Book of Joel予約のジョエル

General Information 総合情報

The Book of Joel, a prophetic book of the Old Testament of the Bible, derives its name from the prophet Joel.この本のジョエルは、予約は、旧約聖書の予言は、聖書は、その名前から派生預言者ムハンマドのジョエルです。 Nothing other than his name is known about the prophet.に他ならないについては、預言者、彼の名前が知られています。 The date of composition was probably between 400 and 350 BC, although some scholars place it much earlier (9th - 7th century BC).この評価を組成する400および350の間にはおそらく紀元前か、いくつかの学者置いて、もっと早く( 9日-紀元前7世紀)です。 The book falls into two sections.この本の滝を2つのセクションです。 The first (1:1 - 2:17) gives an account of a plague of locusts and a drought that ravaged Judah as a symbol of divine judgment.の最初の( 1:1 -2 :17)では、アカウント登録をするとイナゴの異常大干ばつに見舞われたユダの象徴として神の裁きです。 The second (2:18 - 3:21) promises the gift of the spirit of the Lord for the entire population and declares final judgment on all nations, with protection and fertility for Judah and Jerusalem. 2番目の( 2:18 -3 :21)約束の才能があるの精神を、主は、全人口の最終判断をすべての国と宣言し、ユダとエルサレムの保護と不妊治療をします。 The passage on the outpouring of God's Spirit (2:28 - 32) is cited in Saint Peter's Pentecost sermon in Acts 2:17 - 21.ほとばしるの通過を検索する神の精神( 2:28 -3 2)は、サンピエトロ聖霊降臨日に列記さ行為説教さ2 :17- 21 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
George W Coatsジョージワットコート


Book of Joel予約のジョエル

Brief Outline簡単な概要

  1. Locust plague and its removal (1:1-2:27)イナゴの異常発生とその除去( 1:1-2:27 )
  2. Future Day of the Lord (2:28-3:21)将来の日、主( 2:28-3:21 )


Jo'el jo'el

Advanced Information 高度情報

Joel, Jehovah is his God.ジョエル、エホバは彼の神です。 (1.) The oldest of Samuel's two sons appointed by him as judges in Beersh eba (1 Sam. 8:2). ( 1 。 )の2人の息子で最も古いのサミュエル彼を裁判官に任命さbeersh eba ( 1サムです。 8時02分) 。 (See VASHNI.) (2.) A descendant of Reuben (1 Chr. 5:4,8). ( vashniを参照。 ) ( 2 )の子孫のルーベン( 1 chrです。 5:4,8 ) 。 (3.) One of David's famous warriors (1 Chr. 11:38). ( 3 )の1つの有名なデビッド戦士( 1 chrします。 11:38 )です。 (4.) A Levite of the family of Gershom (1 Chr. 15:7, 11). ( 4 。 )レビは、ご家族のゲルショム( 1 chrです。 15時07分、 11 ) 。 (5.) 1 Chr. ( 5 。 ) 1 chrです。 7:3.午前7時03分です。 (6.) 1 Chr. ( 6 ) 1 chrです。 27:20. 27:20です。 (7.) The second of the twelve minor prophets. ( 7 。 ) 2番目のは、 12小預言者です。 He was the son of Pethuel.彼は、 pethuel息子です。 His personal history is only known from his book.彼の個人的な歴史は彼の本のみ知られています。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Jo'el予約のjo'el

Advanced Information 高度情報

Joel was probably a resident in Judah, as his commission was to that people.ジョエルはおそらく、ユダに居住し、彼の委員会としては、その人々です。 He makes frequent mention of Judah and Jerusalem (1:14; 2:1, 15, 32; 3:1, 12, 17, 20, 21).彼は頻繁に言及したユダとエルサレム( 1:14 ; 2:1 、 15 、 32 ; 3:1 、 12 、 17 、 20 、 21 ) 。 He probably flourished in the reign of Uzziah (about BC 800), and was contemporary with Amos and Isaiah.開花は、おそらく彼の統治のアザイア(約紀元前800 ) 、およびアモスとイザヤ書は、現代にします。 The contents of this book are, (1.) A prophecy of a great public calamity then impending over the land, consisting of a want of water and an extraordinary plague of locusts (1:1-2:11).この本の内容には、 ( 1 )公共の災難を予言の大きな入力し、間近に迫った以上の土地、水とで構成される臨時にしたいイナゴの異常大( 1:1-2:11 ) 。 (2.) The prophet then calls on his countrymen to repent and to turn to God, assuring them of his readiness to forgive (2:12-17), and foretelling the restoration of the land to its accustomed fruitfulness (18-26). ( 2 )預言者ムハンマドの呼び出しを入力し、彼の同胞を悔いて神を有効にし、彼の用意があることを保証することを許す( 2:12-17 ) 、およびforetellingの復元は、その土地を実りの豊かさに慣れ( 18-26 )です。 (3.) Then follows a Messianic prophecy, quoted by Peter (Acts 2:39). ( 3 。 )救世主のような予言を入力し、次のように、引用されるピーター(行為2:39 ) 。 (4.) Finally, the prophet foretells portents and judgments as destined to fall on the enemies of God (ch. 3, but in the Hebrew text 4). ( 4 )最後に、預言者としてforetells徴と判断する運命にある神の敵のようにかかっている(第3 、しかし、ヘブライ語のテキスト4 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Joel予約のジョエル

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

The text of this lesson except the questions is taken from the author's "Synthetic Bible Studies."このレッスンのテキスト以外の質問は投稿者の"合成聖書研究です。 " Joel was probably the earliest of the prophets whose writings have descended to us.ジョエルは、おそらく、その記述が最古のは、預言者の子孫してください。 His personal history is unknown further than the bare statement, 1:1.彼の個人的な歴史は不明以上のむき出しの声明で、 1:1です。 His field of labor was presumably Judah rather that Israel, the southern rather than the northern kingdom, because of allusions to the center of public worship which was at Jerusalem, 1:9, 13, 14, 2:15, and because of non-allusions to Israel distinctively.彼の分野の労働者は、おそらくユダというが、イスラエル、北部の南の王国ではなく、 allusionsのために公共の崇拝の中心にエルサレムでは、 1:9 、 13日、 14日、 2:15 、およびための非allusionsをイスラエルがはっきりしています。 Such places as 2:27, and 3:16 are thought to mean Israel as inclusive of Judah, ie, the whole united nation.このような場所は、 2:27 、 3:16イスラエルとしては、包括的思考を意味するのユダ、すなわち、国連全体のです。 Although it is assumed, that Joel was the earliest of the prophets, yet the evidence is inferential rather than direct.想定することは、そのジョエルは、最古のは、預言者は、まだありませんているという証拠は推論ではなく、直接です。

He is presumably earlier than Amos who is known to have prophesied somewhere about the close of the eighth century BC, because he seems to be quoted by Amos 5:16-18.おそらく彼はアモスよりも早くwhoは、既知のどこかには予言については、紀元前8世紀に近いため、彼はアモス5:16-18引用されると思われる。 He also refers to the same heathen nations as Amos 3:4-6, and to the same physical scourges as prevalent in the land, 1:4, 17, 20.彼はまた、同じ異教徒を参照してアモス3:4-6として国と同じ物理的な流行は、土地の災いとして、 1:4 、 17 、 20 。 (Compare the marginal references to Amos.) (比較してアモスの限界を参照しています。 )

General Outline of the Bookその本の概要

As to the book itself we outline the contents of its chapters thus:本自体としては、その章の内容を私たちの概要を説明するため:

Questions 1. 質問 1 。 What chronological relation does Joel bear to the other prophets?ジョエルクマの関係はどのような年代に、他の預言者ですか? 2. 2 。 To which kingdom were his messages sent?王国が彼のメッセージを送られるですか? 3. 3 。 What proof is there of this?どのような証拠があるのですか? 4. 4 。 What future blessings are predicted for Israel?どのような将来の予測を祝福は、イスラエルですか? 5. 5 。 When was the prophecy of 2:28-32 partially fulfilled? 2:28-32部分予言されたのは果たされるのですか?


Joelジョエル

Catholic Information カトリックの情報

The son of Phatuel, and second in the list of the twelve Minor Prophets. phatuelの息子である、と2番目のリストでは、 12小預言者です。 Nothing is known of his life.彼の人生は何も知られています。 The scene of his labours was the Southern Israelite Kingdom of Juda, and probably its capital Jerusalem, for he repeatedly refers to temple and altar.彼の仕事の現場は、イスラエル王国の南のjuda 、エルサレムを首都と、おそらく、彼は繰り返し寺と祭壇を参照してください。 The frequent apostrophes to the priests (1:9, 13-14; 2:17) also lead to the inference that Joel himself was of priestly descent.司祭を頻繁にアポストロフィ( 1:9 、 13-14 ; 2:17 )推論にもつながるの聖職者のジョエル自身が降下します。

CONTENTS OF JOELの内容をジョエル

The seventy-three verses of this small book, in the Massoretic text of the Old Testament, are divided into four, and in the Septuagint and Vulgate into three, chapters, the second and third chapters of the Massoretic text forming one chapter, the second in the Septuagint and Vulgate. 73の詩は、次の小予約は、旧約聖書のmassoreticのテキストを、 4つに分けられる、とは、セプトゥアギンタと流布本を3つ、各章は、 2番目と3番目の支部を形成する1つのテキストmassoreticの章では、 2番目ウルガタ聖書は、セプトゥアギンタとします。

The contents of the Prophecy of Joel may be regarded, taken altogether, as a typical presentation in miniature of the chief themes of prophetic discourse: sombre warnings of the judgment of Jahweh, intended to rouse the people from the existing moral lethargy, and joyful, glowingly expressed tidings of Jahweh's work of salvation, designed to keep alive the faith in the coming of the Kingdom of God.予言のジョエルの内容を、 5月とみなすことは、全体から見て、典型的なプレゼンテーションをミニチュアとしては、最高のテーマを予言談話:陰鬱な警告jahwehの判断を、人々からの奮起を目的とし、既存の道徳的無気力、とうれしそうな、 glowinglyの便りを表明jahwehの仕事を救い、生き続けるの信仰に設計され、今後は、王国の神です。 These two fundamental thoughts seem to be united, as the misfortunes of the judgment are a process of purification to prepare the people for the reception of salvation, and are in reality only one aspect of the Divine work of redemption.これらの2つの基本的な考えをされるように見えるユナイテッド、としての不幸を浄化するプロセスの判断は準備して人々を救いを受けるために、 1つの側面のみが現実には、神の仕事を交換します。 In the first main division of the Book of Joel (1:2-2:17) the prophecies are threatenings of the day of judgment; the prophecies in the second division, which embraces the rest of the book (2:18-3:21), are consolatory descriptions of the day of grace.で、最初の主要部が実施して予約のジョエル( 1:2-2:17 )の予言は、その日の審判のthreatenings ;の予言は、第2師団、残りの予約しての( 2:18-3 : 21 )は、この日の恵みを受けての説明を慰めています。 The first section is further divided into two discourses on the judgment: Chapter 1:2-20, describes a terrible scourge, a plague of locusts, with which the Prophet's land had been visited; these pests had so completely devoured the fields that not even the material for the meat- and drink-offerings existed.の最初のセクションに分かれて2つの談話ではさらに上の判断:第1:2-20 、恐ろしい天罰を説明し、イナゴの異常大発生には、それぞれの預言者ムハンマドの土地を訪れていた;いたので、これらの害虫を完全にdevouredのフィールドもいるわけではない材料は、肉と飲み物のサービスが存在します。 For this reason the priests are to utter lamentations and to ordain a fast.このため、司祭は全くの哀歌を命じると、高速です。 Chapter 2:1-17, repeats the same thought more emphatically: all these plagues are only the forerunners of still greater scourges in the day of the Lord, when the land of the Prophet shall become a wilderness.第2:1-17 、繰り返し強調し、同じ考えをもっと:全ての先駆者は、これらのplaguesは、まだ大きな災いの日に、主は、預言者ムハンマドの土地の荒野になるものです。 The people must, therefore, return to Jahweh, and the priests must entreat the Lord in the holy place.の人々しなければ、そのために戻ってjahweh 、と切望する必要があります。司祭の主は、神聖な場所です。 the prophecies in the second section are also divided into two discourses: in 2:18-32, the Lord is appeased by the repentance of the nation and gives the blessing of bounteous harvests. 2番目のセクションでの予言にも分けて2つの談話では: 2:18-32は、後悔の主は、国appeasedされると明記して祝福の気前のよい収穫です。 Just as in the earlier part the failure of the harvests was a type and foreshadowing of the calamity in the day of judgment, so now the plenty serves as an illustration of the fullness of grace in the kingdom of grace.と同じように、以前の部分の失敗は、収穫は、災害の種類とforeshadowingは、この日の審判のため、今すぐとしての役割があるだけで、たくさんの恵みを受けて、膨満は、王国の恵みを受けています。 The Lord will pour out His Spirit upon all flesh, and all who call upon His name shall be saved.ドッと出て来るの主は、彼の精神に生きとし生けるもの、およびすべてのwhoしなければならないよう呼び掛ける彼の名前を保存します。 In chapter 3:1-21, the redemption of Israel is, on the other hand, a judgment upon the heathen nations: the Lord will take vengeance, in the four quarters of the earth, upon those who tyrannized over His people, upon the Philistines, Phoenicians, Edomites, and Egyptians, for the nations are ripe for the harvest in the valley of Josaphat.には、第3:1-21は、イスラエルの特典交換は、その一方で、国を下された異教徒:主は復讐は、地球の4つの地区に、彼の人々にこれらのwho tyrannized以上により、 philistines 、フェニキア、 edomites 、およびエジプト人は、国の機が熟して収穫さヨザファトの谷のです。

LITERARY AND THEOLOGICAL CHARACTER OF JOEL文学と神学の文字をジョエル

Examined as to logical connexion, the four discourses of Joel show a closely united, compact scheme of thought.論理として検討を接続、の4つの談話のJoel詳細を密接にユナイテッド、コンパクトなスキームを考えています。 In regard to form they are a Biblical model of rhetorical symmetry.これについては、聖書のモデルを形成する彼らの修辞的対称性です。 The law of rhetorical rhythm, which as law of harmony regulates the form of the speeches, also shows itself, particularly, in the regular alternation of descriptions in direct or indirect speech, as in the sections given in the first or third person, and in the apostrophes in the second person singular and plural.修辞法のリズム、これとして調和の法則の形式のスピーチを規制して、自分自身も示して、特に、定期的には、交代の説明を直接または間接話法のように、または3番目の最初のセクションを与えられた人、および2番目のアポストロフィ人称単数形と複数形です。 The first two speeches are alike in construction: 2:1-11 resembles 1:2-12, and 2:12-17, is like 1:13-20.最初の2つのスピーチは似ている建設: 2:1-11似1:2-12 、 2:12-17 、 1:13-20のようです。 Also in the latter two speeches there is a verbal similarity along with the agreement in thought; cf.また、後者の2つのスピーチには、口頭での類似性とともに、契約書にふける;継続前誌です。 in 3:17 and 2:27, the like expression. 3:17 、 2:27には、のような表現です。 The language of Joel is full of colour, rhetorically animated, and rhythmic.その言語のジョエルの色がいっぱいに、 rhetoricallyアニメーション、およびリズムです。 The passages from 1:13 sq., and 2:17, are still used in the Liturgy of the Church during Lent. 1:13からの通路平方し、 2:17 、はまだ使用されている典礼は、教会の中に貸しています。 His prophecy of the pouring out of the spirit upon all flesh (2:28-32) was afterwards adopted as the first Biblical text of the first Apostolic sermon (Acts 2:16-21).彼の予言は、土砂降りの時の精神に生きとし生けるもの( 2:28-32 )は、その後の最初の聖書のテキストを採択され、最初のローマ教皇の説教(行為2:16-21 ) 。 Joel's discourses of the day of judgment, and of the abundance of grace which Jahweh in the fullness of time shall bestow from Sion form one of the most beautiful pages in the eschatology of the Prophets.ジョエルの談話では復活の日には、グレースが豊富にあるとjahwehは、膨満の時間を授けるよりSionフォームは、 1つのページに、終末論で最も美しいのは、預言者です。 Some of his fiery pictures seem even to have been borrowed by the writer of the Apocalypse of the New Testament (cf. Joel 3:13, and Apocalypse 14:15).彼の燃えるようないくつかのように見える写真を借りてもされ、その作家の黙示録新約聖書( cf.ジョエル3:13 、および黙示録14:15 ) 。

The swarm of locusts, which has so frequently received a symbolical interpretation, is no apocalyptic picture; neither is it a description of the progress of a hostile army under the figure of the imaginary advance of locusts.イナゴの大群は、これは、これ頻繁に受け取って象徴的な解釈ではない終末論的画像;どちらの進捗状況の説明をする場合、それは、敵軍の下の図は、架空の事前の大群です。 The passages in 2:4-7, "They shall run like horsemen . . . like men of war they shall scale the wall", make it absolutely certain that a hypothetical swarm of locusts was not taken as a symbol of a hostile army, but that, on the contrary, a hostile army is used to typify an actual swarm of locusts. 2:4-7の通路で、 "かれらは実行するような騎手。 。 。 。 。かれらは規模の戦争のような男性の壁"は、確実に特定することは、仮想的なイナゴの大群が取ら軍への敵対的象徴として、しかしが、逆に、敵軍を類型化を使用して、実際のイナゴの大群です。 Consequently, Joel refers to a contemporary scourge, and in the rhetorical style of prophecy passes from this to the evils of the day of judgment.その結果、ジョエルを参照して、現代の惨劇、およびパスの修辞的スタイルを予言してから、この日の弊害を判断します。

DATE OF THE PROPHECY OF JOELこの評価を、ジョエルの予言

The most difficult problem in the investigation of Joel is the date, and the many hypotheses have not led to any convincing result.最も困難な問題は、調査のジョエルは、日付、多くの仮説とつながって任意の説得力がない結果です。 The first verse of the book does not convey, as other prophetic books do, a definite date, nor do the discourses contain any references to the events of the period, which might form a basis for the chronology of the Prophet.この本の最初の詩を伝えることはありません、他の予言の書籍としては、明確な日付、談話でも含まれるには、任意の期間のイベントを参照して、これを形成するかもしれない基づいて、年表の預言者です。 General history took no notice of plagues of locusts which were of frequent occurrence, and it is an arbitrary supposition to interpret the swarm of locusts as the Scythian horde, which, according to Herodotus (I, 103 sqq.; IV, i), devastated the countries of Western Asia from Mesopotamia to Egypt between the years 630-620 BC The Book of Joel has been variously ascribed to nearly all the centuries of the prophetic era.一般的な履歴の通知がないのplaguesの大群が頻繁に起こること、および、任意の仮定を解釈することがイナゴの大群の大群のスキタイ、これによると、ヘロドトス(私、 103 sqq 。 ;四、私) 、荒廃した西アジアの国々の間の年にエジプトからメソポタミア紀元前六百三十から六百二十までされ、書籍のジョエル世紀にもわたってさまざまな生得的にほぼすべての時代を予言します。 Rothstein even goes so far as to assign the discourses to various dates, an attempt which must fail on account of the close connexion between the four addresses.ロススタインは、これまでにも談話を割り当てるには様々な日程は、アカウントの試みが失敗する必要があります。間の接続を閉じるの4つのアドレスを入力します。 The early commentators, in agreement with Jerome, placed the era of composition in the eighth century BC; they took Joel, therefore, as a contemporary of Osee and Amos.初期の解説者は、契約書にジェローム、配置の組成の時代には、紀元前8世紀;彼らはジョエル、したがって、現代のアモスoseeとします。 In justification of this date they pointed out that Joel is placed among the twelve Minor Prophets between Osee and Amos; further, that among the enemies of Juda the book does not mention the Assyrians, who were anathematized by each Prophet from the time they appeared as a power in Asia.この日の正当性を指摘されてジョエルは、彼らの間に置かoseeとの間には、 12小預言者アモス;より詳細な、そのうちの敵であることに言及していないjudaの予約assyrians 、 whoがanathematizedされてからは、それぞれの預言者として彼らが登場アジアのパワーです。 However, in a book of three chapters not much weight can be attached to an argument from silence.ただし、予約の3つの章を添付することができあまりの重量の沈黙の引数からです。 Those also who agree in placing the book before the Exile do not agree in identifying the king in whose reign Joel lived.それらもwho予約の前に配置することに同意する同意しないで亡命者を識別するのキングに君臨するジョエル住んでいます。 The assignment to the period of King Josias is supported by the fact that Joel takes for his theme the day of the Lord, as does the contemporary Prophet Sophonias; to this may be added that the anathema upon the Egyptians may be influenced by the battle of Mageddo (608 BC).王の期間の割り当てをjosiasでサポートされジョエルという事実は、彼のその日のテーマは、主よ、預言者としては、現代sophonias ;をこの5月に追加して破門年5月に、エジプトの戦いに影響されるmageddo (紀元前608 ) 。 Later commentators assign the book to the period after the Exile, both because chapter iii assumes the dispersal of the Jews among other nations, and because the eschatology of Joel presupposes the later period of Jewish theology.への解説本を割り当てるには亡命の期間の後に、両方のため、第3章ユダヤ人の間を仮定して他の国に分散し、ジョエルは、終末論の前提、後の時代のユダヤ人の神学です。 It is, however, impossible for Joel to have been a contemporary of the Prophet Malachias, because of the manner in which the former looks upon the priests of his period as perfect leaders and mediators for the nation.これは、しかし、不可能であるジョエルされ、現代の預言者ムハンマドmalachiasのための方法では前者の司祭たちは彼の時代には完璧な指導者との仲介者としての国です。 None of the chronological hypotheses concerning Joel can claim to possess convincing proof.ジョエルに関する仮説の年代なしの主張は説得力の証拠を所有しています。

Publication information Written by Michael Faulhaber.出版物の情報執筆者のマイケルファウルハーバーです。 Transcribed by Thomas J. Bress.トーマスbress転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

See the introductions to the Scriptures of CORNELY, VIGOUROUX, GIGOT, DRIVER, CORNILL, and STRACK.の詳細については、 cornelyを紹介して、聖書は、 vigouroux 、ジゴ、ドライバ、コルニル、およびシュトラックです。 For special questions: PEARSON, The Prophecy of Joel (Leipzig, 1885); SEBÖK, Die syrische Uebersetzung der XII kleinen Propheten (Leipzig, 1887); KESSNER, Das Zeitalter des Propheten Joel (Leipzig, 1888); SIEVERS, Alttest.特別な質問:ピアソンは、予言のジョエル(ライプチヒ、 1885 ) ; sebök 、死ぬsyrische uebersetzung der 12 kleinen propheten (ライプチヒ、 1887 ) ; kessner 、 das zeitalterデprophetenジョエル(ライプチヒ、 1888 ) ;ズィーベルス、 alttestです。 Miscellen (Leipzig, 1907). miscellen (ライプチヒ、 1907 ) 。 Commentaries on Joel.--Catholic: SCHOLZ (Würzburg, 1885); KNABENBAUER (Paris, 1886); VAN HOONACKER (Paris, 1908); Protestant: SMITH (London, 1897); DRIVER (Cambridge, 1898); ADAMS (London, 1902); NOWACK (2nd ed., Göttingen, 1903); MARTI (Tübingen, 1904); EISELEN (New York, 1907); ORELLI (3rd ed., Munich, 1908).ジョエル.--に解説するカトリック:ショルツ(ヴュルツブルク、 1885 ) ; knabenbauer (パリ、 1886 ) ;ヴァンhoonacker (パリ、 1908 ) ;プロテスタント:スミス(ロンドン、 1897 ) ;ドライバ(ケンブリッジ、 1898 ) ;アダムス(ロンドン、 1902 ) ;ノバック(第2版です。 、ゲッティンゲン、 1903 ) ;マーティ(テュービンゲン、 1904 ) ;アイゼレン(ニューヨーク、 1907 ) ;オレッリ(第3版です。 、ミュンヘン、 1908 ) 。 Further bibliography in commentaries.より詳細な構造を解説します。


Book of Joel予約のジョエル

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

§ 1. § 1 。 Duplicate Character.重複する文字です。

-Critical View:クリティカルな対象:

§ 2. § 2 。 Date of the Book:この評価をする予約:

Reasons for the Time of Joash. joash時の理由です。

Reasons for the Time of Josiah.ジョサイアの時間の理由です。

Objections to Post-Exilic Date.異議申し立てを作成-追放された日です。

The Plague of Locusts.イナゴの異常大発生しています。

§ 3. § 3 。 Theory of the Origin of Joel in Two Different Parts Written at Different Times:ジョエルの理論の起源は部品の異なる2つの異なった時代に書かれた:

Difference of Back-ground.の違いはバックグランドです。

Reasons for the Division.当部門の理由です。

Reasons for Later Composition.それ以降の組成上の理由からです。

§ 4. § 4 。 Theory of the Revision of an Older Book in a Later Period:古い理論のリビジョンの予約は、後の期間:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The prophecies of the Book of Joel are divided into two parts, comprising respectively (1) ch.予約のジョエルの予言は、 2つの部分に分かれて、それぞれ構成( 1 )あなたのです。 i.わたし。 2-ii. 2 - Ⅱ 。 17 and (2) ch. 17 、 ( 2 )あなたのです。 ii. Ⅱ 。 18-iv. 18 - Ⅳ 。 21. 21 。 The contents of the first part may be summarized as follows: The prophet at the beginning calls the attention of the elders and of all the inhabitants of the land to a coming event the like of which has never been seen, a terrible visitation by locusts (i. 2-7), which will be coincident with a famine, and which will together reduce the entire land to the bitterest misery (i. 10-12, 16-20). 5月の最初の部分の内容を次のように要約される:預言者ムハンマドの冒頭に呼び出して、注目されることを、年長者やその土地の住民たちのすべてのイベントして来るのは一度も見たように、面接でひどいバッタ( i. 2-7 )で、これは同時と飢饉、および全体が一緒に土地を減らすための最も苦い不幸( i. 10-12 、 16-20 ) 。 The prophet exhorts the people to fast, to pray, and to mourn (i. 13 et seq., ii. 1-12 et seq.). exhorts預言者ムハンマドの人々に速く、を祈って、とに喪に服す( i. 13頁以降を参照。 、 Ⅱ 。 1-12頁以降を参照。 ) 。 In this double visitation the prophet perceives the approach of the "day of the Lord" (i. 15), which is to be ushered in by a terrible affliction (ii. 2-11) unless the people become truly repentant (ii. 12-17).In the second part it is first related how the people did actually bring about a gracious change in God's plans by obeying the prophet's injunctions (ii. 18); this is followed by Yhwh's answer to the prayer of the people (ii. 19 et seq.); then there is the promise of relief from famine through abundant rains and through a marvelous fruitfulness, after which the spirit of prophecy is to be poured out over all flesh, and the day of the Lord will draw near, accompanied by terrifying signs in heaven and earth.預言者ムハンマドの面会、このダブル知覚のアプローチは、 "主の日" ( i. 15 ) 、これは案内されるが、ひどい苦難( ii. 2-11 )の人々が本当に後悔しない限り、 ( ii. 12 -17 )ですが、それが最初に関連した2つ目の部分の人々は実際にどのように優雅な変化をもたらす神の計画を預言者の命令に従う( ii. 18 ) ;これは続いてyhwhの答えを、人々の祈り( 2世。 19頁以降を参照。 ) ;入力し、救済の約束には飢饉を通じてより豊かな雨が降ると素晴らしい実りの豊かさを介して、後は、予言の精神を注ぎアウトされる以上は生きとし生けるもの、と主は、描画の日には近く、恐ろしいの兆候を伴う天と地です。 These terrors, however, are not for the Jews, who will be rescued in the day of judgment because they called on the Lord, but for their enemies (iii. 1-5).これらの恐怖、しかし、ユダヤ人はないため、救出さwhoされるため、彼らは復活の日に呼び出され、主よ、しかし、彼らの敵( iii. 1-5 ) 。 At the time of the change in the fate of Judah and Jerusalem the Lord will gather all nations into the valley of Jehoshaphat (see Jehoshaphat, Valley of), there to be destroyed through the fulfilment of the divine judgment of wrath (iv. 11-13), because they have plundered the treasuries of the Lord and have sold the sons of Judah and of Jerusalem to the sons of the Grecians (iv. 5-8).発表するものであり、変更されたの運命をユダとエルサレムの主は、すべての国を集めるの谷のjehoshaphat ( jehoshaphat 、谷) 、そこに履行される運命にを通して、神の裁きの怒り( iv. 11 - 13 ) 、略奪するため、彼らは、主に米国債を売却したとの息子のユダの息子には、エルサレムをgrecians ( iv. 5-8 ) 。 God will be a refuge for His people (iv. 16); strangers will no longer pass through Jerusalem (iv. 17); the soil of Judah will become exceedingly fruitful, and a fountain will even water the valley of Shittim (ie, the unfruitful Jordan valley), whereas Egypt and Edom will be changed into a wilderness on account of the evil they have done to Judah (iv. 18-19).神は彼の人々は、避難所( iv. 16 ) ;見知らぬ人は、もはや通過エルサレム( iv. 17 ) ;は非常に実りの多い土壌のユダになる、と噴水にも水の谷のシッテム(すなわち、実りのないヨルダン渓谷)が、エジプトとエドムの荒野に変更される上にアカウントとする邪悪なことを彼らはユダ( iv. 18-19 ) 。

§ 1. § 1 。 Duplicate Character.重複する文字です。

-Critical View:クリティカルな対象:

That Joel consists of two parts appears from ii.ジョエルの2つの部分で構成さより2世が表示されます。 18, which, if the rules of Hebrew syntax are applied, must be construed as a narrative reporting the change of God's attitude subsequent to the exhortation to repentance. 18日、これは、ヘブライ語の場合、構文のルールが適用されると、しなければならないの物語として解釈し、神の態度の変化を報告して後続の勧告を後悔しています。 Only through a misunderstanding of the method of Hebrew narrative will the demand be urged, in opposition to this construction, that such a report should necessarily include the story of the actual accomplishment of penitence.誤解を介してのみの方法の方法のヘブライ語の需要に促した物語は、この建設に反対して、そのような報告書は、必然的には、物語の懺悔の実際の成果です。 Stylistic carelessness is very usual in Hebrew narrative; and the act of penitence is left to be supplied by the reader from the context-ie, in this instance from the prophetical exhortation to repentance (the accomplished penitence must be supplied between verses 17 and 18).文体は非常にいつもの不注意inヘブライ語物語;との行為を後悔しては、左から供給されるが、読者からの文脈-つまり、このインスタンスからの机上の勧告を後悔(懺悔の達成の間に供給しなければならないの詩17および18 )です。 On the other hand, neither the interpretation of the imperfects in verse 17 as jussives nor even the reading of the consecutive imperfects (, etc.) as simple historical imperfects (, etc.) justifies the following translation approved by De Wette, Baudissin, and others: "Then will Yhwh be jealous for His land and will protect His people; and Yhwh will speak and say to His people," etc. In this rendering, which is inadmissible on linguistic grounds, the words following verse 17 appear as a promise connected with the foregoing petition for a return to favor, and the prophecy of Joel would then form a consecutive whole.その一方で、どちらの解釈を17としてjussives詩imperfectsでも、連続でさえ、読書imperfects (など)のような簡単な歴史的なimperfects (など)の正当化は、次の翻訳によって承認さデwette 、 baudissin 、およびその他: " yhwhには、嫉妬を入力し、彼の土地と人々は彼の保護、およびyhwhは、彼の人々を話すと言う"など、このレンダリング、これは言語学的証拠を根拠に、次の詩17の単語として表示されることを約束前述の請願書を接続しての復帰を支持する、と予言のジョエルは連続入力し、全体を形成する。 But even the acceptance of this theory would not remove the difficulties in the way of fixing the time of Joel's prophecy.しかし、この理論はないの受入れを削除して修正する難しさの邪魔をする時のジョエルの予言です。

§ 2. § 2 。 Date of the Book:この評価をする予約:

Theory of a Pre-Exilic Period: (a) According to the formerly generally accepted opinion, Joel wrote in the beginning of the reign of King Joash (836-797 BC), and was therefore the oldest prophet to leave a book of prophecies.理論は、事前に追放された期間: (ア)によると、旧一般に公正妥当と認め意見によれば、ジョエルの治世の初めに書いたの王joash (八三六から七九七まで紀元前)とは、したがって、本最古の預言者の予言を残す。 This theory of an early date of composition was, above all, strongly supported by the fact that no mention is made of the Assyrians.この理論の早期この評価を組成は、なによりも、強く支持されていないという事実に言及assyriansが行われるのです。

The beginning of the reign of Joash was urged in view of the failure of the book to refer to or to name the Damascus Syrians, who, according to II Kings xii. joashの治世の初めには、対象を求めたが失敗したかを、書籍名を参照するにはシリアのダマスカス、 who 、 2世王によると、 12です。 18 et seq., seriously threatened Jerusalem under Joash (comp. Hazael). 18頁以降を参照。 、真剣に脅迫されてjoashエルサレム( comp. hazael ) 。

Reasons for the Time of Joash. joash時の理由です。

In further support of this theory stress was laid on the absence of any reference to the king, which would point to the period of the minority of Joash, while the predominance of the priestly influence led to the conclusion that Joash, at the beginning of his reign, was under the influence of the high priest Jehoiada.ストレスでより詳細なサポートは、次の理論が存在しない場合に敷か任意の参照をザキング、これは、期間をポイントして、少数派のjoash 、聖職者の影響力の優位を、という結論につながってjoash 、彼の冒頭に治世、影響力の下には、大祭司jehoiadaです。 Another point of agreement in favor of this date was the hostility shown to the Israelites by the nations, mentioned in iv.別の契約書に有利な点は、次の日付が表示されるイスラエルの敵意された国は、 4世に記載されています。 (AV iii.) 4, 19, which was made to refer to the rebellion of the Edomites under King Jehoram of Judah (849-842 BC), on which occasion the Arabs and the Philistines plundered Jerusalem (II Chron. xxi. 8 et seq., 16 et seq.; comp. § 3, below).違反( AV Ⅲ 。 ) 4 、 19日、これが行われたの反乱を参照するには、キングedomitesされてjehoramのユダ(八四九から八四二紀元前) 、上で機会のアラブ人と略奪philistinesエルサレム( 2 chron 。 xxi 。 8 et seq 。 、 16頁以降を参照。 ;のCOMPです。 § 3 、参照ください。 ) 。

Reasons for the Time of Josiah.ジョサイアの時間の理由です。

(b) König places the composition of the book at a much later date, but still in the pre-exilic period; namely, in the time of King Josiah, or in the period immediately following.結果( b )の組成をケーニッヒ場所の予約もずっとへ日付が、それでもは、事前に追放された期間;すなわち、時間は、王のジョサイアか、または直後からの期間は、次のとおりです。 His reasons are these: The form of the prophecies is too finished to date from the beginning of the prophetic style of writing; indeed, the linguistic character is that of about the seventh century BC Moreover, the contents reflect the time of Josiah, because it was then that the great famine occurred which Jeremiah (Jer. xiv. 2-6) describes in a similar way to Joel.彼の理由は、これらの:フォームの日付の予言はあまりにも完成し、最初から文体の予言;確かに、言語の文字は、紀元前7世紀については、また、時間のジョサイアの内容を反映して、それその偉大な飢饉が発生した当時のジェレマイア( 14 jer.します。 2-6 ) 、同様の方法を説明してジョエルです。 Finally, the mention of the Egyptians points to the last years of Josiah (or else those immediately following), referring to Josiah's campaign against the Egyptians.最後に、言及したエジプト人を指しての最後の年のジョサイア(または他の者すぐに次のよう) 、参照して反対するエジプト人ジョサイアのキャンペーンです。 The fact that neither the Assyrians nor the Babylonians are alluded to militates against König's dating, since all the other pre-exilic prophets, from Amos to Jeremiah, recognize God's judgment, which is to fall on His people precisely in the extension of the Assyrian and, later, of the Babylonian empire. assyriansという事実も、それとなく触れられたようにもbabyloniansは反対militatesケーニッヒのデートのため、事前に追放された他のすべての預言者、エレミヤよりアモスを、神の判断を認識、これは彼の人々に減少を正確には、拡張子は、アッシリアと、その後、バビロニア帝国のです。

Theory of a Post-Exilic Period: This theory was first, and in the beginning rather hesitatingly, brought forward by Vatke; since then it has been adopted by Merx (who takes the book for a midrash written after 445 BC), by Stade, Kuenen, Wellhausen, Wildeboer, Nowack, Kautzsch, Duhm, Oort, Cornill, and others.理論は、追放された後の期間:この理論は、第一に、というhesitatinglyの初めに、繰越利益をファトケ;されて以来で採択さmerx ( whoには、予約した後に書かれたミドラーシュ紀元前445 ) 、シュターデ、キューネン、ヴェルハウゼン、 wildeboer 、ノバック、カウチ、ドゥーム、オールト、コルニル、およびその他です。 The last named scholar, holding the book to be a compendium of late Jewish eschatology, places it in the year 400 BC, because Jerusalem at that time not only was inhabited, but had a temple (i 14, ii 15), as well as a wall (ii. 9), which would indicate a period after Nehemiah.名前の最後の学者、本を保持して以降の大要は、ユダヤ人の終末論は、紀元前400年近くして、エルサレムのためだけでなく、その時間が生息し、しかしは寺(私14日、 2世15 )だけでなく、壁( ii. 9 ) 、これは期間終了後ニーアマイアを示唆する。 But he overlooks the fact that the walls mentioned in the text are certainly those of the houses within the city.しかし彼の壁見渡せるという事実は確かにそれらのテキストに記載され、住宅内の都市です。 Of all that has been adduced in support of the post-exilic theory, only passages like iv.のすべてのadducedでサポートされてきたするには、投稿-流浪の理論的には、通路のような四のみです。 (AV iii.) 17 really have any weight.違反( AV Ⅲ 。 ) 17実際の重量は任意です。 The statement, "Then shall Jerusalem be holy, and there shall no strangers pass through her any more," indicates a city that had been destroyed-a fate that befell Jerusalem only under Nebuchadnezzar (see further § 3, below).On the other hand, iv.この声明で、 "エルサレムに入力し、神聖なもの、と見知らぬ人が通過するのは、彼女のこれ以上、 "市は、破壊されていただけにされてネブカドネザルエルサレムbefallの過去の運命を(より詳細な§ 3 、参照ください。 ) 。上、他のしかし、 Ⅳ 。 (AV iii.) 1 can not be appealed to, since the words do not mean, as was formerly believed, "to bring back the captivity"-which would indeed lead to the presupposition that deportation of the inhabitants of Judea and Jerusalem had preceded-but more correctly "to turn the fate."違反( AV Ⅲ 。 ) 1控訴することはできませんが、以来、言葉ではない、としては、以前考えられて、 "に戻すに捕らわれている" -これは実際につながるという前提の下で国外追放をユダヤとエルサレムの住民が先行-しかし、もっと正確に"の運命を有効にします。 "

Objections to Post-Exilic Date.異議申し立てを作成-追放された日です。

The other reasons advanced for the post-exilic theory are not very plausible.高度なため、他の理由から追放された後の理論は非常に理にかなっていない。 Thus the fact that the king is not mentioned is not remarkable, since the king is likewise not mentioned in Nahum and Habakkuk.このように、王ではないという事実を記載注目すべきではない、以来、国王は同様にしないとナホムハバクク書に記載されています。 If silence of this sort is of weight, it ought to be considered just as decisive against a post-exilic dating if the governor and high priest were not mentioned in a work.沈黙は、次の並べ替えの場合の重量は、同じようにするべきであるとみなさ決定的な反対を追放された後のデートの場合は、知事と高い司祭は、仕事に記載されています。 Neither is the absence of any mention of the high places and their cult beside the Temple at Jerusalem remarkable, since Isaiah and, before him, Amos recognize only the Temple at Jerusalem as the habitation of God; and Isaiah, unlike Amos and Hosea, even polemizes against other places of worship.どちらの欠如は、任意の場所に言及したの高いとエルサレム教団の横にある寺で顕著なので、イザヤ書と、前に彼は、アモス認識寺では、神の住まいとしてエルサレム;とイザヤ書、アモスとホセア書とは違っても、その他礼拝のpolemizes反対です。 When, however, Joel in i.が、しかし、ジョエルのi. 9 speaks of the discontinuance of the meat-and drink-offerings as a calamity, and in i. 9話すのは、肉の中止と飲み物のサービスとしての災難、およびi. 13 et seq. 13頁以降を参照。 calls on the priests to fast in consequence, this should not be considered as proof of any high regard for the ritual, an attitude so utterly foreign to the pre-exilic period.司祭を呼び出しに急速に結果を検索する場合、この証明書はないと考えられるすべての儀式を高く評価、という態度を取るので、事前に全く外国人を追放された期間です。 Isaiah also mentions the meat-offering (Isa. i. 13), and Amos emphasizes the observance of the Sabbath (Amos viii. 5); and when the pre-exilic prophets reject the external worship of God, they do so only in so far as it tends to represent the whole of man's religious life and to displace entirely the true inner relationship to God (obedience).イザヤ書にも言及し、肉を提供( isa. i. 13 ) 、およびアモスの順守を強調して安息日(アモスⅧ 。 5 ) ;と事前に追放されたときに外付け崇拝を拒否する神の預言者、彼らのためにのみ行うにはのところ全体の傾向を代表して男の宗教的な人生の真の内面を完全に取って代わるとの関係を神(服従) 。 On the other hand, the appointment of a fast on the occasion of exceptional afflictions is found in the narratives of the Book of Kings (I Kings xxi. 9; comp. II Chron. xx. 3).その一方で、高速での任命に際しては、例外的な病気が発見された物語は、予約オブキングス(私キングスxxi 。 9 ;のCOMPです。 2世chron 。イグゼクスします。 3 ) 。 It has justly been pointed out that the way in which Joel, by dint of his prophetic office, gives, as it were, higher commands to the priests, does not at all agree with the position which the priesthood occupied during the time of the Persians and later.当然のことが指摘されてジョエルの道では、彼の勤勉な予言事務所は、言ってみれば、より高いコマンドを司祭は、すべてに同意していませんが聖職に就くのは、占領下の中に位置するものであり、ペルシャ人およびそれ以降のです。 The post-exilic composition of the book can least of all be proved from the mention of the "elders" (see especially i. 14, where, however, is accusative, not vocative), since Joel does not speak of them as official persons, but connotes by "old men" only the most respected of the people.追放された後、書籍の組成を最低のすべてのことに言及したからであることが立証"長老" (参照特にi. 14日、ここで、しかし、対格ではなく、呼格) 、ジョエルはありませんので、それらを公式話す人、しかし、内包する"オールドメン"は、ほとんどの人々の尊敬します。 The post-exilic theory, moreover, far from removing difficulties, gives rise to various additional ones of a serious nature.追放された後の理論的には、また、削除するまでより困難に、様々な追加湧いてくるものは、深刻な自然です。 In the first place, the acceptance of the post-exilic theory of composition necessitates the wholly improbable hypothesis that the prophet in i.まず第一に、追放された後の受け入れを組成するための理論仮説に基づいて、完全に預言者ムハンマドがありそうにないi. 1 et seq. 1頁以降を参照。 places himself at the end of time and speaks to the generation of the last day.場所の最後に自分の時間と話すの世代は、最後の日をします。 Since there is no announcement of the final day, the conclusion is natural that the opening address of the book was intended for the contemporaries of the speaker; but, if so, the apocalyptic interpretation of the opening words becomes impossible, and this negatives one of the most weighty arguments in favor of the late date of composition.がないので、最終日に発表した、という結論は、開会の辞を述べるのは当然の意図は、コンテンポラリーの本は、スピーカー;しかし、もしそうならば、絶望的に解釈するのが不可能なの開会の言葉、およびこの除外キーワードの1つ最も重いの引数に賛成の後半にこの評価を組成します。 It must be noticed, moreover, that no mention of a future judgment is made until after iii.気づいたしなければならないこと、また、将来の判断に言及したことは絶対にありませんが行われるまで、後Ⅲ 。 1 (AV ii. 28), for which reason the nations hostile to Israel are not mentioned until then (eg, in iv. [AV iii.] 2). 1違反( AV Ⅱ 。 28 )は、国を理由に敵対するイスラエルには言及しないまで入力し、 (例えば、 Ⅳ 。 [ av Ⅲ 。 ] 2 ) 。

The Plague of Locusts.イナゴの異常大発生しています。

Another difficulty arises when, for the sake of the post-exilic theory, the locusts are taken to mean not real but "apocalyptic locusts"; that is, such as the fantasy of the prophet has invented to illustrate the final judgment.別の困難が発生したときのために、追放された後の理論的には、バッタを取ることを意味するのはリアルではなく"終末論的バッタ" ;それは、預言者ムハンマドのようなファンタジーの最終的な判断は、発明を明らかにする。 But the plague of locusts is represented as actually having begun; the prophet describes it without indicating that it is to be expected in the future; and he therefore exhorts his countrymen, who have suffered this affliction with him, to lamentation and repentance.しかし、イナゴの異常大表されるが、実際に始まって;の預言者を示すことが説明されることが予想される将来;と彼は彼の同胞exhortsしたがって、この病気に苦しんwhoは彼に深い悲しみと後悔します。 Moreover, by "locusts" is not meant, as some have held, the mounted army of a human enemy, for there is nothing in the description to indicate anything else than a real plague of locusts.また、 "バッタ"ではないことは、いくつかのが開かれた、人間の敵軍のマウントは、説明書には何も入って何かを示す以外のリアルイナゴの異常大発生します。 If it were true that by them the prophet intended horsemen of the enemy, there would result the incongruity of comparing an army of horses and riders to heroes and warriors (ii. 4. et seq.).もしそれが事実だが、預言者ムハンマドを意図されて敵の騎士には不釣り合いの結果、陸軍の馬と比較するとライダーを英雄戦士( ii. 4 。頁以降を参照。 ) 。 When the swarms of locusts are called "northern" () in ii.バッタの大群と呼ばれるときには、 "北部" ( )の2世です。 20, it is indeed most natural to think of an army coming from the north, because locusts in Palestine always come from the south. 20日、それは実際、ほとんどの自然を考えるより、北朝鮮の軍来るので、バッタ、パレスチナ、常に南から来る。 Whereas it is not unreasonable to argue that the locusts here described might have been driven into Palestine by a northeast wind from the Syrian desert (so Volck), this theory, in face of the more natural explanation of , appears only a makeshift.一方ではないと主張して無理があるかもしれない、バッタ、ここに記載されたパレスチナ駆動を北東からの風シリア砂漠(ようvolck )は、この理論は、より自然な説明を直面して、表示されるだけで間に合わせのです。 But the difficulty disappears with the hypothesis next to be considered.難しさを消えますが、仮説の横にあると見なされます。

§ 3. § 3 。 Theory of the Origin of Joel in Two Different Parts Written at Different Times:ジョエルの理論の起源は部品の異なる2つの異なった時代に書かれた:

Difference of Back-ground.の違いはバックグランドです。

The theory that ch.あなたの説を唱えている。 iii.-iv. (AV ii. 28-iii.) are to be separated from i.-ii.違反( AV Ⅱ 。 28 - Ⅲ 。 )から分離されるi.-ii. was first brought forward by Rothstein in the German translation of Driver's "Introduction to the Old Testament," Berlin, 1896 (p. 333).繰越利益が初めてロススタインは、ドイツ語に翻訳され、ドライバの"はじめに、旧約聖書の、 "ベルリン、 1896年( p. 333 ) 。 He starts out with the fact that the general assumptions in the two parts are wholly different: in ch.彼が開始されている事実は、一般的な前提条件は、 2つの部分は完全に別のは:あなたのです。 i.わたし。 et seq.頁以降を参照。 people and state (Judah) appear in unimpaired integrity; the evil of the day is a terrible plague of locusts together with an all-devouring drought; in the passages where the relation to other nations is characterized, there is no trace of a distressing condition brought about, in a political sense, by the enemy (ii. 17; comp. ib. 19b).人々や州(ユダ)の整合性に障害がなく表示されるし、その日は、邪悪な恐ろしいと一緒にイナゴの異常大干ばつのすべて- devouring ;は、通路は、関連して他の国々が特徴的では、悲惨な状態をれた形跡がないもたらしたは、政治的な意味では、された敵( ii. 17 ;のCOMPです。 ① -イ。 1 9b ) 。 On the other hand, in iii.その一方では、 Ⅲ 。 et seq.頁以降を参照。 (AV ii. 28 et seq.) the whole historical background is a political one; a reference to the time of need indicated in i.違反( AV Ⅱ 。 28頁以降を参照。 )全体の歴史的背景は、政治的な1つ;への参照をする時間が必要に示されてi. 1 et seq. 1頁以降を参照。 is not to be discovered (no more so in ii. 18); moreover, the people, at least a very large part of them, are in exile; the judgment from which they are to be saved according to i.を発見ではない(これ以上のように2世。 。 。 18 ) ;また、人々は、少なくともそれらの大部分を非常には、追放され;の判断を保存しているからi.によると、 et seq.頁以降を参照。 has long since come to pass; and Jerusalem is already trodden down and desecrated by Gentiles.長いパスが来て以来、エルサレムは既にダウンして、 desecratedを踏まれたgentilesです。 Finally, it must be added that a large number of passages in iii.最後に、追加しなければなりませんが、多数の通路にⅢ 。 (ii. 28 et seq.) are wholly lacking in originality (with the exception of iv. [iii.] 9 et seq., where probably fragments of a vigorous original have been preserved). ( ii. 28頁以降を参照。 )独創性が完全に欠けている(例外としてⅣ 。 [ Ⅲ 。 ] 9頁以降を参照。 、ここでは、おそらく断片化したオリジナルを精力的に保存されている) 。 Rothstein concludes from this that ch.このことからロススタインあなたの結論です。 i.わたし。 and ii. 、およびii 。 were written by Joel during the minority of King Joash; that, on the other hand, ch.ジョエルによって書かれた王の中の少数派joash ;が、その一方で、あなたのです。 iii. Ⅲ 。 (ii. 28 et seq.) and iv. ( ii. 28頁以降を参照。 )とⅣ 。 (iii.) date from a postexilic period, and were written by an author whowas lacking in originality, so that he connected his elaboration with the older prophecy in ch. ( iii. )日付からバビロン捕囚後の期間中、との著者によって書かれたwhowas独創性が不足して、彼の精緻化に接続して彼の過去の予言はあなたです。 i.わたし。 and ii., as is the recognized case with Obadiah, verses 10-21 (with which section many parallels are found in Joel iii. et seq. [ii. 28 et seq.]) and 1-9. 、およびii 。 、認識としては、ケースにオバデヤ、詩10-21 (おどのセクションで多くの類似点が発見さジョエルⅢ 。頁以降を参照。 [ Ⅱ 。 28頁以降を参照。 ] )と1-9 。 This author, however, who for his part regards the plague of locusts announced in ch.この著者は、しかし、彼のwhoイナゴの異常大部分に関してはあなたに発表されます。 ii. Ⅱ 。 as a symbolic reference to the inroad of hostile hordes, also wrote ii.侵略の象徴としての敵対する人の群れの参照を、 2世も書いた。 20, in which place he expressly chose expressions which would lead one to think of the "northern" army (ie, the army of heathen which had already entered the country) together with the swarms of locusts which he interprets symbolically. 20日、彼は明示的に選択した場所では表現につながる1つのことを考え、 "北"軍(すなわち、異教徒の軍が既にこの国に入国していた)と一緒にバッタの大群が彼を象徴的に解釈します。 In the same way ii. 2世と同じ方法です。 10-11 (or else only 11a) originated from the same hand, since these verses give the impression that the author meant powerful armies rather than locusts. 10-11 (または他ののみ11a )と同じ手に由来して、これらの詩の著者との印象を与える意味ではなく、強力な軍隊バッタです。

Reasons for the Division.当部門の理由です。

When, on the other hand, it is objected (by Baudissin, in "Einleitung in die Bücher des Alten Testaments," 1901, p. 499) that in this way the difficulties attendant on the time determination are by no means removed, since the reasons for and against a pre-exilic date apply to both halves of the book, it must still be recognized (as Baudissin himself admits) that the difficulties of the pre-exilic theory are greater in the second part.ときに、その一方で、それは反対( baudissin 、 " einleitungで死ぬbücherデアルテンtestaments 、 " 1901年、 p. 499 )してこのようにして困難な決定アテンダントの時間を削除するものではないが、以来、反対する理由を、事前に追放された日付の両方に適用さ半分のこの本は、まだとして認識する必要があります( baudissin自分自身として認める)は、理論の難しさ、事前に追放された2番目の部分が大きいのです。 Moreover, it can not be admitted that the reasons which could justify the acceptance of the pre-exilic theory are found almost entirely in the second part only.また、その理由を認めていることはできませんができる事前の承諾を正当化する理論が見つかりましたほぼ完全に追放された2番目の部分のみです。 The placing of the prophecy in the opening period of King Joash's reign, which rested on the identification of the hostilities mentioned in iv.の配置は、王の予言は、オープニングjoashの在位期間を休んで、身分証明書に記載され、戦闘Ⅳ 。 (iii.) 4 et seq. ( iii. ) 4頁以降を参照。 with the revolt of the Edomites under Jehoram, will, however, have to be abandoned. edomitesされて、反乱をjehoramが、しかし、放棄しなければならない。 The difficulty arises that these descriptions apply even less to a post-exilic period than to the time of King Joash (see below).これらの説明が発生することの難しさを適用しても少ないポストを追放された期間の時間よりも王joash (下記参照) 。 At any rate the prophetic character of ch.いずれにせよ、あなたの文字を予言します。 i.わたし。 and ii., in contrast to the apocalyptic character, which actually begins with iii. 、およびii 。 、絶望的なキャラクターとは対照的には、 3世を実際に開始します。 1 (ii. 28), is alone sufficient (as is also emphasized by Baudissin) to justify the chronological determination of the two parts. 1 ( ii. 28 )は、十分なだけで(としても強調されbaudissin )を年代順の決定を正当化する、 2つの部分です。 Furthermore, the oratorical attitude, the vigorous language, and the originality of expression and of illustrations-of which the picture of being spread out like the morning upon the mountain is found only in Joel (ii. 2)-speak for the older date of composition of the first part.また、演説の態度は、積極的な言語、および、独自性を尊重し、画像のイラストであるのは、朝の時のように広げて、山が見つかっただけでジョエル( ii. 2 ) -の代弁をする以前のこの評価を組成の最初の部分です。 It is wrong to suppose that the perfection of form of this prophecy indicates that it was not written in the first period of prophetical composition, because, in the face of the song of Deborah and of the elegies on Saul and Jonathan, the possibility of perfection of form in the period in which Joel wrote can not be denied; just as in other literatures also the first poetical writings have always been preceded by a longer stage of poetic development.それは間違ってフォームを完璧と仮定して、この予言はないことを示して、最初の期間で書かれて机上の組成、なぜなら、その歌に直面し、 elegies上のデボラとソールとジョナサンは、完成度の可能性のフォームを書いたの期間ではジョエルを否定することはできません;と同じように他の文学も、最初の詩的な文章の前には常に詩的な開発段階に長くします。 Whether or not Joel really prophesied under Joash, or is to be placed only shortly before Amos, is irrelevant, if one separates ch.ジョエル本当に予言されていないかどうかをjoashか、またはのみを直前に置かれるアモスは、不適合と、もしあなたの1つを分離します。 iii. Ⅲ 。 and iv.およびIV 。 and at the same time ii.それと同時に2世です。 4, 11, which are based on the early theory. 4 、 11日、これは初期の理論に基づいています。 In favor of the time shortly before Amos, Baudissin has suggested, not without justice, that also in Amos a plague of locusts together with a drought is mentioned as a divine punishment (Amos iv. 6-9; comp. vii. 1-6), and that in this book, as also in Joel iv.直前の味方をして時間アモス、 baudissinが提案、正義がないわけでは、それをまた、アモスと一緒に、イナゴの異常大干ばつが取り上げられて、神の罰(アモスⅣ 。 6-9 ;のCOMPです。 Ⅶ 。 1-6 ) 、としてこの本を、また、ジョエルⅣ 。 (iii.) 4 et seq. ( iii. ) 4頁以降を参照。 (if this passage as well as iv. [iii.] 9 et seq. also dates from an older prophecy), there is a complaint concerning the delivery of captured slaves (Amos i. 6, 9) which, in spite of single variations, makes it easy to suppose that the same event is here meant, namely, the killing of the Judeans at the time of the revolt of Edom against Judah under Jehoram (comp. Amos i. 11 and Joel iv. [iii.] 19). (この通路だけでなくⅣ 。 [ Ⅲ 。 ] 9頁以降を参照。日程よりも古い予言) 、配信に関する苦情には、奴隷のキャプチャ(アモスi. 6 、 9 )が、 1つのパターンにもかかわらず、 、を容易にすると仮定して、同じイベントがここに意味、すなわち、 judeansを殺すのは、時間のユダの反乱を反対されてエドムjehoram ( comp.アモスi. 11日、ジョエルⅣ 。 [ Ⅲ 。 ] 19 )です。 The mention of the "sons of the Grecians" (in iv. [iii.] 6, if this still belongs to the older part) can hardly be taken as a proof against this theory (although it has been brought forward to prove a very late date of composition), since there is no reason why Greeks should not have been mentioned in an early pre-exilic period.に言及したのは"人の息子のgrecians " ( Ⅳ 。 [ Ⅲ 。 ] 6日に属している場合、このまだ古い部分)を取られることは到底耐えられないこの理論(ただし、繰越利益を証明することが非常に後半この評価を組成)は、理由がないので、ギリシア軍の必要はありませんプレ早期に記載され追放された期間です。

Reasons for Later Composition.それ以降の組成上の理由からです。

On the other hand, the fact that most of the data pointing to a post-exilic composition are found in the second half of the book, after ch.その一方で、実際には、ほとんどのデータを指して、追放された後の組成が発見された2番目の半分を予約後、あなたのです。 iii. Ⅲ 。 (ii. 28), speaks for the later composition of ch. ( ii. 28 ) 、話すのはあなたへの組成をします。 iii. Ⅲ 。 and iv.およびIV 。 (ii. 28-iii.). ( ii. 28 - Ⅲ 。 ) 。 This is assumed on the following grounds: Only Judah is expressly mentioned, whereas the idea seems to be to connote both Judah and Israel (thus ch. iv. [iii.] 2; but not so in ii. 27); also because in the description of the approaching day of judgment for the nations and the glorification of God's people there is no reference to Ephraim; finally, above all, because in iv.これは想定は、以下の理由:のみユダは、明示的に言及したように、アイデアと思われるが、ユダとイスラエルの両方を暗示する(このようにあなたのです。 Ⅳ 。 [ Ⅲ 。 ] 2 ;はできませんので、 Ⅱ 。 27 ) ;ものために日が近づいて、説明書の判断は、神の国の人々と賛美はないの参照をエフライム;最後に、上記のすべてのためにⅣ 。 (iii.) 17, as has already been remarked, not only the destruction of Jerusalem is presupposed, but also the dispersion of God's people, Israel, among the nations, and the division of Israel's land. ( iii. ) 17日、とされては、エルサレムの破壊だけでなく、前提は、神の分散だけでなく、人々は、イスラエル、日本、間の国、および当部門のイスラエルの土地です。

As to the question concerning the prophetic sources of the respective passages, it is probably easier to derive the passages iii.また、ご質問については、予言源を、それぞれの通路、それはおそらく通路を簡単に取得するⅢ 。 5 (ii. 32) from Obadiah, verse 17; iv. 5 ( ii. 32 )よりオバデヤ、詩17 ; Ⅳ 。 (iii.) 18 from Ezek, xlvii. ( iii. ) 18からezek 、 47です。 1 et seq.; and iv. 1頁以降を参照。 ;およびIV 。 (iii.) 16 from Amos i. ( iii. ) 16よりアモスi. 2-all of them in a part which gives the impression of a dull and barren style of writing-than to suppose these passages in Joel to have been original. 2 -のすべての部分を与えることが鈍いとの印象を与えるよりも不毛の文体を仮定され、これらの通路にジョエルオリジナルです。 For these reasons the supposition that iii.これらの理由と仮定してⅢ 。 and iv.およびIV 。 (ii. 28-iii.) were written in a post-exilic period seems to offer the easiest solution of the difficulty. ( ii. 28 - Ⅲ 。 )が書かれて追放された後の時代に最も簡単な解決策を提供するように困難です。

§ 4. § 4 。 Theory of the Revision of an Older Book in a Later Period: The division of the book into two parts convinces Baudissin (lcp 499) that such a revision must have taken place.古い理論のリビジョンの予約は、後の期間: 2007部が実施して予約をする2つの部分に伝えるbaudissin ( 499 、 LCP )そのような改正が行わ必要があります。 He considers the description of the judgment of the nations with its reference to the scattering of Israel, the division of the land of Yhwh, and the passing of strangers through Jerusalem as additions of the reviser.彼の説明を考慮するとの判断には、国への参照を、イスラエルの散乱は、土地のyhwh部が実施して、エルサレムを通じて見知らぬ人との逝去の報にreviserとして追加します。 But the theory leaves open the possibility that single parts of the second half of the book may have belonged to the original composition and were incorporated in the compilation of the later writer, directly or else with certain changes to suit the times.しかし、その理論の葉の部分を開いて2番目の1つの可能性があるの半分を所有しての予約がありますが、元の組成とのコンパイルに組み込まれて、後の作家、直接または特定の変更に合わせて他の回クリックします。 In view of this, and of the further supposition, first suggested by Rothstein, that the second author made changes and additions also in the first part, there is little difference between the two theories.この点から見て、より詳細な仮定すると、最初に提案されたロススタイン、その2番目の著者はまた、変更や追加の最初の部分では、ほとんどの2つの理論の違いです。 Moreover, it is possible to agree with Baudissin that the original writing does not need to have originated in the Persian period.また、 baudissinに同意することが可能にする必要はありませんが、元の書き込みには期間の起源は、ペルシャ語です。 It is indeed advisable to place its composition as late as the time of the Ptolemies, since then the mention of Egypt might refer to the war in Egypt.それは実際、お勧めいたしませんその組成を配置するものであり、遅ければptolemies 、それ以来、可能性に言及したエジプトでの戦争にエジプトを参照してください。

Emil G. Hirsch, Victor Ryssel g.エミールハーシュ、ビクターryssel

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Commentaries: Hitzig, in Kommentar zu den Kleinen Propheten, 1838 (new ed. by J. Steiner, 1881, in Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch); Keil, in Biblischer Kommentar, 3d ed., 1888; Orelli, in Strack and Zoeckler, Kurzgefasster Kommentar, 2d ed., 1888; J. Wellhausen, Die Kleinen Propheten (transl. with notes in Skizzen und Vorarheiten, part v.), 1892; W. Nowack, in Handkommentar, 1897; B. Pusey, The Minor Prophets, 1888; FW Farrar, The Minor Prophets, Their Lives and Times, in Men of the Bible series, 1890; KA Credner, Der Prophet Joel, Uebersetzt und Erklärt, 1831; E. Meier, Der Prophet Joel, Neu Uebersetzt und Erklärt; Aug. Wünsche, Die Weissagung des Propheten Joel, 1872 (gives a complete bibliography on Joel to 1872); Adalbert Merx, Die Prophetie des Joel und Ihre Ausleger, 1879; Beck, Die Propheten Micha und Joel, Erklärt, ed.論評:ヒッツィヒは、 kommentar zuデンkleinen propheten 、 1838 (新エドです。 j.シュタイナーされ、 1881年は、 kurzgefasstes exegetisches Handbuch )この; keilは、 biblischer kommentar 、 3次元エド。 、 1888 ;オレッリは、シュトラックとzoeckler 、 kurzgefasster kommentar 、 2次元エド。 、 1888 ; j.ヴェルハウゼン、死ぬkleinen propheten (石油をノートにskizzen und vorarheiten 、パートV. ) 、 1892 ;ワットノバックは、 handkommentar 、 1897 ; b.ピュージーは、小預言者、 1888 ;ファームウェアのファーラーは、小預言者、彼らの生命とタイムズは、男性は、聖書のシリーズ、 1890 ;かクレドナー、 der預言者ジョエル、 uebersetzt und erklärt 、 1831 ; e.マイヤー、 der預言者ジョエル、ノイuebersetzt und erklärt ;年8月wünsche 、死ぬweissagungデprophetenジョエル、 1872年(完全な構造上のジョエルを与える1872 ) ;のAdalbert merx 、死ぬprophetieデジョエルundイーレausleger 、 1879 ;ベック、死ぬprophetenミヒャundジョエル、 erklärt 、エドです。 Lindemeyer, 1898; Ant. lindemeyer 、 1898 ; Antのです。 Scholz, Commentar zum Buche des Propheten Joel, 1885; Eugéne le Savoureux, Le Prophète Joel: Introduction, Critique, Traduction, et Commentaire, 1888; WWL Pearson, The Prophecy of Joel: Its Unity, Its Aim, and the Age of Its Composition, i.ショルツ、 commentar zum bucheデprophetenジョエル、 1885 ; eugéneルsavoureux 、ルprophèteジョエル:はじめに、批判、のTraduction 、他commentaire 、 1888 ; wwlピアソンは、予言のジョエル:その団結、その目的、およびその組成の年齢を、 i. 885; Grätz, Joel, Breslau, 1872; EG Hirsch, The Age of Joel, in Hebraica, New York, 1879; Kessner, Das Zeitalter des Propheten Joel, 1888; G. Preuss, Die Prophetie Joels, 1889; H. Holzinger, Sprachcharakter und Abfassungszeit des Buches Joel, in Stade's Zeitschrift, ix. 885 ; grätz 、ジョエル、ブレスラウ、 1872 ;例えば、ハーシュは、時代のジョエルは、 hebraica 、ニューヨーク、 1879 ; kessner 、 das zeitalterデprophetenジョエル、 1888 ; g.プロイス、死ぬprophetieジョエルズ、 1889 ;笠原holzinger 、 sprachcharakter und abfassungszeitデbuchesジョエルは、シュターデのzeitschrift 、 9世です。 89-131; GB Gray, The Parallel Passages in Joel in Their Bearing on the Question of Date, in The Expositor, 1893, Supplement, pp. 89から131 ; GBの白黒は、通路に平行にジョエルの問題に影響を及ぼすの日付でのエクスポジター、 1893 、サプリメント、 pp 。 208 et seq.; JC Matthes, in Theologisch Tijdschrift, xix. 208頁以降を参照。 ; jcマッテスは、 theologisch tijdschrift 、 19です。 34-66, 129-160; xxi.三十四から六十六まで、百二十九から百六十; xxi 。 357-381; AB Davidson, in The Expositor, March, 1888; Volck, Der Prophet Joel, in Herzog-Plitt, Real-Encyc.三五七から三八一まで;アルバータデビッドソンは、エクスポジター、 3月、 1888 ; volck 、 der預言者ジョエルは、ヘルツォーク- plitt 、リアルencycです。 ix. 9 。 234-237; Robertson Smith and Driver, Joel, in Encyc.二三四〜二三七;ロバートソンスミスとドライバ、ジョエルは、 encycです。 Brit.EGHV Ry. brit.eghv - 1090です。


Joelジョエル

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-1. -1です。 Biblical Data:聖書のデータ:

-Critical View:クリティカルな対象:

-1. -1です。 Biblical Data:聖書のデータ:

The superscription of the second book of the so-called Minor Prophets names as the author of the book "Joel, the son of Pethuel." 2番目の本の表題のいわゆる小預言者の名前として本の著者は、 "ジョエルは、息子のpethuel 。 " Further historical record is wanting.より詳細な歴史的なレコードが欠けています。 It is even impossible to get an idea of the prophet's personality from the contents of his book, because, in correspondence with its partly oratorical, partly visionary style, all personal traits have been omitted.を取得することが不可能なアイデアも預言者の性格から、彼の著書の内容を、なぜなら、その部分に文通して演説、先見の明の部分のスタイルは、すべて個人的な特徴が省略されています。 Only this can be concluded from his writing, that he was a Judean and that at the time of his prophetical activity he lived in Jerusalem.結論からのみこれは彼の書いたもの、としていたことをjudean時点で、彼の机上の活性彼はエルサレムに住んでいます。 On the other hand, imaginative suppositions try to prove from passages like Joel i.その一方で、想像力を証明しようsuppositionsより通路のようなジョエルi. 9, 13; ii. 9日、 13 ; Ⅱ 。 17 that he belonged to the tribe of Levi. 17日に彼のレビ部族に属しています。

-Critical View:クリティカルな対象:

The name "Joel" was quite common, being borne by the first-born son of Samuel (I Sam. viii. 2), and by prominent Levites of the time of David (I Chron. vi. 18 et seq.) and of Hezekiah (II Chron. xxix. 12).の名前を"ジョエル"は非常に共通の、生まれが負担し、最初の息子のサミュエル(サムします。 Ⅷ 。 2 ) 、および著名なlevitesは、時間のデビッド(私chron 。 Ⅵ 。 18頁以降を参照。 )とのhezekiah ( ⅱ chron 。 29 。 12 ) 。 "Joel" means "Yhwh is God" (comp. Ps. l. 1; Jer. xxii. 24); it is, therefore, the transposed form of . "ジョエル"は" yhwhは、神様が" ( comp. psのです。 l. 1 ; jer 。 xxii 。 24 ) ;ことは、そのため、フォームの転置です。 In the face of this clearly recognizable and wholly appropriate meaning of the name, it is not necessary to suppose (with Baudissin) that it is the jussive of (= "may He [ie, God] prove"); nor (with Nestle) that it is the participle of , which, corresponding to the proper names or (Arabic, "wa'il") occurring often in the Sinaitic inscriptions, is supposed to mean "strong-willed."本の顔をはっきりと認識できるとの意味を完全に適切な名前を仮定する必要はありません(おbaudissin )は、短形をして( = " 5月彼[すなわち、神]証明" ) ;も(ネスレ)しては、分詞、これに対応して、適切な名前または(アラビア語、 " wa'il " )は、頻繁に発生するsinaitic碑文は、仮定を意味する"意志の強い。 " The fact that is found also as a Phenician proper name (see "CIS" 132), proves nothing against the most natural interpretation of the name.という事実が見つかったとしても適切なphenician名(詳細については、 "シス" 132 ) 、証明何も反対の名前で最も自然な解釈である。

What non-Biblical sources tell of the prophet belongs to the realm of fable.消息筋によれば、どのような非聖書の預言者ムハンマドの寓話の領域に属しています。 According to pseudo-Epiphanius (ii. 245), Joel was from the town Bethor of the tribe of Reuben; but according to the Syrian pseudo-Epiphanius, the true reading is "Bet Me'on" (to be read instead of ), the place mentioned in the Mesha inscription (line 9) as Moabitic, but which, according to Josh.疑似によると、聖エピファニオス( ii. 245 ) 、ジョエルは、町からのbethorは、部族のルーベン;しかし、擬似によると、シリアの聖エピファニオス、真の読書は"賭けme'on " (読むの代わりにされる) 、碑文の場所に記載されてメシャ王(ライン9 )としてmoabitic 、しかし、これによると、ジョシュ。 xiii. 13 。 17, originally belonged to Reuben. 17日、最初に属してルーベンです。

Victor Ryssel, Emil G. Hirsch, M. Seligsohnビクターryssel 、 g.エミールハーシュ、男性seligsohn

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

See bibliography under Joel, Book of.V.書誌事項の下に表示さジョエル、予約of.v. Ry. - 1090です。 2. 2 。 Eldest son of Samuel and father of Heman the singer (I Sam. viii. 2; I Chron. vi. 18 [AV vi. 33]).長男と父親のサミュエルhemanその歌手(私サムです。 Ⅷ 。 2 ;私chron 。 Ⅵ 。 18 [ av Ⅵ 。 33 ] ) 。 His name is omitted in I Chron.彼の名前が省略された場合、私chron 。 vi. Ⅵ 。 13 (AV vi. 28); the word (= "and the second one"), corrupted into , is erroneously supposed to be the name given by the chronicler to the eldest son of Samuel. 13違反( AV Ⅵ 。 28 ) ;という言葉( = " 2番目の1つ" ) 、破損して、名前が誤って与えられたはずの年代記をサミュエルの長男である。 Joel and his younger brother Abiah, or Abijah, were made judges in Beer-sheba when Samuel was old and could no longer make his usual circuit (comp. I Sam. vii. 16, 17).ジョエルとその弟abiahか、またはabijah 、中国でのビール-シバ裁判官が行われたときには、古いとサミュエルすることは、もはや彼のいつもの回路( comp.私サムです。 Ⅶ 。 16 、 17 ) 。 They disgraced their office by taking bribes and perverting judgment; and their misdeeds provoked the people to ask for a king (ib. viii. 5 et seq.).面目をつぶされた彼らにオフィスを撮影perverting賄賂と判断;とその悪行を求める人々を挑発するキング( ib. Ⅷ 。 5頁以降を参照。 ) 。 For the different opinions of the Talmudists with respect to the sins of these two judges see Abijah in Rabbinical Literature. talmudistsために、異なる意見を尊重して、これらの2つの罪で裁判官abijahラビ文学を参照します。

3. 3 。 An ancestor of Samuel who is mentioned in I Chron.サミュエルの祖先chron whoは、私に記載されています。 vi. Ⅵ 。 21 (AV 36), and who in verse 9 (AV 24) is called "Shaul." 21違反( AV 36 ) 、およびwhoで詩9違反( AV 24 )が呼び出される" shaul 。 " 4. 4 。 A Simeonite prince (ib. iv. 35).をsimeonite王子( ib. Ⅳ 。 35 ) 。 5. 5 。 A Reubenite; father of Shemaiah (ib. v. 4, 8).をreubenite ; shemaiahの父( ib. v. 4 、 8 ) 。 6. 6 。 A Gadite chief (ib. v. 12).をgaditeチーフ( ib. v. 12 ) 。 7. 7 。 A chief of Issachar (ib. vii. 3).主任のissachar ( ib. Ⅶ 。 3 ) 。 8. 8 。 One of David's mighty men, indicated as the brother of Nathan (ib. xi. 38).デビッドの偉大な男の1つ、指摘され、弟のネイサン( ib. XI 。の38 ) 。 In the parallel list of II Sam.サムは、パラレルのリストを2世です。 xxiii. 23 。 36 he is called "Igal, the son of Nathan." 36と呼ばれる彼は" igalは、息子のネイサン。 " 9. 9 。 A Gershonite Levite, a prince in the time of David (I Chron. xv. 7, xxiii. 8, xxvi. 22).レビをgershoniteは、王子は、時間のデビッド(私chron 。 15 。 7日、 23 。 8日、二十六です。 22 ) 。 10. 10 。 Son of Pedaiah; a Manassite chief in the time of David (ib. xxvii. 20).息子のpedaiah ;をmanassite時間の長さのデビッド( ib. 27 。 20 ) 。 11. 11 。 A Kohathite Levite in the time of Hezekiah (II Chron. xxix. 12; comp. No. 2, above).レビは、時間をkohathiteのhezekiah ( ⅱ chron 。 29 。 12 ;のCOMPです。ナンバー2 、上を参照) 。 12. 12 。 One of those who married foreign wives (Ezra x. 43).それらの1つwho結婚した外国人の妻(エズラXの43 ) 。 13. 13 。 Son of Zichri; a Benjamite overseer after the Exile (Neh. xi. 9).EGHM Sel.息子のzichri ; benjamite監督に亡命した後、 ( neh. XI 。の9 ) 。 eghmなSELです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです