Epistles of Johnジョンの書簡

General Information 総合情報

The Epistles of John are three letters in the New Testament of the Bible traditionally ascribed to Saint John the apostle.ジョンは、 3つの手紙の書簡は、新約聖書の聖書の伝統的生得的にセントジョンの使徒です。 They are classed with the General, or Catholic, Epistles because they are addressed to a general readership rather than to specified churches or individuals.彼らは、一般的な分類か、またはカトリックですが、彼らは宛てに書簡ため、一般的な読者ではなく、教会や個人を指定します。 The first epistle bears no clue to its authorship, but in the other two epistles the author calls himself "the elder."クマは見当もつかないの最初の手紙を原作者ではなく、他の2つの書簡の著者自称"長老。 " The three letters were probably written in the Roman province of Asia (western Anatolia) toward the end of the 1st century.の3つの文字が書かれているローマン省、おそらくアジアの(欧米のアナトリア)に向かって第1世紀の終わりです。

The first epistle should probably be understood as a general pamphlet written to churches in Anatolia. Its message is about life, meaning eternal life, life in fellowship with God through faith in Jesus Christ. The book was written to give a series of standards by which people can know that they possess eternal life. Two features stand out in the series of tests.の最初の信徒として理解しておくべきでしょう総合パンフレットに書き込まアナトリアの教会は、 そのメッセージが表示さは約生命、永遠の命の意味、日本での生活を通して、神と交わりを持つイエスキリストを信じている。この本に書かを与える、一連の基準をどの彼らを持つ人々が知っている永遠の命です。 2つの特徴がくっきりとの一連のテストを実行します。 First, the validity of the Incarnation is affirmed against those who claimed special knowledge (see Docetism; Gnosticism) and denied that Christ came in the flesh (1 John 4:2 - 3).まず第一に、反対の有効性を確認するそれらの化身 who主張した 、特別な知識(キリスト仮現説;グノーシス主義)と否定して来たイエスキリストは、肉( 1ジョン4時02分-3 ) 。 The second feature of the test is love. The true follower of Christ is to love as Christ loved (1 John 2:6; 4:7 - 12, 19). 2番目の機能は、テストは愛です。 キリストの真の信奉者としては、イエスキリストを愛し愛さ( 1ジョン2時06分;午前4時07 -1 2、 1 9) 。

The second epistle, the shortest book of the Bible, is a note to a church addressed as the "elect lady." 2番目の信徒は、聖書の、最短の予約は、教会の対処として、注意して下さい"レディを選出します。 " In this letter the message of 1 John is applied to a local church situation. The people are warned about teachers with special knowledge. They are encouraged to be hospitable toward one another.この手紙のメッセージを1ジョンを適用すると、ローカルの教会の状況で、人々が教師に特別な知識について警告した。ことが奨励される1つの別のもてなしに向かっています。 The third epistle is a personal word to Gaius, a follower of the truth. He is encouraged to show kindness to traveling believers who pass his way. 3番目の信徒は、個人的な単語をガイウスは、信奉者は、真理です。 彼は親切に旅を表示する奨励信者who渡す彼の方法です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Douglas Ezellダグラスezell

Bibliography 書誌事項
WE Vine, Epistles of John (1970).私たちのつる、同書簡のジョン( 1970 ) 。


First Epistle of Johnヨハネの手紙第一

Advanced Information 高度情報

The First Epistle of John, the fourth of the catholic or "general" epistles.ヨハネの手紙第一の4分の1のは、カトリックのか"全般"の書簡です。 It was evidently written by John the evangelist, and probably also at Ephesus, and when the writer was in advanced age.それは明らかに書かれたジョンの伝道者、そしておそらくまたエフェソス、およびときに作家は、高度な年齢です。 The purpose of the apostle (1:1-4) is to declare the Word of Life to those to whom he writes, in order that they might be united in fellowship with the Father and his Son Jesus Christ.の目的は、使徒( 1:1-4 )は、人生を宣言しているという言葉を心に適うの書き込みは、恐らくかれらと交わりを持つかもしれないの結束をイエスキリストの父と彼の息子です。 He shows that the means of union with God are, (1) on the part of Christ, his atoning work (1:7; 2:2; 3:5; 4:10, 14; 5:11, 12) and his advocacy (2: 1); and (2), on the part of man, holiness (1:6), obedience (2:3), purity (3:3), faith (3:23; 4:3; 5:5), and love (2:7, 8; 3:14; 4:7; 5:1).彼によると労働組合の手段を神には、 ( 1 )上の部分のイエスキリスト、彼の仕事atoning ( 1時07分; 2:2 ;午前3時05分; 4:10 、 14 ; 5:11 、 12 )と彼の権利擁護( 2 : 1 ) 、および( 2 ) 、上の部分の男、ホーリネス( 1時06分) 、服従( 2:3 ) 、純度( 3時03分) 、信仰( 3:23 ; 4:3 ; 5 : 5 ) 、および愛( 2時07分、 8 ; 3:14 ;午前4時07分; 5:1 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Second Epistle of Johnヨハネの手紙2番目

Advanced Information 高度情報

The Second Epistle of John is addressed to "the elect lady," and closes with the words, "The children of thy elect sister greet thee;" but some would read instead of "lady" the proper name Kyria. 2番目のヨハネの手紙は、宛てに"当選レディー"と明日の言葉を、 "妹の子供たちにあいさつを選出なたなた; "しかし、いくつかを読むの代わりに"レディ"の適切な名前kyriaです。 Of the thirteen verses composing this epistle seven are in the First Epistle.この書簡は、 13の詩作曲七アールでの最初の手紙です。 The person addressed in commended for her piety, and is warned against false teachers.話し掛けられている人を表彰する彼女の信心深さ、偽教師と警鐘を鳴らしてきた。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Third Epistle of Johnヨハネの手紙第3

Advanced Information 高度情報

The Third Epistle of John is addressed to Caius, or Gaius, but whether to the Christian of that name in Macedonia (Acts 19: 29) or in Corinth (Rom. 16:23) or in Derbe (Acts 20:4) is uncertain.ヨハネの手紙第3キーズは宛てに、またはガイウス、しかし、そのような名前のは、キリスト教かどうかを、マケドニア(行為19 : 29 ) 、またはコリント(ローマ16:23 )またはderbe (行為20 : 04 )は、不確実なです。 It was written for the purpose of commending to Gaius some Christians who were strangers in the place where he lived, and who had gone thither for the purpose of preaching the gospel (ver. 7).その目的のために書かれたいくつかのキリスト教徒ガイウスwho貢献をされた場所に彼が住んで見知らぬ人とwhoが行ってしまうとあちらの方のために説教の福音( ver. 7 ) 。 The Second and Third Epistles were probably written soon after the First, and from Ephesus. 2番目と3番目の書簡が書かれた直後に、おそらく、最初の、エフェソスからです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Second Epistle of Johnヨハネの手紙2番目

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

The second epistle of John is addressed to whom? 2番目のヨハネの手紙は、宛てに誰ですか? The word "lady" in the Greek is Kyria, which may be translated as a proper name, and perhaps in this case it should be so understood.という言葉"レディ"は、ギリシャ語はkyria 、これに適切な名前として5月に翻訳、そしておそらくこの場合はそれを理解すべきであるようです。 Kyria was a common name among the Greeks and refers here, it may be, to some notable saint in the neighborhood of Ephesus, to which John ministered in his old age. kyriaは、ギリシア軍との間の共通の名前を指しますここでは、ことがありますが、サンは、近所にいくつかの注目に値するのエフェソス、ジョンministeredを彼の老後のです。 The letter is brief, for the writer is soon to make a visit to this sister in Christ and to speak with her face to face (12).その手紙は、簡単な、その作家はすぐにこの妹を作るにイエスキリストを訪問すると話す彼女の顔に直面する( 12 )です。

And mark the central fact of that truth which consititutes love, the confession that Jesus Christ is come in the flesh.との事実を記念して中央consititutesその真実が愛の告白をイエスキリストの肉が入ってくる。 This strikes at the Jew's denial of Jesus, certainly, but also how can Christian Science, which denies the material body confess this?このストライキは、ユダヤ人のイエスキリストの否定を、確かに、クリスチャンサイエンスだけでなく、どうすれば、これを否定して物質体を告白ですか? Changing the language again to conform to the Revised Version, we see that they are the deceivers and the anti-Christ in spirit who fail to confess that He "cometh in the flesh."言語を変更して再度の改訂版に適合するように、私たちを参照してdeceiversとは、心の中での反キリストを告白whoに失敗すると彼は"目の辺りに来る。 " It is Christ's second coming John has in mind as truly as His first coming.これはキリストの再臨として真にJohnさんを念頭に置いて来るとして彼の最初のです。 In the light of the above consider the warning in verse 8.に照らして、上記の警告を考慮して詩8 。 There is danger of believers losing something which belongs to them.信者たちには危険性を失うことなく何かに属するしています。 That something which belongs to them.何かに属するとしています。 That something is "a full reward."その何かが"完全な報酬を要求します。 " Compare Luke 19:15-27; I Corinthians 3:11-15; 2 Peter I: 21; 1 Corinthians 3:11-15; 2 Peter 1: them?比較ルーク19:15-27 ; 3:11-15コリント人へ; 2ピーター私: 21 ; 1コリンチャンス3:11-15 ; 2ピーター1 :ことですか? See Matthew 16:27; Revelation 22:12.参照マタイ16:27 ;啓示22:12 。

Does not the comparison of these passages bear out verse 7 as rendered by the Revised Version?これらの通路との比較はありませんクマアウト詩7としてレンダリングされた改訂版ですか? What is it to transgress as given in verse 9?何がそれを越えて、韻文として与えられた9ですか? By the "doctrine of Christ" is not meant merely the things He taught while in the flesh, but the whole doctrine concerning Him, ie, the whole of the Old and New Testaments.し、 "キリストのドクトリン"意味だけのものではない彼は教えの中に肉は、全体の教義に関するしかし、彼は、すなわち、旧約聖書と新約全体のです。 To deny the truth concerning Christ is to deny His first and HIs second coming, and He who denies this "hath not God."イエスキリストに関する真実を否定しては彼の最初のを拒否すると彼の2番目来る、と彼はwho否定この"かれらは神です。 " He may speak much of the "Father," but he only has the Father who has the Son.彼は5月話す多くの"父よ、 "しかし、彼の父親だけには、 whoには、息子がいます。 To have the One you must have the Other, (9).は、 1つにする必要がありますが、他の、 ( 9 ) 。 Observe how strenuous we should be in maintaining this doctrine (v. 10).激しい観察する方法を維持しなければならないが、この教義(動10 ) 。

The command "receive him not into your house," is relative.コマンド"を受信して彼の家は、 "は、相対的です。 It means not that we are to deny him meat and shelter altogether, if he be in need of them, but that we are not to fellowship him as a brother.ことを意味しないことを否定する我々は彼の肉や避難所また、もし彼が必要だし、我々はそれは彼をしないように奨学金の弟です。 Even our personal enemies we are to bless and pray for, if they hunger we are to feed them and if they thirst give them drink.我々は敵にも私たちの個人のための祈りを祝福すると、空腹をすれば我々はそれらに餌を与えるとすればのどの渇きして飲む。 But those who are the enemies of God by being enemies of His truth, we are to have nothing to do with in the capacity of fellow-Christians.しかし、これらのwhoは、神の敵の敵の彼の真実され、我々は何の関係もないには容量の同胞は、キリスト教徒です。 We must not aid them in their plans or bid them God speed.かれらの援助しなければならないか、単価を計画して神の速度です。 How would such a course on our part involve us (II)?このようなコースをどのように関与先の部分( 2 )ですか?

The apostle closes with that allusion to his visit already referred to, and a greeting from Kyria's elect sister.明日の使徒、その言及して、すでに言及を訪問し、あいさつからkyriaの妹を選出します。 Did this mean her sister in the flesh or only in the faith?この意味は、彼女の妹は、肉やのみでの信仰ですか? And in this last case was it the apostle's wife?そしてこの最後の事件の伝道者の妻だったのですか?

Questions 1. 質問 1 。 How may we translate "lady" and to whom may it refer? 5月に翻訳する方法について"レディー"と、誰がそれを参照ですか? 2. 2 。 Can you discover in the text the four points under the "Salutation"?ことを発見するには、テキストの4つのポイントの下に"あいさつ"ですか? 3. 3 。 What is the message of this letter?どのようなメッセージが表示さは、次の手紙ですか? 4. 4 。 What is Christian love?キリスト教の愛は何ですか? 5. 5 。 What is its central fact?その中心は何です事実ですか? 6. 6 。 Who are spiritual anti-Christs? whoは、精神的な反christsですか? 7. 7 。 Have you examined the parallel scriptures on the subject of "reward"?ここに検討して並列経典で、被写体の"報酬"ですか? 8. 8 。 What is meant by the "doctrine of Christ"?何を意味し、 "キリストのドクトリン"ですか? 9. 9 。 Explain "receive him not into your house."説明"を受信していない彼の家です。 "


Third Epistle of Johnヨハネの手紙第3

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

Gaius is a name frequently alluded to by Paul, but whether this were the same individual as any of those is problematical.ガイウスはポールの名前を頻繁にそれとなく触れられたように、しかし、これは、同じかどうかのいずれかとしては、個々の問題です。 In any event he seems to have been a convert of John (v. 4).いずれにしても彼のように変換され、ジョン(動4 ) 。 Another form of the name is Caius and this was a very common name indeed.別の形式の名前はキーズと確かにこれは非常に共通の名前です。 What distinction in spiritual things is ascribed to Gaius (2)?物事は生得的精神的な区別をどのようにガイウス( 2 )ですか? His soul was prospering even if his bodily health and his business were not, but the apostle is interested in other things as well.彼の魂が肉体的健康と繁栄たとえ彼が自分のビジネスではなく、他のことに興味が使徒としてはよくします。 The Christian should be careful of his health, and it is compatible with a deep spiritual life that he should have a sucessful business.は、キリスト教は、自分の健康に気を付けて、それと互換性が深い精神的な生活を送って彼には、成功のビジネスです。

As to the Christian character of Gaius, three particulars are named: (1) He possessed the truth (3).ガイウスには、キリスト教の文字を、 3つの明細の名前: ( 1 )彼は真実を保有( 3 )です。 (2) He walked in the truth, ie, his life and conduct measured up to the light he had received from God, (3, 4). ( 2 )彼は歩いては、真理、すなわち、彼の人生最大の光測定を行ってから受け取った彼は神、 ( 3 、 4 ) 。 (3) As walking in the truth he was "careful to maintain good works," especially in the distribution of his means (5, 6). ( 3 )としての真実を歩く彼は"慎重に善行を維持し、 "特に、彼の手段の分布( 5 、 6 ) 。 It is noticeable that his "faithfulness" in this regard is mentioned.これは顕著に彼の"忠実"この点については言及します。 It was not a spasmodic thing on his part, but a steady flow of grace through him.痙性ことをしていましたが、彼の部分ではなく、定常流の恵みを受けてからだった。 His breadth of disposition is also mentioned since his giving was not limited to those he knew but extended to those he did not know (5).自分の幅を与える処分にも言及以来、彼は知っていたがこれらに限定さしかし、これらの拡張して彼は知らなかった( 5 )です。 Some recipients of his bounty are referred to in verse 6, and a journey mentioned toward the expense of which he was contributing (6).いくつかの受信者に恩恵が参照されて彼の詩6 、と言及に向かって旅を犠牲にしていたの貢献( 6 ) 。 All this is very realistic, and brings the life of the church in the first century "up to date" as we sometimes say.すべてこれは非常に現実的、との教会での生活をもたらすの最初の世紀"を最新の"我々に言ってやる。 One or two facts are given concerning the recipients of Gaius' gifts equally honoring to them, (7).事実は与えられた1つまたは2つの受信者のガイウス'ギフト平等に尊重して、 ( 7 )です。 Look at the motive of their journey, "His Name's sake," and at the Gentiles," ie, the heathen.彼らの旅の動機を見て、 "彼の名前のために、 "とは、 gentiles 、 "すなわち、異教徒のです。

Whatever the journey was, they might have been assisted in it pecuniarily by those who were not actuated by a love for His name, but their conscience would not permit them to receive such aid.どのような旅は、彼らかもしれないこと財政上の支援者がいないwho愛を作動された彼の名前が、その良心はないこのような援助を受信することを許可します。 How valuable this example.この例ではどれくらいの価値です。 And what a close relationship it bears to the teaching of the second epistle about fellowshipping with heretics.と緊密な関係をどのようなことを教えるのクマは約2番目の信徒を異端fellowshippingです。 How should such loyal and self-denying workers as these be treated in the church, and why (8)?どのようにすればこのような忠誠心と自己否定の労働者として、これらの教会に扱われることを、なぜ( 8 )ですか? The Worldly Character of Diotrephes Here we have another type of the professing Christian in the worldly character of Diotrephes, 9-11.世俗の文字を、別の種類のdiotrephesここでは、キリスト教は、世俗的professingの文字をdiotrephes 、 9-11 。 What seems to have been his besetting sin (9)?何が彼のように陥りやすい罪( 9 )ですか? How this experience of John recalls that of Paul in the churches of Corinth, Galatia and Thessalonica?この経験をどのようジョンポールが想起されるのは、教会のコリント、 galatiaとテサロニカですか? In what manner did John intend to deal with him (10)?どのように対処するつもり彼はジョン( 10 )ですか?

Does this recall anything similar in apostolic authority on Paul's part?このリコールはローマ教皇の権威を何かに似てポールの部分ですか? How does verse 10 reveal the worldiness and insincerity of Diotrephes?詩10はどのように明らかにするworldinessとdiotrephes不誠実のですか? What an awfully overbearing, autocratic, unholy man he must have been!どのようにものすごく横柄な、専制、あきれるほどの男がしなければならない! How did he get into the church?彼はどのように教会に入るのですか? What advice is given Gaius in verse 11?ガイウスにどのようなアドバイスが与えられた詩11ですか? How does this testify to the relation between faith and works?この証言をどのように信仰との間の関係の作品ですか? What opposite kind of example is set before him in verse 12?どのような反対のような例では彼の詩を設定する前に12ですか? How many kinds of witnesses testify to the Christian character of Demetrius?目撃者の証言に多くの種類の方法については、キリスト教の文字をディミートリアスですか? One can not help wondering if this were the Demetrius of Acts 19. 1つのことはできないだろうか、このヘルプは、ディミートリアスの行為19 。 Such trophies of grace are by no mean unusual, Paul was such an one.トロフィーの恵みを受けてこのような異常な意味ではないが、ポールは、このような1つです。 Note the similarities in the conclusions of this epistle and the one previously considered (13, 14), suggesting that they may have been penned at the same time.類似点に注意しては、 1つの結論は、次の手紙と、以前は次の検討( 13 、 14 ) 、 pennedかもしれないということを示唆する彼らは、同じ時間です。

The Scofield Bible has an interesting note here, saying that "historically, this letter marks the beginning of that clerical assumption over the churches in which the primitive church order disappeared. It also reveals the believers' resource in such a day. John addresses this letter not to the church, but to a faithful man in the church for the comfort of those who were standing fast in the primitive simplicity. Second John conditions the personal walk of a Christian in a day of apostasy; and Third John the personal responsibility in such a day of the believer as a member of the local church."聖書のスコフィールドは興味深い注:ここでは、と言っている"歴史的に、マルクの初めにこの手紙を仮定する事務は、原始の教会は、教会のために姿を消した。ことも明らかに信者たちのリソースをそのような一日です。ジョンアドレスこの手紙しないように、教会ではなく、誠実な男が、教会は、それらの快適度whoが立って、原始的に急速にシンプルです。 2番目のジョンの状態では、個人的なウォークオブキリスト教には、 1日の背教;と3番目のジョンの個人的責任があるような一日の信奉者の一員として、地元の教会です。 "

Questions 1. 質問 1 。 Analyze the Christian character of Gaius.ガイウスは、キリスト教の文字を分析します。 2. 2 。 What two features marked his faithfulness?どのような2つの特徴スパム彼の忠実ですか? 3. 3 。 Tell something of the character of the two other men named.何かを伝える弊社の2つの文字を他の人たちの名前です。 4. 4 。 What epoch does this epistle mark?どのような時代の信徒はこのマークですか? 5. 5 。 Distinguish between second and third John. 2番目と3番目のジョンを区別します。


Epistles of Saint John書簡のセントジョン

Catholic Information カトリックの情報

Three canonical books of the New Testament written by the Apostle St. John. 3つの標準図書は、新約聖書に書かれた使徒聖ヨハネです。

The subject will be treated under the following heads:の件名は、次のように扱われるの下にヘッド:

FIRST EPISTLE第一の手紙

I. Authenticity i.真正

II. Ⅱ 。 Canonicity規範

III. Ⅲ 。 Integrity整合性

IV. Ⅳ 。 Author著者

V. Time and Place v.時と場所を

VI. Ⅵ 。 Destination and Purpose目的地と目的

VII. Ⅶ 。 Argument引数

SECOND EPISTLE 2番目の信徒

THIRD EPISTLE 3番目の信徒

FIRST EPISTLE第一の手紙

I. Authenticity i.真正

A. External evidence a.外部証拠

The very brevity of this letter (105 verses divided into five chapters) and the lateness of its composition might lead us to suspect no traces thereof in the Apostolic Fathers.の非常に簡潔にするためには、次の手紙( 105詩5つの章に分かれて) 、その組成が遅れて私たちを容疑者の痕跡かもしれないものは、ローマ教皇の父親です。 Such traces there are, some unquestionable.このようなトレースには、いくつかの議論の余地のです。 St. Polycarp (AD 110-117, according to Harnack, whose chronology we shall follow in this article) wrote to the Philippians: "For whosoever confesseth not that Jesus Christ is come in the Flesh is Antichrist" (c. vi; Funk, "Patres Apostolici", I, 304).聖polycarp (広告110から117まで、ハルナックによると、わたしたちは次の年表この記事)ピリピ人への手紙を書いた: " confessethないことを誰でもイエスキリストは反キリストの肉が入ってくる" ( c.六;ファンク、 " patres apostolici " 、私、 304 ) 。 Here is an evident trace of I John, iv, 2-3; so evident that Harnack deems this witness of Polycarp conclusive proof that the first Epistle and, consequently, the Gospel of John were written toward the end of the reign of Trajan, ie not later than AD 117 (cf. Chronologie der Altchristlichen Litteratur, I, 658).ここでは、明らかに微量のヨハネ、 4 、 2-3 ;ので、この証人を明らかにハルナックと判断polycarpの信徒の最初の決定的な証拠を提出し、その結果、ジョンの福音書が書かの治世の終わりに向かってトラヤヌス、すなわち特定の広告より後の117 ( cf. chronologie der altchristlichenアレイ、私、 658 ) 。 It is true that Polycarp does not name John nor quote word for word; the Apostolic Fathers cite from memory and are not wont to name the inspired writer whom they cite.それは事実だが、ジョンの元の名前はありませんpolycarp逐語的に引用し、ローマ教皇の父親を挙げるにはなっていないメモリから触発された作家いつも相手の名前を挙げる。 The argument from Polycarp's use of I John is strengthened by the fact that he was, according to Irenæus, the disciple of St. John. polycarpからの引数の使用がさらに強化さヨハネしていたという事実によると、 irenæusは、弟子の聖ヨハネのです。 The distinctively Johannine phrase "come in the Flesh" (en sarki eleluthota) is also used by the Epistle of Barnabas (v, 10; Funk, op. cit., I, 53), which was written about AD 130.はっきり使徒ヨハネのフレーズ"から入ってくる肉" (アンsarki eleluthota )も使用されて信徒のバルナバ( V電源、 10 ;ファンク、営業します。 〜 Cit 。 、私は、 53 ) 、広告のために書かれた約130 。 We have it on the authority of Eusebius (Hist. eccl., V, xx) that this First Epistle of John was cited by Papias, a disciple of John and fellow of Polycarp (AD 145-160).私たちはそれを権威のユーセビアス( hist. eccl 。 、 V電源、イグゼクス)はこの第一ヨハネの手紙が引用さpapiasは、弟子の研究員のジョンとpolycarp (広告145〜160 ) 。 Irenæus (AD 181-189) not only cites I John ii, 18, and v, 1 but attributes the citation to John the Lord's disciple ("Adv. Hær." 3, 16; Eusebius, "Hist. eccl.", V, viii). irenæus (広告181から189まで)ヨハネ2世だけでなく、引き合いに出して、 18日、およびV 、 1しかし、属性の召喚状をジョンの主の弟子( "前売します。 hærです。 " 3 、 16 ;ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 v 、 viii )在庫します。 The Muratorian Canon (AD 195-205) tells the story of the writing of John's Gospel consequent upon a revelation made to the Apostle Andrew, and adds: "What wonder, then, that John so often in his letters gives us details of his Gospel and says of himself, etc."キヤノンのmuratorian (広告195から205 )挿話は、ジョンの福音書の執筆時に啓示必従行われた使徒アンドリュー、および追加: "どのようなワンダー、その後、ジョンそんなに頻繁に彼の手紙を与えてくれる彼の福音書の詳細と言うのだとわかったとき、等"といいます。 -- here I John. -ここに私はジョンです。 i, 1, is quoted.私は、 1日は、引用します。 St. Clement of Alexandria (AD 190-203) quotes v, 3, with his usual indubitable accuracy, and expressly assigns the words to John ("Pædag.", III, xi; Kirch. Comm., ed. I, p. 281).アレクサンドリアの聖クレメント(広告190から203 )引用符V電源、 3 、彼のいつもの疑う余地の精度、との言葉を明示的に割り当てますジョン( " pædagです。 " 、 3世、西;キルヒします。コミュニティー、エドです。私、 p. 281 ) 。 Tertullian (AD 194-221, according to Sunday) tells us that John, in his Epistle, brands as Antichrist those who deny that Christ is come in the flesh (De Præscrip. 33), and clearly attributes to "John the author of the Apocalypse" several passages of the First Epistle (cf. "Adv. Marc.", III, 8, and V, 16, in PL, II, 359 and 543; "Adv. Gnost.", 12, in PL, II, 169; "Adv. Prax.", 15, in PL, II, 196).テルトゥリアヌス(広告194から221までによると、日曜日)を教えてくれるとジョンは、彼の信徒は、これらのブランドとしてwhoを否定する反キリストイエスキリストの肉が入ってくる(デpræscrip 。 33 ) 、および属性を明確に"ジョンの著者は、アポカリプス"いくつかの通路の最初の書簡( cf. "前売マルクです。 " 、 3世、 8 、およびV 、 16は、ポーランド語、 2世、 359 、 543 ; "前売します。 gnost 。 " 、 12は、ポーランド語、 2世、 169 ; "前売します。 praxです。 " 、 15は、ポーランド語、 2世、 196 ) 。

B. Internal evidence b.内部の証拠

So striking is the internal evidence in favour of common authorship of the Gospel and First Epistle of John, as to be almost universally admitted.目を見張るような証拠に賛成の内部は原作者の共通の福音とヨハネの手紙第一、普遍的に認めたがほとんどです。 It cannot be by accident that in both documents we find the ever-recurring and most distinctive words light, darkness, truth, life, and love; the strictly Johannine phrases "to walk in the light", "to be of the truth", "to be of the devil", "to be of the world", "to overcome the world", etc. Only such erratic and sceptical critics as Holtzmann and Schmiedel deny the forcefulness of this argument from internal evidence; they conclude that the two documents come from the same school, not from the same hand.事故することはできませんが私たちの両方でドキュメントを見つけるまでに再発するとほとんどの独特の言葉を光、闇、真実を、日本での生活、と愛の厳密に使徒ヨハネのフレーズ"を光の中を歩く" 、 "されて真実" 、 "されて、悪魔" 、 "されるオブザワールド" 、 "世界を克服する"などのような不安定と懐疑的批評家としてのみホルツマンとシュミーデルは、次の引数より説得力の強さを否定する内部証拠;彼らは、 2つの結論ドキュメントは、同じ学校、同じ手はない。

II. Ⅱ 。 Canonicity規範

The foregoing citations, the fact that there never was any controversy or doubt among the Fathers in the matter of the canonicity of the First Epistle of John, the existence of this document in all the ancient translations of the New Testament and in the great uncial manuscripts (Sinaitic, Alexandrian, etc.) -- these are arguments of overwhelming cumulative force to establish the acceptance of this letter by the primitive Church as canonical Scripture, and to prove that the inclusion of the First Epistle of John in the Canon of Trent was only a conciliar acceptance of an existing fact -- the feet that the letter had always been among the Homologoumena of Holy Writ.前述の引用、という事実があるかない論争は、任意の疑いで、父親の間での問題は、正規のヨハネの手紙第一に、この文書の存在を、古代のすべての新約聖書の翻訳をすると、偉大なアンシャル体原稿( sinaitic 、アレクサンドリア、等) -これらは、引数の圧倒的な力を行使しての累積的な受け入れは、次の手紙を確立する教会としてのプリミティブな正規啓典とを証明するために封入ヨハネの手紙第一は、キヤノンのトレントは、 conciliarのみを受け入れ、既存の事実-の足は、常にランクインしていた手紙の神聖な令状h omologoumenaです。

III. Ⅲ 。 Integrity整合性

The only part of the letter concerning the authenticity and canonicity whereof there is serious question is the famous passage of the three witnesses: "And there are three who give testimony (in heaven, the Father, the Word, and the Holy Ghost. And these three are one. And there are three that give testimony on earth): the spirit, and the water, and the blood: and these three are one" (1 John 5:7-8).手紙に関する部分のみの真正性と規範whereofには重大な問題は、目撃者の3つの有名な一節: "と証言するには3つのwho (インヘブンの父親、という言葉は、聖霊とします。と、これらの3つは1つです。と証言するには、 3つが地球上で) :の精神にし、水、および血液:と、これらの3つは1つ" (ヨハネ5:7-8 ) 。 Throughout the past three hundred years, effort has been wade to expunge from our Clementine Vulgate edition of canonical Scripture the words that are bracketed.過去300年間を通して、努力されウェイドクレメンタインを消し去るから正規版のウルガタ聖書の言葉には括弧で囲まれた啓典です。 Let us examine the facts of the case.ご連絡の場合事実を検討する。

A. Greek Manuscripts a.ギリシャの原稿

The disputed part is found in no uncial Greek manuscripts and in only four rather recent cursives -- one of the fifteenth and three of the sixteenth century.係争はないが見つかりましたアンシャル体の部分はギリシャ語でのみ原稿という最近の4つのcursives -のいずれかの1 5と1 6世紀の3つです。 No Greek epistolary manuscript contains the passage.書簡はギリシャ語の原稿には、通過します。

B. Versions b.バージョン

No Syriac manuscript of any family -- Peshito, Philoxenian, or Harklean -- has the three witnesses; and their presence in the printed Syriac Gospels is due to translation from the Vulgate.原稿のシリアのあらゆるご家族-p eshito、 p hiloxenianか、またはh arklean-さんの3つの証人;とその存在感を印刷福音書はシリアのためにウルガタ聖書からの翻訳です。 So too, the Coptic manuscripts -- both Sahidic and Bohairic -- have no trace of the disputed part, nor have the Ethiopic manuscripts which represent Greek influence through the medium of Coptic.これも、原稿のコプト語-の両方s ahidicとボハイラ方言-は、係争中のトレースがない部分、また原稿を表すエチオピアは、ギリシャ語のコプト語に影響を与えるという媒体を通してです。 The Armenian manuscripts, which favour the reading of the Vulgate, are admitted to represent a Latin influence which dates from the twelfth century; early Armenian manuscripts are against the Latin reading.原稿のアルメニア人が賛成し、ウルガタ聖書の読書は、ラテン語の影響力を表現するに認めたの日付から12世紀初めにラテン語アルメニア語に反対して原稿を読む。 Of the Itala or Old Latin manuscripts, only two have our present reading of the three witnesses: Codex Monacensis (q) of the sixth or seventh century; and the Speculum (m), an eighth or ninth century manuscript which gives many quotations from the New Testament.古ラテン語、イタリア語または原稿は、 2つの読書が私たちの現在の3つの目撃者:コーデックスmonacensis (問)第6または7世紀;と鏡(オス)は、 8または9世紀からの引用多くの原稿を与える新約聖書です。 Even the Vulgate, in the majority of its earliest manuscripts, is without the passage in question.さえ、ウルガタ聖書は、大部分の最古の写本は、問題なしの通過にします。 Witnesses to the canonicity are: the Bible of Theodulph (eighth century) in the National Library of Paris; Codex Cavensis (ninth century), the best representative of the Spanish type of text: Toletanus (tenth century); and the majority of Vulgate manuscripts after the twelfth century.目撃者を規範は:聖書のtheodulph ( 8世紀)は、パリ国立図書館;コーデックスcavensis ( 9世紀) 、最高の代表は、スペイン語のタイプのテキスト: toletanus ( 10世紀) ;と、大半のウルガタ聖書の写本12世紀の後にします。 There was some dispute as to the canonicity of the three witnesses as early as the sixth century: for the preface to the Catholic Epistles in Codex Fuldensis (AD 541-546) complains about the omission of this passage from some of the Latin versions.いくつかの論争があったとしては、正規の3つの目撃者に、早ければ6世紀:ための書簡のは、カトリックのためにコーデックスの序文をfuldensis (広告五四一〜五四六)不満については、不作為は、次の通路からいくつかのラテンバージョンです。

C. The Fathers Cに父親

(1) Greek Fathers, until the twelfth century, seem one and all to have had no knowledge of the three witnesses as canonical Scripture. ( 1 )ギリシャ語の祖先は、 12世紀までは、 1つのように見えるとしていたすべての知識のない啓典の3つの目撃者として正規します。 At times they cite verses 8 and 9 and omit the disputed portions of verses 7 and 8.彼らの詩を挙げる時8日と9日、詩の部分を省略して係争中7日と8日です。 The Fourth Lateran (AD 1215), in its decree against Abbot Joachim (see Denzinger, 10th ed., n. 431) quotes the disputed passage with the remark "sicut in quibusdam codicibus invenitur".第4ラテラン(広告の1215 )は、その命令に反対アボットヨアヒム(デンツィンガー、 10エド。 、 431名)の発言を引用符で、係争中の通路" sicutでquibusdam codicibus invenitur "です。 Thereafter, we find the Greek Fathers making use of the text as canonical.その後、私たちの祖先のギリシャ語のテキストとして活用して正規のです。

(2) The Syriac Fathers never use the text. ( 2 )を使用してテキスト決してシリアの父親です。

(3) The Armenian Fathers do not use it before the twelfth century. ( 3 ) 、アルメニア人の祖先の前には使用しないで12世紀のことです。

(4) The Latin Fathers make much earlier use of the text as canonical Scripture. ( 4 )の父親にかなり早い時期にラテン語のテキストとして使用する正規の啓典です。 St. Cyprian (third century) seems undoubtedly to have had it in mind, when he quotes John, x, 30, and adds: "Et iterum de Patre et Filio et Spiritu Sancto scriptum est -- Et hi tres unum sunt" (De Unitate Ecclesiæ, vi).聖チプリアーノ(第3世紀)は確かにしていたことを念頭に置いて、彼は引用符でジョン、 x日、 30日、追加: " ETから再度デpatre et filio et spiritu sancto scriptumは-e tこんにちはトレスから作られた一つs unt" (デunitate ecclesiæ 、 6 ) 。 Clear also is the witness of St. Fulgentius (sixth century, "Responsio contra Arianos" in PL, LXV, 224), who refers to the above witness of St. Cyprian.その証人の発言を明確にも聖フルゲンティウス( 6世紀、 " responsioコントラarianos "とポーランド語、 65 、 224 ) 、 whoを参照して、上記の目撃者の聖チプリアーノです。 In fact, outside of St. Augustine, the Fathers of the African Church are to be grouped with St. Cyprian in favour of the canonicity of the passage.実際には、外部の聖アウグスティヌスは、アフリカの教会の長老たちは、グループ化される聖チプリアーノに賛成の規範を通過します。 The silence of the great and voluminous St. Augustine and the variation in form of the text in the African Church are admitted facts that militate against the canonicity of the three witnesses.の沈黙の偉大なと膨大な資料形態の変化と聖アウグスティヌスのテキストは、アフリカの教会に影響を及ぼす事実を認めた正規の3つの目撃者に反対する。 St. Jerome (fourth century) does not seem to know the text.聖ジェローム( 4世紀)を知っているように見えるテキストはありません。 After the sixth century, the disputed passage is more and more in use among the Latin Fathers; and, by the twelfth century, is commonly cited as canonical Scripture. 6世紀の後には、係争中の他の通路とは、ラテン語の他の父親の間の使用、および、 12世紀には、正規の啓典としてよく引用します。

D. Ecclesiastical Documents d.教会のドキュメント

Trent's is the first certain ecumenical decree, whereby the Church established the Canon of Scripture.トレントのは、最初の特定のエキュメニカル令ており、教会の設立し、キヤノンの啓典です。 We cannot say that the decree of Trent on the Canon necessarily included the three witnesses.言ってやることはできませんトレント令は、必然的に、キヤノンの3つの目撃者に含まれるものです。 For in the preliminary discussions signs that led up to the canonizing of "the entire books with all their parts, as these have been wont to be read in the Catholic Church and are contained in the old Latin Vulgate", there was no reference whatsoever to this special part; hence this special part is not canonized by Trent, unless it is certain that the text of the three witnesses has "been wont to be read in the Catholic Church and is contained in the old Latin Vulgate".は、予備的な議論をする兆候が主導してcanonizing "全体で書籍をすべての部品、これらの続きを読むにもいつものは、カトリックの教会とは、古ラテン語ウルガタ聖書に含まれている" 、リファレンスはないものをこの特別な部分;それゆえ、この特別な部分ではないトレントcanonizedされていない限りのことは確信して、テキストの3つの目撃者は"いつもれたのは、カトリックの教会と続きを読むには含まれている旧ラテン語ウルガタ聖書"です。 Both conditions must be verified before the canonicity of the text is certain.両方の条件にしなければならない規範性を検証する前には、特定のテキストです。 Neither condition has as yet been verified with certainty; quite the contrary, textual criticism seems to indicate that the Comma Johanninum was not at all times and everywhere wont to be read in the Catholic Church and is not contained in the original old Latin Vulgate.どちらの条件はまだ確認され、確信を持って;かなりその反対に、原典批評家のようにカンマを示してjohanninumすべての回ではないといつもどこに続きを読むのは、カトリックの教会ではない、元の古ラテン語ウルガタ聖書に含まれています。

However, the Catholic theologian must take into account more than textual criticism; to him the authentic decisions of all Roman Congregations are guiding signs in the use of the Sacred Scripture, which the Church and only the Church has given to him as the Word of God.しかし、考慮しなければならないのは、カトリックの神学を超える原典批評家;を、彼は本物の意思決定のすべての兆候は、ローマの集会は、基本使用する神聖な啓典、教会は、教会とは、彼としては、与えられた神の言葉です。 He cannot pass over the disciplinary decision of the Holy Office (13 January, 1897), whereby it is decreed that the authenticity of the Comma Johanninum may not with safety (tuto) be denied or called into doubt.彼は避けて通ることはできないし、懲戒の決定権を神聖なオフィス( 1月13日、 1897 )実際には、本物であることが定められたことはできません。 johanninum安全性のカンマ( tuto )と呼ばれるかを疑問が拒否されました。 This disciplinary decision was approved by Leo XIII two days later.この決定は承認され懲戒レオ13世の2日間へ。 Though his approval was not in forma specifica, as was Pius X's approval of the Decree "Lamentabili", all further discussion of the text in question must be carried on with due deference to this decree.彼の支持はないにかかわらずフォルマ仕様としては、ピウスXの承認を令" lamentabili "は、すべてのテキストをより詳細な議論をしなければならない質問に乗って運ばれるため、この命令に敬意を表しています。 (See "Revue Biblique", 1898, p. 149; and Pesch, "Prælectiones Dogmaticæ", II, 250.) (詳細については、 "レヴューbiblique " 、 1898 、 p. 149 ;とペッシュ、 " prælectiones dogmaticæ " 、 2世、 250 。 )

IV. Ⅳ 。 Author著者

It was of chief moment to determine that this letter is authentic, ie, belongs to the Apostolic age, is Apostolic in its source, and is trustworthy.最高の瞬間を判断することは、この手紙が本物であること、すなわち、使徒年齢に属して、そのソースは、使徒が、信頼できるとは。 Among those who admit the authenticity and canonicity of the letter, some hold that its sacred writer was not John the Apostle but John the Presbyter. whoを認めるのうち、手紙の真正性と規範、いくつかのホールドはないが、神聖な作家ジョンの使徒しかし、長老ヨハネです。 We have traced the tradition of the Apostolic origin of the letter back to the time of St. Irenæus.私たちは使徒の伝統を追跡し、文字の起源を省略している時間の聖irenæusです。 Harnack and his followers admit that Irenæus, the disciple of Polycarp, assigns the authorship to St. John the Apostle; but have the hardihood to throw over all tradition, to accuse Irenæus of error in this matter, to cling to the doubtful witness of Papias, and to be utterly regardless of the patent fact that throughout three centuries no other ecclesiastical writer knows anything at all of this John the Presbyter.ハルナックとその部下irenæusを認めることは、弟子のpolycarp 、原作者を割り当てます聖ヨハネの使徒;しかし、不屈の精神は、すべての伝統を投げ、 irenæusを非難するのにエラーが発生この件に関して、証人の疑問に固執するのpapiasは、全くとされる特許に関係なく、 3つの世紀を通じて事実を知って何か他の教会でのすべての作家、この長老ヨハネです。 The doubtful witness of Papias is saved for us by Eusebius ("Hist. eccl." III, xxxix, Funk, "Patres Apostolici", I, p. 350): "And if any one came my way who had been a follower of the elders, I enquired the sayings of the elders -- what had Andrew, or what had Peter said, or what Philip, or what Thomas or James, or what John (he ti Ioannes) or Matthew or any one else of the disciples of the Lord; and what were Aristion and John the elder, the disciples of the Lord, saying?"目撃者の疑問を保存するための問い合わせをpapiasユーセビアス( "履歴です。 eccl 。 " 3世、 39 、ファンク、 " patres apostolici " 、私は、 p. 350 ) : "もし私の方法のいずれか来たwhoていたの信奉者年長者、私enquiredのことわざは、年長者-何がアンドリューか、または何がピーターによるとか、またはどのようなフィリップか、またはどのようなトーマスやジェームズか、またはどのようなジョン(ヨハネ彼はt i) 、または他のマシューまたはいずれか1つの弟子の主; aristionとジョンは何だったの長老は、弟子たちは、主よ、と言っですか? " (a te Apistion kai ho presbuteros Ioannes, oi tou kuriou mathetai legousin). (ヨハネpresbuteros te apistion甲斐ホー、大井塔kuriou mathetai legousin ) 。 Harnack insists that Eusebius read his sources thoroughly; and, on the authority of Eusebius and of Papias, postulates the existence of a disciple of the Lord named John the Elder, who was distinct from John the Apostle; and to this fictitious John the Elder assigns all the Johannine writings.ハルナック彼のソースを読むと主張して徹底的にユーセビアス;と、上の権威をpapiasユーセビアスと、弟子の公準が存在する、主にジョンの高齢者の名前、 whoは、はっきりとジョンの使徒から、この架空のジョンの高齢者を割り当てます。使徒ヨハネのすべての作品を紹介します。 (See Geschichte der Altchristliche Litteratur, II, i, 657.) With all Catholic authors, we consider that either Eusebius alone, or Papias and Eusebius, erred, and that Irenæus and the rest of the Fathers were right, in fact we lay the blame at the door of Eusebius. ( geschichte der altchristlicheアレイ、 2世、私は、 657 。 )すべてのカトリックの作家、私たちだけでユーセビアスのいずれかを考慮してか、またはpapiasとユーセビアス、過ちを犯すこと、およびそのirenæusと、父親のは正しかったの残りの部分は、実際に準備をするというのユーセビアスは、ドアのせいです。 As Bardenhewer (Geschichte der Altkirchlichen Literatur, I, 540) says, Eusebius set up a straw man.としてbardenhewer ( geschichte der altkirchlichen literatur 、私、 540 )は言う、ユーセビアス設定するにはわらの男です。 There never was a John the Elder.決しては、ジョンのある高齢者です。 So think Funk (Patres Apostolici, I, 354), Dr. Salmon (Dictionary of Christian Biography, III, 398), Hausleiter (Theol. Litteraturblatt, 1896), Stilting, Guerike, and others.これ考えるファンク( patres apostolici 、私、 354 ) 、博士サーモン(辞書キリスト教のバイオグラフィー、 3 、 398 ) 、 hausleiter ( theol. litteraturblatt 、 1896 ) 、 stilting 、 guerike 、およびその他です。

Eusebius is here a special pleader.ユーセビアスがここには特別弁護人です。 He opposes the millennium.彼はミレニアムに反対しています。 Wrongly fancying that the Apocalypse favours the Chiliasts, he assigns it to this John the Elder and tries to rob the work of its Apostolic authority, the clumsiness of expression of Papias gives occasion to Eusebius in proof of the existence of two disciples of the Lord named John.誤ってfancyingの恩恵は、アポカリプスchiliasts 、彼に代入して、このジョンロブの高齢者の仕事をしようとすると、ローマ教皇の権威、 papiasの不器用さを表現する機会を与えるのが存在する証拠ユーセビアスでは、主の名前の2つの弟子ジョンです。 To be sure, Papias mentions two Johns -- one among the Apostles, the other in a clause with Aristion.確かに、 2つのpapias言及ジョンズ-1つの使徒のうち、他の条項にはa ristionです。 Both are called elders; and elders here (presbuteroi) are admitted by Eusebius to be Apostles, since he admits that Papias got information from those who had met the Apostles (substituting ton apostolon for ton presbuteron; see Hist. eccl., III, xxxix, 7).年長者の両方が呼ばれると、ここの長老( presbuteroi )が認められた使徒ユーセビアスされるので、彼はそれらのことがあると認めwho papiasがいたからの情報に会い、使徒( apostolonを置き換えトントンpresbuteron ;履歴を参照します。 eccl 。 、三、参拾、 7 ) 。 Hence it is that Papias, in joining John with Aristion, speaks of John the Elder and not of Aristion the Elder; Aristion was not an elder or Apostle.それゆえそれはpapiasは、ジョンが参加aristion 、ジョンの長老と話すのはaristionの長老; aristionはない、高齢者や使徒です。 The reason for joining the Aristion with John at all is that they were both witnesses of the present to Papias, whereas all the Apostles were witnesses of the past generation.その理由aristionに参加するにはしていたジョンはすべての目撃者の両方を、現在のpapiasが、目撃者のすべての使徒が編集して項目を生成します。 Note that the second aorist (eipen) is used in regard to the group of witnesses of the past generation, since there is question of what they had said, whereas the present (legousin) is used in regard to the witnesses of the present generation, ie Aristion and John the Elder, since the question is what they are now saying.に注意して2番目のアオリスト( eipen )が使用されて目撃者のグループにつきましては、過去の世代は、以降の質問には何ていたによると、一方、現在の( legousin )が使用されて、目撃者につきましては、現世代の人々 、すなわちaristionとジョンの長老、以来、問題は、彼らは今何と言っています。 The Apostle John was alive in the time of Papias.使徒ジョンが生きては、時間をpapiasです。 He and he alone can be the elder of whom Papias speaks.彼と彼の高齢者だけで話す人papiasです。 How is it, then, that Papias mentions John twice?はどのようにし、その後、ジョンの2倍に言及papiasですか? Hausleiter conjectures that the phrase he ti Ioannes is a gloss (Theol. Litteraturblatt, 1896).彼はti hausleiterフレーズを推測してヨハネは、光沢( theol. litteraturblatt 、 1896 ) 。 It is likelier that the repetition of the name of John is due to the clumsiness of expression of Papias.これはlikelierは、ジョンの名前を繰り返しのためにはpapiasの不器用さを表現します。 He does not mention all the Apostles, but only seven; though he undoubtedly means them all.彼のすべての使徒の言及はありませんが、わずか7 ;かかわらず、彼は間違いないそれらのすべてを意味します。 His mention of John is quite natural in view of the relation in which he stood to that Apostle.彼のジョンに言及したのは非常に自然に対象の関係では彼にその使徒立っていた。 After mention of the group that were gone, he names the two from whom he now receives indirect information of the Lord's teaching; these two are the disciple Aristion and John the Apostle.した後、グループに言及したが消えたのだから、彼の名前が2つの間接的な情報を受信者の彼は今、主の教育;これらの2つのaristionとジョンは、弟子の使徒です。

V. Time and Place v.時と場所を

Irenæus tells us the letter was written by St. John during his stay in Asia (Adv. Hær., III, i). irenæusを教えてくれる聖ヨハネの手紙が書かれた彼のご滞在中に、アジア( adv. hær 。 、 3世、私) 。 Nothing certain can be determined in this matter.何も決定されるこの問題の特定のことです。 The arguments are probable in favour of Ephesus and also for the last few years of the first century.概に賛成の引数はエフェソスとの最後の数年間もの最初の世紀です。

VI. Ⅵ 。 Destination and Purpose目的地と目的

The form is that of an encyclical letter.のフォームには、回勅です。 Its destination is clearly the churches which St. John evangelized, he speaks to his "little children", "beloved", "brethren", and is affectionate and fatherly throughout the entire letter.その目的地は明らかに、教会の聖ヨハネevangelized 、彼は話す彼の"リトル子供たち" 、 "愛する" 、 "兄弟"とは、全体父親らしい愛情と文字を入力します。 The purpose is identical with the purpose of the Fourth Gospel -- that his children may believe in Jesus Christ, the Son of God, and that believing may have life eternal in His name (1 John 5:13; John 20:31).その目的は、同一の目的は、第4福音書-2 007年5月に自分の子供たちを信じて、イエスキリストは、神の息子である、と信じて5月に人生を永遠に彼の名前(ヨハネ5 :13;ジョン2 0:31) 。

VII. Ⅶ 。 Argument引数

A logical analysis of the letter would be a mistake.その手紙を論理的分析の誤りがします。 The thought is built up not analytically but synthetically.構築するという考えはない解析しかし、合成です。 After a brief introduction, St. John works up the thought that God is Light (i, 5); so, too, should we walk in the light (i, 7), keep from sin (i, 6-ii, 6), observe the new commandment of love (ii, 7), since he that loves is in the light and he that hates is in darkness (ii, 8-iii).を簡単に紹介した後、聖ヨハネの作品を考えて、神は光(私、 5 ) ;ので、あまりにも、私たちの中を歩くの光は、 (私は、 7 ) 、維持より罪(私は、 6 - 2 、 6 ) 、新しい命令への愛を観察する( 2 、 7 ) 、彼を愛して以来は、光と闇のは、彼が嫌い( 2 、 8 - Ⅲ )です。 Then follows the second leading Johannine thought that God is Love (iii-v, 12). 2番目のリード使徒ヨハネ入力し、次のように考えて神は愛( Ⅲ - V電源、 12 ) 。 Love means that we are sons of God (iii, 1-4); Divine sonship means that we are not in sin (iii, 4-13), that we love one another (iii, 13-44), that we believe in Jesus Christ the Son of God (iv, 5, 6); for it was love that impelled God to give us His only Son (iv, 7-v, 12).愛を意味し我々は神の息子( 3 、 1-4 ) ;神の息子であることを意味していない私たちは罪( Ⅲ 、 4-13 ) 、別のことを愛する( Ⅲ 、十三から四十四) 、その私たちを信じるイエスキリストの息子の神( 4 、 5 、 6 ) ;のことは、神の愛を与えることimpelled問い合わせ彼の一人息子( 4 、 7 - V電源、 12 ) 。 The conclusion (v, 13-end) tells the reader that the purpose of the letter is to inculcate faith in Jesus Christ, since this faith is life eternal.その結論( V電源、 13 -完)に指示して、読者の手紙の目的は、イエスキリストは、信仰を鼓吹するため、この信仰は、永遠の命です。 In this conclusion as well as in other parts of the letter, the same salient and leading Johannine thoughts recur to defy analysis.この結論での他の部分だけでなく、その手紙は、同じ顕著とリード使徒ヨハネの考えを無視再発を分析します。 John had two or three things to say; he said these two or three things over and over again in ever varying form.ジョンが2つまたは3つのことを言う;彼によると、これら2つまたは3つのことを何度となく繰り返し、さまざまなフォームにまでです。

SECOND EPISTLE 2番目の信徒

These thirteen verses are directed against the same Docetic errors and germs of Gnosticism which St. John strives to uproot in his Gospel and First Epistle.これらの13の詩は、監督と同じdocetic反対するグノーシス主義エラーや細菌の根絶に努力して彼の聖ヨハネ福音書と第一の手紙です。 Harnack and some others, who admit the canonicity of the Second and Third Epistles, assign them to the authorship of John the Elder; we have shown that this John the Elder never existed.ハルナックといくつかの他、 who認めるの規範の2番目と3番目の書簡は、代入して、原作者のジョンの長老;私たちは決して示されているこのジョンの長老が存在します。 The authenticity of this second letter is attested by very early Fathers.この2番目の手紙の信ぴょう性は非常に初期の父親の証言されています。 St. Polycarp ("Phil.", VII, i; Funk, "Patres Apostolici", I, 304) cites rather II John, 7, than I John, 4.聖polycarp ( "フィル。 " 、七、私;ファンク、 " patres apostolici " 、私は、 304 )引き合いに出してという2世ジョン、 7日、ヨハネよりも、 4 。 St. Irenæus expressly quotes II John, 10, as the words of "John the Disciple of the Lord".聖irenæus明示的に引用符2世ジョン、 10 、としての言葉を"ジョンの弟子の主"です。 The Muratorian Canon speaks of two Epistles of John.キヤノンのmuratorian話すの2つの書簡のジョンです。 St. Clement of Alexandria speaks of the larger Epistle of John; and, as a consequence, knows at least two.聖クレメント大きなアレクサンドリアのうわさをヨハネの手紙;と、その結果、少なくとも2つのを知っています。 Origen hears witness to the two shorter letters, which "both together do not contain a hundred lines" and are not admitted by all to be authentic.原産地を聞く2つの短い手紙の目撃者に"両方一緒に100行が含まれていない"とされるすべてが認められた本格的です。 The canonicity of these two letters was long disputed.これらの2つの文字の規範は、長い係争中です。 Eusebius puts them among the Antilegomena.ユーセビアスによりそれらの間のantilegomenaです。 They are not found in the Peshito.発見されたpeshitoされていない。 The Canon of the Western Church includes them after the fourth century; although only Trent's decree set the question of their canonicity beyond the dispute of such men as Cajetan.キヤノンは、欧米の教会が含まれ、それらの後に4世紀;もののトレントの令のみに設定して問題を超えて規範としてcajetan紛争のような男性です。 The Canon of the Eastern Church, outside that of Antioch, includes them after the fourth century.キヤノン、東の教会、外部とのアンティオキア、それらの後に4世紀が含まれています。 The style and manner of the second letter are very like to those of the first.すると、スタイルや態度の2番目の文字は非常にしているように、最初のです。 The destination of the letter has been much disputed.手紙の目的地は、多く係争されています。 The opening words are variously interpreted -- "The ancient to the lady Elect, and her children" (ho presbuteros eklekte kuria kai tois teknois autes).開会の言葉は、さまざまな解釈-"古代からの女性を選出し、自分の子供たち" (ホp resbuterose klektek uria甲斐t oist eknoisa utes) 。 We have seen that the elder means the Apostle.私たちは使徒で見たことがあるの高齢者を意味する。 Who is the lady elect? whoは、女性当選者ですか? Is she the elect Kyria?当選者は、彼女のkyriaですか? The lady Eklekte?レディeklekteのですか? A lady named Eklekte Kyria? eklekte kyria女性の名前ですか? A lady elect, whose name is omitted?女性を選出、その名が省略された場合ですか? A Church?教会のですか? All these interpretations are defended.これらすべての解釈は、弁護します。 We consider, with St. Jerome, that the letter is addressed to a particular church, which St. John urges on to faith in Jesus Christ, to the avoidance of heretics, to love.私たちは、聖ジェローム、その宛ての手紙は、特定の教会、聖ヨハネがイエスキリストの信仰を要請して、異端の回避して、を愛しています。 This interpretation best fits in with the ending to the letter -- "The children of thy sister Elect salute thee."この解釈に収まるのエンディングをベストの手紙-"なたの姉の子供たちに敬意を表するなたを選出します。 "

THIRD EPISTLE 3番目の信徒

Fourteen verses addressed to Gaius, a private individual.ガイウス14詩宛てに、民間個々のです。 This Gaius seems to have been not an ecclesiastic but a layman of means.ガイウスも、このように特定の聖職者ではなく、素人の手段です。 He is praised by John for his hospitality to visiting brethren (verses 2-9).彼はジョンを絶賛さ彼の歓待を訪れるの兄弟(詩句2-9 ) 。 The Apostle then goes on: "I had written perhaps to the church; but Diotrephes, who loveth to have the pre-eminence among them, doth not receive us" (verse 9).使徒が起こって入力し: "私は教会に書かれたおそらく;しかし、 diotrephes 、 who愛さして、事前に隆起このうち、 doth問い合わせが届かない" (詩9 ) 。 This Diotrephes may have been the bishop of the Church.このdiotrephes年5月の大主教が教会です。 He is found fault with roundly, and Demetrius is set up for an example.彼が見つかった断層を丸くし、セットアップするためディミートリアスはその一例です。 This short letter, "twin sister", as St. Jerome called it, to the second of John's letters, is entirely a personal affair.この短い手紙は、 "双子の妹" 、聖ジェロームと呼ばれることとして、 2番目のジョンの文字を、個人的な事件は完全にします。 No doctrine is discussed.教義はない議論する。 The lesson of hospitality, especially of care for the preachers of the Gospel is insisted on.ここでの教訓のようなおもてなしを、特に説教師の世話をするのは、ゴスペルを主張しています。 The earliest certain recognition of this letter as Apostolic is by St. Denis of Alexandria (third century).最古の使徒として、特定の認識は、次の手紙は、アレクサンドリアのサンドニ(第3世紀)です。 Eusebius refers to the letters called "the second and third of John, whether these chance to belong to the evangelist or to someone else with a name like to his" ("Hist. eccl.", III xxv; Schwartz, II, 1, p. 250).ユーセビアスと呼ばれる文字を参照して" 2番目と3番目のジョンは、これらのチャンスをに属しているかどうかを、伝道者の誰かのように彼の名前を" ( "履歴です。 eccl 。 " 、三十五;シュワルツ、 2世、 1 、 p. 250 ) 。 The canonicity of the letter has already been treated.その手紙の規範が既に扱われるのです。 The greeting and ending of this letter are internal evidence of composition by the author of the previous Johannine letter.この手紙の挨拶と終了のは、内部の証拠を組成された著者は、以前の使徒ヨハネの手紙です。 The simple and affectionate style, the firmness of the rebuke of Diotrephes are strictly Johannine.のシンプルなスタイルと愛情は、断固とした態度を厳しく叱責するのは、使徒ヨハネのdiotrephesです。 Nothing certain is known as to time and place of writing; but it is generally supposed that the two small letters were written by John towards the end of his long life and in Ephesus.何も特定として知られてからの時間と場所を書き込み;しかし、それは一般的に小さいものは、 2つの文字によって書かれたジョンに向かって彼の長い人生の終わりと、エフェソスです。

Publication information Written by Walter Drum.出版物の情報執筆者ウォルタードラムです。 Transcribed by Ernie Stefanik.アーニーシュテファーニク転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです