Book of Jobヨブ記

General Information 総合情報

The Book of Job, in the Old Testament of the Bible, is a complex wisdom writing that uses a blend of prose and poetry in dramatic form to explore the perennial problem of innocent suffering and God's justice.この本の仕事は、旧約聖書の聖書の、書き込みを使用しては、複雑な知恵をブレンドした散文や詩の劇的なフォームを探検する長年の問題を罪のない苦しみと神の正義です。 The principal figure of the book is Job, a pious Jew afflicted with disease and stripped of all his goods.この本は、図の校長の仕事は、病気や裸悩む信心深いユダヤ人のすべての彼の品です。 The free and imaginative transformations of the Job figure are literarily and intellectually comparable to Shakespeare's treatment of Hamlet and Goethe's use of Faust.想像力の変換を、無料での仕事や知的literarily図は、シェイクスピアの治療に匹敵するハムレットとゲーテのファウストを使用します。 The identity of the author, usually dated 600 - 400 BC, is completely unknown.の著者のアイデンティティを、 24時間600日-4 00ブリティッシュコロンビア州は完全に不明です。

Throughout the drama, Job asserts his innocence of wrong, thereby rejecting the traditional view that suffering is the result of sin.ドラマして、仕事をアサート彼の無罪を間違って、それを拒否、従来の見解を苦しみは、罪の結果です。 The humble and patient Job who bears his sufferings as proofs of piety, however, becomes the raging and insistent Job pressing relentlessly for divine vindication in the dialogue that forms the main part of the book (chaps. 3 - 31).謙虚な仕事をすると患者の苦しみwhoクマは彼の証拠としての信心深さは、しかし、猛威を振るうとしつこいが、神の汚名をすすぐために仕事を押して執拗の対話の主要部分を形成して予約( chaps. 3 -2 8)です。 The argument is pursued through three cycles of speeches in which Job's three friends - Eliphaz, Bilbad, and Zophar - chide the hero and he, in answering them, challenges God.その引数は、 3つのサイクルの追求を通して仕事の3つのスピーチでは友達と-e liphaz、 b ilbad、およびz ophar-小言を言うの英雄と彼は、応答して、神の課題です。 Job's final self defense and call upon the deity is answered by God's speech from a whirlwind in which Job is invited to trust in the divine omniscience and power.仕事の最後の自己防衛のためにと要請され、神は、神の演説からの回答では旋風の仕事は神の全知に招待さとパワーの信頼をします。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
This direct experience of the mysteries of God leaves Job at peace with himself.この直接経験の葉の謎を探る神に平和を自分自身の仕事です。 Although no final solution to the problem is offered, the author clearly rejects traditional explanations of suffering.この問題の解決策をいないにもかかわらず最終的には、伝統的な説明を拒否する著者の苦しみを明確にします。 It is a moot point whether he offers a positive answer to questions about suffering and divine justice.これは、議論の余地がポイントかどうか彼の回答をご質問については、肯定的な苦しみと神の裁きです。

The unity of the book is debated.この本は、議論の結束をします。 Many interpreters assign the prologue and epilogue to an earlier or later hand, and it is widely assumed that the poem on wisdom (chap. 28) and the speeches (chaps. 32 - 37) of a fourth friend (Elihu) inserted after the dialogues were added later, because they interrupt the flow of the argument.プロローグとエピローグ割り当てるには多くの通訳を以前のまたはそれ以降の手、それが広く詩を知恵と仮定して( chap. 28 )とスピーチ( chaps. 32 -3 7)は、 4番目友人に送る( e lihu)に挿入した後、対話が追加されましたへ、の流れを中断するため、彼らの引数です。

Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
R Gordis, The Book of God and Man (1965); LD Johnson, Out of the Whirlwind: The Major Message of Job (1971); H Morris, Remarkable Record of Job (1988).研究ゴルディス、その本の神と男( 1965 ) ; ldジョンソンに入って、旋風:仕事の主要なメッセージが表示さ( 1971 ) ; hモリス、顕著な仕事の記録( 1988 ) 。


Book of Jobヨブ記

Brief Outline簡単な概要

  1. Prologue (1-2)プロローグ( 1-2 )
  2. Job's complaint (3)仕事の苦情( 3 )
  3. Debates between Job and three friends (4-31)仕事と3つの友達との間に討論会( 4月31日)
  4. Speech of Elihu (32-37)演説elihu (三二から三七)
  5. Voice of God (38-41)神の声( 38-41 )
  6. Job's submission and restoration (42)仕事の申込と復元( 42 )


Job仕事

Advanced Information 高度情報

Job, persecuted, an Arabian patriarch who resided in the land of Uz (qv).仕事、迫害は、アラビアに住んでその土地の古老who uz ( qv ) 。 While living in the midst of great prosperity, he was suddenly overwhelmed by a series of sore trials that fell upon him.中に住んで大きな繁栄の真っただ中に、彼は突然に圧倒され、一連の痛い裁判が倒れていた。 Amid all his sufferings he maintained his integrity.すべての彼の苦しみの中で彼は彼の整合性を維持します。 Once more God visited him with the rich tokens of his goodness and even greater prosperity than he had enjoyed before.彼に一度の他の神の豊かなトークンを訪れた彼の善良さとenjoyedていたよりもさらに大きな繁栄を前にします。 He survived the period of trial for one hundred and forty years, and died in a good old age, an example to succeeding generations of integrity (Ezek. 14:14, 20) and of submissive patience under the sorest calamities (James 5:11).彼は裁判にかけられる期間を乗り越えた140年とし、死亡したの古き良き時代の世代の整合性への成功の一例( ezek. 14:14 、 20 )との従順な忍耐力の下にsorest災害(ジェームズ5:11 ) 。 His history, so far as it is known, is recorded in his book.彼の歴史、これまでのところすることが知らとしては、彼の著書に記録されています。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Jobヨブ記

Advanced Information 高度情報

A great diversity of opinion exists as to the authorship of this book.大きな意見の多様性が存在するとして、原作者は、次の予約をします。 From internal evidence, such as the similarity of sentiment and language to those in the Psalms and Proverbs (see Ps. 88 and 89), the prevalence of the idea of "wisdom," and the style and character of the composition, it is supposed by some to have been written in the time of David and Solomon.内部の証拠から、感情との類似性などの言語をそれらは、詩篇を授けたと諺( psのです。 88 、 89 )は、有病率は、アイデアを"知恵"とすると、スタイルや文字の組成、それは仮定をいくつかには書かれている時のダビデとソロモンです。 Others argue that it was written by Job himself, or by Elihu, or Isaiah, or perhaps more probably by Moses, who was "learned in all the wisdom of the Egyptians, and mighty in words and deeds" (Acts 7:22).他の仕事と主張して書かれたことは、自分自身、またはelihuか、またはイザヤ書か、あるいは他のおそらくムーサーよ、 whoは"すべての知恵を学んで、エジプト、および強力な言葉と行動" (行為7時22分) 。 He had opportunities in Midian for obtaining the knowledge of the facts related.彼は機会を取得するための知識をマドヤンの事実関連しています。 But the authorship is altogether uncertain.しかし、原作者が完全に不透明だ。 As to the character of the book, it is a historical poem, one of the greatest and sublimest poems in all literature.その本の文字を、それは歴史的な詩の1つであるとの最大のsublimestに詩をすべての文学です。 Job was a historical person, and the localities and names were real and not fictious.仕事は、歴史上の人物、とリアルではなく自治体名および製品名は架空のものです。 It is "one of the grandest portions of the inspired Scriptures, a heavenly-replenished storehouse of comfort and instruction, the patriarchal Bible, and a precious monument of primitive theology.それは"の部分を1つに属する経典のインスピレーションは、天的に補充さ雑学の快適度と命令は、聖書の家父長、および、貴重な記念碑の原始的神学です。

It is to the Old Testament what the Epistle to the Romans is to the New." It is a didactic narrative in a dramatic form. This book was apparently well known in the days of Ezekiel, BC 600 (Ezek. 14:14). It formed a part of the sacred Scriptures used by our Lord and his apostles, and is referred to as a part of the inspired Word (Heb. 12:5; 1 Cor. 3:19). The subject of the book is the trial of Job, its occasion, nature, endurance, and issue. It exhibits the harmony of the truths of revelation and the dealings of Providence, which are seen to be at once inscrutable, just, and merciful. It shows the blessedness of the truly pious, even amid sore afflictions, and thus ministers comfort and hope to tried believers of every age.これは、旧約聖書の何をするの信徒へのローマ人への手紙は、新しいです。 "これは、劇的な形で教則物語です。この本は明らかによく知られて、日中のエゼキエル書は、紀元前600 ( ezek. 14:14 )です。神聖な部分を形成すること経典使用されて、わたしたちの主とその使徒、と呼ば一環としてのインスピレーションワード( heb. 12 : 05 ; 1コーです。 3:19 ) 。 、件名には予約は、裁判の仕事を、その時、自然、耐久性、および問題です。それは、展示物の調和の真理の啓示とプロビデンスの取引は、一度に見られる不可解されるだけ、と慈悲深くられる。これは、至福のは、真に信心深いも、試練の中で痛い、とこのようにしようと閣僚快適度と信者たちのすべての年齢を期待しています。

It is a book of manifold instruction, and is profitable for doctrine, for reproof, for correction, and for instruction in righteousness (2 Tim. 3:16).それは、予約の多種多様な命令、および収益の教義は、とがめ、補正、および命令が正義( 2ティム。 3:16 ) 。 It consists of, (1.) An historical introduction in prose (ch. 1,2).それは、 ( 1 ) 、歴史的に導入される散文(第1,2 ) 。 (2.) The controversy and its solution, in poetry (ch. 3-42:6). ( 2 )その論争とその解決策は、詩(第3-42:6 ) 。 Job's desponding lamentation (ch. 3) is the occasion of the controversy which is carried on in three courses of dialogues between Job and his three friends.仕事のdesponding深い悲しみ(第3 )は、論争を契機に、これは3つのコースとの対話に乗って運ばれると彼の3つの友達との間の仕事です。 The first course gives the commencement of the controversy (ch. 4-14); the second the growth of the controversy (15-21); and the third the height of the controversy (22-27).の最初のコースの開始により、その論争(第4-14 ) ;の2番目の成長は、論争( 15-21 ) 、および3番目の高さは、論争( 22-27 ) 。 This is followed by the solution of the controversy in the speeches of Elihu and the address of Jehovah, followed by Job's humble confession (42:1-6) of his own fault and folly.これは、論争に続けて、解決策は、スピーチを中心としたエホバのアドレスをelihuと、続いて仕事の謙虚な告白( 42:1-6 ) 、自分自身の障害と愚かさです。 (3.) The third division is the historical conclusion, in prose (42:7-15). ( 3 )第3課は、歴史的な結論は、散文( 42:7-15 ) 。 Sir JW Dawson in "The Expositor" says: "It would now seem that the language and theology of the book of Job can be better explained by supposing it to be a portion of Minean [Southern Arabia] literature obtained by Moses in Midian than in any other way. This view also agrees better than any other with its references to natural objects, the art of mining, and other matters."サーjwドーソンは"エクスポジター"は言う: "これが今のように見えるのは、言語と神学予約の仕事を説明できる良い部分は、それをsupposing minean [南アラビア]文学得られるよりも、ムーサーにマドヤン他の方法です。このビューを表示する以上にも同意するその他の参考文献を自然なオブジェクトでは、芸術の鉱業、およびその他の問題です。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Job仕事

Catholic Information カトリックの情報

One of the books of the Old Testament, and the chief personage in it.のいずれかの書籍を、旧約聖書の、との首席お方にしてください。 In this article it is primarily the book which is treated.この記事は、それは主に本を処理します。 As opportunity, however, occurs, and so far as is permissible, Job himself will be considered.機会として、しかし、発生する場合は、これまでには許されると、自分自身の仕事とみなされます。 The subject will be discussed under the following heads: I. Position of the Book in the Canon; II.議論の対象にされては、次のヘッド: i.位置をこの本は、キヤノン; Ⅱ 。 Authority; III.権威; Ⅲ 。 The Characters of the Poem; IV.の文字は、詩; Ⅳ 。 Contents; V. Arrangement of the Main, Poetic Portion of the Book; VI.内容; v.配列のメイン、詩的な部分は、予約; Ⅵ 。 Design of the Book; VII.デザインは、予約; Ⅶ 。 Teaching as to the Future Life; VIII.将来の生活を教える; Ⅷ 。 Integrity of the Book; IX.この本の整合性を; Ⅸ 。 Condition of the Text; X. Technical Skill of the Author and the Metre; XI.状態を分析し、本文; Xの技術的なスキルは、著者とのメートル; XI 。の Time of its Composition.時間の組成します。

I. POSITION OF THE BOOK IN THE CANON i.位置をこの本は、キヤノン

In the Hebrew Bible Psalms, Proverbs, and Job are always placed together, the Psalms coming first, while Job is put between the other two or, at times, comes last.聖書の詩篇を授けたは、ヘブライ語、ことわざ、および配置の仕事は常に一緒に詩篇を授けた来る第一に、中の仕事は他の2つの間に置くか、先回は最終更新です。 The three books form a part of the Hagiographa (Kethubim), having sometimes the first place among the Hagiographa, while again they may be preceded by Ruth, or Paralipomenon, or Paralipomen with, Ruth (cf. lists in Ginsburg, "Introduction to Heb. Bible", London, 1897, 7).の3つの書籍を形成する部分のhagiographa ( kethubim ) 、時には、最初の開催地間のことhagiographa 、再び彼らの前にルースがありますか、または歴代志か、またはparalipomenと、ルース( cf.リストにギンズバーグ、 "はじめになしでです。聖書" 、ロンドン、 1897年、 7 ) 。 In the Greek Bible and the Vulgate Job now stands before Psalms and follows directly after the historical books.は、ギリシャ語聖書とウルガタ聖書の詩篇を授けたと仕事をする前に次のようにスタンドを直接した後、歴史的な書籍です。 The old Greek and the Latin manuscripts, however, assign it the most varied positions; see, for exemple, the list of Melito of Sardis, and that of Origen as given by Eusebius, "Hist. Eccle.", IV, iv, 26, and vi, 25 (in PG, XX., 398, 582).ギリシャ語とラテン語の古写本は、しかし、様々なポジションを割り当てることで最も;参照し、例えば、メリートのサルディスのリストを、原産地とユーセビアス与えられたとして、 "履歴です。 eccleです。 " 、 4世、 4世、 26 、および6 、 25 ( pg 、イグゼクス。 、 398 、 582 ) 。 In the Syriac Bible Job is placed directly after the Pentateuch and before Josue (cf. the lists in Hodius, "De Bibliorum textibus", Oxford, 1705, 644 sqq.; Samuel Berger, "Hist. de la Vulgate", Paris, 1893, 331-39).聖書は、シリアの仕事は直接に配置した後、五とする前にジョスエ( cf. hodiusのリストに、 "デbibliorum textibus " 、オックスフォード大学、 1705 、 644 sqq 。 ;サミュエルバーガー、 "履歴です。デラウルガタ聖書" 、パリ、 1893 、 331〜39 ) 。

II. Ⅱ 。 AUTHORITY権限

(1) Historical Accuracy ( 1 )歴史的な精度

Many look upon the entire contents of the book as a freely invented parable which is neither historical nor intended to be considered historical; no such man as Job ever lived.多くの全体の内容を探す時にその本を自由に発明これはどちらも歴史的な寓話も歴史的と見なさを目的とし;ないような男としての仕事まで住んでいます。 Catholic commentators, however, almost without exception, hold Job to have actually existed and his personality to have been preserved by popular tradition.カトリックのコメンテーター、しかし、ほぼ例外なく、ホールドの仕事には実際に存在すると彼の人柄には保存されている人気の伝統されています。 Nothing in the text makes it necessary to doubt his historical existence.何もすることが必要だし、テキストを疑う彼の歴史的な存在です。 The Scriptures seem repeatedly to take this for granted (cf. Ezekiel 14:14; James 5:11; Tobit 2:12-15, according to the Vulgate - in the Greek text of Tobias there is no mention of Job).この繰り返しを取るの経典を当たり前のように見える( cf.エゼキエル14:14 ;ジェームズ5:11 ;トビト書2:12-15によると、流布本-は、ギリシャ語のテキストを仕事に言及したトビアスはありません) 。 All the Fathers considered Job an historical person; some of their testimonies may be found in Knabenbauer, "Zu Job" (Paris, 1886), 12-13.すべての仕事をすると考え、父親の歴史上の人物;いくつかの証言が見つかることがありますknabenbauer 、 " zuの仕事" (パリ、 1886 ) 、 12-13 。 The Martyrology of the Latin Church mentions Job on 10 May, that of the Greek Church on 6 May (cf. Acta SS.' II, May, 494).殉教史は、ローマカトリック教会の仕事に言及5月10日、ギリシャの教会をしている5月6日( cf.ログssです。 ' 2世、 5月、 494 ) 。 The Book of Job, therefore, has a kernel of fact, with which have been united many imaginative additions that are not strictly historical.この本の仕事、したがって、実際には、カーネルは、想像力に追加されてきた方法United多くの歴史的な厳密されていない。 What is related by the poet in the prose prologue and epilogue is in the main historical: the persons of the hero and his friends; the region where be lived; his good fortune and virtues; the great misfortune that overwhelmed him and the patience with which lie bore it; the restoration of his Prosperity.何が関連された詩人の散文プロローグとエピローグでは、メインの歴史:人の英雄と彼の友人;のリージョンどこに住んで;彼の幸運と美徳;は大変な不幸が彼との忍耐力に圧倒さに退屈なうそをつくこと;の復元彼の繁栄に貢献します。 It is also to be accepted that Job and his friends discussed the origin of his sufferings, and that in so doing views were expressed similar to those the poet puts into the mouths of his characters.が受け付けられるようにすることも仕事と彼の友人が彼の苦しみの起源について議論しており、その再生回数がそうすることを表明により、詩人に似ている彼の文字を口にします。 The details of the execution, the poetic form, and the art shown in the arrangement of the arguments in the dispute are, however, the free creation of the author.の実行の詳細については、詩的なフォーム、および、アートの配置を示されているの引数は、紛争には、しかし、無料の創造の著者です。 The figures expressive of the wealth of Job both before and after his trial are imaginatively rounded.この数字は、豊かな表現力豊かな仕事の両方imaginatively前と後に彼の裁判は丸い。 Also in the narrative of the misfortunes it is impossible not to recognize a poetic conception which need not be considered as strictly historical.また、物語は、不幸を認識することは不可能しないように詩的な概念を厳密にする必要はないと考えられる歴史的です。 The scene in heaven (i, 6; ii, 1) is plainly an allegory which shows that the Providence of God guides the destiny of man (cf. St. Thomas, "In Job").天国のシーン(私は、 6 ;二、 1 )の寓意がはっきりとは、神の摂理を示すガイドの運命の男( cf.セントトーマス、 "仕事" ) 。 The manifestation of God (xxxviii, 1) generally receives a literal interpretation from commentators.神の現れである( 38 、 1 )を受信すると、通常よりコメンテーターを文字どおりに解釈します。 St. Thomas, however, remarks that it may also be taken metaphorically as an inner revelation accorded to Job.セントトーマス、しかし、発言をして比喩として取られることもあります。内側の啓示を〜にふさわしい仕事です。

(2) Divine Authority of the Book ( 2 )神の権威の本

The Church teaches that the book was inspired by the Holy Spirit.教会の教えには、この本は聖霊触発された。 Thus all that its author gives as historical fact or otherwise guarantees possesses unfailing Divine truth.このようにすべてのこととして、著者は、尽きることのない歴史的事実や他の保証神聖な真実を保有しています。 The question, however, arises, what does the book guarantee?という質問に、しかし、あれば、どんな効果があるの予約を保証するか? (a) Everything in prologue or epilogue that is the comment of the author is Divine truth; nevertheless, what is perhaps poetic ornament must not be confounded with historical verity or objective dogmatic precepts. (ア)のすべてのプロローグやエピローグでは、コメントは、著者は、神の真理;にもかかわらず、何の飾りは、おそらく詩的な混乱にはならない客観的独断的な教訓や歴史的な真実です。 The same authority is possessed by the utterances assigned by the poet to God.同じ権限が割り当てられたの保有する発言を神の詩人です。 The like is true of the speeches of Eliu.のようなスピーチを中心としたのが真のeliuです。 Some think the speeches of Eliu are to be judged just as are those of Job and his friends. eliuのスピーチを中心としたいくつかの考えが同じように判断されると彼の友人は、それらの仕事です。 (b) The speeches of Job and his three friends have in themselves no Divine authority, but only such human importance as Job and his three friends are Personally entitled to. ( b )本契約の仕事と彼のスピーチを中心とした3人の友人が、自身の神の権限を、このような人間の重要性としてだけの仕事と彼の友達が個人的に3つの権利をします。 They have, however, Divine authority when, and in as far as, they are approved by the author expressly or tacitly.彼らは、しかし、神の権威とき、および限り、彼らは明示的または暗に承認された著者です。 In general, such tacit approbation is to be understood for all points concerning which the disputants agree, unless the author, or God, or Eliu, shows disapproval.一般的には、このような暗黙の賛同が理解されるのうちのすべての点については、同意がない限り、著者か、または神、またはeliu 、不満を示しています。 Thus the words of Job have in large degree Divine authority, because the view be maintains against the three friends is plainly characterized by the author as the one relatively correct.したがって、仕事は大規模な程度の言葉を神の権威を維持するための3つのカテゴリーに友達とは、端的に1つの特徴は、著者としては比較的正しいです。 Yet much that the three friends say is of equal importance, because it is at least tacitly approved.まだ多くは、 3つの友達と言うことは同等の重要性は、それが、少なくとも暗に承認されました。 St. Paul argues (1 Corinthians 3:19) from a speech of Eliphaz (Job 5:13) as from an inspired writing.聖パウロ主張( 1コリンチャンス3:19 )よりの言葉をeliphaz (仕事5:13 )として書面からのインスピレーションです。 (c) In particular places, especially where descriptions of nature are given or other secular matters are referred to, the caution prescribed by the rules of hermeneutics should be observed. ( c )で特定の場所、特にここでの説明を自然が与えられたまたはその他の世俗的事項を指定すると、規定されたルールの解釈に注意すべきである観察します。

III. Ⅲ 。 THE CHARACTERS OF THE POEMの文字は、詩

Apart from the prologue and epilogue, the Book of Job consists of a succession of speeches assigned to distinct persons.プロローグとエピローグは別に、その本の仕事を継承のスピーチは、はっきりした人に割り当てられている。 There are six speakers: Yahweh, Eliu, Job, and Job's three friends, Eliphaz, Baldad, and Sophar.には6つのスピーカー:ヤハウェ、 eliu 、仕事、と仕事の3つの友達と、 eliphaz 、 baldad 、およびsopharです。

(1) Job ( 1 )仕事

The chief personage is Job.首席お方が仕事です。

(a) Name (ア)名

He is called the "persecuted one", that is, the one tempted by (personified) suffering, the one hard beset, the patient sufferer.と呼ばれる彼は"迫害を1つ" 、それは、誘惑され、 1つ(の化身)の苦しみは、 1つのハードを抱え、苦しんでいる患者です。 persecuted one", stand to XXX.--> It is no longer possible to decide whether the name was originally different and was later changed into the expressive form in folklore on account of Job's fate. Many commentators do not accept this explanation of the name.迫害1つ" 、スタンドをxxx .-- >それはもはやかどうかを決定する可能性は、もともと別の名前へ変更するとは、表現力豊かなフォームを民俗学上のアカウントの仕事の運命です。多くのコメンテーターはありませんこの説明を受け入れるの名前です。

(b) Age in which Job lived (イ)年齢では仕事に住ん

According to the usual and well-founded assumption, Job lived long before Moses.によると、通常の十分な根拠に基づいた仮定と、ムーサーの前の仕事に住ん長いです。 This is shown by the great age he attained.これは大きな年齢示されている彼は達成します。 He was no longer young when overtaken by his great misfortune (xii, 12; xxx, 1); after his restoration he lived one hundred and forty years longer (xlii, 16).彼は若いときに、もはや彼の偉大な不幸しけ( 12 、 12 ; xxxと1 ) ;後、彼は自分の住んで復元140年長く( 42 、 16 ) 。 His wealth like that of the Patriarchs, consisted largely in flocks and herds (i, 3; xlii, 12).彼のような富のpatriarchs 、大部分で構成さ羊と牛(私は、 3 ; 42 、 12 ) 。 The kesitah or piece of money mentioned in xlii, 11, belongs to patriarchal times; the only other places in which the expression occurs are Gen., xxxiii, 19, and Jos., xxiv, 32.作品のお金のkesitahまたは42に記載され、 11日、所属して家父長回;の他の場所にのみ発現が発生するのは、 Gen 。と、 33 、 19 、およびjos. 、 24 、 32 。 The musical instruments referred to (xxi, 12; xxx, 31) are only those mentioned in Genesis (Gen. iv, 21; xxxi, 27): organ, harp, and timbrel.楽器の紹介をする( xxi 、 12 ; xxxと31 )は、創世記に記載されのみ( Gen 。と4世、 21 、 31 、 27 ) :オルガン、ハープ、タンバリンです。 Job himself offers sacrifice as the father of the family (i, 5), as was also the custom of the Patriarchs.自分自身の父親としての仕事のオファーを犠牲にするご家族(私、 5 ) 、カスタムとしても、 patriarchs 。 An actual offering for sin in the Mosaic sense he was not acquainted with; the holocaust took its place (i, 5; xlii, 8).罪を提供するため、実際のモザイク意味彼は精通していないし、その場所がホロコースト(私は、 5 ; 42 、 8 ) 。

(c) Religion of Job ( c )宗教の仕事

Job evidently did not belong to the chosen people.仕事を明らかにしなかった人々に属して、選択した。 He lived, indeed, outside of Palestine.彼は住んで、実際のところ、パレスチナの外です。 He and the other characters betray no knowledge of the specifically Israelitic institutions.彼と、他の文字を裏切るisraelitic機関の具体的知識がない。 Even the name of God peculiar to the chosen people, Yahweh, is carefully avoided by the speakers in the poetic part of the book, and is only found, as if accidentally, in xii, 9, and according to some manuscripts in xxviii, 28.さらに神の名を選択した人々に特有の、ヤハウェ、スピーカーは慎重に回避されたこの本は、詩的な部分とはわずかが見つかりました、として誤っている場合は、 12 、 9 、およびいくつかの原稿によると、 28 、 28です。 The sacrifice in xlii, 8, recalls the sacrifice of Balaam (Numbers 23:1), consequently a custom outside of Israel. 42を犠牲にし、 8日、リコールの犠牲に埋め草(数字23時01分) 、その結果、カスタム以外のイスラエルです。 For the solution of the problem of suffering the revelations made to the Patriarchs or even Moses are never referred to.この問題を解決するための事実が明らかに苦しんで行われたのかさえpatriarchsムーサーは、決して言及しています。 Nevertheless Job and his friends venerated the one true God.仕事と彼の友人にもかかわらず、 1つの真の神尊敬します。 They also knew of the Flood (xxii, 16), and the first man (15:7, and Hebrews 31:33).彼らも知っていたの洪水( xxii 、 16 )との最初の男( 15時07分、およびヘブル人への手紙31:33 ) 。

(d) Country in which Job lived (エ)国での仕事に住ん

Job belonged to the "people of the East" (i, 3).仕事に属して、 "人々の東" (私、 3 ) 。 Under this name were included the Arabian (Genesis 25:6) and Aramaean (Numbers 33:7) tribes which lived east of the Jordan basin and in the region of the Euphrates (Genesis 29:1).この名前が含まれるものされてアラビア(創世記25:6 )とaramaean (数字33:7 )の部族が住んで東にヨルダン川流域とは、リージョンは、ユーフラテス川(創世記29:1 ) 。 Job seems to have been an Aramaean, for he lived in the land of Hus (i, I; Ausitis).仕事をするようaramaeanされ、その土地に住んで彼のフス(私、私; ausitis ) 。 Hus, a man's name in Genesis, is always used there in close connection with Aram and the Aramaean (Genesis 10:23; 22:21; 36:28).フスでは、男性の名前を創世記は、そこには、常に使用されるアラムとの接続を閉じるaramaean (創世記10:23 ; 22:21 ; 36:28 )です。 His home was certainly not far from Edom where Eliphaz lived, and it must be sought in Eastern Palestine, not too far north, although in the region inhabited by the Aramaeans.彼の家は、確かには程遠いeliphazエドムどこに住んし、求められてしなければなりません東部のパレスチナではなく、あまりにもはるか北が、その地域に住んでaramaeansです。 It was located on the border of the Syro-Arabian desert, for it was exposed to the attacks of the marauding bands which wandered through this desert: the Chaldeans (i, 17) of the lower Euphrates and the Sabeans (i, 15), or Arabs.それは、との国境に位置し、 syro -アラビア砂漠、攻撃にさらされることは、この砂漠の略奪バンドを歩き回りました: chaldeans (私は、 17 )の下のユーフラテス川とsabeans (私は、 15日) 、またはアラブ人です。 Many.たくさんの。 following an old tradition, place the home of Job in the Hauran, in the district of Naiwa (or Neve), which is situated about 36° East of Greenwich and in almost the same latitude as the northern end of Lake Genesareth.次の、古い伝統、開催地のホームのhauranの仕事をし、その地区のnaiwa (またはネベ) 、これは約36 °の東に位置グリニッジとほぼ同じ緯度に湖の北の端にgenesarethです。 The location is possible, but positive proof is lacking.の場所も可能ですが、肯定的証拠が不足しています。 Some seek the home of Job in Idumea, others in the land of the Ausitai, who, according to Ptolemy (Geogr., V, xix, par. 18, 2), lived in Northern Arabia near the Babylon.いくつかの仕事を模索するホームのidumea 、他の土地をausitai 、 whoによると、プトレマイオス( geogr. 、 V電源、 19 、パーです。 18日、 2 ) 、アラビア近くのバビロン北部に住んでいます。 The land of Hus is also mentioned in Jer., xxv, 20, and Lam., iv, 21.その土地のjerフスにも記載されています。 、 25 、 20 、およびラムです。 、 4世、 21 。 In the first reference it is used in a general sense for the whole East; in the latter it is said that the Edomites live there.で、最初のリファレンスことが一般的な意味で使用され、全体の東;は後者によると、 edomites生きることがある。

(e) The Standing of Job (オ)の常任仕事

Job was one of the most important men of the land (i, 3; xxix, 25) and had many bondsmen (xxxi, 39).のいずれかの最も重要な仕事はその土地の人々 (私、 3 ; 29 、 25 )とは多くのbondsmen ( 31 、 39 ) 。 The same is true of the friends who visited him; in the Book of Tobias these are called "kings" (Tob., ii, 15, in Vulgate).同じことが言えるのは、友達とwhoを訪れた彼;は、予約のトビアスと呼ばれるこれらは"王" ( tob. 、 2世、 15日に流布本) 。 In the Book of Job also Job seems to be described as a king with many vassals under him (xxix).その本の仕事も仕事と思われる多くの王として記載されてvassals彼( 29 )です。 That he had brothers and relations is seen in xix and in the epilogue.していた19兄弟との関係が見られるとは、エピローグです。

(f) Job and Jobab (女)仕事とjobab

An appendix to the Book of Job in the Septuagint identifies Job with King Jobab of Edom (Gen. xxxvi, 33).本の付録の仕事をして仕事を識別するセプトゥアギンタキングjobabのエドム( Gen 。と36 、 33 ) 。 Nothing in the book shows that Job was ruler of Edom; in Hebrew the two names have nothing in common.何もこの本によると支配者の仕事はエドム; inヘブライ語の共通点は何もない2つの名前です。

(2) Eliphaz, Baldad and Sophar ( 2 ) eliphaz 、 baldadとsophar

The most important of Job's three friends was Eliphaz of Theman.最も重要な仕事の3つの友達とはeliphazのthemanです。 The name shows him to be an Edomite (Genesis 36:11, 15).彼の名前が表示されるのエドム人(創世記36:11 、 15 ) 。 The Themanites of Edom were famous for their wisdom (Jeremiah 49:7; Obadiah 5; Baruch 3:22 sq.).エドムthemanitesの有名なのが彼らの知恵(エレミヤ49:7 ;オバデヤ5 ;バルーク平方3:22 ) 。 Eliphaz was one of these sages (xv, 9).のいずれかのeliphazは賢( 15 、 9 ) 。 He was far advanced in years (xv, 10), and much older than the already elderly Job (xxx, 1).彼ははるか高度で年間( 15 、 10 ) 、および、すでに高齢者の仕事よりずっと年上( xxxと1を参照) 。 The second of Job's friends was Baidad the Suhite, who seems to have belonged to Northern Arabia, for Sue was a son of Abraham by Cetura (Genesis 25:2, 6). 2番目の仕事の友達とはbaidadのsuhite 、 whoようにはアラビア北部に属して、スーは、息子のアブラハムをcetura (創世記25:2 、 6 ) 。 He may have been of the same age as Job.彼は5月としても、同じ年齢の仕事です。 The third friend, Sophar, was probably also an Arabian. 3番目の友人に送る、 sophar 、アラビアはおそらくもある。 The Hebrew text calls him a Naamathite.ヘブライ語のテキストnaamathite彼を呼び出しています。 Naama was a small town in the territory belonging to Juda (Joshua 15:41), but Sophar hardly lived there.ナーマは、小さな町の領土に属してjuda (ジョシュア15:41 ) 、しかし、ほとんどsopharに住んでいます。 Perhaps the preferable reading is that of the Septuagint which calls Sophar always a Minaean; the Minaeans were an Arabian tribe.おそらく、望ましい読書はしているセプトゥアギンタを呼び出しますsophar常にマーイン; minaeansは、アラビアの部族です。 Sophar was far younger than Job (cf. Job's reply to Sophar, 12:11-12; 13:1-2). sopharは、はるか年下の仕事( cf.仕事の返信してsophar 、 12:11-12 ; 13:1-2 ) 。

(3) Eliu ( 3 ) eliu

Like Job, Eliu the Buzite was an Aramean; at least this is indicated by his native country, Buz, for Buz is closely connected (Genesis 22:21) with Hus.のような仕事を、 eliuのbuziteは、アラム人; 、少なくともこれは彼のネイティブの国を示され、 buz 、 buzは密接につながっ(創世記22:21 )フスです。 Eliu was much younger than Sophar (xxxii, 6). eliuは、よりずっと若くsophar ( 32 、 6 ) 。

(4) Listeners ( 4 )リスナー

Besides the speakers a large number of listeners were present at the discussion (xxxiv, 2, 34); some maintained a neutral position, as did Eliu at first.に加えて、スピーカー、多数のリスナーが出席してディスカッション( 34 、 2 、 34 ) ;いくつかの中立的な立場を維持し、 eliuとしては最初です。

IV. Ⅳ 。 CONTENTS内容

The Book of Job consists of (1) a prologue in prose (1-2), (2) a poetic, main division (3-42:6), and (3) an epilogue also in prose (42:7-17).この本の仕事は、 ( 1 )プロローグで散文( 1-2 ) 、 ( 2 )詩的な、メイン課( 3-42:6 ) 、および( 3 )また、散文のエピローグ( 42:7-17 ) 。

(1) The prologue narrates how, with the permission of God, a holy man Job is tried by Satan with severe afflictions, in order to test his virtue. ( 1 )のプロローグナレーションどのように、神の許可を得て、神聖な男の仕事は悪魔に裁かれる厳しい試練は、彼の美徳をテストするためにします。 In succession Job bears six great temptations with heroic patience, and without the slightest murmuring against God or wavering in loyalty to him.クマは6つの仕事を継承英雄忍耐力に大きな誘惑し、サラサラ流れるには少しもなく、神に対する忠誠心や揺らめくにしている。 Then Job's three friends, Eliphaz, Baldad, and Sophar, come to console him.仕事の3つの友達と入力し、 eliphaz 、 baldad 、およびsophar 、彼をコンソールに来ています。 Their visit is to become the seventh and greatest trial.彼らの訪問は偉大な裁判になるには7番目とします。

(2) The poetical, main division of the book presents in a succession of speeches the course of this temptation. ( 2 )の詩的、メイン部が実施して予約承継のスピーチにプレゼントをするコースは、次の誘惑します。 The three friends are fully convinced that trouble is always a result of wrongdoing.の3つの友達とのトラブルは完全に確信して不正行為をした結果は常にです。 They consider Job, therefore, a great sinner and stigmatize his assertions of innocence as hypocrisy.彼らの仕事検討し、そのため、彼の大きな罪人と汚名を着せるとして無罪を主張の偽善です。 Job is hurt by the suspicion of his friends.仕事は彼の友人の疑いで打撃を受ける。 He protests that he is no evil-doer, that God punishes him against his deserts.彼は彼の抗議はないが邪悪な-やり手、彼は神に対する彼の砂漠を罰する。 In the course of his speech he fails in reverence towards God, Who appears to him not unrighteous, but more as a severe, hard, and somewhat inconsiderate ruler than as a kind Father.彼は彼のスピーチは、コースの畏敬の念を神に失敗、 whoが表示さを彼はよこしまな、しかし、他の重度として、ハード、およびルーラよりもやや思いやりのない父親としての一種です。 Taking into consideration that the language is poetic, it is true that his expressions cannot be pushed too far, but the sharp reproofs of Eliu (xxxiv, 1-9, 36-37; xxxv, 16) and of Yahweh (Xxxviii, 2; xl, 3-9) leave no doubt of his sin.撮影を考慮して、言語は詩的な、それは事実だが、彼の表現まで無理強いすることはできませんが、シャープreproofsのeliu ( 34 、 1-9 、 36-37 、 35 、 16 )とヤハウェ( 38 、 2 ; xl 、 3-9 )彼の罪疑う余地は全くない。 In answering his friends Job emphasizes that God indeed is accustomed to reward virtue and to punish wickedness (xxvii, 7-23; xxxi).彼の友人に答えると強調した神の仕事に慣れて実際には邪悪を罰する美徳と報奨金( 27 、 7-23 ; 31 ) 。 He even threatens his friends with the judgment of God on account of their unfriendly suspicion (vi, 14; xiii, 7-12; xvii, 4; xix, 29).彼は彼の友人との判断を脅かすも神の上のアカウントに無愛想な疑惑( 6 、 14 、 13 、 7-12 ; 17 、 4 、 19 、 29 ) 。 He rightly proves, however violently, that in this world the rule has many exceptions.彼は当然の証明、しかし激しく、それがこの世界のルールには多くの例外があります。 Almost universally, he says, the wicked triumph and the innocent suffer (ix, 22-24, xxi, xxiv).ほぼ普遍的、と彼は言いますは、邪悪な勝利と、無実のに苦しむ( 9世、 22-24 、 xxi 、 24 ) 。 Yet for all this Job, like his friends, regards all suffering as a punishment for personal sins, although he does not, as his friends, consider it a punishment of gross sin.この仕事はまだありませんのすべてのような彼の友達と、すべての苦しみについて個人的な罪の罰として、彼ができない場合は、彼の友人として、検討することを処罰の総罪です。 Job looks upon the sufferings of the righteous as an almost unjust severity of God, which he inflicts for the slightest mistakes, and which the most virtuous man cannot escape (vii, 21; ix 30-21; X, 6, 13-14).仕事は時の苦しみは、不当な正義の重症度を、ほとんどの神として、これには少しも彼の過ちをinflicts 、高潔な男性とは、ほとんどのエスケープすることはできません( 7 、 21 ;三〇 〜二一9世であり、 x 、 6 、 13-14 )です。 The expressions of depression and irreverence uttered by Job are, besides, only venial sins, which human beings can never fully avoid.うつ病と口を表現したもの不敬の仕事には、それに、ささいな罪のみを完全に避けることは人間です。 Job himself says that his words are not to be taken too exactly, they are almost the involuntary expression of his pain (vi, 2-10, 26-27).仕事を自分自身によると、彼の言葉は、あまりにも正確に服用しないで、彼らは不本意な表現とほぼ彼の痛み( 6 、 2-10 、 26-27 ) 。 Many of his utterances the character of temptations in thought which force themselves out almost against the will, rather than of voluntary irreverence towards God, although Job's error was greater than he was willing to acknowledge.彼の発言の多くは文字の誘惑にほぼ反対する考えを自身の意志力ではなく、神の自主的不敬向け、仕事のエラーがより大きいものの彼は喜んで認める。 Thus Job bore all the tests triumphantly, even those caused by his friends.このように全てのテストの勝ち誇って退屈な仕事も含め、彼の友人が原因で発生します。 No matter how terrible the persecutions of God might be, Job held fast to Him (vi, 8-10) and drew ever closer to Him (xvii, 9).恐ろしいの迫害がどんなに神のかもしれない、高速に開かれた彼の仕事( 6 、 8-10 ) 、ドリューまで近づいて彼( 17 、 9 ) 。 In the midst of his sufferings he lauds God's power (xxvi, 5-14) and wisdom (xxviii).彼の苦しみの真っただ中にlauds彼は神の力( 26 、 5-14 )と知恵( 28 )です。 Satan, who had boasted that he could lead Job into sin against God (i, 11; ii, 5), is discredited.サタン、 whoを誇っていた彼を招く可能性の仕事を神に背く(私は、 11 ; 2世、 5 )は、疑わしい。 The epilogue testifies expressly to Job's faithfulness (xlii, 7-9).証言のエピローグで明示的に仕事の貞節( 42 、 7-9 ) 。 After much discourse (iii-xxii) Job finally succeeds in silencing the three friends, although he is not able to convince them of his innocence.後に多く談話( Ⅲ - xxii )の3つの仕事を最後に友達とサイレンシングに成功し、彼は彼のことを説得することはできません潔白です。 In a series of monologues (xxiii-xxxi), interrupted only by a short speech by Baldad (xxv), he once more renews his complaints (xxiii-xxiv), extols the greatness of God (xxvi-xxviii), and closes with a forcible appeal to the Almighty to, examine his case and to recognize his innocence (xxix-xxxi).で、一連のモノローグ( 23 - 31 ) 、短いスピーチを中断するだけでbaldad ( 25 ) 、彼は一度彼の苦情の他の更新( 23 - 24 ) 、 extols神の偉大さ( 26 - 28 ) 、および終了する全能の神を強制的に訴えるものがある、彼のケースを調べると彼の純真さを認識する( 29 - 31 ) 。 At this juncture Eliu, a youth who was one of the company of listeners, is filled by God with the spirit of prophecy (xxxii, 18-22; xxxvi, 2-4).この時点eliuは、その会社青少年whoは、 1つのリスナーは、神との精神に満たされた予言( 32 、 18-22 、 36 、 2-4 ) 。 In a long discourse he solves the problem of suffering, which Job and his friends had failed to explain.談話彼は長い苦しみの問題を解決し、どの仕事を説明すると彼の友人の一人に失敗しました。 He says that suffering, whether severe or light, is not always a result of sin; it is a means by which God tries and promotes virtue (xxxvi, 1-21), and is thus a proof of God's love for his friends.彼によると、苦しみ、または重度の光かどうか、結果は常に罪ではないことは、神の手段を促進しようとすると美徳( 36 、 1-21 ) 、および証明書は、このように、神の愛を彼の友人です。 The sufferings of Job are also such a testing (xxxvi, 16-21).仕事の苦しみにもこのようなテスト( 36 、 16-21 ) 。 At the same time Eliu emphasizes the fact that the dispensations of God remain inexplicable and mysterious (xxxvi, 22; xxxvii, 24).それと同時に、分配eliu事実を強調して神の不可解な神秘的な雰囲気のまま( 36 、 22 、 37 、 24 ) 。 Yahweh speaks at the end (xxxviii-xlii, 6).ヤハウェの最後に話す( 38 - 42 、 6 ) 。 He confirms the statements of Eliu, carrying further Eliu's last thought of the inexplicability of the Divine decrees and works by a reference to the wonder of animate and inanimate nature.彼に確認してステートメントのeliu 、帳簿を考えると、より詳細なeliuの最後のinexplicabilityと作品を、神の政令への参照を、アニメーションと生気のない自然の驚異です。 Job is severely rebuked on account of his irreverence; he confesses briefly his guilt and promises amendment in the future.仕事は彼のアカウントで深刻な叱責を不敬;彼は自分の罪の告白を簡単に改正案と、将来を約束します。

(3) In the epilogue Yahweh bears witness in a striking manner to the innocence of His servant, that is to Job's freedom from gross transgression. ( 3 )は、エピローグヤハウェのクマの目撃者が目立って無罪をして彼の使用人、それはより自由に仕事の総罪です。 The three friends are commanded to obtain Job's intercession, otherwise they will be severely punished for their uncharitable complaints against the pious sufferer.の3つの友達が仕事の執り成しを入手するよう命じ、他のかれらは厳罰に処せられるuncharitable苦情申し立てに苦しんでいる人は信心深いです。 Yahweh forgives the three at the entreaty of Job, who is restored to double his former prosperity.ヤハウェを許しては、懇願の3つの仕事、 whoが復元さを2倍に彼の元繁栄に貢献します。

In his lectures on "Babel und Bibel" Delitzsch says that the Book of Job expresses doubt, in language that borders on blasphemy, of even the existence of a just the God.彼の講義を行う"バベルund bibel "デリッチによると、この本の疑いの仕事を表現し、境界線上で言語を冒とく、さえされたばかりの神が存在する。 These attacks arise from an extreme view of expressions of despondency.これらの攻撃から生じる極端な対象の失望を表現したものです。 Further, the assertions often heard of late that the book contains many mythological ideas prove to be mere imagination.さらに、後半の主張をよく耳には、この本には多くの神話単なる想像力であることを証明するアイデアです。

V. ARRANGEMENT OF THE MAIN, POETIC PORTION OF THE BOOK v.配列のメイン、詩的な部分は、予約

(1)The poetic portion of the book may be divided into two sections: chs. ( 1 )の詩的な部分は、予約年5月の2つのセクションに分けられる: chsです。 iii-xxii and xxiii-xlii, 6.三- xxiiと23 - 42 、 6 。 The first section consists of colloquies: the three friends in turn express their views, while to each speech Job makes a rejoinder.の最初のセクションで構成さcolloquies :エキスプレスの3つの友達を順番に再生回数、仕事中には音声を各反論します。 In the second section the three friends are silent, for Baldad's interposition (xxv) is as little a formal discourse as Job's brief comments (xxxix, 34-35 and xlii, 2-6).の3つの友達と2番目のセクションでは、サイレント、 baldadの介入( 25 )は、仕事のほとんどを正式に談話として簡単なコメント数( 39 、 34-35 、 42 、 2-6 ) 。 Job, Eliu, and Yahweh speak successively, and each utters a series of monologues.仕事、 eliu 、相次いで話すとヤハウェ、および各utters 、一連のモノローグです。 The length of the two sections is exactly, or almost exactly, the same, namely 510 lines each (cf. Hontheim "Das Buch Job", Freiburg im Br., 1904, 44).の長さは、 2つのセクションが正確か、またはほぼ正確には、同じ、つまり各510行( cf.ホントハイム" dasブーフの仕事" 、フライブルクイムしました。 、 1904 、 44 ) 。 The second division begins with the words: "Now also my words are in bitterness" (xxiii, 2; AV: "Even today is my complaint bitter"). 2番目の課の言葉で始まる: "今すぐに苦味も私の言葉は" ( 23 、 2 ; av : "今日は私の苦情も苦い" ) 。 This shows not only that with these words a new section opens, but also that the monologues were not uttered on the same day as the colloquies.このショーは、これらの言葉だけでなく、新しいセクションが開いたら、だけでなく、モノローグは、口で同じ日には、 colloquiesです。 The first monologue is evidently the opening of a new section, not a rejoinder to the previous speech of Eliphaz (xxii).の最初の独白の開口部は明らかにし、新しいセクションではなく、返答して前の演説eliphaz ( xxii ) 。

(2) The colloquies are divided into two series: chs. ( 2 )の2つのシリーズに分かれてcolloquies : chsです。 iii-xiv and xv-xxii. 3 - 14および15 - xxii 。 In each series Eliphaz, Baldad, and Sophar speak in turn in the order given (iv-v, viii, xi, and xv, xviii, xx), while Job replies to each of their discourses (vi-vii, ix-x, xii-xiv, xvi-xvii, xix, xxi).それぞれのシリーズeliphaz 、 baldad 、有効とされている順番で話すsophar与えられた( 4 - V電源、 viii 、西、 15 、 18 、イグゼクス) 、中の仕事の返信をそれぞれの談話( 6 - 7 、 9世Xは、 12 - 14 、 16 - 17 、 19 、 xxi ) 。 The first series, furthermore, is opened by a lament from Job (iii), and the second closes with a speech by Eliphaz in which he weakly reproaches Job (xxii - it is generally held that this chapter begins a new series), who rightly leaves this address unanswered.の最初のシリーズ、また、嘆き悲しむより仕事が開かれる( iii ) 、第2番目の明日の演説を非難eliphazでは彼の仕事弱( xxii -それは一般的に行われたが、この章の新シリーズを開始する) 、 w ho正しくこのアドレスの葉、返事はなかった。 Each series contains seven speeches. 7つのスピーチの各シリーズが含まれています。 In the first the friends try to convince Job of his guilt and of the necessity and good results of amendment.第一に、友達の仕事をしようと彼の罪悪感を説得するとの結果を改正する必要性と良いです。 Eliphaz appeals to Revelation (iv, 12-21), Baldad to the authority of the Fathers 8-10), Sophar to understanding or philosophy (xi, 5-12). eliphazの訴えを啓示( 4 、 12-21 ) 、 baldadをする権限には、父の8-10 ) 、または哲学を理解するsophar (十一、 5-12 ) 。 Eliphaz lays weight on the goodness of God (v, 9-27), Baldad on His justice (viii, 2-7), Sophar on His all-seeing power and wisdom, to which Job's most secret sins were plain, even those which Job himself had almost forgotten (xi, 5-12).体重を産むeliphaz善神( V電源、 9月27日) 、彼の正義をbaldad (八、 2-7 ) 、彼のすべて- sopharを見て力と知恵、仕事のほとんどの秘密の罪には平野が、たとえどの自分の仕事はほとんど忘れてしまった(十一、 5-12 ) 。 In the second series of speeches the friends try to terrify Job: one after the other, and in much the same form of address, they point out the terrible punishment which overtakes hidden sin. 2番目のシリーズのスピーチに、友達の仕事をしようと怖がら: 1つした後、他のとほぼ同じ形式のアドレスを、彼らがやって来た指摘して隠された恐ろしい罰罪です。 During the first series of speeches Job's despondency continually increases, even the thought of the future bringing him no comfort (xiv, 7-22); in the second series the change to improvement has begun, and Job once more feels joy and hope in the thought of God and the future life (xvi, 18-22; xix, 23-28).スピーチの最初のシリーズの中に落胆の仕事の継続が増加すると、もたらすさえ、彼の将来を考えると、快適度( 14 、 7-22 ) ;さの変化を改善するための2番目のシリーズが始まって、他の感じと仕事を一度は、喜びと希望考えて、神との将来の生活( 16 、 18-22 、 19 、 23-28 ) 。

(3) The monologues may also be divided into two series. ( 3 )のモノローグされることもあります分けて2つのシリーズです。 The first includes the monologues of Job, seven in number.の最初の仕事には、モノローグの、 7つの番号です。 First Job repeats is complaint to God (xxiii-xxiv), asserts, however, in three speeches his unchangeable devotion to God by lauding in brilliant discourse the power (xxvi), justice (xxvii), and wisdom (xxviii) of the Almighty.繰り返される最初の仕事は、神に苦情を申し立てる( 23 - 24 ) 、アサート、しかし、彼の不変の3つのスピーチlaudingで献身的な愛情を見事な談話を神の力( 26 ) 、正義( 27 ) 、と知恵( 28 )は、全能の神です。 Finally in three further speeches be lays his case before God, imploring investigation and recognition of his innocence: How happy was I once (xxix), how unhappy am I now (xxx), and I am not to blame for this change (xxxi).最後に3つのより詳細なスピーチを産む彼の場合は神の前に、彼の無罪を懇願捜査との認識:どのよう幸せは、私一度( 29 ) 、どのよう不幸な私今すぐ( xxx )をし、私はこの変更に責任を負わ( 31 )です。 The second series contains the discourses of Eliu and Yahweh, also seven in number. 2番目のシリーズには、談話のeliuとヤハウェ、また7つの番号です。 In three speeches Eliu explains the sufferings which befall men. 3つのスピーチeliu説明して男性の苦しみを覆った。 Trouble is often a Divine instruction, a warning to the godless to reform (xxxii-xxxiii, 30), thus revealing the goodness of God; it is often simply a punishment of the wicked who are perhaps in no way bettered by it (xxxiii, 31-xxxv), thus revealing the justice of God.神の命令のトラブルは、多くの場合は、警告を改革して神を恐れぬ( 32 - 33 、 30 )は、このように明らかに神の善良さ;処罰することはしばしば、単にwhoは、おそらく、邪悪なものではありませんbetteredされて( 33 、 31 - 35 ) 、神の正義がこのように明らかにします。

(4) Finally, troubles can also overtake the just as a trial which purifies and increases their virtue (xxxvi-xxxvii), thus revealing God's unfathomable wisdom. ( 4 )最後に、トラブルこともできます。抜いて、同じように裁判を浄化すると彼らの美徳の増加( 36 - 37 ) 、このように明らかに計り知れない神の知恵です。 The following four utterances of Yahweh illustrate the inscrutableness, already touched upon by Eliu, of the Divine wisdom by dwelling upon the wonders of inanimate nature (xxxviii, 1-38), of the animal world (xxxviii, 39-xxxix), and especially by referring to the great monsters of the animal world, the hippopotamus and the crocodile (xl, 10-xli).ヤハウェは、次の4つの発言を明らかにするinscrutablenessは、すでに触れたeliuされ、住居、神の知恵を生気のない時の自然の素晴らしさ( 38 、 1-38 ) 、動物の世界( 38 、 39 - 39 ) 、および、特に偉大なモンスターを参考にし、動物の世界は、カバとワニ( xl 、 10 - 41 ) 。 He then closes with a rebuke to Job for expressing himself too despondently and irreverently concerning his sufferings, upon which Job confesses his guilt and promises amendment (xxxix, 31-xl, 9 and xlii, 1-6); it appears that xxxix, 31-xl, 9, should be inserted after xli.彼は仕事を入力し、明日と非難して自分自身を表現するとあまりにも落胆して不敬に関する彼の苦しみは、彼の告白に罪悪感を仕事と約束改正( 39 、 31 - xl 、 9 、 42 、 1-6 ) ;とされている39 、 31 - xl 、 9日、第41回の後が挿入されるべきです。

VI. Ⅵ 。 DESIGN OF THE BOOKデザインは、予約

The Book of Job is intended to give instruction.この本の仕事を意図して命令を与える。 What it lays special stress on is that God's wisdom and Providence guide all the events of this world (cf. xxviii, xxxviii-xii).どのような特別なストレスを産むことは、神の知恵とプロビデンスガイドのすべてのイベントは、次の世界( cf. 28 、 38 - 12 ) 。 The main subject of investigation is the problem of evil and its relation to the Providence of God; particularly considered is the suffering of the upright in its bearing on the ends intended in the government of the world.アジ研の調査の主な問題は、悪とその関連して、神の摂理;特に考慮の苦しみには、縦置き、その軸受の両端には、政府の意図の世界です。 The Book of Job is further intended for edification, for Job is to us an example of patience.この本の仕事はより詳細な意図を教化、先の例の仕事にしてしばらくお待ちください。 It is, finally, a book of consolation for all sufferers.これは、最後に、予約の慰めのすべての患者です。 They learn from it that misfortune is not a sign of hatred, but often a proof of special Divine love.彼らから学ぶことが不幸の兆候を憎しみではない、しかし、多くの場合特別な神の愛の証拠です。 For the mystical explanation of the book, especially of Job as a type of Christ, cf.この本は、神秘的な説明を、特にキリストのタイプの仕事に就くことが、継続前誌です。 Knabenbauer, "In Job", 28-32. knabenbauer 、 "仕事" 、 28-32 。

VII. Ⅶ 。 TEACHING AS TO THE FUTURE LIFE将来の生活を教える

In his sufferings Job abandoned all hope for the restoration of health and good fortune in this world (xvii, 11-16; xxi).彼の苦しみの仕事のすべての希望を捨てられたの健康と幸運の回復をこの世界( 17 、 11-16 ; xxi ) 。 If he were to continue to hold to the hope of reward here Satan would not be defeated.もし彼が希望を続行するの報奨金を保持して、ここサタンに敗北はない。 In the complete failure of all his earthly hopes, Job fastens his gaze upon the future.完全な失敗は、この世のすべての彼の希望は、彼の視線に、将来の仕事fastensです。 In the argument of the first series of speeches Job in his depression regards the future world only as the end of the present existence.は、引数の最初のシリーズのスピーチの仕事に自分の将来の世界のうつ病に関してのみ、現在の存在としての終わりにします。 The soul indeed lives on, but all ties with the present world so dear to us are forever broken.実際に住んでの魂が、すべての関係にあるため、現在の世界を愛する私たちは永遠に壊れています。 Death is not only the end of all earthly suffering (ii, 13-19), but also of all earthly life (vii, 6-10), and all earthly joys (x, 21-22), with no hope of a return to this world (xiv, 7-22).死ではないこの世のすべての苦しみの最後にのみ( 2世、 13-19 ) 、この世のすべての生活だけでなく、 ( 7 、 6-10 ) 、およびすべてのこの世の喜び( x 、 21-22 ) 、復帰の望みのないこの世界( 14 、 7-22 ) 。 It is not until the second series that Job's thoughts on the future life grow more hopeful. 2番目のシリーズまでではないが、将来の仕事についての考えを希望に満ちた人生をもっと成長します。 However, he expects as little as in the first discussion a renewal of the life here, but hopes for a higher life in the next world.しかし、彼のようにほとんど期待としての最初のディスカッションは、更新の生活をここでは、しかし、高い生活を期待して、次の世界です。 As early as chapter xvi (19-22) his hope in the recognition of his virtue in the next world is strengthened.早ければ第16章( 19-22 )彼の希望を彼の美徳の認識は、次の世界が強化される。 It is, however, in xix (23-28) that Job's inspired hope rises to its greatest height and he utters his famous declaration of the resurrection of the body.これは、しかし、 19 ( 23-28 )が仕事のインスピレーションが上昇し、最大の期待の高さと彼は彼の有名なuttersの復活を宣言している。 Notwithstanding this joyous glimpse into the future, the difficult problem of the present life still remained: "Even for this life how can the wisdom and goodness of God be so hard towards His servants?"にもかかわらず、この喜ばしい垣間見ることが将来的には、現在の生活の困難な問題がまだ残っ: "この人生でもどのようにして善神の知恵と彼の召使向けのがこんなに難しいですか? " Of this the complete solution, so far as such was possible and was included in the plan of the book, does not appear until the discourses of Eliu and Yahweh are given.は、次のの完全な解決策は、これまでのところとしては、可能な限りこのような計画は含まれているこの本は、が表示されない場合eliuするまで、談話とヤハウェが与えられたのです。 Great efforts have been made by critics to alter the interpretation of ch.大きな努力がなされ解釈を変更するにはあなたの批評家です。 xix, and to remove from it the resurrection of the body; the natural meaning of the words, the argument of the book, and the opinion of all early commentators make this attempt of no avail (cf. commentaries, as those of Knabenbauer, Hontheim, etc.; also the article "Eine neue Uebersetzung von Job xix, 25-27" in the "Zeitschrift f롴h. Theologie", 1907, 376 sqq.). 19 、それからの復活を削除すると、ボディ;の自然の言葉の意味を、その本の引数、との意見のすべての初めにこの試みを無用の解説( cf.論評は、それらのknabenbauerとして、ホントハイム等;また、サポート技術情報" eineノイエuebersetzungフォンジョブ19 、 25-27 " 、 " zeitschrift f 롴笠原theologie " 、 1907 、 376 sqq 。 ) 。 See the commentaries for the doctrines of the Divine wisdom (xxviii), etc.詳細については、論評は、教説は、神の知恵( 28 )など。

VIII. Ⅷ 。 INTEGRITY OF THE BOOKこの本の整合性を

Prologue and epilogue (i-ii; xlii, 7 sqq.) are regarded by many as not parts of the original work.プロローグとエピローグ(私- Ⅱ ;拾弐、 7 sqq 。 )は、多くのではないと考えられた部分は、元の仕事です。 The prologue, though, is absolutely essential.プロローグでは、は確実に欠かせない。 Without it the colloquies would be unintelligible, nor would the reader know the end whether to believe the assertion of Job as to his innocence or not. colloquiesがなくて、判読できない、また、読者は知っているかどうかを信じては最後の仕事として彼の無罪を主張したかどうかです。 Upon hearing the rebukes of Eliu and Yahweh, he might be exposed to the danger of siding against Job. rebukesのを聞いてヤハウェeliuと、彼の危険性にさらされるかもしれないサイディング反対の仕事です。 Without the epilogue the close of the work would be insatisfactory, an evident humiliation of the righteous.エピローグでの仕事を閉じるinsatisfactoryは、屈辱を明らかに正しいです。 For detailed treatment of this and kindred questions see Hontheim, op.治療の詳細は、次のと類似の質問を参照ホントハイム、営業です。 cit.千葉工大です。

(2) Many also regard ch. ( 2 )に関して多くのもあなたのです。 xxvii, 7-23, as a later addition; in this passage Job maintains that the wicked suffer in this world, while elsewhere he has declared the contrary. 27 、 7-23 、それ以降のに加え; 、この通路を維持して邪悪な仕事に苦しむその世界では、他の彼は宣言している間に反しています。 The answer is: Job teaches that God is accustomed even in this world to reward the good in some measure and to punish the wicked.その答えは:仕事を教えることに慣れ、神はこの世界にも、いくつかの良い報酬を処罰を測定して、邪悪な。 In other passages he does not deny this rule, but merely says it has many exceptions.他の通路このルールを否定する必要はない、しかし、それだけは言うには多くの例外があります。 Consequently there is no contradiction.その結果矛盾がない。 [See above, IV (2).] Besides it may be conceded that Job is not always logical. [参照の上、 4世( 2 )です。 ]以外に譲歩かもしれないが仕事ではないが、常に論理的です。 At the beginning, when his depression is extreme, he lays too much emphasis on the prosperity of the godless; gradually he becomes more composed and corrects earlier extreme statements.の冒頭に、彼のうつ病は、極端なときに、彼の蓄えを強調し過ぎるの繁栄のために神を恐れぬ;徐々に彼の他の構成となる以前の極端なステートメントを修正します。 Not everything that Job says is the doctrine of the book.仕事はすべてのことは言うが、その教義を予約します。 [See above, II (2).] [参照の上、 2世( 2 )です。 ]

(3) Many regard ch. ( 3 )あなたの多くの点です。 xxviii as doubtful, because it has no connection with what goes before or follows and is in no way related to the subject-matter of the book.二十八疑わしいとして、それがない、または次のように接続する前に何が起きるのではありませんが主題に関連して、予約します。 The answer to this is that the poet has to show how the suffering of Job does not separate him from God, but, against the intent of Satan, drives him into closer dependence on God.その答えをこのを表示するのは、詩人は、苦しみをどのように別々の彼の仕事はありませんから、神は、しかし、反対する悪魔の意図を、ドライブの彼に依存して神に近いです。 Consequently he represents Job, after his complaints (xxiii-xxv), as glorifying God again at once, as in xxvi-xxvii, in which Job lauds God's power and righteousness.したがって彼は仕事を表し、彼の苦情をした後( 23 - 25 ) 、神として賞賛を一度に再度のように、二十六-二十七、 laudsでは、神の力と正義の仕事です。 The praise of God is brought to a climax in xxviii, where Job extols God's power and righteousness.神の称賛を吸わしてクライマックスで二十八、ここでの仕事extols神のパワーと正義です。 After Job has thus surrendered himself to God, he can with full confidence, in xxix-xxxi, lay his sorrowful condition before God for investigation.降伏した後の仕事は、このように自分自身を神よ、彼は自信を持っては、二十九-三十一、神の前レイ彼の悲しげな条件を調査中です。 Consequently xxviii is in its proper place, connects perfectly with what precedes and follows, and harmonizes with the subject-matter of the book.その結果、その適切な場所は、二十八、どのような接続が完璧になる前に、次のように、との調和を、この本の主題です。

(4) Many regard the description of hippopotamus and crocodile (xl, 10-xli) as later additions, because they lack connection with xxxix, 31-xl, 9, belonging rather to the description of animals in xxxix. ( 4 )多くの点の説明をカバとワニ( xl 、 10 - 41 )としてへの追加、接続性に欠けるため、 39 、 31 - xl 、 9日、所属むしろ39の動物の説明をしています。 In reply it may be said that this objection is not without force.への返信によると、この異議申立かもしれないがないわけでは強制的です。 Who ever agrees with the present writer in this opinion need only hold that xxxix, 31-xl, 9, originally followed xli. whoまで同意すると、現在の作家、この意見のみを保持する必要がありますが39 、 31 - xl 、 9日、当初41回続けています。 The difficulty is then settled, and there is no further reason for considering the splendid description of the two animals as a later insertion.の難しさを入力し、定住し、より詳細な理由がない素晴らしいの説明を考慮して、後の2つの動物を挿入します。

(5) There is much disagreement as to the speeches of Eliu (xxxii-xxxvii). ( 5 )には多くのスピーチを中心とした意見の相違をeliu ( 32 - 37 ) 。 With the exception of Budde, nearly all Protestant commentators regard them as a later insertion, while the great majority of Catholic investigators rightly defend them as belonging to the original work.バッドを除いて、ほぼすべてのプロテスタントについての解説者へ挿入するには、捜査官が、大多数のカトリック当然それらを守るため、元の仕事に属しています。 The details of this discussion cannot be entered upon here, and the reader is referred to the commentaries of Budde and Hontheim.この議論の詳細を入力することはできませんここでは、との論評をReaderには言及してホントハイムバッドとします。 The latter sums up his long investigation in these words: "The section containing the speeches of Eliu has been carefully prepared by the poet and is closely and with artistic correctness connected with the previous and following portions. It is united with the rest of the book by countless allusions and relations. It is dominated by the same ideas as the rest of the poem. It makes use also of the same language and the same method of presentation both in general and in detail. All the peculiarities exhibited by the author of the argumentative speeches are reproduced in the addresses of Eliu. The content of this portion is the saving of the honour of Job and is essential as the solution of the subject of discussion. Consequently there is no reason whatever for assuming that it is an interpolation; everything is clearly against this" (Hontheim, op. cit., 20-39. Cf. also Budde, "Beitr䧥 zur Kritik des Buches Hiob", 1876; Knabenbauer, "In Job").後者の彼の長い調査を合計するこれらの言葉: "のセクションを含むeliuスピーチを中心とした慎重に準備されてきたとは密接な詩人や芸術の正しさを次のように接続して前の部分です。れるUnitedでの残りの部分はその本allusionsとの関係を数えきれないほどです。これは、同じアイデアに支配され、詩としての残りの部分です。それは、同じ言語を使用するとも同様の手法は一般の両方でプレゼンテーションを詳細にします。のすべての特性に展示された著者は、スピーチが再現されて議論をふっかけてくるのアドレスをeliu 。の内容を保存するのは、この部分の名誉の仕事とは、本質的な解決策として、アジ研の議論があります。そのためにどんな理由がないと仮定して補間することは、すべてこれは明らかに" (ホントハイム、営業します。 〜 Cit 。 、二十〜三十九。継続前誌です。もバッド、 " beitr䧥zur kritikデbuches hiob " 、 1876 ; knabenbauer 、 "仕事" ) 。 Anyone who desires to consider the speeches of Eliu as a later addition must hold, by the teaching of the Church, that they are inspired.誰who欲望を考慮して、後のスピーチを中心としたeliuとして保持する必要があります。加えて、教会の教えを、かれらは、インスピレーションです。

(6) There is in general no reason whatever for considering any important part of the book either large or small as not belonging to the original text. ( 6 )一般的にはどのような理由のない任意の重要な部分を検討し、書籍のいずれかに所属する大規模または小規模ではない、元のテキストです。 Equally baseless is the supposition that important portions of the original composition are lost.根拠は等しく重要な部分と仮定して、元の組成は失われます。

IX. 9 。 CONDITION OF THE TEXT状態を分析し、テキスト

The most important means for judging the Massoretic Text are the old translations made directly from the Hebrew: the Targum, Peshito, Vulgate, Septuagint, and the other Greek translations used by Origen to supplement the Septuagint.最も重要な手段を判断するのは、古い技術情報の翻訳はmassoreticテキストから直接、ヘブライ語:ターガム、 peshito 、ウルガタ聖書、セプトゥアギンタは、ギリシア語の翻訳と、他の原産地を補完するのセプトゥアギンタ使用されています。 with the exception of the Septuagint, the original of all these translations was essentially identical with the Massoretic Text; only unimportant differences can be proved.を除いては、セプトゥアギンタは、元のすべてのこれらの技術情報の翻訳は、本質的に同じテキストをmassoretic ;のみ取るに足りないことであることが立証の違いです。 On the other hand, the Septuagint in the form it had before Origen, was about four hundred lines, that is one-fifth shorter than the Massoretic Text.その一方では、セプトゥアギンタの形で原産地ていた前には約400行、それは5分の1のmassoreticより短いテキストです。 Origen supplied what was lacking in the Septuagint from the Greek translations and marked the additions by asterisks.原産地の供給が不足して何がセプトゥアギンタギリシャ語の翻訳やスパムからのアスタリスクに追加されています。 Copyists generally omitted these critical signs, and only a remnant of them, mixed with many errors, has been reserved in a few manuscripts.省略された場合、通常、これらの重要な兆候copyists 、およびのみを残留し、多くのエラーが混合され、いくつかの原稿で予約されています。 Consequently knowledge of the old form of the Septuagint is very imperfect.その結果、古い形式の知識を、セプトゥアギンタは非常に不完全です。 The best means now of restoring it is the Copto-Sahidic translation which followed the Septuagint and does not contain Origen's additions.今すぐに復元することが最良の手段のcopto - sahidicセプトゥアギンタの翻訳が続くと、原産地の追加機能が含まれていません。 This translation was published by Ciasca, "Sacrorum Bibliorum fragments Copto-Sahidica" (2 vols., Rome, 1889), and by Amelineau in "Transactions of the Society of Biblical Archeology", IX (1893), 409-75.この翻訳が公開されciasca 、 " sacrorum bibliorum断片copto - sahidica " ( 2 vols学です。 、ローマ、 1889 ) 、およびamelineau 、 "取引は、社会の聖書考古学" 、 9世( 1893 ) 、 409から75です。 Hatch and Bickell claim that the shorter text of the Septuagint is in general the earlier one, consequently that the present Massoretic Text is an expansion of a shorter original.ハッチとbickellと主張している短いテキストは、セプトゥアギンタは、一般的に、以前の1つ、その結果を、現在のmassoreticテキストは、オリジナルの拡大を短くする。 Nearly all other investigators hold the opposite, that the Septuagint was produced by cutting down an original which varied but little from the Massoretic Text.ほぼすべての他の捜査官ホールドはその反対に、切削して制作されたセプトゥアギンタは、オリジナルのダウンからの様々なmassoreticしかし、ほとんどのテキストです。 This was also Bickell's view in earlier years, and is the real state of the case.これは以前の年間の見方もbickell 、との場合は、実際の状態です。 To avoid repetition and discursive statements, the translators of the Septuagint omitted much, especially where the reading seemed doubtful, translation difficult, the content anthropomorphic, unworthy of Job, or otherwise objectionable.とりとめの繰り返しとのステートメントを避けるために、多くの翻訳者は、セプトゥアギンタ省略された場合、特にここで読書するよう疑わしい、翻訳困難な場合、コンテンツの擬人化、値しない仕事か、またはその他の好ましくない。 In doing this the translation frequently disregards the fundamental principle of Hebrew poetry, the parallelism of the lines.この翻訳を行う際の基本的な原理を無視頻繁にヘブライ語詩は、平行している行です。 In brief the critical value of the Septuagint is not great; in almost all instances the Massoretic Text is to be preferred.重要なの値を簡単に言うと、セプトゥアギンタではない素晴らしい; massoreticテキストのほぼすべてのインスタンスを推奨します。 Taken altogether, the Massoretic has preserved the original form of the consonantal text fairly well, and needs but a moderate amount of critical emendation.全体から見て、保存するには、元のmassoretic子音の形式のテキストをかなりええと、とのニーズではなく、適度な量の重要な校正します。 The punctuation (vowel signs and accents), it is true, frequently requires correction, for the punctuators did not always lightly understand the often difficult text; at times also words are not properly divided.の句読点(母音記号とアクセント) 、それがtrueの場合、頻繁に必要な補正は、常に軽くしなかったpunctuatorsをよく理解して困難なテキスト;は倍もの言葉が正しく分かれています。

X. TECHNICAL SKILL OF THE AUTHOR AND THE METRE Xの技術的なスキルは、著者とのメートル

Chapters iii-xlii, 6, are poetical in form.章3 - 42 、 6 、詩的では、フォームです。 This part of the book consists of about 102O lines.この本のこの部分で構成さ約102o行です。 The verses, which do not always correspond with the Massoretic verses of our editions, are generally divided into two clauses or lines which are parallel in content.の詩、これは必ずしも対応してmassoretic詩のエディションは一般に分けて2つの節またはコンテンツのラインが平行しています。 There are also a number of verses, about sixty, of three clauses each, the so-called triplets.また、いくつかの詩には、約60人、の3つの節をそれぞれの、いわゆるトリプレットです。 It is an unjustifiable violence to the text when a critic by removing one clause changes these triplets into couplets.これは不当な暴力を振るうときに評論家のテキストを取り外すことによって、これらのトリプレットを1つの条項を変更couplets 。 The verses form the twenty-eight speeches of the book which, as already stated, make four series of seven speeches each.詩を形成するのスピーチを中心とした28本を、前述のとおり、それぞれに4つのシリーズの7つのスピーチです。 The speeches are divided, not directly into lines, but into strophes.のスピーチは、分断ではなく、直接線、しかしをstrophes 。 It is most probable that the speeches formed from strophes often, perhaps always follow the law of "choral structure" discovered by Father Zenner.これは最も確からしいからは、スピーチに形成さstrophes多くの場合、おそらく、常に次の法則"合唱の構造"によって発見さzennerの父です。 That is, the speeches often or always consist of pairs of strophes, divided by intermediate strophes not in pairs.それは、多くの場合、または、常にスピーチのペアで構成さstrophes 、中間strophesていないのペアで割った値です。 The two strophes forming a pair are parallel in content and have each the same number of lines. strophesを形成する2つのペアが平行して、コンテンツの行数をそれぞれのと同じです。 For a further discussion of this subject see Hontheim, op.は、より詳細な議論は、次の件名を参照ホントハイム、営業です。 cit.千葉工大です。 Investigators are not agreed as to the construction of the line.捜査当局はないの建設に合意したの行です。 Some count the syllables, others only the stresses, others again the accented words.いくつかの音節数、その他のストレスのみ、他の再度のアクセントの言葉です。 It would seem that the last view is the one to be preferred.どうやらのようである。の最後の対象は、 1つをお勧めします。 There are about 2100 lines in the Book of Job, containing generally three, at times two or four, accented words.日本には約2100本の仕事の行を含む一般的に3つ、 2つまたは4つの時、アクセントの言葉です。 Besides the commentaries, cf.に加えて、論評、継続前誌です。 Gietmann, "Parzival, Faust, Job" (Freiburg im Br., 1887); Baumgartner, "Gesch. d. Weltliteratur", I (Freiburg im Br., 1901), 24 sqq. gietmann 、 " parzival 、ファウスト、仕事" (フライブルクイムしました。 、 1887 ) ; baumgartner 、 " geschします。 d. weltliteratur " 、私(フライブルクイムしました。 、 1901 ) 、 24 sqq 。 One peculiarity of the author of Job is his taste for play upon words; for example, ch.の著者の仕事の特色の一つは、彼の趣味をプレイ時の言葉、例えば、あなたのです。 xxi contains a continuous double meaning. xxiには、連続二重の意味です。

XI. Ⅹ Ⅰ 。 TIME OF COMPOSITION時間を組成

The author of the book is unknown, neither can the period in which it was written be exactly determined.その本の著者は不明ですが、どちらもすることができますされていた時代に書かれたが正確に決定された。 Many considered the book the work of Job himself or Moses.多くの仕事を考えて仕事を予約して自分自身やモーゼスです。 It is now universally and correctly held that the book is not earlier than the reign of Solomon.普遍的かつ正確に行われたことは今すぐには、この本ではないの治世よりも早くソロモンのです。 On the other hand it is earlier than Ezechiel (Ezekiel 14:1-20).その一方でそれよりも早いezechiel (エゼキエル14:1-20 ) 。 For it is the natural supposition that the latter gained his knowledge of Job from the Book of Job, and not from other, vanished, sources.これは、自然を仮定して、後者の知識を得た彼の仕事からの予約の仕事ではなく、他の、今は亡き、ソースです。 It is claimed that allusions to Job have also been found in Isaias, Amos, Lamentations, some of the Psalms, and especially Jeremias.これはallusionsを仕事と主張しても発見されてisaias 、アモス、哀歌、いくつかの詩篇を授けた、特にイェレミアスです。 Many Catholic investigators even at the present time assign the book to the reign of Solomon; the masterly poetic form points to this brilliant period of Hebrew poetry.多くのカトリックの捜査官でさえも、現在の時間に本を割り当てるには、ソロモンの治世し、見事な詩的なフォームを指して、この詩のヘブライ語輝いている時期です。 The proofs, however, are not very convincing.の証拠は、しかし、非常に説得力はない。 Others, especially Protestant investigators, assign the work to the period after Solomon.その他、特にプロテスタントの捜査官は、仕事を割り当てるにはソロモンした後の期間です。 They support this position largely upon religious historical considerations which do not appear to have much force.彼らのサポートこのポジション主に宗教的な歴史的な考慮事項にはどのくらい力が表示されないようです。

Publication information Written by Joseph Hontheim.出版物の情報執筆者ジョセフホントハイムです。 Transcribed by F. Gilles Beaudet, fsc.女性ジルbeaudet転写され、金監委です。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Full bibliographies are to be found in CORNELY, Introductio in UT libros sacros, II (2nd ed., 1897), ii, 71 sqq., and in the commentaries of DILLMANN and BUDDE, cf.フルbibliographies学される発見さcornely 、図書館sacrosユタintroductioで、 2世(第2版、 1897 ) 、 2世、 71 sqq 。 、およびディルマンとバッドの論評は、継続前誌です。 also the various Introductions to the Scripture, as GIGOT (1906); TROCHON (1886); KAULEN (4th ed., 1899); CORNELY (2nd ed., Paris, 1897); further the articles on Job in the theological and Biblical encyclopedias.また、様々な啓典を紹介して、ジゴ( 1906 ) ; trochon ( 1886 ) ; kaulen (第4エド。 、 1899 ) ; cornely (第2版です。 、パリ、 1897 ) ;より詳細な記事での仕事をするの神学と聖書の百科事典です。 Of the large number of commentaries on Job the following may be mentioned.論評は、数多くの仕事は、次の5月に言及しています。 Catholic: WELTE (1849); KNABENBAUER (Paris, 1886), HONTHEIM (1904).カトリック: welte ( 1849 ) ; knabenbauer (パリ、 1886 ) 、ホントハイム( 1904 ) 。 Non-Catholic: DELITZSCH (2nd ed., 1876); DILLMANN (4th ed., 1891); DAVIDSON in Cambridge Bible (1895); BUDDE (1896); DUHM (1897); WIGHT AND HIRSCH, A Commentary on the Book of Job from a Hebrew Manuscript in the University Library, Cambridge (1905).非カトリック教徒:デリッチ(第2版、 1876 ) ;ディルマン(第4エド。 、 1891 ) ;デビッドソン、ケンブリッジ聖書( 1895 ) ;バッド( 1896 ) ;ドゥーム( 1897 ) ;ワイトとハーシュは、上の書籍の解説ヘブライ語の原稿からの仕事は、大学図書館、ケンブリッジ( 1905 ) 。 Among special works mention may be made of: BICKELL, De indole ac ratione versionis Alexandrinae in interpretando libro Jobi (1862); IDEM, Carmina Vet. 5月の間に作られた特別な作品に言及: bickell 、デインドールのAC interpretandoリブロratione versionis alexandrinaeにjobi ( 1862 ) ;同じ、カルミナ獣医です。 Test.試験。 metrice (18S2); GIETMANN, De re Metrica Hebraeorum (1880); VETTER, Die Metrik des Buches Job (1897); BEER, Text des Buches Hiob untersucht (1897); ROGER, Eschatologie des Buches Job (1901); POSSELT, Der Verfasser der Eliureden (1909). metrice ( 18s2 ) ; gietmann 、デ再metrica hebraeorum ( 1880 ) ;フェッター、死ぬmetrikデbuches仕事( 1897 ) ;ビール、テキストデbuches hiob untersucht ( 1897 ) ;ロジャー、 eschatologieデbuches仕事( 1901 ) ;ポッセルト、 der verfasser der eliureden ( 1909 ) 。


Book of Jobヨブ記

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Complaint and Rejoinders.苦情やrejoindersです。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Speeches of Elihu.スピーチを中心としたelihuです。

-Critical View:クリティカルな対象:

The Doctrine of Retribution.報復の原則です。

Job's Replies.仕事の返信です。

Composition of the Book.この本の組成をします。

Second and Third Dialogues. 2番目と3番目の対話です。

Later Additions and Changes in the Text.への追加や変更されたテキストです。

Textual Criticism.原典批評家です。

Translations.技術情報の翻訳です。

Complaint and Rejoinders.苦情やrejoindersです。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

A dramatic poem in forty-two chapters, the characters in which are Job, his wife (mentioned only once, ii. 9), his three friends-Eliphaz, Bildad, and Zophar-Elihu, and God (see Drama, Hebrew).劇的な42編の詩が、仕事の文字では、彼の妻(言及は一度だけ、 2世です。 9 ) 、彼の3つの友達と- eliphaz 、 bildad 、およびzophar - elihu 、および神(ドラマ、ヘブライ語) 。 Ch.あなたのです。 i.-ii.: Prologue, describing Job's prosperity, its disappearance,and the calamities sent upon him at the suggestion of Satan. i.-ii. :プロローグ、仕事の繁栄を記述、その消失、送られると、災害時の彼は、悪魔の提案です。 Ch.あなたのです。 iii.: Job's complaint. Ⅲ 。 :仕事の苦情です。 He curses the day he was bron; wishes he had died immediately after birth; thinks death preferable to a life of misfortune.彼は呪いの日彼はブロン;願い出生直後に死亡していた;考え死望ましい生活して不幸な出来事です。 Ch.あなたのです。 iv.-v.: Reply of Eliphaz. iv.-v. :返信のeliphazです。 He declares that a truly righteous man is never afflicted; that a man sometimes thinks himself just, though he is unjust: hence his complaint.彼は真の正義を宣言して苦しんでいる人には決して;は、男時には自分自身だけと考え、かかわらず、彼は、不当な:それゆえ彼の申し立てをご覧いただけます。 He exhorts Job to turn to God in sincerity, who will surely restore him to well-being.彼は仕事を有効にexhorts誠意を神に、 whoは必ず彼に幸福を復元します。 Ch.あなたのです。 vi.-vii.: Job resumes his complaint. vi. - Ⅶ 。 :彼の苦情の仕事を再開します。 His afflictions are greater than he can bear; his sole desire is to die at once, all his friends having deserted him.彼の試練は、彼はクマよりも大きい;彼の唯一の願いは死ぬのを一度に、すべての人けのない彼の友人が彼です。 He relates his sufferings, and reproaches God, who takes delight in torturing him.彼は彼の苦しみに関連し、非難の神、 whoは、拷問を楽しみにした。 Ch.あなたのです。 viii.: Reply of Bildad. Ⅷ 。 :返信のbildadです。 He reproaches Job for his injustice toward God, declaring that if he were really upright, God would not have so afflicted him, and that the prosperity of the wicked, of which Job complains, is unstable.彼は自分の仕事を非難不公平に向かっ神よ、もし彼が本当に直立と宣言し、神はない彼がとても苦しんでいる、と繁栄のためには、邪悪な、うちの仕事に文句は、不安定です。 Ch.あなたのです。 ix.-x.: Job represents God as a capricious tyrant, who lets His hand fall on both the just and the unjust. ix.-x. :神としての仕事を表し気まぐれな暴君、 whoでは、彼の手にかかってとの両方の不当なだけです。 He maintains that God knows that he is not wicked, and yet tortures him.彼は神の維持が知っている彼ではないが邪悪な、と彼はまだありません拷問です。 Ch.あなたのです。 xi.: Zophar, in reply, accuses Job of wickedness, for which he is being punished, and exhorts him to repent. XI 。の: zopharは、返信、非難の仕事の邪悪では、彼は処罰されて、彼を後悔するとexhortsです。 Ch.あなたのです。 xii-xiv.: Job declares that he is as wise as his friends and that he needs not their counsel. 12 - 14 。 :としての仕事を宣言して英明でられる彼は彼の友達やその彼に助言を必要はない。 God is ruler, and therefore he complains directly to Him of the prosperity of the wicked and of the suffering of the righteous.神は支配者、およびそのため彼は、彼に文句を直接邪悪なと繁栄のために、正義の苦しみにします。 God, the Omnipotent, ought not to bring under judgment so frail a creature as man.神は、全能の神、持っされて判断するべきしないようにするための生き物として虚弱な男です。 Ch.あなたのです。 xv.: Eliphaz replies; Job's own words prove his guilt. 15 。 : eliphaz返信;仕事の自身の言葉で彼の有罪を証明します。 He repeats the assertion that the prosperity of the wicked is not of long duration.彼の主張を繰り返し邪悪な繁栄のためには、長い期間ではないのです。

Ch.あなたのです。 xvi-xvii.: Job again accuses God of injustice. 16 - 17 。 :ジョブを再度非難し、神の不公平です。 Ch.あなたのです。 xviii.: Bildad confirms his friends' assertion that the wicked, in spite of present prosperity, will come to a bad end. 18 。 : bildad確認彼の友達の主張は、邪悪な、現在の繁栄にもかかわらず、悪い死に方をするのです。 Ch.あなたのです。 xix.: Job accuses his friends of being unjust toward him, laments that now he has none to whom he may go for comfort: God persecutes him, his friends and acquaintances have abandoned him, even his wife turns against him. 19 。 :彼の友人の仕事が不当な非難に向かっ彼は、今すぐlamentsことなしに彼は御心に適う年5月に行く快適度:神persecutes彼は、彼の友人や知人に捨てられた彼も、彼の妻が彼に不利に働いた。 Ch.あなたのです。 xx.: Zophar makes the same reply as Bildad in ch.イグゼクスです。 : zopharに返信としてbildadであなたと同じです。 xviii., but in other words. 18 。 、しかし、他の言葉です。 Ch.あなたのです。 xxi.: Job refutes his friends' assertions, maintaining that only the wicked prosper, that they spend their lives in pleasure and pass swiftly to the grave. xxi 。 :仕事refutes彼の友人'アサーションは、邪悪な繁栄を維持しただけ、喜びして、自分の命を費やすとの墓に迅速に渡す。 Even if misfortune overtakes their children, the wicked have departed, and will know it not.不幸やって来たたとえその子供たちは、邪悪なが出発し、知ってはいない。 Ch.あなたのです。 xxii.: Eliphaz asserts that God has no profit in man's righteousness, only man himself profits by it; that Job is being punished for his manifold sins. xxii 。 : eliphazアサートで、神がない男の正義の利益を、自分自身の利益をこれだけ男;は多種多様な仕事をされて彼の罪罰を受けるのです。 He again exhorts Job to repentance, telling him that therein he will prosper at last.彼は再び仕事を後悔exhorts 、そこに言って彼は成功することを最終更新します。

Ch.あなたのです。 xxiii.-xxiv.: Job complains that, not knowing the abode of God, he can not bring his case directly before Him. xxiii. - 24です。 :ジョブの不満がではなく、神の住まいを知って、彼は彼のケースを直接もたらすことはできない彼の前です。 Then, changing his theme, he describes the perverseness of the wicked and marvels that God, who sees everything, does not check them.その後、彼のテーマを変更、彼は説明してperversenessは、邪悪な神と驚異が、 whoはすべて、それらをチェックしません。 Ch.あなたのです。 xxv.: Bildad rejoins that man has no right to complain, as he can not be perfect. 25 。 : bildad rejoinsあの男右に文句はない、と彼は完璧なことはできません。 Ch.あなたのです。 xxvi.-xxxi.: Job, after declaring to Bildad that he knows well that God is omnipotent and omniscient, cites a parable, maintaining that he is upright and a stranger to wickedness. xxvi. - 31です。 :仕事、 bildadことを宣言した後に彼はよく知って全能の神と神は全知、話を引き合いに出して、直立を維持した彼は邪悪になじみがあるとします。 The wicked are destined to destruction, and will not profit in their great wealth.破壊する運命にあるが、邪悪なものではありませんが大富豪で利益を得る。 In ch.にあなたのです。 xxviii. 28 。 he exalts wisdom, and contrasts, in the two following chapters, his present condition with his former prosperity.彼の知恵exalts 、およびコントラストは、 2つの次の章で、彼の現在の状態では、かつての繁栄に貢献します。 Formerly, he was respected and beloved by all for his generosity and his charitable deeds, and the wicked feared his power.以前、彼はすべてを尊敬し、愛する彼の寛大さと彼の慈善行為は、彼のパワーと邪悪な心配です。 Now, he is mocked by the meanest, by the outlawed; he again speaks harshly against God.今すぐ、彼は嘲笑されたmeanest 、非合法化された;彼は再び神に対して厳しく話す。 He describes his generosity and his uprightness, calling upon God to witness it.彼は彼の寛大さと彼の垂直説明し、神の呼びかけを目撃してください。

Speeches of Elihu.スピーチを中心としたelihuです。

Ch.あなたのです。 xxxii.-xxxvii.: Elihu's speeches. xxxii. - 37です。 : elihuのスピーチです。 Seeing that Job's three friends remained silent, unable to answer him, Elihu takes their place.友達との3つの仕事を見ては沈黙したまま、彼に答えできませんでした、 elihuは、その場所です。 He had remained silent because the others were older; but being now convinced that wisdom is not in years, he assumed the duty of replying to Job.彼は沈黙が古いため、その他;しかし、今すぐに確信して年間の知恵ではないが、彼に返信して仕事をする義務が想定されます。 The chief points of Elihu's speeches are that God is never wrong, that calamity is a warning from God to man to repent, that God, who neither profits in man's righteousness nor suffers in his sins, always chastises the wicked and rewards the righteous.首席ポイントelihuのスピーチで、神は決して間違っては、その災難は、神は人間に警告を後悔するより、その神、 whoどちらの利益を上げる男の正義彼の罪を受けるも、常にchastisesの邪悪な正義と報酬のです。

Ch.あなたのです。 xxxviii.-xxxix. xxxviii. - 39です。 are theophanous; they present a cosmographical sketch and take the form of questions addressed to Job by God, who speaks to him out of the whirlwind.はtheophanous ; cosmographicalスケッチを提示すると彼らの形態をとる神の質問を宛てに仕事をされ、彼をwhoの旋風を話す。 They tell of the creation of earth, seas, light, darkness, snow, hail, rain, the heavens, and the celestial bodies; the habits of the wild goat, the unicorn, the peacock, the ostrich, the horse, and the eagle are spoken of in passages of great beauty.彼らは、地球の創造、海、光、闇、雪、雹、雨は、天と天体;の習慣は、野生のヤギは、ユニコーンは、クジャク、ダチョウ、馬、とワシ通路話さのでは偉大な美しさです。 Ch.あなたのです。 xl.-xli.: Continuation of God's address with a brief reply from Job. xl. - 41です。 :神のアドレスを継続からの仕事を簡単に返信します。 These two chapters describe the nature and habits of the hippopotamus ("behemoth") and the whale ("leviathan").これらの2つの章の習慣を説明して自然とのカバ( "ビヒモス" )とクジラ( "リバイアサン" ) 。 Ch.あなたのです。 xlii.: Epilogue; after a short speech from Job declaring his repentance, an account of his restoration to his former state of prosperity is given. 42 。 :エピローグ;仕事の後に短いスピーチを宣言する彼の良心の呵責から、彼の修復を持つアカウントの繁栄は彼の元の状態を与えられた。 The sublime grandeur of the final theophany, the simple directness of the narrative portions, and the imaginative coloring of the soul-problems raised in the book make it, regarded merely as literature, the most striking production of the Hebraic genius.の崇高な神の顕現の最後の素晴らしさを、真っすぐなことは、物語のシンプルな部分と、想像力の色付けの魂-問題提起は、予約することは、考えとして単に文学、最も著しいの生産を、ヘブライ人の天才です。 See Job, Biblical Data.ECM Sel.を参照の仕事は、聖書のdata.ecmなSELです。

-Critical View:クリティカルな対象:

The poem which is contained in Job iii.その詩が含まれて仕事Ⅲ 。 1-xlii. 1 - 42 。 6, exclusive of later interpolations, discusses a religious problem which could scarcely have been formulated in the early period of the Israelitic people; for it presupposes a high spiritual development and a maturity of judgment which are acquired by a people only after great trials and sore tribulations. 6日以降のinterpolations排他的、宗教的な問題を議論するのがほとんどで策定されるが、初期の時代の人々 israelitic ;を前提に精神的な開発と高い成熟度を判断された人々が取得した後にのみ大きな試練と痛い苦難です。 This view excludes all the earlier opinions which assign the date of the composition of the poem either to the patriarchal age (so Eichhorn, Jahn, Bertholdt, Haneberg, and others), or to the time of Moses (BB 15a), of David (Herder), of Solomon (Schlottmann, Haevernick, and Hahn), and even of Hezekiah (Ewald).このビューを表示する以前のすべての意見を除外この評価をするの組成を割り当てるには、詩のいずれかを、家父長時代(これアイヒホルン、ヤーン、 bertholdt 、 haneberg 、およびその他) 、またはして時間をモーゼス( bb 15a ) 、デビッド(ヘルダー) 、ソロモン( schlottmann 、 haevernick 、およびハーン) 、とさえhezekiah (エワルド) 。

The special problem discussed in Job concerns the justice of the divine government of the world.仕事の特別な問題で議論さの関心事は、神の正義の世界政府のです。 It could have been formulated only after the principles of that justice had been announced in Deuteronomy; according to which earthly happiness was promised as a reward to the faithful followers of the Law and of Yhwh, and earthly misfortune was heldup as a punishment to the recalcitrant (Deut. xxviii.-xxx.).それが策定され、その正義の原則にした後にのみ発表されていた申命記;によると、これは、この世の幸福の謝礼を約束すると約束したの忠実な信奉者としては、法とのyhwh 、およびこの世の不幸は罰としてheldupして手に負えない( deut. xxviii. - xxxにします。 ) 。 Hence the poem must have been composed after the promulgation of the Deuteronomic code.それゆえ、詩の後に施行する必要があります構成され、 deuteronomicコードです。 And the question as to God's dealings with His world must have become paramount at a time when experience directly contradicted the principles laid down in that code.との質問に彼の世界、神との取引になる必要があります。パラマウントを直接体験しているときに、その敷設の原則に矛盾コードです。 After the reforms of Josiah (622 BC) Israel undoubtedly had a right to unalloyed happiness.の改革をした後、ジョサイア(紀元前622 )イスラエルする権利を疑いの余地は真の幸福です。 Instead there came a succession of catastrophes: the defeat of Megiddo (609), and the Babylonian exile (587), by which the congregation of the Lord in Israel in particular was most deeply smitten.その代わりに来た、一連の災害:の敗北のメギド( 609 ) 、および、バビロニア亡命者( 587 )は、この集会は、主にイスラエルの特定が最も深く心を打つ。

Merx, Stickel, Reuss, Dillmann, Hirzel, Hitzig, and Ley (in "Studien und Kritiken," 1898, pp. 34-70) assume the seventh century BC as the date of composition; Gesenius, Vatke ("Biblische Theologie," i. 563), and Duhm ("Das Buch Hiob," p. ix.) place it as late as the fifth century; while Budde ("Das Buch Hiob," p. xiv.) assigns it even to the year 400. merx 、 stickel 、ロイス、ディルマン、ヒルツェル、ヒッツィヒ、およびレイ( " studien und kritiken 、 " 1898 、 pp 。 34から70まで)と仮定します紀元前7世紀のこの評価を組成;ゲゼーニウス、ファトケ( " biblische theologie 、 " i. 563 ) 、およびドゥーム( " dasブーフhiob 、 " p. 9 。 )開催地としての5世紀後半;ながらバッド( " dasブーフhiob 、 " p. 14 。 )年に代入しても400です。 But the question involved in the poem must have become imperative, not when righteous Israel was pitted against the heathen evil-doers (as in Hab. i. 2-5, ii. 4), but when the oppressed Israelitic congregation presented a violent contrast to its wicked oppressors who were joined by traitors to their own religion and people.しかし、質問関与して詩になる必要があります。命令ではなく、正しいときに対抗するイスラエルが異教徒の邪悪の徒( habのようにします。 i. 2-5 、 Ⅱ 。 4 ) 、しかし、抑圧されたときに提示した暴力的なコントラストisraelitic集会その邪悪な抑圧者が加わってwho裏切り者を自分の宗教と人々です。 This contrast is found in the Exile, but still more markedly perhaps at the time of the Maccabees, when Israel was persecuted by Antiochus Epiphanes (2d cent. BC).このコントラストが発見された亡命者が、それでも他の顕著maccabees発表するものであり、おそらく、イスラエルが迫害されアンティオコスepiphanes (二次元セントです。紀元前) 。 The same designations are applied to him in the Book of Job as are found, according to advanced critical views, in the Psalms.同じ指定が適用される者としての仕事は彼の本が見つかると、高度な批判的な見方によると、は、詩篇を授けた。 On the one hand there are the "resha'im" (Job xx. 5 et seq., xxi. 7 et seq., 16 et seq.); the "po'ale awen" (xxxi. 3); the "'ariẓim" (xxvii. 13); the "ḥanef" (xxvii. 8); the "'awwal" (xxix. 17); the "'ashir" (xxvii. 19), etc.; on the other, the "ẓaddiḳim" (xxii. 19); the "ebyonim" (xxiv. 4); and the "'aniyye areẓ" (xxiv. 4b); comp.上の1つの手には、 " resha'im " (仕事のXXです。 5頁以降を参照。 、 xxi 。 7頁以降を参照。 、 16頁以降を参照。 ) ;の" po'ale awen " ( xxxi. 3 ) ;の" ' ariẓim " ( xxvii. 13 ) ;の" ḥanef " ( xxvii. 8 ) ;の" ' awwal " ( xxix. 17 ) ;の" ' ashir " ( xxvii. 19 ) 、等;上、他のは、 " ẓaddiḳim " ( xxii. 19 ) ;の" ebyonim " ( xxiv. 4 ) ;と" ' aniyye areẓ " ( xxiv. 4b ) ;のCOMPです。 "'ani weebyon" (xxiv. 14 et seq.); "yashar" (xxiii. 7); "naḳi" (xxvii. 17), etc. Many catastrophes had been recently witnessed falling upon great nations (xii. 23); eg, when the Assyrians were vanquished by the Babylonians, and the latter in turn by the Persians. " 'アニweebyon " ( xxiv. 14頁以降を参照。 ) ; " yashar " ( xxiii. 7 ) ; " naḳi " ( xxvii. 17 )など多くの災害を目撃落ちていた時、最近大きな国( xii. 23 ) ;例えば、 assyriansが打ち負かさされたときにbabyloniansし、後者で、今度はペルシャ人です。 It had indeed become a matter of daily occurrence to witness countries given into the hands of evil-doers, and to see Yhwh mock at the despair of the innocent (ix. 23, 24) and to behold the triumph of the wicked (xxi. 7 et seq.).実際の問題になることが日常茶飯事の国を与えられたの目撃者にしてしまうから邪悪なる者を駆逐し、 yhwhを見に絶望する模擬は、罪のない( ix. 23日、 24日)との勝利を見張るものは、邪悪な( xxi. 7頁以降を参照。 ) 。 The doom of the evil-doer (xv. 20 et seq.) is described in terms which seem to allude to the fate of Alexander Jannæus.やり手の懲罰とする邪悪な- ( xv. 20頁以降を参照。 )に記載されてどのように利用しての運命をほのめかすアレクサンダーjannæusです。 The language of the speeches in the Book of Job, the late Hebraic words recurring in it (comp. Barth, "Beiträge zur Erklärung des Buches Hiob," 1876, p. 4; Stade, "Lehrbuch der Hebr. Grammatik," 1879, p. 12), and the many Aramaisms (comp. Budde, "Beiträge zur Kritik des Buches Hiob," 1876, p. 141) and Arabisms (comp. Stade, lc pp. 12 et seq.) all point to a comparatively late time.スピーチの言語は、その本の仕事は、後半にヘブライ人の言葉を定期的にそれ( comp.範囲、 " beiträge zur erklärungデbuches hiob 、 " 1876 、 p. 4 ;シュターデ、 " lehrbuch der hebr 。文法、 " 1879年、 p. 12 ) 、および多くのaramaisms ( comp.バッド、 " beiträge zur kritikデbuches hiob 、 " 1876 、 p. 141 )とarabisms ( comp.シュターデ、液晶pp 。 12頁以降を参照。 )すべてをポイントしては比較的遅く時間。

From the references to many Egyptian matters, Hitzig has assumed that Egypt was the home of the poet; but the passages referring to the hippopotamus and crocodile may be suspected to be later interpolations.エジプトから多くの事柄を参照し、想定してヒッツィヒは、エジプトは、ホームの詩人;しかし、通路を参照してカバやワニへinterpolations年5月に疑われる。 The Egyptian mines (xxviii. 1-11) were known in Palestine, as were also the swift ships of the Nile (ix. 26), the papyrus-rolls (xxxi. 36; comp. viii. 11), the war-horse (xxxix. 19), and the pyramids (AV "desolate places"; iii. 14).エジプトの鉱山( xxviii. 1-11 )が知られてパレスチナの迅速な船としても、ナイル川の( ix. 26 )は、パピルス-ロール( xxxi. 36 ;のCOMPです。 Ⅷ 。 11 ) 、戦争-馬( xxxix. 19 ) 、および、ピラミッド違反( AV "寂しい場所" ; Ⅲ 。 14 ) 。 From "them that go by the way" (xxi. 29), also, much may have been learned of foreign countries. "それらの道を行く" ( xxi. 29 ) 、また、多くを学んだ外国人の国かもしれない。 The poet himself may have joined caravans (vi. 15-19); the descriptions of the sufferings of the pious in Israel indicate that he also had suffered (xi. 15, 19a; vii. 1-3).詩人自身年5月にメンバー登録キャラバン( vi. 15-19 ) ;の説明では、イスラエルの苦しみは、敬けんな被害を示していた彼はまた( xi. 15日、 19a ; Ⅶ 。 1-3 ) 。 He wrote his poem with his heart's blood (Duhm).彼は彼の詩を書いた彼の心臓の血液(ドゥーム) 。

The Doctrine of Retribution.報復の原則です。

It had become necessary to assail the popular doctrine that obedience to the Law would be rewarded, and its transgression punished.襲撃していた人気の教義が必要になることが報われるの服従を、この法律は、罪と罰を受ける。 For both of these principles were interpreted in an entirely external way: reward meaning a long and pleasant life (Ex. xx. 12; Lev. xxvi. 3 et seq.), and punishment misfortune and an early death (Deut. xxviii. 20 et seq.; Lev. xxvi. 15 et seq.; Gen. ii. 17 et seq.).これらの原則の両方のために完全に解釈された外付けの方法:報酬の意味で快適な生活に長い(例:イグゼクスです。 12 ;レフです。 26 。 3頁以降を参照。 ) 、不幸と罰と早過ぎる死( deut. 28 。 20頁以降を参照。 ;レフです。 26 。 15頁以降を参照。 ; Gen 。と2世です。 17頁以降を参照。 ) 。 The leper especially was considered to be smitten by God; hence the term "nega'" (= "blow"; Lev. xiii. 22) for leprosy.特に、ハンセン病患者の心を打つとみなされていた神;したがってこの法律において"ネガ' " ( = "打撃" ;レフです。 13 。 22 )のハンセン病です。 The sufferings of the law-abiding Israelite or of the righteous seemed therefore irreconcilable with Yhwh's justice and truthfulness; for He smote him who deserved praise, and punished where He had promised a reward.順法の苦しみは、イスラエルやそのための正義のように相いれないyhwhの正義と真実;を彼は襲った彼who当然の称賛し、処罰することへの報酬を約束していた。

The ancient doctrine of retribution is developed at great length by Job's three friends.古代の教義の報復が開発の3つの仕事に大きな長さを友達とします。 According to it God shows His anger by inflicting suffering; He turns from man as from an enemy (xiii. 24, xix. 11); looks at him angrily (vii. 19a, xiv. 6a, xvi. 9); smites him with His hand (xiii. 21b, xix. 21); makes him afraid by His terrors (ix. 34, xiii. 21b, xxiii. 16); covers him with darkness (xix. 8b); stands in his way (iii. 23); overwhelms him with His power (ix. 12, 13, 19a; xxiii. 6); pierces him with His arrows (vi. 4, xvi. 14); punishes him with His scourge (ix. 23).それによると、神の怒りを示して彼の苦痛を与えたことの苦しみ;彼は敵からのターンから男として( xiii. 24日、 19 。 11 ) ;怒りをあらわに見て彼( vii. 19a 、 14 。 6a以降、 16です。 9 ) ; smites彼に彼の手( xiii. 21b 、 19 。 21 ) ;は彼を恐れる彼の恐怖( ix. 、 34 、 13 。 21b 、 23 。 16 ) ;カバー彼を真っ暗に( xix. 8b ) ;スタンドで自分の道( iii. 23 ) ;圧倒彼と彼のパワー( ix. 12日、 13日、 19a ; XXIII近くにございます。 6 ) ; pierces彼と彼の矢印( vi. 4 、 16 。 14 ) ;罰する彼と彼の惨劇( ix. 23 ) 。 The poet introduces also the imagery of the prison (vii. 12, xiii. 27, xiv. 16), the net (xix. 6), the storm (ix. 17, xxx. 22), and an army assailing an unfortunate captive (x. 17, xvi. 13, xix. 12), who in the end succumbs (xxx. 12 et seq.).また、画像の紹介、詩人は、刑務所( vii. 12日、 13 。 27日、 14 。 16 )に、当期純( xix. 6 ) 、嵐( ix. 17日、 xxxです。 22 ) 、および軍の捕虜に不幸なassailing ( Xの17日、 16 。 13 、 19 。 12 ) 、 whoでの最後にsuccumbs ( xxx. 12頁以降を参照。 ) 。 He vainly questions how he may have incurred the inscrutable anger of God (x. 2, xiii. 23).彼はどのような質問むなしく彼は5月に発生する不可解な神の怒り( Xの2 、 13 。 23 ) 。 The burning pain will not let him rest (xxx. 17).焼けるような痛みを受けさせてくれなかったの残り( xxx. 17 ) 。 Imagery from the animal world is also used (x. 16).画像からの動物の世界でも使用される( Xの16 ) 。 God's hostility calls up fear of further visitation (ix. 18, x. 13-15, xxx. 23) and despair because of the unending misery (ix. 11 et seq., xxiii. 15 et seq.), so that the prayer for a short respite (vii. 16-19, x. 20, xiv. 6) is interwoven with the cry for death (vi. 9, 10; vii. 15).神の敵意を恐れて通話するより詳細な面接( ix. 18日、 Xの13-15 、 xxx 。 、 23 )と絶望のため、後を絶たない悲惨( ix. 11頁以降を参照。 、 23 。 15頁以降を参照。 ) 、祈りのように、少し休息( vii. 16-19 、 Xの20日、 14 。 6 )は、死の叫びを織り交ぜる( vi. 9日、 10 ; Ⅶ 。 15 ) 。

Added to all these sufferings of the stricken one is the bitterness of seeing that his enemies as well as his friends heartlessly consider him to be a sinner branded by God (xvii. 6).これらすべての苦しみに追加されました1つは、苦味に襲われたのを見て彼の敵だけでなく彼の友達と思いやりを検討している罪人彼には、ブランドの神( xvii. 6 ) 。 His enemies snatch at the opportunity to vent their malice on him (xvi. 10 et seq., xxx. 1-14); his servants and followers refuse him obedience (xix. 15, 16); his wife and children, as well as relatives and friends, abandon him (xii. 4; xix. 13-14, 17-19, 21 et seq.).彼の敵をつかもうとする機会を悪意の通気口に彼の( xvi. 10頁以降を参照。 、 xxx 。 1-14 ) ;彼の使用人を引き連れて彼の服従を拒否( xix. 15日、 16 ) ;て妻や子供たちだけでなく、親戚や友人、彼を断念する( xii. 4 ; 19 。 13-14 、 17-19 、 21頁以降を参照。 ) 。 His guilt is assumed as a matter of course, and no one thinks of doubting it; otherwise God would have to be accused of injustice-an accusation that would be the most grievous blasphemy (iv. 7, viii. 3).彼の有罪が当然の前提として、および1つの考えを疑うのないことであり、そうでなければ、神を罪に問われるのは不公平-の告発それは、最も重大な冒とく( iv. 7日、 Ⅷ 。 3 ) 。 Hence it becomes the imperative duty of the sufferer to find out, by a frank examination of his past life and thoughts, inwhat way he has sinned.それゆえに苦しんでいる人が、命令の義務であることを確認するには、フランク審査された彼の過去の生活や考えを、彼は罪を犯しinwhat方法です。 For there must be some guilt (iv. 18-19, xv. 14-16, xxv. 4-6)-this must be assumed a priori in order to explain the suffering (viii, 11, xxii. 5 et seq.).いくつかの罪悪感に存在しなければなりません( iv. 18-19 、 15 。 14-16 、 25 。 4-6 ) -この先験的な想定しなければならないの苦しみを説明するために( 8 、 11 、 xxii 。 5頁以降を参照。 )です。 If the sufferer admits his guilt God will forgive him (v. 17-27, viii. 5-7, xi. 13-19, xxii. 21-30); but if he obstinately persists in declaring that he is innocent he adds another grievous sin to his former guilt, and his punishment will increase accordingly (xi. 4, xv. 13, xxii. 3-4).彼の有罪を認める患者の場合、神は彼を許す(動17-27 、 Ⅷ 。 5-7 、 XI 。の13-19 、 xxii 。 21-30 ) ;しかし、もし彼が頑固にしないと宣言し彼は罪のない彼は別の追加重大な罪を彼の元の罪悪感、と彼の罰が増えるしたがって( xi. 4 、 15 。 13日、 xxii 。 3-4 ) 。

Job's Replies.仕事の返信です。

In answer to all these arguments of his friends Job insists, in the first place, that the sufferer has the right to complain (vi. 5-7).これらの引数に答えて彼の友達との仕事のすべての主張は、まず第一に、その権利を患者には、文句( vi. 5-7 ) 。 He points out the heartlessness to which their doctrine leads; for instead of comforting the sufferer in his pain, they reprove him for his alleged sins (vi. 14-22).彼は薄情指摘して教義をリード;を励みに、患者の代わりに彼の痛みを、彼らの罪を非難彼の疑惑( vi. 14-22 ) 。 But it is cheap wisdom to repeat the ancient doctrine of divine retribution in all sorts of variations and to apply these to an unfortunate man (xii. 2-3, xiii. 2, xix. 2-5).しかし、格安の知恵を繰り返すことは古代の教義の神の報復はあらゆる種類のパターンを適用すると、これらの不運な男に( xii. 2-3 、 13 。 2 、 19 。 2-5 ) 。 Although the supreme power of God makes it impossible to rebel against His blows, the justice of His decrees is not thereby proved (ix. 2-21, 30-35; x. 15-17; xii. 14; xiii. 3; xix. 6 et seq.; xxi. 31).神は、最高権力に反抗することができない彼が吹くと、彼の政令ではないの正義がそれを証明( ix. 2月21日、 30-35 ; Xの15-17 ; 12 。 14 ; 13 。 3 ; 19 。 6頁以降を参照。 ; xxi 。 31 ) 。 Experience shows that in the catastrophes of nature the perfect and the wicked are alike smitten by God (ix. 22-23); and it often happens that the wicked live prosperously to the end of their days (xii. 6; xxi. 7-15, 32 et seq.), being made the judges of right and wrong (ix. 24), although occasionally the ancient doctrine of retribution brought them to the bar of justice (xix. 29).経験によると、自然災害は、完璧とは似殴られた邪悪な神( ix. 22-23 ) ;とする邪悪なライブになることが多いの終わりにその日中にprosperously ( xii. 6 ; xxi 。 7 - 15日、 32頁以降を参照。 ) 、裁判官には、善悪の判断( ix. 24 )が、時折、古代の教義のバーを持って報復の正義( xix. 29 ) 。

But no power on earth can take away the feeling of innocence from the sinless sufferer, or force him to declare himself guilty against his better convictions (x. 6, 7; xiii. 18 et seq.; xvi. 17; xxvii. 5, 6; xxxi. 1 et seq.).しかし、地球上で、何の力を奪うことの気持ちをsinless苦しんでいる人からの無罪か、または自分自身有罪を宣言する力彼の信念に対する彼の良い( Xの6 、 7 ; 13 。 。 。 18頁以降を参照。 ; 16 。 17 ;二十七します。 5 、 6 ;参拾壱です。 1頁以降を参照。 ) 。 He has the right to appeal to God's judgment, as being superior to the condemnation his friends pretend to see in his present misfortunes (xii. 4, xiii. 7-10, xvi. 18-20, xix. 17).彼は上訴する権利を神の判断を、非難されて、彼の友人に優れているふりをする彼の現在の不幸に表示さ( xii. 4 、 13 。 7-10 、 16 。 18-20 、 19 。 17 ) 。 It is useless to say that no man is clean in the eyes of God (xiv. 4); for even according to that argument it is incomprehensible why the comparatively just person should be most heavily stricken and the worst evil-doers go unpunished (vii. 21, xiii. 26, xiv. 17).無駄なことは人には清潔度を言うことは絶対にありませんが、神の目には( xiv. 4 ) ;を引数によるとさえ理解できないことは、比較的わずかの人はなぜ必要が最も大きく、最悪の被災邪悪なる者を駆逐すると罰を免れる( 7 。 21日、 13 。 26 、 14 。 17 ) 。

The negative result reached by these arguments of the Book of Job may be stated as follows: What hitherto has been called divine justice is merely the display of the omnipotence of God.これらの引数の負の結果に達し、予約の仕事を次のように記載があります:どのような神の裁き呼ばれてきたこれまでは単に表示にするには、全能の神です。 His decisions are devoid of all moral qualities, and are pronounced indifferently, as blessings or as curses, upon all men, upon the good and the bad alike.彼の意思決定のすべての道徳的な資質が欠けて、はっきりとは無頓着に、祝福や呪いとして、すべての人に、悪い時の良いと似ています。 In the same way men are prosperous or unhappy according to the fortuitous events of their lives, quite independently of their ethical qualities.男性が繁栄しているのと同じ方法や不幸な偶然の出来事によると、彼らの生活は、非常に独立して倫理的な資質です。 The gifts of fortune and the strokes of calamity are in no wise connected either with God's justice or with man's moral nature.ストロークのギフトオブフォーチュンとの接続のいずれかの災難は賢明ではない神の正義や自然と人間の道徳的です。

But as these arguments deprived the divine omnipotence, as manifested in the world, of all ethical quality the danger arose of excluding this quality altogether from the divine nature, and of actually destroying the attribute of justice in God.しかし、これらの引数は神の全能奪われ、マニフェストとして、世界のすべての倫理的な品質を除くこの品質の危険性が生じたのは神の性質から完全に、そして、実際に破壊して、神の存在を正義の属性です。 Hence the poet attempted to rehabilitate the latter in a round-about way, succeeding, however, only by means of a postulate.それゆえ、詩人しようとし、後者を更生させる方法については、ラウンドの後任、しかし、公準という手段によってのみです。 He declares that many of the phenomena of nature are indeed the manifestations of an omnipotence that overwhelms man by the terrors of its sublimity (xxvi. 6-14), but that this is not the only thing that nature declares of God.彼を宣言し、自然現象の多くは、実際の症状を呈しては全能の恐怖に圧倒された男の崇高( xxvi. 6-14 ) 、しかしこれだけではないことを宣言する神の性質です。 The marvelous law and order of those phenomena, of nature and the multiplicity and curious modes of life of her creatures, are also the manifestations of a hidden wisdom, to which man simply must submit.素晴らしい、法と秩序、これらの現象は、自然と生命の多様性と好奇心のモードの彼女の生き物は、症状を呈しても、非表示の知恵を、男性だけを提出しなければならない。

Composition of the Book.この本の組成をします。

The author of the Book of Job incorporated the folk book into his work in a manner still showing traces of the component parts.この本の著者は、民俗予約Incorporatedの仕事を自分の仕事をするように、コンポーネント部品の痕跡をまだ表示中です。 The use of this preexisting material very cleverly placed the problem outside of Palestine, thereby excluding the possible objection of orthodox theology that such a case-a perfectly righteous man persecuted by Yhwh-could not occur in Israel.既存の素材を使用したことで、非常に巧みに配置パレスチナ問題の外に、それを除いて異議申立の正統派の神学、そのような可能性を個別に迫害され、完全に正しい男yhwh -イスラエルできませんでしたが発生します。 Yhwh, moreover, did not inflict the suffering; it was inflicted by Satan with Yhwh's permission. yhwh 、また、しなかったの苦しみに負わせることは、悪魔を招いたyhwhの許可されています。 The problem is discussed in a disputation between Job-who like a leper sits on the dust-heap (Ar. "mazbalah") outside the nomad village (on the separation of lepers see II Chron. xxvi. 21)-and his three friends who, according to the folk-book, come to comfort him (ii. 11).この問題は、論争の間で議論されハンセン病患者の仕事- whoのように座ってほこり-ヒープ( ar. " mazbalah " )外の遊牧民の村(上の分離のハンセン病患者2世chronを参照します。 26 。 21 ) -と彼の3つの友達とwho 、によると、民俗-予約、来て快適度彼( ii. 11 ) 。 In the body of the book, however, they bring no comfort, but heap the bitterest accusations upon Job.書籍の本文に、しかし、彼らもたらすの快適度、しかし、ヒープの最も苦い非難する仕事です。 Job opens the discussion with the ancient cry of all sufferers (iii., Hebr.): "O, that I had never been born! and since I was brought into the world, why could I not, even in the hour of birth, have found the eternal rest of Sheol" (comp. Sophocles, "(Edipus Coloneus," line 1225: τὸ μὴ φῦναι τὸν ἅπαντα νικᾷ λόγον; Eccl. iv. 2-3); and in his questionings at the end of this monologue (iii. 26 et seq.) he formulates the problem as to the cause of this inexplicable suffering. The friends defend the views of the orthodox doctrine of retribution, according to which all suffering is a punishment for some sin; while Job defends the views of the clear conscience, which knows itself to be free from sin, and declares his suffering to be inexplainable from the Old Testament point of view. The discussion is held in a threefold series of dialogues (iv.-xxxi.), in each of which Job alternates once with each of the three friends. Hence arises the following scheme, aside from the additions to be discussed later on: First series of dialogues: Eliphaz (iv.-v.); Job (vi-vii.); Bildad (viii.); Job (ix.-x.); Zophar (xi.); Job (xii-xiv.). Second series: Eliphaz (xv.); Job (xvi.-xvii.); Bildad (xviii.); Job (xix.); Zophar (xx.); Job (xxi.). Third series: Eliphaz (xxii.); Job (xxiii.-xxiv.); Bildad (xxv.-xxvi. 5-14); Job (xxvi. 1-4, xxvii. 2-23, xxviii.-xxxi.); Zophar; Job (not in Hebrew text in the Masoretic arrangement). The third series of dialogues especially has been altered by interpolations. The beginning of Bildad's speech (xxv. 1-6) has been separated from the portion continuing it (xxvi. 5-14). It is followed by Job's answer (xxvi. 1-4; xxvii. 2-6; xxix. 1-6, 19, 20, 7-11, 21-23, 12, 13, 15-17, 24, 25, 14, 18; xxx. 1-24, 26-31; xxxi. 1-20; xxx. 25; xxxi. 21-23, 38-40, 24-37, 40; for this arrangement see C. Siegfried," The Book of Job," critical ed., especially pp 42 et seq., Leipsic and Baltimore, 1893).ジョブのポップアップの議論を、古代泣くのすべての患者( iii. 、 hebrです。 ) : "おお、と私は一度も生まれた!と世界に持ち込まれた以来私は、なぜてもいいが、時間も、出生地、永遠の残りの部分が見つかりましたsheol " ( comp.ソフォクレス、 " ( edipus coloneus 、 "ライン1225 : τὸ μὴ φῦναι τὸν ἅπαντα νικᾷ λόγον ; eccl 。 Ⅳ 。 2-3 ) ;と彼のquestioningsの最後には、次の独白( Ⅲ 。 26頁以降を参照。 )彼の問題として策定して、この不可解な苦しみが原因で発生する。に、友達の再生回数は、正統派の教義を擁護する、報復の、すべての苦しみによると、これは、いくつかの罰罪;ながら仕事の見解を擁護良心のクリア、これに自分自身を知って罪を犯していないが、彼の苦しみを宣言されると、旧約聖書のinexplainableの観点からの議論が行われたとの対話を3倍にシリーズ( iv. - 31です。 )は、それぞれの仕事を交互に繰り返されるごとに一度の3つの友達とします。したがって、次のスキームがあれば、議論はさておき、後で追加される:最初のシリーズとの対話: eliphaz ( iv.-v. ) ;仕事( vi-vii. ) ; bildad ( Ⅷ 。 ) ;仕事( ix.-x. ) ; zophar ( xi. ) ;仕事( xii-xiv. ) 。 2番目シリーズ: eliphaz ( xv. ) ;仕事( xvi. - 17です。 ) ; bildad ( xviii. ) ;仕事( xix. ) ; zophar ( xx. ) ;仕事( xxi. ) 。第3シリーズ: eliphaz ( xxii. ) ;仕事( xxiii. - 24です。 ) ; bildad ( xxv. - 26 。 5-14 ) ;仕事( xxvi. 1-4 、 27 。 2月23日、 xxviii. - 31です。 ) ; zophar ;仕事(特定inヘブライ語のテキストを配置するmasoretic )です。 3番目のシリーズとの対話を特にinterpolationsが変更されています。 bildadの初め演説( xxv. 1-6 )の部分から分離され続けること( xxvi. 5-14 ) 。ことが続いて仕事の答え( xxvi. 1-4 ;二十七します。 2-6 ;二十九です。 1-6 、 19 、 20 、 7-11 、 21-23 、 12 、 13 、 15-17 、 24 、 25 、 14 、 18 ; xxx 。 1-24 、 26-31 ; 31 。 1-20 ; xxx 。 25 ; 31 。 21 -23 、 38-40 、 24-37 、 40 ;はこの取り決めを参照c.ジークフリート、 "その本の仕事を、 "重要なエドです。 、特にpp 42頁以降を参照。 、リプシックや、ボルティモア、 1893 ) 。

These speeches do not present a direct, continuous train of thought developing or elaborating some central idea.これらのスピーチはありませんを提示する直接、連続列車の起草思想の発展途上またはいくつかの中央考えです。 The art and power of Semitic rhetoric consistrather in the rich elaboration of a single thought expressing the same idea in a varied profusion of imagery (comp. Ecclus. [Sirach] i. 5-10; Franz Delitzsch, "Gesch. der Jüdischen Poesie," pp. 21 et seq., Leipsic, 1836).ユダヤ人の芸術との力の豊かな言葉遣いでconsistrather精緻化の1つの考えを表現するのと同じ様々なアイディアをたくさんの画像( comp. ecclusします。 [シラク] i. 5-10 ;フランツデリッチ、 " gesch 。 der jüdischen poesie 、 " pp 。 21頁以降を参照。 、リプシック、 1836 ) 。 In general it may be said that Eliphaz represents on the whole the proof of authority, basing his arguments on a vision (iv. 12-21).一般的に表すことがありますがeliphazによると、全体の証明の権限を、基地の引数は、彼のビジョン( iv. 12-21 ) 。 Bildad appeals chiefly to experience, which proves the truth of the doctrine of divine retribution (viii. 8 et seq., xviii. 5-21).主bildad控訴を体験、これが真実であることを証明する神の教義の報復( viii. 8頁以降を参照。 、 18 。 5-21 ) 。 Zophar argues with all the fervor of religious conviction and appeals to the divine decision (xi. 5 et seq.).主張にzopharのすべての宗教的信念との訴えを熱気に包まれるのは神の意思決定( xi. 5頁以降を参照。 ) 。

It appears from Job's speeches that, overawed by the veneration clinging to the old sacred doctrine of retribution (xii. 12), he at first does not dare to proclaim his innocence, of which he is so firmly convinced.それが表示されたら仕事のスピーチの中から、尊敬されるoverawedにしがみついて、古い神聖な教義の報復( xii. 12 ) 、彼は最初はありません思い切って彼の無罪を宣言で、彼は非常にしっかりと確信します。 He begs his friends to grant him the right to complain (vi. 2-13); not to refuse him the comfort he had expected from them (vi. 14-21), nor to attack him so mercilessly (vi. 24-27).彼は彼の友達と宣伝する権利を付与する彼に文句( vi. 2-13 ) ;は、彼は快適度を拒否していたから期待して( vi. 14-21 ) 、また彼を攻撃するため容赦( vi. 24-27 ) 。 He points out that experience shows only that the misfortunes befalling men are manifestations of God's omnipotence, and that because His decisions are strong enough to overcome all resistance it does not necessarily follow that they are just (ix., xii. 7-25).彼の経験に指摘しては、不幸のみを表示befalling男性は、神の全能の症状を呈しており、そのため、彼のすべてを克服するに十分な意思決定が強い抵抗に従うだけとは限りません彼らはただ( ix. 、 12 。 7月25日) 。 He therefore boldly asks the reason for his suffering (xiii. 18-23).彼はそのための理由を大胆に彼の苦しみを要求( xiii. 18-23 ) 。

Second and Third Dialogues. 2番目と3番目の対話です。

In the second dialogue Job develops the thought that while in some cases God's judgment is in accordance with the old doctrine of retribution (xxi. 16-21), very frequently just the opposite happens, as appears in the undisturbed good fortune of the wicked (xxi. 7-15, 22-34). 2番目の対話の中で考えて仕事を開発して、神の判断はいくつかのケースに応じて、古い教義の報復( xxi. 16-21 ) 、非常に頻繁にだけの反対が発生すると、幸運を攪乱されていないとして表示されている、邪悪な( xxi 。 7-15 、 22から34まで) 。 He persists, moreover, even more strongly in declaring his innocence, appealing to the judgment of God, who apparently is so hostile to him, but whose justice will ultimately induce Him to become the avenger (go'el) of that innocence (xvi. 17-19, xix. 25-27).彼は引き続き、また、彼の無罪を宣言もっと強くし、神の判断を魅力的に、 who外見上は非常に敵対をしてしまったら、正義が最終的に誘導するしかし、その彼になるにはアベンジャー( go'el )に無罪( xvi. 17-19 、 19 。 25-27 ) 。

In the third dialogue, as the friends begin to weaken in their attacks, Job emphasizes the impossibility of contending with such an opponent as God. 3番目の対話を開始している友人として、彼らの攻撃を弱める、不可能なことを強調して仕事にこのような競合相手としての神です。 Of course Job must outwardly succumb; but even against God he will maintain his right, and is willing to prove it, if God will appear and answer (xxvii. 1-6, xxxi.).表面上はもちろん、仕事をしなければ負ける;しかし、神に対してさえ彼は自分の権利を維持する、とを証明することは、今後、もし神が表示されると回答( xxvii. 1-6 、 31 。 ) 。 The discussion is ended by Yhwh's appearance in the storm (xxxviii.-xxxix. 30, xl. 1-5). yhwhの議論が終了したの外観は、嵐( xxxviii. - 39 。 30日、 xl 。 1-5 ) 。 Yhwh reminds Job of the limitations of human nature, and Job, humbly admitting them, no longer seeks an answer to his question. yhwhの仕事の限界を連想させる人間の本性、と仕事を、謙虚に認めることは、もはや彼の質問の答えを求めています。

Later Additions and Changes in the Text.への追加や変更されたテキストです。

In the course of time various interpolations were made in the text of the poem.は、様々なinterpolationsが行われた時間の経過には、テキストは、詩です。 These comprise: (1) a number of passages that have been placed among the foot-notes in the edition by Siegfried mentioned above; (2) the parallel texts, so called because they are parallel developments of the corresponding passages in the genuine text; eg, as vii.これらの構成: ( 1 ) 、いくつかの通路の足の間に配置されているノートは、上述のジークフリート版を、 ( 2 ) 、パラレルテキスト、いわゆる発展のため、彼らはパラレルに対応する通路で、正規のテキスト;例えば、 Ⅶ 。 1-10; x. 1-10 ; Xで 18-22; xii. 18-22 ; 12 。 4-6; xiv. 4-6 ; 14 。 1, 2; xiii. 1 、 2 ; 13 。 28; xiv. 28 ; 14 。 5, 7-12, 14, 18-22; xvii. 5 、 7-12 、 14 、 18-22 ; 17 。 11-16; xl. 11-16 ; xl 。 6-32; xli. 6から32まで;第41回です。 1-26, xlii. 1-26 、 42 。 1-6; (3) corrections and revisions of Job's speeches made for the purpose of harmonizing them with the orthodox doctrine of retribution (these revisions include xii. 7-10 [11, 12 as glosses], 13-25; xiii. 11; xxi. 16-18; xxiv. 13-24; xxvii. 7-23); (4) passages containing a polemic against the ideas expressed in the poem (xxviii. 1-28 and the so-called speeches of Elihu, xxxii.-xxxvii.). 1-6 、 ( 3 )の改定を訂正や仕事のスピーチの調和のために作らておくと、正統派の教義の報復(これらの改正は、 12です。 7-10 [ 11日、 12としての注釈] 、 13-25 ; 13 。 11 ; xxi 。 16-18 ; 24 。 13-24 ;二十七します。 7-23 ) 、 ( 4 )通路を含む反対する論客の詩で表現さのアイデア( xxviii. 1-28とスピーチを中心とした、いわゆるelihu 、参拾.- 37 。 ) 。 Ch.あなたのです。 xxviii. 28 。 rejects the effort to fathom the divine wisdom and to discover the rule of its workings, these being regions into which human understanding and empiric knowledge can not penetrate.尋を拒否するのは神の知恵と努力をするルールの仕組みを発見すると、これらの地域の中に人間が理解し、経験的知識を貫通することはできません。 Speculation here must give way to faith.ここでの信仰の投機に道を譲る必要があります。 The fear of Yhwh ("yir'at Adonai"; xxviii. 28), that is, religion, and the departure from evil ("sur me-ra'"), that is, morality, take the place of science, which here has reached the end of its resources. yhwhの恐怖( " yir'at上帝" ;二十八です。 28 ) 、それは、宗教、との出発から邪悪な( "シュール私ナラ' " ) 、それは、道徳性、取って代わる科学、これについてそのリソースの終わりに達しています。

The speeches of Elihu contradict the fundamental teachings of the genuine poem of Job, according to which it is impossible that the righteous should suffer, all pain being a punishment for some sin. elihuのスピーチを中心とした基本的な教えに矛盾するとして、正規の仕事の詩によると、これは、正しいことは不可能に苦しむは、すべての痛みがいくつかの罪で処罰します。 Elihu, however, assumes that suffering may be decreed for the righteous for pedagogic reasons, as a protection against greater sin, and for moral betterment (xxxiii. 17 et seq., 28-30). elihu 、しかし、 5月を前提として苦しみは、正義のために定められた教育上の理由から、大きな罪の保護対策として、および道徳的地位の向上( xxxiii. 17頁以降を参照。 、 28-30 ) 。 How little these Elihu speeches come into the general scheme of the poem is shown by the fact that Elihu is not mentioned either in the prologue or in the epilogue, being entirely ignored by Yhwh in the latter.これらの方法についてリトルelihuスピーチ生まれてくるので一般的な計画は、詩が示されている事実に言及するには、 elihuではないか、エピローグプロローグは、完全に無視されるが、後者のyhwhです。 They have been defended as genuine by Umbreit, Stickel, Schlottmann, and Budde (1876; and in his commentary [1896], especially pp. xxxv.-xxxviii.).彼らは、正規の弁護をumbreitとして、 stickel 、 schlottmann 、およびバッド( 1876 ;と彼の解説[ 1896 ] 、特にpp 。 xxxv. - 38です。 ) 。 On Studer's criticism in "Jahrb. für Protestantische Theologie" (1875, pp. 688 et seq.; 1877, pp. 545 et seq.) and in "Das Buch Hiob für Geistliche und Gebildete Laien" (1881) comp.シュトゥーダーの批判には" jahrb 。 für protestantische theologie " ( 1875 、 pp 。 688頁以降を参照。 ; 1877 、 pp 。 545頁以降を参照。 )と"ブーフhiob für das geistliche und gebildete laien " ( 1881 )のCOMPです。 Budde, "Beiträge zur Kritik des Buches Hiob," pp.バッド、 " beiträge zur kritikデbuches hiob 、 " pp 。 77 et seq. 77頁以降を参照。

Textual Criticism.原典批評家です。

The textual criticism of Job must rest on the Masoretic text (see Baer, "Liber Jobi," 1875).仕事の批判を残りのテキストを検索する必要があります。 masoreticテキスト(参照ベーア、 "独立したjobi 、 " 1875 ) 。 As Lagarde has pointed out ("Anmerkungen zur Griechischen Uebersetzung der Proverbien," 1863, pp. 1 et seq.), that text goes back to a single original manuscript, so that nothing in regard to textual corrections is gained by a collation of manuscripts.ラガルドが指摘するように( " anmerkungen zur griechischen uebersetzung der proverbien 、 " 1863 、 pp 。 1頁以降を参照。 )と、そのテキストが省略して、 1つの元の原稿のように、字句の修正については何も得られるのは、原稿の照合順序です。 The recently discovered Babylonian Bible manuscripts are important only for the history of the vocalization and accentuation of the Biblical text (comp. Harkavy and Strack, "Katalog der Hebräischen Bibelhandschriften der K. Bibliothek in St. Petersburg," 2 parts, 1875).聖書の写本は最近発見バビロニアの歴史にとって重要なだけに、発声と強調聖書のテキスト( comp.シュトラックharkavyと、 "カタログder hebräischen bibelhandschriften der k.文庫でセントピーターズバーグ、 " 2つのパーツ、 1875 ) 。 Jerome, who in his version of Job closely followed the Hebrew, calls for little notice (comp. Hupfeld, "Beleuchtung Dunkler Stellen in der Alttestamentlichen Textgesch." in "Studien und Kritiken," 1830, pp. 1571 et seq.; Nowack, "Die Bedeutung des Hieronymus für die Alttestamentliche Textkritik," Göttingen, 1875).ジェローム、 who 、彼のバージョンの仕事を密接に従っているヘブライ語、通話のほとんどの注意( comp. hupfeld 、 " beleuchtung dunkler 、 der alttestamentlichen textgesch stellen 。 " 、 " studien und kritiken 、 " 1830 、 pp 。 1571頁以降を参照。 ;ノバック、 "死ぬ死ぬbedeutungデヒエロニムスfür alttestamentliche textkritik 、 "ゲッティンゲン、 1875 ) 。

Translations.技術情報の翻訳です。

The Septuagint version, being a very free rendering of the Book of Job (comp. Bickell, "De Indole ac Ratione Versionis Alexandrinæ in Interpretando Libro Jobi," 1862), must be used very cautiously; yet it can not be denied that it contains many traces of the correct reading (comp. A. Merx, "Das Gedicht von Hiob," 1891; C. Siegfried, "The Book of Job," 1893).のセプトゥアギンタ版との比較、非常に自由に仕事のレンダリングをこの本( comp. bickell 、 "デインドールのAC interpretandoリブロratione versionis alexandrinæにjobi 、 " 1862 )は、非常に慎重に使用しなければなりません;はまだありません否定してすることはできませんが含ま多くの痕跡を、正しい読書( comp. a. merx 、 " das gedichtフォンhiob 、 " 1891 ; c.ジークフリート、 "その本の仕事を、 " 1893 ) 。 For the Targum of Job see W. Bacher in "Monatsschrift," xx.ターガムの仕事を参照しbacherワットの" monatsschrift 、 " × ×です。 208-223.二百八〜二百二十三です。 The Syriac translation ("Peshiṭta") may also be consulted, but as it was corrected after the Septuagint, its agreement with the latter does not mean much textually.のシリア語翻訳( " peshiṭta " )に相談されることもありますが、それを修正した後、セプトゥアギンタ、その契約書に後者のテキストは大した問題ではない。 For the Arabic translation of the poem by Saadia Gaon see I. Cohn, Altona, 1889; "ŒuvresComplètes de R. Saadia Gaon," v. (ed. Bacher), Paris, 1899.は、アラビア語の翻訳は、詩を参照しsaadia gaon i.コーン、アルトナ、 1889 ; " œuvrescomplètesデr. saadia gaon 、 " v. (編bacher ) 、パリ、 1899 。 Emendations of the poem must often be based on conjecture.その詩emendationsの憶測に基づいている必要があります。しばしばです。

Executive Committee of the Editorial Board, M. Seligsohn, Emil G. Hirsch, Carl Siegfried執行委員会は、編集委員会は、男性seligsohn 、 g.エミールハーシュ、カールジークフリート

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Commentaries: For the earlier exegesis, Rosenmüller, Scholia in Vetus Testamentum, v.; and the commentaries and introductions to the OT For modern views compare especially H. Ewald, 1836; 2d ed.論評:ため、以前の釈義、 rosenmüller 、 scholiumの複数の古いtestamentum 、 v. ;との論評を紹介して、現代の再生回数を比較するため、特に笠原otエーヴァルト、 1836 ;二次元エドです。 1854; L. Hirzel, 1839; 2d ed. 1854 ; l.ヒルツェル、 1839 ;二次元エドです。 by I. Olshausen, 1852; 3d ed. i. olshausenされ、 1852 ;三次元エドです。 1869; 4th ed. 1869 ;第4エド。 by A. Dillmann, 1891; Ferdinand Hitzig, 1874; A. Klostermann, Hiob, in Herzog-Hauck, Real-Encyc. a.ディルマンされ、 1891 ;フェルディナンドヒッツィヒ、 1874 ; a.クロステルマン、 hiobは、ヘルツォーク-ハウク、リアルencycです。 viii. Ⅷ 。 97-126; K. Budde, 1896; B. Duhm, 1897. 97〜126 ; k.バッド、 1896 ; b.ドゥーム、 1897 。 Translations with commentaries: A. Merx, 1871; G. Studer, 1881; E. Reuss, Das Alte Testament, 1892-1894; idem, Vortrag über das Buch Hiob, 1888; G. Hoffmann, 1891; F. Baethgen, in Kautzsch, Die Heilige Schrift des Alten Testaments, 2d ed.; idem, Hiob: Deutsch mit Anmerkungen für Ungelehrte, 1898; Friedrich Delitzsch, Das Buch Hiob, Leipsic, 1902.技術情報の翻訳と解説: a. merx 、 1871 ; g.シュトゥーダー、 1881 ; e.ルース、 dasアルテ遺言、 1892-1894 ;同じ、 vortrag über dasブーフhiob 、 1888 ; g.ホフマン、 1891 ;女性baethgenは、カウチ、死ぬheilige schriftデアルテンtestaments 、 2次元エドです。 ;同じ、 hiob変更: Deutsch mit anmerkungen für ungelehrte 、 1898 ;フリードリヒデリッチ、 dasブーフhiob 、リプシック、 1902 。 For problems in the Book of Job, J. Meinhold, Das Problem des Buches Hiob, in Neue Jahrb.予約の仕事の問題が発生する場合、 j.マインホルト、 das問題デbuches hiobは、ノイエjahrbです。 für Deutsche Theologie, 1892, pp. fürドイチェtheologie 、 1892 、 pp 。 63 et seq.; I. Ley, Die Probleme im Buche Hiob, in Neue Jahrb. 63頁以降を参照。 ; i.レイ、死ぬproblemeイムbuche hiobは、ノイエjahrbです。 für Philologie und Pädagogik, 1896, pp. für philologie und pädagogik 、 1896 、 pp 。 125 et seq. 125頁以降を参照。 For special questions on composition, I. Grill, Zur Kritik der Composition des Buches Hiob, Tübingen, 1890; TK Cheyne, Job and Solomon, 1887; Duhm, as above; L. Laue, Die Composition des Buches Hiob, 1895.特別な質問を組成、 i.グリル、 zur kritik der組成デbuches hiob 、テュービンゲン、 1890 ; tkチェーンストークス、仕事とソロモン、 1887 ;ドゥーム、上記のように; l.ラウエ、死ぬ組成デbuches hiob 、 1895 。

For textual criticism, G. Bickell, Kritische Bearbeitung des Jobdialogs, in Wiener Zeitschrift für Kunde des Morgenlandes, vi.原典批評家は、 g. bickell 、 kritische bearbeitungデjobdialogsは、ウィーナーzeitschrift fürカンディデmorgenlandes 、 Ⅵ 。 137-147, 241-257, 327-334; vii.百三十七〜百四十七、 241〜257 、三百二十七〜三百三十四; Ⅶ 。 1-20, 153-168; idem, Dichtungen der Hebräer, ii., 1882; idem, Das Buch Job nach Anleitung der Strophik und der Septuaginta, Vienna, 1894; P. Vetter, Die Metrik des Buches Hiob, in Biblische Studien, ed. 1-20 、百五十三から百六十八;同じ、 dichtungen der hebräer 、 Ⅱ 。 、 1882 ;同じ、 dasブーフ仕事anleitung nach der strophik und der septuaginta 、ウィーン、 1894 ; p.フェッター、死ぬmetrikデbuches hiobは、 biblische studien 、エドです。 Bardenhewer, ii. bardenhewer 、 Ⅱ 。 4, Freiburg, 1897; H. Grimme, Metrisch-Kritische Emendationen zum Buche Hiob, in Theol. 4 、フライブルク、 1897 ;笠原grimme 、 metrisch - kritische emendationen zum buche hiobは、 theol 。 Quartalschrift, lxxx. quartalschrift 、 80です。 295-304, 421-432; lxxxi.二九五〜三〇四、四二一から四三二まで; 81 。 112-118, 259-277; O. Voigt, Einige Stellen des Buches Hiob, 1895; I. Ley, in Studien und Kritiken, 1895, pp.一一二〜一一八、 259から277 ; o.フォークト、 einige stellenデbuches hiob 、 1895 ; i.レイは、 studien und kritiken 、 1895 、 pp 。 635 et seq.; G. Bär, Der Text des Buches Hiob, 1895; idem, in Stade's Zeitschrift, 1896, pp. 635頁以降を参照。 ; g. bär 、 derテキストデbuches hiob 、 1895 ;同上は、シュターデのzeitschrift 、 1896 、 pp 。 297 et seq.EGHCS 297 et seq.eghcs


Job仕事

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Opinions as to Date.ご意見を日付です。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Job's Generosity.仕事の寛大さです。

-Critical View:クリティカルな対象:

Composite Nature of Book of Job.複合材料の性質予約の仕事です。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Titular hero of the Book of Job.名ばかりのヒーローは、予約の仕事です。 He was a native of Uz, rich, very pious, and upright, and he had seven sons and three daughters.彼はuzに自生する、豊かな、非常に信心深い、と直立し、彼は7人の息子と3人の娘です。 His sons used to make a feast in their houses, one each day; and at the end of the week Job would bring seven holocausts, according to the number of his sons, thinking perhaps that the latter, while feasting, had committed sins (Job i. 1-5).彼の息子たちに使用されて自分の家ではごちそうに、 1つの毎日、今週の末に7つのジョブがもたらすholocaustsによると、彼の息子たちの数が、後者の考え方は、おそらく、祝宴、罪がコミット(ジョブi. 1-5 ) 。

One day in the heavenly council, in consequence of a question asked by God, Job's piety was discussed by the accuser Satan, who maintained that if Job should be stricken with calamity he would certainly sin.一日は、天の会議は、神に尋ねられる質問の結果、仕事の信心深さが議論された告発サタン、 who維持して仕事をすべきである彼は確かに災難罪に打ちひしがれた。 Satan, having received permission to deal with Job as he pleased, first brought poverty on him by causing all his cattle to be stolen; then he caused the death of all Job's children.サタン、対処の許可を受けた彼は喜ん者としての仕事は、まずbrought貧困の原因は彼のことをすべての牛を盗まれた;入力し、彼の死の原因のすべての仕事の子供たちです。 But Job did not sin.しかし、仕事をしなかった罪です。 On the contrary, he declared God's act to be just, saying, "The Lord gave, and the Lord hath taken away" (ib. i. 6-22).それどころか、彼は神の法を宣言したにすぎない、と述べ、 "主は、かれらの主連れ去ら" ( ib. i. 6月22日) 。 At a second gathering of the "sons of God" Satan obtained permission to afflict Job's own person. 2番目の集会で、 "神の息子の"悪魔の許可を得られる仕事の自分自身を苦しめる。 He accordingly smote him with a most painful disease (elephantiasis ?); still Job did not complain.彼は彼を襲ったしたがって、ほとんどの痛みを伴う病気(象皮病ですか? ) ;まだ仕事を文句をしなかった。 Even when his wife advised him to curse God and die, he replied that he had to accept evil at His hands, just as he had received good (ib. ii. 1-10).たとえ彼の妻、神と死ぬよう勧めましたが、彼を呪い、彼はこう答えた。悪をしていた彼の手を受け入れることと同様、受信した彼は良い( ib. Ⅱ 。 1-10 ) 。 Three friends came to condole with him, and stayed with him seven days and seven nights in silence (ib. ii. 11-13), after which began the colloquies between him and his friends that form the text of the Book of Job.彼condole 3つの友達と来て、彼と宿泊7泊7日間、沈黙して( ib. Ⅱ 。 11-13 ) 、 colloquiesした後に始まったの間、彼と彼の友達を形成して、書籍のテキストを仕事です。

Finally, God restored Job to his former state, giving him twice as much as he had before, even fourteen sons.最後に、神の仕事を彼の元の状態に復元、与えてくれた彼は前の2倍も、 14人の息子です。 The daughters, however, born to him after his restoration were only three in number.この人の娘が、しかし、彼の元に生まれた彼の回復した後は3つの番号のみです。 Job lived 140 years after this and saw four generations (ib. xlii. 10-17). 140年後の仕事に住んで見たこの4つの世代( ib. 42 。 10-17 ) 。 He is mentioned by Ezekiel (Ezek. xiv. 14, 20) with Noah and Daniel as among the three most righteous men.彼はエゼキエル書に記載され( ezek. 14 。 14 、 20 )とノアとダニエルとの間の3つの中最も主を畏れる男性です。 See Job, Book of.EGHM Sel.仕事を参照し、予約of.eghmなSELです。

Opinions as to Date.ご意見を日付です。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Owing to the importance of the Book of Job, the Talmudists occupied themselves frequently with its chief character.この本のために仕事の重要性を、自身の占領talmudistsチーフ頻繁にその文字です。 One of the amoraim expressed his opinion in the presence of Samuel b. amoraimのいずれかの彼の意見表明が存在する場合のサミュエルb. Naḥmani that Job never existed and that the whole story was a fable (BB 15a). naḥmaniが仕事とは、全体的な話を決して存在は、寓話( bb 15a ) 。 An opinion couched in similar words and pronounced by Simeon ben Laḳish was interpreted to mean that such a person as Job existed, but that the narratives in the drama are inventions (Gen. R. lvii.).同様の意見を表現する言葉と発音されlaḳishシメオンベンは、そのような解釈を意味するの仕事人として存在し、それにはドラマでは、発明の物語( Gen 。とr. 57 。 ) 。 Apart from these utterances all of the rabbis took it for granted that Job existed, but they differed widely as to the epoch in which he lived and as to his nationality, two points of discussion closely connected.これらの発言は別にラビのすべての存在は仕事のことと思い込む、かれらの異なる時代に広く住んでは彼と彼の国籍、 2つのポイントの議論が密接につながっています。 Every one of the Talmudists inferred Job's epoch and nationality from an analogy between two Biblical words or sentences.すべてのいずれかの仕事のエポックと推測さtalmudists国籍聖書からの類推の間に2つの単語や文章です。 According to Bar Ḳappara, Job lived in the time of Abraham; according to Abba b. ḳapparaバーによると、仕事の時間に住んでアブラハム;によると、 b.のAbba Kahana, in the time of Jacob, he having married Dinah, Jacob's daughter (ib.; BB 15b; comp. additions in Targ. Yer. to Job ii. 9).カハナは、ジェイコブの時に、彼が結婚したダイナ、ジェイコブの娘( ib. ; bb 15b ;のCOMPです。ターグの追加します。 yerを仕事Ⅱ 。 9 ) 。 R. Levi said that Job lived in the time of Jacob's sons; and he also said, in the name of Jose b. r.レヴィによると、仕事に住んでの時間のジェイコブ氏の息子、およびによると彼はまた、 b.の名のホセ Ḥalafta, that Job was born when Jacob and his children entered Egypt and that he died when the Israelites left that country. ḥalafta 、その仕事を自分の子供たちが生まれたときに入力するジェイコブとエジプトとイスラエルの左側に彼が死亡したときにその国のです。 Job consequently lived 210 years (comp. Rashi on Ex. xii. 40).その結果210年間住んで仕事( comp. rashiを例です。 12 。 40 ) 。 When Satan came to accuse the Israelites of being idolaters, God set him against Job, whence Job's misfortunes (Gen. R. lc).悪魔のイスラエルを非難するときが来た多神教徒、神に対する彼の仕事を設定、そこから仕事の不幸( Gen 。とr.液晶) 。 This opinion is supported by the statement that Job with Jethro and Balaam was consulted by Pharaoh as to the means of reducing the number of the children of Israel and that Job was stricken with calamity because he had remained silent (Sanh. 106a; Soṭah 11a).この意見が仕事をサポートして声明を埋め草はジェスロと相談をして、フィルアウンの手段としての数を減らすの子供たちの仕事は、イスラエルとしていたため襲われたとの災難は沈黙したまま( sanh. 106a ; soṭah 11a )です。 It may be mentioned that this legend is narrated differently in the "Sefer ha-Yashar" (section "Shemot," p. 110a, ed. Leghorn, 1870) as follows: At first Job, who was one of Pharaoh's eunuchs and counselors, advised Pharaoh to have every male child murdered (Ex. i. 16).この伝説に言及することがありますが異なるナレーションは、 " seferハ- yashar " (セクション" shemot 、 " p. 110a 、エドです。リボルノ、 1870 )以下のとおり:最初の仕事は、 whoは、フィルアウンのeunuchsとカウンセラーの1つ、すべての男性にはお勧めフィルアウンの子供を殺害(例: i. 16 ) 。 Afterward Pharaoh, having had a dream which prognosticated the birth of a helper, again consulted Job.その後、フィルアウン、 prognosticatedことは、夢をヘルパーにして生まれたか、再度相談の仕事です。 The latter answered evasively: "Let the king do as he pleases" ("Sefer ha-Yashar," lcp 111a).後者の回答を濁す: "レットザキング行うとして彼は喜ばせる" ( " seferハ- yashar 、 " 111a 、 LCP )です。 Levi b.レヴィb. Laḥma also held that Job lived in the time of Moses, by whom the Book of Job was written. laḥmaもその仕事に住んで開かれたモーゼの時間を、誰が為に仕事が書かれた本です。 Some of the rabbis even declare that the one servant of Pharaoh who feared the word of God (Ex. ix. 20) was Job (Ex. R. xii. 3).いくつかのラビを宣言しても1つの使用人フィルアウンwho恐れが神の言葉(例: 9 。 20 )は仕事(例: r. 12 。 3 ) 。 Raba, specifying the time more accurately, said Job lived in the time of the spies who were sent by Moses to explore the land of Canaan (BB 15a).ラバ川、より正確な時刻を指定して、仕事に住んでの時間によると、スパイが送られたムーサーwhoカナンの地を探検する( bb 15a ) 。 According to these rabbis, Job was a Gentile-an opinion which is elsewhere expressed more fully, in that Job is said to have been a pious Gentile or one of the prophets of the Gentiles (ib. 15b; Seder 'Olam R. xxi.).これらのラビによると、仕事は、これは他のジェンティーレ-の意見表明の他の完全に、その仕事は信心深いジェンティーレによるとされては、預言者は、 1つまたはgentiles ( ib. 15b ;セダー' olam r. xxi 。 ) 。 Other tannaim place Job variously in the reign of Saba, in that of the Chaldees, and in that of Ahasuerus.他のtannaimさまざまな場所での仕事の統治のサバは、しているchaldees 、およびアハシュエロスにします。 R. Johanan and R. Eleazar both declared that Job was one of those who returned from the Captivity and that his bet ha-midrash was at Tiberias (Yer. Soṭah v. 8; BB lc; Gen. R. lc). r. johanan eleazar減速の両方を宣言してそれらの仕事は1つの監禁whoから返されるとは自分のベットハ-ミドラーシュはティベリア( yer. soṭah v. 8 ; bb液晶; Gen 。とr.液晶) 。 It is said in BB (ib.) that these tannaim necessarily considered Job an Israelite; but R. Hananeel (ad loc.) has in his text, "All the Tannaim and Amoraim, with the exception ofthe one who placed Job in the time of Jacob, were of opinion that Job was an Israelite" (comp. also Gen. R. lc).これはbbによると( ib. )は、これらの仕事をすると考えtannaim必ずしもイスラエル;しかし、 r. hananeel (広告て下さい。 )は、彼のテキストは、 "すべてのtannaimとamoraim 、 who配置を除いて1つの仕事をoftheの時間のジェイコブがその仕事は、イスラエルの意見" ( comp.もGen 。とr.液晶) 。

Job is prominent in haggadic legends.仕事は著名な伝説をhaggadicです。 His prosperity is thus described: Samuel b.彼の繁栄は、このように説明: b.サミュエル Isaac said: "He who received a 'peruṭah' from Job prospered in his affairs."アイザックによると: "彼who受け取って' peruṭah 'から栄えて彼の事務の仕事です。 " Jose b.ホセb. Ḥanina inferred from Job i.仕事i. ḥaninaから類推 10 that Job's goats could kill wolves; and R. Johanan inferred from Job i. 10そのジョブのヤギがオオカミを殺す; johanan減速仕事i.から類推 14 that God gave Job a foretaste of the bliss of paradise (BB 15b). 14日に神は、ブリスの前触れの仕事をしパラダイス( bb 15b ) 。 Satan, seeing Job's extraordinary prosperity, was filled with envy and therefore began in the councils of heaven to disparage Job's piety.悪魔は、仕事の異常な繁栄を見て、いっぱいには、ねたみとそのための委員会が開始さ天国の信心深さを軽んじるの仕事です。

According to the Targum Yerushalmi (Job i. 6, ii. 1) the two councils of heaven took place respectively on Rosh ha-Shanah and Yom Kippur.によると、ターガムyerushalmi (仕事i. 6 、 Ⅱ 。 1 )の2つのそれぞれの委員会が開催さ天国ロッシュハ- shanahと贖罪の日です。 When the messenger told Job that the Sabeans had seized his oxen, he armed his men and prepared to make war upon them.メッセンジャーときにはsabeans仕事をしていた彼の雄牛を摘発、彼は彼の武装した男と戦争する用意があるかれらです。 But the second messenger came, telling him that a fire from heaven had destroyed his sheep, and he then said: "Now I can do nothing" (Lev. R. xvii. 4).しかし、 2番目の使徒がやって来て、天国から言っては、火災が彼の羊を破壊し、その後によると: "今すぐ私も何もできなかったこと" ( lev. r. 17 。 4 ) 。 The wind that blew down his house was one of the three great winds whose power was sufficient to destroy the world (Gen. R. xxiv. 4).風が彼の家は、 1つはものすごくダウンの3つの強い風の力は、世界を破壊するに十分な( Gen 。とr. 24 。 4 ) 。 Job was stricken by Satan with fifty different plagues (Ex. R. xxiii. 10).仕事はサタンに包まれる50の異なるplagues (例: r. 23 。 10 ) 。 His house was filled with a bad smell, and Job sat down on a dunghill.彼の家に嫌なにおいが満ちている、と仕事を土ダウンして掃きだめです。 His flesh was filled with worms which made holes in his body and began to quarrel with one another.彼の肉体は、ワームに満ちている彼の遺体は穴がけんかになったときに別の1つです。 Job thereupon placed every worm in a hole, saying: "It is my flesh, yet you quarrel about it' (Ab. RN, ed. Schechter, p. 164; comp. Kohler, Testament of Job, v. 6-8, in Kohut Memorial Volume, pp. 264-295). Job's sufferings lasted twelve months ('Eduy. ii. 10; comp. Testament of Job, v. 9, where the number of years is given as seven); then God, yielding to the prayer of the angels, healed him and restored to him twofold what he had before (Ab. RN lc). Only the number of Job's daughters was not doubled. Nevertheless their beauty was doubled, and therefore their names (Job xlii. 14), indicating their extraordinary charms, are given (BB 16b). The legendary accounts of Job extend also to his three friends. These entered his house simultaneously, though they lived 300 miles apart. Each had a crown or, according to another statement, a tree on which the images of the three friends were carved; and when a misfortune befell any one of them his image was altered (ib.; comp. Targ. to Job ii. 11). It has been said that Job lived 210 years; this is inferred from Job xlii. 16, where it is said that he lived 140 years after his recovery (Gen. R. lviii. 3, lxi. 4; comp. Yalḳ., Kings, 243, and Testament of Job, xii. 8). It is said also that the whole world mourned Job's death (Soṭah 35a).そこですべてのワームに置か仕事に穴を開ける、と言っ: "それは私の肉は、まだありませんがけんかすること' ( ab. rn 、エドです。シェクター、 p. 164 ;のCOMPです。ケーラー、遺言の仕事は、 v. 6-8 、記念碑のコフート巻、 pp 。二百六十四〜二百九十五) 。ジョブの苦しみ12ヶ月間続いた( ' eduy 。 Ⅱ 。 10 ;のCOMPです。遺書の仕事、 v. 9日、ここ数年は、与えられたとして、 7 ) ;入力し、神は、降伏祈りをして、天使たちに、二重の治癒彼と彼は何を復元する前に彼は( ab. rn液晶) 。のみの数を2倍に仕事の人の娘はない。その美しさは倍増したにもかかわらず、それゆえ自分の名前(ジョブ42 。 14 ) 、臨時の魅力を示すには、与えられた( bb 16b ) 。 、伝説の延長にも彼の仕事のアカウントの3つの友達とします。これらの入力と同時に彼の家は、かれらに住ん300マイル離れている。それぞれが王冠または、別の声明によると、木の上での画像の彫刻の3つの友人たち、そしてときにそれらのいずれかの不幸befallの過去彼のイメージが変化( ib. ;のCOMPです。ターグに仕事Ⅱ 。 11 ) 。それによると、仕事をされ住んで210年が、これは仕事を42から類推します。 16日、場所に住んで140年後によると、彼は彼の回復( Gen 。とr. 58 。 3 、 61 。 4 ;のCOMPです。 yalḳ 。 、キングス、 243 、および遺言の仕事は、 12 。 8 ) 。これは全世界によるとしても仕事の死を悲しんだ( soṭah 35a ) 。

Job's Generosity.仕事の寛大さです。

But it was chiefly Job's character and piety that concerned the Talmudists.しかし、それは主に仕事のキャラクターと信心深さを懸念してtalmudistsです。 He is particularly represented as a most generous man.彼は特に、最も寛大な男として表現されています。 Like Abraham, he built an inn at the cross-roads, with four doors opening respectively to the four cardinal points, in order that wayfarers might have no trouble in finding an entrance, and his name was praised by all who knew him.アブラハムのような、彼は、宿屋のクロス組み込み、道路、それぞれを4つのドアが開くの4つの基本ポイントは、順番にwayfarersを見つけるのは困難かもしれないの外観、および彼の名前は絶賛さを知っていたすべてのwhoていた。 His time was entirely occupied with works of charity, as visiting the sick and the like (Ab. RN, ed. Schechter, pp. 33-34, 164; Midrash Ma'yan Gannim, ed. Buber, p. 92; comp. Gen. R. xxx. 9).自分の時間が完全に占領下の作品を慈善団体に、このような病人や訪問( ab. rn 、エドです。シェクター、 pp 。 33-34 、 164 ;ミドラーシュma'yan gannim 、エドです。ブーバー、 p. 92 ;のCOMPです。 xxx r. Gen 。とします。 9 ) 。 Still more characteristic is the conclusion of Raba that Job used to take away, ostensibly by force, a field which belonged to orphans, and after making it ready for sowing would return it to the owners (BB lc).まだ結論は、ラバ川の他の特性を使用して仕事を奪う、という触れ込みを武力では、フィールドを所有して孤児とまきができるように支度した後、それを返すの所有者( bb液晶) 。 Job was also of exemplary piety.信心深さも模範的な仕事だった。 Like Abraham he recognized God by intuition (Num. R. xiv. 7).アブラハム彼は神のような直観的に認識( num. r. 14 。 7 ) 。 Nothing in his possession had been acquired by rapacity, and therefore his prayer was pure (Ex. R. xii. 4).何も買収されていた彼の所持強奪、およびそのため彼の祈りは、純粋な(例: r. 12 。 4 ) 。 He, Melchizedek, and Enoch were as spotless as Abraham (Midr. Teh. to Ps. xxxvii.).彼は、メルキゼデク、およびイノックspotlessとしては、アブラハム( midr.します。をpsのです。 37 。 ) 。 He took the greatest care to keep himself aloof from every unseemly deed (Ab. RN ch. ii., Recension B, ed. Schechter, p. 8).彼は自分自身の最大のケアを保つから超然としているすべての不適切な行為( ab. rnあなたのです。 Ⅱ 。 、校訂b 、エドです。シェクター、 8頁) 。

According to Targ.ターグによるとします。 Sheni to Esth. sheniをesthです。 i.わたし。 Job's name was one of the seven engraved on the seven branches of the golden candlestick. 1つのジョブの名前が刻まれて7人の7つの枝の黄金の燭台です。

But these features of Job's character made the Rabbis apprehend that he might eclipse Abraham; and some of them therefore depreciated Job's piety.しかし、これらの機能を逮捕するジョブの文字は、その彼かもしれないEclipseのラビアブラハム、およびいくつかの仕事をしてそのための信心深さ償却します。 Johanan b. b. johanan Zakkai used to say that Job's piety was only the result of his fear of punishment (Soṭah 27a; Yer. Soṭah v. 5). zakkai使われる仕事の信心深さを言うことは、彼の恐怖の結果のみを処罰( soṭah 27a ; yer 。 soṭah v. 5 ) 。 In Ab.のアルバータです。 RN, Recension A, p. rn 、校訂本を、 p. 34, where the generosity of Job is so much praised, it is concluded that when he, after having been afflicted, complained that he was inadequately rewarded, God said to him: "Thy generosity has not yet attained to the half of that of Abraham." 34 、ここでの仕事は非常に多くの気前の賞賛、それはときに結論を彼は、被災後にも、彼は不十分な報われると不満を、神は言った: "なたの寛大さがまだ達成しているの半分をアブラハム。 " R. Levi even went as far as to exculpate Satan, declaring that he had the same apprehension that God might forget the piety of Abraham (BB 16a). r.レヴィの潔白を証明するにはサタン限り、同じ不安を宣言していたかもしれないが、神信心深さを忘れてアブラハム( bb 16a ) 。 Still even among the Tannaim Job had his defenders, eg, Joshua b.まだtannaim間の仕事も彼の守備は、例えば、ジョシュアb. Hyrcanus, whose opinion was that Job worshiped God out of pure love (Soṭah lc). hyrcanus 、その意見は、その仕事をする純粋な愛の神worshiped ( soṭah液晶) 。 This difference of opinion existed with regard to Job's attitude at the time of his misfortune.この意見の相違が存在に関しては仕事の態度の時点で、彼の不幸です。 R. Eliezer said that Job blasphemed God (the Talmudic expression being "he desired to upset the dish"), but R. Joshua considered that Job spoke harsh words against Satan only (BB 16a). r.エリエゼルによると、仕事blasphemed神( talmudic表現が"彼の皿の混乱を希望する" ) 、しかし、 r.ジョシュアに考えられるように仕事に対して厳しい言葉をスポークサタンのみ( bb 16a ) 。 This discussion was continued by Abaye and Raba, of whom the former pleaded for Job, while Raba followed R. Eliezer's opinion.この議論は継続されabayeとラバ川、誰が為に元の仕事について、 r.エリエゼルラバ川の後の意見です。 Raba's (according to another text, Rab's) expression was "dust into the mouth of Job."ラバ川の(別のテキストによると、ラブ島の)表現は、 "ほこりを口の中の仕事です。 " He inferred from the passage "and yet Job sinned not with his lips" (Job ii. 10) that Job sinned in his heart (ib.).彼の通路から推測さ"と罪を犯し仕事ではなく彼の唇はまだありません" (仕事Ⅱ 。 10 )が罪を犯し、その心の仕事( ib. ) 。 In the Talmudic literature it is generally assumed that Job sinned or, as the expression is, "he rebelled" ("ba'aṭ"; Midr. Teh. xxvi.). talmudic文学は、それは一般的に仕事を想定して罪を犯したり、表現としては、 "彼は反抗" ( " ba'aṭ " ; midrれています。 26 。 ) 。 It is further said that if Job had not sinned people would recite in prayer "and the God of Job," just as they recite "the God of Abraham, Isaac, and Jacob," but he rebelled (Pesiḳ. R. Aḥare Mot, ed. Friedmann, p. 190a; comp. Ex. R. xxx. 8).これは仕事をより詳細によると、もし罪を犯していない人々の祈りを暗唱する"との神の仕事を、 "同じように彼らを暗唱"の神のイブラーヒーム、イスハーク、とジェイコブ、 "しかし、彼は反乱分子( pesiḳ. r. aḥare mot 、エドです。フリードマン、 p. 190a ;のCOMPです。例です。 r. xxx 。 8 ) 。 Job's chief complaint was, according to Raba, that although man is driven to sin by the seducer ("yeẓer ha-ra'"), whom God Himself has created, yet he is punished (comp. Job x. 7).仕事の主訴は、ラバ川によると、男は運転をすることが罪の誘惑( " yeẓerハナラ' " ) 、神ご自身が作成されると、まだ彼は罰せられる( comp.仕事Xの7 ) 。 But Eliphaz answered him: "Thou castest off fear" (ib. xv. 4), meaning, if God created the seducer, He also created the Torah, by which a man can subdue the seducer (BB lc).しかし、彼は答えたeliphaz : "なたcastestオフの恐怖" ( ib. 15 。 4 ) 、意味は、もし神色魔作成して、彼は律法も作成して、男を征服すること色魔( bb液晶) 。 Raba concluded also that Job denied resurrection (ib.).ラバ川の結論も仕事が拒否されましたが復活( ib. ) 。 A more picturesque treatment of Job's bitternessagainst God is recorded by Rabbah (according to BB 16a), or Raba (according to Niddah 52a): Job blasphemed God by using the term "tempest" when he said, "For he breaketh me with a tempest" (Job ix. 17), which passage is interpreted by the Rabbis to mean, "Perhaps a tempest passed before Thee which caused the confusion between [= "Job"] and [= "enemy"]" (comp. also Ecclus. [Sirach] xlix. 9, the Hebrew, Greek, and Syriac versions, and the commentaries ad loc.).治療の仕事を他の絵のように美しいのアンマンで記録さbitternessagainst神は( 16aによるからBB ) 、またはラバ川( niddahによると、 52a ) :仕事blasphemed用語を使用して、神の"テンペスト"と述べたとき、 "彼は私に、テンペストbreaketh " (仕事9 。 17 ) 、ラビの通路として解釈されることを意味する、 "たぶん、テンペストに渡さの混乱が発生する前に、なたの間に[ = "仕事" ]と[ = "敵" ] " ( comp.もecclus 。 [シラク] 49 。 9日、ヘブライ語、ギリシャ語、およびシリアのバージョン、および広告の組織委員会の論評です。 ) 。 God therefore answered him out of the tempest (ib. xxxviii.-xxxix., which are interpreted as a refutation of Job's charge).神したがって彼は答えたアウトオブザテンペスト( ib. xxxviii. - 39 。 、これに反論として解釈されるのは、仕事の電荷) 。 Still, Rabbi's opinion was that Job spoke in praise of God more than Elihu did (Ex. R. xxxiv. 1).それでも、ラビの意見は、そのジョブのスポークに神の称賛を超えるelihuは(例: r. 34 。 1 )です。

It has already been said that the Book of Job was ascribed by the Rabbis to Moses.それによると、予約は既に仕事は、生得的にムーサーの律法学者です。 Its place in the canon is between Psalms and Proverbs (BB 14b).その場所は、詩篇を授けたとの間に、キヤノンは諺( bb 14b ) 。 The high priest read the Book of Job for diversion before Yom Kippur (Yoma i. 4 [18b]).大祭司の仕事を転換して本を読む前に贖罪の日( yoma i. 4 [ 18b ] ) 。 According to the Talmudists, he who sees the Book of Job in a dream may anticipate a misfortune (Ber. 57b). talmudistsによると、彼の仕事にwhoは、この書籍の不幸を予測する夢があります( ber. 57b ) 。 There was an ancient Targum to Job which was regarded by the Talmudists as a dangerous work (comp. Tosef., Shab. xiv.).仕事があったが、古代ターガムをtalmudistsとして認識される危険な作業( comp. tosef 。 、 shabします。 14 。 ) 。

Bibliography:書誌事項:

Israel Schwarz, Tikwat Enosh, Berlin, 1868; Wiernikowsky, Das Buch Hiob, Breslau, 1902.SSM Sel.イスラエルシュワルツ、 tikwat enosh 、ベルリン、 1868 ; wiernikowsky 、 dasブーフhiob 、ブレスラウ、 1902.ssmなSELです。

-Critical View:クリティカルな対象:

The hero whose name has furnished the title of the Book of Job appears only as a legendary figure.家具の英雄の名前は、その本のタイトルの伝説的人物としての仕事にのみ表示されます。 It is idle to inquire whether the story has any historical basis, since nothing definite relating to Job can be ascertained.それがアイドル状態かどうかの物語に問い合わせて歴史的な根拠があれば、仕事に関連して以来何もはっきりしたことはつかめるのです。 The story originated in the land of Edom-a background that has been retained in the Hebrew poem.その物語の起源は、その土地のエドム-を背景にされてきたヘブライ語の詩に保持されています。 The names of Job and his three friends have been partly Hebraized.の名前を友達と仕事と彼の3つの部分もhebraizedです。 "Iyyob," the Hebrew form of "Job," is either passive, meaning the person attacked [by Satan]" (comp. "yillod" = "the born one"; Ex. i. 22; Josh. v. 5; "shilloaḥ" in Job ix. 7 = ἀπεσταλ μήνος), or active, meaning "the attacker [ie, of the ancient doctrine of retribution]" (comp. Merx, "Das Gedicht von Hiob," 1871, pp. xvii., xxxv.), like "yissor," Job xl. 2 = "the reprover"; the Arabic etymologies given in Ewald, "Das Buch Ijob" (2d ed., 1854, pp. 19 et seq.: "the returning, repenting"), and in Hitzig, "Das Buch Hiob" (1874, pp. xix. et seq.: from the Arabic tribe "banu Awwab" = "sons of the evening star," ie, "of the returning one"), are doubtful. Eliphaz the Temanite (Job ii. 11) appears also in Gen. xxxvi. 4, 11, 15, as Esau's eldest son. Bildad the Shuhite is mentioned only in the Book of Job. According to Nöldeke (in "ZDMG" xlii. 479), the name means "Bel has loved" (comp. "Eldad"). In Gen. xxv. 2 "Shuah" is the name of a tribe, not of a place. "Zophar" also occurs only in the Book of Job. His home, Naamah, is mentioned in Josh. xv. 41 as a city within the Judaic "shefelah." Job's home, Uz (Χώρα Αὐσίτις in the Septuagint), is mentioned in Lam. iv. 21 as being in Edom; according to Wetzstein (in Delitzsch, "Hiob," pp. 576 et seq.) it was in Hauran, east of the Jordan. For other opinions see Budde, "Das Buch Hiob," 1896, pp. x. et seq. " iyyob 、 "フォームのヘブライ語の"仕事"はどちらか消極的、人の攻撃を意味して[られたサタン] " ( comp. " yillod " = " 1つの誕生" ;例です。 i. 22 ;ジョシュです。 v. 5 ; " shilloaḥ "の仕事Ⅸ 。 7 = ἀπεσταλ μήνος ) 、またはアクティブな、を意味する"攻撃者[すなわち、古代の教義の報復] " ( comp. merx 、 " das gedichtフォンhiob 、 " 1871年、 pp 。 17 。 、 35 。 ) 、のような" yissor 、 "仕事xl 。 2 = " reprover " ; 、アラビア語に起源エーヴァルト与えられた、 " dasブーフijob " (二次元エド。 、 1854 、 pp 。 19頁以降を参照。 : "のリピート、 repenting " ) 、およびヒッツィヒ、 " dasブーフhiob " ( 1874 、 pp 。 19 。頁以降を参照。 :アラビア語の部族から"バーヌawwab " = "サンズオブ夕方スター、 "すなわち、 " 1つの復帰" ) 、は疑わしいものです。 eliphazのtemanite (仕事Ⅱ 。 11 )が表示されたらまた、 36 Gen 。とします。 4 、 11日、 15日、エサウの長男としてします。 bildadのshuhiteに記載するだけで予約の仕事です。 nöldekeによると、 ( " zdmg " 42 。 479 ) 、の名前は"ベルが愛し" ( comp. "のEldad "という。 )は25 Gen 。とします。 2 " shuah "には、部族の名前を、特定の場所です。 " zophar "するだけでも発生します。予約の仕事です。彼の家は、 naamah 、ジョシュに記載されています。 15 。 41都市内のユダヤ人として" shefelah 。 "仕事のホームページに、 uz ( χώρα αὐσίτιςは、セプトゥアギンタ)は、ラムに記載されています。 Ⅳ 。 21され、エドム;によると、ウェツシュタイン(デリッチ、 " hiob 、 " pp 。 576頁以降を参照。 ) hauranそれは、東にヨルダンです。バッドの他の意見を参照し、 " dasブーフhiob 、 " 1896年、 pp 。 Xの頁以降を参照です。

Composite Nature of Book of Job.複合材料の性質予約の仕事です。

The poem of Job as found in the Old Testament is a combination from two sources.その詩の仕事として発見された旧約聖書は、 2つのソースからの組み合わせです。 The earlier of these, a folk-book, comprises the prologue (Job i. and ii.) and the epilogue (ib. xlii. 7-17).これらの以前のバージョンは、民俗-予約、構成のプロローグ(仕事i. 、およびii 。 )とエピローグ( ib. 42 。 7-17 ) 。 According to this source Job was a rich Edomite sheik, of irreproachable piety (ib. i. 1, 3, 8), as is shown especially by his punctiliousness in ritual observances (ib. i. 5) according to the customs of the time.このソースによると、豊富なエドム人族長の仕事は、申し分のない信心深さ( ib. i. 1 、 3 、 8 ) 、特に彼には表示さpunctiliousness儀式的慣習( ib. i. 5 )によると、税関は、時間です。 The accusing angel Satan (ib. i. 6) in the presence of God casts reflections on the causes of Job's piety (ib. i. 9-11), and, in agreement with the conceit that the evil upon earth is not caused by God directly, but is brought by one or many intermediary angels, receives permission to test Job by misfortune (Gen. xix.; II Sam. xxiv. 16 et seq.; Ezek. ix. 4 et seq.; comp. κολαστικὴ δύναμις in Philo, "Quis Rerum Divinarum Heres Sit," § 34 [ed. Mangey. i. 496]; "middat ha-din" in the Jewish midrash, Gen. R. xii.).非難するような天使の悪魔( ib. i. 6 )は、神の存在を反射するキャストの原因を究明するジョブの信心深さ( ib. i. 9-11 ) 、および、同意のもとでは、悪のうぬぼれが原因で発生する地球ではない神に直接、しかし、 1つまたは複数の仲介者がもたらした天使たちは、テストの仕事を受信する許可を不幸にも( Gen 。と19です。 ;二サムです。 24 。 16頁以降を参照。 ; ezekします。 9 。 4頁以降を参照。 ;のCOMPです。 κολαστικὴ δύναμιςでフィロ、 "ここに座っdivinarum何rerum 、 " § 34 [エドです。 mangey 。 i. 496 ] ; " middatハ-また"は、ユダヤ教のミドラーシュ、 Gen 。とr. 12 。 ) 。

The first trial consists in the destruction of Job's possessions (Job i. 12-19), in which he is the victor through his resignation (ib. i. 20-22).の最初の試験で構成さは、仕事の財産を破壊(仕事i. 12-19 ) 、ビクター経由では彼は、彼の辞任( ib. i. 20-22 ) 。 Satan declares this trial to have been insufficient, and demands another to consist in personal bodily suffering.悪魔の不十分されたこの裁判を宣言し、要求を別の個人的肉体的苦痛を構成します。 This also is granted, and Job is again victorious (ib. ii. 1-10).これも付与し、仕事は再び勝利( ib. Ⅱ 。 1-10 ) 。 Job's wife (ib. ii. 9, 10) here shows how great in such cases is the temptation to do wrong.仕事の妻( ib. Ⅱ 。 9日、 10 )ここに示すような場合にどのように大きな誘惑にこれを行うには、間違っている。 That the friends of Job, who come to comfort him (ib. ii. 11-13), also sin on this occasion is evidenced in Job xlii.友達の仕事をして、 who来て快適度彼( ib. Ⅱ 。 11-13 ) 、この時に当たっても罪を挙げての仕事は42です。 7-10a, where Job, who alone remains guiltless, has to intercede for them when they bring the burnt offerings. 7 - 10 Aまで、ここでの仕事、 whoだけでは潔白な、かれらを仲裁するときに持って焦げた提供します。 The nature of their sin does not appear, since the folk-book is interrupted at this point by the interpolation of the poem of Job (ib. iii. 1-xlii. 6).その罪の性質が表示されない場合、民俗-以来、この時点で予約が中断された補間は、詩の仕事( ib. Ⅲ 。 1 - 42 。 6 ) 。

The folk-book is further differentiated from the poem by its employment of the name of Yhwh, which it naively puts into the mouth of the Edomites (ib. i. 7, 21b; xlii. 7).民俗-予約は、より詳細な分化からの詩を、雇用のyhwhの名前を、口の中にそれにより、世間知らずedomites ( ib. i. 7日、 21b ;拾弐です。 7 ) 。 Here again Job refrains from sinning with his lips (ib. ii. 10), even in his deepest suffering, and says to Yhwh only what is just ("nekonah"; ib. xlii. 7b, 8b), whereas in the poem he utters the most offensive sentiments against God, beginning by cursing the day of his birth.ここで再び仕事を自粛しsinning彼の唇( ib. Ⅱ 。 10 )も、彼の深い苦しみ、と言う人だけは何ですyhwhのみ( " nekonah " ; ① -イ。 4 2。 7 B面、 8 b)され、彼の詩uttersで最も不快な感情を神は、言わずに開始され、彼の誕生日です。

In the folk-book the sins consist mainly in unseemly speeches to and about God (ib. i. 10; xlii. 7, 8; comp. ib. i. 22, "natan tiflah").は、民俗-を予約して罪を中心に構成さ約見苦しいスピーチを神( ib. i. 10 ;拾弐です。 7日、 8 ;のCOMPです。 ① -イ。 i .2 2日、 "ナタンt iflah" ) 。 He who refrains, like Job, is 'sar me-ra'" (="one who escheweth evil") and "yere Elohim" (= "who feareth God") (ib. i. 1). In other respects piety here, as among the Patriarchs (Gen. xxii. 3), is a matter of ritual, consisting in burnt offerings (Job i. 5). Job's dress is that worn by the Patriarchs; his flocks are reminiscent of Gen. xii. 16, xxxii. 5; his servants ("'abuddah"), of Gen. xxvi. 14. According to Duhm ("Das Buch Hiob," 1897, p. viii.) Ezek. xiv. 14 et seq. indicates that the writer of that passage knew the folk-book.EGHCS彼who refrains 、のような仕事は、 ' sar私ナラ' " ( = " 1つwho escheweth悪" )と" yereエロヒム" ( = " who恐れる神" ) ( ib. i. 1 ) 。そのほかの点で、ここ信心深さの間のpatriarchs ( Gen 。とxxii 。 3 )は、問題の儀式、焦げたサービスで構成さ(仕事i. 5 ) 。ジョブのドレスは、装着されたpatriarchs ;彼の群れは12性を連想させる。 16日、 32 。 5 ;彼の使用人( " ' abuddah " )は、二十六Gen 。とします。 14 。によると、ドゥーム( " dasブーフhiob 、 " 1897 、 p. Ⅷ 。 ) ezekします。 14 。 14頁以降を参照。示しているの作家通路を知っていたが、民俗- book.eghcs

Emil G. Hirsch, M. Seligsohn, Solomon Schechter, Carl Siegfried g.エミールハーシュ、男性seligsohn 、ソロモンシェクター、カールジークフリート

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです