Gospel According to John福音書によると、ジョン

General Information 総合情報

The Gospel According to John is the fourth book of the New Testament of the Bible.福音によると、ジョンは、 4冊目の書籍は、新約聖書の聖書です。 In style, language, and content, it differs dramatically from the Gospels of Matthew, Mark, and Luke - called the synoptic Gospels.のスタイル、言語、およびコンテンツ、それを劇的に異なるからの福音書のマシュー、マーク、およびルーク-共観福音書と呼ばれる。 Unlike these Gospels, the fourth Gospel opens with a philosophical prologue (John 1:1 - 18). It identifies the Logos, or Word, with Christ and introduces the themes to be developed in the Gospel.これらの福音書とは異なり、 4番目の福音書は哲学的プロローグポップアップ(ヨハネ1:1 -1 8) 。て識別し、ロゴ、またはW ord、イエスキリストとのテーマを紹介して開発されるの福音です。 Further comparisons show that the synoptic Gospels describe the ministry of Christ mainly in Galilee, with reference to only one Passover; but John situates most of the events in Judea and refers to three Passovers.共観福音書より詳細な比較詳細は、イエスキリストを中心に説明して部のガリラヤ、 1つだけを参照し過ぎ;しかし、ジョンsituatesほとんどのイベントを、ユダヤと3つのpassoversを参照してください。

Thus it is from John's Gospel that one concludes that Jesus' ministry lasted 3 years. In the synoptic Gospels, parables are Jesus' vehicle for teaching; in John, long discourses are used. そのため、これは、ジョンの福音書が1つの結論がイエスの部3年間続いた。は、共観福音書、 parablesは、イエスの車両を学ば;はジョン、長い談話が使用されています。 Although John omits significant events such as the Temptation of Christ and the Transfiguration, he relates a number of events in Jesus' life not found in the synoptic Gospels.省略もののジョンなどの重要なイベントの誘惑と変貌、彼は、いくつかの関連イベントがイエスの人生は、共観福音書が見つかりませんでした。

By the time the fourth Gospel was written, in the latter half of the 1st century, Christianity had shifted from Jerusalem to the Aegean world.された時間、第4福音書が書かが、後者の第1世紀の半分を、キリスト教はエルサレムからシフトしてエーゲ海の世界です。 The thought of the day was directed more to universal truths than to historical facts.この日は監督の考えに他よりも歴史的事実を普遍の真理です。 With the development of Gnosticism, the idea of the spirit was stressed, and the idea of the material was deemphasized. Weaving into his message concepts like truth, light, life, spirit, and word, John aimed to teach that God's eternal truth had become incarnated for the Salvation of humankind in events that happened once for all. He could not overlook historical events because he believed that in Christ the eternal had become flesh and dwelt among humankind.グノーシス主義の発展、という考えを強調したの精神には、とのアイデアは、材料のdeemphasized 。 製織を自分のメッセージが表示さ概念のような真理をもって、光、日本での生活、精神、およびWord 、ジョンの充実を目指して、神の永遠の真理を教えることになるが転生は、人類の救済をすべて一度に起きた出来事です。彼は歴史的なイベントのため、彼はしないと信じて、イエスキリストの永遠の間となって人類の肉体と力説します。 For John, the true meaning of the eternal could only be understood through the Revelation of God in the historical person Jesus Christ.のジョンは、永遠の真の意味を理解を通じてのみが神の啓示は、イエスキリストの歴史上の人物です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
According to a tradition dating from the second half of the 2d century, the author of the Gospel was Saint John, the Apostle.出会い系からの伝統によると、 2番目の半分を2次元世紀には著者の福音は、セントジョン、使徒です。 Many are still convinced of the tradition's accuracy.多くの人はまだ確信の伝統の精度で動作します。 Others, while acknowledging that John the Apostle is the source behind the Gospel, refer to John the Elder, a disciple of John, as the author.その他、ジョンの使徒認めている間は、ソースの背後に、ゴスペル、ジョンの長老を参照して、弟子のジョン、としての著者です。

Douglas Ezellダグラスezell

Bibliography 書誌事項
CH Dodd, The Interpretation of the Fourth Gospel (1960); WF Howard, Christianity According to St. John (1943); EF Scott, The Fourth Gospel (1930); WH Thomas, The Apostle John (1984).あなたのドッド、 4番目の解釈の福音書( 1960 ) ;ワンダーフェスティバルハワード、キリスト教によると、聖ヨハネ( 1943 ) ; efスコット、 4番目の福音書( 1930 ) ; whトーマスは、使徒ジョン( 1984 ) 。


Gospel of Johnゴスペルジョン

Brief Outline簡単な概要

  1. Incarnate Word (1:1-18)化身の単語( 1:1-18 )
  2. Testimony to Jesus' Messiahship (1:19-2:11)イエスキリストの証言を' messiahship ( 1:19-2:11 )
  3. Christ's self-revelation, through words and deeds (2:12-12:50)イエスキリストの自己啓示は、言葉や行動を通じて( 2:12-12:50 )
  4. Christ's self-revelation, through His Crucifixion and Resurrection (13-21)イエスキリストの自己啓示は、彼のはりつけと復活を通して( 13-21 )


Gospel of Johnゴスペルジョン

Advanced Information 高度情報

The genuineness of this Gospel, ie, the fact that the apostle John was its author, is beyond all reasonable doubt.この福音書の真偽、つまり、実際には、使徒ジョンは、その著者は、すべての合理的疑いを超えています。 In recent times, from about 1820, many attempts have been made to impugn its genuineness, but without success.さらに最近では、約1820年から、多くの試みがなされてimpugnその真偽、叶いませんでした。 The design of John in writing this Gospel is stated by himself (John 20:31).ジョンのデザインを記載した書面でこの福音書は、自分自身(ヨハネ20:31 ) 。 It was at one time supposed that he wrote for the purpose of supplying the omissions of the synoptical, ie, of the first three, Gospels, but there is no evidence for this.それは1つの時間のために書いたものを供給する不作為の一覧、すなわち、最初の3つの、福音書は、しかし、この証拠はない。 "There is here no history of Jesus and his teaching after the manner of the other evangelists. But there is in historical form a representation of the Christian faith in relation to the person of Christ as its central point; and in this representation there is a picture on the one hand of the antagonism of the world to the truth revealed in him, and on the other of the spiritual blessedness of the few who yield themselves to him as the Light of life" (Reuss). "ここにはイエスキリストと彼の指導の病歴のないようにした後、他の伝道者です。しかし、歴史を形成するには表現したものでは、キリスト教の信仰に関連して、その中心点としてイエスキリストの人;と、この表現には、画像は、他方の対立は、世界の真実を明らかにしていた、とし、他のは、精神的な至福のは、いくつかのwho収率して彼の人生の光" (ルース)です。

After the prologue (1:1-5), the historical part of the book begins with verse 6, and consists of two parts.プロローグの後に( 1:1-5 )は、歴史的な部分での予約が開始さ詩6 、および構成の2つの部分です。 The first part (1: 6-ch. 12) contains the history of our Lord's public ministry from the time of his introduction to it by John the Baptist to its close.の最初の部分( 1 : 6 -あなたのです。 12 )には、わたしたちの主の公共省の歴史の時から彼のはじめにヨハネにバプテスマを受けたことを終了します。 The second part (ch. 13-21) presents our Lord in the retirement of private life and in his intercourse with his immediate followers (13-17), and gives an account of his sufferings and of his appearances to the disciples after his resurrection (18-21). 2番目の部分(第13-21 )わたしたちの主は、退職後のプレゼントのプライベートライフと彼の関係にある彼の当面の信者( 13-17 ) 、彼の苦しみを持つアカウントを与え、彼の弟子に出演した後、彼の復活( 18-21 ) 。 The peculiarities of this Gospel are the place it gives (1) to the mystical relation of the Son to the Father, and (2) of the Redeemer to believers; (3) the announcement of the Holy Ghost as the Comforter; (4) the prominence given to love as an element in the Christian character.ゴスペルの独特な点は、次の場所は、これにより、 ( 1 )は、神秘的な関係の息子は、父親、および( 2 )は、救い主を信仰する者よ、 ( 3 )の発表を慰める聖霊として、 ( 4 )与えられたの隆起を好きには、キリスト教の要素として文字です。 It was obviously addressed primarily to Christians.これは主にキリスト教徒明らかに対処します。 It was probably written at Ephesus, which, after the destruction of Jerusalem (AD 70), became the centre of Christian life and activity in the East, about AD 90.それは多分に書かれたエフェソス、これは、エルサレムの破壊の後に(広告の70 ) 、キリスト教の生活となった活動の中心部の東、約90の広告です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Johnジョン

Advanced Information 高度情報

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Gospel of St. John聖ヨハネによる福音書

Catholic Information カトリックの情報

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです