Inspirationインスピレーション

General Information 総合情報

Inspiration is the special influence of the Holy Spirit guiding certain persons to speak or write what God wanted communicated to others, without suspending their individual activity or personality (1Cor. 2:13; 2Tim. 3:16; 1Peter 1:10,11; 2Peter 1:19-21).インスピレーションは、特別に影響を与える聖霊の導き、特定の人を指名手配伝達話すまたは書き込みを他のどのような神は、彼ら個々の活動を停止またはパーソナリティ( 1cor. 2:13 ; 2tim 。 3:16 ; 1peter 1:10,11 ; 2peter 1:19-21 ) 。


Inspira'tion inspira'tion

Advanced Information 高度情報

Inspiration was that extraordinary or supernatural divine influence vouchsafed to those who wrote the Holy Scriptures, rendering their writings infallible. "All scripture is given by inspiration of God" (RV, "Every scripture inspired of God"), 2 Tim. 超神のインスピレーションは、臨時またはこれらに影響を与えるwho vouchsafedを書いた聖書は、絶対確実なレンダリングに記述します。 "聖書は、すべて神のインスピレーション与えられた" (右心室、 "すべての啓典神のインスピレーション" ) 、 2ティムです。 3:16. 3:16です。 This is true of all the "sacred writings," not in the sense of their being works of genius or of supernatural insight, but as "theopneustic," ie, "breathed into by God" in such a sense that the writers were supernaturally guided to express exactly what God intended them to express as a revelation of his mind and will.これは本当のすべての"聖典"という意味のない彼らの天才の作品や、超自然的洞察力ではなく、 "神の霊感を受けた、 "すなわち、 "神の息をし"このような神業のように意識しているの作家が導か正確にどのような意図を表現することを表現する神の啓示としては、彼の心とします。 The testimony of the sacred writers themselves abundantly demonstrates this truth; and if they are infallible as teachers of doctrine, then the doctrine of plenary inspiration must be accepted.神聖な作家自身の証言を豊富に、この真理を示し、絶対確実な場合には教師の教義として、全霊感を入力し、その教義を利用しなければならない。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
There are no errors in the Bible as it came from God; none have been proved to exist. Difficulties and phenomena we cannot explain are not errors. 聖書にエラーがないからやって来たの神として;なしに存在するが証明します。困難と現象を説明することはできませんがエラーが発生します。 All these books of the Old and New Testaments are inspired. We do not say that they contain, but that they are, the Word of God. The gift of inspiration rendered the writers the organs of God, for the infallible communication of his mind and will, in the very manner and words in which it was originally given.これらの書籍のすべての旧約聖書と新約は、インスピレーションです。 私たちが含まれそんなこと言わないで彼らが、その彼らは、神の言葉です。インスピレーションの才能がある作家の器官の神のレンダリングは、彼の心と、絶対確実なコミュニケーションは、非常に態度や言葉は、それは、もともと与えられた。 As to the nature of inspiration we have no information.インスピレーションとしての性質を行っておらず、情報です。 This only we know, it rendered the writers infallible.これだけを知って、それ絶対確実なレンダリングの作家です。 They were all equally inspired, and are all equally infallible.彼らはすべて平等にインスピレーションは、絶対に正しいとはすべて同等です。 The inspiration of the sacred writers did not change their characters.神聖な作家のインスピレーションは、自分のキャラクターを変更しなかった。 They retained all their individual peculiarities as thinkers or writers.彼らが個々の特性をすべて保持思想家や作家としてします。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Inspiration of the Bibleインスピレーションの聖書

Catholic Information カトリックの情報

The subject will be treated in this article under the four heads:に扱われるの件名は、この資料に記載されての4つのヘッド:

I. Belief in Inspired books; i.信念にインスピレーション図書;

II. Ⅱ 。 Nature of Inspiration;自然のインスピレーション;

III. Ⅲ 。 Extent of Inspiration;インスピレーションの範囲;

IV. Ⅳ 。 Protestant Views on the Inspiration of the Bible.プロテスタントの再生回数を検索する聖書のインスピレーションのです。

I. BELIEF IN INSPIRED BOOKS i.信念にインスピレーション図書

A. Among the Jews a.間のユダヤ人

The belief in the sacred character of certain books is as old as the Hebrew literature.という信念は、神聖な文字の特定の書籍としては、古いヘブライ語文学です。 Moses and the prophets had committed to writing a part of the message they were to deliver to Israel from God.預言者ムーサーと書いていた部分をコミットするには、メッセージを配信していたイスラエルの神からです。 Now the naby (prophet), whether he spoke or wrote, was considered by the Hebrews the authorized interpreter of the thoughts and wishes of Yahweh.今すぐ、 naby (預言者) 、または書いたかどうか彼は、へブル人への認可が考慮されるとの考えに通訳のヤハウェの願いをします。 He was called, likewise, "the man of God," "the man of the Spirit" (Hosea 9:7).と呼ばれる彼は、同様に、 "神の男" 、 "その男の精神" (ホセア書9時07分) 。 It was around the Temple and the Book that the religious and national restoratiion of the Jewish people was effected after their exile (see 2 Maccabees 2:13-14, and the prologue of Sirach in the Septuagint).それは、周りの寺とその本は、宗教と国家restoratiionは、ユダヤ人の人々は亡命後に影響( 2 maccabees 2:13-14を参照し、シラクのプロローグは、セプトゥアギンタ) 。 Philo (from 20 BC to AD 40) speaks of the "sacred books", "sacred word", and of "most holy scripture" (De vita Moysis, iii, no. 23).フィロ( 20紀元前して、広告40 )話すは、 "神聖な書籍" 、 "神聖な言葉" 、そして"最も神聖な啓典" (デ生命moysis 、 3世、ないです。 23 ) 。 The testimony of Flavius Josephus (AD 37-95) is still more characteristic; it is in his writings that the word inspiration (epipnoia) is met for the first time.フラウィウスヨセフスの証言を(広告三七から九五)は、まだ他の特性;ことは彼の文章は、単語インスピレーション( epipnoia )の最初の時間が満たされています。 He speaks of twenty-two books which the Jews with good reason consider Divine, and for which, in case of need, they are ready to die (Contra Apion., I, 8).彼は2002年の書籍話すのは、ユダヤ人と神の正当な理由を考慮し、が、必要が発生した場合は、彼らはすぐに死ぬ(コントラapion 。 、私は、 8 ) 。 The belief of the Jews is the inspiration of the Scriptures did not diminsh from the time in which they were dispersed throughout the world, without temple, without altar, without priests; on the contrary this faith increased so much that it took the place of everything else.という信念は、ユダヤ人は、インスピレーションを、聖書はしなかったdiminshからの時間を、世界中に分散されていた、と寺、祭壇、司祭;それとは逆の増加で忙しくて、この信仰の代わりにすべてのかかったその他の。

B. Among the Christians b.間のキリスト教徒

The gospel contains no express declaration about the origin and value of the Scriptures, but in it we see that Jesus Christ used them in conformity with the general belief, ie as the Word of God.福音の表現が含まれていないとの値を宣言の起源については、聖書は、しかし、これでは、イエスキリストに適合するようにして使用される一般的な信念、すなわち神の言葉としてです。 The most decisive texts in this respect are found in the Fourth Gospel, v, 39; x, 35.この点で、最も決定的な文章が発見された4番目、ゴスペル、 V電源、 39であり、 x 、 35 。 The words scripture, Word of God, Spirit of God, God, in the sayings and writings of the Apostles are used indifferently (Romans 4:3; 9:17).啓典の言葉は、神の言葉は、神の精神を、神は、使徒のことわざや文章が使われ、無頓着に(ローマ人への手紙4:3 ;午前9時17分) 。 St. Paul alone appeals expressly more than eighty times to those Divine oracles of which Israel was made the guardian (cf. Romans 3:2).セントポールだけで80回以上の控訴を明示的にそれらの神のoraclesが行われたがイスラエルの守護( cf.ローマ人への手紙3:2 ) 。 This persuasion of the early Christians was not merely the effect of a Jewish tradition blindly accepted and never understood.この説得は、初期のキリスト教徒はユダヤ人の影響を単に伝統をやみくもに受け入れられ、決して理解されています。 St. Peter and St. Paul give the reason why it was accepted: it is that all Scripture is inspired of God (theopneustos) (2 Timothy 2:16; cf. 2 Peter 1:20 21).聖ペテロと聖パウロの理由を与えることは受け入れ:それは聖書は、すべて神のインスピレーション( theopneustos ) ( 2ティモシー2:16 ;継続前誌です。 2ピーター1:20 21 ) 。 It would be superfluous to spend any time in proving that Tradition has faithfully kept the Apostolic belief in the inspiratiion of Scripture.余計なことが任意の時間を過ごすことが証明伝統は、使徒の信仰を忠実に保管して啓典のinspiratiionのです。 Moreover, this demonstaration forms the subject-matter of a great number of works (see especially Chr. pesch, "De inspiratione Sacrae Scripturae", 1906, p. 40-379).また、この主題demonstaration形成して、非常に多くの作品(特にchrを参照します。ペッシュ、 "デinspiratione sacrae scripturae " 、 1906 、 p.四十から三百七十九) 。 It is enough for us to add that on several occasions the Church has defined the inspiration of the canonical books as an article of faith (see Denzinger, Enchiridion, 10th ed., n. 1787, 1809).はそれで十分先を追加することを数回の教会が定義されて、インスピレーションは、正典として信仰の記事(参照デンツィンガー、手引書は、 10日エド。 、名1787 、 1809 ) 。 Every Christian sect still deserving that name believes in the inspiration of the Scriptures, although several have more or less altered the idea of inspiration.キリスト教の宗派ごとに値するまだそのような名前のインスピレーションを信じて、聖書は、多かれ少なかれ変化したものの、いくつかのアイデアがインスピレーションのです。

C. Value of this Belief c.値は、次の信念

History alone allows us to establish the fact that Jews and Christians have always believed in the inspiration of the Bible.歴史だけで問い合わせを確立するという事実により、ユダヤ人とキリスト教徒はいつものインスピレーションを信じて、聖書です。 But what is this belief worth?しかし、この信念の価値は何ですか? Proofs of the rational as well as of the dogmatic order unite in justifying it.証拠の合理化だけでなく、独断的な正当化するために団結してください。 Those who first recognized in the Bible a superhuman work had as foundation of their opinion the testimony of the Prophets, of Christ, and of the Apostles, whose Divine mission was sufficiently established by immediate experience or by history.これらの聖書who最初に認識され、超人的な仕事の基盤は、自分の意見としては、預言者の証言を、イエスキリストの使徒と、その神の使命は、十分に確立さを直接経験や歴史です。 To this purely rational argument can be added the authentic teaching of the Church.この純粋理性的な議論をできる本物の授業は、教会が追加されました。 A Catholic may claim this additional certitude without falling into a vicious circle, because the infallibility of the Church in its teaching is proved independently of the inspiration of Scripture; the historical value, belonging to Scripture in common with every other authentic and truthful writing, is enough to prove this.カトリック年5月、この追加の確信を主張悪循環に陥らないようにするため、教会での不可謬性は、その教えは独立してインスピレーションの啓典を証明し、歴史的な価値は、啓典と共通に所属するすべての他の本格的で誠実な書き込みは、これを証明する十分です。

II. Ⅱ 。 NATURE OF INSPIRATION自然のインスピレーション

A. Method to be followed a.法に従う

(1) To determine the nature of Biblical inspiration the theologian has at his disposal a three fold source of information: the data of tradition, the concept of inspiration, and the concrete state of the inspired text. ( 1 )聖書のインスピレーションの性質を確認するには彼の神学者は、 3つの処理を省略情報源:伝統のデータを、インスピレーションの概念を、具体的な状態がインスピレーションとテキストです。 If he wishes to obtain acceptable results he will take into account all of these elements of solution.もし彼の願い許容結果を入手する彼はこれらのすべての要素を考慮に入れるの解決策です。 Pure speculation might easily end in a theory incompatible with the texts.純粋な憶測に終わるかもしれないの理論を簡単にテキストとは互換性があります。 On the other hand, the literary or historical analysis of these same texts, if left to its own resources, ignores their Divine origin.その一方では、これらの文学や歴史的な分析と同じテキスト、左から、独自のリソースの場合、その神の起源を無視します。 Finally, if the data of tradition attest the fact of inspiration, they do not furnish us with a complete analysis of its nature.最後に、伝統の場合、データのインスピレーションを証明したという事実を、彼らはありません提出先にその性質を完全分析した。 Hence, theology, philosophy, and exegesis have each a word to say on this subject.それゆえ、神学、哲学、と解釈するが、各単語を言ってやるがこのテーマです。 Positive theology furnishes a starting point in its traditional formulae: viz., God is the author of Scripture, the inspired writer is the organ of the Holy Ghost, Scripture is the Word of God.肯定的神学furnishesを出発点として、その伝統的な式: viz 。 、神は、著者の啓典は、触発された作家は、聖霊の器官、啓典は、神の言葉です。 Speculative theology takes these formulæ, analyses their contents and from them draws its conclusions.投機的神学は、これらのformulæ 、分析、その内容およびその結論からそれらを描画します。 In this way St. Thomas, starting from the traditional concept which makes the sacred writer an organ of the Holy Ghost, explains the subordination of his faculties to the action of the Inspirer by the philosophical theory of the instrumental cause (Quodl., VII, Q. vi, a. 14, ad 5um).このようにセントトーマス、開始日より、従来の概念を神聖な作家により、聖霊の臓器を、彼の能力を説明して従属してinspirerされたアクションは、哲学的理論のインストゥルメンタル原因( quodl. 、七、問六、 a. 14日、広告5um ) 。 However, to avoid all risk of going astray, speculation must pay constant attention to the indications furnished by exegesis.しかし、すべてのリスクを避けるために行く道に迷って、投機定数の注意を払う必要があります。家具を評釈の表示します。

(2) The Catholic who wishes to make a correct analysis of Biblical inspiration maust have before his eyes the following ecclesiastical documents: (a) "These books are held by the Church as sacred and canonical, not as having been composed by merely human labour and afterwards approved by her authority, nor merely because they contain revelation without error, but because, written under the inspiration of the Holy Ghost, they have God for their author, and have been transmitted to the Church as such." ( 2 ) who希望するのは、カトリックの適切な分析を行うmaust聖書のインスピレーションが教会の前に彼の目は、次の書類: ( 1 ) "これらの書籍は、開かれた教会として神聖にして正規のではなく、単に構成されされている人間の労働その後彼女の権限を承認され、また彼らのためだけにエラーが発生啓示が含まれ、しかし、なぜなら、書かれたインスピレーションは、聖霊の下に、彼らは神に著者、および教会がこのように伝達される。 " (Concil. Vatic., Sess. III, const. dogm, de Fide, cap. ii, in Denz., 1787). ( concil.予言者です。 、 sess 。 3世、定dogm 、デfide 、キャップです。 2世は、 DenZがします。 、 1787 ) 。 (b) "The Holy Ghost Himself, by His supernatural power, stirred up and impelled the Biblical writers to write, and assisted them while writing in such a manner that they conceived in their minds exactly, and determined to commit to writing faithfully, and render in exact language, with infallible truth, all that God commanded and nothing else; without that, God would not be the author of Scripture in its entirety" (Encycl. Provid. Deus, in Dena., 1952).結果( b ) "聖霊の自分自身、彼の超自然的な力、論議を巻き起こし、 impelledの聖書の作家を書き込み、および作文をアシストしながらこのような態度に心を構想して正確に、と決意してコミットを書面に忠実に、と正確な言語のレンダリングには、絶対確実な真理をもって、すべてを神のよう命じ、それ以外;なしに、神は啓典の著者ではないことがそっくりそのまま" ( encycl.提供します。デウスは、 denaです。 、 1952 ) 。

B. Catholic View b.カトリックの対象

Inspiration can be considered in God, who produces it; in man, who is its object; and in the text, which is its term.インスピレーションに、神の存在と考えることができます、 who生成されているの男、 whoは、そのオブジェクトには、テキストと、これは、その用語です。

(1) In God inspiration is one of those actions which are ad extra as theologians say; and thus it is common to the three Divine Persons. ( 1 ) 、神の存在をインスピレーションは、これらの操作の1つの広告エキストラとして神学者が言ってやる、およびそのための3つのことが共通して神の名です。 However, it is attributed by appropriation to the Holy Ghost.しかし、これは、聖霊に帰さ充当しています。 it is not one of those graces which have for their immediate and essential object the sanctification of the man who received them, but one of those called antonomastically charismata, or gratis datae, because they are given primarily for the good of thers.これらの恩寵ではないが1つのオブジェクトの清浄化の即時かつ欠かせない男who受信して、しかし、それらの1つのantonomastically charismataと呼ばれるか、または無償datae 、与えられたため、彼らは主にthers良いのです。 Besides, inspiration has this in common with every actual grace, that it si a transitory participation of the Divine power; the inspired wirter finding himself invested with it only at the very moment of writing or when thinking about writing.それに、これを共通のインスピレーションは、すべての実際の猶予、それを一過性の参加をsi 、神の力; wirterのインスピレーションを見つけると自分自身の投資の瞬間だけは、非常に書面または書くときに考えています。

(2) Considered in the man on whom is bestowed this favour, inspiration affects the will, the intelligence and all the executive faculties of the writer. ( 2 )検討されて、この男は誰が授けた賛成、インスピレーションに影響を及ぼすのは、知性とその作家のすべての執行能力のです。 (a) Without an impulsion given to the will of the writer, it cannot be conceived how God could still remain the principal cause of Scripture, for, in that case, the man would have taken the initiative. (ア)なしに衝撃を与えられたその作家の意志を、どのようなことはできませんが依然として神啓典の主な原因で発生する、 、その場合は、その男が主導します。 Besides that the text of St. Peter is peremptory: "For prophecy came not by the will of man at any time: but the holy men of God spoke, inspired by the Holy Ghost" (2 Peter 1:21).テキスト以外には、サンピエトロ大聖堂は、有無を言わせぬ: "の予言が特定された男は、いつでも:男性が、聖なる神のスポーク、聖霊触発された" ( 2ピーター1:21 ) 。 The context shows that there is question of all Scripture, which is a prophecy in the broad sense of the word (pasa propheteia graphes).のコンテキストによると啓典のすべての質問には、これは、広義に解釈する予言という言葉(パシャpropheteia graphes ) 。 According to the Encyclical Prov.県によると、回勅です。 Deus, "God stirred up and impelled the sacred writers to determine to write all that God meant them to write" (Denz., 1952).神は、 "神の神聖な論議を巻き起こし、 impelledすべてのことを書く作家を決定する神の意図して書き込み" ( denz. 、 1952 ) 。 Theologians discuss the question whether, in order to impart this motion, God moves the will of the writer directly or decides it by proposing maotvies of an intellectual order.神学者かどうかの問題について話し合うために、この運動を伝える、神様に移動し、直接またはその作家の意志を決定することによって、知的注文maotvies提案します。 At any rate, everybody admits that the Holy Ghost can arouse or simply utilize external influences capable of acting on the will of the sacred writer.いずれにせよ、誰もが認めるところによれ聖霊を活用することを抱かせるまたは単に外部の影響を受けた人に作用する能力があるのは、神聖な作家です。 According to an ancient tradition, St. Mark and St. John wrote their Gospels at the instance of the faithful.古代からの伝統によると、サンマルコと聖ヨハネの福音書を書いたのインスタンスを忠実です。

What becomes of human liberty under the influence of Divine inspiration?何が人間の自由の女神の影響を受けて天来の霊感ですか? In principle, it is agreed that the Inspirer can take away from man the power of refusal.原則として、 inspirerことで合意され、より人間の力を奪うことを拒否します。 In point of fact, it is commonly admitted that the Inspirer, Who does not lack means of obtaining our consent, has respected the freedom of His instruments.をポイントのところ、それを認めているのはよくinspirer 、 whoはありません私たちの同意を得るための手段の不足は彼の自由を尊重されています。 An inspiration which is not accompanied by a revelation, which is adapted to the normal play of the faculties of the human soul, which can determine the will of the inspired writer by motives of a human order, does not necessarily suppose that he who is its object is himself conscious of it.同行するため、インスピレーションではない啓示された、これは、通常のプレーに適応して、人間の魂の学部のことができるの意志を確認するに触発された作家の動機を、人間のために、彼は限らないと仮定してwhoは、オブジェクトは自分自身を意識しています。 If the prophet and the author of the Apcoalypse know and say that their pen is guided by the Spirit of God, other Biblical authors seem rather to have been led by "some mysterious influence whose origin was either unknown or not clearly discerned by them."の場合、預言者とし、著者の言うことを知っていて、 apcoalypse彼らの精神にペンは神に導かれ、他の聖書の作者されたように見えるというが率いる"いくつかの神秘的な影響を与えるかどうか、その起源は不明のいずれかを明確に識別されています。 " (St. Aug., De Gen. ad litt., II, xvii, 37; St. Thomas II-II, Q. clxxi, a. 5; Q. cixxiii, a.4). (聖8月、デGen 。と広告リット。 、 2世、 17 、 37 ;セントトーマス2世- Ⅱ 、問) CLXXI 、 a. 5 ;問cixxiii 、ページA.4 ) 。 However, most theologians admit that ordinarily the writer was conscious of his ow inspiration.ただし、ほとんどの神学者を認めることを意識し、通常の作家は彼のインスピレーションow 。 From waht we have just said it follows that inspiration does not necessarily imply exstasy, as Philo and, later, the Montanists thought.よりによると以下のように我々が何を意味するインスピレーションは必ずしもexstasy 、フィロと、後は、 montanistsは思いました。 It is true that some of the orthodox apologists of the second century (Athenagoras, Theophilus of Antioch, St. Justin) have, in the description which they give of Biblical inspiration, been somehat influenced by the ideas of divination then current amongst the pagans.それは事実だが、いくつかの正統派の擁護者の2番目の世紀(アテナゴラス、テオフィロスのアンティオキア、セントジャスティン)が、彼らには、説明が聖書にインスピレーションを与える、 somehatれ占いの影響を受け、アイデアを入力し、現在の間、多神教徒です。 They are too prone to represent the Biblical writer as a purely passive intermediary, something after the style of the Pythia.彼らがあまりにも多い聖書の作家を代表して、純粋に受動的仲介者として、何かのスタイルをした後、 pythiaです。 Nevertheless, they did not make him out to be an energumen for all that.にもかかわらず、彼らに覚えがない彼のすべてのアウトされるの狂信者です。 The Divine intervention, if one is conscious of it, can certainly fill the human soul with a certain awe; but it does not throw it into a state of delirum.神の介入、もし1つはそれを意識し、人間の魂をいっぱいにすることで、特定の畏怖の念;しかし、それを投げることはありませんの状態をdelirumです。

(b) To induce a person to write is not to take on oneself the responsibility of that writing, more especially it is not to become the author of that writing.結果( b )を誘導する人を書く上ではない自分の責任を取るのを書き込み、さらに多くの、特にではないことになるには著者の書き込みです。 If God can claim the Scripture as His own work, it is because He has brought even the intellect of the inspired writer under His command.もし神が彼自身の仕事として啓典を主張する、それは彼の知性をもたらした触発された作家もされて彼のコマンドを実行します。 However, we must not represent the Inspirer as putting a ready amde book in the mind of the inspired person.しかし、 inspirerとしてしなければならないパットを代表して本を準備amde人の心の中のインスピレーションです。 Nor has He necessarily to reveal the contens of the work to be produced.また彼は必然的内容を明らかにする制作の仕事をされる。 No matter where the knowledge of the writer on this point comes from, whether it be acquired naturally or due to Divine revelation, inspiration has not essentially for its object to teach somethin new to the sacred writer, but to render him capable of writing with Divine authority.がどこにその作家の知識をこの点から、自然や後天性かどうかは神の啓示のために、インスピレーションは、本質的に特定のオブジェクトを教えるのは、神聖なサムの新しい作家、しかし彼をレンダリングする能力があると書面で神権威です。 Thus the author of the Acts of the Apostles narrates events in which he himself took part, or which were related to him.したがって、著者の行為は、使徒では彼自身のナレーションのイベントに参加したか、またはこれに関連している。 It is highly probable that most of the sayings of the Book of Proverbs were familiar to the sages of the East, before being set down in an inspired writing.それは非常に確率はほとんどのことわざは、予約の諺は、東賢慣れして、前に設定する書面は、インスピレーションです。 God, inasmuch as he is the principal cause, when he inspires a writer, subordinates all that writer's cognitive faculties so as to make him accomplish the different actions which would be naturally gone through by a man who, first of all, has the design of composing a book, then gets together his materials, subjects them to a critical examination, arranges them, makes them enter into his plan, and finally brands them with the mark of his personality -- ie his own pecualiar style.神は、理由のために彼は、主な原因として、作家を鼓舞するときは、部下のすべてが作家の認知能力を作るために、異なる行動を成し遂げる彼は当然の男を通過who 、まず第一に、デザインには、作曲の本、一緒に入力し、彼の材料を取得、重要な試験科目して、アレンジして、彼の計画に入るため、そして最後にそれらをブランドマークの彼の性格-すなわち自分自身のp ecualiarスタイルです。 The grace of inspiration does not exempt the writer from personal effort, nor does it insure the perfection of his work from an artistic point of view.免除の恩恵のインスピレーションはありませんからその作家の個人的な努力、それを確実にすることもありません彼の作品の完成度の観点からの芸術的です。 The author of the Second Book of Machabeees and St. Luke tell the reader of the pains they took to document their work (2 Maccabees 2:24-33; Luke 1:1-4). 2番目の本の著者である聖ルカmachabeeesと読者の痛みに申し出て彼らはその仕事を文書化( 2 maccabees 2:24-33 ;ルーク1:1-4 ) 。 The imperfections of the work are to be attributed to the instrument.の欠点の仕事をされる音源に起因する。 God can, of course, prepare this instrument beforehand, but, a the time of using it, He does not ordinarily make any change in its conditions.神は、もちろん、この楽器の事前の準備、しかし、この時間を使用して、彼は通常、その条件を任意に変更します。 When the Creator applies His power to the faculties of a creature outside of the ordinary way, he does so in a manner in keeping with the natural activity of these faculties.彼の創作者に適用時に電源を入れて生き物以外の学部は、普通のやり方、彼はこれを維持する方法と、これらの学部の自然な活動です。 Now, in all languages recourse is had to the comparison of light to explain the nature of the human intelligence.今すぐ、すべての言語を比較していたの頼みの綱は光の性質を説明して、人間の知能です。 That is why St. Thomas (II-II, Q. clxxi, a. 2; Q. clxxiv, a. 2, ad 3um) gives the name of light or illumination to the intellectual motion communicated by God to the sacred wirter.それゆえセントトーマス( 2 - Ⅱ 、問) CLXXI 、 a. 2 ;問clxxiv 、 a. 2 、広告の掲載3um )の名前を与える光や照明の知的モーションを神に伝達され、神聖なwirterです。 After him, then, we may say that this motion is a pecualir supernatural participation of the Divine light, in virtue of which the writer conceives exactly the work that the Holy Ghost wants him to write.後、彼は、その後、私たちが何と言おうと、この運動は、超自然的pecualir参加して神の光は、その作家の美徳を正確に理解は聖霊の仕事は、彼を書くしたいです。 Thanks to this help given to his intellect, the inspired writer judges, with a certitude of Divene order, not only of the opportuneness of the book to be written, but also of the truth of the details and of the whole.このヘルプのおかげで彼の知性を与えられ、触発された作家の裁判官、との確信divene注文だけでなく、その本をopportunenessに書き込まれるだけでなく、真実だと全体の詳細です。 However, all theologians do not analyse exactly in the same manner the influence of this light of inspiration.しかし、正確に分析ていないすべての神学者と同じように、この光のインスピレーションの影響を受けています。 (c) The influence of the Holy Ghost had to extend also to all the executive faculties of the sacred writer -- to his memory, his imagination, and even to the hand with which he formed the letters. (ウ)聖霊の影響を受けていたのすべての役員を拡張する能力も、神聖な作家-彼のメモリを、彼の想像力を手にしても彼の手紙を形成しています。 Whether this influence proceed immediatley from the action of the Inspirer or be a simple assistance, and, again, whether this assistance be positive or merely negative, in any case everyone admits that its object is to remove all error from the inspired text.この影響を与えるかどうかすぐに行動を続行するかは、単純なinspirerアシスタンス、および、再度、このアシスタンスかどうかだけが正または負の、いずれにしても誰もが認めるところによれそのオブジェクトはすべてのエラーからのインスピレーションを削除するテキストです。 Those who hold that even the words are inspired believe that it also forms an integral part of the grace of inspiration itself. whoホールドでもそれらの言葉にインスピレーションを形成することだと信じても不可欠な部分の恵みのインスピレーションそのものです。 However that may be, there is no denying that the inspiration extends, in one way or aother, and as far as needful, to all those who have really cooperated in the composition of the sacred test, especially to the secretaries, if the inspired person had any.しかしそれはそうかもしれないがないインスピレーションを否定して拡張は、 1つの方法またはaotherし、必要な限り、それらをすべての組成whoが本当に協力して、神聖なテスト、特に、秘書、インスピレーションの人の場合、は任意です。 Seen in this light, the hagiographer no longer appears a passive and inert instrument, abased as it were, by an exterior impulsion; on the contrary, his faculties are elevated to the service of a superior power, whihc, although distinct, is none the less intimately present and interior.この観点から見れば、もはやhagiographerが表示されたら、受動的と不活性音源、 abasedいるということになった、エントランスされたはずみ;それどころか、彼の能力は上昇してサービスの優れたパワー、これが、はっきりとはなしあまり密接に存在し、インテリアです。 Without losing anything of his personal life, or of his liberty, or even of his spontaneity (since it may happen that he is not conscious of the power which leads him on), man becomes thus the interpreter of God.何も失うことなく彼の個人的な生活か、または彼の自由、あるいは彼の自発性(起こることがありますので彼ではないことを意識して、彼にパワーがリード) 、男がこのように、神の通訳です。 Such, then is the most comprehensive notion of Divine inspiration.このような、次には、最も包括的な概念の天来の霊感。 St. Thomas (II-II, Q., cixxi) reduces it to the grace of prophecy, in the broad sense of the word.セントトーマス( 2 - Ⅱ 、問、 cixxi )削減の恩恵を予言して、広義に解釈するという言葉です。

(3) Considered in its term, inspiration is nothing else but the biblical text itself. ( 3 )と考え、その用語は、他のインスピレーションは何もないが、聖書のテキストそのものです。 This text was destined by God, Who inspired it, for the universal Church, in order that it might be authentically recognized as His written word.このテキストは、運命神、 whoインスピレーションには、普遍的教会のために、本物のかもしれないが彼の書かれた単語として認識されています。 This destination is essential.この目的地が不可欠です。 Without it a book, even if it had been inspired by God, could not become canonical; it would have no more value than a private revelation.予約をして、たとえ触発されていた神は、正規できませんでしたになることはないの他の値よりもプライベート啓示です。 That is why any writing dated from a later period than the Apostolical age is condemned ipso facto to be excluded from the canon.そのため、任意の日付から書くよりも、後の時代apostolical年齢は事実上死刑囚キヤノンから除外される。 The reason of this is that the deposit of the public revelation was complete in the time of the Apostles.その理由は、この預金は、公共の啓示は、使徒のときには完了します。 they alone had the mission to give to the teaching of Christ the development which was to be opportunely suggested to them by the Paraclete, John 14:26 (see Franzelin, De divina Traditione et Scriptura (Rome, 1870), thesis xxii).彼らは、ミッションを与えるだけでは、キリストの教えをopportunelyの開発が提案された聖霊して、ジョン14:26 ( franzelin 、デdivina traditione et scriptura (ローマ、 1870 ) 、論文xxii ) 。 Since the Bible is the Word of God, it can be said that every canonical text is for us a Divine lesson, a revelation, even though it may have been written with the aid of inspiration only, and without a revelation properly so called.以来、聖書は神の言葉は、それによると、すべての正規化できるテキストは、神の教訓を問い合わせ、啓示にもかかわらず、書かれたこともインスピレーションだけの力を借りて、いわゆるとなしに啓示を正しくします。 For this cause, also, it is clear that an inspired text cannot err.この原因は、また、それはインスピレーションのテキストを明確にすることはできません。エラーです。 That the Bible is free from error is beyond all doubt, the teaching of Tradition.聖書は無料エラーが発生してからはすべての疑いを超え、教育の伝統です。 The whole of Scriptural apologetics consists precisley in accounting for this exceptional prerogative.聖書の弁証全体の構成で会計precisleyこの例外的特権です。 Exegetes and apologists have recourse here to considerations which may be reduced to the following heads:頼みの綱はここをexegetesと擁護者が減少して考慮される可能性は、次のヘッド:

the original unchanged text, as it left the pen of the sacred writers, is alone in question.銘柄が変わらず、元のテキスト、左のペンには、神聖な作家は、一人で質問です。

As truth and error are properties of judgment, only the assertiions of the sacred writer have to be dealt with.として、真実とエラーには判断のプロパティを、 assertiionsは、神聖な作家の対処しなければならない。 If he makes any affirmation, it is the exegete's duty to discover its meaning and extent; whether he expresses his own views or those of others; whether in quoting another he approves, disapproves, or keeps a silent reserve, etc.もし彼が任意の肯定、それは、その意味を発見するの義務exegete 、および範囲;かどうか彼は彼自身の再生回数やそれらの表現その他;かどうかは別の彼の話を引用承認、承認しないか、またはサイレントには、準備金等

The intention of the writer is to be found out according to the laws of the language in which he writes, and consequently we must take into account the style of literatur he wished to use.その作家の意図が発見されるの法律に基づいてアウトによると、その言語では彼の書き込み、およびその結果を考慮しなければならない私たちのスタイルを使用して欲しいとliteraturです。 All styles are compatible with inspiration, because they are all legitimate expressions of human thought, and also, as St. Augustine says (De Trinitate, I, 12), "God, getting books written by men, did not wish them to be composed in a form differing from that used by them."すべてのスタイルと互換性のインスピレーション、すべての合法的な表現のため、彼らは人間の思考の、およびまた、聖アウグスティヌスは言う(デtrinitate 、私、 12 ) 、 "神は、就学許可証の図書書かれた男性は、希望しなかったして構成される異なるフォームで使用されてからのことです。 " Therefore, a distinciton is to be made between the assertion and the expression; it is by means of the latter that we arrive at the former.したがって、 distincitonは、アサーションとの間にすることは、表現の手段としては、後者のそれが私たちの元に到着する。

These general principles are to be applied to the different books of the Bible, mutatis mutandis, according to the nature of the matter contained in them,the special purpose for which their author wrote them, the traditional explanation which is given of them, the traditional explanation which is given of them, and also according to the decisions of the Church.これらの原則を適用するのは別の書籍を、聖書、準用によると、この問題の性質に含まれて彼らには特別な目的のために著者が書いたし、与えられたのは、従来の説明をして、伝統的なこれは与えられたの説明をし、また、教会によると、意思決定します。

C. Erroneous Views Proposed by Catholic Authors c.誤った再生回数で提案さカトリック作家

(1) Those which are wrong because insufficient. ( 1 )は間違っているため、不十分なものです。

(a) The approbation given by the Church to a merely human writing cannot, by itself, make it inspired Scripture. ( a )は与えられた教会の賛同を得るだけして人間の書き込みすることはできません、自分自身、啓典を刺激することです。 The contrary opinion hazarded by Sixtus of Siena (1566), renewed by Movers and Haneberg, in the nineteenth centruy, was condemned by the Vatican Council.シクストゥスhazardedされ、反対意見のシエナ( 1566 ) 、リニューアルされ話題とhanebergは、 19世紀、バチカン公会議は、非難されるのです。 (See Denz., 1787). (参照DenZがします。 、 1787 ) 。

(b) Biblical inspiration even where it seems to be at its minimum -- eg, in the historical books -- is not a simple assistance given to the inspired writers to prevent him from erring, as was thought by Jahn (1793), who followed Holden and perhaps Richard Simon.結果( b )聖書のインスピレーションと思われる場合でもその最小-例えば、は、歴史的な書籍-ではない単純な援助を与えられるのを防ぐ彼からインスピレーション人の道を踏み外した作家としては、思考をヤーン(1 7 93)、 w h oその後、おそらくホールデンリチャードサイモンです。 In order that a text may be Scripture, it is not enough "that it contain revelation without error" (Conc. Vatic., Denz., 1787).テキストのためには、 5月に啓典、十分ではない"とエラーが発生することが含まれ啓示" ( conc.予言者です。 、 DenZがします。 、 1787 ) 。

(c) A book composed from merely human resources would not become an inspired text, even if approved of, afterwards, by the Holy Ghost. ( c )人的資源の本だけで構成さからインスピレーションはないテキストになる場合でも、承認は、その後、聖霊された。 This subsequent approbation might make the truth contained in the book as credible as if it were an article of the Divine Faith, but it would not give a Divine origin to the book itself.この後続の賛同を得るに含まれているかもしれないの真実に予約を信用に足るものと同じように、神の信仰に記事が、神の起源を与えることはない、その本自体をします。 Every inspiration properly so called is antecedent, so much so that it is a contradiciton in terms to speak of a subsequent inspiration.すべてのインスピレーションが先行いわゆる適切なので、多くcontradicitonにして利用することは、後続のインスピレーションを話すのです。 This truth seems to have been lost sight of by those moderns who thought they could revive-at the same time making it still less acceptable -- a vague hypothesis of Lessius (1585) and of his disciple Bonfrère.この真理が失われたようにそれらの光景をよみがえらせる-モダーンズwho考え彼らがそれと同時にまだ少ないことが可能-に漠然とした仮説のレッシウス( 1 585)と彼の弟子b onfrèreです。

(1) Those which err by excess ( 1 )これらのエラーを超過

A view which errs by excess confounds inspiration with revelation.過剰な混乱を対象にインスピレーションをerrs啓示されています。 We have just said that these two Divine operations are not only distinct but may take place separately, although they may also be found together.我々が神によると、これらの2つの操作が行われるだけでなく、個別に異なることがありますが、彼らが見つかりました一緒にされることもあります。 As a matter of fact, this is what happens whenever God moves the sacred writer to express thoughts or sentiments of which he cannot have acquired knowledge in the ordinary way.実は、これは何が起こるたびに移動し、神聖な神の考えや感情を表現する作家が彼の知識を獲得することはできませんが普通のやり方です。 There has been some exaggeration in the accusation brought against early writers of having confounded inspiration with revelation; however, it must be admitted that the explicit distinction between these two graces has become more and more emphasized since the time of St. Thomas.言っても過言ではいくつかあるの告発に対するべらぼうにインスピレーションを持つ作家の早期に啓示;しかし、しなければならないことをはっきりと区別するのを認めているが、これら2つに甘えて以来、ますます多くの時間を強調セントトーマスです。 This is a very real progress and allows us to make a more exact psychological analysis of inspiration.これは非常に実質的な進展を可能にし、もっと正確に言うと心理的な分析に触発された。

III. Ⅲ 。 EXTENT OF INSPIRATIONインスピレーションの範囲

The question now is not whether all the Biblical books are inspired in every part, even in the fragments called deuterocanonical: this point, which concerns the integrity of the Canon, has been solved by the Council of Tent (Denz., 784).今すぐかどうかの問題ではないが啓示された書籍のすべての聖書のあらゆる部分でさえ、断片と呼ばれる第二正典:この時点で、これはキヤノンの整合性を懸念し、解決され、評議会のテント( denz. 、 784 ) 。 but are we bound to admit that, in the books or parts of books which are canonical, there is absolutely nothing, either as regards the matter or the form, which does not fall under the Divine inspiration?しかし、私たちにバインドさ認めざるを、書籍は、書籍や部品が標準では、確実にない、またはいずれかのフォームの問題点として、これ天来の霊感の下にはありません秋ですか?

A. Inspiration of the Whole Subject Matter a.全体のインスピレーションの主題

For the last three centuries there have been author-theologians, exegetes, and especially aplogists -- such as Holden, Rohling, Lenormant, di Bartolo, and others -- who maintained, with more or less confidence, that inspiration was limited to moral and dogmatic teaching, excluding everything in the Bible relating to history and the natural sciences.ための最後の3つの世紀があった著者-神学者、 exegetes 、特にaplogists -などのホールデン、 r ohling、ルノルマン、ディb artolo、およびその他- wh o維持し、自信を多かれ少なかれ、そのインスピレーションは、道徳的かつ限定される独断的な教育を除く、すべての聖書の歴史と自然科学に関連しています。 They think that, in this way, a whole mass of difficulties against the inerrancy of the bible would be removed.と考えると、この方法では、全体の質量の困難を反対する聖書の間違いのないことが削除されます。 but the Church has never ceased to protest against this attempt to restrict the inspiration of the sacred books.しかし、教会は決して消滅して抗議するこの試みは、神聖なインスピレーションを制限する書籍です。 This is what took place when Mgr d'Hulst, Rector of the Institut Catholique of paris, gave a sympathetic account of this opinion in "Le Correspondant" of 25 Jan., 1893.これはどのようなときが行わmgr d'ヒュルスト、カトリック研究所の学長は、パリ、交感神経のアカウントは、この意見に"ル特派員"を1893年1月25日です。 The reply was quickly forthcoming in the Encyclical Providentissimus Deus of the same year.今度はすぐに返信providentissimus神は、回勅、同じ年です。 In that Encyclical Leo XIII said:レオ13世によると、その回勅:

It will never be lawful to restrict inspiration merely to certain parts of the Holy Scripture, or to grant that the sacred writer could have made a mistake.合法的に制限することは決してないインスピレーションを特定の部分を単に教典か、またはは、神聖な作家を付与することができたの間違いですよ。 Nor may the opinion of those be tolerated, who, in order to get out of these difficulties, do not hesitate to suppose that Divine inspiration extends only to what touches faith and morals, on the false plea that the true meaning is sought for less in what God has said than in the motive for which He has said it.これらの意見を5月にも許されない、 whoは、これらのうちの困難を得るために、お気軽に天来の霊感と仮定してどのようなタッチ拡張のみに信仰と道徳、虚偽の訴えを検索することが求められてそれほどの真の意味でによると比べてどのような神が彼によると、動機をします。 (Denz., 1950) ( denz. 、 1950 )

In fact, a limited inspiration contradicts Christian tradition and theological teaching.実際には、限られたキリスト教の伝統と神学教育インスピレーション矛盾します。

B. Verbal Inspiration b.口頭インスピレーション

Theologians discuss the question, whether inspiration controlled the choice of the words used or operated only in what concerned the sense of the assertions made in the Bible.神学について話し合うという質問に、インスピレーション制御するかどうかの選択や操作だけで使われている言葉の意味でのどのような懸念して作られた聖書のアサーションです。 In the sixteenth century verbal inspiratiion was the current teaching.口頭では、 16世紀inspiratiionは、現在の教育です。 The Jesuits of Louvain were the first to react against this opinion.ルーのイエズス会の反応に対しては、最初にこの意見です。 They held "that it is not necessary in order that a text be Holy Scripture, for the Holy Ghost to have inspired the very material words used."が開催された"ということではないことをテキストにするために必要な教典、聖霊の素材には非常に使われる単語を動かされた。 " The protests against this new opinion were so violent that Bellarmine and Francisco Suárez thought it their duty to tone down the formula by declaring "that all the words of the text have been dictated by the Holy Ghost in what concerns the substance, but differently according to the diverse conditiions of the instruments."この新しい世論の抗議が暴力的なことは考えてベラルミーノとフランシスコスアレスにトーンダウンする義務がある数式を宣言"のすべてのテキストの言葉を聖霊が、どのよう指示された物質の関心事は、しかし、異なるによると、これらの楽器の多様なconditiionsのです。 " This opinion went on gaining in precision, and little by little it disentangled itself from the terminology which it had borrowed from the adverse opinion, notably from the word "dictation."この意見を獲得するには、高精度、およびdisentangledリトルバイリトルそれ自体の用語から借りていたからの反対意見、特にという言葉から"ディクテーション。 " Its progress was so rapid that at the beginning of the nineteenth century it was more commonly taught than the theory of verbal inspiration.そのための急速な進展が見られなかったが、 19世紀の冒頭には他の理論よりもよく教え口頭で触発された。 Cardinal Franzelin seems to have given it its definite form. franzelin枢機卿が与えられたことのように明確なフォームです。 During the last quarter of a century verbal inspiration has again found partisans, and they become more numerous every day.中に口頭での最後の四半世紀には再びインスピレーションが見つかりましたパルチザン、および他の多くの毎日になる。 However, the theologians of today, whilst retaining the terminology of the older school, have profoundly modified the theory itself.しかし、今日の神学者、保持しながら、古い学校の用語、理論自体が深く変更してください。 They no longer speak of a material dictation of words to the ear of the writer, nor of an interior revelation of the term to be employed, but of a Divine motion extending to every faculty and even to the powers of execution to the writer, and in consequence influencing the whole work, even its editing.話すことがないので、口述筆記の材料に耳を傾けてその作家の言葉を、またインテリアに採用されるという用語の啓示が、神のモーション延長して、教員の権限を実行しても、作家、および全体の動作に影響を及ぼす結果としても、その編集します。 Thus the sacred text is wholly the work of God and wholly the work of man, of the latter, by way of instrument, of the former by way of principal cause.したがって、 100の仕事を神聖なテキストは、神と人間の仕事を完全に、後者は、道の音源を、元に道の主な原因です。 Under this rejuvenated form the theory of verbal inspiration shows a marked advance towards reconcilation with the rival opinion.この理論を形成して活性化されてインスピレーション口頭で和解を示してスパム事前に向け、ライバルの意見です。 From an exegetical and apologetical point of view it is indifferent which of these two opinions we adopt. apologeticalからの解釈と無関心の観点からこれらの2つのことが私たちの意見を採用します。 All agree that the characteristics of style as well as the imperfections affecting the subject matter itself, belong to the inspired writer.すべてに同意しスタイルの特性に影響を与えるだけでなく、欠点の主題自体に所属し、触発された作家です。 As for the inerrancy of the inspired text it is to the Inspirer that it must be finally attributed, and it matters little if God has insured the truth of His Scripture by the grace of inspiration itself, as the adherents of verbal inspiration teach, rather than by a providential assistance.また、テキストのことは間違いのないことは、インスピレーションを最後にしなければならないカウントinspirerして、それは大した問題で、神が彼の被保険者の真実性を猶予された啓典のインスピレーション自体は、支持者の言葉として、インスピレーションを教えるのではなく、摂理の支援された。

IV. Ⅳ 。 PROTESTANT VIEWS ON THE INSPIRATION OF THE BIBLEプロテスタントの再生回数は、聖書にインスピレーションを検索する

A. At the Beginning of the Reformation A.現在の改革の始まり

(1) As a necessary consequence of their attitude towards the Bible, which they had taken as their only rule of Faith, the Protestants were led at the very outset to go beyond the ideas of a merely passive inspiration, which was commonly received in the first half of the sixteenth century. ( 1 )の必然的結果として、聖書的な態度を取る彼らは彼らだけのルールとして信仰は、プロテスタントが主導は、非常に当初のアイデアを越え、単に受動的にインスピレーションを得たのはよく受信さ16世紀前半のです。 Not only did they make no distinction between inspiration and revelation, but Scripture, both in its matter and style, was considered as revelation itself.かれらだけでなく、インスピレーションと啓示の区別をしないが、啓典、その問題とスタイルの両方で、啓示自体は見なされています。 In it God spoke to the reader just as He did to the Israelites of old from the mercy-seat.神の話をして、読者と同じように、彼は昔からのイスラエルのなすがままに-の席です。 Hence that kind of cult which some protestants of today call "Bibliolatry."したがってそのようないくつかのプロテスタント教団が今日コール"書籍崇拝します。 " In the midst of the incertitude, vagueness, and antinomies of those early times, when the Reformation like Luther himself, was trying to find a way and a symbol, one can discern a constant preoccupation, that of indissolubly joining religious belief to the very truth of God by means of His written Word.不確実性の真っただ中に、曖昧、およびそれらの早期回antinomies 、改革のようなときにルーサー自身がしようとしてする方法を見つけるとを象徴する、 1つの定数を識別できる最大の関心事は、宗教的信念が不可分に参加して非常に真理彼の書かれた神の言葉を意味します。 The Lutherans who devoted themselves to composing the Protestant theory of inspiration were Melanchthon, Chemzitz, Quenstedt, Calov. lutherans who献身的な作曲して、プロテスタントの理論のインスピレーションがメランヒトン、 chemzitz 、クウェンシュテット、カロフです。 Soon, to the inspiration of the words was added that of the vowel points of the present Hebrew text.すぐに、インスピレーションの単語をして、母音ポイントが追加されましたが、現在のヘブライ語のテキストです。 This was not a mere opinion held by the two Buxtorfs, but a doctrine defined, and imposed under pain of imprisonment, and exile, by the Confession of the Swiss Churches, promulgated in 1675.これは単なる意見を保有していない2つのbuxtorfs 、ではなく、教義を定義し、懲役刑の痛みを賦課され、亡命者、された自白は、スイスの教会、公布された1675です。 These dispositions were abrogated in 1724.これらの廃棄処分された1724です。 The Purists held that in the Bible there are neither barbarisms nor solecisms; that the Greek of the New Testament is as pure as that of the classical authors.聖書の純粋主義者して開かれたbarbarismsには、どちらもsolecisms ;は、ギリシャ語、新約聖書は、純粋なものと思われる古典作者に帰属します。 It was said, with a certain amount of truth, that the Bible had become a sacrament for the Reformers.それは、によると、ある程度の真理をもって、聖餐式は、聖書は、改革派になる。

(2) In the seventeenth century began the controversies which, in course of time, were to end in the theory of inspiration now generally accepted by Protestants. ( 2 )は、 17世紀の論争が始まったが、時がたつにつれて、最後にはその理論のインスピレーションを今すぐ一般に公正妥当と認められたプロテスタントです。 The two principles which brought about the Reformation were precisely the instruments of this revolution; on the one side, the claim for every human soul of a teaching of the Holy Ghost, which was immediate and independent of every exterior rule; on the other, the right of private judgment, or autonomy of individual reasoning, in reading and studying the Bible. 2つの原則については、改革が起きるまでは、楽器の正確には、次の革命;上の1つの側では、すべての人間の魂の賠償請求をするのは、聖霊の指導、これは、即時かつ非依存のすべてのエントランスルール;上、他のは、右側のプライベートな判断か、または自治の個々の推論は、聖書を読むと検討しています。 In the name of the first principle, on which Zwingli had insisted more than Luther and Calvin, the Pietists thought to free themselves from the letter of the Bible which fettered the action of the Spirit.第一原理の名の下、ツウィングリが主張した上でルーサーを超えるとカルバンは、無料と考えられてpietists自身からの手紙を聖書の精神にどのfetteredの作用をします。 A French Huguenot, Seb.フランスのユグノー、 seb 。 Castellion (d. 1563), had already been bold enough to distinguish between the letter and the spirit; according to him the spirit only came from God, the letter was no more than a "case, husk, or shell of the spirit." castellion (民主党1563 ) 、太字はすでに十分な手紙とを区別するための精神;彼によると、神から来たの精神にのみ、その手紙はない以上"の場合、殻か、または殻の精神にします。 "

The Quakers, the followers of Swedenborg, and the Irvingites were to force this theory to its utmost limits; real revealation -- the only one which instructs and sanctifies -- was that produced under the immediate influence of the Holy Ghost.のクエーカー教徒は、信者のスウェデンボルグ、とirvingitesを強制的にはこの理論を極限;リアルrevealation -1つだけを指示するとs anctifies-は、生産され、聖霊の即時に影響を与える。 While the Pietists read their Bible with the help of interior illumination alone, others, in even greater numbers, tried to get some light from philological and historical researches which had received their decisive impulse from the Renaissance.聖書を読むpietistsが、彼らの助けを借りての室内照明だけで、その他は、さらに大きな数字は、いくつかの光を取ろうとしていたより言語学、歴史的な研究に決定的な衝動からのルネッサンス受信します。 Every facility was assured to their investigations by the principle of freedom of private judgment; and of this they took advantage.すべての施設は、安心して調査された民間の判断の自由の原則;とは、次の彼らは利点です。 The conclusions obtained by this method could not be fatal to the theory of inspiration by revelation.このメソッドの結論を得られたの理論できませんでした致命的なインスピレーションを啓示されています。 In vain did its partisans say that God's will had been to reveal to the Evangelists in four different ways the words which, in reality, Christ had uattered only once; that the Holy Ghost varied His style accoring as he was dictation to Isaias or to Amos -- such an explanation was nothing short of an avowal of the ability to meet the facts alleged against them.パルチザン言ってやるが無駄になることは、神のご意志を明らかにしていたの伝道者の言葉の4つの方法がありますが、現実には、イエスキリストは一度だけuattered ;は、聖霊様々な彼のスタイルによると彼は口述筆記をisaiasまたはをアモス-そのような説明は何もなかったのショートを公言する能力を満たしている事実を主張している。 As a matter of fact, Faustus Socinus (d. 1562) had already held that the words and, in general, the style of Scripture were not inspired.として実際のところ、ファウストsocinus (民主党1562 )はすでに開催された単語と、一般的には、啓典が特定のスタイルを刺激します。 Soon afterwards, George Calixtus, Episcopius, and Grotinus made a clear distinction between inspiration and revelation.そのすぐ後に、ジョージカリクストゥス、エピスコピウス、およびgrotinus作らインスピレーションと啓示を明確に区別します。 According to the last-named, nothing was revealed but the prophecies and the words of Jesus Christ, everything else was only inspired.によると、最後に名前が、何もが明らかになり、しかし、イエスキリストの言葉を予言し、それ以外は、インスピレーションのみです。 Still further, he reduces inspiration to a pious motion of the sould {see "Votum pro pace Ecclesiae" in his complete works, III (1679), 672}.まださらに、彼は信心深いモーション低減して、インスピレーションが(詳細については、 "プロのペースvotum ecclesiaの複数形"彼の全作品を、 3世( 1679 ) 、 672 )です。 The Dutch Arminian school then represented by J. LeClerc, and, in France, by L. Capelle, Daillé, Blondel, and other, followed the same course.オランダ語で表現さアルミニウス説の学校j.入力し、ルクレール、および、フランス、 l.カペロ、 daillé 、 blondel 、およびその他の、その後、同じコースです。 Although they kept current terminology, they made it apparent, nevertheless, that the formula, "The Bible is the Word of God," was already about to be replaced by "The Bible contains the Word of God."保管現在の彼らの用語では、彼らはそれ見掛け、にもかかわらず、その数式は、 "聖書は神の言葉は、 "に置換されるにはすでに"聖書には、神の言葉です。 " Morever, the term word was to be taken in an equivocal sense. morever 、という用語は、言葉はあいまいな感覚とされる。

B. Biblical Rationalism b.聖書の合理主義

In spite of all, the Bible was still held as the criterion of religious belief.にもかかわらず、すべてのは、聖書の基準としてはまだ行われた宗教的信念です。 To rob it of this prerogative was the work which the eighteenth century set itself to accomplish.この特権を奪うことは、 18世紀の仕事は、自分自身を達成するに設定します。 In the attack then made on the Divine inspiration of the Scriptures three classes of assailants are to be distinguished.この攻撃で行われた天来の霊感を入力し、聖書は3つのクラスのassailants識別される。

(1) The Naturalist philosophers, who were the forerunners of modern unbelief (Hobbes, Spinoza, Wolf); the English Deists (Toland, Collins, Woolston, Tindal, Morgan); the German Rationalists (Reimarus, Lessing); the French Encyclopedists (Voltaire, Bayle) strove by every means, not forgetting abuse and sarcasm, to prove how absurd it was to claim a Divine origin for a book in which all the blemishes and errors of human writings are to be found. ( 1 )ナチュラリストの哲学者、 whoは、現代の先駆者の不信心(ホッブズ、スピノザ、オオカミ) ;の英語deists (トーランド、コリンズ、ウルストン、ティンダル、モーガン) ; 、ドイツの合理(ライマールス、レッシング) ; 、フランスのencyclopedists (ヴォルテール、 bayle )徹底をあらゆる手段ではなく、忘却の乱用と皮肉を込めて、ばかげたことを証明する方法については、神の起源を要求するために本では人間のすべての打ちどころがないとエラーを記述されるが見つかりました。

(2) The critics applied to the Bible, the methods adopted for the study of profane authors. ( 2 )適用される聖書の批評家は、研究の方法を採用して不敬作者に帰属します。 They, from the literary and historic point of view, reached the same conclusion as the infidel philosophers; but they thought they could remain believers by distinguishing in the Bible between the religious and the profane element.彼らは、文学や歴史的な観点から見ると、同じ結論に達し、異端者としての哲学;しかし、彼らは彼らが残る信者たちは、聖書の間に区別され、宗教との不敬な要素を作成します。 The latter they gave up to the free judgment of historical criticism; the former they pretended to uphold, but not without restrictions, which profoundly changed its import.後者の彼らの自由な判断をあきらめたの歴史を批判し、元のふりをし彼らを支持、しかし、制限がないわけでは、これを変更した深くインポートします。 According to Semler, the father of Biblical Rationalism, Christ and the Apostles accommodated themselves to the false opinions of their contemporaries; according to Kant and Eichborn, everything which does not agree with sane reason must be regarded as Jewish invention.ゼムラーによると、聖書の合理主義の父、イエスキリストと使徒の意見を収容して、虚偽のコンテンポラリー; eichbornによると、カントと、すべてではありません正気に同意しなければならない理由でユダヤ人の発明と見なされています。 Religion restricted within the limits of reason -- that was the point which the critical movement initiated by Grotius and LeClerc had in common with the philosophy of Kant and the theology of Wegscheider.宗教の限界を理由に制限さ-それは重要なポイントは、運動によって開始さルクレールグロティウスとの共通点は、カント哲学と神学ウェークシャイダーです。 The dogma of plenary inspiration dragged down with it, in its final ruin, the very notion of revelation (A. Sabatier, Les religions d'autorité et la religion de l'espirit, 2nd ed., 1904, p. 331).全霊感のドグマの足を引っ張っおそれは、その最後の遺跡は、非常に概念の啓示( a.サバティエ、レ宗教d' autoritéとラの宗教デl' espirit 、第2版、 1904 、 p. 331 ) 。

(3) These philosophical historical controversiers about Scriptural authority caused great anxiety in religious minds. ( 3 )これらの哲学的歴史的な権威controversiers約聖書の宗教心が原因で大きな不安です。 There were many who then sought their salvation in one of the principles put forward by the earlly Reformers, notably by Calvin: to wit, that truly Christian certitude came from the testimony of the Holy Spirit. who入力し、彼らが多くの救いを求められて1つの原則にearllyに転送された改革派、特にさカルバン:機知に富んだ、その確信が真にキリスト教の聖霊の証言からです。 Man had but to sound his own soul in order to find the essence of religion, which was not a science, but a life, a sentiment.男はしかし、彼自身の魂を音に宗教の本質を見つけるために、これは科学ではなく、人生と同じで、感情です。 Such was the verdict of the Kantian philosophy then in vogue.このような判決は、カント哲学を入力し、流行しています。 It was useless, from the religious point of view, to discuss the extrinsic claims of the Bible; far better was the moral experience of its intrinisc worth.無駄なことは、宗教的な観点からは、外因性を議論する主張の聖書;ずっといいのは、道徳的な経験intrinisc相当します。 The Bible itself was nothing but a hostory of the religious experiences of the Prophets, of Christ and His Apostles, of the Synagogue and of the Church.聖書自体は何もなかったのではなく、宗教的な経験をhostoryは、預言者、イエスキリストとその使徒、教会、シナゴーグとします。 Truth and Faith came not from without, but sprang from the Christian conscience as their source.真実と信仰がなくはないが、キリスト教の良心としてspringの過去からのソースです。 Now this conscience was awakened and sustained by the narration of the religious experiences of those who had gone before.今すぐこの良心された持続的なナレーションが目を覚ますと、宗教的な経験をする前にこれらのwhoが行ってしまう。 What mattered, then, the judgment passed by criticism on the historical truth of this narration, if it only evoked a salutary emotion in the soul?何役に立たなかった、その後、渡されるの判断に批判して、歴史の真実は、次のナレーション、有益な場合にのみ感情を誘発するの魂ですか? Here the useful alone was true.ここで役に立つだけでは本当ですよ。 Not the text, but the reader was inspired.特定のテキストは、しかし、リーダーは、インスピレーションです。 Such, in its broad outlines, was the final stage of a movement which Spener, Wesley, the Moravian Brethren, and, generally, the Pietists initiated, but of which Schleiermacher (1768-1834) was to be the theologian and the propagator in the nineteenth century.このような、その大筋を説明、運動の最後の段階ではどのシュペーナー、ウェズリーは、モラヴィア兄弟団、および、一般的に、 pietists開始されると、しかし、これシュライエルマッハー( 1768-1834 )は神学者と伝達されるのは、 19世紀です。

C. Present Conditions c.現在の条件

(1) The traditional views, however, were not abandoned without resistance. ( 1 ) 、従来の再生回数、しかし、抵抗せずには捨てられた。 A movement back to the old idea of the theopneustia, including verbal inspiration, set in nearly everywhere in the first half of the nineteenth century.運動の先頭に、古い考えをtheopneustia 、口頭でインスピレーションを含め、ほぼどこで設定され、 19世紀の最初の半分です。 This reaction was called the Réveil.この反応は騅eilと呼ばれる。 Among its principal promoters must be mentioned the Swiss L. Gaussen, W. Lee, in England, A. Dlorner in Germany, and, more recently, W. Rohnert.その主なプロモーターの間に記載しなければならない、スイスl. gaussen 、ワット李は、イングランド、 a. dlornerでドイツ語を、および、最近では、ローネットワットです。 their labours at first evoked interest and sympathy, but were destined to fail before the efforts of a counter-reaction which sought to complete the work of Schleiermacher.彼らの関心と同情を呼び覚ました最初の仕事ですが、失敗する運命にあるの努力をするカウンターの前に反応が完了して仕事をシュライエルマッハーを模索してきた。 it was led by Alex, Vinet, Edm.それを主導したアレックス、ビネ、放電加工機です。 Scherer, and E. Rabaud in France; Rich.シェアラー、およびe.ラボー、フランス;豊富です。 Rothe and especially Ritschl in Germany; ST Coleridge, FD Maurice, and Matthew Arnold in England.ローテでドイツ語を、特にリッチュル;セントコールリッジ、モーリス子fd 、およびマシューアーノルドは、英国のです。 According to them, the ancient dogma of the theopneustia is not to be reformed, but given up altogether.それらによると、古代の教義をtheopneustiaに改革される必要はないが、完全にあきらめた。 In the heat of the struggle, however, university professors like E. Reuss, freely used the historical method; without denying inspiration they ignored it.は、熱の闘争の、しかし、大学教授のようなe.ルース、自由に使用して歴史的な方法;インスピレーションを否定して無視されています。

(2) Abstracting from accidental differences, the present opinion of the so-called progressive Protestants (who profess, nevertheless, to remain sufficiently orthodox), as represented in Germany by B. Weiss, RF Grau, and H Cremer, in England by W. Sanday, C. Gore, and most Anglican scholars, may be reduced to the following heads: (a) the purely passive, mechanical theopneustia, extending to the very words, is no longer tenable. ( 2 )抄録不慮の違いから、現在の意見を、いわゆる進歩的プロテスタント( who公言、にもかかわらず、十分な正統派を維持する) 、などに代表さb.でドイツ語をワイス、グラウのRF 、およびHクレーマーは、イングランドでワットです。サンデー、 c.ゴア、およびほとんどの聖公会の学者、 5月に減少しては、次のヘッド: ( a )は純粋に受動的、機械的theopneustia 、延長して非常に言葉は、もはや批判に耐えられる。 (b) Inspiration had degrees: suggestion, direction, elevation, and superintendency.結果( b )インスピレーションは度:提案、方向、高度、および監督者の職です。 All the sacred writers have not been equally inspired.神聖な作家のすべての均等にインスピレーションされていない。 (c) Inspiration is personal that is, given directly to the sacred writer to enlighten, stimulate, and purify his faculties. ( c )インスピレーションは個人的には、与えられた神聖な執筆者を啓発するのに直接、刺激を与え、彼の能力と浄化します。 This religious enthusiasm, like every great passion, exalts the powers of the soul; it belongs, therefore, to the spiritual order, and is not merely a help given immediately to the intellect.この宗教的な熱意は、いつものように大変な情熱、魂の権限をexalts ;に属し、したがって、精神的な注文して、ヘルプだけではないとすぐに、知性を与えられた。 Biblical inspiration, being a seizure of the ntire man by the Divine virtue, does not differ essentially from the gift of the Holy Spirit imparted to all the faithful.聖書にインスピレーションを得た男が発作をntireされた神の美徳だが、本質的に違いはありません聖霊からの贈り物のすべての忠実を付与します。 (d) It is, to say the least, an improper use of language to call the sacred text itself inspired. (エ)これは、控えめに言っても、不適切な使用言語自体インスピレーションを呼び出すには神聖なテキストです。 At any rate, this text can, and actually does, err not only in profane matters, but also in those appertaining more or less to religion, since the Prophets and Christ Himself, notwithstanding His Divinity, did not possess absolute infallibility.いずれにせよ、このテキストは、と、実際には、エラーが不敬な事柄だけでなく、それらに付随だけでなく、多かれ少なかれに宗教、預言者とキリスト以来、自分自身、彼の神性にもかかわらず、絶対不可謬性を持つしなかった。 (Cf. Denney, A Dict. of Christ and the Gospels, I, 148-49.) The Bible is a historical document which taken in its entirety contains the authentic narrative of revelation, the tidings of salvation. ( cf.デニーは、 dictのです。キリストの福音書と、私は、一四八〜四九です。 )聖書は、歴史的な文書の撮影には、本物の物語の全体の啓示は、救いの便りです。 (c) Revealed truth, and, consequently, the Faith we derive from it are not founded on the Bible, but on Christ himself; it is from Him and through Him that the written text acquires definitely all its worth. ( c )真実を明らかにし、その結果、私たちの信仰から派生することはない聖書に設立さではなく、イエスキリスト自身;ことがよりを通じて彼と彼は、すべての価値definitely書かれたテキストを取得します。 But how are we to reach the historical reality of Jesus -- His teaching, His institutions -- if Scripture, as well as Tradition, offers us no faithful picture?しかし、私たちはどのようにイエスキリストの現実の歴史に達する-彼の教え、彼の機関-もし啓典だけでなく、伝統、提供先の忠実な画像ですか? The question is a painful one. 1つの問題は、痛みを伴う。 To establish the inspiration and Divine authority of the Bible the early Reformers had substituted for the teaching of the Church internal criteria, notably the interior testimony of the Holy Spirit and the spiritual efficacy of the text.神の権威を確立するためのインスピレーションと聖書の早期教育の改革派は教会の置換は、内部の基準は、特にインテリアの証拠を提出すると、精神的な効果は聖霊のテキストです。 Most Protestant theologians of the present day agree in declaring these criteria neither scientific nor traditional; and at any rate they consider them insufficient.ほとんどのプロテスタントの神学者の同意を宣言、現在の1日、これらの基準をどちらも伝統的な科学技術、およびそれらを検討させていずれにせよ不十分です。 (On the true criterion of inspiration see CANON OF THE HOLY SCRIPTURES.) They profess, consequently, to supplement them, if not to replace them altogether, by a rational demonstration of the autheticity and substantial trustworthiness of the Biblical text. (上の真の基準のインスピレーションキヤノンは、聖書を参照。 )と公言し、その結果、それらを補完する、それらを完全に置き換えるていない場合は、合理的かつ実質的autheticityデモは、信頼性の聖書のテキストです。 The new method may well provide a starting-point for the fundamental theology of Revelation, but it cannot supply a complete justification of the Canon, as it has been so far maintained in the Churches of the Reformation.この新しい方法を提供するかもしれないの出発点の根本的な神学の啓示が、電源を完全に正当化することはできませんが、キヤノン、とされ、これまでの教会の改革に維持されます。 Anglican theologians, too, like Gore and Sanday, gladly appeal tot he dogmatic testimony of the collective conscience of the universal Church; but, in so doing, they break with one of the first principles of the Reformation, the autonomy of the individual conscience.聖公会の神学者であることが判明、サンデーのようなゴアと、彼は喜んでアピール合計の独断的な証言は、集団的良心の普遍教会;しかし、そうすることによって、彼らを破るの1つの改革の最初の原則は、自律性、個々の良心です。

(3) The position of liberal Protestants (ie those who are independent of all dogma) may be easily defined. ( 3 )の位置をリベラルなプロテスタント(つまりwhoは独立のすべてのドグマ)年5月に簡単に定義されています。 The Bible is just like other texts, neither inspired nor the rule of Faith.聖書は、他のテキストと同じように、いずれもインスピレーションの支配の信仰です。 Religious belief is quite subjective.宗教的信念は非常に主観的です。 So far is it from depending on the dogmatic or even historical authority of a book that it gives to it, itself, its real worth.これまでのところはそれに応じて、独断的なまたはよりも歴史的な権限を与えることを予約して、自分自身、その真の価値がある。 When religious texts, the Bible included, are in question, history -- or, at least, what people generally believe to historical -- is largely a product of faith, whcih has transfigured the facts.宗教的なテキストのとき、聖書に含まれるものは、問題の、歴史-あるいは、少なくとも、一般的に信じる人々にどのような歴史的な-は、主に製品の信仰、これは事実tr ansfiguredです。 The authors of the Bible may be called inspired, that is endowed with a superior perception of religious matters; but this religious enthusiasm does not differ essentially from that which animated Homer and Plato.聖書の著者には、 5月にインスピレーションと呼ばれる、それは恵まれている宗教的な事柄に優れた知覚;しかし、この宗教的な熱意より本質的に異なることはありませんがホームランやプラトンのアニメーションです。 This is the denial of everything supernatural, in the ordinary sense of the word, as well in the Bible as in religion in general.これは、すべての超自然の否定を、言葉は、普通の意味での、そして、聖書の宗教のように一般的です。 Nevertheless, those who hold this theory defend themselves from the charge of infidelity, especially repudiating the cold Rationalism of the last century, which was made up exclusively of negations.にもかかわらず、これらのwhoホールドこの理論自体からの電荷の不倫を守る、特に寒さrepudiating世紀の最後の合理主義を、これまで独占的に否定された。 They think that they remain sufficiently Christian by adhering to the religious sentiment to which Christ ahs given the most perfect expression yet known.キリスト教の考えを十分にして彼らを引き続き堅持し、宗教的な感情を与えられたイエスキリストahs 、最も完璧な表現に対するレビューはまだ知られている。 Following Kant, Schleiermacher, and Ritschl, they profess a religion freed from all philosophical intellectualism and from every historical proof.次のカント、シュライエルマッハー、およびリッチュル、彼らの宗教信仰のすべての哲学的知性から解放さとどこから見ても歴史的な証拠です。 Facts and formulae of the past have, in their eyes, only a symbolic and a transient value.事実と式を編集して項目は、その目は、過渡値のみを象徴するとします。 Such is the new theology spread by the best-known professors and writers especially in Germany -- historians, exegetes, philologists, or even pastors of souls.このように普及される新しい神学大学教授や作家で最もよく知られ、特にドイツ-歴史、 e xegetes、 p hilologists、あるいは牧師の魂です。 We need only mention Harnack, HJ Holtzmann, Fried.私たちだけに言及する必要ハルナック、計算ホルツマン、フライドです。 Delitzsch, Cheyne, Campbell, A. Sabatier, Albert and John Réville.デリッチ、チェーンストークス、キャンベル、 a.サバティエ、アルバートとジョンrévilleです。 it is to this transformation of Christianity that "Modernism", condemned by the Encyclical Pascendi Gregis, owes its origin.キリスト教のことは、この変換は、 "モダニズム" 、非難されるのpascendi gregis回勅、負債が起源です。

In modern Protestantism the Bible has decidely fallen from the primacy which the Reformation had so loudly conferred upon it.現代のプロテスタントは聖書からの優位性は明らかに落ちたので大声では、改革が授与することです。 The fall is a fatal one, becoming deeper from day to day; and without remedy, since it is the logical consequence of the fundamental principle put forward by Luther and Calvin.致命的な1つの秋には、一日一日となる深い;とせず救済策は、これは、論理的帰結としての基本的な原則に転送されルターとカルバンします。 Freedom of examination was destined sooner or later to produce freedom of thought.運命の自由の審査は、遅かれ早かれ思想の自由を生産する。 (Cf. A. Sabatier, Les religions d'autorite et la religion de l'espirité, 2nd ed., 1904, pp. 399-403.) ( cf. a.サバティエ、レ宗教d' autoriteとラの宗教デl' espirité 、第2版、 1904 、 pp 。 399から403です。 )

Publication information Written by Alfred Durand.出版物の情報執筆者アルフレッドデュランです。 Transcribed by Beth Ste-Marie.サント=マリーベス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

CATHOLIC WORKS.-FRANZELIN, Tractatus de divina traditione et scriptura (2nd ed., Rome, 1875), 321-405; SCHMID, De inspirationis bibliorum vi et ratione (Louvain, 1886); ZANECCHIA, Divina inspiratio Sacrae Scripturae (Rome, 1898); Scriptor Sacer (Rome, 1903); BILLOT, De inspiratione Sacrae Scripturae (Rome, 1903); CH.カトリックworks. - franzelin 、 traditione et tractatusデdivina scriptura (第2版です。 、ローマ、 1875 ) 、 321から405まで;シュミット、デinspirationis bibliorum六et ratione (ルー、 1886 ) ; zanecchia 、 divina inspiratio sacrae scripturae (ローマ、 1898 ) ;原稿sacer (ローマ、 1903 ) ; billot 、デinspiratione sacrae scripturae (ローマ、 1903 ) ;あなたのです。 PESCH, De inspiratione Sacrae Scripturae (Freiburg im Br., 1906); LAGRANGE in Revue Biblique (Paris, 1895), p.ペッシュ、デinspiratione sacrae scripturae (フライブルクイムしました。 、 1906 ) ;ラグランジュのレヴューbiblique (パリ、 1895 ) 、 p. (London,6 Nov., 1897, to 5 Feb., 1898); HUMMELAUER, Exegetisches zur Inspirationsfrage (Freiburg im Br., 1904); FONCK, Der Kampf um die Warheit der heil. (ロンドン、 1897年11月6日、 2月5日、 1898 ) ; hummelauer 、 exegetisches zur inspirationsfrage (フライブルクイムしました。 、 1904 ) ; fonck 、 derカンプええと死ぬwarheit der万歳。 Schrift seit 25 Jahren (Innsburck, 1905); DAUSCH, Die Schrifitnspiration (Freiburg im Br., 1891); HOLZHEY, Die Inspiration de heil. schrift seit 25 jahren ( innsburck 、 1905 ) ; dausch 、死ぬschrifitnspiration (フライブルクイムしました。 、 1891 ) ; holzhey 、死ぬインスピレーションデ万歳。 Schrift in der Anschauung des Mittelaters (Munich, 1895); CH. der schriftでanschauungデmittelaters (ミュンヘン、 1895 ) ;あなたのです。 PESCH, Zur neuesten Geschichte der Katholischen Inspirationslehre (Freiburg im Br., 1902)ペッシュ、 neuesten zur geschichte der katholischen inspirationslehre (フライブルクイムしました。 、 1902 )

PROTESTANT WORKS.-GUSSEN, Theopneustic (2nd ed., Paris, 1842), tr.プロテスタントworks. - gussen 、神の霊感を受けた(第2版です。 、パリ、 1842 ) 、 tr 。 Pleanry Inspiration of Holy Scripture; LEE, Inspiration of Holy Scripture (Dublin, 1854); ROHNERT, Die Inspiration, der heil, Schrift und ihre Bestreiter (Leipzig, 1889); SANDAY, The oracles of God (London, 1891); FARRAR, The Bible, Its meaning and Supremacy (London, 1897); History of Interpretation (London 1886); A Clerical Symposium on Inspiration (London, 1884); RABAUD, Histoire de la doctrine de l inspriaation dans les pays de langue francaise depuis la Reforme jusqu a nos jours (Paris, 1883).インスピレーションの教典pleanry ;李は、神聖なインスピレーションの啓典(ダブリン、 1854 ) ;ローネット、死ぬインスピレーション、 der万歳、 schrift undイーレbestreiter (ライプチヒ、 1889 ) ;サンデーは、神のoracles (ロンドン、 1891 ) ;ファーラー、聖書の、その意味との覇権を握る(ロンドン、 1897 ) ;の歴史を解釈(ロンドン1886 ) ;するシンポジウム事務インスピレーション(ロンドン、 1884 ) ;ラボー、 histoireデラドクトリンデ左スラングinspriaation dansレペイドフランスdepuisラreforme当代のjusquする(パリ、 1883年) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです