Book of Hosea, Osee予約のホセア書、 osee

General Information 総合情報

The Book of Hosea is one of the books of the Minor Prophets in the Old Testament of the Bible.その本の書籍のいずれかのホセア書は、旧約聖書の小預言者は、聖書です。 Its name is taken from the prophet Hosea, who lived in the northern kingdom between 755 and 725 BC.その名は、預言者ホセア書から、 who北部王国の間に住んで紀元前755と725 。 The book is divided into two parts.この本は、 2つの部分に分かれています。 The first part (chaps. 1 - 3) tells the story of Hosea's marriage to an unfaithful wife.の最初の部分( chaps. 1 -3 )ホセア書はその物語の不貞の妻との結婚をする。 Hosea used this personal tragedy as a parable of the relationship between God and Israel.ホセア書として使用される、この寓話の個人的な悲劇の神とイスラエル間の関係です。 In the second part (chaps. 4 - 14) the theme of unfaithfulness is developed.第二部( chaps. 4 -1 4)は、不貞をテーマに開発された。 The prophet rebukes corrupt leaders and priests and chastises the Israelites for their superstition and idolatry. Hosea was the first biblical writer to use the imagery of marriage as an illustration of the relationship between God and his people.預言者ムハンマドrebukes壊れてchastises司祭とイスラエルの指導者との迷信と偶像崇拝です。 ホセア書は、聖書の最初のイメージを使用して作家としての結婚生活の間の関係のイラスト神と神の人々です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
George W Coatsジョージワットコート

Bibliography 書誌事項
JL Mays, Hosea, A Commentary (1969); G Cohen, and HR Vandermey, eds., Hosea and Amos (1981); JM Ward, Hosea, A Theological Commentary (1966). jlメイズ、ホセア書は、解説( 1969 ) ;グラムコーエン、および時間vandermey 、のEDS 。 、ホセア書、アモス( 1981 ) ; jm区、ホセア書は、神学的解説( 1966 ) 。


Book of Hosea, Osee予約のホセア書、 osee

Brief Outline簡単な概要

  1. Hosea's unhappy marriage and its results (1-3)ホセア書の不幸な結婚生活とその結果( 1-3 )
  2. Priests condone immorality (4)司祭大目に不道徳( 4 )
  3. Israel's sin will be punished unless she repents (5)イスラエルの罪で処罰されない限りは彼女repents ( 5 )
  4. Israel's sin is thoroughgoing; her repentance half-hearted (6)イスラエルの罪は徹底的な;彼女の後悔中途半端な( 6 )
  5. Inner depravity and outward decay (7)内側と外側に堕落崩壊( 7 )
  6. Nearness of Judgment (8)類似の判断( 8 )
  7. Impending calamity (9)差し迫った災難( 9 )
  8. Israel's guilt and punishment (10)イスラエルの罪と罰( 10 )
  9. God pursues Israel with Love (11)イスラエルの神を追求するより愛をこめて( 11 )
  10. Exhortation to repentance, with promised restoration (12-14)勧告を悔い改め、お約束の復旧( 12-14 )


Hose'a hose'a

Advanced Information 高度情報

Hosea, salvation, the son of Beeri, and author of the book of prophecies bearing his name.ホセア書、救いは、息子のbeeri 、との予言軸受本の著者は、彼の名を入力します。 He belonged to the kingdom of Israel.彼はイスラエル王国に属しています。 "His Israelitish origin is attested by the peculiar, rough, Aramaizing diction, pointing to the northern part of Palestine; by the intimate acquaintance he evinces with the localities of Ephraim (5:1; 6:8, 9; 12:12; 14:6, etc.); by passages like 1:2, where the kingdom is styled the land, and 7:5, where the Israelitish king is designated as our king." "彼の起源が証明された独特のisraelitish 、ラフ、 aramaizing言葉遣い、パレスチナの北部を指して; evincesの親密な交際を彼の地方のエフライム( 5:1 ;午前6時08分、 9 ; 12:12 ; 14 : 6 、等) ;られた通路のような1:2 、どこの王国は、スタイルの土地、および7時05分、ここでの私たちキングisraelitish王として指定されています。 " The period of his ministry (extending to some sixty years) is indicated in the superscription (Hos. 1: 1, 2).彼の部の期間( 60年延長をいくつか)が示されている表題( hos. 1 : 1 、 2 ) 。 He is the only prophet of Israel who has left any written prophecy.彼は、イスラエルの預言者のみwhoは、左の任意の書かれた予言します。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Prophecies of Hose'a予言のhose'a

Advanced Information 高度情報

This book stands first in order among the "Minor Prophets."この本を最初にするためにスタンドの間の"小預言者です。 " "The probable cause of the location of Hosea may be the thoroughly national character of his oracles, their length, their earnest tone, and vivid representations." "ホセア書の場所を推定が原因で発生するかもしれない国家の文字を徹底的に彼のoracles 、その長さ、彼らの真剣なトーン、および鮮やかに表現します。 " This was the longest of the prophetic books written before the Captivity.これは、最長の予言を監禁する前に書かれた書籍です。 Hosea prophesied in a dark and melancholy period of Israel's history, the period of Israel's decline and fall.憂鬱な予言をホセア書は、暗い色とイスラエルの歴史の期間は、イスラエルの衰退と秋の期間です。 Their sins had brought upon them great national disasters.彼らの罪かれらにとって国家的災害ていた。 "Their homicides and fornication, their perjury and theft, their idolatry and impiety, are censured and satirized with a faithful severity." "彼らの姦淫殺人事件と、彼らの偽証や盗難、彼らの偶像崇拝と不信心は、忠実な重症度を非難するとsatirized 。 " He was a contemporary of Isaiah.彼は、現代のイザヤ書です。 The book may be divided into two parts, the first containing chapters 1-3, and symbolically representing the idolatry of Israel under imagery borrowed from the matrimonial relation.この本の2つの部分に分けられる5月の最初の章を含む1-3 、イスラエルの偶像崇拝を表す象徴とされてからの婚姻関係借り物の画像です。

The figures of marriage and adultery are common in the Old Testament writings to represent the spiritual relations between Jehovah and the people of Israel.この数字の結婚生活の共通して認められると姦通は、旧約聖書の記述間の関係を代表して精神的なエホバの人々はイスラエルとします。 Here we see the apostasy of Israel and their punishment, with their future repentance, forgiveness, and restoration.背教の詳細については、ここで、イスラエルとその罰、その将来の後悔、許し、および修復します。 The second part, containing 4-14, is a summary of Hosea's discourses, filled with denunciations, threatenings, exhortations, promises, and revelations of mercy. 2番目の部分を含む4-14は、ホセア書の談話の概要を、満ちているのない非難、 threatenings 、 exhortations 、約束し、啓示の慈悲です。 Quotations from Hosea are found in Matt.マットホセア書からの引用句が見つかりました。 2:15; 9:15; 12:7; Rom. 2:15 ; 9:15 ;午前12時07分; ROMから起動します。 9:25, 26. 9時25分、 26 。 There are, in addition, various allusions to it in other places (Luke 23:30; Rev. 6:16, comp. Hos. 10:8; Rom. 9:25, 26; 1 Pet. 2:10, comp. Hos. 1:10, etc.).には、加えて、様々なallusionsして他の場所(ルカ23:30 ;改訂6:16 、のCOMPです。 hosです。 10 : 08 ; ROMから起動します。 9時25日、 26日; 1のペットです。 2:10 、のCOMPです。 hosです。 1:10 、等) 。 As regards the style of this writer, it has been said that "each verse forms a whole for itself, like one heavy toll in a funeral knell."この点に関して、この作家のスタイルを、されによると、 "全体を形成するため、各詩自体、大きな被害を与えるような1つの弔いの鐘を。 " "Inversions (7:8; 9:11, 13; 12: 8), anacolutha (9:6; 12:8, etc.), ellipses (9:4; 13:9, etc.), paranomasias, and plays upon words, are very characteristic of Hosea (8:7; 9:15; 10:5; 11:5; 12:11)." "逆転(午前7時08分;午前9時11分、 13 、 12 : 8 ) 、 anacoluthonの複数形( 9時06分、 12時08分、等) 、楕円( 9時04分、 13時09分、等) 、 paranomasias 、および再生時の言葉は、ホセア書は非常に特徴(午前8時07分; 9:15 ;午前10時05分、 11時05分; 12:11 ) 。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Osee osee

Catholic Information カトリックの情報

NAME AND COUNTRY名前と国

Osee (Hôsheá‘–Salvation), son of Beeri, was one of the Minor Prophets, and a subject of the Ephraimite Kingdom which he calls "the land", whose king is for him "our king", and the localities of which are familiar to him, while he speaks of Juda but seldom and does not even make mention of Jerusalem. osee ( hôsheá' -救い) 、息子のbeeri 、預言者は、 1つのマイナー、および、アジ研は、エフライム族の王国を彼は"その土地"で、その王は彼の"我々の王様"との自治体には、親しみをしてしまったら、中judaしかし、彼は話すのはめったにないとエルサレムに言及したことはありません。

TIME OF HIS MINISTRY時の彼の省

According to the title of the book, Osee prophesied during the reign of Jeroboam II in Israel, and in the time of Ozias, Joatham, Achaz, and Ezechias, kings of Juda, hence from about 750 to 725 BC The title, however, is not quite satisfactory and does not seem to be the original one, or, at least, to have been preserved in its primitive form.その本のタイトルによると、 osee予言jeroboam 2世の治世中に、イスラエル、日本、とは、時間をozias 、 joatham 、 achaz 、およびezechias 、王juda 、それゆえに750から725まで紀元前のタイトルについては、しかし、特定非常に満足のいくものではありませんが、元のように1つ、または、少なくとも、原始的には、そのフォームに保存されている。 None of the historical allusions with which the prophecy is filled appears to be connected with any event later than the reign of Manahem (circa 745-735); there is nothing concerning the Syro-Ephraimite war against Juda, nor the terrible intervention of Tiglath-Pileser III (734-733).なしの歴史的allusionsには、予言がいっぱいに表示されるよりもつながって任意のイベントへの統治のmanahem ( circa 745から735まで) ;ものはないsyro -エフライム族の戦いに関するjuda 、またその過酷な介入tiglath - pileser 3世(七三四から七三三まで) 。 The era of the Prophet, therefore, if it is to be judged from his writings, ought to be placed about 750-735; he was perhaps contemporaneous with the closing years of Amos and certainly with the first appearance of Isaias.預言者ムハンマドの時代に、したがって、と判断される場合には彼の文章から、約したい場合に使います。七百五十から七百三十五に置かれる;彼はおそらく、閉会年間の同時期にアモスとisaias確かに、最初の外観です。 The reign of Jeroboam II was marked by great and glorious external prosperity; but this prosperity contributed to make the political and religious decadence more rapid. jeroboam 2世の治世中には、スパムを素晴らしいと栄光の外付けの繁栄;しかし、この繁栄に貢献し、政治や宗教の退廃に他の急速な。 Political dissolution was approaching.政治的な解散が近づいています。 Zachary, son of Jeroboam, was assassinated after a reign of six months.ザカリー、息子のjeroboam 、暗殺の統治の末に6ヶ月間です。 His murderer, Sellum, retained the sceptre but one month, and was put to death by Manahem, who occupied the throne for ten years, 745-735.彼の殺人犯、 sellum 、多重しかし、 1カ月間保持していたにされて死亡したmanahem 、 whoが占領して王座を10年間、七四五から七三五までです。 Israel was hastening to its ruin, which was to be completed by the taking of Samaria by Sargon (722).イスラエルは、急いでその破滅させる、これが撮影されるまでに完了するサマリアをサルゴン( 722 ) 。

THE BOOK OF OSEEこの本のosee

It always occupies the first place among the twelve minor prophets, most probably on account of its length.それは常に1位を占めては、 12小預言者のうち、ほとんどのアカウントは、おそらくその長さにします。 In point of time Amos preceded it.アモスポイントの時間に先行してください。 The book is divided into two distinct parts: cc.この本に分かれて2つの部品:電流条件 i-iii, and cc.私- 3世、とCCです。 iv-xiv.四- 14 。 (a) In the first part, Osee relates how, by order of Jahve, he wedded Gomer, a "wife of fornications", daughter of Debelaim, in order to have of her "children of fornications":–symbols, on the one hand, of Israel, the unfaithful spouse who gave to Baal the homage due to Jahve alone; and, on the other, figures of the children of Israel, who in the eyes of Jahve, are but adulterous children. (ア)での最初の部分は、どのように関係osee 、 jahveの順序を、彼は結婚gomerは、 "妻fornications " 、娘debelaimは、彼女のためには"子供たちfornications " : -シンボル、上の1つしかし、イスラエルのは、浮気をする配偶者に渡したwho jahveだけのためにバールの敬意と、上、他の、フィギュアの子供たちは、イスラエル、日本、 whoの人の目にjahve 、子供たちは、しかし、姦通のです。 The outraged husband incites the children against their guilty mother, whom he prepares to punish: while for the children themselves is reserved a fate in keeping with their origin.夫の激怒に反してその罪を犯した誘発の子供たちの母親、御心に適う準備を進めて罰する:中は、子供たち自身が確保されて、彼らの運命の起源です。 The first is named Jezrahel–the reigning dynasty is about to expiate the blood shed by its ancestor Jehu in the valley of Jezrahel.名前の最初のjezrahelは現王朝の罪滅ぼしをする血液中の小屋には約その祖先の谷のjezrahelイエフにします。 The second is a daughter, Lô-Ruhamah, "disgraced"–Jahve will be gracious no more to his people. 2番目の娘は、 lô - ruhamah 、 "面目をつぶされた" - jahveされる優雅な彼の人々をこれ以上です。 The third is called Lô- ‘Ammi, "not my people"–Jahve will no longer recognize the children of Israel as his people. 3番目と呼ばlô - ' ammi 、 "人々は私" - jahveは、もはやイスラエルの子孫として認識して彼の人々です。 However, mercy will have the last word.しかし、慈悲には、最後の言葉です。 Osee is commanded to receive Gomer again and to prepare her, by a temporary retirement, to renew conjugal intercourse–Israel was to prepare herself in captivity to resume with Jahve the relationship of husband and wife. gomerを受信するよう命じoseeは再び彼女を準備すると、一時的な退職後の、夫婦の性交を更新する自身を準備する-イスラエルが監禁さjahveを再開するとの関係を夫と妻です。 Is the marriage of Osee historical or purely allegorical?歴史的またはoseeは、純粋な寓話の結婚ですか? The hypothesis most in favour at present says that the marriage is historical, and the grounds for it are, (1) the obvious sense of the narrative; (2) the absence of any symbolical sense in the words Gomer and Debelaim; (3) that the second child is a daughter.現在ほとんどのに賛成の仮説によると、結婚は、歴史的、及びその理由には、 ( 1 )の意味での明白な物語、 ( 2 )任意の象徴的意味がないとgomerの言葉debelaim ; ( 3 ) 2番目の子供が娘にします。 It appears to us, however, with Davidson (Hastings, "Dict. of the Bible", II, 421 sqq.) and Van Hoonacker, that the first reason is not convincing.問い合わせように見えますが、しかし、デビッドソン(ヘイスティングス、 " dictのです。の聖書" 、 2世、 421 sqq 。 )とヴァンhoonacker 、説得力の最初の理由ではない。 A careful reading of cc.を慎重に読書の電流条件 i-iii discloses the fact that the action is extremely rapid, that the events are related merely in order to express a doctrine, and, moreover, they appear to take place within the single time requisite to one or two speeches.私-三開示のアクションという事実は非常に急速に、関連しただけでは、イベントがドクトリンを表明するために、そして、また、彼らの1つの場所に表示される時間を取る必要なスピーチを1つまたは2つです。 And yet, if these events are real, a large part of the Prophet's life must have been spent in these unsavoury circumstances.にもかかわらず、これらのイベントは、本物のは、預言者ムハンマドの人生の大部分を費やされている必要がありますが、これらの気の抜けた状況です。 And again, the names of the children appear to have been bestowed just at the time that their meaning was explained to the people.と繰り返しになりますが、子供たちの名前を授与され表示されるちょうどそのころのことを説明し、人々は、その意味します。 This is especially the case with regard to the last child: "Call his name, Not my people: for you are not my people …" Another reason for doubting this hypothesis is that it is difficult to suppose that God ordered His Prophet to take an unfaithful wife mearely with a view to her being unfaithful and bearing him adulterous children.これは特に事件に関しては、以下の最後の子: "コール彼の名前ではなく、私の人々 :あなたが私の人々は… "もう一つの理由は、この仮説を疑うことは困難であると仮定して、神が彼の預言者に指示を取るmearely不貞の妻と浮気を対象に彼女が彼と軸受不純な子供たちです。 And how are we to explain the fact that the prophet retained her notwithstanding her adultery till after the birth of the third child, and again received her after she had been in the possession of another?とはどのように私たちの預言者という事実を説明するにもかかわらず彼女の不倫まで保持彼女の誕生した後、 3番目の子供と、彼女の後、彼女は再び受け取った保有していた別のですか? That the second child was a daughter may be explained by dramatic instinct, or by some other sufficiently plausible motive. 2番目の子供は娘が5月の劇的な本能によって説明されるか、またはいくつかの他の十分な説得力の動機です。 There remain the names Gomer and Debelaim. gomerとdebelaimの名前が残っています。 Van Hoonacker proposes as possible translations: consummation (imminent ruin), doomed to terrible scourges; or top (of perversity), addicted to the cakes of figs (oblations offered to Baal).ヴァンhoonacker提案可能な限りの翻訳:終焉(差し迫った破滅させる) 、恐ろしい運命に災い;またはトップへ(つむじ曲がり) 、にはまって、ケーキの図版( oblations提供するバール)です。 Nestle also translates Bath Debelaim by daughter of the cakes of figs, but in the sense of a woman to be obtained at a small price (Zeitsch. für alttest. Wissenschaft, XXIX, 233 seq.).ネスレもdebelaimバスに変換され、ケーキの図版の娘、しかし、女性を意識することによって得小価格( zeitsch. für alttestです。家庭、 29 、 233 seq 。 ) 。 These are but conjectures; the obscurity may be due to our ignorance.しかし、これらは推測し、私たちの無知のためにあいまいさがあります。 Certain it is at least that the allegorical meaning, adopted by St. Jerome, satisfies critical exigencies and is more in conformity with the moral sense.特定のことは、少なくともは、寓話の意味は、聖ジェロームに採用され、重要な難局を満たすとは、道徳的な意味の他に適合するようにします。 The doctrinal meaning is identical in either case and that is the only consideration of real importance.教義上の意味は同じで、いずれの場合も、それは本当の重要性を考慮しただけです。

(b) The second part of the book is the practical and detailed application of the first.結果( b ) 2番目の部分は、その本の最初の実用的かつ詳細なアプリケーションです。 Van Hoonacker divides it into three sections, each of which terminated with a promise of salvation (iv-vii, 1a … vii, 1b-xi … xii-xiv).ヴァンhoonackerの3つのセクションに分割して、それぞれの救いを終了すると約束した( 4 - 7 、 1 … 7 、 1b - xi … 12 - 14 ) 。 We may accept this division if we also admit his ingenious interpretation of vi, 11-viii, 1a:–And yet Juda, I shall graft on thee a branch (of Ephraim) when I shall re-establish my people; when I shall heal Israel.この事業部を受け入れることがありますもし私たちも彼の独創的な解釈を認めるのvi 、 11 - viii 、 1 : -とはまだありませんjuda 、私は移植片に、なたの支店(エフライム)再確立するときに私は私の人々 ;ときに私は治るイスラエルです。 In the first section he speaks almost exclusively of religious and moral corruption.彼の最初のセクションで、宗教と話すのはもっぱら道徳的腐敗します。 The princes and especially the priests are chiefly responsible for this and it is on them that the punishment will principally fall; and as he speaks simply of the "house of the king" it would appear that the dynasty of Jehu still occupied the throne.特に、君主や司祭は主に責任を負うことはこれとは、処罰されては、主として秋;と話すだけで彼は、 "ハウスオブザキング"これが表示さイエフ王朝は、まだ王座が占領しています。 It is different in the following chapters.それは、次の章では異なる。 In vii, 1a- viii, the political and social disorders are especially emphasized.が7 、 1 - viii 、政治的および社会的障害は、特に強調した。 At home there are conspiracies, regicides, anarchy, while abroad alliances with foreign powers are sought.自宅には、陰謀、 regicides 、アナーキー、海外にいる間に提携関係を外国人の力が求められている。 No doubt Menahem was already reigning. menahemはすでに現間違いないです。 And yet the religious disorders remained the principal object of the prophet's reprobation.とはいえ、宗教的な疾患の主要なオブジェクトは、預言者の非難です。 And in spite of all, mercy ever retains its prerogatives.とのすべてのにもかかわらず、慈悲までその特権を保持します。 Jahve will gather together again some day His scattered children. jahveが集まって再び彼のいくつかの日に散在の子供たちです。 In the last section it is felt that the final catastrophe is close at hand; and, nevertheless, once again, love remains victorious.フェルトの最後のセクションでは、これは最後の破局はすぐ手の届く所、および、にもかかわらず、再び、愛は勝利する。 The book ends with a touching exhortation to the people to turn to God who on His part promises the most tempting blessings.この本で終わるの人々を感動的勧告を有効にして自分のパートを神who上で最も魅力的な祝福を約束します。 An epiphonema reminds at last every one that the good and the wicked shall receive the retribution each has merited.最終更新ごとに1つのepiphonema連想させるには良いとは、邪悪なものとすると、それぞれのは当然の報復です。

STYLE AND TEXTスタイルとテキストを

St. Jerome has described in a few words the style of our Phrophet: "Osee commaticus est, et quasi per sententias loquens."聖ジェロームは、いくつかの言葉に記載され、私たちのスタイルをphrophet : " osee commaticusは、他準1 sententias loquens 。 " (PL, XXVIII, 1015.) An intense emotion overpowers the Prophet at the sight of his dying country. (ポーランド語、 28 、 1015 。 )預言者ムハンマドの激しい感情overpowersする光景を見て彼の死にかけている国です。 He manifests this grief in short broken phrases with little logical sequence, but in which is revealed a tender and afflicted heart.彼はこの悲しみをマニフェスト短いフレーズがほとんど壊れて論理的な順序で、しかし、これは明らかに苦しんでいる心臓の入札とします。 Unfortunately the notorious obscurity of the Prophet hides many details from our view; this obscurity is due also to many allusions which we cannot grasp, and to the imperfect condition of the text.残念ながら、悪名高い非表示に多くの無名の預言者ムハンマドの詳細から私たちの見解;このあいまいさが原因でも多くのallusions把握することはできない、として不完全な状態を分析し、本文です。 The question has been raised as to whether we possess it at least in its substantial integrity.を提起するかどうか質問され、少なくとも私たちを持つことは、実質的整合性です。 Some critics claim to have discovered two main series of interpolations; the first, of small extent, consists of texts relative to Juda; the second, which is of far greater importance, consists of the Messianic passages which, it is said, lie outside the range of the prophet's vision.いくつかの批評家の主張には2つの主要なシリーズのinterpolationsを発見し、第一に、小さな範囲で、相対的には、テキストjuda 、 2番目、これは、はるかに大きな重要性を、通路には、救世主のような、それはによると、外のうそをつく預言者ムハンマドのビジョンの範囲です。 It is possible to detect several probable glosses in the first series: the second assertion is purely arbitrary.いくつかの確率を検出することが可能で、最初のシリーズの注釈: 2番目の主張は、純粋に任意です。 The Messianic texts have all the characteristics of Osee's style; they are closely connected with the context and are entirely in accordance with his general doctrines.救世主のようなテキストのか、すべての特性をoseeのスタイル;彼らは密接に繋がっているコンテキストとは、完全に彼の一般的な教説に基づいています。

TEACHING教育

It is fundamentally the same as that of Amos:–the same strict Monotheism, the same ethical conception which paves the way for the Beati pauperes and the worship which must be in spirit and in truth.これは基本的には同じですが、アモス:同じ厳格な一神教、倫理的な概念で、同じ道をbeati pauperesと心の中で礼拝をしなければならないとの真理です。 Only Osee lays much more stress on the idolatry which perhaps had been increased in the interval and was in any case better known to the Ephraimite Prophet than to his Judean predecessor. oseeのみをはるかにストレスを産むの偶像崇拝がおそらく増加していたとの間隔は、いずれの場合もよく知られてエフライム族の預言者を前任者よりも彼のjudeanです。 And Amos had in return a much more extended historical and geographical horizon.とアモスを返しますが、歴史的、地理的な地平線はるかに拡張します。 Osee sees but the dying Israel.しかし、死にかけているイスラエルosee見ています。 His characteristic point of view is the bond between Jahve and Israel.彼の特性の観点は、イスラエルとのきずなをjahveです。 Jahve is the spouse of Israel, the bride of Jahve,–a profoundly philosophical and mystical image which appears here for the first time and which we find again in Jeremias, Ezechiel, Canticle of Canticles, Apocalypse, etc.配偶者のjahveは、イスラエル、日本、花嫁のjahve 、 -を深く哲学と神秘的なイメージを最初に表示されるためにはここを見つける時間とは私たちに再びイェレミアス、 ezechiel 、賛美歌のソロモンの歌、アポカリプスなど

A. The Ancient Alliance A.以下の古代の同盟

Jahve has taken to Himself His spouse by redeeming her out of the bondage of Egypt. jahveさんが自分の配偶者に自分自身を彼女の欠点を補うエジプトのとりこです。 He has united Himself to her on Sinai.彼は彼女をシナイ半島するUnited自分自身をします。 The bride owed fidelity and exclusive love, trust, and obedience to the spouse; but alas!額を膨らませるの花嫁フィデリティかつ排他的な愛、信頼、および配偶者の服従を;しかし、ああ! how has she observed the conjugal compact?彼女はどのように観察する夫婦のコンパクトですか? Fidelity.–She has prostituted herself to the Baals and Astartes, degrading herself to the level of the infamous practices of the Canaanite high places.彼女はfidelity. - prostitutedつぶやきましたbaalsとastartesして、分解して自分の悪名高いレベルの高いところ慣行のカナンです。 She has worshipped the calf of Samaria and has given herself up to every superstition.彼女は崇拝のふくらはぎのサマリアとは、与えられたすべての迷信をつぶやきました。 No doubt she has also paid homage to Jahve, but a homage wholly external and carnal instead of the adoration which must be above all things internal and which He Himself exacts: "With their flocks, and with their herds they shall go to seek the Lord, and shall not find him…" (v, 6).間違いないjahveさんはまた、有料の敬意を表して、完全に外部と肉欲のではなく、敬意の代わりに、礼拝をしなければならないと上記のすべてのものが彼自身の内部exacts : "彼らの群れは、彼らの群れとかれらは主を求めて行くは、彼が見つからないとは… " ( V電源、 6 ) 。 "For I desire mercy and not sacrifice: and the knowledge of God more than holocausts" (vi, 6). "私の慈悲と欲望を犠牲にしない:神の知識を超えるとholocausts " (六、 6 ) 。 Trust has failed in like manner.同じように信頼関係が失敗しました。 Costly alliances were sought with other nations as though the protection of the spouse were not sufficient:–"Ephraim hath given gifts to his lovers (viii, 9). He hath made a covenant with the Assyrians, and carried oil into Egypt" (Vulgate, xii, 1).高価な提携が求められている他の諸国と同じように、十分な保護のための配偶者がいない: -"エフライムかれら贈り物を与えられた彼の恋人( 8 、 9 )です。彼は約束をかれらは、 a ssyrians、および運ば油をエジプト" (ウルガタ聖書、 12 、 1 ) 。 The very favours which she has received from Jahve in her ingratitude she ascribes to false gods.非常に恩恵を、彼女は彼女の感謝の気持ちがないから受け取ったjahve ascribesをfalseに彼女の神々です。 She said: "I will go after my lovers, that gave me my bread, and my water, my wool, and my flax" (Vulgate, ii, 5).彼女は言った: "私は私の恋人にした後、それは私私のパン、と私の水、私のウール、と私亜麻" (ウルガタ聖書の、 2世、 5 ) 。 Obedience:–All the laws which govern the pact of union have been violated: "Shall I write to him [Ephraim] my manifold laws which have been accounted as foreign" (viii, 12).服従: -のすべての法律条約の労働組合を支配しても違反: "私が彼の書き込みに[エフライム]私の多種多様な法律として会計処理されてきた外国人" (八、 12 ) 。 It is a question here at least primarily of the Mosaic legislation.これは、主に質問をここに少なくともモザイク立法です。 Osee and Amos in spite of contrary opinion knew at least in substance the contents of the Pentateuch.アモスoseeと反対意見を知っていたにもかかわらず、少なくとも物質の内容は、五します。 Anarchy is therefore rife in politics and religion: "They have reigned but not by me: they have been princes, and I knew not: of their silver, and their gold they have made idols to themselves" (viii, 4).アナーキーは、そのための政治と宗教の蔓延: "彼らは在位はできませんバイミー:彼らは君主、と私は知っていた:そのシルバー、およびそれらの金を彼ら自身がアイドル" (八、 4 ) 。

The root of all these evils is the absence of "knowledge of God" (iv-v) for which the priest especially and the princes are to blame, an absence of theoretical knowledge no doubt, but primarily of the practical knowledge which has love for its object.これらの弊害のルートのすべての欠如は、 "神の知識を" ( 4 - v )のため、特にとは、僧侶に責任を負わ君主は、理論的知識が欠如して間違いないが、実用的な知識は、主に愛をそのオブジェクトを作成します。 It is the absence of this practical knowledge chiefly that Osee laments.これは主の不在は、次の実用的な知識をosee lamentsです。 The Prophet employs yet another symbol for the bond of union.預言者ムハンマドの従業員はまだありません別の労働組合のきずなを象徴しています。 He sets forth in some exquisite lines the symbol of the chosen son.彼はいくつかの送付は、選択した絶妙なラインのシンボルの息子がいます。 Jahve has given birth to Israel by redeeming it out of the bondage of Egypt. jahveは、誕生からイスラエルを与えられたの欠点を補うことエジプトのとりこです。 He has borne it in his arms, has guided its first feeble steps and sustained it with bonds of love; he has reared and nourished it (xi, 1 sq.) and the only return made by Ephraim is apostasy.彼は彼の腕に負担して、初の弱々しいが導かかつ持続的な手順を実行して債券への愛;彼は飼育と栄養状態が良くないこと(まとめて、 1平方)とエフライムは背教作られるだけが返されます。 Such is the history of the covenant.このように、約束の歴史です。 The day of retribution is at hand; it has even dawned in anarchy, civil war, and every kind of scourge.報復の日には手の届く所;ことが分かっにもアナーキー、内戦、およびあらゆる種類の惨事をします。 The consummation is imminent.の終焉が迫っている。 It would seem that repentance itself would be unable to ward it off.どうやらのようである。悔い改めを病棟ことができないこと自体がオフになります。 As later Jeremias, so now Osee announces to his people with indescribable emotion the final ruin: Jezrahel "Disgraced".としてへイェレミアス、 oseeを発表、今すぐに彼の人々に筆舌に尽くし感情の最後の破滅: jezrahel "面目をつぶされた" 。 "Not my people." "人々は私です。 " The children of Israel are about to go into exile, there they "shall sit many days without king, and without prince, and without sacrifice, and without altar, and without ephod and without teraphim" (iii, 4).を、イスラエルの子孫に入るのは約亡命者は、かれら"は、多くの日中に座るとキング、そしてプリンス、および犠牲にせず、祭壇とせず、およびteraphimなしエポテとせず" ( 3世、 4 ) 。 National authority shall come to an end and public national religion will be no more.国家機関や公共条の規定は、国家の宗教には終わりはないです。

B. The New Covenant Bの新しい契約

Yet the love of Jahve will change even this evil into a remedy. jahveの愛はまだありませんが変更さにも、この邪悪な救済策です。 The unworldly princes now separated from the people, will no longer draw them into sin.今すぐ、天上界の君主の人々から分離さ、罪は、もはやそれらを描画します。 The disappearance of the external national religion will cause the idolatrous sacrifices, symbols, and oracles to disappear at the same time.国家宗教、外部の消失が原因で、偶像崇拝の犠牲、シンボル、とoraclesは、同じ時間に姿を消す。 And the road will be open to salvation; it will come "at the end of days".と救いの道が開放されることが来る"は、 『エンドオブデイズ"です。 Jahve cannot abandon forever His chosen son.永遠に彼の選択を放棄することはできませんjahveの息子がいます。 At the very thought of it He is filled with compassion and his heart is stirred within him.非常に考えたことは、彼は彼の心は悲しみに満ちている思いやりと彼にかくはんします。 Accordingly after having been the lion which roars against his guilty people He will roar against their enemies, and His children will come at the sound of His voice from all the lands of their exile (xi, 10 sq.).したがって、ライオンのうなり声がした後に自分の罪を犯した人々に対して彼は敵に反してその轟音、および自分の子供たちが来るの音は、彼の声のすべての土地からの亡命者(まとめて、 10平方)です。 It will be, as it were, a new exodus from Egypt, Juda will be reinstated and a remnant of the tribe of Ephraim shall be joined with him (vi, 11- vii, 1a).それは、言ってみれば、新しい出エジプト記よりエジプト、 judaされるレムナントの復帰とエフライム部族のメンバー登録しなければならない彼( 6 、 11 -7 、 1 )です。 "The children of Israel shall return and shall seek the Lord their God, and David their king" (iii, 5). "イスラエルの子供たちに返すとは、彼らの神、主を求める、とデビッドの王" ( 3世、 5 ) 。 The new alliance shall never be broken: it shall be contracted in justice and in righteousness, in kindness and in love, in fidelity and knowledge of God.新しい同盟は、絶対に壊れた:契約をしなければならないことを正義と正義は、優しさと恋愛は、神の知識を、忠実度とします。 There shall be reconciliation with nature and peace among men and with God.ある自然との和解と平和をしなければならないと神の中の男です。 Prosperity and unlimited extension of the people of God shall come to pass, and the children of this new kingdom shall be called the sons of the living God.繁栄と無制限の拡張子の人々は神に渡す条の規定は、この新しい王国の子供たちとしなければならないサンズオブザリビング神と呼ばれる。 Great shall be the day of Jezrahel (the day when "God will sow"); (ch. ii), ch.大きなjezrahelの日にしなければならない(その日に"神は、種をまく" ) ; (第2 ) 、あなたのです。 i, 1-3 (Vulgate, i, 10-ii, 1) ought likely to be set at the end of ch.私、 1-3 (ウルガタ聖書の、私、 10 - Ⅱ 、 1 )するべきと判断されるあなたの終わりに設定されています。 ii. Ⅱ 。 Cf.継続前誌です。 Condamin in "Revue biblique", 1902, 386 sqq. condaminで"レヴューbiblique " 、 1902 、 386 sqq 。 This is an admirable sketch of the Church which Christ is to found seven and a half centuries later.これは、見事なスケッチを発見する7つの教会がイエスキリストは、半世紀へ。 The doctrine of Osee, like that of Amos, manifests a transcendence which his historical and religious surroundings cannot explain.その教義のosee 、アモスのような、マニフェストを超越周辺に彼の歴史的、宗教的に説明することはできません。 Digitus Dei est hic.指デイはここにある。

Publication information Written by Jean Calès.出版物の情報執筆者ジャンcalèsです。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to Fr.性のおかげでフランス語です。 John Hilkert and St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume XI.ジョンhilkertと聖マリア教会、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典、第20巻XI 。の Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認、 1911年2月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Among Catholic commentaries cf.カトリック教徒の間継続前誌解説します。 especially VAN HOONACKER, Les douze petits prophètes (Paris, 1908).特にヴァンhoonacker 、レdouze petits prophètes (パリ、 1908 ) 。 Among Protestant works HARPER, A Critical and Exegetical Commentary on Amos and Hosea (Edinburgh, 1905), a commentary of Liberal tendencies.プロテスタントのハーパーの作品のうち、重要な解説と解釈さアモスとホセア書(エジンバラ、 1905 )は、リベラルな傾向を解説します。


Book of Hosea予約のホセア書

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Contents and Analysis.内容と分析します。

Time of Composition.時間を組成します。

-Critical View:クリティカルな対象:

Authenticity and Integrity of the Book.真正性との整合性をこの本です。

Importance for Israel's Religious Development.重要なのは、イスラエルの宗教的発展のです。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The contents of the book may be summarized as follows: Part i., ch.この本の内容を次のように要約される5月:パートI. 、あなたのです。 i.-iii.-Two symbolical actions: i. - iii. - 2つの象徴的行動:

(a) At the command of Yhwh, Hosea takes to wife an adulterous woman, as a symbol of the people of Israel, who have deserted their God and must be punished for their desertion, but who will be restored to Yhwh's favor after a time of probation. (ア)には、コマンドのyhwh 、ホセア書は、女性を妻に不倫、象徴としての人々は、イスラエル、 whoは人けのない彼らの神と罰を受けるのに脱走しなければならないが、 whoは元に戻されyhwhの賛成を時間の後にの保護観察します。

(b) At the further command of Yhwh, Hosea is once more married to his former, unfaithful wife, as a symbol of the enduring love of Yhwh for His people in spite of their faithlessness.結果( b )は、より詳細なコマンドのyhwh 、ホセア書は、一度の他の結婚して彼の元、不貞の妻、永続的な愛の象徴としての彼のyhwhの人々の信仰心のなさにもかかわらずです。

Contents and Analysis.内容と分析します。

Part ii., ch.パートII 。 、あなたのです。 iv.-xiv.-Hosea's prophetic sermon on the sinful and idolatrous people of Israel. iv. - xiv. -ホセア書'の予言的な説教を偶像崇拝の罪深いとイスラエルの人々です。 Announcement of the ruin that shall overtake Israel, now become morally and religiously degraded through the fault of its priests (iv. 1-14).破滅を発表したのは、オーバーテイク、イスラエル、今すぐになると宗教的道徳的に劣化する断層の司祭( iv. 1-14 ) 。 To this is added a warning to Judah (iv. 15-18).これは警告を追加するにユダ( iv. 15-18 ) 。 Judgment is pronounced on the priests and the rulers who have led the people into sin, bringing upon them the inevitable punishment (v. 1-7).判決は、発音上の支配者の司祭とwhoがリードして人々を罪し、かれらの避けられない罰(動1-7 ) 。 Description of the ruin that shall come upon Ephraim and Judah, which even the Assyrian king will not be able to turn away: Hosea in a vision anticipates its coming (v. 8-15).説明書を破滅させることにエフライムとユダ条の規定は、これさえでは、アッシリア王に背き去ることはできません:ホセア書は、今後のビジョンを期待(動8-15 ) 。 The exhortation to repentance (vi. 1-3); Yhwh's answer censuring the inconstancy of the people (vi. 4-7); the moral degradation of Israel, and especially of its priests (vi. 8-11); the rulers are made responsible for the sins of the people, because they rejoice therein instead of preventing them, and because, despite the national distress, they continue in their spirit of revelry and revolt (vii.1-16).の勧告を後悔( vi. 1-3 ) ; yhwhの回答inconstancyを糾弾する人々 ( vi. 4-7 ) ;のモラルの低下、イスラエル、と特にその司祭( vi. 8-11 ) ;の支配者は、が責任を負うの人々の罪のため、彼らの代わりにそこを防ぐための喜ぶこと、およびなぜなら、にもかかわらず、国民の苦悩、彼らの精神を継続してお祭り騒ぎと反乱( vii.1 - 16 )です。 Renewed announcement of judgment upon Israel for its impiety, its idolatry, and its leagues with foreign nations; the punishment to be in the form of exile, into which the Israelites shall be led in spite of their fenced cities (viii. 1-14).新たな判断を発表した時イスラエルの不信心、その偶像崇拝、外国人とその国のリーグにし、処罰されるという形で亡命、イスラエルには、主導しなければならないにもかかわらず、その塀で囲まれた都市( viii. 1-14 )です。 In the distant land of exile they shall eat the bread of mourners, instead of rejoicing like the heathen over rich harvests and vintages (ix. 1-6), as a punishment for disregarding the warnings of the Prophets, who were persecuted even in the house of God (ix. 7-9).遠い土地の亡命者は、かれらは、パンを食べるの会葬者は、異教徒以上のように歓喜の代わりに豊かな収穫やヴィンテージ( ix. 1-6 ) 、罰としての警告を無視して預言者、 whoが迫害も、ハウスオブゴッド( ix. 7-9 ) 。 As they turned from Yhwh in the wilderness, so they must now go into exile because of their idolatry, since Yhwh will cast them away (ix. 10-17). yhwhとして彼らがより荒野の中に、追放の身となるようにする必要があります。偶像崇拝のために、出演以来が追い払いますyhwh ( ix. 10-17 ) 。 Their ingratitude for Yhwh's love, as shown in their idolatry, must be punished by the destruction of the altars and images of Samaria (x. 1-8).その忘恩のyhwhの愛に示すように、その偶像崇拝、処罰されるの破壊しなければならないとの祭壇の画像をサマリア( Xの1-8 ) 。 Israel's sins in general, prevalent among the people from olden times, deserve bitter punishment (x. 9-15).イスラエルの罪一般的には、昔の人々の間流行して、罰を受けるに値する苦い( Xの9-15 ) 。 In spite of Yhwh's loving care, they have ever been faithless to Him (xi. 1-7); therefore punishment will not be delayed: it will not, however, destroy, but purge them, leaving a remnant, Yhwh's infinite pity overcoming His anger (xi. 8-11). yhwhの愛情のこもったケアにもかかわらず、彼らは不貞を上演された彼( xi. 1-7 ) ;したがって処罰されません遅延:ことはありません、しかし、破壊、しかし、パージして、残して残留、彼のyhwhの無限の同情を克服怒り( xi. 8-11 ) 。 An examination of Israel's early history shows that Israel, as well as Judah, has always been faithless to Yhwh, its guilt being all the heavier in view of Yhwh's loving care (xii. 1-15).イスラエルの調査を始めるの初期の歴史によると、イスラエル、ユダだけでなく、不貞をyhwhは常に、その罪が重いのビューのすべてのyhwhの愛情のこもったケア( xii. 1-15 ) 。 Because of Israel's idolatry Yhwh must destroy Israel's power and glory (xiii. 1-11); the sins of the people demand pitiless punishment, which, however, will not utterly destroy them (xiii. 12-xiv. 1).イスラエルの偶像崇拝のためにイスラエルを破壊する必要があります。 yhwhのパワーと栄光( xiii. 1-11 ) ;無慈悲な需要の人々の罪の罰、これは、しかし、完全に破壊することはありません( xiii. 12 - 14です。 1 )です。 An appeal to Israel to return to Yhwh, and a promise of forgiveness to the repentant people (xiv. 2-10).イスラエルの訴えを込めてyhwhに戻るには、寛容と約束して後悔の人々 ( xiv. 2-10 ) 。

Time of Composition.時間を組成します。

-Critical View:クリティカルな対象:

The nature of Hosea's prophecies shows that he appeared at a time when the kingdom of Israel, which reached the zenith of its power under Jeroboam II.ホセア書の性質の予言によると登場しているときに彼の王国をイスラエル、日本、天頂に達してjeroboam 2世の電力されています。 (782-741 BC), had begun to decline (c. 750 BC). (七八二から七四一まで紀元前) 、が減少を開始するまでを( c. 750紀元前) 。 The first part of the book, more particularly (ch. i.-iii.), dates from this time; for, according to i.この本の最初の部分を、より多くの、特に(第i. - Ⅲ 。 ) 、日付から、この時間;ためによると、 i. 4, the crime of Jehu had not yet been atoned, it being avenged only after the murder (743 BC) of Zachariah, son of Jeroboam II. 4日、犯罪の御者はまだatoned 、それが殺人事件の後にのみavenged (紀元前743 )のザカリーヤー、 jeroboam 2世の息子である。 Hosea, however, continued his prophetic activity after the death of Jeroboam II., the period that marked the decline of the Northern Kingdom.ホセア書は、しかし、彼の予言的な活動の継続jeroboam 2世の後に死亡した。 、その期間にスパムの減少は、北部の王国。 This becomes evident especially from the passage vii.これは明らかに通路から特にⅦ 。 2, referring to the usurpers who were supplanted by their successors at short intervals (comp. II Kings xv. 10-14). 2 、参考にし、その後継者を侵害するwhoがsupplanted短い間隔( comp. 2世王15 。 10-14 ) 。 But nothing in the book itself, much less the statement in the superscription (part of which certainly is spurious) to the effect that he prophesied in the days of King Hezekiah, justifies the assumption that he lived to see the expedition of Tiglath-pileser of Assyria (745-728 BC) against Pekah of Israel (734 BC); for at that time a large part of the inhabitants of northern Israel and of the land east of the Jordan were led away captive by the Assyrians (II Kings xv. 29 et seq.), while, according to vi.しかし、本自体に何も入って、はるかに少ないのステートメントは、表題(パートを確かには、スプリアス)をという趣旨のキング彼日間の予言は、 hezekiahは、彼に住んを正当と仮定しての詳細については、ティグラトピレセルの探検隊アッシリア(紀元前七四五から七二八まで) pekahの対イスラエル(紀元前734 ) ;ための時間をその北部の住民の大部分を、イスラエルとヨルダンの土地の東に捕虜にされたが主導away assyrians ( 2世王15 。 29頁以降を参照。 ) 、中によると、 Ⅵ 。 8 and xii. 8日と12です。 12, Gilead still belonged to the kingdom of Israel. 12日、ギレアデまだイスラエル王国に属しています。 Hence the second part of the book (ch. iv.-xiv.) must have been written between 738 and 735 BC, the "terminus a quo" of this prophecy being the year 738, because in that year King Menahem of Israel (741-737) was obliged to pay tribute to Assyria (II Kings xv. 17 et seq.).したがって2番目の部分の予約(第iv. - 14 。 )必要がありますの間に書かれた紀元前738と735は、 "第一期限"は、次の738年の予言が、その年にキングmenahemのためにイスラエル( 741 -737 )が義務付けられてアッシリアに敬意を表する( 2世王15 。 17頁以降を参照。 ) 。 In agreement with this assumption it is evident that Hosea borrowed from Amos, since the expression "bet awen" (iv. 15; v. 8; x. 5, 8) could have been derived only from Amos v. 5, and viii.同意のもとで、この仮定から借りたことは自明であるアモスホセア書、以来、表現の"賭けawen " ( iv. 15 ; v. 8 ; Xの5 、 8 )がいるからのみ派生アモスv. 5 、およびⅧ 。 14 is probably derived from Amos i. 14日は、おそらくアモスi.から派生した 14 et seq. 14頁以降を参照。

Authenticity and Integrity of the Book.真正性との整合性をこの本です。

The authenticity of Hosea's prophecies is evidenced by their eminently individualistic and subjective character, consistently maintained throughout.ホセア書の信ぴょう性の予言は際立って個性的、主観的に見られる文字は、常に全体を維持します。 Various additions, however, seem to have crept into the original text.様々な追加、しかし、こっそりするようには、元のテキストです。 The enumeration of the four kings of Judah-Uzziah, Jotham, Ahaz, and Hezekiah-is certainly spurious, Hosea being thereby made a contemporary of Isaiah.列挙の王の4つのユダ-アザイア、ジョーサム、アハズ、およびスプリアスhezekiah -は、確かに、これは、現代のホセア書がイザヤ書です。 In the text itself, also, there appear various distinct interpolations.には、テキスト自体、また、様々な異なるinterpolations表示されます。 The passage i. i.の通過 7, indeed, seems to be a Judaic addition, referring to the saving of Jerusalem from the hands of the Assyrians by Hezekiah in 701 BC It has been objected that Judah was really less guilty in comparison with Israel, and could therefore be set up as a contrast, implying not a delay of judgment, but an intensification of it. 7日、実際のところ、ユダヤ人と思われる加えて、エルサレムを参照してから保存されassyriansの手には、 hezekiahは紀元前701反対されて有罪がユダは本当に少ないと比較して、イスラエル、およびセットアップされる可能性がありますは対照的に、特定の遅延が示唆判断ではなく、強化をしてください。

And, again, since Hosea's descriptions of the future contain no allusion to a Messianic king of David's line, speaking merely of Yhwh and Israel without any intermediary, it has been assumed that any references to the Messianic hopes were added by a later Judaic hand, including the passages ii.と、再度、以来このホセア書の将来の説明を参照して救世主のようなほのめかしが含まれていないキングオブデビッドのライン、スピーキング単にyhwhとイスラエルの仲介ことなく、それは任意の参照を想定しているの救世主への期待が追加されたユダヤ人の手、通路を含む2世です。 1-3 and iv. 1-3とⅣ 。 15a, the words "and David their king" in iii. 15a 、の言葉"とデビッドの王" Ⅲ 。 5, and "without a king, and without a prince" in iii. 5 、および"なしにキング、およびなしでプリンス"とⅢ 。 4. 4 。 Although such interpolations are perfectly possible a priori, there are certain difficulties in admitting them.このような可能性は完全にinterpolations先験的には、特定の難しさを認めることです。 Thus, the passage ii.したがって、 2世の通過にします。 1-3 could only have been misplaced from its original position as a speech of Hosea, and have become corrupted. 1-3しか元の位置よりも見当違いの言葉をホセア書として、およびが破損しています。 In fact, the assumption of Kuenen and others that the words were originally added to ii.実際には、他の仮定は、キューネンとは、言葉はもともと2世に追加されました。 25, smooths away the greatest difficulty. 25日、滑らかに込む最大の困難です。 And the further objections, that, according to this assumption, ii.より詳細な異議申し立てと、それは、この仮定によると、 2世です。 25 and ii, 2b-3 do not dovetail, and that ii. 25日と2世、 2B面- 3はありません蟻ており、その2世です。 3, compared with ii. 3日に比べて2世です。 25, could never have been the end of a longer speech, are answered by the assumption that it was only after this transposition that the text was changed in order to make a better ending, such secondary emendations being often traceable. 25日は決して長くは演説の最後の方には、回答したと仮定して、このことは転位した後にのみが変更されたテキストは、より良いエンディングを行うために、このような二次emendationsが頻繁にトレーサブルです。

The other alleged interpolations, also, are somewhat doubtful. interpolations 、他の疑惑、また、多少は疑わしいものです。 For instance, the expression "David, their king" (iii. 5a) finds its parallel in the repetition of "Yhwh" in 5b (in place of the which might have been expected), although this also may be a secondary emendation.例えば、表現"デビッド、彼らの王" ( iii. 5aを)見つけ、パラレルは、繰り返し" yhwh "と5B面(これはどちらのかもしれないの代わりに期待され) 、これも5月は、二次校正します。 Grave objections might also be brought against the assertion that in iv.重大な異議申し立てによってもたらさにも反対するかもしれない主張してⅣ 。 15a, if Hosea had been the author of this passage, Judah ought to have been the one addressed. 15a 、もしホセア書の著者は、次の通路ていた、ユダのも1つのアドレス指定したい場合に使います。 Finally, the authenticity of viii.最後に、信ぴょう性Ⅷ 。 14 has been doubted on account of the resemblance to Amos ii. 14日にアカウントを疑問視されアモス2世に似ている。 4 et seq.; but, as it may be taken for granted that Hosea was acquainted withthe prophecies of Amos (see above), there is no reason whatever to set aside viii. 4頁以降を参照。 ;しかし、当たり前のことかもしれないが知り合いwiththe予言のアモスホセア書(上記参照) 、どのように設定する理由はないはさておきⅧ 。 14 as an interpolation. 14日に補間します。

Importance for Israel's Religious Development.重要なのは、イスラエルの宗教的発展のです。

Amos and Hosea elevated the religion of Israel to the altitude of ethical monotheism, being the first to emphasize again and again the moral side of Yhwh's nature.アモスとホセア書高架イスラエルの宗教を倫理的一神教の標高をして、を強調するが、最初の何度も繰り返して、道徳的な側面を見るyhwhの自然です。 Israel's faithlessness to Yhwh, which resisted all warnings, compelled Him to punish the people because of His own holiness; and these two prophets, recognizing that fact, were forced to the conclusion that Yhwh would not only punish Israel for the sake of His holiness, but would even allow Israel to perish in order to maintain the supremacy of His moral law.イスラエルの信仰心のなさをyhwh 、これに抵抗すべての警告、強制彼を罰するの人々のために自分自身の神聖、およびこれらの2つの預言者、事実を認識して、強制的にはyhwhはない、という結論にイスラエルのみを処罰するために彼の神聖、しかし、イスラエルで死ぬにも許可を維持するために、彼の道徳律の覇権を握る。 While Amos lays stress chiefly on justice and righteousness as those elements of the religious consciousness most acceptable to God, Hosea considers infidelity as the chief sin, of which Israel, the adulterous wife, has been guilty against her loving husband, Yhwh; and over against this he sets the unquenchable love of Yhwh, who, in spite of this infidelity, does not cast Israel away forever, but will take His people unto Himself again after the judgment.アモス産むながら主応力これらの要素として、正義と正義の神の宗教的意識のほとんどに通用する、ホセア書は不貞罪の長として、そのうち、イスラエル、妻の浮気、彼女の愛する夫に対して有罪され、 yhwh ;と反対この彼は、抑えられない愛yhwh 、 who 、にもかかわらず、この不倫、イスラエルaway永遠に出演されませんが、彼の人々がかれら自身の判断にした後、再びです。

Emil G. Hirsch, Victor Ryssel g.エミールハーシュ、ビクターryssel

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

F. Hitzig, Die Zwölf Kleinen Propheten Erklärt (No. 1 of Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch zum AT), 4th ed., by H. Steiner, Leipsic, 1881; CF Keil, Biblischer Commentar über die Zwölf Kleinen Propheten (in the Keil and Delitzsch series of Bible commentaries) ib.女性ヒッツィヒ、死ぬzwölf kleinen propheten erklärt (第1 kurzgefasstes exegetisches handbuch zumで) 、第4エド。 、笠原シュタイナー、リプシック、 1881 ;継続前誌keil 、 biblischer commentar über死ぬzwölf kleinen propheten ( keilとは、デリッチシリーズの聖書の論評) ① -イ。 1881; Orelli, Ezechiel und die Zwölf Kleinen Propheten (vol. v. of Kurzgefasster Commentar zu den Schriften, des A. und NT), Nördlingen, 1888; Wellhausen, Die Kleinen Propheten Uebersetzt mit Noten, in Skizzen und Vorarbeiten, No. 5, Berlin, 1892; Nowack, in Nowack's Handkommentar zum AT iii. 1881 ;オレッリ、死ぬezechiel und zwölf kleinen propheten (日本語v.のkurzgefasster commentar zuデンschriften 、デa. und NTの) 、 nördlingen 、 1888 ;ヴェルハウゼン、死ぬpropheten uebersetzt mit kleinen notenは、 skizzen und vorarbeiten 、第5番、ベルリン、 1892 ;ノバックは、ノバックのhandkommentar zumでⅢ 。 4, Göttingen, 1897; Simson, Der Prophet Hosea, Uebersetzt und Erklärt, Hamburg and Gotha, 1851; A. Wünsche, Der Prophet Hosea Uebersetzt und Erklärt mit Benutzung der Targumim und der Jüdischen Ausleger Raschi, Aben Esra und David Kimchi, Leipsic, 1868; Töttermann, Die Weissagung Hoseas bis zur Ersten Assyrischen Deportation, i.-vi. 4 、ゲッティンゲン、 1897 ;ジムゾン、 der預言者ホセア書、 uebersetzt und erklärt 、ハンブルク、ゴータ、 1851 ; a. wünsche 、預言者ホセア書uebersetzt und erklärt mit der benutzung der targumim und der jüdischen ausleger raschi 、 aben esra undデビッドキムチ、リプシック、 1868 ; töttermann 、死ぬweissagung hoseas bis zur ersten assyrischen国外追放、 i.-vi. 3, Helsingfors, 1879; Nowack, Der Prophet Hosea, Berlin, 1880; TK Cheyne, Hosea, with Notes and Introduction, Cambridge, 1884 (reprinted 1889); FFP Valeton, Amos en Hosea, Nimeguen, 1894; De Visser, Hosea, de Man des Geestes, Utrecht, 1886; Houtsma, in Theologisch Tijdschrift, 1875, p. 3 、ヘルシンキ、 1879 ;ノバック、 der預言者ホセア書、ベルリン、 1880 ; tkチェーンストークス、ホセア書、ノートをはじめ、ケンブリッジ、 1884年(再発1889 ) ; ffp valeton 、アモスアンホセア書、 nimeguen 、 1894 ;デフィッセル、ホセア書、デマンデgeestes 、ユトレヒト、 1886 ;ホウツマは、 theologisch tijdschrift 、 1875 、 p. 55; Oort, ib. 55 ;オールト、 ① -イ。 1890, pp. 1890 、 pp 。 345 et seq., 480 et seq.; J. Bachmann, Alttestamentliche Untersuchungen, ch. 345頁以降を参照。 、 480頁以降を参照。 ; j.バッハマン、 alttestamentliche untersuchungen 、あなたのです。 i.-vii., Berlin, 1894; Billeb, Die Wichtigsten Sätze der Alttestamentlichen Kritik vom Standpunkt der Propheten Hosea und Amos aus Betrachtet, Halle, 1893; Patterson, The Septuaginta Text of Hosea Compared with the Masoretic Text, in Hebraica, vii. i. - Ⅶ 。 、ベルリン、 1894 ; billeb 、死ぬwichtigsten sätze der alttestamentlichen kritik der vom standpunktアモスオーストラリアprophetenホセア書und betrachtet 、ハレ、 1893 ;パターソンは、 septuagintaホセア書のテキストを比較してmasoreticテキストは、 hebraica 、 Ⅶ 。 190 et seq.; P. Ruben, Critical Remarks upon Some Passages of the Old Testament, iv.-xi., London, 1896.EGHV Ry. 190頁以降を参照。 ; p.ルーベン、重要な発言をするいくつかの通路、旧約聖書の、 iv.-xi. 、ロンドン、 1896.eghv - 1090です。


Hosea, the Prophetホセア書は、預言者ムハンマド

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

Hosea must have been a citizen of the Northern Kingdom of Israel, and must have remained there permanently during the period of his prophetic activity; for "the land" (i. 2) means Israel, and "our king" (vii. 5) the king of the Northern Kingdom.ホセア書必要がありますが、市民のイスラエル王国の北部、および必要がありますが残って永久の期間中にある彼の予言活動;は"その土地" ( i. 2 )イスラエルを意味し、 "我々の王" ( vii. 5 )ザキングオブ北部王国です。 According to the superscription of the book, Hosea was the son of Beeri, and, from what he says (i.-iii.) about his marriage, he had a wife who was faithless to him.その本によると、表題、ホセア書は、息子のbeeri 、および、より何と彼は言います( i. - Ⅲ 。 )彼の結婚については、 who 、彼には妻が不貞している。 When she fled from his house, he had to redeem her from the person into whose hands she had given herself.彼女は彼の家から逃げ去ったとき、彼は彼女を交換し、その手の人から与えられた彼女はつぶやきました。 It has been assumed by some that this account has no historical basis, being merely an allegory.想定され、このアカウントをいくつかの歴史的な根拠がない、単なる寓意がします。 It is not, however, correct to maintain that the narrative is an allegory merely because the names can be interpreted allegorically, "Gomer the daughter of Diblaim" evidently meaning "destruction in consequence of idolatry" ( = properly, "cakes of figs," which according to iii 1 [] were offered as an oblation).ではない、しかし、物語は、正しいことを維持するための名前だけは寓意寓意的に解釈できる、 " gomerの娘のdiblaim "明らかに意味を"破壊の偶像崇拝の結果" ( =適切に、 "ケーキの図版、 "これによると、 3世[ 1 ]が提供さに奉納) 。 There seems also to be intended an assonance with "Shomron bat Efrayim."意図があるようにも類を" shomronバットefrayim 。 " The narrative must be regarded as historical, and the faithlessness of the woman as a fact.物語しなければならないと見なされ、歴史的建造物、信仰心のなさと、女性としての事実です。 Hosea, however, knew nothing of her character at the time of his marriage, on the contrary, it was made manifest to him only afterward, as if through a special intervention of God, in order to serve to the prophet as a symbol of Israel's unfaithfulness to the Lord.ホセア書は、しかし、何も彼女の性格を知っていた時点で、彼の結婚生活は、その反対に、それを彼のマニフェストが行われた後にのみ、特別な場合を介して神の介入は、預言者のために奉仕して、イスラエルの象徴として不貞を主です。 Other views derived from the Book of Hosea-for instance, that of Ewald, that the prophet was obliged to retire to Judah on account of the increasing hostility toward him, and that he there wrote his book, or that he belonged to the caste of priests-lack support, as do the stories concerning the prophet found in the later Jewish and the Christian traditions.他の再生回数から派生して予約のホセア書-例えば、エーヴァルトが、引退することを義務付けられて預言者ムハンマドは、アカウントのユダは彼の敵意を増加しており、その彼が書いた本か、またはその彼に属して、カーストの司祭-不足のサポート、預言者としてのストーリーには、発見されたユダヤ人とキリスト教の伝統へ。 For example, "Yuḥasin," 12a identifies with (I Chron. v. 6), and assumes that Hosea belonged to the tribe of Benjamin-an assumption entirely impossible on historical grounds, as the addition in I Chron.たとえば、 " yuḥasin 、 " 12aを識別、 (私chron 。 v. 6 ) 、およびその部族に属してホセア書を前提としてベンジャミン-の前提の上完全に不可能な歴史的な理由で、加えて、私としてchron 。 v. 5 shows. v. 5に示す。 According to the Christian tradition, Hosea was a native of Beelmoth (Ephraem Syrus) or Belemoth (pseudo-Epiphanius and Isidorus) or Belemon (pseudo-Dorotheus), and belonged to the tribe of Issachar; while, according to Jerome, the prophet was a native of Beth-shemesh The Jewish tradition says ("Shalshelet ha-Ḳabbalah," p. 19) that he died at Babylon, and that his body, having been carried by a camel to Safed in upper Galilee, was buried there.によると、キリスト教の伝統に自生する植物beelmothホセア書は、 (シリアの聖エフラエム)またはbelemoth (疑似聖エピファニオスとisidorus )またはbelemon (疑似dorotheus ) 、との部族に属してissachar ;ながら、ジェロームによると、預言者ムハンマドは、ベス- shemeshに自生する伝統のユダヤ人は言う( " shalsheletハ- ḳabbalah 、 " p. 19 )学では彼が死亡したバビロンており、その彼の遺体は、ラクダをすることが運ばれるガリラヤツファットの上部が埋められている。 All these stories are, however, historically worthless.EGHV Ry.これらすべての物語は、しかし、歴史的にworthless.eghv - 1090です。

Emil G. Hirsch, Victor Ryssel g.エミールハーシュ、ビクターryssel

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです