Book of Haggai, Aggeus予約のハガイ、 aggeus

General Information 総合情報

Haggai is one of the books of the Minor Prophets in the Old Testament of the Bible.ハガイは、書籍のいずれかのマイナー、旧約聖書の預言者では、聖書です。 It was written in 520 - 519 BC, but nothing is known of the author.それが書かれて520 -5 19紀元前、しかし、著者は何も知られています。 The book consists of four addresses aimed at promoting the rebuilding of the Temple after the Babylonian exile (586 - 537 BC) of the Jews.この本は、 4つのアドレスを推進して再建を目的とした後、同寺バビロニア亡命者( 586 -5 37紀元前)は、ユダヤ人です。 Even though the second Temple would lack the grandeur of Solomon's Temple, the prophet gave assurances that the glory of the second would be greater than the first.にもかかわらず、 2番目寺はソロモンの神殿の壮大さが不足して、預言者ムハンマドは2番目の栄光の保証は、より大きい場合は、最初のです。 The text was addressed to Zerubbabel, the governor of Judah, and to Joshua, the high priest.宛てにzerubbabelのテキストは、知事のユダ、ジョシュアと、大祭司です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Book of Haggai, Aggeus予約のハガイ、 aggeus

Brief Outline簡単な概要

  1. Call and encouragement to build (1)コールと激励を構築する( 1 )
  2. The Messianic hope (2)希望の救世主( 2 )


Hag'gai hag'gai

Advanced Information 高度情報

Haggai, festive, one of the twelve so-called minor prophets.ハガイ、お祭りの1つである、いわゆる小預言者は、 12です。 He was the first of the three (Zechariah, his contemporary, and Malachi, who was about one hundred years later, being the other two) whose ministry belonged to the period of Jewish history which began after the return from captivity in Babylon.彼は最初の3つの(ゼカリヤ、彼のコンテンポラリーな、とマラキ、 whoは約100年後に、他の2つ)の期間、その省に属して始まったユダヤ人の歴史をバビロン捕囚からの帰還した後です。 Scarcely anything is known of his personal history.ほとんど何も彼の個人的な歴史が知られています。 He may have been one of the captives taken to Babylon by Nebuchadnezzar.彼は5月のいずれかの捕虜が撮影されネブカドネザルをバビロンです。 He began his ministry about sixteen years after the Return.彼は彼の部が始まった約16年後に復帰します。 The work of rebuilding the temple had been put a stop to through the intrigues of the Samaritans.同寺の再建の仕事をやめさせていたの陰謀は、サマリア人です。 After having been suspended for fifteen years, the work was resumed through the efforts of Haggai and Zechariah (Ezra 6:14), who by their exhortations roused the people from their lethargy, and induced them to take advantage of the favourable opportunity that had arisen in a change in the policy of the Persian government.強制停止されて15年後に、その仕事が再開するとの努力をハガイゼカリヤ(エズラ6:14 ) 、 who exhortations rousedされてからの人々に無気力、および引き起こされることは、有利な機会を活用する生じていたさが変化する政府の政策は、ペルシャ語です。

Haggai's prophecies have thus been characterized:, "There is a ponderous and simple dignity in the emphatic reiteration addressed alike to every class of the community, prince, priest, and people, 'Be strong, be strong, be strong' (2:4). 'Cleave, stick fast, to the work you have to do;' or again, 'Consider your ways, consider, consider, consider' (1:5, 7;2:15, 18). It is the Hebrew phrase for the endeavour, characteristic of the gifted seers of all times, to compel their hearers to turn the inside of their hearts outwards to their own view, to take the mask from off their consciences, to 'see life steadily, and to see it wholly.'", Stanley's Jewish Church.ハガイの予言がこのようにも特徴: 、 "単純には、重々しいと似尊厳は、断固たる対応を繰り返し、社会のあらゆる階層、プリンス、僧侶、人々は、 'が強い、強いが、に強い' ( 2時04分) 。 '開裂、スティック高速で作業をしてこれを行うには; 'または再び、 'の方法を検討して、検討し、検討し、検討し' ( 1:5 、 7 ; 2:15 、 18 ) 。これは、ヘブライ語フレーズための努力、才能の特徴は、ゼールスのすべての回、彼らを強制hearersを有効にし、かれらの心の内側から外側へ自分のビューで、マスクを取る良心から姿を消して、 'を参照の生活を着実にし、全額を見てです。 ' " 、スタンリーのユダヤ教会です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Hag'gai予約のhag'gai

Advanced Information 高度情報

The Book of Haggai consists of two brief, comprehensive chapters.この本のハガイは、 2つの簡単な、包括的章です。 The object of the prophet was generally to urge the people to proceed with the rebuilding of the temple.このオブジェクトは、預言者は、通常の人々を促すを続行するには同寺の再建です。 Chapter first comprehends the first address (2-11) and its effects (12-15).第一章理解の最初のアドレス( 2-11 )とその効果( 12-15 ) 。 Chapter second contains, (1.) The second prophecy (1-9), which was delivered a month after the first.第2番目には、 ( 1 ) 2番目の予言( 1-9 ) 、これは、 1カ月後の最初の配信です。 (2.) The third prophecy (10-19), delivered two months and three days after the second; and (3.) The fourth prophecy (20-23), delivered on the same day as the third. ( 2 ) 3番目の予言( 10-19 ) 、 2カ月間配信した後、 2番目と3日間、および( 3 )第4回予言( 20-23 ) 、同じ日に配信され、 3番目のです。 These discourses are referred to in Ezra 5:1; 6:14; Heb.これらの談話では、参照されてエズラ5:1 ; 6:14 ;なしで。 12:26. 12:26です。 (Comp. Hag. 2:7, 8, 22.) ( comp.くそばばあです。 2時07分、 8日、 22 。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Haggai予約のハガイ

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

This is the first of the post-Babylonian prophets-those who prophesied after the return from the seventy years' captivity.これは、最初の投稿-バビロニア預言者-これらのwho予言した後、 70年からの帰還'捕らわれている。 To be interested in this book therefore, one needs to read Ezra afresh, particularly chapters 4 and 5, for the mission of Haggai was to stir up the people of that time to rebuild the temple.この本に興味があるために、 1つのエズラを読み取る必要が今さらのように、特にチャプター4日と5日、ハガイの使命をかき立てるのは、当時の人々を再構築するに寺です。 What excuse did the people make for not engaging in the work (2)?参考の人々にどのような言い訳を特定の仕事に従事する( 2 )ですか? What showed their selfishness (4)?彼らは何を示し利己主義( 4 )ですか? What showed their moral blindness (6)?彼らは何を示し道徳的な失明( 6 )ですか? What remedy for the material conditions indicated does God propose (7)?どのような救済策を提案する材料の条件に示さは神( 7 )ですか? How is the divine judgment upon their neglect extended in verses (9-11)?かれらはどのように神の裁きを無視する拡張で詩( 9-11 )ですか? What is the result of the prophet's indictment against them (12), and its effect in heaven (13)?何が預言者の起訴の結果を、かれら( 12 ) 、およびその効果インヘブン( 13 )ですか?

How shall we explain this result from the spiritual point of view (14)?この結果からどのように説明わたしたちの精神的な観点から( 14 )ですか? How much time is covered by the events of this chapter (compare first and last verses)?どれくらいの時間がカバーされるイベントは、次の章(比較の最初と最後の詩)ですか? Note the date of the second message beginning chapter 2, and compare Ezra 3:8-13. 2番目のメッセージが表示さに注意してこの評価を開始第2章、エズラ3:8-13とを比較します。 Some were discouraged because of their weakness and poverty, and felt that the temple could never be completed, and that in any event it would be outclassed by that of Solomon (3).いくつかの弱点がお勧めと貧困のために、と感じて同寺は絶対に完了すると、任意のイベントとしていることがoutclassedされソロモン( 3 )です。 How does God inspire them (4, 5)?神を抱かはどのようにして( 4 、 5 )ですか? Verses 6-10 are messianic, in which the first and second advents of our Lord are blended.救世主のような詩六〇から一〇までアールされるのは、最初と2番目のadventsわたしたちの主は、ブレンドです。

The "shaking of the nations" seems future. "揺れは、国の"将来のようです。 "The desire of all nations" is taken as a personal designation of Christ, and yet the Revised Version renders it "the desirable things of all nations" which has a millennial flavor. "欲望のすべての国"はキリストの種別として、個人、および改訂版をレンダリングすることはまだありません"物事のすべての国が望ましい"千年の風味を持つ。 Verse 9 is usually considered fulfilled by Christ's presence in this second temple.詩9は、通常考えキリストの存在感を履行さこの2番目の寺です。 Note the date of the third message (2:10). 3番目のメッセージが表示さに注意してこの評価を( 2:10 ) 。 For the Levitical bearing of 11-13, compare the marginal references, Leviticus 10:10, 11; Deuteronomy 33: 10; Numbers 19:11; Malachi 2:7, etc. Moral cleanness was not communicated by contact, but the same was not true of uncleanness.軸受のleviticalを11-13 、限界参考文献比較して、レビ記10:10 、 11 ;申命記33 : 10 ;数字19:11 ;マラキ2時07分、道徳的な清浄度等の連絡先が伝達され、しかし、同じは、真のuncleannessない。 Israel was unclean in the spiritual sense, and all that they did in the way of divine service was correspondingly so (14), but in God was their help as the following verses prove.イスラエルは不浄のは、精神的な意味では、参考にして、すべて神のサービスは、相応の邪魔をするため( 14 ) 、しかし、神は彼らの助けとしては、次の詩を証明します。

God did not wait until the outcome of their labors testified to their change of heart, but from the day of that change His blessing began to be visited upon them (19).神の結果を参考まで待てない場合は、労働者の証言を変更して心臓の、しかし、その変更の日から始まった祝福を訪問されるかれら( 19 )です。 Previously, as the result of their disobedience, they reaped but ten measures of grain where they expected twenty, and twenty vessels of the fruit of the vine where they expected fifty; they had experienced blasting, and mildew and hail.以前は、その指示に従わないことの結果として、彼らの10の措置の穀物reapedしかし、どこに期待20 、および20の果実の船に、つるに付いてどこに期待50 ;ていた経験豊富なブラスト、とかびと雹です。

But now all this would be changed, and the harvest plenteous.しかし、これは今すぐすべての変更、および、収穫多作のです。 Let them take it by faith before the seed was in the barn, or the blossoms had come upon the trees (19).かれらの信仰の前に種子を取ることで、納屋のは、時が来たのか、桜の木( 19 )です。 Note the date of the fourth message (2:20).第4メッセージが表示さに注意してこの評価を( 2:20 ) 。 This is in the future, and recalls the forthcoming judgments on the Gentile nations of which the pre-exilic prophets have spoken.これは将来的には、今度の判断をすると、貴方が国のジェンティーレは、事前に追放された預言者が話さです。 The period referred to is the end time.の期間の終了時間が言及されています。 There are those who regard verse 23 as a prophecy of Christ of whom Zerubbabel is the type, though others take the words literally as foreshadowing the resurrection of the governor himself.詩には、そういうwho点として23人の予言zerubbabelは、イエスキリストのタイプは、他人からの言葉は文字通りの知事としての自分自身の復活foreshadowingです。

Questions 1.質問1 。 To what period does Haggai belong?どのような時代に属するがハガイですか? 2. 2 。 With what historical book is this contemporaneous?この本は同時期に、どのような歴史的ですか? 3. 3 。 Have you re-read that book?ここにその本を再読み込みですか? 4. 4 。 What was Haggai's mission?ハガイの使命は何でしたか? 5. 5 。 How many of the questions on chapter 1 were you able to answer?どのように第1章の多くは、質問に答えることがあなたですか? 6. 6 。 How would you explain the purpose of the second message?をどのように2番目の目的を説明するメッセージが表示さですか? 7. 7 。 To what period does the fourth message point?期間は、 4番目にどのようなメッセージが表示さポイントですか?


Book of Haggai予約のハガイ

Henry Concise Commentaryヘンリー簡潔な解説

After the return from captivity, Haggai was sent to encourage the people to rebuild the temple, and to reprove their neglect.捕囚からの帰還した後、ハガイに送られた人々を再構築するに寺を奨励する、との非難を無視します。 To encourage their undertaking, the people are assured that the glory of the second temple shall far exceed that of the first, by the appearing therein of Christ, the Desire of all nations.事業を奨励するには、人々が安心して栄光の2番目の寺の最初のものをはるかに超えて、そこに表示されたキリストは、欲望のすべての国です。

Haggai 1ハガイ1

Synopsis: Haggai reproves the Jews for neglecting the temple.あらすじ:ハガイreproves 、ユダヤ人を無視して寺です。 (1-11) | He promises God's assistance to them. ( 1-11 ) |彼は神への支援を約束します。 (12-15) ( 12-15 )

VER.バージョンです。 1-11 Observe the sin of the Jews, after their return from captivity in Babylon. 1-11 、ユダヤ人の罪を観察し、後に戻り、バビロン捕囚からです。 Those employed for God may be driven from their work by a storm, yet they must go back to it.これらの者の雇用を神から5月に仕事で駆動される嵐、まだありませんしなければならないことに戻っています。 They did not say that they would not build a temple, but, Not yet.彼らはそうは言って寺を構築するようなことはしない、しかし、まだなんです。 Thus men do not say they will never repent and reform, and be religious, but, Not yet.したがって男性は決してないと言って後悔すると改革とは、宗教的、しかし、まだなんです。 And so the great business we were sent into the world to do, is not done.とし、大きなビジネスの世界に送られる私たちがこれを行うには、ではない完了です。 There is a proneness in us to think wrongly of discouragements in our duty, as if they were a discharge from our duty, when they are only for the trial of our courage and faith.多発性の問い合わせには、 discouragementsを考えるのが我々の義務誤って、まるで彼らは我々の義務を放電から、ときに彼らは私たちだけの勇気と信仰の裁判です。 They neglected the building of God's house, that they might have more time and money for worldly affairs.彼らの神の家の建設に放置された、かれらかもしれない世間の俗事より多くの時間とお金をためています。

That the punishment might answer to the sin, the poverty they though to prevent by not building the temple, God brought upon them for not building it.は、懲罰を受けるかもしれないの罪の回答を、彼らの貧困されないのを防ぐかかわらず同寺の建物は、かれらの神brought特定の建物です。 Many good works have been intended, but not done, because men supposed the proper time was not come.意図され、多くの優れた作品の中には、しかし、まだ完了し、男性のための適切な時間はないはずだ。 Thus believers let slip opportunities of usefulness, and sinners delay the concerns of their souls, till too late.こうして信者たち失言有用性の機会を、罪人を先送りにするとの懸念を自分の魂を滅ぼし、やがて手遅れです。 If we labour only for themeat the perishes, as the Jews here, we are in danger of losing our labour; but we are sure it shall not be in vain in the Lord, if we labour for the meat which lasts to eternal life.もし私たちの労働のみthemeat perishes 、ユダヤ人としてここでは、私たちは私たちを失う危険に陥っ労働;しかし、我々は確かに無駄なものがない場合は、主よ、もし私たち労働党は、肉に要する時間は永遠の命をします。 If we would have the comfort and continuance of temporal enjoyments, we must have God as our Friend.もし私たちが、快適さと継続時間enjoyments 、私たちの神として私たち友人に送る必要があります。 See also Luke xii.ルーク12も参照ください。 33. 33 。

When God crosses our temporal affairs, and we meet with trouble and disappointment, we shall find the cause is, that the work we have to do for God and our own souls is left undone, and we seek our own things more than the things of Christ.私たちが神の十字架俗事、およびトラブルに巻き込まれると失望を私たちは、われの原因を発見するのは、仕事は、私たちがこれを行うには、神と私たちの魂が残って元に戻す、と私たち独自のものを求める以上のものイエスキリストです。 How many, who plead that they cannot afford to give to pious or charitable designs, often lavish ten times as much in needless expenses on their houses and themselves!どのよう多くの人にとって、 who嘆願して余裕を与えることはできません。慈善のデザインを実現しそうにないか、多くの場合、 10倍以上のぜいたくな無駄な出費をして住宅やそのもの! But those are strangers to their own interests, who are full of care to adorn and enrich their own houses, while God's temple in their hearts lies waste.しかし、それらは見知らぬ人に、自分の興味、 whoがいっぱいのケアを飾ると自分の家を豊かにし、かれらの心は神の寺で、廃棄物です。 It is the great concern of every one, to apply to the necessary duty of self-examination and communion with our own hearts concerning our spiritual state.それは、大きな懸念のすべての1つは、義務を適用できるようにするために必要な自己検査と聖体拝領に関する私たちの心に私たち自身の精神的な状態です。 Sin is what we must answer for; duty is what we must do.罪はどのような回答をしなければならない;義務はどのようにしなければならない。 But many are quick-sighted to pry into other people's ways, who are careless of their own.しかし、多くの人は目ざとい他の人々の方法をせんさく、 whoは、自分の不注意なのです。 If any duty has been neglected, that is no reason why it should still be so.もしあれば義務おろそかにされ、それはまだばならない理由はないんですが。 Whatever God will take pleasure in when done, we ought to take pleasure in doing.神はどのように喜びを取るときに完了すると、私たちを取るのが楽しいするべきです。 Let those who have put off their return to God, return with all their heart, while there is time.あのwhoに戻って神を先送りにするが、返還すると、心臓、中には時間です。

12-15 The people returned to God in the way of duty. 12-15の人々の道のために戻って、神の義務です。 In attending to God's ministers, we must have respect to him that sent them.神の閣僚が出席し、尊重しなければならないが彼を送信します。 The word of the Lord has success, when by his grace he stirs up our spirits to comply with it.という言葉は、成功の主は、ときに彼の猶予をかきたてて彼は私たちスピリッツを遵守してください。 It is in the day of Divine power we are made willing.これは神の力でその日は私たちは喜んします。 When God has work to be done, he will either find or make men fit to do it.神が作業を行うときに、彼は男性に合わせるのいずれかを検索またはこれを行うにしてください。 Every one helped, as his ability was; and this they did with a regard to the Lord as their God.ごとに1つの助けに、彼の能力は、これと関連して彼らは彼らの神としての主です。 Those who have lost time, need to redeem time; and the longer we have loitered in folly, the more haste we should make.これらのwhoが失われた時、交換する必要が時間; loiteredさと愚かさが長く、より多くの性急にしなければならない。 God met them in a way of mercy.神の慈悲会ったことをする方法です。 Those who work for him, have him with them; and if he be for us, who can be against us?それらの仕事をwho彼は、彼にしても、もし彼われわれにとって、 whoできることに反対問い合わせですか? This should stir us up to be diligent.これは勤勉なかき混ぜる問い合わせアップされる。

Haggai 2ハガイ2

Synopsis: Greater glory promised to the second temple than to the first.あらすじ:大きな栄光を約束して2番目の寺よりも、最初のです。 (1-9) | Their sins hindered the work. ( 1-9 ) |彼らの仕事妨害の罪です。 (10-19) | The kingdom of Christ foretold. ( 10-19 ) |イエスキリストの王国をforetellの過去過去分詞です。 (20-23) ( 20-23 )

Ver.バージョンです。 1-9 Those who are hearty in the Lord's service shall receive encouragement to proceed. 1-9は、これらのwhoは、心のこもったサービスを利用したものを受け取るの主の励ましの言葉を続行します。 But they could not build such a temple then, as Solomon built.しかし、このような寺にビルドできませんでしたそれから、ソロモン建てです。 Though our gracious God is pleased if we do as well as we can in his service, yet our proud hearts will scarely let us be pleased, unless we do as well as others, whose abilities are far beyond ours.優雅な神は喜んかかわらず私たちだけでなくもしそうすれば私たちは彼のサービスを、誇りに思う心はまだありません私たちは喜んscarelyご連絡しない限り、他のことだけでなく、その能力は私たちをはるかに超えています。 Encouragement is given the Jews to go on in the work notwithstanding.励ましが与えられ、ユダヤ人は、仕事に行くにもかかわらずです。 They have God with them, his Spirit and his special presence.彼らは神にして、彼の精神と彼の特別な存在です。 Though he chastens their transgressions, his faithfulness does not fail.懲らしめるtransgressionsかかわらず、彼は、彼の誠実されません失敗します。 The Spirit still remained among them.このうちの精神にまだ残っています。 And they shall have the Messiah among them shortly; "He that should come."救世主とかれらはこのうちは、まもなく; "彼にすべきだ。 " Convulsions and changes would take place in the Jewish church and state, but first should come great revolutions and commotions among the nations.痙攣と変更で開催されたユダヤ人は教会と国家、しかし、最初に来commotions大革命と国の間のです。

He shall come, as the Desire of all nations; desirable to all nations, for in him shall all the earth be blessed with the best of blessings; long expected and desired by all believers.彼条の規定は、国としてのすべての欲望;望ましいとすべての国は、地球のために彼のすべてのものに恵まれて、最高の祝福;長期期待と希望するすべての信者たちです。 The house they were building should be filled with glory, very far beyond Solomon's temple.彼らはその家の建物は、栄光に満ちている、非常にソロモンの神殿をはるかに超えています。 This house shall be filled with glory of another nature.この家にしなければならないの栄光の別の自然でいっぱいです。 If we have silver and gold, we must serve and honour God with it, for the property is his.シルバーとゴールドがあれば、神の名誉をしなければならないと、それは、このプロパティは彼のです。 If we have not silver and gold, we must honour him with such as we have, and he will accept us.シルバーとゴールドいただいていない場合、彼の名誉をしなければならないなど、私たちは、と彼は受入先です。 Let them be comforted that the glory of this latter house shall be greater than that of the former, in what would be beyond all the glories of the first house, the presence of the Messiah, the Son of God, the Lord of glory, personally, and in human nature.かれらに慰めは、この後者の家の栄光のに比べて大きくしなければならないの元は、すべての栄誉をどのように越えの最初のハウス、メシアが存在するのは、息子の神、主の栄光は、個人的に、および人間の本性です。 Nothing but the presence of the Son of God, in human form and nature, could fulfil this.しかし、何も神の息子が存在する、と自然と人間の姿を、これが達成します。

Jesus is the Christ, is He that should come, and we are to look for no other.イエスキリストは、イエスキリストは、彼がすべきだ、と私たちは他のを探しています。 This prophecy alone is enough to silence the Jews, and condemn their obstinate rejection of Him, concerning whom all their prophets spake.この予言だけでは、ユダヤ人を黙らせるに十分な、と非難する彼らの拒絶反応を頑固な彼は、すべての預言者に関するspeakの過去形です。 If God be with us, peace is with us.もし神が私たちと、平和はお問い合わせください。 But the Jews under the latter temple had much trouble; but this promise is fulfilled in that spiritual peace which Jesus Christ has by his blood purchased for all believers.しかし、後者のユダヤ人寺されていた多くのトラブル;しかし、この約束は果たされる、その精神的な平和がイエスキリストは、彼の血液中のすべての信者たちを購入します。 All changes shall make way for Christ to be desiredand valued by all nations.すべての変更をしなければならないイエスキリストの道をdesiredandされるすべての国に評価される。 And the Jews shall have their eyes opened to behold how precious He is, whom they have hitherto rejected.と、ユダヤ人は、どのようには目を見張るものオープン貴重な彼は、かれらがこれまで拒否されました。

10-19 Many spoiled this good work, by going about it with unholy hearts and hands, and were likely to gain no advantage by it. 10-19多くの甘やかされて育ったこの良い仕事をして行くについてはあきれるほどの心と手、およびがない利点を得るようにしてください。 The sum of these two rules of the law is, that sin is more easily learned from others than holiness.これらの2つのルールの合計は、同法は、その罪はホーリネスよりもより簡単に他の人から学んだ。 The impurity of their hearts and lives shall make the work of their hands, and all their offerings, unclean before God.かれらの心の不純物の生活をしなければならないと、その手の仕事をし、すべての製品は、不浄な神の前です。 The case is the same with us.お問い合わせの場合は、同じです。 When employed in any good work, we should watch over ourselves, lest we render it unclean by our corruptions.任意の良いときに仕事で採用され、監視しなければならない、自分自身、不浄なことをしないように私たちの不正をレンダリングします。 When we begin to make conscience of duty to God, we may expect his blessing; and whoso is wise will understand the loving-kindness of the Lord.良心の開始を作るときに私たちの義務を神は、彼の祝福を期待することがあります;と誰でも理解するのは賢明慈愛のは、主です。 God will curse the blessings of the wicked, and make bitter the prosperity of the careless; but he will sweeten the cup of affliction to those who diligently serve him.神は、邪悪な呪いの祝福と繁栄のために、不注意に苦い;しかし、彼はカップを甘くするそれらの苦悩を熱心に奉仕whoていた。

20-23 The Lord will preserve Zerubbabel and the people of Judah, amidst their enemies. 20-23の主は、ユダの人々を維持zerubbabelと、その敵の中です。 Here is also foretold the establishment and continuance of the kingdom of Christ; by union with whom his people are sealed with the Holy Ghost, sealed with his image, thus distinguished from all others.ここでも前から予報の設立とイエスキリストの王国を継続;を組合に誰で封をする人々は彼の聖霊は、彼のイメージで封を、このように他のすべての区別します。 Here also is foretold the changes, even to that time when the kingdom of Christ shall overthrow and occupy the place of all the empires which opposed his cause.ここも前から予報の変化も、その時には、イエスキリストの王国を転覆時と場所を占領する彼の原因のすべての帝国に反対します。 The promise has special reference to Christ, who descended from Zerubbabel in a direct line, and is the sole Builder of the gospel temple.イエスキリストの約束には、特別の参照を、 who zerubbabelの直系の子孫とは寺の福音の唯一のビルダーのです。 Our Lord Jesus is the Signet on God's right hand, for all power is given to him, and derived from him.印鑑をわたしたちの主イエスキリストは、神の右手に、彼のすべての電源が与えられた、と彼に由来します。 By him, and in him, all the promises of God are yea and amen.彼、および彼は、すべての神の約束は、いや、アーメン。 Whatever changes take place on earth, all will promote the comfort, honour, and happiness of his servants.地球上でどのような変更が行われる、すべての快適度を促進するが、名誉、彼の使用人と幸福をします。


Aggeus (Haggai) aggeus (ハガイ)

Catholic Information カトリックの情報

Name and personal life名前と個人的な生活

Aggeus, the tenth among the minor prophets of the Old Testament, is called in the Hebrew text, Hággáy, and in the Septuagint Haggaios, whence the Latin form Aggeus. aggeus 、第10回のうち、旧約聖書の預言者のマイナー、呼ばれていますヘブライ語テキスト、 hággáyし、セプトゥアギンタhaggaios 、そこからフォームのラテンaggeusです。 The exact meaning of his name is uncertain.彼の名前を正確な意味は不透明だ。 Many scholars consider it as an adjective signifying "the festive one" (born on feast-day), while others take it to be an abbreviated form of the noun Hággíyyah, "my feast is Yahweh", a Jewish proper name found in 1 Paralipomenon 6:15 (Vulgate: 1 Chronicles 6:30).多くの学者として検討することを暗示形容詞"祭りの1つ" (饗宴- 1日に生まれて) 、それ以外の短縮形を取ることは、名詞hággíyyah 、 "私のごちそうは、ヤハウェ"は、ユダヤ人の固有の名が見つかりました、 1歴代志6:15 (ウルガタ聖書: 1クロニクル6:30 ) 。 Great uncertainty prevails also concerning the prophet's personal life.大きな不確実性が広がるのも預言者の個人的な生活です。 The book which bears his name is very short, and contains no detailed information about its author.この本で彼の名前のクマが非常に短いし、その著者に関する詳細情報が含まれていない。 The few passages which speak of him refer simply to the occasion on which he had to deliver a divine message in Jerusalem, during the second year of the reign of the Persian King, Darius I (520 BC) And all that Jewish tradition tells of Aggeus does not seem to have much, if any, historical basis.彼はいくつかの通路を話す機会を参照して簡単に配信されていたエルサレム、神のメッセージが表示される、年に2番目の治世中には、ペルシャ王、ダリウス一世(紀元前520 )とすべてのことは、ユダヤ人の伝統aggeusはありませんがたくさんあるように、もしあれば、歴史的な根拠です。 It states that he was born in Chaldea during the Babylonian Captivity, was a young man when he came to Jerusalem with the returning exiles, and was buried in the Holy City among the priests.していたこと州生まれの新バビロニアバビロン捕囚中に、若い男は、エルサレムに来たときに彼は亡命者の帰国、埋葬されたとは、司祭間の聖地です。 It also represents him as an angel in human form, as one of the men who were with Daniel when he saw the vision related in Daniel 10:7, as a member of the so-called Great Synagogue, as surviving until the entry of Alexander the Great into Jerusalem (331 BC), and even until the time of Our Saviour.彼としては天使を表すことも人間の姿を、男性の1つとしてwhoが彼を見たときにダニエルダニエルビジョン関連して10時07分、メンバとして、いわゆる大シナゴーグ、エントリとして存続するまで、アレクサンダー偉大さエルサレム(紀元前331 ) 、および弊社の救世主にもなるまでの時間です。 Obviously, these and similar traditions deserve but little credence.明らかに、これらのと同じような伝統はほとんど信用に値する。

Historical circumstances歴史的な事情

Upon the return from Babylon (536 BC) the Jews, full of religious zeal, promptly set up an altar to the God of Israel, and reorganized His sacrificial worship.バビロンからの帰還時(紀元前536 ) 、ユダヤ人、フルの宗教的な熱意は、速やかにセットアップするイスラエルの神の祭壇に、彼のいけにえの崇拝と再編します。 They next celebrated the feast of Tabernacles, and some time later laid the foundation of the "Second" Temple, called also the Temple of Zorobabel.彼らの次のお祝いのごちそうtabernacles 、およびいくつかの時間へ家の財団は、 " 2番目の"寺と呼ばれる同寺のzorobabelもします。 Presently the Samaritans -- that is, the mixed races which dwelt in Samaria -- prevented them, by an appeal to the Persian authorities, from proceeding further with the rebuilding of the Temple.現在、サマリア人-それは、レースを力説し、混合サマリア-を阻止し、当局の訴えを込めて、ペルシャ語、より詳細なの再建を続行している。 In fact, the work was interrupted for sixteen years, during which various circumstances, such as the Persian invasion of Egypt in 527 BC, a succession of bad seasons entailing the failure of the harvest and the vintage, the indulgence in luxury and self-seeking by the wealthier classes of Jerusalem, caused the Jews to neglect altogether the restoration of the House of the Lord.実際には、その仕事が中断さを16年間、様々な状況の中で、ペルシャ語などの527紀元前にエジプトの侵攻は、後継者の不良シーズンズentailingの失敗は、ヴィンテージの収穫と、豪華さと自己インダルジェンスを求めてエルサレムの裕福なのクラスのは、ユダヤ人をほっておかないの原因を完全に回復するの家の主です。 Toward the end of this period the political struggles through which Persia passed would have made it impossible for its rulers to interfere with the work of reconstruction in Jerusalem, even had they wished to do so, and this was distinctly realized by the Prophet Aggeus.この期間の終わりに向かって政治的な闘争を通じて、ペルシャに渡さは不可能ではないので、支配者の作業を妨害する、エルサレムの復興も、彼らを希望していた行うには、これははっきりと預言者ムハンマドaggeus実現されています。 At length, in the second year of the reign of Darius the son of Hystaspes (520 BC), Aggeus came forward in the name of the Lord to rebuke the apathy of the Jews, and convince them that the time had come to complete their national sanctuary, that outward symbol of the Divine presence among them.先の長さを、年に2番目の息子の治世ダライアスhystaspes (紀元前520 ) 、 aggeus進み出たの名の下、主の無関心は、ユダヤ人を非難し、納得しては、その国家を完了する時間が来たサンクチュアリ、その外側には神の存在うちのシンボルです。

The propheciesの予言

The book of Aggeus is made up of four prophetical utterances, each one headed by the date on which it was delivered.この本のaggeusの4つの机上の発言には、それぞれ1つの率いるされた日付を配信されていた。

The first (1:1,2) is ascribed to the first day of the sixth month (August) of the second year of Darius' reign.の最初の( 1:1,2 )は、生得的には、 6月の最初の日( 2003年8月)は、 2年目のダライアス'治世です。 It urges the Jews to resume the work of rearing the Temple, and not to be turned aside from this duty by the enjoyment of their luxurious homes.ユダヤ人を再開することを呼びかける、同寺の仕事を飼育し、これとは別に特定される義務を有効に豪華な家庭の楽しみです。 It also represents a recent drought as a divine punishment for their past neglect.また、最近の干ばつは、神の罰としての過去を無視します。 This first utterance is followed by a brief account (1:12-14) of its effect upon the hearers; three weeks later work was started on the Temple.この最初の発言の後には簡単なアカウント( 1:12-14 )その効果をもたらすのhearers ;三週間後の作業が開始された寺です。

In his second utterance (2:1-9), dated the twentieth day of the same month, the prophet foretells that the new House, which then appears so poor in comparison with the former Temple of Solomon, will one day be incomparably more glorious.彼の2番目発話( 2:1-9 ) 、日付のは、 20日の同じ月日、 foretells預言者ムハンマドは、新しい家、これと比較して入力し、表示されるので非常に悪いソロモンの神殿の元、一日には、他の栄光の比較です。

The third utterance (2:11-20), referred to the twenty-fourth of the ninth month (Nov.-Dec.), declares that as long as God's House is not rebuilt, the life of the Jews will be tainted and blasted, but that the divine blessing will reward their renewed zeal. 3番目の発話( 2:11-20 ) 、言及している20 - 9月の4分の1 ( 11 - 12月です。 ) 、宣言している限りではない神の家の再建は、ユダヤ人の命を汚染されたとされるブラストが、それは神の祝福が報酬に新たな熱意をもっています。

The last utterance (2:20-23), ascribed to the same day as the preceding, tells of the divine favour which, in the approaching overthrow of the heathen nations, will be bestowed on Zorobabel, the scion and representative of the royal house of David.の最後の発話( 2:20-23 ) 、生得的に同じ日には、上記の、指示は、神の恩恵には、近づいて転覆し、異教徒の国を授与されるzorobabelは、サイオンと代表は、ロイヤルハウスのデビッドです。

The simple reading of these oracles makes one feel that although they are shaped into parallel clauses such as are usual in Hebrew poetry, their literary style is rugged and unadorned, extremely direct, and, therefore, most natural on the part of a prophet intent on convincing his hearers of their duty to rebuild the House of the Lord.これらのoraclesのシンプルな読書を感じることが1つの形を並列節彼らはいつもinヘブライ語などの詩は、彼らの文学のスタイルは、頑丈なとunadorned 、非常に直接、および、そのため、ほとんどの自然の上の部分は、預言者の意図を説得力の聞き手の義務を再構築するには、家の主です。

Besides this harmony of the style with the general tone of the book of Aggeus, strong internal data occur to confirm the traditional date and authorship of that sacred writing.これ以外のスタイルの調和の一般的な口調でその本のaggeus 、強力な内部のデータを確認する場合に発生する、従来の日付と原作者の神聖な書き込みをします。 In particular, each portion of the work is supplied with such precise dates and ascribed so expressly to Aggeus, that each utterance bears the distinct mark of having been written soon after it was delivered.特に、各部分に付属の仕事はこのような正確な日付と明示的に生得的aggeusので、その各発話のクマは、独特のマークを受けたということが書かれた後すぐに配信されます。 It should also be borne in mind that although the prophecies of Aggeus were directly meant to secure the immediate rearing of the Lord's House, they are not without a much higher import.それを念頭に置いて負担しなければならないことが直接の予言のaggeusが、当面の飼育を確保する意味は、主の家に、彼らはないわけでは、はるかに高いインポートします。 The three passages which are usually brought forth as truly Messianic, are 2:7-8, 2:10, and 2:21-24.これは通常の3つの通路として甦ら真の救世主は、 2:7-8 、 2:10 、 2:21-24 。 It is true that the meaning of the first two passages in the original Hebrew differs somewhat from the present rendering of the Vulgate, but all three contain a reference to Messianic times.それは事実だが、最初の2つの文章の意味を、元のヘブライ語で多少の差異は、現在のレンダリングは、ウルガタ聖書の、しかし、救世主への参照を含むすべての3つの回クリックします。 The primitive text of the book of Aggeus has been particularly well preserved.この本のプリミティブのテキストをaggeus特によく保存されています。 The few variations which occur in the manuscripts are due to errors in transcribing, and do not affect materially the sense of the prophecy.のいくつかのバリエーションが発生するエラーの原稿は転写のために、実質的に影響を及ぼすのではないの意味での予言です。

Besides the short prophetical work which bears his name, Aggeus has also been credited, but wrongly, with the authorship of Psalms 111 and 145.机上の仕事に加えて、ショートのクマは彼の名前を、 aggeusにも入金が、誤って、 111と145の原作者の詩篇を授けた。 (See PSALMS.) (参照詩篇を授けた。 )

Publication information Written by FE Gigot.出版物の情報執筆者feジゴです。 Transcribed by John G. Orr.ジョンg.オーア転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Commentaries; KNABENBAUER (1886); PEROWNE (1886); TROCHON (1883); ORELLI (1888; tr. 1803); NOWACK (1897); SMITH (1901), Introductions to the Old Testament: VIGOUROUX RAULT; TROCHON-LESETRE; KEIL; BLEEK-WELLHAUSEN; KAULEN; CORNELY; DRIVER; GIGOT.論評; knabenbauer ( 1886 ) ;ペローン( 1886 ) ; trochon ( 1883 ) ;オレッリ( 1888 ; tr 。 1803 ) ;ノバック( 1897 ) ;スミス( 1901 ) 、を紹介して旧約聖書: vigouroux rault ; trochon - lesetre ; keil ; bleek -ヴェルハウゼン; kaulen ; cornely ;ドライバ;ジゴです。


Book of Haggai予約のハガイ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

The Four Discourses.の4つの談話です。

Haggai's Style.ハガイのスタイルです。

"Variæ Lectiones." " variæ lectiones 。 "

The Historical Background.その歴史的背景です。

Rebuilding of the Temple.同寺の再建のです。

One of the so-called minor prophetical books of the Old Testament.いわゆるマイナーの1つ、旧約聖書の机上の書籍です。 It contains four addresses. 4つのアドレスが含まれています。 The first (i. 2-11), dated the first day of the sixth month of the second year of Darius Hystaspes (520 BC), described as directed against, or to, Zerubbabel the governor and Joshua the high priest (i. 1), is designed to arouse the people from their indifference to the rebuilding of the Temple, an indifference in glaring contrast to the care taken to secure comfortable and well-appointed private dwellings (i. 4); drought and dearth are announced as a penalty (i. 5-6, 10-11).の最初の( i. 2-11 ) 、日付、 6月の最初の日は、 2年目のダライアスhystaspes (紀元前520 ) 、説明の指示どおりに反対か、またはを、知事とJoshua zerubbabelの高い司祭( i. 1 )は、設計の人々に無関心を喚起して同寺の再建のは、明白な対照的に無関心さを確保するの注意をもって撮影快適で設備の整った民間住宅( i. 4 ) ;干ばつや不足がペナルティーとして発表しました。 ( i. 5-6 、 10-11 ) 。 Their failure to rebuild the Temple is the cause of their disappointment (i. 9).寺はその失敗の原因を再構築するには失望( i. 9 ) 。 This brief discourse has the desired effect (i. 12).この簡単な談話には、所期の効果( i. 12 ) 。 Haggai announces that Yhwh is with them.ハガイyhwhは、それらを発表しています。 In the twenty-fourth day of the sixth month (520) work on the Temple begins.は、 20月4日目の6番目( 520 )寺の作業を開始します。

The Four Discourses.の4つの談話です。

The second address is dated the twenty-first day of the seventh month, and strikes the note of encouragement. 2番目のアドレスは20日付の最初の日に7カ月、およびストライキの注意事項を奨励する。 It seems that many had again become despondent; the prophet assures these that God's spirit, in accordance with the covenant made at the time of the exodus from Egypt, is with them.再び多くなるとみられるに落ちこんでいたし、これらの預言者が神の精神により、契約に基づいて行われたものであり、出エジプト記よりエジプト、は、します。 Yet a little while, and Yhwh's power will become manifest.まだ、ほんの少しの間、およびマニフェストyhwhの力になる。 All the nations will bring tribute to make this house glorious.のすべての国は、この家に栄光をもたらすトリビュートです。 What the nations now call their own is in fact Yhwh's.どのような国は、今すぐ電話実際に自分のyhwhのです。 Thus the glory of the later house will be greater than that of the earlier, which so many despair of equaling.したがって、栄光のへの家は、以前に比べて大きく、これは多くの絶望に等しいです。 Peace will reign in the Second Temple (ii. 1-9).平和が君臨する2番目の寺( ii. 1-9 ) 。

The third discourse is dated the twenty-fourth day of the ninth month of Darius. 3番目の談話は20日付の9月4日目のダライアスです。 It is prefaced by questions addressed to the priests concerning certain applications of the law of Levitical purity.これは接頭辞に対処して司祭に関するご質問は、特定のアプリケーションの法則levitical純度です。 The answers of the priests to his questions furnish the text for his exposition of the people's sin in not erecting the Temple.司祭の回答を提出し、彼の質問に付随するテキストを自分の罪のない人々の正立の寺です。 These shortcomings are the reason for the dearth.これらの欠点の不足がその理由です。 Their removal, therefore, will bring Yhwh's blessing (ii. 10-19).彼らの除去、したがって、 yhwhの祝福をもたらす( ii. 10-19 ) 。

On the same day (the twenty-fourth of the ninth month) Haggai addresses another (the fourth) discourse to Zerubbabel, announcing Yhwh's determination to bring to pass great political upheavals, resulting in the dethroning of kings and the defeating of their armies.で同じ日に( 20 - 9月の4分の1 )ハガイアドレスを別の( 4 )談話をzerubbabel 、決意を発表yhwhを渡す大きな政治的混乱をもたらす、その結果、 dethroningオブキングスと、自分の軍隊を倒したのです。 In consequence of these wonderful reversals of the prevailing political conditions, Zerubbabel will become the "signet" as the one chosen of Yhwh; that is, Zerubbabel will be crowned as the independent (Messianic) king of independent Judea (ii. 20-23).これに伴い、これらの素晴らしい逆転勝訴政治的条件、 zerubbabelになる"印鑑"として選ばれたのは1つのyhwh ;それは、 zerubbabelされるの栄冠として独立(救世主)王の独立したユダヤ( ii. 20-23 )です。

Haggai's Style.ハガイのスタイルです。

Contrasted with the flow and fervor of the utterances of other prophets, Haggai's style certainly justifies the rabbinical observation that he marks the period of decline in prophecy (Yoma 9b).対照的に、発言の流れと熱気に包まれるの他の預言者、ラビハガイのスタイル確かに正当化の観測が彼の期間の低下を予言マルク( yoma 9b ) 。 He scarcely ever rises above the level of good prose.彼はほとんどのレベルまで以上に上昇するの良い散文です。 The critics have found in this a confirmation of the assumption that Haggai wrote and spoke only after having reached a very ripe old age.この批評家を確認するのが発見さハガイと仮定して書いたとスポーク非常に完熟した後にのみが老齢に達しています。 Certain turns of phraseology are characteristically affected by him: (i. 5, 7; ii. 15, 18a, b); = "and now," introducing an appeal (i. 5; ii. 4, 15).特定のターンの特徴的な言い方は、彼の影響を受ける: ( i. 5 、 7 ; Ⅱ 。 15日、 18a 、 b )の; = "そして今、 "導入を訴える( i. 5 ; Ⅱ 。 4 、 15 ) 。 Repetitions of words are frequent: (i. 7, 8); [ (ii. 4a, b, c, 6, 7, 8a, b, 14, 17, 23a, b, c); (ii. 22, twice); (ii. 4, thrice).繰り返しの言葉が頻繁に: ( i. 7日、 8 ) ; [ ( ii. 4A面、 bや、 C 、 6 、 7 、 8a 、 b 、 14 、 17 、 23a 、 b連) ; ( ii. 22日、 2回) ; ( ii. 4 、三度)です。 Haggai loves to recall in one final word the preceding idea: i.ハガイが大好き1つの最後の言葉を思い出して、上記のアイデア: i. 2b, 12b; ii. 2B面、 12b ; Ⅱ 。 5b (), 19b ( ). 5B面( ) 、 19 b ( ) 。

"Variæ Lectiones." " variæ lectiones 。 "

The text is in good condition, and the versions do not exhibit important variants.テキストのを良い状態にし、展示会の重要な変種のバージョンはありません。 The Septuagint has additions in ii.セプトゥアギンタは、追加分の2世です。 10-15, and several omissions, one (ii. 5) very extensive. 10-15 、およびいくつかの脱落、 1つ( ii. 5 )非常に豊富です。 "Be-mal'akut" (i. 13) is represented by έν ἀγγέλοις = "be-mal'ake." "に- mal'akut " ( i. 13 )で表さέν ἀγγέλοις = "に- mal'ake 。 " The Peshiṭta presents the reading "ḥereb" (sword) for "ḥoreb" (drought) in i.プレゼントのpeshiṭtaの読書" ḥereb " (剣) " ḥoreb " (干ばつ)でi. 11, and the "hif'il" instead of the "ḳal" in "u-ba'u"-(ii. 7; comp. L. Reinke, "Der Prophet Haggai," pp. 23 et seq., Münster, 1868, on the text of Haggai). 11日、および" hif'il "の代わりに、 " ḳal "での" U - ba'u " -( i i.7 ;のC OMPです。 l .ラインケ、 " d er預言者ハガイ、 " p p。 2 3頁以降を参照。 、ミュンスター、 1868年、上のテキストをハガイ) 。 Of emendations proposed by modern scholars, the following may be noted: In ch.提案されたモダンな学者のemendationsは、次の5月に注意:あなたのです。 i.わたし。 2 the first should be read ("now"), or, still better, corrected into ("as yet"); the versions omit i. 2の最初の必要が読まれる( "今すぐ確認する" )か、または、まだ改善、修正を( "としてはまだありません" ) ;ているバージョンの省略i. 10. 10 。 is probably a dittogram of the preceding . dittogramのは、たぶん、上記のです。 For ("their God") in i.を( "彼らの神" ) i. 12, the Septuagint, the Peshiṭta, and the Vulgate present ("unto them"), which is preferable. 12日、セプトゥアギンタは、 peshiṭta 、および現在の流布本( "かれら" ) 、これが望ましい。 Ch.あなたのです。 i.わたし。 13 is held to be suspicious as a later gloss (Böhme, in Stade's "Zeitschrift," vii. 215; Nowack, "Die Kleinen Propheten," in "Handkommentar zum Alten Testament," p. 305, Göttingen, 1897). 13が開催されるとして、後の不審な光沢( böhme 、シュターデの" zeitschrift 、 " Ⅶ 。 215 ;ノバック、 "死ぬkleinen propheten 、 " " handkommentar zumアルテン遺言、 " p. 305 、ゲッティンゲン、 1897 ) 。 Ch.あなたのです。 ii. Ⅱ 。 5a is grammatically of difficult construction; the Revised Version inserts "remember"; the Septuagint omits it. 5aは、文法的に困難な建設し、改訂版挿入"を覚えて" ;のセプトゥアギンタを省略してください。 It is in all likelihood an interpolation (see Nowack, lcp 306).これはすべての尤度の補間(ノバック、 、 LCP 306 ) 。 (ii. 6) is doubtful; the Septuagint reads instead of . ( ii. 6 )は疑わしい;のセプトゥアギンタの代わりに読み込みます。 Wellhausen's observation ("Die Kleinen Propheten," ad loc.), that the verse combines two originally distinct readings, one as the Septuagint has it and the other that of the Masoretic text, with omitted, is probably based on fact.ヴェルハウゼンの観測( "死ぬkleinen propheten 、 "広告て下さい。 ) 、詩は、もともとは、 2つの明確な測定値は、 1つとしては、セプトゥアギンタしていることと、他のmasoreticテキストは、省略された場合、実際には、おそらくに基づいています。 In verse 8 has been taken to refer to the Messiah (comp. the name "Mohammed"); but the allusion is distinctly to the "precious possessions" of the nations; perhaps it should be vocalized "ḥamudot." 8がとられているの詩を参照するには、メシア( comp.の名前を"モハメッド" ) ;しかし、ほのめかしは、はっきりして"貴重な財産"を国;たぶんそれ発声すべきである" ḥamudot 。 " For ii.の2世です。 9 the Septuagint has a much more complete text, probably originally included (see Wellhausen, lc, ad loc.). 9セプトゥアギンタには、はるかに完全なテキスト、おそらく最初に含まれるもの(参照ヴェルハウゼン、液晶、広告の掲載て下さい。 ) 。 The Septuagint addition to ii.セプトゥアギンタに加えて、 2世です。 14 is partly taken from Amos v. 10, and the whole looks like a gloss. 14の部分から取らアモスv. 10 、および全体の光沢のように見えます。 In ii.の2世です。 16 something seems to have dropped out of the text (see Nowack, lcp 309). 16何かが中退したように、テキスト(ノバック、 、 LCP 309 ) 。 (ii. 17) is clearly corrupt; is the better reading proposed (Nowack, lc). ( ii. 17 )が明らかに壊れて;は、より良い読書を提案(ノバック、液晶) 。 In ii.の2世です。 18, from to must be considered as an explanatory gloss by a later reader. 18日から説明をしなければならないと考えられ、光沢され、後のリーダーです。 At the end of verse 22 some verb seems to be required. 22日の終わりに詩と思われるいくつかの動詞が必要です。 Wellhausen supplies "shall fall."ヴェルハウゼン用品"は、秋のです。 " Instead of , in reference to the horses' undoing, Grätz ("Emendationes," ad loc.) proposes ("tremble").代わりに、馬での参照を'元に戻す、 grätz ( " emendationes "広告て下さい。 )提案( "震える" ) 。

The authenticity of ii.の信ぴょう性Ⅱ 。 20-23 has been impugned by Böhme (Stade's "Zeitschrift," vii. 215 et seq.) on the ground that (a) differences of expression indicate a different authorship, and that (b) their contents merely repeat Haggai's former assurances; yet this conclusion is not warranted. 20-23 impugnedされてきたböhme (シュターデの" zeitschrift 、 " Ⅶ 。 215頁以降を参照。 )を地面にします。 ( a )の相違を、別の表現を示す原作者、およびその結果( b )その内容を保証するだけ繰り返します。ハガイの元;はまだありませんこの結論は保証されません。 The concluding discourse is marked in the text as addressed to Zerubbabel alone.談話の締結には、テキストとしては、スパムzerubbabelだけ宛てです。 This accounts for the repetitions, if there be any; the differences in style are not so striking as to be incompatible with Haggai's authorship.このアカウントを繰り返し、もしになれることがあれ;のスタイルの違いとしてはそれほど印象的ハガイの原作者と互換性があります。

The Historical Background.その歴史的背景です。

It is clear that in 520 BC, according to Haggai's explicit statement, the reerection of the Temple had not begun.紀元前520していることは明らかによると、ハガイの明示的なステートメントでは、同寺のreerection始まっていなかった。 This is contrary to the common opinion that the work of rebuilding the Temple had been undertaken immediately after the return under Cyrus.これは共通の意見に反して仕事をしていた同寺の再建の直後に行われているキュロスリターンされています。 Ezra iii.エズラⅢ 。 (and iv. 1-5) names the second year after the return as the date when the machinations of the Samaritans brought the enterprise to a standstill. (およびIV 。 1-5 )の名前として復帰した後、 2番目の年の日付のときにサマリア人のおかげで、企業の陰謀足踏みしています。 For this reason Haggai has been held to plead merely for the "resumption," not for the "undertaking," of the (interrupted) building operations.このために毎年開催されて嘆願ハガイは単に"再開、 "であって、 "事業、 "は、 (中断)建設作業を行います。 Still, neither in Haggai nor in Zechariah is there any indication to justify this modification.とはいえ、どちらにもハガイゼカリヤがある任意の指示でこの変更を正当化します。 Haggai is silent concerning the previous laying of a corner-stone.サイレントに関するハガイは、前の敷設するコーナー-石です。 Far from laying the blame to foreign interference, he is emphatic in denouncing, as the sole cause of the deplorable state of affairs, the indifference and despondency of the Jews.敷設するよりはるかに外国からの干渉を非難、糾弾彼は強調し、遺憾の唯一の情勢が原因で発生するのは、ユダヤ人の無関心と落胆します。 In ii.の2世です。 18 the laying of the corner-stone is described, either by himself or by a glossarist (see above), as taking place in his own time (Winckler, in Schrader, "KAT" 3d ed., p. 293, does not take this view, urging against it Haggai ii. 3, "how do ye see it now"). 18日の敷設の角に-石に記載、のいずれかを自分自身またはされた用語集(上記参照) 、自分自身の時間で開催さ(ウィンクラーは、シュレイダー、 "キャット" 3次元エド。 、 p. 293 、は必要ない、 〜このビューを表示する、ハガイ2世要請することもできます。 3 、 "なたがたはどうすれば参照して今すぐ確認する" ) 。 Probably on the return of the exiles only an altar was set up.おそらく上の亡命者の返還を祭壇にセットアップするだけです。 Ezra iii.エズラⅢ 。 and iv., written much later, ascribe the later occurrences to an earlier date.およびIV 。 、書き込まかなり後に、帰するのを以前の日付への出現します。 WH Koster ("Het Herstel," 1894, German ed. 1895) argues, partly on these grounds, that no exiles returned under Cyrus, and that the Temple was built by Jews who had been left at Jerusalem (see against him Wellhausen, "Die Rückkehr der Juden," 1895, and Eduard Meyer, "Die Entstehung des Judentums," 1896). whコスター( " het herstel 、 " 1894年、ドイツ語エド。 1895 )主張は、部分的に、これらの理由で、亡命者返されることは絶対にありませんキュロスされていること、およびユダヤ人によって建てられた寺は左にエルサレムwhoていた(彼に不利に働いたヴェルハウゼン、 "死ぬrückkehr der juden 、 " 1895年、およびエドゥアルトマイヤー、 "死ぬentstehungデjudentums 、 " 1896年) 。 This extreme view is inadmissible.この極端な対象は、証拠です。 But Haggai makes it evident that the Temple was erected only in his time (during Darius Hystaspes' reign, not that of Cyrus), and that its erection was largely due to his and Zechariah's efforts.しかし、ハガイ明らかにすることは、彼の時間だけで寺の建立(中ダライアスhystaspes '治世ではなく、キュロスが) 、と主張し勃起は、大部分のために彼とゼカリヤの努力をします。

Rebuilding of the Temple.同寺の再建のです。

Haggai's description reveals the difficulties with which the small community had to contend; drought and dearth (i. 9 et seq., ii. 15) were among them; and the population must have been small.ハガイの説明書には、困難では、小さなコミュニティは戦う;干ばつや不足( i. 9頁以降を参照。 、 Ⅱ 。 15 )はこのうち、人口が小さい必要があります。 Under these disheartening circumstances, what encouraged the prophet to urge his people to the enterprise?これらの悲観的な状況の下、どのような預言者ムハンマドを促す奨励彼の人々に、エンタープライズですか? The conditions of the Persian empire furnish a clue to the answer (comp. Isa.lx.); in the impending disruption of the Persian power he sees Yhwh's purpose to reestablish Judea's independence under the (Messianic) king Zerubbabel.ペルシア帝国の条件は、その答えの糸口を提出する( comp. isa.lx. ) ;は、間近に迫った破壊力は、ペルシャ語yhwh彼の目的はユダヤの独立を回復するの下に(救世主)キングzerubbabelです。

In the large Behistun inscription, Darius has left the record of these disturbances, caused by the assassination of pseudo-Smerdis in 521.碑文は、大規模なbehistun 、左のレコードダライアスは、これらの障害が原因で発生するsmerdisで暗殺の擬似521です。 While Darius was busy fighting the Babylonian usurper Nidintubal, Persia, Susiana, Media, Assyria, Armenia, and other provinces, under various leaders, rose in rebellion against him.ダライアスは、忙しい中nidintubal強奪者と戦ってバビロニア、ペルシャ、 susiana 、メディア、アッシリア、アルメニア、およびその他の地方は、様々な指導者の下に、彼のバラが反乱を起こす。 These campaigns kept Darius engaged during 520-519, the period of Haggai's first appeals (see Ed. Meyer, "Die Entstehung des Judentums").これらのキャンペーンの中に保管に従事ダライアス五百二十〜五百十九は、ハガイの最初の控訴期間(エドします。マイヤー、 "死ぬentstehungデjudentums " ) 。 Nevertheless, Nowack contends that the predictions in Haggai concerning the great upheavals which, while troubling and overturning all other nations, will result in establishing permanent peace in Jerusalem (ii. 9), are of the nature of eschatological apocalyptic speculations.にもかかわらず、ノバックの主張に関するハガイの偉大な大変動の予測には、人種間のすべての他の国々厄介なと、恒久的な平和の確立には、エルサレムの結果( ii. 9 ) 、私たちの絶望的な終末論の性質を推測します。 Haggai, according to him, was the first to formulate the notion of an ultimate opposition between God's rule and that of the heathen nations.ハガイ書によると、彼は、最初の概念を策定するための究極の神の支配との間に反対している異教徒の国です。 The rôle clearly assigned to Zerubbabel in the prediction of Haggai does not seem to be compatible with this assumption. zerubbabel rôle明確に割り当てられているのは、予測されるハガイと互換性はありませんように見えるこの仮定します。 He is too definite and too real a historical personage in the horizon of Haggai to admit of this construction.彼はあまりにもはっきりとは、あまりにもリアルに歴史上の人物の地平線のは、次の建設を認めざるをハガイです。 The "ideal" Messiah is always central in apocalyptic visions. "理想的な"メサイアは、常に中央に終末論的なビジョンです。

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

WA Böhme, in Stade's Zeitschrift, vii.ワシントンböhmeは、シュターデのzeitschrift 、 Ⅶ 。 215 et seq.; Dillmann, Jesaja, Leipsic, 1898; Duhm, Die Theologie der Propheten, Bonn, 1875; Hitzig, Die Kleinen Propheten, Leipsic, 1881; Eugene Hühn, Die Messianischen Weissagungen, Freiburg-im-Breisgau, 1899; A. Köhler, Die Weissagungen Haggai's, Erlangen, 1860; Koster, Het Herstel van Israel in het Perzische Tijdvak, Leyden, 1894; Ed. 215頁以降を参照。 ;ディルマン、 jesaja 、リプシック、 1898 ;ドゥーム、死ぬtheologie der propheten 、ボン、 1875 ;ヒッツィヒ、死ぬkleinen propheten 、リプシック、 1881 ;ユージンhühn 、死ぬmessianischen weissagungen 、フライブルク-イム-ブライスガウ、 1899 ;するです。ケーラー、死ぬweissagungenハガイ、エルランゲン、 1860 ;コスター、イスラエルのhet het herstelヴァンperzische tijdvak 、ライデン、 1894 ;エドです。 Meyer, Die Entstehung des Judentums, Halle, 1895; Nowack, Kleine Propheten, Göttingen, 1897; W. Pressel, Kommentar zu den Schriften der Propheten Haggai, etc., Gotha, 1870; TT Perowne, Haggai and Zechariah, Cambridge, 1888; Reinke, Der Prophet Haggai, Münster, 1868; Sellin, Serubbabel, Leipsic, 1898; George Adam Smith, The Book of the Twelve Prophets, New York, 1901; Wellhausen, Skizzen und Vorarbeiten, 2d ed., vol.マイヤー、死ぬentstehungデjudentums 、ハレ、 1895 ;ノバック、 、 первый propheten 、ゲッティンゲン、 1897 ;ワットプレッセル、 kommentar zuデンschriften der prophetenハガイなど、ゴータ、 1870 ;ロシアペローン、ハガイ、ゼカリヤ、ケンブリッジ、 1888 ;ラインケ、 der預言者ハガイ、ミュンスター、 1868 ;ゼリン、 serubbabel 、リプシック、 1898 ;ジョージアダムスミスは、預言者は、 12本、ニューヨーク、 1901 ;ヴェルハウゼン、 skizzen und vorarbeiten 、 2次元エド。 、 !です。 v., Berlin, 1893.EGH v. 、ベルリン、 1893.egh


Haggaiハガイ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

Judean prophet of the early post-exilic period; contemporary with Zechariah (Ezra v. 1; III Ezra [I Esd.] vi. 1, vii. 3).(Hilprecht, in "Pal. Explor. Fund Quarterly," Jan., 1898, p. 55).預言者の早期ポストjudean追放された期間;現代にゼカリヤ(エズラv. 1 ;三エズラ[私のESD 。 ] Ⅵ 。 1 、 Ⅶ 。 3 ) 。 (ヒルプレヒト、 " PAL方式です。 explor 。基金四半期、 " 1月、 1898 、 p. 55学)です。 = "Aggeus" in I Esd.; "Aggæus, "Ἀγγαιος = "festal" (born on feast-day) or "feast of Yah" (Olshausen, "Grammatik," § 277b); Wellhausen, in Bleek, "Einleitung," 4th ed., p. = " aggeus "と私のESDです。 ; " aggæus 、 " ἀγγαιος = "祝祭" (饗宴- 1日に生まれて)または"ごちそうの州のyah " ( olshausen 、 "文法、 " § 277b ) ;ヴェルハウゼンは、 bleek 、 " einleitung 、 "第4エド。 、 p. 434, takes "Haggai" to be equivalent to "Ḥagariah" (= "God girdeth"). 434 、は、 "ハガイ書"に相当する" ḥagariah " ( = "神girdeth " ) 。 The name is found on Semitic inscriptions-Phenician, Palmyrene, Aramaic, Hebrew; comp.ユダヤ人の名前が発見さ碑文- phenician 、 palmyrene 、アラム語、ヘブライ語;のCOMPです。 "CIS" lxviii. "シス" 68です。 1 and Lidzbarski, "Handbuch der Nordsemitischen Epigraphik," p. 1とlidzbarski 、 " handbuch der nordsemitischen epigraphik 、 " p. 270, Weimar, 1898; it occurs as "Ḥagga" on a tablet from Nippur 270 、ワイマール、 1898 ;ことが発生したとして" ḥagga "は、タブレットよりニップール

Very little is known of Haggai's life.ハガイはほとんど分かっていないの生活をします。 Ewald ("Propheten des Alten Bundes," p. 178, Göttingen, 1868) concludes from Hag.エーヴァルト( " prophetenデアルテンbundes 、 " p. 178 、ゲッティンゲン、 1868 )結論からくそばばあです。 ii. Ⅱ 。 3 that he had seen the first Temple, in which case he would have been a very old man at the time of Darius Hystaspes, in the second year of whose reign (520 BC) Haggai appears as a prophetic preacher to stir the people to the work of rebuilding the Temple (Hag. i. 1 et seq.). 3していた見たの最初の寺を指定した場合、彼は非常に古い男も変わっていた時点で、ダライアスhystaspesは、その年の2番目の治世(紀元前520 )として表示されるハガイの人々を予言して説教をかき混ぜる仕事を再構築する寺( hag. i. 1頁以降を参照。 ) 。 It is not certain that Haggai was ever in Babylonia.ハガイ書ではないことはいつものバビロニア確信しています。 He may have lived continuously at Jerusalem (comp. Lam. ii. 9).彼は5月連続でエルサレムに住んだことがある( comp.ラムです。 Ⅱ 。 9 ) 。 At all events, to judge by the extent of his book, his public ministry was brief.すべてのイベントで、彼の程度を判断する予約され、彼の公共省は、簡単な。 That Zechariah was the leading prophet of those times (Zech. vii. 1-4) lends plausibility to the assumption that Haggai was nearing death when he made his appeal to the people.リード預言者をゼカリヤは、これらの回( zech. Ⅶ 。 1-4 )妥当性を貸し出すと仮定してハガイは、瀕死状態のときに彼は彼の人々に訴えるものがある。 According to tradition he was born in Chaldea during the Captivity, and was among those that returned under Zerubbabel.伝統によると、彼は新バビロニア生まれの中に捕らわれている、とされては、このうちzerubbabelを返した。 It has even been claimed that he was an angel of Yhwh, sent temporarily to earth to move the indifferent congregation (see Hag. i. 13).と主張してもそれは、彼は天使のyhwh 、一時を地球に送信さを移動するに無関心な集会(くそばばあです。 i. 13 ) 。 He was remembered as a singer of psalms, and as the first to use the term "Hallelujah."彼は、歌手としての記憶詩篇を授けた、との最初の用語を使用して"ハレルヤ。 " In fact, his name is mentioned in the Septuagint superscriptions to Psalms cxii., cxlv.-cxlix., though not in all manuscripts alike (Köhler, "Die Weissagungen Haggais," p. 32; Wright, "Zechariah and His Prophecies," xix. et seq.; B. Jacob, in Stade's "Zeitschrift," xvi. 290; Cheyne and Black, "Encyc. Bibl." ii. 1935, note 2, in reference to Epiphanius, "Vitæ Prophetarum").実際には、彼の名前は記載されてcxiiセプトゥアギンタsuperscriptionsに詩篇を授けた。 、 cxlv. - cxlix 。 、すべての原稿ではありません似(ケーラー、 "死ぬweissagungen haggais 、 " p. 32 ;ライト、 "ゼカリヤと彼の予言、 " 19 。頁以降を参照。 ; b.ジェイコブは、シュターデの" zeitschrift 、 " 16 。 290 ;チェーンストークスと黒、 " encyc 。 bibl 。 " 2世。 1935 、注2 、聖エピファニオスを参考に、 " vitæ prophetarum " ) 。 By Jewish historiography Haggai is numbered among the "men of the Great Synagogue" (BB 15a), or among those that "transmitted revelation" (see Cabala) from their prophetic predecessors to the "men of the Great Synagogue" (Ab. RN i. [recension A, p. 2, ed. Schechter]; comp. Yoma 9b).ユダヤ人の間で番号修史ハガイは、 "男性の偉大なユダヤ教の礼拝堂" ( bb 15a )か、またはそれらの間では"伝送啓示" (参照カバラ)よりその予言前任者は、 "男性の偉大なユダヤ教の礼拝堂" ( ab. rn私[校訂本を、 p. 2 、エドです。シェクター] ;のCOMPです。 yoma 9b ) 。 In his days prophetic inspiration was growing less frequent (ib.).彼の日中に予言が子供のころはあまり頻繁にインスピレーション( ib. ) 。 Haggai is credited with having instituted certain practical decisions("taḳḳanot").ハガイ功績があるとは、特定の実用的な意思決定を設置( " taḳḳanot " ) 。 Among these were a provision for the intercalation of the month of Adar (RH 19b); a decision in favor of enlarging the altar; a decision permitting the bringing of sacrifices independently of the existence or presence of the Temple (Mid. iii. 1; Zeb. 62; Yer. Naz. ii. 7).これらは、引当金のうち、月日の鳥のインターカレーション( rh 19 b ) ;は、祭壇の拡大に賛成の意思決定;をもたらすの意思決定が許せば、犠牲を払うの存在を独立して存在または同寺( mid. Ⅲ 。 1 ; zeb 。 62 ; yer 。 nazです。 Ⅱ 。 7 ) 。 The organization of the priestly service into twenty-four relays (Tosef., Ta'an. ii.; 'Ar. 12b), and the regulation of the wood-contributions (Tosef., Ta'an. iii.; Ta'an. 28; comp. Neh. x. 35), are traced to him.その組織は、聖職者のサービスを24リレー( tosef. 、 ta'an 。 Ⅱ 。 ; 'アーカンソーします。 12b ) 、およびその規制は、木材の貢献( tosef. 、 ta'an 。 Ⅲ 。 ; ta'an 。 28 ;のCOMPです。 neh 。 Xの35 )は、トレースしている。 Other references to Haggai's legislative influence are given in RH 9; Yeb.その他の参考文献をハガイの立法に影響を与えるのは、与えられたrh 9 ; yebです。 16a; Ḳid. 16a ; ḳidです。 43a; Ḥul. 43a ; ḥulです。 137b; Bek. 137b ; bekです。 57; Naz. 57 ; nazです。 53a. 53aです。 The "seat" () on which he sat as legislator is mentioned (Yeb. 16a).EGH "座席" ( )上で彼は国会議員として土に記載( yeb. 16a ) 。 egh

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです