Book of Joshua, Josue予約のジョシュア、ジョスエ

General Information 総合情報

Joshua is the sixth book of the Old Testament of the Bible.ジョシュアは、 6番目の本は、聖書の、旧約聖書のです。 It is named for the leader who succeeded Moses and led Israel in the successful conquest of Canaan, the Promised Land.これはwhoに成功した指導者の名前を授けて、ムーサーとイスラエルの主導カナン征服の成功は、約束の地です。 The book is divided into three parts: the conquest of Canaan during Joshua's three major campaigns (chaps. 1 - 12), including the fall of Jericho (chap. 6), the siege of Gibeon, and Joshua's victory while the sun and moon stood still (chap. 10); the division of Canaan by tribes (chaps. 13 - 22); and Joshua's farewell speeches and death (chaps. 23 - 24).この本は、 3つの部分に分かれて:カナンの征服の中にジョシュアの3つの主要キャンペーン( chaps. 1 -1 2) 、などの秋のエリコ( c hap.6 ) 、ギベオンの包囲を解く、とJ oshuaの勝利立っていたが、太陽と月まだ( chap. 10 ) ;の課のカナンの地を部族( chaps. 13 -2 2) ;とJ oshuaのお別れスピーチと死( c haps.2 3- 24 )。

The Book of Joshua forms part of the Deuteronomistic History, the collective name given by scholars to the books of Deuteronomy, Joshua, Judges, 1 and 2 Samuel, and 1 and 2 Kings, all of which appear to have been compiled by the same editor or editors.この本のジョシュアdeuteronomisticの歴史の一部を形成するのは、集団の名前を与えられた図書の申命記の学者、ジョシュア、裁判官は、 1と2のサミュエル、および1と2の王、すべてのが見えることがありますが、同じエディタを使ってコンパイルされたまたは編集します。 This history was recorded during the time of Josiah (c. 640 - 609 BC) and revised around 550 BC.この履歴を記録中の時間のジョサイア( c. 640 -6 09紀元前)と約5 50紀元前改正です。 Joshua is based on earlier sources, however; some parts of the text date from the premonarchial period.ジョシュアは、以前のソースに基づいて、しかし、いくつかの部分のテキスト日付premonarchial期からです。 The book was edited almost 600 years after the conquest of Canaan (c. 1225 BC).この本は、ほぼ600年後の編集カナン征服(紀元前1225 c. ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography 書誌事項
P Enns, Joshua: Bible Study Commentary (1981); L Greenspoon, Textual Studies in the Book of Joshua (1983); JA Soggin, Joshua, A Commentary (1972). pエンス、ジョシュア:聖書の勉強解説( 1981 ) ;左greenspoon 、テキスト形式の研究は、予約のジョシュア( 1983 ) ;ジャsoggin 、ジョシュアは、解説( 1972 ) 。


Book of Joshua, Josue予約のジョシュア、ジョスエ

Brief Outline簡単な概要

  1. Conquest of Canaan (1-12)カナン征服( 1-12 )
  2. Apportionment of territory to tribes (13-22)配分の領土を部族( 13-22 )
  3. Joshua's farewell address (22-24)ジョシュアのお別れのアドレス( 22-24 )


Josh'ua josh'ua

Advanced Information 高度情報

Joshua, Jehovah is his help, or Jehovah the Saviour.ジョシュア、エホバは彼のヘルプか、またはエホバの救世主です。 The son of Nun, of the tribe of Ephraim, the successor of Moses as the leader of Israel.修道女の息子であるが、その部族のエフライム、モーゼの後継者のリーダーとして、イスラエルのです。 He is called Jehoshua in Num.彼はjehoshuaでNUM件と呼ばれる。 13:16 (AV), and Jesus in Acts 7:45 and Heb. 13:16 ( av )そしてイエスキリストの行為となしで7:45です。 4:8 (RV, Joshua). 4時08分(右心室、ジョシュア) 。 He was born in Egypt, and was probably of the age of Caleb, with whom he is generally associated.彼は、生まれたときエジプトでは、とのCalebBrettはおそらく、年齢、御心に適うは一般的に関連付けられた。 He shared in all the events of the Exodus, and held the place of commander of the host of the Israelites at their great battle against the Amalekites in Rephidim (Ex. 17:8-16).彼は共有されるすべてのイベントは、出エジプト記、および開催し、開催地のホストの司令官は、イスラエルでの戦いに大きなamalekitesでrephidim (例: 17:8-16 ) 。 He became Moses' minister or servant, and accompanied him part of the way when he ascended Mount Sinai to receive the two tables (Ex. 32:17).彼はムーサー'部長官や使用人、および伴走部分昇っマウントシナイ山の道を受信するときは、 2つのテーブル(例: 32:17 )です。 He was also one of the twelve who were sent on by Moses to explore the land of Canaan (Num. 13:16, 17), and only he and Caleb gave an encouraging report.彼はまた1つは、 12 whoをムーサーに送信されたカナンの地を探検する( num. 13:16 、 17 ) 、とだけ、彼とのCalebBrettは報告書で勇気づけられる。 Under the direction of God, Moses, before his death, invested Joshua in a public and solemn manner with authority over the people as his successor (Deut. 31:23).神の方向にされて、ムーサーよ、彼の死を前に、公共投資のジョシュアと厳粛な態度で権威をもって彼の後任として、人々 ( deut. 31:23 )です。

The people were encamped at Shittim when he assumed the command (Josh. 1:1); and crossing the Jordan, they encamped at Gilgal, where, having circumcised the people, he kept the Passover, and was visited by the Captain of the Lord's host, who spoke to him encouraging words (1:1-9). encampedシッテムときに、人々は彼のコマンドと仮定( josh. 1:1 ) ;との交差点、ヨルダン、彼らはギルガルencamped 、どこに、割礼の人々が、彼は過ぎ越しの保管して、訪問されるとは、主の船長ホスト、 who話を彼の激励の言葉( 1:1-9 ) 。 Now began the wars of conquest which Joshua carried on for many years, the record of which is in the book which bears his name.今すぐ征服戦争が始まったのは何年も乗って運ばれるジョシュアは、その本の記録をクマが彼の名を入力します。 Six nations and thirty-one kings were conquered by him (Josh. 11:18-23; 12:24). 6カ国と31の王が彼に征服された( josh. 11:18-23 ; 12:24 )です。 Having thus subdued the Canaanites, Joshua divided the land among the tribes, Timnath-serah in Mount Ephraim being assigned to himself as his own inheritance.このように地味なのがcanaanites 、ジョシュア部族間の分裂の土地、 timnath - serahにマウントエフライムが自分自身の相続として自分自身に割り当てられている。 His work being done, he died, at the age of one hundred and ten years, twenty-five years after having crossed the Jordan.彼の作業が行われた、彼が亡くなった時、歳の時に110年間、 25年後のことを横断し、ヨルダンです。

He was buried in his own city of Timnathserah (Josh. 24); and "the light of Israel for the time faded away."彼は彼自身の都市に埋葬さtimnathserah ( josh. 24 ) ;と"イスラエルは、時間の光を色あせたです。 " Joshua has been regarded as a type of Christ (Heb. 4:8) in the following particulars:, (1) In the name common to both; (2) Joshua brings the people into the possession of the Promised Land, as Jesus brings his people to the heavenly Canaan; and (3) as Joshua succeeded Moses, so the Gospel succeeds the Law.ジョシュア一種であると見なされてきたキリスト( heb. 4時08分)には、次の明細: 、 ( 1 )の名前の両方に共通する、 ( 2 )ジョシュアの所持をもたらすの人々の約束の地、イエスキリストをもたらす彼の人々を天国のカナン、および( 3 )としてジョシュアムーサーに成功したので、同法が成功したの福音です。 The character of Joshua is thus well sketched by Edersheim:, "Born a slave in Egypt, he must have been about forty years old at the time of the Exodus. Attached to the person of Moses, he led Israel in the first decisive battle against Amalek (Ex. 17:9, 13), while Moses in the prayer of faith held up to heaven the God-given 'rod.'ジョシュアは、そのための性格をよくスケッチをedersheim : 、 "エジプトの奴隷が生まれるのではなく、彼は40歳れている必要があります時点で、出エジプト記です。ムーサーの人に接続されて、彼はイスラエルでの最初の決定的な戦いアマレク人(例: 17時09分、 13 ) 、信仰の祈りながらムーサーは、開かれた天の神から与えられた最大のロッドです。 ' It was no doubt on that occasion that his name was changed from Oshea, 'help,' to Jehoshua, 'Jehovah is help' (Num. 13:16). And this name is the key to his life and work.これを機会に疑問をなかったことから、彼の名前が変更さoshea 、 'ヘルプ、 'をjehoshua 、 'エホバは、ヘルプ' ( num. 13:16 )です。とこの名前では、彼の人生と仕事の鍵を握る。

Alike in bringing the people into Canaan, in his wars, and in the distribution of the land among the tribes, from the miraculous crossing of Jordan and taking of Jericho to his last address, he was the embodiment of his new name, 'Jehovah is help.'カナンの地が似ている人々をもたらすのは、彼の戦争、およびその土地の分布の間の部族は、ヨルダンとの交差点からの奇跡の撮影のエリコ彼の最後のアドレスを、彼は彼の新しい名前の実施の態様、 'エホバは、ヘルプします。 To this outward calling his character also corresponded.彼の性格を呼び出して、この外側にも対応します。 It is marked by singleness of purpose, directness, and decision......これはスパムを一つの目的のために、真っすぐなこと、および意思決定...... He sets an object before him, and unswervingly follows it" (Bible Hist., iii. 103)彼は彼の前のオブジェクトを設定し、次のように道を外れずこと" (聖書の履歴です。 、 Ⅲ 。 103 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Josh'ua予約のjosh'ua

Advanced Information 高度情報

The Book of Joshua contains a history of the Israelites from the death of Moses to that of Joshua.この本のジョシュアには、イスラエルの歴史をモーゼの死をしてからのジョシュアです。 It consists of three parts:, (1.) The history of the conquest of the land (1-12). 3つの部分で構成さ: 、 ( 1 )の歴史はその土地の征服( 1-12 ) 。 (2.) The allotment of the land to the different tribes, with the appointment of cities of refuge, the provision for the Levites (13-22), and the dismissal of the eastern tribes to their homes. ( 2 )の割当は、土地を、別の部族で、予定の都市の避難所は、引当金のlevites ( 13-22 ) 、および東部の部族を解任したが故郷にします。 This section has been compared to the Domesday Book of the Norman conquest.このセクションでdomesdayと比較して予約され、ノルマン征服します。 (3.) The farewell addresses of Joshua, with an account of his death (23,24). ( 3 。 )ジョシュアの別れを告げるのアドレスを、彼の死を持つアカウント( 23,24 ) 。 This book stands first in the second of the three sections, (1) the Law, (2) the Prophets, (3) the "other writings" = Hagiographa, into which the Jewish Church divided the Old Testament.この本をスタンドで2番目の最初の3つのセクションに、 ( 1 )法律、 ( 2 )は、預言者、 ( 3 ) 、 "その他の記述" = hagiographa 、分断されて、旧約聖書のユダヤ教会です。 There is every reason for concluding that the uniform tradition of the Jews is correct when they assign the authorship of the book to Joshua, all except the concluding section; the last verses (24:29-33) were added by some other hand.すべての理由には制服の伝統を締結して、ユダヤ人が正しいときに、オンラインで書籍を割り当てるには原作者のジョシュア、すべてのセクションを除いて締結;の最後の詩( 24:29-33 )が追加されたいくつかの他の手です。

There are two difficulties connected with this book which have given rise to much discussion, (1.) The miracle of the standing still of the sun and moon on Gibeon.接続するには2つの困難に上昇するこの本が与えられた多くの議論を、 ( 1 )の奇跡は、まだ立って、太陽と月をギベオンです。 The record of it occurs in Joshua's impassioned prayer of faith, as quoted (Josh. 10:12-15) from the "Book of Jasher" (qv).それが発生するの記録をジョシュアの熱烈な信仰の祈り、引用符( josh. 10:12-15 )より、 "予約のjasher " ( qv ) 。 There are many explanations given of these words.これらの説明には多くの言葉を与えられた。 They need, however, present no difficulty if we believe in the possibility of God's miraculous interposition in behalf of his people.に必要な、しかし、現在の困難な場合に私たちの可能性を信じて、神の奇跡的介入に代わって彼の人々です。 Whether it was caused by the refraction of the light, or how, we know not.かどうかは、光の屈折が原因で発生するか、またはどのように、私たちは知らない。 (2.) Another difficulty arises out of the command given by God utterly to exterminate the Canaanites. ( 2 )別の難しさがあればアウトには、コマンドで与えられた神のcanaanites全くを駆除します。 "Shall not the Judge of all the earth do right?" "裁判官のすべての者は、地球は右ですか? " It is enough that Joshua clearly knew that this was the will of God, who employs his terrible agencies, famine, pestilence, and war, in the righteous government of this world.ジョシュアに十分なことを知っていたことが明らかにこれは神の意志、 who彼のひどい代理店の従業員を、飢饉、疫病、と戦争は、政府のこの世界の正義です。

The Canaanites had sunk into a state of immorality and corruption so foul and degrading that they had to be rooted out of the land with the edge of the sword. canaanitesいたの不道徳沈んだ状態になると腐敗が出ていたのでファウルと分解されるの土地に根を下ろしたのは、剣の端にします。 "The Israelites' sword, in its bloodiest executions, wrought a work of mercy for all the countries of the earth to the very end of the world." "イスラエルの剣は、その残酷な処刑、鍛造、慈悲のすべての仕事をしている国を地球から非常にエンドオブザワールドです。 " This book resembles the Acts of the Apostles in the number and variety of historical incidents it records, and in its many references to persons and places; and as in the latter case the epistles of Paul (see Paley's Horce Paul.) confirm its historical accuracy by their incidental allusions and "undesigned coincidences," so in the former modern discoveries confirm its historicity.この本に似て、使徒の行為の数と様々な歴史的事件を記録、および、その多くの人や場所を参照し、後者の場合のようにポールの書簡( horceペーリーのポールです。 ) 、歴史的な精度を確認付帯されてallusions 、 "まだ設計されて偶然の積み重ね、 "これは、前近代的発見の史実を確認します。 The Amarna tablets are among the most remarkable discoveries of the age.アマルナ錠の中で最も注目すべきは、その時代の発見です。

Dating from about BC 1480 down to the time of Joshua, and consisting of official communications from Amorite, Phoenician, and Philistine chiefs to the king of Egypt, they afford a glimpse into the actual condition of Palestine prior to the Hebrew invasion, and illustrate and confirm the history of the conquest.デートしてから約紀元前1480ダウンタイムのジョシュア、および構成の公式通信よりアモリ、フェニキア、およびペリシテ参謀本部にザキングオブエジプトでは、彼らの実際の余裕を垣間見ることが条件にパレスチナ侵攻する前に、ヘブライ語、と説明するとの征服の歴史を確認してください。 A letter, also still extant, from a military officer, "master of the captains of Egypt," dating from near the end of the reign of Rameses II., gives a curious account of a journey, probably official, which he undertook through Palestine as far north as to Aleppo, and an insight into the social condition of the country at that time.一通の手紙は、現存してもまだ、軍の将校から、 "ご主人様は、船長のエジプトでは、 "出会い系からの治世の終わりに近いrameses Ⅱ 。 、アカウントに好奇心の旅の、おそらく関係者は、これを通じて彼はパレスチナundertakeの過去過去分詞極北をアレッポとして、および洞察力をその国の社会的条件にしている。 Among the things brought to light by this letter and the Amarna tablets is the state of confusion and decay that had now fallen on Egypt.白日の下にさらさ間のものをこの手紙とアマルナ錠の状態を混乱と崩壊は、今すぐに落ちていたエジプトです。 The Egyptian garrisons that had held possession of Palestine from the time of Thothmes III., some two hundred years before, had now been withdrawn.エジプトの守備隊ていたの時から開かれたパレスチナの所持thothmes Ⅲ 。 、いくつかの200年前に、は廃止されました。

The way was thus opened for the Hebrews.そのための道が開かれるヘブル人への手紙です。 In the history of the conquest there is no mention of Joshua having encountered any Egyptian force.征服の歴史の中のジョシュアがないことに言及した任意のエジプトの力発生します。 The tablets contain many appeals to the king of Egypt for help against the inroads of the Hebrews, but no help seems ever to have been sent.この錠剤を含む多くの訴えに反対のヘルプザキングオブエジプトへブル人への進出を、それまで助けように送信されています。 Is not this just such a state of things as might have been anticipated as the result of the disaster of the Exodus?このような状態ではないだけかもしれないの事を予想され、災害の結果として、出エジプト記ですか? In many points, as shown under various articles, the progress of the conquest is remarkably illustrated by the tablets.多くのポイントに示すように、様々な記事の下に、その進捗状況については非常に征服されたイラスト入りの錠剤です。 The value of modern discoveries in their relation to Old Testament history has been thus well described: "The difficulty of establishing the charge of lack of historical credibility, as against the testimony of the Old Testament, has of late years greatly increased. The outcome of recent excavations and explorations is altogether against it.現代の価値を発見さ旧約聖書の歴史に関連してこのようによく説明され: "の難しさが確立して歴史的な信頼性の欠如を担当、反対の証言として、旧約聖書の、近年は大幅に増加している。その結果最近の発掘調査や探検は完全に反対です。

As long as these books contained, in the main, the only known accounts of the events they mention, there was some plausibility in the theory that perhaps these accounts were written rather to teach moral lessons than to preserve an exact knowledge of events.これらの書籍に含まれる限りは、メインは、既知のアカウントのみのイベントを彼らに言及、いくつかの妥当性があったのではないか、これらのアカウントの理論を教える道徳的な教訓が書かれたというよりも、正確な知識のイベントを保持します。 It was easy to say in those times men had not the historic sense.それは簡単に言ってやるが男性ではこれらの倍の歴史的意味はない。 But the recent discoveries touch the events recorded in the Bible at very many different points in many different generations, mentioning the same persons, countries, peoples, events that are mentioned in the Bible, and showing beyond question that these were strictly historic.しかし、最近の発見にタッチするイベントに記録されて聖書を非常に多くの異なるさまざまな世代の多くのポイントは、同じ人言及して、国、民族、イベントには聖書に記載され、これらの表示が厳格にということに疑問の歴史を超えています。 The point is not that the discoveries confirm the correctness of the Biblical statements, though that is commonly the case, but that the discoveries show that the peoples of those ages had the historic sense, and, specifically, that the Biblical narratives they touch are narratives of actual occurrences."その点ではないの発見は、聖書のステートメントの正しさを確認するが、普通の場合は、発見が、詳細は、これらの年齢層の人々は、歴史的な意味では、と、具体的には、聖書の物語は、彼らが物語タッチ実際の出来事です。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Josue (Joshua)ジョスエ(ジョシュア)

Catholic Information カトリックの情報

The name of eight persons in the Old Testament, and of one of the Sacred Books. 8人の名前で、旧約聖書の、とのいずれかの神聖な書籍です。

('Oseé), a Bethsamite in whose field the ark stood on its way back from the land of the Philistines to Juda (1 Samuel 6:14, 18). ( ' oseé )は、そのフィールドの箱舟bethsamiteに立ってその土地からの帰り道、 philistinesをjuda ( 1サミュエル6:14 、 18 ) 。

('Iesoûs), governor of Jerusalem whose idolatrous altars were destroyed by King Josias, during the latter's attempts to undo the evil wrought by his father Amon and grandfather Manasses (2 Kings 22:8). ( ' iesoûs ) 、知事のエルサレムの偶像崇拝の祭壇が破壊されたキングjosias 、後者の中、悪の試みを元に戻すにもたらされた父親と祖父アモンマナッセス( 2キングス22時08分) 。

('Iesoûs), the son of Josedec and the high-priest who returned with Zorobabel from the Babylonian Captivity to Jerusalem (Ezra 2:2; Nehemiah 7:7; 21:1). ( ' iesoûs )は、息子の高司祭who josedecと返さzorobabelをエルサレムからバビロン捕囚(エズラ2:2 ;ニーアマイア7時07分、 21時01分) 。 In I and II Esd.でIとIIのESDです。 the Vulgate calls him Josue; in Agg.彼のウルガタ聖書の呼び出しジョスエ;でaggです。 and Zach., Jesus.とザック。 、イエスキリストです。 He assisted Zorobabel in rebuilding the Temple, and was most zealous for the restoration of the religion of Israel (Ezra 3:2, 8; 4:3; 5:2).同寺の復興支援zorobabel彼は、最も熱心とは、イスラエルの宗教を復元(エズラ3:2 、 8 ; 4:3 ;午前5時02分) 。 It was he whom Zacharias saw in vision stripped of filthy garments and clothed in clean robes and mitre, while the angel of the Lord proclaimed the high-priest the type of the coming Messias (Zechariah 3).彼は誰が見たことのビジョンを剥奪さツァハリアス不潔な服装と服を着て、清潔度ローブとマイタ、主が、天使の宣言の高司祭のタイプを、今後messias (ゼカリヤ3 ) 。

('Iesoué, 'Iesoû), a head of the family of Phahath Moab, one of the families named in the list of Israelites that returned from the Babylonian Exile (Ezra 2:6; Nehemiah 7:11). ( ' iesoué 、 ' iesoû )は、ご家族の頭をphahathモアブ、 1つのリストを、ご家族で名指しされてイスラエルのバビロニアからの亡命者が返された(エズラ2時06分;ニーアマイア7時11分) 。

('Iesoî 'Iesoû), a head of the priestly family of Idaia, maybe the high-priest Josue mentioned above (Ezra 2:36; Nehemiah 7:39). ( ' iesoî ' iesoû )は、頭の聖職者のご家族のidaia 、多分上述の高司祭ジョスエ(エズラ2:36 ;ニーアマイア7時39分) 。

('Iesoûs, 'Iesoû), the name of a priestly family descended from Oduia, as also of various heads of that family after the Exile (Ezra 2:40; 3:9; 8:33; Nehemiah 3:19; 7:43; 8:7; 9:4, 5; 12:8, Vulg. Jesua; 12:24). ( ' iesoûs 、 ' iesoû )は、聖職者のご家族の名前をoduiaの子孫から、様々なヘッドとしても、そのご家族の後に亡命(エズラ2:40 ;午前3時09分;午前8時33分;ニーアマイア3:19 ; 7 : 43 ;午前8時07分;午前9時04分、 5 ;午前12時08分、 vulg 。 jesua ; 12:24 )です。

('Iesía), one of the sons of Herem who were ordered to put away their wives taken from the land of the stranger (Ezra 10:31). ( ' iesía ) 、のいずれかのherem whoの息子の妻が命令を片付けるの土地から、見知らぬ人(エズラ10:31 )です。

(First called Osee; Septuagint 'Iesoûs, first A&úsé), the son of Nun; the genealogy of the family is given in I Par., vii, 20-27; it belonged to the tribe of Ephraim. (第一と呼ばれるosee ;セプトゥアギンタ' iesoûsは、まず、 & úsé )は、息子の修道女;の系譜は私の家族は、与えられたパーです。 、 7 、 20-27 ;ことのエフライム部族に属しています。 Josue commanded the army of Israel, after the Exodus, in its battle with Amalec (Exodus 17:9-13), was called the minister of Moses (xxiv, 13), accompanied the great lawgiver to and from Mount Sinai (xxxi, 17) and into the tabernacle of the covenant (xxxiii, 11), and acted as one of twelve spies whom Moses sent to view the land of Chanaan (Numbers 13:9).イスラエル軍のジョスエ命じ、出エジプト記の後に、その戦いにamalec (出エジプト記17:9-13 )と呼ばれる部長官は、モーゼス( 24 、 13 ) 、同行の大立法者を、よりマウントサイナイ( 31 、 17 )との契約を幕屋( 33 、 11 ) 、および行動の一つとして12人のスパイを表示するに送られる土地のムーサーchanaan (数字13時09分) 。 On this occasion Moses changed his servant's name from Osee to Josue (Numbers 13:17).この時に当たって彼の使用人の名前を変更ムーサーoseeをジョスエ(数字13:17 )です。 The new name most likely means "Jahweh is salvation".最も高い、新しい名前の意味" jahwehは救い"です。 Josue and Caleb alone spoke well of the land, even though the people wished to stone them for not murmuring and these two lived on (Numbers 14:38).スポークだけでよくジョスエとのCalebBrettをした土地は、石にもかかわらず、人々を希望してそれらをサラサラ流れると、これら2つの住んでいない(数字14:38 )です。 Josue was chosen by God to succeed Moses.神の後任に選ばれたジョスエモーゼスです。 The words of the choice show the character of the chosen (Numbers 27:17-18).の言葉を表示する文字の選択は、選択した(数字27:17-18 ) 。 Before Eleazar and all the assembly of the people Moses laid hands on Josue.前eleazarとムーサーの人々のすべてのアセンブリを手にしlaidジョスエです。 Later this soldier was proposed by Moses to the people to lead them into the land beyond the Jordan (Deuteronomy 31:3), and was ordered by the Lord to do so (xxxi, 23).提案された後、この兵士はムーサーに、その土地の人々をリードして越えてヨルダン(申命記31:3 )とは、指示された主これを行うには( 31 、 23 ) 。 After the death of Moses, Josue was filled with the spirit of wisdom and was obeyed by the children of Israel (Deuteronomy 34:9).ムーサーの後に死亡した、ジョスエの精神に満ちているのは、知恵とは言われたとおりにされ、イスラエルの子孫(申命記34:9 ) 。 The rest of story of Josue is told in the Book of Josue.物語の残りの部分はその本のジョスエはジョスエです。

THE BOOK OF JOSHUAこの本のジョシュア

The sixth book of the Old Testament; in the plan of the critics, the last book of the Hexateuch (see PENTATEUCH). 6番目の本旧約聖書;は、計画は、批評家、最後の予約は、六書(五) 。 In the Fathers, the book is often called "Jesus Nave".で、父親の、この本は、しばしば呼ばれる"イエスキリストこしき"です。 The name dates from the time of Origen, who translated the Hebrew "son of Nun" by uìòs Nauê and insisted upon the Nave as a type of a ship; hence in the name Jesus Nave many of the Fathers see the type of Jesus, the Ship wherin the world is saved.の名前の日付からの時間の原産地、 whoヘブライ語に翻訳する"修道女の息子である"と主張した時、会衆席uìòs nauêタイプの船として;それゆえにイエスキリストの名前の多くは、父親の会衆席タイプの詳細については、イエスキリストは、船wherinの世界が保存されます。

(1) Contents ( 1 )の内容

The Book of Josue contains two parts: the conquest of the promised land and the division thereof.この本の2つの部分が含まれジョスエ:約束の地の征服との分裂があります。 (a) The Conquest (i- xii). (ア)の征服(私- 12 ) 。 Josue enters the land of promise, after being assured by spies that the way is safe.ジョスエに入るの約束された土地は、後にスパイを保証するための道が安全です。 It is the tenth day of the first month, forty-one years since the Exodus.これは、最初の1カ月の10日、 41年ぶりの栄光への脱出します。 The channel of the Jordan is dry during the passage of Israel (i-iii) A monument is erected in the midst of the Jordan, and one at Galgal, to commemorate the miracle.チャネルは、ヨルダンはイスラエルの通過を乾燥中に(私- 3 )に記念碑が建てられたの真っただ中に、ヨルダン、およびgalgalに1つずつ、年を記念して奇跡です。 Josue camps at Galgal (iv).ジョスエキャンプでgalgal ( 4 )です。 The Israelites born during the wandering are circumcised; the pasch is eaten the first time in the land of promise; the manna ceases to fall; Josue is strengthened by the vision of an angel (v).イスラエル生まれの中には、割礼を徘徊し、食べて、最初のpaschは、その土地の時間を約束し、マンナ停止に落ちる;ジョスエが強化された天使のビジョン( v )を使います。 The walls of Jericho fall without a blow; the city is sacked; its inhabitants are put to death; only the family of Rahab is spared (vi).エリコの壁を戦わずして下落し、市は、解雇;その街の住民たちが置かれて死ぬ;は、ご家族のラハブは惜しまない( 6 )です。 Israel goes up against Hai.イスラエルに対して海が上がる。 The crime of Achan causes defeat. achan犯罪の敗北の原因です。 Josue punishes that crime and takes Hai (vii-viii, 29); sets up an altar on Mount Hebal; subjugates the Gabaonites (viii, 30-ix), defeats the kings of Jerusalem, Hebron, Jerimoth, Lachis, and Eglon; captures and destroys Maceda, Lebna, Lachis, Eglon, Hebron, Dabir, and the South even to Gaza; marches North and defeats the combined forces of the kings at the waters of Meron (x-xii).ジョスエ罰することは犯罪と海( 7 - viii 、 29 ) ;セットアップ祭壇をマウントhebal ; subjugatesのgabaonites ( 8 、 30 - 9世) 、王敗エルサレム、ヘブロン、 jerimoth 、 lachis 、およびエグロン;キャプチャと破壊maceda 、 lebna 、 lachis 、エグロン、ヘブロン、 dabir 、ガザ地区と南にも;行進北朝鮮との連合軍の敗北は、水の王メロン( - 12 ) 。 (b) The Division of the Land among the Tribes of Israel (xiii-xxii). ( b )本部が実施してイスラエルの部族間の土地( 13 - xxii ) 。 Epilogue: last message and death of Josue (xxiii and xxiv).エピローグ:最後のメッセージを表示し、死亡したジョスエ( 23 、 24 ) 。

(2) Canonicity ( 2 )規範

(a) In the Jewish canon Josue is among the Early Prophets Josue, Judges, and the four Books of Kings. (ア)は、ユダヤ人の間の早期キヤノンジョスエは、預言者ジョスエ、裁判官、および王の4つの書籍です。 It was not grouped with the Pentateuch, chiefly because, unlike Exodus and Leviticus, it contained no Torah, or law; also because the five books of the Torah were assigned to Moses (see PENTATEUCH).五グループではないこと、主のため、出エジプト記、レビ記とは異なり、律法に含まれていませんか、または法律;ものための5つの書籍は、律法はモーセに割り当てられている(五) 。 (b) In the Christian canon Josue has ever held the same place as in the Jewish canon.結果( b )には、キリスト教キヤノンジョスエ今までのように、同じ場所で開かれたキヤノンのユダヤ人です。

(3)Unity ( 3 )の結束

Non-Catholics have almost all followed the critics in the question of the "Hexateuch"; even the conservative Hastings, "Dict. of the Bible", ed.非カトリック教徒がほとんどすべての批評家は、その後の質問は、 "六書" ;さえ、保守的なヘイスティングス、 " dictのです。の聖書" 、エドです。 1909, takes it for granted that Josue (Joshua) is a post-Exile patchwork. 1909年までのことと思い込むジョスエ(ジョシュア)は、亡命後のパッチワークです。 The first part (i-xii) is made up of two documents, probably J and E (Jehovistic and Elohistic elements), put together by JE and later revised by the Deuterocanonical editor (D); to this latter is assigned all of the first chapter.の最初の部分(私- 12 )の2つのドキュメントには、おそらくJおよびメール( jehovisticとエロヒストの要素) 、およびそれ以降はまとめられた改正された第二正典エディタ(奥行) ;をこの後者のすべてのが割り当てられて、最初の章で紹介します。 Very little of this portion is the work of P (the compiler of the Priestly Code).この部分はほとんどの仕事はp (コンパイラは、聖職者のコード)です。 In the second part (xiii-xxii) the critics are uncertain as to whether the last editing was the work of the Deuteronomic or the Priestly editor; they agree in this that the same hands those of J, E, D, and P are at work in both parts, and that the portions which must be assigned to P have characteristics which are not at all found in his work in the Pentateuch.第二部( 13 - xxii )の批評家とするかどうかは不透明なの最後の編集は、仕事をするか、聖職者のエディタdeuteronomic ;彼らに同意、この手は、それらの無しと同じ、メール、 dとpは先仕事の両方で部品、との部分は、これまでPに割り当てる必要がありますが特性をすべて発見されていない彼の作品は、五します。 The final redaction is post-Exilic a work done about 440-400 BC Such in brief is the theory of the critics, who differ here as elsewhere in the matter of the details assigned to the various writers and the order of the editing, which all assume was certainly done.追放された後の最後の改訂は、このような作業を簡潔に約440から400紀元前の理論は、批評家、 whoの別の場所で、ここでの問題が異なるのは、詳細に割り当てられている様々な作家や注文してから、編集、これをすべて想定は、確かに完了です。 (See GA Smith and Welch in Hastings, "Dict. of the Bible", large and small editions respectively, sv "Joshua"; Moore in Cheyne, "Encyc. Bibl."; Wellhausen, "Die Composition des Hexateuchs und der historischen Bücher des AT", Berlin, 1889; Driver, "Introd. to Lit. of OT", New York, 1892, 96.) (ジョージアスミスとヘイスティングスウェルチが、 " dictのです。の聖書" 、大小様々なエディションそれぞれ、 sv文書"ジョシュア" ;ムーアのチェーンストークス、 " encyc 。 bibl 。 " ;ヴェルハウゼン、 "死ぬ組成デhexateuchs und der historischen bücherデに" 、ベルリン、 1889 ;ドライバ、 " Introd学です。に点灯します。のot " 、ニューヨーク、 1892年、 96 。 )

The Jews knew no such Hexateuch, no such six books set together by a final editor; they always kept a marked distinction between the Pentateuch and Josue, and rather linked Josue with Judges than with Deuteronomy.ユダヤ人を知っていたような六書、そのような6つの書籍設定をまとめて、最終エディタ;彼らがいつも持ち歩いて、スパムの間の区別ジョスエ五とし、裁判官というよりも、お申命記ジョスエリンクします。 The well-known preface to Ecclesiasticus (Septuagint) separates the "Law" from the "Prophets".序文ではよく知られて集会の書(セプトゥアギンタ)分離する"法"からの"預言者"です。 The Samaritans have the Torah entirely separate from the recently discovered Samaritan Josue.サマリア人は、律法は完全に別の独立したサマリア人は最近発見ジョスエです。

Catholics almost universally defend the unity of Josue.カトリック教徒の結束を擁護するジョスエほぼ普遍的です。 It is true that before the decree of the Biblical Commission on the question of the multiple authorship of the Pentateuch, some Catholics assigned Josue, as well as the five Mosaic books, to J, E, D, and P. Catholic Biblical scholars favour the pre-Exilic unity of composition of Josue and its editorial independence of the Pentateuch.それは事実だが、聖書の前に、委員会令の問題は、複数の原作者は、五、ジョスエに割り当てられたいくつかのカトリック信者だけでなく、書籍の5つのモザイクを無し、メール、 d 、賛成するとP.カトリック聖書学者事前の組成を追放されたの結束をジョスエとその編集の独立性の五します。 This independence is shown by the completeness and originality of the plan of the book.この独立性が示されている同計画の完全性と独創性の本です。 We have seen the unity of this plan Josue's conquest and division of the promised land.私たちはこの計画の結束を見られるの征服とジョスエ部が実施して約束の地です。 The purpose is clear to carry on the history of the chosen people after the death of Moses.その目的は、クリアを運ぶ人々の歴史は、選択したムーサーの後に死亡した。 The purpose of the Pentateuch was very different to codify the laws of the chosen people as well as to sum up their primitive history.の目的は、五を成文化は非常に異なる人々の法律に基づいて選択されただけでなく、原始の歴史を要約するとします。 No laws are codified in Josue.体系化さジョスエ法はない。 The critics argue that the death of Moses leaves a void to be filled up, ie the conquest of the land of promise, and therefore postulate this conquest for the historical, if not for the legal, completeness of the Pentateuch.批評家が死亡したと主張してムーサーの葉をいっぱいにボイド、すなわち、征服の約束された土地、およびそのため、この征服の公準は、歴史的建造物、そうでない場合は、法的、完全性、五します。 Such an hypothesis would justify one in postulating also that the history of the conquest after the death of Josue be needed for the historical completeness of the Pentateuch.このような仮説を正当化するには、 postulatingもの歴史を征服した後、ジョスエの死を完全にする必要があるの歴史的な五します。 Again, the completeness of Josue's narrative of the conquest of the promised land is clear from the fact that it repeats data which are already given in the Pentateuch and are details of that conquest.繰り返しになりますが、完全に征服ジョスエの物語約束の地が繰り返されていることをより明確には、すでに指定されたデータとは五の詳細を征服します。 The orders of Moses to the children of Ruben and of Gad are clear cut in the Pentateuch (Numbers 32:20 sqq.); so, too, is the execution of these orders by the Rubenites and Gadites in the lands of the Amorrhites and of Basan (Numbers 32:33-38).ムーサーの命令にルーベンとの子供たちをほっつき歩くのもきれいにカットさ五( 32:20 sqq数字です。 ) ;ので、あまりにも、これらの命令は、実行されるとrubenitesのgaditesは、土地とamorrhites basan (数字32:33-38 ) 。 If Josue is part of the composite and late composition which the critics make the Mosaic books out to be, how comes it that these very data concerning the children of Ruben and of Gad are repeated by the supposititious Deuteronomic D¹ or D² when he comes to set together the J and E and P of Josue?もしジョスエは後半部分との複合組成は、批評家のモザイクの書籍を作るには、どのようにそれに関するデータは、これらの非常にルーベンとの出歩きの子供たちが繰り返さされたすり替えたdeuteronomic d ² ¹またはDを設定するときには一緒にはJとEとPのジョスエですか? Why does he break in upon his continued narrative (see Joshua 1:12; 13:15-28)?ふと心に浮かぶのはなぜ彼は彼の継続的物語(ジョシュア1:12 ; 13:15-28 )ですか? Why this useless repetition of the same names, if not because of the unity of composition of Josue?なぜ、この無駄なのと同じ名前の繰り返し、そうでない場合は、団結のための組成をジョスエですか? Why are the cities of refuge given again (cf. 20:8; Deuteronomy 4:41 sqq.)?与えられた理由は、都市の避難所をやり直してください( cf. 20 : 08 ;申命記4:41 sqq 。 )ですか? To answer these and similar difficulties, the critics have recourse to an uncritical subterfuge D¹ or D² was not brought up in the school of modern criticism; hence his blunderings.これらのと同じような困難に答え、批評家の頼みの綱にはいいかげんな言い逃れd ¹またはD ²は、学校で育てられていない近代批判;したがって彼のblunderingsです。 We cannot accept so uncritical and free-handed a writer as the God-chosen and inspired editor of the Pentateuch and Josue.無批判を受け入れることはできないので、自由に利きのある作家としての神に選ばれたと、五とジョスエインスピレーションエディタです。 For a full refutation of the critics, see Cornely, "Introd. Specialis in Hist. VT Libros", II (Paris, 1887, 177).批評家のための完全な反論を参照してくださいcornely 、 " Introd学です。特別の履歴です。バーモント図書館" 、 2世(パリ、 1887年、 177 ) 。

(4) Authorship ( 4 )原作者

(a) The Book of Josue was certainly written before the time of David, for the Chanaanite still dwelt in Gazer (xvi, 10), the Jebusite in Jerusalem (xv, 63), and Sidon held supremacy in Phoenicia (xiv, 28); whereas, before the time of Solomon, the Egyptians had driven the Chanaanite from Gazer (1 Kings 9:16), David had captured Jerusalem in the eighth year of his reign (2 Samuel 5:5), and Tyre (twelfth century BC) had supplanted Sidon in the supremacy of Phoenicia. ( a )は予約のジョスエは、確かに書かれた時のデビッドの前に、麻薬取締官のchanaaniteまだ力説さ( 16 、 10 )は、 jebusite 、エルサレム( 15 、 63 ) 、およびシドン開かれたフェニキアの覇権を握る( 14 、 28 ) ;一方、ソロモンの前に時間は、エジプトが駆動chanaaniteからの麻薬取締官( 1王9時16分) 、デイビッドが捕捉エルサレムは、彼の治世8年( 2サミュエル5時05分) 、およびタイヤ(紀元前12世紀)はsupplantedシドンの覇権を握るのは、ポイニキアです。 Moreover, in David's time, no writer could have set down his allies the Phoenicians among the peoples to be destroyed (xiii, 6).また、デビッドの時間を、セットダウンの作家が彼の同盟国のフェニキア人の人々の間に破壊される( 13 、 6 ) 。

(b) Internal evidence favours the view that the author lived not long after the death of Josue.結果( b )内部証拠恩恵の著者住んでいないとの見解を長いジョスエの後に死亡した。 The territory assigned to each tribe is very exactly described.各部族の領土に割り当てられているのは非常に正確に説明します。 Only the land allotted to Ephraim is set down (xvi, 5), since occupation was delayed (xvii, 16); on the other hand, we are told not only the portion of land allotted to Juda and Benjamin, but the cities they had captured (xv, 1 sqq.; xviii, 11 sqq.); as for the other tribes, the progress they had made in winning the cities of their lot is told us with an accuracy which could not be explained were we to admit that the narrative is post-Exilic in its final redaction.エフライムに割り当てられるだけの土地が設定さダウン( 16 、 5 ) 、以来占領が遅れた( 17 、 16 ) ;その一方で、私たちは言われた部分だけでなく、土地の割り当てをjudaとベンジャミン、都市ていたが、キャプチャ( 15 、 1 sqq 。 ; 18 、 11 sqq 。 ) ;としては、他の部族、彼らはメイドインの進捗状況に優勝して多くの都市は先には、精度ができませんでしたが私たちを認めざるを説明して物語は、追放された後の最終改訂します。 Only the inadmissible bungling of the uncritical D¹ or D² will serve to explain away this argument.不器用なだけの証拠を無批判dまたはD ² ¹言い逃れは、この引数を提供します。

(c) The question remains: Did Josue write all save the epilogue? (ウ)疑問は残る:参考ジョスエの書き込みをすべて保存してエピローグですか? Catholics are divided.カトリック教徒が分かれています。 Most of the Fathers seem to have taken it for granted that the author is Josue; still there have ever been Catholics who assigned the work to some one shortly after the death of the great leader.ほとんどの撮影には、父親のことを当たり前のように見えるこの文書の著者はジョスエ;まだそこにあったが上演されたカトリック教徒who割り当てられた仕事をいくつかの死の直後に1つの偉大な指導者です。 Theodoret (In Jos., q. xiv), Pseudo-Athanasius (Synopsis Sacr. Scrip.), Tostatus (In Jos., i, q. xiii; vii), Maes ("Josue Imperatoris Historia", Antwerp, 1574), Haneberg ("Gesch. der bibl. Offenbarung", Ratisbon, 1863, 202), Danko ("Hist. Rev. Div. VT", Vienna, 1862, 200), Meignan ("De Moïse à David", Paris, 1896, 335), and many other Catholic authors admit that the Book of Josue contains signs of later editing; but all insist that this editing was done before the Exile. theodoret ( jos. 、問14 ) 、擬似-アタナシウス( sacr形式です。乗車券です。 ) 、 tostatus ( jos. 、私は、問13 ;七) 、マース( "ジョスエimperatoris歴史" 、アントワープ、 1574 ) 、 haneberg ( " gesch 。 der bibl 。 offenbarung " 、 ratisbon 、 1863 、 202 ) 、 danko ( "履歴。改訂領域です。バーモント" 、ウィーン、 1862 、 200 ) 、 meignan ( "デmoïse àデビッド" 、パリ、 1896年に、 335 ) 、およびその他多くのカトリックの作家を認めるには、この本の編集ジョスエへの徴候を含む;しかし、すべての編集が行われたとしてと主張する前に、この亡命者です。

(5) Historicity ( 5 )史実

The Biblical Commission (15 Feb., 1909) has decreed the historicity of the primitive narrative of Genesis 1-3; a fortiori it will not tolerate that a Catholic deny the historicity of Josue.聖書委員会( 2月15日、 1909 )は、定められた物語の史実は、原始の創世記1-3 ;なおさら容認することはありません史実を否定するのは、カトリックジョスエです。 The chief objection of rationalists to the historical worth of the book is the almost overwhelming force of the miraculous therein; this objection has no worth to the Catholic exegete.異議申立の長さの歴史的価値を合理本は、ほとんど奇跡の圧倒的な力をそこに、この異議申立がないのは、カトリックの価値をexegete 。 Other objections are forestalled in the treatment of the authenticity of the work.他の異議申し立てはforestalledでの治療には、信ぴょう性の仕事です。 Full answer to the rationalistic objections will be found in the standard works of Catholics on introduction.完全な回答を合理異議申し立てが可能になったことで、標準の作品のカトリック信者を紹介します。 Saints Paul (Hebrews 11:30-31; 13:5), James (ii, 25), and Stephen (Acts 7:45), the tradition of the Synagogue and of the Church accept the Book of Josue as historical.聖人のポール(ヘブル人への手紙11:30-31 ;午前13時05分) 、ジェームズ( 2世、 25 )とスティーブン(行為7:45 )は、伝統的なユダヤ教の礼拝堂や教会の同意して予約ジョスエとしての歴史的です。 To the Fathers Josue is an historical person and a type of the Messias.を、父親のジョスエは、歴史上の人物とのタイプのmessias 。 As an antidote to accusations that Josue was cruel and murderous, etc., one should read the Assyrian and Egyptian accounts of the almost contemporary treatment of the vanquished.解毒剤としては、残酷なとジョスエを非難を殺人など、 1つのアカウントを読むべきでは、アッシリア、エジプト、ほぼ現代の治療に打ち負かさです。 St. Augustine solved the rationalistic difficulty by saying that the abominations of the Chanaanites merited the punishment which God, as Master of the world, meted out to them by the hand of Israel (In Hept., III, 56; PL, XXXIV, 702, 816).聖アウグスティヌスの困難を解決し、合理abominationsと言っているのは、当然のchanaanites神の罰を、マスターとして、世界は、それらの手を割り当てられるイスラエルの( hept 。 、 3世、 56 ;ポーランド語、 34 、 702 、 816 ) 。 These abominations of phallic worship and infant sacrifice have been proven by the excavations of the Palestine Exploration Fund at Gazer.これらのabominationsの男根崇拝と乳児を犠牲に発掘調査が実証された資金を見守り、パレスチナ探査します。

(6) Text ( 6 )テキスト

The Septuagint is preserved in two different recensions the Alexandrian (A) and Vatican (B) and varies considerably from the Masorah; the Vulgate often differs from all three (iii, 4; iv, 3, 13; v, 6).に保存さの異なる2つのrecensionsセプトゥアギンタは、アレクサンドリアの( a )およびバチカン( b )及びmasorahから大幅に変化し、しばしばウルガタ聖書の異なる3つすべての( 3 、 4 、 4世、 3 、 13 ; V電源、 6 ) 。 The Samaritan Josue recently discovered, resembles the Sept. more closely than the Masorah.最近のサマリア人ジョスエ発見され、 9月の他の密接に似ているよりもmasorahです。

Publication information Written by Walter Drum.出版物の情報執筆者ウォルタードラムです。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.聖マリア教会でのおかげで、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Fathers: ORIGEN, Eclectum in Jesum Nave in PG, XII, 819-825); AUGUSTINE, Quæstiones in Heptateuchum in PL, XXXIV, 547).父親:原産地、会衆席でeclectumでjesum pg 、 12 、八百十九〜八百二十五) ;アウグスティヌス、 quæstionesでheptateuchumでポーランド語、 34 、 547 ) 。 Modern writers: MAES, op.現代作家:マース、営業です。 cit.; CALMET, Comm. 〜 Cit 。 ;カルメ、通信します。 Lit.点灯します。 in Omnes Libros N. et V. Test.図書館で全名et v.テストします。 (Würzburg, 1788); SERARIUS, Josue, etc. (Mainz, 1610); BONFRÈRE, Josue, Judices, Ruth (Paris, 1733); also works mentioned in body of article. (ヴュルツブルク、 1788 ) ; serarius 、ジョスエ、等(マインツ、 1610 ) ; bonfrère 、ジョスエ、 judices 、ルース(パリ、 1733 ) ;記事の本文に記載されても動作します。 Protestant: SPEAKER's Bible, II (London, 1872); KÖNIG, Alttest Studien, i.プロテスタント:スピーカーの聖書、 2世(ロンドン、 1872 ) ;ケーニッヒ、 alttest studien 、 i. Authentie des Buches Josua (1836). authentieデbuchesジョシュア( 1836 ) 。


Book of Joshua予約のジョシュア

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Part I., ch.パートI. 、あなたのです。 i-xii.私- 12です。

Crossing of Jordan.ヨルダンの交差点です。

The Confederacy Against Joshua.ジョシュアの同盟反対です。

Part II., ch.パートII 。 、あなたのです。 xiii.-xxi. xiii. - xxi 。

Appendix, ch.付録は、あなたのです。 xxii.-xxiv. xxii. - 24です。

-Critical View:クリティカルな対象:

Views as to Authorship.原作者の意見がある。

Comparison with Judges.裁判官と比較します。

Redaction.改訂します。

Historical Character of the Book.歴史上の人物は、予約します。

The Hexateuch.の六書です。

The Text.のテキストです。

The Samaritan Book of Joshua.ジョシュアのサマリア人の本です。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The first book of the second greater division in the Hebrew canon, the "Nebi'im," and therefore also the first of the first part of this division, the "Nebi'im Rishonim."本の最初の2番目の大きな課は、ヘブライ語、キヤノン、 " nebi'im "との最初のもそのための最初の部分は、次の課は、 " nebi'im rishonim 。 " It bears in Hebrew the superscription ; in the Septuagint, using the post-exilic form of the name (; Neh. viii. 17), Ἰησοῦς (in some manuscripts with the addition of υἱὸς Ναυῆ); in the Peshiṭta, "Ketaba de-Yeshu' bar-Nun Talmideh de-Mushe" (Book of Joshua, son of Nun, the Disciple of Moses).それクマinヘブライ語の表題;で、セプトゥアギンタ、追放されたフォームを使用して、ポストの名前( ; neh 。 Ⅷ 。 17 ) 、 ἰησοῦς (いくつかの原稿に加えυἱὸς ναυῆ ) ;は、 peshiṭta 、 " ketabaデ- yeshu 'バー-修道女talmidehデ- mushe " (予約のジョシュア、息子の修道女は、弟子のムーサー)です。 It belongs to the historical books of the Old Testament, its theme being the invasion and conquest under Joshua of west-Jordanic Palestine and its apportionment among the tribes, with an account of the closing days and death of the great leader.それに属して、旧約聖書の書籍の歴史、そのテーマに征服されてジョシュアの侵攻とパレスチナの西jordanicとその部族間の配分は、日中の閉会を持つアカウントの偉大な指導者と死亡したのです。 The book, which comprises twenty-four chapters, readily falls into two main parts and an appendix, which may be summarized thus: (1) the events following Moses' death; the invasion and capture of the land; (2) the division of the country; (3) the conduct of the Reubenites, etc.; two hortatory addresses by Joshua shortly before his death, followed by a brief gloss on his burial-place and the disposition made of the bones of Joseph.この本は、 24章で構成、滝を容易にする2つの主要な部品や付録は、このように要約される可能性: ( 1 )のイベント次のモーゼの死;の侵略とキャプチャをした土地は、 ( 2 )の課その国、 ( 3 )の行為をreubenites等;激励のアドレスを2つのジョシュア彼の死の直前、続いて彼の埋葬を簡単に光沢を処分場との骨のジョセフ作られた。 In detail the contents are as follows:の内容を詳細には以下の通りです:

Part I., ch.パートI. 、あなたのです。 i-xii.私- 12です。

i.: After Moses' death, Joshua, by virtue of his previous appointment as Moses' successor, receives from Yhwh the command to cross the Jordan.勇:した後モーゼの死後、ジョシュア、彼のこれまでの美徳任命されたモーゼの後継者、受信者のコマンドを横断するヨルダンyhwhのです。 In execution of this order Joshua issues the requisite instructions to the stewards of the people for the crossing of the Jordan; and he reminds the Reubenites, Gadites, and the half of Manasseh of their pledge given to Moses to help their brethren.ジョシュアの問題は、次の順序で実行するのに必要な指示をスチュワードの人々は、ヨルダンの交差のため、彼は連想させるのreubenites 、 gadites 、との公約マナセの半分を与えられたその兄弟をムーサーに役立つ。

ii.: Joshua sends out from Shittim two spies to explore the city of Jericho. Ⅱ 。 :ジョシュアシッテムから送信するスパイを探検する2つの都市エリコです。 They are saved from falling into the hands of the king by the shrewd tactics of Rahab.彼らは保存の手に渡るのは、王の抜け目のない戦術のラハブです。 The spies return and report.スパイとの報告書を返します。 Crossing of Jordan.ヨルダンの交差点です。

iii.-iv.: Camp is broken at Shittim. iii.-iv. :キャンプは壊れてシッテムです。 A halt is made at the Jordan.ジョーダンは、停止が行われる。 Joshua addresses the people; assuring them that Yhwh, the living God, is in the midst of them, that He will drive out the Canaanites, and that the Ark will cross the Jordan, whereupon a miraculous change will be worked in the waters of the river.ジョシュアアドレスの人々 ; yhwh力づけるようなことを、神の生活は、それらの真っただ中に、その彼はドライブしてcanaanitesていること、およびクロスの箱舟は、ヨルダン、すると、奇跡的な変化に働いて、人のために尽くす川。 The predicted miracle takes place as soon as the priests with the Ark wade into the water.奇跡の予測が行わ司祭次第、すぐに水の箱舟に着手する。 In commemoration of the event, Joshua orders two monuments to be erected: one in the river-bed; the other on the west bank, at Gilgal.を記念して、イベントでは、 2つの記念碑を建立ジョシュア受注: 1つは、河床で、他の上、ヨルダン川西岸、ギルガルです。 The Reubenites, the Gadites, and the half of Manasseh number 40,000 warriors.のreubenitesは、 gadites 、およびマナセの半分を、 40000の戦士号です。 The priests are bidden to come up out of the river's bed after the people have crossed over.招かれたの司祭が表示されるまでは、川のベッドのアウトした後、人々が交差する。 This happens on the tenth day of the first month; and the camp is pitched at Gilgal.この問題が発生し、 10日の最初の月日;とギルガルキャンプでは、正々堂々です。

v.: Joshua is bidden to make flint knives wherewith to circumcise the Israelites, for those born in the desert had not been circumcised. v. :ジョシュアが招かれたナイフを作るフリント何でイスラエルに割礼を施すのは、それらの砂漠生まれ、割礼はされていない。 This is done; Pesaḥ is celebrated; and the manna ceases.これは; pesaḥが祝わ;とマンナ停止されます。 Joshua in front of Jericho receives the visit of a "captain of the host of the Lord" in the guise of a man, who declares that the soil on which Joshua is standing is holy ground.エリコを受け取る前にジョシュアの訪問は、 "船長は、ホストの主"のような男を装って、 whoを宣言し、土壌上でジョシュアが立っては聖地です。

vi.: The siege and capture of Jericho; after thirteen circuits-one every day for six days, and seven circuits on the seventh day-with seven priests blowing seven rams' horns and the people shouting, the walls cave in. Jericho is put under the ban; but Rahab is excepted. Ⅵ 。 :エリコの包囲と捕獲;した後、毎日13回路- 1つの6日間、第7回と7つの回路を吹いて7日に7つの司祭ラムズ'角と人々叫び、洞窟の壁に置く。エリコ禁止されて;しかし、ラハブは除いています。 A curse is pronounced against any one who should rebuild the city.呪いは、反対のいずれかをはっきりwhoを再構築しております。 Joshua becomes famous throughout the whole land.全体を通してジョシュアが有名な土地です。

vii.: The miscarriage of the expedition against Ai, undertaken, upon the counsel of spies, with a very small force, strikes terror into the heart of the people and brings Joshua to the verge of despair. Ⅶ 。 :流産の遠征隊に対する愛、実施、時の弁護人の工作員は、非常に小さな力、ストライキの中心部にテロをもたらすの人々とジョシュアを絶望のふちに立っています。 But Yhwh announces that the people have sinned.しかし、 yhwh発表は、人々は罪を犯しました。 As stated in the first verse, Achan has not respected the ban.の最初の詩に記載され、尊敬さachanさんは禁止します。 The people must be reconsecrated. reconsecratedの人々しなければならない。 The sinner must be discovered by the casting of Yhwh's lot.罪人によって発見されたの鋳造しなければならない多くのyhwhのです。 This is done.これは完了です。 By a process of elimination the guilt is limited to the tribe of Judah, then to the clan of the Zarhites, then to the sept of Zabdi; the individual members of Zabdi are then brought forward, man by man, and finally Achan is detected as the culprit.消去法によって、罪悪感が限定されるユダ族、氏族のzarhitesして入力し、次には、 9月のzabdi ;の個々のメンバーのzabdi入力し、繰越利益は、男は男、そして最後には、検出さachanの原因となるものです。 He admits having taken a costly Babylonian garment, besides silver and gold; and his confession is verified by the finding of the treasure buried in his tent.バビロニア人のことを彼は認めて高価な衣服をとって、それにシルバーとゴールド;と彼の告白が検証された財宝を見つけるのは彼のテントに埋葬さです。 Achan is taken into the valley of Achor, and there stoned to death. achanの谷のachorは考慮して、また石打ちして死亡。

viii.: Expedition against Ai, this time with the whole army. Ⅷ 。 :探検隊に対する愛、この時点での全軍です。 The city is taken by clever strategy, 30,000 men being placed overnight in an ambush.巧妙な戦略を検索するシティは、 30000人が待ち伏せ攻撃で一晩に配置します。 The attacking force feigning flight, the King of Ai is drawn far away from the city; Joshua points with his lance toward the city; whereupon the men in ambush rush into it, while Joshua and the army with him face about.飛行攻撃力のふりをし、愛が描かザキングオブ市街地から遠く;ジョシュアポイントに向かって彼のランス市;すると、男性が待ち伏せ攻撃に駆け込むと、ジョシュアと軍の間に彼の顔を参照します。 Thus the pursuing enemy is taken between the two sections of Israel's array.したがって、敵を追求するのは2つのセクションの間に、イスラエルの配列です。 Not one man escapes; the city is burned; 12,000 inhabitants are killed, and the spoils are taken.一人の男はエスケープし、市は、やけどを負った; 12000住民が殺された、との戦利品を撮ります。 The King of Ai is hanged to a tree until nightfall, when his body is thrown into a pit, where on a stone heap is raised.ザキングオブ愛は絞首刑にしてカテゴリ夜来たるされるまで、ときに彼の遺体がスローさをピット、ここでは、石のヒープが発生します。 Joshua erects an altar on Mount Ebal as Moses had commanded, offering to Yhwh holocausts and sacrificing peace-offerings.On the stones of the altar he engraves a copy of the law of Moses; the people being ranged in two sections-one facing Ebal; the other, Gerizim-while the blessings and curses are read as ordained by Moses.祭壇の上にerectsジョシュアマウントebalムーサーは命じられたとして、提供をyhwh holocaustsとofferings.onの平和の石を犠牲にすることなく、祭壇の彼のコピーを同法のengravesモーゼス;の人々が直面しレンジで2つのセクション- 1つのebal ;もう一つは、 gerizim - while文の祝福と呪いとして制定され、ムーサーが読まれる。

The Confederacy Against Joshua.ジョシュアの同盟反対です。

ix.: Confederacy of the native kings to fight Joshua. 9 。 :同盟のジョシュアネイティブの王と戦う。 The Gibeonites by craft obtain a treaty from the Israelites, which even after the detection of the fraud practised upon the invaders is not abrogated. gibeonitesされ、条約からのイスラエルの工芸品を入手する、これも実践した後、不正行為の検出時の廃棄の侵略ではない。 They are, however, degraded to be "hewers of wood and drawers of water" for the altar of Yhwh.彼らは、しかし、劣化される"下級労働者の水"は、祭壇のyhwhです。

x.: Adoni-zedek brings about an alliance between the kings of Jerusalem, Hebron, Jarmuth, Lachish, and Eglon, and they ("the five kings of the Amorites") besiege Gibeon. Xで:アードニ- zedek間の協力関係をもたらす王エルサレム、ヘブロン、 jarmuth 、ラキシュ、およびエグロン、かれら( "の5つの王のamorites " )を包囲ギベオンです。 In their distress the Gibeonites implore Joshua's help.彼らの苦痛をgibeonitesジョシュアの助けを懇願します。 Joshua, assured by Yhwh of victory, comes up from Gilgal by a forced night march and attacks the allies suddenly.ジョシュア、安心yhwhの勝利を、強制的にアップされた部屋からギルガル年3月と同盟国が突然攻撃しています。 Thrown into confusion, the Amorites flee as far as the ascent of Beth-horon.スローを混乱さは、逃げるamorites限りでの上昇は、ベス- horonです。 To this battle is referred a song from the Book of Jashar, commanding the sun to be still at Gibeon and the moon in the valley of Ajalon.この戦いは、その本の曲を紹介jashar 、指揮される、太陽と月を見ましたが、まだギベオンajalonの谷のです。 The five kings are captured, first being incarcerated in the cave where they had hidden for safety, then, after the pursuit had been discontinued,-scarcely one of the enemies escaping-being by order of Joshua humiliated and hanged.の5つの王は、キャプチャ、最初に嵌頓は、洞窟で隠していた安全のため、その後、中止ていたの追求した後、ほとんどの1つの敵-エスケープ-が恥をかくとジョシュアの順序を絞首刑にされています。 Then follows a detailed enumeration of the cities captured and put under ban.詳細の列挙を入力し、次のように、都市のキャプチャを禁止すると下に置く。 Joshua becomes master of the whole land-the hill-country, the southland, the lowland, and the slopes-leaving not one king alive, and banning all men from Kadesh-barnea unto Gaza, and all the district of Goshen unto Gibeon.ジョシュアがマスターは、全体の土地の丘-国は、南部地方は、低地、および1つのキングサイズの斜面に生きていない-残し、およびすべての人を禁止するガザ地区からカデシュ- barneaかれは、かれらとのすべての地区のゴシェンギベオンです。 After this expedition he returns to Gilgal.この後、彼は戻り値をギルガル探検隊です。

xi.: Jabin, King of Hazor, and his allies rendezvous at Merom. XI 。の: jabin 、キングオブハゾル、と彼の同盟国でmeromランデブーです。 Joshua is assured by Yhwh of their total defeat, which in fact is brought about by a sudden attack on the part of Joshua.ジョシュアが保証されて全敗yhwh 、これは実際には突然の攻撃にもたらされるジョシュアの部分です。 Pursuing them to a great distance (the cities are named), he hamstrings their horses and burns their chariots, capturing Hazor, killing all of its people, and burning the town.追求して大きな距離(の都市の名前) 、彼は自分たちの馬とバーンズにhamstrings戦車、キャプチャハゾル、殺害のすべての人々 、および書き込みの町です。 Other royal residences he takes by the sword, putting them under the ban.他のロイヤルレジデンスされた彼は剣を抜き、それらは禁止されています。 The spoils are taken, and the men are put to death.の戦利品を取ると、男性は死刑をします。 The cities on the hill are allowed to stand.丘の上の都市が認められているが立っている。 Joshua drives the Anakim from the mountains, from Hebron, and from other places.ジョシュアanakimドライブの山から、よりヘブロン、および他の場所からです。 Only in Gaza some remain.ガザ地区だけでいくつか残っている。 Finally the land has peace.最後に、土地は平和です。

xii.: Recapitulation of Joshua's conquests, with statistical details of the number of the kings (30) captured and subdued. 12 。 :反復のジョシュアの征服は、統計の詳細の数は、王( 30 )キャプチャと控えめです。

Part II., ch.パートII 。 、あなたのです。 xiii.-xxi. xiii. - xxi 。

xiii.: After an enumeration of the places still unconquered (mainly the coast districts of the Philistines) Joshua is bidden to apportion the land, the unconquered as well as the conquered (verse 6b), among nine and one-half tribes of Israel, the other two and one-half tribes having under Moses been given their portion on the east of the Jordan (verses 14b-32). 13 。 :まだ場所の列挙をした後に征服されない(主に海岸地区のphilistines )が招かれたジョシュアの土地を配分は、征服されないだけでなく、征服(詩6B面) 、半分のうち9人と1つの部族のイスラエル、日本、他の2つの半分と1つの部族がされてムーサーに与えられた部分は、ヨルダンの東(詩14b - 32 )です。

xiv.: Résumé of the foregoing reference to Reuben, Gad, and the half of Manasseh, with a gloss concerning Levi's non-inheritance save as regards detached cities, while Joseph receives a double heritage (verses 1-5). 14 。 :履歴書は、前述の参照をルーベン、出歩き、およびマナセの半分を、リーバイスの光沢に関する非分離都市の継承を付けて保存に関して、ジョセフを受信するとダブル遺産(詩句1-5 ) 。 Caleb's claim to Hebron is allowed.ヘブロンのCalebBrettの主張には許可されます。

xv.: The "lot" of Judah (verses 1-12). 15 。 : "ロット"のユダ(詩1-12 ) 。 Caleb's share (13).のCalebBrettのシェア( 13 )です。 Expulsion by him of the three Anakim (14).除名され彼の3つのanakim ( 14 ) 。 Story of Kirjath-sepher (16).物語kirjath - sepher ( 16 )です。 Othniel takes it and wins, as promised, Caleb's daughter for wife (17).それまでやWINS othniel 、約束どおり、のCalebBrettの娘を妻( 17 )です。 Her successful plea for the gift of wells (18).彼女の成功の贈り物を嘆願する井戸( 18 )です。 Catalogue of the heritage of Judah (20 et seq.).ユダの文化遺産のカタログ( 20頁以降を参照。 ) 。 Gloss on the continued dwelling of the Jebusites in Jerusalem (63).光沢の住居跡を継続する上でjebusitesエルサレム( 63 )です。

xvi.: Lot of the Josephites (1-3). 16 。 :多くのjosephites ( 1-3 )です。 The Ephraimites own cities in the territory of Manasseh (9). ephraimitesの都市では、自身の領土のマナセ( 9 ) 。 Gloss to the effect that the Canaanites dwelling in Gezer had not been driven out, but had been reduced to slavery (10).光沢の効果をしていたcanaanitesゲゼル住居を追い出さされていないが、減少していた奴隷( 10 )です。

xvii.: Lot of Manasseh, Machir as a warrior taking for his prize Gilead and Bashan (1). 17 。 :たくさんのマナセ、 machir戦士としての彼の撮影賞ギレアデとバシャン( 1 ) 。 Delimitation of Manasseh (7).画定のマナセ( 7 )です。 Manasseh's assignments in Issachar and Asher (11).マナセの割り当てをissacharと洗浄器( 11 ) 。 Gloss stating that these cities had not been captured (12).光沢が表示さこれらの都市が捕捉されていない( 12 )です。 Protest of the Josephites against receiving one share only (14).受信側の抗議に対して、 1つのjosephitesのみを共有( 14 ) 。 Joshua advises them to conquer the wooded hill-land (15).ジョシュアアドバイスして土地を征服する森のある丘- ( 15 )です。 Plea on their part that the mountain is not extensive enough, while the plains are held by Canaanites equipped with iron chariots (16).嘆願して大規模な部分は、十分な山ではないが、平野が開催され、鉄の戦車canaanites設備( 16 )です。 Joshua's consolatory encouragement (17).ジョシュアの慰めの激励( 17 )です。

xviii.: Erection of the Tabernacle at Shiloh (1). 18 。 :勃起の幕屋のシロ( 1 ) 。 Seven tribes without allotment. 7つの部族に割り当てています。 Joshua urges these to appoint commissions of three men out of each tribe to go and take the land and to report to him, when, after dividing it into seven portions, he will cast the lot (2-7).ジョシュア衝動、これらの男性の3つの委員会を任命すると、各部族の土地に行くと報告書をしてしまったら、いつ、それを7つの部分に分割した後、彼は多くの配役を決める( 2-7 ) 。 The commissions carry out the errand and lay their book of record before Joshua, who then casts the lot (8-10).用事を遂行すると、手数料を産みに予約を記録する前にジョシュア、 who入力し、キャストの多く( 8-10 ) 。 Benjamin's share (11).ベンジャミンのシェア( 11 ) 。 The boundaries (12-20).の境界線( 12-20 ) 。 List of the cities (21-28).都市のリストを( 21-28 ) 。

xix.: Simeon's share, in the territory of Judah. 19 。 :シメオンのシェアは、ユダの領土にします。 List of the cities (1-8).都市のリストを( 1-8 )です。 Reason why Simeon's lot was in Judean territory (9).シメオンの理由でjudean多くは、領土( 9 ) 。 Zebulun's share; its boundaries (10-14). zebulunのシェア;その境界線( 10-14 ) 。 Twelve cities not specified (15b). 12都市の特定しない( 15b ) 。 Issachar's share; its cities and boundaries (17-23). issacharのシェア;その都市との境界( 17-23 ) 。 Asher's lot; its boundaries; summary gives twenty-two as the number of its cities (24-31).洗浄器の多く;その境界線;概要は、 2002年の数がその都市( 24-31 ) 。 Naphtali's share; its boundaries and fortified cities (32-39).ナフタリのシェア;その境界線と防備都市(三十二から三十九まで) 。 Dan's share; its cities enumerated (40-46).ダンのシェア;その都市の列挙( 40-46 ) 。 Why the Danites took Leshem = Dan (47).なぜdanitesはleshem =ダン( 47 )です。 Joshua receives as his own share Timnath-serah (49-50).ジョシュアとして自分自身の共有を受け取るtimnath - serah ( 49-50 ) 。 Eleazar and Joshua had assigned the lots before Yhwh at the gate of the Tabernacle at Shiloh (51). eleazarとJoshuaが割り当てられたたくさんの門の前には幕屋yhwhはシロ( 51 )です。 Cities of refuge established (51b-xx.).都市の避難所を設立( 51b-xx. ) 。

xxi.: The Levites' assignment (1-8). xxi 。 : levites '代入( 1-8 )です。 Concluding paragraph, emphasizing God's fulfilment of His promise to the fathers (43-45).結びの段落は、彼の履行を強調神の約束を、父親の( 43-45 ) 。

Appendix, ch.付録は、あなたのです。 xxii.-xxiv. xxii. - 24です。

xxii.: Dismissal to their homes of Reuben, Gad, and the half of Manasseh with Joshua's blessing and an admonition to take heed of Yhwh's Law as commanded by Moses. xxii 。 :解雇の故郷へのルーベン、出歩き、およびマナセの半分を、ジョシュアの祝福に用心せよと忠告を命じられたとしてムーサーyhwhの法則です。 Now that they have become rich in cattle, silver, gold, iron, and garments they are to divide the booty with their brethren (1-8).今すぐ牛が豊富なことになって、シルバー、ゴールド、鉄、および衣類彼らは戦利品に分割すると兄弟( 1-8 )です。 Return of the east-Jordanic tribes; they build an altar at the stone-heap on the bank of the Jordan; the Israelites desire to punish them for this act; but they first send Phinehas and ten princes to the Reubenites, etc., to censure them, recalling the Peor episode and advising them to remove to Palestine.返還の東- jordanic部族;彼らは、石の祭壇を構築すると、銀行は、ヨルダンのヒープし、イスラエルの願望を処罰して、この法律;しかし、彼ら最初の君主を送信すると10フィニアスreubenitesなど、非難し、想起し、それらを削除する面談peorエピソードをパレスチナとします。 The Reubenites explain that in building the altar their intention was to show their fidelity to Yhwh,that their descendants might not be taunted with being untrue to Him.建物のreubenites説明して、祭壇の意思を表示するに忠誠をyhwhは、その子孫がtauntedかもしれないが真実ではないとしている。 The delegation rejoices at the explanation, and upon their report the Israelites abandon the projected punitive expedition (9-34). rejoicesの代表団は、説明、報告してイスラエルとかれらの予想を断念する討伐( 9から34まで) 。

xxiii.: Joshua, now old, calls an assembly of all Israel, at which he admonishes the people to remain loyal to the Torah of Moses. 23 。 :ジョシュア、今すぐ古い、呼び出しアセンブリのすべてのイスラエル、 admonishesの人々が彼を維持するのに忠実で、ムーサーの律法です。

xxiv.: An account of a gathering of Israel at Shechem, at which Joshua delivers an impressive address, reviewing the past, and makes the people vow to remain faithful. 24 。 :アカウントは、イスラエルをシケムの集まり、その実現の印象ジョシュアアドレス、編集して項目を見直し、を短くしたり、人々に浮気をしないことを誓う。 He erects a great stone as a witness to the promise (1-28).彼は大きな石erects証人としての役目をして約束( 1-28 ) 。 Joshua dies (29).ジョシュアダイス( 29 )です。 Joseph's bones are buried in Shechem (32).ジョセフの骨が埋設されシケム( 32 )です。 Eleazar dies and is buried (33). eleazarが死ぬとは埋没( 33 )です。 EGH egh

-Critical View:クリティカルな対象:

The Rabbis ascribe the authorship of the book, as of the last eight verses of Deuteronomy, to Joshua (BB 14b); the account of Joshua's death (Josh. xxiv. 29-32) was added, according to them, by Eleazar, the son of Aaron (BB 15a), and that of Eleazar's demise (Josh. xxiv. 33) by Phinehas (BB lc).原作者のものとみなすのラビの予約、申命記の最後の8つの詩を、ジョシュア( bb 14b ) ;のアカウントのジョシュアの死( josh. 24 。 29-32 )が追加されました、それらによると、 eleazarは、息子のアーロン( bb 15a )に、日本がそのeleazarの崩壊( josh. 24 。 33 )フィニアス( bb液晶) 。 But this view has been rejected by Isaac Abravanel (see preface to his commentary on the Earlier Prophets), who correctly observes that the use of the phrase = "unto this day" (Josh. iv. 9, vii. 26, ix. 27, xiv. 14, xv. 62, xvi. 10) controverts this assumption, and that certain events mentioned in the Book of Joshua are recorded in the Book of Judges (xix. 45) as occurring "long after the death of Joshua" (Abravanel, "Comm. in Prophetas Priores," pp. 2b, col. 2; 3a, col. 1; Leipsic, 1686).しかし、このビューを表示するには拒否されましたアイザックabravanel (序文を彼の解説を参照し、以前の預言者) 、 who正しく観察して使用するフレーズ= "わたしのこの日" ( josh. Ⅳ 。 9日、 Ⅶ 。 26日、 9世です。 27 、 14 。 14 、 15 。 62 、 16 。 10 ) controvertsこの仮定ており、その本に記載されて、特定のイベントに記録されてジョシュアは、予約の審査員( xix. 45 )として発生する"長期の後に死亡したジョシュア" ( abravanel 、 "コミュニティーprophetas UMのは、 " pp 。 2B面、列です。 2 ; 3A面、列です。 1 ;リプシック、 1686 ) 。

Views as to Authorship.原作者の意見がある。

Christian commentators have for similar reasons contended that the book was by a later author, who had access to documents composed by Joshua or by contemporaries of his (Theodoret, "In Josue Quæst." xiv.).キリスト教の解説者が同様の理由に対し、その書籍がされ、後の著者、 whoいたジョシュア構成される文書へのアクセス、または彼のコンテンポラリー( theodoretは、 "とジョスエquæst 。 " 14です。 ) 。 In the "Synopsis Sacræ Scripturæ" (xxviii., col. 309), attributed to St. Athanasius, the title of the book is explained not as the name of the author, but as indicating the hero of the events.は、 "ストーリーsacræ scripturæ " ( xxviii. 、列です。 309 ) 、聖アタナシウスに起因する、その本のタイトルは説明しないの著者の名前としてではなく、英雄を示すイベントです。 Alphonsus Tostat ("Opera," Cologne, 1613; "In Josue I. Quæst." xiii.) rejects the authorship of Joshua, and advances the theory that the book is the work of King Solomon, while Maes ("Josue Imperatoris Historia," Antwerp, 1574) ascribes it to Ezra, who had access to ancient Hebrew archives.アルフォンサスtostat ( "オペラ座、 "ケルン、 1613 ; "とジョスエi. quæst 。 " 13です。 )原作者のジョシュアを拒否し、買入債務の理論には、この本は、ソロモン王の仕事をし、マース( "ジョスエimperatoris歴史、 "アントワープ、 1574 ) ascribesそれをエズラ、 whoいた古代ヘブライ語のアクセスをアーカイブします。 These and modern Catholic critics also (Cardinal Meignan, "De Moïse à David," Paris, 1896) thus make the book posterior to the time of Joshua, but, for the greater part, pre-exilic and always based on documents coeval with the events reported.これらの批評家とモダンなカトリック教徒も(枢機卿meignan 、 "デmoïse àデビッド、 "パリ、 1896 )このようにして時間を予約後ジョシュア、しかし、その大部分は、事前に基づいて、常に追放されたと同時代の書類イベントの報告です。

Among modern Jewish critics L. Wogue ("Histoire de la Bible," Paris, 1881) defends the traditional view, with reference to BB 14b and 15a.現代のユダヤ人の批評家の間l. wogue ( " histoireデラ聖書の、 "パリ、 1881 )は、捕鯨の伝統的なビューで、 14bと15aからBBを参照します。 More recently the passage in Ecclus.より最近では、通路にecclusです。 (Sirach) xlvi. (シラク) 46 。 1 has been invoked in proof of the authorship of Joshua; προΦητεῖαι in Ecclesiasticus means "books," so that Joshua being designated (ib.) as διάδόχος Μωϋσῆ ἔν προΦητείαίς would imply that he was the "author" of the "book." 1呼び出さで証明され、原作者のジョシュア; προφητεῖαιさ集会の書は、 "書籍、 "してジョシュアが指定( ib. ) διάδόχος μωϋσῆ ἔν προφητείαίςとして意味していたが、 "著者"は、 "予約をします。 " The Hebrew text, however, has (see Israel Lévi, "L'Ecclésiastique," Paris, 1898), but this has also been construed, with reference to II Chron.ヘブライ語のテキストは、しかし、は(イスラエルlévi 、 " ecclésiastique 、 "パリ、 1898 ) 、しかし、この解釈にも、 2世chronを参照しています。 ix. 9 。 29, where means "book," as supporting the traditional view. 29日、ここでは、 "予約は、 "伝統的な対象としてサポートしています。

Keil in his commentary has endeavored to defend this view by urging the force of = "until we had passed over" (Josh. v. 1) as demonstrating that the narrative must have been written by an eyewitness; but the ancient versions show this reading to be erroneous.彼のコメントは、 keilこのビューを求める努力を守るための力を= "私たちが通過するまで" ( josh. v. 1 )としていることを証明している必要があります。書かれた物語の目撃者;しかし、古代のバージョンの詳細この読書誤りがあります。 Nor is xviii.元は18です。 9 conclusive: at the utmost it proves that the catalogue of cities (xviii. 11-xix. 46) was abstracted from a document contemporary with Joshua. 9決定的:は、最大限のことを証明してカタログの都市の( xviii. 11 - 19 。 46 )は、文書から現代の抽象化をジョシュアです。 In the same way xxiv. 24と同じ方法です。 26 may be taken as evidence only that xxiv. 5月26日に24ことだけが重要な証拠として撮影します。 1-25 is by him, though upon closer inspection even this passage is seen to be merely the honest opinion of a later writer. 1-25は、彼は、精密検査の結果にもかかわらず、この通路が見えるだけに、正直な意見を、後の作家です。 The objections by Abravanel have not been answered. abravanel異議申し立てをされていないのは答えた。

Comparison with Judges.裁判官と比較します。

Later Biblical books exhibit incidents which demonstrate that the situation assumed in Joshua could not have been that of the period of invasion.聖書の書籍展示会への事件の状況を示していると想定されているジョシュアできませんでしたが、期間の侵攻です。 For instance, Jericho, represented in Joshua as completely overthrown and upon the rebuilding of which a solemn curse is invoked, is found to exist at a much later date, even as a city of the Prophets (see Elisha; comp. Josh. vi. 2-27, xvi. 1; Judges iii. 12-30; II Sam. x. 5; II Kings ii. 5, 15; v. 19-22; I Chron. xix. 5; for the curse see I Kings xvi. 34).例えば、エリコ、ジョシュアとして表現さを完全に転覆し、再構築する時に、厳粛な呪いが呼び出されると、はるかに先に存在するが見つかった後日、さらには、預言者としての都市(エリシャ;のCOMPです。ジョシュします。 Ⅵ 。 2月27日、 16 。 1 ;裁判官Ⅲ 。 12月30日;二サムです。 Xの5 ; 2世王2世です。 5 、 15 ; v. 19-22 ;私chron 。 19 。 5 ;は、呪いを参照私の王16世。 34 ) 。 Ai, reported burned, is known to Isaiah (as "Aiath"; Isa. x. 28).愛、報告やけどを負った、イザヤ書として知られている( " aiath " ; ISAのです。 Xの28 ) 。 Gezer (Josh. xvi. 10), described as being reduced to vassalage, is not rendered tributary until the time of Solomon (I Kings ix. 16).ゲゼル( josh. 16 。 10 ) 、とりこに記載されて減少して、レンダリングではないソロモンの支流までの時間(私の王9 。 16 ) 。 But a comparison with the Book of Judges suffices to discredit the theory that the Book of Joshua is an autobiography of its eponymous hero.しかし、裁判官が足りると比較して予約を落とすの理論には、この本のジョシュアは、その町の名を冠した自伝的英雄です。 The narrative in Judges reveals the fact that the invasion was not directed by a general-in-chief, nor undertaken at one time by the tribes united under a national commander, nor accomplished in the lifetime of one man, much less in two decades.裁判官の物語が明らかに侵攻はないという事実を、一般の指示の長さ、また一度に実施された国家の司令官の部族するUnitedの下に、また一人の人間の寿命は、熟達したが、はるかに少ない2つの数十年です。

Nor is the book the work of one man.予約しても仕事は、一人の男です。 Contradictions abound, eg, in the chronology: in iii.たくさんの矛盾、例えば、は、年表: Ⅲ 。 1 the crossing is set for the next day; iii. 1の交差のは、次の日に設定さ; Ⅲ 。 2, three days intervene; iii. 2 、 3日間の介入; Ⅲ 。 5, the start is again delayed one day; comp. 5では、スタートが遅れて一日を再度;のCOMPです。 v. 10 with iv. v. 10件Ⅳ 。 19 and v. 2-9. 19とV. 2-9 。 In xi.し、 XI 。 21 the Anakim are expelled by Joshua, while in xv. 21 anakimジョシュアは、追放され、中に15 。 13 Caleb is reported as having performed this feat. 13日はCalebが報告されているこの偉業実行します。 Double and variant versions are given, as, for instance, the explanation of the name Gilgal (iv. 20; comp. v. 9 and xiv. 6 et seq. with xv. 13 et seq.).ダブルルーム、その他のバージョンが与えられた場合、として、例えば、ギルガルの名前の説明( iv. 20 ;のCOMPです。 v. 9と14です。 6頁以降を参照。 、 15 。 13頁以降を参照。 ) 。

The Book of Joshua must be regarded as a compilation; and analysis of its contents makes it certain that its sources are of the same character as those of the Pentateuch.この本のジョシュアしなければならないと見なされるのコンパイル、およびその内容を分析することを確信して、ソースには同じ文字としては、これらの五します。 This, to a certain degree, was the impression of the Rabbis.これは、ある程度のレベルにして、印象を与えるのは、ラビです。 According to Mak.によると、 makです。 11a, the chapter (xx.) concerning the cities of refuge was taken from the Pentateuch. 11a 、の章( xx. )の都市の避難所は五からです。 The Book of Joshua was regarded by them as written in the light of the Deuteronomic legislation (Gen. R. vi. 14).この本のジョシュアが書かれているとして認識されてdeuteronomic明かりの中で、立法( Gen 。とr. Ⅵ 。 14 ) 。 At all events, Joshua and the Pentateuch are treated as of one character in the saying that the sins of Israel alone necessitated the adding of other books to these (Ned. 22b).すべてのイベントで、ジョシュアと五の1つの文字として扱われることは、イスラエルのは、その罪を必要とするだけの他の書籍を追加し、これらの( ned. 22b ) 。 Joshua is often compared with Moses (Ta'an. 20a; Soṭah 36a; BB 75a; Sanh. 20a; Mak. 9b).ジョシュアは、しばしば比較して、ムーサー( ta'an 。 20a ; soṭah 36 A ; bb 75a ; sanh 。 20a ; makです。 9b ) 。

While modern critics generally are agreed that the Book of Joshua is a compilation from sources that have been utilized in the Pentateuch (J, E, JE, D, and P), with additions by the editor (R = Redactor), they differ very widely as regards the details.一般的には近代的批評家の間で合意には、この本のジョシュアは、ソースからコンパイルされているのに活用さ五(ジャック、メール、は、 d 、とP )は、追加されたエディタ(研究= redactor ) 、彼らの違い非常に詳細については広くています。 According to Steuernagel ("Joshua," in Nowack's"Hand-Kommentar"), Albers' attempt in his "Die Quellenberichte in Josua," i-xii., 1891, to separate the components of J from E in part i.によると、 steuernagel ( "ジョシュア、 "ノバックの"手- kommentar " ) 、アルバース'しようと彼の"死ぬquellenberichte 、ジョシュア、 "私- 12 。 、 1891 、を分離するためのコンポーネントを無しよりメールでパートI. (i.-xii.) is unsatisfactory. ( i. - 12です。 )は、不満足な。 In fact, Steuernagel assumes that J and E combined as JE never were accessible to the compiler of Joshua, the two being then still uncombined.実際には、 Jおよびメールsteuernagelを前提として複合としては決して、コンパイラのジョシュアがアクセスできるように、 2つの入力し、まだ結合していないのです。 A few fragments from J (after Budde, in Stade's "Zeitschrift," vii.), parallel with passages in Judges i., and others somewhat more numerous from E, are all that he finds in Joshua.いくつかの断片から、 Jさん(後にバッドは、シュターデの" zeitschrift 、 " Ⅶ 。 ) 、通路に平行して裁判官i. 、およびその他多数のより多少の他のメール、彼はすべてを見つけ、ジョシュアです。 He insists that for i.-xii.彼のi. - 12と主張しています。 another work, D, was the main source.別の仕事、 d 、は、メインのソースです。 This D is not identical with the author of Deuteronomy, but is rather D2 (= the author of Deut. i.-iii.), and is on the whole an independent elaboration of E. The few fragments of J and E in Joshua he concedes were added by R, and only after D2 had been combined with P (mostly in part ii.).このDは、著作者が同じではないの申命記、これはむしろd2 ( =の著者のdeut 。 i. - Ⅲ 。 ) 、および独立した精緻化は、全体のe.本Jとメールでいくつかの断片化した彼はジョシュア概念が追加さrとした後にのみd2組み合わせていた人(主にパートIIです。 ) 。

Steuernagel's analysis has not been accepted by Holzinger ("Josua," in Marti's "KHC"), who rejects D2 and works out a scheme on the basis of J, E, and JE, with a pronounced Deuteronomic coloring: Deuteronomist, Priestly Code, and Redactor. steuernagelの分析に受け入れられるholzingerされていない( "ジョシュア、 "マーティの"道路公社" ) 、 who D2で、作品を拒否するスキームに基づいて無し、メール、とは、はっきりしたdeuteronomicぬりえ: deuteronomist 、聖職者のコード、とredactorです。 Contrary to the Pentateuchal R, who makes P the original document, in Joshua JED is the basis, supplemented by extracts from P. Still later additions are noticeable as well as changes in phraseology (eg, the use of in vii. 13, 19 et seq.; viii. 30; ix. 18, 20; x. 40, 42; xiii. 14, 33; xiv. 14; xxii. 16, 24; xxiii.; xxiv. 2, 23). pentateuchalに反して、研究、 whoによりpおよび元のドキュメントは、ジョシュアジェッドの根拠は、抽出から補足さが目立つp.まだへの追加的な言い方の変化だけでなく(例えば、使用するにⅦ 。 13日、 19 et seq 。 ; Ⅷ 。 30 ; Ⅸ 。 18日、 20 ; Xの40 、 42 、 13 。 14 、 33 、 14 。 14 ; xxii 。 16 、 24 ; XXIII近くにございます。 ; 24 。 2 、 23 ) 。 For a detailed analysis on this basis see Holzinger, "Das Buch Josua," pp.この基準を細かく分析するためにholzinger参照し、 " dasブーフジョシュア、 " pp 。 xvii.-xxi. xvii. - xxi 。

Steuernagel in his translation prints the different sources in different types.彼の翻訳steuernagel版画のさまざまな情報源にさまざまな種類です。 WH Bennett in "The Book of Joshua" (in "SBOT" 1895) indicates the various documents by the use of different colors. whベネットは"この本のジョシュア" ( " sbot " 1895 )は、様々な書類のさまざまな色を使用される。

Redaction.改訂します。

Summing up, these various analyses have certainly demonstrated that, on the whole, in the narrative portion of the book (i.-xii.) the introduction (i.) is Deuteronomic, as is the conclusion of the whole book (xxi. 43-xxii. 6, xxiii.), and that Deuteronomic coloring is to be found in both parts, naturally in a greater degree in the narrative chapters.要約すると、これらの様々な分析が確かに実証して、全体を、この本は、物語の部分( i. - 12 。 )の導入( i. )はdeuteronomic 、結論としては、全体の予約( xxi. 43 - xxii 。 6 、 23 。 ) 、およびそのdeuteronomic着色の両方で発見される部品は、自然に大きな度は、物語の章で述べます。 The basis of the book was a Deuteronomic history of Joshua, founded on material from J and E perhaps not as yet combined as JE, thus excluding Rje (=Redactor of JE).の基礎をこの本は、ジョシュアdeuteronomicの歴史を、メールに設立さ素材からJとはまだありません組み合わせとしてはおそらくないとして、これを除くrje ( = redactorのは)です。 The main current of the narrative is not originally Deuteronomic, the Deuteronomic editor heightening its coloring, and dwelling on the moral and religious implications of the story.現在のメインの物語ではないdeuteronomic当初は、そのdeuteronomicエディタの色付けを高めること、および住居で、道徳的、宗教的意味の物語です。 The narrative is not always consistent.常に一貫した物語ではないのです。 In xiii.-xix.でxiii. - 19です。 many fragments are for the most part parallels to Judges i., which make it appear that the conquest was a slow, laborious process, the tribes acting without concerted plan and nowhere under united central command.多くの類似点の破片は、ほとんどの部分を裁判官にi. 、これは、征服することが表示される速度が遅い、骨の折れるプロセスでは、部族のない演技をされて計画と協調するUnited中央コマンドを実行します。 These belong to J. But even in the narrative portion, strictly so-called, as distinct from the statistical, a twofold account is almost always discernible: one apparently older and more prosy; the other, with a clear tendency to magnify the importance of the events and the absolute annihilation of the inhabitants (though this may be set down as by Rd), and to emphasize the miraculous.これらの所属してj.しかし、物語の部分は、厳格いわゆる、明確に区別できるの統計としては、二重のアカウントではほとんど常に識別: 1つ明らかに古いと他の散文的な; 、他のは、明確な重要性を誇張する傾向をのイベントや、住民の絶対消滅(ただし、この5月に設定され下向きになるように路) 、および奇跡を強調しています。 The older recalls the method of J in the Pentateuch; the younger, that of E. P's share in the narrative section is very limited.古いリコールのメソッドのJ中の五;若い、 e. Pの共有には、物語のセクションでは非常に限られている。 Additions of a few verses may be ascribed to it.追加は、いくつかの詩年5月に生得的にしてください。 In xiii.-xxii.でxiii. - xxii 。 the contributions from P are much more extensive. pは、よりはるかに大規模な貢献します。 The boundaries and the lists of the cities of refuge and of the Levitical towns belong to it.の境界線と避難所のリストを、都市や町のleviticalに所属しています。 The combining of the Deuteronomic Joshua (Rd, J, E, perhaps JE [Rje]) with P was the work of R, who made verbal changes to suit his ends. deuteronomicの組み合わせは、ジョシュア(路、無し、メール、おそらくは[ rje ] ) 、 pは、仕事のR 、 whoは彼の言葉の変化に合わせて終了します。 But even after this additions were made, eg, xxii.しかし、この追加が行われた後も、例えば、 xxii 。 9-24 (comp. Num. xxxii.-xxxiii.; Judges xx.). 9月24日( comp. NUM件です。 xxxii. - 33です。 ;裁判官のXXです。 ) 。 Ch.あなたのです。 xvi. 16 。 and xvii.と17 。 have come down in mutilated form.フォームがバラバラ降りてくるのです。 When they were abridged can not be determined.要約していたときに決定することはできません。 The duplication of Joshua's farewell also is by a later hand; or it is possible that one account of it (xxiv.) is from E, while the other is clearly Deuteronomistic, resembling Deut.ジョシュアの別れを告げるの重複をされた後も手;または可能性があることが1つのアカウントのこと( xxiv. )は、よりメール、その間、他のは明らかにdeuteronomistic 、 deutに似ています。 iv. Ⅳ 。 29-30. 29-30 。

Historical Character of the Book.歴史上の人物は、予約します。

After eliminating the pragmatic elements and toning down the Deuteronomic coloring, the critical study of the Book of Joshua penetrates to a bed of traditions that in a more or less confused way reflect actual occurrences; but these did not take place in the sequence here assumed, nor in the manner detailed.実用的な要素を排除した後、着色deuteronomicダウンすると調子を合わせることは、批判的な研究は、予約のジョシュア貫通してベッドの伝統を多かれ少なかれ混乱して実際の出来事を反映する方法;しかし、これらのシーケンスは、ここで開催さ仮定し、またされた方法での詳細です。 The division of the land is, on the whole, the work of a theorist who utilizes actual conditions to a certain extent, but always to bring into prominence his priestly program.部が実施して、土地は、上の全体的には、理論家の仕事をするwho実際の利用条件をある程度、しかし、常に彼の聖職者の隆起を持ち込むプログラムです。 Local legends, snatches of folk-lore and folk-songs, the tendency to concentration in one man of the experiences of tribes and generations (always characteristic of legend), have had a decisive share in the shaping of the original material.地元の伝説、断片的に民俗-伝承と民俗-曲、集中する傾向に拍車を1つの部族の男との経験を世代(常に特性の伝説) 、あるかということを決定的なシェアをシェイプは、元の素材です。 Explanations of names (Achor, Gilgal), old local shrines, and reminiscences of former religious usages are also detectable as the raw data upon which popular fancy had been at work long before the various literary sources had leaped into existence.説明の名前( achor 、ギルガル) 、古ローカル神社は、宗教的な慣習との思い出の元の生データとして検出にも人気のファンシー基づいて作られていた職場の前に長い成功していた存在する様々な文学のソースです。 To deny in toto, with Eduard Meyer (in Stade's "Zeitschrift," i.), the historical character of the book is dogmatic.トトを拒否するには、エドゥアルトマイヤー(シュターデの" zeitschrift 、 "の経験I.クリチバ)は、歴史上の人物のこの本は、独断的です。 It may, however, be noticed that, in contrast with Judges, the Book of Joshua has no chronological scheme (comp. xi. 18, xiv. 10, xxiii. 1, xxiv. 31).ことがあります、しかし、気づいたことが、裁判官とは対照的に、この本のジョシュアがない年代スキーム( comp. XI 。の18日、 14 。 10 、 23 。 1 、 24 。 31 ) 。

The Hexateuch.の六書です。

In view of the identity of its sources, and also of the fact that throughout the Pentateuch the conquest of the land is presupposed and emphasized as the goal (Gen. xiii. 14-17, xv. 13-16, xxvi. 3, xxviii. 13-15; Ex. iii. 8, 17; xxxii. 13; xxxiii. 1-3; Num. xiii. 17 et seq., xiv., xxxii.; Deut. i. 38, iii. 21, xxxi. 3-6; P Gen. xvii. 6-8, xxviii. 3; Num. xxvii. 18-23, xxxiii. 50-54, xxxiv., xxxv.; Deut. xxxiv. 9), critics have held that Joshua at one time formed with the Pentateuch the so-called Hexateuch.を対象に、ソースのアイデンティティとも五するという事実を征服してその土地が前提と強調としての目標( Gen 。と13 。 14-17 、 15 。 13-16 、 26 。 3 、 28です。 13-15 ;例です。 Ⅲ 。 8日、 17 ;参拾。 13 ;参拾。 1-3 ; NUM件です。 13 。 17頁以降を参照。 、 14 。 、 32 。 ; deut 。 i. 38 、 Ⅲ 。 21日、 31回です。 3-6 ; p Gen 。と17 。 6-8 、 28 。 3 ; NUM件です。 27 。 18-23 、 33 。 50-54 、 34 、 35 。 ; deut 。 34 。 9 ) 、批評家が開かれたことをジョシュア一度に形成する、いわゆる五六書です。 If this was the case, it must have been at a time anterior to the separation of the Samaritans from the Jews, as the Samaritans have only the Pentateuch; but the books of Ezra and Nehemiah give no intimation of the existence of a hexateuch.これは、ケースの場合、一度にする必要がありますが前部を分離してサマリア人からのユダヤ人、サマリア人としてでは、五;しかし、書籍のエズラとの通告を与えるニーアマイアの存在を六書です。 In all probability the sources J, E, as well as D and P, carried the narrative to the conquest of the land; but in their present forms the Pentateuch and Joshua were never combined.すべての確率のソース無し、メールだけでなく、 Dと人、運ばの物語を征服された土地;しかし、その存在を形成して五とJoshuaは決して組み合わせです。 Volck (in Herzog-Hauck, "Real-Encyc." ix. 390), assuming that P is older than JE and D, argues that before D was incorporated into the present Pentateuch, Joshua (i.-xxiv.) formed a part of a work composed of P, JE, and Deut. volck (ヘルツォーク-ハウク、 "リアルencyc 。 " Ⅸ 。 390 ) 、 pは年上と仮定してはとD 、 Dは前に組み込まれると主張し、現在の五、ジョシュア( i. - 24です。 )結成する部分構成する作業はp 、は、とdeutです。 xxxi. 31 。 14-23, xxxii. 14-23 、 32 。 1-44, 48-52, xxxiii., xxxiv.1-9, and that it was when Deut. 1から44まで、 48-52 、 33 。 、 xxxiv.1 - 9 、としていたときのdeutです。 v.-xxviii. v. - 28です。 was incorporated that Joshua was made a separate book.ジョシュア設立し、別の予約が行われた。 This theory, while not convincing, helps to make plain that the sources must have contained the story of the conquest.この理論は、説得力はありませんが、平原に役立ちますは、ソースを作る必要があります。含まれ、征服の物語です。 That Hosea, Amos, and Micah knew this Hexateuch (minus Deuteronomy) is not proved by such passages as Micah vi.そのホセア書、アモス、ミカを知っていたと、この六書(マイナス申命記)このような通路ではないとして証明さミカⅥ 。 5 et seq. 5頁以降を参照。 (or Hosea ix. 10, xii. 4 et seq., and Amos ii. 10, v. 25, vii. 4). (またはホセア書9 。 10 、 12 。 4頁以降を参照。 、およびアモスⅡ 。 10 、 v. 25日、 Ⅶ 。 4 ) 。 The traditions at the base of the histories were known to these early prophets.の伝統歴史の基部にあることが判明し、これらの初期の預言者です。 More than this can not be inferred from their references to Shittim and Gilgal (eg, in Micah vi. 5 et seq.).これを超えることはできませんシッテムから類推して参照してギルガル(例えば、ミカⅥ 。 5頁以降を参照。 ) 。

The Text.のテキストです。

The fact that in Joshua the Pentateuchal archaic forms ( for or for ) are not found is not evidence against the Hexateuchal hypothesis.という事実を、ジョシュアのpentateuchal古風なフォーム(または)が反対する証拠が見つかりませんhexateuchal仮説ではない。 This circumstance merely indicates that at the time (post-exilic) when the consonantal text was fixed Joshua was not one work with the Pentateuch.このような状況を示しては、単に時間(ポスト追放された)ときにはない子音のテキストがあったのを修正ジョシュア五1つの仕事をしています。 Jericho is pointed for Pent.エリコは片流れ指摘をします。 .です。 The text is in fairly good condition.テキストは、かなり良好な状態です。 The Septuagint is without some of the glosses (v. 4-7, vi. 3-5, xx. 4-6).セプトゥアギンタがなく、いくつかの注釈(動4-7 、 Ⅵ 。 3-5 、イグゼクス。 4-6 ) 。 The omissions in the Hebrew (in xv. 59, names of eleven cities; in xxi., a passage between verses 35 and 36) are supplied in the Greek.の脱落は、ヘブライ語( 15 。 59 、 11の都市の名前を;でxxi 。 、詩35と36の間を通過)は、ギリシャ語で提供されます。 At the end of xxiv.二十四の終わりにします。 the Septuagint presents additions of interest.追加の関心のセプトゥアギンタプレゼントします。

The Samaritan Book of Joshua.ジョシュアのサマリア人の本です。

The Samaritan Book of Joshua, an extracanonical book written in Arabic, pretends to be a translation from the Hebrew ("Chronicon Samaritanum CuiTitulus Est Liber Josuæ," ed. Juynboll, Leyden, 1848).予約のジョシュアのサマリア人は、アラビア語で書かれた本extracanonical 、ふりをするのは、ヘブライ語からの翻訳( " chronicon samaritanum cuititulusは独立したjosuæ 、 "エドです。 juynboll 、ライデン、 1848 ) 。 It relates the consecration of Joshua (Deut. xxxi.), the Balaam episode, and the war under Joshua as general against the Midianites; then, with a new title ("Book of Joshua the Son of Nun"), the conquest of the land and its division, continuing the story from Joshua's demise to Eli's death.これに関連し奉献のジョシュア( 31 deut.です。 )は、埋め草のエピソード、とされてジョシュアとしての戦争反対する総合midianites ;入力し、新しいタイトル( "予約のジョシュアの息子の修道女" )は、征服する土地とその課、継続の物語よりジョシュアの崩壊をイーライの死のです。 Interpolations (xxvi.-xxxvii.) deal with other personages, and in the concluding chapters Nebuchadnezzar, Alexander, and Hadrian are the heroes. interpolations ( xxvi. - 37 。 )他の人物に対処し、結びの章ネブカドネザル、アレクサンダー、およびハドリアヌスは、英雄です。 This book is a medieval compilation of the time when the Samaritans were under Mohammedan rule, but contains also old haggadic material (see Shobach).この本は、中世のコンパイル時にサマリア人の時間が支配されてmohammedanが含まも古いhaggadic材料( shobach参照) 。

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

The introductions of Driver, Cornill, König, Baudissin, Reuss, Bleek-Wellhausen, Schrader-De Wette, and Kuenen; the histories of Israel by Guthe, Stade, Piepenbring, Kittel, Winckler; the Bible dictionaries of Cheyne and Black, Hastings, Riehm (2d ed.), Schenckel, Hamburger, Winer (3d ed.); Herzog-Hauck, Real-Encyc.ドライバの紹介、コルニル、ケーニッヒ、 baudissin 、ロイス、 bleek -ヴェルハウゼン、シュレイダー-ドwette 、およびキューネンし、イスラエルの歴史をguthe 、シュターデ、 piepenbring 、キッテル、ウィンクラー;聖書の辞書のチェーンストークスと黒、ヘイスティングス、リーム(二次元エド。 ) 、 schenckel 、ハンバーガー、ワイナー( 3次元エドです。 ) ;ヘルツォーク-ハウク、リアルencycです。 viii.; Vigouroux, iii.; L. König, Alttest. Ⅷ 。 ; vigouroux 、 Ⅲ 。 ; l.ケーニッヒ、 alttestです。 Studien, i.; idem, Die Authentie des Buches Josua, Meurs, 1836; Keil, Kommentar über das Buch Josua, Erlangen, 1847; J. Hollenberg, Die Deuteronomischen Bestandtheile des Buches Josua, in Theologische Studien und Kritiken, 1874; idem, Die Alexandrinische Uebersetzung des Buches Josua, Meurs, 1876; Wellhausen, Die Komposition des Hexateuchs (originally in Jahrbuch der Theologie, 1876-77); Budde, Richter und Josua, in Stade's Zeitschrift, 1877, pp. studien 、 i. ;同じ、死ぬauthentieデbuchesジョシュア、 meurs 、 1836 ; keil 、 kommentar über dasブーフジョシュア、エルランゲン、 1847 ; j. hollenberg 、死ぬdeuteronomischen bestandtheileデbuchesジョシュアは、 theologische studien und kritiken 、 1874 ;同上、死ぬalexandrinische uebersetzungデbuchesジョシュア、 meurs 、 1876 ;ヴェルハウゼン、死ぬkompositionデhexateuchs (もともとはjahrbuch der theologie 、 1876年から1877年) ;バッド、リヒターundジョシュアは、シュターデのzeitschrift 、 1877 、 pp 。 93 et seq.; JS Black, The Book of Joshua, Cambridge, 1891; E. Albers, Die Quellenberichte in Josua (Josh. i.-xii.), Bonn, 1891; 93頁以降を参照。 ; js黒、この本のジョシュア、ケンブリッジ、 1891 ; e.アルバース、死ぬquellenberichteのジョシュア( josh. i. - 12です。 ) 、ボン、 1891 ;

Dillmann, Numeri, Deuteronomium, und Josua, in the Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch, Leipsic, 1886; Oettli, commentary to the book in Deuteronomium, Josua, Richter (Strack-Zöckler, Komment. zum AT 1893); Wellhausen, Prolegomena, 4th ed.; Holzinger, Einleitung in den Hexateuch, 1893; idem, Das Buch Josua, Tübingen and Leipsic, 1901; Steuernagel, Das Buch Josua, 1900; WH Bennett, The Book of Joshua, in SBOT Leipsic and Baltimore, 1895.EGHディルマン、 numeri 、 deuteronomium 、 undジョシュア、 kurzgefasstes exegetischesは、 handbuch 、リプシック、 1886 ; oettli 、解説して予約さdeuteronomium 、ジョシュア、リヒター(シュトラック- zöckler 、 komment 。 zumで1893 ) ;ヴェルハウゼン、 prolegomenonの複数形、第4エド。 ; holzinger 、 einleitungにデン六書、 1893 ;同じ、 dasブーフジョシュア、テュービンゲンとリプシック、 1901 ; steuernagel 、 dasブーフジョシュア、 1900 ; whベネットは、予約のジョシュアは、 sbotリプシックや、ボルティモア、 1895.egh


Joshuaジョシュア

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Appointed Moses' Successor.任命モーゼの後継者です。

Conquest of Jericho.エリコ征服します。

Division of the Land.陸上部が実施しています。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

His Faithful Service.彼の忠実なサービスです。

The Change in His Name.彼の名前が変更されます。

Married to Rahab.ラハブと結婚している。

-Critical View:クリティカルな対象:

Leader of Josephites. josephitesの指導者です。

Name of several Biblical personages.聖書の人物の名前をいくつか。

In Hebrew (Deut. iii. 21; Judges ii. 7) and commonly (Judges ii. 7a; Ex. xvii. 9; Josh. i. 1) correspond to = "helped by Yhwh," the shorter form being = "help" or "one who helped" (Num. xiii. 8; Deut. xxxii. 44; here probably an error for ). inヘブライ語( deut. Ⅲ 。 21 ;裁判官Ⅱ 。 7 )とよく(裁判官Ⅱ 。 7aの;例です。 17 。 9 ;ジョシュします。 i. 1 )に対応して= " yhwh助けられて、 "短いフォームのデータを= "ヘルプ"または" 1つwho助け" ( num. 13 。 8 ; deut 。 32 。 44 ;ここでは、おそらく、エラー) 。 The Septuagint has Ἰησους; the Vulgate, usually "Josue," but "Jesus" in Ecclus.セプトゥアギンタは、 ἰησους ;の流布本、 24時間"ジョスエ、 "しかし、 "イエスキリスト"をecclusです。 (Sirach) xlvi. (シラク) 46 。 1; I Macc. 1 ;私maccです。 ii. Ⅱ 。 55; II Macc. 55 ;二maccです。 xii. 12 。 15, identical with , the post-exilic form of the name. 15日、同じで、追放された後の形式の名を入力します。

1. 1 。 Biblical Data: The son of Nun; servant and successor of Moses.聖書のデータ:の息子の修道女;使用人とモーゼの後継者です。 An Ephraimite (Num. xiii. 8), the grandson of Elishama, he is described as the chief of his tribe (I Chron. vii. 26, 27).のエフライムの子孫( num. 13 。 8 )は、孫のelishama 、彼は自分の部族長として説明する(私chron 。 Ⅶ 。 26 、 27 ) 。 At first named "Hoshea" (Num. xiii. 8 [AV "Oshea"]; Deut. xxxii. 44), he was called by Moses "Jehoshua" (Num. xiii. 16).最初の名前は" hoshea " ( num. 13 。 8 [ av " oshea " ] ; deut 。 32 。 44 ) 、彼はムーサーと呼ばれる" jehoshua " ( num. 13 。 16 ) 。 Joshua first leaps into notice in the account of the defeat of the Amalekites in the desert, where he leads the picked troops of the Israelites (Ex. xvii. 8-14).ジョシュア最初の飛躍を通知されたアカウントのamalekitesでの敗北は、砂漠の、ここで彼は、イスラエル軍をリードして選んだ(例: 17 。 8-14 ) 。 Afterward he appears successively at the side of Moses as his servant (ib. xxiv. 13; xxxii. 17, 18); as the guardian of the Tabernacle (ib. xxxiii. 11); and as the zealous defender of Moses' prestige on the occasion of Eldad's and Medad's prophesying in the camp (Num. xi. 27-29).その後彼はムーサーが表示されたら連続側としては、彼の使用人( ib. 24 。 13 ;参拾。 17 、 18 ) ;としての守護者の幕屋( ib. 33 。 11 ) ;と熱心な擁護者としてのモーゼの威信をこの機会をmedadのprophesyingのEldadのとは、キャンプ( num. XI 。の27-29 ) 。 He is one of the spies sent to explore Canaan (ib. xiii. 9, 17).彼はスパイのいずれかのエディションに送信さカナン( ib. 13 。 9日、 17 ) 。 Returning from this errand, it is he who with Caleb allays the apprehension of the excited people, bravely taking the risk of being stoned to death (ib. xiv. 6-10).この用事を返すから、それは彼のCalebBrett whoと、興奮した人々の不安を和らげる、勇敢に撮影して死亡する危険性がある石( ib. 14 。 6-10 ) 。 For this fidelity he and Caleb, alone of all the Israelites twenty years old and upward at the time of this episode, are to enter the promised land (ib. xiv. 30-38, xxvi. 65, xxxii. 12).この忠実度、彼とのCalebBrett 、一人の20歳のすべてのイスラエルと上方時点で、このエピソードは、約束の地を入力して( ib. 14 。 30-38 、 26 。 65 、 32 。 12 ) 。

Appointed Moses' Successor.任命モーゼの後継者です。

Nevertheless, during the following thirty-eight years of the desert migration no further mention is made of him.にもかかわらず、中には、次の38年間の砂漠の移行のより詳細な言及が行われるのだ。 But when Moses is apprised of his own impending death, Joshua is pointed out as the one man to carry to completion the great leader's unfinished task.しかし、ムーサーが、自分自身の差し迫った死に対し、ジョシュアが指摘され、一人の男を運ぶのを完了する偉大な指導者の未完の仕事です。 Moses is bidden to lay his hand upon him-"a man in whom is the spirit"-and thus to give him charge as his successor; which command is carried out (ib. xxvii. 16 et seq.).ムーサーは彼の手をレイアウトに招かれた彼- "男の人の精神には"彼電荷を与えるとこのように彼の後任として;どのコマンドを実施( ib. 27 。 16頁以降を参照。 ) 。 Joshua is to preside over the division of the land (ib. xxxiv. 17), but must keep the compact entered into with Reuben, Gad, and the half of Manasseh (ib. xxxii. 28).ジョシュアを主宰する部が実施して土地( ib. 34 。 17 ) 、しかし、コンパクトに入力さを維持する必要があります。ルーベン、出歩き、との半分をマナセ( ib. 32 。 28 ) 。 God assures Joshua of success in the leadership (Deut. xxxi. 14, 23); and he as the designated successor is with Moses when the great prophet addresses his last counsel to the people (ib. xxxii. 44).ジョシュアの成功により、神に指導力を発揮( deut. 31 。 14 、 23 ) ;と彼の後継者として、指定したときには、偉大な預言者ムーサーのアドレスを彼の最後の弁護人の人々 ( ib. 32 。 44 ) 。

At Moses' death Joshua was filled with "the spirit of wisdom" (ib. xxxiv. 9).でモーゼの死のジョシュアが満ちている"の精神の叡智" ( ib. 34 。 9 ) 。 Upon him devolved a twofold duty: to conquer the land, and to apportion it among the tribes (Josh. i. 1-5).彼に権限を委譲する二重の義務:その土地を征服し、部族間のことを割り当てる( josh. i. 1-5 ) 。 Yhwh Himself encouraged him to be strong and to cling to the Law, which was never to "depart out of his mouth."彼自身励まさyhwh強いとされる同法に固執する、これは絶対に"彼の口から出発する。 " After enlisting the cooperation of the kindred east-Jordanic tribes (ib. i. 6-18), his first concern was to spy out Jericho (ib. ii. 1). enlistingした後、親族の協力を得て東- jordanic部族( ib. i. 6-18 ) 、彼の最初の懸念は、エリコをスパイする( ib. Ⅱ 。 1 )です。 On receiving the report of his emissaries (ib. ii. 23, 24) he gave the necessary instructions for the crossing by the Israelites of the Jordan (ib. iii. 1-13).報告書を受けて彼の特使( ib. Ⅱ 。 23日、 24日)するために必要な手順については彼は、イスラエルの交差のは、ヨルダン( ib. Ⅲ 。 1-13 ) 。 With the Ark of the Covenant carried by the priests in the van, on the tenth day of the first month of the forty-first year after the Exodus the Israelites set out to conquer the land.契約の箱を運ばれる司祭先頭に立って、上の最初の月の10日の最初の1年間に40セットの後に出エジプト記のイスラエルの土地を征服する。 The river, miraculously divided as long as the priests with the Ark remained in its bed, was crossed north of Adam; and in memory of this occurrence Joshua erected over the place where the priests had been stationed a monument of twelve stones (ib. iv. 9).川のは、奇跡的に分割する限り、司祭は、ベッドの箱舟は依然、北のアダムが交差;とジョシュアメモリには、次の発生場所に建てられていたの司祭の記念碑の駐留を12石( ib. 4世。 9 ) 。 He also ordered that one man from each tribe should take each another stone from that spot and deposit it on the western bank as a memorial (ib. iv. 1-8, xx. 24).彼はまた一人の男から指示を各部族はそれぞれ別の石からその場所で取ると、欧米の銀行に預金して記念碑( ib. Ⅳ 。 1-8 、イグゼクス。 24 ) 。 Here, at Gilgal, Joshua pitched his camp and remained for some time; and in order that all might be able to participate in the Passover, he directed that every Hebrew that had been born in the desert should be circumcised (ib. v. 2-8).ここでは、先ギルガル、ジョシュアは驚くほどキャンプとはいくつかの時間;とするために、すべてのかもしれない過ぎに参加して、彼はすべてのヘブライ語指示されていたが生まれ、砂漠の必要が割礼( ib. v. 2 -8 ) 。

Conquest of Jericho.エリコ征服します。

Jericho was the first city captured.エリコは、市の最初のキャプチャします。 After exploring it by spies Joshua invested it, finally capturing it in a miraculous manner (ib. v. 13-vi.).ジョシュアことによってスパイを散策した後に投資し、最後にキャプチャすることが奇跡的な態度( ib. v. 13 - Ⅵ 。 ) 。 The ban was pronounced over the ruins, and all the inhabitants were destroyed save Rahab and her paternal family; they being spared because she had shown hospitality to the spies.は、廃墟と発音するのを禁止する、とのすべての住民が破壊後のために保存ラハブと彼女の父方のご家族;彼らが示していたことから、ホスピタリティを免れるのスパイです。 Joshua became famous by this victory, but met a reverse at Ai in consequence of Achan's misdeed; however, after visiting condign punishment upon the offender he made himself master of the town, which was the key to the mountains rising west of the plain of Jericho.ジョシュア有名になったこの日の勝利は、藍しかし、逆に会ったの結果achanの悪行;しかし、当然受けるべき罰を訪問した後に、彼は自分自身のマスターの犯罪者の町、これは、上昇のカギを握って山の西の平原のエリコです。 The Gibeonites made their peace with him, gaining advantageous terms by means of a clever ruse (ix. 3 et seq.).彼はその平和のgibeonites 、有利な条件を獲得する手段の巧妙な策略( ix. 3頁以降を参照。 ) 。 On Ebal and Gerizim he caused the blessings and the curses to be read (comp. Deut. xxvii.). ebalとgerizim彼を祝福と呪いの原因とされる読み取り( comp. deut 。 27 。 ) 。

While Joshua was thus engaged in the north, five of the southern rulers made an alliance to punish Gibeon; but they were completely routed at Makkedah by Joshua, who had hastened to the assistance of the Gibeonites.ジョシュアは、このように従事しながら、北朝鮮は、 5つの同盟の南の支配者を罰する作らギベオン;しかし、彼らは完全にルーティングされmakkedahジョシュアは、 whoの助けを借りて、急いでいたgibeonitesです。 It was during this battle that a furious hail-storm set in, proving more deadly than the sword (Josh. x. 11), and on this occasion also, at Joshua's command, the sun stood still upon Gibeon and the moon in the valley of Ajalon (ib. x. 12-13a).それは、中にこの戦いは、猛烈な雹の嵐設定され、他の致死性の証明のように剣よりも( josh. Xの11 ) 、およびこの時に当たっても、ジョシュアのコマンドは、太陽と月の静止時ギベオンの谷のajalon ( ib. Xの12 - 13a ) 。 The fugitive five kings were discovered hiding in a cave at Makkedah.逃亡中の5つの王隠れているのが発見さの洞窟でmakkedahです。 By Joshua's orders the cave was closed with huge stones until the pursuit was over, when it was reopened and the kings, after having been thoroughly humiliated, were slain, their bodies being hanged on trees until the evening, when they were taken down and cast into the cave.ジョシュアの命令によって、洞窟が閉鎖されるまでには巨大な石の追求が終わった後、再開されたときには王と、後に徹底的に恥をかくことも、殺害されたが、自分の体の木が絞首刑にするまで、夜になると、彼らは撮影時にダウンして、キャスト洞窟をします。 Then followed the conquest of Libnah, Lachish, Eglon, Hebron, and Debir. libnah入力し、その後の征服、ラキシュ、エグロン、ヘブロン、およびdebirです。 In the south Joshua penetrated as far as Kadesh-barnea; in the west as far as Gaza (ib. x. 29 et seq.).ジョシュアに侵入したの南に限りカデシュ- barnea ;限りでは、西ガザ( ib. Xの29頁以降を参照。 ) 。 Later onhe routed the allied kings of the north at Lake Merom-Hazor being the head of these kingdoms-killing the inhabitants and burning the city of Hazor (ib. xi.).ルーティングonhe王の連合への北の湖の頭のmerom -ハゾルが、これらの国-殺害の住民と書き込み、市のハゾル( ib. XI 。の)です。

Division of the Land.陸上部が実施しています。

In this manner Joshua within a few years (ib. xiv. 7; comp. verse 10) had made himself master of the whole country with the exception of the Philistine and Phenician coasts.このように、数年にジョシュア( ib. 14 。 7 ;のCOMPです。詩10 )は、国全体が自分自身のマスターを除いては、ペリシテとphenician海岸です。 Still he continued to guard in Gilgal his fortified camp; thence he governed the land (ib. xiv. 6), and there he began to allot the districts to the various tribes.まだ彼は彼の継続強化キャンプを警備隊にギルガル;そこから彼は支配の土地( ib. 14 。 6 ) 、およびあると彼は様々な部族を割り当てるの地区です。 Judah, Ephraim, and the half of Manasseh were the first to be settled, Caleb being allowed to take Hebron (ib. xiv. 12, xv.-xvii.).ユダ、エフライム、マナセの半分が解決されることは、最初に、許可を取るのCalebがヘブロン( ib. 14 。 12日、 xv. - 17です。 ) 。 After this, Joshua removed the Tabernacle and the Ark from Gilgal to Shiloh, and took up his residence there (ib. xviii.).この後、ジョシュア幕屋と箱舟から削除してギルガルをシロ、と彼のレジデンスを取り上げたが( ib. 18です。 ) 。 Here he continued the work of apportioning the rest of the land by lot according to the families (ib. xviii.-xix.).ここで彼の仕事を継続的配分の残りの部分の土地を抽選でご家族によると、 ( ib. xviii. - 19です。 ) 。 Cities of refuge, in accordance with the Law, were appointed (ib. xx.).都市の避難所、同法に基づき、任命された( ib.イグゼクスです。 ) 。 Joshua himself received the city of Timnath-serah in Ephraim for an inheritance (ib. xix. 49, 50; xxiv. 30).ジョシュア自分自身を検索するシティ受信エフライムtimnath - serahでは、相続( ib. 19 。 49 、 50 ; 24 。 30 ) 。 Having thus completed his task, he gave Reuben, Gad, and the half of Manasseh permission to return to their east-Jordanic territory (ib. xxii. 1-9).彼のタスクが完了したため、彼はルーベン、出歩き、との許可をマナセの半分を東- jordanicの領土に戻ることはない( ib. xxii 。 1-9 ) 。

When he was "old and stricken in age" Joshua convened the elders and chiefs of the Israelites and exhorted them to have no fellowship with the native population (ib. xxiii.).ときに彼は"古いと打ちひしがれたの年齢"ジョシュア招集し、イスラエルと、年長者や首長がないと交わりを持つexhortedしてネイティブの人口( ib. XXIII近くにございます。 ) 。 At a general assembly of the clans at Shechem he took leave of the people, admonishing them to be loyal to their God, who had been so mightily manifested in the midst of them (ib. xxiv.).氏族の総会で、彼は休暇をシケムの人々 、 admonishingして彼らの神に忠実で、 whoていたのでとってもの真っただ中に明らかにして( ib. 24です。 ) 。 As a witness of their promise to serve Yhwh, Joshua set up a great stone under an oak by the sanctuary of Yhwh (ib. xxiv. 26-28).証人としての役目をyhwhの提供を約束する、ジョシュア設定するには大きな石の下の樫の木の聖域yhwh ( ib. 24 。 26-28 ) 。 Soon afterward he died, at the age of 110, and was buried in Timnath-serah (ib. xxiv. 29-30).EGH程なく亡くなった後、 110歳の時に、 timnathに埋葬さとは- serah ( ib. 24 。 29-30 ) 。 egh

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Joshua is regarded as the type of the faithful, humble, deserving, wise man.ジョシュアは、忠実なタイプと見なされて、謙虚な、値する、賢明な人です。 Biblical verses illustrative of these qualities and of their reward are applied to him.これらの資質や聖書の詩を例示かれらへの報奨を適用していた。 "He that waiteth on his master shall be honored" (Prov. xxvii. 18) is construed as a reference to Joshua (Num. R. xii.), as is also the first part of the same verse, "Whoso keepeth the fig-tree shall eat the fruit thereof" (Yalḳ., Josh. 2; Num. R. xii. 21). "彼は彼のマスターしなければならないことを光栄waiteth " ( prov. 27 。 。 。 18 )は解釈さへの参照をジョシュア( num. r. 12 。 ) 、としても、同じ詩の最初の部分を、 "誰でも、イチジクにkeepeth -カテゴリは、その果実を食べる" ( yalḳ. 、ジョシュします。 2 ; NUM件です。 r. 12 。 21 ) 。 That "honor shall uphold the humble in spirit" (Prov. xxix. 23) is proved by Joshua's victory over Amalek (Num. R. xiii.).は"謙虚な心の中で名誉を維持するもの" ( prov. 29 。 23 )が証明さジョシュアの勝利アマレク人( 13 num. r.です。 ) 。 Joshua was a wise man; hence in him was verified the saying, "With me [wisdom] kings shall rule" (Prov. viii. 15, Hebr.).ジョシュアは、賢い者の;それゆえに、彼は、検証と述べ、 "ウィズミー〜 [知恵]キングスはルール" ( prov. Ⅷ 。 15日、 hebrです。 ) 。 Not the sons of Moses-as Moses himself had expected-but Joshua was appointed successor to the son of Amram (Num. R. xii.).はなく、自分の息子のムーサー-としてムーサーが予想-しかし、ジョシュアの息子の後継者を任命amram ( num. r. 12 。 ) 。 Moses was shown how Joshua reproved Othniel (Yalḳ., Num. 776).ムーサーが表示さreprovedどのようジョシュアothniel ( yalḳ. 、 NUM件です。 776 ) 。 Joshua's manliness recommended him for this high post.ジョシュアの男らしさ、この高い地位に就いて彼を推奨します。 David referred to him in Ps.デビッド言及してかれにpsのです。 lxxxvii. 87 。 25, though without mentioning the name, lest dissensions should arise between his sons and those of his brothers (Yalḳ., quoting Sifre, lc). 25日、かかわらずに言及して名前、 dissensionsが発生しないように彼の息子たちとの間に彼の兄弟( yalḳ. 、引用sifre 、液晶) 。

His Faithful Service.彼の忠実なサービスです。

Joshua was always at the front of the army, and did not, as other generals, remain in the rear (ib.) or in his tent.ジョシュアはいつもの前部にある陸軍としなかったとして他の将軍に残っているの背面( ib. ) 、または彼のテントです。 Moses in his lifetime appointed Joshua as his interpreter ("meturgeman"), in order to forestall the possibility of his being looked upon as an upstart after Moses' death (Yalḳ., lc).ムーサーは彼の通訳として彼の生涯の任命ジョシュア( " meturgeman " ) 、の可能性を未然に防ぐために彼の顔をした後に成り上がりのモーゼの死( yalḳ. 、液晶) 。 Yet Moses' face was like the sun, and that of Joshua like the moon (ib.).まだありませんモーゼの顔は太陽のように、とのジョシュアのようにムーン( ib. ) 。 Joshua had deserved the honor by his faithful service.ジョシュアは当然の名誉を彼の忠実なサービスです。 He used to rise early in the morning and set in order the chairs in the house of assembly.彼は朝の早い段階で使用されるが上昇し、設定されて、家中の椅子を注文するアセンブリです。

Therefore, according to some, Moses raised up Joshua from the ground and took him on his knees, and he and the whole of Israel would lift up their heads to hear Joshua's words; but Joshua in his modesty exclaimed: "Blessed be Yhwh, who gave the Torah to Israel through Moses, our master" (Yalḳ., lc, quoting the Midrash Yelammedenu).したがって、いくつかによると、ムーサー提起すると、地上からのジョシュアは、彼に彼の膝、と彼とイスラエルの全体に頭を持ち上げるの言葉を聞いてジョシュア;しかし、彼のつつましさジョシュアは叫んだ: "祝福されるyhwh 、 who律法はモーセにイスラエルを通じて、私たちのマスター" ( yalḳ. 、液晶、引用してミドラーシュyelammedenu ) 。 The wisdom of Joshua is emphasized also in other connections (Ex. R. xi. and parallels).強調の英知を結集するジョシュアはまた、他の接続(例: r. XI 。のと類似) 。 The prediction (Deut. xxxiii. 17) in the blessing of Moses is held to have come to pass in Joshua (Sifre, ad loc.).の予測( deut. 33 。 17 )は、祝福のムーサーが開かれるのを渡すには来るのジョシュア( sifre 、広告の掲載て下さい。 ) 。 Moses possessed "hod" (splendor), but Joshua, only "hadar" (a lesser degree of fame; according to Friedmann, Sifre, 146b, note 11, this has reference to the fact that kingship was denied to Joshua); for if the former had been Joshua's portion he would have been absolutely irresistible.モーゼス保有"ホッド" (素晴らしさ) 、しかし、ジョシュアは、 " hadar " (それほどではないにある程度の名声を得る;によると、フリードマン、 sifre 、 146b 、注記11日、これは参考に王が拒否されたという事実をジョシュア) ;の場合ジョシュアていた元の部分が確実に彼は非常に魅力的です。 Joshua was given the strength of the ox but the beauty of the "re'em" (Sifre, lc; Yalḳ., Deut. 959).ジョシュアは、与えられたの強さは、牛が、美しさの" re'em " ( sifre 、液晶; yalḳ 。 、 deut 。 959 ) 。 When Joshua upon his return with the spies found the people ungrateful, he was the only one that was shocked to the extent of both falling on his face, like Moses and Aaron, and rending his garments, like Caleb (Yalḳ., Num. 744).ジョシュアときに彼の復帰を恩知らずの人々のスパイが見つかりました、彼は1つだけに、ショックを受けるの範囲の両方の落下を彼の顔のように、ムーサーとハールーンを、彼の服装と胸が張り裂けるようなのCalebBrett ( yalḳ. 、 NUM件です。 744 ) 。

The Change in His Name.彼の名前が変更されます。

Moses added the letterムーサーが追加されました手紙 to the name "Hoshea" (Num. xiii. 16) because he had prayed that God () would keep Joshua from joining the conspiracy of the spies, and also because, as Caleb's reward was a portion of the land, Joshua's compensation was to be his own allotment and that of the other ten (= "yod") spies (Soṭah 34b; Tan. ad loc.; Num. R. xvi.).の名前を" hoshea " ( num. 13 。 16 )のために祈っていた神( )に参加するよりもずっとジョシュアの陰謀スパイ、ともあって、報酬としてのCalebBrettの部分は、その土地、ジョシュアの補償は、と彼自身の割当は、他の10 ( = " yod " )工作員( soṭah 34b ;タンです。広告て下さい。 ; NUM件です。 r. 16 。 ) 。 According to Yer. yerによるとします。 Sheb. shebです。 vi. Ⅵ 。 1, the name "Hoshea" was changed as soon as Joshua entered the service of Moses, or at the latest after the victory over Amalek. 1日の名前" hoshea "が変更され次第、ジョシュア入力してサービスのモーゼスか、または勝利の後には、最新のアマレク人です。

Joshua was among those who, too modest to call themselves " 'ebed," were so dignified by God Himself (Sifre, Wa'etḥanan, cited in Yalḳ., Josh. 1).ジョシュアは、このうちwho 、あまりにもささやかな自身を呼び出す" ' ebed 、 "神は威厳のあるので自分自身( sifre 、 wa'etḥanan 、 yalḳ引用されています。 、ジョシュします。 1 )です。 The spies whom Joshua sent to Jericho were Phinehas and Caleb (Yalḳ., lc).エリコのスパイが誰に送信さジョシュアフィニアスとのCalebBrett ( yalḳ. 、液晶) 。 When Joshua commanded the sun to stand still he used the phrase (= "be still"; Josh. x. 12); for the sun kept on singing a song of praise as long as it was moving.ジョシュア命じられたときに、太陽をじっと立っている彼は使用してフレーズを入力します( = "まだ" ;ジョシュします。 Xの12 ) ;は、太陽の賛美歌続けている限りは動いている。 The sun would not obey Joshua until he had assured it that he would sing God's praises himself (Yalk., lc 22).太陽はないジョシュアに従うことが保証されるまで彼は神の賛辞を歌う彼は自分自身( yalk. 、液晶22 ) 。 Joshua led and governed the people during thirty-eight years (Seder 'Olam R.; Yalḳ., lc 35).ジョシュア中の人々を導き、統治38年間(セダー' olam r. ; yalḳ 。 、液晶35 ) 。 Israel is represented by the Rabbis as not very eager to pay him honor at his obsequies (Yalḳ., lc).ラビ代表されるイスラエルは非常に熱心ではない彼の名誉を払う彼のobsequyの複数形( yalḳ. 、液晶) 。

Married to Rahab.ラハブと結婚している。

Rahab is said to have become Joshua's wife.ラハブとも言われてジョシュアの妻になる。 They had daughters but no son.しかし、彼らは人の娘の息子がいます。 From this union many prophets descended, and Hannah was Rahab's reincarnation.この組合から多くの預言者の子孫、とハンナは、ラハブの生まれ変わりです。 Rahab was ten years old when Israel left Egypt, and during the forty years intervening she was a great sinner; but when the spies visited her she became a proselyte.ラハブは、イスラエルの10歳の時左エジプトでは、 40年間の中で彼女は大きな介入している罪人;しかし、スパイを訪れたとき、彼女は改宗になった。 There is some doubt as to her having had only daughters by Joshua(see Zeb. 116b; Mek., Yitro [beginning]; Rashi to Josh. ii.; Yalḳ., Josh. 9; Meg. 14a; Gedaliah ibn Yaḥya, "Shalshelet ha-Ḳabbalah," p. 14a).彼女にはいくつかの疑問が生じていることしか人の娘をジョシュア( zebです。 116b ; mek 。 、 yitro [開始] ; rashiをジョシュです。 Ⅱ 。 ; yalḳ 。 、ジョシュです。 9 ;メグです。 14a ; gedaliahイブンyaḥya 、 " shalsheletハ- ḳabbalah 、 " p. 14a ) 。 According to Pirḳe R. El. r. pirḳeによると、エルです。 xlii., when Joshua was fighting for the Gibeonites the Sabbath was about to set in. Seeing the disinclination of his people to continue the battle at the risk of desecrating the Sabbath, and perceiving that the magicians of the heathen were inciting the constellations to help the cause of Israel's enemies, he spread out his hand toward the light of the sun and of the moon and "remembered upon them" the Ineffable Name, when both sun and moon stood still for thirty-six hours (Yalḳ., Gen. Lek Leka). 42 。 、ジョシュアは、戦闘時には約gibeonitesの安息日インチ見て気が進まないことを設定する彼の人々の戦いを続行するには、危険性をdesecratingの安息日、および知覚は、手品師が煽動し、異教徒の星座を助けるイスラエルの敵の原因を、彼は彼の手を広げて、太陽の光に向かってと、ムンと"覚えてかれら"筆舌に尽くし難い名は、まだ立っていたときに太陽と月の両方を36時間( yalḳ. 、 Gen 。とレックleka ) 。 The song intoned by Joshua after his victory is given in full in the "Sefer ha-Yashar" (chapter on Joshua).その歌ジョシュアintonedを与えられた後、彼の完全な勝利は、 " seferハ- yashar " (章をジョシュア) 。 Joshua had appealed to Israel before crossing the Jordan not, as the text has it in the literal sense, to prepare provisions for the journey-that was not necessary, since the manna had not yet ceased falling-but to repent (Pirḳe R. El. vi.).イスラエルジョシュアが控訴を横断する前に、ヨルダンは、テキストとしては、それをリテラルの意味で、今回の旅のための規定を準備する必要はないが、以来、マンナはまだやんだ落下-しかし、後悔する( pirḳe r.エルです。 Ⅵ 。 ) 。

Joshua's name is associated with many "taḳḳanot," eg, the benediction upon entering the holy land (Ber. 48b); the license to graze on the plowed field of others without liability to a charge of robbery (B. Ḳ. 60b); the permission to gather wood in a neighbor's field (ib. 61b); the permission to gather grass anywhere (ib.); and seven other measures enumerated in Maimonides ("Yad," Nizḳe Mamon, viii. 5), regulating certain privileges, permitting certain natural or necessary acts (in open fields or when walking through vineyards), and assuring to the unknown dead buried by the community the undisturbed possession of his grave (see Dead, Duty to the; Bloch, "Die Institutionen des Judentums," i. 54-68, Vienna, 1879).EGHジョシュアの名前が関連付けられて多くの" taḳḳanot 、 "例えば、祝福に入るの聖地( ber. 48b ) ;のライセンスを放牧する耕されたフィールドを検索するに他人に責任を担当して強盗( b. ḳです。 60b ) ;木材の許可を収集するのを隣人のフィールド( ib. 61b ) ;の許可を収集する草の任意の場所( ib. ) 、およびその他の措置に列挙さ7 maimonides ( " yad 、 " nizḳe mamon 、 Ⅷ 。 5 ) 、規制、特定の権限を、特定の自然や必要な行為が許せば(歩いているときに、オープンフィールドまたはぶどう畑) 、および保証して身元不明の死体の損傷を受けていないコミュニティに埋葬された彼の墓の所持(死んで、デューティして;ブロッホ、 "死ぬinstitutionenデjudentums 、 " i.五四から六八まで、ウィーン、 1879 ) 。 egh

-Critical View:クリティカルな対象:

Joshua's historical reality has been doubted by advanced critics, who regard him either as a mythological solar figure (Winckler, "Gesch. des Volkes Israel," ii. 96-122; Schrader, "KAT" 3d ed., p. 225) or as the personification of tribal reminiscences crystallized around a semi-mythical hero of Timnath-serah (= "Timnat Ḥeres").ジョシュアの歴史的な現実を疑問視されてきた高度な批評家、 whoに関して彼のいずれかとして神話太陽図(ウィンクラー、 " gesch 。デvolkes 、イスラエル、 " Ⅱ 。 96〜122 ;シュレイダー、 "キャット" 3次元エド。 、 p. 225 ) 、または回顧録の化身として部族半の周りに結晶化した神話上の英雄のtimnath - serah ( = " timnat ḥeres " ) 。 Eduard Meyer, denying the historicity of the material in the Book of Joshua, naturally disputes also the actuality of its eponymous hero (Stade's "Zeitschrift," i.).エドゥアルトマイヤー、史実を否定する材料は、予約のジョシュア、当然の紛争も、実際にその町の名を冠した英雄(シュターデの" zeitschrift 、 "の経験I.クリチバ) 。 These extreme theories must be dismissed.これらの極端な理論を解雇しなければならない。 But, on the other hand, it is certain that Joshua could not have performed all the deeds recorded of him.しかし、その一方で、それは確信してジョシュア実行できませんでしたが、彼のすべての行動を記録します。 Comparison with the Book of Judges shows that the conquest of the land was not a concerted movement of the nation under one leader; and the data concerning the occupation of the various districts by the tribes present so many variants that the allotment in orderly and purposed sequence, which is ascribed to Joshua, has to be abandoned as unhistorical.と比較して予約の裁判官によると、征服された土地はない、協調の動きをされて1つの国の指導者、およびデータに関する様々な地区の占領された部族現在非常に多くの亜種は、割当を目的整然とシーケンス、これは生得的にジョシュア、歴史的でないとしては放棄される。

Leader of Josephites. josephitesの指導者です。

Yet this does not conflict with the view that Joshua was the leader of a section of the later nation, and that he as such had a prominent part in the conquest of the districts lying around Mount Ephraim.しかし、これと競合する可能性はありませんがジョシュアは、指導者対象のセクションが、後の国家ており、そのような彼は著名な部分としては、征服エフライム地区うそをついて周りをマウントします。 The conquest of the land as a whole was not attempted; this final achievement was the result of several successive movements of invasion that with varied success, and often with serious reverses, aimed at securing a foothold for the Israelites in the trans-Jordanic territories.その土地の全体を征服しようとはしない;この最後の偉業はいくつかの連続した動きの結果をさまざまな侵攻に成功し、多くの場合、深刻なことが起こると、足場を確保することを目的とイスラエルは、トランスjordanicテリトリーです。 Joshua was at the head of the Josephite (Leah) tribes (comp. Judges i. 22, according to Budde; Joshua dies at the age of 110, as does Joseph), for whom the possession of the hill-country of Ephraim-Gibeon in the south and Ebal in the north-was the objective point.ジョシュアは、先の頭の部分をjosephite (リア)の部族( comp.裁判官i. 22日、バッドによると、 110歳の時に死ぬジョシュアとしてはユースフ)は、誰が為に所持オブザヒル-国のエフライム-ギベオンebalでは、南と北は、客観的ポイントです。 This invasion on the part of the Josephites was probably preceded by others that had met with but little success (comp. the story of the spies, Num. xiv.).この侵攻で、一部の前にはおそらく他のjosephitesていたしかし、ほとんどの成功に会って( comp.の物語は、スパイ、 NUM件です。 14 。 ) 。 But the very fact that while earlier expeditions had failed this one succeeded impressed for centuries the imagination of the people to such an extent that the leader of this invasion (Joshua) became the hero of folk-lore; and in course of time the plan of the conquest of the whole land and its execution were ascribed to him.しかし、非常に事実を以前の遠征中に失敗しましたが、この1つの想像力を何世紀に成功した感動の人々にこのような範囲では、指導者は、次の侵攻(ジョシュア)がヒーローの民俗-伝承;と、コースの時間の計画全体の土地の征服とその実行が生得している。 He thus grew to be in tradition the leader of the united people-especially in view of the supremacy enjoyed by the tribe of Joseph, in whose possession was the Ark at Shiloh-and therefore the successor of Moses, and as such the chief in authority when the land was divided among the tribes.彼はこのように成長される伝統の米の指導者、特に人々に享受される対象は、部族の覇権を握るのジョセフは、シロの所持は、箱舟はムーサーとそのための後継者は、そのような権限の長さときに部族間の土地が分かれています。

Recollections of valorous feats performed in the days of these fierce wars with the aboriginal kings were transferred to Joshua and his time; battles remembered in fable and in song were connected with his name; natural phenomena (the blocking of the waters of Jordan by rocks, the earthquake at Jericho, the hail-storm before Gibeon) which had inspired semi-mythological versions were utilized to enhance his fame, all the more since they helped to vindicate his dignity as a second Moses.思い出の勇敢な偉業日中に実行されると、これらの激しい戦争に転送されたジョシュア先住民の王と彼の時間;寓話との戦いを覚えて歌がつながって、彼の名前;自然現象(ヨルダンをブロック化のために尽くすの岩石学、エリコの地震で、嵐の前の雹-ギベオン)インスピレーション半ていた神話のバージョンが利用彼の名声を高めるため、他のすべての正当性を立証するために彼らの助けで彼の2番目のムーサーとしての尊厳です。 Snatches of popular songs, no longer understood because their original mythology had become unintelligible, were applied to his feats, and in turn gave rise to new accounts of his marvelous accomplishments (eg, at Ajalon).断片的に人気の曲、理解されなくなるため、元の神話は判読できない、彼の偉業が適用されると、新しいアカウントを順番に上昇するのは彼の素晴らしい業績(例えば、 ajalon ) 。 This process is perfectly natural, and has its analogues in the stories concerning other heroes; in fact parallels between his biography and that of Jacob have been discovered (Steuernagel, "Joshua," p. 150).このプロセスは完全に自然、およびアナログは、ストーリーに関しては、他の英雄;実際に彼の伝記との間での共通点が発見されましたジェイコブ( steuernagel 、 "ジョシュア、 " p. 150 ) 。 But all this makes the historical reality of Joshua as the chief of a successful army of invasion all the more strongly assured.しかし、すべてのジョシュアこれにより、歴史的な現実の長としての成功の他のすべての軍の侵攻を強く安心です。 The chapters dealing with the division of the land must be dismissed as theoretical speculation, dating from a period when the tribal organization had ceased to exist; that is, from the Exile and perhaps later.各章部が実施して対処するとして却下しなければならない理論的な土地投機、デートのときからの期間がやんだ組織に存在する部族;それは、おそらく後からの亡命者とします。 The epilogues (the story of Joshua's gathering the elders or the whole people at Shechem before his death, Josh. xxiii.-xxiv. 28) are clearly the work of a Deuteronomic writer; and the scenes are conceived in imitation of Jacob's blessing (Gen. xlix.) or of Moses taking leave of the people and admonishing them before his transition.のepilogues (の物語のジョシュアの収集、年長者または全体の人々は彼の死シケムする前に、ジョシュです。 xxiii. - 24 。 28 )は明らかに作家の仕事をするdeuteronomic ;とのシーンは、ジェイコブ氏の構想を模倣祝福(世代。 49 。 )または休暇のムーサーadmonishingして前の人々と自分の遷移します。 The cruelty imputed to Joshua-the ban against Jericho, for instance-is a trait corroborative of the historical kernel of the military incidents of his biography.ジョシュアの残酷さを転嫁するのを禁止するエリコ、例えば-形質裏付けとなるのは、カーネルの歴史的事件の軍事彼の伝記です。

According to the Biblical accounts, Joshua had nowhere to meet a non-Canaanite power.聖書によると、アカウント、ジョシュアはどこにカナン以外の電源を満たしています。 The Flinders Petrie inscription recording Me(r)neptah's battle with Israel, located in Palestine (before 1200 BC; see Exodus), is thus not to be referred to this period.碑文のフリンダーズピートリー録音メイン(研究) neptahの戦いで、イスラエル、パレスチナに位置(前紀元前1200 ;参照出エジプト記)は、このようにしないようにこの時期に関連している。 Egypt's claim to suzerainty had become merely nominal after 1250 BC The empire of theHittites (c. 1200) had become disrupted into a number of small principalities.エジプトの宗主権主張をした後は名ばかりになるの帝国thehittites紀元前1250 ( c. 1200 )となって中断をいくつかの小さな君主国です。 This would indicate that the incursion of Joseph-Israel must have taken place about 1230-1200 BCEGHこれはジョゼフによりますと、イスラエルの侵略の撮影場所については1230-1200 bcegh必要があります。

2. 2 。 Son of Jozadak or Josedech; high priest when the Jews returned under Zerubbabel from the Babylonian exile.息子のjozadakまたはjosedech ;高い司祭返されたときに、ユダヤ人のバビロニアから追放されてzerubbabelです。 His father had died in exile, and on the return from the Captivity Joshua was the first high priest to officiate (Hag. i. 1, 12, 14; ii. 2, 4; Zech. vi. 11; Ezra iii. 2, 8; v. 2; x. 18; Neh. xii. 26).彼の父親が死亡したに亡命し、上からの帰還の監禁をジョシュアは、最初の高い司祭ら( hag. i. 1 、 12 、 14 ; Ⅱ 。 2 、 4 ;ツェッヒ。 Ⅵ 。 11 ;エズラⅢ 。 2 、 8 ; v. 2 ; Xの18 ; neh 。 12 。 26 ) 。 Joshua was therefore born during the Exile.ジョシュアは、そのため亡命中に生まれた。 On the arrival of the caravan at Jerusalem, he naturally took part in erecting the altar of burnt offering and in laying the foundations of the Temple (Ezra iii. 2 et seq.).ご到着予定の上、エルサレムのキャラバンで、彼は自然に参加し、祭壇の正立の焼き敷設の基礎を提供し、同寺(エズラⅢ 。 2頁以降を参照。 ) 。 With Zerubbabel he opposed the machinations of the Samaritans (ib. iv. 3).おzerubbabelの陰謀に反対して、彼はサマリア人( ib. Ⅳ 。 3 ) 。 Several of Haggai's utterances are addressed to Joshua (Hag. i. 1, ii. 2), and his name occurs in two of the symbolical prophecies of Zechariah (iii. 1-10, vi. 11-15).ハガイの発言は、いくつかの宛てのジョシュア( hag. i. 1 、 2世です。 2 ) 、彼の名前が発生するとの2つの予言を象徴ゼカリヤ( iii. 1-10 、 Ⅵ 。 11-15 ) 。 He is eulogized in Ecclus.彼はeulogizedでecclusです。 (Sirach) xlix. (シラク) 49 。 12, in the list of worthies, as one who "builded the house and exalted a people holy to the Lord, prepared for everlasting glory." 12日は、 worthiesのリストを、 1つのwho "ビルドが家の中で、高貴な人々を聖なる主よ、永遠の栄光の準備をします。 " In Ezra (ii., iii., iv., v., x.) and Nehemiah (vii. 7; xii. 1, 7, 10, 26) he is called "Jeshua."EGHBPのエズラ( ii. 、 Ⅲ 。 、 Ⅳ 。 、 v. 、 Xの)とニーアマイア( vii. 7 ; 12 。 1 、 7 、 10 、 26 )と呼ばれる彼は" jeshua 。 " eghbp

Emil G. Hirsch, Bernhard Pick g.エミールハーシュ、ベルンハルト選ぶ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです