Book of Isaiah, Isaias予約のイザヤ書、 isaias

General Information 総合情報

The Book of Isaiah is the first and longest of the books of the Major Prophets in the Old Testament of the Bible.この本のイザヤ書は、最初のと、書籍の最長は、旧約聖書の預言者の主要な聖書のです。 It derives its name from the prophet Isaiah, who lived in Jerusalem, perhaps of aristocratic origin.その名前から派生して預言者イザヤ書、 whoエルサレムに住んで、おそらく貴族の起源です。 His prophetic career spanned half a century, from around 742 BC to at least 701.彼のキャリアを予言スパン半世紀の間、約742紀元前から少なくとも701です。

The book, however, contains the work of more than one man.この本は、しかし、仕事には、 1つ以上の男性です。 Scholars now generally agree that chapters 1 to 35, known as First Isaiah, can be ascribed either to Isaiah himself or to his disciples; chapters 36 to 39 have been taken directly from 2 Kings 18:13 - 20:18.今すぐに同意し、通常の章学者一から三十五、イザヤ書第一として知られ、イザヤ書のいずれかを表示できる生得的に自分自身または彼の弟子;章三十六から三十九までがとられているから直接2キングス18:13 -2 0:18です。 Chapters 40 to 55, known as Second Isaiah, or Deutero - Isaiah, were the work of an anonymous prophet - poet during the latter part (c. 545 - 540 BC) of the Babylonian exile.章四〇から五五まで、イザヤ書として知られて2番目か、または再-イザヤ書は、預言者は匿名の仕事をする-詩人中の後半(c . 54 5-5 40紀元前)は、バビロニア人の亡命者です。 Chapters 56 to 66, known as Third Isaiah, or Trito - Isaiah, were written by authors unknown in detail but working around the end of the 6th century (525 - 500 BC) or the beginning of the 5th (500 - 475 BC).章五十六から六十六まで、第3イザヤ書として知られてか、または3番目-イザヤ書は、未知の作家によって書かれた作業を詳細にしかし、周りの終わりには6世紀に( 5 25- 50 0紀元前に) 、またはの初めに第5回( 5 0 0-4 75紀元前)。 Some of the material may be derived from a period even later than these times (c. 375 - 250 BC).いくつかの材料に由来する期間も5月以降、これらの回( c. 375 -2 50紀元前) 。

First Isaiah falls roughly into four periods: (1) From 747 to 736 BC the prophet speaks about internal political and economic policy; (2) in 736 - 735 he addresses the crisis caused by the Syro - Ephraimite War, an attempt to force Jerusalem into an anti - Assyrian alliance; (3) after a period of silence, he speaks again, addressing himself to the attempt of King Hezekiah to free himself from the status of a vassal to Assyria (716 - 711); (4) again after a time of silence, Isaiah speaks of Hezekiah's second attempt to establish political independence (705 - 701).イザヤ書第一の滝を4つの期間の約: ( 1 )七四七から七三六紀元前預言者について語っ内部の政治的および経済政策、 ( 2 )で736 -7 35彼の危機が原因で発生するアドレスs yro-エフライム族の戦争、エルサレムを強制的にする試みを防止-アッシリアの同盟関係、 ( 3 )期間の沈黙の後に、彼は話す再度、自分自身をアドレッシングh ezekiahを自由にするという試みが王のステータスを自分自身からの臣下をアッシリア( 7 16- 71 1)、 ( 4 )した後、再び一度の沈黙の、イザヤ書hezekiah話すの政治的独立を確立しようとの2番目( 705 -7 01) 。 The writings from these periods fall into seven collections of sayings on themes of sin, judgment, and deliverance from the judgment.の記述から、これらの期間に陥るのコレクションを7つの罪ことわざをテーマに、判断力、との判断から救出します。 The Immanuel prophecies (chapter 6 - 12) are well known to Christians, who interpret them as references to Christ. 予言イマニュエル(第6章-1 2)は、よく知られてキリスト教徒は、イエスキリストw ho解釈それらを参照してください。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Second Isaiah comprises poems of various genres: oracles of deliverance, hymns, prophetic legal speech designed to show that the God of Israel alone is God, and discussion forms designed to repel opposition.イザヤ書は、 2番目の詩の様々なジャンル: oraclesの救出、賛美歌、予言的な法律上の音声設計に表示することは、神の神のイスラエルだけでは、野党と議論を撃退するフォームに設計されています。 In addition, the material of Second Isaiah contains the passages about the Servant of the Lord, also interpreted by Christians as references to Christ (42:1 - 4; 49:1 - 6; 50:4 - 9; 52:13 - 53:12).加えて、 2番目の材質はイザヤ書には、通路については、使用人は、主よ、キリスト教徒として解釈さも参照してイエスキリスト( 42:1 -4 ; 4 9:1- 6; 5 0 :4-9 ;5 2 : 13-53 : 12 ) 。

Third Isaiah includes 14 independent sayings concerning the operation of the restored Temple, with corresponding emphasis on the sabbath and cult. 14独立した第3イザヤ書が含まれ、復元の操作に関することわざ寺で、安息日と教団を重視して対応する。 The material comprises a short prophetic liturgy (56:9 - 47:13), an oracle of promise (57:14 - 21), an exhortation and promise (58:1 - 12), prophetic invective and threat (65:1 - 2), and a promise (65:8 - 25).予言典礼では、ショートの素材( 56:9 -4 7:13)は、オラクルの約束( 5 7:14- 21 )は、勧告と約束(5 8 :1-1 2) 、予言的な悪口雑言と脅威( 65 : 1- 2 ) 、との約束( 65:8 -2 5) 。 The final chapter contains a prophetic denunciation of the Temple and a rejection of the sacrificial cult, as well as three prophetic sayings that announce an imminent end and its results.予言の最後の章には、同寺との非難のいけにえのカルトを否決したものだけでなく、 3つの予言ことわざが差し迫って終了とその結果を発表する。 Isaiah contains some of the most beautiful and best known passages in the Bible.イザヤ書を含むいくつかの最も美しく、最もよく知られ、聖書の通路です。 Two manuscripts of the book were found among the Dead Sea Scrolls.その本が見つかった2つの原稿のうち、死海スクロールします。

George W Coatsジョージワットコート

Bibliography 書誌事項
JH Hayes and SA Irvine, Isiah (1987); GAF Knight, Prophets of Israel: Isaiah (1962); JR Rosenbloom, The Dead Sea Isaiah Scrolls (1970); JW Whedbee, Isaiah and Wisdom (1971).道路公団ヘイズおよびSAアーバイン、 isiah ( 1987 ) ; gaf騎士は、イスラエルの預言者:イザヤ書( 1962 ) ; jr rosenbloom 、イザヤ書死海スクロール( 1970 ) ; jw whedbee 、イザヤ書と英知( 1971 ) 。


Book of Isaiah, Isaias予約のイザヤ書、 isaias

Brief Outline簡単な概要

  1. Introduction (1)はじめに( 1 )
  2. Denunciation of Jerusalem (2-5)非難のエルサレム( 2-5 )
  3. Temple vision (6)寺のビジョン( 6 )
  4. Book of Immanuel (7-12)予約のイマニュエル( 7-12 )
  5. Prophecies against the nations (13-23)予言反対する国( 13-23 )
  6. Prophecies of judgment and future blessings (24-35)予言の判断と将来の祝福(二十四から三十五)
  7. Historic events (36-39)歴史的なイベント( 36-39 )
  8. Book of Consolation (40-66)予約の慰め(四十〜六十六)


Isa'iah isa'iah

Advanced Information 高度情報

Isaiah, (Heb. Yesh'yahu, ie, "the salvation of Jehovah").イザヤ書、 ( heb. yesh'yahu 、すなわち、 "エホバの救いに" ) 。 (1.) The son of Amoz (Isa. 1:1; 2:1), who was apparently a man of humble rank. ( 1 。 )の息子のamoz ( isa. 1:1 ; 2:1 ) 、 whoは、謙虚な男のランクを明らかにします。 His wife was called "the prophetess" (8:3), either because she was endowed with the prophetic gift, like Deborah (Judg. 4:4) and Huldah (2 Kings 22:14-20), or simply because she was the wife of "the prophet" (Isa. 38:1).と呼ばれる彼の妻は"女性予言者" (午前8時03分) 、のいずれかの予言に恵まれているため、彼女は贈り物のようなデボラ( judg. 4時04分)とハルダー( 2キングス22:14-20 ) 、または単純な理由から、彼女は妻の"預言者" ( isa. 38:1 ) 。 He had two sons, who bore symbolical names.彼は二人の息子、 who穴象徴名を表示します。 He exercised the functions of his office during the reigns of Uzziah (or Azariah), Jotham, Ahaz, and Hezekiah (1:1).彼は彼のオフィスの機能を行使するの中に満ちていたアザイア(またはazariah ) 、ジョーサム、アハズ、およびhezekiah ( 1:1 )です。 Uzziah reigned fifty-two years (BC 810-759), and Isaiah must have begun his career a few years before Uzziah's death, probably BC 762.アザイア在位52年間(紀元前八百十〜七百五十九) 、およびイザヤ書始まっている必要がありますアザイア彼の経歴の死の数年前、おそらく紀元前762 。 He lived till the fourteenth year of Hezekiah, and in all likelihood outlived that monarch (who died BC 698), and may have been contemporary for some years with Manasseh.彼は14年まで住んでhezekiah 、およびすべての尤度をoutlived君主( who死亡した紀元前698 ) 、およびいくつかの年5月にも現代マナセです。 Thus Isaiah may have prophesied for the long period of at least sixty-four years.このようにイザヤ書年5月予言を長期間に渡って、少なくとも64年間です。 His first call to the prophetical office is not recorded.彼の最初の呼び出しを机上の事務所ではない記録しています。

A second call came to him "in the year that King Uzziah died" (Isa. 6:1). 2番目のコール浮かんだのはその"キングアザイアその年に死亡した" ( isa. 6:1 ) 。 He exercised his ministry in a spirit of uncompromising firmness and boldness in regard to all that bore on the interests of religion.彼の精神を行使する妥協のない彼の省に断固とした態度を表明すると大胆に穴のすべての宗教上の利益をします。 He conceals nothing and keeps nothing back from fear of man.彼は何も隠しとは何も先頭から男性への恐怖です。 He was also noted for his spirituality and for his deep-toned reverence toward " the holy One of Israel."彼はまた彼の精神と彼の深いトーンの畏敬の念を向けて"イスラエルの聖なるの1つです。 " In early youth Isaiah must have been moved by the invasion of Israel by the Assyrian monarch Pul (qv), 2 Kings 15:19; and again, twenty years later, when he had already entered on his office, by the invasion of Tiglath-pileser and his career of conquest.イザヤ書初めに若者が移動される必要があります。侵攻したイスラエルは、アッシリアの君主をプル( qv ) 、 2王15:19 ;と再度、 20年後、彼はすでに入力されるときに彼のオフィスは、侵入されたtiglath - pileserと彼のキャリアの征服です。 Ahaz, king of Judah, at this crisis refused to co-operate with the kings of Israel and Syria in opposition to the Assyrians, and was on that account attacked and defeated by Rezin of Damascus and Pekah of Samaria (2 Kings 16:5; 2 Chr. 28:5, 6).アハズ、キングオブユダは、この危機に協力を拒否し、イスラエルとシリアの王に反対して、 assyriansし、攻撃を受けると、そのアカウントには、上の敗北をrezinダマスカスとpekahのサマリア( 2キングス16 : 05 ; 2 chrです。 28:5 、 6 ) 。 Ahaz, thus humbled, sided with Assyria, and sought the aid of Tiglathpileser against Israel and Syria.アハズ、このように伏せて、アッシリア側に、と求めたの助けを借りて、イスラエルとシリアに対してtiglathpileserです。

The consequence was that Rezin and Pekah were conquered and many of the people carried captive to Assyria (2 Kings 15:29; 16: 9; 1 Chr. 5:26).その結果は、征服とrezinとpekahが人々の多くは、捕虜を運ばアッシリア( 2王15:29 ; 16 : 9 ; 1 chrします。 5:26 ) 。 Soon after this Shalmaneser determined wholly to subdue the kingdom of Israel.シャルマネセル後すぐにこの決定を完全にイスラエル王国を征服する。 Samaria was taken and destroyed (BC 722).サマリアは、破壊(紀元前722 ) 。 So long as Ahaz reigned, the kingdom of Judah was unmolested by the Assyrian power; but on his accession to the throne, Hezekiah (BC 726), who "rebelled against the king of Assyria" (2 Kings 18:7), in which he was encouraged by Isaiah, who exhorted the people to place all their dependence on Jehovah (Isa. 10:24; 37:6), entered into an alliance with the king of Egypt (Isa. 30:2-4).在位アハズが続く限り、ユダの王国を苦しめられていないのは、アッシリアのパワー;しかし、彼の即位、 hezekiah (紀元前726 ) 、 who "ザキングオブアッシリア反抗気味" ( 2キングス18時07分) 、では彼はイザヤ書に勇気づけられた、 who exhortedを置くすべての人々に依存してエホバ( isa. 10:24 ; 37:6 ) 、入力すると同盟を結ぶザキングオブエジプト( isa. 30:2-4 ) 。

This led the king of Assyria to threaten the king of Judah, and at length to invade the land.このLEDザキングオブザキングオブユダアッシリアを脅かす、との長さを土地に侵入する。 Sennacherib (BC 701) led a powerful army into Palestine. sennacherib (紀元前701 )主導する強力な軍隊をパレスチナします。 Hezekiah was reduced to despair, and submitted to the Assyrians (2 Kings 18:14-16). hezekiahは減少して絶望し、提出されたassyrians ( 2キングス18:14-16 ) 。 But after a brief interval war broke out again, and again Sennacherib (qv) led an army into Palestine, one detachment of which threatened Jerusalem (Isa. 36:2-22; 37:8).しかし、戦争が勃発した後の間隔を簡単に再度、および再度sennacherib ( qv )軍を主導するパレスチナ、 1つの剥離が脅かさエルサレム( isa. 36:2-22 ; 37:8 ) 。 Isaiah on that occasion encouraged Hezekiah to resist the Assyrians (37:1-7), whereupon Sennacherib sent a threatening letter to Hezekiah, which he "spread before the Lord" (37:14).イザヤ書hezekiahを奨励することに抵抗する機会assyrians ( 37:1-7 ) 、脅迫の手紙を送ったsennacheribするとhezekiah 、これ彼は"主の前に広がる" ( 37:14 )です。 The judgement of God now fell on the Assyrian host.神の判断をする上では、アッシリアのホスト落ちた。 "Like Xerxes in Greece, Sennacherib never recovered from the shock of the disaster in Judah. He made no more expeditions against either Southern Palestine or Egypt." "のようなクセルクセスはギリシャ、決してsennacheribは、災害のショックから回復のユダです。彼はこれ以上の探検対パレスチナやエジプト南部のいずれかです。 " The remaining years of Hezekiah's reign were peaceful (2 Chr. 32:23, 27-29). hezekiahの治世の残りの年間のが平和的な( 2 chrです。 32:23 、 27-29 ) 。

Isaiah probably lived to its close, and possibly into the reign of Manasseh, but the time and manner of his death are unknown.おそらくその近郊に住んでイザヤ書、およびマナセの統治の可能性を、時間と態度が、彼の死は不明です。 There is a tradition that he suffered martyrdom in the heathen reaction in the time of Manasseh (qv).彼には、伝統的に苦しんで殉教は、異教徒の反応は、時間をマナセ( qv ) 。 (2.) One of the heads of the singers in the time of David (1 Chr. 25:3,15, "Jeshaiah"). ( 2 )のいずれかの頭の歌手の時に、デビッド( 1 chrです。 25:3,15 、 " jeshaiah " ) 。 (3.) A Levite (1 Chr. 26:25). ( 3 ) 、レビ( 1 chrです。 26:25 )です。 (4.) Ezra 8:7. ( 4 。 )エズラ8時07分です。 (5.) Neh. ( 5 。 ) nehです。 11:7. 11時07分です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


The Book of Isaiahこの本のイザヤ書

Advanced Information 高度情報

The Book of Isaiah consists of prophecies delivered (Isa. 1) in the reign of Uzziah (1-5), (2) of Jotham (6), (3) Ahaz (7-14:28), (4) the first half of Hezekiah's reign (14:28-35), (5) the second half of Hezekiah's reign (36-66).イザヤ書は、その本の予言配信( isa. 1 )の治世アザイア( 1-5 ) 、 ( 2 )のジョーサム( 6 ) 、 ( 3 )アハズ( 7-14:28 ) 、 ( 4 )の最初のhezekiahの治世の半分を( 14:28-35 ) 、 ( 5 )の半分を2番目のhezekiahの治世( 36から66 ) 。 Thus, counting from the fourth year before Uzziah's death (BC 762) to the last year of Hezekiah (BC 698), Isaiah's ministry extended over a period of sixty-four years.したがって、 4年前からの計数アザイアの死(紀元前762 )の最後の年をhezekiah (紀元前698 ) 、イザヤ書の拡張部の期間で64歳です。 He may, however, have survived Hezekiah, and may have perished in the way indicated above.彼は5月、しかし、生き残ったhezekiah 、および5月に示さが死んでは、上記の方法です。 The book, as a whole, has been divided into three main parts: (1.) The first thirty-five chapters, almost wholly prophetic, Israel's enemy Assyria, present the Messiah as a mighty Ruler and King.この本は、全体としては、 3つの主要な部分に分けられてきた: ( 1 )の最初の35章で、ほぼ完全に予言、イスラエルの敵アッシリア、救世主として提示する強力な支配者と王です。 (2.) Four chapters are historical (36-39), relating to the times of Hezekiah. ( 2 ) 4つの章では、歴史的な( 36-39 ) 、ザタイムズのhezekiahに関連しています。 (3.) Prophetical (40-66), Israel's enemy Babylon, describing the Messiah as a suffering victim, meek and lowly. ( 3 。 )机上(四十〜六十六) 、イスラエルの敵バビロン、被害者の苦しみを記述する救世主として、おとなしいと卑しいです。

The genuineness of the section Isa.このセクションの純粋のISAのです。 40-66 has been keenly opposed by able critics.四十〜六十六され鋭く批判できるように反対されています。 They assert that it must be the production of a deutero-Isaiah, who lived toward the close of the Babylonian captivity.彼らの生産しなければならないと主張し、イザヤ書第2 、 who住んに向かって、バビロン捕囚に近いです。 This theory was originated by Koppe, a German writer at the close of the last century.この理論は、起源をkoppeで、ドイツの作家は、前世紀の終わりです。 There are other portions of the book also (eg, ch. 13; 24-27; and certain verses in ch. 14 and 21) which they attribute to some other prophet than Isaiah.その本には、他の部分も(例えば、あなたのです。 13 ; 24-27 ;と、特定の詩をあなたのです。 14 、 21 )が彼らの属性をよりいくつかの他の預言者イザヤ書です。 Thus they say that some five or seven, or even more, unknown prophets had a hand in the production of this book.こうしてかれらは言うがいくつかの5つまたは7 、あるいはそれ以上、未知の預言者はこの本の生産を手にしています。

The considerations which have led to such a result are various:, (1.) They cannot, as some say, conceive it possible that Isaiah, living in BC 700, could foretell the appearance and the exploits of a prince called Cyrus, who would set the Jews free from captivity one hundred and seventy years after.の配慮が主導してみて結果は様々な: 、 ( 1 。 )することはできませんは、いくつかの言ってやるが、想像することが可能にイザヤ書は、紀元前700住んでいる可能性の悪用の外観と予言するキュロス王子と呼ばれる、 whoはユダヤ人を無料で設定してから170年後に捕らわれている。 (2.) It is alleged that the prophet takes the time of the Captivity as his standpoint, and speaks of it as then present; and (3) that there is such a difference between the style and language of the closing section (40-66) and those of the preceding chapters as to necessitate a different authorship, and lead to the conclusion that there were at least two Isaiahs. ( 2 )これは疑惑には、時間は、預言者としての彼の観点捕らわれている、と話すのこととして入力し、現在、および( 3 )は、このような違いが存在すると、スタイルや言語の閉会セクション( 40 - 66 )との、上記の各章を余儀なくさとして、別の原作者、との結論につながる、少なくとも2つのisaiahsがあった。 But even granting the fact of a great diversity of style and language, this will not necessitate the conclusion attempted to be drawn from it.しかし、付与したという事実をさらに大きなスタイルと言語の多様性は、この値は必要としないという結論が引き出さしようとしています。

The diversity of subjects treated of and the peculiarities of the prophet's position at the time the prophecies were uttered will sufficiently account for this.多様な科目の特殊性を処理し、預言者ムハンマドのこうした姿勢は、時間の予言が十分にアカウントを口にします。 The arguments in favour of the unity of the book are quite conclusive.の引数に賛成の結束を、この本はかなり決定的です。 When the LXX. 70時です。 version was made (about BC 250) the entire contents of the book were ascribed to Isaiah, the son of Amoz.バージョンが行われた(約紀元前250 )のすべての内容は、予約が生得的にイザヤ書は、息子のamozです。 It is not called in question, moreover, that in the time of our Lord the book existed in the form in which we now have it.と呼ばれる、問題ではない、また、その時の私たちの主は、その本の形で存在では現在はしてください。 Many prophecies in the disputed portions are quoted in the New Testament as the words of Isaiah (Matt. 3:3; Luke 3:4-6; 4: 16-41; John 12:38; Acts 8:28; Rom. 10:16-21).多くの予言は、係争中に引用される部分は、新約聖書の言葉として、イザヤ書( matt. 3:3 ;ルーク3:4-6 ; 4 :十六から四十一;ジョン12:38 ;行為8時28分; ROMから起動します。 10 :16 - 21 ) 。 Universal and persistent tradition has ascribed the whole book to one author.生得的普遍的かつ永続的な伝統は、全体の予約を1つの著者です。

Besides this, the internal evidence, the similarity in the language and style, in the thoughts and images and rhetorical ornaments, all points to the same conclusion; and its local colouring and allusions show that it is obviously of Palestinian origin.それ以外にも、内部の証拠は、言語やスタイルの類似性は、画像や修辞的思考や装飾品は、すべてを指して、同じ結論;とそのローカル彩色とallusions詳細は明らかにしてパレスチナの起源です。 The theory therefore of a double authorship of the book, much less of a manifold authorship, cannot be maintained.その理論をダブル原作者のための本、はるかに少ない、多種多様な原作者は、維持することはできません。 The book, with all the diversity of its contents, is one, and is, we believe, the production of the great prophet whose name it bears.この本は、その内容のすべての多様性は、 1つ、とは、私たちは、偉大な預言者の生産をクマは、その名前を付けます。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Isaias isaias

Catholic Information カトリックの情報

Among the writers whom the Hebrew Bible styles the "Latter Prophets" foremost stands "Isaias, the holy prophet . . . the great prophet, and faithful in the sight of God" (Eccliasticus 48:23-25).誰が為にヘブライ語聖書の中のライターのスタイルの"後者の預言者"第一スタンド" isaiasは、神聖な預言者。 。 。 。 。偉大な預言者、およびその光景を見て、神の忠実な" ( eccliasticus 48:23-25 ) 。

I. LIFE i.生活

The name Isaias signifies "Yahweh is salvation". isaiasの名前を意味する"ヤハウェは救い"です。 It assumes two different forms in the Hebrew Bible: for in the text of the Book of Isaias and in the historical writings of the Old Testament, for example in 2 Kings 19:2; 2 Chronicles 26:22; 32:20-32, it is read Yeshá`yahu, whereas the collection of the Prophet's utterances is entitled Yeshá`yah, in Greek `Esaías, and in Latin usually Isaias, but sometimes Esaias.異なる2つのフォームを想定することヘブライ語聖書:ためには、テキストは、予約のisaiasとは、歴史的な記述は、旧約聖書の、例えば2キングス19時02分、 2クロニクル26:22 ; 32:20-32 、 ` yahu yesháを読むことは、一方のコレクションに加え、預言者の発言は正当な権利yeshá `州のyahは、ギリシャ語` esaías 、およびラテン通常isaias 、時にはesaiasです。 Four other persons of the same name are mentioned in the Old Testament (Ezra 8:7; 8:19; Nehemiah 11:7; 1 Chronicles 26:25); while the names Jesaia (1 Chronicles 25:15), Jeseias (1 Chronicles 3:21; 25:3) may be regarded as mere variants. 4つの他の人と同じ名前に記載され、旧約聖書の(エズラ8時07分;午前8時19分;ニーアマイア11 : 07 ; 1クロニクル26:25 ) ;中の名前jesaia ( 1クロニクル25:15 ) 、 jeseias ( 1クロニクル3:21 ; 25:3 )年5月単なる亜種と見なされる。 From the Prophet himself (i, 1; ii, 1) we learn that he was the son of Amos.からの預言者自身(私、 1 ;二、 1 )ことが判明した彼は、息子のアモスです。 Owing to the similarity between Latin and Greek forms of this name and that of the Shepherd-Prophet of Thecue, some Fathers mistook the Prophet Amos for the father of Isaias.のためにはラテン語とギリシア語の類似点は、次のフォームの名前とその預言者、羊飼い- thecueは、いくつかの父親を間違えたの父親の預言者アモスisaiasています。 St. Jerome in the preface to his "Commentary on Amos" (PL, XXV, 989) points out this error.聖ジェロームは、序文を彼の"解説をアモス" (ポーランド語、 25 、 989 )が指摘するよう、このエラーが発生します。 Of Isaias's ancestry we know nothing; but several passages of his prophecies (iii, 1-17, 24; iv, 1; viii, 2; xxxi, 16) lead us to believe that he belonged to one of the best families of Jerusalem.何も知らない私たちの祖先のisaias ;しかし、いくつかの通路彼の予言( Ⅲ 、 1-17 、 24 ;四、 1 ; viii 、 2 ; 31 、 16 )鉛問い合わせすると考えている彼は最高のご家族に属して、エルサレムの1つです。 A Jewish tradition recorded in the Talmud (Tr. Megilla, 10b.) held him to be a nephew of King Amasias.ユダヤ人の伝統に記録されてタルムード( tr. megilla 、 10b 。 )開かれた彼には、王の甥amasiasです。 As to the exact time of the Prophet's birth we lack definite data; yet he is believed to have been about twenty years of age when he began his public ministry.正確な時刻としては、預言者ムハンマドの生誕100周年の明確なデータを私たちには欠け;はまだありません彼はと考えられている約20歳以上の方を始めたときも、彼の公共省です。 He was a citizen, perhaps a native, of Jerusalem.彼は一人の市民、おそらくに自生する、エルサレムです。 His writings give unmistakable signs of high culture.紛れもない彼の文章の徴候を与えるハイカルチャーです。 From his prophecies (vii and viii) we learn that he married a woman whom he styles "the prophetess" and that he had two sons, She`ar-Yashub and Maher-shalal-hash-baz.彼の予言( 7と8 )の女性と結婚したことが判明した彼は御心に適うスタイル"の女性予言者"としていた2人の息子、彼女` yashubとマーハー-アーカンソー- shalal -ハッシュ- bazに変更する。 Nothing whatever indicates that he was twice married as some fancy on the gratuitous and indefensible supposition that the `almah of vii, 14, was his wife.何も何を示して2回結婚したとして彼はいくつかの弁解の余地のない空想上のいわれのないと仮定して、 `アルマーの7 、 14 、は彼の妻だった。

The prophetical ministry of Isaias lasted wellnigh half a century, from the closing year of Ozias, King of Juda, possibly up to that of Manasses.机上の省isaiasの半世紀続いたwellnigh 、閉会年からozias 、キングオブjuda 、マナッセスている可能性がアップします。 This period was one of great prophetical activity.この期間は、 1つの偉大な机上の活動です。 Israel and Juda indeed were in sore need of guidance. juda実際には、イスラエルとの指導がぜひ必要です。 After the death of Jeroboam II revolution followed upon revolution and the northern kingdom had sunk rapidly into an abject vassalage to the Assyrians. jeroboam 2世革命の後に死亡した後に革命と北部の王国は急速に沈んをとりこにする卑劣なassyriansです。 The petty nations of the West, however, recovering from the severe blows received in the beginning of the eighth century, were again manifesting aspirations of independence.西側諸国のささいな、しかし、深刻な打撃から回復し、受信した8世紀の初めに、相手方が再び独立願望です。 Soon Theglathphalasar III marched his armies towards Syria; heavy tributes were levied and utter ruin threatened on those who would show any hesitation to pay.すぐに彼の軍隊行進theglathphalasar三向けシリア;重課税と全くの貢納が台無しに脅かされている任意のためらいを支払うwhoが表示されます。 In 725 Osee, the last King of Samaria, fell miserably under the onslaught of Salmanasar IV, and three years later Samaria succumbed to the hands of the Assyrians. 725 oseeで、最後のキングオブサマリア、無残にも落ちたsalmanasar 4世の下に猛攻撃をし、 3年後にサマリア人の手にあるsuccumbed assyriansです。 In the meantime the Kingdom of Juda hardly fared better.その一方でほとんどの王国をjuda fared良いです。 A long period of peace had enervated characters, and the young, inexperienced, and unprincipled Achaz was no match for the Syro-Israelite coalition which confronted him.長い間の平和の文字が衰弱し、若く、経験の浅い、と無節操な試合はなかったachazをsyro -イスラエル連立与党が直面していた。 Panic-stricken he, in spite of the remonstrances of Isaias, resolved to appeal to Theglathphalasar.パニックに陥った彼は、 remonstrancesのにもかかわらず、 isaias 、 theglathphalasar解決をアピールする。 The help of Assyria was secured, but the independence of Juda was thereby practically forfeited.アッシリアは、セキュリティで保護さの助けを借りて、それが、事実上の独立性judaは没収されます。 In order to explain clearly the political situation to which so many allusions are made in Isaias's writings there is here subjoined a brief chronological sketch of the period: 745, Theglathphalasar III, king of Assyria; Azarias (AV Uzziah), of Juda; Manahem (AV Menahem) of Samaria; and Sua of Egypt; 740, death of Azarias; Joatham (AV Jotham), king of Juda; capture of Arphad (AV Arpad) by Theglathphalasar III (Isaiah 10:9); 738, campaign of Theglathphalasar against Syria; capture of Calano (AV Calno) and Emath (AV Hamath); heavy tribute imposed upon Manahem (2 Kings 15:19-20); victorious wars of Joatham against the Ammonites (2 Chronicles 27:4-6); 736, Manahem succeeded by Phaceia (AV Pekahiah); 735, Joatham succeeded by Achaz (2 Kings 16:1); Phaceia replaced by Phacee (AV Pekah), son of Remelia (AV Remaliah), one of his captains; Jerusalem besieged by Phacee in alliance with Rasin (AV Rezin), king of Syria (2 Kings 16:5; Isaiah 7:1-2); 734, Theglathphalasar, replying to Achaz' request for aid, marches against Syria and Israel, takes several cities of North and East Israel (2 Kings 15:29), and banishes their inhabitants; the Assyrian allies devastate part of the territory of Juda and Jerusalem; Phacee slain during a revolution in Samaria and succeeded by Osee (AV Hoshea); 733, unsuccessful expeditions of Achaz against Edom (2 Chronicles 28:17) and the Philistines (20); 732, campaign of Theglathphalasar against Damascus; Rasin besieged in his capital, captured, and slain; Achaz goes to Damascus to pay homage to the Assyrian ruler (2 Kings 16:10-19); 727, death of Achaz; accession of Ezechias (2 Kings 18:1); in Assyria Salmanasar IV succeeds Theglathphalasar III, 726, campaign of Salmanasar against Osee (2 Kings 17:3); 725, Osee makes alliance with Sua, king of Egypt (2 Kings 17:4); second campaign of Salmanasar IV, resulting in the capture and deportation of Osee (2 Kings 17:4); beginning of the siege of Samaria; 722, Sargon succeeds Salmanasar IV in Assyria; capture of Samaria by Sargon; 720, defeat of Egyptian army at Raphia by Sargon; 717, Charcamis, the Hittite stronghold on the Euphrates, falls into the hands of Sargon (Isaiah 10:8); 713, sickness of Ezechias (2 Kings 20:1-11; Isaiah 38); embassy from Merodach Baladan to Ezechias (2 Kings 20:12-13; Isaiah 39); 711, invasion of Western Palestine by Sargon; siege and capture of Azotus (AV Ashdod; Isaiah 20); 709, Sargon defeats Merodach Baladan, seizes Babylon, and assumes title of king of Babylon; 705, death of Sargon; accession of Sennacherib; 701, expedition of Sennacherib against Egypt; defeat of latter at Elteqeh; capture of Accaron (AV Ekron); siege of Lachis; Ezechias's embasy; the conditions laid down by Sennacherib being found too hard the king of Juda prepares to resist the Assyrians; destruction of part of the Assyrian army; hurried retreat of the rest (2 Kings 18; Isaiah 36:37); 698, Ezechias is succeeded by his son Manasses.を明確にするための政治的状況を説明するために多くのallusions isaiasの文章で作られて、ここには年代を簡単にスケッチsubjoinedの期間: 745 、 theglathphalasar 3世、キングオブアッシリア; azarias違反( AVアザイア) 、 juda ; manahem ( av menahem )サマリア;と、ログインし、エジプト; 740 、死亡したazarias ; joatham違反( AVジョーサム) 、キングオブjuda ;キャプチャのarphad違反( AVアルパド) theglathphalasar 3世(イザヤ書10時09分) ; 738 、反対キャンペーンのtheglathphalasarシリア;キャプチャのcalano違反( AV calno )とemath違反( AV hamath ) ;重いトリビュート課したmanahem ( 2キングス15:19-20 ) ; joatham反対する戦争の勝利ammonites ( 2クロニクル27:4-6 ) ; 736 、 manahem成功さphaceia違反( AV pekahiah ) ; 735 、 joatham成功さachaz ( 2キングス16:1 ) ; phaceiaに置き換えられてphacee違反( AV pekah ) 、息子のremelia違反( AV remaliah ) 、 1つの彼のキャプテン;エルサレムに包囲されphacee同盟関係をラシーン違反( AV rezin ) 、キングオブシリア( 2キングス16 : 05 ;イザヤ書7:1-2 ) ; 734 、 theglathphalasar 、 achazに返信して'リクエストを援助、行進対シリアとイスラエル、日本、北朝鮮とは、いくつかの都市で東イスラエル( 2キングス15:29 ) 、およびその住民のbanishes ;は、アッシリアの同盟国の領土を荒廃させる部分judaとエルサレム; phaceeサマリア革命の中に殺害されたと成功をosee違反( AV hoshea ) ; 733 、失敗した探検隊のachaz反対エドム( 2クロニクル28:17 )とphilistines ( 20 ) ; 732 、反対キャンペーンtheglathphalasarダマスカス;ラシーン包囲彼の資本金は、捕捉し、殺害された; achazがダマスカスには、アッシリアの支配者に敬意を表する( 2キングス16 :10 - 19 ) ; 727 、死亡したachaz ;加盟ezechias ( 2キングス18時01分) ; salmanasarにアッシリアtheglathphalasar 3世4世が成功、 726 、キャンペーンのsalmanasar反対osee ( 2キングス17時03分) ; 725 、 oseeに同盟にログインし、キングオブエジプト( 2キングス17時04分) ; salmanasar 4世の2番目のキャンペーン、その結果をキャプチャして、国外追放をosee ( 2キングス17時04分) ;初めの包囲を解くサマリア; 722 、サルゴン4世が成功するsalmanasarにアッシリア;キャプチャのサマリアをサルゴン; 720 、エジプト軍に敗北をラフィアサルゴン; 717 、 charcamisは、ヒッタイトの牙城を検索するユーフラテス川、滝にしてしまうのサルゴン(イザヤ書10時08分) ; 713 、病気のezechias ( 2王20:1-11 ;イザヤ書38 ) ;大使館からmerodach baladanをezechias ( 2キングス20:12-13 ;イザヤ書39 ) ; 711 、欧米のパレスチナを侵攻したサルゴン;包囲と捕獲のazotus違反( AV ashdod ;イザヤ書20 ) ; 709 、サルゴン敗merodach baladan 、バビロンを押収し、想定のタイトルをキングオブバビロン; 705 、死亡したサルゴン;加盟sennacherib ; 701 、反対エジプト遠征隊のsennacherib ;敗北後者はelteqeh ;キャプチャのaccaron違反( AVエクロン) ;包囲lachis ; ezechiasのembasy ;の条件が敷設されsennacheribが見つかりましたあまりにもハードザキングオブjudaに抵抗する準備を進めてassyrians ;破壊の部分では、アッシリア軍;急いで退却の残り( 2キングス18 ;イザヤ書36 : 37 ) ; 698 、 ezechiasは、彼の息子に成功さマナッセスです。 The wars of the ninth century and the peaceful security following them produced their effects in the latter part of the next century.九世紀の戦争と平和的な安全保障次のように効果を生産しては、次の世紀の後半です。 Cities sprang up; new pursuits, although affording opportunities of easy wealth, brought about also an increase of poverty.都市springの過去形アップ;新しい趣味は、簡単な富の機会を与えるものの、貧困をもたらしたも増加した。 The contrast between class and class became daily more marked, and the poor were oppressed by the rich with the connivance of the judges.クラス間のクラスとのコントラストが毎日の他のスパムは、貧しい人々は抑圧されるとの豊かな黙許は、裁判官です。 A social state founded on iniquity is doomed.社会的な状態に設立さ巣はおしまいだ。 But as Israel's social corruption was greater than Juda's, Israel was expected to succumb first.しかし、イスラエルの社会の腐敗judaを超えるのは、イスラエルが最初に負けると予想されます。 Greater likewise was her religious corruption.同様に彼女の宗教的な腐敗が大きいです。 Not only did idolatrous worship prevail there to the end, but we know from Osee what gross abuses and shameful practices obtained in Samaria and throughout the kingdom, whereas the religion of the people of Juda on the whole seems to have been a little better.勝つだけでなく、そこには偶像崇拝の礼拝の最後に、しかし、私たちを知ってosee侵害とどのような恥ずべき行為で得られる総サマリア王国としていますが、宗教上のjudaの人々は全体のように少しも良いです。 We know, however, as regards these, that at the very time of Isaias certain forms of idolatrous worship, like that of Nohestan and of Moloch, probably that also of Tammur and of the "host of heaven", were going on in the open or in secret.私たち知って、しかし、これらの点として、それは、非常に時間の特定の形態の偶像崇拝の崇拝isaias 、 molochのようなnohestanと、おそらくこともtammurとは、 "ホストの天国"が起こって[ファイルを開くまたは秘密です。

Commentators are at variance as to when Isaias was called to the prophetical office.コメンテーターとしては、差異をisaiasが呼び出されたときには、机上の事務所です。 Some think that previous to the vision related in vi, 1, he had received communications from heaven.いくつかのビジョンと思う前に関連したviでの1 、彼は天国からの連絡を受けた。 St. Jerome in his commentary on the passage holds that chapters iv ought to be attributed to the last years of King Ozias, then ch.聖ジェローム彼の解説をしたい場合に使います。通路によるとということに起因する四章の最後の年のキングozias 、入力し、あなたのです。 vi would commence a new series begun in the year of the death of that prince (740 BC; PL, XXIV, 91; cf. St. Gregory Nazianzen, Orat. ix; PG, XXXV, 820).六の新シリーズを開始するが開始され、その死のイヤーオブザプリンス(紀元前740 ;ポーランド語、 24 、 91 ;継続前誌です。セントグレゴリーnazianzen 、 oratです。 9世; pg 、 35 、 820 ) 。 It is more commonly held, however, that ch.他のことはよく行われた、しかし、あなたのです。 vi refers to the first calling of the Prophet; St. Jerome himself, in a letter to Pope Damasus seems to adopt this view (PL, XXII, 371; cf. Hesychius "In Is.", PG XCIII, 1372), and St. John Chrysostom, commenting upon Is., vi, 5, very aptly contrasts the promptness of the Prophet with the tergiversations of Moses and Jeremias. 6を参照して、最初の呼び出しは、預言者;聖ジェローム自身は、ローマ教皇ダマソに手紙を採用するようにこのビューを表示する(ポーランド語、 xxii 、 371 ;継続前誌です。 hesychius "とは。 " 、 pg 93 、 1372 ) 、およびセントです。ジョンクリュソストモス、コメントには、六、 5 、非常に適切コントラストの預言者ムハンマドの迅速性を授けて、ムーサーとイェレミアスtergiversationsのです。 On the other hand, since no prophecies appear to be later than 701 BC, it is doubtful if Isaias saw the reign of Manasses at all; still a very old and widespread tradition, echoed by the Mishna (Tr. Yebamoth, 49b; cf. Sanhedr., 103b), has it that the Prophet survived Ezechias and was slain in the persecution of Manasses (2 Kings 21:16).その一方で、予言表示されるので、紀元前701以降、 isaiasを見たことが疑わしい場合にはすべての統治のマナッセス;まだ非常に古いと広範な伝統、同調されるmishna ( tr. yebamoth 、 49b ;継続前誌です。 sanhedr 。 、 103b ) 、生き残ったezechiasではということである預言者ムハンマドの迫害は、殺害されたとはマナッセス( 2キングス21:16 )です。 This prince had him convicted of blasphemy, because he had dared say: "I saw the Lord sitting upon a throne" (vi, 1), a pretension in conflict with God's own assertion in Exod., xxxiii, 20: "Man shall not see me and live".このプリンスが彼の有罪判決を冒とくため、彼は言ってやる勇気: "私を見た時に座って玉座の主" (六、 1 )は、自負と対峙するように神の恵みの主張にexod 。 、 33 、 20 : "男はない見てるとライブ"です。 He was accused, moreover, of having predicted the ruin of Jerusalem and called the holy city and the people of Juda by the accursed names of Sodom and Gomorrah.彼は被告人、また、エルサレムを持つと予想して破滅させるの聖地と呼ばれる人々の名前をjudaされた呪われたソドムとゴモラです。 According to the "Ascension of Isaias", the Prophet's martyrdom consisted in being sawed asunder.によると、 "アセンションのisaias "は、預言者の殉教ひきバラバラに構成されています。 Tradition shows this to have been unhesitatingly believed.伝統を示してもちゅうちょなくこれを信じています。 The Targum on 2 Kings 21:6, admits it; it is preserved in two treatises of the Talmud (Yebamoth, 49b; Sanhedr., 103b); St. Justin (Dial. c. Tryph., cxx), and many of the Fathers adopted it, taking as unmistakable allusions to Isaias those words of the Heb., xi, 37, "they (the ancients) were cut asunder" (cf. Tertullian, "De patient.", xiv; PL, I, 1270; Orig., "In Is., Hom." I, 5, PG, XIII, 223; "In Matt.", x, 18, PG, XIII, 882; "In Matt.", Ser. 28, PG, XIII, 1637; "Epist. ad Jul. Afr.", ix, PG, XI, 65; St. Jerome, "In Is.", lvii, 1, PL, XXIV, 546-548; etc.). 21時06分に2キングスのターガム、認めていることが2つの論文に保存され、タルムード( yebamoth 、 49b ; sanhedr 。 、 103b ) ;セントジャスティン( dial. c. tryph 。 、にCXX ) 、との多くは、父親の採択には、紛れもない撮影allusionsとしては、これらの単語をisaiasなしで。 、西、 37 、 "彼ら(昔の)がカットバラバラ" ( cf.テルトゥリアヌス、 "デ患者です。 " 、 14 ;ポーランド語、私、 1270 ;最古です。 、 "です。 、ハオマ汁です。 "私、 5 、 pg 、 13 、 223 ; "のマットです。 " 、 x 、 18 、 pg 、 13 、 882 ; "のマットです。 " 、サービスです。 28日、 pg 、 13世、 1637 ; " epistです。広告7月afr 。 " 、 9世、 pg 、西、 65 ;聖ジェローム、 "です。 " 、 57 、 1 、ポーランド語、 24 、五四六から五四八;等)です。 However, little trust should be put in the strange details mentioned in the "De Vit. Prophet."しかし、ほとんどは、奇妙な信頼を置く必要が詳細に記載されて"デヴィトです。預言者でった。 " of pseudo-Epiphanius (PG, XLIII, 397, 419).の擬似聖エピファニオス(結果、 43 、 397 、 419 ) 。 The date of the Prophet's demise is not known.預言者ムハンマドの崩壊、この評価を知られていないことです。 The Roman Martyrology commemorates Isaias on 6 July.ローマの殉教史isaiasを7月6日を記念します。 His tomb is believed to have been in Paneas in Northern Palestine, whence his relics were taken to Constantinople in AD 442.彼の墓と考えられてpaneasされ、北部のパレスチナ、そこから彼の遺物を実施コンスタンティノープルの広告442 。

The literary activity of Isaias is attested by the canonical book which bears his name; moreover allusion is made in II Par., xxvi, 22, to "Acts of Ozias first and last . . . written by Isaias, the son of Amos, the prophet". isaiasの文芸活動の予約が証明された正規のクマは彼の名前が;また、二パーほのめかしが行われる。 、 26 、 22日、 "行為の最初と最後のozias 。 。 。 。 。書かれたisaiasは、息子のエイモスは、預言者"です。 Another passage of the same book informs us that "the rest of the acts of Ezechias and his mercies, are written in the Vision of Isaias, son of Amos, the prophet", in the Book of the Kings of Juda and Israel.もう一つの通過を通知、同じ予約問い合わせは、 " ezechiasの残りの部分と彼の行為をなすのは、ビジョンをisaias書かれて、息子のエイモスは、預言者"は、その本のjudaとイスラエルの王です。 Such at least is the reading of the Massoretic Bible, but its text here, if we may judge from the variants of the Greek and St. Jerome, is somewhat corrupt.このような、少なくとも聖書は、読書をmassoretic 、そのテキストをここで、もし変化することがありますから判断すると、ギリシャの聖ジェロームは、多少破損しています。 Most commentators who believe the passage to be authentic think that the writer refers to Is., xxxvi-xxxix.ほとんどのコメンテーターwho通過されると考えて本物の作家を参照してはと考えている。 、 36 - 39 。 We must finally mention the "Ascension of Isaias", at one time attributed to the Prophet, but never admitted into the Canon.最後に言及しなければならない"アセンションのisaias " 、預言者を一度に起因する、決してキヤノンを認めた。

II. Ⅱ 。 THE BOOK OF ISAIASこの本のisaias

The canonical Book of Isaias is made up of two distinct collections of discourses, the one (chapters 1-35) called sometimes the "First Isaias"; the other (chapters 40-66) styled by many modern critics the "Deutero- (or Second) Isaias"; between these two comes a stretch of historical narrative; some authors, as Michaelis and Hengstenberg, holding with St. Jerome that the prophecies are placed in chronological order; others, like Vitringa and Jahn, in a logical order; others finally, like Gesenius, Delitzsch, Keil, think the actual order is partly logical and partly chronological.正規の予約をするにはisaiasの2つの別個のコレクションを談話では、 1つ(章1-35 )と呼ばれる場合によっては、 "最初のisaias " ; 、他の(支部四十から六十六)多くのモダンなスタイルの批評家の"第2の(または2番目) isaias " ;間では、これら2つのストレッチの歴史物語;いくつかの作家、マイカリスとヘングステンベルクとして、持ち株を予言聖ジェロームは、年代順に配置され;その他、のようなvitringaとヤーンは、論理的な順序で;その他最後に、のようなゲゼーニウス、デリッチ、 keil 、考えると、実際の注文が部分部分の論理年代です。 No less disagreement prevails on the question of the collector.意見の相違が優勢に劣らず上の問題は、コレクタです。 Those who believe that Isaias is the author of all the prophecies contained in the book generally fix upon the Prophet himself.これらのisaias whoと思われるの予言は、著者のすべての修正プログラムに含まれている書籍、通常時の預言者自身です。 But for the critics who question the genuineness of some of the parts, the compilation is by a late and unknown collector.しかし、批評家who問題にして、部品のいくつかの真偽は、コンパイルが遅くなり、未知のコレクタされた。 It would be well, however, before suggesting a solution to analyse cursorily the contents.ことがええと、しかし、解決策を提案する前にcursorilyの内容を分析します。

First Isaias最初のisaias

In the first collection (cc. i-xxxv) there seems to be a grouping of the discourses according to their subject-matter: (1) cc.で、最初のコレクション( cc.私- 35 )とみられるグループによると、談話主題: ( 1 )電流条件 i-xii, oracles dealing with Juda and Israel; (2) cc.私- 12 、 oracles judaとイスラエル対処する、 ( 2 )電流条件 xiii-xxiii, prophecies concerning (chiefly) foreign nations; (3) cc. 13 - 23 、予言に関する(主に)外国人の国、 ( 3 )電流条件 xxiv-xxvii, an apocalypse; (4) cc. 24 - 27 、アポカリプス、 ( 4 )電流条件 xxviii-xxxiii, discourses on the relations of Juda to Assyria; (5) cc. 28 - 33 、談話上のjudaをアッシリアとの関係、 ( 5 )電流条件 xxxiv-xxxv, future of Edom and Israel. 34 - 35 、将来のエドムとイスラエルのです。

First section最初のセクション

In the first group (i-xii) we may distinguish separate oracles.で、最初のグループ(私- 12 )別のoraclesを区別することがあります。 Ch.あなたのです。 i arraigns Jerusalem for her ingratitude and unfaithfulness; severe chastisements have proved unavailing; yet forgiveness can be secured by a true change of life.私は彼女の感謝の気持ちがないと不貞arraignsエルサレム;重度のchastisementsが立証無益な;はまだありません寛容で保護されたが、真の人生を変更します。 The ravaging of Juda points to either the time of the Syro-Ephraimite coalition (735) or the Assyrian invasion (701). judaのravagingのいずれかの時間を指して、 syro -エフライム族の連立与党( 735 ) 、またはでは、アッシリアの侵略( 701 )です。 Ch.あなたのです。 ii threatens judgment upon pride and seems to be one of the earliest of the Prophet's utterances. 2世を脅かす誇りと判断すると思われるのいずれかの最古の預言者ムハンマドの発言です。 It is followed (iii-iv) by a severe arraignment of the nation's rulers for their injustice and a lampoon against the women of Sion for their wanton luxury.これは後( Ⅲ 、 Ⅳ )された重度の罪状認否は、国の支配者に不公平と風刺に反対する女性の理不尽な豪華なシオンです。 The beautiful apologue of the vineyard serves as a preface to the announcement of the punishment due to the chief social disorders.ぶどう畑の美しい寓話を提供するの序文を発表したの首席の懲罰のために社会的疾患です。 These seem to point to the last days of Joatham, or the very beginning of the reign of Achaz (from 736-735 BC).これらのように、最終更新日間のjoathamをポイントしてか、または、治世の初めに、非常にachaz ( 736から735まで紀元前) 。 The next chapter (vi), dated in the year of the death of Ozias (740), narrates the calling of the Prophet. 、次の章に( 6 ) 、日付は、年に死亡したozias ( 740 ) 、ナレーション、呼び出し側の預言者ムハンマドのです。 With vii opens a series of utterances not inappropriately called "the Book of Emmanuel"; it is made up of prophecies bearing on the Syro-Ephraimite war, and ends in a glowing description (an independent oracle?) of what the country will be under a future sovereign (ix, 1-6).お七ポップアップと呼ばれる、一連の不適切な発言は"この本のエマニュエル" ;ことが行われるの予言syro -エフライム族の戦争の影響を及ぼす、と終了し、燃えるような説明書(独立したOracleのですか? )されてはどうするのが国将来の主権( 9世、 1-6 ) 。 Ch.あなたのです。 ix, 7-x, 4, in five strophes announces that Israel is foredoomed to utter ruin; the allusion to rivalries between Ephraim and Manasses possibly has to do with the revolutions which followed the death of Jeroboam II; in this case the prophecy might date some time between 743-734. 9世、 7 Xは、 4日、 5つの発表をstrophesイスラエルは全くforedoomedを台無しにし、エフライムとの間の対抗意識を暗示してマナッセスれる可能性は、これを行うにはjeroboamが死亡した後の回転数を2世;この例では、予言かもしれない日付いくつかの時間の間に七四三〜七三四です。 Much later is the prophecy against Assur (x, 5-34), later than the capture of Arshad (740), Calano (738), or Charcamis (717).かなり後には、予言反対アッシュール( x 、五〜三四) 、への取り込みをよりarshad ( 740 ) 、 calano ( 738 ) 、またはcharcamis ( 717 )です。 The historical situation therein described suggests the time of Sennacherib's invasion (about 702 or 701 BC).そこに記載の歴史的な状況を示唆して時間をsennacheribの侵攻(約702または紀元前701 ) 。 Ch.あなたのです。 xi depicts the happy reign to be of the ideal king, and a hymn of thanksgiving and praise (xii) closes this first division. xiを描いては幸福の治世を理想的な王である、と感謝と賛美歌を称賛( 12 )本日この第一課です。

Second section 2つ目のセクション

The first "burden" is aimed at Babylon (viii, 1-xiv, 23).の最初の"負担"のが狙いバビロン(八、 1 - 14 、 23 ) 。 The situation presupposed by the Prophet is that of the Exile; a fact that inclines some to date it shortly before 549, against others who hold it was written on the death of Sargon (705).預言者ムハンマドの状況を前提にしている亡命;傾斜するいくつかの事実を直前に日付が549 、反対その他whoホールドが死亡したことが書かれサルゴン( 705 )です。 Ch.あなたのです。 xiv, 24-27, foretelling the overthrow of the Assyrian army on the mountains of Juda, and regarded by some as a misplaced part of the prophecy against Assur (x, 5-34), belongs no doubt to the period of Sennacherib's campaign. 14 、 24-27 、 foretellingの転覆を山のようでは、アッシリア軍をjuda 、と考えられたいくつかの見当違いの部分として反対の予言アッシュール( x 、五から三十四) 、に属します間違いないsennacheribのキャンペーン期間をします。 The next passage (xiv, 28-32) was occasioned by the death of some foe of the Philistines: the names of Achaz (728), Theglathphalasar III (727), and Sargon (705) have been suggested, the last appearing more probable. 、次の通路( 14 、 28-32 )が引き起こされるの敵は、いくつかの死をphilistines : achazの名前を( 728 ) 、 theglathphalasar 3世( 727 ) 、およびサルゴン( 705 )が提案され、最後に表示される他の概です。 Chapters xv-xvi, "the burden of Moab", is regarded by many as referring to the reign of Jeroboam II, King of Israel (787-746); its date is conjectural.チャプター15 - 16 、 "の負担をモアブ"は、多くの考えとしてjeroboam 2世の治世を参照して、キングオブイスラエル( 787〜746 ) ;その日は推測します。 The ensuing "burden of Damascus" (xvii, 1-11), directed against the Kingdom of Israel as well, should be assigned to about 735 BC Here follows a short utterance on Ethiopia (prob. 702 or 701). 、その後の"ダマスカスの重荷" ( 17 、 1-11 ) 、監督反対するイスラエル王国でも、約735紀元前に割り当てられているが、ここで次のように短い発話エチオピア( prob. 702または701 ) 。 Next comes the remarkable prophecy about Egypt (xix), the interest of which cannot but be enhanced by the recent discoveries at Elephantine (vv. 18, 19).次への顕著な予言についてはエジプト( 19 ) 、の利益のために強化されることはできません。しかし、最近の発見はのっそり( vv. 18 、 19 ) 。 The date presents a difficulty, the time ranging, according to diverse opinions, from 720 to 672 BC.プレゼントするのが困難の日付、時間の範囲は、多様な意見によると、紀元前720から672です。 The oracle following (xx), against Egypt and Ethiopia, is ascribed to the year in which Ashdod was besieged by the Assyrians (711). 、 Oracleの次の(イグゼクス) 、対エジプト、エチオピア、生得的には、年間では包囲されたashdodはassyrians ( 711 )です。 Just what capture of Babylon is alluded to in "the burden of the desert of the sea" (xxi, 1-10) is not easy to determine, for during the lifetime of Isaias Babylon was thrice besieged and taken (710, 703, 696 BC).バビロンどのようなキャプチャするだけでは、それとなく触れられたように"の負担を海の砂漠" ( xxi 、 1-10 )を決定するは容易ではない、バビロンisaias中には3倍の寿命は、包囲を取られた( 710 、 703 、 696紀元前) 。 Independent critics seem inclined to see here a description of the taking of Babylon in 528 BC, the same description being the work of an author living towards the close of the Babylonian Captivity.詳細については、こちらの独立批判する傾向があるように見えるて説明して撮影紀元前528バビロンでは、同じ説明書での仕事をする著者の生活に向かって、バビロン捕囚に近いです。 The two short prophecies, one on Edom (Duma; xxi, 11-12) and one on Arabia (xxi, 13-17), give no clue as to when they were uttered. 2つのショート予言、 1つ上エドム(下院; xxi 、 11-12 )と1つ上アラビア( xxi 、 13-17 ) 、見当もつかない与えるときに彼らは口にします。 Ch.あなたのです。 xxii, 1-14, is a rebuke addressed to the inhabitants of Jerusalem. xxii 、 1-14 、非難宛てには、エルサレムの住人たちがします。 In the rest of the chapter Sobna (Shebna) is the object of the Prophet's reproaches and threats (about 701 BC).この章の残りの部分をsobna ( shebna )とは、オブジェクトは、預言者の非難や脅威(約701紀元前) 。 The section closes with the announcement of the ruin and the restoration of Tyre (xxiii).明日のセクションを破滅させると発表した回復のタイヤ( 23 )です。

Third section 3番目のセクション

The third section of the first collection includes chapters xxiv-xxviii, sometimes called "the Apocalypse of Isaias". 3番目のセクションの各章の最初のコレクションは、二十四-二十八、とも呼ばれる"黙示録のisaias "です。 In the first part (xxiv-xxvi, 29) the Prophet announces for an undetermined future the judgment which shall precede the kingdom of God (xxiv); then in symbolic terms he describes the happiness of the good and the punishment of the wicked (xxv).での最初の部分( 24 - 26 、 29 )の預言者を発表将来の判断を禁止するには、神の前には王国( 24 ) ;クリックし説明して彼の幸せを象徴的条件の良いとは、邪悪な罰( 25 ) 。 This is followed by the hymn of the elect (xxvi, 1-19).これは賛美歌に続いて、次期(二十六、 1-19 ) 。 In the second part (xxvi, 20-xxvii) the Prophet depicts the judgment hanging over Israel and its neighbours.第二部(二十六、 20 - 27 )の判断に預言者ムハンマドを描いて、イスラエルとその隣国に漂う。 The date is most unsettled among modern critics, certain pasages being attributed to 107 BC, others even to a date lower than 79 BC.には日付が未解決の間で最も近代的批評家は、紀元前107に起因する特定のpasagesが、その他にも参照して紀元前79日より低くします。 Let it be remarked, however, that both the ideas and the language of these four chapters support the tradition attributing this apocalypse to Isaias.レットイットビーは、しかし、その言語の両方のアイデアや、これらの4つの章をサポートして伝統的に関連付け、このアポカリプスisaiasです。 The fourth division opens with a pronouncement of woe against Ephraim (and perhaps Juda; xxviii, 1-8), written prior to 722 BC; the historical situation implied in xxviii, 9-29, is a strong indication that this passage was written about 702 BC To the same date belong xxix-xxxii, prophecies concerned with the campaign of Sennacherib.第4課ポップアップ悲痛な反対を表明エフライム(そしておそらくjuda ;二十八、 1-8 ) 、紀元前722の前に書かれた;の歴史的状況黙示的に二十八、 9月29日、ことを強く示しては、この一節が書かについて紀元前702と同じ日に属する29 - 32 、懸念してのキャンペーンをsennacherib予言します。 This series fittingly concludes with a triumphant hymn (xxxiii), the Prophet rejoicing in the deliverance of Jerusalem (701).このシリーズfittingly最後に、意気揚々と賛美歌( 33 )は、預言者救出の喜びは、エルサレム( 701 )です。 Chapters xxxi-xxxv, the last division, announce the devastation of Edom, and the enjoyment of bountiful blessings by ransomed Israel. 31 - 35の各章の最後の課、エドム惨状を発表する、との豊かな恵みを享受ransomedイスラエルです。 These two chapters are thought by several modern critics to have been written during the captivity in the sixth century.これらの2つの章では、いくつかのモダンな批評家の考えを書かされた6世紀中に捕らわれている。 The foregoing analysis does not enable us to assert indubitably that this first collection as such is the work of Isaias; yet as the genuineness of almost all these prophecies cannot be seriously questioned, the collection as a whole might still possibly be attributed to the last years of the Prophet's life or shortly afterwards.前述の分析はありませんindubitablyを有効に問い合わせを主張して最初のコレクションとしては、このような仕事をisaias ;はまだありませんとしての純粋のほぼすべてのこれらの予言を真剣に尋問することはできません、コレクション全体としてまだ可能性があるかもしれないの最後の年に起因する預言者またはその直後に、その後の人生です。 If there really be passages reflecting a later epoch, they found their way into the book in the course of time on account of some analogy to the genuine writings of Isaias.本当に大変なこと通路あれば、後の時代を反映し、彼らの道を見いだし、この本は、コースの時間を、正規のアカウントをいくつかの文章を類推isaiasします。 Little need be said of xxxvii-xxxix.リトル必要によると、 37 - 39 。 The first two chapters narrate the demand made by Sennacherib–the surrender of Jerusalem, and the fulfillment of Isaias's predictions of its deliverance; xxxviii tells of Ezechias's illness, cure, and song of thanksgiving; lastly xxxix tells of the embassy sent by Merodach Baladan and the Prophet's reproof of Ezechias.ナレーションをする最初の2つの章で作られるの需要の降伏をsennacheribエルサレム、との予測を履行するためにisaiasの救出;参拾ezechiasの病気の指示、治癒、と感謝の歌;最後に39の大使館に指示merodach送信されるとbaladan預言者ムハンマドのとがめてezechiasです。

Second Isaias 2番目isaias

The second collection (xl-lvi) deals throughout with Israel's restoration from the Babylonian exile. 2番目のコレクション( xl - 56 )取引を通じて、イスラエルのバビロニアからの亡命者の修復します。 The main lines of the division as proposed by the Jesuit Condamine are as follows: a first section is concerned with the mission and work of Cyrus; it is made up of five pieces: (a) xl-xli: calling of Cyrus to be Yahweh's instrument in the restoration of Israel; (b) xlii, 8-xliv, 5: Israel's deliverance from exile; (c) xliv, 6-xlvi, 12: Cyrus shall free Israel and allow Jerusalem to be built; (d) xlvii: ruin of Babylon; (e) xlviii: past dealings of God with his people are an earnest for the future.当部門の主要行のイエズス会で提案されたコンダミーヌとしては以下の通りです:最初のセクションは懸念して仕事を使命とキュロス;それには5つの作品: ( 1 ) xl - 41 :呼び出しのキュロスされるヤハウェのイスラエルの回復で、音源の場合、 ( b ) 42 、 8 - 44 、 5 :イスラエルの救出から亡命いる、 ( c ) 44 、 6 - 46 、 12 :キュロスは、無料で、イスラエルとエルサレムを構築できるように、 (奥行) 47 :バビロン遺跡; (オ) 48 :過去の取引の人々が神の彼の将来のために真剣です。 Next to be taken up is another group of utterances, styled by German scholars "Ebed-Jahweh-Lieder"; it is made up of xlix-lv (to which xlii, 1-7, should be joined) together with lx-lxii.の横にある別のグループを取り上げたいの発言は、スタイルをドイツ語学者" ebed - jahweh -歌曲集" ;ことが行われるまでの49 -左心室(に42 、 1-7 、メンバー登録すべきである)と一緒にlx - 62です。 In this section we hear of the calling of Yahweh's servant (xlix, 1-li, 16); then of Israel's glorious home-coming (li, 17-lii, 12); afterwards is described the servant of Yahweh ransoming his people by his sufferings and death (xlii, 1-7; lii, 13-15; liii, 1-12); then follows a glowing vision of the new Jerusalem (liv, 1-lv, 13, and lx, 1-lxii, 12).このセクションで私たちの耳に、呼び出し側のヤハウェの使用人( 49 、 1 -李、 16 ) ;入力し、イスラエルの栄光のホーム-来る(李、 17 - 52 、 12 ) ;その後は、使用人を記述して彼の人々は彼のヤハウェransoming苦しみと死( 42 、 1-7 、 52 、 13-15 、 53 、 1-12 ) ;入力し、次のように、燃えるようなビジョンを持って新エルサレム(リヴ、 1 -左心室、 13日、とLX 、 1 - 62 、 12 )です。 Ch.あなたのです。 lvi, 1-8, develops this idea, that all the upright of heart, no matter what their former legal status, will be admitted to Yahweh's new people. 56 、 1-8 、この考え方を開発し、心臓のすべての地面に垂直に関係なく、何が自分の元法的地位、入学を許可されるヤハウェの新しい人々です。 In lvi, 9-lvii, the Prophet inveighs against the idolatry and immorality so rife among the Jews; the sham piety with which their fasts were observed (lvii). 、 56 、 9 - 57 、預言者ムハンマドと不道徳inveighs偶像崇拝反対するユダヤ人の間に蔓延し、偽の信心深さには見られなかったが、断食( 57 )です。 In lix the Prophet represents the people confessing their chief sins; this humble acknowledgment of their guilt prompts Yahweh to stoop to those who have "turned from rebellion".預言者ムハンマドの59の主任は、人々の罪を告白;この謙虚な要求を認めることに罪悪感に身をかがめるヤハウェにそれらのwhoは"出身者の反乱"です。 A dramatic description of God's vengeance (lxiii, 1-7) is followed by a prayer for mercy (lxiii, 7-lxiv, 11), and the book closes upon the picture of the punishment of the wicked and the happines of the good.劇的なの説明を神の復讐( 63 、 1-7 )に続いて祈りの言葉を慈悲を( 63 、 7 - 64 、 11 ) 、およびその本を閉じる時の画像は、邪悪な処罰に関するhappinesと、良いです。 Many perplexing questions are raised by the exegesis of the "Second Isaias".多くの複雑な質問が提起された評釈は、 " 2番目isaias "です。 The "Ebed-Jahweh-Lieder", in particular, suggest many difficulties. " ebed - jahweh -歌曲集" 、特に、多くの困難を提案します。 Who is this "servant of Yahweh"? whoは、この"使用人のヤハウェ"ですか? Does the title apply to the same person throughout the ten chapters?タイトルは、同じ人に適用さ全体の10章ですか? Had the writer in view some historical personage of past ages, or one belonging to his own time, or the Messias to come, or even some ideal person?作家の対象は、いくつかの歴史上の人物の過去の年齢か、または1つの自分自身の時間に所属するか、または、 messiasに来るか、またはさらにいくつかの理想的な人物ですか? Most commentators see in the "servant of Yahweh" an individual.ほとんどのコメンテーターに表示されて"使用人のヤハウェ"個々のです。 But is that individual one of the great historical figures of Israel?しかし、個々の1つは、イスラエルの偉大な歴史上の人物ですか? No satisfactory answer has been given.満足のいく答えが与えられたのです。 The names of Moses, David, Ozias, Ezechias, Isaias, Jeremias, Josias, Zorobabel, Jechonias, and Eleazar have all been suggested as being the person.ムーサーの名前を、デビッド、 ozias 、 ezechias 、 isaias 、イェレミアス、 josias 、 zorobabel 、 jechonias 、およびeleazarが採用されて提案されてその人です。 Catholic exegesis has always pointed out the fact that all the features of the "servant of Yahweh" found their complete realization in the person of Our Lord Jesus Christ.カトリックの解釈はいつも事実を指摘しているのすべての機能を、 "使用人のヤハウェ"が見つかりました、完全な実現には、わたしたちの主イエスキリストの人です。 He therefore should be regarded as the one individual described by the Prophet.彼はそのためにすべきであると見なされて1つで記述された個々の預言者です。 The "Second Isaias" gives rise to other more critical and less important problems. " 2番目isaias "を他の他の重要な湧いてくるとあまり重要な問題が発生します。 With the exception of one or two passages, the point of view throughout this section is that of the Babylonian Captivity; there is an unmistakable difference between the style of these twenty-seven chapters and that of the "First Isaias"; moreover, the theological ideas of xl-lxvi show a decided advance on those found in the first thirty-nine chapters.を除いて、いずれかまたは2つの通路は、このセクションでは全体の観点では、バビロン捕囚;には紛れもないスタイルの違いは、これらの27章としている"第一isaias " ;また、神学アイデアのxl - 66詳細を事前にこれらの発見されたことを決めた最初の39章。 If this be true, does it not follow that xl-lxvi are not by the same author as the prophecies of the first collection, and may there not be good grounds for attributing the authorship of these chapters to a "second Isaias" living towards the close of the Babylonian Captivity?もしこのようなことにtrueの場合、次はそれがないxl - 66はないとして予言され、同じ著者の最初のコレクション、および5月に関連付け根拠がないのが良いの原作者がこれらの章参照して下さい" 2番目isaias "リビングに向かってバビロン捕囚に近いのですか? Such is the contention of most of the modern non-Catholic scholars.このような論争は、現代のほとんどの非カトリック教徒の学者です。

This is hardly the place for a discussion of so intricate a question.これはほとんどの場所ですので複雑な問題を議論します。 We therefore limit ourselves to stating the position of Catholic scholarship on this point.そこで自分の上限の位置を記載カトリックの奨学金をこの点です。 This is clearly set out in the decision issued by the Pontifical Biblical Commission, 28 June, 1908.これは明らかにされて教皇の決定権を発行された聖書の委員会は、 1908年6月28日です。 (1) Admitting the existence of true prophecy; (2) There is no reason why "Isaias and the other Prophets should utter prophecies concerning only those things which were about to take place immediately or after a short space of time" and not "things that should be fulfilled after many ages". ( 1 )真の予言の存在を認める、 ( 2 )の理由がない"と、他の預言者は全くisaiasに関する予言されたもののみを取る場所については直ちにまたはスペースの後に短い時間"ではなく"物事後は、多くの年齢層が果たされること"です。 (3) Nor does anything postulate that the Prophets should "always address as their hearers, not those who belonged to the future, but only those who were present and contemporary, so that they could be understood by them". ( 3 )も公準は、預言者は何もする必要がある"として、常にそのhearersアドレスではなく、それらのwhoに属して将来的には、それらだけが存在し、現代whoので、それらを理解させることができるとは" 。 Therefore it cannot be asserted that "the second part of the Book of Isaias (xl-lxvi), in which the Prophet addresses as one living amongst them, not the Jews who were the contemporaries of Isaias, but the Jews mourning in the Exile of Babylon, cannot have for its author Isaias himself, who was dead long before, but must be attributed to some unknown Prophet living among the exiles".したがって主張したことはできません" 2番目の部分は、予約のisaias ( xl - 66 ) 、預言者ムハンマドのアドレスでは生活の中の1つとして、特定のユダヤ人は、コンテンポラリーのwho isaias 、ユダヤ人が、亡命者の喪に服しては、バビロン、 isaiasすることはできませんその著者自身、 whoは死んだずっと前から、しかし、しなければならないの生活に起因するいくつかの未知の預言者間の亡命者"です。 In other words, although the author of Isaias xl-lxvi does speak from the point of view of the Babylonian Captivity, yet this is no proof that he must have lived and written in those times.言い換えれば、 xlは、著者のisaias - 66は話すの観点から、バビロン捕囚、彼はまだありませんこの証拠は何もないことに住んだことがあると書かれている必要があります回クリックします。 (4) "The philological argument from language and style against the identity of the author of the Book of Isaias is not to be considered weighty enough to compel a man of judgment, familiar with Hebrew and criticism, to acknowledge in the same book a plurality of authors". ( 4 ) "言語と言語学の引数のスタイルからの反対のアイデンティティのisaias本の著者は、重大ではないとみなされるのに十分な判断を強要する男は、ヘブライ語との批判精通して、同じことを認識する予約をするには、複数の作者"です。 Differences of language and style between the parts of the book are neither denied nor underrated; it is asserted only that such as they appear, they do not compel one to admit the plurality of authors.言語の違いやスタイルの間の部分を過小評価されたこの本は、いずれも拒否されました;ことは、そのような主張にのみ表示され、彼らはありません1つを認めざるを強要するの複数の作者に帰属します。 (5) "There are no solid arguments to the fore, even taken cumulatively, to prove that the book of Isaias is to be attributed not to Isaias himself alone, but to two or rather to many authors". ( 5 ) "がない固体の引数を前面に、累積的にも撮影、その書籍を証明するのはisaiasカウントされるisaiasしないように自分自身のみならず、多くの作家を2つまたはむしろ"です。

III. Ⅲ 。 APPRECIATION OF THE WORK OF ISAIAS感謝の仕事をisaias

It may not be useless shortly to set forth the prominent features of the great Prophet, doubtless one of the most striking personalities in Hebrew history.すぐに無駄なことを設定することができないの顕著な特徴を記載偉大な預言者は、確かに1つのパーソナリティinヘブライ語の歴史で最も印象的です。 Without holding any official position, it fell to the lot of Isaias to take an active part during well nigh forty troublesome years in controlling the policy of his country.公式的な立場を所蔵する、それに落ちて、たくさんの中に積極的に参加isaiasを取る面倒も近付いて40年に彼の国の政策を制御します。 His advice and rebukes were sometimes unheeded, but experience finally taught the rulers of Juda that to part from the Prophet's views meant always a set-back for the political situation of Juda.彼のアドバイスや留意されない時にはrebukesが、しかし、最後の経験を教えjudaの支配者の部分からの預言者の再生回数を意味する設定は常に政治情勢のために後ろに下がるjudaです。 In order to understand the trend of his policy it is necessary to remember by what principle it was animated.の動向を理解するために彼の政策が必要であることを覚えてそれをどのような原則は、アニメーションです。 This principle he derived from his unshaken faith in God governing the world, and particularly His own people and the nations coming in contact with the latter.この原則から派生した彼の不動の信念を彼は神の支配の世界、特に彼自身の今後の国の人々と接触すると、後者です。 The people of Juda, forgetful of their God, given to idolatrous practices and social disorders of many kinds, had paid little heed to former warnings. judaの人々は、彼らの神物忘れは、与えられた社会的障害を偶像崇拝の慣行や多くの種類、有料のほとんどは元の警告に注意する。 One thing only alarmed them, namely that hostile nations were threatening Juda on all sides; but were they not the chosen people of God?一つのことだけを警戒して、すなわちそのjuda敵対国がかかわるすべての側面;しかし、かれらは、選択した人々が神のですか? Certainly He would not allow His own nation to be destroyed, even as others had been.確かに彼は彼自身の国への許可はないが破壊され、他のもいた。 In the meantime prudence dictated that the best possible means be taken to save themselves from present dangers.それまでの間は、慎重さの指示を保存する最良の手段であることから現在の危険です。 Syria and Israel were plotting against Juda and her king; Juda and her king would appeal to the mighty nation of the North, and later to the King of Egypt.シリアとイスラエルが反対のプロットと彼女judaキング; judaと彼女の王は偉大な国に訴えるものがある、北朝鮮、およびそれ以降にザキングオブエジプトです。

Isaias would not hear aught of this short-sighted policy, grounded only on human prudence, or a false religious confidence, and refusing to look beyond the moment.いやしくもは、次のisaiasが聞こえない目先の政策、人間の慎重さだけで接地か、または宗教的な自信を虚偽とを拒否して探すの瞬間を超えています。 Juda was in terrible straits; God alone could save her; but the first condition laid down for the manifestation of His power was moral and social reformation. judaは、恐ろしい海峡;神だけが保存さ彼女;しかし、最初の状態症状を敷設彼のパワーは、道徳的及び社会的改革です。 Syrians, Ephraimites, Assyrians, and all the rest were but the instruments of the judgment of God, the purpose of which is the overthrow of sinners.シリア、 ephraimites 、 assyrians 、およびすべての楽器が、残りは、神の判断は、これは、転覆の目的は、罪人です。 Certainly Yahweh will not allow His people to be utterly destroyed; His covenant He will keep; but it is vain to hope that well-deserved chastisement may be escaped.確かにヤハウェは全くできない彼の人々に破壊される;彼の誓約彼は保つ;しかし、無駄なことは当然のせっかんを期待して5月がエスケープされます。 From this view of the designs of God never did the faith of Isaias waver.このビューを表示するより、デザインの神のは何の役にisaias信仰心が揺らぐ。 He first proclaimed this message at the beginning of the reign of Achaz.彼は最初の宣言の冒頭には、このメッセージが表示さachazの統治のです。 The king and his counsellors saw no salvation for Juda except in an alliance with, that is an acknowledgment of vassalage to, Assyria.ザキングと彼のカウンセラー見たjudaの救いをもたらすと同盟を結ぶを除いて、それは、謝辞のとりこに、アッシリアです。 This the Prophet opposed with all his might.反対に、この預言者ムハンマドのすべての彼のかもしれない。 With his keen foresight he had clearly perceived that the real danger to Juda was not from Ephraim and Syria, and that the intervention of Assyria in the affairs of Palestine involved a complete overthrow of the balance of power along the Mediterranean coast.彼は彼の先見の明が鋭い感知してリアルに危険性を明確にjudaエフライムとシリアはないから、介入とは、アッシリアは、パレスチナ問題の完全な関係の力のバランスを転覆は、地中海沿岸に沿っています。 Moreover, the Prophet entertained no doubt but that sooner or later a conflict between the rival empires of the Euphrates and the Nile must arise, and then their hosts would swarm over the land of Juda.また、預言者を楽しま間違いないが、遅かれ早かれ、ライバルの帝国の間の紛争は、ユーフラテス川とナイル必要があります。生じる、と入力し、そのホストがその土地の群れ集まるjudaです。 To him it was clear that the course proposed by Juda's self-conceited politicians was like the mad flight of "silly doves", throwing themselves headlong into the net.彼のことが明らかに提案されても、そのコースのjudaうぬぼれの強い政治家は気違いのように飛行の"愚かなハト派" 、投球自体に突き進むのNETを起動します。 Isaias's advice was not followed and one by one the consequences he had foretold were realized.その後isaiasのアドバイスはないとの結果を1つずつ前から予報された彼は実現しています。 However, he continued to proclaim his prophetical views of the current events.しかし、彼は彼の机上の再生回数の継続を宣言は、現在のイベントです。 Every new event of importance is by him turned into a lesson not only to Juda but to all the neighbouring nations.すべての新しいイベントの重要なのは彼だけになっていないという教訓をjudaしかし、近隣諸国のすべてのです。 Damascus has fallen; so will the drunkards and revellers of Samaria see the ruin of their city.ダマスカスに落ちた;ために、酔っぱらいとサマリアrevellersの都市を参照して破滅させるのです。 Tyre boasts of her wealth and impregnable position; her doom is no less decreed, and her fall will all the more astound the world.タイヤは彼女の富と難攻不落の陣地;彼女のドゥーム少ない定めはない、と彼女の秋は、他のすべての世間を仰天させる。 Assyria herself, fattened with the spoils of all nations, Assyria "the rod of God's vengeance", when she will have accomplished her providential destiny, shall meet with her fate.アッシリア自身、肥育の戦利品のすべての国、アッシリア"の棒の神の復讐" 、熟達したときに彼女は彼女の摂理の運命は、彼女の運命に会うものです。 God has thus decreed the doom of all nations for the accomplishment of His purposes and the establishment of a new Israel cleansed from all past defilements.神はこのように定められたのすべての国のドゥーム遂行を目的とする彼の設立を清め、新しいイスラエルのすべての過去のdefilementsからです。

Judean politicians towards the end of the reign of Ezechias had planned an alliance with the King of Egypt against Assyria and carefully concealed their purpose from the Prophet. judean政治家の治世の終わりに向かっていたezechiasと同盟を結ぶ予定ザキングオブエジプトに対して慎重にアッシリアとその目的を隠してからの預言者です。 When the latter came to know the preparations for rebellion, it was already too late to undo what had been done.来たときに、後者の反乱を知っての準備をし、それを元に戻すにはすでに手遅れに何が行われていない。 But he could at least give vent to his anger (see Isaiah 30), and we know both from the Bible and Sennacherib's own account of the campaign of 701 how the Assyrian army routed the Egyptians at Altaku (Elteqeh of Joshua 19:44), captured Accaron, and sent a detachment to ravage Juda; Jerusalem, closely invested, was saved only by the payment of an enormous ransom.しかし、彼は怒りを爆発さ少なくとも彼の怒り(イザヤ書30を参照) 、および私たちは聖書の両方から知って自分のアカウントとsennacheribの701のキャンペーンでは、アッシリア軍のルーティング方法については、エジプトaltaku ( elteqehのジョシュア19:44 )キャプチャaccaron 、および送信するjuda剥離を荒廃させる;エルサレム、密接に投資し、保存のみでのお支払いは、莫大な身代金を要求するのです。 The vindication of Isaias's policy, however, was not yet complete. isaiasの政策の正当性の主張は、しかし、まだ完全では。 The Assyrian army withdrew; but Sennacherib, apparently thinking it unsafe to leave in his wake a fortified city like Jerusalem, demanded the immediate surrender of Ezechias's capital.は、アッシリア軍の撤退;しかし、 sennacherib 、明らかに危険な考え方を残すことで彼の事をエルサレム城壁都市のような、即時降伏を要求してezechiasの首都です。 At the command of Ezechias, no answer was given to the message; but the king humbly bade Isaias to intercede for the city. ezechiasするには、コマンドは、与えられた答えはないのメッセージが表示さ; isaiasを命じたが、キング謙虚に仲裁を検索するシティです。 The Prophet had for the king a reassuring message.ザキング預言者ムハンマドが安心感を与えるメッセージを表示します。 But the respite in the Judean capital was short.しかし、休息は、資本金は、短いjudeanです。 Soon a new Assyrian embassy arrived with a letter from the king containing an ultimatum.すぐに新しいアッシリア大使館に到着した王からの手紙に最後通告を含む。 In the panic-stricken city there was a man of whom Sennacherib had taken no account; it was by him that the answer was to be given to the ultimatum of the proud Assyrians: "The virgin, the daughter of Sion hath despised thee and laughed thee to scorn; . . . He shall not come into this city, nor shoot an arrow into it. . . . By the way that he came, he shall return, and into this city he shall not come, saith the Lord" (xxxvii, 22, 33).市は、パニックに陥った人の男があったsennacheribも取っていないアカウント;ことは、彼は、答えは最後通告を与えられたのを誇りに思うassyrians : "ヴァージンは、かれらの娘軽蔑なたと笑ったシオンなたを軽蔑; 。 。 。 。 。彼はこの街に入る者は、またそれに矢を射る。 。 。 。 。 。 。 。された方法で、彼がやって来て、彼は復帰を経て、この都市の彼は来ない、 sayの三人称単数直説法現在形主" ( 37 、 22 、 33 ) 。 We know in reality how a sudden catastrophe overtook the Assyrian army and God's promise was fulfilled.私たちの現実を知ってオーバーテイクどのように突然の破局では、アッシリア軍と神の約束は果たされる。 This crowning vindication of the Divinely inspired policy of Isaias prepared the hearts of the Jews for the religious reformation brought about by Ezechias, no doubt along lines laid down by the Prophet.この無上の汚名をすすぐことは、神のインスピレーション政策isaiasユダヤ人の心を準備して、宗教的な改革ezechiasもたらされる、まちがいなく敷設された預言者線に沿っています。

In reviewing the political side of Isaias's public life, we have already seen something of his religious and social ideas; all these view-points were indeed most intimately connected in his teaching.政治的な側面を検討してisaiasの公共の生活は、私たちはすでに何かを見た彼の宗教的、社会的アイデア;これらすべてのカテゴリーのポイントは確かに彼の授業最も密接に接続されています。 It may be well now to dwell a little more fully on this part of the Prophet's message.今すぐに住むことがありますが十分にこの部分をもう少し完全には、預言者のメッセージを表示します。 Isaias's description of the religious condition of Juda in the latter part of the eighth century is anything but flattering. isaiasの説明書は、宗教的な条件をjudaは、 8世紀後半には決してお世辞です。 Jerusalem is compared to Sodom and Gomorrah; apparently the bulk of the people were superstitious rather than religious.エルサレムはソドムとゴモラと比較して;どうやら、大部分の人々は迷信ではなく、宗教的です。 Sacrifices were offered out of routine; withcraft and divination were in honour; nay more, foreign deities were openly invoked side by side with the true God, and in secret the immoral worship of some of these idols was widely indulged in, the higher-class and the Court itself giving in this regard an abominable example.犠牲が提供するルーチン; withcraftと占いは、名誉;いやの他、外国人の神々が公然と並んで呼び出さの真の神となり、人目を忍んで、不道徳ないくつかの偶像崇拝が広く甘やかさには、クラスが高いと、裁判所自体に与えるこの点についてお粗末な例です。 Throughout the kingdom there was corruption of higher officials, ever-increasing luxury among the wealthy, wanton haughtiness of women, ostentation among the middle-class people, shameful partiality of the judges, unscrupulous greed of the owners of large estates, and oppression of the poor and lowly.王国があったが破損して関係者の高い、右肩上がりの高級富裕層の間の、女性の理不尽なhaughtiness 、見せびらかし間の中産階級の人々は、恥ずべきえこひいきは、裁判官、無節操な大規模な土地の所有者は強欲、と抑圧の非常に悪いと卑しいです。 The Assyrian suzerainty did not change anything in this woeful state of affairs.宗主権は、アッシリアは何も変更しなかったが、この問題の体たらく。 In the eyes of Isaias this order of things was intolerable; and he never tired repeating it could not last.この注文の人の目にisaiasことは耐えられない;と彼は決して繰り返して疲れたことができなかった最終更新します。 The first condition of social reformation was the downfall of the unjust and corrupt rulers; the Assyrians were the means appointed by God to level their pride and tyranny with the dust.社会改革の最初の条件は、腐敗した没落は、不当な支配者とし、 assyrians神に任命されたレベルの手段に誇りと専制政治のほこりです。 With their mistaken ideas about God, the nation imagined He did not concern Himself about the dispositions of His worshippers.神に誤ったアイデアについては、想像の国の懸念彼は彼自身の参拝については、処分します。 But God loathes sacrifices offered by ". . . hands full of blood. Wash yourselves, be clean, . . . relieve the oppressed, judge for the fatherless, defend the widow. . . . But if you will not, . . . the sword shall devour you" (i, 15-20). loathes犠牲が提供され、神" 。 。 。 。 。手を血だらけです。洗浄しなさい、に清潔度、 。 。 。 。 。軽減する虐げられた、裁判官は、母子、未亡人を擁護する。 。 。 。 。 。 。 。しかし、しない場合は、 。 。 。 。 。剣は、食い入るようにする" (私、 15-20 ) 。 God here appears as the avenger of disregarded human justice as much as of His Divine rights.神ここに表示される人間の正義を無視するアヴェンジャーの彼の神聖な権利として同じくらいです。 He cannot and will not let injustice, crime, and idolatry go unpunished.彼は不公平せませんすることはできませんが、犯罪、罰を免れると偶像崇拝です。 The destruction of sinners will inaugurate an era of regeneration, and a little circle of men faithful to God will be the first-fruits of a new Israel free from past defilements and ruled by a scion of David's House.罪人の破壊の時代の再生を開始するが、少しサークルの男性に忠実にされるのは初めて-神の新しいイスラエルの成果を過去から自由に支配されdefilementsとサイオンのデイビッドの家のです。 With the reign of Ezechias began a period of religious revival. ezechiasの治世の期間の宗教的な復活を始めた。 Just how far the reform extended we are not able to state; local sanctuaries around which heathenish abuses had gathered were suppressed, and many `asherîm and masseboth were destroyed.だけの改革はどこまで拡張することはできませんが私たちの状態;ローカル聖域周りに集まっ異教の侵害が抑制された、と多くの` asherîmとmassebothが壊れています。 It is true the times were not ripe for a radical change, and there was little response to the appeal of the Prophet for moral amendment and redress of social abuses.これは真のザタイムズは機が熟していないするには根本的に変更し、ほとんど反応があったの魅力を、預言者ムハンマドの道徳的な改正案と社会悪の改善です。

The Fathers of the Church, echoing the eulogy of Jesus, son of Sirach (Ecclesiasticus 48:25-28), agree that Isaias was the greatest of the literary Prophets (Eusebius, "Præp. Evang.", v, 4, PG, XXII, 370; "Synops. Script. S.", among the works of St. Athan., PG, XXXVIII, 363; St. Cyril of Jerusalem, "In Is., Prooem.", PG, LXX, 14; St. Isidore of Pelus., "Epist.", i, 42, PG, LXXVIII, 208; Theodoret., "In Is. Argum.", PG, LXXXI, 216; St. Jerome, "Prol. in Is.", PL, XXIV, 18; "Præf. ad Paul. et Eustoch.", PL, XXXII, 769; "De civ. Dei", XVIII, xxix, 1, PL, XLI, 585, etc.).が、父親の教会、エコーの賛美のシラクの子イエスの(集会の書48:25-28 ) 、 isaiasに同意し、文学の最大のは、預言者(ユーセビアス、 " præpです。 evang 。 " 、 V電源、 4 、 pg 、 xxii 、 370 ; " synops 。スクリプト米" 、間でathanの作品の通りです。 、 pg 、 38 、 363 ;聖エルサレムの聖キュリロス、 "です。 、 prooemです。 " 、 pg 、 70 、 14 ;セントです。 pelus ISIDOREには、 " epist 。 " 、私、 42 、 pg 、 78 、 208 ; theodoret 。 、 "です。 argumです。 " pg 、 81 、 216 ;聖ジェローム、 " prol 。のです。 " 、ポーランド語、 24 、 18 ; " præfです。広告のポールです。 et eustochです。 " 、ポーランド語、 32 、 769 ; "デciv 。デイ" 、 18 、 29 、 1 、ポーランド語、 41 、 585 、等) 。 Isaias's poetical genius was in every respect worthy of his lofty position as a Prophet. isaiasの詩の天才は、あらゆる点で彼の高尚な立派な預言者としての地位です。 He is unsurpassed in poetry, descriptive, lyric, or elegiac.彼は比類ない詩、わかりやすい、歌詞か、または挽歌です。 There is in his compositions an uncommon elevation and majesty of conception, and an unparalleled wealth of imagery, never departing, however, from the utmost propriety, elegance, and dignity.彼の作曲には珍しい陛下の概念が昇格すると、比類のない豊かなイメージと、決して出発、しかし、より、最大限の妥当性、エレガンス、と尊厳です。 He possessed an extraordinary power of adapting his language both to occasions and audiences; sometimes he displays most exquisite tenderness, and at other times austere severity; he successively assumes a mother's pleading and irresistible tone, and the stern manner of an implacable judge, now making use of delicate irony to bring home to his hearers what he would have them understand, and then pitilessly shattering their fondest illusions or wielding threats which strike like mighty thunderbolts.彼は驚くべき力を保有する彼の言語の両方に適応度と観客;時には彼はほとんどの絶妙な優しさが表示されますし、他の回緊縮の重症度;彼の母親の嘆願連続想定して圧倒的なトーンとし、厳しい態度で執念深い裁判官は、今すぐメーカー微妙な皮肉を使用聞き手を痛感させる彼は、どのようなことを理解、と入力し、そのfondest pitilesslyが破れるほどの脅威を振り回す幻想やストライキのような偉大なthunderboltsです。 His rebukes are neither impetuous like those of Osee nor blustering like those of Amos; he never allows the conviction of his mind or the warmth of his heart to overdraw any feature or to overstep the limits assigned by the most exquisite taste. rebukesは、どちらも彼のような衝動のようなoseeもblusteringのアモス;彼は決して彼の心を使用すると、有罪判決のか、彼の心のぬくもり当座借越を任意の機能または割り当てられたの限界を超える最も絶妙な味です。 Exquisite taste indeed is one of the leading features of the Prophet's style.実際には、絶妙な味の1つの主要機能の預言者ムハンマドのスタイルです。 This style is rapid, energetic, full of life and colour, and withal always chaste and dignified.このスタイルは急速に、エネルギッシュで、フルカラーの生活とし、威厳のある加えて、常に貞淑とします。 It moreover manifests a wonderful command of language.これまた素晴らしいコマンドのマニフェスト言語です。 It has been justly said that no Prophet ever had the same command of noble throughts; it may be as justly added that never perhaps did any man utter lofty thoughts in more beautiful language.当然のことがないによると、預言者まで同じコマンドは、高貴なthroughts ;ことがありますたぶんことのないように公正に追加されました高遠な思想には全くの任意の男の他の美しい言語です。 St. Jerome rejected the idea that Isaias's prophecies were true poetry in the full sense of the word (Præf. in Is., PL, XXVIII, 772).聖ジェロームを拒否するというアイデアにisaiasの予言が本当の意味での詩は、完全な単語( præf.では、ポーランド語、 28 、 772 ) 。 Nevertheless the authority of the illustrious Robert Lowth, in his "Lectures on the Sacred Poetry of the Hebrews" (1753), esteemed "the whole book of Isaiah to be poetical, a few passages excepted, which if brought together, would not at most exceed the bulk of five or six chapters".にもかかわらず、著名なロバートラウスの権威を、彼の"レクチャーを検索する神聖な詩は、ヘブル人への手紙" ( 1753 ) 、尊敬する"イザヤ書を一冊の本に詩的には、いくつかの通路を除き、召集された場合、ほとんどはない5,6人を超える大量の章"です。 This opinion of Lowth, at first scarcely noticed, became more and more general in the latter part of the nineteenth century, and is now common among Biblical scholars.このラウスの意見を、最初はほとんど気付かれないとしても、ますます多くの一般的なものでは、 19世紀後半に、聖書学者の間で共通しており、現在です。

Publication information Written by Charles L. Souvay.出版物の情報執筆者チャールズl. souvayです。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.聖マリア教会でのおかげで、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典は、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

In addition to general and special commentaries consult: CHEYNE, Book of Isaiah chronologically arranged (London, 1870); IDEM, Prophecies of Isaiah (London, 1880); IDEM, Introd.全般に加えて、特別な論評相談:チェーンストークス、予約のイザヤ書年代順に配列(ロンドン、 1870 ) ;同じ、予言のイザヤ書(ロンドン、 1880 ) ;同じ、 Introd学です。 to the Book of Isaiah (London, 1895); DRIVER, Isaiah: his life and times and the writings which bear his name (London, 1888); LOWTH, Isaiah, translation, dissert.この本のイザヤ書を(ロンドン、 1895 ) ;ドライバ、イザヤ書:彼の人生とタイムズとの記述がクマ彼の名前(ロンドン、 1888 ) ;ラウス、イザヤ書、翻訳、論述する。 and notes (London, 1778); SKINNER, Isaiah (Cambridge, 1896); GA SMITH, Book of Isaiah (Expositor's Bible, 1888-1890); WR SMITH, The Prophets of Israel and their place in history (London, 1882); KNABENBAUER, Comment.とノート(ロンドン、 1778 ) ;スキナー、イザヤ書(ケンブリッジ、 1896 ) ;ジョージアスミスは、予約のイザヤ書(エクスポジターの聖書、 1888-1890 ) ; wrスミス氏は、イスラエルの預言者とその場所に履歴(ロンドン、 1882 ) ; knabenbauer 、コメントは得られなかった。 in Isaiam prophetam (Paris, 1887); CONDAMINE, Livre d'Isaie, trad.でisaiam prophetam (パリ、 1887 ) ;コンダミーヌ、リーヴルd' isaie 、トラッドです。 critique avec notes et comment.批評avecノートetコメントは得られなかった。 (Paris, 1905; a volume of introduction to the same is forthcoming); LE HIR, Les trois grandes prophètes, Isaïe, Jérémie, Ezéchiel (Paris, 1877); IDEM, Etudes Bibliques (Paris, 1878); DELITZSCH, Commentar über das Buch Jesaja; tr. (パリ、 1905 ;の音量を紹介しても同じことが今度の) ;ルhir 、レトロアgrandes prophètes 、 isaïe 、 jérémie 、 ezéchiel (パリ、 1877 ) ;同じ、宇宙bibliques (パリ、 1878 ) ;デリチ、 commentar über dasブーフjesaja ; tr 。 (Edinburgh, 1890); DUHM, Das Buch Jesaia (Gottingen, 1892); GESENIUS, Der Prophet Jesaja (Leipzig, 1820-1821); EWALD, Die Propheten des Alten Bundes (Tübingen, 1840-1841); tr. (エジンバラ、 1890 ) ;ドゥーム、 dasブーフjesaia (ゲッティンゲン、 1892 ) ;ゲゼーニウス、 der預言者jesaja (ライプチヒ、 1820-1821 ) ;エーヴァルト、死ぬprophetenデアルテンbundes (テュービンゲン、 1840-1841 ) ; tr 。 by F. SMITH, (London, 1876–); HITZIG, Der Prophet Jesaja übers.スミス氏は女性、 (ロンドン、 1876 -2 007) ;ヒッツィヒ、 d er預言者j esajaü bers。 und ausgelegt (Heidelberg, 1833); KITTEL, Der Prophet Jesaia, 6th ed. und ausgelegt (ハイデルべルグ、 1833 ) ;キッテル、 der預言者jesaia 、第6回エドです。 of DILLMANN's work of the same title (Leipzig, 1898); KNABENBAUER, Erklärung des Proph.ディルマンの仕事を、同じタイトル(ライプチヒ、 1898 ) ; knabenbauer 、 erklärungデprophです。 Isaias (Freiburg, 1881); MARTI, Das Buch Jesaja (Tübingen, 1900). isaias (フライブルク、 1881 ) ;マーティ、 dasブーフjesaja (テュービンゲン、 1900 ) 。


Book of Isaiah予約のイザヤ書

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

The Call of the Prophet.のコールは、預言者です。

Reliance on Assyria.アッシリア依存しています。

Alliance with Egypt.エジプトの同盟関係です。

Book of Judgments.予約を判断します。

The Question of Ch.あなたの質問をします。 xl.-lxvi. xl. - 66です。

The Critical Problem.の重要な問題です。

The "Variety" of Isaiah. "様々 "のイザヤ書です。

Periods of the Prophecy.ピリオドを予言します。

The chief note of the Book of Isaiah isチーフの注意事項をご予約のイザヤ書は、

variety-variety of tone, of style, of thought, and of historical background.様々 -様々なトーン、スタイル、思想、との歴史的背景です。 The first step in the study of Isaiah is to realize this variety by taking a survey of the contents.研究の最初のステップは、イザヤ書は、これを実現する様々を対象に調査した内容を撮影します。 The heading (i. 1) prepares the reader to expect a collection of closely related prophecies (hence called a "vision," in the singular) concerning Judah and its capital.の見出し( i. 1 )準備のリーダーを期待するのコレクションを密接に関連した予言(それゆえと呼ばれる"ビジョン"は、単数)に関するユダとその資本です。 It is plain, therefore, that ch.これはプレーン、したがって、あなたのことです。 xiii.-xxiii. xiii. - 23です。 were only inserted as an afterthought; for, with the exception of ch.挿入されただけ考え直して;は、あなたを除いては。 xxii., they all relate to foreign nations; ch. xxii 。 、それらに関連するすべての外国人の国;あなたのです。 xiv. 14 。 24-27, xvii. 24-27 、 17 。 12-14, xxii. 12-14 、 xxii 。 1-14, and 15-25 (which relate to Judah or Jerusalem) may be regarded as fragments which would have perished if an editor had not thought of inserting them in this group. 1-14 、および15-25 (これに関連しユダやエルサレム)年5月の破片と見なされる場合は、エディタでは死んでいなかったことを考えると、このグループを挿入します。 Ch.あなたのです。 xxiv.-xxvii., also, can only have been admitted through an extension of the original plan, for they speak primarily of a judgment upon the earth at large, and when they do digress to Israel it is in obscure language, which the men of "Judah and Jerusalem" could not generally have understood. xxiv. - 27 。 、また、認めたことだけが当初の計画を拡張したものを、かれらを主に話す時、地球に大規模な判断は、かれらは本筋をそれることは、あいまいな言語をイスラエルでは、男性"ユダとエルサレム"一般的に理解できませんでした。 Similarly, ch.同様に、あなたのです。 xxxiv.-xxxv. xxxiv. - 35です。 can have formed no part of the original vision, for the larger part (xxxiv.) is concerned, not with Judah, but with Edom.ことが形成のいかなる部分も、元のビジョンは、その大部分( xxxiv. )については、ユダではなく、しかし、エドムです。 Ch.あなたのです。 xxxvi.-xxxix. xxxvi. - 39です。 speak of Isaiah in the third person, and largely coincide with II Kings xviii.話すのイザヤ書第三人、および18 IIキングスフィールドおおむね一致することになる。 13-xx. 13 -イグゼクスです。 19. 19 。 Ch.あなたのです。 xl.-lxvi. xl. - 66です。 have for their background, at any rate to a considerable extent, Jerusalem in ruins and her people in captivity.その背景には、いつ金利をかなりの程度まで、廃墟となってエルサレムの人々と彼女のとりこになっています。 In following, therefore, that instinct of order, which is, of course, not the same thing as criticism, but is at least one element in it, the first impressions of Isaiah must be obtained from ch.以下の、したがって、その本能のために、これは、もちろん、特定の批判と同じものではないですが、少なくとも1つの要素では、イザヤ書の第一印象はあなたから入手しなければならない。 i.-xii. i. - 12です。 and xxviii.-xxxiii.とxxviii. - 33です。

Ch.あなたのです。 i.: One of the finest specimens of prophetic rhetoric known.勇: 1つの予言的な言葉遣いで最も素晴らしい標本を知られている。 It is in its present form a general prophecy, full of edification for all periods of Israel's history, thòugh the prominence given in verses 29, 30 to the heathen worship practised in the recesses of gardens would not have seemed perfectly natural in the later period of strict religious purity.これは、その存在を形成する一般的な予言で、フルの教化のすべての期間のイスラエルの歴史、 thòugh詩の隆起に与えられた29日、 30日から異教徒の崇拝の実践は、陥凹の庭園のようだと完全にはない自然で、後の時代厳格な宗教的な純度です。 There are four leading ideas: Israel's ingratitude to its God; the false repentance of oblations; the true repentance of a changed life; purification from without, failing purification from within.には4つの主要アイデア:イスラエルの忘恩の神;の偽反省のoblations ;の真の反省の人生を変更;精製からせず、失敗したから精製します。

Ch.あなたのです。 ii.-iv.: A series of denunciations of the national corruption enclosed between two pictures of the ideal age. ii.-iv. : 、一連の腐敗のない非難は、国家間の2つの写真を同封の理想的な年齢です。 Here Isaiah goes into greater detail, both as to the nature of Judah's sin and as to the inevitable punishment.イザヤ書をより詳細については、両方の性質をユダの罪と罰としては、避けられない。 Like a thunder-storm the wrath of God will overthrow the proud, and sweep away the heathenish luxury of the grandees of the land; all classes will be disturbed from their pleasant security; the ablest citizens will go into captivity, for theirs is the greatest guilt; nor shall the women of Jerusalem escape (comp. Amos iv. 1-3).雷の嵐のように、神の怒りを買うの誇りが転覆し、異教の高級感を押し流すgrandees 、その土地;すべてのクラスの快適な安全保障から邪魔されるし、有能な市民が監禁に入る、かれらにはの最大の罪悪感;又はエルサレムの女性は、エスケープ( comp.アモスⅣ 。 1-3 ) 。

Ch.あなたのです。 v.: A briefer utterance with similar scope. v. :発話の概要を説明する類似の範囲外です。 It begins with a bright parable on the vineyard of God, the moral of which is the danger of Judah's ingratitude; then follows a series of "wos" on the chief national sins, and a weird, mysterious announcement of terrible invaders.明るいことから始まります神のぶどう畑の寓話には、道徳的なのは、ユダの忘恩の危険性;入力し、次のように、一連の"ウォス"を首席代表の罪、と奇妙な、神秘的な恐ろしい侵略発表した。

The Call of the Prophet.のコールは、預言者です。

Ch.あなたのです。 vi.: This chapter might well have stood at the head of the whole book. Ⅵ 。 :この章の頭に立っているかもしれないが、全体の予約です。 It describes the call of the prophet.それは、預言者説明してコールします。 A vision, such as all prophets may expect to have (though abundance of visions is no proof of the goodness of a "man of God"), came to Isaiah, and in this vision-the sum of which was the glorified and idealized Temple-God and Isaiah interchanged these words: "Whom shall I send?"のビジョンなど、すべての預言者を期待年5月には(かかわらず豊富な証拠は何もない、善良なビジョンは、 "神の男" ) 、イザヤ書来て、そしてこのビジョン-の合計は、これは、理想を讃えると寺これらの単語を駆使する-神とイザヤ書: "人は私の送信ですか? " "Send me." "送ってくれる。 " No passage is so important as is this one for the true biography of Isaiah.通路としては非常に重要なのは、この1つの伝記をイザヤ書の真のです。

Ch.あなたのです。 vii.-ix. 7: Partly historical, partly prophetical. 7 :部分的、歴史的、机上の部分です。 It is unfortunate that this precedent is not followed more frequently.残念なことであることがより頻繁に続くこの先例ではない。 It is now known that Isaiah sought to influence Ahaz, but was repelled by the king.イザヤ書知られていることは今すぐに影響を与えるアハズを模索してきたが、国王は、反発される。 Judah was in sore peril from the invaders Pekah and Rezin (not the invaders to whom he pointed so mysteriously in v. 26 et seq.), and there was a conflict between the two principles-reliance on outside human help and implicit trust in Israel's God.ユダは、危険からの侵略者pekah痛みとrezin (はなく、謎の侵略者を御心に適うように指摘v. 26頁以降を参照。 )との間の葛藤があったに依存して外部の2つの原則-人間のヘルプとイスラエルの暗黙の信頼を神。 Ahaz stood for the first, Isaiah for the second.アハズ立っていたため、最初の、イザヤ書の2番目のです。 One result there was which Ahaz could never have anticipated: the sign of Immanuel has supplied material for controversy to the present hour. 1つの結果があったことなど絶対にできないのが予想アハズ:イマヌエルの兆候が論争の資料を提供し、現在の時間です。 It might be thought that it was a promise of safety.考えられるかもしれないことは、安全性を約束します。 But Isaiah could not "speak peace when there was no peace."しかし、イザヤ書できませんでした"平和のときに話すの平和はない。 " It is desolation, and not deliverance, which the unbelief of Ahaz will ultimately bring on his unhappy country (vii. 17-25).これは荒廃し、救出は、不信仰のアハズは、彼の不幸な国は、最終的に持ってくる( vii. 17-25 ) 。 In ch.にあなたのです。 viii. Ⅷ 。 1-4 Isaiah reaffirms his declaration (vii. 7-9) of a judgment swiftly coming to Damascus and Samaria. 1-4イザヤ書再確認彼の宣言( vii. 7-9 )は、ダマスカスとサマリアに来て迅速に判断します。 But will Judah escape?しかし、階段がユダですか? No, but the kernel of the nation will escape.いや、しかし、カーネルのザネーションは、エスケープします。 Judgment will bring about purification.判決は、浄化をもたらす。 A deliverer already exists in the counsels of God, and he will restore the kingdom of David in an idealized form (ix. 1-7).救世主が既に存在する場合には、弁護人の神となり、彼はキングダムオブデビッド復元するには、理想的なフォーム( ix. 1-7 ) 。 Ch.あなたのです。 ix. 9 。 8-x. 8 - ×です。 4: A highly poetical picture of the approaching ruin of the Northern Kingdom, though there are also glances at Judah. 4 : 、高度に詩的な画像を破滅させることができれば、北部の王国が、ユダには、先にも視線を向ける。 The rivalry of factions in the state and the fall of the incompetent rulers on the field of battle are graphically described.派閥の争いは、国家との秋には、無能な支配者の戦いは、フィールドをグラフィカルに説明します。

Reliance on Assyria.アッシリア依存しています。

Ch.あなたのです。 x. Xで 5-xii. 5 - 12 。 6: There is more religious thought, however, in the discourses contained in these chapters. 6 :他の宗教思想には、しかし、これらの章の談話に含まれています。 The variety of imagery, too, is highly remarkable.の様々な画像、あまりにも、は非常に驚くべきものです。 Assyria (that is, its king; comp. the use of "France" and "England" in Shakespeare) is the staff or the ax in God's hand.アッシリア(つまり、そのキング;のCOMPです。の使用を"フランス"と"イングランド"がシェークスピア)は、スタッフや、斧を手に、神の存在です。 Its army is like a forest.その軍隊は森のようにします。 Assyria's lust of conquest is like the sport of bird-nesting.アッシリアの征服欲はスポーツ、野外活動の鳥のように営巣します。 See the astonishingly rapid march of the armed hosts!詳細については、驚くほどの急速な武装年3月のホスト! Some with their leader "shake their hands" at the sacred mountain.にいくつかのリーダー"に手を振る"は、神聖な山です。 The Davidic kingdom will, as it seems, be cut down.王国のdavidicは、今のところ、カットダウンします。 But so, too, Assyria will be cut down; and while a "shoot" (RV) will "come forth out of the stock of Jesse," no such prospect is held out for Assyria.しかし、これは、あまりにも、アッシリアは減らす;と中に"シュート" (右心室)は、 "罷り出るする株式のジェシー、 "そのような展望が開かれるアッシリアしています。 Not to Babylon, but to Jerusalem, will the nations repair.バビロンしないように、エルサレムしかし、国は、修復を実行します。 Not in Assyria, but in the land of Israel, will the peace of paradise be exemplified.アッシリアにない、しかし、イスラエルの土地は、平和の楽園に例示します。 Thither will all Israel's exiles be brought back, singing psalms of devout and grateful joy.あちらの方は、すべてのイスラエルの亡命者に帰される、歌を歌うことの喜び詩篇を授けたの敬けんなと感謝しています。 Ch.あなたのです。 xxviii.-xxxiii.: These chapters also are full of variety. xxviii. - 33です。 :これらの章は、変化に富んだもします。 From the first the prophet alternates between judgment and salvation.預言者ムハンマドの最初の判断と交互に救いです。 The proud crown of the drunkards (princely drunkards!) of Ephraim is trodden down; for the residue there is a crown of glory (Samaria fell 722 BC).クラウンは、酔っぱらいの誇り(王侯貴族酔っぱらい! )のエフライムは、踏みつぶされたダウン;は、残渣の栄光には、クラウン(紀元前722サマリア下落) 。 But there are drunkards (priestly drunkards!) in Judah too, trusting in a "refuge of lies" instead of in the "sure foundation" stone (xxviii. 15-17).しかし、酔っぱらいには(聖職者の酔っぱらい! )のユダも、信じて疑わないが、 "避難所のうそ"の代わりに、 "確認財団"石( xxviii. 15-17 ) 。 At another time the teacher seems to have adopted a different tone.その教師は別の時間には、別のトーンを採用します。 A few, perhaps, became dejected by Isaiah's frequent reference to destruction.数は、たぶん、イザヤ書の頻繁になった落胆した様子での参照を破壊されています。 Would this plowing and thrashing go on forever?この耕起とスラッシングはきりがないですか? No; an earthly husbandman is too wise for that; and the heavenly husbandman knows best of all that destruction is justified only by the object of sowing some useful plant when the soil has been prepared (xxviii. 23-29).いいえ;にこの世を農夫が非常に賢明なこと、および、天の農夫のすべてのことを知っ最高の破壊が正当化されるオブジェクトのみをいくつかの有用な植物の播種土壌てきたときに準備しています( xxviii. 23-29 ) 。

It is true, as ch.それがtrueの場合、としてあなたのです。 xxix. 29 。 shows, the great majority were quite otherwise impressed by Isaiah's preaching.に示すように、他の大多数が非常に感銘を受けたイザヤ書の説教の声です。 A deep lethargy clouded the senses of the rulers (verses 10-12).深い無気力曇った感覚は、支配者(詩句10-12 )です。 But the crash of thunder will awaken them.しかし、雷鳴がして目を覚まさせる。 Within a year Jerusalem will be besieged, and in the midst of the siege God Himself will fall upon Jerusalem and punish her (1-4, 6).エルサレムから1年以内に包囲される、と神の真っただ中に自分自身の包囲エルサレムと処罰が彼女を襲う( 1-4 、 6 ) 。 But fear not; the foe will suffer most; God will not permit the nations to destroy Mount Zion (5, 7, 8).しかし、恐れることはないし、ほとんどの敵が損害を被ること;神は許可していない国を破壊するマウントザイオン( 5 、 7 、 8 ) 。 Wo to the formalists and to the unbelieving politicians of Judah! formalistsをして、懐疑的な政治家とユダ! (13-15). ( 13-15 ) 。 But all the best blessings are to the poor and the meek.しかし、すべてのベストは、貧しい人々への祝福とおとなしいです。

Alliance with Egypt.エジプトの同盟関係です。

The cause of Isaiah's wrath against the politicians was an alliance with Egypt which was being planned in secret.イザヤ書の怒りの原因を反対する政治家は、エジプトと同盟関係には秘密が予定されています。 This is shown by ch.これはあなたの示されています。 xxx. xxx 。 Isaiah predicts the disappointment which awaits the ambassadors, and the terrible results which willfollow from this short-sighted statecraft.イザヤ書の失望感がお客様をお待ちして大使を予測し、この恐ろしい結果を目先の国政willfollowです。 But here again the usual contrast is introduced.しかし、ここで再び、通常のコントラストが導入されました。 Storm and sunshine compete with each other.嵐と太陽の光で、互いに競い合います。 The Golden Age will yet come; Nature will participate in the happiness of regenerate Judah.の黄金時代はまだ来;自然が参加してユダの幸せを再生成します。 Assyria will be crushed, and meantime the Jews will sing, as in the night of the feast-day (the vigil of the Passover; comp. Ex. xii. 42).アッシリアは粉砕し、その間に、ユダヤ人が歌うのように、日の夜の宴(徹夜の祈りを過ぎ;のCOMPです。例です。 12 。 42 ) 。 In ch.にあなたのです。 xxxi.-xxxii. xxxi. - 32です。 8 the prophet still hovers about the same theme, while in xxxii. 8預言者ムハンマドと同じテーマについては、まだhovers 、中に32 。 9-20 the careless security of the women is chastised (comp. iii. 16 et seq.), the desolation soon to be wrought by the invader is described, and, as a cheering contrast, the future transformation of the national character and of the physical conditions of life are once more confidently announced.不注意な安全保障の9月20日には、女性たちが非難( comp. Ⅲ 。 16頁以降を参照。 )は、間もなく荒廃によってもたらされたの侵入者に説明し、応援団としては対照的に、国家の将来のキャラクターとの変換一度の物理的な条件の生活はもっと自信を発表した。 Ch.あなたのです。 xxxiii. 33 。 is one of the most singular of the extant specimens of prophetic writing.は、 1つは、現存の最も特異標本の予言書き込みします。 There is no apparent arrangement, and some of the verses seem to be quite isolated.見掛け上の取り決めがない、といくつかの詩には非常に孤立したように見える。 It is a kind of vision which is described.それは、ある種のビジョンを説明します。 The land is being laid waste.その土地荒廃されています。 O Lord, help!主よ、助けて! But see!しかし、参照! the hostile hordes suddenly disappear; Zion's God is her security.人の群れの敵対的突然姿を消す;ザイオンの神は彼女の安全保障します。 Alas!ああ! not yet.まだです。 The highways still lie waste.廃棄物の高速道路まだうそをつく。 The whole country from Lebanon to Sharon mourns.国全体のシャロンよりレバノンを悲しんでいる。 Yes, it is God's time to arise.はい、それは神の時間を発生します。 He has, in fact, arisen, and the "godless" (the converted Jews) tremble, while the righteous are assured of salvation.彼は、実際には、生じた、と"神を恐れぬ" (して、変換したユダヤ人)が震える、救いとなるのは間違いないが、正しいのです。 How happy will the retrospect of their past troubles make them!どのように幸せには、まずRetrospectは、過去のトラブルにして! (verse 18). (詩18 ) 。 Then, too, it will be plain that Zion's load of guilt has been removed.その後、あまりにも、それは罪悪感の平原にザイオンの負荷が削除されています。

Book of Judgments.予約を判断します。

The idea which pervades the first of the five lesser books (ch. xiii.-xxiii., xxiv.-xxvii., xxxiv.-xxxv., xxxvi.-xxxix., and xl.-lxvi.) which still await consideration may be expressed in Isaiah's own words (they are taken here provisionally to be Isaiah's): "This is the purpose that is purposed upon the whole earth: and this is the hand that is stretched out upon all the nations" (xiv. 26).という考えでの、 5つの小pervadesの最初の書籍(第xiii. - 23 。 、 xxiv. - 27 。 、 xxxiv. - 35 。 、 xxxvi. - 39 。 、およびxl. - 66 。 )年5月に引き続き検討を待つイザヤ書で表現されるの自身の言葉で(彼らはここで撮影されるイザヤ書の暫定) : "これは、目的の目的は、地球全体の時:これは、手を伸ばして時のすべての国" ( xiv. 26 ) 。 It is, in fact, a Book of Judgments on the nations, except that four passages have found admission into it which relate, not to the world outside, but to the little people which, as Isaiah may have thought, out-weighed in the eyes of God all the other nations put together.これは、実際には、書籍の判断をする国は、入場料を除いて4つの通路が見つかったことに関連し、特定の外の世界を、しかし、ほとんどの人々が、イザヤ書年5月を考えて、アウト体重は、神の目の他のすべての国をまとめる。 These four passages are as follows:これらの4つの通路は以下のとおり:

Ch.あなたのです。 xiv. 14 。 24-27 is a short prophecy declaring the purpose of Israel's God to tread Assyria under foot upon the "mountains" of Judah, to which is appended a solemn declaration, part of which is quoted above (verses 26, 27). 24-27宣言は、短い予言の目的は、イスラエルの神を踏む足にされてアッシリアの"山"のユダ、厳粛な宣言をするが付加され、上記の引用部分が(詩26日、 27 ) 。 In ch.にあなたのです。 xvii. 17 。 12-14 there is a graphic prophecy of the destruction of the "many nations" which attack Jerusalem (comp. viii. 9, 10; xxix. 7, 8); no special nation is singled out. 12-14には、グラフィックの予言の破壊は、 "多くの国"を攻撃エルサレム( comp. Ⅷ 。 9日、 10 ;二十九です。 7日、 8 ) ;ない特別な国が白羽の矢が立つ。 In ch.にあなたのです。 xxii. xxii 。 1-14 there is an indignant rebuke of the people of Jerusalem, who are in no degree sobered by the danger, just now removed, from the Assyrians; instead of examining into their ways, ceasing to do evil, and learning to do well, they indulge in wild revelry. 1-14叱責するのには腹を立てたエルサレムの人々は、 whoはsoberedされる危険度はない、ちょうど今削除されると、からassyrians ;の代わりにその方法を検討、これを行うに悪の停止、および学習これを行うにええと、野生のお祭り騒ぎてほしいままにします。 In ch.にあなたのです。 xxii. xxii 。 15-25 an invective against the vizier of the day (Shebna) is followed by a promise of his office to a worthier man (Eliakim), to which an appendix is attached announcing this second vizier's fall.悪口雑言の主席大臣に反対する15-25日( shebna )は、彼のオフィスに続いて約束してworthier男( eliakim ) 、付録には、この2番目の主席大臣は、添付の下落を発表します。

Of the judgments upon definite nations, other than the Jewish, the first (ch. xiii.) declares the doom of Babylon, and to it is appended a fine, artistic ode of triumph on the King of Babylon (xiv. 4b-21).明確な判断をする国は、ユダヤ人以外の、最初の(第13世です。 )バビロンの宣言をしてドゥーム、としての罰金が付加され、芸術の勝利を頌歌ザキングオブバビロン( xiv. 4b - 21 )です。 Observe that the prophet distinctly speaks as if the Medes were already mustering for the march on Babylon.観察は、預言者としてはっきりと話すメデスの場合、 3月にはすでにバビロンの集合です。 Is it to be supposed that Isaiah was at the time in an ecstasy?はそれをイザヤ書は〜するはずの時間には、エクスタシーですか? Ch.あなたのです。 xiv. 14 。 22-23 is a prophecy, summing up Babylon's doom in more prosaic style. 22-23は、予言、バビロンのドゥームを要約すると他の平凡なスタイルです。 Ch.あなたのです。 xiv. 14 。 28-32 contains the doom of the Philistines, who are in premature exultation at the "breaking" of some terrible "rod." 28-32には、ドゥームは、 philistines 、 whoは、時期尚早の歓喜は、 "破壊"のいくつかの恐ろしい"棒。 " Ch.あなたのです。 xv.-xvi. xv. - 16です。 12 are highly dramatic; they begin with a picture of the consternation of the Moabites at the havoc wrought by an invader, describe the flight' of the people in much detail, mention how an appeal to Mount Zion for help was rejected, make sympathetic references to the lamentations of the Moabites over their ruined vines, and then, without any apparent connection, assert that no appeal to Chemosh for aid will be effectual.一二アール非常に劇的な;彼らの絵を始めるのは信じられないだろうがmoabitesは、大惨事に侵入者によってもたらされた、説明して飛行'の人々の多くの詳細は、こちらの控訴をマウントする方法についてのヘルプが拒否されましたザイオン、参考文献に交感神経哀歌を台無しに彼らのmoabitesバインズ]をクリックし、見掛け上の接続をせず、主張することは絶対にありませんchemoshをアピールする効果的な援助される。 To this is added (verses 13, 14) a solemn declaration that the prophecy which had been delivered at some previous period shall be fulfilled within three years.これが追加されます(詩13日、 14 ) 、厳粛な宣言は、いくつかの予言で配信されていたが果たされる前の期間は3年以内です。

Ch.あなたのです。 xvii. 17 。 1-11 is directed against Damascus (that is, Syria) and Ephraim (that is, Israel). 1-11監督に対しては、ダマスカス(つまり、シリア)とエフライム(つまり、イスラエル) 。 These two powers have set themselves against the true God, and must suffer the same doom.これらの2つの権限が設定自体反対の真の神となり、同じ運命に苦しむ必要があります。 However, the few who are left in Israel will turn to the holy God, and give up lower forms of worship.しかし、イスラエルのいくつかのwhoは、左には、電源を聖なる神となり、下等な崇拝をあきらめる。

Ch.あなたのです。 xviii. 18 。 was apparently intended to be an address to Ethiopia.意図は明らかにされるエチオピアのアドレスです。 But already (verse 3) the prophet turns to the world at large, and bids men take heed of the signs of the divine approach.しかし、すでに(詩3 )を世界で預言者ムハンマドが大規模な、と単価を男性の標識の忠告に耳を貸すのは神のアプローチです。 When the power hostile to God is ripe for destruction, it will be cut off.時の権力に敵対する破壊神は機が熟して、それはカットされます。 Then will the Ethiopians send presents to Jerusalem.その時、エルサレムにプレゼントを送るethiopiansです。 The doom, therefore, is really confined to verses 4-6.のドゥーム、したがって、詩は本当に限局して4-6 。

Ch.あなたのです。 xix. 19 。 describes the utter collapse of Egypt, owing to its conquest by a "cruel lord" (verse 4).全くの崩壊を説明してエジプトでは、そのために征服された"残酷な主" (詩4 ) 。 The main interest, however, lies in verses 18-24, which apparently contain circumstantial predictions of the establishment of Jewish colonies in five cities of Egypt, including the "city of the sun"; of the erection of a sanctuary in Egypt to Israel's God; of the deliverance of the Jews (?) in Egypt in their sore distress; of the conversion of the Egyptians; and of the providential discipline of Egypt, which henceforth will be a member of a sacred triad of closely connected nations-Egypt, Assyria, and Israel.の主な関心は、しかし、嘘の詩18-24 、状況の予測を明らかに含まれ、植民地の設立、 5つの都市のエジプトのユダヤ人を含め、 "市の太陽" ;は、勃起の聖域、エジプトにイスラエルの神;は、ユダヤ人を救出( ? ) 、エジプトでの痛い遭難;は、エジプトの変換を行うと、エジプトの摂理の規律、これを今後のメンバは、神聖な三国の密接につながっ-エジプト、アッシリア、とイスラエルのです。

The prophecy in ch.あなたの予言をします。 xx.イグゼクスです。 gives a second judgment upon Egypt, and a perfectly new judgment on Ethiopia. 2番目の判断には、エジプト、エチオピアに判断すると、完全に新しい。 It stands in marked contrast both to ch.これでスパムコントラストの両方にあなたのスタンドです。 xviii. 18 。 and to ch.とあなたのです。 xix. 19 。 Its possession of a historical introduction would have led to its being grouped with ch.その所有する歴史的な導入にはつながって、あなたのグループです。 vii.-ix. 7 and ch. 7日とあなたのです。 xxxvi.-xxxix.; but doubtless it was too short to stand alone. xxxvi. - 39です。 ;しかし、それは確かにスタンドアロン短すぎます。

Ch.あなたのです。 xxi. xxi 。 contains three "burdens" (or oracles)- that of the "wilderness of the sea" (RV), relative to the destruction of Babylon by Elam and Media (contingents in the assailing army?), that of Dumah (that is, Edom), and that of the "Dedanites" (RV), entitled by the early editors of the Hebrew text "in Arabia," words apparently derived from the opening words "in the forest in Arabia."を含む3つの"負担" (またはoracles ) -には、 "荒野の海" (右心室) 、相対的に破壊されイーラムバビロンとメディア( c ontingentsは、 a ssailing陸軍ですか? ) 、それをd umah(つまり、エドム) 、としている" dedanites " (右心室) 、権利は、ヘブライ語、初期のテキストエディター"とアラビア、 "言葉を明らかに開会の言葉から派生した"もので、森のはアラビア。 " The oracles in ch.あなたのoraclesにします。 xxi. xxi 。 contain great textual difficulties.大きな困難にテキストが含まれています。 The only remaining prophecy in this section is that on Tyre.このセクションで唯一の残りの予言は、上のタイヤです。 It has a strongly elegiac character, and its reference is much disputed.それには、強く挽歌文字、およびその参照形が多い係争中です。 Here, again,textual problems have to be settled before any attempts at exegesis.ここでは、再度、テキスト形式の問題が発生する前に解決しなければならない評釈の試みです。 But it is clear that the standpoint of verses 15-18 is not that of verses 1-14.しかし、これは詩の立場を明確に15-18ではないが詩1-14 。 It is an epilogue, and expresses a much more hopeful spirit than the original prophecy.これはエピローグ、と表現するよりもはるかに有望な精神を、元の予言です。 Tyre will one day be of importance to the people of Jerusalem; its prosperity is therefore to be desired.タイヤは、 1日に1つの重要性をエルサレムの人々は、その繁栄されることが望まれる。 Here, then, the note of variety or contrast is as strongly marked as in any part of Isaiah.ここでは、その後、様々やコントラストの注意事項を強くスパムとしては、イザヤ書のすべての部分です。

Still more remarkable is the variety in the contents of the second of the lesser books (ch. xxiv.-xxvii.).まだ他の種類の内容に注目すべきなのは2番目は、小図書(第xxiv. - 27です。 ) 。 It is observed by RG Moulton that, dramatic as this fine passage is, one looks in vain for temporal succession, and finds instead "the pendulum movement dear to Hebrew imagination, alternating between judgment and salvation."モールトンのRGことが観測されたが、劇的な通路として、この罰金は、 1つは時間が無駄になるの後継者、と認める代わりに、 "親愛なる振り子運動の想像力をヘブライ語、交互に救いの判断との間にします。 " However, the parts of this "rhapsody" can not safely be distributed among the dramatis personæ, for it is no literary whole, but a "rhapsody" in a sense not intended by Moulton, a collection of fragments, large or small, stitched, as it were, together.しかし、部品は、次の"ラプソディ"安全に配布することはできません。 personæ間の登場は、文学全体ではない、ではなく、 "ラプソディー"は、ある意味ではありませんMoultonの断片のコレクションを、大規模または小規模、縫製、言ってみれば、一緒にします。 It might also be called a "mosaic," and, since very little, if any, attempt has been made to fuse the different elements, one might, with much advantage, read this composite work in the following order:それも呼ばれるかもしれません"モザイク"とし、以来ほとんどない、もしあれば、ヒューズの試みされ、さまざまな要素を、 1つのかもしれない、と多くの利点は、この複合仕事読み取り、次の順序で:

(1) xxiv. ( 1 ) 24 。 1-23: The Last Judgment. 1-23 :の最後の判断します。

(2) xxv. ( 2 ) 25 。 6-8: The Feast of Initiation into communion with God, spread not only for Israel, but for all peoples. 6-8 :てのごちそうの神との接触を開始、普及だけでなく、イスラエル、日本、しかしすべての人々です。

(3) xxvi. ( 3 ) 26 。 20, 21: Summons to the Jews to shut themselves up, while God carries out the awful doom of the wicked (comp. Ex. xii. 22b, 23). 20日、 21 :召喚して、ユダヤ人自身をシャットアップし、神の厳しい懲罰を行って邪悪な( comp.例です。 12 。 22b 、 23 ) 。

(4) xxvii. ( 4 ) 27 。 1, 12: Mystic prophecy of the Leviathan's doom, and the restoration of the entire body of dispersed Jews. 1 、 12 :神秘的な予言は、リバイアサンのドゥーム、体全体の回復とユダヤ人の分散です。

(5) xxvii. ( 5 ) 27 。 7-11: Conditions of salvation for the Jews. 7-11 :条件の救いは、ユダヤ人です。

(6) xxvi. ( 6 ) 26 。 1-19: Song of praise for the deliverance of the Righteous, which passes into a meditative retrospect of recent events, and closes with a prophecy of the resurrection of those who have been faithful unto death. 1-19 :賛美歌を救出、正義、これを通過瞑想のRetrospectの最近のイベント、および明日の復活を予言を忠実にもこれらのwho死に至る。

(7) xxv. ( 7 ) 25 。 1-5: Song of praise for the destruction of an insolent city. 1-5 :賛美歌の横柄な都市の破壊をします。

(8) xxv. ( 8 ) 25 。 9-12: Praise for deliverance, and anticipations of the downfall of Moab. 9-12 :称賛を救出し、期待のモアブの崩壊です。

(9) xxvii. ( 9 ) 27 。 2-5: Song concerning God's vineyard, Israel. 2-5 :ソンに関する神のぶどう畑、イスラエルです。 Ch.あなたのです。 xxxiv.-xxxv. xxxiv. - 35です。 show the same oscillation between judgment and salvation which has been previously noted.詳細は同じ判断との間に救いを振動され、以前は次のメモです。 The judgment upon all nations (especially Edom) is depicted in lurid tints; upon this, with no link of transition, follows a picture of salvation and of the restoration of the Jewish exiles.の判断にすべての国(特にエドム)が描かれ身の毛もよだつような色合い;時には、遷移なしのリンクを、次のように救いの画像を復元すると、ユダヤ人の亡命者です。

Ch.あなたのです。 xxxvi.-xxxix. xxxvi. - 39です。 are a mixture of narrative, prophecy, and poetry.物語は、混合液を、予言し、詩です。 The great deliverance from Assyria under Hezekiah, in which Isaiah plays an important part, is related.アッシリアの大救出されてからhezekiah 、イザヤ書ではプレーの重要な部分は、関連しています。 An ode on the fall of the King of Assyria (recalling xiv. 4b-21) shows Isaiah (if it be Isaiah) to be a highly gifted poet (xxxvii. 21b-29); and a kind of psalm (see xxxviii. 20), ascribed to Hezekiah, tells how the speaker had recovered from a severe illness, and recognized in his recovery a proof of the complete forgiveness of his sins.秋の歌をザキングオブアッシリア(リコール14 。 4b - 21 )を示しイザヤ書(もしそれがイザヤ書)を、高度に天賦の才能の詩人( xxxvii. 21b - 29 ) ;と、一種の賛美歌( 38 。 20 ) 、生得的にhezekiah 、スピーカーがどのように指示重度の病気から回復し、彼の回復を認識し、証明書の完全な彼の罪を赦しています。 A historical preface elucidates this.この歴史的な序文を解説します。 Both the ode in ch.あなたの両方の頌歌にします。 xxxvii. 37 。 and the psalm in ch.あなたの詩編にします。 xxxviii. 38 。 are accompanied with circumstantial prophecies, not in a poetic style, addressed to Hezekiah.予言が伴う状況ではなく、詩的なスタイル、 hezekiah宛てにします。 Ch.あなたのです。 xxxix. 39 。 contains a prediction of a Babylonian captivity, also addressed to Hezekiah, and a historical preface.予測するには、バビロン捕囚、 hezekiah宛てにも、歴史的な序文とします。

The Question of Ch.あなたの質問をします。 xl.-lxvi. xl. - 66です。

There still remain ch.あなたが今なお残っています。 xl.-lxvi., which follow abruptly on ch. xl. - 66 。 、これに従う突然あなたのです。 xxxvi.-xxxix., though a keen eye may detect a preparation for "Comfort ye, comfort ye," in the announcement of the spoiling of Jerusalem and the carrying away of Hezekiah's sons to Babylon in ch. xxxvi. - 39 。 、かかわらず、鋭い目の5月を検出する準備中の"快適度なたがたは、快適度なたがたは、 "エルサレムの発表を壊さないようにとの帳簿を死滅hezekiahバビロンであなたの息子です。 xxxix. 39 。 Ch.あなたのです。 xl.-lxvi. xl. - 66です。 are often called "The Prophecy of Restoration," and yet it requires no great cleverness to see that these twenty-seven chapters are full of variety in tone and style and historical background.は、しばしば呼ばれる"と予言の修復"と大きな賢はまだありませんが必要ないのを見て、これらの27章では、変化に富んだ歴史的背景とトーンとスタイルです。 A suggestion of this variety may be presented by giving a table of the contents.提案は、次の様々与え年5月に提示されたテーブルの内容です。 Alike from a historical and from a religious point of view, these chapters will reward the most careful study, all the more so because controversy is rendered less acute respecting these prophecies than respecting the prophecies in ch.似からの歴史や宗教的な観点から、これらの章では、最も入念な調査の報酬は、すべてのレンダリングをもっと議論が少ないため、これらの予言を尊重急性よりも、あなたの予言を尊重しています。 i-xxxix.私- 39です。 The word "prophecies," however, has associations which may mislead; they are better described as "unspoken prophetic and poetical orations."という言葉"予言、 "しかし、 5月には団体を欺く;彼らはより良い説明として"暗黙の予言と詩的orations 。 "

(1) Good news for the Exiles (xl. 1-11). ( 1 )良いニュースは、亡命者( xl. 1-11 ) 。

(2) Reasoning with the mental difficulties of Israel (xl. 12-31). ( 2 )イスラエルの推論の精神的な困難( xl. 12月31日) 。

(3) The Lord, the only true God, proved to be so by the prophecy concerning Cyrus (xli. 20). ( 3 )主よ、神のみが、真の、立証されるので、予言に関するキュロス( xli. 20 ) 。

(4) Dispute between the true God and the false deities (xli. 21-29). ( 4 )紛争の間に真の神との虚偽の神々 ( xli. 21-29 ) 。

(5) Contrast between the ideal and the actual Israel, with lofty promises (xlii. 1-xliii. 7). ( 5 )コントラストの実際の理想との間に、イスラエル、と高尚な約束( xlii. 1 - 43 。 7 ) 。

(6) How Israel, blind as it is, must bear witness for the true God, who is the God of prophecy: the argument from prophecy is repeatedly referred to (xliii. 8-13). ( 6 )どのようイスラエル、日本、視覚障害者としては、有利な証言をする必要があります。クマの真の神、 whoは、神の予言:予言が繰り返し言及からの引数を( xliii. 8-13 ) 。

(7) The fall of Babylon and the second Exodus (xliii. 14-21). ( 7 )の秋にバビロンと2番目の出エジプト記( xliii. 14-21 ) 。

(8) The Lord pleads with careless Israel (xliii. 22-xliv. 5). ( 8 ) 、主に不注意pleadsイスラエル( xliii. 22 - 44 。 5 ) 。

(9) Once more, the argument for the true God from prophecy, together with a sarcastic description of the fabrication of idols (xliv. 6-23). ( 9 )一度の他に、神からの真の引数を予言、皮肉な説明書と一緒に、製作のアイドル( xliv. 6月23日) 。

(10) The true object of the victories of Cyrus-Israel's deliverance (xliv. 24-xlv. 25). ( 10 )の真のオブジェクトは、勝利のキュロス-イスラエルの救出( xliv. 24 - 45 。 25 ) 。

(11) The deities of Babylon contrasted with the God of Israel (xlvi. 1-13). ( 11 )は対照的にバビロンの神々の神のイスラエル( xlvi. 1-13 ) 。

(12) A song of derision concerning Babylon (xlvii. 1-15). ( 12 ) 、歌の物笑いの種に関するバビロン( xlvii. 1-15 ) 。

(13) The old prophecies (those on Cyrus' victories) were great; the new ones (those on Israel's restoration) are greater (xlviii.). ( 13 )の古い予言(それらの上キュロス'勝)が素晴らしいし、新しいもの(その上、イスラエルの修復)が大きい( xlviii. ) 。

(14) Israel and Zion, now that they are (virtually) restored, are the central figures in the divine work (xlix. 1-13). ( 14 ) 、イスラエルとザイオン、今すぐに彼らは(事実上)復元は、神の仕事の中心人物の一人( xlix. 1-13 ) 。

(15) Consolations for Zion and her children (xlix. 14-l. 3). ( 15 ) consolationsのザイオンと彼女の子供たち( xlix. 14 -左です。 3 ) 。

(16) The true servant of the Lord, at once confessor and martyr, soliloquizes (l. 4-11). ( 16 )の真の使用人は、主よ、殉教者を一度に告白すると、 soliloquizes ( l. 4-11 ) 。

(17) Exhortation and comfort, with a fervid ejaculatory prayer (li. 1-16). ( 17 )勧告、快適性を祈り、熱情的な射精( li. 1-16 ) 。

(18) Words of cheer to prostrate Zion (li. 17-lii. 12). ( 18 )の言葉を応援にサジダザイオン( li. 17 - 52 。 12 ) 。

(19) The martyrdom of the true servant of the Lord, and his subsequent exaltation (lii. 13-liii. 12). ( 19 )の殉教の真の使用人は、主よ、と彼のその後の高揚( lii. 13 - 53 。 12 ) 。

(20) Further consolations for Zion, who is once more the Lord's bride, under a new and everlasting covenant (liv.). ( 20 )より詳細なconsolations 、ザイオン、 whoは、一度の他の主の花嫁、新しいと永遠の契約の下で( liv. ) 。

(21) An invitation to the Jews of the Dispersion to appropriate the blessings of the new covenant, followed by more prophecies of deliverance (lv.). ( 21 )に招待状を分散し、ユダヤ人は、適切な新しい契約の祝福を、続いて他の予言の救出( lv. ) 。

(22) Promises to proselytes and to believing eunuchs (lvi. 1-8). ( 22 )と約束してproselytesと信じeunuchs ( lvi. 1-8 ) 。

(23) An invective against the bad rulers of Jerusalem and against the evil courses of heretical or misbelieving persons, with promises to humble-minded penitents (lvi. 9-lvii. 21). ( 23 )に悪口雑言悪い統治反対するエルサレムと反対する邪悪なコースの異端や異教を信仰する人は、謙虚な心と約束してpenitents ( lvi. 9 - 57 。 21 ) 。

(24) Practical discourse on fasting and Sabbath-observance (lviii.). ( 24 )実用的な談話を断食と安息日の遵守( lviii. ) 。

(25) Partly denunciation of immorality, partly confession of sins (lix. 1-15a). ( 25 )部分的非難の不道徳、一部の罪を告白( lix. 1 - 15a ) 。

(26) A vision of deliverance, with a promise of the permanence of regenerate Israel's mission (lix. 15b-21). ( 26 )ビジョンを救出する、と約束したイスラエルの使命を再生成するの永続性( lix. 15b - 21 ) 。

(27) A poetic description of glorified Zion (lx.). ( 27 )を讃える詩の説明をザイオン( lx. ) 。

(28) The true servant of the Lord, or, perhaps, the prophetic writer, soliloquizes concerning the gracious message entrusted to him, and the Lord confirms his word (lxi. 1-12). ( 28 )の真の使用人の主か、または、おそらく、作家の予言は、優雅なメッセージが表示さsoliloquizesに関する委託をしてしまったら、と彼の言葉の主を確認( lxi. 1-12 ) 。

(29) Vision of the divine warrior returning from Edom (lxiii. 1-6). ( 29 )ビジョンを持って神の戦士を返すからエドム( lxiii. 1-6 ) 。

(30) Exhausted and almost despairing, Israel complains to the Lord (lxiii. 7-lxiv. 12). ( 30 )とほぼ絶望的な疲れきって、イスラエルに文句を主( lxiii. 7 - 64 。 12 ) 。

(31) Threatenings to the heretical and misbelieving faction, and promises to the faithful (lxv.). ( 31 ) threatenings派を異端と異教を信仰する、と約束して、忠実な( lxv. ) 。

(32) Polemic against those who would erect a rival temple to that of Jerusalem (lxvi. 1-4). ( 32 )論客に対してこれらのwhoはライバルの寺を建立することのエルサレム( lxvi. 1-4 ) 。

(33) The fates of Jerusalem and all her opponents contrasted (lxvi. 5-24). ( 33 )の運命を対比エルサレムとすべての彼女の反対派( lxvi. 5-24 ) 。

The Critical Problem.の重要な問題です。

The reader who has not shrunk from the trouble of the orderly perusal of Isaiah which is here recommended will be in a position to judge to some extent between the two parties into which, as it may strike one who is not an expert, the theological world is divided.シュリンクwhoていない読者からのトラブルを熟読のイザヤ書の秩序あるが、ここで推奨されるいくつかの程度を判断する立場にある2つの政党の間にされて、 1つのwhoではないことがありますストライキの専門家は、神学的な世界が分かれています。 The study of criticism, as it is commonly called, apart from exegesis, is valueless; he is the best critic of Isaiah who knows the exegetical problems best, and to come into touch with the best critics the student must give his days and nights to the study of the text of this book.その研究の批判を浴びること、とも呼ばれ、離れ釈義は、価値;彼は最高の批評家のイザヤ書who知っている最高の解釈の問題が発生し、連絡を取るへ来るのを最高の批評家は彼の昼と夜の学生をしなければならない。この研究は、この書籍のテキストをします。 An attempt will now be made to give some idea of the main critical problem.今すぐする試みは、いくつかのアイデアを与えることは、メインの重要な問題です。 Many persons think that the question at issue is whether ch.多くの人と考えているかどうかの問題はあなたの問題となっている。 i.-xxxix. i. - 39です。 were (apart from slight editorial insertions) written by Isaiah, and ch.が(若干の社説は別に挿入)執筆者イザヤ書、およびあなたです。 xl.-lxvi. xl. - 66です。 by some other writer of a much later age.他の作家には、かなり後にいくつかの年齢です。 This is a mistake.これは間違いです。 A series of prophetic announcements of deliverances from exile is interspersed at intervals throughout the first half of Isaiah, and the date of these announcements has in each case to be investigated by the same methods as those applied to the different parts of Isa.シリーズの予言を発表したdeliverancesから追放されており、最初の間隔で全体の半分をイザヤ書、およびこれらのアナウンスの日付は、それぞれの事件を調査されたと同じメソッドが適用されるこれらのさまざまな部分のISAです。 xl.-lxvi. xl. - 66です。

The "parts" of Isa. "部品"のISAです。 xl.-lxvi. xl. - 66です。 are referred to because here again there exists a widely prevalent error.ここでは言及を再度が存在するため、広く普及しエラーが発生します。 That the second part of Isaiah has no literary unity will be obvious to any reader of the preceding synopsis.イザヤ書第2部は、文学の結束がない読者は、上記の任意の明白な形式です。 To argue the question whether the so-called Book of Isaiah has one or two authors is to beat the air.かどうかの問題を議論する、いわゆる予約のイザヤ書は、 1つまたは2つの作家は、ビートの空気をします。 If there was more than one Isaiah, there must have been more than two, for the same variety of idea, phraseology, and background which is by so many scholars taken to prove that "Comfort ye, comfort ye my people, saith your God" (xl. 1) was not written by Isaiah can be taken to prove that "Cry aloud, spare not, lift up thy voice like a trumpet, and declare unto my people their transgressions" (lviii. 1, RV) was not written by the author of "Comfort ye, comfort ye my people." 1つ以上のイザヤ書があった場合、 2つ以上が存在しなければ、同じ様々なアイデア、言い方、と背景が撮影さを証明するため多くの学者は、 "快適度なたがたは、快適度なたがたはわたしの人びとよ、あなたの神sayの三人称単数直説法現在形" ( xl. 1 )書かれたイザヤ書はないことを証明してならない"大声で叫ぶ、スペアは、なたの声を持ち上げるトランペットのように、私の人々と宣言し、かれにtransgressions " ( lviii. 1 、右心室)が書かれたの著者の"快適度なたがたは、快適度なたがたは私の人々です。 "

The "Variety" of Isaiah. "様々 "のイザヤ書です。

By "variety" is not, of course, meant total, absolute difference. "様々 "ではない、もちろん、意味の合計は、絶対的な違いです。 It stands to reason that a great prophet like Isaiah would exert considerable influence on subsequent prophetic writers.これは理にかなっては、大預言者イザヤ書のような予言は後続の作家に大きな影響力を行使する。 There is no justification, therefore, for arguing that because the phrases "the Holy One of Israel" and "the Mighty One of Israel" occur in both halves of Isaiah (the second phrase, however, is varied in Isa. xl. et seq. by the substitution of "Jacob" for "Israel"), the same prophet must have written both portions.正当な理由がない、したがって、表現と主張しているため、 "イスラエルの聖なるの1つ"と"イスラエルの1つの巨大な"半分のイザヤ書の両方で発生する( 2番目のフレーズは、しかし、様々なISAのです。 xl 。頁以降を参照です。置換される"ジェイコブ"を"イスラエル" )は、同じ預言者の両方の部分に書き込ま必要があります。 A correspondence of isolated phrases which is not even uniformly exact is of little value as an argument, and may be counterbalanced by many phrases peculiar to the disputed prophecies.絶縁するために通信の正確な表現ではないがほとんど価値も一様を引数として、および5月にcounterbalancedされ、係争中に特有の多くのフレーズを予言します。 Still more unwise would it be to argue, from a certain general likeness between the idea of God in the prophecies of the two parts of Isaiah, that the two parts had the same prophetic author, especially now that the extent of Isaiah's contributions to the first half of the book is being so keenly debated.まだ他の愚かなことを主張するが、似ているから、特定の一般的なアイデアの間に神の予言は、イザヤ書は、 2つの部分を、その2つの部分には、同じ予言著者、特に今すぐは、イザヤ書への貢献を範囲の最初のので、予約の半分を切実に議論されています。 Most unwise of all would it be to attach any weight to a tradition of Isaiah's authorship of the whole book which goes back only to Ecclesiasticus (Sirach) xlviii.最も愚かなのすべての任意の重量に添付することにして伝統のイザヤ書の原作者は、全体の予約にまでさかのぼるだけに集会の書(シラク) 48 。 24, 25: "By a spirit of might he saw the end, and comforted the mourners of Zion, forever he declared things that should be, and hidden things before they came" (Hebr.). 24日、 25日: "されるかもしれないの精神を見た彼の最後に、と慰めの会葬者の系譜は、永遠に銘記すべきと宣言し、隠されたもの前に来た" ( hebr. ) 。

Two eminent Jewish rabbis, Abraham ibn Ezra and Isaac Abravanel, were the first who showed a tendency to disintegrate the Book of Isaiah, but their subtle suggestion had no consequences. 2つの著名なユダヤ教のラビ、アブラハムイブンエズラとイスハークabravanel 、 whoは、最初に崩壊する傾向を示して、書籍のイザヤ書が、その微妙な提案はない結果です。 Practically, the analytic criticism of Isaiah goes back to Koppe, the author of the notes to the German edition of Bishop Lowth's "Isaiah" (1779-81).事実上、イザヤ書の分析にまでさかのぼるkoppeの批判を、著者は、メモを残すことが、ドイツ語版の司教ラウスの"イザヤ書" ( 1779年から1781年) 。 The chief names connected with this criticism in its first phase are those of Hitzig, Ewald, and Dillmann; a new phase, however, has for some time appeared, the opening of which may perhaps be dated from the article "Isaiah" in "Encyc. Brit."この接続の長の名前、その第一段階は、それらの批判のヒッツィヒ、エーヴァルト、およびディルマン;新しいフェーズでは、しかし、いくつかの時間が登場は、たぶんに開口部が5月からの記事"イザヤ書"で" encycです。 brit 。 " (1881) and two articles in "JQR" (July and Oct., 1891), all by TK Cheyne; to which may be added the fruitful hints of Stade in his "Gesch. des Volkes Israel" (1889, vol. i.), and the condensed discussions of Kuenen in the second edition of his "Investigations into the Origin and Collection of the Books of the Old Testament" (part ii., 2d ed., 1889). ( 1881 )と2つの記事を" jqr " ( 7月と10月、 1891 )は、すべてをtkチェーンストークス;をされる可能性が追加されましたシュターデ実りのヒントを彼の" gesch 。デvolkesイスラエル" ( 1889年No 。 i. ) 、との議論を凝縮キューネンで2番目の版の彼の"捜査の書籍のコレクションの起源と、旧約聖書の" (第2章。 、 2次元エド。 、 1889 ) 。 To these add Duhm's and Marti's recent commentaries, and the "Introduction" (1895) by TK Cheyne.これらの追加とドゥームのマーティの最近の論評、および、 "はじめに" ( 1895 ) tkチェーンストークスされています。 Prof. GA Smith's two volumes on Isaiah reflect the variations of opinion in a candid mind, influenced at first, somewhat to excess, by the commentary of Dillmann.ジョージアスミス教授の2つのボリュームをイザヤ書のパターンを反映しての率直な意見を踏まえ、影響を受けた最初は、多少の超過、ディルマンの解説をします。 For a convenient summary of the present state of criticism the reader may consult Kautzsch's "Outline of the History of the Literature of the Old Testament" (1898), translated by John Taylor, and "Isaiah," in Cheyne-Black, "Encyc. Bibl."便利なため、現在の状態の概要を、読者の批判を浴びることに相談カウチ年5月の"の概要、文学の歴史は、旧約聖書の" ( 1898 ) 、ジョンテイラー訳、および"イザヤ書、 "チェーンストークスブラック、 " encycです。 bibl 。 " (1901). ( 1901年) 。 The former work shows how much light is thrown on the different parts of the Book of Isaiah by reading them as monuments of definite historical periods.旧作業を示し、どれくらいの光がスローの別の部分にその本のイザヤ書を読んでそれらを明確な歴史的な時代の記念碑です。 For a much less advanced position Driver's "Life and Times of Isaiah" (1st ed., 1888) may be consulted; for an impartial sketch of different theories consult the sixth edition of the same writer's "Introduction to the Literature of the Old Testament."高度な位置は、はるかに少ない運転者の"人生と時代をイザヤ書" (第1版、 1888 )年5月に相談し;公平なスケッチは、さまざまな理論については、第6版と同じ作家の"文学を紹介して、旧約聖書のです。 "

Periods of the Prophecy.ピリオドを予言します。

It must suffice here to give a few hints as to the probable periods of the chief prophecies.それはここを与える必要があります十分にいくつかのヒントとしては、予想期間の長予言します。 Three great national crises called forth the most certainly genuine prophecies of Isaiah-the Syro-Israelitish invasion (734), the siege and fall of Samaria (722), and the campaign of Sennacherib (701).三大国家の危機と呼ばれる、最も確かに、正規の予言を記載イザヤ書のsyro - israelitish侵攻( 734 ) 、の包囲と秋のサマリア( 722 ) 、および、キャンペーンのsennacherib ( 701 )です。 Among the non-Isaian prophecies, there are two exilic prophecies of the fall of Babylon (xiii. 1-xiv. 23, and, as most suppose, xxi. 1-10); a probably post-exilic prophecy, or elegy, on the ruin of Moab (xv.-xvi.); prophecies on Egypt and on Tyre, both post-exilic, and the former furnished with a late appendix belonging to the Greek period.予言のうち、非isaianには、 2つの秋に追放された予言のバビロン( xiii. 1 - 14 。 23日、と、ほとんどの仮定として、 xxi 。 1-10 ) ;は、おそらくポスト流浪の予言か、またはエレジーで、 [破滅のモアブ( xv. - 16です。 ) ;予言してエジプトとタイヤ、両方のポスト追放された、と旧家具と、ギリシャの後半期に所属する付録です。 The strange and difficult work here called a "rhapsody" or a "mosaic" (ch. xxiv.-xxvii.) belongs at earliest to the fall of the Persian and the rise of the Greco-Macedonian empire.ここで、奇妙で困難な仕事と呼ばれる"ラプソディ"または"モザイク" (第xxiv. - 27 。 )に属する最古の秋には、ペルシャ語、ギリシャとマケドニア王国の上昇です。 Ch.あなたのです。 xxxiv.-xxxv. xxxiv. - 35です。 are so weak that it is not worth while to dogmatize on their date, which is certainly very late.は非常に弱いことはあまり価値がないことを独断的に主張して日中、これは確かに非常に遅れている。 The Prophecy of Restoration is, of course, a late exilic work; it is disputed whether it closes properly at ch.予言を修復するのは、もちろん、流浪の仕事を遅くすることは適切であなたの明日かどうか係争中です。 xlviii. 48 。 or at ch.またははあなたです。 lv.左心室です。 The subsequent prophecies are additions, belonging presumably to the times of Nehemiah and Ezra.予言は、その後の追加、ニーアマイア倍に属すると推定してエズラです。 The latest editor of ch.あなたの最新のエディタです。 xl.-lxvi. xl. - 66です。 seems to have given a semblance of unity to thevarious prophecies by dividing the entire mass into three nearly equal books, the two former of which close with nearly the same words (xlviii. 22, lvii. 21).与えられたようには、うわべだけの結束を予言されthevarious全体の質量を3つに分割してほぼ同等の図書、 2つの元を閉じるとほぼ同じ言葉( xlviii. 22日、 57 。 21 ) 。

Emil G. Hirsch, Thomas Kelly Cheyne g.エミールハーシュ、トーマスケリーチェーンストークス

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

I. Commentaries, Translations, and Critical Editions: GD Luzzatto, Il Profeta Isaia, Padua, 1855 (Jewish); R. Lowth, Isaiah, a new translation with preliminary dissertation and notes, London, 1778; E. Henderson, Book of the Prophet Isaiah, 2d ed. i.論評は、技術情報の翻訳、および重要なのエディション: gdルッツァット、イリノイprofetaイザイア、パドヴァ、 1855年(ユダヤ人) ; r.ラウス、イザヤ書に、新しい翻訳に予備的な論文やメモ、ロンドン、 1778 ; e.ヘンダーソン、予約は、預言者イザヤ書、 2次元エドです。 ib. ① -イ。 1840; JA Alexander, Commentary, Edinburgh, 1865; TK Cheyne, The Book of Isaiah Chronologically Arranged, London, 1870; idem, Prophecies of Isaiah, a new translation, with commentary and appendixes, ib. 1840 ;ジャアレクサンダー、解説、エジンバラ、 1865 ; tkチェーンストークス、イザヤ書の予約を年代順に配列、ロンドン、 1870 ;同じ、予言のイザヤ書に、新しい翻訳、解説や付録は、 ① -イ。 1880-82; GA Smith, Isaiah, in Expositor's Bible, ib. 1880年から1882年;ジョージアスミス、イザヤ書は、エクスポジターの聖書は、 ① -イ。 1888-90; J. Skinner, Isaiah, in Cambridge Bible for Schools and Colleges, Cambridge, 1896-98; HG Mitchell, Isaiah, a Study of Chapters i.-xii. 1888年から1890年; j.スキナー、イザヤ書は、ケンブリッジ聖書を学校や大学、ケンブリッジ、 1896年から1898年; hgミッチェル、イザヤ書は、各章の研究i. - 12です。 New York, 1897; TK Cheyne, Isaiah, translation and notes, in SBOT New York and London, 1898 (Hebrew ed. with notes, Leipsic, 1899); Ed.ニューヨーク、 1897 ; tkチェーンストークス、イザヤ書、翻訳やメモは、 sbot 、ニューヨークとロンドン、 1898 (ヘブライ語エドです。とノート、リプシック、 1899 ) ;エドです。 König, The Exiles' Book of Consolation, Edinburgh, 1899; Camp.ケーニッヒは、亡命者'予約を慰め、エジンバラ、 1899 ;キャンプです。 Vitringa, Commentary, 2 vols., Leeuwarden, 1714-1720; JC Döderlein, Esaias (translation with notes), Nuremberg, 1789; E. Reuss, Les Prophètes, 1876; W. Gesenius, Der Prophet Jesaja Uebersetzt; mit einem Vollständigen Philologischen, Kritischen, und Historischen Commentar, Leipsic, 1820-21; F. Hitzig, Der Prophet Jesaja, Heidelberg, 1833; H. Ewald, Die Propheten des Alten Bundes, Tübingen, 1810-41 (2d ed. Göttingen, 1867-68; Eng. transl. by JF Smith, 1875-81); A. Knobel, Der Prophet Jesaja, Leipsic, 1843 (3d ed. 1861); Franz Delitzsch, Biblischer Commentar über das Buch Jesaja, Leipsic 1866 (4th ed. entirely recast, 1889; Eng. transl. 1892); CJ Bredenkamp, Der Prophet Jesaja Erläutert, Erlangen, 1887; Conrad von Orelli, Die Propheten Jesaja und Jeremias, Nördlingen, 1887 (Eng. transl. by Banks, 1889); Aug. Dillmann, Der Prophet Jesaja, Leipsic. vitringa 、解説、 2 vols学です。 、レーワールデン、 1714-1720 ; jc döderlein 、 esaias (翻訳、ノート) 、ニュルンベルグ、 1789 ; e.ルース、レprophètes 、 1876 ;ワットゲゼーニウス、 der預言者jesaja uebersetzt ; mit einem vollständigen philologischen 、 kritischen 、 und historischen commentar 、リプシック、 1820年から1821年;女性ヒッツィヒ、 der預言者jesaja 、ハイデルベルク、 1833 ;笠原エーヴァルト、死ぬprophetenデアルテンbundes 、テュービンゲン、 1810年から1841年(二次元エドです。ゲッティンゲン、 1867年から1868年;工学transl 。 jfスミスされ、 1875年から1881年) ; a. knobel 、 der預言者jesaja 、リプシック、 1843年( 3次元エド。 1861 ) ;フランツデリッチ、 biblischer commentar über dasブーフjesaja 、リプシック1866 (第4エド。完全に改作、 1889 ;工学transl 。 1892 ) ; cj bredenkamp 、 der預言者jesaja erläutert 、エルランゲン、 1887 ;コンラートフォンオレッリ、死ぬpropheten jesaja undイェレミアス、 nördlingen 、 1887 ( eng. transl 。され、銀行、 1889 ) ;年8月ディルマン、 der預言者jesaja 、リプシックです。 1890; Duhm, Das Buch Jesaja, Göttingen, 1892; Aug. Klostermann, Deuterojesaia, Munich, 1893 (a critical edition of ch. xl.-lxvi.); H. Guthe and V. Ryssel, Jesaja, in Kautzsch, Die Heilige Schrift, vol. 1890 ;ドゥーム、 dasブーフjesaja 、ゲッティンゲン、 1892 ;年8月クロステルマン、 deuterojesaia 、ミュンヘン、 1893 (あなたの重要な版です。 xl. - 66です。 ) ;笠原gutheとV. ryssel 、 jesajaは、カウチ、死ぬheilige schrift 、 !です。 xv., Freiburg-im-Breisgau and Leipsic, 1894; K. Marti, Das Buch Jesaja, Tübingen, 1900. 15 。 、フライブルク-イム-ブライスガウとリプシック、 1894 ; k.マーティ、 dasブーフjesaja 、テュービンゲン、 1900 。 II. Ⅱ 。 Illustrative and Comprehensive Notes: SR Driver and Ad.例示と包括的注意: srドライバと広告の掲載します。 Neubauer, The 53d Chapter of Isaiah According to Jewish Interpretations (with introduction by EB Pusey), Oxford, 1876-77; neubauerは、イザヤ書によると、ユダヤ人の53dの章を解釈(ピュージー言った導入され) 、オックスフォード大学、 1876年から1877年;

G. Vance Smith, The Prophecies Relating to Nineveh and the Assyrians, London, 1857; R. Payne Smith, The Authenticity and Messianic Interpretation of the Prophecies of Isaiah Vindicated, Oxford and London, 1862 (the lines of Jewish interpretations are well sketched); Sir E. Strachey, Jewish History and Politics in the Times of Sargon and Sennacherib, 2d ed. g.バンススミスは、ニネベとassyrians予言に関連し、ロンドン、 1857 ; r. Payne氏スミス氏は、救世主の真正性と解釈するのイザヤ書の予言vindicated 、オックスフォード、ロンドン、 1862年(ユダヤ人の行の解釈はよくスケッチ) ;卿e.ストレイチー、ユダヤ人の歴史と政治は、タイムズのサルゴンとsennacherib 、 2次元エドです。 London, 1874; TK Cheyne, Introduction, to the Book of Isaiah, ib.ロンドン、 1874 ; tkチェーンストークス、はじめに、この本のイザヤ書は、 ① -イ。 1895; W. Robertson Smith, The Prophets of Israel, Edinburgh, 1882 (2d ed. London, 1896); AH Sayce, Life of Isaiah, London, 1883; CHH Wright, Pre-Christian Jewish Interpretations of Isaiah liii. 1895 ;ワットロバートソンスミスは、預言者のイスラエル、日本、エジンバラ、 1882 ( 2次元エドです。ロンドン、 1896 ) ;ああセース、日本での生活のイザヤ書、ロンドン、 1883 ; chhライトは、事前の解釈をキリスト教のユダヤ人イザヤ書53 。 in The Expositor (London), May, 1888; SR Driver, Isaiah, His Life and Times, and the Writings Which Bear His Name, London, 1888; J. Kennedy, Argument for the Unity of Isaiah, ib.は、エクスポジター(ロンドン) 、 5月、 1888 ; srドライバ、イザヤ書、彼の人生と時代、彼の名前とクマの文章を、ロンドン、 1888 ; j.ケネディ、イザヤ書の統合のための引数は、 ① -イ。 1891; CHH Wright, Isaiah, in Smith's Dict. 1891 ; chhライト、イザヤ書は、スミスのdictのです。 of the Bible, 2d ed.聖書の、 2次元エドです。 1893; 1893 ;

G. Douglas, Isaiah One and His Book One, London, 1895; CF Kirkpatrick, Doctrine of the Prophets, ib. g.ダグラス、イザヤ書と彼の予約1つ1つ、ロンドン、 1895 ;継続前誌カークパトリック、教義のは、預言者は、 ① -イ。 1892; Max L. Keliner, The Prophecies of Isaiah, an Outline Study in Connexion with the Assyrian-Babylonian Records, Cambridge, Mass., 1895; JF McCurdy, History, Prophecy, and the Monuments, New York and London, 1894; FH Krüger, Essai sur la Théologie d'Esaie xl.-lxvi. 1892 ;最大l. keliner 、イザヤ書の予言は、接続性の概要研究では、アッシリア-バビロニア記録によりますと、ケンブリッジ、マサチューセッツ州1895 ; jfマッカーディ、歴史、予言、および、モニュメント、ニューヨーク、ロンドン、 1894 ; fh krüger 、 essaiシュールラthéologie d' esaie xl. - 66です。 Paris, 1861; CP Caspari, Beiträge zur Einleitung in das Buch Jesaja, Berlin, 1848; idem, Ueber den Syrisch-Ephraimit.パリ、 1861 ; cpカスパーリ、 beiträge zur einleitung 、 dasブーフjesaja 、ベルリン、 1848 ;同じ、 ueberデンsyrisch - ephraimitです。 Krieg Unter Jotham und Ahaz, Christiania, 1849; L. Seinecke, Der Evangelist des Alten Testaments, Leipsic, 1870; H. Guthe, Das Zukunftsbild, des Jesaja, ib.クリーグウンタージョーサムundアハズ、クリスチャニア、 1849 ; l. seinecke 、 derエバンジェリストデアルテンtestaments 、リプシック、 1870 ;笠原guthe 、 das zukunftsbild 、デjesaja 、 ① -イ。 1885; Fr. 1885 ;フランス語です。 Giesebrecht, Beiträge zur Jesaiakritik, Göttingen, 1890; M. Schian, Die Ebed-Jahwe Lieder, Halle, 1895); H. Lane, Die Ebed-Jahwe Lieder, Wittenberg, 1898; E. Sellin, Serubbabel, Leipsic, 1898; A. Bertholet, Zu Jesaja liii.: Ein, Erklärungsversuch, Freiburg-im-Breisgau, 1899; H. Winckler, Alttestamentliche Untersuchungen, Leipsic, 1897; idem, Altorientalische Forschungen, ib.ギーゼブレヒト、 beiträge zur jesaiakritik 、ゲッティンゲン、 1890 ;男性schian 、死ぬebed - jahwe歌曲集、ハレ、 1895 ) ;笠原車線、死ぬebed - jahwe歌曲集、ヴィッテンベルク、 1898 ; e.ゼリン、 serubbabel 、リプシック、 1898 ;するです。 bertholet 、 zu jesaja 53 。 : ein 、 erklärungsversuch 、フライブルク-イム-ブライスガウ、 1899 ;笠原ウィンクラー、 alttestamentliche untersuchungen 、リプシック、 1897 ;同じ、 altorientalische forschungen 、 ① -イ。 1897; J. Meinhold, Jesaja und Seine Zeit, Freiburg-im-Breisgau, 1898; idem, Die Jesajaerzählungen, Jesaja xxxvi.-xxxix. 1897 ; j.マインホルト、 jesaja undセーヌツァイト、フライブルク-イム-ブライスガウ、 1898 ;同じ、死ぬjesajaerzählungen 、 jesaja xxxvi. - 39です。 Göttingen, 1898.ゲッティンゲン、 1898 。 See also the various histories of Israel, introductions to the Old Testament, and Old Testament theologies.EGHTKCイスラエルの様々な履歴も参照してください、を紹介して、旧約聖書の、旧約聖書とtheologies.eghtkc


Isaiahイザヤ書

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The greatest of the Hebrew prophets of whom literary monuments remain.預言者の最大の人は、ヘブライ語文学の記念碑が残っている。 He resided at Jerusalem, and so contrasts with Micah, the prophet of the country districts.彼はエルサレムに居住し、ミカは対照的に、その国の預言者の地区です。 He was married (Isa. viii. 3), and had children (vii. 3, viii. 3).彼は結婚( isa. Ⅷ 。 3 ) 、およびいた子供たち( vii. 3 、 Ⅷ 。 3 ) 。 His bearing indicates that he could maintain his dignity in the highest society, as is shown by his freedom toward Ahaz (vii.) and his acquaintance with Uriah, the chief priest (viii. 2).彼の軸受を示して彼は彼の尊厳に最高の社会を維持する、彼の自由に向かっには表示さアハズ( vii. )と彼の知人にゴマは、宮司( viii. 2 ) 。 The heading in Isa.という見出しのISAのです。 i.わたし。 1 refers to Uzziah, Jotham, Ahaz, and Hezekiah as the kings under whom he prophesied. 1を参照してアザイア、ジョーサム、アハズ、と心に適うhezekiahの王予言されています。 This and similar headings, however, have no historical authority, being the work of later writers whose statements had no documentary basis and were purely inferential.これと同様の件名、しかし、歴史的な権限がない、それ以降の作家の作品が、そのステートメントドキュメンタリー根拠がないとは純粋な推論します。 It is true, moreover, that no prophecy can be shown to be as early as Uzziah's time, except indeed the kernel of ch.それがtrueの場合、また、予言できることは絶対にありません早ければ表示されるアザイアの時間を除き、実際にあなたのカーネルのです。 vi. Ⅵ 。 "In the year that King Uzziah died I saw the Lord," etc. (vi. 1, RV), seems to come from a cycle of prophetic narratives, some of which (comp. viii. 1-3, 5; ii. 16), rightly or wrongly, claimed the authorship of Isaiah. "その年に死亡したキングアザイアを見て、主よ、 "等( vi. 1 、右心室) 、サイクルから聞こえてくるように予言的な物語、いくつかの( comp. Ⅷ 。 1-3 、 5 ; Ⅱ 。 16 ) 、良かれ悪しかれ、原作者の主張のイザヤ書です。 Certainly the whole man is reflected in the grand vision of ch.確かに、全体の男はグランドビジョンを反映してあなたのです。 vi. Ⅵ 。 No personal consideration holds him back (contrast Jeremiah) from offering himself as the Lord's spokesman, and though assured that no exhortation will affect the callous consciences of his hearers, he still goes in and out among his people as if hope existed; and perhaps (human nature is inconsistent) hope still persisted even when reason altogether denied its right.彼の個人的な配慮を保持先頭(コントラストジェレマイア)より提供し自身の主の報道官として、およびかかわらず確実に影響を与えることは絶対にありません無神経な勧告は良心の聞き手、彼はまだ間がアウトし、彼の人々が存在する場合に希望;そしておそらく(人間の本性に不整合が)まだ永続化にも期待が拒否されましたときにその権利を完全な理由です。

The story of him who "by vileness made the great refusal" (to apply Dante's well-known words), who might have led his people to social and personal reformation, by the wise counsel of the prophet, is recorded in ch.彼の物語who "をあくどさは、大きな拒絶" (を適用するよく知られてダンテの言葉) 、 whoかもしれない人々を主導した社会や個人的な改革は、預言者の助言をして英明では、あなたに記録されています。 vii. Ⅶ 。 Isaiah was no statesman, and yet the advice which he gave the king was as good from a political as from a religious point of view.政治家イザヤ書はない、と彼はまだありませんが、王の助言は思ったとおりの良いから、政治的、宗教的な観点からです。 For why should Ahaz pay Assyria for doing work whichan enlightened regard for its own interest would certainly impel it to perform?アッシリアを支払う理由はアハズwhichan賢明な作業を行う独自の関心を払うべき注意を払ってそれを実行すると確かに押し進めるですか? Why should he take the silver and gold in the Temple and in the palace, and send it as tribute to the Assyrian king?なぜ彼は、金メダルを取るの銀色の寺とは、宮殿、と賛辞を送ることでは、アッシリア王としてですか?

It is to be noted that in ch.これは、あなたのことも注意すべきである。 viii. Ⅷ 。 Isaiah's wife is called "the prophetess."イザヤ書の妻と呼ば"の女性予言者です。 " By her solidarity with her husband she is detached from the unholy people among whom she dwells, and made, as it were, sacrosanct.彼女の夫は彼女の連帯を分離した彼女はあきれるほどの人々の間から彼女は誰の棲むところ、とは、言ってみれば、極めて神聖な。 His children, too, are "signs and omens" of divine appointment; and one may conjecture that if Isaiah ever pictured the worst disaster coming to Jerusalem, he saw himself and his family, like Lot of old, departing in safety (for some work reserved for them by God) from the doomed city.自分の子供たちは、あまりにも、は、 "兆候とomens "神の約束;と1つのイザヤ書年5月まで推測して、最悪の災害写真のエルサレムに来て、彼は自分自身と彼の家族のような多くの古い、発車の安全性(いくつかの仕事神のために予約して)市からの運命です。 Ch.あなたのです。 xx.イグゼクスです。 describes the strange procedure by which Isaiah, as it were, "gave an acted prediction" of the fate in store for Mizraim and Cush (Egypt and Ethiopia), or, as others think, for Mizrim and Cush (North Arabia), on which the peoples of Palestine had counted so much as allies.奇妙な手順を説明してイザヤ書を、言ってみれば、 "行動は予測する"との運命のストアmizraimと凝ったデザイン(エジプト、エチオピア) 、または、他の考えとして、 mizrimと凝ったデザイン(北アラビア) 、上でパレスチナの人々の同盟国ほどではカウントします。 From ch.よりCH 。 xxxvi.-xxxix., perhaps, much assistance can not be expected in the biography of Isaiah, for in their present form they are certainly rather late. xxxvi. - 39 。 、おそらく、多くの支援が予想されることはできません。イザヤ書の伝記を、現在の形で、彼らは確かにかなり遅れている。 No more can be said of Isaiah from direct documentary information.これ以上のことが言えるのイザヤ書からの直接のドキュメンタリーの情報です。 His words are his true biography.彼の言葉は、彼の真の伝記です。 In them is seen the stern, unbending nature of the man, who loved his people much, but his God more.船尾に見られるのには、断固たる性格の男、 who愛さ彼の多くの人々が、彼の神です。

Isaiah has all the characteristics of a classic writer-terseness, picturesqueness, and originality.イザヤ書のすべての特性は、古典的作家-素っ気なさ、 picturesqueness 、独自します。 But was he also a poet?しかし、彼はまた、詩人ですか? It is hard to think so.を考えることは難しいようです。 Could such a man condescend to the arts necessary to the very existence of poetry?このような男が見下すような態度をする必要が芸術の存立の詩ですか? Isa. ISAのです。 xxxvii. 37 。 22-29 is assigned to him. 22-29は彼に割り当てられている。 But the narration in which it is placed is thought by many critics to be late, and the phraseology of the poem itself seems to point away from Isaiah.しかし、ナレーションではそれが置かれ、多くの批評家には考え遅刻する、との言い方は、詩からイザヤ書自体を指すようです。 On the late tradition of the martyrdom of Isaiah in the reign of Manasseh see Isaiah, Ascension of.EGHTKC後半に殉教の伝統を、イザヤ書は、イザヤ書を参照マナセの治世、アセンションof.eghtkc

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

According to the Rabbis Isaiah was a descendant of Judah and Tamar (Soṭah 10b).イザヤ書によると、ラビは、ユダの子孫であるとタマル( soṭah 10b ) 。 His father was a prophet and the brother of King Amaziah (Meg. 15a).彼の父親は、預言者と王の兄amaziah ( meg. 15a ) 。 While Isaiah, says the Midrash, was walking up and down in his study he heard God saying, "Whom shall I send ?"中イザヤ書によると、ミドラーシュ、ウォーキングを上下には、彼の研究彼は神聞いた"と述べ、送信者は私ですか? " Then Isaiah said, "Here am I; send me!"イザヤ書によると入力し、 "ここで私;送ってくれる! " Thereupon God said to him," My children are trouble-some and sensitive; if thou art ready to be insulted and even beaten by them, thou mayest accept My message; if not, thou wouldst better renounce it" (Lev. R. x.).そこで、神が彼によると、 "私の子供たちはいくつかのトラブルと敏感な;場合なたの準備ができて侮辱とも殴られて、なたを受け入れる私のメッセージが表示さmayest ;ていない場合は、なたを放棄willの二人称単数良いこと" ( lev. r. x 。 ) 。 Isaiah accepted the mission, and was the most forbearing, as well as the most ardent patriot, among the Prophets, always defending Israel and imploring forgiveness for its sins.イザヤ書承認の使命とは、大度量でられるだけでなく、最も熱烈な愛国者は、預言者のうち、常に防衛の罪を赦し、イスラエルと懇願します。 He was therefore distinguished from all other prophets in that he received his communications directly from God and not through an intermediary (ib.).したがって彼は、その区別のすべての預言者から直接受け取った彼のコミュニケーションの仲介者を通して、神としない( ib. ) 。 When Isaiah said, "I dwell in the midst of a people of unclean lips" (vi. 5) he was rebuked by God for speaking in such terms of His people (Cant. R. i. 6).イザヤ書によると、 "私の真っただ中に住む人々の不浄な唇に" ( vi. 5 )彼は神に叱責されそのような条件で話すのが彼の人々 ( cant. r. i. 6 ) 。

In the order of greatness Isaiah is placed immediately after Moses by the Rabbis; in some respects Isaiah surpasses even Moses, for he reduced the commandments to six: honesty in dealing; sincerity in speech; refusal of illicit gain; absence of corruption; aversion for bloody deeds; contempt for evil (Mak. 24a).イザヤ書の偉大されている順に配置された直後に、ムーサーラビ;ムーサーにもいくつかの点で上回っイザヤ書は、彼の戒めを削減6 :誠実に対応;誠実で演説;拒否の不正利得;不在の腐敗;嫌悪感を流血の行為;侮辱を悪( mak. 24a ) 。 Later he reduced the six to two-justice and charity (ib.).その後彼は、減少の六〜二-正義と慈善( ib. ) 。 The chief merit of Isaiah's prophecies is their consoling character, for while Moses said, "Thou shalt perish in the midst of the nation," Isaiah announced deliverance.チーフの真価をconsolingイザヤ書の予言は、その文字は、ムーサーは言ったが、 "なたは死ぬshaltザネーションの真っただ中に、 "救出イザヤ書を発表します。 Ezekiel's consoling addresses compared with Isaiah's are as the utterances of a villager to the speech of a courtier (Ḥag. 14a).エゼキエル書のconsolingのアドレスには、イザヤ書に比べて、村人の発言をして演説クールティエ( ḥag. 14a ) 。 Therefore consolation is awaiting him who sees Isaiah in a dream (Ber. 57b).したがって彼を待って慰めwhoはイザヤ書には夢( ber. 57b ) 。

It is related in the Talmud that Rabbi Simeon ben 'Azzai found in Jerusalem an account wherein it was written that Manasseh killed Isaiah.これはタルムードに関連して、ラビシメオンベン' azzaiが見つかりました、エルサレムのアカウントをマナセ殺さそこに書かれたイザヤ書です。 Manasseh said to Isaiah, "Moses, thy master, said, 'There shall no man see God and live' [Ex. xxxiii. 20, Hebr.]; but thou hast said, 'I saw the Lord seated upon his throne'" (Isa. vi. 1, Hebr.); and went on to point out other contradictions-as between Deut.マナセをイザヤ書によると、 "ムーサーよ、なたのマスターによると、 'あるもののない人を参照、神とライブ' [例です。 33 。 20日、 hebrです。 ] ;しかし、なたによると、 'を見て、彼の王座の主着席時' " ( isa. Ⅵ 。 1 、 hebrです。 ) ;し、その後他の矛盾を指摘するdeut -としての間です。 iv. Ⅳ 。 7 and Isa. 7およびISAです。 lv.左心室です。 6; between Ex. 6 ;間の例です。 xxxiii. 33 。 26 and II Kings xx. 26日と2世王のXXです。 6. 6 。 Isaiah thought: "I know that he will not accept my explanations; why should I increase his guilt?"イザヤ書思想: "私知っている彼は私の説明を受け付けない;なぜ彼の罪悪感増加すればよいですか? " He then uttered the Unpronounceable Name, a cedar-tree opened, and Isaiah disappeared within it.彼は口に入力し、発音しにくい名前は、杉の木にオープンし、イザヤ書行方不明にしてください。 Then Manasseh ordered the cedar to be sawn asunder, and when the saw reached his mouth Isaiah died; thus was he punished for having said, "I dwell in the midst of a people of unclean lips" (Yeb. 49b).マナセ指示したスギを入力し、バラバラにひき立て、彼の口から、イザヤ書に達したときに見たが死亡したために罰を受けるのは、彼によると、 "私の真っただ中に住む人々の不浄な唇に" ( yeb. 49b ) 。 A somewhat different version of this legend is given in the Yerushalmi (Sanhedrin x.).とはやや異なるバージョンのこの伝説は、指定されたyerushalmi (サンヘドリンXの)です。 According to that version Isaiah, fearing Manasseh, hid himself in a cedar-tree, but his presence was betrayed by the fringes of his garment, and Manasseh caused the tree to be sawn in half.イザヤ書によると、そのバージョンを恐れ、マナセ、 hid杉の木を自分自身で、しかし、彼の存在は、彼の服から外れて裏切られたこと、およびマナセの原因とされるカテゴリひき立てを半分に切る。 A passage of the Targum to Isaiah quoted by Jolowicz ("Die Himmelfahrt und Vision des Prophets Jesajas," p. 8) states that when Isaiah fled from his pursuers and took refuge in the tree, and the tree was sawn in half, the prophet's blood spurted forth.イザヤ書の通過をするのに引用されるターガムjolowicz ( "死ぬ昇天祭undビジョンデ預言者jesajas 、 " 8頁)イザヤ書ではときに彼の追跡者とは避難所から逃走するには、ツリー、ひき立てを半分に切ると、ツリーは、預言者ムハンマドの血液spurtedいます。 From Talmudical circles the legend of Isaiah's martyrdom was transmitted to the Arabs ("Ta'rikh," ed. De Goeje, i. 644).SI Br.レジェンドオブtalmudical界からの伝達されるイザヤ書の殉教は、アラブ人( " ta'rikh 、 "エドです。デgoeje 、 i. 644 )もししました。

Emil G. Hirsch, Thomas Kelly Cheyne, Isidore Singer, Isaac Broydé g.エミールハーシュ、トーマスケリーチェーンストークス、 ISIDOREに歌手、アイザックbroydé

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです