Epistle to the Hebrewsの信徒へのヘブル人への手紙

General Information 総合情報

The Epistle to the Hebrews is the only New Testament letter not introduced by the name of its author.ヘブル人への手紙の信徒への手紙は、新約聖書のみに導入された特定の名前をその著者です。 Traditionally, it has been ascribed to Saint Paul, but modern scholars suggest that it may have been written by another author, perhaps a disciple of Paul.伝統的に、生得的にされてセントポール、しかし、現代の学者示唆して書かれたことがありますが、別の著者、おそらく、弟子のポールです。 The letter has a symbolic style and sustained argument that mark it as a Hellenistic work based on the Jewish tradition.その手紙には、象徴的スタイルと持続的な主張をするヘレニズムとしてマークされたユダヤ人の伝統に基づいて作業します。 It was probably written between AD 60 and 90 to a general audience.それはおそらく60 〜 90の間に書か広告全般視聴しています。

The epistle falls into two parts.滝を2つの部分からの手紙です。 In the first part, Jesus Christ is described as superior to Moses; he is seen as the high priest who replaces the Levitical priesthood and who establishes a new Covenant to be accepted by faith (chaps. 1 - 10). In the second part, the author gives counsel on persevering faithfully in the new covenant (chaps. 10 - 13).での最初の部分は、イエスキリストが記述さに優れているモーゼス;彼は大祭司who代わるものと見られ、 who levitical聖職に就くと新しい契約を確立する信仰によって受け入れられる( chaps. 1 -1 0) 。で 2番目の部分は、辛抱強いの著者は、弁護人を忠実には、新しい契約( chaps. 10 -1 3) 。 Christians are urged to follow the example of Old Testament heroes of faith. The epistle's teachings on the person of Christ have been important to theology.要請に従うキリスト教徒は、旧約聖書の英雄の例の信仰の信徒イエスキリストの教えを検索する人も重要な神学です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Anthony J Saldariniアンソニー無しsaldarini

Bibliography 書誌事項
GW Buchanan, To the Hebrews (1972); H Montefiore, A Commentary on the Epistle to the Hebrews (1964); A Saphir, Epistle to the Hebrews (1983); RM Wilson, Hebrews (1987). gwブキャナン、してヘブル人への手紙( 1972 ) ; hモンテフィオーレ、解説をするの信徒へのヘブル人への手紙( 1964 ) ;をsaphir 、の信徒へのヘブル人への手紙( 1983 ) ; rmウィルソン、へブル人へ( 1987 ) 。


Epistle to the Hebrewsの信徒へのヘブル人への手紙

Brief Outline簡単な概要

  1. Pre-Eminence of Christ.事前に隆起キリストです。 Christ is superior to Angels and to Moses.イエスキリストは、天使とムーサーに優れている。 (1:1-4:13) ( 1:1-4:13 )
  2. Priesthood of Christ.キリストの聖職に就く。 Christ is a Priest like Melchizedek (4:14-10:18)イエスキリストは、司祭のようなメルキゼデク( 4:14-10:18 )
  3. Perseverance of Christians.忍耐力のキリスト教徒です。 (10:19-12:29) ( 10:19-12:29 )
  4. Postscript, exhortations, personal concerns, benediction (13:1-25)のPostScript 、 exhortations 、個人的な点がございましたら、祝祷( 13:1-25 )


He'brews he'brews

General Information 総合情報

Hebrews (Acts 6:1) were the Hebrew-speaking Jews, as distinguished from those who spoke Greek.ヘブル人への手紙(行為6:1 )は、ヘブライ語を話すユダヤ人、 whoスポークギリシア者として識別します。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Epistle to the He'brewsの信徒へのhe'brews

Advanced Information 高度情報

(1.) Its canonicity. ( 1 )の規範です。 All the results of critical and historical research to which this epistle has been specially subjected abundantly vindicate its right to a place in the New Testament canon among the other inspired books.すべての結果を批判的、歴史的な研究は、この書簡を豊富にさらされてきた正当性を立証する特別の権利をする場所は、新約聖書のうち、他のインスピレーションキヤノンの書籍です。 (2.) Its authorship. ( 2 )その原作者です。 A considerable variety of opinions on this subject has at different times been advanced.かなりの様々な意見をこのアジ研は、別の時期も高度です。 Some have maintained that its author was Silas, Paul's companion.その著者は、いくつかのサイラスを維持し、ポールの仲間です。 Others have attributed it to Clement of Rome, or Luke, or Barnabas, or some unknown Alexandrian Christian, or Apollos; but the conclusion which we think is best supported, both from internal and external evidence, is that Paul was its author.その他に起因してローマのクレメントか、またはルークか、またはバルナバか、またはいくつかの未知のアレクサンドリアキリスト教のか、またはapollos ;しかし、われわれが最善の結論をサポートし、内部および外部の両方の証拠から、その著者は、ポールは。 There are, no doubt, many difficulties in the way of accepting it as Paul's; but we may at least argue with Calvin that there can be no difficulty in the way of "embracing it without controversy as one of the apostolical epistles."には、間違いなく、多くの困難の邪魔をすることとして受け入れるポールの;しかし、少なくとも議論をすることがありますカルバン難しさがあることではないの邪魔をする"として受け入れることが論争の書簡のいずれかのapostolical 。 " (3.) Date and place of writing. ( 3 。 )日時や場所を書いています。 It was in all probability written at Rome, near the close of Paul's two years' imprisonment (Heb. 13:19,24).それはすべての確率で書かれたローマ、近くのポールに近いの2つの年以下の懲役( heb. 13:19,24 ) 。

It was certainly written before the destruction of Jerusalem (13:10).それは確かに破壊する前に書かれたエルサレム( 13:10 )です。 (4.) To whom addressed. ( 4 。 )誰に対処します。 Plainly it was intended for Jewish converts to the faith of the gospel, probably for the church at Jerusalem.端的に変換することが意図したユダヤ人の信仰のための福音、おそらく、エルサレムの教会で。 The subscription of this epistle is, of course, without authority.サブスクリプションは、次の手紙は、もちろん、承認を得ずにします。 In this case it is incorrect, for obviously Timothy could not be the bearer of it (13:23).この場合、それが正しくない場合は、ティモシーを明らかに無記名のことはできませんでした( 13:23 )です。 (5.) Its design was to show the true end and meaning of the Mosaic system, and its symbolical and transient character. ( 5 。 )その設計は、真のエンドと意味を表示するには、モザイクのシステム、およびその象徴と過渡文字です。 It proves that the Levitical priesthood was a "shadow" of that of Christ, and that the legal sacrifices prefigured the great and all-perfect sacrifice he offered for us.聖職に就くことを証明してleviticalは、 "シャドウ"イエスキリストが、法的な犠牲を払うとは、偉大なprefigured -完璧な犠牲と彼のすべての提供です。 It explains that the gospel was designed, not to modify the law of Moses, but to supersede and abolish it.これは、設計の福音と説明して、特定の法則を変更するにムーサーよ、しかし、それに取って代わると廃止します。 Its teaching was fitted, as it was designed, to check that tendency to apostatize from Christianity and to return to Judaism which now showed itself among certain Jewish Christians.その教えは、適合、それは設計、 apostatize傾向を持つことを確認してからキリスト教とユダヤ教を今すぐに戻るには、特定のユダヤ人キリスト教徒の間自体を示しています。

The supreme authority and the transcendent glory of the gospel are clearly set forth, and in such a way as to strengthen and confirm their allegiance to Christ.並外れた最高権威と栄光の福音が明確に規定し、このような方法で確認を強化し、彼らに忠誠をイエスキリストです。 (6.) It consists of two parts: (a) doctrinal (1-10:18), (b) and practical (10:19-ch. 13). ( 6 。 )の2つの部分で構成さ: ( 1 )教義( 1-10:18 ) 、 ( b )と実用的な( 10:19 -あなたのです。 13 ) 。 There are found in it many references to portions of the Old Testament.それには、発見さ多くの部分を参照して、旧約聖書のです。 It may be regarded as a treatise supplementary to the Epistles to the Romans and Galatians, and as an inspired commentary on the book of Leviticus.論文と見なされることがあります補足して、ローマ人への手紙やガラテヤ人への手紙の書簡を、拠点として、さらに、この本のレビ記インスピレーションを解説します。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Epistle to the Hebrewsの信徒へのヘブル人への手紙

Catholic Information カトリックの情報

This will be considered under eight headings: (I) Argument; (II) Doctrinal Contents; (III) Language and Style; (IV) Distinctive Characteristics; (V) Readers to Whom it was Addressed; (VI) Author; (VII) Circumstances of the Composition; (VIII) Importance.これは考慮されて8つの件名: ( 1 )議論する、 ( ii )教義の内容、 ( 3 )言語とスタイル; ( 4 )顕著な特徴、 ( v )誰それは、読者のみなさんに対処; ( 6 )著者; ( 7 )状況の組成、 ( viii )在庫の重要性です。

I. ARGUMENT i.引数

In the Oldest Greek manuscripts the Epistle to the Hebrews (pros Hebraious) follows the other letters to the Churches and precedes the pastoral letters.している最も古いギリシャ語の原稿の信徒へのヘブル人への手紙(長所hebraious )次のように、他の文字の前にして教会や牧師の手紙です。 In the later Greek codices, and in the Syriac and Latin codices as well, it holds the last place among the Epistles of St. Paul; this usage is also followed by the textus receptus, the modern Greek and Latin editions of the text, the Douay and Revised Versions, and the other modern translations.へのCODECは、ギリシャ語、ラテン語とは、シリアとのCODECとしても、それを保持して最後の開催地間の書簡の聖パウロ;この利用方法にも公認本文に続いて、現代ギリシャ語とラテン語のエディションのテキストは、ドウエーおよび改訂バージョン、および、他の現代の技術情報の翻訳です。

Omitting the introduction with which the letters of St. Paul usually begin, the Epistle opens with the solemn announcement of the superiority of the New Testament Revelation by the Son over Old Testament Revelation by the prophets (Hebrews 1:1-4).はじめに手紙を省略するのは、聖パウロ通常開始は、信徒の厳粛なポップアップ発表した新約聖書の優位は、旧約聖書の啓示された息子の啓示された預言者(ヘブル人への手紙1:1-4 ) 。 It then proves and explains from the Scriptures the superiority of this New Covenant over the Old by the comparison of the Son with the angels as mediators of the Old Covenant (i, 5-ii, 18), with Moses and Josue as the founders of the Old Covenant (iii, 1-iv, 16), and, finally, by opposing the high-priesthood of Christ after the order of Melchisedech to the Levitical priesthood after the order of Aaron (v, 1-x, 18).それを証明と説明を入力し、経典の優位は、次の新しい契約の古さの比較の中の仲介者としての息子で、天使たちに、古い約束(私は、 5 - 2世、 18 )は、創業者として、ムーサーとジョスエ旧契約( Ⅲ 、 1 - 4 、 16 ) 、および、最後に、聖職に就くの高さに反対してイエスキリストの順序をした後、 melchisedechを聖職に就くleviticalの順序をした後、アーロン( V電源、 1 - Xや18 ) 。 Even in this mainly doctrinal part the dogmatic statements are repeatedly interrupted by practical exhortations.これは主に教義上の部分でも、実用的な独断的なステートメントは中断さexhortationsを繰り返しています。 These are mostly admonitions to hold fast to the Christian Faith, and warnings against relapse into the Mosaic worship.これらのadmonitionsは大半が高速には、キリスト教の信仰を保持する、と警告を崇拝するの再発をモザイクします。 In the second, chiefly hortatory, part of the Epistle, the exhortations to steadfastness in the Faith (x, 19-xii, 13), and to a Christian life according to the Faith (xii, 14-xiii, 17), are repeated in an elaborated form, and the Epistle closes with some personal remarks and the Apostolic salutation (xiii, 18-25). 2番目は、主に激励の、一部の信徒は、しっかりしていることは、信仰をexhortations ( x 、 19 - 12 、 13 ) 、としてキリスト教の信仰生活によると、 ( 12 、 14 - 13 、 17 ) 、が繰り返さフォームは、精緻化し、本日の信徒使徒いくつかの個人的な発言とご挨拶( 13 、 18-25 ) 。

II. Ⅱ 。 DOCTRINAL CONTENTS教義の内容

The central thought of the entire Epistle is the doctrine of the Person of Christ and His Divine mediatorial office.全体の中央を考えると、その人の信徒は、キリストの教義と彼の神の仲裁の事務所です。 In regard to the Person of the Saviour the author expresses himself as clearly concerning the true Divine nature of Christ as concerning Christ's human nature, and his Christology has been justly called Johannine.これと関連し、著者の人の救い主として自分自身を表現に関する明確にイエスキリストの真の神の性質に関するキリストの人間の本性として、公正と呼ばれると彼の使徒ヨハネのchristologyされています。 Christ, raised above Moses, above the angels, and above all created beings, is the brightness of the glory of the Father, the express image of His Divine nature, the eternal and unchangeable, true Son of God, Who upholdeth all things by the word of His power (i, 1-4).イエスキリストは、上記の引き上げムーサーよ、天使たちの上に、上記のすべての作成や生き物、明るさは、栄光の父、彼の神聖な自然のエキスプレスのイメージは、永遠と不変の、真の息子の神、 who upholdethされたすべてのもの彼の言葉を電力( I 、 1-4 ) 。 He desired, however, to take on a human nature and to become in all things like unto us human beings, sin alone excepted, in order to pay man's debt of sin by His passion and death (ii, 9-18; iv, 15, etc.).彼は希望する、しかし、人間の本性を取るは、すべてのものになると、わたしたちのような人間が、罪だけ除いて、男の債務を支払うために彼の情熱と死の罪( 2 、 9-18 ;四、 15など) 。 By suffering death He gained for Himself the eternal glory which He now also enjoys in His most holy humanity on His throne at the right hand of the Father (i, 3; ii, 9; viii, 1; xii, 2, etc.).彼は自分自身の死の苦しみをされ、永遠の都ローマの栄光を得た彼は今も楽しんで彼の最も神聖な人道上の玉座は、右手の父親(私、 3 ;二、 9 ; viii 、 1 ; 12 、 2 、等)です。 There He now exercises forever His priestly office of mediator as our Advocate with the Father (vii, 24 sq.).今すぐ練習永遠にそこに彼の聖職者の事務所に調停の提唱者として私たちの父( 7 、 24平方)です。

This doctrine of the priestly office of Christ forms the chief subject-matter of the Christological argument and the highest proof of the pre-eminence of the New Covenant over the Old.この説は、キリストの聖職者の事務所長主題を形成して、最高の証拠christological引数と事前の隆起は、新しい契約古いです。 The person of the High-priest after the order of Melchisedech, His sacrifice, and its effects are opposed, in an exhaustive comparison, to the Old Testament institutions.その人の僧侶の高melchisedechの順序をした後、彼を犠牲にし、その効果が反対は、徹底的な比較を、旧約聖書の機関です。 The Epistle lays special emphasis on the spiritual power and effectiveness of Christ's sacrifice, which have brought to Israel, as to all mankind, atonement and salvation that are complete and sufficient for all time, and which have given to us a share in the eternal inheritance of the Messianic promises (i, 3; ix, 9-15, etc.).特別の書簡を産むと精神的な力を重視し、キリストの犠牲の有効性を、これを持ってきたイスラエル、日本、全人類を、償いと救いにはすべて完了し、十分な時間、および問い合わせが与えられ、永遠の都ローマの継承を共有する救世主のような約束は、 (私は、 3 ; 9世、 9-15 、等) 。 In the admonitory conclusions from these doctrines at the end we find a clear reference to the Eucharistic sacrifice of the Christian altar, of which those are not permitted to partake who still wish to serve the Tabernacle and to follow the Mosaic Law (xiii, 9 sq.).結論からは、説諭の最後に、これらの教説を明確に私たちの参照を見つけるのは、キリスト教の祭壇eucharistic犠牲にし、それらが参加することは許可してwho引き続きご希望の幕屋に奉仕すると次のモザイク法( 13 、 9平方。 ) 。

In the Christological expositions of the letter other doctrines are treated more or less fully.展示のchristologicalの手紙は、他の教説は、多かれ少なかれ完全に処理します。 Special emphasis is laid on the setting aside of the Old Covenant, its incompleteness and weakness, its typical and preparatory relation to the time of the Messianic salvation that is realized in the New Covenant (vii, 18 sq.; viii, 15; x, 1, etc.).特別な設定に敷か重点は、古い約束はさておき、その不完全性と弱さ、その典型的な時間と準備関連して、救いの救世主には実現される新しい契約( 7 、 18平方; viii 、 15であり、 x 、 1 、等) 。 In the same manner the letter refers at times to the four last things, the resurrection, the judgment, eternal punishment, and heavenly bliss (vi, 2, 7 sq.; ix, 27, etc.).と同じように、文字の参照先回の4つの最後のものは、復活の判断に、永遠の懲罰を受ける、と無上の幸福(六、 2 、 7平方; 9世、 27日、等) 。 If we compare the doctrinal content of this letter with that of the other epistles of St. Paul, a difference in the manner of treatment, it is true, is noticeable in some respects.もしこの手紙の内容を比較して、その教義上の他の書簡の聖パウロは、治療方法の違い、それがtrueの場合、いくつかの点では顕著です。 At the same time, there appears a marked agreement in the views, even in regard to characteristic points of Pauline doctrine (cf. J. Belser, "Einleitung" 2nd ed., 571-73).それと同時に、契約書が表示されたら、スパムは、再生回数、ポイントの特性についても、ポーリーンドクトリン( cf. j. belser 、 " einleitung "第2版です。 、 571から73まで) 。 The explanation of the differences lies in the special character of the letter and in the circumstances of its composition.うその説明の違いは、特殊文字は、文字とは、その状況を組成します。

III. Ⅲ 。 LANGUAGE AND STYLE言語とスタイル

Even in the first centuries commentators noticed the striking purity of language and elegance of Greek style that characterized the Epistle to the Hebrews (Clement of Alexandria in Eusebius, "Hist. Eccl.", VI, xiv, n.2-4; Origen, ibid., VI, xxv, n. 11-14).気づいたの解説者でも、目を見張る世紀の最初の言語の純粋性とエレガンスのスタイルを特徴とするギリシャ語の信徒へのヘブル人への手紙(クレメントユーセビアスアレクサンドリアのが、 "履歴です。 eccl 。 " 、 6 、 14 、 n.2 - 4 ;原産地、同上、六、二十五、名11-14 ) 。 This observation is confirmed by later authorities.今回の観測結果へ当局が確認されています。 In fact the author of the Epistle shows great familiarity with the rules of the Greek literary language of his age.著者は、実際には素晴らしいショーの信徒は、ギリシャ語のルールに精通する彼の年齢の文学の言語です。 Of all the New Testament authors he has the best style.新約聖書のすべての作家の彼には、最高のスタイルです。 His writing may even be included among those examples of artistic Greek prose whose rhythm recalls the parallelism of Hebrew poetry (cf. Fr. Blass, "[Barnabas] Brief an die Hebraer". Text with indications of the rhythm, Halle, 1903).彼の書いたもののうちに含まれる5月にも芸術的ギリシャ語散文のリズムの例をリコールヘブライ語の並列処理の詩( cf.フランス語です。ブラス、 " [バルナバ]簡単に死ぬhebraer "です。本文との兆候のリズムに乗って、ハレ、 1903 ) 。 As regards language, the letter is a treasure-house of expressions characteristic of the individuality of the writer.言語に関しては、その手紙は、宝庫の個性を表現する作家の特徴です。 As many as 168 terms have been counted which appear in no other part of the New Testament, among them ten words found neither in Biblical or classical Greek, and forty words also which are not found in the Septuagint.できるだけ多くのカウントを168に表示された利用規約がない、新約聖書の他の部分を、このうちの10単語が見つかりましたどちらで聖書や古典ギリシア語、および40の言葉も発見されたセプトゥアギンタされていない。 One noticeable peculiarity is the preference of the author for compound words (cf. E. Jacquier, "Histoire des livres du NT", I, Paris, 1903, 457-71; Idem in Vig., "Dict. de la Bible". III, 530-38).の優先順位を1つの顕著な特性は、化合物の著者の言葉( cf. e. jacquier 、 " histoireデlivresデュNTの" 、私、パリ、 1903 、四五七〜七一;同じでビグ。 、 " dictのです。デラ聖書"です。 3世、五三〇 〜三八) 。 A comparison of the letter as regards language and style with the other writings of St. Paul confirms in general the opinion of Origen that every competent judge must recognize a great difference between them (in Eusebius, "Hist. Eccl.", VI, xxv, n. 11).この点に関しての手紙を比較すると、他の記述言語とスタイルを確認の聖パウロの意見を一般的に、原産地を判断するごとに有能なそれらの間の大きな違いを認識する必要があります(ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、六、二十五、名11 ) 。

IV. Ⅳ 。 DISTINCTIVE CHARACTERISTICS顕著な特徴

Among other peculiarities we should mention:などの特殊性に言及しなければならない:

The absence of the customary form of the Pauline letters.フォームの慣習がない場合は、ポーリーン手紙です。 The usual opening with the Apostolic greeting and blessing is entirely lacking; nor is there any clear evidence of the epistolary character of the writing until the brief conclusion is reached (xiii, 18-25).いつもの開会のあいさつと祝福の使徒は全く欠い;も明確な証拠があるのは、書簡の文字を書くまでの簡単な結論に達した時点で( 13 、 18-25 ) 。 On this account some have preferred to regard the letter rather as a homily, but this is plainly incorrect.このアカウントのいくつかについてはその手紙を好まれる方がむしろとして説教が、これは端的に間違っています。 According to the statement of the author it is an admonition and exhortation (logos tes karakleseos, xiii, 22), which, above all, presupposes a well-defined situation of an actually existing individual Church.著者によると、声明は、訓戒とすることが勧告(ロゴ試験karakleseos 、 13 、 22 ) 、これは、なによりも、明確に定義された状況を前提に、実際に既存の個々の教会です。

The method of citing from the Old Testament.このメソッドは、旧約聖書の理由からです。 The author in his instruction, demonstration, and exhortation draws largely from the copious treasures of the Old Testament.彼の命令の著者、デモンストレーション、および主からの多量の勧告引き分け、旧約聖書の宝物です。 All the citations follow the text of the Septuagint even where this varies from the Masoretic text, unless the citation is freely rendered according to the sense and without verbal exactness (examples, i, 6; xii, 20; xiii, 5).次のテキストを引用のすべての場合でも、この変化のセプトゥアギンタmasoreticからのテキストで自由に引用されない限り、レンダリングせずによると、口頭での感覚と正確さ(例、私は、 6 ; 12 、 20 、 13 、 5 ) 。 In the other Pauline letters, it is true, quotations from the Old Testament generally follow the Greek translation even when the text varies, but the Apostle at times corrects the Septuagint by the Hebrew, and at other times, when the two do not agree, keeps closer to the Hebrew.は、他のポーリンの手紙、それがtrueの場合、旧約聖書からの引用を大筋でギリシャ語のテキスト翻訳も異なりますが、使徒のセプトゥアギンタ時修正されたヘブライ語、および他の回、 2つに同意しないときに、ヘブライ語に近い保持します。

In regard to the formula with which the citations are introduced, it is worthy of note that the expression "It is written", so commonly used in the New Testament, occurs only once in the Epistle to the Hebrews (x, 7).これと関連し、数式には、引用が導入されれば、それは価値のある表現に注意して"これが書き込まれる"ので、よく使用されている新約聖書は、一度だけが発生するの信徒へのヘブル人への手紙( x 、 7 ) 。 In this Epistle the words of Scripture are generally given as the utterance of God, at times also of Christ or the Holy Spirit.信徒の言葉を、この啓典は一般的に与えられた神の発言として、先回もイエスキリストや聖霊です。

V. READERS TO WHOM IT WAS ADDRESSED v.誰それは、読者のみなさんに対処

According to the superscription, the letter is addressed to "Hebrews".によると、表題は、宛ての手紙は"ヘブル人への手紙"です。 The contents of the letter define more exactly this general designation.その手紙の内容を正確に定義する他、この一般指定します。 Not all Israelites are meant, but only those who have accepted the faith in Christ.イスラエルの意味はすべて、これらのwhoを受け入れただけでイエスキリストの信仰です。 Furthermore, the letter could hardly have been addressed to all Jewish Christians in general.また、その手紙はほとんどすべてのユダヤ人キリスト教徒が一般的に対処します。 It presupposes a particular community, with which both the writer of the letter and his companion Timothy have had close relations (xiii, 18-24), which has preserved its faith in severe persecutions, and has distinguished itself by works of charity (x, 32-35), which is situated in a definite locality, whither the author hopes soon to come (xiii, 19, 23).それ前提、特定のコミュニティは、それぞれの作家の両方のティモシーの手紙と彼の仲間がいたと緊密な関係( 13 、 18-24 ) 、これはその信仰を保持重度の迫害は、自分自身を識別して作品を慈善団体( x 、 32-35 ) 、これは明確な場所に位置し、どこの著者の期待をすぐに来る( 13 、 19 、 23 ) 。 The place itself may also be inferred from the content with sufficient probability.自分自身の場所から推測されることもありますコンテンツに十分な確率です。 For although many modern commentators incline either to Italy (on account of xiii, 24), or to Alexandria (on account of the reference to a letter of Paul to the Alexandrians in the Muratorian Canon and for other reasons), or leave the question undecided, yet the entire letter is best suited to the members of the Jewish Christian Church of Jerusalem.というのは多くの近代イタリアのいずれかを解説インクライン(上のアカウントの13 、 24 ) 、またはアレキサンドリア(上のアカウントへの参照を一通の手紙のポールをalexandriansは、キヤノンとmuratorianその他の理由で) 、または未定のままの質問、まだ全体の文字が最も適してユダヤ人のメンバーは、キリスト教の教会のエルサレムです。 What is decisive above all for this question is the fact that the author presupposes in the readers not only an exact knowledge of the Levitical worship and all its peculiar customs, but, furthermore, regards the present observance of this worship as the special danger to the Christian faith of those addressed.何が決定的なため、この質問は、上記のすべての事実を前提に、著者は読者だけでなく、正確な知識をlevitical崇拝とそのすべての特有の税関、しかし、さらに、現在の順守は、次の点として、特別に危険性を崇拝するキリスト教の信仰これらの対処します。 His words (cf. particularly x, 1 sq.) may, if necessary, perhaps permit of another interpretation, but they indicate Jerusalem with the highest probability as the Church for which the letter is intended.彼の言葉( cf.特にx 、 1平方)年5月、必要に応じて、おそらく別の解釈を許可するが、それらを示す確率が最も高いとしてエルサレムの教会では、文字が意図した。 There alone the Levitical worship was known to all by the daily offering of sacrifices and the great celebrations of the Day of Atonement and of other feast-days.そこに独りでの礼拝が知られてlevitical毎日提供されるすべての偉大な祝賀行事は、犠牲と贖罪の日との他の饗宴-日中です。 There alone this worship was continuously maintained according to the ordinances of the Law until the destruction of the city in the year 70.そこに独りでこの礼拝堂は、継続的維持法によると、条例を破壊するまで、 70年に、市内にします。

VI. Ⅵ 。 AUTHOR著者

Even in the earliest centuries the question as to the author of the Epistle to the Hebrews was much discussed and was variously answered.何世紀も、最古の質問に、著者は、多くの信徒へのヘブル人への手紙は、さまざまな議論とは答えた。 The most important points to be considered in answering the inquiry are the following:最も重要なポイントであるとみなさで答えるのお問い合わせは、以下の通りです:

(1) External Evidence ( 1 )外部証拠

(a) In the East the writing was unanimously regarded as a letter of St. Paul. (ア)は、東の書き込みは全会一致と見なされて聖パウロの手紙をします。 Eusebius gives the earliest testimonies of the Church of Alexandria in reporting the words of a "blessed presbyter" (Pantaenus?), as well as those of Clement and Origen (Hist. Eccl., VI, xiv, n. 2-4; xxv, n. 11-14).ユーセビアスにより、最古の教会の証言を報告してアレキサンドリアの言葉を"祝福長老" ( pantaenusですか? )だけでなく、これらのクレメントと原産地( hist. eccl 。 、 6 、 14 、名2-4 ;弐拾伍、名11-14 ) 。 Clement explains the contrast in language and style by saying that the Epistle was written originally in Hebrew and was then translated by Luke into Greek.クレメント説明して対照的には、言語やスタイルによって書かれたと言っているの信徒は、もともとはヘブライ語と入力し、ルークをギリシャ語に翻訳されています。 Origen, on the other hand, distinguishes between the thoughts of the letter and the grammatical form; the former, according to the testimony of "the ancients" (oi archaioi andres), is from St. Paul; the latter is the work of an unknown writer, Clement of Rome according to some, Luke, or another pupil of the Apostle, according to others.原産地、その一方で、思考の間の区別は、手紙や文法的に正しいフォーム;の元、証言によると、 "昔の" (大井archaioiアンドレス)は、より聖パウロ; 、後者は、仕事をする無名の作家、クレメントのローマによると、いくつかの、ルカによるか、または別の瞳孔は、使徒によると、他のです。 In like manner the letter was regarded as Pauline by the various Churches of the East: Egypt, Palestine, Syria, Cappadocia, Mesopotamia, etc. (cf. the different testimonies in BF Westcott, "The Epistle to the Hebrews", London, 1906, pp. lxii-lxxii).同じように、文字のは、ポーリンされたと見なされて様々な教会の東:エジプト、パレスチナ、シリア、カッパドキア、メソポタミア、等( cf.の異なるウェストコットbfの証言で、 "するの信徒へのヘブル人への手紙" 、ロンドン、 1906 、 pp 。 62 - 72 ) 。 It was not until after the appearance of Arius that the Pauline origin of the Epistle to the Hebrews was disputed by some Orientals and Greeks.それまではないの外観をした後は、ポーリーンアリウスの信徒へのヘブル人への手紙の起源は、係争中のいくつかのorientalsとギリシアされています。 (b) In Western Europe the First Epistle of St. Clement to the Corinthians shows acquaintance with the text of the writing (chs. ix, xii, xvii, xxxvi, xlv), apparently also the "Pastor" of Hermas (Vis. II, iii, n.2; Sim. I, i sq.). (イ)西ヨーロッパでの最初の信徒の聖クレメントコリンチャンスを示して、書き込みの知人は、テキスト( chs. 9世、 12 、 17 、 36 、 45 ) 、どうやらまた、 "牧師" hermas ( vis. 2世、 3世、 n.2 ;シムです。私、私平方)です。 Hippolytus and Irenaeus also knew the letter but they do not seem to have regarded it as a work of the Apostle (Eusebius, "Hist. Eccl.", xxvi; Photius, Cod. 121, 232; St. Jerome, "De viris ill.", lix).ヒッポリュトスとエイレナイオスの手紙も知っていたしかし、彼らには考えていないと思われる作品は、それを使徒(ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 26 ; photius 、タラです。 121 、 232 ;聖ジェローム、 "デviris病気です。 " 、 59 ) 。 Eusebius also mentions the Roman presbyter Caius as an advocate of the opinion that the Epistle to the Hebrews was not the writing of the Apostle, and he adds that some other Romans, up to his own day, were also of the same opinion (Hist. Eccl., VI, xx, n.3).ローマの長老にも言及しユーセビアスキーズの提唱者の意見としては、へブル人への信徒への書き込みは、使徒はない、と彼はまた、いくつかの他のローマ人への手紙、最大で自分自身の日、にも、同じ意見( hist. eccl 。 、六、イグゼクス、 n.3 ) 。 In fact the letter is not found in the Muratorian Canon; St. Cyprian also mentions only seven letters of St. Paul to the Churches (De exhort. mart., xi), and Tertullian calls Barnabas the author (De pudic., xx).実際には発見された書簡ではないmuratorianキヤノン;聖チプリアーノも7つの文字のみ言及して聖パウロ教会(デ熱心に勧める。マート。 、西) 、およびテルトゥリアヌス呼び出しバルナバの著者(デ外陰部のです。 、イグゼクス)です。 Up to the fourth century the Pauline origin of the letter was regarded as doubtful by other Churches of Western Europe.第4世紀最大のポーリンの手紙の起源は疑わしいと見なされて、他の教会の西ヨーロッパのです。 As the reason for this Philastrius gives the misuse made of the letter by the Novatians (Haer., 89), and the doubts of the presbyter Caius seem likewise to have arisen from the attitude assumed towards the letter by the Montanists (Photius, Cod. 48; F. Kaulen, "Einleitung in die Hl. Schrift Alten und Neuen Testaments", 5th ed., Freiburg, 1905, III, 211).その理由として、このphilastriusにより、悪用された作られ、文字のnovatians ( haer. 、 89 ) 、との疑念は、長老キーズように見えるが生じてから同様の態度を想定された手紙に向かってmontanists ( photius 、タラです。 48 ;女性kaulen 、 " einleitungで死ぬhlします。 schriftアルテンund neuen testaments " 、第5版です。 、フライブルク、 1905 、 3 、 211 ) 。

After the fourth century these doubts as to the Apostolic origin of the Epistle to the Hebrews gradually became less marked in Western Europe. 4世紀の後に、これらの疑問を使徒としての信徒へのヘブル人への手紙の起源は次第に西ヨーロッパ少ないスパムです。 While the Council of Carthage of the year 397, in the wording of its decree, still made a distinction between Pauli Apostoli epistoloe tredecim (thirteen epistles of Paul the Apostle) and eiusdem ad Hebroeos una (one of his to the Hebrews) (H. Denzinger, "Enchiridion", 10th ed., Freiburg, 1908, n. 92, old n. 49), the Roman Synod of 382 under Pope Damasus enumerates without distinction epistoloe Pauli numero quatuordecim (epistles of Paul fourteen in number), including in this number the Epistle to the Hebrews (Denzinger, 10th ed., n. 84).評議会が、カルタゴオブザイヤー397 、その命令には、言葉遣い、まだ作らパウリの間に差別をepistoloeアポストリtredecim ( 13のパウロの書簡)とeiusdem広告hebroeos una ( 1つは、彼のヘブル人への手紙) (笠原デンツィンガー、 "手引書" 、第10回エド。 、フライブルク、 1908は、 92名、旧名49 )は、教会会議のローマ教皇ダマソ382列挙されて無差別にepistoloeパウリの数字quatuordecim (ポールの書簡の数は14人) 、を含むこの番号の信徒へのヘブル人への手紙(デンツィンガー、 10エド。 、名84 ) 。 In this form also the conviction of the Church later found permanent expression.このフォームは、教会への有罪判決また、恒久的な表現が見つかりました。 Cardinal Cajetan (1529) and Erasmus were the first to revive the old doubts, while at the same time Luther and the other Reformers denied the Pauline origin of the letter. cajetan枢機卿( 1529 ) 、エラスムスは、最初に復活の古い疑問、それと同時に、他の改革派を否定してルーサーとポーリンの起源の文字を入力します。

(2) Internal Evidences ( 2 )内部証拠

(a) The content of the letter bears plainly the stamp of genuine Pauline ideas. ( a )はクマの手紙の内容を端的にして、スタンプの真のポーリーンアイデアです。 In this regard it suffices to refer to the statements above concerning the doctrinal contents of the Epistle (see II).これに関連して上記のステートメントを参照するには十分に関する書簡の内容を教義( 2 )です。

(b) The language and style vary in many particulars from the grammatical form of the other letters of Paul, as in sufficiently shown above (see III). ( b )本契約の多くの言語とスタイルを変化文法上のフォームからの明細を、他の文字ポールのように、十分に上の図を参照(参照3 ) 。

(c) the distinctive characteristics of the Epistle (IV) favour more the opinion that the form in which it is cast is not the work of the author of the other Apostolic letters. (ウ)の信徒顕著な特徴は、 ( 4 )他の意見に賛成のフォームではキャストではないことは、著者の仕事を、他の使徒の手紙です。

(3) Most Probable Solution ( 3 )最も確からしい解決策

From what has been said it follows that the most probable solution of the question as to the author is that up to the present time the opinion of Origen has not been superseded by a better one.されてきたことによると以下の通りからは、最も確からしいの問題の解決策としては、アップをして著者の意見を、現在の時間に取って代わらされていない原産地より良い1つです。 It is, consequently, necessary to accept that in the Epistle to the Hebrews the actual author is to be distinguished from the writer.これは、その結果、必要なことを受け入れることは、へブル人への信徒への実際の著者は、その作家から区別される。 No valid reason has been produced against Paul as the originator of the ideas and the entire contents of the letter; the belief of the early Church held throughout with entire correctness to this Apostolic origin of the Epistle.正当な理由の反対されポールの生みの親としてのアイデアや全体の内容を、文字の;という信念の初期の教会で開かれた全体を通して、このローマ教皇の正しさを、信徒の起源です。

The writer, the one to whom the letter owes its form, had apparently been a pupil of the Apostle.その作家は、誰に、文字の負債が1つのフォームに、瞳孔が、どうやら、使徒です。 It is not possible now, however, to settle his personality on account of the lack of any definite tradition and of any decisive proof in the letter itself.今すぐすることはできません、しかし、彼の人柄を解決するアカウントは、任意の明確な伝統の欠如を変更した場合でも決定的な証拠は、手紙そのものです。 Ancient and modern writers mention various pupils of the Apostle, especially Luke, Clement of Rome, Apollo, lately also Priscilla and Aquila.古代と現代作家に言及する様々な生徒の使徒、特にルーク、クレメントのローマ、アポロ、最近もプリシラとアクイラです。

VII. Ⅶ 。 CIRCUMSTANCES OF THE COMPOSITION事情を組成

An examination both of the letter itself and of the earliest testimonies of tradition, in reference to the circumstances of its composition, leads to the following conclusions:試験の両方の手紙そのものとは、最古の伝統を証言は、その組成の状況を参考に、リードには、次の結論:

(1) The place of composition was Italy (13:24), and more precisely Rome (inscription at end of the Codex Alexandrinus), where Paul was during his first imprisonment (61-63). ( 1 )の代わりに組成は、イタリア( 13:24 ) 、およびもっと正確に言えばローマ(コーデックスアレクサンドリア写本碑文末) 、ここでポールは彼の最初の懲役刑中( 61-63 ) 。

(2) The date of its production should certainly be placed before the destruction of Jerusalem (70), and previous to the outbreak of the Jewish War (67), but after the death of James, Bishop of Jerusalem (62). ( 2 ) 、この評価を生産する前には、確かに置かれるエルサレムの破壊( 70 ) 、と、それ以前に、ユダヤ戦争の勃発( 67 )が、ジェームズの死の後、エルサレムの司教( 62 )です。 According to ch.によると、あなたのです。 xiii, 19, 23, the Apostle was no longer a prisoner. 13 、 19 、 23日、囚人の使徒は、もはやします。 The most probable date for its composition is, therefore, the second half of the year 63 or the beginning of 64, as Paul after his release from imprisonment probably soon undertook the missionary journey "as far as the boundaries of Western Europe" (St. Clement of Rome, "I Epistle to the Corinthians", v, n. 7), that is to Spain.その日、最も確からしい組成は、したがって、 2番目の半分オブザイヤー63または64の初めに、懲役刑としてポールした後、おそらく彼の発売からすぐにundertakeの過去過去分詞の布教の旅"の中ほどの境界線の西ヨーロッパの" (聖クレメントのローマ、 "私の信徒へのコリンチャンス" 、 V電源、名7 ) 、それはスペインのです。

(3) The reason for its composition is probably to be found in the conditions existing in the Jewish Christian Church at Jerusalem. ( 3 )その理由は、おそらくその組成が発見された条件を、既存のは、ユダヤ人のキリスト教会はエルサレムです。 The faith of the Church might fall into great danger through continued persecution by the Jews, who had put James, the head of the community to a violent death.教会の信仰の大きな危機に陥るかもしれない迫害されたユダヤ人の継続を通して、 whoいたにジェームズは、コミュニティの頭の部分を参照して非業の死です。 Precisely at this period the services in the temple were celebrated with great pomp, as under Albinus (62-64) the magnificent building was completed, while the Christian community had to struggle with extreme poverty.正確にサービスを提供して、この時期が最も著名な寺が非常に華やかさをされてalbinus ( 62-64 )の壮大な建物が完成し、闘争には、キリスト教社会は極度の貧困状態です。 The national movement which began shortly before the outbreak of the last Jewish war would increase the danger.直前の国民運動が発生したことから始まったの最後のユダヤ人の戦争の危険性が増加します。 These circumstances might lead the Apostle to write the letter.このような状況かもしれない使徒をリードして手紙を書いています。

(4) The Apostle himself declares the aim of his writing to be the consolation and encouragement of the faithful (xiii, 22). ( 4 )の使徒の宣言をして自分の文章が他人によって彼の目的は、慰めと励ましを忠実に( 13 、 22 ) 。 The argument and context of the letter show that Paul wished especially to exhort to steadfastness in the Christian Faith and to warn against the danger of apostasy to the Mosaic worship.コンテキストの引数と、文字の詳細を熱心に勧めるポールをしっかりしていることを特に望んでは、キリスト教信仰と背教の危険性を警告する反対するモザイク崇拝しています。

VIII. Ⅷ 。 IMPORTANCE重要性

The chief importance of the Epistle is in its content of theological teaching.チーフの重要性を、神学の信徒は、その内容を教えています。 It is, in complete agreement with the other letters of St. Paul, a glorious testimony to the faith of the Apostolic time; above all it testifies to the true Divinity of Jesus Christ, to His heavenly priesthood, and the atoning power of His death.これは、完全な合意には、他の文字の聖パウロは、信仰の栄光の証言を使徒時間;上記のすべてのことが証明してイエスキリストの真の神性、彼の天を聖職に就く、と彼の死の力atoningです。

Publication information Written by Leopold Fonck.出版物の情報執筆者レオポルトfonckです。 Transcribed by Judy Levandoski.ジュディlevandoski転写されています。 Dedicated to Br.専用にしました。 Terance Thielen, TOR The Catholic Encyclopedia, Volume VII. terance thielen 、 Torののは、カトリックの百科事典、第20巻Ⅶ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.公認、 1910年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです