Holinessホーリネス

General Information 総合情報

The basic meaning of holiness is "separateness".ホーリネスの基本的な意味は、 "分離"です。 It refers to anything separated from the common and dedicated to sacred use.それを参照して何かを分離して共通の神聖な使用および専用です。 Holiness originates in God and is communicated to things, places, times, and persons engaged in His Service.ホーリネスがもとで伝達されること、神とは、場所、時間、および彼のサービスに従事する人です。

God demands that His people be holy, ie, separated unto Him (Num. 15:40,41; Deut. 7:6).彼の人々が聖なる神の要求を、すなわち、かれに分離( num. 15:40,41 ; deut 。 7時06分) 。 Jesus is the Holy One of God (Mark 1:24; Luke 4:34; John 6:69).イエスキリストは、聖なる神の1つ(マーク1:24 ;ルーク4:34 ;ジョン6:69 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Ho'liness ho'liness

Advanced Information 高度情報

Holiness, in the highest sense belongs to God (Isa. 6:3; Rev. 15:4), and to Christians as consecrated to God's service, and in so far as they are conformed in all things to the will of God (Rom. 6:19, 22; Eph. 1:4; Titus 1:8; 1 Pet. 1:15).ホーリネスは、最高のセンスに属して神( isa. 6時03分;改訂15時04分) 、聖体拝領を神とキリスト教徒としてのサービス、およびこれまでのところ、彼らはすべての物事に適合して、神の意志を( ROMとの互換性。 6時19分、 22 ; eph 。 1:4 ;タイタス1:8 ; 1のペットです。 1:15 ) 。 Personal holiness is a work of gradual development.個人の神聖さは、徐々に仕事を開発する。 It is carried on under many hindrances, hence the frequent admonitions to watchfulness, prayer, and perseverance (1 Cor. 1:30; 2 Cor. 7:1; Eph. 4:23, 24).障害されて乗って運ばれることが多く、それゆえに、頻繁にadmonitions油断のない、祈り、と忍耐( 1コーです。 1:30 ; 2コーです。 7時01分; eph 。 4:23 、 24 ) 。 (See Sanctification.) (参照清浄化します。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Holinessホーリネス

Advanced Information 高度情報

Holiness is the religious term par excellence.ホーリネスは、飛び抜けて優秀な宗教的な用語です。 A close connection is to be found everywhere between religion and the holy.と緊密なつながりはどこにも見つからないの神聖な宗教との間にします。 At the heart of religion is the numinous, the vastly mysterious (the mysterium tremendum, Otto), the supernaturally threatening.中心部には、宗教は、霊魂が宿ったは、非常に神秘的な(ミステリウムtremendum 、オットー)は、脅迫神業のようです。 All are contained in the idea of "the Holy."すべての人は含まれているアイデアを"神聖な。 " Holiness, in a great variety of expressions, is the inmost core of religious faith and practice.ホーリネスは、様々な表現を、心の奥には、宗教的な信仰と実践の中核です。

In the OTは、 ot

In the OT holiness is spoken of primarily in relation to God, eg, "the Lord is holy!" otは、神聖で話さの神、主に関連して、例えば、 "主は、神聖な! " (Ps. 99:9). ( ps. 99:9 ) 。 Holiness refers to his essential nature; it is not so much an attribute of God as it is the very foundation of his being.ホーリネスを参照して彼の本質的な性質;ことはそれほど多くの属性の神として彼のことは、非常に財団ている。 "Holy, holy, holy is the Lord of hosts" (Isa. 6:3). "聖なる、聖なる、聖なる主のホストは、 " ( isa. 6時03分) 。 Thrice holy, intensely holy is the Lord.三度聖なる、聖なるは、極度の主です。 Holiness, accordingly, is the background for all else declared about God.ホーリネス、したがって、他の宣言の背景についてのすべての神です。

The first use of the word "holy" in the OT (Exod. 3:5) points to the divine sacredness.使用する単語の最初の"神聖な"というot ( exod. 3時05分)を指して、神の神聖です。 "Do not come near" - God speaks to Moses from the burning bush, "remove your sandals from your feet, for the place on which you are standing is holy ground." "近くに来ていない" -神話すムーサーからの書き込みに、ブッシュ大統領は、 "あなたの足からサンダルを削除してください、あなたが立って上で、場所は聖地です。 " The holy is God's inviolable sacredness.神聖不可侵の神聖は神のです。 It is only after this encounter with the holy God that Moses is given the name of God as the Lord (Yahweh), the one who will graciously deliver Israel from Egypt.遭遇した後にのみ、このことは、聖なる神はモーセが神の名を与えられたとして、主(ヤハウェ)は、 1つのエジプトからイスラエルwhoは、優雅に配信します。 The Redeemer is first of all the holy God.身請けは、まず第一に、聖なる神です。 At Mount Sinai, after this deliverance and preparatory to the giving of the law, the sacredness of God is again vividly shown forth: the Lord "descended upon it in fire... and the whole mountain quaked violently" (Exod. 19:18).マウントサイナイは、この救出した後、同法の準備を与えるのは、神の神聖さが再び鮮やかに表示記載:主"の子孫にして全体の山火事...と激しくquaked " ( exod. 19:18 ) 。 The Israelites are not allowed to come up the mountain "lest he break forth upon them" (Exod. 19:24).イスラエルはできませんが表示されるまでの山"しないように彼はかれらドッと出てくる" ( exod. 19:24 )です。 Thus memorably is all Israel, like Moses earlier, confronted with the elemental divine holiness.したがって残るはすべて、イスラエル、以前のように、ムーサー、神に直面してホーリネスの元素です。

Holiness bespeaks also the majesty and awesomeness of God.ホーリネスbespeaks awesomenessまた、陛下と神のです。 He is majestic in holiness (Exod. 15:11), and the very being of God is such as to provoke awe and fear.彼は雄大で神聖( exod. 15:11 )と神のは非常に畏怖の念と恐怖を刺激するなどです。 Jacob at Bethel, in a dream beholding the exalted Lord, awakens to cry, "How awesome is this place! This is none other than the house of God, and this is the gate of heaven" (Gen. 28:17).ジェイコブはベテルは、高貴な夢beholding 、主よ、起こしを見て泣く、 "この場所はどのようawesome !これはなし以外の家の神となり、これは、天国の門" ( Gen 。と28:17 ) 。 The primary response to God's majestic holiness is wonder, awe, even dread.の主な対応して、神の雄大な神聖さは、驚異、畏敬の念も、恐怖です。 So does the psalmist proclaim: "Worship the Lord in holy array; tremble before him, all the earth" (Ps. 96:9).これは、賛美歌を宣言: "崇拝、主に神聖な配列;震える前に彼は、すべての地球" ( ps. 96:9 ) 。 His majestic presence calls for the response of worship and reverence.彼の雄大なプレゼンスを求めるの応答を崇拝と畏敬の念です。 It also makes for awe and trembling.また、畏敬の念と震えています。

Holiness then denotes the separateness, or otherness, of God from all his creation.ホーリネス入力し、それは、分離か、または他者、神からのすべての彼の創作です。 The Hebrew word for holy, qados, in its fundamental meaning contains the note of that which is separate or apart.神聖な言葉を、ヘブライ語、 qados 、その根本的な意味には、これは別の注意事項を連絡したり離れている。 God is totally other than the world and man: "I am God and no man, the Holy One in your midst" (Hos. 11:9).神以外の世界とは完全に男: "私は神とのない人は、神聖にして1つの中で" ( hos. 11時09分) 。 This separateness, or otherness, is first of all that of his very "Godness," his essential deity.この分離、または他者、彼のことは、まず第一に非常に" godness 、 "彼の本質的な神のような存在です。 God is not in any way (as in many religions) to be identified with anything else in all of creation.神はわけではない道(のように多くの宗教)を識別し、それ以外のすべての創作です。 Secondly, it signifies God's total apartness from all that is common and profane, from everything unclean or evil.第二に、神の総apartnessことを意味するものはすべて共通と不敬から、すべての不浄や悪からです。

Hence, holiness in relation to God refers climatically to his moral perfection.それゆえ、神聖に関連して、神は彼の道徳的な気候を完ぺきです。 His holiness is manifest in total righteousness and purity.彼の神聖さは、正義と純度のマニフェストの合計です。 The holy God will show himself holy in righteousness (Isa. 5:16).自分自身の聖なる聖なる神の正義が表示さ( isa. 5:16 ) 。 His eyes are too pure to approve evil (Hab. 1:13).彼の目があまりにも純粋な悪を承認する( hab. 1:13 ) 。 This moral, or ethical, dimension of God's holiness becomes increasingly significant in the witness of the OT.この道徳的な、あるいは倫理的、次元がますます重要な神の神聖は、目撃者は、 otです。

Everything associated with God is also holy.神はすべてに関連付けられても神聖です。 The second use of the word "holy" in the OT is found in the expression "a holy assembly" (Exod. 12:16), an assembly called by God to celebrate his "pass over" (Exod. 12:13) of Israel. 2番目の単語の使用"神聖な"という表現otが発見された"神聖な議会" ( exod. 12:16 ) 、アセンブリを祝って、神と呼ばれる彼の"通過" ( exod. 12:13 )イスラエルです。 The sabbath instituted by the Lord is "a holy sabbath" (Exod. 16:23); the heaven above is God's "holy heaven" (Ps. 20:6); God sits on his "holy throne" (Ps. 47:8); Zion is God's "holy mountain" (Ps. 2:6).導入されたの安息日の主は"聖なる安息日" ( exod. 16:23 ) ;の上には、神様が天国の"神聖な天国" ( ps. 20時06分) ;神座って彼の"神聖な玉座" ( ps. 47 : 8 ) ;ザイオンは神の"聖なる山" ( ps. 2時06分) 。 God's name is especially holy, and never to be taken in vain (Exod. 20:7; Deut. 5:11).神の名は、特に神聖な、と決してとされるには至りませんでした( exod. 20 : 07 ; deut 。 5:11 ) 。

Accordingly, God's covenant people, chosen by him, are a holy people: "You are a people holy to the Lord your God; the Lord your God has chosen you...out of all the peoples who are on the face of the earth" (Deut. 7:6).したがって、神の約束の人々 、選ばれた彼は、神聖な人々 : "あなたは、あなたの神、主の人々を聖なる;あなたの神、主が選ばれたのを... whoは、上のすべての人々の顔を、地球" ( deut. 7時06分) 。 Israel is a separated people, separated unto the Lord, and therefore is holy not first of all because of any virtue but simply because of its set-apartness.イスラエルは、区切りの人々 、別居中、かれの主、およびそのためにはまず第一に神聖な美徳のためではなく、シンプルなため、任意のapartness設定します。 But Israel is also called to holiness, thus to be a consecrated people: "I am the Lord your God. Consecrate yourselves therefore, and be holy; for I am holy" (Lev. 11:44).しかし、イスラエルは神聖とも呼ばれるが、そのためには、聖体拝領の人々 : "私はあなたの神、主です。奉献しなさいしたがって、とに神聖な;わたしは神聖な" ( lev. 11:44 )です。 Hence, the word holiness in relation to the people of God contains both the negative sense of separation and the positive of consecration.それゆえ、神聖という言葉に関連しての人々は神には、否定的な意味の分離と肯定的に自分をささげることです。 All in all, the mark of holiness is the highest expression of the covenant relationship between a holy God and his people.すべてのすべてのマークの神聖さは、最高の表現は、契約関係を神と神の人々の間で神聖です。

Whatever is connected with the religious cultus (worship, sacrifice, etc.) is also holy.どのように接続しては、宗教上の祭儀(礼拝、犠牲、等)も神聖です。 There are, eg, holy days (in addition to the holy sabbath), holy priests, holy anointing oil, holy first fruits, holy utensils.には、例えば、神聖な日中(に加えて、聖なる安息日) 、聖なる司祭、 anointing聖なる油、神聖な最初の果物、神聖な道具です。 Ceremonial cleansing and purity are required of everything, priests, vehicles of worship, the congregation itself, that participates in the cultic activity.儀式の純度が必要とのすべての浄化と、司祭は、車両の礼拝は、集会自体、その活動に参加してculticです。 Furthermore, the call to holiness (as in Lev. 11:44) may be put totally in terms of not eating unclean foods.また、ホーリネスへの呼び出しを(レフのようにします。 11:44 )年5月に完全にご利用に不浄な食品を食べていない。 Thus, in the OT there is marked stress on ritual holiness.したがって、 otは、神聖儀式にはスパムのストレスをします。

There is, however, also an increasingly strong emphasis on holiness in the moral, or ethical, sphere.には、しかし、ますます強力にも重点を置いてホーリネスは、道徳的、または倫理的、球です。 A central feature of the day of atonement is that of inward cleansing: "You shall be clean from all your sins before the Lord" (Lev. 16:30).中心的機能を贖罪の日は、対内クレンジング: "をしなければならない清潔度から、すべての罪を主の前に" ( lev. 16:30 )です。 Also there are many expressions elsewhere in the OT relating to the need for inner holiness.には多くの別の場所でも、 otに関連する表現の必要性を内側の神聖です。 For example, in reply to the question, "Who may stand in his holy place?"たとえば、返信してという質問に、 " who年5月に立つ彼の神聖な場所ですか? " the answer is given: "He who has clean hands and a pure heart" (Ps. 24:3-4).その答えは、与えられた: "彼はwhoは、清潔な手と純粋な心" ( ps. 24:3-4 ) 。 In the OT, even as the holiness of God is more and more understood to have moral content, so it is with holiness in relation to the people of God.は、 otも、神の神聖としては、ますます多くの道徳的なコンテンツには理解され、これは、ホーリネスの人々は神に関連している。

In the NTは、 NTの

The NT bears further witness to many of the aforementioned matters regarding holiness. NTのクマの目撃者の多くは、前述のより詳細な事項についてはホーリネスです。 In regard to God himself, for all that is said about his grace and love, there is no less emphasis on his holiness.これと関連し、神自身、彼のすべての会社には優雅さと愛によると、彼にはない神聖重点を置いています。 The God of love is Holy Father (John 14:11), Jesus Christ is the Holy One of God (Mark 1:24; John 6:69), and the spirit of God is the Holy Spirit.の神の愛は聖なる父(ヨハネ14:11 ) 、イエスキリストは、聖なる神の1つ(マーク1:24 ;ジョン6:69 ) 、との精神に神は聖霊です。 Indeed, the OT declaration "Our God is holy," stands forth all the more markedly with the triune God fully disclosed in the NT.確かに、 ot宣言"私たちの神は神聖な、 "スタンド記載のすべての他の顕著三位一体の神を完全に開示され、 NTのです。 Likewise, such previously noted aspects of divine holiness as sacredness, majesty, awesomeness, separateness, and moral perfection are all to be found in the NT record.同様に、神のような、以前は次の留意点として神聖神聖、陛下、 awesomeness 、分離し、道徳的な完成度はすべて記録される発見されたNTのです。 Also, God's people are called to holiness: "You shall be holy, for I am holy" (I Pet. 1:16).また、神の人々が呼ばホーリネス: "をしなければならない神聖な、私は神聖な" (私のペットです。 1:16 ) 。

It is the ethical dimension of holiness that the NT highlights.それは、倫理的次元のホーリネスは、 NTの見せ場の一つです。 Holiness moves beyond any idea of a nation outwardly holy by virtue of divine election, and demonstrating such holiness through ritual and ceremony, to a people who are made inwardly holy.ホーリネスの動きを超える国の外見上の任意のアイデアを聖なる神の美徳の選挙では、このような神聖経由してアピール式の儀式と、ひそかにして神聖な人々 whoが行われます。 Basic to this is the witness of Jesus himself, the Holy One of God, who also as the Son of man lived out a life of complete holiness, righteousness, and purity.基本的にこれは、イエスキリストの証人自身は、聖なる神の1つ、 whoも男としての息子の生活を完全に住んする神聖、正義、および純度です。 He "committed no sin; nor was any deceit found in his mouth" (I Pet. 2:22).彼は"コミットの罪;も発見さ彼の口からは、任意のペテン" (私のペットです。 2:22 ) 。 As a result of his work of redemption, believers in him are declared righteous, but also enter into true righteousness and holiness: "We have been made holy through the sacrifice of the body of Jesus Christ" (Heb. 10:10).結果として彼の作品の交換、信仰する者よ、彼は正しいと宣言、入るだけでなく、真の正義とホーリネス: "我々は犠牲にされて神聖な体を通してイエスキリスト" ( heb. 10:10 )です。

Holiness (hagiosyne) in the NT, accordingly, belongs to all believers.ホーリネス( hagiosyne )は、 NTのは、したがって、すべての信者たちに属しています。 A common term for all believers is holy ones (hagioi), usually translated as "saints."信者たちは、共通の用語のすべての神聖なもの( hagioi ) 、 24時間と訳される"聖人のです。 " "Saints," therefore, does not refer to persons preeminent in holiness, but to believers generally: all true believers are holy through Christ. "聖人、 "したがって、秀でた人ではありませんホーリネスを参照して、しかしを信仰する者よ、通常:全ての真の信者たちは、イエスキリストを通して聖なるします。 This is the central meaning of such a statement as "in Christ Jesus" is "our righteousness, holiness, and redemption" (I Cor. 1:30).これは、中央の意味をこのようなステートメントとして"イエスキリスト"は"我々の正義、ホーリネス、および交換" (私コーです。 1:30 )です。 Holiness, in the NT, is an internal reality for all who belong to Christ.ホーリネスは、 NTのは、現実には内部イエスキリストのすべてのwhoに属しています。

In addition, holiness in the sense of transformation of the total person is now envisioned.加えて、ある意味で神聖変換する人が想定さの合計です。 So, eg, does Paul write: "May the God of peace himself sanctify you [ie, make you holy] entirely ...spirit and soul and body" (I Thess. 5:23).そのため、例えば、ここでポール: " 5月の神の平和自分自身を浄化する[すなわち、神聖にする]を完全に...精神と魂と体" (私thess 。 5:23 ) 。 Since God is totally holy, his concern is that his people likewise become completely holy.神は完全に聖なる以来、彼は、彼の人々の懸念を完全に聖なる同様になる。 Hence, holiness is not only an internal reality for the believer but also that which is to be perfected: "Let us cleanse ourselves from all defilement of flesh and spirit, perfecting holiness in the fear of God" (II Cor. 7:1).それゆえ、ホーリネスの内部だけではない現実には、信者だけでなく、これは完成される: "すべてのdefilementからのご連絡を清めて自分の肉体と精神を、完ぺきに神の神聖さへの恐怖" (二コーです。 7時01分)です。

Believers, as the saints of God, are "a chosen race, a royal priesthood, a holy nation" (I Pet. 2:9).信仰する者よ、神の聖人としては、 "選ばれたレースは、ロイヤル聖職に就くは、神聖な国" (私のペットです。 2時09分) 。 The holy nation is no longer Israel but the church, nor is holiness any longer that to which a people are set apart and consecrated, but that which has now become an inward reality and in which they are being gradually transformed.イスラエルの神聖な国が、教会はもはや、またはもはやホーリネスの人々が設定することを離れ、聖体拝領が、その内側には、今すぐ現実になるとされて徐々に変換されています。 The final goal: "that he [Christ] might present to himself the church in all her glory, having no spot or wrinkle or any such thing, but that it should be holy and blameless" (Eph. 5:27).の最後の目標: "という彼[イエスキリスト]かもしれない自分の教会に出席してすべての彼女の栄光は、スポットやしわがない、またはそのようなことは、聖なるれていることをすべきであると清廉潔白" ( eph. 5:27 ) 。

In Church History教会での歴史

In the history of the church, holiness has been viewed from many perspectives.教会の歴史の中、多くの視点からの人気の神聖されています。 In the Roman Catholic and Eastern Orthodox traditions several may be noted: (1) Ascetic.東方正教会は、ローマカトリックの伝統といくつかの5月に注意: ( 1 )禁欲主義者です。 The pursuit of holiness by fleeing the world (forsaking secular occupation, marriage, worldly goods), hence limited to the few; holiness to be achieved by prayer vigils, fasting, selfmortification; the saints, or the religious, being those who thereby have gained a higher level of holiness.逃走中の神聖さを追求し、世界( forsaking世俗的職業、結婚、世俗財) 、それゆえに制限され、いくつかの;ホーリネスをvigilsに達成すべき目標を祈り、断食、 selfmortification ;の聖人か、または、宗教、それがそれらが得whoホーリネス、より高いレベルのです。 (2) Mystical. ( 2 )神秘的です。 Holiness to be attained not so much by fleeing the world as by rising above it, a ladder of holiness with various stages such as purgation, illumination, contemplation until there is spiritual absorption in God.ホーリネス達成されるというよりは世界から逃走する上記のように上昇し、様々な段階で、はしごのような神聖浄化、照明、熟考するまで精神的には、神の存在を吸収します。 The barrier to holiness is not so much human sin as human finitude, one's bondage to the creaturely and temporal.ホーリネスの障壁となる人間の罪としてはそれほど人間の有限性、 1つのとりこになってcreaturelyと時間です。 (3) Sacramental. ( 3 )聖礼典のです。 Holiness imparted through the supernatural grace of the sacraments; hence sacramental (unlike ascetic and mystical) holiness is available to all.ホーリネス超自然的猶予を付与する秘跡;それゆえ聖礼典(とは異なり、神秘的な禁欲主義者)の神聖さは、すべて利用できるようにします。 Moreover, this objective infusion of holiness, though of a lesser degree than that attainable by ascetic or mystic, is given objectively without all the struggle involved.また、この目標の注入ホーリネス、度に比べてそれほどではないにかかわらず、禁欲主義者や神秘的な到達可能で、客観的に与えられたのすべての闘争が関わっています。

Classical Protestantism (sixteenth century) was largely a movement away from ascetic, mystical, and sacramental views of holiness into a more biblical perspective.古典的プロテスタント( 16世紀)からの運動はほとんど禁欲的、神秘的、および聖礼典の再生回数の神聖を他の聖書の視点です。 Soon, however, a number of diverging emphases were to emerge: (1) Disciplinary.すぐに、しかし、未来の大切なは、いくつかの分岐をemergeする: ( 1 )懲戒です。 A stress on ecclesiastical discipline and obedience to God's commandments as the way of holy living; the cultivation of a serious, often austere, life viewed as the mark of a God-fearing and truly holy man (eg, Scottish Presbyterians, English Puritans).ストレスを教会の規律との服従を神の戒めとしての道の神聖な生活;の栽培に深刻な、しばしば緊縮、日本での生活の人気のマークは、神を恐れると真に神聖な男(例えば、スコットランドpresbyterians 、英語ピューリタン) 。 (2) Experimental. ( 2 )実験です。 A reaction in various ways against rigid orthodoxy, formalism, and the externals of faith, institution, ritual, creed (in some cases, even the Scriptures), to get into the spiritual; the holy viewed as the inner life to be cultivated and practiced (variously, Anabaptists, Quakers, Lutheran pietists).剛体の正統性に対する反応は様々な方法、形式、および信仰の外観、機関、儀式、信条(にいくつかのケースでも、聖書は) 、に入るための精神的;の神聖な人気としての人生を、内側の練習に栽培さ(さまざまな、 anabaptists 、クエーカー教徒、ルター派pietists ) 。 (3) Perfectionist. ( 3 )完ぺき主義者です。 Total holiness, "entire sanctification," possible not through works but by faith; in addition to the holiness given in initial faith and growth in holiness there is the call of God to complete holiness through the eradication of sin and the gift of perfect love (Wesley, later holiness movements).合計ホーリネス、 "全体の清浄化、 "可能性はなく、信仰のない作品を通して;に加えて、ホーリネス信仰と成長を与えられた最初の神聖さには神への呼び出しを完了するの根絶を通じてホーリネス罪と完全な愛の贈り物(ウェスリー、ホーリネスへの動き) 。

From the preceding brief review of certain perspectives (Catholic, Orthodox, Protestant) on holiness, the need for a truly biblical and reformed understanding is apparent.より、上記の簡単な日の特定の視点(カトリック、ギリシャ正教、プロテスタント)をホーリネス、聖書の必要性を真に理解すると改革は明白です。 Such renewed understanding could be one of the most significant theological undertakings of our time.このような新たな理解が最も重要な神学の1つの時間を約束します。

JR Williams jrウィリアムズ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
HERE, VI, 743-50; OR Jones, The Concept of Holiness; A. Koeberle, The Quest for Holiness; A. Murray, Holy in Christ; S. Neill, Christian Holiness; R. Otto, The Idea of the Holy; JC Ryle, Holiness; S. Taylor, Holy Living.ここでは、六、 743から50 ;またはジョーンズは、概念を神聖; a. Koeberle 、 、 、クエストをホーリネス; a.マーレー、神聖な、キリスト; s.ネイル、キリスト教のホーリネス; r.オットー、という考えは、神聖な; jcライル、神聖; s.テイラー、神聖な生活です。


Holinessホーリネス

Catholic Information カトリックの情報

(AS hal, perfect, or whole). (としてのHALは、完璧な、または全体) 。 Sanctitas in the Vulgate of the New Testament is the rendering of two distinct words, hagiosyne (1 Thess., iii,13) and hosiotes (Luke 1:75; Ephesians 4:24). sanctitasは、ウルガタ聖書は、新約聖書は、レンダリングの2つの明確な言葉を、 hagiosyne ( 1 thess 。 、 3世、 13 )とhosiotes (ルーク1:75 ;エペソ人への手紙4:24 ) 。 These two Greek words express respectively the two ideas connoted by "holiness" viz.: that of separation as seen in hagios from hagos, which denotes "any matter of religious awe" (the Latin sacer); and that of sanctioned (sancitus), that which is hosios has received God's seal.これらの2つのギリシャ語の単語エクスプレスconnotedされ、それぞれ2つのアイデア"ホーリネス" viz 。 :それhagiosからの分離に見られるようにhagos 、これを示し"すべての宗教的な畏怖の念の問題" (ラテン語sacer ) ;との認可( sancitus ) 、そしてそれは神のシールhosiosが受信します。 Considerable confusion is caused by the Reims version which renders hagiasmos by "holiness" in Hebrews 12:14, but more correctly elsewhere by "sanctification", while hagiosyne, which is only once rendered correctly "holiness", is twice translated "sanctification".ランスはかなりの混乱が原因で発生するバージョンをレンダリングhagiasmos "神聖"とヘブル人への手紙12:14 、しかし、もっと正確に他の"神聖" 、 hagiosyneながら、これは正しくレンダリングに一度だけ"神聖" 、 2回の翻訳は"神聖"です。

St. Thomas (II-II:81:8) insists on the two aspects of holiness mentioned above, viz., separation and firmness, though he arrives at these meanings by dint of the etymologies of Origen and St. Isidore.セントトーマス( 2 - 2 : 81:8 )の2つの側面を主張してホーリネス上述したように、 viz 。 、分離と断固とした態度は、これらの意味に到着かかわらず、彼の勤勉な起源を原産地と聖ISIDOREにします。 Sanctity, says the Angelic Doctor, is the term used for all that is dedicated to the Divine service, whether persons or things.尊厳、医師によると、天使のような、という用語が使用されるすべてのサービスには専用の神を、人や物事かどうかです。 Such must be pure or separated from the world, for the mind needs to be withdrawn from the contemplation of inferior things if it is to be set upon the Supreme Truth -- and this, too, with firmness or stability, since it is a question of attachment to that which is our ultimate end and primary principle, viz., God Himself -- "I am sure that neither death, nor life, nor angels. . . nor any other creature shall be able to separate us from the love of God" (Romans 8:38-39).このような純粋なたりしなければならないの世界から分離さ、心の廃止廃止する必要があります。熟考の下から物事を設定する場合には、最高真理-とは、あまりにも、断固とした態度や安定性、これはある質問そしてそれは私たちの添付ファイルを究極の目的と主な原則として、 viz 。 、神がわたしたち自身-"私はどちらの死を確認しても、人生、また天使たち。 。 。 。 。他の生き物もできるようにしなければならない個別の問い合わせからの愛を神" (ローマ人への手紙8:38-39 ) 。 Hence St. Thomas defines holiness as that virtue by which a man's mind applies itself and all its acts to God; he ranks it among the infused moral virtues, and identifies it with the virtue of religion, but with this difference that, whereas religion is the virtue whereby we offer God due service in the things which pertain to the Divine service, holiness is the virtue by which we make all our acts subservient to God.それゆえセントトーマスとして定義されて神聖さを美徳の男が自分自身の心の適用とそのすべての行為を神;彼は道徳的な美徳注入間の階段を上ること、および識別することが美徳の宗教ではなく、この違いは、一方宗教は神のための美徳ですサービスを提供しているものを神のサービスに関連して、神聖さを美徳は、私たちを神に従属するすべての行為です。 Thus holiness or sanctity is the outcome of sanctification, that Divine act by which God freely justifies us, and by which He has claimed us for His own; by our resulting sanctity, in act as well as in habit, we claim Him as our Beginning and as the End towards which we daily unflinchingly tend.したがってホーリネスや尊厳は、清浄化の結果を、神の行為を正当化され、自由に神の問い合わせ、および問い合わせを彼は彼自身の主張;結果の神聖さを私たちは、習慣の行為だけでなく、私たちの主張彼を開始私たちと毎日の最後に向け果敢になる傾向があります。 Thus in the moral order sanctity is the assertion of the paramount rights of God; its concrete manifestation is the keeping of the Commandments, hence St. Paul: "Follow peace with all men, and holiness [sanctimoniam, hagiasmon]: without which no man shall see God" (Hebrews 12:14).このようには、道徳的な秩序の尊厳は、パラマウントの権利を主張した神;その具体的な症状は、維持を戒め、それゆえ聖パウロ: "次の平和とすべての人、およびホーリネス[ sanctimoniam 、 hagiasmon ] :なしされていない男神は参照" (ヘブル人への手紙12:14 ) 。 The Greek word should ne noted; it is generally rendered "sanctification", but it is noteworthy that it is the word chosen by the Greek translators of the Old Testament to render the Hebrew (rendered as Ayin-Zayin), which properly means strength or stability, a meaning which as we have seen is contained in the word holiness.ギリシャ語のメモは、ネブラスカ;ことは一般的にレンダリング"神聖化" 、しかし、ことは特筆に値するという言葉によって選ばれたことは、旧約聖書のギリシャ語の翻訳をレンダリングするヘブライ語(レンダリングさガイン-ザイン)に適切な手段の強さや安定性は、私たちが見られるとしての意味が含まれている単語は神聖です。 Thus to keep the Commandments faithfully involves a very real though hidden separation from this world, as it also demands a great strength of character or stability in the service of God.十戒を守るために忠実に非常に現実的には、この世界から分離隠しかかわらず、要求することも大きな力を文字またはサービスの安定を神のです。

It is manifest, however, that there are degrees in this separation from the world and in this stability in God's service.これはマニフェスト、しかし、それには、この度の世界からの分離と、この神のサービスの安定にします。 All who would serve God truly must live up to the principles of moral theology, and only so can men save their souls.すべてのwhoは本当に神に仕えるの原則に恥じない行動をする必要があります道徳的な神学し、男性のみのために自分の魂を滅ぼし後のために保存します。 But others yearn for something higher; they ask for a greater degree of separation from earthly things and a more intense application to the things of God.しかし、何か他にあこがれる高い;彼らにある程度の分離を求めるより大きなこの世のものとするアプリケーションを他の強烈な神のものです。 In St. Thomas's own words: "All who worship God may be called 'religious', but they are specially called so who dedicate their whole lives to the Divine worship, and withdraw themselves from worldly concerns, just as those are not termed 'contemplatives' who merely contemplate, but those who devote their whole lives to contemplation".セントトーマス自身の言葉で: "すべてのwho崇拝の神と呼ばれる5月に'宗教'が、それらは特別と呼ばれるように全体の命をささげるwho神を崇拝し、撤回そのものより世俗的な点がございましたら、同じようにこれらの表現はない' contemplatives ' who単に沈思黙考するが、それらwhoささげる彼らの生活全体を熟考"です。 The saint adds: "And such men subject themselves to other men not for man's sake but for God's sake", words which afford us the keynote of religious life strictly so-called (II-II:81:7, ad 5um).のサン追加: "とこのような男性アジ研自体を他の男性のない男のためのしかし、神のために" 、余裕の言葉を厳密に問い合わせの基調のいわゆる宗教的な生活( 2 - 2 : 81:7 、広告の掲載5um ) 。

Publication information Written by Hugh T. Pope.出版物の情報執筆者ヒューt.法王です。 Transcribed by Robert B. Olson.ロバートBオルソン転写されています。 Offered to Almighty God for His graces and blessings granted to Fr.全能の神を提供する彼の恩寵と祝福フランス語付与されています。 Jeffrey A. Ingham The Catholic Encyclopedia, Volume VII.ジェフリーa.インガムのは、カトリックの百科事典、第20巻Ⅶ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.公認、 1910年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Newman, Sermons, vol.ニューマン、説教、 !です。 I: Holiness Necessary for Future Blessedness; Fuller, The Holy and the Profane State; Mallock, Atheistic Methodism and the Beauty of Holiness, Essay V in Atheism and the Value of Life (London, 1884); Faber, Growth in Holiness (London, 1854).私:ホーリネスに必要な将来の至福の;フラーは、神聖と世俗国家;マロック、無神論メソジストとホーリネスの美しさを、エッセイv 、無神論と人生の価値を(ロンドン、 1884 ) ;フェーバー、成長を神聖(ロンドン、 1854 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです