Book of Jonah予約のヨナ

General Information 総合情報

The Book of Jonah, in the Old Testament of the Bible, is one of the works of the Minor Prophets.この本のヨナは、旧約聖書の聖書は、 1つの作品は、小預言者です。 Unlike the other prophetic books, it is not a book written by a prophet but is a narrative about a prophet.書籍とは異なり、他の予言が、これは預言者が書かれた本は、預言者についての物語です。 Jonah seems to be the prophet mentioned in 2 Kings 14:25 who lived during the reign of Jeroboam II (c. 785 BC).預言者ヨナと思われる2に記載され王の治世中に住ん14:25 who jeroboam 2世(紀元前785 c. ) 。 The book is anonymous and was probably composed during the 4th century BC.この本は、匿名とはおそらく紀元前4世紀中に構成します。

A short novella, the book describes how Jonah sought to evade God's command to go to Nineveh, the capital of Assyria, to preach repentance.短いノヴェッラ、この本を回避する方法について説明ヨナ神のコマンドを模索してきたニネベへの行き方は、アッシリアの首都、良心の呵責を説く。 He booked passage on a ship to Tarshish, only to have his flight brought to an end by a divinely ordained storm.彼は、船の中を通過予約タルシシ、彼のフライトのみには廃止された制定された神の嵐です。 Thrown overboard and swallowed by a great fish, Jonah was vomited up on shore after three days and nights.スロー過ぎると、大きな魚を飲み込んだ場合、吐くとするヨナは三日三晩後に上陸しています。 He then obeyed God's command and preached in Nineveh.彼は神のコマンドを入力し、説教に従ったニネベです。 When the population responded to his preaching and repented, God changed his plan to destroy the city.人口のときに彼の説教と反省対応して、神の都市を破壊する彼の計画が変更されました。 Divine mercy was thus shown to possess a distinctly universal dimension.神の慈悲は、このように、明らかに普遍的次元表示を所有しています。 The purpose of the book, then, was primarily didactic, dramatizing God's care for Jews and Gentiles alike.この本の目的は、その後、教則は主に、神のdramatizing gentilesの世話をユダヤ人と似ています。 It was a polemic against the exclusivism that was beginning to dominate Judaic theology, depicted so clearly by Jonah himself.それは排他主義に反対する論客を支配するユダヤ人の神学が始まり、これを明確にされヨナ描かれていた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
George W Coatsジョージワットコート

Bibliography 書誌事項
J Ellul, The Judgment of Jonah (1971); A / P La Cocque, Jonah (1990); H Martin, The Prophet Jonah (1952).無しエリュール、の判断をヨナ( 1971 ) ;を/人ラcocque 、ユーヌス( 1990 ) ; hマーティンは、預言者ヨナ( 1952 ) 。


Book of Jonah予約のヨナ

Brief Outline簡単な概要

  1. Jonah's commission, disobedience, and punishment (1:1-16)ヨナの委員会は、不服従、と罰( 1:1-16 )
  2. Jonah's deliverance (1:17-2:10)ヨナの救出( 1:17-2:10 )
  3. Jonah preaches, Nineveh repents and is spared (3)ヨナ説く者は、ニネベを惜しまないrepentsとは、 ( 3 )
  4. God's mercy defended (4)神の慈悲を弁護( 4 )


Jo'nah jo'nah

Advanced Information 高度情報

Jonah, a dove, the son of Amittai of Gath-hepher.ヨナは、鳩は、息子のamittaiのガト- hepherです。 He was a prophet of Israel, and predicted the restoration of the ancient boundaries (2 Kings 14:25-27) of the kingdom.彼はイスラエルの預言者、および回復を予想して古代の境界線( 2キングス14:25-27 )の王国です。 He exercised his ministry very early in the reign of Jeroboam II., and thus was contemporary with Hosea and Amos; or possibly he preceded them, and consequently may have been the very oldest of all the prophets whose writings we possess.彼は非常に早い段階で行使彼省jeroboam 2世の治世。 、およびそのためには、現代とアモスホセア書;または可能性が彼に先行し、その結果、非常に古いのかもしれないのすべての預言者、その文章を保有します。 His personal history is mainly to be gathered from the book which bears his name.彼の個人的な歴史は、主にどのようなところから集め、書籍のクマは彼の名を入力します。 It is chiefly interesting from the two-fold character in which he appears, (1) as a missionary to heathen Nineveh, and (2) as a type of the "Son of man."興味深いことが主からの2倍の文字では彼が表示されたら、 ( 1 )を異教徒の宣教師としてニネベ、および( 2 )のタイプとしては、 "息子の男です。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Jo'nah予約のjo'nah

Advanced Information 高度情報

This book professes to give an account of what actually took place in the experience of the prophet.この本を公言、実際に何を与えるのアカウントで開催さ預言者ムハンマドの経験をします。 Some critics have sought to interpret the book as a parable or allegory, and not as a history.いくつかの批評家が予約を模索してきたとして解釈する寓意寓話や、歴史としてではなくです。 They have done so for various reasons.が完了すると、様々な理由です。 Thus (1) some reject it on the ground that the miraculous element enters so largely into it, and that it is not prophetical but narrative in its form; (2) others, denying the possibility of miracles altogether, hold that therefore it cannot be true history.このように( 1 )いくつかの拒否は、それを地上に奇跡的に入るための要素を大きくして、机上のことではないしかし、物語は、フォーム、 ( 2 )その他、奇跡の可能性を完全否定して、そのためホールドすることはできません。真の歴史です。 Jonah and his story is referred to by our Lord (Matt. 12:39, 40; Luke 11:29), a fact to which the greatest weight must be attached.ユーヌスと彼の話には参照されて、わたしたちの主( matt. 12:39 、 40 ;ルカ11:29 ) 、最大の重量を実際にして、添付しなければならない。 It is impossible to interpret this reference on any other theory.このリファレンスを解釈することは不可能である、他のどの理論です。 This one argument is of sufficient importance to settle the whole question.この1つの引数が全体の問題解決の重要性を十分にします。 No theories devised for the purpose of getting rid of difficulties can stand against such a proof that the book is a veritable history.考案の理論を取り除くことを目的としてこのような困難に立ち向かうことの証明には、この本は、根っからの歴史です。

There is every reason to believe that this book was written by Jonah himself.すべてのには理由があると思われるヨナ書かれたこの本は自分自身です。 It gives an account of (1) his divine commission to go to Nineveh, his disobedience, and the punishment following (1:1-17); (2) his prayer and miraculous deliverance (1:17-2:10); (3) the second commission given to him, and his prompt obedience in delivering the message from God, and its results in the repentance of the Ninevites, and God's long-sparing mercy toward them (ch. 3); (4) Jonah's displeasure at God's merciful decision, and the rebuke tendered to the impatient prophet (ch. 4).これにより、アカウントの( 1 )彼の神のニネベ委員会への行き方、彼の反抗は、次のようと罰( 1:1-17 ) ; ( 2 )彼の祈りと奇跡的救出( 1:17-2:10 ) ; ( 3 )与えられた2番目の委員会をしてしまったら、と彼のプロンプトを服従させる神からのメッセージをお届けする、とその結果を、 ninevites悔い改め、神の慈悲に向かっ長い温存して(第3 ) 、 ( 4 )ヨナの不快感で慈悲深き神の意思決定、およびその非難に委託してせっかちな預言者(第4 ) 。 Nineveh was spared after Jonah's mission for more than a century.ヨナは、ニネベを惜しまないした後一世紀を超える歴史の使命です。 The history of Jonah may well be regarded "as a part of that great onward movement which was before the Law and under the Law; which gained strength and volume as the fulness of the times drew near.", Perowne's Jonah.ヨナの歴史のかもしれないと考え"の一環として、大きな前進運動をする前に法とは、法の下に;を得たとしての強さとボリュームのザタイムズが近づくとfulnessです。 " 、ペローンのヨナです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Jonah予約のヨナ

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

There is only one instance of Jonah's prophesying to his own people of Israel, 2 Kings 14:25.ヨナはたった1つのインスタンスを自分自身の人々のprophesyingをイスラエル、日本、 2キングス14:25です。 There he made a prediction concerning the restoration of the coasts of israel, which was fulfilled in the reign of Jeroboam II about 800 BC, showing that he lived earlier than that date.ある予測に関する彼は、イスラエルの海岸の回復が果たされるjeroboam 2世の治世は、約800紀元前、表示中に住んで彼は以前に比べて日付です。 Of his personal history nothing further is known than what is found in this book.彼の個人的な歴史は何もないより詳細は、既知のこの本が見つかった。

Chapter 1第1章

Nineveh (2) was the capital of Assyria, and the reason Jonah sought to avoid the divine command against it (3) arose from his patriotism.ニネベ( 2 )は、アッシリアの首都、およびその理由を模索してきたヨナは神のコマンドを避けるために反対して( 3 )彼の愛国心が生じたからです。 As a student of the earlier prophets he knew what was to befall his nation at the hands of Assyria, and he shrank from an errand which might result favorably to that people, and spare them to become the scourge of Israel.学生は、以前の預言者として何が彼を知っていた彼の国を覆った手には、アッシリア、と彼からの用事を縮小結果に好意的には人々かもしれない、としてスペアの惨劇をイスラエルになる。 The contents of the rest of this chapter require no comment till the last verse, where it is interesting to note that it is not said that a whale swallowed Jonah, but "a great fish" which "the Lord had prepared."の内容をこの章の残りの部分のコメントまでの最後の詩を必要としない、どこにも興味深いものではないことに注意して飲み込んだクジラによると、ヨナは、しかし"大魚"を"主が用意しています。 "

Chapter 2第2章

Is self-explanatory, but it is interesting to observe Jonah's penitence under chastisement (2), the lively experiences he underwent (3-6), his hope and expectation even in the midst of them (4), his unshaken faith (5), the lessons he learned (8), and the effect of it all on his spiritual life (9).は自明、それヨナの懺悔の興味の対象を観察されてせっかん( 2 )は、活発な経験を受けて( 3-6 ) 、彼の希望と期待の真っただ中にしても、 ( 4 ) 、彼の不動の信念( 5 ) 、の教訓を学んだ( 8 ) 、との効果ですべてを彼の精神生活( 9 ) 。 God could now afford to set him at liberty (10).神が彼のことをする余裕を設定する自由( 10 )です。 Is This Historic?は、この歴史的ですか? The question will not dawn, "Is this chapter historic?"夜明けの問題はない、 "この章では歴史的ですか? "

The evidence for it is found: (1) In the way it is recorded, there being not the slightest intimation in the book itself, or anywhere in the Bible, that it is a parable.その証拠のことが見つかりました: ( 1 )を記録する方法これは、ある特定のわずかな通告には、本自体か、または聖書の任意の場所を、それは、寓話です。 (2) In the evidence of tradition, the whole of the Jewish nation, practically, accepting it as historic. ( 2 )は、伝統の証拠を、国全体のは、ユダヤ人は、事実上、歴史として受け入れることです。 (3) The reasonableness of it (see the remarks under chapter 3.) (4) The testimony of Christ in Matthew 12:38, and parallel places. ( 3 )合理性のこと(詳細については、発言をされて第3章) ( 4 )の証言をイエスキリストのマシュー12:38 、およびパラレル場所です。 There are those who read these words of the Saviour in the light of the argument of which they form a part, and say that they allude only to what He knew to be a parable, or an allegory, but I am not of their number.これらのwhoを読むには、これらの言葉は、救世主に照らして、その引数のどの部分を形成する、と言うことをほのめかすだけには、どのような寓話を知っていたか、または、アレゴリー、しかし、私はその番号です。 Jesus would not have used such an illustration in such a connection, in my judgment, if it were not a historic fact.イエスキリストはないこのようなイラストが使われるような接続、私の判断では、歴史的な事実を特定することがあります。 (5) The symbolic or prophetic character of the transaction (see the remarks under chapter 4.) ( 5 )の文字を予言する象徴的またはトランザクション(第4章を参照して発言されています。 )


Jonahヨナ

Catholic Information カトリックの情報

The fifth of the Minor Prophets.預言者の5分の1のマイナーです。 The name is usually taken to mean "dove", but in view of the complaining words of the Prophet (Jonah 4), it is not unlikely that the name is derived from the root Yanah = to mourn, with the signification dolens or "complaining".での名前は通常撮影を意味する"鳩" 、しかし、対象は、不満の言葉を預言者ムハンマド(ヨナ4 )が、これは思いも寄らないは、名前の由来やyanah =を弔うためのルートに、 dolensの意義や"不満"です。 This interpretation goes back to St. Jerome (Comm. on Jonah, iv, 1).この解釈にまでさかのぼる聖ジェローム( comm.をユーヌス、四、 1 ) 。 Apart from the book traditionally ascribed to him, Jonah is mentioned only once in the Old Testament, 2 Kings 14:25, where it is stated that the restoration by Jeroboam II (see Jeroboam) of the borders of Israel against the incursions of foreign invaders was a fulfillment of the "word of the Lord the God of Israel, which he spoke by his servant Jonah the son of Amathi, the prophet, who was of Geth, which is in Opher".伝統的に離れ生得の予約をしてしまったら、ヨナは、旧約聖書の言及に一度だけ、 2王14:25 、ここでは、復旧ことが記載されjeroboam 2世( jeroboam )の境界線をイスラエルの侵略に反対する外国からの侵入者履行するためには、 "主の神の言葉を、イスラエル、どの彼は彼の使用人の息子のamathiヨナは、預言者、 whoは、 geth 、これは、 opher "です。 This last is but a paraphrastic rendering of the name Gath-Hepher, a town in the territory of Zabulon (Josephus, "Antiq.", XIX, xiii), which was probably the birthplace of the Prophet, and where his grave was still pointed out in the time of St. Jerome.この最後のは名前ではなく、言い換えのレンダリングをガト- hepherは、町での領土にzabulon (ヨセフス、 " antiq 。 " 、 19 、 13 ) 、これはおそらく預言者ムハンマドの発祥の地、彼の墓と場所はまだ指摘聖ジェロームは、タイムアウトします。 Mention is made of Jonah in Matthew 12:39 sqq., and in 16:4, and likewise in the parallel passages of Luke (xi, 29, 30, 32), but these references add nothing to the information contained in the Old Testament data.ヨナの言及が行われるのマシュー12:39 sqq 。 、および16時04分、と同様に、パラレル通路のルーク(まとめて、 29 、 30 、 32 ) 、しかし、これらの参考文献を何も含まれている情報の追加、旧約聖書のデータです。 According to an ancient tradition mentioned by St. Jerome (Comm., in Jonas, Prol., PL, XXV, 118), and which is found in Pseudo-Epiphanius (De Vitis Prophetarum, xvi, PL, XLIII, 407), Jonah was the son of the widow of Sarephta whose resuscitation by the Prophet Elias is narrated in 1 Kings 17, but this legend seems to have no other foundation than the phonetic resemblance between the proper name Amathi, father of the Prophet, and the Hebrew Emeth, "truth", applied to the word of God through Elias by the widow of Sarephta (1 Kings 17:24).昔からの言い伝えによると、記載され聖ジェローム( comm.は、ジョナス、 prol 。 、ポーランド語、 25 、 118 ) 、および擬似これは発見さ聖エピファニオス(デヴィティスprophetarum 、 16 、ポーランド語、 43 、 407 ) 、ユーヌスは、息子の未亡人のsarephta蘇生され、その預言者ムハンマドエリアスは、ナレーションを1キングス17日、しかし、この伝説がないように音声よりも似ている他の財団の間に適切な名前amathi 、預言者ムハンマドの父、ヘブライ語とemeth 、 "真実"は、神の言葉を通して適用されるの未亡人エリアスsarephta ( 1キングス17:24 )です。

The chief interest in the Prophet Jonah centres around two remarkable incidents narrated in the book which bears his name.預言者ヨナのセンター長に関心を約2つの顕著な事件のクマは彼の本をナレーションで名を入力します。 In the opening verse it is stated that "the word of the Lord came to Jonah the son of Amathi, saying: Arise and go to Ninive, the great city, and preach in it: for the wickedness thereof is come up before me."詩の冒頭のことが記載さ"という言葉の主は、ヨナの息子のamathi来て、と言っ: ninive発生して、偉大な都市、および説教のこと:する前に、邪悪なものが来るよ。 " But the Prophet, instead of obeying the Divine command, "rose up to flee into Tharsis from the face of the Lord" that he might escape the task assigned to him.しかし、預言者、神の命令に従うの代わりに、 "バラのアップを捨てて逃げるように、主の顔をtharsisから"という彼のタスクに割り当てられているかもしれないエスケープていた。 He boards a ship bound for that port, but a violent storm overtakes him, and on his admission that he is the cause of it, he is cast overboard.彼はそのポートにバインドさボードの船ではなく、暴力の嵐やって来た彼、および彼の入場料に、彼が原因で発生すると、彼は船外に出演します。 He is swallowed by a great fish providentially prepared for the purpose, and after a three day's sojourn in the belly of the monster, during which time he composes a hymn of thanksgiving, he is cast upon dry land.彼は大きな魚を飲み込んだの準備をしprovidentially目的のために、との後に3日間の滞在で、腹の足しには、モンスター、その期間彼作曲の賛美歌の感謝の気持ちを、彼は乾燥した土地に出演します。 After this episode he again receives the command to preach in Ninive, and the account of his second journey is scarcely less marvellous than that of the first.このエピソードを受信した後、彼は再びコマンドをninive説教で、彼の2番目の旅のアカウントは、ほとんどの最初のに比べて少ない素晴らしいです。 He proceeds to Ninive and enters "after a day's journey" into it, foretelling its destruction in forty days.彼は収益をniniveと入力"の後に一日の旅"をし、その破壊さforetelling 40日後終了。 A general repentance is immediately commanded by the authorities, in view of which God relents and spares the wicked city.一般的な後悔がすぐに命じられた当局は、対象を神とスペアのrelents妖獣都市です。 Jonah, angry and disappointed, wishes for death.ヨナは、怒りと失望し、死の願いをします。 He expostulates with the Lord, and declares that it was in anticipation of this result that on the former occasion he had wished to flee to Tharsis.彼のexpostulates主よ、と宣言しては、この結果を見越しての機会にすると、元tharsis彼は希望を捨てて逃げるようにします。 He withdraws from Ninive and, under a booth which he has erected, he awaits the destiny of the city.彼はniniveから脱退し、ブースの下に設置さを彼は、彼の運命をお客様をお待ちしております。 In this abode he enjoys for a time the refreshing shade of a gourd which the Lord prepares for him.彼は、この住まいのさわやかな色合いのに時間は、主に瓢箪の準備を持っている。 Shortly, however, the gourd is stricken by a worm and the Prophet is exposed to the burning rays of the sun, whereupon he again murmurs and wishes to die.まもなく、しかし、被災されたワームの瓢箪は、預言者ムハンマドがさらされると燃える太陽の光を放つ、すると彼は再び雑音や願いに死ぬ。 Then the Lord rebukes him for his selfish grief over the withering of a gourd, while still desiring that God should not be touched by the repentance of a city in which "there are more than a hundred and twenty thousand persons that know not how to distinguish between their right hand and their left, and many beasts."その後、彼の利己的な悲しみrebukes主の容赦は、ヒョウタン、希望を維持しながら、神に触れたことはできませんされた都市では後悔する"には100を超えると20000人を区別する方法を知らないことを知って右手と左の間に、多くの獣。 " Apart from the hymn ascribed to Jonah (ii, 2-11) the contents of the book are prose.生得の賛美歌を離れヨナ( 2 、 2-11 )の内容をこの本は、散文です。

HISTORICITY史実

Catholics have always looked upon the Book of Jonah as a fact-narrative.カトリック教徒の予約の時はいつも顔を事実としてヨナの物語です。 In the works of some recent Catholic writers there is a leaning to regard the book as fiction.最近のカトリックの作家の作品のいくつかの点には、書籍として傾いたフィクションです。 Only Simon and Jahn, among prominent Catholic scholars, have clearly denied the historicity of Jonah; and the orthodoxy of these two critics may no longer be defended: "Providentissimus Deus" implicitly condemned the ideas of both in the matter of inspiration, and the Congregation of the Index expressly condemned the "Introduction" of the latter.ヤーンのみシモンと、カトリックの間で著名な学者が史実を明確に否定してヨナ、およびこれらの2つの批評家の正統性がありますが、もはや擁護: " providentissimus神"の考え方を暗黙のうちに死刑囚のインスピレーションの両方での問題、および会衆明示的に非難するには、インデックスの"はじめに"の後者です。

Reasons for the traditional acceptance of the historicity of Jonah:選定の理由を承認した旨を、従来の史実のヨナ:

I. Jewish Tradition i.ユダヤ教の伝統

According to the Septuagint text of the Book of Tobias (xiv, 4), the words of Jonah in regard to the destruction of Ninive are accepted as facts; the same reading is found in the Aramaic text and one Hebrew manuscript.セプトゥアギンタのテキストによると、この本のトビアス( 14 、 4 ) 、ヨナの言葉を破壊してniniveこれについては、事実として受け入れられ;と同じ読書が発見された1つのテキストとアラム語ヘブライ語の原稿です。 The apocryphal III Mach., vi, 8, lists the saving of Jonah in the belly of the fish along with the other wonders of Old Testament history.マッハ3世の作り話。 、 6 、 8 、リストの保存ヨナは、腹の足しには、他の魚と一緒に旧約聖書の歴史の不思議です。 Josephus (Ant. Jud., IX, 2) clearly deems the story of Jonah to be historical.ヨセフス( ant.ユート。 、 9世、 2 )明確と判断される歴史的なヨナの物語です。

II. Ⅱ 。 The Authority of Our Lordわたしたちの主の権威を

This reason is deemed by Catholics to remove all doubt as to the fact of the story of Jonah.この理由は、カトリック教徒を削除すると判断されたすべての疑問が生じているという事実は、ヨナの物語です。 The Jews asked a "sign" -- a miracle to prove the Messiahship of Jesus.ユダヤ人要請する"署名" -m essiahshipイエスキリストの奇跡を証明するのです。 He made answer that no "sign" would be given them other than the "sign of Jonah the Prophet. For as the Jonah was in the whale's belly three days and three nights: so shall the Son of man be in the heart of the earth three days and three nights. The men of Ninive shall rise in judgment with this generation and shall condemn it: because they did penance at the preaching of Jonah. And behold a greater than Jonah here" (Matthew 12:40-1; 16:4; Luke 11:29-32).彼は答えることは絶対にありません"サイン"というのが与えられたこと以外の"預言者ヨナのサインです。ジョーナとしては、クジラの腹は三日三晩:これは、息子の男には、地球の中心部に三日三晩します。 ninive男性の上昇に判断を下すものとは、この世代を非難すること:ため、彼らは苦行ヨナは、説教のです。ヨナよりも大きいと、ここを見なさい" (マタイ12:40-1 ; 16 : 4 ;ルーク11:29-32 ) 。 The Jews asked for a real miracle; Christ would have deceived them had He presented a mere fancy.ユダヤ人は、本物の奇跡;イエスキリストがだまさ提示していた彼は単なる空想です。 He argues clearly that just as Jonah was in the whale's belly three days and three nights even so He will be in the heart of the earth three days and three nights.彼と同じように主張を明確には、クジラの腹ヨナは三日三晩たとえそうであって彼は、地球の中心部には三日三晩します。 If, then, the stay of Jonah in the belly of the fish be only a fiction, the stay of Christ's body in the heart of the earth is only a fiction.もし、その後、ご滞在のヨナは、腹の足しには、魚だけを小説には、キリストの体のご滞在で、地球の中心部にはわずかにフィクションです。 If the men of Ninive will really not rise in judgment, neither will the Jews really rise.男性の場合は、特定の上昇に判断を下すniniveは本当に、本当にどちらも、ユダヤ人が増えています。 Christ contrasts fact with fact, not fancy with fancy, nor fancy with fact.イエスキリスト対照的事実を事実ではなく、空想に空想、空想にも事実です。 It would be very strange, indeed, were He to say that He was greater than a fancy-formed man.非常に奇妙なことが、実際のところ、彼に言ってやるがしていたが大きいことを保証する空想的に形成さ男です。 It would be little less strange were he to berate the Jews for their real lack of penance by rating this lack in contrast with the penance of Ninive which never existed at all.奇妙なことが少々が彼の本当のユダヤ人を激しく非難するの欠如を評価苦行この苦行の不足とは対照的に、すべてのniniveには決して存在します。 The whole force of these striking contrasts is lost, if we admit that the story of Jonah is not fact-narrative.これらの著しい対照全体の力が失われると、もし私たちの物語を認めるヨナは、事実ではない物語です。 Finally, Christ makes no distinction between the story of the Queen of Sheba and that of Jonah (see Matthew 12:42).最後に、イエスキリストの物語の間の区別はないシバの女王とヨナ(マタイ12:42参照) 。 He sets the very same historical value upon the Book of Jonah as upon the Third Book of Kings.彼は非常に同じ歴史的な価値を設定する時にその本の3番目の書籍としてヨナオブキングスです。 Such is the very strongest argument that Catholics offer for the firm stand they take upon the ground of the fact-narrative of the story of Jonah.このような主張は、カトリック教徒は、非常に強力なオファーの断固とした態度を取る時、地上という事実-物語は、ヨナの物語です。

III. Ⅲ 。 The Authority of the Fathersの権威には、父の

Not a single Father has ever been cited in favor of the opinion that Jonah is a fancy-tale and no fact-narrative at all.今までは、 1つの父に列記されたの味方をして意見をヨナは、不自然な話との事実はすべての物語です。 To the Fathers Jonah was a fact and a type of the Messias, just such a one as Christ presented to the Jews.を、父親のヨナは、事実とするのタイプのmessias 、キリストのような1つとして提示されたユダヤ人です。 Saints Jerome, Cyril, and Theophilus explain in detail the type-meaning of the facts of the Book of Jonah.聖人のジェローム、シリル、およびテオフィロスの種類を詳細に説明する-の意味をその本のヨナの事実です。 St. Cyril even forestalls the objections of the Rationalists of today: Jonah flees his ministry, bewails God's mercy to the Ninivites, and in other ways shows a spirit that ill becomes a Prophet and an historical type of Christ.聖シリルforestallsの異議申し立ても、合理今日:ヨナ逃げる彼の部によると、 bewails神の慈悲をninivitesでは、その他の方法を示して病気の精神をもって預言者となる歴史的なタイプのイエスキリストです。 Cyril admits that in all this Jonah failed and is not a type of Christ, but does not admit that these failures of Jonah prove the story of his doings to have been a mere fiction.シリルすべてのことがあると認め、このヨナに失敗し、キリストのタイプではない、しかし、これらの失敗を認めるのはありませんヨナの物語彼の行状を証明しても、単なるフィクションです。

To the Rationalist and to the advanced Protestant Biblical scholar these arguments are of no worth whatsoever.して、高度な合理主義とプロテスタントの聖書学者これらの引数は価値のないものとします。 They find error not only in Jewish and Christian tradition but in Christ Himself.彼ら見つけるだけでエラーが発生しないしかし、イエスキリストのユダヤ人とキリスト教の伝統だ。 They admit that Christ took the story of Jonah as a fact-narrative, and make answer that Christ erred; He was a child of His time and represents to us the ideas and errors of His time.彼らはイエスキリストの物語を認めることを事実ユーヌス物語は、イエスキリストが過ちを犯すことに答えること;彼は彼の時間を表して子供を先にするアイディアと彼のタイムエラーが発生します。 The arguments of those who accept the inerrancy of Christ and deny the historicity of Jonah are not conclusive.これらの引数who同意して間違いのないことを、キリストとの史実を否定する決定的なヨナはない。

Christ spoke according to the ideas of the people, and had no purpose in telling them that Jonah was really not swallowed by the fish.イエスキリストのスポークの人々のアイデアによると、および目的ではないに向けてヨナは本当に特定された魚を飲み込んだ。 We ask: Did Christ speak of the Queen of Sheba as a fact?いただきますようお願い:参考イエスキリスト話すシバの女王としての事実ですか? If so, then He spoke of Jonah as a fact -- unless there be some proof to the contrary.もしそうならば、ヨナとして入力し、彼は実際に-いくつかの証拠がない限り、それとは反対にします。

Were the book historical in its narrative, certain details would not be omitted, for instance, the place where the Prophet was vomited forth by the sea-monster, the particular sins of which the Ninivites were guilty, the particular kind of calamity by which the city was to be destroyed, the name of the Assyrian king under whom these events took place and who turned to the true God with such marvellous humility and repentance.予約は、歴史的な、その物語は、特定の詳細はないが省略された場合、例えば、預言者ムハンマドが吐くれた場所に記載された海の怪獣は、特定の罪で有罪のninivitesは、特定の種類の災難には、都市は破壊されるのは、アッシリア王の名前を、これらのイベントが開催されて誰とwho電源を神のような素晴らしいの真の謙虚さと、後悔するだけ。

We answer, these objections prove that the book is not an historical account done according to later canons of historical criticism; they do not prove that the book is no history at all.私たち答えは、これらの異議申し立てを証明するには、この本ではない歴史的なアカウントの完了によると、参事会の歴史への批判;ていない証明には、この本はすべての履歴はない。 The facts narrated are such as suited the purpose of the sacred writer.ナレーションなどの事実は最適の目的は、神聖な作家です。 He told a story of glory unto the God of Israel and of downfall to the gods of Ninive.彼はわたしの神の栄光の物語、イスラエルとの没落をniniveの神々です。 It is likely that the incidents took place during the period of Assyrian decadence, ie, the reign of either Asurdanil or Asurnirar (770-745 BC).そうだ、これらの事件が起きたの期間中、アッシリアの退廃、すなわち、またはasurdanilの治世のいずれかのasurnirar (七七〇 〜七四五紀元前) 。 A pest had ravaged the land from 765 till 759 BC Internal strife added to the dismay caused by the deadly disease.荒廃した土地に害虫は紀元前759から765までの内部抗争に追加されましたうろたえて致死的な病気が原因で発生する。 The king's power was set at naught.ザキングのパワーが設定さをものともしない。 Such a king might seem too little known to be mentioned.このようなあまりにもほとんど知られていないように見えるかもしれない国王に記載される。 The Pharaoh of Mosaic times is not deemed to have been a fiction merely because his name is not given.モザイク回のファラオのではないと判断され、フィクションだけではないため、彼の名前を与えられた。

Jewish tradition assumed that the Prophet Jonah was the author of the book bearing his name, and the same has been generally maintained by the Christian writers who defend the historical character of the narrative.ユダヤ教の伝統と仮定して預言者ヨナは、本の著者は、軸受、彼の名前は、通常と同じ維持されてきたwhoを擁護する作家は、キリスト教の歴史上の人物の物語です。 But it may be remarked that nowhere does the book itself claim to have been written by the Prophet (who is supposed to have lived in the eighth century BC), and most modern scholars, for various reasons, assign the date of the composition to a much later epoch, probably the fifth century BC As in the case of other Old Testament personages, many legends, mostly fantastic and devoid of critical value, grew up around the name Jonah.しかし、 5月にはそれがないと主張するがその本自体が書かれた預言者ムハンマド( whoは仮定には紀元前8世紀に住んでいた) 、および最も近代的学者、様々な理由から、この評価を割り当てるには、組成して多くへEpoch 、おそらく紀元前5世紀の例のように、旧約聖書の他の人物、多くの伝説、そのほとんどが欠けて素晴らしいと臨界値は、周りの名前を聞いて育ったヨナです。 They may be found in the "Jewish Encyclopedia".彼らが見つかることがありますは、 "ユダヤ人の百科事典"です。

Publication information Written by James F. Driscoll.出版物の情報執筆者ジェームズドリスコル女性です。 Transcribed by Anthony A. Killeen.アンソニーa. killeen転写されています。 Aeterna non caduca The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.脱落膜aeterna以外のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Book of Jonah予約のヨナ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

-Critical View:クリティカルな対象:

Age and Origin.年齢や起源です。

Inclusion in Canon.キヤノン封入されます。

Purpose and Teachings.目的と教えています。

Details of the Story.詳細は、物語です。

Later Uses and Interpretation.への使用と、解釈します。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The Book of Jonah stands unique in the prophetical canon, in that it does not contain any predictions, but simply relates the story of its hero, beginning for that reason with "wa-yeḥi," like a passage taken from history.この本のユニークなヨナは、机上のスタンドキヤノンは、任意の予測が含まれていないが、単に関係の物語の主人公は、そのために最初に"ワシントン- yeḥi 、 "歴史のように通路からです。 The contents may be summarized as follows: 5月に要約されるの内容を以下の通り:

Ch.あなたのです。 i.: Jonah is commanded by Yhwh to prophesy against Nineveh.勇:命じられたヨナは、ニネベyhwhを予言する。 Hoping to escape from this commission by flight into another country, he goes down to Joppa to take ship for Tarshish (Tartessus in Spain).この委員会からの脱出を期待して飛行を別の国で、彼がダウンした船を取るためにjoppaタルシシ( tartessus 、スペイン) 。 Yhwh then sends a terrible storm, and the pious heathen mariners, after all their labors to lighten the ship and all their prayers prove vain, cast lots to find out on whose account this misfortune has come upon them (comp. Achan in Josh. vii. and Jonathan in I Sam. xiv.). yhwh入力し、暴風雨を送信すると、信心深い異教徒のマリナーズ、すべての労働者を軽くした後、船に祈りをすべて無駄に終わると、くじを引くことを確認するには、そのアカウントにこの不幸が来かれら( comp. achanのジョシュです。 7です。とジョナサンは私サムです。 14 。 ) 。 The lot falls upon Jonah, and upon being questioned he answers that he is a Hebrew and worships Yhwh, the God of Heaven; he admits his guilt and requests that he be thrown into the sea.たくさんの滝の時ヨナ、と問われる時、彼はヘブライ語との回答が崇拝yhwh彼は、天の神の;彼は自分の罪を認めるとのリクエストを彼が海に投げ出された。 After having prayed to Yhwh the mariners comply with his wish, and when the storm has subsided they give thanks to Yhwh with sacrifices and vows.マリナーズyhwh祈ったをした後に彼の願いに準拠し、嵐のときに感謝するために彼らはyhwh性をはらんで犠牲と誓いを立てる。

Ch.あなたのです。 ii.: Yhwh prepares a great fish to swallow Jonah, who remains for three days and three nights in the monster's belly; after having there praised Yhwh, Jonah is cast up by the fish upon the dry land. Ⅱ 。 : yhwhを準備する大きな魚を飲み込むユーヌス、 who遺跡を三日三晩は、モンスターの腹; yhwh賞賛した後にある、ヨナは魚を投げ上げるされた時の乾燥地です。

Ch.あなたのです。 iii.: Yhwh's command being repeated, Jonah goes to Nineveh, and announces to the city that it shall be destroyed within forty days. Ⅲ 。 : yhwhのコマンドが繰り返され、ヨナがニネベ、と発表して都市を破壊しなければならないにして40日後終了。 Then all the inhabitants, following the example of the king and the nobles, repent in sackcloth and ashes; even the flocks and herds fast and are covered with sackcloth.その後のすべての住民は、次の例では、王の貴族、悲しみに沈んで後悔;さえ、羊と牛速いと袋用の布に覆われています。 Yhwh, repenting of the punishment He had intended for them, permits the Ninevites to go free. yhwh 、 repentingを意図していた処罰し、許可証のninevitesに行く無料です。

Ch.あなたのです。 iv.: Yhwh's action displeases Jonah exceedingly; he prays Yhwh to let him die. Ⅳ 。 : yhwhの行動displeasesヨナ極めて;彼は祈りをささげる死ぬyhwhを惜しんだ。 Yhwh comforts him by preparing a "ḳiḳayon" (castor-oil plant?) to spring up beside his booth, which gives Jonah great pleasure. yhwh快適彼のことを準備する" ḳiḳayon " (トウゴマ植物ですか? )を春まで彼のブースの横に、大きな喜びを与えるヨナです。 But Yhwh prepares a worm to smite the plant, so that it withers; the sun beating upon the head of Jonah causes him to faint; and again be begs for death.しかし、ワームを強打yhwhを準備する工場では、ウィザーズようにし、太陽の頭を殴る時ヨナが原因で彼にかすかな;と再び死に宣伝します。 Yhwh then says that if Jonah is sorry for the gourd, which sprang up of itself in one night, and withered also in one night, how much more must Yhwh feel sorrow for the mighty city which contains more than twelve myriads of innocent people besides much cattle.EGHKB yhwh入力し、場合によると、ヨナが発生したため、ヒョウタン、これまではそれ自身のspringの過去1つの部屋、および1つの部屋にも枯れた、どれくらいの他の悲哀を感じる必要があります。 yhwhは、偉大な都市を含む12を超えるくらいのほか無数の罪なき人々 cattle.eghkb

-Critical View:クリティカルな対象:

The text on the whole has been fairly well preserved.全体のテキストがかなりよく保存されています。 The following variants of the Septuagint deserve notice: i.セプトゥアギンタに値するのは、次のバリアント注意: i. 2: , probably a combination of two variants, being placed side by side with (comp. Gen. xviii. 21, xix. 13); i. 2 : 、おそらくを組み合わせての2つのバリアント、と並んで配置が( comp. Gen 。と18 。 21 、 19 。 13 ) ; i. 4: is lacking and not needed; verse 16: instead of ; iii. 4 :必要に応じていないが不足し;詩16 :ではなく; Ⅲ 。 2: κατὰ τὸ κήρεγμα τὸ ἔμπροσΘεν ὃ ἐγὼ ἐλάλησα, equivalent to , probably correct, since only absolute obedience to the first command would agree with the context; iii. 2 : κατὰ τὸ κήρεγμα τὸ ἔμπροσθεν ὃ ἐγὼ ἐλάλησα 、に相当する、おそらく正しい場合は、絶対服従をのみて以来の最初のコマンドは次のように同意するコンテキスト; Ⅲ 。 4: instead of , but probably only an error following verse 3, end; iii. 4 :代わりに、しかし、おそらく次の詩のみにエラー3 、エンド; Ⅲ 。 7: instead of ; iii. 7 :ではなく; Ⅲ 。 9: is lacking, probably correctly so in view of the following ; iv. 9 :が欠けて、おそらく正常には、次のように表示; Ⅳ 。 2: is lacking; iv. 2 :が不足; Ⅳ 。 6: ; iv. 6 : ; Ⅳ 。 11: instead of -hardly the original reading, but a possible one. 11 : -ほとんどの代わりに、元の読書ではなく、可能な1つです。 H. Winckler ("Altorientalische Forschungen," ii. 260 et seq.), especially, has proposed important emendations of the text that are all worthy of careful examination.笠原ウィンクラー( " altorientalische forschungen 、 " Ⅱ 。 260頁以降を参照。 ) 、特に、重要なemendationsが提案したすべてのテキストには慎重な検討に値する。 He transposes i.彼は転置i. 13 to come directly after i. 13日後に来る直接i. 4, which makes a better connection at both places. 4 、これは、より良い接続は両方の場所です。 Again, he transposes i.再び、彼は転置i. 10 to follow immediately i. 10に従う直ちにi. 7, at the same time striking out in verse 8 the words and (like many other emendators and critics) to , besides 10b entirely. 7日、それと同時に、空振り三振8の言葉や詩(のような数多くのemendatorsと批評家)を、完全に加え10bです。 This will not do, however, as verse 10a, depicting the fright of the men, with their exclamation, "Why hast thou done this?"これはない、しかし、詩10 Aまで、恐怖を描いたのは、男性で、彼らの感嘆、 "なぜこれなたですか? " is intelligible only after Jonahhas told the men why he was on the ship. jonahhasした後にのみ可能なのは、男性は上の理由で、彼は船です。 Still this explanation should not have been given in 10b, but rather either in 9ba (which would then read ) or as an addition to verse 9 (ie, ).まだこの説明はないが与えられていた10bではなく、むしろ9baのいずれかで(これを入力し、読み取り)またはとして詩に加えて9 (すなわち、 ) 。 If this phrase be inserted here it is necessary merely to delete the corresponding phrase in verse 10 (ie, 10b), and to omit also 8aβ, which disturbs the context.ここに挿入の場合、このフレーズだけを削除することが必要に対応するフレーズを詩10 (すなわち、 10b ) 、および8a βを省略するにも、これ邪魔のコンテキストです。 Winckler also transposes iv.ウィンクラーも転置Ⅳ 。 5 to follow iii. 5に従うⅢ 。 4, which is at the first glance a simple and entirely obvious emendation. 4 、これは、最初の視線は、単純で、完全に明白な校正します。 The verse could follow ch.あなたが次の詩です。 iii. Ⅲ 。 only with the introduction , and even then would have to precede iv.のみを導入し、さらには前に入力し、 Ⅳ 。 1. 1 。 Ch.あなたのです。 iv. Ⅳ 。 4 must be stricken out (as Böhme has proposed), being a poor repetition of iv. 4被災アウトしなければならない( böhmeが提案) 、 4世の繰り返しが、非常に悪いです。 9, which probably came in with the erroneous interpolation of iv. 9日、これはおそらく、誤った補間して来たのⅣ 。 5. 5 。 Ch.あなたのです。 iv. Ⅳ 。 3 connects closely with iv. 3密接に接続Ⅳ 。 6. 6 。 In the latter verse Wellhausen, and after him Nowack, strike out ; Winckler strikes out instead because Jonah was protected by the booth (iv. 5).後者の詩ヴェルハウゼンし、彼ノバックした後、ストライクアウト;ウィンクラーヨナは、ストライキによって保護されているためではなく、今回は、ブース( iv. 5 ) 。 Winckler furthermore says that the sun could not have stricken Jonah if he had been protected by the booth; he therefore proposes to insert the statement in verse 8 that the east wind blew down the booth.また、太陽ウィンクラーによると、被災ヨナができませんでしたもし彼のブースで保護されていた;彼のステートメントを挿入するための提案は、東の風詩8ブースはものすごくダウンしています。 This is a happy conjecture; for could have easily been corrupted to form the enigmatical (even Cheyne's , "Encyc. Bibl." ii. 2566, is unsatisfactory).これは、幸せな憶測;のが簡単に壊れているのを形成するenigmatical (チェーンストークスのも、 " encyc 。 bibl 。 " 2世。 2566は、不満足な) 。 It must be remarked, however, that this would duplicate the motive, while verse 9 mentions the gourd only.しなければならないことは、しかし、これは、重複する動機は、言及しながら詩9瓢箪のみです。 It may be questioned therefore whether the mention of the booth is not a later interpolation, in which case iv.尋問されることがありますかどうかに言及したため、今回は、ブースではない、後の補間される場合はⅣ 。 5 should not be transposed after iii. 5転置した後はできませんⅢ 。 4, but should be simply stricken out together with iv. 4 、しかし、単純に打ちひしがれたアウトすべきであると一緒にⅣ 。 4 and the mention of the east wind in iv. 4と言及したが、東の風Ⅳ 。 8, so that the text would read simply: . 8日、して、テキストを読むだけ:です。 Verse 6 would then remain unchanged.詩と入力し、残る6銘柄が変わらず。

The last-named considerations, which were touched upon by Hitzig and Böhme, lead to the question whether Böhme (in Stade's "Zeitschrift," vii. 224 et seq.; for earlier attempts see Cheyne, lcp 2565, note) is correct in attempting to trace the Book of Jonah to various sources.名前の最後の配慮などが触れたとされヒッツィヒböhme 、 böhmeにつながるかどうかの質問(シュターデの" zeitschrift 、 " Ⅶ 。 224頁以降を参照。 ;は以前の試みを参照チェーンストークス、 2565 、 LCP 、注)が正しいことをしようとこの本のヨナをトレースする様々なソースからです。 Since his attempt the question has been answered everywhere in the negative, probably correctly.質問されて以来、彼の試みは答えたの負の至る所で、おそらくされていません。 This popular story, in its present state, rather creates the impression that extraneous matter has been added here and there, as in the cases of the Book of Daniel and that of Esther, or that such additions were transferred to the Masoretic text from manuscripts going more into detail.この人気の話、の現在の状態を、との印象を作成無関係な問題というが追加されてここでは、例のように、この本のダニエルとエスターか、または、そのような追加masoretic本文から転送された原稿行く詳細をご覧ください。 To this might be due the grotesque detail in ch.このため、グロテスクかもしれない詳細については、あなたのです。 iii. Ⅲ 。 that even the flocks and herds should take part in Nineveh's general penitence, by fasting in sackcloth, and perhaps also by uttering loud cries (verse 8).羊と牛でも、必要に参加するニネベの総懺悔、断食悲嘆、そしておそらく偽造通貨行使も大声で叫び(詩8 ) 。 Yet the words (iii. 8) must not be simply stricken out as an addition, as Böhme, Wellhausen, and Nowack propose; for they now fit in admirably with the legendary tone of the whole.まだありませんの言葉( iii. 8 )てはならないとして、単に被災アウトに加え、 böhme 、ヴェルハウゼン、およびノバックを提案;を見事に収まるように彼らを今すぐ口調で、伝説の全体のです。 Cheyne rightly refers to what Herodotus (ix. 24) recounts of the Persians.当然チェーンストークスを参照してどのようなヘロドトス( ix. 24 )の再集計は、ペルシャ人です。 The psalm (ii. 3-10) was in any case added to the original composition later (comp. Stade's "Zeitschrift," 1892, p. 42).の詩編( ii. 3-10 )は、いずれの場合も追加され、元の組成へ( comp.シュターデの" zeitschrift 、 " 1892年、 p. 42 ) 。 As a prayer of thanks it is undeniably in the wrong place, since Jonah is still in the belly of the fish.感謝の祈りをする場所を間違えることは紛れもなく、以来ヨナはまだ、腹の足しには、魚です。 That it was added at this point is probably due to the fact that the words (verse 2) offered a convenient connection, the interpolator wishing to give the exact words of the prayer.が追加されましたことは、おそらくこの時点での言葉という事実のために(詩2 )提供する便利関連して、希望を与えるの正確なインターポレータの祈りの言葉をします。 Originally verse 2 was immediately followed by verse 11 thus: "Then Jonah prayed to the Lord his God out of the fish's belly; and the Lord spake unto the fish, and it vomited out Jonah upon the dry land."もともと詩2は、すぐにこのように続いて詩11 : "ヨナ祈ったを入力し、彼の神、主の魚の腹;とspeakの過去の主、かれの魚、ユーヌスと吐くアウト時の乾燥した土地です。 " The psalm certainly seemed appropriate, because it speaks, even if only metaphorically, of Jonah being cast into the midst of the seas, and of the salvation which is of the Lord.確かに、詩篇第よう適切なので、話す場合でも、比喩的にのみ、ヨナが海の真っただ中に出演する、との救世これは、主です。 And it was perhaps added also partly because the book contained no connected speech of the prophet.追加されましたことは、おそらく一つには、書籍も含まれていません演説の預言者ムハンマドに接続します。 The time at which this interpolation was added can be conjecturally fixed only after the sources and the origin of the book have been discussed.この補間された時間をconjecturallyが追加されました固定できるソースとした後にのみの起源はこの本が議論されました。

Age and Origin.年齢や起源です。

The book does not bear the least evidence of having been written by the prophet or even during his time; and its age must be gathered from different indications.その本はありません最低の証拠を負担することが書かれた預言者や自分の時間もの間、およびその年齢別の表示から収集しなければならない。 It has long since been held that it is one of the latest books of the Hebrew canon.それ以来毎年開催されてきたことが1つのキヤノンの最新の書籍は、ヘブライ語です。 This is proved in the first place by the language, as considered lexically, grammatically, and stylistically (comp. on this point the commentaries, and books like SR Driver's "Introduction").これは証明された言語での最初の開催地として見なさ辞書、文法、およびスタイル( comp.この点についての解説、および書籍のようなsrドライバの"はじめに" ) 。 Only Esther, Chronicles, and Daniel are of later date.エスターのみ、クロニクル、とダニエルは、以降の日付です。 Again, the way in which Nineveh is referred to shows that the city had long since vanished from the face of the earth and had faded into legend (comp. iii. 3).繰り返しになりますが、ニネベの方法では言及を示しては、市はとっくに消えていたの顔からは色あせたを展開し、地球との伝説( comp. Ⅲ 。 3 ) 。 The King of Nineveh, also (iii. 6), could have been referred to only in a late myth; and the legendary atmosphere of the whole story, from beginning to end, is in accord with the length of time that had elapsed since the events recounted took place.ザキングオブニネベ、また( iii. 6 ) 、が参照さだけでも、後半の神話;と雰囲気の中、伝説の全体的な話を、最初から最後まで、協定では、時間の長さを経過していたrecountedイベントが開催されました。 This becomes evident both in the episode of the fish which swallows a man and then casts him up alive after three days, and in that of the plant which in one night grows high enough to overshadow Jonah.このエピソードが顕在化するの両方で、魚がツバメの男と入力し、彼を生きてキャストした後3日間、および、その1つの部屋は、植物の生育が十分高いヨナを曇らせる。 These things might, it is true, be considered as divine miracles; but such an explanation can not be offered for the three days' time that it takes to pass through Nineveh (iii. 3), nor for the fasting, sackcloth, and penitent cries of the animals (iii. 7 et seq.), much less for the conception that an Israelitish prophet could preach penitence to the city of Nineveh, and that the king and the citizens would listen to him.これらのことかもしれない、それが事実なら、神の奇跡と考えられる;しかし、そのような説明を提供することはできませんの3つの日中に'を通過するのにかかる時間はニネベ( iii. 3 ) 、また、断食、袋用の布、と後悔して叫び声は、動物( iii. 7頁以降を参照。 ) 、はるかに少ない、という概念を懺悔するisraelitish預言者が説教して市のニネベ、とは、王の市民は彼に耳をします。 Everything about the story is, and was intended to be, miraculous and legendary.すべてについては、物語は、意図されるとは、奇跡と伝説的です。

The Book of Jonah is a midrash.この本のヨナは、ミドラーシュです。 The book must undoubtedly be placed in this class; and it remains only to see whether a more definite position can be assigned to it in the Midrashic literature.その本に配置される必要があります。間違いなくこのクラス;遺跡のみとするかどうかをもっと明確な立場を割り当てることができるmidrashic文学しています。 The writer of this article has attempted to do this (in Stade's "Zeitschrift," 1892, pp. 40 et seq.), suggesting that the Book of Jonah is a section from the Midrash of the Book of the Kings mentioned in II Chron.その作家は、次の資料にしようとこれを行うには(シュターデの" zeitschrift 、 " 1892年、 pp 。 40頁以降を参照。 ) 、ということを示唆するヨナは、その本のセクションからのミドラーシュは、予約のchron 2世王に記載されています。 xxiv. 24 。 27, which in all probability was the chief source used by the author of the Chronicles. 27日、これは最高のソースのすべての確率は、著者のクロニクル使用されています。 The suggestion is supported by the simple fact that the prophet Jonah ben Amittai is referred to in no other place except in II Kings xiv.その提案は、サポートされる単純な事実は、預言者ヨナベンamittaiは、他の場所で参照されて2世王を除いて14です。 25. 25 。 Furthermore, it is highly improbable that at the time of the earliest Midrashic literature any other notice of him could have existed; and, finally, since the Book of Jonah begins without any superscription-it begins not simply with the word "wayehi," which introduces a period of time (comp.Ruth i. 1; Esth. i. 1), but with the phrase , which certainly assumes a previous mention of Jonah-the suggestion proposed is the most natural one.また、それは非常にありそうにないことmidrashic最古の時点で、彼の文学その他の通知が存在し、そして、最後に、ヨナ開始以来、予約の表題-ことなく、単に特定の単語が始まる" wayehi 、 "どのを導入する期間(以下comp.ruth i. 1 ; esth 。 i. 1 ) 、しかし、フレーズ、これ確かに想定して前に言及したのヨナは、最も自然な1つの提案を提案します。 If this be correct, then Chronicles of course omitted the passage found in its source and mentioning the prophet, a circumstance that is explained by the fact that the scene is laid in the Northern Kingdom, with which Chronicles has nothing to do.もしこれが正しければ、もちろん、省略された場合の通過に入力し、クロニクルが見つかりました、そのソースと言及して預言者は、事情を説明しているという事実には、そのシーンは、 laidは、北部の王国は、それぞれのクロニクルは、何もすることがあります。

The suggestion would be invalid if Winckler (see, however, Jonah, Biblical Data, end) and Cheyne were correct in maintaining that the Jonah of the story is a different person from that mentioned in the Book of Kings.その提案ウィンクラーが無効な場合(ただし、ユーヌス、聖書のデータを、エンド)とチェーンストークスが正しいことを維持するのは、ヨナの物語は、別の人からは予約の王に記載されています。 It is impossible, however, to refute the suggestion by referring to the distinctive character of that midrash, as König (Introduction, p. 379) and Smend ("Alttestamentliche Religionsgesch." 1st ed., p. 409) have done.ことは不可能である、しかし、その提案に反論の独特のキャラクターを参考にし、そのミドラーシュ、ケーニッヒ(はじめ、 p. 379 )とスメント( " alttestamentliche religionsgesch 。 "第1版です。 、 p. 409 )は完了です。 If extensive stories of personal events happening to Elijah have been included in the Book of Kings (eg, I Kings xvii., xix.), why should not the same have occurred (against König) in the case of Jonah?もし大規模なストーリーの個人的なイベントが起こるのがこの本に含まれているイライジャオブキングス(例えば、私の王17 。 、 19 。 ) 、理由はないが発生したのと同じ(反対ケーニッヒ)は、ヨナ例ですか? And Smend's assertion that, compared with the Book of Jonah the Midrash of the Book of the Kings was "a work of such a different character that its (Jonah's) author would not have buried his book therein," can not be substantiated.とスメントの主張に、本を比較すると、その本のミドラーシュヨナの王は"仕事をするような、別の文字がその(ヨナ)の著者はない彼の本が埋められてそこに、 "充実することはできません。

On the contrary, just the passage in the midrash referring to Jonah seems to be closely related to the Book of Jonah as regards the contents.それどころか、ミドラーシュだけの通過には、ヨナを参照すると思われるヨナ密接に関連して本の内容に関してです。 The author of the Book of Kings puts into Yhwh's mouth warm words of mercy toward the sinful Northern Kingdom (II Kings xiv. 26 et seq.).この本の著者は、王をyhwhにより慈悲の言葉を口に向かって暖かい罪深い北部の王国( 2世王14 。 26頁以降を参照。 ) 。 It is easy to see how a midrash could be added showing that this mercy was extended even to an alien, heathen empire.簡単に行うことがミドラーシュ確認するには慈悲が追加されましたが表示さは、この拡張にも、外国人、異教徒の帝国です。 If there were any reasons for assuming the existence of another Midrash of the Book of the Kings than the one mentioned in Chronicles, the Book of Jonah might have been taken from the latter; but at present the writer of this article does not see what reasons could be brought forward in support of such a theory.いかなる理由があった場合に存在すると仮定して別のミドラーシュは、予約の王クロニクルよりも1つに記載され、その本のヨナがとられているかもしれないから、後者;しかし、現在、作家は、次の資料を参照どのような理由ではありません繰越利益がそのような理論をサポートします。 In any case the connection of the book with II Kings xiv.いずれにしろ、この接続は、予約が2世王14 。 25 must be insisted upon. 25しなければならないと主張する。 In agreement with the view here expressed, the date of the book would fall some time toward the end of the fourth or in the fifth century; such a date is supported by other considerations.契約書の対象についての表現では、この評価をこの本は秋の終わりに向かっていくつかの時間は、第4または5世紀;このような日付は他の配慮でサポートされています。

Inclusion in Canon.キヤノン封入されます。

The inclusion of the Book of Jonah among the Minor Prophets is paralleled by the inclusion of II Kings xviii.-xx.この本を含めるの間の小預言者ヨナは、並列化された封入の2世王xviii. -イグゼクスです。 in the Book of Isaiah (ch. xxxvi.-xxxix.), but with this exception that in the latter (as also in Jer. lii.) historical passages are added to an already existing prophetical book, while an entirely new personality and an entirely new book are added to the canon of the Prophets with the Book of Jonah.この本のイザヤ書(第xxxvi. - 39です。 ) 、しかし、この例外では、後者( jerと同様にします。 52 。 )歴史的な文章が追加されました既存の机上の予約をする、との間にまったく新しい人格全く新しい書籍が追加されたキヤノンのは、預言者ヨナの本です。 How may this have happened?この方法がありますが起きたのでしょうか? Smend's assumption (lc), that the author wrote the book with the intention of adding it to the "Twelve Minor Prophets," may be set aside, for the styles of the two differ too widely, as noted above; nor, if that had been the intention, would it have been necessary to introduce a psalm in order to make the book fit into its surroundings: there are numerous examples to show that the writers of later periods knew how to reproduce the style of the Prophets when they desired to do so.スメントの仮定(液晶)が本を書いたのは、著者の意図にこれを加えて、 " 12の小預言者、 " 5月に設定はさておき、 2つのスタイルの違いはあまりにも広く、上述のとおり;も、もしていたの意図も、それを導入する必要があるが賛美歌を予約するためには収まらないその周辺を探す:例を表示するには、多数の作家は、以降の期間に再現する方法を知っていたのスタイルを希望するときにこれを行うには、預言者だから。 On the other hand, it can not have been the intention of inserting stories of the Prophets in the books of the Prophets; for if it had been, the "Earlier Prophets" would have offered the right place therefor.その一方で、それを意図することはできませんが挿入された書籍は、預言者の話をして預言者;ためていた場合は、 "以前の預言者"だからが正しい場所に提供しています。 This is proved in the case of I Kings xiii., a story, relating to a prophet, which has many points of similarity to the story of Jonah and is of about the same length.これは私の王の証明の例13 。 、物語は、預言者に関連し、これには多くの類似点をヨナの物語と同じ長さは約です。 It likewise is probably derived from the Midrash of the Book of the Kings (comp. Stade's "Zeitschrift," 1892, xii. 49 et seq.) and was added later to the canonical Book of Kings.それはおそらく同様にミドラーシュから派生して、予約は、王( comp.シュターデの" zeitschrift 、 " 1892年、 12 。 49頁以降を参照。 )とが追加されましたへは、正規の予約オブキングスです。 The reasons for the inclusion of Jonah in the "Twelve Minor Prophets" must be sought in the book itself.その理由を含めるヨナは、 " 12の小預言者"しなければならないその本自体に求められています。 The fixing of the number of the "Minor Prophets" at twelve was certainly intentional, and the Book of Jonah must have been included in order to make up that number, although it does not harmonize with the other books, and originally belonged elsewhere.修正の数は、 "小預言者" 12は、確かに意図的、およびその本のヨナに含まれている必要があります。埋め合わせのためにその数を、これはありません、他の書籍の調和を図る、と最初に属している。 The necessity for including it arose, perhaps, only in later times; for the enumeration (without Jonah) of precisely eleven books in the canon is not entirely self-evident.を含むことの必要性が生じたため、おそらく、それ以降の回のみ;は、列挙(ヨナ)を正確に11の書籍を、完全にキヤノン自明ではない。 It need only be pointed out that Zech.それが必要ツェッヒのみが指摘されています。 ix.-xi. and xii.-xiv.とxii. - 14です。 are added very loosely to Zechariah, and may equally well have been regarded as independent books; that Malachi, on the contrary, at first probably had no superscription (comp. Mal. iii. 1), and might have been added as an appendix to Zechariah.ゼカリヤが追加されました非常に疎にし、 5月も同様に効果的と見なされても独立した書籍;をマラキ、逆に、最初はおそらくなかった表題( comp. mal 。 Ⅲ 。 1 ) 、およびかもしれないを付録として追加されましたゼカリヤです。 According as these matters were arranged, it might occur that there were only eleven books found where formerly twelve had been counted.手配によると、これらの問題は、それが発生する可能性があっただけで11本が見つかりましたていた以前の12カウントされます。 The passage in Num. NUM件の通過にします。 R. xviii. r. 18 。 seems in fact to refer to a time when the Book of Jonah was not included in the twelve Prophets.実際には、時間を参照するには予約のときには、 12ヨナは、預言者には含まれています。

Purpose and Teachings.目的と教えています。

It becomes necessary to inquire into the purpose and teaching of the book, because of the fact that it is not a historical narrative, but a midrash, and also because of its conclusion.お問い合わせをすることが必要だと教育の目的は、予約のためではないという事実を歴史的な物語ではなく、ミドラーシュ、またその結論のためです。 The whole story ends with the lesson received by Jonah, the purpose of the book having thus been accomplished; and as one can not follow the effects of this lesson on Jonah's further career (unlike the story of Elijah in I Kings xix.), the lesson itself is in reality addressed to the reader, ie, to the Jewish congregation.全体的な話で終わるのレッスンを受信したヨナは、その本の目的は達成されたことしたがって、 1つのことはできないとして次の効果は、次のレッスンをヨナのより詳細な経歴(とは異なり、私の王の物語イライジャで19です。 )は、レッスン自体は現実に対処してリーダー、すなわち、ユダヤ人の集会をします。 It is not probable that the story was carried on further in its original place in the Midrash of the Book of the Kings.ではないが乗って運ばれる確率は、より詳細な話を元の場所に、その本のミドラーシュ王です。

This short story, as Wellhausen has best expressed it, is directed "against the impatience of the Jewish believers, who are fretting because, notwithstanding all predictions, the antitheocratic world-empire has not yet been destroyed;-because Yhwh is still postponing His judgment of the heathen, giving them further time for repentance. Yhwh, it is hinted, is hoping that they will turn from their sins in the eleventh hour; and He has compassion for the innocent ones, who would perish with the guilty."この短編小説は、ヴェルハウゼンとしてはベストを表明し、監督は"焦りを反対するユダヤ人の信仰する者よ、 whoはフレッティングため、すべての予測にもかかわらず、世界的に帝国のantitheocraticまだ受けていません破壊; - yhwhはまだ延期彼の判断のため異教徒を、より詳細な時間を与えて、後悔するだけ。 yhwh 、それは示唆した、と期待しては、かれらはその罪は、有効期限ぎりぎりの時から、彼は、無実のものへの思いやり、 whoが死ぬの罪を犯した。 " In agreement with this synopsis of the purpose, the book is closely akin to and emphasizes the basic passage, II Kings xiv.この形式の契約書の目的のために、この本は、基本的な酷似して強調して通過して、 2世王14 。 26 et seq., which also shows, and as it were explains, how it is possible that Yhwh can grant a prophecy of good things to come to the disloyal Northern Kingdom and to a king who, according to verse 24, persists in all the sins of all his predecessors, and can then fulfil what He has promised. 26頁以降を参照。 、これも示すように、ということになったと説明し、どのようにすることが可能yhwh予言の良いものを交付することに来て、不実な北部王国としてキングwho 、詩によると、 24日、引き続きでのすべての罪のすべての彼の前任者、と彼は約束したことは何を達成します。 This purpose harmonizes perfectly with the idealized description of the piety of the heathenmariners (ch. i.) and of the king and the inhabitants of Nineveh (ch. iii.).この目的のために理想的な説明が完璧に調和の信心深さは、 heathenmariners (第i. )とは、王の住民のニネベ(第3世です。 ) 。 The book is therefore in a way the negative pole to the positive pole in the Book of Ruth.この本は、そのための方法を正極、負極は、予約のルースです。 The first shows why Yhwh does not destroy the heathen; the second, why and how He can even accept them among His people and bring them to high honor.の最初のショーを台無しにする理由はありませんyhwh異教徒、 2番目は、なぜ、どのよう彼を受け入れることもできますそれらの人々との間彼の名誉をもたらすして高い。 Both these tendencies became apparent in Israel after the puristic reforms of Ezra and Nehemiah, which rigorously drew a sharp line between Israel and the pagan world.両方のこれらの傾向が明らかにした後、イスラエルのエズラとニーアマイア純粋主義の改革を厳密にドリューが大幅にイスラエルとの間の線を異教の世界です。 The opposition to this dominating doctrine was clothed in the unassuming but all the more effective garb of poetry and of story, as has happened time and again in similar cases.支配する反対派は、この学説は、しかし、すべての服を着ては、控えめな服装をより効果的な詩との話は、何度も何度としては、似たような事件が起こった。 Cheyne rightly points to the parable of the good Samaritan in the New Testament and to the story of the three rings in Lessing's "Nathan der Weise."チェーンストークス当然を指して、良きサマリア人の寓話は、新約聖書の物語としてレッシングの3つのリングでの"ネイサンderワイゼ。 "

Details of the Story.詳細は、物語です。

All the details of the book are subordinated and made subservient to this one purpose; and there is every probability that it was invented only for that purpose, whereby of course appeal to other, well-known motives also is not excluded.すべての書籍の詳細は劣後と卑屈には、この1つの目的、およびそれにはすべての確率が発明さのみがそのためには、上訴を他のですもちろん、よく知られて動機ではないにも除外されます。 The story of Elijah on Horeb (I Kings xix.) furnished the model for the general outline, and for the lesson taught the prophet, who was filled with doubts and was weary of his office.イライジャの物語をホレブ(私キングス19 。 )家具付きのモデルを作成全般の概要、および預言者ムハンマドのレッスンを教え、 whoは、満ちている疑念や彼のオフィスはうんざりです。 No search was necessary for the name of the hero, which was given in I Kings xiv.ないために必要なキーワードが検索されたの英雄の名前を、これで私は、与えられた14世王です。 25. 25 。 The fact that "Jonah" means "dove" is a coincidence which must not be interpreted allegorically, as Cheyne has done.という事実を"ヨナ"は"鳩"は、偶然寓意的に解釈することはできませんが、チェーンストークスは完了です。 Nor must the fact that Israel is spoken of as a prophet in Deutero-Isaiah and is called "Servant of Yhwh" be used in order to attenuate the personality of Jonah to an allegory of the people of Israel; nor that he was swallowed by the sea, to an allegory of the Exile.もしなければという事実を預言者としてイスラエルが話され、イザヤ書第2と呼ばれる"使用人のyhwh "に使用されるの人格を減衰するためにヨナにイスラエルの人々の寓意;もしていた飲み込んだされる海、亡命をアレゴリーのです。 All these are comparisons, it is true, which may easily be made and which are fully justified as secondary considerations, but they must not be allowed to confuse the simplicity of the original story.これらはすべての比較、それが事実なら、これで簡単に5月には完全に正当化され、二次的考察、しかし、しなければならないことは許されないシンプルさを混同し、元の物語です。

Nor must mythological motives, although they may easily be deduced from the story, be regarded as constitutive elements that were introduced consciously.神話的な動機もしなければ、彼らの物語から推定年5月に簡単に、構成要素とみなすことが意識的に導入された。 This applies to the Andromeda myth as well as to that of Oannes, of Nineveh as the "Fish City" ("nun"), etc., and to the chaotic dragon Tiamat, which has recently become a favorite myth with scholars (comp. Cheyne, lc, sv "Jonah," for details).この適用されます。アンドロメダ神話オアンネスているだけでなく、ニネベとしての"魚市" ( "修道女" )などとしてカオスドラゴンティアマト、これは最近のお気に入りの神話になると学者( comp.チェーンストークス、液晶、 sv文書"ヨナ"を参照してください) 。 The author of the story was of course familiar with all the current conceptions regarding the sea; and he probably had in mind, whether consciously or not, the myths and sagas clinging to it (comp. the rich collection of material relating to these myths in Hermann Usener, "Die Sintfluthsagen," 1899).の著者の物語はもちろん、現在の概念について精通してすべての海;と彼はおそらくそれを念頭に置いて、意識的かどうかかどうかは、神話やサーガにしがみついてそれ( comp.の豊かなコレクションを素材に関連して、これらの神話ヘルマンウーゼナー、 "死ぬsintfluthsagen 、 " 1899 ) 。 It was probably the intention of the author, however, to confine himself to the narration of a story which, dealing with the prophet Jonah known to tradition, should be a vehicle for the lesson he meant to teach.それはおそらく、著者の意図は、しかし、自分自身を監禁するが、ストーリーのナレーションをして、預言者ヨナに対処する伝統がわかって、車をすべきである彼のレッスンを教える意味します。

Later Uses and Interpretation.への使用と、解釈します。

In the New Testament Jesus (Luke xi. 29-32) makes use of the book in its original sense, referring to the people of Nineveh as examples of the faith and repentance that he missed among his contemporaries, while refusing them the miracle that they were asking at his hands.新約聖書は、イエスキリスト(ルークXI 。の29-32 )を利用したこの本を元の意味では、ニネベを参照して人々の信仰と悔い改めとしての例を逃したの間に彼は彼のコンテンポラリー、それらの奇跡を拒否している間彼の手が要求されます。 The endeavor to find more than this simple reference in the "sign of Jonas," which is akin to the tendency of the artificial inter pretations mentioned above, has led in the parallel passage (Matt. xii. 39-41) to the interpolation (verse 40), according to which Jonah's three days in the belly of the fish are a prophecy of the three days that Jesus would spend in the grave.以上の努力を見つけるこの単純な基準は、 "メンバーのジョナス、 "これは私の間にする傾向は、人工pretations上述したように、通路が主導での並列( matt. 12 。 39-41 )を補間(詩40 )によると、ヨナの3日間で、腹の足しには、魚は、日中の3つの予言を過ごすにはイエスキリストの墓です。 The early Christian Church more correctly elevates Jonah's rescue from the belly of the fish into the standing type of the resurrection from the grave, a type which is found in all the plastic representations that decorate the early Christian sarcophagi and other monuments.もっと正確にelevatesの初期キリスト教の教会から、腹の足しにヨナの救助に立って、魚の種類の墓からの復活は、これは発見さのタイプのすべてのプラスチック製の表現を飾るの初期キリスト教sarcophagusの複数形やその他の記念碑です。

As far as can be seen, the canonicity of the book has never been seriously doubted.が見える限りでは、正規の予約は一度も真剣に疑問です。 One might rather find in the Midrash ba-Midbar and perhaps also in Ta'an. 1つのかもしれないというでは、ミドラーシュba - midbarそしておそらくまた、 ta'anです。 ii. Ⅱ 。 a vague reference to a time when the book was classed, not with the "Nebi'im," but with the "Ketubim."漠然としたの参照を一度に予約時には、分類ではなく、 " nebi'im 、 "しかし、 " ketubim 。 " In that place it would at least find a sufficient counterpart in Ruth.それは、少なくとも、そのような場所にするための十分な見返りを見つけるルースです。 This, however, is only a remote probability, and does not touch the question of the origin of the work.これは、しかしながら、リモートの確率はわずかではありませんの起源の問題にタッチするの仕事をします。

Emil G. Hirsch, Karl Budde g.エミールハーシュ、カールバッド

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

The commentaries contained in Lange's Bibelwerk (Kleinert) and in the Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch; Hitzig, 4th ed., 1904, by H. Steiner; those of GA Smith in his Twelve Prophets; of J. Wellhausen, Die Kleinen Propheten, 1892, 3d ed.ランゲの論評に含まれてbibelwerk (クライネルト)とは、 kurzgefasstes exegetisches handbuch ;ヒッツィヒ、第4エド。 、 1904 、笠原シュタイナー;ジョージアスミスは彼の12それらの預言者;オブJヴェルハウゼン、死ぬkleinen propheten 、 1892年、 3次元エドです。 1898; and of Nowack in his Kleine Propheten, 1897, 2d ed. 1898 ;と彼の、 первый prophetenノバック、 1897年、 2次元エドです。 1904; Kalisch, Bible Studies, ii.; TK Cheyne, in Theological Review, 1877, pp. 1904 ;カリッシュ、聖書研究、 Ⅱ 。 ; tkチェーンストークスは、神学日、 1877 、 pp 。 211-217; CHH Wright, Biblical Studies, 1886; JS Bloch, Studien zur Gesch. 211から217 ; chhライト、聖書学、 1886 ; jsブロッホ、 studien zur gesch 。 der Sammlung der Althebräischen Litteratur, 1875.EGHKB der sammlung der althebräischenアレイ、 1875.eghkb


Jonahヨナ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Reason for Flight.理由を飛行します。

The Ship.その船です。

The Fish.魚です。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Prophet in the days of Jeroboam II.; son of Amittai of Gath-hepher.預言者は、日間のjeroboam Ⅱ 。 ; amittaiの息子のガト- hepherです。 He is a historical personage; for, according to II Kings xiv.彼は、歴史上の人物;は、 2世王によると、 14です。 25, he predicted in Yhwh's name the extent to which Jeroboam II. 25日、彼の名前のyhwhの予測にjeroboam 2世にどの程度です。 would restore the boundaries of the Northern Kingdom, "from the entering of Hamath unto the sea of the plain."北方境界線を復元するには王国、 "わたしhamathから海に入るのは、プレーン。 " Thewording of the passage may also imply that Jonah's prophecy was uttered even before Jeroboam II., perhaps in the time of Jehoahaz (thus Klostermann to II Kings xiii. 4). thewordingを通過することも意味するものではヨナの予言は、口も前jeroboam Ⅱ 。 、おそらくは、時間をjehoahaz (このように2世王クロステルマン13 。 4 ) 。 In any case Jonah is one of the prophets who advised the house of Jehu, and it is not unlikely that with him the series of prophets that began with Elijah came to a close.いずれの場合もwhoは、預言者ヨナは、お勧めの1つの家の御者は、思いも寄らないことではないことを、彼は預言者から始まったシリーズのイライジャ来たして終了します。 The next succeeding prophet, Amos of Tekoa, whose activity fell in the reign of Jeroboam II., begins an entirely new series, as regards not only his position toward the king and the people, but also his method of communication, in that he resorted to writing instead of the spoken word.預言者の次の成功は、アモスのtekoa 、その活動の下落は、 jeroboam 2世の治世。 、全く新しいシリーズを開始する、この点に関して自分の立場だけでなく、王の人々に向かって、彼のメソッドのコミュニケーションだけでなく、その彼resorted代わりに、戯曲を書く。

Jonah belongs only seemingly to the prophets who were also writers; for the book bearing his name does not afford the least evidence of having been written by the prophet himself.一見をヨナは、預言者のみに属しますwhoでも作家;は、予約軸受彼の名前は金銭的余裕がないことの証拠を最も預言者自身が書いた。 It merely tells his history, as the Books of the Kings tell of Elijah, Elisha, Micaiah, or Yimlah ben Zimlah.それだけでは彼の歴史、王としての書籍は、はっきりとイライジャ、エリシャ、 micaiahか、またはyimlahベンzimlahです。 The book, however, doubtless refers to the same prophet Jonah as is mentioned in II Kings xiv.この本は、しかし、疑いを参照して、同じ預言者ヨナ2世王には14に記載されています。 25; for the name of both is Jonah ben Amittai. 25 ;は、名前の両方のは、ヨナベンamittaiです。 This identity has recently been denied by Hugo Winckler ("Altorientalische Forschungen," 1900, ii. 260 et seq.; see also Cheyne in "Encyc. Bibl." ii. 2570), but Winckler's reasoning, however ingenious, does not suffice to make his theory more than possible.このアイデンティティが最近ヒューゴー拒否さウィンクラー( " altorientalische forschungen 、 " 1900年、 Ⅱ 。 260頁以降を参照。 ;チェーンストークスにも参照ください" encyc 。 bibl 。 " 2世。 2570 ) 、しかし、ウィンクラーの推論は、しかし独創的な、十分ではありません彼の理論を超える可能です。 It is one and the same prophet that is mentioned in both places: in the superscription to the Book of Jonah, with the name of his father; in the historical narrative, with the name of his home also. 1つのと同じことが預言者には両方の場所に記載され:は、その本の表題をヨナは、彼の父親の名前を;は、歴史的な物語で、彼の家の名前も。 Indeed, the account in the Book of Jonah depends on that in the Book of Kings; nor has it been proved, as some have held, that the Book of Jonah was written to account for the non-fulfilment of the predictions against Nineveh contained in the prophecy of Nahum, and that the Jonah of Kings and the Jonah of the prophetical book can consequently not be identical.確かに、この本のヨナしているアカウントに依存して予約して、王;もがそれを証明は、いくつかのが行われ、その書籍のヨナが書かを説明するために、非達成の反対の予測に含まれてニネベナホムの予言とは、王とヨナヨナは、机上の予約は、その結果は同じです。 Winckler retracted his opinion in "Allgemeine Evangelisch-Lutherische Kirchenzeitung," 1903, p.ウィンクラー撤回彼の意見は"アルゲマイネevangelisch - lutherische kirchenzeitung 、 " 1903 、 p. 1224.EGHKB 1224.eghkb

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

The tribal affinities of Jonah constitute a point of controversy; generally assigned to Asher, he is claimed for Zebulun by R. Johanan on the strength of his place of residence (II Kings xiv. 24); these opinions were harmonized by the assumption that his mother was of Asher while his father was of Zebulun (Yer. Suk. v. 1; Gen. R. xcviii. 11; Yalḳ., Jonah, 550; Abravanel's commentary to Jonah).ヨナを構成する部族のアフィニティの論争点;一般的に割り当てられている洗浄器、彼は主張の強さをzebulun都市johanan彼の居住地( 2世王14 。 24 ) ;これらのご意見が調和したと仮定して彼の母親は彼の父親はの中の洗浄器zebulun ( yer.ソクです。 v. 1 ; Gen 。とr. 98 。 11 ; yalḳ 。 、ユーヌス、 550 ; abravanelの解説をヨナ) 。 According to another authority his mother was the woman of Zarephath that entertained Elijah (ib.; Pirḳe R. El. xxxiii.).別の当局によると、彼の母親は、女性を楽しまzarephathイライジャ( ib. ; pirḳe r.エルです。 33 。 ) 。 As this prophet, who was also of priestly descent, would have profaned himself if he had touched the corpse of a Jew, it was concluded that this woman, whose son (Jonah) he "took to his bosom" and revived, was a non-Jew (Gen. R. lc).この預言者として、 whoは、聖職者の子孫も、自分自身がprofanedもし彼が死体に触れたのは、ユダヤ人、それは、結論をこの女性、その息子(ヨナ)彼は"彼の胸には"と復活、以外は、 -ユダヤ人( Gen 。とr.液晶) 。 He received his prophetic appointment from Elisha, under whose orders he anointed Jehu (II Kings ix.; Ḳimḥhi, ad loc.; and Ẓemaḥ Dawid).彼は彼の予言任命から受け取ったエリシャは、彼は公認されて、その命令イエフ( 2世王9 。 ; ḳimḥhi 、広告の掲載て下さい。 ;とẓemaḥ dawid ) 。 He is said to have attained a very advanced age (more than 120 years according to Seder 'Olam; 130 according to Sefer Yuḥasin), while Ecclesiastes Rabbah viii.によると彼は非常に高度な達成には年齢(セダーによると、 120年を超える' olam ; sefer yuḥasinによると、 130 ) 、アンマンながら伝道の書Ⅷ 。 10 holds that the son (Jonah) of the Zarephath widow never died. 10保持は、息子(ヨナ)は、決してzarephath未亡人が死亡した。 The "holy spirit" descended on him while he participated in the festivities of the last day of Sukkot (Yer. Suk. v. 1, 55a). "聖霊"の子孫に参加して彼が彼の最後の日のお祭りの仮庵の祭り( yer.ソクです。 v. 1 、 55a ) 。 His wife is adduced as an example of a woman voluntarily assuming duties not incumbent on her, for she is remembered as having made the pilgrimage to Jerusalem on the "regel" (holiday; Yer. 'Erubin x. 1, 26a; "Seder ha-Dorot"; and "Shalshelet ha-Ḳabbalah"). adduced彼の妻は、一例として、現職のいない女性の自発的義務と仮定彼女の、彼女が記憶されているエルサレムは、巡礼の旅をするの" regel " (休日; yerします。 ' erubin Xの1 、 26a ; "セダーハ- dorot " ;と" shalsheletハ- ḳabbalah " ) 。

Reason for Flight.理由を飛行します。

Jonah was induced to flee because, after having won his reputation as a true prophet ( = "one whose words always came true") by the fulfilment of his prediction in the days of Jeroboam II.ヨナは、引き起こされるから逃げるため、ウォンが彼の評判をした後、真の預言者ムハンマド( = " 1つの単語が常に真の" )達成された彼の予測は、 2日間のjeroboamです。 (II Kings xiv.), he had come to be distrusted and to be called a false prophet, the reason being that when sent to Jerusalem to foretell its doom its inhabitants repented and the disaster did not come. ( 2世王14 。 ) 、彼が来たとされる信頼される偽預言者と呼ばれる、その理由エルサレムに送信されているときにその運命を予言する住民の反省とその災害来なかったんだもん。 Knowing that the Ninevites also were on the point of repenting ("ḳerobe teshubah"), he anticipated that among them, too, he would earn the reputation of being a false prophet; he therefore resolved to flee to a place where the glory of God, or His Shekinah, could not be found (Pirḳe R. El. x.; but comp. Ibn Ezra's commentary). ninevitesを知っているのも、ポイントをrepenting ( " ḳerobe teshubah " ) 、彼は予想してその中でも、あまりにも、彼は虚偽であるという評判を獲得する預言者;彼を捨てて逃げるように解決するため、神の栄光の場所か、または自分のshekinah 、が見つかりませんでした( pirḳe r.エルです。 Xの;しかしのCOMPです。イブンエズラの解説) 。 The phrase in Jonah iii.フレーズをヨナⅢ 。 1, "and the word of God came unto Jonah the second time," is interpreted by Akiba, however, to imply that God spoke only twice to him; therefore the "word of Yhwh" to him in II Kings xiv. 1 、 "神がわたしの言葉と2番目のタイムヨナ"はアキバ解釈され、しかし、神のスポークを意味するものでは彼を2回のみ;したがって、 " yhwhの言葉"を彼の2世王14 。 25 has no reference to a prophecy which Jonah delivered in the days of Jeroboam II., but must be taken in the sense that as at Nineveh Jonah's words changed evil to good, so under Jeroboam Israel experienced a change of fortune (Yeb. 98a). 25日には予言を参照して提供する方法は、日間のjeroboamヨナⅡ 。 、しかし、しなければならないという意味の言葉としてヨナはニネベ悪を変更する良いので、経験豊富なイスラエルに変更されてjeroboamオブフォーチュン( yeb. 98a )です。

When Jonah went to Joppa he found no ship, for the vessel on which he had intended taking passage had sailed two days before; but God caused a contrary wind to arise and the ship was driven back to port (Zohar, Ḥayye Sarah).ヨナjoppa行ったときに彼は見つかっていない船は、船を意図した上で彼は撮影前に2日間の通路が航海;しかし、神が原因で発生すると、逆に風船は省略して駆動ポート( zohar 、 ḥayyeサラ)です。 At this Jonah rejoiced, regarding it as indicating that his plan would succeed, and in his joy he paid his passage-money in advance, contrary to the usual custom, which did not require its payment until the conclusion of the voyage.このヨナを見て歓喜した、彼の計画を示すに関することとしては成功し、彼の喜びを彼は彼の通過-お金を支払わ事前に反して、いつものカスタム、これを必要としなかったとの結論を航海するまで、お支払いします。

According to some he even paid the full value of the ship, amounting to 4,000 gold denarii (Yalḳ., lc; Ned. 38a).彼によると、いくつかの値をフルにも有料の船、累積で4000ゴールドdenariusの複数形( yalḳ. 、液晶;ネッド。 38a ) 。 But all this happened to teach him the fallacy of his conclusion that God could be evaded (Yalḳ., lc; and Rashi, ad loc.), for the contrary wind affected his ship only; all others on the sea at that time proceeded uninterruptedly on their courses.しかし、これが起こったのすべてを教え、彼は彼の結論に神の誤謬が回避( yalḳ. 、液晶、およびrashi 、広告の掲載て下さい。 ) 、風の影響を受け、彼の船に反しのみ;他のすべての海を進め、その時間途切れずにしてのコースです。

The Ship.その船です。

The storm which overtook Jonah is quoted as one of three most noteworthy storms (Eccl. R. i. 6).ヨナはオーバーテイクの嵐を引用符で最も注目に値するとして次の3つの嵐( eccl. r. i. 6 ) 。 After the sailors' prayers to their idols, as well as their efforts to turn about and lighten the ship, had proved futile, the crew finally was compelled to believe Jonah's statement that this calamity had befallen their craft on his account, and assented to his petition to be thrown overboard.船乗りの後に'祈りしてアイドルだけでなく、彼らの努力を軽くして船をぐるりと向きを変えると、立証は無益な、乗組員の最後には、ヨナの発言をせざるを得ないと考え、この災難が自分のアカウントをbefallの過去分詞形の工芸品、および同意を彼の船外に請願書をスローします。 Praying that they might not be held accountable for his death, they first lowered him far enough for the waters to touch his knees.祈願して行われたかもしれない彼の死の責任を、彼らのために十分に最初の領海まで引き下げた彼彼の膝に触れる。 Seeing that the storm subsided, they drew him back into the ship, whereupon the sea at once rose again.嵐をはらんで見て、彼らドリュー彼の船に戻る、すると、海を一度に上昇します。 They repeated this experiment several times, each time lowering him deeper, but taking him out again, and each time with the same result, until finally they threw him into the sea (Yalḳ., lc).この実験を数回繰り返して、より深いたびに彼の引き下げが、彼アウトを再度撮影し、それぞれの時間と同じ結果、最後まで彼となって海にかれらは( yalḳ. 、液晶) 。

The Fish.魚です。

The fish which swallowed Jonah had been created in the very beginning of the world in order to perform this work (Zohar, Wayaḳhel; Pirḳe R. El. x.; see also Gen. R. v. 5).飲み込んだ魚が作成されていたヨナは、世界で非常に始まり、この作業を実行するために( zohar 、 wayaḳhel ; pirḳe r.エルです。 Xの;も参照くださいGen 。とのR. V. 5 ) 。 Therefore this fish had so large a mouth and throat that Jonah found it as easy to pass into its belly as he would have found it to enter the portals of a very large synagogue (ib.).したがって、この魚は非常に大きいことを口や喉のヨナが見つかりましたと同じように簡単に渡すことに腹をその彼は、ポータルのが見つかりましたそれを入力して、非常に大きなシナゴーグ( ib. ) 。 It had eyes which were as large as windows, and lamps lit up its interior.それと同じ大きさは目がWindows 、およびライトアップのインテリアランプです。 According to another opinion, a great pearl suspended in the entrails of the fish enabled Jonah to see all that was in the sea and in the abyss.によると、別の意見によれば、パールが中断される大きな魚の内臓のすべてを表示することが有効になってヨナは、海とは、ジアビスです。 The fish informed Jonah that he was to be devoured by Leviathan.ヨナは魚のインフォームドコンセントをしていたdevouredリバイアサンされる。 Jonah asked to be taken to the monster, when he would save both his own life and that of the fish.ヨナ求められるが終了すると、モンスター、ときに彼は自分自身の生活との両方を保存している魚です。 Meeting Leviathan, he exhibited the "seal of Abraham," whereupon the monster shot away a distance of two days.会議室リバイアサン、彼は展示の"シールのアブラハムは、 "すると、モンスターショットの距離の2つの日中に無駄にする。 To reward him for this service the fish showed Jonah all the wondrous things in the ocean (eg, the path of the Israelites across the Red Sea; the pillars upon which the earth rests).彼はこのサービスを報奨金ヨナは魚のすべての不思議なものを示して海(例えば、全体のパスを、イスラエルの赤い海;の柱が管理し、地球の休符)です。 Thus he spent three days and three nights in the belly of the fish, but would not pray.こうして彼は三日三晩で、腹の足しには、魚、しかし、祈りはない。 God then resolved to put him into another fish where he would be less comfortable.神の解決に入力し、彼を別の魚で彼が少ない快適です。 A female fish quick with young approached the male fish in which Jonah was, threatening to devour both unless Jonah were transferred to her, and announcing her divine orders to that effect.魚をすぐに若い女性に近づき、男性の魚ではヨナは、食い入るように脅迫電話をする場合を除きヨナの両方に転送された彼女は、彼女の神の命令を、その旨を発表します。 Leviathan confirmed her story at the request of both fishes, and then Jonah was ejected from one fish into the over-filled belly of the other.彼女の話を確認リバイアサンの両方の魚の要請に応じて、取り出されたからと入力し、ヨナは、魚を1つ以上の他の腹で満たされた。 Cramped for room and otherwise made miserable, Jonah finally prayed, acknowledging the futility of his efforts to escape from God (Ps. cxxxix.).と他のは窮屈な悲惨な、ユーヌス最後に祈った、彼の努力を認めることの無益から逃れる神( ps. cxxxixです。 ) 。 But he was not answered until he had promised to redeem his pledge to capture Leviathan.しかし、彼はされるまでには答えてくれていた彼の公約の特典交換を約束してリバイアサンをキャプチャする。 As soon as God had his promise, He beckoned to the fish and it spat out Jonah upon the dry land, a distance of 968 parasangs.神は彼を約束するとすぐに、彼は手招きして魚やささいなけんかをすることヨナの乾燥した土地に、 968の距離にparasangsです。 When the crew of the ship saw this they immediately threw away their idols, sailed back to Joppa, went to Jerusalem, and submitted to circumcision, becoming Jews (Yalḳ., lc; Tan., Wayiḳra, ed. Stettin, 1865, pp. 370 et seq.; see also Pirḳe R. El. x.).船の乗組員を見たときにすぐに投げたawayこの彼らのアイドル、航海joppa省略して、行ったエルサレム、割礼を提出し、ユダヤ人になる( yalḳ. 、液晶;黄褐色。 、 wayiḳra 、エドです。シュテッチン、 1865 、 pp 。 370頁以降を参照。 ; pirḳe r.エルも参照ください。 Xの)です。

In the Zohar (Wayaḳhel) it is related that the fish died as soon as Jonah entered, but was revived after three days.は、 zohar ( wayaḳhel )魚が死亡したことが関連して入力するとすぐにヨナが、 3日間は、復活した後です。 When Jonah was thrown into the sea his soul immediately left his body and soared up to God's throne, where it was judged and sent back.ヨナは海に投げ出されたときに彼の魂が急騰するとすぐに左に彼の遺体を神の玉座、ここで送り返すことは、判断とします。 As soon as it touched the mouth of the fish on its way back to the body, the fish died, but was later restored to life.それに触れるとすぐに口の中の魚は、身体への帰途、魚が死亡したれましたが、その後の生活に復元されます。 The fish's name is given in "Shalshelet ha-Ḳabbalah" as (ie, "cetos" = "whale").魚の名前が与えられた、 " shalsheletハ- ḳabbalah "として(すなわち、 " cetos " = "鯨" ) 。 The fate of Jonah is allegorized in the Zohar (Wayaḳhel) as illustrative of the soul's relation to the body and to death.の運命をallegorizedは、ヨナはzohar ( wayaḳhel )として例示は、魂の関連して、体の動きとして死亡。 In the assumption that Jonah is identical with the Messiah, the son of Joseph, the influence of Christian thought is discernible (comp. Matt. xii. 39-41).ヨナには同じと仮定して、メサイアは、息子のジョゼフは、キリスト教の思想の影響を受けては、識別( comp.マットです。 12 。 39-41 ) 。

The gourd of Jonah was enormous.ヨナは、巨大な瓢箪のです。 Before its appearance Jonah was tortured by the heat and by insects of all kinds, his clothes having been burned by the heat of the belly of the fish; he was tortured again after the worm had caused the gourd to wither.その前に拷問された外観ヨナは暑さと昆虫のすべての種類によって、彼の服が焼かれ、腹の足しにされる熱の魚;彼はこのワームが発生した後、再び拷問を受けたの瓢箪にしおれています。 This brought Jonah to pray that God should be a merciful ruler, not a strict judge (Pirḳe R. El. x.; Yalḳ. 551).SSEGHヨナことを祈ってこの類型化すべきである、慈悲深き神の支配者ではなく、厳密な判断( pirḳe r.エルです。 Xの; yalḳ 。 551 ) 。 ssegh

Emil G. Hirsch, Karl Budde, Solomon Schechter g.エミールハーシュ、カールバッド、ソロモンシェクター

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです