罪判決を、喜びを取るでは、これを行うには、殺人事件に向かって何ができるの魂と体の両方のです。 There is woe to him, and punishment answering to the sin.には、悲痛な事柄をしてしまったら、罪と罰応答しています。 The folly of worshipping idols is exposed.偶像崇拝の愚かさにさらされるのです。 The Lord is in his holy temple in heaven, where we have access to him in the way he has appointed.寺の主はその聖なる天国のは、彼のアクセスを我々が抱えて彼が任命する方法です。 May we welcome his salvation, and worship him in his earthly temples, through Christ Jesus, and by the influence of the Holy Spirit.彼の救いがありますことを歓迎し、彼のこの世の寺院に仕えなさい、イエスキリストを通してイエスキリスト、および聖霊の影響を受けています。

Habakkuk 3ハバクク3

Synopsis: The prophet beseeches God for his people.あらすじ:神beseeches彼の預言者ムハンマドの人々です。 (1,2) | He calls to mind former deliverances. ( 1,2 ) |彼は心の呼び出しを元deliverancesです。 (3-15) | His firm trust in the Divine mercy. ( 3-15 ) |彼の会社の信頼を神の慈悲です。 (16-19) ( 16-19 )

Ver.バージョンです。 1,2 The word prayer seems used here for an act of devotion. 1,2の祈りの言葉はここを使用されるように献身的な愛情行為です。 The Lord would revive his work among the people in the midst of the years of adversity.復活の主が彼の作品の中の人々に、年間の逆境の真っただ中にいる。 This may be applied to every season when the church, or believers, suffer under afflictions and trials.季節ごとに適用される可能性がありますときに教会か、または信仰する者よ、試練に苦しむとトライアルされています。 Mercy is what we must flee to for refuge, and rely upon as our only plea.慈悲は、何を逃れるために避難しなければならない、と私たちにのみ依存として訴えています。 We must not say, Remember our merit, but, Lord, remember thy own mercy.言ってやるがしなければならない、覚えて私たちのメリットは、しかし、主よ、なた自身の慈悲を覚えています。

3-15 God's people, when in distress, and ready to despair, seek help by considering the days of old, and the years of ancient times, and by pleading them with God in prayer. 3-15神の人々は、ときに苦悩、絶望するとすぐに、助けを求める昔を考慮して、古代の時代とその後の数年間、およびそれらを神に祈りを嘆願します。 The resemblance between the Babylonish and Egyptian captivities, naturally presents itself to the mind, as well as the possibility of a like deliverance through the power of Jehovah. babylonishとエジプトの間に、類似captivities 、自然に自分自身を心のプレゼントだけでなく、このような救出の可能性をエホバの力を介しています。

God appeared in his glory.彼の神の栄光が掲載されています。 All the powers of nature are shaken, and the course of nature changed, but all is for the salvation of God's own people.自然界のすべての権限が動揺し、自然の流れに変更されると、しかし、すべてが神の恵みの人々の救いになっています。 Even what seems least likely, shall be made to work for their salvation.最低でも高いと思えるほど、仕事をしなければならない彼らを救いです。 Hereby is given a type and figure of the redemption of the world by Jesus Christ.ここには、与えられた図のタイプとの交換については、世界にイエスキリストです。 It is for salvation with thine anointed.これは汝のものを救い、聖なるします。 Joshua who led the armies of Israel, was a figure of Him whose name he bare, even Jesus, our Joshua.イスラエル軍のジョシュアwhoリードして、彼の名前は、彼はむき出しの図も、イエスキリスト、私たちのジョシュアです。 In all the salvations wrought for them, God looked upon Christ the Anointed, and brought deliverances to pass by him.かれらのすべてのsalvations鍛造で、イエスキリストの聖なる神の顔に、 brought deliverancesを渡すとされていた。 All the wonders done for Israel of old, were nothing to that which was done when the Son of God suffered on the cross for the sins of his people.イスラエルのすべての驚異行わ古い、これが行われたときに何もして、神の息子の十字架上の被害は、彼の人々の罪です。 How glorious his resurrection and ascension!どのよう輝かしい彼の復活と昇天! And how much more glorious will be his second coming, to put an end to all that opposes him, and all that causes suffering to his people!どれだけ多くの栄光と彼の2番目に来る、すべてに終止符を打つために彼に反対し、彼の苦しみの原因となるすべての人々 !

16-19 When we see a day of trouble approach, it concerns us to prepare. 16-19日のトラブル表示するときに私たちのアプローチは、先の懸念を準備することです。 A good hope through grace is founded in holy fear.グッドホープを通じて、グレースは、神聖な恐怖に設立された。 The prophet looked back upon the experiences of the church in former ages, and observed what great things God had done for them, and so was not only recovered, but filled with holy joy.預言者ムハンマドを振り返った時、教会での経験を元年齢、どのような素晴らしいものと観測して、神が行わなどが回復しただけでなく、神聖な喜びが満ちている。 He resolved to delight and triumph in the Lord; for when all is gone, his God is not gone.彼は解決に喜びと、主に勝利を収めるために必要な、すべてがなくなったときに、彼の神ではないなくなっています。 Destroy the vines and the fig-trees, and you make all the mirth of a carnal heart to cease.バインズを台無しにすると、イチジクの木、すべての笑いを行うと、現世の心臓を停止します。 But those who, when full, enjoyed God in all, when emptied and poor, can enjoy all in God.しかし、これらのwho 、ときにいっぱいになると、すべてのenjoyed神は、空と非常に悪いときは、すべて、神の存在を楽しむことです。 They can sit down upon the heap of the ruins of their creature-comforts, and even then praise the Lord, as the God of their salvation, the salvation of the soul, and rejoice in him as such, in their greatest distresses.腰を下ろすことができます時には、ヒープの廃墟の中の生き物-快適、さらに入力し、称賛する主よ、彼らの神の救いとして、魂の救いに、と喜ぶは彼をこのように、その最大のdistresses 。

Joy in the Lord is especially seasonable when we meet with losses and crosses in the world.喜びは、主は私たちに会うときに、特に時宜を得た敗と交差しています。 Even when provisions are cut off, to make it appear that man live not by bread alone, we may be supplied by the graces and comforts of God's Spirit.カットオフの規定は、たとえ、あの男をクリックして表示ライブはパンのみで、提供されることがありますが、神の恩寵と快適な精神です。 Then we shall be strong for spiritual warfare and work, and with enlargement of heart may run the way of his commandments, and outrun our troubles.わたしたちは精神的に強い入力し、戦争と仕事をし、 5月に心臓の拡大の方法を実行して、その戒めは、私たちのトラブルとアウトランです。 And we shall be successful in spiritual undertakings.と我々は精神的な事業に成功しています。 Thus the prophet, who began his prayer with fear and trembling, ends it with joy and triumph.したがって、預言者、 who始めた彼の祈りに恐れおののいて、喜びと勝利して終了します。 And thus faith in Christ prepares for every event.このようにイエスキリストを信じているすべてのイベントを準備します。 The name of Jesus, when we can speak of Him as ours, is balm for every wound, a cordial for every care.イエスキリストの名前を、彼と話すときに私たちのことは、バームごとに傷は、すべてのケアコーディアルグループです。 It is as ointment poured forth, shedding fragrance through the whole soul.これは軟膏として記載注ぎ、全体を通してはじく魂の香りです。 In the hope of a heavenly crown, let us sit loose to earthly possessions and comforts, and cheerfully bear up under crosses.天冠を期待する、現世の財産をご連絡ゆるい座ると快適、快活に耐えるとされて交差します。 Yet a little while, and He that shall come will come, and will not tarry; and where he is, we shall be also.まだ、ほんの少しの間、彼が来ることは来るものではありません。タール;と彼がどこに、私たちもしなければならない。


Habacuc (Habakkuk) habacuc (ハバクク)

Catholic Information カトリックの情報

The eighth of the Minor Prophets, who probably flourished towards the end of the seventh century BC預言者の8番目のマイナー、 who 、おそらくに向かって栄えた紀元前7世紀の終わりに

I. NAME AND PERSONAL LIFE i.名と個人的な生活

In the Hebrew text (i,1; iii, 1), the prophet's name presents a doubly intensive form Hàbhàqqûq, which has not been preserved either in the Septuagint: Ambakoum, or in the Vulgate: Habacuc.は、ヘブライ語のテキスト(私、 1 ;三、 1 ) 、預言者ムハンマドの名前のプレゼントを二重に集中フォームhàbhàqqûq 、これに保存されていないか、セプトゥアギンタ: ambakoumか、またはは、ウルガタ聖書: habacucです。 Its resemblance with the Assyrian hambakûku, which is the name of a plant, is obvious.その類似性は、アッシリアhambakûku 、これは植物の名前を、は明白です。 Its exact meaning cannot be ascertained: it is usually taken to signify "embrace" and is at times explained as "ardent embrace", on account of its intensive form.その正確な意味が判然とすることはできません:それは、通常撮影を示す"抱擁"と説明回としては、 "熱烈な抱擁"で、 [アカウントの集中フォームです。 Of this prophet's birth-place, parentage, and life we have no reliable information.預言者の誕生は、次の場所、親子の関係、および信頼性の高い情報がない私たちの生活です。 The fact that in his book he is twice called "the prophet" (i, 1; iii, 1) leads indeed one to surmise that Habacuc held a recognized position as prophet, but it manifestly affords no distinct knowledge of his person.という事実を、彼の本を2回と呼ばれる彼は"預言者" (私は、 1 ;三、 1 ) 1つのリードを実際にhabacuc憶測が開かれた預言者としての位置を認識、それに対する明確な知識を明らかに彼の人格に支払う。 Again, some musical particulars connected with the Hebrew text of his Prayer (ch. iii) may possibly suggest that he was a member of the Temple choir, and consequently a Levite: but most scholars regard this twofold inference as questionable.再び、いくつかのミュージカル明細に接続してヘブライ語のテキストを彼の祈り(第3 )可能性を示唆していた同寺の聖歌隊のメンバー、およびその結果をレビ:しかし、この二重の推論として多くの学者に関して疑問がある。 Hardly less questionable is the view sometimes put forth, which identifies Habacuc with the Judean prophet of that name, who is described in the deuterocanonical fragment of Bel and the Dragon (Dan., xiv, 32 sqq.), as miraculously carrying a meal to Daniel in the lion's den.ほとんどあまり疑問は、対象を出す時には、預言者を識別するhabacuc 、その名のjudean 、 whoは、第二正典の断片に記載されてベルと龍( dan. 、 14 、 32 sqq 。 ) 、奇跡的に食事を運ぶダニエルは、ライオンの巣です。

In this absence of authentic tradition, legend, not only Jewish but also Christian, has been singularly busy about the prophet Habacuc.この本物の伝統の欠如、伝説、キリスト教だけでなく、ユダヤ人だけでなく、非常に忙しいされhabacucについては、預言者です。 It has represented him as belonging to the tribe of Levi and as the son of a certain Jesus; as the child of the Sunamite woman, whom Eliseus restored to life (cf. 2 Kings 4:16 sqq.); as the sentinel set by Isaias (cf. Isaiah 21:6; and Habakkuk 2:1) to watch for the fall of Babylon.彼は代表としてのレヴィに所属する部族の息子として、特定のイエスキリスト; sunamite女性の子として、誰に復元さeliseusライフ( cf. 2王4:16 sqq 。 ) ;として設定されセンティネルisaias ( cf.イザヤ書21 : 06 ;とハバクク2:1 )に注意するバビロンの秋にします。 According to the "Lives" of the prophets, one of which is ascribed to St. Epiphanius, and the other to Dorotheus, Habacuc was of the tribe of Simeon, and a native of Bethsocher, a town apparently in the tribe of Juda.によると、 "命"は、預言者は、 1つが生得的に聖聖エピファニオス、および、他のをdorotheus 、 habacucは、部族のシメオン、およびbethsocherに自生する植物は、外見上は、部族の町judaです。 In the same works it is stated that when Nabuchodonosor came to besiege Jerusalem, the prophet fled to Ostrakine (now Straki, on the Egyptian coast), whence he returned only after the Chaldeans had withdrawn; that he then lived as a husbandman in his native place, and died there two years before Cyrus's edict of Restoration (538 BC).作品と同じことが記載さnabuchodonosor来たときにエルサレムを包囲、逃走をostrakine預言者ムハンマド(今すぐstrakiは、エジプトの海岸) 、そこから帰国した後にのみchaldeansは廃止廃止;その彼は彼の農夫として入力し、ネイティブに住ん場所、および死亡した2年前に修復キュロスの勅令(紀元前538 ) 。 Different sites are also mentioned as his burial-place.別のサイトにも取り上げられて彼の埋葬場所です。 The exact amount of positive information embodied in these conflicting legends cannot be determined at the present day.肯定的な情報の正確な量の伝説に体現され、これらの相反することはできません。現今では未定です。 The Greek and Latin Churches celebrate the feast of the prophet Habacuc on 15 January.ギリシャ語とラテン語の教会の預言者ムハンマドhabacuc祝って、ごちそうを1月15日です。

II. Ⅱ 。 CONTENTS OF PROPHECYの内容を予言

Apart from its short title (i, 1) the Book of Habacuc is commonly divided into two parts: the one (i,2-ii, 20) reads like a dramatic dialogue between God and His prophet; the other (chap. iii) is a lyric ode, with the usual characteristics of a psalm.離れは、短期タイトル(私は、 1 )その本の2つの部分に分かれてhabacucは一般: 1つ(私,2 - 2世、 20 )の読み取りのように劇的な神と神の預言者間の対話で、他の( chap. 3 )歌は、歌詞は、いつもの特徴は、詩篇第します。 The first part opens with Habacuc's lament to God over the protracted iniquity of the land, and the persistent oppression of the just by the wicked, so that there is neither law nor justice in Juda: How long is the wicked thus destined to prosper?の最初の部分を嘆く神のポップアップをhabacuc以上長引くの巣をした土地は、との永続的な抑圧されたばかりの邪悪なように、法にはどちらも正義のjuda :どのくらいは、邪悪な繁栄する運命にあるためですか? (i, 2-4). (私、 2-4 ) 。 Yahweh replies (i, 5-11) that a new and startling display of His justice is about to take place: already the Chaldeans -- that swift, rapacious, terrible, race -- are being raised up, and they shall put an end to the wrongs of which the prophet has complained.ヤハウェの返信(私は、 5-11 )は、新しい彼の正義と驚くべきディスプレイは約を取る場所:すでにchaldeans -その迅速な、強欲な、ひどい、レース-提起されてアップし、かれらに終止符を正すには、預言者には不満です。 Then Habacuc remonstrates with Yahweh, the eternal and righteous Ruler of the world, over the cruelties in which He allows the Chaldeans to indulge (i, 12-17), and he confidently waits for a response to his pleading (ii, 1).ヤハウェhabacuc remonstratesを入力し、正義、永遠の都ローマと世界の支配者は、以上の残虐行為では彼を使用すると、 chaldeansに耽溺する(私、 12-17 ) 、と彼は自信に対応するために彼の嘆願を待ちます( 2 、 1 ) 。 God's answer (ii, 2-4) is in the form of a short oracle (verse 4), which the prophet is bidden to write down on a tablet that all may read it, and which foretells the ultimate doom of the Chaldean invader.神の答え( 2 、 2-4 )の形では短いオラクル(詩4 ) 、招かれたのは、預言者は、すべての錠を書き留めておいては、 5月読むことや、どのforetells 、究極のドゥームは、カルデアインベーダーです。 Content with this message, Habacuc utters a taunting song, triumphantly made up of five "woes" which he places with dramatic vividness on the lips of the nations whom the Chaldean has conquered and desolated (ii, 5-20).このメッセージが表示コンテンツを、あざけりの歌をhabacuc utters 、勝ち誇って5つの構成"の悲哀"という彼の唇を検索する場所を劇的に生き生きとしている国は、誰が為には、征服とカルデアdesolated ( 2 、 5-20 ) 。 The second part of the book (chap. iii) bears the title: "A prayer of Habacuc, the prophet, to the music of Shigionot." 2番目の部分の予約( chap. 3 )クマのタイトル: "の祈りをささげるhabacuc 、預言者ムハンマドは、音楽をshigionot 。 " Strictly speaking, only the second verse of this chapter has the form of a prayer.厳密に言えば、 2番目の詩は、次の章のみには、フォームの祈りの言葉をします。 The verses following (3-16) describe a theophany in which Yahweh appears for no other purpose than the salvation of His people and the ruin of His enemies.次の詩( 3-16 )神の顕現を説明するためではないヤハウェが表示されたら他の目的よりも彼の人々の救いと破滅させる彼の敵です。 The ode concludes with the declaration that even though the blessings of nature should fail in the day of dearth, the singer will rejoice in Yahweh (17-19).最後に、宣言の頌歌が自然の恵みにもかかわらず、この日は失敗するの不足、その歌手が喜ぶヤハウェ( 17-19 ) 。 Appended to chap.やつが表示されます。 iii is the statement: "For the chief musician, on my stringed instruments." IIIはその声明: "は、最高のミュージシャンで、 [マイ弦楽器です。 "

III. Ⅲ 。 DATE AND AUTHORSHIP日付と原作者

Owing chiefly to the lack of reliable external evidence, there has been in the past, and there is even now, a great diversity of opinions concerning the date to which the prophecy of Habacuc should be ascribed.主に信頼性の不足のため、外部の証拠を編集して項目にされ、今でさえには、大きな意見の多様性に関する予言の日付にして、生得的habacucすべきである。 Ancient rabbis, whose view is embodied in the Jewish chronicle entitled Seder olam Rabbah, and is still accepted by many Catholic scholars (Kaulen, Zschokke, Knabenbauer, Schenz, Cornely, etc.), refer the composition of the book to the last years of Manasses's reign.古代のラビ、その対象はユダヤ人に体現されクロニクルの権利olamセダーアンマン、とはまだ受け入れられて多くのカトリックの学者( kaulen 、チョッケ、 knabenbauer 、 schenz 、 cornelyなど)の組成を参照して、書籍の最後の年にマナッセスの治世です。 Clement of Alexandria says that "Habacuc still prophesied in the time of Sedecias" (599-588 BC), and St. Jerome ascribes the prophecy to the time of the Babylonian Exile.アレクサンドリアのクレメントによると、 "予言は、時間をhabacucまだsedecias " (五九九から五八八紀元前) 、および聖ジェロームascribesの予言をするものであり、バビロニア亡命します。 Some recent scholars (Delitzsch and Keil among Protestants, Danko, Rheinke, Holzammer, and practically also Vigouroux, among Catholics, place it under Josias (641-610 BC). Others refer it to the time of Joakim (610-599 BC), either before Nabuchodonosor's victory at Carchemish in 605 BC (Catholic: Schegg, Haneberg; Protestant: Schrader, S. Davidson, König, Strack, Driver, etc.); while others, mostly out-and-out rationalists, ascribe it to the time after the ruin of the Holy City by the Chaldeans. As might be expected, these various views do not enjoy the same amount of probability, when they are tested by the actual contents of the Book of Habacuc. Of them all, the one adopted by St. Jerome, and which is now that propounded by many rationalists, is decidedly the least probable: to ascribe, as that view does, the book to the Exile, is, on the one hand, to admit for the text of Habacuc an historical background to which there is no real reference in the prophecy, and, on the other, to ignore the prophet's distinct references to events connected with the period before the Bablyonian Captivity (cf. i, 2-4, 6, etc.). All the other opinions have their respective degrees of probability, so that it is no easy matter to choose among them. It seems, however, that the view which ascribes the book to 605-600 BC "is best in harmony with the historical circumstances under which the Chaldeans are presented in the prophecy of Habacuc, viz. as a scourge which is imminent for Juda, and as oppressors whom all know have already entered upon the inheritance of their predecessors" (Van Hoonacker).いくつかの最近の学者( keilデリッチとプロテスタントの間、 danko 、 rheinke 、 holzammerし、実質的にもvigouroux 、カトリック教徒の間、開催地とされてjosias ( 641〜610紀元前)です。その他の時間を参照してjoakim (六百十〜五百九十九紀元前) 、 nabuchodonosorのいずれかの前での勝利をカルケミシュ紀元前605 (カトリック: schegg 、 haneberg ;プロテスタント:シュレイダー、 s.デビッドソン、ケーニッヒ、シュトラック、ドライバ、等) ;中その他、主に徹底した合理、それをものとみなす時間の後に廃墟の聖地chaldeansされた。当然のことだが、これらの様々な再生回数はありませんを楽しむのと同じ量の確率は、テストされた場合には、実際の本の内容をhabacuc 。 、それらのすべては、 1つで採択さ聖ジェローム、およびこれは今すぐに提唱された多くの合理は、きっぱりと最も低い確率:ものとみなす、その対象としては、この本は、亡命者は、上の1つの手を認めざるをするためのテキストを歴史的なhabacuc背景にはない本物のリファレンスは、予言、および、上、他のは、預言者の区別を無視してイベントに接続して期間を参照しbablyonianの前に捕らわれている( cf.私、 2-4 、 6 、等) 。すべての度、他の意見は、それぞれの確率のように、簡単な問題を選択することではないうちです。どうやら、しかし、この本は、対象をascribesを六〇五〜六〇 〇紀元前"がベストさと調和して歴史的な事情されてのchaldeansの予言が提示さhabacuc 、 viz 。としては差し迫った惨劇をjuda 、およびすべての人に知って抑圧者が既に入力時に前任者の遺産の相続" (ヴァンhoonacker ) 。

During the nineteenth century, objections have oftentimes been made against the genuineness of certain portions of the Book of Habacuc. 19世紀中に、異議申し立てがしばしば反対の純粋された書籍の特定の部分をhabacucです。 In the first part of the work, the objections have been especially directed against i, 5-11.での最初の部分の仕事を、監督の異議申し立てに対しても、特に私は、 5-11 。 But, however formidable they may appear at first sight, the difficulties turn out to be really weak, on a closer inspection; and in point of fact, the great majority of critics look upon them as not decisive.しかし、しかし恐るべき彼らが表示される最初の光景は、本当に困難であると判明する弱く、緊密な検査をすると、ポイントを実際には、かれらの大多数の批評家の見決定的ではない。 The arguments urged against the genuineness of chapter ii, 9-20, are of less weight still.真性反対するよう求めたの引数の第2章、 9月20日、以下の重量はまだです。 Only in reference to chapter iii, which forms the second part of the book, can there be a serious controversy as to its authorship by Habacuc.第3章のみでの参照を、 2番目の部分はどのような形式の予約は、それが出来るの原作者として、深刻な論争をhabacucです。 Many critics treat the whole chapter as a late and independent poem, with no allusions to the circumstances of Habacuc's time, and still bearing in its liturgical heading and musical directions (vv. 3, 9, 13, 19) distinct marks of the collection of sacred songs from which it was taken.多くの批評家として扱うのが遅くなり、独立した章で全体の詩がなく、状況をhabacuc allusionsの時間、およびまだ軸受、その典礼見出しや音楽の方向( vv. 3 、 9 、 13 、 19 )はっきりとマルクのコレクション神聖な曲から撮影されていた。 According to them, it was appended to the Book of Habacuc because it had already been ascribed to him in the title, just as certain psalms are still referred in the Septuagint and in the Vulgate to some prophets.それらによると、それが追加されていたため、この本のhabacucすでに生得的には彼のタイトル、同じように、特定の詩篇を授けたのはまだ言及さをセプトゥアギンタとは、いくつかのウルガタ聖書の預言者です。 Others, indeed in smaller number, but also with greater probability, regard only the last part of the chapter iii, 17-19 as a later addition to Habacuc's work: in reference to this last part only does it appear true to say that it has no definite allusions to the circumstances of Habacuc's time.その他、実際に小さい数字、大きいだけでなく、確率の最後の部分のみに関しては、第3章、 17-19としての仕事へのほかにhabacuc :を参考に、この最後の部分のみが表示される真のことを言うことは、 allusionsの状況を明確にhabacucの時間です。 All things considered, it seems that the question whether chapter iii be an original portion of the prophecy of Habacuc, or an independent poem appended to it at a later date, cannot be answered with certainty: too little is known in a positive manner concerning the actual circumstances in the midst of which Habacuc composed his work, to enable one to feel confident that this portion of it must or must not be ascribed to the same author as the rest of the book.すべてを考慮に、と思われるかどうか疑問視する第3章にオリジナルの部分は、予言のhabacucか、または、独立した詩を付加して、後日、確信を持って回答することはできません:あまりにもほとんどわかっていないのに積極的に取り組む実際の状況で構成さhabacucの真っただ中に彼の作品を、 1つを有効にする確信してこの部分を感じたりする必要があります生得的にはならないとして、同じ著者の本の残りの部分です。

IV. Ⅳ 。 LITERARY AND TEXTUAL FEATURES文学とテキストの特徴

In the composition of his book, Habacuc displays a literary power which has often been admired.は、彼の著書の組成を、文学habacucを表示するパワーがしばしば称賛されています。 His diction is rich and classical, and his imagery is striking and appropriate.彼の話し方は豊富で古典的、と彼は目を見張るものと適切なイメージです。 The dialogue between God and him is highly oratorical, and exhibits to a larger extent than is commonly supposed, the parallelism of thought and expression which is the distinctive feature of Hebrew poetry.間の対話の神と彼は非常に演説し、より大きな範囲で展示しているよりもよく、並列処理の思想と表現の特徴は、ヘブライ語詩です。 The Mashal or taunting song of five "woes" which follows the dialogue, is placed with powerful dramatic effect on the lips of the nations whom the Chaldeans have cruelly oppressed. mashalまたは5つのあざけりの歌"災難"を次のように、この対話は、強力な劇的な効果があるが置かれ、国の唇が残酷にもchaldeans誰が為に虐げられた。 The lyric ode with which the book concludes, compares favourably in respect to imagery and rhythm with the best productions of Hebrew poetry.歌の歌詞には、予約結論は、画像を比較するとリズムを尊重するfavourablyで最高のプロダクションのヘブライ語の詩です。 These literary beauties enable us to realize that Habacuc was a writer of high order.これらの文学の美しさを実感して有効に問い合わせhabacucは、作家の高い順です。 They also cause us to regret that the original text of his prophecy should not have come down to us in all its primitive perfection.また、先に遺憾の意の原因は、オリジナルのテキストを彼の予言先に降りてくる必要はありませんが、すべての原始的完璧です。 As a matter of fact, recent interpreters of the book have noticed and pointed out numerous alterations, especially in the line of additions, which have crept in the Hebrew text of the prophecy of Habacuc, and render it at times very obscure.実際のところとして、最近の通訳は、予約数多くの変更が気づいたと指摘、特に行を追加し、これがこっそりは、ヘブライ語のテキストをhabacucの予言を、非常にあいまいな時に描画します。 Only a fair number of those alterations can be corrected by a close study of the context; by a careful comparison of the text with the ancient versions, especially the Septuagint; by an application of the rules of Hebrew parallelism, etc. In the other places, the primitive reading has disappeared and cannot be recovered, except conjecturally, by the means which Biblical criticism affords in the present day.これらの変更のみを公平なコードが修正された研究のコンテキストを閉じる;さを慎重にテキストを比較して、古代のバージョンでは、特に、セプトゥアギンタ;されたアプリケーションの並列処理のルールをヘブライ語などで、他の場所は、原始的読書には姿を消したと回復することはできません、 conjecturallyを除いて、聖書を批判する手段は、現在の1日に支払う。

V. PROPHETICAL TEACHING v.机上の授業

Most of the religious and moral truths that can be noticed in this short prophecy are not peculiar to it.ほとんどの宗教や道徳的な真理に気づいたことができるこの短い予言はない奇妙なことにしよう。 They form part of the common message which the prophets of old were charged to convey to God's chosen people.彼らフォーム部分は、預言者の共通のメッセージが表示さ古いが請求さを伝えるために、神の選ばれた人々です。 Like the other prophets, Habacuc is the champion of ethical monotheism.他の預言者のように、倫理的一神教habacucは、チャンピオンのです。 For him, as for them, Yahweh alone is the living God (ii, 18-20); He is the Eternal and Holy One (i, 12), the Supreme Ruler of the Universe (i, 6, 17; ii, 5 sqq.; iii, 2-16), Whose word cannot fail to obtain its effect (ii, 3), and Whose glory will be acknowledged by all nations (ii, 14).彼にとって、かれらとしては、ヤハウェの生活だけでは神( 2世、 18-20 ) ;彼は、永遠の都ローマと神聖な1つ(私、 12 ) 、宇宙の最高の支配者(私、 6 、 17 ;二、 5 sqq 。 ;三、 2-16 ) 、誰の言葉、その効力を入手するに失敗することはできません( 2世、 3 ) 、および、その栄光はすべての国に認定され( 2世、 14 ) 。 In his eyes, as in those of the other prophets, Israel is God's chosen people whose unrighteousness He is bound to visit with a signal punishment (i, 2-4).彼の目のように、これらの他の預言者、イスラエルは神の選ばれた人々を訪問する邪悪彼は束縛する信号罰(私、 2-4 ) 。 The special people, whom it was Habacuc's own mission to announce to his contemporaries as the instruments of Yahweh's judgment, were the Chaldeans, who will overthrow everything, even Juda and Jerusalem, in their victorious march (i, 6 sqq.).特別な人々は、誰それが自分の使命を発表するにhabacucその周辺機器としてのヤハウェの判断、は、 chaldeans 、 whoは、すべての転覆、 judaとエルサレムさえ、その勝利年3月(私、 6 sqq 。 ) 。 This was indeed at the time an incredible prediction (i, 5), for was not Juda God's kingdom and the Chaldean a world-power characterized by overweening pride and tyranny?これは実際には、信じられないほどの時間を予測(私、 5 ) 、神の王国はないとjudaカルデア、世界的に電力を特徴とする専制政治を誇りとごう慢ですか? Was not therefore Juda the "just" to be saved, and the Chaldean really the "wicked" to be destroyed? judaはないしたがって、 "単に"を保存し、カルデア人と実際には"邪悪な"破壊されるですか? The answer to this difficulty is found in the distich (ii, 4) which contains the central and distinctive teaching of the book.その答えをこの困難が発見された二行連句( 2世、 4 ) 、そこには中央と独特の授業を予約します。 Its oracular form bespeaks a principle of wider import than the actual circumstances in the midst of which it was revealed to the prophet, a general law, as we would say, of God's providence in the government of the world: the wicked carries in himself the germs of his own destruction; the believer, on the contrary, those of eternal life.その厳かなフォームbespeaksをインポートするよりも広いの原則の実際の状況の真っただ中に明らかにされていた預言者ムハンマドは、一般法では、我々が望む言ってやるが、神の摂理は、政府の世界:自分自身の邪悪で運ぶ自分自身の細菌を破壊し、信者は、その反対に、それらの永遠の命です。 It is because of this, that Habacuc applies the oracle not only to the Chaldeans of his time who are threatening the existence of God's kingdom on earth, but also to all the nations opposed to that kingdom who will likewise be reduced to naught (ii, 5-13), and solemnly declares that "the earth shall be filled with the knowledge of the glory of Yahweh, as the waters cover the sea" (ii, 15).これはこのため、適用をhabacucは、 Oracleだけでなく、彼の時間をchaldeans脅迫whoは、神の王国が存在する地球上で、すべての国だけでなく、その王国に反対してwhoは、同様に減少して滅びた( 2世、 5-13 ) 、および厳粛に宣言して"地球の知識をいっぱいにしなければならないの栄光のヤハウェ、カバーして海の水" ( 2世、 15 ) 。 It is because of this truly Messianic import that the second part of Habacuc's oracle (ii, 4b) is repeatedly treated in the New Testament writings (Romans 1:17; Galatians 3:11; Hebrews 10:38) as being verified in the inner condition of the believers of the New Law.それは真の救世主は、次の2番目の部分をインポートしhabacucのオラクル( ⅱ 、 4b )は、繰り返し治療を受けて新約聖書の記述(ローマ人への手紙1:17 ;ガラテヤ人への手紙3:11 ;ヘブル人への手紙10:38 )されて検証さの内側状態を分析し、信者たちは、新しい法律です。

Publication information Written by Francis E. Gigot.出版物の情報執筆者フランシスe.ジゴです。 Transcribed by Thomas J. Bress.トーマスbress転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VII.のは、カトリックの百科事典、第20巻Ⅶ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.公認、 1910年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

COMMENTARIES:解説:

CATHOLIC:--SHEGG (2nd ed., Ratisbon, 1862); RHEINKE (Brixen, 1870); TROCHON (Paris, 1883); KNABENBAUER (Paris, 1886);カトリック: -s hegg(第2版です。 、 r atisbon、 1 862) ; r heinke( b rixen、 1 870) ; t rochon(パリ、 1 883) ; k nabenbauer(パリ、 1 886) ;

NON-CATHOLIC:--DELITZSCH (Leipzig, 1843); VON ORELLI (Eng. tr. Edinburgh, 1893); KLEINERT (Leipzig, 1893); WELLHAUSEN (3rd ed., Berlin, 1898); DAVIDSON (Cambridge, 1899); MARTI (Freiburg im Br., 1904); NOWACK (2nd ed., Göttingen, 1904); DUHM (Tübingen, 1906); VAN HOONACKER (Paris, 1908).非カトリック教徒: -デリッチ(ライプチヒ、 1 843) ;フォンオレッリ( e ng.t r。エジンバラ、 1 893) ;クライネルト(ライプチヒ、 1 893) ;ヴェルハウゼン(第3版です。 、ベルリン、 1 898) ;デビッドソン(ケンブリッジ、 1 899) ;マーティ(フライブルクイムしました。 、 1904 ) ;ノバック(第2版です。 、ゲッティンゲン、 1904 ) ;ドゥーム(テュービンゲン、 1906 ) ;ヴァンhoonacker (パリ、 1908 ) 。


Book of Habakkukハバクク書

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Contents.内容です。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Style.スタイルです。

-Critical View:クリティカルな対象:

Contents.内容です。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

One of the twelve minor prophetical books.机上の書籍の1つは、 12マイナーです。 It readily falls into two parts: (1) ch.それを容易に2つの部分の滝: ( 1 )あなたのです。 i.わたし。 and ii.; (2) ch. 、およびii 。 ; ( 2 )あなたのです。 iii. Ⅲ 。 The first part is a "massa" (a condemnatory prophecy).の最初の部分は、 "マッサ" (断罪的な予言) 。 But contrary to the usage in other prophetical books, it is not stated against what people the prophecy is spoken.しかし、他の利用方法に反して、机上の書籍、それに対してどのような記載ではない人々の予言が話されています。 As it now stands in the Masoretic text, the first part is in the form of a dialogue.現在の形勢では、 masoreticテキストの最初の部分は、対話形式で。 Ch.あなたのです。 i.わたし。 2-4 laments the prevailing moral corruption, which God does not seem to heed; i. 2-4 lamentsの有力な道徳的腐敗、これ神のように耳を傾けることはありません; i. 5-11 contains the divine announcement of an impending judgment through the Chaldeans; i. 5-11には、神の判断を発表したが間近に迫ったchaldeans ; i. 12-17 gives the prophet's complaint of the excessive pride and cruelty of the enemy. 12-17により、預言者の苦情は、過度の誇りと残酷さの敵です。 In ch.にあなたのです。 ii. Ⅱ 。 God admonishes Habakkuk not to judge hastily that evil is triumphant, but to remain confident (1-4).神admonishesハバックーク急いでいないことを判断する悪のは、意気揚々と、しかし、自信を維持する( 1-4 )です。 Five "wos," the contents of the "mashal" or "taunting proverb" (5-6), phrased by the very people oppressed by the conqueror, are enumerated (6, 9, 12, 13, 19). 5つの"ウォス、 "その内容は、 " mashal "または"あざけりの諺" ( 5-6 ) 、虐げられた人々的に言えば、非常に征服された、が列挙さ( 6 、 9 、 12 、 13 、 19 ) 。 Ch.あなたのです。 iii. Ⅲ 。 is a psalm reciting various theophanies, describing God's warlike power, which bends earth, mountains, and rivers to His purposes-yea, even sun and moon, in behalf of His people.詩篇第暗唱は、様々なtheophanies 、神の好戦的な記述力、これを曲げる地球、山、湖、川を自分の目的のため-いや、太陽と月にも、彼の人々に代わっています。 The song concludes with a declaration that though the blessings of nature shall fail in days of dearth, the singer will rejoice in the Lord (17-19).その歌を宣言を最後にかかわらず、自然の恵みで日中には失敗の不足、その歌手は喜ぶが、主( 17-19 ) 。

Style.スタイルです。

The book abounds in striking expressions and rare words, eg, the description of the invasion of the Chaldeans (i. 6 et seq.); of God as having "eyes too pure to behold evil" (i. 13); of "men as fishes of the sea" (i. 14); of the worship of the fisherman's implements (i. 16); of "the stone that crieth out" (ii. 11); of the folly of idolatry (ii. 18-19).その本に目を見張るaboundsまれな表現や単語、例えば、侵略の説明をするのchaldeans ( i. 6頁以降を参照。 ) ;オブゴッドされている"目を見張るものあまりにも純粋な悪" ( i. 13 ) ;の"男性として、海の魚" ( i. 14 ) ;は、崇拝の漁師の実装( i. 16 ) ; "の石をcriethアウト" ( ii. 11 ) ;は、愚行の偶像崇拝( ii. 18-19 ) 。 Ch.あなたのです。 iii. Ⅲ 。 especially is rich in striking similes (14-15).が豊富で、特に印象的な直喩( 14-15 ) 。 The book is remarkable also for originality.この本は、独創性も注目すべきです。 The author departs from the usual method of the Prophets.の著者、通常のメソッドから出発して預言者です。 In their addresses the nation is central; in Habakkuk's itis God and His government of the world.ザネーションは、そのアドレスに中央;でitisハバックークの神と神の政府の世界です。 He attempts to unravel the meaning of God's tolerance of tyranny and wrong.彼の意味を解明しようと寛容、神の専制と間違っている。 In his questions Habakkuk voices doubts to God, though not against God (GA Smith, "The Twelve Prophets," ii. 130 et seq.).彼の質問に疑問の声をハバックーク神よ、神の反対ではありません(ジョージアスミスは、 " 12預言者、 " Ⅱ 。 130頁以降を参照。 ) 。

-Critical View:クリティカルな対象:

Ch.あなたのです。 i.わたし。 and ii., on the whole, are regarded as the work of one prophet. 、およびii 。 、全体では、預言者と見なされて1つの仕事をします。 Still, the text as now presented has been found to contain certain difficulties.とはいえ、今すぐのテキストとして提示され、特定の困難を含むが見つかりました。 Taking i.撮影i. 2-4 to be descriptive of Israel's moral corruption, critics have argued that this section could not have been part of a prophecy devoted to the setting forth of the wrongs under which Israel was suffering, a different sense thus attaching to the "wicked" and "righteous" in i. 2-4で記述しているイスラエルの道徳的腐敗、このセクションの批判もあると主張してもできませんでした献身的な部分を予言して設定されているのを正すイスラエルが苦しみ、このように添付して、別の意味で"邪悪な"と"正しい"とi. 4 and i. 4と私 13 respectively. 13です。 Giesebrecht ("Beiträge zur Jesaiakritik," pp. 197 et seq.) and Wellhausen ("Kleine Propheten," in "Vorarbeiten und Skizzen") therefore consider i.ギーゼブレヒト( " beiträge zur jesaiakritik 、 " pp 。 197頁以降を参照。 )とヴェルハウゼン( " 、 первый propheten 、 " " vorarbeiten und skizzen " )したがって検討i. 5-11 to be an older and independent prophecy written previous to the remainder of i. 5-11古いや独立系の予言される前に書かれたの残りの部分i. and ii.; ch. 、およびii 。 ;あなたのです。 i.わたし。 12 is regarded as the sequel to i. 12の続編と見なされるには、 i. 4. 4 。 The subject of the complaint in i.苦情は、件名にはi. 2 is different from that in ii. 2とは異なる2世しています。 1. 1 。 Kirkpatrick ("Doctrine of the Prophets," p. 268) holds the book as a whole to be the fruit of religious reflection, giving conclusions reached only "after a prolonged mental struggle."カークパトリック( "教義のは、預言者、 " p. 268 )を保持して予約される全体としての成果を宗教的な反射、与え結論に達したのみ"の後に精神的な闘争の長期化します。 "

That i.そのi. 5-6, where the power of the Chaldeans is represented as still of the future, and i. 5-6 、どこの力を利用しchaldeansはまだとして表現され、将来的には、と私 13-16, ii. 13-16 、 Ⅱ 。 10, 17 disagree, though their descriptions of foreign nations appear to be based on actual observation, is another difficulty raised by critical scholars. 10 、 17合わない、かれらの外国人の国の説明を表示される実際の観測に基づいて、別の難しさは重要な学者から提起された。 Budde (in "Studien und Kritiken," 1893, pp. 383 et seq.), reverting to a certain extent to Kuenen's disinclination to assume an earlier and a later section (see Kuenen, "Historisch-Critisch Onderzoek," ii. 386 et seq., Leyden, 1889), showed that Habakkuk had in mind two world-powers: an oppressor (i. 2-4), and the Chaldeans, appointed to punish him (i. 5 et seq.).バッド( " studien und kritiken 、 " 1893 、 pp 。 383頁以降を参照。 ) 、元に戻すとしてある程度キューネンの気が進まないことを想定し、以前とそれ以降のセクション(参照キューネン、 " historisch - critisch onderzoek 、 " Ⅱ 。 386 et seq 。 、ライデン、 1889 ) 、ハバクク書によると、 2つの世界を念頭に置いていた-パワーズ:する迫害者( i. 2-4 ) 、およびchaldeans 、彼を罰するに任命さ( i. 5頁以降を参照。 ) 。 But this necessitates the placing of i.しかし、これに配置するための、 i. 5-11 after ii. 5-11後、 2世です。 4. 4 。 The oppressor to be destroyed is Assyria, and the Chaldeans are the implement of God's judgment.アッシリアの迫害者が破壊される、とchaldeansは、神の判断を実装します。 It is of the Assyrian's pride that the prophet speaks, not of the Chaldeans' presumptuousness.これは、アッシリア人の自尊心を話すは、預言者ではなく、 chaldeans '思い上がりです。

Ch.あなたのです。 iii. Ⅲ 。 is a psalm, not free from mythological elements and not by Habakkuk.は、賛美歌ではなく、神話の要素から無料ではなくハバックークです。 It must have formed part of a liturgical collection, accidentally incorporated with Habakkuk's prophecies (Stade's "Zeitschrift," iv. 157 et seq.).形成を持たなければならない典礼コレクションの一部を、誤ってIncorporatedのおハバックークの予言(シュターデの" zeitschrift 、 " Ⅳ 。 157頁以降を参照。 ) 。 The text is corrupt in many places (Wellhausen, "Die Kleinen Propheten," 3d ed.).多くの場所でのテキストが壊れて(ヴェルハウゼン、 "死ぬkleinen propheten 、 " 3次元エド。 )です。 Verses 17-19 are additions by later hands, verse 18 being a eulogy, such as is frequently found at the close of liturgical songs.詩への手一七〜一九アール追加され、 18日に詩を賛美などが頻繁に発見された典礼曲に近いのです。

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Nowack, Die Kleinen Propheten, Göttingen, 1897; Rothstein, in Studien und Kritiken, 1894; Budde, in The Expositor, May, 1895.EGHノバック、死ぬkleinen propheten 、ゲッティンゲン、 1897 ;ロススタインは、 studien und kritiken 、 1894 ;バッドは、エクスポジター、 5月、 1895.egh


Habakkukハバクク

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

The Age and Home of Habakkuk.の年齢や家庭のハバックークです。

Prophet; author of the eighth in the collection of the twelve minor prophetical books.預言者;著者は、 8番目は、机上の書籍のコレクションは、 12マイナーです。 The etymology of the name of the prophet is not clear.その語源を調べるの預言者の名前を明らかではありません。 It seems to be a loan-word representing the Assyrian "hambaḳûḳu," a garden-plant (Friedrich Delitzsch, "Prolegomena," p. 84; König, "Historisch-Kritisches Lehrgebäude der Hebräischen Sprache," ii. 1. 473, on the vocalization), and has the appearance of being a writer's pseudonym (FE Peiser, "Der Prophet Habakuk," in "Mitteilungen der Vorderasiatischen Gesellschaft," 1903, i. 12).融資と思われることを表す言葉では、アッシリア" hambaḳûḳu 、 "庭-工場(フリードリヒデリッチ、 " prolegomenonの複数形、 " p. 84 ;ケーニッヒ、 " historisch - kritisches lehrgebäude der hebräischen sprache 、 " Ⅱ 。 1 。 473 、上の発声) 、およびには、外観の意味は、作家のペンネーム( fe peiser 、 " der預言者habakuk 、 " " mitteilungen der vorderasiatischen社会、 " 1903年、 i. 12 ) 。 That he was a Levite has been urged on the strength of the postscript to ch.その彼は、レビの強さを求めてきた、 PostScriptからあなたのです。 iii. Ⅲ 。 (verse 19, "on my stringed instruments"), which indicates that he owned instruments: only a Levite was authorized to use an instrument to accompany his songs in the Temple. (詩19日、 "私の弦楽器" ) 、ことを示して彼は中古楽器:レビが承認さのみを測定器を使用して彼の歌は、寺に同行します。 The superscription of the Septuagint apocryphon Βὴλ καὶ Δράκωυ, in the Codex Chisianus, also designates him a Levite.の表題は、セプトゥアギンタapocryphon βὴλ καὶ δράκωυは、コーデックスchisianus 、レビ人も彼を指定します。 The absence of exact information concerning his life left a vacuum that has been filled by myths and legends (see Franz Delitzsch, "De Habacuci Prophetæ Vita").正確な情報については、彼の人生の欠如左に埋められ真空されてきた神話や伝説(フランツデリッチ、 "デhabacuci prophetæ生命" ) 。 The above-named apocryphon makes him a contemporary of Daniel, whom he was miraculously privileged to visit in the lion's den and supply with food. apocryphon 、上記の名前は彼の現代のダニエル、彼は奇跡的特権を訪問する人は、ライオンの巣に食糧を供給します。 In this Greek story his father's name is given as "Jesus" (Joshua).このギリシャ語の物語として彼の父の名が与えられた"イエスキリスト" (ジョシュア)です。 Jewish tradition makes him the son of the Shunammite woman (see Elisha), but nevertheless a contemporary of Daniel (see "Seder ha-Dorot"; Abravanel's commentary to Habakkuk; Zohar, Lek Leka; Neubauer, "The Book of Tobit," Appendix).ユダヤ教の伝統は彼の息子は、 shunammite女性(エリシャ) 、しかし、にもかかわらず、現代のダニエル(詳細については、 "セダーハ- dorot " ; abravanelの解説をハバックーク; zohar 、レックleka ; neubauer 、 "この本のトビト書、 "付録) 。 Of the many conceits current among the cabalists with reference to this prophet, the most curious was that which declared him to be the reincarnation of Adam.電流の間に多くのconceitsのcabalistsを参考に、この預言者が、最も好奇心を宣言は、彼をアダムの生まれ変わりです。 His grave was shown at several places (See Hukkok).彼の墓が示すように、いくつかの場所( hukkokを参照) 。

The Age and Home of Habakkuk.の年齢や家庭のハバックークです。

Peiser (lc) contends that Habakkuk is the pseudonym of a Judean prince held as a hostage in Nineveh, and who witnessed the attack of the Medes, in alliance with Chaldea and Babylon, in 625 BC But his book announces a second attack. peiser (液晶)の主張は、偽名でハバックークjudeanプリンスで開かれたニネベ人質として、攻撃を目撃したとwhoメデスは、同盟関係を新バビロニアとバビロンは、紀元前625 2番目の攻撃しかし、彼の著書を発表します。 This prince may have been the son or grandson of Manasseh.このプリンスかもしれないマナセの息子や孫のです。 Peiser shows that Habakkuk displays remarkable familiarity with Assyrian literature, his similes indicating quotations from, and adaptations of, Assyrian mythological writings.ハバクク書によると顕著なpeiser精通して表示されます。アッシリア文学、彼の直喩からの引用句を示す、との翻案は、アッシリア神話の作品を紹介します。 By others, Habakkuk is made the contemporary of Jeremiah and a resident of Jerusalem, after the "discovery" of Deuteronomy (621 BC), but before the death of Josiah (609 BC).他のは、現代のジェレマイアハバックークが行われるとエルサレムの住民に、後の"ディスカバリー"の申命記(紀元前621 ) 、しかし、ジョサイアの前に死亡した(紀元前609 ) 。 By many Jewish commentators he is assigned to the reign of Manasseh.彼は多くのユダヤ人のコメンテーターマナセの治世に割り当てられているのです。 He is, however, clearly under the influence of Isaiah; and the view which makes him a younger disciple of the greater prophet, advanced by Walter K. Betteridge in "Journal of American Theology," Oct., 1903, seems to meet best the situation reflected in the book.彼は、しかし、イザヤ書の影響を受けて明確にされて;と対象には彼の若い弟子の大預言者、高度をウォルターk. betteridgeは"アメリカンジャーナルの神学、 " 10月、 1903 、ベストのように会うの予約状況に反映されています。 The Assyrians, originally regarded by the Prophets as appointed agents of Yhwh, looked upon themselves as "gods" (Isa. xiv.); but under Sennacherib, through a rebellion of the Babylonians (the Chaldeans), the plans of the conqueror are thwarted.のassyrians 、当初考えられたのは、預言者として任命エージェントyhwh 、顔に自らを"神々 " ( isa. 14です。 ) ;しかし、 sennacheribされて、反乱を介して、 babylonians ( chaldeans )は、征服者が計画を挫折させられたです。 EGH egh

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです